5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

科学を否定する宗教はうざい Part002

1 :神も仏も名無しさん:2008/02/19(火) 18:04:48 ID:aJKp4hbx

前スレ


科学を否定する宗教はうざい Part001
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1184065386/

2 :神も仏も名無しさん:2008/02/19(火) 18:19:58 ID:vgThhohu
空飛ぶスパゲッティ・モンスター教は科学と共存します。

3 :神も仏も名無しさん:2008/02/19(火) 22:12:52 ID:j+igrdw3
ラーメン。

4 :神も仏も名無しさん:2008/02/20(水) 11:32:05 ID:0PcUjNcL
このスレはPart100まで行けるのかな。
この板で三桁台に行ってるのは
キリスト教質問箱と談話室くらいなものだが……

5 :神も仏も名無しさん:2008/02/20(水) 19:31:01 ID:Ovibzabi
宗教馬鹿を叩き続ければよいのだ

6 :神も仏も名無しさん:2008/02/20(水) 21:23:07 ID:pdVW4+/z
>>1
スレ立てお疲れ様。

>>4
>このスレはPart100まで行けるのかな。

どうかな?
まあ、行けるところまで行けばいいんじゃない。

>>5
>宗教馬鹿を叩き続ければよいのだ

御意(ぎょい)

7 :神も仏も名無しさん:2008/02/21(木) 13:15:10 ID:wUIPHdXC
地獄なんてどこにあるんだ。
子供にトラウマ植え付けんな。

8 :神も仏も名無しさん:2008/02/24(日) 17:21:11 ID:z5DaebLj
>>7
地獄じゃなくても子供に言う事聞かせるための作り話って言うのはとかくトラウマになりやすいもんだ。
アメリカじゃベッドの下のモンスターとかだが、我が家では古いドラム形のでかい掃除機がそうだった。
悪い事したらこれで吸い込むぞってorz

9 :神も仏も名無しさん:2008/02/25(月) 14:13:08 ID:PWx1Vw/o
死者の霊魂はどんな機械を使えば観測できるの?
死後の世界はどんな理論によって予測されるの?

10 :神も仏も名無しさん:2008/02/25(月) 23:25:57 ID:2G2mPelo
>>9
>死者の霊魂はどんな機械を使えば観測できるの?

そんな機械はありません。

>死後の世界はどんな理論によって予測されるの?

そんな理論はありません。

ついでに言えば、「死後の世界」はありません。

11 :神も仏も名無しさん:2008/02/25(月) 23:30:39 ID:2G2mPelo
>>7-8
「悪いことをすると、辛い目にあうぞ。」というのは、子供への教育の第一歩だと思いますが、
必要の無い恐怖感を与えてトラウマになり、臆病者になるのも困りますね。
「おしりぺんぺん」が一番良いかも。
将来Mにならなければ・・・

12 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 10:20:17 ID:rjMwnpB0
おまえら子供ナメすぎ。そこまでヤワな生き物じゃねえよ。

13 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 11:56:13 ID:6grMysRz
>> 10

> ついでに言えば、「死後の世界」はありません。

俺も概ね同意なのだが、そこまで断言できる根拠は?

14 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 13:28:17 ID:MKe08mGI
地獄を見たけりゃ、ダルフールでもイラクでもいくらでもあるだろ。

15 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 13:30:15 ID:MKe08mGI
現実の不平等を前後の世界を仮定して押し付けることで、民衆をコントロールした名残。

16 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 13:37:27 ID:SrOznB9S
というように、サヨクの方々はすぐに権力の陰謀という話に走りたがるのですが、
実際にはそんな証拠はありません。


17 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 19:10:40 ID:dX6uHBvb
>>13
>俺も概ね同意なのだが、そこまで断言できる根拠は?

誰も「死後の世界」を見た人はいません。
「臨死体験」は、死んだ人が見た話ではないので「死後の世界」ではありません。

18 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 19:12:17 ID:dX6uHBvb
>>12
>おまえら子供ナメすぎ。そこまでヤワな生き物じゃねえよ。

子育てと教育、お疲れ様です。

19 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 19:27:13 ID:6grMysRz
>>17

> 誰も「死後の世界」を見た人はいません。

誰も見たことがないからって存在しないことの根拠にはならないだろ?
素粒子なんて誰も見たことがないが、ないとはいいきれないよ。

20 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 19:28:02 ID:ZHPphV1l
>>19
素粒子は観測されてるけど……

21 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 19:33:08 ID:6grMysRz
あっ、ごめん、いいまつがい。

素粒子が観測されていなかった時代には素粒子は誰も見たことがなかったが、ないとはいいきれないだろ。

でいい?

22 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 20:20:08 ID:dX6uHBvb
>>19
>素粒子が観測されていなかった時代には素粒子は誰も見たことがなかったが、ないとはいいきれないだろ。

素粒子が観測されるまでは、理論的に存在を予言することはあります。
「どうも、これまでの見つかっている素粒子だけではつじつまが合わない。」というようなときに、観測で得られていない未知の素粒子の存在が予言されます。
たとえば、中間子の存在を理論的に予言した故湯川博士(ノーベル賞受賞)の研究成果などです。

しかし、「死後の世界」の存在については、一つも証拠がありませんし、存在を予言するようなつじつまが合わない事実もありません。
むしろ、「死後の世界」が存在するとすれば、つじつまが合わなくなることばかりなのです。
このような理由から「死後の世界」は無いとするのが妥当です。

23 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 20:27:30 ID:6grMysRz
断言するからにはもっと確たる根拠があると期待していたのだが、まあ、「妥当」ってのがいい線だろうな。
それなら納得。

24 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 20:41:17 ID:dX6uHBvb
>>23
>断言するからにはもっと確たる根拠があると期待していたのだが、まあ、「妥当」ってのがいい線だろうな。

テレビ番組に出ている弁護士も、主張するときには「○○です。」と断言します。

25 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 21:17:43 ID:nwai/nGP
統治に宗教を利用し変質させた例は数知れず。
ま、変質しなくても糞なのが宗教だが。

26 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 21:20:38 ID:nwai/nGP
可視域の光子以外の素粒子を見た人がいたらお目にかかりたいが。

27 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 21:59:25 ID:6grMysRz
別にテレビ芸者がそうしてるからって真似することもなかろう。

28 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 22:08:50 ID:dX6uHBvb
>>27
>別にテレビ芸者がそうしてるからって真似することもなかろう。

断言した方が、主張している内容が分かりやすいです。

29 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 23:10:38 ID:fMFBBRwF
科学と信仰は両立する?しない?

30 :神も仏も名無しさん:2008/02/26(火) 23:59:12 ID:lM6RBzoW
公理という根拠のない断定から数学は始まります。
だから、もしかしたら、いつかはうまくいかなくなるかもしれません。
多分大丈夫だろうと信じないとやってけません。
数学も信仰です。いわんや科学をや。

31 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 11:08:02 ID:MQzYTPBM
科学も信仰の一種なんだから立派に両立してるじゃない。
別に宗教の神を信仰してなくても、科学という神を信仰してるんだから。

32 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 12:31:00 ID:hooyJwi6
>>31
>科学も信仰の一種なんだから

ダウト。前提のまちがった議論には何の意味もありません。
また、「信仰」どうしで両立しないことなんてことも普通にあります。

なにがなんでも科学が宗教だということにしたがる気違いさんには
いいかげん退場いただきたいものです。

33 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 12:33:49 ID:hooyJwi6
>>30
>公理という根拠のない断定から数学は始まります。

そうであっても、矛盾していない、それなりに合意は得られる、
など、最低限満すべき性質はあります。

「根拠のない断定」というのはあなたの「科学∈宗教」説のような
ものを指します。


34 :某377:2008/02/27(水) 12:34:55 ID:hooyJwi6
>>29
竹田津さんのような狂人の話を聞くぐらいなら、グールドの最新刊でも
読んだほうがためになると思います。

35 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 13:04:43 ID:LY7DjRXx
>>34
どっち買うか迷ってドーキンス買った。
本屋で立ち読みしてくるか。

36 :神も仏も名無しさん:2008/02/27(水) 20:09:56 ID:qWhX8bTe
>>29
>科学と信仰は両立する?しない?

科学は科学、信仰は信仰ですから、両立させることは可能です。
ただし、科学者は「意思を持って行動し、物や人に働きかける神」
は自然の現象にそぐわないことを知っていますので、
もっと別の何かを信仰することになります。

37 :神も仏も名無しさん:2008/03/02(日) 05:07:09 ID:4iWKOcuq
別の何かとはなあに?

38 :神も仏も名無しさん:2008/03/02(日) 17:07:03 ID:Id0FpRrU
>>37
>別の何かとはなあに?

人によって違うでしょう。
あなたの信仰対象は、あなた自身で見つけてください。

39 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 12:25:10 ID:xvTC4XYv
進化論と創造論の次スレドコー?

40 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 02:33:10 ID:m9AKxXVi
>>38
世界は数学で記述されるという信仰でいい?

41 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 11:55:59 ID:QDTQF/Uk
現実にあるものが数学で扱えるほど単純なモデルに抽象化されると信じているならそれでいいかもしれん。

42 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 13:51:42 ID:ERel0PWV
数学で記述できるからといって単純とはかぎらない。
記述できても複雑すぎて人間の手に負えない可能性だってある。

43 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 23:22:11 ID:Asal9GNL
>>40
>世界は数学で記述されるという信仰でいい?

日本国内では信仰の自由は保障されていますから、何を信仰しようと自由です。

「世界は数学で記述される」という「こと」を信仰したところで何が得られるというのでしょうか?
私には、それを信仰する理由がよく分かりません。

44 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:23:37 ID:MWCmWfdd
信仰して得られるものは魂の平穏だろ?


45 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:35:42 ID:wy24k9ef
世界が数学で記述可能で、今までのところ逸脱が無いことは大変平穏のもと。

46 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:39:37 ID:ybDeH1HC
数学が完全に脳内ではなく物理学の要請からも組み立てられているから、
大枠としての逸脱は起こりようが無いとも言える。

47 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 10:29:25 ID:MWCmWfdd
いや、大枠での逸脱はすぐに起こりうるだろ。そのため現状の数学は安全側に設定を切ってるだけで。
例えば0で割れないとか、0の0乗は未定義とかは数学が脳内である証拠じゃないのかな。

48 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 12:06:52 ID:m60d733S
物理学がご都合で持ち込んだδ関数の定義は厳密化されようだが。

49 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 21:49:06 ID:XNx20ajy
age

50 :神も仏も名無しさん:2008/03/08(土) 15:42:51 ID:GuR4arrX
ageるなら、ageてくれ。

51 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 20:08:17 ID:XhG2lA7r
「○○○3以上のあるいくつかの○○○○○力学系における○○○○○○○証明」
でお悩みの方は、いらっしゃいますか?

52 :数学科院生:2008/03/26(水) 22:50:39 ID:ibbbju2d
薬飲んでも眠れません。

53 :ピエロ:2008/03/27(木) 05:39:23 ID:Bf8mMnff
科学は楽しい。だけどつまらない

54 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 06:46:05 ID:7ehGwm/r
宗教はくだらない

55 :数学科院生:2008/03/27(木) 19:06:24 ID:LXKqWY9h
どなたか自由度3以上のあるいくつかのハミルトン力学系における積分不可能性を証明してください。

56 :ピエロ:2008/03/27(木) 20:18:09 ID:Bf8mMnff
>>55
65;@:・0480573/¥:。です。
わかりましたあ?

57 :数学科院生:2008/03/27(木) 20:57:58 ID:LXKqWY9h
分かるはずありません。048だけは分かりましたますが。

58 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 21:06:29 ID:cdoagYXu
>>57
自由度5以上の場合は?

59 :数学科院生:2008/03/27(木) 21:09:21 ID:LXKqWY9h
全く不能です。

60 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 21:43:09 ID:cdoagYXu
可微分構造は、3と4のときだけややこしいのにね。

61 :ピエロ:2008/03/27(木) 21:54:59 ID:Bf8mMnff
君らの会話のレベル高杉。
本当に大学院生だな、きっと。くくく

62 :数学科院生:2008/03/28(金) 01:23:57 ID:28H/I3Qd
この問題には理化学研究所の梅野健博士も取り組んでおられます。不可能性証明に挑戦する研究者なんてほとんどいません。

63 :数学科院生:2008/03/28(金) 01:34:26 ID:28H/I3Qd
この問題には理化学研究所の梅野健博士も取り組んでおられます。不可能性証明に挑戦する研究者はほとんどいない状況です。

64 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:05:57 ID:DhYyg6Xr
理研で純粋数学の研究していたとは初耳でした。

65 :数学科院生:2008/03/28(金) 08:11:20 ID:28H/I3Qd
理研は仁科芳雄博士以来の伝統ある研究機関で自然科学全域を網羅しています。勿論 純粋科学も。独立行政法人になり予算は減ったみたいですが。ソニー研究員兼東工大特任教授 茂木健一郎博士も昔 宇宙フロンティアにおられたみたいです。

66 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:11:47 ID:H857RYdj
>>65
「積分不可能性」って、発散するということですか?


67 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:19:44 ID:H857RYdj
>>65
「自由度3以上のあるいくつかのハミルトン力学系」とは、「天体が3つ以上ある状態」と考えて良いのでしょうか?

68 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:24:54 ID:H857RYdj
>>52
>薬飲んでも眠れません。

睡眠導入剤は、続けて使用すると効き目が弱くなります。
きっと、論文のことが気になって眠れないのですね。
運動もしていないので、脳が体を休めようとせず、興奮状態が続いてしまうのでしょう。
夕方以前に軽い運動をされてはいかがでしょうか。

69 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:32:46 ID:K51P1ySu
4、5日眠れなかったところに安定剤と併用したらよく効きました、私の場合。

70 :数学科院生:2008/03/29(土) 14:37:31 ID:Cxxg8BP5
発散 天体3つと考えても問題ありません。不可能性とは例えば5次元方程式の解の公式は存在しないことを証明するようなものです。医者に行って3回変えてもらいましたがそれでも4時間位しか眠れません。

71 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 14:50:17 ID:cW3jnIAj
3体問題なら18次元でしょ。

72 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 14:54:56 ID:H857RYdj
>>70
>医者に行って3回変えてもらいましたがそれでも4時間位しか眠れません。

「4時間位しか」と考えるのをやめてみてはいかがでしょうか?
私もそのくらいの睡眠時間のことが多いです。
「何とか眠らなければならない。」という思い込みが、かえって眠れないことへの不満を増加させているように思えます。


>不可能性とは例えば5次元方程式の解の公式は存在しないことを証明するようなものです。

そうすると、「自由度3以上のあるいくつかのハミルトン力学系における積分不可能性」とは、
「3つの天体が、(何かを)積分しようとすると発散してしまう条件は、どのようなものか」
ということでしょうか?
もちろん、私は数学はまったくの素人で想像だけで書いているため的外れかもしれませんが。


73 :数学科院生:2008/03/29(土) 15:05:40 ID:Cxxg8BP5
いやいや不可能性についてのみ言っただけの話です。誤解しないで。

74 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 15:52:49 ID:H857RYdj

素人が何も知らないで想像だけ理解しようとすると、簡単に誤解してしまいますね。
「自由度3以上のあるいくつかのハミルトン力学系における積分不可能性」とは何を意味しているのかを
自分が分かる範囲から想像しようとした結果とお受け止めください。
そもそも、ここにある「積分」とは、何を積分するのかさえ分かっていないのですから。

75 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 16:19:27 ID:Npg6QOmq
科学が未発達だった古代に人が持つ不安を
和らげるために決めた多方面の方便が未だに
残ってて、科学と相容れない部分があるんだろうね。
科学が解決した問題は科学にまかせておけば
いいんだよね。その程度の対応が出来ない
のは宗教として無能だったり機能不全や腐敗
だと思うよ。

76 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 16:38:33 ID:H857RYdj

ある宗教は、教祖の金儲けのための道具だと想像しています。


77 :数学科院生:2008/03/29(土) 16:44:04 ID:Cxxg8BP5
宗教とは「なぜ物理法則は他ではなくこの法則なのか」という世界の端的なものを受入可能なものに加工するメカニズムだと思います。分類上は行為系 体験系(修養系 覚悟系)に還元されます。4時間も眠れたという境地は体験系の中の修養系に属します。

78 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 16:45:11 ID:qhTc4kPH
おまいらは21世紀もニュートン力学の世界。

79 :数学科院生:2008/03/29(土) 16:53:40 ID:Cxxg8BP5
ただ全ての宗教が行為系 体験系に還元されたとしてもそこに還元できない宗教的な存在があると私は確信しています。具体的には幸福にも輝きを感じとる境地にも全く無縁なものを。

80 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 17:19:34 ID:H857RYdj
>>77 >>79
宗教にもいろいろなものがありますので、あなたにとって価値のある宗教は
『「なぜ物理法則は他ではなくこの法則なのか」という世界の端的なものを受入可能なものに加工するメカニズム』
であると思われているということで良いでしょうか?
言葉の定義が分からないので、想像で書きますが、「行為系 体験系(修養系 覚悟系)」とは、ある行為や体験によって、
悟りの境地を得るといった状態に自らがなること、でよろしいでしょうか?
「全ての宗教が行為系 体験系に還元されたとしてもそこに還元できない宗教的な存在」とは、悟りを得るといったこととは関係のない、
もっと言えば、人の思考や理解や悟りといったものとは関係のない、絶対的な存在という意味でしょうか?
絶対的な存在としては、「神」という言葉が使われますが、「神」は意思を持ち人や物に対して行為をできるものという意味で使われるので、
そうではなく、「自然の法則そのもの」といったような存在がある。
ということを言いたいのでしょうか?

81 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 17:36:35 ID:8d+mxNks
>>76
そういうものは考えなくてもいいでしょ。宗教ではないよ。

82 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 17:39:11 ID:H857RYdj
>>81

そのような宗教法人が存在するのは事実です。


83 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 17:41:45 ID:8d+mxNks
宗教法人でも宗教団体じゃない場合が多い、団体員搾取団体だね。

84 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 17:48:45 ID:8d+mxNks
>>80
人が科学により解き明かした物理法則は
神が描いたものに過ぎんと思えない理由は何ですか。
密教や神秘主義は妄想で神に近づく方法を妄想
したが、現代人は科学により神の描いた世界を
理詰めで解き明かそうとしてるだけでしょ。
物理法則を描いたのが神であれば人や物に
作用する力は神のものだよ。科学的に見れば
意思のある神が聖書などに描かれているのも
方便にすぎないと解釈できるんじゃないの。

85 :数学科院生:2008/03/29(土) 18:15:40 ID:Cxxg8BP5
前段の世界の端的な例として何故一家が不幸なのか 何故飢餓で苦しむのか 何故頭が悪いのかという様な事を指します。中段の行為系 体験系は手段代替性を指します。例えば薬 エンカウンターグループ理論 メディテーション 心理療法等です。最後の「存在」は後で書きます。

86 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 18:39:10 ID:8d+mxNks
なるほど、前段は現状の肯定かな。
中段は経験則や科学や技術だね。
とすると科学では神は作れないという
立場と見た。

87 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 18:45:27 ID:8d+mxNks
あれ?前段から中段への還元て宗教の役割があるの?

88 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 19:40:28 ID:GmU0racq
>>52
>薬飲んでも眠れません。
頭の病気です。おだいじに。

89 :数学科院生:2008/03/29(土) 20:20:11 ID:Cxxg8BP5
抽象的な言い方しかできませんが我々は世界認識の全てが間接体験(例えば人間は神経伝達により存在を認識しています)に媒介された社会を生きるしかありません。言い換えれば脳の内が外であるかの様な存在(存在してないかも知れませんが)です。

90 :地獄の傀儡師:2008/03/29(土) 20:24:31 ID:J+ezTeKu
昔ボクが通っていたミッション系スクールにこの世のすべての事柄を数学で
説明しようと試みたおじさんがいた。
すべてを数学的に解釈しようとしてた、あのおっさんどうなったんだろ。
おかげで教科書からだいぶ軌道がはずれて。
ふつう「日常茶飯のできごと(新聞を読む、トイレに行く等々)」を数学的に解釈して、と唐突に言われても無理だべ。
でもそれを彼は我々生徒の前で延々と披露しなさった・・・。
こんな数学の世界ってコンピューターじゃないんだから、人間性を失いたくない、アーメンちーん

91 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 20:25:23 ID:HBS1YuPt
読んでるよ(^-^)ノシ

92 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 20:27:57 ID:HBS1YuPt
>>90
それはそいつがお前らが面白がると思った
ユーモアだろ。応用のいいかげんな冗談だよ。

93 :数学科院生:2008/03/29(土) 20:33:35 ID:Cxxg8BP5
一方 元 理研の茂木博士は脳内のニューロンの時空間的な発火パターンによりクオリスが生起するとの仮設のもとその数学的構造を記述しようとしています。つまり心も物理法則に過ぎないというわけです。これには感心しませんが。

94 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 20:46:12 ID:HBS1YuPt
クオリスの解説きぼん

95 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 20:59:58 ID:+jY9SI7g
クオリアが生起するモキ仮説では、心は説明されない。
神経メカニズムそのもいくら積み上げても意識には到達しない(チャルーマーズ)

96 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 21:06:47 ID:HBS1YuPt
ああクオリアならちょっと読んだことある

97 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 23:23:29 ID:W8i3cR06
問題の立て方を間違っているのではないか?

98 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 23:32:03 ID:H857RYdj
>>93
>つまり心も物理法則に過ぎないというわけです。これには感心しませんが。

我々が居るアンドロメダ銀河も、数千万からなる恒星と惑星とガスやダストにより形成されています。
1つひとつは、物理的には質量による空間の歪によって生じる万有引力で結び付けられているとしても、
銀河系全体としては渦状になっています。我々の居る銀河も同様にうず状だということが観測により明らかです。
脳の中も、1つひとつはニューロン細胞による電気信号が伝達されることによる現象だとしても、
脳全体で形作る記憶・意識・思考・クオリアといったものは、ニューロン細胞の組み合わせの数の多さゆえに起きるものと
考えて差し支えないでしょう。
デジタルカメラで撮った映像も、1つの画素は単純なRGBの光の3原色のそれぞれの量の数値に過ぎませんが、
1000万という数が集まると美しく茜色に染まった夕焼けの景色を描き出します。
単純な物理現象が数多く連なると別の意味を持つようになるということで捕らえれば良いのではないでしょうか。


99 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 23:44:28 ID:H857RYdj
>>93
「自由度3以上のあるいくつかのハミルトン力学系における積分不可能性」とは、
「自由度が3未満ならハミルトン力学系で積分可能だけれども、
自由度が3以上になると積分不可能だから、積分しようと考えてはいけませんよ。」
という理解で良いのでしょうか?
単純な系ならハミルトン力学系で解を求められるけれど、数多くの要素からなる系では
ハミルトン力学系では解けませんよ。ということで。

100 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 23:45:39 ID:H857RYdj
>>98
書き間違えしました。
「我々が居るアンドロメダ銀河も」→「アンドロメダ銀河は」
に訂正します。

101 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 23:56:55 ID:H857RYdj
>>93
数学で解が得られる範囲は、かなり単純なモデルとして抽象化した場合だけに限られるのであって、
要素が多いゆえに複雑になった系を、単純化されたモデルで解こうとしても無理ですよ。
ハミルトン力学系では、3未満ですよ。
ということを理論的にはっきりさせるのが、「積分不可能性」の証明ということで良いでしょうか?
これも、誤解かも知れませんが。

102 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 00:26:03 ID:0waJ/MhQ
>>98
間違えました。
「数千万からなる恒星」→「約2000億個からなる恒星」
に変更します。

103 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 02:39:41 ID:NxBqyyIz
付け焼き刃の知識で語るとガタガタになるねw

104 :数学科院生:2008/03/30(日) 03:31:25 ID:tku7z5UE
ハミルトン系については まあそんなもんです。

105 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 05:13:04 ID:S93NCpLr
>>103

記憶違いや忘却をよく起こしてしまいます。
あやしいところは、確認してから記載すべきでした。

>>104

気晴らしには、なっていますか?



106 :数学科院生:2008/03/30(日) 08:08:48 ID:tku7z5UE
気晴らしというより気の紛らわしです。

107 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 08:37:27 ID:0waJ/MhQ
>>106

それで良いのではないでしょうか。
思考もずっと続けると疲れます。
関係のないことを思考すると、気の紛らわしになり心のストレッチになるでしょう。
ただし、根本的な問題解決にはなりませんが。

ところで、「自由度3」というのは、3つの天体と思っているのですが、さらに、3次元的な動きということで良いでしょうか?
どうも、2次元平面上の動きではないのではという気がしましたので。

すみません。あなたの研究に興味を覚えてしまいました。
数学の式は、「神の言葉」のように感じます。
ただし、この「神」は、意思を持った存在ではなく、自然の法則そのもののイメージです。


108 :数学科院生:2008/03/30(日) 09:41:46 ID:tku7z5UE
3つ以上の3以上の天体と考えても差し支えありません。スレは疲れますね。

109 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 10:05:09 ID:0waJ/MhQ

桜が美しく咲いている季節ですから、少し時間を割いて花見でもしてみてはいかがでしょうか?


110 :数学科院生:2008/03/30(日) 10:10:14 ID:tku7z5UE
ありがとう。そうですね。やはり今の自分には身体性の回復が必要みたいです。

111 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 10:34:37 ID:0waJ/MhQ

体を動かして美しいものを見て気晴らしして心にゆとりができると、
きっと良いアイデアが浮かんでくるのではないかと思います。


112 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 11:41:12 ID:QIPKqxge
気晴らしのための自演をゆるしてくれといってるのかね。
まあ大変そうな仕事だね。もしくは大変そうな病気なのか。

113 :数学科院生:2008/03/30(日) 13:01:54 ID:tku7z5UE
確かに精神病んでます。アナフラニール デパス ハルシオン ベゲタミン SSRI SNRI飲んでも駄目です。統合失調症(旧分裂病はか型)だと思います。院1年の頃 発症しました。

114 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 13:48:26 ID:u4B7nWVo
ハルシオンは評判悪いからやめたほうがよくね?

115 :数学科院生:2008/03/30(日) 13:57:33 ID:tku7z5UE
そうですね。今度スイスのロシュ社からSNRI系の新薬がでたので米経由でネットで仕入れます。

116 :地獄の傀儡師:2008/03/30(日) 13:59:53 ID:qh9xo2KF
マルチとはどういういみですか?
DQNとはどういう意味ですか?
教えて下さい


117 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 14:19:23 ID:0waJ/MhQ

薬に頼るより、運動する方が良いのではないでしょうか。
頭をよく使う人は、とかく運動不足になりがちです。
脳も体の一部だということを忘れないようにしてください。
運動をすると、体と脳の疲労バランスと脳内物質の分泌のバランスが良くなり、夜も眠れるようになるでしょう。
もちろん、やりすぎては意味がありませんので、適量を試しながら継続してゆくと良いと思います。
まずは、気楽に気持ちよくジョギングなどの軽い運動やマシントレーニングをされると良いと思います。
レオタード姿の女性と一緒にエアロビクスをするのも楽しいですよ。


118 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 14:25:46 ID:ejiRHa3l
科学的に見て死ってのは何なんだ?
俺の考えでは2種類あって
1、死ぬと人間の意志・記憶は体を離れ輪廻転生する
(大きい物なら星、小さい物なら原子、生活に関しても全ての物は回ってる
さらに物理的に考えても有から無になる事は無いため生前の記憶も全て残り回る)
2、人間の死とは単なる機能停止
(人間は機械と同じ、意志を持ってると思いこんでいるだけで
実際にはその環境や状況に応じて行動するようにプログラミングされた物
だから死んでもコンピュータの削除と同じように1と0の鎖を切れるだけ)
個人的には1を押したいんだが
外国では死者の冷凍保存もあるようでそれを解凍したときに生前の記憶があれば
記憶は死んでも体を離れていないという事なので2が証明される

119 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 14:45:33 ID:0waJ/MhQ
>>118
私見ですが、「科学的に見て」という条件であれば、2.ですね。
生命活動を終わらせることが、すなわち「死」です。
機械とは違い、本当に死んだら蘇ることはありません。
また、意思や記憶は脳の活動によるものだということが分かっていますので、
死によって意思や記憶が体を離れ輪廻転生するという考え方もありません。
コンピュータのプログラムは、もちろん人が記憶装置に書き込むことによりプログラムとしての意味を持ちます。
生命としてのプログラムは、DNAの配列に相当すると思います。
個体としての死によりその個体が蘇らなくても、子孫を残すことによりDNAを継続させることはできます。
あらゆる生命は、DNAを存続させるために生命活動をしていると言えるかもしれません。
個体の生死は、その個体にとっては最大の問題となりますが、
宇宙全体からすれば、単なる化学反応のような現象に過ぎないでしょう。


120 :数学科院生:2008/03/30(日) 15:20:07 ID:tku7z5UE
死に定義なんてありません。医学的にはいろいろありますが 簡単に言えば周りの人々が「あの人は死んだんだ」と了解した時です。これも社会科学的な考察にすぎませんが。「日本人とは何か」を定義するときと同じです。

121 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 15:53:19 ID:228kVWxY
宗教の人は霊的に生きているのと肉体的に生きているを混同して語るから
話が通じない。
彼は2000年前に死にましたね、と言ったら、いえ生きています、だもの

122 :数学科院生:2008/03/30(日) 17:39:23 ID:tku7z5UE
宗教は全体性であるがゆえに危険なんだ。信仰してる人にとっては社会は一付属物になってしまい外部にいる人々とは全く話が通じなくなる。またそのインターフェイスもない。昔は宗教が社会をしていたが今はそうではない。人間が考えたメカニズムだよ。

123 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 18:24:52 ID:0waJ/MhQ

宗教をどのように捕らえるかは、宗教とその宗教を信仰する人によります。
一概に「宗教は全体性であるがゆえに危険」とは言えないでしょう。
宗教により、そうなりやすい教えをしているものもありますし、そうでないものもあります。
また、同じ宗教を信仰している人ても、人によりその宗教に対する信仰度合いが違います。
たとえば、キリスト教を本当に信仰している人は、イエス・キリストは今でも生きていると本当に信じている人がいます。
地球は、球であると証明されたのではないと主張する人もいます。
宗教が違えばものごとに対する捕らえ方、考え方も異なりますので、話がかみ合わなくなるのも当然です。
しかし、他人に対しては迷惑をかけてはいけないといった倫理観や、
自分が苦しいときにイエス・キリストに救われているといった精神安定のための信仰は、
むしろ、欲求不満による犯罪を防止する上でも役立っていると思います。
最近多く発生している無差別殺人事件も、犯人がしっかりした宗教を信仰していれば起こさなかったかも知れません。
ある宗教を信仰する前提として、人間生活に役立つように宗教を役立てる知恵が必要です。
キリスト教、イスラム教、が発生したのは科学が発達するずっと前のものなので、科学的な思考とは大きくかけ離れるのは仕方の無いことです。
仏教は、本来、死後のことを扱わないので、科学と矛盾することはあまりありません。
宗教から得られる倫理観や精神安定効果を持ちながら、近代科学とも矛盾しない新しい宗教が必要になっている時代なのだと思います。


124 :数学科院生:2008/03/30(日) 18:48:36 ID:tku7z5UE
俺は科学など信用していない。何故かというとその合理性が不合理だから。もし信用するものがあるとするならば歴史。歴史観ではないよ。

125 :数学科院生:2008/03/30(日) 19:10:56 ID:tku7z5UE
例えば富士山があるとする。人は伝達神経でその電気的符号を読み取る。ただそれだけの話。本当は富士山などないかも知れないのに。

126 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 20:11:32 ID:4jiNbEn8
>>123
>宗教から得られる倫理観や精神安定効果を持ちながら、近代科学とも矛盾しない新しい宗教が必要になっている時代なのだと思います。

おおむね同意。宮沢賢治の農民芸術概論にもそれに近い理想が書かれているね。
江原氏のスピリチュアリズムや斎藤一人の精神論的商人道が世間でもてはやさるのは
そういう意味では歴史的必然ないし要請だったわけだな。

127 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 20:13:26 ID:5JvijuCm
>>20科学史家の村上陽一朗が言うには、キリスト教で自然や人体がうまい仕組でよく出来ていることを神の天地創造の証拠と主張する人がいるそうだ。
家が人為によらず自然に出来上がることがないように、これだけうまい仕組をもったものが誰の手にも依らず自然に出来るはずがないと言う理屈らしい。

128 :続き:2008/03/30(日) 20:18:29 ID:5JvijuCm
こんな理屈は常識で考えたら噴飯ものなわけだが、でも実は科学の理論も根底は似たようなもんらしい。
素粒子が観測されたというのは顕微鏡か何かで素粒子が見えたわけじゃない。そもそも素粒子ってのは不可視なものというのがその特性だそうだ。

129 :さらに続き:2008/03/30(日) 20:23:38 ID:5JvijuCm
素粒子は目に見えないがその働きというのは厳然としてあり、素粒子の存在を想定しないと説明出来ない現象が観測された。逆に言えば素粒子という見たこともない何かを有るとすればうまく説明出来る現象が観測された。それが素粒子の存在証明とされてるらしいね。

130 :数学科院生:2008/03/30(日) 20:25:52 ID:tku7z5UE
村上陽一郎は古すぎる。駒場で教えてたおバカさん。ICUでちゃんと教えてるか?

