5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part19

1 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 17:42:20 ID:aPuA/Ckq
前スレ
【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part18
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1202812131/

創造論 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96
創造科学 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
インテリジェント・デザイン - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3
進化論 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
進化 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
進化論裁判 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E8%A3%81%E5%88%A4

2 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 17:42:57 ID:aPuA/Ckq
過去ログ:
Part 1 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/
Part 2 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/
Part 3 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119518385/
Part 4 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131206904/
Part 5 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142424454/
Part 6 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152371808/
Part 7 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154362803/
Part 8 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161149681/
Part 9 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/
Part 9 (重複スレ。10として再利用)
ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163575306/
Part 11 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1172410344/
Part 12 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1182475932/
Part 13 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1187622441/
part 14 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1190778425/
part 15 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1192964627/
part 16 ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1196016310/
part 17 ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1199950958/

3 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 17:43:34 ID:aPuA/Ckq
創造科学のサイトのうち最も大手のうちのひとつAnswers in Genesisが挙げる、
既に疑わしいためにこれを使うと進化論者につっこまれます、注意」リスト。
ttp://www.answersingenesis.org/home/area/faq/dont_use.asp

【もう間違いだってわかったこと。絶対使っちゃダメ!】
の項と
【どうも疑わしく間違いっぽいので使わないのがオススメ】
の項に分かれている親切設計。

まずはここに目を通そう。

4 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 17:57:50 ID:aPuA/Ckq
関連サイト

クリエーション リサーチ - 創造の素晴らしさを探求しよう!
ttp://www.sozoron.org/home/

忘却からの帰還
ttp://transact.seesaa.net/

創造論再評価のホームページ
ttp://www.concentric.net/~hnori/earth.htm

進化論と創造論 〜科学と疑似科学の違い〜
ttp://members.jcom.home.ne.jp/natrom/index.html

創造科学
http://www.ne.jp/asahi/seven/angels/

進化論と創造論 ――科学と信仰――
ttp://members.at.infoseek.co.jp/kuha_72/

イスラームは、進化論についてどう考えているのでしょうか?
ttp://isuramu.com/questions/Q13.htm

イスラームQ&A 【ダーウィニズムに関するイスラームの見解】
ttp://www.aii-t.org/j/maqha/magazine/islamQA/index.htm

5 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 18:17:50 ID:UfONmtMT
アブドル・バハーの書簡「質疑応答集」第四部・四十六、種の変異(バハイ教の進化論観)
ttp://www.geocities.jp/oneworld_international/library/ab/saq4_j.htm
皇国史観による反進化論(平泉澄と紀平正美の進化論観)
ttp://blackshadow.seesaa.net/article/75940770.html

天文・気象板に立てられた「七夕と天文学の矛盾」で
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1183740139/l50
ヒンズー教やネイティブアメリカンでも反進化論が唱えられている、
というレスがされていましたが、ソースがわかる方はいますか?

6 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 18:22:56 ID:XQtaAPIu
アメリカンネイティブはたしか自分たちの祖先は動物とかいう信仰だから、たとえそれが「非進化論」だとしても
動物と人間の絶対的な線引きが必須であるキリスト系創造論とは相容れないぞ。


7 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 18:38:34 ID:aPuA/Ckq
こういったスレにありがちな論法。使わないように心がけよう

論理学講座(ttp://garyoan.hp.infoseek.co.jp/logic.index.htm)より抜粋

>連想による有罪(guilt by association)の虚偽
>別名:悪い仲間の虚偽(bad company fallacy)、付き合っている仲間の虚偽
>(the company that you keep fallacy)
> これは、ある考えを悪評のある人物または集団と結びつけることによって、
>その考えが正しくないように思わせることである。

> (例)ヒトラーは安楽死に賛成していた。だから、安楽死は間違っている。

>誤った両刀論法(false dilemma)
>別名:二分法(bifurcation)の虚偽、白か黒かの虚偽(black-or-white
> fallacy)、白と黒の虚偽(black-and-white fallacy)、にせの両刀論法
>(bogus dilemma)、二者択一の虚偽(either/or fallacy)
> これは、実際にはもっと多くの選択肢があるにもかかわらず、2つの選択肢
>だけを提示するという誤りである。

> (例)すべての人間は善人か悪人かである。

>無知に訴える論証(appeal to ignorance)
>英語での別名:argument from ignorance
>ラテン語名:argumentum ad ignorantiam
> これは、あることが偽であるとは証明できないことを理由にそのことが真で
>あると主張する、または逆にあることが真であるとは証明できないことを理由
>にそのことが偽であると主張するという誤りである。証拠がないということ自
>体を何らかの主張の根拠にすることはできない。

> (例)幽霊がいないとは証明できないのだから、幽霊はいるに違いない。

8 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 18:40:05 ID:aPuA/Ckq
>結果に訴える論証(appeal to consequences)
>ラテン語名:argumentum ad consequentiam
> これは、ある特定の考えを持つことに伴う不愉快な結果を指摘することによ
>って、その考えが誤りだと信じさせようとすることである。なお、次の例は
>Stephen's Guide に載っていたものである。

> (例)「進化論が正しいという意見に賛成することはできない。なぜなら、
>進化論が正しいとしたら、我々人間は猿も同然だということになるからだ。」

>偏見をもたせるような言葉使い(prejudicial use of language)
> これは、相手を誘導する言葉、または感情的な言葉を使って、自分の主張を
>受け入れさせようとすることである。この虚偽はさらに2つのタイプに分かれ
>る。

> 1つは明らかに相手を誘導する言葉、または感情のこもった言葉
>(emotionally charged words)が使われる場合。

> (例)正しく物事を考える人であれば、死刑制度を存続させるべきだという
>私の意見に賛成するだろう。

> この例では、「正しく物事を考える」という言葉で相手が反対しにくくなる
ことをねらっている。

9 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 19:33:58 ID:xvTC4XYv
神は地球を五分前に創造され、その証拠として地球と火星の間の軌道にティーポットを配置された。

10 :神も仏も名無しさん:2008/03/04(火) 23:00:05 ID:f3S+MLGD
アバッキオ?

11 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 00:09:37 ID:ZiOBxtey
>>9
金星の軌道には生中のジョッキがあるらしい

12 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 06:45:34 ID:C+VhlAz7
おーい、空飛ぶスパゲティ・モンスター様を無視するなよーw

13 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 07:31:49 ID:+GEojpgF
>>12
「スパゲッティモンスター」の部分は英語のくせに
「空飛ぶ」の部分だけは和訳されているという
その中途半端な語感がすごくいや。

14 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 07:34:10 ID:+GEojpgF
まてよ、しかもスパゲッティってもしかしてイタリア語じゃね?

15 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 10:37:43 ID:ERel0PWV
>>13
「空飛ぶ洋風麺類怪物」だったら納得するのか?

16 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 10:40:55 ID:Fiq2ASbv
ワシらの世代ではスパゲッティのことをパスタという人は信用されないもんじゃて。

17 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 10:54:03 ID:ERel0PWV
イキがったつもりでスパゲッティまでパスタと呼んじまうような、
おツムの軽い連中なぞ信用できるわけがなかろ。
pasta は元来「粉モノ」ぐらいの広さの言葉で、うどんを麺類と呼んで
得意がってるようなもの。



18 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 11:18:21 ID:UHvHUY1y
浮麺命(うきむぎこのみこと)

19 :うそ月はしほんしゅぎのはしまり:2008/03/05(水) 12:24:50 ID:r4dMQUgq
【疑似科学】創造論と創造科学とアポロ月面真実論と進化論と退化論と人類知的地球カビ菌論と地球の神経細胞

20 :モエカス:2008/03/05(水) 17:59:07 ID:d8Dz0BxE
(前スレから)
>998 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2008/03/04(火) 11:37:39 ID:mmVRvIUC
>天的英知は天的英知なんだからしかたがないよな
>ニュートンも『プリンピキア』の中でこの本は神の英知によって書かれたと言っている。
>ニュートンやアインシュタインは天から引用し
>皆さんはニュートンやアインシュタインの著書から引用コピペしているという違いがあるのではないかな?


『論理と数式を表し、第三者に追試・追認させることで、
その正しさから「神の英知」を証明しようとしたニュートンやアインシュタイン』と
『「天的英知は天的英知なんだからしかたがない」と、一切の質疑を放棄するネヨ』との
違いならものすごくある。

21 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 21:45:18 ID:F0zj+FRv
また立ったのかw

22 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 23:07:13 ID:mqR4FdQ4
http://yaplog.jp/himeism/
http://love-hime.vivian.jp/
よければお越し下さい^^

23 :神も仏も名無しさん:2008/03/05(水) 23:53:03 ID:MtapczrQ
20
数理物理的理論で完全に述できる自然世界、これを造った神が存在すると信じていたニュートン先生や
アインシュタイン先生の主張は、量子力学によって、偶然が支配する自然を造った神にとって変わられた。? 

>ニュートンも『プリンピキア』の中でこの本は神の英知によって書かれたと言っている。
>ニュートンやアインシュタインは天から引用し
>皆さんはニュートンやアインシュタインの著書から引用コピペしているという違いがあるのではないかな?

天から引用するって、キミ神の英知について一体何が言いたいの?
>『論理と数式を表し、第三者に追試・追認させることで、
>その正しさから「神の英知」を証明しようとしたニュートンやアインシュタイン』と

はい、その手の「神の英知」は、現在敗北しました。残念でした。





24 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:04:09 ID:NQMlstjD
またネヨが凄い事言ってるつもりで意味の分からない事を……

25 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:08:13 ID:IZ+TiRZh
結局、レトリックの一種としてしか科学を理解できないのがネヨだからな。

26 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:17:22 ID:wy24k9ef
>レトリックの一種としてしか〜できない

一種の精神病だろう。

27 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:38:15 ID:SCkPeE2m
>>25
しかもレトリックにもなってない。

小難しい単語並べているだけ。

「ねぇねぇ聞いて聞いて!ボクこんな難しいことばしってるんだよ!!」

って感じだな

28 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 00:40:40 ID:ybDeH1HC
知恵おくれか

29 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 09:30:51 ID:MyrxGP3w
<4年前発見の小型人類、新種ではなくヨウ素不足か>

【3月5日 AFP】4年前にインドネシアのフロレス(Flores)島の洞穴で化石が発見された人類
「ホビット(Hobbit)」は、現生人類のホモ・サピエンス(Homo sapiens)の別系統ではなく、
妊娠中のヨウ素不足で成長が抑制されたホモサピエンスだとする説が「英国王立協会紀要
(生命科学版、Proceedings of the Royal Society B)」に発表された。

■発見チームは「新種ホモ・サピエンス」と主張

英国の作家、J・R・R・トールキン(J.R.R. Tolkien)の小説に登場する小人にちなんだ「ホビット」の
愛称を持つこの人類は、身長1メートルほどでチンパンジーサイズの脳を持ち、1万8000年程前に
フロレス島に生息していたとされる。

2004年に化石を発見したオーストラリアとインドネシアの合同チームは、この洞穴の住人を「ホモ・
フロレシエンシス(Homo floresiensis、フロレスの人の意)」と名付けた。ホモ・サピエンスと共通
祖先種の原人ホモ・エレクタス(Homo erectus)から進化し、今から100万年近く前にフロレス島に
たどり着いた種だと主張している。

ほかの世界から隔離され、入手できる食料環境に適応して小型化したとみなされた。共に発見
された石器や動物の骨から、狩猟生活を送り、道具を使って肉を食べていたことがうかがえる。
またこの「ホモ・フロレシエンシス」、通称「ホビット」は非常に繁栄し、長い間より大きな脳を持つ
ホモ・サピエンスと親類種として共存していたという説がチームから発表された。

30 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 09:31:26 ID:MyrxGP3w
■ヨウ素不足の食生活が原因とする新説

しかし、この説が一見穏やかな人類学界に大論争を巻き起こした。最近ではオーストラリアの
研究者らが同紀要に「ホビットは、甲状腺が機能不全に陥るクレチン病を患ったホモ・サピエンスだ」
とする説を発表。
その結果、ホビットは著しく成長を妨げられ、知的技能や運動技能の発達が遅れたというのだ。

論文共著者のロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)のPeter Obdendorf氏は「クレチン病は妊娠中の
ヨウ素不足とその他多くの環境的要素によって発症する。クレチン病患者は1メートル以上には
成長しない上、ホビットと非常によく似た骨の特徴を持つ」という。ホビットはクレチン病をわずらった
ホモ・サピエンスで、新種ではないという主張だ。

研究は脳下垂体を収容する「下垂体窩」と呼ばれる頭蓋前方のくぼみに着目している。ホビットの
下垂体窩は異常に拡大しているが、これはクレチン病の1種でみられる特徴で、この患者の脳は
通常の半分程度の大きさになるという。形態的には未発達の手根骨やあごなどの特徴も、この病気と
一致するという。こうした形態から招かれる結果として、ホビットは精神的な成長や運動技能が抑制
されたと考えられるという。

ホビットの食生活にヨウ素が決定的に不足していたことも研究は指摘している。ホビットの居住地は、
ヨウ素の主な供給源となる魚介類が手に入る沿岸地域からは少なくとも24キロ離れていたとみられる。
(c)AFP/Richard Ingham

AFP 2008年03月05日 22:27 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2359990/2703481

31 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 10:17:36 ID:ajqlXhCX
ヨウ素不足かよ。ヨウ素って昆布やわかめから摂るんだっけ?

32 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 10:54:14 ID:Fpng77XL
インドネシアの創造論者が放っておかなそうなネタだな。

ホビットがホモ・サピエンスではなかったという主張だけを抜き出して
「進化論者どもの仲違い」「進化は嘘だった」などと書き立てそうだ。

33 :某377:2008/03/06(木) 11:39:47 ID:Tx2Qd4KM
>>27
>小難しい単語並べているだけ。

それすらあやしい。自分の発言を否定しはじめてるので、
自分が何を主張していたのかもわからなくなっている状態かと。

>>28
精神疾患という点では同じだが、一応別の病気。

34 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 12:01:34 ID:m60d733S
もしかして、ヨウ素不足?

35 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 12:10:43 ID:fjEygoXZ
>>24
ニュートン力学も相対性理論も速度や重力やエネルギーの値がある程度の範囲にある状態でなら正しいと認められているんだが。

天的英知とやらが正しい範囲はネヨの脳内だけだろ。

36 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 16:21:19 ID:eHWPo1zx
キリスト教系の学校って進化論どうしてんの?

37 :某377:2008/03/06(木) 16:30:21 ID:Tx2Qd4KM
>>36
まともな学校ならば普通に教えてるだろうな。
少なくとも指導要領で必要な範囲ぐらいは。
キリスト教といっても、進化論に喧嘩売ってるのは相当イカレた宗派だけだし。

一部、法制度上の学校ではなく、実態としてはカルトの洗脳施設の
ようなところが「なんとかスクール」と自称する例があって、
そういうところは隠蔽したり嘘教えたりと好き放題なようだ。

38 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 21:53:14 ID:XNx20ajy
アメリカ中西部はカルト地帯。
ブッシュJr.はカルト。

39 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 22:15:49 ID:SCkPeE2m
>>37
いや、だいぶ昔だけど、高等学校としても認可されている某キリスト教系私立で堂々と創造科学を教えてると言った教師がいて一時期ヤフー掲示板で話題になってたよ。

40 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 22:23:57 ID:xr71pakZ
37
>キリスト教といっても、進化論に喧嘩売ってるのは相当イカレた宗派だけだし。

んにゃ。
1996年に、カトリックのローマ法王が進化論を認める声明を出して世間を驚かせてから、
多くのキリスト教会がその立場に倣った。しかし、これは進化を認めていると公言する
教会のほとんどは、「神は進化という手段を用いて創造の御業を行われた」と教会員を
教える方針を立てたにすぎない。つまり、「進化論を認める」ことを表明している教会
の中に、100パーセント進化論を認めているところはないということだ。



41 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 22:30:05 ID:SCkPeE2m
>>40
「神は進化という手段を用いて創造の御業を行われた」
と言う言明には、科学側からは文句のつけようがないんだけど・・・

42 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 22:55:21 ID:u+eFiPKh
キリスト系の学校では科学と歴史の授業は創造を教えてるのかな?

43 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 23:01:38 ID:SCkPeE2m
>>42
39だけど、
誤解のないように行っておくけど、キリスト教系の高校の大部分はまともだよ。

44 :モエカス:2008/03/06(木) 23:03:33 ID:hrHGZGWM
>>23
>はい、その手の「神の英知」は、現在敗北しました。残念でした。

きみの「天的英知」は敗北以前に勝負から逃げてるけどな。

>>40
以前、ここに「メインラインの役員だった」という者が現れたが、そいつは100%認めていた。

もっとも、そいつは「聖書は全てたとえ話。そこから何を学ぶかが」と言っており
個人的には、「そこまで思うなら無理に特定の宗教に籍をおかなくても」と思ったが。

まぁ、それはともかく、そんなわけで

>「進化論を認める」ことを表明している教会の中に、
>100パーセント進化論を認めているところはないということだ。

↑これは嘘。

45 :モエカス:2008/03/06(木) 23:05:42 ID:hrHGZGWM
訂正
×「聖書は全てたとえ話。そこから何を学ぶかが」
○「聖書は全てたとえ話。そこから何を学ぶかが大切」

46 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 23:11:38 ID:XNx20ajy
強いて言えば、進化を方法に使うようなら、脳内ランダムの完全無能でもいい、ということになろうか。
そこまで信仰の対象を貶めてまで嘘とインチキで固めた協会組織を守りたいのかと、哀れになる。

47 :神も仏も名無しさん:2008/03/06(木) 23:13:56 ID:XNx20ajy
協会→教会

48 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 00:31:38 ID:xAJ5xVdX
>>44
↑これは嘘。

進化論と聖書の教えが両立しないことぐらいは当たり前のことです。
キリスト教が神の存在を否定することはあり得ませんし、神の創造を
否定することもありません。
とはいえ、科学的に証明された事柄に逆らっても意味がありません。
といって、100パーセント進化論を認めたら、もう「キリスト教」では
ありません。キリスト教会の名を騙っているだけです。

神の本質はその愛と英知です。その愛と英知から人間のあらゆる情愛と
思考が生まれます。すなわち神の愛から情愛が生まれ、神の英知から思
考が生まれます。

人間にある個々全体は、情愛と思考以外のなにものでもありません。
この二つは、人間にあるあらゆる生命の源です。人間にある(うれしさ)
のすべてと、(愛らしさ)のすべては、それが源となって出てきます。
(うれしさ)は愛の情愛から生まれ、(愛らしさ)は思考から生まれます。

ヨハネによると、(命)また(光)は、
「言葉のうちに命があった。命は、人間を照らす光であった。」(ヨハネ1.4)
とあります。(命)とは、ここでは、主に属する神愛を、「光」とは、
主に属する神知を指します。また、ヨハネによると、(命)また「霊」
は、次のとおりです。
「イエスは言われた。命を与えるのは霊である。肉は何の役にも立たない。
わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である。」(ヨハネ6.63)

人の内部は霊魂す。このように人間は神を愛するための器として造られています。




49 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 01:38:38 ID:k2MmxsJl
多分解釈を誤ってるかもしれませんが。

肉体と心。
イエスは心に真理を説いた。
肉体は尽きるが、言葉は人を通して語り継がれ、心を繋ぐ。
心、魂の永遠とはそう言う意味では?
実際、イエスの肉体は尽きたが残した言葉は心を通じ愛の普遍性を現代人にも語りかける。


50 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 02:05:50 ID:ReaIqnnR
近年の若者のモラルの欠如は宗教教育をせずに進化論を教えたため等の理由で、
「理科」の時間に創造論も教えるべき、という主張がやがて日本でも出てくるのではないかと危惧。

51 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 03:27:42 ID:5iIEyK70
>>48
>両立しないことぐらいは当たり前

あんたやあんたの仲間にとっての「当たり前」であって
一般的なクリスチャンの「当たり前」とは違うんじゃねーの?

52 :某377:2008/03/07(金) 09:31:14 ID:em8VAfwk
>>39
それは問題の所在が別でしょ。
個人では問題教師なんていくらでもいようさ。

>>40
法王が明示的にそう言ったのが1996年というだけで、喧嘩売らない状態に
なったのはもっとはるか昔の話ですよ、知ったかさん。

>>48
>進化論と聖書の教えが両立しないことぐらいは当たり前のことです。

と思ってるのは神と聖書をオナニーの道具としか思っていない
カルト教団だけという厳しい現実に立ち向かってくださいね。

53 :某377:2008/03/07(金) 09:34:28 ID:em8VAfwk
だいたい、「100パーセント進化論を認める」ってのは何のことなんだろうね。

どうせネヨやらカルト信者やらが脳内にこさえている「ゴリゴリの唯物論者で
神の存在を概念ごと拒否する進化論者」という藁人形に対して100%なんだろうが、
そんな奴はキリスト教信者でなくても珍品だよ。

54 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 10:21:14 ID:Cp3+I/M2
すまん、俺は竹田津だ。こんな面白いスレがあったなんて今まで気がつかなかった。前スレであれだけ呼び出されていたのに、無視したみたいになってごめんね。
ハッキリいっておくが前スレには俺は一切書き込んでないから、俺の書き込みだと誤解している人は考えを改めた方がよいよ。

どうも似たような人がいるみたいだからコテハンでもつけようか?



55 :某377:2008/03/07(金) 11:40:36 ID:em8VAfwk
はいいらっしゃい。
だいたい3スレに一回ぐらい、そういう「前スレなんか知らない」宣言を
して現れる人がいるんですよ。
そういう人にかぎって、なぜか前スレ以来の文脈をひきずってて、
中二病を患っておらるんですよね。なんででしょうね。

コテはぜひつけてください。できればお一人あたり一つだけということでよろすく。

56 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 13:31:55 ID:ODTVdkrV
>イエスは心に真理を説いた。

説くのは勝手だが、証明無しに真理をのたまわれても困るんだよ。

57 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 13:33:08 ID:ODTVdkrV
竹田津って何だよ?

58 :某377:2008/03/07(金) 13:39:36 ID:em8VAfwk
>>57
「竹田津恩」でググってみな。
Wikipediaのページ削除の経緯と http://www.artsoftwareworks.net/
見るとどういう種類の御仁かだいたいわかる。


59 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 14:57:14 ID:qoK8EdoP
>>48
> 神の本質はその愛と英知です。その愛と英知から人間のあらゆる情愛と
> 思考が生まれます。すなわち神の愛から情愛が生まれ、神の英知から思
> 考が生まれます。

とりあえずどこの教会でそんなこと言ってるのか教えてくれよ。

60 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 15:20:39 ID:Cp3+I/M2
ああ、サンキュ、自己紹介の手間を省いてくれて。

しかし前スレ面白いね。俺が出てきてないのに俺に粘着するやつがいて。
なんか俺の名前を勝手に宣伝してくれてるみたいで悪いね。
まあ脳内で何考えようがその人の勝手だけど、第三者に迷惑だけはかけるなよな。

61 :某377:2008/03/07(金) 15:35:22 ID:em8VAfwk
はいはいw
あなたも通院は欠かさないようにね。

62 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 15:43:36 ID:Cp3+I/M2
ねえ、某377、前から不思議なんだけどさあ、
お前、通院って何か特別なことだとでも思ってるの?

そりゃ人間調子が悪くなるりゃ病院ぐらいいくわさ。
精神の調子が悪けりゃ精神科ぐらい誰でも行く。

別にそれだけのことを、ことさらのように言うってなんか含む所でもあるわけ?

前スレ見てたらお前、妄想癖ばりばりじゃん。
まあ精神科が怖いなら心療内科でもいいからさあ。いっぺん診てもらった方がいいぞ、老婆心ながら。

63 :モエカス:2008/03/07(金) 16:15:24 ID:xbcHUT/E
>>48-1
>もう「キリスト教」ではありません。キリスト教会の名を騙っているだけです。
スウェーデンボルグ派も伝統的なキリスト教からそう思われてるわけだが。
その「スウェーデンボルグ派」にしたって

Pumpkin of Ivied Gables
エマヌエル・スウェーデンボルグ
ttp://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/Swed..htm#002

>5.普遍宗教への道

>スウェーデンボルグによれば、キリスト教徒だけが救われるのではありません。
>(中略)
>つまりあらゆる宗教はひとつ、その根元は同一の神から来ているという思想で、
>ひとつの宗教にしか通用しない狭い教条主義や偏狭なドグマから解放された、
>普遍宗教としてのキリスト教が、そこにあります。

個人的な証
ttp://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/akashi.htm#002

>◆キリスト教だけが正しいのか、またスウェーデンボルグ派だけが正しいのか

>私が現在の宗教と教派を選んだのは、それが疑いなく絶対的な真理だと納得できたからではなく、
>私の目指したいものに合っていたからなのです。

こんな風にきみの主張や姿勢と随分と違う人がいるようだが
この人は「スウェーデンボルグの名を騙っているだけ」なわけか?

64 :モエカス:2008/03/07(金) 16:28:07 ID:xbcHUT/E
>>48 その2
「命」に「福音」と代入するだけで

ヨハネ1:4が
「言の内に福音があった。福音は人間を照らす光であった。」
となりキリスト教の言いたいことをシンプルに伝えられる。

6:22からのイエスと群集とのやりとりの中でも
「永遠の命」→「永遠の福音」(27,40,47,54)
「世に命を与える」→「世に福音を与える」(33)
「命のパン」→「福音のパン」(35,48)
「あなたたちの内に命はない」→「あなたたちの内に福音はない」(53)
としてもなんら原文の意味を損なうことなく
イエスの福音を受け取って欲しい、そのためにどうすればいいか、という教えがより明確になる。

さらにヨハネ6:33だけ唐突に命をそのまま捉える必要はなく
「イエスは言われた。福音を与えるのは霊である。肉は何の役にも立たない。
わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、福音である。」
とすることで福音が肉(すなわち人)からくるものではないという説明になり、
イエスが語ることこそが福音であるという宣言になる。

例によってこれを正しい解釈だというつもりはないが
「神愛」とか「神知」とか信仰者の中でも一部の人しか使わないような言葉を用いてまで

>(うれしさ)は愛の情愛から生まれ、(愛らしさ)は思考から生まれます。

などという聖書に書いてもないことを「聖書の教え」とする理由は見当たらない。

65 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 16:40:38 ID:k2MmxsJl
幽霊っているんだよね。見えない人には、生きるものの脳は今だ死を自ら体験してないので、さっぱり死を理解出来ないのと同じ位、見える人にしか分からないものがある事を科学は知るべき。
科学で定義出来ません、すいません、わかりません。
と言うべきだよ。

66 :モエカス:2008/03/07(金) 17:00:28 ID:xbcHUT/E
>こんな面白いスレがあったなんて今まで気がつかなかった。

>前から不思議なんだけどさあ、

デカの勘が働く瞬間。

67 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:05:53 ID:Cp3+I/M2
「前から」ってのは別スレ「科学を否定する宗教はうざい」での話。
このスレ見つけたのは今日だよ。

ちょっち勘違いだね。

68 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:28:14 ID:ki6VLhcd
竹田津とかどうでもいいよ。
個人的にはネヨと中二は別だと思うけどそれもどうでもいいし、中二が竹田津だろうがネヨが竹田津だろうがどうでもいい。
ここで問題なのは、創造論とかID論をまじめに信じてるかどうかなんだよ。
関係ないなら消えろ

69 :某377:2008/03/07(金) 17:36:39 ID:em8VAfwk
病人をちょっといじめすぎたね。

>>68
まともに信じてる人格はそのうちでは一つもないよ。



70 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:39:28 ID:Cp3+I/M2
まあ、そりゃそうだよな、スレ違いでごめんね。

俺は創造論者でもないし、ID論者でもない。創造科学者でもない。
進化論は疑問点はあるが大筋では認めてる。

これでOK?

71 :某377:2008/03/07(金) 17:41:05 ID:em8VAfwk
>>62
>別にそれだけのことを、ことさらのように言うってなんか含む所でもあるわけ?

精神病まるだしのレスをしてる奴に病院に行けといい、
統合失調症であることを自ら開示しておられる竹田津さんには
通院を忘れないようにと申しあげているだけでございますが。
なにかおかしなことでも?

72 :某377:2008/03/07(金) 17:46:43 ID:em8VAfwk
>>70
では、あなたも天的天使うんぬんが狂人のたわごとであることには
同意いただけますか?

73 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:47:00 ID:k2MmxsJl
創造論とID論はもう要らないのでは?
巷のスレでは魂の進化論が当たり前に話されているのに。
多分、科学的にも非科学的にも時代遅れな事を何スレも語り合う必要があるのか謎。

このスレがスレと共に進化せねば、ちょっと科学的な立場の人が、信仰魚の当たりを待つ釣り堀余談スレだよ。


74 :某377:2008/03/07(金) 17:49:28 ID:em8VAfwk
>>73
ほんとにスレ読んでる?

時代遅れ以前に、登場した瞬間から戯言であるような話しか続いてない。
最後に本物の創造論者が登場してから何スレたったことでしょう、というありさま。

どっちかというと、俺たちが気違いに釣られてる感じなんだよね。


75 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:52:24 ID:Cp3+I/M2
俺が統合失調症であることを自ら開示しているだって?
そりゃ、なんのことだい。嘘八白もいいかげんにしてもらいたいな。

76 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 17:55:06 ID:Cp3+I/M2
「天的天使」って言葉を残念ながら俺は知らない。だからそれが狂人のたわごとかどうかを判断する材料は今の所ない。

77 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 18:47:35 ID:qoK8EdoP
>>65
そりゃお前、脳の中にだけ存在してる妹だの幼なじみだの嫁だのは科学の範疇じゃないからな。

78 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 19:36:28 ID:l2Ts85eo
77
うんにゃ。妹だの幼なじみだの嫁だのが、脳神経内に電気信号的に存在している
とするなら、十分科学の対象となるはずだよ。黒白くん?

79 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 19:51:36 ID:qoK8EdoP
つまり幽霊も脳内の電気的存在にしか過ぎないということか。

80 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 20:06:49 ID:l2Ts85eo
そうなるんだよね。唯物科学信奉者は物質的基盤に思考の仕組みを求め、
天的天使的英知は、神の本質であるその愛と英知に思考の起源を啓示する。


81 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 20:11:53 ID:1PqAPeJT
>>52
>個人では問題教師なんていくらでもいようさ。

嘘か本当かは知らんが学校側に認められているって言ってた。
しかも理科の授業で、、、

それで私学助成金もらってんのかよって話になったんだけど
逆にそれで助成金を打ち切るってのも問題だろうってのもいて侃侃諤諤って感じだった。

82 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 21:31:00 ID:ReaIqnnR
嫁は脳内じゃないよ
俺の隣にいるよ



空気だけど

83 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 22:42:37 ID:ki6VLhcd
>>80
ハイハイ分かったからお医者さんに行こうね

84 :神も仏も名無しさん:2008/03/07(金) 23:09:00 ID:ReaIqnnR
創造論者の目的は、科学者と同じ土俵に立つことなので、基本的に、
彼らとのテレビ討論会などには参加すべきではない、と聞いた。

85 :神も仏も名無しさん:2008/03/08(土) 00:42:08 ID:1Iejs+Qu
リテラシーの全く無い人は、本一冊出してるだけで専門家だと思いこんで、
既存の科学とその本出したトンデモ科学者の主張のどっちが正しいか区別付かなくなったりするからな。
査読付き雑誌に掲載された論文と、適当に出版された本の差がわからんようで。
同じように、科学者と面と向かってテレビに出てるだけで、科学と同じレベルの信憑性がある主張をしていると思い込むだろうね。
教育の無力さをひしひしと感じる。

86 :神も仏も名無しさん:2008/03/08(土) 11:24:21 ID:/rldg2NK
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1196068798/508-509

http://qb5.2ch.net/saku2ch/index2.html
2chとの訴訟/裁判/告訴を準備中または係争中の場合、
または、犯罪に関することで警察など外部機関の確認が必要な場合、
証拠保全のために管理人裁定以外の削除は行われませんので、ご了承ください。

87 :神も仏も名無しさん:2008/03/08(土) 22:08:39 ID:5DZBDIiX
>天的天使的英知は、神の本質であるその愛と英知に思考の起源を啓示する。

そもそも意味のある文になってないな。

88 :某377:2008/03/09(日) 09:32:39 ID:Ignk25dx
>>75
Wikiから削除したぐらいで証拠隠滅が完了したと本気でお思いで?www

89 :某377:2008/03/09(日) 09:35:51 ID:Ignk25dx
やはり竹田津の行動は常にいっしょだな。

自演→指摘される→証拠をみせろとさわぎつづける

ネヨも中二も同じ行動をとりつづけている。
これで別人だと思えと言われても無理。

90 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 10:22:40 ID:qkvQuy2F
>>89
盛り上がってる所悪いけど、2ちゃんで暴れる9割の人がそんな感じだと思うよ。

91 :某377:2008/03/09(日) 11:15:43 ID:Ignk25dx
ほうそうかね。まあ印象にすぎんからね。
まあ、どの人格も区別もつかない程度のバカということで、個別に相手して
やってもかまわないんだがね。

実際に統合失調症であるところの竹田津さんの扱いをまちがえて
取り返しのつかないことになっちゃまずいな、というのが、
俺の問題意識なんで。

92 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 11:29:26 ID:qkvQuy2F
なんでそんなに竹田津さんだかに噛み付くわけ?もうその人一昨日から来て無いじゃん。
ほっとけよ

93 :某377:2008/03/09(日) 11:30:57 ID:Ignk25dx
>>81
>嘘か本当かは知らんが学校側に認められているって言ってた。

本当だったら問題だが、詳細のしれない話だからこれ以上はなんとも。
一般論として言えば、本人が上の了解とったつもりでも、上は
聞いたおぼえがないと答えるというのはよくある話だよ。

それと、生物進化をちゃんと教えた上で、創造論も教えるというの
であれば制度上はグレー。指導要領は「最低限これは教えろ」という
ものにすぎんので。


94 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 12:17:23 ID:BBV9adaR
91
おまいが妄想癖ばりばりの、のうたりんってことは前スレ以前から
指摘されていること。我が身についたくそは臭わんと?

95 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 14:36:22 ID:161dopTE
まどろっこしいから>>付けろよ

96 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 14:37:44 ID:X4uEMjns
>>75
http://209.85.175.104/search?q=cache:Rhije9xJ97cJ:www.artsoftwareworks.net/modules/xpwiki/%3Fcmd%3Drss%26ver%3Datom+%E7%AB%B9%E7%94%B0%E6%B4%A5%E6%81%A9%E3%80%80%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
>40才の頃、統合失調症(後に心因反応に変更)を発病、帰郷する。地元のソフトハウスに就職するが、再発したため退社となる。
とキャッシュに残ってました。

つかなくてもいい嘘をついてどうするんですか?

97 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 18:16:47 ID:1RojB75F
>>89
チミは答合失笑症患ってんだから引き分けにしたら?

98 :モエカス:2008/03/09(日) 19:30:51 ID:lVArGw1U
この状況で妄想の病名を使って
相手を貶めようとする感覚ってすげぇぜ。

99 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 19:31:13 ID:xDLdgEAt
このスレ、最近ほんとにつまんねーなー。ネヨが来たあたりから、ひどくなる一方だ。

100 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 19:56:43 ID:GijMtjHo
「我々進化論派」と自称する人が暴れてる頃にはじめて来たから、
それ以前のスレがどんなものだったか、想像すらできんw

101 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 20:08:20 ID:KY2N/DJW
ネヨさんは、正しいかどうか客観的に確かめられない「天使的解釈」とか「昔の科学者の感想」に基づく話しかしないからなぁ。
正しいかどうかの確認を気にしない人とは話が広がりようがない

102 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 20:55:52 ID:MT16UQS4
>>100
新参としてはそっちのほうが気になるw>「我々進化論派」と自称する人

103 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 21:17:20 ID:0cKzs4ag
101
フーム。これどういう意味にとるべきか??
その根拠示せって奴ばかりと思ってたが?、、、、、。

100
たぶん、いま生き残っているのは、某377、黒白、モエカスなどが代表格だろう。
それと竹田津さんも、「進化論」肯定派だってさ。仲良くやれよ。

104 :神も仏も名無しさん:2008/03/09(日) 23:19:09 ID:aQUDJGPT
まどろっこしいから>>付けろって。

105 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 00:26:21 ID:Sqz90Tgv
2chだからっていくらなんでもトゲトゲしいんだよお前ら

106 :モエカス:2008/03/10(月) 00:38:03 ID:t0QjZgLp
>>102
これかな?

From Part 16(引用者による改行有)
>546 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 09:21:00 ID:V1Rj6Far
(※引用者により一部省略)
>我々の"科学的方法論"というスタイルこそが正当で、
>それ以外は科学を名乗るは許さないという考えこそ、ヨーロッパ中世の教会と変わらない。
>創造論者やムスリムは、科学であっても宗教的問題と考えるのが、
>彼らの信仰のあり方なのだから、それを尊重すべき。
>我々進化論派は、こちらこそが正当科学であるという、
>不毛な議論につながる主張はとりあえず棚上げし、
>彼らにアーミッシュ的慎ましさを求めていくようにすべき。

>548 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 09:48:57 ID:V1Rj6Far
(※引用者により一部省略)
>だから、その日本の教育制度を多様化する社会に合わせて、改革すべきだと思う。
>我々進化論派が圧倒的多数派だから、マイノリティである彼らがいかに団結して政治勢力を作っても、
>多数決の論理の前にはどうしようもない。
>だから、ここは我々進化論派が譲って、社会の多様化を受け容れるべきだと思う。
>そもそも多様化こそ、進化そのものであり自然の摂理だよね。

>550 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 09:53:00 ID:LdD4fp1k
>教育と、宗教は、別物です。
>教育に宗教を取り入れる必要などないわけで勝手に信じていればよいのだ。
>で、なんで我々進化論派、我々進化論派って連呼してんの?
>進化論派装ってるように見えんだけどw

107 :モエカス:2008/03/10(月) 01:40:08 ID:t0QjZgLp
>>103
>仲良くやれよ。
きみ自身が進化論者や創造科学やリベラルの人と
仲良くしようという姿勢を見せた方が
はるかに主の証になるでしょう。

「そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。
人々が、あなたがたの立派な行いを見て、
あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」(マタイ5:16)

>>105
とりあえずきみが
「2chだからっていくらなんでもトゲトゲしいですよみなさん」って
言えるようになったらまたおいで。

108 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 06:22:16 ID:Sqz90Tgv
2chだからっていくらなんでもトゲトゲしくなくって?

109 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 08:07:43 ID:GLu3l/YH
>>106
ありがとう。
確かにこれは楽しい人だw

110 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 11:58:34 ID:2znfREbH
>>94
他人を「妄想癖」とののしるのは、「天使的解釈」とやらが妄想じゃないことを示してから。

111 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 12:10:05 ID:zhyYUqVb
>>103
どういう意味にってwww
その根拠を示せって言うレスに決まってるじゃんwwさすがネヨクオリティwwwさっぱり意味が分かってらっしゃいませんね

112 :某377:2008/03/10(月) 12:10:45 ID:WkqndNcM
>>96
ほらねw

この種の「つかなくてもいい嘘」はWikipediaのノートのときも同じ。
基本的に、自分の素性について嘘をつくというのは竹田津氏の性癖と
しか考えられず、真相がどうあれ彼の言うことは信用できない。
むしろ黙して語らないほうがよいぐらいかと。

ところでコテまだ〜〜(ry



113 :某377:2008/03/10(月) 12:15:22 ID:WkqndNcM
>>99
「最近」言うても、ネヨがきてから一年じゃすまん気がするけどw

本物の創造論者がいなくなったよね。
ネヨのあまりの気違いっぷりに、文末ピリオドですら撤退したからな。

114 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 13:02:19 ID:1TwptBgE
Wikipedia:削除依頼/WindowsNT+Linuxネットワーク構築ガイド
Wikipedia:削除依頼/やさしい陽明学入門 〜二十一世紀を生きる僕たちから〜
ノート:陽明学

ここまでやるか。本人確認されてたらソックパペットで出直してきたんだろうなあ。

115 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 13:58:04 ID:zhyYUqVb
スレ違いとか俺が言える話じゃないが、せめてこのスレに書き込まれてない事は別のところでやってくれよ。
vipで立てて祭りにでもすれば?どうしても話したいなら

116 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 14:34:24 ID:Ftm+NSar
ネヨって、未だに>>をよう付けんアフォのことか?

117 :某377:2008/03/10(月) 16:54:50 ID:GnX7xfA8
>>115
こないだから、おまえがなんで俺のほうにからむのかが全く理解できないんだが。
このスレになってやめてたところにこの話をむしかえしたのはあいつ(ら)だぜ。

>>116
本人曰く知っててやってるんだとよ。
そうでもしないと特徴が出せないんだと。

118 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 16:59:26 ID:zhyYUqVb
>>117
だからさ、既に相手居ないのにいつまでも絡むのがおかしいつってんの。
ホントは誰が竹田津なのか知らんけど、本人はもう竹田津としては相手するつもりがないんだから、
その話したいならよそでやれって事。
ウィキの項目も改変もこのスレの話題じゃないだろ

119 :某377:2008/03/10(月) 17:30:20 ID:GnX7xfA8
よくわからん人だね。
なんでそんなにこの話題を排除したいの?さては・・・
とか言ってほしいのかしらん?

