5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教@質問箱192

1 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 10:43:35 ID:7l5EFwlx
初心者・他教信者・非信者たちの、質問部屋・議論部屋です


2 :神の愛の証言者 ◆IHSXPiND6Q :2008/07/06(日) 13:01:52 ID:UomALMSH
>>3
2GETについてどう思うか答えてください

3 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/06(日) 13:22:37 ID:YScSJxsD
>>1
やたらと乱立させないでよ

次は、
キリスト教@質問箱 183
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213704107/

4 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 13:32:03 ID:7l5EFwlx
あげ

5 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 13:51:45 ID:Ta5k/BzD
>>2
神の愛の証言者さん
1は神で
2は健康で
3は黒い水に赤が入って茶色って。

夜中、牧師に火をつけられて燃やされてる幻見たり、山の方で宣教師姿の人が移動してるのが見えたりしてるのは、病院行きですかね、やっぱり。
うーん。


6 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 14:36:16 ID:7l5EFwlx
ゆっくり、のんびり、静かに生きましょう 

7 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 14:49:50 ID:7l5EFwlx
ユダヤ教はモーセから始まり、キリスト教はイエスから始まり、
イスラム教はアブラハムに始まる。
もっとも古い起源を持つのはイスラム教らしい。

8 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 14:50:55 ID:LzZLykVx
質問です。ジョセフ・マーフィー(アメリカ人で牧師)の『マーフィーの法則』についてです。       
『潜在意識を活用して、なりたい自分になる』という内容ですが、無限の宇宙のエネルギーとか無限の潜在意識の力とか無限の英知とかいう言葉が出てくるのですが、これはイコール天地を創造された神様と捉えて良い(正解)でしょうか?

9 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 14:58:58 ID:7l5EFwlx
>>8
神ではなくて、魂(命の息、神の息)の力ではないでしょうか。
自閉症の方で驚異的な能力を発揮する人がいますが、
このことが証明するように、
魂には想像を絶する能力が隠されているように思われます。


10 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:10:57 ID:7l5EFwlx
英知、情報ということに関しては、
エドガーケーシーのアカシックレコードではないでしょうか。

11 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:28:38 ID:ABI3DdSS
あの、>>3を見て頂きたいのです。
前スレ(191)の最後で少々混乱があったようで、新しいスレの流れが
二つできてしまったようです。
まだ消費していないスレ(183)があるようなので、そちらから埋めよう
とのことです。

みなさんのご協力をお願いします。


ここをクリック→ >>3


12 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:48:28 ID:7l5EFwlx
キリスト教@質問箱の前スレは191
183などという数字はどこからでてきたのですか。幽霊スレ?

13 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:49:54 ID:Ta5k/BzD
ゴールドの輪

14 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 15:53:38 ID:7l5EFwlx
しばらく宮崎希美はスルーする

15 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 16:15:38 ID:7l5EFwlx
聖書には、アブラハムの、イサク奉献の話がある。
しかしクアルーンは、イサクではなく、イシュマエルの奉献話である。
その舞台になるのが、メッカのカーバ神殿近くである。


16 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 16:37:38 ID:ABI3DdSS
確かにこっちのスレ主の言うように191の次は192。
後々の混乱を避ける意味でもこっちをつかう方がいいかもしらんが
183が余っていることも事実。うーん・・・、
・・・
・・・


俺に決定権はないんでスレ主同士で話し合うなりして決めてくれ。


17 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 17:14:34 ID:7l5EFwlx
183の幽霊スレの、スレ趣旨を確認してくれ。
おもに質問スレであり、話が議論に展開することを嫌がっている。
これは今までのスレとは流れが異なっている。
 
このスレは、質問から議論に展開しても、だれも排除されない。
また、キリスト教に関し、はばひろく論じ、キリスト教の新展開を目指す。

18 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 17:26:34 ID:7l5EFwlx
このスレの住民であるご隠居、その他の常連も、
183のスレ趣旨から、きれいに排除されてしまうではないか。
 
183は幽霊スレとして扱いましょう。
相談も何も、そんな排除スレを、認めるわけにはいかないでしょう。

19 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/06(日) 17:46:27 ID:25YhWm5a
隠居 自演乙wwww

20 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 17:50:15 ID:7l5EFwlx
>>19
ご隠居じゃないんだけど、183という数字も変だなと思わない?
イヤミだよね。だれかのイタズラだと思うのだが・・・

21 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:00:20 ID:gOilp/ek
>>2
いつも2ゲットしている人はニートだと思います

22 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:07:36 ID:7l5EFwlx
ロリポップという、ロボコップのような人かな

23 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:19:46 ID:7l5EFwlx
>>21
ネットに張り付いているのだろうね。ネットの背後霊とか?

24 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:34:08 ID:tcpQy7lw
>>20
数字はともかく、質問箱はもともと議論する場ではないんだがな。
183の主旨が正しい。
議論になるならスレを立てるか談話室へ池だったが、
ココモが「わははは」と荒し回ったおかげでアンチが沸いて来て
質問箱が機能しなくなって久しいんだがな。


25 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:48:56 ID:7l5EFwlx
>>24
質問が議論に発展することもある。
183は、イヤミなスレであり、言い訳のできない番号だね。

26 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 18:55:54 ID:7l5EFwlx
>>24 
正しいとか正しくないとか、あなたの主観で区別するな。
偉そうに言うのだったら、正と不正との
あなたの定義を示しなさい。

27 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 19:02:52 ID:7l5EFwlx
>>24
あなたはだれ? サンチャゴさん?

28 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 19:08:13 ID:7l5EFwlx
>>24
サンチャゴさんでなければ暇人さんか?
機能しなくなった? ずいぶん失礼なことを言うじゃないか。

29 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 19:16:12 ID:7l5EFwlx
だれだか知らないけど、183という、イヤミなスレを作ったことを、
どうか悔い改めてください。バチがあたりますよ。

30 :百人隊長:2008/07/06(日) 19:26:21 ID:7l5EFwlx
ときどき、このスレから出て行け、という発言を目にするのだね。
でも、誠意があるなら、だれもがそれなりの発言ができる、
そういうスレもあっていいじゃないかね。
そう思うのだよね。違うか?

31 :百人隊長:2008/07/06(日) 19:39:16 ID:7l5EFwlx
みんな、スジを通そうね。それが信仰だ。


32 :百人隊長:2008/07/06(日) 19:50:27 ID:7l5EFwlx
>>24
だれなんだろう、この人? もう少し話しましょうよ。

33 :百人隊長:2008/07/06(日) 19:57:46 ID:7l5EFwlx
暇人さんだったら笑っちゃうな。尊敬していたのに、がっかりだな。
サンチャゴじゃないよなあー

34 :百人隊長:2008/07/06(日) 20:32:30 ID:7l5EFwlx
アブラハムのイサク奉献、イスラム教ではイシュマエル奉献だけど、
イスラム教は、アブラハムが<いけにえ>について、
イシュマエルに聞いているところがキリスト教と違う。
イスラム教は本人に聞いている。


35 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 20:49:11 ID:7l5EFwlx
<いけにえ>にされてもいいのかどうか、本人に聞くところがいいね
イスラム教徒じゃないけど、本人に左右されるのは、キリスト教よりいいな。

36 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 20:56:28 ID:tcpQy7lw
>>32
暇人でもサンチャゴでもない。
過去から質問箱を見て来たからその事実をいったまで。

このスレの主旨は
>>1
となっているから、その通りにやればいいだけ。


37 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 21:19:10 ID:7l5EFwlx
>>36
そうか、それならいい。でも暇人やサンチャゴも歓迎なんだけどな。


38 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/06(日) 21:29:08 ID:FsmnZ008
>34
>イスラム教は、アブラハムが<いけにえ>について、
>イシュマエルに聞いているところがキリスト教と違う。
>イスラム教は本人に聞いている。
キリスト教ではなくて、ユダヤ教だべ...
キリスト教とユダヤ教の決定的な違いは、創世記のイサク献上は
アブラハムが粛々と何の疑いもなく神の命令に従ってる所だよ

それが、キリスト教では、イサクを献上するについて
アブラハムが散々思い悩んだ事になってる。
挙句の果てがヘブライ書簡の様に、イサクは返してもらえると
アブラハムは考えたと勝手な解釈をしてるところだw...
自分達の都合のいい様にアレンジしてるんだw...神がそんな
事を考えたかどうか全く判らないのにね


39 :百人隊長:2008/07/06(日) 22:27:28 ID:7l5EFwlx
>>38
クルアーンの37章に、
「これわが子よ、お前を屠ろうとしているところを夢に見た。お前どう思うか」と
あれが言うと、「父さん、どうかご命令通りなさって下さい。アッラーの御心なら、
僕しっかりしてみせますよ」と答えた。・・・とある。
 
創世記には、アブラハムが子供の意思を確認するという記述は見られない。
子供の意思を確認したところは、クルアーンに一日の長あり。

40 :百人隊長:2008/07/06(日) 22:51:20 ID:7l5EFwlx
いまクルアーンを眺めているのだけど、
歌うように読むと読みやすいのかもしれないですね(~ ~;

41 :智子:2008/07/06(日) 22:52:51 ID:DOcqS3EV
>>40、オナニ気分だな

42 :百人隊長:2008/07/06(日) 23:05:32 ID:7l5EFwlx
智ちゃんかあ。実際に読んでみたらわかる。
クアルーンを読むのは、砂漠を旅するようなものなのだ。

43 :神も仏も名無しさん:2008/07/06(日) 23:19:16 ID:3f/QT97+
阿刀田高の「コーランを知っていますか」ってのにも載ってた。>歌

44 :百人隊長:2008/07/06(日) 23:59:49 ID:7l5EFwlx
その本は知らないのですが、歌わないと読んでいられないということには
100%同意しますね

45 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 00:07:29 ID:kjB8Illy
歌で覚えるんだな?

46 :百人隊長:2008/07/07(月) 00:14:16 ID:eBWjqNFu
覚えることもあるのだろうけど、
そのまま読むと眠くなるから、歌うように読むのかな

47 :百人隊長:2008/07/07(月) 00:20:47 ID:eBWjqNFu
覚えなくてもいいwww

48 :◆82SSORBSMo :2008/07/07(月) 01:59:40 ID:3TbdgZQM
   ____
  Y/ニニ|>o<|\     
 / //\___\    
 |/ /  === |  ̄
 |  /   ・  ・ |
 \(6   (_λ_)\          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /   _ ||||||| _|        ロザリオを唱えると
  |(( \□ ̄□/|        金縛りになるのだ!
  \   ̄ ̄ ̄ ノ   。。   \______
 / ̄ ̄\ /  ̄ ̄ ̄ ̄。|了
/       |:  | ̄ ̄ ̄。。
|  |______|     。
|  | | | | | | |     †


49 :百人隊長:2008/07/07(月) 12:26:54 ID:eBWjqNFu
トルコの政情が緊迫している。
イスラムを重視するAKPが政権を握っているが、今月に入り、
世俗主義派の元軍幹部・報道関係者ら20人以上をクーデターの
疑いで拘束したという。

50 :百人隊長:2008/07/07(月) 18:59:05 ID:eBWjqNFu
統合失調は何となくわかるけど、うつ病はどんな精神状態なのだろうか?


51 :哲氏:2008/07/07(月) 19:04:52 ID:f7kCnHZn
うつ病患者の自殺率
全体の16%じゃろ。

そういった傾向に向いちゃうようだ。

52 :百人隊長:2008/07/07(月) 19:17:38 ID:eBWjqNFu
気が滅入る、生きている張り合いがない、死にたくなる・・・など、
暗い気分が連続しているのだろうか。
どうして気分転換できないのだろうか。脳における物質的な異常、
たとえばドーパミンの減少が関与した病気ということなのだろうか。

53 :百人隊長:2008/07/07(月) 19:44:44 ID:eBWjqNFu
うつ・・・重く暗いものが、どん帳のように垂れ込めている。
症状としては、やはり統合失調と違うかもしれない。
 
いまはどちらも投薬治療の対象として扱われているけど、
ほんの少し前までは宗教が担当していた領域だよね。
宗教には、かれらを癒す力があるのだろうか。

54 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:00:13 ID:eBWjqNFu
うつの人に「がんばれ」は禁句らしい。
しかしネットならいいだろう。うつの人は「がんばれ」「とことん粘れ」

うつの人は、どこか考え方が、悪いツボにはまっているような気がする。
何でも悪く解釈するような、そんな傾向はないか?

55 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/07(月) 20:00:41 ID:FmMZ9Lce
>>53
>ほんの少し前までは宗教が担当していた領域だよね。
>宗教には、かれらを癒す力があるのだろうか。
宗教の場合、ホンマに治癒したものもあるのだろうが
ニセモノも横行してて、その判別が難しい...科学
ではないので、治療効果や因果関係がよく判らないし
費用もまばら...さらに入信を求められたら敵わない




56 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:06:31 ID:4fcriA7m
イエスの名前で神様に祈ってたら重い気持ちが吹き飛ぶぜ。

57 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:11:24 ID:eBWjqNFu
>>55
たしかに入信を求められたら困りますね。
 
しかしホンマに治癒したものもある、というところに、
宗教の希望がある、ような気もしないではない。
信仰、希望、愛は、パウロの言葉だが、精神科医のライバルは宗教である、
という精神科医の発言をかって読んだことがある。

58 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:15:31 ID:eBWjqNFu
>>56
理屈は別にして、なんか、そんなものがあるのだよね

59 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:16:46 ID:4fcriA7m
>>58
ああ。理屈はわからんがな。

60 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:26:47 ID:eBWjqNFu
ナチスの収容所で絶望的な経験をしたユダヤ人のフランクルは、
それでも生きつづけたのは「希望」があったからだと言う。
これを逆に言えば、「希望」を失った状態が「うつ」なのだろうか?

61 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 20:36:02 ID:WWkOZfkZ
>>56
>イエスの名前で神様に祈ってたら重い気持ちが吹き飛ぶぜ。

イエスで病気が治るどころか、イエス自身が典型的な統合失調症患者。
それに、躁鬱症状も伴っている。

一般に、終末論は、「世界没落体験」という、統合失調症の典型的症状の
一つ。理由のない罪悪感や自責感は、うつ状態の、宗教的高揚感は、躁状態の、
それぞれ症状である。

イエスで病気が治ったように思うのは、精神病者が精神病院に入院して、他の
患者に接すると、抵抗感がなくなるのと同じ。

イエスで病気が治ったといくら思っても、精神医学的には、却って悪化している。
イエスから離れて、精神科による治療をうけることが、絶対に必要である。

キリスト教とは、イエスの精神病の集団的一大感染であることを、忘れてはなら
ない。精神病は、他の精神病者への接触という環境的要因によっても発症する。
これを、精神医学では「感応精神病」「二人組精神病(folie a deux)」と呼ぶ。

宗教者の「神懸り、啓示、神秘体験」等は、「憑依現象」「祈祷精神病」と呼
ばれ精神医学にによる治療の対象となる。

現代では、精神病とは、脳内神経伝達物質の異常という、「身体の病気」で
あることが解明され、多数の治療薬が開発・使用されて、効果を上げている。

62 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:39:37 ID:eBWjqNFu
ご隠居、乙。
ご隠居が登場すれば、このスレはホンモノですね。

63 :百人隊長:2008/07/07(月) 20:52:27 ID:eBWjqNFu
ご隠居によって、このスレに魂が入ったように思う。
こたこたして何だかなあ、と思っていたけど、ようやく軌道にのったかも。
統合失調、うつの躁鬱、それぞれの特徴を区別するところはさすが。 


64 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/07(月) 20:58:43 ID:FmMZ9Lce
>>56
>イエスの名前で神様に祈ってたら重い気持ちが吹き飛ぶぜ。
それは、精神障害の問題ではないべ...



65 :百人隊長:2008/07/07(月) 21:28:12 ID:eBWjqNFu
>>64
重い気持ちが、本人も気がつかないうちに、病気へと進行していく
のかもしれない。人間関係、経済的問題、生活苦、失敗などが背景にある。
健康と病気の境界はなく、右から左へと量的に滑っていく。

66 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 21:48:23 ID:+J+shFMr
>>61
こいつはキチガイだからほっておくとして、
>>64
お前、人の話にケチつけるの大好きだな。
むかつく野郎だ。

67 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 22:25:30 ID:5j9HstuH
>>57
医学的に、向精神薬等で脳内物質の分泌を制御したりして、
抑鬱・抑躁・抗不安・不眠緩和などを図ったりする対症療法も
もちろん大事で、症状を和らげるのに有効な手段。

ただし、根本的な病因たる、苦しみや悩みが癒されるのは、
やはり信仰・・・と思う。

68 :百人隊長:2008/07/07(月) 22:34:25 ID:eBWjqNFu
うつと統合失調は、同じ幹から生まれ、あるところで枝分かれする。
統合失調は死のうと思っていない。生をあきらめていない。
これに対して、うつは、生きることが嫌になっている。
このふたつはどこかちがうのだよね。何だろう?

69 :百人隊長:2008/07/07(月) 23:00:00 ID:eBWjqNFu
>>67
生活上のストレス(物質) → 気分の沈みこみ(精神)→ 
ドーパミンの不活性化(物質) → うつ病
 
こういった因果関係、物質→精神、精神→物質、という流れがあり、
これを活用したものが信仰とか対症療法でしょうね。
 
対症療法は、物質(薬)→ドーパミンの活性化→精神の健全化
信仰は、信仰→精神の健全化→ドーパミンの活性化

70 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 23:00:00 ID:/+sGH6f9
インキョもイエスによって精神病にかかったらしい、実体験なんだろうな、
執拗に繰り返す所をみると、

71 :百人隊長:2008/07/07(月) 23:19:05 ID:eBWjqNFu
うつと統合失調の違いは、人間の存在の仕方に関係している?
  
ある人は = 自己意識(わたし) + 価値判断(善悪)
  
自己意識・・・うつ病はここに関係している。自分の価値がなくなる。 
価値判断・・・統合失調はここに関係している。区別・善悪概念の崩壊。

72 :百人隊長:2008/07/07(月) 23:43:56 ID:eBWjqNFu
うつは、わたしという自己意識に関係していて、
わたしという価値が否定されている、という思いに、
拘束されている状態である。
だとすれば、うつの解決方法がないわけではない。
 
自分の価値は、自分だけでは決まらずに、他者との関係で決まる。
そして、他者に否定されているのだから、
残された方法は<神>に認めてもらう以外にない。
こういう流れだから、うつの薬は<信仰>ということになる。

73 :百人隊長:2008/07/07(月) 23:57:26 ID:eBWjqNFu
うつも統合失調も、信仰によって癒されるとしたら、
人間は最初から、信仰するように造られている、と考えたほうがいい。
たぶん、信仰しないから具合が悪くなるのだ。
・・・どうですかね。まともな考えのように思うのですが。

74 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 00:19:12 ID:ko4lyv7B
>>66
>こいつはキチガイだからほっておくとして

「真正のキチガイ」であるイエスは、何故ほっとけないのかねw。それこそ
キチガイなのでは。

イエスには、最新の精神医学が記述する症状が、すべて当てはまるのだが。

75 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 00:30:37 ID:ko4lyv7B
>>73
宗教団体によっては、精神病者を拒否するところもある。さらに悪化する
危険性があることを知っているからである。

精神病は、「身体の病気」であることが、ほぼ立証されているのだから、
病気のことは、厳密な検証に基づく医学にまかせるべき。さもなければ、
医師法違反になるし、若し悪化したら、巨額の損害賠償を請求されるぞ。

感応精神病の恐怖を忘れてはならない。精神病者には接触しないことだ。

76 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 00:38:47 ID:FxEc6osC
インキョ何ばっくれてんだ、あぁ!?

>釈迦は弟子が師を越えることの大切さを説いた

 説いてねーよ。

>仏教学者が解説書で言っている

学者は釈迦じゃねーよ。

お前スッタニパータかダンマパダ読んだことあんのか?
いくらイエス批判のためだからつって
適当言ってんじゃねーぞ!

77 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 00:55:22 ID:ko4lyv7B
このスレではそうでもないがw、他のクリスレに行ってみろ。「神様、イエス様」
と、完全な狂乱状態ではないか。他者との係わり合いにおける日常生活において、支障
と困難が生じていることは明らかである。まず、肝心の家庭生活が破壊される。

精神病とは、「現実との接触の喪失(loss of contact with reality)と定義
される。

人間を初めとするすべての生物は、現実に100%依存し、それと対応しない
限り、絶対に生存できないように、プログラムされている。創造とは、「現実
界。全存在」であることを忘れてはならない。人間が、生存の基盤としての現
実界を忘れて、観念や空想に浸ることが、旧約のいう「原罪」の意味なのである。

イエスは、現実界について、一体何を教えたのかね。すべて「観念と空想」と
いう「現実との接触の喪失」、即ち、「原罪」「狂気」だけではないか。

ちなみに、現実界とは、「(必要な場合には観測装置を使用して)五感で知覚
できる世界。但し、知覚された人間の身体から生じる自然の感情、本能を含む」
と定義される。

78 :百人隊長:2008/07/08(火) 00:59:14 ID:AqeB2Xlk
>>75
宗教の開祖、教祖は、うつや統合失調の傾向があるのは確かでしょう。
かれらは、信仰によって立ち直ったのかもしれません。
医師法違反に関しては、宗教は治療が目的ではないので該当しないでしょう。
それから、快方に向かう過程で、一時増悪する可能性はあります。

79 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 01:03:51 ID:ko4lyv7B
>>76
経典に精通した仏教学者が、経典のその言葉を引用している以上、経典にその
言葉が存在するというのは、適当なことを言ってるのでは決してない。

それとも、仏教学者が、経典の言葉をでっち上げた、捏造した、とでも?

捏造やでっち上げは、なりふり構わぬ「イエスの正当化」のための、クリスチ
ャンの「お得意芸」w。

80 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/08(火) 01:07:54 ID:WUfeLYQ6
>>76
自分で探せば良いだろが、経典読んでるんだったら、それに近い
物は幾らでも見つかる筈だべ

81 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 01:10:30 ID:ko4lyv7B
>>78
そいうよりも、創唱宗教とは、開祖、教祖の精神障害の「結果」でしょう。
例外は皆無だと思われます。最古の創唱宗教といわれるゾロアスター教の
開祖も、大麻の常用者であったと言われています。

82 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 01:12:30 ID:ko4lyv7B
>>81の訂正
×そいうよりも
○というよりも

83 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/08(火) 01:15:13 ID:WUfeLYQ6
ここに仏教の経典をコピーして、それの解釈文を出しても
良いと思いますよ

無色無受想業識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界
の解釈をどなたかお願いできませんでしょうか

84 :百人隊長:2008/07/08(火) 01:25:50 ID:AqeB2Xlk
>>81
うつと統合失調について考えていたら、
宗教は人間にとって本質的なもの、という気がしてきました。
 
多くの宗教で、大麻などの薬物が利用されたのは事実でしょうね。
実際に体験するのと、言葉を信仰するのとは大差があります。
体験がないと、偶像崇拝に落ち込んで行くようです。オチ

85 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/08(火) 01:37:14 ID:WUfeLYQ6
>>84
>実際に体験するのと、言葉を信仰するのとは大差があります。
>体験がないと、偶像崇拝に落ち込んで行くようです。オチ
その体験とやらが、大概は興行師が創作したものなんだべ...
殆どの信者が興行師のトリックに嵌ってるんだよ

86 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/08(火) 01:46:02 ID:WUfeLYQ6
>>84
何処かの宗教屋の胡散臭い興行よりも、阪神教団が9回の表の
2アウトから3点差を引っくり返して4点取った事の方が
ハルカに奇跡なんだよ...こっちは別に作り話でも物語でも
嘘っぱちでもないんだから...多くの人の前で起こった事実なんだから

87 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 02:11:00 ID:FxEc6osC
あーもう、わかんねー人だな。

スッタニパータやダンマパダという原始仏典以外のほとんどの
経典はゴータマ(釈迦の本名)の死後数百年も
たってからつくられたものなんだよ。
大乗と呼ばれるものの中には千年以上たってつくられた
ものもある。

なのにそれぞれの経典の著者が、自分勝手に仏陀の名を騙り、
如来や菩薩が語ったと言って自ら「仏教」を名乗ってんの!
その内容も当然バラバラ。
完全に歪曲されたデタラメなものが仏教として浸透したんだよ。
このへんはキリスト教も同じだろーよ。

>>83
それも紀元後につくられた膨大な経典の中のひとつ。
だから何でそれがゴータマが言ったことになるんだよ。
ならねーだろ?
これでもまだわかんねーか。
それはもう仏教(仏陀の教え)とは呼べねー代物だ。


88 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 02:49:28 ID:yvTPpoml


89 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 02:50:33 ID:FxEc6osC
浄土宗、浄土真宗(ナンマンダブ)なんてのは、阿弥陀如来様なる
架空の神(仏)にすがりさえすれば、誰でも死後極楽浄土に往生
できるとする根拠不明意味不明な現世否定のくだらねー
まやかしであって、これはイエスを信仰すれば救われるとする
キリスト教とその本質は全く同じ。

日蓮宗(ナンミョーホーレンゲキョー)も、日蓮大聖人様と
法華経が万能の救いということで、これもイエスと聖書のみが
唯一絶対の救いとするキリスト教とまるで同じ。

創価に至ってはただの池田大作マンセー集団であって、
その悪質さは恫喝プロテや統一と同類のクソカルト。

だから仏教と名の付くものは全て善で、イエスの影響受けたものは
全部悪だというインキョの主張はおかしいんだよ!

そんなものは見解の相違だって言われるだけなのはわかってる。
確かに俺はおかしいかもしれんが、これだけは忘れるな、
奴はもっとおかしい。


90 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 03:31:50 ID:0QUM30zp
出会い系で知り合った女の子が創価学会の人でした。今日からユニバーサリストになっても良いですか?

91 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 06:42:56 ID:+Xfmz/+N
>>74
お前ケンカ売ってんの?
いや、ケンカ売られても全然問題ないけどな。全部買い取って7の70倍にしてお前に売り付けてやるよ。
というより俺の書き込みに関係ない内容を俺のレス番にアンカー付けて書き込むなよキチガイ。
気持ち悪いんだよ。

92 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 07:35:44 ID:FxEc6osC
>>79
学者がそう言ってんだから正しいはずだ、お前はそれに逆らうのか、
ってそんな水戸黄門のインロウみたいので誰でもひれ伏すと思ったら
大間違いだぞ。

それがどこの何ていう学者か、名前なり著作なり示すのが
スジってもんだろ。



93 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 07:58:39 ID:FxEc6osC
インキョよ、
>釈迦の偉大さはその「空の思想」により、その後の膨大な
 大乗仏教の体系の展開を可能にしたことである

そもそもお前や仏陀や仏教学者の言う「空」って何だよ。
お前ホントにその意味わかってんのか?

その「空」とやらが実生活の何の役に立つのか。
それがどのように人を導き、いつ人を幸せにしたのか、
具体例示してみろよ。

俺には「空」なんて絵に描いた餅にしか見えねーんだが、それが
そんなに美味いというんだったら、もったいつけてないで、簡潔に、
非仏教徒の俺たちにもわかるようにその味を説明してみろ。


94 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 08:18:45 ID:FxEc6osC
それと今度は統合失調症というのを理由にイエス批判してる
みたいだが、お前のその態度は精神を病んでる人と、その
家族の人に対して失礼にも程があるぞ。
病気を理由に人を責めるなんて、どういう了見だこの外道!

俺だってイエスは嫌いだがお前のやり方にはどうにも胸くそ悪くて
へ ど が 出 る ぜ。

仏教徒や無神論者は生命を尊重するはずだったよな。
お前の言動はお前自身の欺瞞と空虚さを露呈してるんだが。



95 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 09:02:20 ID:BWLN0MDb
仏陀や仏教学者の言う「空」ってのは、
「空っぽ」何も無い、と云う意味です。
神を認めない論理では宇宙は存在しない「空っぽ」、
迷いの蜃気楼と云う事です。

如何にも、釈迦の論理が高度であるかのごとく捉えられていますが、
真実はデタラメな狂った教えに過ぎないのです。
国王の息子であった為、当時誰も批判できず、おだてられたでした。

私達、義務教育を受けた文明人ですから、
こんな釈迦の狂ったような論理なんて、軽く見抜きましょうよ♪


96 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 09:31:57 ID:BWLN0MDb
>>83
>>無色無受想業識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界

これも釈迦の狂った教えです。
つまり全て「空っぽ」何も無い、と云う意味です。

97 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 09:36:57 ID:BWLN0MDb
つまり、神への信仰心無き者は人生を無意味、無価値とします。
空、死んだら終わり、消滅が人生の意義です。

神のみが人生の目的であって、消滅が目的ではありません。

98 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:01:21 ID:XGcBHRb3
>>83
>無色無受想業識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界
>の解釈をどなたかお願いできませんでしょうか

「色即是空、空即是色」の意味を、説明、敷衍したものだと思います。

「色即是空、空即是色」の意味は、「この世界は、『人間』の目に映じたに
過ぎない世界だから、本当は、存在しないのかも知れない。しかし、この
目に映じた世界こそ、人間が現に生きている、そして生きるべき世界なのだ」
であると解釈します。即ち、大いなる現世の肯定です。「空即是色」によって、
全体が決まっています。優れた「存在論」でもあります。

99 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:13:03 ID:XGcBHRb3
>>94
>それと今度は統合失調症というのを理由にイエス批判してる
>みたいだが、お前のその態度は精神を病んでる人と、その
>家族の人に対して失礼にも程があるぞ。

全く逆。統合失調症も「身体の病気」だから、治療すればよいだけ。人格には
関係ない。脳内神経伝達物質という「物質」が原因である。「生命」がある限
り、すべての人間が「神」である。「神」とは、生命とそれを支える自然で
ある。

100 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:16:43 ID:BWLN0MDb
>>98
不空三蔵も神への信仰が無い為、
チンプンカンなママゴトに過ぎないのです。

釈迦が『優れた「存在論」』なんて、良く云いますよww

101 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:16:46 ID:XGcBHRb3
>>94
イエスを病気だと認めない者は、イエスの人格も否定していることになる。

102 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 10:29:59 ID:XGcBHRb3
>>97
>完全に歪曲されたデタラメなものが仏教として浸透したんだよ。
>このへんはキリスト教も同じだろーよ。

だから、大昔の仏陀やイエスに対する「個人崇拝」や「経典崇拝」が、いかに
無意味なものであるか、ということだ。時代が全く異なる現代人の知識と理性
を以って考えてこそ、初めて意味がある。

103 :銀将:2008/07/08(火) 12:29:03 ID:AqeB2Xlk
>>85
>その体験とやらが、大概は興行師が創作したものなんだべ...
>殆どの信者が興行師のトリックに嵌ってるんだよ
 
多くの信者たちは別にして、 
宗教の開祖たちには、神秘体験をしたのだろうと感じさせるものがある。
釈迦、イエス、パウロ、ムハンマド・・・などなど。
パウロは嫌いだけど、パウロが偉大であることは認めざるをえない。

104 :銀将:2008/07/08(火) 12:41:55 ID:AqeB2Xlk
仏教が話題になっているけど、臨済宗の開祖・臨済の
 
「仏に逢うては仏を殺せ。祖に逢うては祖を殺せ。
 羅漢に逢うては羅漢を殺せ。父母に逢うては父母を殺せ。
 親眷に逢うては親眷を殺せ。始めて解脱を得ん」
 
に関係していませんか。釈迦の教えを学んでも、それに拘束される
のではなく、その拘束を離れることの中に解脱があると教えている。
これが、釈迦を超えることが釈迦の教えである、という意味かと思う。
見当はずれならごめん。

105 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 13:08:35 ID:GuCOBzjL
>>97
>神のみが人生の目的であって、消滅が目的ではありません。

人間が、いくら神を空想、思考、信仰してみても、それは、人間の生命の機能
としての観念作用の産物。死ねばすべて不可能になる。従って、人間の生命
は、いかなる神概念にも優先する。

釈迦には、そのことが分かっていたのです。

106 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 15:49:31 ID:BWLN0MDb
>>105
ばぁ〜かぁ・・
神の存在は現代物理で確認されたんだよ。

107 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 15:56:26 ID:0QUM30zp
カンバーランド長老教会って福音派ですか?

108 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 18:28:00 ID:0vGQZxJH
>>101
お前は精神障害者の人格を認めるわけだな?

109 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 18:57:27 ID:vkhOkMH6
神秘体験=薬物中毒

110 :銀将:2008/07/08(火) 18:58:24 ID:AqeB2Xlk
うつのメカニズム → 自己意識(わたし) < 価値判断(善悪)
 
1 人間の存在形式は、自己意識(わたし)+価値判断(善悪) である
2 うつの始まりは、社会の価値判断(善悪)を受け入れることにある
3 その結果、社会の価値判断が、その人の自己意識(わたしの評価)になる
4 挽回できそうにない、あらゆる逆境は、社会の価値判断によれば
  人生の敗北であり、その人の存在意義を根底から失わせる。
5 わたしという存在(自己意識)が限りなくゼロになる。透明になる。
6 うつの特徴は、社会の価値判断が機能しているから、自罰的である
7 うつを治すことの困難さは、かれらが依存している社会の価値判断が、
  単なる洗脳であることを気づかせる難しさにある。
8 たまたま元気になるなら、再び社会の価値判断でやり直しをする
9 薬による治療が再発を繰り返すのはそのためである
0 <信仰>による価値判断の修正、自己意識の修正が必要である

111 :いつ天国行きが決定するんですか?:2008/07/08(火) 19:18:22 ID:4a0AqyWd
>、浄土真宗(ナンマンダブ)なんてのは、阿弥陀如来様なる
架空の神(仏)にすがりさえすれば、誰でも死後極楽浄土に往生
できるとする根拠不明意味不明な現世否定のくだらねー
まやかしであって、


この程度の理解では全然仏教はわからんだろうな。
だいたい浄土真宗は「平生業成」って言って
「生きている間にハッキリ救われる」教えだよ。
全然知識がないひとのようですな。

http://blogs.yahoo.co.jp/ikiruimiwositte/1963124.html

112 :銀将:2008/07/08(火) 19:24:11 ID:AqeB2Xlk
統合失調のメカニズム → 自己意識(わたし) > 価値判断(善悪)
 
1 統合失調の場合は、自己意識の強化で社会のストレスに対抗する
2 あるいは自己愛に逃げこむ。これも自己意識の強化である。
3 社会の善悪(ルール)は無意識の中で否定されている
4 いつも自分を善、正しいとするから、区別や善悪が錯綜する
5 これらを背景として、かれらの混乱や幻覚が湧いてくる
6 統合失調の特徴は、社会の価値判断を否定するから、他罰的である
7 統合失調を治すことの困難さは、かれらの居場所が、
  かれらにとって極めて居心地がいい、ということに原因がある
8 社会のストレスが減れば、かれらの症状は軽くなる
9 しかし再発する。自己愛は居心地がいいから。だから進行性。
0 自己意識を破壊して<再生>しないとダメかもしれない

113 :銀将:2008/07/08(火) 19:31:48 ID:AqeB2Xlk
>>111
浄土教は、極楽を願うナムアミダブツ
浄土真宗は、今救われていることへの。感謝のナムアミダブツ
ということでしょうかね。

114 :銀将:2008/07/08(火) 19:36:05 ID:AqeB2Xlk
113の訂正  
浄土真宗は、今救われていることへの、感謝のナムアミダブツ

115 :銀将:2008/07/08(火) 19:55:01 ID:AqeB2Xlk
うつの人たちは、易行道(念仏、題目、キリスト教)がいいかもしれない。
 
統合失調の人たちは、その歩みがそのまま難行道であり、
悔い改めによる<再生>によって救いがやってくるように思う。
 
わたしがやっていたのは、フロイトなど、心理学の本を読むことだった。
無意識に支配された、自分の欠点に気づかされたように思う。
あきらめないで、粘っこいのがいい。人生の奥は思っている以上に深い。

116 :銀将:2008/07/08(火) 21:12:18 ID:AqeB2Xlk
イエスがうつや統合失調だったかどうかはわからない。
しかし、そういった病気の構造を洞察していたことは確かだろう。
悔い改めと信仰、これが必要なのだと思う。

117 :小さき光:2008/07/08(火) 21:31:50 ID:kum6k6Lw
トマス福音書で、彼らがイエスに言った。”来てください、今日は「祈り」、断食しましょう”。
イエスが言った。”私が犯した罪とは一体何なのか。あるいは、私は何に負けたのか

私が犯した罪とは一体何なのか。あるいは、私は何に負けたのか。。。
イエスは、祈りを拒否します。 なぜ?祈ってはいけないのでしょう?
ここに、「祈る人間」と、「祈りの本質」があります。

正統とされるキリスト教は、「祈りこそ最大の罪」である事危険性を含んでいる事や
「祈る時の人間の心」こそ、「最悪の罪」の危険性を含んでいる事をあまりご存知ありません。

「祈りこそ最大の罪」とは、人に見てもらおうと会堂や大通りの角に立って祈りたがる。
はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。        マタイ6,5
あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、
言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。        マタイ6,7

これだけはっきりと書かれていても、会堂で祈り、教会では、集団で祈られます。

あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられる
あなたの父に祈りなさい。                     マタイ6,6

奥まった「自分の部屋」でも、見てもらおう、見せようと祈ります。誰にでしょう?
自分と神にです。 この危険性をあまりご存知ありません。

自分自身が、「神に懸命に祈る姿と声」を、自分に見聞かせ、自分で納得されるのです。
また、懸命に「御国が来ますように」と祈る私は敬虔な者だ。と納得した「自分」に満足されます。
神に「御国が来ますように」と祈りながら、「自分の必要」とする物を、「心の奥底」で
「願い届けられるように」と知らず知らずに祈ってしまいます。
(そうでない方も、ここには多くいらっしゃるかも知れませんが)
これこそが「最大、最悪の罪」なのです。無私の心で祈らなければ、意味はありません。

それをトマス福音書で、イエスは花婿が 花嫁の部屋から出てくるときには、そのときは
いつでも彼らは断食し、祈るべきである と言われます。

118 :小さき光:2008/07/08(火) 21:33:56 ID:kum6k6Lw
前回、お話させて頂いた、マザーテレサが「自分自身から、開放して下さい」と
祈る前の何十年もの年月、神に祈られました。
しかし主よ、私は思いこんでいました。 私の心が愛に漲っていると。
でも心に手を当ててみて、 本音に気づかされました。
私が愛していたのは、他人ではなく、 「他人の中の自分を愛していた事実に。 」
主よ  「私が自分自身から解放されますように。」

主よ、私は信じ切っていました。 自分が貧しい者であることを。
でも、胸に手を当ててみて、 本音に気づかされました。
実は 「思い上がりと妬みとの心に、 私がふくれあがっていたことを。 」
主よ、 「私が自分自身から解放されますように。 」

マザーテレサは、当然、神に「私の心が愛に漲りますように」と祈った事でしょう。
しかし、晩年気が付きます。私が愛していたのは、他人ではなく、
「他人の中の自分を愛していた事実に。」

また「 自分が貧しい者であることを。 」喜び、神に感謝した事でしょう。
しかし、晩年気が付きます。
「思い上がりと妬みとの心に、 私がふくれあがっていたことを。 」

そしてマザーテレサをして私が自分自身から解放されますように。。。
自分自身から、開放されない限り(無私)、祈りも、神への信仰も
深く意味あるものとは、成り得ないと、思います。

祈りの本質とは、トマス福音書で彼らがイエスに言った。”来てください、
今日は「祈り」、断食しましょう”。イエスが言った。”
私が犯した罪とは一体何なのか。あるいは、私は何に負けたのか
花婿(単独者)が 花嫁(無私の知恵と滅びる事の無い知恵)の部屋から出てくるときには、
そのときはいつでも彼らは断食し、祈るべきである” と言われる通りです。

この祈りも、単独者(根源への到達者)に向けた、単独者への祝福の祈りです。
祈りの本質とは、一般の方から見ると、厳しく理解しがたいものかも知れません。

119 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 21:57:58 ID:GuCOBzjL
>>110
>うつを治すことの困難さは、かれらが依存している社会の価値判断が、
>単なる洗脳であることを気づかせる難しさにある。

「社会の価値判断」が「社会常識」を言うのなら、それは人間が長い長い時間
をかけて築き上げた「共生のための知恵」であり、「洗脳」とは言わない。

一挙手一投足が「社会常識」によって規制されない限り、共生は不可能である。

宗教の価値判断は、その開祖や教祖の精神障害の結果としての「観念過剰」に
より、生存・共生という、人間としての共通の基盤から逸脱したものである。
これを「洗脳」と呼ぶ。

特にキリスト教は、統合失調症や躁うつ病の症状そのもの。

宗教とは、精神病を人為的に発生させる営み。宗教による一時的な自己欺瞞は、
結局は精神病の悪化を招き、人格の崩壊にいたる。

精神病者に宗教を勧めるなど、無責任な発言は慎まれたい。

120 :神も仏も名無しさん:2008/07/08(火) 22:17:19 ID:GuCOBzjL
現在、精神医学で使用されている、宗教由来の治療法は、「内観療法」のみ
である。これは、浄土真宗に一派に伝わる「身調べ」から、「宗教色を一切
除去して」考案されたもの。その原理は、これまでにお世話になった人々の
ことを想起せしめ、心を、自分自身から、他者に移転させることによって、
精神病を治療するものである。

純粋に精神的な苦悩は、自己中心主義から生じる。自己中心から、家族などの
身近な他者に心を移すことにより、苦悩は、軽減され、除去される。自分の心
にのめりこめば、苦悩は一層深まるだけである。

121 :だってインキョは神ですから:2008/07/08(火) 22:19:07 ID:UmD0Myfu
インキョは書き込んだ言葉、思いついた事が真理となる、神の精神病理。

122 :銀将:2008/07/08(火) 22:29:34 ID:AqeB2Xlk
>>119
うつや統合失調は、宗教と無関係な社会からも発生する。
こういう社会では、何が原因で発生するのか。
周囲や社会との間に生じる、ストレスが原因なのではないか。

123 :だってインキョは神ですから:2008/07/08(火) 22:33:04 ID:UmD0Myfu
インキョは全知全能の神ですから、うつや統合失調は、宗教によって起きるらしいですw

124 :銀将:2008/07/08(火) 22:40:50 ID:AqeB2Xlk
>>120
内観療法については聞いたことがある。
紹介してくれた内容を読んでも、効果があるだろうと思う。
この方法は、どちらかといえば、統合失調タイプに向いているかも。
うつタイプは、よけい落ち込むかもしれない。

125 :銀将:2008/07/08(火) 23:06:16 ID:AqeB2Xlk
>>119
宗教が精神病を発生させるとか、悪化させるとか言っているけど、
そういった主張の因果関係を簡単に論じるべきでしょう。
そうでないと根拠・理由のない主張にすぎない。
 
社会常識については、その場所、その国によっていろいろであり、
利己的なものから、利他的なものまではばがある。
利己的な社会ではストレスも大きく、その社会常識が妥当かどうか疑問。
社会常識は共同体による明らかな洗脳でしょう。

126 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/08(火) 23:10:54 ID:WUfeLYQ6
>>118
トマス104節(自分のwebから)  
彼らが彼に言った。”来てください、今日は祈り、断食しましょう”。
イエスが言った。”私が犯した罪とは一体何なのか。あるいは、私は
何に負けたのか。
しかし、花婿が花嫁の部屋から出てくるときには、そのときはいつでも
彼らは断食し、祈るべきである”

トマスにその様な意味があるかどうか不明だが、ピリフォ福音書では
「花嫁の部屋」(ニユンフォーン)は分離した男女が覚知(グノーシス)
によって結ばれる「聖なる婚姻」として、最高の祭儀的行為として
位置づけられている。
世俗的「祈り」や「断食」を皮肉ってるんだと思う。



127 :銀将:2008/07/08(火) 23:34:53 ID:AqeB2Xlk
>>110 >>112  うつ、統合失調のメカニズムについて訂正
 
わたしという存在(自己意識)が限りなくゼロになる。透明になる。
 → うつではなく、統合失調の特徴ですね。
 
うつの場合は、愛する人を亡くしたときの、喪失感のようなものですかね。
心の中に、どうすることもできない、暗い、空虚な感覚がある。欠落。

128 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 00:29:13 ID:APQMgvs/
>>125
>宗教が精神病を発生させるとか、悪化させるとか言っているけど、
>そういった主張の因果関係を簡単に論じるべきでしょう。
>そうでないと根拠・理由のない主張にすぎない。

精神医学を勉強しなさい。宗教行為そのものが、「祈祷精神病」「憑依現象」
「宗教妄想(私は神の子だ、などということ)」、「感応精神病(宗教関連が、
圧倒的に多い)」は、精神表の一種として、ちゃんと認められている。

精神医学者は、「妄想と宗教的信念とを、実質的に区別することは不可能」と
言っている。

129 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 00:32:12 ID:APQMgvs/
>>128の訂正
×精神表
○精神病

130 :銀将:2008/07/09(水) 00:41:41 ID:kjkdymQc
>>128
いくら精神医学者でも、根拠・理由も示さないで
宗教を精神病だと主張したら傲慢であり、学者として失格であり、
その主張こそ妄想ではないですか?

