5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

科学を否定する宗教はうざい Part004

1 :神も仏も名無しさん:2008/05/24(土) 22:27:17 ID:QsTt8CHF
前スレ

Part003 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1209403402/
Part002 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1203411888/
Part001 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1184065386/

2 :神も仏も名無しさん:2008/05/24(土) 22:43:28 ID:QsTt8CHF
「現行の宗教法人法は全廃し、一般企業並に課税する新宗教法人法にすべきだ。」
という意見に賛成の方と反対の方、それぞれのご意見をどうぞ。

3 :神も仏も名無しさん:2008/05/24(土) 22:57:02 ID:3vzoj3ra
現行の宗教法人法を知らないので、意見が言えません。

4 :月に疲れたピエロ:2008/05/24(土) 23:05:06 ID:BlVLlp7R
そもそも宗教と企業はお金を徴収する形態が違うんですよね。
それをやると観光地並みに霊性は落ちると思いますよ。
霊性がわかるか否かで意見のギャップが生じることは請け合いだけど
普通の良識のある知識人なら反対するでしょうね。
2ちゃんぐらいだろうな。アホな意見が通用するのは。

5 :月に疲れたピエロ:2008/05/24(土) 23:08:15 ID:BlVLlp7R
一回の戒壇めぐり〜300円。
一回の旅行費〜300000円。
ピュアAU〜3000000円。

6 :月に疲れたピエロ:2008/05/25(日) 00:09:49 ID:BNpnaBRV
http://slashdot.jp/articles/03/07/17/1612215.shtml
人間の網膜にもRGBEとRGBの人があるみたいだな
昔なるほどザワールドで鶏には「紫」が見えるとかやってたな

7 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 02:01:14 ID:YFsPqC5c
>>4
良識ある社会人なのですが、霊性とは何ですか?


8 :月に疲れたピエロ:2008/05/25(日) 02:35:33 ID:BNpnaBRV
それが説明できれば解決されるね。
まぁ不可能だね。
というか説明に依存してたら説明する人の霊性になるし。

9 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 08:30:02 ID:9M41MKeb

科学や数学に限らず他の学問や宗教も、説明と理解の努力は欠かせないものだと思います。
むしろ、物事を理解し説明するために学問や宗教があると言えるのではないでしょうか。
科学や数学がわかりにくいと言われることがあるのは、本に書かれていることや教える人の説明の仕方が
相手に対して理解を得ようと丁寧な書き方や教え方になっていないことが主な理由なのかも知れません。
人が物事を理解するには、頭の中で分かりきったことを一つずつ組み立ててゆく作業が必要です。
最初は小さな理解から、次第に大きな理解へと組み立てて進めてゆけるのです。
そういう意味では、説明する一つひとつの言葉の中にも、説明する人の心や魂が宿るようなものなのかも知れません。
"言霊(言葉に宿っている不思議な働き)"という言葉がありますが、それは、
"書かれた言葉が相手に自分の思いや感情を相手に伝え理解させる力を持つ"ということを表しているのでしないでしょうか。

10 :数学科院生:2008/05/25(日) 17:55:41 ID:V+rYsTgX
科学とは魔法だよ。宗教も魔法。

11 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 21:53:11 ID:U5yeQuUZ
魔法ならいいんですがね。ちちんぷいぷいで学位も取れりゃ・・。

12 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:03:36 ID:wRAix1PJ
age

13 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:14:52 ID:tAryDKXD
宗教と科学は絶対折り合わないとさ。

14 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:16:46 ID:F/FIIbZ4
他人の記憶と思考を自分の脳に記録する機械ができたら人はどうなるんだろう。
いやあ、未来はバラ色だね。天才の思考を生むのは勉強してきた記憶なん
だろうか。

15 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:20:39 ID:ZC+Ie/Ve
思考回路じゃないの?
知識量と地頭力は違うらしいよ。

16 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:23:18 ID:F/FIIbZ4
機械が出来たらジトウとか何とかのその辺が努力ヌキで競われる訳か。
学校内の人間性は大きく変わりそうだな。そんな機械できるまで、何百年か
かかりそうだけどね。

17 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:28:37 ID:ZC+Ie/Ve
ジアタマリョク、と言うらしい。

18 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:33:49 ID:ZC+Ie/Ve
膨大な問題の解法を詰め込んでおいて、類推や組み合わせで新しい問題を解決するタイプと、
飛躍的だが演繹的思考でいきなり斬新なアイデアを持ち込んで解決してしまうタイプ、
その両方、そしてどっちも駄目な人。

19 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:38:30 ID:ZC+Ie/Ve
ただ、どんな天才にも、飛べる距離みたいなものはあるらしい。

20 :神も仏も名無しさん:2008/05/25(日) 23:45:30 ID:ZC+Ie/Ve
話は飛ぶが・・・。
富士山を動かすにはどうすればいいかという問題に対して、パワーショベルとダンプで何回というのは、
果たして答えになっているのだろうか?
基準となる座標系を乗り換えるだけで、富士山は簡単に動かせるのだが。
元来、我々が基準と思っているものは、殆どが必然性のない恣意に過ぎない。

21 :神も仏も名無しさん:2008/05/26(月) 00:00:57 ID:YFsPqC5c
パワーシャベルとダンプで運んだら、富士山ではなくなってしまいますね。
座標系を変えただけでは、動かしたことにはなりませんね。


22 :神も仏も名無しさん:2008/05/26(月) 01:35:18 ID:VdjIMdh4
直交座標を極座標に変換というのではなく、慣性系の乗り換えのようなものとご理解下さい。

23 :神も仏も名無しさん:2008/05/26(月) 18:44:54 ID:5DLu7v7N
「座標系の乗り換え」と「慣性系の乗り換え」は、それぞれどういうことですか?
意味も違いも分からないのですが。

24 :神も仏も名無しさん:2008/05/26(月) 20:32:29 ID:0MNAi4/8
特殊相対論的には、全ての慣性系の運動は同等で、どれが宇宙に対しての絶対基準でもない。
早い話、富士山の横を飛行機で飛べば、富士山は動くのである。

25 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 18:04:56 ID:y7lQkB8k
それは、自分が富士山の横を飛んだ(動いた)だけで「富士山が動いた」とは言えないですよ。
慣性系では、大きな質量の方が相手に対して動いたかどうかの基準になります。
そもそも、特殊相対性理論で論じられる速度に対して、飛行機の速度は遅すぎます。

26 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 18:23:40 ID:O5V1uSNj
また"きっとばか"が発生しましたね

27 :数学科院生:2008/05/27(火) 19:59:30 ID:i235YpGj
富士山が動かないですよ。上九一色村に動いたらオウムの連中 怒ります。

28 :数学科院生:2008/05/27(火) 20:02:10 ID:i235YpGj
訂正
×富士山が
〇富士山は

29 :数学科院生:2008/05/27(火) 20:04:44 ID:i235YpGj
これからタキオンに載って過去へいきます?

30 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 20:17:00 ID:4Euo7v3M
滝音を聴きながら、自分の過去を振り返ってみます。

31 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 20:20:48 ID:O5V1uSNj
マジレスばかりではだめですよ
馬鹿に見えてくる

32 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 20:34:28 ID:4Euo7v3M
馬鹿には見えないと思うけど、面白みに欠けると見られるカモメ。

33 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 20:54:10 ID:4Euo7v3M
自由度3のハメルトン力学系における鬱積分は、3Pによって解決可能。
を昨日、証明してしまいました。
気持ち良かった。(笑)

34 :数学科院生:2008/05/27(火) 21:13:15 ID:i235YpGj
3Pとは羨ましいれす。最近欲情しません。

35 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 22:00:41 ID:4Euo7v3M
欲情しなくなったら、浴場に行きましょう。なんちゃって。
お疲れなんですね。
人生は長いですから、リラックスして生きましょう。

36 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 22:08:29 ID:i235YpGj
今の時期 街には透けブラが溢れかえってる。昔ならぼっきしたはずなのに。男終りか〜

37 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 23:51:03 ID:bM2eKhBe
>慣性系では、大きな質量の方が相手に対して動いたかどうかの基準になります。

そんないい加減なこと言っちゃダメだよ。近似的に慣性系を用いて議論する場合、
そもそも質量の大小や加速度が効いて来るスケールでありません。
飛行機から見れば、間違いなく富士山は動くのです。

>特殊相対性理論で論じられる速度に対して、飛行機の速度は遅すぎます。

相対性原理は速度の大きさに関係ありません。
こい速度不変原理でキャップを歌舞されているだけです。

38 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 23:52:23 ID:bM2eKhBe
訂正:光速度

39 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 23:53:08 ID:bM2eKhBe
訂正2:被されて

40 :神も仏も名無しさん:2008/05/27(火) 23:59:13 ID:oGdm3tJu
なんたる人の愚かしさかな。動くという事ですら思い込み以上のものでもはないのか。
釈迦の手の上の孫悟空よりもさらに劣るか。しかし人はそのような世界を必死に命がけで生きるのだ。

41 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 01:55:25 ID:/DM7+Sdr
動くとは、何が何に対してでしかない。絶対基準などないのさ。
この事に気づいたのはまさに人間の英知だな。
そして確かに、その事実から演繹されるE=mc^2も事実だった。

42 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 06:08:59 ID:ngOqlUeY
>>37
飛行機から見れば、富士山は間違いなく動いているだってさ。アホですか? 動いているのは、飛行機。山は地球にくっついていて、動いていません。動かざること山の如し。という言葉を知らないんだな。
どうせ、世界は自分の周りを回っている。なんて考えている自己中心的思考の持ち主なんだろうね。キミは。

43 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 13:12:16 ID:YkirFgpF
>>42
本気でそんな間抜けな事言ってるのかい?

44 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 19:50:19 ID:3Wd17JQN
>>42
地球は何にくっついて動いていないんだ?

45 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 19:51:48 ID:nv4E+SCy
宗教ってほんとに馬鹿が多いのか?

46 :数学科院生:2008/05/28(水) 20:17:29 ID:oy9fu8cb
宗教はバカがやるものではない。しかし近づき過ぎると火傷するらしい。宗教は全体性であるが故に難しい。オウムを擁護したとして日本女子大学から追放された島田裕己先生も東大先端科学技術センターに復帰された。めでたしめでたし。

47 :数学科院生:2008/05/28(水) 20:26:38 ID:oy9fu8cb
また間違えた。訂正
×島田裕己
〇島田裕巳

48 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 20:34:55 ID:nv4E+SCy
運動の相対性を理解出来ないというのは、頭悪いからとしか思えないw

49 :月に疲れたピエロ:2008/05/28(水) 21:13:20 ID:r75OeP7w
宗教によりけり

50 :数学科院生:2008/05/28(水) 21:24:15 ID:oy9fu8cb
「月に疲れたピエロ」になってしまったAオジサンこんばんは!なにゆえに神道には教義がないのですか?

51 :神も仏も名無しさん:2008/05/28(水) 21:56:57 ID:dJAA6ogI
大きいものを動かすよりも、砂つぶ1つでも同じ空間にとどめるほうが難しそうだね。

52 :月に疲れたピエロ:2008/05/28(水) 22:34:18 ID:r75OeP7w
仏教も対機説法だけどな

53 :神も仏も名無しさん:2008/05/29(木) 00:10:53 ID:0vHXz/bW
○阪府の創価
わたな○のぞみ 27歳女
・嘘つきまくり
・逆ギレしょっちゅう
・隠し事いっぱい
・約束守らない
・周囲は敵だらけ

54 :神も仏も名無しさん:2008/05/29(木) 23:32:04 ID:zJmw88Xm
>大きいものを動かすよりも、砂つぶ1つでも同じ空間にとどめるほうが難しそうだね。

物理的にはまったく無意味なポエムだな。

55 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 18:04:54 ID:oV49bt0G
でた物理的

56 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 20:15:02 ID:UiQTNCjB
物理のぶの字もわからない奴が「物理 物理」と騒ぐ。相対論をちらつかせればなんでも解決するっ思いこんでいる。だったらフェルマーの最終定理とかアインシュタイン方程式を一から説明してみろよ。

57 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 20:43:47 ID:oV49bt0G
お願いします
やってみて下さい

58 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 20:50:00 ID:UiQTNCjB
余白がなさ過ぎる

59 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 20:54:29 ID:oV49bt0G
そうだね
フェルマーに限らずすべてに於いて言えることだよ

60 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 20:57:40 ID:UiQTNCjB
こんなもの打ち込んだら一日あっても足りない

61 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 21:13:00 ID:UiQTNCjB
大槻教授の倅 大槻東巳と同期だよ

62 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 21:46:40 ID:CQehztr+
フェルマーの最終定理もアインシュタインの方程式も、
本当に知りたければ丁寧に書かれた解説書を読めば良いのです。
本を読んで言葉だけ知って分かったつもりになって、とんでもない勘違いをしていたり、
いかにも科学のような書き方をして全然科学になっていない本や、
いかにも正しそうで間違ったことを書いている宗教本は、厄介なものです。
一つひとつが正しいかどうかを確認しながら理解できれば良いのですが、
それを実行するには多くの時間がかかってしまいます。
しかし、言葉だけ知って理解したつもりではなく、正しく理解するためには、
避けて通れない方法なのでしょう。
初歩的なことから丁寧に説明している解説書は、有難いものです。

63 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 22:25:32 ID:oV49bt0G
頭でっかちになると鼻息が荒くなるだけですよ
現場がわからなければ仕事では使えません

64 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 23:12:09 ID:wAWmr5ph
勉強が出来ても仕事が出来ても人は無能で愚かで不幸だよ
何も心配はいらない。

65 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 23:51:57 ID:V76iu441
>大きいものを動かすよりも、砂つぶ1つでも同じ空間にとどめるほうが難しそうだね。

が、物理的に無意味でポエミーな点はまったく改善がないね。

66 :神も仏も名無しさん:2008/05/30(金) 23:53:52 ID:V76iu441
「砂一粒を同じ空間にとどめる」あ〜何と痴的なポエムなんだろう!!

67 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 03:23:33 ID:2vC7fbEG
科学ヒステリー

68 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 08:40:50 ID:x1CkYEdH
>>63
現場の問題を解決するための理論もあるんですけどね。
現場を重視して全体の利益が出なくなるのは、組織の問題になります。
特に、トップが間違ったことをすると、組織を潰してしまいかねません。
船場吉兆も、トップの間違った行為によって潰れてしまいました。

69 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 09:17:47 ID:8Dr3AqDa
いかにもトップが愚かそうだが、真実など分かりはしない。
知ったかすんなと言いたいね。

70 :数学科院生:2008/05/31(土) 10:24:07 ID:ia/9GSOX
山本七平の「空気の研究」じゃないけど船場吉兆にしろ赤福にしろそういう客を騙す空気があったんだよ。責任の所在は誰にも分からない。

71 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 10:36:32 ID:x1CkYEdH
トップの思想は中間管理職の思想となり現場に流れてゆきます。
トップがしっかりした考えを持っていれば、間違った行為をした中間管理職や従業員を処分できます。
トップが間違った考えを持っていれば、中間管理職もそれに従います。
企業組織とは、そういうものです。
実際に現場にいる人としては、本当にそう思いますね。
船場吉兆や赤福の責任の所在は、トップの社長にあります。

72 :数学科院生:2008/05/31(土) 10:44:18 ID:ia/9GSOX
法人格である以上 法的にも道徳的にも代表取締役にあるのは当然ですが そういった空気を作り上げるのは代表だけではありません。経営学の組織論を理解すれば明かなことなのです。

73 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 11:00:56 ID:x1CkYEdH
実際には、社風の形成には、社長または会長といったトップが一番影響するというのが現実です。
具体的な名前は挙げませんが、名経営者と言われる人達は、
組織論の知識は勿論のこと、会社経営に対する信念を持っているように見えます。
そのような信念は、取締役や中間管理職のマインドに浸透してゆきます。
さらにそれが一般従業員による企業風土となり、企業イメージの形成に結びついてゆきます。

74 :数学科院生:2008/05/31(土) 11:08:31 ID:ia/9GSOX
なら何で日本の企業は社会主義の原理で運営されているのですか?

75 :数学科院生:2008/05/31(土) 11:16:15 ID:ia/9GSOX
12時からバイトがあるので失礼します。

76 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 11:16:56 ID:x1CkYEdH
日本の企業も数多くありますので、どの企業のことか分かりません。
「社会主義の原理」とは、具体的にどのようなことを示すのでしょうか?

77 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 11:17:48 ID:x1CkYEdH
>>75
アルバイト、頑張ってください。

78 :数学科院生:2008/05/31(土) 11:28:20 ID:ia/9GSOX
時間がないので簡単にすませますが日本の企業(知っている範囲だけに限ります)の殆どがマルクス主義的で全くきっちりっした社会科学的思考をしていまそん。欧米で学んだごく一部の経営者は別ですが。
バイトに遅れます。頑張ってきます。

79 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 14:40:06 ID:8Dr3AqDa
偽装の常識が破綻したら庶民に食料が行き渡らなくなったりしてね

80 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 16:51:22 ID:5NYtYC5E
>>79
ご明察

81 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 16:53:32 ID:5NYtYC5E
>>67

柔らかい頭 ≠ 緩い頭

82 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 19:47:14 ID:2vC7fbEG
科学を否定すれば躍起となっていかにもクールに返答をするところ、○○だね

83 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 19:50:51 ID:2vC7fbEG
頭の固い奴は陰で馬鹿にされてますよ

あいつビョーキになっちゃったの!!?

みたいな
その当然の結末をみんなが待ってる

84 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 20:02:46 ID:2vC7fbEG
我こそはと物理を究めている賢い人のレスにも
恣意的な宗教観しか見られないのが不思議ですよ
いかにも論理的で鼻息の荒い奴ほど全体が見えてないんだろうな
相手がわかってないと決めつけて説明するから人の怨みを買って。
そういうときに馬鹿のレッテルを貼られてるんですよ
あいつにはこんな簡単なことが難解な物事になるんだと無意識に判断されて

木を見て森を見ず とかね

知能の高い子どもは一言一言の言語が重い傾向があるようだが
単なる論理的馬鹿は本当に見えてないから困る
その対比をソクラテスは多くを知っていると思い込んでいる者より

85 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 20:19:35 ID:2vC7fbEG
知らないと思っている者のほうが、実は多くを知っているのだ
というんだろう
よく出来た子どもが無口に何かを観察したり大切にしているのを見てそう思ったのだろう

86 :神も仏も名無しさん:2008/05/31(土) 20:42:16 ID:2vC7fbEG
関係ないけどここの1は浄化スレのい・ん・す・ぴさんとかぶりますね

87 :数学科院生:2008/05/31(土) 23:50:17 ID:ia/9GSOX
f'(x)君とかAオジサン 何してるんだろう?

88 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 03:33:17 ID:IZ9vKtP3
>大きいものを動かすよりも、砂つぶ1つでも同じ空間にとどめるほうが難しそうだね。

これは間違っていて、何の物理的意味も持たないのです。雰囲気や気分では何もなりません。

89 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 03:35:17 ID:IZ9vKtP3
このようなおかしな思考宗教屋がするなら、悪影響を及ぼすので、矯正教育が必要です。

90 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 05:50:07 ID:9u4IBVHG
環境カルトみたいなもんですね
自覚症状はあるかな?

91 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 08:23:37 ID:1aSe9Q9N
数学科院生さん、おはようございます。
私はキャラ変えて時々書き込んでますよ。
今日は、相模湖ピクニックランドでレースクイーンさん達と焼肉バーべキューです。もちろん有料で。
今日は、昨日とは打って変わって、晴れて暑くなりそうです。

92 :数学科院生:2008/06/01(日) 09:20:33 ID:Qjt65VKq
キャラ変えられると分からなくなります。今までは文体で判断していたのですが。有料とはいえレースクイーンとバーベキューなんて羨ましい限りれす。こちらは今日もバイトです。自分の生活費と猫三匹の餌代位は稼がないといけないんでね。結構 貧困してますよ。

93 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 20:04:40 ID:rKWPaToq
砂粒をある位置(座標で定義される)から動かさないことは、それが難しいか難しくないかにかかわらず
できるんですよね。
でも同じ空間にとどめるとはどういうことでしょうね?
ほっとくと砂粒はどこか別の宇宙にでも流れ出して行くんでしょうか?
量子並に状態空間を飛び移るんでしょうか?
そんな意味の無い事が大きい物を動かす事とどう対比されるのでしょう?
また、大きいもとは、巨大な風船でしょうか?
慣性質量が大きい事でしょうか?
意味の無い妄想ポエムは、柔らかい頭ではなく、緩い頭の物ですね。
緩い頭は矛盾だらけの宗教にも、程度の悪い詐欺師にもすぐ騙されるでしょう。



94 :数学科院生:2008/06/01(日) 21:27:21 ID:8orZq4hh
理学部4号館へ立ち寄ったらとんでもない研究をしておった。こりゃビックリ!

95 :神も仏も名無しさん:2008/06/01(日) 22:08:26 ID:BNEMXcrC
やはりそれが言いたかったのか。空間っていう単語の用法が物理学では
間違いってことだよね。分かってると思うけど。おれが言いたかったのは
相対的な座標で表される位置ではなく絶対的な位置に砂粒をとどめる
ことなんだよ。特に怒るような指摘でもあるまいに、なぜそこまで無知に
固執するのかとても不思議だよ。もっと大きな視点に立って科学を発展
させてくれよ。

96 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 01:28:49 ID:Ea26oQef
絶対的な位置という新しい妄想ポエムに置き換えても意味の無い事には意味が無い。
言葉遊びで世界が説明出来ると思う愚か者。

97 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 01:36:09 ID:Ea26oQef
宇宙は言葉遊びではない。
「現在までにところ」を担保しても、どこまでも論理的だ。

98 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 02:14:53 ID:Ea26oQef
に→の

99 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 02:55:00 ID:dcB9WCqa
絶対的な位置が今の科学では捉えられないとしても
あるのは当然だろ?俺の知識ではビッグバンの中心が
それに近いのかなと思うけど、それも妄想なの?
感情的なのはつまらないね。世界の説明というより
不明瞭な>>20の富士山を動かすって問題について
考えているだけでしょ?

100 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 10:26:20 ID:PijMtXtU
あるのは当然ではない。徹底的に突き詰めると、無い。
ビッグバンの中心(もちろん妄想)とかアホを晒して嬉しそうだな。
富士山は動かない、絶対に飛行機の方が動いていると言うなら、動いているのは太陽か地球か?


101 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 11:17:15 ID:vsUbo8Bf
四次元球面の中心ってどこよ?

102 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 13:04:24 ID:xD2RHebn
中心は存在しない

103 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 14:11:32 ID:VCSY1uu5
大きな視点の絶対座標はどこに貼付けりゃいいんだろうね?

104 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 14:19:08 ID:JEphacqi
富士山に決まってるだろバカ

105 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 15:44:19 ID:WPEfq6Az
フェルマーの定理は整数論の大元だろ。
整数論と言えば素数、素数と言えばリーマン、リーマンといえばゼータ、ゼータと言えば
カシミール元、カシミール元と言えば真空のエネルギー、これは宇宙の構造にかかわる。
もしかすると、地球文明を飛躍させるエネルギー源に繋がるかも知れない。
そんな笑い話の一席。

106 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 15:53:40 ID:Hkq+pBvF
人に寿命がある事と性は不可分と言っていい訳だが。
でも、有性生殖しなけりゃ長生き出来るってことじゃないww

107 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 15:54:43 ID:Hkq+pBvF
>>106誤爆sumaso


108 :数学科院生:2008/06/02(月) 16:54:01 ID:xD2RHebn
笑えない。

109 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 18:32:31 ID:ogcvj/6s
富士山の話によくこんなに盛り上がれるね
あれは絶対的な座標軸はないということがいいたかったのだろうけど
本末転倒な議論に展開したがるところを見ると
底辺だろうな
本末転倒にすれば上に立てるとかいう本能で

110 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 20:06:06 ID:ST1bKsG5
必至に糊塗に転じるてるの?
単に座標と言えばいいところ、-軸と言ってるのがいかにも取って付けた底辺の下を支えですなw

111 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 20:08:28 ID:ST1bKsG5
訂正:転じてるの?

112 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 20:09:21 ID:ST1bKsG5
も一つ訂正:底辺の下支え

113 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 20:41:41 ID:ogcvj/6s
軸がどうこうですか
全く意図してなかったわ
ごめんね

114 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 20:59:40 ID:ST1bKsG5
座標と言えば3次元以下のデカルト座標くらいしか思い浮かべられない厨房が、
術語の意味も知らないで背伸びしても無理って事だね。

115 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:02:17 ID:ogcvj/6s
君には難しいだろうね
全体を見ることは

現にその反応では職場でハブにされてるでしょ

116 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:05:03 ID:ogcvj/6s
神経質な人間が多いのはなぜでしょうね
上流階級にいくほど見かけない成分ですがね

117 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:07:23 ID:ogcvj/6s
まぁ下克上のノリみたいなものかな

118 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:12:50 ID:ST1bKsG5
言葉遊びで全体でもなんでも妄想して楽しんで下さいな。
物理学も数学も、あなたのゆる〜い頭で遊べるような半端なものじゃありませんので。
「俺は全体を見れるんだぞ!」「お〜ッ凄い凄い神様みたいだ!」
あなたはその程度のゆるいお友達と職場ごっこしてるのがちょうどいいんじゃない?

119 :数学科院生:2008/06/02(月) 21:21:58 ID:xD2RHebn
今日 精神科でもらった薬
アナフラニール 25r
レキソタン5
デジレル25
ハルシオン0.25r
ベゲタミンA
レボトミン5r
ロヒプノール2
リスパダール1r
しかし SSRIもSNRIもあまり効かない。

120 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:28:36 ID:LIqhab2T
なんでそんなに腹を立ててるのかが分からんな。しかし、中心は無いというのは
面白い認識だと思った。そんなことが物理学的?数学的?に真実なのか?

三次元以下のデカルト座標でビッグバンの中心は示せず、宇宙の中心では
ないのか。世界は難しいね。キツイ頭で世界の一部でも真実が認識できて
いるなら羨ましいことだよ。

121 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:31:11 ID:LANLQ/Da
あまりシビアな頭脳でも大変そう

122 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 21:46:41 ID:LIqhab2T
日本社会では最もバカのフリが出来た人が勝つって何かで読んだ。
わけが分からんが、そういう面は本当にあると思う。恐ろしい社会だ。
学問を仕事にしなかった人間は自らの知性を開放することですら
遊びなんだよね。学問が仕事でないから、知性の偏重はバランスを
欠いた仕事になるということか。よくわからん。自分が絶望するくらい
優秀な人材だけが、全力で働き続けている現場も1週間くらいなら
顔出してみたい気がする。

123 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 22:00:59 ID:rICcRM8E
バカのフリするのに完璧なのは、やっぱりバカが一番らしいな。
ただ、フリをやめる事が出来ないというのが玉にキズだそうな。

124 :数学科院生:2008/06/02(月) 22:28:56 ID:xD2RHebn
プリテンション

125 :神も仏も名無しさん:2008/06/02(月) 23:05:29 ID:KThShkFv
「能ある鷹は爪を隠す」ということわざは昔からありますけど、何か?

126 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 00:00:38 ID:zzBDuSsN
智に働けば角が立つって、云ってた明治の文豪がいましたなぁ。

127 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 00:29:43 ID:sVCjkAEe
いやさ、日本の社会は本物の闘争を知らないで2000年ばかり来てしまって、
結局のところ、原爆でも目覚め切らなかったんだろうな。

128 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 02:55:10 ID:D+DplMdU
小説家は学問を仕事にしているのかな。
夏目漱石は都会も田舎も西洋も知っている
人なのに。あーあ

129 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 09:41:44 ID:9RhdLb32
漱石は国費留学でイギリスへ行き、神経衰弱で帰国。

130 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 11:54:24 ID:Ow0H3ef8
化け物同然の詐欺師「荒井英子(あらいえいこ). =目時英子」という変質者がキリスト教に巣くう癌となっています。
早々に退治してしまうべきです。
こんな東北の貧しい朝鮮部落民風情に教師や聖職者ズラされては、たまったものではありませんから。
この女はプロテスタントの牧師をしていたけれど、性格異常者のため、みなから嫌悪されて追い出されたという前歴の持ち主です。
こんな性的欲求不満の強い気違いゲス女しか本気で宗教にのめり込んだりしないものです(いつもバイブで自慰に耽っていた!)
このブス老女は以前、新宿区の信濃町教会に居たらしく、そのせいで信濃町教会の評判がガタ落ちになったという!
また、このスベタは癩病筋の血筋であるため、白癩が発症して以来ハンセン病患者に関心をもちはじめたとのこと。
感染しないよう近づかないのが一番です!
かかる狂信的な変態性欲者が牧師になれるのがプロテスタント系キリスト教の特徴なのですか?

131 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 14:15:50 ID:6QsXnCJd
キリスト教は半島に好かれてるなw

132 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 18:28:25 ID:FqMX3pJE
>>129
こういう人間て普段何してるんだろ
彼の人生では漱石すら憎いんだろうなぁ

133 :神も仏も名無しさん:2008/06/03(火) 22:35:34 ID:DUbeallQ
誰が漱石に怨みがあるって?

134 :神も仏も名無しさん:2008/06/04(水) 20:32:56 ID:jgrc3K3d
「厳頭之感」恨み節?
悠々たるかな天壌、 遼々たる古今、 もうもうたるかな蒸気、量々たる細麺、
五尺の小躯を以て、 この大をはからむとす。 お箸を上手に持って、特大を
ば喰はむとす、 ホレーショーの哲学竟に 何等のオソリティーに値するものぞ。 ...



135 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 02:59:34 ID:lnoltmLF
∫f(x) dx

136 :数学科院生:2008/06/05(木) 19:06:11 ID:sSyy8m3U
佐藤幹夫先生は弟子をたくさん育ててるし佐藤超函数も凄いけど女にちょっかいだすのが玉に傷。

137 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/05(木) 19:45:09 ID:HaDZbEEK
>>136
あくどく、意地悪に女にちょっかいだすなら削除ですね。
目も当てられないなら・・・・

どんな学者か知らんが、学者はかわりは沢山いますから、削除しても問題なく地球はまわりますよ。

138 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 19:52:45 ID:ci22b3U4
宗教屋は変わりどころか害毒だから、徹底的に削除しなければなりません。

139 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/05(木) 20:05:47 ID:HaDZbEEK
該当者はターゲットにされたのでよほどくやしいのでしょうwwww

140 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 20:14:08 ID:lhfb9LFO
科学屋も変わりどころか害毒だから、徹底的に削除しなければなりません。




141 :数学科院生:2008/06/05(木) 20:24:48 ID:sSyy8m3U
科学屋も自分の研究にはかなり宗教的です。それとやたら女好き。広中平祐は隠し子 認知しとるんかな?

142 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 20:39:45 ID:ci22b3U4
平祐氏は電話帳と言われるほどの長さの論文を一貫して書き上げた。すばらしい!!
宗教バカは3行のうち2行が矛盾しているようなアホを垂れ流し、他人の頭をも破壊する。
こんな害毒許すまじ!

