5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

聖書を根底から学ぶスレ その11

1 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/09/09(火) 00:10:42 ID:GJJexByK

ここは聖書に興味のある人が、聖句を根底から一歩一歩
亀のようにゆっくりと共に学んでいくためのスレッドです。

何もわかっていない人は、はじめから「東大進学コース」に行くのではなく、
「基礎クラス」で学ぶべきです。 「基礎クラス」でも追いつかない、理解できない、
という人が行くのは 「根底クラス」であるべきです。
ここは、そんな人たちが集まる「聖書を根底から学ぶスレ」です。

基本的には創世記から黙示録まで順々に細かくやっていこうと思います。
聖書を信じている人のみ参加可能です。
聖書を信じていない人の投稿はご遠慮願います。
ホスト役&まとめ役は、スレ主ダニエルが行うつもりです。
では、ゆっくり楽しくいきましょう。

前スレ【聖書を根底から学ぶスレ その10】WEB魚拓
http://s02.megalodon.jp/2008-0909-0003-26/life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218517499/


2 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2008/09/09(火) 00:11:25 ID:mV/CMFUm
とりあえず2を取ってから寝ることにしよう。

3 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/09(火) 00:11:55 ID:qqx3FGk+
ダニエルことダニ野郎の自己顕示スレ

4 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:14:38 ID:vnp5mYao
僕は学校も行ってない白丁の子がカキコするスレだと思ってた

5 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:16:22 ID:vnp5mYao
白丁の女子はみんな風俗か援助交際やってるんだろ

6 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:17:34 ID:vnp5mYao
白丁の男子はみんなヤクザか?

7 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:27:50 ID:vnp5mYao
白丁は今でも平壌笠かぶってるんか?
風俗で仕事してる時も平壌笠かぶってるんか?

8 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:32:03 ID:vnp5mYao
白丁の女子は写メで平壌笠の写真を送ってるんか?
そんな事をしたら援助交際できないよ


9 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 01:39:11 ID:vnp5mYao
白丁の子はネズミやゴキブリを食うってほんとか?

10 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/09(火) 03:04:47 ID:GJJexByK

ダニエル・スィートというハンドルネームが、なんだか恥ずかしいので
やはり、ハンドルネームを改めることにしました。

「ダニエル・アポトーシス」にします。
今後とも、よろしくお願いいたします。


11 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 07:56:40 ID:I8nyMWwd
絶対アホって言われるよ

12 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 08:16:16 ID:ed4PiGxH
邪気眼ぽいと感じます。

13 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 09:03:36 ID:Z/KgRt9t
>>10

ダニエル・アホアンドドジ

(ダニエルとアホでドジな仲間達)

の方がいいと思うけど。

14 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 10:38:33 ID:SOvNG50v
>>10
ダニエルという名前も変えたほうがよい。「ダニエル書」は黙示録。

15 :※タロット=虚空会星座体系覚書:2008/09/09(火) 11:18:08 ID:tTuFS2uv
まず(前)仏教※由来の用語とそれ以前からの
(十干十二支などの)世界樹との関連に由来する
『地の子』『メシア・キリスト』等の語義の確定から
初めて、それぞれの時代と背景を考慮しながら
それぞれの場面において誰が何をどんな意図で
発言したり書いたりしたのか考察すればいいかと。

(全二十七の音節)文字とその対応星座の体系である
点の玉座=言葉なる神の象徴体系に由来する用語は
過去においてはそれぞれの時代や場所や人における
解釈を含めて当時の常識=前提知識になるだろうな。

まずキリスト教本来の封印は十字じゃない点につき…
ひげ十字(鍵十字や丸十字)等が自前の封印になる。
ローマ字(いわゆる英字)のTやギリシャ文字のΤでは
なく、ギリシャ文字のΘになったものがそれに当たる。
子なる神=白銀の太陽=生命起源からの流出の封印
=十字に対してその終端を示す封印がキリスト教の
担当する聖性になる。 メシアやキリストの語源にある
地の油(脂)=封印をほぼ反対の義を担う呪縛(系)と
混同しないようにとはいうが、キリスト教自体が
その呪縛(系)だから紛らわしい。 ちなみに封印
=地の脂(油)自体の封印は円(今のローマ字O)。

16 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 18:46:07 ID:HXAPMWkb
ウェブ魚拓っていつまでもつもんなんですか。

17 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 19:09:41 ID:GbbqxQPk
>絶対アホって言われるよ
そこで、主は言われた。
「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。
人は肉にすぎないのだから。
こうして、人の一生は百二十年となった。」(創世6.3)

エホバの霊は、いつまでも人と言い争うことはない。
生きているうちにちゃんと学ばないと、永久に取り返しがつかなくなるよ。


18 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 20:01:20 ID:qlCvAKYR
前スレ709
■創世記31:29
わたしはお前たちをひどい目に遭わせることもできるが、
夕べ、お前たちの父の神が、『ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい』とわたしにお告げになった。

***** 感想 *****
『ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい』
ラバンは、神様の語りかけを聞いたようです。
そして、その言葉に従う決断をしたようです。

19 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 20:07:41 ID:qlCvAKYR
前スレ710
■創世記31:30〜32
父の家が恋しくて去るのなら、去ってもよい。しかし、なぜわたしの守り神を盗んだのか。」
ヤコブはラバンに答えた。「わたしは、あなたが娘たちをわたしから奪い取るのではないかと思って恐れただけです。
もし、あなたの守り神がだれかのところで見つかれば、その者を生かしてはおきません。
我々一同の前で、わたしのところにあなたのものがあるかどうか調べて、取り戻してください。」
ヤコブは、ラケルがそれを盗んでいたことを知らなかったのである。

***** 感想 *****
うーん、なんで盗んだんやろね?
ラケルもそれを拝んでいたのかな?
しかし、盗んだのがバレたら、殺されるような状況に陥るなんて思ってなかっただろうな・・・

20 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 21:09:14 ID:I8nyMWwd
>>17
勘違いするな。俺はダニエルはいい奴だと思っている


お前エホバか?

21 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 21:32:11 ID:GbbqxQPk
■創世記31:29
わたしはお前たちをひどい目に遭わせることもできるが、
夕べ、お前たちの父の神が、『ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい』とわたしにお告げになった。

***** 感想 *****
「わたしはお前たちをひどい目に遭わせることもできるが、」とは、
自分に能力があれば、といった憤りを表しているようですね。

「夕べ、お前たちの父の神が、『ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい』とわたしにお告げになった。」
そのことが、神から許されていないことを意味しているようです。
その後に続くように、ヤコブにたいし、善し悪しを語ることが、夢の中で
禁じられたと言うことでしょう。

■創世記31:30〜32
父の家が恋しくて去るのなら、去ってもよい。しかし、なぜわたしの守り神を盗んだのか。」

>***** 感想 *****
>うーん、なんで盗んだんやろね?

うーん、真理を失った状態からくる憤りなんだろうな。ラケルが持ち去った
テラピム(父の家の守り神)のこともあるし。テラピムとは、諸真理を意味するそうです。

なにか、創世記に出てくる人物名は、どうも、その時代に住んでいた特定の個人のことを指して
いるのではないようです。


22 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 21:45:30 ID:qlCvAKYR
エホバの証人 逝ってよし。

23 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 21:53:30 ID:GbbqxQPk
ヤハウェやエホバ(YeHoVaH)は、旧約聖書の神のみ名で、
「エホバの証人の王国会館」なるものとは全く、関係ありませんが、なにか?


24 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 22:11:12 ID:qlCvAKYR
エホバの証人の王国会館 逝ってよし。

25 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:11:31 ID:I8nyMWwd
>>23
紛らわしいんだよw

26 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:19:58 ID:GbbqxQPk
>>25
紛らわしってなんですか?
あなた方の無知こそが、すべて神の真理を歪めているのでしょう。



27 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:23:35 ID:I8nyMWwd
>>26
あなたの考える真理とは?

28 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:23:53 ID:GbbqxQPk
追伸:偏見と偏狭な攻撃心もつけ加えておきます。

29 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 22:29:05 ID:vnp5mYao
>>23
>ヤハウェやエホバ(YeHoVaH)は、旧約聖書の神のみ名で、
真っ赤な嘘...ヤハウェやエホバはアホ教が名づけたものです。
特にエホバは、神聖4文字YHV(W)Hにアドナイ(主)の
母音を挟んでいたのを、アホ教の学者(?)が神の御名だと
誤解した物です。
ホンマの呼び名はユダヤ教で、秘伝になってますよん

30 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 22:41:25 ID:qlCvAKYR
エホバの証人の子供が、こんなレスしてたよ。

32 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/07(日) 22:37:36 ID:PgHq2cQH
>>30
>YHWHの読み方は 「よ(Y)は(H)、ヴぉ(W)けホ(H)モ老人だべ」
違うよ...イヤッハーン、バッハァーン(イヤンバカン)だよ


31 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:46:17 ID:vK8OuPsg
神ご自身の言葉による唯一の「自己定義」では、神の名は「わたしは、
全存在」だよ。

32 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:51:28 ID:GbbqxQPk
>>27
あらゆる真理は、善を受け入れる受け皿に対応します。しかも真理が純粋で
あればあるほど、それだけ数を増していきます。それだけ器として、より多
くの善ができるようになります。

そうして、仁愛だけの善の中では、主のみが現存されます。
こうして、人は主に結ばれ、善つまりは、仁愛をとおして良心が与えられます。
その良心にもとづいて、人は真理を悟り、公正を実践するのです。


33 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:55:09 ID:nUFKH//w
>>31
私は手持ちの参考書で確認しました(前スレ308)。次はあなたが示す番です。
示されれば実際に確認をとるとも言ってます。

34 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 22:56:51 ID:vK8OuPsg
>>32
創造主は、「人間が知恵付いて、自然状態から離れ、神のようになって、
善悪の観念などを作り上げること」を、「原罪」として禁止している。

35 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 23:23:17 ID:vnp5mYao
>>30
それは、お前向けの呼び名だよん

36 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 23:25:13 ID:GbbqxQPk
>>34
人間の持つ認識能力の底辺にあるものが、感覚知であって、創世記では、
地を這うヘビとして表象されます。つまり、感覚知とヘビは相応の関係で
表象されているのです。ヘビが実際にいたのではありません。
この感覚知によって、すべてを自分自身で判断すれば、人は必ず死ぬと戒め
られているからです。
善悪を知る木の実を食べて、神のようになったとは、そのことをさしています。
原罪として禁止したのではありません。なぜなら、神は、すべてを見れおられた
のですから、、、。


37 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/09(火) 23:25:21 ID:ITHL08eZ
>>35
ヤハウェがキリスト教徒がつけた呼び名だと本気で信じてる?wwww誤訳スキーwww

38 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/09(火) 23:25:49 ID:vnp5mYao
>>30
こう言う底なしのオツムの弱い奴は、馬鹿にされてる事すら
理解しないんだよん

39 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 23:32:14 ID:EbRJ1m97
かわいそうな家族だね。あなたがたも。君達も。あなただよ、あなた!君だよ君!(笑)

40 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 23:37:26 ID:EbRJ1m97
あがなうのは、汝みずからなり。

41 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 23:38:16 ID:vnp5mYao
パンチョッパリは知ってるんだろ
白丁の子はネズミやゴキブリを食うってほんとか?


42 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 23:39:20 ID:vnp5mYao
パンチョッパリは知ってるんだろ
白丁の女子はみんな風俗か援助交際やってるんだろ



43 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 23:40:52 ID:vnp5mYao
パンチョッパリは知ってるんだろ
白丁の女子は学校へ行かせてもらえないんだろ

44 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/09(火) 23:44:10 ID:qlCvAKYR
おい、ホモモちゃん。
あんまり意味の無い連投するなよ。

45 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/09(火) 23:52:22 ID:vnp5mYao
>>44
>>アホが
>>>あんまり意味の無い連投するなよ。
>>などと言い出したら、
>>>お前がやめろと言われるに決まってるだろ
>などと言い出したら、
>>お前がやめろと言われるに決まってるだろ
などと言い出したら、
>お前がやめろと言われるに決まってるだろ

でまたエンドレスになるべ


46 :神も仏も名無しさん:2008/09/09(火) 23:57:46 ID:GbbqxQPk
>>36
なぜなら神は、すべてを見れおられたのですから、それを止めることが、
出来たはずです。しかし神は、それを止められませんでした。
もしも、それをエバやアダムが罪を犯したと解釈して、それが子孫に「原罪」
として断罪されるとなれば、神はもう、人の神ではありません。

純粋無垢として描かれているアダムやエバが、たった一回、神の言いつけを聞か
かったからと言ってそれが、「原罪」として問われるという解釈には、無理がある
ようです。ここは、人の自由意志を認めた、または、尊重されたと解釈すべきです。
それから、アダムやエバが人祖と判断することも、聖書の記述の中では矛盾しています。





47 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/10(水) 00:01:02 ID:ITHL08eZ
>>46
あのねw
原罪ってようするに
神様から離れる傾向 背こうとする傾向
のことですよ?w

自由意志によって神様から離れた
そしてそれを隠し悔い改めようとしなかった
のが問題なんです

48 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 00:19:48 ID:409RI+e5
>>47
教会からそう「教え込まれた」だけだろ。「借り物」の考えを、オウムのように
繰り返すのは、滑稽な姿であることを、自覚されたし。

49 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/10(水) 00:23:02 ID:F9711cNy
パンチョッパリは知ってるんだろ
白丁の女子は「原罪」で学校へ行かせてもらえないんだろ


50 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/10(水) 00:24:17 ID:F9711cNy
パンチョッパリは知ってるんだろ
白丁の女子は「原罪」で援助交際してるんか?



51 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 00:24:43 ID:0FhiSm8t
>>47
「原罪」、それは人が持つ遺伝悪といわれています。
遺伝悪とは、動物と共有するもではありませんが、人の中に在る遺伝悪は、
悪に陥る傾向といわれます。それは愛と関係があります。
動物には、自然的な愛、つまり本能が支配している情愛によって秩序が保たれ
ますが、人には秩序に反する情愛があり、それは、「自己愛」とか「世間愛」
と言われます。人は「自己愛」と「世間愛」が取り除かれなければ、神の国を
見ることがないと主は、教えられていると言うことでしょうか。



52 :嫌煙ちゃん:2008/09/10(水) 00:30:04 ID:bchbZhr3
また静かに読めないのでしょうか(´・ω・`)


53 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 00:32:38 ID:409RI+e5
>>51
アホか。「自己愛」を取り除けば、人間は死ぬし、「世間愛」を取り除
けば、社会は崩壊する。

下らないイエスの「教え」などに一々依存しないで、創造主が与えた、
人間の知性に依存しろ。

聖書のイエスの「教え」は、「すべて誤り」であることを覚ることが必要。
イエスは精神病患者の若者にすぎないのだぞ。

54 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/10(水) 00:45:27 ID:F9711cNy
>>53
>聖書のイエスの「教え」は、「すべて誤り」であることを覚ることが必要。
>イエスは精神病患者の若者にすぎないのだぞ。
誤りではなくて、アホ信者を大人しくする為のテクニックだよ...
マジで信じてるアホ信者がいるんだから、キリスト教団のテクニック
としては有効なんだよ
「神から離れる事は罪だ」って脅かしておけば、よその教会へ
いく事が抑制できるだろ
「処女降誕」と「ユダ家の末裔」と言う明らかに矛盾する事でも
信じる連中だから、こう言った矛盾だらけの説教で、信者の
オツムをふにゃふにゃにするのがキリスト教団のテクニックなんさ

55 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 01:05:07 ID:0FhiSm8t
悪霊に英知はなく、いつも単純な罵声の繰り返しかできません。
悪霊に乗っ取られた人もまた、同様です。
しかし、かれらも主のいつくしみによって、この世では許されています。
なぜなら、かれらも自己改革ができるからです。
しかし、あの世ではもう許されません。
なぜなら、かれらの意志は凍結され、霊的死を迎えるからです。

56 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 01:12:43 ID:0FhiSm8t
>>53
はい、自己愛と世間愛を取り除けば、「隣人愛」と「天的愛」が芽生えます。
主は、そのことを数々のたとえで示されました。
俗世間の悪習にどっぷり漬かった現代社会は、役立ちのための役立ちの社会
ではなく、自己愛と世間愛を満たすための、役立ちの社会になってきました。

このような社会は、まずその時代の教会から崩壊していきます。
なぜかと言うと、人間は、主の教会を築く最小単位であります。
自分のための役立ちとしての人間の行為は、主の新しい教会を築けません。


57 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/10(水) 01:18:56 ID:R7/p7jAi
>>53
エロスは本来の肉体維持の範囲でのみ働かせるべきなのです

ていうかあなたの知識も当てにならないことが暴露されましたね失調スレでw

58 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/10(水) 01:19:56 ID:R7/p7jAi
>>54
ていうか神から離れることが原罪なんだよ誤訳スキーw

それと養い親だって立派な親だぞw

59 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 01:38:03 ID:0FhiSm8t
「わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」(ヨハネ16.5)
主の教えられた、この意味するところが分かるまで、よく勉強しましょうね。

60 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/10(水) 01:57:45 ID:F9711cNy
>>59
>「わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」(ヨハネ16.5)
>主の教えられた、この意味するところが分かるまで、よく勉強しましょうね。

だろ...教団の本心と言うか、信者が如何に「神から離れる事は罪だ」に
洗脳されてるか判るべ..キリスト教徒と言うのはコレしかないんと違う
だろか...それで、「神から離れる事は罪だ」がホンマは、キリスト教徒
やめたら八つ裂きと言う事だと言うのが判ってないんだよ...
こいつ等、「神から離れる事は罪だ」と言う言葉に騙されてるだけだよ

神が全知全能の存在だったら、ホンマは人間が、「神から離れる」事は
不可能なんだけどね..そう言う絶対的名な存在のハズなんだけど
それが、ちんけな「神から離れる事は罪だ」と言うアホキリスト教団の
一番好きな慣用句に摩り替わってしまうんだw...なんで気が付かん
のかねぇ...「神から離れる事は罪だ」と言って、キリスト教徒を
やめたら八つ裂きだが刷り込まれてる事が


61 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 06:22:57 ID:/TPgWEGF
だまれ悪魔、キリストに道を譲れ。

62 :謎のおじさん バルッタザール ◆wzm1x/rgxo :2008/09/10(水) 07:04:41 ID:m8WQ4ZdK
>>61
そう言いたくなりますがまあ抑えて。
>>60
私から離れては何も出来ない、というのは働きについて言われていると知っているかな?
だからイエスを離れて「自力で何か神の為にしよう」と思ってもそれはできない、
という事を示す為にこの例話をイエスはされたのだよい。


63 :独り言('・ω・) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/10(水) 07:13:53 ID:nhCgEcgQ
>テラピム(父の家の守り神)のこともあるし。テラピムとは、諸真理を意味するそうです。

列王下23.24
ヨシヤはまた祭司ヒルキヤが主の宮で見つけた書物にしるされている律法の言葉を確実に行うために、
口寄せと占い師と、テラピムと偶像およびユダの地 とエルサレムに見られるもろもろの憎むべき者を取り除いた。

もろもろの憎むべき者を取り除いた。の中リストの中にテラピムが入っているので、
それは違うでしょう。

てらぴむについて
>>19
この偶像については旧約聖書の全時代にわたって言及されている
(族長時代―創31:19,士師時代―士17:5‐18:31,
王国時代―Tサム19:13‐16,U列23:24,エゼ21:21,ホセ3:4,捕囚からの帰還後―ゼカ10:2).

イスラエルの民は偶像礼拝を禁じられていた(U列23:24).
テラフィムは,矢や動物の肝の形での占いとか,霊媒と共に使われていた
(U列23:24,エゼ21:21).大きさは手に持てるほど小さいもの(創31:34)
から等身大(Tサム19:13‐16)のものもあった.ラバンは家の神として祭っていた(創31:30‐34).
ラケルはラバンのテラフィムをらくだの鞍の下に入れて隠したが,
パレスチナまでの旅の守護神とするために盗んだのかもしれない.
ヘブル語の発音から,病気よけや祖先崇拝に使われたとも言われるが,用途は不明である.

64 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 11:20:45 ID:TgvTNY2S
ヤコブの時代の話なのに、なんでヨシヤ王の改革が出てくるんだ???

65 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 12:40:40 ID:Ad4IqzXU
ダニエルカモ〜ン♪

66 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 12:53:35 ID:LuLmyE86
>>57
>エロスは本来の肉体維持の範囲でのみ働かせるべきなのです

君のその書き込みも、考えも、君の肉体があるからこそ可能であること
さえ分からないのか。それとも君は、あの世から書き込んでいるのかねw。

君が、「教会から教え込まれたこと」をアホのように繰り返している
姿は、滑稽だとは思わないのかね。神は、君を初めすべての人間に、
知性と批判力を与えていることを、すっかり忘れてしまっているのでは
ないのかね。

67 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 13:17:31 ID:tccNNxBl
「神に根ざして」もしくは「主に在って」な。
そうでなければ燃えるゲヘナ行きだ。

68 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 13:19:48 ID:tccNNxBl
と、俺は信じてる。
神様を悲しませたくないからな。

69 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/10(水) 13:20:23 ID:QZA8zQzw
>>50
在日差別とはな。いよいよお前の性質の悪さが露呈してきたな。
おまえは所詮、そういう人間なんだよ。
援助交際してるのはおまえの娘じゃねぇのか?
だいたい援助交際してる女ってのは、ろくな親の元で育ってないもんだ。
親がお前だもんな。お前の娘。


70 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/10(水) 13:26:37 ID:QZA8zQzw
>>60
しかしこいつのこのレスひとつみても、こいつは
イエスの教えをなにひとつ理解していないとわかるな。
父の名は前に俺が教えてあげたろう。盲人は見える目があるのに見えず、
聞こえる耳があるがあるのに聞こえない。
「人」は、自分の意思で、自分自身から離れているのだからしかたがない。

71 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/10(水) 13:35:56 ID:QZA8zQzw
>>66
よぉ、基地外。薬はちゃんと飲んでるか?
お前の病気の治療は、おまえがまず、異常だということを自覚することから
始まる。はやく自分の異常に気づこうな。基地外。
ところでおまえ、層化って、カルトだと思うだろ?他人の信仰はほっとけよ、層化。
こちとら、おまえらなんか眼中にもないぜ。

肉あればこそ「言」もある。霊のあるところに「言」もある。肉の無いところに
どうして、「言」もあるというのか。だがどちらも、表象だけの幻。
どっかのアホが、復活とは、霊体ボディとなって生まれ変わることだといってるようだが、
そんなものはない。復活とは、認識の違いなのだ。

72 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 13:38:16 ID:tccNNxBl
そうそう、何をトチ狂うのか自ら背負いきれない自己責任の方向に突き進んで行くんだよな。
イエスを信じる重荷は負い易いというのに。

73 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/10(水) 13:44:38 ID:QZA8zQzw
>>72
信仰義認はキリスト教最大の誤謬だ。
儀式に過ぎない今の教会が執り行う線礼式で、イエスをただ信じますと口先だけの
信仰告白だけすれば、自分はもう救われていると、あとはなにやってもOKだと
だとするプロテスタントの能書きを聞いてると虫唾が走る。おまえらはその教義のおかげで
平気で罪を犯す。ま、おまえらは、新約成就の当て馬に過ぎないものだから、同じ穴の狢のイスラム
教徒と思う存分に殺しあうがいいさ。それがおまえらプロテスタントの役目だ。

74 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 17:00:04 ID:iVQPffG4
前スレ >>710より続き

■創世記 31:33〜34
そこで、ラバンはヤコブの天幕に入り、更にレアの天幕や二人の召し使いの天幕にも入って捜してみたが、見つからなかった。
ラバンがレアの天幕を出てラケルの天幕に入ると、ラケルは既に守り神の像を取って、らくだの鞍の下に入れ、その上に座っていたので、
ラバンは天幕の中をくまなく調べたが見つけることはできなかった。

***** 感想 *****

ラバンは、やはりヤコブの天幕の中から探し始めました。ヤコブを一番疑っていたのでしょう。なぜなら彼のことが嫌いだからだと思います。
ヤコブがそのようなことをするはずがないことを、今までずっと一緒に暮らしてきたのに分かっていないのです。
次に疑ったのは、レアと二人の召し使いでした。しかし、そこでも守り神の偶像は見つかりませんでした。
ついに、ラバンはラケルの天幕に入り、探し始めたのです。


75 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 17:08:05 ID:iVQPffG4

ここからは、僕の勝手な推測でラバンの今までの気持ちについて書いてみたいと思います。

ラバンは、ヤコブが働き者であることがわかったので、
ヤコブがラケルをお嫁さんに欲しいと言ったときに、
「これで少なくとも7年間は、ただ働きさせられるな。」と思って喜んだと思います。

7年たって、ラケルをヤコブにあたえて、彼らを去らせなければならないはずなのですが、
ラバンは、ヤコブにもっと働いて欲しかったのです。
それで、ヤコブが望んでいなかったレアを、まず騙してヤコブにあたえ、次にラケルをあたえて
結局、14年もの間、自分のところで、ただ働きをさせることに成功しました。



76 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 17:11:57 ID:iVQPffG4

その14年の間、ヤコブが非常によく働いたために、羊や山羊をはじめ、
ラバンは、さまざまな財産を増やすことができたのです。
これは、ヤコブのおかげでした。
しかし、ラバンは、これらはヤコブのおかげであることはわかっていたはずですが、
財産を独り占めしたい、という誘惑にかられ、財産を自分と息子のものにしようと、
ヤコブを騙したり、企てを立てたのです。



77 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 17:15:51 ID:iVQPffG4

しかし、神がヤコブを恵まれていたために、
ヤコブの財産は増えていきます。

このことに対して、ラバンはヤコブに嫉妬し始めました。
ヤコブいわく、「お兄さんの自分を見る目が、初めの頃とは変わってきた。」ということです。

大変残念なことですが、ラバンの心は、欲望と嫉妬と怒りで満ちてしまったのでしょう。
ラバンは、ヤコブにとっては愛する母リベカの兄ですから、本当は争いたくなかっただろうと思います。


78 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 18:28:11 ID:ot/s1RTM
>>73
君は俺を誤解してる。
イエスを信じてたらイエスの言うこと聞くだろうし、イエスの言うこと聞くなら殺しはできないよ。
俺を罪に定めないでくれ。

79 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 21:22:01 ID:twUbdjYY

このスレは、あってもなくても、いいスレだな。

実に、下らない。 スレ主に似るんだろうな。

80 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 22:51:20 ID:iVQPffG4
>>79
>このスレは、あってもなくても、いいスレだな。
>実に、下らない。 スレ主に似るんだろうな。


確かに、あなたにとっては、あってもなくてもいいスレなのでしょう。
それは、そのとおりだと思います。(^^)

★第一コリント 1:18
十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては価値のない愚かなものですが、
わたしたち救われる者にとっては神の力です。


81 :ダニエル・スィート ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 22:56:27 ID:iVQPffG4

■創世記31:34〜35
ラケルは既に守り神の像を取って、らくだの鞍の下に入れ、その上に座っていたので、
ラバンは天幕の中をくまなく調べたが見つけることはできなかった。
ラケルは父に言った。「お父さん、どうか悪く思わないでください。わたしは今、月のものがあるので立てません。」
ラバンはなおも捜したが、守り神の像を見つけることはできなかった。

***** 感想 *****

ラケルは、らくだの上に座っていて、そのらくだの背中の鞍の下に守り神の像を隠したようです。
「わたしは今、月のものがあるので立てません。」
このように言われたら、男としては「立て」とは、確かに言い難いだろうと思います。
しかも、ラバンはラケルのことを一番信用していたようですから。


82 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 22:59:34 ID:iVQPffG4

***** 感想 *****

この件がきっかけで、ついにヤコブの怒りが爆発してしまいます。

■創世記31:36〜39
ヤコブは怒ってラバンを責め、言い返した。
「わたしに何の背反、何の罪があって、わたしの後を追って来られたのですか。
あなたはわたしの物を一つ残らず調べられましたが、あなたの家の物が一つでも見つかりましたか。
それをここに出して、わたしの一族とあなたの一族の前に置き、わたしたち二人の間を、皆に裁いてもらおうではありませんか。
この二十年間というもの、わたしはあなたのもとにいましたが、あなたの雌羊や雌山羊が子を産み損ねたことはありません。
わたしは、あなたの群れの雄羊を食べたこともありません。
野獣にかみ裂かれたものがあっても、あなたのところへ持って行かないで自分で償いました。
昼であろうと夜であろうと、盗まれたものはみな弁償するようにあなたは要求しました。


83 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 23:02:29 ID:iVQPffG4

■創世記31:40〜42
しかも、わたしはしばしば、昼は猛暑に夜は極寒に悩まされ、眠ることもできませんでした。
この二十年間というもの、わたしはあなたの家で過ごしましたが、そのうち十四年はあなたの二人の娘のため、
六年はあなたの家畜の群れのために働きました。しかも、あなたはわたしの報酬を十回も変えました。
もし、わたしの父の神、アブラハムの神、イサクの畏れ敬う方がわたしの味方でなかったなら、あなたはきっと何も持たせずにわたしを追い出したことでしょう。
神は、わたしの労苦と悩みを目に留められ、昨夜、あなたを諭されたのです。」

***** 感想 *****

今までのラバンへの不満を、一気に、ぶちまけて語るヤコブ。


84 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 23:09:36 ID:iVQPffG4
■創世記31:43〜48
ラバンは、ヤコブに答えた。「この娘たちはわたしの娘だ。この孫たちもわたしの孫だ。
この家畜の群れもわたしの群れ、いや、お前の目の前にあるものはみなわたしのものだ。
しかし、娘たちや娘たちが産んだ孫たちのために、もはや、手出しをしようとは思わない。
さあ、これから、お前とわたしは契約を結ぼうではないか。そして、お前とわたしの間に何か証拠となるものを立てよう。」
ヤコブは一つの石を取り、それを記念碑として立て、一族の者に、「石を集めてきてくれ」と言った。
彼らは石を取ってきて石塚を築き、その石塚の傍らで食事を共にした。
ラバンはそれをエガル・サハドタと呼び、ヤコブはガルエドと呼んだ。
ラバンはまた、「この石塚(ガル)は、今日からお前とわたしの間の証拠(エド)となる」とも言った。
そこで、その名はガルエドと呼ばれるようになった。

***** 感想 *****

ラバンとヤコブは、今後争うことをしないために、お互いに契約を結ぶことにしたようです。
契約の記念に、石塚を築いて、契約の証としたのです。この石塚をヤコブはガルエドと名付けました。

85 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/10(水) 23:11:01 ID:F9711cNy
>>79
>このスレは、あってもなくても、いいスレだな。
>実に、下らない。 スレ主に似るんだろうな。
これ程、キリスト教徒の愚かさが曝け出されるスレは貴重では
ないだろか?

86 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/10(水) 23:13:16 ID:ZLRoBbJR
>>85
晒されてるのは誤訳スキーだけどwww

87 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 23:17:32 ID:iVQPffG4

ここらで、ちょっとブレイクしましょうか♪

創世記のお話は、まるで御伽噺のようで、こんなものを読んで、何の役に立つのか?と思われるかももしれないですね。
でも、創世記はとても大切なお話で、今までのところを読んだだけでもわかるように、
様々な人間の思い、人間の憎しみ、怒り、喜び、幸せなどについて、ちりばめられていて
考えさせられるストーリーになっていると思います。

僕は、旧約聖書は、申命記やレビ記のように、律法と関わってくる部分が出てきたときに
面白くなってくると思いますが、多くの人は、律法の部分はつまらない、と言います。

おそらく、律法というものに対するスタンスが、人によって違うからでしょう。
そのあたりも含めて、律法といものに対して、どのように接するべきかを一緒に学んでいきましょうね。

僕は、律法というものの、その奥にあるものは愛だと思っています。
ですから、知性で読み解こうとするのではなく、律法をあたえた方の心情を察するようにして読むと良いと思います。


88 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/10(水) 23:21:52 ID:iVQPffG4

創世記が、このまま進むと、ヨセフがエジプトに行く話しになりまして、
そこで、ヨセフが世界的な食料危機に対処する様子が描かれております。

これは、このまま現代の食料危機についても参考になるような記述ではないかと思います。
「備えあれば憂い無し」と言いますしね。

-- 雑談終了 -- d(・∀<)


89 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 23:30:02 ID:Io4Aqtap
■創世記 31:33〜34
そこで、ラバンはヤコブの天幕に入り、更にレアの天幕や二人の召し使いの天幕にも入って捜してみたが、見つからなかった。

内的意味:天幕は聖なるものを意味し、ここでは(複数)の天幕とあり、ヤコブとレアとはしためたちの
天幕を指し、「テラピムは、そこに見つからなかった」とは、そこには、諸真理がなかったという意味です。
「テラピム」とは、よい意味で、諸真理を意味します。「ヤコブ」は、自然性の善を意味し、「レア」は、
外部的真理の情愛を示し、「はしため」たちは、外部的情愛をあらわします。

ここでテーマとなる諸真理は、外部的真理でなく、内部的真理であるため、かれらの天幕、すなわち聖なる
ものの中には、見つけれませんでした。しかし、実際は、ラケルの天幕の中、すなわち準内部の真理への情愛
の聖なるもののなかにありました。「ラケル」とは、準内部の真理の情愛を表象しています。
したがって、ここでの意味は、彼らの聖なるものの中には、そのような真理がなかったことを意味します。

90 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/10(水) 23:32:02 ID:F9711cNy
>>87
>でも、創世記はとても大切なお話で、今までのところを読んだだけでもわかるように、
>様々な人間の思い、人間の憎しみ、怒り、喜び、幸せなどについて、ちりばめられていて
>考えさせられるストーリーになっていると思います。
1章から33章の中にどれだけ「人間の思い」、「人間の憎しみ」、「怒り」、「喜び」、「幸せ」
などについて書かれてるのか、整理して述べていただけないだろうか

「人間の思い」は、キリスト教徒が勝手に想像して言ってる様に思うが
「人間の憎しみ」と「怒り」は幾つも無かったと思うが...
「喜び」と「幸せ」もキリスト教徒が勝手に想像して言ってる様に思うが

>知性で読み解こうとするのではなく、律法をあたえた方の
>心情を察するようにして読むと良いと思います。
律法を読むときに、知性と心情を分けるのは困難だと思うが

91 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/10(水) 23:36:52 ID:nhCgEcgQ
なー 誰とは言わんが、モルモン教が混ざってないか?
3だい異端の匂いがプンブンする。(エホバの証人 クソ末日聖徒教会 統一教会)
モルモンは、過去に何度かこのスレに来ていたし、モルモンが臭い。

92 :神も仏も名無しさん:2008/09/10(水) 23:56:23 ID:twUbdjYY
>>80

>★第一コリント 1:18
>十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては価値のない愚かなものですが、
>わたしたち救われる者にとっては神の力です。

(⌒^⌒)b うん 一回こっきりの人生を、無駄にせず、人を差別しないで
心豊かに、生きているよ。

下らないパウロの屁理屈言葉を、防護服にしないと生きていけないお前とは違うよ。

俺は自分の人生を、「ありのまま」に受け入れて、何者にも執着せず、なおかつ、全てに感謝して
「ありのまま」の死を夜毎迎えて、「ありのまま」の生を朝に迎えて生きている。

「今」を生きれない者は、幻想の天国に望みを託せ。

生き生きと「今」を生きる者に、パウロの屁理屈は、無用だ。






93 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 00:06:20 ID:BHv8EARl
「ラバンがレアの天幕を出てラケルの天幕に入ると、」
内的意味:彼女の持つ聖なるものを指します。

真理については、善と同じように、準外部的なものと、準内部的なものが
存在します。それは内部人間と外部人間が存在するためです。
内部人間の(善と真理)は、内部的善と内部的真理と言われ、外部人間の
(善と真理)は、外部的善と外部的真理と言われます。内部人間の善と真理は、
天界が三層あるように、三段階あります。外部人間の善と真理もまた三層あり、
内部に対して相応関係をもっています。

なぜなら、内部人間と外部人間との間には、中間的な善と真理、すなわち仲介的善と
真理があり、中間的・仲介的なものがなければ、交流もないからです。
自然的人間固有の善と真理があり、それは外部的善および外部的真理と言われます。
また肉体に属する感覚的善と感覚的真理も存在し、以上の三段階の善と真理は、外部
人間に属します。




94 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 00:10:28 ID:Pwbhcaxa
ダニエルさんよろしくー♪

95 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 00:12:29 ID:Pwbhcaxa
***** 感想 *****
>>81
「生理って言えば、男なんて簡単やで!そういって早退して映画見に行った事あるww」
と言っていた。女性の先輩を連想するなぁー
>>82
>この二十年間というもの、わたしはあなたのもとにいましたが、
>あなたの雌羊や雌山羊が子を産み損ねたことはありません。
何気に、すごい内容だと思います。
ヤコブが世話をした二十年間の間、家畜が流産した事が無かったようです。
毎回出産が成功してたら、そりゃ、どんどん増えて行くよな。
>>83
>昼は猛暑に夜は極寒に悩まされ、眠ることもできませんでした。
悪環境の中、ヤコブは真面目に働いていたようですな。

96 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 00:25:29 ID:BHv8EARl
「外部人間」:内部人間が人間の天的・霊的本体であるのに対し、外部人間は、
肉体的・感覚的制約を持つ世俗的人間を指します。内部人間に対し、人を下級の
欲望にひっぱる地獄の流入は、人を試練・誘惑の場とします。

外部人間は、再生されなければ、そのまま霊界に持ち込まれますが、再生されるとともに
浄化され、内部人間と一体化します。
主イエスの場合は、生涯を貫き、最後まで続いた試練・誘惑に勝つことによって、
外部人間にある遺伝悪を完全に除去されました。
復活された主には、人間的弱さはいっさい残っておらず、その人間性は完璧に神化されました。
これを「栄化」と言います。

97 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 00:31:46 ID:CrLHO2v4
>>96
証人今晩はwww

98 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 00:37:35 ID:Pwbhcaxa
>>97
証人なんか?

99 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 00:38:10 ID:BHv8EARl
■創世記 31:33〜34
そこで、ラバンはヤコブの天幕に入り、更にレアの天幕や二人の召し使いの天幕にも入って捜してみたが、見つからなかった。
ラバンがレアの天幕を出てラケルの天幕に入ると、ラケルは既に守り神の像を取って、らくだの鞍の下に入れ、その上に座っていたので、
ラバンは天幕の中をくまなく調べたが見つけることはできなかった。

「ラケルはテラピムを取って」とは、神の力による準内部の自然的真理を指します。
これは、「ラケル」が準内部の真理の情愛を表すからです。
「テラピム」は神の諸真理です。つまり準内部の諸真理です。

「らくだの鞍の下に入れ」とは、科学知の中を指します。それは、「らくだの鞍」が、
科学知を意味するためです。「らくだ」には、自然的人間に共通の科学知です。

100 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 00:56:30 ID:2KMwgIa4
>>99
>守り神の像を取って
ラバンが持ってた「偶像の神」と「神の力による準内部の自然的真理」
の神は同じなのか?


101 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 00:59:24 ID:BHv8EARl
「科学知」は、比較的粗雑で無秩序です。そのため、「鞍(藁敷)」とは、
科学知を意味することになります。科学知にだけ浸って、学者としての評判
をもつ人々の目に、「からまる」様子はありません。

彼らは、知れば知るほど、また知識が増せば増すほど、英知を味わうと信じています。
ことろが実情はその逆です。来世にいる人から、それが分かります。
この世で生きている間、かれらは科学知にだけ浸っていました。かれらは時として、
なんの知識もない人々より、はるかに愚かです。その理由も分かりました。
つまり、科学知は、英知を味わう媒体になるとともに、狂気におちいる媒体になるからです。

善良な(いのち)をもっている人には、科学は英知を味わうための媒体となりますが、
邪悪な(いのち)をもっている人には、狂気におちいる媒体になります。
それは科学知をとおして、邪悪な(いのち)を弁護できるだけでなく、偽りの諸真理を
立証できるからです。しかもそれを説得力をもって、鼻高々に行ないます。
自分が他の人々に比べ、英知を味わっていると思うからです。
こうして本人の理性が壊されていきます。



102 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 01:03:45 ID:2KMwgIa4
>>101
ラバンが持ってたのは、「守り神の像」なんだけど...
ラバンはそれを尻に敷いて座ったんだけど

103 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 01:07:44 ID:2KMwgIa4
>>101
オレの車には、伊勢神宮の交通安全のお守りがあるべ
「交通安全のお守り」と言っても木の札なんだけど
それは「科学知」なんだべか?

104 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 01:08:59 ID:CrLHO2v4
>>101
ココモスキーさんのことかぁwwwwwwwwwww

105 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 01:11:10 ID:BHv8EARl
、、、科学知に根ざして詭弁的推論をすることが可能な人には、合理性がありません。
他の人に比べて、優れているように見えますが、賢そうに思わせているのは愚鈍な光明
だけです。
善を善とし、真理を真理として見通せる人、また悪を悪とし、偽りを偽りとするよう
見通せる人は、合理性を具備しています。それにたいし善を悪とし、悪を善とする人、
真理を偽りとし、偽りを真理とする人は、合理的人間と言えず、どれほど詭弁に長けて
いても、非合理的人間です。


106 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 01:14:43 ID:2KMwgIa4
>>105
僕が聞いてるのは、ラバンが持っていて尻に敷いた「守り神の像」が
何で「科学知」なのかなんだw...


107 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 01:19:41 ID:CrLHO2v4
>>106
パラノイアはいってるね誤訳スキーさんw

108 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/11(木) 01:25:28 ID:2KMwgIa4
ネズミやゴキブリを食ってる白丁の子は「科学知」なんだろ


109 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 01:26:56 ID:CrLHO2v4
あw
ピヨピヨいいだしたww誤訳スキーwww

110 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/11(木) 01:28:07 ID:2KMwgIa4
キリスト教徒って白丁の子と同じなんか?


111 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 01:29:13 ID:BHv8EARl
善を善とし、真理を真理として見通せる人、その反地に、悪を悪とし、偽りを偽りとするよう
見通せる人には、天界からの光が流れ入り、その理性を照らします。そして理性が見える合理的
基準が、それが本にとっての光線となります。

この同じ光は、また科学知を照らし、確認をもたらしますが、それだけでなく、
科学知を秩序づけ、天的(かたち)につくり上げていきます。

それに対し、邪悪な(いのち)をもつ人が必ずそうなるように、善や真理に対抗
する人たちは、天的光を受けつけず、ただ自分にある浅はかな光明を楽しむだけです。
ちょうど壁にある帯状の汚れを暗がりで見て、幻想にかりたてられて、あれこれ
イメージをつくりあげ、なおもそれがイメージに過ぎないものを見ている様子です。
昼間の光が及んでくると、ただの帯状の汚れであるのが見えてきます。

112 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 01:32:47 ID:ldn4jTIU
>>99
なぜそのように考えるのですか?

113 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/11(木) 01:32:51 ID:2KMwgIa4
>>111
僕が聞いてるのは、ラバンが持っていて尻に敷いた「守り神の像」が
何で「科学知」なのかなんだw...



114 :パンチョッパリ ◆gbCQpefzjM :2008/09/11(木) 01:38:59 ID:2KMwgIa4
>>111
絡んでもしょうがないし、明日も仕事なので寝るけど
>善を善とし、真理を真理として見通せる人
そう言う人間がいるんだったら、キリスト教がインチキと嘘と偽り
とデマと下らない増長のかたまりである事位すぐ判ると思うが
>その反地に、悪を悪とし、偽りを偽りとするよう
>見通せる人には、天界からの光が流れ入り、その理性を照らします。
そう言う人間がいるんだったら、キリスト教がインチキと嘘と偽り
とデマと下らない増長のかたまりである事位すぐ判ると思うが


115 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 01:39:45 ID:ldn4jTIU
>>63でもすでに言われてますが
偶像崇拝を嫌い、禁じる聖書の世界観で
テラピムが真理をあらわす、
というのはかなり無理がありませんか。

無理がないというなら
貴方なりの根拠というか考えの筋道を示してもらいたいです。

116 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 01:49:12 ID:BHv8EARl
■創世記 31:33〜34
そこで、ラバンはヤコブの天幕に入り、更にレアの天幕や二人の召し使いの天幕にも入って捜してみたが、見つからなかった。
ラバンがレアの天幕を出てラケルの天幕に入ると、ラケルは既に守り神の像を取って、らくだの鞍の下に入れ、その上に座っていたので、
ラバンは天幕の中をくまなく調べたが見つけることはできなかった。

「らくだ」は科学知を意味し、ここで科学知は、英知を味わうための媒体であるとともに、
狂気に陥るための媒体にもなることが分かります。
つまり完成させるための合理的媒体になるとともに、破壊のための合理的媒体ににもなります。
したがって、科学知を通じて合理性を破壊してしまった場合、来世では、何の知識も蓄えていない
人々より、はるかに愚かです。

科学知が比較的粗雑であることは、それが自然的人間つまり外部的人間に属するからです。
ただし合理性が、科学知によって訓練された場合、霊的な人間、すなわち内部人間に属するものになります。
純粋さの面で、両者の間にどれほどの違いがあるかは、人にはそれどれ、内的記憶と外的記憶の二種類の記憶が
備わっているからです。この事実を知っている人は、ほとんどいません。
外的記憶は、肉体の固有の記憶であり、内的記憶は、霊固有の記憶です。

117 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 02:06:18 ID:BHv8EARl
>>116
テラピムは、神に相談したり、質問したりするとき、用いられた偶像です。
もたらされた回答は、かれらにとって神の真理であり、神々は、諸真理を
意味することになります。ホセア書には、こうあります。
「イスラエルの子らは、多くの日々にわたって、王なく、司なく、犠牲なく、
・・・エボテもテラピムもない」(ホセア3.4)

「エボテとテラピム」は、回答によって得た神的真理を意味します。神に問いかける
ときは、エボテを身につけていました(エルサレム上23.9-12)
ゼガリア書には、次のようにあります。
「テラピム」は不義を語り、占い師は偽りを見、偽りの夢を語る」(10.2)
上掲では、「テラピム」とは、回答を指しますが、しかしその状態では不義を指します。


118 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 02:07:36 ID:BHv8EARl
>>116>>115でした。すみません。


119 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 02:24:13 ID:BHv8EARl
先に、「ラケルはテラビムつまりラバンの神々を盗んだ」とありました。
これは真理面で、「ラバン」が表す状態が変化したことを指します。
この状態の変化は、ここでの記述や今後の展開で、さらに浮き彫りにされます。
「ラバン」が表す善は、「ヤコブ」の表す善から分離したあと、その分離を通し
て、別の状態になりました。

自分のものだと思われていた諸真理は、諸善が結ばれたあと、あたかも取り去られた
もののように感知されました。これが理由で、ラバンはその諸真理について訴え、
天幕の中を探し回りましたが、それでも見つかりません。
「テラピム」とは、よい意味で諸真理を表しますが、その諸真理は、ラバンのもではなく、
ラケルを意味する真理への情愛に属します。

120 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/11(木) 05:03:00 ID:H/On16sO
>>79
あっても無くてもいいのは、どうせ消えてなくなるしかない、お前の命だよ。

てか、2chでは法を語るにはふさわしくない場所だ。心の宝を泥の中に投げてはいけない。

イエスはピラトの問いかけに、真理を語れなかったのではない。
語っても仕方ない相手には無記を通したに過ぎないのだ。実際こいつのような滅びる定めの
者にいくら語ったところで、聞こうともしないし、理解しようともしない。そんな者に語ったところで
エネルギーの無駄以外の何ものでもない。わかったかい?他人の価値観にケチをつけ、てめぇの
ゴミでしかない思想を、執拗に押し付ける屑野郎。

イエスは真理を語れなかったどころか、多くの喩えで聖書の中で語っている。
多くの者はそれを読み解けない。
グノーシス文書にいたっては、聖書よりより直球で語られている。それでもその内容を読み
説く者は少ない。ここのアホムスリムなんざ、トマスを訳し、読んだところで、
内容はちんぷんかんぷんだろう。いくら訳したところで、内容が読めなければ、
そこになんの智慧があるというのだ?

121 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/11(木) 05:10:14 ID:H/On16sO
>>92
>(⌒^⌒)b うん 一回こっきりの人生を、無駄にせず、人を差別しないで
>心豊かに、生きているよ。

差別しない?だったら他人の価値観に干渉せず、てめぇのゴミでしかない思想を他人に
押し付けるのはやめたらどうだ、基地外。何にも知らないくせに、凡夫の知恵を得意げに語る
こいつは、どこまで馬鹿なんだ(失笑)その知り進む者からみれば、お前の能書きは典型的な
凡夫の能書き丸出しだと、失笑されているのも知らないで。言っとくが、一回こっきりの人生を
無駄にせず、無駄にしないでいこうと、せいいっぱい生きようとしているのは、
むしろイエスの弟子達だ。何も知らないお前は、人生せいいっぱい生きていると能書き垂れてるが、
実は一度っきりの人生を、無駄に生きてるんだよ。ちゅうかおまえ引き篭もりだし(苦笑)

122 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/11(木) 05:14:21 ID:H/On16sO
>>92
なぁ、そこの屑。引き篭もりの人生は、無駄そのものだと思うんだが、その点お前はどう思う?

123 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/11(木) 05:18:45 ID:H/On16sO
たく、他人の価値観に干渉し、自分の思想を執拗に押し付ける屑のどこが、
心豊かに生きてるのか、説明してもらいたいものだ。基地外の思考回路はまことに
理解不能だな。

124 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/11(木) 05:55:56 ID:H/On16sO
宗教が争いを招くのではない。人の心に巣食うエゴイズムが人々に争いを招くのだ。
人は、このエゴイズムを自分達の心から滅ぼさない限り、争いをやめないだろう。

>>92
>何者にも執着せず、

で、おまえは自分のエゴに執着してるんだろ?だから他人の価値観に干渉し、
自分の思想を他人に押し付けるんだもんな。おまえの執着は、もっとも性質が悪いんだよ。
いいこと教えてやるよ。おまえのような人間が宗教にのめりこむと、他の宗教の者と
争いを起こすんだよ。現に層化のおまえは、層化が好まないキリスト教徒に対して攻撃してるものな。
他人の思想に干渉し、自分達の思想を望まない者達へ押し付けるところがカルトたるゆえんなんだがな。

125 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 07:52:48 ID:GlKEiXcf

信じることは又、裏切られることも当然あるでしょう。

証明出来ないことを → 信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?




126 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 08:18:53 ID:35CARqqX
当方信じて7、8年。
裏切られたことなし。ハレルヤ。
今後も信じて行く。

127 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 08:53:36 ID:HmEbbpBQ
>>125
>証明出来ないことを → 信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?

証明できることを信じる必要はないのではないですか?
証明できている時点で、もう信じる必要がないのです。

「信じる」ということは、不確定要素がある事柄について、
つまり、見えていない事柄などを「きっとこうなる」と確信して疑わないことです。

信じる力の強い人、弱い人がいて、誰かの保障がなければ信じない、という人がいます。
そんな信じる力の弱い人には、イエスが言った言葉ですよ、と言ってあげたいです。
それでも信じないなら、それはその人の自由です。



128 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 09:46:08 ID:2mUK9ZGX
>>102
>ラバンが持ってたのは、「守り神の像」なんだけど...
ラバンはそれを尻に敷いて座ったんだけど

これは正確には、
ラバンは守りの神の像を尻の穴(アナル)or ヴァギナの中に入れて隠しました。

じゃないかと思うんだが。

129 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 10:56:19 ID:t57wk1Pq
>>117
>かれらにとって神の真理であり、

信じる当人からすればバアルやアシェラも本物の神でしょう。
だからといって聖書の世界観でこれらが本物の神と認められているとはいえません。
サウルが口寄せの女をたずねたからといって、
これを禁じる戒律が帳消しになり好意的に取り上げられていることにはならないでしょう。

「テラピムを拝む当人が真理だと思っているもの」なら、わかりますが
「神の諸真理」だとするのはやはり難しい。

130 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 19:30:58 ID:adJajhL2
このスレに出てくるカラスのナントカって、馬鹿の典型だよ。

俺は、人は差別しない。 クリスチャンは、ロボットだから差別もクソも無いだろう。
ロボットだから、基地外パウロやおとぎ話の言葉をインプットされたままに、反復してるだけ。

イエスキリストなんて実在もしないし、処女懐妊もでっち上げ。

お前らのやってるのは、パウロの屁理屈を、オウムみたいに繰り返すだけ。

このスレの書き込みを見てると、「こんな屁理屈こきになっちゃダメだ。屁理屈に屁理屈の上塗りして、
ありもしない天国を妄想して、「自分の言葉で語れないロボットになっちゃだめだ。」って
本気でクリスチャンでなくて良かったと思う

赤ちゃんも、幼児もお前らみたいに、屁理屈言わない。
「あるがまま、あるがまま」 そこがお前らロボットと、「あるがまま」を知ってる人の違いだな。

屁理屈こきは、乳飲み子とは対局にある存在。

お前らロボットを見てると、宗教の無意味さを痛感するよ。


131 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 19:33:05 ID:PKnYRUUK
>>130
はいはい

ミトラミトラwwwwwww

132 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:09:38 ID:g9sLoZOE
神様に反抗し続けるその姿もある意味ロボットだよな。

133 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:14:05 ID:2KMwgIa4
>>130
>イエスキリストなんて実在もしないし、処女懐妊もでっち上げ。
マリアさんの処女降誕を言った時点で、ユダ家と血の繋がりが
なくなるだろ、それでもユダ家の末裔だとも言う。中学生でも
オカシイと思うよ...それが可笑しく思わないのが、キリスト教徒
なのさ...と突っ込むと、マリアさんがユダ家だと言い出す。
マタイもルカも男ばっかりだよ、マリアさんの名前なんか何処にも
出ないよ...こんなやり取りばっかりだよ..アホたちが好き勝手に
神話を作っちゃたから、こんなインチキな神話になっちゃったんさ

134 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/11(木) 20:18:30 ID:PKnYRUUK
>>133
だから養い親も親ですよ 誤訳スキーwwww

135 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 20:48:58 ID:Pwbhcaxa
ところで、ダニエルさん テラピムやエポデの事をこのままスルーするの?