131 :小さき光:2008/07/09(水) 00:42:51 ID:vdtIVX35
>>126
>トマスにその様な意味があるかどうか不明だが、ピリフォ福音書では
>「花嫁の部屋」(ニユンフォーン)は分離した男女が覚知(グノーシス)
>によって結ばれる「聖なる婚姻」として、最高の祭儀的行為として
>位置づけられている

オクシリンコスパピルスのトマス福音書の断片が語る簡潔さを考えると、
婚礼の部屋の部分も、少し年代が経ってからの、加筆の可能性も考えられます。
ただ、同様な意味は、持たせていると思います。

祈りに関しては、トマス福音書で、全体を通して言わんとする事を解釈した上で
罪を犯さざる単独者が贖罪の祈りを必要とせず、己に負ける事の無い単独者が
罪を犯すはずも無いとする立場から読めば、祈りとは、世俗の贖罪の祈りであり
死者の安息も、根源の開示と到来も行なわれているこの時をして、人々が
「その事に気ずいていない事」が、唯一の愁うべき問題であります。

単独者が、婚礼の秘儀を成就する事は、その唯一の憂いが、祝福に変わる時であり
だからこそ、成就の祝福を単独者に向けて祈る訳です。
世俗への皮肉も込められているかも知れませんが、きちんとした道も指し示して
いると思います。

132 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 01:29:09 ID:APQMgvs/
>>131
宗教者の「祈り」が、祈られる相手に対しては何の役にも立っていないことは
事実ですね。宗教者の「祈り」とは、相手のためのものではなく、専ら宗教者
自身の「自己満足」のための「エゴの行為」に過ぎないことを、忘れてはなり
ません。それどころか、相手に対しては、「余計なお世話」「有難迷惑」「不
快な行為」でもあり得ます。

133 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 03:35:05 ID:mUVII3XY
>>132
うちの場合は徘徊してた家族が祈りで日常生活送れるようになったぜ。時間はかかったけどな。
で、おまえは精神病者に人格を認めるの?

134 :銀将:2008/07/09(水) 12:05:04 ID:kjkdymQc
あらゆる生き物の中で、神に祈るのは人間しかいない。
精神病は人間であることの証明であり、宗教によってしか正常にならない
と断言してもいいだろう。神を知り、神に祈るのが人間である。


135 :銀将:2008/07/09(水) 12:22:02 ID:kjkdymQc
大きく二種類、うつ的人間と統合失調的人間に分類できる
 
<うつ的人間>
自罰的であり、保守的であり、ルールを守り、きちんとしている。
小さなことにくよくよする。どちらかといえば臆病。
<統合失調的人間>
他罰的であり、革新的であり、ルールを破り、ずぼらなところがある。
鋭さと鈍さが混在し、主観的な自信家であり、夢想家。

136 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 12:30:49 ID:kKjnfgYY
>>134
空想の産物に過ぎない神が実在すると信じ込み、その神のためにお互いに
殺し合う、最も愚かで醜悪な生き物が人間である。その意味で、宗教者は
「犬畜生にも劣る存在」。

宗教は、非現実が現実であるという「妄想」を発生させて、人為的に精神病
を作り出す営み。

137 :銀将:2008/07/09(水) 12:36:16 ID:kjkdymQc
この二種類の人間がここにもそこにも存在している。
そして宗教の開祖は、統合失調的人間であろうと断言できる。
 
ヒマなとき、周囲を見渡して分類(MとS)してみよう。
ご隠居はSタイプかな。

138 :銀将:2008/07/09(水) 12:50:49 ID:kjkdymQc
イエスにしてもムハンマドにしても父親不在。
父親は社会の価値基準=社会常識だから、
父親不在が統合失調的人間の背景にあるかもしれない。

139 :銀将:2008/07/09(水) 12:53:36 ID:kjkdymQc
>>136
宗教による洗脳・妄想もある。否定しません。オチ

140 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 13:08:31 ID:sTHNa1em
質問です。

メル友との
・婚前メールエッチ
・婚前電話エッチ

罪ですか?

141 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/09(水) 13:10:58 ID:BEIpeHCi
>>140
聖書では、メールエッチも電話エッチも、禁止されてない。

142 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 13:18:17 ID:O5uwxQoB
神を知り、神に祈る事が人間の務めかの様に捉えられていますが・・
本来、神の子は神を知り、神に祈る必要の無き存在なのです。

最初から神を知っているし、思考もすべて神と一体だからです。

143 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 13:53:45 ID:kKjnfgYY
>>142
だから「神」という言葉は、不要なのです。「神」という言葉と概念さえ禁止
・廃止すれば、人間間の争いの大半は消滅すると思う。

人間の百人百様の観念の産物に過ぎない「神」に、人間以上の価値を認めよう
とするから、人間同士の争いが生じる。


144 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 15:17:12 ID:paVcvDo+
>>141
近現代ののテクノロジーなんて昔の人間には想像できなかったからな。

145 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:05:08 ID:kKjnfgYY
科学について無知蒙昧だった古代人の妄想から発生した「架空の神」から、
「現実のすべての人間」とその生存を支える「自然」への「パラダイムの大転
換」が、現代の人類の喫緊の課題です。

146 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:13:02 ID:O5uwxQoB
>>143 >>145
神は架空ではありません。
無の無限エネルギーが神の正体です。

自然が生存を支えている訳ではありません。
我らが自然を表現したのです。

「宇宙(自然)は神(神の子、我ら)の表現体である」西田幾多郎


147 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/09(水) 17:16:33 ID:BEIpeHCi
>>144-145
髪の毛の数さえわかる神には、旧約聖書の時代から、今日のケータイやメールの普及は、ご存じだったのよ。
だから聖書に電話エチやメルエチが記されないのは、神は電話やメルならエチぐらいいいだろう、という神の広い心の現れなのよ。

148 ::2008/07/09(水) 17:31:45 ID:O5uwxQoB
>>147
割り切り交際の話をメールで決めようよぅ訂
希美ちゃん・・♪

149 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/09(水) 17:37:19 ID:BEIpeHCi
>>148
じゃあ、郵便局に局留めでメールして。

150 ::2008/07/09(水) 17:40:40 ID:O5uwxQoB
>>149
へぇ〜、、
郵便局に職換えしたのか〜??


151 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/09(水) 17:42:32 ID:BEIpeHCi
>>150
郵便局の局留め、知らないの?

152 ::2008/07/09(水) 17:43:48 ID:O5uwxQoB
>>151
知らんっ・・
郵便局の局留めのアドはぁ??

153 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/09(水) 17:47:01 ID:BEIpeHCi
>>152
東京神田郵便局にでもすれば。

154 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:56:56 ID:uwhwCwkc
無の無限エネルギーってなんだ?
なにも無いエネルギー?
わけがわからんじゃないか。

155 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:59:06 ID:kKjnfgYY
>>146
>神は架空ではありません。
>無の無限エネルギーが神の正体です。

それは「自然」のエネルギーだから、「神」という言葉は不要。

>自然が生存を支えている訳ではありません。
>我らが自然を表現したのです。

そうとも言えるね。自然も人間がその生命の機能により知覚しない限り、存在
するとは言えないのだから。しかし、その「人間が知覚した自然」が、人間の
生存を支えていることは確かである。

>「宇宙(自然)は神(神の子、我ら)の表現体である」西田幾多郎

自然そのものを神とすれば、「神の表現体」などという言葉は不要。その言葉
は、西田がキリスト教に影響された結果である。

156 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 18:10:35 ID:kKjnfgYY
>>155
西田の「絶対矛盾の自己同一」も、一神教的概念。人間や自然が絶対矛盾に
満ちていれば、その「絶対矛盾」自体が真実なのであり、「自己同一」する
必要は、全くないのである。

哲学的には、「自己同一」という概念は、何を「根拠」としているのか。

西田哲学が、哲学ではなく宗教であると批判される所以である。

157 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 18:24:17 ID:O5uwxQoB
>>154
皆さん、、
神の正体をご存知無い様ですので、一度正しく解説したいと思います。

ドップラー効果によって宇宙は膨張しているという膨張宇宙論が確認されました。
宇宙は時間と共に膨張しておりますが、逆から言えば時間を遡(さかのぼ)っていきますと
宇宙は収縮していきます。

時間をどんどん遡(さかのぼ)っていきますと宇宙は収縮していき、
最後には手の平に乗るほどに宇宙は小さくなっていきます。

更に時間を遡り、宇宙誕生時刻ゼロの地点では不思議な世界になっていることが
科学で証明されています。
宇宙誕生時刻ゼロの地点では時間も空間もなく、質量も体積も存在していないにも関わらず、
エネルギーだけが「∞(無限大)」を示しているのです。

何もない世界に一切があり、エネルギーは無限大を示している。
禅の「無一物中無尽蔵」が先端のアインシュタイン方程式から出てきたため、
これが科学者の世界で問題となりました。

科学は無限を嫌うにも関わらず、最先端のアインシュタイン方程式から、
この無限大が出てきたため様々な探求と仮説が出てきました。

この大宇宙誕生時刻ゼロの地点を「特異点」と言います。

実はこの「無の無限エネルギー」こそ神の正体なのです。


158 :銀将:2008/07/09(水) 18:49:14 ID:kjkdymQc
>>157
無といいながら、実際には無ではなく、無限のエネルギーだというなら、
無の無限エネルギーは、言葉として矛盾している。
 
それが神かどうかは別にして、
有の無限エネルギーという表現が正しいと思われる。

159 :銀将:2008/07/09(水) 18:58:24 ID:kjkdymQc
神を無限エネルギーにすることは、神を被造物にすることであり、
いいアイデアとは言い難いと思うのですね。
E=MC2乗は、神が創造した、この世の法則ではないでしょうか。

160 :銀将:2008/07/09(水) 19:03:44 ID:kjkdymQc
>>156
西田哲学がピントはずれなのではなく、
生命とは、絶対矛盾(善悪)が、同時に存在するという自己同一。
なんか、わかりにくくて、すみません。表現しにくい。

161 :銀将:2008/07/09(水) 19:38:19 ID:kjkdymQc
砂漠を旅するような、クアルーンに挑戦しているのだけど、
やはりムハンマドゥは並の人ではないとつくづく思う。
宗教の開祖だけでなく、政治的軍事的な天才であり、アラブの英雄である。
ムハンマドゥの神秘体験はホンモノ。

162 :インキョの裁きは絶対なり!:2008/07/09(水) 19:46:12 ID:n+RfeuAX
155 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 17:59:06 ID:kKjnfgYY=インキョ
インキョが思いついた書き込んだ言葉は全て真理となる、
世界はインキョのお言葉を中心に動いているのじゃ、
インキョのお言葉は世界の原理を構築するのじゃ。

163 :インキョの裁きは絶対なり!:2008/07/09(水) 19:48:32 ID:n+RfeuAX
143 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 13:53:45 ID:kKjnfgYY=インキョ
インキョの偉大なお言葉に従い、服従するのじゃ。
さすれば平和は絶対にやってくるのじゃ。
インキョのお言葉だけが世界を救えるのじゃ。

164 :銀将:2008/07/09(水) 20:10:35 ID:kjkdymQc
>>162 >>163
大王どんか。ご隠居は統合失調タイプであることが判明しつつある。

165 :神も仏も名無しさん:2008/07/09(水) 20:14:39 ID:n+RfeuAX
そのとうりでしょうね、
インキョはイエスによって精神病に罹ったと思っているようですからね、
繰り返している所をみると、実体験なんでしょうね、カルト系キリスト教会の被害者と思われる。

166 :銀将:2008/07/09(水) 21:02:43 ID:kjkdymQc
>>165
やはりそうですか。そんな印象がありますね。
でもまあ、ある意味、大多数の人間が洗脳被害を受けているのだから、
みんな、同じようなものですかね。
学校、テレビ、新聞、雑誌 → 情報の道具でもあり、洗脳の道具でもある

167 :銀将:2008/07/09(水) 22:07:01 ID:kjkdymQc
クルアーンを読んでいると、英雄ムハンマドゥの思いが伝わってくる。
聖徳太子の頃の人だけど、それを思えば、やはりすごい人だと思う。
自分が孤児だったから、孤児にえらくやさしいのだよね。


168 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 00:09:04 ID:CWJOd8o1
>>161
>ムハンマドゥの神秘体験はホンモノ。

ホンモノの神秘体験って何?すべて、幻覚、妄想、変性意識という、精神医学的
現象。

彼は、中年期に発病し、長年の山篭りでの瞑想によって、そのような精神障害が
生じたのだろう。

禅病も、祈祷精神病の一種である。

169 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 00:36:14 ID:UGyEauAI
>>161
>ムハンマドゥの神秘体験はホンモノ。
どうもピンと来ない...こういうのって、基本的には
どの章の何節から何節がどうであると言う説明だと思うん
だけど...コーランの大部分は、何処からかのパクリだと
思うw...神秘体験と言っても、大部分は物語だよ
仔細にムハンマド(あるいはそれ以降の人)の主張があると
考えた方が...

170 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 00:42:36 ID:UGyEauAI
>>161
>ムハンマドゥの神秘体験はホンモノ。
イエスの人生は「喜劇そのもの」と言っても通じるだろうし
パウロの「神秘体験はホンモノ」と言っても通じるだろうし
仏陀の「言葉は現代の哲学者よりも理論的だ」と言っても通じるよ

要するに宣伝文句なんだべ...

171 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 08:38:11 ID:Ros43PI9
真面目な質問です。
男と女を創造した神様はすばらしいと思います。
天国での性の営みはあるのでしょうか?
とても気になります。

172 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 10:56:32 ID:G0wZZcm3
>>171
自爆テロリストの質問みたいですね。

天国も地獄も、「空想上の場所」です。人間が死ねば、感覚器官、思考器官、
その他人間の機能はすべて消滅しますから、そもそも天国の認識もできないし、
生殖器も灰になり消滅しますから、性の営みなど出来ません。死ねば、「すべ
ては無」です。

空想を現実と間違えないでください。

173 :百人隊長:2008/07/10(木) 12:43:31 ID:ER0upa9C
>>45 :神も仏も名無しさん:2008/07/07(月) 00:07:29 ID:kjB8Illy
歌で覚えるんだな?
 
ネットの文章は、何を言いたいのか、正確に理解するのがなかなか難しい。
この質問を、歌うように読むのは、覚えるという目的のためなのだろうか、
という意味に受け取った。答え方は二通りあったように思う。
1 信者でない日本人なら、クルアーンを覚える必要はない。
2 信者であるアラブ人なら、おっしゃるように、歌で覚えるのでしょう。
質問の適切な答えは、1ではなく、2であったようなので訂正します。

174 :銀将:2008/07/10(木) 12:53:39 ID:ER0upa9C
>>168 >>169
ムハンマドゥが、20年間、少しもブレていないことにつきる。
なぜかれが、アッラーを語り続けるかといえば、事実だから。
ホンモノという意味は事実に基づいているところである。
 
ただ、ムハンマドゥはイエスのような宗教者ではなく、
ジンギスカンのような英雄として理解すべきなのだろうと思う。

175 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 12:55:22 ID:dO/JkrpF
死んだ後のことは死なきゃわからないな。
「死んだ後にはこんな世界が広がってる」と信じるのは個人の自由で、干渉するものでもされるものでもない。

176 :銀将:2008/07/10(木) 13:02:53 ID:ER0upa9C
>>171
イエスは、あの世では結婚しない、天使のようになると言っている。
しかしムハンマドゥは、多くの処女に囲まれて暮らす天国の幸せを
語っているので、あの世はこの世の幸せと酷似している。

177 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 14:15:24 ID:eeGcuY7J
>>174
>なぜかれが、アッラーを語り続けるかといえば、事実だから。

アッラー(神)は、事実ではなく、空想の産物。見た者は、誰一人としていない
のだから。人間は、事実と空想とを、五感の知覚により区別しない限り、そも
そも生存は不可能である。

>>175
>死んだ後のことは死なきゃわからないな。
>「死んだ後にはこんな世界が広がってる」と信じるのは個人の自由で、干渉
>するものでもされるものでもない。

死ねば、感覚能力、認識能力も含めて、人体のすべての機能が停止することは、
現代医学で証明されている。未開人とは異なり、現代人は、何でも信じればよい
というものではない。それでは、現代社会は崩壊する。その兆しは、中東で既に
明らか。

178 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 14:23:16 ID:eeGcuY7J
>>176
「死んだ後のことは死ななきゃわからない」のなら、イエスもムハンマドも、
一度死んで、天国のことを確認してきたのかね。

死んだことのない人間の、「口から出任せ」の空想を、大真面目に信じないこと。

179 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 15:16:00 ID:f+S3+2H/
女が死んでもあの世で多くの処女に囲まれて暮らすのが幸せなのか?
馬鹿馬鹿しい。

180 :小さき光:2008/07/10(木) 16:03:53 ID:WKJogBhV
イエスは言われた。”わたしはわたしの奥義人々に奥義を語る。あなたの右手
が何を行なっているかを、あなたの左手に知らせるな”。

以前、このイエスの宣言された奥義を「無私」と申し上げました。
今回は、もう少し解り易く、お話したいと思います。

例えば。。。
電車を待っていて、ホームに幼い子供が、落っこちてすぐ目の前に電車が
来ている。このままだと、この子が死んでしまうとします。
その時に、線路上に降りて、助ける人と、見ているだけの人がいます。

この助ける人が、「無私」の一つの例なんです。
この助けようとする人は、「助けよう!この子の命を救うんだ!」なんて
考える間も無く、飛びこんで救ようとされます。
「私の命がどうなろうとかまわない!」なんて事も考える間も無くです。
この思いを「常」に持ちなさいと言われるんです。

自分の命を軽んじろなんて話では無く、
マザーテレサの「他者の中に自分を見るのでも無く」
自分の中に「尊い他者」を見ろ!と説かれています。

ここの住人の方で、種の相互救済と表現され、自動的にインプットされていて
教えられる筋合いは無いと言われますが、非常に近いと思います。
続けます。

181 :小さき光:2008/07/10(木) 16:04:41 ID:WKJogBhV
ただトマス、フィリポでのイエスが言われる部分で、違うのは、

原初からある 「尊い他者」への思いは、生きている間に、他者から裏切られたり
傷つけられたり、自分の利益を最優先したり、訳の分からない宗教に
染まったりした自分自身の「既成概念や憤り、怒り、悲しみ、苦しみ、その他」や
自分自身の「奢り、高ぶり、自己満足、自己中心」等に依って、曇ってしまい
気がつきにくくなっているから、

「面前にあるものを認識して」トマス5 

恥じることなく衣服「「既成概念」を脱ぎすて、小さな子供らのように
着物を脱いでそれを足もとに置き、踏みつけ「無意味なものと」認識してトマス37

今までの人生で受けた他者への憤り、怒り、悲しみ、苦しみ、その他」や
自分自身の「奢り、高ぶり、自己満足、自己中心」等の、思いを

「原初の根源に溶解させて」フィリポ6

ただ、あるがままの「尊い他者への思い」に「気が付いて欲しい」と言われます。

この尊い思いが「無私」の入り口であり、イエスが、光の根源として自他の同一性を
深く説かれるのか? を認識する入り口でもあると思います。

182 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/10(木) 17:43:30 ID:Ne71K1QJ
>>180-181
無私の心より、利他の心と思うよ。

183 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 18:14:17 ID:eeGcuY7J
>>180
>>181

「線路に落ちようとする人に、無意識で手を差し伸べる行為」には、「無私」
「利他」などという「思考」の介入する余地はなく、またイエスの「教え」
などとも、一切関係ありませんね。むしろ、「教えられた、考えたりしては
ならないもの」なのです。

184 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 18:17:20 ID:eeGcuY7J
>>183の訂正
×教えられた、
○教えられたり、

185 :宮崎希美 ◆pLAYdeBByU :2008/07/10(木) 18:24:23 ID:Ne71K1QJ
>>183
だから何?

186 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 18:29:09 ID:eeGcuY7J
>>183の続き

そんなことを「教え」ようとしたのが、イエスの最大の誤りであることに気付
かなければなりません。

「教え」られれば、肉体的本能としての「行為」が、観念化、抽象化、精神化
され、実質を失い、破壊されてしまうからです。イエスが「教え」た、「愛」
についても、全く同様です。

イエスは、根本的に誤っていたのです。

187 :銀将:2008/07/10(木) 18:50:15 ID:ER0upa9C
>>179
>女が死んでもあの世で多くの処女に囲まれて暮らすのが幸せなのか?
>馬鹿馬鹿しい。
 
わたしも女性差別を感じていたところです。
ただ、女児が誕生すると殺してしまいかねない社会背景、奴隷社会、
聖徳太子と同じ頃という時代背景を考慮すれば、マア仕方ない発想かな、
などとも思います。社会や時代に制約された天国観ですかね。

188 :小さき光:2008/07/10(木) 18:54:43 ID:WKJogBhV
>>183 >>186
的外れな見解乙。

189 :銀将:2008/07/10(木) 19:03:24 ID:ER0upa9C
>>177
>アッラー(神)は、事実ではなく、空想の産物。見た者は、誰一人としていない
>のだから。人間は、事実と空想とを、五感の知覚により区別しない限り、そも
>そも生存は不可能である。
 
ムハンマドは、天使ジブリール(ガブリエル)を確かに見たのであり、
かれにとってはアッラーが存在することは100%の事実なのです。
   
ただし、わたしたちが、かれの言うことを信じるのか信じないのかは
わたしたちの自由であり、その自由があることは
ムハンマド自身がクルアーンのなかで繰り返し宣言しています。

190 :銀将:2008/07/10(木) 19:19:22 ID:ER0upa9C
>>178
イエスもムハンマドも、命がけで神を伝えようとしている。
かれらの神は<知識>ではない。大工や文盲が体験した確かな事実である。
その証が、神を見つめる確かな<意志>である。
神は、かれらにとって空想ではない。


191 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 19:31:42 ID:UGyEauAI
>>189
コーランで天使が出てくるのは、メディナ啓示以降ですわ(メッカ啓示には
ない)、それも最初はルーフと言う天使ですw
カブリエルが出てくるのは、2章97〜98節のメディナ啓示が最初...
多分、ユダヤ教やキリスト教から得た知識です

192 :銀将:2008/07/10(木) 19:39:30 ID:ER0upa9C
クルアーンには聖書の話がたびたび登場する。
クルアーンの理解には、聖書の知識が欠かせない。
 
そこでムハンマドの位置づけを再び
ユダヤ教のメシア(救世主)は、ダビデのような祭政一致の王。
ジンギスカンもいいが、ムハンマドはメシアではなかったか。

193 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 20:12:38 ID:kieifoGU
「信じないこと」を強要してくるやつは何なんだ?
「信じること」を強要してくるやつ並みに鬱陶しいのだが。
しかもそいつ 信じる=悪 みたいな認識押し付けてきてる気がするんだけど、自身は何を信じてるのかね。

194 :銀将:2008/07/10(木) 20:16:16 ID:ER0upa9C
>>191
クルアーン 96章凝血 メッカ啓示
読め、「創造主なる主の御名において。
いとも小さい凝血から人間をば創りなし給う。」
読め、「汝の主はこよなく有難いお方。
筆もつすべを教え給う。
人間に未知なることを教え給う」と。
 
これはごく初期の啓示ですが、ここで「読め」と迫っている天使が、
ジブリール(ガブリエル)らしのですが、どうでしょうか。

195 :銀将:2008/07/10(木) 20:28:42 ID:ER0upa9C
>194 × らしの → ○ らしい
 
要するに、ムハンマドが天使らしき存在を見たとき、「これは何だ?」
というのが最初の反応であり、その後にいろいろ学び、
あれはルーフだったのか、ジブリールだったのかと思うのが順序なのでは
ないかなと思うのです。でもその実体(天使)は同じですよね。

196 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 20:53:38 ID:UGyEauAI
>>194
それって、どう見てもムハンマド自身だよ...

197 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 21:01:23 ID:UGyEauAI
>>194
ガブリエルが、下記の様な発言をするかどうか考えてみな

一人の僕が祈る時
 あれで、正しい道にいるとみるか
 あるいは、敬虔を勤めているか
 それとも、嘘だとして背を向けたと見るか
神が見てる事のを知らんのか、
とにかく、もし止めないなら、我らは前髪をつかんで引き戻してみせる

198 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 21:11:40 ID:UGyEauAI
>>194
>これはごく初期の啓示ですが、ここで「読め」と迫っている天使が、
>ジブリール(ガブリエル)らしのですが、どうでしょうか。
誰がそんな事を言ってるのか知らんが、その発想はキリスト教徒が
よくやる発想だべ..コーランから神話物語を造ってる奴がいるんか?

経典には、「未だかつて神を見たものなど一人もいない」が
信者は、「神を見た」だろ

経典には、「自分はただの人間にすぎない」と書かれてるものが
信者は、「ムハンマドの神秘体験は本物」になるだべ

それが宗教と言うものだべ、信者が自分の好きな様に神話物語を
作ってしまうんだよ

199 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 21:24:08 ID:ItPZFAHJ
利他を推薦する住民がいる様だが・・
利自でも利他でもどちらも利益目的である事に気付きなさい。
神は我ら、他人の利益の為に存在していないのです。
我ら、他者が神の為に存在しているのです。

200 :銀将:2008/07/10(木) 21:39:41 ID:ER0upa9C
>>199
利己主義と利他主義はちがうと思う。
利他主義になれる人は、それだけで救われている。
感謝の南無阿弥陀仏だね。



201 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 21:43:54 ID:ItPZFAHJ
>>200
利己主義と利他主義も共に信仰心無き者である。
利他主義は利己主義の延長線上にあります。
南無阿弥陀仏は感謝ではありません。

202 :銀将:2008/07/10(木) 21:45:10 ID:ER0upa9C
>>198
>経典には、「未だかつて神を見たものなど一人もいない」が
>信者は、「神を見た」だろ

>経典には、「自分はただの人間にすぎない」と書かれてるものが
>信者は、「ムハンマドの神秘体験は本物」になるだべ
 
それなら、ほんとうに神が存在するとしたら、どう伝えたらいい?
伝えようがなくなると思うけど?

203 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 22:06:04 ID:UGyEauAI
>>202
>それなら、ほんとうに神が存在するとしたら、どう伝えたらいい?
>伝えようがなくなると思うけど?
幾らでもあるよ..「伝えようがなくなる」からと言って、幼稚な
「神秘体験」や「神がいる」や「神を見た」なんて言ってたら、現代
では、子供でも相手にしないよ...その手法をやめとけって
言ってるんだよ




204 :銀将:2008/07/10(木) 22:23:50 ID:ER0upa9C
>>203
いくらでもあるうちの、ひとつ二つを紹介してください

205 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 22:42:16 ID:UGyEauAI
>>204
>いくらでもあるうちの、ひとつ二つを紹介してください
「アインシュタイン、神を語る」でも読んでみては?


206 :銀将:2008/07/10(木) 22:49:50 ID:ER0upa9C
>>205
あれを読め、これを読めでは、ネットの意味がない。
簡単に語れない人は、まずホンモノではないと判断している。


207 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 22:55:51 ID:ItPZFAHJ
神とは「無の無限エネルギー」である。

208 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 22:58:29 ID:UGyEauAI
>>206
>あれを読め、これを読めでは、ネットの意味がない。
>簡単に語れない人は、まずホンモノではないと判断している。
そんな事を言ってるから、何時まで経ってもキリスト教徒はアホ
なんだべ...キリスト教のシナリオ以外全く頭に入る余地がないと
言う事だべ...と言うか、テキストを読むと言う事が全く出来ない
人種だと言う事だよ...


209 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 23:00:52 ID:ItPZFAHJ
神の実相
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/kamihitorigo/vwp2?.tok=bcSrIiIBuLErAfd1&.dir=/&.dnm=%bf%c0%a4%ce%bc%c2%c1%ea.wmv&.src=bc

210 :銀将:2008/07/10(木) 23:00:59 ID:ER0upa9C
クルアーン 96章凝血 メッカ啓示
読め、「創造主なる主の御名において。
いとも小さい凝血から人間をば創りなし給う。」
読め、「汝の主はこよなく有難いお方。
筆もつすべを教え給う。
人間に未知なることを教え給う」と。
 
これはムハンマドに下された最初の啓示として有名である。
天使でなく、ムハンマドがムハンマドに「読め」と命令するわけがない。

211 :銀将:2008/07/10(木) 23:06:13 ID:ER0upa9C
>>208
あなたは、神の存在を語る方法はいくらでもあると言っている。
それならアインシュタインなど持ち出さないで語ってくれ。
あまりたくさんでなくて、ほんのひとつ二つでいい。

212 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 23:06:48 ID:UGyEauAI
>>210
お前は人間を止めた方が良い...何を言っても通じないw...

213 :銀将:2008/07/10(木) 23:15:58 ID:ER0upa9C
>>212
意味不明なんですが・・・
>>196
>それって、どう見てもムハンマド自身だよ...
これって96章凝血へのコメントですよね。
ここであなたは、ムハンマドがムハンマドに対して「読め」と言っていると
読んでいる。無理な読み方ですよね。


214 :銀将:2008/07/10(木) 23:30:10 ID:ER0upa9C
何か主張し、その根拠を聞かれたら、あれを読め、
これを読めでは卑劣だと思う。他人に責任を負わせるようなものだ。
自分で主張したことについては、自分で責任を取るべきだと思う。
そうじゃないか、ココモ君。

215 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/10(木) 23:39:51 ID:UGyEauAI
また始まった..アホ教信者のお馴染みのシナリオが...
アホ臭いから寝るよ

216 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 23:44:22 ID:P+02F/3q
あーボツにしてえ。
2ちゃんは査読もなんも無いから楽だね。
これを読め、あれを読め、なんて論文寄稿してみりゃいい。
だれにも相手されない。

217 :銀将:2008/07/11(金) 00:24:27 ID:ZNF1YVB0
>>207
無の無限エネルギーは、正しくは有の無限エネルギーで、
神ではなくて被造物にすぎない。前のほうのレスで指摘したけど。

218 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/11(金) 01:20:59 ID:2bXktG14
>>217
お前のオツムで考えても何の意味もないから止めとけ!!!!
無限大エネルギーの意味も殆ど理解してないと思うw

219 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:31:02 ID:6qG5WHzr
男のヒステリーは無様だ。

220 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:34:13 ID:m/KNufia
>>188
>的外れな見解乙。

イエスを少しでも批判すれば、すべて「的外れ」ですか。それが「教祖個人
に対する盲信」という、すべてのカルト宗教信者に共通する洗脳状態なので
すよ。

イエスには、創造(あるがままの現実界と人間)に対する畏敬の念が、全く
ありません。

創造主の目から見ると、イエスほど「的外れな人間」はいないはずですよ。
「罪」とは、「的外れ」のことですね。

221 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:47:58 ID:sXhxuAzn
>>220
朝から熱心だな。
>>220は何を信じてるの?

222 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:49:41 ID:HlubyF31
キリストのメッセージ 
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。
その代わりに、わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.net/jp/jiai/jiai02.htm

ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm

煉獄に居る霊魂の驚くべき秘訣
http://www.sanpaolo-shop.com/product/4359

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

キリストの受難を目撃し体験した女性 アレキサンドリーナ・ダ・コスタ
http://www.salesio.jp/web/sdb_saints/biography/alessandrina.htm
http://salveregina.dyndns.org/avemaria/data/book2.html

病を患いながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

カトリック書店/日本国内にあるカトリック教会の住所と地図
http://www.donboscosha.com/
http://www.sanpaolo-shop.com/
http://shop-pauline.jp/
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

223 :銀将:2008/07/11(金) 12:44:38 ID:ZNF1YVB0
 
人間の精神活動は、意志と情感と知識とに分けられる。
 
宗教は、人間の精神活動であり、この3つに関係している。
 
残念だけど、本の知識で、真理(神)を知ることは永遠にできない。
 
宗教を理解するには、知・情・意を働かせなければならない。
 


224 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 14:11:49 ID:Ih5ktzhr
宗教は、生まれた土地柄に関係している。
全世界中に一つの宗教だけを普及させるようなものではない。

225 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 15:30:06 ID:FPbZ3eMp
>>223
宗教は、科学に無知蒙昧だった古代人の妄想と、創唱宗教においては、例外なく、
開祖の精神障害から始まったもの。

中東、アフリカ、アイルランド等で見られるように、現代においても、宗教は
人類の最大の問題となっている。ハンチントンは、これを「文明の衝突」と呼ぶ。
科学が発達した現代においては、真っ先に克服されるべき人類の課題。特に、
人間の営みでありながら、人間にあらざる空想上の神に最大の価値を認めると
いう、矛盾・倒錯・狂気に陥った一神教がそうである。キリスト教から発生し
たマルクス主義及びナチスも、宗教である。中東、アフリカ、アイルランドの
惨状は、いずれも一神教が原因である。

人間の「健全な」精神活動は、人間の知・情・意から逸脱した宗教ではなく、
芸術、学問、そして日常生活にある。

神や天国の実在を信じ込まされて、自他の生命を奪い続け、被害者の葬列にまで
突っ込む自爆テロリストのどこに、知・情・意のかけらさえあるのか。狂気以
外の何物でもないではないか。

226 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 15:50:53 ID:FPbZ3eMp
日本における韓国プロテスタント教会の犯罪が、また明らかになった。

偽装結婚:300組を仲介か・・・容疑者(宣教師)を逮捕 警視庁
http://mainichi.jp/select/today/news/20080711k0000e040081000c.html

227 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 16:13:31 ID:FPbZ3eMp
これも、プロテスタントの牧師。

「オバマ氏の急所切り落としたい」・・・黒人指導者が失言
http://www.asahi.com/international/update/0711/JJT200807110004.html

228 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 16:43:29 ID:KMFp/kOO
ユダヤ教、イスラム教には厳しい戒律があるが
キリスト教には無い
何故?

229 :銀将:2008/07/11(金) 19:04:17 ID:ZNF1YVB0
>>228
信じさえすれば、イエスが信者全員の罪をみんな被ってくれる。
イエスの十字架が信者の罪を帳消しにしてくれた。 byパウロ

230 :銀将:2008/07/11(金) 19:11:56 ID:ZNF1YVB0
>>224
ムハンマドが同じことを繰り返し言っている。
自分はアラビア人に対する警告者であり、使徒であると。

231 :銀将:2008/07/11(金) 19:21:51 ID:ZNF1YVB0
>>225
ご隠居のレスはいつもズシッと重い。
 
いくつかのテーマのうち、自爆テロについては、イスラム教のなかに
内在している洗脳システムに関係していると思う。
日本の神風特攻は底が浅い。イスラムこそ、真の神風特攻でしょう。
ほめているのではなく、ご隠居と同じ側から否定したい。

232 :銀将:2008/07/11(金) 19:38:39 ID:ZNF1YVB0
>>225
>人間の「健全な」精神活動は、人間の知・情・意から逸脱した
>宗教ではなく、芸術、学問、そして日常生活にある。
 
知・情・意は並列ではなく、人間は意志です。
神を選ぶ意志によって、日常生活、芸術、学問が紡ぎ出されるのです。
意志こそは、あらゆるものを紡ぎ出す中心です。

233 :銀将:2008/07/11(金) 19:56:22 ID:ZNF1YVB0
>>225
>宗教は、科学に無知蒙昧だった古代人の妄想と、創唱宗教においては、
>例外なく、開祖の精神障害から始まったもの。
 
その主張には、半分ぐらいは肯定し、半分ぐらいは否定ですかね。
宗教の開祖が、相当に苦労し、精神的に破綻すれすれになったことは
確かでしょう。 しかしかれらが、そういった絶望的な状況を超えて、
信じられないような神秘体験をした可能性も否定できない。
頭から否定できないし、頭から否定したら傲慢かと思うのです。

234 :銀将:2008/07/11(金) 20:17:20 ID:ZNF1YVB0
>>225
ハンチントンの文明の衝突は、マルクス主義が失われた今、
ますます現実のものになっているように思う。
そしてキリスト教(特にアメリカ)が世界破壊の中心勢力であることも
まちがいない。宗教が危険なものであることはわかるけど、
人類が滅びるかもしれないけど、それでも宗教が必要なのです。
なぜなら、信仰は生きている意味だからです。

235 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 20:28:14 ID:r0MV54b/
この銀将ってのがいるとスレが腐るな。
イスラム語れば訳ワカランしキリスト教語ればトンチンカンだし
仏教語れば、感謝の南無阿弥陀仏って言ってるし。
馬鹿サロメもウザイが、こいつもマジにウザイ。

お前が書きこみしても、誰もレスしないだろ。
みんなお前がわかってないの知ってるからだよ。
いいかげん気がつけよ。

236 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 21:17:06 ID:fRbjTsN5
旧約聖書に産めよ増えよ地に満ちよとかかかれているのですが
キリストには子供は何人いるのですか?

237 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 21:28:53 ID:E35wOacb
ジョージ秋山の漫画、聖書シリーズの評価はどうですか?
初心者ですが読む価値はありますか?

238 :銀将:2008/07/11(金) 21:39:54 ID:ZNF1YVB0
>>235
ココモ氏もそうだけど、あなたのようなレスは参考になる。
味気ないクルアーンを平気で読んでいくような鈍さが嫌われるのかもね。
しかし反論できる人がいないという可能性もあるな。
別の板では、こちらが未熟だったせいか、かなり突っ込まれたよ。
 

239 :銀将:2008/07/11(金) 21:53:31 ID:ZNF1YVB0
>>237
読んだことはないけど、マンガで読めるなら楽でいいと思う。
教会に飾られた絵画や像と同じ。言葉より絵のほうがわかりやすい。
作家もキリスト教を相当勉強していると思う。

240 :銀将:2008/07/11(金) 21:56:31 ID:ZNF1YVB0
>>236
イエスの痛いところをついている。
ムハンマドには常に9人ぐらいの妻がいたらしいけど。

241 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 21:57:08 ID:SBB9Oz1Y
趣味

242 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 21:59:39 ID:fRbjTsN5
>>240
命令どおりに生きるなら相当な数の子供を産まないとだめだと思います
キリストなら一夫一婦制だとしても18人以上は産んでおかないと
しめしが付かないでしょう!セックスしたら必ず子供も作るべきです

243 :銀将:2008/07/11(金) 22:13:50 ID:ZNF1YVB0
ムハンマドも好きなのは、女、食べ物、香料と自覚していたらしい

244 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:16:35 ID:fRbjTsN5
>>243
正直ですね〜ムハンマドは
男は女を見たらセックスすることしか考えてない生き物ですからね
そのために結婚という合法的な制度ができたんだから
めい一杯セックスして子供をたくさん作るべきです
おんだんかなんか嘘っぱちです
もし海面が上昇しても新たな方法を神は準備してくれると思います

245 :銀将:2008/07/11(金) 22:20:08 ID:ZNF1YVB0
>>242
聖者や英雄は意外と子供がいないようですね。
英雄色を好むなどというけど、子供に恵まれないのは不思議。
信長も秀吉も家康もそうだったような。

246 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:23:34 ID:fRbjTsN5
>>245
あのね
英雄たちがどうして英雄になりえたか?それは女です
女に良いかっこしたかったからです
所詮はそんなもんです
そいえばそうですね秀吉なぞは種無しだと言われてますね
だとしたら淀は浮気したことになりますが
子供を産んだので大丈夫だと思います
しかし1人ってしょぼすぎ

247 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:24:07 ID:r0MV54b/
>>238
>しかし反論できる人がいないという可能性もあるな。
>別の板では、こちらが未熟だったせいか、かなり突っ込まれたよ。

お前さ、ココモに人間やめろって言われてたろ。
俺も激しく同意したよ。頭の悪さメッチャ垂れ流しだもん。
お前の書きこみ見てたら、いつもあんまりくだらなくて、レスする気なくすもん。
何言ってもわからない奴なんて、誰が相手するか!
まあ、お前にレスするのも飽きた。ここの住人に迷惑かけずに静かにしてろって
マジでさ。スレが腐ってしかたない。

248 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/11(金) 22:26:57 ID:2gLvKaPS
>>247
ミトラ厨がえらそうにwwwww

249 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:29:03 ID:fRbjTsN5
>>247
人を罵倒するヒマがあったら
セックスに励んで子供をたくさん産みなさい
ノルマは25人です!

250 :銀将:2008/07/11(金) 22:40:54 ID:ZNF1YVB0
>>246
秀吉なんか、いくらでも女がいたのに、しょぼすぎだよね。
ムハンマドなんか、自分だけルール変更してズルイ。
普通は四人だけど、常時9人。合計13人のハーレムを作った。
あれ、それでも徳川のハーレムより少ないか。



251 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:45:30 ID:fRbjTsN5
>>250
秀吉が種無しなのはなんでか?キリシタン弾圧に貢献したからか!と
思ったけどそれは間違いですよ!
信仰とかぜーんぜん関係ないです
子供を産みまくることに宗教はもはや無用ですね

252 :銀将:2008/07/11(金) 22:47:26 ID:ZNF1YVB0
>>247
ココモ君は、ムスリムではなく、グノーシスとちがう?
ココモ君がアホアホと鳴くのはどうしてなのか?

253 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/11(金) 22:49:57 ID:2gLvKaPS
>>252
劣等感!wwwwwwww

254 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 22:56:17 ID:r0MV54b/
>>249
>人を罵倒するヒマがあったら セックスに励んで子供をたくさん産みなさい
>ノルマは25人です!

