5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カイロプラクテック・オステオパシーその10

1 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 16:47:52 ID:D90DQwpu0
カイロ、オステ、療術、なんでもあり。

2 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 16:59:54 ID:D90DQwpu0
焦って、「ッ」が抜けた、失礼。

3 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 17:03:50 ID:D90DQwpu0
↑「ィ」

4 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/18(月) 17:47:37 ID:AKuOnzzg0
ご苦労であった。
さすが、ふっつぁまは優秀だ。
卓越している。
冠絶する人材だな。
くっくっく。

5 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 20:33:19 ID:D90DQwpu0
>>4
仮説である以上、常に反証可能であるし、あのシステムがどういう仕組みなのかまでは解からない。

6 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/18(月) 20:58:13 ID:ca0F1TFf0
どういう仕組みかわからんだけで良いのだ。
仮説にもなっておらんのが現状だな。
ただ、ある種の再現性があり、治療として体系づけられていると言う点が重要なのだ。
そこで問題になるのは、その治療が間違っていたと言うことを客観的に証明できるかどうかなのだ。
くっくっく。

7 :病弱名無しさん:2008/08/18(月) 22:08:48 ID:MIiB/BT10
>>6
さすが散々そういう風に言っている人たちを荒らしまわってた人間だなw
しかし治療が間違っていたことを客観的に証明、というのは逆じゃないか?
治療が成り立ったかどうかが先だと思うが、おじいさんは間違ってないと証明できなきゃOK派なのか?
その方が立場は強そうだ。

8 :病弱名無しさん:2008/08/18(月) 22:41:00 ID:MIiB/BT10
>>1
>>2
>>3
乙枯れ。だが焦りすぎだw

9 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 22:58:43 ID:D90DQwpu0
>>8
実は携帯でメールを打ちながら立てていたんだよ。

10 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/19(火) 06:05:44 ID:5GH+HIKs0
>>7
> >>6
> さすが散々そういう風に言っている人たちを荒らしまわってた人間だなw
> しかし治療が間違っていたことを客観的に証明、というのは逆じゃないか?
> 治療が成り立ったかどうかが先だと思うが、おじいさんは間違ってないと証明できなきゃOK派なのか?
> その方が立場は強そうだ。

口先だけで中身がない言い方だから、突っ込まれるのだ。
挙句に操作的定義などで、逃げようと言うのがセコいんだよ。
儂だから良いようなものだが、うるさいやつならケチョンケチョンにされておるわ。
くっくっく。

間違っていないと言うことは証明できんのだ。
悪魔の証明だからな。
間違っていると言うことをはっきりさせされると言うことは、修正可能なものであり、進歩する可能性を有する。
故に科学と言うことが出来るわけだ。
つまり、反証可能性だな。古典的な部類だが、今もなお有効だ。
くっくっく。

11 :太一大聖人禍津YHVH閣下:2008/08/19(火) 10:10:46 ID:34inXS1c0
クックック・・・

>>10
貴様も十分中身が無かったがなw
相手が言っていることのオウム返しばかりが討論ではあるまい?ん?
操作操作と操られるのが好きなお前は きっといつも妻の尻に敷かれる肉座布団のような扱いを受けているのであろうな
今の若いものに見習わせたいところであろう

こうも言えるぞ?
所詮治療が成功しているかどうかは、シュレディンガーの猫と同様なのであると

12 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/19(火) 11:56:19 ID:GmFA5H0m0
>>11名前:太一大聖人禍津YHVH閣下 メェル:sage 投稿日:2008/08/19(火) 10:10:46 ID:34inXS1c0

言っておることが、まったく意味不明だな。
妄脳なこれだから、困るのー。
そもそも、AKに中身などないんだよ。
くっくっく。


で、シュレディンガーの猫とどう同じなんだね。
ほれ、言ってみろ。
くっくっく。

13 :太乙大聖人禍津YHVH閣下:2008/08/19(火) 12:14:28 ID:34inXS1c0
クックック・・・

>>12
耄碌した脳はこれだから困るw 老人の脳味噌は若人より縮んでいくのだぞw
お互い年老いたとて貴様もいつまでも余のように瑞々しい感性を保たねばならん

ん?だれがアプライド・キネシオロジーの話なんぞしている?
肉座布団では不満かな?尻に敷かれる幸福を味わってみたいとは思わんのか?
この横着者め

シュレディンガーの猫?
そのようなことは少しは自分で考えてみろ
余からの宿題であるw


14 :病弱名無しさん:2008/08/19(火) 13:57:51 ID:NCKqKdYp0
なんか重複スレが二つも立ってるけど、ここが本スレでおk?


オステオパシー・カイロプラクティック等 その10
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/body/1219121661/

カイロプラクティック・オステオパシー・その10
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/body/1219103597/

15 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/19(火) 14:07:08 ID:GmFA5H0m0
>>13名前:太乙大聖人禍津YHVH閣下 メェル:sage 投稿日:2008/08/19(火) 12:14:28 ID:34inXS1c0

なんだ、口先だけか。
おまえでは、話にならんな。
もう良いから、隅に引っ込んでおれ。
くっくっく。

16 :(  ̄ー ̄):2008/08/19(火) 14:49:35 ID:gUFpSW10O
結論!治癒は内側からしか起こらない、が事実。

17 :病弱名無しさん:2008/08/19(火) 14:55:30 ID:C96cbVbo0
>>16
極めて東洋医学的意見。同意

18 :オ−ソゴナリスト:2008/08/19(火) 20:54:23 ID:i8uRX/c80
ふっつあん おめでとう

19 :SBX:2008/08/19(火) 21:26:20 ID:3SkB0th4O
>>18オーソゴさま。                                                                           えっ!ふっつぁま話ついたのですか?

20 :ふっつぁま:2008/08/19(火) 23:12:44 ID:FQ4yWVsT0
>>18
>>19
いや、もう一押し。

21 :SBX:2008/08/19(火) 23:29:34 ID:3SkB0th4O
>>20ふっつぁま、ぶっと押して、びびびって決めておくんなし!

22 :SBX:2008/08/19(火) 23:31:13 ID:3SkB0th4O
あぁ、糞っ。左腕がびびびってきてる…。

23 :病弱名無しさん:2008/08/20(水) 07:25:54 ID:mWAg9OGO0
なんだなんだぁ?
その10が3つも立って紛らわしいことになってるぞ。

24 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/20(水) 08:41:04 ID:Wht2SGI40
手技療法が紛らわしいのは、今に始まったことでもあるまい。
くっくっく。

25 :ふっつぁま:2008/08/20(水) 17:46:45 ID:K/AJo1im0
>>24
で、TLの定義はあれでよかったのだろうか、誰も異論はなさそうだ?
仮説と書いたけど、あれは単なる定義の仮説にすぎんのだけど。
更に突っ込んだ仮説を立てるとしたら、所謂「腰が抜ける」という現象から模索すると面白そうだ。


26 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/21(木) 08:44:09 ID:d2/0sDAg0
定義以前に、TLと何となく気分で決めた治療対象との違いがあるのか・・・と言うことだな。

まるで初心者が何となく気分で決めるのと、経験豊富な手技臨床家が何となく気分で決めるのは、同じなのかと言うことでもある。

違うのならば、TLに関しての理論など、戯言にすぎんわけだ。
くっくっく。

27 :(  ̄ー ̄):2008/08/21(木) 13:52:57 ID:7D9OhrGFO
オソゴ先生が他所に迷い込んでるよ。

1960年代にラリー・ジョーンズDOがカウンターストレインを開発した。
このテクニックが開発されたのは急性のストレインを逆にもってゆくためであった。
ストレインが起こったときの位置に患者を置き、筋の弛緩まで90秒待つ。
弛緩したら術者がゆっくりと穏やかにニュートラル位まで戻すように努める。
今では他のディスファンクションにまで適用範囲へもひろがっている。
―カウンターストレインの発見―



自分自身をバッテリーになったと考えてみよう。
電気には酸素を拡散ないし四方に送る力があるようだ。
その酸素があることで身体は生き生きとさせて貰えるのだ。
電気が身体のシステムというシステムをすべて自由に駆け巡るとき気分がよいと感じる。
電気がある場所で妨げられてしまうとその結果鬱滞が起こるのだ。
―A.T.スティル―

28 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 15:18:17 ID:b1VMW6/A0
>>26
お前は過去スレでカイロは宗教だと書いてたな
ならそんなことどうでもいいんじゃないか?
治療になるかならないかも鰯の信心だろ

29 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 15:22:04 ID:b1VMW6/A0
それより膝に違和感を感じる
痛みも
膝の親指側と膝の裏
カイロで治るか教えてくれ

そして、喉が声を出すときに突っかかるようになってきた
どんな原因があるか知りたい

30 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/21(木) 15:26:06 ID:d2/0sDAg0
>>28
> >>26
> お前は過去スレでカイロは宗教だと書いてたな
> ならそんなことどうでもいいんじゃないか?
> 治療になるかならないかも鰯の信心だろ

ぬるいんだよ。
くっくっく。

31 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 15:28:14 ID:b1VMW6/A0
>>30
お、あんたカイロやってんのか?
膝の痛みと膝の裏の皮膚の下の痛みと、喉の突っかかりの原因を教えて欲しい。
あと治るのかも。

32 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 15:30:10 ID:b1VMW6/A0
喉は最近声が出にくいんだよ
まいった

33 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/21(木) 16:22:10 ID:d2/0sDAg0
>>31
原因はシステムの不良だ。
喉は姿勢の問題だな。
システムの追従性が向上すれば治る。


34 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 16:41:05 ID:b1VMW6/A0
なるほどねえありがとう
あと、のどっていうのはどうなんだろ
最近声がすこし枯れてきた
これも姿勢をなおすとよくなるのかね?他になにかあったりする場合はあるのかい?

それと膝の裏側ふくらはぎの付け根だが、ここのジンとくる痛みは本当に困る
マッサージも効き目が続かない
根本治療は何が大切なんだ?あたためたりとかかね
あと通うならどこがいい?
カイロ?整体?病院?鍼灸?

35 :病弱名無しさん:2008/08/21(木) 17:36:26 ID:HNtwppZl0
>>34
>カイロ?整体?病院?鍼灸?

それは、自分で色々勉強して選ばなきゃね。


36 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/21(木) 18:00:04 ID:d2/0sDAg0
>>34
喉は、煙草を吸わないなら姿勢だな。
膝の問題は、取りあえず股関節から診るな。
あとは消去法だ。

通うのはどこでもよい。
要は、術者の腕次第だ。
蚊色が良いとか、性態が良いとか言うものではないのだ。


37 :ふっつぁま:2008/08/21(木) 22:48:59 ID:wVzLMhsK0
>>30
そういえば宗教の起源は、10万年も前のネアンデルタール人の埋葬の痕跡だとすると、
手技より歴史は古いかもしれん。
現代医学も宗教も元を辿れば、病気や死への恐怖から始まったのだろう。

38 :病弱名無しさん:2008/08/23(土) 21:49:46 ID:U4kd+h1i0
TLの超絶対神と名無し諸氏との論争はなかなかおもしろかった。
超絶対神はブチ切れて理屈になってないようなことを言ってるところもあったが、要するに機序は不明ということで一致してた上、はっきり言って同じことを言ってた。

しかしそれが終わった途端さしたる話題も無しか・・・
臨床症例の相談でもするかね。

39 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/23(土) 23:25:54 ID:UNnFHwQ/0
をひをひ、機序は不明で一件落着してよいのか?
例えば、拝み屋が背中をなでて、「霊を落とした」とか言うのも機序は不明だぞ。
ご大層な屁理屈をつけたところで、本質的にはそれと変わらんと儂は言っておるのだ。
場蚊ではないか。
くっくっく。

40 :指圧師:2008/08/24(日) 08:41:38 ID:cv/bmhheO
そういえば、ちゃんとしたAKを習える場所については、スルーされたまま終わってしまったな…

41 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/24(日) 09:01:48 ID:KQppdSpQ0
特にAKの見地とか言うのが、拝み屋の除霊を脳科学的に半分程度説明したものと何が違うのかと言うことだな。
違わんのであれば、AKなど宗教と等質なわけだ。
まったく、こんな簡単な理屈をここまで説明せんとわからんのか。
くっくっく。

42 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 14:01:38 ID:dQV8huuc0
>>40
それならありますよ。
ICAKはいいんじゃないですか?

43 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 14:15:38 ID:dQV8huuc0
>>41
AKも他のカイロプラクティックのテクニックも鍼灸も似たようなもんだろう

44 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 14:17:24 ID:dQV8huuc0
>>39
というか貴様は一体誰なんだ

をひをひとか怪物みたいで気持ち悪すぎるぞ・・・

45 :女臣女良ネ申!:2008/08/24(日) 16:41:58 ID:x+wt4G6FO
>>44

>>39
> というか貴様は一体誰なんだ

> をひをひとか怪物みたいで気持ち悪すぎるぞ・・・ ネ申だがなにか?

46 :指圧師:2008/08/24(日) 17:20:18 ID:cv/bmhheO
>>42
情報ありがとう

ICAKですね。調べてみます。

47 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/24(日) 18:16:06 ID:KQppdSpQ0
>>43
> >>41
> AKも他のカイロプラクティックのテクニックも鍼灸も似たようなもんだろう

で、お前は他のカイロプラクティックのテクニックも鍼灸も「科学だ」と言いたいのか?
それとも「宗教みたいなものだ」と言いたいのか?
ほれ、どっちだ、たわけ。
くっくっく。



>>44
> >>39
> というか貴様は一体誰なんだ

無脳なやつほど、相手の素性を知りたがるものだ。
進化論をやっている連中と良い勝負だな。
そうやって、結局墓穴を掘るわけだ。
くっくっく。

48 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 21:20:53 ID:dQV8huuc0
あんたか?
>>39の気持ち悪いのは・・・
別のあんたの素性である獣精か?
には興味も何にも無いが、あまりに気持ちが悪かったんでな

>>47
人に聞くなら、科学とはどういうものか、宗教とはどういうものかをまずお前が提示しないことには話にならないな


49 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 21:23:31 ID:dQV8huuc0
まあしかしあんたの論法なら鍼灸学もカイロ医学も宗教だろ。
そしてかなりの数の学問も宗教になるんじゃないか?
詳しくはあんたから説明されないとあんたの考える科学や宗教がどういうものかわからんからなんともいえないが。

50 :病弱名無しさん:2008/08/24(日) 21:26:36 ID:dQV8huuc0
なるほど・・・ご老人は進化論は誤りだという立場ですな

51 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/24(日) 21:58:01 ID:KQppdSpQ0
>>48
> 人に聞くなら、科学とはどういうものか、宗教とはどういうものかをまずお前が提示しないことには話にならないな

くっくっく。
低脳はたいてい人任せだな。
科学も宗教も辞書で定義しておるレベルで十分だ。
それとも辞書を引くことも出来んのか?
ほれ、どうした?


>>49
> そしてかなりの数の学問も宗教になるんじゃないか?

