5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

聖書を根底から学ぶスレ その9

1 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/23(水) 01:08:58 ID:5SOOFXtX
ここは聖書に興味のある人が、聖句を根底から一歩一歩
亀のようにゆっくりと共に学んでいくためのスレッドです。

何もわかっていない人は、はじめから「東大進学コース」に行
くのではなく、
「基礎クラス」で学ぶべきです。 「基礎クラス」でも追いつ
かない、理解できない、
という人が行くのは 「根底クラス」であるべきです。
ここは、そんな人たちが集まる「聖書を根底から学ぶスレ」で
す。

基本的には創世記から黙示録まで順々に細かくやっていこうと
思います。
聖書を信じている人のン参加可能です。
聖書を信じていない人の投稿はご遠慮願います。
ホスト役&まとめ役は、スレ主ダニエルが行うつもりです。
では、ゆっくり楽しくいきましょう。


前スレ【聖書を根底から学ぶスレ その8】WEB魚拓
http://s03.megalodon.jp/2008-0722-2323-30/life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213803640/


2 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 02:09:53 ID:KnJlHKHl
すみません昨日のご質問(ご意見)で、気になった物がありまして

ダビデの不義密通(その後部下を実質殺した)の大罪に対して

知恵を下さい:ID:WO3pdcw7
>>914
>私個人として正当化されているとは思っていません。
>罪は罪として残っていると思っていますよ。
>不義はいっぱいありますだからこそイエスが十字架で不義を義としなければ
>全ての人が不義でゲヘナへ堕ちる事になってしまうのではないのでしょうか?

つまり、キリスト教徒はイエスがダビデの大罪も
義とした事になるんでしょうか?
新約の編者は全く違う事を言ってるんですね
ダビデをユダヤ民族の歴史上の英雄として考えてるんですがね
(ダビデの大罪の事なんか全く言及していない)
それで、イエスがダビデ王の末裔であると主張してるんですよ
(マタイ・ルカ・黙示録など)

現代のキリスト教徒と新約聖書を編じた人達の認識は全く違うのでは
あるまいか?



3 :神も仏も名無し三鳥:2008/07/23(水) 02:28:16 ID:yStRgl9g
3取りー!!! 

4 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/23(水) 02:43:12 ID:KnJlHKHl
前スレでアウグスチヌスについて、若い頃遊びほうけてて、
後に品行方正なキリスト教の神学者になったが如き言ってる人が
いましたが、全くの嘘レス

若いときにマニ教の信者になって、そこで東方系ミトラ教(マニ教)
を修学して、ミトラ神学が大いに得る物があって、それまでの雑物
同然のキリスト教団をミトラ神学でイッチョマエの教団に構築したと
考えるべきでしょう


5 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 03:23:02 ID:U2aYn5Ll
旧約聖書と新約聖書の人間観の違いってどの辺にありますか?

6 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/23(水) 14:52:41 ID:5SOOFXtX

■創世記26:29
「以前、我々はあなたに何ら危害を加えず、むしろあなたのためになるよう計り、あなたを無事に送り出しました。
そのようにあなたも、我々にいかなる害も与えないでください。あなたは確かに、主に祝福された方です。」

***** 感想 *****

アビメレクたちは、嫉妬からイサクを追い出したのですが、
『我々はあなたに何ら危害を加えず、むしろあなたのためになるよう計り、あなたを無事に送り出しました。』
と言いました。


7 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/23(水) 14:55:00 ID:5SOOFXtX

■創世記26:30
そこで、イサクは彼らのために祝宴を催し、共に飲み食いした。

***** 感想 *****

イサクはアビメレクたちを許し、祝宴を催し、共に飲み食いしました。
これは、明らかに友好の証なのです。


8 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/23(水) 14:57:19 ID:5SOOFXtX

■創世記26:31
次の朝早く、互いに誓いを交わした後、イサクは彼らを送り出し、彼らは安らかに去って行った。

***** 感想 *****

この誓いの内容について、聖書には書かれていないようですが、
お互いを攻めたりしない、お互いに友好関係を続ける、といったような内容だったのでしょうか。


9 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/23(水) 15:10:58 ID:5SOOFXtX

■創世記26:32〜33
その日に、井戸を掘っていたイサクの僕たちが帰って来て、「水が出ました」と報告した。
そこで、イサクはその井戸をシブア(誓い)と名付けた。
そこで、その町の名は、今日に至るまで、ベエル・シェバ(誓いの井戸)といわれている。

***** 感想 *****

これがベエル・シェバ の井戸の由来です。
でも、ちょっと変ですよね?
だって今までも『ベエル・シェバ』の井戸は、何度も聖書に出てきています。
もしかして『ベエル・シェバ』って、いくつもあるんでしょうか?
ちなみに、『ベエル・シェバ』は『誓いの井戸』という意味の名前ですから、
掘り当てた井戸のところで誓いを立てた場合、
その井戸は【ベエル・シェバ】になるのかもしれないですね。


10 :知恵を下さい:2008/07/24(木) 01:06:38 ID:lYdX+PBr
>ココモスキーさんへ
すみません私はそれ程聖書に精通しているわけではないので、
私自身が知っている事、
私自身が理解している範囲でしか答えられないのですが、
ダビデの大罪とココモスキーさんが言っているのは
ウリヤの妻バテ・シェバ事件の事なのでしょうか?
そうだとしたらその罪に対してはダビデは悔い改めていて、
ダビデは生涯神と共にあったと聖書に書かれています。
でもそれだけではなくダビデは罪の刈り取りとして息子のアブシャロムに謀反を
起こされるというものすごく家族を愛したダビデにはとても悲しい事を通されている・・。
それでもダビデはふてる事なく神を神として正しい事を選び続けた
だからこそ、聖書にはダビデは生涯神と共にあったと言っているのでは
ないでしょうか?
また、ダビデを英雄としているのはクリスチャンだけなのですか?
今でもユダヤ教の間でもダビデはヒーローなのではないのですか?
新約聖書の訳者云々とか今のキリスト教徒が云々という話は
私はわかりませんが、私はそう理解しています。
所でこういった話題はこのスレでは良しとされているのでしょうか?
ダニエルさんの方が本当はこういう話題はふさわしくないと
お考えでしたら、今後は質問されても、答えられないので
よろしくお願いします。


11 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 01:41:20 ID:fw6Ny1q1
>>10
>そうだとしたらその罪に対してはダビデは悔い改めていて、
>ダビデは生涯神と共にあったと聖書に書かれています。
これに関しては具体的には何処にそんな記述があるのか記憶に
ありません...ホンマにこの事件について悔い改めたのか、
具体的な記述があるのか...
この程度の話「悔い改めていて、ダビデは生涯神と共にあった」は、
何処からでも創作できるので、キリスト教団は創作してると思います。
>ダビデは罪の刈り取りとして息子のアブシャロムに謀反を
>起こされるというものすごく家族を愛したダビデにはとても悲しい事を通されている・・。
前事件とは全く関係ないと思います。戦国時代なのでその手の悲劇は
当たり前です。それと、他人の奥さんを犯した事とは全く何の関係も
ありません。
>それでもダビデはふてる事なく神を神として正しい事を選び続けた
全く根拠がありません。キリスト教お得意の修飾的物語に過ぎないと
思います。


12 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 01:42:24 ID:fw6Ny1q1
>>10
続き
>また、ダビデを英雄としているのはクリスチャンだけなのですか?
>今でもユダヤ教の間でもダビデはヒーローなのではないのですか?
>新約聖書の訳者云々とか今のキリスト教徒が云々という話は
>私はわかりませんが、私はそう理解しています。
ユダヤ人にとっては、多くの旧約の編者も、新約の編者も、
現代のユダヤ教においてもユダヤ系キリスト教徒も、ユダヤ系
イスラム教徒にとっても、ユダヤ系の他の宗教の信者にとっても
自分達の民の英雄だと思います。

僕が矛盾してると言ったのは、

@人類の罪がイエスの十字架で贖罪されたとするキリスト教の教理

A人の妻を犯して、その亭主を殺したと言う現代人にとってはおおよそ
許されない大罪を犯したダビデ王を英雄として取り扱っている
新約聖書で、イエスがそのダビデ王の末裔であると書かれてる事が

全く整合しないと言ってるんです。

判りやすく言うと、@の教理があまりにも幼稚すぎるのではないかと
と言いたいんだけどね


13 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 02:31:58 ID:BT8UWNb+
>>3
サントリーですねえ

14 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 06:14:16 ID:o15I4St+
>>12
幼稚言うたかて、それで救われるて信じとんねん。
放っておいてくれ。

わざわざそんなこと言ってくる理由は何なんや?
あんたを崇め奉ってほしいんか?
馬鹿にしてるだけやとしても馬鹿にしてくる理由は何や?

15 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 08:47:07 ID:lDgBDRl3
>>14
>幼稚言うたかて、それで救われるて信じとんねん。 放っておいてくれ。

信じない人は、ココモを信じなければいいんです。
私は、なんだかんだ言って、彼は結構核心突いてると思いますけど。


16 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 09:58:44 ID:nk3PSSi/
>>11
>>そうだとしたらその罪に対してはダビデは悔い改めていて、
>>ダビデは生涯神と共にあったと聖書に書かれています。

>これに関しては具体的には何処にそんな記述があるのか記憶に
>ありません...ホンマにこの事件について悔い改めたのか、
>具体的な記述があるのか...

それは、詩篇の51章です。
51章全体が、バト・シェバの件についての悔い改めでして、19節まで続くのですが、
とりあえず、7節まで聖書から引用いたします。

詩篇51章 前書き(口語訳)
聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌、
これはダビデがバテセバに通った後、預言者ナタンがきたときによんだもの

★詩篇 51:1〜7
神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください。
わたしの不義をことごとく洗い去り、わたしの罪からわたしを清めてください。
わたしは自分のとがを知っています。わたしの罪はいつもわたしの前にあります。
わたしはあなたにむかい、ただあなたに罪を犯し、あなたの前に悪い事を行いました。
それゆえ、あなたが宣告をお与えになるときは正しく、あなたが人をさばかれるときは誤りがありません。
見よ、わたしは不義のなかに生れました。わたしの母は罪のうちにわたしをみごもりました。
見よ、あなたは真実を心のうちに求められます。それゆえ、わたしの隠れた心に知恵を教えてください。
ヒソプをもって、わたしを清めてください、わたしは清くなるでしょう。わたしを洗ってください、わたしは雪よりも白くなるでしょう。


17 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 10:08:30 ID:nk3PSSi/
>>12
>僕が矛盾してると言ったのは、

>@人類の罪がイエスの十字架で贖罪されたとするキリスト教の教理
>と
>A人の妻を犯して、その亭主を殺したと言う現代人にとってはおおよそ
>許されない大罪を犯したダビデ王を英雄として取り扱っている
>新約聖書で、イエスがそのダビデ王の末裔であると書かれてる事が

>全く整合しないと言ってるんです。

イエスがダビデに例えられているのは、次のような理由なのです。
ダビデはイスラエルの王でした。イスラエルの王の中で、イスラエルの民を愛し、
イスラエルの民も彼を愛した、という双方向の信頼と愛が実現した唯一の王でした。

ユダヤ人は、ダビデのような王を待ち望んでいました。(現在でも待ち望んでいます)
イスラエルは王国であり、その王はダビデのようでなければならないのです。
イエスは「ユダヤ人の王」とよばれました。


18 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 10:12:47 ID:nk3PSSi/

ユダヤ人が求めているのは
「王」であって、この「王」はメシアのことです。
このメシアは、神の民であるユダヤ人の王です。

この構造がわからないと、
なぜイエスがダビデにたとえられているのかがわからないし、
なぜイエスが『神の国』というように、『国』という言葉にこだわったのかも
わからないということになってしまうのです。


19 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 10:43:10 ID:lDgBDRl3
>>18
ユダヤ教は、王を否定してるよん。
神による統治を望んでる。 ユダ王国とペルシャ帝国で交わした帝国契約書の
仲裁はミトラ神がしたんだよ。ユダ王国(ヤハウェ)とペルシャ帝国の契約に
違反した時は、ミトラ神が、ヤハウェを裁くんだよ。

ヤハウェは、この当時、数ある神の中の一つだよ。

ミトラが遺跡に初めて名前が記されたのが、紀元前13世紀だよ。
ミトラは、普遍の神で、誰にもえこひいきしないから、契約の仲裁神として
契約の時には、霊能者が立ち会って契約の履行を見届けたんだよ。

ついでに、ミトラは、水源の神で、遊牧する民に水をもたらす神だよ。
地下の水源を見つける神だよ。だからミトラ教は、地下に神殿を造り
神殿の中に、水路を造ったんだよ。クムラン洞窟と同じにね。

20 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 10:43:47 ID:nk3PSSi/

いろいろなことを引き出してくれる
ココモスキーさんに感謝です。

彼がいろいろな疑問を出してくれなかったなら
僕も、それらのことについて答えることはなかったのです。

だから、ココモスキーさんの疑心暗鬼に感謝します。


21 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 10:50:02 ID:nk3PSSi/
>>19
>ユダヤ教は、王を否定してるよん。

初耳ですね。大変興味深いです。
どのようなユダヤ教が王を否定しているのか、
ぜひ教えてください。

僕の知っているイスラエルに住むユダヤ人は、今でも多くのユダヤ人は
メシアを待ち望んでいる、と言っていました。


22 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 13:10:22 ID:nk3PSSi/
イエスが「ユダヤ人の王」だということは、
聖書を読むと、すべて異邦人の口から出ているのです。
これはとても不思議なことだと思います。

僕が調べた限りでは、イエスに対して「ユダヤ人の王」と言ったのは、以下の異邦人だけです。
「東方から来た占星術の学者」
「ローマの兵士」
「ローマ総督ポンテオ・ピラト」

なかでもピラトはイエスが「ユダヤ人の王」であるのかどうかに非常にこだわっておりまして
何度もイエスに対して、このことをたずねています。
また、イエスの罪状書きを自分で書いて、「ユダヤ人の王」と入れました。
もっとも不思議なのは、ユダヤの民衆は一言もイエスのことを「ユダヤ人の王」と呼んでいないのに、
ピラトは以下のように言っていることです。

★マルコ 15:12
そこで、ピラトは改めて、
「それでは、ユダヤ人の王とお前たちが言っているあの者は、どうしてほしいのか」と言った。


23 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 13:15:16 ID:nk3PSSi/

・東方から来た占星術の学者たちによる証

★マタイ 2:1〜2
イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。
そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。
わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」


24 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 13:16:12 ID:nk3PSSi/

・ローマの兵士による「ユダヤ人の王」発言

★マルコ 15:16〜18
兵士たちは、官邸、すなわち総督官邸の中に、イエスを引いて行き、部隊の全員を呼び集めた。
そして、イエスに紫の服を着せ、茨の冠を編んでかぶらせ、「ユダヤ人の王、万歳」と言って敬礼し始めた。

★ルカ 23:36 兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して言った。
「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」

★ヨハネ19:2〜3
兵士たちは茨で冠を編んでイエスの頭に載せ、紫の服をまとわせ、
そばにやって来ては、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、平手で打った。


25 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 13:19:52 ID:hVk4GQU6
>>15
>信じない人は、ココモを信じなければいいんです。

それ以前に絡んで来るなと言ってんのよ。
ココモが自分のスレで自説を展開するのは一向にかまわない。
わざわざ聖書を信じる人に難癖付けて来るなと。

>私は、なんだかんだ言って、彼は結構核心突いてると思いますけど。

ダビデが悔い改めなかったとか聖書ちゃんと読めてねーじゃんよ。
もうそんなん見る度に「またか」ってウンザリするわ。

26 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 13:25:39 ID:nk3PSSi/

★ヨハネ福音書19:19〜22
ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。
それには、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書いてあった。
イエスが十字架につけられた場所は都に近かったので、多くのユダヤ人がその罪状書きを読んだ。
それは、ヘブライ語、ラテン語、ギリシア語で書かれていた。
ユダヤ人の祭司長たちがピラトに、
「『ユダヤ人の王』と書かず、『この男は「ユダヤ人の王」と自称した』と書いてください」と言った。
しかし、ピラトは、「わたしが書いたものは、書いたままにしておけ」と答えた。

***** 感想 *****

イエスを「ユダヤ人の王」とすることを、ユダヤ人の祭司長たちは拒んでいます。
これは、とても興味深いことではないでしょうか。

かえって、異邦人のピラトが、このことを認めているようです。
そして、この罪状書きは、当時の世界の言語、つまりラテン語、ギリシア語でも書かれたのです。
これらのことは、いったい何を意味しているのでしょうか。
これらの出来事は、「救い」が異邦人へも拡がることを暗示しているような気がします。


27 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 13:44:27 ID:OrgWzzSL
ダニエルさん、さかのぼって申し訳ないのですが、創世記9章18-29までの間での疑問です。
ノアが何故あんなに怒ったのかが理解できません。
息子カナンが父ノアの裸を見ることを恥ずかしいと思って行動したからでしょうか?



28 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 15:46:11 ID:nk3PSSi/
>>27
>息子カナンが父ノアの裸を見ることを恥ずかしいと思って行動したからでしょうか?

ノアの息子は、ハムでして、カナンというのはハムの息子なのです。
ですから、カナンはノアからすると孫ということになると思います。


29 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 15:51:09 ID:nk3PSSi/

このカナンですが、以下の聖句を見る限り、洪水前には
生まれていなかったようです。

★創世記7:13
まさにこの日、ノアも、息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に入った。


30 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 16:03:29 ID:OrgWzzSL
>>28
すみません(^-^;
カナンじゃなくて直接の原因は末の息子=ハムですか?
何故ハムじゃなくてカナンに呪われよと言ったのかでした。
持っているのは、新共同訳です。
すみません、頭のまとまりが悪くて・・・(^-^;


31 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:32:22 ID:nk3PSSi/

カナンはノアから言われました。

★創世記9:25
こう言った。
「カナンは呪われよ、奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ。」

カナンの兄弟や兄は、
クシュ、エジプト、プトなのです。以下のように書いてあります。

★創世記10:6
ハムの子孫は、クシュ、エジプト、プト、カナンであった。


32 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:39:26 ID:nk3PSSi/

しかし、その先の聖句を見ると、具体的にはカナンは
ハムの二人の兄弟に仕えろ、と宣告されています。
なぜでしょう?

★創世記9:26〜27
また言った。
「セムの神、主をたたえよ。カナンはセムの奴隷となれ。
神がヤフェトの土地を広げ(ヤフェト)セムの天幕に住まわせ、カナンはその奴隷となれ。」



33 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:44:01 ID:nk3PSSi/

これを矛盾なく解釈するには、
カナンは、ハムの息子である。
カナンは、ハムたちと兄弟である。

となるかと思います。


34 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:48:29 ID:nk3PSSi/

カナンの父であるハムは、ノアが天幕の内で、
裸で酔っ払っているのを見ました。

そこで、裸を隠してあげてもよかったのですが、
ハムはわざわざ天幕の外にいた二人の兄弟に、このことを伝え、
自分では何もしませんでした。
いうならば、父であるノアの裸を、他の兄弟にも見せようとしたのでした。


35 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:50:27 ID:nk3PSSi/

しかし、ハムの兄弟であるセムとヤフェトは、
わざわざ父のところに後ろ向きに歩いてきて、父の裸を見ないようにして
父に着物をかけて、裸を覆ったのです。


36 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:54:06 ID:nk3PSSi/

僕には、なぜハムが父に対して、このように
冷たい行動、軽蔑したような行動をとったのかがよくわかりません。
しかし、何かハムには、そのような行動をとる理由があったと思われます。

そして、父ノアは、実際にこのことをしたハムではなく、ハムの息子である
カナンに対して激しい呪いの言葉を投げかけたのです。


37 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 16:54:54 ID:nk3PSSi/

聖句からわかることは、これくらいです。
これ以上、僕が語ることはいたしません。


38 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:00:00 ID:fGow7kjv
その時、ハムは二人の兄弟に次のように言いました。

「アヘアヘ、おい、ノアを見てみろよ。
天幕の中で酔っ払って、裸で寝てやんの。
しかも勃ててるぞ。
だらしねえ奴だなあ。」

39 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 17:09:16 ID:nk3PSSi/

このお話は、どこかロトと実の娘たちとの事件を連想させると思います。
あのときのロトも、ぶどう酒を飲んでいました。

聖書、特に旧約聖書のお話というのは、とてもドロドロしているようです。
兄弟の間での殺人や、近親相姦などなど。
聖書を読むということは、こうした人間の醜い部分を直視することでも
あるのかもしれないですね。



40 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:14:36 ID:+q1cZPKg
>>39
新約聖書とは違って、旧約には、イエスという「偽善」が存在しないことが
救いだね。

41 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 17:18:04 ID:nk3PSSi/

ここらで、ちょっとブレイク。

ノアの事件のことは、隠されているのです。
だから、ことさらそれを知ろうとしなくてもいいかと思います。

旧約の読み方としては、新約におけるイエスという人物が生まれた背景を
私たち異邦人が間違いなく理解する、ということが重要なんだと思うわけです。

早く新約に移りたいような気もしますが、レビ記などもなかなか良いですよ。
じっくりと亀のように時間をかけて進んでいきましょうね。
世の中は、効率効率で動いていますが、やはり時間がかかることもあるんです。


42 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:37:08 ID:+q1cZPKg
>>41
>新約におけるイエスという人物が生まれた背景を

旧約は、イエスが生まれるはるか前に書かれた書物。イエスとは、関係がある
訳がない。

ひたすらイエスの「神格化」の「目的」のための、後世のキリスト教による、
旧約のステレオタイプな「利用」と「コジツケ」は、一切排除すること。

43 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:42:43 ID:fGow7kjv
ノアは酔っ払って裸で寝ていた。
ノアが犯した罪。
ヒント

災いだ、朝早くから濃い酒をあおり
夜更けまで酒に身を焼かれる者は。

裸の恥をさらさないように、身に着ける白い衣を買い、
また、見えるようになるために、目に塗る薬を買うがよい。

さあ、この聖句はどこにあるでしょうか?

44 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:50:13 ID:fGow7kjv
ノアは罪を犯したが悔い改めた?

ダビデは罪を犯したが悔い改めた?

ロトは罪を犯したが、その前に、二人の御使いを助けて、その指示に従った。

では、ソロモンは罪を犯したが悔い改めたか?

主は、ノア、ロト、ダビデの罪を赦して祝福したが、

ソロモンは赦さなかったのでは?
その罰がバビロン捕囚では?

だから、ダビデはキリストに、
ソロモンは反キリストにたとえられているのか?

45 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 17:54:57 ID:+q1cZPKg
ユダヤ教徒が、迫害に次ぐ迫害を受けたのは、彼らの「人間と自然とから、
隔絶しまくりの『異常な神』を信じたことが理由であるのを、彼らユダヤ教徒
は少しでも理解していたのでしょうか。

46 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 18:13:19 ID:lDgBDRl3
>>43
>災いだ、朝早くから濃い酒をあおり
>夜更けまで酒に身を焼かれる者は。

>裸の恥をさらさないように、身に着ける白い衣を買い、
>また、見えるようになるために、目に塗る薬を買うがよい。

イザヤと黙示録。

>>10
>また、ダビデを英雄としているのはクリスチャンだけなのですか?
>今でもユダヤ教の間でもダビデはヒーローなのではないのですか?

盲目もいいとこだな。 イエスの言葉を聞けよ。

なんで、あんな罪ばかり重ねる奴が、おいらの先祖なんだ。!
いくらなんでも、かんべんしてくれ!
サムエル記、読んだ? 読んだら、ダビデがイエスなんて、発想、絶対出てこない。

やっぱ、洗脳ってマジ怖いわ。

47 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 18:53:17 ID:OrgWzzSL
ダニエルさん、解説ありがとうございます。
裸でいたことをよしとしていたわけでないことと、神様が罪を覆い隠す、人を守るという意味にとらえました。


48 :知恵を下さい:2008/07/24(木) 19:57:15 ID:lYdX+PBr
>46
私はダビデがイエスだとは言ってないですよ。
ただ、ココモスキーさんがダビデは大罪を犯したのに!!
って言っていたから、大罪を犯したといいつつもヒーローって
なんかおかしいなぁって思って、
それでそう聞いただけです。
ダビデはダビデであって、イエスではない。
それは当然じゃないですか!!
イエスは唯一受肉した神であって
ダビデは人間でしかないし^^
でも、ダビデは罪は犯したけれども
生涯神と共にあったって言われているのは
やっぱり神を大切にしたからなんでしょうね。
私もそうありたいです。
宗教はどうでも良いけれどもただ神を神として生きて行きたいですね^^

49 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/24(木) 20:02:37 ID:nk3PSSi/
>>47
>ダニエルさん、解説ありがとうございます。

いやあ、今回は解説はせずに聖句を書き並べたつもりだったんですが、
解説に感じたようでしたら、ごめんなさい。


>裸でいたことをよしとしていたわけでないことと、神様が罪を覆い隠す、人を守るという意味にとらえました。

人それぞれ色々な捉え方があるのは、よいことだと思います。


50 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 20:43:08 ID:gIuFjvjq
10 終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。
11 悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。
12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
13 ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し遂げて、堅く立つことができるように、神のすべての武具をとりなさい。
14 では、しっかりと立ちなさい。腰には真理の帯を締め、胸には正義の胸当てを着け、
15 足には平和の福音の備えをはきなさい。
16 これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。
17 救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。
18 すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。
(エペソ 6章)

「裸で寝る」というのは、無防備な状態のたとえ。
つまり、敵(サタン)の侵略に対して、何の対策も取っていない無防備なこと。
いつ、サタンが来るのかも判らない。
サタンに襲われても抵抗できずに、侵略されてしまう。

サタンの侵略を防衛する為には、聖書の真意を理解して、その指示に従わなければならなかったのだが。

51 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/24(木) 23:10:31 ID:fw6Ny1q1
>>16
詩篇51〜61章を並べてみてちょ
明らかに、何百年か経った後の王朝復古派(多分第2イザヤを
書いたグループ)が書いた文章ですよ...明らかにダビデ自身の
物ではあるまい。
51章、あわれみの嘆願
52章、悪、虚言より強い神の慈しみ
53章、神を信じないやから
54章、助けられる確信に満ちた祈り
55章、友に裏切られた者の神への信頼
56章、憐れみを願って
57章、救いを願って
58章、不正な裁判官を訴え、公平を求めて
59章、血に飢えた敵からの助けを求めて
60章、敗戦からの回復
61章、王のための祈り
.......



52 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 00:20:37 ID:dToDGrn4
>>50
最近、霊的な判断がおかしくなっています。
ゆっくりでいいから聖書読まなくてはいけないですね。
ありがとうございます。

53 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 00:40:18 ID:gEstIuAd

■創世記26:34
エサウは、四十歳のときヘト人ベエリの娘ユディトと
ヘト人エロンの娘バセマトを妻として迎えた。
彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種となった。

***** 感想 *****

ヘト人とは、イサク一家が住んでいたカナン地方に住んでいる民です。
つまり、エソウは身近に住んでいる女を愛しました。
父イサクは、血族であるリベカと結婚したのですが、
エソウは、血族から妻をむかえることをしなかったのです。


54 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 00:45:33 ID:gEstIuAd

「彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種となった。」と書いてあります。
彼女たちの振る舞いが、イサクとリベカには受け入れ難いものだったのでしょうか。

ヘト人は、主なる神を信じている民ではなかったようですから
そのことが、イサクとリベカには耐え難かったのではないでしょうか。

こうした両親の気持ちをエソウは気づいていなかったことが後に書いてありますから
エソウは、こうしたことに価値をおいていなかったというか、神について
無頓着だったというべきか、もしかしたら鈍感な人だったと思われます。

しかし、おそらくエソウは普通にイイやつだったのではないかな、と思います。
神に対する信仰ということを除いては。


55 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/25(金) 01:17:13 ID:IHmWEATg
>>54
>ヘト人は、主なる神を信じている民ではなかったようですから
>そのことが、イサクとリベカには耐え難かったのではないでしょうか。

ホンマにアホはそう思ってるのだろうか?????
だんだんアホ教のオツムの異常さが気になってきた...
ヘト人はヘト人の神(多分カナンの多神の神の一つでバアル神の可能性大)
イサクとリベカはイサクの神です。(間違っても後のYHWHではあり得ない)
何十回説明しても一切アホ教の信徒のオツムには入らないらしい

こんな時代にどの神を信じてたかなんて言う幼稚な事を言っても何の
意味もないんだけどね...どうしてアホキリスト教徒はこんなレベルから
抜け出せナインだろうか?????



56 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/25(金) 01:27:14 ID:IHmWEATg
キリスト教徒のオツムの中身は

アブラハムは神を信じてマスタ
イサクは神を信じてマスタ
リベカは神を信じてマスタ
エサウは神を信じてませんデスタ
ヤコブは神を信じてマスタ
ダビデは神を信じてマスタ
トマスは神を信じてマスタ
ピリフォは神を信じてマスタ
アダムは神を信じてませんデスタ
イエスは神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ

こんな幼稚でアホでお粗末な宗教なんて、そんなにナイデ



57 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/25(金) 01:42:55 ID:IHmWEATg
何でアホ教の人達は、理解できないんだよ!!!!!
アブラハムはアブラハムの神
イサクはイサクの神
ヤコブはヤコブの神
ナホルはナホルの神
エサウはエサウの神
アダムはアダムの神
イシュマエルはイシュマエルの神
だって、何十回説明したら済むんだよ!!!!!!

聖書にも何回も書かれてるだろうが!!!!!!!
出エジプト記にも書かれてるだろうが!!!!!!

お前ら馬鹿か!!!!!!



58 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 02:34:59 ID:gEstIuAd

■創世記27:1〜4
イサクは年をとり、目がかすんで見えなくなってきた。
そこで上の息子のエサウを呼び寄せて、「息子よ」と言った。
エサウが、「はい」と答えると、イサクは言った。
「こんなに年をとったので、わたしはいつ死ぬか分からない。
今すぐに、弓と矢筒など、狩りの道具を持って野に行き、獲物を取って来て、
わたしの好きなおいしい料理を作り、ここへ持って来てほしい。
死ぬ前にそれを食べて、わたし自身の祝福をお前に与えたい。」

***** 感想 *****

イサクは目が見えなくなってきて、死が近づいたことを感じたのでしょう。
息子で長男のエソウを呼び、獲物を取ってきて自分の好きな料理を作ってくれ、
死ぬ前にそれを食べて、死ぬ前に祝福をしておきたい、ということをエソウに伝えました。


59 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:36:52 ID:H6rOtpny
あれ? さっきから3回もアップしてるのに反映されない。
ダメなURLってあるのかな?

60 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 02:46:08 ID:H6rOtpny
ダニエル、おひさです。
とあるサイトを紹介したいのですが何度やっても2chにはアップされないようです。
統一協会がよっぽど隠しておきたいネタがあるのか?

ですのでグーグル検索ワードをアップします。

「 ニュースの真相 」で検索して

「 90度メイソンカソリックの神父がメイソンの悪魔教に興じ、なりすましていた日々の告白 」

をご覧あれ。

検索すると「もしかしてニュースの深層?」と出るのですが 違います。
これって撹乱作戦かね?



61 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/25(金) 07:26:46 ID:IHmWEATg
サタンは深く悔い改め、常に神とともにありますた。
めでたしめでたし。
ヨシュアは深く悔い改め、常に神とともにありますた。
アダムは深く悔い改め、常に神とともにありますた。
イエスは深く悔い改め、常に神とともにありますた。
アブラハムは深く悔い改め、常に神とともにありますた。


62 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 08:54:50 ID:gEstIuAd
>>60

せっかく紹介していただいたのですが、字幕がついてなかったので
意味がわかりませんでした。


63 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 09:24:15 ID:gEstIuAd

前スレの>>709 の件がわかりました。
http://s03.megalodon.jp/2008-0722-2323-30/life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1213803640/

以下の内容の件です。

■創世記26:12
イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫があった。

***** 感想 *****

イサクがその土地に穀物の種(麦、稲、とうもろこしの類)を撒くと、
なんと、その年のうちに百倍もの収穫があった、とのことです。

僕は野良仕事をしたことがないので、よくわからないのですが、
たった1年で、撒いた種の百倍もの収穫を得られることって実際あるのでしょうか?

64 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 09:27:30 ID:gEstIuAd

百倍というのは、穀物では、まったく普通の数字であるようです。
普通は、1本の穂に150粒くらいだそうです。

宮川庄太郎さんというお米作りの名人は、1本の穂になんと700粒もついたのだそうです。

以下のページの、5月18日(月)の欄を、ご参照ください。
http://academic1.plala.or.jp/mizuho3/koutyoudayori.html



65 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 10:14:12 ID:dToDGrn4
おはようございます。
>>64
携帯からは限界があって一部しか見られませんでした。
読めた部分で、私は肺切ってたりするので呼吸の話に興味持ちました(^-^;
朝いつもクラっとして目が覚めますし、頭がずっとぼーっとしています。タバコを吸う人がいなくなったので、家の中で息止める必要なくなったので、そのうち直るかなぁと思ってます。
タバコも聖書で良くないものと書かれていたら良かったのになぁ(苦笑)

66 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 11:00:03 ID:gEstIuAd
>>65

おはようございます。
肺を切ってるんですね。
呼吸というのは本当に不思議ですね。
寝ている時も、勝手に体がやっていてくれています。
本当にありがたいことですね。


67 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/25(金) 12:01:04 ID:gEstIuAd
>>61
>サタンは深く悔い改め、常に神とともにありますた。

そんなわけないでしょう。


68 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 12:08:45 ID:H6rOtpny
>62
そのサイトのブログで大体意味はわかりますよ。


69 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 15:59:00 ID:Fr6BFvU4
「あの子」とは日本には居ないわな。勘違いするな!

70 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 16:14:51 ID:Fr6BFvU4
腕っ節が立つ者共よ。ここの板と創価板を見てイキッテイル奴らをシメテてくれ。後々、礼はする。

71 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 16:22:26 ID:Fr6BFvU4
三國グレーズボン

72 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 16:27:48 ID:Fr6BFvU4
久々の戦国時代に突入だ!揃いの戦闘服を着て!

73 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 17:19:25 ID:dToDGrn4
>>66
そうですね。
病気になったことも感謝しています(^-^)
>>69
「あの子」は確かに日本人だけど日本及び日本人が嫌いだったからなぁ(苦笑)
もう会うことはないけど、いつか国内でも「あの子」の音楽聴けたらいいなと思ってます。


74 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 20:05:29 ID:Fr6BFvU4
「あの子」とは、「北」の子だよ。あの件が非常に象徴的だったからな。かかる数々の問題の根本として。某駅前でパンフ配ってたおっさん。大いなる創造神を信じる信じないで嫌味ぬかすな。俺はどちらでもない。

75 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 20:14:35 ID:Fr6BFvU4
それからここ最近絡んできたヤツラよ!国のためアジアのため世界のためにしたことが、認識も理解も覚悟も無いお前達に殺されては堪らないので?はぁ。だから、「お前ら、鏡で自分の姿を見ろ〜」なんが。はぁ。私は一応、大卒ですが。はぁ。

76 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 20:26:02 ID:dToDGrn4
北かぁ。
完全防備でいかないと凍りますね(汗
私は最近のテレビ見ると恐ろしいのでなかなか見られません。
あたかも自分が犯罪者のように感じてしまいます(危ない心理みたいです)。たまにアニメ見てホッとしてます(笑)

77 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:35:36 ID:Fr6BFvU4
>>76 ごくろう。

78 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:43:20 ID:Fr6BFvU4
>>76 創〇の人間だろ。ご苦労様。ありがとう。だがな"、

79 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:50:11 ID:Fr6BFvU4
いや。気のせいだな。すまない。

80 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:52:38 ID:dToDGrn4
私ですか?
元は浄土真宗で、プロテスタントで洗礼受けたものです。
霊的におかしくなってるのは悩みの種です。
自動車学校の教員が右手の人差し指で、盗んでとなんかへんな暗示かけてた覚えはありますけど(^_^;
続きが気になります。

81 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 23:38:46 ID:Fr6BFvU4
本日、私に失礼なことをしてきた連中、反省しろ。二度とは言わないぞ

82 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 00:35:04 ID:wH4b9KVz
>>81(※書き込みするまでの出来事でだ)

83 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 11:52:45 ID:V8TF4yf3
>>67
>>61
>>サタンは深く悔い改め、常に神とともにありますた。
>そんなわけないでしょう。

そんなわけが無いなどと言える人がいるだろうか?
そんなシナリオは、キリスト教と言う創作話出版社のシナリオ
に合わないだけだよ

84 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 12:31:35 ID:n2+NSGvQ
>>83

サタンは火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむんですよ。
聖書にそのように書いてあります。
だから、キリスト教のシナリオじゃありませんよ。


85 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 12:52:16 ID:V8TF4yf3
>>84
>サタンは火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむんですよ。
>聖書にそのように書いてあります。

ヨブ記のサタンを知らないアホが黙示録を書いてるだけだべ
それをキリスト教団が面白くて経典にしてるだけだよん

86 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 14:14:42 ID:1HrSCZ1G
>サタンは火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむんですよ。

サタンが、「火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむ」んじゃなくて、

サタンを自分の主人に選んだ者達が、「火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむ」

んじゃないのけ?



87 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 14:24:29 ID:1HrSCZ1G
サタンは地獄で王として君臨しているんだから苦しまないよ。

サタンに仕える人間が「永遠の奴隷」として苦しむんだろ。

その、永遠の地獄から解放してやる為に、キリストが来て福音(救済預言=聖書)を授けたんだろ。

でも、キリストは「私を信じ、私の忠告を守った賢い羊(賢者)しか助けてやらないよ」

って助言したやったんだべ。

キリストの忠告を無視した役立たずの愚者(山羊、毒麦)は相変わらず「永遠にサタンの奴隷」のままだべ。

88 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 14:41:21 ID:1HrSCZ1G
創世記で主はことごとく

「兄をさしおいて弟を祝福している」だろ。

何回同じ話が出てくるの?

これは、兄をサタンに、弟をキリスト(正統)にたとえているんだよ。
これは勿論聖書を書いたのがキリスト側だからだよ。
キリストは自分達の方が「正統だ」って主張しているんだよ。

兄の方が世に先に出てくるだろ。
つまり、兄(サタン)の方が先に出現して世の覇権を取ってしまっている。
弟(キリスト)の方が後から出現してくるんだよ。

それで、キリストは、サタンに仕えていて永遠の地獄で苦しんでいる人間に、福音を授けて、
その忠告に従った賢者から拾い上げて、救済していってあげよう、

という話であり、これが神(主)の計画、計らい、意図なんだよ。

あんたら、聖書のたとえ話から何かを読み取ろう、っていう気があるの?

89 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 17:13:14 ID:usO5IJQh
>>88
サタンが兄でキリストが弟って話は聖書に出ているの?

90 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 17:28:40 ID:gBKxV7xn
神様に聴き従う者、神様に「ごめんなさい」と謝れる者を旧約聖書では神様が用いられる。
すげーわかりやすい話。
何者にも聴き従えられない、謝ることが出来ない人には見えてないようだ。
自己欺瞞という奴か。

91 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 17:41:26 ID:2MT5rN7k
>>89
イエスは「私は全てをたとえを用いて話す」と言った。
これは、「イエスの言葉」だけではなく「聖書全体に渡っていて、聖書全部がたとえ(暗喩、隠喩、象徴)で書かれてある」
という意味。

賢い者は「たとえの意味、象徴的意味を悟る」
愚かな者は「文字通りにしか解釈できない」

「文字通りにしか解釈できない者、象徴的意味を理解できない者」
を原理主義者という。

92 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 17:49:58 ID:usO5IJQh
>>91
要するに「出てない」ってことですね。ご苦労様です。

93 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/26(土) 17:50:35 ID:7bSMPGBD
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。

あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳




94 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 17:51:13 ID:2MT5rN7k
この世、今の世を支配しているのはサタン=悪魔的人間。
これは未来もそう。
未来を支配しているのはサタン。

しかし、キリストはそれをよしとしなかった。
未来において、そのサタンの支配を覆して、この世をキリストが支配したい、と願った。

つまり、未来の地球においてはサタンが支配している地獄(悪魔帝国)が存在している。

しかし、キリストはその悪魔帝国を覆して、御国、キリストが支配する義の王国=天使王国=新しいエルサレム、
を確立したい、と願い、企て、計画した。

その過程、プロセスを事前に暴露し、たとえによって告知したものが聖書。

95 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 20:34:19 ID:V8TF4yf3
それ見ろって...みんな悪魔サタン童話が好きなんだよ...
ヨブ記のサタンの話なんか誰も書かない(書けない)んだよ
到底読んで理解する様なオツムじゃないという事だよ

誰一人とて、黙示録の編者がローマ帝国をサタンに見立てたと
思ってないべ...
ローマ帝国って言ったトタンに、童話が面白くなくなるんだよ。
アホのキリスト教団が日頃何を愉しんでるか判るべ...
アホのキリスト教団の実態が判るべ...

96 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 20:47:55 ID:2MT5rN7k
聖書の根底にあるのは二元論。

つまり、光vs闇
光の子vs闇の子
キリストvsサタン

そして、闇から光へ、無知から知へ、悪から善へ、
というのが一貫した流れ。

創世記の冒頭は、「闇の中に神の霊が漂っていた。」
黙示録の終結は「光が闇に打ち勝った、もはや闇はない」

この過程、「闇(無知)から光(知)へというプロセス=人類進化の道程を記したのが聖書。

97 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 21:01:57 ID:n2+NSGvQ
>>86
>サタンが、「火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむ」んじゃなくて、
>サタンを自分の主人に選んだ者達が、「火と硫黄の燃える池で永遠に苦しむ」
>んじゃないのけ?

どうしてですか?聖書には以下のように書いてあります。

★黙示録20:10
そして彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄の池に投げ込まれた。
そこにはあの獣と偽預言者がいる。
そして、この者どもは昼も夜も世々限りなく責めさいなまれる。


98 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 21:04:26 ID:n2+NSGvQ
>>87
>サタンは地獄で王として君臨しているんだから苦しまないよ。
>サタンに仕える人間が「永遠の奴隷」として苦しむんだろ。

それはどこかで聞いたことですか?
それともあなたの独自の考えなのでしょうか?
いずれにしても、聖書に書いてある内容をよく読んでみてください。
あなたの考えよりも、聖書に書いてあることを信じるようにしませんか?


99 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:07:59 ID:2MT5rN7k
キリストは花婿に譬えられている。

そして、人間(人類、地球人)は女に譬えられている。

愚かな女(地球人)はその愚かさゆえ、サタンを自らの主人に選び、自らサタンに仕えている。
これを淫行に譬えている。
すなわち「バビロンの大淫婦」
バビロンとは、バビロン捕囚。
サタンの囚人=奴隷にされていながら、その状態すら理解できない愚かさ。

その奴隷から脱出する為には「真実を知る智慧」が必要。
その自らの過ち、愚かさに気づき、
「自分達の本当の主人はサタンではなくて、キリストだった」
と目覚めなければならない。

それが「悔い改め」
つまり、バビロンの大淫婦(悪魔に仕える奴隷)が自らの淫行を悔い改め、
「賢い花嫁」となり「主が定めた許婚である花嫁=キリストと結ばれる=結婚」
というのが、キリストが想定したシナリオ。

主、イエスよ来て下さい。アーメン。

と呼びなさい、という指示。

「花嫁のように着飾った新しいエルサレムが天から降りて来る」
地球人が真実とキリストの愛に目覚めて、キリストを自分達の主人として、認めて、受け入れなければ、
御国=新しいエルサレム=地上に確立された天使王国、は実現できない。

今回もできなかったが。

100 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 21:09:22 ID:V8TF4yf3
>>96
それって、ゾロアスターそのまんまだよん...
と言うか、ソースは死海文書の「光の子、闇の子」だけどね
>>97
>そこには「あの獣」と「偽預言者」がいる。
「あの獣」...ローマ皇帝とローマ軍の事
「偽預言者」..パウロ達の異邦人預言者の事
キリスト教団はそれを知ってて言わないんだよ
アホ信者が詰まらなくなって、逃げてしまうのでは
ないかと怖れてるんだよ

101 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 21:13:29 ID:V8TF4yf3
>>98
>あなたの考えよりも、聖書に書いてあることを信じるようにしませんか?

黙示録が、アホ信者達の恰好のお楽しみのネタになってるという事だよ
こんな経典捨てた方がキリスト教の為だという事さ...


102 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 21:16:47 ID:n2+NSGvQ
>>99

ここは、あなたの解釈をご披露するところじゃありませんよ。
聖書に書いてあることを受け入れられないのであれば、投稿しないでいただきたい。


103 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:20:12 ID:2MT5rN7k
>>97
>★黙示録20:10
そして彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄の池に投げ込まれた。
そこにはあの獣と偽預言者がいる。
そして、この者どもは昼も夜も世々限りなく責めさいなまれる。

フフ、ダニエルさんがここを指しているだろう、
とは解っていたよ。
でも、これは
「キリストがサタンに勝利した場合」を想定して書いた記述なんだよ。

>「キリストがサタンに勝利した場合」
ってどういうケースだか解る?

キリスト軍団がサタン軍団からこの世の支配権=地球の覇権を奪い取れた場合、
って意味だよ。

じゃあ、それはどうしたら起こるの?

それは、地球人が期限までに、「キリストを呼んで、受け入れた場合」
つまり、キリストと地球人が提携して、サタンの侵略を防衛できた場合。

ダニエルさんは、キリストが何故、何を目的として、聖書を地球人に与えたのか?
それを理解できている?

ダニエルさんは「聖書に書かれてあることは、全てこの歴史において成就する」
って考えているんじゃないのかな?