136 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:50:36 ID:3ruPyThH
コテを隠してアホ隠さず

137 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:55:09 ID:16GJ2IU2
>>133
あなたはもうそろそろ、ここでは次元のちがう話をしていることに気がつく
べきです。
ここは科学知でもって、人の信仰を否定するところではありません。
ここは、あなたのような動物人間が顔を出すところではありません。
はやく自分の顔をとりもどして、ふるさとのあなぐらに帰りなさい。


138 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 20:59:01 ID:oi+/et3R
>>127
>「信じる」ということは、不確定要素がある事柄について、 つまり、見えていない事柄などを
「きっとこうなる」と確信して疑わないことです。

例えば、幽霊などを「きっとある」と確信して疑わないことでしょうか?
どうしたら、そうなるのですか? 分からないことは分からないで良いのでは?

ダニエル氏の場合は、どんな経緯・きっかけがあって「きっとこうなる」と確信したのでしょう? 

信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?



139 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:04:03 ID:hbVA2dIM
>>138
不信仰な
あなたとは違うwww

140 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:05:14 ID:hbVA2dIM
              ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
           ,i':r"      `ミ;;,
           彡       ミ;;;i
           彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!   
           ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
          ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
           `,|  / "ii" ヽ  |ノ
  ∧、        't ー―→ )/イ  フフン        ∧_
/⌒ヽ\        ヽ、  _,/ λ、       . . //~⌒ヽ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘

          「あなたとは違うんです」

141 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:11:13 ID:/H5lV83c
自分ではどうすることも出来なくてワラにもすがる気持ちでイエスの名前で神様に祈って不思議とうまいこといって、そんな経験を積み重ねていく内に「もしかしてホントかな〜」から「うん。きっとホントだ。信じる。」へと変わった。

自分で何でもできる人は祈らないからこういった経緯は踏まないと思う。

142 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:11:29 ID:YeDBp142
>>138
信じない事に溺れてますな。あんたは何を信じる?

143 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:16:19 ID:2olyZdPb
>例えば、幽霊などを「きっとある」と確信して疑わないことでしょうか?
一度、幽霊にでも出くわしてみたらいいのにねぇ。
うわあぁーー、えぇぇぇーー。。。。(。。)アハッーーー(。。)これは脳内妄想なんだぁぁぁーーー。


144 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:17:14 ID:hbVA2dIM
>>141
それを普通はね
現世利益のご利益ヤロウというんだよ

いわしの頭でもオガンデロ

>>142
おまえがメダカバカだと信じているよ

145 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:22:34 ID:YeDBp142
>>144
青木雄二でも拝んでろ。銭道をバイブルにしてな。

そして地獄に落ちろ。

146 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:25:08 ID:/H5lV83c
>>144
>>141
>それを普通はね
>現世利益のご利益ヤロウというんだよ

>いわしの頭でもオガンデロ

よけいなお世話だよ。
俺が反撃して来ないと見込んで絡んできただろお前。

147 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:26:49 ID:oi+/et3R
>>141
それは、イエスでなくて祈る対象が、他の教祖・宗教でもあり得ることですね?


148 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:27:51 ID:hbVA2dIM
やっぱりケツの穴小せいなwwww

こわっぱがwwwwwwwww

149 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:29:29 ID:/H5lV83c
>>147
いや、経験上イエスの名前で神様に祈る以外はダメだった。
それなりに紆余曲折してんだぜw

150 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:29:38 ID:oi+/et3R
>>142
クリは、真面目に答えられないことは分かった(笑

151 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:30:36 ID:/H5lV83c
こ…
久しぶりに聞いたよ、「こわっぱ」

152 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:31:01 ID:oi+/et3R
>>148
感情的でむしろ滑稽!

153 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:33:13 ID:oi+/et3R
>>139-140
>「あなたとは違うんです」

どこが違うか説明キボ〜ン。言葉の商売なのに、急に短気・感情的になるのは何かあるのですか?
抽象的なことの質問をしてるだけなのに・・

排他性・独善性・尊大・傲慢・脅し・・・・の回答ですか?(笑)




154 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:34:13 ID:hbVA2dIM
>>152
では教えて頂戴www
あんたは、何をどうしたいのか?
信じることを論証したいなんてこといまさら)ry


155 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:34:42 ID:oi+/et3R
>>138は、ダニエル氏への質問です。
落ち

156 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:36:07 ID:hbVA2dIM
>>153
それ世間ではね
目線が上なご意見というのよ
青臭wwwww



157 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:38:59 ID:/H5lV83c
「青臭」が通じるのは青臭い年代の奴だろう常識的に考えて

158 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:42:58 ID:hbVA2dIM
>>157
福音派?カソ?半島派?

159 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:44:20 ID:/H5lV83c
>>158
は?
んなこと聞いてどうすんの?

160 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:49:36 ID:/H5lV83c
>>158
ていうか半島派って何?
何かの宗派の蔑称?

161 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 21:59:41 ID:HmEbbpBQ
>>138
>ダニエル氏の場合は、どんな経緯・きっかけがあって「きっとこうなる」と確信したのでしょう? 
>信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?

あなたに質問します。
あなたは、明日の朝、太陽が昇るかどうかを疑いますか?
否、疑っていないはずです。
しかし、明日もまた昇るという保証はどこにもないんですよ。
でも、そんなものなくても、太陽が昇ることを信じているではないですか。


162 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 21:59:54 ID:ZKpMOwvY
半島派=オナニーチョッパリキリスト教?

163 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:04:13 ID:/H5lV83c
>>158
>>162の意見も出ているのだがどうだろう。
福音派もカソもキリスト教だよね。
オナニーチョッパリ派ってのがあるのかな。

164 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 22:05:51 ID:Pwbhcaxa
>>162
韓国系の教会か?という事じゃないかな。


165 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:05:52 ID:HmEbbpBQ
>>138
>ダニエル氏の場合は、どんな経緯・きっかけがあって「きっとこうなる」と確信したのでしょう? 
>信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?

生まれたばかりの赤ちゃんは、母親を疑うということを知りません。
ただただ、母親の胸に吸い付くのです。
赤ちゃんは、自分が無力であることを本能的に知っているからです。
赤ちゃんは、母親を頼らなければ生きてはいけません。

人の大人の愚かなところは、自分に力があると思い込んで自分で生きていけると錯覚しているところにあります。
本当は、人は大人になっても、赤ちゃんのように無力なのです。
神からの恩寵が無ければ生きていることさえできません。
それなのに、神に反抗しても生きていけるような気になっているのです。

これが、まったく錯覚なのです。

166 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:07:27 ID:97dyB66A
>>161
それは反論に用いる事象ではないのでは?
認知できない事象を信じることと科学的に実証されている事象を信じることでは
テクストが異なるのでは?

167 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:10:30 ID:HmEbbpBQ

明日の朝も、また新しい日がやってくる、ということは希望なのです。
そして、これこそは、実にリアルな神からの愛ですよ。

これを、聖書では「信仰、希望、愛」と言うんです。


168 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:11:58 ID:97dyB66A
>>165
それは無力の定義しだいで結論が異なると思う
恩寵や反抗も定義を明確にしないと議論はできないよ
単純に歴史的な定義を信じているあなたも説明義務があると思う



169 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:13:10 ID:HmEbbpBQ
>>166
>認知できない事象を信じることと科学的に実証されている事象を信じることでは
>テクストが異なるのでは?

明日も太陽が必ず昇る、という科学的な実証なんてありませんよ。
でも、誰も、そんなことを実証しようとさえしないでしょう。



170 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:14:34 ID:97dyB66A
>>167
抽象的なコトバの投げかけだけで愛だ希望だと言うのは自分勝手な考えですよ
あなたこそコトバを創造した主に反抗していることに気付くべきだよ


171 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:19:15 ID:HmEbbpBQ

神を信じない人というのは、夜、寝床に入ってから、
「もしかしたら明日になっても目覚めないで、このまま死んでしまうかもしれない」と、
考え出して、疑いや不安で気になってしまう人のようなのです。

あんまりはっきりと言いたくはないのですが、「神を信じない」という精神状態は
一種の精神的な破綻状態なのです。

そのような人は、ちょっとしたきっかけで
「疑い、絶望、憎悪」に導かれてしまいやすいのです。

信仰というのは、絶対的な平安を表していることなので、
これがなくなったなら、人は不安で不安で生きているのがしんどくなるはずです。


172 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:26:10 ID:97dyB66A
>>171
では聞くが、唯物論者はなぜ未だいるのかな?
それとなぜあなたの信じる神のみが唯一なのかな?

アッラーは神ですか?

173 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:27:37 ID:HmEbbpBQ

人は誰でも、信じなければ生きていけないようになっているんですよ。
それは、「お金の価値」であれ、「食堂のご飯」であれ、「インターネットでの買い物」であれです。

まあ、こうした身の回りのことを見回してみると、
実にいろいろなことを、根拠も無く信じているものだと感心するでしょう。

しかし、これをいちいち「確証はあるのか」などと考えて、
生きていこうとするのは、そもそも馬鹿げているのです。

人は、「信仰」がなければ、不安で生きていけないようになっています。

174 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:32:28 ID:HmEbbpBQ

人は、「信仰」がなければ、不安で生きていけないようになっています。

それで、仕方なく「この世の決まり事」のようなことは、熱心に信じてはいるが、
それよりも、もっと大切な「人が生きていることとは何なのだろう」
というようなことについては、考えもしなければ、何も信じようともしないのです。

そして、そのような人に限って、「信仰」を持って生きていこう、としている人を嘲るものなのです。


175 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:37:51 ID:97dyB66A
>>173
ガレルテですかwww
200年前の話題のような気がしますwww

176 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:39:11 ID:HmEbbpBQ

神を信じる、ということは、『絶対的な平安』を得ることです。
『絶対的な平安』があれば、『また明日も幸せになれる』という希望があり、
そして、この気持ちは『愛』に包まれているからだと気づくというわけです。

神を信じない人は
「疑い」「無希望」「憎悪」というトラップにかかりやすい。
「疑う」から不安になるんです。「希望」を持たないから、今がどうでもよくなるんです。
「憎悪」があるから、人と衝突して、なおさら嫌な事が起こるんです。


177 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:41:43 ID:97dyB66A
>>174
>それよりも、もっと大切な「人が生きていることとは何なのだろう」
>というようなことについては、考えもしなければ、何も信じようともしないのです。

ひどい偏見ですね。あなたの「信仰」の定義が普遍であるような言い草に
反論しているのですよ。
クリスチャンにいまだ抑圧されている人々の立場からですがwww弱ww

178 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:46:24 ID:97dyB66A
>>174
返事ないと思うが一応

あなたのいうところの「神」とはどなたですか?

「愛」によりイラクを中心とするイスラム教徒を抹殺しているのですか?
イラク派兵に反対はされましたか?

179 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:48:11 ID:97dyB66A
もしあらゆる戦争に反対されていないならば
貴方の「愛」は偽りですよね

平和でない愛なんてwww

帝国主義的愛ですか(笑

180 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 22:49:44 ID:HmEbbpBQ
>>178
>返事ないと思うが一応
>あなたのいうところの「神」とはどなたですか?

あなたがいうところの「神」、とのご質問なのですが、神はおひとりです。
あの神、とか、この神、というのはありません。
神はすべてとしてあられ、そして私を愛してくださっているお方です。


181 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 22:57:08 ID:97dyB66A
>>180
レスありがとうございます。
さらに突っ込んで申し訳ないですが

>「私」を愛してくださっているお方です。

はどうして「私たち」を愛してくれるだけの寛容さがないのでしょうか。
その程度の愛なんですかね。不足気味の愛かな
あなたの神は空手形きり過ぎたのではないですか?
確か最後の審判まで救いが確定しないのですよね。最後の最後になって地獄行き決定なんてwwwツライ

182 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:02:37 ID:HmEbbpBQ
>>181
>>「私」を愛してくださっているお方です。
>はどうして「私たち」を愛してくれるだけの寛容さがないのでしょうか。

「私」というのは、あなたのこともですよ。
あなたも自分を「私」だと思っているはずです。
僕も自分を「私」だと思っています。

世界中の人が、生きている人すべてが、自分を「私」だと思っています。
この「私」がいるということ、これが、神からのプレゼントです。

そもそも「私」というのは、本来は神のことなのですよ。
だから、私たちというのは、本来的に「神の子」です。


183 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:07:15 ID:2KMwgIa4
>>181
>あなたの神は空手形きり過ぎたのではないですか?
銀行の当座預金(神)に一銭も預金がないのに、手形を切ってるのは
キリスト教団だよ
天国だ地獄だ最後の審判だと言い出したら、普通の人間は「本当に
あるのでは?」と思うかもしれないが、そんな事はどんな奴が言い
出したのかが判ったら、クダラナイ御伽噺だって納得するんだけど

184 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:08:34 ID:HmEbbpBQ

どこの教会に行っても聞けないようなことを書いています。
何がなんだかわけが分からないかもしれませんが、聖書を読んでいけば
きっと、このことを一緒に考える箇所に当たるはずです。
しかし、それはおそらく新約聖書に入ってからだと思います。

「神の御名」ということ、「人の子」ということ、「私」ということ。
これらについて、根底から学ぶために、今、旧約聖書という土台が
私たちに必要なのです。あせらずに、ゆっくりと進んでいきましょう。


185 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:09:13 ID:97dyB66A
>>182

もしその「愛」を受け入れることをお断りしたらどうなるのかな?
表現の自由はキリスト教の神に救われない自由ということをそもそも
意味していたんだよね。
無理やり愛されても、ストーカーみたいで怖いです(本音)

186 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:15:06 ID:HmEbbpBQ
>>185
>もしその「愛」を受け入れることをお断りしたらどうなるのかな?

死ぬことになります。
「愛されている」から「生きている」わけです。もっと詳しく説明しますと、
神とは、命であり、愛であられ、あなたが今、生きているという事実は
あなたが今、神に愛されているということの揺るぎない証なのです。

これを拒否するなら死ぬことになります。


187 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:18:02 ID:35CARqqX
今は愛に満たされてるか、愛以外の何かに夢中になってるか、そんなとこか。

188 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:22:25 ID:HmEbbpBQ

誰でも、「生きている」限り、そこには「私」が存在しています。
この「私」のことを、神は、妬ましいほど愛しているということです。

自分以外の他人も「私」として生きています。
だから、誰でもが、人は神から愛されている人なのです。

もし、神が愛している人に対して、優しく接しないということは
神に対する恥辱であり、暴挙でもあり、冒涜になると思います。

隣人になる、というのは、こういうことではないでしょうか。


189 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:23:06 ID:97dyB66A
いろいろと教えていただきありがとうございました。

でもキリスト教の神だけ信じるという選択はできそうにないです
知らないところで知らない方に愛されているなんて悪夢のようで
気味がわるいと感じました
では、すみませんが落ちますノシ

190 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:25:04 ID:2KMwgIa4
まがい物の金融商品やインチキな勧誘を暴く術を勉強したらいいんさ

インチキな話は、必ず重大な矛盾があるんだよ。それを見つけたら
終わりだよ

191 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 23:25:09 ID:Pwbhcaxa

ロマ 5:7-8
正しい人のために死ぬ者は、ほとんどいないであろう。
善人のためには、進んで死ぬ者もあるいはいるであろう。
しかし、まだ罪人であった時、
わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって、
神はわたしたちに対する愛を示されたのである。


192 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:25:45 ID:HmEbbpBQ

このあたりでやめておきましょうね。
今まで僕が書いたのは、もうすでにおわかりになっているかもしれないですが、
クリスチャンの人に向けて書いたのです。

無神論の人に対しては、申し訳ないが書いていませんでした。
すでに聖書をお読みになっている人でなければ、意味がわからないように書いたからです。

少しでも、誰かの益になったなら嬉しいのですが、このあたりで、このスレの
本来の道に戻ろうと思います。

193 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 23:27:06 ID:Pwbhcaxa
ようやく、一段落付いたようたね。


194 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:28:52 ID:HmEbbpBQ
>>189
>知らないところで知らない方に愛されているなんて悪夢のようで
>気味がわるいと感じました

あなたにとっては、正に悪夢なのかもしれません。
愛には責任が伴うからです。
気味が悪いとのことですが、あなたが生きている、ということが
神から愛されている、ということです。

だから、あなたは、自分が生きていることが気味が悪い、と言ったのです。

195 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/11(木) 23:31:35 ID:HmEbbpBQ

もう、これで本当に無神論の人との会話はひと段落、終わりにしましょう。



196 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:32:20 ID:35CARqqX
子供…なんだろうなあ。2ちゃんの主な利用者は30代〜40代なんだけどなあ。
50代の知人も死についてびっくりするほど考えてなかったからこんなものなのかな。
とはいえ家庭不和で育った子が優しくされたら気持ち悪いと言ってDVな人とばかり一緒になってたからその手の人なのかな。

197 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 23:32:37 ID:2KMwgIa4
>>191
>わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって
パウロが勝手に言ってる事だろ(個人的妄想)...パウロは
イエス自身が死ぬ時にどの様に考えていたかなんて、全く調べて
ないだべ


198 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:35:45 ID:35CARqqX
また 「ぼくちゃん知ってるモン」 か…

199 :狂人イエス:2008/09/11(木) 23:37:10 ID:Jt5p+mGR
2000年前私を無視し、21世紀でもまた無視するそなたらの名はパリサイ人

200 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:39:15 ID:35CARqqX
>>199
あー、もしもし?
例の件どうなってるか教えてもらえます?

201 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 23:39:48 ID:2KMwgIa4
>>191
>わたしたちのためにキリストが死んで下さったことによって

オウムの麻原が処刑された後にな、オウムの残党が
「わたしたちのために麻原様が死んで下さったことによって、
 神はわたしたちに対する愛を示されたのである。」
って言ってる様なものだよ


202 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:41:37 ID:35CARqqX
旧約聖書に記述されている、いないの違いがある。
時期もな。

203 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 23:44:16 ID:Pwbhcaxa
>>201
(ー◇ー)/ ホモモちゃんは、質問箱で遊んどけよ。

204 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 23:46:58 ID:2KMwgIa4
>>203
>(ー◇ー)/ ホモモちゃんは、質問箱で遊んどけよ。

これが、アホ信者の実態だよ...こいつは、福音派くずれ...


205 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/11(木) 23:51:20 ID:2KMwgIa4
>>186
>死ぬことになります。
>「愛されている」から「生きている」わけです。もっと詳しく説明しますと、
>神とは、命であり、愛であられ、あなたが今、生きているという事実は
>あなたが今、神に愛されているということの揺るぎない証なのです。

言ってる事が支離滅裂で、全く答えになってないよ
悪徳商法の店員よりインチキな話術だべ


206 :神も仏も名無しさん:2008/09/11(木) 23:52:44 ID:35CARqqX
わからないなら素直にわからないって言えよ…。

207 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/11(木) 23:54:14 ID:Pwbhcaxa
>>204
ホモモちゃんに、なに言われようが、もー どうでも良いって 感じなんだけど。
アンチ、スレチのレスは、一日に、2、3回くらいにしとけよ。

208 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/12(金) 00:11:01 ID:bz9sjpyP
あのねぇ...こんなの全部反対に言う事も可能だべ
個人的な主観に過ぎないんだよ
>「愛されている」から「生きている」わけです。もっと詳しく説明しますと、
>神とは、命であり、愛であられ、あなたが今、生きているという事実は
>あなたが今、神に愛されているということの揺るぎない証なのです。
憎まれてるからこそ、死があるのです。もっと詳しく説明しますと
キリスト教の神とは死であり、憎しみであり、あなたが将来必ず死ぬと言う事実は
あなたが今、神から疎まれているということの揺ぎ無い証なのです。

と言う事も可能だろ...

209 :嫌煙ちゃん:2008/09/12(金) 00:19:04 ID:kknAVmmW
>>192
初心者向けのスレッドではなかったのですねorz



210 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 00:23:21 ID:3Vwp372x
>>209
1を見て下さい。

211 :嫌煙ちゃん:2008/09/12(金) 00:30:59 ID:kknAVmmW
>>210
1を>>読んだ上で>>192を読んで書いたのですが、あまりにもスレがごたつくので通信の方でゆっくり勉強しようと思います。


212 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 00:36:39 ID:8dwskkYD
他教のことは知らないが、聖書には人の死後のいのちや天界、地獄があると書いてあります。
神はご自分の形に人をつくられ、神の霊(いのち)を吹き込まれたと書いてあります。

こころや精神(自我も)が神から与えられた霊的実体であるから、人は肉体を去ったあと
霊界に行くのではないでしょうか。主は善の生活をした人は、天界に行き、悪徳の生活に
あった人は地獄に行くから、悔い改めて、再生をしなければ、人は救われないことを教え
に来られたのではないでしょうか。
なぜなら、善は天界を構成し、悪は地獄を構成するからです。



213 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 00:38:30 ID:3Vwp372x
>>211
通信で良いのがあったら教えて下さい。
病気に負けないで頑張って下さい。

214 :嫌煙ちゃん:2008/09/12(金) 01:09:49 ID:kknAVmmW
>>213
はい、通信は霊性に合うものを探された方がいいと思いますが、今のところベテル聖書研究かなぁうーんといったところです。

> 病気に負けないで頑張って下さい。

ありがとうございますo(_ _*)o


215 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/12(金) 02:05:47 ID:bz9sjpyP
>>212
>他教のことは知らないが、聖書には人の死後のいのちや天界、地獄があると書いてあります。
聖書の中の数行が人によってはそうも読めなくも無いんだけど
2000ページ近くある聖書の中のほんの数行です
>神はご自分の形に人をつくられ、神の霊(いのち)を吹き込まれたと書いてあります。
どうしようもない誤解だと思います
ご自分の形に人をつくられた神様(1章のエロヒム)と神の霊(いのち*ルアハ=空気...2章)
を吹き込まれたとはまったく違う神様...キリスト教団はそんな事は
どうでもいい雑貨屋さんだからいろんな神様がウロチョロシテルだけなんだけど

216 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 06:24:46 ID:0u+Kxsb2
小出しにしてねえで「キリスト教を暴く」なんてタイトルの本出せや。

217 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 06:32:41 ID:9xjzBnXA
>>215
聖霊は同じ神だよ偽造スキーwwww

218 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 06:35:18 ID:9xjzBnXA
>>216
だから田川のコピーだってw

219 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 07:02:29 ID:5Cx53Wsy
>>218
うん。どこの出版社もココモを相手にしないのはわかってる。
中途半端な野郎だなと思ってさ。
万が一どこかの出版社が相手にしてくれても高慢、高飛車なココモは査読に耐えられないだろうし、出せるとしたら自費出版だろうけどそこまでやる根性も無さそうだし。

220 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:04:15 ID:IQg6GSKb
>>130
>俺は、人は差別しない。 クリスチャンは、ロボットだから差別もクソも無いだろう。

何だこの屁理屈は。屁理屈うだうだ言ってるのは、どうみてもお前のほうだろ、下衆野朗。
よぉ基地外。クリスチャンはロボットだから人間で無いってか?そういうのを差別ってんだよ屑野郎。
おまえのレスを読み返してみろ。おまえの心の醜さに気づかないか?ま、性質の悪い人間は、
自分のことがわからないから性質の悪い人間なんだろうがな。なぁ、差別主義者さん。差別は
楽しいか?おまえは下衆な人間なんだよ。

>ありもしない天国を妄想して

では、イエスの説いた天の御国とはどういうものか説明してもらおうか。
言っとくが、今の教会が教えるものとは違うし、多くのクリスチャンが思っているものでもない。
イエスの説いた天の御国とはなにかを説明できないのであれば、おまえは、本当のキリスト教を理解
していない。理解していないものをおまえは否定しているはけだ。これはとんだ池沼のやることだって
ことくらいは、いくら智慧の無いおまえでも、それくらいは、理解できるよな。

221 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:09:43 ID:IQg6GSKb
>>130
なにがあるがままだよ。屁理屈に屁理屈の上塗りして必死でクリスチャンを差別してるのは
おまえじゃないか、屑野朗。

>本気でクリスチャンでなくて良かったと思う

これは全く意味の無い、こいつの主観に過ぎない意見だな。
逆にクリスチャンはおまえの書き込みを見て、可哀想な人だと、お前のような
無神論者にならなくてよかったと思ってるよ。ただおまえとの違いは、自分の主観に過ぎない
価値観を、他人に押し付けないだけだ。わかったかい?自分の思想を執拗に押し付ける
下衆野朗さん。

222 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:18:55 ID:IQg6GSKb
皆さん>>130にいわせると、クリスチャンはロボットで人間で無いから
なにいっても、なにやってもいいんだってさ。で、こいつは差別してないんだってさ。
こいつの心の醜さをとくと観察あれ。

心ある人は、自分の不正を抗議されれば、謝罪のひとつもするだろうが、邪悪な人は
決まってこういう言う。「おれはそんなつもりは全然無いよ」邪悪な人はどこまでいっても邪悪だ。
彼らは自分の罪を認めることもないし、決して悔い改めない。悔い改め無い者に命は無い。
死人は、死人のまま生きる。邪悪だろ、こいつ。自分の価値観を執拗に他人に押し付け、差別しているのに
俺は差別してないと屁理屈を垂れる屁理屈垂れのお前は、おまえの心は、邪悪なんだよ。


223 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:25:44 ID:IQg6GSKb
イエスの父ヨセフはエッセネ派の有力者だったと聞く。
エッセネ派とはもともとミトラ教のミトラを主催神と聞く。
当然イエスはエッセネ派と深い関係にあったのだろう。
ならばイエスをミトラとしたてて、ミトラを演じ新約を編集したのは当然の流れじゃないか。
イエスはミトラを演じ、旧約で約束されたメシアを演じたんだよ。
ここでキリスト教は、ミトラのパクリ、パクリだと騒いでいるのは、はっきり言ってアホやろ。
キリスト教を否定したいがため、深い考察が出来なくなっている。盲人は自分のエゴというフィルター
を通してしか、物事を判断しない。そこにさまざまな誤謬、邪見を生む。盲人とはこういうものだ。

224 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:39:44 ID:IQg6GSKb
邪見でしかない唯物末法仏教がもっとも発展した日本の末法仏教者さん達。
君らは釈迦の仏教とは違う道に進んでいる。もはや釈迦の仏教とは別物だ。
ここに必死でキリスト教徒に対して悪意をぶつけ続けているインキョとかいう生きてる価値も無い
引き篭もりの層化の屑がいる。彼の能書きを聞くとこの物質世界こそ現実そのものであると
言っている。だが釈尊はこう言っている。

「この世を泡沫のごとし、陽炎のごとしと観ぜよ。そのように観ずれば、死魔の王は彼をみない」

釈尊によれば、インキョとかいうガチガチの唯物論者や、単なる唯物論に過ぎない
日本の末法仏教を信奉しているバッタもんの末法仏教者達は、釈尊に言わせると、
死魔の王に取り付かれているということになる(苦笑)

こいつら馬鹿だから、いくら君らの信じている仏教は、邪見ですよと教えてあげても、一向に聞く耳を
持たない。彼らは救いようが無い。


225 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 09:52:04 ID:9xjzBnXA
>>224
ていうか
本来の仏教じゃハードル高すぎだから徳を分けてもらう
タンブンで来世に期待ってゆうのもありですよ 釈迦の仏教じゃね

226 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 09:58:12 ID:IQg6GSKb
アーナンダよここに強盗がいて、お前の金品どころかおまえの命まで奪う者がいたとする。
アーナンダよ、おまえはそれでもその相手を許すことができるか?

師よ、私はそのような者が私にそのようなことをしても、その者を許し、その者を愛するでしょう。

アーナーンダよ、私はお前に教えることは、もう何も無い。

このような心を持つことが、仏教の修行の完成である。これはイエスの教えに相通じるものである。
だが末法仏教の代表格である禅宗にかかると、このような思いも迷いとなる。とんだ邪見である。
なにせ彼らによると、善悪の判断の無い獣こそ涅槃の境地というのだから、あきれてものが言えない。
日本の坊主は戒を持つこと自体迷いとするので、破戒坊主がなんと多いことか。彼らはエゴのまま生きる。
日本の仏教は救いようが無い。

この世は縁起でしか成り立たない、主体性の無い「空」。釈尊は形あるもの。五感で認識できる
この世界。肉により成り立つこの思考。これらのものは主体性の無い(一切法無我)幻だといったに過ぎない。
言っとくが、釈尊自性について語っている。それはイエスも同じだ。彼らの教えの行き着く先は同じ者なのだ。
今の仏教徒は、その自立自存の存在について祈らない。彼らは自性を否定する。自性を否定し、自性に対して
祈らない彼らは、いくら優れた瞑想をしようとも、決して悟ることは無い。悟りとは、自性に達することなのだ。
釈尊はあくまで、形あるもの、それに付随してなる思考というものには自性は無い(一切法無我)ですよと説いたに
過ぎない。

227 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 10:09:47 ID:IQg6GSKb
>>189
おまえは、なによりも自分自身を愛しているだろう。

ならば天の父が、お前を愛するのは、当然のことではないか。

228 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 10:18:08 ID:IQg6GSKb
イエスは父の名を公に示した。
だが人々はその名を信じない。そのゆえに、自らを、死に定めている。

229 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 12:47:16 ID:TjcU1iup
>カラスの唄氏へ

釈迦は「死魔の王」の実在・自性など認めているのか。それでは、この世界の
実在さえ認めない釈迦の矛盾ではないか。

君が語れば語るほど、「キリスト教に汚染された似非仏教者」の正体を暴露す
るだけだよ。

230 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 13:13:41 ID:y6pPgdpu
人のケツばっか追っかけ回して…
いったい何がしたいんだあんたは

231 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 13:16:11 ID:y6pPgdpu
印象付け。
いずれにせよその真価は実を見ればわかる。

232 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 15:11:02 ID:tHMYBc2p
>人のケツばっか追っかけ回して…
>いったい何がしたいんだあんたは

人のケツの穴にぶちこみたいんだろうが。

233 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 15:52:16 ID:CeXjKNoW

ダニエル氏、どこの教会に行っても聞けないような回答、有難うございます。ネットならですね。
>>161
勿論、>>166氏のようにも反論出来ますが・・
太陽が昇ることは、生まれながらにして万人・生物が信じてること。
キリスト教は、生まれながらにして万人・生物が信じていることではありません。
ですから<比較>にはならないでしょう。

ダニエル氏の場合は、どんな経緯・きっかけがあって「きっとこうなる」と確信したのでしょう? 
信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?

>>165
>神からの恩寵が無ければ生きていることさえできません。
日本人は無神論・無宗教のような人が多いのでは?でも、クリでなくてもちゃんと生きています。

☆★  神仏 = 命 = 人間 = 自然  ☆★  ならば、万人が神仏からの恵みで

現在、生かされていることが証明されてますが。




234 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 15:54:31 ID:CeXjKNoW
>>169
>明日も太陽が必ず昇る、という科学的な実証なんてありませんよ。
でも、誰も、そんなことを実証しようとさえしないでしょう。

>>233で<比較>にはならないことは書きました。
ですから太陽とキリスト教の神があなたには、どこでつながるのですか?

>>171
>あんまりはっきりと言いたくはないのですが、「神を信じない」という精神状態は一種の精神的な破綻状態なのです。
暴論の根拠を具体的にドゾー。(笑
「神を信じない」日本人は、沢山いて大変なことになります。でも日本は、アメリカより治安の良い国では?

>>174
>人は、「信仰」がなければ、不安で生きていけないようになっています。
根拠をドゾー。クリの故遠藤周作氏は、「死ぬのが怖い」と言ってらしたようですが・・


235 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 16:08:34 ID:CeXjKNoW
>>173
>人は誰でも、信じなければ生きていけないようになっているんですよ。
信じる対象が『観念』と『実在』を混同されてます。
御隠居氏の言われる通り、基盤を決めないとゴチャマゼになってしまい、<言葉の魔力>の虜になってしまいます。

>>174
>そして、そのような人に限って、「信仰」を持って生きていこう、としている人を嘲るものなのです。
あなたの被害妄想です。キリスト教の現在の価値が皆が思っているように、正しく良いものか検証してるだけです。
キリスト教こそ、他民族・他宗教を嘲り、「信仰」を持って生きていこうとする人達を力で侵略・改宗してきた歴史があります。

>>176
>神を信じる、ということは、『絶対的な平安』を得ること・・・『愛』に包まれているからだと気づくというわけです。
『絶対的な平安』があり『愛』に包まれているというクリ達が何故、史上、宗教戦争を繰り返したのでしょう?
又、『絶対的な平安』『愛』のある?キリスト教を、脱退する人達が非常に多いらしいことは何故でしょうか?


236 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 16:18:31 ID:CeXjKNoW
>>180
>あなたがいうところの「神」、とのご質問なのですが、神はおひとりです。
ですから、↓
ダニエル氏の場合は、どんな経緯・きっかけがあって「きっとこうなる」と確信したのでしょう? 
信じることに溺れている事は、正しく良いことなのですか?

>>186
>もしその「愛」を受け入れることをお断りしたら 死ぬことになります。
キリスト教徒でなくても生きてますがw ↑は「キリスト教の教義では」と一言付け加える
謙虚さが欲しいものですね。宗教は、証明が出来ない観念ですから。

>>188
> だから、誰でもが、人は神から愛されている人なのです。
旧約には、『聖絶』も依然として記載されてるし、宗教戦争・紛争を繰り返し続けている一神教の神は
とてもそんな風には思えませんが。

「教会は最大の犯罪組織」http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
「宗教の無力」 http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no51.html



237 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 16:23:26 ID:9xjzBnXA
>>236
多神教の神々も中国で殺しまくったけどねw

血に飢えたアマテラスwwwwwwww

238 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 16:54:20 ID:IQg6GSKb
>>229
おまえはアホやろ。

>生じないもの、生成しないもの、つくられないもの、形成されないものがある。
>もしも生じないもの、生成しないもの、作られないもの、形成されないものがないならば、
>生じたもの、生成したもの、つくられたもの、形成されたものが、(そのような状況から)脱し、離れることはないであろう。
>生じないもの、生成しないもの、作られないもの、形成されないものがあるからこそ、
>生じたもの、生成したもの、作られたもの、形成されたものが、(そのような状況から)脱し、離れることがあるのである。
 『ウダーナ』8章3節<不生不滅>

これが釈尊の仏教だ。何度も何度も一切法無我とは、あくまでも形あるもの、五感で触れられる
この世界。形あるもの、つまりこの肉と縁起して成る、今の私を認識している思考。これらのことを
言ってると説明してあげても、層化を代表する似非仏教者は、一向に理解しない。釈尊はこの世界の生存は
苦しみでしかないと説いた。(この表現は正しくは無いが、説明しやすいように、方便として語る)
釈尊は無自性なこの世界だけではなく、自性があるからこそ、この世界から脱し、
苦しみから離反することができるといっているんだよ。おっと勘違いするな。だからといって
一般のキリスト教徒が思うような、あの世なんていうのは無い。認識の違いだ。ついでに釈尊はこうも言っている。

〜スッタニパータ453
>真実は実に不滅のことばである。これは永遠の理法である。立派な人々は、
>真実の上えに、ためになることの上に、また理法の上に安立しているといわれる

これもイエスの天地が滅びようとも、私の言葉は永遠だという聖書の記述に相通じるものだ。
お前はイエスの言葉をも、必死で曲解し屁理屈を捏ね回してまで、貶し、否定する。おまえはその報いを
必ず自分自身が受け取ることになる。人の子を貶しても許されるが、聖霊を貶し、言い逆らう者は
決して許されることは無い。俺はその意味をよく知っている。
貴様ごときが誰に説教だ?層化のどこに釈尊の仏教がある?似非仏教はどうみても、
邪見に満ちた、日本の末法仏教だろうが。どのみちおまえのおつむじゃ理解できないだろうし、
法を語るに値しない者であることだけは間違いない。

239 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 16:59:11 ID:IQg6GSKb
ま、日本の末法仏教は終っとる。
日本の末法仏教に、真理の欠片も無い。
ま、おなじ無意味なものでも、禅宗と比べ互助会の役目を果たす
層化は、現世利益を得るという意味では意味があるんだろうが、もはや
それは宗教とはいえず、釈尊の仏教ともいえないものだ。層化は仏教の看板
を下ろすべきだな。実際、釈尊の仏教と、全然違うものだしな。

240 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 17:00:13 ID:9xjzBnXA
禅は無意味ではありませんけど

無意味なのはテラワーダw

241 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 17:06:16 ID:IQg6GSKb
何度も言うが、今のキリスト教徒が思うような、あの世なんていうものは無い。
ただ女の子宮を外側にむけたままでいるのか、内側に向けるかの違いである。

人々は、面前にあるものを、認識しない。

242 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 17:07:54 ID:IQg6GSKb
>>240
禅宗は邪見をばら撒いている、邪教だよ。

層化は単なるカルトだし(苦笑)

243 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 17:09:40 ID:IQg6GSKb
層化は互助会としての価値でしかない。

宗教的価値は皆無なものだ。

244 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/12(金) 17:17:14 ID:IQg6GSKb
今の仏教徒はせっかく釈尊が自性について語っているのに、
一切法無我を誤謬し、自性を認めないだろ。まっ実際のところは、それは在る
と言い切れば、常見となるし、無いと言い切れば、無いと言い切ると断見となる。
”それ” は、そういう性質のものだ。また識別智である、「言」でも、正確には語れない
性質のものだ。今の仏教会はテーラーワーダも含め、この自性について無いと
断見している。彼らは決して悟ることは無い。無自性を語れても、
自性を語れない宗教は、無意味なんだよ。

245 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 17:20:44 ID:XbMRjXAe
聖書ばかりを残酷と主張する人は、
ほかの神話を全く読んだことがないのでしょうね。

246 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 17:52:18 ID:IfYO0Ys4
>>233
>ダニエル氏、どこの教会に行っても聞けないような回答、有難うございます。ネットならですね。

自慢しているわけではないので、どうぞ誤解なさらないでください。
現在までの西洋人には、本当の聖書の読み方が、極一部の人にしか開かれていなかったということを言っているのです。
なぜかといえば、西洋人には「空」ということが分からないからです。
彼らが信じているのは目に見えるものであって、それはすなわち物質なのです。

日本人の感性で聖書を読んでいくと、西洋人が気がつかなかった真理が見えてくる可能性があります。
インド人も「空」という感性を持っているらしいですが、彼らはヒンズー教やイスラム教の教えに縛られていて、
聖書を読むチャンスが、なかなかないのです。

ですから、日本人の役割は重要です。

247 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 17:57:25 ID:IfYO0Ys4
>>233
>太陽が昇ることは、生まれながらにして万人・生物が信じてること。
>キリスト教は、生まれながらにして万人・生物が信じていることではありません。
>ですから<比較>にはならないでしょう。

それは、そのとおりです。
どうやら、あなたと僕とで、話がかみ合っていないようですね。

僕は「キリスト教」の話など、一言もしていないのです。
「キリスト教」というのは、単なる宗教のひとつなのです。

僕は、森羅万象を貫いている真理について話しているのであって、
それは聖書に、はっきりと明記してあるものなのです。


248 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 17:59:02 ID:IfYO0Ys4

ここのスレッドの説明をよくよくお読みになってみてください。
「キリスト教について学ぶ」、とは一言も書いていませんよ。

「聖書について根底から学ぶ」、と書いているのです。

誤解なさらないよう、ご注意ください。


249 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 18:01:59 ID:nkmD+W3S
西洋で小さなビッグバン実験やったね
粒子が跡形もなく消えたと考えられていたものを
有が無になることが理論上ないので“異次元に移った”と見てるらしい
これは単なる主観だべ…
異次元なんて曖昧な妄想用語を科学に持ってこず、
確認できる最小の粒子より細かくなっただけだべ…

250 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 18:09:03 ID:IfYO0Ys4

もし今までのキリスト教の教義とか、教えとか伝承とかに縛られた目で、
つまり、先入観を持ったままの目で聖書を読むことをやめよう、と提案しております。

従いまして、「聖書を根底から学ぶスレ」なのです。
あらゆる先入観を排除し、まったく知識のない幼子のような視点から
聖書を一歩一歩、見つめていこう、という今までにない試みをしているのです。

どうぞ、このことをご理解ください。
従いまして、僕はキリスト教の擁護をしたりする立場にありません。
ですから、ここのスレでキリスト教批判をしたり、キリスト教の歴史について
批難したりするような方たちは、お門違いなのです。


251 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 18:11:05 ID:IfYO0Ys4
  ↑
>>250 最初の文章の「もし」は不要でした。
悪しからず、おゆるしください。


252 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/12(金) 18:56:01 ID:bz9sjpyP
根底から調べると言う事と信じると言う事は全く整合しない事
を理解していないらしい...お粗末なはなしだべ

桃太郎伝説を研究するのに、まずは桃太郎伝説を信じるなどと言う
話は聞いた事がない。

根底から調べるなんて、真っ赤な嘘だべ...キリスト教のお粗末な
教理を宣伝お仕着せしてるだけだべ

253 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/09/12(金) 19:01:12 ID:QMDXstkI
ダニエル君。
何でコテハン代えたの?

254 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/12(金) 19:25:18 ID:bz9sjpyP
根底から調べると言のに、研究文献の引用や案内が
全くないと言うのも信じがたいはなしだべ...
紹介する物は何もないと思ってるのか?...
何も知らないのか?
何も要らないと思ってるのか?

根底から調べるのではなくて、お粗末でインチキで押し付けがましくて
デタラメなキリスト教団の教理を宣伝するスレだと言うのがミエミエだべ


255 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 19:26:02 ID:9xjzBnXA
>>254
お前は何なんだよ 田川パクリスキーwwwww

256 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 19:28:23 ID:6DhnpyJP
そりゃもちろん妄想マン

257 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 20:00:38 ID:LTBMHKw6
>>243
宗教の起源は、「生存のための現世利益の追求」であったことを忘れているの
ではないか。

文明の利器など何一つない古代人たちが、厳しい自然との闘いに明け暮れる
ひたむきな生存努力の中で、寝そべって「人生とは何か」「世界の成り立ち
とは何か」などと考える余裕があったとでも思っているのかねw。

258 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 20:06:19 ID:9xjzBnXA
>>257
ちがうよ
根源的な不安の解決ですよ

259 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 20:11:41 ID:G7YK/vS1
いや、それは違うな。
いつの時代のどんな人も死ぬのは怖くて、納得、安心できる答えを求める そんな感じじゃね?

260 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 20:13:34 ID:G7YK/vS1
あぁ、サロメちゃんとかぶった。

261 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/12(金) 20:14:57 ID:GKk37WDl
宗教の起源は、人間が●によって、●●から離れて行った事だべ

262 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 20:21:03 ID:U+Cy7pUI
罪、神様か

263 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 21:36:43 ID:WiwOpOTW
まさかダニエルさんの口から空とか出てくるとは思わなかったよ
でもそれならクリスチャンより、仏教やヒンズー教に興味ある人のほうが理解がはやそうだ

264 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 21:45:25 ID:WiwOpOTW
それなら天国=ブラフマンとの融合あたりか
バラモン教が古くからその思想を確立していて最近驚いた

265 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 22:01:52 ID:WiwOpOTW
イエスさんてかなり厳しいことを言ってる気はする
仏教などが座ることで自己を見つめる内面へのヨーガなら
キリスト教は日々の生活の中でのヨーガ
それくらい「隣人を愛せ」とかの言葉一つでも実践は難しい
座る以上に心のコントロールがいると思う

266 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/12(金) 22:17:31 ID:GKk37WDl
WiwOpOTW

W(OpO)W 

なんだか、顔に見えるね。

267 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 22:21:51 ID:LTBMHKw6
>>259
死ぬのが怖いからこそ、懸命に生存に努めたのだよ。

いくら答えを求めても、死ぬことには変わりはないことを知っていた。
古代人は、そんなアホではないよ。

268 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 22:32:26 ID:9xjzBnXA
>>267
だから人生に不安がつきまとって苦しみだらけになる

そのために宗教が生まれたのです

269 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 22:45:35 ID:LTBMHKw6
>>268
いくら宗教やっても、死を免れることはできない。牧師も、神父も、全く
変わりはない。無神論者のほうが、長生きすることが多いのは、一体何故
かねw。

人生は、不安もあれば希望もあるという他方の側面が、何故考えられ
ない?

死があるからこそ、生が輝くのだよ。イエスの言う「永遠の生命」とは、
まさに地獄の別名である。

すべての生活者は、そのことを悟っているぞ。悟れなくて足掻いている
のは、宗教者だけではないかw。

270 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 22:49:34 ID:9xjzBnXA
>>269
だから根源的不安は 存在の意味を理解できない

意味性のない原体験に放り込まれる不安なんですよ

隠居も分裂病だからわかるでしょ?空白に放り込まれる苦しみです

271 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 22:56:30 ID:LTBMHKw6
>>270
その「漠然とした不安」が、統合失調症の症状なのだよ。

不安も、専ら、「生命を脅かされることに対する不安」だろ?それ以外の
不安は何がある?金が無いこと、病気、災害への不安も、すべて生命に
対する不安ではないか。不安の原因を、よーく分析してみること。

272 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 22:58:40 ID:9xjzBnXA
>>271
ですから人類が根源的に抱えた苦しみであり これは哲学の領域において周知の事実です

隠居は意味や事実や論理の存在があるだけで正しさを確認できない不安をどう解決なさるのですか?

273 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 22:58:43 ID:LTBMHKw6
>>270
不安とは、煎じ詰めれば、すべて「生命の喪失」に対する不安である
ことを悟らなければならない。それでこそ「宗教者」といえる。

274 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:26:18 ID:LTBMHKw6
>>272
人間には、百人百様の論理が可能であるが、それが「生存」の方向に向って
いる場合にのみ、それを「正しい」という。

いなかる論理を弄してみても、それが「人間の生命の否定」に向っている場合
には、「正しい」とは言わない。論理が、人間の生命の機能である以上、当然
のこと。さもなければ、論理の発生源そのものを否定するという矛盾に陥る
からだ。

これは古今のどの「本」にも書かれていない「ありがたいお言葉」だよw。

275 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/12(金) 23:27:43 ID:9xjzBnXA
>>274
認識と実在は別ですってw

隠居って唯心論ですねwwww

276 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:36:29 ID:LTBMHKw6
>>275
要するに、君がいくら足掻いてみても、君の「生物的生命」の呪縛から
は絶対に逃れられないということ。

人間の生命を離れて、神や霊や事物が存在すると考える君は、唯物論者。

「色即是空・空即是色」(この世界は、人間の目に映じた世界に過ぎない
から、実在ではないかも知れない。しかし、その世界こそ、人間がこれ
まで生存し、これからも生存すべき世界なのだ。)(釈尊)

277 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:38:16 ID:IfYO0Ys4
>>253

せっかくメタトロンさんからスィートをいただいたのですが、
なんだか少し恥ずかしいので、名前を変更させていただきました。

>>10 をご確認ください。


278 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:43:55 ID:IfYO0Ys4

「色即是空・空即是色」ということの意味ですが、
『物質は、空(スピリッツ)から成っている。
空(スピリッツ)は、物質と成っている。』
という単純なものです。

しかし、これが重要です。

「空(くう)」は、聖書的に言えば「霊」ですよ。
目に見えないが、しかし存在している「気」のようなものを指しているんです。

これは聖書的に言えば「霊(れい)」ということになりますが、
この霊という言葉のイメージが日本人には掴み難いので、スピリットと言ったほうがよいかな、と思っています。


279 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:44:28 ID:vkyRjJaP
ご隠居の書き込み見てるとご隠居の空虚さ、虚しさに悲しみを覚える。

280 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:46:00 ID:IfYO0Ys4

西洋人というのは、霊と物質とを別けて考えるくせがついています。
しかし、般若心経が言っているように、
物質とは霊から成っているし、霊は物質として姿を現しています。
これが、西洋人にはさっぱりわからないでいるのです。

霊は霊、物質は物質。これが西洋人の考え方です。


281 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:48:21 ID:IfYO0Ys4

これは犬。これは猫。これは空気。これは水。これは人間。
と、このように考えるのが西洋人の特徴なのであって、
すべてのものが同根であって、関係を持って生きている、という発送がそもそもありません。

だから平気で農薬のようなものを考え出すわけです。
しかし、そのようなことをすれば、廻りまわって人間も、地球も苦しむことになります。


282 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:48:52 ID:LTBMHKw6
>>278
「霊」とは、英語ではspirit、soul。「精神」の意味。従って「霊」
「霊的」という言葉は誤り。「精神」「精神的」とすべきもの。さも
なければ「幽霊」と混同されてしまうw。

「幽霊」を信じるのは、幼い子供だけw。

283 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:51:41 ID:IfYO0Ys4

カラスの唄さんも、よくわかっておられないので、
イエスの復活は肉体の復活ではない、などと平気で書いているようですが、
イエスの復活とは、まぎれもない肉体の復活のことです。
よくわかりもしないのに、よくもまあ適当なことを書くものだと、彼に対してはあきれています。

肉体を霊よりも低くみるような発想事自体が、宗教観念に侵されている証拠なのです。

霊というのは、肉体を機能させているし、肉体を形づくってもいるのです。
神が無意味にそのようなことをしていると思ったら、それは大間違いです。


284 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/12(金) 23:55:10 ID:IfYO0Ys4

イエスは「人の体は聖霊の宮(神殿)である」と、言い切っています。
今、神殿は打ち壊されているのですから、イエスが復活により、これを建て直すのです。

体が聖なるものであることが、人にはどうやら分かり難いのです。




285 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:55:48 ID:LTBMHKw6
>>279
架空の神ではなく、厳然として実在するすべての人間と大自然とを信じれば、
空虚も空しさもない。

空虚で虚しいのは、「架空の神」を信じる宗教者のほうである。

286 :神も仏も名無しさん:2008/09/12(金) 23:59:32 ID:j3DVfTUb
空(くう)が「霊」だろうと「精神」だろうと、
仏教とは別の思想になってしまいます。
聖書が説くものとも違うでしょう。

287 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 00:00:11 ID:p0caRzQP

日本語というのは、素晴らしいですよ。
聖書のことを知らないのに、無意識に聖書的な感覚を持っているからです。

たとえば、女性の子宮は、「子どもの宮」と書くではないですか。
これは、本当に驚きです。
人の体が聖なるものであることがわからないなら、女性の体をよく観察するべきです。
悪魔は、このことが分かっているので、「姦淫の思い」というものを利用して
人間の目をくらましているんですよ。
子宮への道は、ちゃんと参道(さんどう)と言っているではないですか。
現代の「産道」というのは、むしろ当て字のようなものです。


288 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 00:01:37 ID:p0caRzQP
>>286
>空(くう)が「霊」だろうと「精神」だろうと、
>仏教とは別の思想になってしまいます。

仏教をやっている人が、般若心経の意味を理解できていないでいるだけのことなのです。


289 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 00:04:26 ID:7lAe03WW
それは「本来の意味」と称して、
そこにある単語に別の意味の単語をはめ込んでいるだけだと思います。
「テラピム=神の諸真理」の人がとった方法と同じです。

290 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 00:12:37 ID:68XsWCtu
>>286
仏教の根本思想は、「個は他との関連においてのみ存在し得る(縁起・
空)」ということ。

この「関係性の原理」は、「世界のすべて」に対して適用される、まさ
に「永遠の真理」である。

この思想は、聖書からは「絶対に」出てこない。

仏教とキリスト教との相似性などを口にする者は、根本的な誤りを犯して
いるのである。

291 :W(OpO)W:2008/09/13(土) 00:42:12 ID:/o2a7lB0
聖書の勉強会とかも行ったことあるけど、おいらは2chでの本音で語れる場のほうが好き
ダニエルさんも教会では般若心境とか口にすることはまず無いだろうしね

悲しいけど自灯明

292 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 02:28:23 ID:p0caRzQP

人の肉体がけがれているのではなく、「肉の思い」がけがれているのです。
このことに、どうぞ気づいて欲しいと思います。

目がけがれているのではありません。
目で見たものを、姦淫の気持ちで受け止める「肉の思い」がけがれているのです。

手がけがれているのではありません。
手でさわったことを、姦淫の業にしてしまう「肉の思い」がけがれているのです。




293 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 02:30:10 ID:p0caRzQP

パウロも、この「肉の思い」こそが、いけないのだ、ということを
はっきりと認識していましたよ。ご確認ください。

★ローマ人への手紙 8:6
肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。


294 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 02:42:01 ID:p0caRzQP
>>263
>まさかダニエルさんの口から空とか出てくるとは思わなかったよ
>でもそれならクリスチャンより、仏教やヒンズー教に興味ある人のほうが理解がはやそうだ

それが、そうでもないんですよ。
仏教を学んでいる人というのは、案外プライドが高い人が多いらしく、
「仏教の方がキリスト教なんぞより上だ」というような人が多いんです。

まったく馬鹿げているというか、子供じみているわけです。
彼らは真理とは何か、というようなことには初めから興味がないのでしょう。

釈尊とイエスを比較したがりますし、もちろんイエス・キリスト以上の人などいるわけがないのですから
もしそのようなことを普通の仏教徒に言ったとしても、このことをまともに受け入れられる人などいないのです。

ですから、クリスチャンの人に意識改革していただくしかないわけです。


295 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 02:44:28 ID:p0caRzQP

別に仏教を学ぶ必要などありません。
では、何を知ればよいのかといえば、
「この世界と天とは繋がっている。」ということなんです。

「この世界と天とは無関係ではない。」ということなんです。

ヤコブの見たハシゴのことを思い出してください。


296 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 02:59:36 ID:p0caRzQP

この世と、天とが関係していることが翻訳者にわかっていないので、
ヨハネ福音書の日本語訳は、はなはだしく誤訳となっているのです。
この部分を、以下に転記します。

★ヨハネ福音書 3:13
天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。


297 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 03:00:53 ID:p0caRzQP

John 3:13(New King James Version)
No one has ascended to heaven but He who came down from heaven, that is, the Son of Man who is in heaven.

