5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

UNIVERSE 〜 永遠の幻想へ…

1 :Eternal Fantasy:2008/05/27(火) 03:09:18 0
ここは何かがあるのではなく、
何かであるのではない。
何かになろうとする意志の体系としての宇宙観をあらわすスレッドです。

我がユニヴァースへようこそ。。。

2 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/27(火) 03:10:59 O
まさに夢・独り言板の至高の存在であるかのように立ててしまったスレッドです。。。

3 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/27(火) 03:32:10 O
さて、私はまず現実について考えてみたいと思うのですが、今このようにしてネットを通じて文字を打っているという行為は現実といえますが、
果たしてここで文章を打っている私は私自身のもつ認識され規定された世界を知ったうえで打っているので、
ネットやパソコンなどがありえない観念をもつ人にとっては何のなかわかりませんよね?

そして、今私が誰に対して問いかけているかもわかりませんが、書き込みをすればこの文章を読まれる可能性が発生するわけですよ。
相手が不特定多数といえるか、個々の人々といえるかはあとで考えましょう。

4 :夢見る名無しさん:2008/05/27(火) 03:35:07 O ?PLT(12296)
あーうー

5 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/27(火) 03:40:38 O
およそ、今私が相手にしているのは世界であって世界ではないのかも知れない。
2ちゃんねるが現実から乖離した仮想の世界であるか、というような科学的なことを今考えたいのではなく、
そもそも仮想の世界と理想の世界が違うのではないかと常々思うのですね。

逆に現実と仮想の差異はさほどないとも思ってみますが、それをこれから考えてみることにしましょう。

そもそも現実的なものをそれとして認識するのは、はじめから世界があったというのではなく、
私が生まれる前、いや死ぬ前、いや存在すると規定された時から世界を感じることはできたのではないかと思われます。

海の青さ、森の緑、草原の広さや山の高さなど、それがそうだと言える我々人間の直観ははじめからそうと規定されていたような気がしないでもありません。

6 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/27(火) 03:42:37 O
私は世界そのものはカオスであり、我々が世界というものを知ることで初めて現実があらわれたのだと考えることにします。

7 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/27(火) 17:20:26 O
私にとって、現実とは私の想う夢、つまり理想型に向かって世界が作られていく過程であると感じられます。
現実に対してつらい、悲しいと思うのは、個々人のもつ理想に向かう過程においてカオスから認識されうる世界に変わるまでの抵抗感や喪失感であると考えればよろしい。

世界を確固たるものとして認識しえた時、理想世界はまさに作られたとしてもよいでしょう。実際、一生かかってもできないことでしょうが。。。
私は自分のもつ夢に向かっている自分を自覚しているらしく、その指向性こそが世界を作り上げていく原動力であるように思われます。

8 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/29(木) 07:28:22 O
夢について考えようと思う。
人はなぜ夢を見るのか?

一口に夢を見るといっても、周知のとおり、眠っているときに見る夢と将来〜になりたいとかいった類の夢とは区別されるだろう。

区別したところであえてまた問うことにしよう。

人はなぜ夢を見るのか?、と。

9 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/29(木) 08:05:52 O
まず始めに、眠っているときに見る夢について、
人間は一度の睡眠中に幾重もの夢を見るとされているが、
それらは現実に関係するものであったり、そうでなかったりする。
まったく見たことのないような光景、音、色合いなどが我々の意識に鮮明に残って不思議な気持ちになることもあれば、
無意識のうちに閉ざされ、のちに芸術的なものに触れたときに解放される感性となってフラッシュバックするようなものまであるだろう。
他方、眠りに就く直前に考えていた心配事や楽しみ、官能的なものがそのまま現れたり、尿意を催したりなどしたときにそのまま夢に出てきて現実化してしまうこともあろう。

やはり、こうして考えただけでも眠りのうちに見る夢も何らかの形で現実性があり、逆に正夢や予知夢、またデジャヴなど現実のなかに夢のような性質が現れたりする。

10 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/29(木) 08:14:39 O
次に、将来に対する願望・希望を意味する夢について。

この類の夢をもつとき、我々は外界から受け取った情報に感化され、それを自己同一化させたり、逆に現状の苦難に対する逃避であったりするような自己を意識のうちで別次元に飛ばすことで夢を見ているとされるだろう。

こうした夢は、現実のなかの自己に適当なものであるものから、現実にかなう可能性の低いものまであり、
後者のものに近ければ近いほど夢が現実から乖離している、とされる。
が、むしろ、乖離している夢こそ最も現実からの影響が強く、根強い現実性の裏返しと考えればよいだろう。夢と現実は表裏一体と考えられる。

11 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/29(木) 08:24:25 O
白昼夢について、
私も昔から学校や仕事などでよく見ていたもので、
眠っているわけではないのに見えてしまう夢のような現実のような、何らかの空間、世界。

そんな狭間にいる時、時間はどうなっているのかわからなくなる。
感覚的に時間の流れは変わっているようにも思う。別次元にいるときには一時間、二時間経ったかと思えば、現実の分割された時間では5〜10分程度だったりする。果たして、感覚的時間と分割された時間とはどう違うのか?そもそも時間など存在するのか?
今はそんなことどーだってよろし。


