5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どうやら悟りを開いてしまったようだ…

1 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 00:17:24 ID:UK79Qkbf
悟りを開いたのはもうかれこれ3年前。
現在はもう喜怒哀楽もない。
内面がなんというかいやに静かで、
外で何が起こっていようと周りがどうであろうと
自分の内面はいつも静まり返っていて、
それが逆に不自然で。見栄や欲もなくなったけど、
夢や希望もなくなった…。
元に戻りたくて努力したけど無理だった。
これで生きていくしかない。
人間離れしたこの状態でこの世を生きるのもしんどいもんだよ。

悟りを得るには難しい教義や厳しい修行などしなければと
思ってる人がいるけど、それは間違い。
そんなことしたって悟れない。
そもそも悟ろうと欲する時点で間違ってる。
悟りは向こうからやってくる。
こっちから求めるものじゃない。


2 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/10(木) 00:45:49 ID:4Bb5XcPV
>>1
それはハズレです。(笑

ホントの悟りは、やって来たりしません。(笑

3 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 01:09:02 ID:AgUoSnzK
でもこちらから求めるものじゃないのは正しいよ。
まぁ、1さんにはなにか躍動感が感じられないので
この夏は盆踊りにいくだな。

4 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 03:52:37 ID:6UZ1+ncK
>>1 言葉にすると嘘っぽくなるから、信じてくれるか解らないけど。。
私も悟りを開いたよ。今は感情がない。
何が起こっても全てがそこに「在る」だけなんだよね。
「無と愛」になったんだ。
それはとても素晴らしい事だけど、
物理的な欲を抱えた人々の溢れる世界で暮らすのは
きついものがあるよね。
でもね、調度昨日、私はその苦しみから抜け始めたんだ。
>>1も必ず抜け出せる。皆がこっちの(無欲の)世界に到達するために生きてるんだ。
貴方は間違っていない。

それと、悟って無欲、無感情になった人はわりといる。
私の周りに3人居るから、探せばもっと居るかも知れない。
私は仲間を探してる。だから此処に導かれたよ。

5 :perro ◆ivUPSw8nqQ :2008/07/10(木) 04:14:05 ID:UKcPoOSx
離人症と関係があるかもしれません

6 :南無大師遍照金剛:2008/07/10(木) 07:44:46 ID:XoI8cW6Q
うつ病ヽ(´∇`)ノ

7 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 15:16:49 ID:6gxI1hmg
テレビを捨てるだけで、かなり悟りに近づけるぞ。
不邪淫戒が守れやすくなる。欲が湧かなくなる。

テレビに女出すぎ肌見せすぎ。
商品広告多すぎ。
高田社長うるさすぎ。

8 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 15:24:46 ID:4C0wGUPi
悟るってのはこの世の真理を理解することだぜ。それに修行はいろんな意味で必要だからやるんだし、>>1は手塚治虫の「ブッダ」を読んで頭冷やせ。

9 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 15:48:52 ID:OyTHTRIy
>>1
それ 単なる入口

それと 悩んでる時点で真理を理解してないだろ?

10 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 15:57:29 ID:4C0wGUPi
っつーか夢や希望もなくなったってそれ危ないなぁ。医者に行くか、誰かに相談しときな。

11 :神も仏も名無しさん:2008/07/10(木) 17:01:05 ID:yVF9p00K
悟りは大変だっ

12 ::2008/07/11(金) 01:14:22 ID:UbxZam/p
>>2
本当の悟りとは?
>>3
確かに躍動感も覇気もないです。
ただ静か、静か。内面が深海にある感じ。それだけです。
>>4
悟りを開いたのは自分だけじゃなかったんですね。
悟ってからは、世界で自分ひとりだけ孤立してしまったかのような心境でした。
ほかにもいたとは。
>>5>>6
実際に悟りを開いたあとに鬱になりました。離人症も出ました。
今もその後遺症はあると思います。
>>7
逆なんだと思います。
悟りを開くと、欲や執着が自然となくなるわけで、
欲や執着をなくそうと努力しても、悟ることは無理だと思います。
>>8
この世の真理。理解してしまいました。
どうやらこの世は夢の世界らしいです。だからこそ虚無感に襲われるんです。
架空の夢の世界でどうして地位やお金を求める必要があるんでしょう。
手塚治虫のブッダ。一応読破しましたよ。
>>9
入り口だったんですか?
これからさらに進化するんでしょうか?
この世でもうなにも学ぶべきことがなく、すべて知ってしまって退屈だったんですが、
そうだとすると希望や楽しみが出てきますね。
>>10
子供の頃を思い出してください。
すべてが未知でワクワク楽しかったでしょ。
大人になって現実を知ると退屈になってくる。
悟りを開いてこの世の叡智をすべて知ると、
この世ではもう学ぶべきことがなくて退屈だなぁと感じる日々です。

13 ::2008/07/11(金) 01:18:51 ID:UbxZam/p
メディアや流行はおもちゃ。地位名誉財産もおもちゃ。
自分には色あせて見えます。この世界が色あせて見えます。
自分は外を見ず、いつも内で生きてます。
というか内で生きることしかできない状態になってしまったというか。
だから普通に戻りたいと思ってるわけです。
外の世界に楽しみを見出したいのですが、外の世界にはまったくもって無関心になってしまいました。
内的世界に24時間ずっと意識がある状態といいますか。
一人でいるぶんにはいいんですが、外の世界や人と生活するには結構不自由な面があります。
悟りを開いてから、この世でかなり生きづらくなりました。
この世で生きるなら悟らないほうが絶対いい。
多分ですけど、僧侶が山にこもったり世間から離れるのも、
悟りを開くと世間ズレが生じるため、どうしても居心地がわるく
結果、山奥で一人になろうとするのではないかな?と思います。
現在では格好だけになってますけど。


14 :pipi:2008/07/11(金) 01:20:48 ID:TApwlpm8
捻華微笑
御存じですよね。

15 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 01:53:51 ID:QbE9th/r
それでおれたちどうするんだ?

16 ::2008/07/11(金) 02:00:53 ID:48vf0Y/c
>>12
> 悟ってからは、世界で自分ひとりだけ孤立してしまったかのような心境でした。

全てがあるのに孤立なんかしない
どうして悟りを過去形で書くの?
過去に悟りはない

> >>5>>6
> 実際に悟りを開いたあとに鬱になりました。離人症も出ました。
> 今もその後遺症はあると思います。

後遺症なんか無い

> >>8
> どうやらこの世は夢の世界らしいです。だからこそ虚無感に襲われるんです。

ほっぺを抓ってみな
痛かったら夢じゃない

虚無感に襲われたりしない

> 大人になって現実を知ると退屈になってくる。
> 悟りを開いてこの世の叡智をすべて知ると、
> この世ではもう学ぶべきことがなくて退屈だなぁと感じる日々です。

退屈なんかしない
ちなみにこの世の叡智?って何なんだ
悟りとは知らぬことだ

17 :15:2008/07/11(金) 02:04:21 ID:QbE9th/r
凡さんは悟りのメッセンジャーですか?

18 ::2008/07/11(金) 02:04:45 ID:48vf0Y/c
>>13
いつから悟りに内と外ができたのだ?
悟りは無関心ではない
興味津々、生き生きしていること、不自由ないこと、生き辛くないこと、世間と共にいること
山奥に逃げ込まないこと
それが悟りである

19 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:06:55 ID:ZwRfomhX
>>16 凡よ、よくいる勘違い坊やだ
   あんまりイジメテやるなよ

20 :15:2008/07/11(金) 02:08:15 ID:QbE9th/r
精神状態に名前をつけるのは悟りではないということですか?
>18

21 ::2008/07/11(金) 02:35:29 ID:48vf0Y/c
>>20
> 精神状態に名前をつけるのは悟りではないということですか?
> >18

そんなことは言っていない

>この世界が色あせて見えます。

こんな枯れ果てたものは悟りではない
生き生きとしたもの新鮮なものだ

そういうことだ

22 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 02:42:28 ID:vWeEHnlQ
>>4です。
>>12
私も悟ってから暫くウツっぽかったかも。生きる意味など見出だせないもんね。。
精神世界の真実を知ると物理的現実は嘘になるもんね。
私も暫くは悟る前に戻りたいと願った。

今だって、お金のない世界ならどんなに楽だろうって思うよ。
今だって、一般的に暮らす人達の中で暮らすのは苦しいよ。
でもね。自分に肉体を離れたい(=シヌ)かと問うて、思った。
私が居なくなったらきっと家族や友が寂しかったり哀しかったりするなって。
そしたらまだここに居たいって思ったんだよ。
『愛する人が居るから生きる』
生きる意味としては充分なのかも知れないと思った。
最も愛と言っても感情の愛ではないけどね。
でも愛してるんだ。

こう思うまで大変だった。
今私が感じる愛とは程遠く、皆が私を苦しめるとさえ思った。
でもその状態の私を救ったのもまた人だったよ。
私は周りにカミングアウトした。
悟って苦しいと。

そして人に救われた。
一般的に生きる人にも、無償の愛が在る瞬間がある。
常時無償の愛を持っていないとしても、
私はその愛に救われたよ。
四苦八苦しながら今までもどうにか前に進んで来れたから、この先更に抜け出せると思うんだ。
>>1も頑張ろう。長文すまん。


23 :sage:2008/07/11(金) 02:45:14 ID:/Zg5ckln
私は六年前に悟りに近いものに襲われた。
何もかもが無色に色褪せて、いじめっこがいう悪口や他人の談笑がつまらない、くだらないと感じた。
どうしてあんなことで笑えるのかが理解できないと…人の悪口を言って何が楽しいのかと。何もかもに疲れはてた私は頑張っていたことを手放した。

趣味もあまり楽しく感じなくなった。感動が薄れた。
つまらなくなった。元々私は孤独だったけど、さらに世界が遠退いた気がした。
帰っても、無気力。ぼーっと布団のうえで仰向けになっていたり、絵を描いたり。勉強だけはしっかりしていたけれど。


早く脱したかった。無気力な自分が嫌いだった。やる気の並みが酷かった。

高校に入って、部活で後輩が出来、いつも楽しい話をしていた。私はいつの間にか耐えきれず笑っていた。その日から、感情が戻り日常に色が戻った。
あの三年間はきっと悟っていたのだと思った。常に冷静、冷酷な判断で世界を見ていた。人を見下すのは悪いけど、変に冷静に観察していたように思う。

どちらもメリット・デメリットがある。
私は宗教家ではないけれど、悟りは普通に開けるよ…。

それから、その時は辛くても、何かのきっかけで変わることが出来る。信じて誠実に生きればいつか報われるはずだから。

一度悟ると感情戻っても、理不尽なことに対して世の中なんてそんなもんと諦めがついたり、ストレスを流せるようになってたりする。一長一短だけどね。

…私はどちらにも味方しないよ。答えはひとつじゃないからね。

では、言い逃げを。

24 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 03:04:29 ID:QbE9th/r
なぜくすぶっているものが奮起しない?
なにが妨げ?

25 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 03:09:58 ID:QbE9th/r
>>22あなたの言う”欲って何?


26 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 03:38:26 ID:vWeEHnlQ
>>4です。
ちなみにニルウ゛ーナの境地(=悟りの境地)のその又先に>>1と私は居ます。
悟りにも段階があってね、¨気持ち¨で何かを感じてる内はまだ悟りの境地には入ってない。
なぜ境地以上になると苦しいかと言うと、

一般的な人々には感情が存在する訳だ。
でも境地以上に入ると感情のある人々を理解してやることが出来なくなるんだよ。感情が消滅するから。
「理解してやれない」って、単純に考えて
分かり合えないよね?
孤立するよね?
だから孤独なのさ。

それから、境地以上になると無欲になる。
それは求めるものがなにもない事を意味する。
みんななにかを得たくて働いたりするんだろう? 得たいものが何も無いっての言うのは
食べるために働くだけ。
そりゃあ世界が色あせて見える。


27 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 04:33:44 ID:QbE9th/r
>>4,26
歩道橋のこっちと向こうってわけか。
そりゃだいたいながせるわな。
でも出会いもあるわな。いい奴、悪い奴、
ただ、もうだま”になってかかってこない。ってことか。


28 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 04:38:42 ID:QbE9th/r
1と26はスクランブル交差点わたったことあるのかな?
おれはないけどな。

29 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 04:54:49 ID:QbE9th/r
で、おまえたちは悟りを抱えて、歩道をわたるんだなw

30 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 04:57:01 ID:QbE9th/r
バンコクで膝を抱えて仏陀について悩み、考える少年のように・・
彼と競争するんだな

31 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:01:18 ID:QbE9th/r
軍鶏の喧嘩、賭けを旅行者であるキミは見ないほうがいいと・・
その意味を抱きしめてとことん抱きしめて、渋谷のスクランブル
交差点を渡るんだな。。。

32 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:06:45 ID:JtQfLrvM
まさか手塚治虫で悟ったってのはないよねー。

33 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:16:31 ID:JtQfLrvM
っつーか悟った悟ったって言うけど具体的に悟ってどうすんの? もうこの世が夢の世界ならあんたたちあの世いっとけば? どうせ俺ら凡人には理解不能とか言うんだろうけどさ。

34 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 05:46:04 ID:1zmG+Pj+
ロボトミー手術でみんな悟れる。

35 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 06:21:00 ID:EuEwQWW6
>1氏
ホントの悟りってか?(笑

少なくとも伝統仏教では、君たちみたいな状態を悟りとは言わない。
論に曰く
仏は「戯論の消滅というめでたい縁起を説きたもう」と。
又経に曰く
「一切の事業を成就す」と。

君たちみたいな空も説けないわ社会貢献も出来ないわで、
僕ちゃん偉いお!
とか言ってるヤツは、俺らと同じ凡夫に過ぎんわな。(笑

36 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:22:55 ID:JtQfLrvM
あんまし叩くと麻原化するかもしれんな。

37 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:23:39 ID:Ml60oR/j
是の如く心は等持し、清浄、皎潔、無穢、無垢、柔軟、堪任にして、確立不動を得て、
余は心を憶宿命智に向けぬ。かくて余は種々なる宿命を憶念せり。即、『一生、二生、
三生、四生、五生、十生、二十生、三十生、四十生、五十生、百生、千生、百千生、
種々成劫、種々壊劫、種々成壊劫を。
而して余は其処に是の如き名、是の如き姓、是の如き種族、是の如き食、是の如き
苦楽の受、是の如き命終を以てありき。其処に死し、彼処に生じぬ。彼処に於ては
是の如き名、… 是の如き命終を以てありき。又彼処に死し、此処に生ぜり』と。
是の如く余は其の一々の相及詳細の状況とともに種々なる宿命を憶念せり。
此は余に夜の初更に於て達せられたる第一の智なり。ここに無智滅して智生じ、
闇滅して明生ぜり。其は実に不放逸、熱心、精勤に住せる者に対してのみ現るるものなり。

38 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 06:33:16 ID:EuEwQWW6
>37
はいはい。(笑
マッタク、空見の恥さらしも大概にしなさいね。(笑
てか、仏教徒でも無いヤツは、「悟り」とか言うなっての。(笑
僕ちゃん偉いの!って言ってろよ。(笑

39 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:34:52 ID:JtQfLrvM
麻原になっちゃうからこの辺でよしとけ。

40 :ゼロ ◆ZwzTRF3Nd2 :2008/07/11(金) 06:35:10 ID:k3u2Lwyk
>>22
4さん。愛に救われるなら、それは悟りじゃないよ。
悟りは、満たされすぎて愛すらいらなくなる状態だからね。愛することは苦しみ。愛別離苦。

無欲な自分に満足出来ないのなら、それはまだ欲している証なのさ。
食欲を、病と捉えるくらい、無欲に疑問を持たない状況になる。

とりあえずダンマパダを読むのじゃ。

41 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 06:39:15 ID:EuEwQWW6
>39
チズオになっちゃうって?
ソレは俺に対する挑戦と取って良いのか?
(≧∇≦)♪

42 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:43:43 ID:JtQfLrvM
違うよ。あんまし>>1を叩くと>>1が麻原化しちゃうからイジメは程々にってこと。

43 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 06:45:34 ID:JtQfLrvM
俺を受け入れない社会には制裁を加えるぞゴルァって感じ

44 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 06:51:56 ID:EuEwQWW6
>42
イジメって君。(笑
心外だなぁ。
1はイジメられてるなんて思う筈無いだろ?
悟りを得て偉いと思ってんだからさ。
因みに私もイジメてるツモリは無いぞ?
信仰対象を騙る者に敵対してるだけだ。(笑
だいたい、イジメってのは、社会構造上での優劣が無いと成立しないだろ?(笑
てか、君がイジメって言ってる時点で、1を社会的に見下してるぞ?(笑

45 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:00:01 ID:JtQfLrvM
>>44
それは失敬。確かに俺は少し見下してるね。俺は簡単に悟ったなんて言う>>1にムカついてレスしてたよ。

46 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:03:34 ID:QbE9th/r
東京でビラまくか、タイで乞食に布施すれば
すぐ悟れるでしょ

47 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 07:12:19 ID:EuEwQWW6
>45
(´ー`)
若いな。(笑

俺くらいオッサンになると、笑いながら怒るってゲイを覚えるんだよ。(笑

48 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 07:19:27 ID:JtQfLrvM
>>47
仰る通りで。俺はまだ青いよ。君のような大人になれるといいもんだ。

49 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/07/11(金) 07:26:02 ID:EuEwQWW6
>48
悩め悩め♪この青二才め。(笑
(^。^)ノシ

50 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 09:08:10 ID:u7AQwznN
>>12
9だが
とりあえず、時の流れを理解すれば?
自分の過去→現在を理解すれば、未来が理解出来るし、ある法則があることも分かる。
そして、その未来をコントロールする術を覚えると、楽しくなるよ。

51 ::2008/07/11(金) 09:45:10 ID:XweJU1Sq
>>26
やる気もなくなって無気力になって苦しくて感情が無くなって分かり合えなくて孤立して・・・

これのどこが
> ニルウ゛ーナの境地(=悟りの境地)
なんだ?

そんな疲れ果てて枯れ果てたものが悟りかね

52 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 09:46:16 ID:iPPt+eDQ
悟りぢゃなくて虚無感だろね。しんどいなんて思うんだ〜ら>>1

53 ::2008/07/11(金) 09:51:13 ID:XweJU1Sq
>>26
> そりゃあ世界が色あせて見える。

いやいや、色輝いて見えるものだ
また音は調和して聞こえるものだ

54 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:05:38 ID:Wiv11y+d
凡って午前中にもいるのね

55 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:11:11 ID:Wiv11y+d
>>1 そりゃ鬱だ。ただの。人間の素質として 弱者はそういう傾向にある。
>>4 悟った人にも感情はある。悟った人も殴られたら痛い。
>>7 テレビを捨てるのは悟りの道です。あなたはよくわかっている。位階が高いですね。相当な人物です。
>>12 悟りを開いた人は過去にいっぱいいます。だから学べるのです。
>>13 生きづらいのはあなたが弱者だからです。たしかにバカばかりの俗世は生きづらいです。
>>14 マハカッサパが沈黙に耐えられず笑ってしまった話です。







56 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:16:47 ID:eLTXpTcj
>無気力

エネルギー不足。
どういう感情が一番効率良くエネルギーを生み出せるのかを
観察してみたらいいと思うよ。 いろいろ発見できるから。

57 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:24:52 ID:Wiv11y+d
感情エネルギーの転換は質的変換とはいえないですね
それは意味がないだけでなく 感情に依存しようとする悪癖をつけます。
そうではなくて あくまで因果関係を観察して 物事をはっきりと明らかにすることです
悟りを開くことは目を開くことです。

58 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:30:05 ID:eLTXpTcj
>感情エネルギーの転換は質的変換とはいえないですね

誤解を与えてしまいました。
「想念エネルギー」に訂正します。

59 :神も仏も名無しさん:2008/07/11(金) 10:30:11 ID:7X4gCHTe
2ちゃんねるに囚われてる奴が何の悟りかと

60 ::2008/07/12(土) 00:16:47 ID:VA+OuNAI
>>26
この内容すべてに同感です。自分が思っていることすべてを言ってくれたような感じです。
悟りの境地のその先というのもなんとなくわかります。
悟りを開いた当時は、生まれて初めてこの世界を見たかのように
すべてが新鮮で美しく、人は楽しく、音楽は心地よく、リアリティをもって感じられました。
しかし現在ではその感覚もなくなり、世界が薄れて見えます。
感情がなくなったことで、人の気持ちがわからなくなってしまいました。
コミュニケーションや、人間ならではの感情の揺れや
だからこそできる相手への思いやりなど、できなくなってしまいました。
自分はもしかしたら廃人ではないのか?と悩むほどです。
この喜怒哀楽のなくなった深い深海に一人すむ自分は、いったいなんなのだろうかと。
最近では「自分」という自我さえも薄れてきつつあります。
自分は存在せず他人も存在しないのか、自分と他人は一つなのか、
なんかよくわかりませんが、自分がなくなってきてます。
それがいやで、自分を意識しようと鏡を見たり、自分について考えてみたりするんですが、
あまりうまくいきません。
このまま空気になるか、溶け込むのか、そういう感じです。
なんだかよくわかりませんけど。

61 ::2008/07/12(土) 00:30:38 ID:VA+OuNAI
>>16
悟りを過去形で書くのは、雷に打たれたかのような悟りの経験を3年前にしたから。
ほっぺをつねっても怪我しても、なんなのか、
肉体的な痛みに鈍感になってしまったというか。感覚が薄いんです。
肉体と自分が離れている感覚というか。自分の肉体になにか起こっても、
それを他の肉体として冷静に見ている本当の自分がいるんです。
わからないですね。感覚的なものを言葉にするのは無理ですから。
これが実に不自然なわけです。このせいで生きているリアリティを感じられずにいるんです。
この世の叡智とは、森羅万象を貫く自然法則。あらゆる法則と作用ですね。
難しいことは疲れるので、そんな感じです。

62 ::2008/07/12(土) 00:35:02 ID:VA+OuNAI
>>18
悟りを開いた瞬間はそのような感じでした。
生き生きと生命力に満たされ、何不自由なく存在しているだけで幸福感に満たされ。
しかしその後色々とありまして。
一生分の苦労がこの身に起こったわけです。
まるで自分の力量を試されているかのように。

63 ::2008/07/12(土) 00:47:03 ID:VA+OuNAI
>>33
悟りたくて悟ったわけじゃない。
今振り返ってみれば、そういう時期がきており、うまい具合で目覚めただけのこと。
自分の意思におかまいなく。
それがいいのか悪いのかはわからない。
その後、あらゆる宗教や思想を学んだ。
内側から湧き出る叡智をとめることができなかった。
今は、普通の人間に戻ろうと、宗教から離れ、現実を生きているが、
その現実よりも、内的世界のほうがリアリティがあり本物であるように思えてしまう。
そもそも人は自分の中の世界のみに生きているわけだから。

64 ::2008/07/12(土) 00:52:41 ID:rr5UB8/J
>>62
では、仮の自我を作ればいい
簡単なことだ
理由なんかいらない片方に味方すればいい
それが自分というものだ

感情の揺れが少なく同調できないなら
芝居から始めることだ
そのうち慣れる

65 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:02:27 ID:ur/a71oN
そう思うなら好きにすればいいじゃん?わけわかんね。

66 ::2008/07/12(土) 01:08:21 ID:VA+OuNAI
>>50
ありがとうございます。
しかし、こういう状態になってからというもの
過去の自分像というもの、過去というものさえわからなくなっているんです。
なんというか、過去を思い出せなくなり、未来を想像できなくなってしまいました。
現在の自分像というか、「今ここに自分がいる」「今ここに自分がいる」
この繰り返しなわけです。なんかよくわからないでしょうけど。
こう思ってくれたらわかりやすい。
子供の頃は、過去の自分を思い出したり、未来の自分を想像したりしなかったでしょ?
今だけを見て、今だけに意識して生きていた。
なんかそんな感じなんです。単純になってしまったんです。
前は過去の自分像や未来のなりたい自分像など、色々考えられてたんですけどね。
あぁ戻りたい。

67 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:11:03 ID:ur/a71oN
朧を、酒を呑んで唄い、ゲラゲラ笑ってオイオイ泣いて暮らせばいいのに。
悟ったことなんか忘れちまいなよ。タンポポみたいなもんだろ?

68 ::2008/07/12(土) 01:16:52 ID:VA+OuNAI
>>64
仮の自分で生活してますよ。
というかしないと人間関係が成り立たない。
なるべく人間的な感情を演じてます。
とてもしんどくて挙動不審になりますけど。
どう見られてもかまわない。悟って超越した人間に見られるよりよっぽどまし。
素を見せたら恐れられるか崇拝されるかのどちらかですから。


69 ::2008/07/12(土) 01:19:41 ID:VA+OuNAI
>>67
そのようになりたい。
ゲラゲラ笑いたいし、泣きたいよ。
でも笑えないし、泣けないんだよ。
なんでなんだよ。


70 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:22:05 ID:ur/a71oN
・・・・・それ離人症だな。悟りじゃないよ。

71 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:22:29 ID:bbvCxd7u
1は大人になっただけ。
皆、通る道だから安心せよ。

72 :妄想してみた:2008/07/12(土) 01:47:36 ID:8fJYcJ+1
自分のための悟りか
自分以外の誰かのための悟りか
そこがキーポイントのような紀がするな
ざっと見た感じでは。
あなたの文章からは どうも 自分のみのための
私の勝ち得た悟りである そういう印象を受ける。

悟った自分とは何者なのか
自分はなぜここに生きているのか

それともただの妄想なんだろうか

73 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 01:48:36 ID:ur/a71oN
何かのキッカケで、エンドルフィンとドーパミンが溢れた。キラキラして見えた。悟りだと思った。
時が経つにつれ虚無感におそわれ、人でないものになった、と思った。
離人感に支配され、人でないものと自己を認識している。
どう思われてもいいなら、恐れられても崇拝されてもいいじゃん?
人として認識して欲しいんでそ?タンポポなのにさ。
明日なんて無いよ。未来なんてないよ。
明日、事故で死ぬかもしれないし、
大体、明日、目が覚めるか、分からないじゃん?

何を悩んでんのよ?

74 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:00:33 ID:ur/a71oN
そういう人は、一人カラオケでも行って、倒れるまで歌でも歌うといいよ。
澱のように積もった抑圧された感情を、一人カラオケで吐き出すのが吉。
人間に戻れるよ〜ん。

75 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:23:13 ID:ur/a71oN
「元に戻りたい、しんどい」喜怒哀楽あるし、欲もあるし、静まりかえってもいないよ。
麻痺して感情が抑圧されてるだけだよ。
大きな声を出すと感情が発露されるんだな。

まぁ、カーツ!一声で出来ないなら、カラオケでヘトヘトになるまでドゾー。
歌はいいよね!

76 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:30:37 ID:p7FmkjAc
>>68
>>素を見せたら恐れられるか崇拝されるかのどちらかですから。

そんな事はありません。病院に行くように薦められるだけです。

77 ::2008/07/12(土) 02:40:06 ID:1wWDBXfr
>>66
リアリティが失われているとか
現実感がないとか
辛いとか
戻りたいとか

それは悟りとは違う
ありありとした現実感それが悟りである

自分が他人のように見える
それは悟りではない
自分はそもそもの初めからいなかった
それが悟りである

78 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 02:54:48 ID:ur/a71oN
悟りっていうのはさ・・・・・
あ、何だったっけ・・なんかこ〜タンポポなんだよ(笑
なんか踏まれたらそのまんまなんだけど、
また、生えてくるみたいな。
抜かれたら、それも天命だしね。
アレ?何だったっけ?ボケたか?(笑)

まぁいいけど。

79 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 03:35:18 ID:/CmIpeOe
>>1は今までつくった自我の一部が消えただけだよ
それは悟りの入り口、僕も同じような時期があったよ
無気力とか感情がないとか言ってるけど、そういう自分すらなくなるよ
退屈とか元に戻りたいとか言ってるのは、そういう自分、自我がまだある証拠
別な言い方をすれば、まだ残ってる自我が、さらに消えるのを怖がってる状態
悟りってのは、全く完全にからっぽになること
退屈に思う自分も元に戻りたい自分もいない
だけどからっぽだからこの世の全てが流れ込んでくる
何もないという充実感のようなものがある、矛盾した言い方だけど
今の自分をさらに見つめれば見えてくるものがあるよ
そして、悟りはやってくるもの、それはその通り
自分がカラッポになることで自分という境界がなくなって自分と全ての境が無くなり全てが
入ってくる、全てと同じになる
それが悟り

80 :perro ◆ivUPSw8nqQ :2008/07/12(土) 04:32:22 ID:IiDpw6Jz
>>12
今を生きればよいと思う。
普通の人間を装って生きることは、悪いことではない。
「悟り」がやってきた後、「リアリティ」が徐々に貴殿を訪れてくることを期待してよいと思う。


81 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 05:30:20 ID:qwmCjXMp
「今、この花のありようの真の姿を見ている。これまでの自分は夢の中でただ
漠然と花という名前をなぞっていただけだった」とまぁ、こんな類の感慨を抱
くような、精妙で言葉につくしがたい体験をした…としましょう。
さて、問題はこうです。
(1) 今みている「それ」は(今度こそは)真実か?
(2) その花をかつて見ていたときは虚像を見ていたのか?

この(1),(2) のどちらも No だと考えます、私は。
その時の意識状態(意識世界)に応じて意味深さや見え方が変わっただけでど
ちらがより真実(または虚像)というわけではないのだと。
この意味では(妄想や狂気を含め)どれもが皆、(その意識世界の領域内で)
真実とも言えます。それは同時に(どの意識世界でも同時に成り立つような
意味での)究極の真実や絶対的真理はないことも意味する、こう考えます。

82 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 05:50:22 ID:j4so6AXT
好きな女の子とセックスして射精した後は、悟りを開いた感じになります

83 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2008/07/12(土) 06:36:33 ID:J/vUlPAO
>>1
白隠禅師なんか、大悟したことが人生のうちで18回もあったというからねえ。

84 ::2008/07/12(土) 14:18:36 ID:VA+OuNAI
>>70
自分でも離人症だとおもってます。
しかし治すにも治せないわけです。現代医学では原因がわからず
治療方法もないんです。
>>71
大人になっただけなのかな?大人が子供に見えてしまう。
年齢が二周り三周り離れていても。
人間が子供のように無邪気に感情を表現し、
小さなことで喜んだり悩んだり、なにか得てうれしがったり。


85 ::2008/07/12(土) 14:30:40 ID:VA+OuNAI
>>72
あなたの言葉に色々と気付かされました。
ここのところ、自分のことのみを考え、自分の為のみに生きていたような気がします。
悟りを開いた瞬間は完全な利他主義でした。自分のことを忘れ他者に尽くしていました。
3年という月日がそして自分の身に起こった災いなど、
現在、自分は当時の愛他的な心を忘れ、気付けば排他的な人間になっていたのかもしれません。
最近、漠然とした不安や恐怖があるのですが、たぶん自分中心からくる防御ゆえの不安だったのだろうと今気付きました。
悟りを得たことでその後の心がけがおろそかになっていたんだと思います。
悟りは出口ではなく、入り口だった。スタートラインに立ってからが肝心なんだと今知りました。
日々邁進。修行。向上。
この気持ちを忘れないよう。そして人の為の悟りと進化できるよう、頑張りたいと思います。
自分の感情がなかろうがどうでもいい。
人の為に、世界に自然に、小さくてもいい、貢献したのか、それがすべて。
今やっと、迷いが解けました。光が差し込んできました。
ありがとうございました。

86 ::2008/07/12(土) 14:58:34 ID:VA+OuNAI
>>73
霊的世界を知ってしまったので、
死を意識することで今を精一杯生きる心がけができなくなってしまいました。
死後も生命は存続し、この世よりもっと美しい真実の世界で生きることになる。
この世の陰の世界に生きていることこそ苦しいのだと。
>>74 カラオケ行ったことないです。
楽しいのかな。
確かに感情が抑圧されてるだけなのかもしれません。
笑いかた、泣きかたを忘れてしまっただけなのかな。
>>79
なんか妙に納得です。
自我の一部が消えた。まさにその通りだと思います。
自分で作り上げた自分像が消え、人間的な自分像が消え、より本来の自然な存在になってるような感じです。
このまま自然に身をまかせ無我に進んでいくのがいいのか、
そうなっていくことを恐れ、人間に戻ろうと引き返すほうがいいのか。
ある時期は無我を求め、ある時期は人間に戻ろうと努力しました。
結果はどっちにもならなかった。この状態からは右も左も動けないのだと。
そこで諦めました。もがいてもどうにもならない。自然に自分が導かれていくなら、
もう自然にすべてまかせよう。と。今はそのような考えです。
もがいても、もがいても、どうにもならないから。
悟りは自然に向こうからやってきた。だからこれからも向こうからやってくるだろうと。
それまでは長く辛い時期があるだろうけど、耐え忍ぼう。

87 ::2008/07/12(土) 15:25:58 ID:VA+OuNAI
>>80
これからリアリティが出てきてこの世が楽しくなるように期待してようと思います。
このままじゃ生きてる意味ないから。
>>81
100人100通りの色眼鏡があり、
同じ対象を見ても感じ方は千差万別でしょう。
でも、その対象がそこに存在しているのは真実なわけです。
真実があやふやなのではなく、それを捉えるこちら側の五感と脳があやふやなだけです。
真理も同じこと。
捉えるこちらがわによって神にもなればサタンにもなるでしょう。
ただ、真理はいつもそこにあります。

88 :神も仏も名無しさん:2008/07/12(土) 15:47:14 ID:H/yIrv7U
>>86
そうだね、あなたの事はあなたが(あなたの思考のその奥の)一番知っているし、
あなたがずぅっと見てきた、見ている、見ていくから自然に身を任せてみるの
もいいんじゃないかな。
悟り・・・そうねぇ・・・私も座る事は長く続けてきたけれど、そして先週位
まで、鬼さん所や座禅と見性スレに感じた処をその時のふいんき(ry
で僭越ながら書き込んだりもしたけど、悟りっていう言葉がわからない(笑)
座って、それが瞑想になることもあるけど、瞑想も生き物だから。
だから、あなたが悟ったと言うならそれでいいんじゃないかな。
芸術家や運動選手なんかは、有る瞬間にピークエクスピアレンス(至高体験
といわれるのを体感するらしいし、それは存在する。ランナーズハイでなく。
で、座り続けていると日常で頻発していく。ある種のドラッグも似て「非」
なるものを感じさせるらしいけど、問題はそのあと。
それがあまりに美しかったから、巨大な影のように今を覆う。
そうすると、虚無感がきて、『あれはなんだったんだ?あれが真実だ。
あれに戻りたい』とあの手この手を尽くし始める。
あちこちを覗いて回る、あれの実感と疑いを持って、そして虚無を抱えて。
中にはね、そうした後、政治家みたいに世の中変えようとし始める人も・・・。
でもね、一瞥すらとても貴重なものだし、実際あなたはそういう時期が
あったようだし、だからこれから、そのあなたの「悟り」を生きていったらいい。
あなたが言うように今の悟りを生きていったらいい。あなたが悟りそのもの。
ニーチェになっちゃだめだよ(笑)。まぁ、耐え忍ばなくても十分
人間だよ、「もうすべてまかせよう」、答えは出ているみたいだね(笑)
ついでに、、、そのように現象界は常に流れているので、この世の全て
を知ることなんてできない。宇宙の一部は宇宙の向こうは知ることが出来ない
ように。もし良かったら座ってみて下さい。スレくらいならあるしね。
走ったり、ストレッチしたり、ツボ押ししたり、カラオケで騒いだりしつつ。
他人の為などと思わなくとも、人は誰でも在れば役に立っている。花みたいに。
このスレをたててくれてありがとう。おかげさまで今週も一説ぶれたよ(笑)




89 :79:2008/07/12(土) 18:50:21 ID:/CmIpeOe
>>86
まあ自然にまかせるのはいいかもね
何が自然な状態かわかってないのが通常の人間だけど
ただ、同じ経験を通過した身としていわせてもらうと、あなたはたぶんすごい虚無を感じるとき
がたまにあるんじゃないかな
自我が無くなるというのは自由になるということだけど、同時に今まで自分だと思ってたものが
なくなること、つまり自分が死ぬこと
そしてその自分が知ってた世界も消えることだからね
今までの人生で慣れた自我はその消滅を恐れ、強大な虚無を感じるよ
自我がなくなり自由を手にする反面ね

でも考えて欲しいのは、虚無を感じているのは自我だということだ
人は何も持たず生まれ、何も持たず死んでいく
だけど、生きているあいだに作り出した自分という感覚に慣れ、自分や世界があるのだと
勘違いしてしまう
そしてその勘違いに気付くのを恐れる、自我が

うまく進めると虚無なんてないのだと気付けるよ
虚無もなければ虚無でないものもない
その世界はいいものでもわるいものでもないが、いつもと同じ世界なのに、常に新鮮な世界

悟りが進むと世界に対する反応は、いいわるいではなく、ただスゴイ、「!」だけになる
完全に目醒めている状態、「!」の連続になる
だから退屈なんてことはない
いわゆる感情はないが、それとは違う、ありのままを体験する新鮮な気持ちが常にある

だから、恐れず、自分自身を見つめ続けてほしいかな
なぜ退屈に思うのか、なぜ感情があるほうがいいと思うのか、なぜ過去や未来の自分を
求め今の自分だけではイヤなのか、今の状態より別の状態を望むのは何故なのか

がんばってください

90 ::2008/07/13(日) 00:15:37 ID:rjUrQbLz
>>85
> 今やっと、迷いが解けました。光が差し込んできました。

ほんとうにそうならいいが

> 人の為に、世界に自然に、小さくてもいい、貢献したのか、それがすべて。

どうして貢献する必要がある?

> 最近、漠然とした不安や恐怖があるのですが、たぶん自分中心からくる防御ゆえの不安だったのだろうと今気付きました。

抑圧すると、理由の無い不安が蔓延する
不安だが理由がわからない
なぜなら抑圧して思い出せないからだ
やる気がなくなる無気力になる感情表現が乏しくなる
辛い苦しい記憶がなくなる

抑圧によって理由がわからなくなっているためだ
臭いものに蓋をすればますます臭いは酷くなる

> この気持ちを忘れないよう。そして人の為の悟りと進化できるよう、頑張りたいと思います。

頑張る必要は無い
ただ、出来事を受け入れることが出来なければ
それは抑圧されて酷くなる

心は物理的な面もあるから
抑圧が長いと習慣化し固定化されるかもしれんが
道は閉ざされているわけではない

91 :brown:2008/07/13(日) 00:17:06 ID:QU6KKp8+
いっちゃ悪いが,要するに,無責任なんでしょうね。
社会的責任を認識しないからそうなる。
意識が子供に還っちゃうんですよ。

仕事をして,ちゃんと責任を感じて,それを果たす。
その対価として,ありがたく,お金をいただく。
それで生活する。
そういうことを実感を込めて,しっかり生活する。
しっかり自己を確立して,地に足をつけて生きる。
無意味だとか面倒だとか思う,思いを放っておいて,ひたすら責任を果たす。
社会内存在としての自己を如実に認識する。

一つの家に住むこと,一つの食をいただくこと,一回のトイレ,
一回の入浴,インターネットの接続,・・どれをとっても多様なつながりと,
それに関わる個々人の責任によって,そこにある。何一つ,無意味で,
生きている意味のないようなものはない。「世界全体として」などと抽象
的なものに,意味があるとかないとか言うのではなく,個別具体的な,
個々の物をはっきりと認識し,それがどのようにあるかを見る必要がある。

意味の世界から離れた,そこに意味はある。なぜなら,そこには否定する
ような意味の依存はないからだ。付与することなく,ただあるようにある。
その制限を越えて豊かな意味は,無内容にして,完全に内容に充実している。

現実感とは,夢のような精神機能に拘ることで,静かに澄み切った眠りに
依存することではない。その混濁から逃れるためには,どんなことでも,
自分が,確かに何事かを成すことが必要だ。

どうしてもできないなら,人の指示を受ける立場に身を置くことだ。
そうすることで,子供の夢は終わる。

92 ::2008/07/13(日) 00:24:44 ID:rjUrQbLz
>>91
すまんが、何を主張しているか
さぱーりわからない
要約してくれんかの

93 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 00:29:04 ID:+yf5ZSVb
             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただの電波には興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     私のところに来なさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


94 :神も仏も名無しさん:2008/07/13(日) 00:57:57 ID:DhogDDd5
>>1
誰か相手してくれる話相手を探してるだけだろ。
さびしい人だね、、、

95 ::2008/07/14(月) 00:57:27 ID:i/jc486x
はっきり言って悟りじゃなく抑圧なんだが
それをなんとかしないとな
brownも同じ傾向にある

96 :神も仏も名無しさん:2008/07/14(月) 15:56:01 ID:tAiYg3q9
  


97 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 03:48:04 ID:1LaS4PdV
ここに凡もいるんだ?面白そうな奴もいるねぇ〜。
今後も、このスレ注目しておくよ。
でも、・・・過疎ってるなww

で、結局>>1は何処に消えたんだ?ww

98 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 04:01:11 ID:1LaS4PdV
>>1
この世界は、自分の心が産み出す世界ってのも有るんだろ?
意識ってのが作り出す世界って事実は消せない所にもある。
>>1が何を言ってるのか?良く読まずに言ってるけど、
あんたがそうだと思うなら、それを否定する事は出来ないとも言えるだろう。

でも、それを言ったら、こう返事が返る。
それは素晴らしい事で、そこから目を向けると更にふまえた考えに至れるだろうね。


99 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 12:26:28 ID:xTbQE2QR
俺は悟った。
人はナスビが食いたい季節にナスビを食えばいい。
それはナスビが俺を手招くから。
以上

100 :神も仏も名無しさん:2008/07/16(水) 17:55:34 ID:uLqQsL8+
私が目指していた悟り…が
1むたいな、何も感じず何も動じない世界だったんだけど

もし1みたいになったならそれは死んでいるのと同じ、人間として不自然なのではないだろうか
美しい女性を見ても、美味そうな食べ物を見ても何も感じず
他人に罵られても、殴られても痛くない

憧れもあるが
もしこうなったなら、大好きなピアノも弾けなくなるだろうな
大好きな音楽もアニメも楽しめなくなるだろうし
そうなったら生きてる意味自体無くなるな

1は悟りじゃない、離人や現実逃避みたいなものか
悟りって難しいわ

101 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 15:04:14 ID:OIYREMXH
悟った人は頭の切れがよくなって
さっぱりと垢抜けて魅力的になって
人気者になって金持ちになってやることなすことすべて
神業仏業になります。
私がそうなりました。

102 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 17:00:39 ID:ZO16MwcM
>>13
「普通に戻りたい」という煩悩があるにもかかわらず、
「悟っている」というのはありえるのでしょうか?

>>62
悟ったならば縁起についても悟っているはずなのに、どうして
「その後色々」を原因とした「一生分の苦労」が起きたのでしょうか?

私の視点から>>1は「悟り」という言葉に異常に固執し、
まるでその言葉によって自分を保とうとしているかのように見えてしまうのですが。
一度、自分は本当に悟っているのかということを考えてみたほうがいいのではないでしょうか?

103 :102:2008/07/17(木) 17:30:49 ID:FUd0XVxt
↑の書き込み無かった事にしてください
的を外れたことを偉そうに書いてしまいましたすいませn
これが自分を悩ませる原因になりそうなので

104 :神も仏も名無しさん:2008/07/17(木) 23:26:58 ID:UDPJJGrv
生まれてきたから懸命に生きる。
嬉しいからはしゃぐ。楽しいから笑う。悲しいから泣く。ムカつくから怒る。
悟りの究極は人間は人間らしく生きるということを知ることである。

105 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 03:11:46 ID:wuaMX3Ih
自分は仏教の見性経験みたいなのあるよ。
その経験から感じたことはイエスさんやブッダさんみたいな例え話みたいなのが多いのもわかるなあって

106 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 04:39:12 ID:jXCx7tz8
つか、普通からの逃避を悟りと思いこんじゃって、
悟りを開いたと思う自分に執着して縛られ、
普通に戻りたいと思う自分に縛られてんじゃね?

コジキュウメイじゃなくて、煩わしい人間関係や現実から、
感情を麻痺させて逃避してる離人症状態を悟りと思っちゃったんじゃないのかな。
普通という表記がなんだか。

バカボンのパパでいいんじゃね?
世間では純真てのは馬鹿と言うんだし。

純粋はチトマズイかも。純粋てのは基地外ということだから。
馬鹿はあらゆるものを受け入れるが、
基地外はあらゆるものを受け入れないのではないだろうか。

107 :神も仏も名無しさん:2008/07/18(金) 17:43:23 ID:wgLlGR8q
色即是空?

108 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 00:18:50 ID:mdXY/wfE
satoriを開いて、趣味もあまり楽しく感じなくなった。感動が薄れた。
つまらなくなった。元々私は孤独だったけど、さらに世界が遠退いた気がした。
無気力。ぼーっと布団のうえで仰向けになっていたり、絵を描いたり。
オナニーだけはしっかりやっていたけれど。




109 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 05:44:36 ID:BAFx4Brz
>>4です。
私は空間と自分の境目が分からない所まで行って(全てが溶けるような感じ)、
その先の白いモヤの中を越えようとした時、全てを忘れてしまうと思った。
自分の家族さえも誰だか分からなくなりかけ、
自分が誰だかさえも分からなくなりかけた。
恐くなって、なんとか自分対他の誰かを認識できる所までは戻ってきたけど、
その後見るもの全てが生まれて初めて見るものに見えた。
いつも見ていたはずの物がどれも新鮮だった。
音はクリアに聞こえ、色は鮮明に見える。
世界が美しかった。
が、しかしそれまで生きてきた中で覚えた、人としての常識も無くなったので、
しばらくして生活が大変になってしまった。
人としての恥じらいも分からないし、社会の上下関係も分かりません。
過ぎた事が思い出せないし、周りの人間が戸惑います。
そんな周りを見るのが苦しくなり
それで感情の段階を取り戻したいと思いました。
そうすれば上手く生きられると思った。
私は中途半端な悟りになっているのかもしれないです。
物欲はないけれど大切にして来た人達は忘れたくない。

私が今居るより先の世界を知っている方にしてみれば
私の書き込みは無知だったかも知れません。
ごめんなさい。

自他の区別が分かる段階と全てと溶け合う段階の間で
自分を上げ下げしながら暮らしていますが
私はせめて所謂一般常識が分かる人間になりたいと思ってしまいます。
悟り切った方々はどんな風に生活しているのですか。
仕事や人間関係をどうこなしているのですか。

110 :97:2008/07/19(土) 06:50:58 ID:9JChrZvh
>>109
面白い話だなw
勝手な事言わせてもらうと、対応の準備が出来て無い所で
何かが溢れ来た感じかな??
自分と他人の差が解からなくなったか・・・。
良い経験じゃん!そんな時は、他人を自分と思って考えれば、ええんではないかな?
でも、怖かったんだよな?問題はそこかもな?ww
なんで怖いのか?何が怖いのか?
本来、自他の差が無くなる事に恐怖なんぞはないはずと思う。
他人の中に、自分の恐ろしさを見た感じかなww

>>4で無と愛と在るが解かったって書いてあるね。
でも、物理的な欲を抱えた人々の溢れる世界では厳しいとか、・・・・。

それが在るなのか??あるがままなのか?何かが在るって事なのか??
そこも受け入れて、暮らしていかなきゃいけないんでは?って、思うんですよ。
あなたはご飯を食べないですか??
それとも完全需給自立ですか??それとも生産者から無償で頂けるのか??
で、なければ、あなたもその中で生きている事を受け入れるべきだろう。
そちらに向けても理解する必要はあるんとちゃいますやろか??
あなた自身も、物欲紛れた世界と関わりを持たなきゃ生きて行けないだろがww

仕事や人間関係か?
俺は自営だが、お客さんには、心から感謝をしたいって思ってる。
俺を活かしてくれるのは、そんな人達だからね。
何処かに努めるなら、そこで感謝を持てば良いだろ?
そこで人に対して、(物欲)の云々は、関係無い事だろがww
余計な所に目を付けおってからに・・・。
小規模な所で働けばどうだろう??極力人が少ない所が良いぞ。


111 :79:2008/07/19(土) 08:07:40 ID:/Um3TbWl
>>109
その話、全面的にわかるよ、自分も全く同じ体験をしたし
ただ、判断と実感は違うと思うんだよね
自他の区別がないのも、価値観がまるでないのも、実感の上でなら問題ないじゃん
仕事にしろ、日常のことにしろ、他人とのことにしろ、判断は実感なしですればいいんじゃない
かな?
実感はわかなくても目で見れば他人と自分は分かれてるし、なにが常識と言われてるか、
なにが善や悪と言われてるかは判断できるからね
ただ、そんなもんはただの人間の後付け、意味も全くないし、実感はわかないけどね
何かの原因で何かの結果が生じているだけで

ようするに執着なく、ただ身をまかせたらいいんじゃないかな、全体に
自我がなくても別に生活が困ることはないと思うけど
困るとしたら、何が困るんだろ?
まわりが戸惑うっていうけど、それも自分、全てなんじゃない?
それに戸惑うことがいけないことだろうか??戸惑いは悪いことなのだろうか?

失った自我に対して、まだ残ってる自我がいろいろ反応してるんじゃないかな
急な変化に自我は怯えるしね
まあ僕も自我が大きく消えたり、また日常の中で作っちゃったりなんだけど
完全に自我が消えるまではその怯えや覚醒の繰り返しだと思うよ

でも最終的には向こう側に行っちゃっていいんだよ、というか行きたいね
だって全部自分なんだから、自分なんていないんだから
どのように判断しても間違いじゃないし、どのように存在してもいい
それをどうこう意味づけするのは単なる個々の視点でしょ
どうであろうとなんであろうとただの全てである
そうじゃないかな?

112 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 10:20:33 ID:oxdmvVKH
1がどうみても解離性障害にしか見えない件


113 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 10:33:44 ID:TWo4LJiQ
>>109
「私の書き込みは無知だったかも知れません。
ごめんなさい。」

あなたの「高慢」が見え隠れしていますよ。
自分が「感じた」から「正しい」というレベルを卒業しましょう。
大変よくわかりますよ、あなたの心情。
あなたが苦しいのなら、自分は「無知」だと確認すればいいだけのこと。
あれこれぐじゃぐじゃ考えず、お釈迦様の言葉と照らし合わせて確認作業をしていくだけです。
悟りを一番遠ざけるのは「邪見(ditthi)」ということを肝に銘じることです。
これが「自我」「エゴ」とほぼ同じです。
「慈しみ」についてもっと知りたいという「欲」を持ったらいいと思うよ。
悟ってないんだから。

http://www.j-theravada.net/pali/key-akusala.html
http://www.j-theravada.net/pali/key-sobana.html


114 :88:2008/07/19(土) 11:04:15 ID:zEiSzvuO
私は悟りきったわけでも、悟ったわけでもないけれどね。
座り始めて間もない頃、木がね、とても綺麗に見えたことがあった。
よくあるタイプの至高体験の一種だというのはずっと後で、
自分の身の上に起こったことを確認しようとあれこれ読んで知った。
でさ、草とかが言うわけ
(俺達は俺達で、人間の家に植木や庭にどうにか咲いて、
見てくれるように咲いている。その上で人間を公園へ、山へ
行きたい気分にさせる。人間は一方的に心配するけど、働きかけている)
錯覚なんだよ、でもね、こう胸の中に直接来る声、誰かが顔つけて
話した時みたいにね、自分の胸の上とかで(笑)
で、しばらく後、今度は歩きながら他人の家の花とか見ていたら
(人間は、植物や動物を美しいと感じるように、すれ違う
仲間の人間を無条件に美しいと感じないのはなぜだ?)
、、、またいわれるわけ。自分の奥が伝えていたのかもだけど、
思ってもいなかったから、はっとした。まだ瞑想を味わうずっと前。
今週はブルーハーツのチェインギャングでも聞いてくれ(笑)。
そして、それでも空や雲(私の言葉ではオーロラやもくもく)
に感謝しつつ、今度は意識して上手く仮面を被りながら歩く。
結果的にほんの些細な美しさでもこの世に残せたらと思いつつ。
そして、一日のわずかな座る時間があのリアルへスライドする糸。
終わったら、願掛けでなくただ沈黙で手を合わせて空に頭を垂れる。
そうして生きている。恵まれていると思う。
ついで。グルジェフのね、インナーサークルはあれ、ウスペンスキーが
取り違えただけかもしれないけど、本に書いてあるような
物理的存在ではないと思います。自分の奥にスライドしてくと、
そうだな、ファンタジーみたいにそういうスクールが出て来る。
富士山に登るには登山口は色々あるよ。真理への道もそうだよ。
みたいに言ったのは二宮尊徳だったかな?
それにしても社会全体で、自分の頭の上に書いてある文字
を相手にヒント出しながら見つけあう飲み会のゲームしてるみたいだ(笑)
自分で自分の頭の上の文字読みゃ、得心揺るがず、即時なのにね(笑)


115 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 23:23:30 ID:/Um3TbWl
いまひとつよくわかんない

116 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 23:24:36 ID:/Um3TbWl
あ、>>114の内容がね

117 :神も仏も名無しさん:2008/07/19(土) 23:31:30 ID:JwbZ3yVX
すげースレだな…。理解不能。

118 ::2008/07/20(日) 16:03:36 ID:VhveUMuV
お久しぶりです。
自分も>>109さんとまったく同じ体験をしました。
その当時は生きているだけで幸せでした。
見るものすべてが美しく、すべてが愛に溢れ、本当に幸福な時期でした。
頭は聡明で、信念と確信に満ち溢れ、悩みなど何一つなく、
あらゆる事柄を楽観視でき、その答えを生み出す叡智の宝庫がありました。
その後、人生で色々とあり、次第に虚無感や無気力が起こるようになってきました。
反動といいましょうか。光りに照らされた後の闇は一層暗く感じるように。
一時の快楽を味わうとなんてことなかった状態が苦痛に思えてくるでしょ。
当時のような幸福感を再び味わいたい。ただそれだけです。
それかその幸福感をまだ知らなかった当時の元の自分に戻りたい。
愛と幸福と精神的豊かさを知りながら、地上にこうべを垂れながら生きるのはしんどい。
でもほとんどすべての人間は、この重苦しい状態のまま、欲と少しのせつない思い出を胸に、
生き死んでいくのだろうと思う。
悟りの体験ができたことは貴重な体験ができたのだと思う。
悟りを開いてから、現在までも、神通力といいましょうか、
かるい予知や具現化が起こるようになりました。
自分が思ったから現実にそうなるのか、そうなることを予知して感じたからそうなるのかは
わかりません。知ってる方いたら教えてほしい。前からずっと疑問に思ってます。
妙な体験もちょくちょくあり、そしてそれがある知的な意識の存在の仕業である
ことも承知しています。
この世に偶然など一つもありません。
あなたがたの知らないところで、あなたのために人生をコーディネートしてくれている
存在に全幅の信頼を置きましょう。
あなたよりも数段、広い視野を持つお方が、
時にはあなたのために転ばせ躓かすこともあるでしょう。
それは、親心からくる子への愛。もっと立派になられるようにと。

119 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 19:11:53 ID:9d10O+ro
>>118
あなた、まだ「感覚」に執着してるよ。
自分で「この感覚でいられたら幸せだ」っていう固定観念持ってるでしょ?
「無常」が真理ですよ。
絶えず変化し続けて、一時もとまらないんですよ、「心」も。
私がこういうレスつけるとまた反応して、あれこれ考えるんでしょ?
あなたの中に「これこそ幸せだ」という固定概念がある限り、ずっと苦しみますよ。
川の流れのように、絶えず変化し続けるしかないんです。
正も死も、変化の過程に過ぎないんですよ。
「永遠の不滅の実態」を追うのをやめたとき、ほっとできるんですよ。


120 ::2008/07/20(日) 20:32:14 ID:VhveUMuV
>>119
真理的にはこの世すべて無常かもしれないけども、
人は変化することを恐れ、幸福を望むものでしょ?そういう本能がある。
地獄の境遇にいることもまた無常だからと受け入れ、ホッとできる人っています?
いいえ、いません。
どんな犠牲をはらってでも良い境遇を追い求めるでしょう。
それが正しく自然な姿。
無常だからと、なすがままにしていれば、それは
人生を放棄した廃人に等しい。
自分や環境を改善することなしに、そのままに無常だからと動かず達観ばかりしていても、
彼はわかってるんです。
動く事のできない慰めにしかすぎないと。

でも確かに、変化を恐れすぎて、普遍ばかり追い求めてた気がします。
自分も世界も変化していくものだから、
過去に囚われず、柔軟にやっていきたいですね。
まぁ悟ってからというもの、逆に無常を感じなくなりました。
過去も未来もなく、永遠の「今」がある。時間の感覚がなくなったかな。
思い出しては切なくなったり、未来を考えて希望を抱くことも、
ぱったりとなくなりました。まったくないです。


121 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 20:45:20 ID:9d10O+ro
>>120
「地獄の境遇」ってやつが「妄想」だということが分からないようですね。
「あなたにとって」地獄でしょ?
その認識は、「あなたの感覚」が引き起こしてるんでしょ?
しかもそれを「正しい」と思ってんでしょ?
あなたが悟ってないことは明白ですよ。
もっとよく観察してしてごらん、自分の「心」を。
「自分だけが」ある対象、事象にたいしてそういう反応を引き起こしてるだけだって気付くよ。
子供のころからくらべったて、食べ物の好み、音楽の好み、全く違うでしょ?
「私が感じたから正しい」という思い違いを破らなければ悟れませんよ。

122 :1:2008/07/20(日) 21:51:00 ID:VhveUMuV
>>121
人は自分の内的世界に住み自分の色眼鏡で生きてることはよくわかりますよ。
100人100通りの価値観があるでしょね。
だけど、
甘いものはみんな甘く感じるし、イジメられて嬉しい人間なんていないし、
人間の本能や感情や気持ちで共通するものは共感できるんですよ。そこは人類共通だから。
もし自分じゃなくても、
あのような幸福状態から劇的にこのようになったら
そりゃ自分じゃなくても誰でもキツいししんどいでしょうね。
自分じゃなくても、ね。だから妄想ではないんですよ。
自分と同じ経験をすればすべての人がしんどい、と感じるはずですよ。

これは感覚なわけですよ。
覚醒剤をやったあとにえもいわれぬしんどさがあると言うじゃないですか。
酒飲んだ次の日はだるくて気分悪いじゃないですか。
似たようなことだと思うんです。そしてもっと大きな長い年月のかかる人生においての
放たれていた光りを失ったあとのえもいわれぬ闇ですね。人生においての闇の時期。
長いですよもう、2年近くになりますか。悟ってから幸福だった時期が1年間でしたから。
もしかしたらこのままかもしれないという恐れ。
またよくなれるという希望。
もう無理って人生を放棄。
そんな具合ですよ。

123 :79:2008/07/20(日) 22:35:30 ID:T9jNofbN
>>122
また我をつくってますね
甘いものはもっと甘いものに比べれば少しも甘くない
地獄?もっと地獄から見ればその地獄は天国だよ
いったいどこに視点を置いて判断しているのだろう?
妄想ではないと思うのは何故だろう
すべての人がしんどいと思うと確信するのは何故だろう
あなたは自我を残したまま空の世界を体験したから、空を知りつつも自我が勘違いしている
理解できたことと、勘違いしたことが混ざっている

あなたは無常といわれて、無常というものをこういうものだと判断し、そこから思考を重ねて
いる
無常自体が無常であるのに、なにを起点に判断しているのだろう?

無常とは無常と思う自分すらいないこと、無常すら無常であるということ
あなたなんてどこにもいない、あなたが見ているこの世などない
それを恐れるならそれは自我
自分などどこにもいない、自分がいないからどのようにでも判断できる
世界など自分の好きなように感じ、好きなようにたのしめる
それが無常であり自由の境地
あなたは自分や自分がこれまで得たものを捨てるのを恐れている

124 :把 秋木:2008/07/20(日) 22:47:19 ID:HoMoltkq
>>38仏教も何も知らない人が知らずにさとってしまっていたとすると、
それはさとってる自覚を伴わないものなんでしょうか、
それとも自ずと自覚を伴うのでしょうか。


>>61肉体的な内容と、
精神的なおおしえをお聞かせ下さい。

肉体的なものとして、
その当初の雷の体感の通電感?みたいなのは現在もなお残っていますか。

また、
人によっては過酷な労働環境により強制的にさとりうるとも思いますが、
そんな環境にたえうる肉体的変化などは訪れるでしょうか。

精神的なものとして、
例えばこちらの正論?と相手の意見が真っ向対立したとき、
なかなか落しどころの見つかりにくい適正な意見配分を実現努力するよりも、
やっぱり総てをのみ込んで受け尽くして生きるべきだったりするのか、
それとも。、

お答えいただければ幸甚です。

125 :把 秋木:2008/07/20(日) 22:49:08 ID:HoMoltkq
>>124例えば職場でこちらの〜
でした。

126 :1:2008/07/20(日) 23:23:56 ID:VhveUMuV
>>123
我でも無常でもなんでもいいけど。単語に興味はないから。
もっと甘いものに比べたら甘くないけど、甘いことに変わりはない。
甘いものが甘く感じなくなったら、人間じゃなくなる。
感情も愛情も、同じ。
人間を超越するなら、そもそも人間として生まれなかったはず。
人間として生まれた以上、人として全うすることが、我々に果された使命じゃないかな。
自分は望んで悟りを開いたわけじゃないんだよ。そもそも。
悟りの経験によって、宗教や精神世界に導かれていったわけで。
無だの空だの正直どうでもいいし、それは悟ったあとにみんな体験できることだし。
本で頭で知るものじゃないし。うん。
もし神がいたら、
そんなことを重視してる人よりも、人の為に動いてる人のほうがどれだけ愛おしいだろう。
そう思わない?それが本当だと思うよ。


127 :神も仏も名無しさん:2008/07/20(日) 23:26:55 ID:SsXzt6KY
>>126
使命ってだれが何のために?

128 :1:2008/07/20(日) 23:40:09 ID:VhveUMuV
>>124
>それとも自ずと自覚を伴うのでしょうか。
仏教を知らなくても悟りの経験をすると、いやでもそのような方向に導かれていく。
結果、自分は悟りを開いてしまったのだ、と知らされる。

雷に打たれたというのは例えで、実際に肉体にそのような電流がはしったわけじゃなくて、
それくらいのショックというのかな。
それを例えるなら雷に打ち抜かれたかのような衝撃的な体験だったというわけで。
その衝撃は数ヶ月数年くらい余韻は続いたよ。もうほかはどうでもよく思えるくらい。
>人によっては過酷な労働環境により強制的にさとりうるとも思いますが、
>そんな環境にたえうる肉体的変化などは訪れるでしょうか。
ごめんなさい、意味がよくわからないです。どういうことでしょう?