だから、ダニのとこにも書いたけど ↑不妊治療してる病院行ってさ、言ってこいよ。
ここのレス見てる人で不妊に悩んでる人がいたらどうするんだよ?

お前らさ、ほんとに常識もないクソだよ。
サロメは地獄で踊ってろって。 くだらない奴ばっかだ。

255 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:00:45 ID:r0MV54b/
>>252

>ココモ君は、ムスリムではなく、グノーシスとちがう?
>ココモ君がアホアホと鳴くのはどうしてなのか?

お前らみたいな、アホが多いからじゃね。
それだけだよ。 ほんとにくだらない奴ばっかだ。

256 :銀将:2008/07/11(金) 23:01:26 ID:ZNF1YVB0
>>251
肝心なことを話さないからじれったい。
子供ができないのは、要するに、やりすぎて薄まったということ。
やりすぎるとだめなんじゃない?

257 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:07:43 ID:fRbjTsN5
不妊の女は罪があるから不妊なのです!神に赦されなければ妊娠することもないのが本当です!


258 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:11:31 ID:fRbjTsN5
妊娠できない人は神に見放されてるということは間違いないでしょう
妊娠して子供をたくさん宿すものは祝福された者であることに間違いありません!

259 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:12:50 ID:r0MV54b/
>>256
>肝心なことを話さないからじれったい。
>子供ができないのは、要するに、やりすぎて薄まったということ。
>やりすぎるとだめなんじゃない?

もう、ほんとに お前は 人間 やめろ!
夫婦で、不妊治療してたらどうすんだよ。
やってらんねえ。


260 :銀将:2008/07/11(金) 23:13:17 ID:ZNF1YVB0
原因は女のほうかい?

261 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/11(金) 23:16:10 ID:2gLvKaPS
>>259
おばさん 鬼女だね?wwww

262 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:18:14 ID:fRbjTsN5
>>260
女のほうです!男は神に似せて作られてあります
女は子供さえ産んでればいいのだということです
逆にそれ以外の仕事が女にはありません

263 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:24:49 ID:fRbjTsN5
wwwwwwwwww
まあ、キリスト教とは要約するとこんな感じですwwwwwwwww

264 :銀将:2008/07/11(金) 23:32:22 ID:ZNF1YVB0
イスラム教も同じようなものwww



265 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:36:14 ID:r0MV54b/
>>263
>まあ、キリスト教とは要約するとこんな感じです

激しく同意。


266 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/11(金) 23:36:40 ID:2gLvKaPS
>>263
鬼女かぁwwwww

267 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:41:02 ID:fRbjTsN5
うふふふ

268 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:41:50 ID:YAhJPVTY
鬼女にもならなかったおばさんサロメうぜぇよ

おめーら荒らしてんじゃねぇ

269 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/11(金) 23:44:08 ID:2gLvKaPS
鬼女に喪毒女かwwwwwwwww

270 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:45:53 ID:YAhJPVTY
>>269
は? 俺は子宮なんてもともとねーよ 男だよwww きめぇ

 喪毒女サロメおばが荒らしてるから言ったんだがwww

271 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:47:05 ID:YAhJPVTY
>>263
キリスト教徒は馬鹿だからなwww
ムハンマドはさらにwwww

272 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 23:53:23 ID:fRbjTsN5
>>271
おまえに何が語れるというんだい?

273 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 00:53:02 ID:uX+qcl7R
>>270
喪毒女さろめおばさんの荒らしに構う人も
荒らしww

274 :◆FEB7UTp.OI :2008/07/12(土) 01:30:35 ID:mE27VH0u
>>257
>不妊の女は罪があるから不妊なのです!
>神に赦されなければ妊娠することもないのが本当です!
嘘だな。妊娠したくなくてもするときゃする。状況によらずだ。
つられたか。たまにはいいだろ。

275 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:40:41 ID:KMAGoNxr
つーか まだいたの? 子宮なしサロメオバは 相変わらず馬鹿炸裂だな

>>270>>271
キリスト教アンチのおまえも荒らしだろーが 



276 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:44:56 ID:KMAGoNxr
>コーランから神話物語を造ってる奴がいるんか?

ココモスキーはまじでイスラム教徒で
あのムハンマドの言う天国を信じてるのか?w

277 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:51:58 ID:KMAGoNxr
馬鹿モスキーは聖書を馬鹿にするが
コーランは信じてるなら 笑えるんだけどwww どーなんだよバカモスキー

いやバカモスキーが信じるのは自由だけどなwww





278 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/12(土) 02:04:15 ID:uSs7zHoJ
ID:KMAGoNxr
これを書いてる奴が誰かは大よそわかるけどね...説明しても
無駄だべ

279 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:05:04 ID:KMAGoNxr
カラスの唄と勘違い 馬鹿モスキーwww

280 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:07:56 ID:KMAGoNxr
それともコーラン信じてないのか?
イスラムではないのか?

281 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 09:43:03 ID:hDMgLEXf
ココモは誰も、また何も信じてないでしょ。
たぶん自分のことも信じてないんじゃないかな。
幼少時に健全な自尊心が育たなかったのか育てられなかったのか。

いずれにせよ他者を貶さないと自尊心を保てないタイプの人間とは関わらないに限る。
嫌な思いしたくないしな。

282 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 10:53:53 ID:Y2LtEDFW
もはようございます!
産めよ増えよ地に満ちよ!
朝からセックスに励んでたくさん子供を産みましょう神の勅令です!ハレルヤ!
子の産めないうまづめは罪です!罪を悔い改めて子を宿せるように神にこいねがいなさい!ハレルヤ

283 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 12:26:54 ID:fD5UnfAS
里親になる道もあるわけだが。

284 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 13:13:57 ID:p75LQkNx
NHKで、イスラエルとアラブとのサッカーの試合をやってたが、両者、特に
イスラエルからアラブに対する憎悪の言葉は物凄いね。たかが空想上の神
なのに、何故これほどの憎悪が発生するのか。しかも、両者共、「同じ神」
を信じているはずではないか。これでは、殺し合いが起きるのは「必然的」
といえよう。一神教、ひいては宗教の持つ「極限の病理」を明白に証明して
いる。

それに、イスラエルの国歌を初めて聞いたが、名曲ではあろうが、沈鬱極まり
ない、まさに「うつ病患者」のメロディー。フロイトの、「ユダヤ教の神概念
は、心的外傷の遅発的後遺症ともいうべきもので、精神病の症状以外の何物
でもない」という趣旨の言葉が納得できる。同じ名曲でも、シベリウスの
フインランデァのあのメロディとは比較にならない。ユダヤ教徒たちは、彼ら
の数千年にわたる迫害の原因が、その「信仰」にあることに気付いているの
だろうか。彼らもさすがに最近は、「神は歴史(現実)に介入しない」ことを
覚り、「神」という言葉はほとんど使わないそうである。
一神教3教間の「憎悪」のお膳立てをしたのが、ほかならぬイエスの「愛の
教え」である。シオニズムも自殺テロも、キリスト教の影響である。

285 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:16:11 ID:txHRD9Ky
>>284
ハティクバもしらんのか隠居はwwww

286 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:18:36 ID:txHRD9Ky
>>284
隠居 聞けwww
http://jp.youtube.com/watch?v=a0-n1kNqf1s

287 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:25:16 ID:txHRD9Ky
わかったか隠居w

ハティクバは歌い方ひとつで希望を感じさせる明るい曲になるんだよw

ハティクバ=希望

だからねwww
原曲はスメタナだからw

http://jp.youtube.com/watch?v=SwVLjPaetmU&feature=related

288 :銀将:2008/07/12(土) 13:25:50 ID:C7D1aDW+
聖人や英雄や戦国武将の妻の数、子供の数
 
ムハンマド  ・・・妻13人   子供7人(男3人全員夭逝、女4人)
チンギスハーン・・・妻4人+α   子供16人(男4人、女5人、+6人)
聖徳太子   ・・・妻4人    子供14人(男10人、女6人)
  
信長・・・妻数人+α   子供24人(男12人、女12人)
家康・・・妻数人+α   子供16人(男11人、女5人 )

289 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:26:53 ID:txHRD9Ky
シオンに栄光あれ!!!!

http://jp.youtube.com/watch?v=JvDrBXBUx8E&feature=related

290 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:30:42 ID:txHRD9Ky
隠居にはこっちが最適w

http://jp.youtube.com/watch?v=ZsLZzGW-UIw&feature=related

291 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 13:32:31 ID:p75LQkNx
一神教間の憎悪は、人間と自然とからかくも隔絶した、百人百様の「空想」に
過ぎない神の「実在」を信じたことに起因する。その原因は「聖書」である。

そのような空想が、「人間の生物的生命の機能」に過ぎない、即ち「究極の
神」は「人間の生命」であることに、思い至らなかったからである。

292 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:33:43 ID:txHRD9Ky
隠居の祖国の歌
http://jp.youtube.com/watch?v=w2hhAvDQZcI&feature=related

293 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:34:56 ID:txHRD9Ky
隠居の信念の歌

http://jp.youtube.com/watch?v=0lEz5R3sG_Y&feature=related

294 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/12(土) 13:35:48 ID:uSs7zHoJ
>>284
>一神教3教間の「憎悪」のお膳立てをしたのが、ほかならぬイエスの「愛の
>教え」である。シオニズムも自殺テロも、キリスト教の影響である。
僕もこの意見に、ある程度は賛成ですw...
ただこの地域は少数派だけど正教会系のキリスト教団があって、その人達は
ユダヤ教やイスラム教と共存してる(対立に火を付けてる訳ではない)
もともとはそれほど対立してはいなかったユダヤ教とイスラム教に
「憎悪」のお膳立てをしたのはヨーロッパのキリスト教(ローマ教)では
なかろうか

295 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:39:47 ID:txHRD9Ky
>>294
馬鹿ですか?w
イスラエル建国はまっとうな取引の結果ですが?w

政治にも経済にも敗れたDQNアラブが逆切れw自滅しただけですw

296 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 13:50:18 ID:p75LQkNx
>>287
>原曲はスメタナだからw

そうだったのか。道理で名曲だとは思った。しかし、気が滅入るメロディだな。
「希望」が空回りしている感じ。イタリアのカンツオーネにすべきだったw。

イスラエルの建国は、果たして正解だったのか。シオニズムは、キリスト教に
影響された結果に過ぎない。シオニズムについては、ユダヤ教間でも、大きな
争いがあった。

最近のユダヤ教の、キリスト教への擦り寄りは見苦しい。キリスト教による再
度のホロコーストを防止するための、ユダヤ教徒の「生存の知恵」かも知れな
いが。

297 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 13:57:46 ID:txHRD9Ky
>>296
ですから歌い方だってw

試合前の歌い方は結構暗いよんw

298 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 13:59:37 ID:qA3tMytP
↑↑↑↑この方は、何も見えていません。世のあらゆる事に盲目なのです。

盲目なのに見えているつもりで、都合の良い幻想を語るのです。

赦してあげて下さい。

299 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:00:15 ID:txHRD9Ky
>>296
ユダヤ人は地道に トルコの地主から荒野を買って開拓したりインフラ投資して領域広げて独立ですが?w

300 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 14:00:39 ID:p75LQkNx
>>285
>イスラエル建国はまっとうな取引の結果ですが?w

そもそも、数千年前の「聖書の約束」などに基づく建国など、まっとうな建国
とは言えない。すべて、キリスト教国の「口車」に乗せられただけ。



301 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:03:39 ID:txHRD9Ky
>>300
名目なんてどうでもいいです
イスラエル建国は満州国建国以上に合法ですよ

302 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:07:28 ID:txHRD9Ky
隠居が聞いたのってこんな感じだろw

http://jp.youtube.com/watch?v=biQtrQpyJGo&feature=related

303 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:10:01 ID:txHRD9Ky
元気出せ隠居w
ちなみにトルコとイスラエルはマブダチwww

http://jp.youtube.com/watch?v=kpOl4kxgD1c

304 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 14:12:12 ID:p75LQkNx
>>294
そうですね。正教会と西方キリスト教とでは、かなり異なる。しかし「イエス
を信じる」点では同じ。やはり、「イエスの教え」が、同じキリスト教間でも
殺し合い、争い合うことの最大の原因でしょう。イエスには、「創造(現実界、
自然、人間)への畏敬」と「人間そのものへの愛」が欠如していたからです。

イスラームも、キリスト教の影響をたっぷりと受けた、その「焼き直し」に過ぎ
ません。

305 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 14:13:16 ID:qA3tMytP
>>301
この方はユダヤの神になったのです。この方の文字は我々凡人には、見えません。
どうぞ皆様、スルーで。。。

この方は、大切なスレを食い尽くす貪欲なユダヤの神です。どうぞスルーで。。。

306 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:19:13 ID:txHRD9Ky
>>304
えw

どこがちがうのー?w

あんまかわんないよーwww

307 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 14:26:31 ID:p75LQkNx
>>306
「原罪」などという観念を認めない点ではないかな。ユダヤ教も、原罪を
認めない。

「罪概念」は、パウロが勧誘目的のためにでっち上げた、悪質な洗脳の手段。
それにまんまと乗せられたのがキリスト教。キリスト教ではなく、「パウロ教」
である。

308 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 14:35:54 ID:txHRD9Ky
>>307
認めてるんだけど?

認めてないって論拠は?

309 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 15:42:13 ID:ItnXYmUM
http://video.google.com/videoplay?docid=-7913776862105239439

このキリスト教批判についてどう思われますか?
私はなんか納得いかないけど、知識が少ないので具体的な反論ができません。

310 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 15:49:00 ID:txHRD9Ky
>>309
似てるなら真宗なんてキリスト教そのものですw

311 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 16:03:57 ID:ItnXYmUM
回答ありがとうございます。
できれば最後まで見て欲しいのですが、、

312 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 16:13:25 ID:txHRD9Ky
>>311
簡単
ニケア公会議の遥か以前 聖ペテロ&聖パウロの時代にはすでに教会はできていたし
各地の教会にはつながりがあった基本的な教理もできていましたってこと

それと従来の信仰やら哲学に新しい教えを上書きなんて 諸宗教どこでもやってるからね


313 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 16:56:04 ID:qA3tMytP
主よ 感謝します。 主は、この世の多くの方の病を癒されました。

主は、さまざまな土地へ行き、救いについて述べ伝えられました。

地獄に下り、悪しき罪を滅ぼし、3日後に復活されました。

主は、我々を僕から友として下さいました。そして、再臨を約束され、天に昇られました。

主よ、来てください。 主よ。。。

314 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:00:34 ID:qA3tMytP
>>313↑ これは、紀元前6世紀の ミトラ教の神話です。
キリスト教は、イエスの教えを無視して、ミトラ教の教義体系を模倣して
西東方のミトラ教徒を布教対象として、取りこみました。

西方キリスト系教会では、今も「主ミトラ」と呼んでいます。

>312従来の信仰やら哲学に新しい教えを上書きなんて 諸宗教どこでもやってるからね

キリスト教は、ミトラ教をそのまま食っちゃいました。パクパクムシャムシャ。


315 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 17:01:17 ID:txHRD9Ky
>>314
だからキモイサイトの受け売りはいいからw

316 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:09:28 ID:qA3tMytP
キリスト教は、ミトラ教を食って、イエスこそミトラとして布教しました。

ローマの国教になると、ミトラ=イエスのラベルを剥がして、

キリスト=イエスのラベルに張り替えました。

でも、ローマの影響の少ない西方のラベル張替えに失敗しました。

今で言う産地偽装です。 でも。。。

産地偽装と同じく、うまく誤魔化しても、ちゃんとばれるんですね。
世の中、わりとちゃんとしてて、うれしいです。

317 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 17:11:02 ID:txHRD9Ky
>>316
あのーw
ミトラは中国で栄えたんですよ?w

318 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:12:43 ID:zi7aHY6R
インキョ、インキョ〜、カルトの子♪、
さかなのポニョのリズムで。

319 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:17:02 ID:qA3tMytP
ミトラ教のミトラ神は、さまざまな宗教に、影響を与えました。

マイトレーヤー、弥勒菩薩としても有名です。

日本で、キリスト教の侵入を防いで下さっているのは、弥勒菩薩と

至高神エルかも? なんちゃって。 (-m-)ぷぷっ

320 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 17:23:51 ID:txHRD9Ky
>>319
マンジュシュリーミトラは文殊です

弥勒はマイトレーヤ

321 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:38:59 ID:qA3tMytP
サンスクリット語での、マイトレーヤーは、世紀末思想の根幹神として
終末に再臨する弥勒菩薩としての信仰の根拠神なのだじょ。
クリスチャンが再臨を待ってても、なかなか来ないと思うよ。

だって、ミトラ神=弥勒菩薩だと、再臨は、何十億年先だもん。(-m-)ぷぷっ
まあ、気なが〜〜〜に、待ってるこったす。

322 :銀将:2008/07/12(土) 17:46:47 ID:C7D1aDW+
キリスト教、特にカトリックは離婚することができない。
プロテスタントはどうなんだろう? 
 
イスラム教は合法的に離婚できる。
ユダヤ教はどうなんだろう?

323 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/12(土) 17:51:19 ID:txHRD9Ky
>>321
それどこの宗教だ?www

324 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:51:40 ID:qA3tMytP
ミトラ教とキリスト教

http://homepage2.nifty.com/Mithra/Mihrijja_Mithra_and_Christ.html

ここでのキリストの像は、AD3世紀前後の、キリストのイメージが
まさに、少年の姿で驚くよね。 当時のキリストのイメージが少年ミトラ神
そのものとしても、ほんとは、いつから今の30代のひげはやしたイメージ
に変わったんだろう? もちろん地域的な、時間誤差はあるだろうけどね。

さすが、闇の宗教キリスト教だな。 うまく闇に葬ってるわ。

325 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 17:54:06 ID:qA3tMytP
>>323
サロメ神は、目無くして見、口無くして語り、耳無くして聞かれる凄い方。
何もかも、ご存知でしょ? 私なんぞが教えなくても。(-m-)ぷぷっ

326 :銀将:2008/07/12(土) 18:02:34 ID:C7D1aDW+
>>322
ユダヤ教は離婚を認めているようですね。
申命記24:1に、「何か恥ずべきことを見い出し、気に入らなくなった
ときは、離縁状を書いて彼女の手に渡し、家を去らせる」とある。

327 :銀将:2008/07/12(土) 18:08:36 ID:C7D1aDW+
マタイ5:31に、「妻を離縁する者は、離縁状を渡せ」と命じられている。
とあるのは、申命記24:1を受けているのですね。

328 :銀将:2008/07/12(土) 18:23:06 ID:C7D1aDW+
ネットで調べたら、プロテスタントは離婚できるという。
そのきっかけは宗教改革にあるらしい。

329 :銀将:2008/07/12(土) 18:31:11 ID:C7D1aDW+
そうすると、離婚できないのは、カトリックだけ。
カトリックは、結婚を<秘蹟>にするから、離婚を認められないのだね。
無信仰でも教会で結婚式をあげたがるカップルがいるが、
カトリック系は避けたほうがいい。
 
しかしどうなんだろう? マタイ5:31の記述は正しいのか?
他の宗教のほうが現実的なように思う。

330 :銀将:2008/07/12(土) 18:49:09 ID:C7D1aDW+
各宗教が、離婚を許すのかどうか、ということと関連し、
なぜ一夫一婦制なのかという疑問も湧いてくる。
 
これについては、エンゲルス著「家族・私有財産・国家の起源」
一夫一婦制は、宗教ではなく、相続に関係しているらしい。
かれによれば、その背景は、キリスト教ではない。

331 :銀将:2008/07/12(土) 19:16:22 ID:C7D1aDW+
聖書の時代は、何人もの妻を持っている人々が暮らしていた。
さらに、奴隷女であるなら、それに手を出しても罪にならなかった。
アブラハムもヤコブも複数の妻がいた。
 
聖書のずっと後、ムハンマドのクルアーンには、そういった話が具体的に
登場する。ムハンマドは妻だけで13人。そのほかに奴隷女。
 
そういう時代の産物が、聖書であり、クルアーンである。
仏教も同じようなものである。

332 :銀将:2008/07/12(土) 19:25:33 ID:C7D1aDW+
神がいる。仏になる。これはいいだろう。
 
しかし、昔の本を、そっくりそのまま信じるのはまちがってないか。
とくに女性たち。あなたたちの立場はほとんど無視されている。
女性であれば、聞いていられないような話に満ちている。
昔の本だから、ほどほどの距離を持つべし。

333 :銀将:2008/07/12(土) 19:32:31 ID:C7D1aDW+
仏教では、女性は、男にならないと悟れない。 by 法華経
女人禁制・高野山とか、女性差別はたくさんある。

334 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:34:59 ID:CaBC+OUP
銀は最近ワープァ囲んで鼻息荒い共産党員なの?

335 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:36:39 ID:p75LQkNx
>>332
>神がいる。仏になる。これはいいだろう。
 
「すべての人間が、仏に成れる」という仏教はよいが、「人間に超越・優先する
神がいる」という空想はよくない。人間の生命の営みでありながら、肝心の人間
そのものを否定・軽視するという巨大な矛盾が生じ、人間同士の争いの原因とな
なるだけであり、現になっているからである。

336 :銀将:2008/07/12(土) 19:41:03 ID:C7D1aDW+
自分(女)をバカにする、否定する宗教を信じていても、
いいことはない、ということですね。

337 :銀将:2008/07/12(土) 19:47:42 ID:C7D1aDW+
>>334
ワーブァの意味がわからないのですが?
>>335
仏になるだけにしても、女性の救済はどうしましょうか?
アーメン、晴れるやと暑い人たち。

338 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:53:23 ID:fAAnFf26
銀ちゃん的にルツ記ってどうなの?
やっぱり「女を無視してる」と考える?

339 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 19:57:48 ID:qA3tMytP
世界中の宗教では、女性差別がある=イスラム教だけが女性差別ではないってか。
たったそれだけ語るのに、どんだけスレ消費してんだ。

天国で処女に囲まれてウヒョウヒョ言う奴の宗教観なんて、女性差別どころか
女性を侮辱するにも程があるだろ。 C= (-。- ) フゥー あきれるわ

340 :銀将:2008/07/12(土) 19:59:56 ID:C7D1aDW+
>>338
わしとしては、ルツより、山本モナを応援したいのだよ

341 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 20:06:43 ID:CaBC+OUP
>>337
ネカフェ難民や派遣労働者のことだょ

>>340
さっき近くの喫茶店でSPA読んでたら山本もなのインタビューのってた。

スパ 10年後のあなたはどんな女性になっていますか?
もな 10年後どうなってるかわからないけど、理想像は持ってるしそれに
   向かって努力している。今は一日一日を頑張って生きている。
スパ 山本もなが何に向かって生きているのか、今後の活動や彼女の
   生き方にそれが現れてくるだろう。ガンガレ

みたいな不倫報道前のインタビュー。
将来風俗嬢にでもなりたいのかな。

342 :銀将:2008/07/12(土) 20:12:43 ID:C7D1aDW+
>>341
教えてくれて、ありがと。
それから二岡に、世の男たちの呪いあれえ〜〜


343 :銀将:2008/07/12(土) 20:20:32 ID:C7D1aDW+
におかは、反省して丸刈りにしたところがダメだ。
モナに失礼だろww

344 :銀将:2008/07/12(土) 20:30:28 ID:C7D1aDW+
>>334
昔も今も、共産党員ではないよ
本当のことを話すのは心が痛む、ただ神さまが好きなだけだよ(^^)

345 :銀将:2008/07/12(土) 20:52:45 ID:C7D1aDW+
将軍なら、モナを、すぐに大奥にしまってしまう。
すぐにハーレム行きだね。
でもいまはね、一夫一婦制だから、浮気したら鞭打ち100回。
マスコミで大騒ぎされるのが鞭打ちかもしれない。
しかし、これでいいのだろうか?

346 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:09:56 ID:HtV6S0ID
インポな男いいよ
側にいるとむらむらしてきたとか
君のせいとか女のせいに
する男とかいるけどうざいだけだ
勝手に起ってなよと思う
自己責任だ

347 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:13:45 ID:HtV6S0ID
モナは母子家庭かなんかで
父性に飢えてて不倫に走っちゃうんだろう

348 :銀将:2008/07/12(土) 21:14:59 ID:C7D1aDW+
男も同じ、うっとうしいときもあるものね


349 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:18:13 ID:HtV6S0ID
>におかは、反省して丸刈りにしたところがダメだ。
>モナに失礼だろww

奥さんはどーでもいいのかww
奥さんへの反省ポーズだよ

350 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 21:27:57 ID:pMOleCjl
>>329
秘蹟になるのは両方がカトリック信徒でカトリック教会で挙式した場合。
未信徒が結婚講座を受講してカトリック教会で挙式しても
司祭から祝福を受けるだけでミサ聖祭は行わないから秘蹟にはならない。


351 :銀将:2008/07/12(土) 22:19:02 ID:C7D1aDW+
>>350
ありがと。カトリックも俗化の波が押し寄せていますね。
>>347
父親不在? モナが統合失調タイプであることが理解できた。

352 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 22:40:19 ID:HtV6S0ID
モナ父は小学生の時離れたんだと。
モナが統合失調症?とは思えない
計算高くみえてそうじゃないとか股が緩いとかまぬけなだけと言われてるけども
まァ報道キャスターとしてようやく復帰した矢先
また降板ってデジャブ 



353 :銀将:2008/07/12(土) 22:41:29 ID:C7D1aDW+
>>349
それをわかったうえで、不倫したのだと思うのですね。
におかは不倫から生じるものを引き受けないと。

354 :銀将:2008/07/12(土) 22:51:24 ID:C7D1aDW+
聖書やクルアーンや徳川の感覚から言えば、
におかが中心になって、3人で仲良くやればいいように思う。
金もヒマもあるんだし。
マスコミがグダグダ騒いでるのはヤキモチだよ。



355 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 22:55:45 ID:HtV6S0ID
>>353
におかはモナの前にも別の口説いてたらしいから
本気不倫とかじゃなく
軽率な出来心
マスコミは面白がってるだけだよ 

三人で仲良くって それは無理に決まってるw
なら 結婚しないで遊べばいい
ダウンタウンの松っちゃんみたく

356 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 23:11:17 ID:Y2LtEDFW
>>354
やきもちっていうのは厨房レベルだと思う
結局結婚してるのに明らかに浮気したってことは
法律違反なんじゃないのか
だからマスコミが介入してるだけ

357 :銀将:2008/07/12(土) 23:20:36 ID:C7D1aDW+
>>355
今回だけでないなら、出来心ではなく、女好きなのはにおかの本性。
もともと抹茶のように渋く生きるべきだった。
>>356
不倫は法律違反ではない。厨房レベルの下ネタに思うのですが。

358 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 00:21:32 ID:a3JDY2iX
アフガニスタンで花嫁の列に米軍が誤爆...またやってらぁ
アルカイーダだと思ったて...ホンマにアルカイーダに見えるん
だろか?年寄りも女子供も一杯いるのが見えないんだべか
誤爆を認めたとしても、精々「ごめんチョ」だべ...
どうせ、またやるだべ...現地人の列があったら、全部アルカイーダ
に間違えたと言えば済むんだべ...米軍って楽しそうだね、
そいつが、むしゃくしゃしたら、また誤爆して(ホンマは判ってるんだよ)
現地人殺したれ...スカーとするぜのノリだべ...

殺された人たちの悲劇なんかどうでもいいんだよん

359 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 00:27:52 ID:CSf2tGMm
>>358
戦争ですから

故意に女子供を狙う パレスチナのテロリストとは違いますwwwww

360 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 00:52:59 ID:RJMynV/P
>>358
あんたのお仲間のムスリムは、まいど、まいど無差別テロで、
女子供を殺しまくっているんだか、その点はどう思ってるんだ?
殺された人にも家族がいるだろうに、可哀想にな。

361 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 01:34:09 ID:a3JDY2iX
>>358
の続き...
米軍がアフガニスタンの何処かの村の婚礼の列を爆撃して
多数の死傷者を出してる事件は、誤爆ではなく婚礼の列で
ある事を知ってて、それを爆撃して多数の人間を殺害する事
が楽しくてやってる事ではないかと言ってるんだよ

キリスト教団にとっては忌まわしいイスラムの信者を血に
染める実に美しい話だよ...おめでとうございます。よくやったね!



362 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 01:35:42 ID:CSf2tGMm
>>361
ムスリムが婦女子を地で染めて天国に行くのは放置かよ ドン百姓がw

363 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 01:44:10 ID:a3JDY2iX
>>361 の続き
米軍は絶対知ってるで...どう考えても誤爆ではないよ!
現地の何処かの村の婚礼の列だと言う事位は見たら判るよ
そこにホンマにアルカイーダの構成員がいたとしても
何もできないだべ...アルカイーダを誤爆したなんて
全くの嘘だよ...初めから何処かの村の婚礼の列である事
を知ってるんだよ..米軍はその人達を殺す事が面白くて
楽しくてやってるんだよ

364 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 01:45:18 ID:CSf2tGMm
>>363
低脳?w

アルカイダって便衣兵ですが?wwwwwwwwwwwww

365 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 01:50:07 ID:CSf2tGMm
統合失調の被害妄想もいい加減にしろよ 五十過ぎのおっさんココモ

366 :ねむクマ:2008/07/13(日) 02:10:16 ID:EC3CngF3
>>329
カトリックだけではないと思いますよ。
教会(神前で)挙式をあげるというのはどういうことか牧師も説明しています。

367 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 08:36:22 ID:0IFJKo38
キリスト狂もイスラム狂もお互いどっちも殺しまくって来たのに
いまさらなに言い争ってんだ?
ホント頭悪いやつらだね。


368 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 09:14:38 ID:qlWeOrTC
ということにしたいのですね。

369 :銀将:2008/07/13(日) 09:17:56 ID:QPMj13LP
>>366
キリスト社会は、いまや世俗社会であり、世俗法が支配している。
教会の倫理が、信者に強制力を持つのは、信者の信仰心にかかっているという
のが現実なのでしょう。この点から言えば、秘蹟として結婚を残している
カトリックのほうが離婚しにくいのは確かでしょう。

370 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/13(日) 09:20:59 ID:1ow32RgF
>>369
離婚しにくいのは、宗教に無関係に、妻に収入見込みが無い場合。
芸能人の離婚を見れば、わかるでしょ。

371 :銀将:2008/07/13(日) 09:34:48 ID:QPMj13LP
つまるところ、離婚後の妻の側の生活、お金の問題なんだね。
  
イスラムの場合はきわめて合理的にできている。結婚は契約であり、
結納金と手切れ金を結婚前に、双方の親同士で決め、契約書を作る。
その額は半端なものではないらしい。

372 :銀将:2008/07/13(日) 09:44:55 ID:QPMj13LP
旧約世界もイスラムと似ていて、創世記に登場するヤコブは、
二人の妻(姉と妹)の父親ラバンのところで14年間働かされる。
これは結納金(手切れ金)代わりなのかもしれない。

373 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/13(日) 09:47:55 ID:1ow32RgF
>>371-372
ムスリムは、日本にそんないないから、どうでもいい。
それに、キリスト教質問箱スレだし。
イスラム教なんか、どうでもいいから、あっちで書け。

374 :銀将:2008/07/13(日) 09:58:21 ID:QPMj13LP
ムハンマドがいた頃のアラビヤでは、女児は嫌がられ、
親が殺してしまうこともあったという。ずいぶん野蛮な話だな、
と思ったけど、社会背景を考えたら何となくわかってきた。
 
部族同士の戦いがあれば、戦いの担い手は男であり、戦いに負ければ、
男は皆殺しにされ、女子供は奴隷にされてしまう。
苦労して女を育てるより、ひとりでも多くの戦士(男)がほしい。
そして他部族の男が、部族の女を妻にしたがる時はただではやれない。
育てた費用、また捨てられた時の保証金を請求する。

375 :銀将:2008/07/13(日) 10:03:42 ID:QPMj13LP
>>373
わかってないね。キリスト教における女性差別を話している。


376 :銀将:2008/07/13(日) 10:24:13 ID:QPMj13LP
イスラム以前、無法時代の別れかたは、
男が「お前の背中は母さんの背中だ」と言えば成立した。
イスラム社会では、男が女に、3回、離婚宣言をすれば成立する。
 
この簡単さの裏に、女性への手厚い金銭保証がある。

377 :銀将:2008/07/13(日) 10:42:54 ID:QPMj13LP
中東の人たちは、厳しい環境の中で、知恵をしぼって生きてきた。
そのひとつが、部族社会という血縁重視の集団である。
 
血がつながりがあるから、裏切られる心配がなく、
寡婦や孤児や障害者を受け入れ、年老いても安心して暮らせる、
近代的な社会保障を内在させたシステムである。

378 :銀将:2008/07/13(日) 10:55:27 ID:QPMj13LP
いまの日本と比較したらいい、中東の社会と。
 
いまの日本では、男女の合意によって婚姻が成立する。
そして子供たちは均等に相続する。
 
この日本の家族制度を眺めれば、寡婦や孤児や障害者や老人が
はみだしてしまう現実が透けて見えてくる。
 
かれらを受け入れていた部族社会の余裕はどこへ消えたのか?
そのほとんどが会社の利益へ、そして国家の利益へ。

379 :銀将:2008/07/13(日) 11:14:20 ID:QPMj13LP
暑いねー 中東は50度60度の猛暑だろうね。
中東で暮らす人々は大変だろうね、などと何となく思う。
  
しかし石油で潤う中東諸国は、砂漠に高層ビルを林立させ、
ビルの中をギンギンに冷房している。
原価で利用できる石油をドンドン燃やして発電している。
 
気の毒なのはその恩恵に預かれない人たち。

380 :銀将:2008/07/13(日) 12:00:45 ID:QPMj13LP
>>378
いまの日本では、男女の合意によって婚姻が成立する。
そして子供たちは均等に相続する。
 
この日本の家族制度を眺めれば、寡婦や孤児や障害者や老人が
はみだしてしまう現実が透けて見えてくる

381 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 12:11:53 ID:g0Yp2RN2
この銀将ってのは、ダラダラとスレ消費して、最終 イスラム教はいいよとか
言うんだろうな。ココモに指摘されてから手法を変えたつもりだろうが
相変わらず、宇罪な。

新しく「ダラダラと遠まわしにイスラム教を語るスレ」とか立てて消えてくれ。
マジ 宇罪

382 :銀将:2008/07/13(日) 12:12:33 ID:QPMj13LP
産業構造の変化 + 男女の合意によって婚姻が成立 → 核家族化
核家族化が深化 → 子供は親と別居し、独居老人が増加している
 
日本の家族制度が、独居老人が増加している背景にある。

383 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/13(日) 12:14:49 ID:1ow32RgF
>>381
同意!
スレを荒らし回る、銀将は、死んでほしい。

384 :銀将:2008/07/13(日) 12:24:59 ID:QPMj13LP
>>381 >>383
非難ではなく、あなたたちも話題を提供しよう。
重箱の隅っこではなく、社会性のある話題がいいですね。


385 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/13(日) 12:29:00 ID:1ow32RgF
>>384
スレタイを確認して、 消えなさい。

386 :銀将:2008/07/13(日) 12:39:58 ID:QPMj13LP
核家族の深化 + 子供たちの均等相続 → 放置される独居老人
 
日本の家族制度は均等相続である。そのため、老親を介護する子供は
貧乏くじを引いたようなものである。痴呆症状があればよけい。
  
いまの社会は、核家族を維持するのが精一杯なように仕組んでいる。
だから、老親を介護する子供は、ほかの兄弟より確実に不利である。
→ 均等相続は、姥捨て山への道しるべ

387 :銀将:2008/07/13(日) 12:47:27 ID:QPMj13LP
キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、どんな宗教も、
男女の関係、母子家庭、孤児、寡婦、障害者、老人などの問題を、
素通りできないということだね。

388 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 13:32:28 ID:Z0mvEYi4
神が奪え殺せ女は自分の物にしろと命令してるのに
その通りにして何が悪い?
キリスト者なら理解して当然だとおもうが?

389 :銀将:2008/07/13(日) 13:58:57 ID:QPMj13LP
>>388
イスラム教の場合も、旧約の場合もそうですね。
偶像崇拝者、多神教徒に対しては、情け容赦もないですね。

390 :銀将:2008/07/13(日) 14:28:40 ID:QPMj13LP
いまの日本では、男女の合意によって婚姻が成立する。
そして子供たちは均等に相続する。

これが日本の家族制度だけど、両性の合意は憲法規定であり、
子供たちの均等相続は民法規定である。
 
これをそのままにしておくなら、将来を冷静に考えた場合、
子供を作らない方が利口かもしれない。
 
今は、格差拡大を政治的に進めているから、子供にとっても、
生まれないほうが幸せだろうと思う。やな時代ですね。
こんな社会にした政治家の罪は重い。

391 :銀将:2008/07/13(日) 16:05:30 ID:QPMj13LP
素朴な疑問だけど、キリスト教も一夫多妻を否定していないよね。
イエスもパウロも、一夫多妻を禁じる、とは言っていなかったような?

392 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 16:19:01 ID:NF5Vfskf
儒教の国も年長者が敬われるよね。
あの国のコンテンツは基本的にお年寄り、父母をひどい扱いしないから安心して見てられる。

393 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 16:22:48 ID:NF5Vfskf
>>391
人のあばらを取り出して女を作ったんだから数は限られてんじゃないの?
一人でいいじゃないか。
女のほうからしても別の女と一人の男を共用したくはなかろう。

394 :銀将:2008/07/13(日) 16:30:03 ID:QPMj13LP
イエスは、離縁を語っているのに、一夫多妻制を否定していない。
キリスト教には、だまされていたかもしれない。
 
時代背景からして変だよね。ムハンマドは600年頃の人だけど、
その頃のアラビヤ半島は一夫多妻制が普通に行われていた。
イエスは、すぐ近くの、600年前の人だ。

395 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 16:44:06 ID:NHU00N/h
気持ちのフォローとか考えたら一人で手一杯。
複数の女をケアする甲斐性は俺には無い。
銀ちゃんなら多妻の面倒見られそう?

396 :銀将:2008/07/13(日) 16:58:09 ID:QPMj13LP
>>392
国家の役割は、高齢者を大切にすることにつきると思う。
だれもがやがて老人になる。老人が大切にされている社会であれば、
だれもが自分の老後に安心する。これが政治でしょう。
 
それなのに今の日本は、その正反対を突き進んでいる。
アジアの中でも、情けない国家になりましたね。

397 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 17:02:09 ID:g0Yp2RN2
>>394
銀将はグダグダ ダラダラと遠まわしに、イエスも一夫多妻を容認してたと
つまらない理屈に辿りつきました。お前は当時のユダヤ人を分かってないわ。
200位スレを無駄使いして、一夫多妻はイスラムだけじゃないって 
結局それだろ。

前に俺が言った通りじゃん。 俺は預言者かっつーのw
てか、お前のやりかた、メッチャ幼稚だもん。バレバレ。

厨房の学校のトイレくらい 臭すぎて、ゲロ吐きそう。

398 :銀将:2008/07/13(日) 17:06:31 ID:QPMj13LP
>>395
ほとんどの人が、ひとりでいい、と思うのではないですか? 
ただ、洗脳されていたことがちょっと悔しい、という話ですかね。
におかもモナも気にしなくていいよと。

399 :銀将:2008/07/13(日) 21:13:21 ID:QPMj13LP
宗教における女性の扱いはほんとうにひどいね。
キリスト教はましかと思ったけど残念。
女性が天国に行けるのかどうか、あやしくなってきた。
行けるのだと、洗脳されているだけかもしれない。

400 :銀将:2008/07/13(日) 21:38:13 ID:QPMj13LP
聖書にしてもクルアーンにしても、
天国に入る人たちの中に女性が数えられていないような感じがある。
女性は天国に入れないのかもしれない。盲点だったか。

401 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 22:26:31 ID:a3JDY2iX
>>400
この聖句の出所は臥せておく、どの様に理解されるだろうか?

 シモン・ペテロが彼らに言った。”マリハムはわたしたちのもとから去った方
 がよい。女たちは命に値しないからである”。イエスは言われた。”見よ、私
 は彼女を天の国へ導くであろう。私が彼女を男性にするために、彼女もまた、あ
 なたがた男たちに似る生ける霊になるために。なぜなら、どの女たちも、彼女
 らが自分を男性にするならば、天の国に入るであろうから”


402 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 22:31:49 ID:CSf2tGMm
>>401
マグダラの福音書だろ?w

403 :銀将:2008/07/13(日) 22:57:06 ID:QPMj13LP
>>401
本質的には女性にも男性と同じ能力があると思う。しかし実際には、
女性が神を知り、仏を知ることは不可能なように思う。
仏教でもキリスト教でもイスラム教でも女性の扱い方は似ている。
女性の能力は霊媒的な方面かもしれない。


404 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 23:12:59 ID:P1BzySRz
>聖書にしてもクルアーンにしても
>女性は天国に入れないのかもしれない。

聖書でそんなこと言ってんの? でたらめ?

うざい男をインポにするには
興奮した男に母親の話をすると多少は
興奮おさまるんだよ かあちゃん思い出してみてってwwww
男って興奮した瞬間きもいよね なんで?
ちょっと密着しただけでちんこたつってなんなの?
神はどーしてそんな仕組みしたの?
こんなんじゃ婚前に付合っててやらない方が無理だよ?


 







405 :銀将:2008/07/13(日) 23:24:04 ID:QPMj13LP
女性の場合は、いつの時代でも、男性より荷が重い。
生きていくために、周囲の力、男性の力を必要としている。
愛されることを必要としている。これがネックである。
 
父親に可愛がられる女児は幸せだろう。
父親から社会常識を学び、社会に逆らわない女性になる。
普通、うつタイプであり、信仰するなら易行道(念仏など)がよい。

406 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 23:25:45 ID:P1BzySRz
旧約って 百歳超えて人が生きるとか子供ができたとか
実話? 旧約で神は複数妻を公認とか近親相姦してるなんて
全然十戒と違うじゃん

旧約って不倫理だらけで ぜんぜん聖なる書じゃないな





407 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 23:31:16 ID:a3JDY2iX
>>401 の注釈
シモン・ペテロの発言は、おそらくキリスト教団の制度を批判してる
んだと思うw...当時(約1800年前)のキリスト教団では
「女たちは命に値しない」と認識されていたんでしょうね...
その後のイエスの発言も、現代ではどうかと思われるが、1800年前
の人たちの考え方なんだから、当時としては精一杯フェミニスティな
んだと思うw...少し前にピリフォ福音書の「花嫁の部屋」の説明を
したと思うけど、その考え方からイエスの発言を整理すると
男は自らの「男の性」を捨て、女は自らの「女の性」を捨てれば
覚知(グノーシス)した人間になり、天の国の人になれると言う
主張ではなかろうか


408 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 23:32:03 ID:CSf2tGMm
>>407
異端文書ですのでwwwwww

409 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/13(日) 23:33:33 ID:a3JDY2iX
>>406
>旧約って不倫理だらけで ぜんぜん聖なる書じゃないな
聖なる書の意味がキリスト教徒の考える価値観と全然違うと言う事だよ

410 :銀将:2008/07/13(日) 23:34:10 ID:QPMj13LP
>>406
十戒は一夫多妻制を否定していない。
信仰していると、聖書に書かれた性の乱れが気にならないし、
子供のいけにえなんかも気にならない。耳が鈍く、目が見えなくなる。

411 :銀将:2008/07/13(日) 23:46:06 ID:QPMj13LP
>>409
ココモ氏はムスリムではなくグノーシスに近いでしょう?
 
