5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カイロプラクテック・オステオパシーその10

1 :ふっつぁま:2008/08/18(月) 16:47:52 ID:D90DQwpu0
カイロ、オステ、療術、なんでもあり。

304 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 03:18:48 ID:/Rf/VtL10
カイロらしくないというと真っ先にSOTが浮かびますが、あれも硬膜への対処を通じて、神経伝達を考えているということでやっぱりカイロなんでしょうな
AKなんかは神経ともう離れている部分もあってこれこそオステオパシーとまたがるようなもの

いやー時代は変わったよ

305 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 08:44:54 ID:8jtgC0r8O
私の学生時代位から変わりだして来た。いろんなテクニックが生まれようとしてきた。しかし、ただひたすらに師の言葉を
信じ、1番難易度が高いと言われていたガンステッドをやり続けた。振り返って見ると結果的に良かったと思ってる。同期で使いこなせる人間はほとんど居ない。それが私のバックボーンになっている。

306 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:47:57 ID:85NPlszw0
>>283
> >>282
>
>
> しかし、オステオパスがワンランク上ですわな。そこは認めざるを得んでしょう。

それは妄想だな。
おそらく、カイロプラクターの方が一日の長がある。
つまり、カイロプラクターがオステの技術を吸収するのにもっとも優れていると言うことだ。
特に日本ではな。

柔道を長年やっておるやつ、空手を長年やっておるやつ、
柔道を長年やっており、空手を初めて上達するやつ、
どれが良いかは、自分で決めれば良い。
くっくっく。

307 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:52:07 ID:85NPlszw0
>>294
> オーソゴさん、貴男には抵抗がある仮説かもしれませんが、サブラクと云うのは、椎骨に現れた経絡異常だと思うのですよ。そう考えると僕の頭の中ではすべてまとまるんです…。

それで良いではないか。
基礎医学を持ってきて、とってつけたような理論より、百倍まともだ。
くっくっく。

308 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:55:27 ID:85NPlszw0
>>301
> >>294
> 頭蓋サブラクセーションは?
> サブラクセーションタイプ2は?

それぞれの定義を述べろ。
くっくっく。



>>302
> >>285
> もともとパーマー自体がオステをパクったとか言うDCやDOもいますよね
> オステオパシーの講習に出ていたこともあったとか

まったく問題ない。
その後、お捨ても蚊色の手技をさんざんパクっておる。
お互い様だ。
くっくっく。

309 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/20(土) 08:58:03 ID:85NPlszw0
>>303
> 著名なDOはとかく高速スラストには否定的な方が多い気がしましたが、オステオパシーはますますそっちの方向に行きそうですね
>
> かたやカイロプラクティックは本場アメリカでも最近はますますサプリや健康器具の販売に手を染めてきている
> DCも変わってきましたね

結局、両方とも、落としどころは同じようなものだと言うことだな。
くっくっく。

310 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 09:28:33 ID:8jtgC0r8O
>>309


アメリカ生まれのカイロだが皮肉にも当のアメリカ人すら、手によるアジャストをしなくなるかもね。全てスパイナルアジャスター的な物を使うでしょうな。

311 :SBX:2008/09/20(土) 09:44:50 ID:zwgkYeM1O
>>310おはよう、オーソゴさま。それはきっとアロパシー医が、手技で病を捌くとはなんて非科学的だといじめるから、カイロドクター達が嫌になっちまったんじゃないのですかね。

312 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 11:22:06 ID:8jtgC0r8O
>>311

遅いおはようやね(笑)理論とかは科学と認められだしたけど 手技の再現性はトホホだもんなあ。

313 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 11:24:45 ID:/kmHocas0
手技療法は職人の世界ですからね。

314 :ふっつぁま:2008/09/20(土) 12:34:56 ID:2B+wZ6640
>>312
現代医学の再現性も同じようなもんだよ、タミフル飲んで空飛ぶやつは予測できん。

315 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 13:23:12 ID:8jtgC0r8O
>>314


ふっつあん 他所で(整形、接骨、鍼灸、尼師、整体、カイロ等)五年とか10年とか通い続けた人が ふっつあん所来て 継続する?わしんとこは弱いなあ。
続かない率が高い。もちろん理由は様々だろうが。一切の物療しないからなあ。しかし、そんな続かない方からの紹介言うのもあるしなあ。

316 :SBX:2008/09/20(土) 13:33:11 ID:zwgkYeM1O
>>315オーソゴさま。来なくなった人から紹介されるのなら、単に貴男の腕がいいのでは?