★ヨハネ福音書 3:13(ダニエル訳)
天に昇った人はいない。しかし、天から下った人は昇るのだ。
それは人の子のことであって、彼は今も天に在る。


298 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 03:04:43 ID:p0caRzQP

★ヨハネ福音書 3:13(ダニエル訳)
天に昇った人はいない。しかし、天から下った人は昇るのだ。
それは人の子のことであって、彼は今も天に在る。

***** 感想 *****

「人の子」は、天から下ったのです。
「人の子」というのは、神が創られた素のままの人のことです。
自我とは無関係の、命そのままの状態の人のことを指しているのです。

この「人の子」というのは、天から下ったものです。
そして、驚くべきことに、同時に、現在も天に在るのです。

299 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 03:20:19 ID:YcNF5iqM
>>296
ひろい解釈が出来るようにわざとそういう文にしたんではないの?
自分の主張にあわないからって誤訳扱いするのはちょっと如何かと…^^;

300 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 03:32:33 ID:p0caRzQP

誤訳という言い方がよろしくないでしょうか?
そうであるなら、「訳していない部分がある」と言ったほうが正確かもしれません。
日本語の聖書からは、なぜか以下の部分、

- the Son of Man who is in heaven. -

が、すっぽりと翻訳から抜け落ちてしまっています。
しかし、ここの抜け落ちてしまった部分が、極めて重要な箇所なのです。


301 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 03:50:55 ID:9LUrxJ3e
誤訳って(笑)

英語のKJVが原文じゃなくて

και ουδεις αναβεβηκεν εις τον ουρανον ει μη ο εκ του ουρανου καταβας ο υιος του ανθρωπου

これが原文ですよ.

翻訳されたものから更に重訳したものが正しいってそれじゃエホ証じゃん

302 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 04:39:39 ID:p0caRzQP
>>301
>翻訳されたものから更に重訳したものが正しいってそれじゃエホ証じゃん


人の子は『現在も天に在る』、という部分が重要なのです。
ですから、その部分を除いてしまってはいけない、ということを言っております。

なお、中国語の聖書では、ここの部分は省かれておりません。
『依然在天』と、はっきりと書かれています。



303 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 04:53:04 ID:U3oQBUJX
>>290
あのね
仏教の根幹こそ
この世の存在は論理としては存在するが決してその証明は出来ない
なんだってw
だからそこから不安が生まれ苦しみとなる
それにどう対応するかという部分でキリスト教と繋がるのw

仏陀は存在=論理は空である と喝破したけどねw

キリスト教は存在の背後に神様がいると見抜いたのW

304 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 04:54:05 ID:p0caRzQP

2ちゃんねるには、原文のギリシア語にこだわる人が結構いらっしゃって、
これまでも、僕が英語の聖書から聖句を引用すると、それをネタに
そういうインテリきどりの人などから、いちゃもんをつけられたものです。

しかし、そうした人たちというのは、
ギリシア語の新約聖書とは、そもそもイエスが語った
アラム語あるいはヘブライ語の翻訳である、という事実を忘れています。

しかも聖書記述者のほとんどはユダヤ人です。
もちろんギリシア語ができるユダヤ人であったと思いますが、
コイネーギリシア語の新約聖書自体が、翻訳というフィルターがかかっていることをお忘れなく。


305 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 04:55:29 ID:mFVMj6SB
>>285
言い返さずにはいられないあなたのこころの動きはあなた自身が辛いだろうなと悲しみを覚える。

306 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 04:56:26 ID:p0caRzQP

ギリシア語聖書にそんなにこだわるのなら
日本語の聖書など読まなければいいのに、と思います。

本当にこうした人たちを相手にするのは馬鹿げているし、疲れます。

大切なことは、聖書が伝えようとしている本然である、ということが
どうして、こうした人たちにはわからないのでしょう?



307 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 05:02:05 ID:U3oQBUJX
精神病だって脳の物理的な不調以外は関係性の不適合で発祥するでしょうが

最愛の人を失ったり その人にとってかけがえのないものを失ったり 周囲の人間関係に溶け込めなくて

つまり世界の中でその人にとっての意味性が見失われることによって不安が生まれそれが強烈なストレスになる

それで脳が不調になり統合失調や欝にいたる

人間は 肉体への脅威よりも意味性の喪失から不安のほうが耐えられない

しかし世界は存在するが その意味は説明しえないという真理が存在する

つまり生きている限り 不安から来る苦しみからは逃れられない

それの解決策 唯一の方法として信仰が生まれた

クリスチャンは神様にたどり着いたのよ隠居W

308 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 05:06:24 ID:U3oQBUJX
宇宙・世界という根幹が説明し得ない あると思えばある ないと思えばない=空 の状態の背後に

人が究極としてすべてを計り得ない神様がおられる

さらにそこから 人の苦しみ=不安を背負いなくすために 人が認識しうる人間としての神様がやってこられた

そして人の子であられる神様が天に去ったあとは目には見えない働きとしての神様 聖霊がこられた

キリスト教は世界から神様に移ることによって不安の苦しみから救われるのよ隠居w

309 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 05:08:18 ID:p0caRzQP
>>291
>聖書の勉強会とかも行ったことあるけど、おいらは2chでの本音で語れる場のほうが好き
>ダニエルさんも教会では般若心境とか口にすることはまず無いだろうしね


ぜひ、本音で語ってください。語りかけてください。
せっかく縁あって、このスレッドに来ていただいたのですから
いろいろと語り合いたいと思います。

なお、カトリック教会で、真剣に聖書について学ぼうとしている人を見かけることは
ほとんどないので、般若心経はおろか、聖書についても語ることがありません。
しかも、僕が聖書について語ったとしても、その聖句を誰も知りません。
実際、このような状況です。



310 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 06:47:53 ID:pqaTR/rN
聖書において、救いはいつもたらされるのですか?
永遠の命とはなんですか?


311 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/13(土) 07:26:39 ID:NLgeqByk
>>309
>なお、カトリック教会で、真剣に聖書について学ぼうとしている人を見かけることは
>ほとんどないので、般若心経はおろか、聖書についても語ることがありません。
>しかも、僕が聖書について語ったとしても、その聖句を誰も知りません。
>実際、このような状況です。

キリスト教がインチキ教だと言う証拠じゃん...
「般若心経」...素人の解釈で申し訳ないが
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_hannya.html

アホの仏教徒は、「お前は般若心経を読んでて、中身を全く
理解していない」と言うよ
アホのキリスト教徒は「お前は聖書を読んでて、中身を全く
理解していない」と言うよ
多分アホのイスラム教徒は「お前はコーランを読んでて、中身を全く
理解していない」と言うよ
多分アホは「お前はトマス言行録を翻訳してて、中身を全く
理解していない」と言うよ

そんな連中に関わっていたら、何時までたっててもアホの論議に
かき回されるだけだって言う事だよ...

312 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 07:35:18 ID:U3oQBUJX
>>311
は?
誤訳指摘されて壊れた親父が偉そうにwww

313 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 07:40:13 ID:U3oQBUJX
>>311
インチキはお前だよ誤訳スキーW

それなんだよwただの書き下ろし文じゃんかwwwwwww

314 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 10:29:42 ID:p3bczvPV
>>257
宗教を知らない奴が、知ったかこいてちんぷんかんぷんなこと言ってらぁ〜ケラケラ。

おまえはさ、ここでキリスト教徒達にネチネチと悪意をぶつけ続けてる暇があるなら
さっさと精神科の門を叩け。お前、壊れてるんだよ。健常人ではない。自覚が無いところが
より重症だ。おまえの一連の書き込みを見て、おまえに狂気を感じている人は多いと思うぞ。

315 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 10:30:33 ID:U3oQBUJX
>>314
何で禅がダメなんだい?
テラワーダの人も 低レベルだといいながら認めてるじゃん

316 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 10:34:38 ID:+nV4dljC
biblegatewayで他の英訳でのヨハネによる福音書3章13節を探してみました。
【New International Version】
No one has ever gone into heaven except the one who came from heaven—the Son of Man.
【New American Standard Bible】
No one has ascended into heaven, but (B)He who descended from heaven: (C)the Son of Man.
【English Standard Version】
(A) No one has(B) ascended into heaven except(C) he who descended from heaven, the Son of Man.

「彼は今も天に在る。」にあたる部分は見当たらないと思います。
やはり誤訳を云々する場合は原文にあたるべきではないでしょうか。

317 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 10:39:23 ID:p3bczvPV
在るでも無し。無いでもなし。在るでも無いでもなし。

>>278
なんだこの解釈は??
おまえは「空」の意味がまるでわかっていないじゃないか(苦笑)
まぁおまえ、ここらあたりで、そこの連中と一度法論を戦わせてみろ
こてんぱんに論破されっからさ。

悟りを開いた人のスレ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1220917496/
座禅と見性第
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218875003/

知ったかでものを語るのは、とても恥ずかしいことなんだぞ、坊や。
それにしても、酷い解釈だ。

318 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 11:07:38 ID:p3bczvPV
>>283
おまえさんは聖書原理主義者のようだが、聖書には一切後世の者の手が加えられていない
とでも思っているのか?最も早く成立したといわれるマルコの福音書の最終章の復活の記事
(第16章9節以降)は、ほぼ確実に後世の者の手が加えられている。この辺を参照
http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/mark16.html
おまえさ、復活とは、お前が死んだ後も、お前の人格が蘇り、身体も造り変えられ、福音書の
記事に出てくる復活後のイエスように、霊体ボディになり、壁も擦り抜け、突然現れたりする
テレポーション機能も備わった者として生まれ変わるというようなことを以前言っていたが、
復活とは、そんなことじゃねぇんだよ。イエスという男は、十字架に架けられ、あの時死んだのであれば、
彼の人格は、彼の肉が死んだとき、共に滅んだのだ。おまえが聖書の復活の記事を鵜呑みに
して、それを信じたいのは、おまえはなにより、自分の自我を愛しているからだ。おまえは我が強い。
俺は言っとくよ。お前の肉が滅んだとき、お前の人格も共に滅び、おまえの人格は二度と再び
蘇ることは無い。イエスの十字架の後弟子たちに姿を見せたイエスを名乗る人物は、肉的に言うと
完全な別人だ。だが、キリスト教的に表現すると、双子の兄弟だ。彼らは肉的には別人だが、霊的には一つだ。
そういう人物が弟子達の前に現れたのだろう。

復活についてなにもわかっていないのは、お前の方なんだよ。


319 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 11:26:20 ID:p3bczvPV
>>311
あほ、お前の訳というか、解釈はでたらめじゃないか。

観自在菩薩 行深般若羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄      
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是
舎利子

ここはこう訳すんだよ。

観自在菩薩。深般若羅蜜多行じし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄度したまえり。
舎利子よ、色は空に異ならず、空は色に異ならず。色はすなわち空。空すなわちこれ色なり。
受想行識もまたかくのごとし。舎利子よ。

おまえも知ったかこくと、恥かくぜ。




320 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:35:18 ID:p0caRzQP
>>318
>おまえさ、復活とは、お前が死んだ後も、お前の人格が蘇り、身体も造り変えられ、福音書の
>記事に出てくる復活後のイエスように、霊体ボディになり、壁も擦り抜け、突然現れたりする
>テレポーション機能も備わった者として生まれ変わるというようなことを以前言っていたが、

何か復活について誤解していますよ。
復活というのはさばきのためにあるんですよ。
もっとよく聖書を読んでみてください。
復活の後、さばきがあるのです。



321 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 11:39:01 ID:p3bczvPV
>>311
トマスの61
イエスは言われた。”ふたりがひとつの寝台で休むであろう。ひとりが死に、
他のひとりは生きるであろう。”サロメが言った。”あなたさまはどなたですか、
そして、あなたはどなたの子ですか。あなたはわたしの寝台でお休みになり、
わたしの食卓からお食べになりました”。イエスは彼女に言われた。
”わたしは同じである者から出た者である。わたしにはわたしの父のものから与えられている”。
”わたしはあなたの弟子です”。”それゆえに、わたしはあなたに言うのである。
人は結び合わされるとき、光で満ちるであろう。分かたれるとき、闇で満ちるであろう”。

で、おまえは、これは、サロメとイエスは肉体関係にあったんだべ〜とアホ丸出しの解釈しか
出来なかったわけだが、最後の晩餐の意味と、安息の日の意味もわからんアホが、どうしてキリスト教を
語れるんだ??おまえは、イエスの教えを何一つとして理解していないじゃないか。
イエスの教えを何一つ理解できない無智無能な男が、どの口でキリスト教を語れるんだ?
まぁいい。おまえが訳しただけではなく、トマスの意味もわかるというのなら、このトマスの意味を
解説してもらおうじゃないか。

トマス
イエスは言われた。”この世を知った者は、身体を見出した。しかし、身体を見出した者に、この世はふさわしくない”

さぁ、おまえのアホ解釈を聞かせてみな。



322 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:39:49 ID:p0caRzQP

カラスの唄さん

復活のとき、生前と同じ人格であるとは僕は考えていませんよ。
そのようなことも書いた覚えがないのに、書いたことのないことについて
批判されるのは、フェアじゃないと思います。

復活のとき、人の体は変化しているのですから、
すでに人の意識も現在とは変わっているに決まっているのです。

体と人格とは、ひとつなのです。



323 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/13(土) 11:41:25 ID:U3oQBUJX
>>321
体とは真理の体のこと

324 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:43:20 ID:p0caRzQP

もっとも、カラスの唄さんの書いている
「復活のとき、人の人格がなくなる」ということは間違いです。

聖書にそのようなことは一切書かれていないはずです。
もし書かれてあるのであれば、その箇所を示してみてください。

人格も復活しないのなら、いったい、何がさばかれると言うのでしょうか。



325 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 11:49:01 ID:p3bczvPV
>>320
我々は裁かれる為に生まれてきた。自分の罪ゆえに。
だがもはや負の業の清算を果たした者は、もはや裁かれない。
そしてもう生まれてくることも無い。

言っとくが、俺は肉を否定していない。肉あればこそ、「言」もある。
「言」あればこそ、識別されたこの世界があり、この世界が無ければ、何も無い。
安息の日だけでは、それは「無」だけである。創造は目覚めるからこそ、復活なのだ。
最後の晩餐は、第六の日に行われ、そして第七の日に創造は全てを休む。そして第一の日に
創造は目覚める。新たな創造の始まりである。それは、最後の晩餐から、三日後のことである。
最後の晩餐に預かる者は幸いだ。彼らは生きる。再び目覚めたかれらは、もはや死人ではない。

復活とは、外側に向いた子宮を内側に向けることだ。それは前に書いた。復活とは、認識の違いなのだよ。

326 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:49:49 ID:p0caRzQP
>>318
>おまえさんは聖書原理主義者のようだが、聖書には一切後世の者の手が加えられていない
>とでも思っているのか?最も早く成立したといわれるマルコの福音書の最終章の復活の記事
>(第16章9節以降)は、ほぼ確実に後世の者の手が加えられている。この辺を参照
http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/mark16.html


聖書原理主義者だかなんだかは、よくわかりませんが
ここは聖書を信じている人のためのスレだと、さいさん書いているはずです。

あなたは聖書を程度の低いものだ、とか何だか書いていました。
聖書よりもトマス福音書がレベルが高い、とか何だか書いていました。

そのような、おかしなお考えの方は
ここのスレッドにふさわしくないのです。

ここは、何度も書いていますが聖書を信じている人のためのスレッドなのです。


327 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 11:51:25 ID:p3bczvPV
>>324
>「復活のとき、人の人格がなくなる」ということは間違いです。

パウロは、男の前では、女は黙っていなさいと言っているではないか。
おまえにはその意味がわからんのか?今の自我を認識しているお前の思考は、
本当のおまえじゃないんだよ。

328 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:52:22 ID:p0caRzQP

聖書の記述を信じるつもりの無い人は、ここのスレッドに
一切の投稿をご遠慮願いたいと思います

そのような人たちが、意気揚々とくだらない解釈を書き連ねることに
いつまで我慢したらよいでしょうか。

くだらない自説は、他でやってください。
ここは、そのようなおかしな人たちが活躍するために作ったわけではありません。


329 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 11:55:55 ID:p0caRzQP
>>327
>パウロは、男の前では、女は黙っていなさいと言っているではないか。
>おまえにはその意味がわからんのか?今の自我を認識しているお前の思考は、
>本当のおまえじゃないんだよ。

「自我」と「人格」とを同一視しているのが、あなたの致命的な欠陥です。
「人格」というものは、神からいただいた神由来のものです。

このことがあなたにわかっていないため、あなたは「人格」というものを
軽視しているのですが、そのような考え方が宗教まみれ、くされ仏教の考え方そのものです。

「人格」あるいは「ペルソナ」というものが、神の正体なのです。
このようなことは、自分で気づくべきことで、本来は人から教えてもらうようなことじゃないのですが、
あなたがあまりにも自説に拘るために書きました。

祈りによらなければ、この種のことは理解できないと思います。



330 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 12:05:31 ID:p3bczvPV
〜マタイ
>それから、弟子たちがイエスに近寄ってきて言った、「なぜ、彼らに譬でお話しになるのですか」。
>そこでイエスは答えて言われた、「あなたがたには、天国の奥義を知ることが許されているが、
>彼らには許されていない。 おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、
>持っているものまでも取り上げられるであろう。 だから、彼らには譬で語るのである。
>それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。
>こうしてイザヤの言った預言が、彼らの上に成就したのである。『あなたがたは聞くには聞くが、
>決して悟らない。見るには見るが、決して認めない。

この聖句はココモスキーにぴったりの聖句だ。まさに聖書とはココモスキーのような盲人の為に
与えられたものだ。事実、盲人の彼が、肝心なことは喩えでしか書かれていない聖書に執着し、誤謬に注ぐ誤謬で
悦に入っている様を観察するのは、聖書の上のイエスの言葉の通りだと、まことに滑稽で、笑える。

>>326
聖書を程度の低いものだとは誰も言っていない。またトマスのほうが聖書より優れている
とも言った覚えも無い。俺はただ、
真理を喩えでしか書かれていない聖書は、真理を理解できない人向けに書かれたものだと
言っているんだよ。事実見事に聖書を経典とする今のキリスト教徒の多くは、真理を理解しないし、
理解しようともしない。別に聖書の内容を批判するつもりはさらさらない。多くの譬えは、真理を
言い表しているし、内容に間違いはない。ただその喩えを読み解く者は少ない。

331 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 12:09:04 ID:p3bczvPV
>>329
そうだな。今の人格は、本当の自我ではないからな(一切法無我)

>「人格」あるいは「ペルソナ」というものが、神の正体なのです。

そうだな。だから「神」と呼ばれる者には人格がある。
だが創造自身には人格などない。神も悪魔も、善も悪も、「人」が造った幻なんだよ。

332 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/13(土) 12:14:04 ID:p3bczvPV
この世のものには一切執着してはならない。その執着心が人々の間に争いを招く。
それはイエスという名の男しかり、神と呼ばれる者しかり、自分の意識、思考しかりだ。
それらに執着する心。それは偶像崇拝なのだ。

>>328
おまえは聖書に執着し、聖書を貶す者に怒りを感じている。おまえは偶像崇拝をしているんだよ。

333 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/13(土) 13:02:29 ID:6k8NkDMD
ヤコブって、子だくさんだけど、ほとんど男の子だね、

334 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 13:17:47 ID:1ssDXguo
>>305
>言い返さずにはいられないあなたのこころの動きはあなた自身が辛いだろう
>なと悲しみを覚える。

先に言い返したのは君ではないのかねw。

すべての観念が自己の「生物的生命」「身体」から発していることをすっかり
忘れて、止めどもなく、「根拠皆無な観念」を語る宗教信者こそ、悲しむべき
存在。

宗教者は、厳然として実在する人間と自然を超越した、ありもしない神などを
信じているから、常にその否定と喪失を恐れ、不安に苛まれながら生きている。
その不安から、「自分の空想上の神」を否定する人間に対し、憎悪と敵意と争
いが生じる。それが「宗教」の実態ではないか。

神が創造したのは「肉としての人間。具象としての自然」である。人間が知恵
付いて「造られたままの自然状態を離れ」「神のようになり、勝手に神を思考、
解釈、崇拝し」「善悪の観念を作り上げる」という「的外れ(見当違い)」が
「原罪」であると喝破した旧約聖書は、物凄い真理を語っていることに気付か
なければななない。一神教徒は、その「原罪」故に、「神の怒りに触れ」、果
てしない殺し合いと争いを続けているではないか。「肉として造られた人間」
の身の程忘れ、「神になった積り」で「観念にまみれた」一神教徒こそ、まさ
に「原罪」の世界なのである。

335 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 14:16:08 ID:pqaTR/rN
カラスの唄さんの罵詈雑言はいかに仮説として有力な説を説かれていても聞くに堪えません
カラスの叫びのようです。あの明け方のカラスどものゴミに集まる叫びですよ。

たとえカラスの唄が正確なことを述べていたとしても、その人を見下したものいいからは
悪意しが見て取れないし、もしあの世があるならば一番あの世で絶対会いたくない人ですよ

病院まず行かれたらいかがですか?劣等感強そうですしねなにか欠けているのでしょうwww

336 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 14:47:58 ID:MgjXBeru
「信仰」とは、救いのことですよ。科学ばかりやっていても、人は一生そのことに気がつきません。
宗教をバカにし、聖書の(みことば)を軽視するからです。
例えば、こう言うふうです。「ネブカデネザルは、ダニエルがすぐれた霊、知識、分別、英知の霊を持って
いることを知った。」ダニエル5.12,14を要約すればこうなります。
いくら読んでも文字上の意味以上のことがわからないので、たいていの人は、
聖書とは、いいかげんなことを書いてあるだけと思うようになります。

しかし、ここに書いてあることは、こういう意味です。
人間の霊とは、具体的にはその人の「心」以外のなにものでもありません。
これは、死んだあと残り、それ以後は「霊spiritus」と言います。

その霊が、善い霊の場合は、天使的霊というわけで、のちに天使になります。
悪い霊の場合は、サタン的な霊ということで、のちにサタンになります。
人間の心は、ひとり、ひとり、その人の内部人間をなしていて、それが実際の人間をつくり、
人の肉体を形成する外部人間の中核になります。
ですから、死によって肉体が捨て去られると、完全な人間の(かたち)を帯びることになります。

















337 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/13(土) 14:50:16 ID:6k8NkDMD
モルモン臭いわww
いや、エホバかな?

338 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 14:53:41 ID:MgjXBeru
人間の心が、ただ頭部にあると信じるのは誤りで、頭部には、人が理性をつかって考え、
意志をつかって行動するとき、そのすべてが出はじめる始源の状態が存在するにすぎません。
心自身は、肉体の中では、感じたり行動するために形成された派生的なものに包まれています。
内部はしっかり肉にくっついていて、感覚作用や運動をもたらし、あたかも肉体が、
自分で考え行動しているかのように、感知力を高める作用をします。
しかし肉体自身が考えるということはウソで、知者ならこのことをだれでも知っていることです。

そして、人の霊は、理性で考え意志で行いますから、肉体はみずからの力ではなく、霊の力で働いています。
したがって人間の霊とは、人間の理知のこと、愛が持つ情愛のことで、すべてはそこから出て、そこから作用しています。人間の霊とは、以上のような心の持つ特性を示すことは聖書では沢山出てきます。



339 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 14:59:17 ID:MgjXBeru
聖書の内的意味。
死んでいる人間とは、物質的・現世的なものを崇拝し、それ以外には、真理も
善も認めない人のこと、霊的人間とは、霊的、天的な真理と善を認め、信仰を
もとに、信仰から行動するが「愛=いのち=人の意志」から行動しない人です
天的人間とは、霊的・天的真理と善を信じ、それを感知する人です。しかも愛
によってしか認めず、愛によってしか行動しません。

死んでいる人間は、物質的・現世的な(いのち=自然的いのち)だけを目指し、
永遠の(いのち)とはなにか、主(神)がどんな方か知りません。たとえ知っ
ても信じていません。霊的人間の目的は、永遠の(いのち)で、それに主が続
きますが、天的人間の目的は、主で、それに主のみ国と永遠の(いのち)が続
きます。

死んでいる人間は、戦にあっても、大抵いつも屈服します。戦いのないときは
、自分の中で悪と偽りが支配し、結局は、その奴隷となります。死んでいる人
間を拘束するものは、法律への恐れや、生命、財産、利得、名誉を失うなどの
外面的なものです。

霊的人間は、戦いの中にありながら、いつも勝っています。それを行わせる拘
束力は、内的なもので、良心の絆といわれます。
天的人間は、戦いの中にはいません。万一悪や偽りが攻めてきても、それを軽
蔑します。だから「勝利者」と呼ばれます。行動する際の絆は何もなく、自由
です。見えない絆があるとすれば、それは善と真理を感知する力です。


340 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 15:00:11 ID:MgjXBeru
以上、このことは、創世記第2章第1節から述べられています。

「天地万物は完成された。」これは、六日目になって、やっと霊的人間になり
ましたという意味です。「天」とは霊的人間の内部人間で「地」とは外部(肉
体感覚)的人間です。神の働きとは、愛と信仰とその両者の認識を指します。
内部人間が「天界」であり、外部人間が「地」であることは、イザヤ書に書い
てあります。
「わたしは、人を純金よりもまれな(優れたもの)ものにし、オフィルの黄金
よりも得がたいものとする。わたしは天を震わせる。大地はその基から揺れる
万軍の主の怒りのゆえに(わたしは諸天をも恐怖でおののかせ、地はその場所
からもぎ取られる。」(イザヤ13・12、13)

神は人をご自分に似せてつくられました。
生き物の進化の過程のなかで、偶発的要件のみで、人がつくられたという「進化
論」はその外面的説明であり、「創世記」は人の内面的成長の説明です。


341 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 19:38:17 ID:p0caRzQP
>>333
>ヤコブって、子だくさんだけど、ほとんど男の子だね、

そういわれてみれば、確かにそうですね。


342 :301:2008/09/13(土) 20:19:14 ID:9LUrxJ3e
>>302

>人の子は『現在も天に在る』、という部分が重要なのです。
>ですから、その部分を除いてしまってはいけない、ということを言っております。

 実はこの部分は現在では後代になって加筆された部分ということで削除されている。KJVの頃の正しいとされた本文にはあるけれどね。
 で、ここで中国語版を持ち出してもダメだよ。KJVからの重訳では軒並みこの部分は残っている。
 日本語でも正教会訳はかなりKJVからの重訳でこれが残っているけれね。
 
 大正時代の改訳からは消えているのはこの部分が後から付け加えられたものだから。
 
>316 が指摘しているように新しい翻訳ではこの部分は無い。


 で、>>303は半分正しいけれど、306は被害妄想に加えて逆切れにしか見えないぞ。

 こうして見るとKJVも罪な物だねぇ

343 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 20:46:29 ID:p0caRzQP
>>342
>実はこの部分は現在では後代になって加筆された部分ということで削除されている。KJVの頃の正しいとされた本文にはあるけれどね。

僕が引用した部分は、現代では加筆された箇所だということになっているわけですね。
情報ありがとうございました。
はじめからこのように書いてくださればよかったのですが、いきなり「エホ証」扱いをしてこられたので
単なる嫌がらせのアラシだと思いました。
もう少し、他人に対して失礼のないような投稿をしてください。


344 :W(OpO)W:2008/09/13(土) 20:48:52 ID:/o2a7lB0
イエスさんの凄さは十字架に吊るされ仲間に裏切られても、サマーディ(三昧)の境地に入られた偉大な意識に
こそ在ると思うんだ
霊性の優れた者でも、人里はなれた所で普通は瞑想するものだから、その偉大さは想像もつかない
個人的には当時の世があまりに荒れていたのために、人々には世俗の生活を行いながら己をとことん捨てるタイプのヨーガを説いたのだと思っている
十字軍の歴史を見るだけでも、おとなしく座禅をして瞑想を行ったりする民族性ではないことが伺える

345 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 20:53:33 ID:p0caRzQP

皆さんへ

>>342 の方が書いている内容が正しいようですので

★ヨハネ福音書 3:13
天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。

というのがもともとの文章だ、という現在の聖書学者の見解になっているようです。

この日本語が正しいという前提で、この聖句の意味を神に祈って教えていただけるようにしたいと思います。
「誤訳」という書き方をしたのは、僕がKJVの聖書(古いラテン語系の聖書)を、現在の新しい聖書よりも
信頼していたためですが、最近の研究で、KJVに加筆がある、ということになっているようです。

不用意な発言をしたことを、深くお詫びいたします。


346 :W(OpO)W:2008/09/13(土) 21:31:09 ID:/o2a7lB0
聖書は最近、細かく読み始めました
今日も図書館から歴史書とか借りてきて読んでます
スレをロムりながらゆっくり自分のペースで勉強したいなと
そんな意味で2ちゃんは助かってます

347 :お笑いをひとつ:2008/09/13(土) 21:59:50 ID:mORojmuA

何かどこかがおかしいね、滑稽だ〜(笑)

神、神、神様・・・と言っても、聖職者達は、神に食べさせてもらってはいない。
神は、パンひとつ、水一滴・100円・・・も出せないのだからw
神が生活の糧(お金・食料・その他もろもろ・・)を出して賄ってくれれば、
只、祈って生活してれば良いのですからねン!2ch布教は不必要w

ところが、彼らは、全て人間の信徒達の献金によって、生かされている。
だから、2chで一生懸命狂ったように布教・宣伝しているのです。(笑)

神とは絵に描いた餅、神より人間の方が力があると分かっているという矛盾がある。
故に、<キリスト教の神は、不在で無力> の証明が成り立ちます。
彼らは、『神様』を『献金してくれる大切な信徒さま』と言い換えるべきでしょう。(笑)



348 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:01:18 ID:ZHrINjY0
>>334
絶対そうくると思いましたよ。
いい加減「バカって言った人がバカなんですう。」みたいながっかりさせる切り返しやめましょうよ。

あなたはとりあえず花を育てるとかペットを飼ってみるとかして自身のこころを成長させてください。
今のあなたはこころが未発達すぎて話するのが非常に疲れる。
普通の人が感覚でわかることもあなたには噛み砕いて論理立てて説明してようやく頭で理解できる程度だと思う。

いままでにもいろんな人に同じようなことを繰り返し言われてきてるはずだ。
でもわからないものは仕方がない。
少しずつでもいいからこころを育てていきましょうよ。
そのほうがホント人間らしくて幸せですから。

349 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:08:30 ID:mORojmuA

『カトリック教会からは、爆弾、戦車、鉄火器、避妊用具を非難しますが、
教会経営のためには、それを作る企業の株を所有しても恥じない。』

■ 暗黒のキリスト教「知られざるバチカン」■ から抜粋
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/vatican.htm

バチカンをバチカンたらしめているのは、世界への影響力であり、それを支える経済力です。もともとバチカンは裕福
であって、歴代の法王が収集した美術品などは値段のつけようもなく、それでなくとも全世界の信徒からの献金があります。
ちなみに信徒一人あたりが1日1円ずつ拠出したとして年間3000億円という計算になります。

信徒の善意の献金を軍需産業に投資するなんて、一番悪いし、表で愛と平和を謳っていて出来ることなのですか?
勿論、宗教関係者は地獄行き!!彼らが一番、自ら説いている天国に行くか?地獄に行くか?最後の審判・・等を
信じていないし、軽んじている証拠・証明となります。


350 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:08:35 ID:yJH3NWU7
>>347
食物は農家の人が作ります。しかし、植物を造られた方は神です。太陽の光を照らし、雨を降らせて下さいます。
魚もスーパーで買えます。店は市場で仕入れます。市場は漁師さんから入手します。
ですが、魚を造り与えて下さったのは神様です。


351 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:11:32 ID:mORojmuA
>>350
証明をドゾー(笑


352 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:17:49 ID:mORojmuA

【真理】 は単純・明快!!  (*^。^*) 

良いものは  → 良い結果(実)がなる
悪いものは  → 悪い結果(実)がなる

キリスト教などの一神教は、<争いの歴史> = 悪い結果(実)

つまり、必然的に悪い宗教となりますがw(笑

お先におやすみなさ〜い☆


353 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:18:19 ID:yJH3NWU7
>>351
無から有は生じません。宇宙は材料の何もない所から出現しました。時間や次元等もです。
その原因は何ですか?
宇宙や人間の存在自体が証明です。

354 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/13(土) 22:18:59 ID:p0caRzQP
>>349

あなたの書いていることは、もっともなのですが、
ここのスレでなくて、カトリック関係のスレに投稿したほうがいいですよ。

クリスチャン=カトリックではないことは、憶えておいたほうがいいですよ。


355 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:20:41 ID:yJH3NWU7
>>352
キリスト教が与えている良い影響に目を向けたら?

356 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:31:43 ID:MgjXBeru
キリスト教会にいる人たちに、次のような質問をしたらどうでしょう。

あなたは、アダム、エバを含めた洪水以前の人々、ノアとその子たちを含めた
洪水以降の人々、アブラハム、イサク、ヤコブおよび全預言者と使徒たち、
それから後の人類の霊魂が、まだ地下の中心に保存されているとか、エーテルや
空気の中を飛んでいるとか、そのようなことを固く信じていますか。

また、そこ霊魂が自分の肉体を再び身にまとうようになると思いますか。
死体がムシやネズミやサカナによって食いつくされたり、エジプト人の
ように、死骸をミイラにして、人が食べたりすることもあるし、人が食べたり
することもあるし、ある場合は、太陽の熱で腐食して骸骨になり、チリに化したり
することがあるのに、あなたは霊魂がそれと合体することがあると思いますか。
また、天の星々が、それよりずっと小さい一つの地球の上に、落っこちると信じ
ていますか。矛盾したパラドックスだからということで、理性を消失させても
いいものでしょうか? 

その質問にたいし、何の返答もしない人がいます。また、「信仰のもとに、理性を
理性を従わせる」と言って、信仰で片付ける人がいます。また、それだけでなく、
神の全能は、人が頭で考えることを、はるかに超えていると言う人がいます。
信仰と全能と言うコトバをもってくると、理性は放逐され、健全な理性は消えてい
くか、無同然になるでしょうか。あるいは幻影となり、それが狂信ということに
なるでしょう。かれらは、それに加えて、「それは(みことば)によるわけですか。
(みことば)をもとにして考え、話すしかありません。」と言います。


357 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:37:24 ID:MgjXBeru
書き直し
また、そこ霊魂が自分の肉体を再び身にまとうようになると思いますか。
死体がムシやネズミやサカナによって食いつくされたり、エジプト人の
ように、死骸をミイラにして、人が食べたりすることもあるし、すること
もあるし、ある場合は、太陽の熱で腐食して骸骨になり、チリに化したり
することがあるのに、あなたは霊魂がそれと合体することがあると思いま
すか。
また、天の星々が、それよりずっと小さい一つの地球の上に、落っこちると
信じていますか。矛盾したパラドックスだからということで、理性を消失さ
せてもいいものでしょうか? 

その質問にたいし、何の返答もしない人がいます。また、「信仰のもとに、
理性を従わせる」と言って、信仰で片付ける人がいます。また、それだけでなく、
神の全能は、人が頭で考えることを、はるかに超えていると言う人がいます。
信仰と全能と言うコトバをもってくると、理性は放逐され、健全な理性は消えてい
くか、無同然になるでしょうか。あるいは幻影となり、それが狂信ということに
なるでしょう。かれらは、それに加えて、「それは(みことば)によるわけですか。
(みことば)をもとにして考え、話すしかありません。」と言います。


358 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 22:42:16 ID:RK30od1q
>>349
そのサイトのほかの部分にも目を通して下さい。

それでも資料として適切だと思えますか?

359 :神も仏も名無しさん:2008/09/13(土) 23:08:13 ID:MgjXBeru
だから、主が弟子達に語られたことは、ぜんぶキリスト教会の末期についてでした。
『黙示録』の中には、世の終わりと、ご自分の到来について、同じように預言されています。
主が、弟子達を前にして、世の終わりとか、ご自分の到来について言われたことは、
そのあとヨハネが黙示録の中で啓示として、記していることと一致符合します。
両者とも、現在のキリスト教会の終末のことです。それ以外にも、ダニエルによっても
預言されています。

「あなた方は、預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に
立つのを見たならば、(読者よ悟れ)」(ダニエル9.27 マタイ24.15)

360 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/13(土) 23:08:15 ID:NLgeqByk
KJVは知らんが、NKJVは、ヨハネ福音書1/18も
書き換えてるw...イエスと神を結び付けてる唯一の聖句
1:18
No one has seen God at any time.
The only begotten Son, who is in the bosom of the Father,
He has declared Him.

1550 Stephanus
θεον ουδεις εωρακεν πωποτε ο μονογενης υιος ο
ων εις τον κολπον του πατρος εκεινος εξηγησατο


361 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 07:27:47 ID:cC7B10p/
へー。
大切なのはイエスを救い主として、神様として信じること。
神様を愛して人を愛すること。

362 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 07:36:52 ID:UKaVEmrA
>>353
それでは、証明が充分ではありません。

◆『言葉』だけなら誰でも簡単に言えます。◆ (*^。^*) 、

聖書の言葉に触れないと不安になり布教を止められないのは

<神・イエス依存症>という病気です

勿論、全部、思考停止でないと耳に入らない。(笑)



363 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 07:40:40 ID:UKaVEmrA

神の力も示せずに神、神・・イエス、イエス・・と垂れ流すのは如何なものか、

無責任で幼稚・言葉の遊戯〜 (*^。^*)

◆キリスト教徒の言う「伝道」「救済」とは結局、【征服】であり【占領】である。◆




364 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 07:47:17 ID:gf6krFk2
>>362
思考停止は、神はいないと考えて追及をしない人だと思います。

おかしな言い方かもしれませんが、証明された事は「知る」が適切ですね。
神様の存在は科学では証明されたとまでは言えません。
ですから、私たちは「信じる」と言うのです。
信じる信じないは自由でしょう?

365 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 08:09:16 ID:UKaVEmrA
>>364
では、お家で静かに信じてくださいねン(笑

■ その目は、既におがくずで一杯になり、何も見えないようだ!!


366 :W(OpO)W:2008/09/14(日) 09:06:52 ID:ATJOOBnQ
国に税金とか払ってても、水や食料を供給してもらえる自然には、まったくお金を払わなくて良いのに
そのうえで神の力を示せないとかは、おかしな話しです。


367 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 09:34:48 ID:+OiudQmI
イエスキリストが神と言ったのはどこのどいつだい

325年の第1ニカイア公会議

ニカイア・コンスタンティノポリス信条











結局 人が決めたに過ぎないのかwwwww
そんなドグマに未だ振り回されてりる未開人たちwwww

脳衰省なみにおバカさん


368 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/14(日) 13:11:26 ID:b6ElYs++
>>84
もはや、手出しをしようとは思わない。
さあ、これから、お前とわたしは契約を結ぼうではないか。

とラバンが言ってます。
神様の語りかけを通してヤコブと敵対するのは、
利益にならないと悟ったからとも推測出来ますが、理由はともかく
「お前とわたしは契約を結ぼうではないか。」
ラバンが、ヤコブを自分と対等に接した瞬間ではないでしょうか。

369 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 13:48:32 ID:fWY70Y5N
神・救い主である方への信仰こそ、救いにつながります。その方は、神である
とともに人間であり、しかもご自身がおん父のうちに、おん父がご自身のうちに、
ひとつとなって存在しているような方だからです。

その方のほうへ近づいていくことは、同時におん父に近づくことです。ここに、
唯一でひとりの神がいまし、それ以外のものを信じても、救われるはずはありません。
神のおん子であり、あがない主であり、救い主によります。
エホバによってみごもり、おとめマリアから生まれ、イエス・キリストと名づけ
られた方です。この方を信じ、この方にたいして信仰をもつことです。

これはその方が何回となく、お命じになったことですし、使徒たちによっても、
あとで教えられたことからも、分かることです。その方を信じるよう命じられて
いることは、聖書の中で実にはっきりと示されています。
「わたしをつかわされた父の(みこころ)は、子をみて信じるも者が、ことごとく
永遠のいのちを得ることである。そして、わたしは、その人々の終わりの日に、
よみがえあせるであろう。」(ヨハネ・6.40)

「それは、み子を信じる者が、すべて永遠のいのちを得るためである。
神は、そのひとり子を賜うたほどに、この世を愛してくださった。それは、
み子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠のいのちを得るためである。(ヨハネ・3.15,16)

また、このことはヨハネだけでも、実に多くのところで引用されていますから、
ご参照ください。(ヨハネ3.18 6.28,29,35,36,47,48, 7.37,38 8.24 11.25,26,36
12.36 16.8,9 20.31)





370 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:03:36 ID:+OiudQmI
>>369
ご自分の脳みそを使ってご自分の言葉で書いてください。





教科書からの引用文のようであなたが被洗脳者と丸わかりですよ

盲信妄信  家族関係に問題お抱えのようですね親子関係が悪かったようでwwww


371 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/14(日) 14:08:19 ID:b6ElYs++
異端臭いのが、出て来たな・・・・・
ヤハウェは、父の名前で、「聖霊」とは違いまっせ。


372 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:25:50 ID:fWY70Y5N
したがって、使徒たちの信仰は、主イエス・キリストが、わたしたちの
うちに生きておられる。わたしがいま、肉にあって生きているのは、
神のおん子を信じる信仰によって、生きているのである。」(ガラテア2.20)

他に、使徒16.30、31 20.21 1ヨハネ5.12,13 ローマ3.22、26 ピリポ3.9
黙示14,12 Uテモテ3.15 ガラテア5.6、、、)

この中の引用で、明らかなように、パウロの解釈による信仰こそ、現代の教会
でも言われている信仰で、それがどんなものかを示します。
「人が義とされるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるのである。」(ローマ3.28)
それは、父なる神にたいする信仰でなく、神のおん子にたいする信仰でした。
それはまた、「起源となられる神」「理由となられる第ニの神」「媒介となられる第三の神」のような
序列をもつ三つの神々ではありません。

パウロの言葉の中に、三人格を示す信仰があるかのように教会では信じられてきましたが、
それは十四世紀にいたるあいだ、少なくともニケア公会議以来、教会は三位の神以外の
信仰は認めなかったし、それ以外の信仰を失ったからです。しかも、そのような信仰が
唯一無比とされ、それ以外は不可能とされてきました。

新約証書の(みことば)のなかで、「信仰」というコトバがでてくれば、なにがなんでも、
すぐそのような信仰にむすびつけました。その結果、救い主である神にたいする信仰、
つまり救いにいたる不可欠な信仰は失われ、それと同時に、かれらの教義のなかに、
いろいろな偽りや、健全な理性に反するパラドックスがそのびこんできました。


373 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:44:38 ID:fWY70Y5N
教会の教義は、すべて天界への道、救いへの道を教え示すものですが、
それは信仰内容にかかってきます。それが前述のように、偽りや逆説に
おかされてしまったわけです。だから、信仰への従順の面で、理性が
納得するような教義を、おおやけにする必要があります。

したがって、パウロが言っている「信仰」(ローマ3.28)は、父なる神
への信仰ではありません。おん子にたいする信仰です。
「律法の行い」といっているのも、十戒に実践について言っているのではなく、
ユダヤ人に与えられたモーセの律法のことです。

それはそれに続くパウロの言葉からも、ガラテヤ2.14,15)にある同様の箇所から
も分かります。そのため、現在、信仰は基礎がくずれ、その上にある神殿も倒れて
います。それはちょうど、一軒の家がずぶずぶと地中へ沈み、その屋根だけがのこ
っているような感じです。


374 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 14:53:40 ID:fWY70Y5N
新約証書の(みことば)のなかで、(誤)
新約聖書の(みことば)のなかで、(正)
いちおう訂正しておきます。(^^)って許して。

375 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 15:03:56 ID:5PUdqivH
>>360
こいつは、クルアーンの狂人ムハンマドの能書きが、三位一体は誤りだといっているので、
どんなに、三位一体の意味とはこうですよとわかりやすく説明してあげてるのに、まるで聞く耳
持たずだ。ムスリムのこいつは、クルアーンでは三一体どころか、イエスと神は一つというのは
間違いだと、バッタもんの唯一絶対の神、イスラムのアッラーがぬかしたから、まずイエスと神は
一つというのは間違いだという先入観念から彼らが一つという教義の否定の為に聖書を読む。
これが盲人だ。盲人はあるがままをみず、必ず、自分のエゴのフィルターを通してしか、物事を
判断しない。賢い人は、そういう思考回路を持たない。賢い人は、まずイエスが私と父とは一つ
といっていたのなら、彼がなぜそういったのか?その意味を考察する。そして聖書や、グノーシス等の
関連文書なども参考にしながら、全体的に判断し、彼のその発言の意図を探る。そして彼の発言の根拠となる
思想などを理解したら、彼の発言の意図とはこういうことかと、合理的に判断する。それはあくまで彼の
発言の意図を探るのであって、それで自分が信じる、信じないとは別の話だ完全に矛盾した整合性のない
荒唐無稽な発言なら、笑止千万だと一笑して一刀両断できるが、賢い人なら、彼の発言は教義的には
矛盾はなく、全体的にみれば、整合性が取れるものだと理解できるだろう。


376 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 15:06:12 ID:5PUdqivH
>>360
だいたい盲人のお前は、天の父とはどういう存在かも理解していない。
天の父とはどういう存在かを知れば、父と私は一つだという、イエスの主張は理解できるし、
キリスト教の言う「女」の意味を理解すれば、父と聖霊とは一つであり、そしてその子も一つであると
いうことを理解する。おまえは何一つ理解しないし、できない。ただ、クルアーンにはイエス=神は間違いだと
書いてあるので、イエス=神というキリスト教の教義の否定の為、荒探しを目的として聖書を読む。
これじゃいくら聖書を通読しようと、イエスの教えの意味も理解できなければ、キリスト教を理解できるはずもない。
イエスが明かした父の名は前に何度も俺が教えてあげただろう。その名を理解すれば、彼と父は一つだと
賢い人ならすぐに理解する。そして我々も本来は父と一つであり、我々がイエスのように完全になれば、
再び父と一つとなるということを理解する。そして本当のキリスト教の教義とはそういうものだということも理解する。
その上で、自分がその教義を信じる信じないは別の話だ。

てか、うだうだ能書きはいいから、聞かれたことに答えてみろよ、バカモスキー。
おまえ、翻訳だけじゃなく、トマスに書かれている内容も読めてるんだろ?
早く答えてみろ。

377 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 15:08:24 ID:cFNc86wN
>>376
それ神秘主義だから普遍的じゃない

378 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 15:21:30 ID:5PUdqivH
ここの隠居とかいう引き篭もりの屑は、典型的な層化の人な。
よぉ、そこの汚いエゴをここのキリスト教徒にしつこくしつこくぶつけ、悪意をぶつけ続ける
層化の屑。カルトって怖いよな。自分達の気に食わない相手や、思想の合わない者は
お前や、ここのムスリムのように、執拗に攻撃してくるものな。
層化に入って層化に洗脳されると、皆お前のようになるのか?層化に入って層化に洗脳されると
皆おまえのように、自分達の気に食わない相手はネチネチと攻撃し、他人の思想の自由を
認めないようになるのか?層化に入って層化に洗脳されると、皆おまえのように、自分の思想を
望まない相手に執拗に押し付けるようになるのか?層化のこいつににしろ、ここのムスリムに
しろ、カルトとはこういう人達だと、こいつらを観察してると、よくわかるよ。こいつらはカルトの
いいサンプルだ。ここで、キリスト教の教義を語って、それに興味を持ち、それに賛同してキリスト教
に入信した人がいたところで、ほっとけよ。どうせいうなら、おまえのような思想の押し付けを
してくる、層化などのカルトの布教のほうが、世間的には、よっぽど迷惑だ。前にも言ったが
宗教が人々に争いを招くのではない。思想の押し付けをしてくるお前のような人間が争いを起こすのだ。
お前のような人間が宗教にはまると、宗教を盾に、他の人と争いを起こす。現に層化のおまえは、
ここでキリスト教徒に対して、テロを起こしているものな。たとえ宗教が無くなっても、おまえのような
人間がいる限り、人々の間に争いは無くならない。そしておまえのような人間がいる限り、
カルトも無くならない。執拗に自分達のエゴを他人に押し付けるお前らの心は、とても邪悪なものだ。

379 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 15:36:39 ID:5PUdqivH
何度も言っているが、隠居とかいうような人間のいるかぎり、
人々の間に争いはなくならない。
宗教があろうと無かろうと、こういう人間がいる限り、人々の間に争いは起こる。
ここの無神論者はなにもわかっちゃいないから教えてあげるよ。
有事の際、もっとも残酷な行為を起こすのは、この無神論者達だ。むしろ神を信仰するものは
人間の最悪の部分をも神に対する信仰心ゆえ、歯止めがかかる。だが無神論者達は
その歯止めが無い。もうじき無神論者達の残酷な行為を、我々は目の当たりにする。

そういいや、東条英機とやらも、東京裁判の際、日本人の戦争犯罪について聞かされたとき、
前線でそういうことが行われていたとは知らなかった。日本人にも、信仰心が必要だ。という趣旨の
発言をしたと聞く。そういや、昭和天皇もこういうこといってたそうじゃないか。
日本人は、幼稚で、信仰心が足らない民族だってな。皇族は間違いなくキリスト教徒だろ。


380 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 15:42:10 ID:5PUdqivH
>>377
人の話にケチばっかり付け回ってんじゃねぇぞ、馬鹿女。
別におまえに同意してくれなんて頼んでないし、望んでもいない。
他人の話にケチばかり付回しているおまえは、違う人だから。

少し知恵が回ると、他人に不要な対抗意識を燃やすのも、所詮は女。
女の浅知恵は、どこまでいっても、女の浅知恵。女は黙ってろよ。女がでしゃばると
ろくなことはない。

ところでもう一つの人格、バカルカはどうしたんだよ、馬鹿女。

381 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/14(日) 15:44:48 ID:b6ElYs++
末日聖徒教会 モルモン教 エホバの証人 文鮮明教 とかは、出て行けよ。

382 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 15:49:42 ID:cFNc86wN
>>380
別に批判はしてません

ただ神秘主義ならそう明記すべき

383 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 16:07:12 ID:5PUdqivH
おっと、自爆テロを起こし、首切り等の惨殺を繰り返す、イスラムはどうなんだ?
あれも同じ神を信じているのではないか?っていうのは、いいこなしだぜ。
クルアーンを読めばわかるが、あそこの神、アッラーは、ありゃ単なるムハンマドのエゴだ。
イエスの説いた、天の父とは、違う。ムスリム達が信じているのは、イエスの説いた
至高の存在ではなく、アッラーという名を借りた、自分達のエゴイズムなんだよ。
彼らは神を信じているつもりだが、自分達のエゴという名の、サタンを信奉しているのさ。
それは、執拗に自分の価値観を、ここのキリスト教徒達に押し付けている、ココモスキーを名乗る
ムスリムを観察すれば、よくわかるだろう。

384 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 16:14:12 ID:5PUdqivH
思うんだけどさ。なんで層化の人って、公の場所では、
自分の宗教を隠すんだろうね。それはこういう匿名の掲示板でもしかりだ。
隠居とかいうのも隠しているだろう(苦笑)
信仰の自由が認められているこの国で、自分の宗教を、公に明かせないとは、
いったいどういうことなんだろうね〜(苦笑)

385 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 16:18:29 ID:chxsYhs5
カラスの唄は、浅薄にも、聖書で狂わされた似非仏教者。

言ってることに、「現実上の根拠」は皆無な、単なる妄想。

三位一体とは、「創造主以外の神を信じる」という、十戒違背の大罪を逃れる
ためにでっち上げた屁理屈。反対派を武力で排除して多数決で行った「政治的
決定」。「神」とは一切関係ない。

386 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 16:35:59 ID:fWY70Y5N
神の創造のとき以来、この地上には、おおむね四つの教会がありました。
それが継続して存在していたことは、歴史的・預言的(みことば)によって、
はっきりしています。
預言者ダニエルは、ネブカデネツァル王が夢の中でみた像をとおして、
その四つの教会を描いています。

「王様、あなたはすべての王の王です。天の神はあなたに、国と権威と威光を授け、
人間も野の獣を空の鳥も、どこに住んでいようとみなあなたの手にゆだね、このすべてを
治めさせられました。すなわち、あなたが金の頭なのです。あなたのあとに他の国が興り
ますが、これはあなたに劣るもの。その次に興る第三の国は青銅で、全知を支配します。
第四の国は鉄のように強い。鉄はすべてを打ち砕きますが、あらゆるものを破壊する鉄の
ように、この国は破壊を重ねます。「ダニエル2.27.37-39」

そのあと、海から四つのケダモノがのぼってきたとあります。(同7章)



387 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/14(日) 16:55:35 ID:S0JhPdiE
>>385
基地外。おまえはアンチなのはそれでいいからさ、他でやれや。
各当スレならいくらでもあるだろ。迷惑なんだよ、おまえ。
ま、カルトになにいっても聞かないだろうがな。
まぁいい。おまえに一つ聞いてやろう。イエスの言う天の父とはどういう存在で、
仏教的にみると、この物質世界であるこの世とはなんだ?答えてみろよ、屑。
まさかな〜んもわかっちゃいないのに、批判してるのか?
ま、こいつは、な〜んもわかっちゃいないのに批判している池沼だけどな。
五感で認識しているこの世界こそ現実だと言ってるおまえらこそ、似非仏教なんだよ。
いい加減仏教の看板下ろせって、邪教の草加。
さぁ答えろ、似非仏教の草加。逃げるなよ。

388 :カラスの唄:2008/09/14(日) 17:07:16 ID:S0JhPdiE
>>385
なにが三位一体とは、創造主以外の神を崇めてはならないと言う
十戒の戒めに逆らわないためにできただ。全々違うわ、ボケェ。
こいつ、自分の思いつきだけで、適当なことばかり言ってらぁ。



389 :たいら:2008/09/14(日) 17:08:13 ID:yrQR7yqt
祈る。わたしたちはみなひとつなのです。たった一夜にして人類の余生を変えたいなら、新しい福音に頼るしかない。わたしたちは一体であると。それ以外にどんな方法があるのだろう?

390 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:13:10 ID:fWY70Y5N
>>386続き
その次に興る第三の国は青銅で、全地を支配します。(訂正)

そのあと、海から四つのケダモノがのぼってきたとあります。
四つのケダモノとは、地上に現われた四つの協会に符合します。
第一番目の教会は、「最古代教会」と呼ばれ、ノアの洪水以前に
あった教会ですが、洪水は、その終末とノアの脱出を描いています。

第二番目の教会は、「古代教会」と呼ばれ、アジアにありました。
またその一部はアフリカにもありましたが、これも偶像礼拝によって、
終末を迎え滅びました。

第三番目の教会は、「イスラエルの教会です」これは、シナイ山上において、
十戒が公布されたことから始まり、モーセと預言者たちによって記された
(みことば)によって引き継がれましたが、(みことば)を冒涜したため終末
を迎えました。その時が満ちて、主はこの世に来られましたが、かれらは、(みことば)
そのものであった方を十字架につけて殺してしまいました。

第四番目の教会は、「キリスト教会」で、主が福音書記者や使徒たちをとおして、
創設なさいました。そのキリスト教会も、主の時代からニケア公会議までの前期と、
ニケア公会議から現在にいたるまでの後期に分けられます。この後期も、ギリシア
時代、ローマ・カトリックの時代、宗教的改革語の三つに区分されます。ただしこの
三つとも、「キリスト教会」と呼ばれています。なお、その三つの時代それぞれに
いろいろな分派がありました。主流からはずれたことから、共通してキリスト教での
異端という名を引きついでいます。



391 :カラスの唄:2008/09/14(日) 17:13:39 ID:S0JhPdiE
草加はよ、キリスト教を批判する前に、
自分とこの仏教からまず勉強してみたらどうだ?

