5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

毛巣洞(もうそうどう)って病気ξξξ

1 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 07:47:44 ID:SDttBpUe0
スレがないので立てました。
毛巣洞とは…
尾てい骨辺りに小さな穴があり、そこに毛が刺入など臀部の圧迫により感染症を起こす。
症状は臀部が腫れシコリができ、やがて穴から排膿を繰り返す。痔瘻と誤診されやすいが違う病気。この病気自体稀なのであまり周知されていない。

先天説と毛深く、小太りな若年性の男性に好発する後天説があるが稀に毛深くない人や女性にも起こる。別名ジープ病とも言う。



情報交換しましょう。

2 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 09:09:46 ID:Jd2Rjjrq0
まさに俺がこれなんだけど何科に逝けばいいの?

3 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 11:44:29 ID:N+zoYxgNO
>>3
皮膚科
外科
形成外科

4 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 12:40:35 ID:PmmM0wsUO
手術した人いる?

5 :病弱名無しさん:2008/08/29(金) 15:00:43 ID:PmmM0wsUO
やっぱりこの病気になる人は少ないのか…

6 :病弱名無しさん:2008/08/30(土) 00:57:54 ID:W2aCM31WO
手術した知人はいます


7 :病弱名無しさん:2008/08/30(土) 11:17:34 ID:ScZv6rzWO
>>6
入院期間はどのくらいでしたか?
術後しばらくは座ったり仰向けで眠れないのですか?知ってる限りの情報教えて下さい。

8 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 03:19:17 ID:yCVTepgT0
俺ケツに出来て数年放置してたらもう手術しないと無理って言われたんで手術したよ
全身麻酔でごっそり切り取られて2週間程入院
術後は基本的にうつぶせのみで俺だけだと思うけど腰が痛くて死ぬ思いした
あとしばらくトイレにも行けなくてカテーテルだったりしびんだったり
食事は消化の良い流動食みたいなののみだったんで体重は減ったw

何はともあれ初期なら薬で治るからとっとと医者いって抗生物質だけで治した方がいろんな意味で楽だよ

9 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 07:19:42 ID:YuuJogym0
2週間入院って重症化したんですか?

10 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 09:21:45 ID:CcBU7h+Q0
手術痕が引きつり続けている方いますか?

11 :先輩:2008/08/31(日) 11:35:48 ID:JPrZhduVO
奇跡だ。
俺だけではなかったんだなw
この病気って夏場よりも秋とか冬のほうが進行しやすくないか?
俺は6年前、突然尾てい骨が腫れて我慢出来ないほどの激痛だったので、仕事断念して病院(整形外科)行った。そしたら膿を切開する小手術されて一応は治まった。が、しかし、ここからが全ての始まりだったんだな…
書くと長くなるんだが、もしこんな症状で悩んでる香具師いたら俺の経験を踏まえて教えてやるよ。

12 :8:2008/08/31(日) 14:15:01 ID:yCVTepgT0
>>9
そのとおり、重症だった。
実は肛門のすぐ後ろにも出来ていてそれと繋がってトンネルになってたらしい・・・。

13 :病弱名無しさん:2008/08/31(日) 21:27:20 ID:ztIiOOI2O
>>11
是非教えていただきたい

14 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 01:20:37 ID:prLcnMA7O
>>11
結局手術したのか?
要は、奥の瘻孔を取らないと完治しないんだよな?
手術しようと思うが社会復帰するのにどのくらいかかるのか…

15 :病弱名無しさん:2008/09/01(月) 06:29:21 ID:K4OElxro0
>>12
>実は肛門のすぐ後ろにも出来ていてそれと繋がってトンネルになってたらしい・・・。

痔ろうとは違ったんですね?

16 :先輩:2008/09/01(月) 23:42:18 ID:Obwwb66EO
>>13>>14
小手術してからの話になるが、
てっきりこれで終わったと思い込んでいたんだ。
しかし、その時切開してくれた先生が
まだ膿のずっと奥のほうに要因が残っているかもしれん
と言って、総合病院に知り合いの外科医がいるからそっちで検査しろと。
俺はその時すごく不安になったけど結果はガンではないです。
それだけで終わった。
一週間後に抜糸して、何事もなかったかのようにまたいつもの生活に戻った。
でも明らかに座った時に違和感がある。
てか、コリコリとしこりのような物が残ってる。
しかも、そいつが時折怒ったように痛む。
これ、治ってないよな…いや、考えたくはない。
酒が好きでよく飲みに行ってた。
飲んでる途中にヤベ!悪化してきてる!
そう思いながらも周りには俺は健康だと言わんばかりに
酒をスコタバ食らって普通に接している自分がすごい苦痛で…
この話、最後まで聞く?

17 :>>8:2008/09/02(火) 00:11:11 ID:ghKBCqSZ0
>>15
痔じゃなくて完全に毛巣洞だと言われたよ。
場合によっては肛門の中に繋がる事もあるとか言われた・・・。
関係ないが切り取った部分をホルマリンに漬けて「持って帰りますか?」って聞くのはやめて欲しいと思った。

>>16
俺穴に棒突っ込まれて深さ測ったりされたんだがそういうの無しで膿取っただけ?
見た目だけだとどの位悪化してるかわからないから穴の深さ測ってから切るか薬で済むか判断すると言ってたぞ。
ちなみに俺もしこりは無いが切った傷口でなく穴のあった場所が今だに少し痛む事はある。
その度に再発したかとビクビクするよw

18 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 00:13:42 ID:a71Heo4/O
旦那がこれで手術しましたよ。軽い方なのか10日くらいで退院しました