>>118
>ホントは誰が竹田津なのか知らんけど、本人はもう竹田津としては相手するつもりがないんだから、

本人でもないのに、なんでそんなことご存じなので?
このスレに参加するという意思表明があったのはつい先日の話なわけですが。
三日やそこらで見捨てるとは心の狭いお人ですね。

>ウィキの項目も改変もこのスレの話題じゃないだろ

このスレの参加者についての話題ではありますな。


120 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 17:40:23 ID:zhyYUqVb
>>119
つい先日って、もう三日も前の話じゃん。それからそいつレスしてないよ。
んで話した事といえば「俺はネヨじゃないよ」って事だけ。
何でそんな前の話にネチネチネチネチ絡むのか、そっちが理解出来ん。鬱陶しいからよそでやって欲しいんだよ。
あんたの下手糞な探偵ごっこ見てたって面白くないんだよ。

121 :某377:2008/03/10(月) 17:41:11 ID:GnX7xfA8
>>120
「三日も前」wwww

おまえさあ、たまには2ちゃんねるの外にいけよ。
時間感覚おかしくなってんぞ。

122 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 17:45:03 ID:zhyYUqVb
うんうん、その後も読んでね。
で、それ以上話したいならこっちに行ってくれる?

【百科事典】ウィキペディア第2版【Wikipedia】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/internet/1205037910/

123 :某377:2008/03/10(月) 17:47:48 ID:GnX7xfA8
>>122
>うんうん、その後も読んでね。

せっかくスルーしてやってんのに、傷ひろげてどうするよw

>んで話した事といえば「俺はネヨじゃないよ」って事だけ。

統合失調症の話はどこいきましたか?
この話題はおわってませんよ?

124 :某377:2008/03/10(月) 17:49:09 ID:GnX7xfA8
いかん、ほんとに疑いたくなってきたw
それこそ竹田津が出てこず、ID:zhyYUqVbが粘着してこなけりゃ
それでおわる話題だったんだけどね。

触れてほしくないなら黙っとくのが一番。

125 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 17:51:10 ID:zhyYUqVb
最後にレスしてから、お前がいくらレスしても反応無いだろ?
追っかけるなら竹田津がレスしてくれる所にいけよ。

大体そいつが統合失調症だったらなんな訳?
ネヨが統合失調症っぽいから竹田津がネヨ??統合失調症患者が日本で何人居ると思ってるんだよ。
人口の1%だぞ。ざっと160万人だ。

126 :某377:2008/03/10(月) 17:55:04 ID:GnX7xfA8
目もあてられない粘着www

>>125
>最後にレスしてから、お前がいくらレスしても反応無いだろ?

「いくらしても」って、二回だけやけど。
しかも、二回目は竹田津あてやないんやけど。

>追っかけるなら竹田津がレスしてくれる所にいけよ。

「創造論の話しようぜ」ってか。それこそスレ違いだろ。

>大体そいつが統合失調症だったらなんな訳?

つっこみすぎて暴走されたらたまらんだろ。
何遍言わす気だこの鳥頭が。


バカは書けば書くほどバカをさらすだけ。ネヨにしてもおまえにしても同じ。
これ以上傷口開かんうちにおまえこそ黙っとけ。



127 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 18:05:10 ID:zhyYUqVb
> つっこみすぎて暴走されたらたまらんだろ。
> 何遍言わす気だこの鳥頭が。

全く意味が分からん。暴走って何?ネヨが竹田津だとしたら既に暴走してるようなもんだ。
大体、竹田津を煽ってんのはお前だよな?なんでそれで暴走を心配すんの?

別に追っかけてって創造論の話しなくても、そこで統合失調症だのウィキだのの話すれば良いじゃん。
頭悪いのか?バカ晒してんのはそっちじゃない?
あとね、俺は>>115で別にお前を名指ししてる訳じゃない。
竹田津の話題を唐突に蒸し返すバカみんなに言ってるんだよ。

以上。これ以上竹田津の事出すと俺も同類になるんでもうやめる。
まあ377は妙に意固地で引くことを知らないので、この後も延々竹田津の話を出すだろうね。
ただ鬱陶しいと思ってる人間が居るって事だけは覚えといて。
まああぼーんしとくよ。

128 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 18:45:16 ID:h/rZCGFJ
>>113
うん、おかしくなってからかなり時間たつなw
それでも中二クンなんかの場合は、まぁ一応議論の体裁にはなったじゃない、中身はともあれ。
ネヨの場合は、どーにもならんね。延々と馬鹿話のループだからな。

まっとうな創造論者とガンガンやってた頃が、なつかしい。


129 :某377:2008/03/10(月) 19:03:06 ID:GnX7xfA8
>>128
>それでも中二クンなんかの場合は、まぁ一応議論の体裁にはなったじゃない、中身はともあれ。

まあ、「どうまちがってるか」ぐらいまでなら話が行きはしたわな。
その先は逆ギレやら雲隠れやら新たなデムパ受信やら惨憺たるものだけども。

130 :某377:2008/03/10(月) 19:05:06 ID:GnX7xfA8
>>127
はいはい。わかったわかった。泣くんじゃないよ。うるさいから。

131 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 19:24:11 ID:h/rZCGFJ
>>129
然り。お疲れ様です、としか言いようがありまへん。

132 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 19:41:58 ID:rquA4aFI
130
おまいの妄想癖がすべて発端になっていることを知らんと?

131
バカ丁稚。

竹田津さん、何とか言ってよ。ねー。

133 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 20:09:19 ID:rquA4aFI
>>111
>どういう意味にってwww
>その根拠を示せって言うレスに決まってるじゃんww

なんでそうなるの?

134 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 22:31:10 ID:RIsnD35p

ループの原因、ばかの源。

135 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 23:05:48 ID:zCIXaWes
(実在するかどうか知らない)進化論教徒は
「サルから人間が進化した」って信じていて、
反進化論の立場はそれを批判してるって、
…本気(本当)?

…それは明らかに同類で、つまり釣りだよね?
歴史が古いネタだっていうけれど。
…もーうつられないぞー!
↑つられまくる奴

136 :神も仏も名無しさん:2008/03/10(月) 23:08:51 ID:GLu3l/YH
>>135
まさに「日本語でおk」

137 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 00:09:03 ID:vQS6JdB1
>>133
お、アンカー打てるようになったじゃない。えらいぞー

138 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 01:49:08 ID:l+yACYxD
ネヨも某377もうぜえなあ
信仰告白も口喧嘩も飽き飽きだよ

天使の声を聞いたとかあいつとあいつは同一人物に違いないとか
そんな主観的な話どうでもいいから根拠ある話、進化に関係する話しろよ

139 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 06:57:14 ID:G8HBJ0es
137
やっと理解できるようになったか。えらいぞー。サル頭。

140 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 07:03:23 ID:vQS6JdB1
>>139
あれ、もうできなくなったのね、ざーんねん、こんどがんばろう!

141 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 07:24:27 ID:G8HBJ0es
>>140
ああ、わかったよ。エテ吉くん。


142 :某377:2008/03/11(火) 09:49:26 ID:WA4cqzTu
>>138
と、とっくに終った話を蒸し返してループの元凶を作る阿呆が
いるのが大問題よねwww


143 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 10:28:10 ID:w29yN2pe
某377さんは彼女でも作って新しい人生を踏み出した方がいいと思います。
お友達のネヨさんと共に2ちゃんねる内の進化論争で一生をおえるなどあまりに可哀相です
ネヨさんだけが人生ではないと思います


144 :某377:2008/03/11(火) 10:29:09 ID:WA4cqzTu
はっはっは。
またおマヌケなコテたたきの再燃か。

ますますしゃべってやりたくなってきたなwww

145 :某377:2008/03/11(火) 10:31:40 ID:WA4cqzTu
勘違いしてるようなので教えといてやるが、竹田津=ネヨかどうか
なんてどうでもいいことで、このスレに入ってからは言わんことに
してたのな。竹田津やらネヨやらおまえやらがぎゃーぎゃー言いだす
前はだ。

この話をしてほしくないのなら、おまえが黙るのが一番早いという
ことを覚えておけ。

146 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 10:43:49 ID:w29yN2pe
叩いてるんじゃなくて同情してるんだよ
誰か彼を救ってやってくれ


147 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 12:29:46 ID:NA7xjKaY
今日の読売新聞の特集「進化論とあなた 1」で天地創造博物館が扱われてた。

148 :某377:2008/03/11(火) 12:53:27 ID:WA4cqzTu
>>146
で、ウザがってるわりにその話をえんえんと続けるのね。
気違いはネヨや中二や竹田津だけじゃないってこった。

149 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 12:57:35 ID:a7VIY2bY
新しいニュース来れば盛り上がる余寒。
「日本でも進化論と創造論の両方を教えるべき」みたいな見出しで。

150 :某377:2008/03/11(火) 12:58:43 ID:WA4cqzTu
>>147
Webのほうには載ってないようだけど、どういう扱いだった?

>>149
産経がそれやって物笑いになってたが、読売はどうかね。

151 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 13:21:28 ID:NA7xjKaY
今年、東京と大阪で「ダーウィン展」が開かれるということで
現代社会と進化論との関わりを取り上げた特集。
ケンタッキー州にある天地創造博物館を取り上げ、
その展示内容と背景にあるアメリカの創造論・宗教事情について説明を加える。
「創造論」を学校に教えろという運動が起こったことやインテリジェンス・デザインの
記述の後に、現代アメリカでの世論調査の結果が紹介される。
それによれば進化論を認め、さらに神が関与していないと考えるのはわずか12%だった。
では日本ではどうか、科学技術政策研究所が昨年に行った調査によれば
恐竜と人類が同時代に生きていた、が誤りであることがわかったのは44%
星占いを科学的だと考えるのは17%、魂や霊魂を存在すると信じる人は46%。
続いて、キリスト教徒である分析化学者・古谷圭一氏が国内の神学校でみた体験が続く。
授業中にダーウィンの話をすると、学生らが相次いで退席していったという。

最後に超常現象や前世を扱った番組が盛況であるという日本の現状が書かれ、古谷圭一氏の言葉で締めくくられる。
「日本人は白紙なだけ、ムードに流されやすい。科学への関心が薄れ、
学校でも進化論は教えられていない。米国の創造説を笑ってはいられない」

152 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 14:25:05 ID:C2nW/SRi
別に超常現象とか前世を扱った番組があってもいいと思うけどな。
ああいうのは見てて面白い。
正しいだけが正義じゃなし。
一般人が間違った知識持ってたって別に困る訳じゃないっしょ。
特にそれで言ってるような恐竜と人類がいっしょの時代に生きてたとか、
星占いが科学的とか、魂や霊魂があるってのは。

まあ神学校でダーウィンの話したら学生が退席つーのはまずいかもしれんが。

153 :某377:2008/03/11(火) 14:36:00 ID:WA4cqzTu
>>152
>一般人が間違った知識持ってたって別に困る訳じゃないっしょ。

各論でいえば、間違ってて問題ないのもあるし、間違ってもらって困るものもある。
どの間違いがどういうはずみで問題をひきおこすかわからないし、一方
正しいことを知っててもらって困ることはないわけで、そういう意味では
間違っているものには間違っていると言っておくことには意味がある。

>まあ神学校でダーウィンの話したら学生が退席つーのはまずいかもしれんが。

このことと、一般人が間違っててもかまわない、という話の間に線引きができ
るかっつーと・・・

154 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 14:38:43 ID:C2nW/SRi
だから「特にそれで言ってるような」って付けてるじゃん。
まあそれだって程度問題だけどさ

155 :某377:2008/03/11(火) 14:39:08 ID:WA4cqzTu
>>151
最後二行は同感。

このスレでみてても、単に宗教だというだけで創造論が間違いと決めつけてる
阿呆や、気違い(ネヨとか)を叩いてるから自分は正しいと思いこんでるマヌケが
ときどきいるわけで、わかってて創造論批判しているやつばかりではない。

156 :某377:2008/03/11(火) 14:43:13 ID:WA4cqzTu
>>154
恐竜と人類ぐらいだとさすがに問題になりそうな状況が思いつかんけど、
星占いが科学的かどうかは星占いに基づく人事が差別かどうかに関係あるし、
魂や霊魂があるかどうかは死の定義やら「故人の霊による遺言」なんて
話の有効性と関係がある。

うかつに「どうでもいいじゃん」と言えない話題がけっこうあるのだな。

157 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 14:52:26 ID:NWc+Q3Xh
術語と論理をいかに操ろうと、再帰的に定義を還元していったとき、宗教やスピは必ずトートロジーに陥る。
脳内から先に実態が無いからに他ならない。



158 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 14:57:09 ID:C2nW/SRi
星占いに基づく人事が差別って何?
てかその辺は法律の問題だろうに……

159 :某377:2008/03/11(火) 15:08:14 ID:WA4cqzTu
>>158
>星占いに基づく人事が差別って何?

星占いはさすがに極端だけども、「星占い」を「血液型性格判断」に
おきかえると最近の事例もあるはず。

>てかその辺は法律の問題だろうに……

その法律の解釈をするときに科学的かどうかの知識が前提になるし、
その知識を本人が持ちえていたかどうかも判断の基準になるのですよ。
科学的知識の有無なんて日常生活に関係ない、と言い張る人が陥る罠に
あなたも順調にはまってますね。

160 :某377:2008/03/11(火) 15:09:22 ID:WA4cqzTu
>>157
そういう知ったかまるだしの発言をすると、また誰かさんに竹田津扱いされますよ。

161 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:11:31 ID:C2nW/SRi
ん?信仰の自由は会社の人事登用には関係ないってのは判決で出てるんじゃなかったっけ。
そういう話じゃない?

ってか法律の解釈はそれこそ「一般人の話」じゃないと思うんだが。
そこまで行くと、「無神論者は地獄が無いから犯罪を起こしてもなんとも思わない」レベルの言いがかりじゃね?

162 :某377:2008/03/11(火) 15:16:32 ID:WA4cqzTu
たとえば下記のソフトが実際に開発されて販売されているように、
四柱推命で人事ができると思う人はいる。
ttp://www.fsoft.co.jp/sinrigaku/index.html
ところが、このソフトで実際に人事をやって、訴えられたら負けはほぼ確実。

なぜ負けるか→差別だから
なぜ差別か→論理的な根拠がないから
なぜ論理的な根拠がないと言えるか→・・・
という論証の仮定で、すくなくとも四柱推命をはじめとする占いに
科学的根拠がないことの立証が入る。

ID:C2nW/SRi みたいな人は「程度問題」でおわっちゃうけど、
151で古谷氏が「日本人は白紙なだけ、ムードに流されやすい。」と
言っているのはこういう人たちのこともさしていると思われる。

163 :某377:2008/03/11(火) 15:17:29 ID:WA4cqzTu
>>161
>信仰の自由は会社の人事登用には関係ないってのは判決で出てるんじゃなかったっけ。

そういう話ではない。

>ってか法律の解釈はそれこそ「一般人の話」じゃないと思うんだが。

ほう?一般人は法律と関わりないとでも?
そいつは知らなんだw

164 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:21:39 ID:C2nW/SRi
ん?
信仰してる宗教によって面接落とすのは「あり」なんでしょ?
それなら四柱推命だかで人事を決めるってのもありなんじゃない?

どっちにしろ、それをいいとか悪いとか判断するのは司法であって、やっぱり一般人は関係ないでしょ。
その司法関係者が科学の知識無かったら大変だけどさ。
バカな会社の社長だの人事担当だのがバカなことやらかしてそれで訴えられたって、
そりゃちゃんとした弁護士雇ってなかったそいつが悪い訳で。

165 :某377:2008/03/11(火) 15:23:31 ID:WA4cqzTu
>>164
>信仰してる宗教によって面接落とすのは「あり」なんでしょ?

それ「信仰の自由」じゃありませんけど。
ちなみに当然「なし」ですよ。

星占いでもスピリチュアルでも信仰でも血液型でも、およそ
科学的根拠がないとわかっている(本人が知っているかどうかではない)
ものを用いて他人について何かを言えば、その瞬間に最低でも
ハラスメント扱いになりかねない社会だということを多少は知っておいたほうがいい。

おまえさんが自分は関係ないと思っていても、法律のほうでは
そうは思ってないことも知っておけ。


166 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:27:35 ID:C2nW/SRi
>>165
> >信仰してる宗教によって面接落とすのは「あり」なんでしょ?
>
> それ「信仰の自由」じゃありませんけど。
> ちなみに当然「なし」ですよ。

マジで?民間企業ならオッケーって話どっかで聞いたけど、勘違いだったのかな。

てか、星占いとか血液型でハラスメント扱いってww
お前こそまともに社会を知ってるのか?
「法律上」と現実をごっちゃにしすぎだ。
極論つーんだよ、そういうのを。
現実的に、星占いに科学的根拠があるって思ってようが居まいが、大抵のところで問題なんか起こんないんだよ。

はあ、最近377ちょっと情緒不安定なんじゃね?触るものみな傷つけてって感じだぞ?

167 :某377:2008/03/11(火) 15:28:21 ID:WA4cqzTu
「なし」について補足。

もちろんあくまで一般論としてであって、状況によって問題ないとされる
ケースはありうる。

たとえば、キリスト教の教会が牧師を募集した(そんなケースがあるかどうか
は知らんけど)ときに面接したら仏教徒だったから落した、というのであれば、
これは合理的な理由だろう。
だけど、たとえば旋盤工を募集しているときに「おまえはイスラム教徒だから
ダメ」とか言ったら、これは根拠のない差別とされるだろう。



168 :某377:2008/03/11(火) 15:29:20 ID:WA4cqzTu
>>166
>お前こそまともに社会を知ってるのか?

知らないっておそろしいことですねwww
そういう事例は当然ございますよ。
自分がたまたまラッキーだったというだけの話。
世間は怖いから気をつけてね。

169 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:33:29 ID:C2nW/SRi
>>168
その事例ってのは星占いだの血液型占いだのがハラスメントって事?
そういうのって大抵空気読んでない場面で起こる訳で、まともなコミュニケーション能力があれば避けられるよね?
それに科学的知識が必要なの?

あ、そうか、その後の「法律上」と現実を〜ってとこの意味が分かんなかったのね。

170 :某377:2008/03/11(火) 15:34:55 ID:WA4cqzTu
>>169
>そういうのって大抵空気読んでない場面で起こる訳で、まともなコミュニケーション能力があれば避けられるよね?

これこそまさに「日本人は白紙なだけ、ムードに流されやすい。」を地で
行く発言ですなw
きれいにオチてよろしゅうござんした。

171 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:37:59 ID:C2nW/SRi
そうか、じゃあ377は、法律に違反するからってでかいカッター買いに行くにもちゃんと刀剣類所持許可証とか持ってく人なんだね。
まあ真面目なのはいい事だよ。

確かに377みたいなコミュニケーション能力じゃ、そのくらい用心して無いとすぐにハラスメントで訴えられそうだしね

172 :某377:2008/03/11(火) 15:39:25 ID:WA4cqzTu
>>171
>そうか、じゃあ377は、法律に違反するからってでかいカッター買いに行くにもちゃんと刀剣類所持許可証とか持ってく人なんだね。

はい?なんのことですか?
「信教の自由」もまともに把握できない池沼のぶんざいで銃刀法を
読もうとしても無駄ですよ。あきらめてください。

いやいや、阿呆の屁理屈というのは常に空中分解する宿命にありますなwww


173 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:42:08 ID:C2nW/SRi
何のことって、ホントに分かってないのかな?
それとも逃げてるのかな?バカにしてれば勝ちってのは、ネヨと同レベルですけど

174 :某377:2008/03/11(火) 15:42:59 ID:WA4cqzTu
>>173
>それとも逃げてるのかな?バカにしてれば勝ちってのは、ネヨと同レベルですけど

罵声が必ず自分に返るトンデモさんの宿命。哀しいことよのぉ。

175 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:45:44 ID:C2nW/SRi
おいおい、いつの間に俺がトンデモさん認定されたの?
罵りくらい使い分けてくれよ。

で、某377さんは、雑談してるときに「君A型でしょ?そんな感じだし〜」とかって話が出ると、
烈火のごとく怒り出して「血液型占いに根拠なんか無い!科学的じゃないんだ!」とか言い出す空気読めない人なんですか?

176 :某377:2008/03/11(火) 15:46:10 ID:WA4cqzTu
では。

「でかいナイフ」って何?
銃砲刀剣類所持等取締法と対応づけられる形で、正しく定義してください。

刀剣類所持許可証というからには刀剣であるはずですが、
渡十五センチメートル以上の刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち及び四
十五度以上に自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ(刃渡り五・五セン
チメートル以下の飛出しナイフで、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装
置を有せず、刃先が直線であつてみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上
における切先から直線で一センチメートルの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に
対して六十度以上の角度で交わるものを除く。)
なんてものを私が買うと思った理由と、そのときに「コミュニケーション能力」
のある人なら許可証をとらないと思う理由とを論理的かつ簡潔に述べてください。

期限はもうけませんのでごゆっくり。


177 :某377:2008/03/11(火) 15:48:33 ID:WA4cqzTu
>>175
>で、某377さんは、雑談してるときに「君A型でしょ?そんな感じだし〜」とかって話が出ると、

例としては「人事」と申しあげましたが?
もちろんそんな「空気読まない」マネはいたしませんよ。私はね。
あなたはどうだかしりませんが。

バカがあげあしとろうとするとこうやって無惨な結果になります。
さっさと撤退なさるのがよろしいかと。



178 :某377:2008/03/11(火) 15:50:55 ID:WA4cqzTu
ところでまた進化論と関係なくなってきましたねえ。
またブウたれる方が出るまえにそろそろやめたいのですが。

179 :某377:2008/03/11(火) 15:53:38 ID:WA4cqzTu
おっと、質問に返事はしとかないとね。

>>175
>おいおい、いつの間に俺がトンデモさん認定されたの?

そりゃもう、一般人が法律と無関係なんてことを口走った時点で
トンデモさんであることは確定ですが。まさかお気づきでなかったとか?
何も、天使の声が聞こえるだけがトンデモなわけじゃござんせんよ。

180 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:55:30 ID:C2nW/SRi
うわー。
なんつうか、話の要点が分かってないのか、話をそらそうとしてるのか。
ホントはこっちが何言いたいか分かってんでしょ?
もう完全に目的が「議論に勝つ」事になっちゃってるね、この人。

ま、俺はお前の人生と交わる事は絶対に無いだろうし、お前が空気読めない人でも全然構わないよ。

ちなみに「でかいカッター」って言ったんだけど。
まあカッター買ってつかまった人も居る訳だけれども、それって大抵別件逮捕って奴なのよね。
現実的に考えてカッター買っただけで捕まらない、と。俺はそういうことを言いたい訳。
それでも用心したいならカッターを買わなきゃいいし、血液型占いに関する発言も慎めば?
俺はそんなことしないけどね。

181 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:56:50 ID:ZZLNBQOA
>>180
はい、さようなら。

182 :某377:2008/03/11(火) 15:58:42 ID:WA4cqzTu
>>180
やあやあ。案の定ごまかしに走りましたなwww

>話をそらそうとしてるのか。

君がね。
で、なんで俺がでかいカッター買ったり許可証無視したりせにゃいかんの?

>現実的に考えてカッター買っただけで捕まらない、と。

あれえ?「でかいカッター」じゃなかったの?

科学的知識なしだといろんな罠がある、というだけの話に、ああだ
こうだと屁理屈をつけてるおバカがいるので、ひとつひとつ勘違いを
正してさしあげているだけなんですけど。

ええええ、わかってますよ。私に「法律をたてにして屁理屈をたれるバカ」
というレッテルをはりたいんでしょ。
でも、実際に屁理屈たれてるのは君なのよね。哀しいね、このブーメラン。


183 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 15:58:52 ID:C2nW/SRi
>>177
>>165の辺りで既に一般的な会話って事になってると思ってました。
まさかまだ人事の話をしてるとはwwww

> 星占いでもスピリチュアルでも信仰でも血液型でも、およそ
> 科学的根拠がないとわかっている(本人が知っているかどうかではない)
> ものを用いて他人について何かを言えば、その瞬間に最低でも
> ハラスメント扱いになりかねない社会だということを多少は知っておいたほうがいい。

この文章は総て「人事」の話だったんですね……

184 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:00:42 ID:C2nW/SRi
> あれえ?「でかいカッター」じゃなかったの?

でかいカッターのことに決まってるじゃん。
なに?その程度の読解力も無い訳?
そんなの揚げ足取りにもなってないよ……

はあ。377には失望したわ。

185 :某377:2008/03/11(火) 16:01:25 ID:WA4cqzTu
>>183
ああ、そっちね。なるほど。
で「ハラスメント扱いになりかねない社会」である、から、
私がさわぐという話の間の巨大なギャップはあと何時間ぐらいで
埋めてくれますか?

186 :某377:2008/03/11(火) 16:03:35 ID:WA4cqzTu
>>184
言ってることがグダグダなんだけど、自覚できてる?

刀剣類に相当するような「でかいカッター」(未だどういうものなのか不明)
を許可証なしに所持したら逮捕されて当然じゃん。
現実的に考えてもなにも、そんな「でかいカッター」を誰が買うってのよ?

い っ た い 何 が い い た い の で す か ?

187 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:05:15 ID:C2nW/SRi
>>185
だから、ハラスメント扱いになるような状況なんてほとんど無いよって事をずっと言ってる訳なんですが、
なんで分からないんでしょうか。
今の状況がまさに「血液型占いは科学的じゃない!」って言って騒いでる状況なんですよね。
分かります?

いや、分かりました。これからあなたには例え話というものをしないようにしますね。
理解出来ない上に揚げ足取りにしか利用されないんじゃ、何の意味も無いですから。

188 :某377:2008/03/11(火) 16:05:48 ID:WA4cqzTu
>>187
>だから、ハラスメント扱いになるような状況なんてほとんど無いよって事をずっと言ってる訳なんですが、

だから、それが勘違いだという話をずっとしているわけですが、
なんで分からないんでしょうか?

189 :某377:2008/03/11(火) 16:07:18 ID:WA4cqzTu
>今の状況がまさに「血液型占いは科学的じゃない!」って言って騒いでる状況なんですよね。

やはりバカですね。
まったく論点がわかっていない。

科学的な知識がないことで容易に不利な立場になりうる、という話ですよ。



190 :某377:2008/03/11(火) 16:09:23 ID:WA4cqzTu
どうもねえ。

この某377という人格にはバカをひきつけるものがあるらしく、
バカが揚げ足とりにチャレンジしてはこうやって崩壊していくわけですわ。
そろそろまた名無しに戻ってみよかな。

191 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:09:51 ID:C2nW/SRi
だから、ハラスメント扱いになって裁判沙汰になるような自体がめったに無いんだって。
しょっちゅうあると思うならお前は用心しとけば?

ちなみに刃渡り15センチ以上のカッターなんて、ホームセンターに行けばいくらでも売ってるし、
包丁だってのこぎりだって売ってますよ?ホームセンター行った事ない?
まあそんくらい世間知らずなら、血液型占いで人になんか言ったらハラスメント扱いになるって聞いて、過剰に用心する気持ちも分からないでもないですよww

192 :某377:2008/03/11(火) 16:10:59 ID:WA4cqzTu
>>191
>ハラスメント扱いになって裁判沙汰になるような自体がめったに無いんだって。

もちろん珍しいですよ?
誰が「しょっちゅうある」なんていいましたか?

妄想癖もあるようですね。
あなたも一度通院されては?


193 :某377:2008/03/11(火) 16:12:47 ID:WA4cqzTu
>>191
>ちなみに刃渡り15センチ以上のカッターなんて、

ほらね。法律文が読めてない。

普通のカッターナイフで
「刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち及び四十五度以上に
自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ」
なんてものがありますか?
刃渡り15cmってだけでは銃刀法の規制とは関係ありませんよ。

一所懸命なのはわかりますが、あなたにゃ無理です。味噌汁で
顔あらってでなおしてください。

194 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:14:20 ID:C2nW/SRi
これだ。
だから言ってるじゃん。まともなコミュニケーション能力があれば血液型占いなんぞでハラスメント扱いされないって。
そこに、科学的知識のあるなしなんて関係ないですよ、と。俺はそう言って来たつもりなんですけど。
妙な揚げ足取りで話そらそうとしてたのはそっちですよね?

で、揚げ足取りが崩壊してるのはどっちなんですか?

195 :某377:2008/03/11(火) 16:17:47 ID:WA4cqzTu
>>194
>まともなコミュニケーション能力があれば血液型占いなんぞでハラスメント扱いされないって。

世の中にはまともなコミュニケーション能力のない、
言った本人がそう思ってなくても、その場にいた他の誰もがそう思わなくても、
ハラスメントだと主張する困った人もいるわけです。
で、その人に訴訟をおこされたとき、不利になるのは言ったほうなわけです。
私はその話をずっとしています。

コミュニケーションってのは、あなたの思うほど簡単なものではありません。
むしろ、あなたのその安易な認識こそ、あなた自身のコミュニケーション能力の
欠如をはっきりとものがたっています。

196 :某377:2008/03/11(火) 16:19:54 ID:WA4cqzTu
さて、遊びすぎた。
ちょいと本業に戻るので、また今度な。

197 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:38:05 ID:a7VIY2bY
ふたりをNGIDにしました、ごめんね
日付け変わるまでがまんしてね

198 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 16:54:28 ID:C2nW/SRi
にしても377は、自分がコテだから粘着されてるって思ってるのか。
スゲーバカだな。問題は自分の性格だっつーの。

いい加減迷惑だからもうやめるわ。

199 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 20:01:50 ID:WzppGPIx
194
>だから言ってるじゃん。まともなコミュニケーション能力があれば血液型占いなんぞでハラスメント扱いされないって。

195
>世の中にはまともなコミュニケーション能力のない、
>言った本人がそう思ってなくても、その場にいた他の誰もがそう思わなくても、
>ハラスメントだと主張する困った人もいるわけです。

結局これだ。アホどうしのスレ違いとはこんなもんだ。
互いのコミュニケーション能力の欠如の問題だけでもなさそう?

195
>あなた自身のコミュニケーション能力の欠如をはっきりとものがたっています。
おまえもな。

すこしは他人迷惑ってこと知れよ。




200 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 20:11:42 ID:C2nW/SRi
ネヨがwwww

201 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 22:04:06 ID:fMuVbIJc
>すこしは他人迷惑ってこと知れよ。

おめーだ、メーワクなのは。

202 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 22:09:57 ID:l+yACYxD
ぶっちゃけネヨも某377もどっちも迷惑だ

203 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 23:00:16 ID:xNNY6PNX
>>160
ネットには殆ど載ってないが、ラムゼイ文というのがあってね。

204 :神も仏も名無しさん:2008/03/11(火) 23:04:25 ID:xNNY6PNX
訂正。最近は、多少は触れてるサイトもあるな。

205 :某377:2008/03/12(水) 10:15:47 ID:nyicMsYy
>>203-204
So what?

「ネットに載ってない」を強調するのも最近の知ったかの流行りなのか?
前スレの見るも無惨に失敗した「ネットに載ってないエントロピーの式」といい、
これといい、どうして他人の情報源がネットだけだと思うんだろう?


206 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 12:32:06 ID:LXVVVhRa
失敗って何だろうね?
何でもネットからの取って付けて知識でひけらかす馬鹿がいるようだから、ネットには出ていない
基礎的な表式を載せてやっただけなんだが?
むろん、それ以上説明してやる義理もないから、そいつに理解出来ようが出来まいが知ったことで
はない。実際の計算をやるなら、s=klnwで十分な近似だしな。
そいつがネヨみたいな妄想ネット野郎でなければ、多少は現実が見えるだろう。

207 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 12:38:24 ID:LXVVVhRa
宗教やら創造やら似非科学やらはびこり過ぎ。

208 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 14:49:34 ID:HzddIk1w
>>206
議論と全く関係ない式を出してろくに説明も出来ずに逃亡したことじゃね?
その式とエントロピーの局所的な減少がどう結びつくのかね?

209 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 18:16:02 ID:AkINazUh
>最後に超常現象や前世を扱った番組が盛況であるという日本の現状が書かれ、古谷圭一氏の言葉で締めくくられる。
「日本人は白紙なだけ、ムードに流されやすい。科学への関心が薄れ、
学校でも進化論は教えられていない。米国の創造説を笑ってはいられない」


笑止。白紙なのではなく古田とらやらが日本人の精神状況やアジアの宗教観に無知ないし偏見をもっていることの証明


210 :某377:2008/03/12(水) 19:17:18 ID:LYlzwRn9
>>206
・エントロピーの形にすらなっていないため、誤植か書き写し
ミスか、いずれにしても稚拙きわまる失敗が含まれていること
・どのみち内部エネルギーが変数として残っており、それまでの
トンデモエントロピー理論の論拠として使えるものでないこと

を指摘してさしあげたのにそのままトンズラしましたよね。
知ったかぶろうとして返り討ちにあった、無惨な失敗以外の何だとおっしゃるので?www

211 :モエカス:2008/03/12(水) 19:45:07 ID:yvjF0Tcc
>>209
「日本人の精神状況やアジアの宗教観」と
「(それらに対する偏見の有無による)科学への関心」の関係がさっぱりですが。

212 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 19:58:52 ID:pZGKDk6/
>>210

>エントロピーの形にすらなっていないため

あんたのエントロピーの理解の程度がわかってよかった。
前掲の式の近似をとれば、エントロピーが理想気体の体積と内部エネルギーの対数に比例する量で
あることが導ける。


213 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 20:01:07 ID:YLxMEnOA
206
>何でもネットからの取って付けて知識でひけらかす馬鹿がいるようだから、
まず、これがまともな日本語になっていない。

次に、知識をひけらかすという行為がなにかも理解できていない。
>ネットには出ていない
>基礎的な表式を載せてやっただけなんだが?
このような弁明がまさに知識をひけらかす行為ということに自身気づいていない。

>むろん、それ以上説明してやる義理もないから、そいつに理解出来ようが出来まいが知ったことで
>はない。実際の計算をやるなら、s=klnwで十分な近似だしな。
ここでダメ押しする。

>そいつがネヨみたいな妄想ネット野郎でなければ、多少は現実が見えるだろう。
ネヨたたきで牽制しておいて、そいつ(誰のこと?)には、多少は現実が見えるだろうなどと
意味不明なことをいってトンズラする。(大笑い)

>宗教やら創造やら似非科学やらはびこり過ぎ。
おちょうしにのって宗教をバカにする。

アホが生半可な科学的知識を持つとこうなるという見本です。
といわれたくなかったらちゃんと説明しろ。な。


214 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 20:09:09 ID:pZGKDk6/
>>213
まず、アンカー付けることを覚えようね与太郎君。

>まず、これがまともな日本語になっていない。

それは君の日本語の知識不足によるものだよ。

215 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 20:29:59 ID:YLxMEnOA
またねぼけた奴が現れたな。これで何人目だ?


216 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 20:41:25 ID:XiCCut+e
神だの宗教だの創造論だの、トートロジー好きの寝ぼけ野郎か?

217 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 20:43:45 ID:TjSe8j0W
局所的なエントロピーの減少無しに生物は存在出来ない。
必要なのは神ではなく、散逸系なのだよ。

218 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 21:29:44 ID:YLxMEnOA
>局所的なエントロピーの減少無しに生物は存在出来ない。

もっとよく分るように説明してくらさい。



219 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 21:43:01 ID:0UsdRZRP
某377氏ならわかるんじゃない?

220 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 22:25:36 ID:5s5/5V+x
DNAには体の設計図が入ってるけどエントロピーがどこでも増大し続けるだけなら
設計図として綺麗に並ぶ事なんて起こり得ないって事っしょ

221 :神も仏も名無しさん:2008/03/12(水) 22:52:35 ID:+3GxJqoK
実際DNAはジャンクや重複やミスだらけなんですけど……

222 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:17:20 ID:pjL+AH5p
すべてのもので非可逆過程が起こりエントロピーが生成して、系は熱平衡状態
へ向かうというのがエントロピー増大の法則である。しかし、自然界にあるも
のの多くは熱平衡から離れた状態にある。これはたんに反応時間が長くてまだ
熱平衡状態に到達していないということではない。

たとえば、生命は熱平衡から大きく離れた系であり、反応時間よりはるかに長
い間、ほぼ一定の状態で定常的に持続して存在している。この熱平衡から大き
く離れた状態が定常的に存在できることの秘密が何かと言うと、生命は開放系
で、外部とエントロピーのやり取りをしていることにある。


223 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:24:46 ID:JbKChRk4
開放系のうちでも、特に散逸系ね。
その散逸系をサブシステムにもつ全系が孤立系なら全系に関するエントロピーは単調増加。
ただし、宇宙を厳密に孤立系と見なせる証拠は無い。


224 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:30:30 ID:XyXgVn5Q
科学というのは、いかに難解な術語、奇妙なロジックで語られようと、公理公準まで還元されたとき、
実測可能な物理量に帰着しなくてはならない。
宗教というのは、いかに平易に語られ、甘そうな粉飾に包まれていようと、最後にはトートロジーで
ぐるぐる回り、妄想の産物。

225 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:37:20 ID:GtTLD2MH
>>224
「妄想のどこがいけないの?」
と言われればそれまでなんじゃないの?

226 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:46:57 ID:pjL+AH5p
224
その実測可能な物理量を観測しているのは一体なにものだ?
神や宗教的教義を妄想の産物とするのは中二病を患っている科学バカだけ。


227 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:53:44 ID:YECbMRsW
>>225
妄想をポエムとして語るのは良い。
が、いかにも宇宙の真理のような嘘をついて吹聴される宗教になると害。

228 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 00:57:09 ID:YECbMRsW

>その実測可能な物理量を観測しているのは一体なにものだ?

卑近な例では実験系の学者、技術者など。

>神や宗教的教義を妄想の産物とするのは中二病を患っている科学バカだけ。

3大宗教の祖はどう見ても精神病質。

229 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:05:24 ID:pjL+AH5p
227
妄想とはなにか?まだわかってないやつがいるな。

228
全然いわれている意味わかってないだろ。
アホ相手は疲れるわ。ネヨ。


230 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:07:26 ID:/vOO9Ewa
精神病が組織的に迫害されたのは近代に入ってからで古代では偉大なシャーマンとして尊敬されていた場合が多かったようですね
恐らく預言者はイエスただ一人とするキリスト教勢力の勃興と関係があるんだと思いますが
現代思想ではどっちかというと近代の偏見を改めて、精神病を比較的肯定的?に考える流れが見えてきてはいるようですが


231 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:18:59 ID:7725iTZ3
ネヨの妄想の定義こそ妄想の妄想たる所以とも言える。
アホはお前だよ小四病。


232 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:20:07 ID:/vOO9Ewa
近代の論理まるで無視で現代まで生き抜いて来た古代帝国インドの聖人などをみると欧米や日本に生まれてたら精神病院直行みたいな人が多く居るからね
しかし今では日本や欧米のスーパーインテリを含めて多数の人々がこれに帰依している状況で
時代の流れというのは凄まじいものです
「真理は最後には勝利する」というのがインドの国家的標語だが
かつては「夢想の大国」などと蔑視的に評価されたインドはまさに物質的発展が極限にまで至った現代という時代故に時期を得て、見事に復活した。
三千年の雌伏というか、もうスケールがでかすぎる話しだよね


233 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:31:41 ID:7725iTZ3
>日本や欧米のスーパーインテリ

スーパーかどうか知らんが、文系または理系崩れのごく一部のな。そっち逝った時点でアホの仲間入りだが。

>三千年の雌伏というか、もうスケールがでかすぎる話しだよね

いや、10億年単位で見てよいタイミングとは言えないかも知れない。
地球上の資源は、数千万年から数十億年のスパンで形成されている。
人類はそれを1000万倍スケールの速さで消費している。
アメリカだけでも実験としては十分なのに、インドや中国の規模で乗っかられたらどうなるか。

234 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:36:28 ID:/vOO9Ewa
まぁ理性中心主義の反省からアホで何が悪い?というのが現代思想の流れなんだよね。
実際「アホ」の方が地球や人に優しかったりしてエコロジカルな存在だしね


235 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:38:46 ID:7725iTZ3
アインシュタイン個人の信仰は別として、特殊相対論は、たった2つの原理(公理)に還元される。
そしてそれはいずれも物理量として実測可能である。

236 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:40:40 ID:/vOO9Ewa
経済成長という観点からしても「阿波踊り」でも成長出来る時代で
相も変わらずトヨタ自動車の工員ばかり作り出している日本の教育も環境の面からも経済成長の面からももう少し見直されてもいいはずだ。


237 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:40:50 ID:7725iTZ3
科学的でなければ真の意味でエコロジカルな対応は不可能だ。
優しさだけでは人類の存続は不可能だし。

238 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:49:37 ID:/vOO9Ewa
まぁ実際は、世界的な数学者や科学者も「シヴァ神は偉大です」とか言っているわけで
宗教生活と科学というのは別に矛盾しないんだろうね
インドには「この数式の解答はカーリー女神様に教えていただいたのです」とか平気で発言するノーベル賞受賞者とかが普通に居る訳だしね
一方、神や仏そっちのけで公文式や代々木ゼミナールで子供の頃から猛特訓している日本からは自然科学分野のノーベル賞受賞者も悲しいほど少ないという現実もある


239 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:49:44 ID:7725iTZ3
19世紀マルサスの人口論、1950年代からいわれている成長の限界、地球温暖化の問題は、
いずれも厳密ではないにしても一定の科学的見識と考察に基づいている。
地球温暖化は、科学者の間では既に1980年代には大きな問題になり得ると認識されていた。
仙人もどきに帰依しても何の意味も無い。

240 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:51:58 ID:7725iTZ3
>>238
日本で理系教育と思われているのは、殆どが応用・技術者の養成課程に過ぎない。

241 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 01:55:47 ID:/vOO9Ewa
仮に超高等数学の解答が非科学的で根拠の無い宗教信者の妄想の神から生まれたのだとしても実際に解答が正しかったら技術として応用されたりしているのであるからそれは偉大な妄想だったと言うことになり「神仏はやっぱり偉い」と言うことになる。


242 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 02:02:42 ID:7725iTZ3
勘違いしてるな。
彼らの神は、内的方便、擬制に過ぎんのだよ。
人間は、真理追究マシンとして最適設計されたわけじゃない。
ノイズを効率的カットする内定方便として神でもなんでも使った方がやりやすいという意味だ。
無矛盾な公理系は、神無くしても存立する。

243 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 02:06:35 ID:/vOO9Ewa
ちなみにマルサスという人はカトリック教会の牧師か何かで神に帰依しない貧乏人は死ね!とか今の新自由主義の走りみたいな発言をしていた狂信的なクリスチャンでもあったんだよね


244 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 02:10:20 ID:7725iTZ3
基地外でも、数学の使い方を間違えなければ、結構まともな結論を導き出せるということだ。

245 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 02:21:42 ID:/vOO9Ewa
ところが自然科学や実業界などでも偉大な業績を上げている人は戦後日本の常識だとまるで気違いみたいな人物なんだよね
ちょうど、かつてのソ連みたいな精神状況で、資本主義国の成功は全て偶然に過ぎないとか言っているようなものでね
戦後の日本は思想的には左よりだった結果、学術界などでは未だにかつての共産国の学者のような意見が幅を聞かせているが、次第にこう言う傾向も是正されて行くだろう

246 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 02:25:14 ID:7725iTZ3
共産主義も宗教の一種だよ。

247 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 07:28:41 ID:pjL+AH5p
>>235
>特殊相対論は、たった2つの原理(公理)に還元される。
どんな原理(公理)だ?

