5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【イエス様】40日間、セックスをしない【サタン】

1 :田中徹:2008/07/23(水) 22:13:22 ID:a6DN+n5h
荒れ野でサタンの誘惑に打ち勝ったイエス様を見習って、俺たちも40日間、セックス、オナニー、風俗から離れよう。
サタンの誘惑に負けるな。40日後、俺たちはイエス様の境地に近づけるのだ。


2 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2008/07/23(水) 23:21:15 ID:h2HbPx4h
なんか今日は、2ゲットされていないスレがようけあるな。

3 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 23:46:40 ID:j46+JN2t
適度なオナニーは罪ではありませんよ

4 :神も仏も名無しさん:2008/07/23(水) 23:58:58 ID:QfO06mQV
生涯純潔を守って生きられる人に憧れます。


5 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 01:50:20 ID:9vCLgs8F
昔、セフレがいた。今の彼女には言えない。

6 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 02:02:40 ID:LmMT7Jzh
40日間オナ禁すると悟りが開ける

7 :神も仏も名無しさん:2008/07/24(木) 05:20:33 ID:YLPUiGmX
夢精は罪ではないのか? 

8 :神も仏も名無しさん:2008/07/25(金) 21:40:40 ID:GlhIKSJb
今日は彼女に中出ししました

9 :神も仏も名無しさん:2008/07/26(土) 09:28:53 ID:trTrHH6a
ザーメンを顔にぶっかけました

10 :神も仏も名無しさん:2008/07/27(日) 15:51:40 ID:Zt8SXTLh
コンビニでエッチな本を買いました

11 :神も仏も名無しさん:2008/07/29(火) 07:03:15 ID:DX/R8Q0f
夢精しちゃうのも罪? 
40日もためられん罠 

12 :宇宙船ミーノレより:2008/08/20(水) 15:18:43 ID:AHOvtqQ3
さてはて。
宇宙滞在を開始した人類はふとした意外な事に迷った。
『精神の拠り所』
性書では神は天地支配主と決めており、宇宙は入っていない。
「どうする? オレ達人間は神がいないとなんとなく不安で仕方ない…」
「んだな」
「ヤハオェは自ら天地支配主を名乗り、宇宙は支配していないと明言した。じゃ、バアルでも拝むか」

こうして宇宙に出た人類はバアルを拝むようになり、宇宙世紀WO0079まで平和に続くようになった。


13 :Ζの発動:2008/08/20(水) 15:21:46 ID:AHOvtqQ3
『お前だ!
いつも無菌室の天国から悪魔と罪人を監視していて!!
いつも自分は正しい、自分は聖いと言い張って!
みんなには解るはすだ!
こういう奴こそ真の悪だと!
みんなには解るはずだ!!』

14 :死にかけてるプラシーボ・イスエより:2008/08/20(水) 15:22:53 ID:AHOvtqQ3
『まだだ。まだ終わらんよ!!』

15 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 15:25:03 ID:LXw3ksXy
オナ禁して39日目に空が飛べるようになりました

そして40日目に星が掴めるようになりました

50日目には何が起きるか今から楽しみで仕方ありません

16 :マリーアントワネットの粋な計らい:2008/08/20(水) 15:33:40 ID:AHOvtqQ3
フランス革命は起きても民衆は王室に敬意を持ち、ブルボン王朝は未だ存在。
ここウ゛ェルサイユ宮殿にマリーアントワネットはいた。
だが飢えた民衆はウ゛ェルサイユ宮殿に押し掛けた。
『あのオーストリアの女を出せ!!』
マリーアントワネットがバルコニーに顔を出した。
民衆は王室に敬意を持っていてたじろんだ。
マリーアントワネットは言った。
『バカみたい。イスエがパンを裂いて配ったように、性人が性霊によって配ればいいのに』
民衆は押し黙ってウ゛ェルサイユを後にした。
誰も現実を前に真実と認めていなかった信仰の罪を指され、何も言えなかった。

17 :神言葉平次:2008/08/20(水) 15:36:22 ID:AHOvtqQ3
私は神言葉平次である。
悪人に神の言葉を投げつけ、悪を懲らしめる十字架持ちの岡っ引きである。
『こら! 悪い事すると地獄に落ちるぞ!!』
今日もお江戸666屋町を取り締まっている。


18 :神も仏も名無しさん:2008/08/20(水) 15:41:08 ID:hfnHKQ2h
10代なら聞こえるのに、大人には聞こえない音!?


 人間の可聴音は20ヘルツから2万ヘルツと言われているが、高周波数の音は
加齢ともに聞こえにくくなる。もちろん音色にもよるし、聞く人にもよるのだが、
だいたい20代後半にもなると1万7000ヘルツ以上の周波数の音は聞こえなくなる。
逆に未成年者はこの高周波の音がよく聞こえる。

 この周波数帯を利用して、ウエールズのセキュリティー会社コンパウンド
セキュリティーシステムズが蚊(モスキート)のような不快な音“モスキートーン”を
発生させる音響装置を開発した。目的は未成年者を不快にさせること。

コンビニの前とかにたむろする連中を追い払うらしい。

 ところがこれが逆手を取られた。未成年にしか聞こえない音なら、
それをケータイの着信音にすれば、授業中でも先生にバレずに使えるというわけだ。
面白いこと考えるものだが、この着信音、当のコンパウンドセキュリティーシステムズが
配布しているくらいだから、ネットで言う“仕込み”なのかもしれない。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20060620/117268/





 ↑
天下の日経ソース・・
既存の物でも調べてみると色々な物があるもんだね



更にアマルガム(歯の詰め物)などに含まれる水銀が引き篭もりの症状を出すらしいぞ

19 :私の父は日夜お働きになられている!!:2008/08/20(水) 15:45:14 ID:AHOvtqQ3
イスエは言った。
『私の父は日夜お働きになられている!』
私はニュースを見た。
「早朝ひき逃げがありました」
「深夜半にコンビニで強盗がありました」


本当に働いているのだろうか…ヤハオェ。

20 :偽イスエ、イスラエノレに現るる!!:2008/08/20(水) 15:54:29 ID:AHOvtqQ3
『この子は小さい時から悪霊に悩まされ、いつも火に水に飛び込んでいました。センセ。後生だからお情けでお助け下さい』
偽イスエは言った。
『神が決めた事だ。子である私にも権限はない。諦めな』

21 :偽イスエ、イスラエノレで大活躍!!:2008/08/20(水) 16:00:36 ID:AHOvtqQ3
『センセ。この子は霊に苛まされてばかりです。汚れた霊がこの子に取り憑くと大変苦しみます。後生ですからお救い下さい』
偽イスエは言った。
『諦めな。霊の餌としこの子は作られた。この子が苦しんでいる間、即ち悪霊が人の魂を食しているのだ。父が決めたんでオレの出番じゃないね』
民衆は偽イスエの布教に落胆し解散した。


22 :トンマス、サイコーな突っ込み!!:2008/08/20(水) 16:04:19 ID:AHOvtqQ3
『あなたは救世主、キリストです!!』
ペロテが言うとイスエは大感激し、興奮を抑えられず叫んだ!!
『そうだ! ペロテ! その通りだ! はーははは!! この事を顕にしたのら高度1万mにいる天の神なのだ!!』
トンマスが歓喜に包まれ叫んだ!
『センセ! サイコーです! 自分で自分を誉めるなんて! さすがはセンセです!!』

23 :イスエ復活!! 復活のイスエ!!:2008/08/20(水) 16:18:40 ID:AHOvtqQ3
さぁ!
人類待望のイスエ・キリギリスが復活為された!!
イスエの布教、大進撃!!
『まだ分からないのか?! まだ悟らないのか?!』
『嗚呼! なんたる薄い信仰だ!!』
『この町は私を受け入れなかった! かの日ではソドム・ゴモラより罪が重いであろう!!』

後日。イスエは名誉毀損で御用と相なった。

24 :ご都合主義:2008/08/21(木) 14:05:21 ID:axc8Jw6f
イスエは言った。
『私はうん地をを支配している!!』
かくして中世は王権神授説が定着した。

そっか。
イスエは全能なんだよな。全てを統治しているんだよな。
『おーいえす! おーいえ! ふあっくみー!』
かくして私はPS2ゲーム、戦国夢精2猛将伝を始めた。
地獄を越えた激辛モード修羅で。
使うキャラは真田幸村。レベル1の白紙。
『真田幸村、いざ、参る!!』
アウッ!!
レベル1の白紙キャラに修羅は無理だった。
どうやらイスエはLSI電子機器の世界には住んでいないようだ。
仕方ない。
LSI電子機器の世界にイスエの愛を布教するか。
『見よ。私の支配は天地隅々まで、代々行き渡る』

LSI電子機器よ。イスエを信じないと地獄に落ちるぞ。

25 :KYヤハオェ:2008/08/21(木) 14:23:30 ID:axc8Jw6f
『父ちゃん! 地上は今まさに終末!
魔女狩に異端狩、石仏破壊に自爆テロ、性書頼りに土地に住み周辺民族とのいざこざ!!
ぼ、ぼ、ぼくがプラシーボ、キチガイ、ウザキモ、チンチン短小野郎と思われるのは構わない!
で、でも、これ以上、地上が乱れ争うの、ぼくには堪えられない!!』
天の父は思案した。
可愛い一人息子だ。
かつてローマ兵に殴られ鼻血を出し、ヤダヨ人に唾を掛けられた屈辱を再度味会わせたくない。
ヤハオェは言った。
『今暫く』

ところでさ。
天の価値観を地に持って来なかったらみんな起こらなかった事じゃんか。


26 :世界三大低能エル:2008/08/21(木) 18:14:08 ID:axc8Jw6f
●プラシーボ・イスエ
●ガセ・セイγイ
●…忘れた

27 :なんたら勝手な奴等だ!!:2008/08/21(木) 18:19:36 ID:axc8Jw6f
イスエは新車展示場で激しく憤った!!
『なんたる身勝手な! 性書の世界、性書の言葉は全て性なる父の登録商標だ!! ゆ、ゆ、許せーんっ!!』
ヨタト。
『ヘルファイヤ』

28 :想像力なく出来ません…:2008/08/21(木) 18:25:17 ID:axc8Jw6f
『その生き物は顔は獅子で、体は牛、足は羊で、目が体に数個ありました…』

現代には通用しない性なる生き物。
現代っ子は魚にしろ野菜にしろスーパーで売られている状態信じて止まない。
牛はともかく、獅子…羊となると尚更ねぇ。
これも時代…か。


29 :タミポル飲んだだろ!!:2008/08/21(木) 18:29:29 ID:axc8Jw6f
さて。洗礼者ヨハネの父ザカリアは神殿で代表祈祷の係だった。
神殿から出て来たザカリアは押し黙って不自然そのものだった。
仲間の祭司は直ぐに異変に気が付いた。
『お前! タミポル飲んだだろ! 幻視見ただろ!!』

30 :1アサリオンの雀と神殿商人:2008/08/21(木) 18:36:44 ID:axc8Jw6f
イスエは言った。
『あの売られている百円雀塩焼きも点の父の許可がないと地に落ちない』
ペロテは深く感動し、紙の言葉を噛み締めた。
『そうだ。貴殿方を選び導き出したのも点の父だ』
死徒達の感激は天にも昇るものとなった。
が。
イスエ一向はエノレサレムにある神殿に辿り着くやイスエは激しく激昂し、神殿で商いしている連中を激しく罵り罵倒した。
『おみゃーら! 一体誰の許可得て商売しとんだぎゃ!?』
そうイスエが叫ぶと空飛んでいた雀がばたばたと地に落ちた。
イスエはそれ以上何も言えなくなった。

31 :ワシに似せ人を創ろう!!:2008/08/21(木) 18:38:33 ID:axc8Jw6f
『ワシに似せ人を創ろう』
こうしてアダムは出来た。
アダムはちんぽ見るや思った。
『ち、小せえ…』

32 :獣姦:2008/08/21(木) 18:42:43 ID:axc8Jw6f
さて。地上に人が増えるや天使達は予想以上に人間の女が美しいのに驚き手を出した。
こうして出来たのが英雄達であり、巨人ネフリィエムである。
『ヤハオェさまはなさらないのですか?』
シュミハザが言った。
ヤハオェは言った。
『今暫く。時来ればワシもする』

こうしてマアリは孕んだ。

33 :誰が天地を支配していると思っている?!:2008/08/21(木) 18:56:37 ID:axc8Jw6f
目本ブス道会館。
8月1Э日。
目本でかつて戦争で亡くなった方々の戦没慰霊者祭が執り行われていた。
『先の大戦によりお亡くなりになられた方々に…』

そこに潜り込んでいたイスエが突如叫んだ!
『この世は紙によって支配されている! 紙の許可なくして何一つ肉は出来ない!! 真の歴史の支配主は紙なり!!』
白眼視される中、イスエは陶酔し続けた。
『私は真理だ! 光だ! 私を憎む者は闇の人間だ!!』
イスエはフルボッコされブス道会館を追い出された。

34 :さすがはヤハオェさま!!:2008/08/21(木) 20:46:02 ID:axc8Jw6f
ヤハオェはニネベの町にナヨを使わせた。
ナヨは敵国に派遣され、渋々ヤハオェの慈悲を説いた。
ナヨに反しニネベの人々は悔い改め、ヤハオェの裁きは下りなかった。
ナヨとしては面白くない。
日本景気沈滞している最中、ガンガン快進撃をしている中国を、私憤で事ある度に貶める日本人と同じにして。
ヤハオェはナヨに諭した。
『はーははは! ナヨよ。何を、そう不機嫌でいる。私は慈悲深い神だ。どうして10万の人と家畜、惜しまずにいられようか』
ナヨは言い返した。
『そうですよね。アノの洪水で事実上人類抹殺を試みた神ですもんね。10万なんて滅ぼすにもつまらんでしょうに』
『……』
ヤハオェは何も言えなかった。

35 :謀られた!!:2008/08/21(木) 20:57:50 ID:axc8Jw6f
アブラムシは幼き子クサイを神への生け贄に捧げなくてはならなかった。
クサイはアブラムシが年老いてようやく手にした子である。
『神がこのような事を言われるとは……しかし神の大本営命令だ』
アブラムシは決意しクサイを殺そうと刃物を振り下ろそうとしたその瞬間!!
『ま、待て! アブラムシよ! そちの信仰はよく分かった!!』
天使が俄に現れアブラムシを制した。
ホッとするアブラムシ。
『神がこのような事を為す訳がありません』
アブラムシは漏らした。
天使は言った。
『だから私は言ったであろう「そなたの信仰は分かった」と。神の命令は絶対だ。何故止めた? 信仰の薄い者よ!』
アブラムシは地団駄を踏み言った。
『謀られた!!』


36 :自由意志ですが、なにか?:2008/08/22(金) 08:45:29 ID:wq6WVnlw
『あーお前ら! あれだけ食うなと言った禁断の実を食べたのか!!』
アダムとエバはサタンに唆されたとは言え自由意志にて実を食べたとされ楽園を追放された。

『私は真理だ。私を信じなさい』
人類は人類意志にてイスエを否決した。
『お前はただのプラシーボ野郎』
イスエは何も言えなくなった。

37 :預言:2008/08/22(金) 08:50:26 ID:wq6WVnlw
楽園追放した神だったが、ちょこちょこ人類に手を出しては未練を露にしていた。
土師、預言者と言われる者達である。
土師、預言者が現れるとヤダヨ人は嘆息し言った。
『なんだ。ヤハオェ。未練がましい。捨てた我々に一体何の用だ?!』

38 :力投! 上里予投手!!:2008/08/22(金) 09:05:01 ID:wq6WVnlw
『そこで祈っていなさい』
イスエが言うとペロテは石が届く届かないかの距離に居て祈り出した。

『あう! 何をする!!』
中途でイスエが叫んだ。
イスエの後頭部に石が投げられたからである。
犯人はペロテだった。
『いやーセンセ。すいませんです。卑しくも後日聖典となるこの物語に、適当な事を書けません。書いておいて事実と違ってはいけませんから、こう、試し投げをしたまでです』
イスエは『そうか』と半分納得し、石が当たり禿げた頭で性なる祈りを再度始めた。

39 :てめぇがそう設定したんだろうが!!:2008/08/22(金) 09:13:46 ID:wq6WVnlw
さてはて。
禿げ頭で祈っていたイスエにペロテ、ヨ八ネ。
イスエはともかくペロテ、ヨ八ネは眠くなった。
イスエは性なる祈りをしている二人を見るや激怒し言った。
『誘惑に負けないよう祈っていなさい。魂は逸っても肉体は弱いのだ』
余りの眠気に理性が崩壊していたペロテが言った。
『テメー。うれせーんだよ。てめーで人間をそう言う弱い生き物にしておきながら、何を偉そうに!』
言葉を失ったイスエに更にペロテは預言した。
『明日、数時間で死ぬなよ。誘惑に負けず数日間耐えるように。魂は口先天下支配でも、誰かさんの肉体は弱く耐久度はたった3時間だからな』
イスエには訳が分からなかったが記憶に留めておいた。

40 :これは…痛烈な嫌味なのか?! 天地支配主:2008/08/22(金) 09:22:57 ID:wq6WVnlw
『今日も天を支配するが如く地をも支配して下さい』
バカチンでローマン法王がイスエ・キリギリスに祈っていた。
そんな所スペイソで飛行機墜落事故が飛び込んだ。
次々と入る詳細。
『目本政府、死亡邦人0仏教徒0を確認!』
『中圀政府、死亡道教徒0を確認!』
『ビビンバ政府、死亡バアル教徒0を確認!』
…結果死んだのはオールイスエ教徒であり、スペイソなのでバカチン派であった。
『むぅ。これぞ名文句。「えり・えり・さばくだけ」よな…』
ローマン法王は言葉を失った。

41 :墓穴掘りイスエ:2008/08/22(金) 11:34:27 ID:wq6WVnlw
『ちょっと! センセ! 妹のマリアにも家事手伝いをするよう、言って下さい!!』
イスエは言った。
『彼女は尊い聖なるものを聞いている。それを取り上げるのはよくない』
マルタはキレた。
マルタはその場に座りイスエの話を聞く事にした。
『クウゥゥゥ…』
イスエの腹が鳴った。
『マルタよ。すまんが飯を作ってくれぬか。腹が減ってはなんとやらだ』
マルタはしれっとして言った。
『尊い聖なる話を私は聞いております。それを取り上げないで下さい』
イスエは窮した。
『頼む。マルタ。ストライキしないでおくれ』
イスエが哀願した。
『そこに電子レンジがあるから、冷凍食品でもマンして食べな』
マルタはストライキを続行した。


42 :鳩のように蛇のように:2008/08/22(金) 11:57:53 ID:wq6WVnlw
イスエは言った。
『蛇のように鳩のように!!』
トンマスが叫んだ!
『センセ! いと素晴らしい教えです! 蛇のように人を見たら逃げ出す臆病に! 公園の鳩のように餌くれる人には寄って行く甘ちゃんに! ですね!!』
イスエは深く頷いて言った。
『はーははは! また天の秘密を暴露しちまったな!!』

43 :恐るべき真理!!:2008/08/22(金) 13:02:20 ID:wq6WVnlw
イスエは言った。
『実がならない木を神がいつまで生えさせておくと思う? 「肥料をやりもう一年、もう一年様子を見ましょう」しかし実がならなかったら神が遠慮なく根本から抜き火にくべられる』
イスエが陶酔し民衆を前に説いていた時、ヤコブーが慌てふためき駆け付けた。
『た、た、大変だ!! キリギリス教が廃止された!!』
イスエは顔面蒼白にし言った。
『……このようにだ』

44 :からかった代償:2008/08/22(金) 13:20:00 ID:wq6WVnlw
さて。
天国に住む事となったサムソンだが、毎日毎日天使達の揶揄に苛まされていた。
『なんでお前みたいな粗野な奴を神は立てたんかな』
『何度も何度も女に唆され死に損なってさ』
サムソンの自慢は怪力である。
『何を!』
『へ〜なんか力があるんかい?!』
サムソンは今日と言う今日はブチキレた。
『今からオレさまの力、見せてやる!?』
こうして天の柱を掴むとぐいぐい動かし、ついに柱をぶっ壊してしまった。
さぁ、大変!
曲がった事が嫌いな聖なる神は、天国を一本造りにて作っていた。
サムソンが抜いた柱はよりによって中心の大黒柱であった。
『ガラガラガラ…』
…天国は崩壊した。

45 :冷たい回答:2008/08/22(金) 13:34:38 ID:wq6WVnlw
C8は世界飢饉を危惧した。
そこにバカチン法王からメッセージが届いた。
『みなさんで世界飢饉に取り組んで下さい』
C8はバカチンにメッセージを送った。
『貴様がナマでも降らすんだな。いままで散々紙でシメて来て、今更我々になんの用だ?』
返事は冷たかった…。

46 :ヒートアイランド現象:2008/08/22(金) 13:39:09 ID:wq6WVnlw
イスエは言った。
『はーははは! なんで最近地球が暑くなっているか知っているかね?!』
『センセ。降参です。分かりません』
ペロテが白旗を上げた。
イスエは得意満面に言った。
『この世に悪が蔓延り、地獄が具現化して来ているのさ!!』
イスエはドラム缶焼却炉でゴミにレジ袋をたくさん燃やしながら言った。

47 :トンマス最高な突っ込み!!:2008/08/22(金) 13:49:01 ID:wq6WVnlw
山からイスエ、ペロテ、ヨ八ネが帰って来た。
ペロテが興奮しみなに伝えた。
『イスエ殿下の衣服が白く輝きだしてな。どんな匠の染め物屋でも染められないくらい白く輝いた…』
トンマスが言った。
『センセ。本当ですか?』
イスエは少し照れて『まぁな』と認めた。
トンマスが理解出来ず言った。
『誰も出来ない白さといいながら、それ以上を見たって言葉としておかしくありませんか?!』
イスエは不機嫌を露にした。

48 :そう遠くない:2008/08/22(金) 13:57:39 ID:wq6WVnlw
イスエ一向はヒマラヤ(チベット名チョモランマ)に登っていた。
大分登ったようで寒くなって来た。
たまたま一向に加わっていたニコデモが言った。
『センセ。地獄は暑いと聞きます。ここはやたら涼しいですな。ひょっとして神の国に近いのでしょうか?』
酸素ボンベを背負ったイスエが言った。
『あなたの言う事は近い』

49 :今時:2008/08/22(金) 14:00:50 ID:wq6WVnlw
『地獄ではウジが尽きる事がない!!』
衛生管理が行き届いた現代っ子の幼稚園児が言った。
『センセ。ウジ虫ってなんでちゅか?』

50 :想像以上:2008/08/22(金) 14:04:41 ID:wq6WVnlw
イスエが言った。
『地獄ではウジが尽きぬ!』
太平洋戦争の激戦地インパール帰りのご老人が言った。
『ええ。負傷すると化膿し、そこにウジが湧くんですわ。ウジを落としてやると骨が既に見えていてねぇ。本当。地獄でしたわ。ええ。地獄でしたわ』
それを聞いたイスエから血の気が引き訂正した。
『私が作った地獄はそこまで酷くない』

51 :神も仏も名無しさん:2008/08/22(金) 14:16:50 ID:IjULI3YX
またりらっくまか・・・

52 :プラシーボ無双:2008/08/22(金) 17:53:56 ID:wq6WVnlw
こえぇーから新たな無双シリーズが!! 
『この世は思いだ
【プラシーボ無双猛将伝】
思いが強くないと成せぬ』
使用キャラ
イスエ・キリギリス
激しい思い込み、激しい口先攻撃は随一徴! 最強キャラ!
オ釈迦
受け流しを基調とする。かなり個性の強いキャラ。
ヒトラー総統
いわゆるイスエ系。口先駆使で敵を電撃的に打ち破る!
もはやマッド卿
土下座回避が特徴なキャラ! 余り攻撃的ではないが、一旦攻撃し出すとかなり執拗だ!