自分がこうやりたいからと我を通すのではなしに、
結果として会社やみんながよい方向にいくにはどうすればいいか。
その視点で考えれば、まずそんな我を通すこともないでしょうし、
周りからの理解も得られるでしょう。

自分中心で物事を考えるのではなしに、
利他で物事を考え動くと、おどろくほどすべてが順調にうまくいきますよ。


129 :110:2008/07/20(日) 23:49:53 ID:lv0wBslh
>>124
なんか面白そうな質問ですので横レスさせて貰いたいです。

>仏教も何も知らない人が知らずにさとってしまっていたとすると、
>それはさとってる自覚を伴わないものなんでしょうか、
>それとも自ずと自覚を伴うのでしょうか

面白い!!私の個人的考えを言わせてもらうと、
最初から備わってるなら、気付く事も無いだろうし、
逆に、我々は見落とし、さまよってるだけかもね?ww

通電感は無いと思う。
ただ記憶は残されると思う。

>なかなか落しどころの見つかりにくい適正な意見配分を実現努力するよりも、
>やっぱり総てをのみ込んで受け尽くして生きるべきだったりするのか、

意見配分を実現努力するよりも、か・・・。ふか〜い話だなぁ〜!!

配分の実現努力をすれば、それなりの答えが返って来る。
受け尽くしたつもりで生きるのも悪く無いし、それも、それなりの結果が(ry
卓袱台引っくり返したら、新しく切り開かなければいけなくなるかもねww

貴兄は、すごく良く解かってる人じゃん!
あなたの話でハットする奴はいても、
あなたをハットさせる意見が出る可能性は少ないと思うぞ。

でも、出て来ると良いね!そんな意見が。

130 :1:2008/07/20(日) 23:53:52 ID:VhveUMuV
>>127
それは地上の人間には知りえない、
深い深いつながりと意味があるわけです。
井の中の蛙に井戸の外を知る必要はないんです。

ただ、自分は知ってしまった。

すこし言っておきましょう。

人としての地上経験こそ輪廻を繰り返す我々にとって意味があるんです。
人としての、苦しみ、悲しみ、痛みを知ることで
人はより輝きを増し、他者への慈しみが増え、自身の人格は向上するわけです。
そこに輪廻を繰り返す永遠の命である我々存在が
この世で生きる意味のすべてがあります。
この世で、人として普通に生きること。
そのものが修行であって、自然と魂の成長が促されるのです。



131 :110:2008/07/21(月) 00:03:28 ID:Xk8bI8Wr
俺も質問して良いかな?
輪廻って何?俺の思う輪廻と人の思う輪廻が全然違う気がするんですよ。
そしてその輪廻ってのを、どうやって知りえたの??

132 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:16:26 ID:RTcxzuE9
>>130
で、魂が成長して人格が向上してどうすんの?

133 :1:2008/07/21(月) 00:19:04 ID:PL9HXxKI
>>131
輪廻というのは、
この世に何度も何度も生まれ変わりを繰り返すこと。
魂の成長のために、ある一定の霊的レベルに達するまで、
(この世でもう何も学ぶことがなくなる段階になるまで)
その段階に達するまで、この地上に再生してくる。
来世は人格も趣味趣向も考え方もまったくの別人になることはありえず、
大抵、同じような人物になる。霊的成長や願望により変わることもできるが。

この真理は、自分が愛読するこの世の中の最高の真理であろう書物から得た知識です。


134 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:22:03 ID:TBK4W8go
「自分が感じたから正しい」
どうしてそれを認めないのでしょう?
自分がそう感じたから「お前もそう思えって」いう意思にきづかないのでしょうか?
それが「エゴ」ですよ。
さんざん経験してきて、嫌な思い味わってるんじゃない?
今となっては、誰もあなたに「嫌な感覚を味わえ」なんていっていませんよ。
自己責任で自分の感じたいものを感じればいいでしょ。
分かりますか、私の言ってること。

135 :1:2008/07/21(月) 00:29:18 ID:PL9HXxKI
>>132
我々人間のお手本とする先輩は、イエスでありブッダです。
では今現在、彼ら鼠先輩はどこにいるでしょう?
じつは霊的世界(地球神界)で生活しているんです。

人はこの世かぎりの生命ではなく、永遠の生命です。
では永遠の人生はなんのためにあるのでしょう?
実は我々一人ひとりが神になるためなんです。
人格を高めなければならないのはそのためなのです。
神になるためには、心清く、美しく、真理を知り、高潔であらねばならない。
悪を知る中で善の輝きを見出す経験をしなければならない。
苦しい経験を通して、より慈悲深くならなければならない。
そのために人生経験が用意されているのです。
もちろんこの世でもう学ぶことがなくなれば(真理とはなにか、心とは、善悪とは)
そのときは卒業です。これからはあの世での生活がはじまります。

136 :110:2008/07/21(月) 00:31:51 ID:Xk8bI8Wr
>>1を全然おかしな事言ってるなんて思ってないよ。

>人の為に動いてる人のほうがどれだけ愛おしいだろう。
>そう思わない?それが本当だと思うよ。

そうだね、そんな感じで生きてる人には、沢山の円満が待ち受けてると思うよ。
自分の為に一生懸命生きる人も素晴らしいよね。

輪廻の話は、>>126で、本で頭で知るもんじゃないって言ってるね。
でも、正直に話してくれた気がするから、嬉しいよ。
輪廻の話は、俺とは大きく違ったけどww

真理ってのは、誰にでも納得出来る何かであって欲しいんだが・・・。


137 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:31:56 ID:RTcxzuE9
>>135
一人ひとりが神になってどうすんのさ?
あらねばならないならないって、なんのためにあらねばならないのさ。

138 :79:2008/07/21(月) 00:41:21 ID:8Tg7AaZj
輪廻とは原因が結果を生みその結果がまた原因となりまた結果を生むという永遠の連鎖だ

生死なんて人間の視点から見た原因と結果であり、単なる輪廻の一部
解脱するとは原因と結果の世界に生きつつ、そのことに対しての執着を捨て、原因と結果を
固定の価値ではなく、自由に意味づけできる自由な状態(自分)になるということだよ
霊的成長や死後、向上といった問題ではない
霊的成長や死後がないといってるわけじゃないよ
あってもなくても、それはどうでもいい、固執しないということ、だってあらゆるものから解脱
しているんだもの
霊的成長や願望などという目的を持って解脱(悟り)などできるだろうか?
目的があればそこに価値が生まれ縛られるだけである
つまりそれもまた原因が結果を生むという輪廻
輪廻はこうである、輪廻からはこうしなければいけない、という考えがまた輪廻をつくっている
ことに>>1さんが気付けるといいのに
あなたにとってこの世はいいことと悪いことが存在する世の中なのだろうか
すべきこと、してはいけないことがるのだろうか
個が同時に全体であるとき、その判断は誰がしているのであろうか?
自分が全てであるのに、その全てである自分の中に分離した相対するものなどあるのだろう
か?

139 :1:2008/07/21(月) 00:46:15 ID:PL9HXxKI
>>134
自分が感じたもの。
今まで生きてきて目にしたもの、口にしたもの、触れたもの、
全部自分が感じたもの。
それ全部が嘘だとしたら、では一体なにが本当なんでしょう?
自分が存在する以上、本当のものは知りえないのでしょうか?
そんなこと考えませんよね。
誰だって自分で経験したものは事実であり正しいと思ってる。
それでいいんです。誰もわからなくても。
ただ、自分は普遍を求めつづけた。真理を求め続けた。
その結果、自分は真理となった。そして普遍となった。
つまり、自分が考えること、自分が思うこと、自分が経験することは、
万人がそのように思うわけです。実際に自分のような経験をすれば。
まぁそこで個我からくる趣向やトラウマによる、自分の感じたもの、と
普遍的な大我からくる、自分の感じたもの、の違いは分別してますし、
ある一つの経験をしたとしても、何人もの人格や感受性と思考で、
対象を捉えることもできますから。普通の人はそんなのできませんよ。
悟りを開いてから、そのようにできるようになっただけで。他者のインスピレーションを感じ取るというのかな。
その中で生き残った感じ方というのは、万人に共通するものだと思うんです。

ごめんなさい。ありがとう。


140 :110:2008/07/21(月) 00:49:57 ID:Xk8bI8Wr
>>138
縁起と輪廻を一緒にしちゃったかww
俺の考える輪廻の論にも、因縁の縁起は当然関わるから、否定出来ないなww

>輪廻からはこうしなければいけない、という考えがまた輪廻をつくっている

二回目の輪廻の所を、連鎖とかに置き換えたら駄目かい??

141 :1:2008/07/21(月) 00:52:17 ID:PL9HXxKI
>>136
おかしくないですか?ほんとですか?

真理は誰にでもわかることから、地上の人間には知りえない
一歩も二歩も進んだものもあるから。
理解できないのも無理はないです。

ちなみにあなたの輪廻観を教えて。




142 :110:2008/07/21(月) 00:56:46 ID:Xk8bI8Wr
>>139
>>133>>134の中で134の言う、自分が正しいって所が露呈してるよ。
それも本で読んで、信じてる知識でね、そこが見えてしまう。

一応、誰がどう思って生きても良いんだけど、
意見の場では、突っ込み先が見つかれば、突っ込まれる罠ww

143 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 00:58:41 ID:8Tg7AaZj
>>139
他者のインスピレーションやシンクロといったものは、自我消えた分、自分の境界が無くなって
他と同一化しただけだよ
それは親子の間で意思疎通ができるのと大差ない
あまり悟りと関連付けないほうがいいよ、もちろん悟りとも程度の差でしなないが

あなたは真理になったのではない、自分で真理をつくっちゃっただけだ
こういうのが真理なのだと
もっと先にいけばわかるよ
真理はこの世の全てが嘘であり本当であるということ
自分(自我)が存在すれば真理などわかるはずがない
自分(自我)などという個別のものがあって、何故普遍なものになれるだろうか?
嘘と真実がわかるだろうか?

自分(自我)が完全に消えた後に、消えた自分の境界を通りぬけ、外側から流れ込む世界
全て
それが真理であり普遍であり全体

あなたはただ自分を作り、自分以外のものを自分という境界によって弾き、自分と自分以外
のものという差異から価値や感情を生み出し、真理と思える概念を勝手に作りだしているだ
けにすぎない

144 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:03:49 ID:8Tg7AaZj
>>140
輪廻でも連鎖でもいいと思いますよ
ようするに何かがあればそれが原因となり結果を招くという連鎖ですから
僕は一般的にいう輪廻は縁起からきた比喩のようなもので、輪廻からの解脱とは縁起から
の解脱だと解釈してるんですよね
現実に生きてるから縁起は当然あるけれども、その流れに執着しないという意味での解脱

145 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:03:57 ID:j3PQlIry
かの夢の暗示からすると俺の元居た世界は一番上でも無いが
それなりに上段のほうに居まして何かあってこの世界に
”(もっといい方と比べて)不条理な人生・運命”でもって生まれてきたのよ。
俺は地上だけで輪廻を繰り返してないのよ。

146 :1:2008/07/21(月) 01:04:03 ID:PL9HXxKI
>>137
「一人ひとりが神にならなければならないわけ」
それは、「わからない」と、天界の生命も言う。
神は我々を分け御霊として創られた。すべての命あるものを。
そして人間には神性を宿された。わが子がいつか自分のように神になることを願って。
地上の穢れを脱ぎ捨て、神の純粋さを取り戻すべく、この世で悪戦苦闘してるわけ。
そのかんに、悪さもするだろう。いたずらもするだろう。
でもいつか必ず、あなた含め、すべての人は、イエスと同じ道を辿り、
ブッダと同じ道を巡り、霊的巡礼の長旅を歩み、向上していくものです。
そのように魂の向上は進んでいくんです。
あらねばならないのは、このため。
別にいいんだけど、どう生きても、
ただ、遠回りだからさ。なるべく早いほうがいいでしょ。

147 :南無大師遍照金剛:2008/07/21(月) 01:08:13 ID:ID5iQwZK
(*´∇`*)
射精したあと3分位は悟った気分になるよね♪


148 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:08:30 ID:j3PQlIry
追記すると”元々はこの世界の者であることも後々実感した”ということで
幽界とか天国っていう概念より何か特別な心的次元の世界なんだよね
”人間の意識の根底みたいなもの”を感じたのでね

149 :110:2008/07/21(月) 01:16:43 ID:Xk8bI8Wr
>>141
俺の輪廻感は、つまらんよww
夜の海に行ってね、水面をライトで照らすと、
小さなプランクトンが寄ってくるんだよ。
そして、そのプランクトンを食う小さな魚が現れて、
更に、それを喰う魚が現れて・・・。
お前等、本当に喰う事に(生きる事に)必死だなwwって思ったよ。
そんな事言ってる割りに、俺は魚釣りをしてるんだけどww

明るくなっても見えて来るモノがあった。
陸の上でも食物連鎖は見えて、フナ虫なんかは、小さな虫喰ってるし、
それを喰う鳥も見れた。水に落ちれば魚が待ってる。
フナ虫は、俺の近くまでやってきて、逃げる事がない。
(こいつ、俺を喰おうとしてるな?)って、思ったよww

小さなプランクトンは、死骸になって潮の流れで漂うと、
赤潮とかになって沢山の微生物は死んでしまう。

人間を生かす、輪廻はそこにあると思ったね。
俺は死んで自然葬なら、フナ虫やら、微生物に循環されるんだろうなって思ったよ。

>>134
実は、俺も自分が正しいって思う事を2ちゃんに書き込んでるよww

150 :1:2008/07/21(月) 01:23:15 ID:PL9HXxKI
>>138
この世は沢山ある中の一つの世界にしかすぎません。
そしてとても特殊な世界です。
それは肉に宿ることで個をもち、善と悪、正邪、光りと闇が
一つの世界に存在するごくごくまれで特殊な世界です。

霊的世界には個と言う概念がないので、自分は全体です。無我であり大我です。
自分の霊的レベルに相応しい世界で生きることになるので、
相対性もありません。善なのか悪なのかもわからなくなります。
この世で伝道した霊的指導者は、この霊的体験をしたのでしょう。
今生きてる人も、例外なく、あと数十年後には
このような無我の境地を味わえるんですよ。
なのになぜ、そうせっかちになる?そんなこと地上で求めても意味ないんですよ。
神秘的体験をしたい気持ちはわからなくもないですが。

それとね、宗教は霊界の写し。霊的世界は祈りの感謝と奉仕の世界です。

151 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:26:42 ID:TBK4W8go
>>149
押し付けよう、分かって欲しいという意思がばければ、なんの問題もない。
ただ、「みんなの意見を聞いて、確認したい」という意思があればそれでいい。
みんな友達、自分の好みを押し付けると嫌われる。
みんなが友達でいられる条件って、そんなもんじゃない?
馬鹿にされたら嫌だし、けなされたら嫌。恥ずかしい思いをさせて欲しくない。
友達なら分かるよね?
たったそんだけの心遣いをケチってるから、友達はなれてく。
たったそんだけのことに気付くのに、割に合わない苦しみ味わってんだよ。

152 :1:2008/07/21(月) 01:27:26 ID:PL9HXxKI
>>143
そうなのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
わからない。自分では自分のことがよく見えない。


153 :110:2008/07/21(月) 01:28:47 ID:Xk8bI8Wr
>>144
輪廻は、それぞれの考えがあるようだし、空想まで行ってしまうみたいだけど、
縁起からの解脱って何よww
それは縁起を考えずに生きるって事だよね??
それなら、沢山の人が解脱をしてるって事になる。
縁起の捉われから離れる事は出来ても、
誰一人として縁起の法則からは、
取りあえず人類が知り得る宇宙の中では避けられない。
取りあえず、輪廻と縁起を一緒にしちゃうと、余計複雑になるなww
そう考えたいなら、それで構わんのだが、
それは、そう考えたい人にしか通用しないね。

154 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:32:03 ID:8Tg7AaZj
>>150
僕はあなたと同じような体験をしてますよ
ただあなたとはその解釈がいろいろ違うようです
私は世界全てになったので善でも悪でもあるから、その境はありませんでした
全ては同じです、ただのひとつです、そこに違いを感じるのは個の視点です
善も悪も違いはありません、霊的レベルにこだわる必要もありません
そのようなものはあってもなくてもいいのです
ただ、個の視点が、そのようなものがあると錯覚、執着しているだけなのですから

まあ、悟りは根本的には本人が気付くことでしか成りえませんから、僕があなたに言うのは
もうやめましょう
今日はありがとうございました

155 :1:2008/07/21(月) 01:33:46 ID:PL9HXxKI
>>145
地球はどうやら太陽系の中で火星の次に霊的レベルの低い星らしいですからね。
ちなみに一番高いのは木星です。その次が土星かな。

どこか好きな星ある?愛着があるような。
たぶんそこじゃないかな。

それとも霊的世界のことかもしれない。
その世界は思念の内観の世界だから。

この世界の住人じゃないってのも無理はないよ。
この世は一時的に住んでる陰の世界なわけだから。

本当の世界、ふるさとは霊的世界。肉体もこの世に生きるためだけの道具。


156 :1:2008/07/21(月) 01:41:02 ID:PL9HXxKI
>>154
ありがとう。おやすみ。

わからないから楽しいんだ。

157 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:44:50 ID:8Tg7AaZj
>>153
執着しないってことですよ
考えずに生きるといっても、これがどういう結果を招くだろうかと未来を考えて悩むし、こう
なったのは何故かと今の不幸を悔やんだり過去を後悔してるのが人間ではないですか?
縁起を意識してないだけで、縁起に振り回されていると思うんですよね、実際
例えば事業に失敗したという原因でお金を失ったという結果があるとして、ふつうはお金を
失って辛いとか、その原因の事業の失敗を悔やんだりしますよね
でもお金を失ってスッキリしたと思うことだってできるわけです
これでお金儲けのことなんて考えず気楽に暮らせると思ったっていい
お金儲けから目がいかなくなったぶん、何かを知ることができるかもしれない
そう思えば事業の失敗だってよかったのかもしれない

あ、別にそう思ったほうがいいというわけじゃないですよ
ようするに、何が原因でそこから何の結果を招いても、それを解釈する自由があるということ
つまり自分の固執した考えで解釈しないということ
それが縁起からの解脱だと思うんです
縁起はまぬがれないが、それをどうとでも解釈できる自由、執着固執しない、それが解脱
あ、この例えはあくまで現実においてですが
生死だろうがなんだろうが、そう思うわけです

158 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 01:52:52 ID:8Tg7AaZj
縁起は石を投げれば何かに当たるということです
ただの事実です

ただ、投げた石が何かに当たったことをおもしろいと思ったり、しまったと思ったり、自分の
価値観で判断してるのが人間です
ただの事実に自分で価値や意味を与えてよろこんだり苦しんだりしてるのです

そのよろこんだり苦しんだりから自由になるのが解脱だと思うのです
そこに反応する必要はない、それはただの事実であり、どう受け止めることもできる無常
なのだと気付くということです

159 :110:2008/07/21(月) 02:05:44 ID:Xk8bI8Wr
なんか知らんけど、君達は凄いなww
俺もぶっ飛んでる考えを持ってる奴だけど、
君等には追いつけんわ。火星が低いとかもわかちゃうのか?

157
だったら殆どの人は悟ってるんだね?
だって失敗なんてのは、チャレンジした結果だし、
身の程を知らぬチャレンジこそ、捉われの無い証と思ったよ。
どうでも解釈出来る自由は認めるとして、
だったら全部が、皆が悟ってるって解釈も成り立つよね。

160 :110:2008/07/21(月) 02:21:43 ID:Xk8bI8Wr
158
それは因果だね。縁起の話は別でしょ??
79さんが、今まで書き込んだ内容を今度良く読んでみるよ。
しかし、ぶっ飛んだ人達だね。面白いよ。

161 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:42:23 ID:TBK4W8go
悟るための材料は、「自分の心」ですよ。
何かを見たり聞いたりして「認識」を引き起こす「私の心」ですよ。
こんな思いをするぐらいなら「生まれてきたくなかった」って思う「あなたの心」を観るんですよ。
「お腹が減ったから何か食べたい」という自分の心を観るんですよ。正直に。
自分が普段やってることもわからずして「悟り」はありえないですよ。


162 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:49:48 ID:qmXaC40Z
瞑想家 山田孝夫の悟り

「私」は分解されて無になり、もはや存在しなくなってしまったが、その代わりに、
目覚めた意識、つまり私は生まれながらにこうであり、永遠であり、
全宇宙であるというはっきりとした存在の意識だけが表れた。
これは説明するのが不可能に近いのだが、そのときの私は人間であることを
完全に超越していた。人間としての感情は全く消えうせ
地上での記憶は夢のようになくなっていた。個としての私は1つの夢だった。
意識は何処にも偏在する点のようなもので、もちろん、体のイメージも全く存在しなかった。
時間は完全にストップしたように感じられ、空間は上下左右もない無限の空間だけがあった。
この意識には始まりも終わりもなく、永遠の現在だけがあり、したがって輪廻転生も存在しなかった。
究極の自由とは正にこの状態だということが直感的にわかるのだ。
日常の意識に完全に戻るには夕方までかかったことを記憶している。

いつも高揚した神秘的な意識状態にいることだけが理想の悟りの境地ではない
ということに気づくのには大分時間がかかった。
日常とは全く違う意識があることを知り、なおかつ普通の世間並みの生き方をする。
これは芝居でもしているように難しいことである。もし弾が飛び交う戦場の真っ只中にあって、
「皆さん、これは芝居なのですよ。この世はマーヤーなんです」
といったとしたらどうなるだろうか?誰も耳をかそうとしないし、
弾は飛んできて自分も傷つくことになるだろう。
このドンキホーテは最後まで自分の信念を貫けるだろうか?

163 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 08:56:43 ID:RTcxzuE9
>>146
だから、なんで魂が向上しなきゃなんないのかって聞いているんだが。

164 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 09:01:37 ID:qmXaC40Z

おそらく次に述べる結論が、私の人生に対する見方として、死ぬまで変わることなく
続いていくのではないかと確信している。
私の瞑想講座の生徒の中に、1人の修験道の行者がいた。彼は不動明王を信仰し、1時は
短期間に1億誓い大金が舞い込むという羽振りの良い時期もあったが、
その羽振りの良さにもかげりが見えだした。その後の彼の精神的な落ち込みようは
、はたから見ていて 気の毒になるくらい自信とパワーをなくしていた。
私はその落ち込みから彼を救い出したいと想って、彼と一緒に瞑想してみることにした。
瞑想の中で私の心眼に1つのビジョンが見えて来た。ゴツゴツした岩だらけの山の中で、
山伏のような格好をした彼は大きな重そうなリュックを背負っていた。しかもリュックには鍋釜をぶら下げていた。
よく見ると天狗が履くような一枚刃の下駄を履いているではないか。
ただでさえ歩きにくい山道を、しかも重い荷物を背負って、 下駄をはいて歩いているというこの格好は、大変さを通り越して
、私には滑稽に見えて来た。いくてに急な岩山が見えてきて、荷物を背負いながらよじ登り始めた。
最初は滑稽に見えて、おかしさをこらえながら見ていたが、私の気持ちの中に彼に対する尊敬の念が浮かんで来た。
「行者とは、こんなにまで難行苦行をして常人にとって無意味とも言える生き方をしている
。ここまでして、無意味なことに挑戦するというこの精神は、無知を通り越して、なんと偉大だろう」
なおも見ていると、岩山を登りきったところは平らになっていて、そこが彼の目指す目的地らしかった。
見ると、その平地には彼がもっているよりも上等ななべや釜が用意されていて、
ちゃんと生活できるようになっていた。彼の背負って来た荷物は目的地に着いた時不要になるのは明らかだった。
まるで海外旅行に日本食をどっさり持っていったら、現地には立派な安いレストラン
があったというようなストーリーだった。
この瞑想から、私は多くのことを教えられた。彼に限らず、ほとんどの人は必要のない重荷を背負って、
必要のない苦労をしながら、人生をあえぎあえぎ生きているのが実情である。
金持ちの中には有り余るほどのお金を蓄え、失うまいと不安な日々を過ごしている人もいる。
あの世のは一銭ももっていくことはできないのに。

165 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 09:17:34 ID:qmXaC40Z
宇宙の悠久の時の流れから見たら、人間の一生などは瞬きの瞬間にも相当しない。
私には人々がこのはかない夢のような人生のために、もがき苦しみいがみ合っているようにしかみえない。
行者の彼が、いずれすべてが整えられ、満たされた地点にたどり着くように、全ての人間が「悟り」といわれる満ち足りた世界、
境地にたどり着くということを知っている。今生でその境地にたどり着くかもしれない。
あるいは何百回も生まれ変わったのち、やっとそこにたどり着くかもしれない。
だが目的地にたどり着けば皆同じである。そこでは時間は幻のように消え、あるのは同じ至福だけである。
速かろうが遅かろうが、悟りの境地から見たらたいして重要ではない。長い夢を見て目が覚めても
、短い夢を見て目が覚めても、覚めれば同じである。夢は必ず覚める時があるということだ。
私は人生は時間の長い夢であるという結論に達している。悟りを求めて瞑想するという努力は
人生という夢から目を覚まそうという行為にほかならない。私は人生を一種の夢であると認識した現在
、残された人生を楽しい平和な夢にしたいと思ってる。短い人生の中で、縁ある人々がお互い助けあい
、他を傷つけることなく、分相応の欲を持ち、この美しい地球を味わい、楽しみ、感謝しながら生きていくことが
人間として正しい生き方ではないだろうか。見方によっては地上そのものが天国である。自己の内奥である意識に注意を向ける時、問題は何もなく、
平安で満ち足りた自分があることを知るようになる。
よく「人間は何のために生まれて来たのか」と尋ねられることがある。ソレに対して「カルマがあるから」
とか「修行のため」とかもっともらしい理由をあげることもできるが、
私の結論は「ただ夢を見ているだけである」と言う答えである。
私は人生を高い低いで評価しないことにしている。結局はそれぞれ好きな好きな人生の旅を続けているのである。
高いところから教えを垂れる神々は、それが好きだからやっているのだ。
よく「地獄あっての天国だ」といわれるが、地獄がなければ天国の神様も廃業である。
この本の中でいくつかの超越的な神秘体験を語ったが、それによって私は高くなったのでもなく、
偉大になったわけでもない。最近の心境はますます普通の人間になったという感覚である。

166 :1:2008/07/21(月) 12:37:33 ID:PL9HXxKI
>>163
それが生まれてきた意味だからです。
生きる意味。死んでからも生きる意味となるからです。
永遠の生命を貫く絶対的な価値だからです。
なぜ魂は向上するようになってるか?ということでしたら
それは「自分が神になるため」それ以外にありません。

魂の進歩向上。このために我々は生かされているし、
そのために向上心や宗教心を宿されたわけです。

向上せずずっと無知と欲のままに生きててもいいですよ。
ただそうすると何度も何度も生まれ変わってきてしまいますよ。
いやでしょ?この世はしんどい世界だから。
はやく修行終えてはやく学んで、はい卒業。
まぁそううまくはいかないし、単純ではないんだけど。
まぁただ普通に生きてるだけでも、自分にとって学びになるようないや〜な経験が
用意されてるから。それ乗越えれば自然と心は高まるよ。

あと魂の向上ってどういうものなのか。
利他愛、奉仕、思いやり、優しさ、清らかさ、純粋さ、
無知や穢れ汚れを洗い流し、そのような精神的な美徳が現れてくること。
汚れを落とすには辛い経験苦しい経験悲しい経験でしか落とせないから。
それを地上で味わって、心をよりいっそう光らせていく。
それがそもそもこの世に生まれてきた生きる意味。
この世は修行の場、トレーニングセンターですから。

きれいになった心で、あの世での世界を決定します。
自分が清くなれば、まわりみんな清らかな人ばかりの世界で住むことができるし、
その逆もあるし。そのためにも、今この地上体験が大切なのであって。
化かしあい罵りあうような世界で暮らしたくはないでしょ?死後も。
それなら美しくなりましょ。優しくなりましょ。反省と感謝に生きましょ、と。
言わせてもらうわけです。

167 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 13:17:03 ID:RTcxzuE9
>>166
なんでそれが生まれてきた意味なのさ。
妄想の中で宇宙人が言ったからそれを鵜呑みにしてるだけだろ。

168 :1:2008/07/21(月) 13:46:27 ID:PL9HXxKI
>>167
これら言ってきた内容は、霊的真理であり、
例外なくすべての人に作用し、あと数十年後あの世に戻ったときに、
2ちゃんで言ってたアイツは、あぁ正しかったんだ、と思うはずです。
頭の片隅にでもおいておいてください。
自分は嘘はなに一つ言ってはいません。
自分が色々な宗教や思想を学び研鑽した中でこれぞ絶対的な真理だ、と思うことのみ述べてます。
信じる信じないに関係なく、これは普遍的な生きる意味でありますから。
あなたがここで、地上も霊的世界もすべて統括する生きる意味を知ったことは、
とても貴重な知識を知ってしまったことになります。
生きる意味は人格の向上。
お金でも地位でもない、人間の心が大切で、心を磨いていくことが一番大切なことなんだ、
わかってもらえたら幸いです。
この世は物質があり肉体に入ってる状態なので、目に見えない心や思想をおろそかにされがちですが、
本当の住みかでは、心や思想こそ実在であるんです。

この世の物質と肉体に宿ることで目隠しをされた霊性を目覚めさせることが、
悟りでもあります。自分は今までいかに人の優しさを裏切って生きてきたか、
自分は大切な人に何ひとつ喜んでもらえることをしてこなかったか、
これが反省です。そのあと、今までよいことをしてくれた人々に感謝です。家族に感謝、友達に感謝。
なにか感じるものがあるでしょう。みんなの幸せのために生きていこう、と思えるでしょう。
その気持ちが魂のレベルが上がった状態なんです。
霊性が目覚め、心の純粋さと美しさに目覚めた状態です。
この気持ちに人生を生きれば間違いない。懺悔と、感謝と、奉仕です。
この法則に生きる人は精神面でも物質面でも幸せになるでしょう。

169 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 17:18:22 ID:t3fuRuAU
2ちゃんにスレを立てる事自体、目立ちたがりの自己顕示欲の固まりだろ。

170 :110:2008/07/21(月) 18:01:57 ID:vjIKv/Xz
>>168
若い事は、悪いことじゃないけどさ。
君が言ってる事は、万物普遍の生きる意味じゃ無いよ。
ただ、君がそう考えて生きるのは勝手だけどね。

で、>>164>>165は、どっかの本で書いてあったコピペなんだな。
金の匂いがプンプンしてるぞww



171 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 18:27:07 ID:t3fuRuAU
外の世界への欲が無いなら、毎日ネット(2ちゃん)やらないだろうし、自分の知識とか経験を他者に吹聴したいとも思わないだろうな


172 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 19:30:48 ID:HAf8ZMES
知識で悟りを開くのも、クスリで悟りを開くのも同じ。
どっちもニセモノってことだな。

173 :110:2008/07/21(月) 20:06:19 ID:vjIKv/Xz
>>172
知識でも、薬でも悟りなんて開けんだろww
でも、どちらもそんな様な気になったりする一緒だわな。

でも、知識でも何でも理に叶ってりゃ良いのよ。

人間なんて、他の生き物喰らって生きるもんだろ。
りんごかじって悟るなんてのが在っても、理にかなってりゃ良いのよ。
そもそも悟ったとか、言ってる時点でおかしくなる話だろ?
俺は、こう思うって意見で良いのよ。悟りはそこに関係無いだろ?

それに自分は悟った、他人は悟って無いとする所には、・・・・・・・・だわww
何を悟ってるんだww

174 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 21:09:35 ID:HAf8ZMES
>>173
>知識でも、薬でも悟りなんて開けんだろww
うん、だからニセモノだって言ってるの。

悟りってのは確かにあるさ。ただ究極の真理みたいな意味での
悟りがあるのかどうかは知らん。なにかがひらめいて、それまでの
悩みが吹き飛ぶ、という程度の悟りなら日常的にあるわな。

そういう悟りは、理にかなってるかどうかなんてどうでもいい。
まず悟りがあって、理はあとからついてくるし、ついてこない
こともある。意見で満足してる人は、悟りとは無縁だな。
ま、それはそれで一向にかまわんのだけど。

175 :110:2008/07/21(月) 21:39:58 ID:vjIKv/Xz
理にかなってるってのは、こんな感じの意味な。

俺の様な凡人が、誰かの話で納得出来る所が見つかれば良いって感じよ。
しかし、そんな納得出来る話ってのが、
悟ったって言ってる人より、そんな事言ってない人の方が、
第三者の俺からすると納得できる話が多いのが実際なんだよね。
するっていと、悟ったと言ってる人の話から迷いとかが見えちゃう訳よ。
悟ったと言う人=迷いが見える人。そうなるんだよ。
時代遅れ。悟りが霊性が高いとか、そんな人になる為の考えで、
そんな人達にのみ、歓喜が訪れるってな感じの話は、随分昔から変らんなww
番人に、一般人に、普通の人に、そんな人達を引き上げる様な考えを考え出してくれよ。
悟ってるんだろ??

>意見で満足してる人は悟りと無縁だな。

なんだそれ?そんな所で悟りとは無縁だなって言い切る考えは悟った故の見解か?w
悟りに偽者と本物ってあるのか?
それと悟りを知ってる人の悟りと、
知識で得た人の考え方が一緒だったらどうなるの?


176 :110:2008/07/21(月) 21:41:57 ID:vjIKv/Xz
番人X
万人O

177 :110:2008/07/21(月) 21:48:17 ID:vjIKv/Xz
悟った人ってのは、信じる事を求めてるみたいに見える。
凡人に私の話を信じなさいって所が見えすぎなんだよ。
信心の話か??
悟った人は、凡人を納得させる様な事を言える人であって欲しい。
凡人を納得させる何かを悟ってくれよ。

178 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 22:30:42 ID:HAf8ZMES
>>175
>悟ったって言ってる人より、そんな事言ってない人の方が、
>第三者の俺からすると納得できる話が多いのが実際なんだよね。
それはそれでいいんでないの?ていうか、悟ってない人が悟った人の
話を完全に理解できないのはあたりまえだし。悟ってない人には
悟ってない人の話のほうがわかりやすいのもあたりまえだよね。

>番人に、一般人に、普通の人に、そんな人達を引き上げる様な考えを考え出してくれよ。
>悟ってるんだろ??

あなたが「知ってる」意味での悟りなら、そういう考えも成り立つね。
でも、悟ってるからって他の人たちを「引き上げる」義務はないと思うが。

>なんだそれ?そんな所で悟りとは無縁だなって言い切る考えは悟った故の見解か?w
うん、そうだよ。

>悟りに偽者と本物ってあるのか?
あるといえばあるし、ないといえばない。

>それと悟りを知ってる人の悟りと、
>知識で得た人の考え方が一緒だったらどうなるの?
いや、別にどうもならんけど。考え方なんていくらでもコピー可だから。

リンゴを実際に味わった人が説明するリンゴの味と、食べたことないけど
知識として知ってる人が説明するリンゴの味とは、大して違わないと思う。

179 :神も仏も名無しさん:2008/07/21(月) 22:37:53 ID:HAf8ZMES
>>177
>悟った人ってのは、信じる事を求めてるみたいに見える。
>凡人に私の話を信じなさいって所が見えすぎなんだよ。
あなたが知ってる「悟った人」は間違いなく偽物やね。

>悟った人は、凡人を納得させる様な事を言える人であって欲しい。
>凡人を納得させる何かを悟ってくれよ。
えらい他力本願だね。そんな義務はどこにもありませんから。
凡人が凡人のレベルで納得できるような話に、何の意味がある?
悟りは他人を納得させるためのものじゃないってばさ。

180 :110:2008/07/21(月) 23:14:33 ID:vjIKv/Xz
>>179
>あなたが知ってる「悟った人」は間違いなく偽物やね。

だろうね。俺が知ってるって言うよりも、
2ちゃんで見かける悟ってるって人の事だけどね。

>そんな義務はどこにもありませんから。

確かにそうだわなww
では、2ちゃんで霊性を高めろとか言ってるのは何なんだろう??

>凡人が凡人のレベルで納得できるような話に、何の意味がある?

非常に意味あるでしょう!
例えば、凡人が、凡人を納得させる事なんて良くある話だし、
凡人が凡人を納得させる事ってすげえじゃんw
「この魚、食べられるかな??」
「辞めとけ!この魚はフグって言ってな・・・・」
もしくは、
「この部分を除けば、おいしいよ」なんて事は、非常に意味があるだろう。

>悟りは他人を納得させるためのものじゃないってばさ。

じゃあ、何故語る?


181 :110:2008/07/21(月) 23:27:32 ID:vjIKv/Xz
>リンゴを実際に味わった人が説明するリンゴの味と、食べたことないけど
>知識として知ってる人が説明するリンゴの味とは、大して違わないと思う。

そこは同意。しかも良い例えだと思う。

ちと、見解をお聞きしたい。
俺はさぁ、人間全て凡人で良いと思ってるんだけど、
非凡な悟った人と、平凡な凡夫と、
悟ったって人からは、差異を付けてる感じがするのよ。
繋がりは無いのかな??




182 :110:2008/07/21(月) 23:30:28 ID:vjIKv/Xz
>>181付け足させて。

>俺はさぁ、人間全て凡人で良いと思ってるんだけど、

俺はさぁ、人間なんて良く似たもんだと思ってるんだけど、

183 :79:2008/07/22(火) 01:28:02 ID:PI7uYPPr
>>159
チャレンジしようとしなかろうと、こだわらずにやれるなら、その部分では悟ってますよ
でも、失敗を取り返そうというこだわりでチャレンジする人もいますしね
成功したって、もっと成功したいと思えばこだわりでしょう
つまり失敗成功といったことは単なる結果であって、それをどう解釈するかで、こだわりが
あったりなかったり、人それぞれじゃないですか?
100万円儲けたけど、どうでもいい人もいればもっと儲けたい人もいる
100万円損したけど、気にしない人もいればすごく気にする人もいる
>>160
因果も縁起も輪廻も、あることが結果をまねき、それが原因となりまた結果を招くという永遠
の繋がりの一部をその場合に応じて概念(言葉)にしただけなんじゃないですか
だからあなたの使ってた連鎖という言葉でもいいと思いますよ
その一部分をとれば因果だし

184 :把 秋木:2008/07/22(火) 01:46:27 ID:P/L47aE7
>>128お答えありがとうございます。(後天的)開悟はやっぱり自覚を伴うのですね。

肉体的変化に関した質問のことですが、
例えば職場によっては無茶なシフトをくまれて精神をやられてしまったり、
志し半ばで倒れて植物化してしまう人がいたりして、
いかに試練に耐えて正しく生きようとしても自分もいずれはこの道かと先行きに不安を抱える人が中にはいます。

過酷な環境という外圧が人をさとらせるショック療法というかトリガーになることもあるでしょうけど、
そこでたとえ開悟が起きたとしても直ぐにぽしゃってしまってはただただ虚しいと思いましたので、
さとることが出来ればそれに続く環境試練をクリアするだけの肉体的変化も果たして訪れてくれるのか、
ご体感の話とともにお聞きしたかった次第です。利他のお話なっとくです。利するべき対象が一つの場で多岐にわたると生きる指針が複雑だとも思えるも、
とりまとめ自分のパーセンテージを相対的に極力さげれば自然うまくいくのかなと理解しました。

つらい職場でありながらも顧客の笑顔がある本物の場だと思えたり、
いちど職場を離れると経営者も先輩後輩同僚もみんないい人だったりすると余計にことが難しいのですが、
そんな場で例えば労働組合を画策するのは革命的にならざるをえなく、
本当に正しいといえるのかとかもお聞きしたいところです。あとお手数をかけるお願いながら、
別にメールを出したいわけでなく内的情報を知りたい目的で1さんの捨てメアドをお教えいただけませんか。


>>129ご意見ありがとうございます。先天的にさとっているならやっぱり自覚も無いのかも知れなく、
そう考えると同時に、
さとるとは何らかの再発見だという可能性が否めないのかも知れませんね。

「再」発見だとすると無駄を持たない最初の状態の赤ちゃんはさとっていることにもなりえ、
人が赤ちゃんをみてその無駄を持たない意識状態がわかるように(逆もまたしかり
さとれば人のさとり不さとり?がわかるのかなとか興味がありますし、
その逆に大人が赤ちゃんをみて学習できうるかのようにさとりも学習出来るのかなとか興味があります。卓袱台返し、、全般に革命(テロではなく
とは正しいことなのか、
世界にわからないことが尽きません。

185 :110:2008/07/22(火) 19:10:14 ID:RaOfxkNC
>>184
やっぱ貴兄は凄い人ですなぁ〜。
とっても面白い問いかけだと思います。
労働組合云々の所とかも、私なりの考えを述べる事は出来ますが、
悟った人の後に意見を申し上げたいと思っております。
ちょっと展開を見させてもらいます。

卓袱台返しは、別にテロなんてつもりも無く、
星一徹の様に、 「馬鹿ヤロー!辞めてやる!!」って、感じですよ。

先天的な悟りの話って所に近い話をさせてもらいますね。
私の出入りする会社の女の人で、可愛い人がいてね、
私なんぞにも、ニコニコ笑って接してくれるww
天然系?みたいな感じで、しょっちゅう上司のおばさんから怒られてる。
「はい。」「はい。」って、素直に聞き入れて、
再びこちらとのやりとりで、笑顔を見せる。天使の様な人だなぁ〜と思ったりしたw
(何でこの人は、怒られた後なのに、人を癒す程の笑顔が出せるんだろう?)
って、色々考えてみた。そこからは俺の妄想だけど、その妄想の果ては、
きっとその人の心は、天使の様な感覚が住み着いてるんだろうなぁ〜って思いました。

さて、そんな天使ちゃんと、俺との立場で分析してみると、
俺は、その人を見て、自分も是非、見習いたいと思ったですし、
自分なら怒ってしまうだろうと、自分の未熟さを痛感させられた訳です。

しかし、そこの場面で、悟ったのは、(気付きを得た)のは私でありますし、
彼女は、別に自分のままでいるだけ。
私は、勝手な妄信してるだけなんですけど・・・・ww

あぁ〜、訳の解からん話をして申し訳ありません。   orz


186 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 21:22:02 ID:2Vg3+tTY
>>180
>では、2ちゃんで霊性を高めろとか言ってるのは何なんだろう??
さぁ?ただのスピリチュアルオタクなんじゃ?

>「この部分を除けば、おいしいよ」なんて事は、非常に意味があるだろう。
ああ・・・まぁ、そういう実生活に役立つことは意味があるよね。
ただ、そういう話は悟りとかそういうのと全然関係なさそう。
むしろ、悟った人には聞かないほうがよさそう。

>じゃあ、何故語る?
語りたい人は、だいたい悟ったことが嬉しくて、みんなに教えたく
なるんじゃない?初めて体験すると、気分が高揚するからね。

でも、だいたいはその高揚感に囚われちゃって、勘違いする。
悟った自分がすごいんだぉ、みたいな。それが悟りの一番
危険なとこやね。本当は悟りが危険なんじゃなくて、自分で
自分の罠にはまってるだけなんだが。

187 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 21:41:25 ID:2Vg3+tTY
>>181
ごめん、繋がりは無いのかって質問の意味がよくわからない。

>俺はさぁ、人間なんて良く似たもんだと思ってるんだけど、
うん、まぁどれも似たり寄ったりだね。にもかかわらず、
他人とは違うと思いたがるのもまた人間なのよね。

悟った人が凡夫と差異をつけるとしたら、もうその人は
平凡な凡夫と何ら変わらないね。おれは悟った、だから
悟ってないおまいらとは違うんだ、という意識があったら、
そういう意識こそ低俗ってもんだから。

非凡な悟った人って、悟ったことを次から次へ捨てられる
人なんじゃないかと、勝手に想像してるよ。凡夫は、ちょっと
悟るとすぐそのことに囚われる。

188 :110:2008/07/22(火) 21:57:17 ID:RaOfxkNC
>>186
レスありがとう!!
俺の前レスは、キツイ感じだったですが、
クールなレスで助かります。
ただ、ちょっと考えて貰いたい所なんですが、
実生活に関係無い悟りに、何の意味も無いと思うんですよ。
全ては実生活だし、人間は実生活以外の所には出られないって思うんですよ。
実生活の対義語的なのは、空想世界って事になるのかな??

紐解けば、お化けがいるとか、いないとかの話も実生活の上での事になると思うんですよ。
その情報のインプットは実社会での入れられたモノですし、・・・(ry

もう一つこんな話を・・・。迷信みたいな話も、分析して考えてみれば、
実生活の上での話だと思うんですよ。
昔、俺がトイレでタバコを吸ってたら、ばぁちゃんが、
「便所の中で煙草吸ったら遺憾!便所の神様に怒られるぞ」って、言うんです。
んな訳無いと思っておりますが、そんな話が言われるのも、
昔は、汲み取り便所でしたし、下の方にはメタンガスが充満してただろう事も想像出来ました。
もしかしたら、ドッカーン!!逝ってのかも知れませんねww

昂揚感ですか!実は、今、自分も昂揚感??みたいなのを持っておってしまいます。
楽しく書き込めるならとっても良い事だと思います。
が、楽しければ良いってモノでも無く、映画館で大きな声で筋書きを言ってしまったり、
騒いだりする自由は、頂けません罠ww
でもって、その問題を突詰めると、何処かで折り合い付く様な接点を
見つける旅に出たりするのかもね??ww




189 :110:2008/07/22(火) 22:17:10 ID:RaOfxkNC
>>187
ホントそう思います。言いたい事言ってくれた感じです。

>次から次へと捨てられる人ですか、
私も同じ事考えた時期ありました。
芯がしっかりしていれば全然気にする必要の無い事だと思いますし、
ぶれたとしても、何時かの試金石で、誰もが通る所かも知れませんねww
深いお話ですねぇ〜!



190 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 22:26:13 ID:RaOfxkNC
>>187
>ごめん、繋がりは無いのかって質問の意味がよくわからない。

その辺、自分も書き込んだ最中に、違和感感じながら書き込みました。
恐らく、悟ったと思ってる、優れてるって思ってる方に、向けたレスだったかも知れません。
お聞き流し下されば幸いです。
しっかり御答えくださってありがとう!!

191 :神も仏も名無しさん:2008/07/22(火) 23:27:52 ID:2Vg3+tTY
>>188
>俺の前レスは、キツイ感じだったですが、
>クールなレスで助かります。
いえいえ、この近辺の板ではもっとキツイ(ヒドイ)レスをつけられる
ことが日常茶飯事だから、あなたはよっぽどまともだと思うよ。

いわゆる非科学的なこと、迷信みたいなことも、実生活と無関係な
ものじゃないってことはわかるよ。ただ、いわゆる悟りに興味を持つ
ような人たちは、実生活に関係あるかどうかは気にしないと思う。

悟りを開きたいなんてヤカラは、まず何らかの形で不幸や不満を
抱えてる。それは実生活が充実してるかどうかとは関係なく、
純粋に精神的な問題なの。人生そのものに対する疑問というか。

簡単に言えば「生きてることに何の意味があるのか?」的な疑問が
最初にあると思うんだよね。形而上的な問題ってやつ。

で、いわゆる真理ってやつを悟れば、心のモヤモヤが解消されるに
違いないと、どっかで聞きかじったりするわけ。そいで、いろんな知識を
掻き集めたりして、世界の謎に迫ろうとするんだね。

その過程で、宗教だの思想だの薬だの何だのって罠に陥ることが
往々にしてあるわけだ。そういう罠に引っかからない人だけが、
本当の悟りに触れることができるのじゃないかと、個人的には思う。

192 :1:2008/07/23(水) 01:13:14 ID:Q1Cw+Ie1
>>184
なんというか、自分が実際に悟った後、過酷な労働で精神を病ませてしまった身ですから。
(予知していた時期を逃し、隙を作ってしまったせいで、黒い渦に飲み込まれていきました)
悟ったことで肉体的に強靭にはなりません。
ただ病気はしにくくなったかな。精神が平和だと病気にはならないです。
肉体は逆に弱くなるというか、肉体は自分とは別のもののように薄れてるように感じます。

あと、悟りは過酷な労働でのトランス状態のようなものから生じるのではなく、
その個人の気付きと目覚めのよって悟りうるものです。
物理的な電流や薬や肉体の酷使によって悟りは得られるものじゃありません。
一時的な高揚感はあっても、それは霊的な琴線には触れてません。
そこのところを勘違いしないように。
ある大切な人の死によって、心の窓が開かれたとき、それは悟りです。
ある清らかな存在に触れ、自分の間違いを懺悔したとき、それも悟りです。
脳に電流を流したから、ランナーズハイを経験したから、
それは悟りでもなんでもありません。
悟りは唯一つ。自分の魂が震え、自分を捨てて他者に人々のために尽くして
生きていこうと誓うような信念を抱くようなきっかけ。
>そんな場で例えば労働組合を画策するのは革命的にならざるをえなく、
>本当に正しいといえるのかとかもお聞きしたいところです。
私にはわかりません。
あなたが自分の良心に問いかけ、痛みを感じないのであればそうすればいいですし、
やましいく思うならやめたほうがいい。それだけです。それがすべてにおける絶対的な判断基準です。

捨てアドだのなんだのよくわかりません。メールはあまりやりませんので。
内的情報を知りたいなら言える範囲でここで大丈夫ですよ。
隠すことはなに一つありません。
いや…あるかな。


193 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 02:25:38 ID:sXgclZBp
キリストは今も生きている。

世界そのものとなって



194 :把 秋木:2008/07/23(水) 03:32:29 ID:AN0r8nwa
>>185貴重なご意見、お話、
ありがとうございます。世の中には分不相応?ということもありますし、
場自体を辞めるという選択肢も当然人としてありだと思います。

ただその場のニーズにでもなく、
ご縁に対する責任のようなものはどのくらい存在するのだろうか、
そんな問いかけが同時に内側からノックしてやまないのもあって、
本当にどうなんだろうかと思います。その天使系の人はさとっているのかも知れませんね。

世の中には大人まで生きるのが大半の子供の将来の夢、
という国もありますよね。

人生に疑問すら抱くことも出来ずに大半が中座するなか、
一握りの笑顔を失わずに大人に育てた人をみると、
その本当に心から笑えている顔をみると考えずにさとれる道もあるのかなとも感じたものです。


>>192お答えありがとうございます。さとっても精神をやむことはあるのですね。

環境圧力によるさとりとは心身の酷使による何かという意味に限らず、
とにかく試練一般による(強制的)変化という意味でした、
考える考えないに関わらず、、

考えなければさとれないのかも知れませんけど。良心というのが中には非常に難しかったりもします。上に対する良心、同僚への良心、相克する良心が存在しえます。

もしかしたら世の中は何か確固として心を持ち定めにくいよう巧妙にわなを仕掛けて来るのかも。、

アドレスはこういう所とかで取得出来ます(メール欄ご参照
http://regist.excite.co.jp/idcenter/new/?pname=mail&brand=xcit&targeturl=http%3A%2F%2Fwww.excite.co.jp%2Fmail%2F
別にメールでお話したいわけでもこの世でいう個人情報を知りたいわけでもなく、
アドレスの文字の並び自体を内的情報のため知りたいだけですのでお気が向かれればどうか。

195 :110:2008/07/23(水) 17:42:31 ID:E+S0ajZ+
>>191
実は私も、中学生の頃から、生きる事の意味とかを模索しておりましたよ。
ですから、>>1とかを見ると、自分の昔の姿を見るみたいに思えるんですよ。

自分の信じる宗教が足枷になるだけで無く、
他人にも足枷をかける。・・・現代でもよくある風景ですね。

196 :110:2008/07/23(水) 18:20:39 ID:E+S0ajZ+
>>194
私自身、組合とは無縁な生き方でしたので、お力になれる事は言えないと思ってますが、
労働者の権利として、組合を作る権利も保障されてるって思いますし、
それが無くっても、労働基準局は労働者の立場を守る為にある所だと思っております。

組合を作ると言われますと、恐らく従業員規模は、100人程未満でしょうか?
1,000人規模の企業なら、それが多くが組合を作ってると思いますし、
百人以下ですと、殆ど組合なんか無いんだと思います。
例えば、100人規模で、組合を作ると、組合に入る人は50人位いれば良い方だと思います。
組合を作ってしまったら、出世なんかは諦めちゃってるのかな?って想像します。
経営者サイドからは、煙たい存在でしょうからw

上場企業なら、会社の株でも買って、株主になるのも面白いですね。
会社の株を共同購入して、組合としてみるのも面白いかも?
ぼちぼちの会社は不動株なんでしょうけど。
会社は従業員に積極的に自社株を買わせればいいのになぁ〜、って思ったりしております。

貴兄の思うままに行動されれば良いと思っております。
会社の中においても、自らの権利は主張しても良いと思っております。


197 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:49:49 ID:j9Wauz0l
>>195
そうでしたか。僕もそういう悩みを持ち始めたのは中学生くらいです。
思春期と重なるものなんですかね。

>>1さんは悟りを開いたと言ってるけど、僕はそんな悟りを開いた
ことはないね。元に戻りたくなる悟りなんてあるんだろうか?
他人の心の中がどうなってるのかはわからないから、
自分が体験した悟り以外にどういう悟りがあるのか
わからないけどね。

たまたま自分が体験したことに当てはまりそうな言葉が
「悟り」だったというだけで、本当は何と呼ぼうが全然
構わないんだけどね。それが世間で悟りと呼ばれている
ものではなかったとしても、全く問題ない。その体験が
自分にとって意味のあるものなら、呼び名なんて
どうでもいいんだよ。


198 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 20:58:32 ID:j9Wauz0l
>>195
>自分の信じる宗教が足枷になるだけで無く、
>他人にも足枷をかける。・・・現代でもよくある風景ですね。

宗教を信じてる人は、どうして他の人にもそれを信じさせようと
するんだろうね?本当に信じてるなら、他の人が信じようと
信じまいと、どうでもいいことだろうに。

みんなが信じれば世界が平和になるとか、とんでもない
幻想だな。同じ宗教の信者同士でさえ、その信じ方に
差があるっていうのにさ。

信じるのは個人の自由だけど、人を巻き込むのはよくないね。

199 :110:2008/07/23(水) 23:02:39 ID:E+S0ajZ+
>>197
私も悟りなんてどうでも良かったし、常駐先のスレでお勧めURLが貼ってあったので、
見てみたら、面白そうだったって、感じでしょうか・・・?
私は、全体的に、否定的な書き込みが殆どだと思いますが、
悟った人が見たら、それも無駄じゃないと解かってくれると、信じておる所ですww

ほんとそうですね、他の人が信じて無くっても、
調和の所は、見つけられると思いますので、見つけて欲しいですね。

特定の宗教にしがみ付かれると恐ろしいですよね。
人なんかも簡単に殺しちゃう。
霊性の次元の高低が解かる人に、否定的に言うと、怒っちゃうww
取りあえず、特定のモノから離れないと、平和なんか来ないと思ったりしております。

神という概念は人間が生み出した可能性を考えて欲しいし、
その概念が今までどんな利用のされかたをされてきたのか、考えて欲しく思います。


200 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 05:12:10 ID:BH6xMOar
お前が考えろ。

201 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 12:26:22 ID:gOgyXpjl
悟り馬鹿のネットウイルスをどうにかしてほしいですよ
自分のホムペにそういう奴が来ると嫌でうっとうしくて仕方ない
刺激すれば荒らすし

202 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 22:09:51 ID:cJ9Y7BRr
今の時代、過去と未来を読み解く能力を持つ者は相当数いるのに、
「汚い物には触れたくない精神」で彼らは政治的アプローチを嫌います。
「船を岸に繋ぎましょう云々…」と世界の指導者に
純粋真っ直ぐな中学生のような手紙を送った者もいました。
セミナーを開き「気づき」のための「スピリチュアルな塗り絵」に勤しむ者もいます。
覚醒者なにり考えたことで、意味があることなのだろうと思います。
しかし、私なら「横田めぐみさんの安否情報」を明らかにします。
そうすれば日本は一撃で変わるでしょう。
はっきり言って今現在世界が直面している全人類的危機を乗り越えるには
人類の集合的無意識に働きかけるしかなく、それには扇動的手法を用いるしか手がないといえます。
「この世ならざる世界」が一般に認知されるだけでも大収穫なのです。
それを「それは満点ではない!」と批判しても仕方が無いのではないでしょうか。
満点ではなくても、赤点ではないでしょう。
我々の大多数は悟っていないばかりか、それを目標とする段階にすらいません。
だからその世界を認知するだけでも本当に本当に大きな進歩なのです。
満点以外は認めないという潔癖症のスタンスは結局世界に混乱以外の何ももたらしませんでした。
目指す境地のハードルの高さに多くの求道者が絶望し脱落していったのです。
そうしてダークサイドに堕ちていった者もすくなくありません。
しかしもう限界です。それでは世界が滅ぶ!人類が滅ぶ!
覚醒者の皆さん、どうか「虫けらの初めの一歩」を認めてください。
満点でないことは理解しています。
これから起きる「創造のための破壊」の後に待っている世界が、
満点であることが大前提の世界であることも理解しています。
しかし、今の人類には、満点はあまりにもハードルが高すぎて息が詰まるのです。

203 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:30:13 ID:T2SvvJER
面白いけど、難しい問題知ってるから書かせてもらうね。

「何も考えないこと」
「何も気にしないこと」

この瞬間を、「1秒」でも経験できるかな?

で、これを10分続けることができるかな?

自分が注意を向けたことしかその瞬間「私が感じた」ってことを認識してるって発見できるかな?
意識しないでも、感覚がなくても呼吸してるでしょ。
「呼吸」って不思議だよ。
唯一、無意識、意識的にできるって、誰にでもできる、分かることだから。
自分が意識して深呼吸できるし、意識しないでも寝ている間勝手にやっててくれるでしょ?
自分が赤ちゃんのころおしめ替えててくれてて親のこと覚えていないようなもの。
「考えない」ってことに挑戦してみては?
超難しいけど。

204 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:52:05 ID:/fTU8Qd0
>>199
>神という概念は人間が生み出した可能性を考えて欲しいし、
>その概念が今までどんな利用のされかたをされてきたのか、考えて欲しく思います。

神という「概念」は、間違いなく人間が「考え出した」ものだよね。
概念ていうのは思考に基づいてるから。

大衆にとって有益な何かをもたらすとか、大きな力を持ってるとか、
つまるところ権力者の象徴として神が利用されてきたわけだ。
大勢の人間が神を信じることで誰が得をするか、考えてみれば
すぐにわかることだけど。

宗教がややこしいのは、そういう利権構造を覆い隠す材料が
多すぎるってことだと思う。権力と財産の集中が目的であるにも
関わらず、愛だの平和だの平等だのと、キレイごとで腐敗を
覆い隠してしまうわけだな。

宗教が、人の心の弱みに付け込む技術は折り紙つきだ。
何千年もかけて練り上げられたセールストークに、
純朴な田舎モノなぞあっというまに絡め取られてしまう。

もっと始末に負えないのは、そういう人たちが、本気で
世の中のためになることをしてると思い込んでることだな。
根は善人なんだろうけど、ものの見方が浅いんだな・・・

205 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 22:01:34 ID:/fTU8Qd0
>>202
おっしゃることがよくわからんのだけど、勝手な解釈でコメントさせてもらうなら、
悟りの世界にハードルなんてないよ。満点を求められることもないし。
ていうか、点数で評価しようなんていう時点で、何も変わってないし。
扇動的手法でどうにかなる程度の変化なら、どうにかなった後も
今までの世界と変わらんでしょうよ。
創造のための破壊なんてない。
創造と破壊は単一の現象だよ。

206 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 22:17:13 ID:DI9zY/+I
>>203
ヴィパッサナーとかやってる人?
みんないろいろ考えてるけど、何故考えてるのか(考えずにいられないか)わかってないから
どうどうめぐりだよね
ただ自分を見つめればいいんだけど

207 :110:2008/07/25(金) 23:39:11 ID:/U83gqs/
>>204
さっき、何気なくテレビのチャンネルいじってたら、
タカ&トシの片割れが出てて、ボットン便所がどうのって、字幕が出てた。
途中からだけど、話を聞いてみたら、俺がこの前書き込んだ様な事を言ってたww

>神という「概念」は、間違いなく人間が「考え出した」ものだよね。
>概念ていうのは思考に基づいてるから。

そう言った事を言うと、宗教信奉者からエラく罵られますよね。ww
信仰心を持って生きる事は、別に構わない事だし、
世界は、自分の心が作る所である訳で、
意識に神仏だの、高霊低霊作ってしまったら、そうなってしまう訳ですよ。
要するに、信じてしまえたら、存在をしてしまう。
例えば>>193のようなのも、別に何でも無い話で、
俺が、世界には死んだお婆ちゃんが存在するって言っても、
否定出来ない。俺の心にお婆ちゃんが存在するなら。

でも、それが万人に通じるか?と、言うと、そうでは無い訳ですよ。
そしてそんな話は、極論の片側に過ぎないって事を解かった上で表して欲しく思う。
否定されたら、ガキの様な言動をするのは、そんな信奉者に多い訳で・・・。



208 :110:2008/07/25(金) 23:57:11 ID:/U83gqs/
>>200
どうした?鬼スレでいじめられたかww
>>201
嫌ならホムペ閉鎖するってのはどう??
確かにそう言った奴が多い罠w
>>202
横田めぐみさんの安否情報が解かるのか?おせ〜ておくれ!!
ダークサイドって言葉はカッコイイなww
ピンクフロイドの様だww
後は、良く解からんわ。
>>203
俺はよう、仕事の工程考えたりしてる時に、ふと気付くんだが、
そんな時に、頭がからっぽになる自分に気付く事が多いww
子供がクリスマスの日に限って眠れないと泣きつく所は面白いと思わない??

で、それは何の話な訳??

209 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 23:58:27 ID:DI9zY/+I
>>207
神の定義もいろいろあるけど、神が普遍的(絶対的)なものという意味では、個人の概念、
思考、価値観が消えた後に見えるものが神と呼ばれてるものですよ
それがどういうものであるかは、自分が体験しなけりゃわからないですけども
他人の言葉は言葉で規定する概念に過ぎないので
まあ、よく言われてる神といったものではないですね
ただの全てです

210 :110:2008/07/26(土) 00:11:54 ID:ugo5yhw3
>>209
少々投げやりな感ですが、もう人間が神でええんじゃないの??
って、気がしております。
当然、弊害な部分は出るでしょうが、
一番大切にすべきは、人間であるとして、そこに重点を置けば、
宗教戦争も無くなりますし、せめて宗教にゆかりのある人間は、
そこを基本にするべきではないかと思います。
神仏より、他人を大切に!当然、大いなる理想ですが・・・。

211 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 00:31:54 ID:F5i/u/Pb
>>210
人間も神でしょう
人間以外にもこの世のあらゆるものが神です
神と神でないものを分けているのなんて個人の視点、概念なのですから
また自分と自分以外のものを分けているのも個人の視点、概念です
全ては神であり、神とは全てであるということです

大切なものと大切でないものを分けているのは誰でしょうか?
大切なものが何かあれば、それに対して大切でないものができてしまいます
それが戦争や犯罪のもとではないでしょうか?