248 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 09:20:49 ID:hRP1qwdk
ID:/vOO9Ewaが何言ってるかさっぱり分からん。
超高等数学の解答?なにそれ、超高等数学って。中学生並のネーミングセンスだね。
と言うか、数学ほど論理と証明を必要とする科学は無いんだけれども、
もしそれが根拠の無い妄想だとしたら絶対に数学界で認められることは無いよ?
その「超高等数学の解答」とやらが正しいと証明されたとすれば、
賞賛されるべきは証明した本人であって根拠の無い妄想を言い出した本人ではないな。


と言うか科学者の人となりがキチガイじみてたら宗教が正しいって言いたいのか?
完璧に理論が跳躍してるんだけど四十天文単位ほど。

249 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 10:39:43 ID:0X0xkBAP
数学は科学ではないというのは常識だろ。
数学の場合、「矛盾が生じないならば、それをあるものとして構わない」「実際に検証する必要はない」という特徴を持っているのだが。
実証をうるさくいう科学とは違う。

250 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 10:59:45 ID:nm88fh7V
>>249
ソースを

251 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 11:11:46 ID:0X0xkBAP
ttp://d.hatena.ne.jp/EdgarPoe/20050330

252 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 11:24:51 ID:PnrCRk5b
>>247
真空中の光速度不変
時間と空間の自乗和の一定

253 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 11:44:14 ID:hRP1qwdk
>>251
それがそーすじゃないでしょうね

254 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 12:04:46 ID:PnrCRk5b
確かに数学は科学ではないが、ある公理を原理(可観測)として採用すれば、その公理系を科学の記述言語として使える。

255 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 13:53:45 ID:Z4opoVn1
春厨の巣窟と化しているなw

256 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 14:02:33 ID:LBK/eNjw
>242
>無矛盾な公理系は、神無くしても存立する。


もし、それを論証できるのなら、
数学基礎論の分野でゲーデルの不完全性定理の不備を証明することになる。

数学界に論文を示しましたか。

257 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 14:24:28 ID:nm88fh7V
>>256
ゲーデルの不完全性定理は「無矛盾な公理系は自身の無矛盾性を証明できない」じゃなかったっけ?
そこに神は関係しないと思うけど…?

258 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:11:21 ID:PbHN9/DF
無矛盾な公理系には、その公理系内では真偽を証明出来ない命題が少なくとも一つ存在する。
みたいなんじゃなかった?
神とはまったく関係ないがな。

259 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆BJxtZcoB2U :2008/03/13(木) 17:19:13 ID:qNHEMx+Y
神様仏様が10本の指を与えてくれたから地球の数学は10進法。

片手が4本の指の異星人の数学は8進法いなるのかな?

260 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:32:47 ID:/vOO9Ewa
248
しかし現代数学の難問奇問を証明した当人が「神様から教えてもらった」と言ってるのだからやっぱり神様は偉いと言うことになるんじゃないかか
そうじゃない神様じゃなくてお前が偉いんだと力説しても当人がそういってるのだから素直に認めたらいいんじゃないか
(ちなみにそのインド人の数学者の名前は忘れたけどね。似たような逸話はニュートンやアインシュタインにもある)


261 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:34:32 ID:N9F8WZRF
■日本の捕鯨が持つ正当性を、対抗動画をもって知らしめようぜ 板より

【おすすめ最新作】
A fiction of environmental protection
http://jp.youtube.com/watch?v=KVI7rFsGaKg


【中川元政調会長よく言った】「正当防衛、武力行使、撃沈」【ワトソンVS山本太郎キャスター】
http://jp.youtube.com/watch?v=caQgeV5xg54
テキサス親父最新作(英語版が荒れてます 応援よろ)
http://jp.youtube.com/watch?v=RGwEYZ2lWH4
おまけBoycott Australian Wool 
http://jp.youtube.com/watch?v=KaxLiT8GGuc


262 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:38:35 ID:hRP1qwdk
>>260
はぁ?
インスピレーションが沸いたのを「神に教えられた」って言い換えてるだけに決まってるだろ?
そもそも新発見をした科学者なり数学者なりが宗教を信じてる事と、その新発見が科学的に正しい事には何の関係もないけど?

263 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:43:37 ID:6P2rb2HO
>>259
フランス人は地球人ではないのか?

264 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:46:17 ID:6P2rb2HO
>>260
おまえ、人がよすぎる奴なんだなw

265 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:53:42 ID:/vOO9Ewa
(笑)そりゃ君の勝手な解釈だろ
ま、別にいいんだがな

う〜む。何故、神の語に忌避反応するのか心理学的な側面から考えて見たいのだが、自由連想法というのがある
様々なキーワードを並べてそれを読んでもらい、ストップウオッチで時間を計ったり、反応や表情から深層心理を読み取るのだが、「悪人」と言うのはどんなに表面上取り繕っても「規則」とか「正義」とかいう言葉に感情的にネガティブな反応をしてしまうのだ
神という語はその最たるもので、まっとうで良心的な生活を送っているものは、その言葉に無限の勇気や愛着を感じポジティブな反応を見せるのだが、悪人、犯罪者、怠け者は、嫌悪感を感じ、どうしてもネガティブな反応を見せると言うことがある
それを絶対に認められない無意識の理由というのがあるのだ


266 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 17:59:00 ID:hRP1qwdk
また「神の語に忌避反応」とか言ってるwwもう中二はどっかいけよww
いくら誰かが「神に云々」って言った所で証拠なんか無いし、それが正しいかなんて関係ない。
毎日どれだけの人間が「神に聞いた」っつー戯言を述べてると思ってるんだ?

267 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 18:07:24 ID:/vOO9Ewa
神と言う概念は究極のマントラであり言魂でもあるが、余りに業が深すぎる人生を送っているものからすると、その言葉を見るのも聞くのも不快で、全身が焼け付くされるような感情に襲われるらしい
映画『エクソシスト』ではないが「イエスキリストの名の下に」とか牧師がいうと「ギャー、その十字架を降ろせ!!やめろぉ〜!!」と悪魔に憑かれた人間は叫ぶのだが
心理学の実験でもそれで、悪人は神の語をきくと陰欝な気持ちになるので、馬鹿に仕切った態度を取るようなのだ


268 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 18:35:27 ID:nm88fh7V
その真偽は置いといて、それは「神が存在するかどうか」とは全く関係ないよね。

269 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 20:25:36 ID:KEZrNdi4
252
光速度不変の原理は、実は、見掛けの光速度不変の原理だって。
理論と原理と公理をごちゃまぜにしないように。

254
>確かに数学は科学ではないが、ある公理を原理(可観測)として採用すれば、その公理系を科学の記述言語として使える。
いいえ、数学は科学(自然科学)の範疇です。

255
大いに同意。

神は時空と関係なく、永遠の昔からまします神。
スカポン頭に神は臨在されない。


270 :モエカス:2008/03/13(木) 20:39:55 ID:PHxnTPUf
>スカポン頭に神は臨在されない。
神は常に臨在されております。
人の知性に左右されることはありません。
ただ信仰により受け入れる人とそうでない人がいるだけです。

271 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 20:50:15 ID:KEZrNdi4
>神は常に臨在されております。
>人の知性に左右されることはありません。
真実はそうなんだけどね。

>ただ信仰により受け入れる人とそうでない人がいるだけです。
だから、科学知が邪魔しますって。スカポンあたまの。


272 :モエカス:2008/03/13(木) 20:52:52 ID:PHxnTPUf
>だから、科学知が邪魔しますって。スカポンあたまの。
あなたがスカポンあたまなので科学知が邪魔すると思っているだけです。

273 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 22:26:24 ID:KEZrNdi4
それ3回やると千日手になるから止めるけど、、、、。
神は空間のなかには存在しないが、宇宙の全空間を満たしている。
という意味がわかる?

自然の世界は空間と時間という二つの固有な性格があるが、これは
物質の持っている属性からおこることであり、この世界で生まれ、
自分の思考疑念を形づくった結果、理性もそのように形成されていく。

それに対し、時間や空間から抽象した思考概念を超えて、精神を高く
あげることのできる人は、自然主義の暗闇から脱して主の光の中に入
り、霊的なもの、神的なものを英知で味わい、やがて霊的・神的なも
ものの中に自分が在ることを知り、そこからでてきているものを見る。
それで、初めて。神は遍在であって空間の中には存在しないことがよく
分かるようになる。




274 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 22:47:04 ID:hRP1qwdk
つまり神はマイナスの質量を持つ電子なんですね、分かります。




訳ねーだろwwww
そんな何千年も前の古代仏教徒が入り込んだ思考の袋小路みたいなもんを今更得意げに出されてもなぁwwww

275 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 22:59:08 ID:wHQatWhr
>>273
>神は空間のなかには存在しないが、宇宙の全空間を満たしている。
という意味がわかる?

うん。人の心の中に在るってことだろ?

276 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 23:24:02 ID:KEZrNdi4
そうだよ。
だから主は、みことばでそのことを教えられている。

ファリサイ派の人々が、神の国は、いつ来るのかと尋ねたので、イエスは答え
て言われた。「神の国は、見える形では来ない。」「ここにある」「あそこにある」
といえるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。(ルカ.20-21)
と。



277 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 23:26:48 ID:wHQatWhr
何を信じても、それは自由だけど、科学の方法とはずいぶん違うね。

278 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 23:43:39 ID:rm2VpAyN
現象に相関しない本質は架空でしかない。

279 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 23:48:43 ID:wHQatWhr
まぁでも、人の心は自由自在だから。価値を云々する地平ではさ。

280 :神も仏も名無しさん:2008/03/13(木) 23:59:34 ID:ocdzGywF
>>265
自分は全く何の罪も間違いも無い生活を送っていると思ってる奴って
もうちょっと自分を見つめなおした方がいいと思う

「私は正しい!」

という偏狭な視点から逃れられないぞ

281 :モエカス:2008/03/14(金) 00:55:30 ID:NK17z3Ll
>>273
>神は空間のなかには存在しないが
神が空間に存在しても
人間に認知できるかどうかの保証はないので
「存在しない」と断言することは出来ない。
つまり発言自体が全くの無意味。

>精神を高くあげることのできる人は、
神が人に求めるのは「へりくだり」であり
「高くあげる」ことではない。

>>276
めずらしくまともな引用。

282 :神も仏も名無しさん:2008/03/14(金) 08:31:02 ID:qvQMB5m9
>>280
つーかそいつ「自由連想法」って言うのがなんなのか完璧に分かってないよな。
自由連想法で「規則とか正義」に「ネガティブな反応を見せる」って言うのと
神を居るって認めない事ってのは全然違うレベルの話なんだけど。

こいつは全国の無神論者に謝らないといけないような問題発言してるんだけど、自覚無いんだろうな……


ちなみにこのレス、詭弁のガイドライン6「一見関係ありそうで関係のない話を始める」
に完璧に合致してるんだよね。

283 :神も仏も名無しさん:2008/03/15(土) 21:23:19 ID:7YGYEoFx
【聖書】地球誕生6000年説【創世記】
18 :同定不能さん :2008/02/07(木) 20:44:35
神が居る事を具体的客観的に証明した上で主張するならまだしもw 基地外は手に負えないwww

284 :神も仏も名無しさん:2008/03/16(日) 23:11:51 ID:13UPgVMM
日本は余りに道徳軽視宗教軽視だが人生の根本は道徳なんだよな
ゆとり教育が云々と言われるが教育などというものは道徳さえ教えておけば後は勝手に学んでいける
道徳の重要性とは人生の後半になればなるほどわかってくる
学ばずに実践しても結局結論は宗教や学問が説く事と一致する


285 :神も仏も名無しさん:2008/03/16(日) 23:12:47 ID:73lH8cwR
でっていう

286 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 00:53:46 ID:UdixP2di
>人生の根本は道徳

人生の根本の形骸がだよ。

287 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 05:33:02 ID:MKAStAWY
進化と関係ない話はしないでください><

288 :神も仏も名無しさん:2008/03/17(月) 19:00:42 ID:zd39nWlI
道徳も時代によっていろいろ変わる→道徳も進化する→進化の話><

289 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 11:23:55 ID:Q6R/IUD0
>>288
真の道徳は変わりません。
時代、場所を変わろうとも、道徳は一つしかありません。
変わるように思えるのは、この世の中が複雑で状況が変わるからです。
例えば殺人は、不道徳ですが、だからといって正当防衛によって、殺人犯を殺しても不道徳であるという訳ではありません。
道徳は進化(発展)していくというのは、幻想です。
道徳は科学技術のように発展はしません。
すでに完成している秩序なのですから、被造物たる人間が変えることなのできるはずがありません。
物理法則同様に、時代、場所を越えて成立する普遍的なものです。
時代や場所ごとに変化するというのは、自分達に都合の良い道徳を捏造するためでしょう。

290 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 11:38:43 ID:zTmmkBo7
「変わるように思えるのは、この世の中が複雑で状況が変わる」という理論を説明するのに、
時代や場所でほとんど変化しない殺人を例としても、説明したことにはならない。

「奴隷制度」「人種差別」「婦人参政権」を例として、
表面上変化しても実際は変わっていないということを説明してみてくれ。

291 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 11:52:37 ID:gl57O/aC
>>288
最初の矢印がわからん

292 :モエカス:2008/03/18(火) 13:04:32 ID:yKOFBkmX
>>289
正当防衛なら相手が殺人犯かどうかは関係ないし、
物理法則なんてちょいと登ったり潜ったりすれば変化するし
何一つきみの主張を支えおらず
「ぼくは こう おもう」程度の発言でしかないんだけど。

293 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 13:05:21 ID:yKOFBkmX
×支えおらず
○支えておらず

294 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 13:15:49 ID:7grM9loQ
>>289
>すでに完成している秩序なのですから、被造物たる人間が変えることなのできるはずがありません。

とりあえずここにつっことんどけはokだと思うんだ。

295 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 15:09:16 ID:Q6R/IUD0
>>293
>正当防衛なら相手が殺人犯かどうかは関係ないし、

あくまでも例示しただけで殺人犯である必要はもちろんありませんよ。
ただ、過剰防衛の話を持ち出して、屁理屈を言う人達がいますので、こちらを殺そうとする人に対する、正当防衛で相手が死ぬ場合を例に出しただけです。

>物理法則なんてちょいと登ったり潜ったりすれば変化するし

何を言っているんですか?
科学主義者を自認するはずの進化論者でしょう?
標高差や場所ごとの重力の変化などからくる時間の差は、測定誤差の範囲でしょう。
仮にそれも考慮しなければいけなくても、相対論というより普遍的物理法則がある訳で。

>何一つきみの主張を支えおらず
>「ぼくは こう おもう」程度の発言でしかないんだけど。

少なくとも、モエカスなどと自称するあなたに言われたくないですね。
物理法則も、所と場所が変われば、変化するなんて言うあなたにね。
物理法則は、言葉みたいに地域ごとに変わりません。
それどころか、地球の外でも成り立ちます。

296 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 17:02:45 ID:Ma0iF8oM
>>289
根拠が無い話はやめてくれ。検証できない以上不毛な議論にしかならん。

ちゅーか進化のスレで道徳の話すんなよ

297 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 17:13:49 ID:gl57O/aC
>>295
>標高差や場所ごとの重力の変化などからくる時間の差は、測定誤差の範囲でしょう。

測定誤差って何なのか分かってない…。

298 :神も仏も名無しさん:2008/03/18(火) 19:20:52 ID:Ei5TKv0n
>>296
まぁでもここ、「心と宗教」なんだから。

299 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 16:11:06 ID:DaP4fiAI
>>296
ここは、宗教板ですよ。
ただ、進化論と創造論という学説の論争だけではなく、この科学論争に付随する、信仰、道徳、思想、政治や教育といった社会の話も出て来て当然ですが。
ドーキンスの著作でも、同じ争点を扱ってますよね。
それに、この論争はもともとタイムマシンなしでは、はっきり検証できないテーマなのですから、不毛になるのは元から分かっているはずです。

300 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 17:04:07 ID:iCA42W1m
>物理法則なんてちょいと登ったり潜ったりすれば変化するし

池沼ハケーン

301 :モエカス:2008/03/19(水) 19:27:42 ID:UmvVIalu
>>295
相対性理論も宇宙の外や誕生以前は保証してないと思うけど。
まぁ、いいや。

>あくまでも例示しただけで殺人犯である必要はもちろんありませんよ。
>ただ、過剰防衛の話を持ち出して、屁理屈を言う人達がいますので、
>こちらを殺そうとする人に対する、正当防衛で相手が死ぬ場合を例に出しただけです。

「殺人犯」とか「正当防衛」とか
それこそ被造物たる人間のルールが
きみの道徳感に一致した所で「真の」なのかどうか
全く確認のしようがないって話なんだけど。

それから、俺の名前は全く発言に関係ないんだけど。

>>299
>この論争はもともとタイムマシンなしでは、はっきり検証できないテーマなのですから
そんなこと言ったら現存する科学理論の中にはっきり検証できるものなんか存在しない。
全て人間が現段階で正しいと確認できる範囲でのことでしかないし、
それが神やら宇宙人やら創造主と想定されてる連中の解釈と一致してるという保証も無い。
進化論だけを他の科学的理論より検証性に劣ると考える理由は無い。

>この科学論争に付随する、信仰、道徳、思想、政治や教育といった社会の話も出て来て当然ですが。
社会の話は別にいいけど、社会的な善し悪しを科学の正否と混同するようなアホは出て来なくていいよ。

>>300


302 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 21:54:03 ID:kQExtGdF
>そんなこと言ったら現存する科学理論の中にはっきり検証できるものなんか存在しない。
エーーーーーーーッ。んなバカな。アホかいな。

303 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:14:10 ID:SMI03JZ7
卵と鶏どっちが先か?

って言ってんのは
どこのどいつだ〜い?

304 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:14:18 ID:ExUKqnGH
>>302
例えば、万有引力の法則が常に成り立つと検証する方法はあるかい?

305 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:15:45 ID:SMI03JZ7
>>304 あんたが頭の上でコンクリートブロックを持ち上げる

そして手を離す

アーメン

306 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:17:08 ID:qUB0vga8
>>305
100年前に、1000年前に、1万年前に、1億年前に、10億年前に、100億年前に、そうなったかどうかは検証できないな。


307 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:18:56 ID:SMI03JZ7
>>306 あたしは今すぐあんたにやれっていってんの
恐いからって言い訳してんじゃないわよ

308 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:23:16 ID:SMI03JZ7
屁理屈ばっか
ここは否定論者の集まりだわ
つまんないバカを相手にしても時間の無駄だわ
あたし帰る

309 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 22:25:36 ID:qUB0vga8
>>307
今の時点でそうなることは、わかりきってるからw
100億年前にそうなったかは、タイムマシンでもないと検証できない。
そういうことを議論していたのではないのかw?


310 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:05:29 ID:kQExtGdF
>100億年前にそうなったかは、タイムマシンでもないと検証できない。
>そういうことを議論していたのではないのかw?

全然違うと思うけど。科学理論とはなにかって分かってる?





311 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:09:52 ID:qUB0vga8
>>310
普通に、進化という現象がタイムマシンがないと検証できないって話だろ?
進化がタイムマシンが無いと検証できないって言うなら、大陸移動だってタイムマシンが無いと検証できないw
今現在、わずかに動いていることが観測されるからといって、大陸が移動している根拠にはならないって話で。
実際検証するには、何百万年前に戻って地図を作製し、そこから何万年後に移動して、また地図を作成し…とやらんとなw


312 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:19:50 ID:kQExtGdF
>今現在、わずかに動いていることが観測されるからといって、大陸が移動している根拠にはならないって話で。
なに言ってるの? 年に数センチでも移動している事実から大陸移動がプレートテクトニクス理論で説明されるのよ。
5000万年も経てばハワイも日本列島に衝突するかもね。


313 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:25:41 ID:qUB0vga8
>>312
元の流れからきちんと読んでからレスしてくれ。

314 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:40:10 ID:kQExtGdF
>>299
>ただ、進化論と創造論という学説の論争だけではなく、この科学論争に付随する、信仰、道徳、思想、政治や教育といった社会の話も出て来て当然ですが。
からだろう?

第一、創造論って科学的な学説なの?

315 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:44:31 ID:aVmDGmPa
>>314
創造論は科学ではない。
ただ、このスレの性質からいろんな雑音が入るのが当たり前で、それをふまえろってだけよ。


316 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:58:46 ID:qUB0vga8
>>314
創造論ってか、神を持ち出して、ある時点でなんか介入が行われたとするなら、
タイムマシンでもないかぎりありとあらゆることが検証できなくなるわなw
1秒前に世界がこの状態で造られたのかも知れんからwww
ってだけの話なんだけど。

317 :神も仏も名無しさん:2008/03/19(水) 23:59:06 ID:DaP4fiAI
>>314
科学者の誰もが、自分の学説を、科学的と考え、、他は間違いという形で主張しますが。
そもそも、何か考えを持つというのはそういうことですよ。
日本語を話していると、確かに自分が間違えている可能性を考えて、「自分は○○だと思います」という形をしてしまいますから、抵抗がありますが。
でも、外国だとそういうはっきりしない言い方は好まれません。
とにかく、科学的だと主張しているのは、進化論者、創造論者どちらもです。

318 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 00:00:01 ID:DaP4fiAI
>>315
だから、創造論者も進化論を科学ではないと主張している訳で。

319 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/20(木) 00:05:21 ID:dqzKJcI2
>>318
そんな主張をしている科学者はほんの一握りだろうけどね。

320 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 00:05:34 ID:qUB0vga8
>とにかく、科学的だと主張しているのは、進化論者、創造論者どちらもです。
へー、科学的だと主張してるのはわかったが、実際に科学的なのかい?創造論者は。
まともな査読付き論文の一報もないのにw(あれ?一報くらいはあるかなw?)

321 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 00:16:06 ID:BoheKuNy
>>317
科学ってのはきちんとした方法があるのな。ただの考えとは違うのよ。
手順ふんで、きちんと主張したら、創造科学だろうがなんだろうが、耳傾けるさw

322 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 01:14:56 ID:6/UwqDZQ
ニワトリが先か卵が先かは確率論の問題で答えは明らか。

323 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 10:59:35 ID:X/NHbese
この世界が創造された証拠があるならそれが科学的な事実だろう


324 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 14:22:45 ID:k24wpaZn
今のところ肯定的証拠は何もないのだが。

325 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 17:40:09 ID:nweWbzua
この世界が創造されたんじゃないと言う証拠が出せないので創造論は科学じゃないんだよ

326 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 18:51:07 ID:0HEzCCK4
存在とは、目的・原因・結果の3要素で説明されなければならない。
目的と原因と結果は、先に在るもの、後に続くもの、最後にくるものというように、
系列的につながっている。つまり、目的が実現するためには、目的が原因を生み、
その原因をとおして、結果を生み出すということだ。

神の創造は、目的・原因・結果の三位一体の関係で説明されなければならない。
しかし、科学は、結果から原因を、原因から結果を類推するだけの、目的説明が出
来ない、おバカ理論なのである。

327 :モエカス:2008/03/20(木) 19:39:53 ID:XPcNmAAG
目的なんて科学のカテゴリじゃないし
それを持っておバカ理論だとするなら
それでいいんじゃないか。

「目的が説明できる検証できないこと」と
「目的が説明できない検証できること」なら
後者に信頼を置く人が多い、というだけの話だし。

ところで、きみの前に
まさにおバカ理論に基づいた半導体の塊が
あると思うんだけど
俺の妄想だったらごめんね。

328 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 19:49:33 ID:FLcV2f1o
創造科学の技術カならば、脳内の電波で2ちゃんにアクセスして書き込みすることもできるんじゃね?

329 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 21:40:17 ID:2+SqJi/c
キリスト教徒は進化論を信じているというと猿と人を同列に扱っているといって怒りますが
猿より土くれからできた泥人形の方が余程屈辱的だとは思わないのですか?
ぶっちゃけ私がルシフェルでも泥人形に忠誠を誓えなどと言われたら怒り狂いますよ

330 :モエカス:2008/03/20(木) 21:49:35 ID:XPcNmAAG
おお、すごいぞ創造科学。
天的天使なんて
(あるとは思えない)2ちゃんの検閲も
突破できないのに。

331 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 22:25:53 ID:nweWbzua
つーかネヨはまだ目的原因結果の俺的三位一体とか信じてんのかww

332 :神も仏も名無しさん:2008/03/20(木) 23:15:33 ID:Aw8B5LAt
目的は後付け、因果は確率

333 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 10:35:41 ID:2pjvQq0v
質量保存の法則にはどんな目的があるというんだろうか
メンデルの法則には一体どんな目的が…

334 :モエカス:2008/03/21(金) 13:16:37 ID:3y7y5WVX
>>329
彼等が気にしてるのは
材料じゃなくて
「神に似せて創られた」ってところ。
「(神のように)心がある」ものとして創られた人間と、
猿に限らずそうでない他の動物とを
外見や行動や組成組織なんかで
同じものとして扱うのが納得できないということ。

もっとも聖書には
神から見たら人間も動物も同じ、みたいなことも書いてあるが
その辺は信仰によって別解釈、もしくはさくっと無視。

ちなみに
ルシフェル=悪魔だとしても
泥人形(人間)が「忠誠を誓え」という
エピソードはないと思うけど。

335 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 14:01:35 ID:3CKtYEWu
ルシフェル…
名前からすると、ホタルの創造者にちがいない。

336 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 14:27:30 ID:NGH5JNP8
>>334
アホらしい
神が人の姿をしてるって事自体根拠のない妄想じゃないか
自分達と同じ姿をしているって勝手に思い込んでるだけだろ

まだサウスパークに登場した創造神の方がリアリティだわ

337 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 14:29:22 ID:NGH5JNP8
>>334
そうそう、「泥人形に・忠誠を誓えと言われた」じゃなくて、
神に「泥人形に忠誠を誓え」と言われたって意味だから

火から生まれた天使の方が土で作られた人間より高等だとして反逆を起こした、だっけ?

338 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 16:43:26 ID:m7E9Vm0x
>>332
>目的は後付け、因果は確率
陶芸家が目的もなく土捏ねていたら壷や茶碗ができ、刀鍛冶が熱鉄叩き
込んでいたら刀が偶然出来上がったんだろうな? キミの妄想では。

>>336
>アホらしい
>神が人の姿をしてるって事自体根拠のない妄想じゃないか

キミ、旧約創世記を読んだこともないのか?
「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。
男と女に創造された。」(創世記1.27)
みことばも知らない中ニガキにはほとほとマイッチング。世話やかすな。


339 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 17:03:56 ID:4zhwZfoo
>338
釣りだと思うが,旧約聖書なんて読んだことの無い日本人の方がよっぽど多いと思うぞ。
世界的にみてもアブラハムの宗教を信仰してる奴ら以外が呼んでるとも思えん,

340 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 17:05:45 ID:2pjvQq0v
>>338
ええと、単なる小説が根拠になるわけないじゃないですか。

341 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 17:20:34 ID:m7E9Vm0x
>単なる小説
無知にもほどがある。宗教語ってもかみ合わないはずだ。


342 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 19:07:03 ID:Cjg1Bacx
時代に制約された信念の体系のお話なんじゃね? 小説と言っても当たらずとも遠からず。

343 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 20:47:30 ID:BhC9wKuj
時代と地域に制約された、だな。

344 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 22:01:39 ID:Z/uSAYpW
バグがあっても更新無しに使われ続けているプログラム2000年ものくらい危ない代物。

345 :神も仏も名無しさん:2008/03/21(金) 22:18:50 ID:NGH5JNP8
>>341
キリスト教だけにしか通用しねえ御伽噺が
人類全体の起源を示す根拠になると思ってんのか
少なくとも、キリスト教圏の連中とは人種も地域も違う日本人が、
アダムとイブの子孫だとするのは無理がありすぎるだろうに
まったく、鞭も蝋燭もあるかボケ

346 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 01:41:42 ID:BAeyGQvu
小説だとしても、荒唐無稽で辻褄が合わない。


347 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 03:31:16 ID:8yg24VLQ
自分の信じる聖典を大切にするのはいいけど、
それを信じない者を無知と言ったりするのはいわゆる妄信と言う奴だ

348 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 03:53:58 ID:xP9+lgaz
まあここはそんな創造論者を笑って観察スレするなんだが。自分にとっては

349 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 04:52:42 ID:BAeyGQvu
創造論者w

350 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 06:44:42 ID:TO88X1bt
君たち、知的障害者を笑いものにするのは悪趣味ですよ。

351 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 09:01:01 ID:My2Y1ENH
ま、キリスト教徒の御伽噺だけを真実とするのは不公平だ
ここは神道圏である我ら日本人の御伽噺も真実にしてもらいたい

キリスト教徒は只の泥人形、だが日本人は神の末裔だ
どちらの格が上かは馬鹿にでもわかるわな

352 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 10:15:44 ID:4VFdM/qk
まぁ創造論者なるものを笑い者にして鬱憤晴らししている君達が社会の最下層の人間である事は間違いないんだろうがな


353 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 10:37:11 ID:Ej0s3C2D
いや、創造論のような似非を流行らせて、将来ある青少年を惑わすようなことが
あってはならないという危機感を持った、理系の大卒以上の人間が大半だよ。

354 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 10:45:42 ID:lY2xn72C
社会病理の例として、スピリチュアルや創造論を客観的に研究するのはよい。
が、創造論そのものをたとえ一学説としてででも、科学の名を騙って学問の
場に持ち込むような風潮は断じて看過すべきではない。

355 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 11:49:19 ID:8yg24VLQ
科学かどうかはおいといて、進化論と創造論どっちが役に立つの?

356 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 12:11:46 ID:2u/HQ0Tk
低学歴の実利主義か?

357 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 12:29:39 ID:17D/+ic+
>355
進化論は生物の進化の理解という哲学的な問題以外にも生物層序学とも
かかわってるので石油石炭の発見に間接的ながら有益。

創造論はアブラハムの宗教を信じてる人にとっては道徳的には有益かもしれんが,
他の宗教を信じてる人には道徳的にも無益だし、むしろ実学的には無益有害

358 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 12:46:37 ID:4RYIRJSV
>>352
まあ俺はそうなんだが、その社会の最下層の人間を見下して鬱憤晴らしてるお前はwwww

359 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 13:27:26 ID:Lz33twmC
前にも出てきた話ですが、ここの進化論者達は、しょせん、"進化論を信じない変わった人達"を、弱い者いじめたいだけですからね。
進化論こそ真の科学で、それ以外の学説は疑似科学だと、色々な人に説きたいのが理由なら、皇国史観から進化論に反対する勢力にも挑むはずですから。
しかし、右翼の非進化論者は、キリスト教の創造論と違い、日本で一定の支持がありますから、ここと違い、逆に進化論者が叩かれ、ストレス発散の場には向かないでしょう。
自分は違うというなら、右翼非進化論者と議論したログをここで提示して欲しいですね。
かつての天皇崇拝復活や天皇制維持(私自身は王制維持に反対はしませんが)に、進化論が邪魔なので、日本の右翼も反対しているのです。
新しい歴史教科書をつくる会や、小林よしのり、産経新聞は進化論に対して否定的ですが、彼らが進化論者に放置される理由がわかりませんね。
戦前のように、天皇崇拝強要教育実施、進化論禁止、靖国神社に対する礼拝と敬礼強要、軍国主義といったものの復活を画策する彼らの方がずっとキリスト教徒の一部より有害なはずです。
私自身は、創造論等は、多様性を認め、教育を含めて尊重し、右翼はドイツのように禁止するのが

360 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 13:33:02 ID:aXMLLPHB
>皇国史観から進化論に反対する勢力
だってここに来ないんだもん。叩きようが無い。
つか最後はどうだってんだ?

少なくとも自分は創造論と進化論が矛盾するとは考えてないけどな。
さいころを投げて2回連続して2の目がでたとして、それに神の意志が
働いたのかと信じるのは自由だし、神の意思が働いていないと断言する
こともできない。その辺りは>359その他も同意してくれると思う。


ただ創造論を科学と教育の分野にもってくるなと言いたいだけ。
理由は散々ガイシュツだと思うから書かないが。

361 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 14:18:04 ID:Lz33twmC
>>354
>社会病理の例として、スピリチュアルや創造論を客観的に研究するのはよい。

なぜ、そうした宗教的なものを迷信・社会病理として扱うのでしょう?
かつて共産圏で、そうした考え方が宗教弾圧になったことを知らないのでしょう。
あなたがもし無宗教なら、お葬式はいらないはずですよね。

>が、創造論そのものをたとえ一学説としてででも、科学の名を騙って学問の
>場に持ち込むような風潮は断じて看過すべきではない。

少しでも、非科学的(宗教)の臭いがしたら、異論を認めないというのはいかがなものでしょうか?
そうした非寛容が、科学不信に繋がっていると思います。
はじめから異論を封じ込めているように見えます。
科学は、常に唯物論的、無神論的なければいけないのでしょうか?
個人の信仰は自由だが、科学には持ち込むのはいけないということだと思いますが。
しかし、聖俗分離は政治の世界に留めて、学問ではある程度許容すべきではないですか?
もちろん、それぞれの主張者が、違う信仰の学説を、かつての教会みたいに弾圧しないことが前提ですが。
あまり行き過ぎた聖俗分離は、かえって逆効果です。
個人的にも聖書は創作だと思いますが、反論できる余地は残すべきです。

362 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 14:29:32 ID:0rK7dYhi
>>361
>聖俗分離は政治の世界に留めて、学問ではある程度許容すべきではないですか?


もちろん創造論なども学問としては認めるべきだと思いますよ。
ただし科学としては不適切。


科学ってのは仮説、検証の繰り返し。
ある仮説を立ててその仮説が正しいか検証を繰り返すこと。
仮説が正しかったらそれはどんな検証にも耐えられるはずだし、
もし検証により矛盾した結果がでるなら、仮説そのものを見直す必要がある。

で、創造科学ってのは創造論を仮説として建てて検証するところまでは科学っぽいんだけど
検証で創造論と矛盾する結果がでたとき
「それでも聖書に書かれている創造論は正しいのだから、検証方法が間違っているに違いない」
という方向に聖書を書き換えられない以上なっちゃうんだよね。
それは科学ではない、ただの自己満足。創造科学を学校で教えるベキではない。

>科学は、常に唯物論的、無神論的なければいけないのでしょうか?
  「これは神様がそのようにしたのだ」で終わらせてたら何もそれ以上進まない。だからそれでいいの。



と、モルモン教の大学で古生物やってる自分がユタ州からマジレスしてみる…

363 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 14:30:30 ID:Lz33twmC
>>360
>つか最後はどうだってんだ?

すみません、原因は不明ですが、投稿した文章の最後の方が切れてしまったようです。

>>359の最後は、以下の通りです。
"私自身は、創造論等は、多様性を認め、教育を含めて尊重し、右翼はドイツのように禁止するのが正しいと思います。"

364 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 14:42:45 ID:Lz33twmC
>>360
>だってここに来ないんだもん。叩きようが無い。

ここでただ"獲物"を待っているからでしょう。
真の進化論信奉者なら、議論を挑みに行くはずです。
右翼主義者の運営するサイトや、教科書問題などネット右翼のいそうなスレッドなど、そうした場で議論し、打ち負かし、相手の政治的意欲を削ぎ、教科書の改悪を防ぐはずです。
それとも、日本の教科書から進化論が消えていいのですか?