19 :先輩:2008/09/02(火) 00:34:38 ID:AlQnjL/GO
まぁいいや。
今不安になってるお前らのために書いとく。
で、酒飲んで夜更かしして他のヤツよりもリスクでかいのに
爆弾ケツに抱えたままそのまま仕事行ったり、今思えばかなり無茶してた。
やがて半年くらい過ぎ夏真っ只中頃、更に膿がでかくなってきた。
病院嫌いな俺はなんとか膿を抑えようと自分で針を刺して抜いた。
そして適当な消毒液を注してガーゼを貼った。
なんとか治まるものの一時的な安息。
一週間もしないうちに再び悪化。
その繰り返しがさらにあと半年続く…
表向きは笑顔だが、家で一人になった時はかなり悩んだ。
放っておいてもこいつは治らん。しかし今度病院に行ったら行くとこまで行ってしまうのか…
いったい俺はどうなっちまうんだ…
考えれば考えるほど落ち込んでしまう。
こうなった原因をいくら考えても思い当たるものはない。
やがて外も冷え込み冬本番の季節がやってきた。
暑い時期より痛みが応える。
膿む頻度も増した感じだ。今度は膿を潰しても痛みが残ったままのパターンが多い。
しかもしこりが広範囲に渡って拡大しつつある。
まじでヤ・バ・い!
なんかこれまでは楽しいことばかりしていて気をまぎらわしていたが
さすがにこの段階では心底楽しめなくなってきた。
会話がはずんでも何かに触れて痛みが走った瞬間冷める。
年も明けてもうすぐ楽な夏がやってくる。
その頃はそれだけを救いに仕事に遊びに精を出していた。

長文スマソ。次から本題に入る。

20 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 01:25:42 ID:s/Srncn7O
>>19
続き宜しくお願いします。

21 :先輩:2008/09/02(火) 01:40:54 ID:AlQnjL/GO
>>17
長文書いてたんで気付かなかったm(__;)m
いい病院に行ったんだな。俺はこの病気の専門医がいなくて
最初のうちは臀部膿瘍なんとかテールとか言われてた。
もっぱら毛巣洞なんて後になって聞かされたぐらいだからなぁ。
あと、不安材料になるかもだが一応言っておく。
また再発したのかとビクビクするって言いましたな?答えはまた後のほうで書かせてもらいますよ。

さて、さっきの続きだが暖かくなる季節を待ちわびて…
2月も中旬に近づく。あの日の事は今でもよく覚えている。
そういえば今までなら痛くなる→膿む→激痛→痛みやわらいでブヨブヨになったとこ潰す→戻る
の繰り返しだったが今回痛くなる→膿む→激痛→更に膿む→閃絶痛
と3日ほどでパンパンに腫れ上がった。仕事も昼過ぎまでなんとか耐えたがこれは限界か!
その翌朝、ベッドから起き上がるのがやっとだった。こんなんじゃ仕事にならない!歩く振動すら激痛!
居ても立ってもいられないくらい。
この時ばかりは痛みに耐えかねて一年前に検査した総合病院を尋ねた。
渾身の力を振り絞り、車を運転して事故りかけはしたたがなんとか到着。
外科外来で屈辱の二時間待ち!
座れないから前屈みで冷や汗かきながら待った。
もうどうにでもしていいから早く楽にさせてくれ。
ようやく呼ばれた。
なんと、その時の外来がたまたま一年前に診てもらった先生だとは!
先生も俺の事をあろうことか覚えていて、あれ以来気にかけていたそうだ。
ケツを魅せるなり、入院宣告、速攻手術室へ!
緊急で担架で運ばれて人生初の本格手術室初体験。
緊張する余裕もない激痛だったため、すんなり下半身麻酔でとりあえず膿を切開した。
下半身麻酔って、局所麻酔より全然余裕だな。心配して損したぜ。
部屋に移されてようやく楽になった。
若い看護婦に小便とられるのはキツかったが慣れるとなんともねぇ。
むしろ看護婦と友達になった。(現在も)さて、本格的に入院生活が始まった訳だが…
眠くなってきたから明日また更新する。悩んでるお前ら、なんか質問あったら答えるぜ。

22 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 02:41:43 ID:bYg2cbzrO
先輩、なんかいい奴だな。更新待ってる。

23 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 10:14:15 ID:Ay70XdHI0
長期入院っていったいどういう病気なんだこれ?俺もこれなんだけど、ふんりゅう
やイボの切除のようにその場で局部麻酔してササッとメスでカットして終わるもん
だと思ってたが違うの?

24 :先輩:2008/09/02(火) 22:30:37 ID:AlQnjL/GO
よう!お前ら。
>>23
こんな容易く情報交換が得られるようになったとは。いい時代になったな。

ここからは入院→苦闘→完治→そして??編だ。
入院とは言ったものの、ある程度覚悟はしていたがまさかこんな形で即入院とは。
それも臨時入院室で死にかけ患者の中に俺は入れられた。夜中、周りの断末魔にうなされた。
三日もするとまた別の臨時室へ移った。ここはまだまともに話せる人達がいたからよかった。
しかし、朝から体温、血圧、点滴などで先生は二日に一回程度しか様子を診にこない。
とりあえず動けるようになった俺は暇をつぶすために院内をうろついた。
喫煙場所は唯一まだ元気な患者と仲良くなれるコミュニケーションの場だった。しかし、入院するといろんなヤツがいる。
上には上が果てしない。
俺なんてまだ若いしこの程度のことで!
発病以来すごく自信が持てた気がした…