131 :更なる続き:2008/03/30(日) 20:28:35 ID:5JvijuCm
そこで村上陽一朗は言うわけよ。
これって神の存在証明とどう違うの?
なるほど理屈の精密さでは科学の説明の方が宗教の説明より手が込んでいるのかもしれんが、結局単なる理屈づけでしょ?てオレには読めた。

132 :更なる続き。結論:2008/03/30(日) 20:36:35 ID:5JvijuCm
結局科学的説明も宗教的説明も、所詮は単なる説明の理屈づけじゃないかとオレは思うわけよ。
とすれば問題はどちらが真実を言い当てた説明か?ではなくて、どちらが人に希望を持たせられるか?って言う、真理の探求でなくてどっちがその人が生きていくのに役に立つか?って言う価値の問題でないかと思うんだがどうだろう?

133 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 20:41:03 ID:5JvijuCm
>>130ニュートンやアインシュタインはもっと古いぜ

てか君が新古を言う基準は何?

134 :地獄の傀儡師:2008/03/30(日) 20:48:57 ID:qh9xo2KF
精神病者でも数学に熱心に取り組んでおられる。
感銘を受けました。
しかしあまり無理はなさらず。
がうるさんのような悲劇のヒーローはあまりにも・・・。

135 :数学科院生:2008/03/30(日) 21:15:27 ID:tku7z5UE
だから科学など信じてないよ。数学は科学じゃない。ただの道具。村上さんの業績は殆ど助手助教授が苦労して書いた論文をカッパラッタだけだよ。自室でチェロばっかり弾いていて授業はお休み。だいたい本当の学究はマスコミには登場しないよ。

136 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 21:25:38 ID:0waJ/MhQ

数学という道具が無いと、物理学や天文学といった作品を創ることができないのも事実。
物理学と天文学と数学は、切り離せません。

科学は、信じるものだとは思っていません。疑うことから始まるのが科学だと思います。


137 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 22:20:18 ID:IFErs4qa
科学的事実とはなにか?
信じれないもの(こと)を疑うことから始まる学問です???
それじゃ、科学ってなんなんだ?


138 :宮沢賢治:2008/03/30(日) 22:23:53 ID:4jiNbEn8
曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きてゐた
そこには芸術も宗教もあった
いまわれらにはただ労働が 生存があるばかりである
宗教は疲れて近代科学に置換され然も科学は冷く暗い
芸術はいまわれらを離れ然もわびしく堕落した
いま宗教家芸術家とは真善若くは美を独占し販るものである
われらに購ふべき力もなく 又さるものを必要とせぬ
いまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば創らねばならぬ
芸術をもてあの灰色の労働を燃せ
ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある
都人よ 来ってわれらに交れ 世界よ 他意なきわれらを容れよ

139 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 01:30:35 ID:idH7w0B7
生まれる前に自我は何処から来るのでしょうか?
また死んだ後自我は何処へ行くのでしょうか?

140 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 08:29:28 ID:niVPdzNj

自我は、乳児期に発生し、死とともに消滅します。
どこから来るものでもありませんし、どこかへ行くものでもありません。



141 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 09:10:05 ID:Ssyj9nQd
>137
おいおい・・
>科学的事実とはなにか?
「未だ反証されていない仮説」に決まってるだろ
今更何を言ってるんだ

>135
>数学は科学じゃない。ただの道具
極論だけどその通り
自然科学を容易に行うために作られたメタ学問、それが数学

誰かも書いていたが、数学は公理という約束事にしたがって作られているが、
自然科学のツールとなる学問である為、これに矛盾が生じていると、全てが
疑わしくなってしまう
だから、数学は正しくなくてはならない

という事で「1+1は2である」という事が正しい事を証明する為に延々と何百ページも
かけて書かれた書物がある
書いたのはかのパールラント・ラッセルだ
これが間違っていない事が証明されれば、あとはチューリング・システムに従って
全ての真なる公理が導かれる・・・筈だった

ゲーデルが不完全性定理を見付けるまではなw

142 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 09:13:56 ID:Ssyj9nQd
>139
その質問には回答は無い
応えてくれるのは似非宗教だけだ

仏陀ですら無記として解を与えなかった

毒矢の譬えといってね
回答の出ない問題に頭を悩ますよりも、今目の前にある「心の苦」をなんとかするべきだろう


143 :数学科院生:2008/03/31(月) 09:53:30 ID:BNCLoeaA
1+1=3という分野もあるけどそんなことはどうでもいい。確率微分方程式を発明した伊藤清先生(第一回ガウス賞受賞)は金融工学に多大な影響を与えた。ウォール街で先生の名を叫べば皆 土下座をしてしまう。科学とは信仰なり。

144 :数学科院生:2008/03/31(月) 10:05:32 ID:BNCLoeaA
すいません。ちょっと気が狂ってきたのでアッパー系の薬飲んで寝ます。

145 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 11:02:08 ID:Ssyj9nQd
>科学とは信仰なり
信仰した瞬間、それは科学ではないよ
君が一番わかってるだろうにw

「○○が言ってる事だから正しいに決まってる」
これが信仰な
科学的思考の一歩目は当たり前を疑う事だ

146 :数学科院生:2008/03/31(月) 11:25:30 ID:BNCLoeaA
↑すみません。極論を言うのが好きなのです。

147 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 11:46:42 ID:Ssyj9nQd
>146
まぁ言わんとする事はわかるんだけどね
>科学とは信仰なり
近年の風潮を見てると、こう言いたくなる時もあるだろう
風潮に流されず、心惑わされず、関わり合わず

>79に書いてるもの、早く会えると良いね

所詮この世は一切皆苦
変にジタバタせず、死ぬまでを楽しもうや

148 :数学科院生:2008/03/31(月) 12:02:21 ID:BNCLoeaA
ポアンカレ予想を解決したペレルマンも今の学会の体質を嫌い数学を辞めました。コマネチ大学に入り直そうかな。

149 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 13:06:46 ID:j/Vz8q5z
所詮比較的頭のいい連中からの集まりだから、超天才にはまどろっこしいんだろう。

150 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 13:10:15 ID:j/Vz8q5z
宗教の行為系体験系その他は、全て物理的可観測料に還元されるか、意味論的トートロジーで終わりです。

151 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 19:06:01 ID:8oQNUQ6p
科学を利用してる宗教のほうが危ない気がする

152 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 19:27:13 ID:l5mWfNbD

さすがは、数学科院生さん。数学に関するいろいろな知識をお持ちですね。
ペレルマンが嫌った数学会の体質って、どういうことですか?
コマネチ大学には、そのような体質は無いのでしょうか?
数学科院生さんが、これから何をされようとしているのか分かりませんが。


153 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 19:28:03 ID:oHWSLuoA
宗教を否定する科学もうざい!

154 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 19:32:08 ID:l5mWfNbD

宗教を否定する科学ってあるのかな?
問題の対象にしないだけだと思うけど。

科学を理解したつもりの人が、特定の宗教のある教えを否定することはありますね。


155 :数学科院生:2008/03/31(月) 20:46:28 ID:BNCLoeaA
あまりにも独創的な解法は必ず弾かれます。コマネチ大学は実在しません。深夜北野武さんがやっている平成教育委員会の数学版です。お笑い番組ですよ。といっても数学の普及に貢献したということで北野武さんは日本数学会出版賞を貰いましたが。

156 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 22:22:23 ID:l5mWfNbD
>独創的な解法は必ず弾かれます。

独創的な方が価値があるかと思っていましたが、そうではないのですね。
確かに、解法を発見した本人は理解していても、検証する人がなかなか理解できないことはあるでしょうからね。
証明したつもりでいたら不完全だったということはよくあることなのかも知れません。

深夜に平成教育委員会の数学版をやっているのは、知りませんでした。
「コマネチ」という名前から、あやしいとは思っていましたが。


157 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 22:24:37 ID:l5mWfNbD
↑「あまりにも」が抜けてしまいました。

>あまりにも独創的な解法は必ず弾かれます。

ですね。

158 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 02:59:58 ID:o5myWnNr
科学は自然界に対する"人の"解釈です。
神様に勝てるわけがありません。
サルがいくら知恵を振り絞っても人間に勝てないのと同じです。

159 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 05:03:12 ID:niNp0i9H

科学は、神の振る舞いを知ろうとする学問です。
神を越えるなどと考える科学者はいません。
ただし、神は意志を持って行っているとも考えていませんが。



160 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 05:06:23 ID:57tVYYtv
解釈しようとして誤り、誤ったまま直せないのが宗教。
科学は常に実証に晒され、修正や制限を受ける。

161 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 05:08:55 ID:57tVYYtv
>>159
科学は、自然の振る舞いを知ろうとする学問です。
自然を越えるなどと考える科学者はいません。
ただし、自然は意志を持って行っているとも考えていませんが。

神という言葉も概念もいらないね 。そのまま自然でいいじゃない。

162 :数学科院生:2008/04/01(火) 07:48:37 ID:Iy+7iuv+
結局 神の声よりバイクの爆音が私にとっては神なのです。ドゥカティ999モノポスト(センターマフラー)のエンジン音は癒されます。

163 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 14:12:21 ID:i9zOLuym
俺はガスタービンの方が好きだな

164 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 15:07:24 ID:hoDsWRAq
事実など無い
解釈のみある

何を今更な話が多い事

165 :数学科院生:2008/04/01(火) 15:25:17 ID:Iy+7iuv+
F15に搭載してあるロールスロイス社製のジェットエンジンはどうよ。

166 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 21:59:34 ID:1TaFTX7U
波動性と粒子性を併せ持つようなものを、数学的に記述は出来るが、解釈など出来ない。


167 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 22:47:09 ID:G6WrjUif

たとえば、光子そのものだと認めれば良いのでは。
量子の性質を数式で表したにすぎないのですから。


168 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:36:43 ID:1TaFTX7U
そのものというのが曲者で、結局解釈という編集で理解しようとすることになる。

169 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:38:56 ID:1TaFTX7U
実は、量子像について最も解釈無く、事実に即して記述出来るのが数学という、不思議ことになる。

170 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 07:49:42 ID:wPzDEv1K
量子ねぇ
計算式を発案したシュレーディンガー本人が勘違いしてたという曰くつきの解釈だわな

171 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 12:32:44 ID:/1gJb3iZ
人間が感じるそのものも、考えるそのものも、そのものがあると考えることも全て解釈に過ぎない。

172 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 13:29:17 ID:/1gJb3iZ
>計算式を発案したシュレーディンガー本人が勘違いしてたという曰くつきの解釈だわな

ほう、どんな勘違い?

173 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 17:47:14 ID:5EAwQhBK
age

174 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 21:10:01 ID:rpu/LCg3

解釈(理解)とは、脳の中にある固定したイメージを持った状態と解釈(理解)して良いのか?
それに対して迷いとは、ある固定したイメージを持てていない状態というのはどう?

175 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 13:05:18 ID:zdcV6YhY
心理とは関係ない

176 :数学科院生:2008/04/03(木) 16:23:37 ID:NKY6LMI7
↑では答お願いします。

177 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 18:56:23 ID:QvDje9YL
観測は人間の知覚感覚とは無関係。

178 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 19:39:57 ID:fZnpB8l9
観測した結果をするのは、人です。
「観測」の「観」は「観る」という字ですね。
「観る」とは、ただボーっと「見る」のではなく、「見て解釈(理解)する」こと。
だから、人の知覚感覚とは無関係とは言えません。
観測機材による観測結果も、人が観えるもので出力しないと無いのと同じです。
最終的に、人が観えるように変換するのが観測機材の役割。
「測って」「観る」だから、「観測」

179 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 20:14:00 ID:fZnpB8l9
↑「観測した結果をするのは、人です。 」→「観測した結果を評価・吟味するのは、人です。」


180 :数学科院生:2008/04/03(木) 20:41:01 ID:NKY6LMI7
どれもこれもよう解からん。

181 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 21:18:35 ID:4WUX7uMs
>>165
たしかあれはP&Wだと思いましたが・・・
ちなみにF-15JはP&Wのライエンス生産、IHIですね。たしか。

またまたちなみに、私はドカティ996SPとモンンスター900SSを試乗したことあります。
996SPはポジションがキツイけど日本車みたいに素直で乗りやすいですね。モンスター
はピーキーで街乗りには向いていないね。おそらくフライホイールとバランスウェイト
が小さいのでレスポンスは高いけど慣性力が低いから出だしが扱いずらいね。
それとあまり巡航には向いていないでしょう。足としては×です。

182 :数学科院生:2008/04/03(木) 21:33:11 ID:NKY6LMI7
ごめんなさい。F−15は石川島播磨でした。モノポストは疲れます。

183 :ミロク ◆9qNCxOscd2 :2008/04/03(木) 21:36:26 ID:AWnHGrz6
なんか哲学みたい。

184 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 21:54:31 ID:4WUX7uMs
>>182
ところで数学科医院生氏はなんで数学科を選んだの?
数学ってあまり面白いとは思わんのだが。。。受験問題の数学はまあわりとはまるけどね。
私なら物理科行くけど。でも物理では食べていけないから機械を選んだw
まあ単純に機械や構造物が好きなあけなんだけどね。

十代のころはF-15のパイロットになりたかったな♪単純にTOP GUNにあこがれて。

それと数学科医院生氏。ちょこちょこ、キリスト板に来てくださいね。私は歓迎します。

185 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:01:33 ID:n8xNAZvU
数学科院生へ
たまには、
【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part20
に遊びにきんしゃい。進化論バカが一杯いるぞね。


186 :数学科院生:2008/04/03(木) 22:04:04 ID:NKY6LMI7
いやいやホントは物理学科へ行きたかったけど成績悪かったので進振りでおちてしもうた。キリスト板覗きます。

187 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:15:48 ID:n8xNAZvU
覗いてもいいけど、聖書(みことば)の霊的意味がわかってる奴は
一人もいないよ。


188 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:16:52 ID:NKY6LMI7
Fー15のパイロットかぁ。若かったら空自の航空学生受けます。防大よりははるかに難しい。

189 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:26:05 ID:QvDje9YL
F22とじゃあぼろ負けだってね。
もっとも、F22はトラブルが多くて、必ず飛び立てるとは限らないようだが。

190 :数学科院生:2008/04/03(木) 22:28:44 ID:NKY6LMI7
確かに

191 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 22:29:02 ID:4WUX7uMs
>>183
いやーそんなことはないと思うけど。
ただ、試験で飛行機乗るみたいだよ。
そのセンスをみて合否はきまるらしい。もちろん、ペーパーと身体検査もだね。
今だったら、F-2Aの方がいいなあ。F-15Jはもう古いでしょう。
そういえばF-4EJの次期戦闘機はなにがいいと思います。現段階で。
個人的にはアメリカ製ならFA-18E/FかF-16E/F(block60)がいいんじゃないかと・・・
20機ぐらいあればいいかなあと思うけどね。

192 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:29:11 ID:QvDje9YL
>>178
デコヒーレントが現象としてある以上、人(意識)が介在せずとも、一般的相互作用の範疇で十分なのでは?

193 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 22:32:11 ID:4WUX7uMs
ステルスは脅威だが、フランカー相手なら先に上げたのでも十分対抗できるんじゃないかな?
もちろん、AMRAAM装備は必須ですが。

194 :数学科院生:2008/04/03(木) 22:35:43 ID:NKY6LMI7
米製ならそれでいい。20機は欲しいけど今の防衛予算では無理だよ。

195 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 22:37:22 ID:4WUX7uMs
最新型のFA-18とF-16はけっこういい値段するみたいだね。

196 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:40:20 ID:frKDIwri
将軍様のミサイルをたたき落とせればいい。

197 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 22:43:10 ID:4WUX7uMs
だったらレールガン開発だよ♪
前のキリスト談話室でミサイル対策で私がカキコんだな。

198 :数学科院生:2008/04/03(木) 22:50:34 ID:NKY6LMI7
こういう兵器の話になると江畑謙介さんか小川和久さんに来て欲しい。

199 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:54:50 ID:frKDIwri
後年の花輪君が江畑さんになったという説があったが、巻が逆だ。

200 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 22:59:50 ID:fZnpB8l9
数学科院生さんは、クリスチャンだったの?

201 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:01:18 ID:4WUX7uMs
数年前に会社の出張で昭島行ったけど、横田の飛行機がやたらうるさかった。
あのとき初めて戦闘機をまじか(真上)に飛んでいたのみたのだがちょーうるせえ。
珍走団が珍問屋に見えたW
たしか記憶ではFA-18だったような。。。たぶん最新型ではないと思うけど。

202 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:03:28 ID:fZnpB8l9
数学科院生さんに刺激されて、確率論の本を読んでます。
数学はそれほど得意ではなかったのですが、(いや、他の学科もですね)


203 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:04:10 ID:4WUX7uMs
あ!思いだしたけど、東名高速の綾瀬付近にいくとアメリカの戦闘機がアプローチしているのが見えますね。
それも、数年前だけどね。あのときはP-3CやF-14が見えたよ。F-14は思ってたとうりでかかった。

204 :数学科院生:2008/04/03(木) 23:07:51 ID:NKY6LMI7
クリスチャンじゃないよ。むしろ無神論者にちかい。確率微分方程式はかなり難しいよ。

205 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:08:02 ID:fZnpB8l9
戦闘機も、実戦で使わなければ税金の無駄使い。
アメリカは戦争をする宿命にあるのですかね。
日本の防衛省の戦闘機は・・・・?

206 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:08:58 ID:4WUX7uMs
>>202
ずいぶん難しいの読みますね、ってゆうかチャレンジャーだなあ。
私ならそっこー眠ってしまうW

207 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:15:02 ID:4WUX7uMs
>>205
自ら戦争を招いている。
それで、ユダヤ国際資本家たちだけ潤しています。
陰謀論はキリスト者はむしろ知らなければならない。
ユダヤの背きが人を苦しめ、ユダヤの更生(改心)が救いをもたらす。
これ聖書全般をとうして感じますね。私はそう確信しています。

208 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:16:07 ID:fZnpB8l9
>>204
>クリスチャンじゃないよ。
Metatronさんにお呼ばれしたから、キリスト教スレを覗かれたのですね。


>確率微分方程式はかなり難しいよ。

確率微分方程式に果たして到達するかどうか。
かなり要素数Nの大きな集合Sの中を酔歩してゆきそうです。
その過程の途中で、何か得られれば良いかと。


209 :数学科院生:2008/04/03(木) 23:18:55 ID:NKY6LMI7
今の米の指導者はネオコンネオリベだから仕方ない。オバマに一票投じます。

210 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:20:27 ID:4WUX7uMs
私は機械運動学のマトリクスで苦労しています。馬鹿だからなかなか理解できません。
っていうかその程度なんですけどね。

211 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:23:25 ID:4WUX7uMs
ユータス・マリンズ氏のカナンの呪を読むとメーソンの歴史がある程度分かる

212 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:24:13 ID:frKDIwri
>>205
アメリカは在庫兵器更新のために、たまに戦争するんですよ。

213 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:25:48 ID:e0H1N13a
量子論までは確率だが、カオスになると確率論も歯が立たない。

214 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:30:16 ID:fZnpB8l9
カオス理論は、名前は聞いたことがありますが、内容は知りません。
どんなところで使われているのでしょうか?


215 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:32:48 ID:4WUX7uMs
ところで数学科院生氏は卒業したら何になるんだい?
システムエンジニアとか数学の先生とか?

カオス理論というと統計力学をイメージしますね。あれも難しくて解らん。

216 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:32:48 ID:fZnpB8l9
Metatronさん。
私も、新約聖書を読むことはありますよ。


217 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:35:21 ID:4WUX7uMs
新約聖書だけでは神とイエスは理解できませんね。旧約聖書も読まないと概念が掴めないでしょう。
新約・旧約をワンセットと考えたほうがいいですよ。

218 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:40:33 ID:4WUX7uMs
たしか、熱力学で気体分子運動論のところで統計力学は使われるんじゃなかったけか?
物理の受験問題(難問)で熱力学の気体分子運動でそれらしきものを感じるんだが。。。
まあ、高校生の範囲なんでさわり程度えしょうけど。

219 :数学科院生:2008/04/03(木) 23:43:43 ID:NKY6LMI7
論文博士号取っても研究者のなかまいりしたに過ぎない。どこかに助手採用されるのも至難の技。駿台の講師か高校の教諭がいいところかな。ホントは本田技術研究所が夢なんだけどね。

220 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:47:41 ID:4WUX7uMs
>>219
若いんだから官公庁の技官とかは?
レーダーやGPSなんかのシステム構築とかね。

221 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:47:51 ID:e0H1N13a
カオスに統計は役に立たないだろ。

222 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:49:20 ID:e0H1N13a
若いのにロンパク?

223 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:50:58 ID:4WUX7uMs
>>219
本田なんかだったらロボットなんかの研究が向いてたりね。
マトリクスが解れば(ってゆうか十分解るでしょう)ロボット制御のシステム
構築なんかいいんじゃないかな?

224 :数学科院生:2008/04/03(木) 23:52:12 ID:NKY6LMI7
国1受けても通る自信はないよ。

225 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/03(木) 23:53:35 ID:4WUX7uMs
>>221
いや、良く知らないけど。。。
物理は詳しく知らないんで。

226 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:56:27 ID:fZnpB8l9
>>217
幼少の頃、カトリック系の幼稚園に通っていたのが理由で、お祈りなどもしていたのですが、
小学高学年になると、イエスの起こした奇跡が強調されていたために、キリスト教は科学に反すると思い込んむようになりました。
遠藤周作の「私のイエス」と「イエスの生涯」を読んでから、イエスを一人の人として新約聖書を読むようになりました。
イエスを一人の人として見るようになってからは、何を教えようとしたかがよく分かるようになりました。
なぜ、奇跡が起こったと聖書に書かれているのかも、理解できるようになりました。
聖書を探求するつもりはありませんが、イエスに対してはかなり親近感を感じるようになりました。


227 :神も仏も名無しさん:2008/04/03(木) 23:56:56 ID:e0H1N13a
線型性がぶっ壊れてる。

228 :数学科院生:2008/04/03(木) 23:59:08 ID:NKY6LMI7
今の私は可不可(カフカ)状態です。

229 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 00:02:11 ID:Emc4j/oy
>>228
論文の提出期限は、いつなんですか?


230 :数学科院生:2008/04/04(金) 00:06:41 ID:IznO+NpM
まだ博士課程の2年なんで論文提出までには時間はたっぷりあります。

231 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 00:13:25 ID:Emc4j/oy
それなら、ここでゆっくり語れますね。


232 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 00:14:22 ID:Emc4j/oy
今日は、そろそろ寝ます。
おやすみなさい。


233 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/04(金) 00:18:07 ID:DOttm99Z
>>226
これは私の持論なんだが、古代シュメールなんかの神々なんかとYHWHが権力争いをしたんじゃないかと
思う節が見受けられるんだな。興味あったら調べてごらん。
理由は、シュメールの神はカイン人、ケナズ人、レファイム人、アモリ人、カナン人、ギルガシ人、エブス人
の偶像崇拝に受け継がれたみたいだよ。
それらは、幼児生贄や人身生贄なんかしていてそれらに対抗して神が罪のあがないの子羊のなどの焼き尽くす
生贄をしたんじゃないかと思う。あくまで推測だが人を自分達(大多数の権力者)の罪の購いのために人を生贄
とした神々(または勝手に作った神々:偶像崇拝)に対して罪を特定の人に押し付けた連中を裁くため、または
彼らの愚かさを示すためだと思う。
それによって、最終的にイエス・キリストが犠牲になり、諸霊と人々に対し裁く権利を獲得したという作戦。
要するに、イエス・キリストは被害者なんで反撃できる要素を作ったというわけですね。

234 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/04(金) 00:20:06 ID:DOttm99Z
>>232
See you!

ちょこちょこここ来ようかな。面白いねここの板。

235 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 00:26:50 ID:jcfBwdfU
博士課程中退(任期満了卒論出せず)って、結構あるからなあ。

236 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/04(金) 01:31:07 ID:DOttm99Z
ここにも来てよ。

あんまり来る人少ないけど。
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1201026415/1-100

237 :数学科院生:2008/04/04(金) 19:55:39 ID:IznO+NpM
では自由闊達な議論ドゾー

238 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 21:06:25 ID:1pkcGDPt
急に誰も来なくなったな?

239 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 21:45:10 ID:D1HkjvLI
人は探究心から世界の広さを知り、地球の外の有り様を知り、
また暮らしを豊かにする道具を生み出し、命を繋ぐ技術と道具さえも生み出して来たが、
これらは全て科学の産物。
宗教は人に信仰を植え付けそれを常識とすることで人から探究心を奪い、没個性化を促す。
宗教の力が強かった時代より政教分離した以降の時代の方が文化の進歩・発展が目覚ましい。
人が皆同じ考え・思想・信教の元で暮らせば確かに争いは生まれないかもしれないが、
これは理想論だ。
同じ神を崇めていても、派閥が出来て対立し争うのが現実。
昔は利権が絡んでいたから争いが起きるのも理解出来るが、新興宗教で
利権や金銭的見返りの無い下っ端が異様に頑張るのは何なんだ?

240 :神も仏も名無しさん:2008/04/04(金) 22:46:12 ID:2qtlYudr
アフォだから。

241 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 01:25:16 ID:ubcvg9+R
没個性とKYと どう違うの?

242 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/05(土) 01:39:28 ID:b2AfvpSS
数学科院生氏
キリスト談話室のわたしのレス読んでくれたかな?

243 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 07:42:20 ID:K5AInvjT
>>238
昨夜は、呑みに行ってたもので。


244 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 08:33:53 ID:K5AInvjT
心霊写真は、すべて合成写真や二重撮りですね。
あんなものを見て霊が写っていると信じる人は、
写真に関する知識がありません。


245 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 10:04:14 ID:l15cF5z6
裏蓋ちみっと開けて御霊光ってのもあるな。
フィルムというのは、裏から露光すれば各色乳剤層の配置から当然赤黄味が強くなる。
画面中に明らかに色使いの違う光芒が走るから、有り難い御霊光になるわけだ。


246 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 10:48:48 ID:QhGRWqCR
心臓がどうして動いているのか教えてください。
また、人間がどうやって誕生したのか教えてください。



247 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 11:14:27 ID:EFIb+QGu
>246
心臓は基本的にポンプ構造
死体から心臓を引き釣り出して、液体が流入すれば、勝手に動き出す
こうした受動的な要因と、心臓自身に真っ先に心臓が栄養を補充している(冠状動脈)
能動的な要因の両方で心臓は動いている

人間の誕生については知らん
進化論も所詮は反証不能なイデオロギーだからオレは信用しとらん

248 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 11:16:28 ID:QhGRWqCR
今の科学では解明できないことがあまりに沢山あるということで。

249 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 11:23:38 ID:EFIb+QGu
>248
ひょっとしてそれが言いたかったのかw

科学が解明できる領域とできない領域は厳然と区別される
その境界線の線引きを行う学問が科学哲学だ
境界線の向こう側については学問は基本的に相手にしない

勉強しておいで



250 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:00:21 ID:QhGRWqCR
>>249

つまり、科学だけでは何も解明できないということだね。

251 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:25:31 ID:K5AInvjT

科学は、多くのことを解明しています。
何の根拠も無く平気で嘘をついて無知な人を騙す駄宗教より、
よほど科学の方がマシですよ。
もっとも、科学ではないのに科学と偽るブードゥーサイエンスもありますから、
本当の科学かそうではないのかを判断できる正しい知識が必要になります。


252 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:27:32 ID:QhGRWqCR

人間の脳も解明している?

253 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:39:20 ID:NaG+4zbk
科学を否定するなんて馬鹿げてるよ
経験則や科学が解明していなくて
人の不安になるものごとから人を救うのが
宗教だよ。対立することは何も無い。

254 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:42:07 ID:QhGRWqCR
否定する宗教ってあるの?

255 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:47:29 ID:K5AInvjT
>>246
>人間がどうやって誕生したのか教えてください。

「人間」と書いてありますが、正しくは「人」または「人類」です。
「人間」とは、「人」と「人」の「間」の関係の意味を持った言葉です。
この質問では、「人類」の方が質問の意味に合致していますので「人類」という言葉を用います。

現時点で、はっきりしていることは、あなたがどのようにして誕生したのかということです。
あなたは、父親の精子と母親の卵子が結合することにより、誕生したのです。
同様に父親は、父方のおじいちゃんの精子とおばあちゃんの卵子が結合して誕生しましたし、
母親は、母方のおじいちゃんの精子とおばあちゃんの卵子が結合して誕生しました。
こうして辿ってゆけば、人類とは呼べない哺乳類動物から、人類と呼んでも差し支えない哺乳類動物に進化した。
ということになります。
今後の子孫達も、現在の人類と同じかどうかは分かりません。
非常致死率の高いウィルスの誕生により現在の人類の多くが死に、
残った人類の中からそのウィルスに耐えられる種だけが生き残ったために、
現在の人種とは違った種が大多数を占めるようにならないとも限りません。


256 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:49:54 ID:QhGRWqCR
>>255

その哺乳類動物はどうやって誕生したのですか?

257 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 12:50:45 ID:K5AInvjT
>>254

正確には、「科学を否定する宗教」ではなく、
「科学を否定したがる宗教の信者」ですね。


258 :数学科院生:2008/04/05(土) 13:15:46 ID:pLL7/hrD
「こころ」は脳にあるかもしれない。

259 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 13:20:55 ID:QhGRWqCR
結局、哺乳類動物の誕生についてはまだ科学では
分かっていないのか。。。

260 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 13:26:32 ID:XDsR8Pla
ググれカス

261 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 13:28:04 ID:QhGRWqCR
ググッテモ デテコナイヨ 
カイメイサレテイナイカラ

262 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 13:35:43 ID:BBDdoNC7
>>261
宗教やれば解明されるのかよ。

263 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 13:38:06 ID:QhGRWqCR
知らない。
宗教に入っていないから。

264 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:06:34 ID:K5AInvjT
>>259
>哺乳類動物の誕生についてはまだ科学では分かっていないのか。。。

哺乳類の先祖は、爬虫類です。
爬虫類の先祖は、両生類。
両生類の先祖は、魚類。
魚類の先祖は、脊椎動物亜門だと考えられています。

265 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:09:02 ID:XDsR8Pla
哺乳類動物の誕生 の検索結果 約 180 件中 1 - 10 件目 (0.27 秒)

せめて1度くらいググってから言えカス


266 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:11:16 ID:QhGRWqCR
だから、どこにも答えがないでしょ?

267 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:13:49 ID:9TTAW0WL
>人間の脳も解明している?

また得意のペンフィールドとエックルスですか、ネヨさん。

268 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:15:23 ID:QhGRWqCR
>>267
何ですか?それ。

269 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:17:09 ID:K5AInvjT
>>266
答えを自分で見つけることが、科学です。
だれかに答えを教えてもらうものではありません。


270 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:17:29 ID:QhGRWqCR
>>264 さんありがとうございます。
それは、昔習いましたが、聞き方が悪かったですね。
生命の発生はどうして?ということなのです。

まさか、アダムとイブが・・・でもありえないし。



271 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:18:41 ID:QhGRWqCR
>>269

うわ〜、そうきましたか。
全てその答えで通せますね。
それが科学なのですか?



