5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大乗仏教】阿耨多羅三藐三菩提についてのスレ

1 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 20:40:42 ID:6Wl6uWn8
鬼和尚による悟りスレはありますが、ある程度わかる人はわかるでしょうが、唯識で言うところの未那識の入り口に入ったところ以上の進展はないので、
それから先、盤珪や空海が不生としたところ以上に進んで、法華経如来寿量品で説かれる釈迦牟尼仏を知り、さらに法界にいたるまでについて語るスレです。
もちろんそこまで到っても終わりではないのですが、このスレで語る範囲は一応そこまでとします。
それを超えた範囲について語ることは禁止ではありませんが、一応の区切りとして、そのようにしておきます。
このスレが「についてのスレ」ではなく「を得た者のスレ」であるならばそこまでいっても良いのですが、それだとこのスレに誰も書き込めなくなるでしょうから、「についてのスレ」にしました。
鬼スレで物足りない方、卒業して、その先に進みたい方のスレです。
>それだとこのスレに誰も書き込めなくなるでしょうから
いや「を得た者のスレ」でもわたしは書き込めますよという方、それはそれでお待ちしてます。
ただしひとりよがりなことを一方的にいうのはやめましょう。
それから、いまだ自らいたっていないところのことを、想像で勝手な解釈やとらえかたをして語ることもやめましょう。

2 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 20:41:55 ID:b6U1ZRDs
>>1
わかったから、顔洗って出直せ

3 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 20:44:22 ID:3+I3IIAF
あヌッタラサムヤックサムボーディのことですね、わかります。

4 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 20:48:47 ID:3+I3IIAF
大乗仏教というのは仏教に名を借りてはいますが
仏教ではありませんよね。仏の教えというのは自分ひとり救済すればそれで足りるわけですから。
法華経の成立時期は3世紀といわれ、これは景教が東進した時期とかぶります。
おそらくはキリスト教の衆生救済の思想を換骨奪胎したものなのです。
お釈迦様が説法してたら足元から塔が沸きあがりましたとか笑止ものですよね。
でも法華経の悪口を言うと口が腐るので言いません。おそろしいことです。

5 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 20:57:11 ID:b6U1ZRDs
バカがきた。

1.もともと修行者には「犀角」と言われるように一人で修行する者
 「部行」と言ってパーティを組んで修行する者らがあった。
 釈尊は元々「部行」の行者。六人のパーティを組んでいた。
2.法華経の成立時期は諸説あるが一般的には1C説が有力。
 景教の時期とまったくかぶりません。
3.法華経は仏塔崇拝と経典崇拝が交錯する珍しい経典です。
 大乗佛教は、仏塔崇拝から経典崇拝へ移行する時期に発生したのですが
 最初の大乗経典の般若経典群は、仏塔崇拝を否定して経典崇拝だけを説きます
 最初期の浄土経典の本願には仏塔崇拝がありますが、同じ経典の新しい異本には
 仏塔崇拝が消されています。


6 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 21:30:21 ID:6Wl6uWn8
>>5 いや詳しいですね。わたしは学問的な専門家ではありませんので、そういう学問的な成立過程についてのことは勉強になります。
いろいろと教えていただければ助かります。
ただ、このスレは学問的なこと一辺倒で進めていくのではなく、体験的なことや、自らの心を観察して得たもの、仏道における生活、さまざまな幅広い視点で進めていきたいと思います。
もちろん学問的な視点で語ってもらっても良いです。
それだと鬼スレと変わらん、といわれるかもしれませんが、>1で書いたように、その先以降について語っていく目的でこのスレを立てました。
白隠も『おにあざみ』の中で宮様に苦言を呈したりしていますが、仏道的な視点でものごとを見通していくことには意味があるはずです。
でなければダライラマはあれほどの政治活動はできないはずです。
もちろん仏道者であるのならば、仏教は生活のためのツールなどではなく、仏道の中に生活がある、ということになり、どちらが主体になるのかは明らかですが。
不生に入る以前と以降ではそこに決定的な違いがあるはずです。
そういう目的で、このスレを立てました。

7 :神も仏も名無しさん:2008/09/05(金) 21:49:16 ID:6Wl6uWn8
>>4 最初の二行、そういうものがゴータマが語った本当の仏教だ、という立場であれば、それはそれで否定はしませんが。
大乗仏教はそのような立場はとっていませんので、たぶんそこには接点は生まれないと思います。
別にゴータマを取り合うつもりはないので、というより取り合う対象ではないので。
それはゴータマがどうのとかというよりも、世界をどのようにとらえるのか、という問題ですので。
少なくとも大乗仏教ではそのように世界をとらえていないということです。

8 :神も仏も名無しさん:2008/09/06(土) 21:08:51 ID:M4WlmYri
一応書いておきますが。
阿耨多羅三藐三菩提はサンスクリット語「Anuttara samyaksaMbodhi」の音写訳です。
一般的には無上正等正覚と意訳されます。
大乗仏教でいう悟るというのは、阿耨多羅三藐三菩提を成ずることです。


