5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真宗・親鸞】妙好人と学ぶ10【信心獲得(決定)】

1 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 13:00:03 ID:jEnFFdKU
1 名前:神も仏も名無しさん 投稿日:2008/04/18(金) 23:49:45 ID:mM852yvd
真実信心について語りあうスレです。
(※特定の団体個人を叩くのは他の専用スレで
前スレ
【真宗・親鸞】妙好人と学ぶ9【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1208530185/
【真宗・親鸞】妙好人と学ぶ7【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205508962/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ7【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205512840/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ6【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1204420011/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ5【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1203573106/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ4【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1202651606/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ3【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1200414712/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1198478098/
【浄土真宗】妙好人と学ぶ【信心獲得(決定)】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1191756120/


2 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 13:11:12 ID:oU/q0wqF
>>1 ID:jEnFFdKU=渡海 難  ◆Fe19/y1.mI

名無しでスレ立てるなキモヲタ!
しかも前スレ潰したくせに



        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

3 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/15(日) 13:17:42 ID:jEnFFdKU
>http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213502403/696

> それは根本的には、渡海さんと同じ。
自身の「たのんだ」体験、渡海さんならば「見性した」体験を基礎があ
るのですから、 それは、実に、本願をはからっている行為に他ならないのです。

 おかしな見当違いのことで僕の名を出すのは止めてほしいものです。

4 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 13:20:47 ID:jEnFFdKU
>3
 引用したURLが違ったようです。
>http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1208530185/696

5 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 14:58:44 ID:l9jl7W72
前スレ
>723:渡海 難 ◆Fe19/y1.mI :2008/06/15(日) 12:10:31 ID:jEnFFdKUさん
>一宗の根幹に五会念仏があるならば、口酸っぱく「五会念仏」を修せよ、
>貴方は口酸っぱく言って貰わなければ話が分かりませんか?
>乳母さんからはそろそろ乳離れしなさいな。嫌なら縁を切りなさい。
>貴方に口酸っぱく五会念仏を勧める人など、世の中には一人もいるわけがない。
そんな事は一切尋ねていませんし、問題視していません。
親鸞聖人が「五会念仏」を修せと言われているのならば、それが明確になっている所が、
随所に見られるわけです。実際にはない。『教行信証』の法照禅師引文にしても、
「五会念仏」を修せとの内容ではありません。故に、覚如上人、蓮如上人に到って
「五会念仏」を修せとのお勧めが皆無なのは当然です。
親鸞聖人はそのような事を勧められていなかったからです。
信心決定して念仏申せとはお勧めになりますが、その内容が
「五会念仏」である等とは言われませんし、勧められてもいません。
にもかかわらず、あなたは五会念仏が浄土真宗の本義のように言われる。
それはあり得ないと批判しているのです。


6 :神も仏も名無しさん:2008/06/15(日) 15:31:57 ID:jEnFFdKU
>>5
>親鸞聖人はそのような事を勧められていなかったからです。

 このうえは、念仏を取りて信じ奉らんとも、また捨てんとも、面々の御計らいなりと云々
貴方には、誰一人、何も勧めてないでしょう。

>信心決定して念仏申せとはお勧めになりますが、

  はて?聞いたことがない。夢でも見ているんですか?

信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし
 信心決定しなくても、称名念仏はげむべし。親鸞聖人は、僕にはそう言っているんですよ。

 まあ、これは渡海難に言っている言葉であり、親鸞聖人が5さんに言っている言葉ではないん
でしょう。

 信心決定して念仏申せというお勧めは、信心決定したら、いつでもいいから、そのときにもう一
度ゆっくり考えなさいなと、親鸞聖人は5さんに、優しくそう言っているということでしょうね。
 
>あなたは五会念仏が浄土真宗の本義のように言われる。それはあり得ないと批判しているので
す。

 まあ、貴方がものを言うのは、信心決定してからになさるといいと思います。それまでは、休ん
でいるといいでしょう。

7 :298:2008/06/15(日) 21:26:35 ID:m5XZq7At
>>前スレ717,709 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1208530185/709
ご引用のご文章の「ふつと」ですが、「突然に」「急に」の意味にも、解せると思います。

この場合、対偶を取りますならば、

「突然に助かるということがあるのならば、弥陀の本願を信じているのである」

という論旨になります。

「ふつと」には、「急に切れる」というニュアンスがございます。

即横超截のこの道、「截」とは「刃物で断ち切る」の意味です。

この「ふつと」を「少しも」の意味に解する場合(否定と呼応する副詞)、対偶を取りますれば、

「ほんの少しでも助かるということがあるのならば、弥陀の本願を信じているのである」

となり、造悪無善であり、諸佛もさじを投げた私たちであるという味わいになると思います。

(この場合は、「ふつと」は、「あるべからず」にかかります。)

この「ふつと」を「完全に、確かに」の意味に解する場合は、対偶を取りますならば、

「完全に助かるということがあるのならば、弥陀の本願を信じているのである」

ということになり、私たちを「完全に」助けてくださるのは、彌陀一佛であるという味わいになるのではないでしょうか。

(この場合は、「ふつと」は、「たすかる」にかかります。)

私自身は、「突然に、急に」(そして、「完全に、確かに」)の意味に解しております。

南无阿彌陀佛

8 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/16(月) 10:38:08 ID:9bFWfp0P
>6
 ↑
 名無しになっていました。渡海難のカキコです。

9 :神も仏も名無しさん:2008/06/16(月) 17:22:32 ID:OnSvcIDH
723 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/15(日) 12:10:31 ID:jEnFFdKU
>一宗の根幹に五会念仏があるならば、口酸っぱく「五会念仏」を修せよ、

 貴方は口酸っぱく言って貰わなければ話が分かりませんか?乳母さんからはそろそろ乳離れし
なさいな。嫌なら縁を切りなさい。貴方に口酸っぱく五会念仏を勧める人など、世の中には一人
もいるわけがない。

>法照禅師に従いなさい、と言うお勧めこそ肝要でしょう。ならば、そう勧めてある箇所をお聖
教から引くべきです。

 世世に善導いでたまい 法照少康としめしつつ 功徳蔵をひらきてぞ 諸仏の本意とげたまう
 五会念仏を明らかにしたことまさに、諸仏の本意とげたことなのでしょう。

 インターネットで話をするときには、他人を断章取義となじる前に、顔を洗って鏡を見直して
きなさい。名無しの匿名ではなく、自分がどこの誰か、自信を持ってきちんと名乗れるようにな
ってからにしなさい。

10 :神も仏も名無しさん:2008/06/16(月) 17:23:14 ID:OnSvcIDH
時々コテハン隠して名無しになるくせに偉そうなこと言うな!

        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

11 :神も仏も名無しさん:2008/06/16(月) 22:32:06 ID:dfnoqgYu
たまに見ている者です。みなさまに対してあれこれ言うつもりは
ありません。わたしは浄土より一念を聞かせる為に娑婆へまいりました。
対象はわたしの周りにおられる人々です、ネットを縁として人を導くなど
手がつけられません。まさに一対一でなければ話は出来ません。
 縁の深い人はおのれの過去世をも知るすべを与えられます、これによって
十方衆生済度のお手伝いを行い、また生身の人を導くのです、これが報恩で
あり、報恩の姿なのです。ただ自信の計らいをたのまず、愚者にならなければ
たどりつくことはかなわないでしょう。わたしのつたない文章を見てくださる
方は、まず一心に弥陀を念じてください(助けて下さい)と、弥陀に通じますから。

12 :神も仏も名無しさん:2008/06/17(火) 00:09:50 ID:LDwwlLHz
>6
「聖人一流のご勧化のおもむきは信心をもって本とせられ候」
「開山聖人の御一流には、それ信心といふことをもって先とせられたり」
「今の時の衆生は、他力の信心をえて、浄土の往生をとげんとおもふべきなり」
「さらになにの造作もなく、一心一向に如来をたのみまゐらする
「信心ひとつ」にて、極楽に往生すべし」
「それ、当流親鸞聖人のすすめましますところの一義のこころといふは
まづ他力の信心をもって、肝要とせられたり」
「それ、末代の悪人・女人たらん輩は、みなみな心を一つにして
阿弥陀仏をふかくたのみたてまつるべし。そのほかには、
いづれの法を信ずといふとも、後生のたすかるといふことゆめゆめあるべからず」
親鸞聖人が勧められた趣旨とは「唯信心」であったと、蓮如上人は言われています。
他力の信心を勧められている箇所は、上に上げた文章以外にも
枚挙に暇ありませんが、親鸞聖人が五会念仏を勧められたとは、
一言も言われていません。
親鸞聖人は末代の凡夫に、五会念仏を勧められなかったからです。
と言う事は、末代に生まれた者、即ち、私だろうが、あなただろうが、
五会念仏は勧められていないと言う事です。


13 :神も仏も名無しさん:2008/06/17(火) 00:22:07 ID:LDwwlLHz
>11
浄土真宗の信心に、機の深信の欠けた信心はありません。
廣劫来流転が欠ければ、弥陀をたのむ心も欠けます。
さらに、信心未決でありますから、その罪による悪果は、
すべて自分で背負っていかねばなりません。
不常不定不浄の我心を広めるのはやめて、常定浄の弥陀の願心こそ広めるべきでしょう。


14 :11:2008/06/17(火) 08:25:55 ID:dIz5FVfE
>>13
真宗は平生業成ですよ、そのままこいとの弥陀の大悲を根本から
疑ってませんか。機の深信すら弥陀より授かりますゆえ、凡夫の
つたない深信など最初は必要ないですよ、それより以降弥陀に
育てられ、深信を身につけて行くものです。

15 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/17(火) 11:35:37 ID:CF4+7w1Z
>12
>五会念仏は勧められていないと言う事です。

 口酸っぱく繰り返し構ってあやしてくれるあなたの爺や婆やが、
貴方の耳元に刷り込んだ田舎の土着の浄土真宗では勧められ
てないと言うことでしょう。

 信心決定したら、それから落ち着いてゆっくり考えなさい。

16 :神も仏も名無しさん:2008/06/17(火) 12:04:07 ID:LDwwlLHz
>>14
つたなければ、深信とは言えません。浅信と言うべきです。
もし機の深信が、初めはいらない、次第に深まっていくものと
主張されたいのならば、そのように言われている親鸞聖人の言葉を引用してご説明下さい。
浄土真宗なのか、そうでないのかはお聖教に照らし合わせて、
正誤を判断するより他に、確実な方法はありませんから。
>>15
ご老人を馬鹿にしてはいけませんね。我々もいずれ、
そう呼ばれる日が来るのですから。
それはそれとして、>>12に挙げた蓮如上人の『御文』では、
信心が、親鸞聖人の教えの肝要、浄土真宗の肝要であるとのお示しです。
あなたは、蓮如上人のお示しを田舎の土着の浄土真宗のお勧めとして、
否定される立場なのでしょうか?


17 :11:2008/06/17(火) 16:15:00 ID:dIz5FVfE
>>16
あなたには無くても、わたしにはありますのであしからず。
ご引用ではなく、それぞれが感じた事を言葉にするのはいけないのでしょうか
ご引用を否定している訳ではなくて、あなたの間違いをゆるさない正義感は
立派ですよ。
 『不常不定不浄の我心を広めるのはやめて、常定浄の弥陀の願心こそ広めるべきでしょう』
同意します。


18 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/17(火) 22:19:20 ID:CF4+7w1Z
>16
>ご老人を馬鹿にしてはいけませんね。我々もいずれ、

  馬鹿な老人などは、世の中に腐る程いるんですよ。無論、
立派な老人もたくさんいる。
 12さんの言葉には、彼に嘘を刷り込んだノータリンの影が
僕にはちらちら見える気がする。

>蓮如上人のお示しを田舎の土着の浄土真宗のお勧めとして、
否定される立場なのでしょうか?

 まあ、田舎だから悪いと言うことではないが、蓮如上人のお
示しは、孤立的閉鎖地域に土着して歪曲化し、その中で固定
化した各地の日本シャーマニズムとは、縁もゆかりもない教
義だと言っているんですよ。

19 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 00:29:35 ID:oL4IQZJc
>18
あなたの希望的憶測は結構ですので、蓮如上人が「五会念仏を修せよ」と
示されている箇所を挙げて下さい。
ちなみに、五会念仏を要としない文証を挙げておきます。
『尊号真像銘文』「ただ如来の至心信楽をふかくたのむべしとなり。
この真実信心をえんとき、摂取不捨の心光に入りぬれば、
正定聚の位に定まるとみえたり」
『唯信鈔文意』
「唯はただこのことひとつといふ、ふたつならぶことをきらふことばなり。
また唯はひとりといふこころなり。信はうたがひなきこころなり、
すなはちこれ真実の信心なり、虚仮はなれたるこころなり。」
「正定の因は唯信心なり、惑染の凡夫、信心発すれば、生死すなはち涅槃なりと証知せしむ」
「すみやかに寂静無為の楽に入ることは、必ず信心をもって能入とす」
『改邪鈔』
「当教の肝要、凡夫のはからひをやめて、ただ摂取不捨の大益を仰ぐものなり。
起行をもって一向専修の名言をたつといふとも、他力の安心決得せずんば、
祖師の御己証を相続するにあらざるべし。」
「他力の安心よりもよほされて
仏恩報謝の起行・作業は
されるべきによりて、行住座臥を論ぜず」


20 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 00:31:27 ID:oL4IQZJc
>18
あと、もうひとつ。バカな老人はあなただと思いますよ。


21 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 00:47:55 ID:oL4IQZJc
>17
「文書」というものは素晴らしいもので、あなたにあって私にないとか、
私にあってあなたにないと言うことがないのです。
だれもが見ることが叶う。勿論、「読む」と言うスキルが要るのですが、
他者と私を繋ぐ、素晴らしいツールです。自義に陥る事が好きな私達にとっては、
これ以上のものは無いツールです。ですので、あしからずと言わず、
遠慮なくお示し下さい。


22 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/18(水) 09:37:46 ID:uU581M1a
>19-20
 僕は貴方の家庭教師じゃないし、貴方の両親から貴方に仏教を教えるように頼まれた
覚えもありません。あなたと意地の張り合い競争をする意思はありません。

 貴方は、貴方に、口酸っぱく繰り返し言って聞かせてくれる方と、どうぞ張り合って下さ
い。僕は貴方の相手ではありません。


23 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 12:25:33 ID:oL4IQZJc
>22
あなたが親鸞聖人や蓮如上人が勧められない事を、浄土真宗だと
主張する事を問題視しているのであって、私はあなたから
何か教授してもらいたいとは一切思っていません。
根拠を持たぬ主張を繰り返し、一文を以て異義を立て、
迷惑の衆生に対して、さらに迷惑を深めるような行為はやめなさい、と、
親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人の文言を根拠に勧告させていただいているだけです。
自義に執すれば、道理が欠ける、と言うことです。


24 :神も仏も名無しさん:2008/06/18(水) 19:46:50 ID:Z2j/mMDp
ふっ と助かっちゃいました。

25 :神も仏も名無しさん:2008/06/19(木) 23:43:13 ID:j5wJTCsY
>23
 急に静かになったな。23さんは、もう言いたいこと
は尽きたのかな。

26 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/20(金) 21:28:49 ID:i3yLT/VQ
 静かになったね。 謹慎中? <苦笑>

 僕のカキコを待っているのか?
 僕はしばらく忙しい。

27 :神も仏も名無しさん:2008/06/21(土) 16:06:40 ID:ZubYsPPQ
>7
弥陀の本願信ぜずしては、ふつとたすかるといふことあるべからず。
ふつを、「不意に」「急に」ととれば、
「弥陀の本願を信じなければ、
(突発的)不意にたすかると言うことはありません。」と言えるでしょう。
しかし、298さんの言われるように「不意にたすかったから、
弥陀の本願を信じているのである」と言う事にはなりません。
「出家者は、剃髪している。」が成立しても、
「剃髪している人は、出家者である。」は成立しないのと同様です。
「ふつと」を否定の「べからず」にかければ、
「弥陀の本願を信じなければ、決してたすかると言うことはありません。」
と言うことになります。いずれにしても、他力の信心が肝要と言う事には
変わりありません。

28 :298:2008/06/21(土) 16:30:52 ID:C8IJdI++
>>27
「Aならば、Bである」が成立しているときに、
「Bでなければ、Aでない」は成立しますが、
「Aでなければ、Bでない」は、成立するとは限りません。

これを、「逆は、必ずしも真ではない」と言い表したり致します。

ここは、紛糾するような箇所ではなく、共通了解が得られるところだと思います。

ご省察いただけたら、うれしいです。

南无阿彌陀佛

29 :神も仏も名無しさん:2008/06/21(土) 19:07:38 ID:ZubYsPPQ
>28
あなたは>7において、
>「突然に助かるということがあるのならば、弥陀の本願を信じているのである」
と書かれています。これは、「弥陀の本願信ぜずしてはふつとたすかるといふことあるべからず」
の解釈としては、おかしい。拡大解釈だと言うことです。
即ち「弥陀の本願を信ずる(A)」から、「ふつとたすかるということがある(B)」
のであって、「ふつとたすかることがあった(B)」から、
「弥陀の本願を信じている(A)」と言うことは出来ません。
他宗にあっても、「ふつとたすかること」はあるかもしれませんし、
異義・秘事法門にあっても同じ事が言えます。
剃髪している人が、出家者とは限らないのと同様です。
また、如来の本願をたのむから、ふつとたすかるという事があるのであって、
ふつとたすかった体験があるから、弥陀の本願を信じているのである、
と言えば、これは実に、体験を本としてたのんでいることになり、
弥陀をたのむとは言えなくなってしまいます。不可逆の関係を邪見によって、
可逆関係に貶める失があると言えるでしょう。


30 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/23(月) 11:37:40 ID:TblGxZGm
>>29
 29は、対偶と逆の関係について、誤解しているんじゃないか。

 第一命題
 弥陀の本願を信じなければ、ふつと助かることはない。
 第一命題の対偶は
 ふつと助かるということがあれば、弥陀の本願を信じていたということである。
 対偶論では、298の主張は正しいと思うぞ。

>剃髪している人が、出家者とは限らないのと同様です。

 この命題は、「助かったと言う人は、必ずしも弥陀の本願を信じていると限らない」という命題になる。
 この対偶を取ると、
 「弥陀の本願を信じていなくても、助かったということがある」

 蓮如の基本命題とずれている。29が言いたいのは、「298は、弥陀の本願を信じていない
のに助かったといっている」という主張になる。これが29の本音だ。
 29は、自分の主張を対偶論で証明しようとしている。29は論理的な思考ができない人なん
だろう。

 蓮如の命題は正しいと思い、298の主張は間違っていると結論づけるなら、対偶論の問題で
はない。解釈論の問題だ。阿弥陀・本願・信じる・ふつ・助かる、という中の1以上のキーワー
ドの中に、蓮如の概念と298の概念とにずれがあると感じているということだろう。

31 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/23(月) 11:39:09 ID:TblGxZGm
 蓮如の命題が正しく、しかも蓮如の言葉の定義と298さんの定義とが一致していると考える
なら、298さんの主張は正しいことになる。


 ちなみに僕は、ふつと助かったと思っている298さんには、「ふつと助かる」ということに
誤解があるんだろうと思っている。
 近眼の人が、「ありがたい。ありがたい。ふつと助かりました」と言って、感激して眼鏡をし
っかり胸に抱くようになっても、それで近眼の人は助かったことにはならん。「ありがたい。あ
りがたい」と言っているから、あたかも信心があるように自分で自分に暗示をかけ、「信心が得
られて、お陰で死後の極楽往生が楽しみになりましたといえば、「アホか!」と言いたくなる。

 298さんは、一生懸命自分で夢を作出しようとしているようだ。眼鏡屋さんのショーウィン
ドーに飾ってある眼鏡を見ながら、「ありがたいありがたい」と言っている坊主と大差ない。
 ショーウィンドーを眺めているだけか、ショーウィンドーから取り出して両手でしっかり胸に
抱いているかの違いはあるが、僕から見れば、五十歩百歩だ。使い方が全く分かってない。

32 :神も仏も名無しさん:2008/06/23(月) 11:49:47 ID:GhqILN9X
>>30-31
> 298さんは、一生懸命自分で夢を作出しようとしているようだ。眼鏡屋さんのショーウィン
>ドーに飾ってある眼鏡を見ながら、「ありがたいありがたい」と言っている坊主と大差ない。
> ショーウィンドーを眺めているだけか、ショーウィンドーから取り出して両手でしっかり胸に
>抱いているかの違いはあるが、僕から見れば、五十歩百歩だ。使い方が全く分かってない。

人のこと言える立場じゃねーだろ!お前も298と五十歩百歩だ!

______________________                .◎
____ .∧___∧  ___________   ./ ̄ ̄ ̄ ̄\     / 〜プーン
__  _( ´,_ゝ`)プッ  ______       ..(人_____) 〜プーン <ブピィイ!!
    /       \     ____     ベギャ   ,  |ミ/    * * ..)ー●-◎ 〜プーン
 ̄ ̄ i .i \     \ ヽ,   ___,, __ _ ,, - _" ’.'.. ・,’・  _"))) _ _) ..)__∵, 〜
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴ ,__”_∵, ∴ )) 3) ・,’・ 〜プーン
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ;; - 、・ ;; -_____/ヽ   〜プゥーン
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -     /            \_ 〜プーン
───────  / /,.  ヽ,  ──       ⊂_/___________)_つ 〜 ←渡海 難  ◆Fe19/y1.mI
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ __   /   _       ノ 〜
           j  i                   ヽ /  つ   ,,,ノ 〜プーン
_____    巛i~ ___________   ヽ__,,ー、  ノ 〜プーン
                                     / /〜プーン
                                     し ''〜プゥーン

33 :神も仏も名無しさん:2008/06/23(月) 16:35:02 ID:eudHuQwE
>30
>29は、>28で出された定義によって答えているに過ぎません。
よって、298さんとのやりとりは成立しています。
即ち、そのやりとり上において、非論理的と言う批判は的外れです。
あなたが横から、>28以外の定義をもってきたいのならば、
そのように前置きをして、レスをすべきと言うことです。
さて、あなたにはまだ宿題が残されています。覚如上人・蓮如上人が、
五会念仏を修せよ、と勧められた積極的文証の提示です。
無ければ、無いとお書き下さい。


34 :神も仏も名無しさん:2008/06/24(火) 13:53:10 ID:Z6bZS6vX
>>33
298の言うことは成立しているな。

安心決定抄 末にこうある。

かるがゆえに、機の念・不念によらず、仏の無碍智より機法一体に成ずるゆえに、
名号すなわち無為無漏なり。このこころをあらわして、極楽無為というなり。
念仏三昧というは、機の念を本とするにあらず、仏の大悲の、衆生を摂取したまえることを念ずるなり。
仏の功徳も、もとより、衆生のところに機法一体に成ぜるゆえに、帰命の心のおこるというも、はじめて帰するにあらず。
機法一体に成ぜし功徳が、衆生の意業に、うかびいずるなり。
南無阿弥陀仏と称するも、称して仏体にちかづくにあらず、機法一体の正覚の功徳、衆生の口業にあらわるるなり。
信ずれば仏体にかえり、称すれば仏体にかえるなり。

35 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/25(水) 00:47:12 ID:znpzfX1J
>>33
> 28で出された定義によって答えているに過ぎません。
  そうですか。貴方は論理的な話が本質的にできない方だと了解しました。

> 298さんとのやりとりは成立しています。
  まあ、考えを持つことは誰も自由ですからね。

>非論理的と言う批判は的外れです。
  貴方は、論理的な話ができない方だと言うことが分かりました。

>そのように前置きをして、レスをすべきと言うことです。
  貴方の加わる話には、ノーコメントとしましょう。

>あなたにはまだ宿題が残されています。
  私はそのようには認識していません。私の論証は、種が尽きています

>無ければ、無いとお書き下さい。
  お断りします。僕は口酸っぱく貴方の子守を引き受けるつもりはありません。

36 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 01:18:30 ID:GTor2zwm
>35
それでは、認識を新たにしていただきましょう。
五会念仏を親鸞聖人の御勧化とする覚如上人、蓮如上人の文言を挙げて下さい。


37 :神も仏も名無しさん:2008/06/25(水) 01:22:17 ID:GTor2zwm
>30
>33の補足
「何かの縁によって、「ふつとたすかる」感情(意業)が生じた。
そういう感情が生じたと言う事は、即ち弥陀の本願を信じているのと同じである。」
と言えますか?と言うことです。
「ふつとたすかる(ここでは不意に、突然に救われる、突発的回心と取ります)」
そういった感情が、例えば、雑行や自力信を本として生じたものであっても、
神仏の啓示を聞いたと言う体験を本として生じたものであっても、
例えば修験を行じて、密教的一体感に浴し生じたものであっても、
「ふつとたすか」ったのだから、弥陀の本願を信じている、
=他力の信心を決定したと言えるのか?と言うことです。
ちなみに、渡海さんが提示された「対偶」に依るのならば、
「「弥陀の本願信ず」れば、必ず「ふつとたすかる」感情(意業)を生ずる事がある。
故に「ふつとたすかる」感情(意業)が生じたのは、「弥陀の本願を信じ」たからである。」
と言えます。この場合、上に挙げた、
雑行・自力信・神仏の啓示・密教的一体感で得た「ふつとたすかる」は
蓮如上人の言われる「ふつとたすかる」とは全く相違した何かであって、
本当の「ふつとたすかるではない、何か違う別の物」と言う事も可能です。
いずれにしても、弥陀の本願信じる事が肝要であるのは言うまでもありません。
五会念仏を修する事が肝要では無いと言うことですね。


38 :298:2008/06/25(水) 01:45:22 ID:komZ7LAm
>>35
>>28にて、「共通了解が得られるところ」と私は書きましたが、
自分が思い上がっていたことが、よくわかりました。

本当に、私は傲慢な、泥凡夫だと思います。

南无阿彌陀佛

39 :298:2008/06/26(木) 02:33:20 ID:0r/KYAwT
>>37
他宗他派の方には、また様々なお考えもあると存じますが、
私に関して言いますならば、私のような悪人は、
弥陀なればこそ、救ってくださったのだと慶んでおります。

弥陀の光が、悪機を照らし出してくださいます。

私にできるのは、六字を仰ぐこと。

邪正もわからぬ私です。そんな私が、六字を信じることができた。

これは、理屈ではなく、不思議なことです。

「自らの体験をたよりにしている」と言われれば、おっしゃる通りだと思います。

そして、「私の信仰は、これで良い」それが、近頃思うことです。

間違っているかもしれませんが、それでも良いのです。

これが私の道なのだと思います。

私には、何もできません。私は、一心に弥陀をたのむ気持ちになりました。

弥陀は、どのような衆生も救ってくださる如来です。

ありがたい、ありがたいことだと思います。

南无阿彌陀佛

40 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/26(木) 13:06:31 ID:CwXxlXuw
 悪人のまねをするよりはましだということか。
 悪人のまねよりはいいといわれても、血の通わない後世者ぶった決定者の口先の真似を演技
されても、実感が伝わってこない。演技がうまけりゃ持ち上げるというのは、浄土真宗風土の昔
からの悪い癖だ。嘘と真実の境が見えにくい。

 坐禅持戒は真功を用いてなり。汝若し修せずしてすなわち仏になるといはば、喩へば飢えたる
人のひろく風を掩ふがごとし (五会法事讃略抄)

 坐禅持戒が無くても、念仏すれば仏にはなれるが、空腹の人が風下に立ち、風上から吹いてく
る風を腹にため込んで空腹を癒そうとする空手形の信心決定では、腹の足しにならんだろう。
余計なお世話と言うべきか。

41 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/26(木) 13:09:06 ID:CwXxlXuw
>>40  (冒頭の一行抜けました)

誤 悪人のまねをするよりはましだということか。



正 同じく仰せに云わく、悪人のまねをすべきより、信心決定の人のまねをせよと、仰せられ候う。

 悪人のまねをするよりはましだということか。

42 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 16:43:47 ID:fu9o8KCy
>38
そのレスは、「弥陀の本願信ぜずしてはふつとたすかるといふことあるべからず」
に関してですので、問題提起した私にも関係ある話です。故に、レスさせていただきます。
「思い上がっていた」と言われますが、何をどのように思い上がっていたのですか?
この文言の解釈が間違っていたとの表明なのか、
それとも「逆はまた真ならず」が共通了解されると
思っていたのが、思い上がりだったのでしょうか?
また、あなたの一感傷たる「思い上がっていた」が、
この論議に一体何の関係があるのですか?
いずれにせよ、具体性のない発言は控えてほしいのですが。
>39へのレスは、それが明確にされてから、答えたいと思います。


43 :298:2008/06/26(木) 22:40:25 ID:0r/KYAwT
>>42
>>28の文章は、私が書いたわけですが、それによって、了解が得られると
思っていたところが、実際は、そうではありませんでした。

私の書く事に、同意が得られる保証があるはずもなく、
思い上がっていたと言う他ありません。

「Aならば、Bである」と、「Aでないなら、Bでない」は、別の主張であるという
立場に変わりはありません。

蓮師は、「Aならば、Bである」という主張と、「Aでないなら、Bではない」という主張を
双方共になすことによって、「AすなわちB」ということを、おっしゃっていると思います。

しかし、これはあくまでも私の意見に過ぎません。

愚見というべきものですので、私の信仰は、個人的に、
自らの胸に暖めるようなものであるのだと思います

この暖かい感じは、とても良いものですので、
わかってくださる方とは、共によろこびたいですし、
そうでない方には、おすすめしたくなりますが、
だからと言って、私にできることがあるわけでもないのです。

阿弥陀さまのおはたらきに、私は、ただ宿縁をよろこび、
感謝するばかり。尊い尊い南无阿彌陀佛。

南无阿彌陀佛

44 :神も仏も名無しさん:2008/06/26(木) 23:43:24 ID:fu9o8KCy
>43
違います。問題提起を理解されてないのは、申し訳ないですが、あなたの方です。
弥陀の本願信=A、
ぜずしては=条件、
ふつとたすかること=B
あるべからず=Bの否定
AでなければBではない。「弥陀の本願信じなければ、
ふつとたすかるということはあるわけがない」とこのとおりに読むのには、
何の差し支えもないわけです。文言のとおりなのですから。
これに沿って、AであればBである、即ち「弥陀の本願信ずれば、ふつとたすかることがある」
とも言えます。しかし、あなたは、「Bであれば、Aである」と書かれているのです。
>7がそれです。
「ふつとたすかることがあったならば、弥陀の本願を信じているのである」
不可逆の関係を可逆にしてしまっている点を批判しているのです。
横から渡海さんが入ってきて、混乱したのが原因かもしれませんが、
私の論点はそこ一点だけです。


45 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 00:15:27 ID:xFCRnrGy
>44追記
「共通了解されないのは不徳の致すところ」と
勝手に納得し反省される前に、どこがどう問題視されているのか
理解するところから始めていただきたいのですが、無理な相談でしょうか?

46 :298:2008/06/27(金) 00:59:04 ID:dk7+sAxu
>>45
果の有る所、因が有ります。

しかし、私のような凡夫には、何が因で、何が果かは、わかりません。

しかし、事、即得往生につきましては、弥陀の廻向によるものと、わかるのです。

それは、我が身を省みて、往生の因があるとは思えないからです。

今の果から、過去の因を知ることも、できないわけではないでしょう。

しかし、「知る」とは言っても、凡夫の「知る」に過ぎませんから、
間違っている可能性がございます。

これにより、一人のしのぎになるのであると思います。

私に、あなた様を理解できるかは、わからないのです。

私の理解力など、たかが知れているのですから、無理な相談かもしれません。

私に能力が足らぬことを、歎く限りですが、どうにもならないのです。

その上、「Aでなければ、Bでない」のであれば、「Bであれば、Aである」が成立すると、
私は考えているのですから、理解が平行線になる可能性が高いのではと愚考するのです。

二価論理にこだわるわけではないのですが・・・

ここは、単純に解して良いところであると思っております。

44様にとりましては、教義上の、大切な論点なのでしょうか?

南无阿彌陀佛

47 :298:2008/06/27(金) 01:29:06 ID:dk7+sAxu
>>44
本筋とは、ずれてしまうかもしれませんが、例を出して、言わんとする所を説明しようとしてみます。

「昨日が木曜日でないならば、今日は金曜日ではない」

「今日が金曜日であるならば、昨日は木曜日である」

この2つの命題の関係を考えていただければ、私の言わんとする所もご理解いただけるかもしれませんが、
自信はありません。

私が勘違いしているだけかもしれません。

私のような凡夫が救われるなら、それは弥陀によるしか無いのであると、
私は思い、感謝しております。

南无阿彌陀佛


48 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 17:35:53 ID:xFCRnrGy
>47
あなたは>28で「逆は必ずしも真ならず」と言われました。
故に、その論に基づいて話をすすめてきましたが、
ここにきて、「木曜日」と「金曜日」の関係性を持ち出されました。
これは明らかに「逆もまた真なり」のケースです。矛盾しています。
どう整合性を取られるおつもりでしょうか?


49 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 17:47:34 ID:xFCRnrGy
>48つづき
さて、仮説として言わせていただくならば、
Aは、次第相承かどうかわからない人間を次第相承の善知識と信じ、
その善知識によって、たのみ方を伝授され「ふつとたすかる」意業を発動した。
しかしながら、Aに「たのみ方」を教授した次第相承の善知識を
次第相承と呼ぶべきお聖教上の根拠は無い。そうならば、
その次第相承してきたという「たのみ方」は、当然、
浄土真宗の次第相承を経てきた法とは言え無いことになります。
親鸞聖人にも覚如上人にも蓮如上人にも根拠を持たない法をたのんで、
「ふつとたすかる」意業を発動したのですから、
その本は、聖人一流の御勧化にかなったものとは言えず、
蓮如上人のお言葉を借りれば、
「これこそ信心を得たるすがたぞと言いて」人を惑わす者に従って発動した
「ふつとたすかる」意業とも言うことは可能でしょう。
そうであれば、Aの「ふつとたすかる」思いは真実信心から起こされた意業ではなく、
親鸞聖人のみ教えに相違したたのみ方によって起こさしめられた意業と言えます。
「逆もまた真なり」から言えば、
その「ふつとたすかる」は偽物の「ふつとたすかる」であり、
「ふつとたすか」ったと認識していても、本当は「ふつとたすか」っていないと言えるでしょう。
「逆は必ずしも真ならず」から言えば、
「ふつとたすかる」意業が生じた事象があったとしても、
弥陀の本願を信ぜずに、偽善知識を信じて起こされた意業であって、
「ふつとたすかる」ことがあっても、「弥陀の本願」を信じていない、
という事が成り立つわけです。


50 :298:2008/06/27(金) 19:28:43 ID:dk7+sAxu
>>48
用語に混乱があるのではないかと愚考致します。

私は、「Aならば、Bである」と、「Bでないなら、Aでない」を、「対偶」と呼び、
両者の真偽は共通していると述べております。

そして、私が、「逆」と呼んでいるのは、「Aならば、Bである」に対する、
「Bならば、Aである」という命題です。

「Aならば、Bである」に対して、「Aでないなら、Bでない」を「裏」と呼び、
「裏」(Aでないなら、Bでない)と「逆」(Bならば、Aである)の真偽は共通すると考えております。

ですけれども、「裏」という言い方は、日常会話においてあまり用いられませんので
私の書き込みでは、「裏」を指して「逆」と書いている箇所もあると思います。

これは、「裏」と「逆」の真偽は共通する(同値である)と考えているからです。

わかりにくい書き込みで、申し訳ありません。私としては、筋が通っていると感じておりますが、
言葉足らずの責はありますし、そもそも、あくまでも、邪正わからぬ凡夫の思考に過ぎません。

ですから、同意を強制するものではありませんし、ご納得いただけなくても、
仕方が無いことと存じております。

私の不徳の致すところであり、弥陀の顔に泥を塗らぬよう、気をつけねばならぬと思っております。

南无阿彌陀佛

51 :神も仏も名無しさん:2008/06/27(金) 23:09:43 ID:xFCRnrGy
>50
解りました。水曜日と言えば、曜日である。では、曜日と言えば水曜日か?
水曜日は曜日に含まれるが、必ずしも水曜日だけが曜日だけではない。
月曜日も火曜日も曜日である。この関係性をあてはめるとどうなりますか。
この場合をあてはめれば、弥陀の本願信じれば、ふつとたすかることがある。
しかし、ふつとたすかった事が弥陀の本願を信じたからだとは言えない。こう言えます。
あなたは、自称(証拠がないのだから、かく言わせていただきます)次第相承の善知識が
相承してきたと言われる「たのみ方」(お聖教上の根拠がない法)を修して、
「ふつとたすかる」意業が生じた。それは、親鸞聖人の教えに従い、
蓮如上人が言われるが如く一向一心に弥陀をたのむとは全く別物でしょう。
何故なら、「ふつとたすかった心をたのめ」
「自称次第相承の善知識にたのみ方を教授されよ」と、
親鸞聖人、覚如上人、存覚上人、蓮如上人、そんな事を仰った方は
おられないからです。弥陀の顔に泥を塗るなどと表明する以前の問題なのです。
きつい言い方ですが、聖人一流のご勧化のおもむきに無い事を修する事によって、
信心を得た、ふつとたすかったと倒錯している仲間たちの一人、とは言えませんか?


52 :298:2008/06/27(金) 23:39:17 ID:dk7+sAxu
>>51
「水曜日は、曜日である」の対偶は、「曜日でないなら、水曜日ではない」であると思います。

また、「ふつと助かる」と、「私(298)がふつと助かっている」を混同されていらっしゃるように
思います。

おっしゃる通り、私は、倒錯しているかもしれません。間違っているかもしれません。

そして、信心も獲ていないかもしれないし、異安心かもしれません。

どちらなのか、私には、知る術がありません。

知る術はありませんが、お聖教を御拝読すれば、正統だと感じます。

しかし、あくまでも、「感じて」いるだけです。

それに、「感じたい」だけなのかもしれません。自身では、よくわかりません。

ですから、51様が、私(298)を信じる必要が無いのです。

そして、私は、自身でお聖教を御拝読する限り、連綿と伝わってきた一流の道を歩んでいると
感じています。

そして、この有縁の道を歩み続け、弥陀に感謝してゆきたいと思っています。

そして、自身の意業を見、「変えられたなあ」と思いますし、
こんな疑い深い自分が、六字を信じることができた。それも、うれしいのです。

すべては、弥陀のひとりはたらき。私に出来ることは、何もありません。

南无阿彌陀佛

53 :298:2008/06/27(金) 23:44:48 ID:dk7+sAxu
>>51
私は、たとえば、

◎黒谷の聖人、本願寺の聖人相承しましますところの、
報土往生の他力不思議の信心を、善知識ありて、つたえときて、
さずくるを行者ききうるによりて、文のごとく一念歓喜のおもひおこるについて、
往生をたちどころにさだまるを、正定聚のくらゐに住すともいひかならず滅度にいたるともいひ、
摂取不捨の益にあづかるともいふなり(本願鈔)

などを御拝読致しますと、「本当にそうだなあ」と思いますし、
とても有り難い気持ちになり、感謝合掌致します。

そして、「南無阿彌陀佛、南無阿彌陀佛」とお称え致します。

そのようにして生きて行くことが、気に入っております。

こうして、一人でも、相続してゆくことができる。

「何と有り難いことだろう」と、感嘆しております。

彌陀一佛だけが、このようなことをすることができると、
私は信じます。もちろん、個人的な信仰です。

しかし、真宗を尊いと思う方であれば、弥陀への思いは、共通しているのではないかと
思います。

ただただありがたい、南无阿彌陀佛です。

南无阿彌陀佛

54 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 00:43:51 ID:Zsmgh8l7
>52
対偶において、
ふつとたすかることがないのは、弥陀の本願を信じていないからである
とまでは言えても、ふつとたすかることがあるのは、
弥陀の本願を信じたからである。と言えますか?
次に、勘違いしてほしくないのは、あなた自身の信仰をとやかく言う筋合いはありません。
それは浄土真宗と呼べるものかどうかを問題にしているのです。
次に、凡夫の合点について。
新聞のコラムを読んでも、なるほどその通りと思う事もありますし、
それが、何代にも渡って揉まれ、錬られ、受け継がれてきた
仏教の論釈であれば、なおさらです。何の不思議もありません。
問題は、「たのみ方」を自称次第相承の善知識に教授され、
真実行と呼ばれる行を修し、いままでの意業が変化したのを
感受した事をもって、浄土真宗の肝要とせられているのか否かです。
あなたが引文された『本願抄』にもそのような事は述べられていませんでした。
次に、可逆・不可逆については、
他力には他力の法則があり、論理学には論理学の法則がある。
他力の法には、自力疑心は不可ですが、それは論理学の分際ではない。
ふつとたすかる意業があったとしても、弥陀の本願を信ずる事にはならない。
何故なら、弥陀の本願を信ずるが先、ふつとたすかる意業は後、であるからです。


55 :298:2008/06/28(土) 01:42:31 ID:oSbPgb80
>>54
「Aでなければ、Bでない」の対偶は、「Bであれば、Aである」だと思います。
蓮師の御文章には、

◎弥陀の本願を信ぜずしては、ふつとたすかるといふことあるべからず(御文5-2)

これは、「Aでなければ、Bでない」の型であります。

時間の順序の点につきましては、>>46にて、因果についてお書き致しました。

また、その点も考慮しまして、>>47にては、曜日の例をお書きしてございます。

「今日が金曜日であるならば、昨日は木曜日である」

この命題におきましては、「昨日は木曜日」が過去に当たります。

浄土真宗の肝要は、南无阿彌陀佛であり、「弥陀をたのむ」ということではないでしょうか。

他力真宗の根幹は、弥陀の神力により、真実信心を埋め込んでいただくことにあると思います。

摂取不捨の不可思議こそが、根幹であると思います。

私は>>53の引文を、「その通りだなあ」と有り難くいただいております。

一念の信心のいはれを知り、一念に弥陀如来今度の後生たすけたまへとふかくたのみもうすことが
肝要であると思います。

みづからたしかに弥陀をたのみたる一念の領解が無く、後世を知ること無いのであれば、
どれほどお聖教読もうとも、どれほど聴聞しようとも、いたづら事であると考える次第です。

南无阿彌陀佛

56 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 02:06:21 ID:Zsmgh8l7
>55
金曜日⊇曜日。曜日=金曜日とは言えない。
ふつとたすかることがあっても、真実信心を得ない者は、
往生決定の者ではない。真実信心を得た者は、ふつとたすかることがある。
真実信心を得たのだから、往生決定。ふつとたすかることがあるから、往生決定するのではない。
信心正因の所以です。
いくらみづからたのんでも、それが自力であれば、化土往生。
いくらみづからたのんでも、親鸞聖人の言わのない「たのむ法」によるならば、
浄土真宗ではありません。


57 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 02:09:19 ID:Zsmgh8l7
>56
金曜日⊆曜日でした。すみません。

58 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 11:18:43 ID:1y/idZI3
>>56
面白いやり取りでワクワクしました。

56はまず前提に自分が是である。なぜなら親鸞さんの言うことを是とするから。
というわけでしょ。ではあなたは親鸞さんの言うことを間違いなく領解したと言い切れるのか?
言えないでしょう?

59 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 12:33:26 ID:MRs4viRZ
>58
> 面白いやり取りでワクワクしました。

 理屈のわからん理屈オンチの56に、298の忍耐力
がどこまで耐えられるかという問題だ。

 ここまで教わっている56は、298にお相手料、家庭
教師授業代を支払ってもいいよな(笑)。

60 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 18:52:57 ID:Zsmgh8l7
>58
自分が「是」と言う前提は必要ありません。親鸞聖人が伝えられなかった事を、
伝授していると称するのは「浄土真宗ではない」と問題にしているだけです。
298氏においては、自称次第相承の善知識に「たのみ方」を教わり、
真実行を修する事が信心決定の方法だと述べておられます。
渡海氏においては、五会念仏を修する事が真宗の肝要だと主張されたいようです。
そうであるならば、どこで親鸞聖人がそのような事を言われ、
また親鸞聖人から如信上人、と相承された浄土真宗列祖覚如上人、
また蓮如上人は、どこで、親鸞聖人ご一流の肝要をそのような事として勧められているのか、
その根拠を求めているに過ぎません。
>59
仏教には仏教の論理があります。例えば龍樹菩薩の『中論』中で、論破されていることは、
一般論理から言えば、詭弁と言われるべきものでしょう。
しかし、お釈迦さまが説かれた「空」を基に論を展開すると、
成立します。この点については中村元先生の『龍樹』(講談社学術文庫)においても言及されています。
浄土真宗においては、一宗の肝要たる他力信心を基にせねばなりません。


61 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 19:07:30 ID:Zsmgh8l7
>59
もう一つだけ書きます。信心には多くの異名があります。例えば、疑蓋無雑。
ふつとたすかる意業があれども、仏智疑惑を帯しているのならば、
浄土に生まれることはありえません。わかりましたか?


