5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雷雨の廃村

1 :名前は誰も知らない:2008/07/28(月) 21:18:09 ID:4DqpInJYO
////////////////ザー……('-')

2 :名前は誰も知らない:2008/07/28(月) 21:28:26 ID:4DqpInJYO
  /
 //
 / \
/ゴロゴロ……('-')

3 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 01:18:14 ID:SzB8cCL/O
//////////////ザー…もう寝よう('-')

/////////////ザー…。

4 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 08:54:35 ID:SzB8cCL/O
//////////////ザー…仕事行くか('-')

5 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 10:33:48 ID:SzB8cCL/O
////////////////ザー……金ほしい('-')

6 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/07/29(火) 10:45:36 ID:npGQ8jKpO
//////////////ザー…('w`)



というか何だこのスレw
かわいいw

7 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 12:12:34 ID:SzB8cCL/O
////////////////ザー…廃村に人が迷い込んだか('-';)

8 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/07/29(火) 14:04:45 ID:npGQ8jKpO
////////////////ザー……( 'w`)



“はいそん”てあれですよね?ww
元プロボクサーの人ですよね?ww

9 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 16:23:41 ID:SzB8cCL/O
////////////////ザーゴロゴロ…('-')?

////////////////ザー…雨強くなった('-')

10 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 20:02:59 ID:SzB8cCL/O
////////////////ザー…また一人去って独りになった('-')

////////////////廃村の雨は決してやまないのだ…('-')

ザー……。

11 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/07/29(火) 21:29:57 ID:npGQ8jKpO
////////////////ザー……(;'w`)あ、>>8は気にしないで下さい…

12 :名前は誰も知らない:2008/07/29(火) 22:52:02 ID:SzB8cCL/O
////////////////ザー……いいんですよd('-')

まさか人が迷い込むなんて…驚きました('-')
ここは見捨てられた廃村…まったりいきましょう…('-')

////////////////ザー……。

13 :名前は誰も知らない:2008/07/30(水) 16:52:58 ID:zKuvfq4hO
////////////////ザー……早く帰りたい('-')

…でも家には何もない('-')

14 :名前は誰も知らない:2008/07/30(水) 20:57:33 ID:zKuvfq4hO
////////////////ザー…生きてる意味を探すだけの日々('-')

15 :名前は誰も知らない:2008/07/30(水) 22:29:01 ID:zKuvfq4hO
////////////////ザー…夢ってなに?('-')

||||||||||||||||シトシト……。

16 :名前は誰も知らない:2008/07/31(木) 09:07:33 ID:MNt/kvXIO
////////////////ザー……孤独('-')

辛いさ。でも俺は不幸ではないのさ('-')

17 :名前は誰も知らない:2008/07/31(木) 17:33:58 ID:MNt/kvXIO
////////////////ザー……どうせなら全てを賭けて('-')

18 :名前は誰も知らない:2008/08/01(金) 09:34:45 ID:h6jh5rpQO
////////////////ザー……子供のころ忘れたくなかったもの…なんだっただろう('-')

19 :名前は誰も知らない:2008/08/02(土) 17:00:33 ID:5JcB14S/O
////////////////ザー…なにがしたくて生きているの?('-')

20 :名前は誰も知らない:2008/08/02(土) 22:45:58 ID:5JcB14S/O
////////////////ザー……むなしい('-')

21 :名前は誰も知らない:2008/08/03(日) 00:53:16 ID:FaGXtB8wO
    /
   /|
   / \
  / ゴロゴロ

     …('-')

22 :名前は誰も知らない:2008/08/03(日) 01:05:58 ID:FaGXtB8wO
    /
   /|
   / \
  / ゴロゴロ

     …('-')

