5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朗報】アトピーに関するニュース総合スレ【事件】

1 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:21:28 ID:92CcRWLb
掃除屋細胞:センサーのように要不要を区別 京大が解明
 体内の“掃除屋”細胞と言われる「マクロファージ」が不要になった細胞を取り除く際、
アレルギーなど免疫にかかわるたんぱく質がセンサーのように要不要を見分けていることを、
京都大医学研究科の長田重一教授らが突き止めた。
ぜんそくやアレルギー、アトピーなど自己免疫疾患の解明や治療法の開発に役立つ成果という。
25日付の英科学誌ネイチャーに発表された。

 古くなり不要になった細胞が死ぬと、有害な物質が放たれて周囲に炎症が起きないように、
マクロファージが細胞を丸ごと取り込んで分解する。死んだ細胞の表面にリン脂質の物質が現れるが、
マクロファージがどのように目印を見分けるかは未解明の部分が多かった。

 マクロファージの表面にあり、この目印と結合するたんぱく質を探したところ、
免疫にかかわる「Tim1」と「Tim4」が当てはまると判明。
これらを抗体で働けなくすると、マクロファージは細胞を取り込めなくなり、
Timたんぱく質が死細胞を取り除くために必要だと分かった。

 研究グループの大阪大医学系研究科、内山安男教授は
「マクロファージがうまく掃除できないことと、自己免疫疾患など免疫の病気が関係すると分かった。
治療法を考えるうえで重要な発見だ」と話している。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071025k0000m040138000c.html

2 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:22:19 ID:92CcRWLb
アレルギーぜんそく:マウスの治療に成功 理研が世界で初

 白血球の一種で、体の免疫機能の司令塔となっている樹状細胞の働きを調整し、
マウスのアレルギーぜんそくを治療することに、理化学研究所の研究チームが世界で初めて成功した。
チームはヒトの樹状細胞にも同じような免疫調整機能を持たせることに成功しており、
ヒトでも同様の治療ができる可能性がある。
他のアレルギー疾患にも有効と考えられ、治療の難しいアトピー性皮膚炎などの
新しい治療法開発にも応用できそうだという。

 アレルギーは、体内に入った異物(抗原)を排除しようとする免疫機能が過剰になるために起こる。
日本では国民の3割が何らかのアレルギー疾患にかかっているとされるが、治療は対症療法が中心で、
根本的な治療法は確立していない。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの佐藤克明チームリーダー(免疫学)らは、
培養の際に特殊な操作をし、特定の抗原に対する免疫機能を働きにくくした「制御性樹状細胞」を独自に開発。
アレルギーぜんそくのマウスに、2週間で3回静脈注射したところ、気道の炎症がほぼ完治。
アレルギーの指標となる白血球の一種「好酸球」の量も正常レベルまで減少した。

 詳しく分析した結果、制御性樹状細胞によって免疫を抑制する制御性T細胞が増加したことが分かった。
免疫抑制効果は、3回目の注射から150日以上持続し、研究チームは「ほぼ根治した」と判断した。

 佐藤さんは「マウスの結果がそのままヒトに当てはまるわけではないが、
この方法だと特定の抗原に対してだけ免疫反応を抑えられ、副作用がない。
今後、ヒトの難治性アレルギー疾患への応用を目指したい」と話した。
http://mainichi.jp/select/science/news/20071018k0000m040109000c.html

3 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 11:22:52 ID:92CcRWLb
大津の乳児投げ落とし 逮捕の母親「子供預かって」と市に相談

 薫容疑者は9月12日にも、「子供がアトピーで食事制限されている」
「母乳ばかりでミルクにかえられない」と担当者に相談。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000030-san-l25


大津の乳児投げ落とし:母親、殺人未遂容疑で送検 /滋賀

調べに対し、薫容疑者は「育児に疲れた」などと供述しており、
事件前には、仁一ちゃんのアトピー性皮膚炎や離乳について、市の窓口に相談し、
「子どもを預かってほしい」と要望していたことも判明。

 一方、市子ども家庭相談室によると、薫容疑者は、仁一ちゃんがアトピーで
母乳以外は授乳できない事などについて、9月12日、市堅田すこやか相談所を訪れ、
「子どもが乳離れできず、家事ができない」と相談。
翌13日には市役所内の同室に電話で同じ相談をし、19日にも電話で
「何もできない、子どもを預かってほしい」「家事のヘルパーを紹介してほしい」
などと要望した。
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20071024ddlk25040603000c.html