104 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:34:19 ID:2MT5rN7k
ダニエルさんは、根本的に聖書と預言の構造を理解できていない。
創世記にしても「史実だろう」って観点からしか読んでない。
「聖書の真の作者の意図を探ろう」という意欲がない。
聖書を信じていながら、それは非常に残念、もったいない。

>★黙示録20:10
そして彼らを惑わした悪魔は、火と硫黄の池に投げ込まれた。
そこにはあの獣と偽預言者がいる。
そして、この者どもは昼も夜も世々限りなく責めさいなまれる。

これは、聖書を書いた時点の未来において未だ存在していない未来なんだよ。
未来に存在しているのは、悪魔帝国。
それを御国=天使王国に変更させる為に、キリスト側がテキストとして聖書を書き、人間に与えたのに。
その好意を無駄にしてしまった。

期限=天にグランドクロスという徴が現われた時も解らない。
どうすれば救われたのかも解らない。
聖書に書かれてあったのに、再臨の時も掲挙の時も解らなかった。
救済期限が過ぎてしまったのも解らない。

つまり、盲目の豚だった、ということ。

105 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 21:43:11 ID:V8TF4yf3
>>104
>「聖書の真の作者の意図を探ろう」という意欲がない。
>聖書を信じていながら、それは非常に残念、もったいない。
こいつ等の言ってる「聖書を信じる」と言うのは、アホ教団が
創作した聖書をネタにした「面白童話」を信じていないと言う
事なんさ...だから、そのシナリオの幼稚さを知ったトタンに
アホ臭くなってしまうんだよ...こいつ等が言ってる
「聖書を信じる」の実態を知ってしまうと、到底こいつ等の話を
聞くわけにはいかなくなるんだよ


106 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 21:48:36 ID:V8TF4yf3
>「聖書の真の作者の意図を探ろう」
>「聖書を信じる」
それで、あの笑止千万のあのアホ童話だろ...
聞いててお腹が痛くなるくらい笑いこけてしまうんだよ

107 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 21:55:46 ID:2MT5rN7k
じゃあ、ココモと掛け合い漫才を続けて下さいな。

再臨と掲挙の時はここに書かれてあります。

http://wannabe.fam.cx/service/2ch_631/read.cgi?psy/1172448920/

108 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 21:58:59 ID:UX7daF/r
いやーw
教父について皆目無知な京都のドン百姓ココモスキーがひきつけ起こしてるなぁwww

109 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 22:13:54 ID:n2+NSGvQ

■創世記27:5〜7
リベカは、イサクが息子のエサウに話しているのを聞いていた。
エサウが獲物を取りに野に行くと、リベカは息子のヤコブに言った。
「今、お父さんが兄さんのエサウにこう言っているのを耳にしました。
『獲物を取って来て、あのおいしい料理を作ってほしい。
わたしは死ぬ前にそれを食べて、主の御前でお前を祝福したい』と。

***** 感想 *****

リベカは、かつて神の御心をたずねるために出かけたことがありました。
そのときに、「兄が弟に仕えるようになる」と神から言われました。
リベカは、このことに忠実であろうとしています。
かわって、イサクが、このことについて神に祈ったことは書かれていないのです。
ですから、イサクは神から「兄が弟に仕えるようになる」と言われてはいないようです。


110 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 22:18:51 ID:n2+NSGvQ
>>107
>じゃあ、ココモと掛け合い漫才を続けて下さいな。

ありがとう。
また、ほとぼりが冷めた頃に来ないでくださいね。
もう二度と投稿しないでください。


111 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 22:22:38 ID:n2+NSGvQ

■創世記27:8
わたしの子よ。今、わたしが言うことをよく聞いてそのとおりにしなさい。
家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。
わたしが、それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、
それをお父さんのところへ持って行きなさい。
お父さんは召し上がって、亡くなる前にお前を祝福してくださるでしょう。」

***** 感想 *****

リベカがなぜイサクを説得しようとしなかったのかは、僕にとっては謎です。


112 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/26(土) 22:25:50 ID:n2+NSGvQ

ここは聖書の聖句について
何もわかっていない人が集い、根底から学ぶスレッドです。

従って、「自分はわかっている」とか「教えてやる」という
態度の人は、一切お断りです。
そのようなお方から学ぶ必要など、まったくないからです。

幼子のような気持ちで聖句に真摯に接してみよう、という気持ちのある
お方だけを歓迎いたします。


113 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 23:02:23 ID:usO5IJQh
>>112
本当に根底から学ぶ気があるのなら、
「聖句」という先入観さえも捨て去る必要があります。

114 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 23:14:55 ID:V8TF4yf3
現代人で「ドン百姓」と言う言葉を知ってる人がどの位いるんだろうか?
と言うか、この言葉は日本がまだ経済大国ではなかった頃に、農業を
営んでる人達を愚弄した言葉で、昭和40年代位まで使われた言葉
で、現代人は殆どの人は知らないと思うが...こいつは、多分
「ドン百姓」と言ってる人から洗脳されたままで、あまり一般社会の
経験が無いんだと思うw



115 :根底ちゃん ◆aACVWSw46s :2008/07/26(土) 23:16:29 ID:ye+E7zPg
ダニエルの代わりに根底から学ぶ小手ですが何か

116 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 23:17:14 ID:UX7daF/r
あのーw

いくらでも触れる機会がありますよ京都の山猿ココモスキーwww

お前のインチキ方言はどうなんだってーのwww

サッスガ性悪京都人wwwww

117 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 23:21:08 ID:BIGm8sfk
>>116
サロメ神は、自分こそが神だと思っているのです。
ヤハウェと同じように、身のほど知らずの神なのです。

どうぞみなさん、疫病神には、触れられませんように。
サロメ神と同じく、何を言っても理解出来ない人間に造り変えられてしまいます。

サロメ神こそ、神の中の神じゃあ。 と一人でほざいておりますが、
どうぞみなさん、くれぐれも放置されますように。


118 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/26(土) 23:25:36 ID:V8TF4yf3
>>113
>「聖句」という先入観さえも捨て去る必要があります。
確かにホンマはその通りなんですが、僕も便宜上「聖句」と言って
しまいます。その様に言わないと通じないと思ったからですw
僕が常日頃思ってる「本当に根底から学ぶ気があるのなら」は
新約と旧約(あるいは編者によって)意味が全く違ってるとの
読めるのであれば、その真相を究明すべきで、どちらかの捕らえ方を
押し付けるべきではないと思ってます。
例えば、黙示録で悪魔の権現みたいな「サタン」がヨブ記で
主の部下の如く書かれてたら、なぜその違いがあるのか考えて
みるべきであって、悪魔「サタン」と言う物を押し付けるべきでは
ないと考えたいんですw

119 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 23:29:39 ID:UX7daF/r
>>118
ドン百姓が受け売りしても無駄だよココモスキーwww

120 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/26(土) 23:33:26 ID:UX7daF/r
ココモスキーの親父さん 娘にたたき起こされる

http://jp.youtube.com/watch?v=QfJnU2-T9L0

121 :根底ちゃん ◆aACVWSw46s :2008/07/26(土) 23:47:18 ID:ye+E7zPg
このスレは聖書を少なくとも大体は信じて学ぼうとする「東大コース」と
半信半疑の「基礎暮らす」と全くの不信仰状態である「根底コース」に
分かれてますが
それぞれに見合った講座を選ぶが最善

122 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 00:03:54 ID:V8TF4yf3
>>112
>幼子のような気持ちで聖句に真摯に接してみよう、という気持ちのある
>お方だけを歓迎いたします。

それだったら、旧約を読む時に新約に書かれてる事も
キリスト教の教理も、ましてイエス・キリストの事なんかは
全部捨て去れ、一切忘れろと言ういう事だよ

それが一番出来てないのがキリスト教徒だべ...キリスト教徒が
どうしようもない、洗脳とアホなキリスト教の教理で旧約聖書を
読んでるんだよ


123 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:06:01 ID:UX7daF/r
>>122
あのー
カトリック勉強しろよドン百姓wwwwwwwwwwww

124 :根底ちゃん ◆aACVWSw46s :2008/07/27(日) 00:08:42 ID:ol9x766t
此処もスキーさん、このような句があるのですが、
マタイ伝です、「あなた方に言う、遊女とかのほうが先に天の御国に入る。
それは彼等が最初は疑っていたが、後で悔い改めたからである」
とかいう句を律法学者に言われました。
最初から真摯に受け止めてみようというだけの人だけを歓迎するなど
間違った人間の捉え方である。

125 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:11:24 ID:NpvI/Cj2
>>124
ココモスキーのドン百姓は精神分裂のパラノイアですからwwww

126 :999:2008/07/27(日) 00:12:02 ID:wXd8NLuT
神の栄光ってどんな意味なんでしょうか?
わかりやすく教えてもらえると助かるですが。

127 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 00:17:51 ID:ZVqdU+NK
>>112
>幼子のような気持ちで聖句に真摯に接してみよう、という気持ちのある
>お方だけを歓迎いたします。

幼子のような気持ちで、創世記の1章と2章を読むとね...あれ?
思うんだよ..ちゃんと読み直すと、人類創生の順番が違うでしょ...
天地創造の順番も違うんだよ..言葉使いも違う...神の呼び名も
違う..これは違う人が書いてるんじゃないのと言うのが幼子のような
気持ちで読んだ感想なんだよ
ところが、キリスト教徒は2章は1章の詳細説明だと言うだろ
それが、どうして幼子のような気持ちで読んだって言えるんだよ
キリスト教団の教育指導に洗脳されてるだけなんだよ、幼子のような
気持ちでは全くないんだよ
1章と2章は呼び名は違うが、同じ神だと言うだろうが...それも
キリスト教団の教育指導に洗脳されてるだけなんだよ
エロヒムはエルの複数だから「神々」じゃないのって言っても
神の尊厳を表さんが為に複数なんだって言うだろ...それも
キリスト教団の教育指導に洗脳されてるだけなんだよ

言い出したら限が無いけど....

128 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:19:33 ID:NpvI/Cj2
>>127
伝承の集成だから当たり前です

内容に齟齬はないです

聖書絶対のプロテスタント相手の使い古されたやり口だぞ ドン百姓のココモスキーw

129 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:20:38 ID:NpvI/Cj2
>>127
でねw

聖書読むときは伝承のフォローが必要なのw

我流でよんじゃだめなんだよ わかってるかなドン百姓親父のココモスキーwwww

130 :999:2008/07/27(日) 00:22:31 ID:wXd8NLuT
誰も答えてくれない・・・
かっこ悪いけどもっかい先生に聞くしかないか^^;


131 :根底ちゃん ◆aACVWSw46s :2008/07/27(日) 00:22:54 ID:ol9x766t
>>126
>神の栄光ってどんな意味なんでしょうか?
「神の」「栄光」ですが何か…、、、
どのように栄えているか、どのように光り輝いているか、
だれも見たものはありません

132 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:24:32 ID:NpvI/Cj2
>>131
いくらでもいるじゃん
旧約の義人 預言者たちはじめ 新約以降の使徒や聖人たち

>>130
常人なら触れたら即死するほどの聖なる力だよ

133 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 00:29:16 ID:ZVqdU+NK
馬鹿が下らない事でガシャガシャにするから、どうしようも
なくなってしまうw...どうせ殆ど通じてないだろうから
寝よ。

134 :999:2008/07/27(日) 00:33:23 ID:wXd8NLuT
聖人たちは見たことあって、常人はだれも見たことない 常人は見たら即死
するほどの聖なる力。
・・・そうなのか


135 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:37:55 ID:NpvI/Cj2
>>134
その力をアークが帯びてたわけ

だから触れたら死んだのよ

136 :999:2008/07/27(日) 00:42:47 ID:wXd8NLuT
インディジョーンズとかに出てきたよね
こわいね〜 神様を信じる人も死んでまうのかな〜
つーか アークって行方不明なんだよな〜


137 :なみたん:2008/07/27(日) 00:43:45 ID:ukILEQoC
>>ココモスキーさん
クリスチャンは聖書の言葉を自分の人生や生活に照らし合わせ生活している・生活しようとしている人びとだから、学問的なことをやりたかったら別スレ立てるなりすれば良いかと。
信徒が迷子と混乱の最中になっちゃいます。
神学部とか聴講もあるみたいだから聴いてみられては。
逆にそれだけ聖書読んでるのにもったいないって思ってしまいます。


138 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 00:45:31 ID:cKkPV3aR
都市伝説アークは日本にある24時間警備監視のあるお寺。


139 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:46:52 ID:NpvI/Cj2
>>136
それはしょうがない
うかつに足を入れてはいけない領域ってあるので

罪のままの人間は主に近づけない
それなりの手順がある

それを取り除き解放してくださったのがイエズスなんです

140 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:48:32 ID:NpvI/Cj2
>>133
この馬鹿www

お前の論法は 聖書だけしか知らないプロテスタントにしか通用しないんだって
この京都のドン百姓がw

141 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 00:51:59 ID:hJ8i7vv5
ところでこのスレの人ってギリシア語は読めるんでしょうか?

142 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 00:58:56 ID:NpvI/Cj2
>>141
本の受け売りだよw

京都のドン百姓ココモスキーなんてまーったく聖書以外の文例ださんもんwww

143 :999:2008/07/27(日) 00:59:15 ID:wXd8NLuT
ココモスキーさんて何教の人なんですかね?
言ってることが難しすぎてわからんわ

サロメさんは、カトリックの人なんですか?


144 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 01:01:47 ID:hJ8i7vv5
>>142
いえいえ、そういった意味で言ったのではなく、
具体的に質問したいことがあるんですが・・・

145 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 01:02:06 ID:ZVqdU+NK
>>137
>クリスチャンは聖書の言葉を自分の人生や生活に照らし合わせ
>生活している・生活しようとしている人びとだから、
そういう人達ばっかりだったら、カルト教団のアホたちも
出て来ないんですよ...鰯の頭を拝んでる人達や地蔵盆
を拝んでる人達が学問的云々なんかしてないでしょ
>学問的なことをやりたかったら別スレ立てるなりすれば良いかと。
>信徒が迷子と混乱の最中になっちゃいます。
>神学部とか聴講もあるみたいだから聴いてみられては。
今の神学は残念ながら、幼児学校の延長で全く学問的な価値が
ありません。むしろそちらの方がキリスト教団の重大な問題なんだろう
と思います。神学校の先生や学生が一般の信徒達を大事にしてないのでは
あるまいか...下らない勉強しかしてないのに、何処かの教会へ
行くとエリートぶって、一般信徒と隔離した人生を送ってる様な気がします。
>逆にそれだけ聖書読んでるのにもったいないって思ってしまいます。
どうせ暇つぶしなんだから、どうでもいい事だよ...ここで偉そうに
言ってる連中が殆ど読んで無い事が明白になっただけでも価値は
あるかもしれないが

146 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:03:45 ID:NpvI/Cj2
>>143
ええw
ココモスキーは京都生まれの元エホバでムスリムで偽装結婚して娘がいるホモで
キリスト教に嫌がらせしているドン百姓です

こいつの書き込みは左翼の山本七平といわれる田川建造やブルトマンなどの受け売りですw

147 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:06:24 ID:NpvI/Cj2
>>145
どあほw

お前が無知でカトリックについて知らんだけだw

カトリックにとっては聖書だってなくていいし 地蔵盆などのような素朴な信仰から
高度な神学的哲学的分野も合わせて包含するんだよ この山猿百姓w

148 :999:2008/07/27(日) 01:11:13 ID:wXd8NLuT
おお 同じ神様を信じる人がいるってのはいいことだね〜!
なんかすごくいろいろ知ってるし 頼もしいっす

ココモスキーさんは元エホバの人っすか〜 うちにもたまエホバの人が勧誘に
きてるが、きてる人はいい人だけどな〜
つーか おれ思ったんだけど、ココモスキーさん、サロメさん
すごい知識だね すごいわ 

149 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 01:14:02 ID:ZVqdU+NK
>>143
>ココモスキーさんて何教の人なんですかね?
>言ってることが難しすぎてわからんわ
20年ほど前にイスラム協会でアッラーに宣誓した事が
あります。それ以来宗教関係の行事には殆ど関わってません。
>サロメさんは、カトリックの人なんですか
いわゆる似非カトリックです。多分何処かのカルト教団です。
層化で幼児教育されて、まともな人間ではなくなったんだと
噂されてます。まともなカトリック教会が殆ど使わなくなってる
教理を持ち出してますし、普通のカトリック信者とは全く異質な
人格ですし、カトリックの近況も殆ど知らないので、少なくとも
正規のカトリック教団とは殆ど無縁だと思います。どうも自分の
妄想で勝手にカトリックはこうであると思い込みをしてるんだと
思います。

150 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:15:22 ID:NpvI/Cj2
>>148
ココモスキーって ドン百姓だから カトリックやオーソドックスに関してまるで無知w

プロテスタントのリベラルの盗作だからしゃあないけどwww

>>149
ますますアホw
アタシのカトリックについての書き込みは正確だよw
誤謬があるなら指摘しろ百姓w

151 :なみたん:2008/07/27(日) 01:18:59 ID:ukILEQoC
ココモスキーさん何か反論した方がいいかもよw
>>147
私は元々原理主義的でプロテスタントでいう厳密な偶像崇拝にものすごく嫌悪を覚えていたので(キリスト教徒内でさえ摩擦の原因)、カトリックの寛容に助けられる部分があると思いました。
で、なぜ百瀬神父が叩かれてるのか理解できません(~-~;


152 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:23:03 ID:NpvI/Cj2
>>151
ココモスキーは裏返しの聖書根本ですからw

百瀬さんは厳密に言えば 半ペラギウス異端です

153 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 01:23:54 ID:ZVqdU+NK
>>151
止めとくよ...こんなの相手にしてても時間の無駄だよ
イカガワシイ事にエネルギーをつぎ込むだけだよ

154 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:24:31 ID:NpvI/Cj2
>>151
でも本田神父の馬鹿に比べれば百瀬さんはまし

本田は毒麦www

155 :999:2008/07/27(日) 01:24:44 ID:wXd8NLuT
・・・なんか2人があらそってるのはわかった・・

また質問するかもだけどさ、もっと勉強してきますわ
明後日休みだから聖書読むよ じゃ、またヨロシクす!

156 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:26:17 ID:NpvI/Cj2
>>155
聖書だけではなく カトリックの入門書もどうぞ
聖書だけでは道に迷うから

ちなみにココモスキーってヨハネ福音書の編纂者たちが孤立してたと大嘘ついてたんだよねw

157 :なみたん:2008/07/27(日) 01:39:55 ID:ukILEQoC
>>152
信仰あるのみですか。
そういう意味では行動に対して私もかなり強迫的だなぁ。


158 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:44:21 ID:NpvI/Cj2
>>157
ちゃうちゃう
教会の権威や伝承が重要

159 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 01:48:35 ID:ZVqdU+NK
>アタシのカトリックについての書き込みは正確だよw
また晒してるw...ホンマのカトリック信者は、自分が
カトリックであるという事だけしか判りません。カトリック
の事についての知識は殆ど皆無なのがホンマのカトリックなんだよ...
インチキでカトリックを偽装してるアホの方がよっぽど詳しいんだけど
実は自分の好みの教会に誤魔化してるんで、僕から見たら直ぐ偽装が
発覚してしまうんだよ...こいつは数回くらいはカトリックの教会の
ミサ位は行ったんだろうが、後は全部何処からか得た知識のみ...

160 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 01:54:59 ID:NpvI/Cj2
>>159
ばーかw

伝統的なカトリック信者しらんだろうがドン百姓w

161 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 02:16:28 ID:ol9x766t
学ぶって知識的に学び研究する意味だったのね
悟れることが大事でその導きをするようなスレかと思ったわ
それにしてもここの住人はつまづきまくりに見える
律法学者のようなまむしのすえが跋扈するスレはここですか

162 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 06:47:04 ID:O7O0yzBs
ダニエルさんって、

中世の人と同じ幻想の中に住んでいるのね。

寿命があと200年くらいあれば、聖書全部をやれるだろうけど、

残りの時間を考えると、次の書、出エジプト記までも無理じゃね?

163 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 07:20:28 ID:O7O0yzBs
自分が立てた神聖なスレを、

これだけココモやサロメ等の目糞鼻糞の落書き帳に汚されても、

何事も無かったかのように、めげずに平然とマイペースで聖句の解説(?)の続きをやっていく
ダニエルさんの信仰心は凄いわ。
さすが中世の遺物。

これも主が与えた試練なのかしら。
ダニエルさん、救済を信じて頑張ってね。

行けるところまででいいのよ。

164 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 11:50:19 ID:hJ8i7vv5
>>141で質問した者なんですが、
結局このスレにはギリシア語が読める人は一人もいないということでよろしいのでしょうか?

165 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 12:22:29 ID:hJ8i7vv5
>>127

>エロヒムはエルの複数だから

これってネット上では散々見かける説なんですが、
「エロヒーム」は「エロァハ」(神)の複数形ですので、
金輪際口にしないほうがよろしいかと思われます。

166 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 13:12:45 ID:qtoLFRFC
>>165
>「エロヒーム」は「エロァハ」(神)の複数形ですので、
>金輪際口にしないほうがよろしいかと思われます。

で? 多くの人にエルでないと伝わらないのに、偉そうに、エロァハって書いて、
お前みたいに嫌われろと? ココモは、解りやすく書いてるが?
お前が、金輪際エルって言わないのは自由だ。好きにしな。

167 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 13:20:40 ID:qEP9zPqF
原理講論をおすすめします

168 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 13:33:32 ID:hJ8i7vv5
>>167
なるほど。納得しました。

169 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 18:53:57 ID:i6Y54Bat
>>165 >>166
“ヤーヴェ”“エホヴァ”

170 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 19:06:06 ID:ZVqdU+NK
>>165
>「エロヒーム」は「エロァハ」(神)の複数形ですので、
>金輪際口にしないほうがよろしいかと思われます。
それじゃ、新共同訳の翻訳者はアホと言う事か?
マタイ福音書27/46
三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「(エリ)、(エリ)、レマ、
サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てに
なったのですか」という意味である。

171 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 19:10:06 ID:ZVqdU+NK
>>170
追記
マルコ福音書15/34
三時にイエスは大声で叫ばれた。
「(エロイ)、(エロイ)、レマ、サバクタニ。」
これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てに
なったのですか」という意味である。

172 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 19:53:10 ID:Y+d1QOZF
>>171
どーだっていいのよw

いいかげん プロテスタントのリベラル神学から離れろよ ドン百姓www

173 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 20:03:35 ID:hJ8i7vv5
>>170
>>171
「エロヒーム」と「エロァハ」はヘブライ語。
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」はアラム語。
新共同訳の『マタイによる福音書』と『マルコによる福音書』は建前上ギリシア語からの翻訳。

新共同訳の翻訳者の名誉を気にするのも結構なことですが、
どうやらあなた自身のアホをさらけ出してしまったようですね。

174 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/27(日) 21:08:57 ID:VcC7yoyS
こんばんは、バイブルより
☆そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。

あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



175 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 21:36:57 ID:ZVqdU+NK
>>173
>「エロヒーム」と「エロァハ」はヘブライ語。
>「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」はアラム語。
わははははははははははははははは...それだけ

176 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 21:45:46 ID:ZVqdU+NK
>>173
>「エロヒーム」と「エロァハ」はヘブライ語。
>「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」はアラム語。
こう言うのに絡んでると、アホになるからあまり時間とりたくないが
アホ信者と言うのが、こう言う絡み方をすると言うのは、百も承知だべ
アホのキリスト教徒と言うのは、そうやって生息してきた連中だよ

創世記の一章と二章の違いを説明して、キリスト教団の解釈がどうしようも
ないうわべの解釈だよって説明しても、こいつはエルは読み方が違うと
言って、お前の言ってる事はアホだと言いたいんだよ...アホ信者の
やり方が判るだべ



177 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:48:04 ID:Y+d1QOZF
>>176
まーた受け売りかよドン百姓wwwww

178 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:48:07 ID:XUQP26fV

>>143
サロメは統一協会の隠れ信者だよ。
隠れ朝鮮人。(もしかしたら親の代で帰化ずみかもしれない)
以前よく左翼左翼と罵ってましたがそれが似非右翼(朝鮮系の人々)の証拠です。
統一協会であることを隠すためとあらゆる教会を混乱させ、また狙った教派を貶める為に
あらゆる教派にもぐりこんでいる工作員です。
現在はカトリックがターゲットのようですね。
レズ、近親相姦は罪ではないと暴言し、カトリック信者を装ってます。
蓋を開けてみればなんのことはない、北の人(北朝鮮)なんです。




179 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 21:48:52 ID:hJ8i7vv5
>>175
それだけですが何か?
多分あなたは何を指摘されたのかが理解できていないようですね。

180 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 21:54:27 ID:ZVqdU+NK
>>178
>あらゆる教派にもぐりこんでいる工作員です。
正規の工作員だったら、もっと賢いで...
こんな直ぐ支離滅裂になる様なオツムの弱い工作員を雇ったら
大事な教団が直ぐ瞑れてしまうで

181 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 21:55:22 ID:Y+d1QOZF
統合失調の妄想って恐ろしいですねぇwwwwwwwww

182 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:07:30 ID:9K5YRav3
ココモはハッタリと恫喝で言うこと聞かせてきたタイプっぽいから、どこまでも折れられないんだね。
死活問題だもんね。

しかし何と言われようと、イエスに救われた、イエスを救い主と信じる俺の気持ちは揺らがない。
イエスは信じるけどココモは信じない。

183 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/07/27(日) 22:10:44 ID:Y+d1QOZF
>>182
底浅いよねぇ ココモスキーのドン百姓ってwww

184 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:35:59 ID:qtoLFRFC
>>183
サロメ神の登場じゃああ。
スレが荒れるぞ。 スレ無駄使いがはじまってるぞぉ。
サロメ神の登場じゃあ。荒れる神ヤハウェと同じじゃぁ。

近ずくでないぞ。 たたりがあるぞ。
何を見聞しようが、目も見えなくなるし耳も聞こえなくなるぞ。

185 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 22:57:49 ID:8UUs1+lR
ココモのおっさんは図星突かれると黙り込むか、逆ギレするのでわかりやすい。

186 :999:2008/07/27(日) 23:33:12 ID:wXd8NLuT
こんばんは 

187 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/27(日) 23:40:40 ID:ZVqdU+NK
キリスト教徒と言うのは挑発教徒と言いなおした方が
良いで...神の御言葉なんて全く頭に入ってないんだよ
..馬鹿にする奴がいたら、如何に凌ぐかしか考えてないんだよん

その高度な手法と話術を修学した方が良いらしい

188 :999:2008/07/27(日) 23:46:37 ID:wXd8NLuT
誰もいないな〜 

189 :999:2008/07/27(日) 23:48:44 ID:wXd8NLuT
ココモさんはキリスト教嫌い?

190 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:04:32 ID:Y5mwXZoz
>>187
一番手っ取り早いリンクを張っておきますのでご覧になってください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Elohim

ウィキペディアの権威など認められないとおっしゃるのであれば、それ以外のソースを引っ張ってきますので何なりとご要望ください。ただし今日はもう寝ますのであしからず。

191 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 00:04:50 ID:+emX1lWG
>>188 >>189
そんな事で人生が終わっちゃうんだったら、人生そのものが空しいだべ
インチキの穴埋めに終始してるだけだよ...ホンマの事が知りたくナインか?


192 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 00:11:05 ID:+emX1lWG
>>190
それで、神名が Yahweh だろ...インチキそのものだとすぐ判るで
   

193 :999:2008/07/28(月) 00:12:40 ID:9DpP/yjE
ホンマのことか〜 知ることが出来るのかな

194 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 00:19:10 ID:+emX1lWG
>>193
>ホンマのことか〜 知ることが出来るのかな
出来たとしても、認めたくないんだろ...それがキリスト教徒だよ...
桃太郎様は神様ですと信じててもな、お前は馬鹿かと言われても
確かに馬鹿でしたと認められる人間はいないんだよ

195 :なみたん:2008/07/28(月) 00:21:50 ID:TLhWQWQm
ダニエルさん、ここ2ちゃんだから、キリスト教SNSのcandlesとかでコミュニティー作った方がストレス少ないと思います(^-^;
ココモスキーさんは自スレとかがあるならそっちで解説したらば。

196 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/28(月) 00:26:42 ID:+emX1lWG
>>190
ずばり言うとお前さんは福音派だべ...そういう手法は
福音派がよく使う手法だよ...お前さん創世記の1章と
2章の違いをどの様に解釈してるんだ...なんて聞いたって
何の考え方も無いんだろ...ともかくエルなんて言って余計な
事を言う奴をエロハでつぶしたインだろ..それ以上のオツムが
お前にあるとは到底思えないよ

197 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 00:32:41 ID:cyTg78XM
>>190
なんか必死だな。キリスト教国のキリスト教擁護派の資料出しても
何の意味も無い事くらい解らないのかな? 
その資料出す事に意味あると、本気で思ってる処が洗脳だって
気が付かない。
それより、今この瞬間に、全世界に向けて、全ての地球に住む人々に向けて
全ての言語で、ヤハウェ自身が、「我のみが神である」って言えば10/1位は
信じるんじゃない?俺は信じないけど。(-m-)ぷぷっ

198 :999:2008/07/28(月) 00:39:55 ID:9DpP/yjE
なるほどな〜 

199 :999:2008/07/28(月) 00:46:12 ID:9DpP/yjE
俺が聖書読み始めて、旧約聖書の神様が「私はねたむ神である」
って書いてあるのみて、ええ??神様ってねたむんか?・・・
って思った
それでもなんか知らないけど信じてるんだよな〜
なんでだろね。
ようわからんから寝る またね〜


200 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 14:04:25 ID:yfZoNrFZ
フフフフッ…

201 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 14:07:58 ID:13QPy+HX
なんじころすなかれ!
なんじおかすなかれ!
なんじぬすむなかれ!

202 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 15:50:55 ID:yfZoNrFZ
『試すなかれ』

203 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 15:51:54 ID:yfZoNrFZ
〜試されるは汝

204 :リンゴ ◆lNKs89R2oA :2008/07/28(月) 22:28:11 ID:CmKFbwuA
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



205 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 22:39:30 ID:cyTg78XM
>>203
>〜試されるは汝

〜だまされるは汝。



206 :神も仏も名無しさん:2008/07/28(月) 23:13:22 ID:9DpP/yjE
今日はけっこう聖書よんだぞ 少しずつだけどわかるようになってきた

207 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/29(火) 04:04:39 ID:pOOjiBJm
>>206
>今日はけっこう聖書よんだぞ 少しずつだけどわかるようになってきた

少しづつわかるようになると、どんどん楽しくなってくると覆います♪



208 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/07/29(火) 04:06:16 ID:pOOjiBJm
激しく入力を間違えました。

・間違い
少しづつわかるようになると、どんどん楽しくなってくると覆います♪

・訂正
少しずつわかるようになると、どんどん楽しくなってくると思います♪


209 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 15:00:12 ID:TVZGL1vc
ブサロメは正体を見破られて逃げ帰ったようですね。
今頃統一食口の蛸部屋で他のサイトを荒らしているのでしょう。
ヤツの悪魔的な性格は普通ではありません。
ましてカトリック信者であるわけがありません。
騙されてはなりません。

同性愛者と近親相姦容認のキリスト教などこの世には存在しません。
あるとすればそれはキリスト教を装ったサタニストです。

210 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 19:01:20 ID:viC4ngog
えー、サロメちゃん俺のタイプだけどな。
理路整然としてるし賢いし。
人を馬鹿にしがちな所は無意味に争いを引き起こす点でいただけないけど、それを割り引いても気丈な良い娘さんだと思うよ。

211 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 21:48:24 ID:zNkTopbK
オ゛イ。コ゛ラ。何か忘れてないか?

212 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 22:21:14 ID:zNkTopbK
まぁ。いいさ。言いたいことは、昨日だか一昨日だかの新聞で書いてくれているさ。

213 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 22:31:50 ID:zNkTopbK
とにかく、これ以上、気分を悪くしてくれるな。先に書いた通りだ。

214 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 22:48:19 ID:zNkTopbK
溢れんばかりの精力と闘争心。それのどこが悪い?それが何を成した?私は侮蔑にしか値しない人間か?確に私は何もしていないがな?私は。

215 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/29(火) 22:51:49 ID:njUAEDg8
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳




216 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:02:25 ID:zNkTopbK
お題が戻るが!(怒)、性というものを、日常世界において人を縛り付ける道具にしてはならないだろう?それにはそれのルールがある。そうでないのは、異常人格者か未熟な者だけだ! こう考える私は変か?フツーだろ。

217 :銀将:2008/07/29(火) 23:02:27 ID:QTDbBXLb
ダニエルは早く、ヤコブ=イスラエルの話を終わらせてほしい。
ここで、どれぐらいのことを言うのか、期待している。
まさか、そのまんま感想ではないでしょうね?


218 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:05:39 ID:zNkTopbK
お題が戻るが!(怒)、性というものを、日常世界において人を縛り付ける道具にしてはならないだろう?それにはそれのルールがある。そうでないのは、異常人格者か未熟な者だけだ! こう考える私は変か?フツーだろ。

219 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:11:26 ID:zNkTopbK
新聞をみろ

220 :なみたん ◆lnkYxlAbaw :2008/07/29(火) 23:16:49 ID:o45zG5JV
新聞取ってないんですが(汗)何かあったんですか?
私は人格的に壊れている部分は自覚していますが、トラウマの裏返しになってたりしてなかなか正常に戻すの大変なんですよね。
性などなければ犯罪もこの世のゴタゴタも半分は経るんじゃないかと思ってしまいます。

221 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:22:18 ID:zNkTopbK
そんな私は、性というものへの熟達度は自分自身で判断できないが、恋愛というものに関する経験はそれなりに人並みにはあるがな!(あらかじめこの一文の解読のヒントをやるよ。笑。皮肉を言っているんだよ。これを読んでるお前さん。お前さんは大したものだ!笑)

222 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:23:32 ID:zNkTopbK
下ばかり見て、見ようとして、よく首が疲れないな!笑

223 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:24:34 ID:zNkTopbK
それとも梯にでも登って辺りを見回しているのかよ。笑

224 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:25:33 ID:zNkTopbK
私にはどうでもよいことばかりだかな?笑

225 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:44:31 ID:zNkTopbK
ちなみに(いつもこればっかだな。国語勉強するわ。)、お前の足元に見えるのは、『お前自身の陰』でしかないぞ!笑笑笑大笑大爆笑

226 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 23:46:31 ID:zNkTopbK
ちなみに(いつもこればっかだな。国語勉強するわ。)、お前の足元に見えるのは、『お前自身の陰』でしかないぞ!笑笑笑大笑大爆笑

227 :なみたん ◆lnkYxlAbaw :2008/07/29(火) 23:59:45 ID:o45zG5JV
・・・まぁ、下ばかり、鬱々してるのが病気と言えば病気なので。
私にはストレートな言葉でないと理解は難しいです。

228 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/30(水) 00:54:27 ID:s5yQzcCs
>>217
>ダニエルは早く、ヤコブ=イスラエルの話を終わらせてほしい。
>ここで、どれぐらいのことを言うのか、期待している。
>まさか、そのまんま感想ではないでしょうね?

「神はヤコブを選んだのれす」だよ...シオメンらのアホ息子達が
ハモルの部族の男達をみな殺ししたなんて言う事はどうでもいいんだろ
それで、定着できず、結局ヨゼフを頼ってエジプトに出稼ぎに行く事に
なっても「神はヤコブを選んだのれす」だよ...アホ教はそれしか
ないだべ...アホ教の教科書にはそれしか書いてないよ...

229 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/30(水) 00:58:00 ID:s5yQzcCs
>>228
間違え
*...シオメンらのアホ息子達が
O...シメオンらのアホ息子達が


230 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 02:11:19 ID:EwkuHH3j
なみたん さん。 
ひょんなことから世界にまで拡がってしまった話です。
新しく作る本になり損ねた話らしいです。
いったい、どこからお話すればよいのでしょうか。
大きな話から小さな話まで入り混じり、私を介して
展開したため、為政者の方々や聖職者の方々、私と
同じ一市民である方々まで、それぞれ様々な段階で
物語の展開と解釈がなされてしまい、大いに混乱を
招いてしまったようですが。
証明となるものは、公的な場所から私的な場所まで、
あちらこちらに残っているはずなのですが。
また、いずれ機会があればお話しましょう。
             麗しの姫君へ  より

231 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 03:13:58 ID:EwkuHH3j
外出先では時・場所の関係なく
面識の有無の関係なく
ある懸案やそれに関することで
様々な人々の情報認識,理解,思いを
できるだけ多くの情報を元に
入念・詳細に検討して
対応する
帰宅すれば
会話内容やその姿まで捉えられ
一挙手一投足、一言一句まで反応を返され
その返された様子や発言の意味を理解して
観て聴いた内容には反応を返さねばならず
自然な姿で居れること無し



232 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 03:22:57 ID:EwkuHH3j
なあ。
問題はどこから始まった?
誰がふっかけてきた?
誰が首を突っ込んで噂をひろめた?
今、どのような状態になっているか知っているのか?
一体誰に、一体どれだけの人にやり場のない怒りを抱かせている?(だから皆が私にあたる)
気をつけろ?
危ないのは私ではないぞ?
(問題の重大さを認識しようもないか?)

233 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 06:39:18 ID:o7N5jXqn
>やり場のない怒り
作る原因になった人が買い戻してるだけのような。


234 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 12:43:47 ID:dHMRYVWI
>>233
やはりお前もわかっていないようだな。
作る原因?
何から話そうか?
『どこかの宗教』が、『社会的格差』や『民族問題』を利用して『社会を乱した』だけなのだがな?
多数の『マリア』達を犠牲にして!
おまけに、その宗教はどこかの『国家元首』にも恥をかかせたのだがな?一時的にだが。




235 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 12:45:33 ID:dHMRYVWI
賢いひとは話を聞いても話が聞こえても
知らないふり。


236 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 12:46:52 ID:dHMRYVWI
>>233 ←誰か教えてくれ。それとも・・・。
     ・・・お疲れ様かな?

237 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 12:55:33 ID:dHMRYVWI
騒ぐ方々?あなた方は利用されているだけですぞ?
よおく重い出して考えてごらん?
これも・・・
さっき挙げた問題そのものだな。

238 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 12:59:37 ID:dHMRYVWI
皆様にとっては 冗談や遊び だったのでしょうね? なのでしょうね?

239 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 13:02:33 ID:dHMRYVWI
>>237 よおく重い出して → △(? ×??)
       思い出して → ○

240 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 13:44:26 ID:o7N5jXqn
>>236
なみたんです。
暴言が多いので、名無しにもどしました(そういう意味では2ちゃんは疲れます・・・(~-~;

文意を読み違えていたようです。


241 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 14:53:22 ID:dv7BNuGY
なんで、純潔や童貞や処女なんだろうか?

なんで羊と狼なのか?

なんで、去勢や割礼なのか?

242 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 15:51:05 ID:o7N5jXqn
純潔は相手に対する思いやりと後悔しないため。
個人的には子供を産むためでなければ、性交渉の必要はないと思います。
羊と狼は一人の人格の中に善と悪のごとく混在していると思います。

去勢と割礼はよく分かりません。


243 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 16:36:49 ID:30YI6prf
割礼問題は初期のキリスト教でユダヤ教徒と、ひと悶着あったらしい
現代でもイスラエルのあたりは色々な宗教の聖地が密集してるからお互いの文化や思想の住み分けが大変だろうね。

244 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 16:51:32 ID:o7N5jXqn
どこぞやの鍵の開け方がキリスト教とイスラム教とあと確かユダヤ教だったかな、そのあたりで調整してるのをNHKで見た記憶が。


245 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/30(水) 17:28:17 ID:lTmfc2cO

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



246 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 17:54:38 ID:0r3N/Bjx
>>217
>ダニエルは早く、ヤコブ=イスラエルの話を終わらせてほしい。
>ここで、どれぐらいのことを言うのか、期待している。
>まさか、そのまんま感想ではないでしょうね?

どのあたりのことを期待しておられるのかな?

神との格闘のことでしょうか?
それとも、ヤコブの見た天にかかるハシゴのことでしょうか?
それとも、イスラエルという名前をもらったことでしょうか?

あんまり語らないようにしようかとも考えていますが、
リクエストや質問があれば、深く突っ込んで書くかもしれないです。


247 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 18:16:25 ID:JEgsvr0q
サタンとは、サマエルである。
バルク黙示録では、アダムにぶどう酒を飲ませた存在である。
創世記のエバに知恵の実を食べさせた蛇と同一視され、サタンの別名でもある。

イエスの死後、サタンは、ユダヤ系新約に数多く登場する。
サタン(サマエル)は、悪魔であり、ヤハウェの敵であり、滅ぼすべき存在となる。

では、質問だが。。。
イエスに洗礼を授けたヨハネは、エッセネ派であり、クムランで、多数の
修道者を育てていたが、そのエッセネ派では、サマエルは、火曜日の神である。
つまり、エッセネ派では、そのサタン(サマエル)を神としていた事になるが?
この矛盾を、どう説明する?

248 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 18:22:29 ID:0r3N/Bjx

イサクが長子権のことについて、神に祈っているという箇所が
見当たらないことが、僕にとっては驚きです。

このことについて、リベカの方が悩んでいて
神に祈ったのです。

イサクはエソウが仕留める獲物の肉が好きだったから
エソウを愛した、と聖書に書いてあるのですが、
こんなことでよかったんでしょうか。

イサクという人物について、あまりにも素朴というか
何も考えていないような印象を受けるのは僕だけでしょうか。

しかし、神はアブラハムの正妻からの血筋であるイサクを
愛しておられるようです。
神のイサクに対する評価は、父アブラハムの功績によるのでしょうね。


249 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 18:28:21 ID:JEgsvr0q
イエスに洗礼を授け、新約で登場するヨハネとは、エッセネ派であり、ミトラ教の司祭である。
ミトラ教では、サマエルは、シャマールであり、火曜日の神である。

火曜日は、エッセネ派にとって、「神をたたえる日」である。

イエスに洗礼を授けたヨハネは、ユダヤ系キリスト教では、エッセネ派と呼ばれるが
本当の姿は、

ミトラ教そのものである。


250 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 18:36:36 ID:0r3N/Bjx

■創世記27:9〜10
家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。
わたしが、それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、
それをお父さんのところへ持って行きなさい。
お父さんは召し上がって、亡くなる前にお前を祝福してくださるでしょう。」

***** 感想 *****

リベカが、このような手段を使わざるをえなかった理由を考えるに、
イサクが物分りの悪い頑固者だったのではないか、と僕は推測します。
「だって、獲物の肉が好きだから、おいらはエソウが好きなんだい。」
などと言って、言うことを聞かないんじゃないでしょうか。
リベカほどの信仰のある女性にとっては、イサクという男は
どのように見えてたんでしょう。

251 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 18:40:10 ID:0r3N/Bjx

■創世記27:11〜12
しかし、ヤコブは母リベカに言った。
「でも、エサウ兄さんはとても毛深いのに、わたしの肌は滑らかです。
お父さんがわたしに触れば、だましているのが分かります。
そうしたら、わたしは祝福どころか、反対に呪いを受けてしまいます。」

***** 感想 *****

エソウは毛むくじゃらで、ヤコブはすべすべだったのですから、
いくらイサクが目が見えなくても、そこで見分けがついてしまうのです。


252 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 18:43:35 ID:0r3N/Bjx

■創世記27:13
母は言った。
「わたしの子よ。そのときにはお母さんがその呪いを引き受けます。
ただ、わたしの言うとおりに、行って取って来なさい。」

***** 感想 *****

リベカの、この胆の座り具合は、たいしたものです。
夫イサクから呪いを受けようとも、神の言葉を成就しようという
強い強い決意を感じる言葉ですね。


253 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/30(水) 18:47:57 ID:0r3N/Bjx

ヤコブは、このあたりでは、少し尻込みしているのですが、
リベカは、美しい女性だったのにも関わらず、大胆不敵です。

女は強いのです。


254 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/30(水) 19:12:48 ID:s5yQzcCs
>>250
>「リベカほどの信仰のある女性」にとっては、イサクという男は
>どのように見えてたんでしょう。
これが、幼子の様な読み方なんだってさ...キリスト教と言う教団が
如何にインチキ教団か判るだべ...泥棒が人に盗みなんかするなと
言ってるのと同じだべ

255 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/30(水) 19:37:24 ID:s5yQzcCs
>>250
>「リベカほどの信仰のある女性」にとっては、イサクという男は
>どのように見えてたんでしょう。
このやり方と言うのは、キリスト教団がアホを洗脳していく為の手法
なんだよ...
リベカがホンマに信仰深い女性だったかどうかなんて全く判らないだろ
それを判断するのは、相当な論議が必要だし、そもそも信仰が深いと言
うのは、どう言う事かと言われると、殆ど説明不能だと思うw...
だから、キリスト教団は好んでマイコン用語として使うんだよ。
リベカは信仰深いという言葉で、信仰という言葉をアホ信者に刷り込んでいく
んだよ...それで、イサクを重んじなかったり、ヤコブを嗾けてイサクを
騙したり、どうしようもないエゴイストだったり、気が強かったりと言う
側面をマスクしたがってるんだよ...これがキリスト教徒の言う「幼子」
の様な読み方の事だよ..キリスト教団が洗脳するから幼子の様になって
騙されてくれと言いたいんだよ


256 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 19:40:16 ID:uP5pzmw0
いやあ、目くそ鼻くそだと思うよ。
聖書信じてる分だけダニエルの書き込みのほうが聖書に書いてあることをそのまま受け止めてると思う。
個人的な感想はあくまで個人的感想ってことでアリなんじゃない?