それにカラス氏とよく似ている。気のせいかな。 


412 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 23:47:20 ID:P1BzySRz
男性も社会で
気張って疲れてるんだから
癒しが必要なんだよ
>>410
十戒で姦淫してはならないって
>>旧約聖書では異性を情欲の目で見る事、不倫関係を持つことが姦淫である

多妻って結局現代の不倫の状態と変わらないんじゃないの?
妻とすれば何人でもおkって言ったらさ

413 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/13(日) 23:48:29 ID:CSf2tGMm
>>411
カラスのほうがずっといいw

414 :銀将:2008/07/13(日) 23:52:18 ID:QPMj13LP
>>412
エンゲルスによれば、一夫一婦制を支えているのは、不倫と娼婦だってさ。
キリスト社会も偉そうなことはいえない。実質一夫多妻。

415 :銀将:2008/07/14(月) 00:02:11 ID:QPMj13LP
>>413
別人でしたか。 
アホアホとか、あははははは・・・とか、似てるような気がした。

416 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/14(月) 00:24:46 ID:PsPbp1lr
>>410
>十戒は一夫多妻制を否定していない。
ダビデやソロモンに何人愛人がいたのか調べてみぃ
キリスト教団とて、権力者のハーレムを否定した分けではあるまい。
(権力者との力関係で、権力者達に偉そうに言える立場の場合
 権力者にも一夫一婦制を説いたと思うが、権力者の保護による
 御用教会の場合は、権力者のハーレムに目を瞑ったと思われる)

一般大衆の教科書として一夫一婦制を説いてるだけだと思うが...


417 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 00:28:48 ID:uS2FV9vQ
>>416

爺さん秘蹟も知らんのか?w

否定してるってハーレムはw

旧約は古い契約なのwwww田川中毒の爺ってw

418 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 01:05:06 ID:PCzL5ijd
>>406
>旧約って不倫理だらけで ぜんぜん聖なる書じゃないな

創造主(神)の視点からは、新約こそ「冒涜の書」。そもそも、創造主以外の
神を崇めることは、十戒違背の大罪。

旧約には、人間の洞察がある。旧約に表れる非倫理性は、少なくとこ反面教師
として働く余地がある。新約には、それがない。全体的に「反創造」「反倫理」
である。

>>412
>旧約聖書では異性を情欲の目で見る事、不倫関係を持つことが姦淫である

イエスとは異なり、旧約は、「心の中で姦淫を罪を犯した」などというアホな
ことは言わない。これでは、「殺意を覚えただけで殺人罪」と言ってるのと
同じ。道徳・倫理とは、心の中で何を思っても、「行為」を思いとどまること
である。イエスは、道徳・倫理とは何かを、全く理解していなかった。

419 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 01:28:33 ID:CmOP1M6y
>>408
>異端文書ですのでwwwwww サロメ神曰く。

ヤハウェと同じく、サロメ神も思い違いをするんだな。
ミトラ教からパクッタのは事実なんだから、今のキリスト教自体が異端そのものじゃん。
異端から、異端って言われるって事は、マグダラとか言うのは、正当なのか?

420 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/14(月) 01:44:48 ID:PsPbp1lr
>>419
>異端から、異端って言われるって事は、マグダラとか言うのは、正当なのか?
異端とか正当とか言う前に、文章そのものを理解する能力が全く欠落してる
のではあるまいか...前出の聖句はトマス114節だけど...僕は
なるべく、トマス114節を書いた人の意図を自分なりに説明したつもり
なんだけど...アホは文章そのものがどうなのかと言う論議が全く出て
こないで、異端だ、田川だと言ってるんダロ...それがアホ信者の
実態だよ...つまり文章そのものの論議は全くできないんだよ...だから
どこからの引用かを出さなかったんだべ...それで、トマス114が
はたしてどうなのかは、誰も言わないだべ...それが、このスレで
繰り返される毎度お馴染みのシナリオだよ...

421 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 01:53:03 ID:uS2FV9vQ
>>420
あそw

異端文書なんて関心ねーんだよ爺さんw

っていうか腐れ仏教の焼き直しジャンかw

変成男子って知らんのか爺さんwwww

422 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 02:43:16 ID:7l/whSnM
流れ止めてすいませんがキリスト教とユダヤ教はどういった繋がりがあるのでしょうか?

423 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 03:12:10 ID:ovZBXHgu
原罪ってなんですか?
なぜイエスが死んだことでその償いになるんですか?
宗教的語彙によらず日常語で説明してください。

424 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 07:13:08 ID:Xch9Z6/i
>>422
キリスト教は、ユダヤ教の狂信者であったイエスを開祖とする、ユダヤ教の
超異端、超カルトで、人間であるイエスを、創造主の地位に祭り上げようと
するものです。

>>423
イエスは、創造主の冒涜罪という、自分の罪によって十字架で処刑された犯罪
者であり、他者の償いなどどは一切関係ありません。

原罪とは、創造主から食べるのを禁じられた「知恵の木の実」を食べたために
人間が自然状態から離れ、勝手に「善悪観念」を持ってしまった(神になろう
とした)ことです。イエスやクリスチャンが、この原罪に該当します。

425 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 08:16:25 ID:I1aRlyjh
実に巧妙に虚実を入り混じえて書き込むな。
関心するわ。
ご隠居さんかな?

426 :ユダ:2008/07/14(月) 12:13:12 ID:izFwZYcn
 俺は悪くない。

427 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 16:36:44 ID:UxLeztwJ
ユダは自殺したから悪い。

428 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 18:43:11 ID:bGige2jO
イエスってじつは再臨しないんですよね。 そのいいわけとしては?

429 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 18:45:29 ID:O8/tEgb2
>>427
ユダを自殺に追いやったのは、ほかならぬイエスである。弟子たちの面前で、
ユダが裏切り者であることをほのめかし、高価な香油を使うイエスと女に対し、
「売って貧しい人に施すべき」と誠に正当な批判をしたのに切れて、「お前など
生まれてこないほうがよかった」などと暴言を吐いた。イエスは、己の罪を
「悔い改める」べきである。

そもそも、ユダの「裏切り」がなければ、イエスの十字架もなく、イエスは
ナザレ村のしがない大工の息子で終わっていた。ユダこそ、キリスト教に
とって、イエスやパウロを凌ぐ大功労者である。

430 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/14(月) 18:55:35 ID:n9H/E2v3
>>429
ユダが自殺したのは、福音書が売れなかったからよ。
マタイやマルコたちが書いた福音書は、人気あって売れたのに、ユダが書いた福音書は、売れなかった。
ユダは、やはり俺には文筆の才能がないんだ、と嘆き悲しんで、死を選んだのよ。

431 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/14(月) 18:55:37 ID:PsPbp1lr
>>423
>原罪ってなんですか?
アホ信者を大人しくさせる為に、考え出された物。
原発明考案者はパウロ。3〜4世紀にその発明品を
展開して、キリスト教のドグマとなった。
人間は生まれながらにして、罪を負ってると言う考え方。

>なぜイエスが死んだことでその償いになるんですか?
全く償いにはなりません。この発想は一種のレトリックです。
イエスが処刑された事について、真相をカモフラージュする為に
こじつけた物です。

>宗教的語彙によらず日常語で説明してください。
出来るだけ普通の人が使ってる言葉を使いました。

432 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/14(月) 19:01:46 ID:PsPbp1lr
>>427
>ユダは自殺したから悪い。
何回説明しても、全く理解していないのがこの手のアホ信者だべ
ユダが自殺したと書かれてるのは、あまたある福音書の中で
マタイ福音書だけだってバ...マタイ教団は、そのシナリオ
が一番ふさわしいと思っただけだべ

誰が何を言おうが、アホ教の信徒は「ユダは自殺」と言うのが
好きなんだべ

433 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/14(月) 19:26:37 ID:PsPbp1lr
>>431 続き
>原罪ってなんですか?
町中の人間がみんな風邪を引いたら、医者が儲かってしょうがないだべ
皆を罪人にして、教会へ来て祈れば罪が許されますってやってれば、
教会が儲かると思ったんだべ(昔はそれで教会の利益に貢献したんだべ)

今もそのカラクリが見破れない御仁がいるだけの事だべ

434 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 19:28:18 ID:O8/tEgb2
「ヘブライ語から聖書を読み解く(?)」とかいう書名の最新の研究書を
立ち読みしてきたが、ユダヤ人としてイエスが使っていたヘブライ語の
意味では、「罪」や「悔い改め」は、ギリシャ語聖書の意味とは全く違うら
しい。ギリシャ語への翻訳段階で間違えたのだろうと、著者は言っている。

「罪」は、ヘブライ語では複数になっているそうだ。神道で言う「もろもろ
の罪穢れ」である。神道では、禊すれば(シャワーでもよいw)、さっぱりと
洗い流せる。

「罪概念」も、パウロが言うような、すべての人間にまつわりつくような
陰湿な罪ではなかった。人間は罪人ではなく、すべて善人だったのである。
従って、イエスの贖罪は全く不要で、単なる「犬死」だった訳である。

435 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 19:37:29 ID:uS2FV9vQ
>>433
ばーかw

原罪の定義 説明してみろw

爺さんは実際の教理についてはぐだぐだだなぁw

436 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 19:38:44 ID:uS2FV9vQ
>>432
マタイ教団なんてないってw

ユダヤ属州周辺のクリスチャンの伝承の統合だよ マタイ伝はw

何だよ教団ってwwwww

437 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 19:47:38 ID:Qf+Jrp6Q
引用もできないアホの子がいると聞いて。

438 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 19:48:31 ID:CmOP1M6y
>>436
>マタイ教団なんてないってw

>ユダヤ属州周辺のクリスチャンの伝承の統合だよ マタイ伝はw

>何だよ教団ってwwwww

サロメ神は、ヤハウェと同じで、自分が全てを知っている神だと思いこんでおられます。

どうぞ、逆らわれませんように、逆らう事は全く無意味です。

ヤハウェと同じく、訳のわからない事を言われますが、気になさいませんように。

アーメン ソーメン サロメ神。

439 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 19:59:35 ID:bCbZn2co
あ、うそつきだ!

440 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/14(月) 20:06:22 ID:otFoWQtX
くだらねえ。
ベクトルの違う記述の整合性を求めてどうする。
福音は何だ?
そこから読め。
聖書を読みながら真理を求めるな。文字の迷路に迷うだけだ。


441 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 20:18:34 ID:uS2FV9vQ
>>440
老いの一徹だからねぇ

オトコスキーの爺さんは

442 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 20:42:55 ID:GKVQFDXa
>>440
>福音は何だ?そこから読め。

その「福音」そのものの「信憑性」を問題にしているのだよ。現代人とし、
「信じるに値すか」を、徹底的に追求・解明することが、「信じる」こと
の前提ではないのか。


443 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/14(月) 20:47:17 ID:otFoWQtX
>>442
知る事と信じる事の違いを先ず理解する事。
宗教学がやりたいなら、板が違う。

444 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:22:01 ID:B3WpDyLQ

「異端」と聞いて飛んできたぞ。

445 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:25:53 ID:B3WpDyLQ
>>436
「マタイ」と「マルコ」は別な書物なわけだから
少なくとも、
マタイを使用していた教団と、
マルコを使用していた教団は別だったろうな。

446 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:30:39 ID:B3WpDyLQ
>>407
トマスの福音書は
マリアを否定するペテロ一派を皮肉っているのではないかね?
115節はペテロ一派の主張へのアンチテーゼだろう。

447 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 21:36:25 ID:jR8X8bYn
あっ!狐憑きだ

448 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:37:41 ID:B3WpDyLQ
>>447
狐憑きぃ?

449 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/14(月) 21:40:53 ID:uS2FV9vQ
>>445
教団って何ですか?www

初期の信者の集団であって 相互に連携はありますが?w

450 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:42:12 ID:B3WpDyLQ
>>449
サークル、グループ、共同体、etc.

451 :Heiliger ◆TOD33vFX8s :2008/07/14(月) 21:43:09 ID:B3WpDyLQ

ん?
「エホバの証人議論スレ」で面白い話が出ているのう。

452 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 07:19:51 ID:O+Wlvw9p
ユダの自殺話は、あまりにも幼稚すぎるべ...
アホ教団が2〜3世紀にマタイ福音書に付け足した創作話だべ

453 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 07:30:45 ID:ElD0KaMZ
根拠出せないアホの子がいると聞いて。

454 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/15(火) 08:09:32 ID:H7HTFs3B
>>452
だーかーらーw
その時期に贋造したら教父が黙ってないってwwww

マジ馬鹿w

リベラルの聖書修正主義者を妄信するから当時の状況見失うのw
原始教会の時代の各集団って たとえば親鸞以降の真宗よりつながりはあるんだよwww

455 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 10:53:28 ID:ZLkZPYFN
神の被造物であるはずの人間に、ありもしない「罪概念」を植え付けて「脅迫」
し、それを「救ってやる」という「甘言」で勧誘するパウロの宣教テクニック
は、真っ向から神に反するとともに、人間の精神に対する犯罪行為以外の何物
でもない。

これほど悪質なカルト宗教は、他には存在しない。

神を語るキリスト教は、この重大な犯罪行為を直ちに停止し、「人間の罪」と
いう概念を、即刻廃止すべきである。

456 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 11:18:58 ID:ZLkZPYFN
>>454
「大昔の本に書いてある知識」を「見てきたかのように」振り回さないで、
現代人としての「合理性」を以って判断すべし。

聖書を初め、「大昔の本に書いてあること」が正しいという証明は、一切不可
能である。

それに、「クリスチャンが書いたキリスト教の歴史」などが聊かでも信用
できる訳がなかろう。「自己正当化」「護教」以外の要素は皆無なのだから。

聖書やキリスト教の研究は、ノンクリによるものに限定すべき。まあ、これほど
荒唐無稽で馬鹿馬鹿しい聖書などを研究するほど暇で、物好きなノンクリも
いないだろうが。他にやるべきことは、無数にあるのである。

457 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 12:54:38 ID:/nNFMR2H
ある程度年齢行ってくと当時は何とも思ってなかったけど、今考えると「ひでえことしちゃったなあ」なんて思っちゃうことがあるのよ。
そういうのない人エラいなあとは思うけど我が身を振り返ると謝っても謝り切れないものばかりだ。
自分で自分が許せない、自分の罪意識に耐えられないってやつだな。

自分を棚上げできる性格なら気楽だろうなあ。
他者を叩いとけば満足できるもんな。
そんな生き方してみたいもんだ。

458 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 14:49:57 ID:ko7hh9gZ
親がクリスチャンなら流産した赤ちゃんも天国に入れますか?

459 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 15:25:34 ID:BGPkulqe
>>457
それは、共同体において、他の成員を害した「行為」。反省するのは当然の
こと。さもなければ、共同体における共生は不可能になる。

キリスト教における「罪」とは、「他者に対する行為」とは無関係な、自分の
身体に生来的に染み付いた「罪」。そんな「罪」は、初めから存在しない。
神は、空想の産物だから、「神に対する罪」も空想の産物であり、存在しない。

キリスト教の罪概念は、他者に対する行為とは無関係な、理由のない「罪悪感」。
これは、単なるうつ病の症状である。

これら二つの罪概念を、明確に区別することが、先決である。

460 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 16:22:34 ID:yrGEU718
ユダはイエスから死ぬ事を許されなかった
後の吸血鬼ドラキュラである。

461 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 19:43:35 ID:QAHhwRtK
>>459
てことはあんたは他者に対して潔白(罪無し)、もしくは大いに反省し相手に謝罪、和解したわけだな?

462 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 21:02:33 ID:O+Wlvw9p
>>458
>親がクリスチャンなら流産した赤ちゃんも天国に入れますか?
「天国」なんて、アホ教がミトラ教からパクッて、勝手に店に
並べてる商品だし、もともと何の根拠もないから、誰も行けないよ

聖書に書かれてる「天の国」は、生きてる人に与えられる物で
あり、残念ながら流産した赤ちゃんには与えられません。

463 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:27:26 ID:wC94wsL+
キリスト教に入りたいんですが
まずどうすればいいんですか?

464 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 21:31:25 ID:O+Wlvw9p
>>463
>キリスト教に入りたいんですが
>まずどうすればいいんですか?
約一年間このスレをじっくり読んで、キリスト教に入る事が、人間として
あるまじき行為かどうか見極めて、それでも入りたければ、その時にまた
入り方を尋ねるべし。

465 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:33:24 ID:wC94wsL+
>>464
すぐ入りたいんですけど。辛いんで。読む力もないし。
どこいけばいいんですか?

466 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/15(火) 21:37:17 ID:Ly1RN6gg
>>463
タウンページで、宗教・団体・教会に掲載している所に電話をかけてみてください。
今、あなたの悩みなり考えを話して、次の日曜に納得のいく教会に行ってみてください。

ただし、洗礼をその教会で受けるかは、十分時間をかけてください。


467 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 21:39:52 ID:O+Wlvw9p
>>465
どうしてもと仰るのであれば、カトリックか正教会がお勧め

カトリック
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/index.htm
正教会
http://www.orthodoxjapan.jp/

で、お近くの教会を探してください。

468 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:41:44 ID:wC94wsL+
近所にキリスト教の看板がたった普通の家があるんですが
そこは止めた方がいいでしょうか?

469 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 21:44:58 ID:O+Wlvw9p
>>468
>近所にキリスト教の看板がたった普通の家があるんですが
>そこは止めた方がいいでしょうか?
如何わしい所へ行くと、二度とまともな人生を送れなくなる場合も
あります。



470 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:47:54 ID:wC94wsL+
>>469
とりあえず行くだけ行って見て自分にあっていないと思ったらやめるのでは駄目ですか?

471 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 21:48:09 ID:vEY/YZ1w
>465
よっしゃ、僕が協力するぜ



472 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/15(火) 21:53:18 ID:O+Wlvw9p
>>470
>とりあえず行くだけ行って見て自分にあっていないと
>思ったらやめるのでは駄目ですか?
合ってると思う所が後々ヤバクテ、敷居が高くて入り難そうな所が
まともな所です。

473 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/15(火) 21:58:44 ID:Ly1RN6gg
>>470
キリスト教の基本的な知識をお持ちですか?
ココモさんの言われる通り、いかがわしい教会も存在します。

あなたは、今苦難の中にいて苦しい状況で、奇蹟のような救いを期待しているかも知れません。
でも、信仰にはそんなインスタントな救いはありません。
それを求めて教会を選択するのなら、くれぐれも注意してください。


474 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:01:22 ID:a6Vy9EG1
>>470
>とりあえず行くだけ行って見て自分にあっていないと思ったらやめるのでは駄目ですか?

キリスト教は、紀元前6世紀のミトラ教のパクリです。
どこをパクッタかと言うと、

処女懐妊 さまざまな土地での布教 多くの病の人を治した。 地獄に下り3日後に復活
再臨 です。つまり、イエス、キリスト教とは無縁の異端なのです。

今のキリスト教は、イエスの教えを無視した救いの無いものです。
まずは、ここでの書きこみを見て、なぜこんなに批判があるのか?
を考えて下さい。

キリスト教は、ミトラ教の教義を模倣しただけの、意味の無いもの。
http://homepage2.nifty.com/Mithra/Mihrijja_Mithra_and_Christ.html

475 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:02:15 ID:26GNZqC4
>>467
カトリックの司祭の権限が異様なのが気になるが・・・・

476 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:05:03 ID:vEY/YZ1w
何がそんなに辛いんだ 僕に何かできることはないか?

477 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:16:21 ID:wC94wsL+
>>476
気持ちはありがたいけど
お互い正体の知らない同士の君じゃ。
とりあえず近所の普通の家にキリスト教って書いてある所に行ってみようかな。

478 :神も仏も名無しさん:2008/07/15(火) 22:25:01 ID:vEY/YZ1w
やっぱりそうなるか、うんうん仕方ないよな
言葉だけじゃ信用ないもんな
ごめんよ力になれなくて;;




479 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/16(水) 00:00:10 ID:ABaciRTN
>>474
キリスト教の教理で一つ位ホンマでオリジナルな物はないんだろうか...

キリスト教団と言う所は、確かな物を追究する能力が全くないと言う事だべ
だから、アホ教団は何の根拠もない好き勝手な物語を造るんだよ...
然るべく根拠を積み重ねると言う発想が全くないんだべ


480 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 00:10:25 ID:qlMEDSi9
>>479
オリジナル?

481 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 00:51:01 ID:2nZBeHin
キリスト教って、調べれば調べるほど、精神医学的現象。ありもしない「聖霊」
「罪」概念を植えつけて、信者をトランス状態に陥らせる。イエスのたとえ話
も、具体的内容は空虚と論理矛盾そのもの。当時のイエスはシャーマンだった。

聖書を「人生の目的」とするなど、とんでもないこと。一度きりの貴重な人生
を狂わされるだけ。

482 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:03:40 ID:cyfxU5bb
>>481
それは出会いによるよ
聖書ほど多面的な書物はないからね
面によっては精神的に辛いことばかりな人生を過ごすキリスト教会もあるんじゃないかな

483 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:12:37 ID:2nZBeHin
>>482
>聖書ほど多面的な書物はないからね

聖書は、狂気の所産に過ぎないから、どううにでも解釈されるだけ。それは
「多面的」とは言わない。肝心の「人間」や「現実」は、すっぽりと抜けてい
る。現実上の根拠は皆無な、「観念の遊戯」である。

癒し主スレの、クリコテたちの「狂乱状態」が、それを証明している。

484 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/16(水) 01:14:42 ID:HZvVtaBt
>>482
>それは出会いによるよ
>聖書ほど多面的な書物はないからね
キリスト教団は、一切の出会いのチャンスを封鎖している...
それで、アホの教理に染めてしまう...アホ教が語る物語を
聞いてみぃ...

485 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:29:35 ID:gb1u6Qlw
みぃ

みぃ

486 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:29:54 ID:2nZBeHin
イエスの周囲には「女」が多い。イエスは、大食漢の大酒飲みだった
から、性欲も人一倍強かったのだろう。女には、異常に甘い。

聖書の主役は「女」である。女は、生理上、トランスに陥りやすい。

そもそも、ユダヤ教の祭司であるイエスは結婚する義務があった。
マクダラのマリアが、イエスの女であったことは明らか。

イエスの「心の中で姦淫の罪を犯した」のくだりは、「俺の女に懸想
するな」という「脅し」だったのではないか。

面白い本がでている。「封印されたマリアのキリスト教」(斉藤忠著、
2007年6月19日 学習研究社発行)。著者はノンクリだから、
内容は信用できると考えてもよい。

487 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:33:45 ID:cyfxU5bb
>>483
誰にでも居場所が必要だろ 栗コテのみなさんは居場所が出来て喜んでるんだろ福音原理だろうけど

>>484
まあ確かに聞いてられない宗派もあるんだけど
それは好みの問題だと思う

488 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:34:42 ID:qlMEDSi9
>>486
イエスが祭司だったという説は初耳だな。
ラビだったという説は有名だけど。

489 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:39:56 ID:2nZBeHin
>>487
>福音原理だろうけど

「福音」とは、つまるところ、「狂気」のこと。「法悦(トランス)」状態
である。そんなものを「人生の目的」としたら、一体どうなるか。一生を
「酔生夢死(トランス)」の状態で終わることになる。

490 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 01:52:12 ID:bZKX2oNa
>>479
キリスト教の教理で一つ位ホンマでオリジナルな物はないんだろうか...

>キリスト教団と言う所は、確かな物を追究する能力が全くないと言う事だべ
>だから、アホ教団は何の根拠もない好き勝手な物語を造るんだよ...
>然るべく根拠を積み重ねると言う発想が全くないんだべ

ほんとにそう思うよ。 今のキリスト教には、自分達のオリジナルの教義は
一つとして存在しない。 精神性の問題だとは思うが、これほど他宗教の
模倣をしておいてよくもまあ、聖書ずら出きると思う。

アホ教団の大淫婦は凄いよ。 
飽魔って、ほんとに天使ずらして近ずくもんだね。



491 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 06:08:49 ID:gb1u6Qlw
飽魔飽魔言ってるのは同じ人だと思うんだけど「飽魔」ってなんて読むの?

492 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 06:15:45 ID:UrV2Ld2E
三位一体はキリスト教オリジナルでしょw

493 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 06:39:00 ID:bZKX2oNa
>>492
>三位一体はキリスト教オリジナルでしょw

ミトラ教では、3重のキリストと言う教義があります。
ミトラ教のキリストは、ヨハネの秘密の書で語られる少年の姿をしたキリストですが
ある日、ヨハネの前に、キリストが現われ、そのキリストが老人(父)の姿に変わり
次に青年に変わった。それぞれ別に存在した訳ではなく、輝く中にその3人のキリストが
重なり合い、一つの神の姿に見えたとあります。(他の伝承もあります)

三位一体は、キリスト系グノーシスや西方ミトラ教のアイオーンが源流になる教義で
現在のユダヤ系キリスト教のオリジナルではありません。



494 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 06:43:38 ID:Porn+86S
>>492
三位一体は、ヤハウェ以外の神を崇めるという、十戒違背の大罪を必死で
逃れるための、理屈にもならない屁理屈。

それに、古代の王は、すべて三位一体だったのでは。

495 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 06:56:18 ID:UrV2Ld2E
三位一体の肝は、ヘレニズムの一元論を偶像崇拝に盛り込んだことです。
これは、キリスト教のオリジナルですよ。


496 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/16(水) 07:23:04 ID:HZvVtaBt
>>495
>三位一体の肝は、ヘレニズムの一元論を偶像崇拝に盛り込んだことです。
>これは、キリスト教のオリジナルですよ。
経典のイエスや実在したとされる人間イエスとは、全く整合しないべ
三位一体は矛盾の最たる物だべ...神学者が考えたとはとても考えられない


497 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 07:36:31 ID:UrV2Ld2E
> 三位一体は矛盾の最たる物だべ...神学者が考えたとはとても考えられない

あなたは三位一体を理解してませんね。
それを矛盾捉えると、キリスト教ばかりではなく中世も理解できませんよ。
三位一体は、飛躍ですよ。
キリスト教のオリジナルだから、中世は始まったのです。
日本の中世が菅原道真の怨霊で始まったのと同じです。

498 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 08:10:07 ID:sqQTF2S7
旧約聖書に「神様」、「救世主」、「救世主後に救世主を受け入れた各人へ神様から出たもの」の記述があってそれらが一つ所(神様)から来てるって話だろ?
三つ目がわかりにくいけど、物理的な制限無く神様の救いを多くの人に届けようとする神様の御計画 位の意味だろ。

499 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 10:03:51 ID:GDxqHbi+
>>458
キリスト教では、人間の精子と卵子が結合した瞬間から人間として認めている。
流産しても胎児は人間だから、天国に行ける。だから全く心配することはないよ。
母親が意図的に流産しない限り、母親にも罪がない。

お腹の子を堕胎(おろすこと)した場合は、お腹の子には責任がないから、この場合も胎児は天国。
ただし、堕胎は大罪だから、堕胎を意思決定した母親や父親、実際に行った者は罪が重い。
殺人をするにあたって、お腹の外で行おうが、お腹の中で行おうが殺人にはかわりがないからね。
日本人の多くが経済的事情とか何とかで堕胎をしているが、その数はヒットラーによるユダヤ人虐殺500万人を優に超えている。

>>463 >>465 >>470
聖書は一人で読んで理解できることではないからね。初心者には辛いとおもうよ。
聖書はキリストの弟子たちによって書かれ、その初代の頃のカトリック教会によって編集されたものだから
聖書を正しく間違いなく読もうとすると、カトリック教会でなければわからないことだらけになるよ。

本気で聖書を読むのなら、カトリックのバロバウ訳の聖書を特に勧める、一生ものだよ。
今は講談社でもバロバウ訳の聖書を出しているから、それを注文しても同じ。
金額的に多少高いと思うなら、頻繁に使用する新約聖書(バロバウ訳)のみ購入する方法もある。

教会選びは、決して後悔しないように慎重過ぎるほど慎重に選ぼう。
西洋ではカトリック教会のみを教会と呼ぶが、それなりの理由があるがプロテスタントに居ては一生分からない。
だから、聖書はカトリック教会で勉強することを勧める。
看板に必ず、「カトリック教会」と書かれていることを確かめていこう。


500 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 11:01:06 ID:jgkiIOW+
>>499
「聖書を理解する」「正しく間違いなく読む」とはどういうことかね。
大昔の人が書いた書物だから、そんなに難しい、複雑なことは言っていない
はず。書いてあるままを読んで、現代人の知識と理性で判断し、間違っている
ところは訂正すればよいだけ。

それとも、教会の解釈どおり読んで洗脳したいのなら、危険極まりない。
聖書で狂わされた無数の人々がいることを、忘れてはならない。

人間にとって、神などどこにも実在しないし、イエスは2000年前に死んだ
まともな教育も人生経験もない、ナザレ村の気の狂った若者に過ぎないのだから、
聖書は、現代では「期限切れ」で、もはや廃止されるべきもの。

501 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 11:37:27 ID:jgkiIOW+
>>499
教会やクリスチャンが、いささかでも、「イエスの正当化」「イエス擁護」の
目的のために聖書を解釈するとしたら、それはもはや「聖書の正しい読み方」
ではない。

502 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 11:46:17 ID:GDxqHbi+
>>500
聖書を読んで本物と判断するか、単なる小説と判断するか、人を惑わすものと思うかは個人の自由だからね。
また本物と思う者は確かなところで勉強したらいいし、小説だと言う者は何度読み返してもいいだろう。
人を惑わすものと思うなら読まなければ良い。

神の存在を信じている者は、人間がどのように選択しようがそれこそ個人の自由意志に任されていることを理解しているからね。
それに、神は人間の理性と知性を超える存在だと知っているからね。信じていることとはまた別だよ。


503 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 11:46:56 ID:GDxqHbi+
>>468>>470
自分の近くの教会をHPで探し出して見たが、慣れないと結構手間取るからね。
1、カトリック中央協議会をクリック
  http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/index.htm

2、日本のカトリック教会をクリックし、自分の居住近隣県を下記から探し出しクルック、
  さらにOO教区のHPへをクリック、そしてOO教区の教会をクリックし地図をクリック

だから、カトリック教会情報ハンドブックを手に入れておくと今後迷ったときに絶対必要かつ便利だ。
    http://www.cbcj.catholic.jp/publish/other/hand08/hand08.html

504 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:21:50 ID:jgkiIOW+
>>502
そもそも、本物か偽物かを見破る判断力を奪うことを、「洗脳」という。

「人間の理性と知性を超える存在」を「人間が知る」というのは、初めらか
言語矛盾。「人間には計り知れない存在」を、人間が思考・解釈・語ること
はできないはず。

505 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:26:49 ID:jgkiIOW+
>>503
洗脳の手助けや教唆をすることは、精神に対する不法行為の「共犯」だよ。

506 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:32:51 ID:jgkiIOW+
キリスト教とは、ありもしない神、聖霊や2000年前に死んだイエスの実在
を信じ込ませることにより、信者をトランス状態(狂気)に陥らせる、人間の
精神の虐待(spiritual abuse)という犯罪行為以外の何物でもない。

507 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:52:35 ID:GDxqHbi+
>>475
日本人には分かりにくいからだろうね。
神は人間にとって絶対的である存在だということが、まず理解できないとね。
キリスト教徒と同じ神を信じているイスラム教徒もそこをしっかり理解しているからね。
「神は人間にとって絶対的である存在」ということを行動で表したアブラハムに対して、
神はアブラハムの子孫を星の数ほど増やそうと約束し、その子孫こそイスラエルの民だからね。
旧約聖書は彼らのルーツだよ。
新約聖書を読むことによって、絶対的な神は、人類に約束したキリスト(救い主と言う意味)をこの世に送り、
キリストは、その救いを教会をとおしてこの世の終末まで与え導くために、弟子たちを指導したことがわかる。
キリストが弟子に与えた権能は、単なる人間が与える運転免許の資格のようなものではないからね。
それこそ人間の命の行く末がかかっていることだよ。
人間に対して、壮大な計画を立て準備し実行したからには、神は今も、神の計画を最後まで教会で実行し続けるということだ。
一国がキリスト教徒になれば、人数も半端ではなく、必然的に組織としては大きくなるが、
どんなに大きくなっても、教会の中身は初代教会のままだ。
それはキリストが弟子に与えた恩寵を、キリストの方法で我々信者に与え続けるということにほかならない。
だから司祭にも信者にも、朽ち果てるこの世の世界を支配しようなどという馬鹿らしい考えに至らない。


508 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:53:37 ID:+BRomirb
ID:jgkiIOW+
教会に行ったこともないくせにい

509 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 13:04:33 ID:GDxqHbi+
>>504
キリスト教、イスラム教の神とは、
宇宙を創造し、我々人類とすべての生き物を創造され、人間の理性と知性を超える存在である

510 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 13:18:25 ID:GDxqHbi+
>>504=>>507
いつかぶらりと行く気になったら、カトリック教会に行ってみるといいよ。
その教会の信者たちの人柄で、その教会の雰囲気はずいぶんと違うからね。
ムカーときたり、ホットしたり、逃げ出したくなったりいろいろだ。
それでもどの国に行っても代わらないのが、教会のミサの内容、本当に世界共通なんだよね。
いつか自説が崩れるときがあるよ、神は存在するんだからね、
そんなときは迷わず、遠慮なくカトリック教会に来いよ、忘れずに。
歳を取ってからでもいいからさ。



511 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 13:26:56 ID:oIfMZuwE
>>509
そんなことは、「人間」の認識能力の範囲外。人間が考えるべきものではない。

釈迦は、神や霊など、「人間が考えても無意味なものは考えるな」と戒めた。
そのお陰で、一神教とは全く異なり、仏教は2500年間、人を殺してはいな
い。釈迦の類い稀な先見性と偉大さである。

512 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 13:39:30 ID:oIfMZuwE
>>510
>神は存在するんだからね

人間が「知恵付いて」自然状態を離れ、人間としての身の程を忘れて、神など
思考し、崇拝するようになったことが、まさに「原罪」の意味である。

そのため、一神教徒は、神の怒りに触れ、果てしない殺し合いを続けている
のである。

旧約聖書は、実は物凄い真理を語っているのである。「神とは在りて在るもの
(全実在、現実界)」「人は神の似姿」もそうである。それを全く理解できな
かったのが、他ならぬイエスとクリスチャンである。

513 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 13:46:09 ID:oIfMZuwE
本当に神を信じる者は、神という「言葉」を決して口にしない。「愛」
についても同様である。それらは「口にしてはならないもの」である
ことを知っているからである。

「神」や「愛」を饒舌に語るイエスやクリスチャンが、実は、神や愛
から最も遠い存在であることに、気付かなければならない。

キリスト教による大虐殺の歴史が、そのことを如実に証明している。

514 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 14:27:37 ID:GDxqHbi+
>>504 >>511
>「人間には計り知れない存在」を、人間が思考・解釈・語ることはできないはず。
そうだよ、この先どんなに科学が発達しようが、まず解明できるはずがないよ
だから神の子であるキリスト1だからこそ「神はどんな存在か、神は何を考えているか」を弟子たち人間に教えているのが聖書だよ。

しかも、キリストは、人間である弟子に分かりやすくたとえ話を用いて教えた。それでも時には??だが、日本人よりも理解が早い。
弟子全員が「イエズスが神の子」と信じるに至ったのは、キリストを知って体験した様々な積み重ねによるものだ
「人間には計り知れない存在」だから、神の愛によって人間は神の確かな存在とその心を直接みせていただいたということだ。

お釈迦さまは人間だよ、立派な人間だったというから、神の子であるキリストによって今は天国にいるはずだよね。
お釈迦さまを特別尊敬することは人としてすばらしいこと。
神はお釈迦様の上に存在するもの、その神とは一神教の神、聖書で紹介されている神のことだよ。

515 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 14:41:16 ID:GDxqHbi+
>>512
だいじょうぶかい?理論がかみ合っていないよ。
>神など 思考し、崇拝するようになったことが、まさに「原罪」の意味である。
>そのため、一神教徒は、神の怒りに触れ
上は神が存在しないことが前提で話が進んでいるよ。下は神が存在していることが前提で進んでいる。
それに原罪の意味を間違えているよ。原罪とは神から離れて堕落することだよ。

516 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 15:29:55 ID:BDVETcw8
>>507
一回脳を取り出して洗剤で洗ってこい。

517 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 15:51:37 ID:oIfMZuwE
>>514
イエスは、ナザレ村のしがない大工の子倅で、まともな教育も人生経験もない、
30歳そこそこの気の狂った若者。大酒飲みの大食漢で、切れやすく、自分の
気に入らない他者をやたらと批判する「人間」。神どころか、人間としても
最低の部類に属する。そのイエスを、こともあろうに創造主と同格に祭り挙げた
のは、反対派を武力で追い出して多数決で行った、十戒違背の大罪を免れよう
とする「政策的決定」。神とは一切関係ない。イエスの「たとえ話」は、具体
的内容は空疎な、どうにでも解釈できる論理矛盾の塊。殆どの場合、「自分の
気に入らない他者に対する非難」とセットになっている。こんな「神」があり得る
かね。

>>515
>原罪とは神から離れて堕落することだよ

そんなことは、聖書には書いてない。クリスチャンによる歪曲解釈に過ぎない。
「善悪の知識の木」という言葉を、故意に無視している。原罪とは、人間がその
身の程を忘れて善悪の観念を作り上げ、自然状態から離れて「神になった積り
になること」。

あるがままの自然状態の人間を否定し、やたらと善悪や神を語るばかりか、
「自分は神の子。神の座の右に座る」などという暴言を吐いたイエスこそ、
原罪の権化である。

518 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 16:02:13 ID:oIfMZuwE
>>514
>神はお釈迦様の上に存在するもの、その神とは一神教の神、聖書で紹介され
>ている神のことだよ。

釈迦は、「人間には計り知れない存在」であるはずの神を、「人間」が、その
身の程を忘れて、さも分かったようにぺらぺらと語ることの愚かさと滑稽さを
指摘したのだよ。イエスの浅薄さとは異なり、釈迦は、人間が認識可能なすべ
ての人間の心の中のみに仏性(神性)を認めた。彼は、人間としての身の程を
しっかりとわきまえていた、即ち、真に神を理解していたのである。

519 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 17:17:03 ID:bZKX2oNa
その国の宗教(キリスト教比率)と殺人比率のデータです。

日本   キリスト教徒1%     1,1人/10万人  2002年

英国   キリスト教徒75,6%  18,5人/10万人 2001年

スイス  キリスト教徒76%    18,4人/10万人 2002年

レソト  キリスト教徒大部分    50,4人/10万人 1999年

レソトは、イギリスに植民地とされ、ほぼ強制的に キリスト教に改宗させられました。

では、同じくイギリスに植民地化された二つの国を比較してみましょう。

南アフリカ共和国は、元は、イギリスの植民地で、黒人差別が残っていた
最も、キリスト教の影響が大きく残る国の一つです

もう一つは、同じくイギリスの元植民地ですが、キリスト教の受け入れに
抵抗したシンガポールです。

南アフリカ共和国 キリスト教80%  114,8人/10万人  2001年

シンガポール キリスト教14% 仏教ヒンズーイスラム72% 0,8/10万人 2001年

これを、どう判断されるかは、自由です。

http://ms-t.jp/Statistics/Data/Crimerate.html  国債統計
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html   外務省国別情報
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010054100101南アフリカ情報



520 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 17:31:01 ID:bZKX2oNa
では、次に韓国の例を見てみましょう。

韓国では、今キリスト教の布教が進んでいます。

特に最近の10年の増加は、すごいそうです。

朝鮮戦争後(1953年)にキリスト教徒の数は、純増しました。

韓国の犯罪数の比較です。

1970年の33万件から、 1999年には173万件件と5倍以上に増加しました。
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Marine/1235/GOUKAN.htm

そして1998年には、1373人/10万人当たりの犯罪数が
   2002年には、1674人/10万人当たりの犯罪数になった。

わずか、4年で21.9%も上昇しています。

これを、どう見るか?は自由です。

ただ、私は、日本人の多くが、キリスト教を信じない賢明さを、意義ある事だと
心から思います。


521 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 17:55:35 ID:BpOd+qtn
キリスト教の救済思想とは終末論っていうのと同じですか?

522 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:09:47 ID:WagUTDV4
>>521
イエスの思想の基本は、「神の国の到来」「最後の審判」という終末論です。
オウム真理教の「ハルマゲドン」は、まさに聖書の用語。

終末論は、精神医学では「世界没落体験」と呼ばれ、統合失調症の代表的な症
状です。即ち、心が病んでいるということです。

523 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:21:19 ID:WagUTDV4
>>519
>>520
イエスには、「あるがままの人間そのものに対する愛」は全く無い。彼にある
のは、「我のみ良しの思い上がった独善性」と「自分の気に入らない他者に
対する非難」だけです。即ち、創造(現実界、自然、人間、神)に対する
畏敬の念が完全に欠如しています。彼の統合失調症の症状としての「誇大妄想」
から、「何が何でも、自分が神になりたかった」だけです。

「自分(イエス)に従わない者は裁かれる」と「脅迫」しているし、「自分に
従うためには家族も捨てよ」と「強要」しています。神どころか、人間として
も「クズ」です。

その統計は、イエスの「教え」の必然的な結果と言えます。

524 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:36:07 ID:WagUTDV4
>>521
即ち、まず「終末」や「罪」で「脅迫」し、「救済」という「甘言」で入信さ
せる、極めて悪質な宗教です。「人間そのものに対する愛」のかけらもありま
せん。

525 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:40:44 ID:pMZJQkpV
>>475
単立プロテスタントの牧師なんて小国の独裁者って感じだよ。
短い期間の勉強でバカでもなれるし、無知な羊を誤らせる。

カトリックの司祭は人格者が多い。
志が違うんだよね。

526 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:49:12 ID:6ETEuSNz
>>525
確かにカトリックの神父はペドフィリアが多く
礼拝の間に信者の子息を物色し、ケツを狙ってくる人格者が多いです。
志が別次元です^^

527 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:52:28 ID:WagUTDV4
>>525
>カトリックの司祭は人格者が多い。志が違うんだよね。

カトリックであっても、イエスを信じているのだから、問題はあると思うよ。

人間としての聖職者や信者の人格の問題ではなく、あくまでイエスの「教え」
の問題。

クリスチャンは、イエスは絶対に批判できず、専ら他の人間にすべての責任
を押し付けるのが、著しい特徴。

人間である聖職者や信者は、すべてイエスの思想の痛ましい「犠牲者」である。

528 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:56:02 ID:6ETEuSNz
カトリックコテも皆精神疾患持ってるしね^^
カトリック行くから病気になるのか
カトリックに行く人間が病人ばかりなのかはわからないけどw

529 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 18:56:31 ID:WagUTDV4
>>526
それも、イエスが、「心の中で姦淫の罪を犯した」などと脅かして、性欲を
抑圧したのが原因。創造に反すること甚だしい。

すべての責任は、イエスの「教え」にある。

530 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:00:16 ID:FJ/H+P/z
2ちゃんでコテなんてやる時点で
恥ずかしいってか暇な奴だと思うww

531 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:02:46 ID:FJ/H+P/z
そしてこの低質2ちゃんの少ないコテで
それがキリスト教とか思ってる奴も
世界が狭い奴だろww

>>529
俺はイエスの教えが悪いとは思わないが

532 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:03:32 ID:6ETEuSNz
そう?
2chコテでもいろんな人がいるけどね。
何が恥ずかしいのかよくわからないけど
2chに書き込むことは恥ずかしくないのか?