宗教にはならんな。
学問と宗教の違いは何だ。
お前に答えられるか?
くっくっく。

52 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/24(日) 21:59:55 ID:KQppdSpQ0
>>50
> なるほど・・・ご老人は進化論は誤りだという立場ですな

誤りではない。
杜撰なだけだ。
くっくっく。

53 :ふっつぁま:2008/08/24(日) 23:17:16 ID:TzRuyYid0
>>40
無名でもマニアックな先生はおります。

>>45
娘!、本格的に復活せんか。

54 :指圧師:2008/08/25(月) 00:19:34 ID:5jwj8nDgO
>>53
今、メジャーなところには習いに行ってるんですけどね…


難解で難しいです…使い方が(汗)

55 :病弱名無しさん:2008/08/25(月) 01:27:26 ID:vNnekyMU0
AKは300時間は教わらないと何がなんだかわからないでしょうな
ICAKが一番いいんじゃないか?
メジャーと言えばあそこが一番メジャーでしょ。

56 :病弱名無しさん:2008/08/25(月) 22:30:52 ID:gkodQm1l0
>>54
どこで勉強してるの?
国際キネシオロジー大学?

57 :ふっつぁま:2008/08/25(月) 23:11:06 ID:K9ZiX1TK0
>>54
あはき師免許があるから、メリディアンなんか朝飯前でしょうに。


58 :指圧師:2008/08/26(火) 00:22:09 ID:zqllNDrxO
なんか話が大きくなっている気が…(汗)

普通にセミナーを受けているだけなのですが…

59 :指圧師:2008/08/26(火) 00:25:23 ID:zqllNDrxO
>>57
メリディアンってなんですか?

60 :病弱名無しさん:2008/08/26(火) 03:02:36 ID:KoTw5gIJ0
>>58
国際キネシオロジー大学もおすすめだと思う。
ただTFH寄りだけど。

61 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/26(火) 06:01:27 ID:nHaQst4U0
栗○の勉強会はどうだ?

62 :オ−ソゴナリスト:2008/08/26(火) 13:46:54 ID:HqOLjdMl0
みんな 久しぶり。えらい 話題が進んでますなあ

63 :病弱名無しさん:2008/08/26(火) 13:48:29 ID:HqOLjdMl0
今日 ようやく時間出来ましたわ。

64 :病弱名無しさん:2008/08/26(火) 14:29:23 ID:KoTw5gIJ0
>>62
さしたる話題も無い状況がずっと続いてるが・・・

65 :マン:2008/08/26(火) 18:26:55 ID:Lp+DnC5N0
このスレ、タイトルに「ィ」が抜けてるから検索でこのスレにたどり着く人少ないんじゃない?
多分盛り上がらんぞ

66 :病弱名無しさん:2008/08/26(火) 22:04:44 ID:99CXupJCO
仙骨のモーションパルペーションで気をつける事はなんですか?
微妙すぎてよく分かりません。

67 :病弱名無しさん:2008/08/26(火) 22:21:11 ID:Ibtxtetn0

IDがJCO
オメッ!

68 :ふっつぁま:2008/08/26(火) 22:52:36 ID:/nXZz25e0
>>59
AKによる経絡治療です、鍼灸に応用が効くでしょうね。
通っていればいずれ習うでしょう。

>>61
栗○センセは知らんけど松○センセはちらっと。

>>65
消しゴムも修正ペンも使えんのだよ。

>>66
PAACが出ればネ申。
軽くゆっくり押さえてみることかな。

69 :オ−ソゴナリスト:2008/08/27(水) 08:38:08 ID:DO+nB9vD0
>>66
弾力性を 感じるようにすりゃ良い。学生さんか?頭で考えてしないように。

70 :病弱名無しさん:2008/08/27(水) 22:17:30 ID:3zcGScAP0
PAACってなに?

71 :SBX:2008/08/28(木) 01:07:20 ID:mvY5TN8VO
うたた寝してたらネ申の親父さまが夢に出てきて、婆蚊ではないか、くっくっくって沖田艦長の声で叱られた。これで二回目だ。

72 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/28(木) 01:53:39 ID:xY1iuF350
クックック・・・

叱って欲しければいくらでも叱ってやろう

沖田艦長とはだれだ?
さしずめちんけなスペースシャトルかなにかの運転手であろうなw

――オステオパシー療法家は、自然の法則からの逸脱はいかなる場合においても許されないということを学ばなければならない。

自然の要求は絶対的なものである。ただ一度の間違いでも、治療の失敗を引き起こす。(A.T.Still)

73 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/28(木) 02:00:20 ID:xY1iuF350
The body has its own medicine box.

クックック・・・

74 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/28(木) 06:51:08 ID:9SbAhw5F0
ん?
儂の偽物がおるな。
くっくっく。

75 :SBX:2008/08/28(木) 10:45:31 ID:mvY5TN8VO
>>74親父さま。マリリンさんの慢性スレに、娘!が帰ってきましたよ。

76 :(  ̄ー ̄):2008/08/28(木) 12:26:17 ID:C408r+euO
人工の食物と甘味料の摂取を一切禁止。
赤い冬小麦を水に一晩中浸した水を飲む。小麦を主食にして食べる。

これを続けて多発性骨髄腫が完治した例がありますよ。

77 :オ−ソゴナリスト:2008/08/28(木) 15:15:01 ID:oXLeK+dZ0
ほんまかいな?顔の人。
最近みな 忙しいのかな?

78 :走召糸色文寸ネ申:2008/08/28(木) 16:07:11 ID:xY1iuF350
をひをひ、まがい物があふれていることなど手技療法の世界では当然のことよ。


クックック・・・

79 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/28(木) 16:19:50 ID:o7JwuGbM0
それはそのとおりだ、儂78号。
しかし、お前の場合、まだ真似しきれておらんぞ。
くっくっく。

80 :(  ̄ー ̄):2008/08/28(木) 16:34:23 ID:C408r+euO
>>77
ときに栄養も効果あるみたいですよ?メチルサルフォラルメタンとかも。
小麦はマクロビオティック?みたいなやつかどうかソースが違うのでわからないけど。
冬小麦と麦芽食が効果的です。

81 :指圧師:2008/08/28(木) 23:51:03 ID:P/kmHtYE0
こんばんは

>>55
ICAKをググって見ました。
ここは、あはき師も受講できるのか良くわからないのですが・・・

>>60
国際キネシオロジー大学はググっても出てこないのですが・・・

>>61
○原DCですか?いまそこで・・・^^;

>>68
メリディアンは経絡のことなんですね。いままでまったく使っていなかったので、全部忘れていますw

82 :ふっつぁま:2008/08/29(金) 00:01:41 ID:QlIraYhH0
>>77
今年の8月は異常に忙しい、先月は暇だったけど。

>>88
実際の脈診とAKの脈診を比べてみると面白そうですね。

83 :ふっつぁま:2008/08/29(金) 00:03:33 ID:QlIraYhH0
>>81の間違い


84 :オ−ソゴナリスト:2008/08/29(金) 18:43:11 ID:oanMblck0
>>83 ふっつあん 紛らわしいスレも あるな。タイトル逆さまに
してるやつ。

85 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 22:47:03 ID:sAFvbelR0
>>84
まあもともとカイロ自体オステオパシーが母体で、その一部分の派生だとも言われているわけだし、順番は正しいかもな

86 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 22:59:21 ID:sAFvbelR0
ところで、NAETやPCRTは禁煙とかにも有効なのかね

87 :ふっつぁま:2008/08/30(土) 01:03:50 ID:pK0Avldf0
>>84
埋まったら引越しすればいい。

>>86
派生テクニックが多すぎて、何だかよくわからんテクニックが氾濫しているみたいだ。
マグネットを使うやつで、物質の吸収と排泄を促進するテクニックなんてのもあった気がする。

88 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/30(土) 08:36:03 ID:C2bDne3y0
>>87
> マグネットを使うやつで、物質の吸収と排泄を促進するテクニックなんてのもあった気がする。

あったな。
薬などが身体に合っているかどうかを見たり出来るとか言うやつだ。
くっくっく。

89 :病弱名無しさん:2008/08/30(土) 13:10:21 ID:Be3unvR30
本家のPCRTはどうなんだ?
治療技術持ってる人いる?

90 :指圧師:2008/08/30(土) 14:05:49 ID:mmn3zxyBO
話が膨らんできましたね^^

NACTのアレルギー除去に興味があるのですが、血液抗体検査で、アレルゲンと特定されたものを、反応しないようにできるのでしょうか?

91 :指圧師:2008/08/30(土) 14:28:15 ID:mmn3zxyBO
NACT→NAET

92 :オ−ソゴナリスト:2008/08/30(土) 15:36:24 ID:3CIkZjJw0
>>87 >>88
フエィファーかいな?

93 :オ−ソゴナリスト:2008/08/30(土) 15:45:19 ID:3CIkZjJw0
>>87 >>88
妊婦さんの胎児の性別も 判るよね。


94 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/08/30(土) 18:35:31 ID:m0Ej8Boq0
>>92
> >>87 >>88
> フエィファーかいな?

それだ。

95 :ふっつぁま:2008/08/31(日) 01:14:56 ID:w7aVY3XX0
>>92
使わんテクニックは忘れ去ってしまう。

96 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 01:26:49 ID:sZPIvIFz0
素朴な質問だが、整体や整骨院のガキゴキ
あれはいったいなんなの?
オステやカイロでもないようだし

97 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 01:30:05 ID:Epi5Fgj40
アレハ気ニシチャイケナイヨw

98 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 01:33:20 ID:sZPIvIFz0
>>97
ちょっw
整体理論にバキバキ系ってあるのかね〜?
あと整骨院で、オステオパシーでもカイロプラクティックでもないと言ってバキバキ言わす人。


99 :指圧師:2008/08/31(日) 09:15:21 ID:NB/xR2PjO
>>98
おはようございます

武道伝来の活法にはあったりするので、整体のくくりには入るのではないですか?

100 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 01:49:47 ID:DrauRCOk0
バキバキですか。
臨床以外で自分も研究してました。
MDを中心にバキバキ否定論者も結構いますよね。
カイロプラクティックや医学文献で見てみると、大まかには次の通りではないでしょうか。

@そもそもスタティックな位置関係は矯正によっては不変。
A可動性回復が本当に行われるのかどうか。
 これはキャビテーション音(いわゆるバキバキ音とその刺激)により神経受容器へ衝撃波が伝わり、正常な神経反射の回復が行われて、その結果として、筋や靭帯の緊張状態が適正化されることが重要。
 ところが、最近の研究では、大前提であるこのキャビテーションと、神経反射の適正化とは因果関係が希薄なものであることがわかった。
 これにより、関節の可動性の回復には、キャビテーションが指標とはならないことが明らかとなった。
B単一の椎骨、または単一の関節に対してのみ可動性制限が起きることは、理論上は可能であっても、ほとんど現実には起こりえない。
 つまりどれだけ狙っても可動性制限の機能障害部位は複数の関節にまたがり、限局化したキャピテーションを狙うことはほとんど不可能であること。
C椎骨一つ、または複数椎骨に関して、機能障害部位以外の関節を狙わずにキャビテーションを起こすことはほとんど不可能であり、一つのキャビテーションは必ず正常関節へも影響を与え、関節をつなぐ靭帯をゆるくして、関節を脆くする危険性を高めること。

101 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 01:52:29 ID:DrauRCOk0
Dキャビテーションの中で骨と靭帯とに摩擦が起き、磨耗の危険性が高まること。
Eキャビテーションの衝撃波自体が靭帯・骨にはいい影響を与えるものではなく、微小な傷を作る危険性が高くなること。またキャビテーション自体が関節の癖となる可能性をはらむこと。

 こんなところでしょうか。
 ただ、これらのリスク十分に覚悟の上、確立した技術と根拠性によって、重篤な機能障害からの回復に対して有効である患者さんもいるでしょうし。
 日常的にやるというのはダメでも、期間を相応に空けた上での、人によっては月毎または隔月毎など考えられたメンテナンスプランに基づいて、最小限度のキャビテーションを起こす。
 ……という考え方が、もしこの方法でいくなら全面的にではないにせよ妥当で、一定の合理性があるのでしょうね。
 またはリスク回避にも力を入れるとなれば、神経パルスと同一周波数を発生させる神経反射の適正化に特化したAMCTを技術として持つのも、合理性として評価が出来るんでしょうね。いつの間にか米国DCが2番目に多く使う技術になって、臨床研究も深まってきましたし……。
 ま、リスクがあるにせよ、いろいろな方法が考えられるんでしょう。
 そしてこれからも、色々な方法が次々に編み出されていくんでしょうね……。

102 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 02:27:57 ID:DrauRCOk0
個人的に親しい整形さんやカイロプラクターは、↑のは大体自分もそう思うが、しっかりプランを作ればリスクは減らせるというお立場。珍しいですが。
今はAMCT勉強中です。
セミナー高いなぁ……。

103 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/01(月) 08:56:53 ID:BRC5j3FC0
@は、そもそも関係ない。
Aの考えも間違っているな。
人体は機械ではない。筋や靭帯の緊張状態の適正化は意識によってもたらされる。
神経反射など些事だ。
Bは当然だ。しかし、単一の椎骨を狙うのと全体的に動かすことが同じ結果をもたらすわけではない。
Cその程度で正常でなくなるならば、人体は動いているうちに崩壊してしまうな。下らん仮説だ。
Dこれも上記と同様にそんなもので摩耗してしまうのであれば、まだ人工関節の方がマシと言うことになる。
生体は常に破壊され、修復されておる。
E関節の癖とは何か明確ではないな。つまり、妄言だ。さらに良い影響という概念もいい加減だな。微小な傷はストレスになり、組織を強靭にするかもしれん。
まったく、阿呆な言いがかりばかりだな。
くっくっく。

104 :オ−ソゴナリスト:2008/09/01(月) 09:20:47 ID:k5rGS5U10
>>101
アメリカの事情とは少し異なる。スラスト系とピアースには術者の保険料が
かさみ、高過ぎて払えないからと言うのもあるぞ。

105 :(  ̄ー ̄):2008/09/01(月) 16:24:50 ID:6MtHyHV0O
やっぱり犬猫のカイロプラクティックってあるんだね?!
HVLAかな?それともAKやFPRもアリ?!

