5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エセ科学信じる馬鹿、盲目的に否定する馬鹿

1 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 13:34:20 ID:fhp1R918
どっちも本当にウザい。
エセ科学を信望する馬鹿はいうまでもないとして、
「エセ科学」というものの実態が広まってきたからか、
今度は逆に根拠もなくエセ科学を否定する馬鹿が増えてきた。
それじゃエセ科学となんら変わらないってのに。

「へぇ、あれ嘘なんだ。エセ科学かー。で、どうして?」
って返すと、答えられなかったり逆切れしたり、思考停止したり。
馬鹿じゃないの?
自分の頭を使わずに、盲目的に断定するなら、
向いてる方向が違うだけでエセ科学信望となんら変わらない。
「地球温暖化がの原因がCO2? あんなん嘘!
 エコ利権がばら撒いたガセ! 根拠はないけど!」
とか得意げに語る馬鹿とか。

あと空気読まない奴もウザい。
血液型の話してると、鼻息荒く「血液型で性格決まるとか嘘なんですけどwww」とか。
あのね、こっちは血液型"性格診断"してるんじゃないんだよ。
血液型"占い"してんだよ。空気読めよ、というと
「空気!? 空気で科学的真実を曲げろってか! このエセ科学野郎!」
見たいに歪んだ義憤に駆られてね。
馬鹿じゃあるまいか。そっちのが寧ろ非常に科学的思考を蔑ろにしてる。

2 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 13:34:58 ID:fhp1R918
あああああああああああああああああああああああああああ
ウゼエエエエエエエエエエエエエええええええええええええええええ


のはいいけど、>>1がちょっと長文すぎた…。なんてこった。

3 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 13:36:23 ID:fhp1R918
まあそういうことを語るようなスレとして伸びていくといいなあと思ったけど
伸びないかなあ・・・

エセ科学総合スレみたいなのにしたほうが良かったろうか


4 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 13:36:51 ID:UG89F8L3
科学を否定して悦に浸ってる奴のほうがウザイな。


5 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 13:43:31 ID:fhp1R918
なんだろう、どこか中二病的な気質がベースなのかなあ。

いわゆる中二病の時期は、
やたら斜に構えるのがカッコよく感じたり
自分より大きな存在(国とか、政治とか、学校とか、教師とか)を
批判することで、自分がまるでそれ以上に大きくなったかのような
錯覚に囚われたりするもんだけど、根っ子はそこかなあ…
科学の過ちを喝破する俺スゲエ! 
俺だけが知ってる真実!
真実を知らない無知蒙昧な奴らに俺が本当の科学を教えてやる!
みたいな…。


エセ科学ならまだしも、エセではないそれなりの考証の末の科学をも批判して、
その批判行為自体に快感覚えて浸っちゃう人はタチ悪いったらない

6 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 14:42:59 ID:wSP1ma5j
「砂は音にも弱い!」みたいなのですか?>エセ科学

7 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:02:12 ID:eXXUDOIe
温暖化詐欺は看過出来ない
CO2濃度の上昇より気温上昇のほうが先んじてるわけだしな
特に朝日の尋常じゃない温暖化詐欺見てると虫酸が走る

8 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:03:14 ID:eXXUDOIe
血液型診断はどうでもいいよ
せいぜいスイーツ(笑)って嘲笑うだけ

9 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:34:15 ID:fhp1R918
>>6
まあその手のです。あと水の気持ちを考えるとどうのとか、トルマリンがどうのとか…

>>7
温暖化周りは色々ごっちゃになってる節が会って。
 ・(優位に環境を変化させる)温暖化はしているのかどうか
 ・原因は何か
 ・エコエコ言ってるのが果たして効果があるのか
この3つに分けて語らないと混乱すると思うんよ。
で、3つ目についてはなんとも無駄な"対策"が多いというか、
世に言うエコ詐欺だとか、そういうのは本当に馬鹿らしいとは思うよ。

ただ、その反動で、なぜか「CO2が原因? そんなもんガセ!」とまで
振り切れるのはどうにも納得がいかない。
極端なのだと「温暖化なんてしてねえよバーカ!」みたいなのもいるし。

気温上昇をして、地球のサイクルのうちなのか、有意な上昇なのかは
議論が分かれるところだけど、少なくとも「絶対に嘘!」と断言できるものじゃない。

CO2が原因かどうかも議論が別れるところだけど、
少なくともCO2と、気温上昇がピッタリ随伴してないからと「CO2は無関係!」と言うのもおかしい。
複合的な要因の一つであれば、CO2とピッタリ同期しない場合だってあるし、
たとえば、水蒸気によって温度上昇してるとかって裏づけのないトンデモ理論もあったけど、
CO2説を明確に破綻させるほかの主要因が認められてるわけでもない。

繰り返し言うけど、エコ詐欺はどうかと思うよ。
ありゃ問題だよ。似非科学どころかカルトにならんとしてるものもある。
けど、それで反動として両極に触れるのもどうなのかなあと。
温暖化の有無と、その原因と、その対策(エコエコ)とは別にしないと…

10 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:36:12 ID:fhp1R918
ありゃ誤変換。
 ×(優位に環境を変化させる)
 ○(有意に環境を変化させる)


>>8
ですよねー。
明らかにおかしいとさえ判っていれば、
なにも論戦挑んで相手を叩きのめそうとか、そんなのはいらないよねー。
暴走族を珍走団と読み換えて笑う程度の余裕が欲しい

11 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:38:51 ID:fhp1R918
長文ごめんなさい

スレを立て逃げするのもなんなので適度に保守できたらと思ったら…

12 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:49:01 ID:RqxMaBTl
おいこらスレ主! せっかくいいスレ立てたんだから少し黙って書込み待ってろよ
これは良スレの予感がするぞ ビッビビッ

13 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 15:51:21 ID:7gf5Z0ry
ビッビビッってなに?

14 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 16:55:40 ID:n84udqMS
マイナスイオンですよw

15 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 17:00:59 ID:eXXUDOIe
温暖化してるのは事実
しかしその原因がCO2であるかは甚だ疑わしい
仮にCO2が原因だとしても意味不明な温暖化対策

16 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:01:41 ID:tzxR0nQB
温暖化についてはまだ、仮説だらけの印象。
一本核になる本論もない印象。私的な印象だけど。
でも仮説だからぼーっと指加えて見てるのもなんなので
仮説の補強も目的に、今現在有力な説を追い掛けるのは
悪い事じゃないと思うよ。>二酸化炭素
すくなくとも研究者レベルではね。

それに対してエコバッグだとかマイバッグ運動だとかは無駄の極み。





そんな事よりアポロ捏造説をなんとか駆逐しとくれ
中2の息子が得意げに語りだして驚いたーよ

17 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:05:39 ID:4XsEZ5Ln
>>16
まあぼちぼち頭がよろしいんじゃないんでしょーか

18 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:10:34 ID:tzxR0nQB
くだらん煽りは要らんだよ

19 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:28:14 ID:3+xqb63q
環境ホルモンもマスコミがその後の情報出さないから、環境ホルモン恐いと言うイメージで止まってる人は多いと思う

20 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:29:10 ID:hd1IW9fL







「エセ科学信じる馬鹿、盲目的に否定する馬鹿」って







勝手にやってるのはエセ科学の方だし









糞スレ立てんな


21 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:43:05 ID:zFYVsJPm
>>19
エッ!違うの?

22 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:56:09 ID:h9Ajmz3D
>>21
うむ、内分泌攪乱物質は厳然として存在するのだが、
あまりにもその種類が多いのと、企業に不利になる研究には、
有形無形の圧力がかかるので、研究そのものが骨抜きにさせられている。
ってなところだな、大雑把にいうと。


23 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 18:59:03 ID:SUJl3r37
>>1
まずお前が考えているエセ科学の定義から言ってくれ。
「エセ科学」と認定できるものならそれを肯定する理由がどこにあるのよ?

