5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

駄目人間を自称する人のスレ

1 :駄目:2008/06/22(日) 23:59:07 0
通算、いくつめかはわかりません

だが、続けます

2 :駄目:2008/06/23(月) 00:00:42 0
信じることがあることは素晴らしいことだ

信じられないものばかりがなのにそれを信じられるのは
幸せということだ

3 :駄目:2008/06/23(月) 00:04:39 0
最近、よく思うのだが

矢張り、この世の中には裏も表もない
すべては混沌であることが間違いはないだろうとつくづく思う

警察は表の住人か?やくざは裏の住人か?
違う、裏というのは「自分たちの無知」を正当化するための都合好い文言にすぎない

そういって、自分の無知を正当化することに血道をあけているのなら
知ることを求めるのが人ではないのだろうかと思う

4 :夢見る名無しさん:2008/06/23(月) 00:06:03 O
何歳?

5 :駄目:2008/06/23(月) 00:11:38 0
正否

それは単純な倫理的判断の上か、自分の無意識の損得勘定の上での結論にすぎない

世界や、生活には正しいか間違いかなんて実にどうでもいいんだ
自分たちの生活の都合上、よくないことがおきなければそれでいいだよ

庶民や私民が政治に興味を持つことは永続的にない
政治的判断を無意識に行ってはいるだろうが、あまりにも大きすぎる 小さすぎることは見ようとしないし みない

簡単だ、生活に関係ないからだ

6 :駄目:2008/06/23(月) 00:12:24 0
>>4
21

よく、生きてこれたと思うよ

7 :夢見る名無しさん:2008/06/23(月) 00:14:24 O
人生これからだよ

8 :駄目:2008/06/23(月) 00:21:27 0
>>7
そうかもな

今のおれは数年前の俺じゃなくて、馬鹿みたいに悲観することはなくなった
きりがないからだよ

まるで、デフレスパイラルにインフレーションが乗っかって
スタグフレーションになるみたいに、ろくな世界に落ちることはなくなった

正直、希望を持っている
希望がいかに絶望を作り上げているとはいえ、俺は少なからず希望を持って生きている

絶望を作るのはたやすい、非常にたやすい
だって、自分を否定して 卑下して 馬鹿にして、自分の世界に留まっていりゃあいいんだからな

9 :駄目:2008/06/23(月) 00:26:43 0
俺は今、幸せだと思えるよ

なぜか理由はわからんが幸せだと思える

幸せは昔から漠然としている、漠然としているから捉えづらいのだと思うよ

でも、それが幸せだといえると思う

10 :夢見る名無しさん:2008/06/23(月) 00:30:25 0
都合のいい価値観の人間が都合に合わせて出てくるから最悪だよ?
完全勝利に3兆じゃないからさ

11 :駄目:2008/06/23(月) 00:34:37 0
>>10
それでいいんよ

人は物事を都合よく解釈しないと生きていくことができないのよ
自己確立性もそうだし、自分の周りの最も小規模な意味合いでの都合的な解釈

完全な勝利は作り得ないけど、灰色のに近い白と黒は作ることができる
その灰色に近い白と黒をどこまで、自分の中で真っ白か真っ黒かにするかはその人の都合なんよ

間違いはないが正しいはない、それは物事を大きく大きくとらえると自動的にそうなる
ただ、自分の立場の確立から考えると完全に近くないとだめなんだよ

ひとって、実に理不尽で自分の都合で生きているかが身にしみてわかるよ

12 :駄目:2008/06/23(月) 00:38:14 0
幸せもくそもない世界で俺は楽しんで生きている

楽しむことができなくなれば、自分はおしまいだよ
人生はどうあがいても楽しいものにせにゃあならん
不幸は必ずやってくる、それをいかにして軽減するかが人が唯一できる防御的行為なんだよ

実に世界は幸福と不幸がバランスよくできている、世界だと俺は思うよ

13 :夢見る名無しさん:2008/06/23(月) 00:39:07 0
         _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >   そうなんだ、すごいね!      <
       ´ ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
            __、、=--、、         __
           /    ・ ゙!       /・   `ヽ
           | ・   __,ノ       (_    ・ |
           ヽ、 (三,、,         _)    /
            /ー-=-i'’       (____,,,.ノ
            |__,,/          |__ゝ
             〉  )          (  )

14 :駄目:2008/06/23(月) 00:47:31 0
>>13
暇だから

すごくないよ 考えりゃ、どこまでもいく

俺はそれを途中でやめているだけ、閉じこもり始めたらきりねぇからな
無意識下で政治的判断でやめているだけよ、それでいいんよ

答えは出なくても、体は自動的に衰えていくんだからね

15 :駄目:2008/06/23(月) 00:53:19 0
相変わらず、ガルシア軍曹は可愛いなぁ

昔は右翼みたいな考え方だったけど、今じゃあ左翼かもしれないね

左翼って言っても、原論的な考え方の意味での左翼だよ
あくまでも、「民主主義者」って観点の上での左翼だよ

資本主義の内部矛盾を政治的に内部で隠せ得ない状態に陥った際に
共産主義は勃興する

自分は、皇統という王政の放棄を共産主義者及び社会主義者がうったえなければ
俺は、全面的に共産主義者を支持する そういう、ご都合主義者だ

16 :駄目:2008/06/23(月) 01:01:06 0
そういえば、俺はトリをつけるつもりはないよ

だって、俺は俺だ 個別することができない一個人体だからだ

生産的、非生産的発言をしていようがかまわない
俺の意思、肉体、系譜は何一つ変わらない それは、誰が俺と近似的な道を歩んでいようともだ

俺は絶対的個人であり、社会的動物であり、また一つの肉体をもった意思である
炭素系の肉体にすぎないってことだ

17 :駄目:2008/06/23(月) 01:08:44 0
日本には右翼も左翼もいないよ
いるのはそれで、商売をしている人たちだけだよ

今の左翼は本気で政府を転覆して、共産及び社会主義国家にしようと考えているか?
今の右翼は本気で政府を転覆して、天皇を基軸たる国家を作り上げようと考えているか?