25 :先輩:2008/09/02(火) 22:33:26 ID:AlQnjL/GO
入院一週間後、どうやら俺の担当医はあの時のベテラン風の先生じゃないと気付く。
単身赴任のまだ40くらいの若い外科医だ。
俺はこの病気についてこれまでの全てを話した。
すると先生は、はっきりしない顔で原因はよくわからんが治すには少々時間がかかるかもしれんと言う。
待ってくれ!入院当初は二週間で退院予定と言ったはずだ。
なぜ今さらそんな迷信な発言をしやがる。
俺にも仕事があるし、こんなところでのんびりはしていられねぇんだよ。
すると先生は言う。
これは意外にも厄介な病気で原因である元を取り除かないと完治には至らない。それに今の状態では即、本手術を行える状態になっていないと。
いったいどういうことか。すなわち、俺は今までこいつの原因はしこりの刺激によって次々と膿を繰り返すと思い込んでいた。
確かに表面上ではしこりが目立つ。触れると痛む。
だが、そうじゃない。
腐敗物のようなものが仙骨から尾てい骨を通り
場合によっては肛門の奥のほうまで蟻の巣状に張り巡らしていると言う。
それにヘタに今手術を行ったらきれいに治すのは困難だと指摘する。
仕方ないんで1ヶ月は入院を余儀なくされた。
本手術までの対策としては現段階の広範囲に渡ってできたしこり(実質的には瘢痕というみたいだな)を
できるだけ小さくしていき元の範囲ほどまで収縮させたところで
そいつごとごっそり取り除くといった具合らしい。
なるほど。
しかし、このしこりどうやって小さくさせるのだろうか…

26 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 23:10:54 ID:bYg2cbzrO
先輩寝ちゃった?

27 :先輩:2008/09/02(火) 23:39:09 ID:AlQnjL/GO
さてと、腰の下の方まで拡大してきたしこりは果たしてきれいに取れるのだろうか。
俺の場合、尾てい骨からやや左に向かって伸びてるしこりだが
発病以来、一日たりとも気にならなかったことはない(経験したヤツなら分かるよな)
で、しこりを小さくさせる方法はというと…
なにやら入院初日の膿を切開した際に敢えて傷口を塞がず
中に小さなカプセルのようなものを埋め込んでいたようだ。
そいつを埋めておくことでバイ菌を吸着し化膿を防いでくれるという代物。
座った時もたいした違和感はない。ただ、たまにチクチクとこすれる感覚はあるが
化膿していた時に比べたら雲泥の差。
しこりは膿を繰り返す事により範囲を広げていく。
これでこれ以上広がる事もない。
そして抗生剤の点滴を毎日朝夕と二回。
完璧じゃないか!
だが俺が苦手だったのは傷口をえぐって塞がらないようにする施術だ。
これは先生が毎晩外来や手術を終えた後に問診で来る際に必ず行いやがる。
なんでも中の肉をえぐることによって皮膚は新しい皮膚を再生するので
下からきれいな肉が盛り上がってくるのをひたすら待つと言う。
麻酔のない無謀なこの行為は約三週間に渡って行われた…
やがて、3月も中旬にさしかかろうかといった頃、すでに俺は病院慣れしてしまっていた。
たいした食事制限もないので普通食だし、足らないからコンビニでカップラーメンを喰らう。
就寝時間関係なしに屋上でタバコ吸う。
夜中遅くまでテレビ見っぱなし。昼はいつも部屋にいないので館内放送で呼び出される。
常に私服でうろついてたんで病院側はおそらく目障りだっただろう。
むしろ病人とは思われてなかったはずだ。
しかし、すでに入院から1ヶ月が経とうとしていた。当初の予定では退院のはず。
もう病院生活も飽き飽きなんで俺は先生に再度催促した。この催促が後で地獄を見ることになろうとは…

スマソ、明日また更新する。

28 :病弱名無しさん:2008/09/02(火) 23:41:43 ID:s/Srncn7O
先輩〜!
続きが気になるんですけど…

29 :病弱名無しさん:2008/09/03(水) 23:54:26 ID:EHrzIdPpO
先輩!!
続きは??

30 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 00:35:31 ID:IryyH7ZEO
この病気って外科医なら割と簡単な手術になるのかな?
術後の日常生活が気になる!入院中は座ったりトイレとか出来ないの?
仰向けでは寝れないみたいだが…

31 :先輩:2008/09/04(木) 01:34:24 ID:b8XuHywDO
飲みに行ってたんで更新遅れてしまったm(__;)m

そう、俺には時間がなかったんだ。仕事場には1ヶ月後には復帰できると言い切ってしまったからだ。
なのに先生は毎晩問診に来ては順調だ、もう少しだ、などとばかり言う。
ふざけるなよ、どうせそうやって入院費を稼いでるんだろ。
焦った俺は朝、問診に来た先生に催促を試みた。すると先生はようやく理解したみたいで「よし、外来でオペやってみるか!我慢できるかな?」
なにをだ??
どうやら本手術ではなく、これまでしこりを小さくするために毎晩えぐったとこを今度は小手術していっきに切り取ると言う。
この方法だと短縮できるからだ。
今日は午前中の外来担当が先生なので昼休みをつかってオペするようだ。
しかし待てよ。外来でオペって局所麻酔使ってやるやつではなかろうか。だとすれば術中も痛みに耐え続けなければいけないのか。
思い起こせば発病して最初に行った整形外科での排膿は局所麻酔だった。あれは結構痛かったような…
ともあれ昼がきたので外科外来へ向かった。ベッドでうつ伏せになり点滴と血圧計を両腕にオペは始まった…