おまえら違うから、仏教と。

392 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:24:38 ID:chxsYhs5
>>387
宗教者、非宗教者を問わず、すべての人間の認識や思考は、その生物的
生命の機能である。死ねば、認識も思考も、一切不可能となる。

その生命は、(必要な場合には観測装置を使って)五感で知覚できる
世界(即ち、現実界)に100%依存しない限り、絶対に維持できない。
神を煮て食うことも、衣服にして寒気を防ぐこともできない。幻の女を
いくら抱いても、子供は生まれない(即ち、種属としての生命の維持は
不可能)。

この世界を認識して、存在させているのも、人間の生命の機能である。

よって、人間の生物的生命とそれを支える現実界とが、「すべての根源」
である。

キリスト教の十戒違背は、三位一体という見え透いた小手先の屁理屈では
一切解消されていない。従って、すべてのクリスチャンには、十戒違背の
大罪による、恐ろしい死後の裁きが待っている。

393 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 17:28:57 ID:cFNc86wN
>>392
あのなぁw
それって唯心論だってわかってるか?wwww

>>391
別に煽ったり罵倒するつもりはない
以前はすまなかった

394 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 17:35:28 ID:cFNc86wN
>>392
それと
ここの人間の存在をA1 A2 A3 AX として
それを包含する自然界を集合Bとする

で定理や原理 法則は 集合Bのなかの各要素によって認識されるが 個々の要素が消えても存在する

だから人間は法則や定理原理にとって依存するものではない

さらに集合Bつまり自然界がなくなっても定理 原理 法則は存在する

なぜならそれらは 集合Bを包含する集合Cに所属するからなんだよじつは

その集合Cを 実存 とよぶの

わかるか隠居w

395 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 17:51:56 ID:pguPEwT7
何故神は善悪の知識の木からはとって食べてならないといったんですか?

396 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 18:00:10 ID:chxsYhs5
>>393
>それって唯心論だってわかってるか?wwww

人間は、その生命の機能としての知覚作用によって知覚されるものを「実在」
と判断し、その「実在」に100%依存して、その生命を維持する。従って、
人間とは、本質的に唯心論者である。

知覚されない「神や聖霊」が実在すると考える宗教者こそ、「忌むべき唯物論者」
ではないのか。

カントは、「物自体」と「知覚された物」とを区別したが、彼は、その「物自体」
を一体どうやって確認したのかねw。

現代の哲学でも、「唯心論」が見直されつつある。「生命の機能」としての
哲学において、「唯心論」を否定することは、原理的に「絶対に」不可能だか
らだ。

>>394

アホか。その法則や定理原理も、すべて、人間が「生きている間に」「その
生命の機能として」発見し、確立したものだよ。すべて「人間の生命の所産」
である。



397 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 18:04:14 ID:+OiudQmI
>>394
一見数学的だがよくよく考えるとまったく違いますね
言っているご本人が一番理解できていなようなwww
借り知恵の虚しさwwww

層化草加とうるさいカラスだな

草加しか敵がいないのかwwwww

腐ったゴミで漁ってろwwwww

398 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 18:04:34 ID:cFNc86wN
>>396
あほらしw
その認識の主体はダレだね?w

隠居がくたばれば全宇宙は消滅するのか?w

>アホか。その法則や定理原理も
ばーかw
認識と実在は別だw
実在が先で 認識によって発見する
だから構造が存在するんだよw

399 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 18:05:21 ID:cFNc86wN
>>397
あらミトラ厨子ちゃんw

早く病院に戻れwwwww

400 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 18:13:33 ID:+OiudQmI
>>399
400ゲット

突然 構造でつかwwwww
腐女子が( ´,_ゝ`)プッ



401 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 18:17:20 ID:chxsYhs5
>>398
>認識と実在は別だw
>実在が先で 認識によって発見する
>だから構造が存在するんだよw

それがまさに、人間の生命の機能としての思考・認識・知覚能力の働き
を忘れた、「忌むべき唯物論者」の心理構造。

ここに、「自称唯物論者は、唯心論者であり、自称唯心論者は唯物論者
である」という逆説が成立する。

人間が死ねば、その当人にとっては、全世界は消滅する。しかし、生き
残った者に対しては、存続する。




402 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 18:23:23 ID:chxsYhs5
>>395
>何故神は善悪の知識の木からはとって食べてならないといったんですか?

人間が、知恵付いて、造られたままの自然状態を離れ、人間の身の程を
忘れて「神になった積り」になり、勝手に「善悪の観念」を作り上げ、
神を思考、解釈、崇拝するようになるからです。

この原罪の権化が、まさにイエスであり、クリスチャンなのです。

403 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 18:26:08 ID:cFNc86wN
>>401
そうでしょ?
隠居がくたばってもID:+OiudQmIがしぶとくいきてれば世界は存続してる

つまり世界は個体に関係なく存続している

では人類が絶滅したら?

404 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 18:36:21 ID:cFNc86wN
隠居レス遅いよーーwww

クリスチャンに圧倒されてるじゃんカーwwww

405 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 18:39:19 ID:cFNc86wN
いいかい隠居よ

人類が誕生する以前から 宇宙は存在した
だから人類の存在にかかわりなく 宇宙は存在する

生命は存在する宇宙から生まれた
だから生命が滅んでも宇宙は存在する

宇宙にも活動の始点がある
ある法則が始まって 宇宙が創生した

だから法則は宇宙より先に存在していた

OKね?w

406 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/14(日) 19:10:04 ID:b6ElYs++
アウ・・・・
もー 自分でスレ立てようかな・・・・

407 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 19:15:29 ID:fWY70Y5N
>>395
「エデンの園」とは、その教会の人たちの英知のこと、
「生命の木」とは、人間のうちにある主、主のうちにある人間のことです。
「善悪を知る木」とは、主のうちになく、エゴのうちにある人間で、
万事を自分の力で、善さえも自分の力で、行なうものと信じている人です。
この木からとって「食べる」とは、悪を自分のものとして同化することです。
だから、主なる神は、決して食べるな、食べるとあなたは必ず死ぬと、戒め
られたのです。

(みことば)で、「エデンの園」というと、庭園のことではなく、理知のこと
です。「木」は、樹木ではなく、人間のことです。「エデンの園」が理知や英知
を示すことは、エゼキエルの次の箇所からも明確です。
「あなたは、理知と英知によって、富を得た。」それにつづいて、「あなたは、
神の園エデンにいて、英知に満ちていた。、、あらゆる種類の宝石が、あなたを
おおっていた」(エゼキエル28.4,12,13)

これはツロの君主とか、王について言われたことですが、言及されている点は、
その英知です。(みことば)で、「ツロ」とは、教会がもっている真理と善の
認識で、それをとおして英知が生まれます。「宝石」がおおっていたとありま
すが、その宝石も、善と真理の認識です。ツロの君主や王は、エデンの園にい
たわけではありません。が


408 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:21:43 ID:+OiudQmI
>>405
この考え方については同意
ルールはあり
蒔いた種は刈り取らなくてはならない

409 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 20:25:41 ID:cFNc86wN
>>408
この心霊厨wwwwww

410 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:27:09 ID:+OiudQmI
善悪を知ることは、二元的な考え方の誘惑に陥ることなのでしょう
だから罪なんて概念が数千年にわたって一地方宗教から世界へ
ウイルスのように拡がってしまって収拾に手間取ってしまってのかな?



411 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 20:31:28 ID:cFNc86wN
>>410
原罪というのは 根源的不安 実存的不安の源である虚無から救ってくださる存在を拒むことです

悪いことをする=罪 なんて通俗観念は捨ててくださいw

412 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:32:59 ID:chxsYhs5
>>405
それはあくまで、人間がその五感で知覚したものからの「推測」「証明」に過ぎ
ない。

バートランド・ラッセルは、「この世界が5分前に出来たものではないことを、
「『証明する』ことはできない」と言っている。

すべての人間が死に絶えたと仮定すれば、この世界は果たして存在するか。
その存在は、誰が確認するのかw。

月があるから見えるのか、見えるからあるのか。

413 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:36:45 ID:+OiudQmI
根源的不安 実存的不安 ⇒ ユートピアでもありそうなwwww
白々しい言葉遊びですな
生物としわたしはそんな不安一切もってませんからwwww悪しからず
輸入文化に晒されてwwww原罪なんてwww羊でも捧げてごらんwww
動物愛護者からクレームの嵐wwwでもそいつらも旧約聖書をそのまま
信じようとしているファンダメンタリストwwww辻褄が合わないwww

悪いことをする=罪 あっ言っちゃったwww 行為により救われるか???

414 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:38:23 ID:+OiudQmI
>>412
それを言い出すと壁に突き当たる
語りえないことは沈黙しかwwww

415 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/14(日) 20:38:23 ID:cFNc86wN
>>412
ですから生命が存在しない地球に生命が存在したのです
生命の認識とは関係なく宇宙は存在していた

その宇宙は宇宙卵からビッグバンを経て誕生したのです
何らかの法則によって ビッグバンはおきたのです

法則は存在より先にあったのです

416 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:39:45 ID:+OiudQmI
>>415
ホーキンス∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい


417 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 20:40:49 ID:+OiudQmI
スティーヴン・ホーキング
靴メーカーと間違えたwww

418 :301:2008/09/14(日) 20:59:53 ID:lX6tFnWa
>>343
その辺はこれまでの流れを見るとKJV盲信に見えるからってのもあったけど、確かに煽りっぽく
見えるね。あれじゃ(汗。申し訳ない。

で、一応原文のヨハネ3:13を引用したことでその文言が無いコトを示したからええだろと。

とりあえず思い込みが激しすぎる所に気をつければ良いんだろうと思うが。

がんばってくれ(w。

>>360

人の尻馬に乗って何を書いてるんだか。
1550年のStephanus持って来ても仕方なかろうに。
お前さんも思い込み激しすぎるよなぁ(w

つーか最近なんか思い込みの激しい連中が場外乱闘するスレになっとるな。
別スレいけば?その他自己主張の激しいコテの皆さんは


419 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 21:00:32 ID:C3kXkWk6
おもしろいねー(棒読み)

420 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 21:29:40 ID:+OiudQmI
>>418
思い込み( ゚д゚)ポカーン

The Niagara Bible Conferenceといい
ディスペンセーション主義といい
ご都合主義の解釈ばかりなのにwwww
加筆だなんてwwそもそも新約聖書の内容自体論理破綻している
箇所が複数ありますよねwww

誰のための解釈か考えたことないのかい?
こういう風に解釈すると誰のメリットとなったのかなと考えないのか?



421 :神も仏も名無しさん:2008/09/14(日) 21:46:06 ID:oMdTe0Y3
鬱陶しい

422 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/14(日) 21:48:53 ID:BYRP2WES
>>418
>1550年のStephanus持って来ても仕方なかろうに。
>お前さんも思い込み激しすぎるよなぁ(w
馬鹿言ってら、欽定訳の元はステファヌスだよ


423 :たいら:2008/09/14(日) 21:57:05 ID:yrQR7yqt
神の化身やマスターの気持ちが現代人の愚かさに掻き消されようとされている。愛はとことん破壊され、生き抜く気持ちはとことん破壊されるのか?天に召します偉大なる親友よ。天に召します偉大なる父上よ。御力を。

424 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/15(月) 00:26:31 ID:sJNIoHQ3
>>423
正義の味方、デビルマンの化身や筋肉マンの気持ちが現代人の愚かさに掻き消されようとされている。
愛はとことん破壊され、生き抜く気持ちはとことん破壊されるのか?
天に召します偉大なるアンパンマンよ。天に召します偉大なるドラえもんよ。
御力を。




425 :301:2008/09/15(月) 03:42:24 ID:YgweN6g7
>>420
ここで場外乱闘してもしょうがねぇけども。

まぁ、場外乱闘チームもそうだけど、それぞれ面白い思い込みの仕方がすごくないかぃ?
解釈だの注解だのはほとんどがドグマ披露か己の信仰告白でしかないっつーのはその通りだけどね。

ただそれぞれの立ち位置から見ている他者の事を○×だから糞だってやるけど、殆ど1部を見て全体に適用するパターンに陥ってるでそ。その辺を指しての思い込みって表現。

>>422
 その前のではその後の研究でって事書いただろ?、そこでそれが出しても。
 だから?

まぁ、言葉が足らないからそういう方向で来るのも仕方ないけどね。申し訳ない。

なんか燃料投下にもならんとおもうので、ROMに戻るよ(w

426 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 07:05:18 ID:VG6BvhLc
>ココモスキー

田川好きの牧師がいるぞ。
http://homepage1.nifty.com/osaka-christ-chapel/pcindex.htm

427 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 08:02:27 ID:t8glx7qV
唯心論
主観絶対主義の隠居に哲学なし

428 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 10:06:51 ID:IslzpSgl
>>412
推測する対象はあるわけです。でも、推測した結果が間違えていても
対象そのものが変化するわけではない。人間のほうが誤解してるだけです。
これは、あると思ってたけど(推測してた対象が)実在はしてなかった場合も同様です。

仮に(実際に)10年前に世界が出来ていたとします。
5分前にできたのでは、と推測しても実際5分前にできておらず
ン十億年前にできたと予測しても、10年前にできたという事実は変化しません。
人間が誤解してるだけですから。

人間がみんな死んだとしましょう。観測・推測を行う者が消えました。
それから一秒後に、もしくは六日後に世界が消えるかもしれません。
40億年後かもしれません。もっと長持ちするかもしれません。
しかし、それは人間が死に絶えたこととは何の関係もありません。

429 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/15(月) 11:40:30 ID:sJNIoHQ3
>>426
馬鹿みたい...オレは田川嫌いなのに

430 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 11:41:10 ID:t8glx7qV
>>429
書き込み ネタがおんなじですけど?W誤訳スキーwwww

431 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 12:40:43 ID:VG6BvhLc
>>429
あれ?田川嫌いだったの?
田川好きの牧師と気が合うと思ったのに残念だ。

432 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 13:54:52 ID:YVhW0SEY
>>428
そもそも、「物が実在する」とは、どういうことか。あくまで、社会の不特定
多数の人間が、その五感でほぼ共通に知覚するからである。不特定多数人に知覚
できないものが知覚できることを、知覚異常、幻覚、妄想と呼び、治療の対象
となる。後者の場合には、物は実在しないのである。

物の実在は、生命の機能としての知覚作用によって成立しているに過ぎない。

知覚された物が実在であるか幻覚であるかのテストは、その物が人間の生物的
生存に直接関係するか否かである。例えば、知覚できない神を煮て食うことも、
衣服にして寒気を防ぐこともできない。従って、神は、実在ではなく、幻覚・
妄想であることが証明される。

人間は、その五感の知覚によって物の実在を判断しない限り、生存は絶対に不可
能である。五感の知覚によって食物の実在を判断して食べ、外敵や災害の実在を
判断して排除または回避しない限り、生命の維持は不可能である。従って、五感
の知覚は、生存のための必要不可欠な機能、むしろ生命そのものと言える。

人間は、物の実在判断のために不可欠な五感の知覚能力を、その生命の発生と
同時に獲得する。生まれたばかりの赤ん坊でも、母親のオッパイを知覚してし
ゃぶりつき、その生命を維持する。このオッパイは果たして実在であるかなど
と考えて、もたもたすることはない。どんなに偉い宗教者でも、飯を食うとき、
「この飯は果たして実在するか」などと考えて食う者はいない。五感の知覚
は、生命維持そのものであり、五感の知覚には「思考」の介在を要しない。

433 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 14:29:00 ID:mxX2oDHf
未開のジャングルは人間が知覚してない時に実在してないかもしれないわけだな。

434 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 14:31:19 ID:t8glx7qV
>>432
ですから人類の存在にかかわりなく 存在は存在する

これを実存といいます

あなたが述べていることは 認識 の問題であり 認識を超えて実存は ある のです

その意味で神は存在するかもしてない

ただそのときに人の認識によって曲げられた神を実存の神に捉えなおすこと
言語ゲームから解放することが現代人の課題なんです

隠居は結局認識でおぼれている
言うならば近代の信仰者に過ぎません

435 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 14:39:08 ID:YVhW0SEY
>>433
少なくとも、実在したという、直接の証明は出来ない。すでに知覚した
物からの「推測」に過ぎない。また、「知覚」は記憶できるから、言語
による「他者の知覚の記憶」の伝達も可能である。

>>434
その「認識を超える実存」を、一体どうやって「認識」したのかねwww。
「認識を超える」とは、「認識不可能」という意味。初歩的な「論理矛盾」
だよw。

436 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 14:44:05 ID:mxX2oDHf
普段は知覚出来ない地核なんてホントは無いかも知れないな。

437 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 14:47:46 ID:t8glx7qV
>>435
あらゆる意味で証明などできないと繰り返してご説明しています
隠居の近くだって隠居の妄想かもしれないのです

それと認識を超えた実存への接近はいくらでも方法があります
少しはその方面の知識を身につけましょう
精神医学の素人講読以外のこともなさってはいかがですか?

438 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 14:48:57 ID:a+ScATGE
>この世界を認識して、存在させているのも、人間の生命の機能である。

典型的な唯心論だな。
はからずともこの馬鹿は自分自身でキリスト教徒が神と呼んでいる者の存在を肯定
する発言をしているわけだ。ま、基地外に話したところで話は一方通行で、まともに議論にも
ならないが、ここはこの基地外をからかってあげよう。

生命が五感で知覚するからこそ、この世は存続できると言うならば、ひとつの矛盾にぶち当たる。
おまえに聞こう。生命が誕生する前には、この物質世界である宇宙は存在しなかったのか?
おまえのような唯物論者が、唯心論を語ると、卵が先か、鶏が先かのパラドックスに陥るんだよ。
ほれ、この矛盾を説明してみろ。てか、おまえもバカモスキーも、結局俺の問いには答えずスルーだ。
ま、いつものことだが、結局ここのアンチ共は、イエスの教えとはなんだったのかという一番肝心な
部分を何一つ知らないくせに、キリスト教を批判しているわけだ。馬鹿のサンプルがここにはたくさんいる。


439 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 14:50:11 ID:t8glx7qV
>>438
以前は無礼な煽りをしてごめんなさい

440 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 14:56:30 ID:a+ScATGE
>>392
>キリスト教の十戒違背は、三位一体という見え透いた小手先の屁理屈では
>一切解消されていない。従って、すべてのクリスチャンには、十戒違背の
>大罪による、恐ろしい死後の裁きが待っている。

三位一体を批判するお前は、三位一体の意味を理解してないじゃないか。
理解しているというのなら、>>387の俺の問いに早く答えてみろよ、基地外。

人の子や、父を誹る者は許される。だが、聖霊を汚し、言い逆らう者は決して許されることは無い。
おまえはこの聖句の意味も理解しないで、イエスの残した言葉に難癖をつけ、貶し、言い逆らう。。
いっといてやるよ、恐ろしい死後の裁きが待っているのは、聖霊に言い逆らい続けるお前の方なんだよ。

滅びの子に、哀れみを。

441 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 14:58:16 ID:YVhW0SEY
>>438
>生命が誕生する前には、この物質世界である宇宙は存在しなかったの
>か?

それも、観測によって知覚された物からの「推測」「推論」に過ぎず、
「証明」ではない。

知覚できない「神」の実在を信じることは、妄想か、又は、人間であり
ながら自らの生命を機能を忘れた、コテコテの「唯物論」である。

442 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 15:01:56 ID:t8glx7qV
>>441
アナタがおっしゃる生命の知覚だって妄想かもしれませんが?
アナタの認識が狂っていて いもしない人類を創作してるのかもですが?W

443 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:03:15 ID:a+ScATGE
>>424
おまえよ、他人を侮辱する暇があるんなら、聞かれたことに答えろよ、タコ。
おまえ、トマスの翻訳だけじゃなく、内容読めてんだろ?早く答えろ。

そうだ、難解なトマスの内容をも理解しているのならもう一つ聞いてみよう。この聖句だ。

>イエスは言われた。”日で満ちた老人は生命の場所について7日の幼な子に問うことを
>躊躇してはならない。そうすれば彼は生きるであろう。多くの最初の者は最後となり、
>そして彼らは単独者として生きる事になるであろうから”。

ここの聖句の意味は、間接的に、何度も俺は答えを書いてきた。この聖句の意味を、答えてみろ。

他人を侮辱するしか能の無い、カルトが、キリスト教を知らないくせに、キリスト教を批判してんじゃ
ねぇよ。



444 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:09:18 ID:a+ScATGE
バカモスキーよ。おまえは的確なお前の説に対する批判に対しては、
見事に無視して、無かったことにするんだよな。そして、そういう話は無かった
ことにして、論破されている話題を繰り返しては、壊れたスピーカーのようにトンデモしか
ない自説を永遠に繰り返す。おまえよ、自分にとって都合の悪い話は、無視を決め込んで
無かったことにするってのは、人格障害者のすることだぞ。そういや2Chのネットウヨにはよく
みられる傾向だ。自分達に都合の悪い歴史は無かったことにする&捏造だということにする。
君らの心は邪悪だ。君らは共通だで、同じ人種なんだよ。この手の人格障害者はさ、
別名、サイコパスって言うんだよ。おまえのことだよ。


445 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 15:09:34 ID:mxX2oDHf
「自分は○○を信じている」ってのは証明できなかったらダメなのかな。
信じてる対象が実在するかどうかは置いといて。

446 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:14:53 ID:a+ScATGE
>>441
>知覚できない「神」の実在を信じることは、妄想か、

それが毎日知覚してるんだよ。お前達盲人はそれに気づかないだけ。

”それ” は、いつもお前のそばにあるもの。切っても切れず、叩いても叩けない。
いつもおまえのそばにいて、いつもおまえと共にある。”それ”は、
いつもおまえのそばにあるものだが、盲人のおまえは、それを認識していても、それに気づかない。

447 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:25:57 ID:a+ScATGE
>>425
おまえ、単なる評論しか出来ない無能のくせに随分偉そうだな。
おまえがダニエルに指摘した、JVMの付足しとされる部分は、聖書全体に
流れるテーマからすれば、別にsの文言が入っても、なにも問題のないものだ。
鬼の首を取ったくらいに騒ぐようなものでもない。イエスの教えを理解すれば

>人の子は『現在も天に在る』

という文言は、的確な注釈にもなる。キリスト教で大事なのは、イエスの教えであり、
文法や、ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語などの言語学でもなければ、当時の歴史でもない。
宗教を学問的アプローチで研究、語る者は、どんなにお勉強はできても、頭が悪いんだよ。
君らは、木を見て森を見ない。なにか本末転倒なことをして、悦に入っている。
あのさ、イエスの教えとは、学問じゃないんだよ。イエスの教えの片鱗も理解しない者が、
外野で偉そうな口を聞くな、うっとおしい。


448 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:35:50 ID:a+ScATGE
有能な者は、難しい仕事でも、他人に教えるときは、誰でもわかりやすいように、
簡単な言葉、シンプルな理屈で説明するものだ。だが無能な者は、簡単な仕事でも、
自分に値打ちを付けたいのか、とても難しく説明し、シンプルな話も、複雑にしてしまう。
当然生産率は、前者の者のほうがあがる。優秀な人とはこういうもので、無能な人とは
こういうものだ。。

なんかさ、ギリシャ語とかを無意味にここに羅列して悦に入ってる馬鹿がいるけどさ、
あんなのここで羅列したって、読み取れる人なんてほぼ皆無だし、意味がねぇんだよ。
原文ではこうかいてますよと、日本語で説明すればことすむこと。ここで、無意味にギリシャ語
等の原文を載せて悦に入ってる奴は、本人頭がいいつもりだろうけど、無能な、馬鹿だよ。
いるんだよ、仏教系のスレでも無意味な漢文を載せて悦に入ってる馬鹿が。
宗教を学問している奴は、皆、馬鹿だ。釈迦の悟りも、イエスの教えも、決して学問ではない。

449 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:41:07 ID:a+ScATGE
俺が聖書を読むきっかけになったのは、イエスという男は、なにを教え、
なにを伝えたかったかということを知りたいというのが、動機だった。
仏典を読む動機になったのは、ゴータマという男が開いた悟りとはなんだったのか
知りたいというのが、激しい動機だった。だが、>>301のような頭でっかちな馬鹿は、
聖書を読むにしても、イエスの教えは二の次、三の次で、興味があるのは
聖書の成立過程と、ギリシャ語などの、言語学らしい(苦笑)

馬鹿は死ななきゃ直らないっていうけどさ、本当のところは、死んでも治らないんだよね。
馬鹿は生きてるうちに治さないとさ。ま、我の強い奴は、致命的な欠陥を持っているので、
馬鹿は治らないと思うけどさ。ご愁傷様。

450 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 15:42:28 ID:RYDl5dQM











まあ がんばれ











451 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:51:19 ID:a+ScATGE
>>425
そうだな。ここには思い込みの多い奴が多いよな。
三位一体の本当の意味も知らないくせに、三位一体を頭ごなしに否定する人。
キリスト教と、ミトラ教の本当の関係も知らずにキリスト教はミトラのパクリだと騒いぎ、
あげくに、イエスは架空の人と妄想全開の人。宗教的なテーマは全く無視して
キリスト教とは、ローマ軍だべ〜とかいって、何十年と聖書に接していながら肝心要の
イエスの教えは何一つ理解できないどころか、イエスの教えなどなかったと妄想全開のムスリム。
そしておまえのような、なんでも思い込みを語っているに過ぎないと、上から目線で語り、
自分は何も知らない、凡夫に過ぎないくせに、意味の無いギリシャ語の羅列をして、
自分は頭がいいと勘違いの思い込みをしている人。

み〜んな、馬鹿ばっかりだな。

452 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:57:06 ID:a+ScATGE
>>450
捨て台詞しかはけないのか、屑。
変な空白作りやがって、おまえの精神年齢が知れるな。
とかく2Chは集まりが悪い。こういう幼稚な精神しか持っていない豚が
偉そうに他人を批評する。はっきり言ってここで真理を明かすのは、豚に真珠だ。
だから、喩えで話す。聞いてる人もごくわずかだが、いるんでね。

2chはここの隠居のような、他人とまともなコミニュケーション能力も無い、
引き篭もりの精神障害者が、唯一の社会の接点として、多く参加している。だから
まともに機能しない。この精神障害者達は、とにかく妬み深く、嫉妬深い。
2chは、あっちこっちで、妬みによる醜い荒らしで荒れ放題だ。とにかくなんの生産性もない
この精神障害者達は、社会のゴミだけではなく、不愉快な存在だ。

453 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 15:58:40 ID:t8glx7qV
カラスってあと一歩

導師が必要だな

454 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 15:59:24 ID:R/TDnPBg
>>449
うん。文学とは、作家の名前やその作品を憶えること、少し進んでも
作品の梗概や修辞法のことだとしか思えないような、教え方をしていた
先生を思い出しました。


455 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 15:59:27 ID:a+ScATGE
>>397
そのゴミとは、ミトラとキリスト教の関係も知らないで、
キリスト教はミトラのパクリだと大騒ぎしながらも、自分の間違いを
指摘されても、謝罪の一つもできない醜い心の持ち主である、お前のことなんじゃないのか。

ゴミ。

456 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/15(月) 16:06:26 ID:a+ScATGE
>>454
こいつは、宗教書を、小説だとかに思ってやがる。
アホやろ、こいつ。

ま、そう思うのはお前の勝手だ。そう読んでればいいだろう。
だがそう思って無い人も多くいる。これだけ無神論者が多いのも日本人くらいのものだ。
先進諸国じゃ、なにかしら、信仰心は持っている。むしろ先進国じゃ、信仰心の無い
者のほうが、軽蔑される対象になる。お前がどう読もうが勝手だが、ここの人達にそんなのは
小説に過ぎないと自分の価値観を押し付けるのは、大変に失礼であり、他人が大事にしている
ものを、侮辱することになる。よぉ、おまえの出来損ないの親は、人間の大事な、道徳心の
一つも教えてくれなかったのかい?

457 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 16:08:33 ID:t8glx7qV
カラスは天才肌なんだよ

層化の女犯しちゃうけどwww

458 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:13:20 ID:jVpsGalK
罵詈雑言による隣人への愛を実演していただきありがとうございますm9(^Д^)プギャー

459 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 16:17:43 ID:t8glx7qV
>>458
ミトラ厨子WWWWWWWWWWW

460 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:22:55 ID:jVpsGalK
>>458
ミトラとは何ですか?
はっきり言ってわかりません。

スティグマ好きですねwwww

461 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:25:01 ID:RYDl5dQM
>>442
はっきりいって、妄想だよ。我々が見ているのは妄想。

462 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:26:35 ID:mxX2oDHf
ブラフ

463 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:37:02 ID:R/TDnPBg
>>456
>こいつは、宗教書を、小説だとかに思ってやがる。
>アホやろ、こいつ。

おまえの口汚い品性のかけらもない人間性の中に神の真理があるとは
とても思えない。


464 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:42:25 ID:cQ3jzxuG
阿呆カラス ごみ箱でもさらっれろ。腹いっぱいになったら、どっかえ飛んでけ。

465 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:42:55 ID:TgzL9RKj
>>442
君のその書き込みができたことで、君の生命とその機能としての知覚を完全に
証明しているではないかwww。その甚だしい「論理矛盾」「思考の貧困」も、
統合失調層の症状。君は、症状が出揃っている。それとも君は、あの世から書
き込んでいるのかねw。

466 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 16:45:04 ID:t8glx7qV
>>465
いや
アナタが幻覚を見ているだけかも知れませんよ?
この宇宙にはあなた一人しか存在していないのかもしれませんね?

もしくは昏睡状態で夢を見ているだけかもよ?

467 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:51:03 ID:jVpsGalK
イエスキリストが述べた教えで最高の教えが聖書にあるとおり
「隣人を愛せよ」のはご周知のとおりですが、
これが一番困難な課題であり狭き門と自覚している方
がイエスキリストに従うものでないでしょうか?

私はいつも隣人を愛することもできすただただ傷つける
ことしかできず絶望しかない事実を突きつけられたのが
今となってはよい思い出です。

隣人を愛することができるなら、肉体の復活なんてどうでも
いいですわwwww


468 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:53:11 ID:TgzL9RKj
>>466
五感で知覚できるもののみが「実在」と信じることは、幻覚ではない。
なぜなら、その実在に依存して生存が可能だからである。

君は、飯を食うとき、その飯の実在を一々疑って食っているのかねw。

宗教者は、生まれたばかりの赤ん坊に習って、「物の実在」どは何か
という。生存の基本としての「存在論」からやり直されたし。

469 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 16:57:04 ID:t8glx7qV
>>468
生存が可能であるということはあくまでも 可能性の話であって それが証明の代わりにはなりえません

アナタが宝くじに当たる可能性はあります しかしそれがいまのアナタがお金持ちであることの証明にはなりません

アナタの知覚は不完全で不十分です 

そしてそれはあなただけの範囲で働くので実存の あること 自体とは無関係です

470 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 16:59:49 ID:cjm9Wrm+
根底クラス以下の方々は、底辺クラスで学ぶべきです。
底辺スレを立ててはどうでしょう?

471 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:07:06 ID:TgzL9RKj
>>467
>イエスキリストが述べた教えで最高の教えが聖書にあるとおり
>「隣人を愛せよ」のはご周知のとおりですが

イエスは、「隣人を、『そしてすべての人間を』愛せよ」とは、口が
裂けてもいえなかった。その誇大妄想故に「自分か神になりたかった」
イエスにとっては、「隣人」とは自分(イエス)を信じる者だけであり、
信じない者は、「裁かれるべき存在」だったからである。イエスは、
「最も近い隣人」であるはずの、自分の家族さえ愛せていないではないか。
何が「人類愛」か。笑わせるな、といいたい。

「隣人愛」とたとえと言われる「良きサマリア人の話」でも、イエスの
真意は、「自分の気に入らない祭司とレビ人」を「名指しで上げて」悪
人に仕立てて、非難することであった。

イエスを信じ込まされた者たちが、「隣人愛」を唱えて「隣人を殺しま
くった」ことによっても、イエスの「隣人愛」が全くの偽物であった
ことが、如実に証明されているではないか。

472 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:08:09 ID:5mw1uSEC
「隣人を愛せよ」

・縁あるものを愛せよ
・幻想の自分ではなく、本当の自分を愛せよ

下の解釈はちと気取りすぎたかのう。

473 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:10:48 ID:t8glx7qV
>>471
隠居のように不完全な肉の愛 エロスではなく
大きく広い神の愛 アガペーで愛することが隣人愛です

そして人間は原罪のため隠居のようにサタンによってエロスに束縛されています

クリスチャンもエロスに従うと誤るのです

474 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:13:08 ID:Pv2WgArj
こん‐てい【根底/根柢】
物事や考え方のおおもととなるところ。

創世記や黙示録の記述をならべて、その個人的な感想を述べることが
聖書理解の根底ですか。その考えは根底から間違ってませんか?


475 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:13:20 ID:jVpsGalK
>>471
反論も多分にありますが、それはさておきあなたの隣人はだれですか?
その人を愛することはできていますか?

継続的充分に自らを愛する以上に

それができておられるならあなたの持論は正解でしょうね

476 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:14:52 ID:TgzL9RKj
>>472
神やイエスや聖書の命令で「愛する」ことを、偽善という。それは「愛」
ではない。誤解してはならない。同様に、意識的に「愛そう」と思って
愛するのも、「愛」ではない。

愛とは、相手の窮状を目の当たりにして初めて生じる、助けるための
「具体的行動」の原動力となる「自然の感情」である。創造によって
すべての人間にビルトインされた「肉体的本能」であり、イエス如きから
教えられるいわれはなく、教えられてはならないもの。

477 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:16:44 ID:jVpsGalK
>>474
この期に及んでギリシャ哲学語を引用するのは、この世の価値観(世界観)
を超越しているキリストの愛を限定することになることをされるのですか

だから貴方は未だに満足していないのと違いますか


478 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:17:55 ID:t8glx7qV
>>476
肉体的本能に組み込まれているのは我良し 遺伝子良しのエロスです

個を超えた愛は神から来るアガペーです

イエズスは神から来る愛を善き知らせとして伝えてくださっているのです

隠居のようにサタンとなってエロスに浸っている人間にショックを与え目覚めさせるために
強い表現も 当然用いられました

しかし神はエゼキエル書にあるように 隠居のようなサタン的悪人でも滅びるのを好まないのです

479 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:21:54 ID:jVpsGalK
>>476

へー

ではもう一度ご質問

あなたが定義される「愛」をあなたはどのよう状況でに感じますか?
実際日常生活でその考えに共感してもらったことありますか?
もっと具体的に申し上げると、目の前で溺れている方を着の身着のまま
で助けますか?


480 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:24:31 ID:5mw1uSEC
>>468
>五感で知覚できるもののみが「実在」と信じることは、幻覚ではない。
>なぜなら、その実在に依存して生存が可能だからである。

五感を越えたものを「体験した人」「体験でない人」がいる。
「体験した人」の大半が妄想だろう。

しかし、共通した認識を確実に体験できる人達が存在する。
それらは宗派を越えて人が辿り着く所であり、妄想ではない。

「体験した人」「体験してない人」の違いでしかない。
それが不平等に感じるとしたら、その理由は何だと思う?

481 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:25:19 ID:jVpsGalK
>>478
他人をサタン(笑)と裁くのは聖書観からいかがですか?
人の目の梁を見ても、自分の目の塵を見ようとしないのは
よろしくないし、アガペーを否定していますよね。

482 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:26:29 ID:t8glx7qV
ミトラ厨
聖書引用
得意げに

WWWWWWWWWWW

483 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:27:30 ID:5mw1uSEC
>>476
>同様に、意識的に「愛そう」と思って
>愛するのも、「愛」ではない。

・幻想の自分ではなく、本当の自分を愛せよ
上記は意識的に努力しないと、眠ったままになると思うが。

484 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:29:31 ID:Pv2WgArj
>>476
>愛とは、相手の窮状を目の当たりにして初めて生じる、助けるための
>「具体的行動」の原動力となる「自然の感情」である。

なにか、トルストイ文学かなんかの影響を受けていそうな人が言いそうな、
愛に対する考え方ですね。でも、イエスのいわれた愛とは、人の感情など
ではありませんよ。
主の教えはすべて、人の(いのち)に関するものです。
その中でも、愛は、人の(いのち)を形成する中心的な存在です。



485 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:30:46 ID:t8glx7qV
>>484

隠居はいのちを肉体に限定する書き込みつける とwwwwwwwww

486 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:30:58 ID:jVpsGalK
>>482
おそらくあんたより聖書通読しているよ
昔の話だがwwww

もう少し言っておくとあんた全く潔くないねwwww
あんたの問題は別のところにありそうでwwww



487 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:34:24 ID:jVpsGalK
>>476
>>483
無償の行為していますか?できますか?
簡単なことからでもやってますか?
電車での席疲れていても替われますか?





488 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:36:53 ID:t8glx7qV
>>487
ミトラ厨子ちゃんは愛をきちんと分別しようね

15歳にしては勉強してますけどw

489 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:37:47 ID:w2DwOqQ+
コピペじゃない書き込みできるようになったんだね。

490 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:41:14 ID:5mw1uSEC
>>487
善行は大好きだが。
善功を積むのは大事だと思う。

しかし、眠ったままだと輪廻からは抜けられない。
善功を積めば、死後天界に行けるらしいが、
その天界すら輪廻の中であり、永遠の命ではない。
天界で善功を使い果たせば、究極の絶望を味わう事になる。

「死者の書」を参考に返答しました。

491 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:42:20 ID:jVpsGalK
>>488
カソ厨に言われると( ゚д゚)ポカーン
ナチスと結託したカソがwww

492 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:47:28 ID:jVpsGalK
>>490
善功を積む必要性を問いたいがために聞いているわけではないです。
誤解しないでください。

つまり席を替わるという簡単な行為でさえ甚だ力を要する行為であり、
無償で相手を愛することがいかに困難なことかを言いたかったのです。

493 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:48:39 ID:t8glx7qV
>>492
ゆとりにしてはがんばってるね ミトラ厨子ちゃん

494 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:50:34 ID:jVpsGalK
いまや自分の親や子供でさえ愛せず悩んでいる方々が多いのに
まして他人さまを愛することがそう簡単にできるのかとの問いかけです。

はっきり申し上げてわたしには到底できないことです。
別に諦めているわけでないですが、つまりこのままでは天国に入る
ことができない者と自覚しているのです。

495 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:51:29 ID:t8glx7qV
>>494
ゆとりでピザな女の子にだってきっとできる

自信出して ミトラ厨子ちゃん!

496 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:54:40 ID:jVpsGalK
天国に入る資格がないものと自覚した以上
宗教で世界秩序を安定させるだの申す輩に対しては
断固戦いを挑まなくてはならないのです。
この複雑極まりない価値観で彩られている世界を陳腐化した
単純なドグマで安寧させるなどおこがましい輩は平和に敵である
と思慮しているのです。

497 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 17:57:21 ID:t8glx7qV
最近の15歳って漢字よく知ってるねー

エライエライ

498 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:59:27 ID:w2DwOqQ+

あたしの道連れ ってこと?

499 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 17:59:32 ID:jVpsGalK
政治(学)、政治地理学を知らない方に失礼かもしれませんが
漠然と気付かれていること 宗教と政治との関係は非常に相関
があるということ。
だから、まずは自分の言葉で政治を語り宗教を語る必要があると
思うのです

500 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:01:58 ID:jVpsGalK
>>497
オポチュニストのサロメおたぁがwww
あんた既に救われて天国いけるなんて脳内妄想しているだけだろwww
3歳の口紅をした豚がwww

豚に真珠とはwwww

アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ dj! dj!


501 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:04:19 ID:w2DwOqQ+
タイマー切れたか。

502 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 18:05:09 ID:t8glx7qV
煽りは今ひとつだね ミトラ厨子ちゃんW

503 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:07:45 ID:jVpsGalK
(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

504 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:10:12 ID:w2DwOqQ+
まあ 良く健闘したと思う。 うん

505 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 18:28:33 ID:CE3vIbBq
>>432
いつのまにか「個人や集団にとって存在するも同然」を「存在する」、
「存在しないも同然」を「存在しない」にすり替えてるだけですね。

>物の実在は、生命の機能としての知覚作用によって成立しているに過ぎない。

これはそう考える個人や集団にとってそうだということに過ぎません。
事実かどうかはさておき、その場で承認されているということでしかない。

それに左右されて対象そのものが別なかたちに変化するわけではありません。

506 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:00:00 ID:TgzL9RKj
>>479
>無償の行為していますか?できますか?
>簡単なことからでもやってますか?
>電車での席疲れていても替われますか?

そんなことを、イエスや他人に言われれ筋合いはない。「生命」という究極
の神の指示に従う。やりたい感情が起こればやる。起こらなければやらない。
それだけのことだ。それ以外を「偽善」と呼ぶ。

線路に落ちようとする人に、思わず手を差し伸べる行為。これが「愛」である。
そこには、思考も意図も介在しない。神が与えた肉体的本能だからである。

イエスは、この愛には、思い到らなかった。

507 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 19:10:33 ID:t8glx7qV
>>506
肉体は肉体や遺伝子の保存に反する命令は出しませんのでw

508 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:18:30 ID:TgzL9RKj
>>607
その通り。それが創造主がすべての人間の肉体に組み込んだ唯一の命令。
イエスを含め、それ以外の命令は、すべて創造主に反する冒涜である
ことに気付かれたし。

自分の肉体の保存は、他者の助けなしには不可能だから、その生存本能
から、共同体形成維持本能、自他の死への恐れ、他者に対する思いやり
(愛)などという本能や自然の感情が派生するのである。

イエスは、その知能低下の故に、そのことに全く思い至ることが出来なかった
のである。


509 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 19:24:16 ID:t8glx7qV
>>508
隠居w

>線路に落ちようとする人に、思わず手を差し伸べる行為。これが「愛」である。
>そこには、思考も意図も介在しない。神が与えた肉体的本能だからである。

アンタの書き込みですが?

肉体本能由来のエロスには自己犠牲などありませんw
あなたが述べている

>自分の肉体の保存は、他者の助けなしには不可能だから、その生存本能
>から、共同体形成維持本能、自他の死への恐れ、他者に対する思いやり
>(愛)などという本能や自然の感情が派生するのである。

は偽りですw
動物にはあなたが指摘した感情などありませんw
それはすべて人間固有のもので
自己犠牲は神の愛であるアガペー由来なのですw

510 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:24:49 ID:jVpsGalK
>>508
通常イエスキリストの方があんたより評価高いような( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

511 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:26:11 ID:aYr4h8aT
>>506
>線路に落ちようとする人に、思わず手を差し伸べる行為。これが「愛」である。
イエスの説く愛は(いのち)のことですから、思いいたるもなにもないです。
しかも、(いのち)といっても、物質的・肉体的なものの生命のことを言っている
ではないのですから、意見が合わないはずでしょう。


512 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:35:21 ID:TgzL9RKj
>>510
イエスを評価するのは、パウロの「罪概念」による「脅迫」と、「贖罪」
「救い」という「甘言」によって、心理操作(マインドコントロール)
されてしまったクリスチャンだけ。キリスト教の母体であり大先輩である
ユダヤ教は、イエスを、「創造主の冒涜」の大罪故に処刑した。

史上そして現在も、最も多くの人間を、最も残虐な方法で殺してきた
キリスト教徒が「愛」という言葉を一度たりとも使う資格はない。言葉が
汚されてしまう。

513 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 19:40:17 ID:aYr4h8aT
イエスが教えられた「愛」を、人の感情かなにかと思ってる人はホントにバカですね。

514 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 19:41:54 ID:t8glx7qV
>>512
ユダヤ人が定めた罪は違いますw

隠居のようなサタン的エロスを指摘されたユダヤ人が切れただけですw

515 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:00:04 ID:TgzL9RKj
>>514
サタンとは、創造主を冒涜したイエス唯一人である。

516 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 20:01:58 ID:t8glx7qV
>>515
エロスに溺れてる隠居のことです

517 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:12:34 ID:jVpsGalK
ACIMでは
「私はクリスチャンではない」
とイエスキリストはおっしゃっているそうですが

サタン的エロス( ´_ゝ`) フーン自己正当化もここまでやると病的w

引用するのは好みでないがちなみにプラトンにとってエロスとは
「エロスとは何か? 要約して言えば、ソクラテスの与える定義は次のようなもの。
エロスとは欲望であり、欲望とは欠如である。
「自分の所有していないものや自分がそれではないもの、自分に欠けているもの、
それこそが欲望とエロスの対象である。」
このようにエロスを定義するとサタン的エロスに対置する光的エロスとは?


サロメおたぁさー あんた誰かを愛して事も愛された事もないのと違う?
軽薄すぎるwww(*´σー`)エヘヘ

518 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:15:30 ID:TgzL9RKj
>>516
エロスは、創造主が、創造時に、すべての人間の肉体にビルトイン
した唯一の「他者への思いやり(愛)」。アガペーは、労働をすべて奴
隷にまかせたギリシャ人たちが、だらしなく寝そべって飲み食いしながら
止めどもなく語り合った「観念の産物」。愛とは似て非なるもの。
彼らのいう「愛」とは、驚くなかれ「少年愛」だった。あくまで、ギリシャ
哲学だけの「特殊概念」。辞書にも、「愛」とは別項目になっている。

流行のギリシャ哲学に舞い上がったイエスが、浅薄にもそれを「猿真似」
したに過ぎない。イエスの言葉は、内容空虚な口先だけの「修辞」。
だから、「イエス犬儒派説」がある。

519 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 20:17:58 ID:t8glx7qV
>>518
他者への思いやりは肉的なエロスとは正反対です

肉はいつまでも根源的・実存的不安の中にありますから自己保存で精一杯なのです

他者への思いやりこそ 主が先行する恩寵として注いでくださっているアガペー
神の愛由来のものなのです

520 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:18:44 ID:jVpsGalK
>>518
ビルトイン

ビルトイン

ビルトイン

食洗器じゃあるまいし つ旦~

521 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:23:19 ID:TgzL9RKj
>>519
イエスは、「『他者への』思いやり」などという言葉を、唯の一度も
口にしていないぞ。

「神の愛」も、あくまで「人間」の生命の機能としての概念作用の産物。
「神」とは何の関係も無いことを、自覚されたし。

イエスの教えを信じて、殺し合い、争いあうキリスト教徒のどこに「愛」
のカケラさえあるのかねw。

522 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 20:25:48 ID:t8glx7qV
>>521
ですから サマリア人の例え
赦された女の例え

いくらでもw

それとアガペーは神由来ですから実存の先から届くもので
生命などというものとは微塵も関係なし!w

523 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:40:57 ID:TgzL9RKj
>>522
>生命などというものとは微塵も関係なし!w

だからキリスト教は、「人殺し専門」の「殺人宗教」「サイコパス
宗教」なのだよ。「人間」にとっては害悪以外の何物でもない営み。人類
に巣食った最悪のがん細胞。手遅れになるまえに、完全摘除すべき悪性
の病巣。

その「神」も、君の生命の機能としての観念作用の産物www。「人間にあらざる
神」とは、一切無関係。

神などどこにも存在しない、「『人間の』空想・妄想」の産物w。

524 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 20:49:00 ID:TgzL9RKj
>>522
>ですから サマリア人の例え
>赦された女の例え

その二つの喩えについては、イエスの独善性、人間そのものに対する
愛の欠如、論理矛盾、「自分の気に入らない者に対する非難」を証明した
例として、すでに徹底的に批判済み。

525 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 20:57:38 ID:t8glx7qV
>>523
生命を超えた実存領域の なにか に言及すると最悪のがん細胞ですかw
ハイデカーやサルトルやヤスパースなど現代の哲学者 全否定ですかwww

なんと粗雑な知性でしょうかwww

>>524
サタン的なエロス信仰のものにはそう思えるだけw

526 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:04:37 ID:TgzL9RKj
>>525
>ハイデカーやサルトルやヤスパースなど現代の哲学者 全否定です
>かwww

既にキリスト教のよって汚染された哲学者は、全否定するのが当然。
さもなければ、筋が通らない。彼らも、結局は、キリスト教による
洗脳の枠内でしか、思考できていないのである。

527 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:07:34 ID:jVpsGalK
>線路に落ちようとする人に、思わず手を差し伸べる行為。これが「愛」である。
>そこには、思考も意図も介在しない

”思考も意図も介在しない。”

ならば、線路に落ちた人の周りの人たちは全員思考、(助ける)意図なく
本能的に助けに行くのでしょうか???

機械的な思考しているだよ ビルトインさん

528 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:16:18 ID:TgzL9RKj
>>527
そんなことに「理屈をこねる」君が間違い。

周りの人も、助けるために、「内なる根源の神、即ち生命」の指示に従
って、助けるためにやるべきことをやるはずだよ。状況に応じた「内な
る神」の指示だから、現場にいない外部者による議論の対象とはならない。

529 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/15(月) 21:31:39 ID:t8glx7qV
>>526
ねぇねぇ
隠居ってその三人読んだ事ある?w
だったらニーチェも汚染されてることになるよ?wwwww

>>528
そんな神はいませんw

で隠居
生命って優先順位ありますか?

530 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:44:17 ID:jVpsGalK
>>528
でーたー内在ネ申 伊勢白山道www

531 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 21:51:49 ID:jVpsGalK
>>529
ニーチェは梅毒に汚染?されていたけどwww
ルサンチマンwwww

532 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 22:22:35 ID:aYr4h8aT
フロイトも重症のコカイン中毒だったらしい。


533 :神も仏も名無しさん:2008/09/15(月) 23:17:51 ID:lc5VpdTx
インキョ神!インキョ神!、俺たちゎーーー

あるのはインキョ脳神。

534 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/16(火) 00:31:04 ID:ZuwdBNM3
昨日か、痴漢の冤罪事件のドキュメントフィルムを見ていたけど
偽被害者の女の証言を聞いていたら、誰かを思い出した...

亭主の気を引こうとした...日頃の鬱憤が蓄積している
親も先生も誰も聞いてくれない...狂言癖、被害妄想、精神障害

こんなのをマジに扱ってる警察や検察と言うのはアホの集まりか?
こんなので冤罪に巻き込まれたらエライ事やで

535 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 00:37:29 ID:Rh/XqCSU
>>534
自己批判乙wwwwwwwww

536 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 07:32:15 ID:Ez9wr2sO
ここもアホの競演か。スレ主も気の毒になぁ。

537 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 07:34:13 ID:Rh/XqCSU
ダニって一時期 誤訳親父のココモスキー絶賛してたじゃんw

だから親父が居ついたわけで 自業自得だろwwww

538 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 07:43:06 ID:atSSWJZd
>>529
>生命って優先順位ありますか?

根源の神としての生命に、優先順位がある訳がなかろう。キリスト教徒、ユダヤ教徒、
イスラム教徒、無神論者、すべて「人間」としての生命の順位は同じ。それを
誤解しまくっているのが、一神教徒。君らは、神に優先順位を認める積もりか
ねw。

triageは、生命には優先順位が無い故に、「助かるべき生命」から助けようとする
もの。優先順位を肯定するものではなく、むしろその逆であるといえよう。

なお、「神概念」を作り出すのも、人間の生物的生命の機能。従って、生命は
すべての神概念に優先する。すべての神は、その発生の根源である人間の生命
の前にひれ伏す。

539 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 08:00:17 ID:Rh/XqCSU
>>538
あれw
隠居にとって生命って人間限定かよwww

ホント馬鹿だねーwwww

540 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 08:05:27 ID:Rh/XqCSU
>>538
隠居よ

神は実存の先のおられます

それを人間が言語ゲームの材料にしているだけです

隠居自身のようにね

ニーチェでさえ実存の神は否定していません

実存は生命の先にあり 神は実存をも包含するのです

541 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 08:16:41 ID:Rh/XqCSU
そうか
隠居って言語ゲームが理解できないんだ。。。。

生命って共通する本質を持った集合 Aという人間とBという人間の生命がまったく同じだと
思い込んでるんだw

542 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 10:11:46 ID:z5YEsaL4
>>539
>隠居にとって生命って人間限定かよwww

人間限定などとは言っていない。人間を例にとっただけだ。人間以外の動物
の世界は、その動物に成り代わって見ない限り分からない。他の動物から見れば、
すべての根源としての生命を忘れて、生命の機能に過ぎない神やイエスなどを
めている人間が、実に醜悪で馬鹿げていると見えてるかも知れないぞ。

>>540
>神は実存の先のおられます

そんなことを考えることができるのも、君の生物的生命の機能としての「空想作用・
妄想作用」に過ぎないことを、いい加減で覚れ。君がいくら足掻いても、生命
という根源の神の呪縛から逃れることは出来ないのだ。

543 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 10:19:19 ID:Rh/XqCSU
>>542
だから生命には序列があるんですか?
お答えください

生命の機能と 実存を包含する神の実在は別です

カテゴリーエラーですね

隠居は生命機能に逃げないで きちんと神を否定してください

ちなみにニーチェは実存の神は認めていました

544 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 10:26:42 ID:z5YEsaL4
>>543
>だから生命には序列があるんですか?お答えください

既に答えているだろ。キリスト教徒も、ユダヤ教徒も、イスラム教徒も、
無神論者も、「その生物的生命という究極の神の絶対性」においては、
いかなる序列もない。序列を作る一神教徒は、神を知らないだけ。

545 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 10:29:34 ID:Rh/XqCSU
>>544
だから隠居は人間だけしか生命として認識していないんですね

全生命の中で序列があるのですか?W

546 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 12:55:25 ID:9nJ0A3ql
>>545
イエスやクリスチャンが、人間以外の生命についてまで思考するには、まだ
人格的に幼稚で、未熟すぎる(仏教は、とっくに考えているのだが)。

まず「人間の生命の絶対性と非序列性」だけでも思索して、頭の中に叩き込む
こと。

547 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 13:57:39 ID:Rh/XqCSU
>>546
ですからアナタにお聞きしてるんです

人間とそれ以外の生命の序列は?