62 :神も仏も名無しさん:2008/06/28(土) 19:35:27 ID:EBsRh2yZ
>>61
ニート海難にレスしないように。

63 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/06/29(日) 21:10:44 ID:JZDeZA9m
 298さんが以前、しきりに問題にしていた浄土真宗の口伝に
ついて、議論を進めています。

 www.しんらん.jp/

64 :298:2008/06/29(日) 22:11:37 ID:e+FpbOq/
>>61
佛智疑惑があるならば、ふつとたすかれりとは、言えないのでは
ないでしょうか。
そして、真実のところ、自らが助かったかどうかは、
わかることは無いのだと私は思います。
助かったと思っている人が、助かっていないかもしれず、
助かったと思っていない人が、助かっているかもしれません。
私が助かっているかどうか、弥陀はご存知だと思いますが、
一方、私は、何もわからぬ凡夫です。
それでも六字を尊いと思い、お称えして参ります。
そのような気持ちになれたことを、尊いと思い、よろこんでおります。
南无阿彌陀佛

65 :神も仏も名無しさん:2008/06/29(日) 23:48:30 ID:fiLDWMxZ
>64
何もわからぬ凡夫ならば、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人に根拠を持たぬ、
次第相承の善知識を浄土真宗の相承と主張し、その知識が言うところの
「たのみ方」によって、信心決定するなどと宣伝すべきではないでしょう。
「ふつとたすかる」については、対偶で読んだ場合、
「ふつとたすかる」意業が生じたからと言っても、
蓮如上人がここで言われるところの、
他力信心の利益たる「ふつとたすかる」ではないと言えます。
何故なら、「弥陀の本願たのむ」事が「ふつとたすかる」の条件となっており、
その条件が満たされなければ「ふつとたすかることあるべからず」だからです。
つまり、浄土真宗の上からすれば、真実信心に根拠を持たぬ
意業の発動である疑似的「ふつとたすかる」は、
真実の「ふつとたすかる」ではない、と言うことです。
その件に関しては、以前、書きました。
今、あなたは親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人のお勧めにない
次第相承の善知識が伝える「たのみ方」によって、
信心決定されたと言われるのですよね。それを根拠とされ、
「たのみ方」を他人に勧める活動をなされているわけでしょう。
しかし、その根拠の基盤、即ち次第相承の善知識自体、
その方が相承されたと言う「たのみ方」自体、既に根拠がない訳です。
その結果として、信心決定したといくら主張されても、
また、「ふつとたすかる」意業が生じたとしても、
それは、親鸞聖人一流の御勧化によっている訳ではないと言うことです。


66 :298:2008/06/30(月) 00:09:53 ID:4eRq4VKK
>>65
「ふつとたすかる」は、凡夫の意業を指すのではないと私は考えます。
「ふつとたすかる」のは、機法一体に成じる功徳を指すのであり、
この功徳により、衆生の意業に浮かび出る思いが生じます。
これにより、以前の自分には「ありえなかった」と思うような、
意業が感じられ、真実信心をいただいたのだと思えるのです。
しかし、本当にいただいているのかどうか、凡夫の知る所ではありません。
この功徳は、今の私(信心を獲得した時節の私)がいただいたように
感じられますが、その実はそうではなく、十劫の昔に成就していたものです。
それをいただかず、逃げていたのが私であり、それこそが、
佛智疑惑であると言えます。
南无阿彌陀佛

67 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 00:17:59 ID:eam3fM1c
実は、人は死ねばすべからく、所謂極楽や天国とか色んな言い方をされて居るような
状態に入るのでは無いですか?もう煩悩も悪事も五濁も関係無い、正に理想の境地で
すので。どんな宗教であれ本当の所は分っていながら、そうは教えず生あるうちの悟りとか、
修行とか、救いとか、死後も影響するとか、供養が大事とか、言って来たのでは??
真宗はそのタブーを破った異質の教えだと思います。どんな人も(阿弥陀如来の救い)とは
説いてはいますが死後(後生)の安寧を只管説いた教えと思います。信心決定とはその安寧を
心底理解する事だと思います。

68 :298:2008/06/30(月) 00:26:16 ID:4eRq4VKK
>>65
また、忘れてはいけないのは、五重の義のはじめに、「宿善」とある
ことです。
善智識と言えど、宿善なければ、いかんともできないはずです。
つまり、「善智識が信心を与えている」と見えるかもしれませんが、
それは、錯覚に過ぎないと思います。
あくまでも、弥陀のお育てがあってのことであると思います。
お手引きも、同様です。
私たち凡夫には、お手引きもできなければ、信心を与えることも
できません。
すべて、弥陀がおはたらきになっているだけです。
たとえて言うならば、弥陀を外科手術をするお医者さんとすれば、
善智識は、メスを渡す係りのような者と言えると思います。
知識が信を与えるようなことができるのであれば、
煩悩ある知識にすべてが託されてしまいます。
善智識は立場上、思い上がりやすいと思います。
そして、思い上がれば、知識の役から離れたことになるのでは
ないでしょうか。
すべては宿善まかせ。それは、弥陀任せということであり、
他人を「宿善が無い」と非難することではないと思います。
各自各自に、歩む信仰の道があるはずです。
もし、「宿善が無い」と見えるならば、非難するなどは
もっての他であり、「宿善が育つように」と願うことだと思います。
(これは、「救われますように」と願うことと同じです。)
それも、弥陀任せなのですから、南无阿彌陀佛と称える他はないと思います。
南无阿彌陀佛

69 :298:2008/06/30(月) 00:31:13 ID:4eRq4VKK
>>67
「すべからく良いところにゆける」と思っている方は、
幸せな方です。
私は、「このまま死んだらヤバイ」という感覚を持っていました。
死は、暗黒であり、怖いものでした。
この私の気持ちを救ってくださったのは、
阿弥陀様だと思っています。
私は、自分を、地獄にいた、悪魔のような存在だと思っていました。
そんな自分のみにくさが怖かったのです。
今は、今でもみにくい自分はイヤですが、そんな自分を受け入れて
くださる阿弥陀様に感謝して、お念仏をお称えしています。
南无阿彌陀佛

70 :神も仏も名無しさん:2008/06/30(月) 01:05:49 ID:eam3fM1c
私も同様です。真宗の教えは、「死」を日常に身近に受け入れざるえ負えない人々にこそ
染み入ったのではないでしょうか。理論や教えの真意の探求も宗教にとっては重要な事
です。一種の学問として非常な価値が有ります。阿弥陀如来の救いを方便として人々の心
を救わんとした、上人に思いをはせたかっただけなのです。下品下生のわが身ごも後生十二
大劫の後蓮華を開かれん事を思っています。



71 :298:2008/06/30(月) 01:21:38 ID:4eRq4VKK
>>70
私も、学問も大切だと思います。教えがいい加減なものにならない
はたらきをしているのではないかと愚考しております。
もちろん、止住百歳のおはたらきの全貌は、凡夫の私の知る所ではありません。
あくまでも、想像に過ぎぬことですが、いらぬ想像もしてしまう凡夫であります。
本当に、価値の無い想像を、随時為しますね・・・
私は、素朴な信仰こそが、もっとも大切なものであると思っております。
その信仰が得られないからこそ、学問をするという順序であり、
もともと、学問によって信を獲るのではなく、
「弥陀をたのむ」ことによって信を獲るのがこの道であると思います。
六字は無上の方便であると、感じること頻り、
本当に尊い南无阿彌陀佛であると思います。
南无阿彌陀佛

72 :神も仏も名無しさん:2008/07/03(木) 01:46:53 ID:5HgjFmxq
死なんて本当はないのに、何を勘違いしているんだろう。
総てが意味を持つ。それが総てが消滅する死であろうとも。自然法爾。
「死」そんなものを相手にしてどうするのかな?
虫も、植物も、馬も、地球も、宇宙もみんな経験することなのに。
ちっぽけな自分の一生涯かもしれないこど、今日も創ってるのさ。
自分しか経験できない自分を。そう、奴隷にならなくていい法が南無阿弥陀仏。
298さんとは「そこ」が決定的に違う。298さんは自分の経験してきた道に真実を見る。
そして、他者をその経験則、即ち信心を得る方法としてあてはめようとする。
でも、僕は違う。経験してきた事、培ってきた物に、価値をおかない。
何故なら、今こうして生きてる事、僕の僕にしか発揮できない
僕の人生を創っている事が、何物にも変えられない事実だから。
無量寿無量光のお徳を限定しない。解らないとも言わない。
今、こうして、自分の人生を創り続けている事が、
無量寿無量光の仏のお支えによるものだから。
創り続けていいんだ。命終わるまで。終わっても終わりじゃないんだ。
何故なら、今、現に、僕は僕の人生を創っている。明日には白骨になっても、
ようこそ、ようこそ。ならなくても、ようこそ、ようこそ。
お前は浄土に生まれるに間違いないと無量寿無量光の仏が、
直々に呼び掛けて下さっているから。今、今、今。仏教は今、今、今。

73 :神も仏も名無しさん:2008/07/03(木) 22:30:47 ID:cS0K9lQZ
>>72

さすがにそれでは無帰命安心だわな。
平生業成だろ真宗は。たった今のお救いにあずかる。
今というのは常に今のようであるが、1秒先すら分からないのが私たち。


74 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 00:26:43 ID:WEZ72Hol
>73
何言ってるのかよくわからないけど、一秒先が解らない僕らだから、
阿弥陀仏の本願があるんじゃないの?
もし今、未来の事考えてくよくよしたら、阿弥陀仏の「必ず救う」という願いを思いだすし、
もし今、すごくラッキーな事があって、調子に乗ってたら、
痛い目あうよ、本当の喜びじゃないしって、
本当の喜びは「必ず救う」ご本願じゃんって、思い浮かべる。
それで、お念仏申して暮らせば、ありがたいし、心休まるよね。


75 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 01:11:18 ID:UycUaSfH
>>74

言いたいことは良く分かるけど、それを自力信というんだよ。
分からんかなぁ。

76 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 01:51:04 ID:WEZ72Hol
>75
全然わかんない。何処をどう自力信って言うの?


77 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 10:37:57 ID:SC+JicrO
「死」というものがあって、そして地獄行きが嫌だと思うから、阿弥陀仏におすがりしたです。
>72さんの信心にとって、そういうのはあまり大きな位置を占めていないのでしょうね。
それもひとつの境地というものかなあ。
私個人的には、それでは心配でたまらないと思うのですが。

78 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 18:36:10 ID:WEZ72Hol
>77
何の心配があるんだろう?阿弥陀仏が「必ず救う」と誓っているのだから、
その誓いにおまかせする以外ないでしょ。みんなおまかせするんだから、
僕の心配もまた、おまかせです。それでもまだ心配なら、
それは阿弥陀仏の誓いを疑っていることが原因になってるんじゃないかな。
仏さまの心より、自分の心配な心の方を真実と受けとめれば、
仏さまの願いは不完全なもの、不真実になっちゃう。
不安になったら、思い出せばいいんだよ、お念仏称えればいいんだよ、
「必ず救う」っていうのは、観音さまも勢至菩薩も褒め称える、
テキトーな僕らの誓いじゃない、誰あろう無上覚の仏さまの誓いなんだって。


79 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 21:58:00 ID:EwS0Gvkw
>万理一空の境地の事ですね。他宗の教えでは良く自力でその境地に達する事を目指しますよね。

80 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 22:10:11 ID:UycUaSfH
>>79

78は自力信であることにすら気が付いていない。
そう考える自分の心が信心になってるから無因外道と呼ばれる。

81 :神も仏も名無しさん:2008/07/04(金) 23:49:17 ID:WEZ72Hol
>79
むつかしい事はよくわかんないけど、空を悟るって事?
そんなこと言ってないのに。証知生死即涅槃だよ。
無上覚の仏さまから導きでたお言葉じゃないのかなー。
>80
よくわかんない。解るように説明してみて。あと、どうして他の人に、
自分の意見の同意を求めるんだろ?
僕の書き込みの何処が自力信で、何処を無因と言うのか、
ちゃんと答えてよ。それを聞いたら、僕もへーって思うかもしれないよ。
大切な事は、正面からぶつからないと、大切な事を卑屈にしちゃう人間になっちゃうよ。
そんなのつまんないじゃん。

82 :298:2008/07/05(土) 01:03:34 ID:HoYE+sfq
誰もが救われる南无阿彌陀佛。
だけど、他の人が救われるかは、わからない。
なぜかといえば、他の人が実際にどのような存在かは、自分には、
わからないから。
それでも、誰でもが救われる南无阿彌陀佛だからこそ、
こんな自分も救われる。
宿縁という他はなく、なぜ信じられたのかは、
自分でもわからない。
それでも、六字という基盤があり、だからこそ、
無上の方便と知らされる。
自分が信じようが信じまいが関係ない南无阿彌陀佛。
私とは、無関係の南无阿彌陀佛。
その六字と縁があり、六字とひとつになる。
不可思議。
南无阿彌陀佛

83 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 01:22:36 ID:gZcjqNdb
>82
違うよ。誰でも救われるなら、清浄之因唯信心って言う必要ないし。
総衆生往生浄土って言わないといけない。でも、そうは誓わなかったんだよ。
阿弥陀さまは。自分の願望と仏さまの願望をごっちゃにしたらダメだね。


84 :298:2008/07/05(土) 01:29:46 ID:HoYE+sfq
>>83
誰でもが救われるけれども、誰も救われないかもしれない。
それでも、誰でもが救われることが定まったのだと思います。
南无阿彌陀佛

85 :298:2008/07/05(土) 01:36:26 ID:HoYE+sfq
>>83
往生の真因がきざすのは、清浄の信心をいただくからですが、
これは、あくまでも他力の信心であるが故に、
誰でもが救われる。
それでありながら、浄土に往く人、ほとんど無し。
それでありながら、数え切れない衆生が集う大法会。
集う人が集う。
救われたい方は、救われます。
南无阿彌陀佛

86 :298:2008/07/05(土) 03:33:59 ID:HoYE+sfq
御恩報謝の南无阿彌陀佛は、本当に人生を良くすると思います。
もちろん、私がこう言っても、私が言っているに過ぎないわけですが、
信じてくださる方がいて、実行してくださるなら、
本当にうれしいです。
南无阿彌陀佛

87 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/05(土) 10:23:49 ID:fG6sill9
 ブログ「親鸞仏教」更新しました。
  www.しんらん.jp/

88 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 10:58:30 ID:NPCPIudM
>>87
マルチポスト宣伝荒らしはやめろキモヲタ



        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

89 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 12:26:22 ID:gZcjqNdb
>85
なんか曖昧だなあ。他力の信を決定しなければ、
浄土往生はかなわないって、蓮如上人は言っておられるよね。
肝要は、仏さまが助けるって言ってるからホントだよね、
みんな助かるよね、不思議だよねって、慰めあう事じゃなくて、
他力の信を決定しなければいたづらごとって事。これは僕の思いでも何でもなく、
蓮如さんの思し召し。つまり、浄土真宗ってこと。
>86
浄土真宗の人なら、多分、私の言葉を信じなよ、
みたいな言い回しはしないんじゃないかなあ?
あの歎異抄の問答を味わってるならさ。

90 :298:2008/07/05(土) 14:00:58 ID:22LEfvYO
>>89
私の言うことなのですから、信じなくていいですよ。
信じてもらえれば、うれしいだけ。
しかし、そのうれしさも、ただの煩悩の可能性も高いのです。
私は、弥陀に現世も救われ、後生も救われたと思っています。
ですから、同じような体験を味わっていただければ、
その人もしあわせだろうと思うだけで、
望む、望まぬは、その人次第です。
私にどうこうできることではないと思います。
「御恩報謝の南无阿彌陀佛とは、本当にすばらしい」と
私は思うのです。
ちょっと空いている時間にも、行えます。
そして、この「(いわゆる)空いている時間」に行っていることが、
実はメインのことで、そのほかのことが、助業となって、
六字を称えることを助けています。
南无阿彌陀佛

91 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/05(土) 15:50:46 ID:fG6sill9
 298さんも、最近は主張が変わってきたのかなぁ。心境に
変化がおきているような気がする。
 本質的変化か、上辺だけの変化かは分からないけどね。

 自分だけが本物の信心を持っていると思っているような
スタンスは、多少ぐらついているようだ。
 「自分だけ」と「本物」という2点にぐらつきを感じる。

 ただ、自分からは、自分の信心に進んで疑念を持つという
ことはしたくないという固執もあるようだ。

 火宅無常の信心だから、いろんな変化があっていい。


92 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 16:21:45 ID:gZcjqNdb
>90
仏法は無我にて候って蓮如上人が言われてるから、
浄土真宗もそこから外れた法じゃないって事だよね。
298さんの書き込みが曖昧に感じるのは、救われた我を中心に、
み教えを組み立ててるからなのかな?なんて思う。
ま、僕のご恩報謝の日々とは表面上は似てるけど、大元は違うとは言えるかもね。


93 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/05(土) 16:27:40 ID:fG6sill9
>91
 一つ加えておきたい。もしかすると上辺だけかなとも思う。
 ぐらついているように見せているのは、機の深信を演じる
大根役者の演技なんじゃないかと、そんな風にも、勝手に
思うんですよ。

 法の深信の猿芝居を見せられても、機の深信の猿芝居を見せ
られても、僕はちっとも感動しないが、猿芝居を見ると喝采を浴び
せたくなるギャラリーは、浄土真宗という風土には少なくないよう
だ。

 まあ、他人のことは構う必要はないんだけどね。

94 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 17:16:52 ID:Epq3GNU4
どう考えても渡海 難 はルサンチマンでしかない

残念なことではあるが真の無我を得る事が出来ない

95 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/05(土) 18:04:26 ID:fG6sill9
>94
 ルサンチマンかサンドイッチマンかよく分からんが、渡海難は真の無我
の境地を体得するかどうか。
 我の強い僕も、大変なレベルの評価段階に入ったものだなぁ。 (苦笑)

96 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 18:16:46 ID:Q90X11ft
>>91

面白い人だなぁ。
他人のこと言う前にその発言をそのまま自分に返すべきだなw

97 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/05(土) 18:33:52 ID:fG6sill9
>96
 自分には返りませんよ。

 自分のことはよく見えず、他人のアラは、嘘でも本当でも手
に取るようによく映る。

 真の無我など、夢のまた夢。  <苦笑>

98 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 20:27:45 ID:rJ+Ppu82
>>90
>しかし、そのうれしさも、ただの煩悩の可能性も高いのです。

仏法のことにせよ、ぼくらが感じるうれしさって煩悩なんじゃないですか?
煩悩以外の場合もあるのん?

99 :神も仏も名無しさん:2008/07/05(土) 22:00:36 ID:zmODDtyx
>81さん、以下のご意見、やはり自力で頑張れ、信じろ。弥陀を信じる気持ちを持つんだ。
それは「死」なんか超越した考え方が出来るようになる。と聞こえます。何かご上人の教えとは
違和感を覚えますが?



100 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 00:43:14 ID:r0g83+iE
超越世界だ〜

高森会

101 :298:2008/07/06(日) 03:48:56 ID:NY+pLpOQ
>>99
そうですね、弥陀を信じる気持ちと言っても、
自分で信じるわけではなく、弥陀がくださるわけですからね。
しかも、せっかく弥陀がくださっても、
全く気づかないかもしれない。
それでも救われているのだから、すごいことだと思います。
南无阿彌陀佛

102 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:01:35 ID:0lSg28He
>99
頑張るのは自力なのかなー。
問題や障壁があったら乗り越えようとしなければ、乗り越えられないでしょ。
蓮如さんが、ご文章や名号をたくさん書き与えたのも、
赤尾の道宗がご恩忘れないために、四十八本を枕木に休んだのも、
自力信のあらわれなのかなあ?お経読んだり、親鸞聖人の書を読んだりするのも、
自力なら止めないといけない事になっちゃうよね。


103 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/06(日) 11:26:57 ID:sy53vpkY
>98
他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよ
たのもしくおぼゆるなり。

> 仏法のことにせよ、ぼくらが感じるうれしさって煩悩なんじゃないですか?
> 煩悩以外の場合もあるのん?

 なるほど。非常に貴重なご意見、痛み入る。 (w)

104 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:34:03 ID:q/ixnDb7
【重要なお知らせ】

精神病の渡海難は放置してください。相手にする価値も無い人間です
ので放置が一番です。現実社会で渡海難が誰にも相手にされないように
無視してください。

▲▼▲▼渡海難とは ▲▼▲▼
2ちゃん以外では誰にも相手にされない人間。
内面から滲み出すキモイ精神のお陰で腐臭が漂い、周りから忌み嫌われ
ているのだが社会が自分のことを理解してくれないと誤解し、浄土真宗の
坊主と思われる人を叩くことでようやく自我を保っているような屑。そのような
卑屈な根性が誰にも相手にされなくなる原因と未だ理解できないようだ。。。。
長い間 社会と隔絶された生活をしているため脳内でいろいろな人と語り
合う事ができる。(自作自演が得意)


※以下の文を10回暗誦して反省してください。

荒らし・煽り・叩きに反応する事は荒らしへの荷担にしかなりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
荒らし・煽り・叩きを無視できないあなたも荒らしです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

105 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:35:20 ID:q/ixnDb7
     ∞〜プーン       〜
      / ̄ ̄ ̄ ̄\   〜 プゥーン
     (  人____)  〜
 〜∞  |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 プーン (6     (_ _) )<オレはこう見えても結構モテるんだぜ!!!!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   | プーン〜∞ 
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |  
       |   ┬    |
◆渡海難の正体◆
・引篭り歴10年以上・童貞、彼女&女友達無し(というか友達1人も無し)
・身長159cm以下体重75kg以上 体脂肪率38%以上 ・年賀状は1枚も来た事が無い
・3流大学卒、アニメサークル所属、合コン歴無し ロリコン
・今行きたい所:秋葉原、オタワ(カナダの首都、ヲタクが集まる所だと思ってるらしい)
・前科5犯(万引き、食い逃げ、性的暴行、強制猥褻、痴漢(存在自体が痴漢))
・好きなゲーム:ゲーム関係なんでも、但しホラー以外(ションベンちびって3日以上放心状態になるから)
・所持エロゲーは軽く1000を越える
・コンビニの処分された弁当しか食べられない、というか最近家族に手料理を作ってもらってない
・風呂には3日に1回しか入らない ・50M走タイム11秒5以上 ・自分の年齢=彼女いない歴
・AV、アニメビデオを1日最低3回は見る ・“ラップ”と聞くと「サランラップ?」とボケでなくマジで答える
・趣味:2CH心と宗教板への書き込みをすること、座禅念仏
 そして浄土真宗関連スレ、親鸞会関連スレを見つけるとここぞとばかり攻撃し、チンポをこすりながらレスを待つ
・カラオケで歌うのはいつもアニソン、というか友達がいなくてカラオケも行けない
・真宗教団と親鸞会と真宗の僧侶を目の敵にしている ・ギャルゲグッズを多数所持
・メル友募集をしても女性からは1通も来ない、(ネカマからは来る、しかも普通に女と勘違いする)
・自分にレスする者全員に対して「ボーズ(坊主)」「親鸞会」と言う恥知らずのリアル精神病患者

106 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:37:08 ID:q/ixnDb7
念仏宗渡海会(「こんにちは会」ともいう)
・教祖 渡海 難(「とうみかたし」と読む) ←渡海紀三朗文科相とは無関係
・会費 4000円
・HP  ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~propatent/
・根本聖典(?)親鸞の思想と教行信証(世界数ヶ国後に翻訳されると本人が称している)
「親鸞仏教の正当性を問う」ttp://mentai.2ch.net/psy/kako/970/970632275.html
「親鸞仏教の正当性を問う(パート2)」ttp://mentai.2ch.net/psy/kako/975/975404451.html
「親鸞仏教を見直そう。」ttp://mentai.2ch.net/psy/kako/979/979297776.html
「親鸞仏教を問う(V)」ttp://life.2ch.net/psy/kako/1000/10001/1000165825.html
「親鸞仏教論 W」ttp://life.2ch.net/psy/kako/1012/10129/1012997700.html
「□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□」 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123906853/
「○●Я親鸞仏教質問箱R(その2)●○」 ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157628310/
「○●Я親鸞仏教質問箱R(その3)●○」 ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1179146870/
・教義 渡海教祖の思いつきで右に左にコロコロ変わる。ある時はお釈迦さまの代弁者となり、ある時は親鸞思
想の代弁者となる。大川隆法の「霊言」のようなものである。
ちなみにカルト教団に「サタン」とするものがあるのと同じく念仏宗渡海会にも「親鸞会」や「浄土真宗のお坊
さん」というサタンが存在し、自分に都合の悪い者がいると「親鸞会」や「浄土真宗のお坊さん」と言って決め
つける。
ちょうど創価学会の「日顕宗」のようなものと思えばいいだろう。
・会員数 ゼロ(笑)
・教祖の性格 一言で言えば基地害、電波。独善的で絶対に他人の言うことを聞かない。
裁判の時弁護士が使うような論法で次々と質問をはぐらかす。
・活動 2chでの布教活動を主とする。
あと、彼にとってのサタンである親鸞会の退会者に狙いをつけて退会者狩りを行うが念仏宗渡海会の信者になっ
たという話は聞いたことがない。
渡海会には「座禅念仏」という行があるそうだ。それを真宗関係のサイトで説いて回った所、次々と拒絶されて
いる。
あと「ああ先生」という呪文もある。詳しいことは分からないが人の意見を聞かない奴に先生もヘチマもあった
ものではないが。

107 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:40:54 ID:q/ixnDb7
渡海難のカキコパターン

1 あるスレに突如として乱入。「最初は〜について教えてください」と学習者を装って参加する。
2 スレの参加者がそれに乗って丁寧に教えてやる。
3 その言葉の揚げ足を取って渡海難が攻撃開始。『教行信証』を断章して自分勝手な仏教解釈のコーシャクが
始まる。
4 それに対しスレの参加者が「まともな根拠をつけて」反撃する。
5 渡海難、正論で反撃できなくなり、しばらく黙る。その後、「お坊さんですね」(最近はこのパターンが多
い)か、「親鸞会ですね」と寺や親鸞会批判をする。(大概は奴の妄想)
6 それに対する反撃の後、4〜5、もしくは3〜4がしばらく続く。(7、もしくは8へ)
7 「馬のションベントーク」で相手がウザイと感じるまでけなす。
8 明後日の方向にひたすら答えにならないレスを乱発し、スレの流れをかく乱する。もしくは「仮説」に逃げ
る。「ウソも100回言えば」のクチでそれに騙されて「渡海は真の論者だ」という信者はこの8のシチュエー
ションから生まれる。(9もしくは10へ)
9 (しばらくしてスレが静かになると)一方的勝利宣言をして他スレを荒らしに行く(1に戻る)
10 あまりに渡海難がウザイので2chではスレが下がったり、他のHP掲示板は静かになる、すると「私を恐
れているんだ」と他スレや他の掲示板で言いふらす。

108 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 11:45:43 ID:q/ixnDb7
もう渡海難の話題はうんざりだろうけど、まだまだ出現するかもしれないので、
特定するためプロファイリングしてみますね。

渡海 難 とはこんな人物

 ●年齢は60歳くらい

 ●浄土真宗、真宗の僧侶、親鸞会に深く怨みを持っている

 ●来世を否定して、現世を肯定

 ●阿弥陀仏は架空の存在と主張

 ●親鸞聖人が問題を解決したから、我々は世間のことに努力すれば良いと
  「十劫安心」まがいのことを言う

 ●カウンセリング、自律訓練法など、いろいろな事を経験したらしい

 ●正規の宗教教育は受けておらず、すべて独学のようだ

 ●座禅して念仏せよと主張するが、その目的は不明
  ココロが癒されて身体に良いのかな?




109 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/06(日) 14:37:41 ID:sy53vpkY
 木辺派では座禅をしているそうだ。
 五会念仏を称えているのか、称えてないか定かではないが、
真宗の中で、座禅アレルギーが崩れ始めた兆候とすれば、歓
迎すべき事柄だ。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1205382068/l50

110 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:03:34 ID:QJXiDzg0
木辺派は禅宗に鞍替えするそうです。渡海さんも一緒に親鸞から禅宗に鞍替えしてはどうですか?

406 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/06/29(日) 12:27:53
>>395
既に、得度や教師の研修で静座なる坐禅の行が強制されていて、
木辺派が真宗から禅宗に転派する動きが着々と進んでいるよ。
で、異安心の指摘を恐れて研修予定表には静座についてわざと書いていない。
やましいことが無いなら堂々と書けばいいのに。

ただ、先生の一人が「静座は旅行会社の要求で始めたものだ」と研修中に
口外したため動機不純だ、宗教法人への不当介入だと抗議する僧侶が出たが。

111 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:31:31 ID:kt0iYozS
渡海氏と木辺派は一心同体!

112 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/06(日) 15:36:54 ID:sy53vpkY
>110
>禅宗に鞍替えしてはどうですか

 禅宗に鞍替え? 聞いたことがないな〜ぁ。

宗派にこだわらず真実を求めればいいんじゃないですか?

 僕は別にどこの宗派にも名前を登録してないよ。
 座禅して念仏申す人がいてもいい、念仏しながら座禅する人がいてもいい。
実体は同じだ。

>111
  しらんな〜
  なに宗ともなき、念仏ばかりはとうときことと存じたるばかりなるものなり


113 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/06(日) 16:24:00 ID:sy53vpkY
>111
> 渡海氏と木辺派は一心同体!

 道綽禅師、善導禅師は座禅していたんだが、彼らは
木辺派と一心同体なのかい?

 おぬし馬鹿じゃないか?

114 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 16:41:57 ID:kt0iYozS
>>113
七高僧と木辺派、そして渡海氏は一心同体!

115 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 16:48:58 ID:8kj5QL7u
キリストのメッセージ 
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。
その代わりに、わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.net/jp/jiai/jiai02.htm

ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm

煉獄に居る霊魂の驚くべき秘訣
http://www.sanpaolo-shop.com/product/4359

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

キリストの受難を目撃し体験した女性 アレキサンドリーナ・ダ・コスタ
http://www.salesio.jp/web/sdb_saints/biography/alessandrina.htm
http://salveregina.dyndns.org/avemaria/data/book2.html

病を患いながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

カトリック書店/日本国内にあるカトリック教会の住所と地図
http://www.donboscosha.com/
http://www.sanpaolo-shop.com/
http://shop-pauline.jp/
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

116 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 17:18:14 ID:sy53vpkY
>114
>七高僧と 〜 渡海氏は一心同体!

              (/≧◇≦\)アチャー!!

117 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 22:04:27 ID:3ODDDiDs
>102 頑張るのはやはり自力と思います。お気持ちは充分分りますが、「ああ・・
そうだったのか」の気付きが統べてて有り、その後の念仏は頑張りではないのでは。
その時の感動の自然の行動が継続しているのであり、教えの探求もその自身の感情の
因を確かめんとする自身の欲求と思われます。何ゆえ「ああ・・そうなのか」の気付きが
人々が得られたのか、御一考下され、御高見を。




118 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 23:14:10 ID:RWPQtVbg
次スレからはこれに変更しようよ!

【真宗・親鸞】カルト真宗の愉快な仲間達と学ぶ10【信心獲得(決定)】


119 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 23:24:18 ID:Z2Oe5HQh
>>118
そうだね。このスレに妙好人はいないみたいだし。
いるのは298と渡海難のように頭の中がちょっと変な人たちだし。

120 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 23:41:28 ID:0lSg28He
>117
そんなこと、親鸞聖人は言われてるの!?
あと、みんな妄想猛々しく勝手に浄土真宗を創りすぎだと思う。
自分勝手に創るのも、それが趣味っていうなら、勝手にすればいいんだけど。
そういう時は、正直に最初に言っとかないと、みんな迷惑するよ。
僕の趣味、僕の求道ごっこが浄土真宗、僕の主張がすなわち浄土真宗なの、
僕にとっては、ってさ。


121 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 00:06:40 ID:X1W9+QLk
>117
もうひとつだけ。称名念仏いさみありてって、蓮如上人のお言葉があるけど、
君は努力を否定して、君ならではの浄土真宗を創るつもりなのかな?
キミの世界観はそれでもいいよ。
でもそれは、蓮如上人の世界観じゃないって事は知っておいてほしいな。
浄土真宗って、よくできてんなーって、僕なんかは思うんだけど、
まあそれも僕の感じたことに過ぎないわけで。どうって事ないんだけど。
僕なんかは、限りあるいのち、フル活動で生きまくればいい。
阿弥陀さまが憑いてるから、大丈夫。どこまで堕ちようが、どこまで有頂天になろうが、
真実なんてそこにはない。煩悩のなせる業。じゃ、そんな真実らざるものをば
ポイッと捨てといて、弥陀の必ずたすけるをたのめみな人。
ガラクタは私の思い。そのガラクタの僕を決して捨てない思い。
どっちの思いが、死にゆく僕を支えてくれてるんだろう。
自ずから、真実とは何か、わかるんじゃないの?

122 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/07(月) 01:03:32 ID:8Ttr5yuL
>117
 詮ずるところ、信心の定まらざりけると聞き候。如何様なる事にて、さほどに多くの人々のた
じろき候らん、不便の様と聞き候。また、斯様の聞こえなんど候えば、空事も多く候べし。又、
親鸞も偏頗あるものと聞き候えば、力を尽くして、『唯信鈔』・『後世物語』・『自力他力』の
文の心ども、二河の譬喩なんど書きて、方々へ、人々に下して候も、皆空言になりて候と聞こえ
候は、如何様に勧められたるやらん、不可思議の事と聞き候こそ不便に候え。

深く考えてみると、結局は信心が決定してなかったと聞いております。どのような理由でそれほ
ど多くの人々が動揺してしまったのでしょう。哀れむような状況があったと聞いております。そ
のような話がいろいろあるなかで、根も葉もない間違ったこともたくさんあると思います。親鸞で
あっても偏った間違いがあると思いましたので、一生懸命になって、唯信鈔・後世物語・自
力他力の文書の意味、二河の譬喩についても詳しく書き、皆様の方にお渡ししたところでござ
います。それもみな無意味になってしまったと聞いております。一体どの様な話があったのでし
ょうか。理解不能の内容だった聞きましたが要領を得ません。

123 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/07(月) 01:04:26 ID:8Ttr5yuL
 唯信鈔、様々の御文共は、今は、詮なくなりて候と覚え候。よくよく書き持たせ給いて候法門
は、みな詮なくなりて候なり。慈信坊に皆従いて、目出度き御文共は捨てさせ給いおうて候と聞
こえ候こそ、詮なく哀れに覚え候え。よくよく、唯信鈔・後世物語なんどを御覧あるべく候。

 唯信鈔などなどの文書は、今はもう意味が無くなってしまったように思います。一生懸命書い
てお渡しした文書は、みな無意味になってしまいました。慈信坊に騙され、大事な文書を破棄し
たと聞いております。誠に残念で悲しく思います。どうかどうか、唯信鈔や後世物語などをお読
み下さい。 


 親鸞さん。あなた頑張って書いたんですね。それが自力だったんですよ。お気持ちは充分分り
ますが、「ああ・・ そうだったのか」と今、気が付いたでしょう。その気付きが統べてて有り、
その後の念仏は頑張りではないのではないでしょうか。
 あぁというその時の感動の自然の行動が継続しているのであり、教えの探求もその自身の感情
の因を確かめんとする自身の欲求と思われます。何ゆえ「ああ・・そうなのか」の気付きがが得
られたのか、親鸞さん、御一考下され、御高見を。

124 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/07/07(月) 09:18:30 ID:E0Zjuv2U
   ソVvミヘ/Wv彡vV/ ミ∠ミ:::::ヽ
  ミミ         _   ミ::::::ヽ
  ミ    二__, --、r'"___、 ヾ ト、::::ヽ  暑くなってきたな
  ミレ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ \ヾ:、
  K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"   ヽ i.
 !〉 ー―'"( o ⊂! ' ヽ   ∪   Y_ 
 i  ∪  ,.:::二Uニ:::.、.       l i  
 .!     :r'エ┴┴'ーダ ∪    !Kl     
 .i、  .   ヾ=、__./        ト=  
  ヽ. :、∪ ゙ -―-    ,; ∪ ,!   
  \.  :.         .:    ノ

125 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 09:20:57 ID:MoLnmLah
真宗およびその思想自身が異安心だろう


126 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/07(月) 09:56:31 ID:8Ttr5yuL
>>122-123
 思いついていきなり書くと他人に理解しにくい内容になる。122-123もそんな一つのようだ。
意味が分かりにくかった。失敗だ。

 >>117は頑張ると言うことが、なにかいけないことのように言っている。122-123はそんな印象
に呼応して書いたものです。

 >>117の「頑張るのはやはり自力と思います。」というここの文章は意味が分かりました。そ
れ以降「お気持ちは 〜 人々が得られたのか」は、意味不明の呪文のように聞こえます。「御
一考下され、御高見を。」は分かりました。

 122-123は、要するに、「頑張るのはやはり自力と思います。御一考下され、御高見を。」という
書きこみがあったものとしてレスしました。

127 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/07(月) 09:57:46 ID:8Ttr5yuL
 頑張りは大事なことです。自力・他力などとという以前の問題です。何事にも頑張るのは人と
して当たり前のことです。
 親鸞聖人という方は、非常に頑張る方だったと思います。現代において、親鸞聖人のたくさん
の文書を読むことができるというのは、あの方の大変な頑張りのお陰だと思っています。しかも
生前には、その頑張りを無駄にするような悲しい事件もあったようです。しかし、現代において
宗祖の文書を読むことができるのは、困難を克服した先人達の大変な頑張りがあったからだと思
います。

 犬畜生、虫けら、ゴキブリには頑張りは必要がない。しかし、人間に頑張りは必要です。人は、
まず、社会性ある誇りある健康人でありたいものです。あいつは信心があるケダモノだ。犬畜生
だ。死んだら極楽浄土に行くダニ、ゴキブリだ。社会の寄生虫だ。そのように他人から眉をひそ
められ、背中に唾を吐きかけられるような大信心の人にはなりたくないものです。

 生きているときには信心などなくていい。死んだらたとえ地獄の業火に焼かれても、少なくと
も生きている間は、犬畜生でなくありたいものです。他人から、虫けら、ゴキブリと後ろ指ささ
れる大信心家であるよりも、人々からは仁義礼智信をわきまえた努力家として愛され、尊敬され
るそんな無信心者でありたい。
 犬畜生・ダニ・ゴキブリからはたとえ偽善者・嘘つきと罵られても、死んで仏様になろうとす
るよりも、生きているときにはまず人間でありたいものです。努力と向上を目指す真人間として
ありたい。そう思います。

128 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/07(月) 10:11:42 ID:8Ttr5yuL
>125
 たとい牛ぬすびととはいわるとも、もしは後世者、もしは善人、もしは仏法者とみゆるように
ふるまうべからずとこそおおせられたり。

 信心などなくていい。死んだら地獄に堕ちるなら、そのまま堕ちて行くのもいい。しかし、生
きているときは、仁義礼智信をわきまえた常識人として生きていきたいものだ。

 アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ 野
原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萱ブキ小屋ニイテ 東ニ病気ノ子供アレバ 行ツテ看病シテヤリ 西
ニ疲レタ母アレバ 行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニソウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロ
トイヒ ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボー
トヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ

 死後の往生極楽を願う怠惰な信心者より、今の生き方を大事にしようとする真人間、地味な努
力達を自分の手本にしたいものだ。

 浄土真宗を考えるのは、その先の先、ずっと後、夢の彼方で十分だ。

129 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 10:42:52 ID:MeNbZis/
>126-128
渡海難はゴキブリ以下である

まで読んだ。

130 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 22:44:54 ID:T9CnYF6Q
>121僕なんかは、限りあるいのち、フル活動で生きまくればいい。
阿弥陀さまが憑いてるから、大丈夫。どこまで堕ちようが、どこまで有頂天になろうが、
真実なんてそこにはない。煩悩のなせる業。じゃ、そんな真実らざるものをば
ポイッと捨てといて、弥陀の必ずたすけるをたのめみな人。
お強いですね。実にご立派。

131 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:02:02 ID:54HULpIN
そうですねえ。気持ちの良いくらい前向きな方ですね。
すばらしいと思います。
でも、後ろ向きでも暗くても、救ってくださるんですよね。阿弥陀様は。
それがうれしいです。

132 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:22:03 ID:T9CnYF6Q
117です >128死後の往生極楽を願う怠惰な信心者より、今の生き方を大事にしようとする真人間、地味な努
力達を自分の手本にしたいものだ。
 申し訳ありませんでした。御門徒を侮辱していました。


133 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/08(火) 00:56:55 ID:wVT+6V59
>131
障わらぬことなればとて、人の為にも、腹黒く、すまじき事をもし、言うまじき事をも言わば、
煩悩に狂わされたる義にはあらで、わざと、すまじき事をもせば、返す返す、あるまじき事なり。

勝手なことをやってもいいんだとばかり、他人に対し企みを立て、してはいけないことを行い、
言ってはいけないことを口にすれば、それは煩悩に翻弄されたという意味ではなくなる。悪いこ
とを意図的に行うということは、なんとしてもあってはならないことです(消息集)。


そうですねえ。気持ちの良いくらい前向きな方ですね。すばらしいと思います。でも、後ろ向き
でも暗くても、救ってくださるんですよね。阿弥陀様は。それがうれしいです。


 無上仏と申すは形もなくまします。形のましまさぬゆえに、自然とは申すなり。形ましますと
示すときには、無上涅槃とは申さず。形もましまさぬ様を知らせんとて、始めて弥陀仏とぞ聞き
習いて候う。弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり(親鸞)。

 無上仏というのは形而下の存在ではありません。無形の観念的存在、形而上の存在です。だか
らこそ自然というのです。もし、有形の形而下の存在であれば、無上涅槃とは言いません。阿弥
陀仏というのを始めて教わったとき、無形の観念的概要を明らかにするために阿弥陀仏とい
う概念を使用すると教わりました。阿弥陀仏というのは、無形の観念を明らかにするための試料
です。手段です。道具です。人形です。

 131よ。自然法爾抄を百遍くらい声を出して読んでみるといい。頭がたたき割られるようなショッ
クを受けないと、おぬしのような人間は、ひょっとして、社会の寄生虫、ばい菌になるだけだぞ。

134 :298:2008/07/08(火) 01:50:36 ID:o3OFHSpf
>>131
もちろん、後ろ向きでも暗くても、阿弥陀様は救ってくださると思います。

135 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 00:25:46 ID:mUm89XYS
>131
強い?何が?
強いとか弱いとか、あてはめてない?自分に自分でリミッターつけて。
ホントはなんでも出来るのに、勝手にリミッターつけて、出来ないよ、俺なんかって思ってる。
君は、僕とは経験もちがう、生い立ちもちがうよね。
って事はだよ、君は、僕の持ってないたからものを実は一杯持ってるって事。
阿弥陀さまがいつだって、鬱陶しくてもw憑いてござるなら
「一切衆生を悉く救う」思いをあるじにしようよ。
明日にはなくなっちゃう命を不安に思ってる余暇があるなら、
その余暇を大切に過ごそう。ろくなこと出来ないかもしれないけどさ。
僕の生きた証は、世間にも歴史にも、評価されないことかもしれないけど、
僕は僕の精一杯の人生を生きたって言えるように生きていいんだ。
そんな僕に、命賭けてるお方、南無阿弥陀仏があるからね。
進もう、前へ前へ。
阿弥陀さまがいるよ。摂取不捨の真言が、もれなく憑いてる、憑いてる。
力になってくれる、思ってくれるお方がいるんだから、
突破できるぜ、何事も。くじけたって、絶望の淵に追い込まれても、
俺はいつも見られてる、守られてる、必ず助けるのお呼び声に。
南無阿弥陀仏に。


136 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 00:53:39 ID:4ozrJsI1
憑く、憑いている。何か特別の意味が有るの?