>少なくとも自分は創造論と進化論が矛盾するとは考えてないけどな。

私には、聖書と進化論は全く相容れないと思いますが。
ですから自分の中で信仰と科学とを聖俗分離する人でない場合、進化論拒否はやむを得ないと思います。

>さいころを投げて2回連続して2の目がでたとして、それに神の意志が
>働いたのかと信じるのは自由だし、神の意思が働いていないと断言する
>こともできない。
>その辺りは>359その他も同意してくれると思う。

同意します。
どう信じようとその人の自由です。

365 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 14:51:59 ID:d8JzmTOm
>真の進化論信奉者なら、議論を挑みに行くはずです。
別に進化論を信奉してるわけじゃないからなw
今のところ、そしておそらくこれからもずっと、最も確からしい仮説であると判断してるだけで。
つーか、基本的に教育や医学に宗教をねじ込んでこなきゃ、普通の科学者や科学の教養がある一般人はスルーする。
IDだの創造論だの、科学の皮を被ろうとして被れてない宗教的な考えを、科学教育にねじ込もうとするからぶったたかれてんだよ。


366 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:06:46 ID:dbWcsdtJ
>>364

> 私には、聖書と進化論は全く相容れないと思いますが。

聖書の文書とは矛盾するね。でも進化に何か意識が働いていたということを否定することはできない.という意味でサイコロの例え話をした。
それでも聖書を文字通り信じたい人は天的天使の教えだか霊的解釈だかで勝手に納得しといてくれと思う。

367 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:08:34 ID:Lz33twmC
>>360
>ただ創造論を科学と教育の分野にもってくるなと言いたいだけ。

科学の分野に、創造論を持ち込むなという意見には反対です。
それは異論の排除し、封じ込めるだけです。
その学説が多くの支持を受けるかどうかはともかく、反論をする余地は認めるべきです。
また、各宗派ごとに各々が信じる科学があると思いますから、それは尊重すべきです。
異質の学説/信仰を尊重することと、それを支持する、信じることは別のことです。
ただし、その自由も公共の福祉に反しない範囲で認めるというのは言うまでもありません。
健康被害をもたらす、子どもに正当な医療を受けさせないというような結果の場合は認める必要はないと思います。
創造論が健康被害をもたらすなら、そうした部分は、単に批判するだけでなく、それを広める行為を厳しく制限することに反対しません。
例えば、南アフリカやアメリカの一部にあるエイズ否定論は、信仰上の理由が仮にあっても罰するべきです。
公立学校教育での創造論は、政教分離違反ですから反対ですが、生徒の進化論を拒否は認めるべきで、成績/授業態度の評価によるペナルティも禁止すべきです。
私学・家庭での創造論/非進化論教育は尊重すべきです。

368 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:17:30 ID:d8JzmTOm
>>367
創造論が科学の条件を満たしているならまだしも、そもそも科学の条件を見たしていないから。
創造論は、進化論に対する異論・反論になってすらいないというのが現状だ。
そもそも、教えるとしても、教える内容が何もないしなw
創造論の教科書は事実上一文だけで成立する。
つまり、『進化論は間違っている。』

369 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:27:48 ID:F40l3Hc6
創造論を科学として教える=宗教教育。

370 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:43:20 ID:Lz33twmC
>>365
>別に進化論を信奉してるわけじゃないからなw
>今のところ、そしておそらくこれからもずっと、最も確からしい仮説であると判断してるだけで。

だから、それを普通信奉すると呼ぶと思いますが。
"地球が太陽の周りを公転していることを、今のところ、そしておそらくこれからもずっと、最も確からしいと判断します"なんて回りくどい言い方なんて普通いちいちしません。
なぜ、進化論に関してだけそうした気持ち悪い回りくどい言い方が出てくるのですか?
私は普通に"進化論が正しいと信じます"と言います。
信仰以外にも"信じる"、"信奉する"という言葉は普通に使われます。
信仰と差別化をはかりたいのでしょうか?
姑息な感じがします。
>IDだの創造論だの、科学の皮を被ろうとして被れてない宗教的な考えを、科学教育にねじ込もうとするからぶったたかれてんだよ。

私は違うと思います。
単に進化論に都合の良いルール、前提に従わないから、異端視しているのでしょう。
私は、基本的にどのような科学を信じようと、その人の自由だと考えます。
結果的に研究競争に負けようが、その人の責任です。
特に進化論は医療/健康問題にならないでしょうから、尚更です。

371 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 15:50:57 ID:Lz33twmC
>>366
>つーか、基本的に教育や医学に宗教をねじ込んでこなきゃ、普通の科学者や科学の教養がある一般人はスルーする。

つまり、創造論以外のことでも宗教に敵意を露わにするドーキンスは、普通の科学者ではなく、進化論至上主義、進化論過激派であり、主流派ではないと考えていいですね?
だったら、彼にも他の進化論者達は、破門宣告を出して欲しいものです。
イスラム神学者のほとんどが、イスラムテロリストや過激思想派に破門宣告出さないのと似ていますね。
建前はともかく、本音は違うのではという疑惑がぬぐえません。

372 :モエカス:2008/03/22(土) 16:00:01 ID:S7TB9L8i
>>364
>真の進化論信奉者なら、議論を挑みに行くはずです。

きみがそう思ってるように
俺も(キリスト教的な)真の創造論者なら
進化論を教えるな、とか
創造論を平等に扱え、とか言わないと思ってるよ。

なんで主の保証だけでは満足せず
人の世の栄華に過ぎない
学問上の正否を欲しがってるんだ。

だいたい、彼等にとっても
創造論なんかよりキリストの復活の方が
はるかに重要で意味があるのに
そっちを教えろと言わずに創造を、
なんて言ってること事態おかしいだろ。

やはりなにか純粋でない動機があるよな。

373 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 16:02:39 ID:RgoHT/sS
>>370-371
君は科学のルールを知らないようだな。

過去スレのテンプレにあったんだが皇国史観と結びついた反進化論はここでも批判されている。
ttp://blackshadow.seesaa.net/article/75940770.html
ほかにもイスラムによる反進化論なんてのもある。
現実には日本国内でも進化論批判はほとんどがキリスト教根本主義だがな。

ドーキンスが科学的におかしなことを言ってないなら問題ないよ。
無神論思想に問題あったとしても利己的遺伝子説は科学的には問題ないし。

374 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 16:06:08 ID:My2Y1ENH
>>367
>科学の分野に、創造論を持ち込むなという意見には反対です。
>それは異論の排除し、封じ込めるだけです。
特定の人種・宗教・民族にしか通用しない話が人類や世界全体に適用されると思うか?
創造論は科学分野における異論ですらない

っていうかな、一々長文うざいんだよ
言いたい事があるなら簡略して書け、無駄にスレの容量を消費させるな

375 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 16:08:36 ID:RgoHT/sS
よく見たらこのスレのテンプレにもあったな。>皇国史観

キリスト教だろうとイスラムだろうと皇国史観だろうと、
進化論批判自体は内容に差がないんだよな。
みんなおんなじところでおんなじ間違い犯しているし。

376 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 16:10:53 ID:My2Y1ENH
>また、各宗派ごとに各々が信じる科学があると思いますから、それは尊重すべきです。
お前は科学というものが何だか理解していない
科学とは自然のあり方や体系を紐解くもの
宗教思想で答えがバラバラになってまとまらないようじゃダメなんだよ

人類が全て一種類の生物である以上、その起源はどの民族や人種でも同じなんだ
それを宗教なんて特定の民族でしか通用しないもので解釈する事は許されない

377 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 16:52:15 ID:GRgvIBQj
茶碗ですら人の創作なくしては存在しない。
その人の出現を、自然が無目的な働きと偶然の積み重ねで造ったなんて誰が信じよう。

378 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 16:54:57 ID:RgoHT/sS
>>377
君は自然淘汰と言う進化論の基本を知らないようだな。

379 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:00:34 ID:Lz33twmC
>>372
>なんで主の保証だけでは満足せず
>人の世の栄華に過ぎない
>学問上の正否を欲しがってるんだ。

私は創造論者ではないので、完全には分かりませんが、自分が正しいと思うことを、公然と迷信として扱われて侮辱されれば、抵抗して当然だと思います。


>だいたい、彼等にとっても
>創造論なんかよりキリストの復活の方が
>はるかに重要で意味があるのに
>そっちを教えろと言わずに創造を、
>なんて言ってること事態おかしいだろ。
>
>やはりなにか純粋でない動機があるよな。

神学/教義的にどれが重要かは分かりませんし、今一つ文章の意味が分かりにくいです。
私の読解力不足なら申し訳ありません。
とにかく創造論を公立学校教育への持ち込みは行き過ぎでしょう。

380 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:03:05 ID:GRgvIBQj
>>378
あ、そう。それじゃ、自然淘汰の基本から、意志や理性のをもつ生物が
出て来たことを説明すること。

381 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 17:09:05 ID:RgoHT/sS
>>380
意志や理性を持つ個体が持たない個体より多くの子孫を残す事ができた。

382 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:10:35 ID:GRgvIBQj
>>380
あの。全然説明になっていないんですが。

383 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:16:30 ID:bGpNiKy+
「デザイナーが存在するのか?」と聞かれれば
「デザイナーの存在を支持する根拠が今のところ存在しない」としか答えようがない罠。
存在すると主張したいならその人を目の前に連れてくるなり
化石でも持ってくるなりすればいい。

384 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:19:34 ID:Lz33twmC
>>373
>君は科学のルールを知らないようだな。

一方の当事者が決めたルールだけで、論じていること自体に何の疑問をもたれないのですか?
そうした議論の進め方は宗教論争みたいですね。
イスラム預言者風刺画騒動でも、一方的にイスラム神学者達が無自覚で自分達のルールで議論し、非難してきましたが、それと変わらないですね。
そうしたルールは、議論の相手側も認めて、はじめて意味があります。
そのルール作りに創造論者は参加したのでしょうか?

>過去スレのテンプレにあったんだが皇国史観と結びついた反進化論はここでも批判されている。

といっても、そこと、いくつかくらいしか国内では批判していませんよね。
他は反キリスト創造論ばかりです。

>現実には日本国内でも進化論批判はほとんどがキリスト教根本主義だがな。

日本ではキリスト原理主義の勢力は、右翼に比べて遙かに弱小です。
当然、日本の反進化論も、皇国史観に基づくものの方が多いはずですから、それはおかしいですね。
単に右翼反進化論との衝突を避けて、弱小のキリスト創造論を標的にしているだけでは?
それとも、進化論擁護論は米国輸入なので、関心もキリスト原理主義に偏るのでしょうか?

385 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 17:26:43 ID:RgoHT/sS
>>382
君のいう意志や理性の定義がはっきりしないから説明が難しいんだよ。
それでも説明するとすれば
1.突然変異によって意志や理性を少し持つ個体ができた。
2.それがその環境において全く持たない個体よりも多くの子孫を残す事ができた。
3.世代が進むと繁殖集団が意志や理性を持つ個体だけになった。
これの繰り返しだな。

386 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:29:09 ID:Lz33twmC
>>373
>ドーキンスが科学的におかしなことを言ってないなら問題ないよ。

仮に科学的に問題がなければ、倫理的問題など、どうでも良いのですか?
進化論の是非云々以前に、人間としてその姿勢には問題があります。
進化論者がそういう失言をしていいのでしょうか?

>無神論思想に問題あったとしても利己的遺伝子説は科学的には問題ないし。

優生学や社会ダーウィンニズムは、進化論ではないと、破門する進化論者はいますが、結局ドーキンスの宗教否定は、なんだかんだと理由をつけて破門はしないのですね。

387 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:30:48 ID:My2Y1ENH
>>384
>一方の当事者が決めたルールだけで、論じていること自体に何の疑問をもたれないのですか?
お前は科学の定義自体を知らないって言ってるんだよ
科学というものが何をさしているのか、どういう意味の言葉なのか、
何を意図して作られた言葉なのかという言語の概念すら理解できないようだね

388 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:34:30 ID:GRgvIBQj
>>383
>デザイナーが存在するのか?
今は、自然がそのデザイナーになり得るのかと聞いている。

389 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:38:26 ID:Lz33twmC
>>374
>特定の人種・宗教・民族にしか通用しない話が人類や世界全体に適用されると思うか?

進化論自体、全人類、全世界に適用できるとでも思っているのですか?
進化論も、それを信奉する者という特定の人間あいだでしか通用しない科学ですよ。

>創造論は科学分野における異論ですらない

それが、異論の締め出しだというのです。

>っていうかな、一々長文うざいんだよ>言いたい事があるなら簡略して書け、無駄にスレの容量を消費させるな

大した文章量ではないと思いますが、漫画やテレビに慣れた方にはつらいかもしれませんね。
それにこれくらいのテキストデータは、昔と違い大した容量ではないはずです。
どうぞ、あなたはお引き取り下さい。

390 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:38:35 ID:bGpNiKy+
>>386
科学と倫理は関係ないし。
科学的かどうかの話をするときに倫理問題を持ち上げるほうがどうかしている。

391 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:42:12 ID:bGpNiKy+
>>389
あはは、科学は普遍的なものですよー。
それに何か勘違いしてるみたいだけど、
別に進化論という学問があるわけじゃなくて、
生物学に対する一つの(そして今のところもっとも有力な)仮説のことを
進化論と呼んでるだけ。

392 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 17:45:29 ID:RgoHT/sS
>>384
科学のルールがどんな風に成立したかは知らないどさ、
多くの人に指示されているほど創造科学は問題アリってことだろうね。
それにしてもなぜそんなに科学にこだわる?

>といっても、そこと、いくつかくらいしか国内では批判していませんよね。
皇国史観に基づく反進化論が皇国史観内部でさえ少数派だから。

>他は反キリスト創造論ばかりです。

創造科学批判と聖書・キリスト教批判は別だけどね。

>日本ではキリスト原理主義の勢力は、右翼に比べて遙かに弱小です。
>当然、日本の反進化論も、皇国史観に基づくものの方が多いはずですから、それはおかしいですね。

反進化論に限っていえばキリスト教原理主義の方が強いんじゃないか。

393 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 17:57:52 ID:E2mjgNwS
進化論が、どんなに自然をうまく説明していようと、現代の生命の多様性を説明していようと、
それ(進化論)が示すものが、非倫理的であると思われる。
故に、どんなに正しかろうとそれを学問として広めたり、子供たちに教えることは許されない。
科学は倫理を内包しないというが、ならば改めるべきはそこからだ。

ってことかな?


394 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 18:02:30 ID:Lz33twmC
>>376
>お前は科学というものが何だか理解していない

昔、宗教関係者に「あなたは信仰というものが何であるか理解していません。」言われたのをなんだか思い出します。
結局、こうした部分は進化論者も言うことは同じですね。


>宗教思想で答えがバラバラになってまとまらないようじゃダメなんだよ

世の中、答えが一つでないどころか、答えがない、わからない場合がたくさんあります。
それが現実ですし、それで私は良いと思っています。
もっとも、進化論科学者も宗教者も答えは一つだけと考える人は多いですが。

>人類が全て一種類の生物である以上、その起源はどの民族や人種でも同じなんだ
>それを宗教なんて特定の民族でしか通用しないもので解釈する事は許されない

結局、一部の人しか通用しないものを、唯一の科学/考えとして、大勢の人に強いるというのは、かつて宗教勢力や、政治権力者がやったことと変わりませんね。
結局、自分が好む好まざるに関わらず、社会には多様な人間がいるという現実を認められず、一元的な世界を作って安心したいのでしょう。
しかし、世界では多元化が進み、またそのことに寛容であるべきというのが先進諸国の流れです。

395 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 18:44:27 ID:RgoHT/sS
多元化や寛容っていうのは、キリスト教もイスラムも仏教も神道も皇国史観も共産主義も
ありとあらゆる思想や宗教がお互いに干渉し合わずに尊重し合えっていう意味なんだけどね。

それと同時に科学はありとあらゆる思想や宗教から独立していなければならない。
つまり創造科学のように宗教が科学に介入することこそ多元化や寛容に反しているわけで。

396 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 18:45:31 ID:F40l3Hc6
>>394

>>362から引用させてもらうが(勝手にごめんね、362)

>科学ってのは仮説、検証の繰り返し。
>ある仮説を立ててその仮説が正しいか検証を繰り返すこと。
>仮説が正しかったらそれはどんな検証にも耐えられるはずだし、
>もし検証により矛盾した結果がでるなら、仮説そのものを見直す必要がある。

これが科学の方法でね。一定の価値観とか思い込みとか、人がはまりやすい落とし穴を
できる限り避けるためにできあがった(かなり厳密な)認識方法なんだよ。

進化論の対象は生物(自然)でね。生物というのはもともとかなりやっかいな相手なんだが、
その歴史となるとますます理解するのがたいへん。
しかし人々の(科学という方法による)努力がみのって、かなりの程度までその仕組みがわかってきた。

まずは「進化という現象がある」ということは、「間違いない」と認められており、残りは
仕組みに対する(科学という方法の枠内での)論争だけ、という事情は、わかるかい?

進化論の対象は「自然」でね。

397 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 19:13:16 ID:Lz33twmC
>>395
>それと同時に科学はありとあらゆる思想や宗教から独立していなければならない。

科学を担う科学者は神ではなく人間な訳で、そんな人間が中立的科学を実現できると本気で思っているのでしょうか。
ここまで科学を心酔/崇拝する人が、いまだにいるとは驚きました。

>つまり創造科学のように宗教が科学に介入することこそ多元化や寛容に反しているわけで。

ものは言いようですね。
そういうふうに言えば、信仰を持った科学を土俵から排除した自分の不寛容さを、相手になすりつけられる訳ですから、進化論は安泰ですね。
創造論者とも喧嘩せずに平和に過ごしたい日和見進化論者の私には、進化論至上主義者の宗教的な独善的情熱は理解できません。
このスレッドが宗教板にあるのは全く正しいですね。

398 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 19:15:57 ID:ETJmWDBF
結局、宗教には「検証」という概念がないのさ。
だから永遠に欠陥品。

399 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 19:24:46 ID:RgoHT/sS
>>397
今の科学で中立でないのって何があるだろう。

まあそこまで人間を過小評価しない方がいいかもね。

>そういうふうに言えば、信仰を持った科学を土俵から排除した自分の不寛容さを、相手になすりつけられる訳ですから、進化論は安泰ですね。

信仰を持った科学を科学として認めるわけにはいかない。
人類の長い歴史の中で確立されてきた科学のルールを捻じ曲げる事はそれなりの理由が必要だ。

400 :396:2008/03/22(土) 19:28:10 ID:F40l3Hc6
>>397
>創造論者とも喧嘩せずに平和に過ごしたい日和見進化論者の私には、

あなたの思想は、あなたのご自由だが、科学の土俵から転げ落ちてることだけはわかってね。

>進化論至上主義者の宗教的な独善的情熱は理解できません。

このスレには、進化論至上主義者なんていないよ。あなたは、もっともっとお勉強が必要ですね。
→「科学」のね。

(横から口出してごめんね。)


401 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 19:28:49 ID:g9+yh3qH
なんだか自称進化論者のループを今まで何度も見たような気がするんだが、
これは前世の記憶か?

402 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 19:34:36 ID:RgoHT/sS
信仰を持った科学を科学から排除しないなら
空飛ぶスパゲッティモンスターも科学から排除しちゃいけない訳で。
極論を言えば仏式の葬式で死者が極楽浄土に行けるなんて科学的にあり得ない
って僧侶が主張するのもアリということに。

403 :モエカス:2008/03/22(土) 19:37:21 ID:S7TB9L8i
>>377
茶碗は道具だろ。
機能させるために目的もって作るのは当たり前。
野ざらしの粘土の粒子が形を変えることはないと証明し
人の機能と目的についてを明確にしないと
何も喩えたことにはならんよ。

>>379
>自分が正しいと思うことを、
>公然と迷信として扱われて侮辱されれば、
>抵抗して当然だと思います。

ボクサー相手にチェスのルールで抵抗すりゃ侮辱もされるよ。

>神学/教義的にどれが重要かは分かりませんし

神学なんて知らなくても、
キリスト教とユダヤ教の違いを考えれば
何が重要かくらい分かるでしょ。

404 :396:2008/03/22(土) 19:39:31 ID:F40l3Hc6
信仰者が科学することと(クリスチャンの科学者っていっぱいいる)、
「信仰を持った科学」を一緒くたにしちゃーいけないよねw


405 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 19:55:58 ID:q4OirU0X
>>362
モルモン教かぁ。サウスパークで見たなあ。
「教義にはつっこみどころ多すぎだけど信者はうっとうしいほどさわやかないい人ばっかり」
という扱いされてたが本当にあんな感じなのか?

406 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 21:16:45 ID:d8JzmTOm
科学を批判しつつ、科学的にも我々は正しいと主張する宗教ってなんなんだろうな。
何をしたいのか俺にはさっぱりわからん。

407 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 21:57:57 ID:My2Y1ENH
>>394
>昔、宗教関係者に「あなたは信仰というものが何であるか理解していません。」言われたのをなんだか思い出します。
>結局、こうした部分は進化論者も言うことは同じですね。
くだらない揚げ足取りをしたいようだが、少しは日本語というものを理解したらどうだ?
手元に国語辞典はあるか?『科学』で調べてみろ。もっと単純な話、言葉としての意味なんだよ
それが理解できない以上、お前のしている事は屁理屈だ

>世の中、答えが一つでないどころか、答えがない、わからない場合がたくさんあります。
人はどのようにして生きるかを考える思想に答えはない。そういった思想によって生み出される宗教にも答えはない
だが、1+1は必ず2になるように法則には必ず答えがある。炎は酸素を消費して燃やす事が確実なように世の理にも必ず答えがある
世の法則や理を解析するのが科学だ。宗教に決まった答えはない。しかし、決まった答えがあるのが科学だ。
故にこの二つは相容れない事を、その貧弱なシナプスでよく理解した方がいい。

>結局、一部の人しか通用しないものを、唯一の科学/考えとして、大勢の人に強いるというのは、
>かつて宗教勢力や、政治権力者がやったことと変わりませんね。
やはりお前は言葉というものが理解できないようだな。『通用』と『適用』の区別がつかない。
肉を食べれば蛋白質を摂取する事ができるのは、どんな人種でもどんな民族でもどんな宗教でも『適用』する。
しかし、豚が不浄な動物ゆえに食べる事ができないというのは、特定の民族や宗教にしか『通用』しない。
後は自分で考えな。これで意味がわからなかったらお前は阿呆だ。

408 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 22:00:01 ID:d8JzmTOm
一部の人にしか科学が通用しなかったら楽しいのになw
フッ!俺には重力は通用しないぜ!とかwww

409 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 22:06:27 ID:My2Y1ENH
っていうかさ、>>389を見る限り、こいつは本当に『適用』と『通用』の区別もつかないんだな。
言葉自体が理解できないじゃん。余りにも酷すぎる。
所詮創造論者は霊長類の皮を被った泥人形か。知恵というものがないんだな。

410 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 22:12:51 ID:My2Y1ENH
>>408
ああ、それ面白いなwww
きっと>Lz33twmCは万有引力という科学が適用(こいつの中では通用)しない人間がいると思ってんだろうなwww

411 :396:2008/03/22(土) 22:22:16 ID:d58xYmC6
まぁしかし、物理・科学と、時間軸が加わる「科学」との腑分けはきちんと意識しといたほうがいいぞ。
そのあたりを問題にしてくるからね、宗教を基準にしている人々は。

412 :396:2008/03/22(土) 22:23:30 ID:d58xYmC6
物理・化学だった。

413 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 23:48:07 ID:Lz33twmC
>>399
>今の科学で中立でないのって何があるだろう。

呆れました。
本気で中立だと思ってるなんて…。
確かに科学は中立であったら良いとは思いますが、理想論です。
科学は人間が担う以上、多くの場合中立はあり得ないでしょう?
科学は確かに暮らしを豊かにしたり、人命を救って、人類に貢献したけど、環境問題や、兵器、さらに様々な立場の人間に科学は使われます。
当然、その科学を使う者に有利になっています。
企業側の科学と、環境保護団体側の科学は違いますよね。
環境保護派も善人とは限りませんから、第三者的立場の科学がさらに必要になり、その科学もまた間違いを犯したり、腐敗しますから、さらにそれを検証する人間が必要になります。
真に中立の科学なんて、そこにはありません。
様々な立場の人が議論し、監視し、牽制しあって、何とか中庸のバランス、均衡を保ち、なんとかやっていくしかないと思います。
それには異なる意見を認める民主主義の多元主義の機能こそが大事なのです。
民主主義は欠陥だらけですが、完璧な理想的人間がいない以上、これしかありません。

414 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/22(土) 23:57:16 ID:RgoHT/sS
>>413
>様々な立場の人が議論し、監視し、牽制しあって、何とか中庸のバランス、均衡を保ち、なんとかやっていくしかないと思います。

そう、それが科学の中立たる所以だ。
それに比べて信仰に議論・監視・牽制はあるだろうか。

415 :神も仏も名無しさん:2008/03/22(土) 23:58:39 ID:Lz33twmC
>まあそこまで人間を過小評価しない方がいいかもね。

よくそこまで人間を信じられますね。
周りから極楽トンボと言われませんか?
そんなに科学が偉大なら、科学者に世界中の国の社会を運営させれば、全て丸く収まるでしょう。
ただ、私は進化論派のみの科学者による独裁は、ゴメンです。
なんだか、イスラム原理主義者が、理想とするイスラム聖職者による統治みたいな世界の話になってしまいましたが、ヲッチャー氏の天真爛漫な科学観から、思わず想像してしまいました。

科学も宗教も無誤無謬なら、簡単なんですが。

416 :396:2008/03/22(土) 23:59:32 ID:d58xYmC6
>413
典型的な「科学と科学技術の混同」。

たとえば原爆を作ったヤツは悪いという気分はわかるが(倫理のカテゴリーだね)、原子の振る舞いを扱う
科学とは次元が違う話なのね。
あなたは、宗教家のなかでも、ひどく次元が低い人ですね。



417 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:00:43 ID:bGpNiKy+
>>413
> 本気で中立だと思ってるなんて…。
> 確かに科学は中立であったら良いとは思いますが、理想論です。
> 科学は人間が担う以上、多くの場合中立はあり得ないでしょう?
> 科学は確かに暮らしを豊かにしたり、人命を救って、人類に貢献したけど、環境問題や、兵器、さらに様々な立場の人間に科学は使われます。
> 当然、その科学を使う者に有利になっています。

それはひょっとしてギャグで言っているのか!?(AA略)

418 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/23(日) 00:03:06 ID:8eaw6AfG
>>415
何でそんな極端に捉えるかね。
人間を過小評価も過大評価もするなって意味なんだが。

419 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:11:31 ID:D6tLaVk0
>>413
>企業側の科学と、環境保護団体側の科学は違いますよね。
呆れました・・・
それは科学の扱い方や受け取り方の問題であり、
科学の内容や法則自体が変わるわけではないのに・・・
この人の辞書には判断力や区別という言葉が一切記されていないのでしょう
その代わり、味噌も糞も一緒という言葉だけは大きな文字で赤線まで引いているのでしょうね

420 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:13:26 ID:D6tLaVk0
>>415
呆れました。
本気で思想と法則の区別がつかないだなんて…。

421 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:14:39 ID:046hXFPp
>信仰を持った科学を科学として認めるわけにはいかない。
>人類の長い歴史の中で確立されてきた科学のルールを捻じ曲げる事はそれなりの理由が必要だ。


私は信仰の持った科学だけを認めろなんて言っていないんですよ。
これまであった信仰分離科学だけでなく、信仰を持った科学も異論の一つとして存在を認めましょうと言っているんです。
支持する、しない、信じる、信じないは別問題な訳で、それぞれ個人が、自分の責任で選び取ればいいと思います。
"人類の長い歴史の中で確立したルール"と言いますが、その人類とやらは誰なんですか?
本当に全人類が含まれていますか?
進化論科学者という、近代社会の一部職種の人が、過去を含めた全人類を代表していいのですか?
個人的には進化論者である私には、そうした歴史認識に直接不都合はありません。
しかし、世界中の人間が合意したとは思えません。

422 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:20:09 ID:D6tLaVk0
>>416
少なくとも、創造論なんて一部の宗教法人にしか通用しない理屈を唱える者が全人類を代表する事はできませんが、
進化論という人類という一つの生命、いや、全生命の起源に適用する論理が全人類、全生命を代表する事は可能です
信仰なんて特定の民族にしか通用しない思想が科学なんて全人類に適用される事象において認められるわけ・・・。
おっといけません。泥人形に通用と適用の区別はつかなかったのを忘れていました。
忘れっぽいのが私の悪いところです。

423 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:20:35 ID:D6tLaVk0
>>416>>421でした。

424 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/23(日) 00:24:16 ID:1mLUJdQo
>>421
>信仰を持った科学も異論の一つとして存在を認めましょうと言っているんです。

それなら空飛ぶスパゲッティ・モンスターも認めるのかな?
科学史について詳しくはないが、例えば天文学は占星術と分離して発達したわけだ。

>進化論科学者という、近代社会の一部職種の人が、過去を含めた全人類を代表していいのですか?

・進化論科学者だけが科学者ではない。
・科学者による定義に異を唱える人はほとんどいない。

425 :396:2008/03/23(日) 00:27:35 ID:5hDO1mJh
>>421
>信仰を持った科学も異論の一つとして存在を認めましょうと言っているんです。
>支持する、しない、信じる、信じないは別問題な訳で、それぞれ個人が、自分の責任で選び取ればいいと思います。

「信仰を持った科学」は信仰の領域に在ります。、どうぞご自由に、としか言いようがありません。
信仰としてはもちろん認めますが、「科学」の領域にはないので、科学であると主張したり、学校で科学として教えろと言われてもダメなんです。
どうしてこんな簡単なことがわからないんですか?





426 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:33:59 ID:046hXFPp
>>402
スパゲッティーモンスターは、ジョークによる創作で、現実にある信仰ではないでしょう。
でも、仮に本当にそうした信仰があるなら、排除せずにもちろん認めます。
そのジョークによる反論は、自分の信仰以外は本当は尊重する気はなく、公立学校教育にID論と称して、自分の信仰を侵入させようという人のみに有効です。
家庭や私学で、非進化論を教える人々には、"それがどうした?"で、終わりです。

あと実際に、そう主張しちゃう僧侶もいるそうですよ。
禅問答の一種なのかもしれませんが。
TPOをわきまえれば、そうした人も勿論認めるべきでしょうね。

427 :396:2008/03/23(日) 00:48:29 ID:5hDO1mJh
>>421
>進化論科学者という、近代社会の一部職種の人が、過去を含めた全人類を代表していいのですか?

科学というのは普遍的だから、つまり知を共有できるの。理解力があっての話だがw

>個人的には進化論者である私には、そうした歴史認識に直接不都合はありません。
>しかし、世界中の人間が合意したとは思えません。

ほー、「あなたの進化論」を聞いてみたいものですねw いや、ぜひ開陳してください。



428 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/23(日) 00:50:37 ID:1mLUJdQo
>>426
端から見れば「家庭や私学で、非進化論を教える人々」もIDと同じ。

>あと実際に、そう主張しちゃう僧侶もいるそうですよ。

そこはソースを出さないと。

>TPOをわきまえれば、そうした人も勿論認めるべきでしょうね。

TPOをわきまえればね。でも君の場合は科学のTPOを無視せよと言っているに等しい。

429 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 00:59:57 ID:046hXFPp
>>403
>ボクサー相手にチェスのルールで抵抗すりゃ侮辱もされるよ。

違いますね。
チェスのプレイヤーが、他人からほっておいて欲しいのに、"ボクシングのみがスポーツだ。チェスはボクシングではないのにスポーツと称するとはけしからん。"と言われている。
それに対し、いやチェスもスポーツとして認めろと抵抗しているが、スポーツ=ボクシングという考えが大勢を占めた世間では認めてもらえず、
ひたすらスポーツである以上ボクシングのルールを押し付けられているという例えが妥当かと。
さらに言えば、本音ではボクシングは野蛮で認めず、チェスのみをスポーツとしたい野望があるが、それを隠している人々も多いというのも付け加えましょうか。
(念の為言いますが、チェスも囲碁・将棋もスポーツです。運動競技のみスポーツなのは日本だけですので)

>神学なんて知らなくても、
>キリスト教とユダヤ教の違いを考えれば
>何が重要かくらい分かるでしょ。

いえ、わかりません。
確かユダヤ教徒にも、ウルトラ・オーソドックスという宗派が進化論を認めていないはずで、彼らも創造論者ですが。

430 :モエカス:2008/03/23(日) 01:05:53 ID:cnf2KpEN
毎度のことだけど
ID:046hXFPpが自分に自分のルールを適用して
『「信仰を持った科学を認めない」という考えを認める』ことさえすれば
なにも問題なく解決するんだよねー。

自分に同意しない者を排除しようとしてるのは
結局ID:046hXFPp自身。

431 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 01:58:41 ID:gMymPuGl
>>429
だから、科学って言うのは証拠が一番大事なの。
十分な証拠が無ければ信じませんという部門なんだよ。
そして創造論には十分な証拠はありません。
だから科学と言う部門で創造論が信じられる事は無いの。
何故なら、創造論は「神が居る証拠は無いけど神が居ると信じましょう」っていう主張だから。

432 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 02:14:21 ID:5YCq+mu5
03/22(土) 10:15 4VFdM/qk
まぁ創造論者なるものを笑い者にして鬱憤晴らししている君達が社会の最下層の人間である事は間違いないんだろうがな

353:神も仏も名無しさん 03/22(土) 10:37 Ej0s3C2D
いや、創造論のような似非を流行らせて、将来ある青少年を惑わすようなことが
あってはならないという危機感を持った、理系の大卒以上の人間が大半だよ。


↑理系の大卒と社会の底辺は矛盾しないのだがw


433 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 02:17:32 ID:5YCq+mu5
>で、創造科学ってのは創造論を仮説として建てて検証するところまでは科学っぽいんだけど
検証で創造論と矛盾する結果がでたとき
「それでも聖書に書かれている創造論は正しいのだから、検証方法が間違っているに違いない」
という方向に聖書を書き換えられない以上なっちゃうんだよね。



創造論とはキリスト教原理主義を示す用語ではないと思うのだが
その場合は創造論ではなくキリスト教原理主義を批判して貰いたい。


434 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 07:14:42 ID:D6tLaVk0
どうあがこうともヒトがサルの一種というのは遺伝学でも生物学でも分類学でもはっきりしている
今更進化学や系統学を否定したところでヒトがサルの一種である事には変わりはない

435 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 07:25:00 ID:D6tLaVk0
しっかし、進化論を否定して創造論を肯定すれば、
何もないところからパッと人が現れた事になる
無から有が起きる奇跡ってかwww?ありえねーよwww

進化っていうからわかりにくくなる。適応化っていえばいいのに
突然変異と同じ理屈で進化を考えている馬鹿が多すぎる
例の馬鹿は進化の定義自体進化論者が一方的に決め付けているってほざくんだろうが

ちなみに進化を逆流するとこうなる
ヒト←サル←ネズミ←トカゲ←サンショウウオ←魚←プランクトン←蛋白質←炭素

436 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 07:39:31 ID:Zv29ftCc
>435
とりあえずサンショウウオは明らかに別系統だ

437 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 07:42:26 ID:xC7WaVYZ
今時進化論の否定なんて猿並みの知能だなw

438 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 07:48:28 ID:D6tLaVk0
>>436
んなこといったって、イクチオステガのような両生類はサンショウウオとしか言い様がない

>>437
違う違う、ヒト自体がサルに分類されるんだ
こういうときは聖書から引用して泥人形って言ってやれ

439 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 08:19:22 ID:046hXFPp
>>362
>もちろん創造論なども学問としては認めるべきだと思いますよ。
>ただし科学としては不適切。

相手にそう言い切れたら、どんなに楽でしょう。

>もし検証により矛盾した結果がでるなら、仮説そのものを見直す必要がある。
>で、創造科学ってのは創造論を仮説として建てて検証するところまでは科学っぽいんだけど
>検証で創造論と矛盾する結果がでたとき
>「それでも聖書に書かれている創造論は正しいのだから、検証方法が間違っているに違いない」
>という方向に聖書を書き換えられない以上なっちゃうんだよね。

そう、そうなんです。
キリスト教に限らず、信仰者の人達は、絶対に意見を変えてくれませんし、教義や経典を改正してくれないんですよ。
証拠など、状況が合わなければ考えを返るというのが当然と、私も育ちました。
でも、それすら、しょせん、私達の育った社会、近代主義の教義の一つにすぎなかったのです。
自分はあの人達と言い争う内に、その不毛さ、無意味さにもうウンザリとなりました。
真実は一つでひたすら追究し、もし異論があれば、優劣を巡って徹底的に争うという気にはもうなれません。
仮にある創造論者達を追い詰めれば、彼らは何をしでかすか…。

440 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 08:38:54 ID:1XlXjkeg
進化論がここまで一方的に受け入れられているのは日本くらいだろう。
アメリカでは半数くらいが進化論者また半分くらいが創造論者らしい。
日本では進化論者が圧倒的。
でも炭素測定法も正確ではないし、化石は条件すら整えば100年あればできる。
進化論者(一流の科学者)は気づいている、自分たちのまちがいに。
間違いを修正するのに彼らは躍起になっている。
むしろ「進化論は宗教であり科学的でも何でもない」という科学者さえいる。
なぜなら時間のトラップにみんなだまされているからである。
人の子は人の子に決まってる。それをアメーバから進化したと思わせるこつは、
膨大な時間の概念である。
進化論には弱点がある。
まず進化の過程である中間種を証明できないこと。
アメーバから人にいきなりなるはずはない。では中間種はどこに?
それに対して「こうではないか」という憶測はできるもの裏付けのある証拠は提出できないでいる
進化論者達。


441 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 08:40:13 ID:046hXFPp
>>362
モルモン教ですか…。
宗教をやっている人達がみんな、ものわかりが良ければいいんですが。
実は、自分の姉がある宗教(新興宗教ではありませんが私は大嫌い)の人と結婚し、改宗してしまいました。
(なぜモルモン教などの穏健派じゃないんだろう)
その結婚相手の人と話をしていて、進化論という地雷を踏んだのがきっかけで、もう進化論対創造論という争いにウンザリなんです。
彼は、外国の分厚い本を持ち出して、こっちの考えを変えるまでやる気だし…。
進化論が正しいに決まっていると思うんですが、こういう争いになると、しょせん、進化論も一勢力に過ぎなくなってくるんです。
日本じゃ、一応、圧倒的多数で優位は揺るがないんでしょうが。
でも、彼らと徹底的にやりあって追い詰めれば、間違いなく、暴動、テロをやるだろうなと、怖くなります。
姉は、子供の教育をどうする気なのかとか、色々考えてましたが疲れました。
もう、いいです。
日本に、あの宗教の人達が増えないことを祈るだけです。
もし、一定勢力まで増えたら、皆さんが戦って下さい。
私は、静かな田舎にこもってます。
連中に、理性なんか通用しませんよ、本当に。

442 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 08:46:20 ID:D6tLaVk0
>>440
中間は存在している。恐竜から鳥への進化然り
しかし、一分一秒の変化がないと中間がある事を認めないのが創造論者
所詮粗探しによる悪あがき

443 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 08:50:52 ID:1XlXjkeg
441へ。それは違いますね。
進化論が成立するなら弱肉強食の論理が成り立つ。
つまり強い雄が自分の子孫を残す。
ならば人間界、「愛だの優しさ」言ってるが自分たちだって殺し合いを
してきたものの子孫にすぎないかもしれない。
弱肉強食の論理で歴史が形成されたのなら何故自分より弱い立場の人を虐げては
ならないのか・・・。こういう疑問に繋がる。
一方創造論は神が愛を持って人間を造ったのでお互いを大切な神の被造物として労るのです

444 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 08:52:40 ID:D6tLaVk0
>>443
ふん、いくら偽善的な台詞で取り繕っても生物の基本が弱肉強食なのは変えられない事実
例え進化論を否定したところでそれは変わらない

むしろ性悪説が成立すれば善人として生きる事ができない時点で人として終わっている

445 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 08:54:00 ID:1XlXjkeg
442へ。それは世界的に認められている学説ではない。
ある一部の科学者がそう言っているが・・・。
ところで進化論からはそれるが君はノアの箱船を知ってるカイ?
旧約聖書の創世記にあるのだが。
これは真実というか事実だと認めるカイ?

446 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:01:30 ID:A6NPMfE3
進化を否定したいなら、『進化の歴史』にケチつけるんじゃなくて、分子進化を具体的に反証してくださいw
DNAが複製時に変異を起こさないことでも証明したら、進化論は終わりですよwww

447 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:02:13 ID:A6NPMfE3
>>444
弱肉強食wwwww
なにその進化論(笑)

448 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:05:27 ID:gMymPuGl
弱肉強食は淘汰圧の一つではあるけど進化そのものじゃないよ。
他にもID:D6tLaVk0には山ほど突っ込みどころがあるけどな。
お前みたいなのはもっと勉強してから書き込んでくれ。いい迷惑だ

449 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:08:00 ID:D6tLaVk0
>>447-448
何で俺が怒られる?
俺は>>443に言い返しただけだ
弱肉強食が進化だなんて一言も言ってない

文面もろくに読まずに条件反射でレスするなよ
まるで進化の意味も知らず進化を否定する創造論者。気持ち悪すぎ

450 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:12:51 ID:A6NPMfE3
>>443
生物の基本が弱肉強食なんていうのは、根本的に進化論理解してないと思われても仕方ないレベルだろ。
上のほうでもなんか微妙な発言してたし。


451 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:13:18 ID:gMymPuGl
> ちなみに進化を逆流するとこうなる
> ヒト←サル←ネズミ←トカゲ←サンショウウオ←魚←プランクトン←蛋白質←炭素

こんな事言ってる奴が何ほざいてんだか

452 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:15:04 ID:D6tLaVk0
大体、原始の海で最弱だったピカイアが脊椎動物として進化し、
原始の海で最強だったアノマロカリスが絶滅した

自然淘汰に最も重要な要素は自然環境の変化だ
生物自体の強さは然程重要じゃない。わかるか、>>448

453 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 09:15:41 ID:1XlXjkeg
それは残念ながら変異は起こす。それは証明されている。
しかもそれはかなりの頻度で変異を起こすと、クリエーション・リサーチに掲載されていた。
でもそれは体細胞においてではなく生殖細胞、それも減数分裂時に起きやすいとの事。
つまり第一代は一生そのままで変化するとしたら(微微たるが)第二代の方である、
と言うこと。
小さな変化でも代を重ねれば(何千億年)経過すれば進化に繋がる、と言いたい
かもしれないがそうはいかない。
だから時間の経過(地球誕生から)が重要になってくるのだ。
それでノアの箱船の質問をしたのだが・・・・。
創造論では紀元前4000年に天地が造られた。つまり今から6000年前。
このあいだならまず進化はおきない。
なぜなら古代ギリシャの紀元前3000年のエジプト王のミイラだって
我々と同じ手足を有するのだから。
アメーバからの劇的な進化は遂げられないのだよ。

454 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:16:05 ID:D6tLaVk0
>>451
他に進化の元となった生物の例えようがないからそうしただけだ
お前がもっと上手く説明できるというのならどうぞ

455 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:16:52 ID:gMymPuGl
>>452なんかまさに「微妙な発言」だなww

> 自然淘汰に最も重要な要素は自然環境の変化だ
> 生物自体の強さは然程重要じゃない。わかるか、>>448

んな当然の事誇らしげに提示されてもなww

456 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:18:45 ID:D6tLaVk0
>>455
お前はその当然のことすら理解できないから>>448のような的外れレスをしたんだろ?
もう少し勉強してから来いよ、いい迷惑だ

457 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:19:51 ID:A6NPMfE3
>>453
>創造論では紀元前4000年に天地が造られた。つまり今から6000年前。
>このあいだならまず進化はおきない。
じゃ、話はその仮説(笑)を支持するマトモな査読付き論文が出てからだな。

458 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:22:23 ID:gMymPuGl
>>454
そんな例え出すな。間違ってるんだから。

459 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:23:01 ID:D6tLaVk0
人は猿から進化したわけじゃなく、猿と共通の生物から進化した
しかし、その共通の生物が何なのかといわれるとやはり猿としか言い様がない
>>451はもっとうまい言い方があるそうだ。早く言ってくれ

460 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:24:10 ID:D6tLaVk0
>>458
少なくとも的外れのレスしかできないお前に言われたくはない

461 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:27:39 ID:D6tLaVk0
分類学上ヒトがサルの一種な以上、
ヒトがサルから進化したというのは間違いだが、
ヒトとサルと共通の生物から進化したというのも間違いだ

どこぞの誰かさんは前半を否定して後半を肯定すればいいと勘違いしてるらしい

462 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:27:50 ID:gMymPuGl
そもそも「進化を逆流」とかって言うのがおかしいんだよな。
微妙に進化を間違ってる。

大体唐突に「進化を逆流するとこうなる」とか言い出す必要がないんだよ。
習ったばっかで使いたくなりましたってのが見え見え。

463 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:29:07 ID:D6tLaVk0
>>462
逆流って言い方がおかしかったか?
じゃあ、逆に辿ればって言えばよかったか?