548 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 15:36:54 ID:67h32vwg
>>547
イエスやクリスチャンが、人間以外の生命についてまで思考するには、まだ
人格的に幼稚で、未熟すぎる(仏教は、とっくに考えているのだが)。

まず「人間の生命の絶対性と非序列性」だけでも思索して、頭の中に叩き込む
こと。

基本的には、生命に序列はない。日本人は、「殺人宗教」のキリスト教が上陸
するまでは、四足の動物は食べなかった。

人間も、他の動物も、「生存」のためには、他の動物の生命を奪う。しかし、
生存に関係ない「架空の神」のために、良心の呵責なく生命を奪えるのは、
宗教観念によって生命に対する愛を奪われた宗教、特にキリスト教を代表とす
る一神教徒だけである。

549 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 15:55:57 ID:h2reR12i
聖書と関係ない雑念・概念ばっか偉そうに述べてる奴ばっかだけど、
結局それは聖書を理解できてない・悟ってないがゆえなんだなこれが。
頭の悪い連中の集まりなんだよ。

550 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 16:21:33 ID:bVLjTmPc
人間の非序列性ということは動物とかと並べた序列には
入らんと言うことですか。

551 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 18:03:30 ID:Rh/XqCSU
>>548
回答できないんですかw
いいですか隠居
生命中心と吼えるなら 全生命の序列について確定できないなら無効です

552 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 19:42:13 ID:E/lePgik
>>542
>そんなことを考えることができるのも、君の生物的生命の機能としての「空想作用・
妄想作用」に過ぎないことを、いい加減で覚れ。君がいくら足掻いても、生命という
根源の神の呪縛から逃れることは出来ないのだ。

↑ が、いつまでも理解出来ないマイコン・洗脳信者の粘着サロメさん〜(笑
感情的で、ホント疲れますねン!!ご隠居氏、お疲れ様〜

生命には序列云々・・は、クリお得意の「すり替え術」で〜す。 (*^。^*)




553 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 20:31:12 ID:Rh/XqCSU
隠居は生命主義ではなく人間中心主義
おまけに幼稚な唯心主義

哲学以前だわなw

554 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/16(火) 20:46:10 ID:Rh/XqCSU
ニーチェも神を認めていた

まったく沈黙の隠居W

555 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 20:52:30 ID:yOHY9Pea
野獣人間のヨタ話がスレを占領しちまった感じ。
これが、善悪を知る木の実を食った証でしょうか、、ねぇ。

556 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 21:40:55 ID:BL9MoGDT
>>549
>頭の悪い連中の集まりなんだよ。
神を勝手に作って祭り上げ、宗教戦争・紛争させてる一神教の方が
頭の悪い連中・おバカさん!


【キリスト教の殉教者=自爆テロの殉教者】【キリスト教の殉教者=自爆テロの殉教者】




557 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 21:43:56 ID:vqn3YJcr
こんばんわ
アース製薬によるとゴキブリの生命は人間より下らしい
                rへ __  __
くヽ  l^ i         /: : : : : : : : Y: :ヽ
. \\l  l.       /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
   \\l       //: :/ノ  l: :ト、ヽ: : :',: : :. ',
    \\     / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',
       \\ _/: :l: :l@┌‐┐ @ l: :/: :l: : : :.',      
        \/:::::::\ヽl.\ |   !   /:// l: : : :..i
         {:::::::::::::::::`T7└‐┴‐<    l: : : :. l
           `r──‐┼-/l/l// 01i,  l: : : : : l
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉l: : : : : : : l
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : :


558 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:08:31 ID:BL9MoGDT

本物ならば、万人がそれぞれの人生を生きていく中で、それぞれの状況に応じて

万人に感じさせる力位あるもの。

神神神・・・と軽々しく口で唱えたり勉強したり儀式を行うものではない筈。




559 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:11:57 ID:BL9MoGDT


■ 人間の思考が、この生存本能という【唯一の普遍の事実】の方向に向か

っている場合、その思考を【正しい】といい、それ以外を「誤り」というのです。 ■

サロメさんは、抽象的なことばかり言う → それを、「誤り」というのです。(笑

お先に、おやすみ☆♪〜



560 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:16:51 ID:6/4m3NOv
まぁ、つまり・・・あれだ
生命は生存し続けることにこそ価値があるというわけで
子孫を残さずに失われる命、肉体の死をもって絶たれるしかない精神活動
すなわち、個々人の価値の創造行為は全て観念の遊戯
偉大な創造主の愛しみ深い御計らいにより、あらかじめ死をビルトインされた人生に
何らかの意味を見出そうと励むことさえ自慰行為となんら変わるものではない、と
生命の持続、他者への配慮など所詮自分が生きている期間だけ有効な自己暗示のため
の妄想である
無差別テロこそ正義と考える狂信者の信念とは甲乙つけ難いほどに等価値な絵空事


561 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:18:13 ID:BL9MoGDT
もう、ひとつオマケ ↓

ユダヤ、キリスト、イスラム教徒が、その信じる共通の神「アブラハムの神」

が人間の空想、妄想の産物であることに気付けば、人類の紛争は、十分の一

以下に減少することは確実である。☆



562 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:27:25 ID:t5Qn/0rn
じゃ本能のままにおもむけよ、パトカーすっ飛んでくるから。
で、病院いき確定。おだいじに。

563 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:32:38 ID:vqn3YJcr
>>560
ビルトインさんこんばんわ
今夜もビルトイン 明日もビルトインwwww

ビルトイン 【built-in】
(1)(機械やシステムの中に)内蔵されていること。
(2)(家具などの)作りつけ。

564 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 22:39:30 ID:vqn3YJcr
          まーまー 気楽に いこーよっ
               _________
           __,-‐":-‐==ニニ二i:: :`ヽ、
          /: :.:: : :: : :: : :: : :: : :: :|: : : : :.:\
        γ: :〈"::〈: :、:从::,;ツ"|゛゛ヾ|:.i: : :: : : ハ
        /:/:::,ゝ‐t"`"~   ,-|‐-、 |:.|: : :.:i:: : :|
      r-//j: :f ,-‐|       __!_  |:.|: : : :|:: : :|: ̄ ̄`ヽ、
     ,ノ // |: .:|  ._!__     ´代テ心:.|: : : :|: : : |::.     \
   /  |:| |: : ::yf::行      k::z;;ソ ハ:.!: :λ: : :|:::.,.     }
  /    |:| |: : :.:ハ ヒz;j      `‐-~"|: : : ::i.ハ:: : ir'     ノ
. /   .,r'|:|ー|: : :i: :j `~           |: : : :.:|ノ:.メ"     /
/ ....::"::::::|:|:::|: : ::ト:::ヽ、    r -‐ 、   |: : : : :|:リ/      /
\     リ .|: : λ::::::::>‐-.ゝ__ ,ノ .ィ´|: : : : :| /     ,/
  \    .|: : :|:|ヽ::; ; ; ; ; ;:::::j   / .リ: : : :メ/    /
   \   |:.i: :|:| \\~ ̄゛|--‐-/ /: : :./〃l   /
     `ヽ.|:.:|: :|リ f::\\  |  / /: :.:乂/ ヽ,/::|
       |:.:|: :|  .j:::::::::\\| /  ,7: ::/:::}  /: :i:.:|
       レ'|: :|ヽ/ゞ、::::::::::\|_/,ィ´::/::/:ン  /: :λ.:|
          |: :|/  ,>:-‐:≧≦:__:/::/~  ./:i : :| l:.:l
         ヽ:|  /":::ツ:::/~|:::::::::|/::>  /: :.i: ::|. |:.:|
          `| |::::::::::/   |::::::::::::/  /: : :.li: :{ |: :l
          /  |:::::::/    |::::::::/  イ: : : :.li: ::| |: :|
        /  .|::::/     |::::/  〈:i: : : :.:li : :| |: :|
       / ,ィ´⌒ ∨ヽ、.   ∨   '"`ヽ、: :li : :.| |: :|
       \____,,-‐ ̄ \,,____,,--‐‐...´: :|: : .:| |: :|
                          ̄ ̄ ̄   ̄

565 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 23:28:45 ID:67h32vwg
>>554
>ニーチェも神を認めていた

牧師の子だから、当然のことながら、「神を認めさせられて」いたが、それが
「誤り」であるこのに気付いたのが、彼の類い稀な偉大さである。ニーチェに
指摘されても、まだ「神という誤謬」に気付かない、というより「誤謬を認め
たくない」愚か者、変質者の代表が、クリスチャンである。

566 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 23:38:39 ID:Ay70TmYU
>>560
唯物論者が、偉大な創造主の愛しみ深い御計らいによりだってさ。
大笑い。すこしタリンのでしょうか?


567 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 23:48:41 ID:67h32vwg
>>566
唯物論者とは、「神」が、専ら「人間の生命の機能」としての観念作用・
空想作用の産物であることに思い至らず、それが、人間を離れて「実在する」
と信じ込まされた、宗教者のことである。

568 :神も仏も名無しさん:2008/09/16(火) 23:49:16 ID:vqn3YJcr
Suits of black, serene robe,
into your mind they will probe.
Christianity it's a pain,
financial power, it's their gain.

Christianised cannibals,
cannibalised christians,
christianised cannibals.

Holier than thou, men of sin,
wicked hearts lurk within.
Pointless eyesores being erected,
with the Mafia you're connected.

Everything's founded on the book,
it works like a magnet, it's you they hook.
It's a futile cause you're fighting for,
spawning hate and death and war.

569 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:04:11 ID:Jg/WvSJz
>>567
あの、唯物論者に神は必要ありません。
かれらには、物質とかエネルギーがあればよいのです。
それがすべての始まりなのですから。

570 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:14:05 ID:0or3j6t6
>>569
宗教者も、人間を離れた神という「実在物(物質とエネルギー)」が実在すれ
ばよいのだろ。だから、「宗教者=唯物論者」なのである。

この世界を創造した「神」は、「人に似た物質とエネルギー」のことだぞw。

571 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:31:23 ID:Jg/WvSJz
>この世界を創造した「神」は、「人に似た物質とエネルギー」のことだぞw。

ふぁぁ?それはどこの神ですか? 何教なの?

572 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:34:40 ID:0or3j6t6
>>571
聖書に、「神は人間のそっくりさんで、世界を創造した」とちゃんと書いてある
ジャンw。「創造」には、物理的エネルギーが不可欠だよ。

573 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:39:55 ID:Jg/WvSJz
>>572
へぇ、そうなの。その物理的エネルギーはどっ〜やってきたの。
始まりはいつからなの?



574 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:41:47 ID:/R3QcQTw
物理的エネルギー物理的エネルギー物理的エネルギー
ビルトイ------ン
創造にてかwww想像だろグハハッハh

575 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:42:33 ID:/R3QcQTw
アミノ酸の科学反応(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

576 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 00:43:47 ID:/R3QcQTw
「実在物(物質とエネルギー)」が実在
「実在物(物質とエネルギー)」が実在
「実在物(物質とエネルギー)」が実在
「実在物(物質とエネルギー)」が実在
「実在物(物質とエネルギー)」が実在

(*^ー゚)b グッジョブ!!

577 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:01:25 ID:1rDnqO4W
>>565
ちゃうよ
ニーチェが否定した神と 彼が容認した神は違う

彼はちゃんと神を認めている
彼以降の哲学者はほとんどそう

>>576
仏教ならその実在物さえ否定だよ
キリスト教もそう

578 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:04:49 ID:/R3QcQTw
サロメおたぁ  大好きだがやwww

579 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:07:31 ID:1rDnqO4W
最終的に全ての言語ゲームが終了したところに実在が現れる
そのときは物質もエネルギーも存在しなくなる

これって仏教と重なるらしいね
その実在を 神 とするのが真のキリスト教でもあるし

ニーチェが否定したのは言語ゲームの神です
私たちが思いうかべて表現する神のことだね ニーチェが否定する神は

580 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:08:42 ID:1rDnqO4W
>>567
観念作用 空想の作用そのものが言語ゲームであって
隠居がほざく 生命の実体も言語ゲームですからねw

581 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:10:42 ID:/R3QcQTw
ちょー超人あらわれる
道化のふりした超人
基地外ピエロは未だに踊り続けているのだろうかwww

582 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:12:46 ID:/R3QcQTw
私が人間であるというのは偏見です。
私はインドに居たころは仏陀でしたし、
ギリシアではディオニュソスでした。
アレクサンドロス大王とカエサルは私の化身ですし、
ヴォルテールとナポレオンだったこともあります。
リヒャルト・ヴァーグナーだったことがあるような気もしないではありません。
十字架にかけられたこともあります。
…愛しのアリアドネへ、ディオニュソスより

583 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:14:42 ID:/R3QcQTw
人間は理性的生物でなく、
キリスト教的弱者にあっては恨みという負の感情(ルサンチマン)
によって突き動かされていること、
そのルサンチマンこそが苦悩の原因であり、
それを超越した人間が強者であるとした。
さらには絶対的原理を廃し、
次々と生まれ出る真理の中で、
それに戯れ遊ぶ人間を超人とした。

584 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:16:02 ID:1rDnqO4W
>>583

真理があるでしょ?
人を超人にする真理がね

ニーチェってキリスト除外した神秘主義なのよ

585 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:17:42 ID:Jg/WvSJz
時間と空間は、物質の持つ属性ですから自然界は、初めと終わりがある
有限の世界です。それにたいして、霊的世界に在るものは、時間や空間の
中にないので始めも終わりもない永遠の世界です。
神は空間の中には存在しませんが、宇宙の全空間を満たしています。
この世とあの世は重なっているのです。

586 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:20:38 ID:/R3QcQTw
>神は空間の中には存在しませんが、宇宙の全空間を満たしています
なんかワケわかめww
異なる空間をさしているのか?もしや多次元空間か?おースピリチュアルwww

587 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:23:24 ID:1rDnqO4W
>>585
まぁ汎神論だね

588 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:26:23 ID:0or3j6t6
>>579
>>580

「言語ゲーム」などと、また西洋人の「本で読んだ」、「借り物」の
言葉を得意げに振り回すなよ。意味分かっていないんだろ。

その「言語ゲーム」を可能にしているのも、人間の生物的生命である
。ヴィトゲンシュタインは、その肝心なことに思い至ったか。

589 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:28:15 ID:1rDnqO4W
>>588
だから認識と実在は別です
隠居は認識する主体に実存を還元していますが その主体が個であるのか集合であるのかさえ明記しません

もう少しきちんと論旨を整理してください

590 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:29:43 ID:/R3QcQTw
>>588
生物的生命に対置する概念は何?
反証しようもよくわからん

591 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:31:02 ID:/R3QcQTw
サロメおたぁ お休みなさい
あなたにお会いできて幸せでしたノシ

592 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:33:46 ID:Jg/WvSJz
神の本質は、その神聖な愛と英知であり、被造宇宙にあるものは、どれも
神人の神愛と神知の受け皿です。
神の愛と英知は、実体であり、その実体は形相でもあります。
したがって、神の愛と神の英知は、みずからによって創造されたものの中に
当然、存在し、実在します。
人間は、神の愛と英知を受ける器です。
神の愛と英知は(いのち)そのものです。

593 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:36:13 ID:1rDnqO4W
>>591
おやすみん!
主の平和!

594 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:36:30 ID:Jg/WvSJz
これが理解できないと、主の教えは理解できません。

595 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:38:34 ID:0or3j6t6
>>590
生命を以って生命の本質を考えるのは不可能。思考主体と思考対象と
が同一であるので、思考は初めから成立せず、不可能でナンセンス
だからである。「定規は、自分で自分の長さは測れない」。

生命とは、ただ「いまここにある」だけ。具体的には、2chに書き込
めるという事実w。

596 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:46:10 ID:1rDnqO4W
>>595
ですから思考主体は個なのですか?共同体の言語ゲームや共同体の構造から生まれでるのですか?

あなたは漠然と思考主体を想定してるから

生命活動は物理的に行われているから観測可能です
生命自体は言語ゲームですから その特定と推定はできます

ただ言語ゲームを解除したその先の地平にある実存の神は人間には認識するのが困難
それだけです

597 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:46:54 ID:0or3j6t6
>>592
そう考えることが出来るのも、君の「生物的生命」の機能。

「神の愛」とは、「人間」による、勝手な神の「擬人化」。「人間に
あらざる神」に、「愛」などという「人間の感情」がある訳がないでは
ないか。それに「人間」である君が、どうやって「神の感情」を確かめ
たのかね。それが「人間が神になった積り」の「原罪」なのだよ。

598 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:47:15 ID:Jg/WvSJz
いわゆる創造論、これが根拠になっている旧約「創世記」の内的意味は、
「神による宇宙創造」では決してありません。
したがって、創世記に科学的解釈を加えても何の意味もありません。
継続期間としての六日間は、人の再生状態について記されています。
すなわち、
第一日は、先行する第一の状態で、幼児時代から、ほぼ再生前の頃までを。
第二日は、第二の状態で、主のものと、人のエゴのものが分離される状態を。
第三日は、第三の状態で、悔い改めを。
第四日は、第四の状態で、愛に促され、信仰に照らされた状態を。
第五日は、第五の状態で、信仰にもとづいて話し、真理と善の中にみずからの
     心が固まった状態を。
第六日は、第六の状態で、信仰と愛に始まって真理を口にし、善を行うときの
     状態をあらわしている。
再生する場合、人がみなこのような状態に達するわけではなく、現在は、大半の
人が、ただ第1の段階に留まるだけである。第二段階にたっする人もいくらかい
るが、第三、第四、第五段階に至るひともあるが、第六段階は、まれである。


599 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 01:47:47 ID:1rDnqO4W
ホント隠居って知的水準低い
ニーチェ以降のハイデカーやヤスパースすら知らないし、、、

600 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:55:36 ID:Jg/WvSJz
したがって、第一日は先行する第一の状態であって、幼児期からほぼ再生前の
頃までの状態を指し、「うつろで、むなしく、闇」であると云われる。最初の
動きは、「神の霊が水の表面上を動いていた。」とあるように、これは神の慈
しみのことを指します。

「はじめに神は、天と地とを創造された」(第1節)

最古代は、「はじめ」といわれ、「はじめ」とは、人が出発する最初の時期を
指しており、再生によって人は新しく生まれ、(いのち)を受ける。再生その
ものが、人間の新しい創造といわれ、預言書では随所に、「創造する」「形成する」
「盛り上げる」と表現される。「天」とは、内部人間を指し、「地」は、
再生前の人間で、外部人間を指す。
(外部人間とはなにか、内部人間とはなにか今はわからなくてよい。)

「地はうつろで、むなしく、闇が淵の面にあり、神の霊が水の表面を動いていた。」(第2節)

再生前の人間は、「うつろで、むなしい地」あるいは、善も真理も植えつけ
られていない「土」のことをいい、「うつろは」善のない状態、「むなしい」
は真理のない状態のことをいっている。したがって「闇」となる。つまり主へ
の信仰については、全く無感覚で無知であることを指し、「淵の面」とは、
そのような人間の貪欲それに由来する偽りといい、ひとの全部が貪欲と偽りに
根ざし、それに漬かっていて、光はなく、淵のようで混沌とした状態のことを
いっている。


601 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 01:58:25 ID:Jg/WvSJz
「神は『光あれ』と云われた。すると光があった。」(第3節)

まず人は、ある種の善と真理が上にあるのを知り始る。外部だけの人は、
善とは何か、真理とは何か、全然知らないから、自己愛と世間愛からく
るものがすべて善であり、その愛にかなうものが真理だと思っている。
そのような善はむしろ悪であり、そのような真理はむしろ偽りであること
がわからない。
人が新しい人として孕まれると、その善は善でないのを知り始める。
一層の光に達すると、主の存在を知り、主こそ善そのもの、真理その
ものと知り始める。そのことは、主がヨハネをつうじていわれている。

「あなた方がもし、わたしが在りて在るある者であること quod Ego sim
を信じないなら、あなた方は自分の罪の中に死ぬであろう。」(ヨハネ8.24)
したがって、主は善(いのち)そのもの、真理・光そのものだから、
主によらなければ、善および真理は何一つ存在しないと。


602 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 02:02:23 ID:Jg/WvSJz
「神は光を見て、善とされた。神はその光と暗闇とのあいだを分けられた。
神は光を昼と名づけ、暗闇を夜と名づけられた。」(第4節・5説)

この「光」は、善であるといわれる。なぜなら、善そのものである主である
神から来るからである。「暗闇」とは、人が新しく孕まれ、生まれる前の状態
であって、暗闇の出現は、外部人間にとってあたかも光のようであったが、
それは悪が善のように、偽りが光のように見えたためそう信じていたからだ。
つまりこれは、人のエゴ(自己愛)が残っていることを指している。
すべて、主に由来するものは、光であり、「昼間」に対比され、すべて人の
エゴに関するものは、「闇」であり、「夜」に対比される。

「夕となり、また朝となった。第一日である。」
なにゆえ「朝・夕」でなく「夕・朝」の順に記されているか、これは「夕方」
信仰がない状態を、「朝」は信仰のある状態を表しているからだ。つまりは、
「夕」は暗闇、影不信仰の状態を示し、「朝」は、光、真理認識、信仰のある
状態を示すため、夕から朝にかけて、心が照らされ、暗闇に信仰の光が差して
くる人間再生の過程を表している。


603 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 02:10:01 ID:0or3j6t6
>>506
まず「言語ゲーム」などという、本で読んだばかりの「借り物」の言葉
を振り回すのは止めなさい。滑稽極まりない。君には「自前の思考と
言葉」はないのかね。

「本で読んだ知識や思想」は一切捨てて、現実に立脚した「君自身のに
独自の思考」を確立できない限り、単なる「借り物の言葉と思想」の
「オウム返し」に過ぎないことを、自覚されtし。

生命はその発生時から「共同体」。「言語」とは、共同地の成員間の
意思伝達のために、人間が作り上げたもの。「言語」という言葉を使い
ながら、「個」を持ち出すのは、それこそ言語矛盾。「独り言」は、言語
ではない。

「聖書の言語」にやたらと拘るキリスト教こそ、「言語ゲーム」の典型。

「人間に認識するのが困難な実存の神」を、あたかも認識できた如く饒舌
に語っているのが、君を初めとするクリスチャンたち。

「実存」とは、「人間の生物的生命の機能としての認識の結果」である
ことに気付くことが必要。それ以外は、「実存」ではなく、空想・妄想
と呼ぶ。

604 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 02:16:03 ID:0or3j6t6
>>599
>ニーチェ以降のハイデカーやヤスパースすら知らないし

また、西洋人の「本」からの「借り物」w。君は、「自前の思考」が
存在しない、または停止した、「借り物人間」の典型。

605 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 02:17:38 ID:1rDnqO4W
>>603
少し勉強しましょうね隠居

隠居が考えてる生命そのものが 均質な集合ではありえないんですよ?

それと言語は意思伝達の手段だけに限定されうるものではありません
こが共通の概念を持つ言語を所有しているわけでもない
初歩の誤りが多いですね隠居
私だって初心ですけど隠居はwww

それと宗教上の至高存在 神 仏 真理などはすべて
人間が究極を認識するために生まれたものです
認識できて当然なんですよ隠居

いいかげん認識と実存分別してくださいね

何が強いかなんて比較は不毛ですW

606 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 02:20:01 ID:1rDnqO4W
>>604
ニーチェから盛んに借り物なさってたのはどなたかしら?w

607 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 02:28:03 ID:I3styZ0N
人の意志が悪と同化すると、一体なにが真実で何が偽りか分からなくなり、
分別もなくただ同じことを、機械的に喋りまくります。
自分が闇の中にいるのが分からなく光の中にいると疑いません。


608 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 02:35:09 ID:1rDnqO4W
>>607
サタン的隠居w

609 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 02:43:28 ID:1rDnqO4W
隠居つまんないよ

ニーチェ受け売り時代の隠居 いまいずこw

610 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 03:19:27 ID:0or3j6t6
>>609
ニーチェの受け売りなどしていない。すべて創造界(現実界)の観察
に基づいている。

ニーチェは、「生物学的人間」については述べたが、「共同体形成維持
本能」については、思い至っていない。この点でも、ニーチェを超えて
いる。

勉強とは、「他人の考えを理解して、猿真似すること」ではないよ。
それでは、小学生の「お勉強」に過ぎない。

自らも、「生存本能(生命)を中核とする生物の一種」であることを
すっかり忘れて、「生命は均質ではない」などというのは、まさにキリ
スト教特有の、生命系視、生命差別、「サタン」の思想である。

「究極の認識」における「究極」とは何?定義を要する言葉が含まれた
定義を「循環論法」といい、それは定義に値しない。

「認識」も、人間の生物的生命の機能に過ぎない。君がいくら足掻いても、
「生物としての人間」であることから、逃れることはできない。

611 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 06:39:46 ID:1rDnqO4W
>>610
ぜんぜん言い足りないですよ隠居
ニーチェは人間が言語ゲームから解き放たれて 実存の神を認識の主体である自分自身に見出すべきだと述べたのです
アナタが妄想するように 人間の生命が神だなどと主張したわけではありません

からの後継の哲学者たちは神秘的傾向の神人説の手前で 字Tるぞんお从を探すところからやり直したのです
ニーチェの主張は彼の言語ゲームから解放された直感由来のものであり そのままでは共有できないからです

生命が均質であり共通の存在であるという妄想そのものが言語ゲームとそれを成り立たせている構造由来の妄想です
隠居よ もう一度 君が賛美する生命そのものをよく観察なさい

いいですか?繰り返しますが 実存の神は誰にも証明できません 実存その物が ある と認識することにたどりつけても
(それはごくごく少数ですが)証明はできないのです
それが生命以前の法則です
宇宙が生命発生以前に存在したのと同じです

でw
隠居よw
究極は証明=定義し得ないゆえに循環論法に陥らないのですよw
かえって生命中心の層化まがいにエセ哲学こそ生命の定義が不十分ゆえに循環論なんですW

612 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 06:41:23 ID:1rDnqO4W
箱の中のリンゴ
まったく同質なものはひとつもない
生命も同じですよ 隠居W

613 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 07:34:42 ID:cK8xdhYQ
>「実存」とは、「人間の生物的生命の機能としての認識の結果」である

ほんとにバカじゃないの、この人。


614 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 07:35:57 ID:1rDnqO4W
>>613
精神医学の臨床とニーチェ以外読んだことのない人ですからW

615 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 07:36:46 ID:1rDnqO4W
均質ではない生命をなぜ同一に評価しなければならないのか 説明してください隠居

616 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 10:43:01 ID:71mjdB0l
>>611
「言語ゲーム」などという「借り物」の言葉を使うな。その言葉を使った
ヴィトゲンシュタインの哲学自体が「言語ゲーム」だと批判されたら、彼は
どうする積りなのか。君の書き込みも、実質的内容と基盤が皆無な、「言語
ゲーム」の典型である。
ニーチェの真似をしているのではなく、彼を批判している。彼は、西洋哲学に
「生物学」を取り入れて、西洋哲学を根底から崩壊させたのだから、西洋哲学
者がニーチェをいくら批判しても無意味である。西洋哲学者によるニーチェ
解釈は、すべてピント外れ。彼は、実質的には仏教者である。仏教を「唯一の
実証的宗教」として、極めて高く評価している。彼の「永劫回帰」(正確には
「永遠に反復すること(eternal recurrences)」)は、なんのことはない、仏
教の「今ここ」の思想に過ぎない。「今ここ」が永遠に反復するのだから、
「今ここ」がすべてということになる。
生物的生命は、宗教、思想、「神概念」を初め、人間のすべての営みの根源で
あることにおいて「絶対」であり「均一」である。そのことが理解できずに、
人間の大虐殺に走ったのが、キリスト教であり、それに起源するマルクス主義、
ナチスである。すべてはイエスの統合失調症の症状としての、「人間そのもの
に対する愛の欠如と人間差別」に源を発する。イエスが「人間差別者」であった
ことは、彼の言動をいささかでも批判的に観察すれば、あまりにも自明である。
プロテスタント超カルトであるまちこの言葉を「かみ締める」などと言った
君は、カトを自称しながら、プロが全く抜けていない、浅薄な典型的プロの心
理状態である。
君は、哲学に凝ってるようだが、哲学とは、生活者の生活体験と生活感情の、
わざわざ難しい言葉を使った「言い換え(restatement)」に過ぎないことを、
理解する必要がある。さもなければ、哲学の存立根拠がないからである。
生命に序列をつけるのなら、君の序列はどのあたりかw。生計がそんなにいや
なのなら、さっさとと死んだらどうかね。しかし、それは容易ではなかろう。
生存本能(生命)が、生物の一種としての君自身の中核である所以である。

617 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 10:46:19 ID:1rDnqO4W
>>616
言語ゲーム理解してくださいよ
まったくw

だから後世の哲学者はニーチェ継承してるんです
ニーチェの神秘主義的部分を追跡して言語化してるんです

それと生命は均質ではありえません
どこが均質なのか 生命の実態に即して説明してくださいね

618 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 10:47:24 ID:71mjdB0l
>>616の訂正
×生計が
○生命が

619 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 10:49:42 ID:1rDnqO4W
それとニーチェが仏教者であるのは当然です
彼は言語ゲームを放擲したあと現れる 実存の先の存在を求めたのですから
その 存在するが証明できない究極のもの 生命はおろか宇宙の外にあるものこそ
キリスト教では神と呼んでるのです

620 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 15:38:05 ID:pUynVovW
>>617
>だから後世の哲学者はニーチェ継承してるんです

既にキリスト教的観念によって毒されている西洋哲学者には、ニーチェを本当
に継承することなど不可能。ピント外れの解釈で足掻いている状態。本当に継
承できる、というよりも、ニーチェそのままなのは、仏教徒のみである。

>ニーチェの神秘主義的部分を追跡して言語化してるんです

「神秘主義的部分」をどうやって「言語化する」のかねw。ニーチェは、神秘
主義などではなく、「生の現実」「生活者の常識」そのままである。彼のいう
「超人」とは、「キリスト教の呪縛から逃れることができた、普通の人」であ
ると解する。

>それと生命は均質ではありえません
>どこが均質なのか 生命の実態に即して説明してくださいね

既に述べたように、生命とは、「人間のすべての営みの根源」であるという意
味で、「絶対的」「不可分」「均一」「計量不能」である。

>>619
>その 存在するが証明できない究極のもの 生命はおろか宇宙の外にあるも
>のこそキリスト教では神と呼んでるのです

この世界の存在さえ認めない仏陀が、「究極のものの存在」など認めたら、
彼は矛盾してしまうぞw。彼は、「神や霊など、人間が考えても無意味なもの
は考えるな。涅槃に到らず」と戒めている(無記)。そのお陰で、キリスト教
とは全く異なり、仏教は2500年間、殆ど人を殺していない。釈迦の比類の
無い先見性と偉大さである。

仏陀とイエスとは本質的に異なる。まさに幼児と大人との差である。仏教に、
邪教キリスト教の要素など持ち込むと、仏教が汚染される。

621 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:15:20 ID:7F9ai/yF
>>620
おやおや、この引き篭もりの精神障害者は、キリストより
自分のほうが上だと思ってらぁ(大爆笑)
おまえ、先進諸国欧米で、同じ趣旨のこと発言してみろ。確実に物笑いの種にされるからさ。
基地外もここに極まれリだな。まるで、教祖気取りだ。
よぉ、似非仏教の創価。おまえのいう神、生命そのものも、釈迦は実体のない
幻だと言っているぞ。おまえのいう絶対とかいう生命そのものは苦だと言っているんだよ。
この世の生存。つまりおまえという生命という生存そのものが、「苦」だと説いてるんだよ。
変わりに釈迦は自性について語っている。その存在を、イエスは、天の父と呼んだんだよ。
般若心経の冒頭にも、観自在菩薩とあるだろう。この自在とは自立自存という意味だ。
これは「空」ではない。般若心経をよく読んでみろ。自立自存となる菩薩は、その行を行うにつき、
お前が実存とするこの身体、この思考、そしてこの世界そのものを、実体の無い幻と
観ぜよ。そのように観ずれば苦しみは離れる。空とは、無自性なり。無自性とは、それ空なり。
物質世界であるこの世は空(無自性)であり、空(無自性)それすなわち、物質世界であるこの世界なり。
自在(自性)なる存在を観ずる菩薩は、世界をそう観察する。そこに苦しみの終焉があるという
意味なんだよ。この世界と、この世の生存が、実在とするおまえとは正反対のことを釈迦は言っている
わけだ。ま、般若心経は、釈迦の入滅後、後世の、大乗仏教都達が書き上げたものだが、
内容に間違いは無い。ちなみに菩薩とは、慈悲、慈愛に満ちた存在である。
深般若羅蜜多行じる、観自在菩薩とは、慈悲、慈愛の修行を完成させ、自性である父を観た、
イエスのような人を言うんだよ。わかったかい、似非仏教の創価の基地外さん。

622 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:25:02 ID:7F9ai/yF
>>620
邪教はどうみても、おまえのように、望まない者に執拗に
自分達の価値観を押し付け、自分達の教義の間違いを指摘してあげても、
全く聞く耳を持たない、お前達、創価だと思うのだが。
大人の幼児の差は、仏教を賞賛しながら、空の思想を理解せず、
この世界と自分の生命こそが実存などと、ちんぷんかんぷんなことを言って
いる、おまえと、イエスの差だと思うがね〜。
ちなみに釈迦は、この世の自分の命とは幻に過ぎない。そんなものに執着するなと説き、
イエスは、この世の命を得ようとする者は、かえって命を失い、この世の命を捨てる者は、
真の命を得ると説いた。おまえには意味がわからんだろう。
イエスの話は、単なる唯物論のおまえの話とは、レベルが違う。

623 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 16:28:24 ID:pUynVovW
>>621
>おやおや、この引き篭もりの精神障害者は、キリストより
>自分のほうが上だと思ってらぁ(大爆笑)
>おまえ、先進諸国欧米で、同じ趣旨のこと発言してみろ。確実に物笑
>いの種にされるからさ

お前はアホか。家族と他者を大切にし、ひたむきに生きている「すべての
生活者」は、人格が不完全で幼児的な、精神病者のイエスより上だぞ。

既にイエス(パウロ)で狂わされた欧米諸国を持ち出すことは無意味。
君は、日本人ではないのか。日本からささと出て行き、一神教の「聖地」
である中東で殺されて来い。

鎖国までして、邪教キリスト教の進出を防いだ、往古の為政者の叡智を
見習え。

624 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:32:49 ID:7F9ai/yF
>>622
おっと勘違いしないように。
イエスは、この世の命など捨てなさいと説いたが、それは
決して、自殺しろという意味ではない。この世の命を捨てる道とは
イエスが教え、イエスが示した生き様を、見習い、そのように生きなさい
という意味である。この道は、仏教的に表現すると、菩薩行の他ならない。
己のエゴを捨て去る者は、再び肉の自我を再生することはないだろう。
鬼が伝わると書き、「魂」と書く。肉に依存して成る魂の解消の先に、
真実の自己が、在る。

625 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 16:39:51 ID:pUynVovW
>>624
君が日本人なら、「イエス」「イエス」と、得体の知れないガイジンの
名ばかり口走るな。醜悪を通り越して、滑稽そのもの。

君は、聖書を、「初めから有難がらずに」、現代人としての知性(批判力)
を聊かでも以って、呼んだことがあるのか。

626 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:40:33 ID:7F9ai/yF
>>623
アホはおまえだろう。
おまえが賞賛する、仏教の始祖である釈迦も、親子愛への執着は否定し、
事実、釈迦の僧団、当時のサンガは、出家者には親子愛への執着をなくせの観点
から、親子関係への断絶を実践させたゆえ、出家者の親とは随分揉めていたようだ。
そう、オウムのようにな。当時はちょっとした問題になっていたそうじゃないか。
もちろん、親子愛への執着を絶てという教えは間違いではない。
おまえ、仏教を賞賛してるわりには、なにもわかっちゃいないじゃないか、仏教
さすが、似非仏教でしかない、創価だな。

おまえのいう愛とは、肉の愛でしかない、エロスだ。真理の愛ではない。

627 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:45:31 ID:7F9ai/yF
>>625
だったらおまえもニーチェを語るなよ、クズ。
真実を語るものに、ガイジンも日本人もねぇんだよ、クズ。
おまえのような分別を、エゴだと言ってるんだよ。
レベルの高い知性を持ち合わせてないおまえには、いっている意味が
わからんだろうがな。で、釈迦もおまえのいうように、
この世の生命こそが実体だと言っているのか?答えろ。これに答えない
限り、おまえは自分の間違いを認めず、単に自分のエゴを押し付けていることになる。
早く答えろ。


628 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:48:22 ID:7F9ai/yF
ま、この隠居とかいう、層化の引き篭もりを観察してもよくわかるように、
創価とは、仏教の看板を上げながら、仏教をなにひとつ理解していないという
ことはよくわかるだろう。それにこの、執拗な自分達の思想の押し付け。
これぞまさにカルトだと呼ばれる所以だな。本当に連中は性質が悪い。

629 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 16:54:15 ID:pUynVovW
>>626
俺は創価ではないぞ。題目など唱えたことは一度も無い。邪教キリスト
教を批判しているのは、創価だけではない。勘違いするな。

浅薄にも、キリスト教の影響など受けた仏教者は、すべて「胡散臭い」と
思っても間違いない。

家庭を否定する教祖の教えなど、すべて誤りだから、排除すべきもの。
教祖の言うことを、無条件でありがたがるのは、カルトである。

630 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 16:55:38 ID:7F9ai/yF
しかし、ニーチェが言語ゲームを放擲したあとに実存があると言っていた
というのには驚きだな。まさにその通りだ。彼は、今の教会の教えるキリスト教を否定
したのであって、本当のキリスト教は否定していなかったんだろう。なんにもわかっちゃいないのに、
ただ聖書の字面だけ追って、喩えを理解もしていないのに、御伽噺、御伽噺と
のたまっている、知性と智慧の欠片も無い層化の引き篭もりの精神障害者とは偉い違いだ。

「言」とは識別智。女は男の前では黙っていなければならない。そうすれば、女は真実をみるだろう。

631 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:02:30 ID:7F9ai/yF
>>629
>俺は創価ではないぞ

層化の人間は、皆そうやって、嘘をつくんだよ。彼らにかかれば、嘘も方便だからな(苦笑)

>浅薄にも、キリスト教の影響など受けた仏教者は、すべて「胡散臭い」と
>思っても間違いない。

だったらその根拠を言ってみろよ。この世の生命こそが実存とかいっているおまえは、
仏教を賞賛しながら、仏教をまるっきり理解していないし、俺の問いに何一つ答えられないお前は、
キリスト教のイエスの教えも、何一つ理解していない。なにひとつ理解していないものを、
それは間違いだの、これは正しいだのと能書き垂れる御仁のこととを、「
「浅薄」というんだよ。俺の言ってること間違ってるか?引き篭もりの精神障害者さん。



632 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:07:30 ID:pUynVovW
>>630
>彼は、今の教会の教えるキリスト教を否定
>したのであって、本当のキリスト教は否定していなかったんだろう

そうやって、イエスは絶対に批判できず、すべての責任を「他の人間」
に押し付けるのが、まさに、キリスト教の「病理」であることを知れ。

牧師も教会も、「イエスを熱心に信じる人々」だよ。教会に問題があると
すれば、それはすべてイエスの「教え」が原因である。

ニーチェが、イエスを個人的にそれほど批判しなかったのは、ニーチェの
「人間に対する愛」が原因。そうかと言って、イエスを持ち上げている
訳ではない。「跳ね上がりの社会改革者」と言っている。

ニーチェの「反キリスト者(アンチクリスト)」(筑摩学芸文庫)くらいは
熟読してから、ニーチェを語れ。

633 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:08:34 ID:YAJfC8uW
大きなこと言っても、聖書の本の中のお話。
読まなければ感じられない神なんて万人に通用せず、小さい小さい!(笑)


634 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:09:55 ID:7F9ai/yF
>>629
>家庭を否定する教祖の教えなど、すべて誤りだから、排除すべきもの

根拠があるからこそ、頭のいい人は、釈迦の教えに従い、サンガに入ったんだよ。
皆が皆、お前のような智慧の欠片もない、どこまでいっても凡夫でしかない者とは
違うからな。頭のいい人は、凡夫が理解できる、エロスの愛は、間違いだと気づき、
真理の愛、アカベーに目覚めるんだよ。

635 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:13:59 ID:7F9ai/yF
>>633
単なる罵りだな。能書きは聞かれたことに答えてから言えよ。
何も理解していないことを、なんで批判してるおまえは、相当な池沼だな。

みんな、この性質の悪い人をよく観察するといい。この手の輩は、どんなに
論破されても、決して自分の考えを改めないし、自分の間違いを認めない。
滅びる人の我執をとくとご覧あれ。君は滅びる人とはこういう人だという、
いいサンプルだよ。

636 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:17:24 ID:YAJfC8uW

崇拝するなら、創造の結果としての「すべての人間と自然」
という 「一大聖像・一大聖典」を崇拝しましょう!!

☆ (*^。^*) ☆



637 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:17:47 ID:7F9ai/yF
>>632
>イエスは絶対に批判できず、

おまえと違って、頭のいい人は、イエスの教えを理解する。
理解した者は、イエスの教えは正しいと知る。正しい教えをどうして批判しなければ
ならないんだ?さすが精神障害者の思考回路は、ちょっと違うな。
ちゅうかおまえのように肉の思いに生きる者は、なにが正しいか、なにが正しくないかは
二の次、三の次だ。おまえのような肉の思いに生きる者は、自分が好ましいか、
好ましくないかでしか判断していない。

638 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:21:20 ID:7F9ai/yF
>>556
自爆テロを繰り返しているのはキリスト教徒ではなく、イスラム教徒な。
お間違いのないように。

639 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:24:19 ID:7F9ai/yF
>>636
>崇拝するなら、創造の結果としての「すべての人間と自然」

だからさ、おまえの賞賛するお釈迦さんは、おまえが実存だとする
おまえという生命も含め、この五感で感じられるこの自然界は、幻に
すぎず、そんなものに執着するな、そんなものに執着するから「苦」は
あると言っているんだよ。

640 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:31:00 ID:7F9ai/yF
アホが、一神教がなくなれば人間の争いのほとんどは無くなるなんて、アホ丸出し
のことを言っていたが、一神教があろうとなくなろうと人々に、この自分の思想を
執拗に押し付ける人間がいなくならない限り、争いは無くならない。
逆にいうと、お前のような人間がいなくなれば、一神教があろうと、
宗教がどれだけあろうが、それが原因で人々が争うことは無い。人々が争うのは
宗教ではなく、おまえの心に巣食う、エゴイズムが争いを起こしてるんだよ。
ま、自分の好き嫌いでしか判断しない、この我執の塊の引き篭もりの
精神障害者になに言っても聞く耳もたずだろうがな。もう一度言うよ。
宗教じゃなく、おまえのような人間がいなくなれば、人々の間に争いは無くなるんだよ。

641 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:31:11 ID:YAJfC8uW
>>598>>600-602
のような人達が増えたら、どんな世界になるか・・
創造してごらんなさ〜い
独善・排他・狂信で又、又、争いが増えるでしょw
身の程知らずの傲慢人間が、神に成り代わって言うのって滑稽!(笑)


642 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:33:47 ID:YAJfC8uW

「悪魔」とは、「同じ人間である他者を『悪魔視』する者」と定義できる。
「悪魔」とは、「同じ人間である他者を『悪魔視』する者」と定義できる。
「悪魔」とは、「同じ人間である他者を『悪魔視』する者」と定義できる。



643 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/17(水) 17:34:16 ID:7F9ai/yF
>>641
おまえの示したアンカー先の文は読んでないが、
その人の書き込みが、独善・排他・狂信的であるなら、
おまえと同じ穴の狢な人なんだろう。お前のような奴が宗教にはまると
こうなるというサンプルだ。ただそれだけの話だ。

644 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:36:25 ID:YAJfC8uW

既存宗教信者のみが、信仰を持っているというのは思い上がりで傲慢
無神論者にも無宗教者にも似たようなものはある。

違いは、宗教団体を作って金儲けやエゴの実現・隠れ蓑に使わないだけ

【キリスト教の殉教者=自爆テロの殉教者】【キリスト教の殉教者=自爆テロの殉教者】



645 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:39:45 ID:YAJfC8uW
>よくよく勉強しておられるが、歴史や文献になんも根拠もなく不確かなもの

さらには、解読とて正しいとは限らず、解釈も都合よく人の手により変わってきている。

どの宗教にもいえる事だが真理や宇宙の法則、神や仏の存在の有無

なんてものを人が知る事なんて出来ない

ましてや、それを教え導くなど詐欺に等しい。


646 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 17:43:20 ID:+HtxIakQ
>>641

>君は、日本人ではないのか。日本からささと出て行き、一神教の「聖地」
>である中東で殺されて来い。

これも追加で。

647 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 18:43:02 ID:1rDnqO4W
>>620
隠居よ
ニーチェ自身がキリスト教に影響されていた その後継たちは キリスト教を超克した
ニーチェの思想的立場から出発している事実を無視するのかね?
君は彼らの著作に眼を通したことがあるのか?w

>「神秘主義的部分」をどうやって「言語化する」のかねw
ブッダなど先人はいくらでもいる
彼が達した涅槃が日常の生活者の領域か?w
さぁ隠居 涅槃について解説してくれたまえw

>既に述べたように、生命とは、
それは表層的なレッテルに過ぎない
命は命だから均質なのだ という循環論じゃないかwww

>この世界の存在さえ認めない仏陀が
してるぞw
三法印も知らないのか隠居はw
まさか 空 を 無い と勘違いしてるのかwwwwwwwwww

648 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 18:53:55 ID:K2m6evf6
あれで何本引けたんや。片手か?両手か?それとも大台に乗せたか。

649 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 18:55:16 ID:1rDnqO4W
しっかし隠居とその亜流の知的レベルの低さといったらw

650 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 19:16:32 ID:1rDnqO4W
>>642
では欧米人を鬼畜扱いした日本人はケダモノですかw

>>644
神風の自爆テロだが 神道も極悪カルトか?W

651 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 19:59:00 ID:QcE2MrfO
>>641
では、あなたは「創世記」を、どのように読んでいるんですか。
文字上の意味だけでとって、神による宇宙創造かなにかとでも。
そうであるなら、現代宇宙論の方がはるかに説得力があるのよ。
神の書として読んでも、何の値打ちも無いと言われても仕方がないでしょ。
それともあなた、これが何を記しているか解釈できるの?

「はじめに神は、天と地とを創造された」(第1節)
「地はうつろで、むなしく、闇が淵の面にあり、神の霊が水の表面を動いていた。」(第2節)
「神は『光あれ』と云われた。すると光があった。」(第3節)
「神は光を昼と名づけ、暗闇を夜と名づけられた。」(第4節・5説)

創世記はまだまだ続くのよ。





652 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 20:46:59 ID:u3TPu3P2
>>65
日本人も過去にいろいろあったけれど今は、洗脳が解けているから
皆、平和を望んで二度と過ちを犯さないように後悔してます。
一神教の比ではないでしょう。

一神教は2000年も前から宗教戦争・紛争を繰り返し続け、今も聖書には
「聖絶」が記載され、クリ達のマイコン・洗脳は解けていません。
誰もそれを問わないので、ご隠居氏がキリスト教の誤りを指摘されている。

宗教評論家は、知っていてもキリスト教の巨大な力を恐れ何も言えません。

誰だって脅迫されたり、殺されたり迫害を受けるのは嫌ですからねン(笑
宗教は、集団で脅し・嫌がらせ・・等、平気でするから非常に性質が悪い。
それも「宗教の病理」を如実に表していま〜す。



653 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 20:48:32 ID:u3TPu3P2
>>65>>650

654 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 20:52:01 ID:1rDnqO4W
>>652

洗脳だってw

お前ブサヨ決定www

655 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:06:19 ID:u3TPu3P2
>>651>>645

読む人によって解釈が違う聖書は、争いの元で教えにはならないでしょう。
その証拠に、幾つも分派に別れ争い、部外者には大変複雑で〜す。(笑
そんなある意味いい加減な聖書を、神の霊感で本当に書かれたとクリ達が
信じているのなら、却って力の無い神・無能の神の証明になるでしょう。

全能で力のある神とクリ達が信じているのなら、一瞬で万人に悟らせる事位
出来るでしょうからね。


656 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 21:09:47 ID:1rDnqO4W
>>655
あのーw
ブンレツして争っていない文明圏の宗教あるなら教えてw

657 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:16:05 ID:u3TPu3P2
>>656
サロメさんの方が詳しいでしょw、当〜然にw(笑

ちっぽけな聖書やイエスという『偶像』をひたすら崇拝しているのが、
まさにクリスチャン達〜 ★ 

(*^。^*)  お先に、オヤスミ〜☆



658 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:16:21 ID:wuy5Iqgm
「悟らせる」とか発想自体傲慢だよ。
聖書に書いてある神様は人間の自由意思をお許しになってる。
人間は敵意を持つのも愛するのも好きにできる。

本人の意思に無関係に誰でも愛すちゃん人形に愛されてもむなしいばかりでしょ?

659 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:18:37 ID:Zdm7hca4
>>647
>彼が達した涅槃が日常の生活者の領域か?w
>さぁ隠居 涅槃について解説してくれたまえw

「生死即涅槃」「煩悩即菩提」「一切衆生悉有仏性」

宗教語るなら、仏教も勉強してね。私は、荒唐無稽、浅薄で、偽善と
独善性、論理矛盾、人間差別に満ち、吐き気を催す聖書さえ、我慢して
読んでるのだからw。

660 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/17(水) 21:19:49 ID:1rDnqO4W
>>657
ほら逃げるw

文明圏の宗教で分裂抗争しないものはない
道徳律と先祖祭祀のマナー講座主体の儒教だけです
分裂抗争の根源と向き合い 付き合うのが文明圏の宗教だから同然なのよwww

661 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:24:48 ID:8+oRV1Cp
>>655
解釈をする人によって、多様性があってもそれは仕方がないでしょう。
しかし、解釈によってはどの説が神の書として相応しいかということじゃないでしょうか。
創世記が神の書というなら、それに相応しい内容になっているはずです。
イエスの言われたここと必ず符合するはずです。
もし、それができないのなら、ただ分けのわからないお経を唱えるようなものです。


662 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:31:16 ID:/R3QcQTw
サロメおたぁ こんばんわ
あまり寝てないようですね大丈夫ですか
互いに愛し合いなさいとのことですから力まずにねぐへへっへへ

663 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:33:23 ID:Zdm7hca4
>>661
>しかし、解釈によってはどの説が神の書として相応しいかということ
>じゃないでしょうか。

それもすべて「人間」の考え。「神」とは一切関係ない。

「人間にあらざる神」は、「人間には計り知れない存在」。人間が神を
思考し、解釈し、饒舌に語ることは、神の冒涜。

イエスは、そのような「神の冒涜」の大罪で処刑された。イエスを信じる
クリスチャンたちは、彼の「冒涜罪」の共犯。そのうち、イエスと同様、
「裁きに会う」。

664 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:43:11 ID:wuy5Iqgm
ご隠居の怨念の臭いがする!
かわいい奴よのう。

665 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 21:56:31 ID:8+oRV1Cp
>>663
あのね、少しは芸風かえようね。同じことをいつまでも並べ立てても、
それに論理性がないからだれも気に留めてないようよ。
第一、冒涜の意味も分かってないみたい。
少しでも、創世記や黙示録の知識があるというなら、それを引用して解釈して
たらいいのにね。ここが何のスレか理解できてる?

666 :神も仏も名無しさん:2008/09/17(水) 23:24:11 ID:V3omDJ4p
>>665
>ここが何のスレか理解できてる?