272 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:25:40 ID:XDsR8Pla
「生命の起源」でググってから全ページ呼んで出直せカス

273 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:28:57 ID:K5AInvjT
>>270
生命の発生は、諸説あります。
ただし、未だ人類が無生物から生物を誕生させたことはありませんので、「確実にこれだ。」ということは言えません。
おそらく、現在のように酸素がほとんど無い地球で、温度と雷などの電気エネルギーにより、
有機物が合成され、チミン、アデニン、シトシン、グアニン、ウラシルの5つの核酸塩基を合成し、
それが、核酸を造り、DNAとなって、初期の嫌気性バクテリアになり、これが、生物の始まりになったのではないかと考える学者がいます。


274 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:31:49 ID:QhGRWqCR
>>272

まずは、言葉の使い方を勉強してから出直してください。

275 :数学科院生:2008/04/05(土) 14:34:08 ID:pLL7/hrD
↑そういえば昔 それらを使って実験した人がいましたね。

276 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:34:15 ID:K5AInvjT
>>271
そうですよ。
「科学」の字を良く見てください。
「科」「学」です。
「科」とは、あるていどまとめられそうなものに分けてまとめること。
「学」とは、そこから何らかの知識を得ること。
つまり、「科学」とは、分類して分けてみて、それで何か分かるか自分で考えてみることです。
だから、科学に「絶対これ」は無いのです。
「この考え方なら大抵当てはまる。」ということでしかありません。


277 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:37:35 ID:QhGRWqCR
根拠なく言っているなら、宗教と一緒?

278 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:39:53 ID:K5AInvjT
>>277
根拠となる事実はあります。
それが、宗教と科学の大きな違いです。

279 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 14:44:01 ID:QhGRWqCR
なるほど。

280 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:09:53 ID:v2RG1s3D
ただ事実の何たるか、例えば目視を
全ての人が同様に共有している
かどうかは信仰の域を出ていない
同じ機能を持った目という器官を
使用しているから同様だと信仰して
いるだけだね。

281 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:26:49 ID:K5AInvjT
>>280
>ただ事実の何たるか、例えば目視を全ての人が同様に共有しているかどうかは信仰の域を出ていない。
>同じ機能を持った目という器官を使用しているから同様だと信仰しているだけだね。

それは、「信仰」ではなくて、「共通認識」です。
例えば、Aさんが、「ここに○○が見える。君にも見えるか?」と尋ねられたBさんが、
「私にも見える。」と答えたら、「二人の共通認識の確認」がされたことになります。
これが、100人で同じように見えることが確認されたら、「100人の共通認識の確認」がされたことになります。
この人数が多いほど、そこには「実際にある」という確実性が高くなります。

「信仰」とは、宗教で使う用語です。
実際には無いものだとしても、「ある」と信じて仰ぎ見ることです。
「神」は実際にいるかどうか分かりませんが、「ある」と信じれば心の支えになるのであれば、
「ある」ことにして心を平安に保つ。ということをします。
これが「信仰」です。


282 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:31:33 ID:v2RG1s3D
共通認識の信仰だね

283 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:33:12 ID:K5AInvjT
>>282
「信仰」ではありません。
「信仰」の意味を、国語辞典で確認してみてください。


284 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:37:59 ID:QhGRWqCR
K5AInvjTさんの話は分かりやすい。

285 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:40:44 ID:K5AInvjT
>>284
ありがとうございます。


286 :数学科院生:2008/04/05(土) 15:44:35 ID:pLL7/hrD
どなたかこの論戦に終止符をうってください。私は科学がだめなので。

287 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:48:31 ID:K5AInvjT
>>286
何でも良いので別の話を始めると、自然に終結するかと。


288 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:51:44 ID:K5AInvjT
そういえば、昨夜呑みに行ったら、三歳のときにすでに般若心経を暗唱できたという女性に会いました。
それで、テレビに出たことがあったらしいです。


289 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:52:33 ID:QhGRWqCR
>>286
え?ここは科学を信仰している人たちのスレじゃないの?

290 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 15:53:30 ID:QhGRWqCR
>>288
だから?

291 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:00:27 ID:K5AInvjT
>>290
そこで、「般若心経がどんなことを言おうとしているのか知っているの?」
と尋ねたら、「意味は分からない。」ということでした。




292 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:03:37 ID:QhGRWqCR
はああ?K5AInvjTは何者なの〜?

293 :数学科院生:2008/04/05(土) 16:06:42 ID:pLL7/hrD
>289 繰り返しになりますが数学は自然科学ではありません。極論ですが単なる道具です。

294 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:08:43 ID:K5AInvjT
>>289
>え?ここは科学を信仰している人たちのスレじゃないの?

いいえ。ここは科学を信仰していない人たちのスレです。


295 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:12:40 ID:K5AInvjT
>>292
それで、何となく気が会ったので、メアド教えて貰いました。

>K5AInvjTは何者なの〜?

好色者・・・かな(笑)


296 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:14:15 ID:QhGRWqCR
その「般若心経」がどうしたの?

297 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:18:12 ID:K5AInvjT
>>296
私も般若心経を暗唱できたので、「般若心経を言える人に初めて会った。」
と言われて気が合ったのです。


298 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:18:52 ID:QhGRWqCR
うちの母もできるけど?

299 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:20:41 ID:K5AInvjT
>>298
それじゃ、あなたのお母さんとも、きっと気が合いますね。(笑)


300 :数学科院生:2008/04/05(土) 16:26:51 ID:pLL7/hrD
なかなか俺の立場は理解してもらえません。説明はやめておきます。

301 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 16:26:54 ID:QhGRWqCR
そんな人五万といますよ。(笑)


302 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:03:47 ID:K5AInvjT
>>301
どうして5万人だと知っているのですか?
どこかに、「般若心経が暗唱できる人」の統計データがあるのですか?
あなたは、般若心経を暗唱できるのですか?


303 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:07:13 ID:QhGRWqCR
五万といる→沢山いるという意味です。
あなたらしくないお答えですね。

私は暗唱するつもりも興味もありません。

304 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:09:00 ID:K5AInvjT
>>300
HSのスレに書いても、理解してもらえないという意味ですか?


305 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:11:15 ID:K5AInvjT
>>300
HSは、「科学」をしていないですからね。
名称を詐称しているとしか思えません。


306 :数学科院生:2008/04/05(土) 17:15:35 ID:pLL7/hrD
HSって何?

307 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:22:28 ID:K5AInvjT
>>303
>五万といる→沢山いるという意味です。
>あなたらしくないお答えですね。

知っていますよ。言葉遊びをしただけです。(笑)


>私は暗唱するつもりも興味もありません。

般若心経は、面白い見方を教えていますよ。
ものごとに対する価値観が変わります。
暗唱する必要は全然ありませんが、入門書や解説書を読まれてみてはいかがでしょうか?


308 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:25:17 ID:K5AInvjT
>>306
HS:Happy Science
これは、あくまで彼ら自身がそう呼んでいる英語の名称です。


309 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:25:32 ID:QhGRWqCR
何のために?

310 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:33:36 ID:K5AInvjT
>>309
般若心経が教える見方や考え方を知ると、それだけ心を自由にできる可能性があります。


311 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:43:36 ID:/a3SThF1
何教ですか?


312 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:45:03 ID:K5AInvjT
>>311
般若心経は仏陀の教え。だから仏教です。


313 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:46:32 ID:/a3SThF1
仏教にもいろいろあります。

314 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:49:30 ID:K5AInvjT
>>313
宗派にこだわらなくても良いと思います。


315 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:50:25 ID:/a3SThF1

あなたは聖書を読んだことがありますか?
これを読むと心が自由になります。

316 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:54:58 ID:K5AInvjT
>>315
新約聖書は、愛読書です。イエス・キリストの教えには、救われています。


317 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:56:30 ID:BBDdoNC7
>>316
別にキリストが書いたわけではないけどね。

318 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 17:56:34 ID:/a3SThF1
般若心経の教えとどう違いますか?

319 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:03:07 ID:K5AInvjT
>>317
般若心経も、仏陀が書いたのではありません。
弟子が師の教えを理解して書き残した方が、良い教えとして残っていると思われます。

>>318
般若心経の教えと、新約聖書の教えは、似ているのは「ものごとの見方・感じ方にこだわるな。」
というところです。
違いは、沢山ありますので書ききれません。


320 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:04:52 ID:/a3SThF1
じゃあ、何も般若心経にこだわらなくても良いわけですよね。

321 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:07:35 ID:81LSE3+3
>>319
>般若心経の教えと、新約聖書の教えは、似ているのは「ものごとの見
>方・感じ方にこだわるな。」というところです。

イエスはそんなことは言っていない。常に、「俺が、俺が」のエゴ丸出し。
「俺に従わない者は裁かれる」と脅迫している。

322 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:08:27 ID:K5AInvjT
新約聖書で好きな箇所は、山上の教えの部分です。
(マタイ 5.1-12、ルカ 6.20-23)


323 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:10:29 ID:K5AInvjT
>>320
般若心経にこだわらなくても良いですよ。
面白い見方・考え方があることに気付く可能性があるだけですから。


324 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:10:46 ID:/a3SThF1
ところでK5nAInvjThは3歳で般若心経を暗唱した人の話から
一体何を言いたいのか。
簡潔明瞭にお願いします。



325 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:13:22 ID:K5AInvjT
>>321
新約聖書を正しく読んでいないから、そのように誤解するのですね。
人の心が聖書に書かれていることを理解するものなので、
新約聖書に書かれていることは同じでも、人によって理解の仕方が違ってくるということです。


326 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:15:20 ID:K5AInvjT
>>324

>>286
「どなたかこの論戦に終止符をうってください。私は科学がだめなので。」
を実行したまでです。




327 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:21:10 ID:81LSE3+3
>>322
山上の説教は、「人間差別」に満ちている。「貧しい者は天国に入る」。
「豊かな者」は天国に入れないのか。貧しい者も豊かな者も、同じく
人間。人間を差別してはならない。


328 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 18:52:14 ID:vtq1WNol
物事には多少の犠牲が付き物だけど
科学には犠牲が多すぎる 異常なほどに
科学を称えている人ってそれをちゃんと自覚した上?

329 :数学科院生:2008/04/05(土) 19:16:52 ID:pLL7/hrD
↑そういう話し方はよくない。科学信仰=悪という前提だから。

330 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 19:56:25 ID:+SIyYERW
共通認識が信仰でないなんて
とても客観的な判断とは言えないな。
まるで新興宗教に騙されてる信者
みたいだな。共通認識の説明
すら放棄するとは。


331 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 20:08:40 ID:K5AInvjT
>>327
山上の教えの誤った解釈のしかたですね。
恵まれていないと思っている人も、それはあなたの思い込みですよ。
ということを教えているのです。

>>328
科学の犠牲とは、具体的にはどのようなことを言っているのですか?

>>330
「信仰」の意味を、国語辞典で確認されたのでしょうか?


332 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 20:28:05 ID:+SIyYERW
共通認識の確認って差別の肯定みたいなもんだね
より多くの人に見えたら事実だなんて恐ろしい。

信仰の意味は読んだよ。特に疑問は感じなかったよ

333 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 20:49:04 ID:K5AInvjT
>>332
それなら、「共通認識」は「信仰」ではないことが、あなたにも理解できたのですね?


334 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 20:53:47 ID:upK4zKqq
>>1
科学ってなんですか?
宗教は電波ですけど、科学も電波ですが。

335 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 21:03:43 ID:K5AInvjT
>>334
科学は、電波とは何かを探求したり説明したり、電波を通信手段に利用したりします。
宗教での電波は、たとえば、「誰かが頭の中に語りかけてきた。」と、
まるで頭が電波を受信したかのようなことを言った人に、
「それは、誰かからの啓示だ。」と言ったりして、その宗教の信仰を深めようとすることがあります。

科学の電波と、宗教の電波は、根本的に異なります。

336 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 21:33:56 ID:+SIyYERW
>>333
共通認識は信仰だと思ったよ?

337 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 21:37:52 ID:K5AInvjT
>>336
それでは、まだ正しく理解していないということですね。


338 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 21:52:00 ID:AM1yxsCk
重大な欠点が見つかってない
もしくは信用できるかどうか怪しい
共通認識を土台にしている
科学の危うさはあるでしょ。
それは信仰でもある。
みんなが言ってるからそれでいい
って、とても科学的じゃないよ。
科学よりは信仰だよ。

共通認識を疑うほど俺も
科学的な人間ではないけどねw
何かの信者で科学を否定
したいわけだも無いよ。

339 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 22:39:14 ID:9SC84h9f
>>331
>恵まれていないと思っている人も、それはあなたの思い込みですよ。
>ということを教えているのです。

食べるものが在るか無いかは、「思い込み」の問題などではない。

イエスは、そんな言葉を、飢餓に瀕している人々の面前で吐けるか。

誤っているのは、そのイエスの「教え」自体である。


340 :いっちー:2008/04/05(土) 22:42:38 ID:xNaMo859
科学も宗教も結局は同じ。
どっちもこの世の摂理。二つ一つ。
と、天理を聞いてる俺は思う。

341 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 22:48:11 ID:AM1yxsCk
富める者の方がお布施が多いという共通認識がある

342 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 22:54:18 ID:K5AInvjT
>>338 >>339 >>340

どうやら、誤解されている方が多いですね。
言葉の一つひとつを丁寧に調べて、正しく理解するようにしましょう。
言葉の一つひとつを正しく理解すると、そのような考え方が間違っていて
本当のことが良く分かるようになります。


343 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 22:56:40 ID:K5AInvjT
>>341

お布施の本当の意味を、正しく理解していますか?


344 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 23:17:47 ID:YNacZHN+
>>343
お布施がお金であるという共通認識があるようだね

345 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 00:52:51 ID:WphlBu7r
永平寺のゲンナマ好きは今もかな?

346 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 08:40:12 ID:MeCAWWlO
>>354 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 23:20:36 ID:RylK95Xj
>>K5AInvjTさん

>何かありませんか?

別に。
おなたがどう思おうと、関係無いから。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1203411888/l50


347 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 08:42:08 ID:MeCAWWlO
354 :神も仏も名無しさん:2008/04/05(土) 23:20:36 ID:RylK95Xj
>>K5AInvjTさん

>何かありませんか?

別に。
おなたがどう思おうと、関係無いから。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1207055092/354


348 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 08:49:58 ID:MeCAWWlO
>>344
本来のお布施は、お金ではありません。
もう一度、「お布施をするとはどのような行為か」を調べてみてください。


349 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 10:16:08 ID:nU68/6Ek
>>348
こんなに確認がむずかしい共通認識を
信用してもいいものなのかね?

350 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 10:33:52 ID:MeCAWWlO
>>349
「お布施の本当の意味を確認することは難しい。」というあなたの思い込みが、
あなたの行動を妨げています。


351 :上祐智史:2008/04/06(日) 11:58:26 ID:Adl0PhNs
科学と宗教は対立するように考える人もいますが、
基本的には科学は教典の内容を証明するという方向性を持っています。
例えば「これこれの修行は集中力を高める」とある教典にあったとします。
すると今度は科学的に脳波をとるなり科学的なアプローチをとり実証していく。。
これが理想です。

しかし両者が対立するのは宗教者の中に「絶対自分は正しい、科学なんて受け付けない」
という人がいるから、なんです。(指導者にも)
よってそれは教典のみを重用視して結果、時代遅れのポンコツ書物をなるべくしてなるでしょう。

352 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 12:19:20 ID:nU68/6Ek
>>350
なんでこんなにお布施で引っかかってるのか分からん
お布施に生活がかかってるってこと?調べたけど金と
法と災害救助?特に気をつける意味は読み取れない
なあ。ほんとどうしたの?って感じ。

353 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 12:39:09 ID:PBGyNS+j
>基本的には科学は教典の内容を証明するという方向性を持って

いません。

>両者が対立するのは宗教者の中に「絶対自分は正しい、科学なんて受け付けない」

ただの馬鹿やろうですな。ネットはもちろん、電話も使うべきではないし、病気に
なったらご祈祷だけに命を懸けてもらわないといけません。

354 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 12:39:49 ID:MeCAWWlO
>>352
お布施の本当の意味は、「金と法と災害救助」ではありません。
もっと良く調べてみてください。


355 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 12:47:37 ID:PBGyNS+j
なかなか分からない本当の意味を臭わせ、攪乱のうちに金を巻き上げるのか?

356 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:11:38 ID:IhKDLxqH
>>354
そんないじわるしないで「お布施」の意味を言ったら?

357 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:12:14 ID:IhKDLxqH
なんか、ねちっこい。何時間かけて「お布施」の話をしているのか。

358 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:41:04 ID:PBGyNS+j
てすと

359 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:44:34 ID:PBGyNS+j
秘するが花と言ってね、裏付けの無い宗教はネタバレすると成り立たないの。

360 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:52:21 ID:IhKDLxqH
そうか。

361 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:53:49 ID:IhKDLxqH
まず、第一にお金のかかる宗教は一切信用しないほうがいい。


362 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:56:10 ID:70iobyN6
>>361
唯でいい目見ようとするのは、虫が良すぎw。

363 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 13:59:27 ID:IhKDLxqH
意味分からん。

364 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 14:52:38 ID:MeCAWWlO
>>356
お布施の意味を書かないのは、意地悪でしているのではありません。
たった一つの「お布施」の意味でさえ、本当の意味を知ろうと思えば、
自分で努力して探さなければならない現実を示しているのです。
科学も、一つひとつの原理や法則を、多くの人が
「これが一番事実を表していることに近いのではないだろうか。」
と自分で捜し求めた人たちの努力から生まれた結果なのです。
そして、その原理や法則が人々に役に立つならば、
それも「お布施」になるのです。


365 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 14:59:04 ID:IhKDLxqH
お布施の話はもういいよ。

366 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:00:17 ID:MeCAWWlO

ID:IhKDLxqHさん。
もし、あなたが今までお布施をお金で支払ってきたならば、
それは、何のために支払ってきたのでしょうか。
もう一度、よく考えてみてください。


367 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:02:22 ID:IhKDLxqH
だから、もうお布施の話はいいんです。

結局、あなたはここで何がいいたいのですか!?

368 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:05:32 ID:MeCAWWlO

確率論も微分方程式も理解するのは大変ですけど、理解すると大いに使えそうです。


369 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:06:46 ID:IhKDLxqH
それだけ?

370 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:08:24 ID:hM956OlW
お布施を理解するのも大変だが、理解出来ると儲かる訳だなw

371 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:13:28 ID:MeCAWWlO
>>370
お布施を理解するのは簡単です。

確率論や微分方程式を理解するのは大変です。
儲かるかどうかは、使ってみなければ分かりません。


372 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:15:54 ID:MeCAWWlO

ID:IhKDLxqHさん。
他力本願では、何も得られません。


373 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:18:10 ID:IhKDLxqH
別に何も得られなくてもいいんですけど。

374 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:21:33 ID:IhKDLxqH
しかも、他力本願って。。。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%96%E5%8A%9B%E6%9C%AC%E9%A1%98

375 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:28:20 ID:IhKDLxqH
確率論や微分方程式が分かったら
大いに「何に」使えそうなのですか。

そんなこと日常では使いません。
私たちは日々、日常を生きています。

ああでもない、こうでもないと理屈ばかり
述べられても全く分かりません。


376 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:29:39 ID:MeCAWWlO
>>374

もちろん、>>372の「他力本願」は、本来の意味ではなく、一般的な意味としてです。
お間違いの無いように。


377 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:31:37 ID:MeCAWWlO
>>375
>確率論や微分方程式が分かったら大いに「何に」使えそうなのですか。

それは、言えません。
日常生活があなたとは違うということです。


378 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:32:01 ID:IhKDLxqH
結局は自分の説をここで理解させて
お布施(お金)をとろうっていうことですか?

379 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:32:49 ID:IhKDLxqH
じゃないと>>366のような質問はこちらが何も求めていないのに
しませんよね。

380 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:34:55 ID:MeCAWWlO
>>378-379

いいえ。
私は、お布施をお金で払ったことはありませんので。


381 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:35:00 ID:IhKDLxqH
>>377

日常生活が私たちと違う人に、ここで話しをされてもねえ。
ならば、自分たちの世界で自説をとかれてはどうですか?
何もわざわざここへ来なくても。

382 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:36:09 ID:hM956OlW
確率論や微分方程式は、第一義に公理系美しさゆえに存在する。
使うか、使って儲かるかは本来別の話。

383 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:37:09 ID:hM956OlW
お布施は使って儲ける俗物。

384 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:37:45 ID:hM956OlW
訂正:公理系の

385 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:38:13 ID:MeCAWWlO
>>381

日常生活が同じ人など、いるのですか?
皆、それぞれ違った日常生活をしていると思いますよ。


386 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:42:13 ID:IhKDLxqH
>>380

私はお布施自体したことがありませんので。

>>381

>>377で「それは言えません」とか言っているじゃないですか。
では、ここで確率論や微分方程式が分かったら大いに使えそうだなんて
言う必要もないのでは?まったく矛盾しています。



387 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:45:43 ID:MeCAWWlO
>>386

同じものでも、使える人には使えます。使えない人には使えません。
同じ楽器でも、弾ける人は美しい音色を奏でることができますが、
弾けない人には、うるさい音しか出せません。
それと同じです。


388 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 15:59:09 ID:IhKDLxqH

本当に理屈っぽいですね。
そんなこと分かりきっていますよ。

だからどうしたというのですか?
一体何をいいたいのですか?

389 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 16:01:41 ID:IhKDLxqH
結局はカルト宗教でしょ?

390 :数学科院生:2008/04/06(日) 16:12:54 ID:MTRo8K+W
確立微分方程式は金融工学に多大な影響を与え現実の資本主義を支えています。資本主義がいいか悪いかは別として。

391 :数学科院生:2008/04/06(日) 16:20:50 ID:MTRo8K+W
それとウィキペディアからの情報は間違いが多いのであまり信じこまないほうが賢明です。なにしろ執筆者は匿名という条件付きですから。

392 :数学科院生:2008/04/06(日) 16:42:10 ID:MTRo8K+W
横槍を入れてしまったようですみません。

393 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 16:53:48 ID:MeCAWWlO
>>390-392
数学科院生さん、ありがとうございます。
数学科院生さんのおっしゃるとおりです。
目下、硬い頭で何とか理解しようと勉強しているところです。


394 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 16:59:19 ID:MeCAWWlO
>>390
「確立微分方程式」→「確率微分方程式」ですね。


395 :数学科院生:2008/04/06(日) 17:04:32 ID:MTRo8K+W
確立ではなく確率でした。訂正します。しかし君は理論派だね。将来が楽しみだ。

396 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 17:11:01 ID:MeCAWWlO
>>395
ありがとうございます。
私が確率論と微分方程式を勉強しようと思い立ったのは、数学科院生さんの書き込みのおかげです。
大変感謝しています。
どこまで理解できるか分かりませんが、チャレンジしています。



397 :数学科院生:2008/04/06(日) 17:23:49 ID:MTRo8K+W
面白い本を紹介します。
「マインドコントロールとは何か」西田公昭著 静岡県立大教授
「社会学講義1・2」橋爪大三郎著 東京工大教授
両方共生きて行くのに役立つ。タイトルは難しいけど中学生でも解るように書いてある。あと深夜に面白い数式載せるから見ておいてね。

398 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 17:39:13 ID:MeCAWWlO
確率微分方程式って、伊藤清博士が、第二次世界大戦中に、「Markoff過程ヲ定メル微分方程式」
という論文で発表したものが始まりだったんですね。
コンピュータも無い時代にすごいことをされたのですね。
でも、金融工学って、欧米の学問という感じがします。
何だか、おいしいところを欧米に持っていかれているような・・・。

399 :数学科院生:2008/04/06(日) 17:51:18 ID:MTRo8K+W
伊藤清博士は確率微分方程式の発明により社会に格別の貢献をしたとして第一回ガウス賞を受賞された。フィールズ賞なんかとは訳が違う。まあ日本の学界は徒弟制度だから自由な研究はできずおいしい部分は英国米に持っていってしまわれるのだ。

400 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 18:11:43 ID:MeCAWWlO
ガウス賞ってすごい賞なんですね。
2006年9月14日に第一回ガウス賞ですから、ごく最近ですね。
"第二回ガウス賞"と"Second Gauss Prize"で検索してもヒットしなかったのですが、
ガウス賞を受賞したのは、伊藤清博士だけなのでしょうか?

欧米の学会は、徒弟制度ではないということなのでしょうか?


401 :数学科院生:2008/04/06(日) 18:29:44 ID:MTRo8K+W
伊藤清博士だけです。ノーベル賞に数学部門があれば必ず受賞されていると思います。欧米とりわけ英国と米は自由です。しかし熾烈な競争社会です。ケンブリッジとかUCBに遊びに行った時驚かされました。

402 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 18:52:46 ID:MeCAWWlO
日本人の精神構造は、農耕を中心とした協調型。
欧米の精神構造は、狩猟を中心とした競争型。
というのは、根拠の無いただのイメージですが、
"ゆとり教育"を文部科学省が取り入れた背景には、
このような精神構造になりやすい国民性があるような気がします。
欧米人は、幼少の頃から、競争するのが当然と教えられるのでしょうね。


403 :数学科院生:2008/04/06(日) 19:03:58 ID:MTRo8K+W
結局 教育もマインドコントロールの一種なのです。マインドコントロールというと即 悪だと解釈されてしまうのですが決してそうではありません。洗脳とは全く違います。ちょっと疲れてきたので飯とTVタイムです。

404 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 20:51:04 ID:7I/3l4sy
お布施の人はどこかへいっちゃったの?

405 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 21:10:00 ID:MeCAWWlO
>>403
教育は、その人の基本的な考え方に相当影響するでしょうから、マインドコントロールの一種という見方もできますね。
学校の教育現場だけでなく、テレビ、雑誌、インターネット、ゲームなどで刺激的な情報を得ると、それによる精神への影響も大きいように思えます。
その人を取り囲む様々な情報と経験が、その人の精神的性格を形成することになるでしょう。


406 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 21:28:51 ID:ypVvTDmf
確率微分方程式を駆使するノーベル経済学賞学者が軒並み投資で大損している件について。

407 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 21:57:12 ID:MeCAWWlO
そうしてさらに、新たな経済理論を誰かが展開するようになるのですね。

「投資の失敗は、新たな経済理論を生む動機付けになる。」
という法則になるかな。(笑)


408 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 22:02:51 ID:PspYMEvj
連続性の問題だと思う。水の状態方程式を、氷や水蒸気に適用は出来ない。
しかし、相場はあらゆる状態間を移行する。

409 :神も仏も名無しさん:2008/04/06(日) 22:17:43 ID:MGEV8Cqs
経済学賞はなんちゃってノーベル賞ということで

410 :数学科院生:2008/04/06(日) 22:35:34 ID:MTRo8K+W
学者が相場で儲かるなら学者なんてやってませんよ。そういう意味では日本最後の相場師 是銀さん(是川銀蔵氏)は立派なもんだった。複雑系を取り入れた計量経済学でも予測は無理。結局 失敗は成功の基としかいえないな。

411 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 00:22:40 ID:xGeAkghm
結局、株価や経済の予測は、誰にもできないということですね。
気象予報のように自然の法則に従った予測ではなく、
不規則な人の行動が入るからということですね。


412 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 00:53:44 ID:SS/ZacZt
科学万歳の人は人間が一番偉い存在だと思ってんのかな・・

413 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 02:02:40 ID:ZOwjbbnx
未だに何が偉いか偉くないか決められないのが
科学の現状だと認識してるだろう。科学万歳
とは何なのか微妙だが。科学って人が分かること
そのものだから、それを否定するのは自分が
分かることを否定することになるよ。新興宗教
が好みそうな状況だな。

414 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 06:28:53 ID:SS/ZacZt
>何が偉いか偉くない
正気ですか?

415 :数学科院生:2008/04/07(月) 07:49:54 ID:aXV8bSjB
昨日 確率論と微分方程式を学んでると言ってた理論派の君のことをf'(x)君と呼ばせてもらうよ。

416 :数学科院生:2008/04/07(月) 07:57:57 ID:aXV8bSjB
>411 株価や経済の予測は誰にもできないということですね。
違います。予測はできるようになりつつあるということです。

417 :数学科院生:2008/04/07(月) 16:43:21 ID:aXV8bSjB
f'(x)君への問題です。
x^2を区間[‐π,π]でフーリエ級数展開せよ。

418 :数学科院生:2008/04/07(月) 17:15:56 ID:aXV8bSjB
>417の解答
x^2〜1/2π∫x^2dx(-π〜
π)+1/π[Σ{∫x^2cos nxdx(-π,π)}cos nx(n=1〜∞)]
x^2〜π^2/3+Σ4/n^2*cos
nπcos nx(n=1〜∞)
xにπを代入
π^2=π^2/3+Σ4/n 2*(-1)^2n(n=1〜∞)

419 :数学科院生:2008/04/07(月) 17:27:26 ID:aXV8bSjB
解答の続き
Σ4/n^2*(-1)^2n(n=1〜∞)=2/3*π^2
∴Σ1/n^2(n=1〜∞)=π^2/6
解はπ^2/6です。

420 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 20:49:23 ID:u7mStujH
株価の完全予想は出来ません。
第一は、カオス的な動きによる決定論的非決定性。
第二は、内的(ホリエモンみたいなもの)、外的(サブプラの破綻や果ては飢饉戦争など)要因による相転移。


421 :数学科院生:2008/04/07(月) 21:07:36 ID:aXV8bSjB
完全予想は無理です。奥野正寛先生教えてください。

422 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 21:14:07 ID:V3Rc67pm
ふーん。
数式いじって株価が予想できるって信じている人がいまだにいるんだね。
エセ宗教なみにバカげてる。そんなもので儲けた奴聞いたことない。

423 :数学科院生:2008/04/07(月) 21:21:41 ID:aXV8bSjB
この数式は株価予測とは全く関係ありません。f'(x)君が数学に興味があるというので書いただけですよ。

424 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 21:30:58 ID:8eUIMhzy
ただ、論理的に導かれる適正株価というものは、確率微分方程式、例えばブラック-ショールズの
評価式などによって算定で来ます。
実際の株価とその差額で売り買いの意思決定を行うのです。
長期的予測はまったく不可能です。

425 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 21:34:11 ID:8eUIMhzy
数学院生さん、ゼータとか絶対カシミール元って、どう理解すればよいのか、悩んでます。

426 :数学科院生:2008/04/07(月) 21:39:53 ID:aXV8bSjB
↑経済やってるんですか?

427 :数学科院生:2008/04/07(月) 21:56:47 ID:aXV8bSjB
>425さん ζ関数はたしかに難しいです。どう理解すればいのかといわれても説明のしようがありません。先生に徹底的に質問するしかありませんとしか言えないのですが。

428 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 22:16:50 ID:8eUIMhzy
経済ではありません。
真空のエネルギーなどを扱おうとすると、整数論やらゼータやら出て来て辟易です。

429 :f(x):2008/04/07(月) 22:20:21 ID:xGeAkghm
>>417-419 >>423
数学科院生さん、ありがとうございます。
まだ、確率論の初歩を勉強し始めたばかりなので、解析学のフーリエ級数まではまだまだ及びません。
スペクトル解析するには、必須なのですが・・・。
でも、理解するように頑張ります。
ノイズを含んだ信号のスペクトル解析は、確率微分方程式(確率フーリエ変換?)ということになるのでしょうか?
確率論と微分方程式の融合までは、まだ、とてもとても・・・。


430 :f(x):2008/04/07(月) 22:22:41 ID:xGeAkghm
>>428
うわっ、宇宙開闢前の研究されてる。


431 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2008/04/07(月) 22:23:03 ID:ofp0+bGh
おいらなんか数学はお手上げだい!!