23 :名前は誰も知らない:2008/08/03(日) 01:10:25 ID:gb+FVUjI0
良スレ発見。

24 :◆nzPA9mkbhE :2008/08/03(日) 02:40:36 ID:tBed7IcJO
廃村か…

25 :ナルル ◆os1ctZXMFI :2008/08/03(日) 06:01:09 ID:VK05gNby0
バイオハザード4の冒頭思い出した

26 :名前は誰も知らない:2008/08/03(日) 11:32:30 ID:FaGXtB8wO
////////////////ザー……孤男が集まりだした('-')

見捨てられた廃村で見捨てられた亡霊達のパーティーってちょっとロマンテックうふふ('-')w

27 :名前は誰も知らない:2008/08/03(日) 14:26:40 ID:FaGXtB8wO
////////////////ザー……パーティーなどしていたら今孤男ではないじゃないか('-')

なんてバカなんだ俺は…('-')

28 :名前は誰も知らない:2008/08/04(月) 21:54:34 ID:P+qwERlQO
////////////////ザー……このままsage続けよう('-')

廃村はダムの底へ('-')

29 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/05(火) 18:21:18 ID:xtB9brpHO
////////////////ザー……( 'w`)

30 :名前は誰も知らない:2008/08/06(水) 04:28:09 ID:nrawWsbLO
////////////////ザー……流行りって好き?('-')

俺は嫌いだな…('-')

31 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/06(水) 11:48:57 ID:R7rPdEZZO
//////////////ザー……('w`)昔はどちらかと言えば嫌いだったけど、今は好きでも嫌いでもない…です

32 :名前は誰も知らない:2008/08/07(木) 15:19:26 ID:c0Zzo78EO
////////////////ザー…俺は自分を特別な人間と思いたい('-')

33 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/11(月) 02:54:30 ID:No0/boYiO
//////////////ザー…('w`)それは僕も同じさ
特に、ほぼ全ての能力が他人に劣る僕は、一つくらい他人より優れてる能力が欲しかった
そしてその可能性を未だに捨てきれずに、コテなんかやってるのかもなあ

何でもかんでもすぐ流行に流される人間は、生暖かい目で見るのがいい気がする
叩くんでもなく、同じように流される訳でもなく
否定も肯定もしなくていいと思うんだ('w`)

…お互い完全に厨二病ですねw

34 :名前は誰も知らない:2008/08/13(水) 03:37:48 ID:n9Of5QKNO
////////////////ザー…中二病('-')

そんな僕にチャンスがきました('-')v

35 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/13(水) 08:11:27 ID:RDoOcPTpO
////////////////ザー……あ、気を悪くしたのなら失礼…('w`;)
そう感じたのでそう言ってしまった

>そんな僕にチャンスがきました('-')v
詳しく

36 :名前は誰も知らない:2008/08/14(木) 01:32:00 ID:99anQfWiO
////////////////ザー…気を悪くしたりはしないよ('-')

この僕にも億稼ぐチャンスがあるってことさ
…ザザザー///////////

37 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/14(木) 04:05:46 ID:o1Rnn9QKO
////////////////ザー…それなら良かったε-('w`)

え、何すかそれw
十分特別な人間じゃないすかw

本当の凡人は僕の方だってことか…ザー…////////( 'w`)////////

38 :名前は誰も知らない:2008/08/15(金) 02:44:34 ID:Aq6jWaITO
////////////////ザー…人生はギャンブル('-')

リスクなしでは何も手に入らない//////////ザー…('-')

全てはギャンブル負ければ無意味な死('-')

まければなにも残らない('-')

39 :名前は誰も知らない:2008/08/16(土) 19:30:30 ID:ShFZxK+6O
//////////////////ザーーー(_・`)
ついに此処に辿り着いたか…

40 :名前は誰も知らない:2008/08/16(土) 19:31:59 ID:ShFZxK+6O
//////////////////ザーーー(_・`)
ついに此処に辿り着いたか…

41 :名前は誰も知らない:2008/08/19(火) 15:29:07 ID:WlXqpY59O
////////////////ザー…第三村人…('-')