106 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 17:29:36 ID:DrauRCOk0
>>103
なるほど。おもしろいですね。
Aは最近の研究なのでわりと気をつけて作られていますし、神経反射に関しての見解はその通りだと思いますが、それ以外にも色々な要素からみますしね。
最近のDCや整形外科医の研究とはまたすこし違った部分での見解というのも当然あるでしょうし。
人体の恒常性メカニズムをどうとらえるのかというのは本当に難しくて、逆に興味深い分野です。

>>105
ネズミにHVLAやってるDCもいますよね。

>>104
そうですか……保険までは知りませんでした。
アメリカでは保険がおりるかどうかの審査もかなり厳しい上に、カイロプラクターの側の受け入れ態勢もかなり厳格に問われますしね。

107 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 17:32:33 ID:DrauRCOk0
>>103
DやEは整形のMDなんかわりとよく言いますよね。
ただその危険性の根拠の提示は、逆にカイロの治療効果の立証の困難さと同じく、あいまいなんでしょうね。

108 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 22:46:51 ID:8l+5j5qJ0
バキバキねえ・・・まあ治療でバキバキせずに済むものまでいちいちバキバキする必要は全く無いんじゃないの?
それしかできない人はまたちょっとあれだけど。
これから訴訟社会になるだろうし、その方がカイロ的にも安全でしょ。
アメリカにもそういう背景もあるという話もあるくらいだ。

109 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 22:51:00 ID:8l+5j5qJ0
>>103
あんたのように阿呆な言いがかりと、はっきり医者も含めてみんなが思っていると話は単純なのでは?
一つ世のため人のため、そういう論文を発表しなよ。
まああんたはそこまでカイロに思いいれは無いのかも知れないが。

110 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 00:34:31 ID:7XAUlyeN0
>>103
>筋や靭帯の緊張状態の適正化は意識によってもたらされる。神経反射など些事だ。

ソースを

111 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 06:28:12 ID:pXG/wHsp0
>>109
> >>103
> あんたのように阿呆な言いがかりと、はっきり医者も含めてみんなが思っていると話は単純なのでは?
> 一つ世のため人のため、そういう論文を発表しなよ。
> まああんたはそこまでカイロに思いいれは無いのかも知れないが。

科学的な手法が、すべてを説明できるとでも思っておるのか?
まったくの無駄だ。
まず、論理体系を再構築しなければならんな。
くっくっく。




112 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 06:29:11 ID:pXG/wHsp0
>>110
> >>103
> >筋や靭帯の緊張状態の適正化は意識によってもたらされる。神経反射など些事だ。
>
> ソースを

ソース?
意識がなければ、どうなるんだね。
場蚊ではないか。
くっくっく。

113 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 08:51:02 ID:QISyLEGF0
>>112
>筋や靭帯の緊張状態の適正化は意識によってもたらされる。

例えば二頭筋が緊張していると意識しただけで適正化されるとでも言うのか?

114 :オ−ソゴナリスト:2008/09/02(火) 08:53:55 ID:MnxbOHTi0
>>108
だからソフトなカイロと患者をあざむくのか?バキバキはとても痛く、危険だから
当院では行いませんとか(笑)あんたが出来ないだけだろうが。カイロプラクターとしての
原点は一体何何だ?器械も電気も無い状態では患者にはお手上げか?貴様の手があるでは
無いか それがカイロと言うギリシャ語では無かったか?アクチ使いなら マシイニスト、
揉むさするだけならマッサージと何も変わらないだろうが。そんなこと言い出すとaotもそうだが。


115 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 08:57:34 ID:qeCBpe9l0
>>113
> >>112
> >筋や靭帯の緊張状態の適正化は意識によってもたらされる。
>
> 例えば二頭筋が緊張していると意識しただけで適正化されるとでも言うのか?

ありのままの二頭筋が緊張を意識できればな。
まあ、ヨガの達人レベルでなければ無理だ。
さらに、多数の筋の調和は無意識によって行われるのだ。
くっくっく。


116 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 08:59:56 ID:qeCBpe9l0
>>114
> >>108
> だからソフトなカイロと患者をあざむくのか?バキバキはとても痛く、危険だから

自分の無脳を棚に上げ、科学もどきでスラストを否定するわけか。
いつの時代も、下種の考えることは変わらんな。
くっくっく。

117 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 10:48:07 ID:QISyLEGF0
>>115
>多数の筋の調和は無意識によって行われるのだ。

というより運動野だろ?

118 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 10:54:23 ID:qeCBpe9l0
>>117
> >>115
> >多数の筋の調和は無意識によって行われるのだ。
>
> というより運動野だろ?

無意識が脳だけにあると思っておるのか?
その程度の認識だから、現代医学に場蚊にされるのだ、たわけ。
くっくっく。

119 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 10:55:57 ID:QISyLEGF0
>>115
>まあ、ヨガの達人レベルでなければ無理だ。

この世に筋や靭帯の緊張が適正化されているのはヨガの達人以外いないとでもいうのか?

120 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 10:58:24 ID:QISyLEGF0
>>118
>無意識が脳だけにあると思っておるのか?

心臓や腸が腕を動かしてるとでも言いたいのか?

121 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 11:27:59 ID:qeCBpe9l0
>>119
> >>115
> >まあ、ヨガの達人レベルでなければ無理だ。
>
> この世に筋や靭帯の緊張が適正化されているのはヨガの達人以外いないとでもいうのか?

そうだ。
簡単なことだ。
くっくっく。



>>120
> >>118
> >無意識が脳だけにあると思っておるのか?
>
> 心臓や腸が腕を動かしてるとでも言いたいのか?

そうだ。
これも当たり前のことだな。

しかし、低脳はすぐに極論を言い出すから扱いやすいな。
くっくっく。

122 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 12:11:04 ID:QISyLEGF0
>>121

極論は絶対珍の方だろ。
笑わしてもうたぞ



123 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 13:40:07 ID:2BT/eW+d0
>>122
じーさまのいいたいのはな、運動という現象は体のあらゆる部位の欲求を脳という臓器がまとめて電気信号を発信した結果に過ぎない、ということだ。
「意識」は偏在しているともいえる。
だからありとあらゆる部位が統合されて初めて適正な緊張が得られ、真のスムースさが得られる。
それを現代医学のいうがごとく決まり切ったメカニズムで考察するとドツボにはまるぞ、じーさまはいいたい(はず)のだ。


124 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 13:57:03 ID:2BT/eW+d0
>>123
偏在、ではないな。
遍く在る、が正しい。
全然意味が違う....orz

125 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 16:11:47 ID:QISyLEGF0
>>123

いいことを言っているが、答えにはなっていない。

意識は遍くあってバランスやシステムを保っても、脳以外が骨格筋を動かすことは無い。

126 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 17:58:26 ID:2BT/eW+d0
>>125
だーかーらーな、脳という臓器を最適化するにはあっちもこっちもいじる必要がある、かもしれない、という可能性がある、ともいえる(以下ry
つまりは意識=脳が生み出す産物はその正常化のためにすべての組織の適正化が必要であると思われるわけだ。
でついでにいうならその適正化のための方法論というのは、要素還元主義をとる現代医学的な思考では現実問題として難しいと言うことだ。

127 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 18:02:12 ID:qeCBpe9l0
>>125
> 意識は遍くあってバランスやシステムを保っても、脳以外が骨格筋を動かすことは無い。

脊髄も動かすではないか、たわけ。
ところで儂は、・・・>多数の筋の調和は無意識によって行われるのだ。 ・・・と言っておるのだ。
ほれ、無意識の座はどこだ?
言ってみろ。
くっくっく。

128 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 18:03:11 ID:qeCBpe9l0
>>125
> いいことを言っているが、答えにはなっていない。

答えなどないんだよ。
その辺が青臭いな。
くっくっく。

129 :ふっつぁま:2008/09/02(火) 20:38:40 ID:23wbbDnl0
>>128
神経が筋を動かす根底には、無意識の癖とか防御、逃避というものがあるつうこと?
多数の筋の調和、例えば咄嗟の防御姿勢をとるという動きも無意識の筋の調和といえるかもしれん。

130 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 20:53:27 ID:QISyLEGF0
>>127
>脊髄も動かすではないか、たわけ
それは反射であって意識として命令しているわけではない。

>ほれ、無意識の座はどこだ?
お得意の話のすり替えか?
腸や心臓の無意識が二頭筋を動かすことはない。

>>128
>答えなどないんだよ。
揚げ句の果てに答えは無いか。
ほんと笑わしてくれるな





131 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 20:56:25 ID:QISyLEGF0
答えが無いということなので、
まぁ、これでサイナラさせてもらう。
結構面白かったよ

132 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 21:56:20 ID:pXG/wHsp0
>>130
> それは反射であって意識として命令しているわけではない。

ほう?
では、骨格筋の運動において意識的な運動と反射の違いを定義してみろ。
くっくっく。


> >ほれ、無意識の座はどこだ?
> お得意の話のすり替えか?

いや、お前の頭が悪いだけだ。


> 腸や心臓の無意識が二頭筋を動かすことはない。

それが動かすのだ。
そういうところを見抜けんから、いつまでたっても現代医療レベルの徒手治療しか出来んわけだ。
くっくっく。


> >>128
> >答えなどないんだよ。
> 揚げ句の果てに答えは無いか。
> ほんと笑わしてくれるな

いつでも答えがあると思っておるのだ?
お目出度い脳味噌だな。
そんなことでは、臨床は無理だ。
くっくっく。

133 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/02(火) 21:58:56 ID:pXG/wHsp0
>>131
> 答えが無いということなので、
> まぁ、これでサイナラさせてもらう。
> 結構面白かったよ

なんだ、もう遁走宣言か。
最近の若いものは、これだから駄目だな。
くっくっく。

134 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 00:32:43 ID:ccwIS0SQ0
>>114
それは違うぞオーソ
バキバキがカイロなどとだれが言った?
カイロプラクティックの目的はあくまで神経系を整えること。
過程はいろいろな手法がある上に、ここはオステオパシーも半分は対象となるスレ。
オステオパシーの世界では、とうの昔にスラストなんぞ主流の技術からは転落している。
そして、かの大巨匠スティル博士のテクニックをはじめ、非スラスト系で次々に新しい技術が生まれているじゃないか。

人を勝手にそういう風に断定口調で決め付ける態度はちょっとまともに見えないぞ。
自重しろ。

135 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 00:55:37 ID:ccwIS0SQ0
>>116
極論だと思うが。
だれもスラストを否定はしていないだろ。
いろいろな技術にはそれ相応の背景があり、使い分けは各人の哲学に基づいて行うのが正しい。
しかし現代科学がある以上、科学的な背景は無視はできない。

どの技術もそれなりに危険で、モビリゼーションだから安全とはならない。高速スラストにもその個性に応じた危険性が研究者・臨床家・あるいは実例によって指摘されているのも事実。
また、その効果がどのようなものか、神経反射との因果関係まで研究が及んできたと言うのは喜ばしいことではないか。

上の方に話が出ててびっくりしたが、研究で神経反射との因果関係では、キャピ自体とは関係性が低いが明らかになったのは事実。
アメリカでも話題になった。
しかしだからといって、手法自体が全否定されるものでもない。
ただそれだけだろ。

136 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/03(水) 06:27:45 ID:Sh2muvOb0
>>135
> しかし現代科学がある以上、科学的な背景は無視はできない。

科学で何も証明できないのにかね?
くっくっく。


> また、その効果がどのようなものか、神経反射との因果関係まで研究が及んできたと言うのは喜ばしいことではないか。

おそらく喜ばしくはないな。
くっくっく。


> 上の方に話が出ててびっくりしたが、研究で神経反射との因果関係では、キャピ自体とは関係性が低いが明らかになったのは事実。
> アメリカでも話題になった。
> しかしだからといって、手法自体が全否定されるものでもない。
> ただそれだけだろ。

キャビテーションの存在自体が架空だろうが。
また、キャビテーションがスラスト治療の根幹かもしれんしな。
科学など、その程度なんだよ。
くっくっく。

137 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/03(水) 06:30:54 ID:Sh2muvOb0
ほれ,蚊色やお捨ての科学など、下記のように見られておるのだ。
ttp://blog.kansai.com/ryoujin/313
くっくっく。

138 :オ−ソゴナリスト:2008/09/03(水) 08:46:46 ID:16qWtSgt0
>>134 >>135
誰もオステや非ソラスト系の事を腐していない。常にガンステッドの話題が出る度に
ハイパーのオンパレ-ドが うんざりなんだよ。危険性が もしそんなにあるなら
原因として何が考えられてとか、ありがちな失敗とか何故語れない?出来ないからじゃないか(笑)
ピアニストになろうとしたら凄まじい量のピアノの練習しないとだめだろうが ピアノが未熟でカスタネット
ばかり練習してる奴をピアニストと呼ぶのか?音楽家、ピアニスト達も人に感動を与えるために血の滲む練習するのに
カイロだけは特別に違うのか?能書きだけ垂れていれば良いのか?

139 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 11:54:37 ID:CanrMbVY0
>>136
自分はそうは思わない。
キャビ自体がカイロプラクティックの目的ではないし、キャビが無いソラストが効果が無いわけでもない。
有名どころの人間でもそんなことを言う人はほとんどいない。
空隙化が起きるかどうかは確率的な問題。
靭帯ストレッチ反応などの結果次第では、空隙化を狙うべきではない患者もいる。

>>137
カイロやオステは怪しいから科学的手法は捨ててどんどん怪しくなった方がいいとは言わないだろ?
まだしも医学に接近していく方向の方が好ましいとは思う。
検査もちゃんとしないのでは整体の中でもますます怪しげなものと同じだと思う。
>>138
ならガンステッドを前提とした話をするのをやめたら?
オステオパシーや非ソラスト系のカイロも話として前提とした場所だ。
だれもガンステッドのことを話していたわけではない。

正直いつもガンステッドの話に持っていくのは、オーソもだと思う。
だいたいソラスト系ってガンステッド以外にもたくさんあるんじゃないか?


140 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 13:28:10 ID:W+RU8JEw0
>>139
ハイパ- イコ−ルガンステッドみたいな書き方をするからだろうが。どこをどう何をミスれば
過可動性になるか体感上,経験上でも良いから説明でもありゃ納得するが。まだ見ぬ物の事を
当て推量で言わないでおくれ。

141 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/03(水) 14:21:14 ID:Sh2muvOb0
>>139
> 自分はそうは思わない。
> キャビ自体がカイロプラクティックの目的ではないし、キャビが無いソラストが効果が無いわけでもない。

お前がどう思うかなど関係ないんだよ。
御託を並べたところで、患者がスラスト失敗と思えば、それで終わりだ。
くっくっく。


> >>137
> カイロやオステは怪しいから科学的手法は捨ててどんどん怪しくなった方がいいとは言わないだろ?