考えていないだろ
考えていないということは、政府がうまく商売させるために飼いならしたんだよ
それが資本主義の最大の効用ってやつだ
資本主義は財(サービス、人、モノ、金、時間)をすべて資本にあてはめて判断する

これは一、政治的解釈下にある 思想は完全に、資本に食べられ骨となってしまった
結局はその骨に無理に肉付けしようとしている連中が、暴走しているだけのお祭り騒ぎになっているだけ

本来、せねばならないことはその骨をまた肉がついた生命体として生き返らせることなんだけどね

18 :駄目:2008/06/23(月) 01:10:21 0
ねる



19 :さじ加減 ◆JOdoraM5II :2008/06/23(月) 04:52:50 0
駄目人間の考えていることを
1本の長い線、つまり本みたいなものにまとめたら
どういう始まりとどういう終わりが来るんだろうかね。
ちょっと見てみたいけどね。

20 :◆VqGdauSAGI :2008/06/23(月) 22:09:26 0
ニーチェの考える善悪

21 :駄目:2008/06/24(火) 00:25:53 0
>>19
さじさん、お久しゅうございます

長い線なんかないと思いますよ、人は断絶的に影響を受けてしか生きてこれないんですよ

人の考え方なんて、少しでも論理的に、且つ悦楽的に生きようとすれば
ふつっ、ふつっと途切れているものだと思います

でも、それができるのは圧倒的情報量の取捨選択能力の向上
根底知識の擁立、自己同一性が揺れえない己が必要なのだと思っています

とくに、世界網がどこまでも組まれているこの世の中は
一瞬が過去で、一瞬が古臭い論理構造になってしまうのです

しかも、それが金銭となれば その一瞬の判断が「勝者」と「敗者」を分け隔ててしまうのです
だけど、「勝者」は「敗者」が負けた以上の金銭を得ることはできえないし
「敗者」は「勝者」が勝った以上の金銭を損することはできえません

資本は膨らみました でも、その膨らみは実物の資金及び資本ではないのです
あくまでも、仮想取引上 損得計算の上で成り立っているのだとおもっています

だって、簡単じゃないですか
九兆円の負債でさえも、次の瞬間 現レート一円を九兆円にハイパーインフレーションに誘導すればいいだけの話ですから

22 :駄目:2008/06/24(火) 00:35:13 0
>>20
一時期、ニーチェに嵌りましたが、今でも彼が何をいいたいのかわかりません

でも、善悪にはどうしても基準が必要です

人を殺すことは悪か?
それはどうあがいても、悪なのです

それは精神論理的には善悪がつかないとしても
今、動いている社会上は悪なのです ばれなければ、悪ではない
それは、立法上の話であり 彼が死ねば、悪が撲滅されるということも新たなる善が勃興するわけでもありません

すべては均等にできていて、実に不均等のように「見える」世界だと思っています

この前、宮崎勤が処刑されました
彼は悪なのでしょうか? それは、分からないとしか答えられないのです

この少女が四人殺されたことで他生命(穀物・家畜)は死ぬことはなかったでしょうし
彼女らを起点とした、次世代の発展による 人口増加を抑えられたと考えることもできえます

だけど、彼は悪ではなければならないのです
それが、人間社会の効率化及び発展のためにその前提をつぶすものは人間の都合上、よろしくないのです

故に、死刑囚は死刑囚たらねばならないのだと考えています

23 :駄目:2008/06/24(火) 00:47:06 0
死刑というのも、今では意味があるのかとか、ないのだとか
死刑廃止論や存置論、奨励論など様々ありますが

法律で考えれば、そんなことをするお馬鹿さんがいなきゃあいいだけの話なのです

死刑執行にはどれだけお金がかかるか?
日本では、約三億円かかるといわれております、U.S.Aメリーランド州では
四十年間普通刑囚を刑務所にいれておくだけで五十六万ドル
死刑囚に一回、死刑を執行するのには七百万ドルかかるといわれております

そんな、お金を使うなら死刑をやめればいいではないかという方もいるでしょう
でも、それは日本人の潜在的無意識にある倫理感がそれを許すことはないのではないかと思います

日本人は「死を美化したがるきらい」があり、死は特別な存在なのです
また、死を穢れといって不浄なものとして 異常に別の世界に隔離したがるきらいもあります

それはある種、死刑に処されるだけの「不浄な存在」は完全に隔離し
「強制的に死の世界の住人」にしてしまえという 奥深い事由があるのではないかと思います

24 :駄目:2008/06/24(火) 00:57:52 0
極端の美化と極端な穢れ

これに日本人の性質が見えるのではないでしょうか?

日本人は察しろや「空気を読め」という考え方が大好きです
それは単純に、曖昧で中途半端な言動を「特定空間」という前提下で
巧みに判断しろという、判断基準が右往左往しやすい世界で生きています

でも、これは単純なのです
右往左往しやすい世界であるが故に、「特定空間」の都合で
その「特定空間」に属する存在として、極端に解釈しろということだと思います

だけど、日本人は極端だとは思っていません
なぜなら、その現状現状に自分が社会的動物として属するために
その社会から除外されないために、その「特定空間」にとって都合のよい
極端な解釈をしろといっても それはあまりにも無意識に行っているからです

外国人がなぜ、日本人は極端に楽観的(バブル全盛や高度成長期)になり
極端に悲観的(失われた十年、大東亜戦争敗北後の混乱及び貧困)になるか?