42 :名前は誰も知らない:2008/08/19(火) 19:31:05 ID:+zsY26SYO
//////////////ザーー・・・・・('・_・`)
勉強の先に目標を作れない受験生なんて、囚人と同じさ

43 :名前は誰も知らない:2008/08/19(火) 20:20:23 ID:WlXqpY59O
////////////////ザー…キミもまた道に迷った者か('-')

受験は可能性を広げる選択だよ。単なる過程なのさ。

44 :名前は誰も知らない:2008/08/19(火) 20:43:24 ID:89fCHJCsO
////////////////////ざー…(-_-)ここも俺の居場所にはなりえないのか…
////////////////////ざー…(-_-)


45 :名前は誰も知らない:2008/08/19(火) 23:16:49 ID:WlXqpY59O
////////////////ザー…居場所ってなんだろう('-')

46 :名前は誰も知らない:2008/08/20(水) 00:04:46 ID:lqfTsZe7O
/////////////////ザーー('・_・`)
居場所ってのは作るものだと思う。
時には何かと引き換えに、時には誰かの居場所を奪って。

47 :名前は誰も知らない:2008/08/20(水) 02:55:07 ID:8UCQyytgO
////////////////ザー……

(´,_ゝ`) 雨か…

48 :名前は誰も知らない:2008/08/20(水) 05:34:14 ID:BpR2ioeQO
///////////////////ざー…(-_-)自分が居てもいいと思える所が自分の居場所…
///////////////////ざー…(-_-)最近は何処に居ても身の置き所が無い…
///////////////////////////////////ザッザザザザーー…(_-)…まあ自業自得だしな…


49 :名前は誰も知らない:2008/08/20(水) 17:06:52 ID:hRQBd+Co0
>>25
俺はサイレンを思い出したよ

50 :名前は誰も知らない:2008/08/20(水) 19:15:28 ID:eJo7itLIO
////////////////ザー…僕の居場所は部屋の隅っこ('-')

薄暗いここが一番////

51 :名前は誰も知らない:2008/08/23(土) 15:53:32 ID:VBTogI5PO
////////////////ザー……

('ω`)秋か…

52 :名前は誰も知らない:2008/08/26(火) 04:34:42 ID:iNlKisX9O
////////////////ザー…肌寒くなってきた('-')
まあ常に心寒いのだけど…////('-')////

53 :名前は誰も知らない:2008/08/28(木) 17:42:29 ID:2F4+BmN8O
もう帰るとこなんてない。

54 :名前は誰も知らない:2008/08/29(金) 01:23:44 ID:FNWBYZdXO
俺にはなにもない////(..)

55 :名前は誰も知らない:2008/08/29(金) 19:40:55 ID:S1j+6Z2C0
////////////////ザー…… (o´ω`o)
雨、やまないですね

56 :闇i値  ◆.4LLUS6d6g :2008/08/29(金) 21:49:59 ID:4i60O9wvO
  /
 //
 / \
/ゴロゴロ……

//////////////ザー……天気、全国的に不安定な感じでしょうか( 'w`)

というか色んな人増えてる(ノw`)

57 :名前は誰も知らない:2008/08/30(土) 01:31:57 ID:UFxn7JKWO
////////////////ザー…コオトコビレッジ('-')

みんな迷っているんだね('-')

58 :黒谷兇児:2008/09/03(水) 07:20:36 ID:x3GslBZiO
>>57
//////////////ザー(_・`)
迷ワナイ人ナンテイナイヨ
進ムタメカ、退カナイタメカノ違イハアルケドネ

59 :名前は誰も知らない:2008/09/03(水) 21:12:39 ID:+ZkqRLre0
  /
 //
 / \
/ゴロゴロ……

//////////////ザー……(村人)アリエッサーーーーーー!!!
レオン撃つんだーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