143 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 21:01:53 ID:Lvw8nAok
その広中の長論文は、主の(みことば)の一句にも如かない。

144 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 21:14:55 ID:uFonFlCP
取り敢えず、嘘の量といういみでは、嘘つき総本山の一言には負けるさ。

145 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 21:17:10 ID:+bIsZWAL
2000年以上前のでっち上げが、いまだに人類に影を落とす恐ろしさ。

146 :数学科院生:2008/06/05(木) 21:17:37 ID:sSyy8m3U
↑IDが未確認飛行物体

147 :数学科院生:2008/06/05(木) 21:22:55 ID:sSyy8m3U
未確認飛行物体は144さん

148 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 21:40:52 ID:+bIsZWAL
宗教はusoだな

USO:未確認遊泳物体

149 :神も仏も名無しさん:2008/06/05(木) 22:08:49 ID:AR4kWU4X
単純そうでいいね。

150 :神も仏も名無しさん:2008/06/06(金) 12:35:43 ID:xFRbrxFs
荒井英子とか目時英子とかいうゲス老婆が「下賤なうえ頭の悪い田舎者だ」
という事実は誰もが知っているし、関係者全員の頭痛の種になっている。
しかも、この山出しブス女は何を勘違いしたのか、おのれが賤しい出自だから
他人をも色々と勘ぐって中傷誹謗したり、陰に陽に侮辱したりして已まないとのこと。
こんないやらしいスベタを牧師職にするとは日本のキリスト教界も徹底的に落ちぶれたものだ
まったく!

151 :神も仏も名無しさん:2008/06/06(金) 22:52:16 ID:sRRZDnm/
C-130の巡航速度って何q?

152 :神も仏も名無しさん:2008/06/06(金) 23:22:00 ID:n8UqOwIi
>>143
「主の(みことば)の一句」って、何?

153 :神も仏も名無しさん:2008/06/07(土) 00:32:40 ID:1t40DOI7
光あれ!

154 :神も仏も名無しさん:2008/06/07(土) 22:14:16 ID:DL7F84/4
>>152
「律法の一画が落ちるより、天地の滅びるほうが、もっとたやすい。」(ルカ16.17)

律法とは、聖書、つまり、主の(みことば)のことです。主の(みことば)は、真理
そのものですから、永遠に滅びることはありません。

「貧しい者はさいわいである。、、、天国はかれらのものである。」(マタイ5.3)

「わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしに学びなさい。
そうすれば、あばたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは
負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイ11.29,30)

「富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴をとおるほうが、
もっとやさしい。」(マタイ19.24)

「わたしは、道であり、真理であり、いのちである。」(ヨハネ14.6)

「わたしを信じる者は、たとえ死んでも生きる。」(ヨハネ11.25)



155 :神も仏も名無しさん:2008/06/07(土) 23:29:59 ID:jZHoaMdX
うざいを科学する宗教は否定

156 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 00:00:56 ID:aCaHIJvR
このスレもなかなかだな。[宗教はうざい]で,ブラウザから直接引っ張れる。

157 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 00:11:42 ID:VuM/ctnZ
聖書もクルアーンもポエムに過ぎないので、なんの証明にもなりません。
寧ろ、ウソを広め、盲信を生む悪です。

158 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 10:06:29 ID:fe/ukyIB
聖書そのものが悪いわけじゃない
。散見される誤訳を何世紀も放っておいた上に聖書無謬説とか言い出すトンデモ権威主義がいけない。
この点では正式な聖典としてはクルアーンを翻訳させなかったイスラームの方が分がある。
(日本語訳のものもあるにはあるがあくまで学術書扱いの外典であるし、原則勝手に翻訳版を作るのは禁止である)
聖書が仮に神の言葉だとしても、別の言語に訳しても意味が変わらないというのは有り得ない。
日本語訳の聖書をごらん。抽象的で何が言いたいのか分からない箇所が沢山ある。

159 :数学科院生:2008/06/08(日) 17:13:14 ID:tr1XDHeQ
宗教のことは丸っきりダメだか理論社会学者 橋爪大三郎先生がおっしゃるにはイスラームのコーランが教義体系からすると一番しっかりしてるらしい。しかし教義体系が整っているからといってより高い宗教とは言えない。ここに宗教の難解さがあるように思う。

160 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 17:28:31 ID:oYj4kIFh
>日本語訳の聖書をごらん。抽象的で何が言いたいのか分からない箇所が沢山ある。

あのね、原典自体が抽象的なのであって、邦訳ではどこもたいして変わらないと思うよ。

しかし、主が(みことば)のたとえ話で何を教えられたいかは、文字上ではわかりません。

たとえば、

「富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴をとおるほうが、
もっとやさしい。」(マタイ19.24)

この主の教えも文字上で捉える人はきっと誤った解釈しか出来ないでしょう。
つまり、金持ちは天界に入れないという誤謬に誰でもおちいるからです。
ここでの富者とか貧者とかは、霊的な意味で解釈されなければ、主のみこころ
は反対の意味にとられるからです。



161 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 22:13:31 ID:svZUo652
>>160
あいかわらずテキトーふかしてんな。

「霊的」って表現が定説かどうかはともかく
ちゃんとその前を読んでれば

>金持ちは天界に入れない

なんてあほな解釈なんか誰もしないよ。

162 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 22:17:23 ID:svZUo652
しまった。
×定説
○適切

163 :神も仏も名無しさん:2008/06/08(日) 22:56:15 ID:pV4B+/G7
宗教て現代日本人に必要なのかな?

まだ恵まれてる国なんだから宗教に頼らんでもて感じがするんやけど


164 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 00:28:10 ID:pZi3N1Yx
>>160
ほほう?原典読んだことあるんだ?
原典だと思っているものは本当の原典だという保証がどこにあるの?
ドイツ語でもギリシャ語でも訳されたものはみんな抽象的になるだろ?
今の日本語訳はエキサイト翻訳で何回も訳されてちぐはぐになったようなもんなんじゃない?
logos を 言葉 と訳すのと 法則 と訳すのじゃ だいぶ違うと思うけど?

165 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 01:33:28 ID:BAmL2iNg









中島みゆきはネ申です。













166 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 02:03:26 ID:YLNKeJfv
江頭2:50もネ申

167 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 09:41:46 ID:L2dEVNt8
忌野清志郎もネ申
かとうれいこもネ申
遊人もネ申

168 :神も仏も名無しさん:2008/06/09(月) 21:52:14 ID:7mYtwsFi
>>164
>ほほう?原典読んだことあるんだ?
ないよ。ヘブライ語やアラム語なんて学んだことないから。

>原典だと思っているものは本当の原典だという保証がどこにあるの?
それが聖書の原典だという数々の研究の上に成り立っているんだと思う。

>ドイツ語でもギリシャ語でも訳されたものはみんな抽象的になるだろ?
はぁ? 原典が他国語訳ではみな抽象的になるって? 抽象的って意味からしておかしい?

>今の日本語訳はエキサイト翻訳で何回も訳されてちぐはぐになったようなもんなんじゃない?
では、どこがどうちぐはぐになっているか、具体的に指摘すべきだね。

>logos を 言葉 と訳すのと 法則 と訳すのじゃ だいぶ違うと思うけど?
さあ、ロゴス(logos)は、一般には、言葉や論理・真理と訳されているが、法則
と訳したからってだいぶ違うとも思えない。 なぜなら、法則とは数理論理形式を
用いた言葉であり、それが真であるなら真理にもつながるものだからね。


169 :神も仏も名無しさん:2008/06/10(火) 12:35:50 ID:xA9+vDC5
論理は論理、前提が狂っていれば、おかしなものしか出て来ない。

170 :神も仏も名無しさん:2008/06/10(火) 19:56:42 ID:V+9XfoXP
宗教の良いところは、人の心を救える可能性を持っていること。
悪いところは、悪用されやすいところ。
科学を知って宗教を知れば、騙されにくくなるでしょう。

171 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 15:30:16 ID:Tr36tVBK
教えで人は救えない
一つの考え アイデア 切れ込みを 固まりきった頑固頭にメスを入れる一つの方法にすぎない

人を救うのは

人のみ

優しき人のみなのだ
宗教に喰われるな
のまれるな

宗教を一つの目線ととらえよ

さすれば 江頭様ががっぺ導いてくれるだろう

172 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 15:56:45 ID:f1ksx+/l
パクリだけど、
科学は
@客観性
A普遍性
B論理性
を主幹としているらしい。
つまり、対象物を観察をしている自分は対象外
しかし、現実、自然を道具として扱い、完全に使いこなしているはずが
いつのまにか、道具に道具として扱われ、環境汚染で自分の首をしめ
疎外感を抱いている。

対して、宗教は
@世界性
A象徴性
B行為性
を主幹としていると思う。
自分を世界の中の一部として受け入れ、
世界を均質なもの(=普遍的)としてみるのではなく、場所に疎密を感じる。
例えば、生まれ故郷に愛着を感じたり、水を清らかなものと思ったり、この瞬間に永遠を感じたり。
そして、行為することによって、世界に干渉しつづける自己を見る。


173 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 16:02:28 ID:f1ksx+/l
日本人は宗教もたないというが、それは関心や体系じみた教えをもたないということであって、
日本人の宗教的な地平、日本的な心の総体がすなわち宗教に他ならないと思う。
いわば、宗教と科学のちがいを日本人は分かっていないということかもしれない。
その原因は敗戦に求めることができると思う。
宗教を表立って禁忌とされたために、新興宗教が希求された。
創価だとかがはびこっているのも、もとはといえば、宗教をかろんじていた今までに原因があるのではないだろうか。

174 :数学科院生:2008/06/11(水) 17:10:12 ID:34/E26Uf
宗教は世界の端的なものを受入可能に加工するメカニズム。あくまでも人類の英知が集約された創造物。故に全ての宗教がその時代その時代に埋め込まれている。

175 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 21:11:33 ID:Tr36tVBK
無宗教=それも宗教などという論理遊びはウザい

んな事はどうでも良い

宗教は認めないとかそんなんじゃねぇ

ただ 宗教をやってる一部の人間

盲従者・狂信者が理解出来ないのだよ

176 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 21:18:52 ID:ox8SKNik
それは、宗教問題ではなくて、共同体問題だと思うがね


177 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 21:29:26 ID:Tr36tVBK
宗教活動のちに共同体活動

論理遊びはウザいいったはずだ

178 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 21:37:41 ID:ox8SKNik
だから、おまえの共同体が弱ってるから、他の共同体の専横を許すんだって。
そんなにいやなら、国家権力で押さえつけろよ、諸刃の剣かもしれんが。

179 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 21:55:25 ID:Tr36tVBK
@なぜそう思った

A諸刃以外の方法を聞きたい


180 :神も仏も名無しさん:2008/06/11(水) 22:10:45 ID:ox8SKNik
@ラクガキでもそうだろ。地域のみんながラクガキがあればすぐ消す癖をもってたら、
ガキどもは書いてたらヤヴァイ監視されてるって思って書かなくなるらしいぞ。

A国家に大権をもたせると、それが自分に返ってきたときやばいだろ

181 :数学科院生:2008/06/12(木) 16:22:01 ID:1+ombojL
この問題を解いてください
1/51×1/19.125×1/244.8
×1/153=

182 :神も仏も名無しさん:2008/06/12(木) 18:30:25 ID:MvuNf0Qs
= 2.7373197808193x10^-08


183 :神も仏も名無しさん:2008/06/12(木) 18:58:52 ID:MvuNf0Qs
× = 2.7373197808193x10^-08
○ = 2.7373197808193x10^-8






184 :数学科院生:2008/06/12(木) 19:22:17 ID:1+ombojL
大正解!おみごとです。

185 :神も仏も名無しさん:2008/06/14(土) 01:56:52 ID:mJRrf/sJ
1+1/2+1/3+1/5+1/7+1/11+1/13+1/17+1/19+……=

186 :神も仏も名無しさん:2008/06/14(土) 18:50:23 ID:ZUYE80F3

=3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 5923078164 0628620899 8628034825 3421170679
8214808651 3282306647 0938446095 5058223172 5359408128 4811174502 8410270193 8521105559 6446229489 5493038196442
8810975 6659334461 2847564823 3786783165 2712019091 4564856692 3460348610 4543266482 1339360726 0249141273724587
0066 0631558817 4881520920 9628292540 9171536436 7892590360 0113305305 4882046652 1384146951 9415116094330572703
6 5759591953 0921861173 8193261179 3105118548 0744623799 6274956735 1885752724 8912279381 8301194912
9833673362 4406566430 8602139494 6395224737 1907021798 6094370277 0539217176 2931767523 8467481846 7669405132
0005681271 4526356082 7785771342 7577896091 7363717872 1468440901 2249534301 4654958537 1050792279 6892589235
4201995611 2129021960 8640344181 5981362977 4771309960 5187072113 4999999837 2978049951 0597317328 1609631859
5024459455 3469083026 4252230825 3344685035 2619311881 7101000313 7838752886 5875332083 8142061717 7669147303
5982534904 2875546873 1159562863 8823537875 9375195778 1857780532 1712268066 1300192787 6611195909 2164201989
....................



187 :数学科院生:2008/06/14(土) 19:15:51 ID:4pAclphr
誤解を恐れず敢えて言うなら自分を自分として認識できない人間は果たして人間なのだろうか?

188 :神も仏も名無しさん:2008/06/14(土) 21:07:52 ID:XKJq5mIf
人間だ

脳死問題からいうと
日々もうろうとしていうr老人の人権は
それまで社会で活躍してきた功労によるからとか
彼を必要とする人間が彼に人格をもつことを期待しているから
と言う理由で人間として扱えるらしい

まあ、西洋人はくさってやがるからどうでもいい理由だがな



189 :神も仏も名無しさん:2008/06/14(土) 23:45:47 ID:iadkz3Vl
最近は、まず心肺停止、それから時間を置いて死亡確認するね。

190 :神も仏も名無しさん:2008/06/14(土) 23:57:49 ID:hwbm62uX
素数の逆数の和は∞発散だろ?

191 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 10:11:54 ID:ifMNsjSQ
>>187
自分が自分であることを論理的に理解している人は
史上1人もいないでしょ。直感的に感情的に自分が
自分であることはありふれた常識だよ。

192 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 18:03:18 ID:Jv90uYb8
三項対立?

193 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 18:38:03 ID:l7evfDLF
コギト エルゴ スムで自己の存在を肯定した人は、直感的に感情的に自分が
自分であることを肯定したのか。 論理的に肯定したのか。 どっちだ?

194 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 22:17:09 ID:dsJvbA6j
wikiの受け売りだけど、直感から導かれた根本的な観念でいいんじゃない?
これを踏み台にして人が認識できることとは何かを考えることには価値が
有ったと思うよ。また、直感的に自分が考えていることを自分が考えている
と思えない人は精神障害だろうね。興味深い事例だろうけど会話はできない
でしょう。

195 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 22:36:29 ID:zmSuOkCM
我思う故に我在りと思う胡蝶の夢

196 :神も仏も名無しさん:2008/06/17(火) 16:52:50 ID:jrPWZ9ea
ぽよ〜ん

197 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 00:09:44 ID:Lp5z0oX4
ちょっと面白いこと発見。ていうより、数学で遊んでいるんだが循環小数について問題を出そう。
地頭で解いてくれ。

問題
.
1=0.9を証明せよ。

198 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 00:11:42 ID:Lp5z0oX4
>>197
訂正
0.9の9の真上に・が付く

199 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 00:24:24 ID:9FfETtcq
0.888888…ってどうなんの?

200 :Metatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 00:33:37 ID:Lp5z0oX4
x=0.8(8の上に・がつく)と置く
両辺10をかける
10x=8.88888888・・・・・
ここで、10x-x=8.888・・・-0.888・・・
を計算すると
9x=8
∴ x=8/9

201 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 01:01:39 ID:goSj/dHu
1/3=0.3・・・・・・・

1/3*3=0.3・・・・・・*3
1=0.9・・・・・・・・・・

202 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 01:19:03 ID:Lp5z0oX4
>>201
okいいねえw

はい、他の人いませんか!!!!

203 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 01:22:38 ID:xU2ijh1j
x=0.9(9の上に・がつく)と置く
両辺10をかける
10x=9.99999999・・・・・
ここで、10x-x=9.999・・・-0.999・・・
を計算すると
9x=9
∴ x=9/9=1

204 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 01:27:21 ID:Lp5z0oX4
ってゆうか、同じ方法で解けば解答はされるのでここでうちきり!

解答

1=0.999・・・・
1=1/9×9=0.111・・・×9=0.999・・・・・

面白いよね。極限値では明らかに=ですがやはり数字だけの帯びグラフで考えると
やはり1ではないのに・・・なぜだろうw

205 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 01:32:51 ID:Lp5z0oX4
>>203
おk。でもここでは>>201氏の解答の方が一段上かなw

でも問題なく正解です。循環小数は>>200と同じ用法で解答できます。

206 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 01:45:36 ID:TLwexZB4
二進数の0.11111111・・・は=1でよいのよね?

207 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 02:13:45 ID:z4q26bEN
二進数
x=0.1(1の上に・がつく)と置く
両辺10をかける
10x=1.11111111・・・・・
ここで、10x-x=1.111・・・-0.111・・・
を計算すると
1x=1
∴ x=1

208 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 18:55:43 ID:Lp5z0oX4
2007某私立大医学部の数学の問題を書きこみます。
興味のある方はぜひ突っかかってきてください。
センターレベルですけどね。あしからず。ってゆうか、私立の医学部のレベルで
これってありなのかな?ってふと思いますたw

(4)
初項a[1]=1、第二項a[2]=2、漸化式が、a[n+2]=2a[n+1]+a{n} (n=1,2,3,4,5,・・・)
で定められる数列を考えると、a[3]=「ア」、a[4]=「イウ」となる。
新たな数列をb[n]=a[n]/a[n+1] (n=1,2,3,4,5,・・・)、a[n]の漸化式からb[n]が
満たす漸化式を求めると、b[n+1]=「エ」/(「オ」+b[n])となる。
数列 {b[n]} は極限をもち lim b[n]=x (n→∞)とすると、xは x^2+「カ」x-「キ」=0
を満たし x=「クケ」+√「コ」となる。

209 :数学科院生:2008/06/18(水) 21:40:20 ID:DYILYCrA
慈恵医大の問題?

210 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 21:54:21 ID:0jS0ldgU
ぼくってしってることいっぱいひけらかしたいんだ。(陰性痴識)


211 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 22:46:09 ID:Lp5z0oX4
>>209
ちょっと言えないなw
ただ、慈恵医大の問題はもっと高度だよw
このレベルの問題だと代ゼミ偏差値50以下の大学で出題されますね。たぶんw

>>210
君達に対しての挑戦ですが?それがなにかw
これくらい出来ない輩はこのスレくるなよwwww

212 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 22:47:59 ID:Lp5z0oX4
>>208
2008でした。すまそ。

213 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 23:27:33 ID:lAnEdOTe
猪木ボンバイエって猪木ガンバレに聞こえるよね

214 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/18(水) 23:29:30 ID:Lp5z0oX4
元気ですかーーーー!

215 :数学科院生(陰性痴識です):2008/06/19(木) 00:18:28 ID:+lH5UAT1
天才集団 理学部4号館
駒場のお荷物 数学科

216 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 02:11:42 ID:6HhwaNMX
科学的致死期を招く点才集団のお受験あそびはスレちがい。
どっかでやとくれ。(スレ過疎化撲滅委員会)

217 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 02:29:46 ID:6HhwaNMX
天才集団だってさ(笑)
歴史上に現れた天才たちとは随分ちがうちんけな天才集団だよね。
転んでも一人で起き上がれない頭大生はそのうち杖が必要になるかも。

218 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 08:47:45 ID:7Mhhydh/
東大のことはよく判らんが(ってゆうかあまり学校には興味ない)工学部と理学部はどちらが
強い?(地頭で)

219 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 09:12:40 ID:7Mhhydh/
なんだw
急に数Uレベルになると解答が来なくなるこの現実・・・
先に上げた数Tの問題と大して変らんレベルなんだがw
数V(微分積分の範囲)になると誰も答えられないかw

220 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 09:14:47 ID:7Mhhydh/
>>217
でも、厨房やdqnが転んでも助ける価値はないだろうw

221 :数学科院生(知識のひけらかし):2008/06/19(木) 09:32:49 ID:+lH5UAT1
東大理学部物理学科の上半分は天才。高校時代からすでにブルバキあたりを読んでます。工学部航空宇宙工学科は難しい。けど地頭は理学部が一枚上だとおもいます。俺は進振りで物理学科へ進めませんでした。

222 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 09:49:27 ID:7Mhhydh/
噂には聞いていたけど現実だったんだ。
どんな高校出身者なんだろうか・・・
開成、灘、ラ・サールとかかw
医学部医学科と理学部物理科はどちらが地頭がいいのだろうか?
なんかイメージだと医学科はど根性の努力家ののような気がする。泥臭いという。

>物理学科へ進めませんでした

応用物理学科も?ってゆうかたぶん応用物理学科は工学部だっけか?


223 :数学科院生(知識のひけらかし):2008/06/19(木) 10:08:26 ID:+lH5UAT1
物理学科へ進学するためには高校卒業時に修士修了のレベルでないと無理です。文1 理3はガテン系と呼ばれています。理3から物理学科へかなり流れてきます。ついでに私学の進学校ではとても物理学科へは進めません。

224 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 11:30:05 ID:7Mhhydh/
すげーな・・・東大物理学科って。(@_@)
でも物理は面白いよね。
違う大学でも編入したら?東大でなんくても構わないじゃん。
私学でも千葉大でもいいかと。理科大なんていいんじゃいかな?

225 :数学科院生:2008/06/19(木) 11:55:24 ID:+lH5UAT1
物理は諦めました。レベル低杉の数学科院でいいです。デキル奴は東大数学科→京大院です。数学では圧倒的に京大が強いです。森 佐藤 川北 加藤 望月等等
プリンストン大 モスクワ大 ケンブリッジ大 ハーバード大 UCB ENS(フランス高等師範学校)並です。

226 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:01:08 ID:7Mhhydh/
数学をハイレベルで学ぶより物造り(研究含める)のほうが面白いじゃんw
もれも応用物理はなんか魅力を感じるw

227 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:03:10 ID:7Mhhydh/
物理や数学でバトルってwwww
なんかさびしい気がする。。。

228 :数学科院生(知識のひけらかし):2008/06/19(木) 12:07:08 ID:+lH5UAT1
どこかアカポスをゲットできるところはありませんか?

229 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:16:22 ID:7Mhhydh/
アカボス?なにそれ?

専門学校とかの数学の講師とかはどうかな?
かなり馬鹿すぎてあきれ返るけどねwww

ただ、私が会社の社長なら雇うけどね。
ただし、中間テストとしてある程度の成果ががでないとクビですがw
飯食うように、空気吸うように機械関連の書物を読み学べばこの世界では十分生き残れるでしょう。
機械業界の人間はたいてい勉強しない輩が多いのが現実なんで君ならそんなに時間かからずある程度
の実力は付くよ。

230 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:19:40 ID:7Mhhydh/
ただ、めんどくさがってpcやデスクワークに拘ってるとトレーサーで人生終わってしまうw


231 :数学科院生:2008/06/19(木) 12:27:26 ID:+lH5UAT1
専門学校の教師はいいです。東京なら建築の伝統校 中央工学とか文化学院とか。みんな目的意識がはっきりしています。

232 :数学科院生:2008/06/19(木) 12:30:53 ID:+lH5UAT1
訂正
× 中央工学
〇 中央工学校

233 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:32:52 ID:7Mhhydh/
>>231
そのあたりの学生は厨房レベルだけど、高校の基礎レベルから叩き込むようにして数学と物理
の講師は必要でしょうね。
センターレベルの実力がないと機械や建築関連の書籍は理解できないからね。
赤チャートとは言わないけど黄色か白チャートのレベルまで持っていくのが理想ですな。

234 :数学科院生:2008/06/19(木) 12:35:43 ID:+lH5UAT1
これから小石川植物園へ行きそれから銭湯です。家に風呂がないのです。

235 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:44:17 ID:7Mhhydh/
高専か工業高校の先生なんかはどうだい?
高校生で成績悪い奴は強制的に居残り勉強とかさせてね。
家では勉強しないから毎日2時間以上数学と物理の勉強させるというwww
それでも駄目な奴はエリミネート。

それと、専門学校は図面作図が主体なので勉強は得意分野ではないんだな。
効率よく基本を叩き込まないから役立たずが多い。


236 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 12:49:48 ID:7Mhhydh/
>家に風呂がない・・・

都心に住んでいるからでは?
または学生の分際でドゥカティなんかころがしているからだよw
東京近郊の埼玉なんかは安い家賃で済むよ。
家賃5万円以下なんてのも探せばいっぱいあるしね。勿論、風呂付きだ。
2人ぐらいなら狭くたっていいんだよ。


237 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 13:35:21 ID:BXJ6f7yl
一番厄介な数論は数Iの延長上のような気がするんだが。


238 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 13:47:40 ID:BXJ6f7yl
飯食うように、空気吸うように素論関連の書物を読み学んだくらいではこの世界では多分生き残れないでしょう。
素粒子業界の人間はたいてい勉強漬の輩が多いのが現実なんで君でもそんな時間以外に天才的な地頭で全体を見回して
ジャンプできなければ、何も出来ないでしょう。

239 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/19(木) 13:52:23 ID:7Mhhydh/
>>237
数学は素人だけど、その意見は同意ですね。

240 :数学科院生(知識のひけらかし):2008/06/19(木) 16:05:27 ID:+lH5UAT1
真っ昼間の銭湯は気持ちがいい。風呂は二週間に一度なのであかをいっぱい落としてきた。しかし暑い。

241 :数学科院生(駒場のお荷物知識のひけらかし):2008/06/19(木) 18:12:44 ID:+lH5UAT1
羽生永世名人は天才ではない。物凄い努力家。

佐藤幹夫 数学の名人
佐藤文隆 物理の名人
佐藤勝彦 物理の名人
佐藤康光 将棋の名人
京都四人衆 この中で血縁関係にある人は誰でしょう?

242 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 18:15:15 ID:s6f/u6il
天才が努力家だと、凡人としてはもう打つ手が無い。

243 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 20:21:10 ID:tDTCnP+i
さばんは、脳がすばらしくAiとして働く天才クンと、むなしい心として働く鈍才くん。
所詮、天はニ物を与えずの理の例外として、歴史に名を成すは数々あれどその組会わ
せはピラミッド型の偏差値構造。
6桁数の素数をコンピューターより早く正解する人と、美味しい料理ができるおばちゃん
のどちらが、人間にとって有用か?
世の中機械頭型の天才が多い。

人間は、役立ちによって初めて人間となる。



244 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 20:30:04 ID:Eu80cNqn
素数の存在を分布関数として導けるのが天才、コンピュータより速く見つけてもただのサバン、
おいしい料理はただのオバン。
目先の役に立とうが立つまいが、宇宙の真理にかかわらないものはまあどうでもいいこと。

245 :数学科院生(駒場のプリテンション男):2008/06/19(木) 20:40:11 ID:+lH5UAT1
天才は忘れた頃にやって来る。
by 寺田寅彦

246 :数学科院生(アカポス?):2008/06/19(木) 20:53:25 ID:+lH5UAT1
数論的代数幾何の基礎をきっちり理解している学生は日本にどれだけいるのであろうか?長尾健太郎>ペレルマン=タオ

247 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 20:58:41 ID:OtzsgSGZ
数学出来ないベレルマンなら、日本にはたんと引き篭ってるんですがねえ。

248 :数学科院生(駒場原人):2008/06/19(木) 21:07:42 ID:+lH5UAT1
猫がうんこした。臭い。猫三匹に髭おやじ。東京には似合わない。

249 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 21:33:30 ID:tDTCnP+i
生きているうちは人は何かにしがみ付くのです。それがその人のいのちの愛に
なるのです。愛とはなんにでもくっつく性質があります。それが愛の本質です。

250 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 22:52:26 ID:Nq2LA05Q
愛を執着(しゅうじゃく)に置き換えても成り立つ文面だな。

>>248
猫はオスのスプレーに我慢なりません。

251 :神も仏も名無しさん:2008/06/20(金) 01:32:48 ID:ifLLy2kr
たけしのコマネチ大学数学科!

252 :プリテンション男:2008/06/22(日) 19:44:49 ID:D48XUOoO
北野武さん 日本数学会出版賞おめでとう!

253 :神も仏も名無しさん:2008/06/23(月) 20:57:44 ID:Q9VMPeSk
よほど酷いことがあったのかな

254 :神も仏も名無しさん:2008/06/23(月) 21:00:29 ID:WRzHlmDY
よほど頭が悪いんだろう

255 :神も仏も名無しさん:2008/06/23(月) 21:58:10 ID:Q9VMPeSk
そんな殺生な

256 :神も仏も名無しさん:2008/06/24(火) 00:50:08 ID:mllvmfhP
なんでなんで?なんでそうなるの?

257 :神も仏も名無しさん:2008/06/24(火) 12:22:21 ID:ityyUM76
ルービックキューブを解く

理数系:各面の回転の向き回数順序を方程式で解く

詐欺師:新しいシールを上から貼る

宗教家:祈る



258 :神も仏も名無しさん:2008/06/24(火) 20:45:02 ID:mllvmfhP
ルービックキューブは至極簡単

259 :神も仏も名無しさん:2008/06/24(火) 22:56:18 ID:U7wM0xjC
回転群の表記でサクッと書き下して下さいな。

260 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 00:07:57 ID:uvHW3WSa
方程式でやってたら時間がかかりすぎるよ
自分は宗教家だけど相当早かったよ
たとえルービックキューブでも方程式より感性だね
ピアノもアラベスクぐらいまでなら弾けましたよ。感性で

261 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 00:13:02 ID:uvHW3WSa
論理的にやってても140kmは打てないだろうな(バッティングセンター)
調子の悪い時には試行錯誤するけど
腰の回転するタイミングを、とか手首の返し具合を、とかボールに平行に、とか物理的にやってても
余計にブランクに陥ることが多い
もっと言葉とか原理ではなく天性を活かす方向にもっていけないと…

262 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 00:36:26 ID:9oRVGPag
>たとえルービックキューブでも方程式より感性だね

霊感あります、証明は出来ません、と同じ人かな?

263 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 00:41:19 ID:vCZIVd+6
科学を否定する宗教なんてマシなほうだと思う。
「近づいちゃヤバい」ってすぐ分かるから。

「うちの宗教は科学と一致します」ってとこのほうがずっとヤバい。
宗教的世界観を科学的手法で論証できるわけないだろっつーの。

264 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 01:17:41 ID:uvHW3WSa
別に乖離はしてないけどね
ヴェーダとかなら馴染みやすいから読めばいいよ

265 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 03:11:05 ID:6aPAmVVw
非定量な哲学と馴染んだからと言って、それは全然科学にフィットした事にはならない。

266 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 09:10:42 ID:FrosTquu
↑偉そうに!

267 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 09:17:09 ID:FrosTquu
この板には宮廷の教官はおらんのかね?