科学的な手法を使っても怪しいものを正当化できないんだよ。
それどころか、かえって苦しいだけだ。
つまり、無駄だ。
くっくっく。


>>140
> >>139
> ハイパ- イコ−ルガンステッドみたいな書き方をするからだろうが。

まあ、ガンステッドを名乗るやつに下らんやつが多い証拠だろうな。
日米に関わらず、使いこなせんやつばかりだと言うことだ。
くっくっく。

142 :オ-ソゴナリスト:2008/09/03(水) 15:57:23 ID:W+RU8JEw0
>>138 >>140
失礼。名無しだったわい。

143 :オ-ソゴナリスト:2008/09/03(水) 16:07:45 ID:W+RU8JEw0
>>141

>お前がどう思うかなど関係ないんだよ。
御託を並べたところで、患者がスラスト失敗と思えば、それで終わりだ。
くっくっく。

まったく  そのとおり。ああだこうだ能書き垂れてても、スカ打ちでソラスト失敗なら
下手糞、未熟者で どんなテクニックでも疼痛を取りゃ神様だしなあ。


144 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 18:58:08 ID:At8TFAFjO
乱暴な議論だな〜。キャピテーションが適切な神経反射を起こすと限らないと明らかになったことがそんなにみんな気にくわないのかね。
だいたいオーソとかいう奴はガンステッドでハイパーになるとかいう奴がいるのが気に食わないとか、そりゃ判断を間違えればなんだってだめだろ。
そもそもガンステッドではどうやったってハイパーになるなんていってる奴いねーじゃん。
しかし神経反射と直結してないと明らかになったのか・・・。

ところで絶対神とか、ただの電波だろw
コイツがどんな技術使ってんのか知らないけど、相手の話に付いていけてねーじゃん。

145 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/03(水) 22:33:28 ID:Sh2muvOb0
>>144
> 乱暴な議論だな〜。キャピテーションが適切な神経反射を起こすと限らないと明らかになったことがそんなにみんな気にくわないのかね。

場蚊はお前だ。
適切な神経反射などという妄想は、患者が治る上にほとんど意味を持たんと言っておるのだ、たわけ。
くっくっく。

146 :オ−ソゴナリスト:2008/09/04(木) 00:06:03 ID:aDqyDx9p0
>>144
いやいや あんたのコメントで あんたが普段どんな まやかしのテクニックで治療しているか
判るよ。マニプュレィションか(笑) 音がうんぬんなんか 随分昔からカイロプラクタ-は
否定してるだろうが。ふっつあん 後はよろしく頼む 酔っ払っちまった。

147 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 00:16:16 ID:ZWyzgNkpO
>>145

あなたの考えはヴェーダ的で興味深いのですが、
実際あなたは無意識に対して具体的にどのようなアプローチをしているのですか?
一般の手技をどのように活用しているのですか?

148 :ふっつぁま:2008/09/04(木) 01:37:54 ID:1nKDUdNI0
>>146
いきなりおれに振るなよ。

>>144
>しかし神経反射と直結してないと明らかになったのか・・・

そんなのはまた覆るかもしれんということでいいんじゃない?
キャピのない、ドロップでも、スティルテクニックでも組織は緩む。
つまり、別の反射も同時に作用していると考えればいいだけ。

>ところで絶対神とか、ただの電波だろw

じゃあ、一度論破に挑戦してみれ。

>>147
恐らく、無意識が身体に反応する組織。

149 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/04(木) 06:49:50 ID:rNmxHdnY0
>>147
> 実際あなたは無意識に対して具体的にどのようなアプローチをしているのですか?

一般的な手技を使って、患者の身体に聞きながらアプローチするわけだ。


> 一般の手技をどのように活用しているのですか?

経験的に活用しておる。
無意識に呼応するのは、無意識だけだからな。
端的には、人体の追従性を向上させるようにだな。
くっくっく。

150 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 12:30:24 ID:nWQuzVJbO
素朴な質問ですいません。
超絶対神さんはどのようなテクニックで治療をなさっているのか教えて頂きませんか?

151 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/04(木) 13:49:32 ID:tiziUEty0
ターグル、ガンステッド、SOT、ディヴァーシュ、筋膜リリース、マッスルエナジー、カウンターストレインなどだな。
もっとも、CRIを基準にしておる。
しかし、CRIは一般的なものではない。
くっくっく。

152 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 17:26:01 ID:xnGWeR8H0
超絶対神さんはクラニーの動き方はどのように動くとお考えですか?

153 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 18:20:37 ID:sBZ255IwO
このスレは相変わらずかみ合ってないね。
オーソ氏に超絶対神氏、名無し諸氏のこの議論興味ぶかく見てましたが、かみ合ってないね。
オーソ氏は最近の研究に対して学究的に反論をしたいのか、ガンステッドを非難する人間に対して、言いたいことがあるのか、はっきりしては?
超絶対神氏は神経系を調整する意味での神経反射をあまり重視しない一つの立場を示されました。
ではあなたが何を目的に治療を行うか、ここで提示するとここの話は膨らむかもしれませんね。


154 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/04(木) 20:10:13 ID:rNmxHdnY0
>>152
> 超絶対神さんはクラニーの動き方はどのように動くとお考えですか?

ランダムだ。
ただし、リズム引き込み現象がある。
動きは側頭骨主導だ。
くっくっく。


>>153
> ではあなたが何を目的に治療を行うか、ここで提示するとここの話は膨らむかもしれませんね。

人体はカオスの縁の動きをしておる。
その状態に戻すように治療するのだ。
くっくっく。

155 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 23:59:23 ID:sBZ255IwO
いや非常におもしろい。
超絶対神さん、あなた口が悪く上の人との話は全然話題自体かみ合ってないが、さすがに治療技術にはばがあるだけあって、考え方が面白い。

単純な矯正という考え方だと、どこか袋小路に入って来る。

カオスの回復というと言葉はオドロオドロしいが、人体メカニズムがスタティックな平衡性ではなく、ダイナミックな平衡性でなりたっている以上、
その視点がないとカイロならリスティングは妥当で、施術も正しく効果が確認できるのに、どこかしっくりこない、という結果になる。
ガンステッドでもSOTでもそうだが、症状を検査結果に基づいて追いかけるだけではなくて、その先の感覚的なものが必要になってくる。
これは人に教わってできるものではないし、場合によって思いもかけない無自覚な症状がなおって驚くほどの成果がでる事がある。

上の議論に敷衍して言えば、神経系に反射刺激として適切なものが伝わるとは限らないとは言え、
それでも何故か治る、あるいは治るはずなのに何故か治らない。
この辺が実は一番大切な所だと思う。

私は術者も含めた皮膚感覚相互作用とか、そういう医学以前の微妙な感覚が関わっている気がする。

156 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/05(金) 05:57:21 ID:t8vsOLYz0
>>155
> 私は術者も含めた皮膚感覚相互作用とか、そういう医学以前の微妙な感覚が関わっている気がする。

その通りだ。
お前もコテをつけろ。
くっくっく。

157 :ふっつぁま:2008/09/05(金) 07:19:32 ID:O6WNMkfc0
>>154
>ただし、リズム引き込み現象がある。

ホールドしている人間にもゆらぎのリズムがあるわけだから、周期の位相が
0度から180度の間で複雑に増幅したり、打消しあったりするという現象と、
場合によっては、術者のリズム主導にシンクロしてしまうこともあるんだ?

158 :オ-ソゴナリスト:2008/09/05(金) 08:40:21 ID:Y8OnIZUi0
>>155
いまだかって、出来る人間と会話したことが無いからだよ一部のコテの方を除いて。
いろんな勉強会やセミナ-の場でも 馬鹿のなんたらでハイパハイパ-だ。そんな奴のフォ-ムを
見たら そりゃそうなるだろうと。あるいは腐すだけ腐しといて アジャストのフォ-ムは見せないとか(笑)


159 :オ-ソゴナリスト:2008/09/05(金) 08:48:32 ID:Y8OnIZUi0
>>156 >>157
おっちゃん ふっつあん crps患者への良い対処法何かあるかい?

160 :SBX:2008/09/05(金) 09:53:12 ID:YO0ET51iO
オーソゴさんに抵抗がなければ、ケモタイプハーブオイルを使ったトリートメントが有効ですよ。ギランバレにも効果がありました。

161 :SBX:2008/09/05(金) 10:04:20 ID:YO0ET51iO
まあ、僕はその手の病気は風邪だと思ってますから、肺経を主に、脾や腎を診ていきます。T3.4.5やS2のアプローチで思わぬ効果が現れる事もありましたね。

162 :SBX:2008/09/05(金) 10:05:51 ID:YO0ET51iO
顔の師父。私の為にのレスでしたかね。ありがとうございます。

163 :オーソゴナリスト:2008/09/05(金) 10:23:21 ID:Y8OnIZUi0
>>160>>162
SBXさん おおきに。試してみるわ何人かいるから。

164 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/05(金) 11:54:19 ID:IyFq/1uj0
カウザルギー様のものには、トリートメント的治療を行いながら、操体法的に、緊張緩和を学習させることが肝要だ。
呼吸も取り入れる。

儂は一つの条件反射だと考えておる。
梅干を見ると、唾液が出てくると言うのを、カウザルギーだとすると、
梅干しか、梅酒付けの梅か、食ってみるまではわからない状態にすれば、過剰な条件反射反応は抑えられるわけだ。

再学習させることで、CRPSの発作を抑えていくことが出来るわけだ。


165 :病弱名無しさん:2008/09/05(金) 14:14:45 ID:tiF41Lt2O
読んでてちょっと疑問。
ガンステッドとsotがやたら話題に出てるけど、何でこんな何にも関係無さそうなテクニック勉強してるんですか?
きっかけとか聞きたい。

166 :病弱名無しさん:2008/09/05(金) 16:01:02 ID:YUp5UwAbO
カイロはイロイロなテクニックがあるみたいですが手に職をつけるならガンステッドがいいんですか?

167 :オーソゴナリスト:2008/09/05(金) 18:31:02 ID:Y8OnIZUi0
>>164
おっちやん ありがとう。梅干の例が分りやすい。再学習だね やってみるわ。

168 :オーソゴナリスト:2008/09/05(金) 18:33:21 ID:Y8OnIZUi0
>>166
講師に依ります。

169 :ふっつぁま:2008/09/05(金) 23:20:27 ID:O6WNMkfc0
>>159
おれもシンプルに操体法がいいと思う。
しかし、よくわからん病気だな。


170 :オーソゴナリスト:2008/09/06(土) 09:51:29 ID:le3UZS9a0
そうかい?なるほど。弁護士に根拠と治療計画伝えないとだめなんだよ。交通事故だから。

171 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/06(土) 10:34:01 ID:q8TeTj1R0
治療したときだけ、調子が良くなるというような再学習では駄目だぞ。
結局、治らん。
トリートメント治療は、自宅でも出来るように指導しろ。
治療院では、微調整するように心がけることだ。
必ず、患者自身に問題を解決させるようにすることが重要だな。
認知運動療法的に行うのがよいな。

172 :オーソゴナリスト:2008/09/06(土) 16:03:52 ID:le3UZS9a0
>>171
なるほど、ほんまに為になるなあ ありがとう おっちゃん。

173 :病弱名無しさん:2008/09/06(土) 20:13:02 ID:UNRrdkfRO
マードックのCSCプログラムって、ホントにDC資格取れるんですか?

オーストラリアで開業できるってホント?


知ってる方いたら教えてもらえますか?

174 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/06(土) 20:38:05 ID:7Xf7eNuK0
>>173
> マードックのCSCプログラムって、ホントにDC資格取れるんですか?

資格など無意味だ。
古賀を見ろ。
くっくっく。

175 :ふっつぁま:2008/09/06(土) 23:28:52 ID:B7cjH3ab0
>>174
そういえば、古賀先生が頚椎を触っただけで、ガングリオンがみるみる縮小したという話を聞いたことあるな。

176 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 06:13:16 ID:Za0LeamsO
どなたかNAETについて情報をください。
本当に食物アレルギーに効果があるのでしょうか?

177 :エルラード:2008/09/08(月) 09:14:31 ID:NOAh1S1K0
>>173

オーストラリアで開業は可能ということだろう。
国によって単位が違うためもし足りない分は本校で追加を受けなければならない。
国家試験も全て英語で。

>>174
カイロプラクティックという名にこだわらないなら無意味だ。
もっとも法制化された場合アジャストやカイロベットは使えなくなるかもしれないが

178 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 09:37:19 ID:3HNJ5vts0
>>176
NAET JAPANのサイトは見たかな?
個人的な意見としては「やってみる価値はある」と思う。
知り合いの例でいうと結構よくなっている人間もいたし、あんまり変わりないのも当然ながらいた。
作用機序の説明はともかく、それなりに効果があるとおれは思う。

179 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 12:04:35 ID:Q+LoajTI0
>>177
> >>174
> カイロプラクティックという名にこだわらないなら無意味だ。
> もっとも法制化された場合アジャストやカイロベットは使えなくなるかもしれないが

そうか。
ならば、経絡などの概念を使うでない。
法制化というのは、国家が独自で行うものだ。
他の国家の法制など、まったくの無意味なんだよ。
さらに念のために言っておくが、現在の日本における国際基準など、功労賞が法制化したおりには、まったく関係ない。
一からやり直しだ。
そして、法制化で保証されるものは、名称の独占だけだな。
くっくっく。

180 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 12:05:21 ID:Q+LoajTI0
>>176
> どなたかNAETについて情報をください。
> 本当に食物アレルギーに効果があるのでしょうか?

効果があったかどうか試すのは、命がけだがな。
くっくっく。

181 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 14:35:28 ID:g6ZDG6FG0
最近は名称の独占さえ保証されてないがな。

182 :エルラード:2008/09/08(月) 14:58:43 ID:NOAh1S1K0
>>179
>ならば、経絡などの概念を使うでない。
鍼や指圧をするのではなく概念として使うなら問題ない。
逆にナーボやモーパルを基に鍼をしてもよい。

>他の国家の法制など、まったくの無意味なんだよ。
功労賞はWHO基準以上で法制化するだろう。

>そして、法制化で保証されるものは、名称の独占だけだな。
概ねそうだが、そこの所はさじ加減しだいだ。
あマ指のようにぬるくしていたらタイ式などのように竹の子で出てくるだろう。

183 :エルラード:2008/09/08(月) 15:06:08 ID:NOAh1S1K0
>>182
>逆にナーボやモーパルを基に鍼をしてもよい。
逆に鍼師がナーボやモーパルを基に鍼をしてもよい。

訂正

184 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 17:04:08 ID:Q+LoajTI0
>>182
> 逆にナーボやモーパルを基に鍼をしてもよい。

もともとやっておるではないか。
くっくっく。


> >他の国家の法制など、まったくの無意味なんだよ。
> 功労賞はWHO基準以上で法制化するだろう。

しないだろうな。
くっくっく。


> >そして、法制化で保証されるものは、名称の独占だけだな。
> 概ねそうだが、そこの所はさじ加減しだいだ。
> あマ指のようにぬるくしていたらタイ式などのように竹の子で出てくるだろう。

カイロ師が法制化されれば、あましより下だ。
まあ、その程度だ。
カイロプラクティックの名称を使えるだけだ。
○○式カイロなどはいくら使っても問題ないだろうな。
療術がなぜ法制化されんか知っておるかね。
くっくっく。

185 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 17:26:53 ID:uXdBknJ9O
法制化はいいが、その前に銃声の保険不正請求の詐欺罪が何とかならんのかね。
ここの住人は銃声の人でも詐欺罪を犯しているようなのはコテハン含めていないが、世間は酷いことになってる。
整形外科より遥かに多い請求額とかいくらなんでも酷い。
業務範囲を考えてそんなことになる訳がないのに。

186 :エルラード:2008/09/08(月) 17:34:48 ID:NOAh1S1K0
>>184
>もともとやっておるではないか。
では何故カイロプラクターが経絡を利用するのはダメ?

