5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★悟りを得る方法など書き込みましょう★★

1 :☆心(良心)=主イエス様☆:2008/08/03(日) 06:00:01 ID:yXNmOCpo

一番大事なこと

☆自己観察をして本当の敵は自分の中になると気づくこと☆

レイプする人いじめをする人はは本当は自分を憎んでいる
人を批判非難裁く人は本当は自分を憎んでいる
どんな場合であれ 相手を憎む場合は 本当は自分を憎んでいる

人を怒り裁きたくなり許せない憎い批判非難の正体は
本当は 自己の心の闇を外部に 投影 しているのである

以上のことを 釈迦やイエスは見破ったのである

☆愛と良心に従う生活をして
自分に正直に生きて自分に嘘をつかず
瞑想や憎い嫌いな相手の幸福を祈ると 悟り に近づくであろう☆

好きなことをすること
本音で動くこと
自分に嘘をつくのは最大の罪である 
自分に嘘をつくと幸福感も減りますよ

エゴの正体を見破り自我を解体することが 悟り につながる

2 :☆心(良心)=主イエス様☆:2008/08/03(日) 06:09:00 ID:yXNmOCpo

怒り 憎しみ 批判 非難 攻撃の思考
は 本当の自分 ではない と見破ること 見抜くこと

怒り 憎しみ 攻撃に思考 が出たら すぐに反応するのではなくて
なぜ自分は怒ってるのか?怒り憎しみ攻撃の思考は本当の自分ではない と見破ること
怒り 憎しみに従えば 自己防衛強化 エゴの強化であり 
エゴを解体消滅するのは逆の働きをする

が 悟りを得てない段階では 不条理な目に会えば きちんと怒りを示してして
それはやめてくれ など叫ぶことも大事 主張すべき時は主張すること
自分の尊厳を大事にすることも大事 が 
あるレベルに到達すれば 怒り 憎しみ 攻撃の思考 は 本当の自分ではない と
だんだん見抜けるようになる

神の使者(ゲイリー)
無条件の愛(ポール・フェリーニ)
不死というあなたの現実(ゲイリー)

より抜粋

3 :☆心(良心)=主イエス様☆:2008/08/03(日) 06:11:37 ID:yXNmOCpo

浮気をされて怒る人は 本当は自分を憎んでいる

最高レベルの視点では

人に殴られて怒るのは 本当は自分を憎んでいる

最高レベルの視点では

どんな場合でもあれ 人を憎む怒る場合は 本当は自分を憎んでいる

が 悟りを得てない段階では 不条理な目に会えば きちんと怒りを示してして
それはやめてくれ など叫ぶことも大事 主張すべき時は主張すること
自分の尊厳を大事にすることも大事 が 
あるレベルに到達すれば 怒り 憎しみ 攻撃の思考 は 本当の自分ではない と
だんだん見抜けるようになる

本当の敵は自分に中にしかいない

4 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/03(日) 06:21:38 ID:9oVUAnLH
取りあえず、基督教徒は、
仏教の言う悟りから遥か彼方に在る事は間違い無いのだがな。
(^。^)1ニハワカルマイテ♪

5 ::2008/08/03(日) 06:56:52 ID:FZHCzaex
飯を抜いて家を掃除して持ち物を捨てれば悟るよ さとるよ!

6 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 07:04:17 ID:yXNmOCpo
イエスも釈迦も 同じ悟りです

7 ::2008/08/03(日) 07:04:35 ID:FZHCzaex
>一番大事なこと ☆自己観察をして本当の敵は自分の中になると気づくこと☆

敵などいないのじゃ それが悟りじゃ
しいていえば 己の乱れた心が敵じゃ
だから統一に励むのじゃ

>好きなことをすること 本音で動くこと
それはいかん。好きなことなど存在しない。するべきことをするのじゃ。
好きなことをして本音で動けば世の中は放逸に流れ悪魔に身を任せることになる
肝心なことは欲望を慎み他人様の三分の一ですべてに満足することじゃ

>エゴの正体を見破り自我を解体すること
うむ。。。着眼は悪くないがそんなややこしいことをかんがえずとも
分相応以下の食生活を保てば人格は清浄になる。

>怒りは本当の自分ではないと見破ること
怒りは己を滅ぼすものだと見抜くのじゃ

>それはやめてくれ など叫ぶことも大事 主張すべき時は主張すること
ははぁ。。。お主はまったくもって未熟。ただだまるべきじゃ。



8 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/03(日) 07:16:53 ID:9oVUAnLH
>>6
インマヌエルは「神の子」。
不空成就は「目覚めた者」。
同じに見えるのは、二つの立場を全く理解出来て無いから。(笑

>>7>>6と大差無さげだな。(笑
(^。^)キサマラナニサマジャ?

9 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 07:39:12 ID:NfeBvS/H
朝から発奮しちょるねえ〜w

漏れは脱糞でもすっかな。w


10 :凌駕:2008/08/03(日) 08:54:50 ID:tGXf7f2/
天上天下唯我独尊

この意味、解る?


11 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 09:37:07 ID:Rziv+J8k
聖さんは悟ってると思うな

12 :凌駕:2008/08/03(日) 10:23:27 ID:mQS7eTSs
自分自身を理解できなければ、到底「悟っている」とは、言えないのです。

人間は、自分自身の考えで生きていかなければなりません。
他人の思考に追随している人は、心を入替え、自分の思考で生きていってください。
精神の自立こそが、自分を救う道なのです。
それこそが、「悟り」の初歩です。

13 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 13:00:37 ID:yXNmOCpo

レイプをしたいというのは好きなことではありません

それは 悪魔の誘惑です

レイプをしたいというのは良心に反することであり

自分に正直に生きると正反対のことです

悟りは 自我の消滅

14 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 16:43:17 ID:yXNmOCpo

悟りを得よう

悟りを得れば 拷問レイプされても 心身ともに苦痛はゼロ

かつ 悟れば 永遠の天国だよ

15 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/03(日) 22:24:55 ID:9oVUAnLH
>>14
仏教の言う悟りとは全く別の概念ですね。
ややこしいから「悟り」って言うなよ。(笑