268 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/25(水) 20:14:02 ID:Pxeza5UR
>>252
学位が無いのに受賞ですかWWW
芸能人ってのはいい身分だなw
あいつの数学の学力ってそんなに高いかな〜w

269 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 21:11:28 ID:FrosTquu
地方の国立でてるくらいでヒガムなよ

270 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 21:15:18 ID:FrosTquu
それとお前性格歪んでるから数学の問題出しても誰も答えないよ 職場で威張ってても嫌われ者

271 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 21:21:09 ID:kQOaBZvf
>>268
数学の面白さを広めたパンダという意味でひょw

272 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 21:24:48 ID:FrosTquu
↑そんなにヒガムなよ

273 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 23:15:44 ID:YLjCksxv
中国板にも↑を多用する頭の弱い工作員がいたなw

274 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 00:00:02 ID:TsF23XZW
頭弱い扱いにして僻みを消す根性

275 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 00:01:36 ID:9ektTCNx
>>274
その体現止のおばさん表現までそっくりw

276 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 00:04:29 ID:9ektTCNx
文章心理学の本を読み返してみたくなった。

277 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 12:24:15 ID:uiFc26cC
好き嫌いで仕事している輩は能力低い証拠だなw
ただ、自分の意向に沿った仕事と生き方してくれる人は支持はしますね。
聖書の教えに沿った生き方考え方をしている人は生きる資格はありますがそれ以外
はいらない。社会悪であり未来を受け継ぐ資格はありません。
無条件の愛はありません。神に従がうか従がわないかで生きる資格があるか無いかが決まります。
従がう者は人、従がわない者は人間界という媒体で生きる獣です。
従がう者はマイノリティーであってその他は資源ですwww

>数学の面白さを広めたパンダという意味でひょw
本人は自覚しているみたいだよww

>職場で威張ってても嫌われ者
職場では威張っていません。そんなに愚か者ではありませんね。
逆に気を使って大変です。セクションの違う人を動かすのは気を使わないとw
じゃあないと動いてくれないし結果がでません。
同じセクションはライバル心がお互い強いですね。ですが、今まで行った会社の設計のセクションの
スタッフは先に挙げた問題すら解けない馬鹿ばかりです。と、いう事は文献読んでも理解できないと
いうことwwwww
判らないでは通用しない世界なんでね。判らなかったら調べる努力が必要な世界なんですよ。



278 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:32:57 ID:/Xz2K4KW
>好き嫌いで仕事している輩は能力低い証拠だなw

学者と芸術家は糞って事だなw

279 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:36:23 ID:/Xz2K4KW
>聖書の教えに沿った生き方考え方をしている人は生きる資格はありますがそれ以外
>はいらない。

幼児死亡率が減っても、平均寿命が伸びても、人口が爆発しても、聖書の教えだけに
従ってると、種として滅亡する気がします。

280 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:42:45 ID:/Xz2K4KW
>社会悪であり未来を受け継ぐ資格はありません。

つまり、幼児死亡率を逓減した医学は悪であり、良質な食料を提供した近代農業も悪で
ある、幼児は数多く死んでその悲しみから神に頼ってくれた方が良い、難産の母親も
どんどん死んでくれた方が良い、飢饉がきたらあっさりあきらめて、神にすがりながら
飢え死にしろってことですね。

281 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:44:43 ID:/Xz2K4KW
>無条件の愛はありません。

アガペイは条件付き愛でしたか。下御ごろつきの俺の愛とあまり変わらないんですね。

282 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:45:53 ID:/Xz2K4KW
訂正:下心付の

283 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 12:47:57 ID:uiFc26cC
>>278
言葉が足りなかったかなwwww

でも、人格が偏った輩が多いことは否定できない。
しかし、それは全ての人間に言えること。

>>279
そんなことは無い。聖書は命の書なのでご安心ください。
ただ、地球全体のエネルギーバランスは限られていますので絶対数はあるでしょう。
受け継ぐ人はキリスト者のみでその他反キリスト者は削除です。
黙示録では、「わたしに従がう者は命の水をあたえる」sと宣言していますので滅亡
はありません。

284 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:51:40 ID:O3a79ML/
同じような事言ってるアッラーとその配下はどうすんだ?

285 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 12:53:04 ID:uiFc26cC
>>281
害虫に愛を注げられるかな? (笑

286 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 12:55:50 ID:O3a79ML/
害虫と益虫は時と場合により、ご都合によっても変わる。
イスラム教徒を害虫だと思うなら殲滅してみるか?

287 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 12:59:10 ID:uiFc26cC
>>280
その中で選別はある。
命の書に書かれていない者は死ぬ。

>飢え死にしろってことですね
飢え死にではない。あっさり死ねってことで。

>神にすがりながら
おおつけがましいすがりや努力しないdqn女のようなすがりは神は嫌がれます。
聖書をよく理解しましょう。
人間関係でもそうでしょう。それと一緒ですね。

288 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 13:04:08 ID:uiFc26cC
イスラムが捏造かどうかを判定する必要はありますね。

私の考えでは事実であるならイスラムには役割があるのでは?と思う。
背教のユダヤを正すためと自信の背教(太古の昔からの偶像礼拝)を購うためだと思う。

イエスは律法を知らなくても、その人の生き方が律法に沿っているならばその人には律法
が宿っていると宣言している。

289 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 13:20:54 ID:Vbfq6XWc
ユダヤ教にとってはイエスが異端だ。

290 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 13:21:16 ID:uiFc26cC
>>286
その根底は経済ほかなりません。

ヨハネの黙示録 17章15-18

 天使はまた、わたしに言った。「あなたが見た水、あの淫婦が座っている所は、さまざまの
民族、群集、国民、言葉の違う民である。また、あなたが見た十本の角とあの獣は、この淫婦
を憎み、身に着けた物をはぎ取って裸にし、その肉を食い、火で焼き尽くすであろう。神の言
葉が成就するときまで、神は彼らの心を動かして御心を行わせ、彼らが心を一つにして、自分
達の支配権を獣に与えるようにされたからである。あなたが見た女とは、地上の王たちを支配
しているあの大きな都のことである。」

@簡単に解説
つまり獣と淫婦の共食い。潰し合い。
淫婦は、自由の女神:アフロディーテ、つまりアメリカ、NATOS諸国?。
獣:反キリスト、フリーメーソン、イルミナィ、中国、ロシア、イスラム。



291 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 13:29:23 ID:uiFc26cC
>>289
タルムードを経典としているユダヤ教はアウトでしょう。
ですがその中でも選別はされます。
確かなことはサバタイ派はアウト。その他はちょっと不明です。
タルムードはユダヤ教というだけで派閥関係なく書き込まれた掲示板みたいなもの。
無秩序です。ですから正統派なんかは全部は受け入れられないでしょうね。
それが、イスラエル国にいるステファラディー系ユダヤ人でしょう。たぶん。
イスラエル国にいるユダヤ人はゲットーに押し込められています。
自称ユダヤ人のエセユダヤ人(アシュケナジー系)にやられています。つまりホロコースト。
彼らは、ナチスと同系列の人間です。

292 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 13:31:56 ID:uiFc26cC
>>291
最終的にはイエスをメシアと認めない律法を重要視したユダヤ人もイエスを受け入れ
救われると聖書には書かれています。

293 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 14:16:28 ID:MwmWvkLQ
と機械屋がこいとります

294 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 14:21:24 ID:uiFc26cC
>>293
おまいはどこのキリスト板の常連だ?
まさか、談話室の**かな?(笑

295 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 14:54:36 ID:5yfwTkuk
一神教のバカども、早く殺し合っていなくなってくれないかなぁ。

296 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 15:05:52 ID:uiFc26cC
仏教徒は滅びるよ。
偶像崇拝は不品行の極みの連中なのでねWWW
お望み通り仏さんになってもらいましょうWWWW
輪廻転生も無い。そこでおしまいW
火と硫黄の池です!

297 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 15:10:28 ID:5yfwTkuk
十字架に人を張り付けて拝んでる奴らもなw

298 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 15:12:23 ID:5yfwTkuk
クルーアンやアッラーを表す表記を崇める連中も偶像崇拝と同じ事だ。

299 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 16:35:13 ID:uiFc26cC
>>297
イエスを十字架に貼り付けにしたのはユダヤ人だよ。
その先頭に立ったのがカイアファを中心としたファリサイ派ユダヤ、つまり律法学者。

>>298
日本人より不品行が比較的少ないムスリムの方が神の目にかなう民族ではないかな?

300 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 16:37:37 ID:uiFc26cC
偶像についてはメシヤスレで詳しく記述していますので根気良く読んでください。

301 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 17:30:40 ID:MwmWvkLQ
Metatronよ つまらん数学の問題だすなよ

302 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 17:57:30 ID:uiFc26cC
のぞぬの東大スレのついででUPしてるんだが・・・
お気に目示さないならやめましょうか。
それとも難問にしておきましょうか?

303 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:20:13 ID:MwmWvkLQ
せめて修士課程くらいの問題を

304 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:26:01 ID:dCkm46jw
それもいいけど、他スレでやってね。
もうそろそろ、「うざい宗教を科学で否定する」本題にもどりたい、
今日この頃。の心境。

305 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:42:05 ID:oAMtMKmV
ここは数理物理で今だ解決が出来ない問題をテーマにしてるんですが、、
なにか血迷っている人が多いみたいです。


306 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:49:41 ID:MwmWvkLQ
数理物理なら京都大学数学教室 数理解析研究所 板がありますよ。

307 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 18:56:15 ID:MwmWvkLQ
しかしこのスレには宮廷の教官はおらんのか?

308 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 19:13:42 ID:z/JK807P
       困 出 ボ
       ら せ  リ
       せ と  ュ
       る 床 |
         屋  ム
         を  を
   ∧_∧
   ( ;´Д`)
   ( つ 彡⌒ミ
   ) 「( ・∀・)
     |/~~~~~~ヽ


309 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 19:32:39 ID:uiFc26cC
>>305
地球の資源エネルギーとその資源エネルギーを消費する人との具体的な比例計算を算出するよう
研究しましょう。
それと、創造論。神が具体的にどのようにして宇宙と惑星、恒星、被造物など創造したか又はなぜ
創造する必要があるのか科学的に皆さんで研究しましょう。
ここでも、力学的公式を導き出す、という作業をしてみませんか?

310 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 19:44:17 ID:MwmWvkLQ
古典力学?

311 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 19:51:37 ID:uiFc26cC
何でもいいから導き出しましょうw

312 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 20:25:46 ID:YC5BCqWe
神はいないし、何故に答えるのは科学ではない。

313 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 20:32:33 ID:MwmWvkLQ
そしたらMetatronさん 手始めにアインシュタイン方程式を導き出してくださいな

314 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 21:51:13 ID:uiFc26cC
特殊相対性理論ですかね。
物理科出ていないので詳しいことは知りませんが、最新の情報によるとアインシュタインの特殊相対性理論
は間違っているみたいだね。

315 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 22:30:58 ID:YC5BCqWe
普通、アインシュタイン方程式と言うと重力場方程式でしょうね、一般相対論の。
で、特殊相対論のどこがどう間違ってますって?是非お伺いしたいですな。

316 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 22:44:10 ID:uiFc26cC
>>315
これみたいだよ
http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/ein-kubota.html

317 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:02:46 ID:GiGJZudv
オーディオ評論家には優秀な人が多い

318 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:18:41 ID:MwmWvkLQ
ロシア製の真空管アンプっていくらくらいするの?

319 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:23:33 ID:GiGJZudv
ロシア製のオーディオなんて聞いたことないなぁ
テルミンとかはロシアだけど

320 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:24:29 ID:MwmWvkLQ
ストベラーナとか

321 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:26:18 ID:MwmWvkLQ
あっ真空管そのものは6N1Pだよ

322 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:27:13 ID:GiGJZudv
http://www.rakuten.co.jp/avfuji/423061/834990/
ドイツLEBEN社のCS300はロシア・ソブテック製の真空管らしいよ
¥180000
オーディオフェスタで見たことはあるけど音は聞いたことない

323 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 23:29:05 ID:uiFc26cC
あ、ちょっと基本的なこと聞いていい?
考えるのめんどくさいので質問するけど、導体中の電界の強さによって電子の流動速度(電子の移動速度)
は比例しますが、抵抗rがによっては電子の移動速度のスピードは落ちると思いますけど正しいよね。
その際のエネルギー損失は抵抗による熱が原因で損失されるんだけど、トランジスタ式で増幅するとトラン
ジスタで損失する熱エネルギーがあるが真空管だと熱損失がないから電子の移動としてはスピードが落ちない
ということですよね。ってことは真空管のほうがスイッチングリレーとしては速いのかな?
まあ、真空管とトランジスタ回路は全然違うので詳しい人教えてください。

324 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:31:52 ID:GiGJZudv
http://tukipie.net/bbs/audio/past/1067704486.html#11
真空管のほうが早いみたいだよ

325 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 23:36:38 ID:uiFc26cC
結局は真空管の端子に電気抵抗がかかるから、トランジスタ式スイッチングリレー(無接点リレー)
のほが速いという結論でいいんんですか。

326 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:37:18 ID:MwmWvkLQ
6N1Pを使ったストベーラナ製のアンプっておそらく高いだろうね。Jazzが好きなもので

327 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:43:09 ID:GiGJZudv
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m52335780
6N1Pの真空管自体は安いようだ

328 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 23:44:52 ID:uiFc26cC
いまやトランジスタより真空管のほうが高コストなのは確かだね。

ここで仮に現在のスペックと同等なcpuを真空管で製作した場合、結局ioに比例して端子と
回路を繋ぐ導体に比例して電気抵抗が高く熱損失量が高いので(よって自由電子のスピード
が落ちる)結果的にクロック数は落ちるという結論でok?

329 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:45:27 ID:GiGJZudv
>>325
オーディオ板に行かんとわからん

330 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:45:26 ID:MwmWvkLQ
真空管アンプはたまりません

331 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:49:00 ID:MwmWvkLQ
集めたレコードが3000枚
ジャズ喫茶でもやろうかな

332 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:54:30 ID:GiGJZudv
アナログのほうが音がいいのは確かだよ

333 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 23:56:15 ID:uiFc26cC
真空管はトランジスタより高周波(導体における電界)が高いと思われるのでノイズが高い
かと。。。
ですが、真空管のアンプで音聞いたことあるけど迫力あって滑らかな印象がありました。

334 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/26(木) 23:59:23 ID:uiFc26cC
では、今主流の真空管式オーディオに使われている真空管はロシア製ですかね?

335 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:01:27 ID:MwmWvkLQ
ロシア製が多いと思います

336 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:07:32 ID:uiFc26cC
denonとかpioneerとか山水電気とかは真空管は作っていないんですかね?
アッセンブリーだけなのかな?

337 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:13:37 ID:gJQtRbSK
国産ではトライオードかラックスマンぐらいしか作ってないよ
ガレージメーカーでは結構あるけど
山水電気はもう作ってない

338 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:20:38 ID:O1rBvmom
marshallのguiter anplifierはどう思いますか?
真空管のやつ。

339 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:20:56 ID:gJQtRbSK
カーステでもTAPEは無くなってきた
音が自然で長時間聴いても疲れないんだけどな

340 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:22:23 ID:O1rBvmom
>>338
訂正
guiter anplifier→guiter amplifier

341 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:22:39 ID:gJQtRbSK
音楽再生とは音作りが違うと思うので、なんともいえないよ

342 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:24:13 ID:O1rBvmom
>>339
デストーションガンガンのロック聴いていれば一緒かとw

343 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:26:19 ID:gJQtRbSK
http://www3.ic-net.or.jp/~ojima/audio/player/cd10.html
> 私の知り合いのオーディオファンでピンク・フロイドのギターの音を限りなく原音に近づける事をテーマに、オーディオを追及している方がいますが、その方は、とにかくデイブ・ギルモアのギターアンプが目の前で鳴っている感覚を求めて音を追求しています。

こういう人だったらギターアンプでもいけると思う

344 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:31:26 ID:O1rBvmom
なんか皆さんベテランさんっぽいのでjimi hendrixでもいかがですか?

http://jp.youtube.com/watch?v=m8Ebcx-mTns&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=1bBSc5ncwXM


345 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:37:54 ID:O1rBvmom
私は小学生なのでそろそろねんねこします。

346 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:38:09 ID:gJQtRbSK
かっこいいですね

347 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:39:23 ID:gJQtRbSK
おやすみ〜 僕もそろそろねんねこします

348 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 00:41:33 ID:O1rBvmom
           ___
       , ィ::::::::::::::::::> 、
      r_f⌒):::::::::::::::::;ヘ:::::::\
   /:::::::T:::::::::::::::;::/  vi\::::,
  イ:::::::::::/::::::::::::::/l/   ',  Vハ
 /'l::::::::::/::::::::::;:::/>、   丶 v:l
  l/レ:::::::::::;//,ィ:¨j   ,.ィく ハ:|
     l:::::f´j  ,, ヒノ   ヒノ ,ハ:}|
     丶へ.   rv―、__'  |
∧∧∧∧  レ'ム{      ノ ノ
      >x┴―≧ェ一 '´
 し ち  >----'´  \
 ま ん  >/  /    |
 え こ  >'  /    |
 !    >  、{     |


349 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:36:06 ID:CfFceNi4
>>316
ああそれ。簡単。v≠Vなのに両方tで置いてるでしょ。初歩的な誤り。
特殊相対論は至極単純で、x^2+y^2+z^2-c^2t^2=x'^2+y'^2+z^2-c^2t'^2ってだけのことで、
何の変哲も無いので、特に間違い幼も無いの。1乗に比例する光行差はまた別の問題ね。
しょうもない事書いてるうちに、コマネチたけしが答え出してるけど、コマネチは1/2で正解。
距離の2倍とtanのことだけ。単純過ぎと、余計な事考えちゃうんだよね。

350 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:37:23 ID:CfFceNi4
幼→よう ははは。

351 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:38:09 ID:5AVkqs7v
17のとき彼女いた
でもその後ずっといない
今22歳

もうセックスがどんなだったか覚えてない



352 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:40:01 ID:CfFceNi4
あらら、右辺のzはz'ね。
頭の速度に手とか舌が追いつかないのが私の悩みw

353 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 01:41:54 ID:W8glRX0W
過ぎ→過ぎる

354 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 15:15:55 ID:O1rBvmom
>>349
え?だって筆写はt≠t’と主張しているんだよ。
tは観測者によって変るのではなくて全てにおいて一定と主張していますが。
自分もvとVの慣性系の違いで時間のスピードが違うてのはいかがなものかと。
時間のパラメータに差があるってことでしょ?

そのあとのコマネチだけどたけし大学実況ですか?
ちらっと数回みたことあるけどあそこの問題は確率の問題が多いような気がしませんか?
薄っすらとした印象の記憶だけど・・・

355 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 15:17:13 ID:O1rBvmom
>>354
筆写→筆者

356 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 21:40:24 ID:O1rBvmom
>>316
これどう思います。皆さん。

357 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 21:44:56 ID:O1rBvmom
数学科院生氏は>>316どう思います?

358 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/27(金) 23:47:17 ID:O1rBvmom
http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/mavsku.html
これに出てくる(5)、のエーテル風って何?
エーテルってのは仮説に元ずく物質かいな?
このM教授ってのおは赤方変位のことをむちゃくちゃにしてません?

359 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 00:12:46 ID:epSEiN3a
エーテルは解明されていない媒質の全般だと思ったけど。
光にも媒質があるらしいよ。

360 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 00:42:38 ID:rQ/ZZDaU
>>359
あるでしょうね。
でなければ波動として成り立たないからなあ。
ただ、レーザーはどうやって説明するんだ?

ここで、ちょっと趣旨と逸脱してしまうけどもしかしたら霊ってのは光と同じ性質
があるのではかいかと・・・・
被造物には気配というのがあるじゃん。
それは生き物が生きている証拠であって生き物は何かしらの波動を放っている(それが
オーラ)であって、それによって人間や被造物の性質が現される。
要するに、悪い波動の人と一緒にいるとそれに干渉したりしてその場の雰囲気が悪くなるが、
心のよい人といるとそれと干渉しあってよい雰囲気になってしまう。
イエスはもしかしたらそれが言いたかったのでは?と思う。それが、肉の世に生きるのではなく
聖霊や神から出る霊に生きろということ。
そのためには聖書に従がって信仰にあった生活基盤を固めよと主張しているんだと。

361 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 01:31:27 ID:epSEiN3a
僕もそうだと思うよ。
修行とか信仰は本来良い波動になるためにある。
人間関係では穢れるけど神の力でカタルシスできる。

362 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 02:47:41 ID:rQ/ZZDaU
滝に打たれる修行にはちっと疑問は感じるんだが、自然のなかにあるマイナスイオン
には人体や精神に良いとは感じるな。
大自然の滝をその場見ているのと画像で見るのとは訳が違う。
山というものにはやはり神秘的なものがあると感じるな。
古代のイスラエル人も山には霊的なものを感じていたみたいだし、現在でもサマリア
では山で独自で信仰を持っているみたいだよ。
ここでも趣旨とは違うが(スレ違いでもある)ヘブライ語のアルファベット表記では
サマリアはショメロン (Shomeron)となる。シュメールはドイツ語表記ではsumerer
となり、サマリアはシュメールの偶像礼拝の影響があるね。それはアッシリアの影響
があり、その後バビロン捕囚後ユダヤ教とは決定的に異なる宗教となりユダヤ人とは
決定的に区別されてしまったということだな。
ギリシア語でセバステ(Sebaste)、アラビア語ではサバスティーヤ (Sabastīya)という。
ユダヤ教サバタイ派(フランキスト)は改革派ユダヤでありこれは明らかにイスラエル人
の崩壊を目的としている教派である。いわゆる悪魔教。
で、あるからして先のサバステ、サバスティーヤはサバタイと一致するのではないか?
これは、サマリア人によるユダヤ人に対しての宗教テロということではかいか・・・

363 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 03:06:03 ID:szAOo5L+
つまんねー

364 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 03:31:16 ID:rQ/ZZDaU
アインシュタインは物理学会から削除すべきでは?
アシュケナジーユダヤ人らしいし、メーソンリーだろこいつは。
しかもあの舌を出した写真。俺様とユダヤの戦略にはまったな物理学。てな感じでw
奴は最終的にはアメリカ市民になったんだよな。あやつは。
東大物理学科でてる輩ならアインシュタインの相対性理論のよじゅんさがわかるのでは?

365 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 04:29:03 ID:fwpLvmRB
特殊相対論が間違ってると言うのは間違いなくトンデモかアホ。
一般相対論が将来的に近似理論になることは確実。

366 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 06:27:04 ID:km1Fjmoi
今時エーテルってアホかいなw

367 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 08:37:20 ID:4FqcUFhD
霊界バカだからエーテルアホぐらい屁でもないってさww

368 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 08:39:20 ID:ZmNaOk5R
光の媒質は、言えば時空そのものという事。

369 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 11:11:40 ID:PMVEG0bZ
>>364
>アインシュタインは物理学会から削除すべきでは?
>アシュケナジーユダヤ人らしいし、メーソンリーだろこいつは。

「○○人だから」という理由で差別する人は、嫌いです。
もし、その差別が宗教からくるものであれば、その宗教はうざいです。

370 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 11:42:30 ID:IP5WHZV1
結局、この手のバカどもは、誰が言った、ナントカに書いてあったに終止し、自ら整合性を
持った考えを組立てる事が出来ない。定義された術語をだらだらと感覚的に流用し、無意味
な私的世界観を披露して悦に入っているだけで、突っ込まれると妄想体験の反芻に逃げ込み、
客観証明が出来ないことを盾にして、繰り言並べてけむに巻いているだけだ。


371 :数学科院生:2008/06/28(土) 11:45:17 ID:ki+GMPXe
アインシュタインの特殊相対論は間違いではありません。以前にもマックス・プランク天体物理学研究所の研究者が指摘したことがありましたがこれはとんでもない誤りです。十年位前の「パリティ」に載ってます。

372 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 15:05:37 ID:rQ/ZZDaU
>>371
じゃあこれはどう説明するの?
http://www.d1.dion.ne.jp/~kubota_t/aat.html

よく巨大な重力で光が曲げられるという説が流れているが、あれは空間が曲げられている
というより何らしらの媒質があってそれによって屈折しているからでは?と思う。
巨大な重力付近ではその未確認の媒質密度が高くそれによって光が屈折する現象ということ。
それとブラックホールが光を吸収するということも説明できる。
ブラックホール付近ではその未確認の媒質がブラクホールに吸い込まれていくことは、その媒
質を直進する光は結局は波動なので媒質に依存してしまうが故に光のベクトル方向はブラックホール
へと向けられる。ということではないか?

373 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 16:59:36 ID:vBu6TkAw
>>365-370
この共同幻想を見て思うのは、…まぁ云わないでおこうかな

374 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 17:10:30 ID:vBu6TkAw
気功の気はなんだろう。プラシーボで身体が動くのだろうか。
施術師の気を浴びるとその人の精神性に近似してゆくのでやめたほうがよいと思うけど、
施術を受ければ誰にでもわかる現象だなぁ。
現代の人は共同幻想に埋もれているので、人口比は低いけど、まぁあるにはあるな。
否定するほど恥を晒さなければならないことになるから必死になるのもわかるよ。
別に笑わないけどね。それが至極一般的な考えだから。

375 :数学科院生:2008/06/28(土) 17:31:07 ID:ki+GMPXe
>ナントカに書いてあった
別にそれでいいんではないかと思います。研究者でもそんなもんです。

376 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 17:35:54 ID:hMTsa+xO
機構の気は、気のせいだろ。

377 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 17:39:23 ID:vBu6TkAw
そうですね。仏教で"気づき"というのも、まぁ"気"のせいですよね。

378 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 17:40:07 ID:8vUvOOGp
>>373
あんたの私的妄想をたなにあげたところで、…まぁ云わないでおこうかな

379 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 17:45:12 ID:rQ/ZZDaU
悪霊に獲り付かれると体の特定部位などに疾患が見られるということがある。
私も経験があるが首筋から肩にかけてコリが生じたり、悪霊がお腹周りをぐるぐる
と回るような動きがあるな。経験しないと分からんことだ。
ということは、霊は波動の性質があると仮定した場合肉体に対する何らかの影響も考えられる。
要するに、福音書で書かれているイエスの癒しは霊の影響があるという証拠だ。
すなわち、肉体の特定部位等による疾患も神から出る善き波動によって正常に回復するということだ。
細胞一つ一つは固有に生きていてまるで意思があるかのごとく臓器や筋肉血液、各種細胞として機能
しているのではないか。。。。そう考えれば被造物の肉体の修復が説明できますね。
ただたんに、生化学における化学反応が作用しているというメカニズムの解釈では発想が乏しすぎる
のではないか?と考える。ただの生化学というシステムの考えかたでは回路という考えから逸脱できない。
これでは、生物ではなくロボットということであって、システムはただ単に電気回路という発想ほかならない。

380 :数学科院生(知ったかぶり男):2008/06/28(土) 17:54:14 ID:ki+GMPXe
波動幾何学を提唱された三村先生!あの世で元気してますか?

381 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 18:42:33 ID:rQ/ZZDaU
>>380
黄泉にいるよたぶん。
最後の裁きの時までね。

382 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 21:39:35 ID:PMVEG0bZ
>>379
>悪霊に獲り付かれると体の特定部位などに疾患が見られるということがある。
>私も経験があるが首筋から肩にかけてコリが生じたり、悪霊がお腹周りをぐるぐる
>と回るような動きがあるな。経験しないと分からんことだ。

肩こりは、筋肉疲労か血流が悪くなって疲労物質が溜まるのが原因です。
「悪霊」のせいではありません。
肩を揉んだり叩いたりすると、溜まった疲労物質が血液に乗って流れるので、
こりがほぐれて軽くなります。
「悪霊」の存在自体が想像でしかないのに、それをさらに「波動の性質を仮定する」
というのは、まったく無意味です。その後の書き込みも、同様に無意味です。


>細胞一つ一つは固有に生きていてまるで意思があるかのごとく臓器や筋肉血液、各種細胞として機能
>しているのではないか。。。。そう考えれば被造物の肉体の修復が説明できますね。

人体の免疫機能は、B細胞、T細胞、マクロファージ、などの免疫細胞が、その人の意識や意思とは関係なく
働いて機能しているためです。心臓の動きも、意識して動かしているのではありませんね。
人の意識や意思は、限られた範囲での脳細胞の活動の結果だということです。


>>380-381
「あの世」や「黄泉」は、信じたいように信じていれば良いことですね。

383 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/28(土) 21:46:05 ID:rQ/ZZDaU
>>382
当たり前のことだなw

まあいい、ここに医者つれてこいw
ぜひお伺いしてみたいことがある。
ま、連中では明確な返事は返ってこないと見ていますけどねw

384 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 23:00:12 ID:h+Cg0EhF
別に、科学は宗教を否定することはないんだけどなあ
科学って、単なる手法だし

そんで、科学って手法の道具は、宗教は管轄外なのよね

385 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 23:09:29 ID:2DcJC+Yb
取り憑くのは悪霊ではなくて、遺伝子にチミンダイマーを作る紫外線や、発癌遺伝子を刺激する
プロモーター物質だろ。
ただ、免疫系と神経系の伝達物質に似たものあるようなので、意識や思考、気分などといったも
のが、まったく免疫や内分泌に影響しないとも言い切れないし、不随意運動が文字通りの不随意
なのかは疑問だと思う。
脳内の妄想霊界が体調に影響するかも知れない事は否定出来ない。


386 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 23:31:49 ID:vBu6TkAw
肉体的/霊的が分けられるのは両方が分かる人のみかな

387 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 23:41:22 ID:2DcJC+Yb
二元論は矛盾を生じ止揚される。
結局は物質的な効果に還元されるのさ。

388 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 00:27:44 ID:z7a8zJxY
意志は物質である脳に働きかけて、脳の回路を書き換える。
このことが強迫性障害(OCD)の研究によって確かめられた。

ちょうちんアンコウは、何故エビそっくりの疑似餌を持つに至ったか?
エサ(エビ)を食べたいという、ちょうちんアンコウの想い(意志)が、
DNA分子に働きつづけて突然変異を起こしたという論理が、場当たり的な
プロセスを基本とする自然選択より真実性が少ないとは思えない。



389 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/29(日) 00:40:58 ID:S14ttR+f
数学科院生君はスーパーフリーは知ってるかな?

390 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 00:47:48 ID:J1BSimC3
>意志は物質である脳に働きかけて、脳の回路を書き換える。
>このことが強迫性障害(OCD)の研究によって確かめられた。

ノン。回路の拡張、編成。

391 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 07:26:05 ID:Uh7iqrNX
>>388
>ちょうちんアンコウは、何故エビそっくりの疑似餌を持つに至ったか?
>エサ(エビ)を食べたいという、ちょうちんアンコウの想い(意志)が、
>DNA分子に働きつづけて突然変異を起こしたという論理が、場当たり的な
>プロセスを基本とする自然選択より真実性が少ないとは思えない。

ちょうちんアンコウに、果たして人が持っているような意思はあるのかどうか?
しかも、ちょうちんアンコウはエビを食べません。エビを食べに来た魚を食べます。

392 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 10:56:49 ID:zJv9goe7
ふしぎだねえ。ちょうちんが興味ののない物の形になるまで
どれほどの時間と世代を重ねたのだろう。中ぐらいの首の
長さのキリンの化石が見つからない話を考えると、単なる
奇形が食物連鎖の中で優位にたった偶然なのかね。

393 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 10:59:58 ID:HgR7O29q
>ノン。回路の拡張、編成。

「心が脳を変える」J・M・シュオーツ著くらい読んできたら。

>ちょうちんアンコウに、果たして人が持っているような意思はあるのかどうか?
>しかも、ちょうちんアンコウはエビを食べません。エビを食べに来た魚を食べます。

人の意志とは違うにしても、アンコウの思いは恐るべし。


394 :数学科院生:2008/06/29(日) 11:11:57 ID:Ezajfy/u
>数学科院生君はスーパーフリーは知ってるかな?

頭悪いので知りません。早稲田のトンデモサークルなら知っていますが。でもネSOMEDAY!いつかきっと!

395 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/29(日) 12:24:50 ID:S14ttR+f
>>394
>いつかきっと

意味ありげな発言だなw

あの事件に関わった大学生と電通ヘラヘラ社員は削除だよ。
できれば参加者全員。
あんなイベントはこの世にはいらない。
貴公ははじけたいのか?はじけたいのかい?
女の子泥酔させて集団レイプで童貞捨てたいのかいwwww

396 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:42:48 ID:saV7QkV1
>>393
脳内物質でも薬物でも脳は変わり心も変わります。

397 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:49:21 ID:saV7QkV1
>>393
花のか立ちを特定の昆虫の♀に似せてるランは、どこに意志を持ってるんでしょうね?