聖書の根底から掘り下げている訳だ。表層だけの聖書読解など無意味。


667 :W(OpO)W:2008/09/18(木) 05:10:22 ID:jxQy6YeN
御隠居さんは、まだパウロの回心前なんだよ

まだ、目からうろこが落ちてないだけ

668 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 07:30:21 ID:/QgHOX9B
主イエスは、愛そのもの、善そのもの、真理そのものの人です。
イエスを、統合失調症などという人は、その病気自体のことが、
まるで分かっておりません。うわべだけの知識で決め付けているだけです。
重症のかれらが何ゆえ隔絶されているか、もっと実体を知りましょう。

669 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 08:25:13 ID:6NjF9IEw

会ったこともない大昔のイエスのことがよくそんなに分かることw
信じるということは、客観的理性を放棄し、メクラになることです


670 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 11:16:27 ID:oil4+eVp
>>668
>主イエスは、愛そのもの、善そのもの、真理そのものの人です。

「愛」「善」「真理」とは、具体的には何かを、まず定義してから、そのよう
な観念語・抽象語を使ってね。さもなければ、言っていることの意味が全く
不明です。イエスも、その定義が出来なかったw。自分でも意味の判らない
言葉を唱えて「自己陶酔」するのは、滑稽な姿ですよ。

>イエスを、統合失調症などという人は、その病気自体のことが、まるで分か
>っておりません

残念ながら、当時は精神医学がなかっただけの話です。あれば、イエスも
治療を受けてかなり良くなっていたはずです。イエスが「基地外」であった
ことは、聖書が「証言」しています。クリスチャンは、聖書の「最も重要な
証言」から、目を反らしてはなりません。

671 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 12:56:10 ID:+ExbTaLa
>>670
またミトラ厨子かW

672 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 13:10:58 ID:+ExbTaLa
>>670
生命の実体について定義してくださいよ そのまえにw

生命が均質同一だあるという証明お願いしますw

673 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 13:37:33 ID:0FtiaHD3
http://jp.youtube.com/watch?v=3vfouhgEUY4
9・11事件はアメリカ政府の犯行〜検証番組

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソのインタビュー(その後、死亡)
9・11がアメリカ政府によって計画されたものであるという証言
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=600415


674 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/18(木) 13:54:39 ID:DSfCQcmK
>>669
>会ったこともない大昔のイエスのことがよくそんなに分かることw

会ったことなくても、聖書を読めばイエスのことがわかるぞ。


675 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/18(木) 14:04:59 ID:DSfCQcmK

おいしいご飯。
あふれる人情。
生きていることへの感謝。
道しるべとして聖書から学ぶこと。

こうしたことを大切にしていければ幸せになれると思う。



676 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 14:10:11 ID:+ExbTaLa
かつての教父がそうであったように
未信者に宣教するためには現代哲学の基礎知識持っていた方がいいと思う

677 ::2008/09/18(木) 16:31:36 ID:uWz7ZXB4
670 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 11:16:27 ID:oil4+eVp

インキョの脳内快楽物質エクスタシー、精神病理で、「あはーーん」「ひっ!!」「おひーーん」

678 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 16:55:17 ID:lnuKhkVY
>>651
横から悪いが。
聖書の創世記は、それぞれの民族が持ってる世界創成の神話の一つで、ユダヤの民の伝説。
まあ、聖書の神がどのような性質の神であるかをくみ取ることは出来る訳だが。


>>674
まあ、判るのは聖書を書いた弟子達から見たイエスという人間の姿だが。
弟子達の頭の中でフィルター通ってるからイエスのことがそのまま判るとは言えないけどな。

ちなみに俺は聖書の内容は概ね信じているから書き込んでもローカルルールには反しない。
神が実際に世界を作ったとか言い出すのは完全にバカだと思うけどな。
神を作ったのは人間だ。
旧約聖書はユダヤの民が創造した神、新約聖書はイエスキリストが創造した神について書いてあるのだと思っている。
だから、内容自体は「彼らがそう信じた神とはどんなものか」がかいてある訳で、聖書の内容自体は概ね信用出来る。

679 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 16:57:59 ID:S+2iQyif
>>670
「愛」「善」「真理」とはなにかは、イエスは定義しているし、
なにが善で、なにが悪かもイエスの教えを理解したら理解する。
イエスが真理を語っていないと思えるのは、おまえらに智慧がないので、
聖書の譬えを理解できないだけの話だろ。

イエスを総合失調症?彼の話は、ウパニシャッドから、仏教を理解する者なら、
なんら矛盾するものではない。父と私は一つ。という発言からも、
それらの古い哲学的な見地からも、宗教家としても、ごく当然のことをいっており、
その存在を、自分以外の外にいると語る宗教家のほうが、バッタもんである。

ちゅうかおまえ、イエスの教えを理解してから、能書き垂れてんの?
俺に聞かれたことの一つでも答えてみろよ。
何も理解してないくせに、彼は総合失調症とかいうおまえの思考回路のほうが狂ってるんじゃない。
てか、毎日、毎日ここでキリスト教徒に対して嫌がらせをしてて楽しいか?
おまえの毎日の書き込みのほうが、よほど狂気を感じている人のほうが多いと思うぞ。
てか、毎日毎日自分の価値観を他人に押し付け、毎日毎日他人に嫌がらせを続け、しかも引き篭もり
をしているおまえは、あきらかに人格障害者だしな。おまえは、イエスのことを言う前に、
まず、自分の病気を自覚したほうがいいだろう。


680 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:03:34 ID:+ExbTaLa
隠居

層化のインチキ生命哲学ではなく きちんと現代哲学を学べ
時代はニーチェから仏教 各神秘主義の現代的言語化にテーマが移っているのだよ

層化にインチキ生命哲学なんてカントとか19世紀から18世紀の化石だぞ?W

681 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:06:40 ID:kr5gyQHl
>>679
>「愛」「善」「真理」とはなにかは、イエスは定義しているし、

どこにも定義はしていない。イエスには、分からなかったからである。自分でも
意味の判らない言葉を唱えて「自己陶酔」していただけ。

ニーチェは、ピラトが問い、イエスが答えられなかった、「真理とは何か」
という質問が、聖書の中で『唯一の』価値ある言葉」だと喝破している。

682 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:07:47 ID:lnuKhkVY
>>679
>「愛」「善」「真理」とはなにかは、イエスは定義しているし、
>なにが善で、なにが悪かもイエスの教えを理解したら理解する。

そこら辺、聖書は非常に良くできていると思う。
それなのに、ほとんどのキリスト教徒がそれを理解してないのが不思議だ。

683 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:15:35 ID:WAwXbTPm
>>681
たしか
「それなしでは人間が生きられぬ虚偽」
だったよね。

684 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 17:19:34 ID:S+2iQyif
ひとついいことを教えてあげよう。
一神教とはもともと、我々に将来破滅的な争いを起こすために作られたものだ。
だから彼らが殺しあうのは至極当然のことである。新約では、我々にキリストの統治
する、神の国を将来建てることを約束した。それが神と我々との新しい契約だ。
キリストの統治する神の国とは、イエスの言葉を受け入れ、皆が真理に沿った生き方を
する世の中のことだ。だがその為には、ここでイエスの言葉をかたくなに拒否し、
肉の思いに忠実であることを善だという価値観、つまり利己心を捨てられない
人達は、神の国を起こすのには、大変な障害となる。イエスの言葉をかたくなに拒否し、
自分のエゴを最優先して生き彼ら彼らのような価値観の者が大勢を
しめる今の時代では、神の国など実現しようも無く、彼らのエゴ(利己心)につき合わされると、
元々キリストの兄弟である人々も、どうしても心が汚れてしまう。これでは
救われる者も、救われない。だから、神の国の実現の為には、我々の間に今までの価値観を
改めるだけのエポックメイキングな出来事が必要だし、自分のエゴを捨てられず、
どうしてもイエスの言葉を受け入れられず、拒否をする、これらの毒麦は排除しなければならない。
この先、大規模なジェノサイド。粛清が行われる。毒麦は焼き払われる。
その後、残ったイエスの言葉を受け入れられる人々の間に、真理が明かされ、
自分が何者かを知り、皆が新しい価値観の元、真理に沿った生き方を送り、神の国が
この地上に実現するだろう。その時代に生きる者は幸いだ。彼らは真の命を手にするだろう。

685 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:21:22 ID:+ExbTaLa
>>683
ニーチェは想定だけで終わったけどねW

686 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 17:28:19 ID:S+2iQyif
>>681
だからわかってないのは、智慧の無いお前達だけだろう。
なにか一つくらい聞かれたことに答えろよ屑。おまえはなに一つ
イエスの教えを理解していないじゃないか。

>ニーチェは、ピラトが問い、イエスが答えられなかった

だから何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も言っているが、
それは答えられなかったんじゃなく、当時のピラトに話しても仕方が無い
から、彼には無記を通しただけに過ぎない。よぉ基地外。聖書にはたくさん
喩えで真理を語っているだろう。そして自分の弟子達には、たとえの解を
与え、真理を明かしたいるエピソードも載っているだろう。それは無視か?
ここに、この手の人格障害者の特徴がある。彼らは自分の都合の悪い事実には
目を背け、見事に無かったことにする。こういう輩の心の闇は、底知れぬほど深い。

687 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:30:09 ID:kr5gyQHl
>>680
>きちんと現代哲学を学べ

既にキリスト教で汚染された西洋哲学者の「本」を読むことなど無意味。
すべてキリスト教の「二番煎じ」「出がらし」に過ぎない。

哲学とは、本を読んで、他人の知識や思想を「猿真似」することではなく、
常に現実と照合しながら、既存の知識や思想を批判し、誤りを正し、一歩
前進させることだよ。君は全く勘違いしている。

>カントとか19世紀から18世紀の化石だぞ?W

聖書は、2000年前の化石w。

人間の生命について、聖書はどう教えているのかね。「人間のすべての
営みの根源」としての「最も肝心なこと」を教えていなければ、聖書は
トンデモ本に過ぎない。

「生命に序列をつける」という君の考えは、「人間差別」の元凶としての
まさに「サタンの思想」である。イエスは、実は、人間差別の元凶という
サタン・悪魔だったのである。、


688 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:33:34 ID:OkDdUCJd
>>658
>「悟らせる」とか発想自体傲慢だよ。

言葉は、ややこしい。
何とでも言えるし、何とでも受け取れる。

「分からせる、理解させる」と書いたら納得ですか?(笑

正に言葉は【魔物】【魔物】【魔物】、詐欺はその常習犯!!



689 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:36:20 ID:+ExbTaLa
>>687
ではニーチェはどうだねw
現代哲学はニーチェを継承しているが?w

カントなどは継承され発展させられた
カント自体はもはや抜け殻だw
聖書とは違うのだよw


生命が均質で同一だという証明はまだかね?w

690 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:36:32 ID:OkDdUCJd
>>660
>ほら逃げるw
逃げてるわけではないけれど言い合いしても虚しいだけ・・
クリ達のように宗教にハマってる狂信者ではないというだけのことw

宗教は、2chのあちこちで布教に一生懸命なのは何故ですか?
サロメさん?


691 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:37:47 ID:A/EAVFAz
http://jp.youtube.com/watch?v=3vfouhgEUY4
9・11事件はアメリカ政府の犯行〜検証番組

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソのインタビュー(その後、死亡)
9・11がアメリカ政府によって計画されたものであるという証言
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=600415



692 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 17:37:52 ID:S+2iQyif
>>687
だからお前がそう思うのは勝手だから、よそでやれって。
おまえ、迷惑なんだよ。なんら社会に貢献することも無ければ、人に喜ばれる
ことは何もしない、できない、なにひとつ生産性の無い引き篭もりの人生を選択し、
社会との唯一の接点であるネット社会で、人に嫌がらせをして喜びを感じ、
迷惑行為をやめられないおまえは、壊れてんだよ。おまえの一連の書き込みから
お前の狂気を感じる人は多いだろうし、総合失調症はどうみてもおまえのほうだろ。
少なくともここで他人に対する迷惑行為をやめられないおまえは、人格障害者なのは
確実だしな。

693 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:41:33 ID:+ExbTaLa
>>690
土着宗教は自分の世界のコントロールと自分たちの命のつながりを
保全する

文明圏の宗教は 実存の向こうにまで肉薄して 人間の罪 業を解消する
罪や業と直面するゆえに せざるをえないために 争いという形でその罪
業が噴出することもある

それだけですが何か?w

694 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:41:42 ID:kr5gyQHl
>>683
>たしか
>「それなしでは人間が生きられぬ虚偽」
>だったよね。

「人間がそれなしには生きられないもの」は、もはや「「虚偽」では
なく、「唯一の本物」である。言葉自体が矛盾している。「虚偽」と
「本物」との区別の「現実上の基準」は、一体何だと思ったのかね。
まさか、「人間である自分が『空想した』神」ではないだろうなw。

695 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 17:43:17 ID:S+2iQyif
>>690
>宗教は、2chのあちこちで布教に一生懸命なのは何故ですか?

だれが布教してるわけ??妄想も猛々しい。さすが基地外だな。
ここで少しはましな奴が、自分のキリスト教理解を語る。彼の目的は布教ではないし、
それに共感して、キリスト教に興味を持った人がいても、おまえにとやかく言われる
筋合いはねぇんだよ。他人の思想の自由を認めないのか、お前は。さすがカルトだ。

皆さん、こいつは、自分の気に入らない思想は、ここで語るなってよ。どう思うこういう人。
こういう輩が、平和だのなんだのって、ちゃんちゃらおかしいだろ。

696 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:43:22 ID:+ExbTaLa
>>694
それなしでは生きられない虚偽  とは言語ゲームの神や理想
そのなかには隠居が崇拝する生命も含まれるw

697 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:48:36 ID:OkDdUCJd
>>693
今は、一神教の争いが目立つ

相当、悪業が深い証明となる言葉!!(笑



698 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:53:52 ID:OkDdUCJd
>>695
カラスみたいな罵詈雑言の世界が神の世界だって〜

o(*^▽^*)o ゲラゲラゲラ



699 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:54:18 ID:+ExbTaLa
>>697
後発の西欧文明が隆盛してるから

これは文明論の問題

「銃 鉄 病原菌」よめ

700 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:54:58 ID:OkDdUCJd

それでは、独裁国家!!
オチ


701 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 17:55:11 ID:WAwXbTPm
>>694

>言葉自体が矛盾している。

そのとおりです。言葉は必然的に矛盾を孕むとニーチェも言っています。

702 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 17:55:19 ID:+ExbTaLa
>>697
君は実存の領域の前面に闇が広がってることを知らんのかね?w

703 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 18:07:40 ID:kr5gyQHl
>>689
>生命が均質で同一だという証明はまだかね?w

前レスで証明している。前レス読め。

簡単に言えば、「生命がある限り」、誰でも2chに書き込みができる
ということだw。イエスでも誰でも、「パンがなければ、そして食って
寝なければ、生きられない」ということだ。

最も肝心なことが、君の聖書には書いてないのかねw。そんな聖書なら、
資源ゴミに出せ。紙(神ではない)資源としてなら、役立つはずだw。



704 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 18:18:32 ID:+ExbTaLa
>>703
え?
他人にできることができない人もいます
食事が取れない人間もいます

生命ではないの?www

705 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 18:28:21 ID:kr5gyQHl
最新刊紹介

「宗教の倒錯(ユダヤ教・イエス・キリスト教)」(上村静著、2008年
9月12日 岩波書店発行 定価¥2800)

著者は聖書学者。著者が言う「倒錯した宗教」とは、キリスト教のこと。
「(キリスト教は)自己の価値を主張するために他者を否定し続けなければな
らない宗教。それは『呪われた宗教』と呼ばれることこそふさわしい」と言っ
ている。

706 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 18:34:24 ID:+ExbTaLa
>>705
http://nohden.m78.com/NohdenFuculties.htm

そいつアカ神学者ですけどwwww

共産主義者だったか隠居はwww

707 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 18:36:54 ID:+ExbTaLa
隠居は中核派の同志www
■29人の学生を釈放しろ! 3・14法大弾圧救援会■

http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/files/0606support.htm

▼上村 静さん(大学教員)

708 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 18:43:08 ID:kr5gyQHl
>>704
>他人にできることができない人もいます
>食事が取れない人間もいます

>生命ではないの?www

君は真正の病人、低脳者だな。

2chに書き込みたければ、周囲の人に頼めばよいだけ。

生命が均質であるからこそ、医師や家族は、そのような病気やhandicap
を持つ人に対しても、むしろ持つからこそ、「へだてなく」、その生命
を救うために、懸命に治療するのだよ。君は、キリスト教などやる前に、
まず「人間としての最小限の常識と愛」を身に着けること。

709 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 18:46:27 ID:+ExbTaLa
>>708
それ
生命が均質であるとの隠居の定義を満たしていませんけど

知的障害 摂食障害などを生まれつき持ってる人間と
健常者の生命は均質ではないんでしょ?

禁止綱が具体的にどう均質か証明してください

710 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 18:47:28 ID:+ExbTaLa
>>709
禁止綱が具体的にどう均質か証明してください
    ↓
生命が具体的にどう均質なのか 証明してください

711 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 18:55:32 ID:S+2iQyif
>>698
その罵詈雑言を言わせている原因を作ってるのはどこの誰だよ。
いつまでも汚いエゴをぶつけてくる、おまえ達だろ。だからお前達のような人々は
神の国を実現するにおいて、障害だといってるんだよ。
釈迦はいった。忍耐ほどの荒行はないと。イエスの弟子は言った。忍耐をもって
命を勝ち取ろうと。だがこの忍耐というのも付け焼刃では身に付かない。
それは永い年月をかけ、魂の修練が必要だ。いつまでもお前達と一緒にいれば、
心の弱い者は、全てつまづく。だからいったんお前達のような人達は
退場してもらわないといけない。お前達のような、イエスの言葉をかたくなに拒否し、
自分のエゴを頑なに愛し、自分の汚いエゴをばら撒き続ける人達は、
神の国を実現するに当たり、大変な障害になる。というより、お前達のような悪い父から出た
もの達が大勢を占める今の時代のままでは、いつまでたっても、この世に
神の国の実現はない。だから、その大規模な粛清は必要なのだ。

智慧の無い者は、それは悪だというが、大儀的にみると、これこそが多くの人々の救いのため
に行う、大乗の実践なんだよ。神の国無ければ、救われるのは、ごくごくわずかの、出家したような
人々だけだ。だが神の国が実現できれば、多くの人々が救われる。

712 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 19:02:34 ID:S+2iQyif
そういや、仏教思想に金剛乗というのがあるだろ。
これは、大儀的には、殺人も許されるというような教えだと聞く。
これを曲解し、浅原のような、自己中の権化のような人間が利用すると
悪質なカルトが生まれるが、思想自体に間違いは無い。
だがこの思想は、大変危険な者なので、決して公にするものではないだろう。
あのさ、キリスト教を代表する一神教の争いは、金剛乗の実践の他ならないんだよ。
それは多くの人々の救いの為にどうしてもし必要な、必要悪のようなものだ。

713 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 19:15:33 ID:OkDdUCJd

エゴ丸出しのカラスさん、ご隠居氏の素晴らしい論理が際立ちま〜す!!


■<信教の自由はあるが、又、義務も当然ある> ■

悲惨な自爆テロや宗教紛争・戦争、隠された野望・陰謀・宗教犯罪・・・・

等々で、人々を不幸にしたり社会に迷惑をかけないという義務も守るべし。




714 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 19:18:09 ID:+ExbTaLa
>>713
隠居
パソコン&携帯で自作自演www

715 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 19:20:23 ID:S+2iQyif
自分の弟子達に教会を建てることを命じたイエス自身言っているだろう。
私は、平和をもたらしに来たのではない。争いと、剣をもたらしに来たのだとね。
キリスト教を代表する一神教の争いをみて創価などは、鬼の首を取ったように、
だから邪教だと騒ぐが、一神教とは元々争いを起こさすために作られたものだとは、
智慧の無い彼らには理解できない。

716 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/18(木) 19:22:52 ID:+ExbTaLa
争いの意味がちゃうと思うw

無明の領域に接したら仏教だって大変だし

その典型が隠居

717 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 19:24:38 ID:S+2iQyif
>>713
自作自演乙。

この馬鹿はいくらいっても人の言うことを理解できないらしい。

ところで創価のおまえに聞くが、現世利益を追求する創価って、仏教だと思ってんの?
逃げないで答えろよ。

718 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 19:41:07 ID:3PunEzlY
「わたしは天から降ってきた生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。
わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。それで、ユダヤ人たちは、
『どうしてこの人は自分の肉を我々に食べさすことができるのか』と、互いに激しく議論を始めた。

イエスは言われた。『はっきり言っておく。人のこの肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたの内に
命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲むものは、永遠の命を得、わたしはその人の終わりに
復活させる。わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。(ヨハネ6・51-55)

主が、たとえをもって語られたことには、(みことば)の冒涜を避ける目的で、理解されないよう
にされたためです。当時のユダヤ教会がそうであったように、教会の荒廃にあたって、もしかれらが
理解したら、冒涜したに違いありません。そのことは、主がマタイやマルコやルカで教えられています。

弟子たちはイエスに近寄って「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話になるのですか」と言った。
イエスはお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが、あの人たちには
許されないからである」持っている人は更に与えられて豊かになるが、もっていない人は持っているもの
まで取り上げられる。だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。見ても見ず、聞いても聞かず、理解で
きないからである。イザヤの予言は、彼らによって実現した。」(マタイ13.10-14)

>ニーチェは、ピラトが問い、イエスが答えられなかった
ピラトは、イエスの譬えさえも許されなかった。

719 :W(OpO)W:2008/09/18(木) 19:55:59 ID:jxQy6YeN
ピラトの妻には夢でのお告げがあった
歴史書によればピラトは悪名高い総督だったらしい


720 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 20:01:04 ID:OkDdUCJd

又又、全くメクラのカラスさん! パチ パチ パチ♪〜

創価なんてキリスト教よりもっと知りませんよン(笑

そんなことは、全能の神にやってもらったら如何?
人間の言うことではありません。オウムと一緒

カラス・サロメさんもご隠居氏のように仏陀もイエスも超えましょう
そうすればご隠居氏の自作自演なんてお馬鹿なことは言いません。

そして大昔の物語・聖書への執着を潔く捨てましょう!




721 :W(OpO)W:2008/09/18(木) 20:01:39 ID:jxQy6YeN
イエスが答えなかったのは、それだけピラトが天の父から離れた存在だったと思われる

722 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 20:13:24 ID:S+2iQyif
>>720
そう?宗教嫌いの普通の人なら、一神教を叩くならキリスト教を叩く前に、
自爆テロを繰り返し、罪の無い一般人を殺戮しているイスラム教徒を叩くし
宗教を悪とみるなら、キリスト教を叩く前に性質の悪い思想の押し付け、性質の悪い布教を
している創価のほうを叩くものだがね〜。なんでキリスト教徒を叩くここのムスリムには
好意的なんだろうね〜ニヤニヤ。ま、嘘も方便の連中になに言っても無駄だろう。

ならそこの隠居とかいう引き篭もりに聞こう。
おまえ、現世利益を追求する創価は仏教だと思ってんの?答えろ。
おまえ、仏教も知ってんだろ?ケラケラ。早く答えろ。

723 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 20:26:11 ID:S+2iQyif
>>720
他人をメクラ呼ばわりにするおまえ。
そういうお前は、もちろんイエスの教えを理解してから、キリスト教を叩いているんだろうな。
まさか彼の説いた真理を理解してもいないのに、叩いてるわけ?
内容もわからないものを叩いているなら、相当な程度の低い人間だってことくらいは理解できるよな?
メクラだからそれくらいも理解できないか?まぁいい。お前にも聞こう。

イエスの説いた、天の父とはどういう存在だ?答えてみろ。
天の御国とは、女の焼いたパンのようだというたとえの意味はもちろんわかって言ってんだろうな。
まさかそんな基本的なことも理解してないのに、意味もわからんでキリスト教を叩いてるわけじゃ
ないだろうな?そいうのをメクラというんだよ。さぁ答えろ。

724 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 20:43:49 ID:OkDdUCJd
>>705
>「(キリスト教は)自己の価値を主張するために他者を否定し続けなければな
らない宗教。それは『呪われた宗教』と呼ばれることこそふさわしい」と言っ
ている。

正に、カラス・サロメさんのことw 



725 :W(OpO)W:2008/09/18(木) 20:51:26 ID:jxQy6YeN
答えなかったのは、おそらく人の範疇を超えた完全さによるもの

726 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 20:53:52 ID:OkDdUCJd
>>723
キリスト教の宗教戦争の歴史やクリ達のレスなどの結果を見てご隠居氏の論が
正しいと賛同してるだけ

パチ パチ パチ♪〜 そうやって自分の宗教に引きずり込むカラスさん!    (*^。^*)   
【言葉】は、魔物です。マニュアル通りの手には乗りません。

◆ キリスト教徒の言う「伝道」「救済」とは結局、【征服】であり【占領】である。◆




727 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/18(木) 20:56:25 ID:S+2iQyif
>>724
だれも否定していないし、自分達の思想を押し付けるつもりも無い。
ただ、君らの思想に干渉しないから、他人の信仰に君らも干渉するなと言ってるんだよ。

で、散々失礼な書き込みを続けてきたおまえ、早く聞かれたことに答えろよ。
答えられないのなら、おまえはイエスの教えを何一つ理解していないことになる。
理解していないものを、ここで必死で叩いているということになる。
おまえはとんでもない馬鹿で、レベルの低い人間だということになるわけだ。
それを理解したのなら、素直に、私はなにもわかっていないものを叩いている馬鹿です。と、
認めるべきだな。違うというなら聞かれたことに答えろ。答えられないのなら、素直に
私はレベルの低い低脳な人間ですと、ここに認めろ。それが筋ってものだ。

728 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 21:03:14 ID:OHKpbSxZ
>私はレベルの低い低脳な人間ですと、ここに認めろ。それが筋ってものだ。
わははははははははははは、一番オツムの弱そうな奴が言うから、抱腹絶倒
だ。



729 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 21:06:31 ID:OkDdUCJd

宗教が提供する「快感」には 「感動」があるが
この部分は「キリスト教」などが上手く造ってある。

「人の罪を背負って磔にされたジーザス」などは 涙無しでは語れない。
また、「超能力」も依存対象として素敵だ。 「超人」に素直について行けば 途方もないご利益がありそうだ。
崇拝、依存、従属 は、まったく大船に乗ったようで、まさに極楽、安心だ。
しかも自分で考えずに済むから「楽」である。もちろん「奴隷としての献身」は重労働ではあるが。

そしてもう一つ、
「宗教勧誘の快感」がある。勧めて入信させれば、その相手の思考を手中にする、つまり「心を奪える」
わけであり、それは人の「支配欲」を満たす。
生物の至上命題は言うまでもなく「生」であり、それはそのまま「他から奪う」行為となる。

ヒトラーさんや正日さんは 支配欲や虐待というその本能に正直に従ったに過ぎない。

信者は「表向き善」なる教えにより 合法的に被勧誘者のココロを強奪、つまり「レイプ」することができる、
更には「利他心」をも同時に満たすことができるので まったく堪(たま)らない。

しかしもちろんそこには 詐欺システム特有の「歪み」が表出してしまうわけであり
その意味で カルトの撒く害毒は、感染していない者にとってはまさに 「呆れた毒善だなあ」ということになる。

「宗教という名の虐待」 については「魔女狩り」が有名だろう。
それは当時の民衆の「娯楽」だった。
仏教系新興宗教にも 下位の者に不幸があると、
「そらみろちゃんと○○しないから因縁に襲われるんだ」などと言い掛かりをつける「楽しみ」がある。
ソフトクリームを食べたい、と言うだけで「甘いものに依存している」などと吊るし上げられたりする。笑



730 :W(OpO)W:2008/09/18(木) 21:16:50 ID:jxQy6YeN
>721
ここは訂正
答える必要がなかったのではと

731 :神も仏も名無しさん:2008/09/18(木) 21:19:33 ID:3PunEzlY
人のつくった第四番目の教会、現代キリスト教会は、もう倒壊してることは
既に書きました。そのことが聖書で預言されていることも前に書きました。(ダニエル9.27)
自己愛と世間愛の化け物たちが、化粧をして聖なる所に立ったからであります。

しかし、主イエスは、新しい教会エルサレムを建てられます。
エルサレムとは、主の新しい教会のことを意味します。
どこかの国のことではありません。

732 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/18(木) 23:40:26 ID:dB7jvQON
こむばんは・・・・
なにがどーなってるのか、レスは読んでないので理解してないが。

W(OpO)W←おー、あのIDが、コテになってるね。


733 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 00:07:43 ID:fsblCmB8
>>731
彼(アンティオコス・エピファネス4世)は一週の間、多くの者と同盟を
固め、半週でいけにえと献げ物(ユダヤ教の祭儀)を廃止する。
憎むべきものの翼の上に荒廃をもたらすもの(ゼウス像)が座す。
そしてついに、定められた破滅(エピファネス4世の死去)が荒廃の上に注がれる。」

BC2世紀のユダヤ地方の話なのに、現代を示してることにしたいのが、キリスト教団
特有のインチキだと言ってるんだけどねぇ。
何処かのアホ教団が現代の事だと言うのは構わないが、それなら現代の
世界情勢をどの様に分析していて、その分析結果とBC2世紀のユダヤの
情勢との関連を説明してもらえば、日本の一般社会人も話を聞くと思うのだが



734 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 00:22:04 ID:jqElaDkY
前レスで紹介した「宗教の倒錯(ユダヤ教・イエス・キリスト教)」の著者は、
キリスト教を「呪われた宗教」にしてしまった元凶は、やはりパウロだと言っ
ているようだね。

「義認を欲するパウロは結局のところ<エゴ>を克服しきれない。それゆえ彼の
「信による義」という神学は<信仰主義>に陥ってしまうし、克服したはずの
「律法主義」は、倫理的<完全主義>に姿を変えて信徒を縛り始める。

こうしたパウロの倫理的完全主義は、宗教改革を経ていわゆる「プロテスタン
ティズムの倫理」(=禁欲主義)を生むが、それは今なおプロテスタント教会
に神学的にも教会内倫理においてもさまざまな問題を引き起こしている。それ
は、同性愛者差別、性同一性障害者差別などの露骨な差別だけでなく、信者に
なっても絶えず「罪意識」に怯えて生きていかなければならないという不幸な
状態を強制している。」

735 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 00:34:56 ID:jqElaDkY
>>717
>現世利益を追求する創価って、仏教だと思ってんの?

宗教の起源は、「生存のための現世利益の追求」だよ。厳しい自然との闘いの
中で、ひたすら生存に努める古代人たちに、寝転んで、「人生とは何か」とか
「宇宙の成り立ち」など「余計なこと」を考える暇があったとでも思うのかね。
宗教史、例えば、その最古典と言われる「宗教の自然史」(ヒューム)を勉強
しろ。

最近の宗教学でも、「現世利益」が見直されている。

人類の歴史は、「生存のための物質的充足」の追求の歴史である。甘ったれた
「精神的充足」などではない。

736 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 00:56:30 ID:fsblCmB8
>>734
>キリスト教を「呪われた宗教」にしてしまった元凶は、やはりパウロだと言っ
>ているようだね。
パウロとて、ある一人の変わった人物だと思ったら、この程度の人間は
一般社会にも少なからずいるよ。問題なのは、その一言一言に教団の
教理の根拠を求めている事だと思うよ。
信者の模範がパウロ型人間だったら、ヘンチクリン人間ばっかりで
それでいてインチキがまかり通る教団になる。それがキリスト教団だよ


737 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:21:21 ID:qQZnMrsl
>>728
名無しで煽ってんじゃねぇぞ、バカモスキー。
おまえもイエスの教えをこれっぽっちも理解していないのに
キリスト教の批判をしている、ここの低脳達と同じ穴の狢だ。
お前にも聞いてやろう。イエスの説いた、善人の上にも悪人の上にも等しく
恵みをくださるという、天の父とはどういう存在だ。まさかキリスト教会とか言うつもりじゃ
ねぇだろうな。お前の解釈は全て、当時の歴史的事実に置き換え、肝心な
形而上的存在である天の父はどこにいっている。イエスいう救いはとは、キリスト教会を
建てることか?イエスの教えは当時のユダヤ教と、ローマ軍の争いか?
おまえ底なしのばかだろ。イエスがそんなことをテーマに布教などするわkがねぇだろ、タコ。
イエスが父と私は一つの意味もわからん奴がなにキリスト教を語っているんだ?
世界に名だたる宗教である、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教の中で、一番くだらない
それこそただの御伽噺でしかないクルアーンを経典にもつイスラム教徒でありながら
よくもまぁ、キリスト教徒を馬鹿に出来るものだな。世界で一番ばかばかしい経典をもち、
世界で一番危険なカルトの一員でありながら、そのことは棚に上げて、キリスト教徒を馬
鹿に出来るおまえが、一番オツムが弱いんだよ。まさに馬鹿につける薬は無しだ。

738 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 01:27:53 ID:fsblCmB8
>私はレベルの低い低脳な人間ですと、ここに認めろ。それが筋ってものだ。
わははははははははははは、一番オツムの弱そうな奴が言うから、抱腹絶倒
だ。
>私はレベルの低い低脳な人間ですと、ここに認めろ。それが筋ってものだ。
わははははははははははは、一番オツムの弱そうな奴が言うから、抱腹絶倒
だ。
>私はレベルの低い低脳な人間ですと、ここに認めろ。それが筋ってものだ。
わははははははははははは、一番オツムの弱そうな奴が言うから、抱腹絶倒
だ。





739 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 01:34:32 ID:fsblCmB8
一番オツムの弱そうな奴
一番オツムの弱そうな奴
果してホンマニ日本人かどうか?
この辺も疑った方がいいのではあるまいか?
日本社会で育ったとは思えないオツムの弱さ???

740 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:36:18 ID:qQZnMrsl
あれは信仰義認の誤謬をわざと起こさすように書かれているようなもので、
パウロの書簡の内容は別に間違いは無い。パウロの女は教会では頭にベールをかぶせ
女は男の前では黙っていなさいという記述も、バカモスキーのような智慧の無い者に
かかれば、単なる男尊女卑の記述でしかないとしか理解できない。がそこにはもちろん意味がある。
それはイエスの教えを理解する者なら、その話の裏に隠された深い意味を理解する。
あの記述一つとっても、パウロはイエスの伝えた教えを理解していたと、智慧のあえるものなら、
判断できるんだよ。パウロが救いとは行いによるものではないとしたのは、あくまで
当時の律法主義者の、当時の無意味な律法だけ守っていればそれで救われているという
ものであって、彼はそんな無意味な律法を頑なに守ったところで、救いとは関係ありませんよと
救いとは正しい信仰によるものだと言ったに過ぎない。もちろん正しい信仰をするのなら、
イエスの掟を守るのは言うまでも無い。彼はイエスの掟まで否定したのではない。
キリスト教徒を自認しながら、イエスの掟を頑なに拒み、誤謬でしかない信仰義認を妄信している
輩は、ここのエゴ丸出しで、自分たちの汚いエゴを我々に押し付けるココモスキーなどの
者達と同じ穴の狢だ。

741 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:39:43 ID:qQZnMrsl
>>738
おれのどこがどうオツムが弱いのか、答えてもらおうか。
おまえはオツムが弱い上に、非常に性悪な人間だということは合理的に
説明できるがな。イエスの教えはローマ軍か?このオツムの弱い御仁は、
あげくにイエスの教えはなかったなどといいだす始末。何十年と聖書に接していても
智慧の欠片も無いおまえは、解釈もちんぷんかんぷんだ。

742 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:42:53 ID:qQZnMrsl
>>739
たとえば俺が在日だったとする。だったらなに?

おまえのような低レベルの馬鹿が人の親になるものだから、今の日本人は
ドキュンだらけだ。こういう親に育てられた子供が、立派な人格者に育つのは、
らくだが針の穴に通るより難しい。

743 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:47:49 ID:qQZnMrsl
どうやらバカモスキーを代表するここのアホ共は、
現代の中東の出来事は全て偶然だと思っているらしい(苦笑)

744 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 01:59:44 ID:qQZnMrsl
イエスは、私が地上のことを話しても信じないあなた方が
どうして天の秘密を話したところで、あなた方が信じられるだろうか。という趣旨の
発言をしている。彼の教えの根幹は、それを信じる信じないは別として、そういう話なのだ。
賢い人はそれを受け止め、彼の教えとはなんだったろうかと、考察するものだ。
ところがバカモスキーのようなオツムの弱い人間にかかると、自分が信じられないからと
無理やり現代の常識に置き換えて解釈する。それが頭のいいことだと思っているので
こいつらのオツムの悪さは天文学的な数字だ。繰り返すが、イエスの教えとは
唯物論者の常識では受け入れられない類のものだ。賢い人はあらかじめそのことを素直に
受け入れ、その上でイエスの教えとはなんだったのかを考察する。その上で自分が
その話が信じられるか信じられないかは、別のは無しだ。自分がそんなことは有り得ないからと、
無理やり今の常識に置き換えて解釈して悦に入っている者は、相当にオツムが弱いだろ。
彼らの聖書解釈はそろいもそろって、肝心要のイエスの教えとはなんだったのかが、飛んで
抜け落ちてしまっている。

745 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 02:00:08 ID:ftRYMLyA
サロメおたぁ 今帰宅したよ疲れたよ_| ̄|○

何回でも言おう 互いに愛しなさいと本気ですこれが最高の戒めと思う

どのような信仰や宗教を持つとしても 互いに愛し合えない いや
互いに愛し合おうとしないそれは間違いだとこの際断言しよう

では寝ます サロメおたぁ 言語ゲームの行き着く先は迷路のようなポストモダンだから
かまわないほうがいいよといってみるノシ 

746 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 02:26:55 ID:qQZnMrsl
どっかのアホが宗教がなくなれば、人々の間の戦争はほとんど無くなるとか
能書きを垂れながら、やれ、半島はどうだとか日本人はどうだとかと、ナショナリズムを
ふりかざす。むしろ、宗教より、このナショナリズムのほうがよほど危険でもあり
人々の間に争いを招くだろう。繰り返し言うが、宗教が争いを起こすのではなく、ナショナリズム
をふりかざす、こういうエゴイズム丸出しの人々が、争いを起こすのだ。彼らのような人達が
宗教にはまると、宗教を盾にして違う価値観の者に自分たちの思想を押し付けたり、
自分たちと違う価値観の者と争う。ここにはそういう人が多く見受けられる。
何度も言うが宗教が争いを招くのではなく、こういう人達のエゴイズムが、人々に争いを招くのだ。

ちなみに次の時代では、宗教というものはなくなり、国という垣根も取り払われるだろう。
そしてエゴイズム丸出しの自己中心的な人は、徹底的に排除される。後に彼らは再び現れるだろうが、
神の国の実現の為には、初期の段階で、彼らの徹底的な排除はいたしかないものだ。
その時代に生きる者は、互いに尊重しあい、お互い隣人同士となるだろう。エゴイズム丸出しの人は
キリスト教の説く隣人ではない。そこのところを間違えてはいけない。

人々を救うのは既存の宗教ではなく、普遍の真理だけである。心配しないでも次の時代には、
宗教というものはなくなっている。既存の宗教で救われるものは誰もいない。人を救うのは、既存の
宗教ではなく、あくまで、今も昔もある、未来永劫に在る、普遍の真理なのだ。

747 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 02:32:33 ID:qQZnMrsl
>>735
だからよ、そんなことは聞いてねぇんだよ。
現世利益を追求する創価は、仏教かと聞いてるんだよ。
おまえ日本語理解できないんだな。

748 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 02:46:31 ID:qQZnMrsl
>>735
>宗教の起源は、「生存のための現世利益の追求」だよ

ちなみにこれは大きな間違いな。世界に名だたる宗教は、むしろ現世利益を否定するものだ。
釈迦の仏教などは、その際たるものだということも、この創価の人は知らないらしい。
現世利益をうたう創価がどの口で自分たちは仏教だと声高にいえるのか、理解に苦しむ(苦笑)

749 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 05:55:29 ID:fv/h1FA2
確かに葬蚊は糞だよね。その葬蚊が政権参加してんだからこの有り様も不思議でも何でもない。

しかし、聖書も「虚しい、虚しい」・・・

750 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/19(金) 06:34:32 ID:hdswsqMU
>>745
おつかれー
あたしも久々によく寝たよw

ですからポストモダンには宗教の再評価ですよw

ニーチェは文献でしか仏教を知ることが出来なかった
日本人も国家神道のブロックで生きたキリスト教の理解が妨害されていた
その点あたしらは有利ってこと

しっかしカラスの唄って成長したね
実践大事だわ確かに

751 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 07:16:55 ID:fsblCmB8
一番オツムの弱そうな奴
一番オツムの弱そうな奴
果してホンマニ日本人かどうか?
この辺も疑った方がいいのではあるまいか?
日本社会で育ったとは思えないオツムの弱さ???


752 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/19(金) 07:18:19 ID:hdswsqMU
>>751
お前の遺伝子が伝わってる娘のレベルも知れたものいだなぁw
統合失調のココモスキーさんw

娘もキチガイだろ?w
親父がキチガイだと結婚大変だなぁwwww

753 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 07:19:37 ID:fsblCmB8
一番オツムの弱そうな奴
一番オツムの弱そうな奴
果してホンマニ日本人かどうか?
この辺も疑った方がいいのではあるまいか?
日本社会で育ったとは思えないオツムの弱さ???


754 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/19(金) 07:20:52 ID:hdswsqMU
>>753
統合失調の症状がでてるね 誤訳スキーさんwww

755 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 07:57:23 ID:qN/3jEwO
>賢い人はそれを受け止め、彼の教えとはなんだったろうかと、考察するものだ。
>世界に名だたる宗教である、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教・・・

カラスさんは、キリスト教の歴史を無視したきれいごとばかり〜(゚.゚)♪ 
彼の言うことが真実だったら、どこの学校の教科書にもなるよン

でも、大多数の人達は賢いからしてませんね。
時代遅れの聖書は、人が描いた物語で小さな空想世界と知ってるから(笑

(^O^)/



756 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/19(金) 08:02:57 ID:hdswsqMU
>>755
歴史の誤りがどこから来たか

歴史に無知なお前さんにはわからんだろうなぁw

757 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 08:10:38 ID:qN/3jEwO
>>756
何でも知ってると豪語するサロメさん!
沢山、ミスレス打ってま〜すよン

御隠居氏のレスが一番卓越していて論理的に素晴らしい!!
忙しいから落ち


758 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2008/09/19(金) 08:19:35 ID:hdswsqMU
>>757
だからさW

きちんと指摘してごらんW

逃げ足速いよねーアンタwww

759 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 08:26:39 ID:qQZnMrsl
>>757
イエスの教えをなにひとつ理解していないということは、キリスト教を
なにひとつ理解していないということだ。このオツムの弱い子は、
何もわかっていないものを必死で貶しているらしい(大爆笑)

人の信仰に干渉し、人の信仰にケチをつけて、
あーでもないこーでもないと自分の価値観を押し付ける
このレベルの低い人間は、そのうちなにも反論できなくなると
タイプミスや、アンカーミスなどのあげ足取りで反論してくるぜ。
jこの手のレベルの低い人間のいつものパターンだからな。

760 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 08:38:36 ID:qQZnMrsl
>>755
キリスト教の黒歴史とイエスの教えとは相容れないものである。
彼らはキリスト教徒を自称しながら、イエスの弟子ではなかったということだ。
異教徒は殺してしまえ。異教徒との戦いは、ジハード、聖戦であると
声高に叫ぶ、教義からして殺人肯定の、テロリストムハンマドのイスラム教と
イエスの教えとを一緒にするな。

>時代遅れの聖書は、人が描いた物語で小さな空想世界と知ってるから(笑

だからさ、聖書をただの空想物語だというのなら、イエスの話したたとえ話の意味を
まず理解してからいってるんだろうな?という話をしているんだよ。
おまえ、聞かれたことに何一つ答えられないじゃないか。
イエスの説いた永遠の命とは、ここのスレ主がいっているような、一度死んだ者が
再びその人格とともに新しい身体と共に蘇って、今の私を認識している自我(人格)が
永遠に生きるというものではないぞ。批判するならまずイエスの教えを理解してからものを
いえと言ってるんだよ。なにもわからないものを、批判する人間は、馬鹿だろ。っていう
話をしてるんだよ。

761 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 08:45:32 ID:qQZnMrsl
ここでイエスを必死で叩いている人達に聞きたい。
彼がなにを悪いことをした?彼は、あなたがたは互いに愛し合いなさいと説き、
理不尽に自分を迫害をし、理不尽に自分の命をも奪う者達にも、恨むことなく、むしろ
彼らの為に祈ったほどの人物だ。いったい彼を叩く理由がどこにある?
かれは義人ではないか。その義人を必死で叩く君らは、当時のユダヤ人達と同じだ。
義人を必死で叩く君らの神経が俺には理解できない。君らは悪い父から出た者だ。
だから光を憎み、闇を好むのだろう。

もう一度聞こう。イエスの教えは、「あなたがたは互いに愛し合いなさい」だ。
この教えのどこが間違っている?心の醜い人達よ、答えろよ。

762 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 08:50:58 ID:qQZnMrsl
ま、ここで他人の信仰にケチをつけ、自分たちの価値観を執拗に押し付ける
エゴ丸出しの人達は、イエスのような義人は、本能的に嫌うのだろう。
そしてあなた方は互いに愛し合いなさいと説いたイエスの教えよりも、ムハンマドの
自分達と価値観の違う者、自分たちの価値観に従わない者は殺してしまえという
イスラム教のほうが、賛同できるんだろう。ここで必死に自分たちの価値観を押し付ける
人達なんてのは、そういうものだ。

763 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 09:06:38 ID:srA08n1c
>>713
>ご隠居氏の素晴らしい論理が際立ちま〜す。

ご隠居氏の一連の書き込みをみますと、
失礼ながら、相当に精神が病んでいると見受けられます。
そう感じているのは私だけではないでしょう。
そのご隠居の書き込みを称賛しているあなたがご隠居氏本人でないのなら、
あなたも相当に精神が病んでいると思われますね。

764 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 09:32:51 ID:qQZnMrsl
>>763
創価やイスラムのようなカルトに洗脳されると、皆こいつらのように
他人の思想の自由を認めず、自分たちの価値観を執拗に押し付ける
狂った人間になるんだろう。怖いね、カルトは。

765 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 09:44:18 ID:qQZnMrsl
>>755
>でも、大多数の人達は賢いからしてませんね。
>時代遅れの聖書は、人が描いた物語で小さな空想世界と知ってるから(笑

先進諸国の中で、これだけ無神論者が多いのは、日本人くらいのものだろう。
欧米ではむしろ、信仰心の無い者のほうが、軽蔑の対象となる。

ちなみにフリーメーソンってあるだろう。そこの掟は、友愛だ。
彼らは、決して宗教の話はしてはいけないし、政治の話もしてはいけない。
ただメンバーは、友愛の掟に従う。極端な話、有事の時でも、たとえば俗世間では
殺しあいをしているユダヤ教徒であるユダヤ人と、イスラム教徒であっても
彼らがメンバーであれば、その会合ではお互い、兄弟よと、友愛の情を示さなければならない。
彼らの間で、宗教の話をして、やれ、イスラム教徒だの、ユダヤ教徒だのと、区別して
争うのは許されない。それが彼らの掟だ。メンバーの会合の中で、宗教の話をするのは
禁じられているが、メーソンのメンバーになるには、なにかしらの信仰心が必要であり
無神論者は決してなることができない。そこのメンバーになるには、宗教の話しはご法度だが、
なにかしら至高の存在への信仰心は必要だということだ。これがある意味、
本当のキリスト教なんだよ。

766 :口には甘く、腹には苦いMetatron ◆SyZ09dFMKU :2008/09/19(金) 09:50:15 ID:Da/UeLAx
>>765
ずいぶんと呑気だな、お前www

767 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 10:16:16 ID:qQZnMrsl
■イザヤ書 46章
>このことを思い出し,しっかりせよ.そむく者らよ.心に思い返せ.
>遠い大昔の事を思い出せ.わたしが神である.ほかにはいない.わたしのような神はいない.
>わたしは,終わりの事を初めから告げ,まだなされていない事を昔から告げ,
>『わたしのはかりごとは成就し,わたしの望む事をすべて成し遂げる』と言う.

>イエスは彼らに答えられた、「あなたがたの律法に、『わたしは言う、
>あなたがたは神々である』と書いてあるではないか。
>神の言を託された人々が、神々といわれておるとすれば、(そして聖書の言は、すたることがあり得ない)
>父が聖別して、世につかわされた者が、『わたしは神の子である』と言ったからとて、
>どうして『あなたは神を汚す者だ』と言うのか。

>>766
なにが呑気だ?
本当のキリスト教は、表に出ているキリスト教会には無い。
本当のキリスト教は、今も表に出ないで、綿々と続いている。
そして実際に世の中を動かしているのは、彼らだ。
中東の出来事は、決して偶然ではない。
はっきりいって、キリストの統治する次の時代、神の国と呼ばれる社会が
実現しなければ、キリスト教の意味はない。神が我々に約束した次の時代、神の国
が実現できず、今の世の中、今の価値観のまま生きるのであれば、多くの者は救われない。
皆勘違いしているが、神とは、イエスの言うように、父の御心を語る人間のことをいう。
父の御心を知り、父の御心を語り、父の御心を実践する彼らは神々と呼ばれ、彼らが単独者と
なったとき、至高の存在へと昇りつめるだろう。我々にはマスターがいる。
古代に何者かが我々にマスタープランを引いた。世の中はまさにその通りに進む。
神との新しい契約、新約は必ず成就する。イエスの十字架により、旧約が成就したようにね。

768 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 10:18:23 ID:+kL1s0Pr
>>765
おいおい、日本人は無神論じゃないぞ。
ちゃんと盆には墓参りするし、正月には初詣する。
一神教じゃないだけだ。それは無神論というのとは違う。

日本の伝統的な神は、人間には制御出来ないことを行うモノだ。
それは自然物でも、死者でも構わない。
唯一至高である必要は全くない。

キリスト教的宗教観と違うからと言って勝手に日本の神を消すなよ。

769 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 10:24:34 ID:+kL1s0Pr
>>760
キリスト批判とキリスト教徒批判をごっちゃにしてないか?
批判する方も、キリスト教徒、キリスト教会の悪行をキリストの教えとごっちゃにして批判してる奴がいるけど。

キリスト教徒がイスラム教徒批判できるわけないじゃん。
十字軍であれだけ無辜の民に対して虐殺強姦強奪したキリスト教徒がさ。

キリストの教えを自分の都合の良いように解釈して、自分たちの略奪を正当化するために
使っているキリスト教徒が批判されている事は忘れてはいけない。

俺はキリスト教は信じていないが、キリストその人は素晴らしい宗教改革者だったと思う。
しかし、現代のキリスト教徒は大半がイスラム教徒より独善的で原理主義的だ。

770 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 12:15:29 ID:g/t6rDec
>>769
>キリストその人は素晴らしい宗教改革者だったと思う。

そこがおかしい。

イエスが、ユダヤ教を「改革」して、一体何が生まれたか。人間同士の大虐殺
と大紛争が、飛躍的に増加しただけではないか。

ユダヤ教徒は、キリスト教徒ほど人を殺していない。むしろキリスト教徒から
殺されるばかりである。キリスト教徒によるホロコーストが、その到達点。
ホロコーストのプログラムは、ルターによって殆どそのまま提案されていた。

クリスチャンの「悪行」は、そのイエスを「熱心に信じた」結果に過ぎない。
「木は、実によって知られる」。イエス(パウロ)が「根本的に誤っていた」
ことに思い至る必要がある。

771 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 14:54:41 ID:4odUGJ1B
被殺害数が増大するのは手段の向上にもより

772 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 15:04:16 ID:4odUGJ1B
隠居真理教団をなのり大虐殺をしたら

773 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 15:37:36 ID:SXElOu+q
日本では、宗教にハマった人が来ると、家庭でも職場でも嫌がられるし敬遠される。
それは何故か?その宗教の教義・教祖の話ばかりで、皆に勧誘するから・・・
職場も解雇されるみたいだしね
やはり、誰でもおかしいな?・・・と思うのは皆、同じw


774 :なみたん:2008/09/19(金) 15:52:20 ID:CuqCTBpf
>>773

田舎の話ですが日本では有無言わさず地方の葬儀習慣に合わせさせられ、町から全戸有料でお札買わされ、時報の音楽も宗教色入り、公民館の有線放送で寺の行事連絡してますよ(苦笑)

775 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 16:04:08 ID:SXElOu+q
>>758
>逃げ足速いよねーアンタwww
信徒の献金で食べている身分ではないから、忙しいのw

>>746
>ちなみに次の時代では、宗教というものはなくなり、国という垣根も取り払われるだろう。
そしてエゴイズム丸出しの自己中心的な人は・・・・・未来永劫に在る、普遍の真理なのだ。

妄想全開乙!!宗教のドグマの中でぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる〜
妄想全開乙!!宗教のドグマの中でぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる〜
妄想全開乙!!宗教のドグマの中でぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる〜

カァー、カァー、カァーーーーーーーーーーーーとカラスは、うるさいなぁ(笑)




776 :キララ☆:2008/09/19(金) 16:04:54 ID:ZN+PXGDA
エゴ丸出しのカラスさん、ご隠居氏の素晴らしい論理が際立ちま〜す!!


■<信教の自由はあるが、又、義務も当然ある> ■

悲惨な自爆テロや宗教紛争・戦争、隠された野望・陰謀・宗教犯罪・・・・

等々で、人々を不幸にしたり社会に迷惑をかけないという義務も守るべし。

人類は隠居氏のお言葉に絶対服従すべきで〜す。

ご隠居氏に服従すれば世界に平和が来ま〜す。

人類は隠居氏を天才精神医学者、天才科学者と認めるべきで〜す。



777 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 16:06:01 ID:SXElOu+q
>>760
>なにもわからないものを、批判する人間は、馬鹿だろ。っていう話をしてるんだよ。
【観念は百人百様】
何も分からない大昔の聖書の話を、さも分かったように言う方がおバカさん!