32 :先輩:2008/09/04(木) 01:41:34 ID:b8XuHywDO
何の予告もなくまず一本、尾てい骨と肛門の間の骨の真上へ注射!ズキン!いってぇええ〜!
すかさず二本目、三本目と追い撃ちをかける。四本目辺りでクリティカルヒットしたのか反射的に体が飛び上がる!
先生が「痛いか?痛いだろ?ここか!」などと言いながら五本目、六本目を放つ!鬼畜過ぎる!!
徐々に麻酔が効いてきた辺りは注射されても感じなくなってきた。
しかし、いつクリティカルヒットがくるかわからないので全然油断できない!七本目、八本目…まだ打つのか!
やっとメスで切り始めたようだ。尾てい骨上辺りは、うん、効いてる。なんともない。
さらに腰の下の方へやってきた。うおお!痛い!麻酔してないとこじゃねぇのか!?冷や汗が出てくる。
先生「今の痛かった?」
そこで再び注射→これがまたクリティカルヒット!歯をくいしばり、両手は汗握る!息も荒くなる!
またメスを入れる。今度は皮が薄い腰の骨にいったのかあまりのショックでとうとう声をあげてしまった!もがく俺を熟年看護婦二人が必死で押さえつける!
地獄だ!排膿した時の比にもならない!
これ麻酔の意味ねぇだろ!しかも骨辺りなんか麻酔が行き届いてねぇよ!
生身の肉を平気でバッサバッサ切りやがる!酷にもほどがある!
さらに今度は尾てい骨の真下。メスが入った瞬間ズキィー!!マジ麻酔意味ねぇ!先生「そうか、まだ痛いか?これでどうだ!」
再び注射→尾てい骨と肛門の間でみごとクリティカルヒット!
遊んでやがる…やはりオペをやりたがる外科医とはこんなものなのか!
約30分の苦闘をなんとか耐え抜いた。膝はガクガクで小刻みにしか歩けない。
車椅子を用意してくれたが俺は断った。看護婦は心配してくれたが俺も意地になってしまっていた。
気が付けば、服やズボンにおびただしいほどの血がかかっている。
喫煙所へ寄って一服しようてしたが、仲間たちが心配してくれて結局部屋へ帰された。
その日はまる一日、痛さでうなされた。まもなく3月も下旬にさしかかろうといった時だった…

明日更新予定zzZ

33 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 01:49:15 ID:mEWoa0oG0
何か段々ネタ臭くなってきたが続きを期待しよう。

つかね、これから医者かかろうって人には言っておくが毛巣洞は皮膚科の方が専門だからそっち行ったほうがいいぞw

34 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 04:03:56 ID:9Day8cr30
ググってなんとなく分かったな。穴が浅ければイボ取りの要領で局所麻酔でその場
で切除、即帰宅。穴が深ければ穴痔の要領で全身麻酔で手術+1週間以上入院。

35 :病弱名無しさん:2008/09/04(木) 23:46:53 ID:CGZhW7SVO
先輩〜!
今夜も続き宜しくお願いします

36 :先輩:2008/09/05(金) 00:07:13 ID:GtJBqr3gO
>>33
今日読み直してみたら見苦しいな。酔って書いてたんで許してくれ。
あと、特に皮膚科が専門という事はない。まだこの病気について日本では事例が少ないんで欧米のを参考に対処してる場合がほとんど。
俺的に ○外科 △肛門科 △皮膚科 △整形外科 それ以外は管轄外。
理由としては、肛門科の場合、症状によっては痔と誤認されやすい。
認知してる医者がいればいいが個人病院なら外科、あるいは総合病院へ勧められると思われ。
ただ、排膿などの応急処置はしてくれるだろう。
皮膚科の場合、これも認知している医者はいるかもしれんがいったいどう対処するんだ?
個人病院ならなおさら抗生剤の投与や排膿の手術くらいはするだろうが
個人じゃ入院施設や大きな処置室でもない限りは結局外科や総合を勧めるんじゃないかと。
整形外科の場合、手術は達者な医者はいるかもしれんがこの病気について詳しく認知している人は少ないだろう。
よって、排膿→まもなく再発→再び排膿と繰り返してしまう可能性がある。
いずれの場合にせよ根本的治療を求めているんならすんなり外科へ行くことをお薦めする。
だがひどくなる前に症状を抑えて差し支えないのであればこの限りではない。
まぁ俺の経験上からしてだからあれをどうこう決めつける事はできんが参考までに、お前ら頑張るんだぞ!

37 :先輩:2008/09/05(金) 00:11:50 ID:GtJBqr3gO
さてさて、話を戻すが。
入院一ヶ月目にして地獄を味わってしまった訳だがそれからというと
あの苦痛の手術の結果、どうやら本手術までの見通しがついたようだ。
喫煙所で親しくなった年輩の方々も、そうか、よかったな、と俺を励ましてくれた。あれは嬉しかったな。そんな入院して最初に親しくなった人たちも、やがては退院していった。
俺は笑顔で見送っていたがその反面、寂しいという気持ちにもなった。
次々と世代交代していく中で俺だけ取り残されていくような感じすらした。
3月もあと数日かという頃ようやく俺は外科病棟へ移った。いよいよだな。
これからは本格的に外科医が揃って毎日早朝、問診に来る。
あのベテラン外科医も診てくれた。俺の担当医にケツをなぞるように手術の手順を話し合っている。
本格的になってきた。この頃にもなると前は週に一、二回しか入らなかった入浴も二日に一回は入るようになった。もちろんシャワーのみだが。
シャンプーは毎日洗面所でできるから問題はない。研修で来ている準看をつかわせてシャンプーさせたりもした。
医者が休みの日曜日前日には外泊で家に帰ったりもした。
しかし、外科病棟にもなると、前にいた部屋に比べて元気な人が多い。内科なんかは寝たきりが多いが精神的にも楽になる。
だが、看護婦はキツいやつが多い気がする。
食事は相変わらず普通食だが先生が特別にこれからは大盛にしてくれた。
味は薄くうまいとは言えないが入院していて唯一の楽しみになってしまう。
食事制限は週一、二回行う採血でその結果を元に、栄養士と担当医とで決められるようだ。