それは、場の雰囲気がそう勝手に位置づけられて 
みな、「空気を読んで」悲観的に、楽観的に自己を守るために変異するだけです

だって、そりゃそうでしょ?
こんな原油高で儲かっている日本人は死んでも、口外できないでしょ?
下手したら、不満に思っている愚民共が適当にばか騒ぎしてくれた方が

金になるのですから

25 :駄目:2008/06/24(火) 01:01:02 0
自分は病気です

1の情報を与えられれば、自己解釈して 他の考えと対比した上で
自分の世界の糧にするからです

それは病気です

救いようがない、探究心とよくわからない高揚感を抑えるすべを自分は知りません

ゆえに病気です

でも、幸せです

26 :駄目:2008/06/24(火) 01:07:38 0
誤字脱字が多いなぁ

>>24
外国人がなぜ日本人の習性を謎だと考えるか
→それは日本人が極端に楽観的〜

こんな原油高で儲かっている日本人は死んでも、同じ日本人に対して
そのような情報を口外することはできないでしょ?
下手したら、不満に思っている愚民共に殺され 弾劾されるかもしれません

だったら、極端な方向に任意誘導させて、適当にばか騒ぎしてくれた方が
働きアリがせっせと、何をしているかを分からずに
自分の懐をあたため、膨らませてくれるのですから

に修正します 正直、すまなかった

ねる

27 :駄目:2008/06/24(火) 01:27:10 0

生きよ、堕ちよ そして、希望は終わり 餓鬼のように幸せを食いつぶして

不幸を嘆くことしかできない、幸せを甘美するがよい

その幸せが尽きたとき、不幸も幸せもない 上りようがない、堕落に落ち切っているだろう

28 :駄目:2008/06/25(水) 00:02:21 0
テロ支援国家解除によって、北朝鮮民主主義人民共和国の経済制裁が終わりそうですね

自分はそれでいいと思います

ただ、これは「拉致問題」が終わった 及び、解決したと言っているのではありません
確かに、日本国民や大韓民国国民が不当に拉致されたことが「国家的犯罪」であることは否定するつもりはありませんし
これは「日本国民」としては、追及せねばならない問題だと思います

でも、この問題はそんな簡単な問題ではないことを「日本国民」は理解しなさすぎです

法律的には「油濁法」や「特定船舶入港禁止法」の基準が満たせていない船舶は日本の港に入ることはできません
それは、事実上「北朝鮮籍の船舶」は日本統治時代の古臭い船舶などが 
今もなお、運用されていることが多く 船舶保険に入っていない、船舶の入港を断ることができます

故に、経済制裁が解除されたとしても 
日本と貿易がしたければ、上記の法律基準を満たしている船舶しか入港することはできません

結局は「北朝鮮」に対する「経済制裁」は北朝鮮国籍船舶が基準を満たしてくれない限り
商業取引はできません まぁ、当り前の話ですね

29 :駄目:2008/06/25(水) 00:17:17 0
続きます
故に「経済制裁」が解除されたとしても、日本国は損することはないのです
商売的には、北朝鮮の技術が遅れているおかげによる 大きい差益を得ることができるからであり
それに対抗して、麻薬を販売したとしても 北朝鮮国経済における、貿易赤字を軽減することはできません
取引できる、総量がたかが知れている 上に、日本国の警察等による 不履行が生じるでしょうから
言い方を変えれば、北朝鮮の経済を掌握することで、北朝鮮を飼いならすことができるのです

まぁ、実際それをするのは政治的な世界になるわけなんですけどね

あと、保守系の人たちが「北朝鮮に外交カードを持たせるのは良くない」という趣旨を
中国に対しても、同じようなことを言ってはいますが

むしろ、北朝鮮が「核」などの「外交カード」を切ることができなくなった方が問題です

「外交カード」はある程度、弱いゴミみたいな国家でも 持たせなければならないのです


30 :駄目:2008/06/25(水) 00:30:14 0
ここでなぜ?
持たせなければならないのだ、と考える人がいるかもしれない
でも、そんな考え方の方が論外で「私は政治的に無知です」と言っているのと同じです

単純なことを言いましょう
「外交カード」というカードを持たなければ、勝てないゲームをしているとしましょう

例えば、ロシアが「石油」というカードを持っています
日本はそれと同等の「商取引」というカードを持っていれば
ロシアが「石油」カードを切らない限り、日本は他のルートで「石油」を買うために
ロシア産の製品の「商取引」をやめるというカードを切ることができます

それはロシアにとっても、大きなお客さんが減るわけであるし
日本としても、ロシア製品(石油等の天然鉱物)が入らないと商売ができません
どちらにしても、損することになります

だから、通常時はどの国でも「外交カード」というものには触れたくも、出したくもないのです

それを日本の保守系はバンバン切れとか、見せびらかせと言っているのです

日本の知識人の「知識」の度合いが手にとれるような話ですね

31 :駄目:2008/06/25(水) 00:55:31 0
続けます
ということは、北朝鮮は「核」というカードを見せびらかせないと
体制を維持することができない、国家というのを守ることができないという
圧倒的「弱小国家」なのです これを「瀬戸際外交」といいます

この弱小国家が崩壊すると
大韓民国、日本国、中華人民共和国、ロシア連邦、U.S.Aは東アジア戦略を抜本的に変更せねばならなくなるのです

もし、北朝鮮民主主義人民共和国の「金正日体制」が崩壊したとします
そうすると、朝鮮半島においての政治的バランスが崩れてしまい
地政学的に非常に困ります 

無駄に軍事力を使わねばならないでしょうし、朝鮮半島の安全保障は?
分割統治か?どのような思想で統一させるべきか?その際の、無駄な出資は?
と考えたら 実にきりがない、無駄な問題なのです

極端に思えるかもしれませんが、「北朝鮮」は「金正日体制」によって護られているのです

むしろ、即時的な「餌」を与えることで「金正日体制」が護られるなら 十分、「餌」をやるべきです

「餌」は「外交カード」ではありません
所詮、日本国やロシア連邦、中華人民共和国、U.S.Aにしてみれば朝鮮半島の人民は「家畜」です

商業的にも、金融的にも、軍事的にも 上限を持って、与えてやっていれば「独自性」を何一つ持てない国家群です


32 :駄目:2008/06/25(水) 01:04:04 0
せっかく、飼いならせる「家畜」がいるのに
その権利を捨てるのは非常にもったいないです

だったら、家畜を飢えさせてしまって そこから、生じる大きな損失を被るなら
生かせて、いくらでもほどよく略取した方が 実に効率的です

これが、大国の政治戦略の基礎です
いかにして、自国にとって都合よく「弱小国家」を飼いならすか
時に、鞭を与え 時には優しく傷に良薬で大切に育て
わざと飢えさしては救いを求めさせ、たまには大量に餌を与え喜ばせるのです