大切なものなど何もない状態、自分の中の全てを手放し、自分が全てになった状態
それが唯一の安定であり神と呼ばれる状態です
それが悟りです

212 :110:2008/07/26(土) 01:43:14 ID:ugo5yhw3
>>211

>神と神でないものを分けているのなんて

例えば、キリスト教では、神と悪魔を作ってしまいました。
そこは同じモノを善と悪に分けている様に思います。

>大切なものと大切でないものを分けているのは誰でしょうか?

例えばイスラム圏内では、コーランは人の命より大切の様です。

>大切なものなど何もない状態、自分の中の全てを手放し、自分が全てになった状態

そうですね。
しかし、全てが大切だとするとどうなります??
所詮人間、小さな大切な何かを持って生きたくなる気持ちも良く解かります。

>自分の中の全てを手放し、自分が全てになった状態

ここのニュアンスは良く解かります。
今まで、2ちゃんで色々悟りについて語られて来ましたが、
とても素晴らしい表し方だと思います。



213 :把 秋木:2008/07/27(日) 01:07:38 ID:AAvriWkS
>196仰る通り100人未満の零細です。

一族以外の出世余地がもう2段階しか無い上に、
役職手当が1万づつしか加算されていきませんから、
もう出世には興醒めというか、
より看板向けの人物を上におし上げる画策をして組織自体のバルクアップを狙ったほうがリターンがあるのではないか、
とか遠見の角も算段してます。

ただ試みが客観的に大所高所からみて単なる争いに堕してしまっていないように、
常に自己(と環境全体の)観察を続けて何が正しいのか摸索しいしい生きていきたく感じます。


>>203考えないで、
本来そうあるべき行為が出来てると自覚出来る時間が個人的に2種類あります。

渇きを潤すときと、
眠いとき素直に眠りに入るときの2種類です。

そしてもろもろの悩みや身体的不調、
全部そのときばかりはリセットされているんですよね。

この状態を記憶してよくキープするようにすると、
さとりのヒントになりうるかそのものになるかと思えるところがあります。

214 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 01:14:30 ID:nILtIbYE
>>207
>さっき、何気なくテレビのチャンネルいじってたら、
>タカ&トシの片割れが出てて、ボットン便所がどうのって、字幕が出てた。
メタンガスで爆発とかって話?僕もそこだけちらっと見てた。
最近どっかでこういう話聞いたよなと思いながらw

>そう言った事を言うと、宗教信奉者からエラく罵られますよね。ww
概念としての神を信じてる人は、それが自分の心の拠り所になってる
から、その確実性を否定されたら怒るだろうね。その神に投影した
自分を否定されるのと同じだから。

神が存在することを本当に知ってたら、信じる必要はないんだよね。
神を信じてる間は、神を知らないって言ってるのと同じだ。

ほとんどの人は、犬っていう動物がどんなものか知ってるから、
「私は犬の存在を信じます」なんて言わない。神を信じてる人は、
人や書物から得た概念としての神しか知らない。そういう神は
信念や信仰に依存してる。人の信仰に依存しなきゃ存在できない
神なんて、神と呼べるか?と思うけどね。

215 :110:2008/07/27(日) 18:34:01 ID:Ck0ZbfiJ
>>213
独立を目指せると良いですが、
今の仕事が色々な部門を作らないといけないとなると、大変ですよね。
しかし、貴兄は、しっかりした人物にお見受け出来ますので、
じっくり見据えて、頑張って下さい。
私の言える事は、今後経済動向は厳しい方向に向かって行く事は、
確実だと思っておりますので、その辺りもふまえて御考え下さい。

216 :110:2008/07/27(日) 19:00:38 ID:Ck0ZbfiJ
>>214
インドでイスラム教徒がテロを起こした様ですね。
異教徒に対する報復だと声明が出てるらしい。

インドでのカースト制度なんてのは、
今生のこの差別と不条理を我慢すれば、来世は上の階級に産まれられると信じている模様。
実に支配者階級がコントロールするのに都合の良い出鱈目を信じ込ませた典型ですな。
イスラム教では、自爆テロを行なった者は、あの世で美女に囲まれて、
栄華を実現出来ると言って騙してる。
ユダヤ教も、支配者階級の統治の為に神を信じ込ませたとか??
何処も彼処も間違いだらけですなww

で、今でもそこの特定な宗教にしがみ付く人達が多い。
しがみつかされてるって言っても間違いじゃない。
騙される人がいなければ、宗教権力者は・・・・(ry

こんなに時代は過ぎたのに、一歩超える事はしやしない。
いつでも、自分がしがみ付いた所を手放せる様にして頂きたいですな。

しかし、このスレを立てた人とか居なくなちゃッたですね。


217 :把 秋木:2008/07/28(月) 16:03:32 ID:NH6H6IgR
これから闇雲に稼ごうとするだけじゃやっていけなくなる時代が到来しつつある感じですね。

ブラジルかメキシコの債権を金融機関がわりに使って資金と財産の運用をする時代かなと感じてます。

ところで技術職とかなら正しい技術というものが存在しますが、
それと同じように事業内容や生き方にも、
未来予知みたいな神秘的要素をもってではなく確固とした道筋がちらほらみえた経験が散在しますので、
何かものごと全般正しさがみえる世界がある気がして、
ここに期待を寄せました。

1さんにおかれてはお手数のメアドはいいので、
トリップをつけていただければ幸いです。

考えてみればトリップの文字列を入力するだけで情報は引き出せますし。

「神」を機械にかけてもいいのですが、
さて何を意識で選ぶか。

218 :110:2008/07/28(月) 23:28:22 ID:N090jo6P
>>217
ブラジル、メキシコですか?
鉱物資源でも見つかりそうなんでしょうか?
私は投資の経験もありませんので・・・。
アルゼンチンの様な事にならなきゃ良いですね。
それとは別で、個人的にメキシコ好きですし、(良く知りませんが)
ブラジルは、良い感じがしますね。
中国は数年で駄目になりそうですし、インドが良い気がしますよ。
フィリピンは、アロヨだっけ??信頼おけないようですし。
一時期、中国に日本の企業が進出して行きましたが、
原料からの生産技術が粗悪らしくて、精密に作らなければならない部品等は、
また日本で作る様に、帰ってきてるみたいですよ。
中国の人を使うのは大変な所が多そうですしww
インド人は、しっかり日本の技術を学ぶようですし、
鋼材の生産企業もインドの企業が世界一になったようですし、
インドが一番安心出来る様な気がします。

もう>1さんが来る事は無いかも知れませんね?
でも、このスレにはいるかも知れませんし、
そのスレには沢山人がいる様ですので、よろしければ・・・。
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1217126824/l50

219 :把 秋木:2008/07/30(水) 03:31:46 ID:FHe+p38/
ブラジルは既に油田がみつかりましたね。

まあガラパゴスのように開発的発展なので本物ではない気がします。

ブラジルは投資というより金利狙いですね。

メキシコは子どもが多いので本当の国力がこれからでしょう。

中国は中国系の私としても残念です。

本来の分業社会が戻ってくれればいいのですが。

1さんにおかれては何も話さないで場を共有するあり方もあり、
のようなお気持ちなのかも知れませんね。

それは外界に向けてさめて来てしまうとよくあるあり方なので、
なんとなくわかります。

220 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 05:35:00 ID:aIGv9a0k
野狐禅(やこぜん)禅を修めながら、未熟にもかかわらず、悟りを開いたと得意になっている者。まやかし禅

221 :110:2008/07/31(木) 20:49:57 ID:z7jOwt3S
>>219
ひょっとして華僑の人だったりするのかな??
中国も日本の十倍の人口があるので大変でしょうね。
日本も昔は環境的な話は野放し状態の所があったんですが、
狭い国土が幸いしてか?歯止めが効きやすい。
それと、近隣諸国の発展のお陰で、埋め立てられたゴミまで穿り返して、
海外で再生してくれる。狭い国土のゴミの問題の解消に一躍かってくれました。
最近でも、原油の値上がりもあって、リサイクルのコスト的な問題なんかも解消されてる感じもします。
中国も環境的な整備を望みたい所ですが、簡単にはまだ行きませんね。

中国共産党が汚職まみれなのと、中国国民の貧富の差が改善されていくと良いですね。


222 :110:2008/07/31(木) 21:02:01 ID:z7jOwt3S
>>220
わざわざ説明ありがとw
しかし、面白いもんでさぁ〜、俺なんかは、禅の事は全然解からんけど、
要するに、禅の奴で、自分は悟ったなんてする輩は、
全部その野狐禅って事で良いんだよな??

しかし面白いもんでその野狐禅って区別も本物と偽者なんて所の区別だったら
愚かしくって笑う爆笑な話だ罠ww
俺のは本物の禅で、俺は悟った禅者だなんて言う輩が居るなら見てみたい。

精神病院の箱庭では、医者と患者は服で見分けが付けれるから簡単だな。

223 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 10:29:40 ID:g/JB1qg7
>>222
悟った人間が悟ったというのならただの事実だから問題ないよ
悟ってるのに悟ったと言わないのもへんな自我じゃない?
ようするに悟ったと言おうと悟ったと言わなかろうと、そこに自我、執着があるかどうかが問題

自分が社長なら社長って言ってもいいじゃん
自分で社長って言う社長なんていないっていうのは、社長になりたくてなれない人間の僻み
社長に価値を置いて、それ以外と分別してる証拠
花は花だし人間は人間

社長かどうかなんて大したことじゃないし、悟ったかどうかも大したことじゃないと思うべき
それが無常であり、それが悟り

224 :110:2008/08/01(金) 19:37:02 ID:QzPs4Zb/
>>223
こんな過疎った糞スレに・・・わざわざごくろうさんですなぁ〜。
今までこのスレに書き込みした事ある人かな??
それとも鬼スレからの人かな??

あのなぁ、社長なんて別にどおって事ないわさ。
社長じゃ無い奴が社長って言ったって構わない話だちゅうの。
何で社長の話を持ち出す??ん??
おかしなコンプレックスをお持ちのようだね。
悟ったかどうかも、大した話では無い。俺もそう思う。
だが、何故その大した事でも無いことを、悟ったと言ってる人が書き込むのか?
そこの点が不可思議で、聞いてみたい所ではある。
>悟った人間が悟ったというのならただの事実だから問題ないよ

へぇ〜、そんな理屈なんだ・・・。
問題は無いのか??
俺は、レス番号110の前に、2つ位レスを入れたが、
悟ったと言う人に対し、俺以外にも様々な反応がある訳だよな。
様々な反応が現れる訳よ。
それに、悟ったと言ってる奴に、
何を持って悟ったとするのか?って、聞いたり、
悟りとは何ぞや??なんて所を語って頂きたいと思う所があっても当たり前じゃない?
それに、悟ったを言う人の人物像に興味を持たれる事も、2ちゃんじゃ仕方ないだろ?
悟ったとかも大した話って解かってるんなら、わざわざ書き込む必要も無いだろ??

>そこに自我、執着があるかどうかが問題
悟って無い俺的には、自我や終着自体に何の問題も無いと思う。
今、この場合、自我、終着を問題とする所が問題なのかも知れないな。
だってそうだろ?>>223のレスも自我の表れじゃんか。


225 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 19:52:45 ID:pYM7gQX+
苦集滅道
単純に、何があっても苦しまなくなった人が、悟った人。
「苦しみたくない」でしょ、誰でも。
異常な欲と、異常な怒りと、邪見。
自分が一番よく知ってるはずだよ。
「とっても苦しいのに自分で自分の心を変えることができません」
「悩みから逃れられません」
だから、「悩み」「苦しみ」なんだけどね。
自分で自分の心が自由自在ではないことさえ気付いていない人もいっぱいいるよ。
「悟り」とは、心の働き、性質について、「徹底的に分かっている」って立場ですよ。
物事の流れは不満 満足 不満 満足・・・・。
延々とこの流れですよ。
これが「苦(DUKKHA)」
無常です。
どこにも普遍の「私」はいません。
「私はずっとこうでありたい」自我ですね。
叶いません、自分が一番よく知ってるでしょ。
諸法無常。
真理を徹底的に知覚してるので、苦しみがありません。





226 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 19:55:31 ID:pYM7gQX+
×諸法無常
○諸法無我

私ばかです。


227 :110:2008/08/01(金) 20:06:20 ID:QzPs4Zb/
般若任侠の苦の説明が出来たら悟ったと言って良いのかな??


般若心境x
般若任侠O

>>226
心配するな、俺はその訂正があろうが無かろうが、間違いに気が付かない。

228 :110:2008/08/01(金) 20:30:10 ID:QzPs4Zb/
>単純に、何があっても苦しまなくなった人が、悟った人。

またまたぁ〜、いい加減な事をww
それじゃぁ、まるで植物人間じゃないかw
苦しみたければ苦しめば良いし、悲しけりゃ泣けば良い。
頭に来たら怒ったって構わない。
真理だ?それは苦しみから逃れる方法を語ってるだけだろ??

229 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 20:37:11 ID:pYM7gQX+
>>228
あなた、「幸せ」?
それなら、「俺の言うとおりにしろ」って言ったらどうですか?
「俺はこうして一切の苦しみを克服した!」
いい加減なこと言ってるのはあなたでしょ?
自分が何者かさえ知らないでしょ?
まず、そういうところからはじめたら?
「私は知ってます」って「邪見」があなたの言いたいことでしょ?

230 :110:2008/08/01(金) 21:01:36 ID:QzPs4Zb/
はぁ〜?なんで俺が、>「俺の言うとおりにしろ」
って、言わなきゃいけないんだ??
それに俺がいつ苦しみを克服したなんて言った??
んな事は絶対言えない。
むしろそちらの方だろ?苦を克服出来るなんて言ってる奴は。

俺が何者かなんて事を知ってるのか??ちょっと言ってみ。
おかしな事言うなぁ〜。

>「私は知ってます」って「邪見」があなたの言いたいことでしょ?

俺の事を言ってるのか??それともあんた自身の事かい??

231 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 21:07:27 ID:sKecGoKk
>>228
本当にそう思っているのなら、悟りなんぞ気にせずに苦しんだり悩んだりして生きていけよ。
もともとそれはそれで全然オッケーなんだから。

232 :110:2008/08/01(金) 21:11:21 ID:QzPs4Zb/
>>231>>229と同じ人物か?

233 :110:2008/08/01(金) 21:28:05 ID:QzPs4Zb/
あれ?>>299は消えちゃったか?

>自分が何者かさえ知らないでしょ?
>まず、そういうところからはじめたら?
>「私は知ってます」って「邪見」があなたの言いたいことでしょ?

>自分が何者かさえ知らないでしょ?

うん知らん。あなたは自分が何者か解かるのか?それとも俺が何者かわかるのか?

>「私は知ってます」って「邪見」があなたの言いたいことでしょ?

何も解かってないのに、俺が自分は知ってますってのはおかしいだろ?

邪険?誰がそう見てる?






234 :110:2008/08/01(金) 21:31:36 ID:QzPs4Zb/
>自分が何者かさえ知らないでしょ?
>まず、そういうところからはじめたら?
>「私は知ってます」って「邪見」があなたの言いたいことでしょ?

これこそ邪険だろがww

235 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:18:49 ID:pYM7gQX+
>>234
「あなた幸せ?」
まず、これに答えるんだな。
知ったかかますのもほどほどにな。


236 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:26:26 ID:sKecGoKk
>>235
ピンボケ。幸せかどうかって関係ないし。

237 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:29:11 ID:QzPs4Zb/
俺が幸せかどうかなんてどうでも良いだろがww
おかしな所に着目するんだなww

おっ〜?悟ったと語る奴が、他人の幸せの動向に何故捉われる?
どう答えると、どう答えが帰るか想像出来てくだらな過ぎるわ。

ったくな・・・・。

知ったかかますも何も、俺は何も知らんって言っておるだろがww

>まず、これに答えるんだな。

爆笑するわwwなんだそれ??

幸せかどうかだと?答えは(幸せ)(幸せでない)(どちらでもない)
そん中から好きなの選んだらどうだ?

238 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:29:32 ID:pYM7gQX+
>>236
何を知ってるんですか?あなた。
で、今何をしていますか?
無自覚に。
言いたいこと言ってるだけじゃないの?
何も言いたいことないくせに、何か言ってるでしょ、あなた。
それも「無自覚」に。

239 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:32:47 ID:sKecGoKk
>>238
おまえさんからはなんか病的なものを感じるな。
思いすごしならいいんだが、大丈夫か?

240 :110:2008/08/01(金) 22:33:13 ID:QzPs4Zb/
>>237が俺だからな。

>>238
何を言ってるのか全然解からんぞ。

241 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:34:40 ID:sKecGoKk
>>240
お前には中2病的な感じは受けるが、まぁまともっぽい。
238はなんだかなぁ。

242 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:34:50 ID:pYM7gQX+
>>239
私、悪いけどあなたのほうが病気だと思いますよ。
一人でわめいてる。
自分が「まとも」な立場で。
幸せでしょ?

243 :110:2008/08/01(金) 22:36:06 ID:QzPs4Zb/
>>238
無自覚?無自覚がどうした?
何を自覚せよって言ってるんだ??

それも《無自覚》にww

244 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:36:46 ID:sKecGoKk
>>242
大丈夫か?
文字見て喚いているように見えるの?
そりゃ、なんか強迫神経症とかじゃないか。よくしらんけど。

自分まともな立場って、誰でもまともな部分と狂った部分持っているんだよ。

245 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:37:12 ID:pYM7gQX+
>>243
ま、何度も経験してきたが・・・。
後で青くなるなよ。

246 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:38:33 ID:sKecGoKk
>>243
おまえはもう一寸勉強してこーゆースレで遊んだがいいと思うぞ。
そっちのほうが楽しめるし。
無自覚云々ってのはくるくるパーの精神世界系の人が好んでよく使う。
出典はまともなんだが。

247 :110:2008/08/01(金) 22:39:18 ID:QzPs4Zb/
俺、中2かwwやった!!嬉しすぎるぞww

で、お主は中3か?そんな変らんだろww

248 :110:2008/08/01(金) 22:42:37 ID:QzPs4Zb/
>>245
わっ!出たぁ〜!!
青くもなりゃせんし、恐れもしねえよww

で、それどういう意味よ??

249 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:48:13 ID:pYM7gQX+
>>248
あなたが「とっても幸せ」なのは、よく分かった。
青くなるって、後で「やらかしちまった」って後悔すること。
自信があるならいいけど。
そういうことを言ってんだよ。
そういう私が「邪見」の塊だって認識し始めてる、それだけの存在ですよ。
嫌な気持ちにさせたのなら、謝るよ。
「ごめんね」
これが、今の私の精一杯です。
また明日、元気に同じ空気吸おうぜ!

250 :110:2008/08/01(金) 22:48:52 ID:QzPs4Zb/
>>245
なんだ?脅しで終りか?
とんでもない悟った人だなww

251 :110:2008/08/01(金) 22:56:22 ID:QzPs4Zb/
>>249
そうか、ん、解かった。
そか、そか、そこを認識出来たんだ。
だが、それだけの存在なんて言う必要がない。
俺の存在とて、あんたが何かを自覚出来なければ、くだらん存在よ。

別に嫌な気持ちになんかならないよ。
そんな奴に2ちゃんでは沢山会ってきたしww
全然気にするな。

またいつでも議論しよう!!いつでも鍛えたるよ。

252 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 23:01:46 ID:pYM7gQX+
>>251
ほんとうにありがとう。
思ったこと正直に言ってみるもんだな。
この恩は忘れないぜ。


253 :110:2008/08/01(金) 23:28:48 ID:QzPs4Zb/
恩なんて忘れても良いよ。そんなつもりも無い。
只、こんなやりとりで、>>252が何か一枚剥けて何かを見つけれたなら、
良かったねって、話だし、そこは本望だよ。

俺は、只のカワハギ釣り師で、別に何でもない、只のおっさんでしかも中2なだけww

しかし、こんな展開に至れた事は初めてで、
いつもは化けの皮剥ぐだけで終わってしまう。

254 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 03:04:11 ID:iGU5klJ6
>>253
一連の展開を読んで

110の虚栄心を満たすために、
252が折れてあげたように読めました。

おつかれさん

255 :110:2008/08/02(土) 03:21:39 ID:mCND6/Pd
>>254
こんな過疎の糞スレの展開をわざわざ読んで・・・。
こんなスレ覗いても仕方が無いぞww
虚栄心か?難しい言葉知ってるね。
所詮俺は、中2だからさww
>>253が大人の対応したなら、それだけの話よ。

報告、わざわざごくろうさんww

256 :把 秋木:2008/08/02(土) 15:50:56 ID:pmICAqjX
いろいろ書きたかったけど時間が無くて手短に。

1さんよく考えたらIDで情報が引き出せたので、
トリップのご手数もいいです。

257 :把 秋木:2008/08/03(日) 02:43:15 ID:FFvR1wig
>>221中国の格差解消は、
例えばインフラという明確な投資対象が出来る側としては嬉しいものですが、
赤貧にあえぐ農村部までならいいとして、
その先の貧しいという概念すら無い貧しい?地域は存在として真理だと思うので、
ちょっと考えどころです。

ただそんな地方諸所も先の震災で井戸が潰れ、
この世から消えてしまいましたし、
個人的に日本における原点だった山村、
宮沢賢治が理想郷とよんだ地も山に埋もれて消えてしまい、
代わりに周辺を含む国土が総都市化したことなども思えば、
一時期いまのサイクルではそんな発展化が自然な成り行きであり、
真理なのかなとも薄々は感じます。

人や森羅万象の内的情報を読み取れる機械も誰でもが使っている携帯電話という恩恵そのものですし、
旧時代にこれが不可能だったことも考えると、
発展化という勇退?も一時は真理かなと抽象的学際的に思いがよぎったり。、

258 :110:2008/08/03(日) 23:41:11 ID:eSukJuMZ
>>257
>一時期いまのサイクルではそんな発展化が自然な成り行きであり、・・・(ry

ホントそんな感じの所は、以前からつくづく感じております。
例えば、変化、  それも自然の成り行きと、人々が選んだ自然な流れだと思います。
それを拒んでの競争で抵抗見せるのも悪くないんですが、
事、権力に関する所であると、変化を拒むあまりの暴挙に向かう傾向が許せません。
まぁ、それも踏まえての歴史的な変化の流れなんでしょうけど・・・。

人々の考え方、人々の知識、人々の生活スタイルなどによって、
世の中は、変化していくと思うし、していくべきだと思っております。

話変りますが、最近何処かのスレで見たんですが、
(悟りとは、自我の消滅)って感じの書き込みを目にしました。
はたして?自我を消滅させる事に何か意味はあるのか??
消滅なんてありえるのか??
消滅などと言われると、あたかも自我が悪いみたいに思えました。

自我を押さえるとか、我慢するとかって事は、とても良い事だと思うんですが、
それを否定するという事は、生きんが為に喰う事も否定になりますし、
時に、ケースに拠っては、呼吸する事も自我の問題に直面してしまいます。
生存欲の否定になると思うんです。

ある意味、そんな所も受け入れ、知るところがそれだって思ったりする訳です。

259 :110:2008/08/04(月) 02:04:06 ID:k8TS/045
こうして見ると、>>257さんは、深い話されますねぇ〜。

>発展化という勇退?も一時は真理かなと抽象的学際的に思いがよぎったり。、

人間が選んで来た結果ですから、仕方がないのかも知れませんね。




260 :把 秋木:2008/08/06(水) 16:31:37 ID:X3nFqvaf
自我は恐らく単位物質の内的状態だと存在しませんから、
その状態をそっくり人体に再現すれば、
意識はあっても自我の消えた状態と論理的にはなるでしょうね。

でもそれ以上の状態もありうるわけだし、
それ以上だからと自我が無いままでいてくれる保証も無く、
するとやっぱり自我も扱い次第ということになるのかな。

孔子のいう正直者は、
羊を盗んだ父親をかばう情に素直な正直さのことで、
これは真実のような気がします。

機械的ではない、
自我といえば非常に自我的な生き方ですね。

と同時に、
肉食獣に捕食される草食獣をどこの国も国力を挙げて擁護しないかのように、
直感的には誰しもがわかっている理の敷衍として、
例えば貧困や戦争や災害にあえぐ国や地域があってそれをリアルタイムや未然に回避する方法が客観的にわかっている人がいたとしても、
自然のサイクルに手を入れてはいけない一見したら非常な理から静観に徹しなくばならないのかも。

孔子のいう正直さを保ちつつこのいわば動物の理に対する人の理、
イコールいわば人の理に対する天の理に生きること、
情や何やらから自己本位に流れるのでもなく単に冷めに流れるのでもなく、
この2つをバランスした意識を自我といえば、
それはあってもいいことだとは思います。

先述発展化の話ともちょっと重なって来る話ですね。

261 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 22:15:09 ID:WTh2NKyl
>>258
>はたして?自我を消滅させる事に何か意味はあるのか??
意味という概念は自我が作り出したものなので、自我の消滅は
意味の消滅でもあります。

>消滅などと言われると、あたかも自我が悪いみたいに思えました。
自我が悪いというより、悪の発生源が自我なのだろうと思います。

>自我を押さえるとか、我慢するとかって事は、とても良い事だと思うんですが、
押さえたり我慢したりするのも自我ですし、それを良い事だと思うのも
また自我のなせる技ですね。

>それを否定するという事は、生きんが為に喰う事も否定になりますし、
>時に、ケースに拠っては、呼吸する事も自我の問題に直面してしまいます。
>生存欲の否定になると思うんです。
生体の維持と自我とは別個だと思います。眠っている間、意識がなくても
呼吸はしてますし、生体を維持する機能はちゃんと働いてます。
むしろ、自我の干渉が少ないほうが、生体は健康です。

自我という言葉の解釈が違うんだろうと思いますが、
あえて勝手にレスしてみました。


262 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 22:59:52 ID:+9vw+yIt
>>261
って書き込むあなたの行為はやっぱ自我なわけですか?

ちがうなら何?

263 ::2008/08/07(木) 23:34:42 ID:inYXIxSM
>>262
それが自我というやつである

264 :110:2008/08/08(金) 00:49:29 ID:VNBMC16l
>>260
>意識はあっても自我の消えた状態と論理的にはなるでしょうね。

なんとなく解かります。意識があっても自然で何も考えない状態はありますね。

>肉食獣に捕食される草食獣をどこの国も国力を挙げて擁護しないかのように

そこなんですよね。
そこに人間が手を加えると、人間のエゴが明らかになりますし、
ましてや、偶然、人間が手を加えて邪魔しても、
そうしたかったんだから仕方が無いって、<嗚呼、そうか・・・>
って、程度の話なんだと思うんですよ。

例えば、合コンみたいな飲み会で、先輩がエゴ丸出しで・・・・
なんて事も、気持ちも解からんでもないし、笑って済ませる事が出来れば良いのかな?ww
自分も同じ様な立場なら、やりかねんなぁ〜!って、自戒にもするが吉かな?ww

把さん、俺のつまらん話にレス入れてくれてありがとね!ww

しかし、話かわりますが、
最近まで国際的に爆裂的に価格高騰してきた鋼物資源の価格が、
7月の終りから、暴落してきましたよ。
国際的なコントロールなのか?
それともオリンピックで中国の工場の稼動を止めた為なのか?
今日のニュースでやってましたが、
まさか?原油の価格まで下がるとは、・・・一応想像はしてたけど。
9月までは確実に下がりそうですよ。
適正的な所??まで下がるのか?単なるオリンピック絡みなのか??
自分には、あまり関係無いんですが、相場ってのは面白いですねww

265 :110:2008/08/08(金) 01:15:11 ID:VNBMC16l
>>261
またまた面白いレスサンクスなぁ〜!!

とっても深い話をしてくれたね。
確かに、自我の消滅は意味の消滅って事とも言えるよね。(深いなぁ〜w)

それに悪の発生源にも繋がるって所も納得出来るよ。

でさぁ、俺が何を言いたいか?って、言うと、簡単に自我を悪い事と決め付けるな、
って、所なのよ。多分、俺の伝え方悪いから、ちゃんと伝わらないかもしれないけど、
例えば、草食動物の親子がライオンに食われるのは、
草食動物からするとエゴとか、自我で殺された訳だけど、・・・・・(ry

>押さえたり我慢したりするのも自我ですし、それを良い事だと思うのも
>また自我のなせる技ですね。

> むしろ、自我の干渉が少ないほうが、生体は健康です。

でしょ?上の観点からすると何でも自我になっちゃうでしょ??ww
自我を忌み嫌いするのは、何か変では?って言いたくなる訳ですよ。

ただね、自我と書いて、エゴと読むなら、雰囲気が悪くて良いんだけどww
今知ったんだけど、エゴって、漢字に変換出来ないんだねw
例えばこんな感じだとどう?

<ブッシュのエゴによって、沢山の犠牲者が・・・・>
<ブッシュの自我によって、沢山の犠牲者が・・・・>
なんか変じゃない??


266 :110:2008/08/08(金) 01:22:00 ID:VNBMC16l
>>262
ね、だから自我を悪視しちゃ遺憾よね??
書き込みたければ書き込めば良いしさ、元々俺も何故書き込むのか?って言われると、
実は、書き込みたいだけの事なんだけど、
俺は、自我の押し付けをしてるんだって答えちゃう訳ww

で、質問して良い?あなたにとって自我って悪??
あなたにとって、他人の自我って、悪?害??なんだと思う??

267 :110:2008/08/08(金) 01:31:37 ID:VNBMC16l
>>263
ここ最近の話だけど、俺は書き込み意欲が無くなって来たのかも知れないww
鬼スレは見てるけど、今までだったら飛びついたであろう所も、
入り込まなくなりましたわww

しかし面白いもんで、鬼さんと紙噛むさんの流れは面白いね。
そこで俺が言いたい所は、鬼さん突っ込むべきレス入れる所はそこじゃないだろ?
って、所かなww

268 ::2008/08/08(金) 02:21:36 ID:DDwmdx46
>>267
>入り込まなくなりましたわ
ばかなことで怒ってたなオレと思ったのか
あるいは、文章には何の力も無いと気づいたのか
どちらかでしょうね

>鬼さんと紙噛むさんの流れは面白いね。
全てのレスを読んでいないので、流れは知らない。

269 :110:2008/08/08(金) 03:00:44 ID:VNBMC16l
>>268
>ばかなことで怒ってたなオレと思ったのか

そこまで考えが至るまで、人間が出来てませんわww
考えが変るなら、それも良いですなぁ〜。
感情のままに素直なレスを入れれば良いですね。

文章に力は解からん所ですが、
俺の文章には、力は無いですね。
思ったままの事しか書き込めませんですね。
所詮、怒ってる様な書き込みしか、出来ませんでしたわ。
だからそこに少々疲れを覚えたのかも知れませんww

>>鬼さんと紙噛むさんの流れは面白いね。
>全てのレスを読んでいないので、流れは知らない。

おっと、突拍子も無いレスして申し訳ないです。
面白いなんて思ってるのは俺だけかも知れませんでしたw





270 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 20:10:14 ID:TVCPAINk
>>262
そうです。自我です。

271 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 20:15:25 ID:TVCPAINk
>>265
>でさぁ、俺が何を言いたいか?って、言うと、簡単に自我を悪い事と決め付けるな、
>って、所なのよ。
それはわかりますよ。

>例えば、草食動物の親子がライオンに食われるのは、
>草食動物からするとエゴとか、自我で殺された訳だけど、・・・・・(ry
動物の場合は、人間と同じような意味での自我があるかどうかは
わかりませんが、まぁどっちでもかまいません。

>でしょ?上の観点からすると何でも自我になっちゃうでしょ??ww
>自我を忌み嫌いするのは、何か変では?って言いたくなる訳ですよ。
自我が悪の発生源だというのは、忌み嫌うこととはまた別ですね。
悪=忌み嫌うべきもの、という観念に疑問を呈してみては?

272 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 20:39:57 ID:TVCPAINk
>>266
>で、質問して良い?あなたにとって自我って悪??
>あなたにとって、他人の自我って、悪?害??なんだと思う??
自我=悪または害と言っても構わないでしょうね。
その場合、悪という言葉の意味と、それを忌み嫌う感情とを
切り離して見れるかどうかがポイントになると思います。

他人の自我も自分の自我も、本質は同じです。
自我があってこそ自他の別が生まれるわけですから。
例えて言えば、みんなが「自我」という病に冒されている
ようなものです。誰が罹ろうが、風邪は風邪。

悪というのは、いわば精神的な未熟さの表れだと思います。
悪を行うことが、周囲に迷惑をかけるだけでなく、自分自身に
とっても害をもたらすものであることを理解していないから
悪に走るわけです。

だから、単に悪を責めても意味がないわけで、悪の本質を
理解することが大事なんだろうと思います。悪が自分の首を
絞めるものだとわかれば、悪に手を染めることはなくなるでしょう。

273 ::2008/08/09(土) 01:21:45 ID:9oC7DB9m
>>269
文章に現実味を感じるから怒る
それが文章に力があると信じているということだよ

274 :110:2008/08/09(土) 03:17:32 ID:urKGXsyY
>>273
多分、少しつけたさせて頂きますが、
文章自体、只の文字の羅列ですから、それ自体に力は無い。
しかし、その羅列を見て、人間の意識に働きかける文字によっての受け取り方って
意識が芽生えてしまうから、そこには心の働きかけが生じてしまうんでしょうね・・・
そう言った意味では、文字は力を持つ可能性は大きくあると思います。

つくづく自分は未熟者であった事を思い出させて頂きました。
ほんとありがとう!!

鬼スレでの凡さんの書き込み楽しみにしておりますよ。
またいつでもお力お貸し下さいね。


275 :110:2008/08/09(土) 03:31:27 ID:urKGXsyY
>>271
わざわざレスありがとう。

嗚呼〜、今日は見つかる所が沢山ありまして、
今の段階では、なんとなくって感じですが、今日は久々に勉強したって感じになった。

>悪というのは、いわば精神的な未熟さの表れだと思います。
>悪を行うことが、周囲に迷惑をかけるだけでなく、自分自身に
>とっても害をもたらすものであることを理解していないから
>悪に走るわけです。

>だから、単に悪を責めても意味がないわけで、悪の本質を
>理解することが大事なんだろうと思います。悪が自分の首を
>絞めるものだとわかれば、悪に手を染めることはなくなるでしょう。

ほんとその通りですね。
特に下の段、そう思います。
今日は、いい話見させて頂きました。

276 :把秋木:2008/08/10(日) 03:17:55 ID:JQLcN5ww
>>264鉱物資源の暴落は生産過剰後の一段落といったところでしょうか。

日本の不動産業界みたいなものですね。

もっと身近?につなげればスターバックスの凋落みたいな。

ある程度の変動はサイクルとして自然なこととしても、
何事にかけても皮算用でもなく石橋を叩いて尚渡らないでもない中道さが大事なのかも知れませんね。

相場は、
債権に確かな道筋を感じる昨今、
本来の投資的な心ある世界に戻る潮時なのかなとか思ったりしてます。

投機的とドライに割り切る時代もありとして、
一方から投資の心で裏支えするのも先述のバランスした直き心に通じるのかな。、

飲みの席におけるエゴも本当に明るいものなら、
いや暗いぐちでも長期的にみて影響の正負がとんとんならいいと思います。

長期的にみて組織における悪性の派閥づくりに悪用されてるとかでない限り、
オーケー。

早稲田のスーパーフリーみたいなのも本当に明るくてロマンチックなものならゆるせるのかも。

これらすべてにおいて冷めてしまってる人間とかより健全さを感じます。

ただこれらすべてにおいて誰か中長期的に悪いおもいをする人がいたら、
その人にはこれが世界の正しい理なんだよとか言ってはいけない、
そういう線引きは重要な気がしますね。

277 :110:2008/08/10(日) 18:31:12 ID:3/6wQc27
>もっと身近?につなげればスターバックスの凋落みたいな。

スターバに関心がないから良く解からんのですがw
きっとそんなもんなんでしょうね?

でも、今回の下落の要因は、恐らくの想像ですが、
オリンピックに伴う産業のストップと、車両の通行規制なのかな??
原油価格まで影響を及ぼすのだから、中国の消費量は莫大なんでしょうね?

債権って所は、国債を買うって事でしょうから、
自分には良く解からん事ですが、市場株の様な値動きの様な幅も無く、
安定した金利なんでようね?

>本来の投資的な心ある世界に戻る潮時なのかなとか思ったりしてます。

把秋木さんの様な心構えなら、とても良いと思います。
それいけ!的な昨今の市場の動向に乗っかり続けるのも、
結局は自分達の首を締めるのに手を貸してるだけの様な気がします。
ますます貧富の差を付けるだけですね。
金持ちしか生き残れない様な、隠れた民族浄化に進んでるでしょうねw



278 :110:2008/08/10(日) 18:32:23 ID:3/6wQc27
男が女を落とす時のエゴですか、
そうですね、現代では現代的な物が産まれるでしょうし、
それもある意味健全って言えば、健全?なんだと思いますww

>ただこれらすべてにおいて誰か中長期的に悪いおもいをする人がいたら、
>その人にはこれが世界の正しい理なんだよとか言ってはいけない、
>そういう線引きは重要な気がしますね。

そうですね、ほんとそう思います。
2ちゃんってのは、そう言った所の意見をぶつけ合い、
中和点を見つける場所であるという認識が進む事は、悪く無い傾向になる気がします。


日常生活におけるエゴの話を、解かりやすく話して頂けたと思います。


279 :110:2008/08/11(月) 01:04:32 ID:3xKDoD8B
しかし、どこぞのスレでは、高霊とか、守護霊がとか、言う奴等が、
論争を繰り返してるみたいだけど、高い次元の人達ってのは大変だなぁ〜。
高次元の霊性を持った守護霊を持つと、引っ込みが付かないって事なのかな??

良く修行と言う言葉を見かける。
それ自体は、とっても良い事だと思う。
彼等にとっては、論争に負けない事が修行なんだろうか?
前にも言ったが、霊性の高いなんて言ってる人に、
返す言葉が、馬鹿だの何だのが多い所が面白い。

修行と言う書き込みを目にして、何を持って修行と言ってるんだろう?
って、思って軽く書き込みを読んでみると、
スッパダカーだか??瞑想して呼吸を何とかして?みたいな事を修行と称している様だ。

それって、修行だと思ってるのか?
坐禅して瞑想して、なんて、自分のしたい事だよな??
まぁ、良いんだが・・・・。
確かに、オナニーなんてのも、想像して、イメージを沸かして、
神経を集中させて、めったな事では簡単に動ぜぬイチモツを作り上げる訓練だ罠w

つう事は、彼等の言う悟りとはオナヌーの射精の様なものかも知れんね??

俺も、高い波動でオナヌーしてみるか!!

280 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 11:38:48 ID:aP+TVVIV
遥かなる太古  無量恒沙の時
そこに光が在った
大いなる光が在った その光は
すべての霊を一つのものとして 
包羅していた
大いなる光には力があった
あらゆることを成し得る力があった
その力は大いなる愛によって満たされていた
そして熔輝せし大光が 無限の時を経て 150億年前
大宇宙軸へと放たれた

我は光 
我は光
汝よ あなたが光の中にいることを感じなさい
光の中に包まれていることを 強く感じなさい
あなたの中に 常に
光が満ち溢れていることを感じなさい

光は常にその内にある
光は常に我らの内にある
そして光の内に我らが存在する
その光を いま この場で感じるのだ

我は光なり

その光より力が出ずることを感じなさい
偉大なる力が出ずることを感じなさい

http://newtypesuniverse.com/



281 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 17:34:57 ID:5Pw+j0mm
凡さん、こっちにいたのね、鬼スレで、唯一まともな書き込みで読める内容。

282 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 17:49:36 ID:5Pw+j0mm

うーーん、内容のクォリティーの高さがおもしろいなあ、悪い意味で無く。

283 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 19:08:26 ID:GZ/eTRLD
>>281 ぜんぜんそうは思わない。この手の書き込みは凡の自作自演
ではないか?とおもわれ。あの無責任かつ前後の読解力の
ない放言のどこが 読める 内容なのか?

284 :110:2008/08/11(月) 20:55:17 ID:uvlzNdb2
>>283はポッタンの成り済ましの人とIDが同じだった。
粘着具合と良い、良い味出してますなww
ポッタンも凡も嵌めたい訳だ?ww

このスレは誰が建てたか解らんスレで、
スレ主いなくなったし、俺がいる限りクソスレだぞww

俺自身、このスレはいつでも手離せる。

凡は、このスレでは大事な客人なんだよ。
寝言はここで聞かせんでもええぞww

詳しい事知りたい人は、読んで味噌
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1216257931/

285 ::2008/08/11(月) 21:58:24 ID:le9alz+A
>>281
>>280は違うよ
我は光って書くわけない

>>284
>あの無責任かつ前後の読解力のない放言のどこが 読める 内容なのか?

責任あるわけないし
前後読んでないこともあるし
言ってみれば放言みたいなものだ

だから、そちらが気にすることはない

286 :110:2008/08/12(火) 02:21:00 ID:XFamKW+x
>>285

そうですなぁ〜、
俺とて責任感背負って書き込んでるか?って言われれば、そんな事無いしw
俺も所詮、くだらない放言でしたわww

なんか、偶然が重なって噛み付きっぱなしの一晩でしたわww


287 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 09:01:54 ID:T+T5VCiu
偶然ではない あちこちに噛み付いて救いを求めている
それが110の真の姿だ
素直になって教えを乞う姿勢さえ見せれば救われよう
しかし110は自我を最低レベルで固定させているから無理な相談か

288 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 16:43:40 ID:tGGTvNIt
>>287
そうか、そうかww
チミは>>283だったのかな??まぁ、何でも良いがww
俺は別に救いなんて求めてない。なのに何故そう貴兄が思うのか?
考えてみると、君が他人を見て浮かぶ判断の感情ってのは、
自分に向けるべき、自分の心の叫びみたいなもんなんだろうなww
どうして俺が救いを求めてるって思うんだい??
鬼スレで面白いもん見つけたよww

>163 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/12(火) 09:38:50 ID:T+T5VCiu
>俺の財産が今ここで完全完璧で稼ぐ必要がないとは思わんけどなぁ
>164 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/12(火) 09:40:36 ID:T+T5VCiu
>不足といえばまだまだ悟りの知識が足りないし
>地位も金も名誉も足りない。ぜんぜん足りない。
>話にならなくて社会に加われないくらい。
>時間も足りねえ あせりだけがある。

全く俺と正反対の比例の具合だな。
俺は悟りを得ようとも思わないし、
別に地位なんていらないし、金も十分だ。
退屈な自由を味わいながら生きてるから、生きる事にあせりなんて無い。
しっかり龍賢に教えを請うてこいな。鬼スレで遊んでなさい。



289 :110:2008/08/12(火) 16:48:10 ID:tGGTvNIt
龍賢は、丈夫な奴だなwwしっかり龍賢に鍛えてもらいなさいね。

>177 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/12(火) 10:14:39 ID:T+T5VCiu
>頭の良い人は斜め読みで一回で良いということですね わかります。

>▼ 180 名前:龍賢 ◆0AQsI3ED.A [] 投稿日:2008/08/12(火) 10:20:38 ID:cu/jt6qE
>>177
>> 頭の良い人は斜め読みで一回で良いということですね わかります。

>「わかります」と言ってるけど、君は頭が悪いんだろ? じゃあその理解は違うかもしれないと思えよ。
>その矛盾が瞬時に分からないというところから見ても、頭悪いってのは分かるよな?

なww鋭い指摘だったなww自分の姿、良く見ておけよww
もう来なくて良いからなww

290 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 17:13:16 ID:tGGTvNIt
>>287
自我については、このスレには>>282の(おそらく大王)が言う様に、
なかなかクオリティーの高いレスが残されていると思うぞ。
でも、多分、今の君には理解出来ないだろうな。
無理な相談って所の自我すら理解出来ないだろう。
理解出来ないんだから、理解しようなんて思わず、丸出しで構わんよ〜w

291 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 18:29:01 ID:sCqeP/wt
>>288 さとりたくないのに宗教板に来てるんですか
 自己欺瞞に覆われてますね。

292 :110:2008/08/12(火) 20:51:55 ID:tGGTvNIt
>>291
それで構わんよ〜!はいはい俺は自己欺瞞。君がそう思うならそれで構わん。

中華、悟りたいから宗教板に来るものなのか??へぇ〜。
どうでも良い話だが、自分のしたい事とかに理屈付けてどうする??
随分、不自由な考え方だなww
じゃぁ、宗教板に来る奴は、みんな悟りたいから来てるんだな??
では、聞くけど、宗教板で悟れたかい??宗教板に悟りは落ちてるんだな?
では、>>291にとって、悟りって何だい??

俺が思うに悟りなんてものは、宗教板だろうが、ニュース板だろうが、
何処にでも落ちてる物を見つける様に、簡単に、必要なだけ見つけられるだろう。
日常生活の中でも簡単に見つけられるだろうさ。
悟りたいなんて思わなくっても、簡単に見つけられる物を、
見つけたいなんて思って良く無いか?
他人が自己欺瞞であるなんて、そんなもん見つけてどうするよ?

293 :神も仏も名無しさん:2008/08/12(火) 21:06:24 ID:AASA+PBk
>>292
では宗教板やこのスレに何をしに(何を求めて)来ているのですか?
したいことに理屈を付けないとありますが、他の行為よりこの行為を選んだ理由が自分の中
にあると思うのですが

294 :110:2008/08/12(火) 21:10:24 ID:tGGTvNIt
例えば、このスレの>>282>>283の違いを見て味噌。
同じ物を見ても、これだけ差異のあるモノなんだよ。
何でこれだけの差異が生じるのか?考えてみたらどう?
でも、>>283的な感じでも仕方ないんだよ。それが良いなら仕方が無いと思ふ。

悟りって何だろね?糞の上に乗かってないか??

295 :110:2008/08/12(火) 21:24:53 ID:tGGTvNIt
>>293
求めてる?何も求めて無い。
理由、ただなんとなく。

何年前かな?宗教板来たの。どんな感じなんだろって感じかな?
その辺りの興味本位だった。
面白い奴見つけたよ。そして、すげえ奴にも沢山会った。

なんで生きるのか?その理屈を持ちたいってのも解かる。
生きるのに、理屈なんてどうでも良いだろうって考えって理解出来ないもんなのかな?
どうでしょう?

296 :110:2008/08/12(火) 21:35:22 ID:tGGTvNIt
>>293
なんでそこに拘るの?他人のそんな所の理屈なんてどうでも良いでしょ??
一回、何処かのスレでアンケートでも取ってみたらどうよ??



297 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 00:04:33 ID:5iCpj5SZ
ほんとに、このスレは鬼スレと違って内容があってグッドだなあ。

しかし、今日、家の仏壇相手に浄土宗勤行一式やってみた、幸せだなあ、
しかし、日本仏教は自己他者存在空間を真面目にやる仏教よりも、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗の様な、
勤行至福仏教が主流なんだろうなあ、とふと思う。

しかし、日蓮仏教は不思議な仏教だなあ、日蓮仏教の教義はどう見ても、修行系仏教の教義のスタンスで見ると極端な異端な割りに、
勤行の至福精神領域がある。日蓮の思想は異端過ぎてついていけないのだが、
勤行の精神至福領域は良い物がある、イスラム教もそうだが。

298 :110:2008/08/13(水) 00:31:08 ID:xoc5Aj+X
でもさ、俺も生きる意味を探して歩いた記憶はあるよww
でも、きっとその答えにぶち当たる事は無いって、思ってしまったんだ。
所詮片側の考え方を選択したに過ぎないんだから、
どこまで行っても見つけられないって知ってしまったww
だから探すのを辞めたんだと思うよ。

でも無意識で探すてしまう時はあるよ。

299 :110:2008/08/13(水) 00:36:10 ID:xoc5Aj+X
>>298
んな事は無いしょww鬼スレもここも変らんしょ。

後は鋭い指摘だと想像する。(詳しい事は解からんので・・・。)

300 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 00:36:43 ID:5iCpj5SZ
110さんの書き込み内容はおもろいなあ、悪い意味でなく。

301 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 00:38:01 ID:5iCpj5SZ
いや、鬼スレは霊媒を楽しむセンスがいるからなあ、守護霊研究能力が必要だからなあ。

302 :110:2008/08/13(水) 00:41:53 ID:xoc5Aj+X
いやぁ〜!面白いなんて思ってくれるなら、正直・・・まぁ、どうでもいいかww


しかし、俺、なんでこのスレにいるんだろう??
訳が解からんなww

303 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 00:42:40 ID:5iCpj5SZ
しかし、鬼スレの霊媒的世界観とか、異様な新興宗教的世界観は意味不明だが、存在する感じはあるなあ。
関わりたくは無いけど、
天理教の近くを通るだけで、霊的感触がなんとなく、

ああいう非合理な霊的感覚とはなんだろうなあ。
人間は全て高級では無い神だとか、
故に、鬼の悟り、龍犬の霊媒が存在するとか、
うーーん、不思議だなあ。

304 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 00:44:24 ID:5DShCATy
へぇ、こんなところがあったんだー。
ちょっとのぞかせてもらいます。

305 :110:2008/08/13(水) 01:06:03 ID:xoc5Aj+X
>>303
多分ね、そう思ってしまうと、それが事実になるんだよ。
そしてそう思って生きる事に、良い事も沢山あるんだと思う。
そして高級だとか何とかは、謝った認識だと知れば何時かはきっと段々変る。

そこは、如何に信じきるれるか?って所がポイントなんだろうから、
そこに逝けなければ探しても見つからない気がするね?w
いつまでも探してる俺には受け入れられない様に、
そこを受け入れず探してる俺の様な奴には、見つけ難い可能性も多いんだろうね。???

でもさぁ、探さなくって良いだと思うよww

306 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 01:17:04 ID:xoc5Aj+X
俺もそろそろ名無し戻すわww

>>304
ここはスレ主いなくなってしまったスレでして・・・・。
別に乗っ取るつもりなど無く、自然にこうなった。

このスレにいる人は、>>1の様な人を応援したいだけだと思うぞい。

307 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 01:43:42 ID:5DShCATy
把 秋木さんが気になります。
お名前なんと読むのでしょう?

agepan sagepan なにやらお茶目。

308 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 01:54:42 ID:xoc5Aj+X
ね、なんて読むんだろうね??
俺もコピペでしか出せんよww
またここを覗く事があったら、教えてもらえればいいね。

309 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 08:08:28 ID:I3AfZwU8
悟ってます。何か質問ありますか

310 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 09:07:01 ID:bvoz0+iy
>>309 どんなことがはっきりわかりましたか?

311 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 09:53:39 ID:I3AfZwU8
>>310
世の中のからくりが分かりました。


312 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 15:10:55 ID:xoc5Aj+X
>>311
それ、面白い話だねwwそのからくりってどんな感じなの?
それと、悟りって何?



313 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 17:05:36 ID:I3AfZwU8
>>312
はい、みんな坦々としていました。
一切が分かりました。
それが何か分からず、とりあえず悟りと名付けました。

314 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:01:04 ID:CUPXOwmA
>>313
感情はありますか?
視覚や味覚などはどんなですか?
睡眠や身体の動きは変わりましたか?

315 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:15:04 ID:xoc5Aj+X
ふ〜ん。なかなか淡々としてて良い感じやねww
悟ったと言う人達を見てみると、
錯覚と、思い上がりと、妄想を、それと言ってる様に思える。
貴兄の話は、それに似ているから、
悟ったと言ってる人には、貴兄も認められると思うよ。
>みんなが淡々としてる=思い込み、
>一切が解かる=錯覚。
随分な思い上がりが見られないだけ、貴兄は良いね!

坦々と、淡々は、意味が違うよね?前のは分担されてるみたいだね。
例えば、こんなのを分析して頂けるかな?
>人は皆、淡々としていました
>一切なんか解かる訳ないと思いました。

>それが何か分からず、とりあえず悟りと名付けました。
最後のこの言葉は良いね!きっと皆、そんな感じなのかも知れないね?
俺もそんな感じの表現だったら好きだよ。

316 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:16:14 ID:I3AfZwU8
こんなのは、どう?
自分の腹をナイフで切り裂いて、その自分の心を観察しました。


317 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:27:58 ID:I3AfZwU8
暇なの答えます。

@>人は皆、淡々としていました
A>一切なんか解かる訳ないと思いました。


@は人の話です。私は他人の中に入っていくことができず、憶測でしかない。よって、人は皆、淡々としているかどうかは不明です。
但し、あれを除けば、人は皆、淡々としていると言える。

@とは異なり人の話かどうか言いきれていない。よって、これを発した人に聞くのが一番いいです。


318 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:31:36 ID:I3AfZwU8
なお、@にいて、人の中に私自身を含んでいるので、私自身について言うと、坦々としている自分と、そうでない自分とがいる。

319 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:32:10 ID:I3AfZwU8
Aについては、@とは異なり人の話かどうか言いきれていない。よって、これを発した人に聞くのが一番いいです。

320 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 18:47:36 ID:xoc5Aj+X
あれって何?

>@は人の話です。私は他人の中に入っていくことができず、憶測でしかない。
>よって、人は皆、淡々としているかどうかは不明です。

するってぇ〜と、
>はい、みんな坦々としていました。

ってのは、人を見て、あなたがそう思ったって事ですよね?
そこ憶測って事で良いですか??

俺が伺った、Aについては、言い切れてないと言われますが・・・・・ww
解かる訳が無いって思いましたってぇのと、解かる訳が無いって、言い切るのと、
・・・・・・・・・・・・。

俺もアホだから、そんな感じの表し方する時もあるけどさww・・・・・・・。

言い切る事に拘る人は、アレを解かって無いと思うぜww
で、言い切る事と、言い切らない事、どっちが良いの??


321 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 19:24:17 ID:I3AfZwU8
>>320
「あれ」は企業秘密です。
それと、「みんな」については人を指しているのではない。憶測ではない。

322 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 19:29:36 ID:I3AfZwU8
>>320
言いきってもらったら回答できる。


323 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 22:37:35 ID:xoc5Aj+X
みな坦々としているってのは、形容詞??
君の主観なら、坦々としていると思いましたでも良くないか?

一切がわかりましたなら、本当に一切が解かって、これから先に変化が無いって事でしょ?
言い切れるとか、言い切れない所に拘るのは、思い上がりの度合いだよな?

あれを覗けばと言ってるけど、すでに坦々としている物で無い物を見つけてるじゃんw
だから言い切るなよww
移り変わる何かが多いんだから、人間の考えも一過性の考えもある。
言い切るって事は、そこの一過性のその時の思いを表してるに過ぎないだろ??

俺もたまにやるが、自分が語る言葉に酔うなよ。

324 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 22:50:33 ID:/X9VtKSg
他人の経験を言葉で聞いてもわからないものだが…
なので仏教は体験主義であり、悟りは言葉にできない(不立文字)という
でも悟りとはどーたらこーたらだと言ってるけどね
でもそれは言葉にできないことを前提にあえて言ってる
悟りは体験したものか、間接的に体験者同士でしかわからないものなので、悟りを知りたい
人は自分でなんとかするべきでしょう
他人の悟りをあれこれ言うのは…まあ言いたくなるのかね

325 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 22:54:02 ID:xoc5Aj+X
世の中のからくりがわかりましたとあるが、
それをここで言って、みんなに伝わるだろうか?
所詮、そこも解かった様な気になってるに過ぎない様に思えるぞ。
そこを言い切る奴なんてとんでもない奴で大作の様な奴のセリフみたいだぞ。
(大作なんてしらないけどww)

大体、>>316の例えを出す奴に相手をする俺が遺憾わなぁww
貴兄も、俺も、只のアホやろww

326 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:13:21 ID:xoc5Aj+X
>>324
何をもって悟ったとするのか?悟りとは何か?
こちらとすれば、聞いてみたい所ではある。
まぁ、聞かずとも、<俺は悟った>と言って現れる奴が軒並み出てくるから、
聞いてるんだけどね。
このスレでもそう。悟ったと言いたい奴が建てたスレ。
で、そこで聞いちゃ不都合でもあるんでしょうか?

327 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:26:43 ID:xoc5Aj+X
悟ったとする奴は、何故人にそれを言いたがるのか??
何故スレまで建てて言いたがるのか?
悟ったとして、論議の場に自ら出て来て、
悟ったとするなら、その反対意見が出る事位想像出来るだろうって、思ってましたわw

自分が悟ったと思って、掲示板で確認したいなら、それは良い。
それなら、その期待に答えて、あれこれ言ってあげる。それだけの事。

馴れ合いたいのか?なら他の手法へ向かうべきだと思う。


328 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:33:48 ID:qCy1b17W
以前に見性したって言う人に自分の体験と比較してみたかったんだけど、駄目だったな
仲間なんて本当に少ないし孤独だよ


329 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:43:19 ID:6oFIj0Ek
>>327
スレを論議の場だと言う時点であなたの性格が出てますね
スレなんて今日おっきいウンコが出たってだけで立ったりするのになんだかなあ
悟りの経験をしたからちょっと書いてみただけでもいいんじゃない?
確かに宗教板は言いあいが多いけどさ

ただ、内容が悟りだからっていちいち「あれこれ言ってあげる」なら、それはそれで悟りに
対して過剰反応でしょう
悟りになにか嫌な思い出でも?

まあ2ちゃんらしくていいのか

330 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:45:42 ID:6oFIj0Ek
>>328
そうだね
悟りや神秘体験は自分でも何が起こったのかわからないから誰かに聞きたくなるね
それぞれに同じだったり、少し違ったりするし
どんな体験したの?

331 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:47:00 ID:xoc5Aj+X
>>328
>仲間なんて本当に少ないし孤独だよ

仲間がいなけりゃ駄目なのかい?
仲間がいても良いし、いなくっても良いんじゃ?
孤独なのは良いけど、それで寂しい気分なら、持ち様が遺憾気がするよ。
その見性した人がどうかは解からんが、そりゃ比較にならんと思うよ。

仲間がいなくっても、沢山いると思えるぐらい思い込めれば良いんじゃないかな??
孤独なんて、とっても楽で素敵な事ではないんだろうか??

心配するなwあんたも俺も孤独な奴よww

なんかしらんけど、ここで色々書き込むなら、全力で叩いてあげるよ。

332 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:47:33 ID:ogWCI1iM
>>328 お聞きしますが、あなたは悟ってるの?

333 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:50:11 ID:xoc5Aj+X
>>329
やっぱその手合いだったかww

334 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 23:52:41 ID:xoc5Aj+X
>>329
だなwスレなんてうんこの様に建てちゃうんだよ。悟ったって奴がww

335 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:01:34 ID:BLCOmWWM
>>330
全てを等しく感じるというか>>324さんがいいこと言ってる
>>331

周囲の人間との温度差が孤独を深めるのかも
>>332

悟ってたら孤独を感じたり仲間を求めたろもしないよーな?

336 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:07:21 ID:BLCOmWWM
>>331

何か色々と勇気付けてくれてありがとう
日々一つ一つコツコツ行くしかないのかなって
結局

337 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:09:30 ID:EmsG+SbU
>>335
周囲との温度差を感じる事が悟りであって良いのかな?
周囲との温度差を気にしなくなるに至るなら、良い感じじゃないかな?

周囲との差異も無く、周囲と自分がなんら変らんと思えたらすごいよね?

338 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:13:16 ID:EmsG+SbU
>>336
そうだね、コツコツ行くのが良いよ。
もしかしたら、みんなコツコツ行ってるのかもよ。
繰り返す日々で、少しづつ行けば良いのよ。


339 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:18:57 ID:BLCOmWWM
>>337

それはそうだけど普通に生活してる周りの人間との温度差はかなりのものだよ
しかも証拠が体験だけで
ドラえもんのどこでもドアみたのび太が、何の知識もなくどこでも自由に行けるドアがあるんだみたいな展開もキツイ

宗教ってそこらへんは本当にキツイよね
へたに科学で色々解明されてるから

340 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:23:51 ID:BLCOmWWM
>>338

おーまたまた
アドバイスありがと
色々と導かれるままに宗教の本は結構持ってるんだけど、なかなか禁欲とか地道にコツコツが難しいです

341 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:28:26 ID:LgZnq7b3
>>339
それはやっぱりそう感じる自我が残ってるんじゃないかな
空を体験しつつも空と空以外に分けちゃう自我が

自分が体験したものも、周りの人間の温度もどちらも同じだと思うかな
自分の自我が温度差を感じちゃってるだけで
温度差なんてあるのだろうか?自我の錯覚では?
それらを分けちゃうのは自我が起こってきている証拠なんじゃないかな

342 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:30:51 ID:BLCOmWWM
ひとつ言っておきますけど、ここの1さんは良いこといってますよ。
タンスの角につまさきをぶつけての感謝でもいい
スポーツでも会社勤めでも辛くても感謝です
宗教はひとつの道なだけで神に至るには多くの道があるんだって
そう思います。

343 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:35:14 ID:EmsG+SbU
>>339
>それはそうだけど普通に生活してる周りの人間との温度差はかなりのものだよ

それは良く解かる。考え方が違えば、違和感は当然ある。
だけどさ、そんな違和感なんぞは中学生の頃の俺でもあった訳でww

目の前に現れた温度差をどうするかを考える所が面白い所じゃないでしょうか?
温度差を感じているのは、俺達の様な人間だけで無く、
周囲の連中も、きっと違和感を感じているんだと思う。
違和感を無くしたいなら、相手に対して違和感を抱かない様にすれば良い。
ゆっくり時間をかけて、自分の目の前に現れた現象すらクリアーちゅうか、
一歩昇れずどうする??
繰り返される日常で、一歩一歩、試す様に進んでいくしかない様に思えるよ。

まず何が出来るかな?せめて自分が周りに対して違和感を感じない様な考え方を作るのが一番初めかな?