533 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:04:31 ID:6ETEuSNz
>>531
キリスト教マンセーの奴も十分世界が狭いんだがw

534 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:07:37 ID:FJ/H+P/z
>>532
名無しがデフォだと思うが2ちゃんは
そんでその恥ずかしい2ちゃんで
人格置く必要もないだろ
ヒッキーだと仕方ないかもしれんが

535 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:10:04 ID:6ETEuSNz
>>534
デフォ以外は恥ずかしい区分けなのかw
クリスチャンって頭悪いから教会行くんだなw
傷の舐め合いと現実逃避か
2chコテは恥ずかしくって反対者は皆ヒッキー
笑える構造だな〜w

536 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:10:52 ID:pMZJQkpV
>>528
我 まちこ サンチャゴ あるふく 23 他にも多々
プロテスタントの異常者

537 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:12:57 ID:FJ/H+P/z
>>533
キリスト教マンセーなんて誰が言ってる?
つか くだらん言い合いは時間の無駄なんで
ばかばかしいんでつっかからないでくれ
イエスの教えについて俺は何が悪いか
聞いてるんでね>>529

>>535
2ちゃんコテでもやりたいのか?ww
なんでそこにつっかかるんだろうなw
しかも反対者が皆ヒッキーなんて言ってないし
暇なコテやってるのはヒッキーが多いだろという意味だが
国語力養えよ


538 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:14:48 ID:6ETEuSNz
カトリックコテの方がアホが少ないと低レベルな比較をしたいのかな〜w
やっぱり池沼か病人が教会に集って病人同士で病識の優劣があるんだろうな〜w


539 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:15:42 ID:FJ/H+P/z
>2chに書き込むことは恥ずかしくないのか?

君自身 恥ずかしいと思っていながら 
そんでなおコテは恥ずかしいと思うのが世間の一般人だよ


540 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:16:53 ID:FJ/H+P/z
あぁいえばこういうという言い返さないと気がすまない
性質の奴は2ちゃんの粘着になりやすいタイプだよ
注意したまえ

541 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:17:49 ID:pMZJQkpV
匿名で書き込んでるのは同じ。
名無しを誇って何になる?
つまらん優劣だね。

542 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:18:58 ID:6ETEuSNz
>>537
ああ、ただの妄想ねw
キミにぴったりだよw

>>539
2chコテが恥ずかしく、2chに書くことはなんで恥ずかしくないのか
疑問形で尋ねたんだが、国語力がないのなw
日本語解する能力無い馬鹿だから教会に嵌るんだろうなw


543 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:19:17 ID:pMZJQkpV
書いてるのはプロテスタントの牧師だったってオチだろ?w
アイツら程度が低いからw

544 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:21:01 ID:FJ/H+P/z
>>541
名無しですら恥ずかしいから誇ってなんてないだろ誰も

それにお前が>>536を書いたよな
>>538で言われてるよう優劣つけたい馬鹿だろ

545 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:21:53 ID:6ETEuSNz
>>543
何自分でネタばらししてるんだw
どうせなら神父と牧師がネットで罵りあってる方が
キリスト教らしいオチでいいだろw

546 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:22:28 ID:FJ/H+P/z
>>542
2ちゃんに書くことを恥ずかしいと少なくとも
思ってる君が コテは恥ずかしくないとでもいうわけじゃあるまい
どちらも恥に変わりはない

547 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:23:31 ID:6ETEuSNz
なんだこの病人はw
俺は>>536なんか書いてないがw
つかお前だろ書いた病人はwww

ついに識別能力も乖離しはじめたかw

548 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:26:13 ID:FJ/H+P/z
>日本語解する能力無い馬鹿だから教会に嵌るんだろうなw

誰が教会に嵌ってるなんて言ったんだよ
君は勝手に決めつけすぎだよ

>>547
あぁそれは雹らしき奴に言っただけだww

549 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:27:45 ID:WagUTDV4
>>531
>俺はイエスの教えが悪いとは思わないが

「心の中で姦淫の罪を犯した」などと脅されれば、性欲自体が抑制
されるのは当然だろ。人妻かどうかは、見ただけでは分からないの
だから。それに「他人の妻」は、単に「女」となっている聖書もある。

このイエスの「教え」こそが、聖職者による多数の性犯罪の原因なので
ある。その意味で、イエスのこの「教え」は、100%間違い。

聖職者の性犯罪は、イエスのこの誤った教えから、肉体的本能という
真実の神へ立ち帰ろうとする努力の、いびつな表れなのである。

旧約では、あくまで姦淫「行為」が悪いのであり、「心の中で」など
というアホなことは言っていない。

このように、イエスが旧約に付け加えた「気の利いたせりふ」は、すべて
誤りなのである。

550 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:29:39 ID:LwVzTpFr
いやーいつもながら偏見、中傷激しいなー。
もうちょっと仲良くできんもんかね。

551 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:31:29 ID:pMZJQkpV
>>548
はあ?オマエのほうこそコテにこだわってねえ?
オレはお前と同じ名無しなんだけど。
道理を理解してないよな。このバカ

552 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:38:39 ID:WagUTDV4
カトもプロも、イエスの「教え」の痛ましい犠牲者であることは同じ。

しかし、カトは、儀式やマリア崇拝などで、イエスの教えの害毒を薄め、
何とかして人間に繋がる努力をしているように思われる。

553 :哲詩:2008/07/16(水) 20:11:40 ID:LRj1jNfT
カトちゃんペッ・・もその類か?w

554 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 20:46:01 ID:bZKX2oNa
今のキリスト教は、紀元前六世紀のミトラ教の教義形態を模倣した異端です。
ミトラ教の教義形態のどこを模倣したかをご説明します。

1、処女懐妊   2、さまざまな土地での布教    3、多くの病気治癒  
4、地獄に下り3日後に復活   5、12使徒    6、誕生日  
7、最後の晩餐   8、再臨の約束 です。

これは、紛れも無い事実です。
これらの、ミトラ教の教義形態を模倣した上で、イエスを神の子とする為に
ユダヤ教つまり、旧約聖書を根拠に作り上げたのが、今のユダヤ系キリスト教です。

まず、四福音書に書かれた処女懐妊から、復活、再臨までは、全て事実無根だと言う事を
ご理解下さい。(ミトラ教から、ストーリーを模倣したのですから)

その上で、四福音書を見て頂くと、多くの預言の成就とする部分が、嘘いつわりで
ある事が、歴然と目の前に見えて来ると思います。

ユダヤ教、つまり旧約聖書の預言の成就という形態によって、キリスト教を
ミトラ教とは、別種であると主張する為です。

今のキリスト教は、その根拠の無い預言の成就によって、成立させようとする為

ユダヤ(旧約)系キリスト教と呼ばれます。

このユダヤ系キリスト教は、ミトラ教の教義形態を模倣しているまがいものですから

現代人の冷静な認識をもって判断頂けば、異端宗教だとご理解頂ける方も

多数おられると思います。

ユダヤ系キリスト教は、ミトラ教の教義を模倣した異端。
http://homepage2.nifty.com/Mithra/Mihrijja_Mithra_and_Christ.html

555 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 21:33:11 ID:BpOd+qtn
521です。書き方にちょっと問題があったかもしれませんが、実は大学のキリスト教概論
という講義の試験範囲で「キリスト教の救済の信仰思想について」というのがあります。

なんかテキストのどこを読んだらいいのかわからないのですが、神の国の信仰と、終末論のところ
を読んでおけばいいのですかね?
教えていただければ幸いです。

556 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 22:10:54 ID:qlMEDSi9
>>555
「何から」の救済かというのが要点になるんじゃないかな?
http://www.ijournal.org/world/salvation.htm

557 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 22:13:32 ID:qlMEDSi9
>>508
「私も行ったことがないのだが」
             
             ― 神。

558 :インキョスルー:2008/07/16(水) 23:23:04 ID:w3puwX8R
552 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 19:38:39 ID:WagUTDV4

壊れたテープレコーダーインキョ、
うーーん、インキョスルー状態?

559 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 01:04:19 ID:dD1Dnfyx
>>555
>521です。書き方にちょっと問題があったかもしれませんが、実は大学のキリスト教概論
>という講義の試験範囲で「キリスト教の救済の信仰思想について」というのがあります。
こんな曖昧な言葉の試験範囲を決めるアホ講師は、もう一度何処かの学校へ
放り込んだ方がいいべ...

560 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 01:46:36 ID:dD1Dnfyx
>>508
「私も行ったことがないのだが」
             
             ― ナザレ村のイエス。


561 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 03:53:12 ID:LkrrmnR8
555です。
申し訳ありません。

・贖罪論(罪の赦しと信仰思想)
・キリストの十字架と復活

というのも一緒に書いてあるのですが、これらは救済思想の具体的中身みたいな
感じなのですか?
なんかこんな質問ばかりしてすみません。

562 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 05:57:38 ID:8Dgmrgu+
>>561
そうだと思うよ。

「罪から」の救い→救済
救済の方法→キリストの十字架と復活
以上がキリスト教の救済観

「律法を守ること」が救済の方法だとするユダヤ教とは違う。

563 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 06:24:56 ID:ZSimwoP5
>>557
お前、神様ちゃうやんけ。

>>560
お前、イエスと違うやろ。

なんて突っ込みは置いといて。

>>557
詩篇22:3やその他、詩篇に見られるように、神様が讃美を住まいにされると
信じて、讃美、礼拝してる。
というより、神様への感謝の気持ちを表さずにはいられない。

>>560
マタイ18:20にあるように、イエスもいると信じて教会に集まってる。

>>508の書き込みに神様やイエスを騙らせるほど反感を覚えたということは
>>557>>560は教会へ一度も行ったことが無いか、少なくとも現在は行ってないってことか?
もしそうであれば、行ってないところは良くわからんだろう。
良くわからんものを批判できるのか?
良くわからんものを批判するのはただの偏見なのではないか?

564 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 10:04:21 ID:U14E+dCA
学校での授業プリントの

「罪」からの救済
→イエスの死による「罪」の贖い
→パウロの救済=救出

って書いてある横に「天上のパイ」って自分でメモってるんだが
これって何のことなんだろう…orz
ぐぐってみたがそれらしいのにひっかからなかった…
自分で書いといて何のことか全くわからない
それかただの写し間違いなんだろうか

だれかわかる人いたら教えて下さい

565 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 12:40:40 ID:xvenVwQU
>>564
一体どこの大学ですか。その教授は、教壇から、キリスト教を布教しているの
ですか。キリスト教系の大学でも、国家から給付金を受けているのだから、政教
分離の原則上、そのような行為は許されないはずですよ。

「罪概念の植え付けによる『脅迫』と救済という『甘言』は、パウロがでっち
上げた、悪質な宗教勧誘の手段」と書いておけば、満点が取れるでしょうw。

キリスト教などという、根拠皆無な、愚にも付かないことに、青春の貴重な時間
と学費を浪費することをやめて、もっと「人のためになる」ことを身に着けて
ください。

なお、学問とは、既存の見解を「批判」して、一歩前進させること。教師の講
義や書物の丸写しは、学問ではありませんよ。

パイは、菓子屋にあります。天上にはありませんw。

566 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 12:50:05 ID:62ND5yzn
>>564
天上のパイで頭に浮かぶのは、イエスを信じて救われた人には天国に居場所があるってことかな。

567 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 13:04:19 ID:xvenVwQU
>>566
クリスチャンは、「天上のパイ」を求めてイエスを信じているのですか。それ
では、軽蔑に値する「エゴの行為」以外の何物でもありませんね。「砂糖に
群がる蟻の群れ」と同じw。

568 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 13:43:11 ID:xvenVwQU
>>567の追加

「砂糖に群がる蟻の群れ」よりも、「ゴキブリホイホイに群がるゴキブリ」と
言ったほうがよいだらう。それが毒であることに、無知なわけだから。

569 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 13:52:32 ID:U14E+dCA
>>565
あー…はい

>>566
ありがとうございます

570 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 14:15:35 ID:ETFlZaz6
右の手のすることを左の手に知らせるなって
どういう意味でしょう?

それとイエス・キリスト御自身とキリスト教教会って
なんら関係がないと思いますがどうでしょうか。

571 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 16:08:54 ID:xvenVwQU
>>570
マタイ6章を読めばわかる。「善行を、人に見せびらかすな」という意味。
しかし、その目的は「天の父の報い」を受けるためという報酬目的である。
それだけで、十分に利己的であり偽善的。

イエス自身は、人前でさかんに「奇跡」を行い、それどころか、「自分は
真理だ、道だ」などと公言している。言行不一致である。

教会は、誰よりもイエスの「教え」を信じ、「広めよう」とする人々の集まり。
イエスに関係ない、と思う理由は何?

572 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 16:45:18 ID:xvenVwQU
>>570
「右手のしていることを、左手に知らせるな」というたとえ自体がおかしい。
右手も左手も、その動きは、生命の機能としての脳神経が統括している。
意識できない不随意筋の動きも、生命の機能である。人間の身体、そして生命
という神は、すべてをお見通し。人間の営みに、生命のいたらぬものはない。

イエス自身の身体についても、同様である。イエスは、生命という神に思いい
たらなかった。

573 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 17:00:34 ID:fW5yHcG+
旧約やイスラムには厳しい戒律があり厳しく行動を規制されるけど
イエスは、むしろそういったものを非難していたと思う。
くわしくはわからないけど聖書を読むとそう感じた。
ところがキリスト教会にはやはり規律というか戒律がある。
手前勝手な感覚だろうけどこれはイエスとは相容れないものじゃないかと
思ったのです。

574 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 17:01:42 ID:LSE1+F/m
>>571
>ryけるためという報酬目的である。
>それだけで、十分に利己的であり偽善的。
富は天に積め、地上では虫と錆とが…で盗人うがちて…だからです。
>イエス自身は、人前でさかんに「奇跡」を行い、それどころか、「自分は
>真理だ、道だ」などと公言している。言行不一致である。
一つ言うとイエスとその他の人々は全く格が違います。
神の独り子・御子であり人々の唯一の教師ということです。
人々は、信じる者は皆兄弟です。
また十字架に付けられるまではこのことを誰にも話すな、と言っており
人前でさかんに奇跡は行わず弟子達の前でちょっと奇跡が出たりしてます。
また奇跡またはしるしについて悪い姦淫の時代はそれを求めるから
ヨナのしるし以外は与えられないのだと言っているではないか。

575 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 17:07:22 ID:LSE1+F/m
>>573
旧約の律法や預言者を廃棄するためでなく成就するために来た、と書かれてるし、
律法学者やパリサイ人を喝破する際には、旧約聖書中の別の句を取り出して
安息日のこれこれはゆるされると書いてあることを知らないのか、とか、
「行って『わたしは生け贄より憐れみを好む』の意味を学んできなさい」などと
している。それプラス、たとえ話などをして律法より優先するべき当然のことを説く。

576 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 19:34:55 ID:dD1Dnfyx
>>565
>一体どこの大学ですか。その教授は、教壇から、キリスト教を布教しているの
>ですか。キリスト教系の大学でも、国家から給付金を受けているのだから、政教
>分離の原則上、そのような行為は許されないはずですよ。
偏差値39の大学ではなかろうか?

577 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 19:40:06 ID:FZdYpGJN
>>567-568
おまけで天国のパイが付いてきた。
神様が俺を愛して下さってる安心感が何より嬉しい。

578 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 20:35:24 ID:dD1Dnfyx
>>577
>おまけで天国のパイが付いてきた。
>神様が俺を愛して下さってる安心感が何より嬉しい。
この人は教会と言う慰安施設がすこぶるお気に入りなんだべ
ついでに、温泉やサウナや風俗もセットで用意してあげれば
ホンマに天国へ行っていただけるんだべ


579 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 20:50:44 ID:xvenVwQU
>>573
それは違う。人間は有体物(具象物)だから、人間共同体における共生のため
には、「行動」の規制が必要。それが「道徳・倫理」である。心の中で何を
考えようと、関係ないのである。精神性を重視すると、具象としての人間の
生命の軽視・無視が生じる。それがキリスト教による大虐殺の原因となった。
具象としての人間には、他者に対する「行動」の規制こそ必要なのである。
イエスには、それが理解できなかった。具象を忘れた精神性は、必然的に
狂気を齎す。

イエスは、律法の戒律を批判しながら、キリスト教という、より強固な「精神的
戒律」を作り上げた。これは、人間の精神に土足で上がりこむ行為、人間の
精神の冒涜・蹂躙である。

>>575
>旧約の律法や預言者を廃棄するためでなく成就するために来た、と書かれて
>るし

イエスは、「私は律法を完成するために来た」などと言った。しかし、律法は
創造主(神)が造ったものではないか。「律法を完成する」とは、「律法が不
完全」と言ってるのと同じこと。創造は、創造時において完成しており、付け
足すことも、差し引くこともできない。「自分が創造を完成する」という言葉
は、イエスが創造主に成り代わるということであり、創造に対するこれ以上の
冒涜の言葉はない。彼が十字架で処刑されたのは、「父なる神(創造主)」の
冒涜という、己自身の大罪の故である。犯罪者であるイエスに、他人の罪を贖う
ことなど、できるはずがなく、彼自身にも、その意図は毛頭なかった。

イエスは、人が安息日のためにあるのではなく、安息日が人のためにある、
などと言った。しかし、安息日は、創造主(神)が定めたもの。イエスが
そんなことを言うなら、彼は、「人が神のためにあるのではない。神が人の
ためにある」とまで言わなければ、首尾一貫しないではないか。

580 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:08:22 ID:ZSimwoP5
>>578
いやー、愛は大切だよ。
俺も昔はお前みたいに誰からも愛されたいで荒れてたもんさ。
神様の愛を信じてからはすげえ充足してる。

581 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 21:23:37 ID:dD1Dnfyx
>>575
>旧約の律法や預言者を廃棄するためでなく成就するために来た、と書かれて
>るし
パウロと言うのか、異邦人教会の批判だよ...マタイ教団だけダロ
ガラテア書簡5/4
律法によって義とされようとするなら、あなたがたはだれであろうと、
キリストとは縁もゆかりもない者とされ、いただいた恵みも失います。

582 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 21:25:13 ID:dD1Dnfyx
>>580
>いやー、愛は大切だよ。
>俺も昔はお前みたいに誰からも愛されたいで荒れてたもんさ。
>神様の愛を信じてからはすげえ充足してる。
こいつ、人の話全然聞いてないだべ...何処かの教会の宣伝マンか?



583 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 21:27:34 ID:dD1Dnfyx
>>580
>いやー、愛は大切だよ。
>俺も昔はお前みたいに誰からも愛されたいで荒れてたもんさ。
>神様の愛を信じてからはすげえ充足してる。
この手の宣伝アルバイターを雇ってるのは、福音派系のアホ教会だよ

584 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:30:47 ID:xvenVwQU
>>580
愛とは具体的に何か、定義できるか?今までに、定義できたクリスチャンは
誰一人としていない。自分でも具体的意味の判らない観念語・抽象語を唱えて、
「自己陶酔」に浸っているだけ。イエスも同様であった。

「愛」とは、「人間」の感情。「人間にあらざる神」に、人間と同様の感情が
ある訳がないだろう。「神の愛」とは、人間による、勝手な神の「擬人化」と
いう、冒涜の行為に過ぎない。

585 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:33:58 ID:ZSimwoP5
>>583
あんたは誰に雇われてるんだい?

586 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:35:23 ID:ZSimwoP5
>>584
愛って定義するものなの?

587 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:46:24 ID:LSE1+F/m
一つ逝ってみれば聖書で言う愛とは完全ということだ。
まず旧約ではおそらくレビ記でこの律法が出てくる。
「復讐してはならない。貴方の国の人々を憎んではいけない。
隣人を自分自身のように愛せよ。私は主である。」
福音にも出てくる。「自分を愛する者のみ愛したからと言ってry
だからあながたも完全(な者)でありなさい」
出エジプト記にも出てくる。「わたしはry主、怒るに遅く、憐れみ深い、
?恵みを千代まで。…」
詰まるところあるべき愛とはエゴとは違い差別のない博愛である。

588 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:49:26 ID:LSE1+F/m
追記。レビ記のところの何が完全性かと言うと
福音で一番大事な律法である「心を尽くし…て貴方の神である主を愛せよ」
と同じように大事な第二の律法であるとされ、
新約の手紙などでその律法が十戒を満たすなどともされているため。

589 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 21:57:03 ID:xvenVwQU
>>586
>愛って定義するものなの?

言葉とは、「他者に対する意思伝達のために」、共同体を形成した人間が作り
あげた最大の発明。言葉を使う以上、定義できることが、使う人の責任。さも
なければ、その理解のために、相手の労力と時間を無駄に奪い取ることになる。

従って、定義できない言葉は使ってはならない。「独り言」に止めること。
「独り言」は、言葉ではない。

既に何度も書いたが、イエスが自分でも定義できない「愛」という言葉を使っ
たがために、創造主がすべての人間に与えた「肉体的本能」としての愛が、
混乱し、観念化・抽象化・精神化され、破壊されてしまったのである。その
意味で、イエスこそが、「愛の破壊者」なのである。キリスト教による大虐殺
の歴史が、そのことを如実に証明している。

590 :銀将:2008/07/17(木) 21:58:39 ID:7/YGROOp
十戒は仲間同士の話。たとえば「殺すなかれ」は、
相手が異教徒、多神教徒、無信仰者なら「どんどん殺せ」という意味。

591 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:03:02 ID:ZSimwoP5
>>589
つまりあなたは「愛は定義できない」って立場なわけね。
「創造主がすべての人間に与えた「肉体的本能」としての愛」ってのは定義できるの?

592 :銀将:2008/07/17(木) 22:08:08 ID:7/YGROOp
十戒は仲間同士の話。たとえば「盗むなかれ」は、
相手が異教徒、多神教徒、無信仰者なら「どんどん盗め」という意味。

593 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:09:20 ID:ZSimwoP5
>>590
>>592
そんなの初めて聞いたぜ。
どこで知ったの?

594 :銀将:2008/07/17(木) 22:12:55 ID:7/YGROOp
>>593
自分の頭で考えてみたのだ。旧約を読み、
キリスト教徒のやっていることを見たら、そう思うようになった。

595 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 22:15:14 ID:dD1Dnfyx
>>591
>つまりあなたは「愛は定義できない」って立場なわけね。
出来ないのではなくて、定義したところからいろいろな物と
矛盾していくんだよ...一般社会はその矛盾から再定義
していくんだけど、アホ教団はオツムの弱い信者に言葉だけの
一方的な愛の定義を仕込むから、オツムの弱い信者達は、社会性
を喪失していくんだよ...それが、この手の教団の思う壺
だと言ってるんだよ...お前がやってる事はそれその物だよ...

596 :銀将:2008/07/17(木) 22:19:06 ID:7/YGROOp
十戒は仲間同士の話。たとえば「姦淫してはならない」は、
相手が異教徒、多神教徒、無信仰者なら「どんどん姦淫しろ」という意味。
かれらは豚なんだよ、ってね。

597 :銀将:2008/07/17(木) 22:26:23 ID:7/YGROOp
ユダヤ人はね、神に選ばれた特別の人種であり、
パウロもそれはちゃんと理解している。秘密の計画があるのだ。
愛ではなく、最後はユダヤ人が勝つのだ!

598 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 22:27:18 ID:dD1Dnfyx
>>596
ダビデがバト・シェバを孕ませたのは姦淫とは言わないんだろ...
でなかったら、ダビデは重犯罪人として断罪されなきゃアカンはずやで
許される人間は相手が「異教徒、多神教徒、無信仰者」の時だけでは
なくて、権力者も不問なんだよ...宗教屋の律法ってそんなものさ...

599 :銀将:2008/07/17(木) 22:40:15 ID:7/YGROOp
独裁者は自分を例外にする。そこから独裁が腐っていく。
まあ、あまり完全を求めないほうが、精神衛生上ベターだと思う。
比較すれば前よりいいのかなぐらいで認めてやり、
でも今の時代にはあわないよ、というところで否定してやる。

600 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 22:47:36 ID:xvenVwQU
>>591
イエスとは違って、自分で明確に定義できるからこそ、「愛」という言葉を
使った。

「愛とは、すべての人間に共通する『唯一の普遍の事実』である、生物的生存
本能(生命)から発する、他者の窮状を目の当たりにして初めて生じる、助ける
ための具体的行動の言動力となる、自然の感情。あくまで「状況依存的」な行動
だから、抽象的・観念的には決して存在し得ないもの。創造主が、程度の差は
あれ、すべての人間の身体にビルトインした肉体的本能であるから、イエス如き
他人から教えられるいわれはなく、また、教えられてはならないもの。教えら
れれば、肉体的本能としての愛が、観念化、抽象化、精神化され、その実質を
失い変容・破壊され、偽善となる。」

601 :銀将:2008/07/17(木) 22:54:35 ID:7/YGROOp
合コンで、におかはモナを無視していたらしい。
それなのにモナを誘って、ふたりで二次会のバーに行こうとする。
ところがラジコンが来ない。どうするの?
 
モナはラブホに行ったけど、何もなかったと弁解する。
しかし、におかは丸坊主にして謝罪。
頭を冷やし、冷静にこの経過を眺めたら、どう思うよ?

602 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/17(木) 23:01:13 ID:dD1Dnfyx
>>597
>ユダヤ人はね、神に選ばれた特別の人種であり、
>パウロもそれはちゃんと理解している。秘密の計画があるのだ。
>愛ではなく、最後はユダヤ人が勝つのだ!
ユダヤ人が神から選ばれたと言っても、ユダヤ人が言ってるのは
ユダヤのローカルな神だよ..言わば、ユダヤ人の自尊心に過ぎないべ
パウロもその意味で言ってるだけだべ...それをユダヤ人でもない
アホクリは自分達が選ばれたと錯覚してるんだべ...下手したら
イエスはユダヤ人ではないかも知れないべ...
>>599
>独裁者は自分を例外にする。そこから独裁が腐っていく。
アホクリが神から選ばれたと思ってるのと同じだべ...それが
アホクリが腐ってるゆえんだべ...

こいつは、言ってる事が支離滅裂だw...やはり人間を止めた方が
良いw


603 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:02:02 ID:ZSimwoP5
>>595
>だと言ってるんだよ...お前がやってる事はそれその物だよ...
え?俺何かした?
ブラフ?

604 :銀将:2008/07/17(木) 23:03:06 ID:7/YGROOp
におかとモナ、ここに愛があったのか?

605 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:05:41 ID:ZSimwoP5
>>600
ふむふむなるほど。

>本能(生命)から発する、他者の窮状を目の当たりにして初めて生じる、助ける

で、>>600は具体的に身寄りのない子を引き取って一緒に生活してる とか?

606 :銀将:2008/07/17(木) 23:10:54 ID:7/YGROOp
自分以外をアホ、アホと言っているココモの、
どこが利口なのかを証明しなさいな。
あなたが、それほどのことを言っているとは思えないのだがね?

607 :はと:2008/07/17(木) 23:13:42 ID:XbXCG1yo
聖書の筆者はバト・シェバの件で王を断罪していたよ。たしか
神様の意見はどうかな
長男が幼くして死ぬ悲しみを乗り越えてバト・シェバはソロモン王を産む
ほかにも妻はいたし先に王子たちが育っていたのにね。

608 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:14:25 ID:xvenVwQU
>>605
そんなことは、自分の肉体的本能という、「究極の神」の指示に従う。

他人から、強制される筋合いはない。

本当に引き散りたくなったら、引き取るだけだ。

609 :銀将:2008/07/17(木) 23:18:59 ID:7/YGROOp
他人のことをアホアホというココモはバカだ

610 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:25:46 ID:ZSimwoP5
>>608
えー そうなん?
がっかりやわ。
俺でも障害者手帳2級持ってる子と一緒に生活してるのに。
口だけか。

611 :銀将:2008/07/17(木) 23:33:49 ID:7/YGROOp
>>601
>合コンで、におかはモナを無視していたらしい。
>それなのにモナを誘って、ふたりで二次会のバーに行こうとする。
>ところがラジコンが来ない。
  
わからないけど、カモをひっかけようという連携プレーなのか?



612 :銀将:2008/07/17(木) 23:42:05 ID:7/YGROOp
ココモは、自分が利口であることを証明しなさい。
あなたのどこが利口何だか?

613 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 00:02:50 ID:94n43u+h
キリストと神はどう違うの?

信者の方教えて!

614 :銀将:2008/07/18(金) 00:11:56 ID:4vrDQckl
>>613
キリストは人間であり、その人間を造ったのが神である

615 :銀将:2008/07/18(金) 00:19:43 ID:4vrDQckl
三位一体を信じるのはバカであり、
自由・平等・博愛を信じるのも相当のバカである。

616 :銀将:2008/07/18(金) 00:35:06 ID:4vrDQckl
ココモ君、君は何を信じているの?
偉そうにアホアホと言ってるけど、君の信じている神はだれ?
まさか無神論者ではないよね?

617 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/18(金) 00:51:43 ID:JCzvoqOD
はいはい...アホクリの皆さんは、精神が健全で安定して
おられるので、何と言われようが、今夜もごゆっくりお休みの
事でせう...おやーーーーすみ...ぴよぴよ

618 :銀将:2008/07/18(金) 01:03:43 ID:4vrDQckl
ココモは、気に入らないとアホアホ教団だと非難するけど、
  
それが刑法の侮辱罪だとわかっているのかな。



619 :銀将:2008/07/18(金) 12:11:32 ID:4vrDQckl
ココモはアホアホ言うのが口癖のようだが、
 
アホアホ言うだけでは利口の証明にならないと思うのだよ。
 
お前のどこが利口なのか、証明しなさいな。

620 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 13:24:52 ID:hxDFM0BN
イエス・キリストって完璧にエッセネ派だよね?


621 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 13:26:09 ID:eLR4D8hX
>>619
クリスチャンたちの、あまりの荒唐無稽さに、アホと言いたくもなるのだろう。

現代人なら、現代人としての知識と理性で考えるべきなのは当然ではないか。

聖書においてさえ、イエスを批判するユダヤ教徒たちの道理は、現代でも十分
に通用する骨太の論理なのだが。

要するに、キリスト教が、その発生時から、人間として異常だったということ。
イエスの肝心の家族内でさえ、争いばかりではないか。

622 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 13:29:26 ID:eLR4D8hX
>>620
イエスもパウロも、パリサイ派神学である。パリサイ派との争いは、宗教お決
まりの内部紛争に過ぎない。


623 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 13:47:04 ID:91abp3bj
イエスはエッセネ派ですね。
パリサイ派なら安息日についての説明にならないでしょう。

624 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 14:17:53 ID:eLR4D8hX
>>623
パリサイ派は、創造主(神)を信じていたが、イエスは、その狂信と精神病
の症状としての「誇大妄想」から、「自分が神になりたかった」という点で
の相違だろう。

625 :銀将:2008/07/18(金) 18:17:40 ID:4vrDQckl
こんなに暑いとさ、アホとかマヌケとかバカとか言いたくなるのだよ。
でもね、みんな、それを我慢しているんじゃないか。
そういうことがわからないヤツは、知ではなく、情と意がバカだね。

626 :銀将:2008/07/18(金) 18:37:14 ID:4vrDQckl
おたがいを、アホとか、バカとか言い合っていたら、
まるで子供のケンカではないですか。いい年をこいた連中なのに、
それがわからないということが、こわ〜い怪談ですね。

627 :ファンキーチンコ:2008/07/18(金) 18:37:20 ID:wz23/g/p
>>625
暑いよーたまらん、銀将のアホ、銀将のバカ、銀将のマヌケ、銀将のロリコン、銀将の鬼畜犯罪者

本当のことを暑くて言いたくなるけど我慢するよ。

628 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 18:45:24 ID:wz23/g/p
暑くてスッポンポン、わしのビッグマグナムは合法じゃ


629 :銀将:2008/07/18(金) 18:47:14 ID:4vrDQckl
>>627
暑さを我慢してくれた? ありがとね
 
まあ2ちゃんは、ヘドロとコエダメのようなものか

630 :銀将:2008/07/18(金) 18:53:56 ID:4vrDQckl
>>628
ほんとですか? 水鉄砲とちがいますか。
うらやましい話ですね。

631 :銀将:2008/07/18(金) 20:10:03 ID:4vrDQckl
マタイ19:4〜6
「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる」
 
これはイエスの言葉だがまちがっている。夫と妻は別人格である。
一体になるとしたら、それはふたりの子供だろう。
それゆえ、結婚は契約であり、カトリックが言うような秘蹟ではない。

632 :銀将:2008/07/18(金) 20:22:55 ID:4vrDQckl
マタイ5:27以降に「みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、
すでに心の中でその女を犯したのである」とある。
 
これについては、キリスト教徒に誤解があると思う。
この頃は、一夫多妻であり、ほかにも自由にできる奴隷女が複数いた。
イエスの言葉には、こういった背景があり、
仲間の女に手をだすな、女のことで争うな、という警告にすぎない。


633 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 20:23:57 ID:xxrzP8Az
いやー、良い表現だと思うぜ、俺は。
ウチのケースは得手不得手が正反対で、お互い補い合ってるんだけど一つになれたら一人前になれそうだなんてよく話ししてる。
銀ちゃんも愛する恋人と一つになりたいと思わんかね。

634 :銀将:2008/07/18(金) 20:34:17 ID:4vrDQckl
>>633
それが事実であるなら認めるけど、
ひとつになるなんて言葉による幻想、まやかしにすぎない。
 
イスラム教は現実的で、男女の関係は契約になっている。
その代わり、孤児に対してはえらくやさしい。

635 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/18(金) 20:47:25 ID:jcsI3NWB
銀将は談話室を知らないのか?
このスレは質問スレなんだから、議論する場ではない。
@質問がある
A複数の回答がある
B質問者は複数の回答から、自分なりの答えを得る。

これが、基本パターン。
回答に異議があっても、反論しない。評価は質問者が決める。

グダグダなキリスト教関連スレの中で、質問スレぐらいはちゃんと機能しないと。
そう思わないか?


636 :銀将:2008/07/18(金) 20:52:09 ID:4vrDQckl
ついでだからもうひとつ。ヨハネ伝1:4、5
言葉の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光りは暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。
 
この文章はグノーシスに影響されていると思う。
はっきり言って、光は太陽の光であり、暗闇は日没後の夜である。
素直に読めば、それ以外の意味はありえない。

637 :銀将:2008/07/18(金) 20:59:24 ID:4vrDQckl
何にしろ自信がないので、質問しているのだすね。
 
それより月見は、どうして「独りよがりの変なヤツ」と言われたか
わかったか。月見の発言は、流れを無視して、突然、
降って湧いたように、偉そうなことを言っているからだと思うよ。

638 :銀将:2008/07/18(金) 21:07:58 ID:4vrDQckl
637の訂正   × だすね → ○ ですね

639 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/18(金) 22:44:17 ID:JCzvoqOD
>>636
>この文章はグノーシスに影響されていると思う。
グノーシスのヴァレンチノス派の人たちが、このヨハネの聖句から
大きく影響されたと考えた方が良いと思う。この聖句の元は
ストア派とミトラ教でしょ
>はっきり言って、光は太陽の光であり、暗闇は日没後の夜である。
>素直に読めば、それ以外の意味はありえない。
ヨハネ福音書をもっと読めば、何の事かは判ると思うが...
光は覚知(グノーシス)の事であり、闇は暗愚を示している




640 :銀将:2008/07/18(金) 23:08:49 ID:4vrDQckl
どっちがどっちに影響したかについては自信がない。
そういう可能性もあるのだろうね。
 
光と闇に特別な意味を持たせないほうがいい。
見たこともないのに、神を光であると誤解している人がいそう。
光は太陽の光、暗闇は日没後の夜のことである。
覚知とか暗愚とかではなく、まちがった無意味な記述として、
読者が冒頭部分を読み飛ばせばいい。
 
ところでココモは、神を信じているの? それとも求道者レベル?
それからアホアホはやめたほうがいい。聞き苦しい。

641 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:00:49 ID:gKEERMgx
>>631
>マタイ19:4〜6
>「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる」

この「教え」もおかしい。夫婦は、一体どころか、一つ間違えば、いつでも
離婚する。永遠に一体なのは、親子の血縁関係から生じる愛着心である。
親が子を見捨てることは、不可能である。

イエスは、「父と母を敬え」という十戒に反している。実母マリアに対する
仕打ちはひどいものだし、実父ヨセフに対しては、言及さえしていない。
イエス自身の言葉によれば、イエスは「死に値する罪」を犯している。

上記の「教え」は、例の如く、妻(マグダラのマリア)にかこつけて、両親
を非難している。

ヨハネの「 光りは暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」の言葉
も、原初の創造は「闇」であり、「光」は「闇」に依存することを見落とした、
空虚で、無意味な言葉である。闇は、平安と休息を与え、生への力を齎すが、
光は、疲労と狂気を齎す。人間を光の中に長時間置けば、必ず発狂する。

642 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:19:14 ID:W/0JkLEN
グノーシスを有難がるクリスチャンもいるが、グノーシスとは、変性意識に
よるトランス状態の神秘主義。やはり精神障害であることには、変わりはない。

「封印されたマリアのキリスト教」(斉藤忠著、2007年6月19日 学習
研究者発行)によれば、正統派の敬虔なユダヤ教徒であったイエスの母親マリア、
グノーシストであったマグダラのマリア(イエスの妻)及び妻に入れあげた
イエスとの、三者間の嫁姑と親子間の争いを、生々しく描いている。

要するに、キリスト教とは、当初から、人間としての愛のかけらもない、「争い
の宗教」であった。弟子たちの「権力争い」もすざましい。

643 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/19(土) 00:21:30 ID:tBXQwaYl
635 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/18(金) 20:47:25 ID:jcsI3NWB
銀将は談話室を知らないのか?
このスレは質問スレなんだから、議論する場ではない。
@質問がある
A複数の回答がある
B質問者は複数の回答から、自分なりの答えを得る。

これが、基本パターン。
回答に異議があっても、反論しない。評価は質問者が決める。

グダグダなキリスト教関連スレの中で、質問スレぐらいはちゃんと機能しないと。
そう思わないか?


644 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:27:18 ID:W/0JkLEN
>>643
>回答に異議があっても、反論しない。評価は質問者が決める。

キリスト教特有の、「力による、反対者の抑圧」。「本質的な質問」には一切
答えない質問箱に、いったい如何なる価値があるのか。

645 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:31:32 ID:W/0JkLEN
>>643

2chは、いわば「公共の場所」。特定の宗教の「布教の場所」にすることなど
許されない。あくまで「人間」に基づき、本質的な議論を闘わせてこそ、初めて
意味がある。

646 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 00:45:56 ID:VGREorcL
>>642
>「封印されたマリアのキリスト教」(斉藤忠著、2007年6月19日 学習
>研究者発行)によれば、正統派の敬虔なユダヤ教徒であったイエスの母親マリア、
>グノーシストであったマグダラのマリア(イエスの妻)及び妻に入れあげた
>イエスとの、三者間の嫁姑と親子間の争いを、生々しく描いている。

斉藤忠なる人物はまともな奴か?
マグダラ・マリアがグノーシストなんて思ってるのは、変な映画か
何かに洗脳されてるんだべ...
グノーシスの書き物の中の幾つかのテクストの中に、
正統派のイエスの神格化
正統派のペテロの権威化
正統派の女性差別化
への論議上の対抗として、マグダラ・マリアを出してる
と言うのが、僕がグノーシスを読んだ答えですw
もちろん実在の人物を想定した物ではありませんよ

もしかして斉藤忠なる人物の著書にグノーシス文書は
一発も出て来ないのではあるまいか...出していれば
引用した文章を挙げて欲しい。

647 :銀将:2008/07/19(土) 01:03:56 ID:sgYK5vv3
>>641
夫婦は一体になる、というイエスの言葉に洗脳されているキリスト教徒は
相当いると思う。この言葉に基づいて、
カトリックは結婚を秘蹟のひとつにしている。
>>642 
イエスの家族関係は普通ではないように感じていた。
ぎくしゃくしたものがあったのでしょうね。
>>641 
ご隠居は夜行性ですかね。いまは暑いから夜のほうが快適だけど、
暗闇志向なのは個人的趣味ではないですか。

648 :銀将:2008/07/19(土) 01:13:19 ID:sgYK5vv3
>>642
たとえば十戒の「殺すなかれ」が仲間内だけのルールであり、
ほかの連中に対しては「殺してしまえ」であるとすれば、
ユダヤ教、キリスト教の破壊性が見えてくる。

649 :銀将:2008/07/19(土) 01:17:37 ID:sgYK5vv3
>>643
思わない。もう答えたはずだけど、スレ趣旨をよく読んでくれ。

650 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 01:18:20 ID:VGREorcL
>>631 >>641
>マタイ19:4〜6
>「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる」

創世記1/24
こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる

マタイ教団の編者は、創世記をコピーしただけしょ



651 :銀将:2008/07/19(土) 01:28:41 ID:sgYK5vv3
ココモは、神を信じないけど、聖書やナグ・ハマディ文書などを
研究しているという立場なのかな。


652 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 01:37:59 ID:VGREorcL
>>651
お前が理解できるとは到底思えないから、何を説明しても無駄

653 :銀将:2008/07/19(土) 01:45:33 ID:sgYK5vv3
>>642
グノーシスの肝は、創造主を否定し、至高神という別の神話を作り
だすところにあると思う。
 
変性意識や霊肉二元論は、グノーシスとほかの宗教・思想とを区別
する標識にならない。それらはもっと基本的なものであり、
それらしきものが見られることもあれば、そうでないこともある。

654 :銀将:2008/07/19(土) 01:49:22 ID:sgYK5vv3
>>652
ココモはしょうがないヤツだな。そうやって利口ぶるなって。


655 :銀将:2008/07/19(土) 01:55:58 ID:sgYK5vv3
ココモはカン違いしていると思うよ。
知識は役に立つけど、それより大事なものがあるんだね。
誠実さや謙虚さや忍耐心や思いやりや・・・などなど。
そういうものを忘れたか。宗教は知識じゃない。

656 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 02:51:21 ID:W/0JkLEN
>>650
>創世記1/24
>こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる

>マタイ教団の編者は、創世記をコピーしただけしょ

イエスには、彼独自の言葉と思われるものでも、実は旧約からパクッた言葉が
極めて多い。しかし、その意味は、旧約本来に意味からズレている。行為規範
である旧約と、イエスの精神規範とをつなぎ合わせることが、そもそも無理
だからである。

イエスの両親に対する態度かれみれば、「父母を離れて」とは、両親に対する
非難がこめられていると解釈すべきであろう。

657 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 03:12:45 ID:W/0JkLEN
>>646
斉藤氏が「まともな奴」がどうかは、会ったことがないから分からないw。
参考文献は多数挙げているので、どれがグノーシス文書であるか知らないが、
キリスト教が「異端」として排除した福音書にはすべて目を通し、現行福音書
と対照した上で、自分の結論を出していることは、確かでしょう。

斉藤氏は、その著書の「はじめに」で、次のように言っている。

「信仰している方には、不遜に聞こえようが、現代科学がその実在を立証し得
ない、そして合理主義・理性主義と相容れない神の存在や奇跡は退けて考察し
た。『イエスは人間であり、性交を伴った受胎をへて生まれた。彼は処刑され、その
遺体は腐敗して骨が残り、ほかは自然に還った。』これを基本に、なぜに人が
神になったか。なぜ、彼を産んだ母が、神の母、天上界の女主人にまで上りつ
めたのか。もう一方のマリアが、何故異端の尊崇対象、いわばアイドルになっ
たのか。こういった解明に挑んでみたのである。」

彼は、イエスについての著作や映画が、中世の伝承をベースにしていることに
対し批判的である。「伝承は、所詮、神話、伝説である」と言っている。

658 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 03:29:44 ID:W/0JkLEN
>>646
斉藤氏の見解の骨子は、「イエスは降霊会を主催し、法悦トランスを基本と
する神秘主義を布教した。マグダラのマリアは、その熱心な信者であった。正
当派ユダヤ教の敬虔な信者であった母親マリアは、これに強く反対した」と
いうことでしょう。

母親マリアは、「気の狂った息子イエス」のことを心配して、その説教現場に
「取り押さえ」に出向いていますね。

659 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 03:38:39 ID:ez73xqD1
>>655
>誠実さや謙虚さや忍耐心や思いやりや・・・などなど。
>そういうものを忘れたか。宗教は知識じゃない。

この銀将ってのは、知識と知恵の違いもわからんようだな。
発言見てたら、こっちが恥かしくなる。

660 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 08:02:54 ID:9QhvV28P
俺は銀ちゃんの発言嫌いじゃないぜ。
健全な男の子って感じで好感が持てる。
偏屈なやつらに負けるな銀ちゃん!