> >功労賞はWHO基準以上で法制化するだろう。
>しないだろうな。
>カイロ師が法制化されれば、あましより下だ
そう考える理由は?
功労賞が法制化する場合WHO、CCE、発生の地アメリカ、WFC等の意見を参考にするだろう。
それ以下で法制化されてカイロプラクターによる事故が起きた場合、
患者又は遺族はカイロプラクター以外に世界の基準より低レベルな法制化をした功労賞を訴えるだろう。
基準以上なら言い逃れできる。功労賞にとってWHO基準以下にするメリットがない。

>療術がなぜ法制化されんか知っておるかね。
よければ教えてください。

187 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 17:37:53 ID:uXdBknJ9O
オステオパシーやカイロプラクティックの法制化は五十年くらいのスパンでありうるかもくらいのことでは?
そもそもソマティック・ディスファンクションやサブラクセーションという概念自体日本の医学界に存在しない。
保険が入るには曲がりなりにもそういうのがあるかもくらいの一定のコンセンサスができないとキツイと思う。
もちろんアメリカだっていろいろあるが、少なくとも医療と認める土壌と一定の臨床研究がある。
日本では学会自体無いからなぁ。

188 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 17:45:12 ID:uXdBknJ9O
とにかく日本は保守的。
臨床心理士だって正規の資格ではなかった。
そのくせ保険請求はデタラメで、はっきり言って制度にサブラクセーションというより器質的疾患がある。

自分思うのは、今後新しいのを認めるより、今あるものへの締め付けに走るだろうから、そうするとますます混乱して行くと思う。

189 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 17:52:49 ID:Q+LoajTI0
>>185
> 業務範囲を考えてそんなことになる訳がないのに。

どんどん訴えることだ。
くっくっく。




190 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 17:59:55 ID:Q+LoajTI0
>>186
> では何故カイロプラクターが経絡を利用するのはダメ?

別によいが、カイロという名にこだわっています。
しかし、中身はパクリです・・でもよいならな。
くっくっく。


> 基準以上なら言い逃れできる。功労賞にとってWHO基準以下にするメリットがない。

功労賞は、アメリカの意見など参考にせんよ。
現状でも、日本の医師はアメリカの医師と同等ではない。
もともと同等だったんだがな。
当然、カイロプラクターが同等である必要はない。
あましは逆に考えれば、わかりやすいだろう。
アメリカで、指圧師が国家資格になったとして、DCと同等になると思うか?
くっくっく。


> >療術がなぜ法制化されんか知っておるかね。
> よければ教えてください。

癒着だ。
くっくっく。

191 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 18:03:30 ID:uXdBknJ9O
ただ経絡を使うカイロプラクティックの技術もありますよね。
どうでもいい事ですが。

192 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 18:05:20 ID:Q+LoajTI0
>>187
> オステオパシーやカイロプラクティックの法制化は五十年くらいのスパンでありうるかもくらいのことでは?

まず、ないな。
国家がそんなものに責任を持つ必要もないだろう。


> そもそもソマティック・ディスファンクションやサブラクセーションという概念自体日本の医学界に存在しない。
> 保険が入るには曲がりなりにもそういうのがあるかもくらいの一定のコンセンサスができないとキツイと思う。

保険適用は法制化以上にあり得ん。
SDなどの概念が、科学的に解明されることはまだ先の話だ。
少なくとも意識が科学的に解明されてからのことだな。
くっくっく。


> もちろんアメリカだっていろいろあるが、少なくとも医療と認める土壌と一定の臨床研究がある。
> 日本では学会自体無いからなぁ。

アメリカに、まともな学会などないだろうが。
おそらく、日本の学会、確か、科学新聞社主導だったか、あれが世界でもまともだろう。
くっくっく。

193 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 18:07:21 ID:Q+LoajTI0
>>191
> ただ経絡を使うカイロプラクティックの技術もありますよね。
> どうでもいい事ですが。

もちろん、使ってもよい。
カイロが独自で、科学的だなとど言う駄法螺を吹かねばな。
くっくっく。

194 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 18:10:40 ID:uXdBknJ9O
科学新聞社のあれの方がまともなんですか(笑)?
なんとまあカイロプラクティックは世界的にも混乱状態なんですね。
自分はあましは盲人のことがあるので、資格としては銃声に追加のような形でカイロプラクティックやオステオパシーが加わって来ることはあるのかなとは思っていました。
現に銃声で看板にカイロプラクティックやオステオパシーを出してもいいように、変わりましたし。

195 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 18:15:28 ID:Q+LoajTI0
獣性が蚊色やお捨てを取り込むのは、既に予言済みだ。
単独法制化はあり得ん。
それだけの話だ。
もっとも、何らかの金になれば、話は別だろうがな。
いずれにしろ、蚊色もお捨てもまとまりがなさすぎる。
つまり、大口の金にならんわけだ。
くっくっく。

196 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 18:17:16 ID:Q+LoajTI0
>>194
> 科学新聞社のあれの方がまともなんですか(笑)?

海外で提携し合える学会もないほどにな。
日本にDCがこれだけおるのだから、まともな学会があれば、すぐに提携出来るだろうが。
簡単なことだ。
くっくっく。

197 :オーソゴナリスト:2008/09/08(月) 18:22:15 ID:mIteGc3I0
>>187 >>188
あなたも コテが必要です(笑)アメリカの現状でも保険請求額上げるために
理学療法、物療、マッサージなど、アジャス以外で不必要に追加してる状況。
画像も期間により 回数制限あったはず。直球でサブラクと言うレセプション
病名では 通らなかった筈。保険会社とカイロプラクター間では そうなってい
るはず。最近はキャッシュが 見直されてる。日本同様、見解の相違などで
レセプション返却のリスクを抑えたいためでしょうな。あちらでは高額にも
なるし。

198 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 19:42:44 ID:RXpBqjdQ0
どこの国でも同じだろうが、保険請求など患者を診ておるのか、書類を書いておるのかわからなくなるものだ。
自費でいいんだよ、自費で。
くっくっく。

199 :176:2008/09/08(月) 20:01:32 ID:Za0LeamsO
>>178

ホームページはみました。カイロプラクティックの先生のホームページからリンクされていたので、こちらで聞けば内輪的な詳細が得られることのではないかと思ったので…

効果が得られる可能性があるのですね。

200 :176:2008/09/08(月) 20:02:57 ID:Za0LeamsO
>>180
食物アレルギーがあるのは子供なので、それが問題なんです…

でも何とかしてあげたくて…

201 :SBX:2008/09/08(月) 20:33:28 ID:54GEB+RUO
>>191さま。カイロで云うところのサブラクセーションとは、背兪穴に現われる経絡異常の事だと思うのですよ。

202 :エルラード:2008/09/08(月) 20:44:03 ID:NOAh1S1K0
>>190
>中身はパクリです・・でもよいならな。
了解

>カイロ師が法制化されれば、あましより下だ。
>あましは逆に考えれば、わかりやすいだろう。
>アメリカで、指圧師が国家資格になったとして、DCと同等になると思うか?
ん?
同等になるとは思わない。以下になるだろう。それは日本でも同様。
ただDCよりは下だろう。
つまり、あまし<WHO基準≦日本<DC になるだろう。

>癒着だ。
無知ですみませんが、どことの?

203 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 21:01:12 ID:RXpBqjdQ0
>>202
> ん?
> 同等になるとは思わない。以下になるだろう。それは日本でも同様。
> ただDCよりは下だろう。
> つまり、あまし<WHO基準≦日本<DC になるだろう。

ならんな。
DCなど、功労賞ではアメリカのアマシとしてしか認識しておらん。
つまり、日本ではアマシ以下だ。
ちなみに、医者がカイロをやれば、無資格と同じだ。
これが功労賞の認識だ。
DCのレベルが上などと言うのは、業界内だけで通じる妄想なんだよ。
くっくっく。



> >癒着だ。
> 無知ですみませんが、どことの?

そこまでは言えんな。
くっくっく。

204 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 21:10:31 ID:3HNJ5vts0
>>200
子供ですか。
それは心配ですね。
術者との相性というのもありますが、近ければ静岡の増田カイロを試してみるのがいいかもしれません。
問い合わせてみてはいかがでしょうか。


205 :ふっつぁま:2008/09/08(月) 21:18:16 ID:0y+WDEUY0
アメリカのDCはPTと結託して柔整のような存在になってきている。
食っていくために、PTがリハとして保険請求している現状を聞くと、
自費のままで十分だな。

206 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 21:23:15 ID:RXpBqjdQ0
>>204
> 術者との相性というのもありますが、近ければ静岡の増田カイロを試してみるのがいいかもしれません。

院長は卒中で倒れたがな。


207 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 21:28:20 ID:3HNJ5vts0
>>206
確かに。
まあそのことと治る可能性があるかどうかはまた別だから。
どうするかは176氏が決めてほしいです。

208 :SBX:2008/09/08(月) 21:59:36 ID:54GEB+RUO
>>200さま。胎盤療法で有名な吉田クリニックの岡宮ドクターを訪ねてみてはいかがでしょうか。長野の整体屋に紹介されたと云えば予約がとれるはずです。

209 :176:2008/09/08(月) 22:02:14 ID:Za0LeamsO
>>204

そうです、子供なんです。軒並みダメ(卵・小麦・米)で、食べる主食がないんですよね…


静岡ですか…ホームページにあった教えている方のところですよね?

関東なので、頻繁には通えないですね(汗)
子供が一歳になるところなので、遠出もあまりできません…

210 :176:2008/09/08(月) 22:04:47 ID:Za0LeamsO
>>208
胎盤療法ですか?どんなことをするのでしょう?
吉田クリニックですね。調べてみます。

211 :エルラード:2008/09/08(月) 22:10:27 ID:u80J2rrK0
>>203
>DCなど、功労賞ではアメリカのアマシとしてしか認識しておらん。
>つまり、日本ではアマシ以下だ。
その通りだろう。法制化されていない以上功労賞が無知なのは仕方がない。

>ちなみに、医者がカイロをやれば、無資格と同じだ。
>これが功労賞の認識だ。
これもその通りだ。

>DCのレベルが上などと言うのは、業界内だけで通じる妄想なんだよ。
だから、そういった点からも法制化が必要だな。

212 :SBX:2008/09/08(月) 22:12:30 ID:54GEB+RUO
>>210さま。胎盤療法をメインに代替療法も取り入れている内科医院ですよ。アレルギーやアトピーの患者さまに紹介すると、まず感謝されます。治癒率は高いと思いますよ。

213 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 22:37:24 ID:uXdBknJ9O
サブラクセーションに関して、経絡異常なのではないかという話が出ていたので、それについて一言。
もとより科学的・医学的検証に乗る話ではない事を前提にするが、それでも別物と捉えるべきだろうし、別物だと思う。
サブラクセーションは大まかに何らかの関節の可動性制限を前提にするのに対して、経絡異常は筋、そして気を前提にその流れを考える。
つまり、ソマティック・ディスファンクションとも合致しない。
オステオパシーには血流やリンパ等の体液循環・構造の動きのリズムまでソマティック・ディスファンクションに含めて対応した技術を考えるのに対して、経絡系にはそもそもそういった発想はない。
また、カイロプラクティックでも、軟部組織へのカイロプラクティックと言われるアプライド・キネシオロジーには軟部組織のサブラクセーションを考えるが、それも経絡系と必ずしも親和的ではない。
もちろんチャップマン反射等経絡系の治療に似た事をしている例もあるが、発想が根本的に違う。
部分的に重複し合うからといって、観ているもの、そして目的地が異なるものを同じだとしてしまうのは、論理的におかしい。
感覚が混ざろうが、未解明な部分が多かろうが、哲学も理論も所与

214 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 22:40:53 ID:uXdBknJ9O
の条件も異なるものを同じだとしてしまうのは、やはりおかしい。
もちろん施術家が自分がやっている

215 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 22:43:02 ID:uXdBknJ9O
この部分とこの部分は似ていると考える事は当然あると思う。
しかもカイロプラクティックのサブラクセーションへの考え方には姿勢の根本的な矯正を目指すものもあるし、ますます経絡系とそぐわない。

216 :ふっつぁま:2008/09/08(月) 22:45:19 ID:0y+WDEUY0
>>209
主食が無いとはツライですね。
シックハウスの問題(ホルムアルデヒト)の問題や、飲み水の浄水の問題。
乳製品を含む食品の問題(残留農薬や異種蛋白)などの環境の問題もチェックしてみては?

217 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 22:45:42 ID:RXpBqjdQ0
>>211
> >DCのレベルが上などと言うのは、業界内だけで通じる妄想なんだよ。
> だから、そういった点からも法制化が必要だな。

いやいや、DCはアマシと同じだ。
それで国家は問題ないと考えておる。
つまり、法制化は何ら必要ないわけだ。
更に国民にとっては、患者を治せるものだけが意味を持つ。
もはや、DCと言う資格だけで患者が治ることは無いな。
くっくっく。

218 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/08(月) 22:49:04 ID:RXpBqjdQ0
>>213
蚊色にしろ、進級にしろ、その人体治療概念は後付けの無理矢理な説明でしかない。
結局、一側面を無理矢理言語化しておるだけだ。
本質が同じであれば、違いがあると思いながら、同じことをしておる可能性は排除できん。
だから、まるで異なる概念を融合できるわけだ。
くっくっく。

219 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 22:59:37 ID:uXdBknJ9O
自分もそう思う。
結局施術家。
ただし理論も同じですとしてしまうとメチャクチャになる。
所詮まるで未解明の部分が多過ぎる話。
ただし学問的な発展が全く異なり、しかも片や気の存在を前提にし、片や西洋医学とは比較的親和性が高いと言われるカイロプラクティック内部でも観ているものがカイロプラクティック医学的に微妙に違ったり、
オステオパシーのようにもっとカイロプラクティックとは離れていたり、結局違うもの。
施術家がカイロプラクティックをやりながら気の存在を見ようが、そんなような技術もあるしまるで自由だが、
少なくとも建て前である理論も全部一緒です、とすると、味噌クソ一緒になり何の話もできなくなる。
まあこんなことは、今より遥か未来の人に任せておけばいい。

220 :176:2008/09/08(月) 23:09:57 ID:Za0LeamsO
>>216

あ、ミルクアレルギーもです…今は、アレルギー対応の粉ミルクを飲ませていますが、離乳食が全く進まないんです
これからなにを食べさせればよいのやら…


道路が近いので、大気汚染はあるかもと考えてはいます。
築15年の賃貸ですが、シックハウスの問題はでるのでしょうか?