137 :7:2008/07/09(水) 01:53:44 ID:dZUFjzG0
お久しぶりです!皆さんお元気そうで何より。
調熟の光明は皆さん全員浴びているのですから、阿弥陀様のお育てに感謝して南无阿彌陀佛。
摂取の光明に救われた方はもちろん御恩報謝の南无阿彌陀佛。
みんなみんな、南无阿彌陀佛。信前も信後も南无阿彌陀佛。
嬉しい事です。

138 :298:2008/07/09(水) 02:11:41 ID:4G7sVeym
>>137
7様、お久しぶりです。お元気そうで、何よりです。
本当に、すべてが、南无阿彌陀佛、南无阿彌陀佛ですね。

◎此処に居ながら 畳の上で、他力不思議の 南無阿弥陀仏、
機法一体 願行具足、助け給えも 助かる法も、何もかも皆
此御六字に、こめて収めて たたんで巻いて、是をやるのじゃ
貰えよ早く、貰えさえすりゃ 悟りの都

南无阿彌陀佛

139 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 07:27:37 ID:mUm89XYS
>136
別に意味ないんだけど、憑む(たのむ)って、親鸞聖人が使ってるから、
ためしに使ってみた。キツネ憑きとか言われるから、
あんまりいい表現じゃなかったかも。


140 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 22:33:44 ID:egOrErGq
信心決定っていうのは一つの体験じゃなくて、状態を言うんだよね。
どんな体験をしても、その後、信心がくずれたら、妙好人とは言わない。

特定の体験をよりどころにして、その体験があるから助かっているとかいうのは、なんか違う。
特定の体験をさせることを表看板にしてるのは、なんか間違えてる。

今救われている、という思いが臨終一念まで続くのが、光明に摂取されているすがた。

141 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 22:53:08 ID:aBg3lQjQ
「今救われている」 と 「すでに救われた」 

どう違うんでしょう。

わたしには後者のほうがしっくりきますけれど。


142 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 23:54:39 ID:egOrErGq
「すでに救われた」というのは体験をたよりにしてる、つまり自分で何かにすがりついてる状態。
なんか重たい感じがする。
すがる手を離して、一切をうちまかせたら、軽々と楽になるのにね。

前に誰かが書いてたけど、仏教は今を大切にする教え。
過去に頼らず、未来を頼まず、
いま、阿弥陀仏に救われている、ということが大切。

143 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 01:12:06 ID:8vDZLuBN
>142
超同感。

144 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 14:28:58 ID:prKzRqRL
75 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/10(木) 11:45:05 ID:lgFNLOcR
 オナニーを行う場合、目的・目標をはっきりさせることは非常に重要だ。何かを行なおうとして
も、目的・目標が不明確な行為は行き詰まる。
 目的・目標は客観的なものであることが必要だ。オナニーでも、神話的、神懸かり的な目的・
目標を設定することは、慎まなければならない。

 自分はなぜオナニーを主催しようとするのか。人はそこになぜ集合してくるのか。ズリネタ
(エロ本)は、社会に何を提供するのか。これは神話の話ではない。物事は実利主義で考えて
いく。ラーメン屋さんが、多忙な仕事の合間になぜ参加しに来るのか。警備員さんが、なぜパ
ンツを脱いでやってくるのか。税理士さんが、警備員さんや電気屋さんや学生さんと同席し、何
を学ぼうというのか。家庭の主婦が、子供をおぶってでも、何しに来るのか。オナニーの目的は
ほかでもない。人生の危機管理対策なのである。

 法律問題で悩めば弁護士に相談すればいい。生活問題で悩めば、社会福祉事務所に相談する。
資金繰りに苦しめば、銀行に相談する。あるいは公的資金の相談窓口に相談に行く。健康問題で
苦しめば医者・保健所に相談に行く。精神が病めば、精神科医に相談行く。その外、学校、警察、
図書館など、相談窓口は社会にたくさんある。従来の相談窓口はほとんど縦割りだった。現代で
はインターネットという、強力な問題解決ツールもある。しかし、それでもなお、人の悩み苦し
みは尽きることがない。相談する場所、相談する相手のない問題が無数にある。

 放置できない問題(後生の一大事)で相談先がなければ、最後に頼るのは結局、自分一人であ
る。自分の体の中に忘れていた重要なヒントが隠れてないか。ヒントとヒントをリンクさせれば
解決策が見つかるのに、無用な執着でリンクを拒否し、自分で自分の首を絞めていることはない
か。そういうことを見直す自慰行為が必要になるのだ。

145 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 14:31:20 ID:prKzRqRL
76 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/10(木) 11:46:07 ID:lgFNLOcR
 環境の急変について、頭の一部だけが認識し、そこに解決策が無ければ全身がパニックになる。
頭の一部だけが活動していればそれだけで生活が快適に推移していく生活に慣れると、使わない
生殖器は怠惰になる。怠惰になった部位は、環境が急変しても動こうとしない。通常使っていた
部分だけはオーバーワークになれば、そこはパニックを起こす。こういうとき、使い慣れていな
かった部分の生殖器も目覚めて貰わなければならないのだ。

 オナニーとは、従来の生き方では間に合わなくなった人生の危機に立ったとき、脳の一部だけ
ではなく、体全体がその問題にむけて能力が全開するように準備する危機管理のためのオナニー
である。
 オナニーで大事なことは、参加者一人一人が、自分の危機管理に向けて事実上の結果を出すこ
とができるか、ここが勝負の分かれ目である。オナニー主催者は、とりわけ全員が、結果を出す
ことができるか、ここが勝負の分かれ目である。

 オナニーは、目的・目標を据えたら、その次に方法論をたてなければいけない。それを考えて
いこう。

146 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 22:11:50 ID:DgCOrZrN
>>140

>今救われている、という思いが臨終一念まで続くのが、光明に摂取されているすがた。

そのとおりですが、しかし、かならずしもそれが絶対条件というわけではないと思います。
死に臨んで心が揺れ動いたにしても、ひとたび光明に摂取されたからには、それが往生の障りにはならないのでは。
「今救われている」 、「「すでに救われた」  どちらも「体験」なんじゃないでしょうか。


147 :117:2008/07/10(木) 22:49:34 ID:mZz3L6Lg
>123親鸞さん。あなた頑張って書いたんですね。それが自力だったんですよ。お気持ちは充分分り
ますが、「ああ・・ そうだったのか」と今、気が付いたでしょう。その気付きが統べてて有り、
その後の念仏は頑張りではないのではないでしょうか。
 あぁというその時の感動の自然の行動が継続しているのであり、教えの探求もその自身の感情
の因を確かめんとする自身の欲求と思われます。何ゆえ「ああ・・そうなのか」の気付きがが得
られたのか、親鸞さん、御一考下され、御高見を。
 何か私の言い方が悪く、誤解を持たれたようです。ご上人の教えを伺い「気付き」を得たのは
下品下生の我が身で有ります。もしや、教えを説かれるご先達方々の過程を統べて「自力」と
言われえるのでしたらまた違う考え方も出来ましょう。

148 :117:2008/07/10(木) 23:09:27 ID:mZz3L6Lg
>統べて「自力」削除
統べて「自力や頑張り」
 

149 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:52:09 ID:+6qbNAJc
>>146
本当に「ひとたび光明に摂取され」るということは、「今救われている」という思い
(つまり信心)が続く、ってこと。
光明に摂取され、名号と一体になっているから、信心が崩れない。
心(意業)が乱れても信心が崩れないから、差し支えなく往生できる。

「あの時救われたから大丈夫!」とか、いくらがんばってみても、
肝心の信心が崩れていたら、その時点で往生は不可。

>「今救われている」 、「「すでに救われた」  どちらも「体験」なんじゃないでしょうか。

持続する「状態」と、過去のものである「体験」を一緒にしたらいけないと思うよ。


150 :298:2008/07/11(金) 04:05:13 ID:0CVZTCdC
>>149
「体験」というのも、現在の意業に過ぎないのではないでしょうか。
過去の体験を思い返したつもりで、それが何だと言うのでしょう。
重要なのは、弥陀の真実信心に他なりません。
南无阿彌陀佛

151 :298:2008/07/11(金) 04:06:36 ID:0CVZTCdC
>>149
また、崩れるのは、自力の信心です。
弥陀の信心が、どのようにしたら、崩れるのでしょうか。
私の心をあてにしても、水面に画ける絵のごとしで、
何のあてにもなりません。
南无阿彌陀佛

152 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 12:27:05 ID:7bIj6pgW
ブログ親鸞仏教 更新しました。
  www.しんらん.jp/


153 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 14:29:19 ID:r0xy7FLf
>「あの時救われたから大丈夫!」とか、いくらがんばってみても、
肝心の信心が崩れていたら、その時点で往生は不可。

それはそうですけれど、なにか「すでに救われた」という状態を、頭から否定しているように聞こえるのですが。
過去現在未来、いつ救われても弥陀の信心は同じなのではないでしょうか。



154 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 20:47:28 ID:OFVmPUfY
>>151

確かに観経疏で善導さんが言ってるね。
「たとい清心をおこすといえども、みずに画せるがごとし」

155 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:06:10 ID:+6qbNAJc
>>151
>私の心をあてにしても、水面に画ける絵のごとしで、

そうそう。
一度、水面にそれっぽい絵が書けたからといって、それをあてにするようでは、ね。
水面に絵をひとたび書かせて、これでよしというような団体はおかしい。ってこと。

ふたがとれて、月が映ったら、以降ずっと月が映りっぱなしということが大切。

ちなみに、自称善知識が「ほら、これが月ですぞ」と示したものを月と思ったらダメだよ?


156 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:50:05 ID:+6qbNAJc
>>153
>それはそうですけれど、なにか「すでに救われた」という状態を、頭から否定しているように聞こえるのですが。

「すでに救われた」と言う言葉の裏には、過去の体験を確認せざるをえない
不安が見え隠れしてるんだよね。

例えば、その体験がきれいさっぱりなかったとしても、今、往生一定と言い切れる?


157 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:57:44 ID:ZrV2dNf5
>>155

月が映っていると認識するのは、これも凡夫の体験なんじゃないですか?


158 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 00:02:55 ID:lg0W28oX
>>156

>例えば、その体験がきれいさっぱりなかったとしても、今、往生一定と言い切れる?

それは言い切れません。というか、無理です。
南無阿弥陀仏を称えることがなくて、なんで往生できるでしょう。
あなたのおっしゃることを考えれば、私にはそういうふうに思えます。

159 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 09:27:24 ID:bkW5k29p
J仏教なんてただの世襲の葬儀屋だぜ、相手にするなよ。
ニセモノの自称仏教イラネ

160 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/12(土) 13:02:43 ID:FSd8d++u
 極楽往生とはどういうことか。元親鸞会員の田中氏とチューリップ企画
との間で、長い論争が行われていました。

 両者の議論は噛み合わないまま、物別れになったようです。

 積み残された論点は数が多く、議論を見守っていた人々の中でも
煮え切らない不満があるようです。

 問題になった論点について、僕なりの立場から考えを提唱してみたいと
思います。

 ブログであらたなカテゴリーを立てました。

 ブログ親鸞ブッキョウ  www.しんらん.jp/

161 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/07/12(土) 13:29:13 ID:EJv2kHQ9
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
    (  人____)
    |ミ/# ー◎-◎-)
    (6     (_ _) )
    | ∴ ノ  3 ノ
     \_____ノ
     /       \
   _| |       | |_
   ||\          \
   ||\\          \
   ||  \\          \.    ∧_∧
.       \\          \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.        \\          \ /    ヽ
.          \\         / |   | .|
.           \∧_∧   (⌒\|___/ /
            ( ;´д`)目合わせるなって     ∧_∧
            _/   ヽ          \    (    ) うわー、こっち
            |     ヽ           \   /   ヽ、 見てるよ

162 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 18:03:59 ID:8zsjkhTI
>158
言い切っていいんですよ。
そうじゃなければ、体験に依っているのではないと言う義が立たない。
あと、南無阿弥陀仏は称えるべきと勧められるけど、
称えた事は往生の正因じゃないよね。そうであれば、
極端な話、たとえ称名を称える事が出来なかったとしても、善知識のもと、
摂取不捨の誓いを聞いて、信楽開発すれば、往生治定と言う事。清浄之因唯信心と言う言葉に従えば。


163 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 18:23:59 ID:8zsjkhTI
>162蛇足
多分、真実信心必具名号と言う言葉が、反論として考えられるけど、
そしたら、清浄之因唯信心との言葉と矛盾なく、称名と信心との関係性を顕らかにしなければ、
親鸞聖人は、片や必具名号と言って、片や唯信と言ってる二枚舌の人って事になっちゃう。
どうする、どうする。

164 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 18:27:25 ID:v2Tb1W3Z
よく体験って言葉がつかわれてますが、皆さんの言うところの体験とは具体的に何なんですか?
あと、お念仏は感謝であって、往生とは関係ありません。
往生の因はあくまでも信心。
今更言うまでもないのでしょうが、信心正因称名報恩です。

165 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 18:44:22 ID:v2Tb1W3Z
真実信心必具名号。これはあくまでも信心の体は名号であるという意味ですね。
教学的に?言うなら、阿弥陀仏の名号が私に届き、その名号が私の上に信心となってあらわれる。とでも言えばいいでしょうか?

したがって、この名号は称名念仏とはわけて捉えるべきでしょうね。

166 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:01:43 ID:kg2KWTeL
>>165
>教学的に?言うなら、阿弥陀仏の名号が私に届き、その名号が私の上に信心となってあらわれる。とでも言えばいいでしょうか?

それじゃ信心の体が名号であるとは言わないな。名号とあなたの信心が別物だから。自力やね。

名体不離の名号だからだよ。分かるかな?

167 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:08:51 ID:v2Tb1W3Z
残念ながら分かりませんね。
何をもって自力だと仰ってるのか分かりません。
だからと言って説明して頂かなくても結構ですよ。おそらく何の説明もなく「それすら分からないとは話にならないね。」とでも言われるだけでしょうから。
それに別にあなたにどう思われようが構いませんし。

168 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:29:16 ID:vFQOR4KR
>>162

>そうじゃなければ、体験に依っているのではないと言う義が立たない。

そういう義があるのは知りませんでした。
それに私は体験に依っているのではないとは言っていません。
肉体を持って生きていくうえで、あらゆる感覚器官から受ける刺激や、身口意のはたらきを通した体験を抜きにしては、なにも成り立たないのではないかと思います。
信心も称名も体験としてとらえるのは間違いなんでしょうか。


169 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:30:12 ID:vFQOR4KR
>>163

そういう難しいことをおっしゃられてもよく分からないので、「どうする、どうする。」と言われてもどうもできません。

少し呆れはしましたけれど。

170 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 22:15:31 ID:8zsjkhTI
>165
それは違いますね。行巻には、
「しかれば、名を称するに、よく衆生の一切の無明を破し、
よく衆生の一切の志願を満てたまふ。称名はすなわちこれ最勝真妙の正業なり。
正業はすなはちこれ念仏なり。念仏はすなはちこれ南無阿弥陀仏なり〜」と言われています。
さすれば、弥陀の仏名を称えるという行為は、正しくこの世界において、
最も尊い業と言わねばなりません。煩悩の発生源である無明を破す、とまで言われるのですから。
膨大な功徳利益をもたらす最勝の行いと言わねばなりません。
そののちに、六字釈によって、この称えている南無阿弥陀仏の本質は何か?
と言うところに行き当たるわけです。
称名と言うも、その本体は南無阿弥陀仏であって、
さらに南無阿弥陀仏の本体は何かと突き詰めれば、
「如来すでに発願して衆生の行を回施したまふのこころなり」
即ち、本願力回向、本願他力なんだって事です。これは信巻へのプロローグと考えていいでしょう。
信から行へが、普通一般の仏道修行のプロセスでしょう。
何故なら、信じたから、行ずる、というのが至極当然だからです。
この人の言っている事は本当だ、信用に値する、と信じ、
それに準じて行動を起こすのが、我々の常の姿だからです。
この商品はなるほど信頼できる素晴らしいと信じてから、
買うという行為が起きる。この方程式にあてはめるなら、
「教信行証」と言う構成になっていなければ、
おかしい。でも、親鸞聖人は「教行信証」と語られるんですね。
〜つづく〜

171 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 22:26:36 ID:8zsjkhTI
>169
ごめんなさい。
体験すると言った時、体験したのは、誰が体験したのかと問われれば、
私以外にありませんよね。ところが、私達は、末代無痴の凡夫と言われます。
その煩悩具足の私が体験したことが真実だと言えますかって事です。
それが、救われたでもいいし、気分がよくなったでもいいのですが、
その体験をもって浄土往生が叶うと言えるか、
即ち親鸞聖人が言われる真実信心と言えるだろうか?ということです。


172 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 22:58:35 ID:auo6aKJt
>>171

>その煩悩具足の私が体験したことが真実だと言えますかって事です。

言えるかどうかはわかりません。
しかし、体験してみないことには何もわからないのもまた事実だと思います。
念仏為本、信心為先とは、そういうことではないのかなと思うのです。

ここを読んでいるうちに、教学というものはたいへん膠着したものだなあという思いがしたので、素人考えについ変な書き込みをしてしまいました。お許しください。


173 :298:2008/07/13(日) 01:58:40 ID:gcoAGi+V
>>172
教学で助かるわけではないですからね。
言いたい人には、言わせておけばいいと思っています。
理屈では助かりません。
一文不知の方も助かる教え。
素朴な感覚が大切だと思います。
南无阿彌陀佛

174 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 02:08:49 ID:5lVRVBHW
>>158

ちょっと無茶な質問だったかも。ごめん。

大切なのは、今現在、本願を信知して南無阿弥陀仏を称える身であること。
それに比べたら、過去の特定の体験は、あってもなくても同じようなもの。

信心開発というのは、何かの免許をもらうようなものじゃなくて、
阿弥陀仏の本願に対する信が起こさしめられる、一番最初。
その後は、その一念と同じ信が、他力によって起こされ続ける。


175 :298:2008/07/13(日) 10:35:25 ID:0Fn9N9Cb
>>174
因があって、果があるのですから、過去の特定の体験が異なれば、
現在の状況は、異なるのではないでしょうか。
現在は、過去から独立しているのでしょうか。
「宿縁」を、忘れてしまってはいませんか。
ましてや、光明のご縁を忘れることがあって、良いのでしょうか。
無記になるかもしれぬ私たちですが、意識ある間は、
御恩を感じ、お念仏申したいものであると思っております。
南无阿彌陀佛

176 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 12:54:47 ID:ftkobyih
>172
現代は、体験という執着が強化されたんです。これは近代自我主義を選択し、
それに基づいて教育されてきたのだから、当然の結果でしょう。
しかし、仏教は「それは真実か否か」を問います。
さて、
弥陀の救済、本願力即ち「必ず浄土に生ぜしめん」「必ず仏と成さしめん」
が働いている、という表現と、弥陀の救済を私が体験する、
ここには雲泥の差があります。片や、弥陀にまかせたすがたであり、
片や、弥陀にまかせた自分の体験を重視するすがたです。
ためしに、妙好人と呼ばれた方々が「私は信心開発という体験をしました」
と言われている所を探してみるといいですよ。
まず無いと言っていいんじゃないかな。
私の体験より、弥陀が必ず助けると誓われた事が最重要事であるからです。
そして、弥陀の本願が働いているのは、有限の存在である無常の私にとっては、
「ただ今」しかありえません。過去は過ぎ去り、未来は未だ来ない。
杞憂や体験を真実絶対だとし、そこに基を置くのならば、
結局、無常をたよりにしていくだけの生き方になり、
無常であるがゆえに迷惑も苦悩も消滅する事が無いってことです。


177 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 12:56:12 ID:+h/I8Z15
>170
何を仰りたいのかイマイチ分からないのですが、何が違うんでしょうか?
名号とは即ち私を救わんとする弥陀の本願力そのもの。その名号が私に届き、私をして信心獲得せしめ、その後には報恩感謝の称名となりてあらわれる。
私はそうお聞かせ頂きましたが、何か間違ってますでしょうか?

178 :298:2008/07/13(日) 13:03:52 ID:0Fn9N9Cb
>>177
私は、177様と同意見だと思います。
六字こそが、信の体です。
自分で塗り固めた信など、たよりにならないと思っております。
南无阿彌陀佛

179 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 14:26:01 ID:ftkobyih
>177
ごめんなさい。書きかけのままでした。
信巻の「真実信心は必ず名号を具す」で言われる名号は、南無阿弥陀仏のお働き、
いわゆる法体名号を指すのではなく、私たちが称える称名と言わねばならない。
結論から言えば、以上です。


180 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 17:30:45 ID:+h/I8Z15
なるほど。必具名号の名号の部分でしたか。
今あらためて調べましたら、確かに私が間違っていました。申し訳ありませんでした。

298さん、ご意見どうもです。

181 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 00:07:14 ID:+ZbO+dBu
>>175
>因があって、果があるのですから、過去の特定の体験が異なれば、
>現在の状況は、異なるのではないでしょうか。

私たちの過去の特定の経験は、往生の因とはなりえませんよ。

>ましてや、光明のご縁を忘れることがあって、良いのでしょうか。

今現在の光明のご縁を、過去のものとして、良いのでしょうか?


182 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 14:38:53 ID:SYPL6V+E
過去の特定の経験にこだわるべきではないのなら
面授口訣とか次第相承とかはかならずしも、というか、
まったく必要ではない?
かならず助けるという弥陀の本願を、自分なりに信じると
いうことでOKなのかなあ。



183 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 14:41:07 ID:k+VXVtli
顔面評価スレで「はっきりいいます。生理的に無理です。私みたいになんとなくそう思う女性は多いと思います。」って言われました。俺は何を思って生きたらいいんでしょう。晒しまくったら何十回も生理的に受け付けない顔と言われました。みなきゃよかったと…

184 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 16:32:09 ID:35rqlNdA
>182
他力信心に、面授口決だろうとも、次第相承だろうとも、
何物も一切差し挟めないでしょう。
一心一向に弥陀をたのめと言うみ教えにしたがって(このことを
私に教えてくれた方が「私にとっては」善知識ね)、
弥陀を一心一向にたのむ生活をおくる。
弥陀の悟りの功徳を頂戴しながら生きるから、
自ずと現生十益に言われるように、ご利益多き人生を歩む事になると。
平生業成ですね。


185 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 16:37:59 ID:35rqlNdA
>183
人形は顔がいのちかもしれないけど、人間は人生がいのちさ。
くよくよばかりしてると、くよくよ人生になっちゃう。
そっちの方が問題じゃん。気にはなっても、気にすんなって。
ドンマイ、ドンマイ!


186 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 17:31:27 ID:ZS7BknvQ
>>184

たのむ一念の時、往生は一定と存じるものなのでは?
平生業成は一念で定まるものなのでは?
あなたは一心一向になったつもりで日々生活されているのですね。
達者な内はそれでもいいでしょう。しかし明日も分からぬ身で、一心一向に日々弥陀をたのむ生活などあり得ない話。
所詮は自力の域を抜けていない。

往生一定の一念に全てが籠っているから、いかに己が生活しようが、
どんな死に様になろうが関係がない。四種の往生はそれを教えている。


187 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 21:57:27 ID:35rqlNdA
>186
どんな死にようになるかなんて、逆立ちしたってわからないのに。
未来は未だ来ないんだから。
病気になって、親の顔もわからなくなって、自分の名前もわからなくなって、
ま、そういう風に終わってしまうかもしれないけど、
口に世事を交えず、高声念仏で、感謝に満ちあふれて終わるかもよ。
脳内麻薬が分泌されて、二十五菩薩が紫雲に乗ってお迎えにくるのが見えちゃうかも。
想定不可能のものを想定するのはナンセンスって事。
そんな不定な事ばかり、気にして生きてるなんて、生ける屍みたいなもんだ。
つもりも何も、今、若不生者の誓いを聞くだけ。それに基づいて念仏申し、生活するだけ。
別になんたることもないやね。


188 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 22:45:46 ID:h62jk7CX
なるほど。
よく分からないけど、なにも心配せずに念仏しろってことかな。
で、187さんの往生は治定ですか?

189 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 00:11:41 ID:A2EJqFxt
>>188

残念ながら20願止まり。

190 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 00:15:07 ID:s06U12RN
>188
それじゃあ、阿弥陀さまに聞いてみようか?
ぴっぽっぱっぽっぴっ。
「もしもし、如来さま。若不生者のお誓いは、真のお心で起こされたのですか?」
「そうですよ、あなたに真の心が無いからね。それではあなたは浄土往生は言うにおよばず、
ずーっと迷い続けちゃうからね。」
「そうでしたか。じゃあ、その真のお心をたよりに生きていきます」
「いつも護ってるからね、みんな見てるからね」
「ありがとうございます」
信心決定したか否かを凡夫の心に聞いたって、土台、真の心などありゃしない。
聞くだけムダな話じゃないか。若存若亡の凡心、信外の軽毛。吹けばどっかに飛んでくよ。
いつでも、間違いない仏に聞く。聞其名号は信心歓喜。
摂取不捨の真言まことなるかな。


191 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 00:29:48 ID:s06U12RN
>188
何も心配せず念仏称えるなんて出来んの?スゲーなあ。定善の人?
末法濁世にそんな人いるんだ。築地市場の中に、虎が歩いてるより珍しいわあ。
私には出来そうもないよ、明日のことさえわからないのにさ。
私は、何の心配もせずに念仏称えなさいなんて書いた覚えはないんだけど。
弥陀の「必ず浄土に往生させる」この誓願ひとつをたのめって
勧めさせていただいてるだけなんだけど。
さすれば、必ず現生に十種の利益を得るよって事。
入正定聚の利益があるんだから、死は解決だよね。
必ず浄土に生まれるに退転しない仲間が、正定聚なんだから。

192 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 01:07:25 ID:0wkI5Gxa
>>186
>しかし明日も分からぬ身で、一心一向に日々弥陀をたのむ生活などあり得ない話。

有り得ちゃうんだよね。これが誓願不思議。凡夫の智恵で理解できる範囲を超えてる。

日々、一心一向に弥陀をたのむ心が、他力によって起こされ続ける。
これが信心決定したるすがた。

むしろ過去の特定の体験をよりどころとしている人こそ、自力。


193 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 13:56:57 ID:QxpazYNt
たぶん効能書きを読んでるだけなんだろうなあ
と思ってしまうオレは邪見のカタマリ。

おどろかす甲斐こそなけれ村雀耳慣れぬれば鳴子にぞのる

194 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 14:33:37 ID:QxpazYNt
しかし御伝鈔なんか読んでると、体験とかたくさん出てくるような気がするし

195 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 14:46:05 ID:A2EJqFxt
>>192

ブッブー。誤りでしゅ。それでは他力誓願不思議の言葉に酔ってるだけ。

口伝鈔読んでみ。

「さればいくたびも、先達よりうけたまわり、つたえしがごとくに、他力の信をば、一念に即得往生ととりさだめて、
そのとき、いのちおわらざらん機は、いのちあらんほどは、念仏すべし。これすなわち、上尽一形の釈にかなえり。
しかるに、世の人つねにおもえらく、上尽一形の多念も、宗の本意とおもいて、それにかなわざらん機の、すてがてらの一念とこころうるか。
これすでに、弥陀の本願に違し、釈尊の言説にそむけり。そのゆえは、如来の大悲、短命の根機を本としたまえり。
もし多念をもって、本願とせば、いのち一刹那につづまる無常迅速の機、いかでか本願に乗ずべきや。
されば真宗の肝要、一念往生をもって淵源とす。」

以上終了。

196 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/15(火) 16:56:02 ID:Tiz1tx0/
>>195
 195よ。往生をもたらすその一念の念仏とはどんな念仏なんですか?。一度称えたら、金輪
際二度と念仏を称えないという、そういう種類の念仏なんですか?
 それとも、一度称えたら、次にも、次にも、命ある限り繰り返し、繰り返し南無阿弥陀仏が重
ねられていくことが、当然のようにして予定されている、そういう念仏なんですか?。
 貴方は、一念の念仏で往生が決まったら、二度と念仏を称えないのか?それとも、当然のこと
として、次にも、次にもひたすら称え続けていくのか?。どっちなんでしょうね。

 貴方の一念の念仏は、二度と称えないでいい、そういう念仏なんですか?一念の念仏が、念仏
を称えないでいいことのいいわけに使われている気がしますよ。

 「要するに、自分は念仏を称えたくないんだ」と、あなたは言っているんでしょう。貴方は、念仏が
好きですか、嫌いですか?

 自分は念仏が嫌いなんだ。念仏なんか称えたくない。そう思うなら、屁理屈はいらない。堂々と腹
を決めたらどうですか?
 貴方に、念仏を称えてくれなどと、そんなことを頼む人も、勧めている人もいないんですよ。その
ことをしっかりと認識しようよ。念仏なんか頭から忘れるといいでしょう。

197 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/15(火) 17:08:59 ID:Tiz1tx0/
>196
 195を考える分かりやすいたとえ話に気が付いたよ。

 一度称えたら、もう二度と称えないでいい。なぜならそれで往生は決定したのだから。つまり称
名念仏が、極楽往生取引の交換条件になっているんだね。お金を払えばディズニーランドに入
場できる。入場すれば、もう入場料は払う必要がない。金を払ったか払わないかで入場の可否が
決まる。念仏を称えたか称えないかで、往生できるかどうかがきまる。一念の念仏とは、往生極
楽の通行料なんだろうね。
 入場料は一回払えばいい。これが阿弥陀の本願である。御伝抄の教える195の考えた往生極
楽のノウハウのようだな。


198 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 18:08:21 ID:Tiz1tx0/
 一人の人物が、ディスニーランドの正門から、大手を振って中に入っていった。

警備員「お客さん。お客さん。入場料を払って下さい」
客 「む?。入場料? そんなものは、10年前に一度払ったわい。」
                                         <誤伝笑>

199 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 18:29:15 ID:QYYKfTsS
>>196-198
キモヲタ糞オヤジはこのスレから消えろ!


        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

200 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 19:07:44 ID:A2EJqFxt
>>196-198

ブーブー。新興宗教開祖の外道はお呼びでないずら。
口伝鈔を引いただけで勝手な妄想しない方がいいぞい。
これを否定すればお前さんが外道確定だぞ。

以上終了

201 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/15(火) 19:49:11 ID:Tiz1tx0/
>200
>新興宗教開祖の外道はお呼びでないずら。

 まあ、新興宗教開祖の外道は呼ばなくてもいいが、先人の真意は正確に理解しておきたいものだ。

>これを否定すればお前さんが外道確定だぞ。

 僕が口伝鈔を否定した?。心当たりがないな。まあ、覚如の書き物なんかは、僕は嫌いだけどね。

 僕はA2EJqFxt>>195を否定したんだよ。A2EJqFxtは、自分が否定されると、口伝抄が否定された
ように錯覚するのか?。
 A2EJqFxtは、教祖になって口伝抄で新興宗教でも起こそうというのか?

 自分と口伝抄との区別が付かないというのは、いささけ幼稚じゃないか?それでおぬしは、自分が
20願を越えて18願に入っていると(>>189)、錯覚しているんか。
 おぬしの新興宗教は、三日と持たんぞ。

              以上終了   −笑−

202 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 20:12:19 ID:s06U12RN
>194
例えば?
>195
善知識に遇って、仏願の生起本末を聞き、信心決定するも、
僕らはすぐ死んじゃうような短命なものだから、
南無阿弥陀仏の南も言わないうちに息絶えるかもしれない。
阿弥陀さまはそれをよくご存知だから、信心決定をもって浄土往生の因とされたと。
でも、信の一念は相続心であります。あながちにブ、ブーとは言えないんじゃないかな?


203 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 20:13:13 ID:A2EJqFxt
>>201

釣れたずらw

全部そっくりおぬしに返しますわ。
十八願は遠いのぉ。

以上釣り終了

204 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/15(火) 21:03:05 ID:Tiz1tx0/
>203
 釣りごっこだったの?
 大きい餌だったな。自分の体そっくりそのままを釣り糸の先にくくりつけ、
私を食べて下さいと獲物に餌として我が身を差し出すとは、お主もたい
そう愉快だな。

 これじゃ18願など、夢のまた夢。 −笑− 

205 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:45:49 ID:IpDpdFUq
たのむ心が他力によっておこされ続ける念仏 と 御恩報謝の念仏
これって同じもの?


206 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:53:16 ID:0wkI5Gxa
>>193
せめて効能書きを照らし合わせないとね。
御六字と違うものを、飲まされてるひともいるかもしれないから。

>>195
前後をよく読んでね。これは、多念の功をもって往生しようとするのは自力だよ、ってこと。

「一念は多念のはじめたり、多念は一念のつもりたり。ともにもつてあひはなれずといへども、
おもてとしうらとなるところを、人みなまぎらかすものか。」(口伝抄)

最初の一念で往生治定したらその先は、命ある限りその状態が念々に続くわけ(多念)。
いずれにしても、「今助かっている」こと=今、信の一念があることが大切。

>>205
他力によって信が起こされるから、口に称える御恩報謝のお念仏がある。
でも、口に称える御恩報謝の(つもりの)お念仏があっても、信があるとは限らない。


207 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:01:07 ID:x3+pqiWg
名前:渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 投稿日:04/05/10 19:39
>>508
さてその信仰といふはいかやうなることぞといへば、ただ「南無死に神様」なり。この南無死に神様の六
つの字のこころをくはしくしりたるが、すなはち信仰のすがたなり。
 されば、南無死に神様といふ六字の体をよくよくこころうべし。まづ「南無」といふ二字はいかなる
こころぞといへば、理屈を抜きに死に神様がいるのだと信じたてまつりて、霊魂を天国に導いてください
とふたごころなく、死に神様の存在を信じまゐらするこころを、すなはち南無とは申すなり。

つぎに「死に神様」といふ四字はいかなるこころぞといへば、いまのごとくに死に神様の存在を一心に
信じ、疑いのこころのなき人を、かならず死に神の御身より、あーら不思議に光明を放ちて、照らして
くださいます。そのひかりのうちに摂めおきたまひて、さて死ぬときにはかの死に神様は、霊魂を天国
におくりたまへるこころを、すなはち死に神様とは申したてまつるなり。

 いいことをすることは雑行、自力です。悪いことをしてもいいんですよ。所詮、この世は意味がない
ところです。大事なことは天国に行くことです。さあ、死に神様の天国に一緒に行きましょう。


208 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 08:28:28 ID:ziRGd0vA
パロディにしていいものと悪いものがあるんじゃないかな

209 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 11:57:41 ID:h1nOygaa
仏願力にはからわれながら、日々時々をおくる。
煩悩中心の私が、仏願力に帰る。
真実は「必ずたすける」と誓われた仏心だけ。
この御心に順ずる生活は、真実心のもたらす落ち着きがあり、歓喜心がもたらす楽しみがある。
苦に苦を重ねる生活が、摂取不捨の大益によって、日々転ぜられていく。


210 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/17(木) 13:07:11 ID:jhW5LtvS
>209
 浄土真宗では、新手の呪文が発明されたようですね。
 意味不明の怪電波は、インターネットに乗せない方がいいだろう。
宇宙人が誤解する。

211 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 14:21:03 ID:0ArzPDXu
>>210
意味不明の怪電波を発してるのはてめーだよ
                                          ' ,; `, ; ` ; ,
                 ボォオオオオオオオオオ          ;  y"'(,;r_ソi,;  ,
                                         ノ;";;',,,u`゙;,゙`,,;;.´`r;
     /  ̄ ̄ ̄\                           ´; (,,'_;、;_;;',;人;;';`:;)
    /      \ ,,/丶                          ヽ(;,◎-◎一;;u:ヽミ/
    /     (●_ (●                        ´,,;)(";;(。。;;(´";゙,;;`9)
    |     ::⌒(__人_))                   ; ゙、  ノ;,‘"ノ{、;ε`,;;,';;u゜,, "イ
.    \     `ー'/               '′,;  ;ソ′ノ},; ' ; "; ,',ヽ;;';_;;;;_;;_`,;イ二)
   √/⌒\ーィ´l≒ーaQ___ハ,,''",_,,'′;⌒",⌒'"~`,,,´ ,"彡"从;;:´'';´~゙゙;((´⌒:)~ヘ
   _|\ ir─┴!ー─,=ァ───‐';y、〜〜、,     ''       ≠ ル'";; " ;|___|  }
    |___|  `ー─┬'ーtョ'       ′    `゙ーヾン,,"   ,; ; ,,  从"‘     |  |  ロ ←渡海
.   VII| ー──‐l                  '   `゙ヾ;;;;ン,,,ノ;Y;≒;;,',`_____| ,人_}
       |   / /                       ,´       ;,ヾ、  、,   (_,,ソ
        |__/,__/                        ;          |__,|____,|
       └一ー一                               ノ'__}("___}

212 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 15:19:09 ID:I9tPfJIW
>>210

ってか、この人ある意味おもしれー!!
怪電波是非俺にも飛ばしてくれ!!座禅しながら発するのか??

213 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/17(木) 20:05:43 ID:jhW5LtvS
>212
>この人ある意味おもしれー!!

      ある意味?。どういう意味だね?

>怪電波是非俺にも飛ばしてくれ!!座禅しながら発するのか??

 電波をとばせ?。難しいな。 電波には同調する波長が大事なんだよ。
 おぬし、親鸞さんと同調しているようには見えないな。親鸞さんと波長が合わ
ないおぬしの電波に合うような電波を送るというのは、並大抵ではない。

214 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:00:51 ID:h1nOygaa
他力というは本願力なり。他力信心と言うならば、本願力回向の信心と言わねばならない。
我執によってこしらえられた信心ならば、本願力回向の信心とは言われない。
真実信心の人は、この本願力回向の奴隷である。
自力信心の人は、自力の見解と感覚の奴隷である。
本願力回向の奴隷の足枷は、弥陀の本願だけである。「必ずたすける」これだけ。
自力信心の人は煩悩の奴隷である。我が感覚を信じ、我が感覚を主人とし、
他者と対峙する。他者も、また我が感覚を信じ、我が感覚を主人とするものである。
何度輪廻を繰り返しても争いは絶えることがない。自力の迷妄の失である。



215 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:24:17 ID:VQCS9vIf
>>214

>自力信心の人は煩悩の奴隷である。我が感覚を信じ、我が感覚を主人とし、
>他者と対峙する。他者も、また我が感覚を信じ、我が感覚を主人とするものである。
>何度輪廻を繰り返しても争いは絶えることがない。自力の迷妄の失である。

このスレには真実信心の人は一人もいないということ?

216 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:26:58 ID:LTd6QGdw
>>215
>このスレには真実信心の人は一人もいないということ?

そういうこと。
このスレには渡海難とか298のようにちょっと変な人はいるけど、真実信心の人はいない。

217 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:49:56 ID:h1nOygaa
他者に真実信心の人をもとめる事に意味はない。それを判断する私が、
判断できるほどの力が無いからである。弥陀の本願においては、
末代の凡夫に、判断力を期待しない。智者も愚者も、弥陀の救済対象は、
ともに凡夫でしかありえない。世間で智者と言われようが、自分で判断しようが、
自身を智者と思っている者は、弥陀の本願をたのまず、
自身の積み上げてきた経験、それによる見解という名の作品に生きる。
有限の自己解釈、欠陥の自己感覚の奴隷は、争いを好む。
自分の正当性を主張して、同じく欠陥の他者と対峙するからである。
欠陥同士が争っても、出た答えはいつでも欠陥品なのは言うまでもない。
「俺は正しい」と死ぬまで言い続ける人の生きざまに
時として、人はそれに信心を見、信用するが、皆自力信心、欠陥品である。
見るべき場所を間違えているのである。


218 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:56:46 ID:VQCS9vIf
つまらん。

座禅して念仏したりする人が出てくるのも、仕方ないかもしれんね。

219 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 00:22:06 ID:yEG5RrMS
本当に、念仏の無い生活なんてつまらない、むなしいもの。

如来の本願を忘れて刹那的に享楽的に生きるものの行く手にあるのは、
やみばかり。
間に合わなくなってから気づくよりも、今気づくべきだと思う。

生のどん底にある地獄…死に出会うときが、誰にでも必ずある。
言葉も思いも絶え果てる絶望に出会うときが。
そのときに、如来の本願に一切をまかせて逝けるかどうかは、今、平生に決まる。


220 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/18(金) 01:04:03 ID:V2pONTuy
>218
顕浄土真実行文類二 愚禿釈親鸞集 浄土五会念仏略法事儀讃に云わ
く、 〜 王いま座禅してただ当に念仏すべしと。

 座禅して念仏することを勧めている人 → 親鸞

>>218
>つまらん。
>座禅して念仏したりする人(つまり親鸞なんかが)が出てくるのも、仕方な
いかもしれんね。

 つまらん親鸞なんか相手にするの、やめたらどう?。人生には面白い道は
他にもいっぱいあるぞ。

>219
 信心のひとにおとらじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし
 信心の人は当然のこととして、称名念仏はげんでおるぞ。


221 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 13:23:25 ID:5i9KLgb5
>>219
>生のどん底にある地獄…死に出会うときが、誰にでも必ずある。
>言葉も思いも絶え果てる絶望に出会うときが。
>そのときに、如来の本願に一切をまかせて逝けるかどうかは、今、平生に決まる

これはもっともだね。
つまるつまらん関係なしに死はやってくる。
たぶんオレは、ぶっちゃけ死に臨んだとき、如来の本願を疑うと思うなあ。

さておき、
真実信心の行者なら、それでも往生間違いなし?
それとも、疑いなど塵ほども思わないのが本当?

222 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 20:51:39 ID:FTfmqNNe
>>221

愚禿悲歎述懐第一首にこうある。

浄土真宗に帰すれども真実の心はありがたし
虚仮不実のわが身にて清浄の心もさらになし

横川法語にはこうある。

妄念はもとより凡夫の地体なり。妄念の外に別の心もなきなり。

改邪鈔にはこうある。

そのゆえは、まず「金剛心成就」という、金剛はこれたとえなり。
凡夫の迷心において金剛に類同すべき謂なし。凡情はきわめて不成なり。
されば大師の御釈には、「たとい清心をおこすといえども、みずに画せるがごとし」(序分義)と云々 
不成の義、これをもってしるべし。

223 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 23:41:11 ID:myXlYJXW
>221
考えすぎじゃないのかな。未来の事は予測に過ぎない。
その予測に過ぎない事に捉われる必要はないよね。
信用に値するのは、必ず浄土に参らせると言う、
無上覚者の誓いでしょ。予測よりも、中心にすべき事は何か?
自ずと知れるよね。


224 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:52:16 ID:1CMgiKhK
>>221
正直だよね。それは凄いと思う。

それはともかく、平均寿命からすれば、死に臨むのは何十年先と思うかも知れないけど、
突然の病に倒れるかもしれない。実は明日にでも、通り魔にやられるかもしれない。
いやいや10分後には、心臓が止まってるかもしれない。
死の縁はどこにでも転がってる。

だから先のことと考えないで、今、疑っているかどうかを考えるほうがいいんじゃないかな。
本願に疑いあるままでは、真実信心の行者とは言わないし、報土往生は叶わない。

真宗門徒としては、釈尊、諸仏方、善智識方が示してくださる道をいくだけ。
疑い晴れるまで本願を聞き抜いて、お念仏称え抜くことだけ。


225 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 08:50:50 ID:Z/Ha/nES
>>223

「若不生者 不取正覚」だけ見つめても意味がない。願文・成就文をもう一度見てみよう。
それだけでは十劫安心・無帰命安心と呼ばれる。佛因がない状態で助かる助かると喜んでいる状態。
「至心・信楽・欲生」の三信、「聞其名号信心歓喜乃至一念」を具足したものに対するお誓い。即ち信心正因だね。

未来の予測は私たちにはできない。それは確かだが、だからこそ只今、往生一定の身にさせて頂かねばならない。
今というのはいつまで経っても今でしかないが、その今という時間には限りがある。これは確かなこと。
平生業成こそ真宗の大事。

>>224

>真宗門徒としては、釈尊、諸仏方、善智識方が示してくださる道をいくだけ。
>疑い晴れるまで本願を聞き抜いて、お念仏称え抜くことだけ。

聞きぬいてみなさい。聞きぬけない自分が分かるから。


226 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 09:11:35 ID:/I3rXVNA
>225
違うよ。若不生者の誓いを好ましく信ずるのが信楽。
三不三心との懇ろなお示しがあるのに、
誓願不思議が?願成就の名号か?みたいに人を惑わすような事を言ってはダメ。
僕もかつてそうだったけど、領解心をあてにすると、
誓願成就の南無阿弥陀仏六字中の帰命とは言えなくなっちゃうのさ。
つまり自力帰命だね。聞きぬいた心をあてにしちゃうんだよね。
仏智不思議を疑う罪は、ホント根深いなって思う。


227 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 10:41:53 ID:/I3rXVNA
おまけ
「十悪五逆の罪人をわれたすけんという大願をおこしたまひて、阿弥陀仏となりたまへり。」
阿弥陀仏の救済対象は、十悪五逆のわたしって事。
その誓願を疑いなく慮りなくたのめとのお勧めだよ。
法話をたくさん聞いたり、仏書をたくさん読む事は、
知恵もつく。理解力も深まる、感動も多い。
この土で、生きていく上での大きな楽しみの一つだね。
でも、生死の拠り所にはならない。
人よりものを多く知ってる。彼より、領解が深い。
あいつより俺は聞きぬいている、なんて思ってる。
まるで一念多念のひがごと、そっくりじゃん。
そんな比較を気にして生きてても、仏恩報謝にはならないし。
世の中、上には上がいるのにね。ま、その頂点は阿弥陀さまの本願なんだけどね。
必ず浄土に生まれさせていただくと信じ、念仏申すのが肝要だね。

228 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/19(土) 10:58:47 ID:EwoTg050
>>224
>疑い晴れるまで本願を聞き抜いて、お念仏称え抜くことだけ。

 称え抜かなくていい。南無阿弥陀仏と称えたら、称えた念仏はさらにその上にもう一度南無阿
弥陀仏が重なることを待っている。南無阿弥陀仏と称えたら、その上にまた南無阿弥陀仏を重ね
る。繰り返し、繰り返し称えていく。
 称名念仏は、疑いが晴れても称えていく。疑いが晴れなくても称えていく。

 正式には結跏趺坐し、あるいは半跏趺坐であしを組む。蓮華座は極楽浄土の正式な着座法だ。
自分一人の時は、胡座でも、正座でも、いいだろう。胡座・正座は略式だ。
 腹式呼吸で息を整え、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏とゆっくりと称える。僕は南無阿弥陀仏の
ナからツまで8秒かかる。念仏は座禅して称えるのが親鸞流だ。

 自分は歩きながら称えたいという人は、歩きながら称えるといい。歩幅は踵から爪先までの長
さが丁度いいようだ。正面を見据え、普通の速さで南無阿弥陀仏と称える。称え終わったら右足
を一歩進める。また南無阿弥陀仏と称える。終わったら左足を一歩進める。歩行禅のやりかたに
南無阿弥陀仏を重ねるといい。渡海難がお勧めの方法だ。

 自分は寝ながら称えたいという人は、楽な気持ちで大の字になる。腹式呼吸で、ゆっくり南無
阿弥陀仏を称えていく。
 自分は速く称えたいんだという人は、速く称えるのもいいだろう。南無阿弥陀仏はいやだ。自
分は帰命尽十方無碍光如来と称えたいという人は、それもいいだろう。

 信心の人に劣らじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩を知り 称名念仏励むべし

 称名念仏の励みで、疑い晴れた信心の人が、疑心自力の行者に負けたら残念だ。
 信心の人も、疑信自力の行者に劣らじと、如来大悲の恩を知り 称名念仏励むべし。

229 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/07/19(土) 11:09:44 ID:WfmoYlUH
    彡川川川三三三ミ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
    川|川/  \|〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   ‖|‖ ◎---◎|〜 プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   川川‖    3  ヽ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   川川‖  ∴)д(∴)〜
   川川‖    〜 /‖
  川川川川___/‖ 
     /       \
   _| |       | |_
   ||\          \
   ||\\          \
   ||  \\          \.    ∧_∧
.       \\          \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.        \\          \ /    ヽ
.          \\         / |   | .|
.           \∧_∧   (⌒\|___/ /
            ( ;´д`)目合わせるなって     ∧_∧
            _/   ヽ          \    (    ) うわー、こっち
            |     ヽ           \   /   ヽ、 見てるよ

230 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/19(土) 13:36:55 ID:EwoTg050
ブログ 親鸞仏教 歎異抄論 更新しました。

 www.しんらん.jp/


231 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 13:56:53 ID:tpKF83+0
>>230
見てる人っているの?