こういう、基本的概念を現代の日本人はしらなすぎです

その理由は分かっているんですけどね

日本人の性格が極端の癖に、変にあいまいにして放置する悪い癖が
政治的判断上でも出ているということです

自分は「福田総理」が実によくやっているなと思っています
こんな、面倒くさい諸問題をさばさばと片付けてしまう 
総理大臣は、今の日本国における立場を外交的にも、政治的にもこんなに考えて行動している
日本国には、政治家は存在しないからです

政治的に無知というのは、世界基準でものを見ることができないという事を日本人は忘れてはならないと思います

33 :駄目:2008/06/25(水) 01:18:15 0
医者は算術と仁術の間をくぐらねばなりません

仁術がすぎれば
同業者に嫌われ、患者にだまされるような馬鹿な医者になってしまうでしょう
それは、医師としての自分と家族を守ることができないということになってしまうでしょう

特に、今の患者はこの世の生命体の中で一番最低に属する俗物と言えるかもしれません

馬鹿で、無知で、知能がたかが知れているくせに、さも知っているかのように態度を示し
些細な失敗をすれば、即時に医療事故だのとまくし立てて 
その事故に対しての悲しみを感じる以上に、簡単な利益得取ばかり考えます
そんな最低の生物を殺す権利が医者にはあると思っています

医者はこの世に生存せねばならない、存在を守るためにあると思います
存在してはこの世に害をなすような、劣性遺伝子を保護するためではありません
医者はそのような劣性遺伝子を正当事由による抹消義務があると思っています

まぁ、過激であることはわかっています 所詮、酩酊状態のたわごとですから

34 :駄目:2008/06/25(水) 01:26:28 0
といっても
算術がすぎれば、これも同等に同業者から排斥され
また、患者から嫌われ これは商売の根本を揺るがしかねない事態に陥るかもしれません

故に、算術と仁術の間をくぐらねば 
当事者の医師にとって、非常に好都合な事態が発生しやすくなるということです

だけど、人の命なんぞ 所詮、金で換算できるような
しょぼいものです、それを護っていただいている医師には盛大に感謝するべきでしょう

同時にそのような保険体制をわざわざ護っている国家にも感謝しましょう
医者にかかりつけるときは
常に、その医師と保険制度に感謝して行くことを忘れてはいけません

世界には日本人が考えるような「当然の権利」なんぞあるわけがない
世界にはいくらでも、義務を遂行しようにも
権利成就されない存在がいないのですから

でも、そのような国家にも感謝しましょう
人口を実に効率よく淘汰することで、いらない生命体の発生をわざわざ抑えてくださっているわけですからね

35 :駄目:2008/06/25(水) 01:34:58 0
あなたが求めるものが手に入ったら、あなたは失望するでしょう

あなたが嫌うものが目に入ったら、あなたは捨てようとするでしょう

あなたが喜ぶものが手に入ったら、あなたはずっと自慢するでしょう

あなたが憎むものが傍にいたら、あなたは否定し続けるでしょう

人はいつの時代も単純で
誰もかれもが自分の立場の美化と聖化だけを望む

自分は横目であなた方を見ています、静かに何も言わず
笑うことも、泣くことも、憂うことも、憤ることもなく
ただ、あるだけの自分を楽しんで 加虐的に生きることにします

36 :駄目:2008/06/25(水) 01:43:01 0
君と僕の違いはすべてだ

肉体、精神、家庭、資本、継体、願望、私欲、理想、希望、失望、人、社会、世間…

人は人によって擦り切れて、歯車は劣っていく
劣れば劣るほど、自分に対しての無力感、逸脱感、無能感…

人は人を救うことはできない
人は人を壊すことしかできない、または救うふりをした商売をすることしかできない

ああぁぁぁああああああああ、救えない救えない救えない


故に、人か

37 :夢見る名無しさん:2008/06/25(水) 01:48:07 O
てめえは文才無いんだから消えろ
クズめ

38 :駄目:2008/06/25(水) 01:50:05 0
メンへラという領域を決め込んで、自分を納得させては
自分の殻に留まる行為 それは自分の実態を他人の小さな小さな発言になすりつける行為であり

あいつはメンへラだ、あいつは気が狂っている、あいつは異常だ

では、自分が正常な理由はあるのか?
結局は一方的な意思表示で終わり、正当事由から論理的に展開することはなく終わる
もし、精神科医に判断を任せたとしても それは医学という観点からの処置判断にすぎない

いいか、誰にでも狂気は宿っているんだ
認めたくないのもわかる、俺もそれに気づいた瞬間にしぬ気で否定したかった

でも、否定しても追ってくるんだよ!自分の意思が自分の意志を否定するんだよ!
どうしても、宿っている自分の病理が自分を襲ってくるんだよ!
逃げられないんだよ!逃げても、逃げられないんだよ!自分だからだよ!

自分からは逃げることはできないんだよ、他人からは逃げられるけど
自分からは自分を殺すことでしか、逃げられないんだよ!

自分は自分を救うことができないんだよ!

まず、それを認めなきゃ始まらないんだよ!
そして、終わらないんだよ!だって、自分を逼迫しているのは自分なんだよ!
自分から逃げるな!生きろ!そして、自分と戦え!