飲み水は今まで、ペットボトルの水でミルクを作っていましたが、最近家族と同じ浄水器にかえました。特に変わらないです…

221 :エルラード:2008/09/08(月) 23:15:23 ID:u80J2rrK0
>>217
>いやいや、DCはアマシと同じだ。
>それで国家は問題ないと考えておる。
その通りだが、現在国がどう思っているかなど関係ない。
いつでもそうだが、国は圧力をかけられて重い腰を上げるのだ。
もっともその考えを変えさせるのは大変だが。

>更に国民にとっては、患者を治せるものだけが意味を持つ。
治すのは当たり前のこと。
でも、それだけじゃダメなんだな。
治療しても良いかどうか判断する知識は臨床に入る前にしっかり大学で学ぶべきで、
それを確認するのが国家試験。
悪化させない知識を持った上で、治さなきゃ。


222 :ふっつぁま:2008/09/08(月) 23:18:00 ID:0y+WDEUY0
>>220
大気汚染とか、衣類の素材、洗剤、ハウスダスト、家具に使われている接着剤等等。
あらゆる可能性を探ってみてください。そのうえで>>212の療法も併用するといいかもしれませんね。

223 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 23:30:02 ID:uXdBknJ9O
アレルギーはまずは詳しい専門医にかかった方がいいと思います・・・。
家の問題とかも絡んで来るだろうし。

効果があるかどうかわからないけど、栄養学の専門家にもご相談されるのも一つの選択肢。
その場合マクロビューテックとか過激なのもあるんですが、色々あるので合うものを徐々に探すしかないですよね。
また栄養学の研究はアメリカの方が遥かに進んでいるので、その辺に詳しい人とか探すのも一つの手かも。

カイロプラクティックならNEATやPCRTもありますが、やや傍流な感じがする。

224 :オーソゴナリスト:2008/09/08(月) 23:30:16 ID:NwyTHj/VO
>>220

私事で恐縮m(__)m 昔お金が無い若い時、食べる物が無く(食費浮かす為)
何故か牛乳だけはタダ同然で手に入ったので毎日二リッター位飲んでいました(約一年間)
元々、下痢症で牛乳は敬遠してた私ですが毎日自分自身に言い聞かせ、牛乳を飲めないと
死んでしまうぞ 他に食べ物が無いんだからと自らに言い聞かせ、二ヶ月目で克服出来ました。
ある日を境に全くアレルギーや下痢は出なくなりました。まあ 大人だったので思い込みやイメージ変換、
楽しい事嬉しい事考えながらを取り入れました。もしや他の食べ物もと思い
試しました所やはり、イメージ変換と思いこみでクリアー出来るようになっています。
お子さん 大変でしょうが必ず道はあります。親御さんが支えて上げて下さい。

225 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 23:35:49 ID:uXdBknJ9O
失礼。
マクロビオティックの方が原音に近いみたいです。

226 :オーソゴナリスト:2008/09/08(月) 23:43:36 ID:NwyTHj/VO
>>218

だから、BJはカイロと言う物を理論として確立させたかったかも知らない。オヤッサンの影響と
当時のアメリカの医療とを鑑みて。一体、医師法違反でカイロプラクターは何千人捕まったんだ(笑)

227 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 23:46:50 ID:uXdBknJ9O
アレルギーの問題は、蛋白質の消化能力の問題で自然に消えるものもある一方、なかなか克服が難しいものも。
理論段階のものはあっても、なかなか文献にのるような治療技術は西洋医学的もまだ出てきていなかったと思います。

ただ、栄養学で理論段階のものはプロバイオティクス等いくつかあったはず。
ご参考までに。

228 :病弱名無しさん:2008/09/08(月) 23:56:50 ID:7j4Do8mN0
>>227
おもしろい。コテを持ってほしいです。

229 :SBX:2008/09/09(火) 06:18:16 ID:tW7rJUCSO
>>219さま。理論が同じだとは云ってはいないのですがね。

230 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 06:30:38 ID:LpM8CROO0
>>221
> いつでもそうだが、国は圧力をかけられて重い腰を上げるのだ。
> もっともその考えを変えさせるのは大変だが。

かつて蚊色の場蚊どもが言っておった外圧などで腰があがることは無いのだ。
くっくっく。



> それを確認するのが国家試験。
> 悪化させない知識を持った上で、治さなきゃ。

それも無意味だ。
例えば、国家試験を通った一級建築士と、10代からの叩き上げの宮大工とどちらが上かと言えば、現場では後者だ。
国家資格など、ただの紙切れなんだよ。
国家資格が欲しければ、獣性でも、アマシでもとればよい。
それで十分だ。
くっくっく。

231 :SBX:2008/09/09(火) 06:46:24 ID:tW7rJUCSO
>>230親父さま。相変わらず遅寝早起きですね。小娘!が又心配しますよ。

232 :エルラード:2008/09/09(火) 06:53:34 ID:ZrtpYw3S0
>>230
>国家試験を通った一級建築士と、10代からの叩き上げの宮大工とどちらが上かと言えば、現場では後者だ。
その比較はおかしい。
国家資格は現場に入る前のスタートにすぎない。いわば許可証であって腕を保証するものではない。
比較するなら国家資格を取って何十年のベテラン一級建築士と10代からの叩き上げの宮大工だ。
そもそも、建築士と大工を比較することがおかしいが。
資格は頼るものではなく、はじめるのに必要な許可証だ。



233 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 07:21:26 ID:LpM8CROO0
>>231
> >>230親父さま。相変わらず遅寝早起きですね。小娘!が又心配しますよ。

そうか、小娘を心配させてはいかんな。
まあ、年を取ると、寝るのが苦痛になるのだ。
くっくっく。

234 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 07:25:43 ID:LpM8CROO0
>>232
> 資格は頼るものではなく、はじめるのに必要な許可証だ。

そして、日本国では、カイロをやるにあたり、そんな許可は必要ないとしておるわけだ。
いいか、中卒の登校拒否だろうが、医師免許を取得した医学博士だろうが、カイロをやる上に意味は無いとしておるわけだ。
他国でいくら国際基準とか言ってみても無駄なんだよ。
そもそも、国際基準と言うもの自体、眉唾だからな。

医学的知識の国家保証がほしければ、医師免許だろうが、アマシ免許だろうが、好きなものをとればよい。

いずれにしろ、蚊色は蚊色をやっている人間が思うほど、高等なものとして認知されておらん。
まあ、国家に文句を垂れる以前に、自分の知識でも向上させておけ。
万が一、蚊色が国家資格化されれば、既存の民間資格は一切無視だろう。
獣性などの国家資格には、特待があるだろうがな。
くっくっく。

235 :SBX:2008/09/09(火) 08:45:58 ID:tW7rJUCSO
>>234親父さま。まぁ、親父さまのように医師免許あって手技もできれば、少なくとも俺よりは格上で、世間の信用はあるでしょ。

236 :エルラード:2008/09/09(火) 08:48:42 ID:8BG9sngb0
>>234
>日本国では、カイロをやるにあたり、そんな許可は必要ないとしておるわけだ。
超絶対神氏は今の日本の現状を何回も繰り返し言っているだけ。

>蚊色は蚊色をやっている人間が思うほど、高等なものとして認知されておらん。
それも現状の話しで認知されるよう持って行けばいいのです。

>万が一、蚊色が国家資格化されれば、既存の民間資格は一切無視だろう。
他の民間資格がどう思うと関係ない。カイロは独自で上を目指せして行けばよいのです。

超絶対神氏はベテランで発想力もあるのだからもう少し発展的な考えができませんか?
それとも長年やっている間に何かあり失望されたのでしょうか?


237 :SBX:2008/09/09(火) 08:55:08 ID:tW7rJUCSO
>>236さま。斬っても叩いても、同業者相手の認定証詐欺師が沸いてくる業界ですからね。

238 :エルラード:2008/09/09(火) 09:43:10 ID:8BG9sngb0
>>236
その通りですね。
でも超絶対神氏が本当に医師免許を持ちながら自由診療で手技をしているなら
変わっているというか尊敬します。
高い立場だから今までのような発言ができるわけですね

239 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 09:59:31 ID:k2sNAqLr0
>>235
> >>234親父さま。まぁ、親父さまのように医師免許あって手技もできれば、少なくとも俺よりは格上で、世間の信用はあるでしょ。

考えが甘いな。
いいか、医師免許を持っているリハビリ専門医と、スポーツ選手・トレーナーなどの経歴を持つ叩き上げのリハビリ指導者と、かかるならどっちがよい?
医師免許を持っていて、手技をやるというのは、そもそもアウトローなのだ。
つまり、やくざものだな。
そんなやつに信用などないのだ。
患者を治せてこそ、初めて信用が生まれるわけだ。
その点では、おまえも儂も変わりはない。
くっくっく。

240 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 10:02:09 ID:k2sNAqLr0
>>236
> 超絶対神氏は今の日本の現状を何回も繰り返し言っているだけ。

その現状をまったく理解しておらん連中ばかりだと言うことだ。


> それも現状の話しで認知されるよう持って行けばいいのです。

無理だな。
くっくっく。


> 他の民間資格がどう思うと関係ない。カイロは独自で上を目指せして行けばよいのです。

蚊色自体が民間資格なんだよ。
どのように上を目指しても、国家資格になったときには、そんなものは関係ないわけだ。



> 超絶対神氏はベテランで発想力もあるのだからもう少し発展的な考えができませんか?
> それとも長年やっている間に何かあり失望されたのでしょうか?

業界には、失望どころか、何も望んでおらん。
おまえも発展的になりたいなら、学会活動でもして、発表でもしてこい。
くっくっく。

241 :SBX:2008/09/09(火) 10:36:46 ID:tW7rJUCSO
>>240親父さま。それじゃ親父さまが面倒がらずにもう一回表に出てきて、極道の組を立ち上げれば話がつきそうですね。

242 :病弱名無しさん:2008/09/09(火) 11:32:53 ID:BqNrmhYP0
流れをぶったぎってすみません。
ttp://drt-seitai.com/
ここで、DRTという新しいテクニックを開発したそうですが、
どんなものかご存知ありませんか。
ttp://www.bit-st.jp/favor/view.cgi?num=04342&code=MD_HL_0
ここをみると、短時間で効果があるようなのですが。



243 :オーソゴナリスト:2008/09/09(火) 19:48:28 ID:ut1lcmyFO
例のCRPS患者 50代男性来院して みなさんの指導アドバイスも聴き入れながら
アトラスと仙骨のみをアジャスト、ASRP PI−R。主訴は予測通り右足関節周辺から下腿全域、同側の腰痛、
に疼痛ありで外果内果周辺に皮膚は冷たいが、内部は焼けただれるような痛みと絞やく感。
圧痛点を緩和させ、腰痛アジャスト後 約二割楽になり、アトラスアジャスト後は四割程の軽減あり。明日も来院予定。
患者以上に私が気になり寝られそうに無い。ふっつあん 乾杯!お先に飲んでるよ(笑)飲まな やっとれん。

244 :ふっつぁま:2008/09/09(火) 22:59:33 ID:323s8K2G0
>>241
走召糸色文寸ネ申糸且ならおれも入れてもらおうかな。

>>243
おれは下戸だぞ、副交感から攻めるのか、まあ頑張れ。

245 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 23:00:36 ID:LpM8CROO0
>>241
> >>240親父さま。それじゃ親父さまが面倒がらずにもう一回表に出てきて、極道の組を立ち上げれば話がつきそうですね。

それは面倒だな。
くっくっく。


>>242
> ここで、DRTという新しいテクニックを開発したそうですが、
> どんなものかご存知ありませんか。

儂は知らん。
ちょっとかかってきてみろ。
くっくっく。

246 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/09(火) 23:01:42 ID:LpM8CROO0
>>243
> 患者以上に私が気になり寝られそうに無い。ふっつあん 乾杯!お先に飲んでるよ(笑)飲まな やっとれん。

オーソよ、なるようにしかならん。
人事と尽くしたならば、天命を待て。
くっくっく。

247 :オーソゴナリスト:2008/09/09(火) 23:17:30 ID:ut1lcmyFO
>>244

ふっつあん、そしたらわしに切り込み隊長させてくれ。

>>246

おっちゃん、みなさん また明日来院後報告しますわ。

248 :ふっつぁま:2008/09/10(水) 06:11:54 ID:3u3sckRv0
変な時間に目が醒めたついでに。

>>240
>業界には、失望どころか、何も望んではおらん。
>おまえも発展的になりたいなら、学会活動をして、発表でもしてこい。
>くっくっく。

どうせなら、既存の概念や体系をぶっ壊して、人体システム論を布教すると面白そうだ。
ただ、異端扱いされるか、手技の法制化は更に遠のいてしまうのは自明だが。

249 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/10(水) 07:31:36 ID:W7DyY7Q00
確か、アマシの療養費払いの区分の中に、脊椎矯正術と言うのがあったような気がするな。
法制化は、アマシか獣性に吸収されて終わりのような気がせんこともないのだ。
くっくっく。

250 :(  ̄ー ̄):2008/09/10(水) 08:26:14 ID:FoZWQ0SZO
治癒は霊性が絡んでいそうだね。

ジム・ジェラスやボブ・ブルクスビィー両ドクターの経験談を聞いてると、
ブレス オブ ライフに働き掛けるのが大切。

両ドクターは医師たちから死亡した患者の検死を依頼され頭蓋を診たらタイドを感じた。
そこで彼等はまだ生きてる、と答えたら医師たちから大顰蹙。
その直後に、その患者が動きその医師たちは絶句したらしい。

霊が肉体から離れるまで74時間かかるんだって。
その時間をバイオエネルギィティクスの手技により縮めることも出来る、とか。


まさしくオステオパシーは死んだのか?、に対する答え。
シャーマンに回帰しましたってことかな。

251 :訂正:2008/09/10(水) 08:31:01 ID:FoZWQ0SZO
72時間でした

252 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/10(水) 08:59:25 ID:6Ore8egG0
では、大抵のやつは肉体に霊がおるうちに火葬されるわけだ。
くっくっく。

253 :オーソゴナリスト:2008/09/10(水) 09:12:18 ID:eO2dpSnuO
>>248->>252

そう言った目に映らない非科学的な事なら余計に国家に認められんわなあ。しかし、今の世の中なら
そんな治療家の方が時代に合うような気がするが。まあ国保、健保適応で無いわな。

254 :SBX:2008/09/10(水) 09:32:28 ID:lnfIGmaZO
>>253オーソゴさま。非科学ではなく未科学。

255 :ふっつぁま:2008/09/10(水) 10:37:53 ID:3u3sckRv0
>>249
法制化するにしても、玉石混合の療術業一纏めでは不可能に近い。
カイロ、オステ、整体と区分けしようにも、線引きが殆どカオスの縁だがな。

>>250
その人はロジャー・ペンローズのシルヴィウス裂刺激実験の通りの体験をしたのだろうか?

256 :オーソゴナリスト:2008/09/10(水) 12:06:37 ID:eO2dpSnuO
>>254

失礼しましたSBXさん。尼師にあるよ 脊椎調整術。それを大義名分としてカイロは尼師の一分野だと(笑)確かにある意味そうかも。
ところでストレッチはどの分野なんだ?

257 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/10(水) 17:51:42 ID:W7DyY7Q00
>>256
> ところでストレッチはどの分野なんだ?