232 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 13:59:05 ID:8/c04u+A
みんなオレとそんなには変わらないのが、よく判った。
知識の多寡に差はあっても、そんなもの、とことんのところでは関係ないだろうし。
信心を、実感として語れる人はおらんですか。

そう言いながら、そんな人が出てきたら、たぶん眉に唾をぬるのだろうけど。


233 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/19(土) 15:32:05 ID:EwoTg050
>232
>信心を、実感として語れる人はおらんですか。
>そう言いながら、そんな人が出てきたら、たぶん眉に唾をぬるのだろうけど。

 僕は信心を実感として語っているつもりだけどね。そうは感じないかね?
僕が何を言っても信じない連中が多い。僕も信心を看板にするつもりはない。
しかし、信心を実感として語ろうと努力はしているんだよ。まあ、努力は足りないか
も知れないけどね。

 僕のカキコを見て、眉につばどころか、親鸞の顔に泥を塗っている連中は腐るほ
どいる。宗祖の顔は、幸いにも、泥を塗られても、ぴくともしない堂々たるものだ。

234 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 15:43:23 ID:8/c04u+A
>>233

ごめん。 渡海さんのはいつもの癖で、つい読み飛ばしてました。

235 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/19(土) 15:47:47 ID:EwoTg050
>234
 いやはや、こういうカキコが返ってくるとは予想していなかった。
 釣りのつもりで書いたんだが、とんでもないものを釣ってしまった。

 穴があったら入りたい感じだ。(→o←)ゞあちゃー

236 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 16:10:45 ID:8/c04u+A
>>235
いや、そういうつもりでもなかったんだけど・・・申し訳ない。

237 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/19(土) 17:09:53 ID:EwoTg050
> いや、そういうつもりでもなかったんだけど・・・申し訳ない。

 いやいや。ここは謝って貰う所じゃないんだ。僕は非常に書きにくいんだけど、考えにすれ違
いがあると嫌なんで気持ちの裏話をしておきたい。

 2ちゃんねるには、反渡海のような空気があり、実を言うと僕はそれを楽しみにしている。反
渡海のような空気とぶつかると、弁証法的に僕には第三の真実が見えてくることがある。実際、
僕はそれで随分勉強させてもらってきた。

 >>233 は、いわば「さあ、向かってこい」というような意気込みで書いたんです。但し、その
立場は驕慢の位置にある。驕慢の位置は守りが弱い。守りの弱いところで「さあ、かかってこ
い」というようなポーズを取ったわけです。こっちが驕慢の位置にたてば、相手もそれを映して
驕慢の位置からどうせへっぴり腰で攻撃してくるだろう。へっぴり腰に反撃する二の太刀は用意
していました。もともと広げた大風呂敷は驕慢の位置にあるから、立場は不利。まあ結果はどう
なってもいい。ゲーム感覚だったわけです。二の太刀、三の太刀を返せば、たとえゲームでも、
見えなかったものが弁証法論的に何か見えるようになるだろうと思ったわけです。

 ところが、へっぴり腰ではなく、正攻法で真正面を向いた反応がきた。>>233 はゲーム感覚の
驕慢という非常に弱いところに立っている。だから、真正面からの言葉には返す太刀を用意して
いなかったわけです。こちらは返す言葉が無く、全滅したわけです。

 この勝負は渡海の負け。 (→o←)ゞあちゃー   苦笑。

 遊びすぎたので、しばらくカキコ不能。

238 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 20:01:37 ID:/I3rXVNA
>232
信心を実感として語る人がいないなんて言うのはどうなんだろうね。
自分の感覚にピッタリ来る言葉を誰かに期待しても、意味ないし。
そんな人は、テレビ観て、コメンテーターや芸人の批評やってるのと大差ないんじゃないかな。
LIVE YOUR LIFE
人に期待するな、弥陀法を灯火とし、犀の角のように独り歩め。
期待する者はまがい物を掴まされる。世の中、お人好しばかりじゃないからね。
期待する以前に、自ら考え、自ら実践すべきでしょ。

239 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 22:18:19 ID:Z/Ha/nES
>>238

>期待する者はまがい物を掴まされる。世の中、お人好しばかりじゃないからね。
>期待する以前に、自ら考え、自ら実践すべきでしょ。

まがい物を掴ませられるか。あんたはそれがまがい物か見分ける目を持ってると主張するのかね?
自ら考え自ら実践する。いい響きだね。でもね。盲目には変わりがないからね。真実なんて分かりはしない。

南無阿弥陀仏の六字だけは真実である。ただそれだけだけだわ。

240 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 00:28:08 ID:tpEtySCt
南無阿弥陀仏だけが真実であるなんて、わかりきった事を
金科玉条のように唱えてても、親鸞聖人のお示しは顕らかにならないよね。
親鸞聖人は多くの著作を残しておられるのは、どうして?
「聞思」して遅慮することなかれと言われるのはどうしてなのかな?
疑問も持たず、信心正因称名報恩ですからなんて、
○○のひとつ覚えを繰り返してても、意味ないよね。
それは、親鸞聖人が身をとして伝えようとした事を、
死に物にしちゃう事だと思う。他力の信は、数式じゃない。
逆に、凝り固まった自力執心をぶっこわす力じゃないのかな。
活動しない信心は、死に物。そういう人の仏さまは、多分座ってる。
本願力は力、力は作用を生む。その作用に動かされる。
私は今生きてる、活動してる。悪業をつくる。
ならば、摂取不捨の善巧方便も、生きてる。活動してる。
悪業を消滅させ、浄土に必ず往生させんがために。

241 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 00:37:09 ID:tpEtySCt
>239
もうひとつだけ。
見分けられますよ。なぜなら、南無阿弥陀仏だけが真実で、あとは嘘ものだからです。
お前を必ずたすけるという弥陀の誓願だけが本物ならば、
必ずたすけるをたよりに生きていく。それに反する自業を恥じ、
日々お育てをいただきながら。これが楽しみ、南無阿弥陀仏。
それを教えて下さったのが善知識。数限りない善知識がいらっしゃる。
ありがたいな。

242 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 08:19:41 ID:7TvUonx9
>>241

239や。

>見分けられますよ。なぜなら、南無阿弥陀仏だけが真実で、あとは嘘ものだからです。

だからそう言ってるじゃない。能書き垂れてもしょうがない。
あれかい。お前さん本山系の坊さんじゃねーよな?
かつて2chで騒いでた。違ったらごめんね。許してね。
あの坊主と言ってること同じなだからさぁ。

信心正因を馬鹿の一つ覚えってw
んなこと言われてもそれは真実だもんなぁ。
その信心の体は南無阿弥陀仏なんだなぁ。
これも君のいう数多聖教に見られるなぁ。
お前さんが信じた、間違いないという心が信心じゃねーぞ。

243 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 09:15:42 ID:tpEtySCt
>242
南無阿弥陀仏が助けてくれるだからいいんだ。
だからいいんだという納得が根底にある信心を
他力信心と言えるのかな?無上覚の仏心が回向されてきた
信心って言えるのかなって事。
そうした信心には護持養育の利益がない。堕落のはじまりであり、
腐敗の原因になる。何故なら、弥陀の本願をたのんでいるのではなく、
だからいいんだ、これでいいんだと言う心が
その人を動かす力になっているからです。
「絶えず」「常に」煩悩が起こるという事は、
それを療治しようという弥陀の本願力も、また「常に」「絶えず」
働いているという事。つまり、いつも「今」って事です。
南無阿弥陀仏が真実、それしかないって、お名号を飾って眺めてても、
南無阿弥陀仏の本懐は全うされない。
つまり、功徳利益もものにならない。絵に書いた餅になってしまうわけ。
領解心にまかせず、弥陀の本願にまかせようよ。


244 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 10:52:38 ID:7TvUonx9
>>243

いいこと言うなぁ。あんた。大事なことだわね。
言いたいことよーく分かるよ。ありがとうね。

弥陀の本願にまかせる。まあ、蓮如さんでいえば「たのむ」ということになるわな。

お前さんとちーとばかり解釈が違っているんだわ。わしがだよ。
お前さんが間違ってるとは言わん。わしには正邪は分からんのよ。そういう目は持ち合わせてないからなぁ。

>>237

あんた面白い人やなぁ。
最近人間的に面白い面が出るようになったん?
しばらくしたらまたおいでな。

245 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 11:08:44 ID:7TvUonx9
>>243

ちょっと真似して続きね。

今、名号法が働きづめなのは分かるよ。ってか長時の行だからなぁ。
今、今、今、只今常に絶えず。よく分かるわ。

ではお前さん、今晩寝るやろ。縁あって脳血管詰まってまった。
薬石効なく、無記になってもうた。もう何も考えられん。感じられん。しゃべれん。称えられん。
それでもなお、何年か生きながらえるやろ。

あんた。その間何もできんよ。今の今。そんなんも分からんなるよ。
いや、それでもあんたは本願に任せたから往生できる言うんやったら、
所詮、過去の己の本願に任せたという領解心が体になるんやないの。
あんたさんの否定する過去の体験云々になるで。

他人事や架空の話なんぞ知るかいな。と言うてきそうじゃけど、
他人事じゃないで。皆同じや。

そのあたりのあんたさんのお心聞かせて下さりませんか。

246 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 17:45:44 ID:tpEtySCt
>245
明日、巨大隕石が落ちてきて、地球が宇宙の藻屑になる。
そんなこと考えて今を送るのか、如来の大悲を思って念仏申し、
自分のなりわいに出来る限り力尽くして今を送るのか、
時間の使い方の問題でもあるね。今に、IFは無いって事ね。


247 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 18:13:05 ID:qOxkzWWl
「今」に「IF」はない、ですか。
でも、私なんかはどうしても、IFを考えてしまうけど。

IFはない、と言い切れる人って、正直いったいどういう神経してるのかと。
っていうか、もしかして、すでに決定してそういう境地に入ってしまってるわけ?
それとも、理詰めに考えたらそうなるのかな。
よくわからん。

248 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 23:24:30 ID:uyr7NMVw
>243 南無阿弥陀仏が助けてくれるだからいいんだ。
だからいいんだという納得が根底にある信心を
他力信心と言えるのかな?

本当に、心底其処に気付いたら、それはそれで「信心」でいいのでは?何故いけないの?
 何か努力をしなければ駄目なの。その為の「努力」って何?

249 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:14:46 ID:jnevPlX+
>247
お釈迦様の言葉にあるでしょ。過去は過ぎ去った、未来は未だ来ない。
過去を追うな。未来を願うな。今、なすべきことをなせって。
覚者による真実の言葉でしょう。
浄土真宗の信心が、真実信心と言われるのは、
覚りの真実に基づいた信心だからじゃないでしょうか。
未来も憶測に過ぎないし、覆水も盆にはかえらない。
現生正定聚は、覚りの理にかなってますよね。即得往生の利益は今と言う事だから。
いつか信心決定するだろうも、未来に対する憶測に過ぎないから、定まってない。
だから、不定聚の機と言われるんじゃないかな。
逆に過去信心決定しましたと言うのも、過ぎ去っていく。
その時の体験も、様々な縁にさらされて劣化していく。
劣化していくものを頑なに護ろうとし、それにひしとすがっても、
諸行無常の理があるから、ほころびは免れない。


250 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:22:06 ID:jnevPlX+
>248
いけない、と言うより自力でしょ。「それでいいんじゃないですか」と言うのは。
努力したくないなら、努力しなければいいし。そんなの面々の御はからいです。
浄土真宗のスレだから、今、弥陀をたのめと言ってるだけですよ。
聞思して遅慮することなかれ、親鸞聖人のお勧めだよ。


251 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 11:01:31 ID:jsod8HEu
>>249
そりゃあそうだろうけどさあ。。。
そういうふうに理がわかる人はいいよね。
みんな、すごく物分りがいいんですね。
ジタバタしてる人なんかいないみたいだ。
立派といや立派だけどね・・・



252 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 12:21:53 ID:7HOf+nPi
>250
何をもって自力だと言っているんでしょうか?
僕には自力と他力の違いがイマイチ分かりません。
あなたにとって、具体的に自力とはどういうもので、他力とはどういうものなのですか?
良ければ参考までに教えてもらえますか?

253 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:31:33 ID:7HOf+nPi
それと、いつかは分かりませんが、誰もが皆等しく往生するのは間違いない訳で。つまり、私もあなたもいつかは信心獲得せしめられるのは定かですよね。

過去がどうのこうのと(何を言いたいのかはよく分かりませんが。)言われますが、まさか宿世の仏縁をありがたく感じる事すら否定なさるおつもりですか?


254 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 18:27:22 ID:jnevPlX+
>251
じたばたしようとしまいと、面々の御はからいですよ。
浄土真宗において大事なのは、一心一向に弥陀をたのむことでしょう。
いつかじたばたするのがおさまるのか、じたばたするのか、
どっちでもかまわないんじゃない?
>252
自力とは、我が身をたのみ、我が心をたのむ「一念多念文意」だよ。


255 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:46:36 ID:odeXfEY/
だめだこりゃ

256 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 22:23:00 ID:jnevPlX+
>253
>間違いない訳で
いや、そんなことは言えないよ。どんな浄土真宗?


257 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/21(月) 22:34:56 ID:I35Hdb93
>253
「いやだねぇ」
「何がいやだって?」
「きまってんじゃねぇか。とうとうあいつまで信心獲得しちまったよ。他人が困っていても、見
向きもしない。馬鹿にしてせせら笑う。他人が喜んでいれば、すぐ僻む。何かと言うと突っかか
ってくる。平気で嘘をつく。そんなあいつが、とうとう死んだら極楽浄土に行くことが決まった
んだってよ。」
「しょうがねぇだろうよ。なんたって悪人正機、信心正因なんだ。誰もこれには反対できねぇだろ。」
「そうだよな。なんで信心正因なんかになっちゃったんだろうね。嫌だね。おれは寒気がするぞ。
あいつの腹は真っ黒だよ。とうとう信心決定してその日に、のぞき見痴漢して警察に追われてい
たぞ。高校生の女の子が、目を真っ赤に腫らしていた。腹立たしいね。俺はあいつの背中に唾ひ
っかけてやりたいよ」
「そうだよな。あいつは町のダニだからな。ゆすり、たかりで生活してるんだろう。」
「そうだよ。それで、とうとう極楽行きだってよ。俺は、もうなさけねぇぞ」。
「信心正因なんだよ、阿弥陀さんも今は後悔しているという話だぞ」
「いくらなんでもそうだろう。あんな奴が極楽行きになるなんて、予想もしてなかったろう。で
も、阿弥陀さんでもどうしようもねぇんだってよ。」
「極楽行き決まったんで、あいつはますます鼻息が荒くなって威張りちらしているというじゃね
ぇか。そりゃそうなるだろう。なんたって信心獲得したんだから、もう大いばいりだよ。いやな
話だな。」
「信心正因で信心を得たのは、宿世の仏縁なんだってよ。『おれはこんなに感謝しているぞ』と、
回りにつばっひかけながら威張り散らしているぞ。誰も手がでねぇ。しょうがねぇよな。宿世の
仏縁ならばな。みんなもう、がっかりしてるぞ。あいつを見ていると、俺たちお先真っ暗だな」。

258 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 23:06:01 ID:7HOf+nPi
どんなも何もありませんけど?浄土真宗ですよ?
誰一人もらさず救うという誓いが本願ですよ?現世で救われるのか、もしくは来世以降に救われるのかは分かりませんが、皆等しく本願によって往生させて頂けます。それを否定されるのですか?
そうであるならば、それこそ本願を疑っているという事になりますけど・・・。

259 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 23:45:20 ID:jnevPlX+
>258
仏号むねと修すれども
現世をいのる行者をば
これも雑修となづけてぞ
千中無一ときらわるる
雑修の人は千が一にも、真実報土に往生することはないとのお示しです。
「みんな浄土に往生するんだよ、よかったね。よくわかんないけど、
そういうシステムになってるんです。」そんなことを言わせるための教えじゃないって事です。
私がこのたび往生成仏する教えだから、意味があるんであって、
「みんな浄土に往生するんですよね、間違いないですよね」
などと、答えが出る訳もない不定な事を、沙汰して何の得があるのかって事です。
まず自身が成仏すれば、そんな事は仏智によって顕らかになるし、
迷いの人も、完成した慈悲によっておもいのままに救う事だって出来るでしょ。
意味の無い沙汰をするよりも、自身がまず往生決定する事が肝要です。


260 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 23:45:34 ID:pfzGDPeF
>>251

本当は物分りが悪くてジタバタしてるのが、
弥陀の正客なんだよね。
浄土真宗は、立派になって救われる教えじゃないし。

ただ、お釈迦様の教えすべてが詰まっているのが六字の名号だから、
それを頂いたあとは、ジタバタしつつ理がわかっているという、不思議な状態になる。

>>253

往生を未来に期待したり、過去の仏縁があるからとたのみにしたりするのは
自力だってことじゃないの?


261 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 00:44:13 ID:aJPv5Avx
下品下生者、或有衆生、作不善業、五逆十悪、具諸不善。如比愚人、以悪業故、応堕悪道、経歴多劫、受苦
無窮。〜 「仏説観無量経」
 阿弥陀如来は、救いに条件なんて(平気でうそをつく人も、町のダニと言われる人も)憑けていないと思うの
ですが?

262 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 10:01:31 ID:OkRpkfWL
>259
答えが出ない?答えは出てます。誰もが皆、必ず本願によって救われる。僕もあなたも一人残らず救われる。それが答えです。
今現在、信のない人も、いつしか必ず本願力によって信心獲得せしめられ、往生させて頂けます。それが本願です。

263 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 10:13:47 ID:YTBsCTEN
>261
>阿弥陀如来は、救いに条件なんて(平気でうそをつく人も、町のダニと言われる人も)憑けていないと
思うのですが?

 貴方は、浄土宗の真の底(親鸞消息)が分かってないということでしょう。

なにごとよりは、聖教の教えをも知らず、また、浄土宗の真の底をも知らずして、不可思議の放逸
無慚の者共のなかに、悪は思う様に振る舞うべしと、仰せられ候なるこそ、返す返す、あるべくも候
らわず。(親鸞)

 どんな場合でも、聖教の教えも知らないで、また、浄土宗の真底も分からないまま、身勝手で自己
中心、放逸に振る舞い、我が身を全く恥じることもない者共に、自由に悪を振る舞っていいんだと言
うようなことは、どんな場合でも許されることはありません。


 それ、国にあらば守護方、ところにあらば地頭方において、我は仏法を崇め信心を得たる身なりと
言いて、疎略の義、ゆめゆめあるべからず。いよいよ公事を専らにすべきものなり。かくのごとく心
得たる人を指して、信心発得して後生を願う念仏行者の振る舞いの本とぞ言うべし。これ即ち仏法・
王法を旨と守れる非とと名づくべきものなり。穴賢、あなかしこ。(蓮如)

 国や社会で指導的地位にある人に対し、非礼があってはならない。仏法を信じていれば、国家社会
の秩序を混乱させてよいということではない。仏法者であっても、まず公益を尊重せよ。国家社会の
秩序を重んじよう。信心を得て、後生を願う念仏者の基本は、国家社会の秩序を重んじ、公益を尊重
するということである。仏法とともに、社会の倫理・道徳・憲法秩序を守れる人とは、そういう人を
指す。

 仁義礼智信を守りて王法をもって先とし、内心には深く本願他力の信心を本とすべき」よしを、懇
ろに仰せ定め置かれし(蓮如)

264 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 10:14:26 ID:YTBsCTEN
 博愛・正義・礼儀・知識・信頼、こういうものを守り、人間社会の秩序を守り、倫理道徳を仏法に
優先して尊重し、その上で心の中には仏法の価値観を維持する。このように、言葉を砕いて詳しく分
かりやすく仰せになっておられた。

 まず王法をもって本とし、仁義を先として、世間通途の義に順じて、当流安心をば内心に深く貯え
て、外相に法流の姿を他宗他家に見えぬように振る舞うべし。(蓮如)

 仏法より、社会の法・倫理・道徳を優先して大事にせよ。博愛と正義をもっとも優先せよ。世間の
常識的正義に従い、(悪苦しからずと言うような)浄土真宗の教えを正面に出すな。自分の心の中に
深く潜め、(悪苦しからずと言うような)浄土真宗の教えを他人からは見えないようにせよ。

 そのほか仁義をもって本とし、また後生のためには、内心に阿弥陀如来を一心一向に頼みたてまつ
りて、自余の雑行雑善に心をば止めずして、一念も疑心なく信じまいらせば、必ず真実の極楽浄土に
往生すべし。(蓮如)

 社会的には、通常は博愛と正義をもって基本とせよ。これまでの考えでは通用しなくなる人生の危
機あたっては、内心に阿弥陀如来を拠り所とせよ。自分の勝手な判断で行動をするな。念仏を称えよ
と言ってくれているんだから、その言葉を疑いなく信じ、危機管理は、ひたすら念仏を称え、先人の
知恵をもって危機を必ず乗り切るようにせよ。

 王法は額にあてよ。仏法は内心に深く蓄えよ(蓮如聞き書き)

 通常の価値判断は、社会の法・倫理・道徳・常識をもって価値判断の基準にせよ。仏法は人生の危
機に備え、いつでも使えるように心の中にしまっておけ。

正法能超出世間   正法楽  持戒坐禅を正法と名づく 念仏成仏これ真宗なり 仏言を取らざる
を外道と名づく 因果なしとの見を発すれば空となす(親鸞)

265 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 10:16:29 ID:YTBsCTEN
 正法こそ、世の中を正しく生きていくあり方である。正法を大事にしよう。戒律を守り、座禅をす
ること、これが正法である。成仏は念仏で果たすのが真宗である。これを無視し、仏の言葉に耳を貸
さないのは外道である。結果を恐れず、道理を外れた行動をしてもいいんだと思えば、これは間違っ
た考えである。

 正法能超出世間 正法楽 禅律如何これ正法なり 念仏三昧これ真宗なり 了心を見性せばすなわ
ち是仏なり いかんぞ道理相応せざらん (親鸞)

 正法こそ、世の中を正しく生きていくあり方である。正法を大事にしよう。禅定と戒律がどうして
正法であるのか。座禅してひたすら五会念仏を称える念仏三昧が真宗である。悟った心を見極めるこ
とができれば、これは仏である。 禅定・戒律と念仏三昧との間にはなんら矛盾はない。

 正法能超出世間 念仏は声声に仏種を下す 坐禅持戒は真功を用いてなり 汝若し修せずてすなわ
ち仏になるといはば 喩へば飢えたる人のひろく風を掩ふがごとし(親鸞)

 正法こそ、世の中を正しく生きていくあり方である。念仏は、一声一声で仏になる原因が積まれる。
成仏の原因は念仏にある。しかし、これに加えて座禅と持戒を勧めるのは、その効果に実体を持たせ
るためである。座禅もなく、戒律もなく、私は仏になりますと言えば、それは空腹の人が風下に立ち、
吹いてくる風を腹一杯に飲み込もうとするもので、腹の足しにはならん。 


 悪苦しからずと言う教えを、あなたは学んではいけない段階で浄土真宗のその教えを学んでしまっ
たので、混乱しているのでしょう。
 悪苦しからずと言う教えは、いまは忘れることが大事です。

 座禅しながらしっかりと五会念仏を称えつつ、王法を額にあて、社会の倫理・道徳・正義を博愛心
を持ち実現に努力していくことが大事だと思います。悪苦しからずと言う教えを学ぶのは、余りにも
早すぎる。

266 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 10:28:07 ID:YTBsCTEN
>262
> 今現在、信のない人も、いつしか必ず本願力によって信心獲得せしめられ、
往生させて頂けます。それが本願です。

 仁義礼智信を守りて王法をもって先とし、内心には深く本願他力の信心を本
とすべき

 社会の道徳・倫理・正義・使命・責任・博愛心、人間のもっとも大事な核心部
分の重要性を深く認識し、それを実践している上でそういう話をするなのならい
いだろう。

 いつしか必ず本願力によって信心獲得できるということが、反道徳、反倫理、
反正義、反責任、反博愛の屁理屈として使われるなら、残念なことだ。

 大事なことは、仏法よりも王法を先とし、本願他力の信心は深く内心に秘め
るということだ。王法を無視し、仏法を屁理屈の盾にするなら、それは外道で
ある。

267 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 10:34:47 ID:YTBsCTEN
たとい我、仏を得んに、国に地獄・餓鬼・畜生あらば、正覚を取らじ。(大経)

 阿弥陀仏はケダモノを救うとは言ってない。鬼の心で鬼の行為をする者を鬼
という。ケダモノの心で、ケダモノの行為をする者はケダモノという。

 善人でも悪人でも救うとは言っても、鬼・ケダモノを救うとは言ってない。人は
人であることが救いの原点である。鬼・ケダモノのままで救って貰えると思ったら
大間違いだろう。

 仁義礼智信をまもれとは、まず、人であれということだ。仏である必要はないが
人間でなければ、阿弥陀の救いにあずかることはありえない。

268 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 11:19:48 ID:HSkJJCTL
  |\__/ハ__
 {_____」
       
         \\              ∧_∧
◎     ≫〃vミー‐w  へ          (´<_` )  >>263-267ケダモノはお前だろ、このスレに来るなよ
  \   彡_____彡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒    \   
      {_親●鸞___| )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       )
 ◎-○一( * *    ヽミ            |.      |
      ((_ _ (( ( ;;;;-=- ̄=─ ̄ '⌒ヽ.〉      | |
 ‘,'.∴・,‘・(ε ((  ヽ:: -=_二__ ̄ .   \_     | |
  ,'.・∵  ヽ_____ ノ        ̄\      / /
    (   ) 渡 ≡ ;;; )  )         .\__/_丿
     |__|. 海 ≡ ;;; )_l          .|  |
    _|  |  難 ≡ ;;;; ) (           |  |
   |  \.._\.      入 \,       |  |
   |ハルヒ(_る〜〜〜〜〜wv)       \ ヽ
   |___||:::::::::::::/::::::::::/               \ |
         .|;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/             / ノ
         (___|)__|)

269 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 14:22:58 ID:OkRpkfWL
残念ながら、やはりここではまともな話し合いなんて出来ないようですね。
渡海さんですか?何やら自分は偉いんだとでも勘違いしてるのか知りませんが、実のところは何も分かっていないみたいですね。
まぁ、何も分かっていないからこそ、あの態度なんでしょうけど。
その割には訳の分からない御託をならべて、品性の欠片もない。見苦しい限りです。

ケダモノ?鬼?そんなものは救われない?
一体何を聴聞されてきたんでしょうか?
縁があれば誰もがケダモノにも鬼にもなります。逆に、ケダモノや鬼のようにならずにすんでいるのは、そうなる縁がなかったからに過ぎません。
決してあなたが聖者だからとか、そういう事などではありませんよ。
そんな事すら分からないのでは、自らのお粗末さや仏縁のありがたさなど、まだまだ分かるはずもないでしょうね。
しかし、それが本来の我々凡夫の姿です。あなたも僕も本来は何も違わないんです。

でもご安心を。阿弥陀仏のお育てにより、いつしかあなたにも分からせて頂ける時が来ますから。

その時が一刻も早く来るといいですね。

270 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/22(火) 14:39:59 ID:YTBsCTEN
>269
> 縁があれば誰もがケダモノにも鬼にもなります。逆に、ケダモノや鬼の
ようにならずにすんでいるのは、そうなる縁がなかったからに過ぎません。

ケダモノや鬼になる可能性があると言うことと、今、いま、ケダモノや鬼であ
るということとは別の問題だ。誰でもケダモノや鬼になる可能性がある。だ
から、おれは今、ケダモノでいい、鬼でいいというのは別の問題だ。将来
ケダモノでいい。鬼にでいいとは、別の問題だ。

 過去においてケダモノであったということと、今、いまケダモノであるとい
うこととも別の問題だ。

 人間の皮を被った鬼・ケダモノでなければ、僕の話は分かるはずだ。


271 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 17:12:33 ID:bvGpY9L+
>>270

なかなかいいこと言うじゃない。大事なことやと思う。
あんた面白いわ。教義云々抜きで結構好きやな。

269は御縁があればケダモノになりうる自分という自覚やね。
できればそうありたくはないけどもなりうる可能性はあるわな。

でもな。269が救われているというのであれば鬼やケダモノではないはず。
あんたは菩薩や。ちゃんと十種の益がついとるからな。
救われておるのにケダモノになる自分がおるんや。と慄いても意味がない。
そんな時あんたの顔は暗くて既に鬼のようや。

鬼にも蛇にもなる可能性のある自分やけど、それは阿弥陀様にまかせたんやろ?
んなら、もっとニコニコしとればええねん。

272 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 18:26:33 ID:FU6Zp/AH
けだものだもの。

273 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 18:29:46 ID:G44C/bGp
もののけだもの

274 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:22:21 ID:OkRpkfWL
ふぅ。話になりませんね。
失礼な言い方になりますが、少しだけ忠告?しときましょうか?

あなたは日々、様々な形で殺生を繰り返してますよね?たとえば食事だったり、歩いて虫を踏み潰してたり。
最も罪深いと言われる殺生をし放題の日々を送ってるんです。そんなあなたが自分はケダモノでも鬼でも何でもないと言うんですから困ったものです。

いいですか?殺生をするもしないも何もかもが縁次第。あなたが自分をどう思っていようが、あなたは鬼やケダモノ、いやそれ以上にお粗末な罪深い存在なんです。
他の誰でもない、あなた自身が最も罪深い存在なんです。
それは僕も同じ事。
だからこそ阿弥陀仏の本願の対象なんです。

今現在が問題?今まさにあなたは自らのお粗末さや罪深さの自覚すらろくに出来ていない「ケダモノ凡夫」なんです。
これは何も殺生だけの問題ではありませんけどね。

ケダモノでいいとか、過去にケダモノであったとか、そんな問題ではありません。今、まさに僕もあなたも、どうしようもない存在なんです。
そういった自覚と共に本願のありがたさに気付かせて頂けるんですよ。

275 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 01:14:11 ID:hdbJj3g3
>274
けだものがけだものに忠告してるだけだもの。
なんの役にも立ちゃしねえ。


276 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 08:26:29 ID:ED/Plwzr
>>275

けだもの駄洒落か。
俺もけだものだけどねw


277 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 08:57:56 ID:bw9UNxfv
>>274
>失礼な言い方になりますが、少しだけ忠告?しときましょうか?

 貴方は恥知らずな失礼な方ですね(苦笑)。忠告などは不要ですよ。鬼ケダモノよばわりされ
るのは、貴方一人で十分だ。他人を巻き込みなさんなよ。

> 最も罪深いと言われる殺生をし放題の日々を送ってるんです。そんなあなたが自分はケダモノ
でも鬼でも何でもないと言うんですから困ったものです。

 道を歩いて虫が死ねば、僕は鬼ケダモノなんですか?。動物を殺して食べれば、僕は鬼ケダモ
ノなんですか?。いったいどういう頭をしているんでしょうね。

それ、一切衆生、三悪道を遁れて、人間に生まるる事、大なる喜びなり。身は卑しくとも畜生
におとらんや、家貧しくとも餓鬼にはまさるべし。心に思うこと叶わずとも、地獄の苦しみには
比ぶべからず。世の住み憂きは厭う便りなり(源信)。

278 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 08:58:53 ID:bw9UNxfv
 僕は、見ず知らずの人間から、ネットでいきなり鬼ケダモノという罵声を浴びせられる必要は
ないと思っていますよ。僕は人間であるというアイデンティティを持ったら「困った者です
か」?。 (苦笑)

 「虫を殺しているだろう。生き物を殺しているだろう。お前は人間以下だ!」ID:OkRpkfWLは、
一体どういう教育を受けてきたの?。まあ、カルト浄土真宗のノータリンにノータリン教義を刷
り込まれてきたノータリンだと言うことは十分に見当がつくけどね(苦笑)

 人間とは何か。阿修羅とは何か。ケダモノとは何か。畜生とは何か。地獄とは何か。天とは何
か。貴方とは、根本的に価値観が違うようだ。

 それで、鬼ケダモノの貴方(OkRpkfWL)は、「仁義礼智信」は必要と思っているんですか?
不要と思っているんですか?。仁義礼智信など、無用だと思っているんでしょうね(苦笑)

 浄土宗の真の底も知らず(親鸞消息)、見ず知らすの人をいきなり鬼ケダモノ呼ばわりするの
はやめたらどうよ?

279 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 09:16:48 ID:P9QlzNGu
>>277-278
また荒らしに来たのかケダモノ親父


        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

280 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 10:30:27 ID:bw9UNxfv
 昔の権力者は、革職人、死体処理職人集団を人非人よばわりした。現代の真宗のノータ
リン共は、虫を踏みつけて歩く人間を、鬼ケダモノ呼ばわりする。あんたらの頭の構造は
どうなっているのよ?
 先日、漁民達は重油の高騰にたまりかねて全国ストをやった。これからは、魚食品が高
騰するだろう。魚を釣って生活している彼らも、鬼ケダモノなんか?。鬼ケダモノが人間
の真似をして全国ストをやったという話なのか?。馬鹿を言うのはやめたらどうよ?
   (苦笑)

 全国には、無数の食肉加工場がある。そこでは多くの労働者が牛や豚を生きたまま殺し
ている。彼らも鬼ケダモノなのか?。人間ではないのか? (苦笑)

 日本には、死刑執行刑務官というのがいる。法務大臣の命令で死刑を執行する。最近、
朝日新聞は法務大臣を死に神呼ばわりし、法務大臣が憤慨していた。死刑を執行した刑務
官に対し失礼ではないか、と。

 ああいう人たちも、みんな鬼ケダモノなのかね?阿弥陀様をありがたがらないといかん
そんな鬼ケダモノなのか?

 人間でない連中には、基本的人権というのはあるのか?。ないのか?人権とは人の権利
だ。あれは、鬼ケダモノに必要なのか?。不必要なのか?。

 食肉加工場の人には、基本的人権などは必要ないのか?。彼らは、牛や豚を生きたまま
殺している。生き物を殺せば鬼ケダモノだそうだが、彼らには仁・義・礼・智・信など無
用なのかね?。倫理・道徳などは必要のない連中なのか?

 食肉加工場の方々よ、あなた方は鬼だケダモノだ。あなた方には倫理・道徳など必要ない。
人非人だ。さあ、私たちの神様(阿弥陀様)を有り難く思いなさい。お前(OkRpkfWL)はこん
な馬鹿宣伝するノータリンか?。

 ノータリン宗教の馬鹿宣伝するのはやめたらどうだ?

281 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 10:32:23 ID:bw9UNxfv
>280は、> 274へのレスの続きです。


282 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 11:47:49 ID:B41NRQ02
何をムキになってるんですか?僕の発言で気分を悪くしたのなら謝りましょう。まさか、あんな態度で人を馬鹿にしているあなたが、そんな事で気分を害するとは思いませんでしたのでね。
自分が馬鹿にされて気分を害するならば、人にもちゃんとした態度で接した方がいいと思いますがね。

まぁ、そんな事はさておき。何を幼稚な話をしてるんですか?あなたが自分でケダモノの心でケダモノのような行いをするものをケダモノと呼ぶと言ったんでしょ。
それにあわせてケダモノという言葉を用いてるんですよ。基本的人権?何を言ってるんですか?僕の言う罪深さと、人間社会の法律に基づいた罪深さとはまったく別の話ですよ?そんな事すら分からないんですかね?

無数の殺生をしながら、何の罪悪感もない。むしろそんなのは当たり前だとでも言わんばかりのあなたこそ、仏教の基本から分かっていないみたいですね。

まぁ、あなたが自分をどんなに素晴らしい存在だと勘違いしていようが勝手ですもんね。
あまりあなたを刺激しない方がいいみたいなので、このくらいでヤメときましょうか。


283 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 13:48:11 ID:ED/Plwzr
ケダモノ論議はそろそろやめ。
ケの一字をクに変えてクダモノにすればいいじゃないか。
そう。皆クダモノ。南無阿弥陀仏のタネの入ったクダモノになればよろし。

284 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 13:53:48 ID:zAmzSlpi
ていうか、渡海難の相手にならなければいいじゃん。

285 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 14:05:06 ID:B41NRQ02
皆さんにまで不愉快な思いをさせてしまいまして、申し訳ありません。
僕も先程の書き込み通り、もう終わりにしましたのでご安心下さい。

最後に今一度、お騒がせしまして申し訳ありませんでした。

286 ::2008/07/23(水) 17:29:17 ID:eSk7AuSL
 唯、御念仏と親鸞様を信じて行けば良いのです。それは充分幸せな事です。
人と比べず、自分を捨てず愚かに帰り、唯、親鸞様を信じている私で充分幸せです。
他は何も要りませぬ、

287 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 18:24:30 ID:ED/Plwzr
>>286

唯、念仏と弥陀を信じるだろう。祖師を信じても助かるわけじゃない。
心得違いなさるな。弥陀を信じることに幸せを見出しなさいな。

288 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 18:35:53 ID:bw9UNxfv
>>285
 話をすり替えて相手を鬼・ケダモノ呼ばわりし、相手の顔を先にぶん殴っておいて、これで
ヤメだヤメだと、幕引き宣言ですか。きちんと納得のできるところまでけじめを付けたらどうで
すか?。

>もう終わりにしましたのでご安心下さい。

 何を安心させたいんだい?何か誰かに不安があったのか?。

 貴方が話を持って行った相手は、鬼なんですか?ケダモノなんですか?。人非人なんですか?。
 貴方には、仁義礼智信は必要なんですか。不要なんですか?。仏法に先んじて仁義礼智信は必
要なんですか。不要なんですか。決着を付けようじゃない。
 

>>282
>何をムキになってるんですか?

 ムキになっている?。はて心当たりがない。あなたはいま、鬼ケダモノに向かって質問してい
るですか?。人間に向かって質問しているんですか?。(苦笑)

>僕の発言で気分を悪くしたのなら謝りましょう

 相手を鬼ケダモノとぶん殴って、気分を悪くしたのなら謝りましょうとは、随分失礼な人だ。
貴方の謝罪には心がない。相手を鬼ケダモノ扱いする人から謝られても、ちっとも嬉しくない。
詭弁を弄するのはやめたらどうよ?。貴方には礼儀は必要なのか?不要なのか?

289 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 18:38:14 ID:bw9UNxfv
>人にもちゃんとした態度で接した方がいいと思いますがね。

 はて、ぼくはちゃんんとした態度で接してない?。心当たりがない。
 相手を鬼ケダモノよばわりする御仁からそんなこと言われるとは思わなかった。

>まぁ、そんな事はさておき。       棚上げですか(苦笑)

> 何を幼稚な話をしてるんですか?

 幼稚?。相手を鬼ケダモノよばわりする御仁から、こんどは幼稚扱いされたようですね。

>自分でケダモノの心でケダモノのような行いをするものをケダモノと呼ぶと言ったんでしょ。
       それがどうかしましたか。

>法律に基づいた罪深さとはまったく別の話ですよ?そんな事すら分からないんですかね?
     ほほう。

> 無数の殺生をしながら、何の罪悪感もない。むしろそんなのは当たり前だとでも言わんばかり
のあなたこそ、仏教の基本から分かっていないみたいですね。
       ほほう。

> まぁ、あなたが自分をどんなに素晴らしい存在だと勘違いしていようが勝手ですもんね。

 ほほう。

>あまりあなたを刺激しない方がいいみたいなので、このくらいでヤメときましょうか。

 相手を鬼・ケダモノ呼ばわりし、相手の顔を先にぶん殴っておいて、あなたを刺激しない方が
いいとは、随分と失礼な幕引き宣言ですね。貴方に礼儀は必要なんですか?。不要なんですか?

290 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 18:39:25 ID:bw9UNxfv
 食肉加工場の方々、漁民の方々、殺虫剤メーカの方がなどには、>>282はなんと言うんですか。

 食肉加工場の方々よ、あなた方は無数の殺生をしながら、何の罪悪感も無い?。いけませんね。
あなた方は、自分たちのしていることに深い罪悪感を持たなければいけませんよ。あなた方は人
非人ですよ。人でなしですよ。あなた方は自分たちを人間と思っているでしょう。とんでもない
間違いですよ。仏教ではあなた方は人ではありません。ケダモノですよ。四つ足です。
 道を歩いて虫を殺す?。とんでもない罪悪です。ケダモノの心でケダモノの行為をしている鬼
・ケダモノのそのものです。


>>282は食肉加工場の方々にもこんなことを言うのか?死刑執行する刑務官の方々にも、こん
なことを言うのか?

 食肉加工場の方々よ、あなた方は、仏教上でとんでもないことをしているんです。それを気が
付いてないでしょう。あなた方は、恐ろしいケダモノの心でケダモノの行為をしているんです。
あなた方はケガラワシイ人非人です。まともな人間ではありません。仏教的には、あなた方は鬼
です。ケダモノです。罪悪感を持ちなさい。

 罪悪感無く殺生をしているあなた方は、仏教的には鬼ケダモノです。あなた方のような人には、
仁も義も礼も智も信もいりません。国民の食事を支えてる仕事の上の誇り?使命感?ちゃんちゃ
らおかしい。そんなものあなた方のような鬼ケダモノは全くいりません。

 私の信じる宗教の神様(阿弥陀様)を信じなさい。あなた方のような人非人・鬼・ケダモノ、
あなた方を救うのは、私の宗教の神様(阿弥陀様)しかおりません。私の神様に感謝しなさい。

 「道を歩いて虫を殺す?。とんでもないことだ。それこそケダモノの心でケダモノの行為をし
ているケダモノだ。渡海には懺悔の心がない。鬼だ。人非人だ」。

291 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 18:46:10 ID:bw9UNxfv
>>282よ。おまえがノータリン浄土真宗を信じるのは勝手だが、言っていいことと悪いことが
あるだろう。

282よ。罪悪感無く、むしろ誇りを持って仕事をしていれば、食肉加工場の人々は、仁義礼
智信の必要な不要なケダモノなのか?。不要なケダモノなのか。かれらは、お前の神様を信
じれば、仁義礼智信は不要なのか?。不要なのか。

 おぬしは、自分に仁義礼智信は不要だとおもうのか?仏法と仁義礼智信とどっちを優先させる
んだ?

292 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/23(水) 18:57:43 ID:bw9UNxfv
>291
誤り  罪悪感無く、むしろ誇りを持って仕事をしていれば、食肉加工場の人々は、仁義礼
     智信の必要な不要なケダモノなのか?。不要なケダモノなのか。かれらは、お前の
    神様を信じれば、仁義礼智信は不要なのか?。不要なのか。


正  罪悪感無く、むしろ誇りを持って仕事をしていれば、食肉加工場の人々は、仁義礼智信の
   必要なケダモノなのか?。不要なケダモノなのか。かれらは、お前の神様を信じれば、仁義
   礼智信は、お前の神様の教えに優先して不要なのか?。必要なのか。

293 ::2008/07/23(水) 20:51:36 ID:eSk7AuSL
 はい、親鸞様を信じその先に阿弥陀親様を見ております。親鸞様の教えに喜びと安らぎを頂き、幸せを見付けるでなく只今、幸せの真真ん中に生きております。智者の振る舞いをせず、唯唯頂くばかり。有り難うございます。

294 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 21:26:04 ID:v3YwsSA5
969 名前: 名無しさん@3周年 04/04/24 21:45

 死の前には何物もない
 学問も何かあらん
 金銭も何かあらん
 名利も何かあらん
 毀誉褒貶も何かあらん
 希望も目的も何かあらん
977 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 04/04/24 22:02
>>969
>死の前には何物もない
   馬鹿だね。死も忘れちゃいかんが、生も大事なんだよ。

>学問も何かあらん
    学問をしなければ社会は発展しないんだよ。

>金銭も何かあらん
 金がすべてじゃないが、金も大事だ。金がどんなに大事かは、布施に群がる親鸞会が一
番知ってるんだろう。

>名利も何かあらん
  名利も大事なんだよ。見ず知らずの人を頼るとき、最初は何でスクリーニングするんだい。
  名利を否定すれば、人々は最初のスクリーニング手段が無くなるんだよ。

>毀誉褒貶も何かあらん    これも大事だ。

>希望も目的も何かあらん   これも大事だ。

 出世間道の問題が解決すれば、世間道で全力を尽くすべきなんだ。出世間道の問題が未解決
の段階では、無価値のものでも、世間道で全力を尽くすべき時には、大事なものは山ほどある。
そのことを忘れなさんなよ。


295 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:13:12 ID:k0sX4nR4
なにやらアホみたいに仁義礼智信?がどうのこうの言ってるようですが、気は済みましたか?

仏教では殺生は最も罪深い行いのひとつとされている事すら知らない渡海さん。
社会常識の話などしていないのに、勝手に社会常識の範囲でグダグダ言ってる渡海さん。

もう、あなたと話などする気はありません。だって話にならないんですから。
人の意見は聞かない。答えに困れば「ほほう」「だからどうした」で済ます。
そんなあなたとは話す価値がないんですよ。だからヤメ。分かります?まぁ、分からないんでしょうけど。

勝手に勝ち誇って終わって下さい。そもそも勝ち負けなんて考えてるのはあなただけですけどね。
僕を負かしたと思えば気が済むんでしょ?

ではこれにて失礼。

296 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 03:41:20 ID:aUeR+B9y
 何か、話が題名の妙好人に学ぶと全然関係有りませんがな。

297 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 09:58:06 ID:+cl8CY/J
>>296

んだね。誰も全然妙好人じゃありませんがな。

298 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/24(木) 10:43:05 ID:p9sDfQeQ
>>295
>勝手に勝ち誇って終わって下さい。そもそも勝ち負けなんて考えてるのはあなただけですけどね。

 敗北感に打ちひしがられ・悔し涙止まらないようだ。お前は渡海難を打ち負かそうとしていたらし
いな。そしたら、渡海難が気が付かないうちに、返り討ちにあったということか?(苦笑)
 僕は返り討ちにした覚えはないんだが、どこかに勝者がいるのか?。法論はどっちが勝っても釈迦
の負け。勝者などどこにもいない。勝手に敗北感に襲われていれば、釈迦が一番悲しむだろう。もっ
と真剣に仏道を学ぶ気になったらどうよ?

>なにやらアホみたいに仁義礼智信?がどうのこうの言ってるようですが、気は済みましたか?