398 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:50:08 ID:saV7QkV1
花の形

399 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:52:58 ID:saV7QkV1
脳内に無い意思が、脳を変化させると言ったらトンデモ。

400 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:54:21 ID:zJv9goe7
意識は体、特に心臓にあるのかな
植物の心臓は何だ

401 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 14:55:40 ID:saV7QkV1
心臓移植したら、人格変わらないとね。

402 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 15:01:02 ID:zJv9goe7
なにやら移植によって他人の人格が混じり込むって
どっかで聞いたことあるような。。。とんでも話かな

403 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 15:04:27 ID:YTb6vWUp
それは多少の記憶や感情の断片がどうのでしょ。
部分的な切り貼りじゃなくて、そっくり入れ替えたんだから、人格も交換しないとおかしいでしょ。

404 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 15:09:44 ID:zJv9goe7
とりあえず生体脳移植が待たれますな。
死刑囚の脳を取り出して廃棄し、余命数ヶ月
の著名な科学者の脳に入れ替えるとどうなるか。

405 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 15:15:48 ID:SxVVuUHh
とりあえずハカイダーでも開発されると面白いかも

406 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 15:35:58 ID:YTb6vWUp
頭よくなさそうなのはよくわかった。

407 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 16:25:10 ID:HgR7O29q
>>393
薬物で人の心が変わることをちゃんと説明して欲しい。

>>400
「内臓が生み出す心」西原克成著を読んだら、心肺同時移植を受けた患者は、
すっかりドナーの性格に入れ替わってしまう、ことが書いてあったんだな。


408 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 17:36:12 ID:tQylFgzb
>>407
洗脳。


409 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 18:04:10 ID:HgR7O29q
洗脳とかマインドコントロールって言葉の意味しってる?


410 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 18:27:12 ID:Uh7iqrNX
尻間洗脳

411 :数学科院生(知ったかぶりのひけらかし):2008/06/29(日) 18:28:11 ID:Ezajfy/u
「マインドコントロールとは何か」西田公昭 静岡県立大学教授著 参照

412 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 21:05:14 ID:Uh7iqrNX
マインドコントロールとは言えないけれど、人は、その人が経験したことにより、
思考や意思に影響を受けるのは確か。仏教で言うところの「縁」に相当しますね。


>>407
>「内臓が生み出す心」西原克成著を読んだら、心肺同時移植を受けた患者は、
>すっかりドナーの性格に入れ替わってしまう、ことが書いてあったんだな。

移植した臓器が移植された人の性格を変えたというよりも、
「移植手術と術後のリハビリテーション」という経験や、「医師から伝えられた注意事項」が
性格に影響を及ぼしたのではないでしょうか?

413 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 22:26:45 ID:+TpleDy1
麻薬や向精神薬やらいくらでもあるだろ。

414 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 22:27:40 ID:+TpleDy1
心なんて薬物でいくらでもコントロール出来る。

415 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 22:30:11 ID:+TpleDy1
神経細胞が脳だけにあるわけではないから、臓器の移植によって何らかの微妙な変化がある事
までは否定出来ないが。

416 :数学科院生:2008/06/29(日) 22:37:52 ID:Ezajfy/u
>心なんて薬物でいくらでもコントロールできる。

体験者は語るではないが向精神薬でもっていくらかはコントロールできるがいくらでもと言う訳にはいかない。いい加減な発言はやめましょう。

417 :数学科院生:2008/06/29(日) 22:53:39 ID:Ezajfy/u
六年間の医学教育を受けていない者に精神医学を語る資格はない。

418 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 22:57:05 ID:+TpleDy1
>>416
安全な範囲とは行って無いけど?
結果的に壊してもいいならいくらでも出来る。

419 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 23:00:06 ID:ulwYm9TG
>>417
6年くらいで語られても困るんじゃないの?

420 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 23:01:38 ID:Ezajfy/u
低脳乙

421 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 23:17:50 ID:eYJMpcTT
内臓が意識とかのおっさんトンデモで有名らしいじゃん

422 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/29(日) 23:29:03 ID:S14ttR+f
>>417
医者には悪いが精神科医はけっこう馬鹿が多いと思う。
医者って死とうものを生態の機能停止としか捉えていないのでは?
まあ、それで十分ではあるが本質的に理解しているとは思えない。そこは聖職者の域かなw?
まあ、何にせよ医者や科学者は霊とか魂とかの話は嫌いみたいだけどね。
肉体と霊の関係を研究している学者はいるのだろうか・・・

423 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:11:25 ID:joCyO8ry
西原博士の「内臓が生み出す心」を読んでいたらこんなことも書いてあった。

アレキシス・カレルという医学者が書いた「人間この未知なるもの」という
本の中で、著者は、人が人と交流するときには、それが精神的なものであれ
、夫婦関係、父子関係であれ、完全に物質的に時間と空間を超えて繋がって
いるということ、つまり精神的な思いや心が、過去から未来にわたって距離
を隔てて繋がっているということです。(p17)

また、ル・ドワランという人は、ウズラとヒヨコの受精卵が卵割して神経胚
になったところで、脳や脊髄になる神経堤という部分を互いに切り取って交
換移植をし、ウズラとヒヨコの混ざったキメラ、つまりウズラの脳や羽を持
つヒヨコをつくった。ウズラの脳を持つヒヨコは、ウズラの鳴き方をするか?

ウズラの脳を持つヒヨコも当然ニワトリの鳴き声しか出しません。
つまり心のありかわペンフィールドの言う通り本当に脳にはないのです。(p20)

また、ある宗教的記述には、こう書いてあった。
人間の心 mens hominis が、ただ頭部にあると信じるのは誤りで、頭部には、人が
理性をつかって考え、意志をつかって行動するとき、そのすべてが出始める始源の
状態が存在するにすぎない。

唯物論科学は、いずれその足場を失うのではないでしょうか?
トンデモと笑っていられるのも今のうちだけでは?



424 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:16:34 ID:QM6kqsoF
頭がいいやつは内科、腕がいいやつは外科、どうにもならんのが精神科になる、ということらしい。

425 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:18:50 ID:QM6kqsoF
>唯物論科学は、いずれその足場を失うのではないでしょうか?

ま、無理だね。ここにそう書き込めてるのが科学の副産物のお蔭だからね。

426 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:24:20 ID:CJ8FtvBg
PCのデータのやりとりはPCのデータのやりとりだろう。

427 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:28:29 ID:joCyO8ry
>>425
唯物論科学の崩壊って云っているのよ。


428 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:28:36 ID:QM6kqsoF
物理的に正しい応用を行わないとPCのデータのやり取りも何も出来ない。

429 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:29:53 ID:QM6kqsoF
>唯物論科学の崩壊って云っているのよ。

科学は唯物ですよ。

430 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:39:10 ID:joCyO8ry
>科学は唯物ですよ。

科学の方法ってなにか知ってる?

431 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:40:20 ID:QM6kqsoF
論理的整合性と実証

432 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 02:00:02 ID:joCyO8ry
科学の方法というのは、実証できればなんでも取り込むのよ。
前提が唯物じゃないってこと。

433 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 02:19:26 ID:QM6kqsoF
実証出来ない霊界通信には一切用が無いってことだね。

434 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 02:21:32 ID:QM6kqsoF
>前提が唯物じゃないってこと。

数学が形而上学だからとか、波動関数が物質ではないからとは言わせないよ。
古典唯物論じゃないんだからね。

435 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 02:36:55 ID:joCyO8ry
現時点においてはこと理解できてる?
唯物が科学の本質でもないってことも?

436 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:10:08 ID:NwmgpZ5c
>>435
そう逃げをうたないでいいから具体的に指摘してみな。
トウシロウの半可学でビビるほどやわじゃないから。

437 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:13:00 ID:N+FQZOJ9
科学って完璧じゃないからそれを鵜呑みにするのはどうかしてる
宗教も同じだよ

どの宗教も人を騙して金儲けするだけだからね

科学も研究者は金貰ってるんだから自分の見解だけで突き進むと周りの圧力がかかるでしょうね

だからみんな本当らしい嘘を付いてるだけ
おまえらもそうだろうね

438 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:20:20 ID:NwmgpZ5c
宇宙論以外は直接の再現性が求められてるからね。
宗教が2000年嘘を突き通せても、科学についての嘘は3年待たずにバレるんだよ。
国家ぐるみで嘘をついても崩れ去るのは、ルイセンコ学説の通り。
量子力学が嘘なら、今ここでお前さんが能天気なバカカキコしているという事実が存在
しなくなるんだよ。

439 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:26:36 ID:N+FQZOJ9
>>438 馬鹿はお前
読解力の無いクズと話してる暇は無い
科学と宗教について並行な観点から語れなくなった時点でお前も終わりだな

440 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:27:42 ID:N+FQZOJ9
>量子力学が嘘なら、今ここでお前さんが能天気なバカカキコしているという事実が存在
しなくなるんだよ。

論点すり替えてんじゃねえよクズが

441 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:29:32 ID:NwmgpZ5c
全然擦り変わってないよ。お前が馬鹿過ぎて読解出来ないだけさ。

442 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:34:22 ID:N+FQZOJ9
科学者の一部にも創造論を受け入れている人もいるようだが

まぁおまえのような科学狂信者にはこんな話自体無理なんじゃねーの?

宗教批判しか出来なさそうだしさ
それともただの構ってちゃんか?

お前みたいな仕事もまともに出来ない低脳クズが犯罪とかするんだよな

443 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:37:35 ID:NwmgpZ5c
科学者にもトンデモはいるからね。
残念ながら、科学がトンデモではなく、者の方がトンデモなので、お宅様のご希望には添えないわけだが。

444 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 03:39:31 ID:DZJquROo
>お前みたいな仕事もまともに出来ない低脳クズが犯罪とかするんだよな

>>442君はガテン系かな?

445 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 06:32:30 ID:CEbcmkrk
ありゃ、もうバカとアホウのつかみ合いの様相になってますなぁ。



446 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 07:20:39 ID:nDElQvS/
自演見せられるほうがマシかもな

447 :数学科院生:2008/06/30(月) 09:59:03 ID:gBKX6+m0
低脳乙と言われてもしかたないです。

448 :数学科院生:2008/06/30(月) 19:40:02 ID:gBKX6+m0
Ernesto Che Guevaraは決してぶれない。

449 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 22:55:36 ID:0cYgQpL7
何故に突然ゲバラ?

450 :数学科院生:2008/06/30(月) 23:05:52 ID:gBKX6+m0
なんとなく閃きました。サルトルも20世紀最大の英雄と讃えています。絶対にぶれないからです。

451 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/06/30(月) 23:13:51 ID:AWTF+U3w
数学科院生君さあ。
ユダヤのカバラ(カッパーラ)にあるゲマトリアを個人的に研究してみてよ。
行列式みたいなので。見たことないけどね。
あ、それから、それを用いて魔術や占いに使ってはだめだよ。地獄なので。

452 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 02:33:36 ID:TRSiLWNv
ぶれない変人小泉純一郎はいまだに変な人気があるが、ロクなもんじゃない。

453 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 20:06:23 ID:SwGecev/
ふんと。この人の蒔いた種をほじる人もいなかったから、くそろくでもない
雑草が緑の野に山にはびこっちゃったわ。地方はアホ草がりでおおわらわ。
なんか地方再生が聞いて呆れるわ。特区つくるんなら税金負ける特区認めろ
や。痔民等をぶち壊してやるって大法螺吹いてさ。
なにぃ、もうこわれかけるってか。
クゥオラァー鬼平。またどっかでいい加減なことばっかいってないで、ボケナス刈りでもしてこい。

田舎のじっちやんのアホナス狩りが凛々しい姿。
、、、、、いまも目にうかぶ。(ぐすん)


454 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 21:31:26 ID:DO+GrTbl
最悪なのはブレない馬鹿。
反証可能性なし嘘を垂れまくる宗教。

455 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 21:47:40 ID:CcrP9Xe6
反証不可能性の世の中に生きていることを知らないキミはまだ子供。

456 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 21:55:12 ID:DO+GrTbl
妄想病院逝き乙

457 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 21:59:49 ID:RnvQW1as
妄想っていみ知ってる?

458 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:07:56 ID:DO+GrTbl
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%84%E6%83%B3

459 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:15:51 ID:RnvQW1as
だから、どの妄想型に当てはまるのだい?

460 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:19:30 ID:2Ot7U0NV
反証不可能性の世の中に生きている=非合理的かつ訂正不能な思いこみ

461 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:32:42 ID:RnvQW1as
だったらそれを証明してみたら?
第一、非合理的かつ訂正不能な思いこみという意味をとり違えてるって。


462 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:35:40 ID:7Latqwgh
どう取り違えてるの?

463 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:37:31 ID:RnvQW1as
非合理性を証明できないからだよ。

464 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 22:41:48 ID:3D14nzl+
基地外の非合理性も証明出来ないって事?

465 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 23:30:17 ID:RnvQW1as
はい。本質的には出来ないものが多いが、社会的な都合で(措置)入院させ
られることもある。(レッテル貼られて)
おれはナポレオンの生まれ変わりと信じ込むのは勝手だ。
あとがいけねぇ。
だから、おれはナポレオンの生まれ変わりと好きなだけおもわせる。(独房で)


466 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 23:50:35 ID:sc8UPxsP
お釈迦様の生まれ変わりは幸福の科学の中川隆ではなく俺だよ〜ん。

467 :神も仏も名無しさん:2008/07/01(火) 23:58:47 ID:RnvQW1as
お調子もんの生まれかわりだろ。

468 :神も仏も名無しさん:2008/07/02(水) 00:39:32 ID:PAkl+VFh
(´σ∵`)ホジホジ

ま、死んだ人間の名前、勝手に使うなよ

469 :神も仏も名無しさん:2008/07/02(水) 03:07:42 ID:Jse7ojpB
生まれ変わりには使用権があるんだよ!w

470 :神も仏も名無しさん:2008/07/02(水) 10:04:01 ID:/PmOpr5A
さあ、今日もなま暖かく笑わせておくれw

471 :数学科院生(キャラ変更):2008/07/02(水) 18:00:19 ID:l7vnpBeF
今年もまた駒場のお荷物数学科へ理3から二人の純白無垢の学生がやってきた。そんな簡単に抽象世界の住人になれると思ってるとはやはり阿呆なのだ。理3から数学者になったのは0人だというのに。俺なら安定的な収入が約束されてる医者になっとる。崩れの墓場行き決定!

472 :神も仏も名無しさん:2008/07/02(水) 23:21:12 ID:lY5RboEi
理1に逝きたかったが周りが許さず仕方なく理3へ、でもやはり物理学が・・の人はいたと思ったが。
数学転身は全滅ですか。。。

473 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/07/02(水) 23:30:07 ID:SuxUFim7
理V出身の生徒さんは物理が苦手なの?
ちなみに、東大受験では生物も物理も難易度は一緒だと聞く。。。
もし、私が東大理Vの受験生だとしたら、生物ではなく物理を選択するな。
なんとなく物理の方が潰しが効くし、生物なら合格後参考書で勉強すればアドバンテージは
縮めることが出きると信じているので。。。ま、あくまで妄想ですけどねw

474 :神も仏も名無しさん:2008/07/03(木) 12:51:26 ID:qCsLzMsT
院生さんさ、苦しむのは捨てられないからだよ。概念を。
抽象世界の住人という言葉が上にあったけど、学問上の概念はともかくとして
人生を送る上では往々にして自分を牢獄へ繋ぐよ。

475 :数学科院生:2008/07/03(木) 19:45:21 ID:qi12wlK5
絣の着物が見つかった。夏まで生きていようと思う。

476 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 01:07:22 ID:/Wq+UQLU
数論ー素数ーゼーター絶対カシミール元ー真空のエネルギーー宇宙の構造

俺は頭が悪いので、誰か解明しておくれ。

477 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 12:46:39 ID:NYA9H5Cs
科学こそ人類の誇るべき理性の結晶。
それは意を叶える絶大なパワー。

だが残念なことに、外界に及ぼす力とは裏腹に
心そのものを変える力を持っていない。
せいぜい薬物で一時的に変化を起こすのみだ。
どんなに物理学や医学を突き詰めようとも
幸せな人生を送る知恵というのはどこからも出てこない。

それどころか、その理性が精神を蝕むことがしばしばある。
やはり宗教や哲学はなくてはならない。

478 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 18:44:03 ID:UXzP9hZ9
自らの死すら望むようになった心には、哲学も宗教もほとんど役に立たない。
人の強い欲望や恐怖感は、その人に何をさせるか分からな。

479 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 19:39:42 ID:hoVSQk8B
http://f55.aaa.livedoor.jp/~mclass/essay/No36.htm

480 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 20:00:38 ID:0/m7fBsC
>科学こそ人類の誇るべき理性の結晶。

知性と言って欲しいな

>それは意を叶える絶大なパワー。

それは科学の応用に過ぎん。

481 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 23:00:14 ID:qzn+29Po
科学にご利益を求めるような輩は、結局宗教についてもご利益を求める。
それが現世的であろうが、死後についての契約であろうが、愚か者を釣る
餌であることに変わりはない。

482 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 01:27:50 ID:FjJL2S8j
age

483 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 01:31:14 ID:C8RI62oI
愚か者であるがゆえに自ら釣られるべき時に
釣られ、よりよく動く自分としてコントロールする
糧として利用しなければならない。優秀そうな
科学も人も限りない無能のなかの微々たる
差にすぎないことを知るのもまた救いと自戒
になるだろう。全能が不要などと断ずるのは
愚かで虚栄なのは明らかだ。

484 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 01:47:54 ID:784KVeND
科学が神話の矛盾点を得意気に揶揄したのはここ数百年のこと。
科学は能書きは垂れても、いまだアメーバひとつ創出できてない。w
太陽と月の大きさがここまでピタっと同じなのを、目をそらして。w

485 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 02:07:21 ID:uvErrmrb
宗教が否定という概念を持つ事自体が危険であり宗教が孕む矛盾。
平和や公平、救済を説き全知全能とされる存在を据えても
全てを許容する事が出来ない皮肉。
そして肯定するか否定するかは人間社会が決めるべき事であって、
一宗教が決める事ではない。

486 ::2008/07/05(土) 02:21:03 ID:7gn8k5P5
科学万能現在において、科学的視点から宗教を否定するのは科学的ではなく

宗教者が科学的見地からの指摘に、戸惑い揺らいでしまうのは宗教的ではない。科学も宗教であり、宗教と哲学には境目もなく
それらが一般化して慣習となった、道徳、倫理、論理、社会も境目がない。

また現世しかなくなった秋葉原サイコパス殺人犯は、〔神がいない〕わけです。

宗教的縛りが無くても、募金やってます発言が一般化して現在を〔神が死んだ〕と言います。キーワードは
利他、利己、アノヨでの損失補てんです。

487 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 03:43:23 ID:QNq+bcnr
>全能が不要などと断ずるのは愚かで虚栄なのは明らかだ。

要不要でなく、アホの恣意に意味が無いだけ。


488 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 03:47:23 ID:QNq+bcnr
>いまだアメーバひとつ

聖書も噂話だけで具体的には原核細胞1つ作り出したわけではない。

>太陽と月の大きさがここまでピタっと同じ

実際の大きさは桁違いだし、見かけの大きさも条件によって変わってますが、何か?

489 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 03:49:27 ID:QNq+bcnr
>科学も宗教であり、宗教と哲学には境目もなく

んじゃ、科学以外の宗教にも、定量的実証と反証可能性をお願いしましょうか?

490 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 03:54:07 ID:rPYtnUup
やたらめったら全能を掲げる奴って、
全知全能の存在を信じる事でそれに同調したかのような
精神状態になって悦に浸りたいだけだろ。
穢れた物を綺麗に飾り立てるのは戦争や諍いでよく使われる手段だからな。
真に救われるべき存在が、誤認と誤解で救いの手を払いのけるとは神も面白い世界を作る。

491 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 04:12:30 ID:LinF6kW5
完全無能ならいても矛盾は起きない。

492 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 05:06:50 ID:l8d8srkm
科学は、戦争で使われる兵器を製造する手段として用いられることがあるが、
宗教は、戦争そのものを起こす手段として用いられることがある。

493 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 05:12:46 ID:OcHdKnzb
おこす理由なんてどこから何でも取って付けられるさ。

494 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 05:23:16 ID:l8d8srkm
科学は、戦争そのものを起こす理由付けに用いられることはない。

495 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 05:33:47 ID:l8d8srkm
>>484
>科学は能書きは垂れても、いまだアメーバひとつ創出できてない。w

アメーバ程度の生命体を作り出すには、まだまだ年月を要するだろうが、
人類が新種の生命体を作り出せるようになる日は近い。
すでにウィルスの合成には成功しているが、ウィルスは生命体とは認められていない。


>太陽と月の大きさがここまでピタっと同じなのを、目をそらして。w

太陽と月の大きさは、まったく異なっている。
たまたま、地球から見た見かけの大きさが近いだけのこと。

496 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 07:57:26 ID:784KVeND
>>495
>ウィルスの合成には成功
C-O-H、炭素酸素水素の元素をくっつけてビールスを作ることはできてないでしょ。

>太陽と月の大きさは、まったく異なっている。
 たまたま、地球から見た見かけの大きさが近いだけのこと。

これね、あまりに堂々と空にあるから、毎日当たり前に見てるから気付かない
んだろうけど、「たまたま偶然」って翔子あるの?
ギガント不思議な偶然で、ここまで見かけの大きさが一致する確率はゼロコンマ
以下なんだ。
神を否定する思い込みが「これはたまたまだ」と、言わせてるの。
私は神を証明しようとしてるんじゃないの。
昔の人は「神がいる」と思い込まされていたし、今は「神はいない。科学が全て」
と思い込まされてるの。
じつはどちらも証明できてないの。だから、わたしは
「人間が作れない命を作った自然のメカニズム」を素敵だと思ってるの。




497 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 07:58:41 ID:Kbo9O0g2
まぁそのうち作れるだろうよw

498 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 08:52:04 ID:l8d8srkm
>>496
>昔の人は「神がいる」と思い込まされていたし、今は「神はいない。科学が全て」
>と思い込まされてるの。

昔の人は、現在のように科学が発達していなかったから、不思議と思われる現象を、
誰か:神がその現象を起こしているのだろうと想像した。
現在は科学が発達し、神の存在を意識しなくても現象を説明することができるようになった。
ただし現在でも、神の存在を信じている人達もいる。
ただ、それだけのこと。


>だから、わたしは
>「人間が作れない命を作った自然のメカニズム」を素敵だと思ってるの。

自然の法則は、完全な自己完結として始めから存在し未来永劫存在し続ける。
自然の法則を創造したものはいない。だれも、自然の法則を変えることはできない。
したがって、全能の神は存在しない。
自然の法則のみが、絶対的存在。これ以外の絶対的存在は無い。
科学は、自然の法則を少しずつ解き明かし、利用しているだけのこと。
生命誕生を素敵だと思えるのは、自然の法則に従って進化した我々人だからこそ。
しかも、科学が、今では普通に思えるようになった、「地球上の環境が生命を誕生させた。」
という事実を明らかにしてきたということを忘れてはならない。
太陽系で地球以外の惑星には、生命がいる可能性はほぼ無いのだから。

499 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 08:57:16 ID:1MxHiEdf
DNA(RNA)シンセサイザーと申しまして、設計通りの塩基配列を合成する装置もございますが。
理論的には1からのウィルス合成も可能で、既にウィロイドは試験管内で合成された例がある筈。

500 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 09:06:38 ID:1MxHiEdf
>ギガント不思議な偶然で、ここまで見かけの大きさが一致する確率はゼロコンマ
>以下なんだ。

恐竜さんが闊歩していた頃は、月の見かけはもっとでかく、地球の1日はもっと短かった。
別に、地球と月が出来た頃から、今のような具合になっていたわけじゃない。
少しずつ月が地球から離れて行く過程において、たまたまこの前後何千万年かがこの見かけ
というだけの事。

501 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 09:16:03 ID:1MxHiEdf
多分、有効なDNAシステムができるまで、自然は数億年かけている。
システムが出来てから現在の多様性を得るまでには、さらに一桁上の時間を要した。
ウィロイドの合成が出来たという事は、DNAシステムの存在を知ってから、たった
数十年で基本的な作り方をマスターしてしまったわけだ。
手本があるにしろ、それはただ眺めていればわかるというものではない。
1000万倍の速度で人類は「神の仕掛け」を解読複製してしまったわけだ。


502 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 09:17:49 ID:1MxHiEdf
神は人類より1000万倍気が長いのか?
それとも、偶然の向こうに見える擬制なのか?

503 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 09:21:27 ID:1MxHiEdf
念のため。ウィロイド自体はRNAで、蛋白質をコードしていない。

504 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 09:42:21 ID:FldZPpkp
人類を滅ぼしかねない猛毒ウィルスの作り方(改造法)は、公開されている。
隠れて作られないようにという事だそうだ。
免疫システムに直接作用し、暴走自滅させる。致死率90%以上と言われている。
こんな危険なものを、多少サルより頭がいい程度の人類に解読出来る暗号にした神は、
相当な間抜けか性格悪いやつだな?

505 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:15:24 ID:r2/WxEWn
>>487
アホかどうかは分からない。意味が無いかどうかも分からない。
そのよう分からないことを断ずるのは愚かで虚栄なんだよ。
重要なのはその機能を利用することだよ。悪用ではなく。

生命が合成できようが、物理学で物理学の宇宙の外が
分かろうがそんなものは無限の無能の機微にすぎん。
我の無知だけでなく人類の無知も知らねばならん。
科学が導いた結論を世評的に認知して安心している
だけで神や宗教が不要だとするのは、また人として
不完全だよ。宗教を悪用するものに漬け込まれる隙が
ある。

機能しなくなった過去の遺物で話をするのは時間の無駄。
自然の法則が未来に変わらないなんてのも過去の遺物に
近い。時間を問題にしている時点で自然の法則のごく
一部に矮小化している。自然を時間で語るのは牧歌的
文化にすぎん。時間があるのは自然なことではないって
当たり前じゃん。自然の法則に未来を関連付けるのは
表現として稚拙だ。自然の法則とくらべると地球環境は
あまりにスケールが小さい。聖なるバイブルよりはマシだとは
思うけどね。

人の五感、人の想像、人の理性は分けて考えなければ
話にならない。

506 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:26:07 ID:OKBidiwU
無限の無能ならあるだろう。万能なんて大嘘だ。

生命の合成も元をただせば物理。物質の究極から、宇宙の多重生成まで、すべて物理。
情報理論も物理、脳の機能も元をただせばすべて物理。
全部が解明されて物理学になってるわけじゃないがな。

507 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:30:54 ID:r2/WxEWn
嘘かどうか分からないと認識すべきと言っている。
人の無限の無能によって、科学がどれだけ発展
しようが全能の可能性が消えることは無い。

508 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:44:51 ID:OKBidiwU
量子力学的不確定性で万能は否定済み。

509 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:55:24 ID:l8d8srkm
>>505
>自然の法則が未来に変わらないなんてのも過去の遺物に近い。

それは間違い。
自然の法則に対する人の理解は人類が存在する限り変わり続けるだろうが、
自然の法則自体は、宇宙が開闢する前から未来まで、変わることは無い。

510 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:01:53 ID:r2/WxEWn
お前何も分かってないな。時間てのは自然のごく一部なんだよ。
宇宙も自然のごく一部。自然にとって時間である未来は
あったりなかったりするんだよ。自然の法則にこだわっている
ようでありながら自然の認識が狭い。おまえ前も同じこと
言ってたろ。同じこと2回言わせるなよ。

511 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:09:59 ID:l8d8srkm
>>506
>生命の合成も元をただせば物理。物質の究極から、宇宙の多重生成まで、すべて物理。

物理学も、自然の法則の物質的側面に対する学問でしかない。
物理学は、その学問の分類上、複雑で有機的なシステムを対象とするにはあまり適していない。
現象をミクロに捕らえれば、有機物質の化学変化や細胞のエネルギー生成も物理的に説明することもできるだろうが、
説明と理解に多大な時間を要するようになる。
それよりは、分子としての性質や、細胞としての性質として理解した方が説明と理解がしやすい。

512 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:16:56 ID:l8d8srkm
>>510
時間は、自然の法則の一部に過ぎない。
現在の宇宙は、自然の法則の結果に過ぎない。
時間は、逆行することは無い。ゆえに、人には未来しかない。
これも、自然の法則。

513 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:25:39 ID:O/c/60kh
人の認識で語るなら人の無能を晒すだけだよ。
人に未来しかないかどうかは分からないよ。


514 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:32:43 ID:l8d8srkm
>>513
>人に未来しかないかどうかは分からないよ。

時間は、逆行することは無い。それが自然の法則。
同じことを2度言わせるなよ。

515 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 11:36:52 ID:VpgnlPSH
この宇宙の中でって前提だろ
認識が狭いよ。

516 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 12:13:45 ID:l8d8srkm
>>515
この宇宙以外でのことをいくら考えたところで、単なる妄想に過ぎない。

517 :数学科院生:2008/07/05(土) 13:12:35 ID:H/lPD7rs
そんなどうでもいいことでカリカリするな。

518 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 13:35:06 ID:v1wzAten
>分子としての性質

もろに量子力学なんですが。

>細胞としての性質

これは分子レベルで解明されないとわかった事になりません。

すべて物理学です。経済学ですら、物理学です。
生物が物理法則とは別の法則に従う特別な存在だ、なんて言ったら噴飯ものだという事は
ご理解頂けるでしょう。線型な単純還元主義はもはや過去のものですが、非線型現象であ
っても、基礎方程式からの発展なのです。

519 :数学科院生:2008/07/05(土) 13:40:32 ID:H/lPD7rs
電波の無駄遣い

520 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 13:45:19 ID:v1wzAten
時間の流れが一方的なのは統計的な見え方です。
反粒子は時間を逆行してきます。

521 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 13:48:11 ID:v1wzAten
ダークマター、ダークエネルギーが入って来ると、この宇宙以外を考える必要があるかもしれません。

522 :数学科院生:2008/07/05(土) 13:48:23 ID:H/lPD7rs
電波の無駄遣い

523 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 13:51:49 ID:v1wzAten
この宇宙が多重発生した宇宙の1つであるとすれば、ダークマターやダークエネルギーの
存在を説明出来るかもしれません。

524 :数学科院生:2008/07/05(土) 13:57:43 ID:H/lPD7rs
古すぎる。佐藤勝彦に弟子入りせよ。

525 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:01:52 ID:l8d8srkm
物理学を良く理解している数学科院生さんにとっては、実にバカげた記述が多いでしょう。
それらの記述に対して、私はカリカリしてはいませんからご安心を。

526 :数学科院生(キャラ変更):2008/07/05(土) 14:08:15 ID:H/lPD7rs
薬の効きが悪いのでカリカリしているのはこちらのほうかも知れません。

527 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:09:32 ID:84F7UROD
科学(物理も含めて)と宗教をごっちゃにするな。
ごっちゃにするのは違いが分からない人間。

528 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:16:48 ID:v1wzAten
それぞれの宇宙で力の対称性が破れて崩壊が始まると、初めに分離する重力型相互作用は、
結合定数が似かよっているために漏れを生じる可能性があるかもしれません。
これは、この宇宙についてみると、後に生じた他の力に比べ異常に小さな結合定数として
現われ、同時に、重力だけに感じる膨大な暗黒質量の存在となります。
後に分離する力の種類や数は、それぞれの宇宙でどんどんかけ離れたものになり、まったく
宇宙間で相互作用しないものとなるでしょう。

529 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:20:12 ID:l8d8srkm
>>526
お疲れになった心を、労わられますように。
景色の良い山の上からの眺めを想像されてはいかがでしょうか?
地上には、いろいろな人がいるものだと思えば、心にゆとりができるでしょう。


530 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:23:34 ID:l8d8srkm
>>528
いくら妄想を書いても、意味無し。

531 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:31:35 ID:94FS7xXY
>ID:r2/WxEWn
神の全能を掲げて、自分の無知・許容量の小ささに見て見ぬ振りをするのがが
一番人間としてヤバイんじゃない?
大体さ、神の理を人間の視点からそうやって解釈する方が余程傲慢だよ。
それならまだ、ひたすら人としての観察力や頭脳を積み重ねてきた科学を世を見る秤とする人間の方がまだマシ。

532 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:33:37 ID:v1wzAten
我々が、現にダークマターのただ中にいるとしても、宇宙規模では膨大でも、
局所的には極弱い重力相互作用だけで薄く繋がっているだけなので、直接観測
機器に捉えるのは困難ですし、ゴツゴツぶつかって不快な思いをすることもな
いのです。
リサランドールの5次元とは少しずれ、外からの部分的な重力相互作用も加味
して算定していますから、彼女の計算結果とは異なっていますが、CELNの実験
結果次第では、妄想ではなくなるかもしれませんね。

533 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:37:08 ID:94FS7xXY
三大宗教の最も古い原典と今の物がどのくらい違うのか、見せてもらいたいな
原典と比べて内容が勢力を伸ばすのに都合が良い方向に捩れ狂っているのなら、
人間が人間を御する物でしかないって事になるし、
内容が変わっていないのなら、超常の存在が実際に何らかのアクションを起こした事になるしな。

534 :数学科院生:2008/07/05(土) 14:43:15 ID:H/lPD7rs
個人的なことになりますが以前 東大病院て診てもらった時は統合失調症の手前と診断されましたが昨日 日本医大に行ったらうつ病と診断されました。どうしてこれほどまでに結果が違うのか疑問です。東大病院はすこぶる評判がよくありません。人をマテリアル扱いです。

535 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 14:51:21 ID:TfYViXJG
東大は切り刻み過ぎてよく死ぬからなw

536 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 15:21:21 ID:l8d8srkm
>>534
病院は、病人の病気を治療する手助けをするのが本来の目的であって、医学の研究が目的ではないはずですが、
東大病院は、研究目的の方を優先しがちなのかも知れませんね。
治療のために良い病院を選択されて、お心を癒されますように。

537 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 15:53:00 ID:hnFLsOba
>>531
>自分の無知・許容量の小ささに見て見ぬ振りをするのが
>一番人間としてヤバイんじゃない?