38 :先輩:2008/09/05(金) 00:13:54 ID:GtJBqr3gO
さて、4月に入り外は桜のつぼみがちらほらと。風もやや温かくなってくる。
本手術前日、麻酔科の担当が部屋を訪れた。見た目30前後の若い女医だ。入院初日の排膿の時にもついてくれてた人だった。
一枚の紙を手渡され、これにサインしろと。合意書のようだ。手術の説明をして終わった。どうやら下半身麻酔であって全身麻酔ではないようだ。
俺は内心ホッとした。入院するまでは全身がいいと考えていたが実際、周りの全身患者をたくさん見ていると怖いと思った。
リスクも大きく体にも負担がかかるみたいだ。それに費用が麻酔の中でも飛び抜けて高い。
決め手は最初に下半身麻酔を経験してから絶対これが楽だと思ったからだ。
ただ、硬膜外麻酔という下半身麻酔の種類らしいが…ま、どっちでもいっか。
手術開始は明日の午後2時(3時だったかど忘れしたが)だ。朝から絶食、まる一日食わずかもしれない。
そう思いながら一口一口をかみしめながら明くる日の本手術へ挑んだ…

毎回途切れ途切れでスマンが明日更新予定だzzZ

39 :病弱名無しさん:2008/09/05(金) 00:43:20 ID:0Tad6BZaO
先輩、ついに手術か
術後の経過まで期待してる

40 :先輩:2008/09/06(土) 00:34:38 ID:8S7fqi3rO
いつものように8時の朝食前に目が覚めた。しかし俺の飯はない。8時半に先生たちが問診に来る。
それぞれの患者に担当医は他の先生方に処置のあり方を説明し合う。このため、総合病院では一人の偏った判断だけは避けられる。
昼飯も抜き。我慢しろと先生。仕方ないから喫煙所でタバコを吹かす。
俺より先に隣の肝臓ガン患者が手術室へ向かった。その人は笑顔で担架で運ばれていった。
俺にも緊張が走ってきた。やがて昼が過ぎる。一人の看護婦が手術服を来て待っていろという。あと、汚れてもいいタオルかおしめを持っていけと。しかもこいつは売店で売っているから実費で買えとのこと。
一応段取りは終えた。なんかこれに着替えると俺も病人なんだなとつくづく思わされる。
それから今度は浣腸をしろと言ってくる。これはさすがに看護婦にやってもらうのは恥ずかしいんで自分でやってみた。
うまくいったがケツが変なカンジ。お腹が熱くなって腹を下したみたいになる。自分のベッドに戻り点滴を打たれる。体温や血圧をチェックして今度は手術するケツ周りの毛剃りをはじめた。
くすぐったかったな。
予定よりやや遅れて隣の患者が手術を終えて部屋に戻ってきた。
全身麻酔が醒めていたのか担架を押す看護婦の呼びかけに薄ら声でなんとか応えようとしている。
次は俺の番だな。しばらくして担架がやってきた。よっこらせと。あお向けなんで天井しか見えねぇな。
三、四人の看護婦が俺の担架を押し始めた。目が回りそうだな。手術室までの道中、看護婦と冗談話なんかして緊張が少しほぐれた。

41 :先輩:2008/09/06(土) 00:39:14 ID:8S7fqi3rO
患者専用エレベーターで手術室の階に到着。
一気に雰囲気が変わった。入院初日の緊迫した空気が流れる。
まぁ中では手術に立ち合う機械技師さんや助手さんたちが笑いながら手術の準備をしていたので気持ちは和んだが。
ここで最初に麻酔科の女医さんが登場。まな板にうつ伏せで乗る。
手術服を脱ぎふんどしおしめ一丁で恥ずかしい格好に、なんて言ってられないのでされるがまま堂々と。
助手さんが慌ただしげに血圧と心電図を録りはじめる。人指し指にも何か挟まれた。
しばらくして麻酔科の女医が左に横向きになって丸くなってと指示する。この時背骨を指でなぞりながら脊髄の場所を探す。
位置を確認し麻酔を打つ。まったく痛くねぇな。ていうか、いつ打ってんのかもよくわからん。
その後、麻酔科の女医は機械の数値や血圧、心電図などを元に脊髄から送る麻酔をコントロールしているようだ。
そしてなんと今頃になって外科医の面々が登場。あのベテラン先生も駆けつけてくれたみたいだ。
とか、なんとか考えているうちに下半身が温くなってきた。麻酔液が脊髄の髄液に流れ込むと、下半身は麻痺状態になる。よく効いている証拠だ。
麻酔科の女医が下半身に氷を当てて痛みや冷たさを感じるかと問いかける。
まったく感じないな。
ここで麻酔科のオッケーサインが出るとひとまず麻酔は成功。それを確認して外科の先生たちが今度は俺のち○ぽに管を通す。
麻酔が効いてるから心配はない。勢いよく管を入れた瞬間激痛が走った。しかも声をあげてしまった。
麻酔科に指示を出す。多分もっと液を送れかなんか言ったんだろう。
その後急激な寒気が襲ってきた。と、同時に息苦しくなってくる。横を見ると俺の血圧の数字。えっ?こんなに低いのか?死んでしまうんじゃないのか…


42 :先輩:2008/09/06(土) 00:40:16 ID:8S7fqi3rO
よからぬ事を考えてさらに苦しくなってくる。このままいけば…多分死ぬ…
でも、不思議なことにえらいといった言葉さえも出せないのだ。先生が青冷めた俺の顔に気付いて麻酔科に指示を送る。
楽になるという薬を流し込み始めた。それから数分経った頃、今度は覚醒したように気持ちよくなってくる。
ようやく楽になったところでうつ伏せに戻り、布を被せられて手術が始まった。今、結構深くメスを入れているがわかるかと聞いてくるがそんなもんまったくわからん。
どんな感覚かというとメス入れようが焼いているだろうが何しようが全部なんかソフトタッチしてる感じ。むしろ薬が効いてて気分がいいくらいだ。
意識もはっきりしてるんで先生たちと花見の話とかしながらあっという間に一時間に及ぶ手術は無事成功した。
麻酔を忘れて自分で起きようとすると先生に怒られた。仕方ないんで大勢に担がれながら担架に乗った。
余談だが、別にうつ伏せにならなくてもいいようだ。そして迎えにきた看護婦に自分のベッドまで送ってもらうのだった。
これですべてが終わった…あとは回復の経過を待つだけか。
楽しみになってきたぞ…