24 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 20:04:48 ID:jkaMTPh2
>>6
あれは「砂で出来ているので振動(音)に弱い」であって別にエセじゃないだろ
というかジェロニモ乙

25 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 20:25:18 ID:3+xqb63q
>>21
環境ホルモンといわれた物のうち、マウスやラット含めて哺乳類でメス化したとかの報告はないらしい
魚類でも影響が見られたのは数種類しか無くて、それも実験室レベルだから投与量が外界でありえる量とは言えないらしい
だから、当初言われているよりは危険性は低いんじゃないかって言われてる

それよりも女性の尿中に含まれて下水処理されても残ってる女性ホルモン自体の方が量的にも質的にも問題らしい
本の受け売りなんだけどね

26 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 20:37:27 ID:3+xqb63q
実際その研究に携わってるわけじゃないから、根拠については弱いけど、一応筋は通ってるし、一時あれだけマスコミに騒がれてた環境ホルモンが最近ではほとんど話題にならない事から考えると嘘じゃないんじゃないかと思ってる

27 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/25(水) 22:41:48 ID:PlGL51Cs
>>20
よく読め

「理屈も無く否定する」っていうのは「『間違っている』と言うことを理屈無く信じている」
だけであって、それはエセ科学を信じる構造と同じでしかないといっている。
そういう人間を否定していかないと、いつまでたってもエセ科学を駆逐することは
出来ないのだよ。

28 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 06:45:56 ID:Kk5yHcFd
>>27

なんで



 エ セ


なのか



よく考えてから



 でなおちまちょうね

馬鹿

29 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 07:18:19 ID:sjglQcO2
ダイエット食品の広告とエセ科学って同じ匂いを感じる……。
ダイエット食品について栄養士に聞いたら、「効果ないわよ。
むしろ、バランスのとれた食事を適量とるのが適切。」だって。

スイーツ(笑)がスイーツを食べ過ぎてぽよんぽよんになって
あわてて購入するのだろうな。<ダイエット食品

30 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 09:07:32 ID:sKRAtf2O
>>29
感じるじゃなくて、正にエセ科学そのものだろ。
例えばコラーゲンやヒアルロン酸なんかは、経口摂取したり肌に塗ったりしても効果が無い事は科学的にハッキリしてる。
健康食品やダイエット商品なんかの宣伝には、
「科学的な裏付けがあるかのようなイメージ」
を消費者に植え付けるやり方が横行している。
 
十六茶のCMなんかも酷いな。
「あなたに足りない十六」とか言って、十六茶を飲めば不足している要素が補えると、
「消費者が勝手に勘違いしてくれる」よう意図的にミスリードしている。
 
お茶のヘルシアなんかもそうだ。
飲んだだけで痩せると「消費者が勝手に勘違いしてくれる」ようミスリードして売っている。
 
現在横行しているエセ科学商品は、このように、
「科学的な裏付けがあるかのように見せかけているが、実はデタラメ」なものや、
「自分から効能を主張しないが、消費者が勝手に勘違いしてくれるよう、
 意図的に巧妙に詐欺まがいの宣伝をする」ものが実に多い。
 
騙されるな!!!




31 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 09:41:32 ID:8Sf5sWCt
>>28
エセだからといって
何が間違っているのか理解した上で否定するのと、
何も解らないまま盲目的に、もしくは雰囲気で否定するのは
雲泥の差なわけですが。
その後者を問題視する、ってスレッドでしょ?
でもって後者は思考の流れが、
エセ科学に騙される人と同じだっていう。

無駄に空改行する割に言葉足らずなんで
この点について煽ってんのかよくわからないけど

32 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 10:04:00 ID:8Sf5sWCt
>>29
ダイエットに興味ないので食品自体はわからないけど
広告はエセ科学的な詐欺紛いの売り文句をよく見かけるね。


この前本屋で『3000人が成功した!ダイエット』みたいなのみかけたけど
何人試したうちの3000人かわからないから
全く意味のない数値なんだけど、あんなに大々的に載せてる以上
多分宣伝効果があるんだろうなあと…
よく載ってるグラフや統計もどきも情報不足で参考にも使えないものばかり

あとは『東京大学名誉教授○○先生が推薦!!』的なのはもうギャグの域だよね
これはエセ科学ではなく権威主義の悪用だろうけど
名誉教授になる流れも解らない、学部学科も専門も解らない、
(悪質なのだと実在しなかったり)
そんな人に、何を以ってか解らない『推薦』されても困るw

33 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 11:36:18 ID:1mDzUc8a
医学博士=医者だって思ってしまうのも間違い
文系含めてどの学部でも博士課程から医学部の研究室に入って卒業したらみんな医学博士

34 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 11:56:49 ID:bsEISUeU
>>9
水蒸気による温度上昇は全然トンデモ理論じゃないぞ。
温室効果のうちで60%−70%位は水蒸気によるものだ。

温暖化のCO2主因説というか、CO2濃度上昇が本当に温暖化を引き起こすのかどうかは実際に怪しい部分がある。
CO2による温室効果は間違いないが。

>>16
アポロ捏造説は、論理的に駆逐出来るだろ。
その論理が理解出来ないならその息子はもっと教育が必要だ。

>>22
その説明もまたどうかと思うが・・・
>>21
ほ乳類に強い影響を及ぼす環境ホルモンは見つかっていない。
つか、海産の軟体動物が強い影響受けたのは受け手側の問題だろ。

35 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 12:35:29 ID:rVMcE4ZJ
水蒸気による温室効果ではなくて、
水蒸気量が激変して急激な温度上昇を引き起こす、みたいな
MMR的予言があった気がする

36 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 12:40:22 ID:rVMcE4ZJ
てっか温室効果と温暖化を並列に語るのもなんだなと思った。ふと。

37 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 16:35:35 ID:8Sf5sWCt
>>34
>アポロ捏造説は論理的に駆逐〜
いやさ勿論うちの息子はちゃんと説明して理解してくれたけどさ
息子が得意げに語りたくなる程度には魅力的に、
捏造説をバラ撒いてる感染源があるわけじゃない。
世の子供全員に説得して回るわけじゃないし
各家庭で話をするわけでもないし
それどころかある家庭では保護者がむしろ得意げに捏造説を説いてくるし、
感染拡大が止まらないのがやぁよー
我が家がしっかりしてれば万事OKというわけでもないし
アポロだけでなく感染源から次々エセ理論が流布されるかもだし

38 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 16:48:16 ID:bsEISUeU
>>37
それはエセの方を駆逐するよりも、教育できちんと科学的なリテラシーを身につけさせる方が重要だろ。

今の小学校に理系の先生がほぼ皆無だって知ってた?
だから、理系のことを教えるのにどうやって実験的に証明したかを説明出来なかったりするんだよ。
そういうことの積み重ねがエセ科学の蔓延を引き起こしてると思う。

39 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 16:48:57 ID:ccaxz+rZ
馬鹿が集まる地域性なんだろう

40 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 17:08:26 ID:rVMcE4ZJ
理想的なことをいえば、最低限
 ・情報の取捨選択
 ・懐疑すること
 ・「懐疑」と「ただひたすら疑うこと」は違うこと、その線引き
 ・情報の信頼性をどこで判断するか
 ・情報の信頼性を保証するのはなにか、どうすれば信頼できる情報になるか
あたりを学校でやってくれたらいいなーと思う。

そのツールとして、
  ・対照実験の意義をしっかり身につけさせる
   (オオカナダモの実験(光合成)や、植物の呼吸・蒸散あたりで
    対照実験はやってるはずだが、しっかり体得してる子は少ない)
  ・二重盲検法
  ・多少の統計的な知識
 (・偽薬効果、フォアラー効果あたりを知っておく)
あたりを教えられたら教える。


いま学校で「情報」を扱う授業って、どーせ、
 「インターネットで検索サイトを使って情報を集めてみましょう」
とか、
 「ホームページをつくってみよう」
とか、
いまさら子供だましさえできない内容だろうし、
その時間をしっかりした情報の選択にあててもらえたら…

41 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 17:12:29 ID:CF6ENeuz
>>38
それでいて現代社会は科学なしではやっていけないくらいなわけで、多くの人が無意識に、無批判に
科学に対して信頼をおいている。
だからこそエセ科学を売り文句にした悪徳業者が後を絶たない、と。

一方で上記の感情に対する反感のために無批判な自然嗜好も存在して、これはこれでエセ科学的な
「天然○○100%の〜」とかそういう悪徳業者を招く結果になっている、と。

42 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 17:13:10 ID:bsEISUeU
>>40
対照実験と盲検(二重でなくても良いと思うが)は絶対に必要だよな。

43 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 18:38:33 ID:n1+HJJot
現実にマイナスイオンドライヤーのほうが髪がしなやかになるんですが、
これはどう解釈すればいいでしょうか?
プラシーボで瞬時に髪質まで変わるもんですか?

44 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 18:52:42 ID:CF6ENeuz
>>43
まずそのドライヤーが本当にマイナスイオンを出しているかの検証が必要w
温度や風圧の微妙な差が状況を変えているかもしれないので、さまざまな比較が必要ではないかと。


45 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 18:58:32 ID:sKRAtf2O
>>43
@まずマイナスイオンドライヤーとそうでないドライヤーで、とかした髪をサンプリングして比較分析して下さい。
 
A有為な差が見受けられた場合は、その差がマイナスイオンによってもたらされた物である事の因果関係を証明してみてください。
 
Bあなた一人ではなく何百何千というサンプルで検証して同じ結果が出るか調べて下さい。

46 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:02:35 ID:rVMcE4ZJ
>>43
あなたが使ってる、そのドライヤーがいいものなんだなあ、と
思っておけばいいんじゃないでしょうか。
それがマイナスイオンの効力かどうかはともかく。
良い買い物したなーと嬉しく思っておけばいいと思う。

マイナスイオンのおかげだよ!というには、
>>44の言うように調べなければ成らないことがたくさんあるし
そもそも"マイナスイオン"とやらは一体何?という話にもなるし。
科学用語にマイナスイオンがないとは言わないけれど、
広く使われる、統一見解のある用語ではないし、
多くの場合、ドライヤーなんかでいわれるマイナスイオンの定義は意味不明なので…

47 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:03:20 ID:rVMcE4ZJ
おっとリロードしないうちにたくさんレス付いてた御免

48 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:07:08 ID:ccaxz+rZ
マイナスイオンドライヤーに関しては有意差があると認識しているが理屈がわからんのだよね。

49 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:07:41 ID:1aoMkOmE
明らかに嘘だって分かってるエセ科学を否定する事の何が悪い。根拠があるから嘘だって分かってるんじゃないのか?