ただアインシュタインが昔、「数学とは神との対話である」という言葉を発したことがあるのを知ってるんだけど、
数学が苦手な人って神との対話は無理なのかな?
もともと数学UBまでしかやってきてないし、微分積分なんかとっくに忘れちゃってるんだよorz


432 :f(x):2008/04/07(月) 22:29:45 ID:xGeAkghm
>>431
私も数学は疎い方なんですけど、神の声を聞こうと頑張ってます。(笑)
少しずつですけど、分かってくると数学は面白いですよ。
茂木健一郎博士の"Aha"体験をする感じです。
ただし、期限が決められていないとか、テストがあるとかではない
という条件付きですが。


433 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 22:31:15 ID:8eUIMhzy
宇宙の声は聴こえるような気がするけれど、神の声は聴こえない。

434 :数学科院生:2008/04/07(月) 22:32:17 ID:aXV8bSjB
そうですよ。難しいがゆえに挑戦する意欲が湧いてきます。いい言葉をあげます。湯川秀樹博士をして1000人に一人の秀才といわしめた元東大全共闘議長 山本義隆が残した言葉です。
「挑戦せずして辞することを拒否する」彼がもし大学に残っていれば統一理論は完成していたかも

435 :数学科院生:2008/04/07(月) 22:33:26 ID:aXV8bSjB
今日は疲れたので寝ます。

436 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 22:35:01 ID:mpGmS49N
良い宗教は必ず科学と矛盾しない。
バカな宗教は科学を認めない。

437 :f(x):2008/04/07(月) 22:36:53 ID:xGeAkghm
>>434
>「挑戦せずして辞することを拒否する」

確かに、良い言葉です。生きている間は、挑戦の連続ですね。

>>435
おやすみなさい。


438 :f(x):2008/04/07(月) 22:39:04 ID:xGeAkghm
>>433
「神」と言っても、私の「神」は、自然の法則そのものなのですが。


439 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 22:51:24 ID:8eUIMhzy
スピノザな神は、宗教板では流行らないようですよ。

440 :神も仏も名無しさん:2008/04/07(月) 22:58:06 ID:aselqGkk
>>414
なぜ正気を問うの?

441 :f(x):2008/04/07(月) 22:59:13 ID:xGeAkghm
「神」の定義など、どうでも良いのです。
人が考え出した想像上の対象に過ぎないのですから。
その人の都合の良いように定義すれば良いのです。


442 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 00:45:09 ID:OV5Hlgyl
>>441
>人が考え出した想像上の対象に過ぎないのですから

一神教の神は「空想の産物」だが、スピノザの神(「自然」)は、厳然として
存在するぞ。

443 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 01:41:10 ID:B6OGYroi
>>414
なぜ正気を問うのか教えてくれるのを待ってるよ

444 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 01:47:47 ID:Tjd6/N6Y
>>1ではないが自己紹介

Q:富士山を動かすにはどうするか?
A:対等な別の慣性系に乗り換える。

Q:マンホールの蓋が丸いのは、穴に落ちにくいことの他にどんなメリットがあるか?
A:中国人が転がして運びやすいから。

Q:神は存在するか?
A:神が存在しないと説明出来ない現象は存在しないので、無駄な仮定(神)は置かない。

Q:お前の信仰とは?
A:確固たる理由は持たないが、自然は数学で記述出来る確信。

質問してみる?

445 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 01:56:40 ID:B6OGYroi
>>444
共通認識は信仰だと思った

446 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 02:12:45 ID:Tjd6/N6Y
神を外せばね。

447 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 02:16:34 ID:7xURrsx5
富士山を動かすには?

別の山を「富士山」と名付ければいいだけのこと。
これって昔話になかったっけ?

448 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 02:29:38 ID:Tjd6/N6Y
それは富士山をポンと移しただけ。動かすという動詞を満たしてない。

449 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 02:35:08 ID:7xURrsx5
>>448
「動かす」は「位置を変える」ということだよ。
「富士山」の位置を変えることは可能。
「首都移転」も同じ概念でしょ。

450 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 02:49:01 ID:7xURrsx5
丸い蓋のメリットは、方向をいちいち合わせることなく閉じられる。
角度があると、その角度にいちいち向きを合わせなくちゃいけないから。
あと、蓋が穴の中に落ちることが絶対にないんじゃないかな?

451 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 03:31:21 ID:v8sVTO81
地球は自転しながら太陽の周り公転し、その太陽も銀河系内を動いているのだから、富士山も常に動いている。


452 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 03:36:01 ID:v8sVTO81
スピノザの神も、自然を神と想像したに過ぎない。



453 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 03:38:18 ID:OV5Hlgyl
>>452
それは違う。スピノザの神は、あるがままの自然そのものが神。神が
自然に宿るのではない。


454 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 03:41:45 ID:v8sVTO81
そのことが、スピノザが自然を神と呼んだだけに過ぎないことを証明している。


455 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 03:51:54 ID:OV5Hlgyl
>>454
「自然=神」だから、「自然」だけでよく、神と呼ぶ必要はなかった。
ニーチェは、その不要な「神」を削除した。

456 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 17:49:58 ID:FHnLqZ0U
>>450
曲げると落ちる。

457 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 17:51:23 ID:FHnLqZ0U
人格神を唱えるやつは基地外と相場が決まっておる。

458 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 18:56:44 ID:LY0OTkzw
霊界では人格神を否定するやつは悪霊と相場が決まっておる。


459 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 20:47:56 ID:qLKYUq1C
霊界は、どこにあるのですか?


460 :数学科院生:2008/04/08(火) 21:14:58 ID:mOm7DKt6
ζ関数の中にありますよ。

461 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 21:32:45 ID:qLKYUq1C
分かる人には分かるけど、分からない人には分からない世界ですね。


462 :数学科院生:2008/04/08(火) 21:38:30 ID:mOm7DKt6
それでいいのです。

463 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 22:56:27 ID:LY0OTkzw
あなたの心の中は一つの霊界です。人はみな心で霊界に通じています。

主は教えられます。
「神の国は、見られるかたちで来るものではない。また、見よ、ここにある、
あそこにもある、などともいえない。神の国は、実にあなたがたの中にある。
(ルカ17.20.21)

人が死後はじめに行くところが、精霊界というところです。ここに新霊は、一時的に
滞在します。ここで主は、この世でつくったその人の主調愛により、除々にその人の
なかの善と悪を分離されていきます。善人からは悪が取り除かれ、悪人からは善が取
り除かれます。これが最後の審判といわれるものです。

これにより、善なる霊は天界に顔を向け、悪なる霊は地獄に顔を向けます。こうして
彼らは、生前持っていた霊的な(いのち)の中に永遠に入っていくのです。これには、
まるで、本当の彼らの本当の故郷に嬉々として帰っていくようです。


464 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 22:58:31 ID:qLKYUq1C
精霊界は、ζ関数の中にあるのですか?


465 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 23:01:48 ID:qLKYUq1C
天界も地獄も、ζ関数の中にあるのですか?


466 :神も仏も名無しさん:2008/04/08(火) 23:18:24 ID:LY0OTkzw
霊界は非アルゴリズムの世界です。
したがってζ関数の中には存在しない。

467 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 00:52:28 ID:wI5auupF
ζ関数は、アルゴリズムなのですか?


468 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 01:07:34 ID:UAmPD228
さあ、どうですか、数学科院生に聞いとくれ。

二つの変数x、yがあって、xの値が決まると、それに対応してyの値が一つ決まるとき、yはxの関数であるという。

スルゴリズムは、
有限の手続きであり、
定まった一組の記号で書かれ、
厳密な指令に支配され、
1.2.3.....という個々のステップを踏んで進み、
これを実行するのに。洞察力も才気も直感も知性も明敏さも必要なく、
遅かれ早かれ、終わりにいたる....そのようなものである。

ζ関数計算などAIにでもやらせたら? 

469 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 07:43:39 ID:pb9DnXz4
本当はよく知らないことなのに、まるで知っているかのようにこのスレに書き込んで、
無知な人に、事実ではないことを、事実であるかのように伝えることは、
悪ではないのですか?



470 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 07:45:25 ID:6fbHfC/K
>>469
悪ですな。
しかし、それを言ってしまうと宗教って全部悪にならんかw

471 :数学科院生:2008/04/09(水) 08:58:06 ID:/+kmd5pA
だから何回も言ってるように宗教とは「世界の中の端的なものを受入可能にするメカニズム」だと。
昨日は茂木先生の番組を見ながら気絶してしまいました。つまり寝てしまいました。

472 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 09:02:52 ID:6fbHfC/K
宗教は模倣子でしょう。
それも何千年も存在し、感染と変異を続けてきた強力な模倣子。

473 :数学科院生:2008/04/09(水) 09:23:35 ID:/+kmd5pA
南無阿弥陀仏。私は宗教を否定するような者では決してありません。宗教とは人類が編み出した最高の英知だと思っています。

474 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 09:56:45 ID:ds+u9rEF
宗教も共産党も嘘つきだから一括否定。

475 :神も仏も名無しさん:2008/04/09(水) 19:16:21 ID:GRfirpzH
>>469
>悪ですな。
悪とは実質的実体であります。愛は人の(いのち)であります。愛はひとの
中で自然性と霊性をつくります。自然性の愛は遺伝悪でありますから、人の
中で自己愛と世間愛をつくります。善は実質的実体であります。善は神から
流入するものですから、ひと中では、天的愛とか隣人愛をつくります。
神の教会とは、天的愛と隣人愛を意味します。人はそれ自体が教会です。



476 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 00:25:22 ID:/pbqcVNu
組織維持の理由付けって最もくだらない宗教の側面だね

477 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 04:24:18 ID:4baCdde8
言葉遊びでないなら、

>悪とは実質的実体であります。

非実質的実体、非実質的非実体、実質的非実体がそれぞれ何であって、悪とどのような関係にあるのかを示して下さい。

478 :神も仏も名無しさん:2008/04/10(木) 16:06:56 ID:MysRAOv1
>>475
あほか

479 :神も仏も名無しさん:2008/04/12(土) 08:41:33 ID:3e8vIMuo
>>475
悪とは、人の心の中に起きる現象、または、他人の行いに対する評価。
善人と言われている人が悪事を行うこともあるし、悪人が善行を行うこともあります。
実質的実体はありません。
愛も人の心に沸き起こる現象です。自分以外の人に何かを奉仕しようと沸き起こる気持ちです。

おかしな宗教からおかしな教えを受け、それを真に受けておかしな考え方をするようになると、
日常もおかしな考え方をするようになり、その状態から脱することが困難になります。


480 :神も仏も名無しさん:2008/04/12(土) 13:55:50 ID:Sy7uh8/1
マイ・カルトじゃないか?

481 :神も仏も名無しさん:2008/04/12(土) 14:04:10 ID:3e8vIMuo
マイカルと言えば、SATYやVIVRE

482 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 04:57:07 ID:wk4Gbo7Y
科学を否定されて怒っている人は、次の2つの問に200字以上で答えよ。

1. なぜ理系はモテないか?
2. 宇宙旅行から帰ると宗教家になるのはなぜか?

483 :数学科院生:2008/04/13(日) 06:37:09 ID:aaWmHZy8
私は科学を否定或は科学を肯定する宗教 両方あっても一向にかまわないと思っています。宇宙から帰還すると精神に異常をきたすことが往々にしてあるので宗教家になると思うのです。宗教家全てが精神障害といっているわけではないので誤解のないように。


484 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 07:21:43 ID:BomhqMAM
>>482
まず、設問自体が事実ではない。

1.理系でもモテる人はモテるしモテない人はモテない。

2.宇宙には、飛行した人はいるが旅行した人はいない。
 地球に帰還した宇宙飛行士の中には、宗教家になる人も中にはいるが、
 ほとんどの宇宙飛行士は宗教家にはならない。
 日本人宇宙飛行士で宗教家になった人はいない。


485 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 07:30:36 ID:BomhqMAM
>>482
ちなみに、私は「科学を否定されて怒っている人」には当てはまらない。
むしろ、科学を否定する人の精神構造に興味を持っている。
また、「200字以上で答えよ」という条件は無駄。
「200字以内で答えよ。」が合理的な設問。


486 :数学科院生:2008/04/13(日) 07:55:57 ID:aaWmHZy8
↑鋭いですね。これからはあまり論理用語は使わないでくださいね。自然科学も社会科学も人文科学もやったこともない人間なので。

487 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 09:25:41 ID:BomhqMAM
>>486
>これからはあまり論理用語は使わないでくださいね。

数多くの学問の中で、数学は特に論理的な思考に立脚した学問だと思います。
むしろ、論理的ではない数学の分野を私は知りません。


488 :数学科院生:2008/04/13(日) 09:46:08 ID:aaWmHZy8
私が言いたかったのはもっと平たい言葉もあるんではないかと。物理屋さんですか?

489 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 10:02:33 ID:BomhqMAM
>>488
論理用語の問題というよりは、語尾の問題でしょうか?
日本語の場合、語尾の書き方次第で、同じことが書いてあったとしても印象がまったく異なりますからね。
「だ、である」よりも、「です、ます」調の方がずっとソフトな印象を受けます。
ちなみに、私は、物理屋さんではありません。
でも、科学は好きです。少なくとも、おかしなことを教えるおかしな宗教と比較してですが。


490 :数学科院生:2008/04/13(日) 10:25:22 ID:aaWmHZy8
論理的でない数学を私も聞いたことがありません。数学は厳密には抽象科学であり論理の塊です。しかし論理用語を駆使してもこのスレではあなたのような頭が良すぎる人ばかりではないのです。あまり使っても言語が機能不全に陥る危険があります。語尾の問題も確かにありますが。

491 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 10:54:02 ID:BomhqMAM
>>490
私の頭はあまり良くありません。数学科院生さんの方がずっと良い頭を持っていらっしゃいます。
論理用語を使って機能不全に陥るというのは、おそらく一つひとつの単語の意味を説明せずに
相手の人に理解されることなくいきなり使ってしまうことがあるからでしょう。
数学の本でも、「これは明らかに○○である。」と書かれていても、
自分にとっては全然明らかでないことが多々あります。(苦笑)
「あることを理解する。」ための過程は、その前提となることが理解されていないと組み立てられないですからね。
数学の場合は、特に、過去に証明された定理を使って新しい定理を導き出すことの繰り返しが多いでしょうから、
その定理を理解しないと先に進めませんからね。
コンピュータ社会では、数学の重要性はますます増してゆきます。
国際社会の中で低下した日本人の数学力を再び向上させないことには、これからの世界の中で取り残されてしまいそうです。


492 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 11:04:11 ID:bk5OoLEd
論理教信者の俺が信仰告白するよ。


父ちゃんが母ちゃんのマ○コにテムポをハメハメしたことで自分が産まれた事実を確認するまで、親子関係を築きません。

493 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 11:59:41 ID:BomhqMAM
>>492
DNA鑑定しますか?
DNAは、噓をつけませんからね。


494 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 15:40:55 ID:C0c7PaHy
この上ない客観的な論理の塊である数学の客観性すら、
不完全である人間の幻想に過ぎない。もしくは幻想である
か、幻想でないかどうか分からない。ただし人がもっとも心か
ら信じることが出来るのは客観的な論理である。社会はそ
の論理と感情のバランスによって構成されている。自らの感
情をかえりみても、論理をかえりみても人の不完全さには絶
望的な気持ちにさせられる。神が必要ないと思えた人は、
その考えが浅はかか慢心のためだろう。数が苦陰性も言って
たように世界の有り様にケリをつけるのは宗教だ。さらに
それには宗教より適当なものはないと付け加えたい。思考
の限度の象徴でもあるか、その機能だけでも有難い安心だ。
また科学によって判明、実現されたとする物事も神の全能
によって成されたという可能性を超えていないと気づいた。
神の全能はすべて人の思いに答えると前提した場合だが、
途方もない物事への人の心からの確信は客観的な論理
によってしかもたらされない。その論理の積み上げとは、もし
かすると歴史上の名だたる宗教家が修行によって得た確信
よりも、もっと強いものである可能性が高い。その強い確信
によって神の奇跡のわざを呼ぶことが出来たと。ということで
私は科学の密教説を唱えたい。それによって科学は教典と
なる。自然そのものが神という視点とは全く別のアプローチ
だけど、どちらも証明することはできないだろう。あの世や霊
に頼らないのも重要だ。科学による教典とは現世利益その
ものでもある。

495 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 16:03:01 ID:BomhqMAM
>>494
なんだかんだ書かれていらっしゃいますが、科学か数学の本をお読みになられることの方が先でしょう。
「科学」には、「教典」はありませんので。


496 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 16:31:39 ID:C0c7PaHy
学生や仕事で数学をやるならそれもいいんだけど。
そうではないからね。この世で端的なものとなり、それを
受容しなければ、やってられない立場なんで。なんか
素人でも楽しく読める本を教えてくださいよ。
あくまでも幻想だけど人にとって最高の理性だと
思って読むけど>数学書

497 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 16:38:01 ID:C0c7PaHy
しかし、全く読んでもらえてないと分かると
それなりに布教活動したほうがいいなあと
思えてきたな。俺が言ってる教典とは科学
の書物そのものをさしているんだけど。
まあどうでもいいんだね。

498 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 18:47:38 ID:jAWUctjP
数学の本で分かりやすい一般書が読みたいの?
そういうの読んでも、「数学ってこんなにおもしろいんだ」くらいのことしか分からんと思うぞ。

ホントにホントの所は、なんでも突き詰めなきゃ分からんもんだ。

499 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 18:48:16 ID:jAWUctjP
とりあえず、
「異端の数 0」くらいは紹介しとこうか。

500 :数学科院生:2008/04/13(日) 19:38:41 ID:i3PdWiq4
信仰とは一体何なんだろう。西部邁(東大教授をあっさり辞めた 社会経済学 社会思想史家)は99.9%を限りなく1に近づける行為だと言っていた。一方 上田紀行(東工大準教授 文化人類学 癒しブームの仕掛人)はそうではなく0か1の世界だと言う。私にはよくわからないのです。

501 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 19:46:30 ID:j8WKaTd6
>1. なぜ理系はモテないか?

頭悪い女が多いから。

>2. 宇宙旅行から帰ると宗教家になるのはなぜか?

恐かったから。


502 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 19:50:14 ID:j8WKaTd6
科学や数学の本を読んでも理解出来ないやつが宗教に走るのではないだろうか?
頭悪いおばさんとか。

503 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 19:52:03 ID:j8WKaTd6
もちろん、某国猿頭大統領みたいなあたまわるいおっさんも。

504 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 21:06:18 ID:P+yQ51wf
>>498
>ホントにホントの所は、なんでも突き詰めなきゃ分からんもんだ。

客観的な論理の積み重ねを理解することはほとんど修行に等しい苦行だ。論理が唯一の
神託であるなら論理を読み解き積み重ねることは神託の何たるかを読み取る作業でもある。
論理を積み重ね何らかの解に確信をもてればそれは神の全能によって力となり技となる。

>「異端の数 0」くらいは紹介しとこうか。

ゼロが不思議であればあるほど人は自らの愚かさへの理解を深めていくんだろうね。
やはり自然そのものが神であると思っている人には慢心があると思う。

自然そのものが神であると思っている人に読んでもらえるような文章を書きたいというのが
本音なのかもしれない。


>>500
わからないものに上限を定めて、すがることというのはどうですか。


>>502
社会に出れば科学的な生活など送れはしない。社会は科学的に構成されているようで
ほとんどは実は感情に支配されている恐ろしく不安定な世界だよ。科学によって日々の
生活の苦しみから解放されるほど時間も能力もある人など多くはない。確かに頭は悪い
のだけど。考えることのスイッチをオフして気楽に生きる方法も現代日本在住者は長けて
いると思う。それも1つの生き方として尊重できる。ただし考えることのスイッチをオフできな
い人もいる。そのうような状態で頭が悪いと科学も解を返さない。そういうときどうすんのって事。

>頭
コジって読むのか?一瞬、頭狂大統領、首都〜頭狂のおっさんのことかと思った。

505 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 22:44:47 ID:BomhqMAM
>>504
>社会に出れば科学的な生活など送れはしない。社会は科学的に構成されているようで
>ほとんどは実は感情に支配されている恐ろしく不安定な世界だよ。

「感情は、脳の活動が引き起こす現象。」ということが分かれば、社会が不安定ではないことが理解できます。
不安定だと感じるのは不安定と見ているからであって、多くの人々の脳の活動に外部状況から引き起こされるランダムな現象が発生していると見れば、
ランダムであり続けているという安定な現象が続いているのだという理解ができます。
科学的な思考や見方をするかしないかは、その人の自由な選択枝であるといえます。


>科学によって日々の生活の苦しみから解放されるほど時間も能力もある人など多くはない。

ものの見方を変えることによって、心に起こる苦しみを減らすことができるのなら、
科学は即時にその人を幸福へと導くことになります。
そこで、問います。
「あなたが今、苦しみを感じているとしたら、
その苦しみはあなたの思い込みによって引き起こされているものと考えられませんか?
その思い込みは、あなたの欲求に根ざしているものではありませんか?
その欲求を理解することによって、あなたの苦しみの原因を理解することができるのではありませんか?」



506 :神も仏も名無しさん:2008/04/13(日) 23:00:00 ID:OBFMq969
>神の全能によって

突然無意味な言葉が入り込む遊び。

507 :神も仏も名無しさん:2008/04/14(月) 00:53:17 ID:pb8WHbY2
>>505
>ランダムであり続けているという安定な現象が続いている

これを俺は恐ろしく不安定だと評したんだけど。こんなものが論理的な解であるならとても残念だよ
でも答えてくれてありがとう。

>「あなたが今、苦しみを感じているとしたら、

単に将来まで継続して安定すると思える収入が無いんだよ。現状でも収入が少ない。そして俺は怠惰だ、
2chをやっている状況ではない。怠惰なりに頑張るしかないと思っている。無理は禁物ってのも事実だと
思うし。しかし2chには救われている。現実社会ではただ楽しむためだけのコミュニケーションにしか出会え
なかった。ほんとにレスしてくれてありがとう。


>>506
>突然無意味な言葉が入り込む遊び。

正確には無意味かどうか分からなくない?人は既に論理が幻想である可能性に気づいている。
論理は無意味で、人の確信に意味があり、神の全能が動いている可能性は否定できないはずだけど?
論理によって人は確信しているけどそれは無意味な可能性をはらんでいて、不確かさは神と同じくらい
のものだよ。例えば核エネルギーを論理によって確信している手順で作動させているわけだけど、それは
幻想の可能性は否定できないでしょ。所詮、幻想である可能性をはらんでる不確かな論理の積み重ね
なんだから。神だけが人の確信のみに答えている可能性はあるよ。常識的ではないのは認めるよ。
また人は論理でしか確信できないことも事実だと思う。でも確かなことは核エネルギーが動いたという事だけ
でしょ。

508 :神も仏も名無しさん:2008/04/14(月) 16:37:59 ID:yqHa31gd
>論理によって人は確信しているけどそれは無意味な可能性をはらんでいて、不確かさは神と同じくらいのもの

なんか勘違いしてないか?
論理によって確信していても、実証に定量的に耐えなければハズレとなるんだよ、科学ではね。

>確かなことは核エネルギーが動いたという事だけでしょ。

そんなあやふやな事でどうにかなるとでも思ってるの?
定量的に再現性を持って取出されなければ、話にならんでしょ。

>神の全能が動いている可能性

不要な仮定としかいいようが無いな。

509 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 01:33:23 ID:LiHRLUc2
俺がいってるのは実証に定量的に耐えるというのも
客観的論理としているんだけどね。実証に定量的に耐え
なければ科学的に正しくないんでしょ?
ならばそれをしなければ人は確信をもてないじゃない。
実証に定量的に耐えるかどうかを試験することは
非論理的なことではないでしょ?
人が心から純粋に確信もてるのは論理や科学で
論理や科学は幻想。人が心から確信をもっている
ことのほうが尊い。ってのも否定できなくない?
論理や科学に意味があるか、願いに答える
全能に意味があるかは同じくらいあやふやで
ありえる。これは科学を否定しているのではない
はずなんだけど。

510 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 13:57:37 ID:1Z0nmwXd
なんだか過疎ってるな。

511 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 14:02:09 ID:W0c181nY
宗教は気持悪い
by???

512 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 16:30:08 ID:FopZuisN
>>509
全能の神から何を引き出そうとしても、最後はトートロジーで終わり。
妄想起源の言葉遊びだから当たり前。
科学は、実測値に結びつくかどうか。
途中が形而上学的であろうが無かろうが。

513 :数学科院生:2008/04/15(火) 16:34:38 ID:1Z0nmwXd
ホントにトートロジーで終わりなのかなぁ。よくわからないです。

514 :数学科院生・占星術師:2008/04/15(火) 19:08:31 ID:1Z0nmwXd
またまた過疎ってる。

515 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 23:29:01 ID:/BvpuOS0
>実測値に結びつくかどうか。

それ客観的論理に基づく観測だよね。それが幻想の域を出ていない。

>科学は、実測値に結びつくかどうか。
>途中が形而上学的であろうが無かろうが。

そういうことを人が本気で信じたから全能が答えただけ。客観的に
これを誤りであると言えるほど世界は確かではない。ただし論理や
科学はすばらしい。この上なく人が本気で信じられるのが論理や
科学である。科学の力は人が本気で信じたことに全能が答えた
神の力である。科学の現実感はこの程度でしかないけどね。
また、科学による神の力は失われることはない。それは論理や科学
を本気で疑うことは人にはできないからだ。残念なことだけど
全能の神を本気で信じることも人にはできないのかもしれない。
やはり科学はすばらしい。礼賛だ。

トートロジーというのはホントだよ。全能は全能だから全能である。
全能は全能のように全能をしている。しかし、トートロジーが間違
っているというのも人の論理が導く幻想だよ。

人の実感とはこの程度のもの。だから宗教は滅びない。このよう
である人に確かなもの、現実の基礎を与えられるのは全能の神
だけなんだよ。自分や人の不完全さの不安にそういう全能の神の
可能性があることを寄り添わせておくだけでよい。科学万能の時
代と思って論理的にばかり考えていては辛い。バランスが大事。
また、人や科学の不完全さも忘れるべきではない。

いま気づいたけど人が願う前の世界の在りようってまさに神秘だ
どのように思えるだろうか。

516 :神も仏も名無しさん:2008/04/15(火) 23:55:34 ID:xF/lvp0U
>それ客観的論理に基づく観測だよね。それが幻想の域を出ていない。

主観論理に基づく観測ならまったくあてにならんだろうが、ヴォケ。
信じ込んだら真実一路が幻想妄想なんだよ。

517 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 00:10:42 ID:gZAG2I+z
主観論理に基づいてる観測なんか考慮するわけねえじゃんww
そんなの論外だよ。俺が言ってんのは客観的論理も幻想で
主観的論理と同じように当てにならないって言ってんよ。

518 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 00:59:24 ID:XLQ/k2Nb
そりゃ、観測理論の誤った解釈による珍説か?

519 :数学科院生・地獄谷の宣教師:2008/04/16(水) 06:43:50 ID:vAPmMj53
高度経済成長期を経て成熟社会に突入したとたんメインカルチャーとサブカルチャーの垣根は崩れさり全てが等価となってしまった。本来メインカルチャーではるはずの宗教までもが。一体 何故なんだろう?

520 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 14:07:14 ID:LKx28ia4
貧乏人、低学歴が支配される基礎として機能していた宗教の実態が現われただけだろ。

521 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 14:11:38 ID:LKx28ia4
院生さん、俺もあと30くらいIQが高かったら、数学者をやりたかったよ。

522 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 22:14:07 ID:kWpNjiBz
>>518
客観は人々がそう言ってるだけの幻想だよ。
確かなことなど無い。

523 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 22:53:25 ID:Cu/Ytr/6
ええとね、例えばピタゴラスの定理が正しいと思えるのも人の幻想だってことよ?
論理的証明に意味があるかどうかを問うているのよ。
人が信じられるだけの幻想じゃないの?

524 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 23:18:11 ID:U5uvtZk2
>>522
10^-9の精度で計算出来るQEDは全然幻想ではない。
ピタゴラスの定理が幻想に見えるのは頭が悪いから。
犬や猫に理解出来ないのと同じ事。
人間の都合だけで見えているなら、わざわざキャビボ角など出てこない。

525 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 23:24:22 ID:U5uvtZk2
例えばシュレーディンガーの猫のようなもはや古典的パラドクスで、
客観性について妥当性を否定する事は出来ない。

526 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 23:28:31 ID:Cu/Ytr/6
ちがうちがう、ピタゴラスの定理の証明が正しいと思えるのが
人の幻想だと言ってるんだよ。あの分かりやすい証明が
分かりやすい論理で構成されて納得できること、本気で
客観的と思えて本気で信じれるのはなぜかってこと。
そこはなぜ幻想ではないの?

527 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 23:29:06 ID:U5uvtZk2
人間が見なければ月は存在しないかと言えばちゃんと存在している。
最初からコヒーレンシーの破れている波動関数が僅かに揺らぐ程度の事で、
月の存在は十分に客観的なのである。

528 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/16(水) 23:37:17 ID:is7PkzbH
まあ、皮肉なもんだな・・・
数学科の大学院を出ていても企業で最前線で働いている人(営業、技術者、設計者等)に比べたら
下ににみられてしまう現実。。。
経済効果の問題なのでしょうね、ただ設計者としては設計者のほうが数学ができる方より優遇されて
当然と思うのは自然だよね。
だって、数学では物つ゛くりには少ししか貢献しないんだから。。。

529 :神も仏も名無しさん:2008/04/16(水) 23:44:03 ID:Cu/Ytr/6
>>527
あなたも私も月も神も同じくらいあるかどうか分からない
あやふやなものだよ。波動関数もじゅうぶんに高度な論理で
信じるに足りるのだろう、あなたも私も月も本気で「在る」と
私も信じられる。これは客観的で論理的でありそれが
幻想である。確かで在るものという仮定である神のほうが
確実なものだよ。

530 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 00:50:55 ID:aLpiLY5A
>そこはなぜ幻想ではないの?

組み合わせを変えても、人を変えても、人工知能にやらせても、物理的に応用しても、
きっちり合ってしまうものは仕方ないだろう。

531 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 00:53:13 ID:aLpiLY5A
>確かで在るものという仮定である神のほうが
>確実なものだよ。

まったく無意味で不要。

532 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 00:57:00 ID:aLpiLY5A
数学を使いこなせないモノ作りなどたかが知れている。

533 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 02:27:32 ID:Ra2z4ei0
>>530
それだって客観的に論理的に正しいだけでしょ。
しょせん可能性の域を出ていない。
人の願いがかなっている可能性と
等価じゃないかな。どちらも突き詰めれば
無限なまでに意味がわからない。
理屈は理屈が合っているに過ぎない。

>>531
あなたがそう決めているだけでしょ。
しかし、無意味は間違いだね。
無価値だね。金銭的価値に
還元できるのは科学だ、しかし
科学の力は神の全能なんだよ。
その辺がいい加減なのに信じきって
いるねw
確かで在るものという仮定って
客観的論理についても言えるよ
あなたが無意味で不要と思っている
神と同じだねw

534 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 08:07:33 ID:ZSyU/NQn
科学は本来金を食うものだ。
金に還元して儲かるのは宗教だ。
それ自体無意味な神には、お供え物くらいしか経費はかからず、司祭も坊主も丸儲けだ。
金が余ると大聖堂で観光客集めw
科学を金儲けに応用出来るのは、客観性がそれほどあやふやではなく、広範な論理的整合性と
再現性があるからに他ならない。

535 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 20:19:01 ID:xr3cjwar
人間は人や世の中の役に立ってこそ人間となる。
無意味に数式解くだけではゲーム脳とちっともかわらん。
人生の無駄。これを利巧とおもうのうたりん。バカ。

536 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 20:22:00 ID:s+TLHXiF
科学の真髄は真理性の探求。
役に立つの立たんのは宗教俗物の話。

537 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 20:26:14 ID:A8JTrarB
科学が真理に到達できないのは科学の常識。
それも理解できてない中二科学バカ。

538 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 20:50:00 ID:XfltkUnp
聞いた?宗教だと真理に到達できるんですってよpgr

539 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 21:24:32 ID:Db56YM0p
宗教は「これを真理にするからなー、逆らうとブッ殺すぞ」w

>科学が真理に到達できないのは科学の常識。

真理に到達ねえw 敢えて真理性と言っている含みが解らないかね、小四病にはww

540 :神も仏も名無しさん:2008/04/17(木) 21:33:30 ID:XfltkUnp
小四病とは失礼じゃないですか。
幼稚園病がピッタリです。

541 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 06:35:35 ID:pJDyR3t+
真理とか意味の無い言葉を共通認識として
会話できるお前らはキチガイオウム信者と同程度じゃね?
人には何も分からないんだよ。

542 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 10:06:51 ID:M6PHu5yk
学者は条件付きで真理って言葉を結構使うからね。
宗教馬鹿ほどいい加減じゃないけどw

543 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 13:39:12 ID:76Dc0QGH
>人には何も分からないんだよ。

謙虚なのならいいが、2chではときとして痴呆の発言の場合があるから困る。
アフォでも使えるインターネットを作り上げたのが、量子エレクトロニクスと情報工学であって、
宗教は一切何の役にも立っていないという事実は変わらないが。

544 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 13:43:54 ID:GMS0pv6H
>>541
自分は人ではないと思ってるらしいw

545 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 15:35:38 ID:CI7giYUX
科学とぶつからないように、上手い言葉で修正して欲しいよね
密教だったら「人間の潜在能力を引き出す」みたいな

546 :神も仏も名無しさん:2008/04/18(金) 18:38:41 ID:lU0UfD37
別にね、ファンタジーを否定はしないよ。
自由な想像力っていいもんだよ。表現も自由だよ。
だけどね、ファンタジーが現実であるかのごとく振る舞う宗教は、よくないなー。

547 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 00:50:25 ID:ROCxe2PE
>>539
>真理に到達ねえw 敢えて真理性と言っている含みが解らないかね、小四病にはww
真理って言葉の意味を理解していたら真理性なんてアホ造語が出来るわけがない。
だから辞書にもない。バカはバカ。


548 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 01:32:59 ID:fJVWwLds
>>543
事実ではなく理屈だな。客観的な論理で判断すればそうだ。そしてそれは幻想である。

>>544
論理的には誤りだよね。その認識は。まあもっとも真理に近いとすれば人には何も
分からないということだろうね。人を人でないと思えたら、それは騙されてるか、傲慢に
なってるんだろうね。

>>545
全能は全てであり個である。人の潜在能力は全能の能力である。全能は人の純粋な
確信によって働く。人の純粋な確信とはほぼ全て客観的論理によってのみ導かれる。
それは科学である。迷いのない純粋な確信で全能と一体となる、迷いのない純粋な
確信は全能として機能するとか?