聖書は作り話の寄せ集め なんてしたり顔でいい気になってる奴にはかなわんよ。

257 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 20:54:26 ID:JEgsvr0q
>>256
>いやあ、目くそ鼻くそだと思うよ。
>聖書信じてる分だけダニエルの書き込みのほうが聖書に書いてあることをそのまま受け止めてると思う。
>個人的な感想はあくまで個人的感想ってことでアリなんじゃない?
>聖書は作り話の寄せ集め なんてしたり顔でいい気になってる奴にはかなわんよ。

人の事を、目くそ鼻くそと言う、お前を見てて、真実を見抜けない奴が、
何ほざいてると思ってる俺が、通りますよ。

258 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 21:58:02 ID:VEW6Mq4y
>>257
またお前か。
ミトラとか何とか言ってる奴だろ?
お前に言われるまでもなく俺は耳くそだよ。
ということでお前は「糞」な。

259 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/30(水) 22:02:21 ID:lTmfc2cO

兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、
ぜひ次のことを知っておいてほしい。


イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、
イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。


主の言葉にもとづいて次のことを伝えます。主が来られるまで生き残るわたしたちが、
眠りについた人たちより先になることは、決してありません。


すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、
主ご自身が天から降(くだ)って来られます.


すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、
わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれ引き上げられます。


このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。
ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい。(テサロニケ4-13〜18) (^^)



260 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:04:59 ID:JEgsvr0q
>>258
>またお前か。
>ミトラとか何とか言ってる奴だろ?
>お前に言われるまでもなく俺は耳くそだよ。
>ということでお前は「糞」な。

ハイハイ、真実を見れないユダヤ系クリスチャンから、今度は「糞」を頂きました。

豚、犬、蛇のコレクションに、糞が増えました。

まあ、自分のユダヤ系キリスト教の教義とイエスの言葉の意味すら理解せず、
人をさげすむ馬鹿に、真実などわかるはずが無い と思ってる俺が通りますよ。

261 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:16:50 ID:YOXlscgY
>>260
お子ちゃまは歯磨いてクソして寝ろ。
お母ちゃん泣かすなよクソガキ。

262 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:21:38 ID:JEgsvr0q
>>261
>お子ちゃまは歯磨いてクソして寝ろ。
>お母ちゃん泣かすなよクソガキ。

ハイハイ、こうやってこっちがレベル落とすと、からみ出すユダヤ系クリスチャンって

ほんとに、カワイイ と思う俺が通りますよ。


263 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:22:16 ID:YOXlscgY
>>260
でお前大病患って修羅場くぐり抜けた奴だろ?
少なくとも家族か医者は信頼したんだよな?
それともいまだに誰も信頼したこと無いか?

264 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:25:39 ID:YOXlscgY
>>262
そんなんでレベル落とせてると思ってんのか?
お前の高飛車な気持ちが書き込みの端々に現れてるぜ。
全然レベル落とせてねえ。

265 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:29:31 ID:JEgsvr0q
>>263
>でお前大病患って修羅場くぐり抜けた奴だろ?
>少なくとも家族か医者は信頼したんだよな?
>それともいまだに誰も信頼したこと無いか?

ハイハイ、以前に、俺が話した事の意味を理解してない奴が出てきたな

と思ってる俺が通りますよ。
(俺も、下らない奴と話してるな。〜(mToT)/~~~ サラバジャー )


266 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:32:14 ID:YOXlscgY
>>262
だからお前は俺みたいなレベルの低い人間とはやり合え無い。
俺はレベルの低い所から、言ってみればしゃがみ込んでお前のスネ叩いてんのよ。
でもお前は身を屈めてスネを守れない。レベル落とせないから。
俺はお前のスネ殴り放題。

それでも構わないならトコトンやり合おうぜ。

267 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:34:21 ID:YOXlscgY
>>265
種明かししてやったのに逃げるのか。
もうネンネの時間か。

268 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/30(水) 22:34:59 ID:lTmfc2cO

☆さて、おわかりでしょうか。 おきての命じることを実行して、神様に正しい者と認められようとしてもむだです。
私たちが神様のおきてを深く知れば知るほど、自分が従っていないことが明らかになるからです。


神様のおきては、私たちに、自分が罪人であることを自覚させてくれるだけです。
 しかし今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。


その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません
〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、実際には新しい道とは言えませんが〕。


神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
 どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。 そうです。 すべての人は罪を犯しました。


神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。 けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。
 このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ 3:20-25)



269 :神も仏も名無しさん:2008/07/30(水) 22:59:45 ID:YD6XUyRg
ヘビは人間に禁断の実を食わせて罰を受ける前は
どんな姿かたちをしていたのでしょうか。

270 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/31(木) 00:33:08 ID:eQJ6iT1J
>>269
>ヘビは人間に禁断の実を食わせて罰を受ける前は
>どんな姿かたちをしていたのでしょうか。
ヘビは太古の昔からそんなに姿形は変わってません。
創世記のイブさんを唆したヘビはアッシリア王国の事です。
アッシリア王国の変遷については、歴史書で勉強してください。
イブさんはイスラエルの北10国の事。アダムは南の2国の事です。

271 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/31(木) 00:39:42 ID:eQJ6iT1J
リベカさんを信仰深い女にするには、多分相当な論議があったと
思いますよ...アホ信者はそんな事はどうでも良いんだろうが...
こんなアホ女を「信仰深い女」なんて言ってるんだから、大体オツム
の程度が判ってしまうんだけどね....現代だったら最も
批判されて馬鹿にされる女のタイプですw...こんなアホ女を
「信仰深い女」なんて言うのはアホ臭いからヤメロと言う論議は
相当あったと思うけど、そんな事は末端のアホ信者までは行かない
よ、それがキリスト教団だよ

272 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/07/31(木) 01:20:20 ID:eQJ6iT1J
それでも、明日からまた
 @イサクは主から選ばれた
 Aヤコブは主から選ばれた
 Bリベカは信仰深い美しい女だった。
なんだろ。キリスト教団の教科書にその様に書かれてるんだろ。
アホ信者は、それしか知らないんだよ。それを繰り返す事が
信仰だと叩き込まれてるんだよ...

273 :999:2008/07/31(木) 01:27:07 ID:49vMeVFL
ココモさん どうした!?
元気がねぇだよ・・・

274 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 14:09:55 ID:e977BiRU
リンゴ好い加減にしろ!人間の言葉で勝手な解釈してんじゃねえよ偽善者がww
山上の説教で我の言うことを聞き行う者は岩の上に家を建てた賢い者に例えられるなりって
書かれてるだろうが!!www
リンゴいわく神の言葉を聞いて守るのが悪いことなんだとよwwwww

275 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 14:14:15 ID:e977BiRU
例え話の真意を説くのと過った解釈するのは全然ちがうようなwww

276 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/31(木) 17:38:42 ID:VCHOHCVG

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



277 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:08:52 ID:Hvlkpdxh
喉元過ぎればなんとやら

278 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:13:19 ID:Hvlkpdxh
>>276 だから、その事跡を通してあなたは何を言いたい?教訓か?比喩か?暗示か?

279 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:16:06 ID:Hvlkpdxh
ニュートンの林檎じゃ何も伝わらないぞ。(反語)

280 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:23:28 ID:Hvlkpdxh
喉元過ぎれば熱さも忘れる。

281 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:25:30 ID:Hvlkpdxh
愚かなるものは 未知(単に未だ知らないということ)なるものへの拒否を示す 知ろうという努めもなさずに

282 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:34:22 ID:Hvlkpdxh
今その時に分かる答えしか求めない。答えは答えであって、解き明かすものではない。だから答えを与えても解るはずがない。真の解ではないが分かる答えを与えたにも関わらず、同じ愚を繰り返し続ける!

283 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:35:14 ID:Hvlkpdxh
なら言わせて頂こう!感謝が足らぬな!感謝が!(あれで全てが解き明かせたか!)

284 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 20:54:50 ID:Hvlkpdxh
先日の山の件が絡んでいるな。どこかにとってそこは恥部でしかない。

285 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/07/31(木) 21:14:27 ID:q94JtwP7
ダニエル氏に質問なんだが・・・

創世記30章14-15
  小麦の刈り入れのころ、ルベンは野原で恋なすびを見つけ、母レアのところへ持って来た。
 ラケルがレアに「あなたの子供が取って来た恋なすびをわたしに分けてください。」と言うと、
 レアは言った。「あなたは、わたしの夫を取っただけでは気が済まず、私の恋なすびまで取ろ
 うとするのですか。」「それでは、あなたの子供の恋なすびの代わり、今夜あの人があなたと
 床を共にするようにしましょう」とラケルは答えた。

つまるるところ、恋なすびとは・・・あれですかwww
しかもレアの息子は知ってか知らずかはどうですが、母の喜ぶ恋なすびを摘んでくるとはww
もしかしたら母の恋なすび使ってるとこ見てるのかなあwww

自分の母が使ってるとこ、見たくないし、想像したくない。。。。

286 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/07/31(木) 22:16:43 ID:VCHOHCVG

イエスについては、預言者たちもみな、この方を信じる者はだれでも、
その名によって罪の赦しが受けられる、とあかししています。 (使徒 10ー43)


287 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/31(木) 22:17:41 ID:Wg0Emwu2
>>285

『恋なすび』というのは、マンドレイクという名前の
空想上の植物とされています。

旧約聖書には、不思議な生物が登場してきますが
これも、その一つですね。

とにかく、ある種の植物であるのは間違いないでしょうね。



288 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/31(木) 22:27:31 ID:Wg0Emwu2

『マンドレイク』という名前の植物が本当にあるようですね。
塊根が人間の形をしている不思議な植物ですね。

アルカロイドを含んでいるようなので、現在で言うところの
スーパーマッシュとか、マリファナみたいな使われ方をした
媚薬みたいなものだったんでしょうね。

★『マンドレイク』ネットで見つけました。すごい形ですね。
こんなものが自然に出来るとは不思議です。
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6455


289 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/31(木) 22:33:54 ID:Wg0Emwu2
★訂正

スーパーマッシュじゃなくて、マジックマッシュね。



290 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/07/31(木) 22:43:11 ID:Wg0Emwu2

こんな子供みたいな形をしていて、しかもアルカロイドも含まれているので、
これを食べれば『子宝』に恵まれる、みたいな感じだったんでしょうかね。

こんな植物を見つけたら、子供は喜んで掘って、持ってきそうです。


291 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:11:46 ID:49vMeVFL
うぉぉ なんじゃこれは・・・
ハリーポッターにでてきた 変な植物 と似てるな
これがモデルだったのか

292 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:14:41 ID:Hvlkpdxh
皆に質問だぞ?お前達は何時でも誰とでも全く同じように話すのか?

293 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:25:16 ID:Hvlkpdxh
相手との信頼関係は?相手への伝わり方は?相手の受取り方は?相手の理解の仕方は?話方はいつも同じか?へぇ〜。もう、あほらしいな。賢いひとは他人の戯れ事に聞耳立てて一々我が事のように反応している『暇』などないな!

294 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:25:58 ID:Hvlkpdxh
山越えするには邪魔だな。

295 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:29:44 ID:49vMeVFL
>>292 >>293
?????

296 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:30:36 ID:Hvlkpdxh
>>283 確にあったんだかな。あちこちの方面から。まるで漫画のように。嫉妬(これも確に)らしきものも。でも、真相は前に言った通りにしておこう。しておいてくれ。とんだ、笑い話だ!(だから捨て置け!)

297 :神も仏も名無しさん:2008/07/31(木) 23:33:30 ID:Hvlkpdxh
>>283 確にあったんだがな。あちこちの方面から。まるで漫画のように。嫉妬(これも確に)らしきものも。でも、真相は前に言った通りにしておこう。しておいてくれ。とんだ、笑い話だ!(だから捨て置け!)

298 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/01(金) 00:16:23 ID:rLMnS3Sy
誰の文章かは伏せておくね...
アホのキリスト教徒に読ませたら、「昔の人は賢かった、神を信じて
いたのれす」って言いかねないからね

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物*は、
日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。
予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、
海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、
やゝ年も暮、春立る霞の空に、白川の関こえんと、「そヾろ神」の
物につきて心をくるはせ、「道祖神」のまねきにあひて取もの手につかず、
もゝ引の破をつヾり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月
先心にかゝりて、住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
 


299 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/08/01(金) 00:19:01 ID:mTdzXW4e
>>298
そんな小難しいもんじゃあないのでは??
つまるところ、ただの直径4〜5cmぐらいの茄子では?
当然使われ方は色々・・・まあ、食べるか、出し入れしておもちゃとして使うかと・・・
太古の昔から、、、つまり・・・(声を大にして)オ・ナ・ヌーーーー!かと♪

300 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 00:27:31 ID:RzzSls69
>>283 啓示

301 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 00:30:34 ID:RzzSls69
前に言った通りのオチで済ませましょう。

302 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 00:31:50 ID:RzzSls69
もうないから。

303 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 00:36:58 ID:RzzSls69
なんてさっ

304 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 00:51:20 ID:NZfNCqOS
>>298 は何故キリスト教徒を執念深く攻撃するのか。



305 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/01(金) 01:49:52 ID:rLMnS3Sy
>>298 は何故キリスト教徒を執念深く攻撃するのか。
何百回言っても何一つ理解しようとしない愚かな人間には
言い続ける以外あるまい。

306 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 01:59:59 ID:RzzSls69
鼠の躾を忘れているようだな。

307 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/01(金) 02:04:43 ID:rLMnS3Sy
>>298 の文章は松尾芭蕉の「奥の細道」だけどね...
これがアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
松尾芭蕉は「神の奇跡を垣間見た」なんて言い出すんだよ
別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
松尾芭蕉は「神をスンズタのれす」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
松尾芭蕉は「松尾芭蕉はタダスイ」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
紫式部は「美しいく神を崇拝した女性」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
和泉式部は「美しく清らかで神を崇拝した女性」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
****は「神を崇拝した」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
****は「神を崇拝した」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
****は「神を崇拝した」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
****は「神を崇拝した」だし
また別のアホ教団のシナリオライターに取り上げられたら
****は「神を崇拝した」だし

いう事が決まってるんだよ...




308 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:06:59 ID:cAhj4JOK
>>305
正解!

309 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:11:01 ID:RzzSls69
いや勘違いか?聖地などではまったくなかったのだな。あっちをガリガリこっちをガリガリ。穴が広がる一方だ!

310 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:13:07 ID:RzzSls69
その地はみずから

311 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:16:18 ID:RzzSls69
呪いを解くべきではなかったな。新たな呪いを招き込んだだけの話だ!

312 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:31:21 ID:RzzSls69
丘の上では水が絶たれしとき実は枯れよう

313 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:34:29 ID:RzzSls69
始まりの一つによって

314 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:44:09 ID:cAhj4JOK
傍観者が、語り出すと始末におえん。自分の無知を悟られる前に、去ったほうが身の為だ。

血の滲む努力無しに、2000年の迷いを断ち切れるものか。

傍観者は、静かにしているものだ。さもなくば戦うか。その勇気が無ければ去れ。



315 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:54:37 ID:RzzSls69
>>314よ。私(〜>>313)に言っているのか?傍観者は汝等なり。ために私のいのちは擦り減る。

316 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:54:40 ID:cAhj4JOK
>>309->>313




お前の事だ。

317 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 02:58:09 ID:cAhj4JOK
>>315
こいつは、カラッポだ。
以後、スルーさせてもらうよ。おやすみ。


318 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 03:07:28 ID:RzzSls69
>>317 かくして、終りの時は導かれり。いずれ知ろう。 感謝が足らんな!

319 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 03:10:47 ID:RzzSls69
はじまりはある仕事からだ。

320 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 03:28:16 ID:HN/JNY9/
さあ。ぶり返しは誰のせいだ?
ことはお隣の国では収集のつかないところにまで
及んでいるというのに。
お前のせいだぞ。次の言葉は。

食べ物の問題だけじゃ収まらないから、
お次は戦争ゴッコだと(笑)



321 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 09:59:49 ID:RzzSls69
>>317 よけいなところに口を突っ込むな。「誰のせい」とはお前なんかではない。では誰のせいだ?

322 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 10:02:53 ID:RzzSls69
しかし、きっかけは些細なことだが『無神経なこと』から。

323 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 16:20:56 ID:92CrHH1u
サロメの首切りのシーンでは、香田がオーヴァーラップしてしまうの
ですが、サロメは基本的にわるくない、ヘロデア、ヘロデヤがわるい
ような気がしませんか?
エデンの園に、大麻は自生していたのでしょうか?
だから、楽園だといわれたのか?

324 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/01(金) 17:08:13 ID:OyMWtPve

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



325 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 17:38:54 ID:FB9NOTu0
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
    http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
    http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392
    ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
    http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035



326 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 21:15:31 ID:RzzSls69
1.科学的証拠の更に厳密なる追求・結果の公表 2.単なる不安さ 3.自己表現 1×→2△→3!

327 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:44:25 ID:NZfNCqOS
>>305
既に知ってると思うけど、キリスト教は迫害されればされるほど強くなるよ


328 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 22:50:19 ID:cAhj4JOK
>>327
ユダヤ系クリスチャンは、迫害する者をサタンと呼ぶが、本当のサタンが誰なのか。
知る由も無い。

329 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 23:06:13 ID:NZfNCqOS
>>328
もちろん知る由はない。おれは迫害する人ら全部をサタンとは思っていないよ。


330 :神も仏も名無しさん:2008/08/01(金) 23:20:56 ID:2L6n7Jy3
○○さん=サタンとか考えるのは危ない考えじゃないんですか?
迫害されていたり信仰を妨げる圧力みたいなのをサタンの働きだと言うことはあっても、○○さん=サタンはないですよね。
そういうことを言われたらその思想は危ないと思った方がいいのではないかと思います。


331 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 00:11:51 ID:TlWcYYRz
>>329 >>330
お2人に質問だが。。。
旧約と新約で、サタンの意味が変わってるが、何を指してサタンであり、何を指して試練である。
と区別してるのかな?

サタンの仕業だとしたら、その時は、どう対処するのが、いいのかな?
試練だとしたら、どう対処すればいいのかな?

なぜ?俺がこんな事を聞くかと言えば、ほとんどのユダヤ系クリスチャンは、根拠なしに
気分で、使い分けてると、思うからさ。

サタンの意味を、深く考えて見てよ。

332 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 00:28:14 ID:H2x22XYr
前スレ968
■創世記26:24
その夜、主が現れて言われた。
「わたしは、あなたの父アブラハムの神である。
恐れてはならない。わたしはあなたと共にいる。
わたしはあなたを祝福し、子孫を増やす。わが僕アブラハムのゆえに。」

イサクに対して神が直接「あなたの父アブラハムの神である。」「わたしはあなたと共にいる」と言ってます。

333 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 00:28:50 ID:H2x22XYr
>>6
■創世記26:28
彼らは答えた。
「主があなたと共におられることがよく分かったからです。そこで考えたのですが、
我々はお互いに、つまり、我々とあなたとの間で誓約を交わし、あなたと契約を結びたいのです。
■創世記26:29
「以前、我々はあなたに何ら危害を加えず、むしろあなたのためになるよう計り、あなたを無事に送り出しました。
そのようにあなたも、我々にいかなる害も与えないでください。あなたは確かに、主に祝福された方です。」

***** 感想 *****

アビメレクは、イサクが祝福されている事を通して「主」が存在している事。
「主」はイサクと共にいる事を理解したようです。
アビメレクは、イサクを追い出したままの状態だと、「主」と友好関係にないと感じたのでしょうか・・・
イサクと契約を交わしたいと願うアビメレクの心の中に「主」にたいする恐れの気持ちがあったのかも知れません。
箴言には 1:7 「主を恐れることは知識のはじめである、」と書かれています。


334 :330:2008/08/02(土) 00:32:36 ID:6nDu/bXk
聖書(新共同訳)にはサタンは中傷するものと書かれていますが、分かりやすく言えば神様との間に隔たりを作るものと言えば、新旧通して筋が通るのではないでしょうか。
悪いものを言うよりは聖霊さまを求めた方がいいと思います。


335 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 00:39:29 ID:H2x22XYr
>>7
■創世記26:30
そこで、イサクは彼らのために祝宴を催し、共に飲み食いした。

***** 感想 *****

アビメレクもイサクも柔軟な人のように感じました。

アビメレクは、神に対する恐れがあるような感じなんですね。
先にイサクを追い出した自分の行動がよくなかったと感じたのでしょうか?
とにかく「主」が共におられるイサクと友好関係にある方が、正しいと思ったんでしょうね。
追い出した手前、イサクに逢いにくかったと想像するのですが、それでも、イサクに逢いに行く
そのアビメレクの姿勢にへりくだりのようなものを感じます。

イサクの心の中は分かりませんが、
見る限りでは、苦い過去にとらわれず、アビメレクを受け入れてるように感じます。

336 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 00:40:40 ID:TlWcYYRz
サマエルとは、サタンの別名である。カマエルと呼ばれる事もある。
このサタン(サマエル)はバルク黙示録では、アダムにぶどう酒を飲ませた存在である。
創世記のエバに知恵の実を食べさせた蛇と同一視される存在だ。

イエスの死後、サタンは、ユダヤ系新約に数多く登場する。
サタン(サマエル)は、悪魔であり、ヤハウェの敵であり、滅ぼすべき存在となる。
ユダヤ系クリスチャンは、自分達を誹謗中傷する人間に対して、あれはサタンの
働きだとする人が多い。それほどサタンは、憎みべき存在な訳だが。

では、質問。。。

イエスに洗礼を授けたヨハネは、エッセネ派であり、クムランで、多数の
修道者を育てていた。そのエッセネ派では、皆さんがサタンと呼んでいる
サマエル(サタン)は信仰の対象であり、火曜日の神である。

つまり、ヨハネやイエスは、ヤハウェ以外の神を崇拝していた事になる。

一神教であるユダヤ教で、他の神を信仰するのは、疑問とならないのか?
しかも、クムラン洞窟では、会堂はあっても、神殿も、捧げ物をする祭殿も
一切無いのだ。

この謎を説明して欲しい。

337 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 00:43:16 ID:zeYnLcfm
>>331
サタンは人が信仰を持たないように全力で阻止しようとする。
試練とは神からのメッセージだと思うよ。
人は弱いときにしか神を見出せない。「健康な人に医者はいらない」
とはまさしく。
サタンの対処は信仰
試練の対処も信仰
信仰を持って神に委ねれば、悩みは悩みでなくなる。
ちなみに1億の借金が信仰を持てば0になるってことはないw




338 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 00:55:54 ID:H2x22XYr
>>9
ベエルシェバは、同一の場所らしい・・・・?
以下、どっかからの引用です。

■ベエル・シェバ (〈ヘ〉beer seba) イスラエルの最南端にあるネゲブの町.
この名の意味は定かでないが,「7つの井戸」と思われる.
これはアブラハムがアビメレクと井戸のことで誓った時に与えた7頭の子羊に由来している(創21:25‐31).
ベエル・シェバはヘブロンから南方へエジプトに通じる道路と,アラバから北西へ地中海に至る道路との合流点にある.
それゆえ,どの方向に向かうものでも,行き交う隊商はここを宿場にしていたに違いない.
ハガルはこの近くの荒野を,サラから逃れてさまよった(創21:14).
アブラハムはペリシテの君主アビメレクと同盟を結び(創21:32),
またイサクをささげよという試練の後,ここに居を定めた(創22:19).
イサクも家畜の大群を伴い,旅の途中でここに滞在した(創26:33).
また,ヤコブは長い間別れていた息子ヨセフと再会するためにエジプトに下る途中,ここで神と出会った(創46:1‐2).
イスラエルのカナン征服後,ベエル・シェバはユダ族のものとなり,それからシメオン族へ割り当てられた.
ここがイスラエルにとって重要な位置を占めていたことは,サムエルの2人の息子ヨエルとアビヤが治めていたことからも分る(Tサム8:2).
アハブ王の妻イゼベルの怒りから逃れた預言者エリヤは,神の山ホレブへ行く途中で,ここに立ち寄っている(T列19:3).


339 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 01:00:31 ID:zeYnLcfm
知識の議論は神の前では無意味。
おれを含め馬鹿なやつが先になる。


340 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 01:11:55 ID:H2x22XYr
>>53
■創世記26:34
エサウは、四十歳のときヘト人ベエリの娘ユディトと
ヘト人エロンの娘バセマトを妻として迎えた。
彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種となった。

***** 感想 *****
エサウ、40歳でケコンしてます。
そういえば、イサクも40歳でケコンしてました。
ヘト人ってもしかして、カナンの娘になるんかね?(創世記10章15 カナンには長男シドンとヘト、)
24章でアブラハムは、息子に対してカナンの娘を嫁にしない様にしているのに、
イサクから、エサウに対しては、アブラハムの信仰が継承されてなかったのでしょうかね。
悩みの種とか書いてるけど、父親にも責任がありそうだな。

341 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/02(土) 01:16:49 ID:H2x22XYr

       ∧,,∧
       (,,・ω・)   ∧,,∧
   ∧∞∧ミつとミ,,'''"(;;・ω・)
   ミ ・ω・ミ ̄〜''、,,,,,,,つとミ    ∧,,∧
   ,ミ ,,⊃\____∧,,∧_\,,,ミ・ω・∩
 @ミ,,_ゞ ※ ※,'´ミ ・ω・ミ ※ヾ∪,,,,,,,'丿
     \,,`ー─,人,,つと,ミ`ー─-ヽ,


342 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 01:17:27 ID:RnFmVRm9
消化不良だな… まだなにも口にさせてもらっちゃないが ・ ・ ・

343 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 01:23:27 ID:Y6DJ80Bd
>>341

猫って可愛いよね?
でも猫が子供の時から一緒に飼わないと、こんなにも仲良くならない気もする

344 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 01:42:36 ID:TlWcYYRz
>>337
>サタンの対処は信仰
>試練の対処も信仰
>信仰を持って神に委ねれば、悩みは悩みでなくなる。

その通りだね。これが「一神教」のわな、なんだよ。
絶対者を批判する者は、敵対する者か、信仰から引き離そうとする者となる訳だ。

裸の王様の物語と一緒なんだよ。
王様は、「馬鹿やうそつき」には見えない布を渡される。
王様は、見えないんだが、「見えない」と言うと「馬鹿やうそつき」になってしまう。
だから、裸なんだが、服を着てる振りをする。
廻りの人間も、王様は裸にしか見えないが「馬鹿やうそつき」にされるのは困るから
黙っている。

一神教は、我こそは神であるって、言い切った奴の勝ちなんだよ。

古事記や日本書紀も同じさ。我こそは、神の子孫である!
って言い切れば、それに反論する者は、神側から見れば、敵対するか
引き離す力にしか見えないんだ。

これが、一神教のマジックなんだよ。
君たちユダヤ系クリスチャンは、裸の王様なんだよ。
証明されていないヤハウェは、見えない布と同じだよ。

それを見ぬくのが、イエスの本当の知恵であるトマスやフィリポなんだよ。
ちゃんと、服は着るもんだよ。



345 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 01:51:39 ID:tq6NZyWH
>>344
>それを見ぬくのが、イエスの本当の知恵であるトマスやフィリポなんだよ。
>ちゃんと、服は着るもんだよ。
んデ、トマスやフィリポは何て言ってるの?

346 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 01:56:59 ID:tq6NZyWH
>>344
>それを見ぬくのが、イエスの本当の知恵であるトマスやフィリポなんだよ。
>ちゃんと、服は着るもんだよ。

トマスやフィリポと言われても、トマスとフィリポは全然違うと思うが
それと、正典の福音書との違いを詳しく説明して欲しいんだけど
それと、ユダヤ系キリスト教団とさかんに言われるが、どの人達の事なのか
よく判らない...ユダヤ系キリスト教団と言うもののプロパティを
教えて欲しい

347 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 02:15:09 ID:TlWcYYRz
>>346
>トマスやフィリポと言われても、トマスとフィリポは全然違うと思うが

正直に言えばいいじゃん。トマスやフィリポ読んだ事無いって。
もしくは、読んでも意味解りませんって。それが正直ってもんだろ。

ユダヤ系キリスト教とは、ユダヤ人の手前味噌なでっち上げの旧約と
シンクレティズムな宗教開放者のイエスを無理やり新約でつないで、
世界で一番殺戮をくり返し、土地の搾取をし、文化財を破壊しても、
そんな事は昔の事として、

俺の事を、犬、豚、蛇、糞と蔑みコレクションを増やしてくれるイエスの言葉を
理解する事さえ出来ない連中の事だよ。

348 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 02:21:14 ID:TlWcYYRz
ゴメン、ココモかw
名無しと思ってた。

349 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 02:43:54 ID:RnFmVRm9
猫の誘惑にはコケそうになるけど、やっぱ犬が好きだ!心の友よ!でも、その犬に裏切られたよ〜泣泣

350 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 15:08:53 ID:tq6NZyWH
>>347
>ユダヤ系キリスト教とは、ユダヤ人の手前味噌なでっち上げの旧約と
>シンクレティズムな宗教開放者のイエスを無理やり新約でつないで、
>世界で一番殺戮をくり返し、土地の搾取をし、文化財を破壊しても、
>そんな事は昔の事として、
僕の知ってるユダヤ系キリスト教徒と言えば、エルサレムの原始教会
やマタイ福音書の古い部分を編じた人達だけど、どちらも実質消滅してるよ
現代のユダヤ人キリスト教団と言えば、正教会系のエルサレム教会だろか?



351 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 15:14:16 ID:tq6NZyWH
>>347
>正直に言えばいいじゃん。トマスやフィリポ読んだ事無いって。
>もしくは、読んでも意味解りませんって。それが正直ってもんだろ。
僕がトマスやフィリポを読んでるか、理解してるかどうかって
どうやって判断するんだ?
ただ常識的には、文章を理解していないと翻訳は不可能だと思うが...


352 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 15:19:10 ID:6nDu/bXk
聖書には悲惨な現実も書かれてはいるけど、聖書が原因で殺戮が起きたのではないでしょう。
信仰があっても人間は判断を間違うと、それはどの宗教をとっても同じです。

353 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 16:27:33 ID:T7WTpM50
>>352
そうやって、聖書は一切批判できず、すべての責任を専ら他の人間に押し付ける
ことこそ、聖書の教え、聖書の思想の結果なのです。
聖書のイエスの言葉は、殆どすべて、「自分の気に入らない他者に対する非難」
とセットになっているではありませんか。争いが生じないことのほうが不思議
でしょう。
宗教が原因ではない、生存のための殺戮は、多分に偶発的で小規模であり、
相手を皆殺しにしては自己の生存にとっても不利であるという計算が働き、
しかも、すべての人間の肉体的本能としての「自他の死への恐れ」と「他
者への憐れみ」という、根源の神としての生存本能(生命)による自動制御が
作動するから、適当なところで妥協や和解が可能です。
しかし、宗教観念によってこの肉体的本能が破壊された「神のための」争い
では、この自動制御が働く余地は無く、相手を皆殺しにするまでは、止めるこ
とは不可能になります。
史上そして現在の、宗教戦争(自分の神のための戦争)の実態を、冷静に観察
してください。
勿論、戦争には種々の要素が関連するが、「人間にあらざる神」が最大の
原因、すくなくとも最大の憎悪要因であることは否定できません。
一神教の「聖地」である中東で、殆ど毎日のように続く「神のための」の
大虐殺を目を背けずに注視してください。すべて宗教が主要な原因である
ことは、明らかではありませんか。
アフリカにおける大虐殺も、その主導者は、キリスト教の指導者です。旧
ユーゴにおける、一神教の宗教・宗派入り乱れての、陰惨極まりない殺し
合い、アイルランドにおけるカトとプロの果てしない争いも、すべて宗教
が原因です。
人間の営みでありながら、人間にあらざる神や2000年前に死んだイエス
に最大の価値を置き、人間そのものを否定・軽視するという、宗教の巨大な
矛盾の、当然の帰結です。

354 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 16:33:32 ID:RnFmVRm9
>>352 真にその通りですね。 >>349 本物の犬と猫のことです。動物の。犬とは通じ会えたが、猫とは通じ会えず。猫には誘惑されるのみ。その他の動物にも通じ会えるものと、危険な導きをもたらすものがいました。

355 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 16:42:14 ID:T7WTpM50
>>354
イエスは、自分の気に入らない人間を、「豚」「犬」扱いしてるね。

そんなイエスこそ、神どころか、人間としても最低の、「豚」「犬」
にも劣る存在なのではなかろうか。

イエスは、「宗教者」としての資格さえもない、傲慢の塊ではないか。

356 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/02(土) 16:46:08 ID:tJGRyrFt

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



357 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 16:56:38 ID:T7WTpM50
>>356
「聖霊」とは、創造時に、すべての人間に与えれてるもの。旧約読め。

どこか外部から「ふわふわと降りてくるもの」などではないよw。

ペテロが旧約を読んでいないか、誤解したか、故意に歪曲しただけ。

358 :リンゴ ◆P1AWcg9OTs :2008/08/02(土) 17:35:49 ID:tJGRyrFt
☆さて、おわかりでしょうか。 おきての命じることを実行して、神様に正しい者と認められようとしてもむだです。
私たちが神様のおきてを深く知れば知るほど、自分が従っていないことが明らかになるからです。


神様のおきては、私たちに、自分が罪人であることを自覚させてくれるだけです。
 しかし今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。


その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません
〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、実際には新しい道とは言えませんが〕。


神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
 どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。 そうです。 すべての人は罪を犯しました。


神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。 けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。
 このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ 3:20-25)



359 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 17:48:02 ID:cNEgXAwM
※さて、おかわりでしょうか。天の御国に入るには掟を守りなさい、
すなわち、「汝殺すなかれ、汝姦淫するなかれ、汝盗む無かれ、汝嘘吐くなかれ、
汝父母を敬わぬなかれ、汝隣人を自分自身のように愛さぬなかれ」
それkら、お金を貧しい人に寄付したりしなさい・

360 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 17:54:55 ID:T7WTpM50
科学が、宗教のいかなる奇跡も及ばない発達を遂げた現代では、聖書は
すべて誤りであることが証明されている。絶版にするか、全面改訂版が
必要。

すべて神の子である人間を「罪人視」するイエスやパウロこそが、現代
では最大の罪人であることが証明されたのである。

罪人を信じる者は、罪人となる。

361 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:01:03 ID:TlWcYYRz
>>351
>僕がトマスやフィリポを読んでるか、理解してるかどうかって どうやって判断するんだ?

ココモが、トマスフィリポの解説をしてるの聞いた事がないからさ。じゃあ、婚礼の秘儀の部分で、
フィリポとトマスを提示するから、違いがあるなら、きちんと、馬鹿な俺にもわかるように説明してよ。

それ(婚礼の部屋)が隠されている限り邪悪が無力状態にある。しかし、それは聖霊の種の間(霊的人間)
から取り去られたわけではなく、彼らは邪悪の奴隷である。しかし、それが明らかにされたなら、
「完全なる光」がすべての中に流れ込むだろう。そして、すべてのものがその中で塗油を受けるだろう。
その時、奴隷たちは自由になり、捕虜は解放されるだろう。引き離されたものは一つになり、[.(信仰.義に)
飢え乾いている者.]は満たされるであろう。 婚礼の部屋に入って行くものは、すべて、光を灯すだろう。
なぜなら、それは夜行われる[..隠されてた.]結婚のように、[.(闇の中)で行われる.]のではないのだかである。
そのような光は夜のみ [.輝き..]、(昼になれば)消されるものだ。しかし、その結婚の秘儀は完全であり、むしろ、
昼とその光の中で行われるものである。その日、光は永遠に光続けるであろう。誰であれ、婚礼の子供になるなら、
彼はその光を受けるであろう。誰でもこれらの場所で、その光を受けないなら、どの場所でもその光を受けることがないだろう。
「その光を受けるものは見られることもなく、捉えられることもできないだろう」誰もこのような人間(完全な人間)を惑わすことができないだろう。
それは彼がこの世にいる場合でも、この世から出た場合でも同じことで、彼は既に模造の中で真理を受けたのである。(つまり)、この世は(永遠の)
アイオーン(諸力)になったのである。なぜなら、彼にとって、そのアイオーンは充満(プレローマ)なのだから。

このように、真理が彼に明らかになるのは、「彼一人」に明かされるような方法でしかありえない。それは闇と夜に隠されないで、むしろ、
完全なる日と聖なる光に隠せられるようなものである。    フィリポ

362 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:02:10 ID:TlWcYYRz
「その光を受けるものは見られることもなく、捉えられることもできないだろう」
婚礼の秘儀を実践し成就した者は、光の中で彼は隠されている訳だ

真理が彼に明らかになるのは、「彼一人」に明かされるような方法でしかありえない。
単独者(彼一人)としてのみ、婚礼の秘儀が成就するとしている。


------------------------------------------------------------------------------------------

彼らが彼に言った。”来てください、今日は祈り、断食しましょう”。イエスが言った。”私が犯した罪とは一体何なのか。
あるいは、私は何に負けたのかしかし、「花婿が花嫁の部屋」から出てくるときには、そのときはいつでも彼は断食し、
祈るべきである”

イエスは言われた。”像(複数)は人間に現れている。それらの中にある光は父の光の像の中に隠されている。
彼は現れるであろう。「彼の像は光によって隠されている」      

イエスは言われた。”わたしはあなたがたを選ぼう。1000人の中から「ひとり」を、
1万人の中からふたりを。そして、彼らは単独者として立つであろう   トマス

それらの中にある光は父の光の像の中に隠されている。
婚礼の秘儀を実践し成就した者は、光の像の中に、隠されている訳だ

彼らは単独者として立つであろう
単独者としてのみ、婚礼の秘儀が為し得るとしている。



363 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:03:39 ID:TlWcYYRz
ネタバレになるから、詳しくは言わないけど、この婚礼の秘儀の意味も
馬鹿な俺にわかるように説明してよ。

364 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:14:44 ID:cNEgXAwM
>婚礼の秘儀
>しかし、「花婿が花嫁の部屋」から出てくるときには、そのときはいつでも彼は断食し、
祈るべきである”

婚礼の秘技ってつまり結婚前夜には背クー酢するってことなんじゃね

365 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 18:23:08 ID:tq6NZyWH
>>363
「花嫁の部屋」については、質問箱で説明したよ...

366 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:29:02 ID:TlWcYYRz
セックルでは、ないけど。。。

解ってる人は、俺の指摘する、トマスとフィリポのこの部分の「本当の」意味を
しっかり理解してると思うよ。
この部分の理解無しに、トマスフィリポは語れないし、語ったとしても盲目な人が
溝に落ちるのと同じで、チンプンカンプンになるよ。

367 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:31:00 ID:TlWcYYRz
>>365
>「花嫁の部屋」については、質問箱で説明したよ...

どこさ?


368 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 18:31:39 ID:tq6NZyWH
>>364
>婚礼の秘技ってつまり結婚前夜には背クー酢するってことなんじゃね
ハイハイ....
トマスで言えば、22節 (自分のwebから)
イエスは乳を飲んでいるいくにんかの幼な子をごらんになった。そして彼は弟
子たちに言われた。”乳を飲んでいるこの幼な子たちは神の国に入る者たちに似
ている”。彼らは彼に言った。”それではわたしたちは幼な子として神の国に入
るのでしょうか”。イエスは彼らに言われた。”あなたがたがふたつのものを
ひとつにするとき、そして、内を外のように、外を内のように、上を下のよう
にするとき、そして男性と女性とをひとつにし、男性がもはや男性ではなく、
女性が女性ではないようにするとき、そしてひとつの目の代わりに目を、ひと
つの手の代わりひとつの手を、一つの足の代わりにひとつの足を、ひとつの像
の代わりにひとつの像をつくるとき、あなたがたは神の国に入るであろう”。

が、グノーシスで言う婚礼の意味だよ。つまり性的関係の事ではないよ

369 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 18:51:03 ID:TlWcYYRz
>>368
そうだね、神の似姿だね。
ただね、この光の中に隠されるってのは、もっと深い意味があるのさ。

トマスやフィリポは、同じ事を言葉を変えて、説明してるのさ。
フィリポでは、その大半の言葉は、基本になる思考と発想の逆転からの思索に導く役目をしている。
その基本となる発想の転換を理解出来ないから、答えに至れない。

トマスは、思考形態が、いくつかの部分で、直感的思考の帰結を必要とするから
その検証を含んでの思索が必要になる。
そうゆう発想の基本が違うから、当然書かれる言葉も違う。
しかし、最終的な(そこが出発点であるのだが)秘儀の成就においては
同一の表現になる。両者とも帰着点は同一だからなのだ。

これでも、トマスとフィリポは違うと言うのかい?ココモ。

370 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 18:58:29 ID:tq6NZyWH
>>369
>トマスやフィリポは、同じ事を言葉を変えて、説明してるのさ。
具体例を出してみぃ

371 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 19:04:26 ID:TlWcYYRz
>>370
>具体例を出してみぃ

だめだw >>361 >>362 にこれでもか!って書いたのに解ってない。
君は、トマス、フィリポを語るのは、やめたほうがいいよ。
自分の無知を晒しまくってる。 



372 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 19:09:24 ID:tq6NZyWH
>>371
>君は、トマス、フィリポを語るのは、やめたほうがいいよ。
>自分の無知を晒しまくってる。 
わはははははははは...こう言う奴ってよくいるべ...
馬鹿臭いからホットクよ...


373 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 19:20:29 ID:cNEgXAwM
トマスの福音書の6の部分の訳について
「これらすべてのは天の見るところに明らかであるからである」
”のは”は間違いでは?

374 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 19:21:13 ID:TlWcYYRz
>>372
その「自己の思考への固執」を捨てないと、トマスフィリポは語れないよ。
結局、ココモは、俺の質問へも、自分の言葉で語れずに、自分のウェブの
「トマスの言葉でしか、語っていない。」

馬鹿にするのは、お互いだからいいけど、自分の言葉で語る事から逃げるのは
結局、理解出来ていない事を、晒しているんだ。

逃げ口上もいいけど、目の前にあるトマスやフィリポの言葉を深く深く思索して
ちゃんと、自分の中で消化して、自分の言葉で再構築しないと、あまり意味が
ないよ。 

375 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 19:26:07 ID:Uv5k9wOm
>>368
>つまり性的関係の事ではないよ

しかし、そのトマスの引用部分は、「性交の描写」そのもの。ポルノ
作家顔負け。「神の国」とは、「エクスタシー」のことかw。

「婚礼の部屋」でイエスの言いたいことは、結局、「セックスの快楽に
夢中になって、神である俺のことを忘れるなよ」と言うこと。

しかし、イエスの「神の国」の概念はおかしい。この世は神が作った
のだから、そのままで既に神の国。イエスのいう「神の国」での神は、
イエス自身だと言いたいのだろう。

イエスには、あるがままのこの世が既に「神の国」であることに気付か
なかっただけ。気付いていたとしても、創造主を排して、自分がその神
の国の「神」になりたかっただけ。

イエスの創造に対する畏敬の欠如と冒涜は、お話にならん。

376 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 19:45:52 ID:tq6NZyWH
>>374
>自分の言葉で語れずに、自分のウェブの
>「トマスの言葉でしか、語っていない。」
よく判らないんだけど、これって自分が英文の底本を翻訳した
文章なんだけどね...理解していないと翻訳と言うのは
まず出来ないんだけどね...これは自分の言葉ではないんだろか?

377 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 19:49:06 ID:tq6NZyWH
>>373
そうだね、早々に訂正いたします。

378 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 19:52:59 ID:TlWcYYRz
>>375
まあ、屁理屈もいろいろで、面白いな。普段は、人間の営みや自然に起因する欲求を
肯定するのに、トマスでの自然の営みは、否定するんだね。

トマスでの、イエスの趣旨が、一貫してないのと、一緒だな。
人格が破綻してるよ。

ただ、旧約、新約と同じく、トマスでも、集団の利害や力関係で、加筆されてる。
それは、トマス福音書を理解すれば、すぐに明らかになる。

婚礼の秘儀が、セックルと思ってる人は、本当に可哀想な人だ。
もう少し、学んでから、話さないと、自分の愚かさと無知をさらし族ける事になる。

お願いだから、もう少しまともな非難をしてくれ。アクビが出てしかたない。




379 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 20:11:36 ID:tq6NZyWH
>>375
>イエスには、あるがままのこの世が既に「神の国」であることに気付か
>なかっただけ。気付いていたとしても、創造主を排して、自分がその神
>の国の「神」になりたかっただけ。
「神の国」と約してるのは、多分自分だけで荒井献訳は「御国」ですw
「神の国」はルカ福音書にも書かれてるよ...
ルカ福音書の「神の国」との違いが理解し切れなかったので
「神の国」と約しただけですよ
神が作った国の事ではなくて、一種の理想郷の事だと思うが
>この世は神が作ったのだから、そのままで既に神の国
グノーシスのあるグループは、この世を作った神はアホの神
(デミウルゴス)で、賢い神がいる筈だと唱えてるw

380 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 21:56:53 ID:tq6NZyWH
>>378
>ただ、旧約、新約と同じく、トマスでも、集団の利害や力関係で、加筆されてる。
>それは、トマス福音書を理解すれば、すぐに明らかになる。
何処が加筆されてて、何処が原典なのか説明してごらん..理解したら
明らかなんだろ。トマスはネットから引用できるんだから、大した
作業でもあるまい。

381 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/02(土) 21:59:01 ID:tJGRyrFt

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。

あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



382 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 22:02:59 ID:tq6NZyWH
>>381
こいつは、同じコピペを何回も出してるで...たぶん福音派系のアホ教団
だと思うが、キリスト教団と言う所が如何にインチキなところか判るデ

383 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/02(土) 22:08:06 ID:tJGRyrFt
ココモッチ大爆笑!