16 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 22:45:05 ID:sKORU67h
悟りを得ると言いますが、悟りはgetするものじゃあありません
あらゆるものを手放して見えるものが悟りです


17 :神も仏も名無しさん:2008/08/03(日) 22:47:55 ID:yXNmOCpo
15さん
同じことですよ

イエスも釈迦も同じ悟りですよ

18 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/03(日) 23:04:58 ID:9oVUAnLH
>>17さん、
アナタから見れば、そうかも知れませんが、
実際には全く別の思想ですよ。

19 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 00:01:24 ID:LPXkXTnt
18さん
どこが違うのですか?
悟りは悟り それだけですよ

20 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/04(月) 01:35:18 ID:jg6i/vn8
仏教と基督教は違うだろ?(笑
宗教の教祖が皆同じってんなら、松本死刑囚とも同列になるが?(笑

21 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 02:07:41 ID:2Q3DXNfo
天国と極楽浄土は一緒にしていいよね
浄土教はキリスト教と同根で仏教じゃないよね

22 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 03:09:12 ID:B64f3PMk
各宗教の世俗の部分、教会組織とか儀式のスタイルとかは凄く違うけど、
イスラムのスーフィーと、キリスト教の神秘主義系と、仏教の大乗や禅とは、
驚くほど似ている。それの目指すところの「悟り」も一緒。
神との結婚(カソリック修道系の表現)と言うか、アートマンとブラフマンの一致(ヴェーダ)と表現するか、
表現の違いだよ。

シュタイナーの「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4480086641/
なんて禅修業のプロセスを物凄く饒舌にしたものだと言えるよ。

23 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/04(月) 06:59:50 ID:jg6i/vn8
>>22

>キリスト教の神秘主義系と、仏教の大乗や禅とは、驚くほど似ている。

一度、天台か禅寺に入ってボコボコにされてから、
そのセリフを吐けるならアナタを尊敬しますよ。(笑
いろんな意味で♪(笑

24 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 07:14:08 ID:RKDR8H9h
承狂 ◆nR84EH8w52 とやら、
つまらんこといってないで悟りにいたる応報を書きなさい。
どうせわかるまいが。

25 :凌駕:2008/08/04(月) 07:16:53 ID:Fa/ewLjD
「悟り」とは、心が自由になることです。
自分自身を縛る「束縛」からの解放です。

自分自身を全ての束縛から解放し、自由自在の心を持つことです。
しかし、その自由は、あなた自身の内面においては有効ですが、他人においては、相手に合わせたものでなければなりません。
なぜなら、自由の何たるかを知らない人に、自由を説いても解らないからです。
それにより、誤解が生じ、迷いが生じます。
何より、相手のためにはなりません。

さて、「自由」についてですが、自由とは、何ものをも突き抜ける心の状態を指します。
一切の障害物がありません。
それ故に、言葉を使うことができません。
なぜなら、言葉は物事を限定してしまうからです。
ですから、自由な世界には「言葉」がありません。
超感覚の世界です。
超感覚の世界を、言葉で説明する時点で、既に自由世界から逸脱し、自由世界の説明にはなりません。
ですが、物事は段階を踏まなければ、前へは進めません。
超感覚の世界を知るには、言葉の理解から始めなければなりません。
言葉を正確に理解し、自分自身を理解し、神の存在を理解したその後に、超感覚の世界、即ち自由が存在するのです。

個人の自由思想が、神の自由思想と融け合う場が「悟り」の境地です。


26 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/04(月) 07:41:18 ID:jg6i/vn8
>>24
無論だ。(笑

行法は八万四千の法門に無尽に説かれ、
尚我ら衆生の機根は種々に熏重されたる煩悩により覆われている。
故に師子相伝を以て法灯を継承する以外に道は無いだろ?(笑

まぁ、実際はほとんど絶えちまったがな。(笑

27 :神も仏も名無しさん:2008/08/04(月) 10:56:19 ID:Cs1WLpnR
>>23
天台密教?
禅宗はともかく、天台密教・・・ですか?


28 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/04(月) 21:11:49 ID:jg6i/vn8
>>27
台密ってヌルイのか?

なんか、教義適当な分、行が無茶とか、サル筋から聞いたが?
(´・ω・`)チガウノカ?

29 :神も仏も名無しさん:2008/08/07(木) 20:34:47 ID:MPJfvDDf

エゴの正体を見破り自我を解体することが 悟り につながる

悟りは 自我の消滅

自我は解体も消滅もしない。自我がもう一つの意識を知らないことで『訳の分からない
圧迫(罪悪感や迷い、悩み、不安)を受けてきた』誰が圧迫しているのか、何故なのか
まるで分からなかったものが、分かると言うこと。

不安や、悩みや、恐怖と言うものがどこから来るのかが,分かる事。言い方を替えれば
自分が判らないことが「迷い」「妄想」「精神疾患」自分で自分を苦しめているのが
『妄想』

自分が何者か、人生は何なのかを知ることが『悟り』悩ませていたものとの出会い。
『心の対立と矛盾が解消』する事が『悟り』二度と「心が騒がしくならない事。

『心に絶対の安心が獲得できる事』『心が何時も平和である事』『心が自由である事』

人生で欲しいと想うものが有る時は、欲しがらないで、すっと手に入れること。
欲しいと思うものが有ってそれが手に入る事。
欲しいと思うものを諦められる事。『命でさえ』諦められる事。
その諦めこそが『全てを手に入れる』鍵となる。

『命』を諦めた時が『永遠の命』の獲得となる。
全てを捨て去った時に、『全てが手に入る』

30 ::2008/08/08(金) 22:51:43 ID:dngSWVH0
なんだ、宣伝があったから来てみれば小喬が居るのかw
面白いぞ小喬w

聖書は真に受けてたら莫迦を見るぞ。
キリストも釈迦も上からの者だ。

31 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/09(土) 00:19:22 ID:PYkTL3us
>>30
君は絡み甲斐無いんだよなぁ。(笑