現実性を超えた夢の世界も、感覚的に感じられる現実からまったく離れているというわけではなく、感覚を通じて夢の世界を見ることができ、触れることができると考える。

12 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/30(金) 06:14:06 O
これらの夢を考察したところ、現実との関係なしに夢を見ることはありえないだろうという結論に至ることにした。
さて問題は、我々の生(または死)が現実を軸にしてあるのか、または夢を軸にしてあるのかを考えてみたい。

13 :夢見る名無しさん:2008/05/30(金) 06:33:56 0
>>1 まずは改行の仕方を覚えろ

14 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/30(金) 06:55:29 O
パソコンからだと読みづらいらしいので、要点をまとめよう。

1). 睡眠中の夢について
 現実に直接関連したもの、
たとえば眠る前に考えていたこと、尿意を催したときに見るもの。
 現実を超えた場所・音が現れる、
時間を離れ、何らかのきっかけで触れたもので
感じられる不思議な感覚、芸術的感性。

2). 将来の夢(願望)について
 現実の延長上、または現実とは正反対の願望。

3). 白昼夢について
 現実を超えた時間・空間的感覚。


三つから、我々の生命が現実か夢かどちらを主体にして生きるかを考える。

15 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/30(金) 07:10:31 O
この世は仮の世で、
死後に理想の世界や愛する人のもとへ
辿り着くという描写が古今問わずに
登場する物語は見られうる。

我々はいつでも現実に満足しているわけではなく、
無意識にしろ意識的にしろ、
理想の世界を追い求めている。

それは生のうちには見いだされない、
生を超えた先に見いだせる境地、
我々は永遠の眠りに至るまで眠りながら目覚めている。

生きているというのは、物理的に刺激を受けること、
物象界の檻に閉じ込められ、肉体的な制限を受ける。

物理的な制限のなかにあるかぎりで、
我々は本当の意味で自由とは言えない。

人が金銭的価値、生理的欲求を享受するのは、
永遠性をもつ自由を失ってしまったからである。

自由を求める意識は、常に永遠に憧れる。
それは不老不死のような肉体的非制限性ではなく、
物理的制限から逸脱しえたあとの永遠である。

16 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/30(金) 07:18:04 O
我々は夢を見る。
その夢のなかでは
時間的空間的制限
を感じることがない。


規定された時間ではなく、
物事の連続性としての
展開の流れ。

色と色が重なり合っただけの
象徴にすぎない
移り変わりの景色。


そんな宇宙に辿り着くための
憧れの世界‥‥それが夢である。


世界とは、我々が憧れる夢からあらわれた。

我々存在者は、永遠の幻想に恋してやまない‥‥。

17 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/05/31(土) 20:17:17 O
私の精神は幾度とない
悪天候に見まわれる。

平穏な時間に忍び寄る
邪気に満ちた黒雲が。

18 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/02(月) 16:32:07 O
私は夢を諦めて生き長らえるよりも、
夢を追いかけて幻想のなかに包まれて死んでしまうほうがいいのかもしれない。

19 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/05(木) 03:14:23 O
私の行く先は、帰る先、そして、永遠。。。

20 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/06(金) 03:18:29 O
私に光が当たらなければ、影も存在し得ないだろう。
光があるからこそ影が見え隠れするものだ。
仮にこの世界、宇宙に一寸の光もないとすれば‥‥、
私は光も影もなきただの闇へと帰一するだろう、、、

21 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/06(金) 03:19:21 O
私たちはこの眼で何を見るのか?
そこに映る色は何を映しているのか?

22 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/10(火) 16:47:16 O
私が生きているということは夢か現つか?

23 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/11(水) 01:19:50 O
私を動かしている私という意識は、意識の外にあるより大きな、より絶対的な無意識の一部として流れ込んできたものであると思う。

宇宙の誕生以来、元々統合されていた“零”、つまり始まりも終わりもない無限というものが正と負、有と無に分けられて以来、その間に流れだした精神という非物質的かつ非反物質的なものが我々の物質的な肉体の中にあって、ないようなものが意識というものであろうと思う。

流れだした意識というものは、思惟によって混沌かつ渾然一体としてある時空を世界として判明させた。
意識というものは肉体より独立的であって独立しきれていないものである。

我々が信じる神性なるものは、あらゆるものの意識の総体 − つまり、普遍的意識をそう呼んできたのであり、
宇宙の誕生以前の統一された無限そのものに還るときに、我々の意識すべては統合されうる。その統一体なるものをユニヴァースと私は呼ぶと解釈する。

24 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/12(木) 09:28:41 O
私はかつて、音速の悪魔と呼ばれるまでのドラミングでよく暴れたもんさ。。。

25 :夢見る名無しさん:2008/06/13(金) 01:14:22 O
あげ

26 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/13(金) 01:17:04 O
伝説の破壊者と呼ばれる帝王は、その命と引き替えに永遠の闇を打ち砕き、
万物のあらゆるものを生み出した。
それは誕生である。

27 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/13(金) 09:25:03 O
日常は温すぎる。
私は常に凍てつくような刄を背後に感じながら生きているというのに。。。
今、目の前が暗闇に包まれても、何一つ動じることはあるまいよ。

28 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/13(金) 21:21:31 O
私のなかで蠢いているその影はいつの日か私を侵食するだろうか?