4 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/25(木) 18:53:29 ID:5GeR214f
掃除機能が不具合を起こしてるわけだ

5 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/10/26(金) 21:55:18 ID:cNhIRDSb
アトピーも段々と解明されて来てるんだな
10年もすりゃ完治する病になってそう

6 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/02(金) 01:18:30 ID:BctIps03
浄水器がアトピーに効くと偽り販売
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000125-mailo-l19
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000046-san-l19

7 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/14(水) 10:52:03 ID:edKV8jjt
ストレスで皮膚の抗菌能が弱まる

 ストレスによって皮膚感染症にかかりやすくなるメカニズムが解明され、米医学誌「The Journal of
Clinical Investigation」11月号に掲載された。免疫システムの崩壊という従来の説明とは異なり、
皮膚の抗菌能(antimicrobial defense)の低下が関与しているという。

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)皮膚科教授のPeter Elias博士らは、心理的スト
レスを与えたマウスは、ストレスの少ない条件下に置いたマウスに比べ、A群溶連菌へ感染しやすい
ことを突き止めた。ストレスを受けたマウスは、表皮で発現する抗菌ペプチドが少なかったという。
抗菌ペプチドは近年注目を浴びるようになったもので、免疫システムの「最前線」にあり、抗生物質
のように細菌を攻撃して死滅させる作用がある。

 今回の研究ではさらに、ストレスによってグルココルチコイドの産生が増大することも判明した。
グルココルチコイドの増大は表皮の脂肪合成を阻害し、抗菌ペプチドが含まれる小胞の分泌が減少し、
皮膚障害を起こしやすくする。Elias氏は、ストレスによって2つの重要な抗菌ペプチドの発現が下方
制御され、マウスの皮膚感染症がさらに重篤なものになると説明する。グルココルチコイドの産生を
阻害したところ、皮膚の抗菌能は正常に戻ったという。

 防御の最前線は免疫システムのT細胞であると考えられてきたが、そうではないことが近年の研究で
示されている。この抗菌ペプチドによる防御作用には相当の効果があり、ウイルスや細菌などによる
攻撃の99.5%を処理できるという。今回の研究は、グルココルチコイドの産生を抑える局所薬などの
新しい治療法につながると、Elias氏は期待を示している。
[2007年11月2日/HealthDayNews]
ttp://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20071108hk000hk

8 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/11/20(火) 10:39:07 ID:9RseuqD2
関節リウマチの原因が細菌だから、アトピーも細菌が原因じゃないかと思うわけだが

9 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 09:20:47 ID:knq2ELvN
花粉症やぜんそくに朗報、発症関与の新たんぱく質発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000401-yom-soci

炎症物質の放出促すたんぱく発見=新アレルギー薬開発に期待−理研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000006-jij-soci

10 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 15:16:49 ID:knq2ELvN
大前進キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


米ぬかで「かゆみ」抑制、東大教授ら抗アレルギー実証

 米ぬかに含まれる成分に、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす
「IgE抗体」にくっつき、炎症作用などを抑える働きがあることを東京大の尾崎博教授、
東京海洋大の潮(うしお)秀樹准教授らが突き止めた。

 研究チームは、米ぬか成分のうち、紫外線吸収、抗酸化作用などが報告されていた
γ(ガンマ)―オリザノールに注目。研究チームは、この成分が腸などの炎症を抑えることを確認。
アレルギーにも効果があるか動物や細胞での実験で調べた。

 その結果、米ぬか成分は、IgE抗体と結びつき、抗アレルギー作用もあることを発見した。
アレルギーは、免疫細胞が作るIgE抗体と抗原が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの
「かゆみ物質」を血中に放出して、炎症やかゆみを起こす症状。
米ぬか成分がIgE抗体と結びつくことで、かゆみ物質の放出が70〜80%抑制された。
これまでの抗アレルギー薬の抑制効果を上回っているという。
さらに、米ぬか成分が肥満細胞以外の免疫の働きを弱め、炎症を抑えることも突き止めた。

 東大と東京海洋大は特許を取得。化粧品などを販売する「ナチュラルサイエンス」と契約を結び、
米ぬか成分入りの保湿オイル「バリアオイルAD」を20日に発売する。
年間90万トンが廃棄される米ぬかの有効活用としても注目される。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071203i106.htm

11 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/03(月) 15:55:20 ID:gtVieeEm
>>10
いまニュースみた!!!!