60 :未来:2008/09/08(月) 22:40:56 ID:uJkSWbXqO
//////////////ザー……

('M`,)なんという良スレ…

61 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 09:57:26 ID:em0NnQzwO
  /
 //
 / \
/ゴロゴロ……

//////////////ザー……

   (ノ∀`,)

62 :ネオ煎茶 ◆DuCKQjrhEY :2008/09/12(金) 10:33:54 ID:orDFH3jU0
/
 //
 / \
/ゴロゴロ……

//////////////ザー……


今日は、この村で起こった怖ろしい事件の顛末を、お話したいと思います・・・

63 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 16:56:15 ID:FURa5r8lO
//////////////////…ザー('-')

この廃村に伝わる古い言い伝え。この村の人々はたいそう仲が良かったそうだ。村人達は困ったことがある度にいつも団結し、協力し合い生きてきた。
ある一人を除いて。たった一軒この村には異様なたたずまいを見せる、そうまるで廃屋かのような建物があった。
村人達は彼を孤男と呼び蔑み嫌い遠ざけた。やがて廃屋の主は厚い板で窓を塞いだ。そしてついには全ての出入り口を自ら塞いでしまった。
ある晩である。バリバリバリバリとその廃屋から音が聞こえる。獣が何かを貪るような音。暗いよう〜出たいよう〜。
しかしそんな音も声も十日もすれば消えてしまった。そして幾年かが過ぎもうだれもそんなことは気にしなくなっていたある日。
ある夫婦がその廃屋の前を通った時である。
ドンドンドンドン!殺してやる!廃屋の内側からドアを叩き叫ぶ声。
夫婦は慌てて駆け出した。一人の娘を残したまま。夫婦は慌てて廃屋の前まで戻った。しかしそこに娘の姿はない。翌朝から村人総出で捜索が始まった。
しかし最後までその娘は見つからなかった。夫婦は村長に廃屋でのことを打ち明けた。しかし、もうあの男は死んだ、廃屋には近付くなの一点張り。

話はここで終わっていた。私は真相を確かめるために廃村へ向かった。
数時間歩き回った。しかしへんだ…この村には墓が1つもない。

64 :ナルル ◆os1ctZXMFI :2008/09/12(金) 18:10:22 ID:/t728IAt0
杉沢村が本当にあったとは…

65 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 19:05:14 ID:bHVsjlF9O
  /   /  /  /
  _n_
 ///|ヾ\ / /
 ⌒⌒|⌒⌒
/   |∧_∧ /  /
   |・ω・`)
 /  Oと  ) / /
    しーJ。。。。。


66 :ネオ煎茶 ◆DuCKQjrhEY :2008/09/12(金) 19:23:07 ID:e1VES9Au0
>>63
日野日出志による漫画化決定

67 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 19:48:48 ID:9K3T7nAhO
>>66の続きが知りたい。

68 :67:2008/09/12(金) 19:56:07 ID:9K3T7nAhO
訂正 66→63

69 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 20:56:45 ID:gtNBaibKO
続き気になるな

70 :名前は誰も知らない:2008/09/12(金) 23:58:43 ID:FURa5r8lO
////////////////ザー('-')

何故墓がないんでしょう?そう案内人の女に聞いてみた。この女はすでに亡くなった元村長の娘である。真実への唯一の手掛かりだ。
この村はもう廃村。誰も住んでいません。皆村を離れる際にお墓も場所を移したのですとのこと。
説明されたらなんら不思議ではない当たり前の答えに正直がっかりした。確かに先祖の墓をこんな山奥には残して行けないだろう。
問題の廃屋へ案内を頼んだ。しかし彼女はかたくなに拒み両親の残した言葉を語った。
「両親はよく言っていました、男は一日、あの女は死ぬまで。廃屋には近付くな」と。
どういう意味だと彼女に聞く。しかし彼女は首を横に振るだけだ。かわりにこんな話をしてくれた。
この村から人が去った理由についてだ。疫病が広がったと言われているが違うと言う。本当は村人が次々と失踪したからだと言う。
嵐の夜に男の人が出歩くと神隠しに逢う。その場所が廃屋の近くだそうだ。
私は聞いた、廃屋の主が生きていて村人を襲ったのではないかと。しかし彼女はそれを否定した。彼は誰も想像出来ない悲しみや苦しみ孤独のうちに死んだのだと。
どうしても廃屋に行きたくなった。交渉の結果彼女は日没前までとの条件付きでしぶしぶ案内を始めた。