384 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 22:34:25 ID:BklDhgOj
>>378
「イエスは普段は、人間の営みや自然に起因する欲求をを否定するのに、トマ
スでの自然の営みは、肯定するんだね。」と言い換えたほうがよい。イエスは
結構女好きで、性欲も強かったのではないか。イエスの周囲には、やたらと
女、それも人妻が多い。イエスは「心の中で姦淫の罪を犯した」のだろう。

> ただ、旧約、新約と同じく、トマスでも、集団の利害や力関係で、加筆さ
>れてる。それは、トマス福音書を理解すれば、すぐに明らかになる。

そんな加筆・捏造された聖書を、マトモに読むのは無意味。

> お願いだから、もう少しまともな非難をしてくれ。アクビが出てしかたない。

ならば、>>375の解釈にたいして、まともな批判をしてご覧。出来ないだろ。

385 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 22:51:21 ID:mMB6z09c
ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035


386 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 23:15:15 ID:zeYnLcfm
キリストを批判するやつらって、なんでこんなにも一生懸命に
本読んだり、ネットで検索しまくって知識を養っておるのだろう。。
たぶん暇つぶしだと思うが。
ほんまのところはどう思ってのかいな?





387 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/02(土) 23:39:39 ID:tq6NZyWH
>>384
>そんな加筆・捏造された聖書を、マトモに読むのは無意味。
それじゃ正典を読むのはもっと無意味やで...
トマスを読んでて、一つ想定できるのはマタイやマルコもトマス
の様な言行録を基にして、物語風にアレンジしてるという事だよ
判りやすい例として
トマス54
イエスは言われた。”貧しい人々は幸いである。天の国は
あなたがたのものであるから”。
言うまでもなく、マタイとルカの山上の垂訓だろ...
マタイの基の文書もトマス54見たいな物だったんだよ
それが、一杯書き足されて、山上の垂訓になったという事だよ


388 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 23:40:39 ID:6nDu/bXk
本当は信じてみたい。
関心がなければ調べたりしないでしょう。

389 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 23:52:54 ID:zeYnLcfm
彼等は本当は信じてみたいのかね〜
暇つぶしでやってるなら、互いに議論でもなんでもして楽しめばいい。
結論は絶対出ないが、神に関する議論はいいことだからな

390 :神も仏も名無しさん:2008/08/02(土) 23:53:46 ID:TlWcYYRz
>>384
>まともな批判をしてご覧。出来ないだろ。

あんたら、面白いな。 全然的外れな話ししといて、なんでまともな批判出きるのさ。

それって、ガソリン車のタンクに「水」入れて、「おい!動かないぞ!何でだ?!」「説明しろ!」
って、言ってるのによく似てる。

答えるとしたら、「鼻ッから、間違ってます」 「出なおしておいで」って事です。


391 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:02:38 ID:4XHodcG6
>>388
>本当は信じてみたい。 関心がなければ調べたりしないでしょう。

あなた達は、教会教義を通して、イエスを信じる。

俺は、イエスを信じる。 必死に求める。 それだけだよ。



392 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:05:47 ID:fCb22sLc
キリスト教徒のみなさん なにか不思議な体験をしたことはないか?
おれはあるんだが

393 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:10:35 ID:GQCp7iJf
ありすぎて書けませんよ(笑)

394 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:15:59 ID:GQCp7iJf
>>391
決め付けは良くないと思います。
信仰と教義は両方必要です。


395 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:17:26 ID:GQCp7iJf
あ、「教義」でなくて「教理」ですね。
すみません。

396 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:19:58 ID:fCb22sLc
やっぱりねw
一つ例をあげると不安と恐怖が取り去られていく感覚がある。
ガキの時に戻ったような感覚。怖くなっても家に帰れば親がいて
それだけで安心できた。



397 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 00:22:15 ID:CqqaSjqv
>>393
>ありすぎて書けませんよ(笑)
聞いた話だが、コンビニのビールが入ってる冷凍庫のドアを開けたら
異臭が漂ったってんで、「毒ガスがばら撒かれた」って叫んだら、店
から「2度と来ないでくれ」と言われたとさ

キリスト教徒は「不思議な体験をしたと言う自己暗示」を好んでるん
だと思うよ...不思議とその「不思議な体験」の話が良く似てて
一つの傾向があるんだよ...

398 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:34:44 ID:BXGc9FIm
>>390
結局は、批判できないということだなw。

コジツケ、正当化、「意味のでっち上げ」をしないで、書かれた文章を
素直に読めば、次のような解釈にしかならないということだよ。

それが本来の文章の読み方。「隠された意味を勝手に作り上げる」のは
邪道。著者に対しても失礼。大昔の素朴な人々は、素朴に書く。書いて
ある通りである。「自分が神になりたかった」イエスの終始一貫した欲
望を考慮すれば、極めて当たり前の解釈ではないか。

「『婚礼の部屋』」でイエスの言いたいことは、結局、『セックスの快
楽に夢中になって、神である俺のことを忘れるなよ』と言うこと」。

399 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:35:26 ID:GQCp7iJf
例えの意味が分かりません(^-^;
不思議体験というか証は個人の捉え方にもよりますが、私にとっては生命に関わることもあるので神抜きでは語れません。特別なことでなく恵みとして謙虚に感謝できることとなして下さいとそのようなことです。


400 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:37:55 ID:GQCp7iJf
>>399
>>397へのレスです。

401 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:43:51 ID:fCb22sLc
>>397ココモスキーさんよ、、自己暗示だろうが気のせいだろうが
それはどうでもいいんだよ。
つじつま合わせとか、気が狂うほどやった。
自分では納得したつもりでも虚しいのさ 



402 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 00:49:08 ID:4XHodcG6
>>398
>結局は、批判できないということだなw。
>「『婚礼の部屋』」でイエスの言いたいことは、結局、『セックスの快
>楽に夢中になって、神である俺のことを忘れるなよ』と言うこと」。

ご苦労さんです。 も少しお勉強されたら、お話しましょう。
おやすみ。

403 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:07:32 ID:GQCp7iJf
解釈について書かれている方々…どういう解釈書や教理を参考に意見を書かれていらっしゃるのでしょうか?
ダニエル氏は別として、聞いたことのない様なものばかりで戸惑ってます。

404 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:35:13 ID:BXGc9FIm
>>403
解釈書や教理の「受け売り」ではなく、通常人として通常人の感覚と常識で聖
書を読んでいるからです。

本を沢山読むのが学問ではありません。本に書かれた従来の見解を、常に現実
と照合しながら、一歩進めるのが学問です。さもなければ、単に、小学生の
「お勉強」になってしまいます。

405 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 01:48:27 ID:CqqaSjqv
>>398
質問箱で説明した「花嫁の部屋」の意味は
ヴァレンチノス派特有の神話的表現や祭儀で、プレーローマ
(精神的な充満状態)において、救い主の天使たちを花婿とし
信者を花嫁に見立てる事。臨終の折に祭儀として行ったとされる。
生前にそう言う祭儀をしたのかどうかは不明。

トマスに書かれてる「花嫁の部屋」は、大分後代に書き足された
んだと思うw



406 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:54:07 ID:GQCp7iJf
解釈本や教理書も難しいのによく独学で分かりますね。
霊性がないと教理書などを読んでも心で理解しにくいと思います。
学問は信仰の助けにはなっても信仰ではないので論点がすでにずれているのではないでしょうか。神学も信仰を持って学ぶのと、ただあら探しするために学ぶのでは、後者に何の意味があるのか、分かりかねます。

407 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:55:39 ID:9WuUoR8t
おかしいなあ…
聖書を信じる人のスレだったと思うんだけど…

408 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:56:31 ID:GQCp7iJf
あーまたアンカー付け忘れ。すみません。
>>406
>>404へのレスです。

409 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 01:57:29 ID:BXGc9FIm
>>406
批判のないところには、理解もありません。

410 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 02:05:38 ID:GQCp7iJf
>>409
理解は相手の立場や気持ちに立つことでは?
>>407
文字通り分かるところと分からないとことがありませんか?
たとえば放蕩息子の話で父とは神様のことを例えているとかあの話の中で長男の方にも心の頑なさがあって問題であるとか、聖書を読んだだけでは深い理解は難しく感じてしいます。
誤読しないための解釈本や教理書がないと私は怖くて読めません。

411 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 02:07:06 ID:CqqaSjqv
>>406
信仰と言うものが、どういうものであるか考えて欲しいんだけどね
本来一人一人違うものだと思うが、キリスト教団はあまりにも幼稚な
教理で信仰を定番メニューにしてしまってるのではなかろうか
>>407
>おかしいなあ…
>聖書を信じる人のスレだったと思うんだけど…
キリスト教団がホンマに聖書を信じてるかと言うと、それは?????
むしろ平易な言葉で言うと、聖書をキリスト教の教理に都合よく
ネジ曲げてると言った方が良い位ですよ(時に勝手に加筆・改竄・削除
してる)



412 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 02:14:49 ID:BXGc9FIm
>>410
一読して、意味がスッキリと判らないのは、書いた人が、自分でも
十分に理解しないで書いたということです。文章とは、他者への意思
伝達の手段であることを忘れてはなりません。「判じ物」のような文章
は、読者の労力と時間を「奪って」いることになります。そのような
文章は、「意味不明」として放置すればよいだけで、読者が文章に表れ
ない「隠れた意味」を勝手にでっち上げるのは、邪道であり、書き手に
対しても失礼です。

413 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 02:14:54 ID:GQCp7iJf
>>411
教会の方から教理書などを渡されることはありません。
自ら無料の教理書を取り寄せたり、本を買ったり、祈り会に自主参加して勉強している(祈りを捧げている)場合がほとんどだと思います。

414 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 02:17:03 ID:CqqaSjqv
>>407
>おかしいなあ…
>聖書を信じる人のスレだったと思うんだけど…
判りやすい例を2つ挙げると
@ヨブ記に主の部下として主の命令によって行動してるサタンが
 書かれているのに、キリスト教団は新約の黙示録の「何れ神に
 滅ぼされる悪魔サタン」を教理としている。聖書をホンマに信
 じてるのであれば、サタンについての扱いは固定できないハズです。
A新約聖書の黙示録でイエスの事を「明けの明星」と言ってるのに
 キリスト教団は「明けの明星=ルシファー」をサタンと同様の
 「悪魔」としてる。聖書を信じていたら、到底ルシファーを
 「悪魔」などとは言うべきではないハズだが

415 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 02:19:25 ID:GQCp7iJf
>>412
>>409の文意がさっぱりわからなかったのは私が馬鹿ということになりますね(苦笑)


416 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 03:26:43 ID:qQZXeaqC
王手

417 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/03(日) 06:57:57 ID:aCNm0m/0
>>58
目がかすんで見えなくなると生活が不自由そうだね。

食べる事と引き換えに祝福をする。
そういえば、ヤコブも食事と引き換えに、長子の権利をほしいと願ってました。
うーん、なんか、この親子って似た者同士なのかもしれない・・・・


418 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/03(日) 06:59:25 ID:aCNm0m/0
>>109
もー 何年も前だけど、長男(長子)が愛せない母親が多いとTVで特集していた記憶がある。
二番目は、可愛くて仕方ないのに、最初に産んだのは、
まだ幼くて甘えて来たりしてもなんか、気持ち悪いんだってさ・・・・

ここの兄弟もそうかもね。同じ両親から産まれているのに、
エサウは、母親から愛されてなかった様な感じ・・・・

419 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/03(日) 07:00:40 ID:aCNm0m/0
>>111
>>わたしの子よ。
エサウもお前の子だろーが!「けっ!」
なんか、よくわからんが、ここの箇所って腹立たしいのよね。
とりあえず、ムキー

420 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/03(日) 07:10:28 ID:aCNm0m/0
                ∧∧
   .∧∧          (*゚ー゚)
   (*゚ヮ゚)       ヽ/ UU   .ハ▲   ハ,,ハ   ハ,,ハ  ハ,,ハ    ハ,,ハ
  ( つつ  ∧∧   (^),,_,,つ  (゚ヮ゚=)  (*゚O゚) ミ・o・,,ミ (・o・,,)  ミー^,,ミ
  と、_),)  (,, ・Д)         cuuo,)〜 cuuo)〜 u,u,,,ミ〜 cuuc,)〜  u,u,,,ミ@
      〜(,,_,,)


421 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/03(日) 07:11:18 ID:aCNm0m/0
>>250
■創世記27:9〜10
家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。
わたしが、それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、
それをお父さんのところへ持って行きなさい。
お父さんは召し上がって、亡くなる前にお前を祝福してくださるでしょう。」

***** 感想 *****

イサクは、目がかすんでいたから、見た目で料理を判別するのが、
難しい状態だったんだろうね。
なかなか、目の付けどころがすごいなリベカ。
最近の食品の偽装問題に似ているね。国産と表示しているだけで、
安全で美味しい様に錯覚するんだよな。


422 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 08:42:01 ID:v1wfd64w
>>414
それ以前に>>1の下記ルールをなぜ守らないのですか?

>聖書を信じている人のン参加可能です。
>聖書を信じていない人の投稿はご遠慮願います。


423 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/03(日) 08:47:42 ID:yxDZGejQ

■創世記27:14〜17
ヤコブは取りに行き、母のところに持って来たので、母は父の好きなおいしい料理を作った。
リベカは、家にしまっておいた上の息子エサウの晴れ着を取り出して、下の息子ヤコブに着せ、
子山羊の毛皮を彼の腕や滑らかな首に巻きつけて、
自分が作ったおいしい料理とパンを息子ヤコブに渡した。

***** かみ砕き *****

ヤコブは、よく肥えた子山羊を二匹、母のところに持ってきました。
誰が屠ったのかは書いてありませんが、おそらくリベカが屠ったのでしょう。
リベカはイサクの好きな料理を作りました。
そして、ヤコブがエソウになり代わるために、エソウの体臭が染み付いた
エソウの晴れ着をヤコブに着せ、料理にしたであろう子山羊の毛皮をヤコブの
腕や滑らかな首に巻きつけて、毛むくじゃらのようにしました。


424 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/03(日) 08:53:31 ID:yxDZGejQ

■創世記27:18〜19
ヤコブは、父のもとへ行き、「わたしのお父さん」と呼びかけた。
父が、「ここにいる。わたしの子よ。誰だ、お前は」と尋ねると、
ヤコブは言った。
「長男のエサウです。お父さんの言われたとおりにしてきました。
さあ、どうぞ起きて、座ってわたしの獲物を召し上がり、お父さん自身の祝福をわたしに与えてください。」

***** 感想 *****

ヤコブは、この時ドキドキしていたかな。
それとも、肝を落ち着かせていたのかな。


425 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/03(日) 08:58:31 ID:yxDZGejQ

今日は日曜日ですね。
ですから、僕もこれからミサに出席してきます。
首都圏のお天気は、今日はとても晴れています。
今日も生きていることを感謝したいです。


426 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 09:01:57 ID:GQCp7iJf
>>424
内心ハラハラでしょうね(^-^;


427 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 10:48:04 ID:CqqaSjqv
>>422
全然理解していないらしい
ほんまに聖書を信じる人のスレだったら、キリスト教徒は誰も
これなくなると言ってるんだけど…


428 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 10:57:46 ID:GQCp7iJf
ココモスキーさんの「聖書を信じる」という意味はどういう意味なのか教えてください。


429 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 11:05:39 ID:CqqaSjqv
>>428
だから、>>414 で判りやすい例を2つ出してるんだよ
文章を全然読んでないんだろ

430 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 11:48:26 ID:GQCp7iJf
>>429
「根底クラス」で勉強中なので、分からない文は読んでません。
昨日は独り言さんの文は読んでました。

矛盾を出されても、神様に聞いて下さい状態です(^_^;
すみません。

431 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 12:08:39 ID:qQZXeaqC
×教よ!誰がマグダラのマリアだ?そんないい加減なお遊びに日本中、極東アジア、世界は振り回されているのか!【怒】【怒】【怒】

432 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 12:13:35 ID:qQZXeaqC
@マグダラのマリアなどと畏れ多くも全くでたらめに例えられた女は、いや、50歳台も中場の女は、己の愚かな行為によって身を持ち崩し(さあ、問題はここからだ!)、肝炎に感染し、その不幸を多くの他人にも味あわせようとしているだけではないか!清教よ!

433 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 12:18:13 ID:qQZXeaqC
@→『同じ様に肝炎にかかればいい。もしくは、そうなるかもしれないという不安と恐怖と悲しみを他の女達も味わえばいいのよ!そして家族がバラバラになって、一人にされてしまえばいいのよ!』という気持ち。

434 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 12:23:41 ID:qQZXeaqC
A→性に対する異常な関心もしくは未熟さから、AV(アダルトビデオ)の真似をしている。だから、仕事場などの準公共的な施設内で、若いまだまだ未来のある若い女の子達を巻き込んで、いい年した女達が【性行為】のランチキ騒ぎ!

435 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 12:32:11 ID:CqqaSjqv
>>430
>昨日は独り言さんの文は読んでました。
こいつは、何処かのカルト教団の宣伝屋でどうしようもないオツムの
奴だよ
>矛盾を出されても、神様に聞いて下さい状態です(^_^;
その矛盾はキリスト教団が聖書を無視して勝手に教理を作る事が
原因の大半ですw...だから神様ではなくて、教団の幹部に
聞いた方がいいよ



436 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 13:03:56 ID:c4+FT0rY
>>435
>その矛盾はキリスト教団が聖書を無視して勝手に教理を作る事が
>原因の大半ですw...だから神様ではなくて、教団の幹部に
>聞いた方がいいよ

ココモスキーさんが牧師、または神父に尋ねた時どんな答えが返ってきました?

437 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 13:34:32 ID:CqqaSjqv
>>436
>ココモスキーさんが牧師、または神父に尋ねた時どんな答えが返ってきました?
たくさんの牧師や神父に尋ねたわけでは無いが(初期の段階で無意味と悟った)
インチキな答えしか返ってこないので、自分で聖書を読んだり調べてる。

438 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 13:57:42 ID:GQCp7iJf
>>435
とりあえず、長くかかっても旧約新約通して聖書の言わんとすること(おおよその共有理解)を理解したいのです。


439 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 13:59:20 ID:ogCQif7O
>>437
尋ねた人それぞれ違う答えが返ってきたとか?

440 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 14:50:16 ID:CqqaSjqv
>>438
>とりあえず、長くかかっても旧約新約通して聖書の
>言わんとすること(おおよその共有理解)を理解したいのです。

とりあえずは、旧約と新約が大分違ってる事を理解して欲しいんだけど
キリスト教団は、そういう認識にないでしょ...特に旧約に対して
キリスト教団の教理を無理やり当てはめようとしてるでしょ...
具体例として
創世記の編者はリベカと言う、ヤコブをれき愛して、ヤコブを唆して
亭主を騙して無理やり長子権を取らせた、現代では最も嫌われる
タイプの女性を描いて、そういう女性が結局は部族を破綻させると言う
物語を描いてるんだけど..キリスト教団はリベカを信仰深い女性と
言うイメージ戦略を押し付けてるんだw..聖書のシナリオには
全く反した勝手なシナリオを信者にマイコンしてるんだよ

>>439
>尋ねた人それぞれ違う答えが返ってきたとか?
違う見解が返ってきたのであれば、信用するよ(それぞれの人が
考えてるという事)。版で押したように同じ答えが、トンチンカン
に返ってくるだけだよ

441 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 15:08:13 ID:7/FcyXWt
>>440
>>439
>>尋ねた人それぞれ違う答えが返ってきたとか?
>違う見解が返ってきたのであれば、信用するよ(それぞれの人が
>考えてるという事)。版で押したように同じ答えが、トンチンカン
>に返ってくるだけだよ

版で押したような同じ答えが大方の共通認識である可能性は?

ココモスキーさんが望む答えを相手が口にしなかっただけでは?
自分の望む答えを相手に言わせるのは「尋ねる」とはいいませんよ。
それは自説の確認で、相手の考えてることを教えてもらう姿勢ではありません。

442 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 16:03:42 ID:CqqaSjqv
>>441
それじゃ、この問題を説明してみぃ
@ヨブ記に主の部下として主の命令によって行動してるサタンが
 書かれているのに、キリスト教団は新約の黙示録の「何れ神に
 滅ぼされる悪魔サタン」を教理としている。聖書をホンマに信
 じてるのであれば、サタンについての扱いは固定できないハズです。
A新約聖書の黙示録でイエスの事を「明けの明星」と言ってるのに
 キリスト教団は「明けの明星=ルシファー」をサタンと同様の
 「悪魔」としてる。聖書を信じていたら、到底ルシファーを
 「悪魔」などとは言うべきではないハズだが


443 :441:2008/08/03(日) 16:47:59 ID:BKftfX1G
>>442
俺は牧師でも神父でもないよ。
俺に聞くのは筋違い。

444 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 16:56:56 ID:e8R4F2Io
>「『婚礼の部屋』」でイエスの言いたいことは、結局、『セックスの快
>楽に夢中になって、神である俺のことを忘れるなよ』と言うこと」。


思考で聖書を解釈しているうちはまだまだ。
なぜ「大人」ではなく「赤ちゃん」なのか。
その意味を突き詰める事が、己を知る事に繋がるかもね。

445 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:26:25 ID:+PHxa1wg
>>442
> キリスト教団は「明けの明星=ルシファー」をサタンと同様の
> 「悪魔」としてる。聖書を信じていたら、到底ルシファーを
> 「悪魔」などとは言うべきではないハズだが

↑コレ初めて聞いたんだけど、どこのキリスト教団が言ってるの?

446 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 17:39:25 ID:CqqaSjqv
>>445
>↑コレ初めて聞いたんだけど、どこのキリスト教団が言ってるの?
何を始めて聞いたんかよく判らん
「ルシファーはサタンと同様の悪魔である」と言う事を初めて聞いたのか?
「ルシファーを悪魔とする事などおかしい」と言う事を始めて聞いたのか?



447 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:40:12 ID:mdqThvoz
>>444
>思考で聖書を解釈しているうちはまだまだ。

それにしては、クリスチャンたちは、「イエスの正当化」のためには、あらゆる
思考と理屈を総動員しているなw。「三位一体」は、十戒違背の大罪を逃れるため
に「思考され尽くした」、まさに屁理屈の典型。

>その意味を突き詰める事が、己を知る事に繋がるかもね。

その現実上の理由と根拠はw?

448 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:41:47 ID:e8R4F2Io
>その現実上の理由と根拠はw?


見返りがないと、何もできないタイプかい?

449 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/03(日) 17:43:10 ID:zLyguuex
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。

あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



450 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:44:21 ID:e8R4F2Io
>>449
ロボットみたいな人だね。
誰と会話しているの?

451 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:51:39 ID:mdqThvoz
>>448
「理由と根拠」は、「見返り」とは違うぞ。

キリスト教こそ、「救い」「永遠の生命w」「天国」「最後の審判に
おける裁きの免除」などの追求という、「見返りがないと、何もできな
いタイプ」の典型。

452 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 17:56:29 ID:e8R4F2Io
>キリスト教こそ、「救い」「永遠の生命w」「天国」「最後の審判に
>おける裁きの免除」などの追求という、「見返りがないと、何もできな
>いタイプ」の典型。

そうだと思うよ。
でも、宗教ってそんなものでしょう。

453 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 17:56:57 ID:CqqaSjqv
>>450
>ロボットみたいな人だね。
>誰と会話しているの?
イエイエ人間なんだけど、何処かのアホ教団の宣伝マンだから
ロボットみたいな事しかできないんだよ...何処のアホ教団が
操作してるのか判ったら公表したいんだけど...

454 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/03(日) 18:04:06 ID:zLyguuex
>>453

ココモッチロボコップがなんかいってるぞ〜
わたしは、あなたがいうどっかの教団の宣伝マンなんかじゃないよ。ココモッチ大爆笑!

455 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:12:19 ID:e8R4F2Io
最近、近所の教会さんの活動が活発なんですが、
大きな教会的なイベントでもあるのでしょうか?

456 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:13:29 ID:mdqThvoz
>>452
>でも、宗教ってそんなものでしょう。

ならば、クリスチャンとは、「ひたすらエゴを追求する、他者への愛
は皆無な、人格低劣なエゴイストの集団」であることを、常に自覚する
必要がある。そんな人間たちが、「神」や「愛」などを、間違っても
口にすべきではなかろう。




457 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:17:27 ID:e8R4F2Io
>>456
同じ小学生でも、一年生と六年生では学びの進み具合が違うでしょうに。

458 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/03(日) 18:20:57 ID:zLyguuex
☆今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。
その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません

〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、
実際には新しい道とは言えませんが〕。

神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。


そうです。 すべての人は罪を犯しました。 神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。
けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。

このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ3:21-24)

☆神様はキリスト・イエスを遣わして、私たちの罪のための刑罰を受けさせ、私たちへの怒りをとどめてくださいました。
神様は、私たちをご自分の怒りから救い出すための手段として、キリスト様の血と私たちの信仰とをお用いになりました。


ですから、それまでの時代に罪を犯した者たちを罰せられなかったとしても、神様は完全に公正であられたわけです。
キリスト様が来て人々の罪を取り除く時を、神様は待ち望んでおられたからです。


そして今日でも、神様はこの同じ方法で罪人を受け入れてくださいます。
イエス様が彼らの罪を帳消しにしてくださったからです。

しかし、このように、罪を犯した者を赦し、無罪を宣告するのは、神様の公正なやり方に反するのではないでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。

なぜなら、彼らが自分の罪を帳消しにしてくださったイエス様を信じたという事実に基づいて、神様はそうなさるからです。(ローマ3:25-26)



459 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:27:28 ID:mdqThvoz
>>457
クリスチャンたちは、一体何を「学んで」いるのか。

小学生たちは、きちんと、現実界における生存と共生のための知識と知
恵を学んでいる。クリスチャンのような、「現実から遊離し切った、
荒唐無稽な妄想」ではないぞ。
クリスチャンのような、

460 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:37:55 ID:e8R4F2Io
>クリスチャンたちは、一体何を「学んで」いるのか。

ピンキリでしょう。
確かに自己洗脳っぽい方が、説教している姿は閉口しますが。

461 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:48:35 ID:e8R4F2Io
聖書の解釈は読み手のレベルで随分変わる感じがする。

462 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 18:51:53 ID:mdqThvoz
>>461
その「レベル」の判断基準は、具体的には何?

463 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 18:53:38 ID:CqqaSjqv
>>454
>わたしは、あなたがいうどっかの教団の宣伝マンなんかじゃないよ。ココモッチ大爆笑!
それじゃ、何処かのアホ教団(やってる事アホ教団そのマンマ)の幹部だべ
んでなかったら、何処かの精神病の病棟から打ち込んでるかだよ



464 ::2008/08/03(日) 18:53:58 ID:M1OZNIlW
インキョ神のお言葉を学ぶスレ、ID:mdqThvozインキョ

465 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/03(日) 18:56:25 ID:zLyguuex
>>463

ココモッチ的外れ大爆笑!


466 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 19:26:37 ID:CqqaSjqv
>>465
どうでもいいけど、どうせ社会から疎外された連中だよ...あまり相手を
してても時間の無駄だから、ホットクよん

467 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 20:31:20 ID:5WqheLk3
オマエモナー

468 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 21:39:57 ID:GQCp7iJf
あの、ココモスキーさん聖書解釈の討論がしたいなら別スレ立てるか、リアルで専門(牧師・神父)に聞くかしたらいかがでしょうか?
それから私もほとんど自宅にいますが、社会から疎外されたとか差別的な言葉を簡単に使わないで下さいね。


469 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 22:00:55 ID:fww+CYcS
ココモスキーさんは良い人ですよ。 
頑固ですが。

470 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 23:05:02 ID:fCb22sLc
キリスト教を迫害する人達は聖書の始めにある創世記からして
気に入らんのだろうな。
その気持ちもわからんではないが・・・


471 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/03(日) 23:29:38 ID:CqqaSjqv
>>470
>キリスト教を迫害する人達は聖書の始めにある創世記からして
>気に入らんのだろうな。
>その気持ちもわからんではないが・・・

キリスト教徒の無知さと言うのは、こう言う事なんだべ...
「キリスト教団は創世記を勝手にの自分達に都合の良いお粗末な神話に
 作り変えてしまってる」と何百回言っても、一切聞こうとしない。
 あくまで、キリスト教団の神話が唯一正しい解釈だと思っている。


472 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 23:40:55 ID:fCb22sLc
>>471
>>お粗末な神話
何故お粗末と思うのか。 進化論と対立するから?
参考までに教えてください

473 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 23:47:57 ID:GQCp7iJf
聖書の研究はいつ頃からどのように調べられ現在に至ったのかを調べるだけでも大変そうですね。
私は通読終わらせられずにやっぱり駄目クリスチャンだなぁって。
解釈できないからあちこちで説教ばかり聞いてますけど。
無茶苦茶に読み違いするよりはそれでいいかなと思ってます。

474 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 00:07:47 ID:4XHodcG6
ユダヤ系クリスチャンは、信じないだろうけど。
旧約では、人身御供(人間を殺して神に捧げる。感謝、贖罪)をヤハウェが命じてる。
初子を殺してても、ヤハウェが命じてるから、OKになってしまう。
これら、以前にも、他の宗教の影響で、生まれたての子供を殺しても、ヤハウェが
命じたからOKになる。その無神経さが、多くの殺戮を生んだのに、気にもしない。

また、彼らが「初子をすべてささげたとき」、わたしは彼らの献げ物によって彼らを汚した。
それは、わたしが彼らを荒廃させ、わたしが主であることを知らせるためであった。エゼキエル20,26

そして、「彼らのういごに火の中を通らせる」その供え物によって、彼らを汚し、彼らを恐れさせた。
わたしがこれを行ったのは、わたしが主であることを、彼らに知らせるためである。 同 口語訳

火の中に、全ての子供(長子)を、放り込んで、焼き殺した訳だ。

この後、司祭達は、慣習を変化させ、人身御供は、中止される。
本当にヤハウェは、いるのかい? よく考えてみてね。





475 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 00:10:54 ID:hBo0cZwV
>>473
>>無茶苦茶に読み違いするよりはそれでいいかなと思ってます。
確かに 確かにその通りです。反論のしようがない。


476 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 00:19:35 ID:K8gSF4O2
他にも、ミカ書で

主は数千の雄羊、万流の油を喜ばれるだろうか。わがとがのために「わが長子をささぐべきか」
わが魂の罪のために「わが身の子をささぐべきか」 ミカ書6,7

ヨブと思われる人物が、自らの罪の「贖罪」の為に、自分の「長男」をヤハウェに捧げて
罪の赦しを請うか悩んでる。 

これらの行為の原点は、罪の意識を創り出す宗教の、異常な洗脳によるものだ。

当時は、人身御供が習慣化され、「贖罪」の為に、自分の子供を殺していた。
異常な、身の毛もよだつ思考だとは思わないか?

今のユダヤ系キリスト教を信じている君達を、冷静に見ている私は、
同じような、異常さを感じている。

477 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/04(月) 00:39:15 ID:7TrgagOc
>>472
>何故お粗末と思うのか。 進化論と対立するから?
>参考までに教えてください
創世記はカルデア神話を模倣した祭司派の神話が一章で
ヤハウィスト伝承による神話が2〜4章に書かれてる。
だから、2つの人類創生の神話はその順番も文体も神の呼び名
も違ってる。
1章のエロヒムと2〜4章のYHWHは違うものである。
2〜4章の人類創生神話は、人類そのものの創生話ではなく
ユダヤ人創生の物語ではないか..
エバを唆したヘビとは悪魔の事ではなく、北イスラエルを
唆したアッシリアを示してるのではないか
エバに誘われて木の実を食べたアダムとは、南ユダの国を
示しているのではないか。
エデンから追放されたアダムとエバは、カァナンを追い出された
ユダヤ人を示してるのではないか。
4章のカインとはバアル神に傾注して、ユダヤ人と対立し、ユダヤ人
の部族を追い出された人達の事ではないか
.......................
いくつも指摘してますが...


478 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 00:59:56 ID:/CR5RbTv
>>473
>無茶苦茶に読み違いするよりはそれでいいかなと思ってます。

「無茶苦茶な読み違え」と判断する基準は何?「書いてある通り」だろ。
大昔の素朴な人々は、素朴に書く。聖書は「判じ物」なのか?一読して意味の
通じない文章は、書き手が自分でも理解していないか、文章が下手かのいずれ
かである。そのような文章は「意味不明」として放置すればよいだけ。そのよ
うな無茶苦茶な文章に「隠された意味」を勝手にでっち上げるのも、同様に
「無茶苦茶な間違い」。

キリスト教が、ひたすら「イエスの正当化」のために、表面上の文意を離れた
「無茶苦茶な歪曲・捏造・恣意的解釈」をするほうが、より間違い。「罪」
「贖罪」「三位一体」など、その例は無数にある。


479 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 01:00:23 ID:hBo0cZwV
>>474>>476>>477
貴重な意見をありがとう。
いろいろ話しあいたいが、眠すぎてダメだ。。
よかったらまた相手してくれ



480 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 01:40:30 ID:/CR5RbTv
>>470
>キリスト教を迫害する人達は聖書の始めにある創世記からして
>気に入らんのだろうな。

旧約が気に入らないのは、むしろクリスチャンのほうではないか。
例えば、「神の似姿」。キリスト教は、この言葉をひねくり回し、「神
と対峙できる資格」、もっと酷いのは「イエスのこと」などと無茶苦茶な
な恣意的解釈をしてる。大昔の素朴な人々は、そんな持って回ったこと
は言わない。「神の似姿」と言えば、「すべての人間は、神のそっくり
さん。神とは区別できない。神そのものである」ということ。キリスト
教にとっては、「すべての人間が神」であっては、イエスの面目が丸潰
れになるから、絶対に困るのである。
「初めに言葉があった」の「言葉」を、イエスであると解釈する、「と
んでも解釈」も同じ。
「原罪(人間が知恵付いたため自然状態から離れ、善悪や神を思考・解
釈するようになったこと)」、「神とは、在りて在るもの(即ち、全実
在)」についてもそうである。
善悪の観念が原罪であれば、絶えず善悪を語るイエスこそ、原罪の権化では
ないか。
後者の「神の定義」については、聖書の日本語訳では、「私は、ある」
などという意味不明な日本語にしているが、太郎さんも、花子さんも、
すべて「私は、ある」である。「神の定義」などにはなっていない。
これも、「神は全実在」と解釈すると、イエスなど吹っ飛んでしまうか
らである。原語の「ハーヤー」は、「存在する」の意味。限定語がない
のだから、「全実在」の意味である。
聖書の文章も、通常人が、通常人の理解力で読まなければならない。
「判じ物」ではないのだから。さもなければ、むしろ、聖書の意味の歪
曲、捏造、恣意的な解釈、になってしまう。

481 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/04(月) 01:51:57 ID:7TrgagOc
>>479
起きたらもう一度読み返してくれや
ついでに、今このスレはイサクとリベカとその息子達の話になってるが
アブラハムから始まってヤコブまで(その後ヨゼフもあるが)の族長物語は
「反面教師」として描いてると言うのが僕の説だけどね
つまり「我々の先祖達は、この様にアホな人達だったから、ユダヤ人は
定着もできず、他の部族とも共存もできず、多くの無駄な血を流して
しまった」と言う反省を物語にしてるのではなかろうかと言う事だw

482 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 10:25:07 ID:JSAzdJ8K
質問なのですが、「創世記」に「エノク」が2回出てくるのですがこれらは
別人なのでしょうか?2つの箇所でエノクの親と子が違うので。

483 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 11:51:05 ID:wsulUL+G
>>聖書の解釈は読み手のレベルで随分変わる感じがする。

>その「レベル」の判断基準は、具体的には何?


「教会での聖書解釈が最高の解釈と信じるもの」が
キリスト教徒なんじゃないかな。

484 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 12:13:29 ID:eKj4UT8l
私も、あなたも、たった独りの演じる、一人芝居。
父よ、この幻から私を、救いたまえ。

バカモスキーよ。ルシファーについては前に教えてあげたろう。
いと高き明けの明星は地に落ちたんだよ。地に落ちた彼は、サタンと呼ばれる。
それは我々自身のことだ。サタンの正体とは、我々の心に巣食うエゴイズム。
このエゴイズムが、我々の自我を形成する素因となる。サタンも、神も、表裏一体。
我々がこのエゴイズム(サタン)を滅ぼしたとき、再びいと高き、明けの明星となるだろう。
二つに見える意ものは見せ掛けに過ぎない。善も悪も表裏一体。在るのは「一」だけである。
もう一つ教えてあげたろう。イエスとは「言」である。万物の生みの親である彼女は女である。
それは、我々人の魂。キリスト教の言う花嫁とは、我々人間の魂のこと。
我々が、この思考を止滅させ魂を解消させたとき、花婿と一つとなる。これがキリスト教の言う
婚姻のことである。我々の自我を形成する、この思考は、本当の自分ではない。
この思考を止滅させたとき、本当の自分を認識するだろう。ゆえに、女は男の前では黙っていなさい。
イエスの残した言葉とは聖霊。それは我々を一つにする父の御心である。
蛇とは知恵の象徴。その知恵とは「言」である。この言は我々を殺したが、この言による知恵こそが
我々を再び生ける存在とするだろう。つまりイエスとは=「言」=女=蛇=サタン=神=男。
モーセが荒野でへびを上げたように、人の子もまた上げられなければならない。
蛇に噛まれた人は死んだが、天に上げられた蛇を拝む者はもはや再び死ぬことは無いだろう。
善と悪は表裏一体。どちらも見せ掛けに過ぎない幻。俺もお前も、実体のない幻。本当に在るのは、
「一」だけである。


485 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 12:26:49 ID:wsulUL+G
>>484
ブラボー!

486 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 12:28:46 ID:eKj4UT8l
今のキリスト教会が人を救うのではない。
ルシファーによる知恵、普遍の真理が、我々人間を救うのだ。

バカモスキーよもう一つ教えてあげよう。
トマスの61
>イエスは言われた。”ふたりがひとつの寝台で休むであろう。ひとりが死に、
>他のひとりは生きるであろう。”サロメが言った。”あなたさまはどなたですか、
>そして、あなたはどなたの子ですか。あなたはわたしの寝台でお休みになり、
>わたしの食卓からお食べになりました”。イエスは彼女に言われた。”わたしは
>同じである者から出た者である。わたしにはわたしの父のものから与え
>られている”。”わたしはあなたの弟子です”。”それゆえに、わたしはあなたに言うのである。
>人は結び合わされるとき、光で満ちるであろう。分かたれるとき、闇で満ちるであろう”。

これを智慧のないおまえは、マグダラのマリアとイエスとは肉体関係にあると解釈していたが、
この聖句は、そんなことを言っているのではない。生ける父とは、人食いである。
死んでいる者は、死んでいるものを食べ、死んでいるこの身体を生かすだろう。だが生ける者は、
生きている者を食べ、生きるだろう。彼の食べ物は、生ける知恵であり、それは、言を持つ
我々の人間の魂からもたらされる。グノーシスでは、マグダラのマリアは生ける者と位置づけられる。
寝室とは休息の喩え。それは安息の日の喩え。生ける者は安息の日の主であり、その日の主は
彼でもある。食卓とは、最後の晩餐の喩え。それは第六の日に行われ、その後、彼は安息する。
生ける者は、生ける者を食べ、懐にいれ、彼らは一つとなり、生ける者となるだろう。
トマスのこの聖句は、イエスと、マグダラのマリアとの肉体関係のことを言ってるんじゃないんだよ。



487 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 12:35:13 ID:eKj4UT8l
バカモスキーよ、俺の書いたことが理解できないののなら、おまえはグノーシス。いや、
キリスト教そのものを語るべきではない。肝心なイエスの教えを理解できない者が
キリスト教を語るべきではない。アルコーンとはローマ軍。アイオーンとはキリスト教会。
おまえのキリスト教に対する理解はちんぷんかんぷんだ。

イエスという男は、そんなことを伝える為に、自ら十字架にかけられたのではないんだよ。

488 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 12:40:13 ID:eKj4UT8l
りんごさんとやら。イエスを信じるということは、
彼の示した生き様、教えを守るということだ。ただ口先だけ信じる、信じると
言ったところで、自身の生き様が、イエスの教えと正反対なら、それはイエスを信じている
とは言えない。信仰義認のプロテスタントは、新約成就の当て馬に過ぎない。
イスラムと同じくね。君らは殺し合う。君らは自分は救われていると思っているが、
イエスの掟を受け入れない限り、そこには属していない。次の時代には、いない人達だよ。

489 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 12:42:41 ID:eKj4UT8l
>>485
こんにちは、私の兄弟。こんにちは。
こんな2chで、僕の話を理解できる人と出会えて嬉しいよ。
あなたが、そして私が、キリストの兄弟なら、いつかどこかで、お会いしましょう。

490 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 12:54:16 ID:wsulUL+G
>>489
ありがとう。

491 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 13:01:41 ID:yAtJW6QK
>>481
>我々の自我を形成する、この思考は、本当の自分ではない。
>この思考を止滅させたとき、本当の自分を認識するだろう。

そう思考しているのも、君の自我から発する思考。「本当の自分」を認識
するのも、結局は、もう一人の「自分」。その「もう一人の自分」を認識
するのも、「更にもう一人の自分」。

「一」を認識するのも、自我から発する「自分」。

矛盾だらけの、ナンセンスな書き込みである。

492 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 13:06:06 ID:yAtJW6QK
>>491は、>>484へのレスに訂正。

493 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/04(月) 13:10:17 ID:eKj4UT8l
>>491
思考とは男の心のことである。
ゆえに彼女が、男を認識するのは、無理な話ではない。
元は、男と女は一つなのだ。ただ女は、男の前では、黙っていなさい。

君に無理に理解しろとは頼んでいない。
ただ自分の価値観を押し付けるな。ま、カルトの君にいくら言っても聞かないだろが。
層化の君はもっと仏教を学ぶべきだね(苦笑)

494 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 14:27:53 ID:1XlGDXEB
汚れについて誰か解説してください

495 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:00:11 ID:kNUo5jq+
>>494
旧約と新約と聖書を検索するだけでもたくさん関連事項が出てきそうですね。

496 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:07:14 ID:i38rdGgk
>>493
他人の文章(特に大昔の人間が書いた聖書)は、書かれたとおりに素直に
読むこと。人の空想で、書かれた文字を離れた「解釈」や「隠された意味」
を勝手に付け加えることは、聖書の作者に対する無礼な行為。聖書の冒涜
である。

価値感ではなく、現実に立脚した「事実」を述べているだけ。君こそ、自我に
基づく、現実上の根拠皆無な、百人百様の価値感(これを妄想と呼ぶ)を語って
いるだけ。君の「自我に基づく思考」や「聖書などの他者からの借り物の思考」
ではなく、常に、「すべてに人間に共通する普遍の現実的基盤」に基づいて思
考すること。共通の事実的基盤に基づかない思考は、百人百様の「観念の遊戯」
に過ぎず、無意味・無価値である。

「真理の基準は、現実と合致するか否かである」。

君の「キリスト教仏教」は「仏教」ではない。両者間の本質的相違を理解すべし。

497 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:15:14 ID:xYQ5MszS
結局は法則だよね。重力とかと一緒で2000年前から変わらないし
仮に神の右の座にとか悟りとかが何らかの未知の法則性をしめしているなら、人の勝手な解釈よりは100倍も信用できるってだけで
まあ、悟りも神の右の座も凡人には理解出来ない領域だからカルトみたいな推測しか出来ないけど

498 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:18:11 ID:kNUo5jq+
何というかクリスチャンホームで育った純粋クリスチャンと途中で改宗してクリスチャンになった人では後者では影響を受けて育った他の宗教の故に葛藤に陥ってしまうような気がするのですが。これらはどう解消したら良いと思われますでしょうか?

499 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:29:07 ID:wsulUL+G
「思考」は百人百様だが、
「智慧」は百人百様ではない。

聖書を「思考」で解釈すれば百人百様だが、
聖書を「智慧」で解釈すれば「真理」が見えてくる。

そして、その「真理」を教会が本当に扱っていれば問題はないはず。

500 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:41:52 ID:i38rdGgk
>>497
>仮に神の右の座にとか悟りとかが何らかの未知の法則性をしめして
>いるなら

「神」も、その「法則性」も、証明されていないから、仮説に留まる。
仮説でさえ、「一応の証明」は必要だから、仮説でさえもない。重力と
は全く異なる、単なる妄想。しかも、その解釈も、「人間」が、現実上
の根拠なく、勝手に行っているだけ。妄想の積み重ねに過ぎない。

創造とは、現実界・自然のことである。現実界における「法則性」の
発見と解釈は、自然科学が、専ら現実界に沈潜して、絶え間ない観察と
検証の繰り返しによって行っている。宗教の出る幕ではない。

501 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:48:50 ID:i38rdGgk
>>499
「智慧」「真理」とは何か?具体的に、何を基準として検証するのか。
「真理」は、現実によって検証されない限り、単なる「仮説」または
「仮説以下」に留まる。

ニーチェは、ピラトがイエスに問い、イエスが答えられなかった「真理
とは何か」という質問が、聖書の中で「唯一の価値ある言葉」だと言って
いる。

502 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:51:10 ID:kNUo5jq+
>>500
寒いです・・・

503 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 16:55:12 ID:wsulUL+G
>>501
「智慧」「真理」は言葉を越えたものだよ。
聖書だって「言葉を越えたもの」を言葉で表現したものだよ。

504 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:04:33 ID:i38rdGgk
>>503
「言葉をと越えたもの」を「言葉で(しかも饒舌にw)表現する」とは
言語矛盾。

イエスもパウロも「喋りすぎw」。

「語りえないものについては、沈黙しなければならない。」

505 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:08:03 ID:wsulUL+G
>>504
言葉でしか理解できない人に向けての「言葉」なんだろうね。
食べ物でしか理解できない人には「料理」で表現しただろうね。

506 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:13:41 ID:kNUo5jq+
キリスト者にとっての沈黙は祈りですよ。

507 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:14:52 ID:wsulUL+G
>>506
何を祈るのですか?