53 :オレオレ詐欺:2008/08/22(金) 21:57:39 ID:wq6WVnlw
パリサイ人はキレた。
『だからお前は誉むべきキリストなのか?!』
イスエは言った。
『オレだよ。オレ。そう、オレ』

54 :国語問題:2008/08/22(金) 23:04:11 ID:wq6WVnlw
問い
『●●は全て嘘である』
これは島崎藤町の小説「この世の破壊」からである。●●に入る語句を選べ。

@性書
A聖庶
Bコーマン
Cトーリャー
D木曽路


55 :お山の大将:2008/08/23(土) 14:01:44 ID:tM4+5d4W
イスエは山頂で集まって来た民衆を前に陶酔し説法をしていた。
誰も神の国など知らない。
誰も神の国を知らない。
故に……故に……。
「はーははは! また神の国の秘密をばらしてしまったな!!」
イスエが言うや、誰かがぼそり漏らした。
『お山の大将』

56 :イスエ方程式:2008/08/23(土) 14:06:51 ID:tM4+5d4W
イスエは冷や汗をタラタラ流していた。
「神の子ならこの微分式を解いてみよ!」
「神の子ならこの化学式を解いてみよ!」
イスエは窮地に立った。

然る後、信徒の頭賢そうなのを立て解かせた。
イスエは得意満面に破顔し言った。
『はーははは! 彼が解いたのではない。彼の内にいる性霊が解いたのだ!!』
イスエ。
口先だけなら天下無双。

57 :奮闘! イスエ・アブノーマル:2008/08/23(土) 14:16:57 ID:tM4+5d4W
「イスエはただのプラシーボ野郎」
21世紀になり、巷で地に堕ちたイスエ評価が為された。
イスエは激しく叫んだ!
『まだだ。まだ終わらんよ!!』
それでも巷評価は続いた。
「帝国に阻まれた小国の悲しい性、妄想」
イスエは絶叫した!
『一体、貴様らのどこにそんな決定権があると言うのだ!!』
巷の評価は決まった。
イスエは嘆きと歯ぎしりをし言った。
『被造物は無理難題を言う』

58 :ウンチマン ◆nRDXGySELc :2008/08/23(土) 16:33:38 ID:dvMbSbJz
へいブラザー!
 
楽しみにしてるから1000まで続けてくれ

59 :入場出来ないイスエ:2008/08/23(土) 16:36:40 ID:tM4+5d4W
イスエ一向は駅にいた。
自動改札口を通ろうとしたが、切符も金もないから通れない。
困り果てた一向にイスエは言った。
『これこそ天の国の門だ。君達。信仰を篤く持ちなさい。持たないとこのようになる』

60 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 16:39:18 ID:sMlsWMu9
40日間どころか生まれてからしてねえよ

61 :悪魔の呪いを祝福に変える野郎…:2008/08/23(土) 16:45:20 ID:tM4+5d4W
『神は悪魔の呪いを祝福に変えるお方なんですぅー』

ここはエルハレム。
『ここでイスエ様は膝着かれました』
『ここでイスエ様は十字架を他人に持たせました』
『ここで…』
『ここで…』
本当だ!
神は悪魔の呪いを祝福に変えてるや!!
見て見なよ、この観光客の人だかり!
凄いや!!

62 :脳溢血で死んだ…:2008/08/23(土) 16:57:09 ID:tM4+5d4W
私はヨ八ネ。
飯喰ってうんこしたら眠くなり、寝た。
気が付くと私は点にいた。
一度来か事があるからよく分かる。
生活困窮から「ヨ八ネによる黙示録」を書き、印税でしこたま稼がさせて貰った。
巷では私の事を伍島勉・ヨ八ネと言うが…。
さて。点では葬式が営まれていた。
『一体どなたの葬式なんですか?!』
私が訪ねると教えてくれた。
『余りにも地上に不義が横行し、その都度キレていたヤハオェさまが、ついに、ついに、脳溢血でお亡くなり遊ばされました。義のお方も大変であります…』

63 :神も仏も名無しさん:2008/08/23(土) 17:00:35 ID:dSqIY5gq
りらっくまゲシュタルト崩壊だなwww

64 :ナヨ高速フェリー:2008/08/23(土) 17:07:45 ID:tM4+5d4W
ナヨを乗せた船は行けども行けども進まない。
揚げ句の果てに強風に煽られ難破し損なう有り様。
ナヨは船員に告げました。
『みなさん、すいません。私は唯一絶対の神を信じるヘブライス人です。神の命令に背き、逆の方に向かっている為、こうしてみなさんにご迷惑が…。私を海に放り投げれば全て済みます』
ここで頭の賢いのが気が付いた。
『では。お前さんはニネベの街に派遣されるとな』
こうしてナヨ高速フェリー航路が出来た。
ニネベ方面にナヨを乗せると神が支援する為、天候は穏便、至極スムーズに着くようになった。
無論、ナヨはニネベ到着寸前に下船させ、川下りの船のように陸送させ、再度ニネベ行きの船に乗船するのである。


65 :トンマス最高な突っ込み!!:2008/08/23(土) 19:13:44 ID:tM4+5d4W
『トンマスよ。疑う者ではなく。信じる者ななりなさい。さぁ。私の脇腹に手を入れなさい』
トンマスは急逝主イスエの脇腹に手を入れ、そして叫んだ!!
『私の神! 私の主!』
イスエと師弟の感動の一面であった。
が…。
『センセ。センセは死を討ち滅ぼしましたが、傷痕は残ったままですね。サタンも神の体を傷つけるなど、なかなかの強者ですね…』
トンマスは感慨深く深刻に語った。
イスエは沈黙した。

66 :逝くヨ八ネ:2008/08/23(土) 19:19:12 ID:tM4+5d4W
『みよ! 荒野で叫ぶ声がする!!』
イスエの先発切り捨て部隊とし、洗霊者ヨ八ネがいた。
ペロテは噂を聞き訪ねに行った。
が…いなかった。
近場の人にペロテは尋ねた。
『ヨ八ネかい。ありゃー馬鹿だね。食事はいなごに蜂蜜だけ。毎日蜂蜜ばっか舐めていれば糖尿病になって当然だよ!!』
…既に他界していた。

67 :…八方塞がり:2008/08/23(土) 23:26:24 ID:tM4+5d4W
『イスエ・キリギリスを信じないと地獄に行きます!』
駅前で珍しくキリギリス教を布教していた。
『そこを行くあなた! イスエをメシアンと信じるのです! 今度の日曜、是非狂会に来て下さい!!』
私は言った。
『いやー』
『いやー?? たった数時間、数時間の付き合いです! これは性霊のお導きなのです!!』
私は言った。
『いやー性書に書かれている通りでさ。神の方から見捨ててんのよね。「みよ。私は気に喰わぬ奴の心を頑なにし破滅に向かわす」通りでさ。あちらの方から拒絶してんのよ。じゃ』


68 :愛のないお方:2008/08/24(日) 01:42:51 ID:oF0dCZdU
イスエは会堂で(旧訳)性書を読んでいた。
『罪人が地上に余りにも多く洪水にて一掃した』
『悪人の街、ソドム、ゴモラを滅ぼした』
イスエは書を閉じ嘆息し言った。
「このような者こそ愛がない、愛を知らぬ哀れな者である。私はこのような自己中心極まりない、権威振り回してばかりの重度病人を救いにやって来た」

69 :人と言う字をそっと書いてみる…:2008/08/24(日) 14:01:42 ID:oF0dCZdU
イスエは十字架上にいた。
(お、お、おのれぃいいい! 朕を馬鹿にしおって!!)
ある者だけ憐憫の色を浮かべイスエを見ていた。
イスエは叫んだ!
『ちみは今日、神の国にいる!』
が。
イスエの核弾頭はひょいとかわされた。
そのご人は頭を振って言った。
『私はお前さんに哀れみを思ってな。お前が掛かっている十字架、誰が作ったかと思ってな。その十字架をここまで運んだ者、お前の為に裁判を開いた者。解るな?』
『わからん。朕は神だ! 全能だ!』
『さようか。お前が話す相手、お前が説く相手、それは人だ。お前の行為全ての対象が人である。人なしにお前は成立しない。故にお前は人に束縛されている』
イスエは絶句した。
『30歳になるまで、お前さんは余り働かず飯食って来たであろうに…。こんな図体をしながら…。故に私は憐れんだのだ』

十字架に掛かっていた悪党の一人が言った。
『あんた。キリステとか言いながら人なしに商売出来ないんだよな』
もう一人が言った。
『だからアダムを逃し、ノアの洪水の時も全滅を期さなかったんだな』
イスエは叫んだ! 否定しなければ自滅である!
隠れ見ていたユダが叫んだ!
『お前が叫ぼうとしている相手は、人、だ!! お前は人なしに成立しない!!』
イスエは言葉不自由な悪霊に憑かれ沈黙した。

70 :スライム教の神アッリャー、童貞を告白する:2008/08/24(日) 14:25:42 ID:oF0dCZdU
『なに? 神に子だと?! 馬鹿も休み休みに言え!!』
アッリャーはモハンマッドに言った。
これはアッリャーは『私は童貞だ』と証をしたに他ならない。

71 :舞台裏:2008/08/24(日) 14:35:58 ID:oF0dCZdU
モーゼイはヤダヨ民族を率い、シナイ半島の一民族と敵対し戦闘になった。
モーゼイが杖を上げるとヤダヨ民族が圧勝、疲れて腕を下げると完敗し出すのに気が付いた。
兄アロソはモーゼイの腕を必死になって支え、支柱まで用意し何が何でも勝たなくてはならなくなった。
半日万歳し続けるモーゼイも必死である。
アロソの声掛けも必死である。
血相を変え冷や汗流し続けるモーゼイ。
顔に血を上らせ励ますアロソ。
戦いは夕方まで続きヤダヨ民族が勝った。

さてはて。
こういう設定にしたのは誰か。
きっと楽しいんだろうな……苦しむ様を見て。
な。ヤハオェ。

72 :聖ジェットストリームアタケ!!:2008/08/24(日) 15:17:30 ID:oF0dCZdU
『イスエ、アッリャー、罪人にジェットストリームアタケを掛けるぞ!!』
『おう!』

『…な、なんだと、旧訳トリャー、新訳性書、コーマンのジェットストリームアタケをすり抜けるなど、し、信じられん!!』

73 :機動聖義神Gヤハオェ:2008/08/24(日) 15:23:10 ID:oF0dCZdU
『はーははは! ワテが今まで「天地支配主」と称していたから、宇宙は支配しておらんと思うてか!
甘い! 実に甘い!!
今から「天・地・宙・地下・海底・完璧支配主」じゃあああ!!』


74 :たいら:2008/08/24(日) 15:46:33 ID:FHxyv5AH
イエスを創った神様からのお告げだ。わたしたちはみなひとつ。この単純な真理をこよなく感じなさい。わたしたちはこの世でもあの世でもひとつなのだ。アーメン

75 :暗黒牧師:2008/08/24(日) 16:20:19 ID:oF0dCZdU
『センセ。性書にはよく「ゐ言」と出ますが、そんなゐ言って価値があるのですか?』
私の名は暗黒牧師。
『いや。ない。
あれはヤダヨ民族の語学能力の低さを現している。彼らは他国言を習うのが面倒で、そう纏めたのだ』

76 :クリトリスチャンの予感:2008/08/24(日) 17:17:09 ID:oF0dCZdU
時は大正ロマン。
浅草に12階建の塔が出来た。
クリトリスチャンは口々に叫んだ。
『バビロンの塔だ! 悪い事が必ず起こる!』
関東大震災。崩壊。
クリトリスチャンは口々に叫んだ。
『だから言わんこっちゃない!』
昭和ロマン。
サンシャイン60が出来た。
クリトリスチャンは口々に叫んだ。
『神の国ですら7階建と言うのに約10倍の建物を作りおって! 必ず悪い事が起こる!』
バブルが崩壊した。
クリトリスチャンは口々に叫んだ。
『だから言わんこっちゃない!』


77 :オレの母ちゃん:2008/08/24(日) 21:48:21 ID:+xcmbYkz
ピラトは問うた。
『お前はなにをしたのだ?』
イエスは答えた。
『オレの母ちゃんは処女だ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!』
ピラトは聖母マリアを呼び寄せ言った。
『オマイ処女だってなwww』
聖母マリアは叫んだ。
『アフォ!!!!!!ヨゼフに毎晩犯されとるわ〜〜〜〜〜!!!!』
イエスはペテロの方を見てつぶやいた。
『ごめん、嘘ついてた、母ちゃん処女じゃなかった・・・・』
ペトロは門の外に出て泣きじゃくった。
『処女膜破りを狙ってたのに・・・』

78 :ウンチマン ◆nRDXGySELc :2008/08/25(月) 17:43:52 ID:RhWObt1g
へいブラザー!
期待してるからな

79 :価値ある者:2008/08/27(水) 11:45:07 ID:QIxGEfO5
性書の世界では3大悪魔の1人ベリアルを『無価値なもの』と定めている。
寓話では罪が許され放免されるや、懲りずにギリシャの神の塑像に潜り込み拝ませたと言う。
私は問うた。
『ヤハオェさま。ベリアルは名そのまんま東「無価値」ですか?』
ヤハオェは答えた。
『然り』
私は思った。
『この神は「価値」を有し価値に縛られている』
また私はヤハオェに問うた。
『ギリシャの神、すなわちベリアルを拝むのは馬鹿の骨頂ですか?』
ヤハオェは答えた。
『然り』
私は思った。
この神はろくに働かぬくせ、一部の洗脳された連中を日曜拝まさせ、スライム教など1日5回も土下座させている(本来はもっと土下座させる予定だったのをもはんマッドが懇願し減らした)。要は自分が拝むれれば万歳らしい…。
『あんた拝んでもベリアル「無価値」なんだけどな』
私は思った。

80 :あぁ駄目だ、イスエでは!!:2008/08/27(水) 11:52:23 ID:QIxGEfO5
『ハレルヤ! この世はイスエさまさまのものとなった!!』
※クリトリスチャンの頭の世界
あぁ〜。
イスエがこの世の支配主じゃ、駄目だ。
『なんで?』
イスエは童貞だよ。

81 :イスエ登場と最期:2008/08/27(水) 11:55:10 ID:QIxGEfO5
イスエが生まれる時、天使の軍勢が羊飼いの前に現れた。
イスエが死ぬ時、空は曇り暗くなった。
どうも『自分はザコ人間と一味も二味も違う!』と言い張りたいらしい。


82 :神も仏も名無しさん:2008/08/27(水) 11:56:46 ID:lZavNMpW
りらっくま今日も快調だな!

83 :痛烈な嫌味:2008/08/27(水) 11:57:18 ID:QIxGEfO5
ヤハオェは未だかって『神に疲れた』『神を止めたい』と上杉謙信が突如高野山に出家したような経緯はない。
どうも地上が荒れようが乱れようが、関係ないらしい。

84 :家に引き籠り40日目にし…:2008/08/27(水) 12:04:07 ID:QIxGEfO5
私にイスエが現れた。
『私は哀れみ深い神である。生きよ』
私は応えた。
『命より財布を救って下さい。例え霊が神のみ前で清く聖でもパン代がなければ人は3日で餓死します。ちょうど明日のロリ6はキャリーオーバー。ロリ6のドラマもしています』
イスエは離れた。


85 :例え霊が清く聖だとしても:2008/08/27(水) 12:07:08 ID:QIxGEfO5
イスエは言った。
『人は霊なしで何も出来ない。肉は何も役に立たない!!』
サタンは言った。
『例え霊が清く聖だとしても、肉体が脳死状態なら何も役に立たない!!』

……イスエは反論出来なかった。

86 :ラッパ:2008/08/27(水) 12:16:00 ID:QIxGEfO5
『さてはて! 第3の天使かラッパを吹いた!!』
いや〜ん!
わたしぃー高貴なハープが好きぃ。ラッパ、低俗ぅー!!


87 :マアリによる神への賛美:2008/08/27(水) 12:22:58 ID:QIxGEfO5
『主は私のようなはしためを顧みて下さいました。アブラムシ以来のとこしえの哀れみを……主は哀れみ深く強き者を挫き知を誇る者を落とされる……』
マアリはルカァを前にペラペラ喋った。
いわゆる「ルカァによる復員書・マアリの賛美」である。
医者であるルカァは復員書を精密に書き記す為、マアリがペラペラ喋る台詞を一言も間違えないよう必死になって書き留めた。
もし、万が一書き仕損じたら、神を相手に嘘を記した事になる。
『それにしてもよく喋る娘よな』
ルカァはマアリをぶっ飛ばしたくなった。

88 :食い逃げするイスエ:2008/08/27(水) 12:40:05 ID:QIxGEfO5
『ペロテ。この先に館がある。その主人に「用入りだ」と言えば飯は食える』
イスエは権威を使い、人んちを使い最期のパーティーを催した。
『そりゃ! 飲めや!! 歌えや!!』
宴会たけなわの頃、豪華な館の主が申し訳なさそうに紙切れを持ってやって来た。
『部屋使用代10万。飯代金5万。アルコール代5万。サービス料2万。計22万』
イスエは顔が青ざめた。
『そ、そ、そんな大金持ってねぇよ。か、か、神の子なら、急逝主なら、た、た、タダだろ、ふつう〜?!』
館の主は言った。
『ですから尚更なのです。神の子ならばこそ、きちんとけじめをつけて戴かないと』
窮地に立ったイスエに天使が降り力付けた。
『わ、わ、分かった。明日朝、旅立つ前に払おう』
こうしてイスエ一向は深夜、ゲッセマネンに夜逃げした。
館の主は連中の素振りから察していて奉行所に申請していた。
『いたぞ! あそこだ!!』
こうしてイスエはゲッセマネンで捕らえられ、奉行所ピラトの前に引っ張られ『食い逃げした野郎』と処刑された。

89 :ロトの妻:2008/08/27(水) 12:49:29 ID:QIxGEfO5
さて。
ロトの元に天使が現れ、大変な事を告げた。
『さぁ! ここから逃げるのです! この街は滅ぼされます! 余りにも不義を働き、神の耳に達したからです!!』
逃げるロト一家。
逃げる際、天使は言った。
『途中、いかなる事があっても振り向いてはなりません』
バキバキ! ごごごっ!!
天使が、人智を越えた力でソドムの街を破壊しているのが簡単に想像出来た。
ロトの妻に興味が湧いた。
『振り向いて見たらいけません!!』
天使の言葉が甦った。
『振り向かなければ…いいのよね』
ロトの妻は携帯を取り出すとカメラモードをインサイトにし見た。
『「録画してはいけない」とはオ天使さまは言ってなかったわね』
ロトの妻は携帯でソドムの最後を録画し出した。
『復員書を後に正しく、しかも詳細に残す為に記します』
ロトの妻は録画が2分で切れる前にコメントを入れ今日に至っている。

90 :憧れは7つの悪霊憑きw:2008/08/27(水) 12:54:44 ID:QIxGEfO5
イスエが荒野でサタンと対決したのが男性的憧れとすれば、女性的憧れはマグダラのマアリだろう。
何故なら7つの強い悪霊に憑かれた故にイエスに愛され復員書に強く記されているからである。
……
かくして中世ではマグダラのマアリに憧れ、イスエに恋慕われようと7つの悪霊呼び儀式が盛んに行われたのであった。

91 :さすがは二菱ふそお・ヤハオェさまでありまする!!:2008/08/27(水) 13:01:25 ID:QIxGEfO5
ヤハオェがソロバン王の枕元に立った。
『何が欲しい?』
『善悪を知る知恵です』
ヤハオェ上様は至極満足。ソロバン王に繁栄を約束し善悪を知る知恵を授けた。
しかしソロバン王は老いたのかバアル神を崇めてしまう。
ヤハオェは怒り『イスラエノレを2つに分ける』と断言する。
ヤハオェは自分が下賜した善悪を知る知恵が不完全なのに気が付いたが、リコールせずに『ソロバンが悪い』と押し付け、今日に至る。

92 :神も仏も名無しさん:2008/08/27(水) 13:04:45 ID:lZavNMpW
りらっくま飛ばしすぎだろw
躁状態なのか?w

93 :天の12軍団はどうなされましたか?!:2008/08/27(水) 13:08:14 ID:QIxGEfO5
イエスは十字架上で叫んだ。
『おみゃーらな! もれが天の父ちゃんに頼めば直ぐさま天の12師団が来るんだぎゃ!!』
ペロテはその神の子の聖なる発言をしかと聞いていた。しかと。
しかしイスエは神の愛を実行。力による押し付けを止め、ガンジーよろしく無抵抗の愛にて果てた。
さて。
イスエが復活しペロテの前に現れた。
イスエが親しみを込め『やあ!』と言うと、ペロテは言った。
『さぁ! 天の12師団、お見せ下さい。今なら、ここなら、誰にも迷惑にも自慢にもなりません。さぁ!』
イスエは困り果てた。
ペロテが3回催促している最中鶏が鳴いた。

94 :イスエ総監督・総脚本・総演出:2008/08/27(水) 13:21:01 ID:QIxGEfO5
イスエは自分が神とし総監督、総脚本、総演出をし、天国で散々リハーサルした最後を一向に披露した。
『私はここで右足から倒れる』『ここでハンカチを出させる』『ここで私は3時きっかりにご臨終する』
イスエはヒトラー総統がモスクワ攻撃の際「この小隊はここに行け」「この小隊はあそこに行け」と遠くベルリンから指示したが如く実に細かい預言からなる構成であった。
感動したペロテが言った!
『さすかは主です!』
こうしてイスエは自ら主役をし受難劇を開幕させた。

95 :離岸流:2008/08/27(水) 13:28:09 ID:QIxGEfO5
イスエ一向は日本海に来ていた。
『センセ。なんでも離岸流と言うのがあり、どんな泳ぎの練達者でも岸へ岸へと流されてしまうようですよ!!』
ペロテが言うと、ガラクタ湖育ちでテレビもなく離岸流を知らなかった甚だイスエは不機嫌になり言い返した。
『はーはは! みなの薄い信仰と同じだな! まるで神から離そうとする悪魔の力のようだ!!』
みながお約束の暗喩かと思い必死に裏を読もうとした。
それを見てイスエはプライドが保たれ溜飲を下げた。

96 :あの…三次元戦争の時代なんですが…:2008/08/27(水) 14:07:50 ID:QIxGEfO5
ヨ八ネは陶酔し書き記した。
『かくしてハルマゲとんに軍勢を集める』
あのぉ〜。
すいません。
ヨ八ネさんの戦略要綱ですと陸戦で海軍の艦艇の出番がないんですが…。
あ。沿岸からトマホーク支援ですかね。

余談ですが人間の感覚神経は基本は2次元、高低、飛行感覚が無きに等しいそうです。
一旦感覚を失うと、空へ向けてるつもりが地上に頭を向けていて地上へ激突! よくある話しらしいです。

97 :浣腸される洗ネレ者ヨ八ネ:2008/08/27(水) 14:15:50 ID:QIxGEfO5
荒野でいなごと蜂蜜しか食べていないヨ八ネはある日腹が膨れて来たのに気が付いた。
母親の親戚マアリは性霊により身籠り、頭を打ったが如く馬鹿を生んだと言う。
『さては。ワテも妊娠か? しかしどこから生む。まさか尻穴か?』
ヨ八ネは婦人科に行って検診を受けた。
『なに。ただの便秘ですよ。ちゃんと野菜を食べて下さい。浣腸しますね』
ヨ八ネは浣腸され、便秘を治してもらった。

98 :性書は一句一句丁寧に読みましょう:2008/08/27(水) 14:24:48 ID:QIxGEfO5
日曜。三サ。
『私はサタンが天から落ちるのを見た!』
『こうしてイスエ様はみなが見ている前で天に昇られた』
神斧の説教が始まった。
『と性書に書かれています。即ち。サタンは人智を越え、薄い空気。薄い気圧。これら人間に影響をもたらす状態も苦にならず高度1万mもへっちゃら、な訳なのです』
一同深い溜め息の感動の元包まれた。

99 :天へ昇るイスエ:2008/08/27(水) 14:31:33 ID:QIxGEfO5
さてはて。
復員書にあるように『イスエはみなの前で』そのまま浮遊し『天に昇って消えた』とな。
たちどころに千里基地にスクランブルが掛かった!!
たちどころに大松基地にスクランブルが掛かった!!
『謎の物体が接近。確認されたし』
ジェット気流に乗ってしまい勝手に流されるイスエを発見!!
気圧は低く呼吸困難!
気温は低くガクブルして止まない!
『未確認物体発見。直ちに追撃ス……』
こうして垂れ落ちた飽きた県にイスエの墓が出来た。

100 :キリシタソ大名:2008/08/27(水) 14:38:15 ID:QIxGEfO5
イスエは生き返り、疑い深いトンマスをたしなめた。
『私の脇腹に指を入れてみよ』

さてはて。自殺厳禁のクリトリスチャンだが、ハラキリさせられたキリシタソ大名がいた。
皿屋敷にお岩よろしく幽霊になって城内に現れた。
『ぎゃあああ!!』
老中が叫んだ。
『お前、馬鹿か! 死んだワシだ! もう、この顔を忘れたのか!! 疑うな! ワシの腹に手を入れてみよ!!』
が。
槍で刺されたイスエと違い、和式のハラキリの為、腹はぱっかり開き、頭まで入れられた。