とりあえず進化を覚えたばかりの獣が固定的な表現に囚われてるだけにすぎんね
見るに耐えん

464 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:31:09 ID:gMymPuGl
ID:D6tLaVk0は中二の理論とネヨのオウム返しをミックスしたような奴だな、新しいww

465 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:35:05 ID:D6tLaVk0
アハハ、それは面白い見解だ
だとしたらID:gMymPuGlは、文字も言葉も理解できない非日本人のような奴だ

まあ、鏡を見たこともない珍獣にはオウム返しが一番だ

466 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:36:07 ID:D6tLaVk0
とりあえずさぁ、しつこいようだけど>>448で見当違いのレスした奴が後から何を吠えても無様なだけだぞ
一回死んで生まれなおすところから始めれば?

467 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:37:05 ID:A6NPMfE3
とりあえず、
進化論が正しければ弱肉強食が成り立つ。
ってレスに対して、
生物の本質は弱肉強食なのは事実だ!
って返しは、『ない』ってことは理解して欲しいんだが。
進化論は弱肉強食なんて主張してないからwww
適者生存と弱肉強食は全然違うからwww
脳内進化論への反論乙w進化論勉強しなおせw
利他的に見える行動についても進化論で研究され尽くされてるしなw
くらいだろ、返すべきレスは。

468 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:37:51 ID:D6tLaVk0
>>462
>大体唐突に「進化を逆流するとこうなる」とか言い出す必要がないんだよ。
進化論を否定する奴は真っ先にサル→ヒトの流れを持ち出す
その割にはサル以前の進化を知らないわけだろ?

469 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:38:09 ID:5YCq+mu5
ねぇねぇ猿が喧嘩してるよ



470 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 09:39:14 ID:1XlXjkeg
紀元前4000年をでは証明しようではないか、。
創世記にはアダムからカインからの系図が記載されている。年齢と共に。
それを逆算すればその紀元前4000に達する。
またノアの箱船は大洪水がおきてなった。
それも今の中東、イスラエルやアラブのまさにあそこ一体を覆ったのだ。
これと何か今の中東の天然資源と結びつかないかい?

471 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:41:26 ID:5YCq+mu5
進化論に詳しくなったからって変に得意になっている人がいるが精神の成長が小学生なみといえる


472 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:42:19 ID:D6tLaVk0
>>467
>生物の本質は弱肉強食なのは事実だ!
>って返しは、『ない』ってことは理解して欲しいんだが。
>>443が進化論の否定が弱肉強食の否定だと勘違いしてるからそう答えただけだが?
その後に書いたろ?進化論を否定してもそれは事実だと。

>進化論は弱肉強食なんて主張してないからwww
なんてこといってるが、>>443のレスに対して相手にわかりやすく説明するなら、
弱肉強食と進化論が無縁だと教えてやるしかないだろ?
進化論関係なしに生物は弱肉強食だ、
進化論の否定や肯定が弱肉強食とつながるわけではないと
所詮は文盲か

>適者生存と弱肉強食は全然違うからwww
何当たり前のことを誇らしげに語ってるの?何かのジョーク?

473 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:44:04 ID:5YCq+mu5
ぼ、僕、進化論の事を誤解なんかしてないんだからね!


474 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:44:05 ID:A6NPMfE3
>>472
>進化論関係なしに生物は弱肉強食だ
おつかれさまー


475 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:44:38 ID:D6tLaVk0
>利他的に見える行動についても進化論で研究され尽くされてるしなw
なんてレスが、進化論を肯定すれば弱肉強食を肯定し、神の愛を否定する!
なんて書き込んでる奴に理解できると思ってるのか?
せいぜい書き込んだお前ぐらいだろ、理解できるのは

476 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:45:32 ID:D6tLaVk0
>>474
お前は進化論と弱肉強食が関係してると思ってるのか?
それとも食物連鎖や生態系も知らずに弱肉強食を否定してるのか?

477 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:45:49 ID:A6NPMfE3
>>470
『根拠は一冊の本』vs『さまざまな物理的化学的手法による年代測定の矛盾しない結果』
では、どちらが正しい可能性が高いかなんて、話にもならんレベルなわけですが。

478 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 09:51:52 ID:1XlXjkeg
誰かワシの質問に答えよ。
ノアの洪水はメソポタミアを覆った。地名まで聖書に明記されている。
それとアラブの天然資源の何かが結びつかないか、聞いているんじゃ

479 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:53:39 ID:boOfcM2g
>>478
こっちが聞きたい
何か結びつくのか?

480 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:56:51 ID:3ORQD/9M
>>479
水と油を混同しているんだろうな。
相手にする必要ないよ。

481 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 09:58:27 ID:gMymPuGl
そうか、ノアの洪水は石油があふれ出したものだったのか……

482 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 10:02:02 ID:1XlXjkeg
479。石油に決まっているではないか。
アラブの天然資源、オイルショックを引き起こせるほどあそこには、
石油が集中している。
ところで石油の原料となるのは生物の骨や肉油、植物の細胞などらしい。
ところが少しづつ、生物が死ぬのなら油になったり海底に沈む前に
、腐ったりほかの生物に食べられる(そうげんの掃除やコンドルなど)
つまりふつうの死に方では石油がたまらない。
しかしノアの大洪水では箱船の中の生き物以外全生物が一度に大量に死んだ。
当然掃除やもいない。こうして石油ができあがったのだ。

483 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:03:54 ID:3ORQD/9M
>>481
洪水ならぬ洪油か…。
まさしくトンデモだな。

484 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:06:29 ID:3ORQD/9M
>>482
朝っぱらから妄想を垂れ流して何が楽しいの?

485 :モエカス:2008/03/23(日) 10:13:33 ID:cnf2KpEN
>ID:1XlXjkeg
ノアの洪水は世界中に影響したんだから
中東に石油が集中する理由にはならんだろ。

486 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:14:22 ID:5YCq+mu5
>洪水と中東資源が‥

俺達学者の受け売りしかできない人間にそんな変化球投げるな
ドーキンスの本に書いている事だけ質問しろ


487 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:16:07 ID:boOfcM2g
そもそもそこで聖書を持ち出してくる時点で科学じゃない罠。

488 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:17:30 ID:3ORQD/9M
たった4000年前の死骸が石油に?

489 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 10:23:17 ID:D6tLaVk0
>>482
珍しいな
石油は数億年前の生物が変化したものだ
有機生物から取れた動物油や植物油が燃えるのと同じ、
石油の元となったものが有機生物だから油として燃焼する

しかし、ノアの箱舟を信じる人は大抵世界ができてから1万年も経ってないとしてるからな
石油が数億年前の生物からできたなんて信じてないかと思ったが

490 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 12:11:29 ID:2kxgVWrd
最近、変な相対主義と陰謀論をwikipediaの千島学説のノートでも見たなあ。

>>334>>337
イブリースのエピソードとごっちゃになってるんじゃない?

491 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 13:43:50 ID:gMymPuGl
相対主義みたいな観念論でしかごり押し出来ないんだろ、創造論なんか

492 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 15:40:56 ID:xFt7fwgT
進化論は、現実にあることを、何とか矛盾なく説明しようとして
作られたわけだが、オムファロス以外の創造論は、現実を無視
しても、だったらいいなの願望を主張する。

493 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 16:31:53 ID:X0FsgMb0
>神の創造論が相対主義の観念論? 
辞書引いて用語の使い方をちゃんと学んだら。

それと、みことばの真理、つまり信仰の真理を科学知でもって説く
愚か者達のヨタスレが延々と続いているのには泣けてくる。

旧約第7章のテーマは、新しい教会への準備に関することを述べており第6章が
人の再生を理知的な面で眺めているのに対し、ここ7章では、意志的な面から眺
められている。

「ノアの洪水」とは、いわゆるノア教会が、再生するまでに耐えなくてはならな
い試練のことを意味し、さらに再生できなかった人達の荒涼をも意味する。試練
にしても、荒涼にしても(みことば)では、洪水や氾濫に例えられる。

試練を示すものとして、イザヤ書(54.7-9,11)に記されている。ここでは、再生
しなければならない教会と、「ノアの水」と言われる試練ついて言及されている。
また、主ご自身も。試練を水の氾濫を例にルカ(6.47,48)をつうじて語られている。

494 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 16:33:44 ID:1XlXjkeg
失礼返信遅くなり。

石油も化石も条件が揃えば(一定の圧力、温度)(この場合は水圧)
100年前後でできる場合もある(ただしかなりまれ。ソースはクリエーション
リサーチ)。
化石燃料というくらいだからそもそも化石があれば良いわけ。
で化石というのは前述のように条件が揃えば簡単にできる。
実際に(これもクリエーションリサーチに掲載された事実)金属の輪か何か(正確には覚えていない)
が七〇年足らずで化石化した事例がある。
その金属の輪は戦前(一九一五年頃オーストラリアの海岸でフェンスのそばに設置されていたが、それが
一九八〇年代に海底から引き上げられ、一部化石化していた。
これは事実なのでクリエーションリサーチのみならず調べれば一般の情報網からでも
入手できるはず。
というわけだが・・・・。
だがこれらはノアの箱船自体を否定しようと思えばそれまでだし、
やはり最後は主観的な真理に基づかざるを得ない。(現時点で)
しかし進化論が今は主流だがいつかは再び創造論の時代になり、生の教育が
改善され殺人事件とかは減少するかもな。
弱肉強食や適者生存は突き詰めると強い者や適した者が生き延びる事になるからである。

495 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 16:50:31 ID:gMymPuGl
> >神の創造論が相対主義の観念論? 
> 辞書引いて用語の使い方をちゃんと学んだら。

おまwホントに日本語読めないんだな、かわいそう(;ω;)

496 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 17:03:19 ID:X0FsgMb0
「相対主義」とは、哲学用語で、人間の認識や評価はすべて相対的であるとし、
真理の絶対的な妥当性を認めない立場をとっている。
神の真理の絶対性を認めることによって支持される「創造論」が、相対主義と
相容れないことは疑うべきもないこと。
日本語が読めないのはどっちだ?

497 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 17:14:27 ID:gMymPuGl
だからさぁ、俺は創造論が相対主義なんて一言も言ってないのよね。
そんな言葉が飛び出てくるって事は、お前さんは全く文脈読めてないって事なの。

ホント、毎度毎度ネヨには笑わされるわww
どんだけ平易な言い方すれば理解出来るんだ?
いや、そもそも>>491はお前に向けて言った言葉じゃないんだけどね

498 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 17:19:18 ID:1XlXjkeg
確かに。相対に相反するのは絶対だね。
生物の歴史に置き換えるなら創造論(神の絶対的主権を認める)と進化論(基準はなく
科学でその場その場で修正を加えつつ進歩していく)。
たとえばニュートンの万有引力の考えが量子の世界においてアインシュタイン
の相対性の強い重力の等価原理に修正されている。
科学はこのように最初から完璧であるものではなく徐々に進歩して方向性が
正されていくものである。


499 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 17:23:12 ID:gMymPuGl
>>498
翻訳ソフト使ってる外国の人ですか?ww
にゅーとんのばんゆういんりょくがりょうしのせかいにおいてあいんしゅたいんのそうたいせいのつよいじゅうりょくのとうかげんりにしゅうせいされているwww
何?相対性理論と量子論を混ぜこぜで覚えてんの?ww

500 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 17:33:40 ID:1XlXjkeg
499は本当に何というか。
では解説しよう。
相対性理論は設定が光速度(秒速30万キロメートル)であるため、
一般的な物理法則は通用しない。
ではなんで評価されているのか?(アインシュタインは特殊・一般両方の
相対性理論でノーベル賞受賞)
それは相対性理論は量子力学という量子の世界の仕組みを解明するのに
大いに役立っているからである。
よって相対性理論と量子世界は密接に関わっており(それもそのはず、相対性理論
が量子世界を飛躍させた)ますから同時に文章中にでる事が多いのです。
ごっちゃではありませんよ。
それはきっと君の頭の中の状態なのではw

501 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 17:35:24 ID:gMymPuGl
これは……釣りかwwwww
いや本気で言ってるのか?まさかそんな訳は無いでしょうww

502 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 17:35:54 ID:X0FsgMb0
>ではなんで評価されているのか?(アインシュタインは特殊・一般両方の
>相対性理論でノーベル賞受賞)

嘘こけ。


503 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:02:10 ID:X0FsgMb0
>>497
(みたい)なところで逃げをうつとこらが詭弁使いの白黒と
いわれるのよ。毎度毎度笑わされるわ。アホ。

504 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:19:51 ID:pMXNSqyX
>>503
そらおめ、>>497が言ってるのは、「科学も宗教も人の考えって点では一緒じゃん」みたいな
糞味噌に対してだろ。 あ? おめーも糞味噌ってか? さるまた失敬!

505 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:23:04 ID:3ORQD/9M
>>494
中東地域の油田の上に積み重なってる地層は、たった4000年の間に形成されたのですか?

>やはり最後は主観的な真理に基づかざるを得ない。

なんだよ、「主観的な真理」って。
それは真理じゃないだろ。

>弱肉強食や適者生存は突き詰めると強い者や適した者が生き延びる事になるからである。

弱肉強食を認識していようといなかろうと、殺人事件は起きるし、強者が支配する。
いつの時代も変わらんぞ?

506 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:35:23 ID:pMXNSqyX
>>505
おめ。
弱肉強食? 強者が支配する? なんのこっちゃ。ダーウィンの舞台から転げ落ちてんじゃんかよ。
焼肉定食でも食って、よーく考えてみれや。


507 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:43:55 ID:xC7WaVYZ
結局、「進化論=弱肉強食」と勝手に思い込んでるだけなんだよなーw

508 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:50:00 ID:3ORQD/9M
>>506
ダーウィンなんかどーでもいいよ。
創造論だとか進化論とかもどーでもいい。

単に、力ある者が支配する。
同じ環境に置かれれば、弱い者の方が敗北する。
同じ獲物を追いかけたら、足の速いほうが獲物を獲得する。
単純だろ?
進化論以前の問題。


509 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:55:48 ID:xC7WaVYZ
>>508
スレタイ読める?


510 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 18:57:32 ID:boOfcM2g
全然スレタイ関係ないな

511 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:00:55 ID:X0FsgMb0
>>504
>「科学も宗教も人の考えって点では一緒じゃん」
人の考えとしては一所じゃん。どこかちがうんかい?

>みたいな 糞味噌に対してだろ。
科学も宗教も糞味噌に考えているのはおまい等の方だろう。
科学には科学の方法があり、宗教には宗教的教義があるっていうこと。
このことがわかっていたら、聖書の(みことば)を科学知で説明しようとしたり、
科学知でもって聖書的教義を否定しようとする愚に気が付くはずだ。


512 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:02:34 ID:boOfcM2g
>>511
科学は人の考えじゃないよ。
あと大丈夫、誰もそんな事してないから。

513 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:05:09 ID:3ORQD/9M
>>509
俺は↓のトンチンカンチンなカキコにレスしただけ。

>>494
>再び創造論の時代になり、生の教育が改善され殺人事件とかは減少するかもな。
>弱肉強食や適者生存は突き詰めると強い者や適した者が生き延びる事になるからである。

創造論が正解であろうとなかろうと、強い者は生き残るし、環境に適した者が優勢になる。
獲物をダッシュで追いかける環境に生まれた二人の子供のうち、足の速い子の方が生存する確率が高くなるのは当然のこと。


514 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:07:55 ID:X0FsgMb0
>>512
>科学は人の考えじゃないよ。
ふーん。じゃ誰の考えなの?


515 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:08:43 ID:3ORQD/9M
>>511
要するに、『ドラえもん』や『ドラゴンボール』にマジレスするな!ってことだな。

516 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:08:47 ID:pMXNSqyX
>>511
科学はな〜、宗教から自由になるために生まれたんだよ。
人の認識能力を徹底的に疑うことから始めて、な。わかるか? 糞味噌。

517 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:14:34 ID:X0FsgMb0
>>516
おまいなぁ、そういうのを科学万能主義っていうんだよ。
人の認識力ってのも結局、脳の神経作用に還元すんだろう? 科学では。


518 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:19:13 ID:pMXNSqyX
>>517
「わかんねー」の。科学では。「わかんねー」を認めんの。そこがオメーらとは違うとこなわけね、糞味噌。

519 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:26:27 ID:3ORQD/9M
>>517
その認識力の土俵内で勝負するのが科学。
その土俵を越えて戦うことはしない。

じゃないと、ドラえもんから孫悟空から宇宙人からゴジラから神様から、何から何まで滅茶苦茶になる。
妄想には足を踏み入れないように気をつける。

520 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:27:42 ID:X0FsgMb0
分からないのなら科学は分かったことだけ言ってりゃいいんであります。(おわり)

521 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:32:27 ID:xC7WaVYZ
分ってもいない事を勝手に言い散らかしてるのが宗教

522 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:33:29 ID:3ORQD/9M
つまるところ、科学というのは、人間の基本的な判断力に従っているだけなんだけどね。

「ドラえもんやドラゴンボールはありえない」というのと同じ判断力を使って、「聖書もありえない」と判断しているだけ。
えこひいきや特別扱いはしない。

523 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:36:08 ID:X0FsgMb0
>人間の基本的な判断力に従っているだけなんだけどね。
人の基本的判断力とはなにか、説明してくれ。



524 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:40:22 ID:3ORQD/9M
>>520
>科学は分かったことについてだけ語る。
>↓ゆえに
>科学は分からないことについては口をつぐむべき。


これは一応、それなりに論理的な思考回路を利用した主張となっている。
こういう論理的思考をベースにして物事の因果関係を突き詰めていくのが科学。
>>520は自分の主張に関してはそういう思考回路を使用していながら、なぜか科学は否定する。
ここに矛盾とえこひいきがある。


525 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:41:15 ID:pMXNSqyX
>>520
科学は分かったことを「分かった」と言い、分からんことは「分からん」と言ってるだけだ。
生命という複雑至極な分野でも、この20年ほどで驚くほど多くのことが分かってきた。
しかし分かれば分かるほど分からんことが増える。それが科学だ。

ついでに、意味の次元は科学には手に負えない。だから、共存ということになる。

526 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:51:54 ID:X0FsgMb0
>>525
>生命という複雑至極な分野でも、この20年ほどで驚くほど多くのことが分かってきた。
だからな、(生命)一つとっても生物学的(生命)と宗教教義的(生命=いのち)とは、
まったく意味するところが違うのよ。

生物学的生命は、いずれ腐り果て消滅するが、人の中の霊的生命(いのち)は、肉体の
死後他生に旅立つってことになるんであります。

527 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 19:52:44 ID:1XlXjkeg
いやー、あっという間にかなりのカキコがあったw。
アインシュタインのノーベル賞受賞は事実。
年表をみればわかる。彼は一人で二回受賞していたはず。
嘘とかは歴史の年表をとりあえず一回みてからw

創造論だと適者生存の世界に幅が広がる。
思いやりとか愛により弱い者が虐げられなくなる。
しかし人間は罪を持っており完全な愛を他人に対して実践できないので
完全に平和というわけではない。
しかし今よりはずっとましになるはず。
千年王国期がそれに近いでしょう。
(千年王国とは再臨の前の平和な千円間続く時代。このときには
比喩的な意味で「狼と羊が共に草を食べる」つまり争いがない、と
いう箇所がいざや書にある。
xc7avyzはもうちょっと論理的に反論してくれ。
調べもしないのに「嘘だー」とかは卑怯。なし。

528 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 19:55:31 ID:1XlXjkeg
527は間違えた。
xc7さんではなかった。

529 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:57:12 ID:3ORQD/9M
>>526
根拠がなければ何とでも言えるな。
適当な言葉を選んで、それを好き勝手に定義すれば良いだけ。
そういう空疎な言葉遊びが宗教家の得意技。

じゃあ、俺が次の命題を立てたら、>>526はどう反論する?
「人の中の霊的いのちは、肉体の死後旅立たないよ」。
これもまた真理ではないのかね?
これが真理ではないということを、どうやって証明する?

530 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 19:58:44 ID:pMXNSqyX
>>526
>(生命)一つとっても生物学的(生命)と宗教教義的(生命=いのち)とは、
まったく意味するところが違うのよ。

違う。科学と宗教の違いだなw 進化論は科学。てめぇは宗教。腑分けをきちんとしろや。糞味噌。

531 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 20:17:08 ID:U2VhYAAH
進化論も科学の例外ではなく飽くまでも仮説。
数多の生物の興亡を時系列的に最も的確に説明できるからね。
ただ、現在、進化論の抱えている問題点をより多く説明できる
進化論を超えた仮説が構築されればそれが取って変わるかと。
対して、宗教上の創造論は不磨腐朽の真理。
 前法皇が両者を分けたのも判る。

532 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/23(日) 20:23:30 ID:TxcRBxEu
>>527
そりゃ君の書き込みの内容ならスレの進行も早くなるよ。

ソースがクリエーションリサーチ?
ttp://www.sozoron.org/
これはキリスト教の、それも極めて特殊なグループのプロパガンダに過ぎない。

創造論だと適者生存の世界に幅が広がる?
思いやりとか愛により弱い者が虐げられなくなる?

どうやら進化論が弱者を虐げるのを肯定していると勘違いしてる様だが、
社会進化論と社会生物学は違うぞ。似て非なる物だ。

533 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 20:26:27 ID:X0FsgMb0
>>527
>アインシュタインのノーベル賞受賞は事実。
そうだよ、光電効果の発見でね。しかし一人で2回受賞をしたという
記録はない。(あったら誤るが)
それと>>500は、相対性理論や量子力学をあまり知らないど素人にも笑われ
るような書き込みだからもうやめることだね。

>>529
>「人の中の霊的いのちは、肉体の死後旅立たないよ」。
それはどこの教義だ? 科学か、自己流か? いづれにしても真理には程遠い。

>>530
そっちもちゃんと区分けしとけよ。言われてからじゃなく。


534 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 20:30:45 ID:1XlXjkeg
529へ。あなたにとってはその命題は真であり宗教家にとっては偽となるでしょう。
なぜなら人は命題を証明するとき立場を最初にきめなくてはならないからです。
たとえば「聖書にはそう書いてないからその命題は偽」としても
それはすでに「聖書を真とする」という立場に立っているからフェアでは
ありません。逆もまた然りです。
よって立場によって変わるのです。つまり数学の命題とは違い客観的な真理は
存在しない。つまり命題として成立していないのです。
命題というのは必ず真偽のどちらかですから。
よって対偶や背理法を用いてもこの命題の真偽は得られません。
つまりこの命題は仮定できても答えることはできないものであり、
それ故に命題と呼べません。

535 :mkiodfjjf:2008/03/23(日) 20:41:52 ID:1XlXjkeg
光電効果は1905年でしょ。
1921年にも彼は受賞してたと思うよ。
今本で調べたら1921は確か。
でも1905年は定かではない。

500は真理ですね。
相対性理論は量子力学の発展に大きく貢献したはず。



536 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 20:59:32 ID:gMymPuGl
調べたって言ってるって事は分かって言ってるんだろうな……
つまり釣りだよ釣り。
アインシュタインは光量子仮説でしかノーベル賞とってないし、
相対性理論と量子理論は未だに深い溝を抱えたまま。

詰まんないからもう書き込むな

537 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:16:31 ID:X0FsgMb0
>>535
1921年 アルベルト・アインシュタイン (Albert Einstein)
光電効果の法則の発見等
1905年 特殊相対性理論発表

キミ、なにかカン違いしていないか。

>500は真理ですね。
一般的には、科学は帰納法的手法をとっているから公理や原理・法則・理論
仮説等と言うような呼び方をして、決して真理とは言わない。もし科学者が
あえて真理と呼ぶ場合があってもそれは恣意的な表現にすぎない。
自明の理である公理だって人の認識力に頼っている。
真理とはいついかなるときも絶対に変わることがないもの、たとえば神の真理
とか言うときに使うものです。

>相対性理論は量子力学の発展に大きく貢献したはず。
はい。極微の世界の力学的法則が相対性理論では通用しないことが分かったという
ことに貢献しました。



538 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:24:13 ID:CV2bK2T5
>>533
あんたが言ってることも根拠無いわけだから、
真実からの程遠さは「旅立たないよ」って奴と同レベルだがな。

539 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:28:06 ID:8Ya6hlj9
>>533>>538
根拠さえ示さなければ、ありとあらゆることが言える

540 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:46:04 ID:D6tLaVk0
神は天使を炎の中から作り出した。
そして、自分の意思で神に忠誠を誓うことに意味があるとし、自由意志を与えた。

こう考えると進化論が正しかったところで神を冒涜する事にはならない。
進化論を宗教的に解釈するのなら、
生物自身が最終的に神を認知する生物として到達できるように、
原始生命を産み出して、生命自身に進化の余地を与えたと解釈できる。

結局、聖書に従わなう事が神に忠誠を誓うわけじゃない。
聖書に書いてないからって進化論を否定する奴は神より一冊の本のほうが大切なんだよ。

541 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:46:38 ID:D6tLaVk0
×結局、聖書に従わなう事が神に忠誠を誓うわけじゃない。
○結局、聖書に従わう事が神に忠誠を誓うことになるわけじゃない。

542 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 21:47:20 ID:D6tLaVk0
○結局、聖書に従う事が神に忠誠を誓うことになるわけじゃない。

連続してミスかよ・・・orz

543 :モエカス:2008/03/23(日) 22:25:31 ID:cnf2KpEN
大切な一冊の本が
ドラえもんやドラゴンボール(聖書)
ならまだいいけど
二次創作の同人誌
(世界訳、モルモン径、天界の秘儀・・・)
だったりするからねー。

544 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:26:46 ID:boOfcM2g
っていうか俺が神だよ。
ID:X0FsgMb0の言っていることは何もかもうそっぱち。
人の中に霊的生命なんて存在しない。
神である俺が保証する。

545 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:30:37 ID:X0FsgMb0
天使ってなにかよくわかってませんね。

天使にも天的とか霊的とか自然的って呼ばれるものがあってね、いずれももとは自然的世界に
住んでいた人類からなっているのですよ。天使ってのは、神の愛と英知を受ける純粋な形相そ
のものの生命器官であって、人が地上に生きているときには、人間の内部の(いのち)の形相
そのものであって、この世に人として生きているときから、神からの流入である愛と英知を受
け入れる度合いによって、つまり善や英知も増してくるほどに天使として造られていくのです。

546 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:30:49 ID:8Ya6hlj9
>>543
まあ、新約も旧約の同人誌みたいなもんだからな。
旧約もギルガメシュ叙事詩の同人誌かもしらんし。

547 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:34:50 ID:X0FsgMb0
>>544
おまいは只のアホだよ。

548 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:38:07 ID:VmGFepyW
>>545
あらら・・・
残念だけどキミの話は完璧に誤っているよ
おそらくキミは悪霊にでも虚偽を吹き込まれているようだね
清らかな心を持っていないと正しい声は聞こえず、正しい知識は得られない・・・

キミの盲いた目が開かれる時は必ず来るのでまずは心を清める事から始めよう

549 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:45:14 ID:boOfcM2g
>>547
はぁ?
神のみことばとお前の妄想を比べれば、
神のほうが正しいのは明らかだろ?
それともお前は神の言うことが間違っているというのか?

550 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:50:08 ID:X0FsgMb0
>>548
なんの説得力もない反論ですが。
キミ、ここでいう人の外部とか内部って意味理解してる?

>>549
妄想とは>>544をカキコしたおまいの方だといってんの。
妄想の意味もまだわからない奴がいるとは。泣けるぜ。



551 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 22:53:32 ID:L5GZ9nuz
>>540
>神は天使を炎の中から作り出した。
>そして、自分の意思で神に忠誠を誓うことに意味があるとし、自由意志を与えた。

その設定は聖書にはないね。

552 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 23:07:32 ID:D6tLaVk0
>>551
そうだっけ?
自由意志を持つ天使のうち、神に反逆したのが悪魔になったって聞いたが

まあ、このあたりになると宗教学よりは神話学の範疇だろうけど

553 :神も仏も名無しさん:2008/03/23(日) 23:50:10 ID:VmGFepyW
>>550
ええ・・・残念ながら。
あなたの書く言葉は、真理を感じ取る者から見ると明らかに間違っています
重要な事は、説得力があるかどうかという点ではなく真実か否かです
そしてあなたの言葉は真実(主に近いという意味で)からはかけ離れていると言わざるを得ません・・・
あなたが心を磨かれていつか正しい知識を得て、真実に近づけるように祈ります

554 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 00:27:23 ID:TMD+rBoS
>>553
>あなたの書く言葉は、真理を感じ取る者から見ると明らかに間違っています
では、どう明らかにか違ってるか説明したら。第一真理を感じ取るって者って
どんな人?

>重要な事は、説得力があるかどうかという点ではなく真実か否かです
説得力なくしてどうやって真実か否か決められる?

>そしてあなたの言葉は真実(主に近いという意味で)からはかけ離れていると言わざるを得ません・・・
何故か理由を聞こう。

>あなたが心を磨かれていつか正しい知識を得て、真実に近づけるように祈ります
おまいら正教?のアホは、神に祈りさえすれば真理が授かるものと盲信している。




555 :mkiodfjjf:2008/03/24(月) 00:29:23 ID:MwPH63nc
炎の剣は確かに創世記に出てきたけど炎からは天使は造られていないぞ。
自由意志は天使と人間に与えられた。
天使で堕落したのがサタンである。
人間は残念なことに全人類が堕落して原罪をもっているため罪人である。
よってこのままでは地獄にいってしまう事になります。
そこで登場するのがイエス・キリストです。

アインシュタインの受賞についてはうろ覚えだから覚えてない。
量子の世界で通用しなくなるのはニュートン力学である。
相対性理論はむしろ積極的な意味で貢献したらしい。

それと自分を神という人は本当に傲慢で高慢でありいずれ打ち砕かれるでしょう。
そのときに素直な心を持って悔い改めましょう。

556 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 00:42:08 ID:TMD+rBoS
>量子の世界で通用しなくなるのはニュートン力学である。
あのな、極微の世界での重力の影響は他の三つの力に比べて桁はずれに
小さいので重力理論といわれる一般相対性理論も通用しなくなるのよ。





557 :モエカス:2008/03/24(月) 00:44:00 ID:0nwmGxRm
とりあえず、
きみたちが真理と呼ぶものの内で何が正しいかは
このスレでどうしても今話題にしなきゃいけないことではないので
>>553-555が全員死ぬまで待ってみりゃいいじゃない。
どうせその時、いやでもあきらかになるんだし。

558 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 00:47:08 ID:TMD+rBoS
なんだ?モエカス 気は確かか?

559 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 01:52:30 ID:0Abe1kzW
このスレ全体を通してみたが、なんで、反進化論者とか科学懐疑主義者って、こうイタいのかな?
勝手に、自分で言葉の定義を決めちゃうし。

とりあえず、>>429
>念の為言いますが、チェスも囲碁・将棋もスポーツです。運動競技のみスポーツなのは日本だけですので
というのが、個人的に一番ぶっ飛んだ。
科学とカテゴリーが違うから、誰もツッコミ入れてないが、勝手にスポーツの定義を変えられてもね。
それなら、チェスや囲碁はとっくにオリンピック競技だよwwww
日本だけって、世界を見てきたような口をたたくし。
もはや、自分が全てを決めるんだろうね、言葉もルールも。

560 :mkiodfjjf:2008/03/24(月) 03:17:11 ID:MwPH63nc
ところでどうやったら「429」というのをみんなと同じように青く返信できるんだ?
かならず429へみたいになるのだが

561 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 09:58:18 ID:SRNPDbaw
mkiodfjjfは初々しいな。若い地球の創造論者の登場は久しぶりだよね。
それにしても、「アインシュタインはノーベル賞を2回受賞した」というの
には笑った。検索能力もないのね。

562 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 11:38:37 ID:5k3wkWI4
根拠に基づかずに主観だけで判断してると>>553-554みたいに不毛な言い合いになるんだなあ。
どっちも「相手に根拠を提示されて考えを修正する」ということができない。
根拠関係なく「私こそが正しい」って信じちゃってるから。

一生「○○が真実である。私こそが正しい」と言いあって過ごすんだろうな。

563 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 12:35:18 ID:TMD+rBoS
>>562
根拠どころか問題提起さえ出来ず幼稚なことしかカキコできない
アホがおおちゃく言うな。



564 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 12:49:37 ID:KZ00Wk0j
確かにエヴァンジェリスト達が進化論に強健に反対しているのは見苦しいが
時代の流れからすると宗教回帰というのが今の方向性で、この流れを読めない近代主義者というのもちょっと痛いよね


565 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 13:01:38 ID:KZ00Wk0j
ネヨさんのおっしゃる天、霊、自然の三段階の天使が居るとの説明興味深いのですが、出典はどこにあるのでしょうか
そういった教えをとく団体があるのですか?


566 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 13:18:05 ID:VpaxRKVx
みなさん!
私が創造主です!
これが真理です

567 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 19:01:54 ID:WsBVsm+m
時代の流れは宗教回帰なので創造論は正しいです
こうですか、わかりません><;

568 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 20:20:36 ID:+skKtHjW
>>560
まず「429」を半角で「429」と打て。
そして数字の前に半角で「>>」と打て。
つまり「>>429」と打てってことだ。

569 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 20:24:14 ID:KZ00Wk0j
無神論者と宗教者の友情を見た。


570 :神も仏も名無しさん:2008/03/24(月) 20:26:58 ID:WsBVsm+m
創造論を間違いって言ったら無神論者とかアホだなwww

571 :mkiodfjjf:2008/03/24(月) 20:54:12 ID:MwPH63nc
>>568
でできてるかな。サンキュー。助かった。
どういうテクニックか謎だった。とりあえず投稿して確認してみる。

572 :mkiodfjjf:2008/03/24(月) 20:55:32 ID:MwPH63nc
オーケー、無事に無事に成功していた。

573 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/03/24(月) 22:29:22 ID:zNRSO+2H
次はトリップだな。(笑
#の後にテキトーな文字や数を入力すると、トリップが付くぞ。(笑

574 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 02:29:12 ID:SF5TEEhn
#こういう事か

575 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 02:51:21 ID:SF5TEEhn
日本ではあまりにも一方的に進化論がまかり通っている。
これはほかの先進国(欧米)では考えられない。
それらの国では創造論一辺倒ではない。どういう事かというとだいたい半々くらいなのだ。
そんな世界でも確実視されていない進化論を日本では「真理」として
教えている。これに私は義憤を感じます。何故ダーウィンの理論を鵜呑みにするのか?何故正確さに欠ける科学的手法による(炭素測定法)結果を
絶対とするのか?それらは勿論あるときは役に立つ。しかしぶれも多いとは進化論に反対する科学者でさえ認めている人がいる。
それをあたかも数学の定理であるかのように、教えるのはまちがっている。
我々素人は教科書の事を世界史のように丸暗記してきたかもしれない。
しかし一流の科学者達(進化論者)もそろそろ気づいてきているらしい、
自分たちの間違いに。内心では彼らは知っている「このようなバランスのとれた、
美しい地球は偶然ではありえない。必ずクリエーターがいる。」しかし
それを認めると今まで進化論者としてやってきた自分の地位が危うくなるから(特に日本では)
皆黙っている。結局真理よりも自分の名声を求めている、。
しかしそれ故に日本では進化論のみが教えられている。
アメリカやヨーロッパでは半々だというのに。子供達に間違ったことを教えて良いのか?
しかも進化論には「強い者、適した者が生き延びる」という弱肉強食適者生存の論理がある。
これは子供を競争に追い立てる。心のゆとりを奪う。犯罪が多くなる。
対して創造論はどうか?人類も神の大事な作品。故にお互いを傷つけるのは
神に逆らう事になる。故にお互いを「神の作品」だから大切にしよう、
という心理が働き他人に対して親切になり愛を持てる。優しくなれる。
そして犯罪は減る。
なんとすばらしいことか。
事実ダーウィンはクリスチャンの家庭に生まれ育った。
で神学校を事実出ている。
でも自分の娘が病気で危篤状態に会ったとき必死の祈りにも関わらず娘は
なくなった。それ以来彼は神を疑い聖書を疑った。ダーウィンの原点は
ここにある。徹底的にそれまで自分の信仰してきた聖書に反発していった。



576 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 03:15:46 ID:jAn1c0+I
前も出たけど、化石の年代測定は炭素測定法じゃないよ。
しかも化石の年代測定は、必ずいくつかの測定法を交えて決定するんだけど。
クロスチェックは科学の基本ですよ?
そうやって少しずつ積み重ねていった結果が今の進化論なんですけど。
大体、欧米でも創造論を授業に取り入れるってのは裁判で却下されたよ。
創造論は子供にいい影響がある?進化論は子供に悪い影響を与える?
そのアホ臭い理論はもうこれまで何百回と聞いてるんだよね。
いい?倫理は科学とは関係ない。
科学は倫理を教えない。
何で「道徳の授業」なんてものがあるのか考えたら?

そうやってコスい捏造と印象操作しか出来ないならもうどっか行ってくんないか?

577 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 04:11:39 ID:/Mb4GHzz
>>575
なんで欧米で創造論がまかり通っているか考えたことがないおバカさん?

578 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 04:31:19 ID:/Mb4GHzz
>>575
「先進国」とか言っている時点で痛々しい。

579 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 05:58:23 ID:SF5TEEhn
>>576
君は科学について本当に無知なのねW。
他の年代測定法もあるにはあるけど主流は炭素測定法なんだよW。
却下された?本当にアメリカの教育についても無知ですね?
アメリカ全般で禁止されたとでも?W。
向こうは州単位で法律から何から違うんだよW。
ある州では死刑廃止制度を取り入れ別なところは取り入れていないW。
もう少し勉強してから書き込もうね、お嬢ちゃんW。

>>577
欧米でまかり通っている?どんな現実認識ですかW。
半々だといっているのがわからない?日本語苦手?
それは失礼W。


580 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 06:42:06 ID:O4dl9Wo2
>579
無知なのはあんただ。
炭素年代じゃがんばっても7万年前までが限度(それでも聖書年代の上限よりよっぽど長いが)
それより古い時代はP-Ub法かK-Ar法しかない。

そもそもどうやって石化したものから生きていたときの炭素同位体比を割り出せると思ってるんだ?

581 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 07:56:13 ID:ItxNlf6K
>>575
>半々ぐらいなのだ

おいおい。生物学のシロートの中では半々かもしれんが
生物学の学者では「進化論否定、創造論支持」の奴なんてぜんぜん居ないぞ。
バイオ関係の学術雑誌とか読んでみぃよ。
進化論を前提としてる論文ばっかりだ。創造論を前提としてる論文なんて皆無だぜ。


年代測定についてはよく創造論支持の人が使う手法らしく、
それに対するツッコミが既に某サイトにまとめられてるよ。

誤解に基づく放射性炭素による年代測定批判
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/carbon14.html

582 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 08:43:35 ID:/Mb4GHzz
>>577
アメリカみたいな状況を、「まかり通ってる」っていうんだよ。

もしかしてあんた、どっかの原理主義教団の二世?
中学生くらいだろ?

583 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 08:44:03 ID:6GaJThjU
>>575
先進国で「進化論と創造論が半々」なのはアメリカ合衆国ぐらいだよ↓。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050313

しかもアメリカ合衆国で創造論を支持しているのは低学歴層↓。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20071203


>一流の科学者達(進化論者)もそろそろ気づいてきているらしい

具体的に、その「一流の科学者達」の名前を挙げてみてごらん。

584 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 10:10:06 ID:qKvIrdcg
>>552
天使が何から創造されたか、という記述じたい聖書にはない。

炎から天使を創造、というのはクルアーンでイブリースが神にアダムを
跪拝しろ、と言われた場面で、したくない言い訳としてイブリースが引き合いに出す。
クルアーンの別のところでは天使は光から創造されたとある。

585 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 11:10:45 ID:3jB5Q0/6
>>575
> 対して創造論はどうか?人類も神の大事な作品。故にお互いを傷つけるのは
> 神に逆らう事になる。故にお互いを「神の作品」だから大切にしよう、
> という心理が働き他人に対して親切になり愛を持てる。優しくなれる。
> そして犯罪は減る。

そのわりには欧米は凶悪犯罪まみれだが。

586 :モエカス:2008/03/25(火) 11:20:45 ID:y+EnUu8d
>>575
>故にお互いを「神の作品」だから大切にしよう、
>という心理が働き他人に対して親切になり愛を持てる。優しくなれる。

カナンは無視か?