全能は人の純粋な確信によって働く。

これが俺の教義だ。そして人の純粋な確信を科学によらずコントロールした人は
いたかも、あり得るかもしれないというのが金儲けの方便となる。

>>546
現実とはファンタジーかってほど分からないもんだけどね。しかし、戒律や宗教活動や
宗教行為など必要ない。詐欺か、マシなものでも過去のしがらみに過ぎない。

論理・理性と対極に語られることの多い欲・感情に全能はどう働くだろうか。

宗教者にも科学者にも真理と言う言葉が流行っていることは感じ取れた。
これは世界的な流れなの?英語でSupreme Truth?漠然とした感想では
国内での認識は明らかにオウムの影響がデカイ言葉だろ。行き詰った自分の
社会的生活をリセットしたいような破壊願望が裏にあるんじゃないの?
無様じゃないの?

549 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 07:22:17 ID:fJVWwLds
人が人には何も分からないと分かるってトートロジーっぽいね。
人の奴はま〜たトートロジー信じてやがるwったくしょうがねえなあw
あれ、違うかな

550 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 11:28:58 ID:96zmezz0
あはは違ったwまさに矛盾だったww

551 :数学科院生:2008/04/19(土) 12:31:35 ID:gqd2c4wG
宗教の本質をホントにわかりたければ本郷の島園進先生の門を叩くか講義に潜り込めばいいのです。

552 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 13:38:52 ID:O5NYf9ay
キャビボ角の存在は客観的な論理で組み立てられたものが幻想ではない事を示している。

553 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 13:46:21 ID:O5NYf9ay
数学は形而上学だが、その公理系の組み立てが偶然だとしても実際の自然の構造と合っているようだ。
宗教は合っていない。それだけだ。
いくら幻想だと言い張っても、より広範な事実が証明し続け、矛盾が生じれば包括的に解消される。

554 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 14:56:30 ID:WcRbAidc
>>552
それあんま情報がないね。本当にそのように思えるならすごいことだと思うよ。がんばって客観的
論理的に価値のある科学にして全能の可能性を見せてくれよ。

>>553
それが客観的論理によって実行されたと認識したり認識したと認識された科学でしょと言ってるの
明らかに正しいことが何故なのか分からない限り幻想と等価でしょ。

宗教が合っていないというのは間違いだよ。単なる歴史的伝統やオカルトや法的に宗教法人
と認可された団体員搾取団体と混同すべきではない。宗教とは科学や理性には判断できない
けど科学的に理性的に誤りでないことの可能性を考えることだ。

公理系の組み立てが偶然だとしても客観的に論理的に数学的にもか?合っていると人に
思えて、実際の自然の構造として人が認識できるものが合っているようだと人に認識できた。
合っていると人に思えること、人が認識できること、人に認識できたこと。これの幻想性は
まだ科学には払拭する客観的論理的な能力がない。客観的論理という箱庭に過ぎない。

実際の自然の構造を論理と合って見せる全能とはやはり全能そのものでありえるか。
人が客観的だと思っている人の観測とは何も分からない人の幻想の可能性はある。
前者が汎神論的解釈なのかな。観測を信用するのは迂闊じゃないの?実際の自然
を人が認識できる部分の不確かさは無限ほど大きい。観測の問題はクオリアだね。
論理的に正しいと思えることとクオリアってどう関わるの?

555 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 15:01:37 ID:O5NYf9ay
全能は存在しない=神は存在しない=宗教は嘘つき 以上で終わり。

556 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 15:43:17 ID:O5NYf9ay
>観測の問題はクオリアだね。

違います。相互作用によるコヒーレンシーの崩壊です。

557 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 16:47:51 ID:5qbKJeYI
>>554
「全能」って、どういう意味ですか?
辞書には、「あらゆることができること」と書かれていますが、「あらゆること」とは、どのようなことでしょうか?
自然の法則に合わないことは、できるはずありませんよね。


558 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 17:58:34 ID:cznSppkl
全能無し

559 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 18:40:30 ID:UT7YYCi5
>「全能」って、どういう意味ですか?
神の秩序のことだよ。


560 :数学科院生:2008/04/19(土) 19:29:33 ID:gqd2c4wG
「神の秩序」ってどんなことですか?

561 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 21:15:52 ID:5qbKJeYI
>>559
「神の秩序」とは、「秩序」ということですから、ある状態や決まりごとのことですよね。
「全能」の「能」とは、何かができることで「秩序」にはならないですよね。
『「全能」とは「神の秩序」である』という文は、「全能」という言葉の説明としては正しくないですよね。


562 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 21:33:54 ID:8NTcwrNX
>>555
全能は存在しないかどうか分からない=神は存在しないかどうか分からない=宗教は嘘つきかどうか分からない
以上では始まりも終わりも無い。宗教はそのようなもんだね。より沢山分からないことに触れるため科学する。

>>556
ごめん。観測という言葉を使うと量子力学に矮小化されてしまうんだね。
われわれ人間が五感なりで感覚したと思えることを観測と呼んだ。説明不足だった。

>>557
人間が想像できること人間が感じたと思うこと人間が想像できないこと人間が感じていないと思うこと
例えば自然の法則は非常に限定的に狭い範囲で科学により客観的論理的に想像できるが、
自然の法則すべてを人はあいまいにすら想像できていない。宇宙の外のさらに外、外という概念すら
自然の法則で正しいかどうか分からない。人が感じられることの全てを含み、感じられないこと全てを
加えた概念だね。もちろん自然の法則のすべては全能の一部だろうね。宗教では科学では分かって
ない可能性を考える。科学で否定ができないことだ。分からないからといって無いのではない。
もちろん科学の客観的論理へ積み上げることなんかできないよ?人が感じられないことを含んでる
から、意味は人には分からないよ。その分からないのは多分偉大でこの上なく意味深いはずとして
人の弱い心を支える力を産むのが宗教の価値かもね。実は汎神論者だって自然の法則を人が
全て想像できていると思っていないはずで、自然の法則は多分偉大でこの上なく意味深いはず
と考えているよね。同じものともいえるよ。

>>559
神という言葉はどうしても擬人的で好かんわ。

563 :神も仏も名無しさん:2008/04/19(土) 22:30:49 ID:5qbKJeYI
>>562
私が、>>557に書いた「自然の法則」とは、人が発見し認識しているものと、
未だに発見されてはいないが実在する法則の両方を含みます。
人は、自然の法則を少しずつ科学という方法で理解しつつあります。
ただし、人が認識できる範囲は限られていますので、すべての法則を認識し理解できるとは思えません。
太陽中では普通に起きている核融合ですら、人は、地上で継続的に発生させることを未だにできないのです。
科学で知ることができるのは、あくまで自然の法則の中のごく一部です。
「自然の法則」こそが、この宇宙で過去から未来にかけて絶対的なものであり、
人が利用することはできても逆らうことが絶対にできない決まりごとなのです。
「自然の法則」がなぜ存在するかなどと考えたところで、無駄なことです。
人は、素直にその決まりごとを認めることしかできません。


564 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 04:56:28 ID:JetorOnI
一神教の神=宇宙
多神教の神=自然

こう考えれば科学と共存できる

565 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 06:38:03 ID:4MvHdFDr
>>564
それならば、

「神」=「自然」

で十分です。
宇宙も自然の中に含まれるのですから。


566 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 07:37:00 ID:/Fg/Ibd3
>>563
>「自然の法則」こそが、この宇宙で過去から未来にかけて絶対的なものであり、

アインシュタインが汎神論者なんだな。光により秩序付けられている時間に縛られた自然って
狭すぎる認識だと思う。科学的にももう超えられそうだよね。

>人が利用することはできても逆らうことが絶対にできない決まりごとなのです。

人が理解できないことを含んでいるのに意味を求めているよね。それは全能への
敬服と同じだよ。あなたが神だと思ってるのは人間が理解できる範囲の自然の法則
なんじゃないかな。ただ想像できない偉大なものが無駄だというならそうでしょ。
そしてそれは狭い。

>「自然の法則」がなぜ存在するかなどと考えたところで、無駄なことです。

人はいつでも愚かな自分の存在に苦しむ。たとえそれが科学者で、人の確信を広げる
人類のリーダーの一人だとしてもね。それを支えるのは意味なんだよ。人は理性や論理
だけで生きていない。常に欲にとらわれ迷い不安を捨てられない。意味は有益で、
愚かな自分を考えなくてすむ心の持ちようを提案できる。それが宗教だと思う。

567 :数学科院生:2008/04/20(日) 09:51:39 ID:/PuId/bs
↑この答がいちばん確からしいように思う。こういう議論を聞いていると社会学者の立岩真也と数学者の藤原正彦の論争を思い出す。立岩が藤原を見事に論破したけれど。

568 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 17:11:56 ID:jiEJgYoF
>>557
>「全能」って、どういう意味ですか?
>辞書には、「あらゆることができること」と書かれていますが、「あらゆること」とは、どのようなことでしょうか?

神の「全能」とは、神の秩序のことですから、神が矛盾したことでもなんでも出来るって意味じゃありません。
神は、「愛」そのもの「英知」そのものの、つまり、善そのものの方でありますから、その全能をもって善も悪も行なえ
ると考えるなら、神の全能とは何の意味もありません。
人の場合でも、自由とはなんですか?と問われたとき、健全な精神の持ち主なら、なんでも自分勝手に思うままにやれる
ことですと、言わないのと同じです。

>自然の法則に合わないことは、できるはずありませんよね。

まず、自然の法則を認識しているとする人の思考、つまり、人の精神とか心というものが、その自然の法則に従っている
という根拠を示してから言ってください。

>>560
>「神の秩序」ってどんなことですか?
あるキリスト教的教義によれば、神の秩序とは、神の「摂理」のことを指します。「摂理」とは、神が
その神聖な「愛」と「英知」をもって、万物を治めていくことです。宇宙万物は、「神の愛」と「神の英知」
によって造られました。「神の愛」と「神の英知」は、神ご自身が創造したご自身以外のものの中に実存します。
宇宙万物は、「神の愛」と「神の英知」の器です。と。



569 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 18:21:38 ID:Xs7SK6lI
相矛盾したことが出来る全能を考える人は永久にバカです。

570 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 22:14:20 ID:4MvHdFDr
>>566
>アインシュタインが汎神論者なんだな。光により秩序付けられている時間に縛られた自然って
>狭すぎる認識だと思う。

アインシュタインは、光により時間が秩序付けられているなどとは言っていませんよ。
特殊相対性理論を正しく理解していませんね。
光速に近づくほど時間は延びると言っているのです。光でなくても、光速、または、光速に近い速度で運動するものはあります。


>人が理解できないことを含んでいるのに意味を求めているよね。
>それは全能への敬服と同じだよ。

意味など求めていませんよ。人の能力の限界を示しているに過ぎません。
定義すらできない全能の存在など、元々無いと思っていますので。

>あなたが神だと思ってるのは人間が理解できる範囲の自然の法則なんじゃないかな。

まったくの勘違いですね。
私は「神」というのは、人の理解を超えた自然の法則に畏怖した人々が、勝手に擬人法によって想像したイメージに過ぎないと思っていますので。
したがって、
>ただ想像できない偉大なものが無駄だというならそうでしょ。そしてそれは狭い。
は、まったく的外れです。


>人はいつでも愚かな自分の存在に苦しむ。・・・愚かな自分を考えなくてすむ心の持ちようを提案できる。

人によります。何の意識もせず平凡な生活をして過ごす人も多いですから。


571 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 22:23:13 ID:4MvHdFDr
>>568
>神は、「愛」そのもの「英知」そのものの、つまり、善そのものの方でありますから、
>その全能をもって善も悪も行なえると考えるなら、神の全能とは何の意味もありません。

まったく、「全能」の意味の説明になっていません。
とんちんかんな答えを返したところで、まったく意味がありません。
もう一度問います。「全能」って、どういう意味ですか?

>自然の法則を認識しているとする人の思考、つまり、人の精神とか心というものが、その自然の法則に従っている
>という根拠を示してから言ってください。

あなたの思考のすべては、自然の法則に従っています。あなたの脳を破壊すれば、あなたの思考も意識も消滅します。
人は、自然の法則に逆らうことはできないのです。


>あるキリスト教的教義によれば、神の秩序とは・・・宇宙万物は、「神の愛」と「神の英知」の器です。と。

それは、「あるキリスト教的教義」を信じる人が持っている「神のイメージ」ですね。
その人達の間だけでのみ意味を持つ共通認識に過ぎません。


572 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 22:41:08 ID:Xs7SK6lI
>もう一度問います。「全能」って、どういう意味ですか?
だから相矛盾したことが出来る全能を考える人は永久にバカだと
書いてあろうが。





573 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 22:52:00 ID:4MvHdFDr
>>572
まあね。


574 :数学科院生:2008/04/20(日) 23:30:33 ID:/PuId/bs
特殊相対論も一般相対論もこの話の流れに於いては関係ありません。

575 :神も仏も名無しさん:2008/04/20(日) 23:43:07 ID:4MvHdFDr
>>574
「アインシュタインが汎神論者なんだな。光により秩序付けられている時間に縛られた自然って」という文は、
特殊相対性理論の誤解という意味です。


576 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 07:13:55 ID:IyPgB5QY
>>572
ドーンティンク。。。
ふぃ〜〜っる

577 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 07:56:45 ID:IyPgB5QY
>>567
藤原正彦の数学者でたどる数学史みたいな人間大学は面白かった。

>>570
>特殊相対性理論を正しく理解していませんね。

無学な俺の言うことだからしょうがないかもしれないです
比喩の差と思いますが。

>意味など求めていませんよ。人の能力の限界を示しているに過ぎません。

人って誰でも何かわからないものに対して期待することで生きている
んじゃないですか。あなたにとってそれが何なのかわからないけど。
分かっていることへの期待って果たしてありえるのか疑問ですよ。
人に分かっていることがありえるか疑問なように。さまざまな分から
ないものの汎化にが全能なんじゃないのかと思っいます。
何かに期待して生きているとすれば全能を信じて生きているのと
大差ない非科学的な認識を持っていると、これは断言します。

>>574
過去現在未来とか言うし、時間といえばどうしても
そう思っちゃいます。

578 :数学科院生:2008/04/21(月) 10:09:21 ID:4/vhCmug
↑自らを無学といいながらあなたは博学そのものです。

579 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 18:41:46 ID:NgSmf+Ms
トマスの福音書の光の根源は、ビッグバンの事だよ。
フィリポの福音書の最後の方に出てくる プレローマ(充満)は、ビッグバンの直前の、高温、高圧 高充満
の事だよ。 

イエスキリストは、ビッグバンの直前までの事も知ってたから、
「はじまりの時」じゃなくて 「はじまりの前」って言ったんだ。

580 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 20:13:45 ID:UhIVStVD
聖書(みことば)でいう光は、「神の愛」と「神の英知」のことです。



581 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 21:46:48 ID:zUO99JHC
>>577
>人って誰でも何かわからないものに対して期待することで生きているんじゃないですか。
>あなたにとってそれが何なのかわからないけど。

今現在分からないことに対して未来に期待することは、正しい理解です。

>>579
だから、何だとおっしゃるのでしょうか?
空想がたまたま現在の科学で推測している宇宙開闢のストーリーと似ているということに過ぎません。

>>580
聖書のどこに書かれている「光」のことなのでしょうか?


582 :神も仏も名無しさん:2008/04/21(月) 23:43:46 ID:UhIVStVD
>聖書のどこに書かれている「光」のことなのでしょうか?
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。(創世記:1.3)



583 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 00:55:20 ID:fSRbnjE9
>>581
>今現在分からないことに対して未来に期待することは、正しい理解です。

だから時間の問題じゃないですよ。あなたが未来にこだわるなら
未来の何に期待しているかが問題なんです。それは全能程度の
不確かなもののはずだよ。

584 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 01:33:24 ID:FBLxe7uh
>>581

だから、何だとおっしゃるのでしょうか?
空想がたまたま現在の科学で推測している宇宙開闢のストーリーと似ているということに過ぎません。

http://www.geocities.jp/iiume/gospelphilip2.html (フィリポ福音書)

このフィリポ福音書とトマス福音書は、イエスの死後、今のキリスト教よりも、
大勢をしめていました。このフィリポ福音書では、あの傲慢な神ヤハウェを否定し
完全な創造主を書き記しています。

その創造主とは、見ることも、触る事も こちらから働きかける事もできず
完全であり、新しい世界を造るのは、満ち溢れた充満であるとしています。
そして、完全に制御する存在であり その事を知覚できるのは、大衆ではなく、
個人的にしか為し得ないとしています。

http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html (トマス福音書)

こちらのトマス福音書11では、ヤハウェの天は去り、全ての人間の考え出した神の
生みの親であるアシュタルトも去ったとあります。
これは、既存の神の消滅を語っています。コプト語原典のリンクも掲載しておきます。
また51では、最後の審判を否定し、死者の復活も否定しています。61では、男女の愛こそ必要で
あるとしています。113では、創造の制御が今この時もあるとし、
そして、50では、光の根源を示し、創造の瞬間を説明しています。

http://www.geocities.com/Athens/9068/splith.htm トマス福音書コプト語

「あなたが、光の中で 神の真理を知る者と成った時、神とは、目に見える事も無く
捉えることも、こちらから、影響を与える事も出来ない。
なぜなら、神とは完全に制御する存在であり、


585 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 01:35:34 ID:FBLxe7uh
>>584

最後の3行は、無視して下さい。消し忘れです、失礼しました。

586 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 06:39:30 ID:+XSqaDyb
今現在分からない全能に対して、未来の全能に期待するのは正しい理解なんですね?

587 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 20:00:42 ID:IQFdD3kI
>>584
>また51では、最後の審判を否定し、死者の復活も否定しています。
キリストの教えではないね。

>61では、男女の愛こそ必要であるとしています。
男女の愛とは普通に人が使ってる意味での愛のこと?説明求む。

>113では、創造の制御が今この時もあるとし、
はぁ?、創造の制御ですか?

>そして、50では、光の根源を示し、創造の瞬間を説明しています。
どう説明しているの。




588 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 21:44:34 ID:IVlOjuKV
人類は、宇宙開闢直後に匹敵する高エネルギーの状態を、非常に短い時間で非常に小さな範囲ですが、
とうとう作り出せるまでに至りました。
大型加速器LHCでヒッグス粒子が作り出せれば、その証拠になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/LHC
http://atlas.kek.jp/public/overview/LHCproject-1.html
http://blog.livedoor.jp/scienceplus/archives/368976.html

旧約聖書に書かれているような、現実を知らない昔の人が思い描いた空想と、
近代科学の粋を結集して創られた最新の機材による実験とは、
それが現実として人類の前に再現できるか否かと、数値的な正確さにおいてまったく異なります。
創世記は、現代においては単なるファンタジーに過ぎません。
ファンタジーをファンタジーとして扱うのであれば、問題はありません。
問題が生じるのは、ファンタジーを現実であると勘違いして扱うことにあります。


589 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 22:13:44 ID:x16HjCMq
>今現在分からないことに対して未来に期待することは、正しい理解です。

今現在分からないことって何ですか?

590 :神も仏も名無しさん:2008/04/22(火) 22:59:26 ID:IVlOjuKV
>>589
>今現在分からないことって何ですか?

多すぎて書ききれませんが、身近な例としては、
(1)地上で初期のDNAは、どのようにして形成されたか。
(2)石油と石炭の埋蔵量はあとどのくらい残っていて、それをすべて消費するのは何年後か。
  また、石油と石炭を消費し尽すと、空中のCO2はどのくらいの量になるのか。
水に溶かして埋める方法で、地下水に影響は無いのか。
(3)BRICsがこのまま発展を続けると、日本はどの程度の貧困国になるのか。
  日本が生き残るための産業は、何があるのか。
  これからの日本は、何を産業としてゆくべきか。

など。数多くあります。



591 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 00:32:00 ID:iKZUJvnr
>>587
>キリストの教えではないね
その通りです。私は一度もキリスト教とは、言ってません。
しかし、イエスの死後、聖地エルサレムで、最も多くの人に信じられた教えです。
エルサレムでの布教に失敗したペテロ達(今のキリスト教)がローマで布教に成功し
今のキリスト教が、ローマ帝国に認められると、このトマス フィリポの教えは
弾圧され、消えそうになっていたのです。

>はぁ?、創造の制御ですか?
この宇宙の創造の瞬間から、制御は始まっています。
それは、人間が、あらゆる法則を発見している事で、理解できるではありませんか。
全ての事象には、法則があります。その法則は「制御」によって成り立っています。
でなければ、この宇宙が、何の法則も制御もなく出来あがっていると言うのですか?

>どう説明しているの
人間の起源です。創世記のようなファンタジーではなく、ビッグバンの光が
人間の起源であると述べています。その起源が、気圧 気温において充満していると
述べています。


592 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 05:44:08 ID:TU6aEugG
>>591
>全ての事象には、法則があります。その法則は「制御」によって成り立っています。

「法則」が「制御」によって成り立っているというのは、間違いです。
「自然の法則」は「自然の法則」です。
「自然の法則」が「自然の法則」として独立して何の矛盾も無く完全な形で成り立っていますので、
そこには、何の「制御」もありません。
「自然の法則」の形成に「制御」がかかっていると考えるのは、そう考える人の無理解が原因しています。


>でなければ、この宇宙が、何の法則も制御もなく出来あがっていると言うのですか?

私たちが住んでいる「宇宙」は、「自然の法則」により成り立っています。
「制御」がかかっているとすれば、「自然の法則」が物体の運動や事象の発生に「制御」をかけているのです。


>創世記のようなファンタジーではなく、ビッグバンの光が人間の起源であると述べています。

これは、完全に間違いです。
ビッグバンの際に発生した光は、現在では、2.7度ケルビンの黒体が輻射する電磁波のスペクトラムとパターンとして
宇宙に満たされています。その電磁波が、地球上の生命が発生したときのDNAの形成には影響しません。


>その起源が、気圧 気温において充満していると述べています。

気圧は、その地表の重力と地表の温度や水温や気温によって決まります。
地表の温度や水温は、主に太陽から放射される光により発生します。
ビッグバンによる2.7度ケルビンの黒体輻射とは、まったく関係ありません。


593 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 05:45:57 ID:TU6aEugG
↑「電磁波のスペクトラムとパターンとして」は、
「電磁波のスペクトラムパターンとして」に訂正します。


594 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 06:29:06 ID:m2UImQbD
>>590
その中に全能が入らない理由は何ですか?それらの分からなさと全能の分からなさに
どのような差があるとお考えでしょうか。

595 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 11:28:18 ID:iKZUJvnr
>>592

あなたは、宇宙物理学の仮説を「信仰」する人ですね。多くの仮説が生まれ、消えている
のに、まだ、わからないのですね。
へたな宗教よりもやっかいですね。 あなたが、否定する宗教は、創造の根源「神の意志」を
知る事も、その目的の一つです。 それを知るのは、果てし無く難しい事です。
宇宙物理学は、また大転換を余儀なくされますよ。
あなたが、信じ自慢気に語っている事も、人の受け売りでしょ?

私は、イエスの言葉が何を意味するか、自分で考え、思索し 思考し答えを探しています。
あなたとは、出発点から違いますから、お話になりません(笑)

596 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 21:21:40 ID:TU6aEugG
>>595
>あなたは、宇宙物理学の仮説を「信仰」する人ですね。
>多くの仮説が生まれ、消えているのに、まだ、わからないのですね。

「宇宙物理学の仮説」とは何のことですか?
科学に対する「信仰」など、まったくしていません。事実を事実として認めているだけです。
多くの仮説が生まれ新たに発見された事実の前に消えてゆくのは、進歩の証です。
それだけ科学が常に進歩し続けていることを意味します。

>創造の根源「神の意志」を知る事も、その目的の一つです。

神が、意思を持った存在である証拠は、一つもありません。
何を根拠に、「神の意思」というありもしないことを、さもあるかのごとく書いているのですか?

>宇宙物理学は、また大転換を余儀なくされますよ。

大変結構なことです。今まで科学は大転換により大きく発展してきました。
また、大転換があるのなら、これほど喜ばしいものはありません。

>あなたが、信じ自慢気に語っている事も、人の受け売りでしょ?

いいえ。受け売りなどありませんよ。

>私は、イエスの言葉が何を意味するか、自分で考え、思索し 思考し答えを探しています。
>あなたとは、出発点から違いますから、お話になりません(笑)

旧約聖書に書かれていることは、イエスの言葉ではありません。
私も、新約聖書に書かれたイエスの言葉でイエスが何を私たちに伝えようとしているのかを考えながら、
イエスの心を知ろうとしています。
あなたのような考え方をしていれば、科学を否定したくなる気持ちはよく分かります。
ただし、私はそうしません。


597 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 21:44:19 ID:TU6aEugG
>>594
>その中に全能が入らない理由は何ですか?それらの分からなさと全能の分からなさに
>どのような差があるとお考えでしょうか。

「全能」というまったく意味の無い言葉は、使う必要がありません。


598 :数学科院生:2008/04/23(水) 21:45:16 ID:SBIxX4sr
宇宙物理学の仮説といえば全然詳しくないけど例えばインフレーション宇宙論
泡宇宙論 素粒子的宇宙論
量子宇宙論とか。

599 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:06:26 ID:pbuDNIlm
>「宇宙物理学の仮説」とは何のことですか?
無からプランクサイズの宇宙が生まれたという不可解な理論?

600 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:08:06 ID:TU6aEugG
>>598
数学科院生さんは、明確な目標があればそれに向かって全力疾走できるタイプですね。
ただし、数学科院生さんが心から納得できる明確な目標が見つかりにくいのでしょうね。
誰でも、そのような性向を持っていますが、特に数学科院生さんはその性格が強いように思えます。
今は、心から楽しいと思えることがほとんど無いのではないでしょうか?


601 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:13:18 ID:TU6aEugG
>>599
>>「宇宙物理学の仮説」とは何のことですか?
>無からプランクサイズの宇宙が生まれたという不可解な理論?

不可解なのは、「あなたの思考範囲において」でしょう。
事実がそうであれば、ある人にとって不可解であろうがなかろうが、そんなことは関係ありません。
だからこそ、大型加速器LHCでの実験でどんな結果が現れるのか楽しみになります。


602 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:20:27 ID:pbuDNIlm
無から何かが生じたらそれはもう無とはいえないのでそれを不可解と
思わないのは思考(理性)が麻痺している証拠です。
大型加速器は無から有を生じさす、魔法の機械なんでしょうか?

603 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:37:39 ID:TU6aEugG
>>602
>無から何かが生じたらそれはもう無とはいえないのでそれを不可解と
>思わないのは思考(理性)が麻痺している証拠です。

宇宙開闢前には、単に物質が無かったというだけで、高いエネルギーに満ちていたということです。
エネルギーと物質は相転移するので、物質が無い状態から物質が生まれたと考えるのは、
当然の帰結です。


>大型加速器は無から有を生じさす、魔法の機械なんでしょうか?

いいえ。違います。
宇宙開闢直後に匹敵する高いエネルギー状態で陽子を衝突させる機械です。


604 :数学科院生:2008/04/23(水) 22:38:57 ID:SBIxX4sr
明確な目標?今現在ないかな。心から楽しいと思えること?ないです。ただ8畳の部屋に猫が3匹いるので彼らを撫で撫でしている時は心が洗われます。親子の愛情の深さには頭が下がります。それと音楽を聴いている時かな。竹内まりやの「人生の扉」ビル・エヴァンスのピアノとか

605 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:43:51 ID:pbuDNIlm
>宇宙開闢前には、単に物質が無かったというだけで、高いエネルギーに満ちていたということです。
>エネルギーと物質は相転移するので、物質が無い状態から物質が生まれたと考えるのは、
>当然の帰結です。

言ってることがむちゃくちゃですね。宇宙が出来る前に、高いエネルギーがあったなら
もう無からの出発じゃないでしょう。それにエネルギーは物質の一形態じゃないの。

606 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:50:53 ID:TU6aEugG
>>605
>宇宙が出来る前に、高いエネルギーがあったならもう無からの出発じゃないでしょう。

高いエネルギーも物質も無い状態から、いきなり物質が発生したと言っている物理学者がいるのですか?
もしそういう人がいたら、その人は物理学者ではありませんね。そのようなことが起きるはずがありません。

>それにエネルギーは物質の一形態じゃないの。

エネルギーにもいろいろあります。
物質の一形態によるエネルギーは、その中の一つに過ぎません。


607 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 22:56:45 ID:pbuDNIlm
>高いエネルギーも物質も無い状態から、いきなり物質が発生したと言っている物理学者がいるのですか?
>もしそういう人がいたら、その人は物理学者ではありませんね。そのようなことが起きるはずがありません。

ないとも言えないよ。それはさておき、そのエネルギーはいつから在ったのよ。



608 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:00:44 ID:TU6aEugG
>>607
>それはさておき、そのエネルギーはいつから在ったのよ。

宇宙開闢前のことを、現在の宇宙に生きる生命体が知ることは不可能です。
物質が無ければ、時間もありませんので。


609 :数学科院生:2008/04/23(水) 23:05:21 ID:SBIxX4sr
これは単なる知識の受け売りですが宇宙は無から出発したのではなく虚数の世界から出発したとされています。

610 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:06:41 ID:pbuDNIlm
>>603
>宇宙開闢前には、単に物質が無かったというだけで、高いエネルギーに満ちていたということです。
それは変ですね。時空のないところに高いエネルギーが満ちていたといってますが。

611 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:24:22 ID:TU6aEugG
>>610
時空の無いところにエネルギーがあることに対して、何か不都合なことがありますか?


612 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:26:30 ID:TU6aEugG
>>609
>>608の「時間」は、「物質の変化を伴う実時間」という意味です。


613 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:28:26 ID:Byfvr2c8
宗教は恐ろしいな。
あの世界最高の平均IQ集団といわれるユダヤ人も、神だ宗教だがかかわると馬鹿に等しくなる。

614 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:40:42 ID:TU6aEugG
>>604
猫を飼っていらっしゃるのですね。ペットは可愛いですよね。
私も以前は犬と猫を飼ったことがあります。今は、いませんが。
お気に入りの音楽を聴くのも心地よいですね。

615 :数学科院生:2008/04/23(水) 23:46:44 ID:SBIxX4sr
↑もしかして確率論と微分方程式を勉強しているf'(x)君ですか?