101 :ウンチマン ◆nRDXGySELc :2008/08/27(水) 14:46:26 ID:7Ikk1a2h
へいブラザー、絶好調だなフ

102 :モハンマッドの教えにスライム(従う)する:2008/08/27(水) 14:50:50 ID:QIxGEfO5
アメリカは国を上げてオサマビソラディンを探していた。
中々捕まらず痺れを切らしたCUAは『性典に従い性戦をするなら…』と前置きをし
『神がいるのに人智のジェット機にガソリン、ロケット砲を使うのはおかしい。モハンマッドの世界は剣しかない。ここは神と共に剣の道にて歩み性戦を完遂すべきだ』
と宣伝した。
オサマビソラディンとその一向はアメリカの政策にまんまと乗った。
自動小銃を前に、戦車を前に、オサマビソラディンはらくだに乗り、剣を翳し突撃して来た。
『何処にいても全能の神は共にいる! アッナラー、アクパール!!』
『オー痔ーザマス!』
アメリカ兵は叫んだ。

103 :イスエ00:2008/08/27(水) 14:57:32 ID:QIxGEfO5
イスエは言った。
『私の復員は地の果てまで広がる』
時にWO0078年。
宇宙世紀になり人類は宇宙に進出していた。
そこにイスエは生存出来なかった。
自ら宣誓したのである。私は地上専用機アッシマーに陸戦ガンダムであると。
『本当だ! 復員書は真実だ! 宇宙にイスエは生存してないや!!』

104 :外国語を勉強していて:2008/08/27(水) 15:08:02 ID:QIxGEfO5
あーあ。
ヤハオェのせいだよなー。
ヤハオェがバベルの塔なんかに一々罰を下さなければ言葉は世界統一で、こんな英単語に、名詞に男女がある独仏西伊露に発音5変種中に韓を覚えなくていいんによ。
あーあ。
ヤハオェのせいだ。
『余り神を罵らないで下さい!』
『だって性書に書いてある!!』
(クリトリスチャン御用達専門ドドメ言葉)

105 :神も仏も名無しさん:2008/08/27(水) 15:13:06 ID:lZavNMpW
>>104
今は外語翻訳機能付きの電子辞書があるょw
文明の利器に感謝しなさいw


106 :禁断の実:2008/08/27(水) 15:17:00 ID:QIxGEfO5
『そこでアダムは禁断の実を食べたんですよね』
『いやいや。よく性書を読んで下さい。「善悪を知る実」ですよ。勝手に性書を訳さないで下さい。異端です』
『しこうしてアダムは禁断…あいや善悪の実を食べた。裸でいるのが急に恥ずかしくなり…。そこに神が現れた』
『はい。神が禁じた善悪を知る実を食べたアダムにエバ。断罪されますね』
私は心の中で続けた。
『「なんだ! ヘボ神が!」善悪の実を食べ目が啓きヤハオェはカス! 悪! と知ったアダムが返事をしました』
そこで私は思った。
「だから『禁断の実』でいいのに。一字一句うざいから墓穴掘るんだよ」

107 :ふるちんヤハオェ:2008/08/27(水) 15:19:38 ID:QIxGEfO5
『なぜ裸が恥ずかしい?』
ヤハオェはアダムに問うた。
ヤハオェは皮の余ったちんちんをふりふりさせ、真顔で言った。
彼に罪は入っておらず、故にふるちんは恥ずかしくなかったからである。

これが私達が崇める性なる至高神である。

108 :海水浴場にて:2008/08/27(水) 15:25:15 ID:QIxGEfO5
『わーっ! 主よ! ちんちんは隠して下さい! 公衆軽犯罪法に引っ掛かります!!』
ペロテが湘南で慌てた。
『なんでだ?』
イスエには原罪がなく、裸が恥ずかしくないからである。
少しして「変質者がいる」と通報を受け警官に捕まった。
『仕方ない。あなた方に天の秘密を明かそう。人類はだな。本来楽園にいて裸だった。そこにサタンにより罪が入り……こうして裸は犯罪、となったのだ。
だが私は違うぞ! 私に罪はない! このふるちんこそ原罪のない証だ!!』
イスエは精神鑑定に回された。

109 :ウェディング・ピーチなイスエ:2008/08/27(水) 15:37:00 ID:QIxGEfO5
イスエ受難開幕。
イスエは叫んだ!!
『ウェディング・ピーチ、お色直し!!』
ローマ兵がささっと現れ、ローマ皇帝衣装にドレスアップした。
さすがは30歳越えてから布教したイスエ。
伊達に歳取ってませんね。

110 :ゴミ処理場になった天国:2008/08/27(水) 15:46:46 ID:QIxGEfO5
一向は昨日イスエが何かぶつくさ不平漏らしたいちぢくの木が枯れていたのに気付いた。
イスエは言った。
『はーはは!! 疑わず信じて掛かれば、見よ! 山が根こそぎ海に入るであろう!!』

さて。イスエは年金問題に関与したくなかったので、さっさと天に帰り、地上の布教は死徒によって行われていた。
東京・夢の島に立ったトンマス。
『嗚呼! このゴミの山よ! 何処かに行けっー!!』
不信仰の代名詞トンマスが叫ぶと、信仰が厚かったのか、ゴミは島ごと消えた。
さて。ローマで布教に苦戦していたパロウの前に天使が現れ元気付けた。
パロウは、なんか、天使に、臭い匂いを感じた。
『なんだろう?』
東京トンマスとローマパロウに、よもや縁があるとは思わなかった……。

111 :悪霊払いをすりカヤパ:2008/08/27(水) 15:57:41 ID:QIxGEfO5
イスエはヤダヨ人に囲まれ大祭司カヤパの前に引き摺り出された。
『お前はなぜ民衆を先導する?』
『お前は来るべき急逝主なのか?』
イスエは黙っていた。
『貴様ァア! 大祭司様の前で!!』
ヤダヨ人が平手打ちをしようとするとカヤパが止めた。
『まあまあ。ここは穏便に。「神とイエスと聖霊の名によって、イスエに憑いている言葉不自由な悪霊、出て行きなさい」』
カヤパがイスエから悪霊払いをした。
途端、イスエが形相激しく語り出した。
『みんな。朕を拝め。平伏し拝め。いいな。急逝主? ああ、そうだよ。その通りだよ。文句あるかよ。人間相手に預言し、人間相手に奇跡をし悦に浸ってるよ』
カヤパはイスエをよく理解した。


112 :ヤハオェが壊したヨステ家:2008/08/27(水) 16:40:30 ID:QIxGEfO5
ヨステが生計の大工部屋で鉋削りをしていると、隣りの家から声が聞こえた。
『あっら〜。奥さん。幸せそうで』
『だって。まだ新婚ですわよ』
『旦那さん。収入よろしくて?』
『ええ。まぁ』
『忙しそうね。また夜も』
ヨステから血の気が引いた。
マアリは短く言って神がレイプし妊娠し後6ケ月は手が出せないでいる。
『ぢぐじょう〜!!』
ヨステは嘆いた。

113 :リストラされた長老:2008/08/27(水) 16:45:57 ID:QIxGEfO5
『ハレルヤ! 天にも地にもいと高き神のご威光!!』
陶酔し第7の天で神を賛美する24名の長老。
可哀想。
激震が走る。
『すまん。お前ら居酒屋長老は1名辺り1ケ月9千万なんだ。アメリカの不景気に原油高で、天国も今まで通りに持ちそうにないんだ。すまん。リストラするな』
こうして長老は実も名も『天下り』した。

114 :セラフィム6枚羽:2008/08/27(水) 16:52:50 ID:QIxGEfO5
セラフィムは6枚の羽がある9階級最高の織天使。
『なんで6枚も羽が必要なんですか? ミカエルやガブリエルは2枚なのに』
クサヤが尋ねた。
『確かに飛ぶには2枚が最低限必要だ。残る4枚は…』
『…残る4枚は?』
『あかんべぇーをするのに1枚。ブタ鼻作るのに1枚…』
『残り2枚は?』
『聞きたいか』
『はい』
『どうしても?』
『はい』
『よかろう。答えよう。1枚はちんちんすりすり、最後の1枚はケツ刺し用だ』

私クサヤは聞かなければ良かったて思った。
『だから念を押しただろうに』
セラフィムはケツ刺して去って行った。

115 :殴り合い:2008/08/27(水) 17:05:56 ID:QIxGEfO5
『私は言う! 信仰なくして罪人は、あの世で私は頑なまでに否定する!!』
『そんなぁ。殺生な。後生やで』
『知らん!!』
イスエは悔い改めない人間を強く否定した。

今。天王寺。
『イスエを信じないと地獄に落ちるで!!』
『今時あほか』
『ほんまや! 信じぃ!!』
…真実は別とし、立場は逆転した…。

116 :サマリアでご用となったイスエ:2008/08/27(水) 17:21:25 ID:QIxGEfO5
イスエはサマリアに出向していた。
井戸端に座っているて、女が水汲みに来た。
『すまん。一杯飲ませてくれんか。何。おっぱいでもええがな』
サマリア女の連続平手を食らった後イスエは言った。
『あんた、バツ4やろ?』
サマリ女は驚いた。
『初めの旦那とはソリが合わず、2人目はカローシ、3人目は病死、4人目はアル中に任天堂DS。当たりだろ?』
サマリア女は一旦街に消え再び現れた。
『お主か』
奉行所の岡っ引きが質した。
『この女のプライバシーを侵害し、名誉毀損、おっぱいセクハラをしたと言うヤダヨの男は!! 無礼千万! 手打ちにしたる!!』
こうしてイスエはサマリアでしよっぴかれた。
『「口から出るのが悪である…口は災いの元」が今成就した!!』
イスエは竹鞭で打たれつつ叫んだ。

117 :賢いお役人さん:2008/08/27(水) 18:48:28 ID:QIxGEfO5
政府は財源に窮していた。
よもやここで消費税を10%にしたら国内で暴動が起き、本当はしたい15%にしたら 2・26事件が起こってしまう。
役人は気が付いた。
『そうだ! クリトリスチャンから税金を絞り取ればいいんだ! 賢いなぁ』
こうして江戸城に立て札が立った。
『朕。日の本の財源難に相し、此処に増税を処す。南蛮でうす神を信じる者、心に性霊を同棲するが故、所得税と地方税を2倍にす』

118 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 02:48:12 ID:zBtjNf8y
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

119 :亢龍悔いあり:2008/08/28(木) 12:40:24 ID:QwdQGqFy
洗ノレ者ヨ八ネは調子に乗っているパリサイ人に啖呵を切った。
『わしらの先祖はアブラムシなどと心にも思うな! 神はそこらに落ちている石ころから立ち所にアブラムシなど興せる!!』
洗ノレ者ヨ八ネの言葉をまともに聞いたパリサイ人は路の石ころを拾い上げ義人と石ころ崇拝を始めた。
こうして石ころに義を認める『石ころ信仰』がヤダヨ民族に根付き今日に至る。

120 :神と人:2008/08/28(木) 12:49:07 ID:QwdQGqFy
『見よ。荒野で叫ぶ声がする。道を真っ直ぐに正せと』
マンハッタン公園。
ここは人為的に公園内の道を右に左に紆余曲折させてある。
話しでは故意にジグザグに歩かさせ、角度を変えた様々な景色を見せるのが意図的に配置されているらしい。
ローカル鈍行の旅、なのだ。
さて。
どちらが賢いやら……。

121 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 12:51:05 ID:7Lg3wiRh
りらっくま失速だな。
鬱がぶり返すぞ。
ニーチェみたいに半狂乱になっていきそうだな。

122 :ピラトの前に沈黙するイスエ:2008/08/28(木) 13:00:52 ID:QwdQGqFy
ピラトはイスエに言った。
『お前。
要は「私の価値観に沿うのは味方・私の価値観に沿わないのは悪で敵」
だろ?!』
イスエは性典の奥義を一句にて見極められ、完全に沈黙した。


123 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 13:02:56 ID:KFlV+Nqa
つまんねー糞スレ。

124 :みんな精神科行き:2008/08/28(木) 13:19:31 ID:QwdQGqFy
さて。
イスエがヨルダン川で洗ネレを受けると天が裂け言葉が響いた。
『これは私の愛する者。これに聞け』
ヤダヨ人は口々に叫んだ。
『みんな精神科行きだ!!』

125 :落ちる性霊:2008/08/28(木) 13:22:44 ID:QwdQGqFy
イスエが洗ネレを受けると鳩が降って来た。
ら…ストンと落ちた。
『いやー。すまんすまん。なんだ鳩か。雉と間違っただよ』
森の中から火縄銃を担いだ猟師が現れた。

126 :イスエの本性:2008/08/28(木) 13:26:44 ID:QwdQGqFy
ガラクタ湖で漁をしていたペロテの前にイスエが現れた。
『どうだね。君。魚ではなく人を取る漁師にならんかね』
ペロテは網を直しながら言った。
『最新のオレオレ詐欺かい。あっち行きな。オレは堅気の仕事したいんでね』

127 :劇的要素:2008/08/28(木) 13:34:51 ID:QwdQGqFy
『見なさい。みな今まで悩んだか? 苦しんだか? みな神が予め用意なされ困った事はなかったはずだ』
イスエは時迫る最後の説教をしていた。
『…ただ。滅びの悪魔の子を除き』
イスエが言うと一同水を打たれたように静まり帰った。
裏切り者ユダの事を責めているのである。

そこにトンマスが叫んだ。『センセもやりますね! 劇的要素! 山場にての裏切り! いやーみな感動しますよ! しかもセンセは裏切り行為に会った悲劇のヒーローとし益々光り輝くと言うものです! センセ! やりますね!!』
イスエは図星を突かれ沈黙した。

128 :お釈迦様とイスエ:2008/08/28(木) 13:41:51 ID:QwdQGqFy
お釈迦様は苦行為され悟りを開いた。
疲れ切った体はいと衰弱したまたま通り掛かった少女スジャータからお粥を有り難く頂戴した。

さて。
神の子イスエ。
荒野で断食と断自慰40日をした。
たまたま通り掛かったオカマからコンビニ弁当を強奪しいそいそと腹に掻き込んだ。
『ゴロゴロゴロ…』
イスエは立ち所に腹が下り野糞した。

この野糞シーンが性書にないのは、イスエが実際は断食をしていない証拠でもある。胃腸はかなり弱まり、通常の食事を受け付けなくなるからである。

129 :妻子持ちペロテのぼやき:2008/08/28(木) 13:46:47 ID:QwdQGqFy
イスエは言った。
『また神の国の秘密をバラしちまっただかや!!』
イスエは言った。
『はーははは!! これは天地創造以来の秘密だがや!』

付き従っていたペロテは鳥肌が立った。
『……オレにも子がいるけど、こうも軽薄に秘密をバラすもんかな?』
一流企業の御曹司ユダが言った。
『これでは企業秘密が守られん! コンプライアンス、法令違反だ!』

130 :後腐れなし:2008/08/28(木) 13:51:05 ID:QwdQGqFy
イスエは十字架に向かう際に弟子を掴まえ光り輝いて言った。
『これはあなた方の母である』
弟子達は暗く沈み、深く頷き了承した。
イスエは内心言った。
『これでマアリの糞垂らす認知症介護をしなくて済む』


131 :真イスエ伝説:2008/08/28(木) 13:56:02 ID:QwdQGqFy
これはある施設から産み出され現実を凌駕した最強の架空の伝説である。
『あたちにね。コウノトリがあらわれ、子供をくれたのぉ』
『げへへ! 死んでも生き返るんだ! げへへ!』
………
度は重。
ちゃんとした医療機関である。

132 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 14:00:31 ID:7Lg3wiRh
りらっくま相当逝ってるな〜・・・


133 :ラスベガスにて:2008/08/28(木) 14:03:33 ID:QwdQGqFy
イスエは言った。
『はーははは! またパンツ一丁になっちまったよ!!』

134 :三角木馬:2008/08/28(木) 17:12:39 ID:QwdQGqFy
ペロテがついにローマで捕まった。
ローマ人はペロテを十字架に掛けようとした。
『主と同じでは余りにも失礼』
皇帝に仕えるローマ人は情けを掛け十字架を止めた。
しかし十字架に変わる物がなく、また処刑はしなくてはならない。
『これしか…ないぞ』
『ま。止むを得ないか』
ペロテは三角木馬にて天に召された。

135 :アムロなイスエ!!:2008/08/28(木) 17:14:13 ID:QwdQGqFy
さて。
受難が始まるやイスエはヤダヨ人に殴られ、ローマ兵に殴られた。
『おやじにも殴られた事がないのにぃいい!!』
かの有名なセリフを吐いた。

136 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 17:17:59 ID:7NUlhsOT
胃据えなんて逝っちゃダメよ
罰当たりな

137 :イスエ一時の人気取りの為なら何でもする:2008/08/28(木) 17:23:49 ID:QwdQGqFy
イスエが果て、またガラクタ湖で漁師に戻ったペロテ。
『あ〜あ。今日はシケてらぁ。全然駄目だ』
船を岸に付けると復活したイスエが待っていて『あいや。もう一度漁をしてみそ』言った。
『せっかくの仰せ』
ペロテが気を取り直し網を下ろすと、見事な大漁!!
『センセ! 会うや再びこの大奇跡を起こして頂けるなんて!!』
ペロテは感動し号泣した。
が。
ガラクタ湖の魚の大半を網に引っ掛けたイスエの奇跡によりガラクタ湖の魚は全滅。
しかも子種まで網に入れてしまった為、魚が一切いない湖になってしまった。

一時の奇跡は一生の破壊。


138 :神も仏も名無しさん:2008/08/28(木) 17:27:32 ID:7Lg3wiRh
りらっくまの回顧録みたいになってきたなw

139 :ウンチマン ◆nRDXGySELc :2008/08/28(木) 17:53:58 ID:lGJyXr5m
>>138
なんだかんだで気に入ってるみたいだな
プヒー

140 :神は酷く心を痛められ後悔しました:2008/08/29(金) 13:06:54 ID:G+jAZ40x
実際神なんか人を愛してないからな!!
どうも神はノアの洪水を起こす前、心痛を催し苦しんだらしい。
よし!
サタン&罪人軍事同盟だ!!
神に勝てなくても心臓ばくばくさせ苛ませるぞ!!
サタン&罪人軍事同盟・日独伊三国軍事同盟じゃ!!
みなカミカゼになりヤハオェを苦しめるのだ!!

141 :ダニエノレとスザンナ:2008/08/29(金) 13:15:42 ID:G+jAZ40x
スザンナはえろえろなフェロモンを放ちヤダヨ人の身分ある長老を虜にしてしまった。
あり暑い昼下がり、スザンナは庭で沐浴した。
そこに隠れあわよくば手込めにしようとした長老。
スザンナは気が付いた。
『きゃあああ! よぼよぼじじぃ!!』
慌て神に祈った長老に、叫びを聞いた神は、立ち所に長老の内に眠る性なる霊を立たせた!
『私は神のみ前に立つガブリエノレです』
こうして長老は一死経験をしその場を逃げきった。


142 :ヨ八ネ幅員書:2008/08/29(金) 13:42:19 ID:G+jAZ40x
『神は一人子を送られるほどこの世を愛しておりました』
するやあるヤダヨ人が立ち言いました。
『神は第一子アダムが糞垂らし余りにも泣き喚くので赤ちゃんポストに捨てました』
ヨ八ネは沈黙した……。

143 :イスエのぼやき:2008/08/29(金) 13:50:37 ID:G+jAZ40x
『はぁああ!!
地獄では炎が尽きず焦がし、蛆がわいて止まない!!
あた!!』
『……』
エスキモーの子達には難解極まる世界だった。
『びびらない?! こういう世界に?!』
『……』
エスキモーの子達には炎獄も蛆も通用しなかった。

イスエは内心言った。
「相手がびびらんと我が策はならず。この地域の洗脳は不可、だ」

144 :ゲヘヘの悪霊憑き:2008/08/29(金) 14:13:29 ID:G+jAZ40x
悪霊に憑かれていた者はイスエの正体を知るや自ら近付き平伏した。
『名は何と言う?!』
『レギオンだ。大勢だからな』
イスエは黙ってしまった。
『何故黙る? いと高き神の子よ?!』
イスエは黙っていた。
彼は純100%ヤダヨ人であり、ローマの軍隊の単位にローマ語を知らなかったからである。

145 :気絶したマアリ:2008/08/29(金) 14:18:52 ID:G+jAZ40x
さて。
ゲラサにて悪霊憑きを払うイスエ。
『後生だからあの豚に入れてくれ』
イスエは悪霊を哀れみ豚なら死んでもエエや、と豚に悪霊を移した。
豚は崖へ向かい奔走し湖に落ち溺死した。その数2千頭。
後日マアリの元に養豚場から速達が届いた。
『豚2千頭お買い上げ誠に有難う御座います』
更に保健所から書留が届いた。
『公衆衛生法に乗っ取り豚2千頭処理に掛かった費用を請求します』

146 :叫ぶアンドレ! 僕には光が見えない!!:2008/08/29(金) 14:23:52 ID:G+jAZ40x
さて。
イスエが死んだ会堂長の娘を生き返らす奇跡の時が来た。
『ペロテ。ヤコプ。それにヨ八番ネ。来い』
ヤコプとヨ八ネは兄弟である。
ペロテの兄弟アンデレが叫んだ!!
『愛が苦しみならぁ〜♪ いつまでも苦しみましょう♪ あぁ! オスカル! ぼくには光りが見えない! オスカール!!』
イスエは甚だ不機嫌になった。

147 :神も仏も名無しさん:2008/08/29(金) 14:32:34 ID:yywNNDhp
りらっくまの魂の咆吼か?