まあ、無理矢理こじつければ、獣性の後療法だろうな。


258 :エルラード:2008/09/10(水) 22:34:00 ID:ghWKlzbg0
民主党が衆院選のマニフェストにカイロプラクティックを盛り込む予定にしている。

民主党はカイロ小委員会を開き功労省から医事課と法規担当を招いた。
そこでJACが三浦レポ・WHO基準などを説明。
議員は担当官に「医療に厳しいアメリカが認めているのに何故認めないのか!」
「WHOがガイドラインを各国政府に送っている事実をどう受け止めているのか!」
などと詰め寄った。
窮した担当官が六法全書を開いていると、議員から
「そんな所に答えはない、自分の頭で考えて答えたらどうだ!」と叱咤が飛んだそうだ。

国の腰は重い。
民主党が勝てば法制化に向け進展があるかもしれない。

259 :病弱名無しさん:2008/09/11(木) 00:31:30 ID:dUL3QFqD0
馬鹿な議員がいるもんだ。 民主党もダメだな。

260 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/11(木) 01:03:31 ID:c4upRuWH0
あんまり寒涼を追い詰めるとしっぺ返しがくるからな。
くっくっく。

261 :病弱名無しさん:2008/09/11(木) 09:16:12 ID:QZW3P83eO
法制化したら、困る人の方が多そうだw

マット売り団体がつぶれてくれるのはありがたいが…

262 :ふっつぁま:2008/09/11(木) 23:05:09 ID:PbdHDSMW0
布団が売れんと日○直販が困るだろうな。

263 :病弱名無しさん:2008/09/12(金) 09:10:59 ID:ZFV6XhbbO
K○Sグループもそうじゃなかったっけ?

264 :SBX:2008/09/12(金) 10:04:20 ID:iZupuoOqO
オーソゴ師父は朝から気合いが入ってますね。俺も見習わなくちゃ。

265 :オーソゴナリスト:2008/09/12(金) 11:05:11 ID:STlvOk5QO
>>264

いやいや どうも(^O^)おっちゃんが出る膜無いように、暴れてるだけですわ。話しにもならんが(笑)

266 :SBX:2008/09/12(金) 14:07:31 ID:iZupuoOqO
>>265オーソゴさま。1ドクターは自分が不利になるレスも正直に入れるでしょ。彼は我々が自分の流儀に愛情と誇りを持っているように、自分の整形医学に絶対の愛情と誇りがあるんですよ。我々と業種が違うだけで同じ穴の狸なんだ。

267 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/12(金) 15:11:41 ID:4OK+GyLB0
>>266
だから、1もまともな獣性は認めてやればよいのだ。
くっくっく。

268 :オーソゴナリスト:2008/09/12(金) 15:33:44 ID:STlvOk5QO
>>266 >>267

いやいや 奴自身まともな整形内科医で無いのに。なんせ、椎間板全適したら99%疼痛が緩和すると主張するんだから。
誰一人からも尊敬されない賛同を得ていないのが痛すぎる(笑)

269 :オーソゴナリスト:2008/09/12(金) 15:43:16 ID:STlvOk5QO
>>266

SBXさん 間違った方法を何千万人が選択しようが間違いで、正しい事は地球上でただ一人でも全人類に影響与える事が出来るんですよ。奴にいくら根拠や理論を述べても
最初から認めようとしないんだから永遠に噛み合わないですわ。また、ここではそうしようとも思わんし。ただ、ちらっと見た患者なり家族なりが真に受けて、風評になるのが堪らなく 嫌なんですよ。

270 :ふっつぁま:2008/09/12(金) 23:22:30 ID:84Dhkbej0
謎壱君はマリリンのblogにこんなタワケたことを書くからいかんのだよ。
まあ、マリリンの答えも?だけど。

ttp://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-258.html#more

271 :SBX:2008/09/16(火) 09:15:04 ID:8svL/PTGO
左手の痺れで五時に目が覚めた。右手二指も痺れはじめた。もうすぐ患者さまが来るのにさっぱりエンジンがかからない。

272 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 11:19:06 ID:fvsml3dQ0
胸のエンジンに火をつけろ!

273 :SBX:2008/09/16(火) 13:01:56 ID:8svL/PTGO
シフトノブがトップに入りましたw                                                                                 頭のてっぺんから足の爪先までビリビリですぜ!

274 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 21:21:40 ID:zxLqDw8X0
俺は医療系国家資格者じゃないのでオステオパシーの書籍売ってくれなかったことがツラかった(涙

275 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 21:29:48 ID:kktuf5QV0
木夫見

276 :どっち:2008/09/19(金) 12:17:21 ID:xkQRDTIb0
炎症について伺います。
一般に冷やすよう言われていますが、逆に冷やしてはいけないと言う意見もあります。

炎症は家で言うと、壊れた家を取り壊し更地にするような作業で
冷やして早く炎症を抑えてしまうと取り壊しが不完全な状態で修復が始まるので
長い目で見ると再発しやすくなると言います。

一方では、炎症を冷やすというのはエンジンを冷やすのと同じで効率を上げるといます。

結果的にはどちらがよいと思いますか?

277 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 15:29:01 ID:0babfMXxO
慢性ではあたためて急性ではアイシングというのが一応の目安として言われているよね。
どちらも痛みを何とかする意味合いが強いから、耐えられるのであればなるべく手を加えないのに越したことはないと個人的には思う。
あたためるのはともかく、冷やすのはいろいろバランス崩すし。

278 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 15:32:45 ID:0babfMXxO
>>275
医療従事者以外ではパック会員やJCO等会員に限られるっていうのがね、なんとも保守的だ。

279 :どっち:2008/09/19(金) 16:31:51 ID:xkQRDTIb0
>>277
>耐えられるのであればなるべく手を加えない
なるほど、なるべく冷やさないほうがよいと言うことですね。

280 :SBX:2008/09/19(金) 18:23:05 ID:uN0i6BcRO
>>278さま。だからオステシャンが増えるのかも。このままでは日本ではオステシャンが主流になってしまうかもしれません。

281 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 20:52:42 ID:gHhi5RsdO
>>280

SBXさん わしゃ、生まれも育ちもカイロプラクターです。もちろんオステの素晴らしさも解っています。私ゃ カイロだけをやりたいのです。

282 :SBX:2008/09/19(金) 21:01:16 ID:uN0i6BcRO
>>281オーソゴさん、言われなくとも百も承知。

283 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 21:20:20 ID:gHhi5RsdO
>>282


しかし、オステオパスがワンランク上ですわな。そこは認めざるを得んでしょう。

284 :SBX:2008/09/19(金) 21:46:51 ID:uN0i6BcRO
>>283オーソゴさんは何弱気になってんですか!カイロにはカイロ独特の、素晴らしいものがあるでしょ!ランク付けなどできないですよ。

285 :SBX:2008/09/19(金) 21:55:31 ID:uN0i6BcRO
たとえば百歩譲ってカイロのテクニックがオステに比べて初級だとしても、それを極めればオステに勝とも劣らない効果はあるはずです。当門のテクニックなんか本当に簡単なものばかりです。理論一分、練習三分ですよw

286 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 22:01:29 ID:/YSKO8Lh0
腰痛はまずその原因を知ることが必要です。

そのためには、一度は医療機関を受診して
原因を確かめましょう。

その上で、いろいろな治療を試せば安全・安心です。

腰痛治療とはこんなふうです
http://gyoja.hagewasi.com/

287 :SBX:2008/09/19(金) 22:11:40 ID:uN0i6BcRO
ちなみにオステシャンとはオステの理論で頭蓋骨調整をすれば小顔になれると吹いているエステティシャンの事。私が作った言葉。日本のエステ業界では何故かコウイチ・カツヤマが唯一のオステオパスらしい。当然まともなオステオパスからは相手にされていない。

288 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:16:37 ID:gHhi5RsdO
>>285

SBXさん 援護ありがとう。しかし、パーマー系カイロ界はつい こないだからですよサブラクの除去が神経機能の調和(トーン)と言い出したのは。世界のどこの誰に聞いても 何とかの一つ覚えにしか言わない。
トリガー?それは、それで別物扱いだし(笑)PNF、カウンターストレイン等等。今のパーマー系は 多分言われたい放題ですよ(笑)明確な答えが出せない状態。おっちゃんも そこを踏まえて 突っ込み放題(笑)しかし、パーマー系からは何ら反論出来ず。
私自身も 大混乱状態(笑)

289 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:18:55 ID:gHhi5RsdO
>>286


オマエは謎スレ1の成り済ましだよ(笑)早く 触診から練習しろ。なっさけ無い医者(笑)

290 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:21:09 ID:gHhi5RsdO
>>287


SBXさん 今日1やね(笑)わしらでも オステオパスには憧れてるのに。

291 :SBX:2008/09/19(金) 22:26:46 ID:uN0i6BcRO
>>290オーソゴさん、それでは俺と貴男で酒でも飲んだ勢いで、カツヤマのおっさん脅して、我々二人が日本で一番のオステオパスとなりますかw

292 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:30:28 ID:gHhi5RsdO
>>291


いやいや(笑)私はオステオパス疎いので、大量にお酒のんで 手技療法に置けるクソ野郎の顔面に ゲロは吐けますが。わっかいなあ SBXさんは。

293 :エルラード:2008/09/19(金) 22:33:30 ID:Pq4QLRpt0
>>288
後付けした理論が間違いなだけで、
特にHIO、ターゴはオステに負けないおもしろい方法だと思いますよ。

ハーバード大の医師がカイロより医学を勉強しているのでアジャストは
カイロプラクターより安全という宣伝を見たことあります。
ナーボを使っていましたが、恥ずかしくないのか?と思いました。
ちなみにナーボの持ち方間違ってました。

294 :SBX:2008/09/19(金) 22:34:10 ID:uN0i6BcRO
オーソゴさん、貴男には抵抗がある仮説かもしれませんが、サブラクと云うのは、椎骨に現れた経絡異常だと思うのですよ。そう考えると僕の頭の中ではすべてまとまるんです…。

295 :SBX:2008/09/19(金) 22:37:35 ID:uN0i6BcRO
>>292オーソゴさん、実は随分昔にチョンマゲ不動産屋の事脅したのですよ。認定証詐欺するなってね。

296 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:44:38 ID:gHhi5RsdO
>>293

はじめまして。脱メディスンと言う意味からも多いでしょうな。今の合衆国(特に西海岸)は 自然指向が病的(笑)だから。
いかんせん、タイトロンで計ろうが、スコープで計ろうが 術者の五感ですがね。

297 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:51:13 ID:gHhi5RsdO
>>294


SBXさん アバウトOKでしょう。認めざるをえません。やっと、イースト、ミーツ ウェストかも。科学科学科学のユーロピアン的な医学は大事だろうけど
好きでは無いし。例えば、風邪引いたと思ったら養生して二日目に死ぬ位汗かいて、バイラスを半殺しにすると言う気構えで自力で治すスタイルが好きなオーソゴナリストでした(笑)

298 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 22:56:10 ID:gHhi5RsdO
>>295


認定証詐欺とは 岡〇県が母体の K〇Sですか?幹部に 89〇が居ると言う。あぁ〜コワ(。。;)恐すぎて 寝られるかなあ。ブルル(゜▽゜)

299 :SBX:2008/09/19(金) 23:10:39 ID:uN0i6BcRO
>>298オーソゴさま。斬っても叩いても沸いてくる詐欺師・魔物どもに私の力は無力でしたね。今のところは全敗といってよいでしょう。しかし最後には正義が勝つと信じてます。

300 :オーソゴナリスト:2008/09/19(金) 23:17:59 ID:gHhi5RsdO
>>299

もう少しですよ。私に力が沸いたら必ずクソ共は蹴散らしますので。今の私のエリアでは インチキは来れないですよ(笑)
ここでの売りは スキルしか無いですから。癒し系の人も かなり やりにくいはず。

301 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 02:54:08 ID:/Rf/VtL10
>>294
頭蓋サブラクセーションは?
サブラクセーションタイプ2は?

302 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 02:56:45 ID:/Rf/VtL10
>>285
もともとパーマー自体がオステをパクったとか言うDCやDOもいますよね
オステオパシーの講習に出ていたこともあったとか


303 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 03:10:51 ID:/Rf/VtL10
そして発生が事実その通りであろうとも、それぞれに発展して、交錯して、互いに互いを参考に発展しているわけです。
しかしオステオパシーには無いかなりカイロ独自のものもある

カイロプラクティックの技術でメジャーなところではアプライド・キネシオロジーやアクティベータ・メソッドなど
アクチはともかく、AKなどはオステオパスでも活目して学びに来る人もいるほど

そしてオステオパシーでもリコイルを取り入れたり、いろいろと面白いことになってきてる
もっとも創始者スティルは高速スラストを一切行わなかったので、カイロプラクティックのリコイルとは全く違うものにはなっているが

いまは原点回帰で、非スラストの手技の価値が改めて見直されている時代でしょう
DOの世界でも、非スラストの中でも高度な技術は優秀なスコアの人しか教わることができなかったりしているそうです
著名なDOはとかく高速スラストには否定的な方が多い気がしましたが、オステオパシーはますますそっちの方向に行きそうですね

かたやカイロプラクティックは本場アメリカでも最近はますますサプリや健康器具の販売に手を染めてきている
DCも変わってきましたね

304 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 03:18:48 ID:/Rf/VtL10
カイロらしくないというと真っ先にSOTが浮かびますが、あれも硬膜への対処を通じて、神経伝達を考えているということでやっぱりカイロなんでしょうな
AKなんかは神経ともう離れている部分もあってこれこそオステオパシーとまたがるようなもの

いやー時代は変わったよ

305 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 08:44:54 ID:8jtgC0r8O
私の学生時代位から変わりだして来た。いろんなテクニックが生まれようとしてきた。しかし、ただひたすらに師の言葉を
信じ、1番難易度が高いと言われていたガンステッドをやり続けた。振り返って見ると結果的に良かったと思ってる。同期で使いこなせる人間はほとんど居ない。それが私のバックボーンになっている。

306 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:47:57 ID:85NPlszw0
>>283
> >>282
>
>
> しかし、オステオパスがワンランク上ですわな。そこは認めざるを得んでしょう。

それは妄想だな。
おそらく、カイロプラクターの方が一日の長がある。
つまり、カイロプラクターがオステの技術を吸収するのにもっとも優れていると言うことだ。
特に日本ではな。

柔道を長年やっておるやつ、空手を長年やっておるやつ、
柔道を長年やっており、空手を初めて上達するやつ、
どれが良いかは、自分で決めれば良い。
くっくっく。

307 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:52:07 ID:85NPlszw0
>>294
> オーソゴさん、貴男には抵抗がある仮説かもしれませんが、サブラクと云うのは、椎骨に現れた経絡異常だと思うのですよ。そう考えると僕の頭の中ではすべてまとまるんです…。

それで良いではないか。
基礎医学を持ってきて、とってつけたような理論より、百倍まともだ。
くっくっく。

308 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:55:27 ID:85NPlszw0
>>301
> >>294
> 頭蓋サブラクセーションは?
> サブラクセーションタイプ2は?