32 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 09:15:18 ID:HxN0y49P
誰もがいずれは死を迎えることになる あなたにも確実に死が訪れる
あなたの前にあなたの両親が死に出遭い あなたの知人や親族もまた死を迎えることになる
あなたの後にはあなたの子供達が あなたの知ってる者たちがまた死を迎えることになるのだ
そのような 肉体の死にあなたの心を煩わしてはならない
死は既に定められたものであって それは即ち 肉体の因縁の消化に過ぎない
我々は大きな大きな宇宙の中にあって 霊の想像を絶する無限巨大な
輪廻転生というサイクルの中に いまを過ごしているのだ
だから その真理を把握せずして 死というものを理解しようとすると
全てが誤った方向へと行ってしまうことになる 死は実に死でなくして 再生に過ぎない 再びと
生まれ変わる変易の時であるのだ どこに生まれ変わるか 先ずは霊の世界 霊界に生まれ変わる そしてあなた方は
霊界に入って暫くの間 霊の浄めを受けることになる
しかし 人間界ほどの効果があるわけではなく その場にいるための一時的垢落としに過ぎない
そうやってあなた方は 霊界に入るのである
人それぞれのレベルによって あなた方のレベルの違いによって 行き先は違ってくる
その輪廻の中に あなた方はいる あなたがどこに行くかは これからのあなた次第である
そしてあなた方は心地よい天界をも 越えなければならないという実に厳しい定めを 悟らねばならないのである
天界はあなた方の中の心の美しい人達が行ける場所である しかしそことて迷いの世界であることに気づかねばならない
この世界ですら迷いの世界であるのだ 輪廻の繁縛から 逃れることができない 世界であるのだ
ところが 世のあらゆる宗教は この段階に至ることだけを説き続けている
それ故に 小さな小さな善だけを語ってきた 本当の悪とそうでない悪の見定めがつかないままに
善悪を中途半端に語ってきた しかしこの天界も限りのある世界 それ故に
その分が切れたならば 再びとこの世に生まれでることになるのだ
解脱するためだけに 生きているのだ ということを
あなた方は よく悟らねばならない  一日でも早く目覚めるのだ

33 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2008/08/09(土) 09:49:42 ID:PYkTL3us
>>32
ハイハイ。(笑
妄想乙。(笑

34 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 17:12:46 ID:dnjdrtJf
自由とか言ってるようじゃ、まだまだだな


35 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 22:48:56 ID:LfewrZIq
世間の是非善悪には関わるな。
是非善悪を超えた処に悟りが在る.

36 :神も仏も名無しさん:2008/08/09(土) 22:57:42 ID:GMogrJcF
へえ、ひねくれたショウキョウ、意外にまともな事こっちでは言っているじゃないかW

37 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 01:08:09 ID:gc5wT2ug
「得るつうのは無いものを得るのか?」「イエス!」
「あるものを開くんじゃね?」「ホットケ!」

38 :神も仏も名無しさん:2008/08/10(日) 06:41:52 ID:imKTxI6F
得ようとすることが、逃げられること。
得ようとしないなら、あほう。
得ようとしないで、手にすること。

それは、捨てること。何を捨てるのか?
自分の計らいを、自分を捨てること。

自分を捨てた時に、得ることが出来る。

39 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 07:33:18 ID:zkoTUU0E
『精神疾患』からの開放が悟りを得る方法。
『精神疾患』は「一切皆苦」という事。
不安になりやすい人は『お釈迦様に近い」感覚、心のクセの持ち主。
不安とか悩みは『自我』と『仏性』との対立。

悩みは『心の対立』それは、自我意識と仏性の対立。
心の対立の解消が『悟り』それは『自分が自分を知ること。』自性を見る事。
心の矛盾の解消は、心が二度と騒がない事。心に絶対の静寂が訪れると言う事。

40 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 08:12:08 ID:FoAUhBcY
悟りを欲する心・・・

41 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 08:32:31 ID:FMxECUfD
悟りレベルではないけど。
努力したり頑張ったりしてると閃く事がある。
悟りはそのレベルアップ版だと思っている。
様は日ごろの修行が物を言う。
神社行ってお参りして終わり
って奴には悟りなんて縁がないだろう。
さあキリストに入りましょう。

42 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 08:33:03 ID:FMxECUfD
様→間違えた。

43 :神も仏も名無しさん:2008/08/13(水) 11:55:35 ID:EFCtewk3
>>41
じゃあタワラちゃんが金をのがして金同だったの悟りが浅かったからか?
今後は主婦業に専念するという言葉にもう悟りから解放されるということが伺える

44 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2008/08/13(水) 20:03:27 ID:FkbfTSjZ
>>1
まずは心を一旦は白紙に戻して虚心坦懐、大川隆法総裁先生の著書を熟読することで「悟りのカタ」を作ることが大切です。

45 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 05:21:28 ID:Drdf2cwo
44 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2008/08/13(水) 20:03:27 ID:FkbfTSjZ
>>1
まずは心を一旦は白紙に戻して虚心坦懐、大川隆法総裁先生の著書を熟読すること
で「悟りのカタ」を作ることが大切です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

大川隆法はおかしい人だ、商売がうまいだけの人ではないか。あの人は『悟り』
を得てない。嘘ばっかりついている人に見えるが、是は俺の勘違いか?

宗教の基本は『今現在になりきる事、或は心を何処にも置かないで、即今自我と
大いなる存在が一つになる事』ではないのか?

それに対して知ったかぶりをしているのが大川だ、あいつは嘘つきだ。未来の事も
過去の事も『宗教には』関係ないと言える。

キリストの言葉が良いように思えてしまうが、大川ファンは是をどう見るか。
『明日の事を思い煩うな今日の事は今日で事足りる、;;;;;;』

46 :神も仏も名無しさん:2008/08/14(木) 06:42:07 ID:zMxt5nde
>>44
大皮の本を読んで悟ったやつが一人でもおるんかいな

47 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 20:01:20 ID:9Ofspus5
大川は自分の『生死の問題の解決は』済んだのだろうか?このことを知りたくて、本屋で
立ち読みをしているのだが、肝心の事が書いてない。ぼかしている。
大川は『多分悟りを得ていないと思える、又「神と」対話もしていない。』
大川は口先と頭の理解だけで悟りを開いたと思っている。

その証拠は『お釈迦様は自分が死んだ後は、自分の中の「仏性を」頼りに
自分の事は自分で判断してゆきなさいと言っていた』

自己を燈明とし、自己を拠り所として、他人を拠り所とせず、真理を燈明
とし、真理を拠り所として、他を拠り所とせず、生きていきなさい

大川は自分の死んだ後は『大川の云った事を守ってゆきなさい』

縁生の弟子たちよ、我が声を信じよ。我が声に目覚めよ。我が向かう方向に、
つき従え。我に従い来よ。我の振る、この白き手にに従い来よ。我は、あな
たがたの永遠の師である。永遠の師の、その後ろに続くことが、弟子の使命
であることをゆめゆめ忘れてはならない。
(『仏陀再誕』52〜53頁

あの人は自分がかに様と思っているように感じる。人間は神様になれない。
それを云っちゃオシメイよ!