50 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:09:02 ID:rVMcE4ZJ
>>49
否定することが悪い、なんてこのスレには書かれてないけどなあ

51 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:14:58 ID:CF6ENeuz
>>49
根拠も知らずに盲目的に否定することが悪いのであって、根拠があれば否定しても構わない、というか
必要に応じてするべき、という姿勢のスレでは。

52 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:24:44 ID:8Sf5sWCt
>>49
>根拠があるから嘘だとわかってるんじゃないの?
あなた自身がその『根拠』を知ってて、
あなた自身が『嘘だとわかってる』かどうか、が問題なんじゃ?
『しらないけど2chで/TVで嘘だと言ってたからこれは嘘!』はダメってスレで。
(あなたにとって)未知のエセ科学や科学詐欺がでてきた時、
『根拠』も持ってないし『嘘だとわか』らないけど、
じゃあその時は騙されるの? という話で。
頭使って判断しようねなスレだと思った。


53 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:34:04 ID:sKRAtf2O
エセ科学に騙されないようにするためには、明確な根拠が分からなくても「何かおかしい」と感じる嗅覚が重要だと思う。
その嗅覚を鍛えるためには、文系でも最低限の知識は必要だろうけど。
 
それが無いと、納豆ダイエットみたいなデタラメにでも飛び付いてしまう結果となる。

54 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 19:40:49 ID:CF6ENeuz
>>46
マイナスイオン測定器と称する物を販売しているサイトで、同時にトルマリングッズを販売していたりするので
「おいおいこの装置は一体何を測定しているんだw」とかかんぐってしまうわけで。


55 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 20:56:22 ID:J2F0WQzt
>>53
単なるインチキとエセ科学を混同してるねお前w
十六茶がエセ科学だという発想はなかったわwww
まぁ、言いたいことはわかるけどもうちょっと勉強してからレスしたほうがいいよ。

56 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 21:06:19 ID:RcuCw5Io
>>55
まぁ、言いたいことはわからないでもないけど、こういう所では
もうちょっと単語の使い方には寛大でもいいと思うよ

論文書いてるんじゃないんだから

57 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 21:44:41 ID:J2F0WQzt
>>56
いやまぁそうなんだけどさ。でもこのスレでは単語の使い方は大事じゃね?
こんな言葉の使い方一つにも気をつけられない奴が「盲目的に否定する馬鹿」って言われるんじゃねーの?www

58 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 21:48:14 ID:rVMcE4ZJ
それはまた違うような

59 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 22:12:58 ID:oTNSteJE
>>55
「インチキとエセ科学は区別しろよ」の一言で済む話だろ

60 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 22:27:25 ID:sKRAtf2O
>>57
間違っている所があるなら、ぜひ訂正してくれ。
 
しかし言ってる事自体は間違っていない。
ラーメンや牛丼を食べてる映像の後で「あなたに足りない十六」というコピーを入れて、あたかも十六茶を飲めば足りない栄養素を補えるかの様に、
無知な視聴者が「勝手に勘違いしてくれる」よう仕向けるやり口は、基本的にエセ科学を利用したインチキ健康食品なんかと変わらない。
 
一昔前だと体バランス飲料DAKARAのCMも酷かった。
小便小僧がDAKARAを飲んで排泄する映像を見せて、あたかも飲んだだけで労廃物が排泄されて体のバランスを整えてくれると、
視聴者が勝手に勘違いしてくれるよう仕向けていた。
 
いかにも科学的な裏付けがあるかの様に見せかけて、実はデタラメというやり方は、
エセ科学商法の典型的なやり口と何等変わりがない。

61 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 22:31:58 ID:oTNSteJE
>>60
どこがエセ科学を利用した手口なんだ?

62 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 22:40:41 ID:sKRAtf2O
>>61
インチキの裏付けとしてエセ科学を使った説明をしている所。
そこから更に一歩進めたのが、上記の様な
「直接的には効能を説明しないで、ありもしない効能があるかのようにイメージで見せかける」やり方、という事。
 
単純なエセ科学商法と違ってクレームが来ても、
「そんな効能一言も言ってませんが、何か?」と逃げる事ができる。
つまりエセ科学商法をより巧妙に進化させたもの。
 
効能をうたうと薬事法違反に問われる事もあるが、飲料系のCMには、こういうパターンの物が実に多い。

63 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 22:49:54 ID:ADgBJZpC
韓国の家電メーカーが桜や富士山をCMに利用するようなもの

64 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:07:26 ID:sKRAtf2O
>>63
それは産地偽装。

65 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:14:40 ID:ow04b95p
>あのね、こっちは血液型"性格診断"してるんじゃないんだよ。
>血液型"占い"してんだよ。空気読めよ、というと

突っ込まれて占いに名目を変えるまで、真剣に自分のみならず他人の行動に影響を及ぼそうとしていたくせにw
本当に占いレベルなら嫌がる人も少なかろう。血液型に限らずどんな占いでも、それで文句つけられたら腹が立って当然。
>>1の文章を読むと「実は占いでした」と言う逃げ場を用意している分だけ血液型が悪質に思える。




66 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:18:58 ID:rVMcE4ZJ
> >>1の文章を読むと「実は占いでした」と言う逃げ場を用意している分だけ血液型が悪質に思える。

実はも何も、占いなんじゃないの。
動物占いで「私はコアラじゃない!」とか
紅茶占いで「紅茶で人生は決まらない!」とか
いっててもなんも面白くないよ、ってことでしょ? 要するに。

67 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:20:28 ID:J2F0WQzt
>>60

>「科学的な裏付けがあるかのように見せかけているが、実はデタラメ」

これはまあエセ科学と言ってもいいだろうけどさ。

>「自分から効能を主張しないが、消費者が勝手に勘違いしてくれるよう、
 意図的に巧妙に詐欺まがいの宣伝をする」

これは別にエセ科学じゃないだろw


68 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:21:01 ID:oTNSteJE
>>62
だからその「エセ科学を使った説明」がどこかって聞いてるんだよ。
お前の言ってるのはずっと「そこから更に一歩」の部分じゃん。

69 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:22:07 ID:ow04b95p
>>66
あなたは占いで人生を左右されたことが無いからぼんやりと考えていられるんじゃない?
占い自体は問題ないよ。占いで本当に終わっていればね。
それで他人の人生に介入を始めたら、それを占いと主張するのは責任逃れしたい当人だけで、他人からは占い以外の実害ある何かです。


70 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:22:30 ID:rVMcE4ZJ
> 突っ込まれて占いに名目を変えるまで、真剣に自分のみならず他人の行動に影響を及ぼそうとしていたくせにw
ああ、こういうものだと勘違いしてるのか。
申し訳ないけど、血液型「占い」の方が、はるか昔からあったと思うけどな。
むしろ「性格診断」の方を知らないなあ。
最初にやったのは戦中の教練の効率化のための〜とかそういう話でなく、
うちら一般の会話の中に定着してる話題として、ね。
だから
> 真剣に自分のみならず他人の行動に影響を及ぼそうとしていたくせに
とかは、
 「アポロの月着陸、イギリスのテレビショーの指摘されるまで、世界中を騙そうとしていたくせに」
に近いものに見えてしまう

71 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:23:58 ID:rVMcE4ZJ
>>69
はぁ、じゃあ>>1の例は別にいいんじゃないの。
>>1の例では「性格診断」じゃなくて「占い」なんでしょ?

あなたのいうような、そんな恐ろしい物が実際にあるとして、
でも>>1のケースとは違うんだから、>>1に絡んでどうするの。

72 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:24:23 ID:oTNSteJE
>>70
血液型「占い」が先にあったという話は初耳だからソース希望

73 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:25:42 ID:rVMcE4ZJ
ていうか、占いで「他人の人生に介入」っていってもなあ。
武力介入してくるような例なの?
そうでないなら、真に受けて人生を捻じ曲げる?本人が悪いんじゃあ…

>>72
その下の数行を読んでないようだから再読希望

74 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:27:30 ID:ow04b95p
>>71
仕掛けた当人と仕掛けられた他人との認識が違うのですよ。

仕掛けた当人にとっては占いでも、仕掛けられた他人から見れば性格診断に見えることがあります。
その時に仕掛けた側が占いだからといって逃げることは許されるのでしょうか?
私は許したくはありませんね。
ですから、>>1がどう言ったという事よりも>>1に対してクレームをつけた人がいたという事の方が重大でしょう。
>>1は何を言い訳しているのか。


75 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:30:38 ID:8Sf5sWCt
>>1がやたら煽り口調だから、
売り言葉買い言葉でなんか荒んでるけど
スレの本旨は『頭使ってで判断しろ』て話でしょう?
インチキ商法かエセ科学か、占いか診断か、なんて
枝葉末節にこだわっても不毛なだけだと思うんだけど。

そんなん本旨からはずれる一本でない?