148 :駅の案内を聞き…:2008/08/29(金) 14:35:48 ID:G+jAZ40x
『間も無く電車が来ます。白線内にお下がり下さい』
イスエは笑った。
『神でも預言者でもないお前らに預言など出来るもんか』
ファアアアン!!!
黄線向こうを歩いていたイスエは汽笛を背後から鳴らされちんちん縮み上がった。
『そ、そんなバカな! 父に私は人間に預言出来るようにしていないぞ! あれは親子だけの特権だ!!』
イスエは本性を顕に叫んだ。

149 :熱烈愛好! 好好唯々諾々神!!:2008/08/29(金) 14:46:54 ID:G+jAZ40x
『面接。どうだった? 昨今は採る方が神様だからバイト系でも背広なんだってね?!』
『リクルートスーツさ』

私はクリトリスチャンだ。
イスエを愛し愛して止まない。
イスエを信じぬ愚かな罪人共にイスエの愛を伝えなくては!!
下着でないパンツ以上なら犯罪にはならん!!
かくして私はパンツ一丁、イスエの最後スタイルで街を徘徊した。


150 :神も仏も名無しさん:2008/08/29(金) 14:56:52 ID:yywNNDhp
りらっくま・・・
いつか採用される日がくるさ・・・
頑張れよ(哀)

151 :神だから何でもフリーとは限らない:2008/08/29(金) 16:10:07 ID:G+jAZ40x
イスエは言った。
『さて。過ぎ越し祭りのメシの準備でもすっか』
『何処でします?』
『都に入ると水甕担いでる男に出会う。そいつに着いていき、その家に入りなさい』
……
ペロテとヨ八ネは喜んで都に出て水甕男をマークした。
鼻息荒い変質者二人に尻穴の危険を感じた水甕男。
家に飛び込むやペロテとヨ八ネもイスエに言われたように一緒に飛び込んだ。
かくして死徒二人はストーカーに痴漢未遂に住居不法侵入をし、ご用となり永久欠番となった。

152 :論破されるイスエ:2008/08/29(金) 16:22:25 ID:G+jAZ40x
イスエは言った。
『あなた方は私を殺そうとしている! アブラムシはそんな事をしなかった!!』
ヤダヨ人は口々に叫んだ!
『アブラムシは我々の父でよく知っている!!
神が旅人を装い来た時、只者ではない気配を察し媚びへつらった事を!!
クサイ殺害を天使が止めるや完遂しなかった不信仰者である事も!!
星を数えるのが面倒で直ぐ止めた怠惰な性格である事も!!
先ネレ者ヨ八ネが言った石ころに過ぎない事も!!』

イスエはぐぅの音も出なかった。
連中の大事な大事なアブラムシを使えば論破出来ると確信していただけに地団駄踏まざる得なかった。

153 :泣き喚くイスエ:2008/08/29(金) 16:37:26 ID:G+jAZ40x
『ぼくは神の子なんだって! 本当だよ! ね! ね! ね! 
あー信じてないなぁー!
いいよ。信じないなら地獄行き。平伏し信じるなら天国行き。
ぼくが鍵を持ってるからぼくに土下座しないと天国には行けないんだよ!! 残念ね!!』

聞いていた民衆はそっぽを向き言った。
『泣く子とイスエには勝てぬ』


154 :ウンチマン ◆nRDXGySELc :2008/08/29(金) 21:23:04 ID:jWW02Y8K
へいブラザー!
頑張ってくれ

155 :これ以上は教えられん:2008/08/29(金) 23:59:39 ID:G+jAZ40x
『例え全世界を手に入れたとしてもどうなる? 霊だ。霊が全てだ!!』
ヤダヨ人が言い返した。
『例え霊が完全に清く聖だとしてもパン代がなければ3日で人は果てる!!』

イスエは自分の有る価値観が一切認められず、自分の無い価値観が認められ、思考停止、言葉が無くなった。
『…ここでは、もう何も言いまい』
『言いまいではなく「言えない」だろ!!』
ヤダヨ人は口なら天下一品であった。

イスエは去る際にサンダルの裏の埃を払った。
目敏く見付けたヤダヨ人が言った。
『やはり最後は暴力か!! お前のやる事は「正義」「裁き」と称した力づくの権威、即ち暴力だ!!』
イスエは一目さに去った。
ヤダヨ人は神ヤハオェ相手なら勝率9割を越える。

156 :トト性書:2008/08/30(土) 00:11:29 ID:zK60eyaY
@サタン 対 ヤハオェ
『う〜ん。ヤハオェは強豪にしても最近老いて呆けてるからなぁ。それに引き換えサタンは地上の罪人増えて元気だし。ここはホームの強さでサタン勝ちか引き分けだな』

Aマアリ 対 アテナ女神
『こりゃ、尻軽女、股開き女の相手ではないわ。アテナ女神だ。間違いない』
B7つの性霊 対 7つの悪霊
『悪霊の悪さは良く聞くが、性霊の奇跡は最近全く聞かない。こりゃ引き分けに7つの悪霊かな』
Cアッリャー 対 ベリアル
『もうアッリャーは駄目だ。外人への風評最悪だ。今や弱小ベリアルでも勝てる』
Dイスエ 対 釈迦
『引き分け戦得意の釈迦だ。ここは引き分けを基準にし…うーん。イスエも最近は元気ないし、かと言って釈迦は得点源に欠ける…。ここはトリプルにしよう』

157 :たいら:2008/08/30(土) 19:47:43 ID:aLPRe1WG
わたしたちはみなひとつである。この箴言しか、世界を変えられない。

158 :ヤダヨ昔話:2008/08/31(日) 15:48:47 ID:Te/tACJX
♪ぼうや〜よい子だ救われなぁ
♪遠い昔の物語ぃ〜

『ヤダヨ昔話』

159 :第7師団よ! その機甲師団よ!!:2008/08/31(日) 16:00:28 ID:Te/tACJX
ヤハオェの呼称は時代て共に平然と変わっていて一貫性がまるでない。
曰く『イスラエノレの騎兵よ』。
曰く『万軍の主よ』。
イスエは言った。
『私が祈れば直ちに父は天使12軍団を派遣して下さる!』
……
さぁ!!
現代に預言者エロヤが甦った!!
エロヤは言った。
『第7師団の神よ! その機甲師団よ!!
富士山ン億円ファイヤよ!!』

160 :バカチン法皇:2008/08/31(日) 16:08:32 ID:Te/tACJX
バカチン法皇は飛行機に乗り世界各国に訪問するのを否定した。
『なぜです? あなたを待っている南米、フィリピンの国々の方がいます!!』
酔機卿が言うと法皇はかぶりを振って言った。
『お前らは性書を読んでいないのか。信じていないのか。
イスエ様は言われた。「みよ。私は雲に乗って再び現れる」。そのイスエ様のおん乗り物、雲を越えるなど、まさしく被創物とし僭越至極よ!!』
こうしてバカチン法皇は飛行機に乗るのを『信仰上の理由から』と拒んだ。

161 :スカイラインGTーR:2008/08/31(日) 16:16:09 ID:Te/tACJX
峠のギャラリーコーナーではランエボ、インプ、FDが並んでいた。
イスエ一向が現れた。
『みんな、大した車乗ってないね』
死徒に鼻高々に言った。
たまたま聞いてた走り屋が突っ込んだ。
『てめぇは、この、威並ぶ500馬力チューンの車より、凄いの乗ってるって言うんかよ!!』
『うん。そうだよ! 雲だよ!!』
走り屋は言葉を失った。
「やべぇ。こいつマジで言ってやがる。明日のニュースに載るな『○×病院から遁走』」
死徒達は黙った走り屋に『さすがはイスエさま!! ハレルヤ!!』とカローラとクラウンが分からないのに、いと感激し号泣した。

162 :それはだな…それは…:2008/08/31(日) 16:31:57 ID:Te/tACJX
さて。
イスエは野にて5千人にパンを与えるや、人々はイスエを王にしようとした。
が。
イスエは山に去った。
『何か気に障る事しただべさ?』
『さぁ。頭ええのは難しい事考えるでな』
山に去ったイスエは頭を指し独り父とお話しをした。
『本当にぼくを天地支配主にしてくれるんだよね? ね? ね? 先程イスラエノレの王にならんか誘いを受けたけど、ぼくの野望を満たさないから蹴ったよ!!』


163 :スミソニアン博物館:2008/08/31(日) 16:36:11 ID:Te/tACJX
人々は言った。
『これはヨセフの息子イスエではないか。我々は父も母も知っている。天から降って来た、だと?』
『誰かパラシュートを拾ったか?』
『UFOを見たか?』

イスエは言った。
『呟き合うのは……止めんか』

164 :異邦人の復讐:2008/08/31(日) 20:21:26 ID:Te/tACJX
ヤダヨ人は生きている神ヤハオェを尊び、バビロンのイシュタル女神やギリシャのアテナ女神を『偶像崇拝』と散々罵り馬鹿にした。
が。
時経ちイスエの信憑性が問われる昨今。
人々はイスエを散々罵りコケにした。
『空気崇拝』

165 :偶像神の神殿は健在ですが…:2008/09/01(月) 13:13:08 ID:DNVPpuzn
ペロテがエノレサレム神殿を見るや嘆息して言った。
『センセ。実に素晴らしい神殿です』
イスエは言った。
『この神殿は跡形もなく消える』
死徒らは驚いた。

イスエ一向は神の奇跡にて現代に来た。
『センセ。本当にエルサノレム神殿はないですね。とても残念です』
ペロテが言うとトンマスが言った。
『センセ! アテネのパルテノン神殿は健在です!! これは偶像崇拝ベリアルの勝利なのでしょうか!!』
イスエは甚だ気分を悪くした。

166 :悪霊の親分の大親分:2008/09/01(月) 13:22:26 ID:DNVPpuzn
イスエが『あちょう! ほーわわわ! あた! あた! あたたた!!』と悪霊を次々に追い出すのを見ていた死徒は余りの不可思議にぼやいた。
『センセは、ひょっとして悪霊の親分、ベルゼバブにより追い出しをして…いるのかな?』
それを聞いたパリサイ人が言った。
『いや。もっと最悪だ。人類第一子アダムから、ノアの洪水、ハルマゲ豚丼と、事ある度に難癖付け、人類抹殺を企む悪魔を創った大親分だ!!』

167 :ヤハオェ自爆:2008/09/01(月) 13:34:16 ID:DNVPpuzn
イスエは言った。
『人を裁くな。あなたが裁く秤であなたも秤られる』
トンマスが言った。
『センセ! センセは真理です!! 旧訳で散々裁いたヤハオェはみんなから嫌われております!!』

168 :聖なるものを豚にやるな・豚に真珠:2008/09/01(月) 13:37:06 ID:DNVPpuzn
イスエは言った。
『聖なるものを豚にやるな! 踏まれ、開き直り、あなた方に噛み付くであろう!!』
トンマスは言った。
『センセ! センセは真、真理のお方です!! 大変悔しいですが、このスレが証をしています!!』

169 :イスエ自爆:2008/09/01(月) 13:40:56 ID:DNVPpuzn
イスエは言った。
『兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ、自分の中の目にある丸太は見えない』
パリサイ人は心の中で言った。
『一体この人は何様のつもりなんだ。自分は人妻を寝とり処女強奪、挙げ句の果てに証拠隠ぺいに天使を新郎に派遣した癖に』
パリサイ人の心を霊視したイスエは言った。
『神様だ』

170 :神も仏も名無しさん:2008/09/01(月) 13:52:34 ID:rwJzwfIq
ネタです

171 :なんであたちには聞こえないのかちら?:2008/09/01(月) 18:21:43 ID:DNVPpuzn
ここは米○州。
○と伏せ字したのはテレビで垣間見て忘れたからで決して良心的配慮ではない。あ。逆か。
何でもおばはんにはイエスさまの声が『悔い改めよ。悔い改めよ』と聞こえ止まないそうです。
ワテに聞こえないのは、きっと、悔い改める必要がない義人だからでちゅね!!
新興宗教を起こしたおばはんには『世界が終わる。世界が終わる』と聞こえるそうです。
ワテは浄土に行くので、イエスさまのこの世の破壊とは関係ないでちゅね!!

ごくろうさまでちゅ!

172 :イスエ降板:2008/09/02(火) 17:24:14 ID:LUaYJ++A
ついにイスエは急逝主としての地位を匙投げた。
地上のクリトリスチャンに衝撃が走った。
『「命を張る」はどうした! 怒りを感じる!』
『まぁ。色々あったんでしょうね。しかし地上は未だ不幸が渦巻いており、イスエさまには討ち死にして欲しかった』


173 :サタンより:2008/09/02(火) 17:29:58 ID:LUaYJ++A
こうしてヤハオェ、イスエと短期政策に終わった。
地上の人間からは『こうなったらサタンでいいんじゃね? 神、神の子と大したことなかったしな』の声も上がっており、総裁選にてサタン指名もありうる事になった。
ちなみにサタンが総裁になれば、楽園でアダムに発したように、神が規制し、著しく性能制限している人間のリミッターが解除され、一気にニュータイプに革新し、所謂超能力を所有する事となる。
さて。
イスエの席、サタンに切り替わって貰うか。

174 :老害:2008/09/02(火) 17:32:32 ID:LUaYJ++A
ヤハオェは神の地位に固執執着し決して手放さないでいた。
一見イスエに席を譲っているようだが、名誉会長、後白河法王とし君臨し続けている。
かくして人類は大きな不幸を背負う事となった。

175 :電池切れを前に:2008/09/02(火) 17:37:40 ID:LUaYJ++A
『や、や、やばい! 携帯の電池が、き、き、切れるぅ〜ううう!!』
ここに神はいなかった。
『原発原子炉。核融合。E=mc2か。200M倍のエネルギー! 真に凄い世界よな』
ここにも神はいなかった。
『はうっ?! なんと! 新宿の駅トイレには紙がついてない?! し、しまった。…田舎の駅トイレと勘違いしてしもうた…』
ここにも神はいなかった。

176 :息子がほーけーでいじめられないように:2008/09/03(水) 14:03:00 ID:hBkhnIjf
アブラムシは自身が短小包茎で散々苛められて来た。
息子には先の包茎大戦の悲劇を味合わせたくない。
『地獄でしたね』
当時の苛めを振り返り、アブラムシは顔をしかめて言った。
この願いを聞いたヤハオェがヤダヨ民族に包茎手術を義務とさせた。

以来、ヤダヨ人に包茎ノイローゼは消えた。


177 :挑発するイスエ:2008/09/03(水) 14:16:35 ID:hBkhnIjf
イスエは当時禁止されていた日曜日に好んで奇跡を起こし、パリサイ祭人を挑発していた。
『なんで好んで日曜にする?! 平日&土曜×24時間あろうに!!』
イスエ総監督は決めていた。
『悲劇は被害。被害は暴力にての踏み倒し』
イスエは月曜から土曜までちんちん擦っては遊び、パリサイ祭人を挑発する為、故意に日曜に奇跡を起こしていた。
こうしてキレたヤダヨ人にイスエは悲劇の下に果てた。

『我が脚本・演出は成就した』

イスエは真理を吐いた。

178 :痛恨の素人発言:2008/09/03(水) 14:26:21 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『野に1匹の羊を迷わせ失ったら、あなたは探さないであろうか?』
聞いていた民衆に羊牧家がいた。
彼は立ち上がるや激しく憤り叫んだ。
『あんた。羊飼った事ないだろ。そんな甘ちょろい考えで仕事する羊牧家がいると思っているんか!!
オレ達羊牧家はな。1匹、1匹に生活が掛かってんだ。真剣なんだよ!!
そんな「あー無くしちゃった。あー探さなくちゃw」なんて、羊問わず、牛、豚、家畜家にはいねぇんだよ!!』

時たま関係に経験ない者が比喩とし使うとその道の方からお叱りを受ける。


179 :♪あなたの生活が〜よーく分かる:2008/09/03(水) 14:30:38 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『もしもだよ。銀貨10枚のうち1枚無くしたら、それこせ畳剥いで押し入れを空にし隅々まで探さないであろうか』
聞いていたマリー・アントワネットが驚きの声を上げた。
『まぁ! 銀貨1枚でそんな大騒動な!! 金貨1万枚の間違いですわよね、神さま?』

イスエは自らの世界観を披露してしまったのを恥じた。

180 :近所迷惑で駐在所のおまりわさんが来たよ!!:2008/09/03(水) 14:36:26 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『無くした銀貨1枚を見つけたら、近所の人に「共に喜んで下さい! 無くした銀貨を1枚見つけました!! 共に喜んで下さい!!」そう、言わないだろうか』

さぁ! 大変!!
真に受けたクリトリスチャンが夜に野口英世を失い、深夜に見つけた。
「ピンポーン♪」
深夜、チャイムが鳴り、近所の人達は揺すり起こされた。
『み・な・さ・ん!!
失ったと思われた野口英世1枚が見つかりましたぁあ!! 共に喜んで下さい!!』
駐在所のおまりわさんが来るまで、近所は騒然となった。

181 :誰かの臭いケツの匂いがついているのが嫌でな:2008/09/03(水) 17:58:18 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『この先に木があり、そこにまだ誰も乗った事のないロバがいる。それを連れて来なさい』
トンマスが叫んだ!
『センセはなんでも初物がお好きですね!! マアリさまなど婚約ほやほやの蜜月をヨフセから奪ってまで手に入れられて!!』

182 :今からレジで精算しようと思ってますが?:2008/09/03(水) 18:03:07 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『もし、ロバの持ち主が「何の要だ?! ロバ泥棒!」と言ったら「主がお入りです」と言いなさい』
ペロテが言った。
『……よもやセンセ。天地創造主だからとて、そんな非常識の身勝手が許されるとお思いですか?
まるで店を出てから捕まって「これからレジに行き精算する所だ」と言うようなものです』

イスエは甚だ機嫌を悪くした。


183 :天のからか? 地からか?:2008/09/03(水) 18:10:26 ID:hBkhnIjf
『おみゃさんは、一体誰の権限でこないな事してるんだがや?!』
キレたパリサイ祭人に問い詰められるイスエ。
イスエは言った。
『なら聞く。洗ネレ者ヨ八ネは天にしてしたのか? 地にてしたのか?』
パリサイ祭人は強い。
『天が命令し地のヨ八ネがした! ハイブリッド・プリウソじゃ!!』

沈黙したイスエにトンマスが元気付けた!
『センセ。「だから私は(初代)プリウソ!」とCMでは綺麗事言って、実際はポルシェ乗ってた伊達政宗子みたいですね!!』

184 :パンツ一丁はご婦人を前に甚だ都合悪く…:2008/09/03(水) 18:41:57 ID:hBkhnIjf
カトソックではイスエさまが十字架に架かり、だらーんと夏バテしてる。
対してプロテスタソトではイスエさまが消え、ただの十字架だけである。
表向きは『偶像崇拝だ!!』であるが…。

『全知全能のイスエさまが、かくのように情けないお姿を晒し、卑しくもそれを祭るなど言語道断!!』
プロテスタソトの言い分らしい。


185 :派手なアクション!!:2008/09/03(水) 18:51:39 ID:hBkhnIjf
イスエは言った。
『預幻者はエロハロムで必ず死ぬ! 死ぬんだ!!』
ローマ兵に親友が沢山いたユダが言った。
『センセ。エロハロムで死ねばいいんでしょ。満足なんでしょ。
部屋ノブにタオル、硫化氷素、七輪…一杯ありますよ。
私は栄養管理士の資格持っていましてね。何万人もの人間が半日間動くカロリー消費考えると居ても立つてもいられないんですよ。
センセ。頼みますよ。いま流行りは爽快カロリー0です』

イスエは光り輝くセンセーショナルな散り際を考えていただけに甚だ気分を害した。

186 :イースエモバイルに考案委員会から警告!!:2008/09/05(金) 14:57:10 ID:YIkdEriJ
【オレを信じないと罪は許されない!!】
【オレを信じないと地獄行き!!】

余りにも身勝手な公表に考案委員会はイースエモバイルに警告を発した。

187 :王権神授説・誰が地上の王を決めると思っている?!:2008/09/05(金) 15:03:23 ID:YIkdEriJ
『イスエ公表言語録』より。
「おみゃらよ。一体、誰が地上の王を決めると思ってんのら?!」
死徒らは気が付いた「イスエさまだ」。

はー。
尊き天にご在の神さま。
今度の日本の総理大臣は誰でしょうか?
よし!
C8サミット、政治世界にちょっかい出したバカチンにお伺い立てよ!!
バカチンは返事せざる得まい。
何故ならキヤツらはイスエ言語録によって為っている地上代行者であるからな。
さて。イスエさま。
日本の次期総理大臣はどなたでありまするか?

188 :クリトリスチャンの証人:2008/09/05(金) 15:10:01 ID:YIkdEriJ
イスエは言った。
『あなた方はハイかイイエしか言ってはならぬ。それ以外の答えは悪から出るのである!!』

こうして真性クリトリスチャンはマークシート5択の試験を受けられず、進学受験、就職試験、資格試験を一切受けられず、人生破綻した。

あなたはー かみをー しんじますかー

189 :う…薄い?!:2008/09/05(金) 15:12:53 ID:YIkdEriJ
ヨ八ネ幅員書。
『神は独り子を送られるほどこの世を愛されました』
…ヤハオェ。お前、ひよっとして精子薄いのか?

190 :自ら自分はサイコーと言い張ったばい!!:2008/09/05(金) 15:15:48 ID:YIkdEriJ
イスエさま、即ちヤハオェさまは、神おん自らのお体を捧げられました。
罪のない、無垢のいのち。
この尊い代償にて、私のような罪深き者が救われているのです。



裏を返すとよ。
自分はサイコー!! と自ら叫んだのと同じだよな??

191 :余り筆滑らせ詳細を書くな:2008/09/05(金) 15:23:10 ID:YIkdEriJ
イスエさまは荒野で精神修行を為されていました。
寄り沿うサタンの誘惑は退けましたが、3日起きに夢精はしておりました。
これは霊と関係のない肉の事で止むを得ません。
性書筆記者が筆を滑らせそう書くと性霊が「待った!」を書け削除された。
性書筆記者は「無理だよ。男なら勝手に出るよ」と真実を記したかったが、性霊にどやされ仕方なく削除した。

さて。
イスエさま。大受難。十字架にて果てた。
性書筆記者は見たまま「肛門が緩み、実が出た」と筆を滑らせたが、またまた監督の性霊により「待った!」が掛かった。
性書筆記者は激しく抵抗した。
『真実をありのまま伝えなくてはならぬ!!』

192 :囮捜査:2008/09/05(金) 15:36:09 ID:YIkdEriJ
イスエ一向が奇跡をおこしまくっている最中、会堂長から電報が届いた。

わたしのむすめ きとく すぐこい』

イスエが行った時は既に遅く死んでいた。
「安心しろ。寝ているだけだ」
聞いた者はみな笑った。
イスエは叫んだ!
『なーまく、さんだんばら、おんばかさ、しらまんこ、そうだ?!』
するや、会堂娘が生き返った。
みな腰を抜かさんばかりに驚いた。
イスエはかか大笑した。
「はーははは! こんなの朝飯前よ。とな」
感極まったトンマスが叫んだ!
「センセ! 最高です! 一旦殺してから生き返らすなんて!! 初めから生き返らすようなら、私だったら霊力で死なぬよう先に手配していたでしょうに!!」
イスエは甚だ不機嫌になった。

193 :速度重視、中国大返しイスエ:2008/09/05(金) 15:44:25 ID:YIkdEriJ
イスエは言った。
『ハッキリと言っておく。私は生き返り、あなた方より先にガラクタ湖に行く』
かくしてイスエは先にガラクタ湖に帰り魚を焼いていた所にペロテらが帰って来た。
イスエは得意満面『だから言ったら?』と言った。
ペロテの顔が歪んだ。
『ははは。愛を知らぬ愚か者よ。この世で一番の愚者よ』
ペロテの顔は歪んだままであった。
『センセ。我々に勝った勝ったと言うのは勝手ですが、途中にある日帰り温泉になんで入って来なかったんですか。くしゃいですよ!!』
ペロテはわさび嗅いだが如く涙を流した。

194 :イスエさま通り過ぎし後:2008/09/05(金) 15:52:54 ID:YIkdEriJ
イスエさまは日本で一番難しいとされる一大を受験。
ものの見事に満点で合格なされた。
それ以降の事である。
世間では知らぬまに変移した。
『いいくに作ろう江戸幕府』
『太陽は地球の衛星である』
『日本は世界一の産油国である』
現人神を中心に世は回る……。

195 :弟子が師匠を越えたら廃業だろ?:2008/09/05(金) 15:56:45 ID:YIkdEriJ
ペロテらがイスエに泣き付いた。
『センセ! いくら悪霊を払おうとしても、この子に憑いている悪霊を追い出せません!!』
イスエが仕方なく見て追い出した。
ペロテらは反省し『なんで我々には無理だったのでしょうか?』しょんぼり言った。
イスエはかか大笑し言った。
『はーははは! 特権なくしたら私の価値がなくなるではないか!!』


196 :浮遊大陸なのか?!:2008/09/06(土) 16:55:27 ID:covsytcp
洗ネレ者ヨ八ネは叫んだ。
『悔い改めよ! 神の国は近付いた!!』
聞いていたヤダヨ人は口々に呟き合った。
『どうも神の国とはラピュタのように天空を浮遊し、遠のいたり近付いたりするらしい』

小さい時から神のみに仕える事をよしとしていたヨ八ネは、テレビもね、ラジオもね、ねねのねの生活をしていた為、ラピュタが分からず、果たして良い噂なのか悪い噂なのか皆目見当がつかず沈黙した。

197 :お前、案外バカだなぁ:2008/09/06(土) 17:00:25 ID:covsytcp
洗ネレ者ヨ八ネは叫んだ!
『マムシらの子よ! 差し迫る神の怒りから逃れられると誰に教わったのか!!』
聞いていたヤダヨ人は呟き合った。
『誰からも教わってないよな。自己願望だよな』
『んだ。神にはオレ達見捨てられてるから、神、天使ではないのは確かだ』
『神も天使も薄情だよな。気に入らないと簡単に見捨ててよ』
『でもよ。わざわざ社長が怒りにお見えになられるとよ』
ヨ八ネは台詞を間違えた。

198 :振動障害になったヤハオェ:2008/09/06(土) 17:04:54 ID:covsytcp
洗ネレ者ヨ八ネは叫んだ。
『既に斧は木の根本に置かれておる! 悪い木は全て切り倒される!!』
ヤダヨ人が口々に呟き合った。
『ヤハオェはチェンソー知らんのかね?』
『んだな。ほれ、田舎でもチェンソーくらいあっぺよ』
『ばか言うな。チェンソーあってもなくっても振動障害で一生苦しむだよ。本当。バカな神だよ。林業なめてるっぺよ』

199 :区役所からのクレーム:2008/09/06(土) 17:08:01 ID:covsytcp
さて。ヤハオェは悪い木を切り倒さし火にくべていた。
『こらあっつつ! 地球温暖化政策、知らんのかあっあああ!!』
パトロールしていた区役所の人から注意を受けた。
ヤハオェは涙を流し過去を回想した。
『昔は良かっただな。スーパーの袋も庭で燃やせたしな。やな時代になっただよ』

200 :イスエはキリギリスでありまするwww:2008/09/09(火) 13:41:25 ID:9P7Beila
さる信者が号泣しイスエの衣服を掴み喚いた。
『センセ! センセ!!
なぜ私の願いをお聞きなれないのですか!
センセは私のびんぼー希望なしアキバ系ニートをお笑いになられ、救って下さらないのですか!!』
イスエは困った。
『なぜお救いになられないのですか!!』
イスエはつい漏らしてしまった。
『うーん。ちみの心の痛み、ぼくには分からないよ。ぼくは天の御曹司で、今まで欲しいものは全て手に入ったから…』
アキバ系ニートはその場で倒れ果てた。

201 :パリサイ人の痛烈な火箸刺し!!:2008/09/09(火) 13:53:52 ID:9P7Beila
『おおっ! 貴方こそ救い主! 我等がキリステよ!!』
イスエに奇跡で救われた人々がイスエを賛美した。
イスエは言った。
『私が欲するのは愛であり救済である!!』
『おおーっ! 我等が救済主!!』

それを見ていたパリサイ人が叫んだ。
『彼は言いなりになる輩にしか愛を注がぬ! 言いなりにならぬ、我等パリサイ人は、ほれ、ご覧の通り。地獄特急指定席よ。な』

イスエは火箸で刺された。

202 :西京地検特捜部:2008/09/09(火) 14:02:55 ID:9P7Beila
『れ・う゛ぇーる、つまりカーテン越しの存在なのです。素晴らしいですね。我々の神は』

ここで臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。
金銀に装飾された豪華宮殿に住むヤハオェが西京地検に逮捕されました。
罪状は所得隠しです。

203 :ステパノから出た誠:2008/09/09(火) 14:16:57 ID:9P7Beila
パリサイ人らに苛められたステパノは性霊に満たされ『あぁ! 右に座したもう主が見えるぅううう!!』と叫んだ。

パリサイ人らは沈黙し黙ってしまった。
ステパノの内なる性霊がしわがれ声で叫んだ。
『おい。おまえら。トサカに来ないのか?!』
パリサイ人は答えた。
『我々は右に座すとか興味ないんで。別に。で、続きは?』
ステパノの内なる性霊は非常に悔しがった。
ここでパリサイ人をはめ、正義の大義名分を手に入れたかったからである。


204 :こんにゃく大王・イスエ:2008/09/09(火) 14:24:15 ID:9P7Beila
パリサイ人は全能なる神を自称するイスエを何とか嵌めようと画策していた。
イスエは結婚していない。
『ここだぎゃあ!!』
パリサイ人は気が付いた。
『センセ。女はいいですよね。天地支配為されているなら、分かりますよね?』
イスエは答えた。
『無論だ』
パリサイ人は退いた。
『一体この方は…本当に神の子かも知れぬ』
その頃マアリは、何故か袋が開き裂いてあるこんにゃくを料理していた。
『最近買っておいたこんにゃく、いつも袋が開いていて切り込みが入っているの。何故かしら……?』


205 :なぜ奇跡を起こすか:2008/09/09(火) 15:27:41 ID:9P7Beila
♪イスエ〜なぜ奇跡を起こすー
♪イスエの自己満足の勝手でしょー

206 :十字架天狗の花:2008/09/09(火) 15:28:58 ID:9P7Beila
♪泣きなさーい
♪耐えなさーい

207 :洗脳ステーション:2008/09/09(火) 15:30:58 ID:9P7Beila
♪私の声が 聞こえてますか〜
♪第6の天の洗脳ステーション
♪私の声が 聞こえてますか

208 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 15:36:09 ID:6Igk3QkY
りらっくま大麻でもやってるのか?