661 :銀将:2008/07/19(土) 17:55:20 ID:sgYK5vv3
>>659
知恵が身についていないと、知恵が知識レベルになってしまう。
>>660
もう若くないよ。男の子だなんて照れるね。
今日、心に浮かんできたのは、「未熟」という言葉ですかね。

662 :銀将:2008/07/19(土) 18:13:53 ID:sgYK5vv3
>>658
イエスはパウロによって神に祭り上げられただけだから、
実際にやっていたことは降霊術のようなものだったかもしれない。
 
古神道は虚実錯綜し、妄想を極めた感があるが、
イエスが鎮魂帰神法のようなことをやっていた可能性もある。

663 :銀将:2008/07/19(土) 18:25:37 ID:sgYK5vv3
>>657
ココモをまともに相手しないほうがいい。
 
〜べ〜べと、得意がって使っているけど、関東では田舎者の印。
それから関東ではアホは使わない。〜べとアホではバカ丸出し。
ココモは関西人だからこんなことも知らない。知識も不足。

664 :外出汁猫:2008/07/19(土) 18:35:48 ID:o7UlduHB
質問なんですが
マルコ2,10は三位一体成立以後に
書かれたものかわかる人いたら
教えてください

665 :銀将:2008/07/19(土) 18:42:41 ID:sgYK5vv3
>>657
イスラム教徒ではないけど、
ムハンマドはマリアのことを善良な女性であると言っている。
そのくらいの評価が適切かもしれない。
ムハンマドは現実的であり、あの時代にしては女性を尊重している。

666 :月見 ◆GQVAicDWLY :2008/07/19(土) 18:46:03 ID:o6Cf8c8a
このスレ、偽スレだとた。正統質問箱スレは存在してる。
取り敢えず。放置するわ。

667 :外出汁猫:2008/07/19(土) 18:47:09 ID:o7UlduHB
ここは
三位一体は間違ってるという人が多くて
戸惑うね

668 :銀将:2008/07/19(土) 19:00:08 ID:sgYK5vv3
>>664
100% 三位一体成立以後に書かれた記述ですね。
罪が何であるかを考えたら、人の子に罪を許すことは不可能でしょう。
 
指摘されて気がついたのだけど、
いつもは気にしないで読み飛ばしてしまう箇所でした。
よく気がつきましたね。

669 :銀将:2008/07/19(土) 19:20:36 ID:sgYK5vv3
罪とは何か、というテーマはとりあえず脇に置いておき、
罪の赦しとはどんな現象なのか?
少なくてもこれぐらいは明らかにしたい。わかる人いる?

670 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 19:23:42 ID:KAy1Jvlf
>>668
イエスは、「俺は神の子だ」「俺は偉い」「俺は真理であり、道だ」という、
「自称神発言」は、他にも到るところでしているよ。三位一体は、そのような
「誇大妄想発言」を「利用」して、イエスを「神」に祭り上げたとも考えられる。

>>665
母親マリアが、我が子故に、気の狂った息子イエスにどこまでも付き従う姿は、
聖書の中で唯一感動的な場面。イエスの「誇大妄想の自称神発言」や内容空虚な
「説教」には反吐が出る。イエスには「謙遜」の心は微塵もなく、人格的に極
めて未熟で幼児的。現代にこんな人間がいれば、張り倒されるか、精神病院に
強制入院させられることは間違いない。クリスチャンが、このような人格低劣
なイエスを何故有難がるのか、全く摩訶不思議である。

イエスを批判する悪魔、ユダヤ教徒、律法学者、パリサイ派、ピラト、ローマ
兵などの論理は、現代でも十分に通用する、骨太の論理・真理である。

671 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 19:46:30 ID:VGREorcL
>>664
>マルコ2,10は三位一体成立以後に
>書かれたものかわかる人いたら
>教えてください
この「人の子」はエノク書にあるんでね...儀典からのパクリだw
BC2世紀頃からの何処からかの影響で、「人の子」と言う裁きの天使
なるものが流行った様ですw
マルコやマタイの編者はこれらの儀典が好きだった様ですよ
エノク書46/2
わたしは私を連れて全ての隠れた事柄を示してくれたあの天使に、
あの「人の子」について、それが誰なのか、何処から来たのか、また
どうして多くの日のかしらとともに居るのかなどを尋ねた。
同46/4
お前が見た「人の子」は王や権力者をその座からひきおろし
強い者の手綱をゆるめ、罪人らの歯を折る。
同48/2
正にその時「人の子」が命名された。諸霊の主の御前で
また多くの日のかしらの前で....


672 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 19:53:27 ID:VGREorcL
>>657
>参考文献は多数挙げているので、どれがグノーシス文書であるか知らないが、
>キリスト教が「異端」として排除した福音書にはすべて目を通し、現行福音書
>と対照した上で、自分の結論を出していることは、確かでしょう。
そういう人がどうして
>>658
>「イエスは降霊会を主催し、法悦トランスを基本と
>する神秘主義を布教した。マグダラのマリアは、その熱心な信者であった。
と言う考えを持つのか教えて欲しいんですよ...

「イエスは法悦トランスを基本とする神秘主義を布教した」と言う考えが
正典であれグノーシスであれ、経典から導かれる物であるなら
その資料を示して欲しいと言ってるんだけどね


673 :銀将:2008/07/19(土) 20:02:20 ID:sgYK5vv3
>>672 
話は逆であり、普通の人間が何をやれたのかを推理している。
その推理が合理的なら、その推理自体が資料になる。


674 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 20:07:34 ID:VGREorcL
>>664
>マルコ2,10は三位一体成立以後に
>書かれたものかわかる人いたら
>教えてください
それで、イエス以前に流行っていた「人の子」と言う天使?伝承
が(エゼキエルや詩篇の「人の子」とは全く違う)、マルコや
マタイのかなり初期の段階で使われて、また黙示録(1/13〜20)
の異様な「人の子」にも使われたんだろうと思います。

675 :銀将:2008/07/19(土) 20:16:18 ID:sgYK5vv3
>>670
イエスの誇大妄想発言に関しては、
パウロや弟子たちの作り話ではないかと疑っている。
イエスの実像は、福音書の中に、ほんの少ししかないのではないか
という気もしないではない。

676 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 20:31:26 ID:VGREorcL
>>670
>聖書の中で唯一感動的な場面。イエスの「誇大妄想の自称神発言」や内容空虚な
>「説教」には反吐が出る。イエスには「謙遜」の心は微塵もなく、人格的に極
>めて未熟で幼児的。現代にこんな人間がいれば、張り倒されるか、精神病院に
>強制入院させられることは間違いない。クリスチャンが、このような人格低劣
>なイエスを何故有難がるのか、全く摩訶不思議である。

その「誇大妄想の自称神発言」が何かの事情による作り話である事を
何時までも見抜けないで信じてる人達こそ、人格的に極めて未熟で幼児的。
現代にこんな人間がいれば、張り倒されるか、精神病院に強制入院させ
るべきではなかろうか。
テレビ番組の「スーパーマン」の編集者が人格的に極めて未熟だとは思えない
が、「スーパーマン」が居ると思ってて、マジに人に主張している大人がいたら
そいつは人格的に極めて未熟で幼児的だし、精神病院に強制入院させ
るべきだべ。



677 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 23:12:40 ID:o6fzQuUL
イエスに「スーパーマン」像なんてあるのか?
俺のイエス像は「フーテンの寅さん」で親しみ易い印象。
「スーパーマン」だと近寄り難い。

678 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 23:27:21 ID:KAy1Jvlf
>>676
その作り話を超えた「真実のイエス」が存在すると考えるは、更なる妄想。

しかし、福音書が作り話と考えるには、よく出来すぎてますね。いかにも
「本物」らしい。

>>677
イエスには、他者の感情に対する生き生きとした共感や感謝は皆無。これは、
統合失調症の症状としての「疎通性の欠如」である。寅さんとは、対極的。

679 :銀将:2008/07/19(土) 23:39:21 ID:sgYK5vv3
>>678
ご隠居には啓発されるけど、根本のところで正反対になる。
イエスは大酒飲みで大食漢。いっしょに飲みたい。
神の話が酒の肴になるだろう。
 
ムハンマドによれば、処刑されたのは別人らしい。

680 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/19(土) 23:50:51 ID:VGREorcL
>>678
>その作り話を超えた「真実のイエス」が存在すると考えるは、更なる妄想。
おかしな論理だべ。「更なる妄想」かどうかは判るまい。
そんな物が実証されたら、キリスト教団のお芝居ごっこが
全部晒し者にされると言いたいんだろ
>>677
>イエスに「スーパーマン」像なんてあるのか?
>俺のイエス像は「フーテンの寅さん」で親しみ易い印象。
>「スーパーマン」だと近寄り難い。
やはり、みんなホンマは作り話だと知ってるんだべ...
ホンマの話だったら、個人的な好き嫌いなんかあるわけないんだよ




681 :銀将:2008/07/20(日) 00:01:09 ID:M185zfnp
TVで「時をかける少女」を見ていた。だいぶ前のアニメだけど、
簡単に言えば、時間を巻き戻すという超能力をもった少女が主人公。
このアニメがヒットしたのは、時間を巻き戻すというところにある。
だれにもやり直したいと思う失敗があり、
その夢が可能になるので、多くの人の共感を呼んだのだろう。
 
でもこの話は真実ではない。時間は不可逆的に進行する。
時間は巻き戻せない。

682 :銀将:2008/07/20(日) 00:20:27 ID:M185zfnp
巻き戻すのではなく、未来を直感することだと思う。
必要なのは、必要な時に、必要なだけの運にめぐまれること。
未来のことで、明日のことで、これからのことで、幸運がやってくること。
老子風に言えば、この道は奥深く玄妙である。


683 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/20(日) 00:39:45 ID:C7iReiPl
>未来のことで、明日のことで、これからのことで、幸運がやってくること。
みなさん、いっせいにサマージャンボでも買ったら良いべ
キリスト教団が造った童話よりは、当たる確立が高いと思うw

684 :銀将:2008/07/20(日) 00:40:48 ID:M185zfnp
至誠天に通ず、という孟子の言葉があるけど、
相手に通じなくても、天に通じるということがある、ように感じる。
その時に気がつかなくても、後から合点がいくことも多い。


685 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 01:12:32 ID:ZMFc2jJ7
>>680
>>その作り話を超えた「真実のイエス」が存在すると考えるは、更なる妄想。
>おかしな論理だべ。「更なる妄想」かどうかは判るまい。

聖書は作り話だから、その作り話を超えた「真実のイエス」を考えることも、
更なる作り話に過ぎない、と言っているのです。いずれも証拠は皆無なのです
から。

聖書に矛盾があるからという理由で、「聖書を超えた真実のイエス」などを
追求するほうが、イエスに対する思い入れが更に深い、と言えます。

686 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 01:23:42 ID:ZMFc2jJ7
>>679
>イエスは大酒飲みで大食漢。いっしょに飲みたい。
>神の話が酒の肴になるだろう。

イエスは大酒飲みの大食漢だから、恐らくはデブだろう。そして、家族や郷里
の人々の証言によれば、イエスは「基地外」。それに、切れやすく、女好き。多分、
麻原のような人間だったのだろう。

そんなイエスと一緒に飲み、宗教の話をするとは、趣味が悪いよ。

687 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/20(日) 01:32:22 ID:C7iReiPl

>>685
>聖書に矛盾があるからという理由で、「聖書を超えた真実のイエス」などを
>追求するほうが、イエスに対する思い入れが更に深い、と言えます。

誰かそんな馬鹿げた事をやってる御仁がいるのか?
「聖書に矛盾がある」のは当たり前で、そんな事で生身のイエス
を調べてる分けではないよ...「聖書は何の誤謬もない真実である」
などと言う馬鹿げた事を言う連中がいるから、馬鹿にしてるだけヤだよ
真実の意味を履き違えてるんじゃないの...
「いろいろな資料や社会背景を考えたらイエスは普通のユダヤ系の人間
の一人だろう」と考えたら、少なくともキリスト教団が考えてる
イエス・キリストよりは実際の史実に近い可能性が大きいだべ...
それだけの事だよ...僕が興味あるのは、どうしたらこう言う
嘘で固めた教理でメジャー宗教が造れたのかですw...

僕が主催してるホムペのタイトルは「イエスはどんな人」だけど
実はイエスと言う人の事など殆ど取り上げてないよ...殆ど
興味が無い為ですw



688 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 06:48:07 ID:chBYNFNV
>>680
>やはり、みんなホンマは作り話だと知ってるんだべ...
>ホンマの話だったら、個人的な好き嫌いなんかあるわけないんだよ

いやいや、個人的な好き嫌いはあるやろ。
個人の人格無くなったらそれこそカルトやん。
俺は聖書を信じてるし、イエスは俺の救い主だぜ。

689 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 06:54:25 ID:chBYNFNV
>>678
>イエスには、他者の感情に対する生き生きとした共感や感謝は皆無。これは、
>統合失調症の症状としての「疎通性の欠如」である。寅さんとは、対極的。

フラッと現われて神様の話をするイエスは、紙芝居のおっちゃんや、フーテンの寅さんに
似てると思う。
神様おじちゃんなんて愛称で呼んでなついてた子供もいたかもよ。

690 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 10:26:57 ID:xcMfpJlB
>>689
>神様おじちゃんなんて愛称で呼んでなついてた子供もいたかもよ。

批判力のない子供には、イエスの言葉に潜む狂気、冷酷、恐ろしさが分からない
だけだ。

イエスを信じる者たちが、史上そして現在も、最も多くの人間を、最も残虐な
方法で殺してきたのは、一体何故か?イエスさえ信じなければ、殺さなかった
のである。

691 :銀将:2008/07/20(日) 10:44:54 ID:M185zfnp
>>686 >>689
イエスがデブだったら、統合失調ではなく、そううつタイプかと思われる。
また、安息日ごとに説教し、野宿もするホームレス風なところは、
フーテンの寅さんのようであり、気さくで好かれるタイプなのだろう。
 
しかしガリラヤ湖周辺で船大工をやり、肉体労働だから大酒飲みの大食漢。
これを考えれば、日に焼けた浅黒い、筋肉質タイプだったと思われる。
いずれにしろ、やせた色白の2枚目ではなさそう。

692 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/20(日) 10:57:14 ID:/Isy5DKm
銀将のカキコ、つまらない。

693 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 11:00:11 ID:/003Esn8
質問なんだけど、神が人間を作ったのなら、なんで初めっから罪など犯さない様に作らなかったんだ?

694 :銀将:2008/07/20(日) 11:02:56 ID:M185zfnp
ご隠居は布袋様のようなイエスをイメージしてない?
外見ではなく中身だから、布袋様のようでもかまわないけどw


695 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/20(日) 11:10:22 ID:/Isy5DKm
>>693
神は、ロボットを作りたがったわけじゃないでしょ。

696 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 11:34:17 ID:xcMfpJlB
>>694
イエスは、躁状態を伴う統合失調症。外見は、麻原を想像すればよい。
麻原も、処刑されれば、信者にとっては、間違いなく「キリスト」にな
る。

尤も、オウムは、殺した人間の数では、キリスト教徒とは桁違いに少ない。

イエスも麻原も、中身は単なる「狂気」。宗教者でさえない。単に、そ
の狂気の症状としての「誇大妄想」から、「自分が神になりたかった、
なった積りだった」だけ。

オウムでさえ、麻原を批判できる信者が出てきている。しかし、クリス
チャンには、2000年たっても、イエスを批判することは「絶対に」
出来ない。その上、すべての責任を「他の人間」に転嫁する。これは
オウムでさえ、やらなかったこと。イエスによる洗脳状態は、麻原に
よる洗脳よりも、はるかに根深い。麻原も、キリスト教に影響されな
ければ、あそこまでは絶対にやらなかった。彼も、他のクリスチャンと
同様、「イエスの狂気の痛ましい犠牲者」の一人である。

最近の上祐は、イエスより、はるかにまともだ。

697 :銀将:2008/07/20(日) 11:36:54 ID:M185zfnp
>>693
のぞみの答えでいいと思う。
神のロボットが天使であり、天使は善しか行わない。
しかし人間は善か悪かの選択が可能である。
そういう状態の中で、自由意志によって善を選ぶようになることが
神によって期待されている。神の創造は現在も進行中であり、
神の計画は、人間を神に似たような存在にすることである。

698 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/20(日) 11:40:41 ID:/Isy5DKm
>>697
天使も悪を行う。
それがサタンなどと言われる存在。

銀将のカキコ、つまらない。

699 :銀将:2008/07/20(日) 11:58:09 ID:M185zfnp
>>696
麻原のような男ですか。あんな男では嫌ですね。
かれの場合は確かに、うつ状態の統合失調症でしょう。
上祐も口ばっかりで嫌ですね。
 
布袋様のような太鼓腹で、エルサレム宮殿で大暴れしたイエスを
想像していたところでした。少し無理かなと。
しかし麻原ぐらいの体型なら、大暴れできそうですね。

700 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 11:59:45 ID:BkcMnyLV
>>687
>イエス・キリストよりは実際の史実に近い可能性が大きいだべ...
クリスチャンにとって興味があるのは、史実のイエスよりイエス・キリストだべ。
そしてイエス・キリストというのは、神社の御神体のようなもので、科学的にみれば、
玉は玉に過ぎないし、鏡は単に鏡だが、それでも玉や鏡を大事にし拝んだりするわけだ。
玉や鏡を拝んでいる奴に向かって、玉や鏡の科学的組成を説いても、頭がおかしいと
思われるだけだべ。クリスチャンが聞きたいのはラビの偉人伝ではないんだべ...
だからある意味、キリスト教は呪術とかわりないんだべ....
といって呪術は現代社会でも様々な行事で行われていることで、馬鹿にできないんだべ・・・
しかしインチキムスリムのココモスキーにはこんなことは理解できないんだべ・・・・

701 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:04:30 ID:/003Esn8
いや神が作った動物には、善も悪もないわけじゃない人間だけが人間の文化の中で善悪を決めて生活してるわけでしょう。まさか何万年も前から善悪が変わってないとでも?
善しか行わないとロボット?自由意志で善になってほしいなら布教したり、教えに従いなさいっていうのも矛盾しない?

702 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:07:14 ID:qLsBrJMW
雑誌や新聞ってあるの?やそ教に

703 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/20(日) 12:09:11 ID:/Isy5DKm
>>701
善になることでなく、自分を悪とするな、が宗教の本質と思うよ。

704 :銀将:2008/07/20(日) 12:12:39 ID:M185zfnp
>>698
悪魔が、神にさからう存在なのか、
神の支配下にあるのか、については説が分かれている。
ヨブ記は後者であり、悪魔は神の許可によってヨブを苦しめる。

705 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:17:01 ID:/003Esn8
すいません善になること
ではなく、自分を悪とするなとはどういう意味?
善行を積みましょうとも
ちがうようだし、まさか自分の行いを正当化するなんてことでは絶対ないだろうし、どういう意味ですか?分かりやすくお願いします。

706 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:18:49 ID:xcMfpJlB
>>695
ロボットとは、聖書やイエスから一歩も踏み出すことが出来ない、思考停止
した、「精神的奴隷」としての、クリスチャンのことである。

707 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:20:45 ID:Y79T6TEF
善を推進しようとして反動で強欲になったドコモ信者がいると聞いて来ました

708 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:22:18 ID:/003Esn8
じゃあ、聖書とかキリストの教えと違っていてもいいということなんですか?

709 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:34:59 ID:xcMfpJlB
>>699
「口ばっかり」は、まさにイエスのこと。彼は「言行不一致」の典型。

イエスは、その「個人的不満」から、神殿で、自分や家族のために、誠実に生
計の糧を稼ぐ商人たちを、「暴力」で追い出した。このことだけでも、イエス
には、「人間そのものに対する愛」は皆無だったことが、如実に証明されている。

このイエスの「人間に対する愛を欠く行為」が、彼の処刑の遠因なのである。
他のユダヤ教徒たちは、イエスほど愚かでも、狂信者でもなかった。

710 :銀将:2008/07/20(日) 12:37:27 ID:M185zfnp
>>701
>いや神が作った動物には、善も悪もないわけじゃない
>人間だけが人間の文化の中で善悪を決めて生活してるわけでしょう。
>まさか何万年も前から善悪が変わってないとでも?
 
善悪は言葉の問題にも絡んでいると思う。
言葉の問題であれば、何万年前から変わっていないと思う。

>善しか行わないとロボット?
>自由意志で善になってほしいなら布教したり、
>教えに従いなさいっていうのも矛盾しない?
 
神がいると教えられるのは知識レベルであり、まだその人のものに
なっていない。自分から神を信仰するのが意志であり、そこで
初めてその人自身のものになる。自由意志とは、
聞いたことを「善し」として認め、実行することである。オチ

711 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:38:34 ID:/003Esn8
キリストの悪口ばっかり
言ってる人ってのは、キリスト教徒にやなことでも
されたんか?

712 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 12:48:43 ID:xcMfpJlB
>>699
商人やその家族の生計の途を「暴力」で奪い、しかも彼らを「強盗」呼ばわり
したイエスを、単に「大暴れした」などで片付ける神経が狂っている。イエス
の諸悪の根源は、まさにこの行為に象徴されていることを知らなければならな
い。彼がいくら「きれいごと」を言ってみても、この「行為」の前には、すべ
てまやかしに過ぎないのである。

713 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 13:04:56 ID:chBYNFNV
>>711
なんかず〜っとイエス、またイエスを信じる人を中傷しつづけてる ID:xcMfpJlB みたいなのがいるのよ。
口だけの人なんだけどね。
他人がイエスを信じると困ることでもあるのかね。ID:xcMfpJlB は。

714 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/20(日) 13:16:12 ID:C7iReiPl
>>698
>天使も悪を行う。
堕天使がさかんに出てくるのは、BC2世紀以降に書かれた書き物ですw
あまたある外典・偽典に一杯でてくる。経典というよりは、面白短編神話
とでも言った方が良いのではあるまいか
こういう面白短編神話が好きな教団もあると思うけど、趣味が合わない
教団もあるのではあるまいか


715 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 17:09:09 ID:npdDuzvK
イエスという人が居たのは事実だろうけど
神の子イエス・キリストは真実ではない。

716 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 17:27:30 ID:0m2QbJA7
>>713
>他人がイエスを信じると困ることでもあるのかね。

大いに困るね。人類の殆どすべての大虐殺、戦争や争いには、イエスの思想の
影があることを、認識すべきであろう。

イエスの思想のため、史上そして現在において、何千万人、何億人の人間の
生命が理由なく奪われたか、頭を冷やして考えて欲しい。

他の宗教でも、キリスト教の要素を取り入れた、またはその影響を受けたもの
は、信者の狂気と嵌り込みの程度が特に深く、カルトとなる。イスラームも
その例外ではない。マルクス主義もナチスも、キリスト教起源。

イエスの言葉は、常に「自分の気に入らない他者に対する非難」とセットに
なているではないか。

イエスは、人類に対する諸悪の根源、人類の癌である。

717 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/20(日) 23:17:26 ID:C7iReiPl
>>716
>イエスの思想のため、史上そして現在において、何千万人、何億人の人間の
>生命が理由なく奪われたか、頭を冷やして考えて欲しい。

それにしても、あまり意味もないジェノサイトが正当化されてる経典は
あまり見た事はないね



718 :銀将:2008/07/21(月) 00:41:08 ID:DHs4wN67
>>709 >>719
イエスが暴れたのは神殿だけ。そしてそのすぐ後で処刑される。
この話もどうやら、作り話のような感じがしてきた。
 
ご隠居が鬼の首を取ったかのように勝ち誇っているケースは、
パウロたちの作り話である可能性が高くなる。
宮清めはマユツバのほうに分類しておく。

719 :銀将:2008/07/21(月) 00:56:39 ID:DHs4wN67
ムハンマドは、イエスは処刑されなかった、と言う。
そうすると、神殿で大暴れした話や、最後の晩餐の話も、作り話になる。
福音書前半の、春のようなイエスの人柄からして、
ムハンマドのほうがスジが通っている、ように思われる。

720 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:10:39 ID:6SeYQs51
>>713
>>他人がイエスを信じると困ることでもあるのかね。

>大いに困るね。人類の殆どすべての大虐殺、戦争や争いには、イエスの思想の
>影があることを、認識すべきであろう。

>イエスの思想のため、史上そして現在において、何千万人、何億人の人間の
>生命が理由なく奪われたか、頭を冷やして考えて欲しい。

つまり、イエスを信じる者は誰でも人間の生命を奪う と?
それを>>716は心配してるの?

721 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 02:15:58 ID:Cdn2bHpl
>>720
>つまり、イエスを信じる者は誰でも人間の生命を奪う と?
>それを>>716は心配してるの?
キリスト教の教理は、人間をそういう短絡した思考回路にしてしまうと
言ってるんだよ



722 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 06:37:57 ID:WzCPt2oi
>>721
てめえは>>716じゃねえだろ。
しゃしゃり出てくんなクソオヤジ。
お前はお母ちゃんに甘えたいだけやろが。
お前がじゃれつくべき相手は自身の母親じゃ。

聖書使ってると言ってもエホバの証人はカルトなんだから聖書使ってる人に見境無くじゃれついてくるなよ。気色悪い。

723 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:40:02 ID:oPfCn4yN
>>722
貧相だな、人間性の欠片もない獣の遠吠えだ。


724 :銀将:2008/07/21(月) 08:52:24 ID:DHs4wN67
北京オリンピックが近づいてきた。しかしそれどころではない。
四川大地震の被災者はまだまだ落ち着いていないだろう。
チベット暴動はどうなったのか。今もあちこちで逮捕者が続出している。
オリンピックのために、人間のが奪われるとしたら、
そんなオリンピックはケガレている。
  
抗議するために、北京オリンピックを無視しよう。
オリンピック中継を無視し、日本人がメダルを取っても無視しよう。

725 :銀将:2008/07/21(月) 09:01:28 ID:DHs4wN67
>724の訂正 × 人間のが → ○ 人間の命が 

726 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 09:24:03 ID:ZI/BDeSn
>>723
獣にレスするお前は獣愛好家か何かか?

727 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 11:22:24 ID:Cdn2bHpl
文章の内容でどういう人間が書いたか判ると言うのも面白いべ...
 考えるパターンが固定してるんだよ

728 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 12:57:39 ID:dO0czBPQ
創世記の1章によると6日目に男と女を造ったと書いてあるんだが
2章でまた男の肋骨から女を造ったという記述があるがこれは6日目の話のことですか?

729 :銀将:2008/07/21(月) 13:44:22 ID:DHs4wN67
天地創造の神話はふたつあり、ちがう神話が連続して書かれている。
創世記1〜2:4冒頭までと、創世記2:4(冒頭を除く)〜25まで
 
ふたつめのは最初の創造神話と順番がちがっている。
男(イシュ)は3日目であり、女(イシャー)は6日目ですね。
4日目に植物を造り、5日目に動物を造った。
そうすれば6日間で天地創造をしたという前提に合う。

730 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:47:15 ID:g5H/Nsff
>>719
>春のようなイエスの人柄

読み方が浅いか、すでに洗脳されているかの、どちらかだ。

精神医学の知識を持って、イエスの言葉を眼光紙背に徹して読めば、彼のきれい
ごとの言葉に潜む、統合失調症患者特有の「冷酷さ」と「現状不満」は明らか。

彼の言葉は、常に、「自分の気に入らない他者に対する非難」とセットになって
いることを見抜け。その「狂信」と「誇大妄想」故に、旧約を読んで、「自分が
神になりたかった、なった積りの」彼は、「自分に反する者」はすべて邪魔だった
のである。創造主が創造したままの「あるがままの人間と自然」の価値を理解でき
ず、常に「不満たらたら」だったのである。

現代の、「常に現状不満の、跳ね上がりの左翼革命家」と、何ら変わるところ
はない。要するに、「人間そのものに対する愛」と「創造に対する畏敬」が
欠如していた。

現代のクリスチャンの「我のみ良しの思い上がった独善性」と「人間差別(選
民意識)」が、まさにイエスの精神状態そのものである。

731 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:49:20 ID:BHghJ1jF
>>726
お前は獣ですらもったいない
蟲けらだ。

732 :銀将:2008/07/21(月) 13:53:00 ID:DHs4wN67
ふたつめの創造神話では、男のあばら骨で女を造ったと書いてある。
「ついに、これこそわたしの骨の骨、わたしの肉の肉・・・」

しかしこれは、真っ赤な作り話にちがいない。
むしろ逆であり、女から男が分化したような痕跡(乳)がある。

733 :銀将:2008/07/21(月) 14:06:41 ID:DHs4wN67
>>730
たとえばマルコ伝1:14・・・「時は満ち、神の国は近づいた。
悔い改めて福音を信じなさい」には、冷酷さや現状不満、
他人への非難などは含まれていないと思う。

734 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 14:17:14 ID:g5H/Nsff
>>720
>つまり、イエスを信じる者は誰でも人間の生命を奪う と?
>それを>>716は心配してるの?

「誰でも」などとは言っていない。そうやって、すぐに極端から極端に走り、
その両極端の間に存在する無数のニュアンスや例外が理解できないのが、カル
ト信者の思考と精神状態の著しい特徴。

「人間にあらざる空想上の神」や「2000年前に死んだイエス」などに「最
大の価値」を置けば、現実の人間の生命など、二の次、三の次になってしまう
のは必然的な結果ではないか。「人は、二人の主人に仕えることは出来ない。」

神概念やイエスに影響されても、人間の身体にビルトインされた、肉体的本能
としての「生存本能(生命)」という「究極の神」と、それから派生する「自
他の死への恐れと他者への思いやり(愛)」という自然の感情が、それらに抵
抗する。多くの文学作品が、宗教から人間性と取り戻そうとする、即ち、肉体的
本能という「究極の神」に立ち帰えろうとする、人間の本能的努力を描いている。

「宗教戦争」については、例えば岩波キリスト教辞典の、モーセによるバール
教徒の皆殺し、新旧キリスト教徒間の殺し合いから、現代の中東紛争、さら
にはアフリカにおけるキリスト教徒による大虐殺までの、宗教を主たる原因、
憎悪要因とする大虐殺を参照されたし。

圧倒的大多数の人間の努力は、生存の保持に向けられているのに、殺し合って
いるのは、キリスト教を初めとする一神教だけではないか。これは一体何故かを、
頭を冷やして、現代人としての理性を以って考えるべき。

735 :銀将:2008/07/21(月) 14:20:56 ID:DHs4wN67
>>730
イエスは、最後の審判が近づいたから、
悔い改めて天国に行けるようにしなさいと教えている。
いまのままでは地獄に落ちるよと警告している。
 
他者への非難でもなければ、神になったつもりでもないし、
自分だけよければいいという話でもない。
地獄に落ちそうな、みんなのことを深く心配している。

736 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 14:40:52 ID:Cdn2bHpl
>>734
キリスト教徒はモーセやヨシュアの無差別殺戮を一切糾弾
しようとしないだべ
モーセやヨシュアを聖人としてキリスト教物語で扱って、
後はお得意のマインドコントロールで教団の神聖化をして
るんだから
一方で無差別殺戮を一切糾弾するなんて言う事は、キリスト
教団のレベルでは、不可能だよ(信者の混乱を招くだけなんだよ)



737 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 14:42:19 ID:g5H/Nsff
>>733
>たとえばマルコ伝1:14・・・「時は満ち、神の国は近づいた。
>悔い改めて福音を信じなさい」には、冷酷さや現状不満、
>他人への非難などは含まれていないと思う

全くの誤り。「あるがままの世界と人間が悪である」という非難が、ち
ゃんとあるではないか。

あるがままの世界が既に「神の国」であり「福音」であることが理解で
きれば、「神の国が近づき」「あらためて福音を信じたり」「悔い改め
る」必要は全くない。むしろ、そうすることのほうが、とんでもない
「誤り」であることは、自明ではないか。

「神の国」や「最後の審判」の概念は、イエスの思想の基本としての
「終末論」。これは、精神医学では「世界没落体験」と呼ばれ、総合失
調症の代表的症状の一つである。

人間の生存の努力のなかで、自然に形成されたあるがままの社会に存在
する「巨大な価値」を理解できず、現実から離脱した、「観念の遊戯」
としての「ユートピア(神の国)思想」ほど、人間の精神にとって有害
なものはないのである。それは「精神病理」以外の何物でもないことに、
思い至らなければならない。

738 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 14:46:22 ID:Cdn2bHpl
>>735
>イエスは、最後の審判が近づいたから、
>悔い改めて天国に行けるようにしなさいと教えている。
>いまのままでは地獄に落ちるよと警告している。

アホ教団が十八番とする、終末思想だべ...
キリスト教は2000年前にこれを言い出して(これもゾロアスター
のパクリ...ゾロアスター自体は滅多に口にしてはいない)から、
ずーーーーーーといい続けてるべ...傍から見るとアホ丸出し
なんだけど、アホのキリスト教徒はこれが大好きなんだべ

739 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 14:57:45 ID:g5H/Nsff
イエスは、根本から狂っており、誤っていたことに気付くべきである。

その狂気の、集団的一大感染が、キリスト教である。狂気は感染する(感応
精神病)。

740 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 15:14:56 ID:8ugFgPF4
>>731
てことはお前は蟲けら愛好家だな。

741 :銀将:2008/07/21(月) 15:19:23 ID:DHs4wN67
>>737
イエスの「悔い改めよ」というのは非難ではない。
法華経にも「家が火事、中に子供がいる」というたとえがある。
イエスは燃えている家の中の子供たちを救いたい。
 
人間社会の場合、あるがままの状態で放置しておくと、
弱肉強食がエスカレートし、悲惨な状態になることが実証されている。
どうしてかといえば、人間には原罪があるからであり、
その原罪によって頭が転倒し、悪の道をひたすら歩むからである。

742 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 15:54:05 ID:Cdn2bHpl
>>741
>人間社会の場合、あるがままの状態で放置しておくと、
>弱肉強食がエスカレートし、悲惨な状態になることが実証されている。
それを是認してるのが、アホのキリスト教徒だべ

743 :銀将:2008/07/21(月) 16:29:00 ID:DHs4wN67
>>737
うつや統合失調は、精神構造に基づいたものであり、
だれでもそういった傾向を持っている。
むしろ人間らしさの表れであり、非難する性質のものではない。
 
また、うつや統合失調が精神構造に基づいているものなら、
そこで経験されることは、精神的な事実であり、
事実そのものとして扱ってもよい、のではないだろうかという、
値踏みの仕方もありそうである。

744 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 17:08:07 ID:g5H/Nsff
>>741
>イエスの「悔い改めよ」というのは非難ではない。
>法華経にも「家が火事、中に子供がいる」というたとえがある。
>イエスは燃えている家の中の子供たちを救いたい。

全く違う。火事は「事実」であり、生命に危険を及ぼす。「地獄」や「罪」は、
イエスの「妄想」であり、妄想の産物は事実ではなから、生命には何らの危険
も及ぼさない。

イエスは、地獄や罪で「脅迫」して、救いという「甘言」で釣り、「(自称神
である)自分」を信じさせようとしたのである。

745 :銀将:2008/07/21(月) 17:16:23 ID:DHs4wN67
>>737
>「神の国」や「最後の審判」の概念は、イエスの思想の基本としての
>「終末論」。これは、精神医学では「世界没落体験」と呼ばれ、総合失
>調症の代表的症状の一つである。
 
世界没落体験とは具体的にどんな体験を言うのだろうか?
たとえば、高層ビルがガラガラと崩れ、その下で血だらけの人が逃げ惑い、
倒れているような光景を実際に見るのだろうか?
 
それとも、このままの生活を続けていると、
人類社会はいずれ終末を迎えるだろうと推理することを言うのだろうか?
しかし推理することを体験とは言わない。
 
人類の将来を悲観的に感じることは統合失調でも何でもない。
今や、そう思うほうが普通であり、そう思わないほうが異常である。
それが最後の審判かどうかはわからないけど、世の終わりが現実のものに
なってきたことは確かだろう。

746 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 17:19:02 ID:g5H/Nsff
>>743
>また、うつや統合失調が精神構造に基づいているものなら、
>そこで経験されることは、精神的な事実であり、
>事実そのものとして扱ってもよい、のではないだろうかという、
>値踏みの仕方もありそうである。

精神病という事実である。

人間界は、徹頭徹尾、共同体であるから、事実の判断は、不特定多数人(健常
人)のほぼ同一の知覚という基準による。その基準から有意に逸脱することを、
「狂気」と呼ぶ。それはもはや「事実」ではない。狂気による知覚を「妄想」と
呼び、治療の対象となる。


747 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 17:39:58 ID:g5H/Nsff
>>745
厳密な現実上の事実の積み上げに基づく推測を、「予測」と呼び、事実に
基づかない、「世界が崩壊するような、不気味な感じ」を、世界没落体験
と呼ぶ。このように、当たり前の現実が、「名状しがたい不気味さと不安感」
を以って迫ってくるのが、統合失調患者の心理。銀実に対応してのみ生存する
ようにプログラムされている人間心理の破綻、プログラムに生じたバグである。

748 :銀将:2008/07/21(月) 18:08:11 ID:DHs4wN67
>>747
不気味な感じが世界没落体験ですか? 
感じなら、理解できないわけでもない。たいしたものじゃない。
 
信仰心がないと、ものごとを転倒して理解してしまう。ところが
何かのきっかけで神を信じるようになると、自分が転倒していたことに気づき、
ものごとが正常に見れるようになる。
そして世の中を見渡せば、これはアカン、という思いになるのですね。
 
こういう経過が、無信仰者や精神科医から見れば、理解不能なのでしょう。
実際には、無信仰者や精神科医のほうが転倒して異常。洗脳されている。 

749 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 18:16:45 ID:Cdn2bHpl
>>748
>実際には、無信仰者や精神科医のほうが転倒して異常。洗脳されている。 

やっぱりお前は人間を止めた方が良い...普通の人間に戻る事は
修復不可能という事だ

750 :銀将:2008/07/21(月) 18:21:46 ID:DHs4wN67
>>746
人間は言葉によって人間になるから、人間は共同体的な存在なのでしょう。
しかし不思議なこともあるのであり、たとえば正夢・虫の知らせなどがある。
こういったことは体験しないとわからない。

751 :銀将:2008/07/21(月) 18:30:51 ID:DHs4wN67
>>744
法華経が「火事」でたとえているのは火炎地獄。
子供たちが、火事なのに家の中で遊んでいるのはたとえだから。
問題になっているのが、地獄や罪であることはイエスと同じでしょう。
 
ただ、福音書の終末描写は、パウロたちによって脚色されている。
ムハンマドの終末観が素朴であるように、
イエスの終末観もきわめて素朴だったのではないかと思う。

752 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 18:33:26 ID:g5H/Nsff
>>750

夢は、睡眠時における脳細胞の混乱。過去の記憶が、さまざまに変容されて
現われる。将来とは、一切関係ない。

753 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 18:36:39 ID:Cdn2bHpl
>ただ、福音書の終末描写は、パウロたちによって脚色されている。

パウロはAD60年頃にローマへ護送されてるんだべ
福音書が出来たのは早いマルコでも70年前後だべ
ルカやヨハネにいたっては2世紀になってからだべ

やっぱり、こいつは人間を止めた方が良い

福音書の終末描写は明らかに、ユダヤ戦争の影響だよ
2〜3世紀のシナリオライターが面白おかしくドラマチック
な物語を造ったんだべ


754 :外出汁猫:2008/07/21(月) 18:38:07 ID:5v2aYMYw
>>671>>674
>>儀典からのパクリだw
>>BC2世紀頃からの何処からかの影響で、「人の子」と言う裁きの天使
>>なるものが流行った様ですw

マルコの時はイエスが罪を赦す発言をした後→
人の子は罪の赦しの権威があると言ってるから
あの場合の人の子とはイエス自身を言っていると読むようで
イエスの作られた台詞も聖書にはあるとする人もいるようで
もしそうだとすると一体イエスの発言は信用してしていいのかわからなくなるな!
少なくとも聖書の編者や弟子はイエスは神であるという視点で
あったということでよいのかな?

755 :銀将:2008/07/21(月) 18:47:08 ID:DHs4wN67
>>752
いくら荒唐無稽な夢でも、夢にはストリーがある。
そのストリーの大半は、前日に心をかすめた思いである。
思っただけで罰せられる。
心の中で姦淫を犯せば、夢の中で姦淫を犯す可能性が高くなる。
 
夢なんてこんなものだけど、そうではない夢がたまにある。
これは実際に体験しないとわからない。
聖書には夢の話が多い。ヤコブ、ヤコブの子ヨハネ、ダニエルなど。

756 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 18:54:38 ID:Cdn2bHpl
>>754
>少なくとも聖書の編者や弟子はイエスは神であるという視点で
>あったということでよいのかな?

であった様に、2〜3世紀に改竄したという事だよ

黙示録1/13〜20もイエスなのか?
マルコ14/62の神の右の座に座る「人の子」もイエスなのか?