616 :神も仏も名無しさん:2008/04/23(水) 23:48:26 ID:Byfvr2c8
カオスには役に立たん事勉強してるな。

617 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/04/23(水) 23:51:31 ID:elPMJaMj
>>609
ホーキンスが言ってたな。

私もそう思う。
ただし、虚数の世界から見たら、こちらが虚数の世界だろう。

618 :数学科院生:2008/04/24(木) 00:07:24 ID:lHfcKa4B
Metatronさんお久しぶりです。いつもどこでスレってるんですか?

619 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:08:49 ID:cZwKWH47
ホーキングとジム・ハートルが唱えた無境界仮説というやつか。
急激に膨張するド・ジッター宇宙は、時間を遡っていくと一般相対論によれば特異点に
たどり着き、極微の初期宇宙は一般相対論が適用できなくなる。そこで、ホーキングと
ハートルは、「ホイーラー-デウィット方程式」なる宇宙全体に対する波動方程式に即
して、初期宇宙に境界のない場合の条件を見つけた。それによりド・ジッター宇宙が特
異点からはじまるところを取り除き四次元ユークリッド球の下半分で置き換える。
ただし彼らは四次元時空の「時間」を空間と同じものに変えるというトリックを使った。
そうすると初期宇宙は無時間で、境界条件を持たないから自己完結的に存在するので、
宇宙誕生の問題はなくなる。しかし、プランクサイズの初期宇宙は、無からの創造で
はなく、無時間的に存在していたということになる。
時間を虚数にする。自乗しても−時間?



>>611
>時空の無いところにエネルギーがあることに対して、何か不都合なことがありますか?
自然界に在る物質的なものが、時空を造っているというか、物質の属性が時空と考えれ
ば不都合が生じますね。でも、非物質である霊的エネルギーみたいなものを想定すれば
別に矛盾しません。



620 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:28:53 ID:ZO41/Q2Y
虚数虚数とそう粋がらんでも、行列にすれば0,1,-1,0に過ぎんし、非可換はもとより、
非可除数でさえ、対応する構造が自然には存在しているようなのだから。
無論、霊などという妄想ではなくね。

621 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:29:02 ID:WWBiNvEz
>>596
あなたは、自分の語っている矛盾に気が付かない「愚か者」であることが良くわかりました。

>多くの仮説が生まれ新たに発見された事実の前に消えてゆくのは、進歩の証です。
それだけ科学が常に進歩し続けていることを意味します

つまりあなたは 仮説でありながら、それが誤りの無い「事実」であるとして語っている
そして、仮説が誤りであれば、それまでの「自分がえらそうに語った」事を、無かったのごとく
次の仮説で、また「事実」であるがごとく、えらそうに語る。。。

あなたのしている事は、科学を知る者からすれば、大いに「恥ずべき」行為そのものだ。

人の理論に、「おんぶにだっこ」で、それが頼りなくなると、他に乗りかえる。

どんなに、言葉をあやつっても、見る人間が見れば、あなたがどんなに「つまらない人」か
すぐに、わかる。 根底に流れるおんぶにだっこの「薄汚さ」が、よく見えました。



622 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:31:12 ID:ZO41/Q2Y
詭弁人の爆発、人格攻撃出たぁ〜w

623 :数学科院生:2008/04/24(木) 00:31:22 ID:lHfcKa4B
まぁいづれにせよ この世は神様?の都合で成り立っているのです。

624 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:36:20 ID:ZO41/Q2Y
数学があれば、なるようになってるってことで、神はいらんのでねーか?

625 :数学科院生:2008/04/24(木) 00:43:19 ID:lHfcKa4B
神さん構うな 仏さんホットケーでいいのです。

626 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 00:49:41 ID:QIVmAPAX
数理物理最強でどうよ?

627 :数学科院生:2008/04/24(木) 00:57:43 ID:lHfcKa4B
納得です。

628 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:09:18 ID:57Hg17FZ
誰が誰だかよく読んでないけど、客観的論理的に無理のある自分の認識を
曲げようとしない立派な常識人だと思った。ガリレオについていけないくらいの
科学者としての能力を持っていると思う。

629 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:14:16 ID:rAaQgeRm
>>613
神も宗教も人がバカであるという前提で構築されている仕組みだからね。

630 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:17:52 ID:QIVmAPAX
あるラインから先は突き詰めて考えるな!
そこから先に逝かれるとトートロジーがバレちまうw

631 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:24:34 ID:rAaQgeRm
トートロジーなど何も問題ないよ。
数学の基礎は=だもん。

632 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:27:42 ID:w6UHFemi
猿の惑星の禁制地区みたいな

633 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:40:15 ID:sc7PGoAs
離岸流、無理して泳げば、彼岸流

634 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 01:47:17 ID:5Eeyoi68
人類が直面する危機への不安と解決への期待がいかに非科学的
妄想と信仰かってことを考えます。今日はちょっと将来への危機感が
倍増した一日だったので、結果はまた後で。

635 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 02:11:06 ID:cp1ICDyc
ブッシュ(=宗教馬鹿)が、人類の寿命を10万年くらい縮めたかも知れない。

636 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 19:18:51 ID:nJ2oreg2
>>631
>トートロジーなど何も問題ないよ。
>数学の基礎は=だもん。

そうだと信じて疑わないところが問題なんだ。

唯一最高の法則や論理を見出せれば、確実な真理を得ることができるかもしれない。そして、
すべての者がこの論理を使えば誰もが同じ結論になり、対立も起こらず世界が平和になるか
もしれない。だが、世界に究極の論理思考はない。たんに相対的な論理があるだけだ。二つ
の思考の結果を比べて、どちらが劣っているか、優れているかを言うことは不可能である。

このことをもっとも単純な掛け算、割り算でみてみよう。

・掛け算:1×2=2
・割り算:1÷1/2=2

このふたつの式はまったく同じであり、それは誰も疑えない真実であると思いたいであろう。
だが、すべての者がそのように考えるかどうかは確定できない。こうした式を抽象的に考えず、
具体的にしか考えられない者がこの式を見たとすれば、不満をもらすに違いないのである。

りんごをイメージして考えてみよう。まず掛け算のほうは、1個のりんごを倍にするという式
である。したがって具体的にしか考えられない者にとっての答えは、2個のりんごである。
そして、割り算の場合は、1個のリンゴを半分にするということである。彼が導く答えは、半分
に切られたリンゴが2個となる。
掛け算ではリンゴが2個となり、割り算ではりんごは1個分にしかならない。従って彼はこの二
つの式を同じであるとは絶対に認めないだろう。われわれは彼を説得できるだろうか。そして彼
が絶対的に間違っていると誰が主張できるだろうか。誰が証明できるだろうか?。



637 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 21:30:23 ID:ISie0yCd
>>636
>・割り算:1÷1/2=2

通常の計算順序からすれば
1÷1/2=1÷1÷2=0.5です。
もし、答えが2となるようにしたいのであれば、1÷(1/2)と書く必要があります。
割り算の場合は、計算順により結果が異なりますので、計算順が間違いなく相手に伝わるように
記述上の注意が必要です。



638 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 21:41:35 ID:ISie0yCd
>>619
>非物質である霊的エネルギーみたいなものを想定すれば別に矛盾しません。

「霊的エネルギー」について、もっと詳しく説明してください。
何の説明も無く突然「霊的エネルギー」と書かれても、何のことなのかさっぱり分かりません。
「霊的エネルギー」は、あなたの単なる空想だと受け取ってしまいます。説明には、客観的事実を含めてください。


639 :神も仏も名無しさん:2008/04/24(木) 23:03:27 ID:LAg8PvDg
エネルギー・仕事量と情報の区別も出来てない馬鹿だろ。
もっとも、霊的情報と言っても何の意味も生じない訳だが。

640 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 00:14:45 ID:z8CZeMpw
1×2=1÷(1/2)

りんごで考えれば単位が違うのか
分数の割り算と言えばおもひでぽろぽろか
ちゃんと見てないけど。

2つあることが重要で、何が2つあるかは考えない
ってことか?数学院生さんから、このイメージに
ついて説明してもらいたいですね。

1g×2=2g

1g÷(1g/2)=2

分数の割り算では単位は無いんだね?

1g×2g=2g^2?

??

641 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 00:44:06 ID:gJ0lEkjr
1g÷(1g/2g)=1g÷(1/2)=

あれ、1g/2gって何か現実に応用できるのかな?
いやこうか

1g÷(1/2)g

これなら半分が1つに幾つ入るか、で分かりやすい
単なる数2とりんごの数2だな

642 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 07:24:11 ID:v4/3435R
>>638
>「霊的エネルギー」について、もっと詳しく説明してください。

非物質の存在である「神の愛」は、いのちの実体であって、「神の英知」も
いのちの実体である。全宇宙は、神の愛と英知で造られた。実在は存在の継続
であるから、今も神の愛と英知が自然界のも充満している。
霊的の意味は、自然界にはないもの、つまり霊界に属するものの表象的存在。

643 :数学科院生:2008/04/25(金) 08:05:32 ID:T78eJHcS
↑言ってることが理解不能です。そもそも霊とは何なんですか?

644 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 12:39:53 ID:sevpVmgG
霊的桾、頭が悪くて自分の言ってる事すら解らないようだ。

645 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 12:40:50 ID:sevpVmgG
ましてや他人に説明なんて出来る筈がない。

646 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 20:32:47 ID:KJJ92mwS
自分で考える事はせず。

647 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 21:26:26 ID:otAMCuza
宗教はPC使うな。

648 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 22:40:40 ID:3ce1yXyw
科学は道具。その科学をつくったのは人間。人間を造ったのは神。
神は宗教とともにある。アンポンタンにはそれが理解できない。

649 :神も仏も名無しさん:2008/04/25(金) 23:08:56 ID:YsPJwUlS
理解とか言うなよ。。。萎えるわ。。。

本気で信じているかどうかもあやしい。
自分で信じているかどうか自分で分かって
ないんだろうね。あ〜あ

650 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:00:04 ID:81ZBrp23
>科学は道具。

何の道具?

651 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:24:40 ID:5xkdxCy5
>>643
↑言ってることが理解不能です。そもそも霊とは何なんですか?

ふむ、ごもっとも。

「霊的」spiritualeというときの、霊は、しばしば「幽霊」「心霊」「霊姿」...などから、
死んだ人間の霊魂を連想する傾向があるが、「霊的」には、その種の連想とは関係はない。
「霊的」の真の意味は、英語のinspirationのもつ概念に近く、インスピレーションとは、
スピリットを入れることで、この場合のスピリットには、幽霊的なものの意味はなく、
むしろ人の理性を照らす静かな光の流れの印象を与える。したがって、「霊的」という概念は、
真理をより深く理解することに関係があり、熱よりも光によって照らされて、物事の原理をい
っそう深く悟る性格を指す。

この「霊的」概念で、人の理性を照らせば、霊界・自然界という二つの世界が存在していること
がよくわかるようになる。霊界が存在しているといっても、自然界から何かを引き出しているわ
けではなく、自然界も、霊界から何かを引き出しているわけではない。両者は、はっきりと区別
され、相応cprrespondentiae によって交流している。自然界の熱は、霊界の(仁愛による善)に
対応し、自然界の光は、霊界の(信仰による真理)に対応する。

以上の二つの世界は、はっきりと区別されているため、霊界は、自然界とは違った別の太陽の下に
あることが明確にわかり、霊界にも自然界におけるのと同じような熱と光がある。ただ、違うのは、
霊界の熱は「霊界の太陽」の熱であり、光も「霊界の太陽」の光であって、霊の熱は(仁愛の善)で、
霊の光は(信仰の真理)である。

非物質の存在である霊の熱は、「神の仁愛の善」であって、いのちの実体である。
非物質の存在である霊の光は、「神の信仰の真理」であって、いのちの実体である。
仁愛の善とは、神の愛であり、信仰の真理とは、神の英知である。
全宇宙は、神の愛と英知で造られた。人は、神の愛と英知を受ける器である。

652 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:28:09 ID:5xkdxCy5
何の道具?→自然界で人間の役に立つ道具。ただし、物質的理論だから霊界ではまったく役に立たない。


653 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:33:07 ID:/DKOhUaI
インスピレーションというのは、かなり物質的だよ。

654 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:47:49 ID:5xkdxCy5
ふーん物質的ね。インスピレーションは、原子や素粒子や電磁波で出来てるの。

655 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:48:53 ID:/DKOhUaI
信仰する心を持ったとして、
家で信仰しているのと、崇敬者大祭へゆくのとでは
結果として受け取るものは違う。
信仰する心を持ってなかったら、なにも変化はないよ。
認知する脳の現実がそういうものだから。
それでも、家と神殿とでは、霊的な性質が違うのは確かだね。
家より神殿のほうがいいよ。霊感的にも。
もっと繊細な知能だったら、霊感(感覚を起こしているもの)の内容も
具体的にわかるだろうけど、僕には無理だね。

656 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:50:16 ID:/DKOhUaI
>>654
そうだね。まぁ今思いつくものではそんなところだろうね。
因果応報もあるね。念の強さに比例して形状記憶してるね。

657 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 00:57:20 ID:/DKOhUaI
ビジネスとしての宗教団体やニューエイジになると、
囲い込めるもんならどんな人間でも接近してくるけど(馬鹿でもわかる)
神社などはむこうの基準が高いので、人によっては無視されるね。(わからない)(存在しない)

658 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:02:16 ID:/DKOhUaI
アウラは強度に比例して形状記憶するので
あまり人が嫌がるような念をもっていると
仕事も人間関係もうまくいかないよ。
その前にいいところに就職できない。

659 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:20:57 ID:5xkdxCy5
>>656
>そうだね。まぁ今思いつくものではそんなところだろうね。

インスピレーションが、原子や素粒子や電磁波で出来てるのなら当然、
エネルギー(質量)の保存則に従うわけだ。しかし、脳が破壊(脳死)
されると、意識も思考も消失すると科学は教えているわけだが、インス
ピレーションはどこにいるの?


660 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:28:38 ID:5xkdxCy5
誤解を招くからこう書き直そう。

人が死んで脳が腐ると、意識も思考も永久に消失するものと科学は考えて
いるわけだが、保存されているはずのインスピレーションはどこにいったの?


661 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:29:05 ID:/DKOhUaI
別に矛盾してないんですがね。
科学の勉強が未熟なんじゃないんでしょうか?
君だけの世の中ではないんですよ。
君以外のところにいたるところに生命は存在しているんですよ。
これがわからないと話にはならないんですが。
インスピレーションというのは仏教でいうなら阿頼耶識のレベルの精妙な作用だろう。
精妙な振動やらなにやらがあるんだろう。
振動は君以外のところにもあるだろう。
神を穢せば、世の中穢れだらけにもなるもんですよ。質量保存の法則として。
当然だろうになぁ。馬鹿だなぁ。

662 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:34:52 ID:/DKOhUaI
意外と科学カルトの人種のほうが
自分の信仰する法則で世界が成り立ってるとか思いこんでるよね。
君だけの世の中じゃないのにね。
他のところでも自分以外の人間は生きているのにね。

663 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:36:56 ID:5xkdxCy5
>別に矛盾してないんですがね。
>科学の勉強が未熟なんじゃないんでしょうか?
>君だけの世の中ではないんですよ。
>君以外のところにいたるところに生命は存在しているんですよ。
>これがわからないと話にはならないんですが。

あの、頭悪いのか全然わかりません。

>インスピレーションというのは仏教でいうなら阿頼耶識のレベルの精妙な作用だろう。
>精妙な振動やらなにやらがあるんだろう。
>振動は君以外のところにもあるだろう。
>神を穢せば、世の中穢れだらけにもなるもんですよ。質量保存の法則として。
>当然だろうになぁ。馬鹿だなぁ。

後段はもっと分かりません。なにか質量の保存則と関係があるんでしょうか。


664 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:43:33 ID:/DKOhUaI
あぁ、いつもこの板に蔓延ってる科学カルトの人種かと思ったわ。
科学カルトの人はですね、その論理の範疇におさまってないと気が済まないので、
動物にも霊魂があるとかそういうことを、矛盾しているとか感じるだろう。
それが自分の論理範疇外の出来事のように思っているから。
猫にもネズミにもそれなりに霊性が存在していることは現実なのにね。
質量保存の法則というのは、たとえばノイズキャンセリングとかと一緒。
神殿を穢されることを神社は怒るだろう。通ってる寺でもそうだよ。
本殿には崇敬者しか上らせないとか決まりがあるのも質量保存の法則から。

665 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:53:03 ID:5xkdxCy5
あの、カルマの法則とか因果応報のことなら、科学でいう質量保存則とは
まったく関係ありませんから。念のため。

666 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 01:55:23 ID:/DKOhUaI
それは定義による。

667 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 02:02:26 ID:5xkdxCy5
だめだこりゃ。逆らいません。

668 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 02:17:02 ID:osQvFLtZ
君もまた自分の脳内定義の人間かね
だめだこりゃ
ニューエイジなんてそんなもん

669 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 08:04:21 ID:p5VlCGD3
>>662 >>664
カルトの定義からして、宗教にしか適用されません。
科学は宗教ではありませんので、科学はカルトにはなりえません。
単語を誤用しないように注意してください。


670 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 08:07:30 ID:p5VlCGD3
>>659
>インスピレーションはどこにいるの?

インスピレーションは、インスピレーションをした人の脳の活動により発生します。
インスピレーションは現象なので、物質のように個別に存在するものではありません。


671 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 08:31:19 ID:p5VlCGD3
>>664
>神殿を穢されることを神社は怒るだろう。通ってる寺でもそうだよ。

正確に言えば、神殿を穢されて怒るのは、その神殿を守っている人と、その神殿に纏わる宗教を信仰している人。
神社という社そのものは、人ではないので怒るという感情を持ちません。
お寺の場合も同様です。

>本殿には崇敬者しか上らせないとか決まりがあるのも質量保存の法則から。

上記の神社やお寺を穢すことと質量保存の法則は、何の関係もありません。


672 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 09:30:09 ID:c9OP6/d+
質量保存(爆笑)

673 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 09:55:01 ID:5xkdxCy5
質量保存(爆笑)→?=意味不明(大爆笑 )




674 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 10:40:52 ID:p5VlCGD3
>>664
>質量保存の法則というのは、たとえばノイズキャンセリングとかと一緒。

ノイズキャンセリングは、ノイズを信号に対して相対的に小さくする方法です。
例えば、騒音の中でヘッドホンを使って音楽を聴くときには、
外部の騒音と逆位相の音をヘッドホンから出力することで、騒音を打ち消すようにします。
音は空気による波動であるため、逆位相の音波でノイズによる音波を打ち消すことができます。
質量保存の法則とノイズキャンセリングとは、まったく関係ありません。


675 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 12:07:28 ID:VZqXpr6f
>>670
>インスピレーションは、インスピレーションをした人の脳の活動により発生します。
>インスピレーションは現象なので、物質のように個別に存在するものではありません。

インスピレーションが、人の脳の活動により「発生」しているという根拠を脳科学的に
説明できる確定モデルはありません。脳活動から思考や精神が現象として表れるという
ことも単なる思い込みの域をでません。



676 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:09:54 ID:osQvFLtZ
君らって本当に馬鹿なんだね
よくそのレベルのマジレスをしたり顔でやってられるもんですね

677 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:12:53 ID:osQvFLtZ
霊感が死んでると
霊障も当たり前になるもんだね
その知能の低そうな冴えない人生をまずどうにかしないとな

678 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:15:49 ID:osQvFLtZ
科学カルトも依然として循環論法の域を出ないよなぁ
勿論その矛盾には気づけないよね
ああ言えばこういう
どんな職業なんだろうなぁ

679 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:20:20 ID:osQvFLtZ
プラーナを感じるようになるまでには
感性が繊細でも一年はかかるけど
今までの書き込みを恥じることになるだろうね
そのおつむの小ささがたまらないですよ

680 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:22:56 ID:osQvFLtZ
生物ソナーは無視された
無信仰の人間など存在しないわけですが
彼らは一体どういう信仰をしてるんでしょうね
カルトは己の循環に定義する教義でストレスを回避しているものですよ

681 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 13:27:26 ID:osQvFLtZ
ここはどう見ても下層の縁だよなぁ
自分の存在だけは肯定しているわけだけど
ほんと狭いし暗いし友達もいないですね

682 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:01:36 ID:osQvFLtZ
どうせまた"科学"の甲羅に入り込むんだろうなぁ
不浄霊とかチキンとかダックのイメージしか湧いてこないですよ
図星を突かれるから根拠を求めるんだろうなぁ
科学で保身しながら

仕事でヤクザにも会うけど
それらの未成仏霊とはまた感じが違いますね
ああいう職業の人はなんでか知らないけど
90パーセント以上の人がひどい霊障だね
ごく稀に爽やかな人がいて不思議に思うもんだけど

はぁ根拠ですか
反応が似てるなぁ
いくらでもあるのに無視する
その根拠のほうが知りたいね
早く苛められて死ねばよいのに
自分ではなく子どもが

683 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:04:09 ID:osQvFLtZ
硬い甲羅からお外に出るには
よほど強く叩かないといけない
よほどの不幸に見舞われないと
現象を素直に受け入れる風にはならない
それを望みたくなりますね

684 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:04:19 ID:p5VlCGD3
>>676-681
ID:osQvFLtZさんが何の宗教の信者か知りませんが、
あなたの精神的傾向が、>>676-681によく現れています。
このスレの題名とよく合った書き込みをされました。


685 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:05:40 ID:p5VlCGD3

>>676-681>>676-683に訂正します。

686 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:06:40 ID:osQvFLtZ
至って健常だよ
残念ながら
保身する必要が生じている不健全な輩は
将来仕事やら対人やらで神経症だろうけどね

687 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:08:57 ID:osQvFLtZ
しかしまた人格批判ですかぁ
宗教信者とかわりないね
人格批判する人格批判論者みたいな構造
科学絶対主義もご都合主義だね

688 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:12:35 ID:p5VlCGD3

ID:osQvFLtZさんは、興味深い性格をお持ちです。
人格批判などしていませんので、誤解の無いように。


689 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:20:54 ID:osQvFLtZ
表面上はでしょ
いいなぁいかにも普遍的な態度

690 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:26:45 ID:osQvFLtZ
神殿の霊性を清らかに保つのは難しいことですよ
その努力については無視されているね
脳内完結した定義によって

それが"狭い"のですよ

691 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:29:37 ID:osQvFLtZ
宗教板の住民には何を言っても無駄だろうけどね
自分が中心に回っているから

692 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:43:45 ID:osQvFLtZ
>>670
このへんなんかはもう爆笑もんなんだけどなぁ
ほんとに馬鹿が科学を気取ってるもんだねこの板は

693 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:44:34 ID:yAmxGvDw
科学的態度からすれば、宗教などどれもこれも荒唐無稽
という趣旨のことを延々述べるスレッドですね。
スレタイが少し違うような。

694 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:46:23 ID:osQvFLtZ
ほんと宗教を否定する科学はうざいですね

695 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 14:49:23 ID:osQvFLtZ
形容詞が使えなくなるのは
人格障害のうちのどれかに該当してるだろうね

696 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:18:49 ID:yO2dKVkj
>>654
もうちょっと大きな分子の、置き方だろうね。

697 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:20:34 ID:yO2dKVkj
>>694
科学を応用したPCやネットもうざかろう。使うなよ。

698 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:21:46 ID:yO2dKVkj
宗教馬鹿には情報が理解出来ない。何でもエネルギーw

699 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:35:34 ID:LFz/uRvO
別に科学を否定してないし。
なにこの白痴

700 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:38:32 ID:LFz/uRvO
情報が理解できていないのは誰だろうね。
やはり信仰に基づく論理形態でしかあり得ないようですね。
馬鹿なんだろうね。

701 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 16:54:49 ID:uIt1Wy1o
>別に科学を否定してないし。

量子力学的不確定性により神にも確定的予知が出来ない。
科学を否定しないなら、神の全能性も否定される。
全能でない神なんて、意味あんの?

702 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 17:25:34 ID:yAmxGvDw
人間の持つ科学・知なんてものは、釈迦の掌の孫悟空だと思いますよ。
ちょっと勉強して人より知識があるからって、分かった気になっているのは滑稽です。
ナマカ武道家と同じで、ちょっと強くなると勘違いして無駄に拳を振り回す。
アインシュタインや湯川秀樹には宗教性があったようですよ。

703 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 17:46:02 ID:VZqXpr6f
そうだね。うろおぼえの知識はお笑いの対象にしかならないってこと。
まだ、はなたれガキだろう。

704 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 18:50:00 ID:5h4bZyeX
結局現実を見ないで観念に遊ぶハナタレ宗教。

705 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 18:51:10 ID:5h4bZyeX
>うろおぼえの知識

宗教馬鹿が科学に関して持っている知識。

706 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 20:33:19 ID:LFz/uRvO
>>701
量子力学的不確定性
こういう用語のガキ臭い用法が好きですねぇ。
なぜそんな狭い循環論に収まらないといけないんでしょうね。
神も大変ですね。
君は仏教の空とか中論を勉強したほうがよさそうだよ。

707 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:11:28 ID:NBf/Szg3
信じるものは救われない
http://nara.cool.ne.jp/higaisha/

708 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:23:44 ID:oEX/ONQF
>狭い循環論

大藁w
さすがに宗教馬鹿の理解力。

709 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:25:49 ID:oEX/ONQF
人は都合の良いものだけを信じたがる。

残念ながら科学は都合にはよらない。

710 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:28:10 ID:EGSuXLHQ
おいおい、こっちでも循環論法の意味分かってない奴がいるのかよwww
つか同じ奴かな?

711 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:29:47 ID:oEX/ONQF
>君は仏教の空とか中論を勉強したほうがよさそうだよ。

観念論は何をこじつけても人間の都合だと知れ。

712 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:30:54 ID:oEX/ONQF
量子力学的不確定性は実証されるのでね。

713 :神も仏も名無しさん:2008/04/26(土) 23:39:14 ID:oEX/ONQF
宗教は再帰的に定義してゆくと同義反復に陥る。
宗教馬鹿は、循環論法がお好きだが、自分がそれだと気がつかないw

714 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:17:27 ID:efjm+IQI
馬鹿なのはお前だって。
すべては脳内現象で無限ループだろう。
霊感もないのに。楽だよね。その論理性。

715 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:18:08 ID:efjm+IQI
>>711
このレスなんかは特に屹度馬鹿な要素が満載ですよ。

716 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:19:34 ID:efjm+IQI
残念ながら霊感はあるんだよなぁ。
実証してみて下さいよ。冴えない人生の君には無理だろうけど。
顔面偏差値こそがその人の知能を現してるんだよ。
君が何を言っても相手が聞くわけがないだろう。

717 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:20:23 ID:efjm+IQI
>>712
この言い方が笑える。
…馬鹿そのものだな。
ごめんね馬鹿馬鹿言って。
そうとしか思えないんですよ。ここの輩は。

718 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:21:34 ID:efjm+IQI
>>713
おまえは自分の循環論法に気づいてる?
気づいてるんなら病気ではないだろうけどね。
こちらは実際に霊性に感応できるんですよ。
もちろん、さっきも感応してきたよ。
どれだけのサンプル数があるだろうなぁ。

719 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:22:53 ID:efjm+IQI
科学の妄信ではまたワンパターンな脳内定義が来るだろうね。
狭い循環論にて。
いいなぁ。社会の歯車になるのも楽で。

720 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:23:43 ID:efjm+IQI
>>709
もし因果応報が存在したら、
自分のしょーもない人生が因果応報に因るところになるから、
否定したいよね。そういうものだよね。君の論理性って。

721 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:24:56 ID:efjm+IQI
>>710
何年宗教板やってるの?
一体なにしに来てるの?
ちゃんと答えろよ。
どうせ冴えない人生を表現するぐらいなもんだろうけど。

722 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:25:35 ID:efjm+IQI
>>708
狭いと理解したんですけど。
狭いから狭いと言ったんだよ。
それが君の知能の限界なんだよ。

723 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:28:20 ID:efjm+IQI
都合の悪い論理は無視するだろうね。
霊性が存在するという現実も。
こちらは経験から現実を述べてるだけなんですよ。
>>682

724 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:30:45 ID:efjm+IQI
神仏を否定するのも高二病みたいなものだよね。
あれから成長してないんだろうね。
宗教被害に遭っているのならまぁ仕方ないとは思うけど。

725 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:32:27 ID:efjm+IQI
というかここに書かれているもので理解のできないものなんて
今までにひとつもなかったですよ。
所詮その程度だろうなぁ、って感じで読ませていただいてるよ。
どうせ友達もいないんだろうなぁって感じに。

726 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 00:33:53 ID:efjm+IQI
>>713
これって寝ながらでも書けるよね。

727 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 01:52:03 ID:aaggP/tl
>霊性が存在するという現実も。
>こちらは経験から現実を述べてるだけなんですよ。

脳内経験乙

728 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 01:53:25 ID:aaggP/tl
>>722
いつまで思春期的全能感に浸ってるんだこの馬鹿は。

729 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 01:57:29 ID:zEncuK7n
脳内で循環してますねぇ
狭いねぇ
バカはお前なのだよ
その一面性しか見られないだろ

730 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:00:02 ID:aaggP/tl
お前の霊界はお前の脳内なんだよ精神病くん

731 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:00:47 ID:zEncuK7n
神社に行くのが怖いなんて
まるで小学生みたいだね
まぁ行ったら行ったで迷惑がられるだろうけどね
君の場合どこ行ってもそうでしょ
なんとなく匂いでわかるよ

732 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:02:48 ID:zEncuK7n
普通に感応できるから現実を述べているんだよ
それを実際に試せばよいのに
信仰が覆るのが恥だからできないんだろうて
関係ないけど日月神示もなかなかよいね

733 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:03:45 ID:aaggP/tl
神社が怖い?w
そりゃ、異教徒は殺せくらいの狂信者の中で嘘を指摘してやるのは怖いがな。

734 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:05:10 ID:zEncuK7n
なら行けばいいよ
余裕ぶってられるのも今のうちだから

735 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:06:24 ID:zEncuK7n
君にとっての異教徒とは
神を信じる者でしょ
人のことは言えないよ
所詮精神病なんだから

736 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:07:32 ID:aaggP/tl
脳は別に現実を考えるようには出来ていない。
都合のいいもの心地よいものを信じようとする。
感応だと感激したいからする、はまる、いっちまう。
が、やり過ぎると病気だよ。

737 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:08:16 ID:zEncuK7n
横柄な人格では敵も多いだろうね
君はたぶん職場でも嫌われてるよ
下っ端だろうけど

738 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:09:49 ID:zEncuK7n
普通に感覚でですよ
その定義が一面性なのだよ

739 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:11:15 ID:aaggP/tl
神を仮定すると楽だからね。
あの世を仮定すると気分がいいだろう。
それを敷衍すると観測される事実に反するようになっても、捨てるに捨てられない。

740 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:14:30 ID:zEncuK7n
いっちまわないから安心していいよ
まぁ寺社にもよるだろうが
よくある普通の多くの人が参詣するようなとこなら大丈夫だよ
普通にすがすがしい というのがよいね

観測されるとか言ってるのが馬鹿だよね
まぁ凡人レベルなのかな
脳内で完結していない現象は現象ではありませんからね

741 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:15:09 ID:aaggP/tl
普通に感覚は感覚でしかない。
崖の上に都合で橋が見えたからと言って、現実に橋がなければ落ちるんだよ。

742 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:15:57 ID:zEncuK7n
まぁ十年以内に恥をかいてるよ
恥も成長だがね
根拠がなければ話せないというのも
人格障害の一種だろうね

743 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:16:11 ID:aaggP/tl
>脳内で完結していない現象は現象ではありませんからね

脳内ループやってろw

744 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:16:31 ID:zEncuK7n
当然だろう
君はどこまで馬鹿なんだ?