209 :人に束縛される神:2008/09/09(火) 15:50:51 ID:9P7Beila
イスエは奇跡を興しまくった。
『ねぇ! ねぇ! ぼくって凄くなーい?!』
ヤダヨ人はそっぽを向きケツを掻いた。
イスエは益々意固地になり奇跡を興した。
『ねぇ! ねぇ! ぼくって凄くなーい! ね、ね、ね!!』
ヤダヨ人はぶっとオナラをし言った。
『あんた。あんたは初めに人ありき、だ。人を支配しているようで人に支配されている。人を相手にしか価値観がなく、また見い出せないようだな』
イスエは沈黙しその場に倒れた。

210 :実は…天使が現れ口止めされまして…:2008/09/09(火) 16:05:37 ID:9P7Beila
イスエが奇跡興しまくるやパリサイ人は呟いた。
『この子の両親は知っている。マアリにヨフセではないか』
早速パリサイ人はDNA精査を行った。
ヤダヨ人は血の繋がりに煩いのである。
もし、イスエがマアリにヨフセの子でなければモンゼの律法に照らし私児とし弾劾せねばならず、またマタイタ幅員書の長い武士家系図は削除せねばならない。
結果は陽性・怪しいと出た。
再検査を拒むイスエ!!
仕方なく委員会はマアリとヨフセを事情聴取した。
『実は…』
ヨフセが重たく口を開いた。
『エンジン・ロスが現れ、レイプは内密にせよ…と』
パリサイ人が『このような破廉恥極まりない出生者が神を名乗るとは! 不届き千万!!』血相を変えイスエに駆け付けた時、イスエは涼しい顔をし民衆に解いていた。
『罪は許されぬ。決して許されぬ。地獄に落ちる。私は真理だ』


211 :トンマス、最高な突っ込み!!:2008/09/09(火) 16:27:52 ID:9P7Beila
イスエと死徒一向は野宿していた。
ぱちぱちと燃え上がる炎を前にペロテが言った。
『センセは真に愛のお方です。罪を許す為に来られました』
『ははは…』
イスエは微笑した。
トンマスは性書を読み勉強していた。
『神には1日が千日であり、千日が1日であり…』
そこにトンマスが閃いた。
『センセ! 素敵です! 神は昨日興した旧訳を、明日には早くも改め新訳を興すなんて! いわゆる朝礼暮改でありますね!!』
イスエはかか大笑し言った。
『ははは! 朝三暮四とも言うがな!!』
死徒逹は沈黙した。
どうやらイスエは朝礼暮改と朝三暮四の意味が同じと勘違いしていたようだが、後者は
『人間ってバカだな。奇跡興せば救い主と思い感謝しやがる。真の神なら救済が必要な不幸に落とさんだろうが。けけけ』
と揶揄嫌味が入る。
『どうした? お前ら? 元気ないぞ』
『……』
死徒らは沈黙しイスエを見据えた。

212 :…誰が重荷を背負う?!:2008/09/09(火) 16:48:31 ID:9P7Beila
十字架に向かうイスエは弟子逹に言った。
『これはあなた方の母である』
弟子逹は硬直した。
みな収入が低く毎月火の車でやりくりしていると言うのに。
ここに早くも呆けそうなマアリのおむつ代がのし掛かるとは…。
弟子逹は激しく号泣した。
イスエはそれを愛の返事と勘違いし『よしよし』と微笑し言った。

213 :悲しくない?:2008/09/09(火) 17:17:17 ID:9P7Beila
ヤハオェは第7の天におわし、誰からも理解されず、また構わず天地を支配為されておる。

…悲しくなぁ〜い?!


214 :孤高と言うカモフラージュ:2008/09/09(火) 17:24:44 ID:9P7Beila
ヤハオェは誰一人から理解されず、また構わずにいた。
『性なる偉大なお方ですから理解なんて…』
『人間の価値観で神を測るなんて愚かな極み!』

ヤハオェは実は怖かった。
自分が100%人間に素性が知られたら…。

ガクブル。ガクブル♪( ̄▽ ̄)ノ″

『案外大したことない存在だな』
ヤハオェは神経質なまでに足跡を残さず、また人間に理解されないよう注意を払った。
人類は騙され『簾越しこそ神聖なる証!!』平安貴族を採った。
ヤハオェの恐怖ガクブルの元はこうして取り払われた。

215 :天国のイスエより、全人類へ!!:2008/09/09(火) 17:40:49 ID:9P7Beila

『みんな!!
ぼくの回顧録読んでくれた?!
ぼくの大活躍・大冒険物語、読んでくれた?!
読まないと駄目だよ!!』
……あんな物語を読めとお前さんは…言うのか…ヾ(≧∇≦)〃

216 :生意気な!! 左遷させたる!!:2008/09/09(火) 18:15:06 ID:9P7Beila
ヤハオェ部長は新鋭気鋭なルシファー課長の台頭が甚だ面白くなかった。
『キヤツめ。いつか嵌めて蹴落としてやるわい!!』
ヤハオェ部長は懐刀ミカエル主任を唆し情報収集に躍起になった。
ミカエル主任はルシファー課長がキャバクラで些細な企業秘密を漏らしたのを掴んだ。
『これだ!!』
ヤハオェ部長は大義名分を手に入れ。ルシファー課長を地上に左遷した。
『げへへ! げへへ!!』
天国に敵がいなくなったヤハオェは不気味に笑った。

217 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 08:56:29 ID:1ipo5cKT
○×市で高校生自殺。
苛めを苦に。
………
この時イスエはこの世を救う神とし一部の人間から賛美されていた。
『尊き主イスエは言われましたー! 私は命を張るぅー!!』
………
神を冒涜か。
人を冒涜している者が言えるのかな。

218 :対人奇跡兵器・イスエおこさまらんちゃー:2008/09/11(木) 09:01:04 ID:1ipo5cKT
人々はイスエを王とし担ごうとした。
イスエは山に退いた。
イスエは山でぼやいた。
『ぼくは経済0なんだよ。不景気対策出来ないよ。性書のどこに神が経済対策出来たって書いてあるんだ。勝手に崇めないでくれよ。ぼくは【対人奇跡】で終わりなんだよ』


219 :現地時間と違うけど:2008/09/11(木) 09:20:38 ID:1ipo5cKT
グランド0。
クリトリスチャンはぼやいた。
『コーマンのアッナラーも所詮は脳内妄想の神か。
性戦痔ハードを唱えながら「なになに昔のおとぎ話とな」と散々自己主張しておきながら、飛行機に航空燃料と言う人間界物質を使いおった。
使う物も人間界物質なら当てたビルも人間界物質。
人間。人間。人間。
何もかも人間から一歩も出ていないではないか。
何が地獄に天使に天災だ。
……我々のイスエさまも…また然りかも…しれぬ。
人類は自らの科学技術の手で核爆弾を作った。
人類はまた自らの砂糖舐め舐め世界で神を作った』

220 :トウキョウは甘くない:2008/09/11(木) 09:28:18 ID:1ipo5cKT

『トウキョウは甘くない』
なんかジュリアナが復活したし。いいじゃないか。

『イスエ・現実は甘くない』
『イスエ・ワンダ現実0!』
『砂糖牛乳0・ブラックイスエ』
『バカオーレ・イスエ』
『カプチープ・イスエ』
『脳内ニートルーツ・イスエ』
『地獄ファイア・イスエ』
『ぽっかん・イスエ』

時代はイスエ。
なんでもイスエ。
イスエさまさま。

221 :……遊び気分か:2008/09/11(木) 12:37:43 ID:1ipo5cKT
ニュースを見る。
殺人。
不幸の事故。
不慮の災害。
不景気。
戦争。
災害。

イスエは声高らかに宣誓した。
『みんな!! ぼくは救世主だよ! 天地を支配しているよ! 本当だよ!!』

……お前さん。毎日天国で新聞にニュース番組見ているかい。生きて生き続けているんだろ。
さぁ。もう一度高らかに宣誓してみよ。
出来るか?!
出来るか?!

222 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 15:12:38 ID:1ipo5cKT
さて。イスエは海外旅行をする事となった。
『あら。イスエちゃん。日本語話せて?』
マアリが心配した。
『大丈夫だよ! マアリまま! 性霊ほんにゃくこんにゃくがあるから!!』
こうしてイスエは成口空港から出れなくなった。
『おかしいや…。誰もヘブブ語知らないや。性霊もケガ欠場しお休み中だし…参ったなぁ』
イスエはジェスチャーで日本人と話し始めた。
『私、痔ーザマス。おーっ、いえー! おーっ、いえー! 痔ざすクリクリしたい!!』
こうしてイスエは旅行客から聞いて駆け付けた百葉県警にご用となった。

223 :ジュリアナを振り返り:2008/09/11(木) 15:17:46 ID:1ipo5cKT
イスエは死徒らを前に回想していた。
『…ジュリアナか。懐かしいな。あの頃はファジー「曖昧」なんて流行ったなぁ。掃除機、洗濯機、なんでもファジーボタンがあった…』
ペロテが懐かしんで言った。
『やはりバブルは悪魔の仕業ですね。せんせ。先生はおっしゃったではありませんか「熱いか冷たいかでなくてはならぬ。なまるぬいのは吐きだそう」と』
イスエは言った。
『確かにファジーが流行したから、サタンの支配力旺盛の時だな』
イスエはジュリアナお立ち台のパンチラを懐かしみ、遠くを眺めてぼんやりと言った。

224 :産地偽装に言葉詰まるイスエ:2008/09/11(木) 15:25:48 ID:1ipo5cKT
ヨ八ネが激昂し言った。
『センセ! センセは産地偽装をどう思っていますか! 許されざる悪質な行為ですよね! 今すぐ天の炎を降らせましょうか!!』イスエは『まぁまぁ。ここは穏便に。穏便に』と言葉を濁した。
ヨ八ネとしては理解出来ぬ甘い判決である。
何かぶつぶつ不満を漏らし去るヨ八ネにイスエは振り返り見てぼやいた。
『すまん。実もオレも産地偽装した事あるんだ。
あの親戚の婚礼の時母マアリが持って来た空き瓶、シャンパーニュ地方のワインだったけど、オレ、間違ってブルゴーニュ地方のワインを入れてしまったんだ…』

225 :天の父の貧乏ゆすりだ:2008/09/11(木) 15:45:50 ID:1ipo5cKT
トンマスはインドを目指し、中国を経て卑弥呼の邪馬台国に入った。
トンマスがビックリしたのは地震の多さであった。
早速尊き主にお伺いを立てた。
イスエは早速現れたが、すぐ返事は出来ないでいた。
何故なら地殻が頑丈なイスラエロに地震はなきに等しかったからである。
数日後イスエはトンマスに現れ言った。
『地震か。トンマスよ』
トンマスは言った。
『はい。我が主よ』
イスエは言った。
『ありゃー父ゃんの貧乏揺すりだ。父ゃんが地上をこそこそ監視し、いつも苛立っている。それで我慢出来なく、つい貧乏揺すりしちまうんだ』
トンマスは深く感動し言った。
『聖なるイスラエロから大分離れましたから仕方ありませんえん』

226 :たいら:2008/09/12(金) 11:07:10 ID:DJDNjpg5
わたしたちはみなひとつである。わたしたちはお互いの力を無視できなくなっている。解決策はあるのに、力を駆使できない。何たる惨状だろう。わたしたちがみなひとつの一丸であり、それ以外の何者でもないことを理解するときだ。

227 :苦難は代わりが共に受ける:2008/09/12(金) 16:20:08 ID:Z3polwdK
イスエは言った。
『わりぃ。オレは天国に帰るわ。代わりに検事霊やるからな』
『えーええ!!』
死徒らはイスエの身勝手に驚きを隠せなかった。
『是非、先生にも老後の心配を味って頂きたかったのですが…』
ペロテが言った。
『認知症の親を持つ大変さ』
『不景気』
『家計は日の車』
死徒らは口々に言った。
イスエはぶち切れて言った。
『神が一々人間と同じ苦痛を味わう訳ねぇだろ!!
「お助けを!」と叫ぶ弱者カスを安く救い買い、高く売る!
して自分は安楽浄土の天国に汚れなく住む!
基本中の基本だろ!!』

死徒らは退いた。

228 :なんだ。汚いのか。もれらは。:2008/09/12(金) 16:23:55 ID:Z3polwdK
イスエは言った。
『あなた方は私の言葉で聖な、清くなった!!』
生き返ったイスエは抱き付こうとするペロテに叫んだ!
『近寄るな! 触るな! 私はまだ父の前に立っていない!』
ペロテはぼやいた。
『おれはばっちい老人だとよ。臭い臭い老人だとよ。任務で汚いおれ達を仕方なく愛しただけだもんな』
イスエは慌て打ち消しに躍起になった。

229 :生意気だな:2008/09/12(金) 16:29:19 ID:Z3polwdK
マグレアタリダのマアリがイスエの復活を信じ、封じた洞窟に来た。
不可思議に開いていて中に入るとイケ面兄ちゃん二人がニヤニヤして座っていた。
『あなたの探し者は既に生き返ってる・ぴょ〜ん』
マグレアタリダのマアリは、直感でこの天使達に人を馬鹿にしている空気を読んだ。

230 :嘘から出た誠:2008/09/12(金) 16:37:20 ID:Z3polwdK
イスエは人類の著名嘆願により、地上に一介の人間とし生きる事となった。
マアリは早速呆け、何処構わず糞小便を垂らし始めた。
夜は奥さんとアクロバットに奮闘。『案外難しいし疲れるな』感想を漏らした。
長男のガキは反抗期で逆に「積み木崩し」に合い殴られ、三男は泣きわめくし糞は垂らすし、ほとほと困り果てた。
家のローンは残り30年あり、更に車に教育費が上乗せされた。
イスエは叫んだ!!
『地獄より酷い!! 私は、だから、さっさと天国に帰りたかったのだ!!』
しかし。イスエ。
神の決めた事により、120歳まで地上で生きる事とされていた。
『地獄だ!!』
サタンも罪もない中、イスエは叫んだ。

231 :痛烈なる嫌味:2008/09/12(金) 16:40:21 ID:Z3polwdK
パリサイ人が叫んだ!!
『人は神になりたい! と願望があるが、神が人になりたい! と聞いた試しがない!!』
イスエは言った。
『当たり前だろ。神の方が美味しく、人間はくそマズイからさ』

232 :イスエの神聖愛:2008/09/12(金) 16:55:29 ID:Z3polwdK
ペロテは言った。
『センセ! 私はどんな事があってもセンセを裏切りません!!』
胸を張り言うペロテにイスエは冷ややかに言った。
『あなたは鶏が鳴くまでに私を三度知らぬと言う』

『いや! オレはあんな30を超え童貞な奴なんか知らん!!』
ペロテが数え三度否定すると、鶏が丁度鳴いた。
ペロテは笑った。
『センセ! 溜飲下がりました?! 預言成就しすっきりしました?! あなたのガチガチな愛の容。確かにお受け致しました』
イスエは号泣しなかった上、平然と楯突くペロテに甚だ不快になった。

233 :…皮肉な結末:2008/09/12(金) 17:27:41 ID:Z3polwdK
イスエは言った。
『見よ! 天の父はいらぬ者を切り捨て御免し火にくべる!
情けで肥料までし時を待ってやった者は尚更だ!!』
死徒らは腰を抜かさんばかりに驚いた。
『センセ。本当ですか?』
ペロテが尋ねるとイスエは胸を張り答えた。
『子は父のしていた事を見て来た』
死徒らが感極まり涙を流していると…いると…いると…。
イスエの姿が次第に薄くなり消えてしまった。

残された死徒はぼやいた。
『なんたる神聖なる真理!! イスエ殿下ですら容赦なく切り捨て御免されるとは!!』
こうして格調高きキリステ教が始まった。

234 :哀れ! シメオン!!:2008/09/13(土) 12:25:48 ID:43IHKCkb
シメオソはエロハレム神殿に住んでいて「あなたは救世主に会うまで決して死にません」と預言されていた。
さて。イスエ一向。
『センセ! 一体どちらへ行かれるんです?!』
イスエは右に左に好き勝手寄り道していた。
『はて。何か必死の訴えが聞こえるような…。気のせいか』
シメオソは100を超え寝たきりになった。
まだイスエは寄り道しては若い姉ちゃんのケツを追い掛け回していた。
シメオソは集中治療室にて人工呼吸にて辛うじて生を保っていた。
イスエは一時復活したジュリアナに寄り道した。
イスエははたとシメオソを思い出した。
『いやー。すまんすまん!!』
シメオソはイスエを見るや涙を流し息絶えた。

シメオソ。90にして寝たきりになる。100を超え人工呼吸開始。110を超え集中治療室へ。115意識遠退く中イスエに会い、その数秒後果てる。
イスエは豪語した。
『我が預言は決して落ちる事はない!! 必ず成就する!!』

235 :持っていると思われるものまで取られるであろう:2008/09/13(土) 12:36:00 ID:43IHKCkb
イスエは豪語した。
『性なる父は持っていると思うものまで持ち去るであろう! 止めよ!! 脳内妄想!!』
ペロテが叫んだ。
『あなたは真理です!!』
『はーははは!!』
イスエがかか大笑するや真言が発動した。
死徒らが急に冷たく感じた。
『おい! お前ら! 次の洗脳場所に行くぞ!!』
イスエが言うと死徒らは冷たく言った。
『おい。本来石打ちの計に会うべくローマ兵との子が何か叫んでいるな!』
『あぁ。噂の脳内妄想イスエ・キリギリスだろ?!』
その頃エロハレムの神殿はヤハオェ悪魔神殿と名を変え投石行動が盛んに行われ始めた。
ヤハオェはもっともらしい事を言い人類を束縛する悪魔となり、イスエは口達者「口先だけの無価値者」の代名詞となった。

【「持っている」と思っているものまで取られるであろう。私は真理だ】

236 :奇跡を前に:2008/09/13(土) 12:42:09 ID:43IHKCkb
イスエは難病者を奇跡にて癒した。
イスエは精神を苛む者を奇跡にて癒した。
イスエはここぞとばかりに啖呵を切った。
『健全な者に医師はいらぬ。いるのは病人だ』
トンマスが喝采を送った!!
『センセ! お見事です! センセの価値観はズバリ人間そのものです!!
病人を治す。これは人間技です!
みな幸せ。これが神の技です!』
イスエは甚だ不機嫌になった。
親子二代に渡る『舞台神聖祭典支配劇』にケチを付けられたからである。

237 :人類を嘲笑いに来たイスエ!!:2008/09/13(土) 13:05:19 ID:43IHKCkb
イスエは言った。
『みよ。私の国に入るのは東大赤門を潜る並みに難しい。しかし滅びの門は広い』
トンマスが叫んだ!
『センセ! センセの教えは最高です! 救われる確率が極めて少ない、まるでジャンボ宝くじ1等の世界のようです!! こんなの救いでも何でもなく、自分世界の自慢に他なりません!!』
イスエは甚だ不機嫌になった。

『浄土宗にとらばーゆしようかな』
イスエはぼやいた。

238 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 13:06:47 ID:LEJwGzEX
↑器の小さいイエス

名前をノーに改名決定

239 :たいら:2008/09/13(土) 16:37:57 ID:N/fGWwL+
イエスは言った。『わたしたちは一体である』と。弟子たちは尋ねた。『どこが一体なんですか?』と。するとイエスは答えた。『意識せずにはいられないところが一体なのだ』と。なるほど、一体は落ち着いた。

240 :何も言えなくなったイスエ:2008/09/13(土) 17:06:04 ID:43IHKCkb
イスエは説いた。
『ある金持ちが死んだ後地獄に落ちた。喉が乾き水を求めると、生前屋敷の外に居たぷー太郎が居た。ぷー太郎に頼んだが聞こえやしない。
神が言った。
「この者は生前散々な目に会った。犬の餌を食い、腫れ物は犬に舐められ、発情しては犬のケツとやった。お前はその時毎日宴会ばかりしていた。
だから、ここではぷー太郎が報われ、また、お前も報われる」』
聞いたトンマスが叫んだ!
『センセ。素晴らしい神です!
そんな苦しみにまみれた生前を放置出来るなんて!
幾ら罪人な私でも、そんな詳細に知りながら見捨てる行為、どうやっても出来ません!
多分、地上の最強極悪人ですら、そこまで高慢に見捨てておける者はいないかと思います!
いやー。さすがは神さまです。人智を超えた極悪非道を、よく、出来ますね!!』
イスエは甚だ不機嫌になった。
もっともらしい事を聖に言えば、みな心を打たれ付き従うと思ったからである。
『……比喩を間違えた。これでは父の薄情を証してしまったのと同じだ』
イスエはぼやいた。

241 :駄々こねる死徒 …から出た誠:2008/09/13(土) 17:12:24 ID:43IHKCkb
『あーあ。ニート30年。疲れたなぁ』
イスエは歩き周り疲れ果てた。
死徒然りである。
『センセ。なんで自慢の怪物出さないのですか?!』
ペロテが言った。
旧訳で散々預言者を前に現れては自慢した神の乗り物や怪物の事である。
『……んだな! 辻褄合わんよな!! ただの自慢だよな!!』
イスエは疲れ果て、死徒の意見に激しく同調した。

242 :たいふーん:2008/09/13(土) 17:39:46 ID:43IHKCkb
トンマスがイスエに尋ねた。
『センセ。台風って何ですか? いかような悪魔の仕業ですか?!』
イスエは答えた。
『トンマスよ。台風は洪水に近い。故に天の父が「なんでみんなぼくの言う事を聞いてくれないんだょおおお!! ぼくは悲しいょおおお!!」と過ぎ越し涙なんだ』
『つまり♪泣きなさ〜い、な訳ですか』
『イエス』
イスエは答えた。