39 :夢見る名無しさん:2008/06/25(水) 01:53:53 O
無理だなお前は何をやっても無駄だと思う

40 :駄目:2008/06/25(水) 01:54:14 0
>>37
文才もない、どうしようもない屑ですが消えません

あなたはあなたを消したいと思いますか?
思いませんでしょう、それと同じです 

自殺できる人間は、実に高等です
自分の判断を究極的に決定づけることができる、非常に利己的な人間です

あなたにとって、そのような判断を受けようとも
全く痛くも痒くもありません、むしろ見てくださってありがとうございます

こんな糞スレ見る、余裕があるのが一般人です
そんな余裕がないのが、ほんの一握りの人です

2chは実に、一般人の意思の総意で巧みに完成されているように思います

41 :駄目:2008/06/25(水) 01:55:58 0
>>39
無理ですよ、無理と無駄を楽しまなきゃ
そんな余裕さえない人生を歩んでらっしゃるとは幸せですねぇ

楽しむことが第一です、どうあれこうあれ楽しまなきゃ
自分を楽しませることができません だから、楽しいんですよ

42 :夢見る名無しさん:2008/06/25(水) 01:58:43 O
所詮何をほざこうがニートの苦しい言い訳だよね

43 :駄目:2008/06/25(水) 02:02:45 0
ニート
NEET(Not in Education, Employment or Training)ですね

よかったぁ、おれはNot in Educationじゃなくて
よかったなぁ

あなたはNEETじゃないんですか?ねぇ、答えてくださいよ
ないなら、それでいいじゃないですか

NEETは所詮、高等遊民という
一々、労働しなきゃいけない「貧者」ではないのですから
ニートを否定するのはうらやましいからですよ
単なる、労働者なら嫉妬する余裕なんかありません 
なぜなら、今すぐ寝ないと明日にこたえるからです

これが、労働者というものです

44 :夢見る名無しさん:2008/06/25(水) 02:05:56 O
根本的な考えがズレた駄目人間がいくら時間を裂いて哲学した所で正しい人生は歩めない

お前の哲学などいくらでも論破出来るってこった


45 :夢見る名無しさん:2008/06/25(水) 02:10:57 O
俺は事務作業の傍らイラストレーターをやってますよ

俺は今の人生に大変満足してます

おまえは人生に不満のようだな
いくら屁理屈を並べたてても実際実行出来なきゃ意味ないだろ〜

医者でもないくせに医者を語るなクズめ

46 :駄目:2008/06/25(水) 10:23:22 0
>>44
根本がずれていると感じるのはあなたと自分との考えのズレです
それ以上でも、以下でもありません 

哲学なんてしていませんし 哲学は正しい人生を歩むための学問でもありません
哲学は哲学として、学問対象になってしまった事で
過去の人間の問答を解釈する学問であり、現在の人間には生きることしかできません

そもそも、論破というのは
ある一定の基準を設けた上での進む議論での成否を問うたうえでの話でできるものです

基準も設けてなく、成否を問うような話を自分は何一つ言っていない
というより、単なる自分自身の一瞬一瞬の戯言を基準にされても自分は困るというだけです

あなたが自分に対して、論破することは構いません
でも、その論破する対象は私自身ではなく
あなたが勝手に作り上げた、私という存在を論破するだけなのです

これを「一人相撲」といいます

47 :駄目:2008/06/25(水) 10:33:15 0
>>45
人生に満足することができるのは、ある種の諦めです 諦観です
自分はそれを間違いとは思いません 実に、巧みな自己を護るためのよくある手段です
自己を正当化し、諦めという殻に逃げる 
確かに、幸せです でも、幸せはもっと大きな手に入れられなかった幸せを代償にして 幸せと感じさせてくれるのです

人間の体は一つしかありません
実行するにも限度があります、限度がある以上は容易には動くことはできません

もし、あなたがここで革命を起こすとしたら
それは簡単に実行できますか?意思があっても、行えますか?
行えないでしょう、自分にできる現実を行っていくことが
小さく小さく積んでいった、答えが現実になるというだけです

医者じゃないから、医師を語るななんて 三文ギャグもいいところです
これこそ、極論です
政治家じゃないから政治を語るな、経済学者じゃないから経済を語るな
猫じゃないから猫を語るな 実に面白い話ですね
本気で言っているでしたら、深く憐れむことしか自分にはできません


48 :駄目:2008/06/25(水) 10:52:23 0
言葉はいつも自分に返ってくる

だから、重い 逃げたい
でも、それは自分から発した何かです
どうあがいても、自分から逃げられない
なら、楽しみましょう 
せいぜい、自分の肉体が滅するまで 楽しみましょう

49 :駄目:2008/06/25(水) 11:02:36 0
>>46
修正

哲学は正しい人生を歩むためのものではありません
正しい人生を歩むために考えるのは、倫理学や神学的な基準が確固されているものからしか
考えることはできません

哲学は考えることです、すべての事象事物について考えることだけです
考えた結果の答えが理想的なものだったり、現実的な判断の元にあるかはわかりません

わからないから考えることしかできないのです
でも、わからないまま行為を行うこともまた間違いではないのです

間違い、正しいは過去の事象事物を反省した結果にすぎないのです
自分たちは今、因果から離れることはできません

そして、その判断が正否は死ぬまでわかりません
死んだあとになってもわからないかもしれません
でも、それでいいんです 
その際の評価は自分自身から、離れた解釈によって削られるだけです

ほどよく、諦めましょう ほどよく、実行しましょう
ほどよく、理想を願いましょう ほどよく、楽しみましょう
でも、白黒つけたがる自分を偽るのはほどよくよしましょう
そして、白黒つけられない現実に判断を添付しようとするのもほどよくやりましょう

50 :駄目:2008/06/25(水) 22:32:52 0
メモ

漢人の人口流入はどの時代でも、あった事実であり
その人口流入が日本国に新たな排他的ナショナリズムが勃興するのはあたりまえだ
その事由が正当であろうか、不当であろうかは全く関係ない
民族及び国民という同一性をこえる理念を人類はつくりだしていない
だって、排斥と容認は国家が飼いならす情報であり
情報に飼いならされた、自国民(民族)が勝手に行動してくれれば
国家は「国家の意思で行われた[排他]行為でない」と宣伝することができるし
そのような連中を、弾圧するようなふりをしていればいいのである
いつの時代も、最も重要な国家における行動は二世代隔てないと
「事実」が出てくることはない あぁ、恨めしい