587 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 11:59:39 ID:qKvIrdcg
創造論全盛なイスラム国家では同性愛者が処刑されたりするが、mkiodfjjfにとってはどうでもいいことなんだろう。

588 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 12:14:02 ID:/Mb4GHzz
>>587
創造論者らしくて結構じゃないか!

589 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 12:17:48 ID:/Mb4GHzz
『エホバの証人ふざけるな』スレでも妄想撒き散らしてるから参考に。

590 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 14:08:38 ID:ItxNlf6K
>>587
 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     / 
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.

591 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 15:27:52 ID:yXwOr9Uh
>>587
聖書に基づかない死刑ですから、私はそのイスラム諸国の政策に反対です。

しかし、同性愛は罪でないとし、罰しないという価値観は、イスラム諸国に誇れるものなのかは、省みるべきではないでしょうか?
同性愛も、自殺、売春、近親相姦も、他人に迷惑さえかけなければ本当に自由でよいのでしょうか?
仮に自分の家族が、同性愛者であったり、売春をしていたりしたら赦せますか?
個人の自由だとして、家族でさえゆるすという人がいたら、その人は異常です。
同性愛擁護論には、自分の家族が仮に同性愛者だとしたらという視点が完全に欠けています。
同性愛は、家族道徳を破壊する大変罪深い不自然な行為です。
進化論者は、同性愛者は子孫を残せないから、問題ないと考えるでしょうが、現実には同性愛者減っていません。
これは、また遺伝的(先天的)素因が原因でなく、純粋に本人の責任であることを示しています。
つまり、本人の責任ではないから罰しないという理由も間違いとなります。

少数派の考えは馬鹿にし、世の中で主流になっている考えには何ら疑問を持たないというその姿勢に問題はありませんか?
真の救いというものは狭き門にあるものです。

592 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 15:33:28 ID:O4dl9Wo2
>591
いろいろ言いたいことはあるが,この一言で十分だな

ス レ 違 い 乙


593 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 15:40:05 ID:yXwOr9Uh
>>586
カナン人を聖絶したのは、主の命令によるものです。
彼ら、自らの罪故に罰せられたのです。
それを、主の命令でもないのに、虐殺を行ったかつての自称キリスト教徒と同列に扱うのは問題があります。
そもそも、カナン人の行いは問題にしないのでしょうか?
彼らは、生まれたばかりの赤ん坊を、火にくべて生け贄に捧げていたのですよ。
今日、妊娠中絶を平然と容認していますから、彼らの行いも大したことではないとあなたの目には映るのかもしれませんが。

594 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 15:50:41 ID:yXwOr9Uh
>>592
ならば、>>587にまずそう言うべきですね。
やはり、進化論者は、身内には甘いようです。
それに、進化論と道徳という論点も>>591には含んでいたのですが、分かっていただけなかったようですね。

595 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 15:56:31 ID:O4dl9Wo2
>594
いや,あまりに長々と書き込んでたから思わず「乙」とw

あと科学としての進化論は(進化論に限らずだが)道徳を含むべきではないよ。
万有引力で道徳を語ろうとするぐらい不毛だw

596 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 16:02:27 ID:qKvIrdcg
>>591
「女と寝るように男と寝る」男は殺すべし、とレビ記にはある。

売春や近親相姦なら許せんが、単に同性愛であるだけなら許せる。
家族や親戚に同性愛者がいたとして確かに普通に接することは難しいが、
少なくとも家を追い出したり恋人との仲を強引に引き裂いたりはしない。

同性愛者だろうと真剣に愛し合っているのなら反対する客観的根拠が見当たらない。
そもそもそれ自体は悪ですらないし西洋から入ってきていつの間にやら日本にも
定着した因習が染み付いているだけ。これこそ異常なことではないか。

死刑に反対とか言ってるが、正直なところ同性愛者は異性愛者よりも権利を制限されるべきだとか思ってるでしょ?
>>593
処女だけ残して後は殺す、並に酷いな。

両者とも自分の宗教の名の下に生命を奪ってる、という点で共通している。
>>594
mkiodfjjfの
> 対して創造論はどうか?人類も神の大事な作品。故にお互いを傷つけるのは
> 神に逆らう事になる。故にお互いを「神の作品」だから大切にしよう、
> という心理が働き他人に対して親切になり愛を持てる。優しくなれる。
というレスへの反証だから、mkiodfjjfと同程度にはスレ違いではないと思うよ。

597 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 16:09:03 ID:O4dl9Wo2
>596

だからスレ違いだって。




とレスしとかなきゃyXwOr9Uhに怒られるな,きっとw

でもこの流れだと俺の方が空気読めてないっぽいな。無視してくれ。


598 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 16:30:07 ID:ItxNlf6K
>>591
家族、兄弟に同性愛者が居ても赦せるっすよ
なんで赦せないの?


>>593
でもカナンに攻め込んだ時、カナン人の男児まで殺したんじゃなかったっけ。
生まれたばかりの赤ん坊を殺すやつらなら、その子供でも殺していいというのかい?

あなたが当時のカナンに攻め込む民の中にいたとして、カナン人の男児を殺しますか?殺しませんか?

599 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 16:34:20 ID:ItxNlf6K
>>591
あと同性愛にはホルモンシャワーと言って、胎生時に母体にストレスがかかった事によって
母体からのホルモン供給バランスが崩れ、脳と体の性の不一致が起こって同性愛になるって説もあるのよ

これでも「純粋に本人の責任」ですか?
そのへんどうお考えですか?

600 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 16:53:15 ID:/Mb4GHzz
>>591
なんで同性愛を『赦す』という話になるんだ?
赦す赦さないとかいう問題じゃないだろ?
お前は、弟の性癖を赦したり咎めたりできる権限を持っているのか?
随分と偉いんだな。

映画フィラデルフィアでも見てよく勉強しろ。

601 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 17:08:58 ID:Y8300XCS
>>591
その進化論者は一体誰?

602 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 17:12:13 ID:bCXsCBcb
そもそもなぜ同性愛を「悪」だと見なすのかな?
さっぱり理解できんのだが。

603 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 17:26:12 ID:/Mb4GHzz
弟がブスの嫁さんを娶ったら『弟よ、俺はお前を赦す』なんて言うのか?

何様だよ?

604 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 17:27:58 ID:i4qrKQCd
なんか勘違いしているらしいが、科学なんてものは本来「事実」をたんたんと紐解くだけのものであって、
そこに善悪の基準や倫理観なんてものは存在しない。

例えば天文学者の研究により「今から3日後に巨大隕石が地球に直撃する」ことが判明したとしたら、
「聖書にはそんな記述はない」「人類を殺す権利など天文学者にあっていいはずがない」と叫んだところで
科学的な見地から隕石の直撃は避けられないし、
「こんな科学は間違っているから情報を伏せておくべきだ」と言って国民に知らせずにいたところで
国民の命が助かるわけでもない。
どんなに都合が悪かろうが、事実は事実なんだよ。
同じように「進化論は倫理的に見て間違っているから学校では創造論を教えるべきだ」といったところで過去が変えられるわけではない。

605 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 18:02:53 ID:jAn1c0+I
要するに「キリスト教が道徳的だ」なんて言うのはこじつけなんだよ。
生物は総て神が作った。その中でも人間は神に似せて作られたので高等!
って言うのと、
現在生きている総ての種は、同等に進化してきた尊い生物!だから上も下もありません!
って言う進化論と、どっちが道徳的に見える?
「キリスト教が道徳的」って言うのも、上の理論と一緒でこじつけ。


606 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 18:13:53 ID:/Mb4GHzz
聖書の神が高等に見えた試しが一度としてないんだが…

607 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 19:09:53 ID:Y8300XCS
洪水おこして人間皆殺しにしようとするなんてひどいです><

608 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 19:30:16 ID:04SMhgsI
今度の洪水は人類が起しそうだね。

609 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 21:35:55 ID:SF5TEEhn
これはどうも、。一度には答えきれないな。あっという間にカキコがあった。
聖書では近親相姦も同性愛も獣と寝ることもレビ記、申命記で禁じている。
それを犯した場合は死刑に処せられるとあります。

またかなん人は堕落しきっていました。そどむやごもらと同じです。
つまり神の裁きがあったし彼らには裁かれる正当な理由があったのです。
その証拠に創世記にはそどむは同性愛がはびこっていたというのです。

また炭素年代測定法は大きな時間を扱います。例えば進化論が前提なら4億年も4億5000万年も
対して変わらんと思うかもしれない。しかし創造論にとってはまだ6000年しか経っていないので
それでも大きなブレなのです。

生物を人間と同じように扱うのは間違ってます。
勿論生物も大切にする。しかしそれらに人間と同程度の尊敬は払えないしそうする
べきではない。人間は特別。何故か?人間のみが神に似せて造られたから。


610 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 21:40:06 ID:/Mb4GHzz
>>609
だーかーらー、根拠がなければ何だって言えるんだって。

611 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 21:40:58 ID:jAn1c0+I
>>609
人間が特別とか同性愛NGとか神信じないなら死ねとかが宗教的に正しい事と、
それが子供に悪い影響を与えるかどうかって言うのは全然別の話だよね?
その「宗教的に正しい事」で人を殺しちゃっても良いって言うのは、子供に悪い影響を与えないんですか?
例えばイジメですね。こいつはあの宗教をやってるからいじめても良い。
そういうことが起こりうるから宗教は禁止してください。

あんたが進化論に対して言ってることは、それと全く同じなんだけど。

612 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 21:52:44 ID:SF5TEEhn
>>610はとらえずスルーしましょう。証拠は聖書にある。箇所を示して
いるではないか。そうか、ノンクリには確かに証拠にもならないかもな。
では討論はこれ以上先には進まないだろう。お互いの根拠がかみ合わないから。

>>611人を殺すのは誰かを良く考えよ。
そどむの時には主の使いが裁きを下した。人間ではない。
裁くのはあくまで神であり人間ではない。
よっていじめとは同列には扱えない。いじめは人がするからだ。
宗教的な理由をつけるいじめっこがいたらそいつは、大義名分を言っているだけ

613 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 21:54:12 ID:jAn1c0+I
>>612
それじゃあ進化論でもそうだねww

614 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 21:54:57 ID:/Mb4GHzz
聖書が根拠として有効かを示さずに、聖書を引用するのか?

615 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 21:56:18 ID:DbW4fsSY
ソースは聖書(笑)

616 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 22:00:51 ID:SF5TEEhn
ここでちょっとストーリーをつくった。まあみていけや。
あるとこに、ひかるくんがいた。かれは水たまりのアメーバを間違って
踏み殺してしまった。彼の顔は青ざめた。
ひかるくん「僕は何という事をしたのか?人間の祖先様を殺してしまった。
誰でも自分の祖父を殺したら処罰される。このアメーバ様は祖父の祖父の祖父の祖父の・・・・・・様である。
僕は人殺しと同じ事をしてしまった。故意ではないといえ、交通事故も罪にとられる。
ああああああ、僕はアメーバ様を殺してしまった。この全人類の偉大な祖先様を・・・。。
僕は警察に自首するべきだ。」
しかし警察は取り合わない。ここに進化論に矛盾をかいま見ることができましたwwwwwwwwwwwww

617 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:05:53 ID:DbW4fsSY
ぼくはあほでばかなんですぅ!
って叫んで何が楽しいのか理解できない。
なんらかの萌え狙いなの?
俺はちょっと萌えるがw(もちろん女子限定)

618 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:11:09 ID:i4qrKQCd
>>616
なんというタイムパラドックスwwwwww
ひかるくんはタイムマシンでも発明したのか?
もしくは、あなたはアメーバの寿命を何か壮大に勘違いしているのか?

619 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:14:19 ID:/Mb4GHzz
倫理と科学を混同してるバカ。

620 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:20:35 ID:i4qrKQCd
きっとわざとバカなことを言ってるんだよ
釣りなんだよ
いくらなんでも本気でこんなこと言うわけないじゃないか。うん。

621 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:22:23 ID:/Mb4GHzz
チクショー!
また釣られたかー!

622 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:30:38 ID:/6tbOcNW
>>616
あんたはやっぱり、人間は特別だから「死なない」って思ってるの? 
魂の不滅、とか言いたい人なの?

623 :mkiodfjjf:2008/03/25(火) 22:48:16 ID:SF5TEEhn
>>617-622はヮロスw。萌とか釣りとかそんなレベルに人のストーリーを下げるな怒怒
これは立派な討論すべき論題である。
何故人だけ特別なのか?(つまりアメーバを殺しても罪に問われない。しかし殺人は罪。
つまり人間だけ特別。)
これを創造論なら説明できる。しかし進化論で人間が何故特別か説明できるかい?
もっとも進化しているからかい?

624 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:49:46 ID:DbW4fsSY
>>619がはっきりと述べてることが理解できんのかw

625 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:52:50 ID:i4qrKQCd
>>623
人間も動物の一種ですが…?
何を言っているの?

626 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 22:57:34 ID:/6tbOcNW
>>623
戦争で人を殺しても、罪には問われないよ。
大量殺人が宗教的に正当化されることは、いまでも当たり前にあるよ。

627 :モエカス:2008/03/25(火) 22:58:55 ID:y+EnUu8d
>>593
FISH!!

>そもそも、カナン人の行いは問題にしないのでしょうか?
カナン人に問題があるならカナン人のルールで裁けばよい。
もちろんカンン人のルールに問題あるなら外部から非難される。
しかし、それは外部のルールでカナン人に何してもいいわけじゃない。

>彼らは、生まれたばかりの赤ん坊を、火にくべて生け贄に捧げていたのですよ。
一般的な道徳や倫理の観点から言えば
主の命令だからとか、未遂だからとかは関係ない。
おいこら、聞こえないふりすんなや、アブラハム。

628 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 23:20:32 ID:/Mb4GHzz
仮にカナンで人身御供(実際にあったのか知らないが)が行われていて、それが現代の中絶だと言うのなら、神がカナン人を人身御供の罪で皆殺しにしたことは、中絶した母親の親族を、中絶の罪で皆殺しにするのと一緒だぞ?

629 :神も仏も名無しさん:2008/03/25(火) 23:49:34 ID:yXwOr9Uh
>>596
>売春や近親相姦なら許せんが、単に同性愛であるだけなら許せる。

売春や近親相姦は赦せないのに、同性愛は赦せるんですか?
全く不可解です。
前者だと、なぜ赦せないのか、根拠を教えて下さい。

>家族や親戚に同性愛者がいたとして確かに普通に接することは難しいが、

なぜ、普通に異性愛者同様に接するのが難しいのか、考えてみましょう。

>少なくとも家を追い出したり恋人との仲を強引に引き裂いたりはしない。


私なら、その家族をそのまま追い出したりせず、根気よく、悔いを改めるよう、説得を続けますが。

>同性愛者だろうと真剣に愛し合っているのなら反対する客観的根拠が見当たらない。

客観的根拠なら、同性を愛するという不自然な状況で、十分なはずですが、それは無視なさるのですね。
それで根拠がないのなら、売春にも近親相姦にも根拠はありません。

>そもそもそれ自体は悪ですらないし西洋から入ってきていつの間にやら日本にも
>定着した因習が染み付いているだけ。これこそ異常なことではないか。

因習扱いして、外国より日本が道徳的に優れていると言いたいのですか?
世界では同性愛を罪悪視する文化圏の方が圧倒的多数派です。

630 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:00:06 ID:j/hS6SGs
>>596
>死刑に反対とか言ってるが、正直なところ同性愛者は異性愛者よりも権利を制限されるべきだとか思ってるでしょ?

同性婚など、当然認めるべきでないと思いますが、それが何か悪いですか?
仮に、それん認めれば、そのカップルが子供を持つ権利を認めたことになります。
子供は、通常ならありえない同性カップルという不自然な親に、育てられてしまいます。
子供には、自然な異性同士の夫婦に育てられる権利があります。
子供の人権は無視されるのですか?
また、教師など同性愛者には相応しくない職業もあります。
まさか、あなただって自分の子供の担任には、同性愛者を望まないでしょう。

631 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:03:19 ID:BfuNhD1o
同性愛者はまだ良いだろ。別に子供に手出しするわけでもないし。
ロリコン(同性愛者かつロリコンも含むがw)じゃなかったらいいよw


632 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:06:41 ID:U1str80e
>>591
アブラハムは神の命令によりイサクの命を神に捧げようとしたのだが、
カナン人も自分たちの神にしたがって赤ん坊を生贄にしていたのではないかね。

同性愛が減らないのは(統計的根拠は不明だが)同性愛者に異性と結婚させるからかもね。
あるいは利己的遺伝子説でも説明がつきそうだ。
つまり同性愛の遺伝子は必ず異性愛とセット、つまり両性愛となることによりコピーを増やすわけだ。
#これは俺のアドホックな仮説に過ぎないけど。

同性愛も、自殺も、売春も、近親相姦もそれの善悪は時代や文化による違いも大きい。
具体例をあげてもいいがスレ違いだからこの話題はこれくらいにしようか。

#まあ同性愛差別反対と叫んでいる人が家族に同性愛がいることを認めないのは偽善だし、
#ソープランドに反対しない人が家族の売春に反対したらそれも偽善だわな。

創造科学がバカにされるのは少数派だからじゃなく、内容がトンデモだからだ。
具体的にどうトンデモかはNATROM氏のホームページでも読んで欲しい。

>>609
年代測定法は炭素14だけじゃないぞ。NATROM氏のホームページで勉強したまえ。

633 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/26(水) 00:07:08 ID:U1str80e
>>632は俺ね

634 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/26(水) 00:25:16 ID:U1str80e
付け加えておくが真の救いが狭き門だからといって、
狭き門が真の救いとは限らない。逆は必ずしも真ならず。

635 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:28:59 ID:8vxC5yPF
聖書は1ポエムに過ぎないが、信じ込んでいる馬鹿、またはその振りをしている連中が
多いので危険なだけ。

636 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 00:33:23 ID:j/hS6SGs
>処女だけ残して後は殺す、並に酷いな。
>両者とも自分の宗教の名の下に生命を奪ってる、という点で共通している。

故意に相対化しているのか、本当に全く理解していないのかわかりませんが、両者は全く違います。
当時のイスラエル人は、主の命令に従ったのであり、いかに主の寵愛を受けていたとしても、命令に背いたり、疎かにすれば、すぐに主の怒りに触れて罰せられました。
罰せられたのはカナン人だけではないのです。
一方、カナン人は、周辺の民族からも、その因習を咎められていたにも関わらず、生け贄の儀式を改めませんでした。

それと、処女のみ残して、聖絶されたのは、当時の状況を考えれば当然です。
敵を少しでも生かして逃せば、彼らはいつまでもイスラエルの人々を脅かしし続け、結果的に戦争が長引きます。
処女を生かしたのは、戦争で失われた人口を少しでも補い、国力の衰弱を防ぐためで、当時の状況では当然です。
処女以外の女性を殺したのも、妊娠している可能性がある女性は、その後産まれた子供がカナン人の父を持つ可能性があり、その子供はカナンに帰属意識を持ちます。
成長すればイスラエル内でよからぬことをしかねません。
また、処遇も家庭内での紛争の原因になります。

637 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 00:47:50 ID:iRyHER3N
かなん人は全体として堕落していたのだよ。
恐らくかなんの裁判所まで。そうするとルールも何もない。
外部が裁いて然り。戦後の日本だって外国に裁かれたがそうでもしないと、
東条は生きていたかもな。

同性愛も罪に決まっている。なんで同性愛だけ許されるのかw。
近親相姦も同性愛もロリコンもみんな不自然な情欲だ。
明らかに異性同士が結婚すべき。
近親相姦の子は障害を抱えた子が生まれやすいという、統計はある。
しかしそういう問題以前に不自然な情欲は捨てるべき。
清い子孫を残す事に誇りを持て。男同士から子供は生まれるのか?

638 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:00:41 ID:j/hS6SGs
民族の存亡をかけた当時の過酷な状況では、こちらが徹底的に相手を撃ちのめさなければ、逆に滅ぼされるのは普通です。
主の寵愛を受けていたとはいえ、イスラエル人も、それは変わりません。
しかも、主は何から何まで、全てしてくれる訳ではありません。
主は、イスラエル人にあえてそのような過酷な戦いを強いたのです。
なぜ、平穏に終わるようにしてくれないかは、当然の疑問でしょう。
それは、なぜ主が人間に自由意思を持たせ、罪を犯せるようにしたのか、なぜ悪魔が存在するのか、そうした疑問にも通じます。
考えられることは、初めから完成された善の世界より、混沌とした過酷な世界で試練を受けながら、選択された善の方が価値があるからかもしれません。
しかし、被造物たる人間の知性で、主の意図を推し量るのは、無理があります。
我々に出来るのは、主の御心にただ従うだけです。

639 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:14:35 ID:Rtqc50WZ
>>629
>なぜ、普通に異性愛者同様に接するのが難しいのか、考えてみましょう。

日本で暮らしている以上、日本に定着した欧米の因習が刷り込まれているから。
エイズ患者や部落への差別心みたいなもの。

>根気よく、悔いを改めるよう、説得を続けますが。

自分にはそうする理由がなく、大きなお世話であるのでしない。

>不自然な状況で、十分なはずですが、

そもそも不自然だという根拠がない。自然界にも同性愛行為をする動物は多くいる。
少なくとも「ありふれた」という意味では不自然ではない。

>因習扱いして、外国より日本が道徳的に優れていると言いたいのですか?

いいえ。
>世界では同性愛を罪悪視する文化圏の方が圧倒的多数派です。

>>591で少数派の考えを軽んじるなと言っておきながら数に頼むのもどうかと思う。
その文化圏の多くはアブラハムの宗教の影響下にあるものではないか。
ミャンマーでも同性愛は禁じられインドでも取り締まられているからヒンドゥーにも
そういう教えが教典のどれかにあるのかもしれないが。

640 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 01:17:27 ID:iRyHER3N
しかも創造主は怒るのに遅い方。かなん相手にも我慢に我慢を重ねた事でしょう。
旧約には他にも裁きが(ノアの箱船、そどむごもら、堕落したイスラエル)
ありますがそのたびに神はできるだけ我慢しておられたのです。
特にイスラエルに対しては預言者を何人も遣わし悔い改めを迫りました。
しかしイスラエルは悔い改めずバビロン捕囚などの屈辱を味わうことになった。
神が短気なのではない。
人間があまりにも傲慢であり悔い改めなかったのだ!

641 :モエカス:2008/03/26(水) 01:21:04 ID:rlYaGLRo
>>636
おまえこそ本当に理解してないのか、
信仰で誤魔化してるのか分らないが、
「おまえが主と思ってる者」の価値観なんか
どうでもいいんだよ。

642 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:21:36 ID:0rZisAS+
>>609>>636>>638
ようするに、あなたたちが当時カナンを攻める軍に参加していたならば
カナン人ならば幼い子供だろうが男児は殺す、
と理解していいんですかね?
預言者が伝える主の御心に従って。
はっきりとイエスorノーで答えてくださいよ。


あと>>599にも答えてないですな。
母のストレスが原因で自分の意思は関係無く同性愛者になっただけの人についてどう思いますか?


>>637
子供が生まれる愛以外は不自然な愛ですか?
何かの原因で子宮が生まれつき無かった女性が恋愛するのは不自然な情欲とでも言いますか?
大仰な理屈をつけているけど筋が通ってないですよ。
もっとシンプルに「私が信じる宗教の聖典で禁じられてるからとにかくダメなのです」とでも言った方がまだ筋が通ってます

643 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:40:11 ID:Rtqc50WZ
生贄をやるのはなぜか、神の機嫌をとったり収穫などを願うため。
「民族の存亡をかけた当時の過酷な状況」にはカナアン人も含まれていただろう。
少しでも飯が食えるよう、栄えるよう、民族が存続するよう願っていたことだろう。
試しに生贄をささげないで収穫の量をみてみる、なんて聞き入れないだろう。
もし駄目だったらどうするんだという話になる。そんなリスクをおかすよりは
安定して全体を支えるため生贄を続けてしまえ、という事になってしまうだろう。

で、ヘブライ人はというと、>>636で言われているように
もし男児が成長した後ヘブライ人に復讐しようと考えたらどうするんだ、と考えただろう。
そんなリスクをおかすよりはその場で殺してしまったほうが安全だと考えたかもしれない。

両方ともリスクと命を天秤にかけた結果、リスクのほうが優ってしまった。

644 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:40:42 ID:8vxC5yPF
俺が示す愛以外は全て邪悪だ。滅ぼせ。
ーで、その愛の根拠は?
ポエムに書いてある。

アホとしか思えん。

645 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 01:57:24 ID:0rZisAS+
「創造論教育は倫理的だ」と言った人の倫理感をチェックしてみたら、
「私達の宗教の価値観で善とされるものが善。それに背くものは悪。」というシロモノだったとさ。

同性愛者を攻撃する教育を行い、その教育を受けた子供たちが大人になって同性愛者を攻撃し始めたら
「ああよかった、私達の倫理的な教育が実を結んで子供たちが倫理的に振舞っている」
とかホッとため息ついてそうですね。自称倫理的なあなた。

646 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 02:01:49 ID:8vxC5yPF
同性愛はキモイ。これは感情だから仕方ない。
だからといって、同性愛者の人格を否定したり、存在を抹殺しようとするのは、抑制の無い基地外。

647 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 02:08:00 ID:GNIRO6E8
そいつは基地外差別発言だな。

648 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 02:18:45 ID:BfuNhD1o
いや、抑制の無い基地外だからといって、人格を否定したり、存在を抹殺しようとしなければ差別ではないのではないか?
基地外を基地外ということ自体が、人格否定に当たるとするなら、それは基地外差別ではないかw?

649 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 02:23:52 ID:dYhRcUW8
嘘を広める宗教基地外だけは差別隔離してよい。

650 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 02:30:44 ID:uzb0gr0s
>>649
上座部仏教ぐらいしか残んないぞ

651 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 02:50:49 ID:iRyHER3N
>>642
君は相変わらずめざとく、揚げ足をとるみたいなのが好きだね。
別に子供が生まれないのを同性愛に反対する最大の論拠とは誰もしていない。
あれは明らかに疑問形式。反語でも何でもない。
その前のカキコで「レビ記並びに申命記で禁じられている」と主張したはず。
よってワシの事を>>644はあのように批判しているのだ。
そんな枝葉末節的なところにこだわりたがるのは君の方ですよ。


652 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 02:54:31 ID:iRyHER3N
>>648君は古代ギリシャのソフィストのような、弁論だけが達者な人みたいw。
もっともそこに登場するソクラテス達が真理を明らかにするのだが。

>>645同性愛が広がりさらに少子化に拍車がかかることに喜びを見いだすあなたw。
これと同じ事だよ、w

653 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 02:58:25 ID:iRyHER3N
進化論が真理であるかどうかは別として、それ自体で極めて有害である。
創造論は真理であるかどうかは別として極めて有益である。
結局まともな反論は最初の頃しかしてこず、結局最後はみんな感情的になり
日本の国会のように堂々巡りが続いていく・・・・・・・・・。

654 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 03:00:25 ID:i7AAR2SR
創造論は嘘で有害ってだけのこと。

655 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 03:15:41 ID:iRyHER3N
>>654
しかしそれを証明するものはない。
他方創造論の中には他者への思いやりが見受けれる。
ノアの箱船を神話の中の事と真剣にとらえない者が日本には大勢いる。
しかし聖書は確かに記録している。
そして今度は火を持って人類を裁くと書かれている。
その前に我々は創造論を受け入れ神に悔い改め、頭を垂れようではないか。
そして再臨の時に救われた者として自信をもって御前にひれ伏そう!

656 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 03:22:52 ID:i7AAR2SR
動物を一つがいずつ助けたんじゃ、再び増えるには近親相姦しか無い訳だが、何考えてんだ?
場所使って成獣一組残すより、何百系統の卵子と精子を凍結保存した方が余程マシだろう。

657 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 03:52:50 ID:iRyHER3N
>>656近親相姦が禁じられているのは人間に対してであるよ。
聖書の記事に動物の近親相姦が禁じられている箇所があったら節まで
提示せよ。
冷凍保存の技術は勿論神はお見通しだがノア達の混乱を避けるためにその
方法はさけられた。
現に箱船から下りたとき契約の虹と共に祝福されて現に今は何十億人となった。
人口増加を急ぐ必要はなかったのだよ。
それでも歴史は着々と終局に向かっている


658 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:03:46 ID:dJ51WJtp
ノアの一族だけでも十分近親相姦だろう。

659 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 04:09:27 ID:iRyHER3N
まあそうかもね。ただノアの息子達はすでに別なところから3人とも(セム、ハム、やぺて)
娘をめとっていた。だが近親相姦が規定されたのは時代がずっと下って出エジプトして荒野を
イスラエルがさまよっているとき。
このときはイスラエルのいわれにもなったヤコブさえまだ生まれていない。
レビ記申命記には確かに規定されている。
しかしノア達はそれよりはるかに昔の人。


660 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:13:26 ID:eWmucgNh
で、天地創造は何年くらい前で、アダムが作られたのはいつ頃だって?

661 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:22:40 ID:s8kYXJTQ
んなの適当にきまってるんじゃん。
別に宗教に正確性は求めてられていないんだから


662 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:24:15 ID:s8kYXJTQ
人間が土から生まれたという記述が科学的でないとかいう批判は低劣すぎるんだよね。
大体でいいんだよ。紀元前の人間に正確な宇宙観なんて語っても余計わかりずらいだけだ


663 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:24:50 ID:Ry0z/BE0
じゃ、神さんも相当いい加減なんだな。

664 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:26:01 ID:Ry0z/BE0
ほわーと、なんとくそうなんだね。
おめとう。

665 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:26:07 ID:s8kYXJTQ
ノアの洪水だって、はっきりしたことが現在の科学ではわかっていないだけで、
あった可能性はあると思うよ。
氷河期とか恐竜の存在のほうが、ノアの箱舟よりよっぽどファンタジックだが、科学的に証明されているわけだからね


666 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:28:20 ID:s8kYXJTQ
だって、ちょっと前まで、エテ公だったわけでしょ。進化論によると。
エテ公に進化論語ってもしかたがないじゃん。
その時代の人類の水準に合わせてばばっと大まかな概要を語っただけなんだろうよ。



667 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:31:01 ID:s8kYXJTQ
まぁ、要するに、神は凄い。とそういう話なんだよ。
それがわかればいいの。正確性よりも、ドラマ性を重視した部分もあるだろう。


668 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:31:12 ID:WYIHaKRg
ちょっと前っていつ頃?
ノアより前?後?

669 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:32:46 ID:s8kYXJTQ
進化論に置き換えても、凄いことに変わりは無いわけだからね。
あるときモンキーが人間になった。こりゃ奇跡でしかないよ。
長い目で見ると、微生物が人間にまでなっているわけだからね。
凄いことには変わりない。



670 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:33:38 ID:WYIHaKRg
別に神はいらないけどね。

671 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:38:23 ID:s8kYXJTQ
大体、進化論や現代生物学の方が言ってることは奇想天外なんだよ。
長い目で見ると鉱物から人間が生まれたって話だからね。
どっちかというと、進化論を読んだほうが畏敬の念に打たれるよ。


672 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:39:03 ID:s8kYXJTQ
神が無きゃ無いで恐るべき話に変わりは無いよw


673 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:40:16 ID:vPajReR7
>あるときモンキー

ふーん、モンキーかぁ

674 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:41:46 ID:aLReRPY4
>鉱物

??

675 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:42:54 ID:s8kYXJTQ
進化論は弱肉強食でなくて環境因がうんたらかんたら言うやつもいるが
環境因の結果論として、バクテリアが人間になったとしたら、それはそれで恐るべき事態なんだよ。
結果的に見れば、バクテリアを人間にするべく、環境が作用したということだからね。
原始人が、コリャなんか、見えざる知性でも居なきゃ説明がつかないと考えたとしても不思議じゃないんだよ。


676 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:46:33 ID:aLReRPY4
ボルボックスなんてご存じないかな?

677 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:46:48 ID:NlZvvdES
いいかげんキリスト教の是非はもういいだろ…

で,話題を変えてみたいのだが,仏教徒の中には
ヒトも偶然の産物にすぎないとする進化論の方が
居心地がいいって人も多いね。
ってこっちの話題のほうがスレ違いか。

678 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:48:26 ID:zJ7nq9le
進化論は居心地の問題じゃないからね。

679 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:50:25 ID:s8kYXJTQ
弱肉強食だったら、恐竜最強で、今も恐竜時代だからね。
環境という神が恐竜を倒して、結果的に、人類の時代を切り開いてくれたともいえるわけだからね。
ネズミと恐竜じゃ、環境が味方にでもつかなきゃ絶対勝てないからね。
北京原人とサーベルタイガーでもどう考えてもサーベルタイガーの方が強いからね。
ピカイアとアノマロカリスでもどう考えても、逆立ちしてもピカイアに勝ち目は無い。
しかし常に環境が救いの手を差し伸べてくれて、結果的に、人類が生まれてしまったわけです。
大体、人類自体が猿の奇形児で、普通に考えれば生き残れるはずが無いんだからね。
一体何なんだよこの幸運は。ということで、見えざる知性でも味方についてるんじゃなかろうかと発見したときに宗教が始まったのだろうね。
そして、淘汰論で考えると、宗教を持った猿と宗教を持たない猿で、宗教を持つ猿の集団が常に強かったので、現在まで、人類は宗教と共に生きてきたといえるわけだしね。
それは、つい最近のキリスト教アメリカと無神論ソビエトの戦いの結果でも明からだ。
日本の没落でも証明されている。



680 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:51:29 ID:NlZvvdES
>678
まあそうなんだけど一部のキリスト教徒の皆さんは論理の問題で語っておられるので

>ノアの洪水
 氷河期の終わりの海水準の上昇にともなって、海水がそれまでダムとして機能していた
ボスポラス海峡を超えて黒海に突然流れ込んだため周辺には劇的な洪水が発生した(証拠アリ)
これがノアの洪水の正体って話もあるね。

681 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:51:53 ID:pBy+dA0E
>偶然の産物
進化を神の意思と見做したラマルクも進化論の系譜には
入っているかと。全くの偶然なら、無数の亜種が存在しても
良いかと(自然淘汰だけでは割り切れない)。

682 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:52:19 ID:zJ7nq9le
じゃ、アッラー最強じゃね?w

683 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:52:24 ID:s8kYXJTQ
そりゃ戦後思想に影響された仏教で、本来の仏教は、そんな戦後唯物論みたいな話じゃないんだよ。
大体進化論は人は偶然の産物だなどと言ってないしね。
戦後思想のフィルターをはずしてみないと、真実は見えてこないぞ。




684 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:53:54 ID:s8kYXJTQ
アッラーは実際に、アメリカ軍を迎撃しているわけだしね。
ベトコンも猿の神様ハヌマンに祈ってアメリカ軍を追い返したわけで、全然侮れないのです。


685 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:54:25 ID:oITmaz2P
>>677
無数の亜種が化石で見つかってるし、どんどん増えてもいるようだが?

686 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:56:25 ID:s8kYXJTQ
近代化が足りないから日本軍は負けたのだと戦後反省が巻き起こり、近代化論が一斉を風靡したが
実際は、日本軍ほど近代的な軍隊は無くて、近代と近代の勝負で本家本元のアメリカに軍配が上がったが
朝鮮戦争やベトナム戦争を見ると、なまじ近代を知らないだけに、前近代の思想と戦法で実際にアメリカ軍を追い返しているわけですからね。
近代信仰にとらわれなければ無数の戦い方があった。


687 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:56:37 ID:NlZvvdES
>>683
>本来の仏教は、そんな戦後唯物論みたいな話じゃないんだよ
その本来の仏教ってのは大乗仏教? 小乗仏教はもっと唯物論的じゃね?

>大体進化論は人は偶然の産物だなどと言ってないしね
そだね。環境という因があったからこそヒトという果がいるわけで。



688 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:58:19 ID:NlZvvdES
>686
戦前の日本人の信仰心もバカにはできなかったと思うが…
負けたのは単に物量の差でしょ。

689 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 04:59:02 ID:o76hDeuV
果かどうか。
単なる過程の内じゃないかな?

690 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:01:43 ID:NlZvvdES
>>689
そして人がまた因となり…環境破壊か(苦笑

この無常性が仏教徒は相性がいいのかな

691 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:02:40 ID:o76hDeuV
>>684
物量の差は初めから明らかだったわけで、それに敢えて精神主義で挑んで負けた。
裏付けなき精神主義の敗北じゃないのかね?

692 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:05:36 ID:tOhKjuWa
人間最高、神様のお墨付き!よりいいのかもね。

693 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:09:24 ID:s8kYXJTQ
小乗仏教というのはひたすら瞑想して神仏と合一しようという思想で、唯物論のかけらもない思想ですよ。
というか、おしゃかさんというのは当時のインド哲学をすべてアウフヘーベンした教えを説いた人でもあって
その中に唯物論も含まれているんですよ。諸行無常の思想はその影響を受けているね。


上の話で言うと、今だって、アジア近辺に大津波が起こったりしているわけで
当時の規模なら、人類を死滅しつくした大津波と解釈してもおかしくないだろう。
そして、たまたまちょっと信仰心の厚い船の職人だったおっさんだけが生き残り、水が引いて、周囲が全員没落して、相対的に最強になり
残された田畑や金銀財宝をかき集めて、王様になっちゃったという話はありえるし、もし、そんなノアさんの立場なら「こんな幸運ってあるの?」と思うと思うよ。
まぁ、実際、人類の歴史や生物の歴史も、「こんな幸運ってあるの?」という連続みたいな話で、洪水どころか隕石が衝突して、繁栄を築いたというのが哺乳類の歴史だからね。
まさに、「こんな幸運ってあっていいの?」という連続みたいな話だよ。ノアが用心して、さらにいっそう神仏を崇めたであろうことは言うまでも無い。




694 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:14:01 ID:s8kYXJTQ
まぁ実際に、カルバンルターの宗教改革で、徹底した信仰主義になったキリスト教国は、近代以降ずっと最強で、今もなお最強なんだから
馬鹿には出来ない。一方、わが国の貧弱なこと貧弱なこと、
東西冷戦でアメリカコバンザメが出来る立場の優位性が失われたら、とたんに脆弱性を露呈して、もう国として終わってますよ


695 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 05:22:16 ID:pBy+dA0E
>>685
 人類にも亜種はいるのか? 人種問題に絡めると収拾がつかなくなるが
>>691
 そう、戦略論、戦術論の問題だよね。戦争目的が何で在って、
それを実現するためには限定された条件の中でいかに資源を分配
し集中させるか、「大東亜共栄圏」の大風呂敷は処理能力を超過し過ぎ
>>693
 小乗仏教は、釈迦が生前達したであろう思想。大乗仏教は釈迦の入滅後。

696 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 06:07:17 ID:vhviC88V
>>695
>人類にも亜種はいるのか? 

創造論者なんか知能の低さから見て亜種かも知れんなw

697 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 06:36:19 ID:j/hS6SGs
>>598
>でもカナンに攻め込んだ時、カナン人の男児まで殺したんじゃなかったっけ。
>生まれたばかりの赤ん坊を殺すやつらなら、その子供でも殺していいというのかい?

まず、主の命令であるということです。
そして、生かせば将来イスラエルの脅威になるということです。
さらに、生き続けて成長すれば、生け贄の伝統も継承する以上、彼もまた子供を殺すはずで、主にはわかっていたのです。
それと、男児には何の罪もないのにと思っているでしょう。
しかし、それは全ての人間が、生まれながらに、罪人であることを忘れています。
この世に罪のない人間はいません。

698 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 07:04:48 ID:j/hS6SGs
>>599
確かに仮にそうしたことが本当にあるとすれば、純粋にはその人だけの責任ではないケースも存在することになりますね。
それが本当なら、私も一部考えを修正します。
しかし、疑問点があります。
では、なぜ妊婦のストレスで、同性愛者が生じてしまうという、"欠陥"が放置されたままなのでしょうか?
ストレスを受けても、胎児が同性愛者にならない人々の方が子孫を残せる可能性が高いというのが、進化論的推論でしょう?

不幸にして仮にそうした原因で同性愛障害になってしまったとして、なぜその障害を治療したり、訓練で矯正しようとせずに、アイデンティティにする人が多いのでしょうか?
治療法がない障害や病気は、他にも色々ありますが、通常はそれをアイデンティティにはしません。
やはり、同性愛に肩入れする思想が、バックにあるとしか思えません。
これでは、同性愛障害の治療を望む人々には、今後も治療体制は整備されず、治療法の研究も進展しないことになります。
こうした人達の権利は、何故おろそかにされるのですか?
また、そうした障害であっても治療をしたり、矯正をしようとしないのは、やはり同性愛を積極的に選択したことと同じです。
自分の性別という現実からは誰も逃れることはできないのです。

699 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 07:16:43 ID:crmWvTNv
信仰の神秘を科学知で知ろうとするバカ桜満開の時節か。延々と続くアホジャリスレ。

700 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 07:18:01 ID:mNAmuurB
>ストレスを受けても、胎児が同性愛者にならない人々の方が子孫を残せる可能性が高いというのが、進化論的推論でしょう?