 なにごとよりは、聖教の教えをも知らず、また、浄土宗の真の底をも知らずして、不可思議の放逸
無慚の者共のなかに、悪は思う様に振る舞うべしと、仰せられ候なるこそ、返す返す、あるべくも候
らわず。(親鸞消息)

 それ出世の法において五戒と称し、世法にありては五常となづくる仁・義・礼・智・信をまもりて、
内心には他力の不思議をたもつべきよし師資相承したてまつるところなり。   改邪鈔

 仁義礼智信を守りて王法をもって先とし、内心には深く本願他力の信心を本とすべき」よしを、懇
ろに仰せ定め置かれし   御文

 アホみたいに仁義礼智信がどうのこうの言ってる人、このアホ三馬鹿大将 → 親鸞・覚如・蓮如

 265よ。お前、どうせ本願寺の坊主だろう。親鸞・覚如・蓮如をアホというなら、着ている坊主
服を脱ぎ捨てろ。

299 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/24(木) 10:43:54 ID:p9sDfQeQ
 京都には西本願寺・東本願寺という大きな寺がある。そこに行けば親鸞像が置いてある。「馬鹿た
れ!アホみたいに仁義礼智信を言うな!」と、着ている坊主服を脱ぎ捨てて、親鸞像・蓮如像に思い
きっり叩きつけてこい。「坊主など、馬鹿馬鹿しくてやってられるか!!」と啖呵を切って来い。そ
うすれば、おぬしの話にも少しは耳を貸そうじゃないか。馬鹿者め!。

>仏教では殺生は最も罪深い行いのひとつとされている事すら知らない渡海さん。

 295は、敗北感に打ちひしがられ、悔し涙が止まらないらしいな。目が真っ赤に腫れ上がってい
るぞ。お前のような奴をノータリンと言う。覚えておけ。

>社会常識の話などしていないのに、勝手に社会常識の範囲でグダグダ言ってる渡海さん。

 王法をもって先とせよ。仏法の前にはこれに先行して社会の常識がある。仏法は社会の常識を破ら
ない。社会の常識で間に合わなくなったところを部分的に繕うのが仏法だ。
 「道を歩いて虫を殺せば、鬼だケダモノだという」。お前はいったいどこの話をしていたんだ?。
涙を拭いてよく考えろ。

 仏は善人も悪人も救うとは言っているが(歎異抄)。鬼・ケダモノを救うとは言ってないといった
ところが出発点だ。(>>267

 人間であろうとするなら、まず、社会の常識、仁義礼智信を守る。仏法に先んじて王法を守る。使
命感・正義感・博愛心・克己心・向上心・努力、こういうこころを大事にしようと努める。これが親
鸞仏教の出発点だ。

 僕は、自分を鬼ともケダモノとも思っていない。295よ。渡海難を鬼・ケダモノ呼ばわりしたの
はお前の方であることを忘れるな。

300 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 10:44:45 ID:M+aLSs9k
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ /  \ /  \ / \  /   \

301 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/24(木) 10:45:08 ID:p9sDfQeQ
>もう、あなたと話などする気はありません。だって話にならないんですから。
   ノータリンのお前に呆れかえって愛想を尽かしているのはこっちの方だ

>人の意見は聞かない。答えに困れば「ほほう」「だからどうした」で済ます。

 仁義礼智信を守りて王法をもって先とし、内心には深く本願他力の信心を本とすべきよしを、懇
ろに仰せ定め置かれし    御文

 お前には渡海難の話はまともに耳に入らんようだ。渡海難を打ち負かしたい。打ち負かしたい。悔
しい。悔しいと思えば、渡海難の話は耳に入らん。僕の話は耳に入らんでも、先人の大事な言葉ぐら
い耳に入れたらどうだ?。

>そんなあなたとは話す価値がないんですよ。だからヤメ。分かります?まぁ、分からないんでしょ
うけど。

 耳が痛くて聞きづらいんだろう。見ず知らずの相手を、いきなり名無しで「鬼・ケダモノ」よばわ
りする。2ちゃねんるは、何でもありだから気にはしないが、頭を冷やしてよく考えろ。

>勝手に勝ち誇って終わって下さい。そもそも勝ち負けなんて考えてるのはあなただけですけどね。

 渡海難が勝ち誇っているように感じるんだな。打ち負かそうと思ったら、返り討ちにあったか?。
馬鹿馬鹿しい。(苦笑)渡海難を打ち負かしたい。打ち負かしたいという根性の延長線だ。自分で勝
手に敗北感・屈辱感に打ちひしがられ、まともに相手が見えていない。勝者などはどこにもいない。
お前が勝手に一人で敗者になって目を回しているだけだ(苦笑)。

>僕を負かしたと思えば気が済むんでしょ?
 悔し涙で気がむしゃくしゃし、気の済む場所が無いようだな。頭を水風呂にでも入って頭を冷やせ。

302 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 10:46:27 ID:M+aLSs9k
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ /  \ /  \ / \  /   \

303 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/24(木) 10:54:54 ID:p9sDfQeQ
>>296-297
>何か、話が題名の妙好人に学ぶと全然関係有りませんがな。

 貴方にとって、蓮如上人は学ぶべき妙好人ではないんでしょうか。
 まあ、東西本願寺系以外の方であれば、蓮如などは見向きもしないかも知れない。しかし、蓮如は
本願寺中興の祖という立場を越え、親鸞聖人の教えをとても分かりやすく語ってくれている大恩人で
すよ。僕にとって、親鸞・蓮如はほとんど一体だ。僕の中では、題名といささかも違っていません。

 まあ、蓮如上人に学ぶと言っても虫食い的に都合良く読み、嫌なところは墨を塗り、白ペンキを塗
って書き替えるというのは、本願寺の坊主のお家芸だ。

 仏法ではなく王法をもって先とせよなどと言うところは、真っ先に削除し、書き替えているんだろ
う。本願寺のマインドコントロール操り人形には、僕の話など、妙好人とは全く関係ないことになる。
渡海難の話は、妙好人と関係ないと言われても、それは僕のせいではない。

304 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/07/24(木) 11:36:56 ID:lFZzozkX
                     ハァハァ
            / ̄ ̄ ̄ ̄\  ハァ ハァ
 ̄||      ハァ (  , 、      )  ハァ
  ||         (-◎-◎ー  ;;;;;) __,,.-───ヽ__     )))
   ||      ハァ(  (_ _)    6)-"           ̄ ̄\   ))
   ||     ハァ (  ε  ∴  |    ⌒─-,,__/      )
    ||      ハァゝ_____/  ヽ、 _     ̄ヽ   ̄ ̄─⌒丶  )))
 ̄ ̄○二二二|, -─⌒ ̄ ヽ   , -─⌒ ̄ ̄      ノ         \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

305 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 13:40:15 ID:aUeR+B9y
何故そうやって上から下を見る物言いしか出来ませんの。難しい事を並べる事は誰でも出来ます。優しい言葉に話すことが出来るが本当の賢さですよ。汚い言葉で話し、沢山本引きして並べて満足ですか。

306 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 13:47:44 ID:YcCLRt3V
>>305
【重要なお知らせ】

精神病の渡海難は放置してください。相手にする価値も無い人間です
ので放置が一番です。現実社会で渡海難が誰にも相手にされないように
無視してください。

▲▼▲▼渡海難とは ▲▼▲▼
2ちゃん以外では誰にも相手にされない人間。
内面から滲み出すキモイ精神のお陰で腐臭が漂い、周りから忌み嫌われ
ているのだが社会が自分のことを理解してくれないと誤解し、浄土真宗の
坊主と思われる人を叩くことでようやく自我を保っているような屑。そのような
卑屈な根性が誰にも相手にされなくなる原因と未だ理解できないようだ。。。。
長い間 社会と隔絶された生活をしているため脳内でいろいろな人と語り
合う事ができる。(自作自演が得意)


※以下の文を10回暗誦して反省してください。

荒らし・煽り・叩きに反応する事は荒らしへの荷担にしかなりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
荒らし・煽り・叩きを無視できないあなたも荒らしです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

307 :7:2008/07/24(木) 15:56:23 ID:kVmoGDGs
今年の夏も暑いですね。皆さん熱中症は室内でもかかるので気をつけてください。水をこまめに飲むといいです。

南无阿彌陀佛

308 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:51:10 ID:m6N8YZoJ
世法は、時代によって変わっていく。権力の交代だったり、
前時代の過失を改正または改悪したものだったり。
王法もまた同じ。現代は一応は民主主義が王法に当たるものかな?
だから善悪の価値も、建前的には、その時々の民意が反映した流動的なものになる。
仏法は変わらない。ことに真宗においては「若不生者不取正覚」の
阿弥陀如来の誓いは全く変化する事無く、私を救済し続ける。
私に療治するものが無くなるまで。毎日が、お慈悲のなか。毎日が、診察中。
つまり、今。常行大悲だよ。

309 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 20:30:14 ID:O4HRQYOO
真宗オタクの特徴は漢字の専門用語ばっかりで、何を言ってるのかよくわからないことだ。


310 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 21:40:35 ID:dyQq7+tD
 蓮如さんは大嫌いです。奥さん五人で女性にだらしが無いから。お坊さんで潔癖でなく如何しますのや。親鸞さんのように葛藤したと聞きませんしねえ。大嫌い。

311 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 22:52:39 ID:+cl8CY/J
>>310

まあ凡夫はそんなものじゃないですかねぇ。
尊い生き方して往生するんじゃないですからねぇ。

312 :261:2008/07/24(木) 23:28:28 ID:VzE+kqRk
<303 妙好人に蓮如上人を上げるのは如何なものでしょう?。 渡海様のご意見以前より
感じ入り、信心の助けと致しております。ただ、「妙好人」とは教えの信底と無縁の一凡夫
に過ぎない私どもが、必ず救うという「南無阿弥陀仏」のを教えを只管信じ、願えば、そこに救いを
得られる。、これは大きな心理で有ります。私が、下品下生の者と気付かせて頂いたのも、真宗の
教えで有ります。それでも、阿弥陀7如来の救いで、どの様な者でも、後生は弥陀の蓮華として、
極楽浄土に往生出来る安心を糧に日常を生きているのです。これに気付かせて下さったのが、
親鸞上人や、蓮如上人や他の先達で有り、気付いて実践しておられるのが「妙好人」と
と言われる方々と思います。もちろん私はその境地には至れません。

313 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 23:58:33 ID:m6N8YZoJ
>309
ごめんね。ここではこんな感じ。
簡単に言えば、大無量寿経っていうお経に説かれた仏さまの誓い
「必ず往生成仏させる、もれなく救う」と言う願いが
自分の人生の核となるってことかな?さすれば、死後どうなるのか、は解決される。
その願いを必ず叶う真実とするから、必ず浄土に往生することに疑いがない。
死が解決されれば、それは必然的に今現に生きてる事にも影響してくる。
この影響のことを昔の人は、「おかげさま」とか、「ご恩うれしや」と呼んで
労苦の中にも喜びを感じて生きていた。
それは、現代の競争的価値観とはまた一味違う生き方。
負け組が生まれない、実質的に存在しない生き方なのさ。


314 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 09:50:59 ID:bw/8Gnfd
>312
「仏言広大勝解者 是人名芬陀利華」と言われる。芬陀利華(白蓮華)はまた、
妙好人、上々人とも名付くと言われるから、弥陀の弘誓をそのまま受ける人は、
みんな妙好人と言えますね。蓮如上人もまたその一人と言うことが出来ます。

315 ::2008/07/25(金) 20:43:25 ID:N2Xxh0ra
傲慢ではありません。どうして下品下生なんですか?。人皆佛の子であるのに。御念仏出来る・親鸞様のお聖教読める。望めば千教万典読め能力あるのに本当に、低下の泥凡夫なんですか?。

316 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/26(土) 12:47:51 ID:2c200USH
 親鸞会系の出版社、チューリップ企画と元親鸞会会員の田中さんとの間で
行われた論争の番外編につい、続きを書きました。


 ブログ親鸞仏教    www.しんらん.jp/


317 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 12:58:11 ID:7oHevcU7
>>316
またマルチポストで宣伝か
つーか日本語がおかしいぞ、小学校からやり直せキモオタデブオヤジ

______________________                .◎
____ .∧___∧  ___________   ./ ̄ ̄ ̄ ̄\     / 〜プーン
__  _( ´,_ゝ`)プッ  ______       ..(人_____) 〜プーン <ブピィイ!!
    /       \     ____     ベギャ   ,  |ミ/    * * ..)ー●-◎ 〜プーン
 ̄ ̄ i .i \     \ ヽ,   ___,, __ _ ,, - _" ’.'.. ・,’・  _"))) _ _) ..)__∵, 〜
── ヽ勿  ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴ ,__”_∵, ∴ )) 3) ・,’・ 〜プーン
______   ヽ,, / / __,,, -- "" ─ "ー ・, ;; - 、・ ;; -_____/ヽ   〜プゥーン
───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -     /            \_ 〜プーン
───────  / /,.  ヽ,  ──       ⊂_/___________)_つ 〜 ←渡海 難  ◆Fe19/y1.mI
______   丿 ノ ヽ,__,ノ ___ _ _ __   /   _       ノ 〜
           j  i                   ヽ /  つ   ,,,ノ 〜プーン
_____    巛i~ ___________   ヽ__,,ー、  ノ 〜プーン
                                     / /〜プーン
                                     し ''〜プゥーン

318 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/26(土) 13:34:25 ID:2c200USH
 >>315については、みんな、ダンマリ?
 間違っていてもいいから、食いついてコメントしようという人はいないのか。

 「俺は下品下生ではない」と思っている人は別だが、「俺は自分を下品下生だと
思っている」という人はいるんだろう?。

 自分は下品下生であるのか、下品下生でないのか、それもわかりません。
という人はもっと多いんだろうけどね。

 清沢満之と歎異抄が、思いもよらず、浄土真宗を根本から意味不明の混乱思
想にしてしまった。僕は全くそう思う。

319 :261:2008/07/27(日) 00:43:32 ID:ePPZJhbT
>315 貴方は下品下生では有りません。ご上人の教えを充分摂取され、弥陀の真髄やその他の仏典
も熟読され、実践されて、現在を生きていらっしゃいます。そして尚、「傲慢ですが」と謙遜され、
他の人に強じる事も有りません。

320 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 01:30:03 ID:M2Ro+ElE
917 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :04/04/20 13:06
 浄土教の先人は「先生(阿弥陀仏)」という言葉を下に創作物語を添えた。それが阿弥陀物語
だ。阿弥陀物語をなぜ作ったのか。「ああ先生」と称えることのすばらしさを伝える手段として
「先生物語」を創作したんだ。阿弥陀仏という化け物がどっかに存在するんじゃない。人は、結
婚すれば、田中さんが鈴木さんと結婚すると鈴木さんに変わる。人は、どう名前が変わってもい
い。しかし阿弥陀仏はそうじゃないんだ。阿弥陀という名前を離れてどっかに存在するんじゃない。
「ああ先生(南無阿弥陀仏)」と称えることはすばらしいことだよということを、人々に伝える
ための道具として、阿弥陀物語が作られたんだ。それが阿弥陀物語なんだ。そういうことを忘れ
ちゃいけない。阿弥陀ではなく、南無阿弥陀仏が尊いんだ。
 阿弥陀仏(先生)は、阿弥陀物語(先生物語)を通じ、南無阿弥陀仏を称賛している。こうい
う構造にこそ、創作者たち先人の知恵がある。南無阿弥陀仏は、我々が口にそれを称えるところ
で実体を持つ。南無阿弥陀仏は、座禅して称えるところに根元的な意味を持つんだ。



321 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/28(月) 10:12:45 ID:qmHWOVzL
>319
 下品下生の人から「貴方は下品下生では有りません。ご
上人の教えを充分摂取され・・」などとおだてられても、相
手は嬉しくないんじゃないか?

  下品下生の人からは「アホ・馬鹿」と言われた方が、安
心する人の方が多いと思う。
 上品上生の人から「貴方は立派な人だ」と言われれば、
これは名誉なことだろう。
                         −苦笑− 
 

322 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/28(月) 11:53:58 ID:qmHWOVzL
>321
 まあ、319を見ると、まさにこれこそが、典型的な下品下生
の見本であるということも、まあ、言えるわな。

 浄土真宗に嵌った人間には、こう奴が実に多い (苦笑

323 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 13:03:31 ID:niluCmUr
どうでもいいけど、苦笑というのは見苦しいものだね。

324 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/28(月) 14:26:19 ID:qmHWOVzL
>323
>見苦しいものだね。

僕の感情は、貴方に到達しようだね。
 >>319 のカキコを見て僕が感じた見苦しいという思いを伝えたい。苦笑にはそう
いうメッセージがある。
 
 こういうことは、へたに言葉で説明しても伝わらない。苦笑という表現なら、少なく
とも一部の人には伝わるだろうと思っていたのさ。

 苦笑にはもっと伝わって欲しい思いはあるんだが、全部伝わるとは、僕も思って
ない。貴方のカキコで、思いの5割から6割程度伝わった人がいるということがわ
かったよ。


325 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 16:54:08 ID:wkaGHQbH
まあ、どうとでもいいたまえ。(苦笑

326 ::2008/07/28(月) 21:26:31 ID:OwwjA3Zn
 私は聞いております人は皆神佛の子であり、それは変わらないと。南無阿弥陀佛とは「貴方は神佛の子であると言う約束である」と。それ以外無いのだと。

327 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/28(月) 21:30:48 ID:qmHWOVzL
>325
<苦笑>にはTPO(時と場所と場合)が必要。
使うところを間違えると間抜けになる。

 気位の高い人は気を付けた方がいい。(苦笑)

328 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/07/28(月) 22:08:59 ID:py96SUBA
    彡川川川三三三ミ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
    川|川/  \|〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   ‖|‖ ◎---◎|〜 プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   川川‖    3  ヽ〜プゥ〜ンプゥ〜ンプゥ〜ン
   川川‖  ∴)д(∴)〜
   川川‖    〜 /‖
  川川川川___/‖ 
     /       \
   _| |       | |_
   ||\          \
   ||\\          \
   ||  \\          \.    ∧_∧
.       \\          \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.        \\          \ /    ヽ
.          \\         / |   | .|
.           \∧_∧   (⌒\|___/ /
            ( ;´д`)目合わせるなって     ∧_∧
            _/   ヽ          \    (    ) うわー、こっち
            |     ヽ           \   /   ヽ、 見てるよ

329 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 01:01:28 ID:zCspY7+r
>>320

まあ、320を見ると、まさにこれこそが、典型的な基地外

の見本であるということも、まあ、言えるわな。


330 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/29(火) 12:05:31 ID:xgq8jUa5
>329
 日本人の先祖達は、「桃太郎」という架空の人物の元に創作物語を添えた。それが「桃太郎物
語だ」。
 「桃太郎物語」をなぜ作ったのか。「善を行え。悪をするな」といことの大切さを伝える手段
として「桃太郎物語」を創作したんだ。犬や猿やキジと会話するそんな化け物がどっかに存在す
るんじゃない。吉備団子を喜ぶキジがいるわけがない。人は、結婚すれば、田中さんが鈴木さん
と結婚すると鈴木さんに変わる。人は、どう名前が変わってもいい。しかし桃太郎はそうじゃない
んだ。桃太郎という名前を離れてどっかに存在するんじゃない。
 善をすることは大事なことだ。悪いことをしてはいけないんだ。こういうことを、少年少女に伝え
るための道具として、桃太郎物語が作られたんだ。それが桃太郎物語なんだ。そういうことを忘
れちゃいけない。
 桃太郎が偉いんじゃない。桃太郎は架空の人物なんだ。それよりも、桃太郎を見習って、一人
一人が善をすることが大事なんだ。悪をしないことが大事なんだ。桃太郎物語は、物語を通じ、
善を称賛し、悪を懲らしめている。こういう構造を子供達に示そうという働きにこそ、物語創作
者たち先人の知恵がある。
 善は我々がそれを実行するところで実体をもつ。悪はそれをしないことで意味を持つ。南無阿
弥陀仏は、座禅して称えるところに根元的な意味を持つんだ。


 まあ、↑を見ると、まさにこれこそが、典型的な基地外の見本であるということも、まあ、言
えるわな。(by >>329  −329の笑話−)

331 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 18:34:53 ID:zCspY7+r
>>330
923 名前:渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :04/05/03 23:44
>>877
>架空ではないだろ?

 架空でなかったら何なんだい?。架空と言っても、原型はあるんだよ。原型はもちろん釈迦だ
よ。原型は釈迦でも、阿弥陀が架空ということには変わりがない。
 あんたらは、犬に吉備団子を与え、日本一の旗を掲げて鬼退治した桃太郎を、実話と思うか。
架空と思うか?。
 阿弥陀仏が架空でなかったら何なのか。答えが出るまで、おぬし、豆腐の角に頭を休めて、坊
主を名乗るのを辞めとくといいi。

名前:渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 投稿日:04/05/06 20:33
>>354
>南無阿弥陀仏といへる行体は、すなはちわれらが浄土に往生すべきことわりを、
この六字にあらはしたまへる御すがたなり

 我々には霊魂がある。死んだら霊魂は冥界に行く。冥界には王様がいる。王様
は、存在を信じてくれた人だけ、自分の冥界に引き入れてくれる。冥界の王様を
信じると、あ〜ら、不思議とばかりに、体から霊波が出て、あの世に一瞬で届く。
死ぬまで信じ固めていくと、冥界の王様を信じた霊波で、王様の世界に引き入れ
られ、霊魂は清められる。ああ、ありがたい。ありがたい。
 冥界には王様がいないという人が一人でもいると、今度は、その全員が冥界に
入れなくなる。連帯責任だ。だから、みんな信じないといけない。王様の実在を
信じ固め、死んだら王様の冥界に行きましょう。
 栗花さん。あなたが言いたいことはそういうことなんだろう?。親鸞だの信心
だの、仏教だのと言わなくても話ができるじゃないか。


332 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/29(火) 19:34:04 ID:xgq8jUa5
>>330
 僕は、自分が過去に2ちゃんねるで書き込んだ記事が、2ちゃんねるの中で
コピペされることはある程度我慢しているが、こうもやたら書き込むと、まるで
ここのスレッドが渡海学校の教室のようになって、不愉快に思う人もいるだろう。

 ここのスレッドは、渡海思想を学ぶところではない。僕は、自分の発言に責任
を回避するつもりはないが、掲示板の議論には流れがある。勢いもある。そうい
う背景を無視してコピペされることは、僕にとって愉快ではない。
 僕の中でも、考えには変化があり、以前の考えていた考えを今は持ってないこ
とも多い。書いた本人が忘れているものもある。

 無意味なコピペは自粛したらどうだ

333 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/07/29(火) 19:35:40 ID:xgq8jUa5
>332  m(_ _)m

誤 >> 330
正 >>331

334 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:20:52 ID:zCspY7+r
972 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 04/04/24 21:47

>>965
> 十分、汗かいてるよ。

 汗かいてる?。うん。それならもう心配することはない。
 十分あせかいてる人に、重ねて汗をかけなどと、僭越なことは言わないよ。
 汗を掻いていても、困ったときがくれば、座禅して念仏してみなさい。どこか
に活路は見つかるだろう。

 困ってから、急いで念仏称えても間にあわんかもしれん。そう思ったら、
困ってないときから、こまめに称える習慣をつけるといい。背筋を伸ばし
腹式呼吸しながら息を整え、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と称えるといい。
それだけで、もし、気づかなかった問題が見つかれば、それも儲けもんだ。

 親鸞さんも、お釈迦様も、965が幸せになること以上のことは、望んでいない。


335 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:32:34 ID:7ObnN2eA
>ここのスレッドは、渡海思想を学ぶところではない。

だったらこのスレに来るな。つーかこのスレの秩序を乱す渡海はこのスレに必要ないから。

336 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:55:36 ID:zCspY7+r
渡海は自分の書いた事も覚えてられない認知症

渡海、お願いだから来ないでね!

あ!言っても理解出来ないから、無駄なんだ・・・・・・・・・・

337 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 07:00:18 ID:tjn5AYR4
まことの信を定められてのちには、弥陀のごとくの仏、釈迦のごとくの仏、そらにみちみちて、
釈迦のをしへ、 弥陀の本願はひがことなりと仰せらるとも、一念も疑あるべからず

338 :7:2008/08/01(金) 09:15:57 ID:1Sk/mheD
まことの信を定められてのちには・・・・

そう、「定められて」と示されていることが本当に有り難いですね。仏の方より往生は治定せしめたもう・・・。

南无阿彌陀佛

南无阿彌陀佛

339 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/02(土) 10:45:38 ID:s54hCTmD
>337
>まことの信を定められてのちには、弥陀のごとくの仏、釈迦のごとくの仏、そらにみちみちて、
釈迦のをしへ、 弥陀の本願はひがことなりと仰せらるとも、一念も疑あるべからず。

 そうか、いいことをしなければいけないんだ。悪いことをしてはしてはいけないんだと分かる
と、非常に多くの人々が、そのような努力をされていることに気づかされてきます。

 ああ、あの人も桃太郎さんみたいだ。こっちの人も桃太郎さんみたいだな。あっ、頑張って
いる桃太郎さんは、向こうにもいるぞ。そっちの方にもいるぞ。桃太郎さんは、実にあらゆると
ころ、空に満ち満ちているように思えてくるでしょう。

 桃太郎さんの教え、つまり、 いいことをしなければいけない。悪いことをしてはしてはいけな
いという教えは、仮に間違っているという歪んだ主張をする人がいても、それに引きづられて
決して疑いを持ってはいけません。
 
念仏を称えることが大事なんだなと分かれば、弥陀のような仏、釈迦のような仏は、そらにみ
ちみちているように思えてきます。念仏を称えることが大事なんだという釈迦の教え、 弥陀
の本願は間違っていると、誰かが言っても、それに引きづられて疑いを持つべきではありま
せん。


340 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/02(土) 18:17:03 ID:s54hCTmD
>338
 いいことをしなければいけない。悪いことをしてはいけない。こういう確信、
認識観、世界観は、架空ではあっても、桃太郎さんが私たちに持たせてく
れる。桃太郎さんは架空だけど、本当に有り難いですね。

 そうか。念仏は大事なんだな。念仏することは大切なことなんだな。こう
いう確信は、架空ではあっても、阿弥陀物語に登場する阿弥陀仏が、時
代を超えて持たせてくれる。阿弥陀仏さんは本当に有り難いです。

 南无阿彌陀佛 南无阿彌陀佛

341 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 09:44:27 ID:55w8Wbsl
>>338

>そう、「定められて」と示されていることが本当に有り難いですね。仏の方より往生は治定せしめたもう・・・。

そやね。だから念仏行者は義なきをもって義とするんやね。
義とは行者のはからいと祖師は言われとりますがな。

まことの信には信心守護の益がありますし、阿弥陀さんの心は金剛心ですから。

342 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/03(日) 11:29:13 ID:OvQaSf3J
>>341   議論の結論に異議を差し挟むつもりはない。考えのプロセスに賛成しかねる。

>そやね。だから念仏行者は義なきをもって義とするんやね。義とは行者のはからいと祖師は言
われとりますがな。

 念仏行者は義なきをもって義とすると言ったのは誰?

 親鸞は言う
他力には義なきを義とす
 <尊号真像銘文末 末燈鈔 浄土三経往生文類 親鸞聖人血脈文集 如来二種回向文>

他力不思議にいりぬれば 義なきを義とすと信知せり
        <正像末和讃>
他力には義なきを義とすとしるべきなり。
        <正像末和讃>

他力と申すことは、義なきを義とすと申すなり。<消息>
如来の誓願には義なきを義とすとは、大師聖人の仰せに候いき。<消息>
このゆえに他力なり。義なきがなかの義となり。<消息>
義なきを義とすと、他力をば申すなり。<消息>
他力と申すは、行者のはからいのちりばかりもいらぬなり。かるがゆえに、義なきを義とすと申
すなり。<消息>
弥陀の本願を信じそうらいぬるうえには、義なきを義とす<消息>
他力ともうすは、仏智不思議にてそうろうなるときに、煩悩具足の凡夫の無上覚のさとりをえそ
うろうなることをば、仏と仏とのみ御はからいなり。さらに行者のはからいにあらずそうろう。
しかれば、義なきを義とすとそうろうなり。義ともうすことは、自力のひとのはからいをもうす
なり。他力には、しかれば、義なきを義とすとそうろうなり。        <消息>

343 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/03(日) 11:31:11 ID:OvQaSf3J
 歎異抄は言う。
 念仏には無義をもって義とす。
 念仏は、無碍の一道なり。
 念仏は行者のために、非行非善なり。

 金子大栄は言う。
 「念仏者は無碍の一道なり」。
 「念仏者は」念仏(者)は、者を「は」と訓したるものが、「者は」と連書された。(岩波文
庫 金子大栄)。

 念仏行者は義なきをもって義とすると言ったのは誰?
 これは、2ちゃんねるの341が初めてではないか?


 自説を立てることに僕は反対はしない。絶対的孤立的一人説であることは、なんの支障もない。
しかし、自説は自分の責任で立てるべきであり、祖師が言っていると誤解することは、厳重に避
けたいものだ。

 なお、ついでながら、念仏者は無碍の一道なりと読む金子大栄流の読み方に、渡海難は反対し
ている。
 「念仏には無義をもって義とす」という歎異抄の考えにも、渡海難は反対している。
 いずれも理屈に合わないと考える。

 「他力には義なきを義とす」これは正しい。親鸞の考えだから正しいのではなく、もっとも自
然で素直な分かりやすい考えだから、僕はこれに賛成する。


 自分はどのようなことを考えてもいいが、それが自分から発した説か、他人からの説かは、明
瞭に意識しておくべきでしょう。


344 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 15:42:05 ID:5RgsvS7x
座禅して自力で念仏称えるのだから、無義の義というのは理屈に合わないだろね。
でも、まったくはからわない、てのも考えてみれば無理な話に思える。
こういうところになると298さんの説なんかが、なるほどと思えてくるけどなあ。



345 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/03(日) 16:14:01 ID:OvQaSf3J
>>344
 「王いま座禅してただ当に念仏すべし」と。(行の巻)

 お釈迦様と法照様と親鸞様に申し上げる。あなた方の理屈では、座禅して自力で念仏称えるの
だから、無義の義というのは理屈に合わないだろね。でも、まったくはからわない、てのも考え
てみれば無理な話に思える。
 
 親鸞様に申し上げる。貴方の説は無義の義という理屈に合わない。平成時代、2ちゃんねると
いう掲示板にご登場遊ばされた298さんの考えには、なるほどと思えてくるものがある。親鸞さ
んよ。貴方の説は、298さんの考えには及ばないよ。  (by 344)


 この上は、念仏をとりて信じ奉らんとも、また捨てんとも、面々の御計らいなりと云々(親鸞)


346 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 16:34:54 ID:5RgsvS7x
なんか、親鸞さんに成り代わって説明してるみたいだ。
その姿勢は、最早すがすがしいね。
自分の信心に一片の疑念もないんだろね。
ひとえに「王いま座禅してただ当に念仏すべし」に依る、ですか。
よくそこまで解釈できたものだよね。すげーや。
おれなんか、あーでもないこーでもない、だもんなあ。
ほんとすげーです。うらやましくはないけど。


347 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/03(日) 17:24:15 ID:OvQaSf3J
>346
>なんか、親鸞さんに成り代わって説明してるみたいだ。
  単なる受け売りだ。僕は親鸞さんの腰巾着みたいなもんだからね。

>その姿勢は、最早すがすがしいね。
  他に能がないだけさ。

>自分の信心に一片の疑念もないんだろね。
  親鸞さんの信心に疑念がないだけさ。自分の信心は、疑いの固まり
だよ。

>ひとえに「王いま座禅してただ当に念仏すべし」に依る、ですか。
  そうだね。

>くそこまで解釈できたものだよね。すげーや。
  解釈なんかしてないだろう。親鸞さんの言っていることを、そのまま
伝えているだけだよ。述べて語らずだよ。教行信証読んでごらん。そのま
ま書いてあるだろう。本願寺発行の教行信証には墨が塗ってあるんなら、
岩波や角川のを読むといい。

>おれなんか、あーでもないこーでもない、だもんなあ。
  幸せだからだろう。

>ほんとすげーです。うらやましくはないけど。
  僕も貴方を羨ましくないよ。おあいこだな。


348 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/08/03(日) 17:42:07 ID:Bcq17tW5
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::\
        /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
       (::::::::::/:::ハ):::ノ::::ノ ) ノノヾ::::::::::::丶::::ヽ
       (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)   
       (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
       (:::::::/      ヽ  /         |:::::::::)
        | :::   -=・=-      -=・=-    ::: :::)
        |:/         ノ  ヽ           ヽ|ヽ         
        |/     U    .⌒ `       U   ..| |   
        (   U    (●  ●)  U       )
       ( U      / :::::l l::: ::: \      U  . )     
       (     U// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.U      .)  
      /\ U  )::::( ( ̄ ̄ ̄ ̄) )::::(:  U  / 
     /   \ :::: ::::、ヾヾ___ノノ ヽァ ::::  / 
   /      \::::::::::: \;;;;;;::::::;;;: (  ̄ ):::::::: ノ
  /  ' "'' 、   \: _- ,,_ ̄ ̄ ノ` ゙ /:::::::::/       
/ , - 、 ,,  `ヽ   \/   ̄` ' - 〈_/ ,ゝ--、 
             /      ヽ  |  /   ノ
     ,,  、    /    ヾ    ヾ  ヽ-' 、 ,/
  - ''      ヾ  (   ヽ  丶    ! ''  ,, ゝ" |
''"        \/ヽ  ヽ  ヽ _ 'i /    ヽ

349 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 11:42:32 ID:fN3e3ynW
>>347

>「念仏には無義をもって義とす」という歎異抄の考えにも、渡海難は反対している。
 いずれも理屈に合わないと考える。

まあ、理屈で考えれば納得できないんだろうなぁ。

>「王いま座禅してただ当に念仏すべし」

都合に合う部分だけ納得するわけか。聖教よみの聖教しらずだわな。
観経さんもう一遍読み直してみ。では。

聞其名号 信心歓喜 乃至一念。

350 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/04(月) 12:33:08 ID:DM8tmBP1
>>349
> まあ、理屈で考えれば納得できないんだろうなぁ。

 それじゃ貴方は、納得しているのか?
 納得しているんじゃなく、もっと単純なんだろう。理屈で考えることができない。疑い、そして自
分で考えるということが貴方にはできないだけだろう。

 聞より生じて思より生ぜざる、このゆえに名づけて「信不具足」とす。
 超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ。

 考えの結論は合っているか違っているか知らないけど、僕はこの問題について、聞き、そして
思索していると、僕は自分を信じているよ。

 信謗共にあるべし。
 「理屈を考える。聖教を妄信しない。自分の頭で考える」こういう作業を自分でするというこ
とを夢にも思ったことのない坊さんには、思いもよらないことだろう。

351 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/04(月) 12:37:48 ID:DM8tmBP1
>都合に合う部分だけ納得するわけか。聖教よみの聖教しらずだわな。

 妄信しない。批判的に自分で考える。批判の余地があるところと、余地のないところを峻別す
る。これは宗教だけでなく、あらゆる事で重要な姿勢だ。批判の余地あるところは、正論はなに
かを考える。
 僕の聖教の読み方は完全だなどと、自分で思ったことはないが、僕の読み方でおかしいと貴方
が思ったところはどこだい?。例が挙がるか?。挙がらないだろう(苦笑)。

 貴方は根拠もなく反発しているだけだ。聖教を思索的に読んでない人には、批判しようにも批
判ができない。思索的に読んでないから批判できないという人は、信心があるんじゃない。妄想
して、自分で自分に騙されているだけだ。
 道を歩いて虫を殺せば、鬼だ・畜生だなどと、そんなノータリンを考えていても、ノータリンを考
えている自分に気が付かない人がいた。いろんな妄想・迷想が頭の中でぐちゃぐちゃになってい
て、それで自分は信心があると妄想している。
 貴方がそうかどうかは知らないが、そんな人からなら、聖教よみの聖教しらずと言われれば、
名誉なことだ。

> 観経さんもう一遍読み直してみ。では。聞其名号 信心歓喜 乃至一念。

 これは誤記か? もしかすると、これがどこに書いてあるのかも知らないんじゃないか?。聖
教よまずの聖教しらずなんじゃないか?。貴方は、仏教のことについて発言するのは、十年早す
ぎるかも知れんぞ。もう少し勉強してこい。(苦笑)

 ブログ親鸞仏教、更新しました。 www.しんらん.jp

352 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 13:50:08 ID:3p4N/ZDM
  |\__/ハ__
 {_____」
       
         \\              ∧_∧
◎     ≫〃vミー‐w  へ          (´<_` )  >>350-351マルチポスト宣伝荒らしはやめろキモヲタ
  \   彡_____彡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒    \   
      {_親●鸞___| )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       )
 ◎-○一( * *    ヽミ            |.      |
      ((_ _ (( ( ;;;;-=- ̄=─ ̄ '⌒ヽ.〉      | |
 ‘,'.∴・,‘・(ε ((  ヽ:: -=_二__ ̄ .   \_     | |
  ,'.・∵  ヽ_____ ノ        ̄\      / /
    (   ) 渡 ≡ ;;; )  )         .\__/_丿
     |__|. 海 ≡ ;;; )_l          .|  |
    _|  |  難 ≡ ;;;; ) (           |  |
   |  \.._\.      入 \,       |  |
   |ハルヒ(_る〜〜〜〜〜wv)       \ ヽ
   |___||:::::::::::::/::::::::::/               \ |
         .|;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/             / ノ
         (___|)__|)

353 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:12:56 ID:fN3e3ynW
>>350-351

やはりこの程度か。わが字ぢからをもって聖教を読むとこうなる。
まあ自力のうちはそれでもよかろうさ。

しかし自流を立てるのならば真宗という字は使わない方が宜しかろう。
聖教の相伝もなきくせ法門は蓮如さんの時代からあったわけだから。

まあ、邪説である以上それを改める意味で改邪鈔があなたにはふさわしい。

「それ本願の三信心と云うは、至心・信楽・欲生これなり。
まさしく願成就したまうには、「聞其名号 信心歓喜 乃至一念」(大経)とらとけり。
この文について、凡夫往生の得否は乃至一念発起の時分なり。
このとき願力をもって往生決得すと云うは、すなわち摂取不捨のときなり。
もし『観経義』によらば、「安心定得」といえる御釈、これなり。
また『小経』によらば、「一心不乱」ととける、これなり。
しかれば、祖師聖人御相承弘通の一流の肝要、これにあり。
ここをしらざるをもって他門とし、これをしれるをもって御門弟のしるしとす。」

三経に安心あり。さて上記を知らざるをもって他門とするわけだ。
ではでは。

354 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/04(月) 19:57:59 ID:DM8tmBP1
>353
> まあ自力のうちはそれでもよかろうさ。

 貴方は、それで自分には他力の信心があると思っているのか?(苦笑)

まあ、なんでもいいよ。どうせ、仕事は坊さん業をやっているんだろう。今
度は書籍名と中身とは間違えてないようだ。気を付けたようだね。

 改邪鈔のここに書いてある内容は難しくない。貴方も、その意味くらい、
理解できるようになるといいのにね。まともに読んだことはないんだろう。
この意味が分かる人は、貴方の回りにもほとんどいないんだろう。

 観無量寿経に何が書いてあるかも分からない内は、難しいだろうね。
それともここで、貴方が詳細を解説してみるか?

 はは。冗談冗談。(笑)

355 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/08/04(月) 22:54:26 ID:/VbfSARM
    ______
   /::::::::::::::::::::::::::\〜プーン プーン プーン     
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜プーン プーン プーン   
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜プーン プーン プーン
  |;;;;;;;;;;ノ   _   _ヽ〜  
  |::( 6  ー─◎─◎  )〜      
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜       
/|  < ∵∵   ∀ ∵> はは。冗談冗談。(笑)
::::::\  ヽ        ノ\
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\〜

356 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/07(木) 13:51:41 ID:5yrxdcfV
 最近、298さんが見えないね。このスレで、唯一、僕が高く買ってた
人物なんだけど、僕が少し強く言いすぎたかな?

 信心がしっかりあって、聖教もきちんと読める人で、しかも彼が尊敬
できる人に出会えると、一気に開花するんだろうけどね。そう言う人は
非常に数が少ないということなんだろう

357 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 14:24:18 ID:UbyWcG6e
>>356

なんだ、その上から目線w単純に不快なんだが。

358 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/07(木) 14:45:04 ID:5yrxdcfV
>357
 郷に入っては郷に従え。物事にはTPOがある。2ちゃんね
るには、2ちゃんねるの文化がある。2ちゃんねるはことのほ
か、あくが強いところだ。
 もともと気位が高く、僻みの激しい人には、耐えられない領
域だ。ここでは、面の皮に厚さが必要だ。


359 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:19:08 ID:CKtX/Kr+
>>356

>僕が少し強く言いすぎたかな?

心配いらないよ。問題にしていないと思う。

360 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 17:15:23 ID:EXOYGg5U
>>356>>358
もうすぐ60になるくせに2chにはまってるんじゃねーよキモオタ糞デブ親父
2chやってる暇があったら職安行って仕事探せよ

        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

361 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 08:12:22 ID:uULjBeM4
>>356

君ほど暇じゃないんだろう。

>信心がしっかりあって、聖教もきちんと読める人で、しかも彼が尊敬
>できる人に出会えると、一気に開花するんだろうけどね。そう言う人は
>非常に数が少ないということなんだろう

で、君はそういう師に出会ったのかな?

362 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/08(金) 10:32:46 ID:jIizuwUr
>361
>君ほど暇じゃないんだろう。

 僕の環境を自分の勝手な想像で決めつけたい衝動があるようだね。僕がここに出入りしているこ
とが不愉快なんだろう。言っておくが、僕は暇で2チャンネルに来てるんじゃないよ。自分の生涯の
残り時間はわずかだと思うから必死になって、今、使命感を感じて書き込んでるんだ。

>で、君はそういう師に出会ったのかな?