48 :神も仏も名無しさん:2008/08/16(土) 20:18:23 ID:oLRABZwT
>>1
宗教板で一番悟りとほど遠いお前がなに寝言言ってんの?
早く病院いけよ

49 :神も仏も名無しさん:2008/09/02(火) 07:04:51 ID:qDbFXz+S
悟りを得る方法は簡単だ、唯好きと嫌いを一緒に見る事。
好きと嫌いを区別しなくなれば好い。

この世界を天国と地獄と云うフィルターを取り払って見るだけ。
それはただ「ありのままに見る事」「ありのままにいただく事」
あれは欲しいが、あれは要らない。その分別が目を眩ませてしまう。

目の前を肯定する事、自分を肯定する事「絶対肯定」是が悟り。

50 :神も仏も名無しさん:2008/09/02(火) 10:25:44 ID:ruQ6KxHR
お金をほしいといいながら運子まみれになれば悟りですね わかります。

51 :神も仏も名無しさん:2008/09/03(水) 09:29:05 ID:tquhr4jA
「ありのままに見る事」「ありのままに受け容れる事」とは、要するに成り行き任せということかな?
肯定も否定もせずに・・・。
それを悟りと言うのか?

零落れたらそうせざるを得ない。
何も持たずに生きる者はそうするより他に生きる術がない。
悟りを求める者には、いつか、零落れる日がやってくる。


52 :神も仏も名無しさん:2008/09/03(水) 10:13:03 ID:HV1M0nq/
借金までして献金をして、貧乏になって、借金取りに追われ、まだ幸せな人を見たことがありますか?

神様は、涙と血と汗を流して労働の対価として得たお金をむしり取ろうとはしません

するのは欲にまみれた『人間』です。

人生は一度きりです。
現世で人並みの幸せを得ることを神様は禁止するでしょうか。


53 ::2008/09/03(水) 22:00:07 ID:gpOPSu+9
>>51
思考を停止し、脳の活動から意識を分離させることよ。
だがその程度が悟りじゃない、始まりに過ぎない。

54 :神も仏も名無しさん:2008/09/04(木) 10:15:19 ID:idczZRn2
思考する脳の在り処は解っていると思うのだが、本当に解っているのだろうか?
心の在り処が解らない。
感情の在り処が解らない。
魂は、魄は、霊は・・・私の内面の何処に在る?
我が身の内の事でありながら、良く見ようとしても、探し場所さえ解らない。
私に解ったことは、自分の内面は「盲」であると言うことだけだ。
思考・心理・感情、魂魄霊を理解してこその悟りではないか?
それを研ぎ澄ますためには、何一つ持っていてはならないのだろう。


55 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 06:59:09 ID:TTyY2pVs
意識しながら無意識の動きを捕えろ。
無意識でいながら意識を集中させよ。

意識と無意識の境目そこに在る。
それは「動きの中に在る」。
体は意識が働かせてはいない。
心は自分が働かせてはいない。

体を働かせているものを。
心を働かせているものを。

それを掴むのが自分自身を知るという事。
つまり、悟りである。

56 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 07:08:05 ID:TTyY2pVs
それは考えていない時に考えている。
考えていなくても、湧いてくる感情や心。
考えていないのに湧いてくるアイデア。

それはもう一つの意識の働き。
カラオケを無心で歌っている。
考えなくてもハンドルは勝手に回っている。
考えなくても心は自由。

意識が自由を束縛する。
その自由を束縛するものを掴め。
自分は誰が束縛しているのか?
それを掴むのが自分自身を知るという事。
つまり「道に達するという事」

達道は簡単な事、唯分別を捨てよ。
それがいりくち。「心の解放の」いりくち。

57 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 07:13:06 ID:8Q5lfQmM
方法や技法がある時点で作為的な経験でしかない


58 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 08:31:42 ID:3+I3IIAF
人間としてのスケールをでかくすれば良い。


59 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 09:00:45 ID:L+XhRTpw
お前様がた、なに呑気で悠長な話してんだ!太陽が明日にでも爆発してお前様がたも瞬時に蒸発するンだ!
一日一日精一杯生きなせぇ、

悟る悟るなんて悟ってネェ証拠だ、粋がってるのが一番野暮なんだって故池波正太郎先生が仰っていただよ

あの洛陽の町の乞食が仙人からの試験に落ちたのは何の為だ、
牛馬に変わっても彼の親は息子の幸せを願ったさ。人間らしい生き方 彼が最後に願ったのが答えでないか、芥川文学も少し読め。

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/3.html



60 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 09:17:48 ID:L+XhRTpw
追加
ここさ勉強しろ
頭良くなっからな
悟るんでネェ、心さゴロゴロしてんだ!

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/yomu.htm



61 ::2008/09/05(金) 21:49:18 ID:/oEhmSRf
>>55
最後がハズレだね

62 :神も仏も名無しさん:2008/09/07(日) 08:17:55 ID:QCSfQLcE
>>1
余計なスレを立てよって。
ワシは悟りを開いた。もの凄い信念を得たんだ。
これはあまりに凄いので、もったいなくてひとには教えられない。
どおだ!凄いだろ。

63 :神も仏も名無しさん:2008/09/07(日) 10:35:02 ID:b2L9qFJ5
悟りを開いた方に質問

悟りとは何?