12 :救世主 ◆TvfmmBaz.c :2007/12/03(月) 23:12:25 ID:R++BZFMU
よかったな!

13 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/09(日) 16:53:18 ID:gNe1hbq9
10・・・。        すごい!それで治るんですか!

14 :救世主 ◆TvfmmBaz.c :2007/12/09(日) 18:08:39 ID:ChuZj4S6
ネクストは?

15 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/18(火) 13:17:06 ID:VdCGIB1r
あげ
>>10
食べれば良いって事ではないのかな・・・

【冬の新商品発売日について】

「ナチュラルメッセ2008冬」に掲載しております新商品は、以下の日程で発売させていただきます。まことに申し訳ありませんが、発売まで今しばらくお待ちください。
12月25日(火)発売
・バリアオイルAD [商品番号:167]
 ※当オンラインショップでは12月20日(木)から予約の受付を開始いたします。
・オリゴミルク限定スマイルキッズボトル [商品番号:626]

12月26日(水)発売
・レドナ コンセントレートマスク [商品番号:2842]
・オイルコンディショナーAD [商品番号:114]


お電話では新商品のご予約・バリアオイルADのサンプル請求を随時受け付けております。
●新製品のご予約・お問い合わせ:[フリーコール] 0120-122-783

http://www.natural-s.jp/index.shtml

16 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/26(水) 16:10:46 ID:bKOUmGvk
アゲ

17 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/27(木) 01:59:15 ID:TpYk7+od
7月から脱ステしてる

明日バリアオイルAD探してくるわ。

18 :名無しさん@まいぺ〜す:2007/12/27(木) 06:36:19 ID:/Ac7z07q
>>17
とりあえず感想まってます

19 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/01/04(金) 14:07:27 ID:Cs4A5Tzz
乳酸菌:アレルギーの抑制力解明 症状緩和も…東大など

 腸内に存在する乳酸菌の一種が、アレルギーの原因となる免疫細胞を
細胞死(アポトーシス)に導くことを、東京大などのグループがマウスの実験で突き止めた。

乳酸菌はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を抑えることが報告されているが、
メカニズムの一端が明らかになった。欧州の免疫学専門誌「イムノバイオロジー」に掲載された。

 体内では免疫細胞である「Th1」と「Th2」の均衡が保たれているが、
バランスが崩れてTh2が増えると「IgE」と呼ばれる抗体が過剰に作られ、アレルギー反応が起きる。

アレルギーの人はTh2が過剰な傾向がみられる。一方、アレルギー症状のある子どもは、
乳酸菌のビフィズス菌やラクトバチルス菌が腸内に少ないという報告がある。

 東大の八村敏志准教授らのグループが、培養したマウスのTh2細胞にラクトバチルス菌を加えたところ、
何も加えない場合に比べてTh2が1割程度多く細胞死を起こすことが分かった。
マウスにこの菌を食べさせる実験でも、同様の結果を確認した。

 八村准教授は「乳酸菌はTh1を増やす働きが知られていたが、
Th2の細胞死を促してアレルギーを抑える仕組みもある。
乳酸菌摂取が症状緩和につながる可能性がある」と話した。
http://mainichi.jp/select/science/news/20080104k0000e040046000c.html

20 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/03/22(土) 19:21:50 ID:y1oNUgAQ
6万人追跡アトピー調査、化学物質の影響探る : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080322-OYT8T00241.htm

21 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/03/26(水) 14:16:10 ID:KzTx2cFT
副学長が娘の博士号審査…横浜市大「透明性に問題」 : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080326-OYT8T00298.htm

> 長女は皮膚科学講座に在籍し、論文はアトピー性皮膚炎をテーマにしていた。奥田副学長は、分子生体防御学教室の教授。

22 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/05/23(金) 09:42:36 ID:imfWKnqW
アトピー予防法の「総集編」 京の女性自費出版

 アトピー性皮膚炎に使用するステロイド剤の副作用を克服し、全国のアトピー患者から
電話相談を受け付けている京都市中京区の江崎ひろこさん(50)が、アトピー予防法を紹介した
「母親が防いだ薬害アトピー」を自費出版した。

 江崎さんは19歳のとき、湿疹(しっしん)の塗り薬として処方されたステロイド剤を使用。
副作用で使用を止めたあと、皮膚がただれ失神するほどのかゆみに襲われた。
ステロイド剤の長期使用による副作用と京都地裁に提訴し、1988年に和解している。