 もちろんだとも。僕が師に出会ってないとでも思ったか。僕が出会ったときには、既に故人だっ
たけどね。僕の使命感は師の遺訓だと信じているよ。

 見ず知らずの人にいきなりものを尋ねる場合、「君」という二人称は言葉を使わない方がいい。
一番一般的なのは、「貴方」という表現だ。

 「君」という表現は、僕に対する不快な感情を込め、敢えて使っているんだろうが、前ぶれもなく
匿名で露骨に不快感をぶつけたくなったら、自分には相手がまともに見えなくなっていると思い、
自分の精神状態を疑うべきだろうね。

363 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 16:00:46 ID:yzHQAVvj
渡海氏のお師匠さんは800年前に故人となられた御開山ですか。
師の遺訓と信じて渡海流念仏にやよ励む。結構なことですな。


しかし298氏がこなくなって、このスレ急に静かになってしまったね。
やはり彼の発言は、寺院さんとかには見過ごしに出来ない内容だったんだろね。
書き込みにみんな気合が入っていたものね。
実際、浄土真宗の根幹にかかわることだったのかもしれんよね。


364 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 21:12:25 ID:LsV7f5rr
良いじゃ無いですか。別に御仏と御念仏と御開山様にとって、浄土真宗なんて関係ないから潰れたって困らないし。

365 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 20:07:38 ID:sJFjgwwW
>>363

>実際、浄土真宗の根幹にかかわることだったのかもしれんよね。

う〜ん。そう思うよ。
真宗の理想像?みたいなもの考えさせられたからね。

366 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 11:45:57 ID:ucQolQqE
>363
 父の王にいうてのたまはく、王いま坐禅してただまさに念仏すべし。あに離念に同じて無念を求めんや。 
(行の巻)

親鸞氏のお師匠さんは親鸞氏より500年前に故人となられた中国の法照さんですか。師の遺訓と信じて
親鸞流念仏にやよ励む。親鸞さん、あなたもまあ、結構なことですな。わたしゃ、その手には乗りませんよ。

親鸞様に申し上げる。貴方の説は無義の義という理屈に合わない。平成時代、2ちゃんねるという掲示板
にご登場遊ばされた298さんの考えには、なるほどと思えてくるものがある。親鸞さんよ。貴方の説は、298
さんの考えには及ばないね。  (by >>344)

しかしニクヤ氏がこなくなって、このスレ急に静かになってしまったね。やはり彼の発言は、寺院さんとか
には見過ごしに出来ない内容だったんだろね。書き込みにみんな気合が入っていたものね。(親鸞は自力
の人・坐禅の人だが、ニクヤ氏は完全他力の人。いよいよ親鸞を超える信心の人が登場したわけでこれ
は)実際、浄土真宗の根幹にかかわることだったのかもしれんよね。

 浄土真宗も、いよいよ「2ちゃねんるニクヤ宗」に名前を変更して、ニクヤさんに他力の真実を教わる時
代に入ってきたようだ。道を歩いて虫を殺せば、鬼ケダモノだという人が登場する時代だから、何があっ
ても僕は驚かないよ。

>>365

>う〜ん。そう思うよ。 真宗の理想像?みたいなもの考えさせられたからね。


親鸞聖人の思いもよらなかった珍しき教えを説くのが真宗の理想像なんだろう(笑)。


367 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/12(火) 11:47:37 ID:ucQolQqE
>366
 ↑
 渡海 難がカキコしました。 


368 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 12:23:28 ID:z3DuH9eV
>>366

>父の王にいうてのたまはく、王いま坐禅してただまさに念仏すべし。あに離念に同じて無念を求めんや。(行の巻)

念仏三昧を勧める場所だね。
そこで直ちに座禅念仏としては誤りだよ。

行巻の先を拝読してみよう。

『仏本行経』に依る。   法照
何者をか、これを名づけて正法とする。  

もし道理に箇らば、これ真宗なり。
好悪いまの時、須らく決択すべし。  
一一に子細朦朧することなかれ。

正法よく世間を超出す。  
持戒・座禅を正法と名づく。
念仏成仏はこれ真宗なり。  

仏言を取らざるをば、外道と名づく。

因果を撥無する見を、空とす。  
正法よく世間を超出す。

禅律いかんぞこれ正法ならん。  
念仏三昧これ真宗なり。

対にして語られてるね。
念仏三昧これ真宗なり。ここに極まるわけさ。

369 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/12(火) 12:59:22 ID:ucQolQqE
>368
>念仏三昧これ真宗なり。ここに極まるわけさ。

 真宗があれば正法はいらないということか? 二者択一じゃなく、道理に相応した付随的多面性
だよ。

 聞法悟道して真常を證す  何者をかこれを名づけて正法と為る 若しこの道理ならばこれ真宗
なり 好悪この時にすべからく決着すべし 一々に汝くはしく朦朧とすることなかれ
 (五会法事讃略称 親鸞作 親鸞真筆 専修寺蔵)

 持戒坐禅を正法と名づく 念仏成仏これ真宗なり 仏言を取らざるを外道と名づく 因果なしとの
見を発すれば空となす

 禅律如何これ正法なり 念仏三昧これ真宗なり 了心を見性せばすなわち是仏なり いかんぞ
道理相応せざらん

 念仏は声声に仏種を下す 坐禅持戒は真功を用いてなり 汝若し修せずしてすなわち仏になると
いはば 喩へば飢えたる人のひろく風を掩ふがごとし

 
 坐禅持戒は非常に重要である。なぜそれが重要なのか。念仏に具体的な効果を具現したいか
らである。禅持戒を疎かにすれば、それは腹の空いた人が自分に向かって吹いてくる風を、腹の
中に押し込めようとするものであり、腹の足しにならないからである。念仏すれば仏になるからと
言って、腹をすかせたままの仏になって、どれだけの意味があるというのか。


 風を腹に蓄えて空腹の足しにしたいと思えば、それもいいだろう。僕は付き合いかねるね。


370 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/12(火) 12:59:58 ID:ucQolQqE
>369
 あげ


371 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/12(火) 13:06:02 ID:ucQolQqE
>369
誤 五会法事讃略称 親鸞作

正 五会法事讃略抄 親鸞見聞集

372 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 14:21:29 ID:z3DuH9eV
>>369

なるほど。正法とは何かと言いたいわけだね。
ただ、それが座禅念仏であると言えば誤りになる。

正法とはこれ念仏三昧、すなわち佛名を称するに尽きる。

また行巻を拝読してみよう。

(観経義疏)三論の祖師、嘉祥の云わく、問う、念仏三昧は何に因ってか、よくかくのごとき多罪を滅することを得るや、と。
解して云わく、仏に無量の功徳います。仏の無量の功徳を念ずるがゆえに、無量の罪を滅することを得しむ、と。已上

(大経義疏)法相の祖師、法位の云わく、諸仏はみな、徳を名に施す、名を称するは、すなわち徳を称するなり。
徳、よく罪を滅し福を生ず。名もまたかくのごとし。もし仏名を信ずれば、よく善を生じ悪を滅すること、決定して疑いなし。
称名往生、これ何の惑いかあらんや、と。已上
禅宗の飛錫の云わく、念仏三昧の善、これ最上なり。万行の元首なるがゆえに、三昧王と曰う、と。已上

個人的には渡海難さんの考え方は嫌いじゃない。
ご聖教の読み込みもそこら辺の坊さんより遥かに上だと思う。


373 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/12(火) 16:10:46 ID:ucQolQqE
>>372
 念仏三昧は、これ真の無上深妙の 禅門なり。  〜 今「大無量寿経」によって五会に仏を念
ず。 〜 五とはこれ会数なり。会とは集会なり。かの五種の音声、緩より急に至るまで、仏法
僧を准念して更に雑念なし 〜 父の王に曰く、王今坐禅してただ当に念仏すべしまた、 〜 
また共に諸仏が定を印とすべきところなり。また如来禅と名づく、二乗外道等の禅にあらず。ま
ことに知るべし。 (五会法事讃略抄 宗祖真筆 親鸞見聞集)

 親鸞さんよ。なるほど貴方は正法とは何かと言いたいわけだね。ただ、それが座禅念仏であ
ると言えば誤りになる。念仏三昧は、禅門であると言えば、これは間違いだよ。
 個人的には親鸞さんの考え方は嫌いじゃない。ご聖教の読み込みもそこら辺の坊さんより、
親鸞さんの方が遥かに上だと思う。

 座禅念仏?知らんなぁ。??
このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなりと云々。

 親鸞さんは、最近のそこら辺の坊さんより上かどうか知らないが、すくなくとも372よりは上
だろう。

>>372さんよ。あなたは、>>365さんとともに、→ http://shinshu.in/ここで教わってくるといい。
298さんのホームページだそうだ。親鸞が足元にも及ばないびっくりするような教えを説いて
くれているぞ。教えを学ぶ相手をこっちに乗り換えた方がいいぞ。



 以後、この問題でコメントは無し。 しばらく多忙。


374 :298:2008/08/14(木) 09:47:51 ID:B1g6af96
「道を歩いて虫を殺せば、鬼ケダモノ」という見解が、それほど的外れであるとは、私は思いません。

そのようなことをしないように気をつけても、免疫系は殺生をしています。

また、自分から関わりの遠いところでも、殺生は日々起こっており、
それをとどめるために真剣な私であるわけでもありません。

これらは結局、私が自身を優先していることの現れです。

このような心を持つ私は、本来救われない自分だからこそ、
他力の有り難みを感じます。

ひどい私ではありますが、弥陀は救ってくださいました。

そこにご恩を感じております。

南无阿彌陀佛

375 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/14(木) 14:52:30 ID:0fxuj537
>374
 コメントするのも馬鹿馬鹿しい。

 それより、 ブログ親鸞仏教 更新しました。

 www.しんらん.jp/

 田中氏の議論の続きを書きました。

376 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 14:54:27 ID:0zH6SAld
>373
覚如、蓮如が座禅して念仏するべしと勧化した文証は未だ挙げられていませんが?
また、親鸞が仮に座禅をして念仏をすることを勧めていたならば、
和語の聖教にも多く載っているはずです。よろしければ、こちらも文証をおあげ下さい。


377 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 16:25:09 ID:HsC0L7rn
>>376

だから、渡海なんて相手にするレベルじゃねーってのw
自分の字ぢからで聖教解釈して勝手に自説を言ってるだけ。

これを信じるもの無間地獄に堕罪するものなり。

378 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 13:20:52 ID:0vJ1EclJ
>374
真実の行信を獲れば、必ず十種の益を得ると言われます。
正定聚不退転の徳の体は、法蔵菩薩の六波羅密行のお徳、自利利他行のお徳と全く変わることはない。
法蔵菩薩の行徳が、私たちにとってはこの上無い利益となるわけですね。
だから、今生きている所に必ず十種の利益があると。
今まで、蚊もぱちんと叩いて当然だったのが、当然の事じゃなくなるんだね。
その利益のあらわれの強弱は人によって異なるけれどね。


379 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 10:06:55 ID:YIcp2nj5
>>376
>覚如、蓮如が座禅して念仏するべしと勧化した文証は未だ挙げられていませんが?
 そんなものは十年、百年待ってもでないでしょう。それがどうしたの?

>親鸞が仮に座禅をして念仏をすることを勧めていたならば、和語の聖教にも多く載っているは
ずです。

 誰一人、念仏など勧めていませんよ。誰かが勧めているとでも思っているんですか?

 このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからひなり
(歎異抄)。

 念仏せよとか、座禅して念仏せよとか、坊主になれとか、そんなこと誰かが貴方に勧めている
んですか?。坊主になってほしいなどと、貴方に口酸っぱく懇願している人が一人でもいるんで
すか?。いないでしょ。何なら、そんな人の名を一人でも挙げてみなさいな。いるはずもないで
しょ。
 貴方には、念仏も座禅も必要ない。念仏など忘れ、坊主も捨てて、自分が一番気に入った
人生をひた走りに歩んで行ったらどうですか。

380 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/08/16(土) 10:25:51 ID:KInuYh6J
       /" ゙̄⌒ヾヽ、              _
      ゞ  ソヽヘゝゞヾ、ゞ            /  ̄   ̄ \
      /   イ ::iiii◎ー◎ii;         /、          ヽ いいから黙ってろデブw
      |{⌒リ u.⌒,;( o o)゙)         |・ |―-、       |
      ヾ_`       3)         q -´ 二 ヽ      |
    リンヾ  u.   ,,,,〃/        ノ_ ー  |     |
  '/⌒\\丶ー‐ ィ´_         \. ̄`  |      /
  /    ヾヽー─‐\\             O===== |
 /   ヾ  /⌒ ̄)   ('二ヾ       /          |

381 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 10:26:02 ID:YIcp2nj5
>>377
>自分の字ぢからで聖教解釈して勝手に自説を言ってるだけ。これを信じるもの無間地獄に堕罪
するものなり。

 渡海難を「字ぢからで聖教を解釈している」と非難するのはいいが、少し早すぎるんじゃない
か。おぬしは、「五会法事讃略抄」という書物の名を聞いたことがあるか?。ないだろう。おぬ
しの周りでさえ、この書物の名に関心を持ったことがある人がいるか?。いないだろう。

 如来の所説は十二部経なり、ただ六部を信じていまだ六部を信ぜず。このゆゑに名づけて聞不
具足とす。

 聖教データベースでさえ五会法事讃略抄をはずしているんだから恐れ入る。親鸞の真筆につい
ては、明治・大正時代に外国から鑑定技術が輸入され、その結果、飛躍的に発展した。
 「五会法事讃略抄」は、歎異抄とは一見するとまっ反対のことが書いてある。読めば、これま
での理解が激変するだろう。「字ぢからで聖教を解釈している」と非難するのは、親鸞の真筆書
くらい自分の目で読んでみてからにしたらどう?。それでなければ、「字ぢからで読んでいる」
と言うのは、単に、おぬしの妄想ということになる。

 まあ、あなたは、宗祖の言葉が聞こえる耳のある人ではなさそうだ。宗祖の書き物を読める目
のある人でもなさそうだ。貴方のような人なら、僕を「字ぢから」と非難するのは勝手だ。ここは2
ちゃんねる。あなたも好きに発言すればいい。

382 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 10:29:11 ID:YIcp2nj5
>>378
>真実の行信を獲れば、必ず十種の益を得ると言われます。
 真実の行信を獲なければ、十種の益は得られないと言われています。

>正定聚不退転の徳の体は、法蔵菩薩の六波羅密行のお徳、自利利他行のお徳と全く変わること
はない。

 邪定聚・退転・輪廻の本体は、「法蔵菩薩の六波羅密行のお徳、自利利他行のお徳」と縁もゆ
かりもあるわけがない。

>法蔵菩薩の行徳が、私たちにとってはこの上無い利益となるわけですね。
 法蔵菩薩の行徳は、邪定聚機には、全く無益となるわけですね。

>だから、今生きている所に必ず十種の利益があると。
 今生きている邪定聚機には十種の利益などがあるわけがない。

>今まで、蚊もぱちんと叩いて当然だったのが、当然の事じゃなくなるんだね。
  邪定聚機には、ときおり、神経症に見舞われる時期もある。

>その利益のあらわれの強弱は人によって異なるけれどね。
  神経症のあらわれの度合いは、邪定聚機でも、人それぞれでしょう。神経症は治る病気だ。
多少重くても気にするな。


383 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/08/16(土) 10:33:52 ID:KInuYh6J
.   |::| | |_|,,,,,|.....|--|::|  |  .|  .|  |:::|
.   |::| | |_|,,,,,|.....,;;;;;;;;;;;、‐''''''''""~~ ̄|:::|
    |::| | |. |  | {;;;;;;;;;;;;;;}.: . .: . : .. .: |:::|
    |::| | | ̄| ̄| '::;;;;;;;;;::' . . :. . .: .: :|:::|
    |::| | | ̄|,r''''"~    ""''ヽ. : .: .: ..|:::|
    |::|,__!_--i'           'i,-――|:::|
   |::|―-- |             'i,二二|:::|
   |::|.     !        i'>  } . iュ |:::|
  -''" ̄~~"",.`!       ; _ノ _,...、|:::|    
          'i, `'i'''―--―''''i'ニ-'"   ノ// ̄~"" 
        ヽ.i' "'    '''"';  _/ // _,,..i'"':,  
        ===`ゝ_,.i、_   _,;..-'"_//  |\`、: i'、  
                  ̄  ̄ ̄/,/   \\`_',..-i
                     /,/      \|_,..-┘

384 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 10:51:52 ID:DvREN0gb
>>381

>おぬしは「五会法事讃略抄」という書物の名を聞いたことがあるか?。ないだろう。

だから字ぢからだっていってるのw分かる?行巻によく引用されている以上拝読しますわ。
自分だけが読んだことがあると思ったらあなたの世界はあまりに狭すぎる。

「念仏三昧は無上真妙の禅門」これをあなたは座禅と自釈したわけでしょw
残念。だから字ぢからだって言ってるの。勝手な自説は控えた方が宜しかろう。

合掌

385 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 11:05:10 ID:YIcp2nj5
>384
 父の王にいうてのたまはく、王いま坐禅してただまさに念仏すべし。あに離念に同じて無念を
求めんや。生を離れて無生を求めんや。

 親鸞さんよ。私はだから字ぢからだっていってるのw分かる?行巻によく引用されている以上
拝読しますわ。親鸞さんよ。自分だけが読んだことがあると思ったらあなたの世界はあまりに狭
すぎる。
 親鸞さん。貴方は、「念仏三昧は無上真妙の禅門」これをあなたは座禅と自釈したわけでしょw
 残念。だから字ぢからだって言ってるの。親鸞さん。勝手な自説は控えた方が宜しかろう。合



 仏の、かねて信謗ともにあるべきむねをしろしめして、ひとの疑をあらせじと、説きおかせた
まふことを申すなり。
 まあ、どうぞお好きな説をおたてなさいな(笑)。

386 :ファルコン:2008/08/16(土) 11:17:08 ID:tNgp7fol
そんなに浄土にいきたいなら歌を教えてやるよ。

母なるー大地をー、しずかなー大地をー、
・・・・・・
あーーー、あーーー、ひーとの子ら土ぃに感謝ぁせよー。

387 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 12:11:05 ID:0p+Kml++
>379
「不退のくらいすみやかにえんとおもはんひとはみな
恭敬の心に執持して弥陀の名号称すべし」
「唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩」

ちゃんと勧められていますね。もちろん自力の称名は嫌われるとありますが。
蓮如上人、こちらも挙げきれないほどあります。
「ひたすら弥陀如来のやすく御たすけにあづかるべきことの
ありがたさ、またたふとさよとふかく信じて、ねてもさめても
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と申すべきばかりなり。」
この上は、このご勧化を採るも捨てるも
あなたのおはからいだと、『歎異抄』にはあるわけですね。


388 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 12:34:08 ID:0p+Kml++
>382
すみません、真実の行信ではなくて、
「「一念」といふは、信心ふたごころなきがゆえに、「一念」といふ。
これを「一心」と名づく。一心はすなはち清浄報土の真因なり。
金剛の真心を獲得すれば、横に五趣八難の道を超え、
かならず現生に十種の益を獲。」でした。
「現生十益」は、信心の利益と言う事でした。訂正いたします。
他力の行信ならば、同じ事になるでしょうが。
いうまでもなく、座禅して念仏申す利益ではありません。


389 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 12:36:50 ID:0p+Kml++
>386
なつかしい!厨房のとき、合唱したよ。
浄土も土だね。


390 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 13:29:33 ID:YIcp2nj5
>>387
>「不退のくらいすみやかにえんとおもはんひとはみな恭敬の心に執持して弥陀の名号称すべし」
 〜 ちゃんと勧められていますね。

 そうですか面白い方ですね。

>蓮如上人、こちらも挙げきれないほどあります。

 なるほど。なるほど。興味深い。
 宿善の道理を分別せずして、手びろに世間のひとをもはばからず勧化をいたすこと、もつての
ほかの当流の掟にあひそむけり。
 仏は機を見て法を説く。親鸞聖人・蓮如上人による念仏のお勧めが、果たして貴方に向かって
いるのか、どちらでしょうねぇ。蓮如の言葉は、無宿善の機には向かっていない。貴方は、自分を
宿善の機と思っているんですね(苦笑)。

391 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 13:31:12 ID:YIcp2nj5
>父の王にいうてのたまはく、王いま坐禅してただまさに念仏すべし。あに離念に同じて無念を
求めんや。

 それで、この言葉は、自分に向けておっしゃっているのではない。そのように思うわけですね。
聞く耳はないんでしょう。

 如来の所説は十二部経なり、ただ六部を信じていまだ六部を信ぜず。このゆゑに名づけて聞不
具足とす。「唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩」行の巻のこの正信偈は信じるが、行の巻の『浄
土五会念仏略法事儀讃』は信じないということだな。
 まあ、適宜選択し、気にいらんところには墨を塗る。字ぢからで聖教を読んではいかんという
のは384の主張だが、字ぢからでは聖教を読みたくないものだ。
 覚如、蓮如が座禅して念仏すべしと勧化した文証の問い合わせがあったが、墨を塗ろうとして
いる箇所の問いあわせをしてくる宿善の機がいるとは知らなんだ(w)

>ご勧化を採るも捨てるもあなたのおはからいだと、『歎異抄』にはあるわけですね。

 そうですよ。歎異抄のこの言葉こそ、387に向けられている言葉だ。

392 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 13:33:43 ID:YIcp2nj5
>>388
>いうまでもなく、座禅して念仏申す利益ではありません。

 是を以て如来常に三昧海の中において、網綿の手を挙げて謂く、父の王に曰く、「王今坐禅し
てただ当に念仏すべし。(行の巻・五会法事讃略抄)
 持戒坐禅を正法と名づく(行の巻・五会法事讃略抄)
 念仏は声声に仏種を下す 坐禅持戒は真功を用いてなり 汝若し修せずしてすなわち仏になる
といはば 喩へば飢えたる人のひろく風を掩ふがごとし(五会法事讃略抄)

 念仏は一声一声の中に成仏の種を宿す。その上で、なお、行の巻などで座禅・持戒を勧めるの
は、効果に実体を持たせるためである。念仏だけでも仏になる。しかし、坐禅持戒を修めないで
そのまま仏になると言えば、これはたとえば、空腹の人が、風下に立ち、吹いてくる風を腹の中
に蓄えて空腹を紛らわそうとするようなことであり、全く意味がないということだ。

 親鸞さん。貴方は何を馬鹿なことを言っているんですか?。坐禅をしなければ効果がないです
って?。貴方は馬鹿じゃないですか?。「現生十益」は、信心の利益と言う事でした。いうまで
もなく、座禅して念仏申す利益ではありません。 逆に、座禅して念仏申せば利益なんか無くな
るんですよ。

 苦笑。388よ。貴方の師僧は誰?。 光真さんか?


393 :ファルコン:2008/08/16(土) 14:29:17 ID:tNgp7fol
>>392
きっと破戒僧と噂されている彼の父から僧の資格を頂いたんでしょうね。
未成年時だったくせに。

なんか、今は無きHPの写真みたらハゲでデコで仰角27度くらいで斜め上の方
見てましたよ。

394 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 16:26:50 ID:0p+Kml++
>390
宿善という言葉は、便利ですね。自説に好意を持つものに対して、
あなたには宿善がある、と言い、自説を批判するものに対しては、
あなたには宿善がない、と言い放てばよいのですから。
自己自説防衛のためには無敵のツールですね。
このツールを用いれば、諍論は絶えないでしょう。何故なら、
自己主張を互いに繰り返し、落ち着く所がないからです。
宿善をツールとして用いれば、無諍法たる仏法に背反すると言う事です。
自分の宿善を沙汰する事、即ち、現今の自分を「果」と見、過去の自分にその「因」を探り、
未来に向けて因子を作らないように訂正していく事は出来るでしょう。
しかし、他人の宿善を沙汰する事は他心智通、宿命通等の
六神通を得た者でしかなしえません。つまり、仏智見でしかなしえない事になります。
末代の凡夫が沙汰するならば、市で虎に遇うようなもの。
眉唾どころか、微塵も信用すべきところはありません。
さて、あなたの座禅して念仏申すべきという説は、
浄土真宗祖師方の著作の上では、
『教行信証』行巻の「略法事讃」引文だけにしか拠り所がないことがわかりました。
その点をふまえて、座禅に対して、祖師方がどのように捉えておられるか、
うかがってみることにしましょう。


395 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 16:46:42 ID:0p+Kml++
>394
存覚上人『持名鈔』(本)
「おほよそ持戒・座禅のつとめも〜(中略)〜、その門に入りて行ぜんに、
いづれも利益むなしかるまじけれども、それはみな聖人の修行によるがゆえに、
凡夫の身には成じがたし。〜(中略)〜すべからく末法相応の易行に帰して、
決定往生ののぞみをとぐべしとなり」
〜つづく〜

396 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 19:53:30 ID:YIcp2nj5
>395
 持戒坐禅を正法と名づく(行の巻・五会法事讃略抄)

 念仏は声声に仏種を下す 坐禅持戒は真功を用いてなり 汝若し修せずしてすなわち仏になる
といはば 喩へば飢えたる人のひろく風を掩ふがごとし(五会法事讃略抄)

 親鸞さんよ。あんたが言っていることはおかしいよ。わしか?。わしは、あんたが死んで 28年後
に生まれた浄土真宗の高僧様だ。親鸞さんよ。あんたはいつから偉そうに浄土真宗に嘘教義を持
ち込むようになったんじゃい?。法照なんぞの阿呆にだまされなさんなよ。
 ようく聞きゃれ。坐禅持戒が必要じゃと?。馬鹿をいいなさい。おほよそ持戒・座禅のつとめも、そ
の門に入りて行ぜんに、いづれも利益むなしかるまじけれども、それはみな聖人の修行によるが
ゆえに、凡夫の身には成じがたし。〜(中略)〜すべからく末法相応の易行に帰して、決定往生の
のぞみをとぐべしとなり。

 親鸞さんよ。あんた偉そうに、持戒坐禅が必要などといいふらし、浄土真宗の尊い教えを壊すの
はやめんしゃい。
 わしゃ、あんたの後に生まれた 存覚上人様じゃ。そのくらい覚えておけ。


397 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/16(土) 20:08:17 ID:YIcp2nj5
>396
 >>395には、存覚さんの心など、読めるはずもない。
 見る目もない。聞く耳もないということでしょう。

398 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 22:37:19 ID:FaqSXVXB
親鸞の看板作って隠れんぼ

399 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 15:38:16 ID:ZfPBfv4S
つづきの『持名鈔』はどうなったのかな?

400 :渡海 難  ◇Fe19/y1.mI:2008/08/17(日) 15:42:57 ID:uWV6vW40
ああ先生ぇ♪ 渡海難が400ゲットー!!ブヒヒッ♪
       ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           / ̄ ̄ ̄ ̄\
          (____人  )
          (-◎-◎一  ヽミ|
            ( (_ _)     9)
          ( ε   (∴  |_           ズ・・・・ザ・・ザァ
       ____ヽ______/ヽ___)( ̄( ̄ ̄ ̄|)
     (ミ_|__( (ミ_|____) ヽ. ヽ:::::ヽ:::::::ヽ
           (           ⌒ヽ:/::::::::丿
            ヽ          |  ‖:::::::丿   (´⌒(´⌒
                  \        |  ‖::::ノ  (´⌒  (´⌒
                   ゝ____丿__‖ノ_(´⌒ (´⌒

401 :7:2008/08/18(月) 17:30:38 ID:UgiEOWhS
信心決定・・・他力の一念。あれから何日、何週間、何ヶ月も経ちました。
難しい教学的なことは分かりませんが、お聖教を読むと何だか嬉しいのです。
読んでいない時も嬉しいですが。有り難いです。

南无阿彌陀佛

南无阿彌陀佛


402 :神も仏も名無しさん:2008/08/18(月) 23:39:29 ID:T4FsHxGP
>401
>お聖教を読むと何だか嬉しいのです。 読んでいない時も嬉しいですが。有り難いです。

 おや?
 悪人のまねをすべきより、信心決定の人のまねをせよ(蓮如)
 悪人のまねをするよりはいいだろうと言われ、信心決定の人のまねでもなさろうとなさってい
るんでしょうか。

 信を得ずして、よろこび候わんと、思うこと、たとえば、糸にて物をぬうに、あとをそのまま
にてぬえば、ぬけ候うように、悦び候わんとも、信をえぬは、いたずらごとなり。「よろこべ、
たすけたまわん」と、仰せられ候うことにてもなく候う。たのむ衆生をたすけたまわん、との本
願にて候う(蓮如)。

 信心など得ていないのに、得たような暗示をかけられ、喜ぼう、喜ぼうと思うことは愚かなこ
とだ。糸で生地を縫っても、糸の端末に止め玉を作らないで縫えば、糸は次第に抜けていく。ど
んなに喜んでみても、信心がなければ、無意味なことだ。
 喜びなさいよ、そうすれば助けますよなどと、阿弥陀仏はそんなことを言っているのではない。
阿弥陀仏の誓いを力とする人々を助けようと言うのが本意である。
 喜ぶことで阿弥陀様に助けてもらおうと思えば、愚かなことだ。

403 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/18(月) 23:40:47 ID:T4FsHxGP
>402

渡海難のカキコです。 


404 :298:2008/08/19(火) 03:15:53 ID:UFM0pvlo
>>401
7様。うれしいことですね。
六字の尊さを我が身に受け、娑婆の日暮らしも、ご守護のうち。
このありがたさは、自ら体験してこそのもの。
ありがたさが感じられることが、またありがたいです。
南无阿彌陀佛

405 :298:2008/08/19(火) 03:19:18 ID:UFM0pvlo
>>402
よろこぶことで助けてもらうのではなく、
弥陀をたのむことで即座にカンタンに助けていただき、
実際に助かったから、うれしいのです。

何が真実かは、ひとりひとりが感じることです。

私は、日々うれしいですし、7様がよろこんでいると聞き、
尚うれしい。

このようなよろこびは、過去ありませんでした。

深く弥陀に感謝申し上げる次第です。

南无阿彌陀佛

406 :298:2008/08/19(火) 03:55:27 ID:UFM0pvlo
自ら求めても救われない。

「それでは」と善知識を求めようとしても、どこにいるのかわからない。

知識に会えたと思ったとしても、紙一重で、知識がその姿を現してくださらないかもしれない。

すべて、微妙な成り立ちであると思います。

それでも救われるのは、弥陀の御はたらきがあるが故です。

間違いだらけの私ですが、弥陀の御はたらきには間違いがありません。

ですから、私は安心しております。

信を獲ても、はからう自らが知らされます。

何もできぬ私ならば、何も心配する必要もありません。

六字を知らされている方は、求めるならば、六字に導かれると思います。

今生において、救われる道が準備されている。

この流転に出口がある。

ありがたいことです。

南无阿彌陀佛

407 :7:2008/08/19(火) 09:41:46 ID:H//xnKN1
298様 お久しぶりです。

そうですね。何にもはからう必要がないですよね。もちろん凡夫が喜ぶも喜ばないも自由です。六字の障りにはならないですから。

何にも難しいことが分からなくても・・・一文不知の尼入道が救われる道。

信心決定したい、信心決定とは何だろう、と思っていた頃は、いろいろな想像をしていたものです。

もちろん、想像と実際は違いますし、人と心を直に比べることは出来ませんから、これが信心決定だとは、他の誰にも、本人にも分からないはずです。

なのに、あの人と自分は一味だなぁと実感できる不思議。お聖教とピタリ合う不思議。

もちろん誰かに、一生喜びの思いが溢れるような究極の暗示をかけられたのかも知れませんよね。

疑煩悩はなくならないですから、疑おうと思えばいくらでも疑うことは出来るのです。

ならば、疑えるだけ疑うのもいいかと思います。凡夫が疑うも信じるも限界があり、どちらも六字の障りにはなりません。

南无阿彌陀佛の六字に関心を持っておられる皆さんとこうして集えることも嬉しいです。

南无阿彌陀佛

408 :298:2008/08/19(火) 13:27:21 ID:UFM0pvlo
>>407
7様。「お聖教とピタリ合う」についてですが、昨日は略本を御拝読していたのです。

◎まことにこれ選択摂取の本願、無上超世の弘誓、
一乗真妙の正法、万善円修の勝行なり。

「選択摂取の本願」「無上超世の弘誓」「一乗真妙の正法」「万善円修の勝行」どの呼び名も、
うれしくなるのです。

勝他のためにお聖教を学んでも、学びになりますが、
そのような思いから離れ、ただ「ひとりよがり」の道をゆくのも、
またゆったりとした気持ちで、楽しいものです。

私がわかってもらおうとしても、それは本当に無粋なはからいであって、
ただ弥陀のお育てを信じ、ありがたく六字をお称えするのが、
私の器に合っていると思います。

南无阿彌陀佛

409 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:39:26 ID:Zqg7Q72K
7  「信心決定・・・他力の一念。あれから何日、何週間、何ヶ月も経ちました。」
医者 「ほう。それでこの薬を使い続ける決心はつきましたかね。」
7  「難しい教学的なことは分かりませんが、お聖教を読むと何だか嬉しいのです。 」
医者 「ほう。あの本は私が書いたんだ。貴方のような慢性病の人は、この薬を使い続けるのが
一番いい。私はそう書いたんだ。どこまで分かってくれたか心配なんだが、そのところは理解で
きましたかね。」
7  「先生の本は読んでいない時も嬉しいですが。有り難いです。」
医者 「別に、読んでないときに嬉しいと思ってもらおうとは思ってないんだよ。この薬を使い
続ける決心はついたのか?」
7  「南无阿彌陀佛。南无阿彌陀佛」
医者 「私が勧めている薬は写経じゃないんだ。文字に書けばいいというものじゃない。薬はい
ろんな種類がある。塗り薬、貼り薬、注射剤、飲み薬、座薬等々、みんな用法が違う。座禅しな
がら自分の口で、自分の声で、繰り返し繰り返し音に発する。これがその用法だ。」
298「7様。うれしいことですね。 」
医者 「おやおや。298さんかい?。貴方は最近、あの薬を使おうという気にはなったかい。
薬は持ち帰ったようだが、胸に抱きしめて、嬉しい嬉しいと言っているだけじゃだめなんだよ。」
298「六字の尊さを我が身に受け 」
医者 「文字の尊さなどはどうでもいいんだ。口に出して称えることが大事なんだよ。」
298「娑婆の日暮らしも、ご守護のうち 」。
医者 「ご守護もあるだろうが、薬はしっかりとその用法を守らないとだめなんだよ。用法は守
っているか?」

410 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:40:47 ID:Zqg7Q72K
298「このありがたさは、自ら体験してこそのもの。ありがたさが感じられることが、またあ
りがたいです。
医者 「あのね。ありがたいもいいけれど、薬には用法があるんだ。胸に抱きしめているだけじ
ゃだめなんだよ」。
298「南无阿彌陀佛 」
医者 「私が勧めている薬は写経じゃないんだ。文字に書けばいいというものじゃない。座禅し
ながら自分の口で、自分の声で、繰り返し繰り返し音に発するんだ。そこに意味があるんだよ。
ありがたいというのも結構だが、しっかりその用法を守って使用し、その効果が出たとき、あり
がたいといってほしいものだね」。
298 「よろこぶことで助けてもらうのではなく、弥陀をたのむことで即座にカンタンに助け
ていただき、」
医者  「たのむって言ってもな、用法を守って使用してもらわなければ、薬の発明者は嬉しく
ないんだよ。用法を守って使用してもらうことを予定して、その薬を発明したんだからね。用法
を守って使用しなければ、即座にカンタンに助けるなんてことはないんだよ。」
298 「実際に助かったから、うれしいのです。」
医者  「用法を守って使用しないと、助からんのよ。助かったと思っても、それは錯覚だよ」
298 「何が真実かは、ひとりひとりが感じることです。」
医者  「それじゃ、医者も薬もいらんだろう」。
298 「私は、日々うれしいですし、7様がよろこんでいると聞き、尚うれしい。」
医者  「医者の言うことを聞かず、薬も用法を守らず、それでいて嬉しい嬉しいと言っている
んなら、医者など必要ないだろう」

411 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:41:39 ID:Zqg7Q72K
298 「このようなよろこびは、過去ありませんでした。深く弥陀に感謝申し上げる次第です」。
医者  「医者の話が聞けないなら、勝手したらいいだろう」
298 「南无阿彌陀佛」
医者  「私が預けた薬は、写経じゃないよ」。
298 「自ら求めても救われない。『それでは』と善知識を求めようとしても、どこにいるの
かわからない。」
医者  「私は、昔からここにおったが、話を聞く気の無い人には、語る言葉がない」。
298 「知識に会えたと思ったとしても、紙一重で、知識がその姿を現してくださらないかも
しれない。すべて、微妙な成り立ちであると思います。」
医者  「姿を現してくださらない?。私は足のない幽霊かい?」。
298 「それでも救われるのは、弥陀の御はたらきがあるが故です。」
医者  「あのなぁ。薬は用法を守らないとだめなんよ。薬は写経じゃないんだよ」
298 「間違いだらけの私ですが、弥陀の御はたらきには間違いがありません。」
医者  「あのなぁ。薬は用法を守って使ったとき働きが出るんだよ。用法を守らんでどうす
るの」
298 「ですから、私は安心しております。」
医者  「あのなぁ。安心するのは、用法を守って使うようになってからにしたらどう?」
298 「信を獲ても、はからう自らが知らされます。」
医者  「信は、用法を守って使うように決心することだ。はからいがあってもいいから、用法
を守って使うよう決心したらどう?」

412 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 16:47:47 ID:7iHTyV9D
  |\__/ハ__
 {_____」
       
         \\              ∧_∧
◎     ≫〃vミー‐w  へ          (´<_` )  >>409-411キモヲタの妄想話なんて誰も聞きたくねーんだよ!
  \   彡_____彡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒    \   
      {_親●鸞___| )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       )
 ◎-○一( * *    ヽミ            |.      |
      ((_ _ (( ( ;;;;-=- ̄=─ ̄ '⌒ヽ.〉      | |
 ‘,'.∴・,‘・(ε ((  ヽ:: -=_二__ ̄ .   \_     | |
  ,'.・∵  ヽ_____ ノ        ̄\      / /
    (   ) 渡 ≡ ;;; )  )         .\__/_丿
     |__|. 海 ≡ ;;; )_l          .|  |
    _|  |  難 ≡ ;;;; ) (           |  |
   |  \.._\.      入 \,       |  |
   |ハルヒ(_る〜〜〜〜〜wv)       \ ヽ
   |___||:::::::::::::/::::::::::/               \ |
         .|;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/             / ノ
         (___|)__|)

413 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:47:53 ID:Zqg7Q72K
298 「何もできぬ私ならば、何も心配する必要もありません。」
医者  「??意味不明??」
298 「六字を知らされている方は、求めるならば、六字に導かれると思います。」
医者  「薬は文字じゃないんだよ。私の薬は、声を出して称えることだ。導くものでもないし、
導かないものでもない。用法を守って使うように決心したらどう?」
298 「今生において、救われる道が準備されている。」
医者  「それは、用法を守って薬を使ってからの話だよ」
298 「この流転に出口がある。」
医者  「用法を守って薬を使わなければ、出口なんかないんだよ」。
298 「ありがたいことです。」
医者  「礼は、用法を守って薬を使い、効果が出てきてからにしたらどうなの」
298 「南无阿彌陀佛」
医者  「私が預けた薬は、写経じゃないよ」。
7   「298様 お久しぶりです。そうですね。何にもはからう必要がないですよね。もちろ
ん凡夫が喜ぶも喜ばないも自由です。六字の障りにはならないですから。」
医者  「まあ、喜ぶも喜ばないもいいから、用法を守って薬を使おうという決心はついたの?。
用法は、患者が自分で思案してもだめなんだよ。患者が考えることじゃないんだよ。この薬は妙
薬なんだ。きちんと用法を守れば、何も障りはない」。
7   「何にも難しいことが分からなくても・・・一文不知の尼入道が救われる道。」
医者  「一文不知の尼入道が救われるかどうかなど、そんなことはどうでもいいんだ。貴方は
別に一文不知でもない。尼でもない。入道でもないだろう。貴方は貴方が救われる道を探せばい
いんだ。この薬を、用法を守って使えば、それだけでいいんだよ」

414 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:49:11 ID:Zqg7Q72K
7   「信心決定したい、信心決定とは何だろう、と思っていた頃は、いろいろな想像をして
いたものです。」
医者  「それで信心決定したんですか。この薬を、用法をきちんと守って使っていこう、そう
決心したときが信心決定だ。そう思わない内は、信心決定なんかないんだよ」
7   「もちろん、想像と実際は違いますし、人と心を直に比べることは出来ませんから、こ
れが信心決定だとは、他の誰にも、本人にも分からないはずです。」
医者  「ほらほら、それだって貴方の想像の内だろう。」
7   「なのに、あの人と自分は一味だなぁと実感できる不思議。お聖教とピタリ合う不思議。」
医者  「一味だと思われたあの人は迷惑しているだろう。お聖教と同床異夢の関係にあっても、
救いはないんだよ」
7   「もちろん誰かに、一生喜びの思いが溢れるような究極の暗示をかけられたのかも知れ
ませんよね。」
医者  「暗示をかけられたのは自分なのに、その自分の問題が他人事になっているというのは、
症状が進行していると言うことだろうね」。
7   「疑煩悩はなくならないですから、疑おうと思えばいくらでも疑うことは出来るのです。
ならば、疑えるだけ疑うのもいいかと思います。凡夫が疑うも信じるも限界があり、どちらも六
字の障りにはなりません。 」
医者  「薬も使えないで、出口のない長い長いトンネルの中に入っちゃったようだね。」
7   「南无阿彌陀佛の六字に関心を持っておられる皆さんとこうして集えることも嬉しいで
す。南无阿彌陀佛」
医者  「もう、手がつけられん」

415 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 16:52:14 ID:Zqg7Q72K
298「7様。『お聖教とピタリ合う』についてですが、昨日は略本を御拝読していたのです。」
医者 「ほう。あの本はそんなに面白かったかい」
298「まことにこれ選択摂取の本願、無上超世の弘誓、一乗真妙の正法、万善円修の勝行なり。」
医者 「選択摂取の本願とは、298さんや7さんのような慢性病の方々を特に指定し、その方
々の慢性病を治そうというのが本意であるという意味だよ。無上超世の弘誓とは、298さんや
7さんのような慢性病の方々を特に治してあげようと言うのは、世に超えて最高の決意であると
いう意味だ。一乗真妙の正法とは、この薬を処方することこそ、唯一絶対的に正しい処方である
という意味だ。万善円修の勝行とは、この薬を正しい用法で使用することは、すばらしいことで
あるとい意味だ」
298「選択摂取の本願・無上超世の弘誓・一乗真妙の正法・万善円修の勝行、どの呼び名も、
うれしくなるのです。」
医者 「呼び名が嬉しくなるより、この薬を正しい用法で使用しようという気にはならんものか
ね?。」
298「勝他のためにお聖教を学んでも、学びになりますが、」
医者 「薬は論争ではないんだよ。自分は使うかどうかだけが問題なんだ。」
298「そのような思いから離れ、ただ『ひとりよがり』の道をゆくのも、またゆったりとした
気持ちで、楽しいものです。」
医者 「ひとりよがりの道を進んでも、治らないんだよ。」
298「私がわかってもらおうとしても、それは本当に無粋なはからいであって、ただ弥陀のお
育てを信じ、ありがたく六字をお称えするのが、私の器に合っていると思います。」
医者 「座禅して称えてほしいものだね」
298「南无阿彌陀佛」
医者  「写経じゃないよ」。

416 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 16:53:40 ID:7iHTyV9D
  |\__/ハ__
 {_____」
       
         \\              ∧_∧
◎     ≫〃vミー‐w  へ          (´<_` )  >>413-415妄想話はやめろって言ってるだろキモヲタ!
  \   彡_____彡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒    \   
      {_親●鸞___| )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       )
 ◎-○一( * *    ヽミ            |.      |
      ((_ _ (( ( ;;;;-=- ̄=─ ̄ '⌒ヽ.〉      | |
 ‘,'.∴・,‘・(ε ((  ヽ:: -=_二__ ̄ .   \_     | |
  ,'.・∵  ヽ_____ ノ        ̄\      / /
    (   ) 渡 ≡ ;;; )  )         .\__/_丿
     |__|. 海 ≡ ;;; )_l          .|  |
    _|  |  難 ≡ ;;;; ) (           |  |
   |  \.._\.      入 \,       |  |
   |ハルヒ(_る〜〜〜〜〜wv)       \ ヽ
   |___||:::::::::::::/::::::::::/               \ |
         .|;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/             / ノ
         (___|)__|)

417 :298:2008/08/19(火) 17:06:56 ID:UFM0pvlo
「ああせねばならない、こうせねばならない」ということは、基本的にはないと思うのです。

それでありながら、「弥陀をたのむ」ことは必須であるという。

これは、表面的には、矛盾していることばの使い方です。

ですから、「やるべきことは、ただひとつ」と捉える方がわかりやすく、
それは、「弥陀をたのむ」ということです。

そして、これは自身ではできませんので、弥陀におまかせすることになります。

◎さてこのうへには、ねてもさめても、たつてもゐても、
南無阿弥陀仏と申す念仏は、弥陀にはやたすけられまゐらせつるかたじけなさの、
弥陀の御恩を、南無阿弥陀仏ととなへて報じまうす念仏なりとこころうべきなり(御文1-7)

南无阿彌陀佛

418 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 18:16:44 ID:Zqg7Q72K
>>417
親鸞 「『安楽集』に云わく、『観仏三昧経』に云わく、「父の王を勧めて念仏三昧を行ぜしめた
まう。 〜 念仏三昧は、これ真の無上深妙の門なり。 〜 父の王に謂いて曰わく、「王いま
座禅してただ当に念仏すべし」と。
 仏の、かねて信謗ともにあるべきむねをしろしめして、ひとのうたがいをあらせじと、ときお
かせたまうことをもうすなり」

298 「親鸞さん。私は貴方の話など聞きたくありません。念仏三昧など関係ありません。念
仏三昧は、座禅して念仏することだなどと、そんな話は聞きたくありません。釈迦は、人々に謗
法が起こるだろうと予想し、人々の疑いを晴らそうと、父の王に説法していたなんて、全く関係
ありません。
 みんな自由です。ああせねばならない、こうせねばならないということは、基本的にはないと
思うのです。 だから私は、座禅して念仏するのは嫌です。やりませんそれでも、「弥陀をたの
むことは必須であるという。これは、表面的には、矛盾していることばの使い方です。でも、こ
れが今私が教わっている善知識様のみ教えです。「やるべきことは、ただひとつ」と捉える方が
わかりやすく、それは、「弥陀をたのむ」ということです。座禅して称えないと言うことです。
座禅して念仏するなどという親鸞さんの話など、聞く耳は持ちません。弥陀をたのむ」というこ
とは自身ではできませんので、弥陀におまかせすることになります。 」
親鸞「??」

419 :7:2008/08/19(火) 18:17:18 ID:H//xnKN1
298様の言われるとおりだなぁと感じます。

凡夫がどうこうすることはないのです。

ただ念仏を称えていくことになると思います。

お念仏は、信前信後かかわらず全ての人にオススメできるからいいですね。

他力の信心を求めている間も南无阿彌陀佛、そして南无阿彌陀佛に救われて、御恩報謝も南无阿彌陀佛。

南无阿彌陀佛

420 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 18:18:23 ID:Zqg7Q72K
親鸞 「また決定して「釈迦仏、この『観経』に 〜 定散二善を説きて、かの仏の依正二報を証
賛して、人をして欣慕せしむ」と深信す、 〜  次に行に就いて信を立てば、 〜 この正の
中についてまた二種あり。一つには、一心に弥陀の名号を専念して、行住座臥に時節の久近を問
わず、念念に捨てざるは、これを「正定の業」と名づく、かの仏願に順ずるがゆえに。 〜 散
善は行を顕す縁なり、と。 〜 浄土の要逢いがたし、と。」

298「さてこのうへには、ねてもさめても、たつてもゐても、南無阿弥陀仏と申す念仏は、弥
陀にはやたすけられまゐらせつるかたじけなさの、弥陀の御恩を、南無阿弥陀仏ととなへて報じ
まうす念仏なりとこころうべきなり。
 まあ、こう心得たのですが、私はどうすればいいんでしょうね。何もしなくてもいいんでしょ
うかねぇ?。座禅は絶対に嫌ですよ。」
親鸞「??」

421 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 18:24:34 ID:Zqg7Q72K
298 「一心に弥陀の名号を専念して、行住座臥に時節の久近を問わず、念念に捨てざるは、
これを『正定の業』と名づく。この正定の業では、浄土の要逢いがたしですって?。親鸞さん。
あなたはどうして私にそう逆らうんですか。私は、このうへには、ねてもさめても、たつてもゐ
ても、南無阿弥陀仏と申していきます。正定の業です。貴方の話はききません。私は、私の善知
識様の教えを守ります。」

422 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 18:40:00 ID:Zqg7Q72K
>419
> 凡夫がどうこうすることはないのです。

 それで、高僧の説を信じないで、「座禅しては念仏しない」という、凡夫の選
択をするということですね。 

>ただ念仏を称えていくことになると思います。

 高僧の説を信じないで、座禅もしないで、闇雲に、ただいたずらに、意味もな
く称えていくことになるわけですね。

 また名号をもってなにのこころえもなくして、ただ(いたずらに)となえては
たすからざるなり(蓮如)。

423 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 18:52:29 ID:Zqg7Q72K
>419
信前信後かかわらず全ての人にオススメできるからいいですね。

 大津近松殿に対しましまして、仰せられ候う。「信心をよく決定して、ひ
とにもとらせよ」と、仰せそうらいき。
四月九日に、仰せられ候う。「安心をとりて、ものをいわば、よし。用ない
ところをば、いうまじきなり。一心のところをば、よく、ひとにもいえ」と、空
善に御掟なり。

 7さんも、用ないところは言わないで、自分がどのようにして安心の一
心を得たのか、その瞬間の状況を秘事することなく明らかに言えば、
他の人にも貴方の信心が見えてくるでしょう。

424 :298:2008/08/19(火) 19:48:13 ID:UFM0pvlo
>>419
そうですね、信前も、信を獲るのも、信後の相続も、すべて南无阿彌陀佛。

ただ南无阿彌陀佛の六字の中に、すべてがある。

私としては、信後の相続も南无阿彌陀佛で良く、
ここにすべての行がこもっていることがありがたいです。

内心に秘めながら、社会生活を営みながら、
相続してゆくことができます。

ますますありがたいと思い、頭が下がります。

合掌。南无阿彌陀佛。

425 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/19(火) 21:33:15 ID:Zqg7Q72K
>>424
298「そうですね、予防も治療も養生もすべて南无阿彌陀佛。」
医者 「うん。まあ。そうだな。」
298「ただ南无阿彌陀佛の六字の中に、すべてがある。」
医者 「すべてが南无阿彌陀佛の六字の中にあると言ってもなぁ、胸に抱いてるんじゃだめなん
だよ。用法に従って使わなければ、薬は薬として機能しないんだよ」。
298「私としては、信後の相続も南无阿彌陀佛で良く、ここにすべての行がこもっていること
がありがたいです。」
医者 「治療も終わってないで、養生の話するというのは、おかしいんじゃないか?。まず用法
に従ってその薬を使おうという気を起こしたらどうなの?。胸に抱いてるだけで、ありがたいあ
りがたいなんて言っているのは、馬鹿じゃないのか?。」
298「内心に秘めながら、社会生活を営みながら、相続してゆくことができます。」
医者 「あのねぇ。薬はいくらでもあるんだ。一つ使用すれば、次にまたある。一つの薬をずっ
とそのまま内心に暖めていても、効果はないんだよ。」
298「ますますありがたいと思い、頭が下がります。」
医者 「あのなぁ。頭が下がるのは、治ってからにしたらどうよ。悪人のまねをするよりはましだと
言われたからと言って、まだ治ってない内から完治者のまねをしてどうするの?。今は、用法に
従って薬を使い、治療することが大事なんだよ。」
298「合掌。南无阿彌陀佛。」
医者 「薬は写経じゃないんだよ。」

426 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 00:01:57 ID:SYqADqVP
なあむあああみいだああんぶ

あわれあわれ
親鸞会滅亡ももうマジか
そろそろ成仏の時間でつよ県手通

あああみだああんぶ
なあむあまいいだあんぶ

427 :298:2008/08/20(水) 01:48:57 ID:6U04OVas
>>425
ひとたび弥陀をたのめば、往生治定であり、
もはや、さまたげる悪も無し。
また、超える善もありません。
そのように治定することがありがたく、
かたじけないのです。
人智を超えたはたらきを、我が身に受ける不思議さは、
言葉も絶え、ただ南无阿彌陀佛です。
南无阿彌陀佛

428 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/20(水) 10:50:45 ID:XmGrrZb8
>>427

<ひとたび弥陀をたのめば、往生治定であり、>
 いったん医者を信頼すれば、必ず治るんだと喜ばれてもなぁ。医者の言うことを聞かない邪定聚機
の患者には、手の施しようがない。

<もはや、さまたげる悪も無し。また、超える善もありません。>
 いったん医者を信じれば、何一つ怖いものはない、自分で何かを工夫する必要もないと、勝手に思い
こまれても困るんだよなぁ。自分の勝手な判断で、薬を胸に抱きしめ、医者の言うことを聞かない邪定
聚機の患者には、医者は手の施しようがない。

<そのように治定することがありがたく、かたじけないのです。>
 治った。治った。治ったも同然だ。ありがたい、ありがたいと言われてもなぁ。邪定聚機の患者には治
療は進んでおらんのよ。


<人智を超えたはたらきを、我が身に受ける不思議さは、>
 患者が治らんと諦めていた病気でも、医者は治せるから、不思議だと思うのは勝手だが、医者は魔
法使いじゃないんだ。医者は、道理に従って対策を立ててるんだ。
 道理に沿わせた医者の言うことを聞かないでどうするんだ?