508 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:20:24 ID:i38rdGgk
>>505
言ってるご本人は、果たして理解していたのかという検証は、どうやって
やるのかね。

人間界(現実界、自然界)においては、現実と照合して検証されない
限り、真理とは言わない。

イエスもパウロも「生物としての人間」であり、彼らのいう「神概念」
も、あくまで彼らの「生命」の機能としての観念作用の結果に過ぎない。
そして「生命」は、現実(自然)に100%依存しない限り、絶対に維
持できない。

彼らは、その最も基本的なことに思い至ることが出来なかった。

509 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:21:44 ID:kNUo5jq+
>>507
あえて沈黙するという無意識のコミュニケーションであれば、神の御心を聞くために。

510 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:29:22 ID:wsulUL+G
>>508
私の書き込みをあなたが理解するのは難しいでしょう。
あなたは「赤ちゃん」とは程遠い。


>>509
キリスト者じゃなくとも、同じ事をしてますよ。

511 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:32:27 ID:i38rdGgk
>>509
「神の御心」とは何?「人間」が神を思考する限り、それはどこまで
行っても、人間の「生物的生命」の機能としての観念作用。死者には
すべて不可能。

「神の御心」って、一体誰が思考し、決めているのかね。やっぱり
「人間」だろw。

人間が知恵付いて、生物としての人間の身の程を忘れ「神のようになり」、
勝手に神など思考し、解釈し、語り、崇拝することを、旧約聖書では
「原罪」と呼ぶ。

イエスやパウロは、「原罪の権化」である。

512 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 17:49:19 ID:beNWDONI

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



513 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 17:57:12 ID:i38rdGgk
>>510
赤ちゃんには、人為的な神概念も宗教観念もない。ひたすら「生物的
生存本能(生命)」という「究極の神」の指示するままに生きている。

神を語る宗教者は、「原罪」の結果としての後天的な知恵、知識、善悪
観念、神概念によって、「究極の神」を忘却した人々のことである。

その意味で、人間としての身の程をわきまえ、神など「語らず」、与え
られた創造の結果に従ってひたすら生存に努める「無神論者」が、実は
最も神に近いという逆説が生じる。

「神と言う『仮構』に頼らず、「人間」として生きることを可能にして
くれている存在が、あなたが常に対面している神なのです。」(ボン・
ヘッファー)

514 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:00:42 ID:wsulUL+G
>>513
「私は思考してない」と思考する。
あなたの言動は常にこういう感じになっている。

515 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:06:11 ID:i38rdGgk
>>514
思考も、論理も、概念も、「すべての人間に共通する唯一の普遍の事実」
としての「生存本能(生命)」を基盤としている場合にのみ、それを
「正しい」という。

人間にとって、「正しさ」を判断する共通の基準は、それ以外には皆無
である。

516 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:08:19 ID:wsulUL+G
>>515
「正しさ」に囚われるのは正しいの?

517 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:12:28 ID:wsulUL+G
>思考も、論理も、概念も、「すべての人間に共通する唯一の普遍の事実」
>としての「生存本能(生命)」を基盤としている場合にのみ、それを
>「正しい」という。

これが「自分自身」が生み出した「幻想」だと思いますが。

518 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:14:20 ID:i38rdGgk
>>516
「唯一の正しさ」である生存本能(生命)に囚われない限り、宗教、神
を含め、「人間のすべての営み」が不可能になる。人間の知覚の結果と
して存在する、この世界も消滅する。単にそれだけのこと。

519 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:17:20 ID:wsulUL+G
>>518
文章が混乱してるよ。

520 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:22:45 ID:i38rdGgk
>>517
その幻想さえ、生命の機能。あなたのその反論の書き込みも、あなたの
生命の機能。あなたが死ねば、一切不可能。

生命を以って、生命を問うことはできない。思考主体と思考対象が同一
であるから、思考は初めから成立しない。生命とは、ただ「今ここに
ある」だけ。生命の存在は、その機能(生命現象)の存在によってのみ
認識しうる。

521 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:27:10 ID:wsulUL+G
>>520
私の言っている「幻想」とは、
生まれてから今日までに構築される「自分自身」という設定のことだよ。

522 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:29:49 ID:i38rdGgk
>>521
「構築される自分自身」も、生命の機能である。


523 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:31:39 ID:wsulUL+G
>>522
そうだね。

524 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:32:34 ID:wsulUL+G
しかし、すべてがそうではない。

525 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:35:16 ID:avWGO4Mu
>>518
だからあんたは身よりの無い子でも引き取って育ててから物言えよ。

526 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:35:30 ID:i38rdGgk
>>524
例外が唯の一つでもあったら上げてね。その例外を上げる行為も、生命
の機能だよw。

527 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:38:31 ID:wsulUL+G
>>526
>生命の機能だよw。

あなたは「設定」を失うことを「生命を失う」事と勘違いしている。
所詮は思考の中で考え出した発想だね。




528 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:40:11 ID:i38rdGgk
>>527
生命がなければ、思考そのものが不可能w。

529 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:42:43 ID:wsulUL+G
>>528
生命を保ちながら、思考を沈める事は可能。

530 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 18:52:22 ID:beNWDONI
☆今や、神様は、天国へ行く別の道を示してくださいました。
その新しい道は、「善人になる」とか、神様のおきてを守ろうと努力するような道ではありません

〔とはいっても、この道については、ずっと前から旧約聖書で教えられていたのですから、
実際には新しい道とは言えませんが〕。

神様は今、「もし私たちが、イエス・キリストを信じきるなら、あなたがたを受け入れ、『罪のない者』と宣言する」と言われます。
どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じきるという、この方法によって救われるのです。


そうです。 すべての人は罪を犯しました。 神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。
けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じきるなら、神様は私たちを「罪のない者」と宣言してくださいます。

このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるからです。(ローマ3:21-24)

☆神様はキリスト・イエスを遣わして、私たちの罪のための刑罰を受けさせ、私たちへの怒りをとどめてくださいました。
神様は、私たちをご自分の怒りから救い出すための手段として、キリスト様の血と私たちの信仰とをお用いになりました。


ですから、それまでの時代に罪を犯した者たちを罰せられなかったとしても、神様は完全に公正であられたわけです。
キリスト様が来て人々の罪を取り除く時を、神様は待ち望んでおられたからです。


そして今日でも、神様はこの同じ方法で罪人を受け入れてくださいます。
イエス様が彼らの罪を帳消しにしてくださったからです。

しかし、このように、罪を犯した者を赦し、無罪を宣告するのは、神様の公正なやり方に反するのではないでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。

なぜなら、彼らが自分の罪を帳消しにしてくださったイエス様を信じたという事実に基づいて、神様はそうなさるからです。(ローマ3:25-26)


531 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:55:09 ID:wsulUL+G
>>530
リンゴさんにとって「人の罪」とは何だと思いますか?

532 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 19:04:18 ID:beNWDONI
>>531
罪に関しては聖書にいろいろ書いてあります。ローマ書に詳しくありますね。バイブルからひとつだけ

☆このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、また罪によって死がはいってきたように、
こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類にはいり込んだのである。


というのは、律法以前にも罪は世にあったが、律法がなければ、罪は罪として認められないのである。(ローマ5:12-13) 口語訳


※ローマ書をひきつづき読まれたらどうでしょうか。

533 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 19:08:14 ID:wsulUL+G
>>532
なぜ、あなたは自分を誤魔化すのでしょうか。
何か失うとでも妄想しましたか?

人が犯した罪も知らないで、何を許して貰おうというのか。

534 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 19:10:28 ID:beNWDONI
>>533
誤魔化してるのは聖書を信じないあなたではないですか。

自分が罪びとであることも知らないで。

535 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 19:16:06 ID:beNWDONI

律法全体を守ったとしても、一つの点でおちどがあるなら、すべての点について有罪となるからです。(ヤコブ2-10)


536 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/04(月) 19:18:17 ID:beNWDONI

さて、わたしたちが知っているように、すべて律法の言うところは、律法のもとにある者たちに対して語られている。
それは、すべての口がふさがれ、全世界が神のさばきに服するためである。


なぜなら、律法を行うことによっては、すべての人間は神の前に義とせられないからである。
律法によっては、罪の自覚が生じるのみである。


しかし今や、神の義が、律法とは別に、しかも律法と預言者とによってあかしされて、現された。
それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。


そこにはなんらの差別もない。 すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、
 彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。


神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。
それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、


それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、
 イエスを信じる者を義とされるのである。(ローマ3:19-26)口語訳

537 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 20:12:19 ID:i38rdGgk
>>529
思考を沈める(鎮める?)という「行為」も、生命の機能。

538 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 20:57:07 ID:kjB+XuNU
リンゴよ。わたしの怒りはどうすればよい?

539 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 21:19:09 ID:kjB+XuNU
よわきものほど、我にのしかかり続ける。

540 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 21:31:52 ID:kjB+XuNU
まことのよわきものでなく、まことのよわきものである。

541 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 21:55:42 ID:K8gSF4O2
まあ、どうせカラスの唄さんの話しは理解出来ないだろうけど、「一」とは何か?
ラーマクリシュナの言葉を聞けば少しは、理解が進むかもしれない。

このラーマクリシュナは、一部のユダヤ系クリスチャンでは「聖人」と呼ばれ
また一部のムスリムでも「聖人」とされる。インドでは3才の子供でも知ってる
「3大聖人」の一人で、最も愛される「聖人」だ。

彼の思想は、「真のイエスの教え」と酷似する。 その意味を理解する人は少ないだろうが。
ラーマクリシュナ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A

ラーマクリシュナの弟子ヴィヴェカーナンダ(彼の若い頃は、今のココモに似てるかも)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%80



542 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 22:05:52 ID:6SlraXam
パウロが、真理とは罪人が神の前で懺悔する事ですといったのだろうが
武闘派のピラトは納得がいかなかったのである。
真理とは強きものなり、神にすがるだけでは何ともならぬ、
己の力で切り開け、
当時のローマは軍事国家であり、英雄ユリウスカエサルの影響も受けている。
だがピラトは後にキリストの愛に目覚め、それを具現化するために愛の行者
になったようである。


543 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 22:11:17 ID:8UM8qAgK
528 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:40:11 ID:i38rdGgk

544 :彼は名物妄想天才科学者インキョです!:2008/08/04(月) 22:11:57 ID:8UM8qAgK
528 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 18:40:11 ID:i38rdGgk

有名人ですねえ。

545 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 22:17:03 ID:i38rdGgk
>>541
それもすべて、人間の生命の機能としての「人間」の考え。人間の生命を離れ
た「神」とは一切関係ない。

546 :ルシファーの福音書:2008/08/04(月) 22:33:54 ID:kLoX7nvi
実はココモスキーだけど、ちょっと名前を変えて悪戯...
ルシファー神父とは、「ルシファー」を悪魔などと言ってる馬鹿ども
を嘲笑う為に付けた名前よん
「イエスはこの世の光」とリンクして「ルシファー」こそ、この世に
光を与え、真の至高神たるキリストであると信じる福音書でっさ
僕がそう思ってる分けではないが、面白いのでそう言う福音書を
つくってみたい

547 :ルシファーの福音書:2008/08/04(月) 22:37:25 ID:kLoX7nvi
>>546
間違えの訂正
ルシファー神父とは...*
ルシファーの福音書とは...O

548 :ネット暴走族インキョ:2008/08/04(月) 22:39:48 ID:8UM8qAgK
インキョは世界のクリスチャンのスレで暴走爆走するのさ!

549 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 22:45:52 ID:K8gSF4O2
>>546
俺は、「一」に関して話してる。
俺のルシファーの見解は、カラスの唄さんとは、違う。

ココモは、重箱の隅をつつく前に、全体を見て理解するほうがいいとマジに思う。



550 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 23:58:23 ID:hBo0cZwV
>>481
そんな考えは一度も思い浮かばなかったな〜
確かに当てはまるって言えば当てはまるなり。
反省の物語か〜 それも一理あると俺も思う。
まじで参考になりました。

551 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:07:33 ID:03+hsYFJ
イブリース擁護論
イスラムではアーダムを誘惑した悪魔なんだってな
初めて知ったよ

552 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:19:17 ID:jwGWzyH3
>>474 >>476
君の言ってることは、おれの疑問と同じ。恐ろしさを感じるところです。
神がいるなら何故こんなむごいことをさせるのか。
信仰を持てない人達の理由はまさにこれだと思う。
何故人は理不尽に殺されたりするのか。大事な人を亡くした痛みを神は何故
癒してくれないのか。信仰を持ってる人でさえ突然に残酷な死を迎えるのは
何故か。何故日々の生活に希望がなく自殺してしまう人がいるのか。
何故戦争が起きるのか、貧しい国では何故子供が無残に死んでいくのか。
これに答えられる人がいるのか。
そんな素朴な疑問をみんなから聞きたかったわけだ。





553 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:26:28 ID:jwGWzyH3

一つとても気になるスレがあった。 >>528の 生命がなければ、思考そのものが不可能w。
ココモさんと>>528さんにはヒントをもらったよ。


554 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:33:34 ID:ZzlxFrf4
そんな疑問は生きてたら沸いてくるよね。
でも僕たちの食べている牛とかだって殺されたら人間と同じように痛いよ。きっと
あと細胞内のミトコンドリアはもともと他のバクテリアか何かの共生だったとか
だからきっと人間メインの正義では通用しないんだろうな。世界全体を考えたら
そんな風に最近思ってる。
まあ、自分は信者でも何でもないけど

555 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:39:58 ID:jwGWzyH3
>>人間メインの正義では通用しないんだろうな。
確かにそれも真理だよな〜
地球の全生命規模で考えたらその結論になるね

556 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 00:58:18 ID:ZzlxFrf4
あと瞬時にして肉体の痛みから解放される救済措置とかあるのかも
中国のあたりでは麻酔無しで手術したり、寝てたら他人の悪口も聞こえないとかそんなの
見た目は痛そうでも本人しかわからない救いみたいなのはもしかしたらあるのかもね。

557 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 01:10:07 ID:jwGWzyH3
>>見た目は痛そうでも本人しかわからない救い
それが今のおれですw自分の真理を言ってくれてありがとん
おれが悪名高き2ちゃんにきたのは、みんなが本音を言ってくれるからです。
上辺だけの言葉なんていらん。


558 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 01:10:39 ID:03+hsYFJ
人身御供を行った古代人より現代人の方が
自然への恐れや感謝を失くしたという現実
流される血の量は増えているのに命を奪う
感覚は鈍くなってるw

559 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 01:31:32 ID:jwGWzyH3
>>古代人より現代人の方が 自然への恐れや感謝を失くしたという現実
大自然が神の作ったのだとしたら、恐れと感謝を失くした現在は
危ういことになるね。
恐れと感謝を失くしつつある人類がいるのに神は何故これほどまで
人を繁栄してくれるのだろう。
全ては人次第ってことか。

560 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 01:44:14 ID:bvBgvafB
>>558
>流される血の量は増えているのに命を奪う
>感覚は鈍くなってるw

最も多くの血を流したのは、イエスを信じるキリスト教であったことは、
否定できません。

「一神教によって流された血は、多神教によるそれよりも、はるかに多
い」(ヒューム「宗教の自然史」より)。

561 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 02:15:26 ID:ZzlxFrf4
まあ何だ、感受性と言うか重さリアルさだよ
自分の何となく行ったことが、ここまで周りの人間に迷惑をかけていたなんて
致命的なほどにーと後悔する奴はするし
それが進化なんだろうし、そうやって共食いしてた虫けらから今まで時間をかけて変わってきたんだからね。

神様も肩を叩いて言ってくれるさ
「期待しちょるよと。。」

562 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 02:16:37 ID:03+hsYFJ
ガンジーはキリスト教に関心を持ったが、
キリスト教徒により躓いた、ってね
汝の敵を愛し、迫害する者のために祈れ、と教わっても
従うことができないわけ
神の戒めより生物的生存本能に忠実であった結果だろうね

563 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 02:37:59 ID:bvBgvafB
>>562
>汝の敵を愛し、迫害する者のために祈れ、と教わっても
>従うことができないわけ

そもそも、そんなことを「偉そうに説教されて」、黙って従える人間が、
唯の一人でもいるかね。却って「逆効果」を招くだけであることは、
心理学的にも明らかではないか。

イエスには、「人間性の洞察」が皆無であった。だからこそ、パウロが、
罪という「脅迫」と、救いとう「甘言」で、信者を懸命に心理操作(洗
脳)する必要があったのである。これほど悪質な宣教手段が、他にあるか。

ガンジーが、キリスト教の影響を受け、最下層賎民を「神の子」と呼ぼ
うとしたが、彼らは「何故ちゃんと最下層賎民と呼ばないのか」と激怒
したという事実も、醜悪な「イエス・パウロ的偽善」の典型である。

564 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 02:41:50 ID:bvBgvafB
人類における殆どの大虐殺と争いには、イエスの「教え」の影がある。

イエスは「教える」。
「わたしが来たのは、地上に平和をもたらすためだと、思ってはならない。
平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。」
「わたしは、敵対させるために来たからである。人をその父に、娘を母に、
嫁をしゅうとめに。」
「こうして、自分の家族の者が敵になる。」
「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも
息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。」(マタイ10:34以下)。

この言葉だけで、イエスが、自らが「唱える」愛とは、実際上は対極にある人
物であり、聖書は即刻発禁処分に処すべき悪書No.1であることが、自明であろう。



565 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 06:35:16 ID:2EC0Vzqv
>>564
その聖書の引用箇所は人間の慣習やしきたりより神様に重きを置きなさい くらいの意味なのでは?
神様に重きを置いたうえで父母を敬えばおkということで。
具体的にはモラハラ親と敵対するとか、通り魔殺人犯の息子より神様を愛するとか。

566 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 08:50:11 ID:gMlvBl3j

■創世記27:20
「わたしの子よ、どうしてまた、こんなに早くしとめられたのか」と、
イサクが息子に尋ねると、ヤコブは答えた。
「あなたの神、主がわたしのために計らってくださったからです。」

***** 感想 *****

このヤコブの答え方は実に巧妙ですね。
確かに嘘ではないと思います。


567 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 08:52:17 ID:gMlvBl3j

■創世記27:21
イサクはヤコブに言った。
「近寄りなさい。わたしの子に触って、本当にお前が息子のエサウかどうか、確かめたい。」

***** 感想 *****

どうも信用できない気がしたのでしょうか。
毛深いエソウの腕を確かめたかったのでしょう。


568 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 08:53:59 ID:gMlvBl3j

「近寄りなさい。わたしの子に触って、本当にお前が息子のエサウかどうか、確かめたい。」

『わたしの子に触って』とイサクは言っていますから、わたしの子であることは
わかっていたのでしょうが、エソウなのかヤコブなのかわからなかったのでしょう。


569 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 09:10:41 ID:gMlvBl3j

■創世記27:22
ヤコブが父イサクに近寄ると、イサクは彼に触りながら言った。
「声はヤコブの声だが、腕はエサウの腕だ。」

***** 感想 *****

やはりイサクは、話している相手がヤコブなのではないかと疑っていたようです。
声は、ヤコブの声だったからです。
しかし、ヤコブは子山羊の毛皮を身につけていたので、その感触がエソウのように
イサクには感じられたのでしょう


570 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 09:13:44 ID:gMlvBl3j

■創世記27:23〜24
イサクは、ヤコブの腕が兄エサウの腕のように毛深くなっていたので、見破ることができなかった。
そこで、彼は祝福しようとして、言った。
「お前は本当にわたしの子エサウなのだな。」
ヤコブは、「もちろんです」と答えた。

***** 感想 *****

しつこくイサクは、相手がエソウであることを確認しています。


571 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 09:19:13 ID:gMlvBl3j

■創世記27:25〜26
イサクは言った。
「では、お前の獲物をここへ持って来なさい。
それを食べて、わたし自身の祝福をお前に与えよう。」
ヤコブが料理を差し出すと、イサクは食べ、ぶどう酒をつぐと、それを飲んだ。
それから、父イサクは彼に言った。
「わたしの子よ、近寄ってわたしに口づけをしなさい。」

***** 感想 *****

イサク自身の持っている祝福をあたえるために
自分に近寄らせました。


572 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 09:22:10 ID:gMlvBl3j

■創世記27:27〜29
ヤコブが近寄って口づけをすると、イサクは、ヤコブの着物の匂いをかいで、祝福して言った。
「ああ、わたしの子の香りは 主が祝福された野の香りのようだ。
どうか、神が 天の露と地の産み出す豊かなもの 穀物とぶどう酒を お前に与えてくださるように。
多くの民がお前に仕え 多くの国民がお前にひれ伏す。
お前は兄弟たちの主人となり 母の子らもお前にひれ伏す。
お前を呪う者は呪われ お前を祝福する者は 祝福されるように。」

***** 感想 *****

イサクは、このようにヤコブを祝福しました。


573 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 10:50:05 ID:a/yxqBaG
>>565
文章の文字をかけ離れた、勝手な正当化解釈はお止めなさい。他人の文章は、
「書いてある通りに」読むもの。さもなければ、著作者人格権の侵害、聖書の
捏造ですよ。その「人間を無視した、なりふり構わぬイエスの正当化」がまさ
に、「クリスチャンの病理・狂気」であることを自覚してください。

「神様」のためには、「人間」にどんな非道なことをやってもよい、というの
ですか。そのような考えから、史上そして現在も続く、キリスト教による大虐
殺が生じたのです。

それに、神様という言葉などどこにもない。その神様とは、どこの「人間」が
考えた神様?神様は、「架空の存在」だから、「人間」がどんな内容でも、勝
手に、百人百様に盛り込むことが出来るのですよ。

イエスは、ここで、「どんな非道を働いても、(自称神様である)自分に従え」
と言っているのです。そうであれば、イエスは、神様どころか、人間としても
「エゴの塊」「クズ」「悪の権化」であり、イエスの言葉や聖書は、まさに
「悪魔の声」以外の何物でもない。このイエスの傲慢で、人間そのものに対する
愛のカケラもない態度は、聖書を通じて一貫している。この世界から即刻一掃
すべきものです。

574 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 11:32:08 ID:5c6O7c5+
>>573
>「書いてある通りに」読むもの。

原理主義と言います。

イエス様の話は例え話が多いわけですが、聖書に理由も書いてありますよ。

> 「神様」のためには、「人間」にどんな非道なことをやってもよい、というのですか。
> イエスは、ここで、「どんな非道を働いても、(自称神様である)自分に従え」
と言っているのです。

どう読んだらそんな考えになるのやら・・・

塩狩峠や石井十次、コルベ神父、ダミアン神父、マザーテレサetc.カトリック聖人の生きざまや書かれた本などを読んでもそう思われますか?

イスラム原理主義のテロなどとかと混乱していませんか?

過去の戦争責任を後世に背負えと(戦争は人の責任であって神様の責任ではない)出来ることは責任などしないことであると思っている人が大半であるのに、わざわざまた争いがあると火を付けるのでしょうか?


575 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 12:18:01 ID:2JosW8jI
>>537
>思考を沈める(鎮める?)という「行為」も、生命の機能。

君は頭の中で妄想した事を話しているに過ぎない。
その癖、人には検証だ科学だと主張する。
結果、君とのやり取りは内容がない上に平行線となる。

君が欲しがっている都合のいい言葉や理論は
君の幻想をより強固にするだろう。

私の言っている事が分からないのなら、
聖書の解釈もそのレベルでしかない。

「人の罪」を受け入れずに「肉体」に罪の責任を転嫁し続けて、
最後はどこに辿り着きたい?

576 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 12:26:58 ID:a/yxqBaG
>>574
>原理主義と言います。

ひたすら「イエスの正当化」の目的のために、「書かれた文字」を離れて、
恣意的に解釈するのも、「イエス原理主義」という「原理主義」です。

> 塩狩峠や石井十次、コルベ神父、ダミアン神父、マザーテレサetc.カトリ
>ック聖人の生きざまや書かれた本などを読んでもそう思われますか?

他者の窮状を目の当たりにして生じる、「助けたい」という人間の自然の感情
( これは、創造主によって、すべての人間にビルトインされた、肉体的本能)
からではなく、「聖書の『命令』で」、「『自分が』死後の裁きを免れ、天国
に入れるために」行う善行を、「エゴの行為」「自己満足」「偽善」と呼びま
す。それは「愛」ではありません。自分が死ぬことにより、自分の「宗教的満
足」は得られるが、同時に、家族など、自分を慈しみ育ててくれた最も身近な
他者を、悲しみと苦しみのどん底に陥れることに、思い至っていないのです。
従って。「宗教者の善行」をいたずらに賞賛するのは、全くの誤りです。

577 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 12:32:44 ID:5c6O7c5+
>>574
書き込みミスorz

×→出来ることは責任などしないことであると思っている人が大半であるのに
○→出来ることは戦争などしないことであると思っている人が大半であるのに


578 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 12:36:10 ID:P6TN5oqU
>>574
塩狩峠や石井十次、コルベ神父、ダミアン神父、マザーテレサetc.カトリック聖人の生きざまや書かれた本を
「書いてある通りに」読めば原理主義者に認定されるのですね。なるほど。勉強になりました。

579 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 12:40:12 ID:5c6O7c5+
>>576
> 同時に、家族など、自分を慈しみ育ててくれた最も身近な他者を、悲しみと苦しみのどん底に陥れることに、思い至っていないのです。

後世の隣人愛を育むきっかけにもなったとは思いますが、そのようななことにはなっているとは思いませんが。



580 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 12:43:15 ID:gMlvBl3j

■創世記27:30〜32
イサクがヤコブを祝福し終えて、ヤコブが父イサクの前から立ち去るとすぐ、兄エサウが狩りから帰って来た。
彼もおいしい料理を作り、父のところへ持って来て言った。
「わたしのお父さん。起きて、息子の獲物を食べてください。そして、あなた自身の祝福をわたしに与えてください。」
父イサクが、「お前は誰なのか」と聞くと、「わたしです。あなたの息子、長男のエサウです」と答えが返ってきた。

***** 感想 *****

エソウが獲物を仕留めて帰ってきました。
しかし、もう『時既に遅し』なのです。


581 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 12:45:32 ID:gMlvBl3j

■創世記27:33〜34
イサクは激しく体を震わせて言った。
「では、あれは、一体誰だったのだ。さっき獲物を取ってわたしのところに持って来たのは。
実は、お前が来る前にわたしはみんな食べて、彼を祝福してしまった。だから、彼が祝福されたものになっている。」
エサウはこの父の言葉を聞くと、悲痛な叫びをあげて激しく泣き、父に向かって言った。
「わたしのお父さん。わたしも、このわたしも祝福してください。」

***** 感想 *****

エソウ悲劇。


582 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 12:49:10 ID:gMlvBl3j

■創世記27:35〜36
イサクは言った。「お前の弟が来て策略を使い、お前の祝福を奪ってしまった。」
エサウは叫んだ。「彼をヤコブとは、よくも名付けたものだ。
これで二度も、わたしの足を引っ張り(アーカブ)欺いた。
あのときはわたしの長子の権利を奪い、今度はわたしの祝福を奪ってしまった。」
エサウは続けて言った。「お父さんは、わたしのために祝福を残しておいてくれなかったのですか。」

***** 感想 *****

『長子の権利を奪い』とエソウは言っていますが、
もともと長子の権利を軽んじたのはエソウ自身なのでした。

もう既に長子の権利はヤコブに及んでいたのですから、
長子としての祝福、つまりイサク自身の祝福も、ヤコブが受けるのが
筋となっていたのかもしれません。


583 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 13:19:56 ID:5c6O7c5+
>>582
聖書でいうところの長子は男子の中の長子ですよね?

584 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 13:56:43 ID:gMlvBl3j
>>583
>聖書でいうところの長子は男子の中の長子ですよね?

そうです。


585 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 13:57:58 ID:gMlvBl3j

■創世記27:37
イサクはエサウに答えた。
「既にわたしは、彼をお前の主人とし、親族をすべて彼の僕とし、穀物もぶどう酒も彼のものにしてしまった。
わたしの子よ。今となっては、お前のために何をしてやれようか。」

***** 感想 *****

イサクの持ち物は、もう残っていないのでした。
だから、エソウに与えるものは何もありませんでした。


586 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 14:49:52 ID:UTP3vMZp
>>579
>後世の隣人愛を育むきっかけにもなったとは思いますが、そのような
>なことにはなっているとは思いませんが。

全くその逆ですね。

愛とは、共生する身近な他者の窮状を目の当たりにして「初めて」
生じる、助けるための具体的行動の原動力となる、すべての人間
にビルトインされた肉体的本能です。神や、イエスや、聖書など
の他人から教えられるいわれは無く、また教えられてはならない
ものです。これは、人間の生存本能(生命)から生じる、共同体
形成・維持本能から派生した肉体的本能、自然の感情だからです。
人間は、一人では絶対に生存できないことを、これも本能的に知って
いるからです。

見知らぬ人に対する思いやりも、このことが基盤にならなければ、
本物ではありません。

その意味で、他者の「教え」「命令」や、頭の中で観念的に作り
上げたアガペーは、「愛」ではありません。

イエスの隣人とは、「自分(イエス)を信じる者」に限定されて
います。彼は、「隣人を、そしてすべての人間を愛せよ」とは、
口が裂けても言えませんでした。イエスにとっては、自分(イエス)
を信じない者は、「裁かれるべき存在」に過ぎなかったからです。

587 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 14:52:09 ID:UTP3vMZp
>>586の続き

なお、イエスの隣人愛の根拠といわれる「善きサマリア人」のたとえ
話は、よく読めば、実は、サマリア人にかこつけた、「自分(イエス)
の気に入らない祭司やレビ人」に対する非難だったのです。そうで
なければ、わざわざ彼らを名指しして「悪人」にする必要はなく、単に
「他の通行人」とするだけでよかったのです。祭司やレビ人が、被害者
のことを気にしていなかった訳ではない。だから「道の向こう側を足早に
通り過ぎた」のです。祭司もレビ人もサマリア人も、それぞれの「事情」
があったのです。イエスは、そのことには思い至らなかった。というか、
イエスの目的は祭司とレビ人に対する非難だから、そんなことは関係な
かったのです。

「善きサマリア人」の話は、実は「隣人愛」とは対極にあることを、
看破できなければなりません。

孟子にある話で、ある王が、屠所に引かれてゆく牛を見て、可哀想に
なり、「羊に代えよ」と部下に命じました。王は、羊は見たことが
なかったのです。この挿話の持つ、愛の本質を示す、極めて深い意味
を、理解できなければなりません。

588 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 14:53:30 ID:gMlvBl3j
>>586
>イエスの隣人とは、「自分(イエス)を信じる者」に限定されています。

聖書のどこに、そのようなことが書かれてあるのか提示してください。
提示できないのであれば、いい加減なことを書いたことについて皆に謝罪してください。


589 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 14:57:07 ID:gMlvBl3j
>>587
>イエスの目的は祭司とレビ人に対する非難だから、
>そんなことは関係なかったのです。

思い違いもいいところです。
自分の勝手な妄想を、あたかも真実のように書くのは
下劣な行為であると冷静に自覚することをおすすめします。
どうしても、そのような自説を主張したいというのなら別のスレでしてください。
妄想に取り付かれた人というのは始末におえません。

590 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:00:00 ID:gMlvBl3j

「善きサマリア人」のたとえは、
ユダヤ人と異邦人との違いについて述べています。

祭司とレビ人を登場させた、というのは、
彼らが『神殿に用事があった』ということを暗示しているのです。

新約聖書にこのスレが移ったら詳しくやりましょうか。
いや、今すぐここで、その箇所を詳しく説明しても良いのです。

591 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:07:05 ID:UTP3vMZp
>>588
岩波キリスト教辞典で、「隣人愛」について調べてください。

イエスは、「自分(イエス)を信じない者は、裁かれる」と脅迫して
いるではありませんか。

>>589
旧約学者の加藤隆氏も、ほぼ同様の解釈をしています(「『新約聖書』
の『たとえ』を解く」(ちくま新書)

聖書を、初めから有難がらずに、現代人としての知性(批判力)を以って、
眼光紙背に徹して読んでください。「イエスに不利な箇所」から、目を
背けないこと。


592 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:08:35 ID:UTP3vMZp
>>591の訂正
×隣人愛
○隣人

593 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:09:21 ID:gMlvBl3j

■創世記27:38〜40
エサウは父に叫んだ。
「わたしのお父さん。祝福はたった一つしかないのですか。
わたしも、このわたしも祝福してください、わたしのお父さん。」エサウは声をあげて泣いた。
父イサクは言った。
「ああ 地の産み出す豊かなものから遠く離れた所
この後お前はそこに住む 天の露からも遠く隔てられて。お前は剣に頼って生きていく。
しかしお前は弟に仕える。いつの日にかお前は反抗を企て 自分の首から軛を振り落とす。」

***** 感想 *****

このイサクからヤコブへの言葉は、やるせない感じがします。


594 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:11:50 ID:gMlvBl3j
>>591
>岩波キリスト教辞典で、「隣人愛」について調べてください。
>イエスは、「自分(イエス)を信じない者は、裁かれる」と脅迫して
>いるではありませんか。


質問をずらさないで、きちんと答えてください。
聖書のどこに書いてあるのかを、あなたに聞いているんです。
「岩波キリスト教辞典」が、とか「旧約学者の加藤隆氏」だとかの
話を聞いているんじゃありません。
答えをそれさずに、責任を持って、僕の質問に答えてください。


595 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:17:06 ID:gMlvBl3j

ああ、つまらない人たち。
他人の書いた解説を読み、それを簡単に受け入れ
自分で聖書を読み解こうともせず、
何の根拠もないことを語る人たち。

このような人たちは、
宣伝に踊らされる消費者
作り上げられた流行を追い求める若者
世間の噂を真偽を確かめることなく語る者



596 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:21:40 ID:UTP3vMZp
>>594
聖書の解釈には、一字一句だけでなく、聖書全体に流れる「イエスの思想」
を勘案して解釈しなければなりません。

イエスは、「私は神の子。神の座の右に座る。アブラハムより前からいた」
などという妄言を吐いています。イエス自身やパウロが、イエスを信じさせ
るために、ありとあらゆる努力をしなかったとも。

イエスは、「自分(イエス)に従うためには、家族も、命も捨てよ」と
強要しているではありませんか。

597 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:23:35 ID:gMlvBl3j

イエスは隣人を愛せよ、ということは二番目に大切な
戒めであることを、はっきりとご自身で語っておられます。
また、隣人とは誰か、ということについても答えておられます。

旧約学者ということで名前を書かれていた人も理解できていないようですが
『イエスを信じる』ということの意味が、その人も「岩波キリスト教辞典」が
大好きなあなたにもわかっていない、ということです。
つまり、以下の聖句がまるでわかっていない、ということです。

★ヨハネ福3:18
御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。


598 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:25:47 ID:gMlvBl3j

わかっていないのなら、わかっていないような態度で
謙虚に聖書に対峙して学ばせてもらうべきなのです。

それを、わかってもいないことを偉そうに語ったりしていたら
裁きは避けられないのではないでしょうか。

★ヨハネ福9:41
イエスは彼らに言われた。
「もしあなたがたが盲人であったなら、罪はなかったであろう。
しかし、今あなたがたが『見える』と言い張るところに、あなたがたの罪がある。

599 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:28:49 ID:gMlvBl3j
>>596
>イエスは、「私は神の子。神の座の右に座る。アブラハムより前からいた」
>などという妄言を吐いています。イエス自身やパウロが、イエスを信じさせ
>るために、ありとあらゆる努力をしなかったとも。

それも旧約聖書の学者さんが言っていることなのですか?
「神の右に座す」についても「わたしはアブラハムが生まれる前から在る」についても
意味がわからないのであれば、それはそれでよいのではないかと思いますが
それらについて妄言を吐いている、と発言した責任は、いずれあなたご自身で
引き受けることになると思いますよ。


600 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:29:19 ID:P6TN5oqU
>>598

マルコ 16:15 それから、イエスは言われた。「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。
マルコ 16:16 信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。

601 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:29:44 ID:UTP3vMZp
>>595
大昔の人間が書いた聖書に呪縛され、そこから一歩も外には出られず、
時代も異なる現代人としての知性(批判力)を行使できない、あなた方
こそ、つまらない人々どころか、狂った人々ですよ。

人間の知性(批判力)と科学的探究心も、創造主が与えてくれた最大の
恩寵ですよ。それを行使しないのは、創造主(神)の冒涜ではありませ
んか。

602 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:33:52 ID:gMlvBl3j
>>593

以下のように訂正させてくださいませ。m(__)m

誤:
このイサクからヤコブへの言葉は、やるせない感じがします。

正:
このイサクからエソウへの言葉は、やるせない感じがします。


603 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:35:49 ID:P6TN5oqU
>>602

11 ヨハネ福  8:24 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」

604 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:42:03 ID:gMlvBl3j

■創世記27:41
エサウは、父がヤコブを祝福したことを根に持って、ヤコブを憎むようになった。
そして、心の中で言った。「父の喪の日も遠くない。そのときがきたら、必ず弟のヤコブを殺してやる。」

***** 感想 *****

エソウはヤコブを殺そうという考えをもちました。
そして、それは父イサクが生きている間はまずいだろう、ということで
近いうちに父が死ぬだろうから、その時にヤコブを殺してやる、と
考えたようです。
あんまり感心できない考え方です。


605 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 15:43:50 ID:P6TN5oqU
>>604

51 ヨハネ福  3:36 御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまる。」

606 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:47:03 ID:gMlvBl3j

■創世記27:42〜44
ところが、上の息子エサウのこの言葉が母リベカの耳に入った。
彼女は人をやって、下の息子のヤコブを呼び寄せて言った。
「大変です。エサウ兄さんがお前を殺して恨みを晴らそうとしています。
わたしの子よ。今、わたしの言うことをよく聞き、急いでハランに、わたしの兄ラバンの所へ逃げて行きなさい。
そして、お兄さんの怒りが治まるまで、しばらく伯父さんの所に置いてもらいなさい。

***** 感想 *****

ハランには、リベカの血族が住んでいます。
アブラハムの兄弟ナホルの血を引く一族です。


607 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 16:03:13 ID:P6TN5oqU
>>606

48 ヨハネ福  12:48 わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わりの日にその者を裁く。

608 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 16:10:19 ID:gMlvBl3j

■創世記27:45
そのうちに、お兄さんの憤りも治まり、お前のしたことを忘れてくれるだろうから、
そのときには人をやってお前を呼び戻します。
一日のうちにお前たち二人を失うことなど、どうしてできましょう。」

***** 感想 *****

この最後のリベカの言葉は、謎を含んでいると感じました。
『一日のうちにお前たち二人を失うことなど、どうしてできましょう。』

ヤコブが殺されるだけなら、一人を失うだけのはずですが、
リベカが「お前たち二人を失う」と言っているのはなぜでしょう。

まさか「お前たち二人」の一人はイサクのことではないでしょうから
きっと、もう一人はエソウのことなのです。
いったい、誰がエソウを殺すというのでしょうか。


609 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 16:16:18 ID:P6TN5oqU
>>608

ユダ 1:4 なぜなら、ある者たち、つまり、次のような裁きを受けると昔から書かれている不信心な者たちが、ひそかに紛れ込んで来て、わたしたちの神の恵みをみだらな楽しみに変え、また、唯一の支配者であり、わたしたちの主であるイエス・キリストを否定しているからです。

610 :ルシファーの福音書:2008/08/05(火) 17:35:42 ID:0yG44Idd
>>574
>イエス様の話は例え話が多いわけですが、聖書に理由も書いてありますよ。
ところが、神話の例え話や比喩を最も幼稚な発想をするのが、新約の編者を
含むキリスト教徒だべ
@創世記のエバを唆すヘビを「悪魔ぴょん」にしてるだべ
 (悪賢いアッシリア)
Aアダムの肋骨の一本から女を作ったと書かれてると、そのまんま
 信じてるだべ
 (イスラエル族の一部から北イスラエルの部族が分かれた)
B神が土を捏ねて息を吹き込むとアダムができたと書かれてると
 そのまんま信じてるんだべ
 (原人の中からイスラエル人の祖となるような人達が現れた)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
言い出したら限が無いけど、例え話を読んで幼稚な発想しか出来ないのが
キリスト教徒だべ

付録

何処かの馬鹿が、イザヤ書の(バビロンが自らを「明けの明星」と
奢り高ぶったと言う)文章を(「明けの明星」が奢り高ぶって神よりも
上位を得ようとして悪魔になった)話に勘違い(意図的な)したら
そのまんま、何の疑問も持たずに信じてるんだべ
「ルシファー」は悪魔だと言う根拠にしてるイザヤ書の引用は、どう
読み直しても、バビロンが「ルシファー」だと奢り高ぶって、繁栄の
頂点から見るも無残に崩壊して消え去った話だよ...イザヤの
編者が、それを見て嘲り笑った話だよ....ルシファーそのものが
奢り高ぶったと言うのは、別のシナリオから持ってきた話で、聖書には
ないべ

611 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/05(火) 18:29:28 ID:MVeIRPPn

そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳



612 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 18:51:03 ID:2JosW8jI
罪を知らない者は罪を自覚できるのだろうか。

613 :ルシファーの福音書:2008/08/05(火) 21:01:05 ID:0yG44Idd
>>612
>罪を知らない者は罪を自覚できるのだろうか。
パウロ書簡にパウロさんの考え方が書かれてるが、現代人の
基準にはなりえないと思う。

614 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 22:32:34 ID:gMlvBl3j

■創世記27:46
リベカはイサクに言った。
「わたしは、ヘト人の娘たちのことで、生きているのが嫌になりました。
もしヤコブまでも、この土地の娘の中からあんなヘト人の娘をめとったら、
わたしは生きているかいがありません。」

***** 感想 *****

エソウは、住んでいたカナン地方の地元の女(ヘト人)たちを妻にしたようです。
カナン地方の女ですから、アブラハムの神を信じているわけはないですね。
立ち居振る舞いとかも、粗野だったのでしょうか。
詳細はよくわかりませんが、リベカやイサクが望んだようなお嫁さんではなかったようですね。


615 :ルシファーの福音書:2008/08/05(火) 22:39:25 ID:0yG44Idd
>>614
>カナン地方の女ですから、アブラハムの神を信じているわけはないですね。
>立ち居振る舞いとかも、「粗野」だったのでしょうか。
イエイエ、バアル様を崇拝した、美人で貞淑で信仰深く気立ての優しい
娘さんです。エサウはリベカお母さんみたいにアホでプライドが強く
亭主をないがしろにする様な女が大嫌いだったんです。


616 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/05(火) 22:48:52 ID:0yG44Idd
>>614
>カナン地方の女ですから、アブラハムの神を信じているわけはないですね。
>立ち居振る舞いとかも、「粗野」だったのでしょうか。
アホと言うのは、何回説明したら理解するんだろうか?
カナン地方の女=「粗野」と言う根拠の全くない勝手なイメージを
アホ信者に植えつけてるんだよ..それがキリスト教団の幼稚で忌まわしい
戦術なんだと言ってるだろうが!!!!