71 :名前は誰も知らない:2008/09/13(土) 00:32:38 ID:gCZmtKhHO
////////////////ザー('-')

廃屋に近付いている。初めての道だがわかるのだ。なんだか薄暗いのである。日が隠れたわけでも森が濃くなったわけでもない。しかしそう感じる。
彼女はまた語り始めた。「暗いよ、助けて。失踪者が出る晩に廃屋から声が聞こえてきました。村人は彼の悲しみや怨念が声になったもの、失踪事件は彼の呪いだと恐れた」
林が少し開けた次の瞬間それが目に飛び込んできた。あまりの壮絶さに私は座り込んでしまった。
それは廃屋と言うよりも、まるで悪鬼を封じ込めたほこらのようだ。壁はそこらじゅうに血痕、いやまるでペンキをぶちまけたように紅く、全ての窓は何枚もの板で塞がれている。屋根からはカラスが10羽ほどこちらを睨み付けている。廃屋を形作る木は所々朽ちている。
少し座って落ち着いた私は廃屋の方へ歩き出した。彼女が叫ぶ「ダメですそれ以上は!」あまりの大声に私は振り返った。ものすごい形相である。
「どうしたんです?」「あなた死にますよ」
彼女は冗談で言っているようには見えない。しかし好奇心には勝てない。彼女の制止も聞かずに私は歩き出した。私は廃屋を一周して見ることにした。二階だてのよくある和式の一戸建てだ、その異様な外観を除けばだが…。
近くで外壁を見ると所々から釘が飛び出ている。家の内側から何かを打ち付けたのだろうか。窓枠に沿って飛び出す釘が目立つ。
窓は中と外、両方から塞いであるようだ。ちょうど裏手に回った時、勝手口のような場所にたどり着いた。
そのドアからは釘が何十本も飛び出ている。一番すごい数だ。ここだけは内側から塞いであるようだ。
何年も経ったからだろうか釘が抜けて出来たであろう穴が数十ヶ所ある。木も朽ちて腐食が進んでいるから不思議ではない。

72 :名前は誰も知らない:2008/09/13(土) 01:11:52 ID:gCZmtKhHO
////////////////ザー('-')

私は中がどうしても見たくなった。一旦彼女の方へ戻った。中を見てもいいか?彼女はそれは何があってもダメだと言う。
しかし私はもう恐怖より好奇心が勝っているのである。そして何よりこんな特ダネを逃すわけにはいかない。
しかし…今日は諦めることにした。今夜は彼女に手配を頼み隣の村に泊めてもらう。隣と言っても40km離れている。明日一人で乗り込むことにした。
あの壁の血はなんです?彼女はペンキではないかと言った。孤男が他者を寄せ付けないために撒いたのだろうか。しかしあの剥がれ方はペンキではない。謎は深まるばかりだ。
ザー。翌日は朝から生憎の雨である。しかし〆切間近だ。のんびりはしていられない。
私は一人で廃村へ車を走らせた。そして例の廃屋へ向かった。

73 :名前は誰も知らない:2008/09/13(土) 21:03:28 ID:XTU+KpljO
続き気になりまくります

74 :名前は誰も知らない:2008/09/13(土) 23:22:59 ID:gCZmtKhHO
////////////////ザー…('-')