317 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 13:42:34 ID:S1J9xZYzO
AMCTが出てきたとき、神経トーンの調整では我こそがより科学的にも蓋然性が高いと主張し、ディバーシやガンステッドに比しても再現性や安全性に勝り、より神経パルスに近い周波数を操ることができるというメッセージ性がありましたよね。
神経へのダイレクトな対処である以上、我々こそが最もパーマー哲学を順守していると。
そしてその後大挙してそちらに流れ、今や二番目にメジャーなテクニックになりました。
しかし神経系ということを考えるのであれば、よりはっきりと対応する物理療法を施せればそれなりの効果があるでしょうし、物療機器の進歩を考えれば今後よりきめ細かく使えるものが必ず出て来ると思います。

そうなったとき、それを推奨するのはカイロプラクターか医師かはわかりませんが、恐らく主張がそっくりになるはず。

今のところのカイロ機器よりも遥かに性能が進歩してよりきめの細かい対処が可能になった時、また大混乱になる気がします。

318 :オーソゴナリスト:2008/09/20(土) 13:58:47 ID:8jtgC0r8O
>>316


そうなら嬉しいけど何かすっきりせん(-.-;)

>>317

インサイトディスカバリー持ってる方おられますかな?どんな感じなんだろう、ミレニアムとの違い等。

319 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 14:29:21 ID:U6ZaqpZ/O
>>318

本人が来院しないのに紹介があるのは、先生の腕が良い証拠ですよ。短期間で結果を出せるんだから、治療家冥利に尽きるではないですか。

320 :ふっつぁま:2008/09/20(土) 15:31:07 ID:2B+wZ6640
>>315
患者が良くならんと、摩り式チラシ撒きが待っとるぞ。
つい最近、初回の人だと思ったら、7〜8年前に1回だけ来たことがあるという人もいた。
あわてて昔のカルテをほじくり出したがね。月に1〜2回という人から1〜2年に1回という人もおるよ。
1回から数回治療して良くなれば、後は放っておいても誰かを連れてきてくれるもんじゃないか?
その本人も具合が悪くなれば、忘れた頃にやって来るし、調子が良ければ来ないだけだろう。
ここにおる人は皆、そんなようなペースじゃないか?

321 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 18:08:55 ID:ed5CBq3J0
>>308
>その後、お捨ても蚊色の手技をさんざんパクっておる。

例えばどのような手技をパクったのでしょう?

322 :(  ̄ー ̄):2008/09/20(土) 18:19:36 ID:vfZQ0CtTO
>>303
んー?スティルの段がやや微妙ですね?

スティルはHVLAを使ってはいたみたいです。
ただご存知のように、使用テクニックを隠していた。
それがゆえ後続に高速テクニックを専門にする世代が現れたんですよね。
確かサザーランドの前のDO達ですね。

323 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 20:27:00 ID:S1J9xZYzO
ほう、おもしろい
しかし最新のオステオパシーのDO書籍でも、スティルは一切高速スラストは用いてはいなかったと言うものが結構ありますよね。
そもそもオステオパシーの哲学からすれば、関節だけ見て終わりという単純なものでは治ったとは見なせないものの方が主流でしょうし。
それと最近の発見から出て来ているスティルテクニックでもスラストって見掛けたことがなかった。

そういえば関係ないですが、スティル博士はジプシーとも交流があったとどこかで聞いて、やはりバイタリティある人だったんでしょうね。
軍属だったというのもなかなか異彩放ってますよね。

324 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/21(日) 10:04:43 ID:aLXY4k8E0
スティルがテクニックを公開していなかったことは有名だな。
当然、オステの基本手技テクニックは存在していないわけだ。
結局、カイロやマッサージの手技をアレンジして使うことになる。
つまり、パクリなんだよ。
くっくっく。

325 :(  ̄ー ̄):2008/09/21(日) 13:05:46 ID:e2cFpzTSO
>>323
DO書籍と言うと何て方の、どんな本ですか?