617 :神も仏も名無しさん:2008/08/05(火) 23:16:31 ID:ZzlxFrf4
イエス、キリストはユダの砂漠で修行したらしいけど水や食料はどうしてたのだろうか?
熱くて退屈だし自分なら数時間で根を上げるくらい辛い修行だったのかな〜

618 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:24:46 ID:UuIb6TgI
>>251
■創世記27:11〜12
しかし、ヤコブは母リベカに言った。
「でも、エサウ兄さんはとても毛深いのに、わたしの肌は滑らかです。
お父さんがわたしに触れば、だましているのが分かります。
そうしたら、わたしは祝福どころか、反対に呪いを受けてしまいます。」

***** 感想 *****

騙しているのが、バレなければ良いという発想のようです。
たとえ騙して受けた祝福でも、十分に効果があると言う事でしょうね。

>>252
■創世記27:13
母は言った。
「わたしの子よ。そのときにはお母さんがその呪いを引き受けます。
ただ、わたしの言うとおりに、行って取って来なさい。」

***** 感想 *****

自分が呪いを受けても構わない。それくらいにヤコブちゃんを愛していたようです。
エサウも同じ子供なのに扱いが違い過ぎます。なんかエサウを気の毒に感じます。

619 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:25:59 ID:UuIb6TgI
>>423
■創世記27:14〜17
ヤコブは取りに行き、母のところに持って来たので、母は父の好きなおいしい料理を作った。
リベカは、家にしまっておいた上の息子エサウの晴れ着を取り出して、下の息子ヤコブに着せ、
子山羊の毛皮を彼の腕や滑らかな首に巻きつけて、
自分が作ったおいしい料理とパンを息子ヤコブに渡した。

***** 感想 *****

おいしい料理って・・・・どんだけ美味しいのだろーか?
俺も食べてみたい。
なんか・・・腹減った

ヤコブとエサウの体質が逆だったら面白いね。
ヤコブが毛深くて、エサウがつるつるなら、急いで脱毛したんだろうね。

620 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:28:26 ID:UuIb6TgI
>>424
■創世記27:18〜19
ヤコブは、父のもとへ行き、「わたしのお父さん」と呼びかけた。
父が、「ここにいる。わたしの子よ。誰だ、お前は」と尋ねると、
ヤコブは言った。
「長男のエサウです。お父さんの言われたとおりにしてきました。
さあ、どうぞ起きて、座ってわたしの獲物を召し上がり、お父さん自身の祝福をわたしに与えてください。」

***** 感想 *****

わたしのお父さんと呼びかけて、大胆に偽ってエサウを名乗るヤコブ・・・・
心に父を騙す痛みはなかったようです。
彼が気にしていたのは、父に見破られて「呪い」を受ける事のようです。
とりあえず、「祝福」がさえ手に入れれば、後はどうにでもなると思ってたのかね・・・

621 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:32:55 ID:UuIb6TgI
>>566■創世記27:20
「わたしの子よ、どうしてまた、こんなに早くしとめられたのか」と、
イサクが息子に尋ねると、ヤコブは答えた。
「あなたの神、主がわたしのために計らってくださったからです。」

***** 感想 *****

「あなたの妻、リベカ母さんが、狩りの獲物の代わりに家畜を料理したからです。」
なーんて事は、絶対に言えないよなww
悪い事をする時は、堂々とする方が成功しやすいと聞いた事があるが・・・・
ここで、ヤコブが、ビビリながら声を震わせて、「あっ、ああなたの神、、しゅ、主が・・」
と言う風にキョドキョドしてたなら、ばれていたかもしれない。

>>567 ■創世記27:21
イサクはヤコブに言った。
「近寄りなさい。わたしの子に触って、本当にお前が息子のエサウかどうか、確かめたい。」

***** 感想 *****

一応、確認しようとする事は、良い事だと思います。
しかし、イサクは、本当に目が見えなかったんですね・・・


622 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:33:55 ID:UuIb6TgI
>>569
>>570
■創世記27:22
ヤコブが父イサクに近寄ると、イサクは彼に触りながら言った。
「声はヤコブの声だが、腕はエサウの腕だ。」
■創世記27:23〜24
イサクは、ヤコブの腕が兄エサウの腕のように毛深くなっていたので、見破ることができなかった。
そこで、彼は祝福しようとして、言った。
「お前は本当にわたしの子エサウなのだな。」
ヤコブは、「もちろんです」と答えた。


***** 感想 *****
エサウと名乗る声に違和感を感じていたようです。
しかし、エサウの毛深さってどれくらいかは知らないけど、
触診で「子山羊の毛皮」と人間の毛深いのとを判別出来ないものなのか?

まぁ・・・イサクも まさか、自分の子供(ヤコブ)が、
自分を騙しているなんて、思わなかったんだろうね。


623 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:34:52 ID:UuIb6TgI
>>571 ■創世記27:25〜26
イサクは言った。
「では、お前の獲物をここへ持って来なさい。
それを食べて、わたし自身の祝福をお前に与えよう。」
ヤコブが料理を差し出すと、イサクは食べ、ぶどう酒をつぐと、それを飲んだ。
それから、父イサクは彼に言った。
「わたしの子よ、近寄ってわたしに口づけをしなさい。」

***** 感想 *****
エサウの狩りの獲物でない食事、リベカが獲物だと偽装して作った料理・・・・
エサウを偽って名乗るヤコブの口づけ・・・・
目が見えない為に、見抜く事ができなかったイサク・・・・

なんか、気の毒だぜ。

624 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/05(火) 23:36:58 ID:UuIb6TgI
>>572 ■創世記27:27〜29
ヤコブが近寄って口づけをすると、イサクは、ヤコブの着物の匂いをかいで、祝福して言った。
「ああ、わたしの子の香りは 主が祝福された野の香りのようだ。
どうか、神が 天の露と地の産み出す豊かなもの 穀物とぶどう酒を お前に与えてくださるように。
多くの民がお前に仕え 多くの国民がお前にひれ伏す。
お前は兄弟たちの主人となり 母の子らもお前にひれ伏す。
お前を呪う者は呪われ お前を祝福する者は 祝福されるように。」

***** 感想 *****
人生の中で、一度だけの瞬間です。
きっとエサウに対して愛情いっぱいの気持ちで祝福したんだろうと思います。

625 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 00:04:05 ID:jwGWzyH3
キリスト教を完全否定する人達にとって、いったい何が真理なのだろう。。
否定するのはかまわんが、真理とは自分自身だとおもっとるのだろうか。


626 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 00:19:28 ID:rjp7dErJ
アホがやりだしても、そのうち自己破綻するだけなんだけどね

627 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 00:29:58 ID:AS/vC5Qw
>>626

> アホがやりだしても、そのうち自己破綻するだけなんだけどね

私自身頭悪いので、頭の良い人のための宗教だという気持ちは否めないですね。


628 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 00:35:22 ID:rjp7dErJ
>>625
>キリスト教を完全否定する人達にとって、いったい何が真理なのだろう。。
>否定するのはかまわんが、真理とは自分自身だとおもっとるのだろうか。
キリスト教徒は、こんな童話が真理だとマジに思ってるだけだよ
幼児の頃を思い出したら良いのさ...アニメ漫画が創作話だったことを
知った時にどうしたんだ...

629 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 00:44:23 ID:PUlSG5GB
>>628
確かに童話みたいなところはあるな。
ココモスキーさんには真理ってあるんかいな?

630 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 00:50:12 ID:Z9jo7Ivs
そうか?
俺はキリスト教の信者でも何でもないけど、イエス、キリストは偉大な人だったと感じてるけどなあ。
ただ信者の理想像は映画「ロッキー」でのスタローンだけど
ユダの裏切りでイエス、キリストがやばいとき
弟子もビビッて逃げ出したらしいけどロッキーなら逃げ出しそうにないもんなあ。

631 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 00:57:53 ID:AS/vC5Qw
聖書を理論的に分析してるのは本当にもったいないことだなぁと思います。
旧約はほとんど読まないけれど新約は疲れた心を癒してくれたり、希望が持てたり、どれだけ支えられているのかを考えると、神様にありがとうと言うしかありません。

632 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 01:10:37 ID:PUlSG5GB
おれはキリスト教徒だが、ココモさんみたいな人達と同じ疑問はある。
でも何故か信じれるんだよね。疑問は必ずしも否定とはなりえないって
ことかと。それとも神の導きなのか。
>>631さんの言うとおり 君はもったいないわ。


633 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 01:17:19 ID:rjp7dErJ
>>630
>ユダの裏切りでイエス、キリストがやばいとき
>弟子もビビッて逃げ出したらしいけどロッキーなら逃げ出しそうにないもんなあ。
2000年前の番組(福音書)でも、ユダが裏切ったと言う番組はマタイ映画制作所(福音書)
だけなんだよ...同じ頃に作られたマルコ映画制作所もヨハネ映画制作所も
ぜんぜん違うフィルムなんだけど、キリスト教団はマタイ映画制作所のフィルム
だけが真実だと言ってるんさ...20世紀にユダの福音書などと言う
フィルムが見つかってしまって、裏切りではなくて...ごめん、眠くなった

634 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 01:24:02 ID:Z9jo7Ivs
>>633

裏切りで無かったらなんなの?
もしかしたらユダは天然系で世の中を変えてくれるきっかけを作っただけだとしか感じてなかったとか?

635 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 01:43:46 ID:rjp7dErJ
>>634
ルカさんの映画フィルムは自殺じゃなくて事故死
ユダ福音書は「イエスの命令による告発」で、ユダは死んではいない
ヨハネさんの映画館は、ユダの作戦がイエスにバレテしまって、それを
イエスさんが已む無しと判断して、ユダに「お前がやろうとしてる
事をそのまま実行しなさい」と催告してるフィルムです。

636 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 01:46:26 ID:PUlSG5GB
おれみたいなもんがこんな事言うのもなんだが、迷ってる人らは
騙されたと思って一度信仰持ってみ。どんな宗教でもかまわんから。
キリスト教なら「私の主はイエスキリスト様です」と声に出して
言ってみるといい。心になんらかの変化が起こるかもだ。
な〜んも感じない人は心も体もこの世において健康体ってことだ。

637 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 02:31:21 ID:Z9jo7Ivs
>>635

ものすっごく大昔のことなので過去の記述が正しいかのかどうか検証はきわめて難しいよね
それでも他の国の伝説よりはまともだとは思う
インドのギータとかUFOみたいなのが物語で出たりもっと
とんでもない

ただイエス、キリストに関しては本物だったと信じてる
未信者の俺が言うのも何だけど

638 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 09:10:42 ID:O+9Gmcko
エサウは毛深い〜動物的〜獣〜反キリスト〜サタン。

ヤコブはつるつる〜天使的〜天使とイエス。

の象徴じゃね?

主がサタン(エサウ)を退けて、天使、イエス(ヤコブ)を祝福するのは当たり前だわな。

それくらい読み取れよ・・ってか。

639 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 09:44:58 ID:IU2anHov
ダニエルという人に偽善者扱いされ、裁かれました。


640 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 10:19:46 ID:rPP41gLq

■創世記28:1〜3
イサクはヤコブを呼び寄せて祝福して、命じた。
「お前はカナンの娘の中から妻を迎えてはいけない。
ここをたって、パダン・アラムのベトエルおじいさんの家に行き、
そこでラバン伯父さんの娘の中から結婚相手を見つけなさい。
どうか、全能の神がお前を祝福して繁栄させ、
お前を増やして多くの民の群れとしてくださるように。
どうか、アブラハムの祝福がお前とその子孫に及び、神がアブラハムに与えられた土地、
お前が寄留しているこの土地を受け継ぐことができるように。」

***** 感想 *****

イサクは、ヤコブに対して、自分がリベカと結婚したときのように
ベトエルの血筋の者から妻にするように命じました。
そして、アブラハムの祝福がヤコブとその子孫に及ぶように祝福したのです。


641 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 10:24:00 ID:rPP41gLq
>639
>ダニエルという人に偽善者扱いされ、裁かれました。

そんなことを書かれても、名無しさんとしてでは
何のことかわかりません。
しかし、もし僕が理由もなくそのようなことをしたのであれば
謝らなくてはいけないと思います。


642 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 10:28:45 ID:rPP41gLq

■創世記28:5〜
ヤコブはイサクに送り出されて、パダン・アラムのラバンの所へ旅立った。
ラバンはアラム人ベトエルの息子で、ヤコブとエサウの母リベカの兄であった。
エサウは、イサクがヤコブを祝福し、パダン・アラムへ送り出し、
そこから妻を迎えさせようとしたこと、
しかも彼を祝福したとき、
「カナンの娘の中から妻を迎えてはいけない」と命じたこと、
そして、ヤコブが父と母の命令に従ってパダン・アラムへ旅立ったことなどを知った。

***** 感想 *****

ヤコブが父イサクの命令、つまりラバンの家から妻を迎えさせようとしたことや
父イサクがヤコブを祝福したときに「カナンの娘の中から妻を迎えてはいけない」と命じたことを知りました。


643 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 10:33:55 ID:rPP41gLq

■創世記28:8〜9
エサウは、カナンの娘たちが父イサクの気に入らないことを知って、
イシュマエルのところへ行き、既にいる妻のほかにもう一人、
アブラハムの息子イシュマエルの娘で、ネバヨトの妹に当たるマハラトを妻とした。

***** 感想 *****

エソウは、自分が妻としたカナン人の女が、父イサクや母リベカから喜ばれないのを知ります。
だからエソウは、それまで、父や母の気持ちに気づかなかったということです。
そしてエソウのとった行動は、アブラハムの正統な血筋ではないイシュマエルの娘マハラトを妻に選ぶのでした。
エソウのとった行動は、どこまでも悲しい気がします。
彼は、何が神に喜ばれ、父母に喜ばれることなのかがさっぱり分からなかったのでしょう。


644 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 10:42:21 ID:45Y0Zfyc
594 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2008/08/05(火) 15:11:50 ID:gMlvBl3j
>>591
>岩波キリスト教辞典で、「隣人愛」について調べてください。
>イエスは、「自分(イエス)を信じない者は、裁かれる」と脅迫して
>いるではありませんか。

質問をずらさないで、きちんと答えてください。
聖書のどこに書いてあるのかを、あなたに聞いているんです。
「岩波キリスト教辞典」が、とか「旧約学者の加藤隆氏」だとかの
話を聞いているんじゃありません。
答えをそれさずに、責任を持って、僕の質問に答えてください。

ダニエルさまへ。聖書読者の下には以下のような脅迫状が届けられております。

マルコ 16:16 信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。
ヨハネ福 3:36 御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りが
その上にとどまる。」
ヨハネ福 8:24 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』という
ことを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」
ヨハネ福 12:48 わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わり
の日にその者を裁く。
ユダ 1:4 なぜなら、ある者たち、つまり、次のような裁きを受けると昔から書かれている不信心な者たちが、ひそかに紛れ込
んで来て、わたしたちの神の恵みをみだらな 楽しみに変え、また、唯一の支配者であり、わたしたちの主であるイエス・キリ
ストを否定しているからです。

ダニエルさまの口ぶりからすると、以上の「聖句」とやらは脅迫文に値しないとおっしゃりたいのでしょうが、では、これらは
愛に溢れたラブレターの類なのでしょうか? ダニエルさまが用いられた朝鮮系の日本語をそのままお返しします。

>答えをそれさずに、責任を持って、僕の質問に答えてください。

645 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 11:00:19 ID:nA4Ur3ZB
>>644
イエスは、「裁くな。裁けば自分も裁かれる」などと言いながら、自らは裁き
まくっているね。「言行不一致」の典型。

真っ先に裁かれるべきは、イエスである。

646 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 11:40:11 ID:rPP41gLq
>>644
>ダニエルさまの口ぶりからすると、以上の「聖句」とやらは脅迫文に値しないとおっしゃりたいのでしょうが、
>では、これらは愛に溢れたラブレターの類なのでしょうか?
>ダニエルさまが用いられた朝鮮系の日本語をそのままお返しします

>>644 の投稿は、>>639
『ダニエルという人に偽善者扱いされ、裁かれました。』と書いた人に対して書いたのであって、
あなた宛てに書いていませんよ? あなたは>>639 のお方ですか?
また、朝鮮系の日本語?というものもよくわからないのですが、そういうことにお詳しいのでしょうか?
僕の入力ミスについては、よくあることなので、あまり気になさらないでください。


647 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 11:45:58 ID:rPP41gLq
>>644 のお方へ

ここのスレッドは、毎度申し上げておりますが、
聖書を信じている人たちが根底から学んでいくためのスレッドです。
ですから、「岩波辞典でこう書いてある」とか「学者の○○さんがこう言っている」
というようなことを書き込んでいただくことは、失礼ながら本旨からはずれております。
そのような知識があることは大変結構であるとは思いますが、もしこのスレッドにご参加したいと
いうお気持ちがあるのであれば、それらの知識をいったん棚上げにして、
まったくの無垢な気持ちで聖書に接する覚悟が出来てからお願いしたいと思います。
勝手ながら、よろしくお願いいたします。


648 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 11:46:34 ID:45Y0Zfyc
>>646

>答えをそれさずに、責任を持って、僕の質問に答えてください。

649 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 11:54:10 ID:rPP41gLq

■創世記28:10〜11
ヤコブはベエル・シェバを立ってハランへ向かった。
とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。
ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。

***** 感想 *****

ヤコブはベエル・シェバからハランへ向かう途中の、ある場所で
その場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわったようです。
空には、きっと沢山の星が見えていたのでしょうね。


650 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 11:57:47 ID:rPP41gLq

■創世記28:12
すると、彼は夢を見た。
先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、
神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。

***** 感想 *****

ヤコブは夢を見ました。
その夢の中では、天に達しているハシゴがかけてあって、
神の御使いたちがそれを登ったり降りたりしているのでした。

いよいよ、創世記もこの箇所まで来てしまいましたね。
この箇所については、少し語らなくてはいけないような気がします。


651 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 12:13:46 ID:rPP41gLq

天と地とは、無関係に存在しているのではないようです。
天と地の間には、ハシゴが存在していて、そのハシゴを介して
神の御使いたちが行き来をしているのです。

神の御使いたちの居場所は、天でもあり地でもあるわけです。
神の御使いたちは、神の命令により事を成しているのですが、
それは物質となり、あるいは、気象となり、様々なものとなり
この地を動かしております。


652 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 12:16:25 ID:rjp7dErJ
>>650
>この箇所については、少し語らなくてはいけないような気がします。
できれば、キリスト教団のインチキ童話は手短にお願いしたい。
その手の童話が好きな人達は良いだろうが、うんざりしてる御仁も
あまたいると思うが...

653 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 12:18:17 ID:rPP41gLq

ヤコブの見たハシゴは、
この地が、神の関与の元に動いていることを証しています。
また、地にある物は、すべて天と関与していることを証しています。

この偉大な世界が、どのように成り立っているのか
ヤコブの見たハシゴは教えてくれているのではないでしょうか。


654 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 12:23:16 ID:rPP41gLq

般若心経に、『空即是色』という言葉がありますが、
『空』というのが、目に見えない充満した気のようなものであるとすれば、
そうしたエネルギーのような気が、「色」すなわち物質となっていることを
表現しているのですが、
このヤコブの見たハシゴは、
神がヤコブに『空即是色』をリアルに見せてくれたのではないか、
と僕は思っております。


655 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 12:25:30 ID:rPP41gLq
>>652
>できれば、キリスト教団のインチキ童話は手短にお願いしたい。

僕はキリスト教団の代弁者じゃありません。
聖書を、ありのままに受け止めることの大切さを呼ばわる者です。


656 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 12:27:52 ID:AS/vC5Qw
>>652
事実不思議なことはありますよ。
う〜んまぁいいんですけど、目に見えないことだし。そのことに関して討論しても無駄でしょうし。

657 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 12:30:56 ID:45Y0Zfyc
>>647
>ここのスレッドは、毎度申し上げておりますが、
>聖書を信じている人たちが根底から学んでいくためのスレッドです。
>ですから、「岩波辞典でこう書いてある」とか「学者の○○さんがこう言っている」
>というようなことを書き込んでいただくことは、失礼ながら本旨からはずれております。

>>649の書き込み等を見る限りではダニエルさまの使用されている聖書は新共同訳のようですね。
ならば以下の質問はこのスレッドの趣旨に適っているはずです。

>ダニエルさまへ。聖書読者の下には以下のような脅迫状が届けられております。

>マルコ 16:16 信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。
>ヨハネ福 3:36 御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りが
>その上にとどまる。」
>ヨハネ福 8:24 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』という
>ことを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」
>ヨハネ福 12:48 わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者に対しては、裁くものがある。わたしの語った言葉が、終わり
>の日にその者を裁く。
>ユダ 1:4 なぜなら、ある者たち、つまり、次のような裁きを受けると昔から書かれている不信心な者たちが、ひそかに紛れ込
>んで来て、わたしたちの神の恵みをみだらな 楽しみに変え、また、唯一の支配者であり、わたしたちの主であるイエス・キリ
>ストを否定しているからです。

>ダニエルさまの口ぶりからすると、以上の「聖句」とやらは脅迫文に値しないとおっしゃりたいのでしょうが、では、これらは
>愛に溢れたラブレターの類なのでしょうか?

それとも「ダニエル訳」という新しい聖書でも出版されたのでしょうか? それならばぜひとも紹介していただきたいものです。
わたしも「ダニエル訳」を使って聖書を根底から学んでみます。

658 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 12:32:27 ID:rjp7dErJ
>>653
>この偉大な世界が、どのように成り立っているのか
>ヤコブの見たハシゴは教えてくれているのではないでしょうか。
インチキ童話は直ぐばれるんだって
ヤコブの見た夢は直ぐ後に書かれてるだべ、この世の成り立ちなんか
書いてないよ、またお決まりの土地を与える(空手形)話だよ
創28/14〜15
あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へと
広がっていくであろう。地上の氏族はすべて、あなたとあなたの子孫に
よって祝福に入る。
見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしは
あなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束した
ことを果たすまで決して見捨てない。」

659 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 12:56:59 ID:45Y0Zfyc
>>654
大変失礼ながらお聞かせ願います。ダニエルさまはもしかすると知的障害をお持ちの方なのでしょうか?
ダニエルさまは>>647にて以下のように述べられております。

647 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 11:45:58 ID:rPP41gLq
>>644 のお方へ

ここのスレッドは、毎度申し上げておりますが、
聖書を信じている人たちが根底から学んでいくためのスレッドです。
ですから、「岩波辞典でこう書いてある」とか「学者の○○さんがこう言っている」
というようなことを書き込んでいただくことは、失礼ながら本旨からはずれております。
そのような知識があることは大変結構であるとは思いますが、もしこのスレッドにご参加したいと
いうお気持ちがあるのであれば、それらの知識をいったん棚上げにして、
まったくの無垢な気持ちで聖書に接する覚悟が出来てからお願いしたいと思います。
勝手ながら、よろしくお願いいたします。

にもかかわらず、わずか40分後の>>654では以下のように申しております。

654 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 12:23:16 ID:rPP41gLq

般若心経に、『空即是色』という言葉がありますが、
『空』というのが、目に見えない充満した気のようなものであるとすれば、
そうしたエネルギーのような気が、「色」すなわち物質となっていることを
表現しているのですが、
このヤコブの見たハシゴは、
神がヤコブに『空即是色』をリアルに見せてくれたのではないか、
と僕は思っております。

健常者であればこの矛盾にいち早く気づき、とてもではないが掲示板への書き込みなどは控えるところなのですが、
どうやらそういった常識が通用しない方のようですね。

660 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 14:39:48 ID:9hBzrsMW
>>647

般若心経は聖書の解説書ではありませんよ。
あれは、釈尊の悟りである「空」について
解説してあるお経のことです。

僕がしてはいけないと再三書いております趣旨は
聖書について他者がしていた解釈を丸呑みすべきでない
ということなのです。


661 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 14:42:16 ID:9hBzrsMW

失礼しました。

>>660 の投稿は、
>>659 に対してのレスです。


662 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 14:45:57 ID:9hBzrsMW
>>659
>大変失礼ながらお聞かせ願います。ダニエルさまはもしかすると知的障害をお持ちの方なのでしょうか?
>健常者であればこの矛盾にいち早く気づき、とてもではないが掲示板への書き込みなどは控えるところなのですが、
>どうやらそういった常識が通用しない方のようですね。

何を書かれてもかまわないのです。
ここは、神と神を愛する人と自分自身のために書いているのでして、
それ以外の人に向けては書いていないのです。
従って、もしこのスレッドの趣旨にご賛同いただけないのであれば
ここのスレッドに投稿したりしないでいただければ幸いです。


663 :ダニエル・スイート ◆o31oshrvYE :2008/08/06(水) 14:49:44 ID:9hBzrsMW

ヤコブの見たハシゴ。
このハシゴは、天と地とが繋がっているということを
明確に表現していると思います。
このハシゴについて、それぞれで熟考してみましょう。


664 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 15:15:26 ID:rjp7dErJ
>>653
>このハシゴについて、それぞれで熟考してみましょう。
余計なお世話だヨン...キリスト教徒なんかには言われたくないヨン

665 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 16:00:12 ID:VxZZEO13
■^Д^
^Д^

***** 感想 *****

^Д^

666 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 16:16:16 ID:AS/vC5Qw
あちこち色んな書き込みあるのが2chだから、何でもありの方が楽かもですね、気分的に。

ハレルヤーぁああ!!!





言い合い切り!
(♯`◇´)乂(`◇´メ)ゝ


※只今の気温マイナス8℃です。
失礼。。。


667 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 16:18:18 ID:AS/vC5Qw
666踏んじゃった、あらら〜(^-^;

668 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 16:28:57 ID:PUlSG5GB
>>664 だから君は何がしたいのか。聖書を読んで馬鹿馬鹿しいって思ってしまったら、
普通の人は聖書なんか見向きもしないぞ。すぐに忘れてしまうもんだよ。
でも君は執拗に批判してくるな。なんでや。。



669 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 17:42:29 ID:NWRqj/Op
ココモは思想的、信条的な動機に基づいて攻撃してるわけじゃないから聞いても明確な返事は返ってこない。
普通の人は自分の気持ちや感情を元に動機を重視して行動する。
ココモが上記傾向に目を向けないところから、俺はココモが発達障害系ないしは自閉症スペクトラム圏内の人なのではないかと疑ってる。

670 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 17:45:22 ID:NWRqj/Op
ココモもだいぶと辛抱効くようになってきたから、次は十人十様を認めることだな。

671 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 17:51:14 ID:qWbSMYhB

わたしは、こう祈ります。「知る力」 と 「見抜く力」 とを身に着けて、

あなたがたの愛がますます豊かになり、


「本当に重要なこと」を見分けられるように       フィリピ1,9




672 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 18:03:45 ID:765y/xVO
>>668
聖書解釈史に登場する「宗教史学派」と似ているね、ココモスキー先生は。
古代オリエントの諸宗教と聖書の比較を重視し、結局聖書の特殊啓示を認めないというもの。
宗教史学派もやっぱり聖書をズタズタに細分化させて、結局聖書全体が救済史であるという
観点がすっぽり抜け落ちているとしてバルトから痛烈に批判されて、けっきょく歴史の中から
忘れられていった。要するに聖書に関心があるのではなく、宗教史に関心があるんでしょ。
だから信仰心から聖書を読む人達とはぜんぜん話が噛みあわない。否、噛みあうはずがない。

673 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 18:30:01 ID:qWbSMYhB
>>672
>だから信仰心から聖書を読む人達とはぜんぜん話が噛みあわない。否、噛みあうはずがない。

信仰心とは、なんぞや? 書かれている事を、教会を通して、教会の権威の元に

無批判に、理解する事か? その無批判な信仰心が、各教会の対立を生み、

他宗教との対立を生み、中世エルサレムで、十字軍という同じ信仰心を持つ人々によって

イスラム教徒を殺し、ひざまで血につかりながら、賛美歌を歌い行進させた原動力なのだ。

批判的精神無しに、旧約、新約を読む事は、恐ろしい危険が潜んでいる。

674 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 18:49:58 ID:qWbSMYhB
旧約を書き記したユダヤ人の根底には、連綿と続く選民意識がある。

もし異邦人がユダヤ人を蹴ったら、彼は殺されなければならない。ユダヤ人を蹴ること
は神を蹴ることと同じである。サンヒドリン58b

ユダヤ人が悪を行うように誘惑されたら、彼は自分が知られていない町に行ってその
悪を行わなければならない。 モードカッタン17a

イスラェル人の牛がカナン人の牛を突き殺しても債う必要はない。カナン人の牛がイス
ラエル人の牛を突き殺した場合は支払いは十分行われなければならない。パパカンマ37b 

ユダヤ人は異邦人を罠にはめるために虚をついても良い パパカンマ113a

異邦人は雌牛と交尾することを好む。 アボダーザラ22a−b

ラビ・ヤアコ ブ・ペリンは「一○○万人のアラブ人は1人のユダヤ人の指の爪にも当たらない」
と言っている(NY  Daily NewS、Feb 28、1994、P6)。

これらは、旧約の正当化の裏側に、一本の太い柱となって現われている。

それを無批判に読み、信仰の上での信条とするなら、イエスの精神は

汚染され、排他的精神が蝕む危険がある。

旧約聖書という聖なる書が、実は、ありきたりの、自分達に都合良く書いた

デタラメである事を示すのは、批判ではなく、真実を浮き彫りにする事である。

675 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 19:04:58 ID:qWbSMYhB
旧約を書き記し、新約の四福音書の作成や、教会に紛れ込んだユダヤ教徒の

根底に流れる排他精神は、イエスの思想を伝わりにくくしている。

それらを見抜き、イエスを愛するなら「へびのように賢く」と 言われたイエスの言葉と

「知る力」 と 「見抜く力」 とを身に着けて、 あなたがたの愛がますます豊かになり、

「本当に重要なこと」を見分けられるように フィリピ1,9

を常に忘れず、批判的信仰を持つ事が、重要だと思う。

676 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 19:09:27 ID:qWbSMYhB
旧約を書き記したユダヤ人の根底に連綿と流れる精神

http://www.geocities.com/Petsburgh/Park/7291/tarumudo.html

知っておいて、損は無い。

677 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/08/06(水) 19:12:02 ID:Z4ycosWU
>>673->>675
馬鹿はあいてにしない。

678 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 19:36:20 ID:qWbSMYhB
>>677
>馬鹿はあいてにしない。

ハイハイ、旧約原理主義傾向の強い方から、馬鹿の称号を頂きました。

犬、豚、ヘビ、糞の次は、馬鹿と言う 「さげすみ」の言葉を頂きました。

これが、排他的選民意識の 愚にも付かない精神の根底に流れる思想です。

ありがとう。君のおかげで、また一つ、ユダヤ系の人を馬鹿にする真実を 示せたよ。

これからも、ドンドン その臭い匂いを、ばらまいてくれ。


679 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 20:46:51 ID:PUlSG5GB
>>678は無神論者なのか?



680 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:22:31 ID:w0KysmVe
旧約聖書は、創造主(神)の言葉です。その「十戒」は、すべての人間に必要
なことを殆どすべて網羅した、骨太の真理。

これに反して、新約聖書の、人間に過ぎないイエスの「山上の説教」は、論理
矛盾と人間差別だらけの、情けない言葉です。

イエスを崇拝するクリスチャンたちは、「十戒違背の大罪」を犯しているので
あり、死後、創造主(神)による恐ろしい裁きの対象となります。その裁きは、
孫子の代まで及びます。

681 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:31:32 ID:PUlSG5GB
>>680はユダヤ教徒の方ですか?

682 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/06(水) 21:32:29 ID:ldBGq6yD
そこでペテロは口を開いて言った、「神は人をかたよりみないかたで、 神を敬い義を行う者はどの国民でも受けいれて下さることが、
ほんとうによくわかってきました。


あなたがたは、神がすべての者の主なるイエス・キリストによって平和の福音を宣べ伝えて、
イスラエルの子らにお送り下さった御言をご存じでしょう。


それは、ヨハネがバプテスマを説いた後、ガリラヤから始まってユダヤ全土にひろまった福音を述べたものです。
神はナザレのイエスに聖霊と力とを注がれました。


このイエスは、神が共におられるので、よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、
巡回されました。


わたしたちは、イエスがこうしてユダヤ人の地やエルサレムでなさったすべてのことの証人であります。
人々はこのイエスを木にかけて殺したのです。(使徒10:34-39)口語訳

しかし神はイエスを三日目によみがえらせ、 全部の人々にではなかったが、わたしたち証人としてあらかじめ選ばれた者たちに
現れるようにして下さいました。わたしたちは、イエスが死人の中から復活された後、共に飲食しました。


それから、イエスご自身が生者と死者との審判者として神に定められたかたであることを、人々に宣べ伝え、
またあかしするようにと、神はわたしたちにお命じになったのです。 預言者たちもみな、


イエスを信じる者はことごとく、その名によって罪のゆるしが受けられると、あかしをしています」。
ペテロがこれらの言葉をまだ語り終えないうちに、それを聞いていたみんなの人たちに、聖霊がくだった。(使徒10:40-44)口語訳


683 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:33:47 ID:nPRLL/7J
を、今日もやってんな。
なんか名乗れよ。九死に一生でもなんでもいいからさ。
あんた学生だろ?
こんなとこで何やってんの?
2ちゃんで自説垂れ流して何の得することがあるの?

寂しさ紛らわすとか自尊心をごまかすとかそんなとこ?

684 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:36:16 ID:w0KysmVe
>>681
違います。単なる「人間」の一人です。

685 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:47:33 ID:PUlSG5GB
>>684 旧約を真理としているような言い方だったので、
日本では数少ないユダヤ教の方かと思いました。
失礼しますた。

686 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 22:10:25 ID:JqknEwBR
680 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 21:22:31 ID:w0KysmVe
は世界人類の偉大なる指導者、天才科学者にして天才精神医学者のご隠居様である。

687 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 22:17:42 ID:rjp7dErJ
ユダヤ人を選民主義だと言ってるのは、キリスト教徒だけではなかろうか
キリスト教徒がユダヤ人を選民主義だとプロパカンダして、結局その
選民主義を信者に洗脳してるのではなかろうかと..実際のユダヤ人は
キリスト教徒が言うほど選民主義に固まってる分けではあるまい。

688 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 22:20:34 ID:Xfpz1GR6
>>687
いや、選民だと思わなければ、乗り切れない辛い過去が彼らにもある
訳で。例えば、アウシュビッツとか。

689 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 22:29:07 ID:rjp7dErJ
>>687 の実証
今やってる、創世記の解釈を聞いていればわかるだべ
アブラハムやイサクやヤコブが「神に選ばれた」と言ってるのは
キリスト教徒だべ...実際の聖書はイシュマエルやエサウの方が
逞しくカァナンに定着して、しかるべき勢力を有してる様に描かれて
いるのに...
そんな事は判断出来ないのに、リベカは「信仰深き女」にしてるだべ
そんな事は判断出来ないのに、カァナンの女は***だべ
そんな事は個人の主観の問題なのに、ツルツル肌のヤコブの方が好ましいんだべ
そんな事は判断出来ないのに、エジプトの奴隷の子は躾がなってないんだべ

全部キリスト教の洗脳で叩き込まれたイメージングだべ

690 :インキョに逢いたい人へ:2008/08/06(水) 22:38:41 ID:JqknEwBR
http://religion.bbs.thebbs.jp/1196861233/e40

691 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 22:55:01 ID:PUlSG5GB
>>688
確かにそれはあるな〜 ユダヤの人達はアブラハム契約による祝福
が大きいのも事実だが、例えばイスライル建国の際にアラブ諸国16万の
大群にたった一万で勝利してみたり、世界の経済を牛耳って巨万の
富を手に入れたり。方や一方、アウシュビッツで虐殺されたり
アッシリアにいじめられたり。あまりに祝福の温度差があるからの〜
選民意識は仕方のないことだわさ。

692 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:22:09 ID:qWbSMYhB
>>687
>ユダヤ人を選民主義だと言ってるのは、キリスト教徒だけではなかろうか
>キリスト教徒がユダヤ人を選民主義だとプロパカンダして、結局その
>選民主義を信者に洗脳してるのではなかろうかと..実際のユダヤ人は
>キリスト教徒が言うほど選民主義に固まってる分けではあるまい。

その当たりの話しを始めると、彼らの劣等感と選民意識の複雑な絡み合いが、
いかに、少数民族が生き残る為に必要だったかと言う部分や、ユダヤ人の
幼少期からの教育方針や、学ぶ事の重要性をどれほど認識しているかの話しになる。

だが、ここは、あくまでキリスト教のスレで、過去のオツムの弱い勘違いクリスチャンへの
非難と、選民意識を勘違いしてるクリスチャンへの牽制として書き込んでるんで
ココモの言わんとする事は解るが、俺は、今のスタンスを変えるつもりは無い。

693 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 23:23:19 ID:rjp7dErJ
>>691
それを言い出したら、ちっぽけな騎馬民族が世界の7割位の領地を
領有した事もあるで...かれら選民意識なんてあるんだろうか?

俺は鹿児島県出身の人間が薩摩っ子だと言うプライドを持ってるのと
同じだと思うw...それを故郷の無い人間が、妬んでるのではない
かと思うw


694 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/06(水) 23:26:31 ID:dHLEY9/J


   ∧∧
  ( ・ω・)   レス進み過ぎてようわからん。。。。
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  <⌒/ヽ-、___ みんな頑張るねぇ・・・・zzzZZZZ
/<_/____/



695 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:31:26 ID:PUlSG5GB
>>693 例えがうまいねw そうなのかもしれんな。
ただ旧約であれだけ、神様に「私の民」って言われれば
選民意識も過剰になるだろうなw

696 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:32:33 ID:u8nBzvb5
>>684 はエホバかモルモン。
エホバモルモンはまんまユダヤ人が作った宗教なんです。
なるほど、そういわれてみれば教理がそっくりですね。
キリストを神と認めていないところと地上楽園、生きてるうちが全て。
地獄と天国なんてない、というわけです。
エホモルは自分達の宗教を隠します。
ユダヤ教も自らをユダヤ人であることを隠します。
くりそつでつ。
悲劇なのはそれを知らないエホモルの下っ端信徒達です。
騙されていることも知らず・・・。


697 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:48:45 ID:u8nBzvb5
エーンド ヒトラーはユダヤ人でした。もちろん隠れユダヤです。
そして離散したユダヤ人を集める為、イスラエル建国を実現する為にホロコーストを作り出しました。
他国に離散して他国に染まってしまいそこに安住したユダヤ人、このままでは民族が無くなってしまう、
そういう危機を感じた隠れユダヤの支配階級にある人たちがヒトラーをリクルートして操ったわけです。
ヒトラーは頭がよく弁が立ち、カリスマ性があり見事にドイツ国民を洗脳しユダヤ支配階級の期待に答えたわけです。
もちろんユダヤ人はそのことを知りません。
つまり、ユダヤ人を虐殺しようとしたのではなく虐殺もありませんでした。
ガス室もなかった。撒いたのはガスではなくチクロンB。あれは当時流行した腸チフスを防ぐ為だった。
科学に詳しい学者は宣伝されているガス室のやり方をあの方法では殺す方も殺されてしまうと言った。
死体を片付けるために充満したガスを外に出すと外にいる人がやられる。
そして当時ドイツでは石油が不足していた。当時記録されている人数、大量に殺された死体を焼くのは不可能だった。
などなど詳細に見ていくと矛盾が実はとても多いのです。
当時のユダヤ人の人数とホロコーストで殺されたとされる人数と、生き残った人数のプラスマイナスすると矛盾があるのです。
虐殺は捏造されたものであって、死んだ人たちは不衛生な施設で当時流行した腸チフスが原因で死んだのです。

アウシュビッツという神話を作り上げれば、ユダヤ人に有利に働き、結果としてイスラエル建国もスムーズに進みました。
ユダヤ人は昔から蛇のように狡猾な民族なのです。


698 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:51:28 ID:z69fHbin
◎ アムノンは、愛しのタマルをちからずくで犯した後、なぜ激しく憎んだのでしょうか?
ご存じの方はカキコよろしく。


サムエル記下13:14と15の間に何があったの???


699 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/06(水) 23:54:46 ID:rjp7dErJ
小話を幾つか...
@源氏物語をアホキリスト教団が使ったら
 藤原道長は「信仰深い」「正しい」人だったのレス。
 藤原道長は「神を信ずた」のれす
 藤原道長は自らの政治においても私生活においても
  「神への信仰」が基本ですた
A創世記のエデンの園のソースは、エゼキエル書31章にあり
 「善悪の知識の木」の意味も判るかもしれないべ
 エバを唆したヘビ様が何であるかも判るかもしれないべ
Bルシファーについてまとめたので、興味のある方は除いてくだハイ
 http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/lucifer.html 

700 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/06(水) 23:56:45 ID:dHLEY9/J
>>477
2〜4章の人類創生神話は、人類そのものの創生話ではなく
エホバの証人というカルトの母をもつ有本君のアホ人生の物語ではないか..
エバとは、カルト母の事で、唆したヘビとは悪魔の事ではなく、
男性器オチンチンに異常に興味をもちホモの道を歩みだした彼の欲情で、
同性愛の罪を犯した有本君の事ではなかろうか?
エバに誘われて木の実を食べたアダムとは、
幼少期に無理矢理にエホバに連れて行かれてた
アホの有本君を示しているのではないか。
エデンから追放されたアダムとエバは、カルトの勧誘活動で近所から嫌われていた
有本一家を示してるのではないか。
4章のカインとはイスラム教を信仰し、宗教的にエホバの母と対立し、実家を
追い出されたアホの有本君の事ではないか。

701 :神も仏も名無しさん:2008/08/06(水) 23:59:45 ID:u8nBzvb5
日ユ同祖論も日本を見方につけるためのプロパガンダです。
日本人の祖先はユダヤ人であるはずはないのです。
DNAを調べればわかります。
日本人はいろいろな民族がまざっていて、その中で中国と韓国のDNAが実は一番多いのです。
その中にロシアだったか?ヨーロッパだったか(民族の名前度忘れ)のDNAも見つかります。

聖書によればユダヤ人は確かに神に選ばれた民族です。
しかしそれは経綸的な意味であって、それ以上の意味を今現代見出すことは意味がありません。
何故ならイエスがメシヤとして既に存在しているからです。

イエスを信じる者がその信仰によってアブラハムの子孫となる、のです。
神の民とはイエスを信じる者に他なりません。

アダムにある人間かイエスにある人間か・・・民族によるのではなく神から見たらそれが全てなのです。

それが聖書にあるメッセージです。

いたずらにユダヤ人を神に選ばれた選民とし崇拝したり、持ち上げたりするのは危険であります。
神から見たら全く意味のないことであり、そしてそれは白いユダヤ人(ハザール人)がキリスト教徒にしたプロパガンダに他なりません。
騙されてはなりません。

702 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 00:06:21 ID:UPRivLGV
>>700
こいつのオツムは...やめた、相手するのも馬鹿馬鹿しい

703 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:10:25 ID:tuztTY2E
イルミナティやフリーメーソンのことを知りたいと本やネットで調べていました。
「イルミナティ悪魔の13血流」とか「多重人格はこうして作られるモナーク・コントロール」とか。
悪魔教の実態が載っていてオソロシス。(`・д´・;)
どちらの本もクリスチャンが書いた本なので信憑性があります。
フリッツ・スプリングマイヤーはイルミナティを暴露した活動の為、無実の罪で刑務所に入れられました。
しかし、悪魔教を知りたいと貪欲に漁っていたら内側から「もう辞めなさい」とストップがかかりました。
イエス様からストップがかかったと思いました。
実際に声を聞いたということではなく、そういう思いがきたのです。
このような感覚はクリスチャンであればわかりますよね?

だからもういい加減に辞めようとおもいますた。

オカルトってそうやってはまっていくモンなのかもしれない、と思った。
不思議に引き込まれる力がありまつ。


704 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:18:26 ID:tuztTY2E
>>698
わかりませんが、男性は用済みになったら興味がなくなり
ポイするという性質があるのではないかと思います。
そういうことなんじゃないですか?
アダムとエバから罪がはいってからそのような悲しい性質をもってしまったのではないかと思います。
それか、他の聖書読んだら何かかいてあるかも。訳を変えて。
KJVとかもしくはへブル語聖書なんかに、日本語聖書には削除された文があるかもしれません。

旧約聖書はイスラエルの民と神の歴史ではありますが
何度も神から離れ、悪魔を礼拝した事実があるのです。
ですから、非常〜に悪魔的なことが書かれています。
それを念頭において読まないとエライことになるのではないかと思います。
ユダヤ人は神の民であり、間違いのない聖い民族であるはず、みたいな先入観は捨てたほうがいいです。





705 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 00:27:06 ID:UPRivLGV
>>701
これは、故郷を持たない奴の僻みか...こう言う僻みが異常な文章を
造ってしまうんだべ...アホキリスト教団特有のプロパカンダだよ...

706 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:33:32 ID:erDPoZke
>>698
アムソンは一時の情欲でタマルを犯しました。姦淫は思い罪ですね。
情欲から醒めると、アムソンは姦淫の罪を犯したことに気づき、恐れ
てタマルの罪とした。
激しい憎しみとは、責任転換のことだと思う。
結果アムソンは殺されている。

707 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 00:33:40 ID:UPRivLGV
>>704
>旧約聖書はイスラエルの民と神の歴史ではありますが
>何度も神から離れ、悪魔を礼拝した事実があるのです。
>ですから、非常〜に悪魔的なことが書かれています。
>それを念頭において読まないとエライことになるのではないかと思います。
>ユダヤ人は神の民であり、間違いのない聖い民族であるはず、みたいな先入観は捨てたほうがいいです。

悪魔なんて言う概念はアホキリストが持ち込んだ物だよ
これも故郷を持たない奴の僻みだよ...こんな奴等が、下らない
対立の基なんだよ


708 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:40:23 ID:tuztTY2E
明けの明星 が キリストを現す、ってどこからきたんでつか?

ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉が「ルシフェル」(Lucifer)
なのでつが。

明けの明星ルシフェルは非常に美しい天使長だった、と聖書にありますが。
高慢になり神に落とされ 堕天使となりました。
御使いだったわけですね。

イエスは神であります。天使を造った神です。
したがって明けの明星ではありません。

709 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:42:23 ID:tuztTY2E
>>708はココモスキーへのレスです。↓を見て。
>Bルシファーについてまとめたので、興味のある方は除いてくだハイ
> http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/lucifer.html 

710 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:45:33 ID:tuztTY2E
>>706
ほ〜。あったま(・∀・)イイ!
牧師の説教みたい。
いや、牧師ってあんまり好きじゃないが。w

>激しい憎しみとは、責任転換のことだと思う。
これ、凄いですね。オイラの頭じゃ出てこないYO.