お互い自戒せねばだ

>神の理を人間の視点からそうやって解釈する方が余程傲慢だよ。

どこにそんなこと書いてあるの。俺はあるかもしれない事を
認めるべきだと言ってるだけのつもりなんだけどな。

>それならまだ、ひたすら人としての観察力や頭脳を積み重ねてきた科学を世を見る秤とする人間の方がまだマシ。

人はそれでいいよ。そして自らの無知とある全能の可能性を認識
していることが必要だよ。

538 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 17:09:44 ID:l8d8srkm
>>537
>自らの無知とある全能の可能性を認識していることが必要だよ。

自らの無知を認識することは、知るための努力をするために必要なのは分かるが、
"全能の可能性"を認識する必要がなぜあるのだろうか?

539 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 18:24:30 ID:8A0OVJI3
全能が嘘だというのは間違いだからだよ
分からないだけなんだよ。

540 :Google:2008/07/05(土) 19:29:41 ID:QPmqTBPG
全能というのはそう賛美してるんですよ

541 :数学科院生:2008/07/05(土) 21:12:26 ID:H/lPD7rs
ぬるぽ

542 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 21:28:25 ID:l8d8srkm
とりあえず

   ( ・∀・)   | | ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/
  (_フ彡        /  ←>>541

543 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 21:33:17 ID:l8d8srkm
>>539
「全能」という言葉自体、まったく意味をなさない言葉だね。
何をもって「全能」といえると考えているのか?
当然、そのような存在を考えることは、意味が無い。

544 :Google:2008/07/05(土) 21:39:11 ID:QPmqTBPG
その簡単な論理展開のほうが意味がないですよ
意味はありますね

545 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 21:59:16 ID:l8d8srkm
>>544
ほう?
どんな意味があると?

546 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:18:50 ID:jHIDsJxt
神の全能とは、万物を創造され治められている、神の中にある法則のこと。
つまり神の秩序を云う。したがって神ご自身。神の摂理とは、神がその神聖な、
「愛」と「英知」によって、非造万物を治められること。

547 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:28:50 ID:C2SSuwOK
量子力学の不確定性定理で神がいないことは確定されたと主張する1言レス人の
意図がやっと汲めたので書いてみるわ。アインシュタインが神はサイコロをふらないと
考えたらしいが、今はサイコロをふると考えている人のほうが多いってウィキに書いてあった。
そんなのは物理学で言うこの宇宙に課せられた厨設定にすぎんから。狭い狭い。

548 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:35:29 ID:l8d8srkm
>>546
その「神」は、想像上の存在ですね。
万物は、自然の法則に従っていて、何ものも逆らうことはできないのが事実ですから。
唯一意味があるとすれば、その宗教を信じる人の心の支えになっていること。
たとえ、想像上のことでも、人の心を安定にさせることができるのであれば、
その人達にとっては意味があるということになります。
ただし、その宗教を信じない人にとっては、意味がありません。

549 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:39:56 ID:C2SSuwOK
キリスト教の人は自重してほしい。物理学の宇宙は神の業とも思えるほどの厨設定だが
キリスト教の厨設定は人の、その中でも愚かと思える人の業と思えるわな。明らかに
イエスキリストですらない他の愚か者による厨設定だ。

550 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:47:46 ID:jHIDsJxt
>>548
>万物は、自然の法則に従っていて、何ものも逆らうことはできないのが事実ですから。

バカ云う出ねえよ。どこにそんな根拠があるんだ? 科学ってなにか分かってか?


551 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:50:09 ID:l8d8srkm
>>549
意味不明の言葉。
「物理学の宇宙」「厨設定」

説明の無い勝手な造語は、その意味が不明確になる。

552 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:55:41 ID:eL4Aiu5r
なんなの?キリスト教の人はあんたの自演なの?

553 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:00:24 ID:l8d8srkm
私は、ID:l8d8srkm でしか書き込んでいないが何か?

>>550
>バカ云う出ねえよ。どこにそんな根拠があるんだ?

それは、あなた自身が証明してくれます。
あなたは、「自然の法則に従っていない。」と言える現象を一つでも挙げることはできますか?

554 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:05:28 ID:jHIDsJxt
天界や霊界が存在していること。

555 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:10:27 ID:eL4Aiu5r
ぐだぐだだなあ。まああんたは今後も自然の法則が過去現在未来において普遍なんて書くんだろうね。

556 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:17:14 ID:l8d8srkm
>>554
>天界や霊界が存在していること。

天界や霊界は、人の想像に過ぎませんね。
人が想像すること自体は、自然の法則の一部です。


>>555
>今後も自然の法則が過去現在未来において普遍なんて書くんだろうね。

当然の事実を書いているだけのこと。
自然の法則は、過去現在未来において変わることはありません。
何者も、自然の法則を変えることはできません。

557 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:27:16 ID:jHIDsJxt
で、自然の法則ってなんなの?

558 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:55:34 ID:mT+irB0f
>>547
狭いのは脳内妄想にハマってる君だよw

559 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:57:20 ID:l8d8srkm
>>557
「自然の法則」とは、自然現象が起きる原因となっている法則のこと。
たとえば、物質には質量があり、周りの空間を曲げる効果があって重力を生じる。とか、
電気には、プラスとマイナスがあって、プラスとマイナスは引力を発するがプラス同士は斥力を発する。とか、
DNAは、生命体としての遺伝情報を持ち、自らの複製を生成することにより生命としての特性を有する基となる。とか
生物は、その生物が生き残れる環境に合ったものだけが生き残ることができる。とか
体内に脂肪の蓄積が多いと、内臓疾患を起こしやすくなる。いわゆるメタボリック症候群を発症させる原因となる。とか
二酸化炭素は、地球上の温度を地球外に放出しにくくし、温室効果をもたらす。・・・などなど。
とても、すべては書けませんが、こういったものすべての原因となる法則。
物理学、化学、生物学、医学、などの科学は、自然の法則の一側面を学問として研究し、
少しずつ法則を見出していますが、人が、自然の法則のすべてを知ることができるのかどうかは、分かりません。

560 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 23:59:58 ID:mT+irB0f
物理学が基礎です。
化学、生物学、医学などの法則は、すべて物理法則でキャップされる事をお忘れなく。

561 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:14:37 ID:xq9fzyyS
意志には行為はないでしょうね
サイコロをふらないから、源がないというわけでもないよ

562 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:17:49 ID:xq9fzyyS
客観的なことを論じて主観的な夢を見る

563 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:18:31 ID:xq9fzyyS
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1211635637/374

564 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:23:17 ID:BMXb2fNX
コギトエルゴスムと思う胡蝶の夢

565 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:28:05 ID:iJRF/AaN
>>559
あのね、自然の法則というものが、現在知られている物質と物質間に働く四つの
力から導かれた法則っていうことであっても、すべての現象が導かれているって
いうことではないよ。
なぜなら、そのことの認識基盤としての、人の中の、合理性とか、理性というもの
であることを認めるなら、人の中に生じる合理性(理性)とは何か、いまだかって、
自然の法則なるものから説明されたことがないからね。
人の中にある合理性の認識主体は、物質に由来するものか、神の英知に由来するも
のか、見かけの現象では判定できない。
物質から英知が生まれたという考えは、天界には一切ありません。なぜなら霊界は
非物質の世界でありますから。

566 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:29:49 ID:BMXb2fNX
>物質から英知が生まれたという考えは、天界には一切ありません。なぜなら霊界は
>非物質の世界でありますから。

とあんたが妄想してるだけ。

567 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:32:56 ID:xq9fzyyS
振動(l'elan vital)の世界

568 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:36:06 ID:BMXb2fNX
物理法則に反したお約束で構成される魔法世界でも、物理法則に従った電子デバイス上に作る事は出来る。
物理法則の範囲内で作動するお前さんの脳内で、妄想踊る宗教板。

569 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:37:00 ID:BMXb2fNX
>振動

物理用語使わないように。

570 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:41:43 ID:BMXb2fNX
非物質が物質である脳と情報の交換が出来るというだけで既に話は破綻している。

571 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:42:43 ID:xq9fzyyS
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159474037/l10
振動使いまくってるよ

572 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:44:15 ID:xq9fzyyS
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%8E%9F%E5%AD%90%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%AB&lr=

573 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:46:42 ID:BMXb2fNX
お前って本当に馬鹿だな。
フェルミオンがスカスカなのは当たり前だろ。
ボソンがぼんやり繋いでるから物質になってんだよ。

574 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:48:40 ID:xq9fzyyS
なんでいきなりバカ扱いなんだろう
無神論も強い信仰ということなんだろうなぁ

575 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:49:18 ID:BMXb2fNX
空気の振動と情報の解析を無視していきなりアウラだのオカルトだの余計な未定義概念を持ち込む愚かさ。

576 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:50:41 ID:xq9fzyyS
一般的な図書館知識程度で悦に入られても
人間の中身がそれじゃだめですね
その觀応力では中身はスカスカだろう

577 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:51:57 ID:xq9fzyyS
はぁ〜スカスカ

578 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:56:40 ID:DKsOWJUE
お前の頭はスッカスカw

579 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 01:57:58 ID:DKsOWJUE
オカルトは馬鹿がハマるもの。

580 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:00:43 ID:xq9fzyyS
そう人を罵るためには自分が馬鹿ではない証拠を見せてくれないとなぁ
手始めに芸術でも語ってみてね
勿論、その内容をですよ。

581 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:03:16 ID:DKsOWJUE
物質と非物質の相互作用が変だと思わないところで、あんた終わってるから。

582 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:06:13 ID:xq9fzyyS
誰が非物質と云ったのだろう。

583 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:09:11 ID:xq9fzyyS
てか明日も早いしねよう。
なんか内容の方面がなさそうだし。

584 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:12:03 ID:DKsOWJUE
じゃ、霊もアウラも神も振動もすべて物質及びその属性でおk?

585 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:14:25 ID:xq9fzyyS
なんでしょうね。
物質という、そのとらえ方はかなり偏狭ですがね。

586 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:20:03 ID:xq9fzyyS
まぁ君自身も物質だから関係ないけど
物質も音楽を聴いて、物質なりにも生殖活動をしてる。
物質も寝るってか。
はぁ物質ぶっしつしてますねぇ。人生いつも物質です。

587 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:20:10 ID:DKsOWJUE
では、脳としか相互作用しない霊というのはなかなかに面白い物質ですね。

588 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:27:35 ID:xq9fzyyS
全身全霊で感応するんですよ。
それは君の主観なんですよ。

589 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:30:53 ID:DKsOWJUE
客観的に観測してみたいので、ぜひ全霊を分離して欲しいですね。

590 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:32:12 ID:xq9fzyyS
たとえばfo.Qを使えばノイズやアウラ的な要素が引き潮で引くかわりにピーク感が増してくるんだけど
それは楽音とか基音が主体の音楽性だよ(觀念的)。
一般的な感覚ではその基音が多く占める割合ですねぇ。説明するのがめんどうですねぇ。

591 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:34:10 ID:DKsOWJUE
fo.Q?

592 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:34:59 ID:xq9fzyyS
http://www.foq.jp/about/about_foq.html

593 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:42:55 ID:DKsOWJUE
ベンヤミンの一回性のアウラとはまた別の意味で使っているようなそのアウラとは何ですか?
またそれが「ノイズやアウラ」というかたちでノイズと並列に用いられる文脈を論理的に説明して下さい。
基音とは何で「楽音とか基音」で楽音と併置され、主語にされているのはどういう意味ですか?

594 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:45:06 ID:iJRF/AaN
自然界に存在する太陽は、熱と光を生みます。この熱と光は物質的なもので、それ自体
は、死んだものですから(いのち)はありません。神のおわします天界の太陽からは、
愛の熱と英知の光がうまれます。この熱と光は(いのち)そのもであるから生きたもの
です。

自然界の太陽から出来たのもは、時間・空間内にあるので、これを自然的と言うのに対
して、霊界の太陽から生じたものは、時間や空間の中には存在していないから、すべて
が霊的な世界です。だから、霊界には時間や空間がないので、永遠の世界といわれます。
この霊的世界にあるものが元になって、自然的世界にあるものが存在しているのです。
これが神の創造の仕組みです。

だから、物質と非物質は相互作用しないんです。
上位世界から下位の世界に一方的に流れてくる、神の愛(いのち)と英知(いのち)と
は、非造万物にたえず流入しています。天界の天使たちも、この流入がなければ存在で
きません。

595 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:47:13 ID:DKsOWJUE
妄想乙。

596 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:47:44 ID:xq9fzyyS
>>593
芸術の一回性はですね
なんで指揮者が必要かがわからないとだめですね。
まぁそれとは違うけどね。空気感と同種の意味ですよ。

597 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:49:33 ID:xq9fzyyS
論理的に説明しないと、本当にわからないのかなぁ。
楽音には通常、ホールで聞けばわかるけど、

598 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:51:29 ID:xq9fzyyS
ホールトーンのみでなく楽音自体エーテル性の成分に纏われているもんですよ。
オーディオとはまるっきり違った音がしますよ。
現場で聴かないと伝えられないですね。
言葉で理解できるとか思い込んでいる人に伝えられることはないですよ。

599 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:53:21 ID:DKsOWJUE
もう少し厳密に定義出来ないのかね?
指揮者の存在意味と一回性のアウラは同値じゃないよ。
空気感で片付ければ何の説明にもならない。
指揮者が譜面を読み込むのは、漠然とした空気感をそれだけにとどめる為じゃない。
それを具体的な操作にまでアセンブリする為だ。

600 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 02:55:27 ID:iJRF/AaN
妄想乙ってのは、もう、わたしは合理的な反論ができません。
ってサインで笑かねぇ。ハハハー。

601 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:00:58 ID:xq9fzyyS
>>599
あのさぁ、それ以前に君は何かを語ったのかね?
それがすごく問題なんですけど。
なんだかですね、そんな言語の用法で相手の目をくらませられるとか思ってたらだめですよ。
負けず嫌いなおしの問答に付き合うほどの気力も暇もないんですよ。

602 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:02:50 ID:xq9fzyyS
空気感って、、、本当にわからないもんかね???
普通に物理音のことなのだけど。オーディオとか楽器なんだし・・・・・・

603 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:03:12 ID:DKsOWJUE
>楽音自体エーテル性の成分

そんなものはあまり信用しないね。イメージは具体的な手続や数値に落とさないと再現出来ない。

604 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:07:10 ID:DKsOWJUE
>言語の用法で相手の目をくらませ

それは君の文について言える事だ。

605 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:08:56 ID:xq9fzyyS
一回性は霊感があればすぐ理解できますよ。
隣の席の人にも影響受けますね。
>>603
ほんとただの天邪鬼ですね。つまらないですよ。
信じる信じないの世界で、信じないを選択した、
或いはその言語が気に入る気に入らない問題。それだけのことだろう。

606 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:10:18 ID:xq9fzyyS
>>604
悪いけど僕は経験で理解して語ってるからそれはないですよ。
まぁオリジナルと認めてくれてもいいんですがね。

607 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:13:39 ID:DKsOWJUE
自分では経験で理解していると思っても、それを第三者に伝えるだけの解析力と言語力が無い、
残念といったところか?

608 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:15:38 ID:xq9fzyyS
ほんとここの連中は内容がなくてつまらないなぁ。
相手を追及するぐらいで。

609 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:20:21 ID:DKsOWJUE
自分で作曲してみればわかるよ。
空気感は数値化して作らなければ生まれない。
それを無意識のうちにルーティン化してしまえるのが天才と言えるかも知れないが。

610 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:24:56 ID:xq9fzyyS
わかってなさすぎる・・・・・・・・・

理解(その概念)のない人とは話がかみ合わないのかな

611 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:26:42 ID:xq9fzyyS
まぁ作曲を試みているだけ君はマシな人間だと思うよ

612 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:27:45 ID:DKsOWJUE
感覚的にビンビン来たぜぃ、すっげーイかった!だけでは到底駄目ですね。

613 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:32:49 ID:xq9fzyyS
http://www.ecat.sony.co.jp/AV-HiFi/products/product.cfm?category=SACD&PD=25984&KM=SCD-XA1200ES
SONYのサイトにも空気感って使われてるよ。

614 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:37:20 ID:DKsOWJUE
空気感も具体的に作らないといけないと言ってるんですよ。
多分あなたの言う振動とは、一般的に言う強度ゆらぎや速度の事だと思いますが、
作り手としては、当然そうしたものも1/10、1/100単位で細かく設定しなければ
なりません。

615 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:39:02 ID:DKsOWJUE
訂正。速度じゃなくて速度ゆらぎ、ね。

616 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 03:44:16 ID:xq9fzyyS
だから微細振動って言ってるんだけど。

617 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 04:04:21 ID:kxkGbOYI
微細だろうと何だろうと、振動とゆらぎの違いはよく調べてね。
基音についてはいまだに不明なんだが?
主音、属音、下属音、あるいは通奏低音なんかと関係あるのかね?

618 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 09:51:52 ID:WAMbGc2j
ID:xq9fzyyS の書き込みが、一番くだらなくてつまらない。
しかも、「霊感」とホザいている本人に霊感すらない。
他人を批判する前に、自分が無知であるという認識を持つべきだな。
アホなヤツが存在するのも自然現象の一側面だから、当然のことだけどね。

音は、周波数 fn(Hz)の波が重畳されたもの。
基音は、重畳される基の音。周波数成分としては、一番周波数が低い。
基音の整数倍の周波数の波(倍音)が重畳されることにより、音色が形成される。
音の場合、ゆらぎは、その波の強さ(大きさ)や周波数の変動がランダムに変化するもの。
ゆらぎは、いろいろな現象に現れる。
たとえば、アナログ電子回路の熱雑音は、電子の運動が抵抗素子の分子の熱による運動により
ゆらぎを生ずることによって起きる。

619 :数学科院生(キャラ変更):2008/07/06(日) 19:09:21 ID:AHrEwdej
科学を否定こそ科学 自分でも何言ってるのかわからない。

620 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 19:37:16 ID:tQtA/Pw6
言いたいことは、わかります。
科学は、常にそれまでに法則とされていたことを、新たな発見により書き替え続けることに価値があると言えますからね。


621 :数学科院生:2008/07/06(日) 19:51:28 ID:AHrEwdej
ニュートン力学をアルバートが書き換えた。俺が生きているうちに一般相対論を書き換えてくれ。話は変わるけど村上隆の東京芸大博士論文「意味の無意味の意味」を見たけどさっぱりChinpunkanpun。

622 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:08:33 ID:tQtA/Pw6
そういうタイトルの論文は、理解しようとしなくても良いと思います。

623 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:24:34 ID:JYn5XEys
文系の博士論文は意味が分かっちゃ逝けないのだ。

624 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:30:19 ID:bZNa3YSq
ほんと科学を否定こそ科学ですね。
あたかもいかにもな書き込みが次から次へと・・・
知ってます的な教科書的な人には飽きますね。

625 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:40:07 ID:bZNa3YSq
倍音ぐらいはピアノやってたから知ってるよ・・・・・・それをあえて書かないといけない理由がさっぱりなんですが・・・・・・・・・・・・・
通奏低音ぐらいバッハ聴く人ならわかるだろうて・・・・・・・。
ゆらぎも知ってるよ・・・・・もっとも解明されてない現象だろう・・・・・・・・・・・・・・。
バランスの崩れた不自然なゆらぎはノイズでしかないだろう・・・・・・。
それとは関係ないだろう・・・・。
熱雑音なんてどうでもいいレベルだろう。デフォルメではなく特性的に空気感の出まくるsa1.0の筐体はすごく熱くなるんですが・・・・。
適正の温度になっているのが理想だろうて・・・・・・。
音色が解明されてしまったんだ・・・・・君には・・・・すごい科学ですねそれは。。。。。

626 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:43:01 ID:bZNa3YSq
屹度馬鹿ってああいうやつの事ですよ。
場当たり的な知識を網羅するから「いかにも」だといってるんだよ。

627 :数学科院生:2008/07/06(日) 21:58:17 ID:AHrEwdej
ドスンというバイクの重低音はいいよ。神の声に聞こえる。今日23時頃からF-1英GPやるよ。TOYOTAは嫌いなんでHONDA頑張っておくれ!

628 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 22:01:17 ID:WAMbGc2j
>>625
アホらしい書き方には、特徴がありますね。
たとえば、
「それをあえて書かないといけない理由がさっぱりなんですが」
「○○も知ってるよ」「○○なんてどうでもいいレベルだろう。」
「それとは関係ないだろう」「すごい科学ですねそれは」
こういうところに、アホらしさが露呈してしまいます。
つまり、中途半端に自分が思い込んでいる知識や考えを、相手が分かるように説明できずに、
自分勝手に「自分は知っている。」ということを見せびらかせたいだけ。単なるエゴイズムの塊。
きちんと知っているなら、きちんと説明すれば良いだけなのに。
そういうことができない人は、アホだと思いますね。

629 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 22:08:49 ID:bZNa3YSq
本当に経験から知ってるなら察しがつくものだろう。
というか基音を知ってるのに倍音を知らないわけがないだろう・・・・・・
そういう実際の過程が抜けてるから察しがつかないんですよ。
めんどうなのね。そこまで相手にするのって。

630 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 22:26:50 ID:WAMbGc2j
>>629
>めんどうなのね。そこまで相手にするのって。

ほらね。やっぱりエゴイストだ。

631 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 23:30:13 ID:WAMbGc2j
>>629
>本当に経験から知ってるなら察しがつくものだろう。
>というか基音を知ってるのに倍音を知らないわけがないだろう・・・・・・

それでは、ピアノのAの音色とチェロのAの音色が違う理由を説明してください。

632 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 00:44:36 ID:zT7my7MK
>>534
病院によってどころか、医者によって違ったりするらしい。
それだけ精神というのが未解明な領域だということ。

脳というのは不思議だよね。
脳という物質器械によって思考も感情も作られてるという考え方がある。
その考え方によれば、精神病は肉体的疾患とみなされる。
だが、脳というのは筋肉と同じで記憶や思考をして使えば発達するし、
思考や感情、イメージによって分泌物も出れば脳波も変わる。

果たして、物質器械である脳が我々の「意識」をつかさどっているのだろうか。
むしろ、我々の「意識」が脳を物理的に変容させているのではないか。
またはその相互作用かもしれない。
物質脳が意識、精神に作用をするという一方通行の分析だけでは、精神医学は進むまい。


633 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 00:49:35 ID:zT7my7MK
それから、「価値」って何だろうね。
科学的思考に熟達された皆さんの見解が知りたい。

また明日にでも覗きに来ます。

634 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 04:19:52 ID:NMqO0UX8
>>632は脳や身体と意識や精神を別物としてみているが
それは人間を物理学的生物学的に見るか、精神学的に見るかという違いだけ

PCにおいてソフトウェア上でデータが変化したときに、ハードウェア上で物理的な変化を起こしているのと同じ
同じものをどう見るかによる違いに過ぎない

だから不思議というか当然という気がするな
片方が変化しているのにもう片方が変化しないという方が珍しいし

635 :数学科院生(脳味噌パッカ〜ン):2008/07/07(月) 17:42:13 ID:ZBQFqbJz
精神扱っててメディアによく登場する奴らの評価
医学部生 院生と議論したらこんな結果になりました偽物
香山リカ 和田秀樹 作田明福島章 野田正彰 小田晋
茂木健一郎 北杜夫 斎藤茂太 加賀乙彦
本物
斎藤環

636 :お仏壇は、はせがわで:2008/07/07(月) 17:48:42 ID:9GOvrPvh
確かに愚痴うるさそうな輩の集まりみたいだね。


637 :数学科院生(脳味噌パッカ〜ン):2008/07/07(月) 18:07:59 ID:ZBQFqbJz
追加
本物
なだいなだ

しかしこの結果が本当だとしたらこんな奴らに精神鑑定してもらいたくないわ。

638 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:37:27 ID:zT7my7MK
>>634
では、いわゆる精神病というのは、ハードとしての脳とソフトとしての精神、どちらの故障なんでしょうね。
ソフト側に問題がある場合、どう対処したらいいのでしょう。
そもそも、人間のソフトウェアとしての「意識」「思考」「感情」これらの源泉は何でしょうか。
どうすればソフトを修正することができるのでしょうね。
科学的方法を教えてください。

639 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:51:32 ID:fLIvRgCm
脳は、コンピュータとは違うんだから、ハードだソフトだと言っちゃダメ。
まあ、元々、人の脳は、動物の脳が大きくなっただけなんだから、
動物にも人ほどではないにしろ「意識」「思考」「感情」はありますからね。
それらを変えるには、ものごとに対する見方や捕らえ方を変えることでしょうね。
これは、科学的方法ですよ。

640 :数学科院生(脳味噌パッカ〜ン):2008/07/07(月) 21:08:20 ID:ZBQFqbJz
医学生数人と語ったところ脳が精密な機械だという人は一人もいませんでした。

641 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 21:36:01 ID:zT7my7MK
>>639
>ものごとに対する見方や捕らえ方を変えること

それを実現するための科学的方法を教えてください。
無理やり思い込んでもできるものじゃありませんよね。
他にも、誰か知っている人がいたらお願いします。

>>640
どういう意味で言っていたのでしょうね。
脳は細胞であり生きているのだから、その意味で機械ではないのは当然ですし。


科学の対象はもっぱら物理世界です。
宗教の対象はもっぱら精神世界です。
そしてその二つを繋ぐ架け橋が脳です。ソフトとハードの両方の性質を持っているという意味で。


642 :脳味噌いやんバッカ〜ン:2008/07/07(月) 21:52:59 ID:XPUMrTjV
>脳は、コンピュータとは違うんだから、ハードだソフトだと言っちゃダメ。
とか、>元々、人の脳は、動物の脳が大きくなっただけなんだから、とかいっ
ているのは、今は、頭の、つまり脳味噌の古い学者だけみたい。

脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても
過言ではないし、脳が、進化論的に肥大しただけでは、人のもつ知性や論理
思考を支えている「理性」とか「合理性」なんてものは、とても説明できな
いから、300年来の研究でも、つまり、ニューロンや、モジュール単位の脳組
織の高次中枢のどこを調べても、意識や心、人のもつ意図や識別力がいかな
る仕組みで起こり得るかわからなから、脳科学者を困らせているのが現状じ
ゃないかい。

心と脳の、イージーとかハード問題ってなにかくらい勉強して来てくらさい。

>医学生数人と語ったところ脳が精密な機械だという人は一人もいませんでした。

いないだろうね。唯物論的医学(脳科学)で、試験をパスした彼等には許されないことだ。
心が脳をAiのように操作して、その人の人生を決めているという、少数派ではあるが、偉大
な先人の研究に、興味(不知かもしれない)を示せば、そこを追放されないからね。彼らは、
学者の(たまご)というより、いい生活のためのゼニ儲けが一番だから、そんなことにかま
っている能力と暇はがないことを十分理解している。










643 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 21:58:39 ID:zT7my7MK
もう一度聞きます。
「価値」って何ですか。

価値のあるモノ、人、出来事、状態、等々、、、
物質世界の中に「価値」というものは存在していますか。

さらに聞きます。
「幸せ」って何ですか。
物質世界の中に「幸福」というものは存在していますか。
それはどんな物質でできていますか。

幸福は脳内の状態である、とそういう考え方もできます。
では、どうしたらそのような幸福な脳で生きていけるようになるのでしょう。
その点で科学はあまりに無力です。

644 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 22:30:01 ID:lFqB97DH
価値とは幸福になれること。
幸福の物質はセロトニン。

ということは人類が安定した
人口のまま地球環境とも
バランスが取れていて。
物心ついてからずっとセロトニン
を投与され続け一生を
終えられるようにする。
セロトニンの生産と地球環境
のバランスももちろん解決
せねば。これができれば、
これぞ最高の社会主義だろう。

栄養チューブとセロトニンの
点滴で一生ベッドに横たわって
いても幸せを感じれるのかな。

645 :数学科院生(脳味噌カラカラ):2008/07/07(月) 22:39:08 ID:ZBQFqbJz
セロトニン分泌薬 飲んでるけどちっとも幸せになれません。

646 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 22:42:09 ID:NMqO0UX8
>>638
激しく遅レスだが原因はどちらにも起こりえる
ハード的には脳内物質の異常やソフト的には心的外傷など
前者には投薬や手術、後者にはカウンセリングなどで対応している
向精神薬なんかはどっちにも使ったりするけど

>>643
価値というもの自体人間が作り出した概念上の存在だから自然界にある筈がない
そんなに幸せが欲しかったらドラッグでもキメてなさい

647 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 22:59:04 ID:NbnLTNvZ
脳とその活動結果である精神と、宗教ってのはおそらく存在するレイヤーが違う。

判りやすい例でいうと、OSI基本参照モデルの物理層が脳で、データリンク層やネットワーク層あたりが精神で
宗教とか、幸福とは何かなんてのはアプリケーション層の問題に例える事ができるだろうか?