やはり根本的に進化論を誤解している。

701 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 07:18:54 ID:mNAmuurB
>信仰の神秘

脳の病気

702 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 07:53:28 ID:9JqoHULH
>698
>同性愛者が生じてしまうという、"欠陥"が放置されたまま
残念ながら進化も万能薬じゃないので。
本当にそうだったら奇形で生まれてくる子どもなんていなくなってる
はずなんだけどね。

>不幸にして仮にそうした原因で同性愛障害になってしまったとして、
>なぜその障害を治療したり、訓練で矯正しようとせずに、アイデンティティにする人が多いのでしょうか?

実際前世紀の前半まではそんな国が大半じゃなかったか。
それが本人たちが矯正を臨んでないという理由で同性愛を社会が認める方向に動いていった。

 仏教的に言わせてもらうと,同性愛を汚いとあなたが思ってるいるのは
ただあなたがその愛を色眼鏡を通して見ているだけだ。
その眼鏡さえ外してみれるようになれば、愛に貴賤なんかないという発想になるよ。
 特に人口爆発で人類オワタ\(^o^)/寸前の今の地球に置いては。



703 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 08:21:09 ID:JW56cdNX
>>657
>近親相姦が禁じられているのは人間に対してであるよ。

何を寝ぼけたことを。
もし禁じられているのなら、神は人類史を一組の男女で始めなかっただろ。

誰だよ、カインのセックスの相手を務めたのは(創4:17)?
母親か?妹か?
どちらにせよ、神の性癖は悪趣味極まりないな。

モーセの律法制定前ならばどんな性癖も許されるというのなら、アダムに至っては獣姦三昧だったかもなwww
神のセックスの趣味にはついていけんな。







704 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 08:28:58 ID:JW56cdNX
>:mkiodfjjf:
ぜひ答えてもらいたいね。

「神はネアンデルタール人を創造したのか?」


705 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 08:45:16 ID:JW56cdNX
>>697
>まず、主の命令であるということです。

んなことは聖書を読めばわかること。
で?「主の命令」だから何なんだ?

>生かせば将来イスラエルの脅威になるということです。
>生き続けて成長すれば、生け贄の伝統も継承する以上、彼もまた子供を殺すはずで。

確かにヤハウェ自身がそう言っているな(民33:50−56)。
だが、イスラエル人はカナン人を駆逐できなかった(裁15:63;16:10;19:12)。
さてさて、カナン人が生き残ることによって、生贄の儀式は継承され子供たちは殺されたかな?

ちなみに現代パレスチナ人たちの始祖はカナン人だが、不思議なことに生贄の儀式を執り行っていないな。
つまりだ、カナン人を皆殺しにしなくても、生贄の儀式は廃れたということだ。
つか、そもそも生贄の儀式をカナン人が行っていた証拠はどこにあるんだ?

>それと、男児には何の罪もないのにと思っているでしょう。
>この世に罪のない人間はいません。

挙句の果てには、ヒトラー万歳かwww

706 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 08:53:49 ID:uzb0gr0s
>>705
>>それと、男児には何の罪もないのにと思っているでしょう。
>>この世に罪のない人間はいません。

キリスト教の神話のことはよくわからないからだまってたけど
これならどんな殺人も正当化されないか? 伴天連こえーよ。

707 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 08:56:07 ID:5HLRndDS
宗教家なんて奇麗事言いながら神の名の下に平気で人殺しするからな。
怖いよ。

708 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:00:19 ID:2Uv1kAi5
無神論の被爆のもと
平気で環境を滅ぼすしね

709 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:04:35 ID:IcFGfdM/
>>700
生存に不利ということと倫理はまったく違うわボケ

生存に不利なら迫害してもいいという発想をするお前、キモいわ。

710 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:04:36 ID:JW56cdNX
>>706
伴天連は怖いものだよ。
皆殺しの思想がベースにあるから、一旦「神の代理人」を名乗ってしまえば、どんな人をどれだけ殺すかはその人の自由になる。
キリスト教徒たちは大量殺戮推奨派だよ。

神の命令だからって息子を生贄に捧げようとしたアブラハムを、熱心の理想だと称えているんだからwww
“奇妙なことに”ユダヤ、キリスト、イスラーム教は三者とも、アブラハムのその信仰に倣おうとしている。
人身御供を最大の信仰表明だと信じ込んでいる奴らがマトモなわけがない。



711 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:10:59 ID:5HLRndDS
キリスト教が伝わった所は、ほとんど戦争や虐殺に巻き込まれてるもんなぁ

712 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:14:11 ID:IcFGfdM/
>>697
自分の宗教が悪とみなした人間はその子供さえ殺し、神が命じたからとその行為を疑わない

罪のない人間なんかいない、と言い、子供を殺したことを正当化する

ごりっぱな倫理ですこと。

ナチスドイツはユダヤ人は害悪だという思想の元にユダヤ人を虐殺することを正当化してたらしいけど
「思想」が「神」に変わっただけで本質的には変わらないね。

713 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:28:13 ID:IcFGfdM/
>>698
そんな浅い考えで「進化論的推論でしょう?」と言われても。
もっと深く考えろ。
たとえば、もし「ストレスがかかっても脳と体の食い違いが起こらないように維持するのに必要なエネルギー量」が多かったら
そんな無駄なエネルギーを常に消費する一族よりたまに同性愛者が生まれる一族の方が生存に有利だわな。
また、同性愛者がある程度居た方が集団の存続には有利だという可能性だってあるしな。


しかし、矯正をしないのは矯正を望む人の手助けにならないので悪、だって?
寝言は寝てから言いなさい。
同性愛を罪悪としてしか見てない人にしか通じない理論じゃん。
そうでない人にとっては、
「左利きの人間が左利きを矯正しようとしないのは、矯正を望む人の手助けにならないので悪だ」
という話と同レベルの差別思想にしか聞こえないな。

714 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:30:41 ID:JW56cdNX
>>697
奇妙な話だな。

アブラハムは本気で息子を生贄にしようとしたんだよな?
もしみ使いが止めに入らなければ(創22:11)、アブラハムは息子を殺していたんだよな?
神はその本気度を褒めたんだよな(創22:12)?

じゃあ、カナン人の場合はどうなんだ?
もしカナン人が自分たちの神のために息子を生贄に捧げていたとして、それはアブラハムと同様の熱心ゆえではないのかね?
カナン人の場合はたまたまみ使いが止めに入っていなかっただけではないのかね?

アブラハムもカナン人も全く一緒だよ。

715 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:36:31 ID:IcFGfdM/
>>655
神の命令があれば子供を虐殺することも正当化し、
聖典に書いてあれば同性愛者は迫害する

そういう宣言をした人が「創造論には他者へのおもいやりが・・・」とか言ってても説得力なんかないですよ

716 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:41:44 ID:JW56cdNX
聖書の神って、トラブルを「皆殺し」でしか解決できないから面白くない。
利口じゃないんだなwww

717 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 09:43:58 ID:5HLRndDS
神に命令されれば人殺しも平気。
それじゃプロフェッサーギルに命令されるダークのロボットと同じですな。
自分で判断する良心回路はないのかw

718 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 10:39:23 ID:j/hS6SGs
>>600
>なんで同性愛を『赦す』という話になるんだ?
>赦す赦さないとかいう問題じゃないだろ?

同性愛は、道徳、特に家族道徳に反します。
これは立派に道徳の問題です。


>お前は、弟の性癖を赦したり咎めたりできる権限を持っているのか?
>随分と偉いんだな。

同性愛は、単なる性癖の問題なんですか?呆れました。
それなら、売春も近親相姦も、性癖、好き嫌いの問題にできますよね。
世の中には、いちいちその理由を問うまでもなく悪いことというのがあります。
人をなぜ殺してはいけないのか?
売春は? 近親相姦は? 同性愛は?
こうしたことは哲学の話題になりえても、通常問うべき必要性が皆無で当たり前の倫理です。
単に皆と変わっているからといった、日本的な理由でもありません。
そして主が、同性愛を不自然な行為とし、罪としている以上、私に変える権限はありません。
また、 私が赦す、咎める権限を持っている訳でもありません。
それは主の権利であり、私は主に従うよう説得するだけです。

719 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 10:55:39 ID:2Uv1kAi5
http://syarecowa.moo.jp/170/55.html
面白いよ

720 :☆@:2008/03/26(水) 10:56:49 ID:2Uv1kAi5
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1172304796/
あとこれもね

721 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 11:28:13 ID:uzb0gr0s
>>718
もうこれ以上お前さん相手に道徳論を語っても不毛ということがよくわかったよ
自分としては全知全能で(いるかどうかよくわからん)神様よりも欠点があって
確かに存在している目の前の人間の方を愛し重視したいがあんたにそんな発想はなさそうだ


頼むからあんたの主とやらにかわって殺人とかは犯すなよ

722 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 11:29:28 ID:5HLRndDS
>>718みたいな奴隷も世界には必要なのだよ。

723 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 11:32:29 ID:uzb0gr0s
ID: j/hS6SGs のおかげで創造論は倫理的という話も却下されたわけだしな

724 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 11:54:29 ID:0rZisAS+
>>718
マイノリティ差別とか民族浄化とかがなぜ起こるのか?についての示唆に富んだ文章ありがとう
そりゃこういう思考回路なら自分の行動が善であると疑問を持たずになんでも出来そうだ

725 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:13:15 ID:OuQo3c5d
まぁ、人間ってどこまで行っても何かの奴隷じゃないの。

神の奴隷の前に、国の奴隷、社会の奴隷、人の奴隷、肉体の奴隷、生命の奴隷。

そこに、ゴキブリ思想のニート、宗教、自殺が唯一の解放の逃げ道。
産まれながらに、死を確約され、頑張れ頑張れとムチ打ち生きる。神にすがる暇すらない。
科学に意味は無い、倫理、倫理。
創造は、人間肯定の淡い逃げ道。

人生とはそもそも錯覚の坩堝。わかった気になって、誰も何もわかってない。

726 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:18:46 ID:JW56cdNX
>>657>>703
↑「神の命令」とあらば、母姉妹も孕ませる。
>>697
↑「神の命令」とあらば、女子供も皆殺し。
>>714
↑「神の命令」とあらば、実の息子を人身御供。
>>718
↑「神の命令」とあらば、同性愛もキチガイ扱い。

これがクリスチャンの倫理観www
そういや福音書では、神様が他の男と婚約中の乙女を強姦して身ごもらせていたな。
レイプ犯の神様が下す命令では、もうどうしようもないな。

727 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:22:35 ID:JW56cdNX
>>725
いやまあそうなんだけど。
一応このスレの流れは、キリスト教と奴隷制度の関係の議論から発生してるから。


728 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 12:30:08 ID:iRyHER3N
>>703誰だよ、カインのセックスの相手を務めたのは(創4:17)?
母親か?妹か?
どちらにせよ、神の性癖は悪趣味極まりないな。

確かに最初の内は恐らく妹の方でしたでしょうね。エバにはアダムがいたから。
しかし最初はふつうの事柄が途中から罪になる、という事例もなくはない。
それ自体で有害なものもありますがそもそも「罪」の定義をご存じですか?
それはウエストミンスター小教理問答にありますが「神の律法、御心に逆らう」という
ことです。つまり十戒やレビ記での規定を与えられたあとで犯すのが問題なわけです。
何故なら意識的に命令を犯しているからです。
最初から一組しか確かにいない。いや一組というのもじれったい表現ですよ。
無性生殖を発明したのも神だから。その選択もあったのです。
しかし現実にはその与えれている範囲でやれ、という事なのです。
しかしそのときは禁じる律法はなかったから仕方ないのです。
もう一度確認しますが「罪とは神の律法および御心に背く」という事ですから。
その行為自体は善でも悪でもない可能性が高いのですね。


729 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:31:02 ID:YHfWH6bM
>道徳、特に家族道徳に反し

道徳なんぞ説かんでいいようにプログラミしとけよボケ神

730 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:34:19 ID:YHfWH6bM
>いちいちその理由を問うまでもなく悪いこと

はっきり言って、ないよ。
何らかの利害の集約として定義されたルーティンだ。

731 :mkiodfjjf:2008/03/26(水) 12:36:52 ID:iRyHER3N
>>694まぁ実際に、カルバンルターの宗教改革で、徹底した信仰主義になったキリスト教国は、近代以降ずっと最強で、今もなお最強なんだから

確かにそれはあるでしょうね。特にカルバンは職業召命観について多大な影響を与えました。
それは蓄財を肯定し且つ質素な生活を目指す理論でした。
実際に資本主義対共産主義では地球のどこをみても資本主義が栄えています。
中国旧ソ連北朝鮮等々、共産主義の国々でした。
もっとも中国は日本を追い抜かすほどの経済的な急成長を遂げていますが。


732 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:37:05 ID:YHfWH6bM
特定の社会集団の相対的利害を、絶対的な善悪にでっち上げるために捏造されたのが神や聖書だ。

733 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 12:45:09 ID:JW56cdNX
>>728
>確かに最初の内は恐らく妹の方でしたでしょうね。
>エバにはアダムがいたから。

なんで、「エバにはアダムがいたから」⇒「恐らく妹の方でしたでしょうね…」という論理展開になるんだ?

アンタの理論によれば、当時は一夫一婦制ではないんだろ?
つか、そもそも結婚制度自体ないだろ?
それなのに、どうしてカインが、実母とセックスすることが妨げられねばならないんだ?
無法状態なんだから、実母とも実妹とも実弟とも実父とも犬とも羊ともヤリ放題だよな?

あと、ウェストミンスター小教理問答はカンケーないからwww
今問題にしてるのは、ヤハウェ神の倒錯したセックス癖のこと。

734 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 13:03:13 ID:2Uv1kAi5
http://syarecowa.moo.jp/170/55.html
キリスト教ではなくキリスト教会ってのがミソだね
やはりユダヤは優れていたのかなぁ

735 :モエカス:2008/03/26(水) 14:08:16 ID:rlYaGLRo
>>718
>世の中には、いちいちその理由を問うまでもなく悪いことというのがあります。
>人をなぜ殺してはいけないのか?

おまえの二枚舌の方があきれるぜ。
主の命令という理由でカナンもペオルも
肯定しようとするくせに。

736 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 14:25:11 ID:AMJQbLaI
>世の中には、いちいちその理由を問うまでもなく悪いことというのがあります。

> それ自体で有害なものもありますがそもそも「罪」の定義をご存じですか?
> それはウエストミンスター小教理問答にありますが「神の律法、御心に逆らう」という
> ことです。つまり十戒やレビ記での規定を与えられたあとで犯すのが問題なわけです。


で、近親相姦や同性愛はどっちなんだよw

737 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 14:32:31 ID:y5Z12ys5
「主の命だ」と主張すれば出会った人間を皆殺しにしても罪にはならないのですね、よくわかります

738 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:16:44 ID:1zDVI089
なんでも善悪両面あるということだよ
例えばプロテスタントアメリカが主の命であると言って攻撃したような勢力がどういう存在だったかと言う考察も必要だろう。
原爆二発も投下された我が国だが、かつての我が国が倫理的な問題が全くない聖人の国だったかというとそうとも言えない面があるでしょ
アメリカに叩き潰された国家には北朝鮮みたいな側面もあった事は否定できない訳だよ


739 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:17:13 ID:y5Z12ys5
ハァン?

740 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:21:47 ID:1zDVI089
主の命であると言うからには少なくとも倫理的に劣った勢力を攻撃することになる訳で、無差別攻撃しているわけじゃないんだよ。
少なくとも「俺に逆らう奴は皆殺しだ」という人間よりはいくらかマシだろう。


741 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:27:47 ID:uzb0gr0s
>>740
>少なくとも「俺に逆らう奴は皆殺しだ」という人間よりはいくらかマシだろう。

多少はましだ。
だがヤハウェを信じてない人からしてみれば大して変わらん。

742 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:39:17 ID:1zDVI089
まぁ、多様な信仰があることを含めてこの世の現実であり、布教の自由を含めてこう言った現実を肯定するしかないのかもしれませんね


743 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:39:51 ID:AMJQbLaI
>>738
で、その肝心の北朝鮮がのうのうと生きながらえてることについてお前はどう責任取ってくれるの?

744 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:42:12 ID:8GSuRTkW
>>740
自分とヤハウェをすり替えてるだけだろ!

745 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:43:17 ID:1zDVI089
日本的相対主義だと北朝鮮を叩き潰す大義名分はないわけですよ
しかし我が国がアメリカだったら、拉致や麻薬を売るような悪の国家は主の名に置いて成敗するという話になり、とっくの昔に潰せていた可能性がある。


746 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:46:11 ID:1zDVI089
ヤハウエが与えたモーセの十戒をみると、非常に倫理的であり、ヤハウエと自分をすりかえられるような人物は、それはそれで立派な部分がある人だとも言える


747 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:49:46 ID:1zDVI089
大体、ヤハウエは恐竜の千万倍強大なリバイアサンやベヘモスのような怪物を創造する力があるスーパーマンで、ヤハウエを自分をすり替えられる人物が居たらまさに神だと言える。


748 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:58:02 ID:8GSuRTkW
>>746
十戒の倫理なんて、聖書なんか一度も開いたことないジジババでも持ってるわい。あんな程度でしかヤハウェは威張れないのか?


それより近親相姦・レイプ魔・大量殺人鬼のヤハウェについてはどうなんだ?

749 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 16:59:20 ID:8GSuRTkW
>>747
ただの怪力自慢かよ。

750 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:03:12 ID:1zDVI089
古代宗教とは存在とはなんぞやという高度な存在論哲学を含んでいる部分があり、多分原始人は恐竜の化石とかを見てゴジラの足跡を見つけたようなものでその存在に恐怖しただろうが
と、同時に、こう言った強大な存在も含めて、「在る」と言う事の不思議を哲学し、恐竜の存在よりよっぽど恐るべき、
全ての物事をあらしめている力に思い致り、恐竜の化石を見て、彼は死に我は在ると言う事実に思い致り、
我々には恐竜より五億兆倍強力な「創造者」が味方についていると言う事を発見し、こう言った高度哲学を解りやすいように物語り調にしたのが創世記だったりヨブ記だったのだろうと思う。
現代に入って独自の存在論哲学を確立したハイデッガーさんなども「ユダヤ教は素晴らしい!」などと絶賛しているからね


751 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:05:06 ID:HTL++oRw
やっぱりNOMAなんて無意味じゃん。
相手が侵略しようと目論んでるのに、こっちが仲良く住み分けようなんて言っても無駄だ。

752 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:09:23 ID:1zDVI089
748
ジジババを馬鹿にするが年寄りはその身で現実をいきてきて、実践的な宗教倫理を身につけた達人でもあり、そういった各地の年寄りの倫理とモーセの十戒の論理が一致するとしたら、
モーセの十戒は普遍妥当性を持った優れた論理であり、やはりハヤウエは素晴らしいと言う事になるし、ヤハウエの論理を子供の頃から身につけているユダヤ民族は
生まれながらにして80歳の老人ばりの智恵を身につけていることになりユダヤ教も素晴らしいと言う話になる


753 :モエカス:2008/03/26(水) 17:11:35 ID:rlYaGLRo
五億兆倍・・・

754 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:11:50 ID:y5Z12ys5
>>752
そうだな、ハヤウエは素晴らしい!
ハヤウエ万歳!

755 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:17:44 ID:JW56cdNX
>>752
各地の年寄りの倫理をたかだか10コ聞かせるためだけに、60万の男子をシナイ山麓に集め、それを石板に刻んだのか?

で、当のハヤウエ神のやることといったら、レイプに大量殺戮。
どんだけアホな神なんだよwww


756 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:23:38 ID:AMJQbLaI
>>745
だからなんでアメリカはそれをしないんだよw
50年以上もw

757 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:25:29 ID:AMJQbLaI
>>750
原始人に恐竜の化石なんて見れねーよ。
そのへんの地面に一頭ぶんが丸ごとおいてあるとでも思ってんのかw


758 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:26:37 ID:JW56cdNX
ところで、ID:1zDVI089よ。

ネアンデルタール人はハヤウエ神の創造の業か?



759 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:30:12 ID:1zDVI089
アホだろうが何だろうが、実際過去の現実の歴史を見ても大量殺戮の繰り返しだった面もあり、現代科学が明らかにした自然や生命の歴史を見ても旧約聖書は正しかったということになる
また、常識的には「んなアホな」と思える連続のような我々の現実だが、長い目でみるとそれなりの合理性があって
一見目茶苦茶ぐちゃくちゃの結果論として人類が現れて、こうやって高度文明が誕生したりしているわけで
料理で例えるならば人参さんとかゴボウさんにとって、切り刻まれたりして、訳のわからないことのオンパレードだが結果論として長い目でみると上等の野菜スープが出来上がっているようなものだろう


760 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:32:05 ID:y5Z12ys5
>>759
ごめん日本語でお願い

761 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:33:18 ID:JW56cdNX
>>752
>ユダヤ民族は生まれながらにして80歳の老人ばりの智恵を身につけていることになり
>ユダヤ教も素晴らしいと言う話になる

生まれながらにして80歳の老人ばりの智慧を身につけてるなら、ユダヤ教カンケーねえじゃねえか。
そりゃ先天的な要因だろが。

762 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:37:04 ID:1zDVI089
生まれながらというのは勿論「比喩」であって、子供や幼児の頃から聖書の論理を読み聞かされてその智恵を染み渡らせているという意味ですよ。


763 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:37:23 ID:6SifNw5t
そもそもどの宗教だろうが年長者の教えってのは生きてるもんなんだけどなwww

764 :モエカス:2008/03/26(水) 17:40:17 ID:rlYaGLRo
>現代科学が明らかにした自然や生命の歴史を見ても
>旧約聖書は正しかったということになる

おまえってさー、
なんでいっつもトンチンカンなたとえばっかで
具体例がひとつもないの?

765 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:40:53 ID:JW56cdNX
>>759
>旧約聖書は正しかったということになる

どのへんが?

>常識的には「んなアホな」と思える連続のような我々の現実だが。

たとえば?

>こうやって高度文明が誕生したりしているわけで。

なにをもって「高度」というんだね?


766 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:43:31 ID:JW56cdNX
>>762
ネイティブ・アメリカンだって染み渡らせとるがな。

767 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:51:50 ID:1zDVI089
聖書では色んな天変地異で国が滅んだり、町が水没したりと言う事が書かれているが、考古学や生物学によると実際に天変地異で滅んだ古代文明は腐るほどあるし、種族全体が天変地異で滅んだ例も無数にある。


768 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:54:25 ID:6SifNw5t
>>767
だから聖書が言ってることは総て正しいとでもwwww

769 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:54:48 ID:y5Z12ys5
>>767
うん、そうだね。
で?

770 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:57:58 ID:JW56cdNX
>>767
ソドムとゴモラが火の雨で壊滅した証拠は?
ヨシュアご一行がカナンの町町を軍事征服した証拠は?
ファラオの軍隊が葦の海で全滅したという証拠は?

771 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 17:59:31 ID:AMJQbLaI
>>767
例えばどの文明が天変地異で滅んだんだ?
言っとくけど、ポンペイはローマの都市であって文明じゃないからな。


772 :モエカス:2008/03/26(水) 18:05:14 ID:rlYaGLRo
>>767
言ってるそばから具体例なしかよ。

773 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:14:25 ID:1zDVI089
前にも言ったが、そもそも聖書や宗教書の記述なんてのは直観的、抽象的、曖昧でおおざっぱに書かれている面もあり、そりゃその目的が宗教真理の伝達であり、科学書ではないのだから当たり前と言える。
具体例を知りたかったらそれこそ科学書を読みなさいと言う事だろう


774 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:16:24 ID:y5Z12ys5
>>773
そうですか。じゃあ聖書は科学的じゃないってことでFAですね。
宗教真理でもなんでも勝手に伝達してください。
はいさようなら。

775 :モエカス:2008/03/26(水) 18:21:42 ID:rlYaGLRo
>>773
具体例もなく、
直観的、抽象的、曖昧でおおざっぱに書かれているものから
正しいとか、明らかとか判断しないことこそ当たり前だけど、
きみの星では違うんだんね。




776 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:21:51 ID:JW56cdNX
>>773
ということで、創世記の創造論は崩壊ね。

なんだったんだ、今までのやりとり。

777 :モエカス:2008/03/26(水) 18:23:07 ID:rlYaGLRo
おっと、
違うんだんね。じゃなくて、違うんだね。

778 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:41:25 ID:1zDVI089
いいかね。
具体例もなく、おおまかで直観的、抽象的かも知れないが、何千何万という時代をくぐり抜けて生き残って来た論説だからこそ、信頼性があるということもあるのだよ
人類は、その身、その人生によって、まさに具体例として、宗教真理の正しさを体験したり目撃実感するが故に
権威が生じ、絶えず生き残って来たと言う事でもあるのです


779 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:42:29 ID:5HLRndDS
だったらその具体例を出せよw

780 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:43:21 ID:y5Z12ys5
>>778
…論説?
今まで経典だと思ってたぜ!

781 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:51:09 ID:JW56cdNX
>>778
「直感的、抽象的」な「論説」とはこれいかに…。
どっちを取ればいいんだ?


782 :モエカス:2008/03/26(水) 18:54:24 ID:rlYaGLRo
>何千何万という時代をくぐり抜けて生き残って来た論説だからこそ、
>信頼性があるということもあるのだよ

じゃあキリスト教よりユダヤ教の方が信頼性があるな。

783 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 18:58:29 ID:2Uv1kAi5
目に見えて現存しているものより以前がよいよ

784 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:04:43 ID:AMJQbLaI
>>778
その理屈だと太陽は地球の周りを回ってることになるし、物は重いもののほうが早く落ちることになるな。



785 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:08:35 ID:1zDVI089
旧約聖書を読んだことがある人は、それが珠玉の名言、箴言の宝庫であることを知っているだろう。
聖書の箴言とは天才政治家でもあったダビデ王が書いたともいわれ、それ自体が第一級の帝王学にもなっており馬鹿には出来ない。


786 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:10:03 ID:y5Z12ys5
>>785
箴言が戯言に見えた

787 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:11:09 ID:y5Z12ys5
つーかだんだん関係ない方向に後ずさりしてるね。
いや別にどうでもいいんだけど。

788 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:12:54 ID:JW56cdNX
>>785
ダビデ作?
誰がそんなこと言った?
その証拠をあげてみろよ。

あと、箴言意外にも名言集は山ほどあるぞ。

789 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:13:07 ID:1zDVI089
聖書には地球の回りを太陽が回ってるなどと書いてないし、重いものが早く落ちるなんて書いていないし、別に科学の本なのではないのだから、読者もそんな記述を期待していないし、作者もそんなことを主要な論点にしていないことは、アホでなければわかる


790 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:15:28 ID:y5Z12ys5
>>789
あんた、話の筋が全く一貫してないよ。もう少し筋道立てて話せないのか?
それはそれとして

>聖書は別に科学の本なのではない
心の底から同意。

791 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:17:01 ID:JW56cdNX
>>789
神が天地を造ったなんてことぐらい「アホでなければ分かる」ってか?

792 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:18:14 ID:1zDVI089
聖書創世記の記述の目的は「とにかく神は凄い」と言う事だし神を讃える書物なのである。
たから、もし作者に現代人が「じつは地球は太陽の周りを回っているんですよ」と教えたらあっさり「あっ、そうなの?」と肯定し、「やっぱり神は凄い」と言い「さっそく聖書に書き留めて置こう」言うだろう


793 :モエカス:2008/03/26(水) 19:20:14 ID:rlYaGLRo
>別に科学の本なのではないのだから、
>読者もそんな記述を期待していないし
うん、だから

>現代科学が明らかにした自然や生命の歴史を見ても
>旧約聖書は正しかったということになる
こういう期待に沿わないあほをどうにかしようよ。




794 :モエカス:2008/03/26(水) 19:22:29 ID:rlYaGLRo
>>792
「じつは生物は進化したんですよ」

795 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:24:19 ID:y5Z12ys5
>>792
「じつは地球は何十億年前から存在していたんですよ」

796 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:25:37 ID:JW56cdNX
>>794
モーセ:「あっ、そうなの?」

797 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 19:30:28 ID:JW56cdNX
>>792
>「じつは地球は太陽の周りを回っているんですよ」と教えたらあっさり「あっ、そうなの?」と肯定し、
>「やっぱり神は凄い」と言い「さっそく聖書に書き留めて置こう」言うだろう

「聖書は神の言葉なんかじゃないし、そもそも神なんていないんですよ」
「あっ、そうなの?」
「やっぱり神は凄い」
「さっそく聖書に書きとめておこう」


798 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 21:38:53 ID:2Uv1kAi5
社会に出られるのかなぁ
いや、なんとなくね

799 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/26(水) 23:01:59 ID:eNGywzK/
>>718
君がムスリムだったら間違いなくアルカイダに入ってたと言っておこう。

>>792
独り言ならブログ始める事をお勧めするよ。

800 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 23:29:17 ID:0rZisAS+
モーセ「そーなのかー」

801 :神も仏も名無しさん:2008/03/26(水) 23:42:03 ID:0Y4tKCEQ
なにか不毛な会話がつづいていますなぁ、、、

聖書(みことば)は、紛れもなく霊界と自然界の関係を表象と相応で記されている。
(みことば)がなかったら、だれひとり、神・天界と地獄・死後の生命はおろか主さえ知
ることはない。アリストテレス、キケロ、セネカのように、神や霊魂の不滅について記録
をのこした古代の知者は、初めから彼らが自分固有の理性で考えたのではない。

彼らは、古代の(みことば)から初めて知った人達の伝承が基になっている。自然神学の
著者たちは、何一つ自分から汲みとったものはなく、(みことば)が存在している教会から、
推理をとおして知ったことを、確認しているにすぎない。

しかし人は(みことば)によらなくても、神の存在、天界と地獄の存在、そのほか(みことば)
で教えられていることを知ることが出来ると思い、それを自分の確信にしている人がいる。
そのような人は、(みことば)をもとにするのではなく、理性がもっている自然の光で、考えて
いるわけで、(みことば)を信じるより、自分を信じている。人間の意志は、その人の我で、
これは生来悪なのだ。だから理性にも偽りがあり、したがって人間は、自分の意志の我から来る
ことしか知ろうとしなくなる。太陽や月や星を眺めても、あるいはその起源を思いめぐらしても、
それ自らの力で存在しているとしか考えなくなる。
(みことば)によって、神の万物創造を知っても、この世の学者たちの中で、これを自然に帰す
る人が多いのをみても理解できる。

だから不毛な会話になっていくしかない。

802 :モエカス:2008/03/27(木) 00:10:53 ID:4z/oOm5p
>>801
1行目の「不毛な話ならぼくにまかせて」だけ読んだ。

803 :モエカス:2008/03/27(木) 00:11:58 ID:4z/oOm5p
あ、最後の「ほらな、不毛だろ」が目に入っちゃった。

804 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 00:14:38 ID:W8Vy8c8i
我で考えているから、、そうなる。

805 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 00:23:02 ID:EHxRUB+N
聖書が正しいだの真理を表してるだの、結局お前の直感しか根拠ないじゃないか、結局ww
なぜ一ミリたりとも進歩できないんだろう……

806 :xxx:2008/03/27(木) 00:33:50 ID:S7Bi8fOs
>>805
「聖書が正しい」
ここから先に一歩たりとも進まないのがキリスト教徒。
思考停止をして「なぜ?」と問うことをしない。

「○○が正しい」
この空欄に好きな本なり人物なりを当てはめてみるといい。
誰しもが「なんで?」と問うことだろう。
それなのにどうして「聖書」を当てはめたときに人は「なんで?」と問わないのか?

807 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 00:40:48 ID:71qP9Uf2
まぁどちらも凡庸だよ

陳腐な発想とか

どちらもね(リ重要)

808 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 00:56:07 ID:O+nfYpqt
>>801を要約。

「聖書を信じない奴は悪だ!」


809 :mkiodfjjf:2008/03/27(木) 00:57:12 ID:Bf8mMnff
ありゃ、ワシがいない間にすごい事になっているw。
もうただ感情的にお互い対立しているっぽい。特にモーセをだしにつかう輩もいるしw。
もーせ「・・・」とかもう芝居だろw。

ウエストミンスターは関係なくはない。あの書物には聖書と同等の尊敬は払えないが十分討議を
重ねて編集された優れものである。
聖書は史実を述べているのも少なくないがウエストミンスターは教義の確立を目指している。
勿論土台にあるのは聖書だが。


810 :mkiodfjjf:2008/03/27(木) 01:00:59 ID:Bf8mMnff
それから罪の定義は分かりましたか、質問者君。
別に答えようと思えば答えれるが君の質問は的はずれというか、枝葉末節的な部分
にこだわるので全体の論旨からはずれているw。

聖書の知識は多少はあるようで手元に聖書があるだろうから注釈書でも読んだり
して勉強してきなさいw

811 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 01:24:38 ID:W8Vy8c8i
聖書を読んで聖書が理解できないのは聖書のせいではない。
それは、キミ等の不明のためだ。

>>805
>聖書が正しいだの真理を表してるだの、結局お前の直感しか根拠ないじゃないか、結局ww
聖書を自分の直感で納得のいく解釈がきるというなら試してみな。

>>806
>思考停止をして「なぜ?」と問うことをしない。
思考が停止しているのは一体どちらか?よく考えてみろ。

宿題を出しておこう。(一歩どころか1ミリでもハイハイできれば褒めてやる。)

「その苦難の日々の後、たちまち
太陽は暗くなり、月は光を放たず、
星は空から落ち、天体は揺り動かされる。
そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、
人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。人の子は、大きなラ
ッパの音を合図にその天使たちを遣わす。天使たちは、天の果てから果てまで、彼によ
って選ばれた人たちを四方から呼び集める。」(マタイ24.29-31)




812 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 01:26:18 ID:W8Vy8c8i
聖書を自分の直感で納得のいく解釈がdeきるというなら試してみな。



813 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 01:40:44 ID:EHxRUB+N
聖書の解釈の話なんてひとっつもしてないんだが。

結局ネヨにしろmkiodfjjfにしろ、「聖書を正しく知ってる俺超カッコ良い」ってことが言いたいだけなんだよね。

814 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 01:56:21 ID:W8Vy8c8i
お粗末なことを言うな。
(みことば)は、人を地獄から救うためにある。んだよ。

815 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 02:01:36 ID:seaWN6+w
イスラム教では、従順に神に全て捧げたならあの世で、女と乱…

どんな宗教だよ。汗

816 :モエカス:2008/03/27(木) 02:23:03 ID:4z/oOm5p
ネヨやmkiodfjjfやID:j/hS6SGsと一緒に
天国にいるくらいなら
家族や友達と一緒に地獄の炎に焼かれた方が幸せ。

・・・と思うくらい酷い証しかしてないよ、おまえたちは。
未信者がおまえたちを通して主の栄光を見る事はないだろう。
いい加減、自分が立てられてないことを自覚したら?

817 :ニッポン萠:2008/03/27(木) 02:45:06 ID:kqaQAxV7

 心を落ち着けるぞうきんがけ

818 :mkiodfjjf:2008/03/27(木) 05:31:59 ID:Bf8mMnff
いつそんな証をした?
ワシはこのスレにのっとって創造論を世界に知らしめようとしているだけ。
最初の方はかなりまともに反論してくる人がおったが。

証は自分でがんばってできるものじゃない。というのも一人一人が罪人だから。
だがかっこつけているつもりもない。


繰り返しになるが創造論を知らしめようとしているだけ

819 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 06:41:09 ID:7ehGwm/r
実際は創造論者の馬鹿っぷりを知らしめてくれてるだけだがなw

820 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 09:46:12 ID:TjnfVgUT
今まで知らしめられたことまとめ

・創造論者は神の命令なら幼児を殺すことも正当化する
・創造論者にとって同性愛者は迫害の対象である
・そして創造論者にとってはそんなことは枝葉末節である
・そんな創造論者は自分達は倫理的だと信じている

821 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 09:54:23 ID:EHxRUB+N
創造論を知らしめようとして言ってることが、
「進化論は不道徳!創造論は道徳的!勝利www」
程度だって言うのが笑えるwww

822 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 10:19:04 ID:O+nfYpqt
>>821
待ってください!
mkiodfjjf氏は、他にも
「地球の年齢は4000年!」
「中東に石油が多いのはノアの箱舟の時の洪水のせい!」
などのユカイな主張をされています!

823 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 10:49:11 ID:F7bXMOpy
真・女神転生のメシア教徒みたいだ…

824 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 12:28:24 ID:uBiLoQu9
>>811
その宿題とやらは一体何をさせたいんだ?
引用だけされてもいじりようがないぞ。

825 :モエカス:2008/03/27(木) 15:18:41 ID:4z/oOm5p
>>818
>いつそんな証をした?
「イエスとは云々・・・」と言うことだけが証じゃないだろ。

>証は自分でがんばってできるものじゃない。
うん、だからきみが
「自分でがんばって」「創造論を世界に知らしめようとして」
見事に失敗したんだよ。

きみが駄レスをする時間を惜しみ
「世界中の人が主の創造を理解するように」とでも祈ってれば
世界のどこかで一人ぐらいにはそんな奇跡が起きたかもしれない。
いや、むしろ祈りによって既に叶えられたと思うことが信仰だろ。

しかし、きみは
祈りではなく自分の言葉を選び
典型的な誤解された科学知識を使い創造論者の無知さをアピールし、
奇異な道徳観で(一部の)キリスト教徒が他者と相成れないことを示した。
その結果、多くの者を躓かせた。
それが、きみがここ数日でこのスレでやったこと。

>繰り返しになるが創造論を知らしめようとしているだけ
きみが何をするかを決めるのは主であって、きみじゃない。
どうしても、というなら
「この働きのためにmkiodfjjfを用いてください」と祈れ。
御心に適うなら実現するだろ。
もちろん、その時でさえ
知らしめるのは主であって、きみじゃない。

まぁ、きみが望むことへの一番の近道は、きみが沈黙することだ。

826 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 19:46:06 ID:8+uD8WUr
>>824
>その宿題とやらは一体何をさせたいんだ?
>引用だけされてもいじりようがないぞ。

ふむ。わからないでつ。か? では、ヒントを与えよう。
これは教会の終末(代の終わり)について、主がご自分の弟子たちに教えられたことだ。
主は、ここで真理を、なにゆえかように譬えられたのか? 
仮初にも、主の弟子になったつもりでまじめにやれ、ってこと。

出来なければ、宗教批判なんて、とてもおぼつかない(中二病)の、丸々といわれても仕方ない、ぞ。って問い。

>>811
「その苦難の日々の後、たちまち
太陽は暗くなり、月は光を放たず、
星は空から落ち、天体は揺り動かされる。
そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、
人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。人の子は、大きなラ
ッパの音を合図にその天使たちを遣わす。天使たちは、天の果てから果てまで、彼によ
って選ばれた人たちを四方から呼び集める。」(マタイ24.29-31)



827 :mkiodfjjf:2008/03/27(木) 19:54:03 ID:Bf8mMnff
いや神が用いるというのは事実。それは客観的にみたらそうなる。
しかし自分としては主体的に「こうしよう」という心がけも必要。
無気力であるというのとゆだねるという、事は別。

>>826宿題とはどういう意味ですか?聖書の解釈は一通りではないと思いますが。
そんな宿題みたいな出し方ってありますか!!
聖書を宿題の材料としているのですか?
答えは本当にあるのですか?

828 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 20:14:59 ID:8+uD8WUr
>>827
>宿題とはどういう意味ですか?
宿題とは、書いたとおりの意味です。2000年まえに、あなたがいて、
主の教えを受けたとき、主の(みことば)に、どういう意味があるか、
考えてくらさいということです。

>聖書の解釈は一通りではないと思いますが。
真理が何通りもあっても矛盾しませんか?
(みことば)の中に、神は、永遠に存在されているということを信じませんか?
あなたも聖書を語るなら、これくらいは分かってると思いますが、、、


829 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 22:34:02 ID:EHxRUB+N
教祖の言葉が分かりにくいのは、返答に対して「それは間違いです」って言う為だぞwww
そんでもうちょっとひねりの利いた答えを提示して、「やっぱ教祖様って俺らよりすげーんだ」って思わせる為のものww
階級とか作るのも権威を高める為だし。
基本的に宗教の構造って何千年も前から変わってないんだよねww
んでそれを真に受けた奴とそこから利益を得る奴の所為でずーっと続く訳。

そんなもん持ってきて「これを解釈してみろよ」とか、もうアホ過ぎてみてられんわww

830 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 23:04:52 ID:8+uD8WUr
はいはい。結局答えられんのね。

831 :ピエロ:2008/03/27(木) 23:14:17 ID:Bf8mMnff
自分も根

832 :神も仏も名無しさん:2008/03/27(木) 23:22:47 ID:8+uD8WUr
聖書(みことば)の、ほんの序の口問題(解釈)さえまともに答えられない
宗教的教義に無知なものが、ポエムだとかデムパや小説、あげぐには妄想と
決め付けるから嗤われるのよ。これじゃ旧約など、とてもムリと思うよ。
もっとも信条の科学知解釈についてもひどいもんだがなぁ。

あほらしネヨ。

833 :モエカス:2008/03/28(金) 00:11:05 ID:FNHyRTMK
>>827
>いや神が用いるというのは事実。それは客観的にみたらそうなる。

そんな信仰でしか確認のしようがないものを
客観的と言われても電波受信中にしかみえんけどな。

>しかし自分としては主体的に「こうしよう」という心がけも必要。
>無気力であるというのとゆだねるという、事は別。

たしか、きみの大好きな本には
「全てに時がある」みたいなことが書いてある気がしたな。
時を決めるのは、きみじゃなくて主だろ、多分。

いつ、どこで、だれに、なにをさせるかは主のはかりごとであって
きみ(たち)の主体性とは直接関係ないだろ。
そうでなければ、
『自分の「こうしよう」>主の思い』という
信仰者にとってどうにも受け入れがたい不等式を
信仰者自身が認めることになる。

きみが主と呼んでいる存在は、
きみが無気力なのか、信頼して委ねているのかが
分からないような、ふしあなさんじゃないだろ。

もう、十分種はまいただろ。
収穫もきみの仕事かどうかはやはり主が決めることでしょ。
まだおきてるようなら、デボーションして寝なさい。

>>832
だからー、そのまま召されちゃえよ。
お前が正しいかどうか分かるし一石二鳥だろ。

834 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 00:49:57 ID:l81LwfUx
>>827
「こうしよう」と君がやる気を出した結果、
科学的知識はボロボロだという事がばれるわ、
神の命令なら子供でも殺すというやばい思想の持ち主だとばれるわ、
全くいい事無しだったけどな。

835 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 01:00:40 ID:etzASNCL
創造者などという無用な仮定はいらない。

836 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 01:21:17 ID:z+Do8AeD
車があったとしよう
制作者という無用な仮定はいらないのか?
まぁ確かに、制作者を知らなくても車には乗れるけどなw
大体「無用な仮定はいらない」って日本語として変じゃね?