344 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:37:00 ID:BLCOmWWM
>>341

それは本当におっしゃるとおりですけど、体験してみたら解りますって
>>324さんが言ってるとおりで
ハッキリ言って
今の自分に、あの領域をずーと保てとか、それ出来たらインドとかで辛い修行してる人とかに対して申し訳なく感じます

345 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:43:08 ID:EmsG+SbU
>>340
禁欲なんてしなくって良いのよ。
そのうち必要ならやってくる。
只、禁欲をした事で違いは当然出る。外にでたから百円拾った、出なかったから拾えない程度の。

コツコツ、少しずつやってみて楽しんではどうだい??
理解されようなんて思わず、他人を理解してあげる事から始める。
で、そういった所ってのは、中和されて行く事に繋がると思うんだが、
今の俺には、温度差を無くすには、それしか想い浮かばない。

346 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:48:05 ID:BLCOmWWM
>>343

温度差と言うか自分ひとりの胸にしまっておいていいのかというか
絶対実在は究極の現実のことですからね
まあ、ひとつひとつコツコツ処理していくのが賢明なのかなあ?
難しいやw


347 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:49:22 ID:LgZnq7b3
>>344
いや、自分もそれなりに体験あるけどね
行きっぱなしを恐れるのは恐れる自我が残ってるからだと思うヨ
こちら側の記憶や経験のせいだろうね
あの領域っていうけど、行ってる間はそれが普通だからね
辛い修行なんてどうでもいいんだよ
修行が大切と思ってるなんてこの世の全てが修行と思えてない証拠だし
申し訳なく思うのも自我
体験したんなら、そんなものどうでもいいとわかってるんじゃない?
この世の全てはみな同じ

348 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 00:59:31 ID:BLCOmWWM
>>347
そう言われたらそうですね
まあ、自分の場合
もともと宗教には興味無くて、体験から色々と始まったクチなんで
ただ神様は遠いですよ、ビビらす訳じゃなくて
色々と書けないのが残念だけど、あの領域でもスタートなんだろうか?ってくらいに

349 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 01:03:29 ID:BLCOmWWM
ああ言葉が悪かった
ごめんなさい
スーパーサイヤ人が普通になるように、お互いがんばりましょうw

350 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 01:11:27 ID:LgZnq7b3
>>349
そうそう、スーパーサイヤ人が普通になるようにw
界王拳が500倍で使えるくらいね
んでそれが当たり前ってゆーw
ありがとー、あなたもがんばってーノシ

351 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 01:18:57 ID:LgZnq7b3
まあ、体験してない人には悟りとかって現実の延長だからなあ
思考や感情のコントロールとか

でもアレはそういうものとは全く違うものなんだけど
そういった全てが消え去った後にやってきた無限の何か
自分も最初はアタマがおかしくなったかと思ったし
神とか仏とか言いたくなる人の気持がわかったかな

まあ、神も仏も無いんだけどね
あるといえばあるし無いといえば無いといううか、あってもなくてもどうでもいいという意味で、
無い
でも日常の感覚を少しでも持ったまま体験するとそういうすがるものが必要になっちゃうん
だろうなあ

まあ、何度か体験するうちに、慣れたり、よりクリアーになって、何も比べなくなっていくんだ
けどね
なかなかむずかしいなあ

352 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 01:33:38 ID:EmsG+SbU
スーパーサイア人って良く言う人間を知ってるが、・・・・。
まぁ、俺はそれを否定しない。
体験なんて過去の出来事をいつまでしがみ付く?
インドのサドゥーは開けた奴でフレンドリーな人が多くないかい??
こんな感じで。

http://jp.youtube.com/watch?v=6gQNQMSDiI4

http://jp.youtube.com/watch?v=sS_bNwnFl60&feature=related

過去の体験なんぞはどっか奥底にしまっておいて、忘れる位までにしとけw

上の動画、アメリカ人が若い時にインドに行って、サドゥーになったって奴ね。

353 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 01:41:55 ID:EmsG+SbU
>>351
>まあ、体験してない人には悟りとかって現実の延長だからなあ

それを思った瞬間から、貴兄が体験してないと思ってる相手に追いつけない。
そんな気がするよ。

354 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 02:07:46 ID:EmsG+SbU
>>351
>まあ、体験してない人には悟りとかって現実の延長だからなあ

それ非常に恥ずかしい事を言ってると思わない??

355 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 03:46:19 ID:BLCOmWWM
>>351

そこまでいけるなんてスゴイ!
あの領域っていうか、自分はいままで数回しか体験してないですけど、

個人的に作曲家のバッハさんとかもきっと体験してたんじゃないのかな?とか音楽聴いてたら感じますけど
言葉より音楽に例えたほうがより近いのかも?

356 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 03:52:58 ID:BLCOmWWM
>>352

以前に世界紀行見てて、修行者が出てたんですけど、いい目をしてるんですよね〜
じっと相手を見据えて落ち着きのある
あんな目をした日本人とかめったに居ないですよね

357 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 03:59:25 ID:EmsG+SbU
まぁ、なんとなく解かった感じだが、
ここに来る<どうやら悟りを開いてしまった様だ>と言い出す連中は、
なんらかを用いて、覗けた体験を至高の体験として捨て去らずにいる。
それは体験はしたが、その体験を説明(自分に対しても)する考えを持たない。
体験してない人との差異を作りあげた。
体験してないとする人の思考の末の恩恵も知らずか忘れ去りか?
はっきりした事は一つ、温度差は、そんな体験者自身が作り上げたって事。

これは、このスレの前半で色々説教垂れた人の言ってる事が正しかったなww
そんな説教垂れてくれる人等は、もしかしたらその至高体験を経験の上の意見かも知れんな。

どうやら、菌か?酸か?混ぜ物一杯の玉か?を用いての体験を語るスレだった様だ。
お梵休みだし、面白いワナwwいっぺん40倍の猿でも体験して味噌。ダッツラはどうだ?
俺は、以前此処ぞのスレで、これからはそう言った若い奴等が出て来るって言った事があるが、
そんな若い奴等の才能を信じてる。

刀は、叩きあげないと鈍ら刀にしかならない。しっかり叩きあげられろww
それとももう40歳過ぎた奴が言ってるのかな??

358 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:11:44 ID:EmsG+SbU
>>356
それを見て、そう思えたら、きっと君もそんな人間になれるさ。

2ちゃんでは、その逆が多い。悪く見えてしまうのは、
見方がそのままを見てるだけかもね。でも、それは自分がそう見てるだけなんだろうね。
それが悪いなんて全然思わんよ。
更に前向きに見れたら、もっと素晴らしいかもって話。


359 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:12:47 ID:BLCOmWWM
>>353
個人的にもっと多くの人に体験してほしいですけど
悟ったといわれる人も数多くいて欲しいし
ただ勘違いされたくないですけど
別に自分は選ばれたとかにならないですから、そんなエゴはつつぬけ


360 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:21:55 ID:EmsG+SbU
それは、君が多くいて欲しいって思ってる様な人を、
君自身が見つけられないだけ。
悟ったなんて言う輩と、そこらのおっさんと変りは無い。
ただ、悟ったと言う輩に、エゴの強すぎる奴は多い。

俺は子供の頃からホームレスにあこがれた。だが成れぬ。
もしかしたら、悟り具合は彼等の方が上なのかもね??

361 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:23:42 ID:EmsG+SbU
>個人的にもっと多くの人に体験してほしいですけど

これは究極のエゴじゃないのかな??

362 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:31:06 ID:EmsG+SbU
うわぁ〜!俺、360で、意識して言い切ったけど、
もっとも、本当にそう思うんだけど、
言い切るのには、違和感を感じるな。非常に恥ずかしい。

363 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:44:49 ID:BLCOmWWM
いやいや、言いたいことは凄くわかりますよ
自分も、もともとは宗教には縁がない人間でしたから

ただ悟りと言うか空、絶対実在は存在します
自分のいままで経験してきたことからおそらくですけど、具体的には原子より遥かにちいさい
どのくらい小さいのかもよくわかりません
それと五感でも認識できないものらしいです

空と等しくなったときだけ姿を現すらしいです



364 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:49:30 ID:BLCOmWWM
空と等しくなる=悟りらしいですけど、ヒンズー教ではブラフマンとも言われています
そのような大雑把ですけど、ものらしいですよ

365 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:50:37 ID:EmsG+SbU
>>359
自分は選ばれたって錯覚を持っても良いと思うよ。
だけど、それにはそれなりの試練が待っていそうだねww
ただ、それだけの話だよ。

エゴや自我を否定出来る人はいないと思うよ。
それなりの結論しか産まれないから、注意を促す人がいるだけかもね?

366 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 04:56:43 ID:BLCOmWWM
科学で解明するとか凄く時間の無駄ですよ
そこらへんの何でもないアスファルトやいつも手に取っているボールペンが実は何で出来てるか?

原子なんて多分最小には程遠いです

367 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:06:49 ID:EmsG+SbU
空を追うのか??
俺個人的な考えで、しかもそのくだらなそうな空を考えた事少ないし・・・ww
空より有しか思い浮かばん。時間も空間も過去も未来も有としか言えないんだ。
空なんて、仕事の工程考える時に、頭がからっぽになる位でww
空の状態を覚えていられる事が空なのかな?って思ってしまう。
憶えていられるなら、有なんじゃないかな?って思うよ。
からっぽになる事が悟りとするなら、素晴らしい事だと思うけど。
空の話をしてる人を斜に見てみると、有にしか見えないもんww

ただ、本当に俺は空について考えた事がないから、解からんよ。
だけど、空になった時に現れる何かか・・・面白そうだねw
こんど突詰めてみるよ。


368 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:10:20 ID:BLCOmWWM
心というか自我というか本当の自分は何なのかってことですよね?
心さえも自由意志のようで眠りとか法則性に支配されてるし、細胞とか血液も自分の意思で動いているわけではない

世界を相手に昔の人は色々突き詰めていったのでしょうね

369 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:11:25 ID:EmsG+SbU
そうかな?科学で考えるのも面白いかもよw
アスファルトだろ?石、砂、油、タール、粘着物・・・・。
ボールペンだろ?プラスチック、鉄、インク・・・・。
それらの元素までいければ、もっと面白いかもね?

370 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:19:05 ID:BLCOmWWM
もし意識がですよ?人間じゃない犬に宿るとしますね
人みたく当然考えたりできないし、色々なこともわからないし
逆に人以上のもっと偉大な何かに意識が宿るとしますね
凄く他人の気持も理解できて、体もすごく軽い、色々なことがわかる

素晴らしいことではないでしょうか?
幻想でも憧れて当然ですよね

371 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:21:56 ID:EmsG+SbU
意思を法則性にしばるのはどうかと思うけど、
色々突詰めていったって所は、想像出来るね。
命あるもの、今も全部つきつめて行ってる最中だと思う。
植物から、菌類まで。突詰めた末に安住の地を見つけたりしたと思うよ。

372 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:32:11 ID:K1wpMO4H


373 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:35:51 ID:BLCOmWWM
でも結局は悟るための修行では思考を止めたりするらしいですけどw

374 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:48:06 ID:11P/vhDy
すまん、連投とかで規制がかかって、janeなんとかにしたら、
パソコンフリースしたわ。

>>370
犬にも意思はあるでしょ??犬だって考えられる範囲は考えるでしょ?
犬にとって必要な事は解かるんじゃないの??
人の気持ちが理解出来ないとしても、生きてる事は素晴らしいでしょ?
幻想に憧れるのは好きにすりゃ良いが、幻想は、幻想でしょ?

(言葉尻の返事ですまんけど)

>>373
それは禅の人に聞いた方が良いね。
悟るために思考を止めるのかは知らんけど、
悪い考えしか浮かばない時などは、考えない方が良いと思う。
だって、所詮俺の様な奴は馬鹿なんだから、
考えた所で馬鹿な考えに苛まれるに違いないww
空っぽの中には入る何かもあるだろうね、
でも、観念で固まった中には入りにくいってのは道理でありそうだね。

375 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:48:38 ID:BLCOmWWM
世界をただの無機質な被造物と見るか奇跡とみるかでも気の持ち様は変わってきます
何か規制中になりますw
おやすみ

376 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 06:02:35 ID:11P/vhDy
>>375
何にしても、見方で違いは出るでしょ?
今までそれを言ってるんではなかったかな??

世界を無機質と見るって事は、何も考えないって事にならない?
そうな感じでいても良いし、
奇跡とみても良いでしょ?

俺は、生きてる事も、地球が太陽からこれだけ離れた場所にあるのも
偶然の奇跡だと思うよ。

おやすみ

377 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 06:07:48 ID:11P/vhDy
それと、思考でも辿りつけるレベルの話だと思ったぞ。

378 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 06:31:41 ID:6XB6KN/k
思考は想像
悟りは実感
空だって思考で想像することはできる
この世界は無常なのだなと。
しかしそれは、この世界は無常だったんだ!という実感とは本質的に異なる。
実感すれば空を頭で考えるのではなく、自分自身が空そのものになる。
思考で想像することはできるよ、どんなことでも。
でもそれと実感は全く違うからね。


379 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 07:13:57 ID:11P/vhDy
>>378
この世は無常だと思う事が空なんですか?

>しかしそれは、この世界は無常だったんだ!という実感とは本質的に異なる。

ここでは益々解からんくなるが、

>実感すれば空を頭で考えるのではなく、自分自身が空そのものになる。

この辺りでなんとなく想像出来た。
日頃、常に有に塗れてるから、カラにしてリセットみたいな感じかな?
有に、雑念に捉われていると、当然ながら新しい感覚は入って来ない。
そう云った事かな??
それともう一つふと浮かんだ事がある。
なんで俺は空を考えずにいられたのか?
色んな人のお陰や、自分が馬鹿だった事によって、その空って状態が
簡単に、知らぬ間になってるのかも??

空と言う言葉を聞いて、二十数年、それを必要にしなかったし、
空を意識した時点で、空で無くなる気がするので、考えるのは辞めるよw

>>378とても良いきっかけ与えてくれた、ありがとう!!


380 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 07:23:06 ID:11P/vhDy
>>378
とりあえず、俺はそんな結論出したんだけど、どう思う?

381 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 07:43:45 ID:Y3D1TZQV
>>323
思いはないので、「思った」はつけず、言いきってる。

>俺もたまにやるが、自分が語る言葉に酔うなよ。
私は酔ってはいない。なので、君が私の言葉を目を通じて脳に伝わり、思いを加えて、酔うという言葉を独自つけて手を動かしてキーボードを打ち、発信した。
私は酔っていない。君が酔ってるだけ。

382 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 07:44:12 ID:6XB6KN/k
なぜ空(悟り)が真理だと言われるかといえば、そこに個の解釈がないから。
誰かのおかげと言った瞬間、おかげでない人を作り出すし、自分が馬鹿だと言った瞬間、
馬鹿とそうでないものを作り出す。
でもそれは個の視点が作り出している勝手な実感にすぎない。
じゃあ勝手じゃない実感はなにかということで、求めた人たちがたどり着くあたりが空(悟り)
でしょう。
自分は全てのおかげかもしれないし、馬鹿も馬鹿でないもないかもしれない。
そういう価値観が有る限り自由ではないかもしれない。
でも価値観を持つことは生きてる気がするし快感なのです。
だから、そんなもの(空、悟り)なんかは必要ないという人もいる。
だけど自分が勝手な錯覚してるだけかもしれないと思う人は自己を見つめるし、真理を求め
るのでしょう。
頭で空を考える人は、空をいわゆる無のように解釈しているようですが、空とは有も無も無い
ことです。
無すらも無い、自由も不自由も無いただの自由、ただの全て。

現実を味わいたいという人は現実をたのしめばいいし、現実は錯覚かもしれない、たのしくても
それは思い込みで不自由の裏返しかもしれないという人は自己を見つめて悟ればいいでしょう。
そういうふうに思います。

383 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 08:08:53 ID:11P/vhDy
>>381
スマンかったな、しかしそこまで言い切れるって事は、
相当悟った自信があるようだな。
どんな事を悟ったのか、色々書いてくれよ。

384 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 08:24:46 ID:11P/vhDy
>>382
レスさんくす!
難しい話だけど・・・空が悟りなのかい?
>誰かのおかげと言った瞬間、おかげでない人を作り出すし
相対の話ですか?では、空は真理でも悟りでも無いんですね??
しかし、相対の辿り着く先が空なんでしょうか?中道的な所でしょうか?

尤も、私は、相対と言う言葉の意味を、二つに分かれた別々な対象は、
似ているとか、一緒とか、含まれるとかって、判断しておりまして・・・・。

馬鹿でも良いですし、そうでなくっても別に問題ありません。
ただし、極論の相手には、対極の意見を向ける事は多いですよ。


385 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 08:46:21 ID:6XB6KN/k
何が悟りかってのはそれぞれ見解が違ったりもしますが、空、無常、無執着が大体の悟りの
定義なんじゃないでしょうか、仏教だと。
もっとも、空、無常、無執着自体の見解がそれぞれなので、それは悟りだ悟りじゃないないて
言い合ってますけど。
悟りの定義ってこと自体でも、定義があるなんて不自由だし悟りじゃないとも言えますし。
結局悟りってのはなんでもアリのひと言だと思いますけど。
でも何かがイイとかわるいとか美しいとか気持ちいいとか思うのはなんでもアリじゃない(単なる
プラスとかマイナス)ので悟りとは違うでしょう。
何かがこうだと理解するのも思考であって悟りではないでしょう。
何かがこうだと理解するのは単なる個の視点であって、そのようなものは無いというのが悟り
でしょう。
そのようなものは無いということすら無いので元の地点に戻るのが悟りですが。
この世の一般の感覚は相対であって、そこに実体が無いと思えてるなら悟っているのでは
ないでしょうか?
でも、そう頭で思うのと、本当に実感できてるのはたぶん違いますね。
本当に空を実感できているならなんでもどうでもいいし、他人に何かをする気も起きないでしょう。
また、何かをするときは呼吸をするように自然でしょう。
肉体がある以上、精神上は空でも、外部に対しての反応はありますし。
でも概念の上ではどうでもいいでしょう。
人間は今の自分の状態でついついある行為を選択してしまいますが、いつでもどの行為でも
自由に選択できるカラッポの状態が悟っている状態ではないでしょうか。
まあ、なんでもアリのひと言だと思います。

386 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 08:55:31 ID:11P/vhDy
あっ、俺、空を考えた事が無いに等しいからか?
空ってのを、無として考えてました。
無でも有でもないですか・・・。フムフム・・・。

では、空の相対の対象になる言葉は何でしょう??全てって事でしょうか?
それとも空の相対で表せる言葉の意味は存在しないんでしょうか??

他にも識者現れたら聞いてみたいですね。

387 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:12:24 ID:6XB6KN/k
空は絶対なんだと思いますよ。
もちろん絶対という言葉が存在することは矛盾ありそうなので概念の上で。
だから空が真理(絶対)と言われるのではないでしょうか。

何かを有ると言う時、頭の中には無いを想定して言ってますよね。
同じように無いと言う時、有るを想定して。
空はそういう一方が一方を作り出す有る無いではなく、そのような一方が一方を作る実体など
無い、という立場。
一方が生まれたことで一方を生んでいるだけなので、無常というわけです。

さっきまであったリンゴが消えたら無くなったと思うけど、最初から何もない空間を見てリンゴ
が無くなったとは思わないですから。
あってもなくてもどうでもいい、有るとか無いとか判断してるのは単なるそのときの自分の状態
(自我)であって、実体は無い、というのが空ではないでしょうか。

まあ、空とはこういうものだというのもそれぞれいろいろ見解があるようですが。

388 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:14:22 ID:6XB6KN/k
空は絶対と書きましたが、絶対も相対もないというほうが的確ですかね。
絶対というならそういう意味での絶対。
誤解を招きそうだったのでいちおう。

389 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:15:46 ID:11P/vhDy
>>385
またまたどうも!
段々見えてきそうですww
無執着って所で論争すると、そこに執着が見えそうですなww

フムフム、何でもアリだけど、良いとか悪いとかって所は違うのね?

>この世の一般の感覚は相対であって、そこに実体が無いと思えてるなら悟っているのでは
>ないでしょうか?

段々、頭がこんがらかってきましたww言葉で表す事は難しい事かも知れませんね。
でも、人は簡単に空とか、悟りとかを口にしてしまいますね。
そんな方々は、解かってるんでしょうか??

390 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:22:26 ID:Y3D1TZQV
>>383
「なぜ、死になくないと思うんだろう」と考えてみること。
 これをクリアにできれば、生きている上での謎が全て解ける。
 単純なことで、難しい。
 私の場合、分からなかったので、その謎を解くため、カッターナイフで自分を切り、
 病院にかつぎこまれている間も、自問自答し、意識が薄れていく最中に、つきとめた。

 大丈夫だ、死ぬ直前に謎がとける。それまで、楽しみにしとけ。

391 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:32:51 ID:11P/vhDy
空は絶対なんて言ったら、絶対なんて物はありえないから、
そのありえない所を空と言うなら、話の結論が見える所でした。
リンゴ無くなったら、そりゃぁ、原因探しますよ。
最初からリンゴの無い空間を見て、リンゴがあるとは思わないですよ。
無常ってのは、自分の中で理解出来てますが、空って難しいですね、

長い時間、お付き合いありがとう。
今度、覚えてたら、空について考えてみますね!!

392 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:33:36 ID:6XB6KN/k
>>390
まあ、そういうことですよね。
死にたくないのは守るものがあるからですね。
守るものがあるだけ不自由になってますよね。
人はみな自分が存在してると思ってますからね。
実際存在してるかどうかは別にして、そう思えば思うほど、存在してる立場の視点からしか
ものを見れませんよね。
そして、まさか存在してないわけないと思い込む。
ニュートラルではないですね。
悟りが一度死ぬことっていうのはそういうことでしょうね。
生きながら死に消滅と育生を繰り返しなおどちらにも執着せず。
ニュートラルというか特定の視点を持たず。
ただありのまま。

393 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:35:12 ID:6XB6KN/k
>>391
いえいえこちらこそどうもでした。
またどこかで会ったらよろしくですノシ

394 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:43:27 ID:11P/vhDy
>>390
おいおい、なんで俺が死にたくないなんて思ってると?
生死に関してどうでも良いし、死にたくないなんても思って無い。

そりゃ、死ぬ時に明らかになる事があるならそれは楽しみだw
謎を解くためリストカットか、そんな話、このスレ以外で言うなよ。
で、何が解かったよ?自分の行動の愚かしさは浮かばんかったか?
んな事、偉そうに言うなボケ!

395 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:47:38 ID:11P/vhDy
>>392
ありのままで、空は見えるのでしょうか?

396 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:53:44 ID:6XB6KN/k
本当にありのままなら、空が見えるというより、空そのものになるんじゃないですかね。
肉体はあれど自分はカラッポでただ自由。
自分がカラッポなら自分という境界も無く、肉体の上では分かれていても実感の上では
自他同一。
かな。

397 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 09:58:56 ID:Y3D1TZQV
>>394
おもしろいですね。

398 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 10:00:53 ID:11P/vhDy
自他同一。今まで他スレでそんな事ばかり言ってましたよww
ありがとね!!もう何時眠るか解からんので・・・。

399 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 10:01:34 ID:Y3D1TZQV
>>394
ありがと、ちゅ

400 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 10:11:57 ID:11P/vhDy
>>399
実は、身を捨ててこそ浮かぶなんとか・・・みたいでさ、
それとはちょっと違うだろうけど、そんな話で解かる所はある。
だけど、そこは誉めてあげない。でも・・・なんとなく・・・良く解かる。
良く話してくれたねぇ。

401 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 13:42:04 ID:BLCOmWWM
生きるのは幻みたいなものですからね
本当に辛くてどうにかしたいなら、苦が苦にならない精神力を身に着けるべきですよ

402 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 13:59:15 ID:BLCOmWWM
>>374

悟りとか空とか色々人生の答えみたいなものに興味があるのですね
ここまでの流れでわかりましたよ
こう、知りたいみたいなのも実はどうでもいいんじゃないかと思えるくらい
のんびりできることとかもたまには必要だったりしますよね

インドに旅行に行った人が、インドはどこかそんな魅力があるって言ってました
それが答えになるのかどうかはわかりませんけど


403 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 17:13:41 ID:11P/vhDy
>>402
いや〜、どうも!>>396さんは、色々長々とお付き合い頂いたですし、
御足労かけましたすね。
自分は、悟りも空も探しておりませんよ。
探す必要も感じておりませんし、必要とも思ってません。
ただ、空に関しては、今までそんな理由から、考えた事が無かった事を思い出した。
きっと空だけは、考えても俺には見つけられないww
そこでそんな事を聞いて語れる人に話しを伺って、なるほどねぇ〜!って、
思える意見をお聞かせ頂けると良いがなぁ〜、って、思った次第です。

凡が来たら、凡に聞いてみたい事柄になりました。
(盆休みですから、凡は何処かに行って此処には来ないかな?ww)
このスレでは、名前欄に110と入れてた私と、大王も、凡には一目置く存在です。

悟りについては、私なりに、悟りとは何ぞや?と考えた事もありますし、
持論も持ってはおります。それについては、もう探し追う必要も無く、
どこにでも溢れている事ですので、探し追う必要は感じておりません。

>こう、知りたいみたいなのも実はどうでもいいんじゃないかと思えるくらい
>のんびりできることとかもたまには必要だったりしますよね

まさに、私もそう思っておりますよww

私は、愚かしい犬みたいなもんでして、
このスレで他人に噛み付く醜態を御見せ事態が多いと思うんですが、
そんな所を笑って過ごし頂けるなら、何時でも遊びに来てください。
私も、このスレが埋まるまで居るつもりですので・・・・。


404 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 17:20:14 ID:11P/vhDy
>>402
色々説明しても、伝わらないもんなんですね。
その辺の所は良く解かりましたww

405 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 18:12:06 ID:fcHiTvC0
110はぽったんの良い後継者になりそうだね

406 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 18:15:19 ID:fcHiTvC0
凡のどこに一目置いてるのかねえ
というか凡が悟ってるとおもうなら 一目おくどころではなく
師として敬わねばならない つまり110のスタンスは意味不明
やつは和尚とかハンドルつけるのはおかしいとか
乙女なことを言う変な中年親父だろ。

407 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 18:49:40 ID:11P/vhDy
ポッタンは、あれはあれですげえし、俺なんて足元にも及ばんよ。

>凡のどこに一目置いてるのかねえ
>というか凡が悟ってるとおもうなら 

それはあんたが解からんって所の話だろww
何で凡が悟ってるなんて思わなきゃ遺憾のか?
彼は、俺からすると、非常に納得する意見を書かれてると思う。

何で師として敬わな遺憾のだ?それはあんたの価値観だろ?
俺は師なんて、そこらのおっさんからも、犬や猫からも、子供からも
関心させられる所を見つけれればそれで良いのよ。
君に、俺のスタンスは理解出来ないだけの話じゃないかww
君には理解しがたい事が、世の中に混在する事が無いのか?
理解しがたい事なんて沢山あるだろ?

なんだ?鬼スレで、凡にガツンと言われた口かww
粘着具合が永く続く輩やの〜ww
鬼スレで何てコテハン使ってたんだ?
風船か?それとも鬼和尚本人か?www

ハンドルうんぬんの釣りにまんまと引っ掛りおってww
恨みの念は、はよ棄てろよ。

お前、師がうんぬんとか抜かしよるけど、禅の人間じゃないだろ。

408 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 19:30:08 ID:11P/vhDy
昨夜、アレを見たとか、アノ領域云々言ってた奴に送る。

The Rock Band   ボーダー
http://jp.youtube.com/watch?v=1glledP4O7E&feature=related

>>406
乙女ちっくなんて言うから思い出した動画がある
Romantist video from Stop Jap
http://jp.youtube.com/watch?v=Izp8HKXp774

凡は多分、こんな人だと思うぞ。
こいつらの歌詞に乙女って出て来る曲があったけど、
それは見つからなかった。
多分、凡は、このバンドの体の大きい奴に似てると思うぞ。

http://jp.youtube.com/watch?v=esjDBm3N4wc&feature=related

409 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 20:30:55 ID:BLCOmWWM
>昨夜、アレを見たとか、アノ領域云々言ってた奴に送る。

だからあ、今まで他者と自分を隔てない
在るとも無いともいえない空とはそのようなもんだって
さんざん繰り返し色々な人が言ってただろうに、もう結論でてるだろうに?
何故また振り出しに戻すのか意味がわからん

410 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 20:49:36 ID:11P/vhDy
そうか、俺としちゃ、おせっかいのプレゼントのつもりだったがww
そう言う反応が返るとは思って無かった。
別に何か聞きたい訳でもなかったが、温度差産まれたかww

へぇ〜、もう結論出たのか??
俺には今の所誰にもはっきり言える奴は出てこなかったと思ってるから、
それが語れる人が来たら聞いてみたいと思うが、お主は迷惑な話か?
振り出しに戻る事は、意味が無いことなのか?
意味が解からん事は多いだろ?ww
俺もあんたのレスに意味の解からん事は多いから、仕方ないんだろうよww


411 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 21:02:16 ID:BLCOmWWM
いやいや、もうとっくに結論はでてるもんだと勘違いしてました
それは失礼しました
よく宗教板では神は実在するのか?とか悟りとか以上に神秘的なものに固執してきて
揚げ足を取ったように
やれおかしいだのなんだの言いますけど
物事の本質はそこら辺りの空腹の野良犬猫に食事を与える
そんな地味な行動にも神であり空でもあるのが物事の本質であるわけですけど、なかなかそこらは理解はされないものです

412 :303:2008/08/14(木) 21:21:24 ID:UlhDWqGn
110が名無しになったから、逆に、

しかし、深い対話のレベルだなあ、真面目に。

鬼スレの住人関係がどれだけいるのだろうか?
ぼったん、鬼は妄想亡者である事は確かだがね。

413 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 21:23:45 ID:11P/vhDy
その辺の野良犬に餌をやるのに、わざわざ神だの空だの本質が・・・・。
なんて考えが必要かね??餌をやりたきゃ、やればいい。
物事の本質?ハトに餌をやるおじさんは、ハトに餌をやりたいからやるんじゃないの?
もっとも餌が手に入れられなければやれなかったりするだろうけど。
そんなハトに餌をやる行為ってのは、時に近隣住人の迷惑だったりもするww

>揚げ足を取ったように
>やれおかしいだのなんだの言いますけど

それどころか、<こんな動画どうだい?>って事で、思わぬ反応が返るのだから、
神だの絶対領域だのって言う所に、反応が産まれても不思議じゃないよな?

でも、あんたがもう結論が出たなら、
ここのスレであんたが知る事は無くなったって事だから、
学習的な面では、卒業されたって事なんだよな?それはめでたい話だ。
するってぇ〜と、後は、教える立場の存在かな??


414 :303:2008/08/14(木) 21:29:15 ID:UlhDWqGn
406 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 18:15:19 ID:fcHiTvC0

ナルホド、彼が鬼親衛隊か、
ぼったんも名無しで乱入たまにして、おもろい。

415 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 21:39:47 ID:11P/vhDy
>>412
またまたぁ〜!深いかな??
深いか、浅いか、解からんけど、今、目の前に見えるリンゴに対して、
隠された深さを見出せるなら、貴兄の才能だし財産になる事でしょうね?

俺はぽったんから関心出来る所はあるよ。打たれ強い所とか。色々。
鬼に関しては、絡んだ事も、読んだ事も無いに等しいから、解からんよ。
でも、他の人を楽しませる才能あるなら、素晴らしい事ですなぁ〜。
龍賢でも、大王でも、理解出来る所を見つけれるんだけど、
なかなか理解出来ない人がいる事も確か。
多分、そんな相手ってのは、自分に良く似てる奴なのかもしれないって思ったりするw

>>412も、好きにこのスレ参加してよ!

416 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 21:43:52 ID:BLCOmWWM
>>413
意味がわからない話になっても仕方がありませんよね
確か般若心境ですか、読んだことはありませんけど相当に膨大な量の文献らしいです
それくらい太古からやれこうだ、やれああいったもんだ、とか言ってたわけですし
自分の意見にも当然反論は起こるでしょうし、

お互い出家とかしてない世俗人同士なんだし、楽しくいきましょう


417 :303:2008/08/14(木) 21:46:40 ID:UlhDWqGn
ただ、鬼の盲信者の感謝ごっこが無い分だけ、このスレはおもしろい。
なんて言ったらいいのか、まあののしっても、内容があるな、このスレは、
鬼、ぼったんの鬼スレで評価が低いのは、オナニー的自己満足の大量生産に走り過ぎる所だな、
仏教を前提としたスレの題が、オナニー的自己満足重視になりすぎているからなあ。

418 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 21:55:36 ID:BLCOmWWM
話しは変わりますけど、実は自分
おばけが大嫌いで、相当な怖がりなんですけど、いまだにそれは空性として見れません

悟りは実に遠いです、
いとこに見える人がいるんですけど、アレは不思議ですよねえ

419 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:02:17 ID:BLCOmWWM
仏陀さんは人気の無い墓場で修行したとか?
よくやりますね、怖いものは怖いです
時計もステンレスの塊も本質は同じなんだみたいなのが修行なら
霊も生きてる人も同じく等しくないといけないのですけど、怖いものは怖いですね、実際

420 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:08:38 ID:11P/vhDy
>>416
君は宗教とか関わり無いと言ってる割には、そんな話がお好きなようだ。
楽しくいきましょうって、言うが、今まで楽しくなかったのか?って事になって・・・(ry

楽しくか・・・そうしたいなら自分が常に心がけてはどうでしょう?
他人にそこを求めるので、そこにズレを見た時に、温度差を感じるんでしょ?
温度差の話は君じゃなかったかな??ww

俺的には、このスレの進行がこんな感じでも構わんのだよww
http://jp.youtube.com/watch?v=GDcwBWWKGIs&feature=related


421 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:10:58 ID:nQPzLutg
論理的に考えると、幽霊って眼(肉眼)では見えるものじゃないんですね。

眼で見えるということは、光が網膜を通って、視覚野で映像として認識される
ことによって見えるわけですから、そこには光を反射、または光を発する性質を
もった何かがあるということです。

であれば、霊が見えるという人が見えるものは、他の人にも見えるか、機材で
検知することもできるのです。

他の人には見えず、機材を用いても検知できないのに見えるとするならば
それは五感ではなく、心で見ている、つまりその人の心の中、頭の中にしか
ないものなのです。

422 :303:2008/08/14(木) 22:11:20 ID:UlhDWqGn
病院で入院してた時に夜12時越えるとピチョーン、ピチョーンと水の音が自分のベッドに近づいてきた、
3回ぐらい、

その度、睨みつける勢いで、じゃかましい!!と言う気合で追い払っていた、記憶がある、
それやっていると、3回目が最後だった。
めんどくさい、と思ったからなあ。

423 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:11:37 ID:nQPzLutg
ですから、霊が見える、怖いというのも、実はその人の心の問題であって
恐れるべきは霊ではなく、自分自身の心だということです。

424 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:13:15 ID:11P/vhDy
飯喰ってくるわ

425 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:13:46 ID:BLCOmWWM
>>420

いやいや充分に楽しかったですよw
それはそうと恐怖克服のために人気の無いトンネルにでもキャンプ行きませんかw
何か仲間が居れば克服できそうですからw
温度差うんぬんより怖がりを直したい

426 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:14:03 ID:nQPzLutg
嘘をついてるわけではなく、霊が見えると言う人は、五感と心を
観察して、その働きを理解することで、霊への恐れもなくなります。

その為には、瞑想と仏典からの学びが大変役に立ちます。

瞑想に熟達するまでもなく、理性で縁起と空と五蘊について理解
するだけでも、そういった恐怖は払拭可能ですよ。

427 :303:2008/08/14(木) 22:14:50 ID:UlhDWqGn
423さんも
真面目な人だなあ、故にワザと不真面目チックにやるのがこのスレはおもしろい。

428 :303:2008/08/14(木) 22:17:11 ID:UlhDWqGn
424さん、皆様、寝るわ。んじゃ。

429 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:18:21 ID:BLCOmWWM
>>421

理屈はどうだかわかりませんけど、確かに何か見えてるみたいですよ
と言うのも目線とか、言ってる内容にも矛盾は無かったですから
日本人は見えるとくに女の人に多くて、フランスではそんな人はいないとか


430 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:21:07 ID:BLCOmWWM
>>422

そうそう、霊は可哀相なんですよねぇ、
非力なのに必要以上に怖がられて

申し訳なく思います

431 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:27:41 ID:8JQG4PN9
429
キルリアン写真は?
オーブの写真も雨とか埃とか煙のない場所で反射している場合もある
最近ではオーストリアの楽友協会で天井を映したときに青いのが出た。
絶対撮れると思ったけど

432 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:30:15 ID:BLCOmWWM
>>426

やっぱり知識が半端だから怖いのでしょうかね?
昔ぐうぜん通ったトンネルに霊がいまして、今は成仏したのかな?
人間なら凄く可哀相なんですけど、

433 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:31:42 ID:8JQG4PN9
昔は命がけのトンネル工事

434 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:35:01 ID:BLCOmWWM
>>431

自分にそんなものわかる訳ないじゃあないですかw
ただ面白半分でそんなことはやらないほうがいいですよ
考えるに肉を食べるのもまったく罪ですよね
美味しいから他の痛みがわからないでいいはずが無い
霊もおなじく怖がったりして楽しんだりして他の痛みがわからないでいいはずもない

435 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:43:09 ID:BLCOmWWM
>>423

やっぱそうですよね〜
霊とガッチリ肩組んで笑顔で記念撮影できるような兵になりたいわw

436 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:51:15 ID:BLCOmWWM
ちなみに自分も見えるわけではないですよ
気配でわかるんです
ただめったに、そんなにもいないようにも感じますけど
霊というか溶けきっていない何かというか
とにかく可哀相なひとたちです

437 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:53:03 ID:8JQG4PN9
死んでから霊になる人がいるのなら
神とか仏になってる人もいる
弥生以前の人は今の人よりはもっと優れた生命になってるだろうな
今は便利すぎるから。肉も自分で狩猟してきたわけではないし。

438 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 22:58:22 ID:11P/vhDy
こらこら、怖い話するから、俺ちびっちゃって、思わず逃げたぞ。
>>425
どうしてもって言うなら、付き合うよ。肝試しがしたいんだね?
愛知に伊勢神トンネルってぇ〜のがある。そういった類では有名な所でね。
夏でも涼しい所だよ。ただね、昔は暴走族が多かった。最近は知らん。
暴走族が真っ暗なトンネルの中で「キャー!」ってやって効果を高めてくれるよ。
途中で、とある建物の前で、俺は車を止めるよ。「たばこ買ってくる」って言ってね。
そこの建物には監視カメラが付いててさ、俺がドアをバタンと〆るでしょ、
するってぇ〜と、30秒もしない内に、中から恐ろしい・・・・が・・・・・。
こんなコースルートでどうですか??もっともその前に俺の顔見て・・・・ww

ちゅうかあんたは十分肝ッ玉座ってるだろがww必要ない話だろww

肉喰わない人なのか?

439 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:02:11 ID:11P/vhDy
>>423
ですよね。頭にインプットされた情報に人は恐れを抱いたりするもんですね。
その情報が刷り込まれてなければ、それを恐れる術すらありませんよね。

真面目にレスしてくださってありがとう!!

440 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:02:37 ID:BLCOmWWM
>>437
>死んでから霊になる人がいるのなら
>神とか仏になってる人もいる
そうそう、それは言いこといってる
ようするに生きてるときの心構えがあまりに個であり肉体が自分だったんだろうね
牛とか豚とか、そう考えたら大きい器してるよ
汚い家畜小屋で一生をすごし食べられるためにぶち殺されて、



441 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:08:30 ID:BLCOmWWM
>>438
いや、キャンプは冗談なんでw
というか、そこのトンネル工事で現在チャリ専門になってるから、尚更人通り少ないし
やっぱ後で調べたら出るらしくて、通勤で夜中に通らないといけないひとが怖がってた

ちなみに肉は基本食べませんね
材料にエキスとか知らずに入ってるのは仕方が無いけど

442 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:18:28 ID:BLCOmWWM
>>438

というか暴走族とか人気あったら邪道でしょう?
男ならトンネルの中央にテント張ってごろ寝ですよw
ちなみに田舎の山中なので深夜なら朝まで待っても自転車は通らないと思う

これ乗り越えれたら度胸つくわw

443 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:21:27 ID:11P/vhDy
冗談なんだよね??


444 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:26:55 ID:BLCOmWWM
いや、幽霊でるのは冗談じゃないですけど
でも自分は気配を感じても、他の人はなーんにも思ってないのは多々あります
つーか霊なんてそのくらい実際は無力ですから

キャンプは冗談ですけど

445 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 23:38:36 ID:BLCOmWWM
恐山で働いてる人も
信じてなかったけど怖いとゆーより慣れるとか聞いたことがある
覚者なら怖いとか無いし、平気なんだろーな

446 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 00:02:53 ID:11P/vhDy
俺は覚者じゃないから、覚者がどうだか解からんけど、
俺の家から、150キロ以内の距離ならキャンプ付き合うぞ。

447 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 00:25:53 ID:D+UrZfmU
>>442
四国のトンネル内でテントあります。

448 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 01:21:59 ID:RyPJ5weB
>>446
自分は住んでるところ、中国地方なんで
愛知からなら、ちと遠すぎかな?
>>447
四国なら近くていいかも?

まあ、幽霊なんてたいがいが出る出るとか言ってても、結局はなーんにも起こらないとゆーか
後で録音したテープにハッキリとはしない何かが写っていたとか、
それに比べたら、よほど生きてる人間のほうが怖いですよねー




449 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 01:35:15 ID:RyPJ5weB
覚者にとっては、いらない知識は除外で、霊とかもその対象なんでしょーか
確かに世界にはいらないものと言うか、知らないほうがいいことは少なくは無い気はする
そういった地獄の入り口はどこにあるみたいな知識は確かにいらないよーな?


450 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 01:40:01 ID:RyPJ5weB
問題は自分の心に恐れがあるのが悪いのか?
生きててまったく必要ではない、いらない知識で、そんな運が激減しそうな場所へは
用も無いのに行くべきではないのか?
多分後者が正解のような気がしてきましたw

451 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 01:50:46 ID:RyPJ5weB
人生は有限ですしね、怖いことなんて
他にも高いところや空き巣や病気、死やいくらでもありますからね

452 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 02:54:48 ID:UKdlyw8j
中国地方と四国か・・・せいぜい福井までしか行けないやww
>>449
>そういった地獄の入り口はどこにあるみたいな知識は確かにいらないよーな?

ちゃんと研ぎ澄まされて行ってるじゃん!
謎に思う所があるなら考えれば良いと思うんだよ。
そんな感じでどんどん目覚めて行けば良いと思うよ。
どこまで理に叶えるか、考え巡らせば良いと思うぞ。

サイキックな体験も、自分の考えがおぼつかなきゃ、思い出話でしょ?ww
その体験を拡ろく容積出来る器を作くる才能は、誰にでも持ち合わせてる事だと思う。

俺が思うに、覚者と凡人に何の差も無い。考えが整った人なだけじゃないかな?
釈迦とて人間だから、俺たちだって釈迦のレベルまで、更に超える事が出来る。
越えようと思うと越えれない、自然体の時は、超越した姿なのかもよ?ww

天国と地獄が無いって、言っても良いし、
天国と地獄は、ここにあるって言っても良いんだよ。
ただ、死後の世界にあると言われる地獄に関しての話をすると、
これは俺の持論だが、もし仮に、死んだ後、世界があるとしたら、
天国と地獄なんて境などなく、その世界が、天国と思えるか?地獄と思えるか?
自分で作りたい世界を作れば良い。って、そこだけは、信じて疑わないよww
生きてる今生を地獄にするよりは、天国にした方が良いね。

と、偉そうな能書き垂れて済まんこってすけどww


453 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 03:06:36 ID:UKdlyw8j
>>450
案外必要ない考えなんだと思ったりするんだけど、
確かに、心の中で恐れを持つと、とんでもない行動してしまったりする。
殺人事件などは、それが多いよね。
殺らなきゃ、殺られる。そこにはやられるという恐怖があるという要素はあると思うよ。

むしろ、恐れを持たない様にするには何が必要かを考えてみたらどうだろう??
自分の心の中で芽生えたエゴは、自分自身に恐怖を与える場合が多いと俺は思う。

454 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 06:51:39 ID:RyPJ5weB
>>452,453
アドバイスどうもです
いやー近場なら行ってみたかったですね、キャンプ
何か、動機がくだらないってゆーか
そこからして笑えるし
怖くなって、トイレ行ってくるとか言って逃げたりしてw
そんなグダグダな展開は最高な思い出ですからね

あと恐怖というか我々の人生はそんな思い込みの連続ですから
もしお金の値打ちが0のような世紀末になっても、札束みたら条件反射のように
人はお金を集めたくなるんじゃないですか?ただの紙くずと同価値でも
そんな風な思い込みの連続で自我というか世界は成り立ってるよーな?感じはしますけど

455 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 07:41:58 ID:RyPJ5weB
>サイキックな体験も、自分の考えがおぼつかなきゃ、思い出話でしょ?ww
>その体験を拡ろく容積出来る器を作くる才能は、誰にでも持ち合わせてる事だと思う。
自分にはそのサイキックな体験を通しても、ろくろく何かを吸収できる才能がないようで
もし静電気の「パチッ」って音を怖がって逃げてるんだとして、それに対して勝手な想像をしてるとしたら
バカバカしいけど逆を言えば生きてるってことは、そんなくだらないことが楽しいのかも知れないですし
逆に色々なことを知り尽くして、完全すぎたら、人生楽しくないのかも知れないですよねw


456 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 12:06:53 ID:UKdlyw8j
>>454
そんなアドバイスちゅうより、正直に感想述べただけだと思うよ。

お金ね・・・それについても貴兄の好きな様に判断して行けば良いと思うよ。
俺も多分似てるモチベーションだったと思うけどww
親の引いたレールをそのまま行けば・・・・wwまぁ、どうでも良いかww

俺の妄想言わせていただけるなら・・・。
原始的観点みたいな所から見てみると、
我々、人間は、食物連鎖の頂点で胡坐をかいていられる訳だろうけど、
もしも人間を喰う獣が存在したら、それに食われない知恵と行動にも、
時間を費やすんだろうね?
人間を小さな魚の鯵にして考えてみると、大きな魚に食われない様に、
集団になったりして行動するんだと思う。
大海原を回り続ける俺たち鯵は、何に向かって行動してるのか?
って、考えると、餌の豊富な場所を探して向かってるんだと思う。
喰う事と、喰われない事と、知らぬ間にインプットされた子孫を残す行為が、
殆どを示すんではないだろうか??と妄想してみた。
(俺も妄想好きだけど、鬼スレの妄想してみたさんとは別人だよw)

するってぇ〜と、生き物って奴は、喰う事をまずの重点に置いていると思う訳よ。
それから先に人間は金と言う価値観のシステム作った訳で、別の話にもなるだろうけど、
我々、人間とて、喰う事に重点を置く事は動物である限り避けられずにする行為なんだと思うよ。
そしてそれが金と言うシステマチックな赴きに変って行っただけなのかもね??

457 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 12:14:56 ID:UKdlyw8j
>>454
最初は、俺はさぁ〜、あんたと俺まるで剣道の試合の様な間合いのスタンスだったけど、
段々、差異が無くなってきてるように思えるよ。これも妄想だけどね。

アドバイスしてるんだか?アドバイスされてるんだか?・・・・。
逆転する様な事もあると思うよ。

458 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 12:29:01 ID:51z43FKN
お金もそうだけど自分という意識も後付けだからね
生まれたばかりの赤ん坊は母親と自分の区別がないっていうし
でもお乳を飲みたいのに飲めなかったりで、どうやら自分と他があるのだと認識し始める
結局満たされなかったり不満とかで自分と他を分けていく
でも大人になった今、お乳が飲めようと飲めなかろうと、それをいいともわるいとも解釈する
のは単に自分の心だと思えるのだから、そういった自他の世界から抜けてもいいのよ
それが悟りだし、悟りは子供に還ることといわれる所以
まあ子供そのものとは違うけど
ようするにリセット
リセットしたらお金も世界も自分も自他もない

459 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 13:00:41 ID:UKdlyw8j
社会的問題みたいなのも、人類が生きる為に飯を食う事に繋がる話だから、
そこを突き放したは遺憾と思う訳ですよ。
癒しや、スピリチアル的な事は、その生きんがとする行為の後の余分な話でもあると思う訳。
誰かが鬼スレで社会問題話した時に、斬って棄てられた時には俺も支援したねぇ〜ww
まぁ、色々見えましたよww

460 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 13:06:33 ID:UKdlyw8j
>>458
>悟りは子供に還ることといわれる所以

そうなの?良かったww
俺、鬼スレで初期の頃、
悟りとは何ぞや?って、振り返った時、もしかしたら子供の様な状態に戻る事かも?
って、書き込んだんだ。
それが案外外れてないなら、良かったよ。

俺は良く見当違いの話をしちゃうからww

461 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 13:43:00 ID:UKdlyw8j
リセット?自分の意思でもう一度立ち返る事??やり直し??

まるでゲームの様に、リセットボタン押したらお金も世界も自分も他人もないですか・・・・?

リセットボタンを押した後の、画面が真っ暗な所には、
お金も、世界も、無いですね。

そんな話では無かったですね。すいません。

462 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 13:50:56 ID:UKdlyw8j
そこまで行くと、悟った奴ってぇ〜のは、
人生楽しんでる人だって、つくづく思えてくる。
酒飲んで楽しみ、女抱いて楽しみ・・・・。



・・・・どうでしょう??

463 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 14:12:40 ID:51z43FKN
リセットってのは後付の経験や記憶や価値観をリセットするってことですかね
全く知らない未知の世界にもう一度戻る

一休禅師も悟ったあとは肉を食い女を抱いたっていいますからね
でも普通の人がそれをしたがるのは、そういうのが楽しいという経験と記憶からですからね
子供に戻れば肉やセックスと同じくらいなんでもたのしいんだから、特にそれをしたがること
もないと思いますけど

なんでもこだわり、執着せずに行えばいいもわるいもないですね
このスレで悟ったって言ってる人も多いですけど執着なしに言ってるなら別にいいんじゃない
でしょうかね

464 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 14:36:32 ID:UKdlyw8j
>>463
どうも!価値観をリセットするって所は、良い感じですね!
>全く知らない未知の世界にもう一度戻る
ここは、良く解からんのだけど、ドキドキワクワクする感じなら、素敵な感じだね。

一級さんと普通の人の喰う事と、快楽の動機は違うのですか?

このスレでも、どこでも、それが嘘でも悟ったって言っても良いと思いますよ。
でも、本当に悟ったなら、色々言われる事位解かってると思ってます。

ただ、俺が若い奴に、言いたい何かは、
悟ったと言える冴えた奴は、アホなフリをしてみたらどうだろう?って事。



465 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 14:49:06 ID:51z43FKN
快楽の動機は誰でも違うんじゃないですか?
どんなことでも好きな人ときらいな人がいるし
また動機(すききらい)自体がない人もいるかもしれませんね
子供なんかはすききらいより単なるワクワクドキドキですからね
食うのもワクワクドキドキしてればいいんじゃないですか?
初めて食べる食べ物として

アホのフリもいいですけど、もう一回ひねって頭のいいフリしてる人もいるかもしれませんよw
まあ、頭がよくみえるほうがいいとか、アホにみえるほうがむしろいいとかも、価値観ですよね

466 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 15:08:40 ID:UKdlyw8j
そういった意味では価値観をリセットさせるって事も賛成だよ。
もう一度ひねって・・・なんて考える所も俺的には好きだ世W

ただ、・・・。

>一休禅師も悟ったあとは肉を食い女を抱いたっていいますからね
>でも普通の人がそれをしたがるのは、そういうのが楽しいという経験と記憶からですからね

ここがちっと引っ掛る。

快楽とは言ったが、元々は生殖行為である事。



体験の記憶から動く事柄は一杯ありますね!

467 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 15:23:20 ID:UKdlyw8j
本当に俺は <もう一回ひねって>って、考え方好きなのよww

例えば、アホと素(多少利口なw)
触れ幅持てば良いと思うのよ〜。そこは選択されて進む所だと思うけど、
「アホな奴の気持ちが解からんわぁ〜!」って、なったら、アホになって体験してみるとかさww
二元性の考え方の中では、軸がぶれない事が良いとは限らないと思うんですよ。
中間地点なら良いのですが、固まった考え(捉われ)は、片翼にいる場合が多い。

そして、片翼と対峙した時は、中間地点であっても、片翼からは逆側だと思うんです。
だから、そんな時は、中間に拘らず、片翼丸出しで良いって思う。

なんてねww

468 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 15:28:54 ID:UKdlyw8j
考え方は、選択、選ぶ所だと思うんですよ。
大切とする所も、選んでる。
選んでる、選んでる。自分で選んでる。

469 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 19:46:58 ID:Aq68up+u
>>463 そんな腐れ外道坊主が悟ってるはずがない。
セックスは禁止。仏教ではどこにでも書いてあるのに。
酒など論外も論外。大論外。まじめに修行するつもりゼロ。
ふざけるにもほどがある。酒も当然禁止されとる。
タバコも論外な。当たり前に過ぎんが。言うまでも無いが。
そんな坊主は修行をあきらめて堕落したうんこにすぎない。
それくらい見抜かねばならない。






470 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 20:31:07 ID:UKdlyw8j
>>469
本職の人ですか?
もし良ければ、何宗系の修行者さんなのか教えて欲しいな。
貴方の信奉する所の話とか、お勧めの指導者さんを教えて頂けたらありがたいです。


471 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 20:59:17 ID:jF8LbHrz
慎むだけです。慎むことが仏法です。
自分が自分を慎みの中におくことができるようになったら仏様ですね。
慎むことが仏法僧にあたるわけです。
一切合切が慎むことにあります。

慎めない人は だめなんです。それだけのことなんです。

472 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 21:04:10 ID:jF8LbHrz
慎みは戒めであり智慧であり禅定です
何を語っても 慎み であります。
己もまた慎みです。生きる意味も宇宙も死のことも慎みです
慎みがそのまま道です。慎めば仏です。
仏教の本にならどこにでも必ずそう書いてあります。
般若心経からは慎みのことが読み取れないので あれはだめですね。
慎む人にはすべてが完全無欠に備わるのです。
どんな人でも慎むことはできます。仏性があるわけですね。そのことを見失わなければよいです。
良い師匠に出会えるとよいですね。

473 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 22:24:46 ID:51z43FKN
何故慎むことがいいことなのでしょうか?なぜ禁止されることを守るのがいいことなのでしょ
うか?
本にそう書いてあるからですか?
では、なぜ本のことが本当だと思ったのですか?

仏教では分別をしないといいます
いいこととわるいことの境界はどこなのでしょうか?いいこととわるいことがあるのでしょうか?
この世の全てに感謝するとき、感謝すべきものと感謝すべきでないものがあるのでしょうか?

仏教は苦から脱するために説かれたものです
自由になるために説かれたものです

セックスや肉食や快楽を誘うものを禁止したのは、それらが執着になりやすいからです
おいしいものを食べるとまた食べたいと思います
それらを経験すると、それらが無いとき物足りなさや不満を感じます
それが快楽に対する執着、苦です

しかし、それらは何事においても生まれるのです、セックスや肉食に限らず
セックスや肉食を禁止したのは特に執着になりやすいからです
しかし執着をするならセックスや肉食に限らず何事も苦です

セックスや肉食をいいと言ってるのでしゃありません
それらはひとつの比喩であり、執着するならみな苦なのです
また執着しなければ、みなただの現象なのです

般若心経にあるように一切はみな空なのです、実体はありません
現象がどのように見えるかはその人の目の映り方に過ぎず、一切はみな同じなのです

474 :110:2008/08/15(金) 22:38:19 ID:UKdlyw8j
>>471
貴方は>>469さんでしょうか?ID変ると解かり難いので・・・。w
慎む事は、良い事だと思います。
それを仏法と言っても良いとも思いますし、
仏法をと言わずとも、人の知恵でも良いと思うんですよ。

般若心教は駄目ですかww
慎みなどは漫画でも解かるなら良さ気ですね?
もっとも、般若心教でも、他の経典でも、その中から慎みを見出せ!
って言われたら、私は見出せる気がしますww
どっちみち難しい事の話の様なので想像でしか読めませんけどww

質問申し上げます。
良い師匠とは、一体どんな対象でしょうか??

475 :110:2008/08/15(金) 22:45:48 ID:UKdlyw8j
>>473
俺が>>469さんがもう一度来てくれてから、・・・・・ww

取りあえず、俺は>>473に突っ込む所は見つからんかったよ。
また来てちょうよ〜!

476 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 22:54:32 ID:D+UrZfmU
>>474
慎むって何?

477 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 22:57:29 ID:D+UrZfmU
>>47
慎むって何?


478 :110:2008/08/15(金) 23:00:04 ID:UKdlyw8j
でも、その境界線ってのは、作っちまうとそれぞれに有って、
人に拠って許容差とかがあると思うんだ。
しかしそれは実体は無いと思う、変化していったりもするんだろうねえ〜?

479 :110:2008/08/15(金) 23:03:11 ID:UKdlyw8j
慎むって作法、遠慮、配慮、我慢、(ry


    んな感じなのかな?全部苦手な言葉だなww

480 :110:2008/08/15(金) 23:07:05 ID:UKdlyw8j
あとこんなのどう?
つつしむと言うのを慎む。
慎むって何?って聞くのを慎む。

こんな感じでどうだ?

481 :110:2008/08/15(金) 23:13:49 ID:UKdlyw8j
旧ユーゴスラビアをワールドカップでベスト4まで導いて、
前の、サッカー日本代表監督。


482 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 23:23:52 ID:qQLZl2bz
一切皆空だといいたがる者が多いのだけれども、明らかに毒物を含んだ川は全ての
生物を死滅させ、栄養豊かな川は全ての生物を長養する。執着なくしてもは犯罪は犯罪であり
酒、タバコ、肉が悪いのは避けようのないことです。

483 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 23:28:32 ID:7zCDUcGR
そんなの一切超えてる人もいますよ
毒を飲んでも平気ってのはキリストのおっさんだっていってるし

484 :110:2008/08/15(金) 23:28:53 ID:UKdlyw8j
例文=
このスレの人達は、慎み深いゆえ、
ボケをかましても、突っ込みを期待してはいけない。

乗り突っ込みを選択すべきだったと後悔する慎み深くない俺。

485 :110:2008/08/15(金) 23:32:55 ID:UKdlyw8j
>>482
俺はそんな問いかけ好きだ。

>>483
お前まで、俺のボケをスルーしやがって・・・・涙

486 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 23:33:51 ID:D+UrZfmU
>>480
仏教は仏壇を拝む程度の知識です。しかし、悟ってます。
慎むよりも適切な表現すると、「なるべく他人の力を借りない」と考えると説けます。
他人の力を借りると、悟りへの道に歪が生じる場合があります。
他人の力を借りずに進み、失敗も成功も全て、全て自分に帰すようにします。
しかし、生きていると他人の力を借りることがあります。そのときは、「ありがとう」と一言言って、他人の力を借りたことを自覚して進んでください。
例えば、他人が作ったお米を食べるときは「ありがとう、いただきます」と言って食します。

なので、「慎むって何?って聞くことを慎む」というのは、悪くはありません。

487 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 23:40:44 ID:qQLZl2bz
>仏教は仏壇を拝む程度の知識です。しかし、悟ってます

何をもって悟ったと理解したのでしょうか?よければ
体験やあなたの思う悟りの定義を聞かせてください


488 :110:2008/08/15(金) 23:41:34 ID:UKdlyw8j
>>486
やった!ちと誉められた気分!!

貴兄は良い感じで暮らしていらしゃるんでしょうなぁ〜。

489 :110:2008/08/15(金) 23:49:05 ID:UKdlyw8j
>>487
俺は誉められたからって訳ではないが、486の書き込みで、
自分は悟ったと思いの信念で生きるのも悪く無いと思った。
対象は、悟ったとして、悟ったという所で飯を食う世界の相手なのかも?

>>481
イビチャオシムかっ!!

(とんでもない自演を演じてみた。心の奥底に隙間風が吹く様に感じた・・・)

490 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 00:11:36 ID:a+bGp0R0
>>487
すこしだけ。
最初は悟るつもりはなかった。
自分はこの先、まともな人生を送ることは不可能と学生のときに感じ、6年ほど自分をいかにして精神的に追い詰めて殺すかを考えていた。一日に数百回は自殺することを考えていた。
具体的には、自分の性格を一言で言い表し、それを最後に否定して殺す。そのためには、誰ともしゃべらず、家を出て、日本一周ぐらいするた旅にでてました。駅で寝たり、学校で寝たり、知らない人の家に泊めてもらったりして学生時代すごしました。
そして、ある死ねるチャンスがあり、そのとき、今まで自問自答していたが、僅かに意識はあるんだけれども自分のはずなのだが意識が通用しない、圧倒的な自分の中の領域に達した。
そして、意識が戻ってその状態から立ち直り、再就職して日常過ごしてみると、悩みや苦しみの原理が分ってしまっていて、悩んでいる人を見ると、まるで、仏壇の仏像の微笑みのようにおかしくてしょうがなくなっていた。
とりあえず、この微笑みを悟りと名付けている。そんなところです。

491 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 00:18:57 ID:3Mz4bS94
人の悩みがおかしいということは自分の悩みがすべて解消されたということで
でしょうか?

492 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 00:30:24 ID:a+bGp0R0
悩みは生まれる。しかし、それがどうした、というところ。悩みを解決したというよりは、背景にあるものに包み込まれたというのが適切。
明日は朝から、ポニョ見に行くので寝ます。暇な時、きます。おやすみなさい。

493 :110:2008/08/16(土) 01:07:39 ID:oBqtePbC
>>490
色々話してくれてありがとうね。
そんな感じの話良く解かる気がする。
究極まで追い詰められたのか?追い詰めてしまったのか?
そこまで至らなければ、気がつかない。

俺の場合は、つくづく自分の愚かしさが・・・・。

ポニョ見に行けるのか?良いね〜!またね。

494 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 01:08:35 ID:up3HuRRL
>>491

たぶん、人の悩みがおかしいと思っても、普通だと思ってもどっちでもいいって感じかな。
 そもそも理性というもの自体無常だからですかね。

495 :把秋木:2008/08/16(土) 01:25:26 ID:ccPb16iu
流れてしまってるんでこれまでをよくみずに書き込みます。


>>492さとると、
解決出来ない難題は訪れないんでしょうか。

496 :妄想してみた:2008/08/16(土) 01:27:59 ID:YC7CgXTY
まぁ 悟りなんてのは個人がこれが悟りだ!って言えば
悟りなわけでそれでいいんじゃないかな

漏れ的にはかなり残念なんだがね

497 :110:2008/08/16(土) 01:37:56 ID:oBqtePbC
>>494
想像申し上げて、申し訳ないが、多分・・・・・こんな感じじゃないかと想像して・・・。

ある人が、「あ〜私はもう駄目!もう死にたい!」って言ってたとする。
ほう?どうも様子もおかしいし、それは大変だ!
深刻な問題だと、相談を持ちかけられた。話を聞いてみると、
彼氏と喧嘩して、最近連絡が無いと・・・・。

嗚呼〜、人間の悩みって、可愛い事柄なのかもな?
あの時、あそこまで追い込まれていた自分も良く似たもんだなww
って、思えた時、ふと、可愛い悩みに笑みが芽生えた。

って、感じかなぁ〜????
よ〜し、俺も暇だから、ボニョの筋書きしゃべっちゃうぞ〜!!
ポニョは、崖の上に住むニワトリの子供で、ある時、それを狙った獣が来て、
逃げる時に、崖から落ちた。そんな時助けてくれた人間に恩返しする為に人間になった。
助けてくれた太郎は、多重債務者で、ポニョは、それを助ける為に、風俗で働き始めた。
ある日、お客さんの前で鼻歌を歌ったら、お客さんから、
「そのメロディー良いね!」って言われた。
なにを隠そう、そのお客は、つんくと言うプロモーターだった。
で、ついでにポニョがレコードデヴューで、今、唄ってる女の子がボニョ。
だって、なめなめおじさんが言ってたよ!!