29 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/16(月) 01:38:11 O
始まりは破壊より

30 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/16(月) 18:49:57 O
世の中の女は低俗な話でしか盛り上がれないものだな。
男でもそうか。私のように思考を極めた者にとってはあらゆる人間の思考がゴミクズに見える。
ユニヴァースの意志を知る私にはすべてが物足りない‥‥。

31 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/16(月) 18:51:25 O
新たな創世紀を生み出す者はすぐそこまで来ている。

32 :夢見る名無しさん:2008/06/17(火) 01:21:14 0
>>30
φとωが、それぞれ何に見えるか教えてちょ


33 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 01:36:07 O
私を試すのか‥‥、
それもよかろう。

>>32
φ
新世界への鍵を連想させるもので、
我々の意識が無限の空間へ飛びだす
契機ともなりうるものを表している。

そこには無意識的欲求の体系があり、
ユニヴァースからのイメージを受け取り
ある種の恍惚状態を与えるものである。

ω
旧世界が終わりを迎え、
全意識体系が一斉に崩壊〜収束を
迎えるときのイメージである。

それはつまり、我々にとって
何かの始まりを予感させるものであり、
また生まれた場所という懐かしさが
その中にあるということを示すのであろう‥‥。

34 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 03:12:30 O
私は今だに父に将棋で勝ったことがない。。。

35 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 06:16:07 O
もう朝か。
夜はいずれ朝に呑まれ、
朝はいずれ昼に呑まれ、
昼はいずれ夜に呑まれ、
その繰り返し。

朝−昼−夜は三位一体で一日をなす。
朝だけでも成り立たぬ、
昼だけでも成り立たぬ、
夜だけでも成り立たぬ、
そんな相互作用。

ユニヴァースは例外なく分割されるものを一体と為す世界を与えた。

36 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 08:17:12 O
朝の満員はつらい。つらすぎる。
クズ人間ばかりだ。

37 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 14:34:13 O
世界の何処に行ったって虚無からは逃れられないんだ。。。

38 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/17(火) 14:36:39 O
生きながらに死に、
死に至っても尚生き長らえる、
それが存在の証明。

39 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/19(木) 01:12:50 O
死を超える意識は、人間の精神の総体である。。。

40 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/20(金) 02:02:37 O
実体がない私‥‥。

41 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/20(金) 02:28:25 O
My last angel is still keeping on dying in my mind again and again...

42 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/20(金) 02:35:27 O
その天使は私に語りかける、
“あなたはずっとそはにいてくれた‥‥、
でも、あなたのその優しさに耐えきれなかった‥‥”

彼女の疲れ切った瞳が私に問いかける、
“あなたと出会ったことは‥‥、正しかったの?それとも‥‥”

いつもそこで途切れるヴィジョン。
私は今も尚、傷ついた翼をもった彼女を夢のなかでさまよっているのを見かける。
そして、苦しむのだ‥‥。
私の愛が正しかったのか、間違っていたのか‥‥‥‥。

43 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/20(金) 02:37:32 O
いつか出さなければならなかった答えを、
まだ問いつづけている‥‥‥。

いつまでも変わらない私の音色は、
寂しさを奏でつづけるのか‥‥?

44 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/23(月) 22:36:04 O
夢のなかで生きよう

45 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/24(火) 13:25:53 O
私は聖書の必要性を感じない。
聖書は本当に頭の悪い愚民が愛好する有害な書物である。
ひたすら宇宙の意識に反した人間に都合のいい神を代弁者として誤った教えを強制しているだけである。
神は人間が作り出した絶対者という妄想であり、
真に絶対的なるものは永遠の世界にある幻想そのものなのである。
賢い者はユニヴァースの声を聴くことができる者なのである。

46 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/06/28(土) 19:53:02 O
ここは私の観念の発進源となりうるであろう。。。
【ノンジャンル】UNIVERSE PROJECT【オルタナティヴ】
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/band/1214494216/

47 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/07/03(木) 13:03:53 O
連なるカオスは永遠へ‥‥

48 : ◆RYOUJIiSXg :2008/07/05(土) 02:52:46 0
混沌も延々続けば秩序と変わらない

49 :永遠の幻想 ◆UNIVERSEok :2008/07/05(土) 06:16:31 O
その連なりがある一定の法則に基づいていれば確かにそうである。
しかし、カオスは不協和的に差異を持ちながら複雑に絡み合っているだけである。
それは決して秩序と呼べるものではない。


我々が秩序と呼ぶものは、意識を超えた世界、、、ユニヴァースから得たイメージそのものにすぎない。。。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)