243 :こんな破廉恥極まりないのは初めてだ!!:2008/09/14(日) 01:31:02 ID:qP37cICR
イスエは民衆を前に喜んで説いていた。
『父は性なるお方で真理である』
聞いていた童貞君が激昂し叫んだ!!
『マアリをレイプし、ソロモンに女千人与えたのがか!?』
童貞君はソロモンには千人も女を与え、私は0でこれは酷い差別だと訴えたのだ。
イスエは弟子に伝えた。
『彼は悪霊に憑かれている』
イスエは弟子に任せその場を去った。


244 :なら作るなよ。俺たちは土下座部隊か?!:2008/09/14(日) 01:37:53 ID:qP37cICR
イスエは言った。
『ただ性なる神を跪拝せよ。心を尽くし。精神を尽くし』
パリサイ人が叫んだ。
『ンならよ! 初めから作るなよな!! 俺たちは単なる土下座部隊かよ!!』
今にも喧嘩が始まりそうな空気に弟子はおろおろし出した。
イスエは言った。
『イエス』

245 :逆バアル神官:2008/09/14(日) 11:08:22 ID:qP37cICR
人類西暦2000年。
アフターキリステ2000年。
人類は調子に乗ってバカチン攻めを開始。
『おらおら! 生きて生き続けていると言うなら出してみろや!!』
バカチン観光はいつしかバカチン襲撃に変わり果てた。
バカチン司祭らは真摯に祈祷した。
が。空気に返事なし。
バカチン司祭らは中世よろしく鞭打ちし自らの体を傷つけ祈祷した。
ようやく頭の中で返事は聞こえ出し発表した。
しかし。人類を2000年脅迫し続けた「ヨ八ネ黙示録」がある。
『頭の外に出してみろ! 頭の中なら誰でも出来るわ!!』
人類は益々いきり立った。
バカチン司祭は祈祷に祈祷を重ねた。
その行為。
かつてのバアル神官そのものであった。

246 :神失格:2008/09/14(日) 11:14:27 ID:qP37cICR
イスエは言った。
『陶磁器師が打ち砕くように私は打ち砕く!!』
これを聞いていたパリサイ人がぼやいた。
『人や。まるで人や。しかもアマチュアや。プロならさい先がよーく見える。
もし失敗したら自分の無能さを責める。陶磁器壊すのは自分への責めからだ』
トンマスが叫んだ!
『センセ! センセは素人、自惚れ屋の陶磁器屋だったんですね!! 己を責めず人を責め、反抗出来ぬ物に当たる! センセはサイコーです!!』
イスエは言葉を失った。

247 :何でも守る神:2008/09/14(日) 11:17:57 ID:qP37cICR
イエスは言った。
『信仰を持ち、私に付き従いなさい。私の荷は軽いから……』
さる信者が叫んだ!
『センセは真実です! 真理です! 本当に救われ、私は軽いです! 何もかも軽く、あなたはまさに救世主です!!
本当に何もかも軽く「財布まで」軽いです!!』

248 :園庭師:2008/09/14(日) 11:24:22 ID:qP37cICR
イスエは言った。
『父はいらぬ枝は綺麗に切り落とす』
ペロテが言った。
『センセ。目隠しされても当然心の目で見てやれますよね?』
『無論だ。心眼にて可能だ』
『では』
こうしてイスエ、スイカ割り大会ならぬ、いらぬ枝切り大会が始まった。
『むぅ。これは酷い』
イスエはあるぶどうの樹を前に唸った。
「ちょきん。ちょきん」
見事、枝を打ち切った。
こうしてゲームは終わり目隠しを取ったイスエは先の酷いぶどう樹が気になった。
「ヤハオェ」
その余りにも酷く方々に枝が伸びた樹の名前だった。

249 :じゃぽねっとたかだか:2008/09/14(日) 11:30:04 ID:qP37cICR
『ぎゃあああ! お前は神の子だぁあああ!!』
イスエは啖呵を決めた。
『口をつぐめ!!』
『いと高き神の子よ! まだ時でないのに!!』
イスエは啖呵を決めた。
『口をつぐめ!!』

見ていたみんなは茫然自失とした。
イスエは早とちりした。
さるパリサイ人がぼやいた。
『……まるで深夜ショッピング番組や。演出過剰……』
イスエは漏らした。
『やっぱバレた? 本気で掛かれば端から悪霊を押さえて出来るんだけど! ね!!』
こうしてイスエはじゃぽねっとたかだか、とあだ名が付いた。

250 :サタンの慰め言葉:2008/09/14(日) 11:53:07 ID:qP37cICR
ヤハオェは切れた!!
身勝手弁えぬ人類に!
ノアの洪水!
人類一掃!
して後悔が襲った。
まるで言う事聞かぬ子を「躾」と称し、その場に置き捨て脅迫したような…。
そこにサタンからお悔やみが入った。
『まぁ。余りかっかするな。気を取り直せ。頑張れ。リリーフ・イスエを送る7回まで持たぬぞ。我らの戦いは今始まったばかりだ』
ヤハオェは号泣した。
『なんたる義理固い者よ! 敵に塩を送るとは!!』
こうしてヤハオェは気を取り直し7回裏にイスエをリリーフとし送った。

251 :休戦:2008/09/14(日) 14:38:47 ID:qP37cICR
神よ。
詳細知らぬが露店商を馬鹿にし立腹し通り魔紛いな事件起こした奴を救え。霊は救え。
犯罪は犯罪でこの世的裁きは受けなくてはならぬが、些細な幸せ。微々たる幸せを踏みつけたのであろう事が容易に推測出来る。
これこそ大罪であり不義である。
何悩みなき世を謳歌している者が、いたずらに、小さな小さな幸せを築いて必死になって支え守っていた者を踏みにじったのだ。
救え。
霊は救って報いてやれ。
それが人間の裁きと舞台全てを把握している神の裁きとの絶対的差だ!!

真の大罪者は露店商を嘲笑した者にあり!!

252 :真・奴隷無双!!:2008/09/15(月) 10:34:08 ID:lukVKmsZ
『アメダガヤ!!
神があなたの内側に住まわれあなたは神と共に生きる!!』
『えー怠け働かずの寄生虫と共に生きるのー?!』

253 :真・奴隷無双猛将伝:2008/09/15(月) 10:37:13 ID:lukVKmsZ
『アメダガヤ!!
神があなたの内に住まわれ、あなたは神と共に生きる!! あなたは悪魔の支配から解放されたのです!!』
『えー最悪。悪魔から神に支配権委譲かぁ〜。なんか人間ってフィリピンだな。スペイン、アメリカ、日本、アメリカってコロコロ変わって』

254 :ファラオより:2008/09/15(月) 10:40:32 ID:lukVKmsZ
『私はあってあり続けるものだ』
ファラオが叫んだ!
『あー! 自分さえ生き残れればアダム駅ロッカーぽい捨て、ノア秋葉通り魔、イエス総裁選を厚顔にする奴だー!!
私達歴代ファラオが「ヤハウェは自分勝手」を証し、また証続けます!!』

255 :硫化水○自殺:2008/09/15(月) 10:47:28 ID:lukVKmsZ
会堂長の娘が危篤で死に掛けているとの急報がイスエらに入った。
イスエは『ここぞ18番、見せ所! うしし!!』と駆け付けた。
『タリタ・カネ!!』
かくして少女は生き返り、周囲は腰を抜かさんばかりに驚いた。
……が。
生き返った少女が空気を読むやイスエの顔面を殴った。
『おみゃあ! なんで生き返らせただがや!! 自殺したのによ!!』
イスエは何も言えなかった。
自分さえ奇跡を興し皆のスターになれば良かったからであった……。

256 :目覚めたくなかったラザロ:2008/09/15(月) 10:54:11 ID:lukVKmsZ
『ラザロ! 起きなさい!!』
こうしてマアリ、マタル姉弟のラザロが生き返った。
ラザロが生き返るやマタルから甚だしい殺気を感じた。
ラザロがイスエに言った。
『次はあんただよ。バカだな』
イスエは後部を鈍器で殴られ気絶した。
遠退く意識の中マタルの声が聞こえた。
『せっかく処分したのにちよっかい出して。このあたしが保険金詐欺になっちまうだろ。KYしろや、何でも良し良し事すれば聖だと思ってさぁ』

257 :全人類の祈祷:2008/09/15(月) 10:58:34 ID:lukVKmsZ
サタンは言った!!
こうして神に祈れと!!
『はー。いと慈悲深き神さま。ゴタゴタでの苦痛を思い出して下さい。ノアの洪水でブチ切れた時を思い起こして下さい。自分だけ最高地位に居て聖ければ地上不幸、我地獄も万事よし也や』
サタンは得意満面に言った。
『あながち嘘じゃないだろ。全人類がすれば抹殺出来るぞ』


258 :イソップ物語:2008/09/15(月) 11:02:40 ID:lukVKmsZ
『これは酷い! 奴隷の歴史だ!!』
イソッブ兄が旧訳性書を読んで叫んだ。
イソッブ弟にインスピレーションが湧き、モーゾのシナイ半島周遊旅行に対する『君言う事聞くなかれ。ヤハウェはくたばれやと言いしや』に対する激しい抗議の思いが湧きたった。
こうして『北風と太陽』が出来上がった。

259 :なぜ光りがこそこそ闇でする:2008/09/15(月) 11:12:22 ID:lukVKmsZ
トンマスは会堂長の娘生き返りにも立ち会えず甚だ不機嫌になっていた。
『こやつは自由・平等・博愛を歌いながら、なんたる差別!!』
さすがにゲッセマネンの夜は堪えられなくなり、残された死徒と共にイスエの後を追った。
丁度モーゾとエヤリがイスエと何かぼそぼそと話をしている最中だった。
隠れ見ていたトンマスが思わず叫んだ!
『何が光だ! こそこそやりおって! 昼間は民衆にこそこそするは闇の証と言い、夜はお主がこそこそしおって!
始めから自慢だろ?! 機密ならペロテ、ヨネハなんか連れて来んだろうが!! これで光だ闇だ、言える義理か!!』

イスエはへぼテンションに下がった。
寝ぼけ見ていたペロテは、急に白衣が光輝くのを止め、戻ったのを見ていて後日周囲に話し、今日に至っている。

260 :ラザロを生き返らせている最中…:2008/09/15(月) 11:16:03 ID:lukVKmsZ
『てぇへんだぁ! あ、てぇへんだぁ!!』
イスエの元に急使が来た。
『センセ。大変です。ロシアで飛行機が落ち90名近くが死にました』
周囲に電撃が走った。
急使は余計な一言を蛇足で言ってしまった。
『旦那。人一人生き返らせて自己満足し喜んでる場合ではありませんぜ!!』

イスエは甚だ不機嫌になった。

261 :イスエ総辞職・イスエ不信任案:2008/09/15(月) 12:54:58 ID:lukVKmsZ
イスエは地上に蔓延する『イスエはプラシーボ』に萎れ座と権威を手放す………………訳ねぇだろ!!

262 :ベトナム・イラク帰還兵:2008/09/15(月) 13:04:20 ID:lukVKmsZ
ファティスで奇跡を受けたルアチはそのまま修道女になり寿命尽きて果てた。
その体は防腐剤を施していないのに、未だ腐敗しないと言う。
ある者が泣き崩れた。
『どうなされたのですか?』
信者は神の奇跡に打たれかと思った。
『私はベトナム奇跡兵でね。仲間がたくさん死んだ。
腐った死体なんて当たり前。仲間の遺体を持ち帰れず、こう、兵士プレートだけ「すまんな」と引き抜いて、慟哭し持ち帰ったもんだ。
それに引き換え、このご婦人は……』

信者は退いた。
トトBIG6億1人に感激するようなものだ。

263 :黒十字:2008/09/15(月) 13:10:34 ID:lukVKmsZ
さる聖人の日だけ、普段は凝固しているその聖人の血液が不可思議に液体に溶けると言う。
その聖人記念日にたまたま居合わせた看護婦が泣き崩れた。
『いかがなさいました?』
奇跡、ミラクルを前に感極まったかと思ったのだ。
『わたくしはある大病院で看護婦長をしております。
この前、交通事故で患者が出血多量し、輸血もままならず大変困った手術をしました。運よく助かったのですが…。
この奇跡を見て、遊びを感じ憤りを超え、こう泣き崩れたのであります』

信者は退いた。

264 :耐震偽装:2008/09/15(月) 13:21:26 ID:lukVKmsZ
イスエは民衆によく説いた。
説くのに快感を覚え、快感は泥酔と化した。
『罪深き腐れ短小ちんぽこ野郎共! 天国に入るのなんて、なんて、難しいか、まーだ分からんかぁあああは!! プファー』
イスエ口先に馴れていた民衆も負けてはいない。
『あら。やだ。センセ。「道行く者がいたら一緒に行かないか? 半日でなく1日付き合わないか? 上着だけでなくパンツもやらんか? 右頬打たれたら尻穴差し上げないか?」ですわよね?』
イスエの目は座っていた。
『あー。お前ら。神相手にやるって言うんかー!?』
民衆も負けてはいない。
『センセ。恐れず言い現しましたわ。「天国求める者にはハーレムも差し上げなさい」ですわね』
『……』
イスエ。辻褄考えずその場その場の人気取りしてた為、ここに潰えた。

265 :UM:2008/09/15(月) 13:33:01 ID:lukVKmsZ
世界機構からバカチン法皇が招聘された(プロテスタソトは明確な代表がいない為)。
バカチン法皇は顔を緩め喜んだ。
『さては私の立場が中世のように回復か』

しかし。
招聘先では下令が待っていた。
『アフリカ飢餓救済の為、現人神にして地上代行者。天の父に願いナマを降らせよ By信長』
なんと! 地上の飢餓救済はバカチン法皇1人で即決ではないか!!
しかし。肝心なバカチン法皇は屈辱に身悶えし震えていた。
『ナマなど降る訳がなかろう!!』
現人神、地上代行者の魂からの叫びであった。


266 :大泉純一朗:2008/09/15(月) 13:38:14 ID:lukVKmsZ
大泉純一朗は叫んだ!!
『第7の天をぶっ壊す!!』
『聖域ない皆平等改革』
『ヤハオェ特権廃止平民化』
特にヤハオェの特権を無くすのを強く叫んだ。


267 :システムトラブル:2008/09/15(月) 13:41:30 ID:lukVKmsZ
天国にシステムトラブルが起きた。
口先悪霊イスエが『急逝主』と登録され、そのまま施工されてしまった。
そして現在に至る。

268 :その通りだ!:2008/09/15(月) 16:32:44 ID:lukVKmsZ
イスエは言った。
『待て。止めようではないか。武器を持つ者は武器によって滅びる』
ペロテは答えた。
『センセ。因果応報…って訳ですか』

イスエはその後十字架に架かっていた。
『なんとかならんのか?!』
少し哀れみを持ってローマ兵が言うと、パリサイ人が言った。
『我々は鉄の掟の中に生きている。異邦人は黙っていなさい。「裁く者は裁きで滅びる」定めなのだ』
聞いてしまったイスエは青ざめ受け入れる覚悟を決めた。

269 :全能神に尋ねて曰く:2008/09/15(月) 18:23:33 ID:lukVKmsZ
『ねぇ。パイパンってなぁに??』
知らねば全能神とし鼎の軽重を問われる。
口に出し説明を始めたらこれまた鼎の軽重を問われる。
ヤハウェは言葉に窮した。
『ねぇ。全能の神さま。パイパンって、なぁにぃ??』

270 :よくある話し:2008/09/15(月) 18:28:47 ID:lukVKmsZ
イスエは民衆を前に説教をし、合間の休みを入れた。
『センセ。お疲れ様です』
『お! 悪いね!』
イスエはちびびたドリンクを飲んだ。
そのうち『また昨日の夜は激しくやったんかー!』『いやーははは。潮吹きしてみたいがな』とエロ話しが始まった。
イスエはここでは師匠センセではなく、聴講生にならざる得なかった。
非常につまらん、嫌な時だった。

271 :イスエ山に去る:2008/09/15(月) 18:32:06 ID:lukVKmsZ
イスエはヤダヨ人に担がれヤダヨの王にされると知るや山に退いた。

イスエはヤダヨ人に『センセ。おれ彼女をイカせた事ないんですが、どうしたらいいんですか』とか『センセ。彼がフェラを強要します!!』とピンク相談を受けても同じく山に退いた。
ヤダヨ人は言い合った。
『どうも彼は山が好きで好きで仕方ないらしい』

272 :痛烈な嫌味:2008/09/15(月) 20:25:56 ID:lukVKmsZ
イスエは十字架上でくたばっていた。
ヤダヨ人が屁をかまし言った。
『これが裁かれる側の痛みというものだよ。せっかく自分で苦しみを定めたんだから、滅多に味合わない地獄をたんと食べてくたばるんだよ』
イスエはぐぅの音も出なかった。

273 :見よ! 私は雲に乗って来る!!:2008/09/15(月) 20:28:37 ID:lukVKmsZ
イスエは再臨したくも出来ないでいた。
『参ったな。当時の妄想で朕の乗り物は雲になっちまってる。今や不可能だ。子供すら騙せない。昔は良かったな……』

274 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 22:03:09 ID:DqOYQRaq
めでたし性癖充ち満てる性女マリア
主 御身とともにまちません。
御身は女のうちにて祝せられ
売春で出来たイエスも祝せられたもう
天主の職業女マリア
罪人なる支那蓄と朝鮮菌は見捨てます
今も臨終のときはマリア親子で狂い死にしてください
ザーメン


275 :……変な弁護れい:2008/09/16(火) 11:35:44 ID:IjdEaFM5
携帯ニュースとテレビでちらっと見た。
白山神社事件。
人1人が死に6人重軽傷が出た以上、この世の裁断は免れないが、世論は安易に『鬼畜!!』と裁断するであろう。

私は軽トラ突撃かと思ったらどうもベンツらしい違いはあったが、私は犯人の気持ち分かる。
『人の言葉・空気による攻撃』
は往々にして犯罪にはならない。
私はよく受けて来たから、加害者の感情の起伏に関してはよく分かる。
この世の犯罪としては犯罪で処断されざる得ないが、安易に追随し一方的に迫害するのは、実は一番の大罪なり。
まさに右の頬を打たれたら左の頬を差し出せであり、カッ! となった純真者の聖なる霊を喚起させるべきである。

私は聞こえよがしに、気軽に人を侮蔑した者を憎む。

276 :イスエの実力:2008/09/16(火) 12:10:49 ID:IjdEaFM5
イスエ。
ヨフセとマアリの子。
つい間違った道を進み神と称し民衆を惑わす者とし処刑される。
安国合祀出来ぬS級戦犯。
無縁仏とし墓標に微かにその名を留める。

277 :イスエの飽きっぽさ:2008/09/16(火) 12:16:22 ID:IjdEaFM5
イスエは言った。
『私は命を張る! 誓う! 誓った!! (新訳)契約書にもサインした!!』
3歩歩いた所でペロテが尋ねた。
『センセ。先程の宣誓、覚えています?』
イスエは破顔し言った。
『なんか言ったか? 今度の糞は朝の牛乳に反応しびちびちびちびちうんちなど、預言はしとらんぞ?』
ペロテは額に手を当て叫んだ。
『オー痔ザマス!!』

278 :ヤハウェの大嘘:2008/09/16(火) 12:19:59 ID:IjdEaFM5
ヤハウェは謙虚にへり下り言った。
『ぼくは人間になりたいな。身分不相応かな。人間はいいな。自由で。気ままで』

さっさと降格しろや!!
神になりたい人間なんてぎょうさん、おるわい!!
お前の代わりなど、なりたくて仕方ない奴らばっかりだわい!!

279 :イスエの実戦成績:2008/09/16(火) 12:33:20 ID:IjdEaFM5
ここはカトリソク圏。
エクソシスト(悪霊払い)は実在する。
さて。
『神母さま! 今時ではありますが、この子に悪霊が憑いたようで大変困っております!!』
神母は深く頷いた。
して十字架のイスエに向かい祈祷を始めた。
『はぁ! はああ! はあああああ!! なーまくさんだんばら おんしらまんこ そうだ?!』
神母は振り返り母親に告げた。
『悪魔払いは終わりました』
母親はきよとんてしていた。
神母は言った。
『自分が神だと思う悪魔に憑かれ、決して疑わぬ愚かな悪霊に憑かれし者をたった今除霊しました。この子の悪霊も親分が撃退された事により自然と引いていくでしょう』

280 :サタンより:2008/09/16(火) 12:37:02 ID:IjdEaFM5
『ギリシャ神話の神、いいよなー!』
『いやー。オレはバビロニアだな!』

サタンはヤハウェに言った。
『駄目じゃないですか。人間が作った頭の中の神に負けるなんて。実在する神とし恥ずかしくないんですか?』
ヤハウェは沈黙し何も言えなかった。

281 :始末書の山積み:2008/09/16(火) 12:40:59 ID:IjdEaFM5
『○○病新たに蔓延!!』
『○○国××侵攻!!』


おい!!
この飯屋を名乗るあほうに始末書書かせろ!!
天地支配主として引責させろ!!

282 :角舘花火大会:2008/09/16(火) 13:04:51 ID:IjdEaFM5
『ここ陣取ろや』
『ここがええなぁ』
ここはエロハレム神殿。
某日15時少し前。
どうも神の業が見られるらしい。
『びりっ! びりりりりりぃいいいいん!!』
神殿の幕が裂けた!
『見たか?!』
『見た! 見た! 新世紀への開幕、神の証だ!! 素晴らしい! 私は新世紀への開幕に立ち会えた! なんて素晴らしい事だ!!』
『富土山ファイヤなんか比べものになんね!!』
『角舘館花火大会なんて比じゃねぇな!!』

283 :イスエ最大奥義!!:2008/09/16(火) 17:14:20 ID:IjdEaFM5
イスエは死から生き返った。
『…で?』
生き返った後、誰も相手にしなかった。
イスエは自ら自虐し発動した最終奥義が無視され、非常に腹立たしく思った。
『みんな! 死からの生き返りって凄くな〜い?! 凄いよね! ね! ね!!』
ヤダヨ人は農作業に忙しく口で生きていけるイスエとは違った。
『あ。そう?』
イスエは意固地になった。
『凄いんだ! 凄いんだ! ぼくは凄いんだ! 死から生き返った! だから凄いんだ!!』
ヤダヨ人はマアリを捕まえ言った。
『あんた。一体あの阿呆に何を躾た? こちらは農作業で忙しいんだ。あれみたいに口で生きて行けないからな』
マアリはイスエの耳を引っ張って回収した。
イスエは引っ張られながらも、最後まで『ぼくは凄いんだ。人類史上初死人からの生き返り。ぼくは凄いんだ』喚きを止めなかった。

284 :人気取り:2008/09/16(火) 17:29:36 ID:IjdEaFM5
イスエは奇跡を起こしては『ありがとうございます!』と感謝されるのを非常な楽しみとしていた。
『さてと! 今日も奇跡し感謝されるかな!!』
も〜イスエ人気止まらない。
どこ行ってもイスエ。便所入っても「イスエの尻穴掘りたい」、ビデオショップには「イスエ愛の乱交パーティー」、世界はイスエさまさまに染まった。
が。
誰かが言った。
『ひょっとしてオレ達不幸なのは全てイスエの奇跡の為の具材なのではないか?』
イスエ人気の潮が引き出した。
『よくよく考えれば、そこまで聖ならよ。黙ってするよな。いや。不幸事態存在させないよな。白昼堂々と見世物紛いに奇跡なんか本物はしないぜ』
風向きが変わった。
イスエは悲しくなった。
自ら言った真言『善幸は隠れてしなさい。パリサイ人のように「人気取り」で人前でするのは既に報われているのである』に束縛され成就するなどとは……。
口を滑らせ聖を語りまくっていたのが仇となり、自ら棺桶を作ってしまっていた。

285 :イスエに原罪はありません:2008/09/17(水) 13:38:30 ID:aAR4Jaup
マアリと神の獣姦の子が……?

286 :当時は通用したんだよ! 文句あるかよ!:2008/09/17(水) 13:41:48 ID:aAR4Jaup
イスエは天にそのまま昇って消えた。
マアリ然り。
預言者エヤリ然り。

『性書は神話と違い真実なのです!』

高度1万mに昇った風船おじさん達は真実……です!!