>>763
◆6:41−47.
イエス「私は天から降ってきたパンである」。
聴衆…『これはヨセフ(人間)の息子ではないか』。
イエス「信じる者が永遠の命を得る」。

イエスとて普通の人間、あなたの周囲に家族に「私は天から降ってきたパンである」
と言う人がいたら?・・・・・・・・医者に行かなければなりません。(笑



778 :キララ☆:2008/09/19(金) 16:08:44 ID:ZN+PXGDA
又又、全くメクラのカラスさん! パチ パチ パチ♪〜

カラス・サロメさんもご隠居氏のように仏陀もイエスも超えましょう
ご隠居氏の言葉は絶対正義なのですよ♪♪
そうすればご隠居氏の自作自演なんてお馬鹿なことは言いません。

そして大昔の物語・聖書への執着を潔く捨てましょう!
世界の天才科学者ご隠居氏のお言葉に従い服従しましょう♪



779 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 16:11:56 ID:7BghhyGU
そうかぁ?
こんだけ色々な宗教が犇き合っている日本では、ふつう宗教の話なんて
しないんじゃないのか?職場で勧誘って、どんな仕事やってんだよ?
葬儀屋とか?それともお前が自殺しそうな人相なのを気の毒がって、
声かけてきたとか?(w

780 :キララ☆:2008/09/19(金) 16:12:27 ID:ZN+PXGDA
777の素晴らしいご隠居氏のご指摘感服汁〜!!
天才精神医学者ご隠居氏は素晴らしい♪

ご隠居氏の本能、生命と言う天才科学者のお言葉に服従すべきで〜す♪

781 :キララ☆:2008/09/19(金) 16:29:28 ID:ZN+PXGDA
偉大なる天才科学者ご隠居氏のレスもっと読みたい出で〜す♪

沈黙は嫌で〜す♪

782 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 16:37:39 ID:4odUGJ1B
嫌いな一神教同士が殺し合いするなら文句なしだろ

783 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 17:03:45 ID:qQZnMrsl
>>775
結局聞かれたことに何一つ答えられない、ねにも理解していないことを
必死で叩く低脳。毎日毎日嫌がらせを続けるのは楽しいか?
おまえよ、今の中東の出来事は、妄想だと思ってんの?何も知らない人はおめでたい。
まぁいい。中国が軍事的に動き出したら、いよいよ大殺戮は本格化する。
そのときにでも、俺の話を思い出すんだな。

ところでおまえ、お前のやってることは立派な他人に対する嫌がらせだ。
このような掲示板でも、健常な精神の持ち主なら、、他人に対する嫌がらせなどしないものだ。
荒らし行為をネチネチといつまでもやる奴は、どこか壊れてるんだよ。
日常の生活が満たされている人はまずやらない。大抵引き篭もり等の、自分の今の境遇に
不満を覚えている、お前のような奴がするんだよ。おまえ、リアルの生活じゃつまらない人生
送っているんだろうな。おまえけに相当なブスだろ。こんなとこで他人に嫌がらせして
鬱憤を晴らしているお前は、本当に哀れな人だね〜。

784 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/19(金) 17:13:26 ID:qQZnMrsl
ブスほど、このような掲示板ではやたらと絵文字つかったり、
かわいこぶったコテつけたりするんだよね。御外いい女は、こんなところでは
かわい子ぶったりしないものだ。心の醜さは、得てして容姿と比例する。
ブスほど、こういう掲示板で、ネチネチと他人たいする嫌がらせ、荒らし行為をするもんさ。
いろんな意味でリアルの社会では、満たされていないからね。
少なくとも、何も理解していないものを、自分が気に食わないからと、それを信じている
ここの人達に、ネチネチと嫌がらせをつづけるこいつの心は、とても醜い。それだけはいえる。

死んで終わりの人は、その人生そのものが意味のないものなんだから、他人に嫌がらせ
を続けて生きるくらいなら、早く死ねばいいのに。

785 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 18:15:56 ID:oqyDpeVG
>>782
>嫌いな一神教同士が殺し合いするなら文句なしだろ

全く逆である。人間としての信者は、生まれながらに善であり、神である。
人間としての信者を大切に思うが故に、生まれながらには善である彼らを
狂わせた一神教を批判している。信者は、宗教の、「悲惨な犠牲者」なので
ある。

786 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 19:03:35 ID:srA08n1c
>>780
ご隠居氏の一連の書き込みをみると、彼は典型的な草加の人ですね。
あなたはキリスト教は叩くが、カルトの草加のご隠居氏には好意的なのは、
あなたもそのお仲間たからなんですね。
ここのイスラム教徒にしろ、草加の荒らしにしろ、
カルトの思想の押し付けは、みていて反吐がでますね。

787 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 19:53:27 ID:a8CU9I1x
線路に落ちようとする敵を足蹴にすること、を善とする彼らをどのように説得
するというのだ?あなたを落とそうとするだけだろ。無理な話だ。

788 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 20:30:55 ID:HqI8A7zf
人間が、生まれながらにしてもっている悪は、悪に陥る傾向のことで、
遺伝悪といいます。これが原罪の意味です。人は、この悪を自力では排除
できません。なぜかと言うと、悪は地獄からのものであり、人の中でこの
悪と戦ってくださるのは、神(主)しかありません。

神が、その神聖な愛と英知で万物を治められることを、神の「み摂理」といいます。
神は、善人にたいしても悪人にたいしても、いつもこの「み摂理」で、天界の方に
人を導かれておられます。
自力で排除できないと言いましたが、人が自力で悪を排除しなければ、
神の「み摂理」は働きません。神の「み摂理」は、それほど密やかに
働いておられるのです。なぜかと言うと人の霊的自由を奪ってしまうからです。
人の霊的自由を奪ってしまうと、もう自己改革ができなくなります。
人が、それを自力で行うとき、はじめて「み摂理」が働きます。
したがって、信仰のみで人が義認されることは、絵空事と言うほかはありません。



789 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 20:35:10 ID:srA08n1c
>>785
狂っているのはどうみても、草加に洗脳されたあなたの方でしょう。
いい加減思想の押し付けはおやめなさい。
しつこく、しつこく自分逹の思想を押し付けるのは、
カルトそのものなんですよ。と言っても草加に狂わされたあなたは
聞く耳もたずなんでしょうけどね。

790 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 20:48:15 ID:ZdMqVkft
>>786
>カルトの思想の押し付けは、みていて反吐がでますね。

多数のカルト信者と対応してきたが、キリスト教系やキリスト教の要素を真似た、
または取り入れたカルトの信者の、嵌り込みと狂気の度合いが最も大きい。
その根源を追求している訳だ。

キリスト教は、2000年間、その洗脳から離脱できず、殺した人間の数も、
他のカルトとは桁違い。「カルト」を、「特に反人間的・反社会的な宗教」
と定義すれば、キリスト教こそ、最大・最悪の「カルト」であることは、動
かぬ結論である。

その原因が、イエス(パウロ)であることは、否定することができない。

イエス以降の、人類のすべての大虐殺・大紛争には、イエス(パウロ)の影が
ある。マルクス、ヒットラー、スターリン、現在のアフリカの大虐殺の指導者
たちも、すべてクリスチャンである。5000万人以上の犠牲者を出した、中国
の「太平天国の乱」もキリスト教。

その最大の原因は、「あるがままの人間に対する愛(生命愛)の欠如」と、原
罪が戒めたはずの「自分が神になった積りの、我のみ良しの、善悪観念による
二分法」である。

791 :W(OpO)W:2008/09/19(金) 20:59:25 ID:Yaa8d7w9
神はヴェーダによって法と呼ばれ、仏陀の人生は法そのもの
実は無神論者ではなく、いつも内なる神に満たされていたです

792 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 21:36:57 ID:HqI8A7zf
>>790
>キリスト教は、2000年間、その洗脳から離脱できず、
ちゃんと「洗脳」の意味を調べてきなさいね。

>その原因が、イエス(パウロ)であることは、否定することができない。
イエスとパウロをいっしょにすると、笑われますよ。

>イエス以降の、人類のすべての大虐殺・大紛争には、イエス(パウロ)の影が
>ある。マルクス、ヒットラー、スターリン、現在のアフリカの大虐殺の指導者
>たちも、すべてクリスチャンである。5000万人以上の犠牲者を出した、中国
>の「太平天国の乱」もキリスト教。
外面で、主よ主よといいながら、内面では、主の教えに背を向けた人たちであることが理解できないの?
その人たちのことを福音書では、なんと書かれてあります? 

>その最大の原因は、「あるがままの人間に対する愛(生命愛)の欠如」と、
それは、主の教えに背いて自己愛におぼれた人たちのこでしょう。
主の説かれた隣人愛の意味が理解できますか?

>原罪が戒めたはずの「自分が神になった積りの、我のみ良しの、善悪観念による
>二分法」である。
原罪の意味をとり違えているだけです。
>自分が神になった積りの、我のみ良しの、善悪観念による
それが自己愛に芽生えたと言うことを意味しています。


793 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 21:45:36 ID:ZdMqVkft
>>792
クリスチャン(イエス・パウロ依存症患者)の定義:

「イエスは絶対に批判できず、すべての責任を、専ら「他の人間」に押
し付ける人々」

794 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 21:50:01 ID:HqI8A7zf
>>793
で、洗脳の意味は理解できたの?

>クリスチャン(イエス・パウロ依存症患者)の定義:
「イエスは絶対に批判できず、すべての責任を、専ら「他の人間」に押
し付ける人々」

それは誰がつけた定義ですか?



795 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 21:54:06 ID:xJsUak3V
>>786
又又、「クリの霊性の無さ」が証明されました。↓ (*^。^*)

>>780のキララ☆も他のレスも、全て卑劣なクリの【偽物の成りすまし】★

本物は既にいません。残念ながら、本物は、こんな下品・軽薄ではありません。(笑)




796 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 22:02:00 ID:xJsUak3V
>>783-784
御隠居氏の論理を何も理解出来ないクリ達も同様。それに人格批判まで飛び出して
幼児より幼稚w それが宗教にハマるということ。

カルトの大親分がキリスト教だから、批判してるのです。
キリスト教とオウムは、親子w キ教のマネをしている。

>多数のカルト信者と対応してきたが、キリスト教系やキリスト教の要素を真似た、
または取り入れたカルトの信者の、嵌り込みと狂気の度合いが最も大きい。
その根源を追求している訳だ。(>>790

お先にお休みなさ〜い☆


797 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/19(金) 22:08:03 ID:Pnb452bx
>>773
>日本では、宗教にハマった人が来ると、家庭でも職場でも嫌がられるし敬遠される。
>それは何故か?その宗教の教義・教祖の話ばかりで、皆に勧誘するから・・・
>職場も解雇されるみたいだしね
>やはり、誰でもおかしいな?・・・と思うのは皆、同じw

「宗教」と「聖書」を同一視しないでね。聖書は宗教書じゃありませんよ。
ここは聖書について学ぶスレです。
宗教をおすすめしているわけではありませんし、キリスト教のスレでさえありません。

宗教について批判したいなら、キリスト教関係のスレで、元気よくやってきてください。
彼らは頭が固いので、批判しがいがあると思います。
ちなみに、僕も「宗教」は好きではありません。
僕が好きなのは、イエス・キリストであり主なる神なのですよ。


798 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 00:43:18 ID:epAO6u+j
>>797
>僕が好きなのは、イエス・キリストであり主なる神なのですよ。
旧約聖書にイエスが生まれた後に編纂された書物は一つもないよ
それなのに、旧約聖書がイエスの予俵だなんて言ってるのは
アホの宗教屋だろ...キリスト教徒が宗教を離れて旧約聖書を
読むのは不可能だよ

799 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 00:47:55 ID:ciAl2Skv
>>797
>僕が好きなのは、イエス・キリストであり主なる神なのですよ。

それが、「キリスト教に嵌る」ということなのだよw。

他スレの「頭の固い」クリコテと、何ら違いはない。

なお、「聖書を学ぶ」というのなら、その「批判」も出来なければならない。
批判のないところには、本当の理解などありえないよ。単なる「小学生のお勉強」
に過ぎない。

800 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 01:15:44 ID:TD3RtghY
キリスト教はナザレのイエスが作ったんじゃなくて、パウロたちやその後継者(?)たちが意図して作ったものなのだから、

パウロを否定した上でのキリスト教を信じるなんておかしいし、パウロを否定して【イエス教】を作り上げるにしたって福音(←実際には欺瞞に満ちたバッドニュース)書自体イエスどころかその弟子たちが書いたわけでもないのだから、【信じる】なんて馬鹿げてる。

そういったことは他宗教にも言えることだけどね。

神さんがいるとしたら、福音書の愛に満ちた神さんより旧約の恐い神さんの方が現実に近いかもよw

俺が聖書で好きなのは伝道の書かな?あれには「ホントそうだよなぁ」って気がする。

801 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 01:17:01 ID:ciAl2Skv
>>794
>で、洗脳の意味は理解できたの?

長年、カルト対策に携わっているので、洗脳とマインドコントロールの相違
など百も承知だ。

しかし、パウロによる「罪概念」の植え付けによる「脅迫」と、「許し」「贖罪」
という「甘言」とを利用したマインドコントロールは、「如何なるカルト」の
洗脳よりも悪質な勧誘手段である。これは、人間の精神に対する虐待(spiritual
abuse)という「犯罪行為」である。

「アダムが『木の実1個たべた』という罪が、全人類に遺伝する」とは、一体
何だね。アダムの行為は、「後天的」なもの、即ち、獲得形質。「獲得形質は
遺伝しない」。これが、生物学の定説である。

原罪の意味は、「神の命令に反して木の実を食べた」などという単純なものでは
なく、「知恵付いて自然状態を離れ、神のようになり、善悪の観念などを作りあげ、
神を思考、解釈するようになったこと」である。神の禁止命令の「内容」に反
することが、「原罪」なのである。旧約聖書は、「物凄い真理」を語っている
ことを忘れてはならない。

イエスもパウロも、「原罪」の意味を理解できなかった。絶えず、自分勝手な
善悪を語り、神を解釈するイエスやパウロこそ、原罪の典型であることに思い
到らなければならない。

一神教は、この原罪故に、「神の怒りに触れ」、果てしない殺し合いと争いを
続けているのである。

そのクリスチャン(イエス・パウロ依存症患者)の定義に付いて、異論がある
かね。

802 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 01:26:05 ID:TD3RtghY
聖書を信じるなんて、次郎長をとんでも美化して書かれた「東海遊侠伝」やさらにそれに輪をかけた講談・浪曲を史実だと信じるのと同じ。

803 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 01:57:20 ID:0Wlp949K
あかさた

いきしち


まわいい

いずのき

804 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 01:58:07 ID:0Wlp949K
あかさた

いきしち

まわいい

いずのき


805 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 03:40:56 ID:cCR0Z6Tk
ここをみてると、創価の性質の悪さかよくわかりますね。
僕も昔、しつこく思想の押し付けくらい、しつこく勧誘くらい、
なんとか断ったら、呪いの言葉を吐かれた被害者なんだよね。
ここの創価のキリスト教徒に対する異常なしつこさで
自分達の思想を押し付けているのをみると、あのときのことを思いだすよ。
カルトって本当、嫌だね。

806 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 07:51:31 ID:YYOxDtH4
>>805
キリスト教は、「罪」という脅迫と「救い」「贖罪」という甘言、他国の侵略
異教徒の強制改宗、従わない者は皆殺し、という「最も悪質な方法」で、世界
中にその「思想」を押し付けて回ったぞ。

しかも、その「思想」は、徹底的な「人間軽視と否定」ではないか。

パウロの狂気の宣教を見よ。

807 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 08:08:24 ID:0xW7cekA
>>806
あんた、イエスとキリスト教徒に対して徹底的に「人間軽視と否定」してるよね。
いや、誰に対してもかな。
もしかしたら自分自身に対してもそうかもしれないね。

808 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 08:46:44 ID:YYOxDtH4
>>807
既に述べたように、「人間としてのキリスト教徒を大切に思うが故に」、
生来善である彼らを狂わせて悪に走らせた、イエス(パウロ)とキリスト教を
批判しているのである。

それを「人間としてのキリスト教徒の軽視・否定」としか受け取れないところ
に、クリスチャンの病理がある。神とイエス(パウロ)の批判が絶対に出来ない
心理状態に陥っているので、非難がすべて「人間」に向けられてしまうから
である。

809 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 09:14:55 ID:zGY48NFM
>>801
>「アダムが『木の実1個たべた』という罪が、全人類に遺伝する」とは、一体
>何だね。
アダムやエバを、人祖と思っているところから抱く疑問ですよ。
アダムやエバとは、人の名であっても、我々人間の先祖のことではありません。
それは、カイン以前にも人々がいたことは、カインが追放されたとき、
「わたしに出会うものはだれであれ、わたしを殺すでしょう」(11.14)
と言ったことからわかります。

>神の禁止命令の「内容」に反することが、「原罪」なのである。
>旧約聖書は、「物凄い真理」を語っている
>ことを忘れてはならない。
それでは何故、主なる神はそのことを知っていて、止められなかったのですか。
神が人祖に罪を犯させて、またその罪を取り除かれるのでですか?
純粋無垢なアダムやエバに罪が犯せるでしょうか。
そんなことが、出来る神が全能といわれるでしょうか?

>>807
本当に、こんな人が長年、カルト対策に携わっているなんて言うと、
恐怖さえ感じます。なんら合理性もない根拠を並べて、イエスを目の
敵みたいに繰り返しているところなどは、異常感さえおぼえます。
この人は、主イエスが言っておられることは、何ひとつ理解ができて
いないのでしょう。


810 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 09:40:14 ID:D2QxGsgw
>>808
「人間としてのキリスト教徒を大切に」思って下さってありがとう。
でも残念だけど、大切に思われてる側は大切に思われてると感じないよ。あなたの言葉には悪意しか感じない。

「人間としてのキリスト教徒の軽視・否定」としか受け取らないためにはどうしたらいいでしょうかね。

811 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 09:51:30 ID:YYOxDtH4
>>810
>あなたの言葉には悪意しか感じない。

それはあなたが、イエス(パウロ)に心理操作に嵌って、すべての人間を
「罪人視」し、「人間そのもの」に対する悪意と憎悪を抱くようになってしま
ったからですよ。

812 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 11:56:11 ID:zGY48NFM
>>811
>それはあなたが、イエス(パウロ)に心理操作に嵌って、、、、、
初代のキリスト教には、生前のイエスの生き様を重視しないパウロのような
イエス理解に対して、生前のイエスの言行のなかにこそ「福音」というもの
の本質があるのだ。という思想があった。
上述したような、イエスの血による贖罪と復活ということに福音の中心を置く
ようなパウロ的なイエス理解は、「キリスト論的解釈」と呼ばれるが、そういう
理解に対して、とりわけガリラヤでの生前のイエスの言行うちに、新しいもの
を見た人々の流れが、「福音書」という新しい文学形式を創造して、
その「キリスト論的解釈」に反対するような方向に批判を加えたのである。
それが「マルコによる福音書」である。「イエスとは誰か」から。

このように、パウロのイエス理解はちがうのです。
パウロは、自分が神になりたかっただけです。だから、かれには、
イエスの譬え一つ引用することさえ許されなかったのです。



813 :810:2008/09/20(土) 11:59:53 ID:17FhG/BY
>>811
いえいえ、私に対する考察ではなくて私がどうしたら良いか答えてください。

814 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 13:20:48 ID:7XxdGQsr
>>813
>>810同様に
それは、今だ出家しているオウムの人達もご隠居氏に同じことを言うでしょう。
疑わしいけれど、もし、本当にそう思われるなら(今、浮かんだだけの私見ですが・・)

まず、「脱洗脳」・・方法は、聖書・教会などのキリスト教関係・人脈から離れ、ご自分
で他のこと・興味あること・体を鍛えること・・等に行動を変更されたら如何ですか?
ちなみに名無しですが、ご隠居氏ではありません。


815 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:03:51 ID:uFewCr0D
>>809
パウロの宣教手段は、専ら、「アダムの罪の遺伝」という脅迫と、イエスの
「贖罪」という甘言ですよ。この脅迫と甘言による強力な心理操作(洗脳)に
よって、クリスチャンが出来上がったのです。その意味で、クリスチャンとは、
すべて「パウロ教徒」なのです。パウロにとって、イエスは、パウロの「振興
義認」というエゴのための道具に過ぎません。パウロの心理操作、それにヨハ
ネ福音書のオカルト性、黙示録の妄想なしで、3共観福音書だけでクリスチャ
ンになった人は皆無なはずです。

創造主は、創造後は、一切の責任を被造物に任せました。創造が完全であり、
被造物に対する大いなる信頼があったからです。従って、創造後は、神は、人間を
救うことも、忠告することも、その他一切の介入はしません。彼が吹き込んだ、
「生命」に、すべての判断を任せたのです。しかし、「人間の身の程の忘れて、
神のようになるな」という戒めだけを残したのです。

その戒めを忘れて「神になった積りになり」、「神など思考し、解釈し、饒舌
に語る」一神教徒だけは、神の怒り触れ、禁じられたはずの「神の名」で、果
てしない殺し合いを続けているのです。

なお、カルトに対する対応には、一定の基準があります。それは、現実と社会
常識からの逸脱、及び家庭の破壊です。いずれも、人類が共同体として生存を
続けるために、創造主が与えた不可欠な要素だからです。

816 :810:2008/09/20(土) 14:04:29 ID:tQW15+u5
>>814
わたし、人苦手なんでほとんど教会行かないんですよね。
イエスを信じるようになったのは窮地に陥った時にイエスの名前で神様に祈ったら不思議とうまく行ったからで、聖書からイエスを信じるようになったわけじゃないですし。

ご隠居からはどうしたら良いかが読みとれなかったので、ご隠居の望みを尋ねさせていただきました。

817 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:27:32 ID:sjKiWWVK
キリスト教会が行なってきた魔女狩りの拷問

具体的な拷問の方法としては、魔女として逮捕された者は、まず身体検査を受ける。
そして身体のどこかにアザがあれば、そこを針でつついて血が出るかどうかを調べられる。
血が出なければ、このアザが悪魔の紋章、すなわち魔女の証拠ということになり、裁判でも100%有罪の判決が降りて処刑される。
また証拠がない者については徹底した拷問が行われ、自分が魔女だと自白するまで痛めつけられた。
拷問の最初は、まず裸にして全身の毛を剃(そ)り、縄で身体を縛った上でムチで叩きのめす。
そしてペンチで指を絞めあげ、身体に熱く焼けた焼きゴテを押しつける。この時点で魔女だと認めなければ、更に次の段階に移る。
身体をハシゴに縛りつけて手足を四方に引っ張り、手足の間接を全てはずす。
裸のまま何時間も天井から吊るしたり、手足の指を切断する。あるいは真っ赤に焼けた鉄製の靴を素足にはかせる。熱く焼けたペンチで身体中の皮膚をはがしたりもした。
また、鋭いクギが突き出た鞍場(あんば)にまたがらせたり、同じくクギが突き出た鉄仮面をかぶらせたりといった拷問方法もあった。
これらの苦しみから逃れるには「自分は魔女です」と自白するしかなかった。
そしていったん認めてしまうと100%死刑にされた。
死刑の方法で一番多かったのは火あぶりの計だったが、見せしめのため、多くの人の目の前で行われのるが一般的であった。
また、八つ裂きにされたり、全裸のまま手足を縛られて川に投げ捨てられたり、飢えた犬に襲わせるという処刑の方法もあった。
魔女として逮捕された者は処刑される前に全財産没収ということにもなっており、
教会側は、この没収した財産を魔女狩りの経費に当てていた。まさにこの時代のヨーロッパの女性にとっては、地獄そのものの時代だったのである。
http://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki2/106majo.htm

それでも教会を信じ続けるマゾヒストの集まりだね、クリスチャンは。





818 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:33:00 ID:uFewCr0D
>>816
>イエスを信じるようになったのは窮地に陥った時にイエスの名前で神
>様に祈ったら不思議とうまく行ったからで

カルトの人は、皆同じことを言いますよw。

しかし、「祈ったこと」と「うまく行ったこと」との間の因果関係は
確認されたのでしょうか。ご自分の努力、他者の援助、それに単なる
偶然かも知れません。「偶然」も、詳細に調べれば、必ず「現実上」
の因果関係がありますが、面倒だからいちいち調べず、単に「偶然」と
略称しているだけです。いずれにせよ、「現実にあらざる、空想上の
神」は、現実界には如何なる物理的・化学的影響も及ぼすことは、絶対
に不可能だからです。上記の「現実上の因果関係」でうまく行ったに過
ぎないのに、それを逆に「祈り」に結びつけたのです。

祈っても祈らなくても、良いことも悪いことも、何の変わりもなく起きて
いるのです。ある目的を持って祈ると、それに注意が集中しますから、
多くの出来事のうち、その目的にかなった「良いこと」だけが目に入る
のです。しかし、同時に、無数の悪い起きているのです。ある一点に観
客の注意を集め、他の点に対する注意を逸らす「手品」と同じ原理です。

虫歯で歯が激しく痛むとき、いくら祈っても、世界中の宗教者が祈っても、
絶対に治らないが、鎮痛剤1錠のめば、ケロリと治るのは、一体何故
でしょうか。

819 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:39:16 ID:iTXbdDTJ
オリンピックで優勝するとひざまずいて感謝の祈りを捧げる人が多いですが、
負けた選手はみんな祈らないから負けたのでしょうか?
勝った選手は祈ったから勝ったのでしょうか?

820 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:43:47 ID:iTXbdDTJ
イエスの名前で神に祈る人が多いのにどうしてキリスト教は衰退し、
イスラム教や中国のような国が復興していくのでしょうか。

821 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:49:38 ID:OxGzj1tS
>>816
教会にも行かないで聖書もそんなに読んでないのなら、どの名前でも良い
のでは?困った時は、誰でも見えない物に祈るでしょ。偶然なのでは?

それにしては、このスレに投稿する位だから、熱心に思いますけどねw(笑
落ち


822 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 14:59:18 ID:uFewCr0D
>>820
それは、イエス(パウロ)の教えが間違っていた、具体的には、「創られた
ままの人間そのものに対する愛」がなかったからです。人間の肉体的本能に
基づかない、頭の中だけで考えた「ユートピア(神の国)思想」は、
必ず挫折します。それは「創造」に反しているからです。キリスト教から
発生したマルクス主義の悲惨な結末がその好例です。中国は、経済的に
共産主義を捨ててから、初めて立ち直りました。

イスラム教は、キリスト教の影響を大きく受けており、いわばその「焼
直し」ですから、キリスト教と同じ問題を抱えています。しかし、キリ
スト教とは異なり、人間であるイエスを、こともあろうに創造主の地位
にまで持ち上げるという冒涜を犯さなかったことは、進歩であると言え
ましょう。

823 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 15:21:16 ID:6csjq0Qh
>>796
>御隠居氏の論理を何も理解出来ない

理解できない?こいつの能書きは単なる湯物論で、唯物論者の価値観を
語っているのに過ぎない。こいつの言っていることは理解したうえで、あなたの
価値観と、私たちの価値観は違います。あなたの価値観を私たちに押し付けないで
下さいと言っているんだよ。こいつの話は、仏教的にみても、単なる凡夫の能書きに
過ぎない、その道を行くものなら、全く価値の無いものだ。

イエスを批判するなら、まず、イエスの教えを理解しているのかと尋ねた。
だがこいつは何一つ答えられずに、誰でも知っている凡夫の知恵を、しつこく他人に
押し付けている。こいつはつまりイエスの教えを何一つ理解していないのに、
理解していないものを、必死で貶し、叩いている。
こいつはどれだけ論破されてもそれは無視して壊れたスピーカーのように
論破された価値の無い持論を永遠にキリスト教徒達に押し付けている。
宗教に嵌るも、嵌らないも他人に迷惑をかけなければ、おまえには関係ねぇだろ。
で、おまえに聞いてやろう。創価はカルトじゃないのか?ここでキリスト教を叩くんなら、
もちろん現代のカルトの代表、創価も叩くんだろうな。今のカトリックなどの
メジャーなキリスト教は、カルトとは呼べない。むしろカルトを叩くんなら創価を叩くべき
だろう。ほれ、http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1218825797/
創価のスレだ。カルトを叩きたければ、早くここに行って、叩いて来い。
おまえが創価じゃなかったら、ここでカルトを叩くと異常な粘着力を示せるなら、
ここにもいけるだろ。ニヤニヤ。

824 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 15:25:34 ID:6csjq0Qh
>>795
>又又、「クリの霊性の無さ」が証明されました

霊性??そんなもんねぇよ。案外怪しげなしゅうきょうやってんのは、おまえのほうじゃ
ねぇのか?霊の意味もわかってないくせに、
霊性とかわけのわかんねぇこといってんじゃねぇよ、池沼。

825 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 15:38:04 ID:6csjq0Qh
>>806
おまえよ、いつも思うんだがいつの時代の話をしてるんだよ。
マルクスだのなんだのと、創価に埋め込まれたプロパガンダをここで垂れ流すなよ。
マルクスや、スターリンなどが、血の粛清などをしたのはあくまで政治的目的の
手段であって、宗教的な意味合いはないどころか、イエスの教えからは
真っ向から反するものだ。たとえイエスを主よ、主よと口先だけの信仰告白をしたところで、
父の御心に背く者の運命はどうなるか、聖書には書いてあるだろう。それは無視か?
何度も言うが、キリスト教が争いを招くのではなく、おまえのような肉の思いに忠実で、
エゴイズム丸出しの奴が宗教に嵌ると、宗教を盾に、異教徒を排除したり、自分たちの
思想を押し付け、他者と争うことになるんだよ。創価のおまえが、まさにそうだ。
今のカトリックは自分たちの宗教を押し付けたりしないし、思想の自由を認めている。
また異教徒との争いより、異教徒とも手を組み、皆が平和に過ごすことを望んでいる。
今のカトリックに、カルトの要素ははない。だが不思議と創価などは、プロテスタントより、
このカトリックを、目の敵にし、攻撃してくる。

826 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 15:53:29 ID:6csjq0Qh
>>801
この馬鹿は、パウロのいう原罪の意味もまるっきり理解していないのに、
神を思うことが原罪などと、抱腹絶倒ものの、珍説を我々に押し付けるわけだ。
イエスは言われた。我々は生まれ付いての人殺しだとね。
我々は肉の牢獄に囚われた、生まれ付いての死刑囚。我々の持つ、生まれついての
罪ゆえに。人は善と悪とに分ける知恵を身につけた。と同時に死が入り込んだ。
パウロの原罪の意味は、釈迦の教えをたしなむ、仏教徒達に、スッタニパータの最終章の
涅槃について学生に語っている釈迦の教えと絡めて説明すると、よく理解してくれる
ものだ。人は識別してはいけないものを識別してしまったのだ。
キリスト教の原罪論の意味は、むしろキリスト教徒より、仏教徒のほうが理解しやすいものだ。
ただし、日本に毒されている、もはや釈迦の仏教とはいえない、創価を代表する、
唯物末法仏教徒達には、いくらいっても理解できない。相手の思想を批判するなら、
まず相手の思想を理解してからするものだが、ここの池沼達は、イエスの教えを全く理解も
していないのに、意味も無く、イエスを批判している。俺は、というか、皆もここの隠居とかいう
性質の悪い創価の能書きは理解している。というか単なる唯物論的価値観しか語っていない
こいつの話は誰でも理解できる内容だ。その上で、あなたの価値観と私の価値観とは違います。
あなたの価値観に私達は干渉するつもりは無いので、あなたの価値観を私達に押し付けないで
下さい。と、言っているんだよ。

827 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 16:00:32 ID:HxNL5OA2
>>815
>パウロの心理操作、それにヨハネ福音書のオカルト性、黙示録の妄想なしで、
>3共観福音書だけでクリスチャンになった人は皆無なはずです。
たしかに、パウロはイエスにとって、最悪な使徒だったということは理解できる。しかしそのあとがいけない。
すべてを自分自身で判断する、つまり、科学知や詭弁をもって、イエスの行いや聖書の持つ神性を非難する
ようになるからです。
これが、「善悪の知識の木」から取って食べるという意味です。

>創造主は、創造後は、一切の責任を被造物に任せました。創造が完全であり、
>被造物に対する大いなる信頼があったからです。
>神の禁止命令の「内容」に反することが、「原罪」なのである。( >>801)
動物でも、わが子の育児を放棄することは無い。人を生んだだけで育児を放棄した神に、どのような愛や英知や
真理、全能が認められるのでしょうか。

>なお、カルトに対する対応には、一定の基準があります。それは、現実と社会
>常識からの逸脱、及び家庭の破壊です。
それがイエスの教えとなんの関係があるんでしょうか。もしあるというならちゃんと説明をすべきでしょう。



828 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 16:01:35 ID:HxNL5OA2
>神の怒り触れ、禁じられたはずの「神の名」で、果
>てしない殺し合いを続けているのです。
神の愛は無限の愛ではないでしょうか。怒り狂って人を滅ぼす神など、
全能の神ではありません。神の怒りとはなにか、あなたは全く理解が
できていないのです。

>>816
いつからあなたは、唯物論的科学知論者になってしまったのですか。
創世記の神を信じ、唯物科学を説くような、全く整合性のないような
ことを言っていることが、自分で理解できませんか?

>>801
>で、洗脳の意味は理解できたの?
<長年、カルト対策に携わっているので、洗脳とマインドコントロールの相違
<など百も承知だ。
もしも、あなたが、弁護士や検察官などであれば、自分の間違った
偏見で他人の人権を侵犯することにならないように、十分に聖書理解へ
の正しい知識を身につける必要があります。その意味で黙示は無理とし
ても、創世記・福音書・イエスのおしえは重要です。
もっとも、あなたが主張するようなことが通用するような、法体系、
法の精神にはなっておりませんが、あなたが身も魂も滅ぼさないように
忠告しておきます。


829 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 16:08:34 ID:6csjq0Qh
隠居よ、おまえ永年カルト問題に係わってきてたんだろ?(苦笑)
何度も言うが今のカトリックは、カルトの要素は何一つ無い。
ここのスレ主はカトリックだといっているし、それ以前に純粋に聖書の解釈を
皆で学んでいきましょうといっているだけだ。それのどこがカルトだ?
イエスの教えは要約すると、「あなたがたは互いに愛し合いなさい」だ。これのどこがカルトだ?
むしろ、イエスの説いた真理の愛(アカベー)を否定し、肉の思いに過ぎない自己愛を
もっとも大事にして生きろとするお前の話のほうが、身勝手な、自己中心的な人間を大量に生み出し、
人々の間に争いを招く、カルトではないか。おまえはイエスの足元にも及ばない、
肉の思いの囚われた、肉の奴隷ではないか。まぁいい、創価に洗脳された人になにを言っても
無駄だろう。ここに創価の板がある。ここの創価板にあるスレッドのタイトルをみれば、
いかに創価が異常な宗教だというのが理解できるだろう。
http://society6.2ch.net/koumei/
おいそこの引き篭もり。おまえ、カルト問題に永年取り組んできたというのなら、もちろん
創価も叩くんだろうな。おまえここにいついてうだうだいうなら、まず創価のスレにいってこい。
話はそれからだ。おまえ。創価じゃなかったら、カルトを叩くんなら筋から言ってもそうすべきだろ?ニヤニヤ

830 :W(OpO)W:2008/09/20(土) 16:11:17 ID:WM2seQEL
教育テレビに出てくるクリスチャンは医者とか弁護士とかインテリが多いですね
私のなかでは日本のクリスチャンは高学歴で真面目な人が多い印象かなあ
遠藤周作氏とかその代表みたいな感じです

831 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 16:18:12 ID:HxNL5OA2
ID:uFewCr0Dは、創価の人なんですか。


832 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 16:22:33 ID:6csjq0Qh
ま、ここで思想の押し付けをしている創価の連中は、
ここのスレ主がちょいとましな聖書解釈をしているだろ。
それを見て、キリスト教に興味を持った人が教会の門を叩いて洗礼を受けた
とする。それはその人の自由だし、他人がとやかく言うものでもない。
ところがここを荒らしているカルトの連中は、それを布教だとみなしているから
必死で、ここを荒らすのさ。彼らは思想の自由を認めない。そして自分たちが好まない
相手には、こうやって攻撃をしてくる。これがカルトだ。こいつらの言葉の端々に
2chで布教をしているという言葉がでてくるだろ。こいつら、頭がおかしいのさ。
ま、こいつら創価だから。これだけ言っても、こいつらの思想の押し付けは辞めないよ。
こいつらの主張に合理的に反論しても、こいつらはなにも反論できず、論破されている
自分の思想をそれでもしつこく押し付けてくる。話は一方通行で、まるで話し合いにもならない。
みんなもこいつらを観察して、カルトの性質の悪さをよく確認しとけばいいよ。

833 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 16:31:24 ID:6csjq0Qh
ま、ここで隠居とそのお仲間達にひとつ聞いてみよう。

@あなたがたはイエスを批判していますが、イエスの教えを理解しているのですか?
理解していないのなら、はっきりと、よくわからないと答えてください。もし理解しているというのなら
何点か質問させてもらいますので、答えてください。

A昔の話はいい。今の話をしましょう。いろんな宗派はありますが、キリスト教を代表する
今のカトリックのどこが、カルトなのか説明してください。それと、創価はカルトではないのか答えてください。

Bあなたがたは他人の思想の自由を認めないのですか?答えてください。

ま、こいつら何一つ答えないで、壊れたスピーカーのように、全く価値の無い持論を
しつこく他人に押し付けてくるぜ。カルトに洗脳された基地外とはまともな会話は成り立たない。
すべて話は、一方通行だ。

834 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 16:34:01 ID:HxNL5OA2
無知で、人の信仰心の火を消すことはできないが、それを繰り返している
うちに、かえってわが身に災いが振りかかり、ついには、わが身さえも滅ぼ
す破目になるってことでしょう。

835 ::2008/09/20(土) 16:45:06 ID:qIzFlc0H
はじめまして。 ちょっと、おそろしそうなスレが続いてますね。 ここは聖書の勉強をする所と聞いていますが、ちょっと場違いかな? 大丈夫でしょうか? ここは聖句の解き明かしをする所ですか?


836 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/20(土) 16:46:29 ID:6csjq0Qh
ここで一神教が人々の間に戦争を巻き起こしているとかいってるアホがいるが
それは違う。何度も言うが、人々の争いは、人の心に巣食うエゴイズムが起こすのだ。
こういう連中が宗教に嵌れば宗教の名の元に他者と争うし、国にこだわれれば、ナショナリズムを
振りかざし、他者と争う。人々の間に争いをなくすにはどうすればいいか?
答えは簡単だ。ここのご隠居みたいな、イエスの言葉には決して耳を貸さず、イエスの命じた
真理の愛(アカベー)にはひたすら拒み、肉欲でしかない、自己愛をなによりも愛し、
エゴイズム丸出しの人間を、排除、抹殺することなんだよ。こういう人間を排除し、皆が信仰心を持ち
イエスの掟に従う生き方を選択しそういう社会が実現できるならば、世の中に人々の争い、戦争というものは
ほぼ壊滅できるだろう。無論、その社会には、既存の宗教なども必要は無い。我々に
必要な信仰心とは、イエスの言葉に従うことであり、我々が本来帰る場所である、至高の存在
への信仰である。そこに帰る道は、イエスの掟に従うものである。なぜそうなるかは、真理を
理解する者なら、全て矛盾無く理解する。実際我々の間に争いをなくそうと思うなら隠居のような
肉の思いが全て正しい。自己愛が全てだという自己中心的な人を、我々の間から排除する。
それが一番の方法だし、それしかないとも言える。そういう世の中がこないと思ってるだろ、おまえら。

837 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 16:59:19 ID:9NYGkwyl
>ここは聖句の解き明かしをする所ですか?
そうだと思いますが、なにか?
ただ、破壊カルトがやってきているから、ちょっと横道にそれているだけです。


838 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 17:20:10 ID:RSBKWukv
>>792
>原罪が戒めたはずの「自分が神になった積りの、我のみ良しの、善悪観念による
>二分法」である。
>>794
>「甘言」とを利用したマインドコントロールは、「如何なるカルト」の
>洗脳よりも悪質な勧誘手段である。これは、人間の精神に対する虐待(spiritual
>abuse)という「犯罪行為」である。

ちょうど、おまいさんが言うのにピッタリマッチした、大きな宗教法人が我国にもあるよ。
どこって、
あそこよ。
ああそうか。

839 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 17:22:51 ID:TD3RtghY
>>805

おりゃ葬蚊じゃねぇよw

父方は浄土真宗、母方は浄土宗だけど、俺も両親も無関心だし、4人の祖父母も無関心だった。

840 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 18:03:27 ID:EY6uE1If
>>820
中国ではキリスト教の信徒が増えていて、共産党員の人数を超えそうになってるとのこと。
ttp://christiantoday.co.jp/main/international-news-1628.html
体制を揺るがさないような穏やかな宗教活動なら認められているようです。
ttp://diamond.jp/series/chinabiz/10007/?page=3

イスラム教の強みは高い出生率(先進国にいる移民も同じ)と
入りやすさと出にくさ(棄教すると大変な事に)にあります。
常見問題というサイトによると、イスラム教に改宗した米兵の人達は、
教義のシンプルさと力強さにひかれた、と語っています。

841 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 18:58:32 ID:AkfzutN4
>>836 紀さん

>ここは聖書の勉強をする所と聞いていますが、ちょっと場違いかな?
>大丈夫でしょうか?
>ここは聖句の解き明かしをする所ですか?

ここは聖書について学ぶ場所ですよ。
創世記からやっていますが、ちょっと今、滞っておりますことをご容赦くださいませ。


842 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 19:22:04 ID:XaritjOb
>>831
>ID:uFewCr0Dは、創価の人なんですか。

あはは・・・(笑)勿論、違うますよン! 無神論者です。(*^。^*)

キリスト教を批判されると狂ってしまうクリ達の嫌がらせ、でっち上げで〜す

148 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 12:34:38 ID:WHEthGkT

>私は、【無神論者(humanist)】として、人間に最大の価値を置くが故に、

その人間を、後天的に、人為的に狂わせて、「人間ならざる空想上の

存在」に最高価値を認めさせ、同じ人間間での紛争と殺戮に走らせる

【宗教】という営み自体を批判している。そのどこが「人格の問題」か。


★ 宗教(神、教祖、教義)を批判されると、自分の人格批判としか受け

取れない、宗教者の精神病理(被害妄想)を自覚されたし。★




843 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 19:30:32 ID:XaritjOb
>>711−712
>お前達のような、イエスの言葉をかたくなに拒否し、・・・・・・だから、その大規模な粛清は必要なのだ。
キリスト教を代表する一神教の争いは、金剛乗の実践の他ならないんだよ。・・・・・・必要悪のようなものだ。

イエスを受け入れない者は、皆、殺されるんだって!!公言してるw (*□*)ビックリ!! 
オウムより手前勝手な、ひど〜い話!!正に狂人w 魔女狩りだ!!恐ろしい押し付け〜

「互いに、愛し合いなさい」なんてキリスト教の信者間だけの狭〜〜いお話みたい

公安警察来て下さ〜〜〜い!!ヽ( ・∀・ )ノ 



844 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 19:34:34 ID:XaritjOb


■キリスト教についての最後のコメント(佐倉 哲氏) ■ (*^−^*)


http://www.j-world.com/usr/sakura/replies/bible/b439.html から抜粋

キリスト教の本質は、結局のところ<根拠のない思い込み>であり、

キリスト教が生み出す輩はその<ドグマの奴隷>だからです。★




845 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 20:11:25 ID:AkfzutN4
佐倉哲を好きな人って多いんですね。。。

佐倉哲が聖書について書いている内容は、以前も書いたように
かなりいいかげんですよ。
復活についての佐倉哲の大間違いを、ここのスレッドで
すでに指摘してありますが、読んでいただけていないようですね。

まあ、聖書より佐倉哲を信じたい人も大勢いるみたいですね。
僕には、その気持ちがまったく理解できませんが。



846 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 20:14:41 ID:AkfzutN4

何度も書いているように
「キリスト教」を信じる必要はないと思います。

また、イエスの教えも「滅びゆく者」にとっては無益です。
これは、聖書にはっきりと書かれてあることですから、
聖書を否定したい人、無益だと思う人というのは、滅びゆくべき人なのでしょう。

僕はそのような人を軽蔑するつもりはありません。
人には、それぞれ持って生まれた役割があると思うからです。
だから、気の毒だとは思いますが、軽蔑も否定もしません。
そのような人は、神を信じることがないように、あらかじめ定められているからです。




847 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 20:15:54 ID:EY6uE1If
>>845
毎回スレを立てられる、ということは●をお持ちなのかもしれませんが
多くの人は過去ログを見れません。にくちゃんねるも止まっちゃいましたし。
以前に書いたならもう一度同じものを書いていただけると助かるのですが、
自分のサイトをもってそこで文章を公開したほうがいいのかもしれません。

848 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 20:17:03 ID:AkfzutN4

佐倉哲を信じたい人は、彼が「旧約には復活の記述はない」という
とんでもない間違い、これ以上ない勘違いを彼がしていることを
どう思っているのでしょうか?

もちろん旧約には復活ということについて、はっきりと書いてあるのです。



849 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 20:21:55 ID:RSBKWukv
「創世記」もイエスの教えも、言っている意味が分からないと、投げ出したく
なる気持ちはわからないでもないが、
>キリスト教の本質は、結局のところ<根拠のない思い込み>であり、
とはひどいね。自分のバカさ加減をさらけ出しているようなものでしょ。

850 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 20:42:34 ID:fkqAoIPp
world.com/usr/sakura/bible/afterlife.html
(1)アダムの死と「死後のアダム」
アダムは、セトが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた。
アダムは九百三十年生き、そして死んだ。(創世記 5:4-6)
アダムの死についての記述はこれだけです。そして、「死後のアダム」
などについては、聖書は何も語りません。

もうこれだけで投げ出したんですね。
みなさんはどう思われますか?




851 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 20:44:38 ID:nCccfXJI
>>842
あの…ID違いますよ

852 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 20:50:13 ID:fkqAoIPp
http://www.j-world.com/usr/sakura/bible/afterlife.html

853 :なみたん:2008/09/20(土) 20:51:46 ID:QYo0IQdz
>>846
>僕はそのような人を軽蔑するつもりはありません。
>人には、それぞれ持って生まれた役割があると思うからです。
>だから、気の毒だとは思いますが、軽蔑も否定もしません。
>そのような人は、神を信じることがないように、あらかじめ定められているからです。


選民思想に躓きを覚えて離れる人がもいるのですが、どう思われますか?


854 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 21:26:03 ID:AkfzutN4
>>847
>多くの人は過去ログを見れません。にくちゃんねるも止まっちゃいましたし。

「WEB魚拓」というもので、ちゃんと過去のログが見れるようにしていますよ。
ここのスレッドの、一番先頭のところをご確認してみてください。



855 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 21:30:58 ID:AkfzutN4
>>853
>選民思想に躓きを覚えて離れる人がもいるのですが、どう思われますか?

「選民思想」だとかいうように、人の意見にレッテルを貼る行為は感心できないと思います。
事実を事実として述べているだけですから、選民思想だとか、なんとか思想だとか、そういうことではないのです。

別に聖書ではなくても、仏教でも同じようなことは言ってますよ。
これは、思想ではないのです。

『縁なき衆生は度し難し』と言います。
これは、「仏縁のない人は、どうにも救えない」という意味です。



856 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 21:48:07 ID:AkfzutN4

佐倉哲氏が自身のHPに書いている内容である以下の言葉、
「本来の聖書には「永遠の命」の思想なるものは存在しないからです。 」
が出鱈目である、と指摘したのは、「聖書を根底から学ぶスレ その7」の
>>539 のあたりです。
どうぞ、ご確認してみてください。

http://s04.megalodon.jp/2008-0619-0933-45/life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1210551975/


857 :ブレーキの無いブレーキ教って?:2008/09/20(土) 21:52:08 ID:d68ukF+W
 「選民であることを泣きながら嫌がった選民の始祖たち」の
リアクションの自然さを考えれば、どこで話が食い違ったかが
良く分かるけど、それは啓示宗教側に原因を持つ問題だねー。
でも、それを指摘されても「ごめんなさいあれはニセモノでした」
以外のまともなリアクションがないんだから質問の意味ないよ?

相手の損害が目的で無いなら「もっと痛い所を突く」質問を投じないと。
非キリスト者に武器を用意するキリスト者は反キリストでしょ?とか、
…創造が創造である為に必要な『終端の聖性』はどうしたの?とか。
仏教ないし啓示宗教による真理(叡智)・倫理哲学(智能=量的知)
・道理(費用等道具の理=技術=智慧)・自由論理(智識=体系知)
による共同上位起源=聖性としての『差分の聖性』の実現において、
十字=生命の起源からの流出にたいする終端を固有の封印とする
獅子の宮=髪の毛で象徴された世界樹第十二支『紐』に相当する
キリスト教の役割は、他の宗教の「キリスト教化」に相応しい名前
「原理主義(本来、キリスト教以外には使いようの無い呼称)」を
与える事じゃないと思うよ(差の聖性は与える知=慈愛だけど)

贈り物に切花が良いのは届いた相手において枯れる事にある訳で、
道の終端である事によって意味・価値を終わり無く留めて置ける。
真の名前という発想は呼び名などの類似や(部分)一致を超えて
呼ばれる対象が「本物・本当・真正である」という「事実」からで、
類同の世界=気魄《たましい=SOUL》とは相容れない世界
霊魂《SPIRIT》のルールに従って「存在できる」ということ。
『二歩で将棋に勝てない』―神でも何でも―は「今将棋と呼ばれる」
ゲームの中で、(金になれる事ではなく)一歩ずつしか進めない、
二歩を打てないという制限を前提にして、他との関係において
最大効果を発揮させるとそれが自陣終端=前線になるという
「歩による『確定』」を欠いた将棋は、もう将棋ではないから。

固有性の崩壊は最小の部分でもそれを含む全部の崩壊で有り得る、
例えばそれを資源・前提・費用とし最大効率で生かそうとしている時は。

858 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 21:55:49 ID:AkfzutN4

ここは、聖書を信じている人のためのスレであることことは、
何度も何度も申しあげているとおりです。

それにも関わらず、佐倉哲なんかの文章をリンクを貼って喜んでいる
おかしな連中に、この大切なスレッドがかき乱されることは大変な迷惑です。

もちろん、そうしたことを平気で行う連中というのは恥知らずで無礼なのです。
聖書には「行いに応じてさばかれる」と、はっきりと書いてあります。
ですから、僕にはとてもそのような迷惑行為は、さばきが恐ろしくて出来ません。

無神論者という人たちは、人の迷惑であろうが、何でも平気で出来てしまうので
大したものだと思います。
もっとも、かつての日本人には「恥」や「道徳」という概念がありましたから
神を信じていなくとも、迷惑行為などはしなかったのです。

神も信じず、恥も道徳もない、という連中は、本当に度し難い。


859 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 22:00:08 ID:EY6uE1If
>>856
ttp://www.j-world.com/usr/sakura/replies/bible/bible83.html
佐倉氏もダニエル書に書いてあること自体は認めています。
探さないと見つけられないのでややこしいですが。

860 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 22:00:39 ID:AkfzutN4

「復活」ということがわからないから
聖書の価値もわからないことになるのです。

ここのスレッドでは、「復活」について詳しく説明するつもりでいるのです。
おおよそ、「復活」について説明してくれる牧師も神父も、まず存在しないと思います。
ですから、ここのスレッドは貴重なのです。
もっとも、いつ新約聖書に入れるかは保証できませんし、それまで僕が生きているかどうかも
保証はできません。

ですから、皆さんがご自身で聖霊によって聖書を学ぶことができるように
ここのスレッドが少しでも力になれれば、と考えております。





861 :笑たあ!!:2008/09/20(土) 22:03:42 ID:UWCE2mye
795 :神も仏も名無しさん:2008/09/19(金) 21:54:06 ID:xJsUak3V
>>786
又又、「クリの霊性の無さ」が証明されました。↓ (*^。^*)

>>780のキララ☆も他のレスも、全て卑劣なクリの【偽物の成りすまし】★

本物は既にいません。残念ながら、本物は、こんな下品・軽薄ではありません。(笑)



何故、隠居身内、とクリスチャンと分類ができるのだろうか?
それは隠居が自演していて、自演以外ニセモノと判定できるからだ、

幼稚なボロがでたなあwww



862 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 22:11:12 ID:4YtfCOZ1
2ちゃんは元々アングラでサブカルの塊で、世間のつまはじき者のいわゆるキチガイの巣窟の中にもキラリと光る見識者の書き込みなんかがあったわけだけど、今は良くも悪くもでかくなりすぎたね。
このスレを見てると行き場を追われたキチガイの断末魔の叫びが聞こえてくるようだ。
もちろん俺は無礼なタイプのキチガイは大嫌いだ。

もっと世の中でいろんな経験して人に揉まれて来いと思う。

863 :隠居はクリキチガイ帝王:2008/09/20(土) 22:15:33 ID:UWCE2mye
862イエッさー!!

864 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 22:44:07 ID:epAO6u+j
>>845
>佐倉哲が聖書について書いている内容は、以前も書いたように
>かなりいいかげんですよ。
と言って、殆ど読んでないのがキリスト教徒の特徴だよ
>復活についての佐倉哲の大間違いを、ここのスレッドで
>すでに指摘してありますが、読んでいただけていないようですね。
一度だけ読んで、キリスト教徒とはどうしようもないアホだと
判っただけです。


865 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/20(土) 22:47:54 ID:AkfzutN4
>>862

2ちゃんは本音で語れるいい場所ですよね。
ただし、迷惑を顧みず、というのは、やはり2ちゃんであっても
やめといたほうがよいと思うのです。

2ちゃんが生んだものでは、「カーチャン」「タケシ」のお話が好きです。
「カーチャン、動物園」というAAを見てから、2ちゃんがとっても好きになりました。


866 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/20(土) 22:53:20 ID:epAO6u+j
>>856
>佐倉哲氏が自身のHPに書いている内容である以下の言葉、
>「本来の聖書には「永遠の命」の思想なるものは存在しないからです。 」
>が出鱈目である、と指摘したのは、「聖書を根底から学ぶスレ その7」の
>>539 のあたりです。
永遠の命はダニエル書12/2にあるが、ダニエル書が旧約から新約に
移行する中途段階の文書だと言うのは、聖書を学んだ者にとっては
常識だから書かなかっただけだよ...
「永遠の命」については、聖書から全部ピックアップして、その意味を
追っかけた事があるのを全く覚えてないだろ...キリスト教徒って
そういう連中さ
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/eiennoinochi.html
にまとめてあるので、読み返してみな

867 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:06:46 ID:fkqAoIPp
>>864
佐倉ってひとは、創世記をほとんど文字上の意味でしか理解できなかったん
じゃないかな。たとえば、アダムやセト(セツ)が、生きた人間のこととしか
理解ができなかった。
もし、アダムやセツが人間のことなら、死後のいのちのこともきっと書いてあ
ったと思われるが、書いてないから、人間のことじゃないかも知れないってチエも
回らなかったんだろうね。

(1)アダムの死と「死後のアダム」
アダムは、セトが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた。
アダムは九百三十年生き、そして死んだ。(創世記 5:4-6)
アダムの死についての記述はこれだけです。そして、「死後のアダム」
などについては、聖書は何も語りません。


868 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:09:47 ID:cCR0Z6Tk
>>842
なんでIDが違うのかな?ニヤニヤ。
創価の人は嘘も方便と平気で嘘を付き、自分は創価の癖に、
創価じゃないと、平気でいうんだよね。
自分の宗教を公に言い表せないなんて、どんな宗教なんだろ。
今の一神教の争いは、中東のイスラム教徒と、ユダヤ教徒です。
キリスト教徒は関わっていません。アメリカが介入しているのはあくまで政治目的で、
宗教的な目的ではありません。今ここをあるがままみるのなら、
イスラム、ユダヤ教を叩くのならわかりますが、
戦争を盾に、現代のキリスト教を叩くのはお門違いでしょう。
いつまでも古い話しを持ち出しているあなたは、
今ここを、あるがままにみていないのですよ。

869 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/20(土) 23:13:59 ID:epAO6u+j
>>867
>もし、アダムやセツが人間のことなら、死後のいのちのこともきっと書いてあ
>ったと思われるが、書いてないから、人間のことじゃないかも知れないってチエも
>回らなかったんだろうね。
そんな発想ができるのは、キリスト教徒だけだべ...
アダムやイブは旧約聖書の誰でも知ってる代表的な登場人物として
書いてるだけで、モーセもヨシュアもアブラハムも歴代のユダ王朝の王様
も、あまたの預言者も死後の世界なんか書いてないよ

870 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/20(土) 23:24:26 ID:epAO6u+j
死後の世界を書いてないのは、新約も同じだべ
新約聖書にもし書かれていたら、ご説明いただきたいのですが
@福音書の編者は死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Aパウロさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
B洗礼者ヨハネさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Cイエスの弟のヤコブさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Dマグダラ・マリアさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
E黙示録の編者は死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Fイエスのおっかぁのマリアさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Gイエスの妹が2人いたらしいんですが死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Hローマの代官ピラトウスさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?
Iルカ文書が献上されたテオフィロさんは死んだ後あの世で何をしてるんでしょう?