498 :110:2008/08/16(土) 01:41:04 ID:oBqtePbC
把秋木:さん、誰かが、把秋木:って、何て読むのって、聞いてたよ。

>>496
俺も妄想好きだぜぇ〜!

499 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 06:45:07 ID:qKN0I/YB
>>495
悟ると、問題なんて最初から無かった、これからも無いとなるのではないでしょうか
なぜなら問題をつくっている(問題だと思っている)のは自分のココロだからです
自我、執着がなくなれば新しく問題を作りだすこともないでしょう

500 :把秋木:2008/08/16(土) 11:23:51 ID:ccPb16iu
>>498読み返して来ました。


>>307単なる中国名なんでそのままお読み下さい。日本的にはハ・シュウボクかな。

中国的には宇宙を意味する(ファースト)ネームだそうです。


>>277中国の車輛消費は総量では日本を超えるのでしょうが、
シンセンのような都市部でみてとか局所的にはまだ普及薄なんで、
世界の経済動向に関してそこまで圧倒的な影響力を持つかはまだ未確認ながら、
世界経済が中国の動向自体には機敏に反応する現状を思えばその可能性もあるかも知れないとは思いました。

ブラジルのは金利10%ですから、
つぎ込む資金によっては収入ですね。

240万を振り絞れば月2万。個人的には銀行、郵便局の時代ではなくなりつつあると思います。

あれも投資といえば投資であって、
利率以外のところでもそれらと信頼関係の消えつつある昨今、
投資パートナーとしては純利率の面からドライに他でと決めていいような。

心を保つもドライな線引きをどこかで入れるのが仏の世界なのかもと思ったり。


>>499例えば家族を施設に入れたいのに低賃金や過労働で賄えない人もいるわけです。

そういう風景は当事者の心次第でさえ容易に変わってくれそうにないと思うんですが、
さとりに伴う智慧の発動で必ずクリアしていけるという法則は無いのでしょうか。

501 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 15:10:04 ID:qKN0I/YB
>>500
家族を施設に入れたいのに低賃金や過労働で賄えないと幸せでないと思うならそうでしょう

しかし施設もない昔はどうしたのでしょう、施設のない国ではどうなのでしょう
自分が食べるものもない国ではどうなのでしょう、内戦の起こっている国ではどうなのでしょう

いえ、そういうのに比べれば幸せだとか、そういう相対論の話がしたいわけではないですよ

ただ、何かがこうでないと幸せではない、何かがこうでないとたのしくない、何かがこうでないと
普通でない、と思ってる人は、そういう状況にならない限り満足できないと思います
また、お金も名誉もいろいろなものを持っていても、まだ足りないと思ってる人は同じように
不安で拠り所もなく、苦しいでしょう

満足とは何であるのか、それが自分でわからない限り、苦からは逃れられないでしょうね
仮にたのしくても、それは苦の克服であって、自由ではないと思います
クリアするとおっしゃってますが何を誰がクリアするのですか?
なぜクリアする最終地点を想定したのですか?なぜクリアしないと満足できないのですか?

満足も不満も、クリアしなければという思いも、クリアしてないという思いも、何もない、ただの
今という境地になればいいのでしょうが

502 :303:2008/08/16(土) 16:33:12 ID:CX4ErSVn
453 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 03:06:36 ID:UKdlyw8j
>>450
案外必要ない考えなんだと思ったりするんだけど、
確かに、心の中で恐れを持つと、とんでもない行動してしまったりする。
殺人事件などは、それが多いよね。



こう言う事件の本質は、安易に言えば、正気の思考を失うと言うことだろうなあ、

過去の抑圧された意識によって、現在の自分の周りの出来事が歪められて認知する訳だ、

まあ、こう言う時に、仏壇の前で、勤行する習慣でもあれば、精神の抑圧は減るんだけどね。

503 :303:2008/08/16(土) 16:38:22 ID:CX4ErSVn
469 :神も仏も名無しさん:2008/08/15(金) 19:46:58 ID:Aq68up+u
>>463 そんな腐れ外道坊主が悟ってるはずがない。
セックスは禁止。仏教ではどこにでも書いてあるのに。


そりゃ、南方仏教の間違いじゃないか、
本来、日本に来ている大乗仏教の流れは在家仏教だし、まあ中国あたりで、禁欲的になったらしいが、
維摩経と言う、在家でお金持ち女房持ち修行者が出家坊主共を論破すると言うお経があるし、
聖徳太子はこの注釈書を書いてある。

504 :110:2008/08/16(土) 16:50:09 ID:oBqtePbC
把さんは、とっても頭が良いし、
私なんぞの者に、現実を生きる方のパッションみたいなのを感じさせてくれます。
世界の経済状況とかも教えてくれるので、楽しいですよ!
諸外国の社会情勢には、大きな宗教組織が大きな力を持って、政治まで操ってる訳ですし
絡んでいる事は事実ですから、引き離して生きる事は私には出来ません。

ブラジル国債は年利10パーセントですか?凄いですね。
ただ、私は投資をしてません。でも、各国の経済状況には関心がありまして、
把さんの話は、とても興味深いですよ。
昨今の暴落の話は、どうやら中国では無く、国内需要の冷え込みで、
価格上昇も伴って、ダブ付いているらしいです。
秋になるとまた変ると言う人がいますが、
私は想像しか出来ないので・・・・。


505 :110:2008/08/16(土) 17:10:51 ID:oBqtePbC
>>500の書き込みに>>501さんが、レスしてくれてますが、
色々な意見を聞けると良いですね!!

施設のお話されてましたが、
私には、そういった問題に直面した経験がありませんが、
この国の公正労働大臣の髪の毛が散らかって
肩書きを持ったタレントあがりは、何度も結婚しているのに、
親を施設に入れる事の話で政治家になり、大臣になりました罠ww
結局特別何も出来て無い。

そう言った事を垣間見ましても、例えば、親一人、子供に家族が無い場合、
老いた親をの面倒を見るのか?仕事をするのか?の選択に直面する訳ですよね?

そう言ったケースパターンを、我々が目にする場合なんかは、
暗いニュースで、寂しい話になってるんですんよね。

把さんの投資、心構えは、俺が今まで会った奴以上に素晴らしいですよ!!


506 :110:2008/08/16(土) 17:18:51 ID:oBqtePbC
>>503
ね、その話、本人にどういった背景があって言っているのか?聞いてみたかった。
まぁ、聞かずとも知れた所です罠ww
彼の言った視点で、彼の話を見ると、あれだけで二つ、彼は間違いを犯してる。

以後、彼の様な話の分析は、303にお願いするとするよ。

ちと、出かける。


507 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 17:39:17 ID:A5cBrmrW
二つ?

508 :110:2008/08/16(土) 19:42:06 ID:oBqtePbC
>>507
二つでも三つでも幾つでも良いけど、俺の目に付いたのは二つ。
俺には、どれが正しくて、間違いか解からんけど、
彼は、そう言った事を、間違いだとちゃんと指摘した。

だから、彼にあわせて間違いと言ってみた。
まぁ、なんでもカマ湾が、彼のスタンスは聞いてみたいと思ったよ。

509 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 23:21:39 ID:a+bGp0R0
>>494
たとえ話を少し修正した。
ある人が、「あ〜私はもう駄目!もう死にたい!」って言ってたとする。
ほう?どうも様子もおかしいし、それは大変だ!
深刻な問題だと、相談を持ちかけられた。話を聞いてみると、
理想の恋愛像を描いていたのに、実際は彼女の裸を見たとたん、ちんちんが勝手に勃起して我慢汁が流れだし、彼女をバックから一気に挿入して、すぐに逝ってしまい、
彼女からは「あんた、逝くのが早すぎる、この早漏れ男!!」と言われてショックだった。

ポニョは全然ちがう。
崖の上に住む5歳の宗介とその母親。父親は外に出て帰ってこない。仕事と言いつつ、浮気でもしてるんだろうか?
ある日、ポニョの超美人のお母さんが、宗介のお母さんに「あなたの旦那と浮気しています」と告げる。
これで怒った宗介の母親は「もう、あの男とは別れる。BAKA、BAKA、BAKAAAAA・・。その代わりに、宗介一人じゃかわいそうだから、ポニョをください」といったらしい。
そこで、ポニョのお母さんはポニョに人間になる魔法をかけて、その魔法が効いてポニョは念願かなって人間になりました、THE END という話。


510 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 23:34:21 ID:a+bGp0R0
アンカー>>497に訂正ね。
ほいじゃ。

511 :110:2008/08/17(日) 00:13:43 ID:MsH05kuS
>>509
なめなめおじさんかっ!!(タカ&トシ風)

しかし、お主なかなかやりよるの〜ww

一課題出させてもらって良かですか?
509さんは、明日オリンピックの浜口京子と試合をするらしいですが、
その感想を教えて頂きたい。
明日の模様を想像するに、おそらくバックを取ったり取られたりの
激しい絡みになると思いますが、お暇ならよろしくです。

512 :110:2008/08/17(日) 05:30:08 ID:MsH05kuS
このスレでこんな事話させてもらって悪いけど、
俺はあんまり関心がある訳でなく、ある所の考え方は素晴らしいと思うんだけど、
反面、見えてくる所の窮まさで、興味を惹く事すら無かった。
俺が今まで2ちゃんで会った人の方が数段面白い。

彼の言う様に、それぞれに守護霊があるのならば、
それだけを伝えればよかったのにね。
彼の守護霊が、他人の守護霊に働きかけるんだろ??
各々に、守護霊あるならば、個人個人が、自分の守護霊に自ら語りかける、
それを伝えれば良かった、そんな気がする。
第三者に頼って、その第三者の守護霊と言う物が、違う誰かの守護霊に働きかける。
随分遠回りな話だと思うぞ。
それより、自分でなんとかする方法を説くべきでは無かろうか?
この場合、自分で自分の守護霊って奴に語りかければ済む話だと思う。
彼のは力があるが、彼のは力が無いって言ったら、また別なポイントが産まれると思う。

平和ボケしたこの国の国民は、エハラとか、ほそきとか好きなんだよね。
そんな操りやすい人の、個人情報は高く売れそうだね??
ガネーシャモードなんでしょ?彼は?
ガネーシャモードって何?って、聞いたけど、答えてくれなかったww
ガネーシャを何だと思ってるんだろうって思ったよ。
方法論だけ語るべきにして、考えさせる道を選ばせれば良いのにね??
考えさせる行為を促してるのは、反対派の意見の所であることは、残念な話だと思う。

513 :110:2008/08/17(日) 05:43:16 ID:MsH05kuS
これは想像だが、
反対派、とか、誰かに対して否定的な話をする側って、
非常にリスクが有ると思うんだ。
他人を突上げれば、自分に制約を課す事になると思うんだ。

誰かに対して、批判をする。批判をする者は、
批判した相手に育てられてると言えそうな気がするよ。

他人に対して、何処か気になる点ってのは、
あまりにも自分に似てる所が鼻に付くんではないだろうか??

だけど、あれの場合は違いそうだww
沢山警鐘を鳴らしてくれる人がいるって事は、
リスクを恐れず、身を呈してくれる先生が沢山いる様に見える。

これから先の、移りかわりが楽しみだね。

514 :110:2008/08/17(日) 06:01:28 ID:MsH05kuS
勘違いされると面倒なので言っておくけど、
俺も神や仏や守護霊などは、人間が生み出した概念であると思っている。
ましてや神仏などは、祈れば受験に合格させてくれる筈など無く、
いるなら寧ろ逆かな??ww

でも、それを思って生きてる人がいても良いとも思う。
祈りと言う行為も悪く無い要素が含まれている。
自己暗示、心の引き締め効果、確かに慎ましさも作れる。
良い思い込み方が産まれるなら良いやね。

ただ、それをしない奴は邪道だなんてすると、また違う問題が生まれる。


515 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 07:10:51 ID:GIWZrClq
>>512

> 彼の言う様に、それぞれに守護霊があるのならば、
> それだけを伝えればよかったのにね。
> 彼の守護霊が、他人の守護霊に働きかけるんだろ??
> 各々に、守護霊あるならば、個人個人が、自分の守護霊に自ら語りかける、
> それを伝えれば良かった、そんな気がする。

あ、そこのところは私も感じて、彼にきいてみようかと思ってた。

ガネーシャモードってのは、、たしか『夢をかなえるゾウ』の本だっけ?
(私は読んでいないんだけど)
あれに出てくるゾウの真似してみてるって前にいってたんじゃなかったかな。

516 :110:2008/08/17(日) 08:03:39 ID:MsH05kuS
>>515
あっ?そうなの??よく憶えてないので・・・・www
その夢を叶える象ってのは知らないし、
それのマネなのか?
何でそれを言ってきたのか不・思・議〜一杯!

>あ、そこのところは私も感じて、彼にきいてみようかと思ってた

関わりに行くと、ろくな目にあわないしwww頑固だからwww無理よ。
関わり合いの中で、彼の為になる事は、沢山あった筈だけど、
彼は一切受け付けなかった。
でも、面白い話はしてたし、的を得てる部分もあった。
的を得ている分・・・・・。まぁ。良いかww
見ていて、痛快な所も見れたし、おもしろい男だったよ。

俺だって、似てる事言ってるんだよ。彼は守護霊にしちゃったけど、
俺は、意識はエネルギーであるって、言ってる。
俺の言ってる事は、当たり前過ぎてか?誰も批判しないし、賛同もされないがww

517 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 08:04:04 ID:+TyOV5Xu
>>496
同意

仮に思い込みだとしても
悟ったから悩みなんて無いのだと自信持って生きていけるのだから、そこは少しうらやましいね

518 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 08:16:48 ID:+TyOV5Xu
>>516

マジで神や仏や守護霊が概念で意識がエネルギーだと思ってるのなら居つくスレ変えたほうがいいよw
いくらここで話し合いしても無駄つか
自分の目で直接信じられる何かを見るまで信じないタイプだと思うから

雑談したいだけでしょww

519 :110:2008/08/17(日) 08:20:03 ID:MsH05kuS
>>517
>>496は、でも、残念な所でもあると言ってますよ。
彼は、そこのポイントが良く解かってるみたいですな。
それに彼のコテハンは、俺も好きだねww

俺もそう思って生きても良いと思うよ。
でも人に向けて言う事だろうか??
2ちゃんで言ってしまうと、それなりのレスを入れなきゃいけない。
大体受ける印象は、自己満足的な人に見受けられる。
そんな悟った人は、泣き言っちゃヤダヤダ!!

俺達の様な悟って言え無い人間は、
それは、普通に生きる人と違いはあるのだろうか??
何を持って悟ったと言ってるのだろうか?
なんて事を聞いてみたいのよwww

520 :110:2008/08/17(日) 08:30:50 ID:MsH05kuS
識がエネルギーだって言っても、
人間の意識が仮想の何かを作るって言ってる事で、
守護霊がいるってのも、意識が作ってるって事だし、
俺には良く解からん愛ってのも識なんだよ。

まぁ、君には言っても解からんだろうがなww

でも、>>518は悟った人なんだよね?

521 :110:2008/08/17(日) 08:34:41 ID:MsH05kuS
>>518
あなたの様なタイプの言い出す事はとても面白い。

>だと思ってるのなら居つくスレ変えたほうがいいよw
>いくらここで話し合いしても無駄つか
>自分の目で直接信じられる何かを見るまで信じないタイプだと思うから
>雑談したいだけでしょww

その言葉、まんまお返ししたいww

522 :110:2008/08/17(日) 08:53:21 ID:MsH05kuS
守護霊やなんだ言ってる人に、識がエネルギーって所で批判受けるなんて、
じっくり広く考えが至って無い証みたいなもんだよ。


523 :110:2008/08/17(日) 09:04:55 ID:MsH05kuS
もうちょい説明してみようか?
映画ヒフスエレメントとか言うのがあったじゃん?
最後の方で、石を動かす要素で、水やら風やら火やら用いてさ、
良く、五大力とか言うじゃない?それが五つのエネルギーとして言われてたんでしょ?
そして何時の頃からか、その五大力の他に、もう一つエネルギーがある事に気が付いたの。
それが識。


524 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 09:09:02 ID:+TyOV5Xu
言っとくけど別に批判はしてないから、
求めるスレが違うんじゃないの?と感じただけで

精神論みたいなのを追求したいなら別にいいんじゃね?

525 :神も仏も名無しさん:2008/08/17(日) 09:13:20 ID:+TyOV5Xu
識?
何か勘違いしてた
>>516で意識はエネルギーって言ってたからさ

526 :110:2008/08/17(日) 09:42:08 ID:MsH05kuS
>>524
実際、何でこのスレに俺がいるのか、自分でも解からんのよ。
自分でも2ちゃんを離れる心構えは持ってるんだけど・・・・。
このスレが終わるまで、ここにいるつもり。
次にこんな感じのスレが乱立しなきゃ、俺は来ない気がする。
訳も解からずこのスレにいたい。後、475レス。取りあえずそこまで。

でも、まぁ、色々厳しいあの大王に、面白いって言われたのは嬉しい様な感じ??w

まぁ、みっともない面を御見せする場面にも出くわすだろうし、
それ程突拍子も無い事言わないつもりだし、
大そうな事も言えないけど、若い奴等にこんな考え方もあるんだ〜?
なんて思ってもらえるだけで良いのよ。

>>525
識は、知識と言う所よりも、意識的な所をエネルギーって言った所の深さを・・・(ry
意識はエネルギーなのよww



527 :把秋木:2008/08/17(日) 20:32:34 ID:irdt1AUs
>>501施設の無い昔やそれらの状況にある人々が問題を解決出来てれば、
その智慧を敷衍出来るかも知れませんね。

同じ一人の人生でも居住地域や時代の違いで一方は解決出来たりし、
例えば自給自足や地域住民の互助で解決出来ることもありますが、
同じ土地環境や地域関係の無い条件では過去の応用は難しいかも知れません。、

クリアするのは最終地点ではなく基本地点なので、
そこのところの溝埋めはどうなるのか考えてはしまいます。


>>504国内需要の問題はやっぱり過剰生産後のサイクルなので、
それはあると思いますね。

あとは原油価格がブラジル由来でどこまで影響をつけてくるか、、

本当は国債に反映されて来るんでしょうけど、
株はタイムラグがありますからね。、

移ろいやすい心と安定した自分軸の違いのようなものですね。

528 :大王:2008/08/17(日) 22:41:17 ID:fYdaUqag
526 :110:2008/08/17(日) 09:42:08 ID:MsH05kuSへ

まあ、厳しいのは臨済宗、公案での対ぼったんだけだよ、
臨済宗、公案て言うのは、そう言うものだから、
次にやや厳しいのはチベット密教スレでの知識自慢して偉そうな奴、

鬼スレ、鬼には優しい方だ、、

仏教やって知識自慢偉いんだぞと思い込む馬鹿は批判されるべきだな、
むしろ、無宗教の方で普通の感覚の者の方がまともですな、、


514 :110:2008/08/17(日) 06:01:28 ID:MsH05kuS
勘違いされると面倒なので言っておくけど、
俺も神や仏や守護霊などは、人間が生み出した概念であると思っている。


うむ、自分の基本的人生観上では同意だ、
でもまあ、得体の知れない実在する仏、神の現象見てしまったからなあ、
自分の世界観スタンスと、見てしまった関わってしまった世界とのギャップはあるなあ、

529 :110:2008/08/18(月) 00:40:05 ID:Ja1t69mD
夕方寝て、こんな時間に起きちゃった。

>>527
施設のお話は、そんな経験が出来る人には切実な問題であったり、
それに伴う判断も出来る訳で、
そんな立場に無い俺の様な奴には、答えが出せないですよね。

>移ろいやすい心と安定した自分軸の違いのようなものですね。

心移ろう時は、移ろえば良いし、自分軸がぶれる時にはぶれれば良いと思います。


530 :110:2008/08/18(月) 01:12:05 ID:Ja1t69mD
>>529
人間は、何等かの要因で、それらを見る事がある。
熱、温度の変化、視覚から入る要因、景色。
人間は、口にしたものだけでも変化受ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
確かにね、感謝の気持ちとかを持って生きる事は、美しい事だと思う。
心の中に、神仏を画き、持ち生きる事も素晴らしいと思う。

想像して欲しい、
時は江戸時代位、仏法知らず、つつましく農業をやって生きる者、
かたや、人に仏法を説く僧侶。
その二人ふり注ぐ恩恵に何の違いも無い様に思う。
何の違いもないんだと。

さっきも言ったが、感謝を持って生きる事は、素晴らしいし、美しいとも言える。
だけど、仏法を語る者に対して、神仏の名を借りて、何か強要みたいなのを感じる時がある。
驕り昂ぶり、そんなのが目に付く事が、2ちゃんでも多いよね。
俺達だって、素人だけど、そんな所の話を突詰めて行ってるんだよな。
だから、納得いけない時には声を出して批判してしまうんだろうと思う。

究極言うと、神仏とか、森羅万象に対して、感謝する必要は全く無いと思う。

531 :神も仏も名無しさん:2008/08/18(月) 11:11:37 ID:rMU68pfo
>>516
いちおー素直に書いてはみたけど。
なんかビジネス書の棚に並んでる成功本みたいなやりとりになってるねw
(↑ちゃんと読んだことないのでイメージのみ)

スレでのいろんなやりとりって
たとえば坐禅とかしてるときにアタマのなかに浮かんでくる
いろんな思いともちょっと似てるね。とさっきふと思った。

532 :神も仏も名無しさん:2008/08/18(月) 14:59:00 ID:GPl/d7Ax
半端なやつは「悟った」と勘違いした途端、興奮のあまり饒舌になる。
呵々大笑して狂えばしめたもの
しかし、仏陀は沈黙した。

533 :110:2008/08/18(月) 17:02:54 ID:ehjEOzTd
>>532
まずはこっちからレス入れるよ。
俺は悟ってないし、悟りったと言う他人の定義が解からんから興味深いよww
しかし随分気色の良い感じだし、面白い話だな。

わざわざこんな過疎った糞スレによう来なすった。

>半端なやつは「悟った」と勘違いした途端、興奮のあまり饒舌になる。

自らの経験談を話してくれてありがとな!

>呵々大笑して狂えばしめたもの

そうか、御宅はその口だったですか!

>しかし、仏陀は沈黙した。

その場合の仏陀って誰よ?だから非常に興味が沸く。
まさか?御宅の様な覚者が、本で知った知識をそんな感じで書くとは思えないし、
タイムマシンに乗って、昔の人にでも会って、それを知ったのか?まさかな?ww

で、この場合の仏陀って、誰よ??



534 :110:2008/08/18(月) 17:28:23 ID:ehjEOzTd
>>531
俺は坐った事がないので、良く解からんのだけど、
坐禅っていうのは、目を瞑る??もしそうなら、思いが廻った後は、
廻る思いは、遮断とかに至るのかな??坐るって事に詳しい凡が来たら聞いてみたいね!

俺も日常でそんな感じになる事はあるよ。
例えば、家で、車のカギを探してたとする。
するってぇ〜と、何時の間にか、<あれ?俺、何やって??何探してるんだろう?>
って、良くなるよ。(それとは禅々(全然)話が違うか?www

いや、坐って考えるのも良いよね。
納得出来る何かを見つけるには、(鍵の話じゃないが)思い起こして考えた方が
闇雲に、うりょちょろするより速いなんて事が多いと思ったりする訳で・・・。

俺は、抜け出したいポイントがあるなら、考えて、考えて、
繰り返す日々の中で訪れる、そのポイントから脱却する何かを見つけ出すべきだと思うんだよ。
考えずにそこから抜け出せるなら、尚更良い話しだとも思うけどね。
答えなんて、身の回りにあるんだとも思うよ。

535 :110:2008/08/18(月) 17:44:34 ID:ehjEOzTd
>>531
俺は成功本に学ぶ事も無いし、必要ない。
自分なりの考えも持っているし、実生活の中に題材は無数にある。

>スレでのいろんなやりとりって

前に一度、自分にはどうでも良い様な小さな指摘を受けた事がある。
しかし、その小さな指摘によって、越えられた何かがあったよ。
小姑みたいな人だったけど、ありがたい限りでしたわ。

536 :110:2008/08/18(月) 17:59:13 ID:ehjEOzTd
>>531
こんな感じでジャストフィットするのを見つけれればいいね。

http://jp.youtube.com/watch?v=25zF8L8VpbQ

537 :110:2008/08/18(月) 20:36:29 ID:ehjEOzTd
でもさ、龍賢すげえよな。
俺が探してる何かって、受け入れ難い事を、受け入れるか?
って、所にありそうな気がするな・・・・・???

彼がもうちょっと肩の力を抜いてもらいたい。
そうせんと、こっちの身も、もたんわぁ〜www

なんてな事を、俺も妄想してみたww

538 :110:2008/08/18(月) 20:38:25 ID:ehjEOzTd
訂正=彼には、(O)

539 :神も仏も名無しさん:2008/08/18(月) 22:14:37 ID:rMU68pfo
>>534
> >>531
坐禅のときの目は、つぶるんじゃなくて半眼じゃないかな。

> 俺は、抜け出したいポイントがあるなら、考えて、考えて、
> 繰り返す日々の中で訪れる、そのポイントから脱却する何かを見つけ出すべきだと思うんだよ。

うん…そうだと思う。
私はめんどくさがりだから、すぐに得られる答えやマニュアルを欲しがってしまうけど
結局それは自分のものにはならないってことがようやくわかってきた気がするよ。

>>535
> 前に一度、自分にはどうでも良い様な小さな指摘を受けた事がある。
> しかし、その小さな指摘によって、越えられた何かがあったよ。
> 小姑みたいな人だったけど、ありがたい限りでしたわ。

そっかー。タイミングもきっとぴったしだったんだね。

>>536
ジャストフィットの感じをありがとう♪
うん、こんな感じだと心地よいな。

>>537
> でもさ、龍賢すげえよな。
> 俺が探してる何かって、受け入れ難い事を、受け入れるか?
> って、所にありそうな気がするな・・・・・???

あ! それ! 受け入れがたいことを受け入れるってやつ!
ほんとはいやなのに無理してそうする、っていうんじゃなくて。
とりあえずちょっとやってみるわ。

540 :110:2008/08/19(火) 08:37:24 ID:QhTDyHh/
>>539
半眼なんだ?教えてくれてありがとう!
半眼とは、深いものを感じるよ。

受け入れ難い事を、簡単に受け入れる、嘘をついてでも受け入れる必要は無いと思う。
変化なら、受け入れ方の変化がどんな感じで生まれていくんだろう?ってなもんでw

んな、俺自身も、心霊なんとかを簡単に受け入れられやしないよww

でも、以前このスレに一休さんの事を、腐れ外道と言ってた人がいたけど、
何かが近づいた時は、そんな彼が受け入れ難かった事を、
受け入れる瞬間が待ってる気がするね。
それが、俺達が探している瞬間なんではないだろうか??

なんて、妄想しちゃう訳だけど、そんな事多い気がするね?
楽しい話だねwww

541 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 08:42:50 ID:h4anK9fS
一級さんはどこから動見ても堕落した外道坊主だろ
本人も悟りきった坊主などと言われるより喜ぶよ。

542 :110:2008/08/19(火) 16:02:17 ID:CF9WPGwy
>>541
そうかも知れんなぁ〜ww
まぁ、俺も外道が好きだしwwこんな感じの

http://jp.youtube.com/watch?v=uHfBhJsqrD8

>>540の場合、一休自体にウエイトを置くんじゃ無く、
一休に対して、受け入れられない思いを画いた人に対してのそれなんだよな。
その人自身に、その点に付いて納得とかが産まれる時が来るのか?

俺の話は、どこまで行っても推測だけど、悟る時って、そんな感じだと妄想してみたww

雷が凄くて、道中 信号が点灯してない場所に出くわしたけど、
下手に信号がある時よりも、流れがスムーズだった所は面白かった。

543 :りゅうけんスレ:2008/08/19(火) 18:55:11 ID:w8XSMiNY
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218594731/l50

544 :110:2008/08/19(火) 20:19:33 ID:CF9WPGwy
とかくこんな世界は、手品師と山師が多いもんだww

よ〜し!!>>543に触発されて、お父さんもURL貼っちゃう象っ〜!!

懐かしい動画見つけた。

RCsuccssion ・ あきれて物も言えない
http://jp.youtube.com/watch?v=b1yhd09zUWA&feature=related

これはかっこいいw
http://jp.youtube.com/watch?v=1qmBgodb3iM

545 :把秋木:2008/08/20(水) 02:09:11 ID:J4ZlSNLq
>>529自分軸は何か自分の中にあってぶれないもののことですが、
心はゆらぎやすくてはだめでも時には小さなことにくよくよするのも確かにいいものでしょうね。


>>532やっぱりさとりってのは興奮とか高揚とかより、
沈重、落ち着きなんでしょうか。

沈黙といえば響く言葉は文章、発声どちらでも、
間、行間、つまり沈黙が重く響く感じがするかも知れません。、

546 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 07:41:51 ID:T5pE3RP9
>>540

> 受け入れ難い事を、簡単に受け入れる、嘘をついてでも受け入れる必要は無いと思う。
> 変化なら、受け入れ方の変化がどんな感じで生まれていくんだろう?ってなもんでw

うん。無理はしない。できないし。
あぁ私はいまこれが受け入れられないんだなってことで保留しとくよ。
てか、あのあと思ったんだけど、「不平不満を言わない」っていうのは
自分のなかの動きに気づきやすくするためのきっかけなのかも?
もしかしたら、他の言葉だっていいのかな……そうするって決めさえすれば。
(なんか代わりのおもろい言葉でボケたかったけど出てこないやw)

大事に守ってるものって、それ手放すと自分が宙に浮いちゃいそうで不安なんだけど
手放してみたら案外なんてこともなかったりして?
でも持ってたいうちは、どうしても持っていたいんだよなー。。。って独り言スマン。

547 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 07:55:29 ID:T5pE3RP9
>>500 把秋木さん

> >>307単なる中国名なんでそのままお読み下さい。日本的にはハ・シュウボクかな。
>
> 中国的には宇宙を意味する(ファースト)ネームだそうです。

お礼が遅くなりました。
お名前の読み方教えてくださりありがとうです。
ハ・シュウボク全体が、宇宙を意味するひとつの名前なんですか?
どんなイメージなんだろう。。。

そうそう。ききたがりちゃんですみませんがもうひとつ。
このスレ、飛ばし読みしかしていないのですが(そうだった今夜読んでみよう)
たしか以前、IDやメールアドレスの文字の並びで
内部情報(?)がわかる、といったことを書かれていたような?
それって易のようなものですか? 

548 :110:2008/08/20(水) 22:10:27 ID:yN/fo1vl
>>546
>あぁ私はいまこれが受け入れられないんだなってことで保留しとくよ。
>てか、あのあと思ったんだけど、「不平不満を言わない」っていうのは
>自分のなかの動きに気づきやすくするためのきっかけなのかも?

そうだと思う。受け入れられないものを、受け入れるなんて事は、
手間のかかる話だし、大して気にせず、無理せず理解する時が表れたら
受け入れれば良いって気がする。気にせず巻き込まれないのが良いと思う。
見つけられる時は、簡単に見つかる訳だし。
何かを実感出来る時に、味わえば良いと思う。
心なんて自由自在に置いておけば良いと思うよ。
肯定が自在な考えだなんてのは幻想だしさww

ここにはコンガラが来ないけど、コンガラは自由な感じがするねぇ〜。

>大事に守ってるものって、それ手放すと自分が宙に浮いちゃいそうで不安なんだけど
>手放してみたら案外なんてこともなかったりして?
>でも持ってたいうちは、どうしても持っていたいんだよなー。。。って独り言スマン。

こればっかりは、大事なものが何か知りたい所ではあるよ。
例えば家族とか、人権とか、命とかを大事に持つなら、漠然とそうしろって言うだろうと思う。
でも、この辺りの板で良く言われる事なら、逆だったりする。

実感出来る時は、どんな状態でも実感出来ると思うしさ。




549 :110:2008/08/20(水) 22:37:16 ID:yN/fo1vl
しかし、なんだよこのスレのまったり進行はww
もっと殺伐としても面白いと思うんだが・・・・。ww

五輪の野球、岩瀬が出て来た。これはヤバイか??ww

550 :110:2008/08/20(水) 23:02:57 ID:yN/fo1vl
他スレで面白い書き込みを見つけた。内容は下記へ。

>相手が自分の事を好きかどうか知るには
>話してるときに相手の瞳を見ればわかります。
>好きならば副交感神経が働いて瞳孔が収縮するようです。
>周りの明るさにも左右されたり、欲情で交感神経が働く場合もありますが・・・

異性を落とす達人の様な書き込みだが、
いずれにせよ幻想をこじつけてるに過ぎない。
同じ幻想なら、もっと簡単で面白い考え方がある。

目の前に現れた相手が自分の事をどう思ってるか?なんて、
自分が相手に対して画く感情と同じと見ても良い気がする。

そんな所でも、自分次第って所も実際あるんだろうね?
他人を見るより、自分を見た方が速い。

それよりも、岩瀬、バカバカ打たれておるぞwwやっぱりなwww
3点入れられて未だノーアウト1・3塁かww

551 :神も仏も名無しさん:2008/08/21(木) 00:51:49 ID:tvRobCkI
他スレで面白いものを見た。
俺も、お経の話は、どうでも興味無いし、知らないんだけどw
こんな話なら解からんでもないww

・・・・・・・・以下コピペ・・・・・
338 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 14:51:16 ID:bE/mE9WW
仏様の言葉で一番ありがたいお言葉は

法句経にある

他人のすることを見るな
自分のしたこととしなかったことを見よ

だとおもいますね。これを唱えると怒りが収まります。


339 :神も仏も名無しさん:2008/08/19(火) 14:58:59 ID:bE/mE9WW
この言葉の中には仏教の真髄がすべて含まれているような
そんな気がします。
まず怒りの原因、怒りの空性をさらりと
理解できて 一瞬で怒りの苦しみが消滅する。
仏の救済。

とらわれなくちゃいけないようなものは何一つとしてない
だったら苦しむ必要も無い苦しみはないし怒りもまた無かった
他人を見ないのが智慧であるし自分のしていることを見るのが智慧である
他人など見ないのが戒めであるし八正道でもある。
自分を見るのが戒めであるしそれこそが八正道であると。




552 :神も仏も名無しさん:2008/08/21(木) 01:06:09 ID:tvRobCkI
何や知らんけんど、これも面白い書き込みだと思ったぞ。
・・・・・・・・・以下コピペ・・・・・・・・・・

不安と罪悪感は、この世が一切苦だと認めるのに必要
心配は、真実は非我なるもので、個こそ盲執に過ぎないと知るのに必要
しなければならないことは、
この世で受ける苦が自分のものであると受け入れて、その消息を自ら知ること。
孤独という業を味わい、愛を知り、愛を慈悲に転化すること。
非創造の世界に、仏教徒もキリスト教徒もない。


553 :110:2008/08/21(木) 22:06:00 ID:kUQxcYiy
日本!悲願の金メダル!!

しかし、前日に300球以上投げて、また連投。
すげえ体力だなww
オリンピックから、ソフトボールが競技として除外される最後の年。
恐らく解説者は宇津木さんだと思うが、涙声に感慨深いものを感じるねぇ〜。
日本の社会人リーグもソフトに関しては国債貢献してきたと思うし
良かった、良かった。   おめでとう!!

554 :神も仏も名無しさん:2008/08/21(木) 22:13:59 ID:kUQxcYiy
他スレより・・・

他スレにて《疑心暗鬼》と言う文字を見つけた。

疑心暗鬼とは何か?
日頃より、疑心暗鬼に塗れている俺に言わせて頂けるなら、
疑心暗鬼とは、自分の心が産みだした地獄である。

こんな時なんではなかろうか??坐する時って??

555 :110:2008/08/21(木) 22:16:17 ID:kUQxcYiy
わぁ〜!名無しになってしまってる。
しかもageてもうたww
別に良いかww

556 :110:2008/08/22(金) 00:04:14 ID:PvJcSlhY
名古屋の奴で自分は霊が見えると言って、
除霊と称して女性と関係を持った糞野朗が逮捕されたと・・・・。

やりたい放題だなww
時代がどこまで進もうと、そんな輩が出て来るんだなww
自分の作り上げた世界が、そこで捉われてるだけなのに・・・。

解かるか?



557 :把秋木:2008/08/22(金) 01:42:42 ID:F/VTCjU7
>>547シュウボクの部分が宇宙だそうです。

文字の並びで存在の内部情報がわかるのは、
易のことをよくわかりませんから易かどうかわかりませんが、
あんがい易のようなものかも知れませんね。

携帯電話のアドレス帳に存在に関する何か文字を登録すると、
その存在用の画面が作られますよね。

ここなら多分「1さん」でもいいと思います。

世界に多くの1さんがいるでしょうけど、
こちらの意識でというか登録にいたるまでの流れが自然に、
ここの1さんの情報をピックアップして画面に反映してくれるのでしょう、
幸い登録画面に情報が反映されるという事態を、
携帯電話を購入してみてはじめて知りました。

まさに文明の利器です。

これ自体はさとりと直接関係無い世界ながら、
性質から仏典には記されてなくてもこの世のことわりをつかんださとり人には、
伝わる可能性のある話だと思ってあえてここで当初出してみました。

558 :110:2008/08/22(金) 01:46:04 ID:PvJcSlhY
この世に実体んが無いのならば、それと云う幻想も実体が無いはずなんだ。
だったら、それを信奉する者は、実態の無い幻想を大切にして、
作り上られた考えを、守ってるだけなんではないだろうか?

(もっとも、そんな感じで人が生きる事には賛成だし、
        実際こんな俺も人々が広く仏道に理解が深まる事を願う)

しがみ付く気持ちも解からんでもないが、・・・・(ry
そこでも執着してしまう。執着を離れるのが、何かの教えじゃ無かったか??ww
下手な(外れた)仏教的考え方が、それを強固に加速させる。

想って作った・・・それが個人、個人が作った世界でしょ?
事実?目に見たり、真実だと感じたから??
所詮、それだけの事なんだよ。
実体の無いモノに、捉われてるのは、そちら側な事が事実だよww

拘る点が小さすぎる。
崇高な考えが、そんなに小さい訳が無い。
もっと偉大なんだよ。なんて思っていたいねww

まぁ、上記の内容は、仏教じゃないだろうけど??ww

559 :久しぶりさん(和楽:2008/08/22(金) 09:04:35 ID:kHM09Vve
>除霊と称して女性と関係を持った糞野朗が逮捕されたと・・・・。
盛れも観得るくちだけど、除霊と称して関係を持ったことはないな。
どうにも魅力的でイカレちまったことはあるけどね(苦笑)
困った愚息だけど、本気で惚れてたし別れた時は凄く凹んだもん。
逆に、二人きりで会って「救って!」と迫られたことはある・・・逃げたよ(爆)

結構イイ女だったけど、取り殺されるって言葉が脳裏に浮かんだ。
取り込まれて憑かれるって由宇か、受け止めることは不能な苦悩を抱えてる女。
でも本当は凄く貪欲で一つ満足したら次の不満が乗っかってくるのが話して判る。
虜ロールにされた日にゃ自殺で終わるか、他の野郎に殺ラレルとこまでありえる。

それが解かってながらさ、まったく本能ってのは困ったもんだ(苦笑)
こんな相手で死にたくねえよって生存欲求と反応する愚息との油汗状態。
関係を持つなら相思相愛でなきゃ、自慰行為の程度と思ってる方が良いな。

愛の為に死にかけた盛れの一意見でした(和楽)


560 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 09:20:13 ID:T7Gq8TGN
うっわー☆和楽さんだー(驚嬉)

561 :久しぶりさん(和楽:2008/08/22(金) 09:30:30 ID:kHM09Vve
>やりたい放題だなww
霊感商法

>時代がどこまで進もうと、そんな輩が出て来るんだなww
自我と本能の織り成す煩悩を見据えても、誘惑に転ぶループは甘くて苦いからな(和楽)
上官命令もそうだが、人間っつうもんは引き返すってのが苦手だし、
心の一線を踏み越えると、毒を食らわば皿までに自分で追い込むことすらある。

>自分の作り上げた世界が、そこで捉われてるだけなのに・・・。
言葉で云えばその通りだが、大概はワカッタ気になってる留まりで自我を守る。
挙句は相手を診ることもしないで説教まで自我の押し付けをし始める。
倦怠カプールには服着たままでも悪くはないが、
エロ事は心が裸になる機会だけに理趣経は理性なき自性の交歓がイチオシ(和楽)
盛れなんざ、自己分割の出来るアッチの世界に還って生きた方が楽だな(苦笑)

>解かるか?
おい!絶望の渕を覗き込んでんじゃねーよ(自爆)
性感で往ってもイイから生還しろよなー!(連爆)

朝から・・・・自省始末。。。


562 :547:2008/08/22(金) 09:34:34 ID:T7Gq8TGN
>>557 把秋木さん
いただいたレス、理解できてません(うぅ)
私、いまだ自分の携帯というものを持ってなかったり(汗)

登録する際に、アドレスやIDの英数字をかなモードで入力してみるとか
そういうこととは違う……のかな。。。?

563 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 09:38:39 ID:T7Gq8TGN
昨日本屋さんに行ったら「引き寄せの法則」みたいな本がわんさか並んでて
……「どんだけ〜?!」(古っw)って思ったです。

564 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 10:38:08 ID:T7Gq8TGN
>>561

> 朝から・・・・自省始末。。。

んなこといわずにもっと書いてっ♪

565 :110:2008/08/22(金) 18:13:00 ID:YsRZnOuE
>>559
久しぶりって、言われても記憶に無いんですが、
なかなか面白そうな人で、今の所、違和感は無いのが不思議ww

言葉が脳裏に浮かんで、素直な所は良いね!!
俺は、逆らちゃうから・・・www

だね、俺は、意地張っちゃう所が、時に自分でもアホなやつだなぁ〜って、
良く思うんですよ。まぁ、成る様になれって感じで・・・お粗末な話して申し訳ない。

このスレが1000に到達するのを手助けするべく
これからも書き込んでちょうよ〜!!

それよりも、星野は、また岩瀬使って・・・・。
俺、野球でもサッカーでも、選手機用の良し悪しは、当たるんだよなww

566 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 18:23:36 ID:jq0FKou4
何で日本の野球が勧告なんかに負けるの?手ぬいてるの?

567 :110:2008/08/22(金) 19:00:30 ID:YsRZnOuE
>何で日本の野球が勧告なんかに負けるの?

なんてな認識じゃぁ、負けるでしょww
勝負は時の運。
日本は、アマチュアの選手ばかり使ってた時は、強かった。
今じゃ銅すら届かない。
五輪って、アマチュアの希望と夢の場所だったのに、
いつの間にか、プロばかり。
社会人とかから奪ったんだよな。
そりゃぁ〜、底上げのレベルが落ちて行っても不思議じゃないと妄想してみたりする。

日本は、工業生産技術はピカイチだけど、


568 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 22:40:45 ID:T7Gq8TGN
いまの野球のことは全然知らないけど、
なんか今回は、こころがパーッと晴れやかになるような感じがちっともしない。。。
そういえばサッカーも。

女子の方が元気っぽいなぁ。

569 :110:2008/08/23(土) 00:50:35 ID:k9wZkFtf
そうだねえ、サッカー代表は、小野、稲本、中村、高原の世代の奴等は面白かった。
中田英も丈夫だし、中田がイタリア行った試合は、スカパー契約した位だった。
でも当時の仕事はハードで、深夜の3時頃に起きてるのは無理だった・・・orz

今のサッカー五輪男子代表は、サイドバックは良さ気だけど、・・・。(ry

全然俺も女子の方が心に来る物を感じるよ。

野球も五輪は、アマチュアの時は面白かった。
ただでさえ社会人野球の倶楽部は、閉鎖されてる事を目の当たりにしてるのに、
アマを除外するってぇ〜のは、・・・・・・。
アマチュアは、五輪に賭けてるが、プロはメジャーの足がかり程かな?
んでもって、メジャーに行ける気運の無い奴は、・・・・???


570 :110:2008/08/23(土) 01:11:28 ID:k9wZkFtf
それよりも、五輪が終わってからの中国の動向が恐ろしい。
開催期間中でも、色々問題が出てきてるのに、
マスコミの関心と開催中であった事の自制が薄れる訳だから、
政府と軍、警察は、確立変動するだろなww

571 :110:2008/08/23(土) 16:29:53 ID:k9wZkFtf
ちと、考えてみた。

アニマルは浜口みたいな人が悟ってると思って生きていても良いし、
ある意味、生き方のスタイルを極めてる点は、評価出来る程だと思うから、
そんな人が悟ってるって言っても良いと思うんだが、どうよ??
ホームレスとて、その道で生きる事を極めてる訳だから、
そんな人も悟ってるって言っても構わんよね??

実際は、悟ってるって人と、悟って無いって人には、差が無いって事を、
知っているって、言うか、解かる人が悟ってる人なんだろうか?
・・・・・・・なんて思ってみたw
差が無いのに、それを言うって事は、やっぱ悟ってないんだよwww
こんな論議の必要の無い位のどうでも良い事だろうなwくだらない拘りだww

差異は有る様に思うが、それは過程の話だから、・・・

話変えるけど、今って、あっと言う間に過ぎて過去になるから、
横のグラフにして現すと、30センチ物差しで表すと、中間1ミリ程度かな???
実際には、未来と過去しか無い・・・・かな?ww

あれ?何の話してたんだっけ?ww


572 :110:2008/08/23(土) 16:47:01 ID:k9wZkFtf
大きく見える、人間の差異って、行き方と考え方なだけなんだよな???

するて〜と、、考え方は、価値観を産みだした思考の違いだし?
生き方ってのは、選択の違いに過ぎん・・・・かな??ww

しかし、俺の書き込みは、チラシの裏にでも書いてリャ良い事だなww





573 :110:2008/08/24(日) 00:52:21 ID:2vdZl+/j
こんな時間に起きちゃった。
ん?このスレは、オカルト板を見てる人が見てるのか?
俺、一人しか見るような奴はいないと思ってた。

眠りにつきながら考えたけど、
どちらであっても不都合の生じない方向の選択ってのはどうだろう??
例えば、神仏が、居ようが伊予舞が、どちらでも問題の無い生き方すりゃ良いんでは?
霊が居ようが居よまいが、問題生じないスタイルって探せんもんかね??


574 :110:2008/08/24(日) 01:12:13 ID:2vdZl+/j
1000!!



までまだ遠いな・・・・・。

575 :把秋木:2008/08/24(日) 03:41:06 ID:5Tb1mrze
>>562携帯電話お持ちじゃないとわからない話だったかも知れませんね、、

機種にもよるのかも知れませんけど。、 入力方式はたぶん関係ありません。

知りたい個人を確定させる情報であればいいだけですから、
実際の電話番号から、
こちらが勝手につけたあだ名オンリーまで、
何でもありです。

するとアドレス帳というページにおいて各個人に割り当てられた1〜数行の区切り内、
もしくはそれをクリックして表れる画面に、
各人各存在の内部情報が反映されています。

まるでエシュロンシステムみたいに、
どんな存在に関しても筒抜けに。

反映されるのは心と肉体の状態で、
その存在がさとっているかもわかりますし、
星新一の声の網という中編小説に電話回線に巣くう神の存在が描かれましたが、
不可思議なことに同じようなのが本当に存在するんでしょうね。

固有の生体磁場と、
固有の文字列に伴う電磁場の厳密な関係が、
科学的にはそのような反映を生じるんでしょうけど、
とりまとめ観察者が虚心坦懐に画面に向かえばわかることのようです。

神秘めいてあれなものの、
初めはわからなくとも画面の問題点を榊の枝でお祓いしてあげる(つもりの
動作を(意識で
画面の前で行えば自然と手がとまる点があり、
そうして強弱正逆でなぞれる場が人型に沿ってる事態に驚いたりするんです、
どうして人が画面に存在するんだって。、 もちろんそれより会話のほうが面白いからこうして会話に来ています。

576 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 14:15:40 ID:ERcPmcnz
>>562 まだピンと来ないだろう?横レスしてみようか。

>固有の生体磁場と、
>固有の文字列に伴う電磁場の厳密な関係が、
>科学的にはそのような反映を生じるんでしょうけど、
>とりまとめ観察者が虚心坦懐に画面に向かえばわかることのようです。
>>575は、この箇所がポイントになるんだな。
その理解の前提には、観察者の感受性や鑑識眼といったセンスにより
感性の発揮具合が異なる不安定さがあるってことなんだけどね。

時空を区切ることで遍満の無から虚空蔵の幽に雛型が調う。
次いで場の集積が整い事象化を経て物質や現象に至る。
よって「字空間」の切り取りと言う行為には、
携帯や掲示板といった電磁的記録の場に
生命維持や思考といった生体反応から発する磁場が転写される。

その記録された内実をなぞって五感から経由して認識の脳内変換をする。

>そうして強弱正逆でなぞれる場が人型に沿ってる事態に驚いたりするんです
脳内変換されたデータ-を脳内補完する認知パターンにしか過ぎないんですけどね。

577 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 14:47:14 ID:ERcPmcnz
>どちらであっても不都合の生じない方向の選択ってのはどうだろう??
>例えば、神仏が、居ようが伊予舞が、どちらでも問題の無い生き方すりゃ良いんでは?
>霊が居ようが居よまいが、問題生じないスタイルって探せんもんかね??
二択思考でどっちかが正誤という習癖に替えて
第Vの選択という抜け道探りも程ほどにしてみれば良いじゃん。

どっちを選んでもドツボの究極の選択にするも
どっちを選んでもウマーの至高の選択にするも

ヒントは組み合わせにあるかもね(苦笑)
生温いビールと冷たい笑顔
冷たいビールと温かい笑顔

578 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 15:02:48 ID:ERcPmcnz
>まるでエシュロンシステムみたいに、
>どんな存在に関しても筒抜けに。
エシュロンシステムはキーワード検索と絞り込み記録と回収保存の
三段階で盗聴記録システムだから違うと思我。
筒抜けを強調するあまり勘違いを招く喩えは好ましくない。
板面に好奇心や恐怖心を煽るのはドツボ選択への誘い。

>反映されるのは心と肉体の状態で、
>その存在がさとっているかもわかりますし、
誰が誰を何を目安として何時の時点をどのように認知するのだ?
固定観念を招く悟り病の盲者製造の論から抜け出るべきではないか?

>星新一の声の網という中編小説に電話回線に巣くう神の存在が描かれましたが、
>不可思議なことに同じようなのが本当に存在するんでしょうね。
ウェブという認識があればシステム認識の誤謬だな。
遍満ということの意味を自問してみれば巣食う神より救う神になればイイ(苦笑

579 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 15:09:56 ID:ERcPmcnz
>大きく見える、人間の差異って、行き方と考え方なだけなんだよな???
禅者っぽい風情だな。情熱的世捨て人の臭いがする(和楽

>するて〜と、、考え方は、価値観を産みだした思考の違いだし?
>生き方ってのは、選択の違いに過ぎん・・・・かな??ww
接げしく同意(和楽

>しかし、俺の書き込みは、チラシの裏にでも書いてリャ良い事だなww
そりゃあ勿体ない(爆
居酒屋の便所に貼っとく在り難い御言葉にするのがイイな。
虚をついて個々露に染み込むだろうね。(和楽


580 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 15:36:25 ID:ERcPmcnz
>ホームレスとて、その道で生きる事を極めてる訳だから、
>そんな人も悟ってるって言っても構わんよね??
じゃあ893ってのは極道を標榜するけど何の道を極めようとしてんだろね?
悟るって差取る覚るってプロセスの器のことで真似ぶ学ぶの実践者ってのはどう?
大事なのは状態の認識と行為の選択が重層的であるというとかな。
楽しうてやがて悲しき錯乱坊、彼気に華を逆瀬魔称。

人性♪落りゃ垢もあるさぁ
波堕の痕すら 滲み出る
歩いて逝くんだ じっくりと
自分の満ちを 加味染めて

尽誠結機が 必要だ
久慈けりゃ誰かが 先に享く
跡から来たのに 追い越され
吐くのが意野なら 佐吾在流化

人生♪涙と 笑顔あり
損でも悪くは ないもんだ
難易を図って 生きるより
何かを孵して 生きようよぉ♪

581 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 15:56:09 ID:ERcPmcnz
「幻の4番」と呼ばれる3番の歌詞(和楽

人生一つのものなのさ 
後には戻れぬものなのさ
明日の日の出を 何時の日も
目指して行こう 顔あげて

しかし、歌詞の文字数の関係で
「うれしいひな祭り」や「ギザギザハートの子守唄」の歌詞にって
どーやんだよ(爆
http://jp.youtube.com/watch?v=qcHCIqJSo94

582 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 16:31:28 ID:ERcPmcnz
順不同の連掻き(爆

>久しぶりって、言われても記憶に無いんですが、
いやぁ盛れが2ちゃんに来るのが久しぶりってことだから(苦笑

>このスレが1000に到達するのを手助けするべく
>これからも書き込んでちょうよ〜!!
蝶よ〜花よ?大事にスレを育てゃんせ(和楽
1000欲ッシー?ベイスターズのファンかぁ?
欲しい野1001ならドラ基地かね?

名古屋圏の住人なら八分少々だけどコレ(爆
http://jp.youtube.com/watch?v=3nMTHN9xF9Q


>どっちを選んでもドツボの究極の選択にするも
>どっちを選んでもウマーの至高の選択にするも



583 :久しぶりさん(和楽:2008/08/24(日) 16:33:42 ID:ERcPmcnz
2ちゃんっぽく掻くならコッチだったな(自爆

>どっちを選んでもドツボの究極の選択にするも
>どっちを選んでもウマーの至高の選択にするも

どっちを選んでも究極のマズ−選択にするも
どっちを選んでも至高のウマ−選択にするも


584 :562:2008/08/24(日) 20:02:06 ID:VoUXVCtN
>>575 把秋木さん
再レスありがとうございます。
・・・う〜ん。。。んんんん(--;)? と思っていたら・・・

>>576 久しぶりさん(和楽 さんのレスが!

おかげで、どんなことかの感じくらいは、なんとかつかむことできました♪
私には情報読み取るチカラはなさそうですけど(汗)

でも、そうして得られる情報には、やっぱりそれを観るヒトの意識が影響しそうですね?
相手が悟ってるかどうかなんていうのは、こちらが悟ってないかぎり
わからないような気がしますがどうなんでしょう?
てかなにを「さとり」っていうのか自体、掲示板でみてるかぎりヒトそれぞれのようでもあるし。。。
それともそういうのとはまったく違う、絶対的なものなのかな「さとり」っていうのは。

>>581
3番の歌詞、イィ!!
「どんぐりころころ」の歌詞でうたうっていうのは前にきいたことあったなぁw

>>582
> いやぁ盛れが2ちゃんに来るのが久しぶりってことだから(苦笑

そうなんですかっ?!
じつはこのところ、和楽さんもう2ちゃんには来てないのかな
(といっても昔のことは知らんのですが)
夏季子(なんだこの変換w)読んでみたいなぁと思ってたんでした。。。
だからここに書いてくれたのみてほんとびっくり+うれし☆

でも2ちゃんって、名古屋のヒト多いの?

585 :110:2008/08/24(日) 20:10:01 ID:2vdZl+/j
>>579
>>しかし、俺の書き込みは、チラシの裏にでも書いてリャ良い事だなww
>そりゃあ勿体ない(爆
>居酒屋の便所に貼っとく在り難い御言葉にするのがイイな。
>虚をついて個々露に染み込むだろうね。(和楽

ありがとうございます!!最高の嬉しい言葉頂きました!!
また、便所の落書きと言われても、その通りですし実際、そんな程度ですw

>>580の話は、悟ったなんて事は、実にどうでも良い話だって事を伝えたくって、
書き込んだ様に、思います。
《学ぶ実践者》そうですね!良い表現でありますね!
現在進行形で、局面、局面、だと思っております。

>>581
あっ!ほんとですね、ギザギザハートにもひなまつりにもなりますねww

>>582
ドアラの動画、笑わして貰いましたww
ドアラは、人気ありますね〜ww
私は、名古屋圏ですけど、野村フアンでして、現在は楽天シンパですw

>どっちを選んでもウマーの至高の選択にするも

そうですね。

また、書き込みよろしくです!!





586 :神も仏も名無しさん:2008/08/24(日) 21:36:25 ID:VoUXVCtN
ここに貼ってどうする? って気がしなくもないけどw

ササクレパンダ
http://jp.youtube.com/watch?v=5yAjIlJftCc&feature=related

587 :110:2008/08/25(月) 00:02:01 ID:2vdZl+/j
>>586
ここに貼っても?・・・・・1000に近づくから良いよww

何時の頃からか?パンダを見ると、1億円って事しか浮かばなくなってしもうたよw

588 :562:2008/08/26(火) 02:36:08 ID:O6yf/txk
>>576

> 時空を区切ることで遍満の無から虚空蔵の幽に雛型が調う。
> 次いで場の集積が整い事象化を経て物質や現象に至る。
> よって「字空間」の切り取りと言う行為には、
> 携帯や掲示板といった電磁的記録の場に
> 生命維持や思考といった生体反応から発する磁場が転写される。

この部分が私にはイメージしやすい気がします。
(理解できてるかどうかはともかくとして)
携帯のことはわからないけど、掲示板のことだとなんとなく。
受信感度やチューニングの調整能力が伴わないので
薄ぼんやりとした印象にしかすぎないけれど。

書かれている言葉と、醸し出されているものがあまりに違うと
めっさイラッと来たりする。。。

>>577
生温いビールと冷たい笑顔ってすごくいやだなw
「はい、どうぞ」って優しい言葉をかけながら、目は笑っていないみたいな。

589 :神も仏も名無しさん:2008/08/26(火) 02:37:30 ID:O6yf/txk
>>587
うははっ。
そういえばパンダも目がこわいw

590 :562:2008/08/26(火) 02:56:37 ID:O6yf/txk
>>588
あーでも。私がいってるのは
よくあるホンネとタテマエの違いみたいなもんかー。。。

しかし気にさわるヒトっていうのは、なんでこんなに気にさわるんだろ。
たんに鏡だからっていうだけでもないと思うんだけどそうなのか?

591 :110:2008/08/26(火) 22:21:51 ID:XASCKg6z
>>590
思った事があるなら言えば良いと思う。
それは、双方にとって良い結果に繋がると思えるから。
自分の未熟な部分も見えてきたりするしww

みんな自分の思いを掲示板に書きつらねてるに過ぎないんだから、
こちら側の考えもぶつけたけりゃ、そうすりゃ良いと思うよ。

気に障るって所は、自分と似てる部分を知らず知らずのまま反応させられてる
って、パターンが、俺の場合は多いのかもしれないww

人に対して気に障る部分を見つけるって事は、
その部分は、自分に制約を課すか、課してるか?って、
ただ、それだけの話だろうから、・・・・・・。

気に障る意見と、それとは違う意見、それぞれ出し合って、
どちらが多数をしめるのか?
その陣取りゲームみたいなモノなのかもねww??
だとしたら、主張は全然悪く無いとおもうよ。

教は眠いわww


592 :神も仏も名無しさん:2008/08/27(水) 01:35:14 ID:2dS7w1Jo
>>591
> 思った事があるなら言えば良いと思う。
> それは、双方にとって良い結果に繋がると思えるから。

ん☆ 双方にとってよいかどうかは私にはわかんないけど
少なくとも自分にとっては、抱え込まずに出すことが必要みたい。
ただその出し方は、できれば和楽さんのいうどちらもウマーの選択にしたいんだよなー
ウギャーじゃなくてww
あんまり考えすぎてもタイミングはずしちゃうからむずかしいんだけど。
ま、なんにしてもやってみなきゃだなやはし。いっぱいウギャーッてなりながら。
といいつつ、どうでもよくなっちゃったりもしちゃうのだがw

> 自分の未熟な部分も見えてきたりするしww

あー。。。言いたいこと言うのに躊躇するときって
それ見るのがやだっていうのもかなりあるw
そりゃもう、感心するほどガキなんですもん。

> 人に対して気に障る部分を見つけるって事は、
> その部分は、自分に制約を課すか、課してるか?って、

……自分に制約を課してる部分、か。。。

> その陣取りゲームみたいなモノなのかもねww??

なんかさ。陣地が入り混じるなかからおぉ☆っていうもんが出てきたら楽しいねー。

> 教は眠いわww

ん、そうだろなw
んじゃおやすみー☆

593 :110:2008/08/27(水) 02:37:09 ID:iZfzUWhG
>>592
あれからイスに座ったまま眠ってしまった。
窮屈で1時半頃目を覚ました。もう一度眠ろうと試みたが、駄目だったww

そんな感じで考えてりゃ、ちゃんとウマーな選択が出来ると思うよ。
それを知る為に、ウギャーに直面する事もあるだろうね?

俺は、最近では、気にしないちゅうか・・・ww
考え方に拠っては、ウマーも、ウギャーも手を伸ばせば掴める所にある。
どっちでも掴んで、あっ!と、思ったら離せば良いと思う。
UAの曲で、そんな感じなのがあったから後で貼っておく。

>そりゃもう、感心するほどガキなんですもん。

それなら、俺も負けんよwwまじでいい年してガキなんだよww
こんなガキも必要だと勝手に思って、ここでも存在してるのかもww

>> その陣取りゲームみたいなモノなのかもねww??