そもそも大祭司たちにとっ捕まってる「イエス」が、「自分」が天の雲
に囲まれて来るのを見る。なんて言ったら笑いものにしかならないよ

757 :銀将:2008/07/21(月) 19:08:25 ID:DHs4wN67
>>754
イエスは神なのか人なのか、これについては福音書自体が混乱しているから、
読む人を混乱させている。考え方の違う複数の手が入っている。
いずれ、だれかがきっちり吟味してくれたらと思う。

758 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:25:02 ID:g5H/Nsff
>>757
共観福音書の作者で、「イエスは神だ」などと考えていた者はいない。

「自称神」は、神とは程遠い。

759 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:41:15 ID:wzgVtlbT
>天地創造の神話はふたつあり、ちがう神話が連続して書かれている。

なるほど。初めて知りました。ありがとうございました。

760 :外出汁:2008/07/21(月) 21:45:35 ID:5v2aYMYw
2、3世紀に イエスは神でない話からイエスは神である話に
改竄されたという証拠というか記録とか
あったらキリスト教も改竄されてることを認めるはずじゃ?
そういうものはないのか?な



761 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 21:52:39 ID:g5H/Nsff
>>760

イエスは、現に、ヨセフとマリアとの間の子供だから、改竄の問題にもならない。
証拠は、現代医学である。



762 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 22:10:20 ID:Cdn2bHpl
>>760
>そういうものはないのか?な
一つだけ事例を出すが(出していたら限がないし、ハナッカラ
無視する様な御仁だったら、徒労に終わる)、その反応によって
@「内容によっては改竄されたという証拠として
 認める意思がある」のか
大半のクリスチャンが考えている様に
A「そんな物は捏造だと言って、従前どおり、一切の改竄など
 在り得ない」とするのか判るんでね

クリスチャンがイエスは神だとしている根拠に良く使われる
ヨハネ福音書1/18で、
USBなどの一般的なギリシャ語は
μονογενηs θεον:独子である神
だけどね
僕が手に入れた1550ステファヌスは
ο μονογενηs  υιοs:独子である息子
ですw
υιοs と書かれた、写本がけっこう出回っていた
事が判るよ。それをどこかで θεον に書き換えた
という事だろ...(逆は考えにくいw)
 

763 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/21(月) 22:17:26 ID:2lnxV4FY
神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。
その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません

〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、
実際には新しい道とは言えませんが〕。


神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。


そうです。 すべての人は罪を犯しました。 神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。
けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。


このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ3:21-24)



764 :外出汁:2008/07/21(月) 22:23:05 ID:5v2aYMYw
>>762
神の独り子の息子って場合でも
神の子であるってことではないんですか?
もちろんその場合 神の子即ち神とはならないが
(神を信じる者は皆神の子であるともいう)


765 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/21(月) 22:28:14 ID:2lnxV4FY

☆実にキリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。
 正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかも知れません。


しかし、わたしたちがまだ罪人であった時、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、
神はわたしたちに対する愛をお示しになりました。それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですから


キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。


敵であった時でさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、
御子の命によって救われるのはなおさらです。 それだけでなく、わたしたちの主イエスキリストによって、


わたしたちは神を誇りとしています。今やこのキリストを通して和解させていただいた からです。(ローマ5ー6〜11)


☆神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3ー16)


☆口でイエスは主(しゅ)であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から 復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。
実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるからです。(ローマ 10:9-10)



766 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 22:28:47 ID:g5H/Nsff
>>763
パウロは、一信者で、専らキリスト教の営業担当者。君は、社長より、
セールスマンの「営業用の宣伝文句」のほうを信じているのかw。

767 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 22:33:36 ID:Cdn2bHpl
>>764
>神の独り子の息子って場合でも
>神の子であるってことではないんですか?
>もちろんその場合 神の子即ち神とはならないが

それが、クリスチャンが良くやる話術の一つだ(話題のすり替え)
貴方は「イエスは神でない話からイエスは神である話に
改竄されたという証拠」を出せと言ったのでないのか?
「神の子」=「神」なら、何で書き換えるんだ?
「神の子」なら、旧約にもあまた出て来るし、「神の子」と言われた
人間は一杯いるよ。精々「預言者」程度の者で、到底「神」など
在り得ないよ...

768 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/21(月) 22:34:08 ID:2lnxV4FY

☆神は、実に、そのひとり子(イエスキリスト)をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3ー16)




769 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/21(月) 22:48:25 ID:Cdn2bHpl
>>766
このリンゴと言うのは多分福音派崩れのアホ教団の宣伝アルバイターだよ
教団の幹部のオツムが弱いから、こんなやり方しか出来ないらしい
さっき別のスレにも出したので、コピーするw

リンゴ ◆oPXbhrKCUQ  ID:2lnxV4FY
と言うのは、何処のアホ教団(多分福音派崩れのアホ教団)の
宣伝アルバイトか知らないけれど、何処のアホ教団がこんなのを
出してる調べた方が良いで...


770 :外出汁:2008/07/21(月) 22:52:52 ID:5v2aYMYw
>>767
多くの神の子発言は神の子なんて皆信じるものは神の子であるし
預言者ともとれるのでイコール神とはしない
ヨハネの独り子の神は有名だがは改竄の可能性がありということなら
他と同じく子であって神であるとははっきりならないね
なぜイエスは神の子でなくはっきり神と言わないのか気になり
イエスは神であると取れる個所を探して聞いた
罪の赦しの権威をもつこととの個所は改竄されてたのかと

771 :外出汁:2008/07/21(月) 23:34:18 ID:5v2aYMYw
>>757
聖書のナレショーン部分は編者の解でともかく
イエスの当時の発言さえ
そのまま載せてくれているのでなく造られた台詞なら
イエスの見解であるというものはどれなんだか
わからなくなる でもユダヤ人達に神発言だと思われ
怒らせたイエスの発言があったのが事実なら
イエス自身が神だと言っていたならイエスは神だと
信じる イエスの誇大妄想だとする人もいるかもしれないけども


772 :のぞみ ◆pLAYdeBByU :2008/07/21(月) 23:38:57 ID:DANhGsY0
低脳リンゴが、荒らしてる。

773 :銀将:2008/07/22(火) 18:55:17 ID:7L8oV1tM
再び、アニメ「時をかける少女」
 
アニメでは、ものごとがうまくいかないと時間を巻き戻し、
納得できるまで巻き戻して人生をやり直しする。
こんな結果では嫌だから、そうなる前に時間を巻き戻そうとする。
 
しかしこの超能力は、結局のところ、未来がわかってしまう超能力と
似ていないだろうか? 失敗する前に戻りたいという思いは、
未来のことがわかれば失敗しないですむ、ということの裏返しではないか?
失敗しなければ、時間を巻き戻す必要がないからである。

774 :銀将:2008/07/22(火) 19:14:42 ID:7L8oV1tM
未来のことがわかる能力 > 過去に戻ってやり直せる能力
 
ふたつの能力を比較すれば、未来のことがわかる能力のほうが上級。
なぜなら、過去に戻ってやり直せる能力は、試行錯誤的に試さないと
その善し悪しがわからない。ひとつひとつ試していく。

アニメでも、うまくいくまで、何回もやり直す場面があった。
そしてさらに、その時はうまくいったと思っても、その後の成り行き
では、もう一度やり直したいと思うかもしれないのだ。
 
ところが、未来がわかれば一発で決まる。
あらゆる可能性を踏まえて、これしかないという選択が可能になる。

775 :銀将:2008/07/22(火) 19:41:58 ID:7L8oV1tM
ある人の、ある時点の、未来の可能性はいくつもある。
それを理性で、予測しつくすことは不可能だろう。
しかし直感することは可能。
無意識に最善の選択をし、それが継続することは考えられる。
 
そんなことありえない、ウソだろ、と思うかもしれない。
しかし宮本武蔵は「我、事において後悔せず」と言っていた。
それが本当なら、武蔵は、時間を巻き戻したいとは思わなかったはず。
武蔵には、無意識にせよ、未来が見えていたのだろうか?

776 :銀将:2008/07/22(火) 22:10:34 ID:7L8oV1tM
無意識に、これしかないという選択ができるなら、
時間を巻き戻す必要はない。
 
時間を巻き戻しても、失敗した、あるひとつの未来を避けるだけなら、
それほどの意味がないような気がする。その人に運がないなら、
たぶん、また同じような、別の失敗をする。

777 :はと:2008/07/22(火) 22:31:04 ID:kOBh9ffK
宮本武蔵は開き直りの達人だったかもわからん

778 :銀将:2008/07/22(火) 23:41:39 ID:7L8oV1tM
武蔵は風呂に入らなかったという。刀をそばに、水浴び程度だったか。
今風に言えば、シャワーだけですますという開き直り。
 
名前は思い出せないが、布団に寝ないで、夜を過ごした侍もいたという。
この侍は、あぐらに坐り、刀を抱いて寝ていた。
 
清水次郎長は若い頃、酔っていたところを襲われ、ひん死の重傷を負う。
それ以後は、酒を口にしなかったという。

779 :銀将:2008/07/22(火) 23:50:36 ID:7L8oV1tM
そういえば坂本竜馬は、酒に酔っているところを、
額を居合い抜きに切られた。


780 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 00:28:09 ID:KnJlHKHl
>>771
>でもユダヤ人達に神発言だと思われ
>怒らせたイエスの発言があったのが事実なら
>イエス自身が神だと言っていたならイエスは神だと
>信じる
何処の聖句の事だろう...
「人の子」?「神の子」?「ユダヤの王」?「メシア」?
どれも神を示す言葉ではないんだけど...キリスト教団が
勝手に無理やり「神」としてるかも知れませんが?
 

781 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 02:32:41 ID:KnJlHKHl
ここに書かれてる「人の子」は異教の神(例えばミトラ神)ではなかろうか?
異教の神がエルサレムの神殿に居座るなどと言われたら、エルサレム
の神殿支配者はカッカして、イエスを処刑しろって言うだろうね

マルコ13/26
そのとき、「人の子」が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、
人々は見る
マルコ14/62
イエスは言われた。「そうです。あなたたちは、「人の子」が全能の
神の右に座り、天の雲に囲まれて来るのを見る。」

ついでに...これはむしろイスラエルにとって望ましい「人の子」
なんだけどね...新約との間に価値観が変わったのではあるまいか
ダニエル7/13〜14
夜の幻をなお見ていると、見よ、「人の子」のような者が天の雲に乗り
「日の老いたる者」の前に来て、そのもとに進み
権威、威光、王権を受けた。諸国、諸族、諸言語の民は皆、彼に仕え
彼の支配はとこしえに続き、その統治は滅びることがない。



782 :きょんしー(外出汁:2008/07/23(水) 03:45:22 ID:yuo5QSIh
>>780
いや同じく質問した個所の話でした ってそれは貴方へのレスではなかったし
あんま突っ込んでいじめないでくださいましよ  
罪を赦せる存在であるという主張についてでした
(イエス「あなたの罪は赦された」
「神お一人の他誰が罪を赦すことができようか」
ってのに対してイエスが「人の子は罪の赦しの権威がある」と
イエスは罪の赦しの権威がある=神
であるとキリスト教だと読むようなんだけど)
そこが三位一体後に改竄された発言なのかどうかちょっと聞いただけ
聖書は三位一体思想に改竄されたりしてるというから。

JWだとイエスは唯一神にしかできない権威を「授かった」っていう主張と解し
改竄関係なくイエスを神とはしない解釈にもっていくようw
神にしかできない権威を持っている=神と同一 とするキリスト教解に対し。

783 :きょん:2008/07/23(水) 03:56:19 ID:yuo5QSIh
ちなみにマルコ10の「人の子が来た(過去形)のは〜」という個所とか
人の子はイエス自身のことが多いんじゃないの?かな
通常キリスト教ではそう読む
イエスは人の子はとかややこしくしないで
いつも私はって一人称で言えばいいのにな




784 :きょんしー:2008/07/23(水) 04:21:04 ID:yuo5QSIh
てか 聖書の三位一体
エホ解釈だと全部三位一体でないように
解釈もってけるんだよな そう思うと
イエスははっきり言えばよかったのにな!
神なら後で解釈がわれることくらい
予知してたんだろし 



785 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 11:36:35 ID:u7qYjctP
聖書に出てくる巨人とかってこれかwwwww

http://jp.youtube.com/watch?v=ab_hU_aWc0w&feature=related


786 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 23:23:22 ID:KnJlHKHl
>>782
イエスが「あなたの罪は許された」と言ってる場所と
イエスが「人の子は罪の赦しの権威がある」と言ってる場所と
イエスが「神お一人の他誰が罪を赦すことができようか」といってる場所は
全部別々です。それぞれの場所での意味を考えて理解してください。
これを連立させる事に何の意味もありません。


787 :きょんしー:2008/07/23(水) 23:31:43 ID:wb9ZFZRe
>>786

マルコ2・5-10で 全部
中風の人がいる場での話にあるんだけども



788 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 23:52:49 ID:KnJlHKHl
>>787
申し訳ありません、私の勘違いでした
マルコ福音書
2:7 「この人は、なぜこういうことを口にするのか。神を冒涜している。神おひとりのほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」
2:8 イエスは、彼らが心の中で考えていることを、御自分の霊の力ですぐに知って言われた。「なぜ、そんな考えを心に抱くのか。
2:9 中風の人に『あなたの罪は赦される』と言うのと、『起きて、床を担いで歩け』と言うのと、どちらが易しいか。
2:10 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に言われた。
2:11 「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。」
2:12 その人は起き上がり、すぐに床を担いで、皆の見ている前を出て行った。人々は皆驚き、
   「このようなことは、今まで見たことがない」と言って、神を賛美した。
@
この中風の人の「罪」とは、病(中風)の事で、「原罪」ではありません。
A
イエスが「神お一人の他誰が罪を赦すことができようか」と言ったのでは
なくて、律法学者が「神お一人の他誰が罪を赦すことができようか」と言った
んだよね。
律法学者は病を癒す権能が、人間に与えられてると考えていなかった。
B
それに対して、イエスは人間に(人の子)病を癒す権能が与えられている
とした。

そう言うことだと思います。連立してイエスが神だと言ってる事には
なりませんw

789 :きょんしー:2008/07/24(木) 00:29:04 ID:XzpQ3Bgz
>>788
改竄されたということでなければよいんですが
でもやっぱり
イエスは人間にも神の権能が与えられている(受身)と解しますか
>罪を赦す権威を「持っている」ことを

イエスは当然ユダヤ人が人間には与えてない権能であるという
当時の見解をわかったうえで その神の権能を持っていると主張することは
神であるということか(キリスト教解釈) 人間にその権能が与えられた(エホ解)と解すか
のようで  後者の方がこの場合は自然かもしれない か
>神を賛美した。 と人々はそれでイエスを賛美したとはなってないしな

790 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 00:39:33 ID:ij2E+pyZ
イエス自身は、一体、自分を何様だと思っていたのでしょうか。

自分で「神」や「神の子」だと思っていたとすれば、それは、間違いなく、基
地外か、さもなければ詐欺師。これ以上の「神の冒涜」はないと思うが。

イエスは、神に対し、馴れ馴れしくも「父よ」などと呼びかけている。これも
自分が「神の子」だと言いたいのだとすれば、明らかに基地外。

791 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 00:43:45 ID:fw6Ny1q1
>>789
あのね...当時のユダヤ教では、病は不信心がもたらすと考えられて
いたんです。それで病を癒すのは神に祈る事しかなかった(神の権能)ん
だけど、ユダヤ以外の地域から、医術が入ってきて人間のわざで治る病も
あることが知らされて、保守的なファリサイ派とキリスト教派の間で
こんな論争がなされたんだと思いますw

792 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 00:46:57 ID:fw6Ny1q1
>>790
>イエス自身は、一体、自分を何様だと思っていたのでしょうか。
僕はイエスはご自身をナザレ村の大工だと思っていたと考えてます。

793 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 00:52:29 ID:yV6RIrTH
そういえば最近アーサーホーランドの自作?プロモーションビデオを
見たのですがアーサーホーランドに刺青が入っててびっくりしました。
聖書に刺青を入れるものは駄目だと見た気がするのですが…
アーサーホーランドはどうしたのですか?

794 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:05:40 ID:ij2E+pyZ
>>791
現代でも「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスは、イエスより数百年前の人。
当時のギリシャ文化の中心地であったガリラヤでは、ギリシャ医学もかなり
普及していたものと想像されるが、医者でもないイエスの「病気治し」は、
「迷信」「呪術」として問題にならなかったのでしょうか。

>>792
それにしては、イエスの「大工としての生活体験」から生まれた教えは、聖書
には皆無なのは、何故だと思いますか。やはり、彼の発病の結果だと考えない
限り、説明がつかない。

795 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:46:30 ID:LmMT7Jzh
イエスはマリアの未婚の子
だから神の子ということにしておいた
イエスはそれを真に受けた

796 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:53:54 ID:LmMT7Jzh
イエスは姦淫の子として祭司たちから差別を受けた
イエスは律法主義に反発を覚えた
ユダヤ教会のはみ出し者であるバプテスマのヨハネに影響された
地方で布教してたらそこそこ有名になった

797 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:58:10 ID:LmMT7Jzh
だがユダヤ司祭たちと対立して逮捕され極刑
悲しみにくれる弟子たちの中でイエスの死に理由づけがなされた
その後復活話が付け加えられる
それを信じたパウロがローマに布教
キリスト教が成立

798 :排他的イエスは愛でない:2008/07/24(木) 02:01:13 ID:/kBAPsEd
>イエス自身は、一体、自分を何様だと思っていたのでしょうか。
>自分で「神」や「神の子」だと思っていたとすれば、それは、間違いなく、基
>地外か、さもなければ詐欺師。

イエスは矛盾だらけだ
イエスの「私を信じない者は滅びる」などという
自分を賛美しないものは滅ぼすというイエスの排他性のどこが愛だ?

人間に異教とも愛し合えというイエス自身は異教や未信者を最終的には滅ぼすんだろ?w
イエスって矛盾だらけじゃね 



799 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 04:18:47 ID:ij2E+pyZ
>>798
イエスのすべての言葉には、「論理矛盾」「人間そのものに対する洞察と
愛の欠如と人間差別」「自分の気に入らない他者に対する非難」がある。

これは、彼の統合失調症の症状としての「知能低下」及び「疎通性(他者の
感情に対する生き生きとした反応と感謝)の欠如」の結果である。

彼は、創造(現実界、自然、人間、神)に対する畏敬の念がなく、「あるがま
まの現実」に内在する価値を理解することが出来ず、常に「現状不満の苛立ち」
の塊であった。その現状不満と彼の病気の症状としての誇大妄想から、「自分
が、ユダヤ教の神を排して神になる」という、傲慢不遜な野望を抱いたのである。

800 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 05:54:27 ID:lDgBDRl3
皆さんは、パルティアと言う国をご存知でしょうか?前247〜後226に存在しました。
この国は、聖書では、ほとんど出てこないが、イエスの生前死後を通じてローマ帝国のす
ぐ東側に隣接した国でした。この国は、多くの貴族の上に王がいると言う国家形態でした。

ミトラ教と仏教の興隆した国です。ミトラデテス王の称号は三世まで続きます。

また、紀元前1世紀に中国の漢の時代に仏教を伝えた仏教僧の姓の多くは安ですが
この安は安息(パルティア)出身を意味します。洛陽に渡来した安世高は
パルティアの王子と呼ばれました。王子自らが、伝道に廻るほど仏教の盛んな国でした。

ミトラデテス2世の死後、世情が不安定になり、貴族の一人が、紀元20年に
インドパルティア王国として独立をします。

このインドパルティア王国の王はゴンドファルネスです。ご存知でしょうか?
トマス行伝に伝わる、イエスがいやがるトマスを無理やり向わせた土地です。
トマスはインドで、ゴンドファルネスをキリスト教に改宗させたとありますが
それは、今のキリスト教とは、似ても似つかぬものでした。

クムランの洞窟は、エッセネ派ですが、この洞窟の構造と利用方法は。。。
トマス福音書、フィリポ福音書の「滅びる事の無い知恵」こそイエスの教えです。
キリスト教には、隠された秘密があります。

しかしトマス福音書のイエスはこう教えを説きます。
隠されたもので明るみに出ないものは無いと。。。
                                パルティア王国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2
                             インドパルティア王国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91
%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E7%8E%8B%E5%9B%BD
                              ゴンドファルネス王
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%
A1%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9

801 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 07:51:04 ID:lDgBDRl3
イエスの死後、キリスト教は、ミトラ教と同じく、洞窟や地下に神殿を造った。
ユダヤ教には、「洞窟や地下に神殿」を造る風習は一切ありません。

クムラン洞窟と呼ばれるが、騙されてはいけません。
クムラン洞窟地下要塞です。「ミトラ教と同じくです」 ここには多くの洞窟があります。
しかも、ここは、内部は広く、各部屋は、教室のようになっているが、生活する場では
無く、上にテント等を張って生活していました。研究でここの大半はエッセネ派の修道院や
神学校であったと推察されています。年若い男女が学ぶ所です。
クムラン教団は、ここ以外にも、何箇所もあり、ベツレヘムにもあったとされます。

ご存知ですか?イエスの母が、幼くして、司祭に手を引かれて、神殿に導かれ、そこで
生活をしたと、書かれている書が有る事を。
この当時、ユダヤ教には、洞窟や地下に神殿は無く、洞窟や地下に神学校や修道院も無かった事を。。。

そして、ここで発見された文書の大半を持ちこんだのが、ユダヤ神殿崩壊の時に、神殿の司祭であった
サドカイ派であるとする意見が多くを占め始めた事を。。。

他で発見された洞窟は、規模は小さく、墓所とされるものもあるが、クムランの
11ある洞窟の内部構造が、非常に大きくこの地域には、この規模の洞窟は他には
無く、洞窟で学ぶ風習があるのは、インド周辺で発見される仏教が多い事を。

イエスの母は、ここクムランの施設に預けられ、イエスを地下洞窟の厩で生みます。
ベツレヘムの地下洞窟には、イエス誕生の地があります。
ユダヤ系キリスト教は、今こそ、歴史の誤りを認め、襟を正すべきです。

802 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 08:23:47 ID:+M427OW5
人を喰ったような態度が鼻につく。
そんな姿勢じゃ人に話を聞いてもらえない。
せいぜい2ちゃんで垂れ流す程度だろう。

803 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 08:34:21 ID:lDgBDRl3
いいんですよ。どうせ信じないんですから。ユダヤ系キリスト教徒はね。
解ってる人は、鼻ッからわかってます。どうせここは、HP用の下書きですから。

804 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 09:21:07 ID:yV6RIrTH
>>798みたいな事言う奴って聖書をとりあえず全部読めば
いいのにね(´_ゝ`)浅はかな知識で知ったかしちゃってさ

805 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 13:11:03 ID:uHaxJMz4
話は変わりますが…・
聖書の神ヤハウェー(エホバ) というのは、日本神界の国常立大神と同一の神で、現在、伊勢神宮外宮に鎮座されているらしいです。

日本文化のルーツにシュメール文明やヘブライが挙げられる事を考慮して、真実ではないでしょうか?

因みに、古事記や日本書記の原文はヘブライ語らしいですが。



806 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:03:52 ID:kUnV5G/T
日々の生活と、それの積み重ねである自分の人生において、神様の意思で定められたものは
どの程度あるんだろう?両極端な例を挙げるとこんな感じね。

・この世に生を受けたこと → 神様の意思 ⇒ 自ら生まれたいと思った訳でなく、気がつくと自分はこの世にいた。
・昨日の夕食に吉牛の特盛を食べたこと → 自分の意思 ⇒ 自分で選び取ったから。

という具合に、自分で選び取ったと思っている事に神様は関係ないのかなと思っている。
しかし、もしかしたら「吉牛の特盛を食べたこと」も神様の意思だったのかも知れない。
ここがすっきりと理解できなくて、結局クリスチャンになりませんでした。
聖書や教会では、どのように説明されているのでしょう?
いまさら教会に行って聞く気にもなれず、ここで質問してみました。

807 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 18:05:37 ID:+2lna4DH
>>806
お前が生まれたのは偶然の産物だ自分では何も選べなかった
ほんのちょっとの違いでお前じゃない精子が受精していたかもしれないし
イスラエルの神はおまえなどころしてしまえというかもしれない


808 :南無大師遍照金剛:2008/07/24(木) 18:11:20 ID:uHaxJMz4
天照大御神

809 :銀将:2008/07/24(木) 18:56:34 ID:FyTS7f2a
名無しばっかりだと読みにくいね。 
コテがあれば、コテを頼りに、レスの内容をより正確に理解できるのに。
コテをつけるのは、自己満足ではなく、読む人へのサービスだと思う。
数字でもいい。レスの重みが出てくるよ。

810 :南無大師遍照金剛:2008/07/24(木) 20:31:31 ID:uHaxJMz4
で、国常立大神はやはりヤハウェーなんですかね?
イエスの母、マリヤの守護神は天照大御神の眷属らしいですが。



811 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 20:52:39 ID:iOoRtL/s
>>790
>>イエスは、神に対し、馴れ馴れしくも「父よ」などと呼びかけている。

神を我らの父と認識する事は誤りと云えよう。
肉体遺伝の親子関係ではないからです。


812 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 21:02:20 ID:/+czMuQ2
他人のメールを見てしまいました
カトリック教会で懺悔できますか?
ちなみに信者ではないんですけど。

813 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 21:59:43 ID:uHaxJMz4
昔 少年サンデーに赤塚不二夫のレッツラゴンという漫画が連載されてましたが、皆さん御存じでしょうか?

814 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 22:51:03 ID:QWhnvwHP
>>812
今の教会に懺悔するシステムってあるのかな?
どっちにしろクリスチャンは大喜び間違いなし。

815 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 23:04:08 ID:jfuHKVll
>>812
信者でなければ懺悔なんていらないでしょう。相手に「ごめんなさい」でよいではないすか。

816 :きょん:2008/07/24(木) 23:30:04 ID:b50ahNcF
>>791
「彼らの信仰を見て」イエスは罪は赦されたと言ったとなってるけど
この場合 彼らの信仰とは
イエスが病を癒してくれると信じていたということなんだろうけど
イエスは神に遣わされた子、代理として(¬神)癒してくれるとor
それとも神であるイエスとして癒してくれると?
どっちの信仰を持ってるとイエスは判断したんですか? 
当時の人の救世主や神の子というのは周りの認識は
三位一体? イザヤ書だったかの
旧約で預言されてた救世主とは人間でなく
神そのものが来るということになっていたんですか?

817 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 23:46:21 ID:fw6Ny1q1
>>816
彼らの信仰とは、その前の
4人の男が中風の人を
「しかし、群衆に阻まれて、イエスのもとに連れて行くことが
 できなかったので、イエスがおられる辺りの屋根をはがして
 穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした。」4人の男の
行為を言ってるので、その4人の男達の思想は全く不明です。

時期的なもの、社会背景などを考慮しても、
>三位一体? イザヤ書だったかの
>旧約で預言されてた救世主とは人間でなく
>神そのものが来るということになっていたんですか?
などという事は到底あり得ません。イエスと言う人物が
もしかしたら、病人を癒してくれるかもしれないと
期待しただけの事です。

818 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 01:12:44 ID:pMWrM2zD
>>812
「あの人を赦せない」
カトリックでは赦しの秘跡というのがあって、
信者が司祭に自分の罪を告白して
赦しを受けることが出来るというものなのですが
一つだけ条件のようなものがあるんですね。
http://www.febcjp.com/catho/catho/welcome1.html


819 :きょん:2008/07/25(金) 01:28:00 ID:+ig0Hazc
>>817
肝心の出所の旧約ユダヤ教には
イエスは偽メシアと判定されてるけど
その判定根拠はなんなんですか?


820 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 01:30:44 ID:hp8DY4xb
ここに居る人って凄いね。
自分見たく基本DQNなんだけど、生きてて生活するのと同じレベルで必要に迫られて宗教を齧ってるのと大違いだw

821 :きょん:2008/07/25(金) 01:35:40 ID:+ig0Hazc
>>820
必要に迫られてなく
趣味でやってるって感じるってこと?

822 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 01:46:37 ID:hp8DY4xb
>>821
うーん
哲学的と言うか学問と言うか?
どう言ったら言いのだろう?
自分だったら考えても仕方が無いし
検証も出来ないし無駄だなと感じるようなことに凄く詳しい感じかな?

823 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 01:52:05 ID:G76iXA6h
病気の原因が人を赦さないことだと思い込んでる人がいるですけど
どうにかなりませんか
ちなみにキリスト教です

824 :きょん:2008/07/25(金) 01:52:18 ID:+ig0Hazc
>>822
信仰は理屈じゃなくて信じるってのもわかるんだけど
ここは質問箱だから理屈や論の話になるだけだよ
貴方も何か疑問があるから質問箱きたんじゃないの?



825 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:03:04 ID:sMmdhUGt
人を許す(怒らない)
人を許さない(怒る)
怒っていると免疫力が弱くなるし、毒素を発生させて内臓を壊したりします。
だから、怒らないほうがいいに決まっているのですが、
それができないのは、
許す/許さない(怒る怒らない)は結果であって、原因は
無理解(自分とは違うものを理解する力の不足)です。

826 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:11:21 ID:hp8DY4xb
>>824

そうだね。
ここで質問するようなことでは無いのかも知れないけど疑問はあるよ。
たとえば地球温暖化で絶滅の危機にある白熊のテレビ見てて、子供がいるメス熊を発情したオス熊がその子供を殺そうとするんだよ。
それはこんな理由で子供を殺せばメス熊が発情して性交できるから
結局子供を残すとかが目的では無いんだよね。
他にもイエス、キリストの奇跡はこんなメカニズムなんじゃないのか?みたいな万能細胞の存在
2千年もかかってようやく奇跡のメカニズムの一部だよ一部?がなんとなく解明されてきて

なんとゆうか個人の意思とか人の能力とか大きく超えて何でこんなにも世界は複雑なんだろーか
仮に誰かを恨んだとしてその人が仮に死んでしまったとしてもそんな自分も把握出来ないことで攻められたくないなと言うか

そんな疑問w
誰も答えようが無いし考えるだけ馬鹿馬鹿しいなとは思う。

くだらない



827 :きょん:2008/07/25(金) 02:26:35 ID:+ig0Hazc
何でイエスは偽メシアとされてるのか気になる
誰か教えて
>>826
動物と違って人間って考えずにはいらなれない生き物
だからな 何も考えずに生きられたら能天気で楽だと思うけども。
そんで 論はしない方がいいって?







828 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:40:21 ID:Ld/WdcCw
>>823
>病気の原因が人を赦さないことだと思い込んでる人がいるですけど
>どうにかなりませんか

クリスチャンの、「人を許す」という考えが、そもそも間違い。「相手を許す」
ということは、「自分は正しいが、相手は悪い」という思い込みを前提として
いる。相手からみれば、悪いのは「自分」かも知れないのである。

「許す」ことによって、「自分は正しい。相手は悪い」という自分の優越感を
満足させる。従って、「許す」という言葉は、むしろ相手に対する軽視と軽蔑
を表している。

「許せないものは許せない」とすべきである。しかし、人間には忘却という
機能があり、いつまでも恨み続けることは心理的に疲れるから、そのうち許し
たくなるものである。

829 :きょん:2008/07/25(金) 02:47:42 ID:+ig0Hazc
>ここで質問するようなことでは無いのかも知れないけど疑問はあるよ。
>たとえば地球温暖化で絶滅の危機にある白熊のテレビ見てて、子供がいるメス熊を発情したオス熊がその子供を殺そうとするんだよ。

産んだ母動物が子動物殺しちゃうの見たことあるけど
産んだすぐそばから。 情はないのかとか
動物の感情って生存本能に近いもの以外ないのかなとか思った
だって動物って基本的に雄雌同じ檻にいれたら
それで子作ったりするでしょ あの雄じゃなきゃだめとか好き嫌いない感じで 

830 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 03:03:15 ID:hp8DY4xb
>>829

人間視点から動物みたら本当ひどいと思いますよね。
しかし奴等は意識が宿ってる肉体の性能が悪いから把握できないし
結局は人でもそんなのあるなあって、、
地球温暖化とか最近騒がれてるけどこれとかそうだと思う。
誰も水不足や食料問題で子孫や人類を苦しめようとCO2を排出してないし

ああ、しかし世界は複雑すぎるわ。。

831 :806:2008/07/25(金) 10:03:15 ID:1YiT4k/x
違うスレッドで質問してみます。

832 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 12:47:51 ID:QvKIgY6C
>>827
>>何でイエスは偽メシアとされてるのか気になる 誰か教えて
イエスは無原罪の神の独り子では無いからです。


833 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 15:05:08 ID:w+hJYa3x
@イエス=神?
旧約の神=イエス?それとも神の子イエス?
曖昧すぎてわかりません。
A聖書が全て正しいとおっしゃいますが、恐竜等の古代生物に関しての記述とかは
無いのでしょうか??旧約の神は残酷極まりないですし・・・
その神がイエスだとしたら変な話ですねぇ。

B牧師さんに、UFOは勿論、霊現象等の不可解な現象や対象物は全て悪魔の仕業。
見返りも全く求めず、人の為に尽くしてきた方々もクリスチャンじゃないとアウト。
悪魔に支配されて、人の為に尽くすなんて、なんてお人よしな悪魔ですね。

Cクリスチャンになり、懺悔すれば罪は許される。
んなアホな話ありませんよ。罪は自分で償うもんだと思います。
イエスも「自分の蒔いた種は自分で刈り取りなさい」って言ってますよね。

D長い歴史の中で、とてつもなく改ざんされてきた宗教です。
全て聖書が正しいとはとても言いがたい。


834 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 18:28:14 ID:984OK1if
奇跡のメカニズム

馬鹿だね。

835 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 20:14:46 ID:qbOOAA4n
>>818>>814
ありがとうございます
参考にします

836 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 20:28:14 ID:qtt1gEjC
>>835
赦しの秘蹟は信者でないと受けられないので>>814は間違ってます。


837 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 23:00:23 ID:hp8DY4xb
>>834

何が馬鹿なの?
んなもん手品か見間違いか何かで
噂に尾鰭が付いたに決まってるだろ?
普通信じるか?
馬鹿が、みたいな感じなら理解できるけど

838 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 01:51:40 ID:KJZ9eTbu
哲学を学んで、日々人間の真理について考察している神父さんという存在が
あることがすばらしい。そういう意味で宗教というのは人類の益だね。
おれは絶対にキリスト教徒やイスラム教徒にはならないと宣言できるからいいのだけど、
多くの人がキリスト教を信じていたらすばらしい社会になると思うよ。
神の存在が真実かはともかく、聖書の教えはすばらしいと思う。

>>836

>>814の者だが懺悔するから喜ばれるといってるわけじゃ・・・
教会に行って、キリスト教に興味があるんです、と言うと喜ばれたからね。

それにしても教会は信者でなくても異様な雰囲気を感じる場所だよ。
信者であればそれを神秘的だと感じるのだろうなと。

839 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 02:04:00 ID:JCEsyUhi
気づいたら、あなたはもう虜

840 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 09:43:07 ID:YPbMnAPh
間違って新しいスレの方に質問書いてしまったので、重複しないように良ければhttp://c.2ch.net/test/-/psy/1213704107/i答えて下さい。

841 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 11:24:55 ID:V8TF4yf3
>>819
>肝心の出所の旧約ユダヤ教には
>イエスは偽メシアと判定されてるけど
>その判定根拠はなんなんですか?
@ユダヤ教(ユダヤ人)とキリスト教では「メシア」の概念が
 全く違う。
Aイエスはユダヤ教の「メシア」には全く当てはまっていない。

それだけの事です。

842 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 18:30:08 ID:UX7daF/r
>>827
ユダヤ教はだめです

843 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 18:31:40 ID:UX7daF/r
ていうかココモスキーのドンビャクショウ親父って信仰の初歩も知らないなぁw

844 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 20:44:50 ID:V8TF4yf3
また、馬鹿が出て来てやんの...
挑発して詳細を知りたがってるんだろうが、馬鹿には何を
説明しても無駄だから、何も出てこないよ...

845 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 21:00:36 ID:UX7daF/r
ココモスキーのドン百姓は聖書学の受け売りだからw

まともにギリシア語の文献なんか読めないくせにwww

846 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 21:45:37 ID:UX7daF/r
大体教団ってなんだよw

ヨハネのグループは孤立してたんじゃないのかよ 京都のドン百姓ココモスキーwww

847 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 21:55:27 ID:V8TF4yf3
またアホの無駄レスが続きそうだから、しばらくホットけ

848 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 21:58:05 ID:UX7daF/r
>>847
いや アンタはあほじゃなくて 馬鹿ですからwww

教会が使徒の時代から成立してたなんて知らなかっただろうがwwww

849 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 22:50:51 ID:BIGm8sfk
>>848
サロメ神は、自分こそが神だと思っているのです。
ヤハウェと同じように、身のほど知らずの神なのです。

どうぞみなさん、疫病神には、触れられませんように。
サロメ神と同じく、何を言っても理解出来ない人間に造り変えられてしまいます。

サロメ神こそ、神の中の神じゃあ。 と一人でほざいておりますが、
どうぞみなさん、くれぐれも放置されますように。

850 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 00:31:39 ID:ZVqdU+NK
>>849
また、どうせ何処かのカルト教団から指令が出たんだと思うw
それぞれの教団に専属のアルバイターがいるらしいんだw


851 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:36:28 ID:NpvI/Cj2
>>850
統合失調の妄想かよwwww

852 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 01:13:51 ID:qtoLFRFC
>>850
俺も寝よ。サロメ神こそ神じゃあああ。
目も見えず、耳も聞こえないが、神じゃあああ。

おやすみ。

853 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 04:08:02 ID:M8Kj0Kql
>>851
サロメは、カトとは思えん、プロがまだたっぷり残っている。若し、カトだと
すれば、カトの恥さらし。

それから、「本で読んだこと」をあたかも真実であるかのように振り回さない
ほうがよい。本に書かれたことが真実である保障はないのだから。特に、クリ
スチャンがキリスト教について書いた本など、護教の要素ばかりだから、全く
信用が置けない。

「どの本にも書いてない、現実と人間に立脚した、自分独自の見解」を、展開
してみて欲しい。

854 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 04:11:44 ID:NpvI/Cj2
>>853
受け売りの隠居に言われたくはないなぁwwww

855 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:10:13 ID:9HEzF3BK
磔刑で死んだのは双子の弟のほうだよな
そいつの遺体を隠して出てきて
生き返ったってのは、酷いインチキだろ。

856 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:16:49 ID:uDfZaDeO
>どの本にも書いてない、現実と人間に立脚した、自分独自の見解

一見如何にもだけど、実際はこういうのって、99%妄想と呼ぶ以外ないシロモノだぜ(プッ
お前は、残り1%に入る天才かよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

857 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:22:27 ID:5Q8GramP
>>856
「現実と人間」に立脚している限り、「妄想」とは言わない。

それ以外を、すべて妄想と呼ぶ。キリスト教が、最も荒唐無稽な妄想の典型。

858 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 13:30:19 ID:qtoLFRFC
>>856
>>どの本にも書いてない、現実と人間に立脚した、自分独自の見解

>一見如何にもだけど、実際はこういうのって、99%妄想と呼ぶ以外ないシロモノだぜ(プッ
.お前は、残り1%に入る天才かよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

こいつは、馬鹿そのものだな。現実と人間ってのは、この世の事象全体を見るって
ごく当たり前の事だ。トマス福音書では、面前にあるものを深く認識するとあるが
面前とは、この世の事象全体とそれを認識する思考の過程で、既存のレッテルを剥がし
本質を探る作業を繰り返す。新しい観点から物事を見る。それのどこに馬鹿にする
要因があるんだ? 逆に、どこかの本に書かれている事を鵜呑みにして、書くなら
コピペと何も変わらない。その行為のどこに人間としての、意味があるんだ?
まあ、お前はコピペして喜んでろ。

859 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 14:00:52 ID:uDfZaDeO
トマス福音書を鵜呑みにしてなにほざいてる?馬鹿の自慢かい?(プッ

860 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 14:33:15 ID:qtoLFRFC
>>858
トマス福音書を鵜呑みにしてる?
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ こいつほんとにわかってない。
誰が鵜呑みにしてるか。 

人類は、ウイルス一つ取っても、ウイルスを面前において、そこから
反応を見て、抗ウイルス薬を開発してるんだ。

飛行機の翼だって、鳥の羽を面前において、形状をつぶさに検証して
あの飛行機の翼に応用してるんだ。

全ての科学の進歩は、面前にある事象を深く認識、検証する事から
始まるんだ。

面前にある事象を離れた事を、妄想と呼ぶんだ。
お前は、何もわかっていない。 
俺は、トマス福音書の100以上あるうちの20程しか話さない。
鵜呑みにしないからだ。
お前は、これからも馬鹿をさらしてろ。

861 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 14:50:12 ID:ZVqdU+NK
トマス言行録から
 @テクストを全く読まずに、グノーシスがどうのこうのと言う
  のは馬鹿の骨頂だろ
 Aテクストの言葉が頭に入ってて、それを引用する事を「鵜呑み」
  と言うのは、無知な者の僻みに過ぎない
 Bトマス福音書はネットでも読む事ができるんだから、読んだら
  良いのではないかと思っていたが、どうやら現実は読んでも
  殆ど理解できない人間が大半多らしい。

イエスは言われた。”私は彼らすべての上にある光である。
私はすべてである。すべては私から出た。
そして、すべては私に達した。
木を割りなさい。私はそこにいる。石を持ち上げなさい。
そうすればあなたがたは、私をそこに見出すであろう”


862 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 16:14:03 ID:/SZ/Z1FB
853 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 04:08:02 ID:M8Kj0Kql

ブラックインキョ・デヴィール、ブラックインキョ・デヴィール現れたあ♪

インキョは神なのだ!

863 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 16:15:16 ID:/SZ/Z1FB
856 :神も仏も名無しさんの意見は正しい、
インキョは天才科学者らしい。

864 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:30:03 ID:fPWxvBDg
>>859
>トマス福音書を鵜呑みにしてなにほざいてる?

クリスチャンは、「福音書」と名が付けば、「鵜呑みにする」べきものと思い
込んでいる。批判力(知性)は「ゼロ」。

「現実と人間」の面から、聊かでも批判力を以って読めば、福音書を初めと
する聖書ほど、突っ込みどころ満載の書物はない。黙示録やパウロは、単なる
狂気と妄想だし、イエスの言葉は、論理矛盾、独善性、浅薄さと偽善だらけで
はないか。

865 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 20:34:36 ID:Y+d1QOZF
>>864
隠居
精神病者が神秘体験者を再現できるって根拠 具体的に示せ

866 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:41:30 ID:fPWxvBDg
>>865
趣旨不明の質問だが、神秘体験、神懸り、啓示、憑依現象、変性意識は、
精神医学的には、「妄想」「幻覚」で、いずれも精神病の症状。抗精神病薬で
治療可能。「神」とは一切関係ないw。

867 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 20:43:12 ID:Y+d1QOZF
>>866
それは単なる症状ですよ?

症状を発祥してるからといって 病者が宗教の聖者などを再現できるのですか?
そのソースをしめしてくれませんか?

868 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:51:44 ID:fPWxvBDg
>>867
精神医学者は、最近の論文で、「妄想と宗教的確信とを実質的に区別すること
は不可能」と言っている。

「宗教の聖者」が、「殉教者」を意味するのなら、彼らは、「神」という妄想の
ために、肝心の生命を捨て、周囲の者たちを悲しみと苦しみのどん底に陥れた
愚か者の典型。生命を与えてくれた創造主に対し、最大の冒涜を犯した。
「私を捨てて生き延びよ」という神の声が聞こえなかったのである。

869 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:00:13 ID:Y+d1QOZF
>>868
それは 症状 の表面的分別が不可能だといってるだけですよ?