287 :生き返った硫化水○自殺者:2008/09/17(水) 13:44:17 ID:aAR4Jaup
イスエは奇跡にて死人を生き返らせた。
生き返らせた者はこの世が嫌になり自殺した者だった。
息を吹き返すや第一声。
『お前。勝手な事するな。迷惑だ』

288 :鳩屋より:2008/09/17(水) 14:00:31 ID:aAR4Jaup
ノアの洪水も終盤。
ノアは鳩を飛ばした。
1回目。
駄目だった。
2回目。
駄目駄目。
3回、4回、666回……。
ついに鳩の在庫が尽きた。
『あったりめーじゃん! いきなり訓練も積まず何もない世界飛ばしたって地形把握出来る訳ねぇだろ!!
実際ノアがやったとなるとバカか動物虐待やでぇ!!』

289 :本当は「あほう」使いたかったんだよ:2008/09/17(水) 14:04:44 ID:aAR4Jaup
ノアは『訓練を積んでいない鳩をいきなり飛ばすなんて、バカの極みよ!!』と言われたのにカチン! と来て言った。
『本当はよ。オレはあほう鳥使いたかったけど、後々高貴に纏めたいヤハウェが「あほう鳥だけはいかん。あほう鳥だけは」と止めさせられたんだよ』

290 :ソロモンは大したことない:2008/09/17(水) 14:12:32 ID:aAR4Jaup
イスエは言った。
『ソロモソの百合、着飾りは大したことない』
当時ソロモソは知恵者と言われていた。
聞いたヤダヨ人はキレた!!
しかし。ソロモソ。
『太陽は地球を周っている』
『神は雲の上にいる』
……確かに結果大したことなかった。

291 :呆れ果てる神話の神々:2008/09/17(水) 22:52:14 ID:aAR4Jaup
ヤハウェはノアの洪水で人類抹殺を企んだ。
ヤハウェはイスエにて愛を歌い救済を言った。
バビロニアのイシュタル女神が呆れ言った。
ギリシャのアテナ女神が呆れ果て言った。
『卑しくも神と名が付きながら、なんたる朝礼暮改!!』

292 :痛烈なる燕返し!!:2008/09/17(水) 22:56:49 ID:aAR4Jaup
『ええ。生きる神は唯一イスエさまにて、あんな神話のアテナ女神にイシュタル女神なんて人間が作ったのに過ぎません』
『本当ですか?』
『ええ。イスエさまは唯一生きている神であります』『本当ですか……』
『しつこいですな』

となると、唯一人間に殺されたおめでたき神となる。イスエは。
アテナ女神もイシュタル女神も人間なんかに殺されていない。


293 :あれ? なんでイスエは生きていられるの?:2008/09/17(水) 23:08:28 ID:aAR4Jaup
ダビデはバトシェバとしてしまい、子が出来た。
生まれた子はヤハウェに即座に打ち殺された。
将軍の妻であるバトシェバと和姦の子、不義の子であるからだ。

マアリからイスエが生まれた。
即座にヤハウェはイスエを叩き殺した。
マアリにはヨフセと婚約していて、不義の子であったからである。

時に真理は残酷である。

294 :消化器官正常イスエ:2008/09/18(木) 09:27:44 ID:ENWvQFzQ
イスエは荒野にてサタンと対峙しておりました。
数日経つと腹が減りました。
腹が減ると言う言は消化器官が健在であり、消化器官がまともに働いている事を指します。
つまり。
イスエはちゃんと糞をしていました。

あーあ。
荒野で腹減ったなんて第三者に自己自慢し漏らさなければバカにされなかったのになぁ!!
イスエはバカだなぁ!
一時の満足の為に野糞してた証をして!!

295 :糞を取り合う信者:2008/09/18(木) 09:35:02 ID:ENWvQFzQ
『この布はイスエ死後くるまれたとされる聖遺物です』
『これはパロウの聖遺物とされています』
『これはペロテの……』
あーそうでっかー。
さて。
サタンと荒野で対峙していたイスエは腹が減ったと言う以上、自ら『私は糞しつた』と明言したに他ならない。
『急逝主の糞!』
『急逝主の糞食えば死なぬ体になるらしい!!』
こうしてイスエの聖汚物争奪戦が始まり、人々は糞まみれになった。

幼児ポイ捨てはアダムのヤハウェから。
民族浄化はノアの洪水から。
レイプ魔はマアリのヤハウェから。
スカトロはイスエの糞から。
こうして性霊により人類は益々汚れていった。

296 :身から出た錆:2008/09/18(木) 09:39:00 ID:ENWvQFzQ
さて。
一部の信者の前にだけ現れた、死から生き返ったイスエ。
黙っていれはいいのに、イスエに会った人々は口々に自慢した。
聞いたパリサイ人はイスエに呆れ信者に言った。
『どうも気に入らない者は差別し決して救わず、地獄にアイシユッビッツさせ溜飲下げるらしい』
こうしてイスエは急逝主と呼ばれず『ヒムラー』すなわち『アイシユッビッツに送る者』と言われるようになった。

297 :皮肉な因果:2008/09/18(木) 09:57:50 ID:ENWvQFzQ
ヤダヨ人はどう足掻いても勝てない大国に阻まれ悔しく七転八倒していた。
バビロニア、ギリシャ、ローマ……。
時代の変移と共に、強大な軍事力、芸術、倫理を前に勝てなかった。
『よし! 脳内妄想だ!!』
ヤダヨ人は砂糖を舐めに舐め、シノプスに電気を飛ばし世界名作劇場ヤダヨのハイ痔、真理を探して3歩を作りに作った。
かくして自らの世界に陶酔し、人が住んでいた土地パレスチナに戻り『我々の空想物語に我々のものだと書いてある!!』と住み着いてしまった。

そこにヒトラーが生き返った。
ヒトラーは民族浄化記念館を前に例の調子で演説し始めた。
『真の歴史の支配主は神である!! ヤダヨ人は脳内妄想とご都合主義なら世界一である!!』
ヤダヨ人は自分達の正統性が自らの価値観で否定され激昂した。

298 :教科書検定でケチを付けるバカチン:2008/09/18(木) 10:01:39 ID:ENWvQFzQ
教科書に『国際連合はニューヨークにある』と明記させようとしたら、第7の天にバカチンからうるさく抗議が始まった。
彼らの言い分は世界を纏める中心は第7の天であり、地上代行者の黄泉も勝てないバカチンでなければならない。
一斉に天で、バカチンで、自分達こそ正しい中心であると抗議デモが始まった。


299 :性霊を受けなさい:2008/09/18(木) 10:08:47 ID:ENWvQFzQ
イスエは言った。
『性霊を受けなさい』
信じた者は性霊を受けた。
するや腹が膨らみ皆妊娠した。

300 :専売特許:2008/09/18(木) 22:06:19 ID:ENWvQFzQ
『復讐は私がする。だからお前は考えるな』Byヤハウェ
これの正しいヘブブ語の原文。
『復讐は私の唯一無二の楽しみだ。お前の出る幕はない』

301 :ハゲザンス〜♪:2008/09/18(木) 22:11:21 ID:ENWvQFzQ
エリシャは散歩してた。
「あーハゲだー」
幼稚園児に捕まった。
「♪はーげ」
「♪はーげ」
「♪はーげ」
エリシャは熊を出させ幼稚園児に復讐を果たした。
時に町に現れる熊、一見動物園から逃げ出したかと思うワニ、みなプライド高き神の預言者エリシャの復讐である。

302 :エリシャ面目丸潰れ:2008/09/18(木) 22:16:52 ID:ENWvQFzQ
エリシャはエリヤの後を継ぎ死人を生き返らせた。
『ありごとぅごぜぇますだぁ〜よげんしょさまぁ〜』
エリシャはエリヤの後を継げた事に得意満面、鼻高々。
が。
余計な一言が落ちた。
『この方、この前、ハゲと言われ熊を出し幼稚園児に復讐したそうよ』
エリシャがはたと止まった。
『あぁ! 死人を生き返らせる聖なる霊を内臨されるお方もハゲは治せないのか!!』
エリシャ、ハゲの一言に血圧が上がった。
『きっと内臨されている聖なる霊がハゲなのよ!!』
霊の血圧も一気に沸騰した。

303 :イスエ自慢話:2008/09/19(金) 01:46:09 ID:Hgp249hF
『いんや。お前は鶏が鳴く前に3回私を知らぬと言う』
イスエは装備されてるイージス預言能力テポドンを誇示。
何も信仰だとか正義を言いたいのではない。
『権力誇示による平伏奴隷化』
これぞイスエ戦略。

さて。鶏泣いてペロテも泣いた。
ペロテだってイスエと対等以上なら『なんだてめぇ』と間違いなくやり合う。真理にひれ伏しているのではない。権力に平伏しているのだ。
ペロテは負けずにユダが自殺した畑に行き墓標を立てた。
『神を正しい価値銀貨13枚で売り、神が「安い」と激昂し良心を呵責させ自殺に追い込まれた者、ここに眠る』
ペロテは溜飲を下げた。


304 :ヤハウェ脳水相:2008/09/19(金) 02:11:52 ID:Hgp249hF
ヤハウェは地上に蔓延る悪魔に汚れた霊の責任『汚れ霊転居事件』を追訴された。
ヤハウェは前時代的お神である。
『なに。将来お前らが行く予定の地獄に比べれば666分の1だ。大したことない』
と発言し、人類の目を白黒させた。


305 :第7肛門:2008/09/19(金) 02:19:21 ID:Hgp249hF
『控えおろぉー! ここにおわす方をどなたと心得る! 第666の天におわす天の副将軍イスエさまであられるぞ! 一同、頭が高ーい!!』
してイスエの言。
『ははは! ははは! ははは! 馬鹿な奴らよの。私は命の水。知っていればそちから「飲ませてくれ!」とたのんだであろうに』
天下の副将軍と天の副将軍。
たった一文字違うだけで品性は無くなる。

306 :独り闘うイスエ:2008/09/19(金) 02:27:15 ID:Hgp249hF
イスエはOAV『北東の拳』を見ていた。
『お前は既に死んでいる』
イスエは独り激しく憤り立った。
イスエはOAV『聖闘土星矢』を見ていた。
『はぁあ! 燃え上がれ、オレのプラシーボよ!!』
『立ち上がるんだ! ここで負ける訳には、いかない!!』
イスエは破顔し言った。
『この作品は神の国を現している』

307 :慟哭すべし! イスエ!!:2008/09/19(金) 02:54:28 ID:Hgp249hF
イスエは言った。
『なんたる薄い信仰!』
『まだ分からぬのか! まだ悟らぬのか!!』

言っているイスエ自身が信用がまるでないと分かっていなかった……。

308 :みなが願い果てたヤハウェ:2008/09/19(金) 11:35:59 ID:Hgp249hF
『もー頭来ただよ!!』
ヤダヨ人は心奥底から叫んだ。
思い返せばバビロン補因。
モーゼのシナイ半島40年山手線。おまけにモーゼは約束の地を眺めさせてやるだけで入れさせず抹殺。
ギリシャは興りローマは興り、常に服従に奴隷。
ヤハウェがする事としたら『わしは神だ。おる。おり続けている』
と変な生き物や羽付き人間を見せるだけ。
エジプトで、シナイ半島で、バビロンで、ローマ支配下で、散々辛酸舐めた者達が叫んだ。
『もーこんな神嫌だっぺー!! ヤハウェ氏ね氏ね!!』
合唱が始まった。
『ヤハウェ氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね!!』
『氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね!!』
ヤハウェは真理である。
みなの真摯な祈りは聞きざる得ない。
こうして十字架にて『人々の願い』を聞き、ヤハウェは果てた。

が。
一部の良心的な人間により『あれは神の購いなのです』と新解釈が始まり広まった。
しかし。本当は『ヤハウェ氏ね!!』の真摯な祈りであった……。

309 :神は人の心全て承知:2008/09/19(金) 11:47:00 ID:Hgp249hF
ヤフセは生まれた子、レイプの子イスエの頬を無意識につねった。
『貴様にオレの油揚げ取られた気持ちが分かるか!!』

さて。
東方の三賢者が霊に唆されメシアが誕生したのを知り、霊に囃し立てられ賛辞しに現れた。
多少の献上品を持って。
ヨフセは荒ぶる鼻息を静め内心言った。
『神は人の心をよく知っている。これはクソ餓鬼の養育費と慰謝料とし当然とし頂いておく』
ふん! 鼻息荒いヨフセ。
味をしめたヨフセは、後日何度も何度も天使を遣わせ『過去の歴史』にて賠償させた。

こうしてイスエが果てるかなり前に、ヨフセはこの世から抹殺された。

310 :まだ満足出来ないのかしら:2008/09/19(金) 11:59:07 ID:Hgp249hF
イスエが生き返り昇天した。
残された死徒らは仲間と共に祈っていた。
ユダの欠員の代わりに新たに追加されたステファノンが祈っていたが、俄に座禅が嫌になり、つい漏らした。
『あーあ。やってらんねー。神はよ。第7の天で熾天使に24の長老な絶えず賛美されてんだろ。まだ満足しないのかね。
そんなに被創物を賛美させるだけの道具にしてるなら、端から創るなよな。被創物側としえれぇ迷惑だ』

一同退いた……。

311 :人類を馬鹿にしている!:2008/09/19(金) 12:20:36 ID:Hgp249hF
狂会。
『昨今はアメリカの大企業の倒産が相次ぎ、また日本経済も未だ不透明です。
さ!!
こういう時こそ神に祈るのです!!』
ヨネハ黙示録の講義が始まった。
『…神の宮は絢爛豪華、あまねく光り輝き、荘厳に威厳がありました』
神の権威を象徴する部分を読むと、牧帥は先週の宿題箇所を読み直し出した。
『サタンは言いました。「あなたのその財産を全て売り払い、貧しい人に施しなさい。さすればあなたは人々の心にいと高き宝を積む」しかしヤハウェは金銀財宝を愛していましたからその場から立ち去りました』
立ち所に信者が『アーメソ、その通りです』と言った。
一人先週の講義を休んだ者がいた。
『サタンは言いました。ある旅人が今はなき蜘助に襲われ身ぐるみ剥がされ、おまけに怪我を負わされました。
初めに天使がやって来ました。「罪人だ」捨て去って行きました。
次にイスエが来ました。「どうしようかな…でもこの人貧乏そうだ。見返りは期待出来ないな」迷った挙げ句結局無視し関わり持たないよう去って行きました。
次にヤハウェが来ました。「はん! 今は殺すのやめたる!!」
最後にベリアルが来ました。「おお! なんたる哀れな! 私は金銀財宝に囲まれた宮殿に天地所有もしとらん! しかも金女を与える権能すらない! しかし。私にはヤク夢を見させられる力はある!」
かくして旅人はベリアルのヤク夢にて幸せに果てるのでした』
牧帥は言った。
『これは自分は正しいと主張し、裏ではしこたま稼いでいる者は嫌われる……と言う話しです』
『アーメソ!』
『アーメソ!!』
狂会は真理に包まれ、有るのに与えない性なる者を憎み、何もないのに人を思いヤク夢見せるベリアルを賛美した。

312 :封建時代は問題なかったが…:2008/09/19(金) 19:53:19 ID:Hgp249hF
バカチンは頭抱え悩んでいた。
例の名文句『尊き主』である。
封建時代が廃れ、廃れただけなら未だしも、嫌われ拒否される昨今、主従・奴隷関係を現しているに他ならないからだ。
『尊き』は残したい。
バカチンはうんうん唸り、決めた!
『尊きイケメン・イスエをベリーベリー愛す』
まるで官庁のお役人ギャグにみな退き、欧米ではイスエ廃棄運動が高まり、ついにはイスエ・キリギリス教に止めが刺さった。

313 :私はレイプ幇助罪はしていないByガブリエル:2008/09/19(金) 20:01:57 ID:Hgp249hF
ガブリエルが女子高生の前に現れた!!
『おめでとう! 神があなたとチョメチョメしたいそうです!!』
今時の女子高生は強い。
『キャー! 変態!! 痴漢!! 強姦魔!!』
道を行く義勇な通行人に取り押さえらる、こうしてガブリエルはご用となった。


314 :預言者の前で仕方なく『萌え〜』をするヤハウェ:2008/09/19(金) 20:07:39 ID:Hgp249hF
預言者が夢でヤハウェの前に立った。
しかし。
エリヤやダニエルの時代ならいざ知らず、今となって現れても信用が丸でない。
『わしを疑うか?』
『いえ。滅相もありません』
『わしは天地宇宙に万物を支配しておる』
『……』
そこで預言者はヤハウェにさる注文をした。
ヤハウェは答えた。
『萌え〜!!』

預言者はヤハウェが全能だと信じた。

315 :ほととぎす:2008/09/19(金) 20:12:57 ID:Hgp249hF
ヤハウェは答えた。
『鳴かぬなら地獄に叩き落とすぞホトトギス』
イスエは答えた。
『鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス』
性霊が答えた。
『鳴かぬなら妊娠させ鳴かしてみせようホトトギス』

316 :視姦は強姦したのと同じである:2008/09/19(金) 20:17:00 ID:Hgp249hF
イスエは言った。
『視姦は強姦したのと同じだ』

預言者がヤハウェの前に立った。
『ヤハウェ様。マアリさまと結果やった時、ヤハウェ様は上でしたか? 下でしたか? 後ろでしたか?』
ヤハウェは息子イスエが余計な一言を人類に流布したのを非常に憤った。

317 :パワハラ訴訟・マアリ:2008/09/19(金) 20:18:39 ID:Hgp249hF
マアリはイスエを生んで要済みになったのを心身共に知った。
マアリはヤハウェに対し『パワハラ訴訟』を起こした。


318 :イエス・キリスト:2008/09/19(金) 20:18:53 ID:Qdjv30Uc
ふむ !

319 :ニュース見て:2008/09/19(金) 21:04:16 ID:Hgp249hF
あーあ今日も事件に事故ばかり。
イスエさまってお遊びで十字架に架かったのかな。
頼みますよ。
2000年も、一部の人間は未だに霊的土下座をしているんですよ。
頼みましたよ。


320 :ゴミ分別:2008/09/19(金) 21:20:15 ID:Hgp249hF
『えっと。ヤハウェは粗大ゴミかな。カミだけど燃えないから、燃えないゴミかな』

321 :直接手を汚さず…基本中の基本だろ:2008/09/19(金) 21:49:58 ID:Hgp249hF
預言者はヤハウェに問うた。
『なぜ悪魔をお作りになられ自由に為されているのですか?』
ヤハウェは答えた。
『お前。時代劇を見ぬか。真の悪は直接手を汚さぬ。代行者にやらせ、いざとなったら代行者のせいにする。そんな初歩の初歩を知らんのか。バカだな。お前』

322 :ファラオより:2008/09/19(金) 22:06:38 ID:Hgp249hF
エジプトのファラオはヤハウェから十災の嫌がらせを受けに受けていた。
『ほほほ。ヤハウェは朕に先に手を出させ、真珠湾奇襲させ、大義名分を得たいらしい。実に甘いわな』


323 :今時の女子高生を前に:2008/09/19(金) 23:07:41 ID:Hgp249hF
イスエは生き返った。
『はーはは! 人類史上初! 死からの生き返り!! 私の心は青かった! 人類に取って大きな一歩だ!!』
が。
『くーさーい! おぢさん・く・さ・い!!』
の一言で地に堕ちた。

イスエは3日間風呂に入っていなかった。

324 :限界:2008/09/19(金) 23:46:41 ID:Hgp249hF
イスエは言った。
『信仰の薄い者とは油のないランプを持ち、午前様で帰って来る主を迎えるようなものだ。信仰篤き者は油には困らないが、信仰薄き者は油が持つか持たぬかハラハラする』
ヤダヨ人が言った。
『センセ。今ならダイナモ付き(発電機能付き)ライトありますよ!? あれなら無制限ですが?』
イスエが硬直していると、パリサイ人が更に突っ込んだ。
『嗚呼! バビロン補因だ、補因からの解放だ、メシアを送る、処女妊娠、パンツ一丁で私は果てる……500年は預言出来る神も2000年は無理だったか!!』
イスエは逝った。

325 :最低限の生活保障:2008/09/19(金) 23:53:30 ID:Hgp249hF
ダニエルは唆された王様により獅子が住む井戸に放り込まれた。
翌朝王は正気になりダニエルを心配し井戸に駆け付けた。
『心配いりません。王様。神が天使を派遣して下さいましたから』
ダニエルは笑って手を振って答えた。
王様ははたと悩んだ。
『お主の神はこうなる前に阻止するとか、井戸から引き上げてやるとか、しなかったのか? お前。獅子に食われはしなかったが、この狭い井戸の中。獅子の糞小便まみれぞよな』
ダニエルの笑いが浮いた。

326 :悪霊憑きを推奨:2008/09/20(土) 00:10:20 ID:7XKpR97N
イスエは7つの悪霊に憑かれしマタグラのマアリを誉め称えた。
『かの者は広まる副音の先々で知られる』
バカチン初代法皇ペロテですらそんな愛されたお墨は頂いていない。
それ以降悪霊呼びが盛んに行われるようになった。

327 :怪物くん・イスエ:2008/09/20(土) 00:16:43 ID:7XKpR97N
ここは狂会。性書学習会。
『喜印さん。次、読んで下さい。はい。ヨネハ黙示録第6章6節からです』
『尊き主の目はらんらんと輝き、舌からは剣が生え、毛は白く、声は轟かんばかりで……なんか怪物みたいですね。ぷぷぷ』


328 :閻魔帳:2008/09/20(土) 00:52:16 ID:7XKpR97N
イスエは最後の審判で閻魔帳を広げた。
細かい罪に目をぱちくりする人間にほくそえむイスエ。
『はーははは! 全能を思い知ったか!!』
罪人Aは言った。
『しかし。よくこんな蛙に爆竹ケツ刺し殺したとか覚えてまんな。あんた、細かいでぇ。関西人はな。細かい事うじうじ言うの嫌いなんや!!』
イスエは最期の審判を受け逝った。

329 :どうするんだろ:2008/09/20(土) 01:16:08 ID:7XKpR97N
最近ヤハウェは物語を更新していない。
地獄の炎は消火器にて消され、
天使の移動はF15に負け、
死からの生き返りは自殺願望者からすればいい迷惑で、
年金は支給されそうもなく老後の心配があり、そう易々と生き返りたくもない。
…どう更新するんかな。


330 :王子と燕:2008/09/20(土) 01:23:21 ID:7XKpR97N
バカチンで十字架上にいたイスエは燕とお友達になった。
燕はある貧しい村の子が衣類に不自由し冬は寒くて震えていると聞いた。
それを聞いたイスエはパンツしかなかったのでパンツを何とか燕に運ばさせた。
こうしてバカチンのイスエ像は公衆を前にふるちんになった。
『私は愛の神でふるちんは恥ずかしくない』
イスエはカトリックソのクリスマス儀式に言った。

331 :イエス・キリスト:2008/09/20(土) 07:40:11 ID:N+LKgqu2
悪に染まらず語れば良いのに !神をけなすは悪行、キリストを責めるは罪、貴方が真剣で真面目であれば正に美しく清いのに、何故貴方はそんなにも、たわれみにうつつを夢見ると言うのか 。あ〜神ょ !私が証した 全ては何だったのか。彼等は酒を飲む事無く暴言に酔う。

332 :金有財:2008/09/20(土) 07:58:48 ID:jdY+/8kd
>>331
おいおい、朝から酔っ払ってるのか?