物理層のレイヤーがどうなればアプリケーション層の状態が変わるかを考えるのはナンセンス。

648 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:08:14 ID:FM8T2kr5
>>645
なんだ、夢が無いなあ。。。


>>646
唯物論で言えば人の妄想した概念も
物質のある1つの形態に他ならない。
概念とはHDD上でもメモリ上でも
同じ物質の1形態であるか、それとも
メモリに展開し、かつCPUで処理して
やっと概念を形づくるのか。jpgで考え
ればHDD上では磁気でありメモリ上では
よくわからんな電子?電気か?しかし
jpgはCPUで処理しなければ画像に
ならない。jpgの意味はディスプレイに
表示される画像である。bmpの場合は
CPUの処理が単純なだけでほぼ同じ
さらに言えばメモ帳やワープロだって
ほとんど同じだ。さて、だからどうしたんだろう。

649 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:42:18 ID:fLIvRgCm
>>642
>脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても
>過言ではないし、

まったく過言だね。ノイマン型コンピュータもベクトル型コンピュータも
脳の働きとは、まったく違う。
もっと、コンピュータと脳のことをきちんと勉強してから書き込むように。

650 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:46:07 ID:fLIvRgCm
>>647
>判りやすい例でいうと、OSI基本参照モデルの物理層が脳で、データリンク層やネットワーク層あたりが精神で
>宗教とか、幸福とは何かなんてのはアプリケーション層の問題に例える事ができるだろうか?

これこれ、また知ったかぶりして適当なことを書いてはいけません。
OSI基本参照モデルは、通信ネットワークシステム上のデータ通信にしか適用できないのだから、
そこんとこよろしく。

651 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:48:43 ID:fLIvRgCm
>>648
ダメだなぁ。コンピュータと脳は、根本的に違うんだから、
例えて言うことすらナンセンス。
当然、正しい解は得られないわな。

652 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:51:54 ID:fLIvRgCm
>>641
>それを実現するための科学的方法を教えてください。
>無理やり思い込んでもできるものじゃありませんよね。

教えてあげてもいいけど、タダじゃ教えてあげない。

653 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:54:04 ID:FM8T2kr5
脳の記憶方式と記憶へのアクセス方法も再現できてないとな?
コンピューターよりもっと効率的なんかねえ。

654 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 00:46:47 ID:IskAju5x
>>651
>ダメだなぁ。コンピュータと脳は、根本的に違うんだから、例えて言うことすらナンセンス。

どこがどう違うか、ちやんと説明しないと反論にもなにもならないよ。
根本的に違うという、なにか脳科学的な知見があるんだろうね?



655 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 06:50:59 ID:CoF6JKTe
どこがどう違うかと言うレベルの違いじゃなく、まったく違う。
あえて言えば、生物と機械の違い。生物は細胞で構成されていて、それぞれの細胞が独立して生きている。機械は、それぞれのパーツは、システム全体の中の一部の機能を担っていて、一部が欠けると全体が機能停止となる。
具体的に示せば、コンピュータの場合、メモリの一部が故障すれば、コンピュータとして機能しなくなる。脳の場合、傷害の程度によるが、一部の部分が傷害を起こしても、他の部分で補うことができる。
勿論、これは、ほんの一例に過ぎない。

656 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 07:21:59 ID:CoF6JKTe
念のため書いておくけど、メモリの故障というのは、プログラムで使われる領域で、エラー訂正できない程度の故障という意味だからね。

657 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 07:26:10 ID:IskAju5x
機械のように働くって意味が理解出来てないだけ。

658 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 07:39:01 ID:IskAju5x
脳とその持ち主の心との間は、コンピューターとそれをプログラムする人の
関係にたとえることが出来る。脳の中には一種の「人工知能」があるだけで
、脳はそれと知らずに「私」の使命に奉仕しているって意味。

659 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 08:08:56 ID:CoF6JKTe
>>658
意識、思考、感情、心、などは、脳が活動した結果のアウトプットであって、脳が働くためのプログラムではないので、勘違いしないように。

660 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 08:25:46 ID:CoF6JKTe
>>658
脳の中に一種の人工知能があるなどというまったくデタラメな考えは、即刻止めるように。

661 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 08:32:17 ID:ZQBbH+mM
>>655-656
勘違いにもほどがあるだろ、あくまでもPCの一形態の話じゃないか
ハードウェア的にはエラー訂正機能が備わっているメモリ自体サーバ用の高価なメモリのみだし
メモリ、CPU、GPU・・・といった半導体はPCのうち最も故障しにくいパーツ(大抵コンデンサや稼動部が故障する)
要するにその一例の故障は初期不良に起因し障害児や死産に近い

更に分散コンピューティングの場合故障したユニットを自動排除して対応ぐらいできるし
HDDではRAIDで故障HDDのデータを他HDDから修復できるし、メモリの使用方法だってOSがどう決めるかによる
要するにコンピューターの本質的な部分の問題じゃない

あまいの指摘の中であってるのは生物と機械の違いということだけだがそこに何の問題がある?

662 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 08:50:31 ID:vhq5w/4l
結局、「幸福」に対して科学が持つ方法は、クスリだけ。
それも、現代科学をもってしても全然効果が薄い。
仮に、将来、依存性など副作用がなく、効き目の長いクスリが開発されたとする。
一生涯に渡ってそのクスリを投与され続けて幸福感に浸る人生が、果たして本当の幸せなのだろうか。

宗教は、この問題に何千年も前から取り組んできた。
宗教は人間が幸せになる方法論を示してきた。
どんなに科学が進歩しても、科学は道具の域を脱しない。
(一部の者にとっては知的好奇心の対象。これは趣味の領域)

道具が発達し生活が便利になれば、人の幸福度があがるというのは錯覚、幻想だ。
昔と比べて、今の日本人の幸福度は上がっただろうか。なら、何故うつ病が増えているのだろうか。
発展途上国の人たちが総じて陰鬱かといえばそうではない。
ドラえもんに登場するような夢の道具が実現したとしても、それによって人類の幸福度が上がることは有り得ない。
道具による喜びなど手に入れた束の間だけ。すぐにそれが当たり前になってしまう。
逆に無いなら無い、不便なら不便で、それが当たり前になっているのでそれで幸、不幸は決まらない。

幸福について宗教から学べることは多い。

663 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:10:44 ID:ZQBbH+mM
>>662
一行目は本気で吹いた
全部見ても釣りにしか見えない

科学が嫌いなら文明機器を一切捨てて森にこもれば(鉄の精錬なんかも科学の成果なので猿並みの生活で我慢してね)
三日と経たずに科学の恩恵を実感できるだろうよ

宗教は人の不満を和らげるがそれが幸せへの最善手とは思えないな
元々人を支配するために不満を撤廃するための手段だからな
現在の扱いが最悪でも死後は報われるとかな

うつ病云々は病気としての認知度が上がったのとその状態でも生きていくことが可能になったからだろう?
癌やエイズで死ぬよりも飢餓や手術で対処可能な外傷で死ぬなら幸福と?

科学は道具に過ぎないが、必要は発明の何たらというように人々が幸福になるために生み出された代物だ
それに対する否定は正にスレタイのとおり

664 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 11:14:20 ID:vhq5w/4l
別に道具を否定していない。科学を嫌いでもない。どこからそんな趣意を読み取ったのか。
そちらのほうが釣りにしか見えない。
道具では幸せになれない。ただそれだけのこと。

本当に知恵のある人は、文明が無ければ無いで幸せに生活できる。
寿命が30年でも幸せな人生を送れる。
いくら論理的思考に優れていても、高度な数学や物理が理解できても
それが分からなければそれほど賢いとは言えない。


665 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 19:24:47 ID:lW3wpyaW
>>663
此方から見ると
そのおつむのレベルとそれによる決め付けとか霊性のランクを疑ったほうがよいように思えますね

666 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 19:31:01 ID:lW3wpyaW
VISTAはRAID0で組めば快適になるん?

667 :数学科院生(脳味噌が耳から流れてしまいました):2008/07/08(火) 20:53:45 ID:opHQI3eZ
霊性という言葉を使ったのでもしかしてAおじさん?

668 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 22:02:35 ID:NNBJim2q
>>661
>勘違いにもほどがあるだろ

それは、こちらのセリフ


>メモリ、CPU、GPU・・・といった半導体はPCのうち最も故障しにくいパーツ(大抵コンデンサや稼動部が故障する)
>要するにその一例の故障は初期不良に起因し

故障したらどうなるかの話なのに、故障率がどうのこうのは関係ない。


>更に分散コンピューティングの場合故障したユニットを自動排除して対応ぐらいできるし
>HDDではRAIDで故障HDDのデータを他HDDから修復できるし、メモリの使用方法だってOSがどう決めるかによる
>要するにコンピューターの本質的な部分の問題じゃない

こんなことは、冗長にすればエラー訂正や故障の切り離しができるというだけ。
だから、>>656
「メモリの故障というのは、プログラムで使われる領域で、エラー訂正できない程度の故障という意味だからね。」
という条件を付けているのに、キミはその意味がまったく分かっていない。
脳細胞は、コンピュータのメモリ、HDD、とは根本的に構造が異なっている。

キミが、メモリ、CPU、GPU、分散コンピューティングのユニットという部品に相当する細胞が何に当たるのか示せば、
>>642
「脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても過言ではない」
を認めてあげるよ。
示すことができなければ、「脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られた。」
は誤りということ。
事実として、現在でも脳がどのようにして機能しているのかは未解明な部分が多いから、
上の文が誤っているのは、当然のことなんだけどね。

669 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 22:09:00 ID:NNBJim2q
>>662
>宗教は、この問題に何千年も前から取り組んできた。
>宗教は人間が幸せになる方法論を示してきた。

>幸福について宗教から学べることは多い。

それでは、錯覚や幻想ではなく幸せになる具体的方法を示してください。


670 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 22:20:55 ID:NNBJim2q
>>664
>本当に知恵のある人は、文明が無ければ無いで幸せに生活できる。
>寿命が30年でも幸せな人生を送れる。

このスレに書き込みしているキミからは、まったく説得力を感じないね。


>いくら論理的思考に優れていても、高度な数学や物理が理解できても
>それが分からなければそれほど賢いとは言えない。

高度な数学や物理が理解できないキミの負け惜しみとしか思えない。

で、キミは何ができるというのかな?

671 :数学科院生:2008/07/08(火) 22:40:46 ID:opHQI3eZ
偉そうにっ!

672 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 23:26:08 ID:NNBJim2q
>>671
数学科院生さんは、賢いと思っています。

673 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 23:58:31 ID:vhq5w/4l
>>669
>それでは、錯覚や幻想ではなく幸せになる具体的方法を示してください。

宗教を勉強してください。
今ここで、全てを書きつくすことは不可能です。
あえて掻い摘んで説明するなら、認識の転換です。

>価値というもの自体人間が作り出した概念上の存在だから自然界にある筈がない
こう646さんが言っているけれど、これが正解だろう。
なのに、人間が作り出した概念を皆追い求めるのではないですか。
例えばステータス。自分は誰それより偉い、格上、頭が良い、カッコいい、一流大学卒、一流企業勤務
それらの価値というのは、概念ですね。要は人間の頭の中だけのものです。
錯覚や幻想と大差ありません。
人は概念や観念で幸不幸が決まります。

>>670
>このスレに書き込みしているキミからは、まったく説得力を感じないね。
>で、キミは何ができるというのかな?

私がどういう人間かによって、私の主張する論理に欠陥が生じるのでしょうか。
泥棒が「盗みはしてはいけない」と言えば間違いになるのですか。
それはWikiによれば、対人論証という詭弁です。


674 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 00:22:53 ID:Es+7Gkk7
やっぱねえ。科学未発達の社会のほうが欝は無いと思うよ。
下民は生産性も対価も低い仕事で忙しい。社会が少しでも
不安定になれば食えなくて簡単に死ぬ。数少ない船頭に
選ばれた人間は意味について考える余裕を生むかもしれないが
大多数の下民と比べた圧倒的優位さで欝には陥りにくい。
格差つってもまだまだ甘いね。

675 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 04:53:37 ID:Lc53a4uS
>>668
揚げ足取り乙、脳の機能が完全解析されていないの知ってて書いているだろ
>キミが、メモリ、CPU、GPU、分散コンピューティングのユニットという部品に相当する細胞が何に当たるのか示せば、
脳とコンピューターは1:1対応はしていないし、それに悪意を持ってGPUを入れていないか?
とりあえずニューロンがコンピューターのユニットに近い役割をしているだろ
ちなみに人間の脳みそはメモリなぞ使わず処理された情報は演算装置へと叩き込まれるが
機械でメモリを使わずひたすらCPUで組上げるコンピューターなんてコストパフォーマンスが悪すぎて誰もやらないからな
そこまで模倣したのが欲しけりゃ自分で開発してくれ

あとメモリの故障については君が提示した前提条件が自体が無茶なのにまた突きつけられても困る
メモリやCPUの故障は大半が初期不良、人間で言えば生まれる段階で問題が生じている場合に相当し
残りの故障も過電流か熱によるトランジスタの故障だ
人間の脳だって電流流せば脳の神経は壊れるし焼けば蒸し焼きになる
この前提で作られているOSが情報の一部を喪失したことで動かなくなることを責められても困る

というか現代技術の限界から完全に模倣できていないことと模倣して作られていないことは別でしょ

676 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 16:56:20 ID:7eABNXYB
>>675
>とりあえずニューロンがコンピューターのユニットに近い役割をしているだろ

していないよ。ニューロン細胞は、信号を伝える役目しかしていない。
また、嘘をつきましたね。


677 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:35:58 ID:FQvN2095
>>676
それってほんとなの?
信号の合離や強度変更もしないの?

678 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 19:13:16 ID:Lc53a4uS
>>676
>していないよ。ニューロン細胞は、信号を伝える役目しかしていない。

いやいや、信号に何の処理もされないなら何のために膨大な数のニューロンがネットワーク組んでんだよ

679 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 04:59:15 ID:hEZiMW5T
>>677-678
>信号の合離や強度変更もしないの?
>信号に何の処理もされないなら何のために膨大な数のニューロンがネットワーク組んでんだよ

ほらね。やっぱり脳とコンピュータの構造が根本的に違っていることが、ちっとも分かっていない。
だから、何度も書いてるけど、脳はコンピュータと同じように考えちゃいけないんだよ。
少なくとも、「脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても過言ではない」
は大間違いだということが、理解できたかな?
コンピュータは、数値計算をする"計算機"が発達して現在のようになっただけ。
脳は、未だに情報処理の仕組みが良く分かっていない。
誤解しないようにね。


680 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 05:04:33 ID:hEZiMW5T
>>675
>ちなみに人間の脳みそはメモリなぞ使わず処理された情報は演算装置へと叩き込まれる

これも大嘘だということが、分かったと思う。
脳には、演算装置など無いんですよ。

681 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 06:14:07 ID:AMm/scYt
>>679-680は池沼ですか?もはや揚げ足取りにもなっていない
さっさとニューロン他、脳の機能について説明してみろよ

682 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 08:20:11 ID:hEZiMW5T
>>681
>もはや揚げ足取りにもなっていない

当たり前だ。キミが間違った認識を持っているのを正しているだけだからね。


>さっさとニューロン他、脳の機能について説明してみろよ

そういう高慢な態度は大嫌いだから、してやらない。

683 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 09:03:07 ID:hEZiMW5T
>>673
>あえて掻い摘んで説明するなら、認識の転換です。

「認識の転換」というのは、一つの"錯覚や幻想"を別の"錯覚や幻想"に変えるということですね。
ということは、「錯覚や幻想ではなく幸せになる具体的方法」ではないということになりますね。
勘違いしてもらって欲しくないのは、「認識の転換」が幸せになる方法として間違っている
と思っているのではありませんよ。
私は、そもそも"幸せ"という感覚は、"錯覚や幻想"の一つだと思っていますので。


>宗教を勉強してください。

と言われても、宗教にもいろいろありますからね。
イスラム教、キリスト教、仏教といった世界三大宗教の他に、ユダヤ教、ヒンズー教、バラモン教、
日本神道、他にも、諸々な宗教があります。どの宗教のことを言っているのでしょうか?

684 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 09:25:42 ID:hEZiMW5T
>>673
>私がどういう人間かによって、私の主張する論理に欠陥が生じるのでしょうか。

勘違いして欲しくないのは、

>>670
>このスレに書き込みしているキミからは、まったく説得力を感じないね
>で、キミは何ができるというのかな?
は、

>>664
>本当に知恵のある人は、文明が無ければ無いで幸せに生活できる。
>寿命が30年でも幸せな人生を送れる。

に対して書いているということ。
文明の利器であるコンピュータとネットワークを使って、2ちゃんねるに書き込んでいて
高度に進んだ日本の医療により治療が受けられる環境にいる限り、
文明の効用を受けているという認識を持つべきだということ。
だから、文明の無い地域で生活せよというのではなく、文明に感謝する気持ちを持つべきだと主張しているのです。
もし、キミが、本当に文明の無い地域で幸せを感じながら生活しているのなら説得力も感じるけれど、
今のキミの生活は、文明に囲まれているでしょ。
そんなキミがなぜ、「本当に知恵のある人は、文明が無ければ無いで幸せに生活できる。」と言えるのかな?
本当に知恵のある人は、文明を作り出すと思いますよ。

685 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 23:09:12 ID:Wl7lU1vo
あきれるほど視野が狭いのは分かった。

横レスで想像するに、その人が言いたいのは。
人は得ても得ても得続けても足りないのだ
と言いたいんでしょう。で、あなたはここまで
文明が発達したことによってほとんどの人が
満足できていると思えてるわけだ。

すなわちその人の言う幸せになる才能がある
幸せな人なんだよ。おめでとう。

686 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 00:54:07 ID:fKRNkvjQ
>>685
また、随分と大きな勘違いをされたものです。
私の主張とまったく異なった理解をされているのですから。

>あなたはここまで文明が発達したことによってほとんどの人が
>満足できていると思えてるわけだ。

まったく逆ですね。宗教を信じているの多く人は、文明の恩恵を受けているにも係わらず、
その文明を創りだすために努力されてきた人達の有難さを感じずに、
「文明が無ければ無いで幸せに生活できる。」と空想しているということです。
偽りの事実を教える宗教にははまって、文明を作り上げるための基礎となった
科学のことを良く理解していないのに、「科学は、人を幸せにすることは無い。」などと
言う人が多いということです。
ほとんど資源の無い日本で、日本人が貿易により外貨を稼いで資源や食料を得るには、
加工貿易をするより方法がありません。加工貿易を支えているのは、科学です。
日本人は、鎖国をしている時代から勤勉で努力家でした。そのことが、開国後と敗戦後
の日本を急速に発展させることができたのです。

>すなわちその人の言う幸せになる才能がある幸せな人なんだよ。おめでとう。

誰でも、人は、幸せになる才能を持っているはずです。
不幸な人は、その才能を使えずにいるのです。
科学は日本人に文明を与え、日本人の生活を豊かにしています。
あなたがこうして2ちゃんねるに書き込むことができるのも、その文明の恩恵です。
幸せなどというものは、所詮、錯覚か幻想に過ぎません。だったら、豊かな文明を持った日本で
2ちゃんねるに書き込みができるということの有難さに感謝してみてはいかがですか?
何に対しても感謝の気持ちを持つと、自分は恵まれている幸せな気持ちになりますから。

687 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:22:17 ID:x0Licucl
>>686は、幸福についても、脳についても、微妙に論点がズレている。
脳とコンピュータは構造が違う、文明に感謝すべきである
その相手は
脳とコンピュータは機能に類似点がある、科学文明と幸福感は直接関係が無い

とそれぞれ主張している。
両方の論点について矛盾しない。まったくの一人相撲である。

688 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:30:35 ID:fKRNkvjQ
>>687
一人の相手は、
「脳とコンピュータは機能に類似点がある」とは書いていない。
「脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても
過言ではない。」と書いている。
また、別の相手は、
「科学文明と幸福感は直接関係が無い」とは書いていない。
「本当に知恵のある人は、文明が無ければ無いで幸せに生活できる。」
と書いている。

間違ったことを書かないように。

689 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:34:01 ID:x0Licucl
>>688
要旨だよ、要旨。

690 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:34:53 ID:x0Licucl
君はその要旨、論旨が理解できないので、勝手な解釈のもとに一人相撲を取っているんだよ。

691 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:45:20 ID:fKRNkvjQ
>>689-690

>>688の意味を理解できないなら、どうぞご勝手に。

692 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:02:08 ID:x0Licucl
>>691
木を見て森を見ず。
極端に国語の成績悪かっただろう、きみ。

693 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:15:34 ID:n+l3kfvQ
>「脳が情報を処理する過程を模倣して、コンピューターは造られたといっても
>過言ではない。」と書いている。

その論拠として、人間の心がコンピュータであるという論議は、次のような一般的な
形をとって語られる。

@人間のすべての経験と思考は脳によって可能となる。
A脳自身は大規模なコンピュータであり、そのシナプス結合はスイッチの働きを持ち
、その神経は信号を伝える。
Bアラン・チューリングのコンピュータ理論が示すように、すべての決定機能はイエス
・ノーの二つの過程に帰結される。
C経験は記号系列で表され、思考はさまざまのイエスとノーの決定からなる。したがって
認知科学が発達すれば、脳の記号がどのようにして下界を表現するか、そして脳の回路が
どのように「入力情報」の処理を調整するか解明するはずである。

これが人間認知のAI理論(人工頭脳)である。

しかし、、、、


694 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:37:16 ID:n+l3kfvQ
しかし、ここで問題となるのが脳内の「記号」と神経生理学上の事象をさまざまな
心理学上の属性に対応させる「規則」である。こういう考え方では、まず下界の事
物が感覚器官に刺激を与え、それが神経生理学的な入力情報に変換される。ついで
脳はこの情報をある種の「翻訳のアルゴリズム」によって心理学的な意識内容に変
換するのである。

これはコンピュータの過程そのままである。末端キーボードで文字や数字が打たれ
れば、それがコンピュータの「ハードウェア」での電気的パルスとなり、これがコ
ンピュータの回路を通じてプログラムされた命令や規則によって処理され、人間に
もわかるような記号系列として報告されるのである。




695 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:14:40 ID:fKRNkvjQ
>>692
>木を見て森を見ず。
>極端に国語の成績悪かっただろう、きみ。

事実に反することを書いても意味が無い。



696 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:18:58 ID:fKRNkvjQ
>>693
>その論拠として、人間の心がコンピュータであるという論議は、次のような一般的な
>形をとって語られる。

論拠を述べたところで、まだ脳がどのようにして情報処理機能を実現しているか未解明なものを
「脳が情報を処理する過程を模倣して」と言えるワケが無い。
もう一度書くが、「コンピュータは、数値計算をする"計算機"が発達して現在のようになっただけ。 」
何度も同じことを書かせるなよ。

697 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:23:30 ID:fKRNkvjQ
>>694
>脳はこの情報をある種の「翻訳のアルゴリズム」によって心理学的な意識内容に変
>換するのである。

「翻訳のアルゴリズム」なんてものは、脳の中は存在しないよ。
そもそも、キミは、「アルゴリズム」という言葉の意味すら正確に理解していないんじゃないのか?

698 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:02:27 ID:h+Kx7mLD
ID:fKRNkvjQ=昨日のID:hEZiMW5Tかな
内容皆無なレスをいくつにもわたってする様がそっくりだ
ここまでここはおまえの(ryなのも珍しい
いい加減「違うんだよバーカ」以外のことを書け


699 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:29:26 ID:QvoQOlDW
>>698
キミは、2日間の書き込みを見て判断しているに過ぎない。

700 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 12:04:25 ID:x0Licucl
バカにつける薬は無い

701 :数学科院生:2008/07/11(金) 20:09:36 ID:lsTXSqQ2
東大宇宙線研究所所長だった実験物理学者 戸塚洋二さんが逝ってしまった。惜しいのぉ。

702 :数学科院生:2008/07/11(金) 20:48:46 ID:lsTXSqQ2
でもネ生きている人のほうが大事なんよ。

703 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 21:41:25 ID:QvoQOlDW
人は、生きている間にしか、やりたいことができませんから。

704 :数学科院生:2008/07/12(土) 08:48:57 ID:0kCJ4Rpv
というのもあるけど ただ生きているだけでも世のため人のためになっているのよ。

705 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 11:19:14 ID:DNU6uJxk
そうだね、それには思いやりや心の支えとか、近親の交友のことが想定される
場合が多い。しかし、それだけではないんだな。金銭や欲望、隷属や搾取に
よっても人と人とは誰しも孤高になれず支えあいながら生きている。
日本に輸入される安価な物品はそのような悪徳の栄えよりもたらされた
ものがほとんどなのだ。日本で生活するほとんどの者が搾取の側にいる。
そのような世の仕組みを合理的に操作しようと試みたのが共産主義だ。
そしてそれは失敗した。今のところ人の考えでは役立たず石つぶし糞ニート
だが、世のため人のために役に立っている可能性は排除できないわけだ。
おめでとう。ニートが孤独だなんて大嘘さ、本当に孤独なら人は3日で
食えずに死ぬ。孤独だと思っていても全ての人の傍らには見知らぬ人たちの
権謀術数、焦燥、歓喜、さまざまな思いのこもった物品であふれている。
世は合理でも、思いやりでも動かんということだ。練炭も硫化水素も
世の人の支えあっての賜物だ。

706 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 20:31:03 ID:yi2b0QYa
>>694
続き。

コンピュータの回路とプログラムの回路を定めて、たとえば、あるパルスの系列が「2002便」を表すようにすることが出来る。
これはモールス信号が点と線で語や文章を表すのと同じ原理である。コンピュータのハードウェアは電気的パルスを作りだす
だけで、そのパルスの系列によってスクリーンに、たとえば「2002便は延着」と映し出すように工夫したのは人間である。
意志のないコンピュータは、その便が延着することを当然知ってはいない。

しかし脳がこの種の翻訳をするということ、しかもこの翻訳を規則とアルゴリズムによって行うとはどういうことであろうか。
モールス信号を普通の文章に直せるのは、人がこの両方をよく知っているからである。一つの言葉から他の言葉に翻訳するの
には、両方の言葉の知識が必要となる。
 
人間の認知のAI理論が破綻するのは、まさにこの点である。脳が神経生理学的な「記号」を心理学的な属性に変換するために
必要な「翻訳アルゴリズム」を持っているということは、両方の言葉を知っているということであるが、脳が自分自身の他に誰
の言葉を知っているのであろうか。この翻訳に脳と、脳を持つ人との両方が関わっているのだろうか。たとえこんな変なことに
なっているとしても、なお脳が両方の言葉を知っていなければならないのである。


707 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 00:52:49 ID:xfhlnupf
サプリメントやプロテインの有効性について
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/muscle/1215610961/l50

708 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 08:49:58 ID:tndswimb
>>706
よけいな言い回しやら修飾が多くてわかりにくいのだが
「機械の扱っている情報(ハードウェア上)は人間の手を借りて初めて意味のある情報に変換される」
「人間の脳の神経を走る電流による記号(つまり状態?)は脳自身(?)が意味のある情報(意識?言語?)に変換される」
ということかな?

前者は実際とは違っている、ギリギリ近いのが演算装置(コンピューター)から出力装置(ディスプレイ、プリンタなど)によって出力された場合
この時でさえディスプレイがちゃんとした文章を映そうが、バグった文字列を映そうが、砂嵐を映そうが演算装置は気にしない
それでも演算装置内では情報の処理が行われている

また「2002便は延着」という言葉をコンピューターが映しても、コンピューター自身はその事の意味を理解していないとあるがそれは人間も同じ
多分ポピュラーな例としてビッグバンという言葉について多くの人が「何も無い場所で大爆発が起こり大量の物質が宇宙に広がった」といった事を想像するだろうが
その内容は間違いであり、結果的にそれを用いた思考にも間違いが生じてくる

つまり人間の脳も演算装置も内部での物理的状態と思考の状態は基本的に一致しており
また他者にわかるような情報としては本当に理解していない、把握していない状況は両者共に多々存在する

709 :数学科院生(天気図が全くわかりません):2008/07/14(月) 22:04:40 ID:mSz6Pf/C
気象に詳しいかたに質問です。梅雨の定義を教えてください。梅雨入り 梅雨明けとはいったい何なんですか?

710 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 22:13:51 ID:4jfCF6O+
問題点は、人間が作ったアルゴリズムにしたがって演算している機械に知能が
あるのかどうかということであって、人間の言語理解も、脳という機械によるも
のにすぎないのかどうか、ということでしょうか?

この解釈をめぐって、チューリングテストは「知能」の判定には使えないのだと、
するサールの批判に対し、脳とは、ニューロンという神経細胞によってできた「機械」
にすぎないのだから、サール自身の「脳」に対しても、「中国語の部屋」が適用でき
るのだと、唯物論者が反論しているところあたりが、、、論点でしょうか?

さて、みなさん、人の心とは一体なんなんでしょう? 心の働きとはなんでしょうか?



711 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 01:13:26 ID:9l6kWh2y
電磁パルスに載った情報の非線型効果。

712 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 13:15:45 ID:Ep1Dx0DN
 日本のバブル崩壊は、米国のメーソン系投資会社が株の売り逃げや、デリバ
ティブの株価下落の投機等を行った為に起きて、メーソンは莫大な利益を上げた。
これによって、住宅金融専門会社が経営破綻し、政府は住専の支援に公的資金
約7千億円を投入した。メーソンはこれに味をしめ、サブプライムローンの破
綻を引き起こした。日本の銀行はこの債権を大量に買って、メーソンの利益に
貢献した。即ち、政府も銀行(企業も含めて)もメーソンに貢いでいる。これら
の機関は国民の生き血を搾取してメーソン様の御機嫌を取っているのである。
サミットはメーソン様の生け贄として日本を料理する相談である。メーソンと
北朝鮮はグルで、北朝鮮は第3次世界大戦の導火線となる大切な駒である。
 9.11テロ、イラク自爆テロ、北オセチア学校占拠事件、チベット暴動はメー
ソンの自作自演である。
 資本主義経済は弱者の犠牲の基でしか成り立たないインチキ経済である。だ
から、時々戦争を引き起こして全てを破壊しなければならない。その復興特需
によって景気が上向くのである。歴史はその繰り返しである。いい加減にこの
仕組みに気付いてくれなければ、何時までもメーソンの奴隷である。人類の為
に命を懸けてこの悪魔と戦う士(さむらい)を捜している。どう転んでも我々は
メーソンに殺される運命である。私は一人であってもメーソンと戦う。私は日
本魂である。
 連合の国の味方と今までは、成て尽くせし唐国の、悪魔邪神が9分9厘、も
う一厘の瀬戸際に、旗を反すと白露(ロシア)の、其振舞の非義非道は、凡ての
計画を狂わせて、勝つべき戦争の負け始め、永びき渡る西の空、黒雲晴るる暇
もなく、独り気儘の仕放題、印度の海を掠め取り、ここにも深き経綸なし、続
いて浦塩日本海、我物顔に跳梁し、トントン拍子に乗り出して、神の御国を脅
迫し、もう一息と鳴門灘、渦巻き猛る荒波に、大船小船残りなく、底の藻屑と
亡ぶるも、綾の高天にいと高く、空にそびえし言霊閣、天火水地と結びたる、
五重の殿に駆け上り、力の限り声限り鳴る、言霊の薫功に、醜の鳥船軍艦水潜
る仇船も、皆それぞれ亡び失せ、影も止めぬ惨状に、曲津軍慄きて、従い仕え
来る世を、松と梅との大本に、世界を救う艮の、神の稜威ぞ尊けれ、


713 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 17:33:20 ID:mx35/wUg
キーワードはパキスタン

714 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 19:29:01 ID:YgoLgmJD
トライバルエリアもフリメンか?