76 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:31:56 ID:ZuzRwsOO
>>65
真剣に他人に影響を及ぼすような話しなのか、
遊びで血液型占いの話しをしているのかも
空気も読めない馬鹿は困るってことでしょう?

77 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:33:57 ID:ow04b95p
>>76
聞き手に全責任をかぶせるのは楽でいいですね。そんな面倒な話を切り出す馬鹿のほうの始末はどうなるの?




78 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:37:02 ID:rVMcE4ZJ
聞き手じゃないのに、正義漢ぶって割り込んでくる空気よめない人の話かと思ってた。 

>>74
1は多分、そういう頭でっかちで潔癖症的な反応を逆にどうなのか、ってんだと思いますよ。

>>75の言うようなスレだとすれば、占いであれ性格診断であれ、
それで「人生に介入された!」とか思っちゃうほうが
(スレ的には)問題なんでないのと思います。
性格を診断されて(と、認識して)、「人生に介入」されてしまうのは
よっぽど気が弱いというか、被害妄想の気があるというか…

肩をポンと叩かれて「脱臼するー! 関節が砕けるー!」と叫び回るような人だなーと。
肩が砕けたと「認識した」w なら仕方ないですけど

79 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:38:30 ID:sKRAtf2O
>>67
だから、そこから更に進化させ巧妙にしたものだと言っている。
直接には説明はしないで「科学的に裏付けがあるかのような」イメージを見せつける事で、
消費者が勝手に勘違いしてくれるよう仕向けている。
 
風邪薬のCMなんかもそうだ。
聞き慣れない化学の成分の説明をしているが、大半の視聴者には意味が分からない。
そこに風邪が治ってサッパリした人の映像を被せる事で「この薬を飲めば風邪が治る」と視聴者が誤解するよう仕向けている。
 
実際には風邪薬には症状を抑える効能しかないし、成分の説明も症状を抑える話をしているのだが、その事は明言しない。
 
症状を抑える説明なのに、映像との合わせ技で風邪を治す効果があるかの様に見せかけている。

80 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:43:51 ID:H3GoKyOT
>>77
どうするって、そんな空気読めない馬鹿は放置に決まってるジャン。

81 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/26(木) 23:59:27 ID:J2F0WQzt
>>79
切り分けて考えろ、と言ってもわかんないんだろうなぁ。。。

ていうか単なる15秒のCMでエセ科学言われてもなw


82 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 00:04:18 ID:y2ql2+9F
>>81
根底は一緒だと言う事が、なぜ分からないかな。
だから、いつまで経ってもあの手のCMがなくならないんだろうな。
秒数は関係ないだろ。

83 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 00:31:50 ID:TozIb99u
>>82
CMで流れる商品は全部根底が一緒で、エセ科学なのかい?
何万種類もの化合物からスクリーニングされて、三段階のフェーズの臨床試験を経て
査読付き論文で好評された薬もCMに乗ったらエセ科学なのかい?

そりゃずいぶんと乱暴だね。

84 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 00:59:28 ID:y2ql2+9F
>>83
どこをどう読めば「CMは全部エセ科学」なんて読めるんだ?
乱暴なのは、お前の読み方だろ。
目についたフレーズに脊髄反射してレスするのは止めてくれ。
 
 
風邪薬に関して言えば、症状を抑える効果しかないのに、その事は敢えて明言せずに、
あたかも風邪を治す力があるかのようなイメージを前面に押し出して、
視聴者が勝手に勘違いしてくれるよう仕向けているならエセ科学だね。
 
現に、世の中には「風邪薬を飲めば風邪が治る」と勘違いしている人が沢山いる。
 
一般人には理解できないのを良い事に、症状を抑える成分の説明しかしていないのに、
風邪が治ってサッパリした人の映像を被せる事で、
風邪を治す成分が入っていると視聴者が誤解してくれるよう巧みに編集していれば、
エセ科学だね。


85 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 01:10:07 ID:TozIb99u
>>84
わかったわかったww
ダイエット薬も十六茶も風邪薬もお前にとってはインチキ臭くて大嫌いなのはよーくわかったよ。
俺も同意するところはあるよ。

でも一般的には
「消費者が勝手に勘違いしてくれるよう意図的に巧妙に詐欺まがいの宣伝をする」だけじゃ
「エセ科学」じゃないんだ。

「インチキ臭くて胡散臭くて誇大広告の商品」とでも書いとけばいいんじゃね?

86 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 01:25:46 ID:y2ql2+9F
>>85
分からん奴だな。
その宣伝の根拠として、ありもしない科学的な根拠があるかの様に見せかけているからエセ科学なんだ。
だから>>63>>64で否定した。
 
明確に説明しないで、イメージにより科学的な効能があると誤解させてるので、
「そんな効能一言も言ってませんが、何か?」で逃げる事ができる分、
あからさまなエセ科学より質が悪い。
だから、根底にエセ科学があると気付かれずに、巧みに詐欺まがいのCMが横行するようになってしまった。

87 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 01:33:33 ID:TozIb99u
>>86
分からん奴だな。

>明確に説明しないで、イメージにより科学的な効能があると誤解させてるので、
これも「エセ科学」じゃないし

>「そんな効能一言も言ってませんが、何か?」で逃げる事ができる分、あからさまなエセ科学より質が悪い。
「エセ科学」にあからさまもあからさまじゃないもないよ。

お前の思い込みはいいからちょっと勉強しなおしておいで?
科学哲学のやさしい本から読むといいよ。
寝るわ。



88 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 01:43:15 ID:/R+QenfQ
知識の量をいくら増やしても肝心の判断力はちっとも向上しない人種を
「学問をした馬鹿」と言う

このスレで雑談するのに科学哲学の本を読む必要性は感じないね


89 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 02:00:21 ID:F3Pq5/WD
CMでいえばいまだにマイナスイオンがまかり通っているのは
似非科学をネタにしていると言えるかな?
あと怪しいところでは遠赤外線。

90 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 02:10:12 ID:rnPaSj7V
エセ科学とイメージ付けは違うような気がする

91 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 09:33:58 ID:dg2mDz8u
>>43
まず、実際に効果が出るかどうかを盲検する。
(他の人にマイナスイオンドライヤーでマイナスイオン出してる状態と
出してない状態で髪を乾かして貰って比較する。違うドライヤーと比較してはいけない)
マイナスイオンドライアーと言いながら単に水蒸気を添加してるものもある。

>>66
血液型は、占いじゃなくて根拠があると信じてる人が沢山いるよ。
って言うか、血液型性格 「 診断 」 とか言う人はみんな根拠があると思ってる。

>>70
血液型「占い」だと思ってる人の方が確実に少数。
血液型の話をしてるスレに行ってみな。

>>83
流し方によるだろ。
効果があるのは確かでも、ウソの(科学的に見える)説明をしたらそりゃエセ科学だ。

92 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 10:05:30 ID:RFsLujLg
あんまり科学とかよくわからないんだけど、
マイナスイオンは怪しいと思ってる。
ふつうはマイナスとプラスがくっついた状態で
大気中に存在するんじゃないの?
それをマイナスイオンだけに分離しても安定したいから
すぐにプラスとくっついてしまうよね。

あと気になっているのが心霊現象をテーマにしたテレビ番組。
赤外線カメラになにか得体のしれないものが
映るっていうのを以前見た。
やっぱりヤラセなのかな?