64 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 06:46:53 ID:w5ujMcxN
自分自身を知る事です。自分の意識は左脳の人格です、分別を専門としています。
子供から、思春期になって、脳の機能分化が完成に近くなる頃から人間には悩み
が生じてきます。それは人生が分かり始めるという事です。

人生を眺めた時に、人生そのものが矛盾に満ちている事に気が付きます、その事
を気にしない人と。気になってしょうがなくなって、悩み始める人が居ます、気
になってしょうがない人は、悩みが深くなります。その悩みが深い人は、不安に
苛まれるようになります。その最たる人がお釈迦様といっても、良いですし、そ
の他の宗教家、或いは禅匠と云っても良いかと思います。

人間を悩ませて来たものは古今東西を問わず、自分の心が自分自身を悩ませてい
ます。キリスト教では天国に一番近い者は「幼子」といいます。それは脳の機能
が「未分化」と云う意味です。

アダムとイブが天国から追放されたという事は「脳の機能分化が完成に近くなっ
たと云う意味です」

自我意識(左脳)の人格のできる事は、人生を論理的に計算して割り切ってゆく
事です。と云う事は矛盾に満ちた、割り切れない問題は解く事が出来ないという
事を意味しています。人間の悩み、苦しみというものは、左脳の分別脳に割り切
れ無い問題が割り込んで来る、或いは割り込んで来たという事です。

それが「精神疾患」と云うものです。得体の知れない者からの脅し、或いは漠然
とした不安、或いは罪悪感等ですが、是は右脳の意識(神、或いは仏性)からの
圧迫、或いはアピールです。「くすり」だけでは精神疾患が治りにくい訳はここ
に在ります。


65 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 06:48:29 ID:w5ujMcxN

右脳の人格の専門の能力は、分別出来ない事です。それは感情、感動、言葉に出
来無い事全般、分別出来ない事の総称は無限と云う言葉に言い換える事が出来ま
す、つまり「永遠」と云う事の意味を把握しています。そうして人類の記憶を持
っている事です。ツバメが学校に行かなくても行き先を知っているように、クモ
が何を習わなくても、クモの巣を張る事が出来るように。

その悩ませていた右脳の人格が、左脳の自我意識と出会う事が「悟り」です。
悩まされていた自我意識が、悩ませていたもう一人の自分と出会う事が「見性」
です。その事で、全ての悩みの解消となります。「精神疾患」の完治と云う事
になります。それは洋の東西を問いません。キリスト者なら「神と和解して罪が
許された」と云う事になります。

他力本願であれば「向こうからお助けが来た」自力本願であれば「見性成仏」他
にも言い方はいくらでもあるかと思います。結論ですが、悟りを開くという事は
何かの力を得るという事では有りません。ただ自分自身の悩みや精神疾患の完全
解決が出来たという事になります。自分を捨てた時に全てを手に入れる事が出来
た。或いは、神の御心のままに。或いはあるがままに。と云う事が体得出来た時
と云っても良いです。

絶対肯定と云う事です。禅問答が解けた時に「生死の問題」が解決します。
禅問答は右脳の仏性が出てこないとわからない問題と云えます。
精神疾患で心が立ち往生している事と、禅問答を前にして手も足も出ない
左脳(自我意識)と云うのは同じ事です。
割り込んで来る問題をどちらの脳に割り振るのか、分からなくなった状態
それが「精神疾患」と云う事が分かるようになります。

66 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 07:59:23 ID:CPYhOmYs
すると、悟りとは、使われていない脳を活性化することに通じる、という意味になるのでしょうか?

で、心の眼はどこにあるのでしょう?
眼がなければ見えませんよ。
「人に観得ないものが観得る」・・・それが悟りと言うのではないですか?

「あるがままに受け容れる」とは、自己の思考を停止すると考えてよろしいのでしょうか?
それは、完全なるロボットを意味します。
人間はそれで善いのでしょうか?


67 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 12:26:14 ID:w5ujMcxN
そうでは有りません、今までは自我意識が自分自身を働かせていました。
今度は仏性が、自我意識の上に立つという事です。

仏性は、無意識を統括しています。意識しながら無意識を見る事が出来る
ようになる、或いは無意識でありながら、意識もはっきりしていると云え
ます。人間は誰でも「意識している事以外も」仏性が自分を危険から守る
為に、自我意識が見ていない所を、常に監視しています。

自我は、そっくり残ります、自分は消えません。ただ目の前の事実を客観
的に捉える事になります。例えば、欲に誘われて「悪い事を」するという
誘惑に駆られたとします、その時に悪い事をした場合はどうなるのか、或
いはしなかった場合はどうなるのかが、やる前に分かります。

自分が本当にやりたいと思うなら、どんな悪い事も出来ます。ただその結
果が自分で分かっていますから、その覚悟が在るかどうか自問します。
因果の世界から逃れられない事が分かっているからです。

68 :名無しの歌:2008/09/08(月) 12:31:14 ID:ZOrOyHpp
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=211046
涙でる

69 :神も仏も名無しさん:2008/09/08(月) 22:04:17 ID:J4YGN1Zl
「弘法大師食うかい?」空海にあやかった「銘菓 弘法大師」が登場
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1220877589/

70 ::2008/09/08(月) 22:21:52 ID:BX+VhuGG
>>66
悟りは肉体を捨てて解脱することでしょう

71 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 07:48:13 ID:1/0B2T2l
で、心の眼はどこにあるのでしょう?
眼がなければ見えませんよ。
「人に観得ないものが観得る」・・・それが悟りと言うのではないですか?


世の中の見方が替わります。見たものの因果関係が直覚的に分かるようになります
従ってお金持ちになる人の苦労や、能力や、努力が、全てとはいかないかも知れま
せんが分かります。困っている人の置かれている立場なども分かります。

自分の置かれている立場なども分かります、お金が在るにしろ、無いにしろ、
自分のしたことの結果と云う事が納得できます。やったことの結果が
全ての人に共通したものだからです。全てが、やった事の結果として今に反映
しています。全てが法にかなっています。「因果をくらまさない」と云う事が
分かります。

72 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 09:17:22 ID:AAQAl2qa
この世から全く悪が無くなったら一体どうなるんでしょう?

73 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 10:38:30 ID:CF2a0U11
>>67
>>71

ありがとう、何となく理解できました。
ただ、用語が「仏性」ではなく、「神性」ではないかと思いますが・・・。
自分を中心として、周りが良く見える人は、心の眼(神眼)が働くからなのです。

今後は、結果を出すためには、どこに原因を置くかを考えてみてはいかがでしょうか?