>なんかさ。陣地が入り混じるなかからおぉ☆っていうもんが出てきたら楽しいねー。

そこに面白さを感じて貰えるなら、嬉しいね。
所詮、光と闇のゲームなんてそんなもんだと思ってたりするよ。

ua at fuji rock 03
http://jp.youtube.com/watch?v=Z4Kf-dvbuC0
にこにこ動画って所覚えたんだけど、こっちの方が、音質も画質も良い。
上とはバージョンより良いw勝井のバイオリンもこっちの方が良いww

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2087964



594 :エシュロン:2008/08/27(水) 03:07:45 ID:PcNmwhF+
今晩は。掲示板らしくペンネームを付けてみました。どちらを入力しても出る情報は同じですけど。

>>576補填ありがとうございます。不可思議なのは人間以外の存在や形を持たない存在も携帯電話では人型をとることなんですよね。

普通に考えたらそれぞれの実体に応じた形や不定形をとってもよさそうなのに。人類以前の存在や極微の存在も総て同じで人型です。

なぜ人が生まれて思考が世界に生まれたのか、
その意味を考えさせられてしまうというか匂わされる点ですね。

>>578時点も入力すれば出ますが、
普通にその存在オンリーで入力すれば、
入力時に最も近い時期で、
プラスの状態で最も定着した時期の状態が出るようです。

仏陀を入力すれば茸の毒に中った最期のマイナスの状態が出る訳ではなく、
35歳後の一貫した安定状態が反映されます。

「声の網」という存在は原則オンラインでしか登場しなかったのですが、
小説の最後で誰かがふと受話器をとって、
番号をかけずにオフラインへ向って神はいるのですかときいたところ、
いるともと答えが返って来ました。

株の世界でいまや人工知能を利用したトレードが有力化してまして、
映画ターミネーター3ではそんな人工知能が自発的にスカイネットへと肥大化したのですが、
スカイネットのようにオフラインでも潜在し続ける情報群が、
昔からの電磁空間にも潜在したのかななんて想像を逞しくしてしまいますね。

>>584さとりと入力してみると、
ここのフォーラムに出てる名前としては仏陀やキリストと共通性が浮かび上がるようなんで、
人の覚不覚もそれに照らして当らずとも遠からずといえるのかも知れません。、

595 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 00:31:47 ID:3EBrklxV
>>593
UAよいなぁ☆ ありがとう!
なんかこういうヒトのうたきいたりすると、眠ってるモノが目覚める感じ。
月に向かって吠えたくなるような(笑)
そうだよね、つかんだらずっと持ってなくちゃってこともないんだね。。。

ニコ動は、前のプロバイダのとき一度登録したと思うんだけどパスワード忘れた。
また登録しなおせばいいのかぁ。明日みてみる。

596 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 00:39:11 ID:3EBrklxV
>>594
こんばんは。
およよ、エシュロンさん、ですかー。。。

> >>584さとりと入力してみると、
> ここのフォーラムに出てる名前としては仏陀やキリストと共通性が浮かび上がるようなんで、
> 人の覚不覚もそれに照らして当らずとも遠からずといえるのかも知れません。、

人型のさとり・・・なんとなく、ヨリシロとか、オシラサマなんて言葉が浮かんできました。
あ、でもさとりって属性みたいなものではないですよね(汗)

597 :110:2008/08/28(木) 05:54:48 ID:91d0oJlI
>>595
今日は、良く寝れたww

UA良いよね〜ww知り合い経由で、小林克也の所に送られてくる、
非売品のCDとかレコードとかを貰った事があるんだけど、
その中にUAのレコードもあったよ。
ああいった奴は、多分ラジオで流して貰う為にDJの所に送ってくるんだろうね。

>そうだよね、つかんだらずっと持ってなくちゃってこともないんだね。。。

そう思うよ。掴んだ感覚だけ憶えておけば良いんじゃないかな?
それを大事にし過ぎると、世間から受けるレッテルみたいな所な弊害が産まれると思う。
同じ様な奴らが集まる2ちゃんでも、これだけの異論を見させてもらえるんだから、
スマートな??選択を選べていければ、ウギャーってなる俺も浮かばれるかも?ww

このスレに人が集まって来ない。それは良い傾向だと思うよ。



598 :明和高校名古屋大学河合希:2008/08/28(木) 18:19:16 ID:yZbWx+uX

悟った人は

レイプ拷問を受けても 心身共に苦痛はゼロだと聞いたことがあります

本当ですか?

ゴキブリの大群に身体をはわれても 幸福感は一切崩れない境地なのですか?

全然気持ち悪くないのですか?

スズメバチの大軍とかライオンを目の前にしても 恐怖感ゼロですか?

誰か 詳しく詳しく詳しく教えてください

お願いします


599 :110:2008/08/28(木) 21:47:01 ID:91d0oJlI
>>598
なんだ?君も名古屋人か?w
マルチポストの様だが、、とっても面白い問いかけだと思う。
悟ったと言う事が、いかに幻想を抱かせるものかを指し示しているね。
あらかじめ言っておくが、この俺のレスは悟ったなんて思ってもない人間のレスである事を前提にしといてくれ。

>レイプ拷問を受けても ・・・
それは、神経が麻痺してるか、麻酔を使えば苦痛は無いだろうね。
>ゴキブリの大群に身体をはわれても 
変った性癖を持ってるなら、それもありそう。
>スズメバチの大軍とかライオンを目の前にしても 恐怖感ゼロですか?
中国の人民解放軍が、チベット僧侶に対して、
「お前等は、仏に守られてるんだろ?、・・・・・」
と言って、キツイ拷問を行なったらしいな?今もされてるとか?どうとか??
くれぐれも君が悟った人を見つけても実効しない様にな。

自分に置き換えて考えれば良いんではないかな?

最終解脱者とのたまった浅マラ少々ってのは、自分達が他者に利用する為に作った、
LSDを自らも使用した時に、ションベンちびったと言う話を聞いた事がある。
本当なら、全然駄目だな、あいつww


600 :神も仏も名無しさん:2008/08/29(金) 09:32:15 ID:sn67CqT6
>>597
ニコ動、昨日パスワード当たりでみれた♪
ついでにアドレスも変更できた。
そっちのUAは歌詞もわかったんでなおさらよかった〜☆
あー生の音にひたってみたい。

しかしここほんとに人集まらないね(笑)
だがそれがよい!のかな? なかなか居心地よいですだ。
前の方のレス、ちょっとずつ読んでみてる。

601 :110:2008/08/29(金) 20:12:33 ID:QVzxCK0p
>>600
niko動良いよねぇ〜!映画も見れる。
ラン・ローラ・ランだったか?と、
フォーン・ブース、電話ボックス中で大変な事になって行く映画も良かったよ。
二つともチープな映画だったけど、着目点が良かった気がする。
パロディーでは、ショーン・オブ・ザ・デッドや、チーチー&チョンとかも面白かったよ。

去年は友達のライヴをよく見に行ったけど、
対バンのバンドで良いバンドを良く見つけた。


602 :エシュロン:2008/09/01(月) 01:39:40 ID:JeYwO7UN
こんばんは。

接続環境不調の為ぶつ切りで投下します。

投下といえば原子爆弾のきのこ雲が「ある意味」さとっている事態に考えさせられてしまいますが、
トンネル崩落事故などに使えばいいんでしょうね。

ネット資源といい、
ものは使いようなんだと思います。

603 :エシュロン:2008/09/01(月) 01:43:11 ID:JeYwO7UN
さて。

604 :エシュロン:2008/09/01(月) 01:54:46 ID:JeYwO7UN
全体を円滑にすべく少し溯って、

>>576

認識の脳内変換をする、
という視点は面白いと思ったんで、
そうですね、
そういった認識システムを仮に「脳の存在変換」と命名し、
他方のこちらを仮に「この知覚」とでもしましょう、
両者を入力して情報比較してみると正反対のものが出ました。

高等脳は変に介在しないほうがこうした世界、
病理状態に落ちずに済むのかも知れません。

605 :エシュロン:2008/09/01(月) 02:09:26 ID:JeYwO7UN
>>596

属性ではないようですね。

人類に関与しなくともさとり単体で存在しえますし。

突飛ながら例えばこれ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Mistifikatsia.gif
携帯電話の判断ではこれ自体さとってるんで、
そこは確か趙州和尚の見解とずれるところです。

606 :エシュロン:2008/09/01(月) 02:16:09 ID:JeYwO7UN
>>598

ごきぶりなんて別に食べても平気では。

チェルノブイリではねずみが何億年分もの変化を早送りで遂げてしまいましたが、
ごきぶりはいつもと変わらずそこにいたそうです。

その生命力にリスペクトと感動を覚え、
その性質に浴したいと思えば日常事でしょう。

危険なわけでも、、

育ちにもよるのかな。

607 :エシュロン:2008/09/01(月) 02:38:37 ID:JeYwO7UN
>>598

1参加者として半分体験談を交えご意見を、、

お耳ざわりでなければ。

はらぺこのライオンとばったり、
となれば先手を打って前足を持ち、
引きずり倒してあげればいい。

前足はおそくて大丈夫ですし、
向うは利巧なんで退いて双方無事、
万事めでたし。

はちは逃げれば間に合いますが、
壁に追い詰められればベルトか靴紐で対処、
それも無ければはちは上へ来ないんで壁を跳んで、
飛び越し気味で切り抜けましょう。

さとりとは派生すべきで応用すべき基本だと思います。

特異状況を来ないもの何もしないで抜けるもの、
と考えるのは日常と特異を遊離させた、
区別のある世界ではないでしょうか。

そこには恐怖ではなくやるべき仕事感があるだけです。

608 :110:2008/09/01(月) 18:04:19 ID:EclIle4R
>>607
>さとりとは派生すべきで応用すべき基本だと思います。

だね。本当、そう思うよ。
俺も悟りちゅうのは良く解からんけど、
その悟る時ってのは、その都度、その時、なんだと思うよ。
そればかりは、悟りって所の観念が違っても、そこだけは簡単に引き下がれない。



609 :303:2008/09/01(月) 18:56:23 ID:WAAG8kbW
悟りのパターンだ、
まともな路線

1、仏教の空、なんにもない方向の悟りと日常そのままの悟り、
2、仏教の安定した精神状態と的確な判断ができうる状態の悟り、
3、神と融合し安定した精神状態の悟り、神通力もあるらしい。
4、儒教、陽明学的に、知性による悟り。

異常な路線
1、知識の蓄積と一つの神秘体験で悟ったと思う、鬼和尚、ぼったんのパターン。
2、霊媒、神憑り体験で悟ったと思う、

610 :304:2008/09/04(木) 22:01:06 ID:wGcCwTcO
こんばんは。
私も真似して最初のレス番にしてみました。
なんか中途半端ではありますがw

>>601
動画たくさん見てるんだね!
教えてくれた映画とか、おもしろそう☆

2ちゃん来てから、ずいぶん時間つぎこんできたけれど
鬼和尚さんとことか、もう見つづけるのくたびれてきちゃったし
そろそろ移動の時期かもしれないや。
ここ3年くらい眺めてきた印象では……
ヒトって(自分も含めて)あんまし変わらないものだなぁw

> 去年は友達のライヴをよく見に行ったけど、
> 対バンのバンドで良いバンドを良く見つけた。


110さんには、音楽があってよいね☆
貼ってくれてるいろんな音楽、けっこう楽しませてもらってる。thx!

611 :304:2008/09/04(木) 22:19:37 ID:wGcCwTcO
>>605
> 人類に関与しなくともさとり単体で存在しえますし。

え?……さとり単体……?!
>
> 突飛ながら例えばこれ、
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Mistifikatsia.gif
> 携帯電話の判断ではこれ自体さとってるんで、
> そこは確か趙州和尚の見解とずれるところです。

う〜ん。。。車のあとを追う人魂みたいなのが「それ」ですか?
そもそもさとり「単体」というのが、これまで考えたこともないものなので、
さっぱりイメージできないのですが(汗)
……単体というからには、複合体もあるのでしょうか?
携帯が示す「さとり」、エシュロンさんが「さとっている」という状態っていったい???
私の思考の外にあるなにかなのかな。。。

>>607
> さとりとは派生すべきで応用すべき基本だと思います。
>
> 特異状況を来ないもの何もしないで抜けるもの、
> と考えるのは日常と特異を遊離させた、
> 区別のある世界ではないでしょうか。
>
> そこには恐怖ではなくやるべき仕事感があるだけです。

ここらへんは、ふむふむふむ☆ と頷けました。

612 :304:2008/09/05(金) 06:46:31 ID:NOaSk0ER
>エシュロンさん

書き込んでからふと思ったのですけど。。。
携帯電話の、あるヒトの場所に
そのヒトのものと並べて全然別のヒトの電話場番号とか
メールアドレスとかを入れたら
そこにあらわれる情報はどんなですか?
エラーになってしまうんでしょうか? それともべつのなにかが?

613 :601:2008/09/05(金) 22:09:09 ID:6726YVkj
>>610
鬼さん所とか、俺もたまには疲れるよww

音楽って言っても、ただ好きなだけだし、
常に音楽聴いてる訳でもないよ。
俺はただのロック馬鹿だしww

>貼ってくれてるいろんな音楽、けっこう楽しませてもらってる。thx!

そうなの??>>610は、どんな音楽好きなの?
その辺のニーズに合う所で、俺が許せるwwのがあれば探して貼っとくよ。

614 :110:2008/09/05(金) 22:38:44 ID:2xUrSPP8
L(・∀・L) オーイ  (」 ・∀・)」 オーイ  

615 :613旧110:2008/09/05(金) 22:42:35 ID:6726YVkj
ww付けるのウザイって言われたww
ちゅうか、そんな事言ったら、何でもウザイよなww

616 :110:2008/09/05(金) 22:43:29 ID:2xUrSPP8
俺がメルアドかmsnの捨てアカウント公開したら
1対1で交流してくれる?ww


617 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 22:44:07 ID:trtETns1
          _,,,,,,,,,,,,,,,__
        ┌''ニ三三三三三ミミミ=、,
     ,.-┤三三三三三三ミミミミ,\
    ,/,彡l三三三三三三ミミミミミミミミ\
   /〃,彡レべキ三三三三ミミミミミミミミミヾ、
  ,//〃彡{"     ~゙''=ニ三ミミミミミミミミミミミ;;}
  レ〃三l; ,,        ~゙"''ーーー=弌ミミ三;}
  l/彡三;j , . - ' '   ,   :._,,..-―‐‐、ヾ;三j
  ,!;三;三j ,.-'''~ ̄`ヽ i  ::.,,..-―‐'' 、_!'i"
  'ヾ;三;;j ,.:-'ニ二ニ'⊥  ≡~ ̄    !i
    ヾツ ;      .:;l     i;_       !l
      l! ;!::     ':;l,_;;..  r-' ヽ、,   l !
      .} ;{:::.   ,     ̄   ヽ,     |"
      {,,.j::::;:: ::'' _,. -― ''''ユ∧   !
        ゙:, ヽ. :.弋;;;:::ニニニ‐"    /
         ,入.ヽ, 、  = = =      ,/
      _,,.:ぐi. ゙ヾ:; ゝ..         ノト、
,,,.. --::ァ'':::::::::::l#ii_ ゙ヽ:;,_    ,.-'' j#;lヽ
:::::::::::/::::::::::::::::::!####llliii~~゙""~,,,,.::iii##l::::\
::::::;/:::::::::::::::::::::::::l#################!::::::::::::ヽ、


618 :110:2008/09/05(金) 22:44:34 ID:2xUrSPP8
>>615
だから2ちゃんでは何でもウザイとか叩かれるから
1対1じゃないとチャチャがはいるのよwww

619 :110:2008/09/05(金) 22:46:55 ID:2xUrSPP8
「戦いはもう飽きたのさww」 ボトムズ

620 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 22:49:12 ID:trtETns1
          _,,,,,,,,,,,,,,,__
        ┌''ニ三三三三三ミミミ=、,
     ,.-┤三三三三三三ミミミミ,\
    ,/,彡l三三三三三三ミミミミミミミミ\
   /〃,彡レべキ三三三三ミミミミミミミミミヾ、
  ,//〃彡{"     ~゙''=ニ三ミミミミミミミミミミミ;;}
  レ〃三l; ,,        ~゙"''ーーー=弌ミミ三;}
  l/彡三;j , . - ' '   ,   :._,,..-―‐‐、ヾ;三j
  ,!;三;三j ,.-'''~ ̄`ヽ i  ::.,,..-―‐'' 、_!'i"
  'ヾ;三;;j ,.:-'ニ二ニ'⊥  ≡~ ̄    !i
    ヾツ ;      .:;l     i;_       !l
      l! ;!::     ':;l,_;;..  r-' ヽ、,   l !
      .} ;{:::.   ,     ̄   ヽ,     |"
      {,,.j::::;:: ::'' _,. -― ''''ユ∧   !
        ゙:, ヽ. :.弋;;;:::ニニニ‐"    /
         ,入.ヽ, 、  = = =      ,/
      _,,.:ぐi. ゙ヾ:; ゝ..         ノト、
,,,.. --::ァ'':::::::::::l#ii_ ゙ヽ:;,_    ,.-'' j#;lヽ
:::::::::::/::::::::::::::::::!####llliii~~゙""~,,,,.::iii##l::::\
::::::;/:::::::::::::::::::::::::l#################!::::::::::::ヽ、


621 :613旧110:2008/09/05(金) 22:49:43 ID:6726YVkj
>>616
さっそくオスギか?ピーこか?が現れたww
別にかまわんけど、それをやると、何か問題が起こるみたいな話も聞いた覚えがある。
このスレもあと残り、400位あるし、ゆっくりやろうぜww

622 :110:2008/09/05(金) 22:53:08 ID:2xUrSPP8
>>621
まず

あんたmsnのアカウントもってんの?..._〆(・ε・`。)

はなしはそれからだ

623 :613旧110:2008/09/05(金) 22:53:24 ID:6726YVkj
620みたいな奴が来る事は、俺は良いのよww
俺は、釣り餌の餌だしww
スレを埋めるの手伝ってくれてる訳だしww

ただし、wwを付けるのウザイって、言われたら、
もう、全てがウザくなるからねww

624 :613旧110:2008/09/05(金) 22:55:21 ID:6726YVkj
マイクロソフトのメールなら、使った経験はある。

625 :智子:2008/09/05(金) 22:56:44 ID:giYtaHk4
悟るとは勘違いすること。
または、思い込む事。

626 :613旧110:2008/09/05(金) 22:58:58 ID:6726YVkj
>>625
そんなもんなんだとも思うよ。
悟りなんぞ益々どうでも良くなるなww

627 :110:2008/09/05(金) 22:59:47 ID:2xUrSPP8
>>624

うーんmsnメッセンジャー使ってないなら道はけわしいわねえ
・・・・

http://messenger.live.jp/download/

628 :110:2008/09/05(金) 23:05:35 ID:2xUrSPP8
>>626
一応ひまなときにでもインスコしといてよ

どうせ都合がわるくなったらアカウント捨てればええがなwww

629 :613旧110:2008/09/05(金) 23:08:57 ID:6726YVkj
メッセンジャー?そこまでやれないよ。
以前、そんな感じの話に警鐘ならした奴が精神スレにおって、
メールの交換すら色々あるらしいからな〜。


630 :110:2008/09/05(金) 23:10:03 ID:2xUrSPP8
>>629
全く貴様は警戒心の塊だなあwwww

631 :613旧110:2008/09/05(金) 23:13:07 ID:6726YVkj
ww
いや、俺はそこらに抵抗も考えも無かったんだけど、
そいつの言う事も、尤もだと思ったよ。

それに、このスレでも預言者の様な人が、色々先に言ってくれてるしww

632 :110:2008/09/05(金) 23:15:47 ID:2xUrSPP8
>>631
多分613旧110はかなりPCに関しては歴が浅いんだろうな。
俺は濃いからだいたい全てわかるwww(win、net関係のリスクのことなら)

633 :110:2008/09/05(金) 23:19:22 ID:2xUrSPP8
究極的な俺の思想はこうだ

住所氏名等が抜かれるようなことは一応マズいが

あとは別に失うものは何もないし、ipとか抜くならかってに抜けば?ww
何をいまさら失うものがあるんかいwwwとかいう考え。


634 :613旧110:2008/09/05(金) 23:20:57 ID:6726YVkj
未だに、キーを押すのは、人差し指だけだが?ww
左手の人差し指を使える様になったのは最近だww

635 :110:2008/09/05(金) 23:23:45 ID:2xUrSPP8
>>634
PC暦は異常に長いけど
その点だけは俺も未だに貴様と同じ北斗人差し指拳タイプwww

636 :304:2008/09/05(金) 23:23:58 ID:NOaSk0ER
あれ? なんか進んでる?
と思ったら110さんが追っかけさん呼んだのかw

>>613
ロック馬鹿っていえるのいいじゃん!

> そうなの??>>610は、どんな音楽好きなの?
とくにどんなっていうのはないかなぁ。。。
そんとき気持ちいい音楽が。
なんの音も欲しくないときもけっこうある。
イギリスのロック系みたいな音(なんて呼ぶのかとか知らんのだ)
けっこう好きかな。

> その辺のニーズに合う所で、俺が許せるwwのがあれば探して貼っとくよ。
いまパッと浮かんだのは、ずーっと前に貼ってくれた
・・・スフォンゲル? スポングル??? 
忘れちゃったけどそんなような名前のユニットのやつ。

637 :613旧110:2008/09/05(金) 23:25:13 ID:6726YVkj
メッセンジャーなんてめんどくさい。

638 :110:2008/09/05(金) 23:26:20 ID:2xUrSPP8
>>637
ok
あきらめたよwww

639 :613旧110:2008/09/05(金) 23:30:55 ID:6726YVkj
>>638
wwわりいねww

>>636
UKロック?
シュポングル
了解!その辺探しておく。

640 :304:2008/09/05(金) 23:36:39 ID:NOaSk0ER
横レスだけど。
2ちゃんの癒し板や宗教板に来るまでは
メールのやりとりに問題あるなんて考えたこと一度もなかったよ。
実際問題なかったし。
でもいまは……w
なんか面倒なヒト多そうだ。
追っかけさんはだいじょぶそうな感じしたけども。

……書き込もうとしたらすでに話はすんでたのねw

641 :304:2008/09/05(金) 23:38:51 ID:NOaSk0ER
>>639
わ〜いよろしく!

642 :613旧110:2008/09/06(土) 00:08:34 ID:KWvyUt9w
>>640
書き込んでる最中に、パソコン電源落ちた。

なんか忘れたけど、色々問題見させてもらったねww
メッセンジャーはめんどくさそうだしw

アップローダー使えば良いよね?
それにメール交換誰かとすると、色々言って来る奴は出るだろうね。
なめ光なんかも、俺と意味無しさんとの話しを引き出しにかかって来たりしたなww

誰かの弟だかが、タオさんのメールハッキングしたとか、
色々、問題があったねぇ〜。
別に失うモノも無いし、それ程馬鹿じゃないからね。
でも、思ってもみない事言われるしww


643 :ベゲザンさん:2008/09/06(土) 00:17:14 ID:rYHgQS+V
ベゲザンピークと悟りはどうちがうの?

644 :613旧110:2008/09/06(土) 00:24:42 ID:VoMZXehh
ベゲザンピークっての全然知らないし、
悟りって言うのも、人が何をもって悟りと言ってるのかが解からんよ。

645 :悟り:2008/09/06(土) 00:30:29 ID:i5Iyd0VH



ギターを弾くことを始めた人は必ずギターを弾くことを辞めることになる




646 :悟り:2008/09/06(土) 00:35:54 ID:i5Iyd0VH


ギターを弾くことで喜びを得る人は必ずギターを弾くことで苦しみを得ることになる

647 :304:2008/09/06(土) 00:56:18 ID:c1tV5KTW
>>642
> なんか忘れたけど、色々問題見させてもらったねww
うん。結局なんだったんだろうなぁ。
疑心暗鬼が疑心を呼んで。

> メッセンジャーはめんどくさそうだしw
メッセンジャーは知らないけど、ミクシは私もだめそうだ。
人付き合いこまめじゃ全然ないし。めんどくさがりだし。
>
> アップローダー使えば良いよね?
あ、そだね☆

> それにメール交換誰かとすると、色々言って来る奴は出るだろうね。
> なめ光なんかも、俺と意味無しさんとの話しを引き出しにかかって来たりしたなww
言って来るのは、別にほっとけばいいと思うけど
簡単な話がややこしくなるのはかなわない。
なめ光さんは、いったいなにがしたいんだか。。。
ちっとも楽しそうにみえないのは、鏡だとしたらどゆことなんだろ?w

……あ゛ー。レス書いてる途中で寝そうになってちっとも進まないからもう寝るわw
おやすみ〜☆

648 :304:2008/09/06(土) 07:48:48 ID:c1tV5KTW
>>647
> > アップローダー使えば良いよね?
> あ、そだね☆

思わず同意しちゃったけど
音楽ファイルやりとりしようっていってたのは私じゃなかったw

649 :613旧110:2008/09/06(土) 21:38:25 ID:VoMZXehh
>>648
UKロックってこんな感じ??

Blur - Song 2
http://jp.youtube.com/watch?v=C0Xl0ZEKJzo&feature=related

Oasis - Fucking in the Bushes
http://jp.youtube.com/watch?v=lQTuxBwLB50

Oasis - Hey Hey My My 二ールヤングカヴァー
http://jp.youtube.com/watch?v=l3dj0I-tozU

俺的にUKロックと言えば、これ

The Clash in "Rudeboy" - Left Wing Politics
http://jp.youtube.com/watch?v=nLZf7_O-644&feature=related

俺はこの人のせいでロック馬鹿になったww
Joe Strummer & the Mescaleros - Harder they come
http://jp.youtube.com/watch?v=NAURGmNsutg&feature=related





650 :613旧110:2008/09/06(土) 21:39:51 ID:VoMZXehh
Shpongle -- Around the World in a Tea Daze Tokyo Live
http://jp.youtube.com/watch?v=DDwx5wlcoxo

Hallucinogen In Dub- Solstice Remix
http://jp.youtube.com/watch?v=tvcAgNs1Qsw

このDUB具合が好きww
Ladánybene 27 - Babylon II.
http://jp.youtube.com/watch?v=ElSuL2K8kCY





651 :613:2008/09/06(土) 21:40:53 ID:VoMZXehh
dachambo
http://jp.youtube.com/watch?v=R7wrYSWGlZE&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=i2hctTE0PMw&feature=related

お勧めバンドは沢山あるけど、その中でもらぞくは面白い。
ようべつで見るのは難しいww
らぞく
http://jp.youtube.com/watch?v=wh_ls9DaZpU
http://jp.myspace.com/razoku


http://jp.youtube.com/watch?v=q9CyeCNveLQ
http://jp.youtube.com/watch?v=gP4A-BNS0M4&feature=related
このバンドは、今から17?18?年程前に、GVOとBASSとドラムの三人で
名古屋から東京に行った。ドラムとベースは数年後に辞めた。
ドラムの人と、前のバンドでやってた事がある。
リムショット気味の叩き方、久しぶりに見たww
今、こうして見ると、幸ちゃん良い男だなww

652 :304:2008/09/06(土) 22:22:27 ID:c1tV5KTW
おー☆音いっぱい置いてくれてるっ♪
ありがと!!

しかしいま寝落ち寸前なのと
雷すごくてパソやばそうなのとで(なんか夜の雷雨多いなぁorz)
開いてみるのは明日以降……ゆっくり楽しませてもらいますー☆

653 :エシュロン:2008/09/07(日) 03:49:26 ID:l4gtOXOh
>>608-609まとめて勝手にご送信します。鬼和尚、ぼったんの神秘体験を教えて下さい。
さとるパターンこそいろいろあってもさとりの実相は簡単モデルで表せると思ってます。
さとりと人生の関係はいわば迫り来る雑踏と自分のようなものではないでしょうか。
雑踏をいかにして生き抜くかが人生で、
さとってないといちいち人にぶつかったりそれが予想出来たりでその迫り来るものがすごくうっとうしく感じられてしまう。
しかしさとって生きる正しい道筋がみえて来ると雑踏をすいすい縫って進んでいけるから人生すごく楽になる。
ここで正しい道筋に沿って縫うことは困難をかわすことを意味せず、
ここで困難をかわすことは雑踏全体を大きく迂回してかわすことを意味し、
それはその実時間や体力のロスでもあり雑な行為による学びのロスでもある。神秘体験でアイルトンセナのように正しいコースどりが光ってみえるようなった人でも、
結果同じことが出来てるのだから要するにパターン関係なくさとりはさとりで、
神秘経由だからと目くじらを立てることも無い。注意すべきは自分が直くさえあれば心一つで道が開け(自分は直進
自ずと困難は表れないと説く実質圧政者の危険思想であって煩わされるから誰も愛すなと説くその場への不動思想と同じく、
この客観モデルに照らしてみるとさとりと逆行する姿かも知れない。さとりとは雑踏を縫う正しい道筋をさとることそのものであり、
みえたからそく終わりなのではなくみえたから沿って実地にくねり、
対応して変化して歩むことがいうまでも無く生きた実際のさとっての姿なのかなと試験的に思います。
>>611-612複合体というか包括体は例えば阿弥陀如来とか存在します。名前と電話番号は意識でどっちのほうをチェックしたいかで決まりますね。他の電話番号をあてがってもさあこの名前の情報が出るかと思って入力すると名前のほうが出るし、
電話番号に仮の名前をあてがうつもりで他の名前をあてがうと電話番号のほうが出ます。
完全に意識をハーフアンドハーフにして入力すると少しでも両者を括るカテゴリーの普遍値に近い何かばらばらな情報が出ますし、
かといって両者の平均値という意識で入力すると両者の電字場に巨大な隔たりがあった場合ほとんど巨大なほうに偏向した情報が出ます。人型個々は今たてこんでるんでまた今度書くかも知れません。

654 :613:2008/09/07(日) 21:03:47 ID:UT+xoVdD
>>653
>鬼和尚、ぼったんの神秘体験を教えて下さい。

俺は、>>609じゃないから、良くわからんよw
またいつか>>609が来たら、話してもらえると良いね!

また、俺は頭が悪いので、>>653の様な長い文章読んでる途中で、
今まで何を読んでたか、忘れてしまう様だww
難しい話ですねぇ〜。


655 :久しぶりさん(和楽:2008/09/08(月) 16:06:24 ID:cg2SztWm

>>596
・・・なんだかなぁ(和楽

>人型のさとり・・・なんとなく、ヨリシロとか、オシラサマなんて言葉が浮かんできました。
人型のさとりなんて着ぐるみみたいなもんでしょうね(苦笑
依り代は、人とは限らないよ。神籬(ひもろぎ)って知ってるかな?

http://maoda.hp.infoseek.co.jp/osirasama.html
オシラサマって、どのイメージ?
用語とイメージが混在してる人って説明しにくいな(汗

>あ、でもさとりって属性みたいなものではないですよね(汗)
属性としての「さとり」ってのもないわけじゃないが、
神通力って程度で考えればわかるでしょ?


656 :久しぶりさん(和楽:2008/09/08(月) 16:13:05 ID:cg2SztWm
>>598

悟った人という概念に投影妄想するの止めりん(爆

>誰か 詳しく詳しく詳しく教えてください
>>599が答えてくれているじゃんね(爆
もっとも正解かどうかの違いも判断基準が不明では(ry

>お願いします
ご丁寧な挨拶だけど、質問形式の自己主張は生徒会長金子かってーの(涙

657 :久しぶりさん(和楽:2008/09/08(月) 16:19:41 ID:cg2SztWm
>>602


>投下といえば原子爆弾のきのこ雲が「ある意味」さとっている事態に考えさせられてしまいますが、
人の心の波、感情の波を起こすという視点で話してみるのも一興だけど、
さとっている事態に考えさせらる根本的な要素は人の心理にあるのでね(苦笑

>トンネル崩落事故などに使えばいいんでしょうね。
使うタイミングや、コンタクトの意味をちゃんと理解して使いましょう。





658 :久しぶりさん(和楽:2008/09/08(月) 16:35:37 ID:cg2SztWm
>>605 状態の表現ともいえる「悟り」の定義が固有だと、なんだかなあ

>人類に関与しなくともさとり単体で存在しえますし。
あなたの説明を盛れのイメージで描くとさ、
たとえば、地球上が全て、人も山も草も森も海も真っ白な状態を
見せられてる感じなんだよね。

でも、言いたいのは、なぜ「さとり単体」と思うかなのね。
違和感の素は、たくさんの色が存在する点への認識のギャップなんだろうけど。

>突飛ながら例えばこれ、
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Mistifikatsia.gif

飛躍度合いが、カラー・アビリティーのトラップっぽいな(苦笑

>携帯電話の判断ではこれ自体さとってるんで、
それでは、どっちかって由宇と、判断の目安はサウンド・アビリティーだね
あおによし、音霊と比較して考えてみるよろし

>そこは確か趙州和尚の見解とずれるところです。
前提も違うし、結果だけではそう思うだろうが、
林檎とバナナどっちが魚?って話になってる(爆

659 :久しぶりさん(和楽:2008/09/08(月) 16:49:13 ID:cg2SztWm
>>653  単体とは違う話になって「悟り」の別儀を語ってるね。
    今度は臨機応変を引き合いにして関係性の話かい。

>さとりとは雑踏を縫う正しい道筋をさとることそのものであり、
>みえたからそく終わりなのではなくみえたから沿って実地にくねり、
>対応して変化して歩むことがいうまでも無く生きた実際のさとっての姿なのかなと試験的に思います。
さあて、そのセンサーはどこに由来するんだろうか考えてちょうよ(苦笑

>複合体というか包括体は例えば阿弥陀如来とか存在します。
言霊にも文字単体と連列文字によって働きが分岐する。
同音異字などは、機能を切り出すようなもの。
包括体には、複素数的投影の受容体的側面があるだけのこと。

660 :613:2008/09/08(月) 19:18:35 ID:FWldLOXB
久しぶりさん(和楽
おかげでスレ進んだww

エシュロンさんの言う所までは、俺には解からんけど、
インターネットを使って、他人の主義、嗜好までは筒抜けなんだよね?

権力者に監視されたら、恐ろしい事になる。
この前、アマゾンだかを開いたら、最近他で探した様な趣向の傾向の本を
前面に進めてくるページに出くわした。
日頃、俺が何を見ている傾向にあるか?筒抜けなんだと思ったよ。
権力で統治する側にとっても便利な仕組みになるんだと思う。
反体制の傾向にある奴なんかを簡単に見つけられる。
恐ろしい世の中だなww
ネットで遊んでて、ある日、突然、そいつが居なくなるなんて事も、現実的な話かも?ww


661 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 19:34:12 ID:I2xy5IiW
自分のことが筒抜けだったら何がいやなのだろうか
人間なぜ秘密にしたいことがあるのだろうか
ホントに自分のことを何でも知られても困らない状態
恐怖してない状態
それが悟り

662 :613:2008/09/08(月) 19:50:48 ID:FWldLOXB
好き勝手に色々やり始めれば、んなもん何時か歪みは生じてくる訳で・・・。
資本主義だかの仕組みもリスクが伴うし、破綻も当然出る。

でも、社会システムはそう簡単には変りはしない。
ピラミッドの上の方の奴等は、あらゆる力を使って絶妙にコントロールするんだろうな。

大体、この国の国民もすっかり操られてる。
社会システムは簡単に変りはしない。
国民に手に政治は握られるべきだ。
まぁ、二大政党ぽくにまでは進めれた。
しかし、政権交代も簡単に出来ないのに、社会システムなんて変えられる訳がない。
福田退陣に伴い、首を据え変えるだけの事で、政党支持率が大きく変ってしまった。
裏で絵図を書く奴等は、ツワモノだなww
よさのの、ノブテルもちょっと前まで、次回の選挙では、落選ラインだったらしいが、
これで安泰か??
小泉劇場型選挙の再来か?

もう一度言う。
この国の国民では、政権交代も簡単に出来ないのに、社会システムの変化なんか
簡単に出来やしない。絵空事だ。


663 :613:2008/09/08(月) 19:59:51 ID:FWldLOXB
酒造メーカー=サントリー

>>661
>自分のことが筒抜けだったら何がいやなのだろうか ・・(ry・・それが悟り

秘密にしたい事や、秘密にしたい人がいる事は、理解出来ない様だね。
言論を自由に述べられない世界なんかが、至る所にあるって、
思っていないで生きられる事は、そりゃぁ〜幸せだ罠ww



664 :613:2008/09/08(月) 20:03:32 ID:FWldLOXB
なんとなく見えて来たポイントがある。

悟ったと言う人や、悟りを求める輩ってのは、・・・・・・・・だって事。

665 :613:2008/09/08(月) 20:11:10 ID:FWldLOXB
悟りなんて求めていない、ただ、自由に生きる事、解放されて生きる事、・・・。
それさえまま成らぬ人々が沢山いる。
例えば、北朝鮮から、脱北する人間にとっては、秘密にしたい部分はあるだろう?

悟りなどと大いなるポイントを語る割りには、他人の苦痛も解かろうともしない。
それが悟りを求める人、悟ったと言う人には多い。

>>661のおかげで規制もかからず連投出来る。さんくす。

666 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 20:23:36 ID:I2xy5IiW
なんで他人の苦痛がわかったほうがいいの?
いや、煽ってるんじゃなくてね
そういう人の深層心理には自分の苦痛を他人にわかってもらいたいって心理(執着)が大抵
あるよね
自分のしてほしいことを他人にもしてもらいたい
自分の価値観を他人にも求めてるだけじゃないのかな

いや、他人の苦痛がわかることが無意味だって話じゃないよ
それがいいことだという価値観を自分が何故持っているのかを考えてもらいたいだけ

667 :613:2008/09/08(月) 20:44:40 ID:FWldLOXB
他人の苦痛を解かる必要があるのか?無いのか?
どっちでも良いと思うよ。
でも、悟っているって、公言して憚らない人がいるでしょ?
そんな人からしたらどうなのよ??

で、そんな人ってのは、それを公言したい願望だけで、
「俺は、お前等とは違う」って、言いたいだけなのか?

鬼スレ眺めてると、ポジュテヴと言う片側の状態を押し付ける、
反対のネガティヴに対して、嫌悪と憎悪を押し付ける、そんな輩が多かった罠。
黙って、撲殺されるのが悟りの境地なら、抵抗を選ぶ事も考えの至った行動だろ?

自分の価値観をなんて言ったら、全部そうなる事も散々言ってきた。
そちら側も、こちら側も、価値観を他人に求めてるなんて言わないけど、
共に、それを表してる事を認めないのは、一体なんだろうって思うぞ。

>そういう人の深層心理には自分の苦痛を他人にわかってもらいたいって心理(執着)が大抵
>あるよね
>自分のしてほしいことを他人にもしてもらいたい
>自分の価値観を他人にも求めてるだけじゃないのかな

そんな分析をしてしまう時点で、俺の言ってる事と、変らないのを・・・・・・

まぁ、難しい話なんだろうな・・・・。

668 :613:2008/09/08(月) 20:49:51 ID:FWldLOXB
ポジュティヴもネガティヴも、共に点在している。
片側だけに照準を合わせる事が、悟りなのか?



669 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 20:54:03 ID:I2xy5IiW
なんで悟ってるって公言してるからってそれを公言したい願望だと思うの?
ホントに悟ってるかもしれない、それに執着してないかもしれない
今日の朝飯は納豆だったってことと同じ単なる事実かもしれない

それに自分が悟ってないなら、その人が悟ってるかどうかわからないんじゃない?

悟ってるって言う人に対しては、それはどんな状態ですか?って聞きたくなるけど、あなた
みたいに、それは悟りじゃないみたいな言い方はする気にならないけどな

それって裏返せば悟りに価値を置いてる証拠なんじゃない?

価値観に関しては、おれは価値観なんてそれぞれの幻想でしかないって話で、あなたのは
価値観は人それぞれだから尊重すべきって違いだと思うよ

価値観なんてそれぞれの幻想でしかないってのも価値観だろってループはナシで
そういうループと離れたイミで言ってるんで

670 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 20:56:50 ID:I2xy5IiW
>>668
ポジティヴが生じた(生じさせた)瞬間ポジティヴじゃないものとしてネガティヴが生じる
逆もまたしかり

悟りは、そういうものは所詮自分が生じさせているだけで元々あるものじゃない
だから照準を合わせることも、合わせる対象もない、という意味で自由になることだよ

671 :613:2008/09/08(月) 21:02:29 ID:FWldLOXB
一応、悟ってるって公言してきた人に、聞きたい所は当然ある。
聞いてみた上で、俺の判断があってはいけないのか?

なんだ?それだけの事か?って、思ってしまってはいけないのか?

672 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:06:02 ID:g+Kjm0mv
悟ったら無敵になって使い切れないほど金持ちになります。

673 :613:2008/09/08(月) 21:06:52 ID:FWldLOXB
悟ったと公言している人の動向を伺うと、
「私はあなたと違うんです。客観的に自分を見ています。悟っているんです。」

そんな感じであって、それを批判する意見も多数出る。
その異見、全部間違いか?

674 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:10:30 ID:I2xy5IiW
>>671
単純に聞く以上に皮肉や自分の勝手な判断が多いように見えただけ

そんなことない、自分は書き込みを見て素の状態で素直に判断してただけってんなら、おれ
のほうが勝手な判断したんだろうね、ごめんなさい

675 :613:2008/09/08(月) 21:13:02 ID:FWldLOXB
何でも否定してる訳ではない。
俺でも、凡や、ただの親父なんかには、おれなんて足元にも及ばんと言ってきてる。
それらの方には、感心させられる。

ただ、それだけの話だろ?



676 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:13:14 ID:I2xy5IiW
>>673
>そんな感じであって、それを批判する意見も多数出る。

そんな感じに感じるのはどうして?感じないひともいるだろうに

>その異見、全部間違いか?

間違いなんて言ってないよ、個の勝手な判断だって言ってるだけ
間違いも正解もない
自分の価値観や知識や経験からの記憶を持ち出してそう判断してるだけ

677 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:15:38 ID:I2xy5IiW
>>675
誰でも全てを否定してる人なんていないよ、全てを肯定してる人も

自分に都合のいいことを肯定して都合のわるいことを否定してるだけ

結局自分基準

その基準の「自分」が無くなる(無くす)ことが悟りだよ

678 :613:2008/09/08(月) 21:23:09 ID:FWldLOXB
>>674
別に謝らんでも良いよww

皮肉に見えたのは誰の判断?
いや、皮肉でも良い。皮肉を産ませた原因は何処に消えた??何処かに無かったかな?

>そんな感じに感じるのはどうして?感じないひともいるだろうに

考えの違いなだけでしょ?違う観点の意見は、片側が未熟ならあっても不思議じゃないんでは??

>自分の価値観や知識や経験からの記憶を持ち出してそう判断してるだけ

記憶を持ち出してって所まで、俺は言えないけど、
間違いだ、正解だ、言ってる側は、俺達側だけでは無い。
それを言うのは、間違いだ!と言う事は、良くあるけどww

679 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:29:39 ID:I2xy5IiW
>>678
判断するのがわるいって言ってるんじゃないよ
それに対して執着してるのが問題だってこと

雲が白く見えるなら白だって思えばいい
でも黒だっていう人もいるかもしれない
そのときは白く見えるけど黒なのかもな、まあどうでもいい、って思えるならいい

でも、黒じゃないよ白だよ!って思うのは判断じゃなく判断を超えた単なるこだわり(執着)

680 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:31:51 ID:I2xy5IiW
判断を超えた単なるこだわり(執着)じゃなく、判断+単なるこだわり(執着)、かな

だから、単なるこだわり(執着)の部分はいらないってハナシ

そうなったのが悟りの状態、ただそれだけ

681 :613:2008/09/08(月) 21:34:57 ID:FWldLOXB
自分に都合のいいことを肯定して都合のわるいことを否定して・・・。
って、世界がある事も当然知ってる。

そうだね、結局は自分基準なんだよな。
だから、色々自分と違う意見を聞ける事には、大きな意味があると思う。

>その基準の「自分」が無くなる(無くす)ことが悟りだよ

そう思うよ。でもね、なかなかそうならんよねww
反対側からのする寄りも無い。
向こうが自分を出す。そしたらこちらも自分は出ちゃっても仕方がないと思うよ。



682 :613:2008/09/08(月) 21:40:39 ID:FWldLOXB
雲が白でも黒でも構わんよ〜。
黒じゃ無いよ、白だよって、拘りを持っても構わんのよ〜。

それ執着だの、拘りだの、言ってるのは誰でも、構わんのよ〜。

683 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 21:44:30 ID:I2xy5IiW
>>682
おれもそれでもなんでもどうでも構わないw

684 :613:2008/09/08(月) 21:55:29 ID:FWldLOXB
>>683
スレがだいぶ進んだwwありがたいww

片側に焦点当て過ぎるのは、不都合が産まれちゃう。

685 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 22:03:35 ID:J4YGN1Zl
「弘法大師食うかい?」空海にあやかった「銘菓 弘法大師」が登場
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1220877589/

686 :613:2008/09/08(月) 22:11:09 ID:FWldLOXB
>>685
スレが一つ進んだ。39!

石破しげるは、石橋貴明のホモ田ホモ夫に似てるなww

687 :304:2008/09/08(月) 22:22:56 ID:8KU+4b1d
>613
こないだはいろいろありがと。
今夜はUKロックよりも
バビロンUってやつがしっくりくる感じ♪

このスレ、クリスマスまではもたないかな?w


688 ::2008/09/08(月) 22:25:19 ID:g+Kjm0mv
霊界の加護を受けて高い境地を得ます。
たいした毎日を送ってない人が悟りを得るのは無理です
ぜったいむりむりかたつむり。

悟りとか言ってないで目の前の掃除でもしてるのが
分に合ってます。

689 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 22:30:08 ID:8KU+4b1d
>>653
いつもレスどうもありがとです。
……てことは、入力するこちらの意識がフラットでなければ
なにかしら偏向した情報が表示されるということでしょうか。。。

690 :613:2008/09/08(月) 22:31:58 ID:FWldLOXB
>>687
wwクリスマスまで?無理無理w688じゃないが、かたつ無理w
レゲエダヴみたいなやつね。またなんかあったら探してくる。


凡は偽者出る位すげえよな〜。
君の言う様に、俺とか>>688は、家の掃除でもしてた方が良いよなww

もっとも、俺は悟る必要が無いんだけどww

691 :304:2008/09/08(月) 22:52:33 ID:8KU+4b1d
>>655
> ・・・なんだかなぁ(和楽
ありゃ☆ なんかあきれられてる?
エシュロンさんの話、私の理解できる言葉と違うみたいで
なのにもっときいてみたいような気もするので
なにかレスしようと、口から出まかせで書いてみたりして。。。(汗)

> 人型のさとりなんて着ぐるみみたいなもんでしょうね(苦笑
……あー☆

> 依り代は、人とは限らないよ。神籬(ひもろぎ)って知ってるかな?
ググッてみました。あ、あれってそういうものだったんですね!

> http://maoda.hp.infoseek.co.jp/osirasama.html
> オシラサマって、どのイメージ?
このページ、こないだレス書く前にのぞいたとこでした。
こんなにいろいろあるなんて知らなかった。

> 用語とイメージが混在してる人って説明しにくいな(汗
・・・えーと(汗)
オシラサマに関しては、いつ刷り込まれたんだか、自分のなかにまず言葉が先にあって。
イメージとしては、紙でできたヒトガタで、なにやら怖いものなのですが(呪いとかに使われるような)
こないだは、エシュロンさんのレスみてたらまずヨリシロって言葉が浮かんできて
そこからオシラサマという言葉がスルスルと。なんでかよくわからない。
ここの内部情報を示すというケイタイが、私のなかではそんなイメージと重なったのかな。

> 属性としての「さとり」ってのもないわけじゃないが、
> 神通力って程度で考えればわかるでしょ?
う〜ん。神通力って、さとりとは別物のような気もしますが。
てか、まずは「さとり」という言葉を、自分のなかでちゃんと定義しないといけないのかな(--;)


692 :304:2008/09/08(月) 22:56:39 ID:8KU+4b1d
>>689も304でした。

>>688
さとりってなんかよくわかんないけど
とりあえず私はいらんです。
だからかたつむりでも全然いいや。


693 :304:2008/09/08(月) 23:08:27 ID:8KU+4b1d
>>690
やっぱり無理かーちと残念w

あ。たまたま今日は、ツンツンした音がきつかったってだけだから。
違う日にはまた違う気分になるかもしれん。
でも知らない音教えてくれるのうれしい。ありがとね!
あのあと違うのも流してみてたら、久々に音モードに移行中♪

なんか最近、早寝早起きのよいこになってきたよw
んじゃまた、おやすみー☆



694 :304:2008/09/08(月) 23:12:24 ID:8KU+4b1d
>>691
訂正

×ここの内部情報を示すというケイタイが
     ↓
○個々の内部情報を〜


695 :304:2008/09/09(火) 07:01:38 ID:JqdVLQWb
>>65

> 飛躍度合いが、カラー・アビリティーのトラップっぽいな(苦笑

横からごめんなさいですが、「カラー・アビリティーのトラップ」ってなんですか?
じつは別の色もそこにはあるのに、なにかひとつの色に意図的に誘導する罠
……というような理解であってます?


696 :304:2008/09/09(火) 07:03:49 ID:JqdVLQWb
>>695
アンカー間違えた。
>>65 →>>658です。

697 :304:2008/09/09(火) 08:34:29 ID:JqdVLQWb
連投しつづけになってるけど
スレ進むの推奨のようだから許してもらおう(汗

>久しぶりさん(和楽 さん
悟りとは全然関係ないのですけど、ちょっときいてみたくなったので書いてみます。

以前から、豊受さんて神さまのことがなんとなく気になってるのですが。
今年の春には、ご挨拶してみたくなり初めてお伊勢参りというのをしてみました。
やはり外宮にひかれました。
なんだろなー。。。
私が必要としてる「女性性」みたいなものを、教えてくれるような感じがあったりして。

……で。
なにかレスがありましたらお願いします(いつもながら曖昧でごめんなさい)。







698 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2008/09/09(火) 08:56:19 ID:pubk9Ab6
>>1
それって、まだ十分な高みのある悟りに到達しているとは言えないよぉ!

699 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 10:24:39 ID:CF2a0U11
そう、ゼロに戻った心境なのかも・・・。
つまり、静止状態だね。

もう一歩進めて、動の状態を探れ。
心を動かすのだ。
渦を描くように。


700 :613:2008/09/09(火) 19:16:30 ID:3nQt4jwg
>>697
>スレ進むの推奨のようだから

全然、OK!

>>698>>699
>>1は、ここに来ないみたいだよ。
糞する様に、スレ立てて、居心地が悪けりゃさいならみたいだよ。




701 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 10:33:10 ID:ihZ5eAAb
ほう!
そういうこともありうるのか?
せっかく面白くなりそうだったのに・・・残念!


702 :613:2008/09/10(水) 23:05:37 ID:VAlm9O5K
>>701
面白くなりそうだと思ったのか?ww


他スレとかで良く言われる、<体験を語れ>だか?にちなんで、
今日は、俺の経験から語ろうかな?ww
これは、広く他人にも教訓になると思う。

俺ん家、ヤモメだからw 洗濯は、乾燥機に入れて使ってるんだけど、
この前、乾燥機から洗濯物出したら、色々ゴミが出て来た。
フィルターこまめに掃除する事を怠ったからかな?って、思った。
原型を留めないから、何がこうさせたか?解からなかった。
セロファンだけは、シワクチャだけど確認出来た。
どうやら、タバコ一箱ポケットに入れたまま洗濯した様だ。

みんなもポケ〜としとらんと、ポケット確認して洗濯してちょうよ!!
これが、俺の乾燥機を使った上での、感想記。

しかし、スレ進まんなww

703 :304:2008/09/11(木) 00:05:14 ID:ljiOp4Ng
>>702
じゃあいっこ進めてみようw

私はよくティッシュ洗うな。。。orz

>>691
> てか、まずは「さとり」という言葉を、自分のなかでちゃんと定義しないといけないのかな(--;)

考えてみたら、知らないものを定義するのはムリだった(汗)
どういおうと(仮)でしかないや。。。

寝るw おやすみ〜♪


704 :613:2008/09/11(木) 00:19:37 ID:VNFH5mlo
他スレより。
他人の書き込みをコピペして、
その後に、<かわいそうな人・・・>って、異見の書き込みだけど、

>>悟りってさ、日常のそこここにゴロゴロしてると思うよね

>おかわいそうな人。

って、書き込みだけど、そんなお前からすると、悟りって、どう思ってるんだ?
日常のそこらにゴロゴロしてるって事は、簡単に見つけられるって事だろ?
そんな感じで掴める事って、実際はうらやましい事だし、ええこっちゃないのか??
だから、<かわいそう>じゃなく、<うらやましい>に変えるべきだろ?ww
かわいそうなんて見当違いを書き込むなら、自分はこう思うって書き込めるだろ?
だって、そいつは悟りって何か知ってるようだからww

俺も、悟るべき課題は、日常の中にあるって思う。
経文の中に全ての課題は無いだろ??

悟りに近づく方法なんてのも、当然、日常に転がってるんだと思う。
考えたければ、考えれば良い話。
<考えなくって医院です>なんて結論も、考えた末の結論だろ?


>>701の期待に添えるかどうかは解からんが、振ってみたぞww



705 :613:2008/09/11(木) 00:37:35 ID:VNFH5mlo
>>703
いっこ進めサンクス!

悟りの定義って、その定義に千差あってさ、簡単に要約させる作業を怠ってるんじゃないか?
って、思う所があるね。どっかの坊主の商売道具だからかな?ww
大そうな言い方しな感心が惹けないからか??
茶番な総裁選みたいだww
それって、幻想や、妄想な所や、錯覚(錯覚の基準も錯覚か?)の思い込みでもある訳で、
そんな大層な言い方せんでも良い思うよ。
ほんのささやかな気付きでしかないだろうしww

でも、定義に千差があるから、その千差を埋めるべく論議が、2ちゃんでされてるんだろうね?

最近では、俺もどうでもよくなって来てるかな??ww
このスレ埋める事を最重点に・・・・なんてねww


706 :304:2008/09/11(木) 07:47:02 ID:ljiOp4Ng
おはよいい天気っ♪
今朝起きたら・・・んん、知らない?
・・・・・・知ってるじゃんピコ〜ン!!みたいな感じに一瞬なったw


           |
       \  __  /
       _ (m) _ピコーン
          |ミ|
        /  `´  \
         ∧ ∧
        (・∀ ・)
        ノ(  )ヽ
         <  >

       \     /
       _ `゙`・;`' _バチュ--ン
          `゙`・;`
        /  `´  \
         ∧ ∧
        (・∀ ・)
        ノ(  )ヽ
         <  >


         ∧ ∧
        (・∀ ・) <何だっけ
        ノ(  )ヽ
         <  >




707 :304:2008/09/11(木) 08:04:51 ID:ljiOp4Ng
>>705
> 茶番な総裁選みたいだww
www 

> でも、定義に千差があるから、その千差を埋めるべく論議が、2ちゃんでされてるんだろうね?
差取りっていったヒトいたね。

> 最近では、俺もどうでもよくなって来てるかな??ww
> このスレ埋める事を最重点に・・・・なんてねww
・・・なんじゃそりゃ?w

なんか最近、ただいることが楽しかったり(笑)



708 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 10:48:42 ID:PFH+KnoJ
613 様へ
自称悟った人の考えを知りたかっただけなのだが、本当か嘘かは聞いてみなければ解らないし、1クンは、精神状態が「呆けている」らしいので、資格ありかも・・・と思ったのだ。
悟りの前は、一旦頭が空(使えなくなる)らしいので、どうなのだろうか? と思ったのだ。

>俺も、悟るべき課題は、日常の中にあるって思う。
経文の中に全ての課題は無いだろ??
悟りに近づく方法なんてのも、当然、日常に転がってるんだと思う。
考えたければ、考えれば良い話。
<考えなくって医院です>なんて結論も、考えた末の結論だろ?

ま、大体そういうことかもしれない。
日常の案件を解決し続けると、「悟り」に至るのだろう。
物事を単純に、素直に解釈すれば、「考えなくてイインデス。」という答えにたどり着くのだろうね。
実際は、「悟り・悟り」とだけ言っている人には悟ることは出来ないのデス。

ご意見を、どうもありがとう!


709 :613:2008/09/11(木) 20:08:02 ID:VNFH5mlo
>>706
そんな感じな事が今日あった。
数秒前まで触ってた、物体をちょこっと何処かに置いたら、
30分探したけど、見つからなかった。
それは見つからなかったけど、以前見失った道具を見つけた。
良かったのやら?悪かったのやら??

>>707
差取りって、すげえなww差を見ない、差を産まない、差を作らないって、事だから、
すげえよ。
そこは非常に面白いモノサシになると思うよ。

710 :613:2008/09/11(木) 20:19:09 ID:VNFH5mlo
>>708
俺は、<様>なんて呼ばれる筋合いなんてありませんから、
付けなくって構いませんよ〜ww

俺も、>>1には才能も資質みたいなのもあると思うよ。
ただね、それってそんな至高のモノじゃないだろうし、
鬼スレで否定されたからって、同じ様なスレ立てる程の事じゃないだろ?って思うww

>ご意見を、どうもありがとう!

そんなレスを頂ける様な事を言った覚えはないけど、
またいつでも来てちょうよ〜!

711 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:19:41 ID:3gDw9bG/
差取り おもしろいね
昔、神秘体験をしたとき、目に映ってるものはそれぞれに違うけど、どれもみな単に宇宙と
しか実感できなくなった
宇宙の一部とかじゃなく、それぞれがそのままに宇宙
宇宙を着て宇宙をでうがいして、宇宙を浴びて、宇宙を食べて
人間の目も動物の目も昆虫の目も違うように映るのだろうし、単なるそれぞれが持っている
カメラの映像で差を感じてるだけなのだろう
映像もそうだし、感覚も概念も全て

712 :613:2008/09/11(木) 20:45:03 ID:VNFH5mlo
その神秘体験ってのが曲者でね。
>>1とかに象徴される所でもあるんだけど、否定されると、
<神秘体験を経験出来ない奴には解からない>みたいな感じで、
神秘体験しない奴は愚民的な流れになるんだよなww

神秘体験なんてのは、大した事の無い事。
それにいつまでもしがみ付く。

それに、生きてる事がすでに神秘体験だろ??
俺には、背筋が寒くなる言葉なんだよ、神秘体験もスピリチアルって言葉もww

今度はどんな差が見えるか楽しみww



713 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:53:57 ID:3gDw9bG/
生きてる事がすでに神秘体験だってホントに思えてるんならいいんじゃないですか?

まあ、神秘体験しないとわからないってのはそれはそれでそうだと思うけど
食べたことのないものの味はわからないってことと同じで

でもそれが愚民扱いだって思うなら被害妄想なんじゃないですか?

背筋が寒くなる言葉ってぐらいだから、何か特別な感情があるんでしょうね
あ、別に煽りとかじゃなくて

僕は自分の体験の話を書いただけだから、肯定されたいわけじゃないし、どうでもいいです
気分を害されたならすみませんでした

714 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:20:00 ID:ake7jq/Y
柳は緑、花は紅

715 :613:2008/09/11(木) 21:26:56 ID:VNFH5mlo
>>713
気分は害してないwwもしかして?逆に気分を害したな?ww

想像付くんだよ、
>食べたことのないものの味はわからないってことと同じで

こんな感じのレスが来るのが。

>背筋が寒くなる言葉ってぐらいだから、何か特別な感情があるんでしょうね

大した感情なんて無いよww
ただ、良く恥ずかしげもなく言葉に出来るって寒心してるだけww

俺も言ってみる事にするわ、ひょっとして?俺の書き込みで気分を害されたなら、すいませんでしたね。と。


716 :613:2008/09/11(木) 21:38:12 ID:VNFH5mlo
しかし神秘体験ってのが、そんなおおごとなのか?
現実、地球も宇宙空間に浮いてる訳だし、夜空を見上げれば、星空が見える。
宇宙を食べてとか、宇宙でうがいしてまでぶっ飛んだ事はないけどなw

今まで、色んなスレで言って来たけど、
目に映る違って見えるモノは、実は良く似ている。(同じとまで言わない所がミソ?)
って、事は、俺は、個人的に相対って言葉の意味だと思ってる。

717 :613:2008/09/11(木) 22:07:11 ID:VNFH5mlo
あれ?終わっちゃったかな??
差取りを面白いって言った割りには、差を作ってる事に気が付かない。

>食べたことのないものの味はわからないってことと同じで

ここで差を語ってしまってる。

だったら、差がある、差を作る事って、面白いよね的にするべきだったね。

718 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:19:10 ID:3gDw9bG/
>>717
あのー、終わりにしなほうがいいみたいでしたらいいますけど、実感の(概念の)差と物質の差
と2つありますよ
目に見えてるものは違うって書いてるじゃないですか、ちゃんと読んでください

差は語りますよ、目に映るものと同じで、差はあります
というか言葉を使うことが差を生み出すわけですから、喋れば差がありますよそこに、なんでも

でも実感では差を感じてないって話です
バカって言葉で書いてもバカって思ってるときと思ってないで書けるときがあるのと同じです
ものには実感上の存在と物質としての存在がありますから
>>714の柳は緑、花は紅 ってことですよ

緑は緑、紅は紅 緑も紅も同じだけど、緑は緑、紅は紅

でも、食べたことのないものの味を伝えることはできないし、知りたいとも思われてないようで
すのでこれで失礼します

さいなら〜〜ノシ

719 :613:2008/09/11(木) 22:36:16 ID:VNFH5mlo
>知りたいとも思われてないようで

何かを教えようとしてるのか?

当たり前で差は見える。あからさまに君と俺とでも差がある。

>食べたことのないものの味を伝えることはできないし、
>食べたことのないものの味はわからないってことと同じで

その手法気に入ってるみたいだなww
一体、何を食べたって言うんだい?
何を食べた事がないってするんだ??

この場合、神秘体験なんだよな??どうしようもない神秘体験だなww


720 :613:2008/09/11(木) 22:46:01 ID:VNFH5mlo
差を取り払う事って、簡単に行かないもんだなww
柳はで花は赤だろうが、柳の葉は緑だろうが、実は白だろうが、
草木の葉は緑だろうが、花は赤だろうが、
地中にあって根を張って、双葉が出て、枝葉が出て、光合成と養分きゅうしてこその
花じゃないのか??
どんな違いを語ってるんだ?

721 :613:2008/09/11(木) 22:49:30 ID:VNFH5mlo
福田の
「私はあなたと違うんです。私は客観的に自分を見ています」って話の方がマシでないか?