93 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 10:11:38 ID:dg2mDz8u
>>92
マイナスイオンは言葉が良くないよね。
イオンじゃなくて帯電微粒子ならエセ科学じゃなかったのに。

赤外線カメラに限らず、カメラ側から強いライトを当ててる時に
ホコリがカメラの前を横切ると、白い斑点が見える。

夜や室内の写真に写ってる白い輝点はほとんどがこれ。


94 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 10:17:04 ID:RFsLujLg
>>93
あー。高校の化学で習った覚えがある。
チンダル現象と考えていいのかな。

95 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 10:57:19 ID:vyn7WmtG
>>91
>血液型の話をしてるスレにいってみな
そりゃあそういうスレにいけば…w
…さておき昨夜の話の核はそこじゃないんよ
占いくらい(診断であっても)自覚的に楽しむなら良くない?
という>>1の文に対して、血液型の性格診断を以って凶悪にも
人生に介入(!)してくる、恐ろしいなんらかの外力がある、
…と反論があって、その真偽が大切でしたけど具体的な話はでず。
続いて、なによりこのスレは、受け取り手の判断力の話なので、
占いでも診断でも関係ないんじゃという話に。

>>1が起点だったので合わせて使い分けてたけど
本質的には占いか性格診断かなんて、国語の問題どーでも良くて、
対する受け取り手が(このスレの)問題なんじゃ、という。
『あるある大事典』でも『あるある学術研究成果報告』でも、
名前がなんであれ『いや納豆ダイエットは飛躍がすぎるだろ』と
つっこめるべきなんですよ。
占いでも性格診断でも同じ。
『「占い」なら信用しないけど、「性格診断」だというから人生曲げたよ!
 「占い」なら会社辞めなかったのに!
 僕の破滅は性格診断という名前のせい!』
とか滑稽でしょう。


96 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 11:18:55 ID:dg2mDz8u
>>95
>なによりこのスレは、受け取り手の判断力の話なので、
>占いでも診断でも関係ないんじゃという話に。

じゃあ、最初からそういう論旨で書けばいいだろ。
占いか診断かは重要ではない、と。

97 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 11:19:59 ID:dg2mDz8u
>>95
と思ったが、占いを批判する側が>占いでも診断でも関係ないんじゃ
と言ってるという話か。

それだと話が変わってくるのでちょっと待て。

98 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 11:31:06 ID:dg2mDz8u
>>95
血液型占いを「占い」だと思って喋っているか、そうでないかは聞いていれば予想が付くだろ。
A型だから、B型だからこういう性格だ、とか、だから〜型は、とか
B型の子供を集めるとこういう風にふるまうんだよ、とか言ってれば
根拠があると思ってると判断出来るだろ。

>>1の事例ではその辺の判断基準が示されていないが、
血液型占いを占いとして楽しんでいる人などほとんど見ない
(ほとんどが根拠あると信じているか、信じないかのどちらか)
であると言う事実から、実は信じている人たちであると判断しても無理はない。

もっとも、>>1の例えでは、ごく少数の特別な例外ではあるが、「占いだと考えている人」
を挙げているから例えそのものに噛みつくのは国語的に問題があるが。

99 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 11:43:43 ID:02gMvWoo
まぁ上層部が血液型による判断で人材をふりわけるような会社なら辞めて正解かもなぁと思ったり。
そういうことが知らされていないと不幸だけど。

上層部が「波動」とかにハマッていて商品開発に応用しろ、とか押し付けてくるなんてのも嫌だよね。

100 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 11:59:28 ID:vyn7WmtG
>血液型占いを占いとして楽しんでいる人などほとんど見ない
>(ほとんどが根拠あると信じているか、信じないかのどちらか)である事実

えええぇ…そうかなあ
「事実」とまるっきり断言してるけど本当?
朝のワイドショーで流れる血液型占いとか
少女漫画誌や女性誌に、星座占いと並んでよくある血液型占い、
みんな占いとして楽しむに留めてると思うけどねえ

あれを科学的に信じて語ってる人をみたことないや

101 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 12:06:13 ID:vyn7WmtG
>>98
というか、「根拠があると判断できる」から何なんです?

ねずみ講のマニュアル勧誘を受けて
「儲かる構造があると判断できるだろ」
と言われてる気分です。

それを聞いて「でもおかしいわなあ」と判断する事が大切なんであって
そして判断した上で占いとして楽しむなら好きにすれば良い
体に害大きいと知りつつタバコ吸う人や
儲かる分がまずないと知りつつ宝くじ買う人や
どうぶつ占いとか意味不明と知りつつ会話の潤滑油として楽しむ人と
同じだと思いますよ。


いいや違う、庶民の話はしてない、企業を左右するような例だ!というなら
それは>>99の言うように…

102 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 12:10:00 ID:vyn7WmtG
あ、ごめん失礼しました
「根拠があると思ってると判断できる」のは
送信側でなく受信側か…
真に受けてる人が多いよ、という論拠ね


…だったらそれはスレタイでいうところの「馬鹿」であって
批判すべきものだけど
そんな人が多いとは感じないけどなあ…
軽いネタとしての「私A型だから〜」とか「うちの子O型性格でさあw」
なんて話題を本気で受け止めすぎなんじゃ?とさえ思ってしまう


103 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 12:18:08 ID:dg2mDz8u
>>100
>あれを科学的に信じて語ってる人をみたことないや

普通にいるけどな。
俺は仕事関係で見たことはないが、趣味の集まりであれば信じている人間はいくらでもいた。

>>102
軽いネタとして捉えてるかどうか、軽く突っ込んでみれば判るよ。
「まあ、所詮占いだけど」って一言いってみたら?
本気にしてる人は結構いて、テレビでやったインチキな実験結果とか信じてるから。

104 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 12:25:11 ID:YfwDGMpr
○阪府の馬鹿女
わた○べのぞみ 27歳
・隠し事いっぱい
・開き直り日常茶飯事
・現実逃避最優先
・精神崩壊寸前
・犯罪者一歩手前

105 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 13:44:02 ID:OxiqTDoB
自分で学習しない馬鹿とそれを利用するマスコミが多いのは間違いない

106 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 13:58:57 ID:PpDkOxav
>>93
>マイナスイオンは言葉が良くないよね。
>イオンじゃなくて帯電微粒子ならエセ科学じゃなかったのに。

「マイナスイオン」の定義自体が今のところ各社勝手でしょ。
しかもその効果も実際は怪しいものだし……
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3
http://esp2003.hp.infoseek.co.jp/

マイナスイオンみたいなエセ科学に
トヨタも松下(パナソニック)も乗っかっちゃてる日本って……

107 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:04:59 ID:NIWqQHWy
疑似科学といえば、「常温核融合」を日本人が立てつづけてに実験で実証したらしい事に驚いた。
あれこそ疑似科学とされていたのに…
とうとう、クリーンで安全でお手軽なエネルギーが実現してしまうのか。
まるでSFだよ。

108 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:07:05 ID:zexvpEqS
>>106
怪しいと言っても自分で検証せずに批判では同じ穴の狢じゃないかい?

109 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:13:03 ID:zexvpEqS
>>107
常温核融合を疑似科学だと言って批判は聞いた事がなかったんだが。
あと、クリーンで安全とは何をもってそう言えるんだ?

110 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:18:51 ID:o+MCtJxR
「信じるものは救われる」
「ビリーバーには関わるな」
「でも何かを信じたい気持ちのみ尊重してやれ」
「好きでやってんだ、ほっといてくれ」

おおよそこんな感じで世の中はインチキに鈍感になっていく。


111 :107:2008/06/27(金) 14:31:27 ID:NIWqQHWy
>109
常温核融合は、ずっと「疑似科学」だと思われていたよ。
つい先日、複数の日本人がどうやら常温核融合を実証したらしい(これから世界中で
追試して、本当に常温核融合なのかたしかめる)ので、世界中が驚いた。
核分裂と違って、核融合はクリーンで安全お手軽。綺麗なエネルギー。
現に、今回の常温核融合も簡易炉で行われている。
疑似科学や常温核融合について、ちょっとは調べてみることをおすすめします。

112 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:41:10 ID:dg2mDz8u
>>106
確かに「マイナスイオンと名付けられたもの」の効果は激しく怪しいものが多いな。


殺菌とかは、実はそれオゾンだろ!っていう感じだし。
まあ、瞬間的にしか存在出来なくても殺菌効果自体は確かにあるのだろうが。

113 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 14:59:05 ID:zexvpEqS
>>111
いや、大学時代の教授が荒田先生の研究室出身だった事もあり、あまり悪くは言いたか無いが
期待はして無い。

>核融合はクリーンで安全お手軽。綺麗なエネルギー

だから何を持って?