9 :たか:2008/09/07(日) 02:01:58 ID:ttS22zDY
14さんへ、
前スレを読んでいただければわかりますが、名僧や先人のかたがた、今修行をしている僧侶の方々との苦労の比較など、とてもとても私のは苦労に値しない問題外のものです。
経典に音のことが書いてあるから音に何らかの意味づけでもあるかもと自分勝手に思い込んで、時々仏リンを鳴らして手を合わせてただけですからね。
ただその間阿弥陀経以外の経典にも何か書いてあるだろうからと思って、浄土三部経と法華経の現代語訳を読み、ネットで禅も含めいろんな人の書いたものをチョコチョコと読んだりしましたが、結局は仏リンや音のことに関する私の納得できるものはなかったですね。
経典でいうと市販されている般若心経の解説書の内容にもどうも納得できなくていて、自分の母の死を切っ掛けにそれまで自分で思っていた縁起の考えではないことを、空、は示しているのではないかとも思っていました。
仕事をしながらもそんなことをしていて、気づいたら2年がたとうとしていて、自分ではそのことをわかることはできないなとこの2年は無駄だったろうと諦めの心境だったですね。
でもせっかくしてきたのだからもう少し、もう半年続けようという気持ちはありました。
大乗を調べる中で易行道という考えがあって、これは仏に全てを任せてしまおうという考えですが、つまり一切の条件を立てず阿弥陀仏なり観音菩薩に任せてしまおうとしたのです。
私は最初易行道ということにどうも抵抗があったのですが、どうにも自分ではどうしようもなくなって、 見性後なるほどと感じるところがあります

10 :たか:2008/09/07(日) 10:19:55 ID:ttS22zDY
>>9は別のところに書くものを間違って書き込んでしまったようです。
今気づきました、申し訳ありません。



11 :神も仏も名無しさん:2008/09/07(日) 11:24:25 ID:5TYdGnyf
別のところとはどこですか。

12 :1:2008/09/07(日) 16:42:37 ID:By2REw0z
>>9 私も別のところを知りたいw。

すこうしわたしの体験を話しましょうか。
わたしが意識して、大乗仏教でいう悟り、無上正等正覚を得ようと志したのは学生のころ。
ある導きにより、ある人を介してあるところに道ができて、そのあるところに通うようになり、そこでそこのものから直に道を歩ませてもらいました。
19歳の春、臨済宗でいう見性をして初門に入る。それからもあるところでずっと学ばせてもらっていたのですが、あるときもうこなくてよい、と。
そこで学べる基礎は徹底してたたきこまれた、だからもう来なくて良いということですね。
それから一年位して、久遠実成の釈迦牟尼仏をみて、仏性が失われることはないという真の意味を知る。
その年末、空海が第九住心で書いているように、観じて阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを得る。
ざっと書くとこんなものですかね。
ただ、ゴータマが乳粥を飲んで、白隠がコオロギの声を聴いて、悟った
(このときの悟りは、久遠実成の釈迦牟尼仏をみて、仏性が失われることはないという真の意味を知るという悟りですが)
というようなエピソードは省いてあります。

ただ、正直、そこからのほうが、道は長い。
阿耨多羅三藐三菩提を成ずることぐらいでは、本当の意味で不幸をなくすことはできません。
見性が仏道の初門であるのなら、阿耨多羅三藐三菩提を成ずることは○○の初門です。
ただ、このスレのテーマは>1で書いたように阿耨多羅三藐三菩提ですのでそこまでは語りませんが。
こういったことを書くと、それこそ>1で書いたひとりよがりじゃないかと言われそうですが。
まあ、これだけをみたら、そういわれても仕方ないかもしれませんね。
ですから、それは自ら確かめてください。

13 :たか:2008/09/07(日) 19:15:58 ID:ttS22zDY
1さん、失礼しました。
鬼和尚のところを読んでいたのなら私が時々書いたのを読んだことがあるかもしれませんね。
わたしはいつも、座ったり立ったりする修行なんていうの?2、というスレにいます。
先日まで、座ったり立ったりする修行なんていうの? 、に2年3ヶ月続けて書き込んでいましたが一杯になり今は過去ログ倉庫に格納されてしまったようです。
誰かがまたスレをたててくれたので、先日からその続きをまた書き込んでいます。
>>9の間違いはそのスレの中の返答が長文になって書き込むことができなくなって、2つに分けて書き込もうとしたとき、ここのスレをたまたま見つけて開いていたのを忘れて知らないうちにこちらに移し間違ったようです。

私も大乗仏教、特に音について中心に書いていますが、読んでいただければわかりますが仏教宗派に限定しているわけではなく文化、一般生活にについても書いているでしょうか。
ですから、道元、一休の禅宗、法然、親鸞、空海、のほか芭蕉、利休、雪舟、長谷川等伯、マチスなどいろいろ書き込んでいます。
彼らの生き方、伝えたかったこと、作品を通して、般若心経で言う、空、ということについて私なりに伝えることができたならと書き込んでいます。
また、悟りや見性についても書いていますので、私が書いたのも読んでいただき、1さんの参考になれば幸いです。

14 :1:2008/09/09(火) 02:10:43 ID:pSlDQ3dV
>>13 前スレ見れないw。専ブラをお使いであればdatをどこかにあげてもらえると助かります。
ので2を見ての感想を。

実はこの文章を書く前にかなり長文で書いていたのですが、パソコンが突然落ちてしまって全部吹っ飛んだので、短めに。
たかさんは真正観世音菩薩の人ですね(仏に真正帰命している限り)。
ただいまだ観音菩薩の「音」を知らない。
が、このまま仏に真正帰命し、観世音菩薩の境をしみこませきれば、いずれ観音菩薩の「音」を知ることになるでしょう。


15 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 16:26:35 ID:WE37oyZM
Pink Floyd - One of These Days
http://jp.youtube.com/watch?v=DQvG2SMVl84

16 :妖輝緋 ◆is1mRve2Rk :2008/09/18(木) 10:42:41 ID:0abaWc7w
(*⌒ヮ⌒*)ゞきゃは

17 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 18:51:46 ID:7Omol8kQ
歴史的発見!念仏を唱える日蓮宗が実在した!
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1181050412/

18 :神も仏も名無しさん:2008/09/23(火) 10:48:19 ID:QQBfRUUy
密教に至っては最早既に仏教というよりもヒンドゥ教だからな

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)