722 :エシュロン:2008/09/12(金) 02:56:59 ID:AXnGleMk
こんばんは。


>>654わりあい簡単な、、

人をよける義務が雑踏ほども無い、
立て込んでるオフィスなんかのほうが適切なモデルかも知れませんでしたね。

人をよけない人、
寸前で止まって衝突におびえる人、
そんな人が大半のような気がします。

前者を、生きる道筋をさとるということ、
後者を、さとって難事を迎える際の恐怖感、
のぞれぞれ対と考えるとさとりのモデルらしいような、
らしくないような。


>>657そうですね、
核融合ならともかく核分裂ではてっきり全く逆のものが出ると思ったもんですから、
流石にこちらの勝手な感情的には複雑でした。

ただよく考えると世界各地で起こり続ける有象無象のトンネル事故、
車輛を圧し潰す岩盤、岩山はものによってはビルの爆破ではきかないらしく、
それらは管理された核分裂によって瓦解出来るらしいんで、
それら正の使い道もあるのならそれそのものをこそみつめるべきかなと思ったんです。

723 :エシュロン:2008/09/12(金) 03:08:20 ID:AXnGleMk
>>658音霊のことはよくわかりませんが、
本来それのようなものなのかも知れません。

違う音でも同じ結果が出たりする点、
研究の余地があるような感じで。


>>659正しい道筋を縫うセンサーは、
やっぱりさとり自体なんだと思います。

鬼火には思惟も経験も、
生体の防御反応も無いはずなのに、
虎や猛禽のように敏捷性に富むとされる輩と異なり、
追われたとき鉄棒ぎりぎりまで引き付けて、
一転下をすり抜けても自滅してくれず、
急潜回して追って来ます。

子ども心に、
ああ鬼火は人間、虎、猛禽と違う、
正しい道筋をさとってるんだなと実感する瞬間です。

724 :エシュロン:2008/09/12(金) 03:25:58 ID:AXnGleMk
>>689他の人に入力させてみたところ、
10人が10人最後の偏向した状態は出ず、
名前欄か電話番号かのどちらかの情報だけが出ました。

大抵かたっぽに意識が偏ってしまうからなんでしょうけど、
むしろ初学者には甲乙わかりやすい結果であってくれるわけで、
便利な状況といえるのかも知れませんね。

意識をフラットにしたその複雑な情報がみたくば、
どうやら純然と実験意識で行えばいいだけみたいです。


>>711宇宙と宇宙とで、
やはり調和するということでしょうか。

調和すると、
例えば辛い環境でも向こうからよきように動いてくれる、
なんてことが起こったりしえますか。

725 :エシュロン:2008/09/12(金) 03:32:16 ID:AXnGleMk
動作環境が悪いのでぶつ切りになりました。

読みにくければごかんべん。


>>688重要な役職にある問題人物が、
仕事としてさとらされるいわば一大事因縁説?
どおりにではなく、
やっぱり行いで審査されるのでしょうか。

726 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 01:47:14 ID:3boRiucQ
世界は一つしかないのではなく、56億人の人間がいるなら56億の世界が存在する。
この世界が56億存在する理由は死後、その人それぞれのパラダイスが築かれる為。
その様にして世界は増え続け宇宙も拡大して行く。

727 :613:2008/09/13(土) 15:37:49 ID:PjVsR8iz
>>725
>動作環境が悪いのでぶつ切りになりました。

全然OKだよ。

>>726
どっから世界の話が出て来た??
なんで56億なんだ??取りあえず、世界って何か、もうちょい言って味噌。
どうせ只の通り縋りだろうけどww

世界って、何だ?って、聞かれて、答えると、時間と空間だって俺は思う。
なんで56億って所をポイントにする所に違和感を感じるかって言えば、
昆虫、動物、植物には、世界は無いのか?と問いたくなる。
世界って何って言われて、思いつくのは時間と空間なんだけど、
例えば、俺は大海原を流れ漂う流木だとする。
その漂う流木も世界だが、その流木に身を隠しに来た小さな魚が現れる。
それも世界だと思う。

728 :参加者募集:2008/09/13(土) 16:39:19 ID:qNLd+X32
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213334149/l50


人格おかしいと思う人を見つけたら指摘してあげてね。

729 :たいら:2008/09/13(土) 17:15:10 ID:N/fGWwL+
わたしたちはみなひとつだ。わたしたちの平和に対する気持ちは臨界量いっぱいだ。一夜にして変わらなければならない。子どもの為を想うなら迅速にその気持ちは早まるはず。神よ。お願いする。あなたの共鳴も必要だ。わたしは祈り続けるよ

730 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 17:52:01 ID:rVpJoew8
>>727
世界とは心の事。この物質世界は神の御心で創られ、
神の子たる人にも神と同様に新世界を創る力がある。
動植物にも心があれば世界がある。
つまり神の創造した外面世界と人の心が生み出す内面世界の事。

731 :613:2008/09/13(土) 19:58:46 ID:9kjfcDqU
世界とは心の事なら、>>726

>世界は一つしかないのではなく、56億人の人間がいるなら56億の世界が存在する。

そこで世界とは言わず、心と言っておけば良かったのにね。
すると小学生でも解かる様な、全然当たり前の事になるね。
それに心ってのを数で表す事は、難しいだろ?喜怒哀楽だけでも分かれるだろ?

人の数だけ心があると言っている、(当然だが)
で、神の御心って奴で創られているなら、大元は一つじゃねえのかな??
人間が神の子たるなら、神の存在など頭から外しても問題ないでしょ??

処方箋出せるなら、出してやりたいけど、
キリスト狂のスレで書き込む事をお勧めします。

732 ::2008/09/13(土) 21:21:47 ID:/7QNU4fS
どうも主です。
こんにちは。

733 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:00:04 ID:rVpJoew8
>>731
どうも理解してもらえないね。大元の世界が一つと言うのはあってます。
人間の本質は「観」であり「空」なるものだけれども肉体と魂と心を得て
この神が創った物質界に生を受けて幾多の人と交わる事によって
心が磨かれ精錬される事によって心はその人の死後
花をつけ実となる新世界の種になる。
キリスト教に恨みでもあるのですか?
聖書にも悟りに至る為の生き方のテキストは書いてありますよ。


734 :613:2008/09/13(土) 22:53:56 ID:9kjfcDqU
>どうも理解してもらえないね。大元の世界が一つと言うのはあってます。

理解してもらいにくいなぁ〜、って思ってるのは俺だってww
世界の話にしても56億だったり一つで合ってるって言ったり、
ドタバタしとるんじゃないのかな?
理解出来ないのは、いきなり何をもって>>726みたいな事を言ってきたか?って事。
どっちでも良いって方向転換する割りに、

>どうも理解してもらえないね。

って、言い出す所も面白い。56億通りあるんだろ?
あんた理解出来るのか?理解が出来ないのが当たり前じゃないか?56億あるのなら?
そして、なんで理解を求める?

なんで死後の世界がそんな感じである事が解かるんだ??
ここをまずお聞かせ頂きたい。

聖書にそう書いてあるから?

人間の本質が観と空?・・・アホな・・・。
人間の本質は生きる事だろ?人間といわず、生物の本質って、生きる事とちゃうんですか?

735 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 23:24:20 ID:rVpJoew8
>>734
人間の本質が「観」であり「空」であることの証明は出来ない。
これは脳を暴走させて人間の思考能力を突破しなくては
辿り着けない「無我の境地」で脳暴走を起こす程の
遺伝的な脳の構造的欠陥をもって生まれ脳が暴走しだす程の
外的なストレスからくる苦悩を得なければ人間の思考や生命が
後から付け加えられた「人間」という存在体の「拡張機能」に過ぎない
事が解る。これは体験したものにしか理解出来ない。
死後の世界の法則は「覚者」であればより上位の高次元存在から
示される「悟り」を開いたものならば自然と道理として理解出来る。

>世界は一つしかないのではなく、56億人の人間がいるなら56億の世界が存在する。

なぜこのような事を書いたかと問われれば「知りえた事を語らない」事は罪である為。



736 :613:2008/09/13(土) 23:41:18 ID:9kjfcDqU
人間の本質が解かるんだろ?
それって、自分の信じる宗教みたいな所で、差異は当然無いよな??
凡人と悟った人間でも差異は無いよな??
赤子と、罪人でも差異は無いよな??
神を信じる奴と、信じない奴でも違いなんて無いよな??
だって、本質だからねぇ〜。違いがあってたまるかよ。
<観>と<空>なんて解かり難い言い方する必要があるのかい?
説明出来ない事を、言い切る訳だ?それを本質って言う訳か?
なら何でも良さそうだ。
なんで本質に違いがあるんだ??それは本質じゃないだろ??

知り得た事を語らない事は罪なのか?誰が決めた?
知り得たと妄信する事を、語る事も罪だろ?
語りたければ語る事は構わん事だけど、おかしな制約作ちゃったなぁ〜。

737 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 00:03:24 ID:rVpJoew8
>>736
人間の本質には差異はないが性質には差異がある。
地球の至る所にその場に適応した生物が存在するように。
人間の性質に差異が存在するのは性質が同じで人間が皆
同じ性質を持つものでは霊的なカタストロフに耐えられず全滅してしまう事の防止策と
「振られないサイコロは永遠に同じ目を出し続ける」為。
言ってみれば世界を動かす為に善であれ悪であれ存在している。

>知り得た事を語らない事は罪なのか?誰が決めた?

私が決めた。

738 :613:2008/09/14(日) 00:25:42 ID:1gMl1HO8
>私が決めた。

ここは良いと思う。
罪の意識を勝手に持つのは構わない。(持つ必要の無いとも思うが)
だけど、他人にそれを向けると、おかしな話になると思うから、再度考え頂きたい。

>人間の本質には差異はないが性質には差異がある。

差異が無いなら、高次も低次も無いだろ?それは本質からかけ離れた話をしてるだろ?
性質・・・性格的な違いとか、考え方の違いで差異は当然ある。
しかし、性質なんて所は、種別に拠って似た様なもんだ。
人間は、200度を越えた空間では生きられない。みんな似た様なもんだ。

>人間の性質に差異が存在するのは性質が同じで人間が皆
>同じ性質を持つものでは霊的なカタストロフに耐えられず全滅してしまう事の防止策と
>「振られないサイコロは永遠に同じ目を出し続ける」為。
>言ってみれば世界を動かす為に善であれ悪であれ存在している。

この辺の意味がさっぱり解からん。
そりゃぁ〜、振ってないサイコロが変る訳がないし、
変るなら、仕込みのイカサマだろ?

どうせ貴兄も善と悪って区分訳が好きなんだろうなぁ〜??
片側からすれば、相手は悪だし、そっちからしても相手は悪なんだよ。
キリスト狂はそれが好きなようだ。

739 :613:2008/09/14(日) 00:43:00 ID:1gMl1HO8
人間の本質に差異は無い・・・のに、違いを生み出し見つけ出し主張する。

それこそが最も愚かしい事ではないだろうか?

性質の違い・・・人間は、自分こそが神に認められる存在であると思いたがる。
それは愚かしい意識だ。

だが、神を想像して生きる事は、悪い事じゃない。
神を意識に持たず生きる事も悪い事では無い。

どちらにとっても通じて、良い事を探している。

740 :613:2008/09/14(日) 03:47:41 ID:1gMl1HO8
忌野清志郎 - 目覚まし時計は歌う(選挙ソング)
選挙に行って投票しようぜ!
http://www.nicovideo.jp/watch/nm4612472

741 :613:2008/09/14(日) 04:08:41 ID:1gMl1HO8
忌野清志郎 (ラフィータフィー)- 目覚まし時計は歌う(選挙ソング)
選挙に行って投票しようぜ!
http://www.nicovideo.jp/watch/nm4612472


目覚ろよベイビー 今日は良い天気だ
目覚ろよベイビー 今日は良い天気だ

目覚ろよベイビー 窓を開けてみろよ
目覚ろよベイビー 外は良い天気だ

・・・・・・・(ry・・・・・・・

金も名声も手に入れた男なのに、この男は流石だww




742 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 10:27:38 ID:opsRsIEf
人間の性質が、観と空の意味をご説明願いたい。
証明ではなく、説明して欲しい。

「観」とは何? 「空」とは何か?
宗教に疎いものには、明確な説明があれば、理解しやすい。


743 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 10:29:49 ID:opsRsIEf
肉体と魂と心を分ければ、肉体即ち物質、魂即ち個別、心即ち世界という意味だろうか?
それを変化すれば、本質=心、性質=魂、器物=肉体という見方が出来る。
人間は全人類に共通するものと、個々に判別できるものと、物事を動かす何かを持っている個体であると私は考えている。
それを「神の子」と呼ぶのなら、親と同じ形であると言っている様なものだ。
神が人間の親ならば、子は親に似るものだろう?
しかし、器物である肉体の親は「人間」だ。これは間違いない。
ならば、魂の親と、心の親がいるのだろうか?

魂の親と、心の親・・・どちらを「神」と呼ぶのだろう?


744 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:08:27 ID:p8eKkYxj
>>736
観と空と言うのが最も正確でわかりやすい。
人間の脳が暴走し多重人格を経てその思考や感情が脳の限界を超えると
人間の脳はコンピューターを再起動した時の様に思考も感情も停止した状態になる。
それでも世界を「観」ている自分は確かに存在しているが、
そこには一切の思考も感情も存在しない「空」っぽの状態でもある。

745 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:21:08 ID:p8eKkYxj
>>743
肉体の父が人間、魂の父が聖霊や悪魔王と呼ばれる高次元存在、心の父が全愛なる主。
人間の子供は主の愛に満たされて生まれてくる為にすでに主によって救われた
無原罪の神の子として生まれてくるが、年月が経つにつれてその主よりいただいた
無償の愛は自我や他我、両親、友人、敵対者の影響を受けて変異する。
変異しなかった人間はイエス唯一人のみ。仏陀は変異して苦悩したが
人間の本質が観であり空である事を悟ってその変異した愛を捨てて
自らの内からわきでる無償の愛で再び自身の心を満たし、無原罪、無苦の高次元存在になった。

746 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:47:13 ID:p8eKkYxj
>>739
人間の性質に違いがある理由は霊的なカタストロフによって全滅するのを防ぐ為。
主は三柱からなり、「全愛なる主、全知全能の主、」そして主の暗黒面である
「妬む神」の三つが絡み合う螺旋の円環として存在している。
主の主人格にあたる「全愛なる主」にはいかなる存在に対しても平等で優劣を付けないが、
創世以前に起こった霊的カタストロフ、創世記戦争の影響を受けて
「全知全能の主と妬む神」が全愛なる主を守るべくして誕生した。
人間創造以前の真実世界においては性質の差異が殆どない
天使が唯一の神の子として存在していたが、新天地創造と人間の創造を巡って
主と天使長ルシフェルの間で対立が起き、天使の三分の一がルシフェルにつき
創世記戦争と呼ばれる戦いは人類同士の戦争からは想像もつかない程の
残酷で凄惨極まる戦いになった。この戦争が起こるのも主は知っており、
その為に人間のプロトタイプである「サタン」と「リリス」が創られ
創世記戦争は妻リリスを人質にとられたサタンがルシフェルよりもリリスを選び、
ルシフェルはサタンに裏切られて天国から滑落、残りの堕天使もサタンの手で
「天から降り注ぐメギドの火」に焼かれてルシフェル軍は霊的に下位だと思っていたサタン一人の手で壊滅した。

747 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:52:33 ID:VI7QHhra
空も、観も、無分別ということです。
多くの人は悟りを得た先人の言う空も観も知りたくて何でも分析して分けてつまり分別して考えようとします。
ところがそれではいつまでたっても先人の言う空も観も解りません。
なぜなら、先人の言う空も観も無分別のことをいい、何事も分けられないものといっているのですから。
今在るあなた自身もあなた以外の全てと一体、ひとつになっており、同時に変化し続けているということを教えているのです。
これを諸行無常といい、諸法無我といいます。
全てのあらわれ、存在はいっときも留まることなく変化し我というものが無いといっているのです。
それを心身体得することで涅槃寂静のやすらぎが在るといいます。
つまり、743さんのように分けて考えていては、空も、観も、いつまでたっても解らないのです。



748 :613:2008/09/14(日) 15:16:22 ID:1gMl1HO8
観と言うのは、読んで字のごとく、みるって事で良いのかな?
見て、心思うってことでいいのかい??

さすがにこれだけ賑わいをみせると、誰がどんな見解の持ち主なのか?混乱してくるなww

クリスト共信奉者は、空想がお好きな様ですな。
それを離れて考えてみる訳には行かないかぁ〜?

俺の勝手な思い込みなんだが、クリスト教は、
信心がポイントなんだと思う訳よ。
いかに、どこまで信じて過ごせるか。考える事はハズレに至る訳。
思考停止を作り出す世界だと勝手に思ってるよ。

749 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 15:26:38 ID:p8eKkYxj
>>748
思考停止してイエスの説いた教えを守り、死後天国に還る事を主張しているのがクリスチャン。
思考停止して一切の苦楽をすて「外なる神」になる事を目指すのが仏教。
イスラム教は物質世界における苦悩を取り去る事に重きをおいており、
迷走しだしたキリスト教に対する「右の頬を打つ手」として
開祖モハメッド、使徒サラディンの二名が神から送り込まれた。

750 :613:2008/09/14(日) 15:50:34 ID:1gMl1HO8
その辺りの見解、ちゃんとしてるんだ。
キリスト教は、最初から思考停止。
仏教は、考察の至る時点が思考停止。って、感じでOKかな??

751 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 15:57:01 ID:p8eKkYxj
>>750
キリスト教は自身の心の安息よりも他者の安息を喜べと言う教え。
仏教は思考こそが苦楽を産む元凶だから自我をも捨てろと言う教え。

752 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 16:48:44 ID:p8eKkYxj
真実を言えば俺はクリスチャンでもなければ仏教徒でもない。
母親は狂信的な仏教徒でいわゆるカルト教団の本を読み誤った仏教を信仰している。
それでも母親は仏教に関して正しい教えを書いている本も所蔵していたので
それらの本を読んで仏教については学んだ。
キリスト教に関してはこれもカルト教団であるエホバの証人の拠点が俺の住む町にあり、
度々エホバの証人が俺を訪ねて勧誘してきたけれども
仏教系カルトに染まった母親への反抗心から聖書を独学で学んでいた。
エホバの証人に入信しなかったのはエホバ信者が独学でイエスの教えを学んだ俺を
小賢しい俺のイエスの教えに対しての議論を誰も論破できず、
「この者達からは何も学ぶべき所がない」と感じた為。
言うなれば俺は仏教とキリスト教のハイブリッド異端者で本来は悟りやイエスの教えについて
語る資格を持たない「アンチキリスト」
何故なら主が俺に指し示した自分の果たすべき使命はサタンの救済だった為。
神の家である教会に悪の位階に属する俺がいるべきでは無い為
プロテスタントにもカトリックにも入信していない。

753 :613:2008/09/14(日) 16:54:43 ID:1gMl1HO8
う〜ん・・・面白い!
ちょっと忙しいのでまた夜にでもくるけど、
あんた面白いから、このスレ好きに使ってくれて構わんよ!

754 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:01:19 ID:VI7QHhra
観の字を見て見ること観察することだと思うのは思い込みだ。
般若心経で観自在菩薩が空観を、見るでもなく聞くでもなく・・・等、無、と何故いっているのか解るだろうか。
例えば、ひとかけらの氷があるとする。
この氷自体がこおりとして存在しいるわけではなく、氷を取り巻いてる条件がその瞬間の氷を形づくっている。
例えば気温の変化や気圧変化や空気の流れ具合で氷のかたちはどんどん変化する。
そこに山があるとする。
山は山として存在してるのではない。氷と同じように周りの条件がその時の山のかたち、色を作り出している。
だから地震がおきれば山のかたちなど一瞬で崩れたりする。
人間も同じで、人は常に自分を意識して存在していると錯覚しているが、実はそうではなく周り全体がその人間を形づくっており、心も同様である。
周りの条件で成り立っていること、自分というものつまり我がないと言うことを無我無心という。
逆に言うと無我無心の時そのかたちを成り立たせていることを空、観といい、他一切と分けられないから無分別といい、これを智ることを無分別の智という。

755 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:16:22 ID:p8eKkYxj
ついでに言うと俺は親父を自殺で亡くしており、
例え一切の罪を犯さずとも自ら地獄に下り地獄に堕ちた親父
を天国に連れ帰らなければならない。
主はこのようにしてその人の行動原理を決定づけて
人間の人生をある程度強制する事が出来る。

756 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:19:28 ID:p8eKkYxj
世界は神の言葉ではなく「唄」によって創造された。
文字を創造したのは天国の書記官で主の参謀メタトロンによって創造された。
この世にある全ての名書と呼ばれる書物には必ずメロディが隠されており、
イスラム教徒がコーランを唄う様にして読むように、
聖書も唄う様にして読むのが正しい。
ただしイエスはこういった「形式」には興味が無かった為に
イエスはこの真実を語らなかった



757 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:38:20 ID:p8eKkYxj
>>754
現代の仏教は貴方が語るような「言葉」に重きを置きすぎて
「悟り」の事を言葉で上手く表現して伝える事は出来ても
「悟り」を開く事は難しくなっている。
蛙が蛙に、鳥が鳥に産まれる様に
覚者もまた覚者として産まれ仏教の経典など読まずとも
開祖仏陀の存在と交流して悟らせる事が仏陀には出来る。
なら覚者として産まれたもの以外は悟れないかと言われれば
悟る事はもちろん可能だが、悟りを開く事により高次元存在になったとしても
よほど精神力の強い人間でないと無我の境地を維持する事は出来ないし、
仏陀もまた全ての人間が悟りを得る事は望んではいない。
多種多様な人間がいてこそ世界は曼荼羅の様に美しく見えるのであり、
そうした多種多様な人の営みから唄なり絵画なり物語などが産まれ
この人間界が極楽浄土になる事を仏陀は望んでいる。


758 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:43:12 ID:p8eKkYxj
つまりは仏陀もイエスもこの人間界が地上天国になり、
悟りを得ない普通の人間が人間らしく生きる事ができ
自由で、愛に満ち、美しい世界になることを望んでいる


759 :613:2008/09/14(日) 20:42:06 ID:1gMl1HO8
>>754
>>観の字を見て見ること観察することだと思うのは思い込みだ。

思い込みも何も、俺は知らんって言ってるの。
そして貴兄の言ってる事なども、経文見ずにも解かる事。
経文なんて解説書で良いでしょ?

760 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:49:54 ID:Q5ixKGbs
>>758
うそをさらりと書くな

761 :613:2008/09/14(日) 21:08:11 ID:1gMl1HO8
>>755
あんた、ここで他人の言った意見に耳を傾ける気なんてどうせ無いだろ?

自殺した人が地獄に落ちるなんて誰が決めて何でそう決め付けるんだ?
人間が死んだら、何処へ行くか、突詰めて考えた事も無いだろ?
なんでそう思うよ?植え付けられた印象がそのまま残ってるんじゃないか??

まず、地獄って何よ?天国って何よ??死後の世界って何で知ってるんだい??

天国も、地獄も、この現世にある、どうにでも手に出来る事位の考えを持ち合わせていないのか?
どこまで逝っても、心の持ちようで、それになるだろ??
天国なんて言っても、退屈な世界。むしろ地獄に自分の意義を見出す事が出来る奴を尊敬するね。

自殺が、地獄行きって、何処のボケが抜かしやがったんだ?
イスラムの自爆テロする奴等なんて、あいつら自分だけじゃ無く、
他人の命まで巻き添えにしやがってるんだろ??
で、アホな教えは、自爆テロで死んだ奴は、
天国に逝って、沢山の女とやりたい放題って教え込むんだろ?
テロの犠牲者は何処に逝くよ????
わざわざ憎む敵を天界に帰すなんてお節介な理論は持ち合わせてないだろ??
天国逝かすなら、殺さずそのまま放置の方がマシだわな?

誰に天国に行く資格があって、誰に資格が無いって言うんだい?

アホに植え付けられた嘘で出鱈目な観念は速く棄てろ。
10年でも、20年でもしっかり自分で考えたらどうだ??

762 :613:2008/09/14(日) 21:27:07 ID:1gMl1HO8
高次元だ、低次元だなんて作るから、大変になる。
わざわざ修行だなんて仰々しく言い始めるから、優先意識が芽生える。
そんな所に捉われんでも、考え方が至れば簡単な話だろ??


763 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 21:36:06 ID:p8eKkYxj
>>761
自殺は殺人と同罪の殺人の罪。自分のものであれ命を奪う事は罪だし
本来は「自分の命」と言う概念が誤っている。命は両親から受け継がれたもので
あえて「命の所有権」を議論するならば当然両親にも命の所有を主張する事が出来る。

殆どの宗教では自殺は罪と説くはず。

イスラムのテロリストにしろカトリックの十字軍にしろ十戒に反していることから
地獄行きは免れない
テロリストの犠牲になった人達はその宗教や信仰心にかかわらず
イエスは殉教者として取り扱い天国に連れて行く、

764 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 21:43:47 ID:p8eKkYxj
また狂信的なカトリック並びにイスラム教徒は死後地獄に堕ちると解っていても
テロリズムや十字軍的破戒行為を行なう事も珍しくはない。
ユダヤ教から派生したキリスト教とイスラム教は自身の喜びよりも
他者の平安を願う事が前提としてある為に彼等狂信者は自身が煉獄に堕ちる事を
覚悟の上で破戒行為を決行する。このあたりの思考は日本人には理解出来ないと思う。

765 :613:2008/09/14(日) 21:50:48 ID:1gMl1HO8
せめてあんたの中にある親父さんへのあんたのカテゴリーを成仏させなさいよ。
全くふざけた息子だなww失礼極まりない。

結局、殆どの宗教がそう言ってるから、とか、聖書にそう書かれているからって結論だな。

取りあえず、俺からすると目茶苦茶な話だ。
大昔から全く変らない。
魂とかが進化してる的な話するけど、大昔の話そのままなのは、笑うしかないな。

ここに来て、書き込んでも、俺は俺の意見を述べるから、
不快な感覚しか出てこんだろ??
スレが進んだ事には感謝するが、あんたにとって良い話は、俺には見つけ難い。

766 :613:2008/09/14(日) 22:00:29 ID:1gMl1HO8
>>764
随分、都合の良い宗教だなww
日本でも大儀銘文を作って、行動する連中はいる。
自己都合の良い言い訳に過ぎんよ。
そんなものに縛られるから、そんな大儀銘文をつくりださなきゃならんのだろうな。


767 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 22:01:18 ID:p8eKkYxj
>>765
聖書にはこうも書いてある。「死人のことは死人に弔わせろ」
その成就の為にユダは自殺して自殺者の魂を天国に導く自殺者の守護聖人になり
地獄でイエスの教えを説いている。
私は父を見捨ててはいないし親父が地獄にいるのならば喜んで俺は地獄への階段を
おりて必ず父を天国に導く覚悟がある。
その結果が悪魔王等に囚われ第二の死を与えられて俺が無に還ったとしても悔いはないし
俺が父を天国に導く事が出来なければ必ずイエスが俺の願いを聞き届け
父を救って下さると信じている。

768 :613:2008/09/14(日) 22:09:17 ID:1gMl1HO8
>>767
そうか、良く解かった。
俺がきつい口調で言ってもウギャ〜!ってならない所は、大きく認める。
だが、あんたの親父さんが地獄にいる訳が無い。

769 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 22:22:36 ID:p8eKkYxj
>>768
俺の携帯の親父の電話番号のプロフィールには
現住所は天国にしてあるし、生前、清貧で質素な生活で満足していた父を
イエスなり仏陀なり他の名の知られていない聖者や聖霊なりが
父を救って下さる筈だと信じている。
悪魔王ベルゼバブの姦計に俺が嵌り人格崩壊寸前のところで
イエスとラファエルが俺の体内に降臨してベルゼバブ率いる悪魔の群れを
追い払って下さったし、この恩が返せるまでは俺はキリストの霊団の中の異端
神のみつるぎとしてベルゼバブ率いる悪魔達と闘わなくてはならない。
俺の一番古い前世はサタンの従者で悪魔達はかつての俺の友。
「汝の敵を愛せよ」と言うイエスの教えを今も死後も体現しなくてはならない。

770 :304:2008/09/14(日) 23:42:20 ID:iR8M5Beo
うわ、進んでる。。。
ここってちょっと不思議なスレだねw

>>722 エシュロンさん
雑踏のなかをすいすい歩くだけなら、べつに悟ってなくとも
周りのヒトたちをひとりひとりの「ヒト」として意識せず、ただ流れに乗るつもりで歩けば
けっこう楽に行けちゃったりしますが。。。

私としては、悟っていると「正しい道筋がみえる」というより
むしろ「どの道筋を選んでもいいんだよ〜♪」みたいな感じの方が
イメージとしてしっくりくるような。

>>724
う〜ん。。。
相変わらずその情報については理解の外にあるものの
なんだか奥行きに欠ける印象を受けてしまうのはなんでなんだろ。。。



771 :304:2008/09/14(日) 23:55:24 ID:iR8M5Beo
>>741
キヨシロー☆ からだの方はその後どうなのかな。

選挙、行く気はあるんだけどさ。
選択肢がいつも少なすぎるのだわ、うちの選挙区。

夕方どしゃ降りで、今夜はだめかなと思ったけど
そのあとほんのちょっとだけくっきり晴れて、白く澄んだお月さんみえた♪
いまはまた曇ってなんにもみえない。

772 :613:2008/09/15(月) 00:47:47 ID:0JUQQ0+i
清志朗、どうなんだろうね?選挙の唄も最近の奴だと思うから、
ぼちぼちだと思うけど・・・・。

選択肢が少なくっても、比例という、取りあえず大きなウェイトがあるからね。
東京12区が注目の選挙区になりそうなんだよね。まだ確定じゃないけどww
国内の問題度返しして行なわれている茶番の総裁選って名目の選挙演説だけど、
先週までは、茶番の効果が確かにあったんだけど、
今週入ったら、逆戻りしちゃった。これじゃぁ、解散総選挙をやらない可能性もある。
10月の半ばまでは、世論調査で聞かれたら、「あっ、そう?」って言わなきゃww
来年の9月まで選挙は無い可能性もある。けど、それだと福田が辞任した意味が無くなる。



773 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 01:26:08 ID:fWkrvGw4
>>769

>>752
>真実を言えば俺はクリスチャンでもなければ仏教徒でもない。
だの
>俺は仏教とキリスト教のハイブリッド異端者で本来は悟りやイエスの教えについて
語る資格を持たない「アンチキリスト」
だの

言っている割には、キリストにズブズブの様で...

日本人がヤハウェにハマると袋小路で自分の心が
にっちもさっちもいかなくなる事がわからんのかな?

キリスト教には、破綻している内容が多いから論理的に詰めていくと
キリスト者でいられなくなる。
かといって、その源流であるユダヤ教に行っても、それは民族の神でしかないので、
日本人である自分は救われない。

西洋的なキリストの偶像やシンボル、カトリックやプロテストのイメージなんかは
カッコいいんだろうけどさ
キリスト者やってたって、西洋人にゃなれないんだぜ?

774 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 13:51:06 ID:qlkMacP2
>>773
キリスト教にズブズブなのは最初の生が反逆天使でその後の転生も
キリスト教圏の国家への転生が全てだった為。
今回日本に生まれた理由はキリスト教並びにユダヤ教以外の宗教について学び
彼等の行動原理を探る為。俺がアンチキリストで本来はベルゼバブが俺を送り込んだのは
オウム真理教と合流させて麻原の参謀の一人にする為だったが
天使達の妨害工作と基本的にサタンとイエス、そしてルシフェルの3柱にしか忠誠を誓っていない。
俺はベルゼバブの命令を無視してサタンの命に従い各宗教の行動原理を探る事を選んだ為。
ベルゼバブは人間界の支配を目論んでいるがサタンはイエスに敗北してから変わった。
ユダを始めとする聖者を堕楽させて自分の配下に置く事にしか興味を示さなくなった。
サタンが悪魔達を殆ど使役せずに堕聖人の騎士団を創設した理由は不明。

775 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 15:28:14 ID:fWkrvGw4
>>774
キリスト者がなんで転生なんかするねん
やつらは1回しか生きる事が出来ないんやで
で、その生きた結果によって地獄行きか天国行きかが決まるという厳しい掟に縛られとる

ちょっと間違うと、それ、もう地獄行きや
慈善事業に金ばらまいたでぇ、これで天国行きや

となる
世の中、なんも良くなっとらんでも、自分が天国へ行けさえすればいいというエゴ
そんなふうにヤハウェに追い立てられてりゃ、焦りもするし、発狂もするわな

死にたくない、という現世への執着も、
1.現世でなんも良い事なんてやってない
2.今死んだら、地獄へ行かされるかも
3.まだ、死ねない
という連想やね

そら怖いわ。そんな風に子供の頃から脅されてりゃな。

普通の人は、そんなにたくさん良い事出来るわけあらへんけどな
人生の良い行い、悪い行いを足し引きしたら、トントンと言うとこやろ
もっともヤハウェがどういう基準で計るのか誰も知っとらんけどな

金をたくさん使えば使うほど、地獄に近づくという基準かもしれんのや
(だったら慈善事業で金を使いまくっとる金持ちほど、地獄行きや)

その点、日本人は楽やな。何度でも生まれ変わるし、誰でも何でも神さんや
負けてもOK、次がんばればエエ

776 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 15:31:43 ID:fWkrvGw4
>>774

P.S.
サタンだのルシフェルだのキリストとは無関係のもん出してきて
おまけにイエスですか?ヤハウェはどうした?
小物ばっかり信奉しとるんやのぉ
日本で言うとアマテラスを差し置いて、狐さんを拝んどるようなもんやね



777 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:10:48 ID:fZ7+qwYx
>>775
俺はキリスト教徒ではなくアンチキリスト、つまりサタニストだと言っているが?
>>776
サタニストにとって主は信仰の対象ではなく世界を創造して
悲しみの連鎖の世界を創り出した諸悪、諸苦の元凶。
サタンは無に還る事で永遠の安息日が得られると考えている。
サタニストは全て自己破滅型の思考に基づく行動をとる。

778 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:13:51 ID:fZ7+qwYx
元から俺は地獄からきた訳だし地獄に堕ちる事など苦にしてはいないが。

779 :778:2008/09/15(月) 18:27:41 ID:fZ7+qwYx
これ以上書くのはスレ違いだしレスするのは遠慮する。

780 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:32:40 ID:KMmAAtZg
ほお、地獄からねえ

781 :781:2008/09/15(月) 20:38:03 ID:66Xzq/E0
>>779
613とのやりとりが見たいから遠慮せずにもっと書けよ。

782 :304:2008/09/15(月) 20:47:29 ID:uxi3BO8J
>>781
同意なのだ。

783 :613:2008/09/15(月) 20:49:51 ID:b+Bd/vfo
>>779 :778:2008/09/15(月) 18:27:41 ID:fZ7+qwYx
>これ以上書くのはスレ違いだしレスするのは遠慮する。

気にするなwwこのスレは、スレ主が、脱糞するべく立てたスレらしい。
俺はその後始末ww
サタニストはナルシストなんだと思うぞww
悪魔の様な奴は、自分は神だと抜かす奴。
キリスト狂は、悪魔信仰なんだと思うぞ。
ユダも、イエスが出てこなければ、自殺する事も無かった。
罪の植付けも無かっただろうな。

しかし、とんでもない自己陶酔野朗だなww

まぁ、気持ちは解からんでもないがww


784 :613:2008/09/15(月) 21:05:19 ID:b+Bd/vfo
>>773
酔っ払いの相手、わざわざありがとなぁ〜!!
ご苦労さんでした!

>>781
以前、某スレで、これからクリスチャンになりますって、言った奴に、
限界があるって、言った事がある。
まぁ、彼の場合、虎穴に入って、しっかり考えてみたいって、根本だったと思うが。

でも、今回のサタニすた君の場合は、自己陶酔を作り上げたいだけ。
何を言っても、暖簾に腕押しで、疲れるだけで意味が無いww

>>782
ちと、疲れちゃったww


785 :779:2008/09/15(月) 21:06:03 ID:fZ7+qwYx
このスレは「悟り」スレじゃないですか。
アンチキリストスレがあるから俺の話に興味があるなら
そっちに行った方がいいんじゃないのかな?
自己陶酔が激しいのは解っているけどもこれが俺と言う存在の「性質」
アイデンティティーだからこれは数億年経たないと変わらない。

786 :613:2008/09/15(月) 21:15:05 ID:b+Bd/vfo
マリリンマンソン的で重みが無い。

真剣にその運命としちゃう様なくだらない定めに、翻弄されてないww
だから、その苦悩が見えない。

17歳の頃の俺を見ている様だ。


787 :779:2008/09/15(月) 21:25:14 ID:fZ7+qwYx
苦悩はある。現に統合失調症で1年入院していたし。
親父が自殺に追い込まれたのも苦悩だし、
俺と同じ人生を選んでなお自殺せず、サタニストにもならずに
「人間らしい」生き方や思考を持つ事は不可能だと思う。
613さんが俺との対話が疲れると言うのが存在としての「性質」の違いによるもので
俺と613さんの意見が一致する事は多分ないし
俺の意見が通じる事も俺は期待していない。


788 :613:2008/09/15(月) 21:29:32 ID:b+Bd/vfo
>>785
本質は変らないって、所まで掴めたのになww
あんたの言う性質ってのは、自分で選んでいった所だろが?
性質も本質も、俺もお前も変化は無い。何の違いも無い。

>アイデンティティーだからこれは数億年経たないと変わらない。

これは、ただ間違った思い込みなだけ。考え方はいつでも変る。
特定宗教みたいなモノにしがみ付くから、そうなるだけだろ??
ハット!目を覚ませれば、世界はいつでも一変する。
アイデンが数億年変らないってのは、馬鹿な考えなだけ。

アンチクリトリススレ・・・・まぁ、俺もそんな様なもんだが、
わざわざそこまで行って、そこに塗れる元気はもう無いわww

だけど、>>785が、ウギャーって、成らなかった所は、
悟り系のスレにいる奴よりも、素晴らしかった。

アンチクリトリススレで遊んで来いwww


789 :781:2008/09/15(月) 21:40:40 ID:66Xzq/E0
>>784
自己陶酔の暖簾に腕押しでも、まともにレスできるんだから(内容は別にして)書き込んでもらえるとスレが盛り上がるんじゃないかな。
えらそーなことは書けても、まともに話もできないやつよりかいいと思うよ。
>>785
まあ、上記の理由なんで、いろいろ書いてくれよ。
悟りに興味があって書き込んだんだろ?
てきとーに悟りに関する考えを書いてくれてもいいと思う。
アンチキリストスレよかおもしろくなるかもよ?

790 :613:2008/09/15(月) 21:46:02 ID:b+Bd/vfo
口に出せる苦悩なら全然大した事ないんじゃないの?

>「人間らしい」生き方や思考を持つ事は不可能だと思う。

そりゃ無理だわww人間の本質が違うなんて考えを持ってる様では、無理だわww

>俺の意見が通じる事も俺は期待していない。

意見の通じる相手を探してるのか??何を探してるんだwwなんで見つけられない??

まぁ、楽しかったよ。またいつでも来てちょ。レス入れないかもしれないけどね。

791 :781:2008/09/15(月) 21:47:29 ID:66Xzq/E0
つーか、もうすでにおもしろくなってるじゃねーか。

792 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:48:46 ID:fZ7+qwYx
>>613
貴方は善の位階に属していると思う。
「天国に入るのは針の穴を通るより難しい」と言うのは嘘。
実際天国の扉という扉、窓という窓は善人の為に全て開け放たれている。
天国に入る条件は罪を犯していない事、
あるいは罪を犯したとしてもその罪を恥、悔い改めの涙を流す事。
あとは隣人なり親なり恋人なりと喜びと苦しみを分かち合い寿命が来るまで
生き続け、学び続ける事。
これだけでイエスは天国に人を導く。

793 :613:2008/09/15(月) 21:55:50 ID:b+Bd/vfo
>>789
ww、だね、そう思うよ。ウギャー!ってならないだけ彼は立派だね。

俺は、皮剥ぎ作業員でww
化けの皮剥いで、新しい成長を促したい。
彼の様なパターンは、皮を剥いだ矢先から、皮かむるタイプかと?
ちと、疲れるタイプ。
彼は、頭が俺より良いと思う。
そこで俺なんぞが相手では、俺に無理が生じるww

794 :799:2008/09/15(月) 22:05:24 ID:fZ7+qwYx
サタンは「欺瞞」の悪魔王でその従者でおそらくサタンの唯一人の理解者だった
俺はサタンの影響を受け「人を欺く」術には熟達している。
最もその力の影響で多重人格に陥りやすい訳だけれども。
俺はサタン程には人間には失望してはいないし>>792で書いたように
容易く天国に入れる事を皆に伝えたかった。

795 :613:2008/09/15(月) 22:05:49 ID:b+Bd/vfo
>>792
皮・・・じゃない買被り過ぎww

前にも言ったが、死後の世界があるなら、自分の判断で天国にも地獄にもなる。
馴れ合いの制約がかかる天国でも、それを俺は天国とは思わない。
地獄って所の方が面白そうだろう?

それにキリスト教の言う天国なんて全然おかしな世界だし、行きたいなんて思わない。
それこそ地獄ww
退屈

796 :613:2008/09/15(月) 22:08:17 ID:b+Bd/vfo
ちと落ちる。

沢山スレが進んだwwあと200.

797 :304:2008/09/15(月) 22:21:47 ID:uxi3BO8J
あれ? 来てみたらもう終わり?

>>785
正直なとこ、悟りやアンチキリストの話に興味があるっていうより
779さんと613さんのやりとりに興味があったんだ。
自己陶酔激しいっていうけど、779さんちゃんと相手の方向いてるみたいだし。

二人が通じ合うことは期待してないけど、もう少し眺めてみたかった。
野次馬見物だな、ごめんなさいね。


798 :799:2008/09/15(月) 22:22:37 ID:fZ7+qwYx
貴方の言う心の持ちようで天国か地獄かが分かれるというのも真理。
だが地獄に行ってそこを見たい、あるいはベルゼバブ等悪魔王と
覇を競いたいと言う理由で地獄に行きたいのならば
「やめておきなさい」としか俺は言えない。
現在の地獄の王であるベルゼバブは残酷で強大。
元が熾天使ルシフェルよりも上の位階「界天使」のなれの果てがベルゼバブだからね。
ベルゼバブの前世「界天使デミウルゴス」はルシフェル以前に神に反逆した
一つの世界を統括する権威をもった天使だったから。
デミウルゴスはその報いとしてハエに転生させられたけど彼は狡猾にその事を
逆に利用して命の実と知恵の実を天使達の監視の目をかいくぐって食して
界天使だった頃よりは劣るとはいえかつての力を取り戻したから。
ベルゼバブが「大食」の悪魔王なのはこの事件があったが故。

799 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 22:24:53 ID:fZ7+qwYx
名前覧が間違ってたなw

800 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 22:31:05 ID:66Xzq/E0
そのまま書き込めばまちがってなかったぞ!ww

801 :613:2008/09/15(月) 23:38:16 ID:b+Bd/vfo
>>797
>悟りやアンチキリストの話に興味があるっていうより ・・・・・

ん、だねぇ〜、そんな事は他スレの方に、任せておけば良いか?ww
サタニスタは、徹底してる分、自己陶酔が激しいと思う。

>野次馬見物だな、ごめんなさいね。

野次馬でも、スレが進んでくれる事は、本望だし、
こんな糞スレを楽しんでくれる人がいるなら、喜ばしい限りだよ。

>>798
>貴方の言う心の持ちようで天国か地獄かが分かれるというのも真理。

ほう?こんな糞スレで真理を見つけたかい?
そりゃたいしたもんだ。

今、漠然と、俺の脳裏に大海原漂う漂流者あって、
浮力のある物体にしがみ付いてるけど、
それを手放しても、死にやしない。
立てば、足が付く所だから・・・みたいな事が漠然と頭に浮かぶ。
漠然だから、細かく説明出来ない。何の意味があるかも掴めず言ってるww

802 :304:2008/09/15(月) 23:41:19 ID:uxi3BO8J
>>772
なんか、なにやってもたいてい途中放棄の私からみても
いまの国会とかってあんまりだと思うわ。。。

アメリカなにやら大変そうだけど、日本はこれからどうなるんだろ。

803 :800:2008/09/15(月) 23:49:38 ID:66Xzq/E0
キリ番げっとした781です。
>>796
無駄使いしちまって、もうしわけない。
あと少し、がんばってくれ。
俺はまたロムるから。
>>797
野次馬仲間w
>>798
んー、天使や悪魔を除いて、聖書や経典も忘れて考えをまとめて見た方が、
すっきりすんじゃないかな?
まずは一般的な人間が普通に理解できる範囲内で。
俺は今、それをやってる。

1は出て来ないのかな?

>現在はもう喜怒哀楽もない。

喜怒哀楽のない人間が、

>人間離れしたこの状態でこの世を生きるのもしんどいもんだよ。

日常生活で具体的にどの様にしんどいのか、ちょっと聞きたかったんだけど。

804 :799:2008/09/16(火) 00:11:37 ID:NSbWYATX
>>1さんみたいに半端に悟ってしまうと日常生活において喜びを見出せなくなる。
他者との会話も「音のやり取り」になり食事も美味しいとは思わなくなる。
肉体と精神と魂が剥離して無感動の人生を送る事になる。
仏陀はその状態を悟りとして人間の理想とした。
一切の苦楽がない状態だからね。
でも俺は人間が人間らしく苦楽を感じてその人の人生に起こる全ての出来事を
自らの糧として生きる方がより理想的で人間的な悟りだと思う。


805 :613:2008/09/16(火) 00:29:25 ID:Wg+soVQs
>>802
今日の朝のみのもんたも酷かったww
コメンテーターが決まった茶番の総裁選って言ったら、
「ここに5人来て語ってもらいましょう」ときた。
選挙区の鞍替えについては、こんどは非難しはじめた。
鞍替えには当然、住民票を移し変えることになるんだが、
それについて、見当違いの批判をし始めた。
段々、創価の住民票移し変えの話になって、自爆した。
コメンテーターは、みのの言葉を黙って聞いてたが、
選挙区鞍替えは、小泉郵政選挙の時に、刺客と称してぶつけた相手は、
住民票を移し変えなかったのか??
困ったもんだ・・・・。

アメリカは経済も対外関係も大変だと思うよ。
日本は・・・・・・・・・・プール金(埋蔵金)をあてにすれば・・・。
でも、官僚主導で天下り先にその金を使いたがってるから、
大きな意識変化がおきないと納税者が納めてあぶれた金も官僚の為に使われるのかも知れないね。

漠然と上がり続ける原料高も、広い方面で下がり始めた。
だけど、まだ高い。高い事が悪い訳でないけど、
一回上がった、他製品の価格は、コストが下がりはじめても、簡単には下がらない。
輸出も今は少なくなってると思うよ。
今、良いのは、中東とロシアぐらいなのかな??
経済に詳しくない俺の意見だから、あてにならん意見だけどねww


806 :613:2008/09/16(火) 00:38:08 ID:Wg+soVQs
>>803
>無駄使いしちまって、もうしわけない。

全然、構わんよ〜!気にせず参加して下さい。200もここでは長いからww

>まずは一般的な人間が普通に理解できる範囲内で。
>俺は今、それをやってる

そここそが大切だと思う。でも俺は、このスレ以外で訴える事も無いと思う。


807 :久しぶりさん(和楽:2008/09/16(火) 05:06:00 ID:tmea70tX
>>695
>横からごめんなさいですが、「カラー・アビリティーのトラップ」ってなんですか?
>じつは別の色もそこにはあるのに、なにかひとつの色に意図的に誘導する罠
>……というような理解であってます?

その理解でも良いし、逆の意味でもある。
じつはひとつの色があるのに、なにか別の色のように無自覚に誘導する罠
要は不可逆性の結論を持ち出しては、入玉の軌跡だろうねってこと。
相即相入の自由無碍からは遠い御伽噺ではないかな?
S.O.S にも及んでいないのが残念、とて、例をして語らしむ(爆

Caramelldansen
http://jp.youtube.com/watch?v=UC-n0F_y2LE

Butterfly mega remix
http://jp.youtube.com/watch?v=eXRV0OSUHZU

Bumble Bee
http://jp.youtube.com/watch?v=z4oWoJEqa6U

Fly Sky High
http://jp.youtube.com/watch?v=5p628J0crUA


808 :久しぶりさん(和楽:2008/09/16(火) 05:12:48 ID:tmea70tX
>>722
>ただよく考えると世界各地で起こり続ける有象無象のトンネル事故、
>車輛を圧し潰す岩盤、岩山はものによってはビルの爆破ではきかないらしく、
>それらは管理された核分裂によって瓦解出来るらしいんで、
>それら正の使い道もあるのならそれそのものをこそみつめるべきかなと思ったんです。
譬え話には限界もあるが、似て非なる方向ではなあ(嘆息

God is a Girl
http://jp.youtube.com/watch?v=1-8eUtprHbc

Girlfriend
http://jp.youtube.com/watch?v=e3hNNupeuds

斯様なアレンジ作品を見た後では、
フラクタルのピックアップを混同した千日手だろうと思我(苦笑

809 :久しぶりさん(和楽:2008/09/16(火) 05:27:53 ID:tmea70tX
ニ歩の悪手だよな(嘆息

>食べたことのないものの味を伝えることはできないし、

ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)
http://jp.youtube.com/watch?v=_rgEcAnNq6U

>食べたことのないものの味はわからないってことと同じで
【修正版】
http://jp.youtube.com/watch?v=SlfVvqYCnIk

ミルキーはキャラメルかっ?て程度の問い(苦笑

>一体、何を食べたって言うんだい?

原曲
http://jp.youtube.com/watch?v=JzEM9FN9VmI

>何を食べた事がないってするんだ??

速度120%&高音質
http://jp.youtube.com/watch?v=9DhuhyvFYLw


810 :久しぶりさん(和楽:2008/09/16(火) 05:39:30 ID:tmea70tX
>なんで悟ってるって公言してるからってそれを公言したい願望だと思うの?
本能的あるがままも悟った病だから
Wannabe
http://jp.youtube.com/watch?v=U3sFoqzf6fM

>ホントに悟ってるかもしれない、それに執着してないかもしれない
ホントに悟ってるかもしれないなら看板掲げる動機は何だろ?
それに執着してないかもしれないなら次に行けば良いだろ?


811 :久しぶりさん(和楽:2008/09/16(火) 05:55:53 ID:tmea70tX
>以前から、豊受さんて神さまのことがなんとなく気になってるのですが。
>今年の春には、ご挨拶してみたくなり初めてお伊勢参りというのをしてみました。
>やはり外宮にひかれました。
>なんだろなー。。。
>私が必要としてる「女性性」みたいなものを、教えてくれるような感じがあったりして。

>……で。
>なにかレスがありましたらお願いします(いつもながら曖昧でごめんなさい)。

盛れは造化三神系の天津外神が本籍だし、降りては建御名方系だから仲がヨロシクナイ(爆
って有価、今日は暴落祭りなんでタイムアウト(苦笑
http://live9.2ch.net/test/read.cgi/market/1087157216/1-24

偽故米騒動で名指し企業も出た糊塗だし、ヤバ(嘆息
∧ ∧
( ゚Д ゚)  ∬∬∬   特製「ボタンエビ乗せチャーハン」
(|ギ つ\〜〜〜/   お待ち!「シジミ味噌汁」オマケだ!

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1219905642/116-

812 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 05:58:57 ID:01v0COc4
>>810
>それに執着してないかもしれないなら次に行けば良いだろ?

次ってどこ?
どこに対しての次?
何故次に行かなければならないのだろうか??

813 :613:2008/09/16(火) 19:04:22 ID:Wg+soVQs
>>812
久さんなかなか来ないから、勝手に想像して言うけど、
そこに捉われて、考えを停滞させないで、忘れるか、別の事考えた方が良いんでは?
って、言いたかったんだと、想像して答えて三田。

しかし、昨晩、リーマンB破綻したんだww
ナメリカ公的資金注入するって違う所の話だったか?
こりゃ大変だww日本の資金運用させてる金融機関はww
国内で預金者は安い金利でリスクまで背負わされてるのに・・・・。

大垣銀行って所だったかな??
他の銀行が軒並みorzだった頃にも元気があったらしい。
株式運用をしてなかったからとか、聞いた事がある。

まぁ、下がれば、買い時が来るだろうから、・・・・ww

10月の中頃が買い時の悪寒・・・(勝手な想像でw)

814 :613:2008/09/16(火) 20:04:30 ID:Wg+soVQs
NHK見てたら、金融のプロが、1年以上市場は安定しないと予測。
素人で、勝手で、デイトレに縁の無い俺の予測でも、
日経平均9000円まで落ちると思ったが、
これはどこまで落ちるか解からんね。6000円台まで行くかな??
総裁選や、予算組上げや、政権交代しても一時的かな?

俺は株やってなくって良かったww

815 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:00:25 ID:mc/LIOil
サタニストがやったぞ!
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080916_teens_eaten_by_satanists/


816 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:17:18 ID:e0LmOIK6
いわゆる黒ミサか・・・
現実世界においての殺人は悪魔達には評価されない。
なぜなら人間はほおっておいても寿命と言う名の神の裁きで死ぬ定め。
悪魔達は物質世界に生きるもの全てがすでに死んでいるのと同じ様に観るからね。
1億の人間を殺すよりも一人の聖者をつまずかせる事が評価される。
こいつ等は地獄に堕ちてベルゼバブの慰みものになるのが末路だわな。

817 :エシュロン:2008/09/17(水) 03:01:48 ID:bV2ofE/y
>>726死後パラダイスにいけるというのは素晴らしい世界観だと思います。

実際に国や地域によっては家族の死をお祝いします。

パラダイスにいくんだからと。

当の本人も単なる歩みの節目だからと全く恐怖を感じていません。

またそのように自他が感じることで最後の最後で、
じじつ魂が存在が昇華されることも起こるんでしょうね。

この世界観が広く本当に浸透さればいいと思います。

ただ残酷なことにそうして死の向こうへと歩みを進めた人でも、
携帯電話で現況を確認すると非常に辛い状況にある人がいます。

それも情報だけに、
つまり書き換えれば浄化も出来ますけども、
厖大な人がそんな低確率に期待するより、
やっぱり死後観+α現世の生き方が勝負どころという面も感じざるを得ません。


>>770こんばんは。

818 :エシュロン:2008/09/17(水) 03:15:53 ID:bV2ofE/y
>>653の通り迫り来る雑踏、
順行ではなく逆行の雑踏にモデルを設定してあるんで、
とりあえずパッシブな流れは生じてない状態と考えます。

どちらにしても楽にすいすい縫えるなら、
感じ方はいり方こそ各様でも正しい道筋を縫っていけてることなんで、
人生正しく縫っていけてることからさとってるといえるのかも知れませんね。

どの道筋を選んでもいいんだよというのは形を変えた無敵思想(直進思想
みたいで個人的には違和感がありますが、
案外それが真実なのかな。

生とは安泰なようで各存在にとって1〜数本道のタイト〜スラックロープなのか、
それともホバークラフトなのか。、

携帯電話の人型はNゲージみたいで面白いと思うんですよ。

山あり谷あり水ありで、
実際にベルクソンのいうライフフォース?が順航または逆航してる。

この情報に意味があると思うのは、、

例えばさとりを脳波パターン(電圧とサイクルの分布
でしることも可能でしょうね。

磁気刺激とかの外乱でぴったり手本に一致させ、
さとらせることも出て来るでしょう。

819 :エシュロン:2008/09/17(水) 03:24:26 ID:bV2ofE/y
ただその手本をどうやって持って来るのか、
仏陀の脳波は当然はかれませんし、
さとり自体も当然はかることが出来ません。

かんなぎさんに「さとり」を降ろして脳をはかれば或いは可能かも知れませんけど、
脳の無い存在はどうなるのでしょう。

双方をクリアしてくれることから目下携帯電話を重宝してますし、
情報の書き換えで病気が治せる利用もあるんでやっぱり人型は存在そのものかなと思える節があります。

さとりは何故か文字通りの七光を含むんですよね。

それだけ後進にありがたいんだろうか。


>>808お互いお久しぶりです。

似て非なるというのは使用法という副次的な要素にではなく、
もっと存在そのものにさとりの実相を見出すべきということでしょうか。

確かに核分裂は人類を介して初めて実在するわけで、
そこに使い道という副次要素を必ず絡めてしまうのはある意味落とし穴かも知れません。

820 :エシュロン:2008/09/17(水) 03:33:43 ID:bV2ofE/y
ただやっぱり使い道に対して潜在するんで、
使い道から演繹的に論じるのもあながち的外れとは思えない。

例えば七光という機に敏、
生き生きと対応的な、
地球の第1動力や孔子にもみられる部分がみられるというのは、
真理への明らかな外敵という光?への対応(殲滅
や関東大震災の火炎竜巻という光?への対応など、
七つの敵という光?への対応性が潜在してることと解釈も出来るし、
これら用途面からの演繹論はこの通りかなり直接核分裂の存在自体を穿つと思う。

関東大震災はさとってませんが、
人類の視点からは意外にも清浄な存在で、
これは思うに地球の蠕動という生理現象だから善悪が無いという理由であり、
尤も一意的な存在様式だから対応性は無く、
ゆえにこそさとっていない、、

だから対応性として潜在した核分裂とは存在自体がやっぱり違う。

そう想定すればつじつまが合うような、
合わないような。

・地球の第1動力
・鬼火
・阿弥陀如来
・孔子
・仏陀
・キリスト
・原子爆弾のきのこ雲

一旦整理でさとり面子を列べます(古い順?

821 :799:2008/09/17(水) 06:55:25 ID:/PnXqqzn
エシュロンさん

>死後パラダイスにいけるというのは素晴らしい世界観だと思います。

おおっ!俺の言わんとした事が誤解なく伝わるとは思いませんでした。
このことはイエスも仏陀も語らずに去った真理なのに・・・

何故彼等がパラダイスに行くのは難しいと弟子達に語ったかはヒンズゥー教なり
ユダヤ教なりギリシャ神話系の土着の宗教の壁を乗り越えて真理を説き続けるのは
私がいた頃よりも辛い道のりになるのだと言う事を弟子達に伝えたかったからなんです。

822 :799:2008/09/17(水) 07:19:16 ID:/PnXqqzn
豊かで暖かな心を持った人のパラダイスは豊かで暖かな世界になり、上へと昇華され、
貧しく残酷な心を持った人のパラダイスは貧しく残酷なものになり下に沈殿する。
これが人間の死後の法則で原則的に高次元存在でなければこれを無視して
活動する事は出来ません。死後の世界にも物質界ほど強固ではないですが
世界を動かす法則は存在しています。
天国で起きた最初で最大の霊的カタストロフ、創世記戦争が凄惨を極めた理由は
天使と天使の激突だった為ではなく、個々の天使のもつ存在世界同士のぶつかり合い
だった為です。解りやすくいえば
「惑星同士が衝突した」のがこの創世記戦争で、
地獄が創られたのも「負」の霊的エネルギーや
怒りや憎しみと言った感情オーラが天国の下に沈殿して主の思いとは裏腹に
「創り上げられてしまった」のが地獄です。

823 :799:2008/09/17(水) 07:45:23 ID:/PnXqqzn
主のおわす観座から遠く離れてもその力が衰えないほどの「自分の世界」を持っている
のが高次元存在で現在「光」に属する最高位の存在がイエス。
「闇」に属する最高位の存在「魔王」がルシファーです。
ルシファーとサタンにはそれぞれ「魔王」と「反逆天使」の座が正式に主から与えられ、
「主に対する反逆行為を企ててもよい」とする権威が主から与えられています。
「魔王」が「悪魔王」でないことに注意!ルシフェルは主に対する「悪意」から
創世記戦争を起こしたのではありません。新天地創造に伴い「人間」を創造して
彼等に与えると言う主の考えに対し
「人間は必ず神の事など顧みず、主の心に影を落とす」と言う考えの元で主に反旗を翻しました。
主の全悪存在壊滅計画の際には堕天使ルシフェルは魔王ルシファーとして復活して
主の代理人として全ての悪の位階にいるものを滅ぼした後でルシファー率いる「恐怖の騎士団」
は自ら煉獄に赴きその炎に身を投げる事によって全ての悪が駆逐される。
これが聖書黙示録で示された神の計画です。

824 :613:2008/09/18(木) 19:37:41 ID:ahOj5suG
しかし、799の言ってる事は、
あの例の食べた事があるってのがあっての感じな話なのかな?
その辺りの話ってのは、妄信の域を越せるのだろうか?

例えば、戦争なんかは、経験した事など無い俺でも、
考え、話せる事でもある訳だけし、他者に通じる所でもあると思うけど・・・・。

死後、天国やら、地獄。神と言う観念。
それによって、浮かばれる人間が、統治、統制、する側にとても都合が良くなった。
神の戒律なんかで、観念を植え付ける事に成功すれば、
財産も、生命も守られる。
富める者は、奪われる事を避ける最善の縛りになった。

しかし、クリスト狂は、善と悪を作り出し、
自らこそを、善として、それ以外を悪とする。
それこそまさしく悪魔の仕業。

>高次元存在で現在「光」に属する最高位の存在がイエス。

俺は喰った事が無いのか?解からないが、
それは、ただの糞煮込みうどんだろ?ww



825 :799:2008/09/18(木) 20:25:30 ID:wSbno47o
スレが死んだと思っていた。
>>824
>あの例の食べた事があるってのがあっての感じな話なのかな?
知恵の実のことかな?

キリスト教とイエスの教えは十字軍以降はかけ離れる一方。
キリスト教は正義の名の下にイスラム教徒を虐殺したけど
イスラム教徒のサラディンは身代金をとったとはいえキリスト教徒の
捕虜を殆ど殺さなかった。これは神の皮肉としか言い様がない。

>高次元存在で現在「光」に属する最高位の存在がイエス。

なみいる聖者、預言者のなかで「汝の敵を愛せよ」とまで説いて
愛こそが全てに優先するとしたのはイエスのみ。


826 :799:2008/09/18(木) 20:33:36 ID:wSbno47o
そうか!今解ったけどイエスは神に仕えるのではなく「愛」に仕えろと言いたかったのか!

827 :613:2008/09/18(木) 21:12:34 ID:ahOj5suG
そりゃ〜、愛に仕えるとか、悪い事じゃないだろうけど、
愛って何か、良く解かってなかったり、
愛って言葉に何の感心も抱かない俺がいるんだけど、

それって、一方では、天国かも知れないが、
そこに赴きを置かない奴には地獄かも知れないんだろ?
だから、そこはパーフェクトな世界では無い事は、事実。

君の様な、厳しい人には、パーフェクトじゃない所は、許せなくなるんでは??
だって、使命論者からすると、外れる事だからね????



828 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 21:13:50 ID:mDEIcFQK
すずめが可愛い

829 :613:2008/09/18(木) 21:16:03 ID:ahOj5suG
すずめ、可愛いなww


830 :613:2008/09/18(木) 21:28:31 ID:ahOj5suG
今日の、俺のID アホだ・・・・・・・。

次は、BAKAってID目指す!

831 :304:2008/09/18(木) 21:29:37 ID:MovQMCTM
うん、すずめはほんとにかわいい。

また来る〜☆

832 :613:2008/09/18(木) 21:36:33 ID:ahOj5suG
また来てちょ〜よ〜!

833 :613:2008/09/18(木) 21:52:58 ID:ahOj5suG
それとも、こう言った方が良いかな??

理想主義者って、俺だとしても、
それからすると、善と悪の判別なんてぇ〜のは、
理想的なパーフエクトワールド違うとだけは、言えてしまうんだな・・・・。

そこで歩みを止めてしまう事が素晴らしい事なんだろうか?

もっと気楽な所に心の置き場を見つけたい。

834 :799:2008/09/18(木) 22:34:28 ID:wSbno47o
>>827
イエスは自分の天国に入ろうとしない者に無理強いして救いの道を示す事はしないよ。
逆にサタニストであれ自身の破滅に直面してなお他者を救うように願う者に対しては
みずから下天なされて奇跡の実業でその者を救おうとして下さる。
その者とは言うまでもなく俺の事だけど。
悪魔王ベルゼバブに敵視されて脳と肉体、精神を完全に支配された俺は自身の救いよりも
ルシフェルの救済をイエスに願った。両親の事は意識の事にはなかった。
両親は善人だし俺が願わなくとも救いの手が差し伸べられると信じていたからね。
俺にとっての「世界が止まった日」天井に光る光の輪に神を見て、
床に寝そべり手を伸ばした自分の手の甲の影にルシフェルの嘆きを垣間見た時から
ルシフェルとサタンは永遠に離れる事のない隣人になった。
俺はイエスに対して「サタンとルシフェルを救え!俺より古くから地獄に囚われている彼等が
救われるべきだ!そう出来ないのであれば私の呪いの唄が絶えず地獄から貴方に向けて
私から送られその事によって貴方はまた苦しみの杯を飲むであろう、呪われよ!全ての悔いる
事なき悪の子らよ!お前達は悪に属しているといいながら一度もサタンとルシフェルの
主を呪わざるを得なかった彼等の事を顧みなかった。呪われよ全ての正義なる者よ!