114 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/27(金) 15:18:25 ID:58DJUm94
合コンなんかで、

「私はO型の人とは合わない〜」
なんて本気言うのは信じる馬鹿。
で、話しを適当に合わせればいいものを

「血液型占いは出鱈目だ!」
なんてマジで語り出すやつも
空気読めない馬鹿

115 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/28(土) 15:10:21 ID:x19dW8yu
阪大の荒田先生と、北大の水野さんでしょ
> (これから世界中で追試して、本当に常温核融合なのかたしかめる)
じゃあまだ確定じゃないじゃない。

荒田先生の方は全く続報が聞こえてこないし、
水野さんもまだ追試の成果が見えてこない。(水野さん自身が30数回の実験で再現性を確認してるとはいえ)

別に嘘だとも言わないが…
そもそも常温核融合は、
フライシュマンが吹いた後、世界中で自称追試があって、自称成功も自称再現性もでまくって
これは実現か凄い凄いとなったと思ったら、実は勘違いとガセとデマでした、
という騒動を起したものなわけで、
繰り返し言うけど「嘘だとは思わない」けど、現時点で騒ぐのもどうかと思います。

「らしい」「らしい」ばかりの文章で騒いでもしかたないでしょう。
ただ個人的には、荒田・水野の例を除いても、疑似科学といっていいかちょっと微妙だとは思う

116 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 11:24:56 ID:pJN8fJQf
血液型といえば、
「ねぇねぇ何型?」
「あ〜、B型だよ。」
「やっぱり! だって、○○なところなんてモロB型だよね!」
「はは! 本当はA型!」
「……」
という会話があったなあ。

117 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 11:43:27 ID:rbxkV3Xx
>>116
いいなそれ。血液型信者は馬鹿。

118 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 13:44:51 ID:Mx9rERLH
でもなんつうか、あまりに責める人は
 「おお、茶柱が立った! 今日はいいことあるな!」
 『茶柱が立ってなんの意味があるの? それがどうやって人間に干渉するの?
  本当にその日好事が起きるの? 統計はとったの? 裏づけはあるの?
  茶柱が人間の幸不幸をどう判定するの? 馬鹿なの? 非科学的!』
 「…いや、べつにそんな…(´;ω;`)」
みたいな感じがある。
そういうもんじゃねえべ的な

119 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 13:56:35 ID:9hARdH2F
>>112
その昔、ナショナルからイオンスチーマーというドライヤーが出てた。
ブラシのてっぺんがスチームアイロンの原理で、水を溜めるタンクがついてて
そこから出るイオンの蒸気で髪がまとまるというもの。確かオゾン云々の効能もあった。

120 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 14:14:49 ID:lMDQ9BbY
>>107

似非科学なんて一度も云われたことがないんだが?
実用化が非常に難しいと言われただけで。
いまの騒動も実用化からは程遠い。

なにがSFの世界だかw

121 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 14:45:22 ID:fsw+w5iW
>>118
茶柱の科学的正当性を主張してる奴なんて皆無だろw
エセ科学は何の根拠もないのに科学的に正しいような装いをしているから問題なんだよ

122 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/29(日) 15:05:35 ID:5MNpWovR
地球の磁気変動の影響を受けてお茶の水分子が配列が茶柱を立たせている可能性は否定できない。
地球の磁気変動は人体にも多大な影響を及ぼすことはよく言われてるし、
茶柱を立たせるような地球の磁気変動は、人体に何がしかの影響を及ぼす可能性がある。
よって、茶柱が立つような磁気のもとでは人体にいい影響があっても何の不思議もない。


みたいな。

123 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/30(月) 12:55:51 ID:zC7LlGOq
なんだか難しそうなスレ

124 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/30(月) 23:01:51 ID:zC7LlGOq
思うにね、専門知識は要らないと思うんだ。たぶん。
エセ科学への対策としては、もっと基本的な事項で対処できると思うんだ。

というか水のおくりもの?だっけ?
水にありがとうというと綺麗な結晶ができるとかいう電波エセ科学。
あれは義務教育の現場で爆発的に広がったそうだけど、
小中の先生は、最低限大学を出ているわけだから、
中高の理科知識はもってるはずなんだ。
たとえ最終的に文系学部出身だといってもだよ。

子供を育てる保護者側だって、大卒は珍しくない世代だし、
大卒でなくたって、中学で理科はやってるはずなんだ。
生活の中で常識も得てるはずだしね。


戦中の水・石油詐欺じゃないけれど、
はっきりと理系知識を持っていて、
ちゃんとエセ科学を否定できるだけの頭があるはずなのに、
なぜかコロコロとみんな引っかかってしまう、
そこが問題だと思うんだよね。
盲検だなんだと知識の啓蒙も大切だけどさ。


それが何なのかがわからない。
なんだろう。


125 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/30(月) 23:24:54 ID:eCj32aHQ
水が言葉を理解するなんてオカルトを本気で信じる奴がいる事自体がオカルトだ。
クラスター水とかアルカリ還元水とか、水関連のエセ科学商品は多いね。
 
エセ科学とはちょいと違うけど「風邪は汗をかくと治る」と思い込んでる人も未だに沢山いるのを何とかしたい。
本人の中では「汗と一緒に体内の熱を放出する」とか「労廃物を排泄する」とか、
科学的っぽい自己説明がなされているようだけど。
 
「汗をかいて風邪が治る事は無いよ」と説明したら、
何言ってんの?て感じでキョトンとした顔されたり、
「うちでは何年もそうやって治してんだ!」とマジ切れされたりした事が何度かある。

126 :おさかなくわえた名無しさん:2008/06/30(月) 23:49:39 ID:R9jIwija
>>124
知識じゃなくて考え方だよ。
小学校教員は、大概の人が文系学部の出身だから考え方がおかしいの。

>>125
ああ、あれは「風邪が治る時期になると汗をかく」のが実態なのに、
なぜか因果関係が逆転して認識されてるよな。
漢方ではその辺がきちんと記述されてたりするが。

127 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 00:23:20 ID:m36OJ4n+
>>124
なんででしょうね。
こういう似非科学を信じるのと、
陰謀論を信じるのとにている感じがします。

128 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 04:06:44 ID:OIQIdYWL
>>124
そういう判断が出来るのは、全体からみて1〜2割くらいのひとだろう。
のこりの8〜9割の声の方が多くて(おおくの場合)大きいから
誤解が広がるんじゃないの?

いま大学進学率って7割をこえてるから、
大学出だから判断力があるはずという考えかたは、なり立たないと思うけど。
特に小中学校の先生がたは、知能程度は低いヒトもおおいよ。

129 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 04:14:11 ID:OIQIdYWL
「マイナスイオン」系の話はアヤシイと思ってるけど
知らないうちに嫁が買った松下のドライヤーにその機能が付いている。
最初は全く信用してなかったが、
実際使って髪を乾かしてもあんまりカラカラにはならずに
若干しっとりした感じになるのに気が付いた。

出ているのが「マイナスイオン」じゃないにしても、
なんらかの効果はあるらしい。

130 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 06:30:23 ID:el/+oswt
結論だけ言って、相手が怒ったり戸惑ったりするのを哂って見てるだけでは意味が無い。

何故違うのか、本当はどうなのか。
をちゃんと説明すれば、たいていの人は理解する。

131 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 09:40:50 ID:+eAjJBlY
>>129
「マイナスイオン」という言葉がアヤシイのであって、一流家電メーカーの作ってる
マイナスイオン関連商品の性能自体は大抵マトモだと思うよ。
殺菌とか消臭は実際にはオゾンか硝酸イオンでやってるだろうし。

132 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 09:54:47 ID:1xTvCfEE
>>125
「CO2が増えると地球が温暖化する」
みたいなもんだな。

133 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 12:17:30 ID:A1HyEBr/
>>128
否定はしないけど、既にその現状が問題ありだよね。
大学までの理科教育うけておいて、判る人が1〜2割って…orz

>>130
だね。そこがしっかり示せるようにならないと

134 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 13:44:09 ID:3UQ5VJAG
>>124
水に対して人間が「ありがとう」などの言葉を発すると
水に何らかの影響が起こるというのは、
俺も単純には信じちゃいないが、
水が言葉を理解しているわけではなく人間の意識が水に影響を与える、
と考えればもしかしたらあり得るかもと思っている。

量子力学におけるコペンハーゲン解釈では、
シュレディンガーの猫のように、
人間(動物)の意識が対象に影響を与える、
というのがあるが、その説を現代科学では否定できない以上、
水が変化する可能性はあるかもしれないと思い、
俺はどちらとも言えないという傍観者に徹してるんだが。

135 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 13:49:14 ID:+eAjJBlY
>>134
量子力学では人間の意識が対象に影響を与えるなんて言ってないぞ。
「観測」するという行為が、対象に影響与えてしまう場合があると言っているだけだ。

勝手なトンデモ解釈をしないように!!