711 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 00:50:44 ID:UPRivLGV
>>708
>明けの明星 が キリストを現す、ってどこからきたんでつか?
その様に考える人達もいたと言うだけです
>ラテン語で「光をもたらす者」ひいては明けの明星(金星)を意味する言葉が「ルシフェル」(Lucifer)
>なのでつが。
その通りです
>明けの明星ルシフェルは非常に美しい天使長だった、と聖書にありますが。
聖書にその様な記述は記憶にありません
>高慢になり神に落とされ 堕天使となりました。
これも聖書にはその様な記述はありません
>御使いだったわけですね。
これも多分聖書にはその様な記述はありません
>イエスは神であります。天使を造った神です。
これも聖書にはその様な記述はありません
ヨハネ福音書に辛うじて、その様にも読めるかも知れない
記述がありますが、3〜4世紀以降の改竄の可能性大です。
>したがって明けの明星ではありません。
そうであるかないかは断定なんか出来ません。所詮神話上の
話ですよん

712 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 00:59:13 ID:erDPoZke
>>ココモさんよ、君の知識はすげーと思うが、一元の世界を知らんと
聖書の本質は理解できんよ。おれみたいな馬鹿がわかって、なんで
君みたいな利口な人がわからんのだ。
いっとくけど、聖書は学校のテスト問題と違うからね。

713 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 01:01:56 ID:erDPoZke
>>710 おれは牧師でもなければ熱心なクリスチャンでもないよ。
ただ、漠然とイエスキリストを信じるものです。


714 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 01:12:44 ID:tuztTY2E
>>713
そうなんでつか。
男性だからこそわかる心理かも?
女性には分かりません罠。
犯しときながらなんで憎まれるかな、みたいな。

715 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 01:28:15 ID:tuztTY2E
なんちゃってずっと聖書はまともに読んでないからな。
バレちゃったな。
どうしても旧約てオモロナいから読めない。
未だに旧約のハードルを越えられない。
皆さん凄いでつ。読み込み方が凄いでつ。

>>711
何も無いところに神の霊(イエス)があり、神が地や海やあらゆるものを造ったのだし
堕天使を地の底に突き落とす権威も持っているとすれば、天使も神の被造物と考えられるのですが。
まあ 詳しい天使の話とか千年王国の先のこととか、レプティリアンとか宇宙人とかw
かかれてないことはたくさんありますけど。
つまり聖書に書かれていないことは人間は知らなくてよいということなんでしょうね。

空想話に反れていくのはやめなければいけませんが、聖書の記述からそう想定されるという読み方は
必要かと思われます。



716 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 01:32:40 ID:/ro7plTr
はいはい

もっと気合いれてね

717 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 01:49:04 ID:erDPoZke
>>715 オモロナいもの無理して読まなくてもいいでよ。
興味があるところだけ読めばよろし。
おれの思うに馬鹿馬鹿しい聖書をどこまで信じれるかだと思う。
キリストの復活を信じられないなら、キリストの行った奇跡など
信じれるわけない。
「私は彼等の道に一つの岩を置く」これはなにもユダヤ人に言ってる
のではない。現代の日本人をも対象に言っている。と思うw


718 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 02:42:17 ID:qBhmggrz
旧約には、少なくとも、新約の持つ「偽善」はない。旧約は「人間そのもの」を
描く。旧約の残虐な描写も、「反面教師」として働き得る余地がある。新約の
「精神的独善性・偽善と冷酷さ」には、その余地もない。

719 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 07:51:24 ID:rV/tE74O
>>692
>だが、ここは、あくまでキリスト教のスレで、過去のオツムの弱い勘違いクリスチャンへの
>非難と、選民意識を勘違いしてるクリスチャンへの牽制として書き込んでるんで

「牽制として書き込んで」どうしたいの?
ゴールとするところは何?
間違った奴らを俺様が矯正してやる! とかそんな感じ?

720 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/08/07(木) 09:24:28 ID:wlTU556n
>>673-675
タルムードupしてどうすんの?wwww
タルムードはユダヤ教徒のものですが・・・・
トーラーすら捻じ曲げて解釈しているんだけどねえ

721 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/07(木) 09:35:16 ID:u9SMov8j

■創世記28:13〜15
見よ、主が傍らに立って言われた。
「わたしは、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、主である。
あなたが今横たわっているこの土地を、あなたとあなたの子孫に与える。
あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へと広がっていくであろう。
地上の氏族はすべて、あなたとあなたの子孫によって祝福に入る。
見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、
必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」

***** 感想 *****

天に繋がるハシゴの幻に続いて、主なる神が
ヤコブの夢の中で語りかけてきたのでした。


722 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/07(木) 09:51:06 ID:u9SMov8j

『地上の氏族はすべて、あなたとあなたの子孫によって祝福に入る。』

このように書いてあるからには、地上の氏族はヤコブの子孫、
つまりイスラエル人によって祝福に入る、ということになります。
これが文字どうりに「ユダヤ人」のことを指すのか、それとも
「イエス」のことを指しているのかは、謎ですが。


723 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/07(木) 09:52:54 ID:u9SMov8j

しかし、『あなたとあなたの子孫によって祝福に入る。』と
ヤコブが言われているからには、やはりユダヤ人という民族は、
人類全体の祝福と無関係ではないように思われます。


724 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/07(木) 09:55:39 ID:u9SMov8j

『わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。』

主なる神は、このようにヤコブに約束をしました。
主は、約束を破るようなお方ではありませんから
主が、ユダヤ人を見捨てるようなことは決してないのです。

ですから、一部のクリスチャンが主張しているようなこと、つまり
ユダヤ人はイエスを受け入れなかったから救いから外された、というような
聖書に書いてもない伝説は、おそらく嘘なのです。



725 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/07(木) 10:07:41 ID:u9SMov8j

現在、ユダヤ人が頑なになっているのは、救いの福音が
全ての民へ述べ伝えられるまでの期限付きのことなのであって、
福音がすべての民に述べ伝えられたなら、最後にユダヤ人が悔い改めて
ついに終わりとなるのです。これが神のご計画です。

★マタイ24:14
そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、全世界に宣べ伝えられるであろう。
そしてそれから最後が来るのである。


726 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:35:24 ID:juVVUhb0
もし漁師だったらどこが悪い?

727 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:37:00 ID:juVVUhb0
原 石山

728 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:38:25 ID:juVVUhb0
清教よ。破門せよ。追放せよ。韓よ。消せ。

729 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:49:07 ID:juVVUhb0
また愚かな女と惨めな男にかき乱されて、韓が騒ぎだしているな!インターネット大国を自負して独立やテロを煽ったとは言わないから、それぐらいは償え。

730 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 15:50:54 ID:juVVUhb0
これから何週間か、何事かが起こったら、お前等の責任だからな!韓よ!

731 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/07(木) 17:11:14 ID:Pcmv3AgR
兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、それによって立ってきたあの福音を、
思い起してもらいたい。


もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのである。
わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、


わたしたちの罪のために死んだこと、 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。 そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。


その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生存している。 そののち、ヤコブに現れ、
次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである。


実際わたしは、神の教会を迫害したのであるから、使徒たちの中でいちばん小さい者であって、
使徒と呼ばれる値うちのない者である。


しかし、神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、


むしろ、わたしは彼らの中のだれよりも多く働いてきた。
しかしそれは、わたし自身ではなく、わたしと共にあった神の恵みである。 とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、


そのように、わたしたちは宣べ伝えており、そのように、あなたがたは信じたのである。(コリント第一15:1-11)口語訳



732 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 19:51:15 ID:UPRivLGV
そんなに信仰だ、選民だって言いたいんだったら、アホな解釈なんか
せんで、オウムみたいに呪文で「信仰するんだ」って何百回も唱えたら
いいんだべ...
>>731
アホ教団の宣伝ばっかりしたいんだったら、それ専用のスレを起こしたら
いいんだべ


733 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 19:58:19 ID:UPRivLGV
>>732  追記
うっかり余計な事を言ってしまった、こんな事を書くとこいつ等は
必ず、「お前もそうだろ」と言い返す様に教科書に書かれてるんだった。

734 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 20:19:05 ID:dF5nPt7Z
そのとぅ〜り
教科書は無い
だだの脊髄反射

735 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 20:21:50 ID:UPRivLGV
>>725
>現在、ユダヤ人が頑なになっているのは、救いの福音が
>全ての民へ述べ伝えられるまでの期限付きのことなのであって、
>福音がすべての民に述べ伝えられたなら、最後にユダヤ人が悔い改めて
>ついに終わりとなるのです。これが神のご計画です。
ホンマにキリスト教徒ってアホだね、こんなの全く同じ理由で、文章なんか
簡単に書き換えられるのに
現在、キリスト教徒が頑なになっているのは、救いの福音が
全ての民へ述べ伝えられるまでの期限付きのことなのであって、
福音がすべての民に述べ伝えられたなら、最後にキリスト教徒が
悔い改めて、ついに終わりとなるのです。これが神のご計画です。

って、イスラム教徒に書かれたらそれまでだよ


736 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 20:35:23 ID:A1F5gG9D
イエスは信じるけどマハンムドは信じない て書いたらそれまでだよ

737 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 21:04:39 ID:Kk0p31iT
イエスも神様も大好きだけどマハンマドに干渉される筋合いは無い。

738 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 21:39:48 ID:DjOaM7bY
忍耐を学習スレに変わりつつあります(´・ω・`)


739 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 21:49:26 ID:UPRivLGV
神はユダヤの民を選びました。
ユダヤの民は頑なな為にイエスを認めませんでした。

なんか、電車の線路でポイントを何回か切り替えないと
キリスト教の線路に入れないんだね...支線のまた支線という事だべ

740 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 21:55:37 ID:DjOaM7bY
>>739

> 神はユダヤの民を選びました。
> ユダヤの民は頑なな為にイエスを認めませんでした。

地元の人にはなかなか受け入れられないってことではないのですか?

741 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/07(木) 22:18:46 ID:Pcmv3AgR
兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、それによって立ってきたあの福音を、
思い起してもらいたい。


もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのである。
わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、


わたしたちの罪のために死んだこと、 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。 そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。


その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生存している。 そののち、ヤコブに現れ、
次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである。


実際わたしは、神の教会を迫害したのであるから、使徒たちの中でいちばん小さい者であって、
使徒と呼ばれる値うちのない者である。


しかし、神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、


むしろ、わたしは彼らの中のだれよりも多く働いてきた。
しかしそれは、わたし自身ではなく、わたしと共にあった神の恵みである。 とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、


そのように、わたしたちは宣べ伝えており、そのように、あなたがたは信じたのである。(コリント第一15:1-11)口語訳



742 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/07(木) 22:40:42 ID:UPRivLGV
>>740
>地元の人にはなかなか受け入れられないってことではないのですか?
ディアスポラに人気があったんだけど、ユダヤ教はヨーロッパの生活に
なじまないし、かといってミトラ教は違和感が大きすぎて、ユダヤ風
ミトラ教(キリスト教)が流行ったんだべ


743 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 00:24:51 ID:GgYOwbAM

一神教の、根拠の無い果て無き論争や派閥の争いに、何ら結論を見出せない原因が

神が、自己投影の産物である事を理解するには、人生は短すぎる。 

744 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 00:33:06 ID:7UKHyfl7
>>743
>神が、自己投影の産物である事を理解するには、人生は短すぎる。 

神様をそんな風にしか見られないのは寂しいです。
この世界には不思議なことがたくさんあるのになぁ。

745 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 00:46:37 ID:+1RZaNwl
>>743
エジプトのカイロのイスラム教徒がキリスト教(コプト教会)の
クリスマスに押しかけて「友達の神様のお祝いを自分達も祝いたい」
と言ったそうで...それで、神父さんに頼んだら、「声を出さ
なければ、後ろで見物してくれ」と言ったそうで...一神教と
言っても、その意識は人によってまちまちでしょ...ユダヤ教徒
の一神教と言うのは、自分達の民にはYHWHと言う唯一の神しか
いないと思ってるだけでしょ...キリスト教徒はこの世に三位一体
の神しかいないと思ってるのではあるまいか...それ以外の神と
名乗ってる物は全部悪魔の神だとでも思ってるのではあるまいか

746 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 00:50:56 ID:+1RZaNwl
>>744
>神様をそんな風にしか見られないのは寂しいです。
>この世界には不思議なことがたくさんあるのになぁ。
こいつは、不思議な事は全部「神のなす業」だと洗脳されてるんだよ
科学的に説明が難しいか、こいつのオツムがあまりにも弱すぎるか
どちらかなんだけどね

747 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 00:54:22 ID:fr+oAq5E
ダニエルってシオニストなんだよね?
シオニストは間違いを改めるべきです。

ユダヤ人はもともとイスラエルにいるパレスチナ人を虐殺しています。
そのユダヤ人のほとんどはもともとイスラエルには何の関係もないハザール人や
中には中国人、黒人、インド人もいると聞きます。
何故ならユダヤ教を信仰する者がユダヤ人である、という定義のせいです。
その偽ユダヤ人がパレスチナにいるクリスチャンを虐殺し、土地を奪っているのです。

この事実をどう考えますか?

ユダヤ人の救いは確かに必要でしょう。聖書に書いてありますから。
しかしながらそれと現在のパレスチナ殺戮は別に考えるべきです。


748 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 00:59:52 ID:+1RZaNwl
>>747
こいつはアホのプロテスタントだべ...
プロテスタントは常に、あらゆる物を注意すべき人達と説きます。
そうしなければ成立しない宗派なんだべ



749 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:00:16 ID:fr+oAq5E

ユダヤ人のイスラエル帰還を助ける人たちは
シオニストによる強引なイスラエル建国によって
ユダヤ人がイエスを信じるようになり、救いが完成する。
そうしてイエスが復活する、と考えてるのかな?

それこそキチガイ沙汰としか思えない。
キリスト教原理主義はカルトだと言えます。
キリスト教徒と偽っているマラノである偽ユダヤ人がキチガイキリスト教原理主義を
利用しているのです。

殺されているのはイスラム教徒だけではなく、パレスチナに住むユダヤ人クリスチャンもいることを知るべきです。


750 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:01:24 ID:fr+oAq5E
>>748
何か間違いがあるのであれば、指摘してください。
あなたはアホの無神論者ですね?
それとも偽ムスリムですか?

751 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 01:06:43 ID:+1RZaNwl
>>750
>何か間違いがあるのであれば、指摘してください。
お前のいる教団の存在そのものが間違えだよ...

752 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:11:37 ID:GgYOwbAM
>神様をそんな風にしか見られないのは寂しいです。

↑この言葉に、私の言葉の意味が全て入っている。実に興味深い。

753 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:19:58 ID:7UKHyfl7
>>746
色々なことを勝手に決めつけないで下さい。

754 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 01:27:37 ID:+1RZaNwl
ヤクザがビルを建てるときには、必ず無窓部屋を造るそうだ
重要な幹部達が窓から襲われないようにする為だとか...

アホ教団の教理もそうなってるんだべ...外からの批判を
喰らわない様にする為に、無窓状態にしてるんだべ

755 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:31:17 ID:7UKHyfl7
>>754
窓は天井にかなー

756 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:32:44 ID:GgYOwbAM
そんな風とは、あんな風やこんな風やいろいろな見解があり、その見解とは、
その人間の誕生から現在までの、知識や常識、愛の概念、宗教観に左右される事を表している。

しか、の部分は、自分の考える 神の自己認識よりも限定的に感じる為に出る言葉である。

見られ の部分は、神とは、自己の限定された範囲内で見る れ(可視)(認識)を
つまりは、限定された認識として神を理解する事を、如実に語っている。

寂しい の部分は、神が自己認識である為に、あなたと私の自己認識の差は
そのまま、あなたと私の精神的距離を表す。
この時の寂しいとは、その自己認識の精神的距離感に対しての発言である。

結論
一神教の神とは、自己投影の産物であり、一神教 対 一神教 派閥 対 派閥
という図式は、自己 対 自己であり、永遠に解消されない。

その対立が、いかに無意味であるかは、歴史が物語っている。

757 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 01:35:45 ID:LyU9y7ve
>>738
>忍耐を学習スレに変わりつつあります(´・ω・`)

あはは。同意。(´ー`*)


758 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 01:38:27 ID:LyU9y7ve
>>747
>ダニエルってシオニストなんだよね?

そんなことを書いた覚えはありませんよ。



759 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 01:44:02 ID:LyU9y7ve

いろいろとやりたいことがあるために、このスレッドのためだけに
時間が取れなくて、なかなか進まなくてごめんなさい。
旧約聖書がオモローでない、という方がいらっしゃいましたが
じっくり読んでいくと、なかなか良いことが書かれているところが多いと思います。
自分ひとりで読み進めていくのは、なかなか大変ですから、ここのスレッドに立ち寄って
一緒に旧約聖書を読んでいきましょう。


760 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:44:26 ID:7UKHyfl7
理解されるよりは理解することを私が求めますように。

761 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 01:50:03 ID:LyU9y7ve

■創世記28:16〜19
ヤコブは眠りから覚めて言った。
「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった。」
そして、恐れおののいて言った。
「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」
ヤコブは次の朝早く起きて、枕にしていた石を取り、それを記念碑として立て、先端に油を注いで、
その場所をベテル(神の家)と名付けた。
ちなみに、その町の名はかつてルズと呼ばれていた。

***** 感想 *****

「ここは天の門だ」というのは、面白い言葉ですね。
『ここ』すなわち、今自分がいる場所が『天の門』なのですよ。

天に繋がるハシゴがある場所ですから、確かに天国の入り口というか
『天の門』と言っても過言ではないように思います。


762 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 01:52:58 ID:LyU9y7ve

■創世記28:20〜22
ヤコブはまた、誓願を立てて言った。
「神がわたしと共におられ、わたしが歩むこの旅路を守り、食べ物、着る物を与え、
無事に父の家に帰らせてくださり、主がわたしの神となられるなら、
わたしが記念碑として立てたこの石を神の家とし、
すべて、あなたがわたしに与えられるものの十分の一をささげます。」

***** 感想 *****

僕の知りうる限り、このヤコブの言葉が、
十一献金に関係する最初の聖句だと思います。


763 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 01:58:14 ID:GgYOwbAM
キリストの教えとは、自己の放棄であり、グノーシスでは、自己の解消である。

自己の解消や放棄は、自己認識する言葉の放棄であり、自己認識する意識の放棄である。

それは、他者 対 他者 であり、是 対 是 となる。

否定する認識を捨てる事こそ、自己投影の放棄であり、是なる創造を是とする唯一の道である。

764 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 02:01:13 ID:fr+oAq5E
これらのサイトを見てもまだシオニズムは正しいと仰る方はその人がいくら聖書に詳しくても
残念ながら あなたは盲目です、と言わざるおえません。

ttp://hexagon.inri.client.jp/floorA4F_ha/_floorA4F_ha.html
ttp://www2.odn.ne.jp/midi/

>>758
そうでしたか。私の勘違いでした。すみません。

それにしてもハーベストタイムのイスラエル問題に入れ込んでる有名人中川さんは
及びアメリカキリスト教原理主義に属する福音派の人たちは物事をかたよってみてしまう
相対化できない人であるといわざる負えません。
というより福音派はもともと思考停止、マインドコントロール完了人間団体ですが。

>>751
私は教団に属していませんが。
クリスチャンであはりますが、どこかに属するというあり方は辞めました。

765 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 02:05:50 ID:9mJk+Mjf
ダニエルさん、彼等は一元の世界を知ることができるかな〜。。
批判で自分の存在を証明しようとする彼等。 そう言うおれも存在証明
なのだろう。
批判する事が彼等の喜びなのであれば、それはすでに彼等を癒してる
のだろうか。





766 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 02:09:46 ID:XMAfkT10
>>763

イエスは、是なる創造を是とはいない。むしろその対極である。

イエスには、「創造されたままの、善悪併せ持つ人間」を、あるがまま
に受け入れる「寛容さ」のカケラもなかた。常に「自分の気に入らない
他者」を非難する、醜悪な、傲慢、独善、低劣さの塊であった。

これは、イエスの統合失調症の症状としての、「疎通性の欠如」である。
イエスが他者の感情に生き生きと反応し、他者に感謝する場面が、聖書
の中に一箇所でもあるか。

767 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 02:12:24 ID:LyU9y7ve
>>764
>これらのサイトを見てもまだシオニズムは正しいと仰る方はその人がいくら聖書に詳しくても
>残念ながら あなたは盲目です、と言わざるおえません。

あまり、他人の論説を簡単に信じないほうが良いですよ。
ヨーロッパ系ユダヤ人のことをアシュケナージというのであって、
それは必ずしもハザール人のことじゃありませんよ。
日本では、宇野正美という人が、アシュケナージ=ハザール人説を
大げさに吹聴していたので、それが本当のように皆が信じ込んでしまったのです。
これは日本だけの特異な現象じゃないでしょうか。

ヨーロッパの人は、ユダヤ人というのは、やはり血族的に存在する、ということを
肌で感じていますよ。そこが日本人とヨーロッパ人との違いです。
宇野正美氏は、デイブ・スペクターにまで「あなたの祖先は本当はハザールだ」などと
デイブとの対談で言っていました。本当に彼は無礼で無責任な男だと僕は思います。


768 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 02:19:27 ID:LyU9y7ve
>>764
>有名人中川さんは及びアメリカキリスト教原理主義に属する福音派の人たちは
>物事をかたよってみてしまう相対化できない人であるといわざる負えません。

あまり、「福音派はこうだ」とか「カトリックはこうだ」という、言い方をすることを
良いとは、僕は思っていないのです。
しかし、確かにアメリカの「キリスト教原理主義」を作り上げた連中は信用ならない人たちです。
彼らは、そもそもはトロツキストだったからです。つまり共産主義者でアナーキストだったのです。
こうしたことを調べていくと、キリスト教原理主義というものの正体が見えてくると思います。
詳しくは語りません。ここのスレッドの趣旨とずれるからです。
あなたも、シオニストのことを語りたいのであれば別のスレッドでお願いいたします。
ここのスレッドの本来の務めである聖書の読み合わせが遅れてしまったり、
スレッドの内容が横道にそれてしまう原因となるからです。

769 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/08(金) 02:21:52 ID:LyU9y7ve
>>765

神を信じたくない人は信じなければよい、と僕は思っていますよ。


770 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 02:31:50 ID:fr+oAq5E
>>768
ありゃすいません。
ただ勘違いしてるシオニストクリスチャンたちが気がついてくれればと思ったので。



771 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 06:04:02 ID:4HY2fk9k
この世を癒せる神は男根だけだとよ!(ニイサンがた頼んだぜ)

772 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 06:20:47 ID:4HY2fk9k
昨日の午後の分。

773 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 06:23:31 ID:4HY2fk9k
落とすべき女はただ一人。まだ若いから、色々と経験させてやってくれ。病気を移さなけりゃあ、ナニを何をしたっていいぜ。

774 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 06:28:06 ID:4HY2fk9k
別板からのニイサン方、よく探して!探して!

775 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 06:55:08 ID:4HY2fk9k
>>726

776 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 07:28:11 ID:+1RZaNwl
>>761
>「ここは天の門だ」というのは、面白い言葉ですね。
>『ここ』すなわち、今自分がいる場所が『天の門』なのですよ。
「神の入る門」をカルデアの言葉で「バベル」と言いますよん
つまり、「バビロン」の事ですよん...

777 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 08:11:30 ID:3zcPB+53
ムスリムのココモスキーさんに質問です。
クルアーンではイエスの扱いはムハンマドと同じく
単なる預言者の一人ですか?
それともメシアとして書かれていますか?教えてください。

778 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 16:52:30 ID:cFu5bbJj
766 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 02:09:46 ID:XMAfkT10

インキョの余りにも幼稚な天才精神医学者振りに皆様スルーです。
もっと、大人の批評をしましょう

779 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/08(金) 18:02:47 ID:AptJNl75
兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、それによって立ってきたあの福音を、
思い起してもらいたい。


もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのである。
わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、


わたしたちの罪のために死んだこと、 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。 そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。


その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生存している。 そののち、ヤコブに現れ、
次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである。


実際わたしは、神の教会を迫害したのであるから、使徒たちの中でいちばん小さい者であって、
使徒と呼ばれる値うちのない者である。


しかし、神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、


むしろ、わたしは彼らの中のだれよりも多く働いてきた。
しかしそれは、わたし自身ではなく、わたしと共にあった神の恵みである。 とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、


そのように、わたしたちは宣べ伝えており、そのように、あなたがたは信じたのである。(コリント第一15:1-11)口語訳


780 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 18:12:34 ID:ardQoxMd
日本時間9時から北京オリンピックの開会式だそうです。
みんな見ましょうね。

4年に一度のセレモニーです。


781 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 18:24:21 ID:+1RZaNwl
>>777
>単なる預言者の一人ですか?
>それともメシアとして書かれていますか?教えてください。
旧約と新約に出て来る何人かの預言者と同じ扱いです。

余計な事かも知れませんが、「メシア」はキリスト教とユダヤ教で
全く意味が違います。



782 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 18:49:12 ID:HMhdY0Sw
うん、ホント余計なことだわ。

783 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 19:03:52 ID:+1RZaNwl
>>782
>うん、ホント余計なことだわ。
余計な事ですが、新約聖書のギリシャ語版は「メシア」とは一言も
書かれてません。多分ある信者達の伝承としてイエスが「メシア」
だとするグループがあって、それが国教化する時に、キリストと
同義語と言う扱いになり、ユダヤ教的な定義が否定されたんだろう
と思います。

784 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 19:32:01 ID:/scmge0/
>>783
いやいや、スレの主旨からズレてて余計な事だって言ってんの。

785 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 20:46:22 ID:+1RZaNwl
>>784
>いやいや、スレの主旨からズレてて余計な事だって言ってんの。
余計な事ですが、世界中の宗教でナザレ村の人間イエスを神様と
言ってるのは、キリスト教だけれす。

786 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 21:38:57 ID:acTPBea+
>>785
ハイハイ、十人十様ね。
それとも思想矯正がお望みで?

787 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/08(金) 22:10:08 ID:+1RZaNwl
余計な事ですが、創世記28章のヤコブの夢は、カルデア神話の
パクリですよん...
「天まで届く階段」「神の御使い達が上ったり降りたり」
「天の門」「神の家」...こんなのユダヤ伝承なんかにないで...
違うなぁと思わなきゃアカンで...
バベルの塔の話を思い出してごらん...

788 :神も仏も名無しさん:2008/08/08(金) 22:29:46 ID:7UKHyfl7
>>787
> 余計な事ですが、創世記28章のヤコブの夢は、カルデア神話の
> パクリですよん..

クリスチャンが聖書の内容をパクリとか何とか言えるわけないでしょ。
びっくりしますわ(・_・;


789 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/09(土) 00:38:01 ID:py0bpym+
>>788
>クリスチャンが聖書の内容をパクリとか何とか言えるわけないでしょ。
>びっくりしますわ(・_・;
それじゃ、ずーーーーと、パクリと知らないで終わるじゃん。
それはインチキやで

790 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/09(土) 00:44:01 ID:AM/RfQJL
>>787
ばーかw
素材が共通なだけだぞ このドン百姓www

クルアーんは聖書からのパクリかい?wwwww

791 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 00:46:40 ID:7BBpZb4w
ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035


792 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 06:28:34 ID:JS/cmiqp
>>789
知識欲満たしたいならスレ違い

793 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 08:29:34 ID:tfZoExb9
ホーモ ホーモホモ   エホバの証人の子   スレ荒らしにやってきたー
     ∧∧        〃  ∧∧  〃      ∧∧
     (・¢・)        \(・¢・)/       (・¢・)
    m |  | m         |  |        <|  |>
     ∪∪           ∪∪         ∪∪


ホーモ ホーモホモモ   ココモスキー   チンチン好きな カルトの子
     ∧∧        〃  ∧∧  〃      ∧∧       ∧∧
     (・¢・)        \(・¢・)/       (・¢・)      (・¢・)
    m |  | m         |  |        <|  |>    <|  |>
     ∪∪           ∪∪         ∪∪       '∪∪`

794 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/09(土) 18:30:02 ID:cv4Jm7vn
兄弟たちよ。わたしが以前あなたがたに伝えた福音、あなたがたが受けいれ、それによって立ってきたあの福音を、
思い起してもらいたい。

もしあなたがたが、いたずらに信じないで、わたしの宣べ伝えたとおりの言葉を固く守っておれば、この福音によって救われるのである。
わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、

わたしたちの罪のために死んだこと、 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、
ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。 そののち、五百人以上の兄弟たちに、同時に現れた。

その中にはすでに眠った者たちもいるが、大多数はいまなお生存している。 そののち、ヤコブに現れ、
次に、すべての使徒たちに現れ、 そして最後に、いわば、月足らずに生れたようなわたしにも、現れたのである。


実際わたしは、神の教会を迫害したのであるから、使徒たちの中でいちばん小さい者であって、
使徒と呼ばれる値うちのない者である。

しかし、神の恵みによって、わたしは今日あるを得ているのである。
そして、わたしに賜わった神の恵みはむだにならず、

むしろ、わたしは彼らの中のだれよりも多く働いてきた。
しかしそれは、わたし自身ではなく、わたしと共にあった神の恵みである。 とにかく、わたしにせよ彼らにせよ、

そのように、わたしたちは宣べ伝えており、そのように、あなたがたは信じたのである。(コリント第一15:1-11)口語訳
イエスキリストの十字架
☆彼は私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。
彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。(イザヤ53:5)

☆キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。
なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである。」 と書いてあるからです。(ガラテヤ3:13)

☆主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。 (ローマ4:25)


795 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/09(土) 23:36:30 ID:HU0zZgmz
>>791
何度も「ツァイトガイスト」のリンクを貼り付けている方へ。
ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1 以外は
キリスト教とまったく関係のない内容です。
このような意味のない投稿は大変迷惑なことです。

しかも、「ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1」も
まったくのデタラメと低俗な内容ではないですか。
まあ、ここのスレッドに対して迷惑を承知で投稿したのでしょうけれども。


796 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/09(土) 23:41:37 ID:HU0zZgmz

すべての運動には反作用がある、と主張している人がいます。
もしそれが本当だとするなら、ここに迷惑投稿が多くある、ということは
ここのスレッドの内容に対する反作用かもしれないですね。

反作用があるのだから正作用はもちろんあるのだ、と信じることができるわけです。
迷惑投稿があることが、逆に、このスレッドが誰かにとって役にたっている、
あるいは影響をあたえている、と信じることができるわけです。

まあ、僕の勝手な思い込みなのかもしれませんが。



797 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 23:45:08 ID:YBaMVRQo
役にたっていると思いますよ。
「万事相い働きて益となす」


798 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 23:47:29 ID:/zwiEpbh
ココモスキーはダニエルスィートが好きなんだね。
いっつも金魚の糞みたいにくっついてさ。w



799 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 23:53:28 ID:/zwiEpbh
>>790
サロメさんに質問です。
竹島はどちらの領土と思いますか?

800 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 23:54:30 ID:tfZoExb9
ホモだから、男性が好きなんだろーね。
たしかに、糞みたいな奴だがww

801 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 23:55:10 ID:/fiw2wmM
>>796

>まあ、僕の勝手な思い込みなのかもしれませんが。

一度しかない人生だ、君は、自分の信じる道を行きなさい。

それで いいのだ!

殻に閉じこもり、廻りが見えなくなって、判断すら出来ない状態の君には、キリスト教が
非常に似合っている。

それで、いいのだ!


802 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:08:43 ID:fGvPv39i
「ツァイトガイスト」って誰が作成して誰が流してるんでしょう?
クリスチャンはこんなものを見てもなんら揺るがされることはありませんが
知らない人が見て信じてしまったら、残念というか・・恐ろしいことだなと思います。
ま、あらゆる人が「ふるい分けられる時代」ってことかもしれませんが。
貼ってる人は何考えてるんでしょう?w
気持ち悪い。

803 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:11:07 ID:ysxuR0G/
>>801
>>殻に閉じこもり、廻りが見えなくなって、判断すら出来ない状態の君には、
全世界で20億の信者を持つキリスト教徒がみんなそうだと言いたいのか?
あんた1人が正しくて20億人が間違ってるとw?


804 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:11:24 ID:fGvPv39i
>>801
ダニエルは閉じこもりのあんたと違ってよーけ働いてます。
そしていろいろなことに興味持っておる方です。
ま、ノンクリには所詮わからないことでしょうが。

805 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:17:13 ID:ysxuR0G/
いつになったらクリスチャンだけの間で会話ができるのか・・・


806 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 00:22:36 ID:A5oBAuNe
>>804
>そしていろいろなことに興味持っておる方です。

僕のスレを紹介しても、一度も覗いた事はなさそうですね
佐倉氏のスレも見た事はなさそうですよ
グノーシスの聖書を貸しますよと言っても、要らないと
言ってましたよ
キリスト教を肯定する物には、多大な興味があるんだろうが
否定してそうだとなると、一切拒絶するんでしょうね
マインドコントロールされた人間は大体そう言うものですw


807 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 00:24:21 ID:A5oBAuNe
>>805
>いつになったらクリスチャンだけの間で会話ができるのか・・・
聖書を根拠にしようとするのであれば、不可能でしょ

808 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:27:52 ID:ysxuR0G/
>>あんたもマインドコントロールされてるんだよw
自分と言う教祖様がいるだろ?


809 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 00:34:22 ID:A5oBAuNe
>>808
>自分と言う教祖様がいるだろ?
こいつは、教祖とか教団しか頭にないんだろ...


810 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:35:48 ID:NawEKzvV
どこが出鱈目かもういちどよく見て、具体的、科学的、論理的に反論してみてくれますか?

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035



811 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:36:45 ID:vy2QRoob
         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |
      ヘ  ヽ         /  j
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´      ヽ
         j−'´ |    _ ---- l .〉
        / ̄ ̄l... -'´      ´
         / ̄ ̄〜|
        ゝ──┘

             /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
             i ノ     `ヽ'
             /    ・   ・ ヽ
           l   =   _人  〜 l
           ヽ.        ノ
              ` ...   _ .. ィ‐┐
            .一ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/


812 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:37:41 ID:vy2QRoob
救いの兜をかぶるのじゃ♪

813 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:39:00 ID:4+GoJYZB
ダニエルさんはパート3が好きそう

814 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 00:39:09 ID:ysxuR0G/
>>809 敵がいなければあんたの知識は糞の役にもたたんぞw
相手してくれるクリスチャンがいることに感謝しろw



815 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:39:51 ID:vy2QRoob
>>580
エサウは、猟りに成功して料理をつくり、父の元に来ました。
想像ですが、きっと心を込めて父の為に、おいしい料理をつくったのだと思います。
>>581
>>582
>>585
イサクの言葉は、エサウにとって残酷でした。
「お前は誰なのか」
  ↓
「では、あれは一体誰だったのだ。」
  ↓
「彼が祝福されたものになっている」
  ↓
「お前の弟が来て策略を使い、お前の祝福を奪ってしまった。」
  ↓
「既にわたしは、彼をお前の主人とし、」
  ↓
「今となっては、お前のために何をしてやれようか。」

おいしい料理を父に持って行くまでは、祝福を受ける期待と喜びでいっぱいだったのに、
もう、祝福はなかったのです。
イサクの一言一言が、エサウの心を引き裂いたと想像します。泣けるね・・・

816 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:41:03 ID:vy2QRoob
          うわぁぁぁん
          。・。∧_∧。・。
         。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
           o( U U
            'ー'ー'
なんか・・・かわいそうだよ。エサウ・・・・

817 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:45:16 ID:vy2QRoob
>>604
エサウって変に優しいね。
父が悲しむ姿を見たくないから、「父が死んでからなら殺しても良いだろう。」という考えのようです。
父に対して、配慮する心があると感じ取れます。

しかし、本当に殺す気なら、ごちゃごちゃ言わずに、さっさと行動すると思いまね。
狩人なんだから、生き物を殺すのは得意なはずです。
そういえば、アベルとカインの場合では、カインは、ためらいもなくさっさと弟を殺してます。
それと比べるなら、エサウは、非常に怒ってはいたけど、本当に殺す気はなかったと思いますね。


818 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:52:41 ID:vy2QRoob
>>606
エサウに対して、母親の権威をもって、兄弟を憎まない様にと言えななかったのか?
まっ、原因は、リベカの偽装料理のせいだから、そんな事を言うと、ますます怒りの炎に油を注ぐ様なもんか?

>心の中で言った。「父の喪の日も遠くない。そのときがきたら、必ず弟のヤコブを殺してやる。」
>ところが、上の息子エサウのこの言葉が母リベカの耳に入った。
エサウは、父を悲しませたくはなかったと言う事です。
母を悲しませる事については、書かれていない。
ヤコブを殺害して母が悲しむ事は、どうでもよかったのだろうか?
ヤコブに対する憎しみの心が、リベカにバレていて、イサクにはバレていない事に興味がわく。

819 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 00:56:17 ID:vy2QRoob
■創世記27:46 >>614
リベカはイサクに言った。
「わたしは、ヘト人の娘たちのことで、生きているのが嫌になりました。
もしヤコブまでも、この土地の娘の中からあんなヘト人の娘をめとったら、
わたしは生きているかいがありません。」
■創世記28:1〜3 >>640
イサクはヤコブを呼び寄せて祝福して、命じた。
「お前はカナンの娘の中から妻を迎えてはいけない。
ここをたって、パダン・アラムのベトエルおじいさんの家に行き、
そこでラバン伯父さんの娘の中から結婚相手を見つけなさい。
どうか、全能の神がお前を祝福して繁栄させ、
お前を増やして多くの民の群れとしてくださるように。
どうか、アブラハムの祝福がお前とその子孫に及び、神がアブラハムに与えられた土地、
お前が寄留しているこの土地を受け継ぐことができるように。」

リベカは、イサクに一つ隠し事をしていると思います。
たしかに、ヘト人の娘と結婚する事は、アブラハムの神を信じて、生きているこの家族に相応しくない事ですが、
リベカのもう一つの理由は、どう見ても、エサウの殺意から、ヤコブを守る為でした。

「私とヤコブがも結託してエサウの祝福を奪い、それが原因でヤコブが殺されるかもしれません。
 ほとぼりが冷めるまで、親戚のおじさんの所に非難させましょう。」
まっ・・・そんな事は、言えないよな・・・・


820 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 01:07:55 ID:vy2QRoob
>>640
>「お前はカナンの娘の中から妻を迎えてはいけない。
>ここをたって、パダン・アラムのベトエルおじいさんの家に行き、
>そこでラバン伯父さんの娘の中から結婚相手を見つけなさい。
>どうか、全能の神がお前を祝福して繁栄させ、
>お前を増やして多くの民の群れとしてくださるように。
>どうか、アブラハムの祝福がお前とその子孫に及び、神がアブラハムに与えられた土地、
>お前が寄留しているこの土地を受け継ぐことができるように。」

父イサクは、騙して祝福を奪い取ったヤコブを「正当後継者」として祝福して扱っています。
エサウを愛していた父ですが、自分の感情よりも「祝福」を重んじている姿だと思いました。

821 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 01:09:44 ID:NawEKzvV
どこが出鱈目かもういちどよく見て、具体的、科学的、論理的に反論してみてくれますか?

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035



822 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 01:14:24 ID:fGvPv39i
>>806
>グノーシスの聖書を貸しますよと言っても、要らないと
>言ってましたよ
それを理由にマインドコントロールされてると言われてもなぁ。。
ホモ嫌いにホモ雑誌を貸しますよ、といわれてるのと同じようなモンだと思う。
それくらいクズ本でしょ。グノーシス聖書。w
ってかグノーシスはユダヤ教のタルムードを教典としている派から派生したもの。
言ってみればサタニストの教典。
そんなことも知らないか?
やはり、ココモスキーは悪魔教がしっくりくるみたいだね。
そっちに万進することを進める。
そしてダニエルを邪魔するな。

823 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 01:22:24 ID:A5oBAuNe
>>810
今がんばって、ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
だけ見た。半分位は知ってた事だし....
@キリスト教の神話が色々な神話のかき集めだという事
A旧約・新約聖書の神話も色々な神話のかき集めだという事
その2つはフィルムの趣旨と同意見なんだけど
アホのキリスト教徒の愚かさはもっと深刻ではないかと思う。
つまり、聖書がその様な経緯で編纂されたなどという事は全く
興味が無いらしい...ともかく聖書は正しいと言う思い込み
が前提で、聖書の編纂過程なんか一切興味がなくて、聖書の文言
から、聖書そのものから逸脱して信仰だ・神を信じる・イエス・キリスト
は神だと言う幼稚なキリスト教の教理を説いているのがキリスト教団
だという事なんだよね
だから、幾ら聖書編纂の過程を説いても無意味だし、キリスト教の
幼児向け物語をパロディだと言っても無意味なんだw


824 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 01:24:09 ID:vy2QRoob
>>642
>しかも彼を祝福したとき、
>「カナンの娘の中から妻を迎えてはいけない」と命じたこと、
>そして、ヤコブが父と母の命令に従ってパダン・アラムへ旅立ったことなどを知った。

カナンの娘と結婚してはいけない事を、今まで知らんかったのか?
こりゃ、教えていなかった親も悪いんじゃないか?
どこまでも、気の毒なエサウ・・・・・
ところで、彼(ヤコブ)を祝福したときに気づいたという事は、
1説から3節のセリフは、家族の見ている前で、父イサクがヤコブを祝福して語った言葉だと考えられますね。


825 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 01:29:42 ID:NawEKzvV
キリスト教の真実

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035


826 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 01:43:57 ID:A5oBAuNe
小話を一つだけ
 ベテル(神の家)の命名者はホンマにヤコブさんでしゅか
創の28/19〜20
ヤコブは次の朝早く起きて、枕にしていた石を取り、それを記念碑
として立て、先端に油を注いで、その場所をベテル(神の家)と名付けた。
ちなみに、その町の名はかつてルズと呼ばれていた。

それは、神話としていいんだけど...

創12/8
アブラムは、そこから(ベテル)の東の山へ移り、西にベテル、東に
アイを望む所に天幕を張って、そこにも主のために祭壇を築き、
主の御名を呼んだ。

つまり、ヤコブの祖父のアブラムさんの時代に、既に(ベテル)とアイ
の中間に天幕を張ってるんだよね...

まぁ、またお得意のご説明をお願いしますヨン


827 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 01:53:27 ID:A5oBAuNe
>>822
僕が彼にグノーシスの本を貸すよと言ったのは、ダニエル氏が
誰かに紹介されたグノーシスの本を本屋に問い合わせたら、それが
絶版になっていて、その本をたまたま自分が持っていたので、
期限を決めてくれたら、貸しますよと言った話です。
本屋に問い合わせまでした本を、貸しますよと言って断る事情が
よく判らないんだけどね

828 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 02:37:53 ID:A5oBAuNe
>>825
だから、幾らアピールしても無駄なんだって...
キリスト教徒は最初の2〜3分見て、ヤバイと思ったら
一切見ないんだから

829 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 03:17:50 ID:4+GoJYZB
んで世界征服の黒幕がプロパガンダにキリストの物語をどう使っているのさ?
ユダヤの神様マンセーにするとなんか都合がいいのか?
バチカンは奴隷調教・収容機関で、フランチェスコやマザーは見本ってことで
おk?

830 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 03:27:55 ID:NawEKzvV
>>829
あと3回くらい観た方が良いのでは?

831 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 04:01:06 ID:skFOjVOZ
>>803

>全世界で20億の信者を持つキリスト教徒がみんなそうだと言いたいのか?
>あんた1人が正しくて20億人が間違ってるとw?

それは、愚かな考えだね。
45億人が、キリスト教にNOと言ってるんだ。
キリスト教は、これからも減り続ける。必ず。

私は、自分が正しいとは思っていない。 ただ常に賢明でありたいだけだ。

メソポタミアから、同じ事をくり返し、エジプトの民は、あなた達より純粋に王の
復活を望んだろう、しかしエジプトの王も復活はしない。永遠に。

命とは、誰にも平等に一度きりだ。イエスも例外では無い。
復活の妄想は、新たなキリストを生むだろう。妄想は果てし無く純粋な知性を失わせる。

それで、いいのだ。 人には居場所が必要だ。 妄想の牢屋で果てし無く妄想をするのだ。

それで、いいのだ。。。


832 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 04:38:13 ID:skFOjVOZ
>>831

復活を再臨に 訂正。

833 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 05:34:32 ID:TZn6ksTN
>>828
だからそれはプロテスタントだけだろうがwww

聖伝承認めるカトリックは揺るぎもしないよ
百姓ココモスキーwwwwwwwwwwwwww


834 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 05:40:24 ID:+cXfwsbm
>>831
自然減だろうがこのキチガイw

>>829
神道は無様に大失敗www

835 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 08:15:14 ID:skFOjVOZ
>>834
>自然減だろうがこのキチガイw

ハイハイ、ユダヤ系クリスチャンから今度は、キチガイの言葉を頂きました。

これで、クリスチャンからの「さげすみ」コレクションが、また増えました。

犬、豚、ヘビ、糞、馬鹿、に続いて、キチガイを頂きました。

サロメのおかげで、真のイエスとクリスチャンが、どれほど無関係か示せたよ。

サロメ! ありがとう。 君は素晴らしい!


836 :にゃっ太:2008/08/10(日) 09:24:05 ID:BHzkpgxA
すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
グノーシス思想の聖書があるのですか? 
よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
探してみます。

837 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 09:43:41 ID:Vfro7ADI
>>835
>ハイハイ、ユダヤ系クリスチャンから今度は、キチガイの言葉を頂きました。
>これで、クリスチャンからの「さげすみ」コレクションが、また増えました。
>犬、豚、ヘビ、糞、馬鹿、に続いて、キチガイを頂きました。

8−90
十字の者どもの気がおかしいのがわかるとき
聖物の代りに角をはやした牡牛を見る
処女のおかげでやがて豚の席がいっぱいになり
秩序はもはや王によっては守られない

天にグランドクロスという徴が現われた時に、
それがイエス再臨の徴とも解らないでイエスを呼ばなかった馬鹿ども(=豚)
は「気違いだ」と既に、もう一人のメシアから、
とっくに宣告されていますが。


838 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 10:12:55 ID:skFOjVOZ
>>837
>天にグランドクロスという徴が現われた時

(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

さすが、ミトラ教から、「パクリ」まくるキリスト教はすごいね。

今頃、ノストラダムスだもんね。 彼も元は、ユダヤ教徒でクリスチャンに
なったんだよね。

ノストラダムスって、その記述の多くは、他の人の本からの「パクリ」だよな。

彼の占星術も、しっかりした基礎が無くて、間違いがある事が指摘されてる。

まあ、「パクリ同士」だから、ちょうどいいんじゃない。

クリスチャンって、ほんとに、面白いな〜。 (-m-)ぷぷっ

839 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 10:26:21 ID:Vfro7ADI
6−26
ややましな人間のために四年のあいだ座が確保されよう
跡を継ぐのは色を好む男
ラヴァンナ ピーサ ヴェローナが彼を支持するだろう
法王の十字架の値打ちを高めたいのだ

最後の法王である現法王の任期は4年間だから、2009年の3月でその時
=この世の終わり、になるな。


840 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 10:36:28 ID:vy2QRoob
>>608
> この最後のリベカの言葉は、謎を含んでいると感じました。
>『一日のうちにお前たち二人を失うことなど、どうしてでき>ましょう。』

>ヤコブが殺されるだけなら、一人を失うだけのはずですが、
>リベカが「お前たち二人を失う」と言っているのはなぜで>しょう。

>まさか「お前たち二人」の一人はイサクのことではないでしょうから
>きっと、もう一人はエソウのことなのです。
> いったい、誰がエソウを殺すというのでしょうか。

「お前たち二人を失う」と言うセリフを呼んだ時に、アベルとカインの事を連想しました。
殺人をしたカインは、4章11節 今あなたはのろわれてこの土地を離れなければなりません。
つまり、土地を離れる様に、神に言われています。この言葉の後にカインは両親と離れて生きる様になりました。
両親のアダムとエバからしたら、一瞬にして家族の半分を失ったのです。
リベカは、エサウが殺人をするのなら、自分の家族もそのようになるかもしれないと、
アベルとカインの痛々しい事件を自分の家族に重ねて考えたのではないでしょうか?