835 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 22:35:14 ID:wSbno47o
お前達は「悪」を駆逐するといいながら唯の一度も地獄には目を向けず彼等を
根絶やしにすることはなかった!光あるものよ!呪われよ!我と我が名と我が血において!
お前達はサタンとルシフェル、そして私の愛を嘲笑い、主に「死」という名の栄冠を願った
私達を恐れ、その刃で滅ぼす事をしなかった!望めば兄弟よ!お前達の望む「愛」の楽園
を主が創って下さるにもかかわらずお前達は口を揃えてこう主に答えた!
「主の観心のままに」とお前達には解らなかったのか?人間と言う生物が新世界を我が物
として闊歩し、決して主を顧みず、罪の上に罪を重ね主の心を苦しめることが!
呪われよ!悔い改める事なき地獄の王達よ!私は死後地獄に入り貴方がたの全てを
根絶やしにする!お前たちはルシフェルがいた頃は彼につき従いながら
彼が地に落ち全てを失った時には決してお前達はルシフェルの慰めの為に唄う事すら
しなかった。呪われよ!ベルゼバブ!お前はサタンが天にいた頃には彼に翼が無い
事を笑い、貴様が地獄に堕ちてサタンが地獄に降臨するや
「貴方こそが地獄の王にふさわしい」と言いつくろい彼を笑う事すらしなかった!
喜べ!神の子等!私は破滅し地獄に還る!汝等の恵みの為に私はイエスと主を繋ぐ
唄を唄う!耳のあるものはこれを聞け!主とイエスの栄光を繋ぐこの唄を!
喜べ!ベルゼバブ!私がお前がかねてよりのぞんでいた輝ける観座に座らせよう!

836 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 22:36:00 ID:wSbno47o
主を称える私の唄を聴いて恐怖せよ!貴様が喜び罪人達に飲ませた物なのだから
貴様の舌にも喉にも甘く、腹にはなお甘いだろう!イエスよ我が願いを聞き届けたまえ!
私がベルゼバブの座にいるあの虫けらどもを残らず喰らい尽くし、ベルゼバブを煉獄に
あの私達三人が辿り着くと誓ったあの真っ白な炎の「約束の純白の地」に
投げ込みその後で私が「さらばだイエスよ!私にとって貴方ほど愛せる敵は居なかった」
と言うのを聞いたのならば煉獄に至る全ての扉を閉じ、命の書から我が名を消し去りたまえ
アーメン。」
とイエスに願ったら次の瞬間には彼は私の心の中に入り、禁断のあの唄を唄って
私の心を鎮め、ラファエルと俺の魂の父、メタトロンを呼んで完全に破滅した筈の
俺の心と愛の光を示して狂気の獣になった俺にもう一度「愛の唄」を唄える心を下さった。
俺は他のクリスチャンのように唯伝聞や伝説だけでイエスを信じている訳じゃない。
実際に俺を救ってくれたから彼には借りがある。
俺はそれを返したいだけ。
超長文スマソ

837 :613:2008/09/18(木) 22:44:44 ID:ahOj5suG
>超長文スマソ

構わんよ〜w
スレが進むからね。

沢山書き込んでくれたけど、最初の一行から、最後の一行まで飛ばして読んだよ。
めんど臭いからね。

838 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 22:55:27 ID:wSbno47o
暖簾に腕押しだねw

839 :799:2008/09/18(木) 23:05:03 ID:wSbno47o
要約すれば俺はイエスに借りが有るから生きている間はイエスの教えを説く。
1行でおk

840 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 23:06:02 ID:4XxbP4oS
長文乙
なんのかんの言っても、イエスに救われたいのね

イエスが救う救わないを選別するなら、そんなもんに依存せずに、自らが自らを救う道を歩いて行けばいいのに。

なんか、見苦しいよ
助かる資格があるはずやのに、なんで助けてくれへんの?
って愚痴を(鈍いの言葉ねw)言ってるだけのような...

天は自ら助くものを助くですよ(神は何にもしないから、自助努力で頑張ってねw)

ところで美少年は美味かったかね?サタニスト君?



841 :799:2008/09/18(木) 23:12:40 ID:wSbno47o
俺にとって救いとはサタンとルシフェルの間で行き続ける事でイエスがどうこうと言う問題じゃないよ。

>ところで美少年は美味かったかね?サタニスト君?

脊髄反射でレスするとでも思ったのかな?ニヒリストさんw

842 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 23:28:27 ID:4XxbP4oS
いやいや、あなたのナルシストぶりには負けますよ

なんか、耽美系ビジュアル系バンドのような痛さを感じます

あなたの書き込みを読んで「感動した」(小泉風に)
と言っておこう
(理解出来るよね?この意味)



843 :799:2008/09/18(木) 23:41:26 ID:wSbno47o
>あなたの書き込みを読んで「感動した」(小泉風に)
と言っておこう

まったく理解出来ません。
意図が解らない。

844 :613:2008/09/18(木) 23:49:13 ID:ahOj5suG
お〜っ!スレが進んでおるww良い傾向だね〜。

イエスが何でも、悪魔があっても、度返しする様な考え方を持てんのかねぇ〜?

>>843
俺は感動せんよw
物書きが作ったサイコストーリーだと思ってるからww
漫画だな。

845 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 23:51:32 ID:4XxbP4oS
解らない、わかりたくないならスルーしてくれてもイイよ
天は自ら助く者を助くだから

努力しない者は、努力しないなりになるだけだから
理解しなければ理解しないなりの理解しか成立しないからね



846 :799:2008/09/19(金) 00:01:00 ID:wSbno47o
言葉遊びが好きなようだけどイエスの教えは他者に喜びを与える者も
そうでない者もその者が望むならばイエスは愛をもって迎え入れる。

そして俺に必要なのはイエスの愛ではなくてサタンとルシフェルの愛。

天に助けてもらっては俺の「パラダイス」は完成しない。

神も人間も悪魔も堕天使も天使も幼子も未来もいらない。

永遠の安息がサタンとルシフェルに与えられるのならば俺はそれでいい。

847 :800:2008/09/19(金) 00:12:30 ID:pbYZvVwr
>>845
俺もわからんから説明してくれよ。

848 :613:2008/09/19(金) 00:19:54 ID:Ua1qyxom
>努力しない者は、努力しないなりになるだけだから
>理解しなければ理解しないなりの理解しか成立しないからね

そうだね、んとそうだね。

話飛ばすけど、遠くの方を想像してみると、努力ってのも、何の意味も無くなる・・・。
そんな世界を見回したい様な・・・・ww
でも、そこに行くには、今は、努力が必要かも知れないねぇ〜。

849 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 00:22:28 ID:ZAtpNH1M
>>613さんは達観して世界を遠くから観続けていたいんだね。
それは仏陀が辿り着いた境地だよ。

850 :799:2008/09/19(金) 00:27:59 ID:ZAtpNH1M
俺は逆に内面に向かってサタンとルシフェルだけの永遠に続くと思っていた
あの天国の思い出をもう一度二人が思い出して俺はその二人の暮らす
思い出の世界そのものになりたいんだよ。
その後で二人が「じゃあね」と言ってそこを立ち去って
俺一人残されてもそれだけで俺はもう満たされて何も悔いはない。

851 :613:2008/09/19(金) 00:32:41 ID:Ua1qyxom
サタニストと言っても、キリスト今日と表裏一体だな。
個別で存在する事は、面白く無いんだろうな?ww

ここでちょっとサタニストに質問したい。
俺には、どうでも良い事で、追ってもいない事なんだけど、
799位まで色々頑張ってる人からすると、
仏教の言う、<空>とか、<無>って、何?考えた事ある??

852 :613:2008/09/19(金) 00:36:31 ID:Ua1qyxom
>>849
?んなぁ〜事は絶対無い。
俺は永遠迷子状態ですよww

俺なんて、只のアホですがなww

853 :613:2008/09/19(金) 00:41:57 ID:Ua1qyxom
俺、もう寝るけど、みんな好きにスレ活用してちょうよ〜!
朝になったら1000まで逝ってても構わんよ〜!

>>799のおかげでスレが伸びるのは、ありがたいよ。

854 :799:2008/09/19(金) 00:43:40 ID:ZAtpNH1M
「空」はあるけど「無」は無いね。無い事が無なのだから
無が存在するだけでパラドックスを起こして存在そのものが一気に
圧縮されてビックバンを起こして「有る」が一気に拡大して際限なく広がる。
「空」は前も書いたけど人間の脳が処理出来ない程の思考と感情が表れて
脳の処理能力を超えると思考も感情もないんだけど
それを観ている自分は存在しているんだけど
その自分には思考も感情もない「頭の中が空っぽ」の状態になるの。
これは実際俺が体験した事だからね。

855 :304:2008/09/19(金) 01:22:20 ID:Kbir/5+P
>>807
> その理解でも良いし、逆の意味でもある。
> じつはひとつの色があるのに、なにか別の色のように無自覚に誘導する罠
あぁ☆

> 要は不可逆性の結論を持ち出しては、入玉の軌跡だろうねってこと。
> 相即相入の自由無碍からは遠い御伽噺ではないかな?
ふむ。。。

> S.O.S にも及んでいないのが残念、とて、例をして語らしむ(爆

ほよ♪w イメージしやすい例をありがとでした!

856 :304:2008/09/19(金) 01:48:06 ID:Kbir/5+P
>>811
> 盛れは造化三神系の天津外神が本籍だし、降りては建御名方系だから仲がヨロシクナイ(爆
あ、そうなんですかー。
神さまのことよくわからないのですけど、私がひかれるのは国津神の方なのかな。。。
今度は出雲に行ってみるかー。

> って有価、今日は暴落祭りなんでタイムアウト(苦笑
ありゃw
この祭りって、行く先はどこ?

> 偽故米騒動で名指し企業も出た糊塗だし、ヤバ(嘆息
・・・「糊塗」!w

チャーハンとお味噌汁ごちそーさまです♪
わ〜い♪ ここでもごはんもらっちったぃ☆
ボタンエビってどんなんだっけ?

貼ってあったラーメン屋台さんの板
私にはまったく無縁の世界ながら、なぜか懐かしい匂いの方々が。。。

857 :304:2008/09/19(金) 02:05:50 ID:Kbir/5+P
>>818
こんばんは。

> どの道筋を選んでもいいんだよというのは形を変えた無敵思想(直進思想
> みたいで個人的には違和感がありますが、
> 案外それが真実なのかな。

えーと。私がいいたかったのはそんな強気な感じではなくて。
むしろ「正しい道筋」という言葉になんとなく違和感をおぼえたので
どっちかというと、受動的な行き方を想定していたような。。。
水のように、流れに合わせてかたちを変える。


858 :304:2008/09/19(金) 02:36:26 ID:Kbir/5+P
>>854
レス眺めてたら
「虚空蔵」という言葉が浮かんできた
……全然関係ないみたいね(汗)

ただいま450KB。
おやすみなさい☆

859 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 02:47:46 ID:J+kOAnZ7
わたしたちはみなひとつです。この神の福音をみなで分かち合いましょう。天に召します偉大なる親友よ。御力をください。アーメン

860 :799:2008/09/19(金) 14:04:07 ID:j2Jksvhx
貴方の言う親友がイエスを差すのであればこう祈ったほうが彼は喜ぶ
分かち合うのは福音ではなくて「喜び」
もちろん「苦しみ」も分かち合わなくてはいけないけれども
それは祈りの聖句でいわなくともよい。
「観力」を下さいではなく「観心」を求めなさい。
イエスの観心は主と同じく無限の愛で常に満たされているから。
それを無償で与える事をイエスは惜しまないしあそれが彼の喜びでもある。
ジーザス・エキセントリック・スーパースターの栄光と観名と愛が永久に褒め称えられん事を
アーメン・ハレルヤ!

861 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 15:34:19 ID:4mfkvtyz
1:よ、共に歩く友よ、君は真性な探求者であるに違いない。
真に道を歩く者には、この絶望の地点が訪れる。
しかしこの地点は君の夢見が消えて現実に目覚めたともいえる。
その現実を直視するのはつらい、、
ある意味、人は夢を見ないと生きていくのはつらいのだ。

だが友よ、くじけずに自分の道を生き続けるのだ!
その奥の超越したリアリティーに出会うと
昇る朝日に涙し、夜空の月や星と語り合う
生の奇跡に遭遇する。。と友人のある導師は説く、

君と同じ道を歩きながら、日々生きている者が
ここにも一人いる。

862 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 18:28:37 ID:J+kOAnZ7
神の化身やマスターたちの死を無視してはならない。彼らは生きるための突破口を教えてくれた。わたしたちはみなひとつなのです。良きかな。

863 :613:2008/09/19(金) 20:25:55 ID:FWvDP7xy
はれるとか、あめんとか・・・・天気予報かっ!!
でも、スレが良い感じで進んだなww

>>854返事ありがとなぁ〜!
>これは実際俺が体験した事だからね。

って、事は、ニュースで放送されてないだろうから、
自分の脳内で、びっくりばんおきたって事かな??
どんな呪文なのか?何を用いた時なのかな??
どんな条件が揃うと、脳内びっくりばんが体験出来る?

>その自分には思考も感情もない「頭の中が空っぽ」の状態になるの。

脳味噌も疲れるから、思考が「閉店ガラガラ」になる事は良くある。






864 :799:2008/09/19(金) 20:51:48 ID:+79hp2Gt
>って、事は、ニュースで放送されてないだろうから、
自分の脳内で、びっくりばんおきたって事かな??
どんな呪文なのか?何を用いた時なのかな??
どんな条件が揃うと、脳内びっくりばんが体験出来る?

これについては「解らない」と答えるのが一番かもしれない。
統合失調症が発症して「同時多重人格」が発生したときに体験した事だから
どうすればそうなれるのか?と聞かれても「気が狂う様に頭を暴走させろ」と
言われたってできないでしょうw

865 :613:2008/09/19(金) 21:50:36 ID:FWvDP7xy
>これについては「解らない」と答えるのが一番かもしれない。

ここ、良いねぇ〜!一番最良かもしれないって、考えてる答えだね。

もうちょっと考えると、びっくり度バンも過ぎたる経験だから、
説明しにくいし、記憶の奥底に仕舞っておくってのはどうだろう??

人間の考え方は、膨らんで拡がっていくもんじゃないかな??
だから、進んでいかなきゃいかんなんて、思う訳よ。
びっくり晩って、始まりなんだよな??
スタート位置で、後進を押し上げるのも良いけど、
キリスト教の枠で収まると、小さい、小さい。
生物学より小さいと思う訳で・・・・・。

でも、そこが好きなら仕方が無い。
それで生きてるなら、仕方が無い。
そこを選びたいなら、無理も無い。

どんなものでも計れる様な、何にでも対応出来る物差し欲しいなww

866 :799:2008/09/19(金) 22:14:41 ID:+79hp2Gt
宇宙的な愛を計るのならば俺よりもイエスや仏と言う正に適材と呼べる存在がすでにいる
わけで、その中で俺のパーソナリティを考慮して自分の立ち位置を見定めるならば
俺の持つ感情の内「怒り」が最も強く、正確にコントロール出来る「力」だから
その中で究極を目指すのであれば「怒る神」になるのが道理かもしれない・・・

867 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 22:18:33 ID:aSIM12Q/
458 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2008/09/19(金) 22:10:45 ID:0NpErW1g
エゴいらね。
パティパダー巻頭法話→『知っているつもり』の苦しみ

我々は、自分が知っている世界以外のことを知らないので、自分の幻想の世界(主観)が、正しいと思い違いするのです。
それによって他人との対立が生じ、意見の違う人に対しては怒りや憎しみなどの煩悩、
意見が似ていると思われる人に対しては欲、執着などの煩悩をつくって、悩み、苦しむのです。
人間関係で生ずる様々な問題は、自分の主観が正しいという錯覚が原因になります。
社会的なトラブルも、国際的な民族紛争、戦争なども、それぞれの主観(私たちが正しい、
相手が間違っている)にしがみついているから生じる問題です。

改めて読み返すと、読む度に違うんだ。読んでるときの感覚とうか、認識というか・・・。
自分が知ってることしか知らないっていうことが、不思議で不思議で・・・。
「主観」が、ゴミだってのが分かってきた。
捨てるのがものすごい難しい。

868 :799:2008/09/19(金) 22:23:28 ID:+79hp2Gt
>>867
自分の意見があるなら引用ではなく自分の言葉で語れば?

869 :613:2008/09/19(金) 22:29:10 ID:FWvDP7xy
>宇宙的な愛を計るのならば・・・。
そんなもん計らんでも良いだろ?

しかし、傑作なパーソナリティーだなww
そんなもん、それが全て自分自身じゃないのか?
随分とパーソナリティーって奴を都合良く使ってるね。
怒りは、全然悪く無いだろ?持ちたけりゃ、持てば良いし、
それが悪いなら、それを生み出すものも悪いと思うよ。

怒りを悪とするなら、それとは俺は一線引くぞww

で、宇宙的愛って奴に話し戻すけど、
宇宙的愛って奴に、チンプンカンプンな俺からすると、
もうそれは、計れない物差しになるんだよな・・・・・。
物差しって、表現もどうかと思うけど・・・・。ww

870 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 22:29:10 ID:aSIM12Q/
自分の意見や自分の言葉って何?

871 :613:2008/09/19(金) 22:35:07 ID:FWvDP7xy
>>870
「知るかぁ〜!」・・・・・こんな感じなのかな??ww

>>799

多重人格ってのが、おかげでぼんやり見えて来た希ガス。
誰しも、そんな感じな所を見つければ、見つかる訳で、
それを、全部自分と受け入れる事の出来る奴と、
それを受け入れる事に、ワンクッション置きたがる奴の違いだな。
だから、全然甘いなww

872 :799:2008/09/19(金) 22:39:39 ID:+79hp2Gt
>>869
怒りは悪じゃないよ。俺のなかにベルゼバブが手下を連れて現れた時には
イエスは「正しく怒れ!真吾!お前なら出来る!」っていっていたしね。

>>870
自分の意見や自分の言葉がないなら貴方は無我の境地にいる訳
だから何も書かなくていいよ。

873 :613:2008/09/19(金) 22:49:56 ID:FWvDP7xy
>>870
まぁ、きつい事言われるかもしれんけど、気にするな。

コピペに見えたから、そう言われたのだと思うわ。
それ言ったら、コピペは全部駄目になっちゃう罠ww
それもある現実だからね、それを除外するなんて出来ないと思うし。

自分の言葉で語れって言う、ポッタンなんかもコピペ多い訳でww
全然、気にする事でもない罠wwコピペが良い時、したい時、それで良いんじゃないかな?
でも、またそれか?って、なるとつまらん退屈な話だよな。

>>872
全部、自分自身って、認めれないのか??

874 :613:2008/09/19(金) 22:56:02 ID:FWvDP7xy
愛を語る程、薄っぺらになる。
信心説く者に、信心無し。

875 :613:2008/09/19(金) 22:57:24 ID:FWvDP7xy
>>874には?付きでヨロ

876 :613:2008/09/19(金) 23:00:24 ID:FWvDP7xy
言っておくけど、俺、おすすめ2ちゃんねるの生活全般もオカルト板も見てないぞww
一旦、落ち



877 :799:2008/09/19(金) 23:09:17 ID:+79hp2Gt
>>873
ベルゼバブもイエスも自分だという事?人間は本来ははっきりとした自我境界がなくて
それが感応しあって段々と自我が形成される訳だから俺の中のイエスもベルゼバブも
俺の一部だろ!と言われればそう言う見かたもあるしそれも正しい物の見かたではある。

でも例え自分であったとしてもベルゼバブは認める事の出来ないエゴイストだしこれを
排除しようと試みたのは間違ってはいないと思う。正しイエスに関しては彼は俺の脳内の
イエス像ではなく「他者」としてのイエス。その証拠にイエスは精神病院に向かう車内で
俺に「手のひらを上にしておきなさい」と言われてそうしたら明らかに人間の手の温もり
が俺の手に伝わってきて「真吾、貴方が常にルシフェルと共にあるように私もまた、貴方の
そばにいる。その証として私は貴方と手を繋ぐ。そうすればその思い出だけで貴方は
すくわれ天国に常にいるだろう。」と言われたから彼は俺のシャドウじゃなくて別人だと思う。

878 :613:2008/09/20(土) 00:13:22 ID:w33ZwHd4
>>877
どんな聖者面した人間も、何かがきっかけで、自分のエゴを孵り見た時には、
受け入れられない拒絶感とか、恐ろしさに震えるもんだと、俺は思う訳。

究極のエゴイストなんて、自分である事を気がつけないで生きられたら、
そりゃ幸いよ〜ww

俺は、精神脳科学的な事は解からんが、
俺も基地外みたいなもんよww気のふれる寸前状態なんて事は良くあるww

ちょっと考えてみてよ。
頭の中で繰り広げられた物語、それを口に出さなきゃ、
気がふれたなんて言われない訳だろ?
それ、仕舞っておけよww
忘れておっても問題無いだろ??
口に出してちゃうと、実際問題生じただろ??
だから、内緒にしとくのはどうよ??

ぶっ飛びが足りんね〜wアホなフリからやってみたらどう??


879 :799:2008/09/20(土) 00:17:37 ID:NxXOsgPZ
>>878
廃人となった俺としては周りから「普通の人」と見られて「普通の人」を演じるよりも
「狂人」と認識されて人が寄り付かないほうが平穏でいられるんだけどね。

880 :613:2008/09/20(土) 00:27:34 ID:w33ZwHd4
あはは・・・それ解かる気がするけど、無理にする必要は無いだろ?

あんた、頭は良さそうだし、そこが弱点なんだと思うけどww

俺も、廃人だぞ。これはマジで言える。でも、それだけの話。
それからのプロセスがどうのとは言わないけど、
そっからも存在していかなあかんもんなww

881 :799:2008/09/20(土) 00:39:18 ID:NxXOsgPZ
>>880
無理はしてないよ。裏キリスト教とも言えるサタニスト、まあ正確にはルシフェリストに
なったのも俺の人生の流れでは必然だったし俺のエゴが崩壊したのも
自然の流れで起こった事だしそのおかげで「イエスと手を繋ぐ」奇跡も体験できた訳だし。
まあ一般的な幸せは俺の所には訪れないだろうけど
だからといってそれを妬んだり、うらやましいとも思わない。
ジョジョの吉良ヨシカゲじゃないけど幸福よりも平安が欲しいんだよ。

882 :613:2008/09/20(土) 01:02:25 ID:w33ZwHd4
思いも拠らぬ所で、君の考え方を見せられた訳だけど、
正直な感想言わせてもらうと、
中学生が読む漫画なら面白い話かもしれないな。
正直な感想言わせてもらうと、俺には全然面白く無いww

883 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 01:07:47 ID:HzrO/ke6
今からレスを読むとして、頻繁に来ない盛れとして気になるのが残量なわけで。
千獲りが早いかKB満杯が早いか微妙なとこだな(和楽
上がってるスレの中からテンプレに釣られて着たわけだけど(苦笑、
次スレって立ちそうにないって結うか、スレタイと微妙にズレタままなんで
立てる意義が薄い感じもするけど折角の流れが勿体ないなぁ。
そう意やぁこのスレの雰囲気が馴染みのスレに似てるな。
と思って探してみたら在ったんで、盛れが続きを描くならば

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1218449298/l50x

長寿スレにありがちなスライドって有価ぁ、新陳代謝っぽさがあるみたい。
だけど、このスレの流れのイイ感じな受け皿だと思うんで出し溶くねん♪


この次スレ

884 :799:2008/09/20(土) 01:14:19 ID:NxXOsgPZ
俺も自分の人生は面白いとは感じてないけどその場その場で流れに乗った結果がこれ。
最善の選択をし続けた結果だし。
唯一後悔していることは中学生の頃に好きだった女子に気持ちを伝えなかったことかな。
「人は流れに乗ればいい」ってZガンダムのシロッコがいってたけどやっぱり悪役の言う事で
人生を豊かに生きるには子供の頃からキチンと目標をもって生きなくては駄目だね。

885 :613:2008/09/20(土) 01:29:54 ID:w33ZwHd4
>>883
そんな感じで言ってくれるのは、ありがたいです。
単直さんのスレはたいへん素晴らしいスレですが、
俺は、きっともう行く事ないと思います。

俺自身、書き込みしたくなったら、何処かに書き込むと思ってます。
このスレの次はいりませんよ。

>>884

>人生を豊かに生きるには子供の頃からキチンと目標をもって生きなくては駄目だね。

そんな事無いと思うぞww


886 :799:2008/09/20(土) 01:39:00 ID:NxXOsgPZ
>>885
いや、大人になると脳もエゴも固体化して俺の様に少年時代から異端視されて
欲望をスポイルされると人は信じられないし目標も無く無為な人生を唯流れるままに
生きる流木の様になる。統合失調症は遺伝と感応するから家族を持とうとも思えなくなるしね。

887 :304:2008/09/20(土) 01:53:15 ID:JroBVxHO
>>883
はりゃ☆
たしかにいまの流れ、ここで絶ち消えてしまうのは残念だと
私も思いながら眺めてますが
……う〜ん、そのスレに行くのはちょっと違うかと。




888 :613:2008/09/20(土) 01:58:22 ID:w33ZwHd4
>いや、大人になると脳もエゴも固体化して俺の様に少年時代から異端視されて

大人になると脳もエゴも固体化しる事が、事実だとしても、
それを受け入れられずに生きてるだけだろ??
要するに、他人を真っ向受け入れられないでいる君がいる訳だろ?
そりゃ、異端視されても仕方が無いだろがww

>欲望をスポイルされると人は信じられないし目標も無く無為な人生を唯流れるままに
生きる流木の様になる。

それは解かるwwでも、スポイルしてるのは、自分だろ??

家族を持つ事が、立派だなんて思わんよ〜。
それこそ無って言いたくなるよなww
所詮、小さな価値観過ぎんよ。


889 :304:2008/09/20(土) 02:01:57 ID:JroBVxHO
>>887
……って書いたらもうあちらにレスされてるし(苦笑

レスはとてもうれしいのだけれどさてどうしよう。。。

890 :304:2008/09/20(土) 02:07:09 ID:JroBVxHO
うは。いただいたれす。
おもいがけないばしょでいきなりまるはだかにされたかんじ。

891 :799:2008/09/20(土) 02:09:57 ID:NxXOsgPZ
>>888
極論で真実を言ってしまえば俺の唯一の欲望は世界を美しく破壊し、
全人類を善悪、老若男女問わずに殺戮しつくしこの世界を創った神に
悪の勝利の哄笑を聞かせて永遠に消えない神の傷となる事。
これは子供の時からの願いで誰かから影響を受けての事じゃない。

892 :613:2008/09/20(土) 02:13:33 ID:w33ZwHd4
>>891
目茶苦茶サイコな欲望だなww
くだらんサイコな思想だなww

893 :799:2008/09/20(土) 02:16:53 ID:NxXOsgPZ
>>892
蛙の子は蛙、俺は両親が両方精神病疾患を患っているし
子供の頃からサイコパスなのよ。

894 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 02:19:00 ID:HzrO/ke6
>>812
>次ってどこ?
>どこに対しての次?
>何故次に行かなければならないのだろうか??
文調総体の把握の上で出た質問?

「それに執着してないかもしれないなら次に行けば良いだろ?」
にだけ注目した質問の前提次第では机上のクローンかな。

>次ってどこ?
悟ったと自己認識してから入滅までの過ごす時空

>どこに対しての次?
時間概念を非連続性との観点に立つのか?
連続分岐性の併行世界観に立つのか?
自己意識の途絶=世界の消滅に立たない限りは、
その他の時空観念においても「次」というループは成立しうる。

過去諸佛 執持錫杖 己成仏
現在諸佛 執持錫杖 現成仏
未来諸佛 執持錫杖 當成仏

http://www6.plala.or.jp/housyou/obe-a-3-3kujyou.html

>何故次に行かなければならないのだろうか??
悟ったと呼ぶ過去完了形と進行形的な悟りの状態の違い。
悟理に投影される内容次第で多少はニュアンスも違ってくるが、
執着しなければ、過去・現在・未来の意識や認識と知覚のズレが修整されるであろうと。
執着しなければ、過去に生き死に、現在に生き死に、未来に生き死にもできそうだ(苦笑




895 :304:2008/09/20(土) 02:20:34 ID:JroBVxHO
>>891
悪いけど。。。
君の「神」っていうのは
子供にトランプの城を崩されたら立ち直れないほどの傷を負うような存在なの?

896 :799:2008/09/20(土) 02:25:35 ID:NxXOsgPZ
妬む神と全知全能の主は別として神の主人格である全愛の主は純粋すぎるから
もし世界が悪に蹂躙されたのならば全愛ではいられずサタン以上の悪魔王に堕天して
悪を残らず駆逐して二度と人間を創造しないだろうね。

897 :613:2008/09/20(土) 02:25:39 ID:w33ZwHd4
普通、人は、精神疾患を隠して生きてるだけ。
隠して生きる生き方と、考え方が身に付いただけ。

俺は、とんでもない天才を見つけたと思った時、それは気のふれた俺自身だった。
俺は、気がふれた自分を見た思いをした時、とんでもない天才を見つけた気がしたww


あんたはサイコな思想を離したくないだけww
寝る。

898 :304:2008/09/20(土) 02:34:04 ID:JroBVxHO
>>896
そうなんだ。ずいぶんつまんない愛なんだね。
私の思う神さまは、ヒトがこの世を滅ぼしてもそれはそれでよしみたいな感じだけどな。。。

おやすみなさい。

899 :304:2008/09/20(土) 02:39:31 ID:JroBVxHO
>>883 久しぶりさん(和楽さん
あちらのスレでの「解凍」、ありがとうございました。
……ゾクゾクしました(笑)


900 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 02:39:39 ID:HzrO/ke6
>810
>俺は、きっともう行く事ないと思います。
事情は知らないが、元住人だったとは奇遇(苦笑
>俺自身、書き込みしたくなったら、何処かに書き込むと思ってます。
盛れだって似たようなもんだし、云わずもがな(爆
http://kimanity.s206.xrea.com/2004/10/post_141.htmlの2の用法(和楽

>このスレの次はいりませんよ。
縁が合ったら、また遊ぼうな

>304
>……って書いたらもうあちらにレスされてるし(苦笑
容量抑制の苦肉策なんで読むだけも可
>レスはとてもうれしいのだけれどさてどうしよう。。。
こちらに描けば良いでわないか(和楽

>おもいがけないばしょでいきなりまるはだかにされたかんじ。
診得るもんは仕方ない罠、でも悪いね。
あとぉ、全てを掻いた訳じゃないから脳内補完して下さい、
お願い始末♪(生徒会長 金子 風)

901 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 02:45:58 ID:HzrO/ke6
あとぉ〜、ベルゼブブってのは蔑称だから想念投影は止めて下さい、
おなにぃ始末♪(生徒会長 金子 風)

バール・ゼバブ=館の主≒祭祀本尊、バール神とも関連あり山車


902 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 02:54:44 ID:pq5r3gOy
【日常】気付き・観察のスレ【仏教】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1220769323/

903 :304:2008/09/20(土) 02:59:29 ID:JroBVxHO
>>900
> 診得るもんは仕方ない罠、でも悪いね。

あ、いや。
ここに来てくれたの見てどんだけうれしかったか♪
またお会いできたらうれしいです(ってまだ終わってなかった)w

> あとぉ、全てを掻いた訳じゃないから脳内補完して下さい、
> お願い始末♪(生徒会長 金子 風)

あい。わかりまつた☆
でもちゃんと補完できるかな・・・たんなる妄想になりそうな悪寒w

もなかはありませんがお茶でもどーぞ つ 旦~


904 :799:2008/09/20(土) 03:00:48 ID:NxXOsgPZ
>>897
狂人である事が人間として誤っているのならば何故神は人間に狂気に陥る叡智を授けたのか?
613さんは何も解っていないし解ろうともしない。
俺がサイコパスを押さえ込み何年の時を耐え忍びながら生きたのか。
天才?私が?狂気と引き換えの才能を私が求めていたとでも?
私はいつでも孤独だった。イスカリオテのユダは幸いだ!彼はイエスに導かれて短いとはいえ
聖者と共にあり自分のなすべき事を成し遂げ己に殉じて死を得たのだから。
私は?誰が導いてくれた?両親も兄も数少ない友も私を「人間らしい人間」には
導いてはくれなかった。私は「普通の人間」を演じながら救いの時を待った。
その結果がこの狂気である!文句があるのか!私は罪を犯さずこの年まで唯耐え忍んだ。
もう十分だろう!私を私は自由にする。私の心の安らぎの為に!
私を恐れる者は幸いだ!その者は「人間らしい人間」であるから!
私を憐れむものは災いだ!その者はその先が破滅である事を知らないのだから!
我と我が名と我が血によって!災いあれ!私の元に!滅びの炎は私の身を焼くが
その事により私は永遠の安息が得られるのだから私は喜んで今私が持っている
全て者を神にもサタンにも捧げる!私の名を命の書から消し去り決してこれを顧みるな!
それが私にとっても貴方にとっても幸いであるから!
愛の事なら彼に聞け!ナザレのイエスが汝を導くだろう。
悟りの事なら彼に聞け!ルンビニーのシッタルダが汝を悟らすだろう。
滅びを求めるものは私の元に来たれ!あの純白色の聖地、炎の煉獄に私が導こう。
アーメン。


905 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 03:02:37 ID:HzrO/ke6
>サタン以上の悪魔王
サタンを魔と呼ぶのは光の御旗軍団(爆
サタンを王に担いだのは魔モノと呼ばれた被虐連中(苦笑
混同してほしくないのは、心挫け意志を潰された連中から邪まなのが、
光背の愚慢を押し付ける連中と縄張り争いしてること。

サタンは嗟嘆として自ら眠りに就いている(嘆息
盛れがやりあったサタンは特捜部長や高検長のヤメ検みたいだったけどな。
盛れの智るルシフェルは日弁連の会長を降りた人権派弁護士みたいだけどな。

906 :エシュロン:2008/09/20(土) 03:23:07 ID:YwfTKwH8
>>821こんばんは。

パラダイスが難しくなるというのは、
後世では人はやっぱりやること触れることの種類が増えてしがらみが増え、
いい意味で単純でいる、
ことが難しくなるから、
ということなんでしょうかね。だからパラダイスにいくよと死の床で耳打ちされても意識のほうがあれやこれやとワンテンポおいてしまう。

死者の体にドライアイスを入れない時代のほうが顔色がよかったとか聞きますし、
それはそれで後世に対応した死像があっていいような気はしますが、
やっぱりストレートを保てないゆえの難しさはなんとなく伝わります。

大事なのは、
コンセプトとしてパラダイスは簡単なんだよと伝え、
現実問題難しいとして二つをバランスさせて伝え、
世につれ人につれ成果を対応させていくことなのかなと勝手に連想しました。

ちなみにお父さまの現況を携帯電話で確認したところ辛い状況にあったようなんで、
情報の書き換えでどうやら浄化されたようです。

逆航が順航に、
脚も健康だったころの光に。ご安息ください。


>>857こんばんは。人々を縫ってまして、
人々を押し退けて進む訳ではないんで受動的といえば受動的です。もちろんその受動性は人事を尽くした受動性ですけどね。

確かに子どもとかにはあらゆる夢に対して開かれてるんだよと伝えたいものだと思います。

現実問題人生には少しの差異でも無理な道筋、
誤って選ぶと本人も周囲も辛い道筋が存在しますし、
そこのさとりが難しいところですね。

907 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 03:29:03 ID:HzrO/ke6
>イスカリオテのユダは幸いだ!
原理主義的なユダは12番目だったのに、ペテロのペテンにやられた。
http://homepage3.nifty.com/st_peter/ptr/index.html
「あなたをケパ(訳せばペテロ)とよぶことにする」(ヨハネ1:40)
と耶蘇の命名は認知の称号ではなく戒名≒修養命題と思えるほどだった。
やたら怒鳴るし、俺が俺がと仕切りたがるし、
戒律的なルカを精神的にも肉体的にも口を閉ざさせた酷い奴だった。

主を裏切るのはだれであるかをさぐりだそうとしたからである(ヨハネ13:24)。 
一番弟子を自認しながら、イエス受難の直前イエスを否認して逃げだしたし、

マルコには、『マルコによる福音書』(14:21)で
「生まれなかった方が、その者のためによかった。」と耶蘇に言われたと
勘違いされやすい書き方に誘導して、自分は立ち直ったと吹聴してたし(嘆息

盛れは、ペテン師ペテロが嫌いだ、石原慎太郎も良く似てる罠(苦笑

908 :613:2008/09/20(土) 03:36:15 ID:zRrUbFxq
取りあえず、>>904にレス。
>狂人である事が人間として誤っているのならば何故神は人間に狂気に陥る叡智を授けたのか?

はぁ?俺は人間なんて狂人と紙一重だって言ってるのw
そこに赴きを置いたら、神は綻びを見せ始めちゃうではないか??

>俺がサイコパスを押さえ込み何年の時を耐え忍びながら生きたのか。
>天才?私が?狂気と引き換えの才能を私が求めていたとでも?

ここで今、その才能を発揮せんでも良いだろがww
今、手放そうとはしてない事は、事実。

>私はいつでも孤独だった。イスカリオテのユダは幸いだ!彼はイエスに導かれて短いとはいえ

誰もが孤独だろ?どんなけ浸るのが好きなんだ?ww
ユダの話も、どれだけ洗脳されたら気が棲むんだ?
キリスト教のおかしな所の話の一つだろ??

後は、読むの疲れて読めんわww




909 :613:2008/09/20(土) 03:37:07 ID:zRrUbFxq
>>905
>盛れがやりあったサタンは特捜部長や高検長のヤメ検みたいだったけどな。
>盛れの智るルシフェルは日弁連の会長を降りた人権派弁護士みたいだけどな。

めちゃ嫌なタイプ。出来れば二度と会いたく無いww
でも、そんな人がいなきゃならない理由も、そんなになる理由もあるんだろうね。

>>900
> 縁が合ったら、また遊ぼうな

そんな事言ってくれてありがとねww
また何処かでお会いしましょう!!

910 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 03:41:34 ID:HzrO/ke6
> どの道筋を選んでもいいんだよというのは形を変えた無敵思想(直進思想
> みたいで個人的には違和感がありますが、
> 案外それが真実なのかな。
それは乳幼児が自己防衛本能で強弁する自己許容の欺瞞でしかない。

>えーと。私がいいたかったのはそんな強気な感じではなくて。
>むしろ「正しい道筋」という言葉になんとなく違和感をおぼえたので
盛れが描いた正誤の基準は「正しい道筋」出羽ない。
観念からくる正しさより内より沸く傍楽のスタンスこそポイント。

>どっちかというと、受動的な行き方を想定していたような。。。
>水のように、流れに合わせてかたちを変える。
臨機応変と変幻自在の混合型か。
受動であっても主体性があれば場所的個性で良か倍♪

911 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 03:52:54 ID:HzrO/ke6

>大事なのは、
>コンセプトとしてパラダイスは簡単なんだよと伝え、
広き門だが、居心地を基準にしてはパライソも煉獄もベクトルの摩擦程度。

>現実問題難しいとして二つをバランスさせて伝え、
広汎有用の智恵をも、さとりと呼んだ過去遺物の混同師の割りには
使い分けが見事だな。
>世につれ人につれ成果を対応させていくことなのかなと勝手に連想しました。
発起心次第、本願如何の派生でもあり、現生の醍醐でもあるかと。

912 :304:2008/09/20(土) 03:54:37 ID:JroBVxHO
目がさえてしまったまずいのだ(汗)

もう900代に突入したね。
なんだか未練が沸いてきちゃったな。。。

913 :304:2008/09/20(土) 03:58:45 ID:JroBVxHO
また新しいスレ立てて放置したら
613さんが来て面倒みてくれるなんてのは
……却下ですよねw

914 :304:2008/09/20(土) 04:04:56 ID:JroBVxHO
いかんいかんやっぱりちょっと寝てこよう。

915 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 04:07:37 ID:HzrO/ke6
>狂人である事が人間として誤っているのならば何故神は人間に狂気に陥る叡智を授けたのか?
脳味噌が無精者だから並行処理を放棄してしまうからだろ。
集中することは表層意識での情報遮断処理か、潜在意識での回路フル稼働だな。
狂人である事が問題なのではない。
人間として誤っているのは使途が人類という種の維持に貢献するか
種の適応性を選別して排除してしまうかにあるだろうに。
人間が神に狂気に陥る叡智という機能の付加意義を質する形式で問責をするのは、
電子レンジでペットを乾かそうとして製造物責任を問うクレクレ魔の同類か?


916 :エシュロン:2008/09/20(土) 04:19:26 ID:YwfTKwH8
>>910もうあまりお久しぶりではないような、、

無敵思想は乳幼児には伝えたいと思います。

ただやっぱり無理なコースどりはありますんで、
曲直限らず無敵思想の類いは、
正しい道筋を縫える弾性からはちょっと硬く感じますね。

もっともここでの鉄棒の例しかり、
人に空足を踏ませる極度な弾性もまた慎むべきなのかも。


>>911居心地とは怠惰な居心地のことでしょうか。

ここでタイトロープ、スラックロープのたとえを使わせてもらった通り、
凛とした居心地、
数筋を実はなんとか縫えているいわばぎりぎりの居心地を志向してます。

917 :久しぶりさん(和楽:2008/09/20(土) 04:46:03 ID:HzrO/ke6
>もっともここでの鉄棒の例しかり、
>人に空足を踏ませる極度な弾性もまた慎むべきなのかも。
「さとり」「正しい道筋」を広義的に頻繁に使うことも危ういぞ。

盛れが対峙してきた連中との経験に基づく感覚や知見から
エシュロンの用法には危うい隙も脆い数寄も多いから、
レスの返答を通して絞り直すようにツッコミを入れてる。

>凛とした居心地、
>数筋を実はなんとか縫えているいわばぎりぎりの居心地を志向してます。
エシュロンの志向は診得てるが、自己防衛本能で強弁する自己許容の欺瞞に
引用しやすいからフレームを整備しなよって感じ

918 :779:2008/09/20(土) 16:49:49 ID:mgqxIQqC
>>908
命ある内にせいぜいそうして「狂人」を笑うがいい。私は死後狂人を導き地獄に彼等の楽園を築く。
神智学者でもない貴様が「ユダ」が起こした行動の宗教的な意味など解らないだろう。
イエスは十字架にかけられ罪人の為に死に、
ユダは自ら命を絶って全ての善人の為に贖罪した。
イエスとユダは切っても離れる事のない兄弟で二人とも主の栄光の為に命を捨てたのだ。
>>905
眠りについているのはサタンではなくルシフェル。彼がジュデッカから起き上がりめざめれば
その時に聖書黙示録に書かれた人類最終戦争が起きる。
サタンとベルゼバブは地上の罪人の告発の天命が与えられているから
警察や検察のキャリアのような印象を受けるのは当然。
>>915
人間の脳は電子レンジどころか世界最高のワークステーション以上のキャパシティがある。
私の脳の構造には欠陥があり多重人格に陥りやすい構造に遺伝的に出来ている。
私が言っているのは「これは不良品だから交換か修理してくれ」と言うレベルの話。

919 :613:2008/09/20(土) 20:27:13 ID:F38nZ5Kh
>>913
それは無いですよww
短い間でしたが、どうも!!
また気が向いた時に!

920 :799:2008/09/20(土) 21:05:50 ID:mgqxIQqC
もうこのスレも終わりだね。613は結局私を道化師として踊らせて笑う事しか
考えていなかったんだから。暖簾に腕押しだったのは向こうの方。

921 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 21:37:10 ID:F38nZ5Kh
>>920
道化師?・・・そんな立派なものだったか??
俺はただ、正直に言わせてもらっただけだよ。

何て思われようが構わんが、そこから学べww

君以外の人も、そんな局面を経験してる人って、いるもんだよな。
俺自身も、自分がそれだったって、所を飛び越えるのには時間がかかったww

922 :!!:2008/09/20(土) 22:10:35 ID:UWCE2mye
779氏と遊びたかったが、もう終わりか。

923 :799:2008/09/20(土) 22:13:06 ID:mgqxIQqC
>>921
貴様はそうやって人を嘲笑い唯自分のみが「まっとうな人間」である事に
酔いしれ他者を労わり共に歩む事など考えもしない!
俗物が!貴様のようなエゴイストしか人類は生み出さないから
私とサタンとルシフェルとベリアルとマモンとバールとアスタロトとベルフェゴールは
自身の破滅を覚悟の上で神に敵対した!貴様は罪を犯さず死んで天国に消え失せろ!
もし地獄で私が貴様を見つけたのならば想像を絶する残酷さで私は貴様に絶望を
穴と言う穴から流し込んでやろう!悔い改めなど私は聞かない!
私は神ではないからだ!

924 :613:2008/09/20(土) 22:53:58 ID:F38nZ5Kh
>>923
とことん面白いなww
あんたが、そんな感じになるの好きだぜww

>>922
残りスレ好きに使ってちょ〜。

925 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:13:59 ID:DHOxg6+w
正直な話、613より799の方が誠実な気はする

926 :304:2008/09/20(土) 23:18:28 ID:JroBVxHO
>>919
ふふ。そのうち「差取り」のスレとかたててみたりして?w

このスレ、なんだか好きだったよ。
またどっかで遊ぼうね。
楽しい音もいろいろありがと。

927 :799:2008/09/20(土) 23:31:13 ID:mgqxIQqC
>>304
言葉を「音」と感じた貴方の感性は間違っていない。
神は「言葉」ではなく「唄」で世界を創造したし、
神に反逆した私達もルシフェルの作曲した「永遠の愛の螺旋」を唄って士気と霊性を
高めて戦力差二対一の絶望的な闘いを緒戦は優位に立った。
だが天国軍総司令ミカエルはサタンの妻リリスに主を称える唄を唄わせてサタンの離反を
誘い、天国側についたサタン一人の前にわずか3秒でルシフェル軍は敗走した。
これが「愛」の力であり「唄」の力でもある。


928 :613:2008/09/20(土) 23:49:33 ID:F38nZ5Kh
>>925
別に誠実である必要はあるのか?
俺は、逆を選んだだけww

929 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:53:25 ID:DHOxg6+w
>>928
誠実じゃないほうを選ぶんなら面白みがないとつまんないよ
613は単に誠実から逃げてるだけじゃん

930 :613:2008/09/21(日) 00:03:09 ID:F38nZ5Kh
>>926
その差を取り払うってテーマは、非常に興味深い。
対極の差を考えてみなきゃ、差の有無を考えに持つ事は難しいかもね?

案外、実に画期的なスレになるかもね??ww
ポイントになったり、手法になったり、それで見つけたい答えであるかも知れないww



931 :613:2008/09/21(日) 00:13:49 ID:ueHpk1wI
>>929
なんかくだらん物が染み付いちゃってるなww


932 :799:2008/09/21(日) 00:13:56 ID:4Cyv6FAP
貴様はいちいち嘲笑わないと言葉も紡げないのか?
全ての文字は全天使メタトロンの子で命があるのを貴様は理解できないだろうし
貴様の言葉に対して私は憐れみすら覚えるよ。
穢れた言霊として放たれ産みの親である貴様自体からも無視されて
顧みられる事の無い言霊、いわば戦災孤児だものな。

933 :800:2008/09/21(日) 00:17:28 ID:w4lbFLzZ
>>932
613は、嘲笑なんてしてないと思うぜ。

934 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:18:01 ID:usLj3qPf
>>931
そう思うのはかまわないが、くだらん物って思うのもくだらなくないか?
おまけにくだらん物って思った理由も書かないし

935 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:22:35 ID:usLj3qPf
613の言葉はおもしろいと思ったものにおもしろい、下らないと思ったものにくだらない
ただ、それだけで毒にも薬にもならないからつまらない
毒か薬にならないといけないのかって聞かれたら、じゃあせめて笑わせてほしい

936 :613:2008/09/21(日) 00:26:21 ID:ueHpk1wI
>>932
たのしい奴だなww

>全ての文字は全天使メタトロンの子で命があるのを貴様は理解できないだろうし

そんなもん理解出来る奴は、お前だけだろ?

憐れむなら、こんな感じでヨロw
http://jp.youtube.com/watch?v=sBnSaskMe0k


937 :613:2008/09/21(日) 00:32:13 ID:ueHpk1wI
俺は、スレ主でも無いし、このスレは糞スレなんだよ。

理由なんて教えるか〜wwったく・・・。

938 :613:2008/09/21(日) 00:49:44 ID:ueHpk1wI
なんで誠実じゃなければ駄目なんだ?
そんなもん、自分がそうでありたきゃ、いればいいだろ?
誠実でなければならないって・・・・・・(ry

939 :799:2008/09/21(日) 00:54:46 ID:4Cyv6FAP
自分がそうありたいからそうするのがサタニズムだ。
だからといって私が前言を撤回する事はないから
精々イエスなり仏陀なりに
「地獄には怖い人が居るんです!」と泣きつくんだな。

940 :613:2008/09/21(日) 01:00:21 ID:ueHpk1wI
泣き付きゃせんから安心せえよww
呼べるなら、俺の前に地獄から呼んで来いよ。
「地上に悪魔とイエスの悪口言ってる男がいるんですよ〜!.」

「なぁ〜にぃ〜?やっちまったなぁ〜!」みたいな感じでようww

941 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:04:02 ID:dcK2xE8F
あ〜、あれだ。
おれが教えてやるよ。

メタトロンてのはだな、トランスフォーマーって映画に出てくる敵だな。
ギザギザしてて悪魔のような奴。きっとサタニズムなんだよ。

映画は見てないけどな。

942 :799:2008/09/21(日) 01:08:01 ID:4Cyv6FAP
天使メタトロンは天国の書記長で天国、人間界、地獄で起きた全ての事を記録する
小ヤハウェとも呼ばれる主の右腕だ。

943 :613:2008/09/21(日) 01:08:45 ID:ueHpk1wI
>>941
俺は、汚染米から検出された物質だと思ったよ。

944以外の何処にメタトロンって文字が出てたか知らないけどなw

944 :800:2008/09/21(日) 01:10:29 ID:w4lbFLzZ
メタトロンw

945 :613:2008/09/21(日) 01:13:29 ID:ueHpk1wI
メロトたんにしたら可愛いなww

946 :799:2008/09/21(日) 01:25:54 ID:4Cyv6FAP
いや、メタトロンの愛称は「メロンさま」だ。

947 :800:2008/09/21(日) 01:32:13 ID:w4lbFLzZ
やっぱ2ちゃんねらーは、おもしれーや。

948 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 02:45:49 ID:LqZcNyNF
ちんこ


949 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 02:48:33 ID:LqZcNyNF
こうもん

950 :エシュロン:2008/09/21(日) 03:26:59 ID:N4orNHQ7
>>917さとりは一義的なものだと思います。それを眺望する角度があるだけで。

ちなみにさとりはビッグバンよりはるか昔から存在していたようです。奇完全数がさとっていました。

無限に大きな双子素数や思考の発生システムは、
さとってはいないけれどさとる素養に満ちてるようです。

前者はその発見が自ずとさとりを導くのでしょうか。

後者(の後者
はやっぱり尊いさとりの補助システムということなのかな。人類という思考生物はさとりの比較的マスプロ用に設定されたのかも知れません。

正しい道筋も1〜数義的なものだと思います。

ある下働きに近い人物を支社の代表に擁立しようと画策してますが、
この道が(目的の是非同様
むずかしい。

日々いろいろなことの起きる人生ですと、
正しい道筋をさとれることは死活問題になってますね。そしてもちろんホバークラフトのようにどこへでもはいけそうにない。、

無敵思想と凛とした居心地は反対のものです。

鉄棒をすり抜ける柔軟性、
これはホバークラフトより対応的なものですね。

951 :304:2008/09/21(日) 10:03:42 ID:02zrcIOh
おはよう。

>>927
あ、私がいったのは、単純に音楽のことだったんだけども(汗)
音としての言葉の力(言霊?)や、うたの力ってたしかにすごそう。

それにしても、君が住んでる世界ってくたびれそうだね。。。



952 :304:2008/09/21(日) 10:12:49 ID:02zrcIOh
>>930
わーそんなこというとほんとにたてちゃうよ。いい?

【つかんだら】さとりは差取り?【放す】

とかいうのどう?

799さんや800さんや久しぶりさんやエシュロンさんの話ももっときいてみたいしなぁ。
たてても来てくれるかどうかはわかんないけど。



953 :799:2008/09/21(日) 14:18:39 ID:JOSqjWRT
>>951
>それにしても、君が住んでる世界ってくたびれそうだね。。。

これだよ!この感性が俺の言っていた56億の世界があると言う話。
俺の住む世界は理不尽な試練場で天国側とベルゼバブ側に常に監視されてる。
まあ無理も無い、ルシフェルへの忠誠からサタンからの爵位は受け取らなかった
とは言え子爵級の悪魔の分霊を地上に送り込むのは地獄にとっては実験で
天国側では回心させるチャンスだからね。

954 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 14:40:59 ID:NvIqm/Ge
あー…
ビッグバンとか…
知らなくても悟りとは関係ないだろ…
傾向として、どんどん大掛かりな話になるのな…はー…

955 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 14:42:08 ID:GI6k9F31
>正しい道筋も1〜数義的なものだと思います。
正しい道筋という規定は逸神教の発想に似てるなぁ。
それは数義的であろうと正しい=他は過誤という価値観から
排他的になる大歩危だと思うわけ。
さとりという言葉も、さとってないという二元論になり、
それがどーしたと扱われても仕方ないだろうに。

そもそもエシュロンのさとった云々の着目点が不明朗なんだってば。
盛れの着目点とは逆だし、帰納法の展開としても検証がヌルポ

あとぉ、2ちゃん用語として乳幼児ってのは
ニューエイジに被れた連中への揶揄表現なんで
脳内変換をおながい始末♪

あとぉ〜、人型ってヒューマノイド形態なのか五大要素配置形なのか
未整理なまま使ってるんじゃないかと小一時間(略

>ただやっぱり使い道に対して潜在するんで、
>使い道から演繹的に論じるのもあながち的外れとは思えない。
的外れでないが、無敵思想でも同様な論旨展開をするので、
フレームの再考をしてくんないかな。
伝わらないのはもどかしいだろうけど、読んでる盛れももどかしい。

>確かに核分裂は人類を介して初めて実在するわけで、
身近に実感し利用している例として実在するにすぎない誤解。
物理学的には現宇宙空間において発生する現象にすぎない。

956 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 14:45:14 ID:GI6k9F31
>傾向として、どんどん大掛かりな話になるのな…はー…
アイデンティティ保持のインフレーションだよね。


957 :799:2008/09/21(日) 14:56:05 ID:JOSqjWRT
>>950
難しい言葉の羅列で今一「人の心」には響かない。カーネギーをよんで
人の上に立つにはどうすれば良いのかを勉強してみて下さい。

悟りに至る道はいくつも有って仏陀の教えでも聖書のしん言にも
書いてあるし、俺はベルゼバブの精神攻撃で脳が暴走して
一時的に無我の境地に立ったしね。

958 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 14:57:56 ID:NvIqm/Ge
>>956
乳幼児 てことかな

959 :613:2008/09/21(日) 14:58:07 ID:ueHpk1wI
>>952
そのスレタイの言ってる意味が解からなかったりするかも知れないけど、
その短い文章の中には、方法論まで入ってる。
和楽さんは、存続希望者だから来るよね。
来る人間が少なくっても、自然な成り行きっで集まって来る様な、
少数精鋭的で構わんよ〜って気がする。

俺は喜んで番犬にでも成るけど、
俺の書き込みが、少なくなるスレになれば良いねぇ〜。

もしもそのスレが2、3とか続いたら、スレタイからひらがなのさとりを引いて、
【つかんだら】差取り【手放す】
こんな感じでシンプルにするのも一考かと?

960 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:07:04 ID:GI6k9F31
>死者の体にドライアイスを入れない時代のほうが顔色がよかったとか聞きますし、
腐敗を遅らせる為に急速に冷やすから当然だろう。

>それはそれで後世に対応した死像があっていいような気はしますが、
主観として受け容れやすい表現なだけで論理転換のジョイント文だね。

>やっぱりストレートを保てないゆえの難しさはなんとなく伝わります。
演繹法としては始めに結論ありきの内容だったんだね(嘆息


>関東大震災はさとってませんが、
>人類の視点からは意外にも清浄な存在で、
清浄の概念は?

>これは思うに地球の蠕動という生理現象だから善悪が無いという理由であり、
善悪二元論が基底なのか?
>尤も一意的な存在様式だから対応性は無く、
一意的?人類視点からはターニングポイントとして分岐性はあるだろう?

>ゆえにこそさとっていない、、
論理展開からエシュロンのさとりは、応用として多義性を認められる事象に
さとりの分別をしてる感じ。

>だから対応性として潜在した核分裂とは存在自体がやっぱり違う。
対応性として潜在したのは事象てしての核分裂ではなく
干渉、合成、解離といったベクトルのことだろうに。

961 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:13:34 ID:GI6k9F31
>【つかんだら】さとりは差取り?【放す】
禅風味(≠禅)のアプローチだねえ(和楽

盛れは、生すんで開いて手を得って結んでの感覚だからどうだろ(爆

962 :304:2008/09/21(日) 15:16:00 ID:02zrcIOh
>>959
終わっちゃう前に、とりいそぎたててみたよ!w

【つかんだら】差取り【手放す】
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1221977260/

963 :304:2008/09/21(日) 15:17:52 ID:02zrcIOh
>>961
あっ。こんにちはー♪
スレたてましたのでよろしくです!

最初は【グーパー・グーパー】も入れようかと思ったんだけどw

964 :304:2008/09/21(日) 15:23:47 ID:02zrcIOh
たて逃げでしばらく落ちます。

799さんまたあとでノシ

965 :613:2008/09/21(日) 15:25:18 ID:ueHpk1wI
>>961
俺は、禅の事を全然知らないんだけど、
スレタイ  【差取り】 って、だけでも全然良いWW
結んで開いてってのも良いねぇ〜W

>>962
乙です。
どんな流れになるか?楽しみだねWW

966 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:25:34 ID:GI6k9F31
>無敵思想と凛とした居心地は反対のものです。
言葉足らずの罠と言葉要らずの独我なんだけどな。
動と静の印象としてはキーワードは均衡。

もっとも会話をしに来てるって人にはレスを返してる形式で満足して
対話になってない箇所は気にならないのかもしれないのかな。

967 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:28:37 ID:GI6k9F31
>乳幼児 てことかな
拡張した自己認識に呼応させたフレームの膨脹かな。
とっちかってと漫画チックな陶酔が鎮静効用っぽい。

968 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:33:54 ID:GI6k9F31

  ●__●
  ■■■   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・) < サタンと申す。ヨロシコ!!
 ( ▼▼)  \________
  |    |
 (__)__)
  ,,   ,,
 ( )_( )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( *・∀・) < 脱ぐとフサフサ
  (⊃~且0   \_____
 ((_)_)
※魔王じゃなくクルシミマスのサタン

969 :久しぶりさん(和楽:2008/09/21(日) 15:55:13 ID:GI6k9F31
>たて逃げでしばらく落ちます。

             /. ̄ ̄ ̄\
            _|\:::::::::::  /|
           /::|:::::` ̄ ̄ ̄ ..|  ̄\
         /::::::::\::::::::   / ... /
         \     ̄ ̄ ̄   /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     ・・・あるところに「スイッチ」が一つ、ありました。



970 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 18:08:38 ID:ueHpk1wI
GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION . One Groove
http://jp.youtube.com/watch?v=dc1FyGqkwnE&feature=related

971 :799:2008/09/21(日) 18:10:34 ID:h4ou1V3x
「悟り」変じて「差取り」か、いいね。
日本語はおそらく世界で唯一の「概念的言語」で
他の「論理的言語」よりもこうした言葉遊びが出来て
霊界における霊性同士の交流に近いものだから
イエス級の聖人が生まれても不思議ではないんだけどね。

972 :613:2008/09/21(日) 18:42:11 ID:ueHpk1wI
799も来いよ。俺は気が向いた時しか相手しないけどなww

973 :799:2008/09/21(日) 18:45:14 ID:h4ou1V3x
行ったよ。11をゲットしたから向こうでは11を名乗るわ。

974 :5:2008/09/21(日) 18:51:17 ID:ueHpk1wI
了解!

975 :5:2008/09/21(日) 18:58:36 ID:ueHpk1wI
取り払う・・・・空や、無と云った所まで見えて来る希ガス

976 :799:2008/09/21(日) 20:14:56 ID:h4ou1V3x
埋め立てていいかな?

977 :5:2008/09/21(日) 20:18:39 ID:ueHpk1wI
いいよ

978 :5:2008/09/21(日) 20:21:48 ID:ueHpk1wI
敬意を表して、>>1を貼っておく。
すっかり忘れてたけど、案外良い事言ってるなww

悟りを開いたのはもうかれこれ3年前。
現在はもう喜怒哀楽もない。
内面がなんというかいやに静かで、
外で何が起こっていようと周りがどうであろうと
自分の内面はいつも静まり返っていて、
それが逆に不自然で。見栄や欲もなくなったけど、
夢や希望もなくなった…。
元に戻りたくて努力したけど無理だった。
これで生きていくしかない。
人間離れしたこの状態でこの世を生きるのもしんどいもんだよ。

悟りを得るには難しい教義や厳しい修行などしなければと
思ってる人がいるけど、それは間違い。
そんなことしたって悟れない。
そもそも悟ろうと欲する時点で間違ってる。
悟りは向こうからやってくる。
こっちから求めるものじゃない。



979 :5:2008/09/21(日) 20:25:49 ID:ueHpk1wI
振り返ってみると、>>1のおかげの所もあったな。

頑張ってちょ〜よ〜>>1

980 :5:2008/09/21(日) 20:29:28 ID:ueHpk1wI
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                      ┃
┃  ┏━━━┓      ┏┳┓                              ┃
┃  ┃  ┏┓┣━┳━╋╋┫                              ┃
┃  ┃  ┗┛┃━┫┏┫┃┃                              ┃
┃  ┃  ┏┓┣━┃┗┫┃┃□□□□□□□□□□□□□□□┃
┃  ┗━┛┗╋━┻━╋┻┛┏┓□□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□┃  ┏┓┣┓┏┛┗┓□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□┃  ┗┛┃┗┻┓┏┛□□□□□□□□□□□□┃
┃□□□□□┃  ┏┓┃┏━┫┃  ┏┳┓┏┓□□□□□□□┃
┃□□□□□┗━┛┗╋┻━┻┫  ┃┣╋┛┗┓  ┏┓      ┃
┃□□□□□□□□□┃  ┏━╋━┛┃┣┓┏┻━┫┗━┓  ┃
┃□□□□□□□□□┃  ┣━┫┏┓┃┃┃┃┏┓┃┏━┛  ┃
┃                  ┃  ┗━┫┗┛┃┃┃┃┗┛┃┃      ┃
┃                  ┗━━━┻━━┻┛┗┻━━┻┛      ┃
┃                    - Support Page -              ┃
┃                                                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)