74 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 10:40:27 ID:CF2a0U11
>>70

肉体を捨てる・・・とは、死ぬことです。
死んで悟っても手遅れです。


75 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 10:47:11 ID:CF2a0U11
>>72

この世から全く悪がなくなったら、変化に乏しくなるでしょう。
なぜなら、「悪」も一つの働きであり、河の流れを妨げる岩のようなものなのです。
しかし、その岩があればこその生態も存在します。
一概に悪を不用の物とする事が正しいことだとは思えません。
善も悪も使い方次第で善い働きをしたり、悪い働きをしたりするものです。
やはり、結果を想像して、悪の効用を考えるべきでしょう。


76 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 14:02:16 ID:Nz3j8Wby
>>75
つまり
この世の変化が乏しくなることは正しいことではないということ?





77 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 20:01:13 ID:ZCVptc+G
死んでも仕方ありません、消滅して下さい。

78 ::2008/09/09(火) 20:35:45 ID:+IEnCEg6
>>74
その死とは一体何か?

79 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 02:22:07 ID:YWDu+W9t
>>72
人間がいる世界では、ありえない話だ。
仮に、悪が全部なくなるとすれば、同時に善も全部なくなる。
物事はすべて無記であり、善悪はそれを見る人間(損得を善悪判断の一種と見るなら、他の有情も含む)が感じる・判断する事。

80 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 11:15:32 ID:sIg1AQE9
変化が乏しいという事は、進化が遅れるという意味です。
動きが少ないという事です。
生きているものは、いつまでもじっと動かないままではいられません。
動きがある事が、生きているということでしょう。
昨日より今日、今日より明日と言うようにだんだん良くなることが、生きる目的だとするならば、流れを止めるという事は、決して楽しいものではない。
生きることは楽しむことです。
何によって楽しむか・・・変化することからの意外性です。
そのためには、喜怒哀楽を失ってはいけません。
喜楽ばかりでは、辛くないカレーライスのようなものです。
怒哀も必要です。
苦しみも悲しみも、変化のメッセージです。


81 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 11:35:10 ID:sIg1AQE9
肉体の死は、物質界からの別離です。
物質というものは、言霊の顕現です。
どんな物質にも意味があります。
その中では、心神の成長が著しいものなのです。
言葉の意味が、形になっているからです。
その中で学習したものを持って、死後、霊界に進むのです。
その学習は、個人によって違います。
人間社会は、子供に同一の学習を押し付ける傾向にありますが、その教育法は間違っている。
文字を読み書きしたり、絵を描いたり、計算をしたり等々の基本学習が終われば、好奇心を満足させる教育を受けさせるべきです。
好奇心と探究心が、心神を成長させます。
変化もその中から生まれ、善悪もまた同様。
一概に「悪」と取り分けているけれども、「悪」の正体は「未熟」そのものです。
心神の未熟、思考力の弱さ、先を見通す眼のなさから、「悪」は生じるのです。
「悪」は、成熟した思考があれば、方向を変え、新しいものを生み出す糧となるのです。
人間がいつまでも未熟のままであれば、悪はなくなることはないのです。


82 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 15:29:35 ID:5oHvHylX
何難しい御託並べてんだ
悟りなんて簡単
物事 なーんだ こんなもんか と思えれば其れで合格
どんな理屈付けても 所詮は 人間の限界、裏表 わかれば
それこそ そんなもんなんだ 
気付くと ほんとの幸せな人生送れるぞ

83 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 17:31:10 ID:WiLyiU00
>>80
進化が遅れる、そうでしょうか?

この世から悪のなくなった世界とは仏教で言う天上界のようなものです。
そこでは変化が乏しいから、そこに住む神々の進化は遅れるのでしょうか?

変化の多少に関わらず、
変化があるとき人は成長もすれば堕落もする。
変化の多少と成長の度合いが相関関係にあるというのは
こじつけに近いんじゃないかな?

ちなみに仏教では善の反対は悪ではなく、煩悩です。
だから天上界の神々でさえ欲望があります。
悪のないこの世になったとしても勿論、煩悩は残ります。

重要なのは変化ではなく、変化を受け取る我々の心にかかっている。
で、煩悩を消すことが成長だと思います。







84 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 19:28:52 ID:vA5P/Et/
机上の空論スレはこちらですか?

85 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 20:43:44 ID:WiLyiU00
>>84
ご指摘ありがとう。

俺も現実的じゃないなと思いながら書いてた。
現実に悪はあり苦はある。
現実にないものを仮定しても、いき着くのは所詮仮定された結論。
現実にあるものについて考えていこうっと。

86 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 07:24:12 ID:eNY2G2Dg
是非、善悪に関わるな、これらは悟りには関係ない事、自分の心の奥に入る事。
心が働く前の世界、働き出すその瞬間をとらえる事。心が二つになる前。

心が二つに分かれる瞬間、一つになる瞬間。
意識から無意識になる、無意識から意識に戻る時。

道に至る事は、意識しながら、無意識の自分を見る事。
道に至るとは、無意識でありながら、思考できる事。

道に至る事は、意識が、無意識の自分と向き合う事。
自分が二人居て、さらに自分が一人しかいない事。

87 :S谷ナ夫:2008/09/13(土) 02:26:32 ID:rKEV2wXl
二つの心とは。
無意識が道なんですか。

88 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 19:30:06 ID:G8Grouod
無意識は「無」です。ですが「在ります」普通は意識出来ないかも知れませ
ん。「悩みや苦しみや精神疾患」になった場合はよく分かります。その場合の
苦しい想いをしている者が自我意識です。

その場合の自我意識に圧迫を加えている者が「無意識の意識」です。『わけの
わからない者からの圧迫と云う感じかと思います。

この事を「精神科医」が分かっていない事から。いくら薬ずけにしても、治らない
と云う現象が出る場合が在ります。

89 :S谷ナ夫:2008/09/14(日) 02:31:24 ID:+U7d3+PG
無意識でありながら思考できる事が道であり
無意識が自我を圧迫しているのが精神疾患なら
無意識とは矛盾した何かですか。