自国の保護と自国民の保護は相関関係ではなく、相対的関係であり
自国の利益を増強しようとすれば、同じように自国民に負担がかかる
でも、その負担でさえも「最もらしい、正当な理由」を国家が作り出せば
国民は勝手に解釈して及び「慣れ」てくれるおかげで
何もかもを正当化することをできる

国家は国民の敵だ でも、国家は国民を飼いならすことが簡単にできる
飼いならすことができるから、国家は国民に無理を科すことができる
でも、無理と解釈させなければいいだけの話である
実に簡単だ 世界も簡単だ、簡単に考えればいいだけの話であり

難しく難読化することで、商売ができる人たちがいるだけの話だ
商行為は難しく、複雑にすればするほど 
商売枠は増える
商売枠が増えれば、それだけ人を養うことができる
社会の多目的化及び、高度化は人口の膨大に役立っているのである

51 :駄目:2008/06/25(水) 22:58:48 0
>>19
修正

長い線というのは長距離的にみるということです
たった、21年しか生きていないのに長い線を作ることはできません

長い線は「人間[じんかん]五十年」という言葉にあるように
世間及び社会の清濁を飲みきった上で、自分を振り返ってみることです

でも、その振り返るという行為は 自分がさも正しい人生を歩んだかのような
自己正当化を声だかに叫ぶ行為で終わるように自分は思えます

自分はそのような寂しく、つまらない生き方をしたくはありません
そして、そのように自分の生きてきたさまを反省したくはありません
その際に出てくる言葉は後悔か自分を神格化するような文言しかできないでしょう

自分はそのようなあまりにも「穢れたもの」を社会的に流布したくはありません
だから、今は消費文化の極みの「2ch」という空間に書き込み残した方が
自分の都合にとって最もいいのです

だから、楽しんですよ 一人で楽しく、自分を奥深く楽しむ
楽しんで、楽しんで 俺は自分の都合よく死にます
まぁ、都合よく死なせてくれないでしょうね

たかが、死ぬということに苦しまされたくないですね つくづく、思います

52 :駄目:2008/06/25(水) 23:25:45 0
>>47
修正

機会費用です
自分がある選択をしたといます
その中には其の他の様々な選択が内包されています
その選択により、様々な諸事があり そこから、損得計算をした上で
自分がその選択により、どれだけ「得」したか「損」したかを計算することができるというものです

経済学的な考え方の基本なのですけど
実際は損得換算というのは難しいということなのですが
その判断が正しかったのかといわれてしまえば
「わからない」としか言いようがないのです

絶対というのは、ひとつの定まった理論・基準があるうえでしか言えない言葉です
あとは個人的な心象の上での、形式的な断言の類にすぎません

行うというのは実にたやすく、実に難しいものです
人間は一生をこの「行う」という言葉に悩まされて生きているといっても過言ではありません

だけど、なぜこの「行う」というのが難しいのかは
「行う」はいつも自分の真後ろについてくるものだからです
自分の真後ろについて、常にあなたのことを逼迫し自分自身を悩ます

簡単に「行え」というのは猿でもいえます
猿でもいえるのはその内実を知らないからです
会社では、その「行え」というのは責任になります
でも、その「行え」は「てめえが責任をかぶりやがれ、俺は知らねえぞ」
ってことの暗喩なのです だから、会社というのは実に都合よくできているのです
言葉の裏側ほど、怖いものはありません 自分もまだ怖いです 
だから、自分もあなたも人なのです

53 :駄目:2008/06/25(水) 23:43:57 0
簡単な話をしましょう

ここに一匹飢えている犬がいます
この犬をどうするかを考えるのを学問とします

経済学的には
このどうしようもない飢えている犬に、安全な獲物の取り方を教え
犬自身で独自に生きれることを支援するのが経済学です

経済学の最大の目的は「いかにして、安定的な生活をするか」です
不安定な生活からの脱却及び撲滅が経済学の最大の課題なのです

こんどは法学的に考えましょう
このどうしようもない犬が行った行為をどのように判断するかが法学です
もし、その行為が人間というものに害した場合
どのようにして、この犬を扱うかというのが法学的な見地です

法学の最大の目的は「いかにして、この犬を見るかです」
非常に合理的な判断かで、この犬が行った行為を冷静に見ることしかできないのです
その上で、この犬が行った結論をどのようにして見て判断するか

それが、法学の最大の課題です

54 :駄目:2008/06/25(水) 23:52:15 0
今度は政治学的に見ましょう
こんな犬をどのようにして扱かえば、最も効率よいかを考えるのが政治学です
しつけてもよいし、取り方を教えるもよい、どのやり方が
最も自分たち人間にとって都合がよいかを考えるのが政治学です

政治学の最大の目的は「いかにして、自分たちにとって都合好い存在」にするかが
最大の目的になります 

経営学的にみましょう
経営学的には「このどうしようもない、駄犬を殺して食べてしまう」のが最もよいのです

それは、どういうことか?
なぜ、飢えているか?それはその犬自身のやりかたでは食っていくことができなかった
だったら、そんなどうしようもない犬を「しつけようが、飼いならそうが無駄」と考えます

そしたら、その駄犬をぶっ殺して 食べてしまった方が
自分の空腹を満たせますし、駄犬の暴走行為を根源的に抑止することができます
経営学の最大の目的は「いかにして、儲けるか」そして、「いかにして、危険な存在を事前的に消すか」

そうすれば、自分が儲けられる範囲が増えるわけですから
いかにして、利益を合法的に追求できるか

これが、経営学の最大の課題です

55 :駄目:2008/06/26(木) 00:07:47 0
今度は倫理学的に考えましょう
倫理学的には「犬なりの規律があるはずだ」と信じることから始まります
飢えてしまった犬を規律という判断から、行い見ることです