871 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:25:34 ID:fkqAoIPp
いえ、「創世記」は、表象と相応の表記手法で書かれていることが
理解できないだけです。

872 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:29:47 ID:7XxdGQsr
>>856
ダニエル氏も、人が悪い。
そのサイトはアダルト・有害サイトでブロックされました。
踏んではいけません。(怒!

クリは、イエスに感染して凄く人を差別し、憎んでいる。可哀そうにwwww


873 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:37:09 ID:7XxdGQsr
>>851
>あの…ID違いますよ
どういう意味?・・・いいがかりでしょw 
どうせ、そんな卑劣な知恵・小細工しかクリ達は、出来ません(笑
だから、世界最大宗教にのし上がったという意味は、わかる人には分かります。


874 :なみたん:2008/09/20(土) 23:39:05 ID:QYo0IQdz
>>855
事実いるのです。
せっかく教会に導かれても、人の思想が邪魔をして万物の創造主から離れてしまう人たちが。
本当に救いを考えているのであれば、縁などという言葉で切ってはしまいません。
排他的信仰でしかありません。


875 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/20(土) 23:48:55 ID:epAO6u+j
>>871
>表象と相応の表記手法で書かれていることが
具体的に説明してみてヨン...
アダムってなーーーに?
イブってなーーーーに?



876 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:55:02 ID:7XxdGQsr
>>868
君のようなのを詭弁と言うのです。
二枚舌ともねン、反省しなさい!!おバカさん!!(笑

>>861
何言ってるのか、ワケワカメ〜
信じられない程、卑劣な工作員!最低!
キリスト教を信じると、皆、おかしくなるw (・∀・)イクナイ!!

PC調子悪いから調整して起きてたけど、ちょっ覗いて見れば人の
いない間に皆でこの始末w ああ〜〜〜〜情けない。

イエス・神・・しっかり信徒を教育し直しなさ〜〜い!!
では、オヤスミ☆



877 :神も仏も名無しさん:2008/09/20(土) 23:55:26 ID:6004sIjA
創価学会は日蓮正宗より破門された洗脳カルト集団でしかない。
三代会長在日朝鮮人の池田太作が俺は日蓮大聖人様の生まれ変わりだ!久遠実成の生き仏と公言した為に日顕法主より叱責され破門されたのだ。
正宗よりの血脈を否定し、御本尊様を勝手に処分し、学会の用意した偽御本尊様を拝む事によりその現証は狂気と錯脳であり、家庭では離婚 家庭内暴力 浮気に不倫に悩まされ、病気、不慮の死や交通事故で平均寿命に達する学会員は少ない。因果応報 公明党で日本を地獄化

878 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 00:09:36 ID:g49i/A0R
>>874
>せっかく教会に導かれても、人の思想が邪魔をして万物の創造主から離れてしまう人たちが。
>本当に救いを考えているのであれば、縁などという言葉で切ってはしまいません。
>排他的信仰でしかありません。

イエスは人が四つのタイプに別かれることを教えてくれています。
福音を聞いたときに、どのような対応を取るかについて次の四つのタイプに別けて語っておられます。ご確認してみてください。

★マタイ福音書 13:19〜23
だれでも御国の言葉を聞いて悟らなければ、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、こういう人である。
石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで受け入れるが、 自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。
茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。
良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結ぶのである。」

879 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 00:15:26 ID:g49i/A0R
>>872
>ダニエル氏も、人が悪い。
>そのサイトはアダルト・有害サイトでブロックされました。
>踏んではいけません。(怒!

そんなわけないです。
何でここのスレッドの魚拓がエロサイトなんですか?
あなた、別のサイト見てたんじゃないんですか?
それでもなければ、おかしなアンチウイルスソフト入れてるに違いないのです。


880 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:17:16 ID:9K1GgQJV
>>876
名前欄に「#調子悪い」と入れて書き込んでくれ。
毎回な。

881 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:18:58 ID:EBDAuRc1
>>827
>すべてを自分自身で判断する、つまり、科学知や詭弁をもって、イエスの行
>いや聖書の持つ神性を非難するようになるからです。
>これが、「善悪の知識の木」から取って食べるという意味です。

それは全くの誤り。
原罪の基本は「自然状態から離れ、人間が神のようになる」ことです。神は、
「自然を善」としているのです。その自然について知る「自然科学」が、「悪」
であるはずがないでしょう。「自然状態を離れた、善悪の観念」を禁止して
いるのです。
人間の自然科学的探究心は、神が人間にあたえた最大の恩寵です。如何なる
宗教の奇跡も及ばない自然科学の発達によって、人類の生存(これが、創造の
全目的)のための巨大な利便が齎されました。科学知こそ、まさに創造の目的
に沿うものであり、神が禁じるいわれはありません。科学の発達により、神が
否定されれば(既に否定されている)、それは、創造主の大いなる意図と自己
犠牲であり、自らの創造物としての人間に対する信頼と愛の証明です。

882 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:22:22 ID:EBDAuRc1
>>881の続き

創造は、創造時においてすでに完結しています。創造主は、「独り立ちできな
い、いつまでも世話を要する」幼児としての人間を創造したのでしょうか。そ
れでは、創造が不完全だったことになります。創造後も独り立ちできず、いつ
までも神にすがり、助けやアドバイスを求める人間を創造したのでしょうか。
それでは、創造が未完成だったことになりますよ。神は、創造時に人間に吹き
込んだ「生命」に、すべてを託したのです。人間の生命の機能による人類の
巨大な発展は、そのこと如実に証明しています。
原罪による禁止は唯一つ。それは「人間が創造の大目的を離れ、『神のように
なり』、それ自体善としての自然を離れた善悪の観念を勝手に作り上げること」
です。その原罪の典型が、イエスでありキリスト教なのです。「神から離れる
こと」「的外れ」とは、「自然から離れること」なのです。
旧約聖書の「原罪」は、人間についての誠に物凄い真理を語っています。単に
「木の実を食べるな」という、表層的で、機械的な命令ではなく、その「内容」
に反することです。イエスには、その知能程度と教育及び人生体験の欠如の故
に、「創造」の真意が理解できなかったのです。だから、「創造を完成するため
に来た」などという、傲慢不遜、冒涜極まりない言葉を吐いたのです。

883 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:32:56 ID:9K1GgQJV
科学は神を肯定できないかもだけど、量子力学の規則性なんか見てると何がしかデザインした者がいるように思えてくるよね。

884 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:38:14 ID:EBDAuRc1
>>883
「誰かデザインした者がいる」などと考えると、その者は、誰がデザインした、
その誰は誰がデザインした、という疑問が永遠に続き、収拾が付かなくなるぞ。

「自然がデザインした」と考えれば、その問題は容易に解消する。自然そのもの
が神なら、何でもありである。

885 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:46:26 ID:EBDAuRc1
>>883
人間も、自然の一部なのだから、その創られたちっぽけな脳で、作った
者のことが判る訳がないだろう。そんなことを知ろうとすることが、ま
さに「人間が、神のようになる」という原罪なのである。

創られた人間の能力の範囲内で確実に認識できる自然を、「神の権限」
「神そのもの」と考えるだけでよいのである。

886 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:48:43 ID:EBDAuRc1
>>885の訂正
×神の権限
○神の顕現

887 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 00:50:07 ID:oQTJXUdg
>>882
おまえの幼稚なレベルの低い与太話など誰も聞いてないんだからさ、
他所でやれよ、うっとおしい。ちゅうか、病院行けって。
他人に対して迷惑行為、嫌がらせをやめられない君は、
相当に精神病んでいるから。

888 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:04:48 ID:EBDAuRc1
>>878
>★マタイ福音書 13:19〜23

そのたとえ話も誤り。イエスの「人間差別」の例として、その話を引用
している聖書学者もいる。

今も昔も、種子は、農民にとって最も大切なもの。それを農民が、「良
い土地」の上に蒔かないことがあるだろうか。農民を馬鹿にするな、と
言いたい。

さらに、「良い土地」の上に蒔いた種でも、その後の農民の丹精や、
気候などの「自然の恵み」がなければ育つことはない。イエスは、それ
らの要素をすっかり忘れて、単に「自分(イエス)という『良い土地』
に蒔かれた種(人)だけが育つ」と言っている。イエスの独善性と傲慢
さ、人間差別を証明する、誤ったたとえ話である。イエスの、他の殆ど
のたとえ話も、全く同様に誤りである。

889 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:06:11 ID:9K1GgQJV
あー、またイエスを人間差別してるわこの人

890 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:11:26 ID:EBDAuRc1
>>887
君は、ナザレ村のしがない大工の子倅で、まともな教育も人生経験もない、
30歳そこそこの、気の狂った若者イエスから、一体何が得られると
思っているのかね。常識で、ちょっと考えただけで、分かることではないか。

幼稚で、治療を要するのは、そんなイエスを、こともあろうに「神」と
信じ込まされている、君のほうだろう。

891 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 01:12:46 ID:2SY+UCxv
>>888
>イエスは、それらの要素をすっかり忘れて、単に「自分(イエス)
>という『良い土地』に蒔かれた種(人)だけが育つ」と言っている。
でも、逆は真なりだよ...
カルト教団にはアホ信者しかおらんだろ

892 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:17:53 ID:EBDAuRc1
>>889
>あー、またイエスを人間差別してるわこの人

ナザレ村の若者イエスとしては、ちっとも差別していない。「私は神の子」
などと自称する、「誇大妄想」という病気を批判している。

893 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/21(日) 01:19:57 ID:pMaPndLW
ルカ 2:46 そして三日の後に、イエスが宮の中で教師たちのまん中にすわって、彼らの話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。
ルカ 2:47 聞く人々はみな、イエスの賢さやその答に驚嘆していた。

ルカの福音書によると、イエスは、ガキンチョの頃から賢かった。


894 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:22:20 ID:9K1GgQJV
>>892
では何でもいいのでイエスに対して、あなたが他の人に接するときと同様に平等な関わりかたを表現してみて下さい。

895 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:26:33 ID:EBDAuRc1
>>893

統合失調症は、青年期に発症することが圧倒的に多いのだよ。

それに、幼い頃から宗教に熱心なのも異常。子供は、子供らしくある
べきもの。彼は、幼い頃から、ユダヤ教の「狂信者」だったのである。
どんな宗教でも、極く少数の狂信者は、必ず生じるものだ。

896 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:30:03 ID:9K1GgQJV
あ、差別してるー
こころの病の人も差別してるよね

897 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:31:16 ID:9K1GgQJV
こころの病の人のことも差別してるよね

に訂正

898 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:35:50 ID:EBDAuRc1
>>894
ナザレ村の大工の若者。ギリシャ哲学にかぶれた。かわいそうに、青年期
に統合失調症を発症した。家庭内でのトラブル(彼は、マリアの不倫の子)
からのストレスもあったのだろう。両親を憎んでいた。実母マリアに対して、
「親を親とも思わない言葉」を吐き、実父ヨセフにつては、言及さえしてい
ないことから、そのことが窺われる。旧約聖書では、「親を呪うものは死罪」
である。

899 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:38:02 ID:4z2IAmWb
みんなの力で希美さんを代表取締役コテにしましょう

900 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 01:38:40 ID:2SY+UCxv
>>893
こんな奴は死んでも「何でよりによってルカ福音書に、
如何にもインチキなゴマすり話があるのか」、絶対判るまい

901 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:40:21 ID:4z2IAmWb
希美さんは2chの味の素です
もっと、オカ板とか他の板にも出没するべきです。

902 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:41:11 ID:EBDAuRc1
>>896
>こころの病の人も差別してるよね

現代の精神医学では、統合失調症は、「脳内神経伝達物質の異常」と
いう、身体の病気。風邪などと同じ。人格には、関係ない。精神病者を
人格的に差別する君こそ、医学の無知を示している。

残念ながら、イエスの時代には、精神医学がなく、治療が出来なかった
だけ。

903 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:49:25 ID:oQTJXUdg
>>895
どうみても総合失調症なのはあんたの方なんだが。
話しも一方的で、会話の成り立たない人のようだし。狂ってるね。

904 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 01:52:12 ID:oQTJXUdg
ちなみに精神医学的には、
掲示板の荒らし行為をやめられない人は、
立派な病気だそうです。

905 :独り言(ーωー) ◆E09AdS.3fQ :2008/09/21(日) 02:00:17 ID:pMaPndLW

ほほう。
荒らし行為をやめられない方は、精神が病んでいるのか。


906 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 02:02:53 ID:EBDAuRc1
>>904
クリスチャンにとっては、イエスを批判する者は、すべて「荒らし」w。

パウロの心理操作により、イエス批判が絶対に不可能な心理状態になっ
ているからだ。その分、狂気のように「他の人間」を批判し、排除しよ
うとするのである。

キリスト教の「血塗られた歴史」が、そのことをいみじくも証明している。

907 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 02:05:46 ID:2SY+UCxv
>>905
>>>>ほほう。
>>>>荒らし行為をやめられない方は、精神が病んでいるのか。
>>>と言う人の話を全く理解しない人間は確実に精神が病んでいるのでは?
>>と言う人の話を全く理解しない人間は確実に精神が病んでいるのでは?
>と言う人の話を全く理解しない人間は確実に精神が病んでいるのでは?
と言う人の話を全く理解しない人間は確実に精神が病んでいるのでは?


908 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 02:13:07 ID:oQTJXUdg
>>906
自分の狂気にすら気付かない人は大分と病気が進行している。
また気付かないからこそ病気である。
どうやらあんたは、自分が荒らし行為をしていることも自覚できないんだな。
さすが総合失調症患者だ。

909 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 02:17:17 ID:4z2IAmWb
身近に総合失調症の人がいるんだけど
彼は性格が悪いから、良心の呵責が無いから延々と嫌がらせ出来るの?
それとも、粘着な嫌がらせも病気の成せる技なの?

910 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 02:19:18 ID:2SY+UCxv
「永遠の命」がダニエル書にもあるんだから、佐倉氏の言ってる事は
デタラメだと言ってる人間も確実に精神が病んでいるのでは?
@ダニエル書に書かれてる「永遠の命」がどの様な意味で使われて
 いるのか全く調べようとしない..とにもかくにも、旧約に収められ
 ている書物に「永遠の命」と言う言葉があれば、佐倉氏の言ってる事は
 デタラメだと言ってる。
Aダニエル書が何時ごろ書かれたものであるか調べようとしない。..と
 にもかくにも、旧約に収められている書物に「永遠の命」と言う言葉
 があれば、佐倉氏の言ってる事はデタラメだと言ってる。
Bダニエル書に書かれてる「永遠の命」と共観福音書とヨハネ福音書
 とパウロ書簡に書かれてる「永遠の命」の意味を比較しようとは
 しない。
C「永遠の命」の言葉の意味を追求しようとしない
D「永遠の命」が聖書にどれだけ書かれてるのかも調べようとは
 しない

普通の日本の社会ではやはり確実に精神が病んでいるのでは?
と思うで


911 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 04:31:47 ID:oQTJXUdg
>>907
あなたの理屈では、日本人からみると、キリスト教国の多い
欧米諸国の人々の多くは精神神を病んでいることになりますが、
あなたの宗教のイスラム教国よりずっと文化的にも、
社会的にも高度に発展していますね。日本の近代化にも、
キリスト教国の欧米の影響があればこそですね。
しかしこの人も相当精神がやんでいますね。この人のみせるこのような繰り返し文は、
典型的なヒステリーの症状です。それにこの異常ともいえるしつこさの、
キリスト教徒逹に対する嫌がらせ。自分は荒唐無稽なイスラム教徒でありながら、
キリスト教を信仰している人は総合失調症だといえる
合理的思考の欠如。この人も相当病んでいますね。

912 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 06:09:24 ID:KjqIp2nA
>>902
こころの病にこだわってんのはお前だろうが。ふざけんなよ。
お前がこころの病持ってる人を差別してないのであれば、いますぐこころの病系の病院行って、こころの病持ってる人を自分のパートナーにしろ。
できないのであればこころの病の人を差別してるのはお前のほうだ。

言われた言葉を相手に返せば済むと思ったら大間違いだぞ。

913 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 08:33:19 ID:Sk2wLRmY
>>843
>イエスを受け入れない者は、

アホが。俺はイエスという男を受け入れなければといったのではなく、
真の平和な世の中の実現の為にはイエスの ”言葉” を受け入れない者は
排除しなければいけないといったんだよ。重要なのはイエスという男ではなく
彼の残した言葉であり、教えである。ここにこういうエゴの強い人間の特徴がある。
こいつらの特徴はどんない正しい言葉、教えをイエスが説こうと、決して受け入れない。
なぜか?それはこいつらがイエスと言う男を嫌いだからだよ。
こういう人種の物事の判断は、なにが正しく、正しくないかは二の次、三の次で、
こいつらがなにより最優先させるのは、自分の好き嫌いなのだ。
おまえさ、宗教が戦争を起こすと言ったよな。俺はそうじゃありませんよ、人々の争いは、
人間の心に巣食う、エゴイズムが起こすんですよ。たとえ宗教がこの世からなくなっても、
人は、この心の中にエゴイズムを滅ぼさない限り、争いは無くなりませんよと言ったんだ。
この話のどこが間違っている?間違っているなら指摘してみろ。間違っていないのなら、
お前の望む戦争の無い平和な世の中をこの地上に築くには、おまえやそこの隠居とかいう
創価に洗脳された基地外のような、他人の価値観は認めず、執拗に自分達の価値観を押し付ける
自己中心的な人間は、社会から排除するしかないだろう。違うか?

914 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 09:46:58 ID:Sk2wLRmY
そうは言っても、はいそうですかと、すぐさま自分の心からこの利己心、
エゴイズムがそうやすやす滅ぼせるわけではない。ではどうすれば滅ぼせるか?
それは、まず、未曾有の大虐殺を目にするなどの、エポックメイキングな
出来事が引き金になる。ここに人間の持つエゴイズムの悲惨な結末を目の当たり
にすることが、引き金となる。その後真理を悟れば、我々は本来、愛し合わなければ
ならない存在と知るだろう。真理を知る方法はある。釈迦は瞑想と呼び、イエスは
祈りの中でそれを知るといった。だが具体的な方法は今は隠されている。なぜなら、
いくら真理を語ろうと、未曾有の大惨事を目の当たりにしようと、決して
自分のエゴを捨てられない人々がいるからだ。誰もがそこに帰れるわけではない。
光から出た者もいれば、闇から生まれた者もいる。闇から出た者は、決して真理を受け入れられず、
ひたすら己のエゴを愛する。今の時代は彼らが大勢を占めているので、
あえて、真理は隠されたまま、真理を確かめる方法も隠されたままにされている。
豚に真珠を与えてはいけないのだ。彼らが噛み付くと、まだ未熟な魂の救われるはずの人も
心が汚れてしまう。これでは救われる者も、救われない。だから今の時代では隠されている。

915 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 09:49:36 ID:Sk2wLRmY
だが大規模な粛清が行われた後は、選ばれた者の中で、真理は明かされる。彼らは闇から出た者達とは違い、
聴く耳を持ち、真理を悟ることが許され、自分が何者かを知り、自分が何者かを知れば
イエスの掟も受け入れるだろう。彼らは闇から出た者達とは違い、自分のエゴを捨て去る選択を取ることが出来る人達だ。
そしてイエスの掟を守り勤め生きるその社会で初めて
皆が隣人となり、多くの者は救われるだろう。そういう社会の実現。それが神と我々との新しい契約なのだ。
もちろんこの闇から出た者も愛するような心を持たないと救いは無いが、
ごく初期の段階では、我々の魂の修練の未熟さと、今まで積んできた負の業ゆえに
付け焼刃ではこのような、自己中心的で、理不尽な悪意をぶつけてくる者達は
彼らの心を汚し、大変な障害となる。これでは誰も救われず、元の木阿弥である。
よって、神の国実現の初期の段階では、このようなイエスの言葉を受け入れられない
闇から出た者への徹底的な排除が行われるだろう。未曾有の大惨事は、このような
人間の利己心が起こしたのだという教訓も含めてね。再び彼らが現れるのは、
救われる者たちが魂の修練を積み、理不尽な悪意をぶつけてくる者たちに対しても
許し、愛する心をもてるようになってからである。何でそういえるかって?黙示録に
そう書いてあるからさ。

916 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 10:15:05 ID:Sk2wLRmY
ここで仏教徒達にいいことを教えてあげよう。
今の時代ではその手法は隠されているが、真理は自分で確かめることが出来る。
こればかりは他人が証明するのではなく自分自身で確かめるしか術は無い。
そして真理を知れば、そこに帰ることが、苦しみの終焉であり、真の幸せだと知る。
そしてそこに帰るにはイエスの掟に従うことであると知り、そこに帰ることを思い、
そこに帰る道に則した生き方を、勤め励む人生を歩む。ここで気づかないか?
このような生き方は、釈迦の説いた、八正道に繋がるということを。
釈迦が真理を悟った瞑想。イエスが言う祈りによりその境地を知り、真理を悟る(正定・正見)
そこに帰ることが我々真の幸せだと知り、そこに帰ることを最上のものとし、現世の欲は捨て去る(正思推)
そして、イエスの掟に従いこの世の人生を送る(正語・正命・正業・正精進)
はっきり言ってさ、君ら仏教徒はいくら瞑想しても悟れないだろ。それはな、全ての根源である
自性について思い巡らさず、彼に対して祈らないからだよ。釈迦は自性を否定していない。
ただ形あるもの。それに付随して成る今の我々の意識。それらは無自性な、空のようなものですよと
説いたに過ぎない。またそれらは苦であり、そうではない境地があるからこそ、苦への離脱も有り得ると説いた。
そしてそこに帰る道を説いたのだ。釈迦はあくまでこの世界の生存は(肉の自我を自我として認識する生)は
苦ですよと説いたのに、君らは一生懸命、この世の生存(肉の自我を自我として生きる生)の中に涅槃を探している。
君らは致命的な誤謬をしているんだよ。

917 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 10:20:17 ID:Sk2wLRmY
>>916 書き忘れ訂正
×そこに帰ることが我々真の幸せだと知り、そこに帰ることを最上のものとし、現世の欲は捨て去る(正思推)
○そこに帰ることが我々真の幸せだと知り、そこに帰ることを常々願い、そこに帰ることを最上のものとし、現世の欲は捨て去る(生念・正思推)

918 :W(OpO)W:2008/09/21(日) 10:22:28 ID:00sdK2mY
ヘロデ時代の建造物は立派なのが多いです
ローマ人の木工技術恐るべし。。

919 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 10:33:12 ID:Sk2wLRmY
>私としては肉は蘇らないだろうという他の者達を非難する。
>もしそうであれば、二つのどちらも誤っていることになる。君はこういっている。
>「肉は蘇らないだろう」と。しかしそれならば私に言ってみてくれ。
>一体なにが蘇るのか?そうすればわれわれは君を尊敬するだろう。君は言う。
>霊が肉の中にある。そして肉の内なるこの別の光がそれである。と。だがこの別なる
>ものは、ロゴスのことなのである。なぜなら君が何を語るのであれ、肉を離れては
>何一つ語れないからである。この肉にあって蘇る必要がある。なぜなら、
>あらゆるものがその肉の内にあるのだから〜フィリポによる福音

920 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 10:58:27 ID:Sk2wLRmY
俺は肉の復活を否定していない。ただそれは、今のキリスト教徒が思っている
ようなものとは、全然違いますよと言っている。
>>866
おや、毎日、毎日ここのキリスト教徒を侮辱し続けているつまらない人間のムスリムの
ココモスキーさん。あんたの親はエホバで、あんたはムスリム。見事なカルト一家だ。
この流れで行くと、あんたの娘は、創価で決定だな(苦笑)
お前のつまらないHPの駄文をありがとう。おまえも永遠の命についてなにもわかっちゃいない。
ヨハネは、ゾーエーと、プシュケーの意味を取り違えているだ??
おまえはどこまで馬鹿なんだバカモスキー!!!!そこはそのままでいいんだよ。
おまえ、マグダラのマリアの福音も読んだことあんだろ?そこの最後になんて書いてある?
そこに帰る魂は、解消に向かうと書いてあるだろう。トマスにもこうある。
獅子に食われる者は、獅子となり、人に食われる者は人となるとな。獅子とは魂のことだ。
魂とは、肉に付随して成るもの。それは獣の証。魂の解消の先に、永遠の命と呼ばれるものは
あるんだよ、タコ。ψυχην(プシュケー)とは、直訳すると、生命。
ζωην(ゾーエー)とは直訳すると、精神・魂。おまえは本来永遠の命とはこの精神、魂のことで、
ヨハネの編者は意味を取り違えて書いたのではないかといっているが、キリスト教の言う
永遠の命とは、今の我々の精神、魂が永遠に生きるというものじゃないんだよ。
むしろ、それらの解消の先にそれは在る。ギリシャ哲学のいう今の魂が永遠に生きるというものとは
全然違うものだ。たく、どこまでいっても聖書の内容の読めない、智慧の欠片も無い
馬鹿な男だ。無智丸出しの自説を得意げに晒すこいつは、本当にだぜ。

921 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 11:02:34 ID:Sk2wLRmY
ま、こういう自分の間違いも素直に認めることもできないエゴの
奴隷達は、決して真理は悟れないようになっている。うまく出来ている
ものだ。

922 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2008/09/21(日) 11:23:06 ID:Sk2wLRmY
永遠の命をζωην(ゾーエー)精神・魂と表現するとすると全くの誤りで、
同じギリシャ語で表現するなら、生命という意味である、ψυχην(プシュケー)
と表現するのが全く正しい。馬韓だよ、ここのムスリムは。馬鹿だから、馬鹿みたいな
イスラム教徒なんかに入信できるんだ。ちなみに佐倉哲さんてな人も、イエスの教えは
なにひとつ理解していないだろう。彼はキリスト教のいう男と、女の意味も理解していない
だろうし、もちろんイエスの説いた永遠の命とはなにかも理解していないだろう。
この人のキリスト教理解は、ここのムスリムとたいしてレベルが変わらない。
パウロは、女は男の前では黙っていなさいといった。
ま、彼の悲劇は、しょうもないプロテスタント系の、なにもイエスの教えを理解していない
しょうもない牧師の下で、キリスト教を接したことだろうな。それは
ここのバカモスキーにも相通じるものだ。正直、バカモスキーの能書きなど
どうでもいいが、彼がここまでキリスト教徒にお憎悪をもつにいたった、
こいつと、こいつの昔いたエホバとの間になにがあったのかに、激しく興味を感じる。

923 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 12:59:52 ID:g49i/A0R
>>920
>俺は肉の復活を否定していない。ただそれは、今のキリスト教徒が思っている
>ようなものとは、全然違いますよと言っている。

そうでしたか。それならよかったです。


924 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 13:04:19 ID:g49i/A0R

「復活」が体の復活であること。
つまり、体というものが神聖で清いものであることを聖書は教えています。

さて、テトス書には、面白いことが書いてあります。
清い人にとっては、すべてのものが清いことが分るのですが、
汚れている人にとっては、すべてが汚れて見える、ということなのです。
そして、それは自分自身が汚れているせいだというのです。

★テトス 1:15
清い人には、すべてが清いのです。
だが、汚れている者、信じない者には、何一つ清いものはなく、その知性も良心も汚れています


925 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 13:06:55 ID:g49i/A0R

聖書には、ハーブについての記述がとても多いことに驚きます。
ハーブというのは薬草であって、体を清めてくれるものなのです。

自分の体を清く清潔に保つことが大切である、というのが
聖書からの隠れたメッセージであって、そのことにより
魂も同時に清められていくことになると思います。


926 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 13:10:20 ID:g49i/A0R

なぜ、不品行や姦淫を聖書が戒めているのかを考えてみてもよいのです。
これも、自分の体を清く保つことと関係があるのです。

体同士の接触や、体液の交換作業(これはセックスのことです。)により、
人というのは、運命共同体になってしまうのです。
どういうことかといえば、片方が感染症にかかっていれば、片方も同様に感染症になるということです。

「娼婦と交わるものは、自分の体を娼婦と同じにする」という
聖書の言葉は、まさにこのことを言っているのです。



927 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 13:12:22 ID:g49i/A0R

自分の体を大切にしないことは、
自分の魂を大切にしないことになります。

聖書の戒めを守り、体を清く保つことをおすすめします。


928 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 13:14:41 ID:2SY+UCxv
>>911
>あなたの宗教のイスラム教国よりずっと文化的にも、
>社会的にも高度に発展していますね。日本の近代化にも、
>キリスト教国の欧米の影響があればこそですね。
これが典型的なキリスト教徒の精神薄弱さナンサ...どういう
内容が精神が病んでるのかなんて、全く知ろうとしないだべ...


929 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 13:21:59 ID:2SY+UCxv
>>926
>「娼婦と交わるものは、自分の体を娼婦と同じにする」という
>聖書の言葉は、まさにこのことを言っているのです。
それじゃ、イエスも自分の体を娼婦と同じにしてしまってるんだ
フィリポ福音書55aより
主(イエス)はマリアを全ての弟子たちよりも愛していた。
そして彼は、彼女の口にしばしば接吻した。




930 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 13:35:27 ID:2SY+UCxv
>>924
>「復活」が体の復活であること。
>つまり、体というものが神聖で清いものであることを聖書は教えています。

イエスさんは復活して、今は何をしてるんですか?
イエスさんが、最初に死んでから2000年位経つんですが
何回死んで復活して死んで復活して死んで復活して死んで復活して
を繰り返してるんですか?

931 :独り言(*・ω・)ノ ◆E09AdS.3fQ :2008/09/21(日) 13:48:28 ID:pMaPndLW
イエスさんは、全能の父なる●●の右に座ってるねん。

932 :独り言(*・ω・)ノ ◆E09AdS.3fQ :2008/09/21(日) 14:02:29 ID:pMaPndLW
ローマ 8:34
キリスト・イエスは、死んで、否、よみがえって、神の右に座し、また、
わたしたちのためにとりなして下さるのである。

イエスさんは、神の右に座ってるんやでー
だけど、ステパノの時は立ち上がってたんやでー

使信行 7:55
しかし、彼は聖霊に満たされて、天を見つめていると、
神の栄光が現れ、イエスが神の右に立っておられるのが見えた。


933 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 14:51:14 ID:zNxOOD/I
>体同士の接触や、体液の交換作業(これはセックスのことです。)により、
>人というのは、運命共同体になってしまうのです。
イエスではなく、戒律にこだわったユダヤ教徒っぽいニュアンスを感じる。
イエスは戒律を守っていないと見なされていた連中と交わっていたんだから、
身体の接触くらいあったんじゃないの?セックスまでしたかは知らないけど。


934 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 15:46:54 ID:2SY+UCxv
>>932
>イエスさんは、神の右に座ってるんやでー
体が復活したイエスが神の右の座にいるのなら、そこら辺は
体の復活した群衆だらけで、誰が誰だかわからないだべ
何でステェファノやパウロにはイエスしか見えないんだ???

復活して神の右に座してると言う意味が全く理解できてないんだよ

935 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 15:50:29 ID:YVtvN5NO
一日二日はだんまり決め込むつもりかな。

936 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 17:57:03 ID:g49i/A0R
>>933
>イエスは戒律を守っていないと見なされていた連中と交わっていたんだから、
>身体の接触くらいあったんじゃないの?セックスまでしたかは知らないけど。

普通に触れ合う程度のことを書いたわけじゃないんです。
あまり詳しく書くつもりがなかったので、わかる人だけにわかればいいと思いました。

陰毛が触れ合うだけで移る感染病というものが存在します。


937 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 17:59:58 ID:g49i/A0R

具体的には、疥癬、毛じらみ、その他の目に見えないほど小さな寄生虫です。
しかし、これらの寄生虫は、普通に生活している状態で移ることはほとんどないのです。
具体的にセックスをしなくても、下半身を触れ合うだけで感染する病気は存在します。


938 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 18:04:55 ID:g49i/A0R

自分の体を大切に思い、食事に気をつかい、
ハーブ、薬草、お茶などで、食事やその他の行いによって
身におびた毒気を排泄(デトックス)することの大切さを学ぶことができます。

そのように自分の体を気づかうことが、自分の魂や生き方さえも
気づかうことに自然に繋がっていくことは、不思議なことです。

旧約聖書のダニエルを見てごらんなさい。
彼は極端な例かもしれませんが、肉を食べない菜食主義者でしたよ。


939 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 18:14:10 ID:2SY+UCxv
>>938
>彼は極端な例かもしれませんが、肉を食べない菜食主義者でしたよ。
ダニエルの編者は普通に羊や牛肉を食べてたでしょうね
おそらくダニエル1/12〜13をアホ教団の好き勝手に解釈してる
んだと思うけど、同じ頃に書かれたマカバイ記を読めば、ダニエル1/12
の事情は判るんだけどね

これが、キリスト教徒が病的だと言われる所以なんだけどね

940 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 18:24:34 ID:2SY+UCxv
>>938
>彼は極端な例かもしれませんが、肉を食べない菜食主義者でしたよ。
ダニエル書10/3
その3週間は、一切の美食を遠ざけ、肉も酒も口にせず、体には香油も
塗らなかった。

この3週間以外は肉も酒も口にしたと言う事だべ...アホの言う事
はすぐ、化けの皮が剥がれるんだよ

941 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 19:25:10 ID:hAN8FRZI
どうだったら納得するのだ?

942 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 19:27:33 ID:g49i/A0R
>>940
>この3週間以外は肉も酒も口にしたと言う事だべ...アホの言う事
>はすぐ、化けの皮が剥がれるんだよ

ココモスキーさんは、
ダニエルが宮廷で肉食を拒否している記述を知らないのでしょうか。
きちんと聖書を読んでからの批判でないので、デタラメな批判になってしまうんですよ。
どうして、デタラメなことを書いてよいでしょうか。

★ダニエル書 1:8
ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、自分を汚すようなことはさせないでほしいと侍従長に願い出た。


943 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 19:47:54 ID:30JFFKRT
誰かの意見の反対意見を書いてるだけだから、反対意見を書かれる元になる意見は書けない。
ココモやご隠居の限界はそんなところ。

944 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 20:29:28 ID:oQTJXUdg
解釈は間違いだらけで、
キリスト教徒逹に論破されっばなしのココモスキー。カコワル。。

945 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 20:48:51 ID:uJnqBlHW
>>913
>真の平和な世の中の実現の為にはイエスの ”言葉” を受け入れない者は
>排除しなければいけないといったんだよ。重要なのはイエスという男ではな
>く彼の残した言葉であり、教えである

随分とイエスの言葉をありがたがっているようだが、批判は一切できないのかね。
それでは、単に「カルト信者の盲信」ではないか。イエスの言葉を受け入れない
ものは「排除する」のも、イエスの「教え」か。

イエスの言葉を、「初めからむやみに有難がらずに」聊かでも現代人としての
知性(批判力)を以って読めば、彼の言葉はすべて、「我のみ良しの思い上が
った独善性」「創られたままの人間そのものに対する洞察と愛の欠如」「人間
差別」「自分の気に入らない他者に対する非難」「論理矛盾」「創造(現実の人
間と大自然)に対する畏敬の欠如」に満ちていることさえ分からないのか。

イエスの言葉からは、「平和」や「すべての人間に対する愛」など、どこからも
出てこない。「平和をではなく、剣を、争いを齎すために来た」と自らも明言して
いるし、「隣人を、『そしてすべての人間を』愛せよ」とは、口が裂けても言
えなかったではないか。

それに、史上そして現代も、「イエスの教えを熱心に信じる者たち」が、最も
多くの人間を、最も残虐な方法で殺してきたという「事実」には目を背ける
積もりか。キリスト教の「血塗られた歴史」は、すべてイエスの「教え」の実
践であったことは、否定できない。人間としてのクリスチャンはすべて生来は
善であり、イエスさえ信じなければ、自他の生命を奪うことなどなく、家族・
隣人と共に、幸せな一生を全うできたはずなのである。

君が好きなイエスの言葉を、一つでも上げてみてくれ。現実の生と人間の愛に
立脚すれば、一発で論破が可能である。

946 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 20:57:43 ID:2SY+UCxv
>>944
>解釈は間違いだらけで、
>キリスト教徒逹に論破されっばなしのココモスキー。カコワル。。
これがキリスト教徒の精神障害さ...
ダニエル書10/3
その3週間は、一切の美食を遠ざけ、肉も酒も口にせず、体には香油も
塗らなかった。

って書かれていても、全くどういう事か理解できないん
何日間は「肉も酒も口にせず」って書かれていたら、期間限定
だと言う事が理解できないんだろうか....
1章の「肉も酒も口にせず」が何の事情によるものであるかも
理解できないんだろ....

それが、キリスト教徒なんだよ

947 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 21:07:35 ID:2SY+UCxv
あのねぇ...ネブカの宮殿で黙ってると豚肉を食わされるの...
身を汚す食い物と言うのは、豚肉の事なの...ユダヤ人は酒も多分
年齢制限何かあるんだべ...これって、以前に説明した事があると
思うけど...

948 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:15:39 ID:1tiAY3aW
>>942
>★ダニエル書 1:8
>ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、自分を汚すようなことはさせないでほしいと侍従長に願い出た。

「よくよくあなた方に言っておく。人のこの肉を食べ、その血を飲まなければ、
あなた方の中に命はない。・・・なぜなら、わたしの肉は、ほんとうの食物、
わたしの血は、ほんとうの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を
飲む人は、わたしのうちにとどまり、わたしもその人のうちにとどまる」(ヨハネ6.50-58)

主は、ご自分の肉をパン、ご自分の血をさかづきに盛られたぶどう酒とされました。
相応を知らなくては、イエスの肉と血の意味がわからないし、パンとぶどう酒に
ついても分かりません。主の肉とパンは、主から出る神の善のこと、仁愛による
あらゆる善のことです。また主の血とぶどう酒は、主の英知から出る神の真理のこと、
信仰によるあらゆる真理のことです。そうして飲食するとは、それと同化させることです。

宮廷の肉類と酒には主の教えがありません。
バビロンは悪の巣窟です。



949 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:20:48 ID:YdDnmoVU
>>945
あなたご隠居さん?
もしそうなら>>912にお答えいただけます?

950 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 21:27:09 ID:2SY+UCxv
>>948
>宮廷の肉類と酒には主の教えがありません。
そんな物は、宮廷に限らず、世界中の肉類と酒にはないと思うが
>バビロンは悪の巣窟です。
何時のバビロンだべか?
キュロスの宮廷もバビロンだと思うが、キュロス様はメシアだよ



951 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:28:08 ID:uJnqBlHW
>>948
「イエスの肉を食らい、血を啜る」ことで快感を得る。それはまさにカニバリ
ズム。キリスト教は、間違いなく「サイコパスの宗教」。その「異常性」の
故に、ローマで迫害されたのである。

その異常性と狂気は、現在でもすこしも変わってはいない。

952 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:34:39 ID:YdDnmoVU
>>951
あなたもこころの病を持つ人を差別する人なんですね。

953 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:35:36 ID:uJnqBlHW
>>949
「心の病」を持っている者が、パートナーとして働ける訳がないでは
ないか。働かせたら「人権侵害」「病人虐待」になり、人道に反する。
病人には、精神医学による「治療」が先決である。

954 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:36:17 ID:YdDnmoVU
もちろん人殺しなどの犯罪者は許されるものではありませんが。

955 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:37:06 ID:1tiAY3aW
>>951
あなたが少しでも、イエスの肉や血を飲食することがきれば
そんな狂気に走ることもなかったでしょうに。、、おだいじに。



956 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:39:13 ID:YdDnmoVU
>>953
いえいえ、パートナーとは生涯の伴侶のことですよ。
こころの病を持つ人をそうでない人と同様に差別しないで愛せるかと尋ねてるのです。

957 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:44:59 ID:uJnqBlHW
>>955
クリスチャンは、やっぱり「サイコパス」だったのだな。

俺はノンクリだから、人肉は食わないw。

ところで、「正常な」人間は、何故、人肉を食べず、人肉食に嫌悪感を
感じるのか。これは、レヴィナスが提起した命題である。

958 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 21:47:03 ID:YdDnmoVU
>>957
>>956にお答えください。

959 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:03:04 ID:YdDnmoVU
やっぱりこころの病の人を差別する人なんですね。

960 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:07:39 ID:FhQiI128
>>957
サイコパスの特徴
良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感のなさ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全く無い
過大な自尊心で自己中心的
口達者で浅薄な魅力

おまいさんがこれにどれくらい当てはまっているか、もう正常な判断ができないのだろう。
傍から見ればなんぼ当てはまっているかよくわかるぞ。

961 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:12:44 ID:uJnqBlHW
>>956
すべての生命は「絶対(神)」であるからこそ、その治療と社会復帰のために、
日夜、精神医学の研究が行われ、殆ど秒単位で進歩しているのだよ。

精神病が、「脳内神経伝達物質」という「物質」の異常によって発生するという
発見は、人類史上、最大の発見の一つだろう。神経伝達物質を調整する薬剤が
多数開発され、使用されて、効果を上げている。従って、現代では、精神病は、
「心の病気」などではなく、風邪などと同じく「身体の病気」であり、患者の
人格には関係ない。このことをよく頭に入れて、精神病者を差別しないこと。

962 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:15:25 ID:YdDnmoVU
>>961

「あなたは」こころの病を持つ人を生涯の伴侶とすることはできるの?

963 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:20:25 ID:FYLLh6vx
唯物論者が生命は絶対(神)って、それなんなの?

964 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:25:30 ID:YdDnmoVU
やっぱりこころの病を持つ人を差別する人なんだ。

965 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 22:40:33 ID:2SY+UCxv
順番に説明したらキリスト教徒の病状が判るだべ...
@キリスト教徒(一部だと思うが)の中に「菜食主義者」がいる。
A菜食主義者達は、ダニエルの一章を根拠にしている
Bところがダニエルの一章は、豚肉や年齢的に酒を拒否する為に
 菜食主義であると言ったとされる
Cダニエルの十章には、期間限定で肉と酒を食わない事が示されている
 これは、逆にその期間以外は肉と酒を口にしていた事を裏付ける
DB及びCから、ダニエル書に書かれてる人物が、「菜食主義者」
 であるとする事はできない。
Eキリスト教徒はBとCを指摘した人間を
 >きちんと聖書を読んでからの批判でないので、デタラメな批判に
 >なってしまうんですよ。
 >どうして、デタラメなことを書いてよいでしょうか。
 とも言うし。
 >解釈は間違いだらけで、
 >キリスト教徒逹に論破されっばなしのココモスキー。カコワル。。
 とも言い出す始末だろ


966 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 22:50:05 ID:uJnqBlHW
>>963
唯物論者(humanist)は、「架空の神」ではなく、「すべての人間の生命と
それを支える自然」とに最大の価値を置く。生命は、人間のすべての営み
の根源だから、それを「神」としても、ちっともおかしくない。「生命」は、
「厳然たる実在」である。生命が無くなれば、宗教も神概念も不可能になる
ではないか。

キリスト教のいう神も、深く考えれば、実は「人間の生命」のことである。
人間を離れて、どこか他所に存在しているものや、死んだイエスなどでは
ない。

クリスチャンは、大昔の聖書など盲信するから、完全な誤解に陥っているだけ。

最近の哲学・神学でも、「神とは、人間の生命」という結論に収斂しつつある。

その意味で、唯物論者こそ、神を最もよく知る者、最も神に近い者なのである。

967 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:00:22 ID:oQTJXUdg
このご隠居とかいうの、総合失調症であるばかりか、
相当な馬鹿だな。イエスの、私の肉を食べ、私の血の杯を飲みを、
字面のまんま、カニバリズムだと思ってらぁ。俺は宗教板で、
これほどの馬鹿をみたことがない。

968 :盲人を観察する目:2008/09/21(日) 23:06:15 ID:oQTJXUdg
>>965
で?キリスト教の永遠の命とは、ゾーエーのことなので?

969 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:06:51 ID:0k7DazIj
>>262
>「あなたは」こころの病を持つ人を生涯の伴侶とすることはできるの?

その前に、君はできるの?


970 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/21(日) 23:07:08 ID:g49i/A0R
>>965

わかりました。わかりました。
『菜食主義者』という言い方がよくなかったんですね。
じゃあ、「ダニエルは肉食を拒否した。」これでOKですよね。

「豚肉だから拒否したんだ」というのがココモスキーさんの主張のようですが
そんなことは聖書には、まったく書かれていませんよ。
だから、それはココモスキーさんの推測にすぎないのです。



971 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:08:22 ID:0k7DazIj
>>969の訂正
>>262>>962

972 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:12:15 ID:0k7DazIj
>>967
では、君の解釈を、是非どぞー


973 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:13:41 ID:YdDnmoVU
>>969
あなた誰?
私の人生の伴侶はこころの病で障害者手帳持ちだが?
そういうあなたはできるの?

974 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:15:32 ID:0k7DazIj
>>962
どうなんですか?
>「あなたは」こころの病を持つ人を生涯の伴侶とすることはできるの?

975 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:16:23 ID:0k7DazIj
>>973
証明して下さい

976 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:22:50 ID:YdDnmoVU
>>975
なんでネットで個人情報出さにゃならんのだ?どうしてもと言うならこちらが捨てメールアドレスでメールやり取りを考えなくもないが。

それよりあなたはできるの?

977 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:25:07 ID:0k7DazIj

言葉は【魔物】【魔物】【魔物】、詐欺はその常習犯!!何でも言える
言葉は【魔物】【魔物】【魔物】、詐欺はその常習犯!!何でも言える
言葉は【魔物】【魔物】【魔物】、詐欺はその常習犯!!何でも言える



978 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:26:19 ID:YdDnmoVU
答えになってねえぜ。

979 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 23:32:41 ID:2SY+UCxv
>>968
>で?キリスト教の永遠の命とは、ゾーエーのことなので?
福音書の編者は多分ζωην(ゾーエー)とψυχην(プシュケー)
を逆の意味で考えていたと思われます。
キリスト教徒がζωην αιωνονをどの様に考えているのかは
全く理解できませんので、聖書に書かれてるζωην αιωνον
を調べると、ダニエルを含む、共観福音書とパウロ書簡は
ミトラ教と同じ様に死後の世界の事です。
ヨハネ福音書は、プラトン哲学の流れを汲む、現世のある境地を
示してます。 この場合正確にはζωηνではなくψυχην αιωνον
と言うべきだと思います。



980 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:32:53 ID:0k7DazIj
>>978
あはは・・・(笑
君もご同様

981 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:37:02 ID:YdDnmoVU
>>980

「あなたは」こころの病を持つ人を生涯の伴侶とすることはできるの?

982 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:37:17 ID:0k7DazIj

カルトだの創価だの引きこもり等と <根拠のない> ことを言ってアンチを罵り、信じるのが大好きなクリたち〜
やっはり、聖書もキリスト教も <根拠のない思い込み> だから、信じるのが大好き〜

>>976のクリの言うことなんて、誰も信じていませんからご心配なく(笑)
まったく、聖書がなんだっちゅうの!! 

お先にオヤスミ☆


983 :盲人を観察する目:2008/09/21(日) 23:37:24 ID:oQTJXUdg
>>972
解釈もなにも、そこの私の肉を食べのくだりの意味は、
宗教を少しでもかじったことがある人なら誰でも知っている常識なのだが。
そこのココモスキー程度の人ですら知っている常識。
知らないのは草加のあなただけ。君の無知丸出しの書き込みは、
失笑の種と、明らかに精神を病んでいると見受けられるので、
哀れみの対象でしかならないよ。
しかしあんた、キリスト教をなにも理解していないんだな。


984 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:39:40 ID:0k7DazIj
>>981
人に、質問攻めにするのは愚劣で卑怯なやり方よン
おバカの典型です。
落ち

985 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:41:25 ID:YdDnmoVU
>>982
答えないわけか。
メールで答えてやらないでもないと言ってるのに食い付いてこないし。
何のために聞いたんだっつーの。

986 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/21(日) 23:42:16 ID:2SY+UCxv
>>971
最初にも言った様に、同時期に書かれたマカバイ記を読んでくれ
(豚肉を口にしなかった為に親の目前で殺された子供達の話など)
ダニエル10章にもある様に、日頃は肉も酒も口にしてる人が
ネブカの宮廷の肉を食わないのは、ユダヤとバビロンの食習慣の違い
だろ


987 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:43:01 ID:FYLLh6vx
>>96
>唯物論者(humanist)は、「架空の神」ではなく、「すべての人間の生命と
>それを支える自然」とに最大の価値を置く。

だったら、その自然や人間は一体どこからやってきたの?

>「生命」は、
>「厳然たる実在」である。生命が無くなれば、宗教も神概念も不可能になる
>ではないか。

宗教でいう(いのち)と、肉体の生命との違いも理解できないの?


988 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:43:55 ID:YdDnmoVU
>>984
人にものを尋ねた理由も言わない、口を開けば相手をおバカ呼ばわり。
なんだそりゃ。

989 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:53:41 ID:0k7DazIj

【観念は百人百様】  (*^。^*) 

解釈だけでも、あちこちでもめている馬鹿らしさ!!
時間の無駄!

どこが宗教なの? ≪争いの元凶≫ですね!!



990 :神も仏も名無しさん:2008/09/21(日) 23:58:34 ID:YdDnmoVU
>>989
>>981はあなたは答えなくてもまあいいわ。
>>981を俺に尋ねた理由は教えてくれよ。

991 :盲人を観察する目:2008/09/22(月) 00:00:07 ID:oQTJXUdg
>>979
馬鹿に付ける薬はなし。勝手に共感福音書の永遠の命と、
ヨハネの永遠の命を違うものにしてはいけない。
あなたは字面だけしか読めず、内容の読めない人だ。

992 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 00:01:38 ID:YdDnmoVU
そろそろID変わるのかな?

993 :ダニエル・アポトーシス ◆o31oshrvYE :2008/09/22(月) 00:09:13 ID:wNzyqx6w
>>986
>最初にも言った様に、同時期に書かれたマカバイ記を読んでくれ
<(豚肉を口にしなかった為に親の目前で殺された子供達の話など)

マカバイ書は読んでいますよ。
しかし、どうしてマカバイ書に書かれている正統な信仰を持った人への迫害が
ダニエルが肉食を拒否した肉が豚肉だ、とする根拠になるんですか???
ココモスキーさんの言っていることは、わけがわからないし支離滅裂で論理的ではありません。
ココモスキーさんの頭の中で、勝手にストーリーが出来上がっていて、
「これが真相だ」と言い続けているような、そんな印象です。
ココモスキーさんというお方は、聖書から何の根拠も導き出せていないのにも関わらず、
自分の主張を正しいものとしてオウムのように繰り返すばかりなのです。

わけがわかりません。


994 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 00:22:34 ID:JNP7MZt1
新共同訳の「肉類」(ダニエル1:8)のところは
口語訳では「たべもの」で、新改訳では「ごちそう」なんだよね。
ダニエルが菜食かどうかしらないけど、
王の食いもんは律法で禁じてる食いもんだから、
律法を破って身を汚したくないから王の食いもんを拒否したと読めるんが…。

995 :盲人を観察する目:2008/09/22(月) 00:27:49 ID:YrX1+PhN
>993
そうですね。ココモスキーさんっていう人は、
あらかじめこうに違いないという思い込みから、
自分の中で勝手にストーリーを組み立て、書いてる内容を
そのストーリーにあわせて無理やり解釈しています。
その代表的な例が、ゾーエーとプシュケーの取り替えです。
イエスの説いた永遠の命とは、明らかに魂ではなく、プシュケー。生命のほうです。
それをこの人は、それは魂の方に違いない。だからヨハネの編者は意味を取り違えて書いたんだと、
自分の思い込みを正しいとして、話をでっち上げています。
邪見とは、その人のエゴが引き起こすと、釈迦は言っています。
この人は盲人のいいサンプルです。

996 :独り言(*・ω・)ノ ◆E09AdS.3fQ :2008/09/22(月) 00:29:43 ID:ufzzLqvH
律法では、肉料理の仕方というか、方法も決まってたんじゃないかい?
律法の規定に従って、料理されているのかわからない食事だから、拒否したのかもね。

997 :独り言(*・ω・)ノ ◆E09AdS.3fQ :2008/09/22(月) 00:39:11 ID:ufzzLqvH

       / ̄ ̄ ̄ \   Zzzzz・・・ 誰か1000とってね♪    
      /  ─    ─\          . ___________
    /    (−)  (−) \         .| |                  |
    |       (__人__)   |         | |                  |
    \      ` ⌒´   /          .| |                  |
      / ヽノ   ⌒\__         | |                  |
     / |      \___)⌒\_     | |                  |
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)     .| |                  |
         \         /\ \__   |_|__________|
           ` ―─―─´   ヽ___)      _| |  |_




998 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2008/09/22(月) 00:41:42 ID:pzJBEg9A
>>993
>ココモスキーさんというお方は、聖書から何の根拠も導き出せていないのにも関わらず、
>自分の主張を正しいものとしてオウムのように繰り返すばかりなのです。

これが、キリスト教の精神障害者の実例だよ...幾ら説明しても
無駄だべ
>>995
>その代表的な例が、ゾーエーとプシュケーの取り替えです。
これも、キリスト教の精神障害者の実例だよ...幾ら説明しても
無駄だべ
少し前に永遠の命で書き並べたwebを紹介したので、覗いてチョン

福音書の編者は多分ζωην(ゾーエー)とψυχην(プシュケー)
を逆の意味で考えていたと思われます。
こんな事くらいでアホ抜かしても馬鹿晒すだけだよ



999 :神も仏も名無しさん:2008/09/22(月) 00:47:42 ID:ur7Fy9xm
>>995
>イエスの説いた永遠の命とは、明らかに魂ではなく、プシュケー。生命のほうです。
そのプシュケーなるものの実体はなんなんですか?

神の愛や英知が(いのち)そのもであって、霊魂はその(いのち)を受ける器です。


1000 :盲人を観察する目:2008/09/22(月) 00:53:27 ID:YrX1+PhN
>998
馬鹿晒してんのは、永遠ね命とは、
魂を意味するゾーエーのことだべ〜と言ってる、
あんたの方だよ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

465 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)