 アトピー関連の著書は6冊目で、江崎さん自身が「総集編」と太鼓判を押す一冊。
治癒までの経過や全国の患者の声、アトピー予防法のポイントを解説。
「納得できる治療法を自分で選択してほしい」と話す。定価1533円。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080519-00000010-kyt-l26

23 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/03(木) 23:31:56 ID:SBg5Om9k
-医療介護CBニュース-

「臨床検査の保険適用」では、区分E3(新項目)として、
アトピー性皮膚炎を主な対象とする
「血清中ヒトTARC 量の測定」(塩野義製薬)を承認した。
http://news.cabrain.net/article/newsId/16794.html

24 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/04(金) 06:59:00 ID:yDV0LUbG
おっは!
君達はアトピーだ、アトピーを受け入れてやってよ。

25 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/22(火) 16:37:54 ID:BUNUepLT
ヤフートップにも出てるけど

<横浜市立大>かゆみ抑制物質を発見 アトピー治療に期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000036-mai-soci

26 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/22(火) 16:48:49 ID:14RotCNT
<横浜市立大>かゆみ抑制物質を発見 アトピー治療に期待

7月22日11時36分配信 毎日新聞
アトピー性皮膚炎などの皮膚のかゆみを抑えるたんぱく質を、
横浜市立大の五嶋良郎教授と池沢善郎教授らの研究グループが、
マウスの実験で突き止めた。このたんぱく質には、
かゆみを悪化させる神経細胞の過度な成長を抑える働きがあり、
治りにくい皮膚のかゆみを改善する治療薬につながると期待される。

国際皮膚科専門誌「ジャーナル・オブ・インベスティゲーティブ・デルマトロジー」に掲載された。
ヒトがかゆみを感じてひっかくと、その刺激によって神経細胞の成長が促進され、
かゆみに過敏になる。これをさらにひっかくと、神経が一層増える悪循環に陥り、
アトピー性皮膚炎などの慢性化につながるという。

研究グループは、神経の成長を妨げる「セマフォリン3A」というたんぱく質に着目した。
アトピー性皮膚炎のモデルマウスに、このたんぱく質を皮下注射すると、
投与していないマウスに比べ皮膚炎が改善し、マウスが患部をひっかく回数が減った。
投与していないマウスの神経細胞は表皮まで入り込んでいたが、
投与したマウスは神経の伸びが少なかった。このたんぱく質はヒトの表皮からも分泌され、
アトピー性皮膚炎の患者は分泌が少ないことが知られている。
五嶋教授は「マウスの実験で、皮膚にセマフォリン3Aを塗る方法も試しており、将来は、このたんぱく質を塗ることで補い、かゆみを抑えられる可能性がある。ただ、このたんぱく質は構造的に不安定なため、今後、安定して大量生産できるかが課題になる」と話す。

27 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/22(火) 23:54:14 ID:vh9isY0C
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008071708214h1
http://s03.megalodon.jp/2008-0722-2352-12/health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008071708214h1
こういうのはソースが大事なんだぜ。
きちんと張っておこうぜ。


28 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/07/24(木) 18:03:51 ID:9/4WBEUI
横浜市立大、「アトピー」のかゆみ抑制するたんぱく質発見

 横浜市立大学医学部の五嶋良郎教授や池沢善郎教授らの研究チームは、
アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える効果のあるたんぱく質を見つけた。
マウスの実験で、アレルギー反応にかかわる炎症細胞や皮膚の神経の量が
減ってかゆみが抑えられるのを確認した。治療薬への可能性を探る。

 神経細胞の成長を妨げる働きをする体内のたんぱく質「セマフォリン3A」に注目した。
アトピー性皮膚炎のモデル動物であるマウスの皮膚に投与すると、皮膚炎が改善し、
皮膚をひっかく回数が減った。

29 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/08/04(月) 20:46:08 ID:/iCU2VUm
http://www.web-tab.jp/article/3579

【ロンドン 7月24日 IANS】唾液(だえき)に含まれ、
殺菌・抗菌作用があるとされるタンパク質の一種「ヒスタチン」―外傷や熱傷、
さらには糖尿病などの疾患を起因とする慢性的なかいようなどに対し、
治癒を早める作用があることをオランダの研究者らが突き止めた。