ぺージェット病で有名なジェームズ・ぺージェットの知人、ウォートン・フッドが1871年に接骨術についての本を書いていますね。
有名どころではスィート一家がいるように、アメリカでは接骨術は植民地時代からの伝統のようです。

スティルがボーンセッティングをどう学んだかの記録にはない。
が、恐らくはフッドからの影響ではないようだけれど
1880年代には既に接骨術師を呼称していたらしいですよ。

326 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 13:22:10 ID:QePE/HHP0
最近思うのだがアクティベーターの特性ってのは
刺激を真っ直ぐに伝えるコトに秀でてるって事かと。

神経伝達云々よりそれらを包括した(血流、リズム、揺らぎetc)身体の機能異常に対し
直接的に影響を与える事が手よりも簡単ってこと

でも上手い人はそれを手でも出来てるよねってことで。
それと打つ場所と方向の決定は結局術者の技量(経験、勘)ってことかな。

その辺詳しい方居ますか?俺間違ってる?それとも「今更」って話?

日本語不自由でスマソ



327 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 13:33:32 ID:fGc++/UrO
施術後
寝てる時首がコキコキなるんですが大丈夫でしょうか?
症状は少し良くなったのですが

328 :オーソゴナリスト:2008/09/21(日) 13:56:25 ID:XbjTz0HkO
>>326


>直接的に影響を与える事が手よりも簡単ってこと

>でも上手い人はそれを手でも出来てるよねってことで。
>それと打つ場所と方向の決定は結局術者の技量(経験、勘)ってことかな。


>>学生か、新卒なら手だけで行うテクニックだけをすること。あるレベルまで行くとテキスト見なくとも場所や方向なんぞ分かってくる。手の感覚が研ぎ澄まされると
より、物言わぬ機械とでも術者は一体化するぞ。スエットのハンドガンだけでAOT出来るし、スパイナルアジャスターの変わりにもなる。しかし、手の感覚が鈍い術者なら やるべきで無い。

329 :(  ̄ー ̄):2008/09/21(日) 14:59:48 ID:e2cFpzTSO

しばらく顔ださないので、
私の根拠とするDOを挙げておくね?


エディセ・アッシュモァDO
アーネスト・E・タッカーDO
スティル時代の教授ですね。


ハロルド・マグーンJr.DO
ヴァン・ヴァスカークDO
恐らく初期の文献からの引用か、と思います。

アッシュモァの『オステオパシーのメカニクス』では、
スティル博士はHVLAの他、関節法など数種類のテクニックが見受けられた、
と記録していますよね。

330 :SBX:2008/09/21(日) 17:02:17 ID:+X2BzZbwO
>>329顔の師父。是非またレス入れて下さい。お待ち致します。

331 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 17:46:50 ID:EhqDg90o0
オステオパシーは技術で語るものでもないと思う
要するにユニットとして、全身を見ていこうという発想だし、その点カイロプラクティックが拘る局所的な神経系とは異なる
どちらがいい悪いでもない

現にカイロプラクティックも、今時脊柱しかみられませんみたいな先生の所には誰も行かない
全骨格系に軟部組織へのアジャストまでできないと

しかし……SOTのような発想のものってそういえばオステオパシーには無いよな
あれだけオステオパシーに近いのに
あとキネシオロジーも

経絡系を使うものも無い
似たような発想のはあるけど

もうカイロとオステオパシー区別する意味あんの?
世間ではカイロはバキバキ、オステはモビリゼーションみたいな感覚あるけど、全く間違ってる
せいぜい哲学の違いくらい
その哲学も、オステよりのカイロとか、カイロよりのオステの手技もあるし、だいたいカイロ自体神経系だけに拘る人たちはもう少数派
アクティベータとか、神経系原理主義者もいるけど

332 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 19:53:37 ID:QePE/HHP0
>>328
オーソゴナリストさま

レスありがとうございます。
達人と呼ばれる術者達が何を診ているのかって所に
興味があったのでそのレスは凄く理解できました。

ちなみに治療勘や感覚磨くのに良いトレーニングありますか?

333 :オーソゴナリスト:2008/09/21(日) 20:19:39 ID:XbjTz0HkO
>>332


>達人と呼ばれる術者達が何を診ているのかって所に
興味があったのでそのレスは凄く理解できました。

>ちなみに治療勘や感覚磨くのに良いトレーニングありますか?


>>私なんざ、まだまだ屁みたいな者だよ。感、勘はただ一点に絞る事だよ、筋、靭帯、椎骨等。アジャストは最小でそこからどこに波及するかが解れば患者は倍々ゲームで増える。
感を養うには余計な事せんことだね。

334 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 08:38:27 ID:8fjc/moV0
>>331
> もうカイロとオステオパシー区別する意味あんの?