715 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:01:47 ID:mx35/wUg
モンテカル・ロシュミレーション

716 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:05:47 ID:uMt1sin4
・が変

モンテカルロメソッド・シミュレーション

717 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:25:52 ID:mx35/wUg
すまんのう 地中での荒行に堪えたニイニイ蝉が鳴いてるわ 油蝉 ミンミン蝉はまだ修行中 ツクツクホウシ ギンヤンマは最近少なくなったな Chicagoのラバディー教授は元気かな でも〜

718 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:28:10 ID:ejfMhFEQ
趣味レーション頑張ってねw

719 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:35:19 ID:mx35/wUg
空冷四気筒 Jazzは最高 四車線のところを右折しようとしたところ対向車線に白バイ発見 お巡りさんがこちらをチラッと見たが捕まらず 原チャリに見えないところはさすが凝った作りの名車だな

720 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:46:01 ID:mx35/wUg
嬉し恥ずかし誕生日 三十無職のエロ爺 今年の夏は透けブラ少なし みんなキャミ付けてるのでブラ線がクッキリ見えない 残念

721 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 14:45:00 ID:RrQNs+BO
科学では決して推し量れないもの(霊とか)の存在を信じている人
特に極めて重要な存在であると思っている人は
細胞やら遺伝子やら分子やら量子といったものの存在についてどう思っているんだ?

たとえば思考や意思が霊に依るなら何故多数のニューロンが存在していると考えるの?
霊力とか念動力が存在するなら何故肉体が存在するために数多の細胞が存在するの?
神様やそれに似通ったものが生命体を作成したなら遺伝子をこれほどまでに変容しやすくしたの?

実験結果や観測結果とのあまりのズレについてどう考えているの?

722 :数学科院生(満期退学予定):2008/07/16(水) 19:46:46 ID:SzKzeg6h
羽田空港拡張工事に断固反対します。

723 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 20:54:42 ID:iiAFD3w5
>>721
別にズレてはいないですよ
簡単なんだけど

724 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 14:05:49 ID:bWJ8kNsF
age

725 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 20:02:57 ID:2IdvKbG9
○阪府の創価
わたなべのぞみ 27歳
・嘘つきまくり
・隠し事いっぱい
・逆ギレしょっちゅう
・犯罪者一歩手前

726 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 20:16:07 ID:47dOuRnZ
>>721
物質で出来ている肉体には思考力がなく、霊魂こそ霊的なもので思考力をもっていることは、
まともに考えれば誰にでもわかります。人間が持っている、理性的な(いのち)は、すべて
肉体の中にあるように見えても、肉体のものではなく、霊のものです。ただ、唯物科学が、
脳という物質から、思考力が生まれていると決め付けているだけです。

肉体は物質的で、肉体に固有な物質的なものは、霊につけ加えられ、結びつけられたような
格好をしています。それは、人間の霊が自然の世界で生活を営み、役立つ働きをするためです。
自然の世界はすべて物質的で、それ自身には、(いのち)というものがありません。
 ですから、人のなかで生きているのは、その人の霊であって、肉体はただ霊に使え、躍動
する生命力の道具にすぎないことがわかります。

ここで、本当に生きているのは物質的なものではなく、霊的なものだけが生きているわけです
から、人間の中で生きているのはすべてその人の霊であって、肉体はただ霊に使え躍動する
生命力の道具にすぎないことがわかります。ただし行動したり、動きまわったり、触れたりさ
せているのが霊の働きではなく、道具自体の働きであると言えば、偽りになります。

このように、(ある)宗教的教義と(唯物)科学とに、相容れるものはありません。

727 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 20:21:08 ID:vikBzXaI
科学のおかげでネットできるどころか、生きていれられるのも科学のおかげなのに、恩知らずな奴だなぁ。

728 :サタンの代弁者:2008/07/18(金) 20:46:36 ID:B/dxrSCt
サタンは申公豹逃げますが頭がキレル
彼がしたことで良かったことはアダムとエバの底を突いた事
悪いのは人間と監督不逝き届きといきますかエホバ神は
エホバ賛成、悪魔許さないのは私の罪。だってわたしも
悪魔すきだったから。思い出です。ほろ苦くて怖かった。

729 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 21:24:23 ID:47dOuRnZ
人はネットで生きるものではないし、科学で生きるものでもない。
人はパンのみで生きるものではないと、誰が教えられたか?

730 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 21:50:50 ID:puJO9qOS
夏休みだぜ おっかさん

731 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 22:19:35 ID:mvM7B93Z
>>726
>物質で出来ている肉体には思考力がなく、霊魂こそ霊的なもので思考力をもっていることは、
>まともに考えれば誰にでもわかります。

いやいや。霊魂などというものは、単なる想像上の存在に過ぎません。
人の思考は、脳細胞の活動によって起きているのです。
あなたでも、まともに考えれば分かるかもしれませんが、
まともに考えそうもないので、きっと分からないでしょう。

732 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 22:44:53 ID:ljwR/me6
その程度なら馬鹿でもわかるよ。
でもこのスレの人は無知の知の領域をある程度はわかってきてるよ。

733 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 23:46:48 ID:NQjRR6rU
>>726
これは典型的な例だよね、この場合細胞の群れは何のために存在するのか?
単なる土くれでいいのに

他にも世界は4000年ほど前に創られたとする主張では
化石なんかもわざわざそれっぽく埋めたそうだ
さらに宇宙では数十億光年のオーダーで様々な現象を配置していったことになる
これらをどう説明するんだろうね

734 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 23:50:13 ID:k2R+emxg
科学でメシ食ってる研究者で、宗教信じている方々はどういう考え分けしているのか疑問に思う。
科学者の端くれとして、神仏の存在信じることできないし、死後のことなんか考えないので自分の墓も作ろうと思わない。


735 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 23:57:53 ID:NQjRR6rU
>>734
ニュートンなんかは自然の法則の向こう側の神を見つけようとしていたんでしょ
現実に存在する証拠や観測結果から法則を導き出し神の意思を知ろうとする
現実を見なくて胡散臭い宗教屋よりはよっぽど信心深いと思うがね

736 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:59:23 ID:PgHQT0I5
http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/06/05_01/index.html

大槻教授が脳科学者の茂木健一郎をオカルト認定!

大槻氏といえば、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏の霊視を批判的に
検討する著作「江原スピリチュアルの大嘘を暴く」を先頃刊行した。その大槻
氏が、「THEMIS」6月号の記事「いまやオカルト研究者?!
脳科学者・茂木健一郎へ噴出した「批判」」(同誌HPにも掲載)にコメント
を寄せている。

茂木氏の反論

「私、茂木健一郎と大槻義彦で異なるのは江原のような霊能者・超能力者、
および彼らが見せてくれる霊視・口寄せ・降霊術・オーラ占い・霊感商法
などに対する態度・意見である。茂木健一郎と大槻義彦では科学者という
基本的な立場は同じである。」

737 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 03:26:10 ID:cBCjQRnw
虚数空間というのは実在するのか。
その概念は「科学的」なのか。

738 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 09:19:30 ID:tC+Jkrda
>>737
虚数というのは、iですね。
iというのは、愛ですね。
愛は、実在するといえばしますね。
ですから、虚数空間も実在しますよ。

まあ、直交する実と虚の三角関係(三角関数)のもつれを、
愛(i)で解決しようとしている世界。みたいな。(笑)

ここは一つ、数学科院生さんのお出ましをお願いします。

739 :数学科院生:2008/07/19(土) 15:42:39 ID:2ftdJCPN
虚数空間=複素数空間は数学的構造としては実在すると思います。夜また書きます。

740 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 16:03:50 ID:cBCjQRnw
「実在するのか」というのは、現実世界に物理的に存在しているのかということ。
イデア論では、三角形や円というのは概念であって、
現実世界には完全な三角形も完全な円も存在しない。
それでも、数学上は三角形や円は当たり前に「実在」することを前提としてる。

虚数空間というのもこれと似たような事情なのか、
それとも厳然として現実世界に存在しているのか。
物理的に存在しているとされるなら、それは実験やデータによって実証されているのか。
数学科院生さん、そのあたり詳しくよろしく。

741 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 16:27:44 ID:OzEHeaE/
>>740
「実在」という言葉について突っ込もうとしたが先に書かれたな
現実世界というがこの言葉に科学的意味はないだろう
たとえばニュートリノは数式や観測結果からほぼ確実に存在しているが、実際に誰かが直接見たりしたわけではない
電磁波ですら可視光以外は直接見えないし、見えても本当に波があるのかなんてわからない

それでも科学において何故存在するといわれるのかというとそれが最も合理的な解釈だから
科学的な手法は観測の結果(もしくは既存の理論の欠陥)→それをうまく説明できる理論→その理論による予測が観測によって確認される
という過程でその理論が正しいとされる(だからノーベル賞は確認されてはじめて貰える)
自分は詳しく知らないけど虚数空間は多分数学(理論)上の段階じゃないかな?
今の物理との相互作用がもっとわかっていたら『虚数空間』ではなく物理的な役割に関した名前がつくと思う

742 :数学科院生:2008/07/19(土) 20:27:03 ID:2ftdJCPN
数学的空間と物理的空間の区別を人類が理解したのは19世紀になってからです。C^nとR^2nはベクトル空間の実体としてはほぼ同じで積の構造だけが余分に入ってるだけです。C^nの元とほぼ同じ挙動をする物理的実在は有り得ると思います。波動関数の振幅とかがそうです。

743 :数学科院生:2008/07/19(土) 20:40:10 ID:2ftdJCPN
物理屋でも宇宙論屋でもないのでよくわかりませんが実験は虚数時間を検証するところまでいっていると思います。インフレーションWMAPのデータをうまく説明できましたがインフレーションモデルもまだ決まっていないんじゃないかとおもいます。

744 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 17:51:35 ID:1RX1Lvyq
>物質で出来ている肉体には思考力がなく、霊魂こそ霊的なもので思考力をもっていることは、
>まともに考えれば誰にでもわかります。

2ch用じゃなく、本気でそんな事思ってるわけ?

745 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 23:27:22 ID:ddCLYtTP
人が考えるとすると精神が考えています。つまりは本人の情愛のよろこびから、
考えています。考えているのは肉体ではありません。よろこび jucundum と、
うれしさ amoenum の二つは、人の精神の中でその人の霊性をつくり、人体の中
では自然性をつくっています。そうして人の(いのち)は、その両方から成って
います。

人間の精神というと、死後も生きる本人の霊です。したがって、人の霊は、情愛
とそれに依存する思考以外の何ものでもありません。情愛がなかったら何の思考
力もありません。ということで、すべての思考は情愛からくるものであり、本人
の情愛の(かたち)であることが分かります。意志や理性についても同じことが
いえます。善と真理についても、仁愛と信仰についても同じです。

このことは、人の心(精神)の働きからでもわかります。心は人の注意を何かに
集中させますし、心は何が起こっているかを感知します。理性を働かせ、新しい
決定を下し、心は物事を理解します。そして、独自のエネルギーを有しているか
のように働き、脳のいろいろな仕組みを動員して、心の下した決定を実行に移し
ます。これは心による神経機構の活動化です。ただし、脳自体の活動が心の第一
原因といえば誤りになります。





746 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:06:24 ID:K1+1nNDh
>人が考えるとすると精神が考えています。

>つまりは本人の情愛のよろこびから、 考えています。

>考えているのは肉体ではありません。

>よろこび jucundum と、うれしさ amoenum の二つは、人の精神の中でその人の霊性をつくり、
>人体の中 では自然性をつくっています。

>そうして人の(いのち)は、その両方から成っています。

正直、この人は何を言っているのかさっぱりわからない。シンタックスがとれているから、
ジャーゴンではないようだが、統語があって文意無し、説明しているようで何も説明していない。

747 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:11:48 ID:RVFfQzD8
>>745
宗教屋がいかに造語が好きか、無駄な修飾を好むか、中身の無い話が好きか、周りの人間をどれだけあきれさせるか
そんな要素を煮詰めた素晴らしいレスだと思う

748 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:19:34 ID:K1+1nNDh
言語明瞭意味不明、政治家に近い人種なのかな?

749 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:51:25 ID:S/HJpVSs
なにを言ってるかわからないとか、中身のない話しだと言う人がいるから、
すこし、思考とは何かを考えてみましょう。

たとえば、思考は空間と時間の中にあるかどうか考えてみるといいでしょう。
十時間とか十二時間、考えごとをした発展過程を考えてみてください。はたして
この時間が、一、二時間の過程だったと思えることがないでしょうか。あるいは
一日か二日だったと思えるようなするかも知れません。情愛が流れた状態によっ
て見かけは変わります。思考はその状態からくるわけです。

時間を考慮にいれないような(うれしい)情愛の中では、十時間か十二時間考え
ても、一、二時間にしか感じられないでしょうが、その反対に悲嘆にくれた情愛
では、時が経つのを待つばかりです。

以上で少しははっきりすると思いますが、時間は、思考の出発点である情愛の様子
によって、あらわれくる見かけ apparentia に過ぎません。これは、散歩している
時とか、旅行しているとき、考えの中にある空間的距離についても同じことがいえ
ます。ただし、物理的な時や距離を計る機械で、人はこれを否定します。

750 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:53:46 ID:S/HJpVSs
一日か二日だったと思えるような(気が)するかも知れません。

751 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 04:22:18 ID:tfvHIK2R
中島ぎどーの「時間と自由」でも読んだら
あとこれとか→http://blogs.dion.ne.jp/19530221/archives/6962304.html

752 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 09:45:42 ID:i+zmtaO8
>たとえば、はたして思考は空間と時間の中にあるかどうか考えてみるといいでしょう。

>十時間とか十二時間、考えごとをした発展過程を考えてみてください。

>はたしてこの時間が、一、二時間の過程だったと思えることがないでしょうか。

>あるいは一日か二日だったと思えるようなするかも知れません。

>情愛が流れた状態によって見かけは変わります。

>思考はその状態からくるわけです。

    ・
    ・
    ・

立論は「思考は空間と時間の中にあるかどうか」であるようだが、この人が自らの立論に
対して、意味のある論述をしていると解る人はいますか?
出来れば解説して欲しい。

753 :はと:2008/07/21(月) 10:44:08 ID:wPfmQEt/
正真正銘つちくれから成り立つものたちがこころをもち、
しのぎを削る地上のありさまこそがおどろくべき神秘と感じるけど。

754 :はと:2008/07/21(月) 11:21:34 ID:wPfmQEt/
科学は本当に誇れるだけのちからを獲たでしょうか。
科学は神様のあしあとをたどり始めたばかりだとおもうのですがどうでしょうか
曲がりなりにも成果を上げてこられたのも神様が振り返って手を添えてくれたからですよ

一方
願わくは現在の神様に同行したいとするのが宗教心です
こちらも自力ではついていけないのです。

宗教も科学と同じようにまだよちよち歩きだからです。

755 :はと:2008/07/21(月) 11:26:58 ID:wPfmQEt/
「同行したい」のふりがなは「だっこしたい」かもね

756 :はと:2008/07/21(月) 11:36:03 ID:wPfmQEt/
最終的な科学のすがたは宗教のようであるし
最終的な宗教のすがたは科学のようであると思います
だから
理想的な科学のすがたは宗教心をもつことであるし
理想的な宗教のすがたは科学の心をもつことであると思います

鉛筆を削るときはじめは周囲にいくつかの頂点が生じますが
完成に近づくと滑らかになりただひとつの頂点があらわれます。
ただ完成がまだ先なんだとおもいます

757 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 11:36:50 ID:FazICclT
科学を力だと思うところで何かの勘違いだと思うな。
技術力という言葉はあるが、科学力というのはアニメかなんかの子供言葉だろう。


758 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 11:39:11 ID:FazICclT
正真正銘の土くれと、炭素型の地球生命ではだいぶ成分が違うんだが、そんなことはお構い無しか。

759 :はと:2008/07/21(月) 12:22:14 ID:wPfmQEt/
知はちからなり
F・ベーコン(だったかな)

科学はひとの好奇心の働きであって認知力とか理解能力が発揮される。
この世をしることは生きる上で力になります。


たんに「物質から」構成された生命体という意味合いで「つちくれから」といったけど組成が問題?

760 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:29:05 ID:RVFfQzD8
結論が先に在ってそこから現実を捻じ曲げていく宗教と
現実の現象から法則や技術による結果が導き出される科学じゃ完全に真逆です

761 :はと:2008/07/21(月) 13:44:30 ID:wPfmQEt/
一致できる





と思う

762 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:53:13 ID:RVFfQzD8
土くれの中では無数の素粒子が運動しているわけだが
どこが「単なる」なんだろう?

763 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:56:57 ID:5or3iEWu
↑なにを訳の分からないことをぶつぶついっているやら

764 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:58:01 ID:5or3iEWu
みみずの寝言

765 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:58:59 ID:snMPik1y
肉眼で見える範囲でしか世界を理解出来ないで、即妄想界逝き。

766 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 14:02:44 ID:snMPik1y
>科学はひとの好奇心の働きであって認知力とか理解能力が発揮される。
>この世をしることは生きる上で力になります。

科学が人の好奇心の働きによるのはまあいいとして、認知力や理解力はその為に発揮される。
生きる力になるかどうかは応用の問題で、真理の探究とは直接に一致するものではない。

767 :はと:2008/07/21(月) 14:45:20 ID:wPfmQEt/
あらゆるちからは生きるために与えられていることをしらないの?

科学はひとが感覚器と頭脳を物差しに得た、外界の分析結果です。これは生命活動にほかならない。

ひとと切り離されたところに科学がぽっかり浮かんでいるのではないよ

768 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 15:01:01 ID:snMPik1y
>あらゆるちからは生きるために与えられていることをしらないの?

そんな必然は無いからね。

>科学はひとが感覚器と頭脳を物差しに得た、外界の分析結果です。これは生命活動にほかならない。

それは言い切れない。

>ひとと切り離されたところに科学がぽっかり浮かんでいるのではないよ

人とはまったく別の知性でも科学する事は可能だ。

769 :はと:2008/07/21(月) 15:16:10 ID:wPfmQEt/
脳は脊椎を貫通する神経を統合しており目はその脳から外界へ向けて突出しています。
科学は肉体が外界へ向けて知の触手を突き出す行為にほかなりません。
電子機器を用い、おおくの装置を介してもその中心にあるのは
やはり肉体であり生命です。

770 :数学科院生:2008/07/21(月) 15:16:39 ID:OkaWbqwt
そんな難しいことはどうでもいいジャマイカ。
入道雲だぜ おっかさん!

771 :はと:2008/07/21(月) 15:30:07 ID:wPfmQEt/
〉まったく別の知性でも科学する事は可能だ。
可能でしょうね

772 :はと:2008/07/21(月) 15:36:10 ID:wPfmQEt/
まあ
たしかにどうでもいい気が
おっかさんといえば


生まれ落ちたばかりの赤ん坊は手を宙に伸ばして触れたものをぎゅっとつかみ、
しがみつこうとします。それが科学的態度だからではないです。
母親をしらないうちから「生きるために」、母親をぎゅっとつかむちからが与えられてるんです

ひとが神様をしらないうちから思索の手を宙に伸ばし神様ををぎゅっとつかんだのは
「生きるために」与えられていた宗教のちから、能力でしょう。

773 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 15:50:28 ID:snMPik1y
>生まれ落ちたばかりの赤ん坊は手を宙に伸ばして触れたものをぎゅっとつかみ、
>しがみつこうとします。それが科学的態度だからではないです。
>母親をしらないうちから「生きるために」、母親をぎゅっとつかむちからが与えられてるんです

それは、哺乳類のごく一部が進化過程で獲得した反射だろ。それがある方が生き残りには有利だった
から目立ってきただけで、誰かが為に設計したわけじゃない。

>ひとが神様をしらないうちから思索の手を宙に伸ばし神様ををぎゅっとつかんだのは
>「生きるために」与えられていた宗教のちから、能力でしょう。

妄想でしかない。

774 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 15:59:29 ID:6KcmPTJs
全ては全能により成されている。全能へ意思を通じさせるのは
混じりけのない純粋な思いである。科学は混じりけのない
純粋な思いを人が思える唯一の手段である。それこそが科学の
価値である。科学の成果も価値も全て全能がもたらしたもの。
はじめから全農によって用意されているのに人の愚かさは
思いを思うことすらできない。

今は全てが全農によってあり、なされている可能性は否定できない。
早く意識を自然科学の領域に引き込まなければならない。
科学者ががんばらねばならない。しかし、科学者にもいろいろいる。
科学の現状認識しかできないものは即ち常識者である。
そんなものには科学は発展させられない。

775 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:03:46 ID:snMPik1y
信仰を告白されてもねえ。
無意味。

776 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:06:18 ID:snMPik1y
ところで、全農ってJAでしたっけ。

777 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:14:45 ID:snMPik1y
>科学の現状認識しかできないものは即ち常識者である。

現状認識の出来ない者には何も変えられないよ。

778 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:18:27 ID:6KcmPTJs
>信仰を告白

宗教なんてそんなもんだ。より強い神をもつものは
強い。無神のものとは比較にならん。

>JA

釣られないぞ

779 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:19:50 ID:RVFfQzD8
「全能」なるものは果たして自分で「全能」を消し、無力となった後で自らの意思で「全能」になれるのか?とかあったな
「全能」に戻れなければ「全能」ではないし、戻れたら無力にはなれなかったのだから「全能」ではないといえる

単なる言葉遊びだよね「全能」

780 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:21:27 ID:snMPik1y
妄想が強いほど基地外だから、そりゃある意味、常人より強いかも知れませんね。
しかし、病気は病気、真理とは程遠い。

781 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:21:57 ID:6KcmPTJs
>>777
>現状認識の出来ない者には何も変えられないよ。

その者とは俺のこと?ww
俺なんかどうでもいいんだよ。そんな風に
無能な自分や他人に拘るのは険しい道だね。


782 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:26:11 ID:snMPik1y
無能か有能かとか、全能がどうとか、そういうくだらない事でぼやいているから本質が見えてこない。

783 :はと:2008/07/21(月) 16:29:51 ID:wPfmQEt/
だからさっきから信仰は反射レベルの
深いところで生命に刻まれてるといっている。

科学と宗教は同根の生命活動だよ。

784 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:29:56 ID:cBXiZWLp
>>780
そうそう、宗教が産む意味の1つは常識的には絶望する
状況でも迷わず行動できるところ。それを自己暗示的に
用いて自分に利をもたらさんとしているんだよね。
伝統には拘らずにね。

785 :はと:2008/07/21(月) 16:32:41 ID:wPfmQEt/
ずるいよ

洗濯物をとりこんでたら777を取られた

786 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:36:25 ID:cBXiZWLp
>>782
全能や大乗で自ら本質など見ようとはしねえでしょ。
自らの努力と科学で本質を見抜こうというの?
全能や大乗にまかせたまま人事を尽くすほうが
社会も科学も楽に発展するよ。

787 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:41:31 ID:b/RjErny
>自らの努力と科学で本質を見抜こうというの?

当然だろ。

>全能や大乗にまかせたまま人事を尽くすほうが
>社会も科学も楽に発展するよ。

無用な仮定は人事を尽くす事とは無関係。

788 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:44:01 ID:b/RjErny
>>783
発生仮定はどうあれ、別物だし、相容れない。

789 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:44:38 ID:vzMQgFAY
>>787
偉いと思うよ。しかし楽でなければ偉大な業は残せん。
そう無理に自らに頼るな。

790 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:45:10 ID:b/RjErny
発展発達進歩。人間的な一面価値でしか世界を見られない愚か者ども。

791 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:47:31 ID:b/RjErny
>>789
無いものを頼っても妄想。
精神安定剤でも飲んでる方が数段マシ。

792 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 16:59:59 ID:Si/83MR7
>>790
全能の価値が分かればそれを求めるのもいいが、
全能の価値が分かると言っている教えがあるとしたら
それこそ疑わしい。人が分かる全能の価値とは
人への価値である。すなわち欲を満たすものだ。
しかし欲とは後ろめたさという相反する思いを
内包していて人の思う欲は個の意識全体では
意味を成さない。人の後ろめたさを払拭する思い
が科学である。科学に期待せざるを得ない。


>>791
感情を全能に委ねて科学を考えることも
出来るはずだよ。薬だけでなく全能に頼っている
と感じることも人事を尽くすことの1つでもある。

793 :はと:2008/07/21(月) 17:12:11 ID:wPfmQEt/
科学とは分析結果からつむいだ仮定の積み重ねなわけで

794 :数学科院生:2008/07/21(月) 19:11:20 ID:OkaWbqwt
炭坑節だぜ おっかさん

♪月が〜出た出た〜月が〜出た〜 ヨイヨイ
三池炭坑に〜月が〜出た〜あんまり〜煙突〜が高いので
さぞや〜お月さん 煙たかろ サノヨイヨイ

795 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:50:40 ID:tAJ5A04c
全能とか価値とか、人間の発明品で騙るな。

796 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:52:47 ID:tAJ5A04c
>>793
広汎な論理的整合と実証、および反証可能性の担保。
宗教には無理な相談。

797 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:57:47 ID:tAJ5A04c
科学は発見である。異論はあるかもしれないが、俺的には数学も発見の要素が圧倒的に強いと思う。
そして、それが唯一成功した形而上学である所以だと考える。
対して、神も宗教人間の発明である。

798 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:58:33 ID:tAJ5A04c
神も宗教も

799 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 14:57:21 ID:WqXR0I3q
うざい

800 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 20:12:03 ID:mVLoEw3H
旧約創世記は、人の成長(再生)過程を書いたものです。
継続期間としての六日間は、人の再生状態を指しています。

すなわち、人は、自然的から霊的・天的な人間に再生するのです。
自然的人間は、科学しか信じません。

801 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 22:15:21 ID:DDFRB7EB
自然的人間で、じょーとーだわ、おれ。

802 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 22:32:57 ID:lKp7cxDR
自己愛が強く働くとそうなるんです。結構。

803 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 22:47:03 ID:DDFRB7EB
自己愛でじょーとーだわ、おれ。そこから離れる自信ねーわ。

でもそーゆーことと、科学の方法が描き出す客観的な世界っつーのは
ぜんぜん別物じゃねーのか?


804 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:02:00 ID:WHvfB3Vz
そんなカリカリするなよ
カリっていいのはカリ首だけよ

805 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:10:12 ID:DDFRB7EB
ふつーに、霊的、天的なんて、さっぱりわかんねーぜ?

806 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:22:48 ID:WHvfB3Vz
わかる人にしかわからないのよ

807 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:24:35 ID:lKp7cxDR
正直でよろしい。
自然的、霊的、天的の意味がわかる人はめったにいない。


808 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:41:06 ID:DDFRB7EB
うん、ふつーに科学の方法が正しいという方をとる。それでいいじゃん。

809 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 03:14:32 ID:3kR3tQty
>>807
もはよう、普通にトートロ爺。

810 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 07:18:42 ID:vGd+XRDU
>>807
自然的はともかく、霊的・天的なんていう言葉を使って他人より優れているなどと思う人は、
単なるアホだな。

811 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 07:22:09 ID:holPZyss
人々の救済を旨とする宗教を題材にしてなぜ啀み合うのか
まったく理解できないことです
そして、なぜ他人を否定する事でしか自己を確立できないのか
目を閉じて可能性に満ちた自己を想像するだけで、こんなにも心が救われるのに
このような何も生み出さないいがみ合いなど止めてしまいなさい
全くくだらない

812 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 14:43:34 ID:wgJ8StWG
>人々の救済を旨とする宗教

嘘だから。

813 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 17:37:28 ID:holPZyss
思考を停止して決め付けるのは善くない
では、なぜ世界の多くの人が宗教を信じるのか?

814 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 18:10:14 ID:vGd+XRDU
>>813
>では、なぜ世界の多くの人が宗教を信じるのか?

アホだから。

815 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 18:19:57 ID:NDdq8Smp
残念ながら世の中、馬鹿の方が多い

816 :数学科院生:2008/07/23(水) 19:51:42 ID:LPVkO7OU
国際数学オリンピックで筑駒の副島真君が二年連続で金メダルを獲得。まだ二年生なので長尾健太郎以来の三連覇なるか?長尾は東大数学科では数十年に一人の逸材と言われ断トツのトップ。院は京大へ進み微分幾何を専攻しているが博士号は未取得。やっぱ医者になるのが一番かな。

817 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:08:21 ID:j64Yf2dN
数学院生さんは、もしかして数十年+1年に一人の逸材と言われている・・・

818 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:10:10 ID:j64Yf2dN
院生さんはラムゼイ文ご存知?

819 :数学科院生 DAIGO☆STARDUSTは頭良杉:2008/07/23(水) 20:22:26 ID:LPVkO7OU
ラムゼイ文って何ですか?俺は数十年に一人の鈍才と言われています。涙

820 :数学科院生:2008/07/23(水) 20:32:06 ID:LPVkO7OU
F.ラムゼイなら知っていますが。

821 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:41:16 ID:vbQJOSCL
私の手元にも一次資料は無いんですが、普通に手に入る刊行物では、
R.カルナップ「物理学の哲学的基礎」の26、27章あたりにあります。
極論すれば、我々の日常と一見結びつかないような理論語も、実感の
ある日常語にすべて還元出来るというようなことで、さらに極論すれば、
科学理論はすべて実測値に還元出来るという事みたいな感じでしょうか。

822 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:45:19 ID:vbQJOSCL
Frank Plumpton Ramsey, 1903年2月22日 ミ 1930年1 月19日 です。

823 :数学科院生:2008/07/23(水) 20:46:56 ID:LPVkO7OU
だと思います。ただ数理哲学はやったことがないもので。

824 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 06:23:48 ID:oh8vgg2N
age

825 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 18:32:39 ID:t7smr8bi
頭大ってこの程度なの?