明日更新予定zzZ

43 :病弱名無しさん:2008/09/06(土) 12:31:07 ID:iEGJLzdiO
先輩、経過もよろしくね

44 :病弱名無しさん:2008/09/06(土) 22:40:23 ID:FfmNIJayO
先輩〜。
今夜も宜しくお願いします。

45 :病弱名無しさん:2008/09/06(土) 23:25:07 ID:1bSrEzkHO
先輩〜
自分も待ってま〜す

46 :病弱名無しさん:2008/09/09(火) 01:32:59 ID:ZqMMHHhHO
先輩〜
更新まだですか?

47 :病弱名無しさん:2008/09/10(水) 00:08:55 ID:7kRN8X7vO
来年の春に手術しようと考えているんだが…恐ろしすぎる…
一昨日初めて排膿してもらった時でさえ痛すぎて半泣きだったのに…

48 :病弱名無しさん:2008/09/10(水) 06:53:53 ID:yskpEvtd0
この病気辛いよね

最初痔と間違えちゃったよ

49 :病弱名無しさん:2008/09/10(水) 19:49:46 ID:OQS2FFYn0
まあ先輩ほど悲惨な目にあうケースの方が稀だと思うがw

50 :病弱名無しさん:2008/09/10(水) 23:30:59 ID:oI6cRxS6O
先輩全然更新しなくなったし。
みんな常にシコリがある状態?痛くないけどずっとある…

51 :病弱名無しさん:2008/09/11(木) 00:21:34 ID:hMqPt1ssO
私は常にしこりがあって、ちょっとした刺激ですぐ腫れる。
酷く腫れることは少ないけど…
それでも座るのも寝るのも気使うから早く手術して取りたい。

局所麻酔だったら怖いなあ…と先輩の体験談読んで思った。

52 :病弱名無しさん:2008/09/11(木) 00:58:06 ID:GgaOZTlAO
いや、下半身麻酔だと思うよ。局所と言われたら嫌だと言えばいいしね。どんくらいで復帰できるのかな。
どんな手術でも全裸って当たり前なのか?

53 :病弱名無しさん:2008/09/12(金) 23:48:26 ID:Cy7WYnphO
先輩来ないな

54 :病弱名無しさん:2008/09/13(土) 02:12:38 ID:8NeiBClrO
先輩中途半端で消えるのやめてくれー

55 :病弱名無しさん:2008/09/14(日) 00:00:47 ID:Lc8gLzxKO
続きはまだですか?
先輩〜

56 :病弱名無しさん:2008/09/14(日) 22:33:45 ID:wmvUpJ/9O
皆は腫れたりしたとき何か処置してる?
化膿止めみたいなの塗ってもあんまり効果ないかな。
それとも逆効果なのか…

57 :病弱名無しさん:2008/09/15(月) 01:09:24 ID:NEkILa3L0
無いね

58 :病弱名無しさん:2008/09/15(月) 01:35:14 ID:fS8vsKiTO
みんな、アルコールは出来るだけやめとき!
悪化するときはいつも飲み会の翌日!

59 :病弱名無しさん:2008/09/15(月) 23:28:52 ID:+Xky5NyVO
先輩、今宵は何処に………。

60 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 11:57:05 ID:vdRZPl4Y0
膿出たから病院いって5日分の飲み薬と軟膏もらったけど治る気配ねぇぜチクショー

61 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 20:15:45 ID:lXOLcLrSO
軟膏って効果無いんじゃないか?
いつも病院行くと抗生剤しか貰わないんだけど。

62 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 22:25:13 ID:OuNyM+54O
痛み出して抗生物質飲んでも効かない…

皆、まだ手術しないのか?先輩以外に手術した強者はいないの?

63 :病弱名無しさん:2008/09/16(火) 22:27:37 ID:M6t5zHMa0
今のところこのスレでは>>8と先輩だけだな

64 :病弱名無しさん:2008/09/17(水) 07:49:10 ID:lUM3bOnI0
入院だけはしたくないなぁ

65 :病弱名無しさん:2008/09/17(水) 16:47:14 ID:lUM3bOnI0
今日も病院行ってきたらまだ薬で様子見だと・・・もう休み終わるし入院なんてしねぇよチクショー

66 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 00:29:51 ID:kVq8/SdyO
皆、どんくらいのペースで腫れ上がる?
もういつ腫れるかわからないから覚悟を決めて手術したらこの悩みから解放されるのか…
皆で手術しない?

67 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 08:09:33 ID:3X5o8RbP0
【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

68 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 08:24:59 ID:g97ONCkX0
最近手術したよ

毛巣洞とは、もう10年近く付き合ってた
入院は10日くらい
下半身麻酔で 背骨に針刺したけど さほど痛くなく(ただの注射程度)
麻酔後は無痛 鎮静剤入ってたのでほとんど寝てた。
毛巣の程度にもよるかもしれないけど、手術の次の日から歩くことができたよ
術後の痛みもそれほどなく、仕事もないし、看護婦さんは優しいし 
病院食も結構うまいし じぶんの場合に限っては、パラダイスだった・・・。
先生いわく 最近は手術器具だか技術だかの向上もあって、
ひとむかしのように、二週間うつ伏せでベットに縛りつける
ようなことは少なくなったそうです。
とりあえず、参考まで

69 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 13:14:11 ID:kVq8/SdyO
>>68

じゃあ入院中は普通に座ってごはん食べたり仰向けで寝たりできたの?
退院後は生活に支障ある?オフィスワークの仕事ならすぐ復帰いける?