333 :道元イスエ:2008/09/20(土) 11:01:31 ID:7XKpR97N
道元イスエは悟った。
『はぁあああ!! 心身脱落、脱落心身!!』
『いいだろう』
師匠から印可を受けた。
去る道元イスエに師匠は深い溜め息をついた。
『あの者は必ず民衆を前に説教をし得意満面になる。そしてその末路は……』

334 :イスエの不満:2008/09/20(土) 11:05:47 ID:7XKpR97N
イスエはこの世を救いに来た。
それなのにヤダヨ人はそっぽ向いた。
イスエは頭来た。
『法螺を吹いたのに踊ってくれなかった』
イスエが言うとヤダヨ人も口なら負けてないから言い返した。
『法螺吹きが余りに酷く踊れなかったのさ! 音痴!!』

イスエは機嫌悪くした。

335 :電子制御:2008/09/20(土) 11:39:21 ID:7XKpR97N
さぁ大変!
皆に『プラシーボ・病院必要野郎』とレッテル貼られ、悔しさ余りにイスエが現代に生き返った!!
『はーははは! 馬鹿な奴等! 誰が天国と地獄の鍵を持っていると思う?! ほ・ん・と・馬鹿な奴等だ!!』

聞いたマンション住まいが言った。
『今時鍵なんて使わねーよ。オートロックだよ』
『嘔吐? キック??』
イスエは深く考え逆に悟ろうとした。説教所ではなかった。

336 :ピラトの救い:2008/09/20(土) 11:49:19 ID:7XKpR97N
ピラトの元にイスエが引き出され来た。
『おみゃーさんよ。何か悪さでもしたがや?』
イスエは沈黙していた。
『しかしよ。ヤダヨ人はおみゃーさんに不利な事ばかり言ってるだがや?』
イスエは沈黙していた。
困り果てたピラト。
ピラトは言った。
『恐れず言い現しなさい。私は真理だ』
イスエに電気が走った。
『せんせぃ。おしっこー。
ぼく、神の子。みんな、ぼくの言う事、よく聞けよ』
『よしよし。よしよし』
ピラトはイスエの頭を撫で撫でし言った。

337 :救い神の本性:2008/09/20(土) 11:53:57 ID:7XKpR97N
ユダはイスエを裏切った。
『あんの、野郎ぉおおお!! 怨み晴らさでおくべきか!!』
イスエはユダの自殺をただでは済まさず、特別に腸が飛び散り悲惨極める末路にした。
『神を馬鹿にしたらどうなるか、身を持って知れや!!』
復員書では前を詳細に書き記し、後ろはばつが悪いので割愛した。

338 :誰が決めたんだ:2008/09/20(土) 11:59:28 ID:7XKpR97N
イスエは民衆から裁判官になって貰いたい要望があるのを知った。
イスエは言った。
『一体誰が私を裁判官にしようとしていると言うのだ』
ヤダヨ人は言った。
『みんな。反対、あんただけ』
イスエは山に去った。

『見よ! 私は天国と地獄の鍵を持っている!』
全人類が言った。
『一体誰が決めたんだ、そんな事?!』
『オレ一人』


339 :時代代わり:2008/09/20(土) 12:09:50 ID:7XKpR97N
イスエは豪語した。
『ここはお役人を困らせないよう税金を払おう』
さぁ大変! 現代にイスエが生き返った!!
『イスエさまでいらっしゃいますか?』
イスエは破顔し答えた。
『そうだがや?』
『国民年金が長い間未納でございます』
『……』
後日違うお役人が訪ねて来た。
『イスエさまでいらっしゃいますか?』
『そうだがや…?』
『国民保険代が長い間未納でございます。それに市民税も……ちなみに40歳からは医療保険税が……』

イスエは言った。
『再臨するんじゃなかった!!』

340 :イスエの本音:2008/09/20(土) 12:13:54 ID:7XKpR97N
イスエは弟子らに言った。
『いいな。お前ら。パンツは履き替えなし、これはイスエ党の基本中の基本な。な』
イスエはワーキングプァなのを常々不愉快に思っていて、憤懣をぶつけるべく質素を訴えた。

341 :地方差:2008/09/20(土) 12:17:10 ID:7XKpR97N
イスエは言った。
『誰がパンを食べたい子にマムシを食わせようか!!』
聞いていたヤダヨ人が言った。
『センセ。センセは知らんですか? マムシは滋養強壮にいいんですよ。パンだけでは肉のない食事同様で力が出ませんがな』

『ふむ。そうか』
イスエは人から学んだ。

342 :まったくその通りどすぇ:2008/09/20(土) 12:28:23 ID:7XKpR97N
イスエは言った。
『みよ。ナヨより大きい者がここにいる』
トンマスが叫んだ!
『センセ! センセはナヨより確かに大きいです!!』
イスエは深く頷き至極満足になった。
トンマスは続けた。
『ナヨは人の迷惑にならないよう、ニネベの街の外れで事の成り行きを見ようとしましたが、センセは直接来られ、こう世の中を掻き回しており、態度はナヨより遥かに大きいです!!』

イスエは甚だ気分を害した。

343 :拉致:2008/09/20(土) 12:30:45 ID:7XKpR97N
イスエは漁師ペロテに向かい言った。
『私に付いて来なさい』
イスエは税人マタイタに向い言った。
『私に付いて来なさい』

こうしてイスエは拉致疑惑でご用となった。

344 :イエス・キリスト:2008/09/20(土) 12:41:01 ID:N+LKgqu2
ふむ 。 ふむふむ、皆、楽しんでいる。戯言を連ね、神を汚し私を馬鹿にして、しかし、お正月には初詣 。神の前に出て神妙に手合わせ打つ。わざわいだ 。彼等は人の心を迷わす道化師だ。神を知らず、悟らず、見つめぬ彼等、神の前で初参り、神妙に深々と 。問題だ

345 :号泣するミカエル:2008/09/20(土) 14:11:27 ID:7XKpR97N
イスエは言った。
『幸いだ。泣いていた者は笑うようになる。災いだ。笑っていた者は泣くようになる』

さて。天国。
今や神は天使らからアルツハイマーと認定され、子イスエも痴呆症がちらほら見受けられ時に失禁するようになった。
ミカエルはさめざめと泣いた。
『栄華を極めたヤハウェさまも黄昏か。昔は「誰が神に似ておろうか! 控えぃ!!」啖呵を切れたのに…。もはやこの糞垂らす痴呆老人に似ているなど言いたくない』
かくしてミカエルはミカサタンに名を変えた。


346 :薩摩の焼酎:2008/09/20(土) 14:24:21 ID:7XKpR97N
民衆が叫んだ。
『げへへ! イスエ最高〜! 口約聖書最高〜! イスエ・キリギリス!!』
イスエは答えた。
『はーははは! 君達はぼくの霊に酔いしれたのだ!!』

民衆は言った。
『マアリに中出ししたい! したい!  マアリ最高!! どぴゅっ、どぴゅっ!!』
イスエは慌て打ち消した。
『君達は悪酔いした……』

347 :トンマスよ。信じなくてよい。:2008/09/20(土) 14:31:03 ID:7XKpR97N
イスエはヨネハに言ったのをトンマスにが聞いていた。
『まだ分からぬのか。私を見たのは父を見たのだ』
後日トンマスは生き返ったイスエに叱咤激励される。
『疑う者ではなく信じる者になりなさい』
トンマスの頭の中では混線していた。
『求めなさい、、、私は仕えに来た、、、私は神だ、、、信じなさい、、、』
トンマスは叫んだ。
『センセ! 私に第7の天に入居させて下さい! センセは地獄に転居して下さい!!』

348 :それならば:2008/09/20(土) 14:35:26 ID:7XKpR97N
ヨネハはイスエが神の右に座すのを知り言った。
『私を余っている神の左に座らせて下さい!!』
イスエは驚いた。
『あなたは何を言っているのか分かっているのか』
ヨネハは暗に拒否されたのを知った。
『そうでっか』
ヨネハは残念に思った。
『なら、神の背後、尻穴狙える座を下さい!!』
イスエは破顔し言った。
『それなら私の方を……』

349 :ダニエル、ヨセフの聖徳の治:2008/09/20(土) 14:47:33 ID:7XKpR97N
世界史。
『その頃エジプトではファラオが日の出の勢いで……』
『その頃バビロニアではネブカドネザルが大手を振るい……』
あー知ってる知ってる。おれクリクリトリスチャンだからよ。
神の聖なる霊に満たされた名宰相ヨセフにダニエルだよな。
『さて。時代が飛び中国。この王は繁栄を極めた為、○○の治と後に言われ唐代同じく善政を引いた…』
れれれ?
神の聖なる霊に満たされ、活躍したヨセフやダニエルは?? 聖書とイメージが大分違うぞ?? れれれ?

350 :つまる所:2008/09/20(土) 14:52:25 ID:7XKpR97N
イスエは言った。
『性なる霊を冒涜すると永遠に許されない』
ヤダヨ人は言った。
『センセ。その性霊って何ですか。わしら旧訳の民なんで、知らんですわ』
イスエは破顔し言った。
『私自身の別称だ』

ヤダヨ人は退いた。

351 :イエス・キリスト:2008/09/20(土) 15:08:38 ID:N+LKgqu2
あ〜見苦しい 。哀れにして涙も消え失せ、淫らにして姦淫の如く、罵倒して悪癖に騒ぎ、神仏に呪われ笑うものょ !お前は父の子 母の子ではないか ! 今、目覚め自ら知り神仏を知り、人を敬い愛と正義の人となりて又とない美しい輝きとなって貴方の子供達を照らしてくれ。

352 :親鸞聖人ショウニン:2008/09/20(土) 15:24:50 ID:7XKpR97N
イスエは天地創造前から居て、神の御曹司とし何不自由なく育った。
ここに親鸞聖人と大きく駆け離れる説法をする事となる。
『私の大本営命を聞け。聞かぬ者は永遠の地獄。決して悔い改めぬ悪人は救われぬ』
悪人共は拒否反応をお越し益々意固地となった。
北風と太陽。

353 :最澄を冒涜するイスエ:2008/09/20(土) 15:28:58 ID:7XKpR97N
『一隅を照らす。些細な、ごく小さな下らぬと思えるものも私は照らし行きたい』
イスエは言った。
『ばかやねん!! ぼくは神の子、光りの子、そんな隅っこなんて照らして喜んでないで、天地隅々まで照らすさ!! 仏は神と違い、弱いね!! 軟弱ぅううう! 軟弱ぅううう!!』
最澄は言葉を失った。

354 :空海を冒涜しようとしたが出来なかったイスエ:2008/09/20(土) 15:32:15 ID:7XKpR97N
空海。
悟った時、空と海しか見えなかった。
イスエは激しく歯軋りをし悔しがった。
先の最澄には口で勝ったが、空海には勝てなかった。
これは最澄と空海の出来の良し悪しではない。
ガラクタ湖で育った山系イスエは海を知らず、言いくるめられなかった。


355 :イスエ自慢し墓穴掘る:2008/09/20(土) 15:36:34 ID:7XKpR97N
イスエは日本の聖人を冒涜し喜んでいた。
次のターゲットは聖徳太子。
『ふん! 楽勝よな。たかだか10名の会話ごとき聞き取れたとな!!』
こうしてイスエは聖徳太子に勝ったが、聖徳太子がさめざめ泣いて忠告した。
『あなたはそこまでの耳を持ちながら、なぜ地上が楽園にならぬのです?』

イスエは逃げた。

356 :冒涜大作戦:2008/09/20(土) 15:39:49 ID:7XKpR97N
イスエの日本冒涜は止まる事を知らぬ。
イスエは神の権能を使い、歴史を歪曲させた。
いつしか卑弥呼はオメコになり『少年よ、大志を抱け!』のクーラク博士の名言は『少年よ、大いにこけ!』に変わった。

357 :癒着:2008/09/20(土) 17:51:46 ID:7XKpR97N
『右の頬打たれたなら尻穴を差し出して掘らしてやれ!』
『69まで浮気は許してやれ!』
『復讐は私、神がする!』
と書かれた性書に手を置き宣誓する米大統領。
が。
しかし。
実際は自らの手に意思で戦争を遂行する。
それを裁かぬイスエ。
二人はラブラブだった。

358 :サタンに勝てないのか?!:2008/09/20(土) 18:25:17 ID:7XKpR97N

『だって性書に書いてある!!』

ぷよぷよ。落ちゲーム。
最後の対決は『あなた対サタン』。
『あ〜あ! またゲームオーバーだ。ひょっとして性霊ではサタンに勝てないのか?!』
信者が言った。
『それはゲームで現実のサタンではない』
『いんや。COM相手はサタンとちゃんと書いてある!!』


359 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 09:35:04 ID:V/LHETAs
アナルの先駆者

360 :飴玉大好きアブラムシ:2008/09/21(日) 12:55:55 ID:Yt2Jjtbi
イスエは言った。
『アブラムシは訳もなく私に反抗しなかった!!』
ヤダヨ人は言い返した。
『そのアブラムシとは「わしに付いて来い。いい思いさせたる」でホイホイついていった別称飴玉太郎の事か!!』

イスエは二の句が継げなくなり沈黙した。

361 :強制:2008/09/21(日) 13:00:01 ID:Yt2Jjtbi
イスエは泣き崩れて言った。
『あなた方は訳もなく私を憎む。何故だ?! どうしてだ!?』
ヤダヨ人は言った。
『自由意思だ!! お前、ひょっとして人類に土下座を強制していないか? 罪を使い、悔い改めなど建前に過ぎぬ。お前の父は893、人類に土下座を求めているだろう!!』

イスエは言った。
『イエス』

362 :スローン:2008/09/21(日) 13:06:12 ID:Yt2Jjtbi
ヤダヨ人はまたまた大国に虐められ苦しんでいた。
軍事力に経済力。おまけに芸術、建築。
ヤダヨ人は全てにおいて完敗である。
しかし『脳内妄想』なら対人無制限・任意保険である。
『よぉおおおし! やるか!!』
ヤダヨ人お得意の儀式がまた始まった。
砂糖舐め脳内を活性化させ、シナプスにドーパミングを飛ばす。
『おけけけ!』
『おけけけけけ!!』
数日後、後に預言者と呼ばれる脳内妄想マイスターに神の乗り物がご披露された。
『ベソツですな』

神は退いた。
『私は893ではなく777なのに……』

363 :ピラトの失言:2008/09/21(日) 13:12:35 ID:Yt2Jjtbi
『なに!? もうくたばったのか? 早いぞ?! 早過ぎるそ!!』
イスエ逝ったの方を受けてのピラトは率直な感想を漏らした。


364 :ヤダヨ人の性分:2008/09/21(日) 13:18:51 ID:Yt2Jjtbi
ヨネハは啖呵を切った。
『この数字を解いてみるがよい!! 「666」』
脳内妄想でいっちょ前に数学問題を出すヨネハにアリストテレスが、アルキメンデスが、ビタゴラスが、頭来てヨネハに微分・積分問題を与えた。

『神ネタを外したらアタシな存在価値は0でちゅ!』
ヨネハは調子に乗ったのを恥じ退散した。

365 :新・サタンの誘惑:2008/09/21(日) 13:24:26 ID:Yt2Jjtbi
イスエは腹が減った。
サタンが現れ言った。
『そこの石を汚染米に変えてみよ。神の子なら出来るはずだ』

イスエは退いた。

366 :あなたのサタンは強くない:2008/09/21(日) 13:35:00 ID:Yt2Jjtbi
新幹線の車内である人とイスエが偶然同席し話しがサタンの誘惑に飛んだ。
イスエは自慢した。
石ころを汚染米にしてみろ、チャリLOTOにtotoBIGを当ててみよ、住所不定の高い搭を見つけ出してみろ、など披露した。
ある人は首を傾げた。
『随分弱い悪魔に誘惑ですね。私なんかお釈迦様同様、女に漬け込まれ、全開エクスタシーに尻穴ひくひくされましたよ』

イスエは自分が対決した悪魔は自分自身だと悟り、あの時この人のように尻穴ひくひく昇天させて貰えば良かったと非常に後悔した。
『あなたの名は?』
イスエが言った。
『性アントニゥス』

367 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 13:36:44 ID:Be9XmZUh
一々論破する価値もないでしゅ
例えばパンに変えてみよ、は、お腹がすいたでしょう、の意味で
腹が減ったからパンに変える、という行為をなさるはずがないでしゅ
だから「人はパンのみに生くるにあらず」って喝破したのよ

368 :なぜしない!!:2008/09/21(日) 13:39:54 ID:Yt2Jjtbi
信心深い学者がノアの方舟を探しコーカサス地方をえっちらおっちら探索をしていた。
疲れ果てた時、サタンが夢に現れた。
『なぜ、イスエが誘惑された高い搭を探さない』
学者は叫んだ!
『退けサタンよ! 主よ来たりませ! サタンは根も葉もない搭を私に探させようと誘惑しております!!』
サタンは笑い去り、イスエは泣いて来た。

369 :イスエどうするんだ?!:2008/09/21(日) 13:47:39 ID:Yt2Jjtbi
イスエは腹が減った民衆からせがまれた。
『我々をここで餓死させるつもりか!!』
イスエは悩んだ。
『かつてサタンの哀願は無視した。しかし民衆の脅迫には屈して良いのか』
『さては地獄も一杯で我々をここで餓死させる腹らしい』
イスエは仕方なくパンを奇跡にて増やし配布した。

サタンが涙を流し現れた。
『お前は私の哀願を無視し、民衆の脅迫に屈した……』

イスエは弟子にサタンは誘惑、民衆は懇願し、私は慈悲深かったと今後広めるよう指示した。

370 :妄想米:2008/09/21(日) 13:54:16 ID:Yt2Jjtbi
軍事、経済、芸術……ありとあらゆる分野で勝てないヤダヨ人は一般卸しが禁止されている『妄想米』を真実です!! と転売する事にした。
さぁ! ペロテニ笠フーズにパロウ穀販は稼ぎに稼いだ! まさに性人とし昇天し天の住人となった。
しかし。
時2000年経ち、妄想米転売がバレ、只今世の中は回収出来ず汚染された妄想米を既にたらふく食ってしまったのを知った。

371 :真のクリトリスチャンはいない:2008/09/21(日) 14:02:59 ID:Yt2Jjtbi

イスエ再臨。

イスエに号泣し会いに来る信者達!!
イスエは後に『イスエの喝破』と言われる事をした。
『私を本当に信じているなら死人を生き返らせてみよ。聖書にしかと書いてある』
『私を本当に信じているなら山を海に移してみよ。聖書にしかと書いてある』

みな一目さに退いた。
サタンが寄って来て言った。
『旦那。誰もあんたを信じていませんね』


372 :実は復活でなく幽霊でした:2008/09/21(日) 14:17:20 ID:Yt2Jjtbi
『恨めしや〜』
十字架で果てたイスエが自縛霊とし現れた。
これを弟子達は『復活』と誤解し信じた。
『ははは! オレ達は皇帝陛下さまの兵隊よ! 幽霊なんか恐くて兵士が出来るか!!』
こうしてローマ兵の前には脅迫が通じないと知りイスエは出なかった。
パロウは迷っていた。
『恨めしや〜』
自縛霊イスエが現れ、パロウは慌て屈し信じてしまった。

373 :権威による正義:2008/09/21(日) 14:22:23 ID:Yt2Jjtbi
パロウはイスエの陰湿な寝技にて目が一時見えなくなった。
イスエは自分が描いたシナリオ通りに運ぶべき、弟子を派遣しパロウの目を再び開かせた。
喉元過ぎたからパロウが言った。
『お前んちのイスエ、真理ではないな。下等生命体の人間相手に力を使い、勝ち誇り喜んでやがる』

弟子は退いた。

374 :さぁ! たんと食べて!!:2008/09/21(日) 14:25:44 ID:Yt2Jjtbi
第6の天。
マアリとイスエがラブラブに居る。
『はい! イスエちゃん! 今日は特別に汚染米よ! ちゃんと食べて、元気出して、2ちゃんで馬鹿にされても頑張るのよ!!』

375 :復活したイスエを待っていたもの:2008/09/21(日) 14:35:08 ID:Yt2Jjtbi
二人が話しながら歩いていた。
『あのイスエ、耐久力3時間だとなー』
『ピラトも驚く耐久力だよ。あんなんがオレ達の王になってたら大変だったよ』
そこにイスエが現れた。
『何を話しているんだい?!』
二人が言った。
『なに。この世を支配しているとか豪語した30越えの童貞君の話しさ』

イスエは霧散し消えた。

376 :お遊びが過ぎまするぞ!!:2008/09/21(日) 14:39:38 ID:Yt2Jjtbi
バビロン補因でふぃふぅ言っているエゼキエルに神が臨んだ!!
エゼキエルは谷にて牛の骨が合体ロボよろしく合体し立ち所に生き返り、またバラバラになったのを目に見た。
エゼキエルの体がプルプル震えていた。
神ヤハウェは破顔し言った。
『凄いじゃろ』

エゼキエルが生命を代表し叫んだ!
『お遊びが過ぎまするぞ!!』

377 :そっぽを向き拒否するイスエ:2008/09/21(日) 14:50:04 ID:Yt2Jjtbi
イスエは十字架上でくたばっていた。
はたとヤダヨ人はエゼキエルを思い出した。
『んだな。ご先祖さまの復讐、すっだべか』
『んだな。神も自分がした事をし返されては何も言えまいよな』
早速イスエの前に糞が運びこまれた。
ヤダヨ人はゼッケンを付け、各々『神』『預言者』とした。
『そちに人糞で火料理した汚染米を食わす』
『はは! 上様はご機嫌麗しゅう! 有り難き幸せ!!』
ゼッケン預言者は汚染米をイスエの口元に運んだ。
首振り拒否するイスエ。
『左様か。朕は残念であるぞよ。では牛糞による火料理にしてやるぞよ』
早速牛糞により火料理された汚染米が作られイスエの口元に運ばれた。
イスエは自分がして来た事、新訳起こしに説教していた自分の引責により、ずずずっと飲んだ。
『そちに褒美を取らす。そちを真理之守カミとす』
『ははーっ。有り難き幸せ』
イスエは自分がしていた事、した事を知り、浮いた笑いをした。

378 :イスエ3選果たす:2008/09/21(日) 16:02:56 ID:Yt2Jjtbi
『私は神だ!! 全能だ!!』
と叫び立候補する者が現れなかったので、イスエが自動的に神に当選しました。

379 :真理は静かだ:2008/09/21(日) 18:56:53 ID:Yt2Jjtbi
イスエは最後の夜、更けた頃こそこそ居なくなった。
物音で目覚めたペロテが異変に気が付き後を追った。
イスエはまさに真性ヘリウムガスの入った袋を被り中毒死しようとしていた!!
『主よ! 何を為されますか!!』
ペロテが止めるとイスエは叫んだ。
『このまま死なせてくれ!
預言者はエロハレムで死ぬ事だけは定められてはいるが、何も世を騒がせ人様の手を煩わし死にたくないのだ!!
このままではヤダヨのみんなに、ローマ皇帝に、ピラト総督に、兵士に多大な迷惑が掛かってしまう!!』
ペロテはイスエの素朴さに感激した。

380 :恐れず言い現せ:2008/09/21(日) 19:02:37 ID:Yt2Jjtbi
イスエは言った。
『恐れず言い現せ』
聞いたヤダヨ人が早速言った。
『よーちんカス、イスエ!!』

イスエは退いた。

381 :なら布教するなよ:2008/09/21(日) 19:05:50 ID:Yt2Jjtbi
ヤダヨ人は言った。
『あんたは真理だ! 義だ! 完璧だ!!』
イスエは恥じて照れて言った。
『いやいや。真正しいのは父のみ』
ヤダヨ人の顔がみるみる曇り言った。
『なんだよ。99点かよ。99点で偉そうに説法なんかするなよ』

イスエは自爆した。

382 :条件反射する神:2008/09/21(日) 19:14:34 ID:Yt2Jjtbi
ヤハウェはめでたく中横線の運転士になった。
『次は神口ぁ。神口ぁ』
サタンがいたずらに信号機の下に豚の血を塗った。
ヤハウェは条件反射で神口を通過した。
サタンは面白がり次々に信号機の下に豚の血を塗った。
ヤハウェは条件反射で次々に駅を通過。特別快速と化しハ王子まで行ってしまった。


383 :イエス・キリスト:2008/09/21(日) 23:12:26 ID:KDTkUYNC
父ゃ母を愚弄し楽しむ 。みすぼらしいゃ 。 神が悲しむょ 。 かつての仏達が天国の門を閉ざすょ 。 改めたら?

384 :つい反応してしまったキチガイ:2008/09/22(月) 12:28:36 ID:NeS/U/Y4
あんたはとは敵味方を超え良き友達になれそうだ。
ま。偉い迷惑かもしれんが。

あなたは多分、小さい時から信仰を持ち、失礼を元に短く言えば「人生順調な平々凡々なクリスチャン」と思える。
私の方は違う。
甘ちゃんで馬鹿で体たらくだから死んだ。
私がイエスに銃弾を装填し撃ち込んでいるのは本当はイエスではない。
世の中だ。
弱者が泣き強者が笑い、義は曲げられ不義が通る。人には課すが自分には課さない。
かくのごとく不義まかり通る事は断じて許されない。
パウロが控え目に「私は第三の天に行った者を知っています」ならば「私はかつて恐怖に怯え神に裁きを懇願し通過させた者を知っています」と言おう。
まともなクリスチャンの十字架は知らない。
キチガイの、イカレた者の十字架を、肩代わりしているのを私は知っている。
神の人の見方とは内面から入る。
それも私は知っている。

神の聖なる奇跡を何故平然と馬鹿に出来るのか……。
それは頭の中にして神の奇跡をたらふく食わされ十分に知っているからである!!


385 :神も仏も名無しさん:2008/09/25(木) 13:12:10 ID:RjMoK07h
ほほう

155 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)