826 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 19:24:48 ID:pum9kQn6
何にもできない奴が、よくほざくセリフだな。

827 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 19:32:23 ID:VqufI3TZ
率直な感想ってこともあるしなぁ。

828 :数学科院生:2008/07/24(木) 19:36:30 ID:fxLkldm3
だから駒場のお荷物なのよ

829 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 19:42:12 ID:pum9kQn6
大きな期待をされた人は、大変ですね。

830 :数学科院生:2008/07/24(木) 19:46:09 ID:fxLkldm3
少なくとも俺には誰も期待してませんよ。進振りのためのお勉強はしたけど基礎教養はだめだなぁ〜

831 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 23:24:46 ID:FbY4hDEq
さて、宗教○鹿の物語にラムゼイ文を適用すると、何か実測値に帰着出来るんでしょうか?
何ら実測値が得られない事に対して「事象」などとのたまうのは、まったくどうかしているわけですが。

832 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 00:16:25 ID:RYA8zfDO
実測値ねぇ。

833 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:46:03 ID:tK3+2ItG
事がなるかならぬかは、事の善悪とはかかわり無く、ましてや、それが善意から発したか
悪意から発したかなど一切問わない。
それが情報を含めて、結果として物理的に可能であったか否かのみによって決まる事は痛
いほど知っている筈だ。
実測値とは観測のための観測値のみに非ず。

834 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:23:29 ID:xwakDt5v
あげ

835 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 22:52:58 ID:iOa0zsxy
同じことを九官鳥のように喚いてる

836 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 23:33:29 ID:xwakDt5v
同じことを繰り返すより不確かなことは知らない 知らないものは知らないと言い切っている数学科院生のほうが賢いよ。東大=全農ではないからね。

837 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 00:47:01 ID:MLwfI75Z
まぁ、この世に存在していた世界中の大学者が考えても結論のでていない
命題を論議しているのだから、期待するほうがどうかしているといえる。
(ここでは東大はなんの役にも立たないのです)

838 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 05:27:30 ID:QHVZIBSa
存在が実証されていない = 存在するとは言えない ≠ 存在しない
「≠」の部分は、便宜上「≒」とされることが多いが、厳密にはやはり「≠」である。

839 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 07:57:37 ID:HAlNFieg
結論は出ているのだが、その結論を認めようとしない人がいる。
というのが現実。

結論は何かって?
事実を素直に正しく見れば、簡単に分かることです。
ちなみに、
「存在しないものは、存在するとは言えない。」
「存在が実証されていないものは、存在しないとは言えない。」
です。
実際には存在しないものを、存在すると誤解したり思い込んだりする人がいるのも、
現実です。

840 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 08:43:04 ID:QHVZIBSa
>>839
そんな結論はあんたの中だけの結論だろう。いわば妄信。
科学によって世界の全てが解明しつくされたという証拠でもあるのなら別だが。

841 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 09:20:17 ID:7zPay3qR
いかに突飛でも、結果として物理的に不可能なことが起こった例はない。

842 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 09:26:35 ID:HAlNFieg
>>840
現在の科学によって、世界の全てが解明しつくされているワケが無い。
しかも、キミは、>>839に書かれている内容を正しく理解もしていない。
「そんな結論」が、>>839のどこに書かれている?
キミの言う「そんな結論」とは、どんな結論のことかね?
私が「妄信」していると言うなら、何を妄信していると言うのかね?

843 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 09:32:07 ID:7zPay3qR
未解明な現象はある。
それを解明するにあたり、結論として神や霊が必要だった例は人類史上皆無。
未解明部分のすり替え以外に使い道無し。

844 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 10:14:59 ID:VTFzXsnK
でも実数の実在を否定する哲学者もたくさんいるからな

845 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 14:38:55 ID:P9f228DS
そんなもの尻目に複素数だろうが非可除数だろうが物理学者は平気で使う。
自然の中のそのような関係があると考えると、結果として実数値の観測結果が矛盾なく
定量的説明出来るなら、問題無し。
時間の実存性さえ?というのが哲学者。

846 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 15:28:12 ID:VTFzXsnK
と申しております。

847 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 15:53:05 ID:RnBiyGL2
なーにを議論してんだか知らないが、「ないものはない」
これだけ。
神がいるならなぜ秋葉原で刹那的で救いようのない通り魔事件が起こる?
神などいないし、宗教に救いもない。

848 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 16:02:38 ID:uaR/y2U7
正解

849 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 16:24:40 ID:Wd2AYGwq
age

850 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 18:04:02 ID:VTFzXsnK
神様は存在します。しかし神様にも都合がありそのうち降臨します。

851 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 19:24:41 ID:aGOLV+Pb
嘘つき乙

852 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 19:42:31 ID:VTFzXsnK
だって神様見たもん

853 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:02:31 ID:rSe0OGU5
降臨するならなぜ加藤の元に降臨し彼の孤独や無力感を癒さない?
神の都合とは何か?ないものはない。

854 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:06:06 ID:MKZl7npD
>>852
診てもらえ

855 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:14:40 ID:VTFzXsnK
信じてください

856 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:18:28 ID:83khatO9
宗教と科学は、必ずしも対立しない。

857 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:24:01 ID:MKZl7npD
そういう甘い事言ってるから嘘つきや妄想魔が蔓延るのだ。

858 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:34:10 ID:VTFzXsnK
大川総裁先生は11次元 天皇陛下は7次元だよ

859 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:44:45 ID:VTFzXsnK
幸福の科学総裁こと大川隆法(本名 中川隆)は気違いだなこりゃ

860 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:46:13 ID:VTFzXsnK
3体問題なら18次元だろうがっ!

861 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:56:18 ID:HAlNFieg
幸福の科学の教えは、科学ではないことだけは確か。

862 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:31:27 ID:CIYanYqs
超重力は11次元 リサランドールは5次元だお

863 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:54:56 ID:VTFzXsnK
この世はなにゆえに4次元時空多様体?

864 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 22:01:21 ID:Pq+6bemP
【近代科学】というのは何かというと、
【科学という方法を通じての認識によってすべてを理解できる】っていう考え方
ま、多分にイデオロギー的でドグマチックな考え方かもしれん。
だから、宗教とは究極的には排他的関係にあるわけだ
だから>>856はデマであって、>>857のように考えておくことが実際的だろう

865 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 22:07:14 ID:VTFzXsnK
ループ量子重力理論 10-43秒

866 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 22:20:25 ID:Jq5RrUfz
>>863
可微分構造無限個存在するから、11次元あたりから縮退しやすい。

867 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 22:47:29 ID:VTFzXsnK
なるほど

868 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 00:46:59 ID:llu/uZMh
俺、256次元体!

>>850
神はもうこないよ!
興味幕なったってさ。

あとは、自分たちでやってちょって言ってたよ。

869 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 02:19:49 ID:rOrhxTHI
>>847
被害者が18人でなく17人でよかった。
原爆でなく車とダガーナイフでよかった。
被害者は死ぬより苦しいことに
出会わなくてよかった。そういうことに過ぎない。
人は人が良いと思うように生きればよい。
やったモン勝ちだと本気で思えるなら
やればよい。

870 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 05:25:23 ID:EQhK/a+U
根拠の無いものを仮定して、そこに道徳の規範を求める方便以上のものではない


871 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 07:02:07 ID:+sR29Wly
仮定の方が否定されたら道徳が全崩壊しかねんからなぁ。

872 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 08:37:18 ID:yUFQtY3j
実際崩壊してるし、仮定の前提に普遍性が無いから宗教宗派でコンフリクトする。

873 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 08:41:38 ID:VwkH9Gez
お互いに矛盾する複数の仮定がある時点ですでに破綻している。

874 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 08:44:31 ID:v4Nzf37b
科学理論なら、一見別物にも双対対称性という美しい統合があるが、
人の勝手な恣意に過ぎない宗教はただぶつかるバカ。

875 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 10:38:25 ID:dn2XPqgz
道徳の崩壊を恐れてあやしげな仮定を必死で守ろうとする。
本末転倒としかいいようがない。

876 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:11:45 ID:EBu1626b
新興宗教にはまった親から生まれた子供が、その新興宗教のアンチになるのは、
よくあるパターン。

877 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:39:05 ID:2UR8pKsx
天理教しかり創価学会しかり阿含宗しかり

878 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 13:23:13 ID:qEP9zPqF
一流の科学者はグレードサムシングといって何か大きな力が働いているといっている

879 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 14:15:14 ID:WQ2eDdjJ
見えざる神の手とか言ってみたりな。
大半は比喩としてカッコつけて言ってみてるだけw
実際に非線型システムのシミュレーションしてみれば、ただの数学的安定性だったりする。

880 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 14:16:14 ID:WQ2eDdjJ
不思議と、学者の子供が学者嫌いってのは効かないね。

881 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 14:47:48 ID:HZ39km5e
科学信者の子供なら科学嫌いになるでしょ

882 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 15:23:45 ID:WQ2eDdjJ
科学は信仰じゃないから、あまり聞かない。

883 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 15:29:29 ID:ayzKQ+N+
自然を数学で記述出来るというのは信仰ですよ。

884 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 15:48:49 ID:EBu1626b
自然現象の一部を数式で近似して表すことができるから、エンジニアリングが成立する。
「自然を数学で記述出来るというのは信仰」というのは誤り。信仰ではなく、事実。
信仰は、実際にその現象が起きなくても行えるが、
科学的な数式による予測は、実際にその現象が計算どおりに起きなければ意味が無い。
ただし、気象予報のように測定されていないデータが多い場合、確率の低い現象が起きることは当然ある。

885 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 16:04:33 ID:M8/IUfhL
学者はたいがいいい給料だから子供も怒らんだろうが
新興信者は単に売り物の無い霊感商法に騙されて
搾取されてるだけだから話にならん。
この場合、新興教祖の子供が親に怒るかどうか
こそ比較対象にふさわしい。
新興信者なんか考えるに値しない。
ここの科学信者も頼りなくて騙されそうなのが
多いけど。

886 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 17:06:29 ID:EBu1626b
>>885
>学者はたいがいいい給料だから

これは、単なる推測なのでは?


>ここの科学信者も

科学は信仰じゃないと、何度書いたら分かるのだろうか。

887 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 18:43:12 ID:+sR29Wly
>>886
>科学は信仰じゃないと、何度書いたら分かるのだろうか。

所詮、ビリーバーの知能では区別がつかないんだよ。

888 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 18:59:23 ID:2UR8pKsx
確かに科学は信仰じゃないけど科学者は自分の研究には凄く宗教的だよ

889 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 19:33:00 ID:+sR29Wly
>>888
そう思うのはお前が無知か馬鹿かのどっちかだからだよ。

890 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:06:41 ID:kN3kvucH
>>888
確かに、インスパイアはあるものだが、最終的にはそれをも客観視出来るのが大半の科学者だよ。
ニュートンの時代の人間ならそこに神を見たかも知れない。今では、比喩以上の意味で神を言う
学者は殆どいないから、そこら辺を勘違いしないように。


891 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:49:19 ID:2UR8pKsx
しかし製薬会社の研究員は宗教的だよ 癌研究のメッか 日本ロシュとか

892 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:55:04 ID:Bx1LX+w9
製薬会社の研究員は、論文も書くけど技術者ということで。

893 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:57:59 ID:EBu1626b
>>891
「宗教的」という言葉の意味するものは?
「信念を持って研究に没頭する態度」ということであれば、「宗教的」という言葉は適さない。

894 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:04:48 ID:+sR29Wly
「宗教的」=「知能が低い」だろ

895 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:09:11 ID:Bx1LX+w9
自己暗示的集中力とでもいうのか?
いわゆる宗教は、やはり低脳向きだな。

896 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:15:22 ID:2UR8pKsx
理化学研究所バイオミメテックコントロールセンター(守山区)は最高です。

897 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:28:42 ID:EBu1626b
>>896
何が最高なのでしょうか?

898 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:30:02 ID:2UR8pKsx
研究環境

899 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:42:16 ID:2UR8pKsx
医学部卒だけど医者なんかやってられない この研究センターからは自殺者がまだでてないから最高です

900 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:48:40 ID:NERsE/DS
インターンたるそうだもんな。

901 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:53:58 ID:2UR8pKsx
一応研修(聖路加国際病院)は済ませたけど分子生物学は素敵です 日野原重明先生は立派な方です

902 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:54:05 ID:BpWfnfsb
>>890
レベル低いですね。

903 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:54:47 ID:BpWfnfsb
立派な科学者とネット馬鹿とは別ですよ。

904 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:57:16 ID:BpWfnfsb
ここの新興宗教批判論では一部の妄信的な信者にしか通用しないだろうな。
言うものに徳がないから。また実際に霊感がある人には通用しないからなぁ。
そんな浅薄な論議で成り立ってる時点で自分自身のことを疑うべきだろうなぁ。

905 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:57:29 ID:BbhpKqDR
無理だね。
科学とは結局創造者の手を解きほぐして特別ではないものに変える方向に働いてしまう。

906 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:58:00 ID:BpWfnfsb
だからつまらない九官鳥だと毎回思うわけですぎょん。

907 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:59:08 ID:BpWfnfsb
>>905
それは一部のキリスト教徒の神観に汚染されすぎだから。
権威とか支持者の多いものにひきずられすぎですよ。

908 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:59:26 ID:BbhpKqDR
神秘性があった方が面白いと思う人はいるかもしれないが、それは真理ではない。

909 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:00:25 ID:2UR8pKsx
そのいい例として向精神薬のSSRI SNRIがある 効かない

910 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:01:07 ID:BbhpKqDR
どうしてもわからないようだね。
権威とか支持者の数というのは、科学的真理性とは無関係なのだ。

911 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:01:28 ID:BpWfnfsb
ここにもある程度、キリスト教の深いところを理解している人もいたけどなぁ。
Metatronとか。やや精神不安定っぽいところはあったけど。
まぁそんな簡単に理解できるものではないわな。箱庭の中で。

912 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:02:32 ID:BpWfnfsb
>>910
だからそれが九官鳥なんですよ。
なんでそんな簡素なことがわからないでいなければならない必要性が出てくるのだろう?

913 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:03:22 ID:2UR8pKsx
箱庭療法が必要です

914 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:04:03 ID:BbhpKqDR
人間の妄想は自然から引き出される真実にはまったく及ばない。

915 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:12:16 ID:2UR8pKsx
あなたには箱庭療法が必要です

916 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:14:58 ID:BbhpKqDR
治療は妄想屋にどうぞ

917 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:17:31 ID:2UR8pKsx
あなたにも否定です 人格障害の疑いがあります 双極性かな

918 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:18:36 ID:2UR8pKsx
×否定
〇必要

919 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:18:55 ID:BbhpKqDR
君の日本語、妙だね。

920 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:20:02 ID:BbhpKqDR
ああ、訂正が入ったか。

921 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:21:34 ID:2UR8pKsx
驕れる者は久しからずただ風の前の塵に同じ
ままさてあらん

922 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:22:39 ID:J6CHXF08
>>884 >>914
>「自然を数学で記述出来るというのは信仰」というのは誤り。信仰ではなく、事実。
>人間の妄想は自然から引き出される真実にはまったく及ばない。

それが事実であるなら、人の思考も自然現象であるにちがいないから、数学で記述で
きることを示してからいってくれたまえ。


923 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:23:02 ID:BbhpKqDR
それは宗教の方に言って欲しいね。

924 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:23:48 ID:BbhpKqDR
>>923>>921

925 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:24:12 ID:2UR8pKsx
明日は横市で学会があるので寝ます

926 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:26:42 ID:BbhpKqDR
>>825
YCU?

927 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:29:41 ID:EBu1626b
>>922
>人の思考も自然現象であるにちがいないから、
>数学で記述できることを示してからいってくれたまえ。

>>884には、
>自然現象の一部を数式で近似して表すことができるから、エンジニアリングが成立する。
>「自然を数学で記述出来るというのは信仰」というのは誤り。信仰ではなく、事実。
と書かれています。「自然現象の一部」ということが大変重要なので見落としてはいけません。
もちろん、「人の思考」は自然現象ですが、数式で表せるものではありません。
数式で表せる自然現象は、ごく一部に過ぎません。

928 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:34:10 ID:BbhpKqDR
>「人の思考」は自然現象ですが、数式で表せるものではありません。

どうかな?言い切ってしまうのははなはだ疑問に感じる。
非線型で、解析的に解けないだろう事は間違いないだろうが。

929 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:37:10 ID:EBu1626b
>>928
>どうかな?言い切ってしまうのははなはだ疑問に感じる。
>非線型で、解析的に解けないだろう事は間違いないだろうが。

それこそ、「数学で記述できることを示してからいってくれたまえ。」
と言いたい。

930 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:39:39 ID:BbhpKqDR
出来ない理由は?

931 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:40:42 ID:EBu1626b
>>930
できないものを、できるとは言えないから。

932 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:45:58 ID:hBrImTxs
まだ出来ないからと言って出来ないとは言い切れないな。

連投規制なんでID変えたよ。

933 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:47:59 ID:EBu1626b
>>932
出来るというなら、数式で記述してごらんなさい。

934 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:50:26 ID:hBrImTxs
まだ出来てはいないと思うが?

935 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:51:15 ID:EBu1626b
>>934
では、なぜ将来なら出来ると思うのか?
その根拠は?

936 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:53:11 ID:hBrImTxs
特定の入力に対して、一意ではないがいくつかの解を出すから。

937 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:58:24 ID:EBu1626b
>>936
「特定の入力に対して、一意ではないがいくつかの解を出す」ものは、
数式では表すことはできません。

938 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:01:12 ID:hBrImTxs
それは困ったな。
固有値問題や汎関数はきっちり表せるわけだが。

939 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:04:37 ID:EBu1626b
>>938
『「人の思考」は自然現象ですが、数式で表せるものではありません。 』
ということが、理解できましたか?

940 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:06:35 ID:hBrImTxs
いいえ。

941 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:09:25 ID:hBrImTxs
>「特定の入力に対して、一意ではないがいくつかの解を出す」ものは、
>数式では表すことはできません。

を証明してもらえますか?

942 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:14:15 ID:iu3efdcy
>>941
いいえ。
おやすみなさい。

943 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:17:19 ID:J6CHXF08
>>927
>もちろん、「人の思考」は自然現象ですが、数式で表せるものではありません。

人の思考とは、無数の情愛です。この情愛の始源をたどれば、神の「愛」と「英知」
のなにものでもありません。人は、神の「愛」の流入から「意志の善」が生まれ、神の
「英知」の流入から、「真理の理性」が生まれます。つまり、人は神の力で思考してい
るのです。人知などなにもありません。ただあるように見えるだけです。しかもあるよ
うに見えなければなりません。自己改革ができないからです。これが宗教的真理です。

944 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:21:14 ID:iu3efdcy
>>943
そういう考え方が、うざい。

945 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:23:31 ID:jEHu4VY1
>>942
そりゃ無理だよなw
1対多の数理モデルは腐るほどあるから、それが出来ませんなんて証明よほどのバカでないとね。

946 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:41:47 ID:J6CHXF08
>>944
思考とはなにか。
>>749で少しは説明してあげたでしょう。


947 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:57:09 ID:743AYTH2
アホが花盛りじゃ脳ww
>>749など、完全に外したアホの極致じゃww

948 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:08:01 ID:R+izSZfK
>>886
憶測の話だろ。学者の子供が科学好きか新興信者の子供が新興好きかなんて。

科学万能の時代なんて言葉は科学信仰があることを表してるよ。学者も専門分野
以外は素人にすぎない。それでいながら他分野でも自分のものと同じ客観性が
あるなんて思うのは信仰にすぎんよ。常識を作り出している事に心酔して常識の
信仰性から目をそむけるなんて怠慢であり腐敗だ。論理だろうが感情だろうが人の
思ったことと五感で感じたと思ったことの整合性なんざ危うい信仰にすぎん。
そんなこと分かりきっているだろうに、ことにまともな学者ならな。

俺なんざ常識家だから本気でこんなこと思えんよ。感情的になあ。だから宗教がいるww

949 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:12:39 ID:homJ591g
>>749など、完全に外したアホの極致じゃww
といって、なにか論理的に否定できるチエはなし。
野生の遠吠え。

950 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:42:55 ID:fqZKL+e1
>>948
ひとつ言っておくが科学ってのは知識じゃなくて方法論な
まともな科学者だったら自分の専門外ではずぶの素人(この言葉何を意味するのかもわからんが)なんてことはない
もしそうなるのだったらそいつは科学者じゃなく専門知識を持ったただの識者だ

951 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:49:04 ID:N3iV5o7f
>>949
思考とは何かについて、気分によって感覚時間が変わる事をだらだらと垂れるのは
ただの馬鹿だろな、普通に。

952 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:55:08 ID:spGt5sgV
それは憶測の話だろw

953 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:00:24 ID:N3iV5o7f
特に神を仮定しなくても説明出来るなら神はいらない。
神がいる事にしたいために事実をねじ曲げる宗教もいらない。

954 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:07:27 ID:bGPR1fkO
人は説明だけで生きるのではない。生きるという感情を説明できるほど説明は未だ発達していない。
また、自らの未熟な仮定を無理強いするのは愚かだ。

955 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:10:32 ID:bGPR1fkO
しかしなあ、学者の世界も腐敗しきってるね。まるで
宗教改革まえのカトリックのようだよ

956 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:14:57 ID:N3iV5o7f
ま、人間だからね。
でも、権威に頼って嘘ついてもいずれバレるのが自然科学の面白いところかもね。

957 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:15:53 ID:N3iV5o7f
信仰と決定的に違うところの一つだね。

958 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:18:49 ID:N71tEMTt
嘘つかず、実績もなく偉くなる。こんなの組織があれば当然あるものか。
自分が無能であれば目指すものはその一点のみか。

959 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:21:25 ID:G3SSuxN8
>>951
バカかなにか知らないけど、思考ってそんなものだよ。


960 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:30:06 ID:N3iV5o7f
>>959
いいえ。それはまったく思考について述べたものではありません。
論点が見えないのは、脳が緩いんではないでしょうか?

961 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:31:44 ID:N3iV5o7f
思考に脳の容量を使うと、クロックが狂う程度の事でしかありません。
思考が何なのか、まったく述べてませんね。

962 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 02:07:25 ID:G3SSuxN8
>>960
それでは、思考とは何か答えてみたまえ。
ただ、脳の働きでは答えになりませんよ。

963 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 02:44:30 ID:hoJFa+VR
くだらん話だね。現状で意識について科学的に会話を試みるなんて
全能を語るより不確かなことだよ。天才があらわれるのを待つの一手だね。

964 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 02:51:00 ID:nUE4fWN/
全能について語れば、全能は存在しないという結論が簡単に得られるからね。

965 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 03:03:16 ID:hoJFa+VR
ぐだぐだにしたいという意図しか見えんな。

論理だろうが感情だろうが人の思ったことと
五感で感じたと思ったことの整合性なんざ
危うい信仰にすぎん。そんなこと分かりきって
いるだろうに、ことにまともな学者ならな。



966 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 03:11:34 ID:nUE4fWN/
私は、ぐだぐだにしたいという意志は持っておりません。
全能が存在しないという結論に達するということを述べたまでです。

967 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 06:50:28 ID:CGvgC5ht
いやあもう十分ぐだぐだだよ。ぐだぐだ好きの君の信奉すると言う
自然の法則に誤っている部分があったから指摘しよう。
君はかたくなに過去現在未来において普遍の自然の法則と
認識しているようだけど。本来自然が時間をもつのは
特殊な常態の1つだということが分かっている。そのうえで
あえて時間の視点で自然の法則を認識するということは
人間の視点で自然の法則とらえるというこだわりをもっている
ということになる。そして時間に縛られている人間の視点では
自然の法則は常に変化し続けてきた。宗教という適当な
仮定で自然の法則を認識した過去から、科学が発展途上
の現在、そしてさらに発展する未来へ。このように未来にどう
なるか分からない、人の視点の自然の法則を信奉できるなら
全能だって十分信じることが出来るだろう。発展する未来の
究極の姿が全能とほとんど同じだからだ。

論理だろうが感情だろうが人の思ったことと
五感で感じたと思ったことの整合性なんざ
危うい信仰にすぎん。そんなこと分かりきって
いるだろうに、ことにまともな学者ならな。

968 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 11:58:21 ID:3Dyk/lV7
全能だろうが無能だろうが「ないものはない」
これが科学であり真理。

969 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 19:55:24 ID:GBIGgVO5
基地外や幼児のシミュレーションモデルはけっこういいのが出来てるようじゃない?

>論理だろうが感情だろうが人の思ったことと
>五感で感じたと思ったことの整合性なんざ
>危うい信仰にすぎん。そんなこと分かりきって
>いるだろうに、ことにまともな学者ならな。

人間の思考だけを特別視する理由も見当たらない。

970 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 19:59:33 ID:GBIGgVO5
自然法則に対する人間の認識は変化し続けているかもしれないが、現時点で認識されている
法則を、時間的空間的にかなり広汎に敷衍しても、宗教教義ほど異常な要求は出て来ない。

971 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 20:05:16 ID:GBIGgVO5
人間の思考が、特定の入力に対して多値をとるから数学的に扱えないというのは誤りだと思う。

972 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:14:44 ID:sDFSWLhB
>>971
ただ「思う」だけでは、なぜ誤っているかということの説明になりませんね。
「こういう理由があるから、誤りだ。」と書いてください。
私が数式で表せないという理由は、特定の入力に対して数式で表せない多値の出力に
なるからだと考えています。
相関関係は見出せたとしても数式で表すには、原理を知ることが必要です。
図では表せるかも知れませんが、数式となると無理でしょう。

973 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:29:48 ID:sDFSWLhB
>>967
>過去現在未来において普遍の自然の法則と認識しているようだけど。
>本来自然が時間をもつのは特殊な常態の1つだということが分かっている。

今現在、私たちは時間の流れの中にいるのに、「本来自然が時間をもつのは特殊な常態の1つ」
という理由が分かりませんね。「常態」は「状態」のタイプミスでしょうけど。
時間も自然の法則の一部です。特殊な状態ではありません。

974 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:29:54 ID:rL3zsUgM
人の意識や思考もまた特別だよ。感情と論理があると仮定して
五感で感じたことを事実であると民主的に信仰することが現実だ。

こんなもの全能と大差ないまぼろしのようなものだよ。しかし、
立派なもので、人間はどこまでも常識的な律儀で勤勉な
生き物だ。そんな現実を現実と思うことから逃れられない。

この現実なんて取るに足らない無限にある視点の1つに過ぎない
全ては全能が正しく良くしている。人の認識や時間も空間も越え
全ては永遠に正しい。それ以上のものではない。だから人間は
人間の分かる正しさを出来るだけすればよい。どの道を選んでも
またそれは全能のなす正しいこととなる。引き裂かれそうなほど
迷っても大乗夫だよ。出た結果はこの上なく良いことなんだよ。
だって全能が決めたんだからね。

975 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:33:32 ID:sDFSWLhB
>>974
全能が存在しないことは明らかですよ。
自然の法則は、何でもできるということを否定しますから。
自然の法則に従わないものは、存在できないのです。

976 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:44:22 ID:rL3zsUgM
>>973
君は不思議だねえ。例えば魚は水の中の世界が自然だと思うだろう。
すくなくとも常識的な日本の住人なら陸と空を含めなければ自然を
考えたとは思わないでしょ。より正しく考えるなら宇宙も含めなければ
自然を考えたとはいえない。太陽と月が陸海空に与える影響を知っ
ているからね。そして太陽は銀河の1つぶ。それがなければ魚の自然も
ないわけだよね。それと同じように宇宙があるには時間も必要だよね。
そして宇宙と時間は時間も空間も無い中の1つぶなんだよね。これこそ
自然のまっとうな認識だよ。なぜそこまで水の中が自然だと無理強いする
魚のような態度をとるの?井の中の蛙大海を知らずって知ってるのに
応用がきかないの?古い時代の哲学者だと自然の認識が古いって
ことは考えられるけど古い言葉どおりにしか反芻できないようでは
つらいね。現代に置き換えて考えられるはずなのに。

977 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:59:59 ID:DoNxTmPw
>私が数式で表せないという理由は、特定の入力に対して数式で表せない多値の出力に
>なるからだと考えています。

逆に根拠薄弱だな。

>図では表せるかも知れませんが、数式となると無理でしょう。

はぁ?

978 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:01:48 ID:sDFSWLhB
>>976
自然の法則は、宇宙が開闢する前から現在に至るまで、
クォークから宇宙全体に至るまで、すべてに自然の法則が働いています。
どこにも矛盾することなく、完全に成り立っています。
時間も自然の法則の一部です。
たとえば、光速に近い運動をする物質の時間が延びるのも、自然の法則です。
また、素粒子の位置を確かめようとして正確に測ろうとすればするほど、
ぼやけてしまうのも自然の法則です。
脳細胞の活動により人が思考できるのも、自然の法則によるものです。
自然の法則は、人の認識によるものではありません。
人が認識しようとしまいと、自然の法則は常に万物の現象を成り立たせています。

979 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:03:09 ID:sDFSWLhB
>>977
>逆に根拠薄弱だな。

その理由は?

>はぁ?

その理由は?

980 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:05:55 ID:b1k69DWg
車道の信号が赤か青かの認識はいろいろあるだろう。
しかし、道を渡る必要があるときは、あまり現実とかけ離れた色は見ない方が良い。

981 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:11:35 ID:BeZr3ECE
>>980
車が来なければ、信号の色を見ずに道を渡っても交通事故になることはありません。

982 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:11:46 ID:qIz8Lgux
>>978
君が言ってるのは海水ってのはすごくて、ミネラルを補給しなくても
体中にミネラルが満ち溢れるんだ。海流ってのは世界中をめぐって
るんだ。すごい自然の法則だどこにも矛盾はないんだと言ってい
るのと同じだよ?

983 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:14:40 ID:qIz8Lgux
>>980
>>981

車にひかれてものすげー痛え。これぞ現実だ。って信じるかどうかって話だね。


984 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:16:10 ID:BeZr3ECE
>>982
全然違いますよ。
海中は海中。体液は体液。2つの成分はまったく異なっています。
ただし、どちらの水の分子も、同じ性質を持っているということです。

985 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:17:59 ID:BeZr3ECE
>>983
車にひかれて怪我をすれば痛いのは現実。
車にひかれて死ねば痛くないのも現実。

986 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:18:45 ID:b1k69DWg
>数式で表せない多値の出力

数式で表せない事の理由に数式で表せないでは答えにならないでしょう?
非線型汎関数関係や不確定性関係を含めても表せない原理的否定を示せなければまったく理由にならない。
図示など出来るのは、数式で表せるうちでも特に性質のいいもを、低次元に射影した程度。

987 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:20:45 ID:qIz8Lgux
>>984
常識は出世の役には立つと思うがんばって

>>985
無理はせず思ったように生きようね

988 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:21:17 ID:BeZr3ECE
>>986
>数式で表せない事の理由に数式で表せないでは答えにならないでしょう?

これほど完全な答えは無いと思いますよ。

>図示など出来るのは、数式で表せるうちでも特に性質のいいもを、低次元に射影した程度。

絵画を数式で表せますか?

989 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:22:29 ID:b1k69DWg
自然法則には多分矛盾は無いのだと思う。
ただし、人間が考えるような2値論理的な背反や排中は通用しないと思う。

990 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:26:09 ID:BeZr3ECE
>>989
2値論理的な現象も、自然の法則によるものの一つ。
コンピュータの中では、普通に起きていますね。

991 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:29:23 ID:b1k69DWg
>これほど完全な答えは無いと思いますよ。

トートロジーが証明になるとでも?

>絵画を数式で表せますか?

出来るでしょ。実際いくらでも厳密に複製出来る。アウラなんてのは人間の側の分解能次第。

992 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:31:57 ID:BeZr3ECE
>>991
>トートロジーが証明になるとでも?

はい。

>絵画を数式で表せますか?
>出来るでしょ。

モナリザを数式で表してください。


993 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:33:40 ID:b1k69DWg
>>990
多値論理回路、量子コンピュータ


994 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:37:17 ID:BeZr3ECE
とりあえず、次スレ立てておきました。

科学を否定する宗教はうざい Part005

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1217259297/l50

995 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:39:43 ID:b1k69DWg
>モナリザを数式で表してください。

トートロジーでは証明とは見なされないのでちゃんとした証明を見せてくれたら、反証としてお見せしましょう。

996 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:45:34 ID:BeZr3ECE
>>995
トートロジーで証明になりますよ。
トートロジーでは証明にならないという証明をしてください。

997 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:53:47 ID:vK388EEQ
根本的に五感で認識できないものとかどうしょうもないですよね?
そのうえひとつの原子をひとつの星に例えるなら石ころのように小さいとか?

充分ありえそうで怖い

科学で色々解明するスピードより
進化が進んでさらなる高等生物に至るスピードのほうがはやそうだ

998 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:58:49 ID:qIz8Lgux
全能は埋めることを選ばれた

999 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 01:00:18 ID:qIz8Lgux
年中無休24時間全能発揮中

1000 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 01:02:02 ID:qIz8Lgux
科学が全能を手に入れる時ですら、全能は人によりそっている。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

256 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)