ヒスタチンは量産可能で、将来、抗生物質クリームのように一般的な薬剤が作られる可能性があるという。
研究チームの一員であるMenno Oudhoff氏は、
「今回の研究が、糖尿病性かいようなど慢性的な傷に苦しむ人々のために役立つといい」と語る。

研究チームはまず、ほおの内側の上皮細胞を採取して培養。
その後、培養した細胞層に人為的に「傷」をつけ、
一つを等張液(訳注:アイソトニック。細胞内液と濃度が等しい溶液のこと)、
もう一つをヒトの唾液(だえき)に浸した。
16時間後、等張液に浸した「傷」はまだ開いていたものの、
唾液(だえき)に浸した「傷」はほぼ完全にふさがっていたという。

その後、研究チームは唾液(だえき)の成分ごとに「傷」を使った実験を繰り返し、
ヒスタチンに傷を治癒する力があることを突き止めたという。

今回の研究結果は、米国実験生物学協会(FASEB)の学術誌「The FASEB Journal」(電子版)に掲載されている。
同誌のGerald Weissman編集長は、
「なぜ動物が傷をなめるのか、また皮膚や骨などと比べ、抜歯跡など口腔(こうこう)内の傷が早く治るのはなぜか、
これで説明がつきます」と述べている。(c)IANS

30 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/09/03(水) 15:40:12 ID:ldiNxBxk
塩野義製薬 米医薬品企業を買収 1524億円 販売・研究開発強化

 医療費の抑制政策で国内の医薬品市場が頭打ちとなる中、
肥満やアトピー性皮膚炎治療などの新薬候補を抱える塩野義にとって、
海外販売網の構築は当面の重要課題だった。
同日、都内で会見した塩野義の手代木(てしろぎ)功社長は
「単独で生き残りたいが、研究開発のハードルは年々高くなっている」
と買収による規模の拡大の必要性を強調。
併せて買収によって、販売網の拡充や
研究開発の相乗効果などの利点が期待できるとの考えを示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000018-fsi-ind

31 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/09/13(土) 18:55:48 ID:mlxxKrdR
保湿効果を高める独自の2層構造
アトピー性皮膚炎掻破防止カバー「あっ!とピタ」の新発売

 アトピーによる痒みを我慢しても、知らず知らずに掻いてしまい、せっかく塗った薬が取れ、効き目が薄れ、症状が悪化します。
 帝健の「あっ!とピタ」は、使用前に、肌側の生地を適量の水で濡らし、肩口まで着用することで、保湿性を高めるとともに、肌を冷やして快適に過ごせます。
また、塗り薬・保湿クリームの皮膚への浸透を助けるなど皮膚の症状が悪化するのを防止します。
 本商品は、子供を対象にした腕用のみですが、将来的には、首用も含めたアイテム数の拡大を図っていきます。

※「あっ!とピタ」は、商標登録申請中です。
http://www.teijin.co.jp/japanese/news/2008/jbd080911.html

32 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/09/13(土) 20:53:23 ID:IozALqNR
こんな研究開発、研究者の好みとポーズで開発費ゲットのためにネズミでやってるんであって、実際には治療効果なんて期待できないのが本当のところですが何か?



33 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/09/13(土) 21:36:21 ID:CkUqZLIs
ファビチューブのバッタもん乙

34 :名無しさん@まいぺ〜す:2008/09/24(水) 16:06:00 ID:6b6jyNRU
医学会へ発表

平成20 年9 月24 日
アトピー性皮膚炎が、寒天オリゴ糖の経口摂取によって抑制されることを発見

タカラバイオ株式会社(社長:加藤郁之進)バイオ研究所は、寒天を酸分解することによって生成
されるアガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)に、アトピー性皮膚炎を抑える働きがあることを、皮膚炎モデル
動物を用いた実験で明らかにしました。この成果を、京都市で開催される第58回日本体質医学会総
会で9月28日に発表します。


【語句説明】

アトピー性皮膚炎モデル動物
NC/Nga マウスという系統の実験動物で、通常の環境下では、ヒトのアトピー性皮膚炎とよく似た
.痒性の皮膚炎を自然発症します。ヒトの場合と同様に、皮膚バリア機能の不全や血中IgE 抗体濃
度の増加など多様な症状が現れます。アトピー性皮膚炎の治療法の確立や有効成分の開発に広く
使用されています。

ttp://www.takara-bio.co.jp/news/2008/09/24.htm

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)