<言葉も絶え、ただ南无阿彌陀佛です。南无阿彌陀佛>
 頭がおかしいんじゃないか?。耳を栓で塞ぎ、人の話も聞かないで、南無阿弥陀仏もないもんだ。
また名号をもって何の心得もなくして、ただ(いたずらに)称えては助からざるなり(蓮如)。


429 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 13:47:48 ID:zPf86srH
>>428

> 頭がおかしいんじゃないか?。耳を栓で塞ぎ、人の話も聞かないで、南無阿弥陀仏もないもんだ。
>また名号をもって何の心得もなくして、ただ(いたずらに)称えては助からざるなり(蓮如)。

ううむ。含蓄のある言葉だね。
どうも頭が固くなってるみたいだから、いま一度我が身を振り返ってみるのもいいね。

430 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 17:31:27 ID:xqbGEyw2
0 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 07:42:10 ID:6yoXk6bj
先生、脱税行為があるのなら懺悔して、 一からやりなおしましょうよ
若くて仏縁深い学徒も沢山ありましょうが、 それらの人が呆れたら終わりです。
一人の育成に何年かかりますか。 今の対応では、呆れる人の方が多いと思います。
会の情報を知りたい人もいるのですから、 ネットは禁止しきれないと思います。
最近の先生のお話も、ネットを見ていないと、 何言っているのか、まず分からないですしね。

募財活動は今後もしていくのでしょう。 お金のあり方は誤魔化さず修正して下さい。
今の誤魔化しが大変なことになります。
因果の道理を説かれる方が、「リークする奴が悪い」では、 m晴の時同様の禍根を残すでしょう。

あの時も、多くの学徒が「必死になって出した浄財を」と 憤慨していました。
純粋な人が多いから、仏法の為と信じて出している人ばかりです。
裏切ってはなりませんし、裏切るような事実があるのなら、
懺悔して、一から信用される努力をしなければなりません。

ネット対策をしている人も、親友部も特専部も講師部も、
荒療治も必要と感じている人もあることを期待しています。
懐かしい親鸞会ですから、対策に追われる姿は悲しいです。
とにかくお金のスキャンダルがあるならきちっと清算して下さい。

311 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 08:19:07 ID:pDz97RQf
>310
残念ながら、会長はそこまで純粋な方ではありません。 今回のアップの、最も問題なのは、

>ちなみに、真生会病院の資本金は、7億9800万円。出資者は高森一家となっており、医療法人は高森一族の資産となっているのが実態です。
>すでに、会長の娘が経営の実権を握っており、高森一家の孫たちも勤務をはじめています。

この部分です。ここに脊髄反応しているのです。
なぜか?ご自分でよく考えてください。 どうしてもわからなければ、質問ください。お答えします。

431 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/21(木) 10:28:01 ID:7UeipLpe
>>429

>どうも頭が固くなってるみたいだから、いま一度我が身を振り返ってみるのもいいね。

 298さんや7さんの心理状態がおかしいと言うことは、本人以外には分かるが、本人は気づけない
だろう。二人の症状は病的な洗脳カルト宗教の典型だろうと思う。催眠術を使い、考え方が動かな
いよう、枠がはめ込んであるようだ。浄土真宗を名乗る悪魔の宗教がどこかに存在する。

 鬱病患者などに精神科医が使用する催眠術を健康な人に乱用するというのはとんでもない悪行
だ。信心を決定できず彷徨うというのは、ある意味では本当はとても大事なことで、心が健康な証
拠だ。善知識を名乗って健康な人をだまし、催眠術をかけ、考え方が動かないように細工するとい
うのは、人間をロボット化する犯罪的行為だろうと思う。

 阿弥陀を頼むと言いながら、298は頼むと言う言葉の意味を知らない。医者を頼むという場合、
治療してくれようとしているその医者の決意と実力とを信頼し、医者の決意と実力を我が力に頂戴
する。医者の決意と実力を我が力として頂戴するということは、医者の言うことをよく聞いて、言葉を
守るということだ。医者の言いつけを守るということが、医者を頼むということだ。これが他力だ。医
者との信頼関係の基礎であり、宗教的にはこれを信心という。

 座禅して念仏しなさいよと医者が言えば、医者の言葉を信頼してできるだけ言うとおりに努める。
座禅して五会念仏を称えなさいよと言えば、座禅して五会念仏を称える。専一に、持続的に称え
なさいよと言えば、そのように専一に、持続的に称える。きるだけ言うとおりに努める。これが、阿
弥陀仏を頼むと言うことだ。

 嬉しい嬉しいと言えば、助けてくれるんじゃないかなどと、自分勝手に想像し、患者が我流の処
方箋をたてることは、阿弥陀を頼んでいることではない。


432 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/21(木) 13:41:10 ID:7UeipLpe
ブログ親鸞仏教を更新ししました。
 www.しんらん.jp/


433 :神も仏も名無しさん:2008/08/21(木) 15:52:30 ID:ESoDmXJd
>>431

>298さんや7さんの心理状態がおかしいと言うことは、本人以外には分かるが、本人は気づけない
だろう。

これは298さんや7さんだけじゃない、私にも貴君にもあてはまることなんだよね。
自分は正しいと思って他人を批判するのは簡単だけれど、我が身を点検するのは思いのほか難しいことだと思うよ。


434 :298:2008/08/21(木) 16:22:03 ID:EtY9vr4f
>>433
「よろこんでいる」と言えば、「いいなあ、私もそうなりたい」と思う方もいらっしゃるわけです。

この場合は、「よろこんでいる」というのは、プラスのイメージです。

ネガティブキャンペーンというものは、一般的に、「プラスと見なされているもの」をマイナスと捉え直す
フレームワークの書き換えをしようとします。

一所懸命信仰している方を見て、「信仰が篤いねえ」とプラスに見るのではなく、
「狂信者だ」とレッテル付けをするのも、同じようなものだと思います。

この場合、どちらの認識が適切なのか、結局は、ひとりひとりが判断して行く他ありません。

同じものでも、それをどう見るかは、各自の責任だからです。

私のことを言うならば、「他を批判する」のはなるべく避けたいところ、そのように意識では思っています。

しかし、私が未熟であるために、批判的な言動をなしてしまいます。

そのような状態であれば、「救われる」ことなどあるはずもなく、
その苦果を受けねばならないのが当然ですが、弥陀はそこに働きかけてくださり、
御徳をくださいます。

世間では、「南无阿彌陀佛」と言うだけでも、批難する方はたくさんいらっしゃると思います。

その場合、「気持ち悪い」と思われると思います。そしてもちろん、それで見捨てる彌陀ではありません。

渡海様は、とにかくさみしいのではないかと思います。

南无阿彌陀佛

435 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/21(木) 23:59:52 ID:qodDvA8B
>>434

>「よろこんでいる」と言えば、「いいなあ、私もそうなりたい」と思う方もいらっしゃるわけです。
  フムフム。なるほどねぇ。そうかも知れないですね。

>この場合は、「よろこんでいる」というのは、プラスのイメージです。
   ほほう。ふむふむ。

>ネガティブキャンペーンというものは、一般的に、「プラスと見なされているもの」をマイナス
と捉え直すフレームワークの書き換えをしようとします。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。そうかも知れないですね。

>一所懸命信仰している方を見て、「信仰が篤いねえ」とプラスに見るのではなく、「狂信者だ」
とレッテル付けをするのも、同じようなものだと思います。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。そうかも知れないですね。


>この場合、どちらの認識が適切なのか、結局は、ひとりひとりが判断して行く他ありません。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。

>同じものでも、それをどう見るかは、各自の責任だからです。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。そうかも知れないですね。

>私のことを言うならば、「他を批判する」のはなるべく避けたいところ、そのように意識では思っ
ています。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。立派な心がけですね。

436 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 00:03:42 ID:qodDvA8B
>しかし、私が未熟であるために、批判的な言動をなしてしまいます。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。そういうこともあるかもしれませんね。

>そのような状態であれば、「救われる」ことなどあるはずもなく、
   いやいやそんなことはないんだよ。医者の処方箋をきちんと守れば、批判的な言動をする
人も、批判的な言動をしない人も、処方箋通りの効果が現れる。

>その苦果を受けねばならないのが当然ですが、
   処方箋をきちんと守れば、そのほかには、批判的な言動をしてもいいし、しなくてもいいんだ。

>弥陀はそこに働きかけてくださり、御徳をくださいます。
   批判的な言動をしているところに阿弥陀は働きかけなどはしない。邪魔もしない。
処方箋さえきちんと守ってくれていれば、それ以上は何も邪魔をしないんだよ。

>世間では、「南无阿彌陀佛」と言うだけでも、批難する方はたくさんいらっしゃると思います。
   なるほど、なるほど。

437 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 00:04:55 ID:GYsd7S9w
>その場合、「気持ち悪い」と思われると思います。
   ふむふむ。なるほど。なるほど。そうかも知れないですね。

>そしてもちろん、それで見捨てる彌陀ではありません。
  見捨てるも何も、こっちが言い渡している処方箋の約束を患者が守ってくれれば、処方箋
通りの結果が出るだけだ。「南无阿彌陀佛」は気持ち悪いという人も、気持ち悪いと言わない
人も、そんなことは関係ないんだ。座禅して念仏すれば、どんな人にも、座禅して念仏した効
果が出る。それだけなんだよ。



>渡海様は、とにかくさみしいのではないかと思います。
  口の減らないあんなやつの言うことなどは放っておけばいい。黙らそうとしても、黙るやつ
じゃない。



>南无阿彌陀佛
   これを、座禅して声にする。それだけでいいんだよ。


438 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 00:09:11 ID:GYsd7S9w
>433
 ご意見、承りました。

439 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 08:39:22 ID:GYsd7S9w
>>436
誤   批判的な言動をしているところに阿弥陀は働きかけなどはしない。邪魔もしな
い。処方箋さえきちんと守ってくれていれば、それ以上は何も邪魔をしないんだよ。


正   批判的な言動には、助力をしない。邪魔もしない。賞賛もしない。咎め立ても
しない。阿弥陀は、処方箋さえきちんと守ってくれれば、それを喜ぶ。



>>437
誤   見捨てるも何も、こっちが言い渡している処方箋の約束を患者が守ってくれ
れば、処方箋通りの結果が出るだけだ。「南无阿彌陀佛」は気持ち悪いという人も、
気持ち悪いと言わない人も、そんなことは関係ないんだ。座禅して念仏すれば、ど
んな人にも、座禅して念仏した効果が出る。それだけなんだよ。

正   言い渡された処方箋の約束を患者が守れば、処方箋通りの結果が出る。南
无阿彌陀佛」は気持ち悪いという人も、気持ち悪いと言わない人も、そんなことは関
係ない。座禅して念仏すれば、どんな人も、座禅して念仏した効果が出る。それだけ
なんですよ。


440 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 09:10:51 ID:GYsd7S9w
 「いいなあ、私もそうなりたい」と思う方も、思わない方も、座禅して念仏すれば、座禅し
て念仏した効果が出る。

 プラスのイメージであっても、マイナスのイメージであっても、座禅して念仏すれば、
座禅して念仏した効果が出る。


 フレームワークの書き換えをしようとする人も、フレームワークの書き換えをしようとし
ない人も、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。

 一所懸命信仰している方も、一所懸命信仰しない人も、座禅して念仏すれば、座禅
して念仏した効果が出る。

 「信仰が篤いねえ」とプラスに見る人も、「狂信者だ」とレッテル付けをする人も、座禅
して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。





441 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 09:15:09 ID:GYsd7S9w
 どちらの認識が適切なのか判断する人も、どちらの認識が適切なのか判断しない人
も、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。


 「他を批判する」のは避けたいと思う人も、「他を批判する」のは避けたいと思わない人
も、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。

 
未熟な人も、未熟でない人も、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。

 批判的な言動をすれば救われることなどあるはずもないと思う人も、批判的な言動
をしても救われると思う人も、、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。

 さみしい渡海様も、さみしくない渡海様も、無口の渡海様も、口の減らない渡海様
も、座禅して念仏すれば、座禅して念仏した効果が出る。

 他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆえに。悪をもおそるべからず、弥
陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆえに


442 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 09:25:51 ID:GYsd7S9w
 「いいなあ、私もそうなりたい」と思う方も、そう思わない方も、座禅して念仏しなければ、
座禅して念仏した効果は出ない。



 プラスのイメージであっても、マイナスのイメージであっても、座禅して念仏しなければ、
座禅して念仏した効果は出ない。



 フレームワークの書き換えをしようとする人も、フレームワークの書き換えをしようとしない
人も、座禅して念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。



 一所懸命信仰している方も、一所懸命信仰しない人も、座禅して念仏しなければ、座禅し
て念仏した効果は出ない。



 「信仰が篤いねえ」とプラスに見る人も、「狂信者だ」とレッテル付けをする人も、座禅して
念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。


443 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 09:29:28 ID:GYsd7S9w
 どちらの認識が適切なのか判断する人も、どちらの認識が適切なのか判断しない人も、座禅して
念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。



 「他を批判する」のは避けたいと思う人も、「他を批判する」のは避けたいと思わない人も、座
禅して念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。


 
未熟な人も、未熟でない人も、座禅して念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。



 批判的な言動をすれば救われることなどあるはずもないと思う人も、批判的な言動をしても救
われると思う人も、座禅して念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。



 さみしい渡海様も、さみしくない渡海様も、無口の渡海様も、口の減らない渡海様も、座禅し
て念仏しなければ、座禅して念仏した効果は出ない。



因果応報、自因自果。

444 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 09:50:57 ID:aPssxQm+
>>435-443
朝から何一人言を言ってるんだキモヲタおやじ!
早く職安行って仕事探せ!

        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

445 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 19:40:49 ID:GYsd7S9w
>>434
>そのような状態であれば、「救われる」ことなどあるはずもなく、その苦果を受けねばならな
いのが当然ですが、弥陀はそこに働きかけてくださり、御徳をくださいます。

 仏教は魔法使いじゃないんだ。「救われる」ことなどあるはずもないとは何を根拠にしている
のだろう。その苦果を受けねばならないのが当然とは、何を根拠にしているんだろう。
 仏教は魔法ではない。腹を痛めた患者には、医者は腹薬を与える。医者の腹薬は、他人を批判
する人にも、他人を批判しない人にも効き目がある。患者には想像もつかないような、夢のよう
な治療効果が生じても、医者は魔法を使っているわけでない。
 行いの悪い人には薬効が出るべきではないのは当然だなどと言う人はいない。行いの悪い人に
薬効があっても、医者が御徳を下さったわけではない。腹を痛めても、腹薬は、科学的な道理に
よって効果を発揮する。

 座禅して念仏申せば、科学(精神医学・心理学・生理学)的な道理が背景にあって効果が生じ
るだけだ。魔法でも神秘でもない。阿弥陀仏は、自然の様を知らせるための説明上の資料である
(自然法爾抄)。手段である。方法論である。阿弥陀は、神様でも、魔法使いでもない。これは
架空の存在だ。

 298の言動を見ると、彼の背後の善知識は、催眠術を操り、仏教を魔法のように言いくるめ
て人をだますペテン師のように思えてしょうがない。


446 :298:2008/08/22(金) 20:18:39 ID:/F8ldclJ
>>445
南无阿彌陀佛に渡海様のような成果を求める方がいても、もちろん良いと思います。

一方で、永き流転をどことなく感じ、弥陀により、今度こそは救い出されたいと願う方も、
ごく少数ですがいると思います。

つまり、不可説・不可称・不可思議な救いを求める方です。

そのような方は、滅多にいないだろうと思います。

求めるものが違うのであれば、そこに至る手段も異なって来ると思います。

南无阿彌陀佛

447 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/22(金) 21:55:16 ID:GYsd7S9w
>>446
>弥陀により、今度こそは救い出されたいと願う方も、ごく少数ですがいると
      人の心の弱みを狙っているということか。

>永き流転 〜 不可説・不可称・不可思議な救い

 口ほど便利なものはない。詐欺師、嘘つき、ペテン師、催眠術師には魔法の呪文がある。不思
議不思議と言えば、煙に巻いた言葉の魔力で騙されるやつがいる。
 催眠術を使える人がみんな詐欺師だといっているんじゃない。しかし、麻薬と催眠術は昔から
悪いやつが乱用してきた。そのときには、必ず「不思議・不思議」という言葉が使われた。麻薬も
催眠術も、扱いを間違うと、とても怖い結果を生む。

 背後の詐欺師も、犯罪集団としていづれ正体が暴かれる時が来るのかも知れない。

>求めるものが違うのであれば、そこに至る手段も異なって来ると思います。

 僕は、ペテン師の口車を求めるつもりは無いんだよ。

448 :298:2008/08/22(金) 23:46:59 ID:/F8ldclJ
>>447
私の発言から、あやしさを感じられるのであれば、それは私の不徳の致すところであり、
誠に仕方のないことです。

くり返し述べてきておりますように、人はひとりひとり、各自の考え方で歩んでいると思います。

今生での生育条件だけでなく、これまでの永い流転があり、ひとりひとり、
考え方から、先入観、感じ方に至るまで、差異があることと思います。

だからこそ、渡海様には渡海様の道があり、私には、私の道があると思います。

渡海様は、私(の背後)に詐欺性を感じるとのことです。

しかし、私の実感としては、直接お会いし、少ない時間とは言え、
お話させていただき、純粋なお気持ちを感じました。

また、私自身、幾人かの救いを求める方ともお会いしたことがありますが、
よろこんでいただけたこともあれば、失望させてしまったこともございます。

あくまで泥の凡夫の私ですから、私に期待しても、失望を生むだけでしょう。

尊いのは、六字であり、弥陀であります。

限られた私の表現力では、私のお伝えしたいことも、伝わることなく、
自らの非力さを知らされております。

このような非力な私をも、救ってくださる阿弥陀如来、
大きな大きな存在であると思います。

南无阿彌陀佛

449 :7:2008/08/23(土) 04:58:55 ID:EFuSKoJP
私はあやしげなこと自体はそんなに悪しきことだとは思わないのです。

疑おうと思えばいくらでも何でも疑える、その時は自分自身の防衛本能を信じているということです。

阿弥陀仏は架空の存在であるという主張をするのも、必ず存在すると主張するのも、どちらも証明のしようがありません。

いないという証明をすることほど難しいことはないですし、仏様の実在を科学的に証明したという話も聞いたことがありません。

どちらも信じているに過ぎないことで、どちらの主張もあやしむことが出来ます。

私はそもそも死んだらどうなるのだろう、そもそも自分は何故存在するのだろうという、死んでみなければ分からないような問題にぶつかって、

悩み、答えを捜し求めてきたので、人生の問題点が違う方とは話が擦れ違うのだろうと思います。

ペテン師に遭っても遭わなくても死ぬ、騙されても騙されなくても死ぬ、生まれた時点でいつ死ぬことやら、自身の存在そのものがあやしげです。

私は南无阿彌陀佛に答えがあると思うに至って、遂にその答えを得たと信じるに至ったことが有難く嬉しいのです。

それが全て南无阿彌陀佛の六字にこもっている事が不思議ですし、一味の方がみえることも不思議ですし、求める方がみえることも不思議です。

もちろん人それぞれ信じるところにしたがって生きる他はないわけですから、皆さんそれぞれの主張をなるほどと拝読しています。

私は皆さんとここで出会えたことに感謝しています。

南无阿彌陀佛

450 :298:2008/08/23(土) 11:42:40 ID:wu9xHU/E
>>449
>阿弥陀仏は架空の存在であるという主張をするのも、必ず存在すると主張するのも、どちらも証明のしようがありません。

7様、まったくその通りですね。

わかるわけではないのに信じることができるのも不思議、
そして、わからないのだから信じないというのも当然、
どちらもすべて、彌陀の大きなはたらきの中にあるものだと思います。

南无阿彌陀佛

451 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/23(土) 14:24:13 ID:4KaR9/H0
親鸞 「無上仏と申すは形もなくまします。形のましまさぬゆえに、自然とは申すなり。形まし
ますと示すときには、無上涅槃とは申さず。形もましまさぬ様を知らせんとて、始めて弥陀仏と
ぞ聞き習いて候う。弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。」

 無上仏というのは形而下の存在ではありません。無形の観念的存在、形而上の存在です。だか
らこそ自然というのです。もし、有形の形而下の存在であれば、無上涅槃とは言いません。阿弥
陀仏というのを始めて教わったとき、無形の観念的概要を明らかにするために阿弥陀仏という概
念を使用すると教わりました。阿弥陀仏というのは無形の観念を明らかにするための資料です。
手段です。道具です。人形です。

7 「(親鸞さん。あんたは私らの看板になって黙っていればいいんですよ。貴方の話なんか誰
も聞いちゃいませんよ。私らの世界には、貴方に発言権なんかありません。)阿弥陀仏は架空の
存在であるという主張をするのも、必ず存在すると主張するのも、どちらも証明のしようがあり
ませんからね。」

298「7様、まったくその通りですね。わかるわけではないのに(自然の様を知らせん料なり
なんて、よくいいますね。)信じることができるのも不思議、そして、わからないのだから信じ
ないというのも当然、どちらもすべて、彌陀の大きなはたらきの中にあるものだと思います。
(看板に口を利かれても迷惑ですねぇ(笑)。)」

渡海「嘘つき、ペテン師、催眠術師は、薄笑いを浮かべながら意味不明の呪文をあやつるという
ことか。」

452 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/23(土) 14:31:08 ID:4KaR9/H0
>>449

> 私はあやしげなこと自体はそんなに悪しきことだとは思わないのです。疑おうと思えばい
くらでも何でも疑える、その時は自分自身の防衛本能を信じているということです。

 つい最近まで、親鸞会に騙されたと嘆いていたのに、こんどもまたペテン師の手先にで
も成り下がったのか。コメントするのもばからしい。


453 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 14:55:13 ID:qL2s0ECE
コメントするのもばからしい
とかなんとか言いながら、すっごく丁寧にレスしてるじゃない。w


454 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 15:12:21 ID:aC4b7Bvk
べっ、べつにあんたのためにコメント書いてるわけじゃないんだからね!!

455 :298:2008/08/23(土) 16:31:46 ID:wu9xHU/E
渡海様は、「形もましまさぬ」=「存在しない」「架空の存在」との見解を
お持ちのようですが、私はそのようには、考えておりません。

456 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 16:36:11 ID:96Eu4Fol
  |\__/ハ__
 {_____」
       
         \\              ∧_∧
◎     ≫〃vミー‐w  へ          (´<_` )  貴様がペテン師だろキモヲタ!
  \   彡_____彡ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒    \   
      {_親●鸞___| )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       )
 ◎-○一( * *    ヽミ            |.      |
      ((_ _ (( ( ;;;;-=- ̄=─ ̄ '⌒ヽ.〉      | |
 ‘,'.∴・,‘・(ε ((  ヽ:: -=_二__ ̄ .   \_     | |
  ,'.・∵  ヽ_____ ノ        ̄\      / /
    (   ) 渡 ≡ ;;; )  )         .\__/_丿
     |__|. 海 ≡ ;;; )_l          .|  |
    _|  |  難 ≡ ;;;; ) (           |  |
   |  \.._\.      入 \,       |  |
   |ハルヒ(_る〜〜〜〜〜wv)       \ ヽ
   |___||:::::::::::::/::::::::::/               \ |
         .|;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;/             / ノ
         (___|)__|)

457 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/23(土) 18:53:37 ID:4KaR9/H0
>>455
>私はそのようには、考えておりません。

 言うことはこれだけか?。まあ、なんだっていい。
 「不思議・不思議」と薄笑いを浮かべながら術をかけ、相手を煙に巻く催眠
術のペテン師にとって、阿弥陀は、魔法(他力)を発する神秘の源だ。架空と
言えば、魔法に力が入らんだろうよ。

458 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 01:59:06 ID:nU6GX5iq
女優と結構したデブ(死んだ)の宗教ってこれ?

459 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 03:22:28 ID:q2fToIGj
袈裟が全然違うから多分違うと思うぞ

460 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 09:35:00 ID:nU6GX5iq
有り難うです。
しかし、あのデブの宗教はいったい何だったんだろ。NHKのドラマ見てたら、あの女優が出て来て、かなり気になった。

461 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 16:05:45 ID:7jVSH33j
 渡海と298との論争も決着がつき、妙好人スレもこれでいよいよ事実上
終わったな。今後は、単にアラシが勝手に荒らし回るだけになるだろう。
 スレの数は十本。終わってみれば、意外に少なかった。百本近いかと思っ
たが桁が一つ少なかった。
 それにしても、真宗の教義史に残るような中身の濃い議論だったなぁ。

462 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 16:27:51 ID:KazuGKoO
>>461=渡海難
てめえのせいで妙好人スレが台無しになったんだろうが!
お前は一人で勝手に終わらせたアラシなんだから、二度と来るんじゃねーよ!

        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

463 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 18:32:26 ID:+calXPCB
298氏と渡海氏は論争もなにもしていなかったと思うよ。
だってふたりの焦点がぜんぜん噛み合っていないもの。
違う土俵で相撲を取るようなもの。
粘着する渡海氏に、298氏が仕方なく応じていただけに見えたけどね。
しかし、ともかくも渡海氏の念仏に対する姿勢は、まあ立派だとは思うよ。
ただ、その考えに同調する人を探すとすれば、浄土真宗よりも浄土宗のほうがいいんじゃないかなあ。

ところでこのスレ読んだり書き込んだりしてる人は、どういう人たちなんだろうね。
少なからず興味が沸くね。 やっぱりお坊さんが多い?


464 :7:2008/08/24(日) 22:51:19 ID:4jGY+Tgq
自分は在家、普通のサラリーマンです。お坊さんは意外と少ないのでは・・・?

でも信心決定に真剣に関心がある方が集うべく建ててもらったスレなので、本業?たるお坊さんが少ないとしたら寂しいですね。


465 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 23:16:26 ID:+calXPCB
>>464

なるほどねえ。
職業人としてのお坊さんは、余暇にまで仕事を持ち込みたくないかもしれんですね。
私だって、家に帰ってまで仕事したくないものねえ。
そうすると、少数でもここに書き込みされていたお坊さんたちは、たいした方々だということになりますね。

ちなみに私も在家。うどん屋のオヤジ。(笑)

466 :298:2008/08/26(火) 02:42:39 ID:dy7IRJrL
私も在家です。
在家でありながら、罪を重ねる生活を送りながら、
それでも、弥陀は救い摂ってくださいました。
それだけの力をお持ちであり、大慈悲の如来です。
御文様を読んでいても、心に響いて参ります。
他の方のことはわかりませんが、
地獄に堕ちること当然であった自分。
今でもその生き方に、大して変わりがあるわけではありません。
未熟で傲慢である私に変わりがあるわけではないのです。
違うのは、「弥陀をたのんだ」ということ。
このひとつの理由により、私は自分の心が変化してきているのを感じます。
それは、「良く」なったというよりは、「ラク」になったという感じです。
そして、その結果、次第に良くなってきているようにも感じます。
これらのきっかけは、「弥陀をたのんだ」ということであって、
それによって、方向転換が起こったのだと思います。
私は、私がよろこべていることがうれしい。
そして、他の方は、私にはどうしようもないのだと思います。
「阿弥陀さまはすごい、すばらしい」ということを、機会があればお伝えしようと
思いつつ、六字を称える日々です。
南无阿彌陀佛

467 :117:2008/08/26(火) 22:47:39 ID:WQGLNAGP
お盆の節を過ごしました。小6年の息子毎日、仏倶様を日課に上げています。「何で阿弥陀7様
阿弥陀如来は死んだ後にしか救ってくれないの?]何と答えたら良いのでしょうか。

468 :298:2008/08/27(水) 00:55:26 ID:MUNCOiQK
>>467
もちろん、現世にて、弥陀は救ってくださると思います。
だからこその、御恩報謝であると思います。
救っていただいても、怠惰な私は、その御恩を、すぐに忘れてしまいます。
それでも、弥陀は捨てませんので、また思い出させてくださり、
六字を称えることができるのです。
ご子息の疑問は、とても良い疑問であると思います。
もちろん、弥陀は生きている間に救ってくださいますが、
「では、救われるとは、どういうことか?」と問いは発展してゆくことでしょう。
南无阿彌陀佛

469 :神も仏も名無しさん:2008/08/27(水) 01:17:11 ID:YqIv6uz3
>>467
今も未来もお救い下さっているんですよ。
弥陀にとっては、現世も来世も同じなんだよ。と言ってみてはいかがでしょうか?
人間の目で死によって現世と来世を勝手に分けているだけで、それに気づかない人間は愚かだと。

470 :298:2008/08/27(水) 01:28:07 ID:MUNCOiQK
>>469
「死んだ後にしか」という問いには、「なぜ『今』救ってくれないの?」という問いが
含まれているように感じますが、如何でしょうか。

「救われていないように感じても、実は救われていて、救われていると気付かない人間は
愚か」ということにもなるのでしょうか。

471 :7:2008/08/27(水) 02:01:11 ID:dvZ49CUt
現世にて救われるので御恩報謝のお念仏といわれるのですよね。有難いという言葉では言い尽くせません。

南无阿彌陀佛

472 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/08/30(土) 16:04:25 ID:Yv6naGEj
ブログ親鸞仏教 更新しました。

 www.しんらん.jp/

 田中氏の議論の続きを書きました。

473 :神も仏も名無しさん:2008/08/30(土) 20:00:49 ID:2jPBPJDx
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1150108904/

474 :神も仏も名無しさん:2008/08/30(土) 23:36:30 ID:maoOZHgC
>>472
         \      DQNと言えば?         /ナンダコレ    コワイモナー     ヒイィィィッ
          \       ∧_∧ ∩渡海難だろ!  ∧_∧     ∧_∧      ∧_∧
   スレ荒しって \     ( ・∀・)ノ______  . /  ( ;・∀・)    (; ´Д`)     (´Д`; )
          ∧ ∧\    (入   ⌒\つ  /|. /  ⊂   ⊂ )    ( つ ⊂ )    ( ⊃   ⊃
         (゚Д゚ )_\    ヾヽ  /\⌒)/  |/     〉 〉\\   〉 〉 く く   //( (
     / ̄ ̄∪ ∪ /| .\  || ⌒| ̄ ̄ ̄|    /     (__) (_)  (_.)(_)  (_) (__)
   /∧_∧またですか・・・\    ∧∧∧∧ /         『DQN渡海難』
  / (;´∀` )_/       \  < 渡 ま > 支離滅裂で(一部に)名を馳せる渡海難
 || ̄(     つ ||/         \< 海    > 反対意見へのストーキング、罵詈雑言も日常茶飯事!!
 || (_○___)  ||            < 難 た > DQN全国ワースト1(2CH調べ)
――――――――――――――― .<     >―――――――――――――――――――――
         ∧_∧ なんだこいつ < が   >    ∧_∧プッ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ( ;´∀`) ダセ 〜     ∨∨∨\   ( ´∀`)  (´∀` )< 渡海難必死だな(藁
    _____(つ_ と)___       ./       \ (    )__(    )  \_______
 . / \        ___ \タビ   /  ∧_∧ 渡\      ∧_∧  ̄ ̄ ̄  /.//|
 .<\※ \____.|i\___ヽ.サラダ./γ(⌒)・∀・ ) 海\    (     ;)    / ┃| |
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  /(YYて)ノ   ノ  難   \  ̄ ̄↑\)_/     |__|/
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐>/ \  ̄ ̄ ̄ ̄\    め   \  渡海難┃
      ̄ ̄ ̄ ̄|. | ̄ ̄ ̄ ̄| / ||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||       !    \     .|_)


475 :298:2008/09/02(火) 10:16:22 ID:XWQqj2/p
ちょっと前までは、法論サイトを見ても楽しかったのですが、
近頃は、距離が遠くなって、距離が遠くなると、
そこでの出来事は、振れ幅が小さく見えるので、
どちらでも良いことになってきました。

これもまた、弥陀のみはたらきによって、
自分が変わってきているのだと思い、うれしく思っています。

南无阿彌陀佛

476 :神も仏も名無しさん:2008/09/02(火) 20:48:25 ID:D1gcW82X
104 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/01(月) 01:41:27 ID:twE4aj+M
917 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :04/04/20 13:06
 浄土教の先人は「先生(阿弥陀仏)」という言葉を下に創作物語を添えた。それが阿弥陀物語
だ。阿弥陀物語をなぜ作ったのか。「ああ先生」と称えることのすばらしさを伝える手段として
「先生物語」を創作したんだ。阿弥陀仏という化け物がどっかに存在するんじゃない。人は、結
婚すれば、田中さんが鈴木さんと結婚すると鈴木さんに変わる。人は、どう名前が変わってもい
い。しかし阿弥陀仏はそうじゃないんだ。阿弥陀という名前を離れてどっかに存在するんじゃない。
「ああ先生(南無阿弥陀仏)」と称えることはすばらしいことだよということを、人々に伝える
ための道具として、阿弥陀物語が作られたんだ。それが阿弥陀物語なんだ。そういうことを忘れ
ちゃいけない。阿弥陀ではなく、南無阿弥陀仏が尊いんだ。
 阿弥陀仏(先生)は、阿弥陀物語(先生物語)を通じ、南無阿弥陀仏を称賛している。こうい
う構造にこそ、創作者たち先人の知恵がある。南無阿弥陀仏は、我々が口にそれを称えるところ
で実体を持つ。南無阿弥陀仏は、座禅して称えるところに根元的な意味を持つんだ。


477 :神も仏も名無しさん:2008/09/02(火) 20:49:15 ID:D1gcW82X
105 名前:渡海 難  ◆Fe19/y1.mI [] 投稿日:2008/09/01(月) 14:22:56 ID:ct1FzY1G
>>104
 これは、アラシなのか、声援なのか、ヤジなのか。趣旨がわからん。
 僕は、アラシについては一切ノーコメントとすることにしたんだ。僕を声援
するつもりでコピペしたのであれば、ありがた迷惑だ。話には常に流れある。
>> 101〜103の議論は、>> 104と矛盾はしないが、微妙に温度が違う。初め
て読むんだ人の中には、矛盾を感じる人がいるかもしれない。

 話の温度差については、説明すればほとんどの人にわかってもらえるだ
ろうが、読み手が混乱するかも知れない過去のカキコは、アラシ目的でな
ければ、無闇なコピペは遠慮してほしい。

 >> 104の考えは、今でも堅持している。しかし、こちらも生身の人間であり、
考え方は激変していることがある。そういう意味でも、無意味なコピペは迷
惑する。

 なお、敵対的アラシ目的のコピペであれば、ノーコメントだ。


478 :神も仏も名無しさん:2008/09/02(火) 23:24:05 ID:bAQt9buQ
スレがちょっと停滞したからって、↑を召還しようとしないでくれwww 無駄にスレ消費されるだけw

479 :298:2008/09/03(水) 14:56:36 ID:ff9f+yC2
>>476
渡海様は、「なぜ、『南无阿彌陀佛』なのか、『阿彌陀佛』ではないのか」ということについて、
ご自分なりにお考えをすすめたのではないかと思います。

その他の佛であれば、「南无○○」であれば、「南无+○○」であって、
2つに分けることができるが、「南无阿彌陀佛」は、「南无」も含めて一体の
南无阿彌陀佛である、のようなことが、真宗では言われるからだと思います。

(もちろん、そうでありながら、善導大師の尊い六字釈でも、
2字と4字に分けて釈しておられます。)

しかし、この取り出された104の議論だけでは、やはり「なぜ、阿彌陀佛という名に
意味があるのか」がわからないと思います。

名体不二とは、何なのか。

なぜ、「九字のいわれ」ではなく、「六字のいわれ」を聞かねばならないのか。

不可思議の法である、真実の大行があるからこその、
真宗であると私は思います。

南无阿彌陀佛

480 :神も仏も名無しさん:2008/09/07(日) 11:52:43 ID:BDz+/cCA
   /⌒~~~⌒\
 / ( ゚?д?゚ )y─┛~~
(_ ノγ U  ∩_∩) 大変長らく御愛顧頂きました ┌───────┐
  α___J _J      このスレッドも       (|●        ● |
  / ̄ ̄ ̄ ̄\   とうとう終了となりました。  /.| ┌▽▽▽▽┐ |
 /     ●  ●                    ( ┤ |      |  |
 |Y  Y       \誠にありがとうございました。\.└△△△△┘   \
 | |   |       ▼ |                  | \あ\      |\ \
 | \/        _人| ∧∧∩゛    ∧_∧     |     \り\     | (_)
 |       _/)/)/( ゚Д゚)/     (´∀` )   __ n    \が\.  |
 \    / 〔/\〕 U  / ∩∩ (    )o/  \ ヽ    \と\ |
  | | | c(*・_・)  |  |ヽ(´ー`)ノ_|  |  | (__丿    |.  /\ \う | (-_-)
  (__)_) UUUU /∪∪ (___)(_(__) ⊆_    ヽ_┘  └──┘(∩∩)

481 :神も仏も名無しさん:2008/09/07(日) 21:07:25 ID:/lPljhF1
ん・・・復活!w

482 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 14:56:26 ID:rZ6da2xv
 念仏宗渡海会(私怨の込もった流言飛語)について

 検索エンジンを見ると、私怨を込めた根も葉もない流言飛語に、天下の大会社が
大量のリンクを張っている。社会の誤解を解く意味で記載しておきます。

 念仏宗渡海会についてリンクを張るなら、社会の公器として社会的責任において、
同じ割合で、今回のこのかき込みについてリンクを張り、根も葉もない流言飛語と
渡海難の発言と、どちらの言い分が正しいか、公衆が判断できるようにしてほしい
ものである。

 同じような内容の記述が、随所にコピペしてあるので、流言飛語への反論の対象
として、2ちゃんねる用語サイトの記述をベースにしておく。
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%CD%A1%E4

>2chが生んだカルト教団の一つ。別名「こんにちは会」。

 「念仏宗渡海会」は存在しない。「こんにちは会」も存在しない。

>心と宗教板のコテハンで親鸞ヲタの「渡海 難(とうみ かたし)」が教祖として
開いた非認証の宗教団体。

 渡海 難は教祖を名乗ったことはなく、渡海難を教祖と呼んでいる者もいない。
存在しない架空の存在であることから、認証などという問題もありえない。渡海難
は、無位無階、一介の無名の念仏者である。仏教はアマチュアである。

>本部は神奈川県横浜市保土ヶ谷区あたり。
 渡海 難住所は川崎にある。教団本部があるというのは妄想である。

483 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 14:58:14 ID:rZ6da2xv
>2chでの布教活動を主な活動内容とするため、教団公式サイトは全く更新されて
おらず、誰もアクセスしてくれない。

 2chで布教活動は行われていない。教団などは存在しない。公式サイトなど、
そもそも存在しない。存在しないサイトに更新も何もない。
 なお、渡海難は、かつて、イーグルヘッド・親鸞庵・おはなし広場・御本典研鑽
集記などにも投稿し、一部はアーカイブされ、インターネットに残っているようで
す。
 ただし、確かに、渡海難の発言の舞台は2chが一番多い。僕は自分の仮説を提
起するが、明日は180度変わるかもしれない仮説など、布教教義などにはなりえ
ない。

>浄土真宗の教えすなわち親鸞の思想(教団用語で「親鸞仏教」と呼ぶ)を教義とし
ているが、渡海教祖の思いつきで右に左にコロコロ変わる。

 教義がコロコロ変わる宗教教団など、存在するわけがない。ばかばかしい。

>ある時はお釈迦さまの代弁者となり、ある時は親鸞思想の代弁者となる。

 お釈迦さまの代弁者となったことはない。ある時は親鸞思想の代弁となったこも
ない。
 渡海難を釈尊の生まれ変わりではないかと、ノータリンに妄想されても、それは
渡海難の責任ではない。ノータリンの勉強不足に過ぎない。
 僕は、単に仮説を述べているのに過ぎない。仮説に圧倒的迫力があるとノータリ
ンから思われ、お釈迦さまの代弁者、親鸞思想の代弁者だと妄想さても、こちらは
迷惑千万、うれしくも何ともない。

>大川隆法の「霊言」のようなものである。
     大川氏には会ったこともない。関心もない。

484 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 14:59:43 ID:rZ6da2xv
>渡海教祖著「親鸞の思想と教行信証」が聖典

 渡海難は教祖になったことはない。教祖と仰ぐ者もいない。思っている者もいない。
聖典などを書いたこともない。

 かつて数度にわたり教行信証論を書いてネットに公開したが、全てお蔵入りとして
ある。書いた当時の思想をそのまま維持できなくなっていることによる。
 こちらは生身の人間である。考え方は時に応じて大きく変化している。書く内容は
常に試論であり、仮説である。聖典などであるはずもない。

>世界数ヶ国語に翻訳されると渡海教祖本人が称しているが、

 世界数ヶ国語に翻訳されると渡海教祖本人が称したことはない。

>翻訳者がいないため未だに翻訳されず。

 金を払えば、日本には翻訳者などいくらでもいる。翻訳者がいないのではない。試
論の公表に投資をするつもりはないというだけである。
 今は、教行信証論はお蔵入りしてある。改めて書き直す時間もない。アマチュアに
はそんな予算もないということである。

>浄土真宗のお坊さんと「浄土真宗親鸞会」という浄土真宗系カルト教団を敵視して

 浄土真宗の坊さんには、是々非々で対応している。結果としてノータリン坊主には
厳しい言葉が向かうことはある。
 念仏宗渡海会などという、ありもしない会について流言飛語をでっち上げるような
人物に優しい言葉をかけろと言われても、世の中には乗れる相談と乗れない相談と
がある。

485 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:08:07 ID:rZ6da2xv
>ちょうど創価学会が日蓮正宗を「日顕宗」と呼ぶように、自分に都合の悪い者がい
ると「親鸞会」や「浄土真宗のお坊さん」と言って決めつける。

 かつて坊さんですねと言われたことが相当悔しいことだったようだ。坊さんとい
う看板が腫れ物になっている。看板が腫れ物になっているという人は珍しい。看板
をおろしたいんだがおろせない。掲げたいんだが、掲げられない。職業がいやでい
やでたまらないんだが、その職業にべったり甘えて浸かっている。複雑な感情が絡
んで腫れ物になっている。本願寺派の世襲坊主だろう。

 僕は創価学会を知らない。日蓮正宗も日顕宗も知らない。念仏宗渡海会の流言飛
語者は、創価学会が日蓮正宗を「日顕宗」と呼ぶことには反感を抱いているようだ。
ばかばかしい。流言飛語者は、浄土真宗内の「日蓮正宗」シンパなんだろう。浄土
真宗に「日蓮正宗」シンパがいても変ではないが、そんなやつからカルト呼ばわり
される渡海難はいったい何なんだ?(苦笑)

 日蓮正宗を「日顕宗」と呼ぶことはいいことかわるいことか。僕はそんなこと知
ったこっちゃない。関心もない。

 渡海難は、「浄土真宗のお坊さんですね」と相手に聞くことはある。そう聞くこ
とが悪いこととは思っていない。
 心と宗教板で、しかも真宗を表示している掲示板では、浄土真宗の坊さんはプロ
である。あなたはここの専門家ですねと、専門家に相手を確認することは当たり前
のことではないのか。プロは匿名でもプロらしく発言すべきだろう。プロは、背負
っている看板など、隠そうにも隠せるものではないのだ。