病者がいわゆる聖者の存在を再現できるというソースではないですね

きちんとソース出せないんですか?

870 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:03:25 ID:fPWxvBDg
>>869
聖者とは病者のことだから、完全に再現できているではないか。

871 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:04:23 ID:CqRGycsC
>>868
その「最近の論文」を読みたいのでタイトル等教えてください。

872 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:06:40 ID:Y+d1QOZF
>>870
あなたの見解はいいんです

症状と 人間の存在は別です 常人離れした性欲を発現していても 全員がニンフォマニアではないのと同じです

さぁ ソースをどうぞ

873 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:12:14 ID:fPWxvBDg
>>871
日本評論社「こころの科学」の「妄想特集」。

>>872
程度の問題。程度を超えれば、病気となろ、殉教者は、明らかに程度を超えて
いる。

「病気」とは、平均値からの著しい偏移をいう。

874 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:16:58 ID:Y+d1QOZF
>>873
だから繰り返しますが 症状が激しいだけでは病気認定はできないんですよ
これ 常識ですよ?

それとソースはまだですか?
ヒステリー患者に関する研究は当然ご存知ですね?
それを覆す研究成果があるならそれもお願いいたします

875 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:42:34 ID:fPWxvBDg
>>874
「病気」とは何?「症状」とは、「病気の症状」のことですよ。

「ヒステリー」という用語は、古典的用語。この用語は「さまざまな誤解や偏
見を生みやすい」から、現代の精神医学ではあまる使わない。「転換性障害」
及び「解離性障害」という。

宗教など止めて、精神医学の勉強をしなさい。そのほうが、はるかに社会の役
に立つ。「宗教の精神病理」という巨大なテーマに挑戦してみてください。

「神という妄想」のために果てしない殺し合いを続ける宗教は、病気以外の
何物でもない。

876 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:46:26 ID:Y+d1QOZF
>>875
いいですか?

病気の症状と 聖者の外部からの印象は共通しているけど それだけでは人くくりにはできない

それに関しては初期にヒステリー患者の研究による報告もあります

ですからソースは出せないんですね?
つまりすべては隠居の個人的見解に過ぎないんですかw

877 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:56:30 ID:fPWxvBDg
>>876
病気の分類は、「症状の共通」によって行うのだよ。

ソースは、現代の精神医学の多数の文献です。

宗教とは異なり、医学を含む自然科学は、秒単位で進歩しているのだから、
「初期の研究」など、あまり意味が無い。

ソース、ソース言うと、「神のソースを出せ」と言われるぞw。それこそ
「ソースは皆無」じゃんw。

878 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:59:15 ID:Y+d1QOZF
>>877
ですから症状即病気認定ではないんですよ 当たり前でしょう?

で初期の研究が無効なら それを覆すソースを示してください

あと精神病者が聖者を再現できるというソースも

879 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:00:31 ID:fPWxvBDg
サロメや他のクリスチャンは、抗精神病薬を辛抱強く継続服用して、「神」や
「イエス」が消滅しないかどうか、実験してみてご覧w。「妄想」なのだから、
必ず消滅するはず。

880 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:02:35 ID:Y+d1QOZF
>>879
抗精神病薬が奇跡を発現させたり 幻視に関連した領域麻痺させるだけかもしれませんね

症状としての部分ではなく それを扱う人間の存在に目を向けるべきです


ソースは?

881 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 22:03:25 ID:ZVqdU+NK
>>187
>病気の分類は、「症状の共通」によって行うのだよ。
>ソースは、現代の精神医学の多数の文献です。
>ソース、ソース言うと、「神のソースを出せ」と言われるぞw。それこそ
>「ソースは皆無」じゃんw。
それでGOODです。こいつは、自分で調べる能力が待ったく無いから
人にソースを出せって言うんだよ...半分口癖になってるんだべ...
こんな奴にソース名なんか教える必要は全くないよ...教えたって
読める訳じゃないんだから、ただそのソースを攻撃の対象にするだけ
なんだから

882 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:09:14 ID:Y+d1QOZF
>>881
自分がキリスト教・リベラルの種本以外にからっきし無知だからってひがむなよドン百姓w

私は隠居相手に学術的な議論してるんですよw

隠居は精神医学上の根拠あるかどうか確認してるだけなのよwww

883 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:14:19 ID:Y+d1QOZF
隠居

精神病者が聖者の存在を再現できないなら

精神病≠聖者

ですよ?

884 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:22:42 ID:fPWxvBDg
>>883
精神病院に行けば、「神」「イエス・キリスト」「聖者」が必ず何人かはいる
ぞw。

「聖者」の症状が、精神病の症状と共通であれば、「聖者=精神病者」である
と「診断」される。

885 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:26:58 ID:Y+d1QOZF
>>884
それはパラノイアなどの症状による 自称聖者ですね

本物の聖者に関してご存知ではないようですね

繰り返しますが 症状自体では病気認定されません
一日に3時間しか眠れない人が不眠症とは限らないのと同じです

で隠居
あなたの主張に根拠はないのですね?

886 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:33:50 ID:fPWxvBDg
>>885
「自称聖者」と「本物の聖者」とを区別する、現実上の基準は?

「自称神(イエス)」と「本物の神」とを区別する、現実上の基準は?

「再臨イエス」と「ホームレスのおっさん」とを区別する、現実上の基
準は?イエスの顔を見た者は、現代では誰一人いないのだが。

サロメや他のクリスチャンは、何よりも、治療が先決。

887 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:33:56 ID:qtoLFRFC
>>885
サロメ神の登場じゃああ。
スレが荒れるぞ。 スレ無駄使いがはじまってるぞぉ。
サロメ神の登場じゃあ。荒れる神ヤハウェと同じじゃぁ。

近ずくでないぞ。 たたりがあるぞ。
何を見聞しようが、目も見えなくなるし耳も聞こえなくなるぞ。


888 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:38:43 ID:Y+d1QOZF
>>886
その前に私が請求しているソースは?

精神病者が聖者の存在を再現できるかどうか 判明すればわかりますよ?

ヒステリー患者の研究もそれに関連してるんですが?

889 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:55:35 ID:fPWxvBDg
>>888
ソースは、現代の精神医学。

自爆テロリストも、「神のために」自他の生命を奪う「聖者」。

今時、「ヒステリー」などという言葉は使わない。一昔前の研究や、クリスチ
ャンによる「聖者」の研究など、はなから信用できる訳が無い。

サロメは、「古典的ヒステリー」の貴重な症例w。

890 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:58:33 ID:Y+d1QOZF
>>889
え?w
具体的にw

参考文献や論文は???


覆す研究成果お示しください

891 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:05:38 ID:fPWxvBDg
>>890
「妄想と宗教的信念とが、実質的に区別不可能」な点については、前レスで
挙げた「こころの科学(妄想特集)」の「宗教と妄想」という題名の論文を
読みなさい。

医学では、症状が共通すれば、同じ病気であると診断します。

892 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:07:00 ID:Y+d1QOZF
>>891
それだけではないでしょ?
その主張のソースも出しなさい

893 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:08:06 ID:Y+d1QOZF
>>891
症状に見える 発現だけでは診断しません
三時間しか眠れない人間を一くくりに不眠症と診断しない理由がわかりますか?w

894 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:23:00 ID:fPWxvBDg
>>885
>一日に3時間しか眠れない人が不眠症とは限らない

どの医者でも、そのような症状があれば、「不眠症」「うつ病」などと
診断して、抗不安薬や抗うつ剤を投与する。

「聖者」の「症状」を列挙し、それが精神病者の症状と同じであれば、
精神病と診断します。

ソース、ソースとうるさいが、現代人は、常に「社会常識」というソー
スに基づいて行動していることを忘れてはなりません。一挙手一投足、
このソースに基づかないものはないのです。

社会常識は、人間が、その共生(社会の維持)のために、長い長い年月
をかけて築き上げた叡智です。人間界においては、「神」は、この社会
常識に宿ります。いや、社会常識そのものと言ってもよいでしょう。
社会常識に従わない限り、根源の神としての生命の維持が不可能だから
です。

895 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:26:51 ID:Y+d1QOZF
>>894
ありえません
あなたは病理の定義理解していません

三時間しか眠れなくても 病院に行かない人いくらでもいます


貴方は根拠がなく 我見を振り回しているのですね?


実際に精神病者は聖者の存在を存在できないって研究結果あるわけですが?

896 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:32:37 ID:LFxYtvCO
マザーテレサのような精神病者になりたい


897 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:36:56 ID:Y+d1QOZF
隠居

宗教が キリスト教が精神病の産物だって認定してる宗教精神病理学の資料
ならびに研究者 示してください
もちろんその内容もね

いい加減な臨床医はだめですよw
専門外ですからw

898 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:36:58 ID:fPWxvBDg
>>895
聖者自身に精神病と共通の症状が存在すれば、「精神病」と診断される。

聖者がいくら抵抗しても無駄。精神病者には、病識がないからである。

三時間しか眠れない人は、病院に行っても行かなくても、「不眠症」と
いう病気である。

「病気とは、平均値からの著しい偏移」。まず「人間の平均値」を確定
する努力から始めること。さもなければ、病気は分からない。



899 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:38:51 ID:Y+d1QOZF
ほい資料w

http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/SpiritShamanism.htm

つまり、効果的な宗教的伝統のなかには、いくつかの
ある特定の意識状態を引き起こす技術が含まれていること、そして人々はそのなかで、
文化を超え時代を超えて、深い価値を与えられてきた超越体験、洞察、変容体験を手に
しているということである。瞑想、ヨーガ、シャーマニズム、そしてそれらに類似した他の
いくつかの実践法は、いまや超越体験を導き出すための技術として見られるようになっ
てきている。シャーマニズムを知る上で、この新しい心理学的視点はとくに重要な洞察を
与えてくれる。これまでシャーマンやシャーマニズムは、しばしば精神病理の産物として
誤解され、あやまった診断を下されてきた。しかし、宗教的体験や宗教的伝統の理解と
認識の上に立った現代の西洋心理学の進歩を取り入れるならば、シャーマニズム研究
をより豊かなそしてよりたしかなものとすることができるだろう。本書「シャーマニズムの
精神人類学----癒しと超越のテクノロジー」は、実際このために書かれている。(以下略)

カリフォルニア大学アーヴァイン校 精神医学・人類学・哲学教授

ロジャー・ウォルシュ






900 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:41:10 ID:Y+d1QOZF
>>898
されませんよ
貴方は精神病の診断基準から故意に

患者が苦痛を訴えているか 周囲に苦痛を与えていること
それを患者自身が制御できないこと
そして患者や周囲に直接 身体的社会的不利益をもたらしていること

を除外しています
症状だけで上記の点を除外して治療したのは旧共産圏の精神科医だけですよw

901 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:43:59 ID:fPWxvBDg
>>899
その著者は、若しかして宗教信者ではないのかw。

トランスパーソナル心理学は、「心理学」ではないよ。書店の書棚の片隅に
1、2冊、目立たぬように置いてあるだけw。

902 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:45:03 ID:Y+d1QOZF
つまり三時間しか寝られなくても

本人が頭脳明晰で
社会的生活に支障がなく
苦痛ももちろんなければ

不眠症ではないし診断されません

隠居の思考は旧共産圏の精神科医レベルなのです

ですから 人類に尊い英知をもたらし尊敬されている聖者は
精神病者とは別の存在なんです

903 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:45:58 ID:Y+d1QOZF
>>901
心理学ですよ?

心理学のひとつの潮流です

外国では専門の教育機関も存在し 国家から認められています

904 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:51:31 ID:Y+d1QOZF
>>901
あれw
キリスト教が精神病だなんて誰も言ってないしwww

http://homepage1.nifty.com/norick/BR-invreli.html

http://www.esri.go.jp/jp/prj/social/social005a.pdf

905 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 23:58:15 ID:Y+d1QOZF
あれw
小田晋は宗教をきちんと評価してるよ?w

批判すべき点は批判してるけどw

http://wiki.livedoor.jp/gedo5/d/%BF%CD%A4%CF%A4%CA%A4%BC%A1%A2%BD%A1%B6%B5%A4%CB%A5%B7%A5%D3%A4%EC%A4%EB%A4%CE%A4%AB%A1%A9%A1%A1%BE%AE%C5%C4%BF%B8
「宗教の持つ不思議な力」を精神医学の立場から考えるのが本書のテーマだ。
精神医学の立場からみると、宗教は、一方では精神の健康と人間の生きがいの支えになるものである。もともと、人間を心の病気や苦悩から救うのは、
そして犯罪から救い出すのは、未開社会では呪医、文明社会では宗教家の役割で、医師の職分、とりわけ精神科医の役回りは一番後になって分化してきたものである。
しかし一方、人間が、日常的な社会生活の枠組みに順応して生きることに耐えられなくなって、この枠組みを破壊してしまえば、それは犯罪ということになり、現世と離れた
別の世界に目を向ければ、神秘主義と信仰に到る道が開かれることになる。また、自分自身の妄想と幻想の城に閉じこもってしまうのは、それはすなわち狂気であり、
これら三者を同時に引き起こすものが酩酊(めいてい)である。つまり、信仰と狂気と犯罪、それを媒介するものとしての酩酊(薬物乱用)は手を結んで、
「人間における非日常の構造」を生み出すことになる。したがって、それは精神科医として、どうしても扱いたい領域になる。
宗教は本質的には人間の心を健康にするもので、多くの調査は宗教信仰をもつことと、犯罪、精神障害、薬物乱用のあいだに負の相関があることを示している。
今日の精神療法の中には、宗教の文脈から生み出されたものも少なくない。しかし、宗教への狂信が心の病気や犯罪の契機ともなり得るし、精神障害におちいることが
病的な宗教体験や宗教的行動を引き起こすこともあり得る。したがって、本書は一面では「宗教精神医学入門」と言える。心の健康にとって非日常を体験することは
望ましいことだが、それは健康な日常性との往復運動に支えられていなければならない。信仰は個人の心の内面の営みだが、それが宗教、宗派の活動として
外面化されるときには、社会的な責任を負う必要があるだろう。


906 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 23:59:53 ID:M2KG3wPP
ちょっとお聞きしたいんですが、
忍者ハットリくんの妹の名前を教えてください。


907 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:00:46 ID:DP3O/38D
>>900
>患者が苦痛を訴えているか 周囲に苦痛を与えていること
>それを患者自身が制御できないこと
>そして患者や周囲に直接 身体的社会的不利益をもたらしていること

宗教信者には、それらの「不利益」のすべてが、見事に当て嵌まるではないかw。
信者自身に「病識」がなくても、周囲の者たちの苦痛は並大抵ではないし、
社会からも相手にされない。

躁病患者は、「多幸感」にあふれているよw。

「平均値からの偏移」が著しいからである。だから「治療」の対象とする。
人間社会は、徹頭徹尾、「健常者(平均人)の共同体」であることを、忘れて
はならない。

908 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/28(月) 00:03:41 ID:UoVW+bfc
>>907
いいえ
問題は精神病者が聖者を再現できるかです

宗教自体の社会的功罪とは関係ありません

っていうか あんたどんな本読んでるんだよwwww

909 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/28(月) 00:06:27 ID:UoVW+bfc
>>907
ほーらw
>宗教は本質的には人間の心を健康にするもので、多くの調査は宗教信仰をもつことと、犯罪、精神障害、薬物乱用のあいだに
>負の相関があることを示している。

910 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:14:16 ID:DP3O/38D
>>905
>小田晋は宗教をきちんと評価してるよ?w

小田は、カルト問題に深入りし過ぎて、カルトに影響された恐れがある。

少しおかしいところが出てきた。

「オウムの精神的指導者」であるとして厳しく批判されている、某著名宗教学者
も同じ。

911 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/28(月) 00:14:45 ID:UoVW+bfc
>>910
は?
じゃあそれと違う資料出せw

912 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:24:18 ID:DP3O/38D
>>911
島薗教授自身が、「精神世界」の主導者的存在。「青春を返せ訴訟」では、
被害者の弁護団から、吊るし上げを食った。「宗教の病理」については、
何らの解明・指摘も出来ていない。

その論文から、明らかにオウムの信者と思われる教授もいる。

913 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:31:17 ID:DP3O/38D
宗教学者自身が、宗教の信者乃至はシンパでは、「宗教の病理」が解明・指摘
できる訳が無い。

オウム事件で、死刑に処されるべきは、「宗教の病理」の学問的解明、指摘を
怠り、「宗教としてのオウム」を放置した、これらの宗教学者である。

慈しみ育てたわが子が。「宗教を信じたばかりに」、人を殺し、自らも死刑台
に上るのを見なければならない、両親や家族の苦しみも想像できないのか。

914 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:40:15 ID:DP3O/38D
そもそも、宗教の信者が宗教学を教えることが大問題。「学問」としての宗教学
の客観性が保てる訳がない。教壇から、宗教を布教していることになる。東大
の宗教学講座創設時の主任教授である姉崎正治も、日蓮宗の熱心な信者である。

お話にならない。

915 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:42:19 ID:DP3O/38D
宗教被害者の弁護を手がける弁護士は、宗教学者の書いた本など問題にしない。

916 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 01:10:58 ID:BsVLRdDG
やらせかどうかは知らないけど、テレビに出てくる霊能者みたく体の悪いところとかを初対面で当てたりしたら
それは精神病とは違うのじゃアルマイカ?

917 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 10:25:34 ID:q055w58U
>>915
熟練した医師は、一見した患者の表情、動作、皮膚の状態などから、多くの
病気とその部位を推測することが出来ます。爪の先だけで診断できる病気も
沢山あります。

「霊能者」も、それに習って、身体の外部的状態から、病気を合理的に「推測」
しているのです。「霊」などとは関係ないし、医師でもない「霊能者」がそれ
をやれば、当然、誤りも発生しますので、「霊能者」とは、精神病どころか、
「極めて理性的な詐欺師」です。

918 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 16:02:47 ID:tOTIX2+D
質問です クリスチャン相手にユーモアはどの程度までokですか?

例1:モンスターエンジンの神様コント
例2:聖☆おにいさん

個人差があるのを承知で一般論として20代〜30代の受洗者が許容できるかどうか知りたいです

919 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 16:32:09 ID:EW7cKZCd
誰も神を知らないのに
神の子だと言われても何も証明できない
イエス・キリストよ
ソースをだせw

920 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 16:38:01 ID:oAJwbI2D
>>919
>ソースをだせw

「ソースなどありません。あくまで私の『自称』ですから。でも、クリスチャン
たちは、まんまと騙されてくれましたよ。」(イエス・キリスト)

921 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 18:59:12 ID:cyTg78XM
>>920
>「ソースなどありません。あくまで私の『自称』ですから。でも、クリスチャン
>たちは、まんまと騙されてくれましたよ。」(イエス・キリスト)

「ソース」などあるものか。ミトラ神のキリスト(メシア)を、まんまと頂いて、イエスと
くっ付けたら、他宗教禁止のおかげで、そこら中のミトラ教徒をユダヤ系キリスト教に
取り込む事ができたぜ。(ΦωΦ)ふふふ・・・・」 ユダヤ系キリスト教

922 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 19:20:50 ID:cyTg78XM
愚かな日本人達よ。ヤハウェを信じよ。唯一真の神であるぞ。
ヤハウェを信じるなら内緒で、教えてやろう。ここだけの話しだぞ。他言するな。

マルコ福音書のストーリーは、ミトラ教とそっくりだと、非難されておるが、
実は。。。

帝国が、キリスト教以外を禁止した時、ミトラ教は、ローマの属州にも人気があった。

ローマの兵士や上流階級にも人気のあった「ミトラ教信者」をスムーズに取り込む為の
ユダヤ人の戦略なんじゃ。ミトラ神は、三世紀のゴルディアヌス帝(在位238-244)の時に
ローマ通貨(コイン)にされる程の人気神じゃったから、周到に準備して、禁止令を出した
そのおかげで、混乱を最小限にしてやったわい。

マルコ福音書のストーリーが、ミトラ教そっくりと非難されとるが、知らん顔しておけ

この賢さこそ、ユダヤ系キリスト教が、生き残った神を使った知恵じゃわい。
愚かな日本人よ。ヤハウェこそ唯一の神である。信じよ。(ΦωΦ)ふふふ・・・・

923 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 19:31:41 ID:cyTg78XM
愚かな日本人達よ。ヤハウェを信じよ。唯一真の神であるぞ。
ヤハウェを信じるなら内緒で、教えてやろう。ここだけの話しだぞ。他言するな。

元々キリスト教自体が、ミトラ神の信仰の上に、イエスをキリスト(メシア)と
強引に言いきって、布教開始出来たから、下準備は出来ておったから、
愚かな奴らが、信じる信じる。笑いが止まらん時期じゃったな。

ただ、西方キリスト教会は、ローマ支配が及ばんから、昔のまま、ミトラを
キリストとしておる。 しかも、ミトラがキリストだと認めろとぬかす。

考えても見ろ、いまさら、そんな事が出来るか!
西方キリスト教会が、いくらミトラがキリストと言っても知らん顔しておけ

この賢さこそ、ユダヤ系キリスト教が、生き残った神を使った知恵じゃわい。
愚かな日本人よ。ヤハウェこそ唯一の神である。信じよ。(ΦωΦ)ふふふ・・・・



924 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 21:23:32 ID:uG+J9AZk
「インキョ!天才科学者の素よ!」

「びっくり、インキョメカ発進!」

「精神病理」精神病理」「精神病理」「精神病理」

925 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 21:25:11 ID:uG+J9AZk
インキョの裁きは絶対なり!

インキョの書き込みは神の言葉なり!

インキョを信じない奴は、全て宗教患者だ!!

926 :リンゴ ◆lNKs89R2oA :2008/07/28(月) 21:27:58 ID:CmKFbwuA

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。

それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、

イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳




927 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 22:14:34 ID:cyTg78XM
わたしはキリストに結ばれた者として「真実」を語り、「偽り」は言わない。ロマ9,1


主イエスの「父(ヤハウェ)」、永遠にほめたたえられるべき方は、「わたしが偽りを
言っていないことをご存じです。」   2コリント11,31

ヤハウェ自身をして、パウロは一切、うそ偽りを言っていないとしています。
それは、聖霊を通して、証しされていると。。。


主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日(再臨の日)まで 
「生き残るわたしたちが」 眠りについた人たちより先になることは、「決してありません。」
                                  1テサ4,15 
十字架による贖罪が、真に証明されるのは、万人の前での「再臨」しかない。
これだけが、異教徒も含めた、全ての人間が確認できる唯一の「神の存在証明」だ。
パウロは、とうの昔に死んでいる。
再臨の日にパウロは、生き残っていない!!! 
神が証しした再臨の日に、パウロは生き残っていない!!!

ユダヤ系キリスト教は、聖書に書かれた全ての言葉は、「聖霊」つまり三位一体としての
神が、書かせた書であるとしている。

パウロは、生きて再臨に立ち会ったか!!

ユダヤ系キリスト教の教義など、うそではないか!! 
何が聖なる書だ。 ただの神を利用した「洗脳書」じゃないか!

928 :リンゴ ◆lNKs89R2oA :2008/07/28(月) 22:17:25 ID:CmKFbwuA
☆実にキリストは、わたしたちがまだ弱かったころ、定められた時に、不信心な者のために死んでくださった。
 正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかも知れません。


しかし、わたしたちがまだ罪人であった時、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を
お示しになりました。それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですからキリストによって神の怒りから救われるのは、


なおさらのことです。敵であった時でさえ、御子の死によって神と和解させていただいたのであれば、和解させていただいた今は、
御子の命によって救われるのはなおさらです。
 

それだけでなく、わたしたちの主イエスキリストによって、わたしたちは神を誇りとしています。
今やこのキリストを通して和解させていただいた からです。(ローマ5ー6〜11)


☆神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3ー16)


☆口でイエスは主(しゅ)であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から 復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。
実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるからです。(ローマ 10:9-10)



929 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 22:22:40 ID:cyTg78XM
主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日(再臨の日)まで 
「生き残るわたしたちが」 眠りについた人たちより先になることは、「決してありません。」
                                  1テサ4,15 

ユダヤ系キリスト教徒は、気がつくべきだ。
上の言葉が語る「真実」の重さを。。。



930 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 22:28:12 ID:bq7UqrMl
>>929
>ユダヤ系キリスト教徒は、気がつくべきだ。
>上の言葉が語る「真実」の重さを。。。

そんな事はどうでも良いんだろ...キリスト教会へ行ってたら
何となく楽しいじゃん...おもろい童話が聞けて暇つぶしに
なるじゃん...ぴよぴよ


931 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 22:35:51 ID:cyTg78XM
>>930
>そんな事はどうでも良いんだろ...キリスト教会へ行ってたら
>何となく楽しいじゃん...おもろい童話が聞けて暇つぶしに
>なるじゃん...ぴよぴよ

そうかもしれない。。。でも、気が付いてほしいなw

932 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 23:34:14 ID:bq7UqrMl
>>931
>そうかもしれない。。。でも、気が付いてほしいなw
嘘だなんてトックニ判ってるよ...いいじゃん作り話だって
映画もテレビ番組も、作り話と判ってても面白いから見てるんじゃん

933 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:49:49 ID:0ncwu+5s
>>932
聖書は、人間の生来の人格を変容・破壊し、狂気を発生させる危険なものであ
る点で、映画やテレビや「芸術作品」とは異なる。

パウロによる「罪概念の植え付け」による「脅迫」と、「救い」という「甘言」
とを手段とする「心理操作(洗脳)」が原因だと思う。ヨハネ書のオカルトや
黙示録による妄想の影響も大きい。共観福音書だけで、クリスチャンになった
者は、皆無なはず。

音楽、映画、演劇も、「現実離脱」を生じるが、会場から一歩外に出ると、
容易に現実に復帰できる。聖書による「現実離脱」は、はるかに根深く、不可
逆的である。

934 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:54:36 ID:Ecm7iUed
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/budou/1215006441/330-
↑のID:F+poCtSO0が、キリストは麻薬をしていたとか言っていますが、
皆さん、どう思われますか?

935 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:55:34 ID:cyTg78XM
>>932
>嘘だなんてトックニ判ってるよ...いいじゃん作り話だって
>映画もテレビ番組も、作り話と判ってても面白いから見てるんじゃん

そっか〜。なんか気分良く寝れそうだ。 おやすみ。

936 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/29(火) 00:24:04 ID:9j79UOs6
だけど、映画やテレビドラマの方がよっぽどレベル高いと思うけど

キリスト教団の童話は、猿芝居か小学生の学芸会並やで
僕が教会へ行って話しを聞いたら、ゲラゲラ笑い出しかねない
から迷惑だろうから行かないんだけどね

937 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:27:44 ID:OB3oL4g8
だからさ。結局、キリスト教って、何やってるの?

938 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/29(火) 00:37:05 ID:9j79UOs6
>>937
>だからさ。結局、キリスト教って、何やってるの?
田舎芝居の同好会...吉本新喜劇みたいな臭い芝居でもそれが
好きで固定した根強いファンがいるだろ...吉本興行は
そうは言っても一部上場の大企業だよ...

939 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 00:39:27 ID:OB3oL4g8
別れを惜しんで、カゴをはなせない。 でOKなのかな?

940 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 01:03:27 ID:1Hb0JLOi
終末論的に生きるってどういうことですか?


941 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/29(火) 01:19:06 ID:9j79UOs6
>>940
>終末論的に生きるってどういうことですか?
自分達の終末を世界の終末に摩り替える事です。
大体の場合は誰からも相手にされずに終わります。

942 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 16:24:49 ID:Lv6m+0h/
933 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:49:49 ID:0ncwu+5s
インキョのお言葉を信じないと、狂気になるよ。
インキョを信じよ!


943 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 18:17:39 ID:tZenQP3B
イエスが本当に死んでから生き返ったというなら
むしろそれからの活動のほうが劇的に一大事じゃないか?
神の子が生き返ったんだぞ(@@;!!!
驚天動地の大活躍があって本当だろう
なのにそれが全く無いってのはどうなの?
明らかに後付の嘘話じゃないかと思うがな。

944 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/29(火) 18:18:58 ID:njUAEDg8

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。

それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、

イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



945 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 18:26:24 ID:tZenQP3B
>>944
コピペ魔よ、悪魔ってなんだ?

946 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 19:26:26 ID:Cp/cOCkP
悪魔(サタン)とは、旧約のヨブ記を読めば解るが、ヤハウェの部下だ。

主は、主の御使いの前に立つ大祭司ヨシュアと、その右に立って彼を訴えようとしている
サタンをわたしに示された。
主の御使いはサタンに言った。「サタンよ、主はお前を責められる。エルサレムを選ばれた主は
お前を責められる。ここにあるのは火の中から取り出された燃えさしではないか。」
                                ゼカリア3、1〜2

ゼカリアでも、ヤハウェとヤハウェの御使いとヨシュアと共にいてしかも、
会話をして、サタンは、ヨシュアの右にいる。
一同に会して、責められる関係を考えれば、旧約においてのヤハウェとサタンの
関係は、新約でのサタンとは、大きく異なる。

つまり、新約の編者は、旧約の意味を理解できず、何でも、自分の気に入らない
ものは、サタンとしただけ。
ミトラ教の教義形態をパクルしか脳の無かった連中が書いた物で、聖霊によって
書かれたなんて、真っ赤なうそだ。

ユダヤ寄りのイエスの発言も、他のイエスの言葉と整合性が全く無い。
オツムの悪い連中が、自分の集団に有利になるように書き足したのは見え見えなんだけど。
そんな事はどうでもいいのが、ユダヤ系クリスチャンだ。

だから、サタンて言われたら、「ああ、こいつ旧約の意味も解らない馬鹿な本を信じてるな」って
思って間違い無いよ。

947 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/29(火) 19:35:11 ID:njUAEDg8
☆さて、おわかりでしょうか。 おきての命じることを実行して、神様に正しい者と認められようとしてもむだです。
私たちが神様のおきてを深く知れば知るほど、自分が従っていないことが明らかになるからです。


神様のおきては、私たちに、自分が罪人であることを自覚させてくれるだけです。
 しかし今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。


その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません
〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、実際には新しい道とは言えませんが〕。


神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
 どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。 そうです。 すべての人は罪を犯しました。


神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。 けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。
 このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ 3:20-25)


948 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 19:41:00 ID:ILQtHrIU
神は林檎による証しは受けませんが何か

949 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:05:06 ID:Cp/cOCkP
その神は偽物。

950 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:08:39 ID:CXC1O0tA
>>948
お前、神かよw

951 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:21:29 ID:Cp/cOCkP
だったら、今すぐヤハウェを、出せ。それで解決。

952 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:45:42 ID:Cp/cOCkP
わたしはキリストに結ばれた者として「真実」を語り、「偽り」は言わない。ロマ9,1

主イエスの「父(ヤハウェ)」、永遠にほめたたえられるべき方は、「わたしが偽りを
言っていないことをご存じです。」   2コリント11,31

ヤハウェ自身をして、パウロは一切、うそ偽りを言っていないとしています。
それは、聖霊を通して、証しされていると。。。

では、次の言葉は完全にうそになるが、しかも聖霊を自ら否定するが。

主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日(再臨の日)まで 
「生き残るわたしたちが」 眠りについた人たちより先になることは、「決してありません。」
                                  1テサ4,15 

十字架による贖罪が、真に証明されるのは、万人の前での「再臨」しかない。
これだけが、異教徒も含めた、全ての人間が確認できる唯一の「神の存在証明」だ。
パウロは、とうの昔に死んでいる。

パウロは自分達が生きている間に、「再臨」があると宣言し、ヤハウェが証しをしていると言う。

ユダヤ系キリスト教は、聖書に書かれた全ての言葉は、「聖霊」つまり三位一体としての
ヤハウェが、書かせた書であるとしている。

パウロが、生きている間に、再臨はあったか?

953 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 20:46:13 ID:Cp/cOCkP
ユダヤ系キリスト教の教義で、贖罪と並ぶ、重要な「再臨」が、パウロの思いこみなら
十字架の贖罪も、思い込みじゃないのか?

なにしろ、世界中の異教徒が、唯一ヤハウェの実在を確認できる「再臨」が、
パウロの思いこみなんだからな。贖罪も、パウロの思いこみだろ。

ミトラ教の、処女懐妊、地方巡回布教、病人治癒、地獄下り三日後復活、再臨を
全部パクッテおいて、肝心の贖罪もパウロの思いこみなら、ほんとに
ユダヤ系キリスト教って、面白い宗教だよな

954 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 21:01:42 ID:8t/mlOeQ
こんなクソみたいなネットの掲示板でイキがってるなんて面白い奴だな。

955 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 21:06:08 ID:hKPOekav
キリスト教徒は「ヤハウェ」とか「ヤーヴェ」って言葉を口にしたり書いたりすることを禁じられてないんですか?

956 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 21:24:39 ID:Cp/cOCkP
>>954
>こんなクソみたいなネットの掲示板でイキがってるなんて面白い奴だな。

俺のは、HPの下書きだ。
毎度の、クソ2チャン、人格攻撃、乙。


957 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 21:43:25 ID:4YvjGiNb
>>956
アホ。
HPもネットだ。
今日日早けりゃ幼稚園児でもホームページ持っとるわボケ。
批判やるんやったら身元明らかにしてやらんかいヘタレ。

958 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/29(火) 21:57:41 ID:njUAEDg8
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。

それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、

イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



959 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/29(火) 23:12:21 ID:ylv/4eAN
>>958
珍しくこいつの文章を読んでて気になってしまった。(自分も暇人なんだろか?)
>それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかた
>であることを、人々に宣べ伝え、またあかしするようにと、神はわたしたち
>にお命じになったのです。
「生者と死者との審判者」と言うのは、使徒言行録より200年くらい前
のエノク書に「人の子」の権能として書かれてるんですw...それで、
これはまさに、ミトラ教の「ミトラ様の権能」なんですね...それを、ホンマに
原始教団のペテロが唱えていたのか、それよりずっと後にルカのシナリオで
ペテロが唱えていたが如く編集したのかは定かではないんですが...ミトラ教の
パクリは相当早い時期に行われていたという事でしょ

960 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:44:30 ID:Cp/cOCkP
>>957
>>957
>アホ。 HPもネットだ。
>今日日早けりゃ幼稚園児でもホームページ持っとるわボケ。
>批判やるんやったら身元明らかにしてやらんかいヘタレ。

それを言うなら、人の批判してるお前が、先に身元明らかにせんかい。このヘタレが。



961 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 06:31:28 ID:ySx5EMpB
>>960
そりゃもちろん、俺は>>960と同じく卑怯者のヘタレだからなw
>>960と同じように匿名で小賢しく暴言吐くのが関の山さ。
俺と>>960は同類だなw

962 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 15:54:10 ID:cz8sOUYy
最近ギリシア神話読み始めたんだが
旧約聖書は酷いですね
パクリまくってるじゃないですか!

963 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 16:24:46 ID:MYVoQ4ti
>>962
たとえばどの箇所が?

964 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 17:05:32 ID:FhAwh0l8
質問スレが談話室になってる件について

インターネットはみんなでマナーを守って使いましょう 2ch公共広告機構

965 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 17:10:34 ID:1p5XivQX
新約における「愛の革命」とは何ですか?
どういうことか教えてください

966 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 18:32:05 ID:JEgsvr0q
サタンとは、サマエルである。
バルク黙示録では、アダムにぶどう酒を飲ませた存在である。
創世記のエバに知恵の実を食べさせた蛇と同一視され、サタンの別名でもある。

イエスの死後、サタンは、ユダヤ系新約に数多く登場する。
サタン(サマエル)は、悪魔であり、ヤハウェの敵であり、滅ぼすべき存在となる。

では、質問だが。。。
イエスに洗礼を授けたヨハネは、エッセネ派であり、クムランで、多数の
修道者を育てていたが、そのエッセネ派では、サマエルは、火曜日の神である。
つまり、エッセネ派では、そのサタン(サマエル)を神としていた事になるが?
この矛盾を、どう説明する?

967 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 18:43:15 ID:JEgsvr0q
イエスに洗礼を授け、新約で登場するヨハネとは、ユダヤ系キリスト教では
エッセネ派と呼ばれるが、本当の姿は、ミトラ教の司祭である。

なぜなら、ミトラ教では、サマエルは、シャマールであり、火曜日の神である。

ユダヤ系キリスト教で、サタン(サマエル)とは、大義において、ライバルである
ミトラ教をさす。勿論、全てでは無く、ヤハウェに敵対するものとしてではある。

つまり、ユダヤ系キリスト教にとって、悪魔のサタン(サマエル)は、
ヨハネやイエスにとっての神である事になる。

火曜日は、エッセネ派と呼ばれる集団にとって、「神をたたえる日」である。

イエスに洗礼を授けたヨハネは、ユダヤ系キリスト教ではエッセネ派と呼ばれるが
本当の姿は、 ユダヤ系キリスト教がサタン(サマエル)を火曜日の神とする
ミトラ教そのものである。

このサタン(サマエル)の意味を、ユダヤ系クリスチャンは、深く考えて欲しい。

あなたは、イエスを信じるのか? 嘘偽りで固められたユダヤ系キリスト教を信じるのか?

968 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/30(水) 19:06:02 ID:s5yQzcCs
>>965
>新約における「愛の革命」とは何ですか?
>どういうことか教えてください
新約に(旧約も)革命なんて言う言葉があるわけ無いだろ
何処かの学生結社まがいの教団(多分アホのプロテスタント系)が
造った言葉だよ...造った奴に聞いてくれ...

969 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 20:24:00 ID:1p5XivQX
>>968ありがとうございます

明日の試験問題にこの質問がでると告知があったのですが、
となればうちの先生はおかしいですね
こんな試験問題もおかしいですよね



970 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 20:48:16 ID:VEW6Mq4y
見返りを求めるエロスから見返りを求めない自己犠牲、博愛的なアガペーへ移行することを「愛の革命」なんて表現したんじゃないの?
教育者はロマンチストが多いから。

971 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/30(水) 22:36:29 ID:lTmfc2cO

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。

それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、

イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



972 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 00:28:09 ID:GGUGEX9I
>>970
快感があるからセックスして、人類が維持できる。窮境にある相手を助けると
自分も充足感が得られるから助ける。すべて「見返り」のあるエロスである。
創造主は、上手く創ったものだ。

アガペーは、愛ではなく、偽善の別名。

「愛の革命」とは、噴飯物の言葉。創造は、創造の時点で完成しており、革命
など要しない。

973 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/31(木) 00:47:17 ID:eQJ6iT1J
>>971
もう直ぐ終わってしまうから書き込んでるのかねぇ...
こういう馬鹿がいると、どうしても何処のアホ教団がどういう意識で
コピペを繰り返すのか事情聴取したくなるんだけど。
なんて書いて、また揚げ足を取られても適わないので止めとくw...

974 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 06:59:49 ID:y8nTHTsj
>>972
初めエロスでくっついて、後に事故やら病気やらでエロスが望めなくなり、アガペーな関係しか持てなくなるケースもあるわけで、そんな人たちのことも偽善呼ばわりするのか?

975 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 11:38:38 ID:tsZQ0rPo
>>874
この場合、「エロス」とは、キリスト教の「アガペー」の対照として、「生得
的な、肉体的本能としての、他の人間に対する愛(関心)」の意味で用いた。
従って、性欲だけに限らないし、プラトン的なイデアに対する精神愛でもない。

この意味でのエロスは、生命がある限り、即ち肉体がある限り存続する。性欲
であっても、老齢、事故、病気で消滅することはない(但し、精神疾患として
の性欲喪失は除く)。

976 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 13:00:26 ID:BJF9+Zav
>>975>>974へのレスとして>>975に答える。

>>975>>974のどこにレスしてるの?
>>974>>972にエロスを望めない境遇になってしまった人たちのことも>>972は偽善呼ばわりするのか? と>>972に尋ねてるんだけど。
はぐらかそうとしてるの?

977 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 14:19:10 ID:tsZQ0rPo
>>976
アガペーは、(ギリシャ哲学やそれを猿真似したキリスト教が頭の中だけで
でっち上げた)観念の遊戯だから、肉体的本能としての「愛」ではなく、偽善
に過ぎない。

肉体(生命)がある限り、肉体的本能としてのエロスはなくなることはない
(現在流行していると言われる、高齢者間の恋愛はアガペーか。ならば、相手
は異性である必要はなかろう)。

以上で、答えている。

978 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/31(木) 17:28:07 ID:VCHOHCVG
☆さて、おわかりでしょうか。 おきての命じることを実行して、神様に正しい者と認められようとしてもむだです。
私たちが神様のおきてを深く知れば知るほど、自分が従っていないことが明らかになるからです。


神様のおきては、私たちに、自分が罪人であることを自覚させてくれるだけです。
 しかし今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。


その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません
〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、実際には新しい道とは言えませんが〕。


神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
 どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。 そうです。 すべての人は罪を犯しました。


神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。 けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。
 このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ 3:20-25)



979 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 18:09:24 ID:fLYrkiIl
聖霊に満たされたものが、クリスチャンになるみたいなニュアンスの聖書の言葉って、どこにあるか知ってる人いますか?

沢山ありそうなんですけど、よくわかりません・・・・・

980 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 19:05:43 ID:utuqHq8b
>>977
アガペーってのは言葉のあやだ。
選ぶ言葉を間違えた。

それを踏まえて>>977に再度尋ねる。
>>977は高齢者間の恋愛を噴飯ものの偽善扱いするのか?
高齢者間で無くてもいいわ、若い人でも事故や病気で機能的にエロスが望めないケースもあるやろ。
そんな人のことも>>977は噴飯物の偽善扱いするのか?

俺が問うてるのは>>977の他者を軽視する姿勢はいかがなものか ってことだ。

981 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/31(木) 20:44:50 ID:eQJ6iT1J
>>979
意外と見つからないでしょ

>聖霊に満たされたものが
聖霊と言う言葉が好きなルカ文書を追っかけてみたけど、
ルカ文書では「聖霊に満たされた」と言うのは、どうも
精神的に「ハイ」の状態になってるだけの様な
気がする。(他の文書ではちょっと違うかもしれないが)

それに対し、少なくとも当時において、クリスチャンになる事は
共同体の命運にも関わる事で、相当な覚悟が必要だったと思います。

その辺の事情が現代とは大分違うんだと思いますw...だから
中なか見つからないんだと思うよ


982 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 21:28:49 ID:fLYrkiIl
>>981
ということは、聖霊と信仰について明確に書いてある言葉って、意外と聖書にはないってことですか?

983 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 01:49:44 ID:/0b+nNQx
>>982
旧約聖書では、「聖霊」という言葉が出てくるのは、詩篇51:13の一箇所
だけのようで、それも「人間に既に与えられた」ものの意味で、「鳩のように、外部から
『外部から』降りてくる」ものではありません。

新約聖書では、この旧約の言葉の意味を誤解したのか、さもなければ、故意に
歪曲したのでしょう。

984 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 03:46:15 ID:Wjx8oScX
周囲の人々に主イエスキリストの導き行き届くように
私にくっ付かないで速やかにキリストへ行くように祝福あれアーメン

985 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 05:21:42 ID:FB9NOTu0
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
    http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
    http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
    http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035



376 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)