70 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 18:16:53 ID:g97ONCkX0
>69
言葉が足りなかったですね すみません。

入院中は、さすがに座ったり、仰向けに寝たりは怖くてできなかったです。
痛くないといっても、さすがに鈍痛はあったので・・・
主治医の先生も、術後は、”座る”といったような傷口にテンションのかかる動作は
しないでくださいと言っておりました。
ちなみに、食事はベッドを起こして、横向きで食べてました。
ただ、歩行ができたので、トイレや、体拭きなどは自分で処理することができ
その辺のストレスはありませんでしたよ。

退院後、一週間ほどで抜糸 
抜糸までは、長時間座っていると傷口に痺れるような感覚が出てきたり
急な動作のあとで鈍痛がして、やべーこれ傷口開くんじゃないか?
とヒヤっとしたこともありましたが、たいした問題もなく治りました。
自分も座り仕事なので、復帰後が一番心配でしたが、退院後はなんとか
やれてます。 抜糸のあとの現在は全然平気です。

ただこれも個人差があることなので・・・
あくまで参考までにということで、お願いします。
おれのときはもっと大変だった!という方もいらっしゃると思います。
上の方で書かれている方は大変苦労なさってますよね・・・
毛巣の穿孔度合いも十人十色でしょう。

ちなみに私の場合は毛巣洞の典型例だといわれました。
典型だというからには軽くもなく重くもなくといったところでしょうか?
必要であれば、自分の毛巣の経過についても書きます。

71 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 18:34:22 ID:3X5o8RbP0
是非に

72 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 19:02:52 ID:kVq8/SdyO
>>70

丁寧にありがとう
是非手術に至るまでの経過などきかせて下さい。

73 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 21:37:36 ID:g97ONCkX0
先にも書きましたが
毛巣洞とは10年近く付き合ってきました。

最初は仙骨付近にしこりができ、痛みはまったくありませんでした。
気味は悪いが、痛くもないので放置しておりたところ、半年ほどたった頃にそのしこりが破れて
膿のようなものが出るようになりました。

そのときも、吹き出物か何かだろうと深刻にはならなかったのですが、
しかし膿はいつになっても止まらず、いつ治るんだろう?とガーゼやティッシュを当てて
生活する毎日でした。この頃から患部が痛みはじめます。



74 :病弱名無しさん:2008/09/18(木) 21:41:48 ID:g97ONCkX0
恥ずかしいのでだれにも相談できず、 患部が痛みだすと、ひたすら指で周辺を強く押して膿を出し、傷口を消毒する・・・の繰り返し
そうこうしているうちに、傷口は次第に凸型にふくらんでイボのようになり、痛みも強くなっていきました。

患部の具合が大幅に悪化したのは、はじめにしこりができた時から、二年程たったころでしょうか。
仙骨周辺の痛みがどんどん広がって(主に肛門方向へ)ぱんぱんに腫れあがり
痛みで寝起きすら困難になりました。
しかし、それでも、医者に行くのは恥ずかしく、消毒した針で何箇所か刺し、自力で排膿して
なんとか腫れは収まりました。

その後は一進一退 
仙骨部にある直径一センチほどの隆起からは、相変わらず膿が出ており、また、仙骨部の穴以外にも、
仙骨の3〜4センチほど下、肛門よりに別の穴ができて、そこからも膿が出るようになりました。
特に、仙骨部の穴は、そのままにしておくと傷口が変にふさがったうえ、膿がたまって
周辺部をまきこんでパンパンに腫れるので 二日おきくらいに、かかさず傷口を破って膿を出していました。

その間、今のかみさんと付き合いはじめ、就職し、結婚・・・
かみさんより毛巣洞との付き合いの方が長いなんて洒落にならないので、 一念発起して、病院へ・・・

その頃までには自分なりに調べていて アテローム(粉瘤)が悪化したものだろうと思っていたのですが、 毛巣洞と判明。
手術内容を聞いて、びびりまくったものの、なんとか決断して今に至る
といったところです。

ちなみに、切り取った患部は、ガンダムの盾状というか、チーズケーキ状というか
縦:8〜9センチ 横:最大で3〜4センチ 深さ:2センチ のようなものでした
ただ見せてもらったのが、手術直後の鎮静剤でぼーっとしてたときなので、はっきりはしません。

すみません 書き込み自体はじめてなので、色々粗相もあるかと
思いますが以上です

75 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 01:31:43 ID:pz7Rr1tyO
>>74

長いこと戦ったんだね。完治してよかったね!

レス読んでなんか勇気がでたからもう少ししたら手術しようと思う。
手術したらもう悩まなくてすむんだよなぁ〜

76 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 01:36:39 ID:pz7Rr1tyO
>>74

あ、1個ききたいんだけど入院中排便は大丈夫だったのかな?一応座ることになるよね?

77 :8:2008/09/19(金) 02:07:00 ID:D4p4ZW2YP
>>74
お前は俺かw
悪化すると肛門寄りに穴が開くのは皆同じなのかなあ・・・?


78 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 02:23:18 ID:4GP0WqHh0
それは痔ろうじゃ・・・

79 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 08:45:14 ID:uQrTl8hZ0
>長いこと戦ったんだね。完治してよかったね!