136 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 15:26:11 ID:A1HyEBr/
>>134
まあ仮にその量子論の解釈が正しいとして、
 > 「もしかしたらあり得るかもと」判断を保留するのは
ある意味では科学的といえば科学的


でもだからこそ、それを、ありうる、どころかある!と断言して
小中学校で広めちゃいかんよな

137 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 15:27:39 ID:3UQ5VJAG
あらら。不勉強ですいません。
じゃあ、
水などの物質を観測することで出来する影響力という
現代人の常識とはかけはなれたモノとはいえ、
いまだに現代科学では否定しきれないうえ、
科学者達の間で大きな論争を生んでいる以上、
素人的には一見すると非科学的な影響力といえども、
科学的・論理的に完全には否定できないモノ、もしくはそれに準ずるモノを、
素人的に今すぐ否定するには時期尚早ではないか、
ということで。

138 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 15:35:16 ID:4lxbqM9A
「時期尚早」と言いきるためには、「証明をつけて、理論的に説明する努力を行っている」という
作業が必要だと思うのです。それが科学的態度だと思う。

現実は、「(どういうことかわからんが)証明した!」とだけ主張して、「証明したんだから、
後の研究はやらなくてもいい。普及しちゃいましょう」と目先の活動に走ってる人がいて、
「証明されたんなら真実なのか」というレベルで信じてる人がいるだけですよね。

科学的態度も何もあったものではないと思うのです。

「時期尚早」は口実にならない。

139 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 16:16:03 ID:oSF9n1A5
>>134は二重にまちがってるぞ。
(1) 観測するという行為と意識を混同している。
(2) シュレジンガーの猫のキモは、「素粒子レベルのミクロの世界と原子レベル以上の
マクロの世界とを不用意に同列に語ってはいけない」ということだ。

140 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 16:30:58 ID:3UQ5VJAG
>>138
なるほど。
そういった科学的態度がないと時期を憂える資格はそもそも無いと。

科学的証明が成されようとしている進行状況が現在にあるかないかに関わらず、
一見すると非科学的な事象も時として一転して科学的になりうるということが
現在に至るまでの歴史が物語っています。
そこで、恥をかかないために(笑)一歩身を引いて
証明されるまで傍観者に徹している方が楽であるというのが持論です。
その方が、>>136氏の言葉を借りれば「科学的」な態度であり、
スレタイ通りの人間よりも被害が少ないのではないか、と。
消極的な弥縫策でしかありませんが。
もちろん、血液型が性格を決定づけるか否かについても傍観者です。

141 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 16:39:11 ID:A1HyEBr/
>>137
考え方はわからなくもないけど、水の贈り物はそれ以前だと思う。
貴方の言ってることは、
まず、「水の贈り物」の実験結果が事実である、という前提がないと成り立たない。


科学というのは、そこまでに積み上げてきた理論と事実があって、
科学的なリクツっていうのは、それによって検証できることが最低限の条件で。

時期尚早も何も、現時点では「水の贈り物」は完全否定で構わないと思う。
ありとあらゆる理論、データに合わない、それだけならともかく、
それ以前に、水の贈り物は検証が出来ない。これは科学のリクツだというには致命的すぎる。

時期尚早だというなら、誰がやっても、どこでやっても、
同一の条件下(ありがとう、と水に語りかける)で、
同一の結果(綺麗な(ってなんだ)結晶ができる)がでて、
検証の俎上にあげられないといけない。
もしも俎上に上がったなら、世界中の科学者が検証に乗り出すだろうし、
そこでもし万が一、「科学者達の間で大きな論争を生ん」だのなら、

これは確かに、「今すぐ否定するには時期尚早」かもしれない。

だけどそれが出来ないんだよ。
まず「水の贈り物」は、実験自体がほぼデタラメに近いんだもの。
正確な検証に耐えるだけの実験をしていない。
そして、恐らく、そんな実験をしたら、あの結果は出ない。

142 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:03:16 ID:A1HyEBr/
>>140
そういう考え方は、ちょっと諸刃の剣です。
なにより、そういう理屈を、エセ科学業者が好んで使うのがその証。
(いえ、あなたがそうだというのではなくて)

>>136である意味で科学的な態度、といったのは、
未確定なことを、未確定であると保留できる態度のことです。
本当にそういう、専門家でさえ議論が分かれる事について、
安易な肯定も否定もできないな、とできる勇気は、ある意味で1番、科学に誠実な態度だと思います。
ただ、水の贈り物はそれ以前の問題なんですよ。

確かに、科学は二転三転してきました。
天動説・地動説なんて大仰なものを出すまでもなく、
ある発見の結果、既成概念が覆ることはあります。
ただ、それも、科学的な思考の末です。科学の積み重ねの結果です。
唐突に、非科学的な幻想が現実になるわけじゃない。
 > 一見すると非科学的な事象も時として一転して科学的になりうるということが
ここで"一転"する「非科学的な事象」は、
当時の科学で検証はできるけれど、当時の理屈に沿わない、もしくは解釈できないものです。
荒唐無稽で、科学の枠に収まらないものは、やっぱり科学の枠には収まりません。


今までの蓄積で、ある程度てらされてたり、道の検討が付いてたりするところを、
一寸先は闇かもしれませんが、手探りで道を見つけて進んでいくんですよ。
その結果、いままでと逆方向に進むかもしれなくても、
でも、道も何も無いところにワープすることはないんです。

唐突にどこかから来て、「違う違う、右に曲がるんだよ」と語りかける詐欺師に対しては
じゃあお前道を見つけて来いよ。どこにあるんだ道を見せてみろ。と言い返すべきであって、
「そうか、じゃあ右に行こうか」と鵜呑みに右に曲がっても仕方ないし、
「確かに先が見えないから、右かもしれない。左かも。直進かも…うーん」と座り込んでも仕方ないんです。

143 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:26:40 ID:+eAjJBlY
>>137
そもそも、言葉でも人間の意識でも水に影響を与えるという結果自体が観測されてないんだから
否定するまでもなく、最初から存在していない現象だよ?

>>140
>一見すると非科学的な事象も時として一転して科学的になりうるということが
>現在に至るまでの歴史が物語っています。

一度たりともその様な事象が見いだされたことはないと思うが?
観察結果がその当時の科学と合致しないことはあったかも知れないが、
水に言葉を掛ける話のような「方法が間違っている観察結果」が
科学的になったことなどないと思うけどな。

144 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:31:39 ID:etonuzKh
「ギリギリ科学少女ふぉるしぃ」という歌の中で、

お気に入りのキャラのカップで
水を飲んだら美味しかったので
水にも萌えがわかります

というのがあったのを思い出したw

145 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:46:03 ID:fLskv9lt
鵜呑みにするよりはマシ、な程度には科学的だけど、
本来の科学的思考ではない。
懐疑が行き過ぎて哲学に突入するパターンだw

>>140は、だったら何を信じるね?
水のおくりものレベルでよけりゃ、世界の全てに"専門家の議論"があるぜ。
相対性理論だって、なんだって、ウソだという人がいる。
全部、一歩身を引いていったら、確かなものがなくなるよ?
コギト・エルゴ・スムに行き着く気なの?
哲学屋さんによれば懐疑してる自分の思考だけが確からしいんだと。

146 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:58:09 ID:3UQ5VJAG
>>141-142
>「水の贈り物」の実験結果が事実である、という前提がないと成り立たない
>「水の贈り物」は実験自体が、ほぼデタラメに近い

あぁ、そうなんですか。
自分は又聞きの形で「水の贈り物(水からの伝言)」を知ったに過ぎないんですが、
経験則上、ある程度の科学的な実験段階を踏まえてのものだと思ってました。
ちょっと調べてみました。
どうやらこの結晶像は、チンダル像による負結晶過程をシャッターチャンスによる妙技に殊更依存したものだと。
結晶を確認する際も顕微鏡の反射光が与える影響を考慮していないものであり、
そもそも実験段階においても不備があまりにも多く科学的証明にはほど遠いと。
なるほど、上記から察するに、
貴方の言うように現時点では検証に耐えうることができない代物であり、
自分は取るに足らないものを擁護していた可能性もありますね。慚愧に耐えません。


147 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:58:36 ID:xpc67jhm


>>5喧嘩を売るわけではないですが、あなたはそういう考えしかできないから、
本質が見抜けないから、誰かが物事を斜めに見た意見を書くと(それは斜めでもなんでもないただの事実)
それは中二病であるとしか判別できないんですよ。

そして口には出さないけどそんな人は周りから馬鹿にされているわけです。
そしてそれを知ったあなたは逆上します。
悲しくありませんか?

148 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 17:59:10 ID:3UQ5VJAG
>>141-142
しかし、その一方で、物には人間の意識が少なからず影響するのではないか?
と恥ずかしながら、いまだに思っている節があります。
心を込めて打った刀はよく斬れる、
人を斬った刀には怨念がこもる、
などと言われてきましたが、
一見するとプラシーボ的な見解で一笑に付されてしまうような事象とはいえ、
感覚的にそんな感じがしてしまうんですよね。
傍観者に徹すると言った割には理性的ではない態度ですが(笑)
そういった考えも幾分か助けて
無意識的に「水からの伝言」を擁護してしまったのかもしれませんね。
精進します。

149 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 18:00:42 ID:+eAjJBlY
>>140
血液型が性格を決定づけるか?に関しては否定的でも良いよ。
性格と血液型との関連が統計的に見いだされないから。

この一点で、血液型は性格を決定づけないことは明らかだ。
いくら科学が進歩してもこの観察事実は覆らない。

血液型と性格との関連が否定出来るかどうかは別問題だがね。

現在の性格分類では検出出来ないほどにマイナーな性向と
血液型が関連してるかも知れないが、「性格を決定づけていない」
事は間違いない。

あと、この水の話も、そもそも客観的観察事実が存在しないから、
どれ程科学が進んでもこの現象そのものが科学的に証明されることはない。

150 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 18:06:38 ID:+eAjJBlY
>>146
つか、良い言葉を掛けた方の氷の結晶が綺麗に出来たら撮影し、
汚い言葉を掛けた方の氷の結晶が汚くできたら撮影してるだけだよ。
自分が撮りたい結晶が出来るまで待ってるだけ。