その犬が飢えてしまったことが犬の世界の規律として間違いとして考えるのか
ただしいと考えるのは倫理的判断下にあるものです

倫理学の最大の目的は「この犬にいかにして、犬としての規律を叩き込み遵守させるか」にあります

これが、倫理学の最大の課題です

哲学的に考えてみましょう
哲学的には「なぜ、この犬が飢えてしまったのか」を根源から考えるのが哲学です

それが正当事由なのか、不正当なのかはどうでもいいのです
ただただ、なぜ飢えてしまったのかが課題になります
ここでの考察対象は「飢えた犬」と「飢えた行動」になります
これを分析し、ひとつの論理体系として研究するのが哲学的判断となります

これが、哲学の最大の課題です

56 :駄目:2008/06/26(木) 00:12:28 0
難しいものは「簡単な語彙の塊」であると考えます

どんなに、複雑な理論があろうが どんなに、難解な理屈があろうが
それを簡単な、誰でも理解できる語彙で作り出すかが
人類の永遠の課題だと思います

簡単にいきましょう
簡単を信じましょう
簡単を偽ることなくいきましょう
簡単が一番良いものと考えましょう

簡単が一番いいのです、難しいのは好きな人が言葉を縮めるためにしましょう

でも、楽しく生きましょう
楽しく生きるのが一番最も、都合に良いのです

57 :駄目:2008/06/26(木) 00:39:51 0
何のために生きている必要はないのです

生きているだけでいいのです
死んでも、何もでません 
でも、しにたいなら死ねばいいのです

高いところから落ちるのもよし
窒息死するのもよし
薬を飲んで死ぬのもよし
勝手に死ねばいいのです

死にたいなら死になさい
死にたくないという、自分に気づくはずだから


58 :駄目:2008/06/26(木) 00:49:10 0
個人的に話をしてみたい
人物

池田大作、福田総理、イチロー、小室直樹、小林よしのり、吉本隆明、森善朗
防衛省長官、外務省関連者、総務省関連者、財務省関連者、共産主義者などなど(敬称略)

実物がみたいのと根源的なものをみたい、知りたい
それで商売しているなら、なおさら識りたい

ちなみに、夢板の人なら
毎日寝太郎氏・さじ加減氏・リリン氏・ガルシア軍曹氏

言葉は必ず肉体と系譜から発生しうるものです
みたいのです、何がそのように考えさせて、何でそのように考えるようになったか
わからないのです

わからないから、知りたく、識りたいのです

もし、自分に希望があるとすれば
この知識欲と肉体から発せられる根源です 
その根源が知りたいがために自分は生きています

59 :駄目:2008/06/26(木) 00:51:22 0
自分から離れた言説は人はできえません

もし、できえたとしても 自分の情熱等からかけはなれたものです

そろそろ、ねる

60 :夢見る名無しさん:2008/06/26(木) 02:15:01 0


61 :駄目:2008/06/28(土) 00:13:51 0
暇だったから、ドラえもんの古い映画「宇宙小戦争」を見たんだけど

何か、王党派と軍事クーデターって感じだな

だけど、軍事クーデター派が間違っているとか 不正義とは思えないんだよな

俺は経緯を考えてしまう、軍事クーデターが起きた理由 それが本当に不当であったのか
ならば、そう短期的に政権を簒奪することはできえないだろうし
そこには考え方を同じとする軍人と民間人、利益追求の出資者がいるだろう

政権を簒奪しえるには、その考えを支持する人間がいるから可能だと思う

あと、最後に民間人が大規模なデモを立てて その権力者の不当性を訴えようとしていたが
これはほんの一部の都市部だけの人間がやったデモではないかと考えてしまう

農村部の人間が含まれているのか?都市部の人間の割合は?
所詮、アニメだと言っても わからないものはわからない
それに総人口はどれくらいだかすらわからない 

あのデモはほんの少数の少数かもしれない
むしろ、あの王党派が本当は一番凶悪なのに軍事政権を潰し
一般兵を虐殺し、軍事政権による安定を崩し
王党派の不当性を見逃し、自分たちが正しいかのごとくふるまう
のびた達こそ、すべての諸悪の根源ではないかと考えてしまう

62 :駄目:2008/06/28(土) 00:30:30 0
続く
最後に首謀者が逃げようとしたが
逆に逃がしてくれるような国家が存在するということではないだろうか?

または、他の都市かも知れない 農村部でもいい
逃げられる場所があるという事実も相当重いのではないだろうか?

また、最後 たぶん、捕まるということなのだろうが
彼らはのびたやドラえもんが銃殺刑されそうになった場所に立つのだろう

それで、また王党派の支配がはじまるわけだ

結果、のびた達は片一方の不正義を容認したまま 消えていくわけだ
あまりにも自分勝手、卑怯者である
でも、子供用のアニメというのはそういうものである
一方的な、勧善懲悪 幸せだなぁ

こんな自己満足的で、一方的なアニメを子どもには見せられない
俺は自分の子どもには見せたくない
そういう、まがった信念をたたえるような 子どもにはしたくないな

63 :駄目:2008/06/28(土) 00:39:45 0
宗教理解もそういうことなのだろうな

自分はカルト(間違った宗教理念の元に行動を行う者たち)
を信じる理由もやっとわかってきたような気がする

その考えが典論や言論からあまりにも外れてて、間違っていようがかまわない
ただ、それを信じれば救われるというより 自分の都合上いいということだ

創価学会もそうだけど、あれほど面白いやつらはいない
本当にそれを信じているかは 俺も全くわからないが彼らの動員力はすさまじいものがある
それは、そうすることで彼らは気持ちよく、自分の存在をそこに見つけることができるのだろうな

間違ってようが、正しかろうがかまわないのさ

それが気持よく、自分がそこにあるという実感さえあれば
真偽や論議は全く無価値である、自分たちだけが正しいと思えればいい
所詮、宗教なんぞの根源はそのような人間の私欲を叫ぶためのものにすぎない