745 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:19:29 ID:zEncuK7n
お前が脳内ループなんだよ
確かめもせずに
何かを恐れて

まぁその恐れはどうせ体面的なものなんだろうけど

746 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:19:50 ID:aaggP/tl
>>742
根拠もないのに垂れ流すおばさんってよくいるよなw

747 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:22:21 ID:aaggP/tl
>>745
だれも「〜感」が無いとは言ってないよ。
感じたものが即あると思うのも、行き過ぎると病気だって事だ。

748 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:23:49 ID:zEncuK7n
一緒にしないでね
まぁ君に馬鹿にされるほど相手も劣ってないだろうけどね
むしろ優れていたりね
根拠はあるよ
君らは面倒だから述べたくないが(勿論オカルト科学の類ではないから宜しく
経験は述べてるだろう
脳内ループさせて安心してるだろう

749 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:26:50 ID:zEncuK7n
感じたものが即ある
それは普通病気とは言わないよ
子供は皆 病気なのか?

しかし感じたものが今までに五百回はありますからねぇ
しかも神社によって個性がありますよ
神社と寺とではまず異質だね
まぁ般若心経は強力だね

750 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:27:55 ID:aaggP/tl
500回感じようが1000回感じようが、ない橋を渡ろうとすれば落ちる。

751 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:28:22 ID:zEncuK7n
病気は素性が内的であれ外的であれ
歪められた状態の継続からくるね

752 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:31:20 ID:aaggP/tl
脳内だけで完結させようとすれば、歪み始める。
在りもしないものがあったらいいなで見えて来る。

753 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:33:42 ID:zEncuK7n
そればかりだよなぁ
それが君の信仰なのだよ
歪められた状態は君にも多いと思うよ
最近の人はすぐに自殺するからなぁ

754 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:35:45 ID:aaggP/tl
硫化水素は濃度が濃くなると嗅覚を麻痺させる。
臭くないからといってそこにとどまれば、死ぬ。

755 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:36:22 ID:aaggP/tl
現実は感覚や脳の願望とは一致しない。

756 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:36:48 ID:zEncuK7n
そこに留まると死ぬね

757 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:37:30 ID:zEncuK7n
一致しませんねぇ
ほんと君見てるとよくわかるよ

758 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:38:36 ID:aaggP/tl
そのままお返しするよ霊界くんw

759 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:39:11 ID:zEncuK7n
>>752
ちなみに君わかってないよ

760 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:40:34 ID:aaggP/tl
まあ、拝めば助けてくれる神仏やら、死んでもあの世が在るなら気は楽だろう。
だから在りますじゃあ、垂れ流しおばさんと何も変わらない。

761 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:40:47 ID:zEncuK7n
君の脳内ループはIQ110ぐらいだね
まぁ高くもなく低くもない信仰形態だね

762 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:42:27 ID:zEncuK7n
だから在りますに解釈するところがIQ108ぐらいなのかな

763 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:43:50 ID:aaggP/tl
残念ながら、科学は願望や信仰や都合では成立しない。

764 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:45:15 ID:zEncuK7n
わかったから
科学をやっている割には現象から乖離してるんですがね
国家の品格にも書いてあったなぁ

765 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:48:25 ID:aaggP/tl
現象の対義語って知ってる?

766 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:50:11 ID:zEncuK7n
知らないよ

767 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:51:31 ID:aaggP/tl
そ。

768 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:52:54 ID:zEncuK7n
現実の対義語は?

769 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:53:57 ID:aaggP/tl
まあ、国家も品格も経済も現象に過ぎん訳だが。

770 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:55:15 ID:aaggP/tl
>>768
空想

771 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:56:04 ID:zEncuK7n
本質から乖離してると言ったほうがよかった?
現実の対義語はなんだろう

772 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:57:37 ID:zEncuK7n
http://orz4.2ch.io/orz/orz.cgi/-/life9.2ch.net/psy/1141047333/144-

773 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 02:59:15 ID:Ajzd3XhO
連投規制来たからID変えたよ。

現象を説明出来ない本質ってのは困るからな。
宗教は本質に非ず。

774 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:10:33 ID:zEncuK7n
科学は仮想になる

775 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:11:24 ID:Ajzd3XhO
宗教は妄想だな。

776 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:12:01 ID:Ajzd3XhO
科学は、仮説だよ。

777 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:12:37 ID:AIxSEP4Q
2ch以外10万ケ所コピペくらぶ

やっぱり報道規制?日本なのに日の丸が無い!? 日本から毎月15万の留学生援助を受けてもこの有り様
【長野・聖火リレー】“チベット派”警察の指導によりゴール地点・若里公園に入場禁止、でも中国国旗はOK…ゴール映像は中国一色?
http://www2.2ch.net/2ch.html

ここは日本?日本人チベット人 対 中国人 
http://www.vipper.net/vip509358.jpg
http://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d361272.jpg

中国国旗をふり長野市内を走る中国人 
http://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d361179.jpg

【長野・聖火リレー】中国人ら、長野駅前のモニュメントに登ったり、チベット側のプラカードを破ったり…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3108089

【長野・聖火リレー】警察、チベット旗を積んだバイクには注意、でも中国国旗を掲げた中国人らの車には何もせず?(動画)
http://jp.youtube.com/watch?v=nSfKIZfBq3E
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209222899/

長野市内を車から身を乗り出して中国国旗をふる中国人右翼?
★Thoughtless Chinese in Japan
http://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d361179.jpg

778 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:12:48 ID:Ajzd3XhO
より確からしい仮説。

779 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:17:25 ID:zEncuK7n
なぜ宗教が妄想で科学が仮説なのだろう
現実の反意語が仮想なのだから
科学も宗教も仮想だろう

780 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:24:09 ID:Ajzd3XhO
宗教は現象を説明する必要がない。脳内で勝手にループしていても構わない。
仮想ではなく空想ね。

781 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:33:50 ID:zEncuK7n
それでもなぜか本質には近いよ
素直に現象を見るからね
"神ながら言挙げせず""かむながら"の神道はよいね

782 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:38:11 ID:zEncuK7n
君にはいまいち普遍性がない
ジンテーゼが足りてない
ただ肯定否定するのみで論理が成り立ってる
そこからの飛翔がないね

783 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:43:55 ID:Ajzd3XhO
素直に脳内現象を見て妄想されてもね。

変なところで飛翔されたんじゃ、話が繋がらない。
ファンタジー小説じゃないからね。

784 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:48:28 ID:zEncuK7n
そろそろ飽きた

785 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 03:49:52 ID:zEncuK7n
国家の品格は面白かったな
読んでほしいねぇ
すぐ読めるから

786 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 07:55:28 ID:K7Tm6FM0
>>779
>科学も宗教も仮想だろう

科学は現実の原因やしくみを探求する学問なので、現実だけを基盤にしています。
もちろん、「仮想空間」を作り出すこともありますが、「仮想空間」という空間自体が
五感を持つ誰もが客観的に得られるものなので、現実として「仮想空間」を作り出していると言えます。
仮説は、まだその理論が現実をうまく表しているかどうか分からない状態のときの説です。
したがって、仮説は後に書き換えられたり、あらたな説を生んだりすることがあります。
もちろん、実験や観測で現実とよく一致することが確認されれば、正しい理論として科学に組み込まれてゆきます。
宗教は、現実には無くとも、信仰により心に安心感や希望が見出せるのであればそれによる精神的効用があります。
ただし、誰もが得られるかというとそうではありません。信仰の度合いにより得られる人と得られない人の差が大きいです。
信仰の度合いは、その人の過去の経験によります。


787 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 10:17:10 ID:yvQ/unwr
>五感を持つ誰もが客観的に得られるものなので、

相当誤解があるな。

788 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 10:18:26 ID:yvQ/unwr
>実験や観測で現実とよく一致することが確認されれば、正しい理論として科学に組み込まれてゆきます。

それでも可能性としての反証は担保しているからね。

789 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 10:19:45 ID:yvQ/unwr
>宗教は、現実には無くとも、信仰により心に安心感や希望が見出せるのであればそれによる精神的効用があります。

精神安定剤、悪くすると麻薬の変わりって事だね。

790 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:04:26 ID:zEncuK7n
>>786
現実の反意語としての仮想の意味が全く理解されてないよ

791 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:07:56 ID:zEncuK7n
"宗教は現実になくとも"
というのがまかり通ってるけど
まかり通されてる無批判のグループにとっては
それが"共同幻想"なので戦争になるんですよ

792 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:20:41 ID:xFJHnDMC
ないんだからまかり通って当然。
あると思ってるのが共同幻想。
それから、現実の対義語は空想。

793 :数学科院生:2008/04/27(日) 11:21:57 ID:ChzDi1pl
結局 行為系の宗教も体験系の宗教も薬と電極でもって代替可能なわけですがだからといって宗教を否定するわけではありません。しかし・・・

794 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:25:02 ID:zEncuK7n
模範解答では仮想だよ

795 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:26:28 ID:zEncuK7n
なにをもって霊体験とするかだね

796 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:28:00 ID:zEncuK7n
ここは仮想が理解できない人しかいないですからね

797 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:30:37 ID:zEncuK7n
>>792
あるのだよ
君の信仰がそれなんだよ
実験が伴ってないだろう
まぁ才能あっても一年はかかるけど

798 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:34:43 ID:zEncuK7n
現実の反対が空想
たしかに空想ですねぇ
空想は反証できないなぁ
自動的に自業自得に陥ってる

799 :数学科院生:2008/04/27(日) 11:35:14 ID:ChzDi1pl
♪ソソソクラテスかプラトンか〜ニニニーチェかサルトルか〜 みんな悩んで大きくなった♪

800 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:39:33 ID:CRlLkbaa
食糧問題と地球温暖化のウソ・ホント
http://jbbs.livedoor.jp/study/8621/#1

http://www.nhk.or.jp/korekara/

NHKのサイトでアンケートしてる


801 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:39:47 ID:xFJHnDMC
空想を突きつけられるのが嫌で仮想を捏造するか。何が模範解答だw

802 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:43:20 ID:zEncuK7n
だから仮想なんだって
捏造だと思い込むところが宗教的だなぁ

803 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:45:30 ID:COcoOfAi
仮想現実はあっても空想現実はない。
教義並にいい加減な模範解答を捏造しないように。


804 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:47:56 ID:+cjOn/ci
自然は数学で記述出来るというのは科学者の信仰だろ?

805 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:50:53 ID:zEncuK7n
>>803
またすごい錯覚してる奴が来たね
科学が仮想だとそんなにいけないのかな
いったい何が崩壊するんでしょう
崩壊するものは多分君の中にしかないよ

806 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:56:33 ID:zEncuK7n
このレベルですよ
なんかね、ほんとに自分の頭で考えてるのかが気になってきた
まぁ多分因果応報なんだろうけど
もし自分が想像や空想をしていたら
宗教への批判がモロ自分に帰ってくるからね

807 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 11:58:25 ID:AwuApQeq
地球温暖化についての疑問はいくつかある。
温室効果ガスを排出し続ければ温暖化が起こる事は予想されるが、地球環境は必ずしも線型応答システムではない。
また、太陽活動の変化による影響との差し引きを定量的に捉える事は至難である。


808 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:00:14 ID:AwuApQeq
>>805
何を勘違いしているのかな?
宗教が空想のくせに仮想を騙るなと言ってるんだよw

809 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:07:15 ID:zEncuK7n
でも霊性が存在するのも現実だから仕方ないとも言ってるんだよ

810 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:07:46 ID:se3de02S
宗教では「地球は温暖化する」と教義で決めてしまうとそれが絶対になる。
あとはよくも悪くも神様の思し召し。
科学では常に>>807のような担保があり、新たな検証が必要となる。

811 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:10:16 ID:zEncuK7n
そうだね
現象なんてその狭い科学では覆えないからね
霊性の存在の無についても君らも反証してみる必要があるよ

812 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:12:55 ID:se3de02S
[「霊性が存在するのも現実だから仕方ない」と妄想している>>809がいるらしい。] ←これは多分現実だがな。

813 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:14:20 ID:zEncuK7n
それも信仰ですね
残念ながら

814 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:18:41 ID:zEncuK7n
一人一人あまり頭のよくない部類の人間を相手していては
時間の無駄な消耗になるので
まず自分で実験するなり参拝するなりしてみてね
頭ごなしに否定するから上で書いたように因果するのだよ

815 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:19:52 ID:zEncuK7n
だから冴えない人生だろうなぁと思ってるのだよ

816 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 12:20:51 ID:se3de02S
騙され易い頭がいいと思い込むのも宗教のうちかw

817 :数学科院生:2008/04/27(日) 12:38:58 ID:ChzDi1pl
なんだか冴えないなぁ。

818 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 13:22:21 ID:yjYEBrCZ
科学的に実証された物質や現象や法則で説明できない事柄を信じるのは愚かである。
というのが宗教否定派の方のおおよその意見のようですね。

では、いわゆる超常現象についてはどのようにお考えですか。
例えば、FBI超能力捜査官などTVで放送されてますが、全てインチキかトリックであるとみなすのでしょうか。

819 :数学科院生:2008/04/27(日) 13:40:27 ID:ChzDi1pl
超常現象とは何なんですか?

820 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 14:02:13 ID:yjYEBrCZ
>>819 いわゆる超常現象とされるものです。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP232JP232&q=%e8%b6%85%e5%b8%b8%e7%8f%be%e8%b1%a1

中にはインチキやトリック、錯覚、誤解があるでしょう。いや、その方が多いでしょう。
つまり、実のところは科学的な説明が可能であり、現在の科学の枠組みから外れたものではない
というものが多いでしょう。

私の伺いたい要点は、このようないわゆる超常現象が
一つの例外もなくそうであるとお考えなのかどうかという点です。
言い換えれば、現在の科学で未解明な領域が存在するのか、その余地を認めるのかどうかということです。

一言で言うと、「今の科学って本当に何もかも全部解明済みなの?」ということです。

821 :数学科院生:2008/04/27(日) 14:07:15 ID:ChzDi1pl
科学が終焉したというのであれば誰も科学などしません。

822 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 14:09:16 ID:yjYEBrCZ
>>821
ありがとうございます。
それで、超常現象と科学の終焉の関係についてはいかがですか?

823 :数学科院生:2008/04/27(日) 14:23:00 ID:ChzDi1pl
その質問にたいする答えは一つしか有り得ません。答は「わかりません」だけです。

824 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 14:28:38 ID:yjYEBrCZ
ありがとうございます。
それが科学ですからね。極めて科学的な態度だと思います。
そう言わずに頭から否定する方は偽者だと思っています。
では失礼します。

825 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 16:13:33 ID:SSzot6/i
>超常現象とは何なんですか?
>それで、超常現象と科学の終焉の関係についてはいかがですか?
<その質問にたいする答えは一つしか有り得ません。答は「わかりません」だけです。

それじゃ分からないと答えるのが当たり前。お礼言うほどのことじゃない。
なんともトンチンカンな会話。

826 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 16:58:37 ID:K7Tm6FM0
>>809
問1
>霊性が存在するのも現実だから仕方ないとも言ってるんだよ

「霊性」とは、どのような定義をされていますか?
また、存在の証明はどのようにされたのでしょうか?


>>811
問2
>霊性の存在の無についても君らも反証してみる必要があるよ

「霊性の存在の無」とは、どのようなことでしょうか?
「霊性は存在しない」ということでしょうか?
霊性が存在しないのだとしたら、問1に矛盾したことを書いていることになります。


827 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 17:12:59 ID:K7Tm6FM0
>>820
Wikipediaに書かれている「超常現象」というのは、すべて、幻覚か人がトリックにより作った現象です。
あらゆる現象は、自然の法則を超えることは絶対にありません。
非常にまれにしか起こらない現象もありますが、それでも自然の法則に従って起きているだけで、
めったに起こらない現象ゆえに、人が、「これは、異常だ。」と感じているに過ぎません。
ただし、現象の原因がすべて科学的に解明できているのではありません。
めったに起こらない現象は再現性が乏しいために、原因を特定するだけの情報が非常に得られ難いのが普通です。
そのために、非常に少ない情報から原因を推測するより方法が無いのです。
このことは、原因を特定できていないだけであって、自然の法則に従ってすべての現象が発生していることは確かです。
もっと多くの情報が得られれば、超常現象の原因を特定することも可能になるでしょう。
たとえば、戦前には「神風」と呼ばれて恐れられていたものが、「台風」として現在は認識されているようなことです。


828 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 17:14:40 ID:K7Tm6FM0
>>827
「すべて、幻覚か人がトリック」を
「すべて、幻覚か錯覚か勘違いか、人がトリック」
に訂正します。

829 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 17:33:22 ID:K7Tm6FM0
>>820
>言い換えれば、現在の科学で未解明な領域が存在するのか、その余地を認めるのかどうかということです。
>一言で言うと、「今の科学って本当に何もかも全部解明済みなの?」ということです。

科学で未解明な領域は、もちろんあります。
自然の法則は膨大なので、全体でとのくらいの法則があるのか分かりません。
したがって、現在、人類が全体の何%を科学で解明したのかも分かりません。
「今の科学が全部解明済み」などという人がいたら、その人は大きな勘違いをしてることになります。
人類が科学により解明したのは、ごくわずかということです。
しかし、そのごくわずかな科学の内容でさえ、普通の人がきちんと理解するには多大な努力を要します。


830 :数学科院生:2008/04/27(日) 17:46:24 ID:ChzDi1pl
↑確率微分方程式のf'(x)
君ですか?

831 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 17:57:39 ID:zEncuK7n
>>826
>>809
> 問1
> >霊性が存在するのも現実だから仕方ないとも言ってるんだよ

> 「霊性」とは、どのような定義をされていますか?
> また、存在の証明はどのようにされたのでしょうか?

存在の証明は僕のサイトでもたどれば膨大になるだろうね
存在の証明など追い求めても仕方ないよ
霊感のないうちは仕方ないけど
まぁ行動が足りてないんだろうけど

>>811
> 問2
> >霊性の存在の無についても君らも反証してみる必要があるよ

> 「霊性の存在の無」とは、どのようなことでしょうか?
> 「霊性は存在しない」ということでしょうか?
> 霊性が存在しないのだとしたら、問1に矛盾したことを書いていることになります。


君はなんだか読解力がないよ
一生確実な無限に入ってそうだね
比喩とかメタファーとかパラドクスとかはたまた誤植であるを理解するのは一般的にはそんなに難しいことなんですかね
僕には君の知能指数がわかりませんね

832 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 17:59:19 ID:yjYEBrCZ
ID:K7Tm6FM0さん、お答えありがとうございます。

一つ不思議なのは、そこまでお分かりでいらっしゃって
何故>>827の1行目のようなことを断言できるのかということです。

833 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:00:54 ID:zEncuK7n
ごく普通の科学が仮想である
を理解するのは難しいよ

834 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:05:24 ID:zEncuK7n
台風が必然に起こされれば神風
何による必然かはわかりませんね
でも間違いなくあるね
仕事も忙しくなるよ

835 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:08:28 ID:RRgKeIny
>物質や現象や法則

「や」で繋ぐかw

>説明できない事柄を信じるのは愚かである。

ノンノン、説明できない事柄と信じるのは愚かである。

超常現象は手品、電子が壁抜けするトンネル効果は物理。

836 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:14:04 ID:K7Tm6FM0
>>830
はい。f(x)です。
まだ、確率論の中でうろうろしています。(^_^;


837 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:15:34 ID:zEncuK7n
"ノンノン"にワロス
なんでこんな悦の表現ができるのだろう
間違いなく陰でキモイと言われてるな

838 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:16:43 ID:zEncuK7n
トンネル効果なつかしい
僕も単語だけはよく知ってるね

839 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:17:37 ID:K7Tm6FM0
>>831
>霊感のないうちは仕方ないけど

その「霊感」というのは、頭の中で感じますか?
それとも、はっきりと見えたり聞こえたりしますか?


840 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:18:45 ID:zEncuK7n
はっきりと全身で感じますよ
霊障だと重いね
神殿だと軽くなるね

841 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:20:32 ID:K7Tm6FM0
>>833
>ごく普通の科学が仮想である を理解するのは難しいよ

「科学」は学問なので「仮想」ではありません。
言葉の定義を間違わないようにしてください。


842 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:24:28 ID:zEncuK7n
現実⇔仮想
科学は永久に仮想
さっきから何回説明さすの?
ほんと頭のダメな人たちですね

843 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:26:04 ID:K7Tm6FM0
>>840
>はっきりと全身で感じますよ
>霊障だと重いね
>神殿だと軽くなるね

視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、の五感は、それぞれ体の部位に感覚器官があり、
神経を伝わって脳で処理されることにより、感覚として発現しているということを知っていますか?
ただし、感覚器官に実際の刺激が無くても、夢などのように、脳の活動により、
感覚を発現することがあるという事実を知っていますか?


844 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:26:36 ID:zEncuK7n
仮想現実が空想現実が云々言ってるし
あれはほんとゆうと笑いたかったですよ

845 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:27:29 ID:zEncuK7n
>>843
あのさぁ
お前のレベルで語らないでくれる?

846 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:27:58 ID:RRgKeIny
仮想記憶装置

847 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:28:58 ID:RRgKeIny
現実⇔空想
宗教は永久に妄想
さっきから何回説明さすの?
ほんと頭のダメな人たちですね

848 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:29:59 ID:zEncuK7n
将来神経症になりそうなアウラですね
いまのうちに人格障害で検索しておくのも吉かと。

849 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:31:39 ID:zEncuK7n
>>847
あのさぁ
悲しいけど問題集の解答なんだわ
君は試験に落ちてるタイプだね

850 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:32:49 ID:RRgKeIny
宗教はやたらとレベルに頼りたがるw
時に、ディメンションとも混同する。
妄想の程度をレベルと読み替えて、いかにも自分が何かの高みにあるかのように思い込み錯覚する、
哀れな精神病患者。

851 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:33:37 ID:RRgKeIny
現実 対義語

852 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:33:59 ID:zEncuK7n
そうすぐに怒るな

853 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:41:51 ID:KIWgAU/J
現実の対義語は理想だってよ。

854 :数学科院生:2008/04/27(日) 18:44:45 ID:ChzDi1pl
わたしゃ軽い統合失調症です。

855 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:50:20 ID:zEncuK7n
理想と現実ですか…
はぁ。とても科学的な解答だね

856 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 18:54:44 ID:zEncuK7n
まぁ僕も理想を選んだクチなんですがね
もっと普通的に考えれば違いがわかるもんだよ

857 :数学科院生:2008/04/27(日) 18:58:14 ID:ChzDi1pl
f'(x)君へ
ID:zEn・・・なんて相手にしないほうが賢明だよ。

858 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:05:12 ID:KVFF90rt
>宗教は永久に妄想
>宗教はやたらとレベルに頼りたがるw
>哀れな精神病患者。

宗教にもいろいろあるのよ。おまえの論によると、宗教を信じるものは
すべて精神の病気持ちということになる。世界中で宗教を信じている人
がいくらいるか知ってんか? 何十億だぞ。むしろ共産圏のように宗教
を認めていない国の方が少ない。外国に行ってそんなこといっていたら、
ぶん殴られるぞ。殴られないまでも、バカにされる。それが世界の現実だ。
我国では、科学偏重教育がかような阿呆を大量生産したといえる。 


859 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:07:43 ID:Sj1R8wYe
>>858
その結果戦争で人殺しですか
 
宗教って素晴らしいんですね

860 :数学科院生:2008/04/27(日) 19:13:31 ID:ChzDi1pl
新宗教の宿命

歴史という試練を経ていない。幸福の科学もしかり。

861 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:43:47 ID:KVFF90rt
>その結果戦争で人殺しですか
そうだ。科学兵器をつかって大量殺人をもやる。
そうして、宗教を信じている奴もいない奴も、富んで、滅んでいく。

聖書で、主はなんと教えられているか。
「剣をさやに納めなさい。剣を取るものは皆、剣で滅びる。」(マタイ26-52)

戦争や人殺しをやっているのは、自分の地位や権利や富を守るため、祖国を守る
という美名のもと、愛国心を悪用した者と利用された者の共同責任。
自己愛と世間愛につかったニセ信者どもと、真の宗教的教義とは一切関係ない。



862 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:46:04 ID:fF006qZG
http://syarecowa.moo.jp/170/55.html

863 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:50:39 ID:Sj1R8wYe
>>861
なるほど
 
しかし宗教戦争はどうだろう?
宗教の利権、地位、などを求めて戦っているんじゃないかな
 
それで周りを巻き込む
 
やってる事は一緒ですよ

864 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 19:59:29 ID:fF006qZG
携帯で見ると見境がつかないわけだけどPCで見るとIDを混同してましたねぇ。
まぁどうでもいいけど。
科学側に固定観念があるのは確かだな。
宗教者は科学や生物をわかってないとかいうその”前提”とか
宗教やってる奴に殺されるのではないかいう怖れなど。
所有欲・利権を完全に捨てる。
となると国家を韓国に譲るなども考えないといけませんね。
国家の地位も捨てて宗教戦争を避けねばなりませんね。
無宗教の人間などいないですからね。

865 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 20:01:12 ID:fF006qZG
他人に要求する前に自分はできているのかと思うんだけど、どうなんでしょうね。
宗教を無にするというのなら、国家という巨大な宗教団体も捨てなければならないですよ。

866 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 20:02:11 ID:KVFF90rt
>>862
>しかし宗教戦争はどうだろう?
>宗教の利権、地位、などを求めて戦っているんじゃないかな

キリストの教えられた、天的愛と隣人愛に反した自己愛と世間愛を
持っているニセキリスト信者がやってるだけで、聖書の教えとは関係ない。


867 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 20:10:16 ID:Sj1R8wYe
>>866
 
確かに戦争してない宗教もあるが、宗教が原因で戦争をやっている限り、他の宗教でもそう言う可能性があるのは確か
 
自分らの宗教は大丈夫だ!と言っても、無宗教の人から見ればどの宗教も一緒です



868 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 20:11:40 ID:fF006qZG
なら構わなくてもいいのに。
たとえば音楽がわからなければ作者の区別なんてつかないだろうね。

869 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 20:38:59 ID:KVFF90rt
>>867
>自分らの宗教は大丈夫だ!と言っても、無宗教の人から見ればどの宗教も一緒です

だからといって、神や魂とか形而上学的な問題が、科学で語れないから否定するのは
どんなものか? 科学であつかえないから、哲学や宗教があるんだな。


870 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:00:15 ID:K7Tm6FM0
>>857
元よりそのつもりですので、ご安心を。(^_^)


871 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:06:04 ID:K7Tm6FM0
>>860
歴史という試練で淘汰されれば、自然消滅してゆく運命ということですね。
同感です。


872 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:06:46 ID:fF006qZG
あの反応を読み返すと文系の学問が理解できないだけのように見えるよ。
パーソナリティとしては健全だけど。

873 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:28:08 ID:K7Tm6FM0
>>869
>神や魂とか形而上学的な問題が、科学で語れないから否定するのはどんなものか?

科学は、「神」とか「魂」を否定してはいませよ。
ただ、個人によって定義が異なり、客観的事実を示せないものは、科学の対象にすることができないということです。
対象にできないものは、否定も肯定もできません。科学の問題外ということです。
「神」や「魂」は、人の心の中のイメージとしてしか扱えないのです。
「神」や「魂」を信じる人は、どうぞご自由に。ということです。


874 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:39:03 ID:8RYZ1z5x
(^_^)クン、ね。

>>820
>Wikipediaに書かれている「超常現象」というのは、すべて、幻覚か人がトリックにより作った現象です。

超常現象がすべて、幻覚やトリックで説明出来てからいってね。それとも出来るとでも?

>あらゆる現象は、自然の法則を超えることは絶対にありません。

キミのいう自然の法則ってなんなの? 
たとえば、相対性理論は光速を超えた情報交換はあり得ないとしているが、
EPR思考実験を説明するには、光速を越えた情報交換を説明しなけばな
らない。この場合、光速を超える速度はないとするのが自然法則なのか、
光速を超えた速度が、自然法則なのか、どちらなの?
EPR理論を否定したベルの定理くらい知ってるよね。

>非常にまれにしか起こらない現象もありますが、それでも自然の法則に従って起きているだけで、、、、、
、、、

科学は分かったことを基盤に発展する学問だよ。究極の科学が、今は分からなくとも説明(自然法則)で、
説明してくれるでは、もうそれは科学ではないんだよ。

>科学は、「神」とか「魂」を否定してはいませよ。

ええ、肯定もしてません。

>「神」や「魂」は、人の心の中のイメージとしてしか扱えないのです。

それもキミの勝手な思い込みです。



875 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:41:19 ID:Sj1R8wYe
>>873
に便乗して、存在しないものをどう証明しろと言うんだ
って事ですよ

876 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:47:50 ID:8RYZ1z5x
>>873
>に便乗して、存在しないものをどう証明しろと言うんだ
>って事ですよ

どうして存在しないといえるの?

877 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 21:57:53 ID:K7Tm6FM0
>>874
>キミのいう自然の法則ってなんなの? 

宇宙全体を含めた自然界において、すべての現象を発生させる根源となる法則の全体集合のことです。
もちろん、現在、人類が知り得ていない法則も含みます。


>相対性理論は光速を超えた情報交換はあり得ないとしているが、EPR思考実験を説明するには、
>光速を越えた情報交換を説明しなけばならない。

EPR思考実験とは、実験の名称であって、法則ではありませんね。
しかも、光速を超えた情報交換を説明するためには、時間的に正確でなければなりません。
ところが、客観的に同時を確認するには、光速内で行わなければならないので、
EPR思考実験が光速を超えた情報交換をしたという証拠は無いということになります。
したがって、「光速を越えた情報交換を説明しなけばならない。」というのは、確認不可能であると言えます。


>科学は分かったことを基盤に発展する学問だよ。究極の科学が、今は分からなくとも説明(自然法則)で、
>説明してくれるでは、もうそれは科学ではないんだよ。

今分からない事実があるから、その原因を研究して解明してゆくのが科学です。
ですから、科学は、常に新しい事実の発見と理論的裏づけ作業を続けてゆくことにより、
新しく発見されて法則が増えてゆくのです。
今日分かったと思っていたことが、明日には新しい事実が発見されて、
分かったと思っていたことは正確さを欠いていた。ということは、常に起こりうるのです。
また、わざわざ今日わかったと思っていたことを崩すような行為の連続だとも言えます。

>>「神」や「魂」は、人の心の中のイメージとしてしか扱えないのです。
>それもキミの勝手な思い込みです。

では、あなたは、科学はどのように「神」や「魂」を扱っていると思っているのですか?


878 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:08:50 ID:Sj1R8wYe
>>876
じゃあ存在するって証明して下さい
 
宗教が「オカルト」「詐欺」とか言われるのは、あなた方が崇拝する、神の存在が証明出来ないからですよ
 
ちゃんと納得のいく説明をお願いします

879 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:14:38 ID:8RYZ1z5x
>>877
>宇宙全体を含めた自然界において、すべての現象を発生させる根源となる法則の全体集合のことです。
>もちろん、現在、人類が知り得ていない法則も含みます。

科学は、それを「自然の法則」とかいってるが、ある種の宗教は、それを「神の秩序」とか「神の摂理」といっている。

>EPR思考実験とは、実験の名称であって、法則ではありませんね。
>、、、、

科学を語りながらベルの定理を否定するのかい?

>今分からない事実があるから、その原因を研究して解明してゆくのが科学です。
>ですから、科学は、常に新しい事実の発見と理論的裏づけ作業を続けてゆくことにより、
>新しく発見されて法則が増えてゆくのです。

そうですよ。それと「自然法則」ですべて説明できると何の関係があるの?

>では、あなたは、科学はどのように「神」や「魂」を扱っていると思っているのですか?

神や魂を認めていないから、科学(自然)では、扱ってないと思うよ。


880 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:19:08 ID:K7Tm6FM0
>>876
>どうして存在しないといえるの?