90 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 07:53:06 ID:oed3YUA6
人生問題などで悩みが深い場合「死にたくない」と思うのが自我意識です。
永遠の命に憧れを抱くと思いますが、その気持にさせる者が「無意識の意識」
です。自我意識は「永遠」に憧れが在ります。「無意識の意識」は自分そのも
のがもう既に「不滅」の者です。

苦しんでいる自我意識に、「死」と云うものは恐れなくても良いもの、と教え
ようとします。それが「何が何だかわからなくて」不安として認識してしまい
ます。自分自身の心が分からない事に因ります。ながい苦しみの後に、自我意
識が「他」「自分以外」のものを認めよう、と云う気になってきます。

自我意識が、自我意識だけの殻に閉じこもっている事が「精神疾患」と云えま
す。自我意識が、自我意識の他のものを認めようとする事が「我を去れ」と云
う事です。他のものを認めない事で、無視されたもう一つの意識が「抗議」し
ます。是が精神疾患の症状です。得体の知れない者からの「圧迫」です。

91 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 12:18:50 ID:eFmZtNIS
>>82
「何難しい御託並べてんだ
悟りなんて簡単
物事 なーんだ こんなもんか と思えれば其れで合格
どんな理屈付けても 所詮は 人間の限界、裏表 わかれば
それこそ そんなもんなんだ 
気付くと ほんとの幸せな人生送れるぞ」

その通りだと思いますよ。
しかし、その「なーんだ、こんなもんか」というものの説明が言葉で出来ないかと模索しているのです。
そして、悟りを得た人は、万人に理解できる言葉で説明できるでしょうから、そういう人を探しているのです。

単語を知っていても意味を知らずに使っている人が沢山います。
それを万人に理解できるように説明するのが、悟りを開いた人の義務です。
因みに、「自我意識」の本当の意味をを万人に理解してもらえる人が、何処にいるでしょうか?


92 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 12:42:54 ID:cqTbq5Oq
義務

93 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 16:15:31 ID:b5JioLQp
全てに感謝し続ければ求める必要が無くなる。

頭に浮かんだから書いてみた。

94 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:18:19 ID:oed3YUA6
出来るかどうか、分かりませんが、書いてみます。自我意識は人間の意識その
もの、それは感じている自分、考えている自分、見ている自分、そんなものか
と思います。文明が進んで、科学が進んで、人間の知識が全てを教えてくれて
いる、と云う気がします。処が自分で自分を見つめた時「自分は何者か?人生
は何だろう?」とか「自分の欲しいものと、自分が手に入れる事が出来るもの」
とのギャップに悩む人が居ます。

また、人生に疑問を覚えて来て、不安に怯えるようになる人が居ます。その事に
意識がいってしまって、身動きが出来なくなる人が居ます。どうしてそうなるの
か、分かる人がいたら教えて下さい。

95 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 13:10:51 ID:bcMGjrd0
借金取りに追い込みかけられて、なけなしの持ち金を倍にしようと
ガチガチの鉄板に一点掛け…がハズれた瞬間、悟ることができた。


96 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 13:19:34 ID:RYDl5dQM
あるあるw

97 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 13:39:41 ID:/YS/eU9j
本能以外の意識・思考、動物になくて人間にある精神性、これが自我でしょう。


98 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 13:25:20 ID:7fQfphJ3
だから動物はありのままに生きて人間ほど複雑な不安を感じずに生きていける
だろうね。

99 :S谷ナ夫:2008/09/16(火) 16:21:08 ID:pMjGjQfX
なるほど無意識は一つということもわかりましたし
無であるだけに不滅ということもわかりました。
しかし無であるだけに生成もあるんでしょうか。
そこのところがいまひとつだけわかりません。
もしかしたら無意識は単独では働かない
意識をくみとりいかようにも働いてくれる
そんな意識とコラボである存在のような気が。

100 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 11:06:25 ID:oapPzR5a
無意識をまとめている人格が(本人には分かりにくいのですが)自我意識の
他にもう一人います。それは神、仏と云っても良い者です。人間の頭には必
ず在ります、自我意識とは左脳の人格です、仏性とは右脳の人格です。

従って禅による生活と云う事は、右脳が主導権を持って自我意識が従になる
生活と云う言い方も出来ます。

「迷い」とか「妄想」或いは「精神疾患」或いは「悩み、苦しみ」とは自我
意識だけを認めていて、右脳の本来の働きを「無視」している生活と云って
も良いかと思います。無視された右脳の人格が抗議している状態が精神疾患
の症状と云っても良いかと思います。

「訳のわからないものからの圧迫」「訳のわからない苦しさ」漠然とした不
安、罪悪感などです。これらに悩ませられて苦しむのが「精神疾患」かと思
います。その苦しみから其々の個性が出てきて様々な「症状」が展開されま
す。

精神疾患の元は単純な事です、右脳と左脳の矛盾と対立です。ですが左脳の
人格が主導権を握っているために、左脳の特徴である科学的、論理的な性格
のために今言った事が「実証」出来ません、つまり分別を捨てる事が出来ま
せん。妄想(思い込み)がなかなか分かりません。

精神疾患の特徴は「否定」です。何もかも否定的に見ている事です。それは
認識の誤りと云えます。世の中を二つにして見ている事です。たった一つの
目の前の事実を思い込みで二つにして見ていると言いう事かと思います。


101 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 11:08:46 ID:oapPzR5a
その事がどうして起こってしまうのかと云いますと、自分自身を知らない事
「無明」と云う事になります。自分を不安にしているのは自分、この事実を
認めない事です。自分の中に自分を怖がらせているものが存在している事に
目をつむってしまいたいという想いが在るからです。

悟りを開くという事が、簡単に出来ない理由となっています。それはある種
の「勇気」が必要となるからです。自我の殻を打ち破って、もう一人の自分
と出会う事は、平坦な道の連続からではなく、「飛び移り」と云う事が必要
になっているからです。その事が「百尺の竿頭からもう一歩上れ」と云う事
になるからです。その勇気が有れば、自分に会う事が出来ます。