昨日歩いた道をまた歩く。雨のせいかやけに長く感じる。そして私は廃屋に辿り着いた。雨の中佇むそれは昨日のそれとは比べられないほど不気味だ。
どうやってこの廃屋の中に忍び込むか…中にもし孤男の死体があったら…ものすごい恐怖との葛藤が生まれた。しかしつまらぬ一介の記者にすぎない私の人生を変える大チャンスであることは確かである。
私は意を決し進入口に成りえそうな場所を探した。そして窓を塞ぐ一枚の板に十円玉ぐらいの穴を見つけた。恐る恐る中を覗いて見た。
ひっ!私は尻餅をついた。中から誰かが同じようにこちらを覗いていたのだ。しかし冷静に考えたらそんなことはあるはずがない。こんな建物に生きた人間がいるはずがない。
もう一度覗き込む。よく見ると窓ガラスに自分の目が映っていただけであった。そう、そんな上手い怪談話はそうそうないのだ。
よくその窓を調べて見た。ついている。ここは内側から打ち付けた板がかなり腐っているようだ。入れるかもしれない。
外側の板を剥がす。道具は昨日の内に揃えておいた。しかし釘のあまりに多い数に苦戦する。三十分程かけてようやくその窓の外観が露呈した。
朽ちた木とカビ、大量の虫の死骸が異様な臭いを放っている。窓のサッシは木製だ。ダメもとで窓枠に力をかけた。
ギキュキュ。少し窓が動いた。開きそうだ。精一杯力を込めた。ギュキキュギギギギ。窓が空いた。内部に何年も閉じ込められていたであろう空気が、朽ちた木板の隙間からゆっくりと流れ出す。

75 :名前は誰も知らない:2008/09/13(土) 23:56:54 ID:gCZmtKhHO
////////////////ザー…('-')

その空気は少し生暖かいような気がした。意外にも窓と木板との間のそれとは違い、不快な臭いはしなかった。
内側の板を外す作業に入る。しかし内側から打ち付けられているのだから実際には破壊なのだが。土木作業に使う大きなハンマーを借りて来て役に立った。
まずは様子見程度に軽く降り下ろした。ボカンボロボロ。以外なことにあっさりと崩れ落ちた。そしてその闇を閉じ込め続けた廃屋に光が入る。
内部が徐々に見えてきた。しかし見えてきたその中には不思議な様子はない。畳八畳程の部屋の真ん中に丸いちゃぶ台が居座り、その真ん中にはロウソク立てのような物が置いてある。少し質素だがすっきりと片付いた印象だ。
なんだこれは…誰かが引っ越した後に窓を塞いだだけじゃないのか?しかしまだ分からない。中には何か面白い物が在るかも知れない。
用意した懐中電灯を灯し、廃屋の中へ踏み込んだ。こんな暗い中での取材のため、ボイスレコーダーも用意した。ペンを走らせるより効率がいい。
進入口は南西の角部屋、居間であろう部屋の窓だ。まずは左手の方へ進む。
そこは土間の台所だ。ここにもこれと言っておかしな物はなく綺麗に片付いている。ただ窓は内側から塞がれ勝手口は木板に塞がれめちゃくちゃに釘を打たれている。
ぐるりと一階を回った。小さな納戸のような戸を見つけた。そこを開けてみた。木板が大量に立て掛けてある。しかしその板は綺麗な合板のようでいかにもおどろおどろしい感じには見えない。
一階に見つけたものはこのくらいで特筆するような物はなかった。私は二階へと向かうことにした。

76 :ナルル ◆os1ctZXMFI :2008/09/14(日) 11:01:50 ID:hWEhOALP0
まさかこの長文を携帯で書いたというのか!

77 :名前は誰も知らない:2008/09/14(日) 16:41:43 ID:lFGSr9390
続きを!頼む!

78 :名前は誰も知らない:2008/09/23(火) 23:52:22 ID:CD323jgj0
書き逃げかよ・・・。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)