科学では、存在するという客観的事実が無いと、存在すると言いません。
その昔、光は「何か」の媒体(物体)の中を伝わってゆく波だと考えられていました。
その「何か」は、エーテル(Ether、Aether)と呼ばれ、何かは分からないけれども、
どこにでもあるものである存在と思われていました。
ところが、マイケルソンとモーリーが、地球の公転によってエーテル内を通過することによる
光の速度の変化を観測しようとしたところが、速度の差は見出せず、エーテルの存在が否定されたのです。
このことが、空間そのものが光などの電磁波を伝える性質を持ち、アインシュタインの特殊相対性理論により光速一定の法則に
結びついたのです。
このように、存在すると仮定すると客観的事実と合わなくなるものは、「無い」ものとして扱われます。
ちなみに、エーテルの名は、パソコンとハブをつないているイーサネット(Ethernet)語源となりました。
"どこにでもあるネットワーク"という意味を込めて名づけられたということです。


881 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:23:11 ID:K7Tm6FM0
>>879
「ベルの定理」とは、どのような定理ですか?
実際の科学とは言えないが、いかにも科学らしく見せるというブードゥーサイエンスもありますので、
騙されないように気をつけたいと思います。


882 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:31:18 ID:0INLE8xI
宗教馬鹿はうろ覚えの知識を振り回すだけで、論理的思考の詰めがゆるゆる。
まあ、広範な論理的整合性なんて事は、言っても言葉尻でしかわからないだろう。
どっかの問題集に現実の対義語が仮想だと書いてあったら鵜呑みで試験エリートのつもり、
まあそんなレベルなんだろう。


883 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:33:30 ID:0INLE8xI
>>881
「ベル不等式の破れ」あたりで検索してみれば?

884 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:36:53 ID:8RYZ1z5x
>科学では、存在するという客観的事実が無いと、存在すると言いません。
>、、、、、

それはそうだとしても、存在とは科学的事実だけで語るものではないと思うよ。
「コギト、エルゴ、スム」って言葉知ってるよね。物事が存在しているかいな
いか、疑っていけば果てしないけど、疑っている自分がいることは疑えない。
つまり、「我思うゆえに我在り」だ。我が思う神がどうして存在していないといえる?



885 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:46:48 ID:Sj1R8wYe
>>884
神が存在する証明は出来ないんですかね
 
神が存在するっているって言うからには、神が存在するって言う証明が出来ないと、あなたは自分で証明出来ないものを信じている事になりますよ

886 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 22:52:40 ID:M8gdMzhY
話になってない。神が存在するとも神が存在しないともいっていない。
分からないといっているだけ。で、分からないものは考えても意味がない
と言いたいんだろ。

神や全能に意味がないというのは誤りですよ。理性の結晶が科学だとしても
人は理性と感情によって生きます。神や全能は感情的に意味のあるものです。
科学的に意味がある、科学的に意味がない、感情的に意味がある、感情的に
意味がないをしっかり区別すべきです。

887 :数学科院生:2008/04/27(日) 23:04:04 ID:ChzDi1pl
「神の存在不可能性証明」に挑戦するかっ。

888 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:09:55 ID:Sj1R8wYe
>>886>>885に対する返事ですか?
あなたは神が存在するかしないか分からないと言ってますよね?
あなたの言っている事は分かりますよ 
でも俺は>>884の人に聞いてるんです
 
大抵の宗教は、神がいてその神を信じ崇拝していますよね?
俺はその神の存在を証明して欲しいと言ってるだけです


889 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:15:46 ID:K7Tm6FM0
>>887
「○○の不可能性証明」は、数学科院生さんのお仕事ですね。
でも、「神の」となると、「神」の定義をどうするかによって、存在するかしないかが決定してしまうと思います。


890 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:18:02 ID:M8gdMzhY
証明の対象として扱うにはまだまだ科学が未熟ですね。
神が科学的に何なのか分からないですから。

というか、それは哲学として証明するってことですか?
哲学には証明ってありましたっけ?

宗教は神や全能を仮定して、科学は人の理性や数学や
五感を客観であると仮定しています。人文科学の不確かさ
は科学を名乗るには主観的すぎますね。

891 :886:2008/04/27(日) 23:19:25 ID:M8gdMzhY
>>888
すいません。今日はこれが初参戦です。
双方に対して発言してます。

892 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:21:02 ID:K7Tm6FM0
>>884
>疑っていけば果てしないけど、疑っている自分がいることは疑えない。
>我つまり、「我思うゆえに我在り」だ。我が思う神がどうして存在していないといえる?

存在を疑っているあなた自身の存在は、あなたが思考していることによって証明できます。
しかし、そのことは、「我が思う神」の存在の証明にはなりません。
あなた自身が「神」ではないからです。


893 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:23:07 ID:8RYZ1z5x
>>885
>神が存在する証明は出来ないんですかね
>神が存在するって言う証明が出来ないと、あなたは自分で証明出来ないものを信じている事になりますよ

証明してみたいが、まず、その頭なんとかしないと無理だと思いますよ。

○神は空間の中には存在しないが、宇宙の全空間を満たしている。
○神は、時間には関係なく、あらゆる時間のうちに存在している。
○神は、最大のものの中にあっても、最小のものの中にあっても同じである。
○愛と英知は、神の本質である。

神の本質を語っても、これを悟る人は少数です。なぜかと言うと、人は自然的
なものに愛着を持っていて、その人の理性の働きが自然的なものを超えて、霊
の光にのぼっていく意志がないのが原因です。意志がないのは、空間をもとに
してしか考えが進まず、神についてもそうなります。神を空間の枠内でしか考
えません。彼らは、自然の広がりの枠内で考えているのです。

したがって、神が空間のうちに存在しないことを知り、それをある程度感知す
るのでなければ、神の存在証明である、「神の愛と英知」についても、神の(いのち)
についても何も悟ることはありません。これが前提です。それが分からないなら、
神の摂理、遍在、全知、全能、無限、永遠についても、ほとんど悟れないでしょう。



894 :886:2008/04/27(日) 23:26:45 ID:M8gdMzhY
感情がいかに意味があるかはここのスレを見れば一目瞭然です。
理性と感情の区別がつかない宗教の信者へレスをつけるのは
感情的な行為です。それは科学者のすることではありません。
しかし科学者も2chでは感情的でいられる。ありがたいかな。

895 :886:2008/04/27(日) 23:33:42 ID:M8gdMzhY
>>892
>存在を疑っているあなた自身の存在は、あなたが思考していることによって証明できます。

ウィキの受け売りだけど、「我思うと我思う、ゆえに我ありと我思う」のほうが客観的ですよね。
自分を証明できているかどうかも重要な点でしょう。自分とはトートロジーで、そのきりが無い
思考の終結点を仮定すると全能とかになるわけですよ。やはり意味が無いですかね。

896 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:34:19 ID:8RYZ1z5x
人間は、科学的なもの以外に、形而上学的なものを捉える「能力」があるのです。
これが人間を人間たらしめているのです。

897 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:34:42 ID:Sj1R8wYe
>>893
世間一般的にそう言うのをオカルトと言います
 
と言うか全然証明になっていない
 
俺の頭をどうにかしたほうがいい?
確かにあなたと俺では考え方が違うのでしょう
 
でも空間にいるだのなんだのと、神の存在をあやふやにしているようにしか思えない。結局はあなたも見た事ないんですよね?

なぜそんなものを信じれるのですか?

898 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:35:34 ID:K7Tm6FM0
>>893
>神が空間のうちに存在しないことを知り、それをある程度感知す
>るのでなければ、神の存在証明である、「神の愛と英知」についても、神の(いのち)
>についても何も悟ることはありません。これが前提です。それが分からないなら、
>神の摂理、遍在、全知、全能、無限、永遠についても、ほとんど悟れないでしょう。

ですから、科学は「神」を問題の対象にしていないのです。
客観的事実としては、何も得られないのですから。


899 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:38:12 ID:Sj1R8wYe
>>897
書き間違えた
×神は空間にいる
○神は空間にいない

900 :886:2008/04/27(日) 23:39:14 ID:M8gdMzhY
あ〜今日も言葉遣いが丁寧な方からレス貰えなそうですね。。。
言葉遣いが丁寧な方はここで宗教信者と話してるのは
科学的な行為ですか?

901 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:39:41 ID:K7Tm6FM0
>>895
問題は、我の存在証明ではなく、神の存在証明です。
>>884は、神の存在証明にはなっていないということです。


902 :886:2008/04/27(日) 23:42:53 ID:M8gdMzhY
>>901
レスありがとうございます。

我の証明が出来ていない事について話を進めてもらえませんか?
ぜひお願いします。

903 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:45:08 ID:K7Tm6FM0
>>902
>我の証明が出来ていない事について話を進めてもらえませんか?
>ぜひお願いします。

ご要望には副えません。我の存在証明は問題にしていないからです。


904 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:46:41 ID:Sj1R8wYe
>>900
科学的な行為ではありません
 
俺の祖母がある宗教の信者なんですが、その教えの馬鹿さ、インチキさ、内部事情などを知ると、本当に腹がたつんですよ
 
俺は教えなどを子供の頃から聞かされましたが、うっとうしいだけでした
 
宗教とは、架空の神を作り、表向きは良い事を言って信者を集め
金をむさぼり、利権、地位などを手に入れる団体だと思っています
 
だから神が存在するなどと言ってるのが腹がたつんです

905 :886:2008/04/27(日) 23:47:38 ID:M8gdMzhY
>>903
ご丁寧にどうも、ありがとうございます。

我の存在証明について不安になることはありませんか?
そちら様のにとってご自身の存在証明の認識を
お聞かせ願えませんでしょうか。私も参考にしたいです。

906 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:51:08 ID:zy/RT3rA
疑似科学、インチキ科学は残念ながらあります。気をつけないといけません。
宗教は全てインチキで、カルトな度合いに差があるだけです。

907 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:51:48 ID:fF006qZG
霊障と対比して考えるならば、
神とは人間を健常にする精神なり、霊性なり、気なり、自然のことだろうね。
人間を本来の姿に戻すわけだから、太古より不変の性質をもつ何かだよ。

908 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:52:09 ID:8RYZ1z5x
>>897
>なぜそんなものを信じれるのですか?

目に見えるもの、耳で聞こえるもの。肌で感じられるもの、、、
つまり、人の五感でしか感じられないのもしか信じない。
動物とおなじですな。三重苦のヘレンに恥ずかしくない。

科学は人間を「バカ」にするのかね? 古代の人はもっと賢かった。



909 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:52:35 ID:fF006qZG
>>906
お前のしたり顔も怪しいよ。

910 :数学科院生:2008/04/27(日) 23:52:44 ID:ChzDi1pl
ヘーゲルの弁証法あたりで何とかいけます。

911 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:53:31 ID:fF006qZG
人間は退廃する一方ですね。

912 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:53:52 ID:G17DIaKy
>>899 >>901 あなたがたは共通して 大きな間違いをおこしてます
サルに地球が丸いことを理解させようとしても徒労におわります


913 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:54:55 ID:fF006qZG
>>912みたいなサルのことでしょ?

914 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:55:41 ID:K7Tm6FM0
>>905
>我の存在証明について不安になることはありませんか?
>そちら様のにとってご自身の存在証明の認識を
>お聞かせ願えませんでしょうか。私も参考にしたいです。

不安になることはまったくありません。



915 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:58:01 ID:fF006qZG
まぁ硬い話抜きにして、
神を信仰するとか、色不異空とか、両親とか上の人間を尊敬するとか、まごころを持つとかいうのは
精神性の問題だね。

916 :886:2008/04/27(日) 23:58:25 ID:M8gdMzhY
>>904
なるほど、大変な思いをされたのですね。
団体が表に出ているのはロクでもないですね。
反面、信者にならず仕事として宗教を運営
する才能があれば実入りが良さそうですが。
宗教とは個人的であるべきです。

痛い信者に愛とか何とか言わせてる団体職員
も騙している事で内心つらい部分もあるんでしょうね。
この職業では我慢しなければならないことなんでしょうが。

>>914
男ですね

917 :神も仏も名無しさん:2008/04/27(日) 23:59:24 ID:zy/RT3rA
>>908
五感で電子を直接感じられる超人って居るか?
マクロな電位差で感電してろヴォケ!

918 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:00:04 ID:Sj1R8wYe
>>908
人間も動物じゃないんですか?
百聞は一見にしかず
 
言葉でどう神の存在を熱弁しようと、誰も信じてはくれませんよ

919 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:02:29 ID:K7Tm6FM0
>>908
>動物とおなじですな

人は、動物です。それ以上の存在だと思うのは、おごりです。


920 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:03:48 ID:p12Gzxg8
「感じた」経験を、論理的に解析せずに即存在、一般則と混同して垂れ流す「おばさん脳」乙。

921 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:04:04 ID:2gD3koED
>>913 やっぱりこの程度のレスしかつけられないか?
霊障?霊性?なに それ?

922 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:04:37 ID:DSNSb5Wl
と頑固なおじさん脳が言ってますね。

923 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:05:17 ID:DSNSb5Wl
>>921
プラーナで成り立ってるものだよ。
長文書くほど暇でもないですしね。
徒労に終わってきているので。

924 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:07:20 ID:p12Gzxg8
おばさん脳には客観的証明の概念がないから無理無理。

925 :886:2008/04/28(月) 00:07:21 ID:4G/i1Yxc
>>919
>人は、動物です。それ以上の存在だと思うのは、おごりです。

いや、そこは動物と同じかどうか分からないでしょう。
言葉を持ち言葉で考えられる人間に動物との格差となる
意味はあるかも知れない。動物の思いを科学できるまで
保留ですよ。動物と同じだと思うのもおごりです。

926 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:07:31 ID:ca+CQ25R
>人は、動物です。それ以上の存在だと思うのは、おごりです。

そう思うのは勝手ですが、人間は獣ではありません。
だからキリスト教では「進化論」は嫌われる。

927 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:09:26 ID:Fzn+2w2j
>>925-926

人は動物ですよ。
ただ、脳が他の動物より発達しただけです。


928 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:09:37 ID:DSNSb5Wl
動物を愛せるというのも精神性だよなぁ。
ここの人でいったいどれだけの人が動物と自然を愛しているのだろう。

929 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:10:03 ID:p12Gzxg8
犬に数学は無理だが、願望達成のために意図的行動を起こすための思考くらいはあるね。
人間だけがかけ離れて特別だと思うのはおごりだ。

930 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:10:58 ID:q1jYlWdp
>>925
人間は動物じゃないって言う事は、人間はなんなんですか?

931 :886:2008/04/28(月) 00:12:04 ID:4G/i1Yxc
宗教を妄信するのは獣に等しい蛮行でしょう。
より大きく感情に偏重した心情とは獣です。

932 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:14:34 ID:2gD3koED
>>923 はいはい あのアストラル界がどうとかいう あれね いいよ別に
長文でファンたジー語ってもらわなくても 

933 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:14:42 ID:p12Gzxg8
人間とは、

蓄膿、睡眠時無呼吸症、嚥下性肺炎、胃下垂、腰痛、難産、自殺、組織的同種殺しなどなど、
数々の身体的精神的欠陥を持った、神の似姿でーす。

934 :886:2008/04/28(月) 00:16:51 ID:GKHbq4zm
>>930
分からない。です。
人の意識を真に論理的に客観的に科学としてとらえることは
できていない。またそれは動物も同じ。動物とは客観を共有
出来ていない。人よりも、もっと神聖で分からないものです。
その分からなさはほとんど神や全能と同じです。

人の理性や数学や五感を客観と仮定したのが科学に過ぎない
のは明らかな事実です。

935 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:17:01 ID:ca+CQ25R
>>904
>だから神が存在するなどと言ってるのが腹がたつんです

それは神に騙されたのではなく、神を騙る人間に騙されたんですよ。
ちゃんと見分けをつけなきゃねぇ、騙されるせしょう。

>>930
>人間は動物じゃないって言う事は、人間はなんなんですか?

神の雛形です。



936 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:19:44 ID:q1jYlWdp
俺はそろそろ眠いんで落ちる
 
分かった事は、神の存在を信じてる人は、自分が見た事もないものを信じ、宗教で洗脳され、頭に叩き込まれた知識を言っているだけと分かった
 
オヤスミ

937 :886:2008/04/28(月) 00:20:46 ID:GKHbq4zm
>>927
その脳が他より発達したことが、発達したに過ぎないのか
それとも何か意味があるのかは分かっていないですよ。
そこを否定するのは科学的ではないです。

938 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:21:39 ID:Fzn+2w2j
私も落ちます。おやすみなさい。


939 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:22:47 ID:p12Gzxg8
>神の雛形です。

やっぱりこいつアフォだわ。
雛形は原型だからな。出元と結果の区別もついてない、脳が緩杉。

940 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:24:34 ID:p12Gzxg8
>>937
意味はないよ。
意味は脳の発明品で、意味が脳を作った訳じゃない。

941 :886:2008/04/28(月) 00:25:27 ID:a5pkrjYS
>>929
犬がそのようだと思うのがおごりだと言ってるんですよ。
常識ではその通りですけどね。例えばアリの社会活動
の発露は哺乳類とは明らかに違うものから起こって
いるはずです。常識で断定するのは宗教と同程度の
妄想です。あなたは宗教を信じる才能がありますよ。
お気をつけあれ。

942 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:25:29 ID:DSNSb5Wl
君はあまり深く物事を考えてないね。

943 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:26:52 ID:DSNSb5Wl
現に信じてるよ。

944 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:27:10 ID:ca+CQ25R
分かった事は、神の存在を信じない人は、この世には形而下の問題だけしか存在しなく
科学知に洗脳された頭脳は、形而上学的な問題を考える知恵に欠けていることことがよく分かった。

ネヨ。

945 :886:2008/04/28(月) 00:28:54 ID:a5pkrjYS
>>940
だからね。科学的な客観的基準が見つかるかも知れないと
言ってるんだよ。別に天地創造に掛けてる分けじゃないよ?
発達することの意味だよ。

946 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:29:54 ID:p12Gzxg8
物理学が殆ど一体化している数学は、唯一成功した形而上学ですね。

947 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 00:57:06 ID:bElBRz72
ブルーマンデー

948 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 01:00:13 ID:n0flb7Xd
>>940
>意味は脳の発明品で、意味が脳を作った訳じゃない。
脳自体が思考(意味)を生んでいるというのは、単なる憶測でしかない。

>>939
>やっぱりこいつアフォだわ。
>雛形は原型だからな。出元と結果の区別もついてない、脳が緩杉。

>出元と結果の区別もついてないとはどんな意味だ? 日本語でしゃべれ。

>>946
数学は形而上学的認識の中にのみ存在ている。神も形而上学的認識の中にのみ
存在している。一方が存在していて、他方が存在していないとする理由はない。


949 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 01:02:51 ID:bElBRz72
キリスト教の神と日本神道の神もまた違う

950 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 01:06:47 ID:bElBRz72
あんまり科学に偏重して精神性を欠落させていると
エランヴィタルを失って無感動になる
無感動の様相になると人はその人に無感動しか示さなくなる
中庸を心がけるのが大事ですね

951 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 01:16:26 ID:n0flb7Xd
ふむ、ここも科学アホの集まりみたいだね。
どうしてこんなにアホができちまったか。
やっぱり、科学偏重教育は怖い。

952 :886:2008/04/28(月) 01:18:01 ID:a5pkrjYS
まあ、意識みたいな不確かなものが在るなら
神が在っても全く不思議じゃないわな

953 :886:2008/04/28(月) 01:19:39 ID:a5pkrjYS
>>951
君の神も科学以外の方法では答えてくれんぞ

954 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 01:40:58 ID:n0flb7Xd
>>917
>五感で電子を直接感じられる超人って居るか?

最終的に観測は人の五感を使ってんだろが、ヴォケ!



955 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 02:36:05 ID:Qg4WIFXN
機材を使って数値化し、観測するのと五感が
どのように関係しているかは考える余地があるよね。
そこにはより強い客観性の幻想があると感じる。

例えば体重計は元は天秤と分銅によって
1+1=2という加算が客観であるとする
幻想によって数値化され加算される仕組みだね。

機材による数値化と、その観測は
数学だね。五感ではない。

956 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 02:47:26 ID:Qg4WIFXN
やっぱ数学ってトートロジーだよね?
こんな明快なトートロジーって他に無くね?

957 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 15:41:32 ID:V24BZD8H
>>948
憶測は脳とは別に精神が存在するとかいう考えのほうですよ。

958 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 20:21:14 ID:bElBRz72
あらやしき

959 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 20:49:12 ID:OrEKCF4E
物質をいくら足し合わせたら心や精神になるか?
悲しいかな、唯物論者はいくら足し合わせても心になりえない
ものから心や精神を組み立てようとすることだ。

しかし、脳と心が一元的に説明できると信じきっている神経学者はこんなこと
ではへこたれない。ニューロンからニューロンへの発火パターンが色彩を生み
出すという説明で十分だという。これが現在支配的となっている心脳同一説だ。
唯物論は科学と同義語になり、非唯物論者はあやしげな神秘主義者となる。
























960 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 21:37:57 ID:OrEKCF4E
>>955
>1+1=2という加算が客観であるとする
>幻想によって数値化され加算される仕組みだね。

幻想による数値化? 聞きなれない言葉だけれど、幻想、つまり現実に
ないものは認識できないんじゃなかったのかい? 

>機材による数値化と、その観測は
>数学だね。五感ではない。

計器が数値化しようが、数学使って観測しようがなにしようが、
それを観測しているのは人だということが分かっていない。
人間の認識と切り離されて、何かが客観的に存在していると思っ
ているのは、唯物論者に多い単なる思い込みです。



961 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/04/28(月) 21:47:26 ID:bvcRpMpR
>>959
物質を足し合わせただけで心や精神になると信じてる科学者なんているの?

>唯物論は科学と同義語になり、
同義かどうかはともかく、科学的な方法は唯物論的だよ。

>ニューロンからニューロンへの発火パターンが色彩を生み
>出すという説明で十分だという。

それ以外でどうやって説明しろって言うんだい?
君みたいな人がいるから「非唯物論者はあやしげな神秘主義者となる」んだよ。

962 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/04/28(月) 21:55:28 ID:bvcRpMpR
>>960
>人間の認識と切り離されて、何かが客観的に存在していると思っているのは、

いったい誰だよ?

963 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 21:56:21 ID:beheTTBZ


964 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 22:06:07 ID:So5ue06P
物質を足し合わせる、という、言葉尻だけで解ったつもりなっているこいつの思考がいかに浅いか。

965 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 22:23:23 ID:4ivJEf+2
>>960
ヒトがいなけりゃ、地球はないのか?

966 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 22:27:59 ID:So5ue06P
見なけりゃ月も無い類いだろ。

967 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 22:40:51 ID:OrEKCF4E
>>959
>物質を足し合わせただけで心や精神になると信じてる科学者なんているの?

いるとも、うじゃうじゃいる。機能主義者=唯物論。この代表格が、ポール
チャーチランド夫妻、ダニエル・デネット。彼らは、心とは脳の状態にすぎないと言い切る。
それから、本国の脳外科医のほとんど。あと、フランシス・クリックも入れようね。
進化論者のキミたち。

あは、物質を足し合わせるという表現は、ニューロンの状態は、
精神の状態ではないという意味ですがなにか?

言葉尻だけで解ったつもりなっているこいつの思考がいかに浅いか。
と言わしめた、キミの深い洞察力はなんといってるのかい?





968 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 22:49:16 ID:ln/f/dG9
ニューロンの状態と精神の状態は相関する。

969 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/04/28(月) 22:50:39 ID:bvcRpMpR
>>967
ほう、そう言う意味か。
ならば人間の心や精神が脳の状態以外の何だって言うんだい?
脳の状態のみだと断言することはできないが、
脳の状態ではないというなら証拠を見せてくれ。

970 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 23:37:18 ID:/nCW1yPc


971 :神も仏も名無しさん:2008/04/28(月) 23:43:23 ID:FeviD5Tb
今のところ、心や精神が脳の状態で決定されるという理論に決定的な矛盾はないからねぇ。
幽体離脱(笑)とかを反証として出してくるのは目に見えてるがw


972 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 00:19:08 ID:cKMRvRCj
幽体離脱ぐらいしか理解できてないから
君の印象にはそれしか残ってない
ということだよ

973 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 00:28:05 ID:/P++3hgH
理解とかそういう問題じゃなく、実際に幽体離脱とか臨死体験とか、そういう何の根拠にもならんヨタ話以外の反論が見られたことは無いんだがw

974 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 00:54:59 ID:cKMRvRCj
霊性はあるよ

975 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:04:20 ID:r7f/pU12
おまいの妄想としてな。

976 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:09:03 ID:76eTFhui
まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )


977 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:11:09 ID:cKMRvRCj
水のように単純な物質でも
天然水や海洋深層水のように僅かなミネラルがバランスよく含まれているだけで
おいしくなる
霊性のすがすがしいところは自然が保たれてる

一番うまいのは湧き水だけど
渋温泉とか白谷雲水峡とか絶妙にうまかった

神殿も今は病んでいるところが多い
人間も病んでゆく

978 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:15:02 ID:r7f/pU12
海洋深層水は人工的に塩抜きしないと辛いぞーw

979 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:15:36 ID:cKMRvRCj
般若心経スレ観音経スレ神道スレ日月神示スレ等
この板の中では霊性が高い

980 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:21:06 ID:cKMRvRCj
日田天領水はあまりうまくないけど効いたな
体が心地よくなる

塩抜きぐらいは知ってるよ
それを見越して湧き水について書いたんだよ

981 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:22:43 ID:No1BDucx
>>960
>幻想による数値化?

いやそっちじゃなくて客観が幻想といいたかったのです。
学がないとこの辺は明確に表現できないのかも知れません。
分銅の大きさと数によって値になる。それを計るのが
機材による観測です。しかし、1+1=2の客観性が
幻想であることを感じるのはとても難しいと思います。

>観測しているのは人だということ

そこを疑うのは正しい判断ですが、それでは科学が
始まりません。理性的に正しく客観であると思える
数学を積み上げなければ科学は発展しない。
科学こそ人がなし得る最高に純粋無垢な祈りです。
そして科学は叶う。しかし、科学も数学も根本は
人の客観という幻想です。人の客観が力を与えている
のか、神や全能のようなものが力を与えているかは
分からないのです。


>>965-966
共有している仮想現実である可能性はあります。

982 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:27:32 ID:zLL4gwvp
何だ?
霊性ってDQN度みたいなものか?

983 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:30:35 ID:cKMRvRCj
DQNには難しいよ
MENSAでないと

984 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:40:21 ID:cKMRvRCj
優しい人には優しい霊性がある
今の環境ではすぐに汚れて独善にもなるが
自力や努力があれば多少は保つこともできる
品性の卑しい人間にはやはり品性の卑しいプラーナしかない
その無意識に気づくのが難しい

985 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:41:27 ID:x4egxxpR
>科学は叶う

何のこっちゃ?

986 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:44:44 ID:No1BDucx
>>904
言葉遣いが丁寧な方のおばあさまの話についてですが、
おばあさまをうっとおしいと思う状況について気になる点がありました。
家族が宗教の名を借りた詐欺集団に騙された場合、もっとも
被害をこうむるのは信者を親に持つ子供たちです。
おばあさまだけが、うっとおしいというのは親子そろって
祖父母をうとましいと感じていたり、祖父母へそういう
態度をとっているのではないでしょうか。
そのようなつらい状況にありながら自分の信じたことを
語れる強さを得られるのが宗教の意味です。
何を信じるかは重要ではない。それを利用した
実質的な詐欺が横行しているのは悲劇です。
拡大することによって、より利権を得られることが
押し付けがましい布教活動に結びつくのでしょう。
宗教の利権追求や団体の育成は必要悪に過ぎない。
宗教はもっと個人的な認識です。

987 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:48:45 ID:No1BDucx
>>985
科学が実現していることを科学は叶うと表現しました。
科学は実現することまでを求めます。科学は実現することそのものです。
それを私は人にとって最高に純粋無垢な祈りであると解釈するのです。

988 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:51:38 ID:x4egxxpR
>>983
IQ高いと思考が論理的になるから、ゆるゆるの妄想に浸りきるのは却って難しくなるよ。

989 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 01:55:25 ID:x4egxxpR
科学が実現するとは実に奇妙な言い方だ。

990 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 02:05:57 ID:76eTFhui

   *      +       *    *    *     +      *
+       *    *      *    *     +     *     *
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)  +
  n ∧_∧ n n ∧_∧ n .n ∧_∧ n n .∧_∧ n n ∧_∧ n
 (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E) (ヨ(* ´∀`)E)
  Y     Y   Y     Y   Y     Y   Y     Y   Y     Y 

991 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 02:09:30 ID:cKMRvRCj
>>988
人格障害で検索するといいよ

992 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 02:12:52 ID:cKMRvRCj
結構パラダイムシフトを起こすかもしれない

993 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 02:25:46 ID:CI8XalJ2
レスが990を超えましたので、とりあえず新スレ立てました。

科学を否定する宗教はうざい Part003
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1209403402/


994 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 02:55:26 ID:cMeR8Av7
イケネーねちまちんぐ。そーれ、駆け込みかけこみ。

>>969
証拠かね。

外部から観測できる「物質的」事象と、内部から観察できる「精神的」事象は、
現象論的には異なったカテゴリーであるということですよ。これら二つの間には
明らかに相関がありますが、相関が発見できるのは二つの異なる現象を同時に
観察したときのみです。この関係とは先見的に予測できるものではなく、どち
らの現象も、もう一方によって還元可能、または説明可能なものではありませ
んね。

簡単な例を一つ挙げておきましょう。
身体からの感覚情報を受容する、大脳皮質分野を電気刺激した直後に、被験者
は脳内では何も感覚を感じません。その代わり、被験者は身体の一部、たとえ
ば手に、実際は何も起こっていないのに何かを感じます。被験者にこの経験に
ついて内観報告を尋ねなければ、外からの観測者にはこの主観的な経験を説明
する手立てがありません。

この原則は、多くの科学者や哲学者の支持を得ている還元主義者の意見を真っ
向から否定します。(デネット チャーチランド キンズボーン)この意見に
従うと、ニューロン構造と機能について知るだけで、意識と精神活動を定義し
、また説明することができることになりますかな。(ざんねんでした。BJリベット)


995 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 03:08:14 ID:cMeR8Av7
>>973
チミもいつもヨタってばかりいないでちゃんと勉強してこい、ね。
おばかさん。


996 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 03:10:22 ID:CI8XalJ2
>>994
>身体からの感覚情報を受容する、大脳皮質分野を電気刺激した直後に、被験者
>は脳内では何も感覚を感じません。その代わり、被験者は身体の一部、たとえ
>ば手に、実際は何も起こっていないのに何かを感じます。被験者にこの経験に
>ついて内観報告を尋ねなければ、外からの観測者にはこの主観的な経験を説明
>する手立てがありません。

このことは、脳が触覚器官から神経を伝わってきた電気信号を処理して、何かを感じるようにしているということの実例になります。
「脳が感覚の処理をしている」という証拠の一つになります。
ニューロンうんぬんは別にしても。


997 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 03:53:01 ID:cMeR8Av7
はい。

「物質としての脳はどうやって情報を処理しているのか?」
つまり、脳のイージ・プロブレムの部分はかなり解明されてきました。

>「脳が感覚の処理をしている」という証拠の一つになります。

脳自体には痛みを感じる部分はない。
足の痛覚を刺激したら脳が感覚の処理して痛いといった。それでおしまい?

問題は、脳はどのような仕組みで、痛みという心理的感覚を生じさすかと言うことです。


998 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 06:15:52 ID:CI8XalJ2
>>997
>問題は、脳はどのような仕組みで、痛みという心理的感覚を生じさすかと言うことです。

現時点で分かっているのは、脳は感覚を感覚として認識させる器官であるということまでですので、
どのような仕組みでそれが生じるかまでは、正確には分かっていません。
脳細胞の数は非常に多く、また、お互いに結びついていますので、その組み合わせの数は膨大です。
単純に「このようにして認識される」という説明ができるようになるまでの証拠を集めるのは、容易ではありません。
将来、解明されてゆくかも知れませんが、解明されないかも知れません。
ただし、「脳が処理しなければ、感覚として生じない。」という事実は、
「感覚」→「思考」→「心・精神」→「魂・霊」も脳の活動によって生じるものであるということへの
演繹的考察ができるものと思われます。


999 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 07:45:34 ID:MDV7jA3y
知識の受け売りばかり

埋め

1000 :神も仏も名無しさん:2008/04/29(火) 07:46:01 ID:MDV7jA3y
うめ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

274 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)