その勇気が無くて薬ずけになってゆく事もあるかも知れません。自分自身を
知る事が出来たなら「精神疾患」の完治と云えます。不安の元を根こそぎ絶
ってしまえるからです。心に平安がが戻ってきます。もう二度と心が対立と
矛盾を起こさなくなります。「心が言い争いをしなくなります」

聖書で云うところの、天国に一番近い存在である幼子と同じになるからです
幼子の特徴は「心が一つ」と云う事です。それはまだ脳の機能が未分化と云
う事です。言い方を変えたなら左脳と右脳として心が二つに分かれる前と云
えます。

もう一言、禅問答を解くという事はなかなか難しい事です。左脳の機能では
出来ません、それは脳の機能の関係からです。分別脳には不可能です。分別
では人生の矛盾は解決できないという事が分かった時が見性する時です。禅
問答が解けた時に「生死の問題」が解決します。何ものにも捉われない心の
自由が獲得できます。

それは死に対しても精神疾患にも、何ものにも捉われない心です。
心が一つになる事になるからです。否定的な自分と肯定的な自分が一つにな
るという事になるからです。


102 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 16:42:48 ID:jBUbkS4c

阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

103 :S谷ナ夫:2008/09/23(火) 02:04:39 ID:bipcweOx
右脳に無意識があるのですか。

104 :オダマリ:2008/09/23(火) 07:51:18 ID:EWtGBaXG
>>97 「本能以外の意識・思考、動物になくて人間にある精神性、これが自我でしょう。」

この説で言うなら、自我こそが人間である証明だと言える。
ならば、「捨てる」ではなく、「磨く」が正解。
自我を捨てるのではなく、磨き続けて完成させることが「人間の務め」。
親の心で政治をするなら、独裁も結構だ・・・とも言える。
それが、完成された自我から出るのであれば。


105 :神も仏も名無しさん:2008/09/24(水) 15:05:50 ID:txtz0WLb
やっぱり人間の考え方って人それぞれだね。
自我が自我を捨てることは出来ない。
でもこうあるべきだという思い込みや価値観を消すことで自我は円満になって
行くと思う。
その方法が不安や苦痛といった感情を消すところから入ろうが、今ある価値観
の反対側の意見を受け入れることから入ろうが、やり方はどうでもいいんじゃ
ないかと思う。


106 :S谷ナ夫:2008/09/26(金) 02:14:32 ID:l8qNCVYr
自我は無意識を助けるものじゃないかと思います。
実際の仕事は生命の維持から始まり無意識が行ない。
無意識は自我の命ずるままに仕事を行える。
その無意識を腐らせるも無量に開花させるも自我次第。

107 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 02:38:53 ID:3WN7W/fU
最大の真理
「人間は永遠の生命を生き、転生輪廻している」

108 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 02:49:10 ID:Gclweq/1
ジャイナ教乙
ヒンズー教乙
キリスト教乙
ユダヤ教徒は金融詐欺乙

要するに永遠不滅、恒常不変の何か(アートマンとか)を信仰する、というか
永遠不滅じゃないと嫌なんでしょ?乙

109 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 03:05:29 ID:3WN7W/fU
@ 幸いなる者

『何ら人より強制されることなく、何ら無理強いされることなく、何ら特に
学ばされることなく、あの世の世界を信じ、転生輪廻を信ずる事ができる者
は幸いである。そうした者たちは、魂の記憶の中に、過去世の様相が残され
ているのである。魂の比較的浅い所にまで、そうした仏法真理が焼き付いて
いるのである。過去の転生においても、仏法に馴染んできたことが、数多く
あるに違いない。過去の転生において、仏法を学んだ事があるからこそ、そ
うであるからこそ、今世においてもその事実が、比較的早く、わかりやすく
なったにちがいない。』(仏陀再誕P262)

110 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 03:14:23 ID:3WN7W/fU
A
『もし、さまざまな迷いが起きたならば、さまざまな判断に苦しむこと
があったならば、まず悟りの道を究める方向をとりなさい。この方向を
とりなさい。それ以外のものを考え過ぎてはならない。自分の生活や、
自分の地位や名誉を考えすぎてはならない。そのようなものは捨てても
、またいつか現われてくるものであろう。しかしながら、悟りの道は、
いったん捨てたならば、ここに戻ってくることは極めて難い。』
                    (仏陀再誕P267)

111 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 03:23:00 ID:Gclweq/1
幸福の科学乙

112 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 03:26:21 ID:3WN7W/fU
B
『私のこの言葉を覚えておけ。あなたがたは、仏と同じ時代に生まれる
ことが、いかほど難しいかということを知っているか。仏が下生する時
に、生まれ合わせるということは、これは、たとえようもない幸福であ
るのだ。そのような時代に、そのような地域に、同世代として生まれ合
わせることが出来た者は、幸いである。また、生きて仏に相見えること
が出来た者は、また幸いである。生きて仏に相見え、仏の声を聴き、仏
の姿を見ることができた者は、幸いである。その幸福はおそらく幾千万
年、幾億年の幸福に匹敵するであろう。』(仏陀再誕P268)

113 :神も仏も名無しさん:2008/09/26(金) 03:41:55 ID:3WN7W/fU
C
『そして悟りに到ること、これまた難し。そのようなことは、稀有なる
幸福であるということを知らねばならない。・・・ましてや仏に相見え
て、悟りを与えられるということは、さらに稀有なることなのだ。あな
たがたは、こうした大いなる幸福を得るためには、他の一切が惜しくな
いという気持ちを持たねばならない。他の全てのものを捨ててでも、そ
の道に入らねばならない。それは、あなたがたが忘れてはならないこと
なのだ。この世であなたがたが握っているところの、さまざまな執着は
、これは、地上を去るときに全く虚しくなる。そのようなものは持って
還れない。・・・地上を去る時に持って還れるものが、いったい何であ
るかを知れ。・・・心しか持って還れないのならば、その心を幸福に満
たす以外に手だてはないのだ。心を幸福に満たすには、悟りの喜びを味
わうに如くはないのだ。悟りの喜びを味わい、心幸福ならば、今世はす
なわち成功したといってもよい。その幸福のために、すべてを賭けよ。』
                      (仏陀再誕P270)

114 :明和高校名古屋大学河合希:2008/09/26(金) 18:38:55 ID:CSbUUmMj


http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1222413553/

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)