>>148
心を込めて鍛った刀だからって良く切れはしないよ。

日本刀を作る技法は極めて高度で、計測機器がない時代に火花の飛び方で
炭素含有量と炭素結晶の大きさを見切り、色で温度を見切るために、
すごく神経を使うから、そういう神経を使わない人の鍛えた刀より良く切れるだけだ。

151 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 18:25:21 ID:4lxbqM9A
>>146
>自分は又聞きの形で「水の贈り物(水からの伝言)」を知ったに過ぎないんですが、
>経験則上、ある程度の科学的な実験段階を踏まえてのものだと思ってました。

普通の人はこう思っちゃいますよね。
「これだけ報道されるからには、何らかの精密な科学的検証がなされたのだろう」と思っちゃう。

実際は、センセーショナルだ、おもしろいからというだけでとりあげられて、科学的検証も
何も行われていないものがあります。
私見ですが、人がこうした反応をしてしまうのは、多分に、エセ科学が「人が夢見ているファンタジーを
支持してくれる」場合が多いからではないかと思います。
例えば「水の贈り物」は、「水が意思を持っている」「人が労力を使わなくても、言葉だけでどんどん
結果を出してくれる」というところで、人があてにしたくなるファンタジーがあります。

個人的に、こういうファンタジーの領域に入りかけている科学的成果は、まず眉に唾をつけることにしています。
科学的研究は確かに恩恵をもたらしてくれますが、多くの恩恵は地味なものだと思うのです。

152 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 18:44:14 ID:3UQ5VJAG
>>145
確かに全てにおいて一歩引いた形の懐疑性はえてして危険性すら孕んでいますね。
自分の懐疑性はあくまでも、
自分が感覚的に疑問に思うことや、
自分の経験則や今までの学問的知識からのものです。
結局自分の価値観によって判断するしかないのですが。

>>149
血液型が性格を決定づけるのは馬鹿馬鹿しいですね。
しかし、「血液型で性格が決定づけられるという社会的見解」が、
時として人に影響を与える場合もある、とは考えています。
A型は几帳面。B型は協調性がない。
そう言われ続けると勘違いしてしまう人が中にはでてきてしまうのではないか、と。
人間は周囲の要請に無意識的に応えようとしてしまうことがあり(ピグマリオン効果)、
根拠の無い戯言の謂わば被害者が出てきてしまう可能性があるのではないでしょうか。
そういった意味での血液型は、
良くも悪くも副次的なモノとして働く、性格を形作る一つの環境になってしまう場合もあるかと。
まあ性格という抽象的なモノの統計をとること自体が不可能ですから、
今後も血液型と性格との関連性は憶測・似非科学の域を出ないとは思いますが。


153 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 19:01:10 ID:3UQ5VJAG
>>151
なるほど。人は、
「その方が楽しいから」「その方が都合がいいから」という、
自分たちに都合の良い方向に対して無意識にも支持してしまうのかもしれませんね。
都合が良すぎるモノは疑ってかかるという態度が、
良くも悪くも最も理性的であり、
ひいては合理的で最良の態度かもしれませんね。


154 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 23:02:48 ID:lCGa41nZ
レス伸びてると思ったら議論があったのね。
しかしこれもエセ科学蔓延の一因だろうなと思ったり。

ID:3UQ5VJAGとかに顕著だけれど、うちらはどうにも
もってまわった言い回しで、比較的定義のしっかりした…つまりは
知らない人からは専門用語と見られうる言葉ばかりを選び、
結果として無駄に難解かのようなやりとりをする。


エセ科学側はシンプルよー。
科学的な意味はないけどそれっぽく目をひくグラフと、
本当かもわからない医学博士の写真を見せて、
 『見て、一目瞭然!
  なんたらストーンを持つと代謝が上がって健康にいい!』
と断言して終わり。

はて対する理系側は、難解風な長話をし揚句結論も
 『良くないとは言い切れないが少なくとも広告の言い分は支離滅裂で
  この統計も無意味。必ずしもよい影響がないとは言わないが
  一般的に見て無機鉱物が人体に有意な影響を与えるかといえば…』
と歯切れが悪い。

そりゃ奥様方は、エセに転ぶよなと。

↓↓

155 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 23:04:54 ID:lCGa41nZ
判るよ、このノリはいわば内輪議論だからであって、
いわゆる一般の人と話すなら別の語り口を使うのは判るよ。
また、どちらが科学的に正しい思索かといえば
歯切れの悪い後者なのも判るよ。

ただ、一般の人は前者を選んじゃうよなあと。


元々、科学への間違った信仰というか、
『科学はシンプルに白黒つけて、唯一絶対の答えをだしてくれるもの』
みたいな認識自体が間違ってて、
本来科学的ならば歯切れが悪いのが当然ではあるんだよねえ
ハリウッド映画なんかじゃ天才科学者様が、
超人的な閃きとカガクノチカラでスパッと答えを出すからかなあ…
ここらの幻想がどうにかならないかなあ…

勿論平易に語るようにするのも大切だけど。
連投してる自分のようなのが特に。


…もっとも、すこし考えたらエセ科学撃退はなんら難しくないのにね。
対照実験の確認さえ難解だからと敬遠される現状がなあ

156 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 23:26:21 ID:PvNL4UhU
科学を信仰の対象にしてるひとがいることに気がついて
こいつらはすごく騙しやすいと見切ったやつがいるんだよな

157 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/01(火) 23:29:55 ID:8dz9pRXO
様々な検証の上で科学的に証明されたことが、
教科書の中ではほんの数行で終わってしまう。
そこに似非科学がつけいる隙があるんだと思う。

158 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 00:00:30 ID:mySJgHro
ありがとうと感謝の意識が水に影響を与える事は出来ないが、
ありがとうと感謝の意識を与えた水を飲んだ自分の身体に影響を与えることは出来る。
信じてさえいれば。

159 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 00:07:50 ID:tTR6/i3J
>>158
ありがとうと感謝の意識が水に影響を与える事は出来ないが、
ありがとうと感謝の意識を与えたと思いこんだ水を飲んだ自分の身体に影響を与えることは出来る。
これをプラシーボ効果という。











プラシーボ効果も色々議論があることは知ってます。一応

160 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 10:06:13 ID:dH/by1Mq
>>157
それはあるよね。
で、教師も文系だからどうやって証明したかを説明出来ないばかりか、知ろうとさえしない。
というか、科学的な方法で証明するという事それ自体を知らない様にさえ見える。

小学校の理科は理学修士、数学は工学か物理出身の教師を入れるべきだな。

>>158
>>159
そういう効果はあるだろ。
それこそが「呪いが効く」理由なんだから。

呪いは、呪う側が主体ではなく、「呪われたと思った側」が主体となって効果を発揮するものだ。

161 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 10:26:14 ID:CTDvXlTX
>>154-155
の言ってる事はわかりやすいね。

>>160
今の小学校がどうかは知らないんだけど我々の頃って同じ教師が国語算数理科社会音楽体育美術
と全部教えていたよね、しかも小学校1年生から6年生まで。
理学修士出の奴があいうえおとか1-1=なんてのを教えると思うと無駄だなぁ。
そこの制度から変えないとね。

162 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 10:34:48 ID:dH/by1Mq
>>161
うん、そういうこと。小学校に教科担任制を導入すべきだと思う。

でも、物理出身の奴が九九とかを教えるのはそれほど無駄だとは思わない。

163 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/02(水) 10:42:47 ID:CTDvXlTX
高学年から教科担任制にするのが一番良いかな?
小学校低学年くらいまでは同じ教師が一日中全部の児童を見るメリットってのもあると思うんで。

164 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/04(金) 10:56:23 ID:PJVFuFJS
>>155
対照実験なんて、小学生でも理解出来る概念なのになあ。

正しく対照実験を組むのは小学生には難しいかも知れないが。

165 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/04(金) 15:41:38 ID:PNb5Kmm8
対照実験、という言葉を生れて始めて聞いた

166 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/04(金) 15:42:09 ID:PNb5Kmm8
× 始めて
○ 初めて

167 :おさかなくわえた名無しさん:2008/07/04(金) 17:25:00 ID:DnNutsyI
用語は知らなくても、「調べたい対象を2つに分けて、やり方を変えてみる。そして結果を比較する」と
いうことを経験的にやってる人は多いと思う。
例えば、食べ物を冷蔵庫に入れた場合と入れなかった場合とで腐り方を比較してみるなど。

これを、実験条件を厳密にしたり、結果を統計で客観的に評価できるように数量化したりして
洗練させたのが、科学研究の対照実験と思っている。

エセ科学の問題は、実験結果と称するものが、最初の「経験的なやり方のレベルでの比較」に
とどまっていることが多いこと。
科学的事実として主張したいなら、対照実験の手法を尊重して批判に耐えられるようにすべき。

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)