教える連中の金儲けのために意味があるわけだ。
くっくっく。

335 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 08:39:43 ID:8fjc/moV0
今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
くっくっく。

336 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 18:01:17 ID:8qcAWPJnO
なんかインチキくさいなあ(笑)

337 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 18:10:08 ID:8qcAWPJnO
しかしようするに突き詰めると同じものの気がする。
全体をユニットととらえてやるというのは当然個別の関節や神経パルスも整えないとだめだろう。
逆にカイロはまずスタティックな配列の改善をテーマにし、オステオパシーの影響で可動性回復に切替え、最近では神経系さえ整えれば、となっているが、ようは全部整えればいい(笑)
軟部組織もオステオパシーやカイロの対応する技術で整えて・・・、これは非常に時間がかかります。
やはり優先順位で施術家の腕の見せ所になってくるな

338 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 19:21:43 ID:08PAjXzR0
ナチュロパシーから手技を独立させて「カイロパシー」と云う概念を確立しても良さそうだな。

339 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:00:11 ID:t/rIYQ9MO
>>335

> 今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
> くっくっく。 訳すと骨法かしら?(笑)

340 :SBX:2008/09/22(月) 21:29:49 ID:Ao/zbFGoO
フルフォード先生の著書を読むと、考え方なんか野口門の整体っぽいですね。

341 :SBX:2008/09/22(月) 21:31:02 ID:Ao/zbFGoO
>>339小娘!なんだ、いるじゃね。

342 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/09/22(月) 21:36:41 ID:vcEO51X60
孫娘は、元気そうで何よりだ。
儂も元気だぞ。
毎朝、マラダチしておる。
くっくっく。

343 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:43:41 ID:t/rIYQ9MO
じぃちゃんはチソコも元気でなによりですね 〜♪

344 :病弱名無しさん:2008/09/22(月) 22:35:13 ID:8qcAWPJnO
だれか俺の玉袋サブラクセーションを治しておくれ
女性カイロプラクターの高速スラスト希望
ただしキャピテーションは怖いのでよして

345 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 22:52:27 ID:08PAjXzR0
>>343
娘!、よいチンコを持った殿方は見つかったのか?

>>344
癒し板におる摩りに2時間コースでさすってもらうといいよ。

346 :側湾娘!:2008/09/22(月) 23:03:00 ID:t/rIYQ9MO
私はじぃちゃんや兄さんやSBXさんが元気でいれば幸せです。ところでさっちゃんが名無しで兄さんを馬鹿呼ばわりしてましたよ。


347 :ふっつぁま:2008/09/22(月) 23:30:18 ID:08PAjXzR0
>>346
蚊でも刺したんだろう、その程度だよ。

348 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 15:00:20 ID:KyaOWq0h0
キャンサーの最新治療「カーボンナノチューブ」を使用した動物実験で
癌が100%死滅した。
今後、人体の臨床に使用していく見込み。

349 :病弱名無しさん:2008/09/24(水) 01:29:13 ID:4JZ9KOt5O
コテの皆様、整骨整体カイロ口コミに、馬尾症状で困っている患者がいます。何か良いアドバイスがあったら教えて上げてください。

350 :ふっつぁま:2008/09/24(水) 18:17:44 ID:w4C9MV6A0
>>349
ざっと読んだけど、髄膜炎じゃなくて「髄膜脳炎」の診断だろ?
後遺症で排尿障害や上、下肢の痙直などもおこる。
馬尾損傷だとしても、手技ではいかんだろう。
脳神経内科に任せたほうがいいな。

351 :古形整体:2008/09/26(金) 19:09:47 ID:6hsLICWd0
PCはすごい。いやネットがすごいのかも。
日本整体とカイロ、オステは全然無関係、別世界と思っていた。
しかし、解る。理解できるとは違うかもしれないが、分かるような気がする。
初めて、このスレをよんだので感度yだ。もう、10年若ければ、!!!。

352 :古形整体:2008/09/26(金) 19:15:51 ID:6hsLICWd0
339 :側湾娘!:2008/09/22(月) 21:00:11 ID:t/rIYQ9MO
>>335

> 今後は「オステオプラクティック」と名乗るか。
> くっくっく。 訳すと骨法かしら?(笑)
以前は骨法、骨療法、骨体療術 とか名乗る方はたくさんいましたよ。
いまは骨法整体が主流みたいですが。



353 :ふっつぁま:2008/09/27(土) 00:00:15 ID:RTq0DYoC0
翁殿、いらっしゃいまし。
ネ申のレスを読むと、手技をカテゴライズする意味が薄れるでしょう。
術を受ける側の人間におこる反応に、整体やカイロ、オステにも違いはないのですよ。

126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)