ありがとう〜 
手術するまでは、入院の日が来るのが嫌で嫌でたまりませんでしたが、今では、手術して本当に良かったと思っています。
悩んでるみんなも、くじけずに頑張ってください。

排便に関しては、手術翌日はやっぱり怖くて我慢してしまいました。
二日目は、和式でそろそろっとしゃがみながら排便、三日目以降は洋式で、
太ももよりに体重をかけるように工夫して排便しました。 

肛門寄りの部位まで縫合してましたが、おしりに体重をかけて痛むことはあっても、
いきむことで傷口が痛むことは、私の場合ありませんでしたよ。
(どちらかといえば、ガーゼに便がつきそうで怖かった)

各々の症状にあわせて、太ももの開け具合や、体重のかけどころを工夫すればなんとかなるとおもいます。

肛門寄りの穴については、皆さんが同じかどうかはわかりませんが、
私の症例が典型例だということですので、きっと同じ様な方が多いのでしょうね。


ちなみに、私が入院したのは大学病院です。初診は近所の外科で、紹介状書いて貰いました。
根治手術は大きな病院でないとできないそうなので・・・。
入院初日は、麻酔科の検診とか採血、レントゲンなど手術前の準備で終わり、一日おいて(入院三日目)に手術。
手術後、四日くらい経つと、お風呂にも入れるようになりました。 


80 :病弱名無しさん:2008/09/19(金) 11:30:17 ID:4GP0WqHh0
排便の仕方の説明とかなかったん?

81 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 00:45:21 ID:xfDNcoH6O
>>79

なるほど〜
詳しくありがとう。
手術がんばるよ。

82 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 19:58:27 ID:xNfJt1Xt0
今日、毛巣洞の診断を受けた…。
これからがんばって治していくので、応援してくれ。いや、ください。

83 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 23:24:24 ID:AwP56qezO
今日病院行ってきた。
来年の春に手術することになりそう。
医者の話ではよっぽどのことが無い限り5日ほどで退院できるらしい。
先輩の話とか聞いて1ヶ月とか無理だ…と思ってたから安心した!
皆も悪化しないうちに早く手術しちゃおうぜ。

84 :病弱名無しさん:2008/09/20(土) 23:25:44 ID:aeSSVcI70
薬だけでなんとかなりそうな気がしてきた

85 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 06:46:12 ID:ucU7AVfNO
>>84
そう思うでしょ。
でも、繰り返すよ
去年は薬でいけると思ってたけど…
手術決めた。

皆でやっちまおうぜー

86 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 09:27:57 ID:QLiT0O440
膿はでなくなったけどふくらんどる
というか薬の影響で腹がユルユルすぎてやばい
屁と一緒に実が出てきそうだ

87 :病弱名無しさん:2008/09/21(日) 21:12:54 ID:ucU7AVfNO
皆、炎症(痛いとき)は手術出来ないんだってよ〜先輩は炎症がひどかったから1ヵ月だったんだよ。
今のうちにやっつけてやろう。この憎たらしい病気。

88 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 02:20:23 ID:K8nTKAUWO
女性でこの病気なった人いませんか?いませんよね。。。

89 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 03:41:20 ID:f2rHfVr40
毛深い人とか座りっぱなしの人がなりやすいって言うし性別は関係ないんじゃね?

まあ俺は男だが

90 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 13:34:29 ID:tBcr5mFaO
女です!
自分以外女の人でこの病気の人見たことなかったから嬉しい…

91 :病弱名無しさん:2008/09/23(火) 15:21:52 ID:2UvtJjtk0
中学生ころからお尻にデキモノが出来やすい体質でした。
現在31才です。
2〜3年前くらいから、尾てい骨付近が腫れる→我慢→落ち着く→1ヶ月後にまた再発、を繰り返していました。
そして、約1年前からデキモノが治らなくなり、お尻の穴付近にもう一つ穴が空いていることを発見。毛巣洞と診断されました。
そして更に1年手術を先延ばし(漢方で治そうと努力)しましたが、ついに決断し11月に手術決行します。
ここには、他にも手術を受ける人が居るみたいで、少し心強いです。

92 :病弱名無しさん:2008/09/24(水) 01:13:44 ID:qby0hxLBO
>>90
私も嬉しい!!
小太りとか毛深いとかこの病気になったことが女として恥ずかしくて周りに病名言えないし、でも地味に辛い病気だから悩んでたんだ。
まぁ、確かにちょっと毛深くてぽっちゃりだったりするケド。。。
>>91
女性ですか?
私も11月に手術しようと考えてます!
一緒に頑張りましょう!

93 :病弱名無しさん:2008/09/24(水) 01:44:32 ID:zz5ncKKV0
別に・・・性別は・・・言わなくてもいいと思います・・・

94 :病弱名無しさん:2008/09/24(水) 04:04:29 ID:qby0hxLBO
>>93
そうですよね。
ごめんなさい。
ただ手術や治療中のときにやはり男性とは違う部分で女性ならではの悩みとか情報交換出来たらと思いました。
辛いのは性別問わず同じですね。

95 :病弱名無しさん:2008/09/25(木) 05:38:43 ID:DEQzdUosO
この尾てい骨上あたりが腫れるのはなんだろう…
と、長年の不思議がようやくわかりました。
皮膚科の先生が病名言ってたけど、早口で何言ってるのかわかんなかったorz
なにげにもう6年の付き合いだし、手術以外治らないとはっきり告げられてるから手術したいんだが…
貧乏すぎて入院なんて出来ない…

って言ってられないから、なんとか来年入ってすぐには手術する予定
ちょっと今年は無理そうだから…

96 :病弱名無しさん:2008/09/25(木) 16:09:36 ID:RTsXtxCuO
入院8万はかかるよね〜

97 :病弱名無しさん:2008/09/25(木) 18:29:14 ID:AIPzT6Pr0
入院はベッド代がな・・・

98 :病弱名無しさん:2008/09/26(金) 01:22:52 ID:f/XAj20WO
せっかく手術してもまた再発したら・・・
実際、再発率高いらしいし厄介な病気だ

99 :術後:2008/09/26(金) 20:02:05 ID:xbHNfpWt0
24日に日帰りで手術して帰ってきたんですけど・・・
まだ、プクっとして腫れが引きません・・・
これって傷口がまだ閉じてないからですかね??
術後の経過わかる人いますか??

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)