837 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 01:31:16 ID:DsbIfS9l
車と生物の違いもわからないのか…

838 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 01:48:49 ID:fkmb99Gk
で.その神様は誰が作ったん?

839 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 01:59:17 ID:DhYyg6Xr
車には目的があるから設計者が要る。
生物はなるようになってるだけだから特に必要としない。
それだけのことだ。

840 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:01:22 ID:QZKmiISB
聖書文字通の進化論を信じてる人に質問なんだが
地動説や地球球体説はどう考えてるんだ?


841 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:02:26 ID:QZKmiISB
>>840
× 聖書文字通の進化論
◯ 聖書文字通の創造論


842 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:03:20 ID:DhYyg6Xr
>大体「無用な仮定はいらない」って日本語として変じゃね?

変じゃないでしょ。無用な仮定を立てて崇拝するアフォがいるわけだから。

843 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:09:53 ID:8KVOL/nF
>>832
なぜ創造論が科学的に間違ってるっていう話をしているのに、
聖書を宗教的に解釈しないと創造論は間違いだと言えない!なんていう結論になってるわけ?www
聖書の解釈なんか関係ないってずーっと言ってるんですけど。理解できないの?

844 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 02:38:11 ID:DhYyg6Xr
多分、理解出来ないんだと思う。

845 :ピエロ:2008/03/28(金) 05:37:21 ID:8Zej+P/W
資本主義経済に最大級の感謝を捧げる。
所得のある親を持てば子は一生勉強しなくても働かなくても食っていける。
これが共産主義だったらそうはいかない。
財産は平等にされるために経済的余裕はまず生まれてこない。
ニートとはこうした資本主義のひずみが生み出したものさ。
その恩恵に与っているものは幸いである。
ニートは悪者ではない。そう考えるのは最近の悪い傾向。
ニートは社会の不平等を是正する。
貧乏な家庭だとニートはまず生まれない。
働かないと食っていけないから。
しかし金持ちの子はニートでやり通せる。
つまりニートとは経済的不平等を是正する、正義の使者であったのである

846 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 06:05:02 ID:4C/ddYXo
太子党って、ご存知?

847 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 10:29:23 ID:DebBz6T6
>>845

働かざるもの食うべかざる。
周りはそうは思ってない。
何かに貢献してるなら良いけど、大抵無職は無気力であるから、生かされてるが、生きる力がないと思われて然るべき。

848 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 16:44:36 ID:FMV3L6nK
ネヨが俺たちに宿題出すってんなら、俺たちもネヨに宿題出す権利があるよな。

とりあえず「種の起源」と「分子進化の中立説」あたり全部読んでもらおうかな。
ネットの要約とかニュートンの特集とかじゃなくて。
ちゃんとした本で。

849 :ピエロ:2008/03/28(金) 20:20:53 ID:8Zej+P/W
ネヨが俺たちに宿題出すってんなら、俺たちもネヨに宿題出す権利があるよな。

とりあえず「種の起源」と「分子進化の中立説」あたり全部読んでもらおうかな。
ネットの要約とかニュートンの特集とかじゃなくて。
ちゃんとした本で。
↑てめえがその前に読めふぃおvひおvほ。
そして正しい日本語の文章を求むふぃおひおd。
下劣杉



850 :モエカス:2008/03/28(金) 21:33:57 ID:FNHyRTMK
ピエロくんには
2ちゃんデビューは
早過ぎたんじゃないか。

851 :koreha:2008/03/28(金) 22:41:33 ID:8Zej+P/W
もえかすじゃなくて、ちんかすとでも、なのっとけ

852 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:44:11 ID:z+Do8AeD
なるようになるから設計者はいらないというが
なりゆきまかせで生物は生まれないと思いますよ。
なりゆきまかせで車が作れないようにね。


853 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:46:08 ID:yoam86Ww
車と生物の区別もできない人乙

854 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:51:05 ID:z+Do8AeD
もちろん区別を付けた上で論じているんだが?


855 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:51:52 ID:1/91pEwN
極わずかなエラーを起こしつつ自己複製するものと、自己複製できないものの区別が付かないとは悲しいのう。

856 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:54:03 ID:W1VzSSz/
>>854
> もちろん区別を付けた上で論じているんだが?

どこをどう!?Σ

857 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/28(金) 23:54:59 ID:MYwJ4sOK
ID論は最近のアメリカ思想の傑作だな。

858 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:55:54 ID:z+Do8AeD
もちろん自己複製システム自体も設計されたものと考えているが?


859 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:57:24 ID:z+Do8AeD
ID論はようやくアメリカ思想がたどり着いた結論だが、欧州や東洋では既に常識だったりする


860 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/28(金) 23:58:10 ID:MYwJ4sOK
白いヒゲのお爺さんがやったんだろ。

861 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:58:13 ID:W1VzSSz/
>>858
ごめん。
最近の自動車は自己複製ができるようになってたのか。
俺そういうのに疎いから知らなかったわ。

862 :神も仏も名無しさん:2008/03/28(金) 23:59:25 ID:W1VzSSz/
>>859
へえ!
東洋に住みながらID論も知らなかったなんて
俺は何て非常識なんだろう!

863 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 00:01:07 ID:bwxnEfr9
そうだろうね。古典的な啓蒙思想が君達の教養の全てだからね

864 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 00:03:46 ID:bwxnEfr9
仮に白い髭のじいさんがやったということでもいいだろうと思うよ。
矛盾や異論はあるだろうが、わかりやすい表象として。


865 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 00:06:30 ID:qhTc4kPH
チンコ付いてるだろ。

866 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 00:11:25 ID:qhTc4kPH
そうか、設計者はシワクチャのお婆さんでも良いわけだな。

867 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 00:21:06 ID:bwxnEfr9
いいね。「無」でもいいよ

868 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 00:22:47 ID:qhTc4kPH
ID論者は年寄りは大事にせんと駄目だな。

869 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 00:25:53 ID:qhTc4kPH
>>867
無が設計するものは無。うん、確かにアメリカはそうだな。

870 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 00:34:46 ID:swsHnn+2
そこで、スパゲティ・モンスターですよ。

871 :モエカス:2008/03/29(土) 00:36:32 ID:t5wiu7Mo
>>851
おまえこそ名乗るならひとつにしとけよ。

872 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 00:41:18 ID:o2MbYhxE
>>867
OK。じゃあ創造者は存在しないって事でFAだね

873 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 00:44:24 ID:qhTc4kPH
創造は破壊で終わる。

874 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 04:16:44 ID:7PRPptyt
いい加減創造者の存在なんてどうがんばっても否定もできないことに気づけ。

証明ならできる可能性はあるが、いまのところその証拠は全くない。
唯一証拠と一部の人が言い張ってるのは地球が真っ平らとか太陽は地球の周りを回っている
とかいている聖書しか無い訳で。

875 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 10:12:29 ID:ccmhuQ16
>>852
予断無しに車(工業製品)と生物を比較してご覧。
どう見ても後者に外挿的な目的はみつからない。


876 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 10:41:22 ID:bwxnEfr9
植物は光合成をして酸素を吐き出すとか
動物は歩き回って活動するとか明らかに役割、目的があるが


877 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 10:51:28 ID:ccmhuQ16
それは偶然の利害で組み合ってシステム化しているだけ。

878 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 10:53:26 ID:5XaIfn7E
進化の結果そうなったってだけだろ

879 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 10:59:02 ID:ccmhuQ16
ちょっとした経過の違いで全然別のシステムになった可能性もあるし、がっちり目的的に設計された
システムではないからこそ、慣れていない干渉を受けるとたちまち崩壊する恐れもある。
人間以外が神によって人間のために用意されたなどという馬鹿げた考えは危険きわまりない。

880 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 12:00:15 ID:o2MbYhxE
>>876
だとしたらずいぶんと無意味な目的だな…。
俺たちはただ飯を食って死ぬためだけに生まれた存在だったのか?

881 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 12:37:07 ID:K51P1ySu
その「ため」ですらない。
一切の「ため」は人間の発明。

882 :地獄の傀儡師:2008/03/29(土) 12:55:19 ID:J+ezTeKu
ニーチェが菜食主義なんてよく言えるよな。
彼は生前大食いだった。そんな人が野菜で我慢できるか?
ニーチェはキリスト教の教えを批判した(神はしんだ)そしてその弱い者の論理(ルサンチマン)を一切排除し
自分で何かを創造し成長していく事を説いた。
そして発狂してしんだw。
「つらどるふはかく語りき」あれは精神病者初の著書w。
あれを読むと頭がおかしくなるかもなw。


883 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:02:22 ID:K51P1ySu
ニーチェは基地外だよ。
で?

884 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 13:33:36 ID:qhTc4kPH
だから終末には破壊者と呼ばれる天使が登場するのは必然なのかもな。

885 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 13:36:24 ID:K51P1ySu
処刑ライダーさんこんにちは

886 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 13:53:37 ID:qhTc4kPH
「わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは
消え去り、海もなくなってしまった。」
ヨハネ黙示録21.1-

ご愁傷様。

887 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 16:47:44 ID:qhTc4kPH
そういやパウロってば私たちは天の植民地です、みたいな書簡が
なかったっけ。ローマ市民的感覚。

888 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 16:51:58 ID:qhTc4kPH
日本じゃクリスチャンって西洋の侵略者の手先みたいに右翼に
普通に言われるだろ。

889 :地獄の傀儡師:2008/03/29(土) 16:54:08 ID:J+ezTeKu
>>888そうかもな。右翼にかかったら非戦論を唱える人だって「売国奴」と
呼ばれるな。右翼は極端。日本の非を認めたがらない。
右翼はいらない。しかし適度な愛国心は藤原さんが言うとおり必要

890 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 16:54:19 ID:qhTc4kPH
カタカナ宗教だから、ある程度はそう言われても仕方ない点は
あるわけだが。

891 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 16:59:29 ID:K/hsLJnQ
旧約で人類は神にあっさり、雨でを溺死させたのに、新訳ではワザワザ黙示録で恐怖をあおり、イエスを信じなきゃヤバイよと布教するのか謎。

全ては神の意思でしょ。なにを案ずる

潔く滅びよ。
クリスチャンだけ助かると勘違いしときなさいよ。

神は無慈悲だよ。
イエスは慰め。

892 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 16:59:41 ID:qhTc4kPH
パウロって「成長する教会」の牧師の元祖みたいな人物だよな。

893 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 17:04:32 ID:qhTc4kPH
信徒を「活発君」みたいな機能分子化する有機体神学でさ。

894 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 17:08:43 ID:qhTc4kPH
>>891
白人の手先なんで嫌う奴と白人の手先なんで歓迎する奴と二種類
いるよね。最近は前者が多いのか知らんが。

895 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/03/29(土) 17:35:14 ID:qhTc4kPH
>>889
自国についての内外に対する責任って考え方もあるが。

896 :地獄の傀儡師:2008/03/29(土) 18:21:37 ID:J+ezTeKu
みなさん、私はキリスト教に興味を持っている者でしてこのスレに惹かれました。
仏教や儒教は東アジアや東南アジアを中心に、キリスト教は欧米です。
歴史的にみるとやはり欧米で産業革命がおこり資本主義もカルバンの流れで生まれ、
経済的に発展してきました。
神の祝福どうこうはとりあえずおいて、経済政策としてはキリスト教(特にプロテスタント)
を国教にするのが有効だとは言えないでしょうか?
あくまで経済的政治的視点からお願いしますよ。

897 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 19:59:30 ID:+jY9SI7g
>>887
パウロは最悪の使徒だったという説があるが、キミ、どう思う?。


898 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 20:32:33 ID:+jY9SI7g
>>848
>とりあえず「種の起源」と「分子進化の中立説」あたり全部読んでもらおうかな。

アンコウの仲間には、ちょうちんや小魚、ムシ(ゴカイ)、中には蝦のような疑似餌
を持った奴がいる。生物進化の過程で、いかに彼らが人まねの様能力を獲得したか?
自然選択説や中立説で、納得のいく説明がされるのか?

主の創造論によれば、被造万物にはすべて神が創造された証である愛が存在する。
神の愛は実体であり、この実体があってこそ命が存在する。したがって、アンコウの
愛の中にある思いが肉化したことで説明されよう。


899 :神も仏も名無しさん:2008/03/29(土) 21:34:47 ID:rzLeGR8x
アンコウの愛(爆笑)

900 :名などない:2008/03/30(日) 00:02:12 ID:bwxnEfr9
ケインズ以降の経済学の枠組みの中で考えればプロティスタンティズムは経済成長にネガティブに働く部分があるのではないですか
ケインズ経済学の世界では倹約は悪徳です
質素倹約を美徳とする禁欲主義のプロティスタンティズムだと今後の発展厳しいものがあるかと思う。


901 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 02:33:34 ID:JJ22PnvN
>>896
欧米が陸半球のまっただ中にあったから大航海時代に
全地球の資源を楽に搾取できたことの方がでかいだろ。

だいたい国教なんて2世紀おくれなことをしなくても
仏教の中のキリスト教といわれる浄土真宗や
名前は忘れたけど在家の仕事の中にこそ悟りの道があると説いた
江戸時代の哲学者もいる。そんな必要はまったくない、


>898
ヒント: ローマーの法則


902 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 13:18:05 ID:sCwfCduh
ねっとりしゃぶれよ大坊

903 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 13:20:48 ID:sCwfCduh
誤爆スマソ。
なんで携帯から orz

904 :地獄の傀儡師:2008/03/30(日) 14:06:43 ID:qh9xo2KF
マルチとはどういういみですか?
DQNとはどういう意味ですか?
教えて下さい


905 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 14:06:55 ID:qXMz+062
久しぶりに来たら頭のおかしいコテが大量に沸いて、今更な質問を繰り返しててワロタwwww

906 :モエカス:2008/03/30(日) 14:43:35 ID:UMYrSoKM
>>904
地獄の傀儡師くんには
2ちゃん以前に
ネットデビューが早すぎる
ということだよ。

907 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 19:27:59 ID:IFErs4qa
>>905
フーン。で、なぁにワロタwwww
アッホー カム バック ツゥ ミ-。


908 :地獄の傀儡師:2008/03/30(日) 20:34:11 ID:qh9xo2KF
>>906いやいや。もうある親切な方に教えて頂きましたからw。
それよりも皮肉しかいえないあなたは哀れですねー。
もshかしたらきみも同類で意味知らなかったw。
ごめんごめん

909 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 21:38:45 ID:IFErs4qa
うん。的外れな揚げ足取りしか出来ないモエカスチン。
燃えてるときはもっと激しかったんだろね。
燃えカスっても本性(主調愛)はのこるんだろな。

910 :地獄の傀儡師:2008/03/30(日) 21:40:47 ID:qh9xo2KF
>>909激しく同意。
燃えかすには逃げないでレスする義務があるなw。
燃えかすちんかすw。
燃えかすさん、もっとかっこいい名前に
改名したら??


911 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 21:59:36 ID:IFErs4qa
>>905
あこや貝はなにゆえ真珠を造るか?
なぁ、ID:rzLeGR8xの爆笑くん、「種の起源」にその説明なかったぞ。
ワロタwwww クンも、進化論で説明してくれよ。
出来なければ、クソワロワレタwwwwクンと呼ばれるぞぃ。



912 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 22:03:17 ID:2hB7dxAp
とりあえず、真珠ができる際の分子的メカニズムが解明されないとどうとも言えんなw

913 :神も仏も名無しさん:2008/03/30(日) 23:02:00 ID:A19pNyeP
お前ら科学で何でもできるって「ドラえもん」の見すぎじゃねぇの?
妄想と現実の区別はつけようなww



914 :モエカス:2008/03/30(日) 23:06:20 ID:UMYrSoKM
>>909
>燃えカスっても本性(主調愛)はのこるんだろな。
ネヨなのか、その一味なのか知らんけど
主調愛なんて隠語を
さも通じて当然の日本語のように使われても困るんだけど。
っていうか人の名前の由来を勝手に想像して
そのくせ否定するとかイミフなんで止めてくんないかなー。

>>910
>燃えかすには逃げないでレスする義務があるなw。
しかも、今書き込んでるBBSの入り口にある
FAQからどうやって逃げるんだ。

>>913
どこに「科学で何でもできる」なんてレスが?
進化論を魔法の呪文と勘違いしてる>>911ならいるけど。

915 :モエカス:2008/03/31(月) 00:03:21 ID:UMYrSoKM
>>914
2段目の
「しかも」は余計だった。

916 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 07:36:06 ID:Lj95A7h5
真珠は特に意味もなく出来る訳だが……
まさか創造論者は、真珠を作る為に神がアコヤ貝を作ったとでも思ってるのかね。
そりゃ随分ひどい話だなw貝に取っちゃ良い迷惑だよ

ちなみに真珠は、貝のなかに混入した異物に炭酸カルシウムが付着する事によって出来る。貝殻の成分と同じね。

917 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 08:35:20 ID:k3WoCMMd
神がどんな意図でつくったのか創造論者は説明すべき。
まずはスカイフィッシュから説明してくれ。

918 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 11:05:13 ID:YYA9eCmD
>まさか創造論者は、真珠を作る為に神がアコヤ貝を作ったとでも思ってるのかね。

まさかもなにも神がいるならそういうことになるだろよ
なんかあまり批判になってないぞ

919 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 11:43:12 ID:HdLWkAJj
蚊は人間に潰されるために生まれてきたんだろうか
蜜を集めない蜂は?花をつけない、食べられもしない植物は?
誰も見向きもしないような深海魚は?

神も随分と酔狂なことだな。

920 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 12:08:49 ID:SxfiaoVI
人間の体だって無駄だらけだろ。
なんで痕跡器官が必要なんだ。

全能の設計者にしては試行錯誤ばっかりの様だな。

921 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 12:16:02 ID:k3WoCMMd
人間は蚊に血を吸われるためにつくられたって、前にスレで出てた気がする。

922 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 12:17:57 ID:Lj95A7h5
>>918
話が全く分かってないのが丸分かりでちょっと恥ずかしいです><

923 :モエカス:2008/03/31(月) 13:41:00 ID:9EEoZSmr
>>918
>まさかもなにも神がいるならそういうことになるだろよ

それは生物は呼吸と排泄のために造られたというのと同意だな。
生命活動によって出来上がるものに
どんな価値があるかを決めるのは人間の勝手で神の意思とは関係ないだろ。

924 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 13:54:23 ID:HdLWkAJj
我々人間が、最初から何者かが目的を設定して作ったものだとしたら、
私たちには自分で目的を決めて生きることすら許されず
どこの誰とも分からない馬の骨の描いた筋書きに沿って生きることしかできないということになる。
そして、その人物の意に沿わない行動を取った人間は全員「神の粛清」という名目の元に処刑されるらしい。

そんな考えはそれこそ「倫理的に問題がある」。

925 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 16:23:20 ID:z84Iu/XO
>>911
貝殻を成長させるために、貝は軟体部分から真珠物質を分泌する

真珠物質が内側からくっつくことにより、貝殻は厚くなり、また口の方向に成長していく

異物が貝殻の中のいい位置に紛れ込む

異物もゆっくりと真珠物質がくっついてやがてコーティングされてしまう

というわけで作りたくて作ってるわけじゃない。
真珠はアコヤガイに限らずカラスガイとかアワビとかにもある(かなり稀だが)。

926 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 16:34:05 ID:p7YaISR8
ヒトでいうと胆石みたいなもんだよな>作りたくて作ってる訳じゃない

927 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 17:10:14 ID:HdLWkAJj
きっと人は胆石を作るという目的で生きているんだよ

928 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 17:19:15 ID:Lj95A7h5
じゃあ俺は尿路結石に一票

929 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 18:18:46 ID:k3WoCMMd
穏健そうな人でも千年王国とか信じてて、異教徒の抹殺とか考えてんだろうな…怖い。

930 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 20:29:51 ID:YYA9eCmD
>蚊は人間に潰されるために生まれてきたんだろうか
蜜を集めない蜂は?花をつけない、食べられもしない植物は?
誰も見向きもしないような深海魚は?

神も随分と酔狂なことだな

↑人間中心主義の偏見があるからそう思うのであって
別に深海魚は人間に観られるために存在しているわけではないよ
人間に見向きもされないから価値がないという訳でもないしね


931 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 20:34:10 ID:omStLMvw
穏健そうな人でも千年王国とか信じてて、異教徒の抹殺とか考えてんだろうな…怖い。
↑それは御前の妄想だ。イドらだよ、いどら


932 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 20:35:09 ID:YYA9eCmD
>我々人間が、最初から何者かが目的を設定して作ったものだとしたら、
私たちには自分で目的を決めて生きることすら許されず
どこの誰とも分からない馬の骨の描いた筋書きに沿って生きることしかできないということになる。
そして、その人物の意に沿わない行動を取った人間は全員「神の粛清」という名目の元に処刑されるらしい。


これもヒューマニズムが根底にあって人間にとって不快な現実は人間の名に置いて許さないみたいな事を言ってみても
現実は人間に必ずしも快適で宇宙は人間の周りを回っているわけでは無い
科学の発展はこう言った楽観的ヒューマニズムを打ち砕いて来たわけであり、人間は自由ではなく、太陽は人間の周りを巡っていない


933 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 20:39:51 ID:YYA9eCmD
月) 16:23 z84Iu/XO [sage]
>>911
貝殻を成長させるために、貝は軟体部分から真珠物質を分泌する

真珠物質が内側からくっつくことにより、貝殻は厚くなり、また口の方向に成長していく

異物が貝殻の中のいい位置に紛れ込む

異物もゆっくりと真珠物質がくっついてやがてコーティングされてしまう

というわけで作りたくて作ってるわけじゃない。


こりゃどう考えても神の手による真珠の創造説を反駁する説明にはなってないんだが
貝が真珠を造りたくて作っているわけでは無い
そうですね
これではむしろ貝は真珠を造るための道具説を裏付けてしまいかねない説明だよね


934 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 20:40:26 ID:omStLMvw
カルヴァンの予定説では、救済される人間は予め決定されており、人間の意志や努力、善行の有無などで変更することはできない。
禁欲的労働(世俗内禁欲)に励むことによって社会に貢献し、この世に神の栄光をあらわすことによって、ようやく自分が救われているという確信を持つことができるようになる。
また、サクラメントなどの呪術は救済に一切関係がないので禁止され、合理的な精神を育てるようになった(魔術からの解放)。
このような職務遂行の精神や合理主義は、近代的・合理的な資本主義の「精神」に適合していた(ヴェーバーは資本主義の「精神」を体現した人物としてベンジャミン・フランクリンを挙げている)。
禁欲的労働によって蓄えられた金は、禁欲であるから浪費されることもなく、再び営利追求のために使われることになる。

こうして(結果的に)プロテスタンティズムの信仰が資本主義の発展に作用したが、近代化とともに信仰が薄れてゆくと、営利追求自体が自己目的化するようになった。元々「内からの動機」であった営利追求が、「外圧的動機」に変貌していった。



935 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 20:55:10 ID:HdLWkAJj
ID:YYA9eCmDが何を言っているのか全く分からん…
如何聞いても創造論を否定しているようにしか聞こえない物言いなのに、
本人はむしろ創造論が正しいと主張しているというのは初めて見た。

936 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 20:57:37 ID:omStLMvw
創造論者と進化論者の激しい対立をみてきた。
どちらも口が達者で決着がなかなかつかない。
しかもどちらとは言わないが、論理的に討論で負けていても卑屈になり
自分の負けを認めない・・・・・。
昔はワシも別名で参加していたが。
ソフィストの出現でばからしくなりやめたw。

937 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:01:02 ID:YYA9eCmD
マックスウェーバーは私の専門ですが確かに近代社会の成立に禁欲精神や目的合理性が必要な部分もありますが
ポストモダン、現代と言う時代では必ずしもポジティブに作動するとは限らないというのが私の見解です
もっとも我が国は近代以前の問題も多少残ってますので
ポジティブに働く面もなくはないと思いますが


938 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 21:06:49 ID:omStLMvw
>>937あなたは藤原正彦氏の「国家の品格」での批判に似たことを言っている。
確かに現代ではマックスの考えは全面的には受け入れられないかもしれない。
しかし彼の(カルヴァンの理論)が近代ヨーロッパを発展に導いたのは事実。
産業革命の金儲けは「蓄財は罪ではない」という精神的支柱があったからこそ
達成できたものです。
資本主義にそれは姿を変えて今世界の多くの国で取り入れられている
経済体制なわけです。


939 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:13:44 ID:Lj95A7h5
>>935
俺もこんな奴初めてだwwww
おまけに「マックスウェーバーは私の専門ですが」とか言い出してるwwww

940 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:22:41 ID:YYA9eCmD
しかし蓄財は罪ではないというのは、中世ではないわけですから、現代では常識ですよね
するとプロテスタンティズムの革新性もその点に置いては意義を失ってますよね
あくまで世の中を中世から近代に変革する初動として評価出来ると言う話で


941 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:25:19 ID:YYA9eCmD
評価というか、ひとつの「事実」としてね
まぁ別に近代主義者じゃないので


942 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 21:29:23 ID:omStLMvw
プロテスタンティズムの革新性もその点に置いては意義を失ってますよね
↑意義を失っている、というのは語弊がありますね。
もしもプロテスタンティズムのその考え方がなければ、今でもみな貯金するのにためらいを
感じていたことでしょう。
だから常識を形成するのに役立っているのです。
そしてその常識はそのカルヴァンの理論がなければありえなかった・・・。
ということは今も常識として我々の価値観の中に生き続けている、
つまり意義は失っていませんね

943 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:34:37 ID:YYA9eCmD
ケインズはさらにひっくりかえして
蓄財は経済学的な罪ですと言ってるんだね
蓄財に励む事で国の経済成長が止まり失業者や餓死者が続出するから
税金で吸い上げて国が使ってあげなさいと言ってる
しかしプロティスタンティズムの倫理は質素倹約をとくせいかキリスト教の影響が強いヨーロッパは戦後経済的発展が停滞してしまった面があるよね


944 :モエカス:2008/03/31(月) 21:34:56 ID:9EEoZSmr
>これではむしろ貝は真珠を造るための道具説を
>裏付けてしまいかねない説明だよね
凄まじい理解力の無さだな。

>ID:YYA9eCmD
>地獄の傀儡師
これ以上きみたちみたいな
厨を呼び込む必要はないので
sageてくんないかな。
っていうか自分のサイトでやれや。

945 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 21:38:56 ID:omStLMvw
ケインズは優れた経済学者だがその点については彼の専門の経済学だけでは語れないだろう。
政治との兼ね合いもある。
プロティスタンティズムの倫理は質素倹約を説き蓄財を肯定するが
それだけじゃない。
世の為政者に協力することを悪とはしていないはず。
よって税金を納める事を積極的に奨励している。
国家に対する義務を信者にも負わせている。

946 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 21:40:21 ID:omStLMvw
まだいたか。燃えかす。不親切な奴だったよな、皮肉しか言えないw。


947 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:41:19 ID:YYA9eCmD
理解力というのは背後にある知識力と関係があって、そもそもモエカスさんとは判断の次元が違う部分があるよね


948 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/31(月) 21:43:40 ID:xhvGcVkm
>>946-947
これ以上はサーバーの無駄だから自分で掲示板立ち上げてやってくれ。

949 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:45:20 ID:YYA9eCmD
異論反論を無視して仲間内で自己満足的な議論をしていても発展はないんじゃないですかね
まぁ別に発展したくないというなら別ですが

950 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:48:31 ID:OG+bB/I4
次のような話を聞いたことがある。
記憶に頼っているので正確ではないが。

かつて、オス同士で角をぶつけ合って優劣を競う鹿の種があった。
それで、大きい角を持ったオスが優勢となり、メスと交尾できる資格を得た。
そして、メスは、できるだけ角の大きいオスを交尾相手に選ぶようになった。
これにより、大きい角を持ったオスの遺伝子が継承されていった。

ところが、この習性がだんだんとエスカレートしていき、種全体のオスの角がだんだんと大きくなり、
ついには、日常生活に支障をきたすようになってしまった。
環境に適さない大きさの角をもったその種の鹿は、結局絶滅してしまった。

ここから何がわかるか?
ときとして、優勢な特徴は種の生存を脅かすということがある、ということ。
そして、ある特徴が必ずしも必要ではない、ということ。
当初は有利な特徴であっても、次第に、無駄な特徴へと変化していってしまうことがある。





951 :地獄の傀儡師:2008/03/31(月) 21:52:00 ID:omStLMvw
よし、分かった、内部で自己満足して信奉する理論の勝ちにでもよって炉や.

ちなみに君らを荒らしやめてくれ、と言ってるが君らのカキコといい勝負だぞW

952 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 21:55:06 ID:YYA9eCmD
学校の勉強が出来た人が社会に出るとまるで駄目でタクシー運転手も勤まらなかったと言うのがその例だよね
ホームレスの世界で生き残るのもそれなりの才能だしね


953 :モエカス:2008/03/31(月) 21:57:15 ID:9EEoZSmr
>>946
>不親切な奴だったよな、皮肉しか言えないw。
マナーのある人には親切にしてるよ。

>>947
きみの知識力って誰と共有できてるの?

>>949
>>951
おまえらの話から何が発展するんだ。
ここは落書き帳じゃないぞ。

954 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 22:06:15 ID:YYA9eCmD
モエカスさんの言ってることは理解出来るので、モエカスさんの知識は私も共有しているよ


955 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 22:07:26 ID:Lj95A7h5
このスレタイでなぜ何の脈絡もなく社会学だの経済学だのの話をし出すのか分からん。
ホントに何の脈絡もないじゃん。

956 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2008/03/31(月) 22:15:21 ID:xhvGcVkm
>>955
創造論がネタ切れだから。

957 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 23:26:03 ID:k3WoCMMd
これって本物の狂気なんじゃねーの?なんか怖い。
ネヨの妄想とはくらべものになんねぇ

958 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 23:36:39 ID:YYA9eCmD
人は未知のものを恐れますからな

959 :神も仏も名無しさん:2008/03/31(月) 23:39:17 ID:Lj95A7h5
突然脈絡もなく経済学の話をぶちまけた挙句「自己満足的な議論」がどうのこうのっていう人の、



 何 を 恐 れ ろ と ?

960 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:00:38 ID:YYA9eCmD
脈絡普通にあるよ

だって恐ろしいって本人が書いてるじゃん


961 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:22:33 ID:5qcPbLet
ハイハイwww

962 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:25:37 ID:HSAgFkK0
未知のものに危険性が含まれることを計算に入れないのなら、ただのバカだろうな。

963 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:32:57 ID:5qcPbLet
自分の言ってる事を「未知」とか言っちゃってんのが笑われてるんだよww

964 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:41:41 ID:KN22z+2f
なんだかケツのアナルが小さい野郎どもだな


965 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:44:50 ID:5qcPbLet
こういう議論系のスレでなぜ論敵相手に寛容になる必要があるんだ?
てかさっきから与太話と人格批判ばっかじゃんか。
反論出来なくなったらこうなるのはまあ常態なんだがなw

966 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 00:57:51 ID:KN22z+2f
議論にも様々な段階があって、相手の言い分に寛容になれるような議論を古来から論理学では最善、最高の議論としてきたんだよ

967 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 04:50:08 ID:57tVYYtv
だが、証拠ありまくりというか、証拠の論理的、統一的説明として出て来た進化論と、
オムファロス以外、ポエムしか引用出来ない創造論とでは、議論がかみ合う筈が無い。

968 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 11:02:58 ID:Yn1rpabW
>>965
論敵なんてこのスレにいるのか?


969 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 19:54:06 ID:+K++EQ3r
再び皆さんのご要望にお応えして論客もしくは言葉上の刺客として参上いたしました。
進化VS創造。
進化しても必ず強い種族ができるとは限らないそうです。
進化論はここをどう説明するんですか・?
進化を肯定的にしかとらえられない人には痛い一撃うを

創造論。もしも最初から生物がそのままで進化しないならこの環境の激変に動物は
どのように適応してきたのですか?・
無性生殖の欠点は環境に適応できない点とありましたが、
創造論とて同じです。環境にどのように適応するのですか??

970 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 20:03:29 ID:qWJCcHEO
>>969
???

971 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 20:13:09 ID:jh00S31I
>>969
>進化
進化はかならずしも強い種族を生み出すのではなく生存に有利な種族を生み出すもの
てのはダーウィンの進化論の時代からずっと言われてることなんだが、何がいいたいんだ?

>創造論
俺は創造論は信じてないが,そんなの神様が適当に調整してますでFAじゃないか?
ていうか創造論を信じてる人でも、生物が環境に適応して進化しているところまで否定
しちゃうガチな奴はあまり多くないぞ。ただ進化により全く新しい系質や種が誕生するのが
信じられんと言ってるだけで。

972 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 20:32:49 ID:BVeJ6jhF
とうとう日本語が破綻しはじめたか。

973 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 20:53:08 ID:+K++EQ3r
>>971
「生存に有利」というのは「強い種族」というのとあまり違わないような。。。
つまり生存に有利な方が生存し自分の子孫を残せるわけで・・・・

なるほど、創造論者にも二つのグループが存在していたのか。。
これはまたややこしい事になった

974 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 20:59:57 ID:27rP4kr6
進化=生存に有利、ではないじゃないか?
不利な方向に進化する場合もあるだろう?
>>950みたいに。

>>971
創造⇒神の存在という発想はどこ起源?



975 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 21:03:09 ID:+K++EQ3r
進化は時として「生存に有利」に働き時として「不利に働く」っていう
ギャンブルみたいなものなのか????・

創造とかは明らかに聖書からだろうな、もしくはコーラン。


976 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 21:06:53 ID:+K++EQ3r
今進化の中間種って存在するのか?・
もうあるべきとこまでいって進化は起きないのか?・
でも環境は絶えず変化しているわけだし・

生物は進化できるのに何故絶滅危惧種が存在するのか??
進化論者はこう答えます「進化の変化の具合以上に環境が激変してそのギャップにより
絶滅危惧種が存在する」では氷河期から今まで現代ほど環境が激変した事は
なかったのですか??
一度くらいはあったのではないの???・

977 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 21:10:33 ID:27rP4kr6
>>975
そうでしょ、ギャンブルみたいなもん。

978 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 21:22:40 ID:+K++EQ3r
ギャンブルという事で話を進めますとやはり今の自分の命は偶然というか幸運の
たまものという事になります。
そんな命を何故大切にするのでしょうか??


979 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 21:47:14 ID:1TaFTX7U
>強い種族

強いの意味を具体的に。

980 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 21:56:43 ID:BVeJ6jhF
偶然の命が大切にできない理由を具体的に。

981 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 22:39:18 ID:qWJCcHEO
>>976
現在存在する生物はある意味全て進化途中と言えると思うよ。
もちろん人間も含めて。

982 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 22:40:45 ID:qWJCcHEO
>>976
ああ、そうだ。
後半についてだけど、長い地球の歴史上、絶滅してきた種は多数存在してるよ
(分かりやすい例で言えば恐竜とか。)

983 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 22:46:13 ID:+K++EQ3r
>>982
恐竜を忘れるとはわたしもdaibu////.

>>980
偶然なら大事にしなくていい、というのはおかしいですか??
偶然に破壊されても文句は言えないと思います。
要するに小学校で「命は大切に」と先生がほざいていますが
そんな必要は全くないとボクは思う。
何故なら偶然だからさ。それ以上の最適な説明は今現在みつからない。
命が生まれるのが偶然なら消えるのもまた然り。ボクはこう思うね。


984 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 22:48:48 ID:27rP4kr6
>>979
子孫を残せるということでしょう。

985 :地獄の傀儡師:2008/04/01(火) 22:55:19 ID:+K++EQ3r
>>981
仮に「美男美女」になる確率が高くなってたら進化の過程といえるだろうか?
明らかにその方が社会で生きやすいし何かと優遇されますからねー。


986 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:04:44 ID:KN22z+2f
>地獄くん
まぁ別に無理に宗教信者にしなくてもいいんじゃね?
彼らは戦後に造られた共同幻想を批判する知性も教養もない輩で
受けて来た教育通りの世界観を守りたい連中なんですから
普通にテレビのニュースや世の中の情勢を見ていれば信念体系に疑念を感じてもよいはずなのだが
まぁ何時の世も鈍感な連中は居るということです


987 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:08:20 ID:KN22z+2f
まぁ確かに、宗教を信じているなんていったら日教組の教師にビンタされ、再教育させられた異様な時代ではあった訳で
長い間受けて来た教育の影響から脱するのは困難な面はあるしね


988 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:10:27 ID:5qcPbLet
生存競争って言うのは「生き残れば勝ち」
優れてるから生き残る「べき」とか劣っていないから滅ぶ「べき」なんて事は全くない。
生き残って子孫を残せばみんな平等に勝者。
例え優勢の致死遺伝子持ってようが、死ぬまでに子供を残しさえすれば問題なく勝利。

ちなみに美男美女の例えで言うなら、鹿だの孔雀だのはまさにそれだな。
異性受けすると言う一点で派手な奴が繁栄してる。
こういう例を性淘汰っていうんだよ。

ちなみに「生存に有利」と「強い」って言うのは全く別物だよ。
ライオンはシマウマより強い。けどシマウマもライオンも生きてる。


というか、なぜその程度の基本すら押さえずに「言葉上の刺客」だの「論客」だのって言えるんだろ。
ねえ


 恥 ず か し く な い ?

989 :神も仏も名無しさん:2008/04/01(火) 23:57:34 ID:1TaFTX7U
>>984
その定義なら進化論とのずれは無いことになりますね。

990 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 00:08:39 ID:b4c/F1Fb
>>985
孔雀の羽みたいに、人間の美貌も形骸化してきているんでない?
昔は健康体の指標だったかもしれないけど。

991 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 00:19:44 ID:PESKmNvD
なっても実効子孫が残ればそれでいいんじゃない?

992 :モエカス:2008/04/02(水) 06:46:37 ID:ANJcpEJM
>>983
>要するに小学校で「命は大切に」と先生がほざいていますが
その時想定している「命を大切にしない」事例は
「偶然」の出来事じゃないだろ。

993 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 06:59:33 ID:5YRK/U6r
命は失ったら取り戻せないから価値があるんだろ。
ほいほい自由に作れる様になったら価値は暴落するだろうけどな。

994 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 10:11:04 ID:zs+/GiNh
>>983
お前は何十億個の精子の中でたまたま1個だけが卵子に命中して偶然生まれた命なんだぜ。

分かるな?
お前の命はただの偶然なんだから、偶然を大事にしないお前はさっさと死ねという事だ。



995 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 10:15:25 ID:C9rT4rfw
次スレは?

996 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 10:15:52 ID:zs+/GiNh
>>985
美男と美女がくっついて子孫残しても、ブス醜男どうしもくっついて子供残せるから比率は変わらない。

そもそも人類史の大半の期間は顔の善し悪しなんか気にする程余裕ないから。
食糧調達できる男だけがイイ男。

997 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 10:53:29 ID:APldbCTV
それが最近では女も食料調達出来るからな
イケメンとか優しさのような価値が浮上してきた


998 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 11:09:28 ID:Myi6yt7g
イケメンだろうがブ男だろうが子孫残せるだろうが……
一夫多妻制で、って言うか結婚みたいな制度が無けりゃイケメンが増えるのも分かるけどさ…

999 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 11:43:20 ID:jVg/wE9P
そもそも美女美男の定義なんて時代場所によっていくらでもちがうんだが
我々が肥満に悩んでるのだってもとをただせば…

1000 :神も仏も名無しさん:2008/04/02(水) 11:49:01 ID:IYmi3heq
>ほいほい自由に作れる様になったら価値は暴落するだろうけどな。

クローニングじゃあ人格は保存出来ないからなあ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

344 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)