だから、俺は仏教徒であることを信じる
そうすれば、日本社会では都合よくいきれるのだからな

64 :駄目:2008/06/28(土) 00:45:11 0
義憤することは安いんよ
非常に安い

だけど、それをほかの理由があると考えて理解することは難しい

憤るは易し、共感するも易し、だけど考えるのは難しい
一方的に断定せず、見るということだ だから、難しい

いろいろな諸資料を見なければならないし、いろいろな方向で考えなきゃならん
それを見、それを判断した上で答えを出すのは非常に難解だ
しかも、その結論が自分の「思想や考え方」を根源的に否定するものならなおさらだ

何としてでも、否定して 見えないところに置こうとする
だが、事実はどうあがいても追ってくる
逃げれば逃げるほど、現実と事実は追ってくる
最終的には自己矛盾を抱えながら、自己を正当化し続ける壺に入った蛸のような状態に陥る

でも、それでいい 幸せならな

65 :夢見る名無しさん:2008/06/28(土) 00:53:32 0
64 はてきたいになるからそれに聞かずして3兆でいいだろ?
  相手が勝手に敵対のはずだから

66 :駄目:2008/06/28(土) 00:56:17 0
賢いというのは、今の自分の立場でどれほど考えられるかにあるのではないと思います

自分が正しいという判断も、諸事からみたものであるのか
過去の知らないことが多い自分からみたのものか
と、考えるならば 過去の自分より、絶対に今の自分の方が賢いのである

ただ、知らないことが多かった自分の方が
知らないが故に、小さな物事を大きく解釈したり、もっと大胆な判断ができたということが
賢いと考えるならば、それは間違いです

賢い人間は自分の持っている知識、判断力、経験を逆算した上で
もっとも自分たち及び、自分にとって最も良いと考えられる判断をしているからです
でも、彼らは些細な誤差が生じたときはすぐに違う判断と手段を講じることができる
だから、「賢い」のです

我々、馬鹿には一々結論がでるまで待ってから 反省します
だから、自分は馬鹿なのです

67 :駄目:2008/06/28(土) 01:05:47 0
>>65
相手が勝手に敵と解釈されるなら、それでいいのです

でも、敵と扱われるなら扱われるして 理由が知りたいのです
理由がわからなくただ、敵扱いにしたいのならばそれで構いません
なぜなら、自分は彼らを敵だと解釈も考えてもいない上で
ただ、彼らを知りたくて 相手の気に障ったならそれでいいと思ってます

その時は相手の狭量を嘲笑って、彼らの事を調べなおせばいいだけですから

敵は一方的に作るもの、そうして彼らが救われるなら
どうぞ、自分を敵にしてください それで気が済むならそうしてください

自分は静かに嘲笑って、さげすむだけですからね

68 :駄目:2008/06/28(土) 01:13:25 0
オナニーしても独り

ねよ

69 :駄目:2008/06/28(土) 01:18:04 0
寝る前に

正直、自分ですら 自分が考えていることは分かっていません
最大の謎は自分です
だから、生きるのは楽しくしにゃあならん

よくわからない自分を楽しませて、謎を追及する
それが楽しいのです 

朝起きれば、今日もいい日でしょう
楽しい日でしょう、そう信じて生きましょう どうせ、辛いとかつまらないというのは
至極、簡単なのですから

楽しみましょう

70 :夢見る名無しさん:2008/06/30(月) 23:46:49 0


71 :駄目:2008/07/02(水) 01:21:41 0
人生は暗闇をいかにして照らしていくものかだ

照らしすぎれば、闇は濃くなり
照らさなければ、ひかりは届かなくなり 光はなくなる

でも、人には闇だけでは生きてはいけない
人は光だけでは生きていけない 必ず、間を通らねばならない

光と闇との間…

人はその二元論のために悩み、その悩みを一生担いで死んでいく

俺もそうだ、そうやって悩みしんでいく
それでいい、それでいいんだ

そうやって、悩みを楽しんでいくしか 俺らには方法がないのだからな

72 :駄目:2008/07/02(水) 01:33:22 0
フリーチベットとか、東トルキスタン独立運動を本気でやっている
日本人ってどれだけいるのかね?

俺はどうも、ガルシア軍曹と同じように
単なる、蛮人が熱中する 人首蹴り遊びで熱中する猿どもと同じようにしか見えない

フリーチベットと本気で言っているのなら、チベット人に銃器や重機を持たせるような
資金援助や軍事援助を行っているのが世界的常識であり 結局は低能な日本人がだいちゅきな

「お祭り騒ぎ」にすぎないと思える

本気で考えているなら、思想的援助及び本筋という上での資金援助をするべきであって
そういうことができないのなら、右翼及び左翼の自己満足的で単なる動員数を自慢するだけの
自慰的活動報告にすぎないのではないかと思う
正直、日本人にはあのお祭り騒ぎでより一層失望した

誰も本気で、政治を知らないく 一瞬の感情論で自己の正当性を叫ぶ
そんなの猿でもできる そんなの家畜でもできる ものにすぎない

73 :駄目:2008/07/02(水) 01:40:29 0
本当に島国って幸せだと思うよ

すぐ隣に、海もなく すぐ隣に敵がいるなんて、想像しえない国なんて
日本とか、イギリスとかの海洋国家以外ありえないだろうな

敵が想像できにくい国家というのは最大の幸福であり
最大の不幸でもある 特に現代では、海というものは防波堤にはある程度なるものの
強襲揚陸艇が完備されている国家相手なら、勝てる可能性がほとんどない

勝てて、追いだせたとしても その国家の経済はどん底状態に陥っているだろう
戦争はすべてを動員し、大量の想像もつかないような消費をするだけ

歴史はそう刻まれている、そう刻まれている

74 :駄目:2008/07/02(水) 01:43:19 0
自慰行為して ねる

75 :駄目:2008/07/05(土) 00:13:38 0
平和だな

素晴らしい

76 :taspo:2008/07/05(土) 00:17:51 0
エイズ治すなら、ビタミンとコンエンザイムQ10飲めよ
AZTは飲むなよ。飲むと自然治癒は難しくなる

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)