それぞれの定義を述べろ。
くっくっく。



>>302
> >>285
> もともとパーマー自体がオステをパクったとか言うDCやDOもいますよね
> オステオパシーの講習に出ていたこともあったとか

まったく問題ない。
その後、お捨ても蚊色の手技をさんざんパクっておる。
お互い様だ。
くっくっく。

309 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:58:03 ID:85NPlszw0
>>303
> 著名なDOはとかく高速スラストには否定的な方が多い気がしましたが、オステオパシーはますますそっちの方向に行きそうですね
>
> かたやカイロプラクティックは本場アメリカでも最近はますますサプリや健康器具の販売に手を染めてきている
> DCも変わってきましたね

結局、両方とも、落としどころは同じようなものだと言うことだな。
くっくっく。

310 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 09:28:33 ID:8jtgC0r8O
>>309


アメリカ生まれのカイロだが皮肉にも当のアメリカ人すら、手によるアジャストをしなくなるかもね。全てスパイナルアジャスター的な物を使うでしょうな。

311 :SBX:2008/09/20(土) 09:44:50 ID:zwgkYeM1O
>>310おはよう、オーソゴさま。それはきっとアロパシー医が、手技で病を捌くとはなんて非科学的だといじめるから、カイロドクター達が嫌になっちまったんじゃないのですかね。

312 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 11:22:06 ID:8jtgC0r8O
>>311

遅いおはようやね(笑)理論とかは科学と認められだしたけど 手技の再現性はトホホだもんなあ。

313 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 11:24:45 ID:/kmHocas0
手技療法は職人の世界ですからね。

314 :ふっつぁま:2008/09/20(土) 12:34:56 ID:2B+wZ6640
>>312
現代医学の再現性も同じようなもんだよ、タミフル飲んで空飛ぶやつは予測できん。

315 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 13:23:12 ID:8jtgC0r8O
>>314


ふっつあん 他所で(整形、接骨、鍼灸、尼師、整体、カイロ等)五年とか10年とか通い続けた人が ふっつあん所来て 継続する?わしんとこは弱いなあ。
続かない率が高い。もちろん理由は様々だろうが。一切の物療しないからなあ。しかし、そんな続かない方からの紹介言うのもあるしなあ。

316 :SBX:2008/09/20(土) 13:33:11 ID:zwgkYeM1O
>>315オーソゴさま。来なくなった人から紹介されるのなら、単に貴男の腕がいいのでは?

317 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 13:42:34 ID:S1J9xZYzO
AMCTが出てきたとき、神経トーンの調整では我こそがより科学的にも蓋然性が高いと主張し、ディバーシやガンステッドに比しても再現性や安全性に勝り、より神経パルスに近い周波数を操ることができるというメッセージ性がありましたよね。
神経へのダイレクトな対処である以上、我々こそが最もパーマー哲学を順守していると。
そしてその後大挙してそちらに流れ、今や二番目にメジャーなテクニックになりました。
しかし神経系ということを考えるのであれば、よりはっきりと対応する物理療法を施せればそれなりの効果があるでしょうし、物療機器の進歩を考えれば今後よりきめ細かく使えるものが必ず出て来ると思います。

そうなったとき、それを推奨するのはカイロプラクターか医師かはわかりませんが、恐らく主張がそっくりになるはず。

今のところのカイロ機器よりも遥かに性能が進歩してよりきめの細かい対処が可能になった時、また大混乱になる気がします。

318 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 13:58:47 ID:8jtgC0r8O
>>316


そうなら嬉しいけど何かすっきりせん(-.-;)

>>317

インサイトディスカバリー持ってる方おられますかな?どんな感じなんだろう、ミレニアムとの違い等。

319 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 14:29:21 ID:U6ZaqpZ/O
>>318

本人が来院しないのに紹介があるのは、先生の腕が良い証拠ですよ。短期間で結果を出せるんだから、治療家冥利に尽きるではないですか。

320 :ふっつぁま:2008/09/20(土) 15:31:07 ID:2B+wZ6640
>>315
患者が良くならんと、摩り式チラシ撒きが待っとるぞ。
つい最近、初回の人だと思ったら、7〜8年前に1回だけ来たことがあるという人もいた。
あわてて昔のカルテをほじくり出したがね。月に1〜2回という人から1〜2年に1回という人もおるよ。
1回から数回治療して良くなれば、後は放っておいても誰かを連れてきてくれるもんじゃないか?
その本人も具合が悪くなれば、忘れた頃にやって来るし、調子が良ければ来ないだけだろう。
ここにおる人は皆、そんなようなペースじゃないか?

321 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 18:08:55 ID:ed5CBq3J0
>>308
>その後、お捨ても蚊色の手技をさんざんパクっておる。

例えばどのような手技をパクったのでしょう?

322 :(  ̄ー ̄):2008/09/20(土) 18:19:36 ID:vfZQ0CtTO
>>303
んー?スティルの段がやや微妙ですね?

スティルはHVLAを使ってはいたみたいです。
ただご存知のように、使用テクニックを隠していた。
それがゆえ後続に高速テクニックを専門にする世代が現れたんですよね。
確かサザーランドの前のDO達ですね。

323 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 20:27:00 ID:S1J9xZYzO
ほう、おもしろい
しかし最新のオステオパシーのDO書籍でも、スティルは一切高速スラストは用いてはいなかったと言うものが結構ありますよね。
そもそもオステオパシーの哲学からすれば、関節だけ見て終わりという単純なものでは治ったとは見なせないものの方が主流でしょうし。
それと最近の発見から出て来ているスティルテクニックでもスラストって見掛けたことがなかった。

そういえば関係ないですが、スティル博士はジプシーとも交流があったとどこかで聞いて、やはりバイタリティある人だったんでしょうね。
軍属だったというのもなかなか異彩放ってますよね。

324 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/21(日) 10:04:43 ID:aLXY4k8E0
スティルがテクニックを公開していなかったことは有名だな。
当然、オステの基本手技テクニックは存在していないわけだ。
結局、カイロやマッサージの手技をアレンジして使うことになる。
つまり、パクリなんだよ。
くっくっく。

325 :(  ̄ー ̄):2008/09/21(日) 13:05:46 ID:e2cFpzTSO
>>323
DO書籍と言うと何て方の、どんな本ですか?


ぺージェット病で有名なジェームズ・ぺージェットの知人、ウォートン・フッドが1871年に接骨術についての本を書いていますね。
有名どころではスィート一家がいるように、アメリカでは接骨術は植民地時代からの伝統のようです。

スティルがボーンセッティングをどう学んだかの記録にはない。
が、恐らくはフッドからの影響ではないようだけれど
1880年代には既に接骨術師を呼称していたらしいですよ。

326 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 13:22:10 ID:QePE/HHP0
最近思うのだがアクティベーターの特性ってのは
刺激を真っ直ぐに伝えるコトに秀でてるって事かと。

神経伝達云々よりそれらを包括した(血流、リズム、揺らぎetc)身体の機能異常に対し
直接的に影響を与える事が手よりも簡単ってこと

でも上手い人はそれを手でも出来てるよねってことで。
それと打つ場所と方向の決定は結局術者の技量(経験、勘)ってことかな。

その辺詳しい方居ますか?俺間違ってる?それとも「今更」って話?

日本語不自由でスマソ



327 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 13:33:32 ID:fGc++/UrO
施術後
寝てる時首がコキコキなるんですが大丈夫でしょうか?
症状は少し良くなったのですが

328 :オーソゴナリスト:2008/09/21(日) 13:56:25 ID:XbjTz0HkO
>>326


>直接的に影響を与える事が手よりも簡単ってこと

>でも上手い人はそれを手でも出来てるよねってことで。
>それと打つ場所と方向の決定は結局術者の技量(経験、勘)ってことかな。


>>学生か、新卒なら手だけで行うテクニックだけをすること。あるレベルまで行くとテキスト見なくとも場所や方向なんぞ分かってくる。手の感覚が研ぎ澄まされると
より、物言わぬ機械とでも術者は一体化するぞ。スエットのハンドガンだけでAOT出来るし、スパイナルアジャスターの変わりにもなる。しかし、手の感覚が鈍い術者なら やるべきで無い。

329 :(  ̄ー ̄):2008/09/21(日) 14:59:48 ID:e2cFpzTSO

しばらく顔ださないので、
私の根拠とするDOを挙げておくね?


エディセ・アッシュモァDO
アーネスト・E・タッカーDO
スティル時代の教授ですね。


ハロルド・マグーンJr.DO
ヴァン・ヴァスカークDO
恐らく初期の文献からの引用か、と思います。

アッシュモァの『オステオパシーのメカニクス』では、
スティル博士はHVLAの他、関節法など数種類のテクニックが見受けられた、
と記録していますよね。

330 :SBX:2008/09/21(日) 17:02:17 ID:+X2BzZbwO
>>329顔の師父。是非またレス入れて下さい。お待ち致します。

331 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 17:46:50 ID:EhqDg90o0
オステオパシーは技術で語るものでもないと思う
要するにユニットとして、全身を見ていこうという発想だし、その点カイロプラクティックが拘る局所的な神経系とは異なる
どちらがいい悪いでもない

現にカイロプラクティックも、今時脊柱しかみられませんみたいな先生の所には誰も行かない
全骨格系に軟部組織へのアジャストまでできないと

しかし……SOTのような発想のものってそういえばオステオパシーには無いよな
あれだけオステオパシーに近いのに
あとキネシオロジーも

経絡系を使うものも無い
似たような発想のはあるけど

もうカイロとオステオパシー区別する意味あんの?
世間ではカイロはバキバキ、オステはモビリゼーションみたいな感覚あるけど、全く間違ってる
せいぜい哲学の違いくらい
その哲学も、オステよりのカイロとか、カイロよりのオステの手技もあるし、だいたいカイロ自体神経系だけに拘る人たちはもう少数派
アクティベータとか、神経系原理主義者もいるけど

332 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 19:53:37 ID:QePE/HHP0
>>328
オーソゴナリストさま

レスありがとうございます。
達人と呼ばれる術者達が何を診ているのかって所に
興味があったのでそのレスは凄く理解できました。

ちなみに治療勘や感覚磨くのに良いトレーニングありますか?

333 :オーソゴナリスト:2008/09/21(日) 20:19:39 ID:XbjTz0HkO
>>332


>達人と呼ばれる術者達が何を診ているのかって所に
興味があったのでそのレスは凄く理解できました。

>ちなみに治療勘や感覚磨くのに良いトレーニングありますか?


>>私なんざ、まだまだ屁みたいな者だよ。感、勘はただ一点に絞る事だよ、筋、靭帯、椎骨等。アジャストは最小でそこからどこに波及するかが解れば患者は倍々ゲームで増える。
感を養うには余計な事せんことだね。

334 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 08:38:27 ID:8fjc/moV0
>>331
> もうカイロとオステオパシー区別する意味あんの?

教える連中の金儲けのために意味があるわけだ。
くっくっく。

335 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 08:39:43 ID:8fjc/moV0
今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
くっくっく。

336 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 18:01:17 ID:8qcAWPJnO
なんかインチキくさいなあ(笑)

337 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 18:10:08 ID:8qcAWPJnO
しかしようするに突き詰めると同じものの気がする。
全体をユニットととらえてやるというのは当然個別の関節や神経パルスも整えないとだめだろう。
逆にカイロはまずスタティックな配列の改善をテーマにし、オステオパシーの影響で可動性回復に切替え、最近では神経系さえ整えれば、となっているが、ようは全部整えればいい(笑)
軟部組織もオステオパシーやカイロの対応する技術で整えて・・・、これは非常に時間がかかります。
やはり優先順位で施術家の腕の見せ所になってくるな

338 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 19:21:43 ID:08PAjXzR0
ナチュロパシーから手技を独立させて「カイロパシー」と云う概念を確立しても良さそうだな。

339 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:00:11 ID:t/rIYQ9MO
>>335

> 今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
> くっくっく。 訳すと骨法かしら?(笑)

340 :SBX:2008/09/22(月) 21:29:49 ID:Ao/zbFGoO
フルフォード先生の著書を読むと、考え方なんか野口門の整体っぽいですね。

341 :SBX:2008/09/22(月) 21:31:02 ID:Ao/zbFGoO
>>339小娘!なんだ、いるじゃね。

342 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 21:36:41 ID:vcEO51X60
孫娘は、元気そうで何よりだ。
儂も元気だぞ。
毎朝、マラダチしておる。
くっくっく。

343 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:43:41 ID:t/rIYQ9MO
じぃちゃんはチソコも元気でなによりですね 〜♪

344 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 22:35:13 ID:8qcAWPJnO
だれか俺の玉袋サブラクセーションを治しておくれ
女性カイロプラクターの高速スラスト希望
ただしキャピテーションは怖いのでよして

345 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 22:52:27 ID:08PAjXzR0
>>343
娘!、よいチンコを持った殿方は見つかったのか?

>>344
癒し板におる摩りに2時間コースでさすってもらうといいよ。

346 :側湾娘!:2008/09/22(月) 23:03:00 ID:t/rIYQ9MO
私はじぃちゃんや兄さんやSBXさんが元気でいれば幸せです。ところでさっちゃんが名無しで兄さんを馬鹿呼ばわりしてましたよ。


347 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 23:30:18 ID:08PAjXzR0
>>346
蚊でも刺したんだろう、その程度だよ。

348 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 15:00:20 ID:KyaOWq0h0
キャンサーの最新治療「カーボンナノチューブ」を使用した動物実験で
癌が100%死滅した。
今後、人体の臨床に使用していく見込み。

349 :病弱名無しさん:2008/09/24(水) 01:29:13 ID:4JZ9KOt5O
コテの皆様、整骨整体カイロ口コミに、馬尾症状で困っている患者がいます。何か良いアドバイスがあったら教えて上げてください。

350 :ふっつぁま:2008/09/24(水) 18:17:44 ID:w4C9MV6A0
>>349
ざっと読んだけど、髄膜炎じゃなくて「髄膜脳炎」の診断だろ?
後遺症で排尿障害や上、下肢の痙直などもおこる。
馬尾損傷だとしても、手技ではいかんだろう。
脳神経内科に任せたほうがいいな。

351 :古形整体:2008/09/26(金) 19:09:47 ID:6hsLICWd0
PCはすごい。いやネットがすごいのかも。
日本整体とカイロ、オステは全然無関係、別世界と思っていた。
しかし、解る。理解できるとは違うかもしれないが、分かるような気がする。
初めて、このスレをよんだので感度yだ。もう、10年若ければ、!!!。

352 :古形整体:2008/09/26(金) 19:15:51 ID:6hsLICWd0
339 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:00:11 ID:t/rIYQ9MO
>>335

> 今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
> くっくっく。 訳すと骨法かしら?(笑)
以前は骨法、骨療法、骨体療術 とか名乗る方はたくさんいましたよ。
いまは骨法整体が主流みたいですが。



353 :ふっつぁま:2008/09/27(土) 00:00:15 ID:RTq0DYoC0
翁殿、いらっしゃいまし。
ネ申のレスを読むと、手技をカテゴライズする意味が薄れるでしょう。
術を受ける側の人間におこる反応に、整体やカイロ、オステにも違いはないのですよ。

126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)