または、律法には故殺人は死刑とモーセを通して神が、明言してます。
この時代に律法はないけど、このアブラハムの家族は神の選ばれた家族、神と対話する家族です。
リベカには、殺人が死刑に当たるものだという。直感というか、良心があったからかもしれませんよ?

841 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 10:39:43 ID:Vfro7ADI
ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマの人ペテロが教皇の座に就く。
ローマの人ペテロは多くの苦難のさなか、子羊を司牧する。
この苦難が去ると七つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人びとに下される。   

おわり

2009年の4月には、この光景が見られるかな。


842 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 11:57:38 ID:hLlraDqO
>>821
>どこが出鱈目かもういちどよく見て、具体的、科学的、論理的に反論してみてくれますか?

ここは聖書を信じている人のためのスレッドだとスレタイに書いています。
ご確認してみてください。
その上で、あなたのしていることが正しいことなのか、それとも
秩序を乱す行為なのかを、ご自身でよく考えてみてください。


843 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 11:58:48 ID:skFOjVOZ
>>839 >>841

>この世の終わり、になるな。

大丈夫だよ。君の人生は、すでに終わってる。 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


844 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 12:00:21 ID:hLlraDqO

「ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1」では、
キリスト教の教義、つまりイエスが12月25日に生まれたと信じられていることだとか
その他、聖書でのイエスの教えとは無関係なことばかり指摘しています。

そんなことは、あまり重要なことではありません。
重要なことは、イエスがどのようなことを教えてくれたか、
聖書はどのようなことを教えているか、なのです。


845 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 12:19:07 ID:p0ZCIiNl
>>835
>犬、豚、ヘビ、糞、馬鹿、に続いて、キチガイを頂きました。
>サロメのおかげで、真のイエスとクリスチャンが、どれほど無関係
>か示せたよ。

無関係どころか、イエスの真似そのもの。イエスは、自分の気に入らない
人間を「犬」「豚」呼ばわりしているではないか。

「真のイエス」って何?「聖書には表れない、立派な人格者としてのイ
エス」のことか。それこそ、聖書以上の妄想。

「ユダヤ系クリスチャン」とは、一体何?イエスもユダヤ人で、ユダヤ
教徒ではないか。



846 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 12:20:36 ID:Y0QEbb6/
>>845
隠居
そろそろ精神病患者で聖者の再現したモデル 見つけたかい?w

847 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 12:25:12 ID:hLlraDqO

また、「ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1」では
イエスが生きていた、という事実はないようなことを主張していますが、
実際にイエスの教えが聖書として残っているではないですか。

イエスの教えが残っている、ということはイエスがいた、ということの
証拠じゃないでしょうか。
もし人々が信じているような人物ではなかったとしてもです。
聖書のイエスの発言をした人物がイエスなのです。


848 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 12:38:43 ID:skFOjVOZ
これを見れば、今のキリスト教が、捏造だってすぐに解る。必見!

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート1
http://video.google.com/videoplay?docid=1431037135738418803






849 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 12:43:07 ID:Y0QEbb6/
>>848
単なる上書きですよw

だったら日本神道は朝鮮の宗教かしら?w

850 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 12:48:08 ID:skFOjVOZ
>>844
>重要なことは、イエスがどのようなことを教えてくれたか、
>聖書はどのようなことを教えているか、なのです。

旧約の教えをどうぞ
アブラハムは神を信じてマスタ
イサクは神を信じてマスタ
リベカは神を信じてマスタ
エサウは神を信じてませんデスタ
ヤコブは神を信じてマスタ
ダビデは神を信じてマスタ
トマスは神を信じてマスタ
ピリフォは神を信じてマスタ
アダムは神を信じてませんデスタ
イエスは神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
***は神を信じてマスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ
OOOは神を信じてませんデスタ

めんどくさいから、ココモのコピペすますた。  ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


851 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 12:48:57 ID:Y0QEbb6/
なんかミトラ厨大荒れw

落ち着けよ婆さんwww

852 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:07:05 ID:skFOjVOZ
>>849

>単なる上書きですよw

ツァイトガイストに出ていないイエスのシンボルで、ハトがあるけど、あれも

ローマ皇帝カエサル自身が、ギリシャ神話のビーナスの末裔って、言いふらしてて、

そのビーナスのシンボルがハトで、そこからパクッタんだよ。

何から何まで、パクリまくってるね。

こうゆうのは、上書きって言わない。 パクリだよ。 パ、ク、リ!。








853 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:11:31 ID:p0ZCIiNl
>>852
パクリは、人間の本性だから、別に構わないが、キリスト教のように、
そのパクリを「人心を惑わすために」悪用しているのが、良くない。
これ以上の「罪」はないのである。

854 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:11:52 ID:skFOjVOZ
>>851
>なんかミトラ厨大荒れw
>落ち着けよ婆さんwww

クリスチャンって、からかってると、面白い。  ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
でも、今からお出かけなので、失礼。



855 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:12:30 ID:Y0QEbb6/
>>852
>ローマ皇帝カエサル

お婆ちゃんもう赤点wwwww

っていうか かんべんしてよー  ゲタゲタゲタ〜〜♪

856 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:14:40 ID:Y0QEbb6/
>>853
シンボルの援用とか儀礼手法の流用なんて当たり前ですってw

日本神道のやり方で主なる聖三位一体の神様おがんでもいいんですよ?
教会で拍手うったっていいんです
正しい神をきちんと認識していればねw

857 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:16:29 ID:kdvLDrCP
ダニエル・スィートの「スィート」って何でしょうか。
以前は「ダニエル」のみのハンドルネームだったかと思います。

858 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:17:54 ID:1ZAFXkO+
>>850
お前の切り返しはパターン化しててつまらん。
もっと中身のあること言ってくれ。
もしくは書き込み者の心にえぐり込んで忘れられないような切り返しを頼む。

859 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 13:20:51 ID:hLlraDqO

サタンは神に、人を小麦のようにふるいにかけることを願い、
そのサタンの願いは神に聞き入れられました。
だからサタンの誘いは必ずあり、人はそのふるいを通り抜けなければならないでしょう。

★ルカ 22:31
「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。」

また、終わりの時には信仰は、ほとんどなくなっているようです。次のイエスの言葉をご覧ください。

★ルカ18:8
「しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

860 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:21:25 ID:1ZAFXkO+
>>854
お前ホント失礼やな。
書き逃げか。
お前の人生逃げの一手か。

861 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:22:16 ID:Y0QEbb6/
>>860
子供なんだからサーw
顔文字でわかるじゃんwwww

862 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 13:24:38 ID:hLlraDqO

結局、信仰を守りとおす忍耐がわたしたちには必要であるということです。
もう一度書きます。信仰を守りとおすには『忍耐』が必要なのです。

★黙示録 14:12
ここに、神の掟を守り、イエスに対する信仰を守り続ける聖なる者たちの忍耐が必要である。


863 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:27:02 ID:p0ZCIiNl
>>856
>正しい神

「正しい神」と「正しくない神」とを判別する、「現実上の基準」は
皆無。神を認識する方法も皆無。すべて、妄想に過ぎない。

そもそも、「正しい」「正しくない」は、何を基準として判断する?

イエスもパウロも、口先だけの「言葉・スローガン」「言葉遊び」だけ
で、その実質は、何も理解できていない。

864 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 13:28:21 ID:hLlraDqO

僕はカトリック教会に通っていますが、
そこでのあまりの信仰の無さに辟易することはしばしばなのです。

復活を信じない神父、処女懐妊を信じない神父はざらにいます。
カトリック教会の腐敗は、ある意味プロテスタント以上です。

しかし、だからといって僕がそうした状況を変えられるでしょうか。
変えることなど出来ませんし、そのようなことを考えること自体、不遜なことです。
このような状況になっているのも、おそらく神の御心だと思っています。

このような信仰の薄い時代に、わたしたちに必要なことは『忍耐』なのです。
聖書には、そのように書いてあるからです。


865 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:30:28 ID:Y0QEbb6/
>>863
あのねw
小田晋をはじめ専門家はすべて宗教の効用認めています

隠居の負けw

866 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:37:15 ID:kdvLDrCP
>863
判別するとか判断するんじゃなくて「信じる」んでしょう。
判断できる、ためには神が人間に理解できる相手じゃないと
できないということになってしまうかと思われます。
神の超越性や絶対性を主張する宗教としては避けるべきことでしょう。

感動したとかインスピレーションを受けたとか、良い信徒と出会ったとか
をきっかけとする人はいるでしょうが、「私は神を理解した結果正しいと
判断して選んだ」と言う信者はいないはずです。

867 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 13:37:53 ID:hLlraDqO
>>857
>ダニエル・スィートの「スィート」って何でしょうか。
>以前は「ダニエル」のみのハンドルネームだったかと思います。

深い意味はないんですよ。(´・∀・`)
メタトロンさんから「ダニエルは甘い!」とご指摘を受けたので、
それからはハンドルネームを『ダニエル・スィート』にしてみました。




868 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:38:05 ID:Y0QEbb6/
>>866
感じて信じるんだよ

それが聖霊の働き

869 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:40:27 ID:p0ZCIiNl
>>864
>復活を信じない神父、処女懐妊を信じない神父はざらにいます。

それは、神父が「妄想」から目覚め、「人間として成長した」ということ。

ダニエルさんは、何時になったら「人間として成長する」のですかw。

870 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 13:41:39 ID:Y0QEbb6/
>>869
あのーw

精神病はどうしたの?w

アタシに論破されて恥を知ったんですか隠居www

871 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 13:46:56 ID:vy2QRoob
■創世記28:8〜9 >>643
エサウは、カナンの娘たちが父イサクの気に入らないことを知って、
イシュマエルのところへ行き、既にいる妻のほかにもう一人、
アブラハムの息子イシュマエルの娘で、ネバヨトの妹に当たるマハラトを妻とした。

***** 感想 *****
エサウって親にあんまり愛されてない様に読み取れます。
創 25:28は、こう書いてます。
「イサクはエサウを愛した。狩りの獲物が好物だったからである。」
気の毒に、エサウって条件付きの愛され方なんですよね。
どうやら、美味しい獲物を父に与えるから愛されていたみたいです。
●●をするから、父に愛されている。
彼の存在自体が、無条件に愛されていたのではなかったようです。
エサウは、父に愛されようとして、親族である娘と結婚を考えたんでしょうね。
なんか、的外れな行動の様に思えますが・・・・・

872 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 13:48:14 ID:vy2QRoob
>>650
この夢で見た階段は、天の方から、地に向って伸びているのです。
地の方から、天に向かって伸びているのではないのです。


_________
_________|_
 |  _______ ∧_∧ _
   ̄| ______(  ´∀`)|_ 天の階段下りるぅ〜♪
    ̄|  ___ ⊂    つ__|_  どうせおいらは、神様のパシリさ♪
      ̄|  __ 人  0_____|_ 神様の言葉を伝える為に
       ̄|  _ レ_________|_ なかーい階段おーりる♪
         ̄|  __________|_
          ̄| ___________|_
            ̄|              |
               

873 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 13:49:06 ID:A5oBAuNe
>>836
>すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
>グノーシス思想の聖書があるのですか? 
>よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
>探してみます。

ナグハマディ文書:福音書  
著者 荒井 献・大貫 隆 他
岩波書店 ¥4,800−

序文   20頁程
本文  400頁程
用語説明 20頁程

だから、コピーを取っても2000円程で
本を買うより安いだべ



874 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 13:54:18 ID:p0ZCIiNl
>>866
>判別するとか判断するんじゃなくて「信じる」んでしょう。

「信じる」ことも、「人間」の生命の機能としての、「人間」の観念
作用。「人間には計り知れない存在」であるはずの「神」とは一切関係
ないw。

875 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:02:05 ID:XFlFW0ql
>>874
「人間には計り知れない存在」であるはずの「神」であるから「信じさせる」ことも出来るのです。
「人間には計り知れない存在」であるはずの「神」を
ちっぽけな人間がどれだけ把握できると思いますか?

876 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:04:00 ID:XFlFW0ql
あー頭がハゲる(苦笑)

877 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 14:05:18 ID:Y0QEbb6/
>>874
あらぁw
精神病はどうなったのぉ?www

>>873
違法コピーは犯罪だぞ コソドロ ムスリムwwww

878 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 14:07:27 ID:vy2QRoob
ルカ 21:18
しかし、あなたがたの髪の毛一すじでも失われることはない。

    /\___/ヽ
   //〜    〜\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

ホンマかよ・・・・・

879 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:16:45 ID:p0ZCIiNl
>>875
>「人間には計り知れない存在」であるはずの「神」を
>ちっぽけな人間がどれだけ把握できると思いますか?

その「計り知れない存在」を、「計り知れた」と勘違いして、さかんに
解釈し、饒舌に語り、崇拝するのが、「ちっぽけな人間」であるクリス
チャンたち。

本当に神を信じる者は、そもそも、神など語ったり、崇拝したりせず、
神の創造、神の顕現、従って、神そのものとしての、「現実のすべての
人間とその生命を支える自然」とに、最大の価値を置き、与えられた
生命を「黙って」ひたすらに生きる。

880 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 14:18:30 ID:Y0QEbb6/
>>879
だから精神病は?wwwwwwwwwwwww

881 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:20:28 ID:XFlFW0ql
おもしろすぎます!!!

882 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:29:05 ID:XFlFW0ql
>>879
>「計り知れた」と勘違いして、さかんに解釈し、饒舌に語り、崇拝するのが、「ちっぽけな人間」であるクリスチャンたち。

聖書だって全部分かってるって思ってる人の方が少ないと思うけど(^^;


883 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:41:11 ID:p0ZCIiNl
グルジアのことを調べたら、グルジアはキリスト教国で、スターリンは、グル
ジアの神学校を卒業したクリスチャンであることが分かった。

イエスの「愛の教え」こそが、人類にすべての大虐殺の原因ということは、も
はや明らかに証明されたね。今回も、初めに攻撃したのは、キリスト教国グル
ジアである。

884 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 14:43:19 ID:Y0QEbb6/
>>883
はいはい
日本の神道も虐殺宗教

旧ソ連や中共や北朝鮮の例からして精神医学も拉致監禁医学w

885 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 14:44:47 ID:kdvLDrCP
普通に人生を送った他の卒業生の立場がなくなります。

886 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 14:46:16 ID:Y0QEbb6/
隠居の書き込みって中国共産党の主張とそっくりなんだよね。。。。。。。。。

887 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 15:07:11 ID:p0ZCIiNl
>>886
マルクス主義は、キリスト教に起源する宗教の一種だよ。マルクスの
「富に対する理由のない憎悪(実は羨望と嫉妬)」は、イエスの思想
そのまま。現実にはあり得ない「共産主義ユートピア」という「神の
国」の観念を信仰する。「擬似宗教」と呼ばれる。

マルクス主義は、宗教であるからこそ、キリスト教徒同様に、良心の呵
責なく、多数の人間を、残虐な方法で殺すことが可能なのです。

888 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 15:09:05 ID:XFlFW0ql
意味不明になってきてしまいました>ご隠居

889 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 15:10:04 ID:Y0QEbb6/
>>887
だから隠居=中国共産党だってことだwww

890 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 15:18:58 ID:XFlFW0ql
>>887
> 「富に対する理由のない憎悪(実は羨望と嫉妬)」は、イエスの思想そのまま。

富んでいても貧しくても、自分を変えて合わせるのだと思ってますが。
貧富の差は現実はあっても教会では感じなかったですけどね。
この世を去った後にお金や権力や物があっても何もならないし。

欲望は生きている間に動機として必要だとは思うけど、使う方向を間違わないようにするのはなかなか難しいですよね。

891 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 15:27:25 ID:Y0QEbb6/
>>873
違法コピーをぬけぬけと公言する自称ムスリムでIT社長のココモスキーw

って言うかダニエルってこいつから違法コピーさせてもらってたのか?wwwwwww


873 名前:ココモスキー ◆VAutiIin4w [] 投稿日:2008/08/10(日) 13:49:06 ID:A5oBAuNe
>>836
>すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
>グノーシス思想の聖書があるのですか? 
>よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
>探してみます。

ナグハマディ文書:福音書  
著者 荒井 献・大貫 隆 他
岩波書店 ¥4,800−

序文   20頁程
本文  400頁程
用語説明 20頁程

だから、コピーを取っても2000円程で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本を買うより安いだべ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

>まったくドン百姓ってwwwwwwwwww

892 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 15:31:50 ID:pGfh9xoT
創価ご隠居は、キリスト教だけではなくて、アンチも叩くのが面白いんだよね。
そして、お金儲け資本主義を肯定する。

創価のイデオロギーって、ホント、貧乏ルサンチマンでわかりやすい。


893 :リンゴ ◆oPXbhrKCUQ :2008/08/10(日) 17:04:59 ID:Km6CmJqg
イエスキリストの十字架

☆そして十字架において、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。
わたしたちが罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。

そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。(第一ペトロ2:24)


☆罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。(ローマ書8:3)


894 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 17:08:32 ID:hLlraDqO
>>813
>ダニエルさんはパート3が好きそう

そうですね。パート3の内容は悪くなかったよね。
でも、僕たちに必要なのは、この世の支配者について知ることよりも
「人の子」とは何なのか?隣人を愛するとはどういうことなのか?
イエスのようにわたしたちの肉体が復活するとはどういうことなのか?
ということを知ることのほうが、比較にならないほど大切なことだよね。

支配者たちに対する敵意をいたずらに煽るようなことは、あまり感心しないですね。
もちろん、いろいろなことを知ることで、より洞察力は磨かれると思うのですが
『敵意』という、キリストの愛とは相容れない感情に突き動かされてしまうようになっては
それこそ悪魔の思うツボだと感じております。





895 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 17:13:55 ID:D3dTaxSE
キリストが処刑されて血がダラダラ流れている様をみて「ああ!癒された」
って喜ぶのは、外の人間から見たら不謹慎だと思うわ
西洋と日本の違いかなぁ

896 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 17:38:16 ID:hLlraDqO
>>895
>キリストが処刑されて血がダラダラ流れている様をみて「ああ!癒された」
>って喜ぶのは、外の人間から見たら不謹慎だと思うわ
>西洋と日本の違いかなぁ

それは普通の日本人なら、そう感じるのが当たり前だと思うよ。
旧約聖書のレビ記を読むと、なぜ血を流すことが罪の赦しになるのか
ヒントが書かれていますよ。
だから、レビ記あたりを読まないと、「イエスの十字架による救い」は
わからないのではないか、と僕は思っています。
レビ記についても、ここのスレッドで読む合わせする予定にしていますので
しばらく待っていてくださいね。

897 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 17:52:48 ID:A5oBAuNe
>>896
>だから、レビ記あたりを読まないと、「イエスの十字架による救い」は
>わからないのではないか、と僕は思っています。

具体的にレビ記の記述を出して、説明して欲しいだべ
一般的には、マタイやマルコのイエスの受難物語は
第2イザヤ書52〜53章をモデルにしてると言われてますが
レビ記の記述から説明する人は聞いた事がない。また新たな
神話を創作して、信者の気を引こうとしてるんですか?

898 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 17:59:27 ID:A5oBAuNe
>>895
>キリストが処刑されて血がダラダラ流れている様をみて「ああ!癒された」
>って喜ぶのは、外の人間から見たら不謹慎だと思うわ
>西洋と日本の違いかなぁ
キリスト教徒と言う人種が、その様なドラマチック(悪趣味だと思うが)
な物語が好きな人種なだけで、ヨーロッパ人とて普通の人は日本人と
同じ様に、血がだらだら流れる様なドラマは好きではないと思います。



899 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:04:16 ID:Ag/i6U1b
>>897
一般的にってw
田川の受け売りだろw
>>898
泥棒の癖にえらそうにwww

873 名前:ココモスキー ◆VAutiIin4w [] 投稿日:2008/08/10(日) 13:49:06 ID:A5oBAuNe
>>836
>すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
>グノーシス思想の聖書があるのですか? 
>よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
>探してみます。

ナグハマディ文書:福音書  
著者 荒井 献・大貫 隆 他
岩波書店 ¥4,800−

序文   20頁程
本文  400頁程
用語説明 20頁程

だから、コピーを取っても2000円程で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本を買うより安いだべ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜


900 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:04:57 ID:Ag/i6U1b
ダニエルもココモスキーから本借りて泥棒してたわけだ。。。。。

901 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:07:20 ID:Ag/i6U1b
著作権法違反の泥棒ココモスキーが聖書についてかたるんだwww

902 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:15:21 ID:Ag/i6U1b
しっかし公共の場で 堂々と著作権違反の泥棒行為を公言して恥じない男が
クリスチャンを腐すんですからwそれも盗んだ資料を利用してwww

ココモスキー ◆VAutiIin4w という男はそれでIT企業の社長だといばりw名門大学に通う娘がいると
自慢するんですから この人間はとことん腐りきってますねw

ムスリムなんてこの程度ですw

873 名前:ココモスキー ◆VAutiIin4w [] 投稿日:2008/08/10(日) 13:49:06 ID:A5oBAuNe
>>836
>すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
>グノーシス思想の聖書があるのですか? 
>よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
>探してみます。

ナグハマディ文書:福音書  
著者 荒井 献・大貫 隆 他
岩波書店 ¥4,800−

序文   20頁程
本文  400頁程
用語説明 20頁程

だから、コピーを取っても2000円程で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本を買うより安いだべ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

903 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:22:02 ID:Ag/i6U1b
ダニエルさんの釈明希望ですねw

ココモスキーから借りた本コピーしてたんですか?

904 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:27:58 ID:Ag/i6U1b
泥棒が得意げに聖書講釈ってwwwww

905 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 18:31:51 ID:A5oBAuNe
アホがどの様に事件を捏造してるか判るね...どの様に展開
していくか見物してましょう...面白そう

906 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:34:10 ID:Ag/i6U1b
>>905
説明しろよ泥棒w

だから、コピーを取っても2000円程で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本を買うより安いだべ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SEの癖に違法コピー奨励かい?泥棒wwww

907 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:37:50 ID:Ag/i6U1b
SEがさぁ

この一太郎 コピーとってもメディア媒体分の費用ですむだんべ

なーんて顧客に行ったらどうなるんだよ 泥棒ココモスキーwwww

908 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 18:38:11 ID:hLlraDqO

聖書をあまり読んだことがない人は
血によって救われる、ということがよくわからないはずだと思います。

このことを知るためには、どうしても旧約の理解が不可欠ではないかと思います。
しかし、いきなり旧約から読み始めて、このことの理解に繋がるかどうかは
とても難しいと思います。
創世記の途中で、くじけてしまう可能性が高いのではないかと思うのです。


909 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:40:18 ID:Ag/i6U1b
>>908
泥棒から本借りて違法コピーしたんですか?

910 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 18:44:51 ID:hLlraDqO

ですから、新約聖書を読んだ上で、
旧約を読み直す、というのが、わたしたち異邦人にとっては
ベストな方法ではないかと思ったりします。

イエスの十字架は、レビ記などに書かれている
焼き尽くす献げ物や、和解の献げ物について理解していないと
おそらく理解が難しいのではないかと思います。


911 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:45:26 ID:Ag/i6U1b
>>910
違法コピーで得た知識で聖書講釈ですかwwwwwwww

912 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 18:46:23 ID:hLlraDqO

こうしたことを踏まえたうえで、
聖書全編を通して語られていることを
掴んでしまいましょう。

もっとも大切なことを掴んでしまえばいいのです。


913 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 18:47:55 ID:mWopS/jx
>>912
泥棒して得た知識で?wwww

それ偽善ですよ?w

914 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 19:42:36 ID:A5oBAuNe
精神科の医者が見てたら、聞きたいが、どう見ても精神障害者だべ
それも大分進行してると思うのだが

915 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 19:46:38 ID:33q6Bu+w
>>914
はw
開き直りか泥棒ココモスキーw

916 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 20:22:57 ID:j93I/Wgs
詫びさせろ。どっちも。

917 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 20:23:42 ID:526/Qoqa
>>916
そんな良心ないでしょ 泥棒ココモにはw

918 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 20:23:58 ID:j93I/Wgs
詫びさせろ

919 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 20:56:49 ID:hLlraDqO
>>914
>精神科の医者が見てたら、聞きたいが、どう見ても精神障害者だべ

いや、サロメさんは、ただ単に読解力がないだけではないでしょうか。
あるいは、勝手な思い込みが激しい人なのだろうと思います。


920 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 21:13:22 ID:A5oBAuNe
>>919
正常な人間の範疇に入ると言う事ですか?
これが、正常の範疇に入るのであれば、日本に精神病患者はいなく
なってしまいますよ

921 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 21:30:26 ID:526/Qoqa
>>919
ふーんw

明白にココモスキーが違法コピーを白状してるのに無視ですかw

まぁ貴方もココモスキーの共犯のようですからwww
無理もないですねぇ 偽善者ダニエルさんw

922 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 21:31:18 ID:526/Qoqa
ダニエルさんは聖書の講釈は出来てもw

明白な犯罪宣言読み取れないようですw

873 名前:ココモスキー ◆VAutiIin4w [] 投稿日:2008/08/10(日) 13:49:06 ID:A5oBAuNe
>>836
>すみません、グノーシスの聖書とはなんですか!?
>グノーシス思想の聖書があるのですか? 
>よろしければ、本の題名、出版社等、情報をおしえて下さい。
>探してみます。

ナグハマディ文書:福音書  
著者 荒井 献・大貫 隆 他
岩波書店 ¥4,800−

序文   20頁程
本文  400頁程
用語説明 20頁程

だから、コピーを取っても2000円程で
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本を買うより安いだべ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

923 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 21:42:21 ID:526/Qoqa
本を買わずにコピーでってwwww

違法行為だと理解できないダニエルさんが聖書の講釈ですかwwwwwwwww

924 :西とシワ???:2008/08/10(日) 21:44:12 ID:XFlFW0ql
らしいです(-_-)

925 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 21:45:04 ID:526/Qoqa
>>924
信じられないんだけど

ダニエルってココモスキーから借りた資料を違法コピーしてたらしいねwwww

926 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 21:50:31 ID:XFlFW0ql
>>925
>信じられないんだけど
その方がいいと思う

> ダニエルってココモスキーから借りた資料を違法コピーしてたらしいね

wwww←ヒゲに見えてしまう。
某精神科院長のヒゲなんだけど、この目はやはり病んでるのかなー

927 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 21:52:06 ID:kmhCOrY9
>>926
wは笑いの表現

wwwwは草を生やすって言うよw

928 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 22:02:44 ID:j93I/Wgs
>>917 違うぞ


929 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 22:05:59 ID:fi13pcCJ
>>928
良心も社会的常識もない人たちですよ こいつらw

919 名前:ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE [] 投稿日:2008/08/10(日) 20:56:49 ID:hLlraDqO
>>914
>精神科の医者が見てたら、聞きたいが、どう見ても精神障害者だべ

いや、サロメさんは、ただ単に読解力がないだけではないでしょうか。
あるいは、勝手な思い込みが激しい人なのだろうと思います。


920 名前:ココモスキー ◆VAutiIin4w [] 投稿日:2008/08/10(日) 21:13:22 ID:A5oBAuNe
>>919
正常な人間の範疇に入ると言う事ですか?
これが、正常の範疇に入るのであれば、日本に精神病患者はいなく
なってしまいますよ


930 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 22:12:38 ID:j93I/Wgs
>>917 @中国国際航空機への爆破予告犯 A開会式で某国首相の側に腰かけに行ったオバサン(直後に戦火が紛争レベルから拡大)

931 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 22:17:08 ID:j93I/Wgs
A【魔女】と言った方が正しいかな?@操られし者の一人

932 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 22:24:44 ID:skFOjVOZ
>>929

俺は、サロメのやってる事が、一番 幼稚で 愚かだと思うがな。

お前は、今まで一度も、ウェブからコピーしてないか?

俺は、コピーしてるぞ。 昔、研修とかで本からコピーしたこともある。

ココモやダニを、必要以上に責めるのは、見苦しい。もうやめろ!

933 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 22:27:42 ID:fi13pcCJ
>>932
あのねぇwww

本を丸まる一冊コピーは窃盗ですよ?wwwwwwwwwwwww

934 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 22:33:12 ID:hLlraDqO
>>932
>ココモやダニを、必要以上に責めるのは、見苦しい。もうやめろ!

責めるもなにも、コピーしてもらってませんから。


935 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 22:34:33 ID:hLlraDqO

どこにココモスキーさんが僕にコピーを送ったと
書いてあるんですか?

第一、ネットでしか知らない人に住所なんか教えませんよ。


936 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 22:34:57 ID:Z9/ERSrX
じゃあ泥棒行為たしなめないのはなぜだい?wwww

937 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 22:38:59 ID:Z9/ERSrX
少なくとも不法コピーの常習犯はココモスキー一人ってわけか。。。

ダニエルは社会常識欠落してるだけ。。。。

938 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/08/10(日) 22:51:51 ID:hLlraDqO

オグシオやったね!!

939 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 23:09:46 ID:A5oBAuNe
そろそろ、事の成り行きを説明するか...
@ダニエル氏がある人間(多分カラスだと思う)に
 グノーシスのテキストの紹介を願い、その人間が
 先に示した本を紹介した。
Aダニエル氏が本屋に問い合わせたところ、絶版に
 なっていて、購入できないと言った。
Bそれで、その本をたまたま自分が所有していて、時々
 読んでいるので、期間を決めて貰えれば、暫時貸すよ
 と言った。
Cダニエル氏は中々読む時間が無いので、結構ですと断り
 をした。

  それで、暫く時間が経過して
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
時間がなくて、じっくり読む時間がなくても、コピー
を取って返却し、後でじっくり読めばいい筈だという事
で、どうも読む気はないんだろうと自分は思った。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
それだけの事なんだけどね



940 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/10(日) 23:10:43 ID:A5oBAuNe
著作権法30条
著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」と
いう。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内に
おいて使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、
次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

ただし事項が2つあって、公共のコピー機での複製と暗号などによる
改変があっても、それが元に戻せる様な方法でのコピーは違法とされます。
それで、コンビニのコピー機やコピー屋のコピー機を公共のコピー機と
言うべきかどうかが議論されると思うが、個人所有のコピー機は違うだろね。
この辺の著作物の扱いはどうしてるのかはよく知らないw。


941 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 23:11:25 ID:Z9/ERSrX
>>939
だから違法コピーって IT企業の社長なのに知らんのか?www

942 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 23:15:00 ID:Z9/ERSrX
>>940
本を貸すって意味分かってるか?泥棒w

943 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 23:17:01 ID:Z9/ERSrX
泥棒ココモスキーの親父はダニエルと肉親同様の家族だったわけかぁ。。。

アッーーーwwwwwwwwww

944 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 23:30:21 ID:skFOjVOZ

サロメの心の中は、醜いな。 欲求不満のはけ口を、探し求めてるだけだ。

はけ口が見つかると、いつまでも、ドロドロした自分の中の、不満が噴出してる。

実に、醜くて、ぶざまだ。

945 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 23:35:37 ID:skFOjVOZ

反面教師として、サロメは、実に、素晴らしい!

君の心の醜さは、俺の中にも、まだ、存在する。

その醜さから発する臭さいにおいは、俺の中で、自分の改革をさらに促す。

俺は、自分の中の、悪しき草を刈る事が出来たよ。

ありがとう。サロメ。君は素晴らしい!

946 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/10(日) 23:36:25 ID:Z9/ERSrX
泥棒ココモスキー 携帯で自演乙wwwwwwwww

947 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 23:38:19 ID:vy2QRoob

    /\___/ヽ
   //〜    〜\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\

自演かよ・・・・・

948 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 23:40:42 ID:vy2QRoob
>>643
エサウは、これで三人目のお嫁さんです♪
26章の34節では、40歳の時にユディトとバセマトと結婚してます。♪

アブラハムも一夫多妻でした。エサウもヤコブも一夫多妻だけど、
イサクは、リベカだけなんだよね。25章の21節では、妻の為に子供が出来る様に祈っている姿があります。
リベカを愛している姿だと思うんですよね。
一夫多妻が当然のような時代に、そうでなかったイサク。
リベカとは、イサクにとって特別なお嫁さんだったのかもね。

949 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/10(日) 23:43:57 ID:vy2QRoob
>>721
「わたしは、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、主である。 」
素晴しい語りかけの言葉ですね。偽装料理と策略によって祝福を受けたヤコブに神様が語りかけている場面です。
神様は、ヤコブをイサクの「祝福」を継承した者として取り扱っているのです。すごいですね。
ちょっとイサクの場面と比べてみましょう。

26章24節
その夜、主は彼に現れて言われた、「わたしはあなたの父アブラハムの神である。
あなたは恐れてはならない。わたしはあなたと共におって、あなたを祝福し、
わたしのしもべアブラハムのゆえにあなたの子孫を増すであろう」。

イサクに対しては、あなたの父アブラハムの神である。と神自身が自己紹介をしています。
ヤコブに対しては、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、主であると自己紹介をしています。
神様が、ご自身を自己紹介するのに、イサクの神、という部分が付け加えられました。
神様が、自分の事を「イサクの神」と自己紹介をしたのです。

950 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 00:03:28 ID:Ecq2j9lq

サロメは昔、独島はウリの領土ニダ!!

と叫んでおりました。

とっとと朝鮮に帰ってください。

性病で余命少ないそうですが

死ぬ前に故郷の土を踏んで死んだほうがいいと思います。

951 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 00:07:48 ID:Ecq2j9lq

朝鮮人の女性は AVや風俗で稼ぐ人が多いそうですね。

なるほど 従軍慰安婦だったと嘘をついて日本の政府から金をせびろうとする血が流れているのがわかります。

ブサロメは頭に性病の菌が回ってるのでこのスレに居ついてダニやノミやヒルのように
嫌がらせをしてるのですね。
本当にやることなすこと 朝鮮人ですね。


952 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 00:08:36 ID:F/vCBREj
大丈夫かよ泥棒ココモスキーwww

953 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 00:09:21 ID:iay5Bupi
>>946
>泥棒ココモスキー 携帯で自演乙wwwwwwwww

(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

サロメの勘違いって、笑える。  ( ̄m ̄〃)ぷぷっ! 

954 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/11(月) 01:06:48 ID:kc3Qfvz5
>>951
4〜5年前だけど、僕の会社にもソウルの大学を出て、在日3世と
結婚した奥さんが、パートで働いてましたけどね...言葉はちょっと
不自由だったけど、日本の奥さんよりも真面目に働いてましたよ
朝鮮の人がって言ってしまうと、偏見になるからそういう言い方は
止めた方が良いよ

955 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 02:07:24 ID:q6szBQYL
>>954

泥棒社長が偉そうにwwwwwwww

956 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 02:12:51 ID:GnQCpuHt
>>954
韓国の方は日本人と比べものにならないほどあなたの大嫌いなアホのキリスト教徒が多いですよ?
彼らには偏見に満ちた目を向けないんですか?

957 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/11(月) 02:49:02 ID:kc3Qfvz5
>>956
それが、韓国にとっても厄介者になってるのではなかろうか?
と言って、韓国でも伝統的なカトリックやプロテスタントの事
ではなくて、経済が急成長したときに必然的に発生する歪の結果
としてどうしても出来てしまう社会の底辺の似非キリスト教団の事
ではないかと思うのだけど...それが国境を越えて日本の社会にも
蔓延したのではないかと思ってる。

958 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 03:05:28 ID:q6szBQYL
>>957
他人に出版物コピーさせるのは違法だよ泥棒社長wwww

959 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 04:32:39 ID:iay5Bupi
>>958
>他人に出版物コピーさせるのは違法だよ泥棒社長wwww

クリスチャンを、面前においてありのままに見ると、人間があらゆる意味において自由である為に、

人間が生まれてから今までで形成した「自分」と言うものから、何を捨てなければいけないかが

本当に、手に取るように解る。 ありがとう。クリスチャンの皆さん。



960 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 07:26:02 ID:1nP5r/Rn
>>959
公式の場で犯罪実行宣言していいんですカーwwwww

961 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 07:40:49 ID:0FzeW/Jy
>>957
つまり、あなたの会社に来た朝鮮人はキリスト教徒ではなかった と?
もしくは自身の宗教の話題が出るほど仲良くならなかったからキリスト教徒であったかどうかもわからない とか?

>>959
礼には及ばんよ。
それより二度とこのスレに書き込まないでくれ。

962 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:11:54 ID:sS33HYEk
>>911
図書館から借りてきて
複写すれば何の法律違反にもならないが?

963 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:15:19 ID:G+IdB01Q
>>962
所有者が自分から家族の範囲以上の複写利用は違法です

IT企業の社長ならわきまえて当然です

964 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:17:22 ID:sS33HYEk
>>963
図書館内にだって複写機あるぞ?

965 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:20:42 ID:G+IdB01Q
>>964
一部の複写限定だよl
まるごとはダメ

966 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:22:16 ID:sS33HYEk
>>965
だから何回も通うんだって。

967 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:25:36 ID:G+IdB01Q
>>966
だからw
一冊分になったらドロボーですw

968 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:28:25 ID:sS33HYEk
>>967
それはいっぺんにやったときだろ?
そんなの誰だって知ってるワイ。
申し込み用紙にだって一冊の1/3とかって書いてある。
だから3回くらいに分けて通うのさ。

969 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:29:13 ID:J2zHssah
まじめな話、本のコピーは図書館などでは何パーセントだったか忘れたけど決められてました。

音楽作って仕事してた人にCDのダビングは家族までじゃないの?って聞いたら友達まではいいって言ってたけど、揉めるところみたいです。

しかし本一冊丸々200枚もコピーするのは、自宅にコピー機があって自分で使う場合くらいが限度ではないでしょうか。
本が廃刊になっていて手に入らないものであれば、著作者が了承すれば大丈夫だと思いますが。



970 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:38:54 ID:G+IdB01Q
>>968
だーかーらーw
結果的には よw
このドロボーwww

>>969
泥棒ココモスキーって著作権法出して自爆しましたねw

971 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:39:57 ID:sS33HYEk
>>970
何がドロボーなんだ?

972 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:44:16 ID:G+IdB01Q
>>971
著作権違法
パソコンソフトの違法コピーと同じようなもんw

973 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:45:30 ID:sS33HYEk
>>971
だから法律の範囲内でコピーするんだろうが。

974 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:49:16 ID:G+IdB01Q
>>973
だから結果的に一冊になったらだめw

975 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:51:12 ID:sS33HYEk
>>974
だから何度も通うのさ。
一度がいけないんだろ?

976 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:53:18 ID:G+IdB01Q
>>975
結果的に一冊になったらだめ

図書館には著作権法の規定があったはず

977 :Комуйにゃっ太:2008/08/11(月) 10:53:43 ID:8Z/PLh0a
Комуй(

978 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:55:20 ID:sS33HYEk
>>976
じゃあ何で俺は捕まらなかったんだ?

979 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:56:14 ID:J2zHssah
>>970
自爆なら慣れてます(笑)

980 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 10:56:36 ID:JUalBDxh
>>978
たちしょんと同じです

このドロボー



981 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:57:59 ID:sS33HYEk
>>980
そのつどちゃんと申し込み用紙に記入してるんだがね。

982 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 10:59:58 ID:J2zHssah
交通法規100%守れますか?
交通法規と現実生活は同居しえますか?
(例えば服薬しながら運転通勤はダメとか)

A:不可能です


983 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 11:26:10 ID:JUalBDxh
>>982
すげぇ開き直りwwwwww

984 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/08/11(月) 12:04:06 ID:kc3Qfvz5
聖書に著作権があるかどうか...
@「神の言葉」と言ってるのであれば、著作者は「神様」だべ
A誰かが書いた物だと言っても、書いた人は何百年も前に死んでるだべ
B幾つかの底本に著作権があるかと言っても、書いた人は何百年も前に死んでるだべ
**日本の法的解釈は、底本を翻訳した人(達)に著作権があるとしてます**
それじゃ、僕が翻訳したトマス福音書の著作権は自分にある事になるべ
と言っても、新改訳も口語訳も僕のトマス福音書もネットに公開されてる
んだから、幾らでもコピー可能だべ
宗教関係の人が著作権を主張する事は滅多にないべ...
んでなかったら、殆どの宗教関係のwebは違法になってしまうだべ

ついでに、僕のトマス福音書もコピーフリーですよ、幾らでも
コピーして勉学に使って下さい。
トマス福音書
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html
ついでに昨日から話題になってる本の18〜19ページのコピー
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_asobi.html

素人の翻訳と、学者の翻訳の違いを見たら面白いべ

985 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 12:08:30 ID:mYPxwCYe
>>984
あーあ
翻訳者とか出版社無視かよこの泥棒社長ココモスキーwww

相手の善意に漬け込むのがムスリムのやり方ですか?w

986 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 12:20:04 ID:J2zHssah
>>983

実際精神薬飲んでるのを隠しつつ免許取りに行って恋愛事で服薬のこと言わざるえなくなって、学校長に丸投げされて警察まで行ってきて警察は「気をつけて運転して下さいね」それだけです。

原付持ってたからいっそのこと免許剥奪すれば良かったのに。



987 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 12:24:01 ID:mYPxwCYe
問題は著作権に敏感なはずのIT業界の社長が2chで平然と違法複製をカミングアウトしたことですね


ココモスキーって社会常識以前にソシオパスなんでしょうね

988 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 12:24:41 ID:J2zHssah
恋愛事になったのは、路上教習に出たとたんに映画の誘いなんかされて、混乱してしまったからです。
私は妻帯者だと思っていたのですから。
学校に苦情言うのが出来なくて、200万で釣られて、そこまで一人で突っ走るなら…勝手に一人で思ってろと、切ったものの運転の不安で依存してた訳です。
男なんか嫌い。

989 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/08/11(月) 12:35:47 ID:9QZhKVxI
なんか知らんがバカモスキーよ。
お前はムスリムでありながら男色同性愛であるばかりか、ドロボーまでやってんのか??
まったくどうなってんだよ、このムスリムは。

ムスリムでありながら、ホモ。しかも手癖の悪いドロボーと来たもんだ・・・・・・

娘さんがみたら泣くぞ!!!

たしかイスラム法では、ドロボーは、腕を切り落とされるんじゃなかったのか?
お前の悪行は、イスラムの日本本部には連絡しておくからな。

一刻も早く、悔い改めるんだな、バカモスキー。

990 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 12:39:28 ID:mYPxwCYe
>>989
ココモなんて相手せずに比叡か高尾山で瞑想しろW

991 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 22:02:20 ID:gcSejFep
ご隠居がいつの間にか矛先を大本系スレに変えていた。

992 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 22:10:52 ID:fHeLCv5g
>>991
泥棒が巣食ってるスレですからw

993 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 22:21:27 ID:6KRb+ld5
>>991
大本は、西洋かぶれの出口王仁三郎が、浅薄にも、異国の宗教である
キリスト教に嵌り、それを猿真似したため、日本のカルトの源泉と
成った。

彼の言う「万教同根」の「根」は、明らかに一神教の「唯一人確神」。
大本の主神「スの神」とは、「(キリスト教の)『主』の神」のことで
ある。

明治維新は、日本の歴史には珍しい「流血革命」だったが、これは、
平田篤胤がキリスト教の影響を受けたことに起因する。王仁三郎も、
平田篤胤の系譜に属する。

994 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 22:24:11 ID:fHeLCv5g
>>993
大化の改新
壬申の乱
建武の新政

いくらでもあるぞ 隠居wwww

995 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 22:24:47 ID:6KRb+ld5
>>991
しかし、大本は、日本の神道や仏教の影響を受けているため、クリスチ
ャンほど狂ってはいない。少なくとも、まともな議論が可能である。

996 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 22:27:06 ID:fHeLCv5g
>>995
ドロボーココモスキーはノン栗ですが?www

997 :独り言 ◆E09AdS.3fQ :2008/08/11(月) 22:29:36 ID:Aq2IFdRA
>>721

イサクの家族は、嫁のリベカと二人の息子エサウとヤコブなんだけど、
イサクは、26章で、何度か神の語りかけを聞いている。
リベカも、25章22節23節で、神に祈り、神からの答えを聞いている場面がある。
ヤコブも、ここ28章において、夢を通して神の語りかけを聞いているんだよね。

エサウが、神様に祈り、神様の声を聞いているシーンって出て来ていないのが気になるな。
そう言う事には、感心があまりなかったのかもね。


998 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 22:32:39 ID:6KRb+ld5
>>994
イエス(パウロ)に狂わされたキリスト教とは、「残虐さ」「血なまぐささ」
の態様と規模が異なる。明らかに、「和解」が可能であった。キリスト教の
ような「サイコパス」「変質者」の要素は少ない。

999 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/08/11(月) 22:35:41 ID:fHeLCv5g
>>998
あのー
日本史御存知ですか?w


1000 :神も仏も名無しさん:2008/08/11(月) 22:36:17 ID:FVQUgtvp
これから彼はキリスト教の影響を受けた諸宗教をハシゴしていくのだろうか。
なんとなくイスラムは避けそうな(本人としては「後回しに」)気がしている。
>>998
態様と規模が異なる。

「態様」の具体例を印象論にならないよう心がけずに説明してくり。
規模が異なるのは神道や日本仏教がローカルだからだろー

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

428 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)