486 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:09:00 ID:rZ6da2xv
 こちらも感情の動物であり、話しには流れもある。坊さんではないと、匿名で発
言している相手を、「浄土真宗のお坊さん」と言って決めつけて話をしていくこと
もあるだろう。
 なお、「親鸞会」については、自分は親鸞会員ではないと言っている相手を、親
鸞会員として決めつけて議論をしたということは、記憶がない。

>また、浄土真宗と異なる点として「座禅念仏」という行を勧めており、

 渡海難は、「座禅念仏」という言葉を使ったことはない。着座念仏という言葉は
使うことがある。

 念仏は座禅して称えよう。これは教行信証で親鸞が勧めている。しかし、座禅念
仏という特別な念仏が存在すると言えば、これは間違いである。

  『浄土五会念仏略法事儀讃』に云わく、それ如来、教を設けたまうに、広・略、
根に随う。 〜 父の王に謂いて曰わく、王いま座禅してただ当に念仏すべしと。

 「教行信証」の巻である。親鸞は、念仏の方法論を説明するにあたり、中国の高
僧が書いた書を引用する。浄土五会念仏略法事儀讃は、経典を引用している。釈迦
は父君にいう。父君、座禅して念仏をお称え遊ばされよ。

487 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:09:50 ID:rZ6da2xv
>「ああ先生」という

 南無阿弥陀仏の南無は感嘆詞である。梵語のナーマスの音を漢字で表している。
インドの人は、道で人に会えばナーマスという。別れるときもナーマスという。こ
んにちは。さようなら。おはよう。やあ。ナーマスとはそういう意味である。
 感嘆詞には意味はない。しかし心がある。「あなたを信頼しています。あなたの
方も私を今後とも信頼してください。お互いに信頼関係を続けましょうね」そんな
心で、ひとは、こんにちは、さようなら、おはよう、やあなどという。インドの人
はナーマスという。中国の人は、これを漢字で「帰命」と書いた。命とは心である。
帰るとは寄せるという意味だ。帰は寄に通じる。寄命、寄心と書く方が、現代日本
の漢字の意味としてはふさわしいだろう。
 阿弥陀仏の阿弥陀は先生という意味だ。仏も先生という意味である。阿弥陀の阿
はインドヨーロッパ語で否定を表す。英語のunに通じる。阿弥陀は中国で無量寿、
無碍光と訳されている。

 無量寿は、限りなく継続の命を与えてくれる人という意味だ。もうだめだ。もう
続かない。そう思って絶望しても、その壁を破ってくれる人、つまり先生である。 無
碍光とは、限りない知恵を与えてくれる人という意味だ。足下が暗く、どっち
に行けばいいかわからない人に、何者にも遮られることなく足下を明るく照らして
くれるひと、つまり先生という意味だ。
 仏陀とは、優れた知恵を持った人、つまり先生という意味だ。

 かつて釈迦は人々から先生と呼ばれた。無量寿・無碍光・仏陀と呼ばれた。阿弥
陀仏と呼ばれた。阿弥陀仏とは先生という意味である。

488 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:21:57 ID:rZ6da2xv
>呪文のようなもの(浄土真宗で言うところの名号「南無阿弥陀仏」か?)もある。

 念仏は誦文である。
 山家の伝教大師は 国土人民をあわれみて 七難消滅の誦文には 南無阿弥陀仏
をとなうべし   (親鸞著 現世利益和讃)

 比叡山の伝教大師は、社会のあらゆる場所で苦しんでいる人々に優しく声をかけ、
様々な苦しみを克服していくのに、南無阿弥陀仏を誦文として称えなさいとおっし
ゃった。

 親鸞が最澄のどの文書を見たのか、僕は知らない。しかし、最澄の優しい心と、
最澄のその心に寄せる親鸞の思いは伝わってくる。

>渡海教祖は基地害で電波で独善的で絶対に他人の言うことを聞かない性格で、

 なるほど。話は聞いた。念仏宗渡海会というのは、私怨を込めた流言飛語である。

>裁判の時弁護士が使うような論法で次々と質問をはぐらかす

 身に覚えはない。議論で一方的に負けたという思いがあるようだ。悔しさが晴れ
ていない。

>心と宗教板の住人から嫌われており、

 人の評価は様々だろう。渡海難に私怨が晴れない人が、少なくとも一人はいると
いうことだ。浄土真宗の坊主の看板が腫れ物になり、日蓮正宗のシンパである人か
らは、渡海難は嫌われ者ということか。

489 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:23:45 ID:rZ6da2xv
>信者数は教祖を除いてゼロである(2001年12月現在)。

 信者はゼロ。教祖もゼロ。念仏宗渡海会など、最初から存在しない。

>信者には、渡海教祖に毎月4000円の布施をするよう義務付けられている。

 生活に苦しかったとき、インターネットのプロバイダー費用の一部をカンパ金で
賄おうとしたことはある。布施を求めたことはない。義務づけたこともない。毎月
などと言ったこともない。義務と思ってカンパしてくれるような人は一人もいない。

 カンパ金のお願いは、目下中止しているが、将来再会する可能性はある。

 『起信論』に曰わく、あるいは衆生ありて、善根力なければ、すなわち諸魔・外
道・鬼神のために誑惑せらる。 〜 もしは布施 〜 を説き、これ真の涅槃なり
と説かん。 〜 知るべし、外道の所有の三昧は、みな見愛我慢の心を離れず、世
間の名利恭敬に貪着するがゆえなり、と。已上 (親鸞著 教行信証 化身土巻)

 親鸞は大乗起信論を引用し、布施は世間の名利恭敬に貪着するものであると言っ
て警告している。親鸞の教えに布施はない。

 無戒名字の比丘なれど 末法濁世の世となりて 舎利弗目連にひとしくて 供養
恭敬をすすめしむ(親鸞著 愚禿悲歎述懐)

490 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 15:25:28 ID:rZ6da2xv
 流罪により受戒の効果を失い、国家公認の僧ではなくなった。親鸞は、善導大師
の教えに基づく名ばかりの私度僧である。それでも、行も証もなくなったこの現代
にあって、なお人々に念仏を勧めている。これは、釈尊の時代であれば、舎利弗尊
者、目連尊者の行ったすばらしい行為に匹敵するはずである。だからこそだからこ
そ、私はその活動を維持していくために、その目的のため、人々には心のこもった
カンパをお願いしている。

 人々が共にあつまり、共に念仏を称えようという場合、舎利弗尊者、目連尊者の
仲間として、必要最小限のカンパを求めることは、親鸞の道である。

 一瞬の言葉のやり合いで悔しさに見舞われ、私怨をいだいて流言飛語をコピペし
ている人がいる。そんな連中の発言にいちいち反応するのは不愉快なのだが、google
やgooなどともあろう検索エンジンまで、根も葉もないそのような流言飛語の尻馬
に乗り、インターネットで世界中に喧伝している。

 世界的な企業が、人類の公器として、2チャンネルのノータリンの尻馬に乗って
いるというのは実に情けない。世界企業が念仏宗渡海会などの馬鹿話を宣伝してい
る以上、googleやgooなどは相手にせざるを得ない。誤解を解く意味で、今後はこの
記載を、随所に書いていく。

491 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 18:46:32 ID:4OTICdn/
          ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'         //   渡海、馬鹿だあははははは
         ! ぃ、     、;:==ヲ   〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !        レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ   '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
/     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',


492 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 18:53:55 ID:rZ6da2xv
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1205382068/450

 流言飛語者は浄土真宗本願寺派の僧侶のようだ。

 
>●親鸞聖人が問題を解決したから、我々は世間のことに努力すれば良いと「十劫安
心」まがいのことを言う

 十劫安心などという言葉が飛び出てくる。
  教学上の専門用語である。(坊さんだろう)
  本願寺教学の言葉である(大谷派ではない)。
  まがいのことを言う (意味がわかってない)。

 本願寺派のノータリン坊主が書いているんだろうと思っている。まあ、証拠はないがね(笑)。

493 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 18:57:40 ID:4OTICdn/
955 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 04/04/24 20:32
>災害で、九死に一生を得たものの、愛する妻子や家を失い、自殺していく人も多い。
みな、信じて疑わなかったものに裏切られ、苦しみ悩んだ末の行為であろう。
 愛する妻子や家を失い、自殺していく人が多くてもいいんだよ。信じて疑わなかった者
に裏切られてもいいんだ。失敗してもいいんだ。どんなに悲劇を味わってもいいんだ。
実に我々は、まさにそういう中に生きているんだからね。
 本願を信じ、念仏すれば往生する。人には、二つの大きな仕事がある。世間道と出世間
道だ。始め無き始めから、終わり無き終わりに無限に続く膨大な時間軸をもった大問題、
これが出世間道の問題だ。もう一つが、自分の肉体の誕生で始まり、肉体の死で終わる人
生の大問題だ。
 親鸞さんは、出世間道の問題を、完璧に解決してくれた。完璧に解決してくれたということは、
もう出世間道の問題では、何一つ心配することはないということだ。
 災害で、九死に一生を得て愛する妻子や家を失って、人生が破滅しても、親鸞さん以後は、
それは世間道の問題だ。出世間道に尾を引かない。自分の肉体の誕生で始まり、肉体の死
で終わる中での問題だ。
 始め無き始めから、終わり無き終わりに無限に続く膨大な時間軸の大問題ではない。出世
間道の問題は、本願を信じ念仏すれば完璧に解決する。だから我々にとって、それは過去の
問題だ。 出世間道の問題が解決しているということは、世間道の問題まで解決しているとい
うことは意味しない。
 親鸞さんは出世間道の問題を解決してくれたんだから、さあ、我々は世間道の問題で大いに
汗をかこうじゃないか。失敗を恐れることはないんだ。既に出世間道の問題は解決しているんだ
からね。どんなに失敗しても、出世間道には尾を引かないんだ。出世間道の問題が解決してな
いと思う人がいれば、本願を信じ念仏しなさいよ。もうそれで十分だ。これで完璧に解決する。さ
あ、後顧の憂いは消えた。我々は、世間道で大いに汗をかこうじゃないか。
 学生は学生の本分を忘れるな。勉学に励め。これが世間道だ。クリーニングやさんも、パンさ
んも、お巡りさんも、みなその仕事に精励しよう。出世間道の問題は過去の問題だ。何一つ心配
することは必要ない。世間道で汗をかこう。

494 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 18:58:25 ID:4OTICdn/
977 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 04/04/24 22:02

>>969
>死の前には何物もない
   馬鹿だね。死も忘れちゃいかんが、生も大事なんだよ。

>学問も何かあらん
    学問をしなければ社会は発展しないんだよ。

>金銭も何かあらん

 金がすべてじゃないが、金も大事だ。金がどんなに大事かは、布施に群がる親鸞会が一
番知ってるんだろう。

>名利も何かあらん

  名利も大事なんだよ。見ず知らずの人を頼るとき、最初は何でスクリーニングするんだい。
  名利を否定すれば、人々は最初のスクリーニング手段が無くなるんだよ。

>毀誉褒貶も何かあらん    これも大事だ。

>希望も目的も何かあらん   これも大事だ。

 出世間道の問題が解決すれば、世間道で全力を尽くすべきなんだ。出世間道の問題が未解決
の段階では、無価値のものでも、世間道で全力を尽くすべき時には、大事なものは山ほどある。
そのことを忘れなさんなよ。


495 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 19:43:56 ID:rZ6da2xv
>>493-494
 4OTICdn/が言いたいことがわからんという人は多いと思う。掲示板はいろいろ
な人が見ているので、意見を主張する場合には、誰がみてもできるだけわかるよ
うにすべきなんだが、4OTICdn/は表現能力がない。横からの助け船が必要なの
だ(苦笑)。

 ふつう、僕はお節介はしないのだが、今回は僕が言い出しっぺなので、例外
的に一回だけ助け船を出しておこう。


 493-494のカキコは、4OTICdn/にとって、>> 492に対するできる限りの反論
のつもりなのだ(苦笑)。

  そうだろう。ノータリンの4OTICdn/よ。!

 >> 492はいう。「十劫安心などという言葉が飛び出てくる。 〜 意味がわかっ
てない」。この発言に対し、4OTICdn/は、間違いなく渡海は十劫安心じゃないか、
と精一杯の反論をしているつもりなのである。

 ただ、自分の言葉を出せばしっぽを捕まれそうなので、渡海の書き込みだけ
を引用している。これなら渡海も反論できないだろうと、そう思ってているのさ(笑)。

 つまり、4OTICdn/は、>>492で自分のことを言われているという意識を持って
いる。流言飛語者と同一人物と言うことだろう。

 4OTICdn/よ。おぬしのカキコに渡海難は直接反論なんかしないよ。ばかばかし
いからね。僕はおぬしの家庭教師ではない。豆腐の角で頭をかち割り、洗濯して
出直してこい!。

496 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 20:00:51 ID:rZ6da2xv
 4OTICdn/よ。宗教板に登場するおぬしの背中には「本願寺派僧侶」という看板が
でていることを忘れるな。 (苦笑)

497 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 20:22:53 ID:rZ6da2xv
>496
 宗教板で「本願寺派僧侶」という看板を掲げて坊主が発言すれば、
それは、教団を代表する意見となる。

 十劫安心もわからん。仏教のぶの字も知らんノータリンのおまえで
も、本願寺派の看板を出せば、2ちゃんねるでは本願寺派教団の代表者
になる。
 本願寺派は、ノータリンのおまえを輩出するようなノータリンの腐り切
った教団だということは、おまえを見ればよくわかるが、おぬしも自分の
行動の一つ一つが教団を代表し、教団に泥を塗っているという意味をす
こし考えたらどうだ。

 門主は幽霊に本を書かせたというのは、つい最近の話だそうだ。末寺の
坊主は2ちゃんねるでノータリンの恥をさらす。
 本願寺派は、親鸞会とともに、上から下まで、崩壊のカウントダウンに
入ったいうことか。

498 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 20:42:53 ID:o4eAh0gF
突然発狂した精神病の方がいると聞いてやって来ました。

499 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 21:14:17 ID:4OTICdn/
>>498
昔から精神病で、今日も発作を起こしたんだよw

500 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:03:48 ID:M/c+l061
>>499
>昔から精神病で、今日も発作を起こしたんだよw

でも昨日まではおとなしかったのに、今日になって突発的に発作を起こしたのは何かあるという証拠だよ。
家庭で何かあったのかな?それとも薬が切れたとか。

501 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 22:04:04 ID:rZ6da2xv
>463
> 少なからず興味が沸くね。 やっぱりお坊さんが多い?

 498(o4eAh0gF)と499(4OTICdn/)は、お坊さんだね。
ポンチ絵はほとんどお坊さんが書いてるんだろう(笑)。


502 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/09(火) 22:30:35 ID:rZ6da2xv
>501
 一面識もないはずなのに、498(o4eAh0gF)と499(4OTICdn/)に親しげに
書き込みをする500(M/c+l061)も、498(o4eAh0gF)と499(4OTICdn/)
とはことのほか気心が通じるこれもお坊さんですね。

 同じ宗派、本願寺派だろう。多分。

 そういえば、幽霊に本を書かせた門主は、東京大学、インド哲学ご出身の
宗教音痴だそうだ。上から下まで、教団は腐りきっていると言うことだろう。

 上から下までポンチ絵のように、笑えない腐りきった教団の中に浸かり
きっていると、仏教のぶの字もわからん坊主は、苦言を言われると、
相手をキチガイあつかいする。

 坊主に布施する檀家はいい面の皮。

503 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 00:01:36 ID:8lEMeDIi
>>500
きっとクスリを飲み忘れて、妄想の世界にハマっているのだろう

504 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/10(水) 00:34:56 ID:OR6arYLa
 念仏宗渡海会について

 google、あるいはgooなどの検索エンジンの用語選定担当者に申し上げる。

 渡海難は、念仏宗渡海会などというものは存在しないという発言をしています。一方で、その
渡海難を、「キチガイである。妄想の世界にハマっている」という意見を出している人がいます。

 あなた方はどちらの意見を正しいと思いますか。渡海難を、「キチガイである。妄想の世界に
ハマっている」という意見を出している人は、浄土真宗本願寺派の若手僧侶だと思われます。十
劫安心という聞き慣れない言葉は、本願寺派の僧だけが学んでいる特異な思想です。

 なるほどその通りだ。本願寺派の坊さんの言うとおりだ。念仏宗渡海会をいう教団が存在する。
渡海難はキチガイである。そのように判断することは、あなた方の自由です。事実あなた方は、
これまで、念仏宗渡海会というものがあると信じ、それを社会の公器として、インターネット検
索エンジンのキーワードとして公開してきています。

 渡海難はキチガイではない。まともな人間である。そのように考えるのも、あなた方の自由で
す。

 あなた方の会社は、念仏宗渡海会というものを、実在の宗教教団として確信し、それを世界中
に今後も宣伝するのか。それとも、浄土真宗本願寺派の一僧侶が、私怨ででっち上げた架空の存
在であると考えるか。道は二つに一つです。

 あなた方は、今後も検索エンジンとして、社会の公器として、ノータリンボーズの尻馬に乗り、
私怨に便乗して架空の話を社会に喧伝していくか、あなた方、世界的企業の常識が問われている
ことに、気づいてほしいと思います。

505 : ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄:2008/09/10(水) 00:37:17 ID:oM7WjsUx
       /" ゙̄⌒ヾヽ、              _
      ゞ  ソヽヘゝゞヾ、ゞ            /  ̄   ̄ \
      /   イ ::iiii◎ー◎ii;         /、          ヽ いいから黙ってろデブw
      |{⌒リ u.⌒,;( o o)゙)         |・ |―-、       |
      ヾ_`       3)         q -´ 二 ヽ      |
    リンヾ  u.   ,,,,〃/        ノ_ ー  |     |
  '/⌒\\丶ー‐ ィ´_         \. ̄`  |      /
  /    ヾヽー─‐\\             O===== |
 /   ヾ  /⌒ ̄)   ('二ヾ       /          |

506 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/10(水) 09:28:54 ID:OR6arYLa
 念仏宗渡海会について

 google、あるいはgooなどの検索エンジンの用語選定担当者に申し上げる。

 渡海難は、突然発狂した精神病患者である。そういう意見を述べる人がいます。いやいや、渡
海難は、昔から精神病で、今日も発作を起こしたんだという人もいます。家庭で何かあったのか
な?それとも薬が切れたんだろう。そういう人もいます。

 そうか。やはりそうだったのか。渡海難は、精神異常者だったのだ。あなた方がそのように思
うことは自由であると思います。念仏宗渡海会というものの存在も、渡海難は精神異常者である
と主張する人から主張されてきたものです。

 世界的検索機関であるgoogleなどは、渡海難は精神異常者であるという主張をする人の意見に
同調し、念仏宗渡海会というものの存在を世界に宣伝しています。どういう意見を信じるか、そ
れは検索エンジン社の自由であり、用語選定担当者の自由です。それは、何人にも批判をされる
必要のないあなた方の権利行使であるということでしょう。

 もう一つの意見があります。「渡海難は精神異常者だ」という主張をしているのは、日本を代
表するノータリン坊主であるという意見です。これは渡海難が主張しています。念仏宗渡海会と
は、「あなたはお坊さんですね」、とういう質問に逆上した本願寺派僧侶が、逆上した脳内でわ
き起こした妄想の脳内宗教教団であるということです。

 お坊さんが、「あなたはお坊さんですね」、と言われて逆上するはずがないではないか。渡海
難は精神異常者だ。日本のお坊さんはみなさん立派な方々ばかりである。そのように、検索エン
ジン社の方々が信じるなら、それはあなた方の自由です。日本のお坊さんはみなさん立派な方々
であれば、「日本を代表するノータリン坊主」などという発言をする渡海難は、まさに精神異常
者ということになるでしょう。

507 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/10(水) 09:30:46 ID:OR6arYLa
 念仏宗渡海会を主張する記事は言います。「ちょうど創価学会が日蓮正宗を「日顕宗」と呼ぶ
ように、自分に都合の悪い者がいると「親鸞会」や「浄土真宗のお坊さん」と言って決めつける」。

 渡海難はいいます。浄土真宗の教義を議論している掲示板であれば、坊さんは身分を隠そうと
しても隠せるものではない、と。坊さんか坊さんでないかは、大方、見当がつく。
 十劫安心などという言葉が突然飛び出てくれば、相手が坊さんか坊さんではないか、どこの宗
派か、そんなことはすぐにわかる。一つのキーワードだけではない。キーワードとキーワードと
をつなぐ議論の流れ、勢い、それがワンパターンであればワンパターンであるほど、お里が知れ
る。そのように申し上げておきます。これを、キチガイ渡海の妄想であると思うのは、検索エン
ジン社用語選定担当者の自由です。

 浄土真宗というのは立派な宗派であり、お坊さんはみなさん立派な方々ばかりである。検索エ
ンジン社の方々が、そのように、浄土真宗本願寺派のお坊様方を尊敬し、その言葉を信じること
は、あなた方の立派な自由です。もしそうであれば、渡海難は、ここの掲示板の多くの人が言っ
ているように、渡海難はとんでもない精神異常者であることになるでしょう。あなた方がそう信
じるなら、今後も念仏宗渡海会を世界に宣伝していくことに立派な意義を感じるでしょう。

 泥棒にも三分の理といいます。しかし、仮に三分の理があれば、七分には疑いが残る。そうい
うことでしょう。念仏宗渡海会というのはやはり実在のキチガイ宗教として存在する。七分に疑
いが残ると思えば、あなた方はそう信じると言うことでしょう。もしそうであれば、念仏宗渡海
会というキーワードを検索エンジンに残すのは、あなた方に与えられている自由です。しかしそ
の場合には、いまここの妙好人スレ10の482〜506まで、誰もが簡単にアクセできるよう
リンクを張り、公衆が自由な判断をできるようにしていただきたい。

508 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/10(水) 09:35:21 ID:OR6arYLa
 ここの妙好人スレ10の482〜506を残せば、渡海難はとんでもないキチガイなんだ。精
神異常者なんだ。そのように確信を強める人々はさらに多くなるかもしれません。浄土真宗本願
寺派といえば、実に立派な既成宗教として社会的には評価が大変高い教団です。門主が、宗教な
ど全く知らない宗教音痴、仏教音痴の幽霊に本を書かせ、あたかもそれを自分が書いたかのよう
に門徒に宣伝して印税を儲けても、その門主が、東京大学インド哲学科出身であれば、本人はど
んなに宗教音痴、仏教音痴であっても、社会からは大変高い尊敬を受ける。法務省などは、喜ん
で教誨師連盟総裁という大役を任す。

 トップがノータリンなら、末寺の坊主も負けず劣らずノータリン。浄土真宗本願寺派のお坊様
方は、大変ありがたい教えを示してくださいます。「渡海難は精神異常者である」こういう話を
聞けば、googleの担当者などは、一斉にその言葉に信頼を寄せる。しかし、一部には、渡海難を
指さし、あいつは精神異常者だけど、浄土真宗の坊さんの爪のあかほど程度はまともなことをいう
こともあるんじゃないか、そんな風に思ってくれる人も出てくると思います。

509 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 15:49:42 ID:8lEMeDIi
| こいつ最高にアホ       |   同意
\                   \
  ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ∩_
          〈〈〈〈 ヽ         /  ̄ ̄ ̄ ̄ \
          〈⊃  }         /、          ヽ
  / ____ヽ|__|        |ヘ |―-、       |
  | | /, −、, -、l !    !        q -´ 二 ヽ      |
  | _| -|  ・|< || |  /         ノ_/ー  |     |
 (6  _ー っ-´、} /           \     |     /
  \ ヽ_  ̄ ̄ノノ/              O=====|
/ __  ヽノ /              /         |
(_|__)   /             /    /      |



510 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 23:21:23 ID:qoym0zUm
こんばんは。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1188015520/
↑このスレから来ました。
何だか、真面目に取り合う気の起こらないレスばかりですね。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1220349512/
↑こちらはキリスト教編です。よかったら、感想を書き込んでやってくださいね!



511 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/11(木) 11:43:45 ID:d7knLrX9
>>465
 うどん屋さんへ。
 月々、あるいは年ごとに、お寺にはいろいろな名目でお布施をなさっていらっしゃるんでしょ
うね。1円でも無駄にできないお金、うどんを召し上がって頂いたお客様から頂いた大事なお金、
家族を守るため、あなたが汗水流して稼いだお金ですよね。あなたはそれを、お寺にお布施する
んですよね。

 そのお金がどのように使われていると思いますか。一部のお坊様は、インターネットのプロバ
イダーに払うお金になっているんです。プロバイダーに払ってどうすると思いますか。2ちゃん
ねるで破廉恥なポンチ絵の投稿代に変わっているんです。
 破廉恥なポンチ絵も、他人が書いた絵を別の板からコピーペーストしてきて貼り付けているだ
けですよ。

 決してそんな坊さんばかりとはいいません。しかし、門主に座っている人物は、東京大学イン
ド哲学科を出、教誨師連盟総裁という地位にありながら、宗教など全く知らない宗教音痴、仏教
音痴、信心などかけらもないゴーストライタに本を書かせ、あたかもそれを自分が書いたかのよ
うに門徒に宣伝して印税を稼ぐ、そんな仏教のぶの字も知らない宗教音痴、仏教音痴だそうです。

 トップがノータリンなら、末寺も右にならってノータリン。あなたはお坊さんですねと言われ
ると、腫れ物に触られたように逆上し、何年も何年もストーカーを続けるやつもいる。まあ、上
から下までノータリンというのはこの世界のことだと思います。

 お寺にお布施するとき、次回はお坊さんに質問するといいでしょう。あなたは渡海難をどう思いま
すか、と。

 あいつはキチガイですよ。最高にアホですよ。きっとクスリを飲み忘れて、妄想の世界にハマ
っているんですよ。こういう返事が返ってくれば、その坊さんは2ちゃんねるでポンチ絵をコピ
ペしている人でしょう。お客様から頂いたお金は、プロバイダーに支払われ、あのポンチ絵に変
わっていくんだなぁと、しみじみとそのように思うといいと思います。

512 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 14:24:15 ID:JaNq2Dg+
>>511
> お寺にお布施するとき、次回はお坊さんに質問するといいでしょう。あなたは渡海難をどう思いま
>すか、と。

「渡海難?とかいなん?誰それ?何やってる人なの?聞いたことも見たこともない。」という返事が返ってくるよ。

513 :うどん:2008/09/11(木) 14:48:11 ID:o8QLE7TW
>>511
お坊さんのなかにも、いろいろな方がおられますからねえ。
正直、「え〜?」てな方もいますよね。
でもまあ、私なんかは我が身を顧みたときに、まあ仕方ないかな、なんて。
もしも私がお寺に生まれていたら、そりゃもう酷いものが出来上がったと思いますものね。

うろ覚えですけれど、法華経のなかに「末法の世になれば出家の堕落は目を覆うばかりになるが、それでも敬うべきものである」というようなことが書かれてあったように記憶しています。
ですから、敬うべきものは敬えばいいではありませんか。
その僧侶が敬うに足る存在でなかった場合、恥ずべきは先方のほうなんですから。
渡海さんの場合は、どんな誹謗中傷をうけようとも、真心からの座禅念仏は変わるものではないでしょう。それでいいじゃないですか。
私は私で、いただいた信心をよろこび仏恩報謝の日送りをするだけ。ひとりひとりのお念仏です。

・・あと、うどん屋からしてみれば、税金がないというのはうらやましいなあ、って。そのくらいかな。(笑)


514 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/11(木) 19:41:01 ID:d7knLrX9
>>512
>「渡海難?とかいなん?誰それ?何やってる人なの?聞いたことも見たこともない。」という
返事が返ってくるよ。

 こういう返事が返ってくれば、それは2ちゃんねるの坊さんだよ。なぜなら、それはID:JaNq2Dg+
だろうからね。(笑)


>>513
>お坊さんのなかにも、いろいろな方がおられますからねえ。正直、「え〜?」てな方もいますよね。

 立派な人はたくさんいますよ。実は、その立派な人が内心非常に迷っている。僕は、明治に歎
異抄を、特に坊さん達に公開したことの重大な弊害だと思っています。

>私がお寺に生まれていたら、そりゃもう酷いものが出来上がったと思いますものね。

 おもしろいことを言う正直な方ですね。

>うろ覚えですけれど、法華経のなかに「末法の世になれば出家の堕落は目を覆うばかりになるが、
それでも敬うべきものである」というようなことが書かれてあったように記憶しています。

 親鸞の教行信証でしょう。

515 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2008/09/11(木) 19:42:05 ID:d7knLrX9
>敬うべきものは敬えばいいではありませんか。

 うんうん。
 僧侶一人一人を尊重してほしいというのは、教行信証の化身土巻の末に出てくる。愚禿の名乗
りの原因になった禿の意味もそこにある。大事なところなんですよね。

>その僧侶が敬うに足る存在でなかった場合、恥ずべきは先方のほうなんですから。

 うんうん。そうですね。
 ただね。恥を知らない坊さんは困ったものだ。

>いただいた信心をよろこび仏恩報謝の日送りをするだけ。ひとりひとりのお念仏です。

 うんうん。

>うどん屋からしてみれば、税金がないというのはうらやましいなあ、って。そのくらいかな。

なるほど。なるほど。

516 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 19:55:23 ID:9VR+nh2j
>渡海 難  ◆Fe19/y1.mI

いつまで荒らし続けるんだ!


        /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   パー───ン       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
      <       (☆)   〉                     /               \
       \ =======,/                  (__i|__i|__リ     ;       |
        /~`ー=、=,=ィ.                  (   ;;    ∪     |
      /    (●)ヾ'(●) \                    ,◎─ 〃⌒)         |
      |    "⌒(__人__)⌒" |    _'そ       (o,;(´   ´_'ノ     ,; ′;| ´  ;  '
.     \     `ヾ┬ノ´ ,/〔ニ二【@】        ゝ   u.  ゞ    ,●";`‘,`・    ;
       /⌒ ̄ ̄〃 ̄ ̄〆⌒'ニ)ソ  ̄ Y `       `i       ーーーーrーゝ
        ヾ  、__゙__il、_,ジ,イ            ヾ、__  ____-‐ー‐\
       |       o| = |_ノ               /´ ̄ ̄         ヽ
.        |          |    |               /    ゙ヽ  渡海 難   |
.      |       o|   .|               /     |           |
      |   ===   | ==|                /      |           |

517 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:46:21 ID:MwbBuX4V
僧侶が葬儀中に株取引 三人を謹慎処分
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1221227554/

「創価に負けてられん」日蓮正宗がテレビCM放映へ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1221228826/

尼さん萌え必見!尼さんが精進料理を食べされてくれる、尼さんカフェ【香川】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1221213858/


518 :298:2008/09/13(土) 12:23:57 ID:s4QC4qjy
>>513
そうですよね、「ひとりひとりのお念仏」だと思います。

こうして歩む道が与えられたこと、感謝したいです。

南无阿彌陀佛

519 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 15:29:29 ID:b3AZZlNM
仏門に入ったきっかけは身体のコンプレックスから Dカップ巨乳住職誕生
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1221234048/
「お題目を唱えるとガンが治る」薬事法違反で新興宗教団体を摘発
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1181050412/

520 :うどん:2008/09/14(日) 19:41:26 ID:nuiliSnu
>>518
たとえ自力の念仏であっても南無阿弥陀仏は尊いですね。
ましてや、たのむ衆生を十人は十人、百人は百人、みなもらさずたすけていただける他力の念仏ならばなおさらです。

521 :298:2008/09/14(日) 23:10:36 ID:6v5htCyn
>>520
南无阿彌陀佛は、ほんとうに尊いですね!
どこからどこまでも尊く、すべてを具足していらっしゃる六字。
信前から、信後まで、そして、現生から、後生まで、
すべて六字が守ってくださると思います。
南无阿彌陀佛

522 :渡海 難:2008/09/14(日) 23:27:22 ID:rqPHY7V+
ブログ親鸞仏教 更新しました。   www.しんらん.jp/


523 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 00:36:22 ID:ci/J7mEO
六字とかどうでもええ。

「阿弥陀仏」と「他力」と「神」の違いを教えてくれ。
一般人には理解し難い。同じなら同じでいいし。
字とか漢字だし、仏陀はインド(ネパール)人だし。
もし「字」や声に出す「行」としての意味合いがるとしたら、
密教的呪文的マントラ的意味合いや象徴言語としての意味合いがあるということなん?

そのあたりを分かり易く教えてちょうだい。

あと、「アーメン」と「ナマンダ」には、どれほどの深い意味での違いがあるんだ?

524 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 00:42:29 ID:ci/J7mEO
「神」とはどういう意味ですか?とか聞かんといてね。
現代人なら、物理学者ドーキンスが「神は妄想である」と言ったことぐらい知ってるでしょ?

そういう意味での「神」だよ。


525 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 00:43:22 ID:ci/J7mEO
訂正)物理学者→生物学者

526 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 09:22:23 ID:NF0WZIPN
>>523
なぜ、仏の名を称えただけで救われるのか?往生できるのか?
ってことじゃないですかね?
なぜなんでしょうねぇ?
常識的には、そんなバカな!って思いますよね。

527 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 11:38:09 ID:i1f90COB
だから信方便易行なんじゃね?

528 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:09:44 ID:KRlQoGqg
>>527
だから、それはどういうこと?

529 :298:2008/09/16(火) 00:03:52 ID:FCihsoSu
>>526
しかも、「ただの一度で」救われるわけですから、
信じられないことが当然だと思います。

530 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 21:34:43 ID:v86jug8G
>>529
> しかも、「ただの一度で」救われるわけですから、

「ただの一度」もお念仏を称えられなかったもの、例えば乳児・幼児は救われないのですか?

531 :うどん:2008/09/16(火) 22:01:39 ID:vHCHbcHs
乳児でも幼児でも、南無とたのめば救われるのではないでしょうか。
たとえ声にならなくても南無阿弥陀仏のすがたとなれば、それはお念仏であると思います。

532 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 23:46:43 ID:v86jug8G
>>531
> 乳児でも幼児でも、南無とたのめば救われるのではないでしょうか。

乳児・幼児が、南無とたのめるでしょうか?
南無とたのむとはどういうことでしょうか?

533 :うどん:2008/09/17(水) 00:18:56 ID:uP4z5Uwn
>>532
南無とたのむとは、本願招喚の勅命に素直にしたがうこと。
弥陀のおはからいにすべておまかせすることだと思います。

・・って、まったくあたりまえで答えになってませんよね。
よく知らんくせにテキトーなことを書いてしまったようです。
ごめんなさい。

534 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:30:04 ID:XywsHRUK
>>533
乳児・幼児が、本願招喚の勅命に素直にしたがう?
弥陀のおはからいにすべておまかせする?
それはどういうことでしょう?
 
うどんさんを批判しているのではなく、私の疑問です。

535 :うどん:2008/09/17(水) 19:07:08 ID:uP4z5Uwn
>>534
>それはどういうことでしょう?

私自身、いまひとつたよりないので、うまく説明できません。申し訳ないです。
ただ、「老少善悪の人をえらばず」というからには赤子であっても弥陀をたのむことはできると思います。
阿弥陀仏から見たときに、大人も赤子も年寄りも健常者も病人も、多分どれほども違わないです。
弥陀をたのむにしても、赤子では難しいのならば、大人にだって難しいのではないでしょうか。
他力の信心なればこそ、もし大人に南無阿弥陀仏を聞きひらくことができるのならば、赤子にだってできるはずだと思います。


536 :7:2008/09/17(水) 21:06:41 ID:8lWhv2uL
赤子から大人になる時、人は何を身に付けるのでしょう。経験や知識、体格やら学歴やら経済力。その他いろいろ大人になることで身に付けていきますが、

それらがはたして往生の足しになるのか?考えてみたらいかがでしょうか?赤子が救われてこそ他力ではないかと思った次第です。

537 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:34:44 ID:XywsHRUK
>>535
私は、幼児・乳児・赤子が救われるなら、
「弥陀をたのむ」とか、「南無阿弥陀仏を聞きひらく」とか、
「本願招喚の勅命に素直にしたがう」とか、
「弥陀のおはからいにすべておまかせする」とか、
そのような条件は存在しないのではないかと思います。
何も条件が存在しない、それが他力ではないでしょうか?

538 :うどん:2008/09/17(水) 22:33:55 ID:uP4z5Uwn
>>537
>何も条件が存在しない、それが他力ではないでしょうか?

南無阿弥陀仏という名号がある以上、それにかかわる何かがあると思うのですが・・・

何も条件が存在しないということがどういうことなのか、どうもイメージできません。
しかしまあ、「イメージする」ということ自体が自力であり、凡夫の妄念ですね。
たしかにそういう考え方もあるのかもしれません。
もしそうならば、人は生まれながらに救われているのでしょうか。


539 :298:2008/09/18(木) 03:23:04 ID:NfgRY14J
「人は生まれながらに救われている」ということも、ひとつの考え方ですし、
その考え方にやすらぐ方もいらっしゃると思います。
ひとりひとりが歩む道。
私は、私の信じるお念仏の道を歩ませていただいて、とてもうれしい。
そして、同行を得まして、さらに心強く、ますますうれしい気持ちがしております。
こうして、疑い深い自分が、ひとつの結論に辿り着けたことが、
つくづくうれしいのです。
「奇跡だなー」と、素直に思えます。
ありがたい、ありがたい、南无阿彌陀佛。
そう思えることが、うれしいのです。
南无阿彌陀佛

540 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 09:02:40 ID:AFOtE/jk
>>539
> 「人は生まれながらに救われている」ということも、ひとつの考え方ですし、
> その考え方にやすらぐ方もいらっしゃると思います。
> ひとりひとりが歩む道。
> 私は、私の信じるお念仏の道を歩ませていただいて、とてもうれしい。

ひといひとりが歩むお念仏の道が違うなら、それは阿弥陀如来よりたまわった信心ではないのではないですか?
法然上人も、親鸞聖人も、他力の信心は如来よりたまわった信心だから誰の信心も等しいとおっしゃっています。
他力の教えに、「ひとつの考え方」とか「その考え方にやすらぐ」などということが根本的にあり得ないと思いますよ。

541 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 09:14:36 ID:AFOtE/jk
>>539
> 私は、私の信じるお念仏の道を歩ませていただいて、とてもうれしい。
> そして、同行を得まして、さらに心強く、ますますうれしい気持ちがしております。
> こうして、疑い深い自分が、ひとつの結論に辿り着けたことが、
> つくづくうれしいのです。

「私の信じるお念仏の道」は、あなたが作り出したものであって、如来よりたまわった万人に共通のものではないと思います。
あなたのおっしゃる同行は、あなたと同じ考え方の人たちであって、万人ではないでしょう?
阿弥陀如来の元では万人が同行のはずです。
あなたが辿り着いた結論は、あなたがあなたの頭で作り上げ、納得した結論であって、普遍的なものではないと思いますよ。
 
思い込みが激しく信じ込んでいる時に何を指摘しても無駄でしょうけど・・・。

542 :7:2008/09/18(木) 11:04:47 ID:74jdh9wK
>>540 味わい方は人それぞれではないでしょうか?信心決定したら誰もが親鸞聖人のようになりますか?有名な同行の方のようになりますか?
    信後の味わい方も人生も、人それぞれ。不断煩悩即涅槃なのです。一人一人の煩悩はまだ断たれていませんから。
    それでも、一味同行だと分かる不思議です。

>>541 あなたが辿り着いた結論は、あなたがあなたの頭で作り上げ、納得した結論であって、普遍的なものではないと思いますよ。
    これは全ての人に対して言えると思います。


543 :7:2008/09/18(木) 11:07:18 ID:74jdh9wK

とは言え、煩悩に満ち満ちた凡夫がコレが正しいとかその考えや解釈は間違っている、ということに拘って論争ばかりしていてもねぇ・・・

「たゝ念仏して 弥陀にたすけられ まひらすへしと よきひとの おほせを かふりて 信するほか
に 別の子細なきなり」(歎異抄)

阿弥陀仏が信じられないと、苦しむ方もあるのですから、信じる身となった人にはまず「おめでとう」と言ってあげたいです。
540さんも、何か縁があって阿弥陀仏を信じていらっしゃるんでしょう?信心決定したという自信がなければ人にそれは間違いだと断言できないでしょうから。
ならば、おめでとうございます!

544 :7:2008/09/18(木) 11:45:10 ID:74jdh9wK
あ、もちろん信心決定していらっしゃらなくても、「これは間違いなく間違いだ!」と思うことは断言口調になるものだと思います。

今までの知識と経験でそう判断されたことだと思います。人それぞれ自分が信じるところにより生きていくのだなぁと思いました。

南无阿彌陀佛

545 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 15:50:50 ID:JO4B0BlK
うーん

味わいは教義より大事だと思うけど、味わいが教義を曲げたらいけないと思うよ
たかが教義、されど教義。

>阿弥陀仏が信じられないと、苦しむ方もあるのですから、
>信じる身となった人にはまず「おめでとう」と言ってあげたいです。
南無阿弥陀仏といっといた方がいいんじゃない、その方がまちがいすくないよ
蓮如は宿善めでたしというはわろしとか言ってるし

546 :7:2008/09/18(木) 16:24:59 ID:74jdh9wK
確かに南无阿彌陀佛のほうが適切で間違いが少ないかも知れないですね。

蓮如上人、仰せられ候う。「「宿善めでたし」と、云うは、わろし。
御一流には、「宿善有り難し」と、申すが、よく候う」由、仰せられ候う。
(蓮如上人御一代記聞書)

ここのことですね。なぜ蓮如上人がそのように仰られたのか、詳しく知りたいです。
信心決定した人があると聞けば、「良かったねえ、おめでとう!」と思わず言いたくなるけど、
どうなんでしょう。上記のお言葉は自身の宿善に対する態度を言われているような気がします。

547 :7:2008/09/18(木) 16:35:05 ID:74jdh9wK
ちなみに、味わいか教義か・・・両方大切ではないかと考えているのが今の自分です。

お聖教には、味わいと教義の両方が書かれていると受け止めています。
味わいだけに拘れば主観的な話になってしまい、教義だけに拘っても解釈が分かれます。
両方書き残してくださったことがとても有り難く、祖師聖人に感謝したいと思います。

南无阿彌陀佛

548 :298:2008/09/18(木) 23:49:01 ID:NfgRY14J
>>541
>思い込みが激しく信じ込んでいる時に何を指摘しても無駄でしょうけど・・・

まあ、やっぱり、そうなんだと思います。

それで、たのしくて、しあわせで、うれしいのですから、私は満足です。

南无阿彌陀佛

549 :298:2008/09/18(木) 23:54:05 ID:NfgRY14J
>>546
ほんのちょっとの宿善ですが、弥陀の強さのために、強くひかれて救われた。

なんとか、救われるだけの宿善があって、良かった。

宿善などないはずの自分であったが、弥陀のお育てにより、
なんとかこうして救いにあずかれた。

あぶないところだった。救われてよかった。

のような感慨があるような気が致します。

南无阿彌陀佛

550 :7:2008/09/19(金) 18:19:06 ID:rJqqR/bU
そうですね。何故、自分のようなものが救われたのだろう、と不思議に思うことは度々あります。

自分のようなものでも摂取不捨、救ってくださるのが阿弥陀仏と聞けば有り難く思いとりて南无阿彌陀佛。

憶念するたび、南无阿彌陀佛。何もかもが自分にこの六字を信ぜしめんがためのご方便であったと感謝して、

南无阿彌陀佛

551 :298:2008/09/19(金) 20:28:51 ID:fKHg1WDt
>>550
7様

私など、ほんとうにあさましい日暮しをしております。

身の回りのことも、まともに出来ないダメな男です。

こうして、偉そうなことを書いておりますが、その実際を知れば、
みなさまあきれて、さらに、失望することでしょう。

(失望なさらない方がいれば、その方が、「できている方」なのだと思います。)

そんな私でも、こうして救われたと思い、そして、ほんのすこしずつですが、
どうしようもなくダメであった私が、やはりすこしずつでも、変えられていることを
感じ、さらに感謝しております。

御恩報謝もとぎれてしまう、どこまでもダメな私でありますが、
弥陀の御心は、とても大きく、私を守り、包み込んでくださいます。

南无阿彌陀佛

552 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:17:50 ID:IxRdR2yJ
信心決定てさ

(私の)信心が決定する

(私の)信心を決定する

どっち?主語は何?

553 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:29:07 ID:Xy+CWX75
>>552
講話
http://www.joyus.jp/hikarinowa/movie/02/0071.html

554 :7:2008/09/22(月) 19:56:09 ID:KYkADmAg
>>552
 阿弥陀仏が 私の 信心を 決定する と読むことも出来るのではないかと、思います。

 『聖人一流の御勧化のをもむきは信心をもて本とせられ候 そのゆへはもろ〜の雑行をなけすてゝ一心に弥陀に帰命すれは

 不可思議の願力として仏のかたより往生は治定せしめたまふ 

 そのくらゐを一念発起入正定之聚とも釈し そのうへの称名念仏は如来わか往生をさためたまひし
  御恩報尽の念仏とこゝろうへきなり あなかしこ〜』(御文章)

>>298
 個人個人の機に向かえば、ナンじゃこりゃ!としか思えないのが人の有様ですが、
 いつでも南无阿彌陀佛と御恩報謝させていただけることが、とても有り難いです。
 南无阿彌陀佛


555 :うどん:2008/09/22(月) 20:28:04 ID:KTCgKIFi
信心決定とは関係ないですが

このところ、毎朝ウォークマンで『往生礼讃偈』を聴きながら仕込みをしています。
いいですねえ。
旋律といいご文といい、心に染みわたりますねえ。
松虫鈴虫の気持ちもわかるなあ。
なんかウルウルしてきますもんね。
・・仏法に年齢は関係ないけれど・・・やっぱ歳なのかなあ。

556 :渡海 難:2008/09/24(水) 12:56:34 ID:8Lpfb594
ブログ親鸞仏教 更新しました。   www.しんらん.jp/



557 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 16:05:17 ID:NeXJlw7y
ようつべかニコ動でみれる鬱系のオススメアニメを教えなさい!キモオタ共

370 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)